埼玉苗字辞典

阿 ア 阿(あ)は、阿(お)と読まれ、熊谷市に阿部(おべ)さんがいる。古語に、小は「を」、大は「お」と書かれた。埼玉郡の古文書に大沢氏を小沢、大島氏を小島と誤って書かれている。また、信濃国の大日方(おひなた)氏、大和(おわ)氏、下野国の大貫(おぬき)氏、出雲国の大芦(おあし)氏等あり。すなわち、ア、オ、オオは同じにて、大野は青野(おおの、あおの)、大鳥は青鳥(おおとり、あおとり)と書き、鎌倉妙本寺文書に同郡大船村を粟船(アオフナと註す)と書いてある。

梁書百済伝に「邑を檐魯(たんろ)と謂ふ。中国の郡県を言ふが如し。其の国、二十二檐魯あり」と見ゆ。百済のクはオ(阿)、オオ(大)で、ダラは檐魯で、クダラとは大邑、大国と云う。大ノ国は後の百済、及び加耶地方の総称で、大加耶国(おおかや)、安羅国(あら)と称し、此の地より渡来した集団は、大野、安部、阿部(あべ)等を名乗った。また、阿(あ、お)はクマと読まれて、熊ノ国とも称し、熊野、熊谷等を名乗った。阿部、安羅、出雲、宇津味、大、百済、熊、越等の

各条参照せよ。

安 ア 阿と同じ用いられ、またヤスに転ずる。古事記の高天ヶ原とは大加耶(意富加羅国)の高霊(たがま)郡の地である。日本書紀神代上に「天照大神、素戔鳴尊(すさのおのみこと)と天安河(あまのやすのかわ)を隔てて相対ひ」と、また「時に八十万神、天安河辺に会合し」と見ゆ。天降るの天は朝鮮、安はアの国、河辺・河原は非農業民すなわち商工者の集る市を云う、都の意味。此の地に居住していた海洋民の越族は韓族の南下により、縄文・弥生時代に我ヶ国へ大量移住し、母国の名を冠して安部・阿部と称す。

相 アイ 会、愛、藍、饗と同じ用いられ、越後地方では相沢と書いてアエザワと発音する。アヘザワで阿部沢と同じなり。会田はアへタで阿部田と同じなり。此の氏は浦和、伊奈、入間、新座等に存す。近県では千葉県長生郡一宮町東浪見九戸、同郡長南町佐坪五戸存す。相(オオ)参照。

間 アイ 島根県隠岐郡西ノ島町六戸存す。アイダ参照。

阿井 アイ 草加、戸田、羽生、妻沼、杉戸、浦和、大宮、川越、狭山、所沢、朝霞、川口等に存す。 

相上 アイアゲ 大里郡相上村(大里村)あり。桶川に存す。アイガミ参照。

相石 アイイシ 金沢文庫文書に「成田左衛門尉跡、幡羅郡相石」と見ゆ。成田参照。

相上 アイウエ 川口に存す。アイガミ参照

相内 アイウチ 久喜、朝霞、吉川、春日部、名栗、川越、上尾、吉見、本庄等に存す。青森県東津軽郡今別町百九戸存す。アイナイ参照。

相場 アイウマ 川口に存す。アイド、ソウマ参照。

相浦 アイウラ 熊谷、本庄、宮代、浦和、上尾、大宮、坂戸、鶴ケ島、所沢、越谷等に存す。新潟県新井市二十九戸存す。

相枝 アイエダ 新座、和光等に存す。

相生 アイオイ 高麗郡飯能村の内に相生村あり。所沢、新座等に存す。

秋鹿 アイカ 島根県(出雲国)松江市二十七戸、鳥取県(伯耆国)米子市十戸存す。アキガ、アキシカ参照。

相賀 アイカ 大宮、狭山、春日部等に存す。オオオガ参照

相垣 アイガキ 本庄に存す。

相笠 アイカサ 所沢、久喜、上尾、川島、桶川、川口等に存す。福島県白河市二十五戸存す。

会笠 アイカサ 岩槻、春日部等に存す。

相ヶ瀬 アイガセ 浦和、越谷、草加、川口等に存す。

相神 アイガミ 志木に存す。

愛上 アイガミ 埼玉郡篠崎村(加須市)神明社安政三年御神燈に愛上仙太郎、江戸末期碑に愛上与右衛門あり。

相上 アイガミ 埼玉郡関根村(行田市)関根神社明治十八年御神燈に相上久治郎。足立郡寺谷村(鴻巣市)宝暦十二年馬頭尊に寺谷村相上勘助、稲荷社慶応二年 碑に相上伊助。明治九年寺谷村相上亀太郎あり。

相川 アイカワ 埼玉郡上新郷字相川、下新田字相川あり。アイノカワ参照せよ。関東では群馬県渋川市半田、富岡市南蛇井、甘楽郡甘楽町小川、高崎市上小鳥、碓氷郡松井田町新堀、同郡竜王町、都留市、西八代郡六郷町、東八代郡境川村、千葉県印旛郡富里町、安芸郡千倉町に存す。東北では福島県西白河郡西郷村、青森県北津軽郡鶴田町、同郡市浦村、秋田県平鹿郡大森町に存す。

   群馬県南蛇井の相川家(家紋五三の桐)伝承に、奈良時代に渡来人系豪族羊太夫の家来南蛇井三郎忠吉の後裔と伝う。此氏は安部族安部川氏と同族であろう。オオ、羊参照。

  一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年分限帳に「二十一俵・相川加左衛門、一五俵・相川喜右衛門」あり。

 二 葛飾郡深井新田(吉川市) 六社神社宝暦十一年庚申塔(以下同じ)に相川兵助、天明四年に相川初治郎、文化十年に八木郷深井新田・相川清蔵相川権三あり。相川治郎吉・相川

忠四郎・相川要助、弘化二年に相川音次郎・相川元右衛門、文久元年に相川杉八・相川八右衛門・相川久兵衛・相川久蔵、明治四十年碑に相川吉蔵・相川源治郎・相川久兵衛・相川留次郎・相川元三郎・相川長右衛門・相川福意・相川与右衛門・相川仁蔵・相川庄七・相川和吉・相川弥市・相川己之松・相川久三郎あり。

  三 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に相川金二郎あり。

  四 埼玉郡粕壁宿 東八幡社天保三年庚申塔に大池村相川安右衛門。真蔵院弘化四年碑に相川権三あり。   

  五 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に相川吉五郎あり。

六 同郡浦和宿 明治七年岸村伍長米穀商相川宗次郎・天保四年生(九年浦和宿副戸長)・三十五年水油製造相川久次郎、岸町県会議員相川曹司・大正五年生あり。

  七 同郡島根村(大宮市) 円阿弥村慶応二年算額に島根・相川駒太郎。明治二十六年与野町長伝寺文書に島根・相川忠吉・相川清三郎。与野町一山神社明治三十五年碑に島根、相川喜太郎・相川金蔵・相川常吉あり。

  八 同郡飯田村(大宮市) 足立神社明治四十三年碑に相川清三郎・相川豊作・相川重吉・相川房次郎あり。

九 同郡植田谷本村新田(大宮市) 字円城寺八雲社明治三十一年碑に相川清蔵。同年植水村染物業相川秀吉あり。

   一〇 同郡与野町 明治二十六年長伝寺文書に与野・相川熊吉あり。

  一一 同郡吹上村 大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に吹上村相川真定あり。

一二 入間郡川越町 明治三十五年種物商相川喜三郎・薪炭商相川房吉・荷倉屋相川伊之助あり。        

  一三 同郡久下戸村(川越市)氷川社文化八年浅間碑に下久下戸村・相川佐右衛門・相川平蔵。志木宿敷島社明冶五年御神燈に久下戸村・相川喜七・相川平三郎・相川嘉吉。与野町一山神社明治三十五年碑に久下戸・相川八十八あり。

  一四 高麗郡大塚野新田(鶴ヶ島市) 堀兼神社文政四年御神燈に大塚原村・相川直右衛門あり。

  十五 幡羅郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、

    延宝年間相川角左衛門」と見ゆ。

 一六 同郡葛和田村(妻沼町) 明治九年副戸長大野村相川角三郎・天保二年生。葛和田村神明宮明治十一年御嶽碑に相川伝九郎・相川石十郎。三ッ木村三ッ木神社明治二十五年碑に大野村相川角太郎。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講・相川力三郎あり。

  一七 同郡東別府村(熊谷市) 東別府神社文久二年御神燈に相川長三郎あり。

  一八 児玉郡本庄町 安政二年本庄宿本町相川伊八。明治三十五年飲食店相川新三郎あり。

  一九 同郡児玉町 玉蔵寺寛政十一年大黒天碑に八幡山相川仙次郎あり。

  二〇 賀美郡五明村(上里町) 児玉記考に「旧家相川新三郎・相川新次。先代を新七・伊三郎と通称し、旧幕の頃は名主組頭役を勤続せり」と。信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ五明村相川長次郎・相川新三郎。二十一年皇国武術英名録に奥山念流相川半平。御嶽社四十一年碑に相川与四・相川脚重・相川竹松・相川亀松・相川政治郎あり。

  二一 同郡七本木村(上里町) 石川流木村源蔵(天保十年没)門人に七本木村小新田・相川裕太夫・相川兵吉・相川神郎。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流・相川祐長・相川桂五郎・相川兼太郎あり。

  二二 同郡長浜村(上里町) 天保十三年長浜村地蔵尊に相川栄蔵。明治

五年准副戸長相川徳次郎あり。

  二三 雑載 昭和三年興信録に「浦和町相川宗次郎・所得税二百九十円・営業税八十四円」とあり。

 相河 アイカワ 大宮、入間、越谷、吉

川、朝霞等に存す。長野県松本市十八

戸、秋田県平鹿郡大森町七戸あり。

 会川 アイカワ 埼玉郡利根川旧河道を会川と称す。福島県いわき市七十戸あり。

一 入間郡川越町の会川氏 御嶽社明治三十年碑に会川績次郎・会川亀吉あり。

  二 同郡豊田本村(川越市) 明治九年副戸長会川徳右衛門・文化六年生(橋供養塔に年番名主と見ゆ)あり。

  三 雑載 昭和三年興信録・所得税に「川越市・会川績次郎・八百十九円、太田村(川越市)会川粂之助・十円、熊谷町・相川覚太郎・六十円」とあり。カイガワ参照。

 會川 アイカワ 川越に存す。

 合川 アイカワ 宮代、浦和、越谷、新

座等に存す。岩手県二戸市十六戸あり。

 愛川 アイカワ 大宮、大井、川越、上

福岡、八潮、朝霞等に存す。福島県い

わき市四十戸あり。

 藍川 アイカワ 富士見、所沢、川口等

に存す。

四十川 アイカワ 所沢に存す。

相木 アイキ 行田、大宮、入間、川口、戸田、鳩ヶ谷、蕨等に存す。

 合木 アイキ 朝霞に存す。

 愛木 アイキ 三芳、戸田等に存す。茨

城県行方郡麻生町四鹿三戸あり。

 藍木 アイキ 鴻巣、入間、志木等に存

す。

 相京 アイキョウ 加須、岩槻、東松山、

新座、志木、朝霞、松伏、所沢、川越等に存す。群馬県吾妻郡吾妻町岩下九戸、千葉県印旛郡酒々井町柏木十四戸、岩瀬九戸、成田市台方六戸あり。

愛敬 アイキョウ 蕨、川口、松伏等に存す。千葉茂原市十四戸、群馬県吾妻郡中之条町五戸あり。

相子 アイコ 岩槻、春日部、越谷、草加、川口、日高、所沢、川越、大宮、伊奈、上居、幸手等に存す。栃木県安蘇郡葛生町会沢二十四戸あり。

一 秩父郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に「妙泉・アイコ母・辛酉年五月」と載す。相子氏か。

愛甲 アイコウ 埼玉県内の各市町村に存す。

愛郷 アイゴウ 千葉県茂原市六戸あり。

相越 アイコシ 上福岡、朝霞に存す。

相座 アイザ 越谷に存す。山形県西村山郡朝日町十八戸あり。

相坂 アイサカ 岩槻、越谷、草加、川口、春日部、狭山、川越、伊奈、上尾、浦和、東松山等に存す。青森県上北郡百石町三十十戸、東津軽郡平内町三十戸、南津軽郡藤崎町十八戸あり。オオサカ参照。

会坂 アイサカ 所沢に存す。

逢坂 アイサカ 明治三十五年岩槻町料理店逢坂トクあり。オウサカ参照。

逢阪 アイサカ 吉川に存す

相竒 アイザキ 三郷に存す

相崎 アイザキ 各市町村に存す新潟県小千谷市片貝二十五戸、中魚沼郡川西町沖立十三戸、十日町市稲葉十戸あり。

合崎 アイザキ 所沢に存す。

四十崎 アイザキ 川越、飯能に存す。

東里 アイザト 大宮に存す。

相沢 アイザワ 越後・出羽地方ではアエザワと発音する。アエザワにて安部 沢と同じなり。安部氏居住地に多く存す。山梨県南都留郡河口湖町六十戸、長野県上水内郡三水村二十五戸、南佐久郡臼田町十九戸、北安曇郡池田町二十戸、同郡小谷村四十戸、東筑摩郡波田町十三戸、新潟県中頚城郡柿崎町二十六戸、東頚城郡松代町二十戸、同郡松之山町三十戸、刈る羽郡刈羽村三十戸、佐渡郡     畑野町十戸、群馬県群馬郡群馬町三十戸、新田郡尾島町三十戸、茨城県真壁郡協和町 十三戸、関城町十五戸、結城郡八千代町三十五戸、稲敷郡茎崎町四十戸、新治郡八郷町十五戸、那珂郡那珂町百戸、東茨城郡内原町一六戸、千葉県東葛飾郡関宿町三十戸、近隣の市部に多くあり。東北では阿部氏の多い宮城県に此氏存す。柴田郡柴田町十九戸、名取市二百四十戸、岩沼市三十戸、塩釜市百三十戸、多賀城市八十戸、宮城郡七ヶ浜町百四十戸、松島町三十戸、利府町五十戸、黒川郡大郷町二十戸、大和町五十戸、富谷町八十戸、石巻市百八十戸、桃生郡河南町九十戸、矢本町百四十戸、古川市百四十戸、志田郡鹿島台町三十戸、三本木町二十戸、松山町二十戸、遠田郡子牛田町三十戸、涌谷町五十戸、登米郡迫町二十戸、岩手県胆沢郡金ヶ崎町十九戸、山形県東村山郡中山町十戸、山辺町一六戸東田川郡羽黒町一二戸、秋田県山本郡八竜町二十戸あり。相(オオ)参照。

一 川越城士の相沢氏 川越蓮声寺文書に「天文の初、城主大道寺駿河守繁政の家臣相沢時重・新藤・興山・川田氏等使いと為す。相沢氏今尚寺に属す」と見ゆ。

二 鉢形城士の相沢氏 鉢形分限帳に「本国近江渡田・相沢左門」。神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形城方、相沢右門」と。秩父案内記に「相沢左門、大渕村土着」と見ゆ。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「百石・相沢小右衛門、四十三俵・相沢半兵衛、三十俵・相沢三郎左衛門」あり。

四 葛飾郡幸手町 明治二十一年新道工事寄附者相沢僖三郎。三十五年菓物商相沢寛治郎あり。

  五 同郡藤塚村(春日部市) 淡島社安政五年普門品に藤塚村本田組相沢仁右衛門あり。

  六 埼玉郡粕壁宿 春日部八幡社明治三十二年御嶽碑に相沢松兵衛あり。

  七 同郡久喜町 明治三十五年に篭職相沢彦右衛門あり。

  八 同郡葛梅村(鷲宮町) 莿萱氏系図(鷲宮神社所蔵)に「正徳六年丙申仲秋、鷲宮山釣鐘出来、葛梅村相沢太兵衛内義。針谷弥三郎と相沢太兵衛とは古き親類にて日々兄弟の交じり致し居候」と見ゆ。百間村青林寺寛政十年文書に「葛梅村・相沢宗五郎・相沢伊右衛」。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に葛梅村相沢太兵衛(名主、下村君村永明寺文久二年碑に見ゆ)。白川家門人帳に「明治元年、葛梅村稲荷大神々主相沢主膳」。明治四年堤防取締役相沢忠右衛門。九年副戸長相沢僖三郎(安政二年生、鷲宮村長)。相沢善章(明治九年生、助役)あり。

  九 同郡騎西町 明治三十五年傘屋相沢藤平あり。

一〇 同郡平永村(加須市) 戸崎村竜宝寺宝暦三年供養塔に明願寺村相沢権之丞。八幡社享和三年天神碑に明願寺村愛相沢清口・相沢和吉・相沢吉之助・相沢七五郎・相沢勘次郎・相沢豊吉。明治五年明願寺村組頭相沢藤作。八年a長相沢裕助、明願寺村a長相沢作右衛門・同村a長相沢佐内。十五年川島文書に相沢門次郎・相沢代助・相沢善三郎・相沢友吉あり。

 一一 同郡馬内村(加須市) 文殊寺延享元年菩薩碑に相沢喜平次あり。

一二 同郡羽生町 明治九年副戸長相沢市兵衛・弘化二年生あり。

一三 同郡本川俣村(羽生市) 千手院文政四筆小碑に相沢与惣次郎・相沢忠左衛門あり。

一四 足立郡膝子村(大宮市) 八幡社文政十一年力石碑に相沢勇蔵あり。

一五 同郡宮前村(鴻巣市) 市ノ縄村宝暦七年弁才天碑に宮前村相沢久兵衛あり。

一六 同郡八幡田村(鴻巣市)市ノ縄村宝暦七年弁才天碑に新井山相沢浅右衛門あり。

  一七 同郡丸山村(伊奈町) 小室村寛政元年庚申塔に小室丸山村相沢市郎衛門・相沢太郎右衛門。小室本村氷川社安政三年燈籠に丸山村相沢市右衛門・相沢治兵衛(酒造業)・相沢喜兵衛。明治八年騎西釜屋文書に丸山村酒造相沢佐兵衛あり。

一八 新座郡根岸村(朝霞市) 明治九年副戸長相沢幸之丞・天保七年生。三十一年演劇寄附に根岸・相沢登平・相沢弥平次。御嶽社四十三年碑に相沢謙一。県会議員相沢栄三・明治二十三年生あり。

一九 同郡膝折村(朝霞市) 氷川社明治四十一年碑に相沢市郎兵衛あり。

二〇 入間郡川越町 連雀町熊野社文化二年水鉢に御門前・相沢政治郎あり。一項の後裔か。

二一 同郡今福村(川越市) 川越喜多院寛政頃五百羅漢像銘文に今福村相沢利左門衛門あり。藍沢参照。

二二 同郡山口領岩崎村(所沢市) 明治九年地主誓約書に相沢政五郎・相沢八五郎・十五年北広堂碑名簿に旧岩崎・相沢与八・相沢与吉・相沢玉五郎。瑞岩寺三十二年地蔵尊に当所相沢才次郎・相沢五三郎・相沢与八あり。

二三 同郡本郷村(所沢市) 明治七年成田山月参護魔講に相沢沢右衛門。東福寺十年供養塔に当所相沢丑蔵あり。

  二四 同郡宮寺村(入間市) 明治十五年北広堂碑名簿に相沢竹三郎。十六年酒商相沢東作あり。

  二五 同郡矢寺村(入間市) 明治十五年北広堂碑名簿に相沢竹四郎あり。

  二六 大里郡石原村(熊谷市) 明治三十五年酢製造相沢由蔵・飲食店相沢慶次郎あり。

  二七 秩父郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に皆野村相沢幸吉あり。

  二八 同郡大淵村(皆野町) 寛保三

年香具仲間連名帳に大淵村相沢金次郎。明治九年副戸長相沢儀平・文政十年生む三十年宝登山神社文書に信徒総代大淵相沢順平。国神神社三十四年碑に大淵相沢嘉市あり。二項参照。

二九 同郡下吉田村 永法寺明治四十三年寄進帳に相沢関作あり。

三〇 同郡薄村(両神村) 明治五年荒物商梅窪相沢鷲太郎あり。

三一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・相沢修一・十一円・十円、相沢諦一・十一円小室村(伊奈町)・相沢庄吉・十四円、膝折村(朝霞市)・相沢仁兵衛・二十九円・十一円、志多見村(加須市)・相沢直子・十三円・十二円、藤田村(本庄市)・相沢元吉・百四円」と載す。

相澤 アイザワ 埼玉県内の各市町村に存す。

会沢 アイザワ 各市町村に存す。茨城県久慈郡金砂郷町九十戸、水府村八十戸、那珂郡大宮町四十戸、山方町四十戸、緒川村二十戸、近隣市部に多く存す。

會沢 アイザワ 戸田に存す。

 會澤 アイザワ 吉見、北本、所沢等に存す。 

 合沢 アイザワ 行田、川越、浦和、所沢、越谷、新座等に存す。ゴウサワ参照。

 合澤 アイザワ 浦和に存す。

愛沢 アイザワ 所沢、草加、川口、松伏春日部、大宮、北本、嵐山、東松山等に存す。福島県双葉郡浪江町二十戸、相馬市四十戸あり。

 愛澤 アイザワ 大宮に存す。

 藍沢 アイザワ 新潟県柏崎市二十二戸あり。入間郡今福村(川越市)菅原神社慶応元年水鉢に当村藍沢佐五兵衛。明見院慶応二年普門品に藍沢周吉・藍沢安右衛門あり。相沢条十九項参照。

 逢沢 アイザワ 三郷、朝霞等に存す。長野県松本市島内二十戸あり。

 鮎沢 アイザワ 長野県岡谷市川岸東二十三戸、同所にアユザワ氏五十六戸存す。

 四十沢 アイザワ 浦和、川越、飯能等に存す

 四十澤 アイザワ 浦和に存す

 相繁 アイシゲ 草加に存す。

 相質 アイシチ 忍城士にて、成田分限帳に「相質久五郎・十五貴文」と載せ、別本には「相馬久五郎・十三貴文」と見ゆ。

 相島 アイシマ 千葉県野田市船形十一戸あり

  一 葛飾郡幸手町 明治三十五年炭商相馬友蔵・旅人宿相馬カノあり。

  二 同郡茨島村(杉戸町) 先祖相島将監は寛永年間に此の地に土着し開

   墾すと。百間村青林寺寛政十年文書に茨島村相島長蔵。和戸村宇宮神社天保六年奉額に茨島村相島半兵衛。惣新田村字南杉山正副院天保九年真言塔に茨島相島津右衛門(神道無念流剣士)。稲荷社文久二年水鉢に相島与右衛門。明治十年天皇行幸碑に相島庄蔵(天保七年生副戸長)。三十年人名録に相島荘(文久二年生、副戸長)。三十年人名録に相島荘(文久二年生、地租百七十二円、県会議員)あり。

  三 埼玉郡加須町 光明寺慶応二年筆子碑に相島弥兵衛・相島俊助。明治三十五年茶商相島忠兵得衛・歯科医師相島由之助あり。

  四 同郡水深村(加須市) 慶雲院宝暦七年碑に相島彦右衛門。青毛堀寛政三年石橋供養塔に相島市之丞あり。

  五 同郡原村(久喜市) 吉羽村高輪寺明治二年筆子碑に原村相島正太郎・相島平左衛門あり。

  六 同郡羽生町 明治九年副戸長相島佐兵衛(文政十年生、茶陶磁器商)あり。

  七 雑載 昭和三年興信録・所得税に「高野村(杉戸町)・相島彬・二十一円、加須町・相島由之助・十一円」と載す。

相嶋 アイシマ 春日部、三郷等に存す。

会島 アイシマ 越谷に存す。

 愛須 アイス 大宮、新座等に存す。

 相墨 アイスミ 浦和に存す。

 相関 アイゼキ 埼玉郡根古屋村(騎西

町)前玉神社江戸末期水鉢に相関九左衛門(天保九年生、九年副戸長)、明治二十七年碑に相関栄吉・相関寅五郎。昭和三年興信録に「鴻茎村(騎西町)・相関倉吉・所得税三十六円」と見ゆ。

 相曾 アイソ 大利根、川越、所沢等に存す。

 相蘇 アイソ 上尾、坂戸、富士見、所沢等に存す。山形県飽海郡八幡町四十三戸あり。

 相磯 アイソ 大宮、富士見、所沢、越谷日高、川口等に存す。

 相宗 アイソウ 坂戸に存す。

 相薗 アイゾノ 羽生に存す。

 愛染 アイゾメ 吉川、鳩ヶ谷等に存す。

 秋田 アイタ 奥州秋田郡は和名抄に阿伊田と註す。アキタ参照。

 相田 アイダ 大里郡中曽根村字相田、入間郡並木村字相田あり。アイノタ参照せよ。神奈川県厚木市愛甲十五戸、千葉県柏市船戸十九戸、市原市馬立十八戸、栃木県塩谷郡喜連川町鹿子畑十八戸、那須郡南那須町熊田十六戸、安蘇郡田沼町田沼十四戸、山梨県西八代 郡三珠町上野九戸、茨城県那珂郡大宮町中富八戸、同郡山方町小貫十四戸、同郡美和村氷之沢二十六戸、結城郡八千代町新地十二戸、新潟県西蒲原郡黒崎町黒鳥十二戸、南蒲原郡田上町二十戸、佐渡郡新穂村北方十一戸、山形県東置賜郡高畠町四十戸あり。多くはアイタと称す。ソウダ参照。

 一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣の相田氏 寛文二年分限帳に「四十三俵・相田平右衛門」と見ゆ。

 二 岩槻藩板倉氏家臣の相田氏 天和二年岩槻藩分限帳に「三百石・相田七郎右衛門」と見ゆ。

 三 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣の相田氏 元禄七年岩槻藩分限帳に「百五十石・相田平左衛門、五両三人扶持・相田伝七」と見ゆ。

 四 川越藩秋元氏家臣の相田氏 明治四年館林藩分限帳に「十二人扶持・相田新吾」と見ゆ。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣の相田氏嘉永七年忍藩分限帳に「吟味役・七石二人扶持・相田仙左衛門、御徒・二人扶持・相田銃助」。明治四年に「七石余二人扶持・相田新太郎、六石四人扶持・相田銃蔵」と見ゆ。

  六 埼玉郡弥勒村(羽生市) 承応二年義民相田直右衛門熊蔵あり名高し。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に弥勒・相田直蔵あり。

  七 入間郡子ヶ谷村(川越市)に存す。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川越市・相田千代吉・二十円、三田ヶ谷村(羽生市)・相田惣左衛門・二十四円、白子村(和光市)・相田孝作・十九円・三十三円」と載す。

 相多 アイダ 草加に存す。

 合田 アイダ 熊谷、上里、吹上、鷲宮、鳩ヶ谷、飯能等に存す。ゴウダ参照。

 愛田 アイダ 浦和、大宮、川越等に存す。

間 アイダ 鷲宮、浦和、上尾、富士見、川越、入間、所沢、日高等に存す。新潟県西蒲原郡黒崎町山田十戸、岩手県久慈市十二戸あり。アイ、ハザマ参照。

 藍田 アイダ 川口、越谷、春日部、所沢上福岡、桶川、行田等に存す。神奈川県厚木市酒井九戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡岸本町五戸あり。

 四十田 アイダ 春日部に存す。

 會田 アイダ 浦和に存す。

 会田 アイダ 東北ではアイタと称す。

アエダで阿部田と同じなり。越族阿部

氏と同族にて、越谷は越族のガイ(集

落)で阿部族が居住し、会田と名乗った。田は羅(国)、邑、集落の意味。阿部田・会田(あへた)は阿部氏の集落なり。田は太田条参照。此氏は阿部氏居住地に多くあり、千葉県船橋市金堀十五戸、茨城県つくば市西高野六十戸、同市今鹿島二十戸、北相馬郡守谷町高野十三戸、長野県南安曇郡穂高町有明十七戸、新潟県北蒲原郡中条町村松浜三十戸、柏崎市佐水二十六戸福島県いわき市百四十戸、石川郡浅川町十五戸、平田村十九戸、岩瀬郡鏡石町三十戸、田村郡小野町五十戸、大越町二十戸、滝根町四十戸、山形県山形市四百戸、東村山郡山辺町四十戸、秋田県雄勝郡雄勝町十戸あり。カイ            ダ、オオ参照せよ。

一 中世の会田氏 葛西の土豪にて、永正六年宗長の「東路の津度」に「葛西庄善養寺に着す、会田弾正忠定祐の宿所に連歌あり。市川(太井川)・隅田川ふたつの中の庄也」と見ゆ。葛西庄猿俣の辺(葛飾区水元町)に館あり。小田原役帳に「会田中務丞、三十貫文・江戸下平川内、百二貫二百五十文・葛西小岩、九十三貫四百文・同飯塚、五十一貫二百五十文・同奥戸、以上二百七十六貫九百文」と見ゆ。また、越ヶ谷の土豪にて、八条領麦塚村(草加市)中村家譜に「中村弥兵衛尉正武(妻会田出羽守兼永娘也・善姓蓮心信女・永禄二年十月二十三日卒)」と見ゆ。会田家譜に「会田出羽資清(生国信濃、天正十七年卒)」とあり、信濃国会田村発祥説は地名附会なり。

 二 関宿の会田氏 関宿城主簗田晴助・持助に仕へ、のちに江戸時代に至り同宿本陣を務む。

   越谷出身の幕臣会田氏が此氏の後裔と伝えるのは附会であろう。

 小田原編年録に「下総関宿江戸町本陣会田久兵衛先祖、永禄頃内蔵助、其後和泉守など称せしと云、中務が一族か」と見え、関宿会田氏文書に「簗田晴助公より、会田内蔵之助に検地十五貫文之所被下之御証文。天正二年に小田原北条家関宿御手に入、其時より和泉子大膳と申候者、小田原御被官に罷成、其刻商之司を被仰付、船等も無役に而持候由仕候。入国後、大膳子久兵衛十人扶持被下、在郷方支配仕」と見ゆ。下総旧事に「永禄三年十二月二十七日、会田内蔵助殿、晴助花押」。東京都新宿区高田の穴八幡神社文書に「元亀二年二月二十五日、房州衆、市川筋相働くの由に候、その地へ加勢の衆、江戸衆申し付け候、会田殿・窪寺殿、氏康花押」。会田久兵衛文書に「天正二年、会田和泉守殿、持助花押」。「天正十一年十二月、会田掃部助殿、氏照花押」。「慶長元年五月、会田大膳殿、(関宿城主松平康元)」等を所持す。

三 幕臣会田氏 信濃国筑摩郡会田村(四賀村大字会田)の出身と称すが、会田氏は埼玉・足立・葛飾地方の大姓にして、会田出羽資清の子孫が繁衍したとは考えられない。地名附会説にて、幕臣会田氏は越ヶ谷の古族会田氏の支流であろう。寛政呈譜に「滋野氏にして、弥平大夫重道・信濃国子懸郡海野村に住せしより称号とす。其後裔左衛門尉幸持、同国会田郷に居住し、家号を会田にあらたむ。資清は其末孫なりという。按ずるに滋野氏真田の譜に、海野会田を称するものはあれども、いわゆる重道・幸持見るところなし。資清(出羽、太田下総守某に属す)¥資久(出羽、北条家につかへ、天正十八年かの家没落ののち武蔵国越谷に居住す。そののち家康越谷に放鷹したまうのとき、資久が宅地のうちに御殿等を営ませたまい、後しばしば渡御ありて物を賜う。慶長十三年五月十八日屋敷地として、畑一町歩をたまわるのむね伊奈備前守忠次より書を送る。元和五年死す、法名道光、越谷の天岳寺に葬る)資勝(庄七郎。今の呈譜に資久が長男を七郎右衛門資重とし、正保元年死す、法名道幽という。二男を庄七郎資勝とし、秀忠越谷御殿に渡御のとき、めされて御子性となる)¥資重(七郎右衛門)¥資信¥資盛(五百石、家紋は丸に三本竹・二巴)」と。また資信の弟又六資忠は越谷に住し子孫民間にありと載す。

資勝は慶長十二年罪をうけ、掛川藩本多家に預けられ、子孫は不明。資重の子資信が幕臣会田家の初代なり。また、静岡市の会田出羽家系図に「会田中務丞信清(北条氏より武州領の内江戸下平川・葛西小岩・同飯塚・同奥戸・小石川本所買い取る、当時代官職)―会田出羽資清(生国信濃、会田小七郎幸久が伴って武州越ヶ谷に住いする、太田三楽より資之字を授けられる、天正十七年八月六日卒、喜教院殿長誉利歓居士)―会田出羽資久(東照宮関東御入国之時、度々越ヶ谷辺被為成之刻、資久初奉拝謁。)其後新方領増林村之内御茶屋敷殿有之処、越ヶ谷御鷹野御成之節、出羽屋敷林等、遊上覧場所宣候に付、地面差上可旨被仰付則奉指上、御殿并御賄屋敷共、出羽所持之内被遊御建、度々入御之節、出羽并妻御目見被仰付、云々。元和五年十月十六日卒、歓喜院殿祐誉道光居士」―会田七郎右衛門資重(台徳院殿、大猷院殿、度々越ヶ谷御成人之節、七郎右衛門并妻御目見被仰付云々。正保元年七月二十七日卒、深興院殿澄誉道幽居士)―会田小左衛門資信(寛永元年被召出、高五百石、慶安二年卒)―会田小左衛門資盛(宝永四年卒)―会田伊右衛門資刑(寛保元年卒)―会田伊右衛門資敏―会田又六資忠―会田五郎平資勝―会田源兵衛資房―会田平兵衛資附(出羽居屋敷屋敷一町歩、慶長十三年拝領所持仕来処、五郎平右畑質物渡、流地相成居処安永二年取戻所持之。安永八年卒)―会田平吉資明―会田平兵衛資武―会田五郎平資美―会田貢太郎改五郎平資堯(明治二十六年卒)」と見

ゆ。十項参照せよ。六十四項参照。

四 伊奈氏家臣の会田氏 越ヶ谷宿会田出羽の養子会田七左衛門政重(寛永十九年没、六十二歳)は、神明下村に居住し、七左衛門村等を開発し、手作地の経営にあたるほか、関東郡代伊奈氏に仕えて、子政連の子孫は赤山陣屋に居住す。七左衛門村元禄八年検地に七左衛門家の名請地は耕地高百九石余・十六町五反八畝歩を所有する。伊奈氏家臣寛永二十一年会田兵左衛門、享保元年会田七左衛門、寛政三年赤山陣屋屋敷図に「会田孫七・八反九畝歩・五人扶持格在出役、会田七左衛門・赤山住・六人扶持格目付格無役」と見ゆ。其後、没落し手作地を売却す。寛政四年七月触書下に「元伊奈右近将監様御家来会田七左衛門殿、田地御払に付入札可致御触。埼玉郡七左衛門村田畑合九町二反二十歩・同郡神明下村田畑屋敷十一町三反八畝五歩・同郡越巻村田畑二町九反四畝十九歩。右は会田七左衛門所持之田畑に候処、右近将監方に而欠所申付候に付、書面之田畑此度御払い相成候間、届之者は右村々より罷越村役人に懸ヶ合地所等得近将監方に而欠所申付候に付、書面之田畑此度御払い相成候間、届之者は右村々より罷越村役人に懸ヶ合地所等得与見届候上入札いたし可申」とあり。十項参照。

五 忍城士の会田氏 成田分限帳に「十五貫文・会田勘解由左衛門」と見ゆ。

六 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣の会田氏 寛文二年分限帳に「十俵・会田一郎右衛門、十俵・会田伝兵衛」と見ゆ。

七 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣の会田氏 元禄七年岩槻藩分限帳に「七石三人扶持・会田清左衛門」と見ゆ。六十三項参照。            

八 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣の会田氏 万治元年川越藩分限帳に「信綱長男甲斐守輝綱臣・金三両二人扶持・会田彦太夫」と見ゆ。

九 忍藩阿部氏家臣の会田氏 慶安年中分限帳に「町奉行支配・四両五人扶持・会田権左衛門」。享保八年軍役帳に「小性下目付・四両二人扶持・会田権四郎、五両二人扶持・会田林古、六両二人扶持・会田十内」。文化四年忍藩分限帳に「儒者・三十俵二人扶持・会田恕助」と見ゆ。

一〇 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷の蔓(福井文書)に「中町会田五郎兵衛先祖会田出羽義は、天正以前海野小太郎・信州会田より郎等六家同道に而罷越候大家に而御殿高場に陣屋住居致、今袋町入口より左之方出羽屋敷道通也、都合七家之者草創に而其外越谷会田出羽義は、天正以前海野小太郎・信州会田より郎等六家同道に而罷越候大家に而御殿高場に陣屋住居致、今袋町入口より左之方出羽屋敷道通也、都合七家之者草創に而其外越谷村居付百姓十七軒之旧家有之由申伝候也。出羽屋敷向本町裏に御主殿有之候、会田出羽忰五郎兵衛義・千石被下置御使番に可被召出御内意之所、御辞退申上永百姓に可被成下置旨願上、弟伊右衛門御奉公仕度由願替候所、高五百石大御番組へ御差加被下置候、今会田伊右衛門是也、又会田出羽義は慶長年中・家康公様より一町歩之御墨付被下置、御殿上通三町五反余之処代々所持致来。正徳年中・五郎兵衛退転致候後、系図并御墨付拝領物等之義は、日本橋向右角会田屋平吉方に遺候由、猶其後会田伊右衛門様へ上り候由。

 落居之頃会田七家と申、元和御検地請候者大略左に相記、○会田出羽、中町大屋敷主、忰五郎兵衛、伊右衛門奉仕、八郎兵衛・七左衛門新田へ分地、○会田八右衛門、本町北大屋敷、中古分地九郎兵衛退転、○会田七左衛門、出羽一族政重開発後神明下組居、伊奈家奉公、又一説あり末に記、○会田六郎兵衛、元禄度藤右衛門出羽一族大家也、分地平右衛門

平三郎也、源兵衛、七郎兵衛等、会田四郎兵衛、東大屋敷名主六左衛門家、貞享二年分地会田久右衛門、○会田平兵衛、元禄度年寄、出羽老職之者、茂左衛門家也、○会田清蔵、南名主大屋敷、出羽老職之者、清兵衛家也。右之外、越谷大沢近郷近村に会田姓名乗候者不可枚挙、是は海野党落居之節付来候者、又は地守家守下人拝領之者多有之、或は近代に至候而は枝流分家之者も多く、末党に至候而は悉不相分候、外姓之者も会田出羽威厳に連其時代には改姓致候者も侭有之候趣なり。

  元和御検地諸帳面、寛文度之諸帳面等旧家の五郎兵衛・六郎兵衛・藤右衛門・八右衛門等退転地、南名主清蔵義も衰微に及、古書物一切不相伝候。元禄八年屋敷は、会田八右衛門屋敷、会田権四郎、問屋会田五郎兵衛大屋敷、会田源右衛門、大屋敷会田四郎兵衛屋敷六左衛門也、会田平兵衛、会田久右衛門、会田利右衛門、会田清蔵屋敷、六郎兵衛跡会田藤右衛門、会田源兵衛、会田七郎兵衛、会田平右衛門。

 ○本町組・当名主門屋相勤八右衛門義先祖之義は三島式部大輔天正年中没落に及、越谷町に遁来忍居百姓に相成申候而、今ナラヤ又兵衛・ヌシヤシヤ治右衛上門所持之大屋敷に住来、元和・寛文・元禄度共御縄請来草創之者、安永年中一度退転に及、猶又再応当役相勤申候、本姓三島氏之処、越谷会田出羽と一同七人開起之者同姓に相成、会田八右衛門と名乗居申候、尢五人名主之節北名主と申候、中古分地九郎兵衛と申者有之、今退転。

○元宇田川・馬宿治右衛門屋敷こく屋会田彦右衛門所持也。百姓彦右衛門は会田権四郎方より中古之分家也、近来追々大家に成申候。

○権四郎屋敷之義は、寛永年中より代々権四郎所持之旧家也、姓は会田と申、会田出羽より拝領之名字に而有之由、依之本町市場地割元も致候上、中古年寄も相勤め申候家柄にて、市場通料等取来之候穀屋彦右衛門之本家也。

○中町組大屋敷会田五郎兵衛義、正徳年中より享保初年に至退転に及候に付、大沢町島根喜兵衛方に而享保年中より所持之、越谷会田党之本家也、今其子孫日本橋一丁目角酒屋会田屋平吉是也」と。また、同書に「会田党之訳荒々左に記置之候。〇会田出羽嫡子会田五郎平。〇会田出羽二男会田伊右衛門、大御番組高五百石。〇会田出羽三男会田六左衛門、新町東名主也。〇会田出羽養子会田七左衛門、神明組之先祖。〇会田出羽親類分会田八右衛門、三島家養子に行き会田と改む。〇会田八郎兵衛、五郎兵衛倅、新町之八郎兵衛也。〇会田久右衛門、六左衛門分家。〇会田六郎兵衛、五郎兵衛弟。〇会田九郎兵衛、元禄以後八右衛門方隠居。〇会田八郎兵衛、五郎兵衛倅、七左衛門弟分に而七左衛門村へ遣し。〇会田清兵衛、新町南名主。〇会田権四郎、本町。〇会田彦右衛門、同こく市。〇会田浅右衛門、小林村。〇会田仁次郎、四丁野村。〇会田茂兵衛、荻島村。〇会田平六、同村。〇会田弥五左衛門、大沢町。〇会田忠左衛門、同みなと屋。〇会田利右衛門、同天酒屋。〇会田菊治郎、同篩屋。〇会田弥三郎、同豆腐屋。〇会田弥兵衛、新町こんにゃく屋。〇会田庄兵衛、同分地。〇会田弥右衛門、同分地。〇会田利右衛門、中町鍛冶屋。〇会田忠兵衛、忠兵衛・利右衛門は鍛冶屋忠兵衛に而、中古より右屋敷致所持、兄弟也、会田姓何方より相分候哉不明分。〇会田源右衛門は寛文年中分地。〇会田四郎兵衛義、御入国時分より落着、出羽一同開起之党にて旧家也、分地多く、其後退転仕候、会田久右衛門は此党也、東名主と唱申候而代々御検地名門請来候処、六左衛門代に成、養子文之助と申者代に而寛政中退転。〇

寛永初越谷会田出羽表門前へ捨子有之、養育致候、生長之後才発不尋常、会田七左衛門政重と名付出羽三男之処、槐戸耕地沼付等開発致、神明下耕地に居住し、弟会田八郎兵衛成者右新田耕地に遺す、是七左衛門村・大間野村・越巻新田等也」と見ゆ。また、越ヶ谷宿本陣は代々会田八右衛門家が務めたが、安永三年に退役し、其後福井権右衛門家がこれを継ぐという。

天嶽寺慶安四年庚申塔に会田次郎右衛門(大沢町住人)、承応三年庚申塔に会田新右衛門、延宝元年庚申塔に会田藤右衛門。久伊豆社文化元年御神燈に会田藤助・会田彦右衛門・会田権四郎・会田伊兵衛・会田源右衛門・会田源吉、文政十年狛犬に越ヶ谷住会田翁源資清孫会田平兵衛資武・会田秀太郎資美、天保六年碑に新田中組・会田源太郎、明治三十二年榛名碑に会田峯蔵・会田米蔵・会田忠兵衛・会田文蔵・会田庄太郎・会田惣吉・会田清吉・会田啓次郎。万延元年武術英名録に神道無念流会田市太郎、同年木原周輔門人帳に越ヶ谷宿会田初五郎、明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流会田孝好。明治九年副戸長会田栄太郎・嘉永四年生。明治三十年所得税下調査簿に越ヶ谷町会田忠兵衛・反別五町歩・地租六十二円。三十五年営業便覧に「呉服商会田吉五郎、小間物商会田米三、棒屋業会田福太郎、雛職会田市太郎、古道具商会田竹次郎、幟問屋会田仁三郎、白米商会田和三郎、雛職会田勇冶郎、幟問屋会田佐右衛門、雑穀商会田幸次郎、際物商会田善太郎、白米商川瀬屋会田桝五郎、幟商植田屋会田勘次郎、呉服商万寿屋会田善次郎、青物商会田源兵衛、青物乾物商会田勝太郎、陶器商会田春吉、豆腐商会田清吉、飲食店会田平吉、湯屋会田権四郎、荒物商愛会田忠兵衛、同商会田春吉、棒屋業会田啓次郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年呉服商会田善次郎・明治六年生・国税六百十一円・県下百三十七位、大正十四年国税二千六百三十四円・四十六位なり。六十四項参照。

一一 同郡大沢町 大沢猫の爪(福井文書)に「宝暦七年、大沢町百姓会田弥五左衛門。会田次郎左衛門屋敷、同弥五左衛門代々年寄役勤来候、先祖之義は明暦之頃何方より来候哉、元禄十七年死去、其後享保・宝暦中大家に相成申候、寛文の年寄次郎右衛門此家也。百姓会田忠左衛門は宝暦以前会田弥五左衛門分地也。明和五年帳面表、会田弥五左衛門、会田弥市」と見ゆ。越ヶ谷宿天嶽寺慶安四年庚申塔に会田次郎右衛門。大沢町香取社寛政元年御神燈に会田弥五左衛門、寛政三年水鉢に会田七郎左衛門、文化八年御神燈に上組会田留蔵あり。

 一二 同郡神明下村(越谷市) 風土記稿に「政重院は、村民七右衛門の祖先会田七左衛門政重妻慶誉禅定尼追福のために造営す。棟札に寛永十九年閏月吉日とあり。按に此政重と云は、会田系図に三郎左衛門政重と云うものをのす、同人にやさもあらば、北条氏房に属せしものなり。慶誉は元和八年六月二十三日に死せり」と見ゆ。明治九年副戸長会田左馬之助・天保十三年生あり。

 一三 同郡七左衛門村(越谷市) 風土記稿七左衛門村条に「当村は寛永の頃にや神明下村の里正七左衛門新墾す。観照院開基は会田七左衛門にて其法名日映観照と云ふ」と見ゆ。同院明治四年普門品に会田豊吉あり。

 一四 同郡越巻村(越谷市) 七左衛門村の枝郷にて、満蔵院開基は会田七左衛門政重なり。

 一五 同郡四丁野村(越谷市) 虎稲荷社寛政六年庚申塔に会田清次郎・会田甚太郎。迎摂院文化頃庚申塔に会田蔵之助・会田清蔵。明治九年戸長会田太郎兵衛・嘉永五年生。明治三十年人名録に味噌製造業会田本太郎・嘉永五年生・反別十一町二反歩・地租百八十円、出羽村助役会田清太郎・天保七年生あり。

一六 同郡小林村(越谷市) 東福寺享保十二年水鉢に会田源右衛門、文化十二年普門品に会田祥善・会田九右衛門・会田藤七・会田孫七・会田才兵衛・会田清兵衛・会田善蔵・会田右源次・会田惣右衛門・会田金右衛門・会田弥助・会田林蔵・会田利左衛門。文政十一年惣代会田佐兵衛。明治九年副戸長会田三治・天保十二年生。香取社明治二十六年敷石碑に会田才治郎・会田亀吉・会田勇吉・会田文右衛門・会田徳次郎・会田伍助・会田幸次郎・会田茂吉・会田弥市・会田和三郎・会田林平・会田清次郎・会田春吉。明治三十年人名録に増林村助役会田三治・地租七十五円、会田権兵衛・文久三年生・地租四十五円、会田新左衛門・文政七年生・地租四十三円、会田利左衛門・天保十二年生・地租二十三円、会田九右衛門・嘉永六年生・地租十九円あり。

一七 同郡荻島村(越谷市) 戸塚村子権現社文化十四年碑に荻島村会田勘解由真成鈎上村神明社元治元年碑に荻島・会田勘解由源洲栄七十五歳・会田長蔵(文化十三年生、明治九年副戸長)・会田治兵衛・会田万五郎・会田佐代次。荻島村五所神社明治九年浅間碑に中組会田雪蔵(天保十四年生)・堤根組会田又右衛門・会田善次郎・会田治右衛門。三十年所得税下調査簿に会田泰輔・嘉栄元年生・反別九町歩・地租九十五円と見ゆ。

一八 同郡砂原村(越谷市) 不動堂文化二年庚申塔に会田新左衛門。嘉永元年庚申塔に会田丈右衛門あり。

 一九 同郡大里村(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に大里村会田清右衛門あり。

二〇 同郡大林村(越谷市) 香取社天保六年猿田彦碑に会田勘左衛門・会田六助。明治三十年人名録に会田勝五郎・安政元年生・地租十八円と見ゆ。

二一 同郡増森村(越谷市) 増森公民館文化四年地蔵尊に会田孫七あり。

二二 同郡代山村(越谷市) 大門宿大興寺文化十四年供養塔に代山村・会田紋兵衛、成田不動尊安政三年普門品に会田鶴治朗・会田新兵衛、明治四十年碑に代山・会田徳次郎・会田国三郎・会田文蔵。辻村鷲神社明治四十二年碑に代山・左官会田彦次郎(万年寺に彦太郎と)あり。

二三 同郡後谷村(八潮市) 風土記稿後谷村条に「旧家者富右衛門、代々名主を勤む、氏を会田と称す。元越ヶ谷に住し、其後当所に移れりと云。家作は二百年以上の者にて、柱の削り小屋組のさま、今の制作と替れり。会田系図を見るに会田三郎左衛門政重は出羽介正兼が孫・源太郎正富が子なり。当国鉢形の城主北条安房守氏邦が麾下に属し、越ヶ谷の地に住す。其子若狭正方は太田十郎氏房に従て討死す。其子若狭正忠二男出羽正之と云。正之も越ヶ谷に住すとあり。今越ヶ谷宿に会田氏の子孫なし、衰微して江戸に移れりと云。此富右衛門が家は、彼越ヶ谷に住せし会田氏が支族なりしや。系図は所持せざれども其つまびらかなることをしらず。また越ヶ谷宿の出羽堀は、会田出羽介正之当所に住し、堀開きしをもってかく唱う」と見ゆ。西福寺宝永七年庚申塔に会田新五右衛門・会田長左衛門・会田五左右衛門、元文二年庚申塔に後谷村・会田市右衛門・会田吉右衛門、安永五年供養塔に会田万七祖母。西袋村観音堂安政三年筆子碑にウシロヤ会田民蔵。八幡社明治二十一年絵馬に会田新治郎、明治二十五年絵馬に会田元太郎・会田延太郎、明治三十四年絵馬に会田和佐吉、明治三十九年絵馬に会田喜惣治・会田米太郎あり。

二四 同郡八条村(八潮市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に八条領会田磯治郎本賀(名主)。明治八年に臼工職農会田和吉次男金五郎・酒商農会田仁右衛門長男益蔵・小間物商会田民蔵・質屋会田弥右衛門・教導職会田孝昭・農会田鉄五郎・農会田庄左衛門三男房五郎・農会田権八長男慶助。明治九年に会田繁蔵・会田松五郎・会田兵右衛門・会田雪太郎・会田徳蔵・会田力蔵・会田忠蔵・会田源吉・会田浪右衛門・会田浅吉・会田ふん・会田藤五郎・会田六左衛門・会田権八・会田権右衛門、副戸長会田惣治郎・嘉永四年生。八幡社二十四年碑に会田藤蔵・会田仁平・会田福太郎。三十年所得税下調査簿に会田惣治郎・反別二十三町八反歩・地租三百十八円。同年人名録に会田松五郎・嘉永四年生・地租十五円、会田又吉・明治六年生とあり。    

二五 同郡柳之宮村(八潮市)後谷村西福寺延宝七年供養塔に会田七左衛門内儀。狩野家墓地享保十三年庚申塔に会田新右衛門。氷川社嘉永七年御神燈に会田七左衛門(政重の家とは別)・会田善蔵・会田新右衛門、明治十九年絵馬に柳之宮村会田只一郎・会田新次郎・会田忠次郎。剣術神文鑑明治二年に柳之宮村会田覚太郎。明治九年副戸長会田善治(天保十四年生、三十年反別十九町三反歩・地租二百五十円、郡会議員)・副戸長会田只次郎(安政二年生)。三十年人名録に会田福太郎・明治二年生・地租七十円。四十四年貴族院多額納税者互選人名簿に農業会田福太郎・国税六百二十五円・県下百三十二位なり。

二六 同郡上馬場村(八潮市) 天神社明治三十九年碑に会田仁三郎あり。

二七 同郡伊勢野村(八潮市) 浮塚村氷川社明治三十七年絵馬に伊勢野・会田通之助とあり。

二八 同郡小作田村(八潮市) 稲荷社明治二十八年絵馬に会田純出あり。   

二九 同郡岩槻町 明治三十五年会田惣太郎あり。            

三〇 同郡笹久保新田(岩槻市) 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に笹久保新田・会田浅右衛門・会田理兵衛・会田伊八。明治四年笹久保新田宗門改帳(新井文書)に「会田万吉五十歳・倅吉五郎三十三歳・万吉倅辰三郎十二歳・吉五郎倅満之助九歳・同人倅虎三郎四歳。会田吉右衛門四十九歳・父利兵衛七十六歳・同人倅喜之助・吉右衛門倅音吉二十三歳。会田清右衛門四十七歳・倅慶太郎二十四歳・慶太郎倅信太郎四歳。会田酉五郎四十四歳・倅久三郎二十一歳・倅佐吉十六歳」と見ゆ。

三一 同郡尾ヶ崎新田(岩槻市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡尾ヶ崎新田・会田佐左衛門。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に尾ヶ崎新田・会田祐右衛門あり。    

三二 同郡高曽根村(岩槻市) 稲荷社文化十年御神燈に当所会田源右衛門。薬師堂安政二年庚申塔に当所会田平蔵あり。

三三 同郡梅田村(春日部市) 神明社弘化二年水鉢に会田源八。日枝社嘉永三年御神燈に西組会田源治郎あり。

三四 同郡百間村(宮代町) 百間村字内野正福坊天保十五年六地蔵に松木島・会田八郎右衛門。西原組神外坊明治十六年奉納太刀銘に会田作蔵。西原組地蔵院明治十七年文書に会田治右衛門。明治三十年所得税下調査に百間東村会田真覚・反別十五町四反歩・地租百三十三円あり。

三五 同郡和戸村(宮代町) 宇宮神社嘉永二年奉額に会田大五郎、明治十一年幟碑に会田平八。明治三十年人名録に蚕業会田由蔵・安政五年生・地租二十五円あり。

三六 葛飾郡幸手宿 雷電社明治三十五年碑に会田盛泉あり。

三七 同郡惣新田村(幸手市) 字澤目木天満宮寛政四年庚申塔に沢目木村・会田籐左衛門・会田利右衛門・会田政治郎・会田郷左衛門、文化六年庚申塔に会田要蔵・会田竹治郎、文政六年庚申塔に会田利兵衛・会田清八・会田嘉右衛門・会田籐次郎、天保十二年庚申塔に上沢目木組・会田徳左衛門・会田善蔵、明治三十五年狛犬に会田栄三郎・会田恒吉・会田嘉吉・会田和十郎。鷲巣村鷲神社明治三年御嶽碑に沢目木会田平蔵。明治二十年被選挙権者に会田平蔵・天保九年生、会田金蔵・文政八年生、会田栄三郎・天保十三年生(三十年に地租五十五円)、選挙権者に会田恒吉・安政元年生あり。

三八 同郡屏風村(杉戸町) 八幡社文化七年鳥居碑に会田忠蔵あり。

三九 同郡銚子口村(春日部市) 香取社文化十四年碑に会田行部忠勝、文政四年碑に会田庄□・会田末吉。明治十二年菓子屋会田又市あり。

四〇 同郡西金野井村(庄和町) 香取社文久三年水鉢に会田与七・会田伊惣次、明治三十年寄附碑に会田福蔵・会田清三郎あり。

四一 同郡中野村(庄和町) 薬師堂文化元年普門品に会田伴七・会田富右衛門・会田文内。香取社文化三年庚申塔に会田勇右衛門・会田沖右衛門・会田幸右衛門、文政七年庚申塔に会田彦右衛門・会田伝左衛門、文久三年大杉明神碑に会田勇次郎、明治二十五年雷神碑に会田保三郎・会田直次・会田久蔵・会田光助・会田弁吉。新宿新田天満宮文政五年碑に中野村会田嘉蔵。明治初年名主会田彦左衛門。明治三十年人名録に会田保三郎・嘉永五年生、藍玉製造業会田林次郎・嘉永元年生、会田伊之助・安政五年生・地租十九円、会田直次・安政二年生・地租二十五円あり。

四二 同郡倉常村(庄和町) 愛宕者寛政十二年庚申塔に会田虎蔵あり。

四三 同郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に会田平治郎あり。              

四四 同郡川野村(吉川市) 御嶽社万延元年不動尊に会田重之助・会田吉五郎・会田巳之助・会田清蔵あり。              

四五 同郡小松川村(吉川市) 当村庚申塔に会田義兵衛あり。               

四六 同郡鍋小路村(吉川市) 不動院跡宝暦六年庚申塔に会田七右衛門。明治三十年人名録に会田貞蔵・慶応元年生・地租二十三円。天満宮明治二十二年敷石碑に会田治助・会田久右衛門・会田つま・会田寅吉、二十六年幟碑に会田権次郎・会田堅蔵あり。   

四七 同郡広島村(吉川市) 稲荷社明和六年鳥居碑に会田源五衛門、明治二十八年碑に会田貞助。共同墓地明治十六年碑に会田金平あり。

四八 同郡松伏村 宝珠寺文政四年碑に会田太郎左衛門。松伏神社安政五年狛犬に会田兵左衛門・会田茂左衛門・会田清八。明治三十年人名録に会田峰蔵・明治元年生あり。          

四九 同郡大川戸村(松伏町) 明治三十年人名録に会田啓三郎・安政六年生あり。

五〇 同郡谷口村(三郷市) 明治二十九年堀切文書に会田作次郎・会田忠蔵あり。

五一 同郡彦糸村(三郷市) 彦成村明治四年筆子碑に彦糸村会田又左衛門。明治三十年人名録に会田菊治郎・嘉永五年生・地租二十三円。明治四十三年剣士豊田梅吉碑に会田伝左衛門・会田亥蔵あり。

五二 同郡徳島村(三郷市) 稲荷社文化七年庚申塔に徳島村会田留治郎あり。 

五三 足立郡小室別所村(伊奈町) 別所村法光寺明和七年鐘銘に会田八左衛門あり。

五四 同郡向山村(上尾市) 中釘村秋葉神社天保十一年算額に大谷領向山村会田嘉吉広懸。神明社明治二十八年幟碑に当所会田卯吉あり。

五五 同郡草加宿 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿会田弥五右衛門。市神祠官筆学入門控に安政五年・市のや次男会田仙次郎、元治二年・市のや会田八十八。剣術神文鑑に慶応四年草加宿六丁目会田音次郎。明治三十五年菓子商会田為蔵あり。

五六 同郡片柳村(大宮市) 万年寺天保十二年庚申塔に会田惣右衛門、明治四十四年碑に沖郷組会田惣八あり。

五七 同郡赤井村(川口市) 氷川社明治三十九年碑に会田富吉あり。  

五八 同郡戸塚村(川口市) 東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村会田久蔵あり。

五九 同郡内野村(川口市) 水稲荷社享和四年御神燈に会田三之助あり。

六十 同郡高畑村(浦和市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に高畑村会田与助。稲荷社天保九年文書に高畑稲荷大明神世話人会田平兵衛、嘉永五年水天宮碑に会田常右衛門・会田春次郎あり。

六一 同郡浦和町 県会議員弁護士会田亀太郎・明治元年生あり。

六二 同郡下山口新田(浦和市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に下山口新田会田松五郎。稲荷社明治三十九年碑に下山口会田松吉あり。

六三 同郡大門宿(浦和市) 会田家は本陣問屋・名主・鳥見役を勤める名家なり。会田家先祖書に¬会田中務丞(北条氏家臣)―外記(平左衛門、大門村望涛山居住)―女子、弟平左衛門(明暦二年没)―孫四郎(岩槻藩松平伊賀守家臣、今信州上田に子孫有り。相田平左衛門と云う)。木村常陸介重茲(豊臣秀吉の武将)の弟純庵(医師、遠州高巣住)―俊重(木村八兵衛、家康に仕へ四百石、寛文十二年大門宿にて死す)―初代会田俊明(幼名木村牛千代、寛永三年母方の姓を名乗り会田平左衛門と称す。同年鳥見役となる。寛文二年没六十二歳)―二代俊久(改兵庫、大門宿本陣、元文四年没八十七歳。弟平八郎俊之・脇本陣分家)―三代俊茂(孫四郎、宝暦十三年没七十九歳。弟庄蔵俊次・分家)―四代俊寿(安永二年没六十三歳。弟文六・分家)―五代俊恒(孫四郎、文化八年没六十二歳)―六代俊盈(平左衛門、私塾師匠、天保四年没六十七歳)―七代俊穏(栄二郎、私塾師匠、安政二年没五十一歳)―八代明俊(私塾師匠)Lと見ゆ。文化二年児玉南珂日記に大門宿会田平左衛門歩月。大興寺文化十四年供養塔に大門宿会田平六、天保七年会田筆子碑に会田平八郎・会田磯八・会田吉之丞・平右衛門・会田平三郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡大門宿・会田兵助・会田平右衛門。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡大門宿会田平左衛門。会田家手習書に弘化三年・当宿会田源蔵倅平次郎九歳・会田平三郎倅平八十二歳・会田平右衛門倅平蔵十五歳・同次男吉之助十一歳・会田周蔵倅穏蔵十三歳、嘉永元年・当宿会田吉之丞四男平次郎、同二年・会田平三郎次男次左衛門九歳、同四年・会田平右衛門三男兼吉九歳、同七年・会田平右衛門四男勝兵衛九歳、安政五年・会田周蔵次男亀蔵九歳、同六年・会田源蔵四男作次郎九歳、同七年・会田平蔵倅繁太郎九歳。万延元年武術英名録に北辰一刀流会田平左衛門。明治九年戸長会田平蔵・天保四年生、副戸長会田平六・天保七年生あり。

六四 入間郡並木村(川越市) 当村に此の氏多く存す。氷川社明治五年水鉢に並木村会田平吉。明治九年副戸長会田元次郎・天保元年生あり。

六五 同郡扇町屋村(入間市) 三上家文書に寛永十六年山口領所沢村市祭・扇町屋会田長右衛門あり。

六六 同郡二本木村(入間市) 明治三年川口家文書に二本木村名主会田市郎右衛門あり。

六七 同郡宮寺村(入間市) 明治十五年染物屋会田七右衛門あり。

六八 同郡所沢町 明治四十四年織物商会田広吉あり。

七九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・会田惣七・五十八円、草加町・会田十一・四十一円、大門村(浦和市)・会田藤太郎・十三円、会田庄助・十一円、野田村(浦和市)・会田平七・三十九円、南古谷村(川越市)・会田一郎兵衛・十円、所沢町・会田さい・四十六円・六十一円、荻島村(越谷市)・会田金蔵・十三円、出羽村(越谷市)・会田本太郎・十一円、越ヶ谷町・会田信一郎・三百八十九円・百三十円、会田太助・二百四十九円・百十二円、会田弥三郎・百六十五円・百十二円、会田仁三郎・十四円・二十八円、会田佐右衛門・十五円・四十三円、会田利次郎・二十九円、会田米蔵・二十五円・五十二円 会田善次郎・七十七円、会田金蔵・十二円・三十六円、会田庸三・六十六円・五十円、会田彦次郎・十三円、八幡村(八潮市)・会田福太郎・百二十六円、八条村(八潮市)・会田又吉・五十四円、会田五郎・百四十八円、大沢町(越谷市)・会田為蔵・十八円・四十二円、豊野村(春日部市)・会田市太郎・十三円・十四円、旭村(吉川市)・会田広吉・二十五円」あり。

相谷 アイタニ 狭山に存す。サガヤ参照。

会谷 アイタニ 春日部に存す。ゴウタニ参照。

藍谷 アイタニ 川越に存す。

四十谷 アイタニ 越谷に存す。

間地 アイチ 上尾に存す。

愛知 アイチ 熊谷、大宮、新座等に存す。

愛智 アイチ 北本、大宮、入間、岩槻、蓮田、志木、和光等に存す。

相茶 アイチャ 所沢に存す。

会津 アイヅ 栗橋、大宮、富士見、所沢、飯能、三郷、戸田、和光等に存す。長野市柳原二十戸、山梨県北都留郡上野原町六戸、青森県北津軽郡板柳町百六戸あり。

一 埼玉郡行田町 甘粕村浅見文書に明治元年武州忍行田・会津平兵衛とあり。

合津 アイヅ 越谷、草加、八潮、朝霞等に存す。ゴウヅ参照。

相津 アイヅ 浦和、庄和、越谷等に存す。

相築 アイツキ 本庄、上里、春日部等に存す。

合月 アイツキ 鶴ヶ島に存す。

逢出 アイデ 埼玉郡北篠崎村(加須市)元文五年庚申塔に逢出久兵衛。熊野社天保十五年狛犬に逢出藤吉あり。

合戸 アイド 浦和に存す。長野県木曽郡上松町六戸あり。ゴウド参照。

相藤 アイトウ 大宮に存す。

相徳 アイトク 幸手、大宮、三郷等に存す。

相内 アイナイ 吹上、久喜、宮代、鷲宮、大宮、入間、所沢、越谷、川口、蕨等に存す。青森県下北郡東通村百戸、上北郡六ヶ所村五十戸、野辺地町十二戸、三戸郡南部町十七戸あり。アイウチ参照。

相沼 アイヌマ 川口、浦和等に存す。

愛沼 アイヌマ 明治三十五年足立郡大宮町古物商愛沼政吉あり。

相根 アイネ 越谷に存す。サガネ参照。

相野 アイノ 川島、川越、富士見、鴻巣等に存す。千葉県市原市新堀九戸、青森県八戸市九戸あり。

合野 アイノ 嵐山に存す。

藍野 アイノ 浦和、大井、狭山、越谷、川口、鳩ヶ谷、和光、蕨等に存す。千葉県夷隅郡大原町若山十四戸あり。

会ノ川 アイノカワ 埼玉郡平方村字会の川、麦倉村字合の川あり。

合野口 アイノクチ 皆野、春日部等に存す。

会退 アイノケ 富士見に存す。

相ノ田 アイノタ 比企郡大豆戸村字相ノ田、横見郡松崎村字相ノ田、高麗郡梅原村字相ノ田、秩父郡大宮郷字相ノ田あり。

会ノ田 アイノタ 葛飾郡会野谷村字会ノ田、新座郡上新倉村字会ノ田、入間郡豊田本村字会田、宗岡村字会ノ田、大里郡小八ツ林村字会田、甲山村字会田あり。アイノタと称す。

合ノ田 アイノタ 入間郡長瀬村字合ノ田、比企郡下大屋敷村字合ノ田、横見郡和名村字合ノ田、高麗郡平塚村字合ノ田あり。

間ノ田 アイノタ 横見郡久米田村字間ノ田、本沢村字間田、山野下村字間ノ田、男衾郡板井村字間ノ田あり。

愛ノ田 アイノタ 榛沢郡西大沼村字愛ノ田あり。

相野田 アイノタ 長野県松本市十二戸存す。

相野原 アイノハラ 埼玉郡相野原村(岩槻市)あり。

相信 アイノブ 入間に存す。

相ノ谷 アイノヤ 朝霞に存す。

相野谷 アイノヤ 葛飾郡木津内村字相野谷、埼玉郡小久喜村字相野谷、南大桑村字相野谷、荒木村字相野谷、野牛村字相野谷戸、足立郡宮下村字相野谷、小針内宿村字相野谷あり。此の氏は、宮代、大宮、所沢、志木、吉川、狭山、川越、熊谷等に存す。茨城県岩井市長須三十戸、宮城県桃生郡河北町八戸あり。

会ノ谷 アイノヤ 足立郡大間木村字会ノ谷は古の村名にして、大牧村清泰寺万延元年庚申塔に会ノ谷と見ゆ。同郡上木崎村字会ノ谷、風渡野村字会ノ谷、丸ヶ崎村字会ノ谷、下戸田村字会ノ谷あり。

会野谷 アイノヤ 葛飾郡会野谷村(吉川市)。同郡谷中村字会野谷、彦糸村字会野谷、一本木村字会野谷、采女新田字会野谷、安戸村字会野谷、上吉羽村字会野谷、高柳村字会野谷、足立郡西堀村字会野谷、埼玉郡蒲生村字会野谷あり。

合野谷 アイノヤ 埼玉郡喜右衛門新田字合野谷、足立郡浦寺村字合野谷、元郷村字合野谷、加田屋新田字合野谷あり。

間ノ谷 アイノヤ 埼玉郡下早見村字間ノ谷、金重村字間ノ谷、足立郡本宿村字間ノ谷あり。

相庭 アイバ 秋田県由利郡仁賀保町二十戸、矢島町十五戸あり。

一 比企郡番匠村(都幾川村) 平村滝ノ鼻公園明治四十四年馬頭尊に番匠・相庭三平あり。

相馬 アイバ 春日部に存す。アイウマ、ソウマ参照。

相波 アイバ 浦和、庄和、川口、戸田、鳩ヶ谷等に存す。新潟県刈羽郡小国町武石十四戸あり。

相羽 アイバ 群馬県勢多郡新里村新川十三戸、新潟県新井市六十戸あり。昭和三年興信録¬本庄町・相羽喜三郎・所得税ニ十二円「あり。

相葉 アイバ 新潟県頚城郡板倉町関田七戸、千葉県山武郡成東町湯坂八戸、市原市海保十戸、君津市西猪原七戸あり。

一 横見郡大串村(吉見) 観音寺明和元年廻国塔に相葉紋助、享和元年地蔵尊に相葉新太郎あり。

相場 アイバ 新潟県燕市八十戸、長野県小諸市滝原三十戸、群馬県太田市矢場十戸、栃木県宇都宮市駒生十七戸、足利市田島二十戸、青森県北津軽郡鶴田町十九戸、秋田県秋田市三百戸あり。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「先銃隊頭・百二十石・亡父又左衛門・相場次郎太夫四十四歳、五人扶持・父次郎太夫・相場又之丞・十九歳、御馬廻・百三十石・亡養父徳三郎・相場忠次郎・二十歳、下目付役・八石二人扶持・亡養父原一郎・相場小太郎・二十九歳」あり。

二 葛飾郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に相場友吉あり。

三 高麗郡飯能町 明治三十五年運送店醤油塩商相場新平あり。

会場 アイバ 足立郡伊刈村(川口市)に存す。文政三年芝村成就庵筆子にミネ・会場万治郎、芝村八幡社文久三年石華表に伊刈村・会場万治郎あり。

合場 アイバ 新座、朝霞等に存す。

合葉 アイバ 伊奈、川越等に存す。長野県上田市十戸あり。

愛場 アイバ 鳩山、浦和、上尾、坂戸等に存す。

愛葉 アイバ 川越に存す。

愛波 アイバ 川口に存す。

藍場 アイバ 白岡、所沢、吉川等に存す。栃木県足利市小俣九戸あり。

藍葉 アイバ 鷲宮、岩槻等に存す。栃木県今市市長畑七戸あり。

染葉 アイバ 大宮に存す。

秋庭 アイバ 承久記に秋庭の三郎をアイバと註す。

饗庭 アイバ 群馬県館林市高根町十二戸。近江国高島郡饗庭村(新旭町)に此氏多く存す。

一 館林の饗庭氏 高根町の饗庭家は、近江国饗庭から出て足利尊氏に従い京都・関東と転戦した饗庭氏直が先祖と伝える。太平記正平七年武蔵国小手指原合戦に花一揆を率いた饗庭命鶴丸氏直と言う十八歳の美少年あり。この戦いに敗れた饗庭兄弟のうち兄は武蔵幸手小淵村の不動院に入り、弟は高根に土着したと伝える。鎌倉黄梅院文和三年文書に尊氏は、命鶴殿に黄梅院を再興すべきを命ず。また同文書に昌皓(命鶴丸)は、尊氏追善の為に鎌倉郡小坪郷を寄進すと見ゆ。上武両国土着説は付会であろう。

二 幸手城主一色氏家臣の饗庭氏 鎌倉大草紙に¬永享十年十一月七日、一色宮内大輔直兼の郎等饗庭以下の侍、討ち死にす¬と見ゆ。此の氏は、幸手領小淵村修験不動院の先祖なり。不動院と同所浄春院の貞享五年裁許状に¬浄春院開基は、不動院先祖饗庭能登守浄春・草創なり¬と見え、風土記稿浄春院条には開基一色宮内大輔公保と見ゆ。公保は直兼の誤りにて、其の実は家臣の饗庭氏が開基である。また、幕臣酒依昌重・元禄十一年没七十六歳の妻は幸手の不動院饗庭が女とあり。

三 足立郡中尾村(浦和市) 吉祥寺文政三年六地蔵に当所会場木左衛門・会場杢左衛門。入間郡久米村天保十四年平塚文書に中尾村会場喜右衛門。柳崎村氷川社安政二年御神燈に中丸・会場杢右衛門。中尾神社文化五年御神燈に当所会場喜右衛門、文政四年鳥居碑に当所会場与左衛門。今は饗庭を称す。明治七年製糸会社人名録に饗庭喜右衛門。明治九年戸長饗庭杢右衛門・文政十一年生、副戸長饗庭新三郎・嘉永五年生、副戸長饗庭柳三郎・安政三年生あり。

四 同郡大間木村(浦和市) 明治二十年柴山伏越改造碑に大間木村饗庭杢左衛門あり。

饗場 アイバ 山梨県中巨摩郡田富町臼井河原九戸、櫛形町平岡五戸、長野県小諸市諸三十戸あり。アエバ参照。

愛橋 アイハシ 大宮、川越等に存す。

合浜 アイハマ 大宮、戸田等に存す。

相林 アイバヤシ 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣にて、元禄七年岩槻藩分限帳に¬六石二人扶持・相林門兵衛¬あり。

相原 アイハラ 高麗郡笠幡村(川越市)馬頭尊に¬右・西高はぎ・相原、左・小堀戸・笠幡村¬とあり、古の村名にて高萩村の付近か。秩父郡横瀬村字相原あり。群馬県高崎市下滝三十戸、千葉県習志野市鷺沼二十六戸、神奈川県足柄上郡中井町百二十戸、秦野市、平塚市に多い。山梨県中巨摩郡櫛形町三十四戸、東八代郡石和町十四戸、豊富村十戸、福島県南会津郡田島町二十戸、宮城県柴田郡川崎町二十五戸、柴田町二十戸、山形県寒河江市五十戸、秋田県山本郡八竜町四十戸あり。

一 丹党相原氏 高麗郡相原村より起る。武蔵七党系図に¬丹党、高麗五郎経家―基武(相原)¬と見ゆ。

二 上州河合城士の相原氏 神流川合戦記に¬天正十年、上野国那波郡河合村露之城主斎藤石見守基盛家臣相原清左衛門」と見ゆ。武州金久保城主斎藤攝津守の持城で、石見守は弟なり。

三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬御近習・相原丈左衛門¬あり。

四 埼玉郡新井村(川里町) 観音堂元文二年供養塔に相原八郎兵衛、寛延四年に相原権兵衛・相原太源治、明和三年に相原唯八・相原久□。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に新井村相原源太。明治九年戸長相原治平・文政五年生、副戸長相原久治郎・天保十三年生。明治十八年最上農名簿に相原治平・耕宅地十四町五反歩。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に共和村相原嘉十郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿大正十四年に新井・相原徳治郎・明治二十年生・国税九百六十四円・県下二百四位。菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に相原弥源太あり、当村住人か。

五 同郡小林村(菖蒲町) 当村文化九年庚申塔に相原善助あり。

六 同郡柴山村(白岡町) 諏訪八幡社明治三十九年碑に相原米蔵あり。

七 足立郡鴻巣町 明治三十五年飲食店相原キイ・酒商相原酉三あり。

八 入間郡川越町 氷川社明治八年水鉢に南町相原久七(青物商)。三芳野神社明治四十年碑に高沢町相原芳太郎あり。

九 同郡並木村(川越市) 当村文化十年碑に松郷並木村相原久兵衛あり。

一〇 同郡大袋村(川越市) 大仙波村浅間社天保十年御神燈に大袋村相原沢五郎・相原利右衛門。白髭社明治四十年御神燈に相原亀五郎あり。

十一 同郡上新井村(所沢市) 北野村天神社明治四十年碑に地蔵山・相原嘉之助あり。

十二 高麗郡飯能町 明治三十五年乾物商相原房吉あり。

十三 児玉郡本庄宿 明治四年諸井文書に台町相原吉五郎あり。

十四 賀美郡元阿保村(神川町) 当村明治三十年碑に当所相原謙吉あり。

十五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川越市・相原芳太郎・四百七十七円・百二十六円、相原茂吉・百五十七円・百六円、日東村(川越市)・相原九十八・九円、小林村(菖蒲町)・相原寛・十一円、忍町・相原倉太郎・二十四円・六十七円、熊谷町・相原米吉・十八円・四十三円、共和村(川里町)・相原徳次郎・二百九十三円、相原森蔵・四十八円・三十四円」あり。

会原 アイハラ 三芳に存す。

合原 アイハラ 入間郡上谷ヶ貫村字合原あり。鷲宮、浦和、川越、狭山、越谷、三芳、川口等に存す。ゴウハラ参照。

愛原 アイハラ 朝霞に存す。

藍原 アイハラ 群馬県桐生市相生三十六戸、栃木県宇都宮市平出十四戸あり。川越町行伝寺過去帳に¬常讃・藍原庄左衛門・午年十二月あり、江戸時代初期なり。また、高麗郡女影村霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に藍原松兵衛総房あり。

粟飯原 アイハラ 千葉県佐原市佐原七戸、佐倉市畔田二十戸、四街道市中台八戸、香取郡小見川町八日市場七戸あり。

一 児玉党粟飯原氏 保元物語に¬児玉党には庄太郎・同三郎・秩父武者・粟飯原太郎。義朝に相随う手勢の者共、武蔵国には粟飯原と猪俣には岡部ノ六郎、近平六」と見え、アイバラと註す。此氏は小中居村住人か。

二 入間郡小中居村(川越市) 当村に此氏多く存す。明治二十二年に古谷村となる。畔薬師享保十六年庚申塔に小中居村粟飯原氏利。神明社文久四年石坂供養塔に粟飯原弥太郎。古谷上村善仲寺明治二十七年敷石供養塔に粟飯原千代吉・粟飯原弥太郎。古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷・粟飯原魁三・粟飯原直吉・粟飯原弥平あり。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に¬六百石・粟飯原八郎左衛門、高不明・粟飯原少左衛門」。寛文二年分限帳に¬三百石・粟飯原五左衛門」あり。

相福 アイフク 川口に存す。

相部 アイベ 大宮、川口等に存す。

相星 アイボシ 鷲宮、春日部等に存す。

愛町 アイマチ 足立郡三ツ木村字愛町あり。

相松 アイマツ 新座に存す。

相見 アイミ 秩父郡太田部村字相見は古の村名にて、当村寛文八年碑に相見村とあり。群馬県藤岡市神田六戸、島根県(出雲国)八束郡島根町十戸、美保関町七戸、鳥取県(伯耆国)日野郡日南町七戸、溝口町六戸、東伯郡三朝町十五戸あり。

一 忍城士の相見氏 成田分限帳に¬三十貫文・相見勘解由左衛門」あり。

会見 アイミ 所沢、越谷等に存す。鳥取県(伯耆国)東伯郡東郷町二十八戸あり。

相宮 アイミヤ 朝霞に存す。

相武 アイム 大宮に存す。

相村 アイムラ 

一 埼玉郡長宮村(岩槻市) 増長村観秀院安政二年供養塔に長宮村中組・相村小左衛門あり。

二 同郡粕壁町 明治三十五年白米粉商相村重右衛門あり。

相本 アイモト 狭山、草加、浦和、大宮、桶川、与野、川越、新座等に存す。

四十物 アイモノ 滑川、上尾、大井、草加等に存す。

相守 アイモリ 比企郡下古寺村字相守は古の村名にて、羽尾村修験金剛院安政三年文書に相守村梅松院、同七年に古寺村梅松院と見ゆ。

愛屋 アイヤ 富士見、入間等に存す。

相山 アイヤマ 所沢、蓮田、越谷、草加、三郷、川越、与野、上尾、浦和、北本、行田等に存す。茨城県結城郡石下町篠山十戸、山梨県韮崎市十七戸あり。ソウヤマ参照。

愛山 アイヤマ 浦和に存す。

相吉 アイヨシ 入間郡上南畑村字アイヨシあり。白岡、狭山、飯能、春日部等に存す。山梨県北巨摩郡長坂町長坂下条十四戸、須玉町上津金五戸、大泉村西井出六戸あり。

相吉沢 アイヨシザワ 杉戸、浦和、坂戸、蕨等に存す。栃木県塩谷郡高根沢町大谷四戸、那須郡南那須町志島四戸あり。

姶良 アイラ 蕨に存す。

相良 アイラ 草加に存す。サガラ参照。

相楽 アイラ 草加に存す。サガラ参照。

阿内 アウチ 白岡、坂戸、富士見、新座等に存す。茨城県西茨城郡友部町九戸、笠間市大郷戸九戸、同市北吉原五戸あり。

阿江 アエ 戸田、春日部、越谷等に存す。

安恵 アエ 忍藩阿部氏家臣にて、享保八年忍藩軍役帳に¬七十石・安恵治郎平」あり。

青 アオ 阿保(アオ)と同じ用いる。賀美郡丹庄阿保地誌に¬阿保朝臣人上・本国伊賀国伊賀郡阿保村より参向し当所に移り給ふ。青者、当所はあぼと唱、本国伊賀阿保と書あをと唱、此故あほを、あをと呼ぶと見ゆ。また、青(アオ)はオオと称し、大ノ国(後の百済)の青銅器製作集団の鍛冶師渡来地を称す。オオ及び今城参照。新座郡栗原村アヲ屋敷あり。青氏は、志木、東松山、坂戸、富士見、所沢、飯能、八潮等に存す。

阿保 アオ アボ条参照せよ。

阿尾 アオ 杉戸、浦和、大宮、坂戸、草加等に存す。千葉県銚子市十六戸あり。

葵 アオイ 草加、新座等に存す。

青井 アオイ 足立郡下大久保村字青井あり。明治三十五年本庄町薪炭業青井稔あり。

葵木 アオイギ 浦和、上尾、鶴ヶ島、毛呂山等に存す。

青池 アオイケ 群馬県沼田市戸鹿野七戸、山梨県都留市六戸あり。アオチ参照。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に¬八石二人扶持・青池正平、六石二人扶持・青池小三郎」あり。

二 那賀郡広木村(美里町) 常福寺明治中期筆子碑に村・青池善五郎。ミカ神社明治四十一年碑に当村青池嘉十郎あり。

青石 アオイシ 浦和、川口、吉見等に存す。

青板 アオイタ 杉戸に存す。

阿王 アオウ 所沢、草加等に存す。

粟生 アオウ 茨城県那珂郡大宮町七戸、千葉県佐原市内田九戸、市原市潤井戸六戸あり。アワウ参照。

粟生田 アオウダ 入間郡粟生田村(坂戸市)あり、風土記稿にアヲフダと註す。また、児玉党粟生田氏は、米良文書に¬児玉の在所の御名字之書立、在名あおふたと見ゆ。

一 児玉党粟生田氏 入間郡浅羽庄粟生田村より起こる。武蔵七党系図に¬浅羽小太郎行業―粟生田五郎行直―四郎太郎季行―小三馬允行方(弟四郎季信―太郎行延、季信の弟五郎俊行)―馬二郎光直(弟三郎□忠)―野六郎直氏(弟孫二郎盛直)。季行の弟三郎正行―某―行弘。正行の弟八郎実行―家行―二郎泰行。家行の弟に、兵衛尉行氏、小八郎行盛、右近某」と見ゆ。越生郷報恩寺年譜に¬元応二年四月二日、幕府は、粟生田彦太郎直村妻藤原氏の訴えにより、小代馬二郎伊行の沽却せし武蔵国小代郷内田玖段を藤原氏女に領掌せしむ」と見ゆ。また、浅羽村森田氏系図に¬森田勘解由太郎貞次(浅羽氏に仕へ、応永三十年死去)―源太貞長(落城中不慮の事相起、粟生田佐内と共に忠戦し佐内浅手なり)。其の後裔森田将監貞利(妻は粟生田左京亮姉。天正十八年左京亮は主公に従ひ小田原に取籠る)」と見ゆ。三項参照。

二 播磨国の粟生田氏 武蔵より移り赤松氏に従う。太平記巻二十五に¬幕府足利軍は、四国・中国より駆り集めたる赤松信濃守範資討たれぬ、粟生田小太郎も馬を射られて討たれにけり」。巻三十二に¬赤松の臣粟生田左衛門次郎討たれにけり」と見ゆ。京都東寺百合文書に¬貞和五年閏六月二十七日、播磨国矢野庄例名内、那波浦並び佐方浦(相生市)、粟生田又次郎行時」と。徳禅寺文書に¬文和二年二月二十四日、新熊野社領播磨国田中庄(神崎郡市川町)領家職を粟生田次郎左衛門尉が濫妨す」と。大徳寺文書に¬延文五年三月四日、田中庄を粟生田丹後入道は押領す」と。花営三代記に¬康暦元年七月二十五日、粟生田次郎左衛門尉は将軍義満に供奉す」と見ゆ。赤松氏の配下なり。現在、兵庫県神崎郡及び相生市に粟生田姓は無し。近世になり本名に復姓したか。

三 入間郡浅羽郷大久保村(毛呂山町) 風土記稿大久保村条に¬旧家粂右衛門・粟生田氏なり、大久保筑後守が百姓なり。丸の内に雀を紋とす。先祖粟生田左京亮は、郡中浅羽城主浅羽下総守が家老たりと云。按に粟生田氏と云るもの浅羽より出て、七党系図に見えたり。恐らくは文字の似たるをもって彼系図は誤字せしならん。此ほとりに粟生田村と云所もあり、又報恩寺の年譜に粟生田彦太郎直村と云人見ゆ、是元応の人なり、元より川越の住人と見ゆれば同族成べし」と見ゆ。明治十九年大久保村総代粟生田勘蔵あり。

四 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に粟生田茂兵衛(米穀商)あり。

五 比企郡角山村(小川町) 小川町史に¬角山村の八幡神社は粟生田氏の祖が元弘三年この地に移り住んで八幡社を勧請す。江戸時代は角山村名主を務む。八幡神社は五社八幡とも呼ばれ、粟生田・岩田・新井・杉田・根岸の五氏の氏神である八幡・天神・諏訪・稲荷・聖天の合社で、やぶさめ神事もこの五氏によって奉納されてきた」と見ゆ。東昌寺安永五年弁才天碑に角山村粟生田元伯、天保十三年地蔵尊に粟生田熊次郎。明治四年岩田文書に粟生田助三郎・名主粟生田伝右衛門。明治九年副戸長粟生田伝吉・安政二年生。明治十四年教育篤志講に粟生田春吉。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に角山・粟生田円次郎。八和田神社明治三十三年碑に角山・粟生田友次郎あり。

六 同郡下押垂村(東松山市) 明治四年名主粟生田儀平次あり。

青海 アオウミ 戸田に存す。アオミ参照。

青梅 アオウメ 秩父郡白久村字青梅あり。オウメ参照。

青江 アオエ 志木、加須、浦和、大宮、坂戸、川越、松伏、八潮等に存す。

青尾 アオオ 忍藩松平下野守忠吉家臣にて、慶長十二年清洲藩分限帳に¬二百五十石・青尾兵太夫・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

青鹿 アオガ 葛飾郡上高野村(幸手市)に此の氏存す。アオシカ条に収む。

青貝 アオカイ 和光に存す

青柿 アオガキ 大垣とも称す。

一 埼玉郡薄谷村(春日部市) 香取社隣墓地宝暦元年宝篋印塔に青柿与兵衛、寛政九年庚申塔に青柿治左衛門・青柿銀蔵・青垣竹五郎・青垣治右衛門・青柿喜三。香取社天保三年大黒碑に青垣所左衛門・青垣友蔵・青垣次郎右衛門・青垣富吉、弘化元年天神碑に青垣岩蔵・青垣弥七・青垣藤太郎あり。今は青柿を称す。オオガキ参照。

二 同郡中野村(春日部市) 宝性院寛政十二年庚申塔に青柿五郎右衛門あり。

三 同郡大場村(春日部市) 香取社享和三年普門品に青垣六兵衛・青垣宇兵衛・青垣惣七・青垣治助、嘉永六年御神燈に青柿六兵衛、嘉永七年御神燈に青垣六郎左衛門・青垣喜右衛門、明治二十八年碑に青柿重蔵あり。今は青柿を称す。オオガキ参照。

四 同郡一ノ割村(春日部市) 明治三十年人名録に青柿郡太郎・安政三年生・地租三十五円あり。

青景 アオカゲ 浦和に存す。

青影 アオカゲ 熊谷に存す。

青樹 アオキ 川越町氷川社明治三十三年玉垣碑に青樹徳蔵。明治三十五年川越町布団商青樹正次郎あり。

安保木 アオキ 吉見に存す。

青木 アオキ 青木(オギ、オオキ)の転訛にてオギとも称す。武蔵志に足立郡青木村を¬オギと註す。青木(オオキ)の木は国の意味である。姓氏録に¬新羅をしらぎのくにとよむは、あしきにや。国をきといふ。只三字をしらぎと読むべき也と或人いへり」と見ゆ。すなわち青木(アオキ、オオキ)とは、大ノ国(後の百済)のことなり。餘東菴の問に¬吾祖・伝へ言ふ、馬韓国北境に青木山あり」と、百済王の余氏は答えている。百済王は高句麗王の余氏と同族にて、馬韓国(後の百済)の北は高句麗で、其の地にある青木山の出身と云う。山は村の意味で、青木村のことなり。また、青(アオ、オオ)は銅・鉄の意味で、その産出国を¬大ノ国」という。オオ条参照せよ。渡来鍛冶集団青木氏は、大族阿部氏の分布地に見え、出雲・奥州地方に多く居住す。地名では、足立郡青木村(川口市)、高麗郡青木村(飯能市)、榛沢郡青木村(後榛沢村の古名)、入間郡青木村(坂戸市)、同郡上野村字青木に青木明神社、同郡大中居村字青木、秩父郡奥沢村字青木あり。相模国足柄郡高麗村(大磯町)あり、青木氏は足柄下郡真鶴町に三百戸を始め、大磯町、湯河原町、寒川町、津久井町、小田原市、平塚市等に多く、高麗人・百済人の居住地である。群馬県邑楽郡大泉町六十戸、栃木県下都賀郡都賀町百三十戸を始め、安蘇郡・塩谷郡・那須郡に多い、茨城県猿島郡猿島町百四十戸、総和町百五十戸を始め、結城郡等に多い、千葉県安房郡丸山町五十戸を始め、館山市等に多い、山梨県南巨摩郡富沢町二十戸、新潟県南魚沼郡塩沢町九十戸、福島・山形両県に多く存す、島根県(出雲国)簸川郡斐川町百二十戸を始め、大社町、大原郡大東町、加茂町、石見国鹿足郡津和野町、日原町、鳥取県西伯郡、東伯郡、日野郡、八頭郡、気高郡等に多く存す。

一 丹党青木氏 丹党系図塙本に¬秩父黒丹五基房―直時―直兼―勅使河原有直、弟堀田光直、弟南荒居重直、弟青木五郎直時―実員―小六頼直―親直。秩父基房の二男新里恒房(弟に榛沢成房、小島重光、高麗経家)―安保実平、弟長浜信光、弟青木丹五真直―左衛門尉実村―杢左衛門尉実時―実常法名実願(弟に、七左行実、孫太郎実綱、秀貞・弘安八年自害、十郎実光、四郎経村、国実、景実、光実)―十郎実継、弟彦七郎実連、弟彦太郎実葉。杢左衛門尉実時の弟青木新左衛門実季―五郎実連、弟実広、弟又五郎実光、弟七郎実家。実季の弟青木太兵衛実盛―弥五郎光実、弟大夫房実巌、七郎盛胤、阿闍梨実宗。実盛の弟青木十左衛門実忠―五郎。兵衛尉実保の弟青木六左衛門尉実俊―又五郎―実義」と見ゆ。此氏の名は、吾妻鑑巻十五に¬建久六年三月九日、将軍頼朝上洛の隋兵に青木丹五」。巻三十二に¬嘉禎四年二月十七日、青木兵衛尉」と。典籍古文書に¬健治元年五月、武蔵国・青木左衛門入道跡六貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」と見ゆ。実村跡なり。此の一族は、北武蔵の勅使河原・堀田・南荒居・安保・長浜・新里・榛沢・小島村等より発祥しており、青木氏は榛沢郡青木村より起る。是等丹党族は、坂東奥州地方の鍛冶頭領秩父氏の配下にて、各村の鍛冶頭なり。秩父、丹、丹治参照。

二 秩父郡の地頭青木氏 前項の一族にて、白鳥庄三沢村(皆野町)、石神村(上里町)の地頭なり。相州文書に¬貞治二年五月十六日、秩父郡白鳥郷内・青木彦四郎入道跡」と。安保文書に¬永徳二年四月四日、足利氏満は、秩父郡三沢村半分を安保左衛門尉に還補し、勅使河原中務入道と青木山城入道をして安保氏に打ち渡さしむ」と。鎌倉黄梅院文書に¬永享十二年十月十三日、円覚寺黄梅院領武州賀美郡石神村内桜堂在家を青木山城守入部し押妨す」と見ゆ。

三 播磨国の丹党青木氏 揖保郡斑鳩(いかるが)庄へ移住す。吾妻鑑脱漏に¬嘉禄三年五月二十三日、播磨国鵤庄内久岡名の地頭青木兵衛五郎重元、承久三年の功により地頭に補せらる」と見ゆ。

四 榛沢郡青木村の青木氏 風土記稿安保領後榛沢村条に¬榛沢六郎成清社、村の中程小名蔵屋敷にあり」と。クラは、青と同じく古代朝鮮語で銅・鉄の意味がある。すなわち、青(安保)屋敷の転訛である。また、¬陣屋跡、安保氏の陣屋跡と云伝ふ」と見ゆ。榛沢郡で当村のみ安保領を唱えるが、遠方の賀美郡安保村とは関係無く、鍛冶師青木氏(安保木)の居住地にて古の青木村なり。鍛冶頭領畠山重忠の配下青木氏は、重忠没落後、佐野天命鍛冶の頭領佐野氏に所属して、其の系図を冒したのであろう。後榛沢村条に¬東光寺、本尊は薬師にて開基は榛沢六郎成清なりとて、本尊薬師は鎌倉雪ノ下にて彫たる霊像なりして、成清建久の頃当所に安置す」と。薬師は鍛冶師の守り本尊なり。青木氏先祖が雪下より安置したのであろう。田原族譜に¬佐野左衛門尉実綱―戸奈良五郎伊賀入道出雲守宗綱(下野国安蘇郡戸奈良村住、仁治二年没)―佐野五郎三郎宗行(正安二年二月十五日鎌倉雪下邸に没)―佐野三郎二行春(唐沢山の山麓栃本村に住して栃本新左衛門と称す)―栃本三郎四郎為行(彦右衛門)―青木小二郎玄蕃頭行久(武州半沢郡青木村住、仍て氏となす。弟青木源二郎兵部行高・足利持氏の命により姓を久保島に改む応永三十年正月二十八日没)―青木大膳太夫行勝(青木村住、文明七年古河成氏に仕ふ。弟青木内蔵助行村)―青木和泉行春(青木村住、大永七年十月三日没)―青木左近兼久(幼名小三郎、又、泉)―青木左近行近(永禄元年五月十三日没)―青木河内久延(文禄元年九月二十七日没)、弟青木七右衛門久正・大坂陣討死、弟青木新左衛門正宗・結城秀康に仕ふ、弟青木内蔵助・同上」と。また、一本に¬青木小二郎行久(武州榛沢郡青木村に住す)―青木右近大夫行兼(上杉管領に仕ふ)―青木出雲行信(後、伊豆守、古河成氏に仕ふ)―青木掃部介行勝―青木和泉行春(古河政氏に仕ふ)」と見ゆ。初代行久の弟行高も青木氏を名乗っており、是以前より榛沢郡青木村に居住し、佐野氏流に付会す。後榛沢村の豪農青木氏系譜に¬遠祖青木方済は結城秀康の客将にて、秀康死後は後榛沢村に土着帰農す。子孫青木七五郎の子七郎信繁(後改め、敏信)は剣道家也・昭和四年没六十六歳」と見ゆ。当村に此氏多く存す。東光寺嘉永二年二十三夜塔に青木六五郎・青木安七・青木七郎平・青木勝吉・青木清吉、明治十二年碑に青木幾四郎長男七郎平。嘉永三年春山文書に酒造業青木七五郎。明治九年戸長青木七五郎・天保十二年生。用土村明治十三年浅間碑に後榛沢村・青木静吉・青木鷲五郎。明治十八年最上農名簿に青木七五郎・耕宅地九町六反歩・山林四町一反歩。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流青木七郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年・青木七郎・元治元年生・国税千百十三円・県下五十四位、大正十四年・国税千二百五十九円・県下百三十六位。大正十二年大地主名簿に青木七郎、田三十二町四反歩・畑三十一町五反歩あり。

五 入間郡青木村の鍛冶師青木氏 当村に字番匠谷戸、字別所、鎮守白髭神社あり。別所とは非農業民の居住地を称す。すなわち鍛冶・石工・木工等の番匠集団なり。白髭社は日本地名学研究・白鬚考に¬白鬚に非ずして韓音のクダラ也」と見ゆ。当村は百済渡来人の番匠集団土着地ゆへ、青木村と称す。此の地より起る青木氏は、入間郡誌青木村条に¬八幡神社に神鏡あり、裏に網代綾部藤原清房並び田中和泉守藤原光政とある。元領主青木氏の鎮守にして、網代・田中の両氏は青木氏に属する武人にて、其族今尚当所に残れりと云るものあり」と。隣村の下広谷村条に¬館跡あり、青木氏の住せし処ならんと云う。青木氏本拠は三芳野村青木にあり。跡の東隣に住する新井氏は、或は其後なりと云う」と見ゆ。また、風土記稿青木村条には、¬屋敷跡・村の北小名別所にあり、爰は小沼・塚越の二村に挟れる所にて、往昔武士の居住せし跡とのみ伝へて姓名も知らず。構へし内西北の廻りに小土手今に残れり、其外皆畑となる、此畑の中より甲冑刀鎗の類の朽たる者を穿出せしことありと。想ふに当国七党のうち丹ノ党に青木氏なる者あり、其人の居住せし所なるも知べからず。又土人の話に往古ここに薬師堂あり、其堂の東西に寺あり、東光寺・西光寺と云ふ」と見ゆ。番匠頭領青木氏は、本名新井氏なり。

六 高麗郡青木村の丹治姓青木氏 風土記稿青木村条に¬旧家者内蔵助・青木を氏とす。其遠祖を繹ぬるに従二位前大納言武石麻呂・元正天皇の霊亀二年二月高麗人九百九十人を禁庭より預り奉り、丹波より当国に下り、此郡中に居住せしより高麗郡と号せりと。その時禁中より鹿子木及び銀銭銅銭そこばくを賜われり。其子孫青木式部大輔実近当国に於て七荘を賜わり、当所泉ヶ城に居住せりと云。武器系図等も伝えたりしも万治年中・七太夫なるもの馬術に達せるをもって中山備前守が家臣となりし時、かしこに持ゆきて、今内蔵助が家には写の系図と古き鞍鐙鎗のみを伝へり。内蔵助が氏族十二軒あり、いかなる故にや、青木の家は正月松飾をせず。内蔵助及び弥惣次は地頭より苗字帯刀を許せりと云。また、泉ヶ城跡は、村民内蔵助が先祖式部大輔実近が居住せし所なりと云、其地は内蔵助が住地より西隣弥惣次が住地へかけて凡東西二町南北一町半許の所なり。平坦の地形にて土手の形今尚存せり。総構は皆切崩して畠となれば方量は今より弁じがたし」と見ゆ。青木氏系図に¬宣化天皇―上殖葉皇子―十市王―多治比王―実處(従二位丹波大納言、荒麻呂、白鳳四年六月十五日生、大明神を大和国吉野に祀る、後丹波桑田に移し当家氏神と崇む。大宝三年六月七日薨去、七十五歳、法名道興正入禅山)―実景(武日麿、従二位丹波大納言、養老五年九月十三日薨去、六十七歳、法名浮丹退遊入山)―実也(武石麿、霊亀二年二月朔日武蔵国を賜り高麗人九百九十九人を従へて高麗郡を興し開拓に尽くす、関東下向の際禁苑の名木鹿ノ子木並びに銀銭十貫及び銅銭百貫を賜る。天平五年五月九日薨去、六十九歳、法名善行観光淨山。長兄実高は内大臣たり、弟実云と共に都に残る)―実流(武仁麿、従二位武蔵中納言、天平宝字四年十月十四日薨去、六十九歳、法名自白霜心了山。弟左中将知宗、弟右将弁実助)―実兼(従三位中将、延暦二年九月十三日薨去、五十九歳、法名樹白霜浮聞山。弟従四位左衛門尉実氏、弟足立三郎景行)―康真(従三位中将、延暦十年四月晦日薨去、五十三歳、法名泰禅願誓法山)―実顔(従四位少将、実氏の息にして康真の養子、延暦元年閏正月氷上川継ぐ謀反加担の由に武蔵国を召上げらる。後冤罪なること分明し、紀伊国那賀・名栗の二郡を賜る。大同元年九月六日薨去、四十八歳、法名嬢門院殿松山菴凋大居士)―実保(従四位下侍従式部大輔、天長九年八月九日薨去、三十八歳、法名澄白院殿准山流暫大居士。姉秦左衛門尉妻)―実近(従四位下侍従式部大輔、承和元年武蔵国新倉・足立・秩父・高麗・児玉・埼玉・榛沢の七ヶの庄を賜り、高麗郡和泉井城に住居す。天安二年十一月十一日薨去、六十四歳、法名霜墜院殿釈山准興居士)―実湛(従四位侍従武蔵守、元慶四年正月九日薨去、六十五歳、法名願光院殿景山淨念居士。弟荒次郎真次・中山氏を名乗り、後荒鬼氏と改称)―実定(従五位下隼人正、延喜二年二月十六日薨去、六十六歳、法名苑漫院殿鐘山梅興居士)―公実(従五位下隼人正、承平三年九月三日薨去、五十六歳、法名果心院殿善行法台居士。弟松下飛騨守公吉)―実冬(武蔵守、天徳二年四月七日薨去、六十八歳、法名行心院殿夏水麗意居士。弟平賀三郎実快い・後本橋氏を名乗る。弟平賀四郎実教・後山尾氏を名乗る)―実宗(武蔵守、永祚元年四月二十一日薨去、六十四歳、法名襠夏院殿玉告土埋居士。妹横瀬三郎妻)―実基(従五位下式部大輔、青木氏ノ祖、天喜四年九月源頼義奥州下向に家子郎党七百余騎にて従軍せり、治暦三年九月三日薨去、六十六歳、法名道和院殿球山戒興居士。兄備前守直時・中山氏ノ祖、弟新里丹三大和守恒房、弟榛沢三郎盛房、高麗五郎経家)―実直(青木隼人正、康平五年九月九日源頼義・義家に従軍し功により江州に於て五百町を賜る、寛治二年十一月六日薨去、六十九歳、法名運輝院殿園山日霜居士。弟安保刑部丞実光、弟長浜三郎信光、弟由良八郎光房)ー実之(従五位下式部大輔、寛治五年二月奥州清原武衡・宗衡誅罰に武蔵七党の者共八千余騎を引具し、之れを平げたり、承永三年三月六日薨去、五十九歳、法名法浄院殿音山道訃居士。姉新里弥三郎妻)―実義(従五位下武蔵守、久安四年九月九日薨去、七十五歳、法名覚了院殿清興本躰居士)―真通(式部大輔、中山五郎左衛門尉真胤二男、保元二年四月十七日薨去、三十九歳、法名心了院殿崇順白源居士。妹青木大次郎妻)―実長(式部大輔、安元元年四月十五日薨去、四十一歳、法名実崇院殿知照円了居士)―実総(隼人正、治承四年八月五日源頼朝伊豆国に於て挙兵の際出陣す、後頼朝の麾下に参じ文治元年三月二十四日赤間ヶ原の合戦に討死す、三十七歳、法名闕退院殿央山剤念居士)―実昶(新太郎、元久二年六月十八日没、四十三歳、法名了光院殿白漫道閑居士)―真忠(次郎左衛門尉、正治元年八月二日武蔵野原に於て鎌倉勢と戦ひしが、味方の大将十三人及び郎党一千七百十九人討死し、此時に於て丹家悉く滅亡す、一族男女六十三人は、信濃国埴科谷郡谷草村に隠遁せり、真忠・時に年五十二歳、法名浄良院殿道山功禅居士。姉榛沢清八郎妻)―実解(要人、承久二年五月三日信州埴科郡谷草村より武州青木村和泉ノ庄へ密に帰農せり、寛喜二年四月四日没、五十九歳、法名道和院殿儔与居士。弟次郎実像、弟三郎実香は小島五郎重光・金子小太郎真伴・勅使河原内匠真雄と同伴にて甲斐源氏へ頼行けり)―実足(采女、正安三年六月五日没、七十六歳、法名鉄屋良銀居士)―実之(式部、延文元年三月十日没、七十七歳、法名梅岳全心居士)―実宗(内蔵助、応永十一年八月十日没、法名万山了機居士)―実直(佐助、文安五年十月二十八日没、六十九歳、法名松吟常庭居士)―直房(縫之助、文亀二年六月十九日没、七十八歳、法名玉流常泉居士。弟彦七郎真次)―直吉(藤左衛門、天文十三年五月十日没、七十二歳、法名禅室常参居士。弟外記直常)―直安(内蔵助、慶長八年十二月十二日没、七十九歳、法名月叟常円居士。弟八郎左衛門直成)―直勝(治左衛門、元和八年八月六日没、七十一歳、法名光室了本居士。弟三九郎直義、弟平七郎直盛)―直久(内蔵助、寛文四年閏五月十日没、六十三歳、法名白叟浄清居士)―直治(藤左衛門、天和二年六月十九日没、五十六歳、悟る窓了頓居士。弟加兵衛直宗、弟七太郎直時・水戸藩に仕ふ)―直行(平太夫、享保十五年十二月十二日没、法名貞観宗心居士)―直照(平左衛門、寛延三年十二月二十二日没、寂而常照居士)―直休(内蔵助、寛政四年九月二十七日没、七十歳、法名研心遊意居士)―直賢(内蔵助)」と見ゆ。前九年ノ役に従軍した実直は武蔵七党系図と同人であろうか。但し、鎌倉時代の安保実光等が兄弟では年代あわず。青木村の享保十一年碑に青木村・青木七右衛門。明治九年戸長青木弥惣次・天保九年生、副戸長青木半兵衛・文化七年生。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に青木村・青木岩治郎・青木金蔵・青木弥惣治・青木岩吉・青木貞次郎・青木幾太郎・青木五三郎・青木熊蔵あり。

七 高麗族青木氏 高麗神社々家高麗氏系図に¬高麗永山(応永十三年卒、母青木右京女)」と見ゆ。

八 八王子城士の青木氏 多摩郡横川村相即寺過去帳に¬天正十八年六月八王子城戦死・青木但馬・高麗郡出身」あり。

九 松山城士の青木氏 天正庚寅松山合戦図に¬古郡・柏崎・今泉方面城方、青木五郎丸、青木織部」あり。

一〇 鉢形城士の青木氏 深谷記に¬天正十年神流川合戦、鉢形衆青木大学」と。鉢形分限帳に¬本国甲州山梨・寄居住・青木伊豆」と見ゆ。寄居村に屋敷を構えていた寄居十六騎の内なり。百八十四項参照。

一一 深谷城士の青木氏 深谷記に¬元亀三年、矢野左馬尉うち申候覚。上杉様被仰候は、正月二日に年之始にふみちらし返り候を、屋形様御無念に被思召、深谷(憲盛)には左馬尉可討者には、青木治部等に被仰付候」と見ゆ。左馬尉は、矢野城主岡谷氏なり。百七十八項参照。

一二 忍城士の青木氏 成田分限帳に¬六十貫文・青木甲斐、四十貫文・青木新兵衛、二十貫文・青木藤十郎、十五貫文・青木豊吉(文吉)、十五貫文・青木弥市郎」と見ゆ。長久寺本に青木新兵衛は小田原籠城す、御旗奉行青木兵部。風土記稿に青木兵部は下忍口を守る。行田史譚に青木文吉は佐間口を守る。また、妻沼町史に¬青木甲斐・間々田村住人、青木藤十郎・西城村住人」とあり。百家系図に¬成田氏長は、青木兵庫助の羽生における戦功を賞す。天正五年三月十四日に氏長は、兵庫助に十五貫本給之上、加恩として荒木郷五貫文、以上二十貫文の地を宛行ふ」と。忍城戦記に青木兵庫は下忍口を守る。また、成田氏の重臣にて下野国烏山移封に従う。成田系図(幸手市吉羽文書)に¬成田下総守氏長の女子は、青木与兵衛妻」と。成田文書(東京大学史料編纂所所蔵)に¬慶長十四年五月十八日、烏山城主成田左衛門尉泰親は、青木与兵衛に下野国上三河之内二百石を与へる」と見ゆ。

一三 常陸国松岡藩中山備前守家臣 高麗郡青木氏系図に¬直久(寛文四年没六十三歳)―七太郎直時(水戸藩に仕ふ)」と。青木村条に¬万治年中、七太夫なるもの馬術に達せるをもって中山備前守が家臣となる」と見ゆ。寛文九年水戸藩分限帳に青木氏は見えず。水戸藩家老中山氏の同年松岡藩分限帳に¬御近習・八十石・青木勇雄」あり。

一四 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に¬吉田新左衛門組、二百石・青木又左衛門、百石・青木平兵衛」あり。旧鉢形城士なり。

一五 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に¬三百五十石・青木三郎左衛門、三百石・青木勘右衛門」。寛文二年分限帳に¬八百石・青木勘右衛門、三百石・青木玄蕃、三十三表・青木八左衛門、三十表・青木勘兵衛、四両・青木杢之助」あり。

一六 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬目付・青木左仲」あり。

一七 羽生・騎西藩大久保氏家臣 小田原藩文書に¬忠隣代出仕・本国武蔵生国相模・四十石余・青木友右衛門、五代目友右衛門の子喜兵衛・延享元年生」あり。

一八 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬百五十石・本国筑前生国同・青木平太夫・三十二歳、五両二人扶持・青木喜左衛門・三十五歳」あり。

一九 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御番頭・二百石・青木藤兵衛」あり。

二0 川越藩秋元氏家臣 上総国出身にて、深谷城以来の従臣なり。秋元藩秋錦録に¬秋元家は上総国秋元庄を離散し、長山・大友・青木等を召し連れられ、景朝公・深ヶ谷へ御越しす」と見ゆ。明治四年館林藩士族帳に¬二十五人扶持・青木元五郎・幼少、十五表二人扶持・青木多市、十三表二人扶持・青木伝六」あり。

二一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬蔵役・二十表二人扶持・青木七兵衛、武具方・六十石・青木市郎右衛門、料理人・六十石・青木市郎左衛門」。享保八年軍役帳に¬五人扶持・青木造酒右衛門」。秩父神社享和元年日鑑に秩父代官青木清左衛門。文化四年忍藩分限帳に¬御近習取次・七十石・青木市兵衛、御武具方・二十表二人扶持・青木平左衛門、表御門番・五両二人扶持・青木次郎兵衛、郡方帳役・三両一人扶持・青木次郎吉、御用部屋物書・三両二分・青木清六」あり。

二二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に¬御厩方・二両余二人扶持・青木伊兵衛」。同七年に¬安房鶴ヶ谷陣屋詰・御医師・十人扶持・青木茂庵」。明治四年に¬八人扶持・青木茂」あり。

二三 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に¬御近習・六十石三人扶持・青木求馬」あり。

二四 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に¬七両余三人扶持・青木新平」あり。

二五 関東郡代伊奈氏家臣 天明六年に青木武兵衛。同八年に御書留・青木文十郎。寛政三年に¬取次役・好文館・上屋敷住・青木惣八郎」あり。

二六 羽生領代官林氏家臣 寛保洪水記録に¬羽生領代官林甚五右衛門正長家臣青木源内の子川普請役青木銀蔵」あり。

二七 葛飾郡幸手宿 豪商長島屋青木吉兵衛の先祖青木将監は元武士で三代目を青木勘右衛門と云う。幸宮神社天保二年狛犬に幸手宿久喜町青木文蔵。慶応三年名主青木善兵衛。明治四年名主青木善六(荒宿、製糸業、六年副戸長)。明治九年戸長青木善三郎(荒宿、弘化二年生、神道無念流剣士)。明治十年権現堂村堤天皇行幸碑に幸手宿青木彦七。明治三十年人名録に呉服太物商青木善次郎・明治四年生・地租百十円、製茶商中野屋青木源次郎・安政六年生・地租十七円。明治三十五年に薪炭商青木半次郎、建具職青木安次郎、薪炭商かまや青木友吉、土木業青木庄右衛門、青物商山の屋青木トリ、銅壺職かざり屋青木常蔵、綿糸繭商青木松之助、経師職青木庄次郎あり。

二八 同郡千塚村(幸手市) 正徳五年鐘銘に青木孫八郎・青木武右衛門・青木次右衛門あり。

二九 同郡上高野村(幸手市) 上高野神社明治三十五年碑に青木辰五郎あり。

三〇 同郡外国府間村(幸手市) 雷電宮明治三十九年碑に青木藤蔵、明治四十二年碑に青木与禰あり。

三一 同郡惣新田村(幸手市) 能満寺文政十二年庚申塔に青木儀右衛門。明治二十年大地主調に青木藤之助・弘化元年生・地租百三十七円。同年被選挙権者に青木虎助・安政元年生、青木折右衛門・天保十四年生。明治三十年人名録に青木儀一郎・明治元年生・地租百五十円、青木貞太郎・慶応二年生・地租二十円あり。

三二 同郡上宇和田村(幸手市) 金剛寺天明七年庚申塔に上宇和田村青木万治郎、文政三年庚申塔に青木茂与吉あり。

三三 同郡中野村(幸手市) 香取社明治三十八年稲荷碑に中野・青木惣七あり。

三四 同郡上吉羽村(幸手市) 香取社天保十四年庚申塔に上吉羽轡瀬・青木利兵衛・青木弥吉、同十五年御神燈に轡瀬株・青木要蔵・青木七右衛門。明治二十年被選挙権者青木利助・弘化元年生あり。

三五 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に青木彦八あり。

三六 同郡高須賀村(幸手市) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に高須賀村青木島太郎(神道無念流剣士)あり。

三七 同郡松伏村 宝珠寺文政四年碑に青木助右衛門。松伏神社安政五年狛犬に青木長五郎・青木吉郎右衛門・青木三郎治あり。

三八 同郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に青木平左衛門あり。

三九 同郡大川戸村(松伏町) 明治三十年人名録に青木宇根蔵・元治元年生あり。

四〇 同郡杉戸宿 香取社天保五年御神燈に青木幸八。河原町稲荷社明治十五年御神燈に青木新蔵、三十九年幟碑に青木又蔵。明治三十五年旅人宿青木源六あり。

四一 同郡才羽村(杉戸町) 字内谷明治三十年鳥居碑に内谷・青木喜久之助あり。

四二 同郡木崎村(杉戸町) 明治三十年人名録に青木熊蔵・天保十二年生・地租三十円、青木弥平次・嘉永五年生・地租五十円あり。

四三 同郡安戸村(杉戸町) 大黒院文化七年庚申塔に安戸村之内二本木・青木忠七、天保五年庚申塔に二本木株・青木清右衛門・青木新七、嘉永六年庚申塔に二本木・青木佐太郎・青木初右衛門、明治二十年庚申塔に戸島村・青木初五郎・青木新吉。香取社明治三年碑に当村青木庄吉あり。

四四 同郡遠野村(杉戸町) 無量院元禄四年庚申塔に青木多右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に遠野村青木友右衛門。明治三十年人名録に青木米蔵・慶応二年生・地租二十二円あり。

四五 同郡堤根村(杉戸町) 私塾師匠青木繁・号雪萼・明治二十二年没。明治九年副戸長青木権左衛門・天保十四年生あり。

四六 同郡倉松村(杉戸町) 雷電社明治二十六年敷石碑に青木治平あり。

四七 同郡深輪村(杉戸町) 桜神社天保二年御神燈に深和邨・青木五右衛門・青木富蔵。椿村文珠堂明治十五年筆子碑に深輪村青木牧太郎。明治三十年人名録に醤油醸造業青木金次郎・弘化二年生・地租百七十四円、青木牧太郎・嘉永四年生・地租七十七円あり。

四八 同郡鷲巣村(杉戸町) 鷲神社寛政元年碑に青木弥五右衛門。明治二十年規約に青木弥太郎あり。

四九 同郡茨島村(杉戸町) 百間村青林寺寛政十年文書に茨島村青木伝内あり。

五〇 同郡木野川村(杉戸町) 明治二十年規約に青木三郎・青木伊三郎あり。

五一 同郡栗橋町 明治三十五年に青木甚三郎あり。

五二 同郡小右衛門村(栗橋町) 幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に小右衛門・青木金蔵あり。

五三 同郡高柳村(栗橋町) 八幡社安政七年狛犬に青木茂左衛門、明治三十九年碑に青木忠吉・青木平蔵あり。

五四 同郡新井村(栗橋町) 香取社文化十年天満宮碑に青木三郎右衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に新井村青木柳蔵・青木広吉。明治九年副戸長青木仲右衛門・嘉永元年生(三十年地租四十円)。島川村八幡社明治十五年伊勢講に新井村青木民五郎あり。

五五 同郡島川村(栗橋町) 八幡社明治十五年伊勢講に青木和助あり。

五六 同郡狐塚村(栗橋町) 鹿島社嘉永四年御嶽碑に青木文右衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に狐塚村・青木勘次郎・青木与七・青木庄太郎・青木庄右衛門。明治九年副戸長青木与七・弘化元年生あり。

五七 同郡佐間村(栗橋町) 定福院寛延三年供養塔に青木弥吉あり。

五八 同郡藤塚村(春日部市) 淡島社安政五年普門品に藤塚村本田組青木角平。香取社江戸末期碑に青木新左衛門あり。

五九 同郡八甫村(鷲宮町) 鷲宮村霊樹寺文書に¬八甫村。寛永四年検地・重左衛門・二町四反六歩、元禄八年検地・青木重左衛門。光厳寺過去帳、即玄仏宗禅定門・青木四郎左衛門・享保七年七月十五日没」と見ゆ。光厳寺寛政九年供養塔に青木喜三郎。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に八甫村青木四郎右衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に八甫本村青木島蔵あり。

六〇 同郡西大輪村(鷲宮村) 迦葉院寛政二年水鉢に青木兵吉。雷電社文化十二年御神燈に青木八右衛門・青木儀八・青木武左衛門・青木佐右衛門・青木新七・青木松三郎・青木文右衛門・青木源治郎・青木重右衛門・青木兵右衛門・青木惣四郎、文久二年狛犬に青木三治郎・青木和助・青木金蔵・青木啓治郎・青木佐市・青木広助。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に西大輪村・青木武左衛門・青木兵右衛門・青木儀八、嘉永五年狛犬に西大輪村青木茂左衛門。明治四年組頭青木庄次郎・組頭青木伝兵衛。明治十二年村会議員青木和助・副議長青木三次郎。明治三十年人名録に生糸商青木要蔵・明治四年生・地租六十八円、染物業青木竹次郎・嘉永三年生あり。

六一 同郡上吉妻村(庄和町) 当村宝暦五年庚申塔に上吉妻村青木久蔵あり。

六二 同郡西親野井村(庄和町) 明治二十一年村役員青木左伝次あり。

六三 同郡木崎村(庄和町) 当村寛政十二年庚申塔に青木七之丞・青木権右衛門・青木幸右衛門。香取社文化八年庚申塔に青木文吉・青木喜兵衛、文政三年庚申塔に青木太右衛門。明治二十一年村役員青木弥平治あり。

六四 足立郡草加町 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿青木周五郎。日枝社文政六年碑に草加六丁目石工青木庄左衛門宗義。草加神社弘化三年玉垣碑に青木義太郎・青木周五郎。市神祠官筆学入門帳に慶応二年・石や倅青木久佐次郎、明治二年・六丁目石や倅青木文五郎、同五年・石や青木孝三郎。明治三十五年営業便覧に石屋青木久次郎あり。

六五 同郡川口町 川口神社明治三十九年碑に青木三吉(魚商)あり。

六六 同郡上青木村(川口市) 当村地方に中世鍛冶集団存す。河越条参照せよ。明治九年副戸長青木源次郎・文化十三年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流上青木村青木豊七・青木光之助。氷川社明治二十八年碑に青木弥助・青木忠次郎・青木金蔵・青木源之助。安楽寺明治三十三年大日堂碑に青木留次郎あり。

六七 同郡飯塚村(川口市) 最勝院天保五年弘法大師碑に青木岩治郎・青木源蔵。川口宿阿弥陀堂安政四年猿田彦碑に飯塚村青木元右衛門。氷川社文久二年碑に青木増次郎・青木徳次郎・青木軍次郎・青木権次郎・青木音次郎・青木峯次郎・青木次右衛門、明治四十四年碑に青木元右衛門・青木文治郎・青木与七・青木八五郎・青木岩五郎・青木喜一郎・青木梅次郎・青木幸次郎あり。

六八 同郡石神村(川口市) 当村万治三年庚申塔に青木源兵衛あり。

六九 同郡木崎村(浦和市) 古代青木氏の伝承あり。郡村誌上木崎村条に¬高嚴ミ、猿田彦命を祭る。相伝ふ、崇神天皇の后・皇子を抱き潜き都を落ち此地に来たり、終に沼に投じ玉ふ、日本伊愛置人、大に驚き直に水中に投じて救ひ揚げると雖も既に薨す、依て后を葬り女体神社と崇む即ち三室村女体神社なり。又皇子を葬り皇山神社と崇む即ち本村高嚥{なり。其の側に伊愛置人の祖先青木太郎置人を祭るは即ち太郎社なり、因て此辺を字して皇山と云ふと。然れども旧記の取るに足るものなく且正史に見る所なければ恐らくは牽強付会の説ならんと見ゆ。字皇山は大山の当て字にて、山は朝鮮語の村の意味。青木(おおき)族の居住地を大村、或いは大山と称す。当村に青木氏存す。明治三十一年染物業青木弥五郎あり。

七〇 同郡針ヶ谷村(浦和市) 太田窪村氷川社明治二十八年碑に針ヶ谷・青木弥五郎あり。

七一 同郡大宮町 県会議員菓子商青木伝吉・明治二年生あり。

七二 同郡飯田村(大宮市) 足立神社明治四十三年碑に青木浩一あり。

七三 同郡中野林村(大宮市) 旧家名主青木氏あり。明治九年副戸長青木源兵衛・天保元年生あり。

七四 同郡桶川宿 万延元年武術英名録に柳剛流桶川宿青木代作。明治十一年府川文書に青木幸吉あり。

七五 同郡上日出谷村(桶川市) 氷川社明治三十九年碑に青木惣八・青木弥右衛門あり。

七六 同郡下石戸村(北本市) 明治八年騎西町釜屋文書に下石戸村酒造業青木角平あり。

七七 同郡鴻巣町 明治十四年鴻巣宿埼玉銀行株主青木竹次郎・二株百円所有。明治三十五年米穀商青木熊吉・木材商田沼屋青木半五郎・足袋商青木亀二郎・青木平八あり。

七八 同郡宮前村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に宮前村青木源太郎・青木藤右衛門・青木平五郎・青木弥七あり。

七九 新座郡志木宿 明治三十年市場組青木琴次郎あり。

八〇 同郡岡村(朝霞市) 氷川社明治四十一年碑に岡・青木磯五郎あり。

八一 埼玉郡西袋村(八潮市) 氷川社明治十九年絵馬に西袋村青木島吉あり。

八二 同郡青柳村(草加市) 大瀬村明治三年祭礼年番帳に青柳村神主補助青木貢。神明社明治二十二年棟札に祠官青木知顕あり。

八三 同郡越谷宿 久伊豆社天保六年碑に新町中組青木仁兵衛。明治三十五年菓子商青木吉平あり。

八四 同郡大沢町(越谷市) 川口宿善光寺慶応元年碑に日光道中大沢町青木三郎次あり。

八五 同郡粕壁宿 八坂社弘化四年水鉢に青木辰五郎、元治元年筆子碑に青木久米八。下蛭田村明治四十一年古峰院碑に粕壁・青木要右衛門あり。

八六 同郡薄谷村(春日部市) 香取社隣墓地寛政九年庚申塔に青木伊□・青木七郎右衛門。香取社弘化元年天神碑に青木妻蔵あり。

八七 同郡百間村(宮代町) 明治三十年人名録に百間西原青木太左衛門・明治五年生あり。

八八 同郡白岡村 正福院明治二十七年廻国塔に青木佐源太。八幡宮明治三十二年幟碑に青木利喜蔵・青木秀吉あり。

八九 同郡柴山村(白岡町) 諏訪八幡社明治四十二年御神燈に柴山小塚・青木伊助あり。

九〇 同郡久喜町 明治三十五年洋酒商青木磯三郎あり。

九一 同郡所久喜村(久喜市) 八幡社文政五年御神燈に青木勝右衛門あり。

九二 同郡上清久村(久喜市) 百間村青林寺寛政十年文書に上清久村青木清右衛門。梅本家脇の天保十五年庚申塔に青木金次郎あり。

九三 同郡菖蒲村 当村元禄十一年庚申塔に青木安右衛門・青木佐五兵衛・青木伝右衛門。天保九年戸賀崎門人帳に菖蒲町青木助次郎。菖蒲神社明治九年水鉢に青木重兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に菖蒲村青木亀吉・台村青木亀吉と見ゆ。別人か。明治三十五年に木綿商青木七兵衛・足袋商青木与八・菓物商青木嘉平・飲食店青木喜八・養春堂医院青木民次郎(慶応二年生)あり。

九四 同郡三箇村(菖蒲町) 三箇神社江戸末期碑に青木忠兵衛・青木与兵衛あり。

九五 同郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 明治九年副戸長青木佐治右衛門・天保六年生あり。

九六 同郡鷲宮村 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所青木佐吉、嘉永五年狛犬に当町中島・青木元右衛門。莿萱氏系図に弘化三年下新井元名主代青木勘左衛門。西大輪村雷電社文久三年狛犬に中島村青木彦右衛門あり。

九七 同郡中妻村(鷲宮町) 大光寺明和三年鐘銘に新田・青木万次郎母。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に中妻村青木佐伝治。明治八年副戸長青木万太郎。鷲宮村会議員青木治右衛門あり。

九八 同郡騎西町 藤原姓を称す。玉敷神社文政五年文書に¬騎西町久伊豆大明神神楽役、青木平馬藤原正久、青木主馬藤原政直、青木左近藤原貞勝、青木右門藤原保道」と。明治三十五年に料理店青木キン・旅人宿青木新八・鮨屋青木七平あり。

九九 同郡上崎村(騎西町) 延享三年地蔵尊に青木清兵衛。竜興寺文政五年宝篋印塔に上崎村・青木惣七・青木庄右衛門・青木重五郎。雷電社安政四年御神燈に青木平左衛門・青木茂十郎。明治九年副戸長青木泰助・文政元年生。真名板村薬師堂明治十年水鉢に上崎・青木伊平・青木十松あり。

一〇〇 堂郡内田ヶ谷村(騎西町) 当村明治四年富士嶽碑に中郷・青木当五郎・青木仙蔵あり。

一〇一 同郡道地村(騎西町) 成就院寛延元年地蔵尊に青木半兵衛、寛政十年供養塔に青木庄右衛門。稲荷社慶応二年幟碑に青木金兵衛。明治七年橇船書に青木庄右衛門あり。

一〇二 同郡鴻茎村(騎西町) 寿昌寺安政五年馬頭尊に青木常吉あり。

一〇三 同郡戸崎村(騎西町) 諏訪社明治初年碑に青木藤蔵・青木藤五郎あり。

一〇四 同郡正能村(騎西町) 慶長十一年正能村検地帳に¬青木分」と随所に見ゆ、土豪なり。竜花院元文三年供養塔に正能村・青木三左衛門・青木太郎次・青木権之丞・青木半右衛門・青木吉之丞・青木久左衛門・青木忠兵衛、宝暦十四年地蔵尊に青木藤兵衛・青木忠右衛門・青木久次郎、寛政三年碑に青木吉右衛門・青木清七郎。諏訪社嘉永五年富士講に当村青木喜1郎・青木藤助。下村君村永明寺文久二年仙元碑に正能村青木音右衛門・青木権之丞(代々名主)。明治九年戸長青木権平・文政四年生。明治十七年雷電社碑に正能邑青木豊吉あり。

一〇五 同郡加須町 明治三十五年鍛冶屋青木与之助・傘製造青木長吉・下駄商青木留吉・縫箔業青木皆吉・青縞商野本屋青木元治郎・青木雪之助・青木栄吉あり。

一〇六 同郡不動岡町(加須市) 明治三十五年菓子製造青木松五郎あり。

一〇七 同郡久下村(加須市) 明治四年藍玉仲間に久下村青木龍蔵あり。

一〇八 同郡小浜村(加須市) 地蔵院阿弥陀仏に寛文八年・青木三右衛門、寛文十一年・青木六兵衛。同院百番観音に元禄七年・施主小浜村青木武左衛門、元禄八年・施主小浜村青木三郎右衛門。文政七年戸賀崎門人帳に小浜村青木仙太郎。上三俣村菊地家筆子控に万延元年・小浜村北方・勘兵衛倅青木文次郎あり。

一〇九 同郡常泉村(加須市) 安政四年上崎村青木文書に常泉村青木平左衛門あり。

一一〇 同郡多門寺村(加須市) 愛宕社天保三年狛犬に青木政吉、嘉永二年碑に青木新左衛門あり。

一一一 同郡馬内村(加須市) 諏訪社明治二十二年碑に青木仁右衛門あり。

一一二 同郡下高柳村(加須市) 三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に上下高柳村青木佐次郎。八坂社明治二十六年碑に青木作次郎・青木菊次郎あり。

一一三 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社天保九年碑に青木伊兵衛、万延元年絵馬に十間組・青木九右衛門。琴寄村横沼神社明治十年絵馬にスナハラ青木松之丞あり。

一一四 同郡琴寄村(大利根町) 横沼神社元禄十三年水鉢に鴨新田・青木勘兵衛、明治十年絵馬に青木善八、明治二十年狛犬に青木常吉・青木長右衛門あり。

一一五 同郡北大桑村(大利根町) 八幡社文政九年天満宮碑に青木喜太郎。香取社文久二年幟碑に青木吉五郎、明治十六年水鉢に青木新蔵あり。

一一六 同郡弥兵衛村(大利根町) 外野村棘脱地蔵堂明治七年算額に弥兵衛村・青木忠吉郊綱・青木藤右衛門治知・青木新左衛門倫眤あり。

一一七 同郡間口村(大利根町) 八幡社明治二十六年碑に青木倉五郎・青木友吉・青木甚太郎・青木藤蔵・青木吉太郎あり。

一一八 同郡杓子木村(大利根町) 幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に杓子木・青木孝郎あり。

一一九 同郡新井新田村(大利根町) 八幡社明治三十一年碑に青木定吉あり。

一二〇 同郡旗井村(大利根町) 佐間村八幡社安政二年御神燈に中新井村青木五郎次。旗井神社日露碑に青木弥太郎・青木長三郎あり。

一二一 同郡羽生町 上羽生村毘沙門堂宝暦七年常夜燈に杉下組青木太七(石工)、天保十一年石華表碑に新田組青木太七・宿並組青木源内・青木藤助・羽生青木文六・青木亦五郎。明治五年上羽生村桶職青木定吉。羽生城天神社明治三十八年碑に青木宗吉(呉服商)あり。

一二二 同郡下新田村(羽生市) 下新郷大光院寛政六年棟札に下新田小工青木茂吉。羽黒社天保七年碑に青木十代吉、明治十一年水鉢に青木繁蔵あり。

一二三 同郡上新郷(羽生市) 西福寺寛永十二年大日如来坐像に忍新郷青木右馬助。白山社安政七年庚申塔に青木宗吉・青木富次郎・青木竹次郎・青木円蔵、明治七年水鉢に青木儀三郎、明治十九年御神燈に青木荘八・青木市五郎・青木茂平・青木茂十。愛宕社万延元年塞神碑に青木浅右衛門、明治十三年水鉢に青木清次郎あり。

一二四 同郡下新郷(羽生市) 慶長十三年下新郷検地帳に¬青木」の見ゆ。土豪なり。前項の住人か。

一二五 同郡上村君村(羽生市) 雷電社寛延四年庚申塔に上村君村新田・青木吉左衛門あり。

一二六 同郡忍町 明治三十五年煙草商青木次郎吉あり。

一二七 同郡中里村(行田市) 池上村古宮神社元治二年御神燈に中里村青木半五郎、明治四年算額に中里村青木半五郎枝元あり。

一二八 同郡長野村(行田市) 長久寺享保二年庚申塔に青木丈左衛門。明王院明和九年二十二夜塔に下長野・青木助七母・青木十五郎母。久伊豆社天保六年御神燈に青木新蔵あり。

一二九 同郡佐間村(行田市) 天神社嘉永六年塞神碑に当所青木久八。高源寺慶応三年筆子碑に青木茂兵衛あり。

一三〇 同郡忍領須賀村(行田市) 明治九年副戸長青木孫七・文政元年生。明治十四年埼玉銀行株主青木新太郎・一株五十円所有。熊野社明治十五年水鉢に青木喜代三郎あり。

一三一 同郡埼玉村(行田市) 行田史譚に¬埼玉村、寛永年中名主青木久左衛門、享保六年名主青木久左衛門」と。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村杉原・青木勇助あり。

一三二 同郡皿尾村(行田市) 入間郡塚越村大宮住吉神社貞享三年文書に埼玉之郡皿尾村神主青木刑部。風土記稿に社人青木主殿。嘉永六年忍藩分限帳に¬金二百疋・皿尾村久伊豆社神主青木山城」あり。

一三三 同郡郷地村(鴻巣市) 三俣村慶応三年堀越文書に大曲村青木三郎右衛門あり。

一三四 同郡関新田村(川里町) 稲荷社天明三年水鉢に青木惣右衛門・青木伝左衛門・青木宇平次。野村玉松堂入門帳(植田文書)に慶応二年・久兵衛倅青木繁太郎、同三年・七兵衛倅青木熊吉、同四年・久兵衛二男青木孝之助、明治二年・久兵衛倅青木長吉。明治四年名主青木久兵衛・四十三歳。明治七年製糸会社人名禄に青木久兵衛・青木市左衛門。明治八年騎西町釜屋文書に関新田酒造業青木嘉右衛門。明治九年副戸長青木繁太郎・安政二年生。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に青木繁太郎。衆議院議員青木正、其の子正久の父子あり。

一三五 同郡赤城村(川里町) 赤城社明治十六年敷石碑に青木周蔵・青木長右衛門・青木庄左衛門あり。

一三六 同郡広田村(川里町) 天正十九年当村開発者新井弥左衛門の一族八郎右衛門は実家の青木氏を名乗る。新井参照。

一三七 同郡上之村(熊谷市) 上之村神社嘉永三年御神燈に青木繁次郎・青木政次郎。野原村文殊寺明治二年碑に上之村青木宇七・青木清三郎。明治十二年副戸長青木清兵衛あり。

一三八 同郡今井村(熊谷市) 赤城社明治五年算額に当村青木和吉あり。

一三九 入間郡川越宿 行伝寺過去帳に¬行青・青木市右衛門・辰年十月、行秋・青木・巳年八月、妙従・青木殿内・丑年三月、妙朝・青木の下女キク・亥年十二月、道青・青木・酉年十月」あり。江戸初期なり。

一四〇 同郡池辺村(川越市) 熊野社明治三十九年碑に青木新兵衛あり。

一四一 同郡大袋村(川越市) 白髭社明治四十年御神燈に青木由太郎あり。

一四二 同郡宗岡村(志木市) 下宗岡村安政三年馬頭尊に青木波五郎。上狢村弘善寺文久四年馬頭尊に棟岡村青木市平。新倉村明治初年富士講碑に宗岡青木四郎兵衛。志木宿敷島社明治初年浅間碑に下宗岡・青木浅五郎・青木常吉。引又河岸跡明治十三年水神講に宗岡村青木兼吉。選挙人名簿に青木常五郎・村税八円、青木市五郎・七円あり。

一四三 同郡水子村(富士見市) 天保六年水宮文書に中組青木八五郎・青木忠兵衛。八幡社慶応元年水鉢に中組青木九之助・青木金五郎・青木平治郎(大工職)。新倉村明治初年富士講碑に水子青木半次郎。大応寺明治二十五年碑に青木太十郎・青木七五郎・青木伊喜蔵(屋根職)あり。

一四四 同郡上富村(三芳町) 明治十三年村会議員青木藤左衛門。亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村・青木辰五郎・青木浅次郎・青木幸次郎。中富村神明社明治三十九年碑に上富・青木丑之助あり。

一四五 同郡入間川村(狭山市) 明治二十五年地租額調に青木佐平治・五十円、青木菊次郎、青木金太郎、青木政吉、青木代次郎(肥料石油商)あり。

一四六 同郡山口村(所沢市) 町谷村海蔵寺享和元年百番供養塔に町谷邑青木小平治。明治九年山口村地主誓約書に青木甚五郎・青木善太郎・青木吉五郎・青木清五郎。岩崎村瑞岩寺明治三十二年地蔵尊に当所青木源治郎あり。

一四七 同郡牛沼村(所沢市) 神明社明治中期寄進碑に青木馬造あり。

一四八 同郡三ヶ島村(所沢市) 薬王寺明治四十二年碑に六番組青木吉五郎、七番組青木徳蔵あり。

一四九 同郡林村(所沢市) 松林寺嘉永三年大日如来碑に青木政右衛門・青木清兵衛。明治三十三年狭山興業銀行発起人青木吉五郎(狭山銀行発起人三十株千五百円所有)。林神社明治四十四年碑に青木音次郎・青木惣太郎・青木八五郎・青木清次郎・青木源六・青木吉五郎・青木由平あり。

一五〇 同郡北岩岡村(所沢市) 明治五年岩岡新田製茶業青木清左衛門あり。

一五一 同郡黒須村(入間市) 明治二十一年鶏商青木代作・油商青木久太郎あり。次項参照。

一五二 同郡豊岡町(入間市) 明治三十五年に足袋商青木平治郎・飲食店青木正作・同青木粂吉・石油商青木久太郎あり。

一五三 同郡小田谷村(毛呂山町) 毛呂山町史に¬小田谷村の名主は、草分け青木氏の世襲にて江戸末期に名主青木伊左衛門、名主青木百助。明治五年に名主青木伊左衛門、分郷名主青木半七」と。私塾師匠名主青木伊左衛門信章・弘化三年没。明治九年戸長青木寛輔、戸長青木百助・弘化四年生あり。

一五四 同郡赤尾村(坂戸市) 的場村御嶽社明治二十四年碑に赤尾・青木嘉造あり。

一五五 高麗郡飯能町 明治三十五年に綿商青木政五郎・陶器商青木鉄五郎あり。

一五六 同郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山上町青木長左衛門・青木市右衛門・中山中町青木吉兵衛・青木甚右衛門、明和二年鐘銘に中山村青木門左衛門、安政七年筆子奉額に中山村橋間青木貞次郎・橋合青木兵介、明治十七年勧進帳に中山村青木喜太郎・青木徳助。笹井村宗源寺弘化四年文書に¬観音堂へ大般若経寄進、中山村青木忠兵衛」。明治九年糸繭商青木政吉・同青木喜太郎あり。

一五七 同郡下畑村(飯能市) 明治九年副戸長青木半右衛門・文政六年生あり。

一五八 同郡原市場村(飯能市) 中山村智観寺万延元年本堂再建覚書に屋根葺工棟梁石倉青木孫四郎。明治十三年山稼議定書に原市場村青木文吉。横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治十七年、原市場村青木利三郎・三十五歳、青木文之助・三十四歳あり。

一五九 同郡岩沢村(飯能市) 見光寺嘉永五年六地蔵に青木茂十郎あり。

一六〇 同郡新堀村(日高市) 高麗神社明治三十八年碑に青木新之助あり。

一六一 同郡栗坪村(日高市) 高麗大記門人に安政元年・栗原村青木辰次郎・十一歳、安政四年・同所青木梅三郎・九歳。字栗原なり。明治十七年米穀商青木佐一郎・糸繭商青木文蔵あり。

一六二 同郡的場村(川越市) 八坂社元治元年碑に青木伊兵衛、明治二十七年碑に青木嘉造。御嶽社明治二十四年碑に青木与惣治。川越三芳野神社明治四十年碑に的場青木伊平あり。

一六三 同郡上広瀬村(狭山市) 明治二十七年地租調査に青木富五郎あり。

一六四 横見郡大和田村(吉見町) 大串村文化十五年馬頭尊に大和田村青木平四郎。明治五年准副戸長青木堅次郎あり。

一六五 同郡中曽根村(吉見町) 御所村安楽寺弘化五年供養塔に中曽根村青木周蔵。明治十四年綿打職青木浜吉あり。

一六六 比企郡小川村 上州高崎八幡宮慶応三年御神燈に生糸商武州小川青木伝次郎。明治九年下小川村副戸長青木伝次郎・天保四年生。明治三十五年牛肉店青木久四郎・織物業青木貞助あり。

一六六 同郡青山村(小川町) 隣村下里村境界割谷川の上流に青山城跡あり、下里村条に¬古城跡、山の上にて廻り三四丁許の地を云、古へ何人の住せしと云ことを伝へず」と。当村青木文書に¬青山村に城跡あり、藤原成之の後裔氏宗が天慶の乱の後、ここに居住して青木氏と改姓す。城主に氏久・氏郷・右京亮の名あり、天文年間まで居城す」と見ゆ。或書に¬比企郡高谷村の砦は、青木山城守氏久に従ひ治承四年宇治川の先陣に敗れた金子十郎兵衛忠成が籠居す」と。また、田中村市川氏系図に¬市川教光(元弘年中、新田義貞に属し戦死す)―正光(明覚郷住)―義継(青木氏養子、青木佐馬之助)」と見ゆ。此氏は、隣村の上古寺村字青木より起るか。明治四年青山村下分組頭青木良助あり。

一六八 同郡上古寺村(小川町) 字青木貝戸あり。慈光寺貞享元年寄進帳に上古寺村青木善左右衛門。氷川社宝暦六年棟札に青木伝左衛門・青木太兵衛。観音堂跡宝暦九年供養塔に青木五兵衛。平村慈光寺観音堂安永六年宝篋印塔に上古寺・青木太兵衛。字和田文化七年馬頭尊に青木久蔵。明治五年蚕種業に青木佐之助・青木富五郎・青木長三郎・青木伝左衛門・青木市五郎・青木九兵衛あり。

一六九 同郡下押垂村(東松山市) 明治六年反別帳に青木定右衛門・三町三反九畝、青木源七・一町九反一畝、青木亀五郎、青木佐助あり。

一七〇 同郡越畑村(嵐山町) 下横田村嘉永頃百庚申に越畑村青木与右衛門。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にヲツハタ・青木小市郎・青木小次郎。八宮社明治十四年水鉢に青木平兵衛・青木吉左衛門、明治二十六年御神燈に青木宗左衛門・青木直次郎・青木浦次郎・青木源吉。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に越畑村青木米吉あり。

一七一 幡羅郡妻沼村 聖天宮天保八年筆銘に青木庫次郎儀久・青木半蔵治矩・青木永左衛門賢斎。明治三十五年糸繭商青木昌吉・土木業青木正次。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に妻沼町講青木藤平・青木将延あり。

一七二 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に¬弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・青木藤左衛門、享和二年・組頭青木藤兵衛と。福寿院明治二十三年碑に¬我六代祖青木武右衛門・安永五年より天明四年に至る云々。昆孫青木寅次」と。明治十一年副戸長青木藤兵衛。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に弥藤吾村青木藤兵衛あり。

一七三 同郡間々田村(妻沼町) 甲斐国巨摩郡青木村より起る武田氏族と称す。武田系図に¬武田甲斐守時信―十郎時光(青木、大幡、折井ノ祖)―十郎太郎経光」と見ゆ。但し、経光の兄弟に重貞の名は見えず。埼玉史談第六巻・青木氏家譜・長祐寺墓碑・青木氏霊名記、等により当村青木氏系図を作成すると、¬時光(青木重八郎、甲州青木村に住み青木と号す)―重貞(七郎左衛門尉、弘安ノ役の後に関東に下向して、間々田村へ定着す、嘉暦元年七月晦日没、賢常善貞禅定門)―貞兼(五郎左衛門、刑部少輔、新田義貞十六士也、延元三年閏七月二日討死す、周偏広観居士。弟七郎左衛門貞信・同日討死・内頓白英居士)―貞安(五郎左衛門、父同日討死す、法智勇錜居士)―貞世(孫太郎、永享六年六月三日没、勝義最心居士)―貞定(治郎、享徳二年二月十五日没、仁照覚行居士)―貞満(兵衛尉、文明十六年四月六日没、密厳連證居士。弟孫四郎貞一・応仁二年五月四日没・慈教広道居士)―貞吉(左兵衛、明応元年十一月三日没、誠心普光居士)―貞年(民部太夫、天文二十三年十一月五日没、中観禅定門)―義一(民部、文禄四年十月二十六日没、朗月照栄居士)―貞秋(孫右衛門、寛永十年六月二十七日没、道韻妙覚居士。弟忠右衛門貞常・東隣分家・寛永九年正月二十日没六十四歳・良誉貞常居士)―亮光(治郎左衛門、正保三年正月十八日没。弟右馬允長貞・西城村へ分家。弟源五右衛門貞義・新田郡前小屋へ分家)―亮義(喜兵衛、寛文十三年四月二日没。弟治郎右衛門亮信・寛文九年十二月二十八日没。弟八郎右衛門信吉・寛文三年正月二十二日没)―治郎兵衛貞亮(元禄六年没)―源之丞義亮(宝永七年没)―源七亮宗(享保十五年没)―源左衛門亮基―七左衛門亮吉―治郎兵衛亮重―幸右衛門英林―忠太郎行亮―健太郎義治―治郎兵衛義明―力三郎満亮―治太郎満義―克公(二十五代目当主)」と。同家文書に¬上武取出之境仔細不有旨、高山大和守利根川筋渡船事申仕候、委細拝聞申候、軍功可抽候、深谷郷之内三十貫文之地可宛行之状仍如件、二月二日、青木五郎左衛門殿、大館二郎殿、左中将義貞(花押)」と。また、¬五月十一日、青木刑部殿、橋本民部殿、軍中・舟田義昌(花押)」と見ゆ。橋本氏は、上州大館郷出身大館氏の本名なり。太平記に¬建武二年十二月、新田方に青木五郎左衛門・同じき七郎左衛門」と見え、義貞の執事船田善昌の開基である上野国勢多郡新里村善昌寺旧記(応仁二年三月三日記)に義貞公百五十回忌追善供養ありて、十六士の供養者名に¬青木五左衛門・法名周偏広鑑」とあり。船田条参照。下って、成田分限帳の青木甲斐は間々田村住人と云う。青木氏は船問屋を営み、忍藩御用達の焼印あり、¬忍藩管轄第二十一区・幡羅郡間々田村名主青木次郎兵衛義明」と見ゆ。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡間々田村青木三郎治・青木丹治郎。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に間々田村・青木中吾・青木次郎兵衛・青木権右衛門・青木茂右衛門・青木邦右衛門。備前堀史料に明治四年名主青木次郎兵衛。明治九年戸長青木治郎兵衛・天保九年生、副戸長青木忠吾・弘化元年生(真心影流剣士)。稲荷社明治六年猿田彦碑に青木忠吾・青木茂左衛門・青木茂右衛門・青木梅吉・青木周次郎。明治十八年最上農名簿に間々田村青木忠吾・耕宅地五町一反歩所有あり。

一七四 同郡西城村(妻沼町) 成田分限帳の青木藤十郎は西城村住人と云う。青木氏系図の長貞以前に青木氏が居住していたことになる。長慶寺文政五年薬師尊に青木権右衛門内、文久二年碑に青木鶴蔵。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡西城村青木安太郎・青木小左衛門。田島村明治八年富士碑に西城村・青木光三郎・青木豊八郎・青木安六郎・青木英四郎・青木永蔵。明治九年戸長青木英四郎・弘化二年生、副戸長青木永蔵・文政十一年生、副戸長青木善蔵・天保二年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に西城村青木善蔵。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に西城村・青木広・青木豊八・青木善三郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に西城・青木竹三郎あり。

一七五 同郡江袋村(妻沼町) 田島村明治八年富士嶽碑に江袋村青木力蔵あり。

一七六 同郡八ツ口村(妻沼町) 明治九年副戸長青木富蔵・文政三年生。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡八ツ口村青木惣五郎あり。

一七七 同郡奈良村(熊谷市) 上奈良村万延元年庚申塔に青木重三。明治九年下奈良村副戸長青木丑五郎・天保七年生。明治二十七年東条筆子碑に青木慶次郎・青木久太郎(上岡妙安寺に見ゆ)あり。

一七八 同郡東方村(深谷市) 入間郡塚越村大宮住吉神社貞享三年文書に旗羅郡東方村熊野社家青木治部。風土記稿東方村条に神職青木大和あり。深谷城士の後裔か。

一七九 大里郡熊谷宿 宝暦十年新宿(筑波町)南屋敷持主青木九兵衛・同所青木市右衛門。賢勝院明治十四年妙法講に当駅青木助十郎。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に熊谷町青木清平。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に熊谷宿青木倉次郎・青木盛三郎。明治三十五年に糸繭商青木和吉・ローソク屋青木三次郎・飲食店青木雪蔵・蝙蝠傘職青木常蔵・菓子商青木松三郎あり。

一八〇 同郡石原村(熊谷市) 松岩寺檀徒青木氏先祖(慶長十七年七月七日没)は、地頭城氏の家臣にて改易後この地に土着す。田島村明治八年富士嶽碑に石原町青木菊八。明治十二年村議青木幸兵衛、十四年村議青木元八、二十一年重立青木新助・同青木斧吉。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に石原町青木仙右衛門。明治三十五年煙草商青木藤吉・菓子商青木仙太郎・湯屋青木ヤス・ぽんぷ屋青木仲次郎あり。

一八一 同郡河原明戸村(熊谷市) 諏訪社安政六年水鉢に青木市之助。明治七年岡村小林文書に河原明戸村青木熊次郎。明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産協会発起人青木高道あり。

一八二 同郡沼黒村(大里町) 正福寺元禄元年棟札に大工青木吉兵衛・同青木兵太夫あり。

一八三 榛沢郡深谷町 深谷町会議員に材木商青木隆三・明治二十年生、露天商青木肇・大正元年生あり。

一八四 同郡寄居町 鉢形落城後定住鏡に¬慶安四年定住・寄居住青木伊豆守」と。極楽寺文久三年玉垣碑に寄居中町青木善左衛門。明治三十五年酒屋青木喜太郎あり。

一八五 同郡小前田村(花園町) 長善寺寛政五年供養塔に青木三郎左衛門。阿那志村河輪神社明治十三年御嶽碑に小前田村青木友五郎あり。

一八六 児玉郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に青木伝右衛門・青木忠左衛門、明治三十五年碑に青木雄太郎。明治二十三年御嶽講に青木寅次郎・青木松五郎。明治三十五年和洋酒商日野屋青木浅吉・鉄打物青木久次郎・下駄商青木松五郎あり。

一八七 同郡下浅見村(児玉町) 成就院元禄十六年庚申塔に青木半□□□、享保元年庚申塔に青木弥左衛門あり。

一八八 同郡太駄村(児玉町) 明治三十年中里鳥三郎碑に青木鳥太郎あり。

一八九 同郡小島村(本庄市) 唐鈴神社明治三十八年御神燈に青木瀬太郎・青木多吉あり。

一九〇 同郡杉山村(本庄市) 明治九年戸長青木武八・文政三年生あり

一九一 同郡下野堂村(本庄市) 下野堂村創業誌に¬二柱神社は、武田晴信公の臣塩原・青木の二氏奉り来たり、当地に堂宇を建て安置す」と見ゆ。

一九二 同郡小茂田村(美里町) 北向神社宝暦八年御神燈に青木市兵衛。明治十年副戸長青木兵三郎・天保十三年生。明治十三年小池文書に東・青木吉次郎・青木兵三郎・青木乙松・青木むめ・青木常太郎、南・青木忠蔵あり。

一九三 同郡新里村(神川町) 明治五年小前議定書に青木勘八・青木庄三郎・青木常蔵あり。

一九四 同郡下阿久原村(神泉村) 招く魂社明治三十九年碑に青木伝平・青木彦太郎あり。

一九五 賀美郡大御堂村(上里町) 児玉記考に¬旧家青木三郎平、先代を世々三郎平と称し、名主組頭役等を勤む、亡父三郎平は公共事業に尽力し明治三十三年没す。柔術家青木伊太郎、奥山念流にして、先代常八郎・此流目を柔術に用たり、依て同流の元祖は抑も当家なりと云ふ」と。また、奥山念流は¬青木常八郎光澄(天保九年没)、青木音吉郎光長(明治四年没)、青木定吉源光澄(青木佐太夫の子、明治三十年没)へと伝来し、其の子青木大太郎(大正十五年没)なり」と見ゆ。吉祥院天保五年供養塔に東・青木三郎兵衛・青木岩右衛門。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州賀美郡大御堂村青木岩右衛門。明治九年戸長青木三郎平・天保十二年生・奥山念流柔術家。西富田村宥宝寺明治十二年玉垣碑に東大御堂村青木伊太郎。三島社明治十六年奉納に奥山念流青木慶光あり。

一九六 同郡七本木村(上里村) 明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流七本木村青木増五郎あり。

一九七 那賀郡小平村(児玉町) 石神神社文化七年供養塔に青木清蔵・青木金右衛門・青木直治郎。成身院寄進に小平村青木惣助(天明頃)。秋平小学校明治三十二年碑に小平・青木徳太郎・青木ツル・青木初五郎あり。

一九八 男衾郡西ノ入村(寄居町) 波羅門神社嘉永七年御神燈に青木惣左衛門あり。

一九九 同郡木呂子村(小川町) 明治七年竹沢小学校寄附青木伊兵衛あり。

二〇〇 秩父郡大宮町(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に大宮町青木捨吉(糸織物商)あり。

二〇一 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に下組・青木宅治・青木代次郎あり。

二〇二 同郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に青木佐重郎。宝登山神社明治七年棟札に寄進皆野村青木定八(酒造業)。明治九年副戸長青木由五郎・天保九年生。国神神社明治三十四年碑に皆野村青木仲吉あり。

二〇三 同郡金沢村(皆野町) 西光寺天保十五年鐘銘に金沢村青木六左衛門・青木与三右衛門。国神神社三十四年碑に金沢村青木宇之吉・青木富五郎・青木峰吉あり。

二〇四 同郡小鹿野町 明治三十五年建具職青木金太郎・春日一丁目豆腐屋青木栄五郎あり。

二〇五 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に青木鍋蔵・青木広吉あり。

二〇六 同郡大滝村 明治四年に小双里・青木小平、同十年に小双里・青木作太郎あり。

二〇七 同郡奥沢村(東秩父村) 御堂村大霊神社明治四十一年碑に大河原村青木周三・青木八郎次あり。

二〇八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・青木晋・百十五円、青木洵・二十三円、青木寛・二十円、青木勝治・十一円、川口町・青木誠・二十五円、大宮町・青木伝吉・十一円、青木勇三郎・百三十四円・十九円、鴻巣町・青木源三郎・四十円・二十五円、川越市・青木節・八十二円、青木猪之助・九円・三十三円、所沢町・青木虎一・十九円、吾妻村(所沢市)・青木京・十円、青木林平・十三円・十四円、入間川町(狭山市)・青木平助・五十一円・二十二円、青木佐四郎・三百四十八円・百五十九円、霞ヶ関村(川越市)・青木嘉平治・十三円、精明村(飯能市)・青木仁三郎・十一円、久喜町・青木磯三郎・十三円、三箇村(菖蒲町)・青木国四郎・四十五円、青木謹次・十六円、行幸村(幸手市)・青木よね・十円、吉田村(幸手市)・青木儀一郎・二十九円、桜井村(杉戸町)・青木龍吉・十四円、青木牧太郎・六十九円、青木六五郎・十円、新郷村(羽生市)・青木十五郎・二十四円・四十四円、埼玉村(行田市)・青木豊之助・九円、熊谷町・青木与三郎・二十二円、青木輪吉・二十一円・十二円、深谷町・青木隆三・七十円・七十五円、奈良村(熊谷市)・青木清太郎・二十一円、長井村(妻沼町)・青木広・十六円、男沼村(妻沼町)・青木染太郎・七十九円、青木馨・九円、妻沼町・青木藤兵衛・二十七円・五十円、青木清吉・十四円、榛沢村(岡部町)・青木七郎・七百四十二円、本庄町・青木福太郎・百五十一円・四十四円、高篠村(秩父市)・青木福蔵・百六十九円・百二十五円」あり。

青木葉 アオキバ 秩父郡金沢村(皆野町)西光寺天保十五年鐘銘に金沢村青木葉四郎右衛門あり。

青木山 アオキヤマ 忍城士にて、成田分限帳に¬十貫文・青木山弥次郎」あり。

青毛 アオゲ 埼玉郡青毛村(久喜市)、船越村字青毛、葛飾郡西大輪村字青毛あり。オオゲ参照。

青坂 アオサカ 狭山に存す。

青崎 アオサキ 嵐山、松伏、川口、越谷、所沢、川越、幸手、皆野等に存す。

青笹 アオササ 浦和、所沢、三芳、志木等に存す。島根県(石見国)邇摩郡温泉津町十七戸あり。

青沢 アオサワ 加須、上尾、越谷、羽生、栗橋、所沢等に存す。岩手県九戸郡大野村七戸、山形県鶴岡市十四戸あり。

青鹿 アオシカ 唐族(中国)にして、魯国の孟(もう)氏後裔なり。魯国は山東省に紀元前一〇五五年より前二四九年まで三十四代で滅亡す。古代氏族系譜集成に¬魯の孟軻(もうか)後裔、孟恵芝が天平宝字三年六月沈惟岳と共に大宰府に到る。嵩山忌寸(すせのいみき)、成沢・赤岩・竹内は三河人、青鹿・四分一は武蔵人、黒川・矢吹・田谷は陸奥人」と見ゆ。忌寸は八種の姓(かばね)の第四に位す。延暦三年六月紀に¬唐人正六位上孟恵芝等に姓を嵩山忌寸と賜ふ」と見え、姓氏録・左京諸蕃に¬嵩山忌寸。唐人正六位上孟恵芝入朝す焉。沈惟岳と同時也」と見ゆ。孟族嵩山氏一族は、三河国八名郡嵩山村に土着し、成沢・赤沼・竹内の各氏を名乗る。其の同族は武蔵・陸奥に移住し、本宗は左京に住す。

一 埼玉郡下新井村(大利根町) 明治九年副戸長青鹿勘兵衛・弘化元年生。明治十八年最上農名簿に青鹿勘兵衛・耕宅地六町九反歩所有。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北下新井村樽場・青鹿嘉恵知あり。

二 同郡中新井村(大利根町) 栗橋宿八坂社文化元年供養塔に中新井村青鹿源右衛門。佐間村八幡社安政二年御神燈に中新井村青鹿千代松。星福寺文久二年絵馬に青鹿茂兵衛・青鹿弥三郎。明治九年中新井村戸長青鹿茂右衛門・天保十四年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に旗井村青鹿杢右衛門・青鹿茂右衛門。旗井神社日露戦役碑に青鹿留五郎・青鹿久蔵・青鹿勘五郎・青鹿末吉・青鹿佐吉・青鹿三七郎・青鹿依蔵・青鹿源三郎・青鹿忠吉・青鹿茂右衛門・青鹿米吉・青鹿治太郎・青鹿佐太郎・青鹿善次郎あり。

三 同郡道目村(大利根町) 中新井村星福寺嘉永三年絵馬に中道目村青鹿佐次郎。鷲大神明治十二年浅間碑に青鹿喜右衛門あり。

四 同郡中渡村(大利根町) 中新井村星福寺文久二年絵馬に中渡村青鹿巳之助あり。

五 同郡平野村(大利根町) 稲荷社明治四十二年碑に青鹿宗吉・青鹿辰五郎・青鹿市左衛門あり。

六 葛飾郡権現堂村(幸手市) 熊野社宝暦五年俳諧奉納に青鹿久右衛門。明治十二年権現堂村青鹿彦三郎・青鹿常五郎・青鹿栄五郎・青鹿忠蔵。熊野社明治三十四年碑に青鹿寿光・青鹿豊吉・青鹿忠吉・青鹿広松、明治三十九年碑に青鹿富蔵。水神社明治四十一年碑に青鹿亀吉・青鹿兵次郎あり。

七 同郡上高野村(幸手市) 百間村青林寺寛政十年文書に大蔵村青鹿平兵衛。大阿寺嘉永三年敷石碑に大蔵村青鹿茂左衛門。明治三十年人名録に青鹿七三郎・安政四年生、青鹿元右衛門・慶応三年生・地租五十二円。上高野神社明治三十五年碑に青鹿三郎兵衛・青鹿喜三郎あり。

八 同郡栗橋町 明治三十五年に下駄商東屋青鹿忠吉・生糸商青鹿佐吉あり。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬岩槻町・青鹿善次・十円、栗橋町・青鹿忠吉・十二円・三十二円、上高野村(幸手市)・青鹿七三郎・十八円、青鹿章・二十二円、東村(大利根町)・青鹿四郎・十五円、元和村(大利根町)・青鹿嘉恵知・二十九円」あり。

青芝 アオシバ 鶴ヶ島に存す。

青島 アオシマ 各市町村に存す。長野県東筑摩郡坂北村竹場十戸、飯田市下久堅南原十九戸、上田市十五戸あり。

青嶋 アオシマ 富士見、川越、新座、和光、東松山、鳩山、越谷、行田等に存す。

青代 アオシロ 三郷に存す。新潟県糸魚川市西塚十戸あり。

青壮 アオソウ 所沢に存す。

青田 アオタ 福島県相馬郡鹿島町二十五戸、双葉郡浪江町二十戸、相馬市百戸、原町市八十戸、宮城県亘理郡山元町三十戸、亘理町十六戸あり。

一 高麗郡小久保村(飯能市) 当村に此の氏多く存す。北平沢村福蔵院安政五年地蔵尊に小久保村青田久次郎。明治九年戸長青田五郎左衛門・天保七年生。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に小久保村青田五郎左衛門・青田勇三郎・青田隼太郎あり。

二 同郡中山村(飯能市) 智観寺安政七年筆子奉額に中山村佐藤・青田代五郎あり。

三 入間郡入間川町(狭山市) 明治二十五年地租額調に青田太四郎あり。

四 大里郡和田村(熊谷市) 楊井白髭神社安政七年庚申塔に青田梅次郎・青田半六あり。

青代 アオダイ 浦和に存す。

青滝 アオタキ 浦和に存す。

青棚 アオタナ 高麗郡三ツ木村字青棚あり。

青谷 アオタニ 上尾、川口、草加、浦和、春日部、所沢、東松山等に存す。アオヤ参照。

青地 アオチ 明治三十五年児玉郡児玉町鉄打物職青地守三あり。

青池 アオチ 東松山、大井等に存す。アオイケ参照。

青津 アオツ 熊谷、浦和、戸田、鶴ヶ島、岩槻、庄和等に存す。福島県耶麻郡西会津町十四戸あり。

青塚 アオツカ 嵐山、幸手、大宮、入間、狭山、春日部、戸田等に存す。茨城県鹿島郡神栖町息栖五戸、鹿島市平井十戸、山形県飽海郡遊佐町十戸、酒田市三十六戸あり。

青手木 アオテギ 川口に存す。

青戸 アオト 此の氏は山陰及び太平洋岸に多く存す。福島県東白川郡棚倉町十二戸、塙町九戸、鮫川村九戸、島根県(出雲国)八束郡島根町二十三戸、松江市八十戸、安来市八十戸、鳥取県(伯耆国)日野郡日南町四十戸、米子市五十戸あり。

一 矢古宇郷の青戸氏 鶴岡事書日記に¬応永五年九月十日、鶴岡八幡宮は、矢古宇郷公文より、青戸入道が当郷堰免七段内一段を耕作すと雖も、年貢無沙汰の為下地を収公せしむ」と見ゆ。此の氏は、東京都葛飾区青砥の出身にて、足立郡矢古宇郷(草加市)を領すと云うが誤りなり。都筑郡青砥村及び矢古宇村(横浜市鶴見区矢向)は、鎌倉鶴岡八幡宮領なり。此の地より起こる。矢古宇参照。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年士族名簿に¬六石四人扶持・青戸直三郎」あり。

青砥 アオト 此の氏も山陰及び太平洋岸に多く存す。茨城県久慈郡大子町栃原十七戸、福島県東白川郡塙町五十戸、宮城県加美郡中新田町二十六戸、岩手県大船渡市十六戸、島根県(出雲国)八束郡玉湯町十一戸、大原郡大東町十戸、松江市三十戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡西伯町二十戸、米子市五十戸あり。

青鳥 アオトリ オオトリ条参照。

青菜 アオナ 春日部に存す。

青中 アオナカ 飯能に存す。

青名畑 アオナバタケ 岩手県久慈市十八戸あり。

青波 アオナミ 狭山に存す。

青西 アオニシ 草加、川口等に存す。

青貫 アオヌキ 寄居、朝霞等に存す。

青沼 アオヌマ 各市町村に存す。山梨県西八代郡市川大門町十九戸、中巨摩郡櫛形町十五戸、長野県北安曇郡池田町会染渋田見八戸、東筑摩郡山形村十戸、諏訪市大和十四戸、宮城県古川市百四十戸、岩手県胆沢郡胆沢町十四戸、前沢町十二戸あり。

青根 アオネ 熊谷、桶川、川越、草加等に存す。

青野 アオノ 入間郡北野村字青野あり。茨城県鹿島郡波崎町波崎十二戸、稲敷郡河内町金江津五十戸、桜川村四箇十戸、美浦村谷中七戸、同村布佐六戸、鹿島市大船津七戸、千葉県香取郡下総町高岡二十六戸、東庄町小南九戸、山梨県甲府市三十戸、新潟県南魚沼郡六日町君帰十戸、宮城県遠田郡田尻町十戸、山形県東置賜郡高畠町二十六戸、東根市三十戸あり。オオノ、セイノ参照。秩父郡大野原村(秩父市)に此の氏存す。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬ニ男伊勢守信定の臣・銀二百目三人扶持・本国伊賀生国武蔵・青野源兵衛・三十八歳」あり。

青羽 アオバ

一 足立郡清右衛門新田(草加市) 当村に此の氏多く存す。風土記稿に¬清右衛門新田は慶長の頃、清右衛門・八郎右衛門(田中氏)・八左衛門なと云もの開発せり。其内、清右衛門は初めに来りて開きし故かれが名を取りて新田の名とせりと云ふ」と見ゆ。開発者清右衛門は青羽氏か。稲荷社宝暦二年庚申塔に青羽清右衛門・青羽清兵衛・青羽太右衛門・青羽彦□□□・青羽武右衛門、宝暦十一年弁財天碑に青羽伊右衛門、天保十一年水鉢に青羽十左衛門・青羽源蔵・青羽平吉・青羽八三郎、慶応元年碑に青羽八五郎。中山筆学帳に弘化二年・清右衛門新田・与左衛門倅青羽繁之介、弘化四年・与左衛門次男青羽浅五郎・今鈎上辺西新井へ行く、与左衛門三男青羽治助。安政元年撃剣中山慎斎碑に青羽浅五郎、青羽次助あり。

二 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年碑門下碑に青羽荘五郎・青羽初蔵あり。前項住人か。

三 同郡浦和町 白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和・青羽義行(質商)あり。

四 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・青羽義一・三十八円・三十九円、新田村(草加市)・青羽久太郎・四十一円」あり。

青葉 アオバ 茨城県つくば市上大島七戸、山形県飽海郡遊佐町十戸あり。

一 足立郡草加町 市神祠官筆学入門帳に文久元年・長張伝次郎預かり子青葉留吉。明治三十五年蓮屋青葉惣吉あり。

ニ 秩父郡小柱村(秩父市) 明治九年戸長青葉少平・天保六年生。国神神社明治三十四年碑に小柱・青葉佐吉・青葉兼太郎あり。

三 同郡小鹿野町 昭和三年興信録に¬小鹿野町・青葉伊佐吉・所得税三十四円あり。

四 同郡下吉田村 明治二十年森林組合員青葉伊与吉あり。

青鉢 アオハチ 所沢に存す。

青場戸 アオバド 秩父郡坂石村字青場戸あり。我野参照。

青林 アオバヤシ 妻沼に存す。

青淵 アオブチ 入間に存す。

青松 アオマツ 大宮、八潮等に存す。岩手県久慈市七戸あり。

青海 アオミ 川越、川口等に存す。アオウミ参照。

青水 アオミヅ 桶川、北本等に存す。

青村 アオムラ 飯能、三郷、川口等に存す。栃木県佐野市伊保内六戸あり。

青本 アオモト 春日部、鳩ヶ谷等に存す。

青森 アオモリ 春日部、鳩ヶ谷、蓮田等に存す。長野県佐久市平塚六戸あり。

青谷 アオヤ 茨城県結城郡八千代町尾崎五戸、秋田県平鹿郡大森町八戸あり。アオタニ参照。

一 葛飾郡金杉村(松伏町) 覚性寺江戸末期庚申塔に青谷伊兵衛あり。

青屋 アオヤ 朝霞に存す。

青谷木 アオヤギ 川越中院過去帳に¬青谷木ノ帯刀」と見ゆ。入間郡青柳村の住人なり。

青蛛@アオヤギ 川口に存す。

青柳 アオヤギ 児玉郡青柳郷あり、保木野村・飯倉村(児玉町)、中新里村(神川町)の三村が唱う。北条氏康文書に児玉郡青柳郷保木野村福泉院と見ゆ。入間郡青柳村(狭山市)、大仙波村字青柳(川越市)は中院過去帳の青谷木か。埼玉郡八条領青柳村(草加市)、騎西領青柳村(久喜市)、樋上村字青柳、堤根村字青柳。足立郡槐戸村字青柳(アオヤナギ)あり。群馬県利根郡月夜野町二十戸、吾妻郡中之条町二十六戸、群馬郡箕郷町下芝三十戸、藤岡市本動堂二十戸、栃木県下都賀郡石橋町上古山三十戸、河内郡上三川町上郷二十六戸、同町上三川十六戸、真岡市亀山十八戸、同市小林十戸、茨城県結城郡千代川村鯨十六戸、神奈川県伊勢原市西富岡二十戸、山梨県北都留郡小菅村二十戸、丹波山村十六戸、西八代郡市川大門町六十戸、南巨摩郡鰍沢町三十戸、中巨摩郡竜王町三十戸、若草町四十戸、千葉県香取郡東庄町東今泉四十戸、同町笹川十八戸、長野県南安曇郡穂高町六十戸、堀金村百十九戸、新潟県刈羽郡小国町桐沢五十戸、三島郡寺泊町二十戸、三島町七日市ニ十四戸、岩手県東磐井郡大東町五十五戸、山形県最上郡金山町十六戸、戸沢村ニ十戸、東根市五十戸、秋田県仙北郡角館町二十四戸あり。

一 野与党青柳氏 八条氏族にて、八条領青柳村より起る。大松村栄広山由緒著聞書に¬栄広山高賢上人(新方領主新方頼希の兄)、八条氏の持城向畑城を襲ふ。八条兵衛尉此事を聞て大に怒り類葉をかり催し大軍を挙げて武州別府(越谷市)に出張し手分を定む、先陣青柳外記左衛門・小作田隼人・柿木小膳・八百五十余人、ニ陣大相模飛騨守・西脇左近右衛門・領家八郎・国分寺藤九郎・五百余人、八条兵衛尉・一千余人軍令を司り、永正十八年巳正月七日千間堀を打越し新方の地に乱入すべしとなりと見ゆ。

二 忍城士の青柳氏 成田分限帳に¬二十五貫文・青柳小四郎、二十五貫文・青柳彦五郎、十五貫文・青柳小五郎」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬五両余ニ人扶持・青柳市三」あり。

四 葛飾郡下野村(杉戸町) 文化十二年名主青柳孫七。福正院嘉永元年庚申塔に青柳伊兵衛・青柳久米吉・青柳治兵衛。明治三十年人名録に青柳治平・天保四年生・地租三十円あり。

五 同郡丹後村(三郷市) 前間村最勝寺文化六年庚申塔に丹後村青柳喜兵衛。当村明治三十九年碑に青柳与太郎・青柳源三郎・青柳藤四郎あり。

六 埼玉郡忍町 明治三十五年足袋製造青柳常吉・酒商青柳六之助あり。

七 同郡騎西町 善応寺文政二年巡拝塔に青柳文蔵あり。

八 足立郡大宮町 明治三十五年囲碁集会所青柳茂吉あり。

九 入間郡川越町 行伝寺過去帳に¬法哲・青柳ノ者」と。当郡青柳村住人にて、苗字にあらず。三芳野神社明治四十年碑に鍛冶町青柳保太郎(米穀問屋万屋)あり。

一〇 同郡石原村(熊谷市) 明治十二年石原村会議員青柳半三郎あり。

一一 同郡和田村(熊谷市) 楊井白髭神社安政七年庚申塔に青柳惣五郎・青柳弥兵衛あり。

一二 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に仲町青柳永吉。明治三十五年古着商青柳清太郎あり。

一三 賀美郡黛村(上里町) 土豪にて、文禄四年黛村水帳(萩原文書)に¬青柳分と見ゆ。

一四 那賀郡甘粕村(美里町) 古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に甘粕・青柳金治郎。甘粕神社明治二十五年富士碑に当所青柳春吉あり。

一五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川口町・青柳とせ・九円、忍町・青柳慶之助・九円・三十三円、青柳常吉・二百五十一円、星河村(行田市)・青柳六之助・二十円」あり。

青宿 アオヤド 志木に存す。茨城県稲敷郡江戸崎町村田五戸あり。

碧山 アオヤマ 飯能に存す。

青山 アオヤマ 九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に青山里の地名見ゆ、大里参照。比企郡青山村(小川町)あり。群馬県北群馬郡榛東村広馬場二十戸、群馬郡箕郷町柏木沢七十戸、太田市東長岡十四戸、栃木県真岡市鶴田二十六戸、佐野市石塚三十戸、足利市高松二十六戸、茨城県稲敷郡阿見町吉原三十戸、那珂郡那珂町飯田二十戸、日立市久慈十八戸、土浦市烏山三十戸、同市大岩田十六戸、福島県河沼郡会津坂下町十六戸、郡山市百十戸、青森県北津軽郡板柳町八十戸、中里町九十戸、山形県飽海郡遊佐町十八戸、最上郡真室川町十六戸、秋田県仙北郡角館町二十六戸、鹿角市六十七戸、島根県(出雲国)八束郡鹿島町二百五十戸あり。

一 忍城士の青山氏 成田分限帳に¬五十貫文・青山和泉、三十貫文・青山安芸、十三貫文・青山四兵衛」と。風土記稿持田村条に¬正覚寺の天正六年棟札に大檀那成田下総守氏長建立す、寄進施主青山和泉守」と見ゆ。持田村地頭なり。忍城士に奥州鹿角郡出身者が多くあり、是等の青山氏も秋田県の人か。

ニ 鉢形城士の秩父衆青山氏 吉田村彦久保文書に¬天正十年二月二十五日、秩父衆着致、秩父差引之外嗜・一本鑓・一騎馬上・以上二人・青山雅楽之介」と見ゆ。秩父参照。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に¬九百石・青山右馬助、三百五十石・青山主膳」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬ニ男伊勢守信定の臣・三両余ニ人扶持・本国三河生国同・青山与兵衛・四十一歳」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬十五人扶持・青山三郎治」あり。

六 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬御勘定之者・二十表三人扶持・青山治兵衛、中小性・四十表二人扶持・青山三郎兵衛、大納戸・三十表二人扶持・青山多兵衛」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に¬御小姓・百石・青山作太郎」。同七年に¬御馬廻・百石・青山銚太郎」。慶応元年に¬百石・福山取立・青山又蔵」。明治四年に¬十人扶持・青山幸馬」あり。

八 葛飾郡駒形村(三郷市) 明治七年深井文書に青山忠五郎・青山伊之助・青山崎吉。駒形神社明治十一年御神燈に青山伊之松・青山沢次郎あり。

九 同郡八甫村(鷲宮町) 光厳寺享保十八年廻国塔に八甫邑青山金甫あり。

一〇 同郡幸手町 明治三十五年染物業京紺屋青山留吉あり。

一一 埼玉郡久喜町 明治三十五年菓子製造業青山利吉あり。

一二 同郡栗原村(久喜市) 幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に栗原・青山藤兵衛あり。

一三 同郡騎西町 大英寺寛政十二年庚申塔に青山平吉。実乗院文政二年巡拝塔に当町青山平治郎。明治三十五年荒物商青山金之助あり。

一四 足立郡浦和町 明治二十一年皇国武術英名録に天目流浦和宿青山六郎。明治三十五年代書所青山信三。白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和・青山森右衛門(製茶商)あり。

一五 同郡岸村(浦和市) 白幡村医王寺文書に延宝五年・岸邑青山文治郎・松平右京太夫奥方ニテ青山氏孫娘ひさ、寛保元年・岸邑青山源蔵・青山助右衛門貞常。浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に岸村名主青山助右衛門。調神社慶応二年御神燈に当所青山仲治郎。明治七年岸村伍長青山徳治郎・伍長青山伝治郎。明治三十五年製茶商青山禎作・青山久治郎あり。

一六 同郡浦和領別所村(浦和市) 青山氏は当村草分けなり。浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に別所村青山文右衛門。真福寺明治三十四年碑に別所・青山末次郎。稲荷社明治三十五年碑に青山保太郎あり。

一七 同郡鹿手袋村(浦和市) 明治九年副戸長青山八十郎あり。

一八 新座郡下内間木村(朝霞市) 美女木村山王社文政十三年御神燈に重瀬・青山八五郎。氷川社明治四十二年碑に青山角次郎あり。

一九 入間郡川越町 明治二十二年埼玉勧業会員青山栄作。中原町初代区長・士族青山磯吉・安政五年生あり。

ニ〇 高麗郡上広瀬村(狭山市) 明治五年田畑名寄帳に根山組青山喜代吉あり。

ニ一 榛沢郡寄居町 明治三十五年書籍商真盛堂青山真三郎あり。

ニニ 児玉郡根木村(美里町) 明治九年に青山定治あり。

ニ三 秩父郡大宮郷 明治三年桶屋青山茂三郎・四十九歳。明治三十五年に青山伊之吉あり。

ニ四 同郡太田村(秩父市) 明治二十年森林組合員青山亀吉あり。

ニ五 同郡下吉田村 ニ項参照。永法寺明治三十二年寄進帳に畳職青山広吉あり。

ニ六 同郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に¬道清・青山・亥年四月、妙法・アヲ山ノ金子三右衛門母・慶長十六年九月、浄円・青山勘右衛門・辛丑年十月、法清・青山ぬいアネ・癸巳年八月、常林・青山勘右衛門仏、妙法・青山金子内・九月、法円・青山甚右衛門・戊戌年閏十二月、蓮久・青山甚右衛門子・寛永二十年四月」と見ゆ。比企郡青山村の金子氏一族にて、青山は苗字にあらず。

ニ七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・青山次作・百三十九円・百九十円、青山仲右衛門・五十二円・十一円、川越市・青山博吉・十円」あり。

青芳 アオヨシ 深谷、浦和、川口等に存す。

阿賀 アカ 吉見、坂戸、三郷等に存す。

赤井 アカイ 足立郡赤井村(川口市)は円通寺の閼伽井の井戸より村名となる。入間郡如意村に赤井川あり閼伽井川とも記す。比企郡平沢村字赤井谷も閼伽井谷と記す。福島県伊達郡保原町三十戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡会見町六十戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬三両・赤井忠三郎」あり。

ニ 足立郡浦和町 昭和三年興信録に¬浦和町・赤井直方・所得税ニ十九円」あり。

阿伽井 アカイ 越谷に存す。

閼伽井 アカイ 風土記稿足立郡小室宿村(伊奈町)条に¬無量寺は、往古閼伽井坊と号す。小田原役帳・閼伽井坊二十三貫九百文とのせたるは、ここのことなるにや。今も北条家及び岩槻太田氏の文書数通を蔵す。当寺元は今の丸山村にありしが、小室郷伊奈熊蔵知行となり、当寺の境内西南に原市沼をひかへ要害よければ陣屋を築く」と見ゆ。小田原役帳に¬二十三貫九百文・西郡太井保安寺(相模国足柄上郡)、十三貫文・松山野原(男衾郡野原村)、以上三十六貫九百文・閼伽井坊」とあり。

赤池 アカイケ 埼玉郡寺塚村字赤池、篠津村字赤池、高岩村字赤池、新座郡溝沼村字赤池、新倉村字赤池あり。山梨県西八代郡下部町百八十戸、市川大門町三十戸、中巨摩郡竜王町二十戸、長野県埴科郡坂城町南条三十戸あり。

一 忍城士の赤池氏 成田分限帳に¬十二貫文・赤池清吉」あり。別本に赤沼清吉と見ゆ。

二 児玉町 明治六年蚕卵種制作・赤池九八郎あり。

赤井阪 アカイザカ 坂戸に存す。

赤井沢 アカイザワ 川口に存す。

明石 アカイシ 川口に存す。茨城県猿島郡五霞町元栗橋五戸、山形県天童市十二戸あり。アカシ参照。

赤石 アカイシ 群馬県新田郡笠懸町阿左美九十戸、佐波郡赤堀村間野谷二十戸、東村田部井二十六戸、前橋市元総社二十六戸、太田市脇屋・由良・牛沢に多い、青森県 戸郡名川町三十戸、南部町三十戸、上北郡十和田湖町二十戸、六ヶ所村四十戸、北津軽郡板柳町二十六戸、小泊村ニ十四戸、秋田県北秋田郡森吉町二十戸あり。群馬・青森に多いのは、阿部族に関係あるか。

一 足立郡小針内宿村(伊奈町) 小針神社天保二年浅間碑に内宿村・赤石惣五郎・赤石文左衛門・赤石八五郎・赤石勘蔵・赤石亦右衛門、天保九年水鉢に小針内宿村・赤石善兵衛・赤石六兵衛・赤石政五郎・組頭赤石惣兵衛。明治九年副戸長赤石宗兵衛・文化六年生あり。

二 入間郡所沢町 薬王寺享保元年地蔵尊に赤石清右衛門・赤石次郎右衛門あり。

三 幡羅郡妻沼村 聖天宮文政七年碑に当所東岡・赤石長八。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州妻沼宿赤石文次郎・赤石清兵衛。明治三十五年石工赤石文次郎あり。

四 同郡小島村(妻沼町) 医王寺弘化三年庚申塔に赤石清兵衛。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に小島村・赤石銀蔵・赤石清右衛門あり。

五 同郡台村(妻沼町) 聖天宮文化十五年御神燈に台村講中・赤石惣左衛門・赤石六兵衛あり。

六 児玉郡本庄町 明治三十五年饅頭屋赤石龍吉あり。

七 雑載 昭和三年興信録に¬男沼村(妻沼町)・赤石和市・所得税十八円」あり。

赤石沢 アカイシザワ 幸手、所沢等に存す。福島県相馬郡飯舘村二十八戸あり。

赤石澤 アカイシザワ 川口に存す。

赤井田 アカイダ 入間、越谷等に存す。新潟県北蒲原郡安田町保田十一戸あり。

赤井橋 アカイバシ 山形県米沢市十戸あり。

赤井畑 アカイハタ 川口に存す。

赤岩 アカイワ 葛飾郡赤岩村(松伏町)あり、正慶元年金沢文庫に下総国下河辺荘赤岩郷と見ゆ。また、榛沢郡末野村字赤岩(当村に古代窯跡あり)、秩父郡安戸村字赤岩、矢納村字赤岩沢、大滝村字赤岩峠は鉛・亜鉛などを産出した秩父鉱山なり。此の氏は秩父郡に多く存す。群馬県甘楽郡下仁田町二十戸、茨城県猿島郡三和町諸川十五戸、長野県塩尻市三十戸あり。

一 葛飾郡赤岩郷 本土寺過去帳(松戸市平賀)に¬日如・赤岩蓮福寺・文禄五年三月十二日、妙行尼・赤岩主計内・慶長十□」と見ゆ。是は苗字にあらず、主計は本名鈴木氏なり。法華宗蓮福寺は下赤岩村にあり。

二 比企郡玉川郷 今宮社明治四十五年碑に赤岩岩次郎あり。

三 秩父郡小鹿野町 明治二十年春日一丁目赤岩利助あり。

四 同郡横瀬村 明治十四年神輿寄附連名帳に五番耕地苅米・赤岩彦次郎・赤岩広吉。気楽流門弟に赤岩浜吉。猿田彦神社明治四十三年碑に刈米・赤岩代八あり。

五 同郡芦ヶ久保村(横瀬町) 明和安永年間秩父郡記に芦ヶ久保村名主赤岩惣右衛門。天明六年三上文書に芦ヶ久保村名主赤岩惣左衛門。気楽流柔術加藤門弟に芦ヶ久保・赤岩利助・赤岩米吉。明治十年戸長赤岩藤作・天保七年生、副戸長赤岩善太郎・文化十三年生。明治十三年埼玉県老農名簿に芦ヶ久保村赤岩米太郎・赤岩源七あり。

六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬蕨町・赤岩紘策・十円、秩父町・赤岩利助・九円・三十三円、横瀬村・赤岩代八・六十三円」あり。

赤生 アカウ 川口、狭山等に存す。

赤海 アカウミ 川口に存す。千葉県成田市宝田五戸あり。

赤江 アカエ 川口、与野、所沢、熊谷、越谷、行田等に存す。

赤枝 アカエダ 大宮に存す。

赤尾 アカオ 入間郡赤尾村(坂戸市)あり、正代村の南にて、小代文書に¬承元四年、入西郡勝代郷村々の、みなみ・あかおのむらの四至、までを小代行平は養子俊平に譲り与ふ」と見ゆ。風土記稿赤尾村条に¬按に郡内堂山村最勝寺大般若経に応永三年赤尾阿弥陀堂とあり、此赤尾と云は当村のことにや」と見ゆ。当村のことは林条参照せよ。また、比企郡白井沼村字赤尾町、那賀郡駒衣村字赤尾あり。群馬県群馬郡榛名町下里見十五戸、同町室田十四戸、甘楽郡妙義町下高田十戸、山梨県東八代郡石和町中川十五戸、御坂町十戸、長野県北佐久郡北御牧村八重原十七戸、小諸市山浦三十戸、鳥取県米子市十八戸あり。

一 紀姓赤尾氏 入間郡赤尾村より起る。紀氏系図に¬武内宿祢―紀臣角(都奴)―白城―小弓(征新羅大将軍)―大磐―男麻呂―小足―阿佐―邇閇(遷東国、壬申乱頃の人)」と見え、赤尾村森田家墓地に¬紀之都奴宿祢之後胤・赤尾能登助義衆の霊、大永五年・施主森田越前」と銘あり。森田条参照。

二 同村侠客赤尾氏 古今侠客番付に¬関脇、武蔵・赤尾の林蔵」と見ゆ。苗字にあらず。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に¬二百三十石・赤尾忠右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に¬二百三十石・赤尾忠右衛門、三十表・赤尾新五左衛門」あり。

四 足立郡蕨宿 和楽備神社天保三年御神燈に赤尾正索。白川家門人帳に明治元年・蕨宿八幡大神々主赤尾丹宮。三学院明治十五年水鉢に赤尾周碩(医師)。昭和三年興信録に¬蕨町・赤尾豊秋・所得税十五円」あり。

赤岡 アカオカ 戸田、川口、朝霞、八潮、越谷、入間、川越、富士見、本庄、熊谷等に存す。群馬県甘楽郡下仁田町青倉十五戸、山梨県北巨摩郡須玉町穴平二十四戸、長野県佐久市平賀十六戸あり。

赤荻 アカオギ 茨城県猿島郡境町山崎三十六戸、下妻市若柳二十三戸、結城市鹿窪十戸、同市山川新宿十戸、千葉県印旛郡栄町南五戸あり。

一 埼玉郡麦倉村(北川辺町) 八坂社文政十年御神燈に鍛冶町赤荻理右衛門、文久二年幟碑に赤荻繁蔵・赤荻源右衛門・赤荻忠兵衛・赤荻理右衛門。明治七年船積問屋麦倉村赤荻多之助・但し明治六年六月創立。明治九年副戸長赤荻多之助・天保七年生あり。

赤尾杉 アカオスギ 茨城県笠間市飯田四戸あり。

赤尾関 アカオゼキ 越谷に存す。

赤垣 アカガキ 青森県上北郡野辺地町十戸あり。清水文書に¬河越之赤垣左衛門」と見ゆ。鯨井参照。

赤金 アカガネ 岩槻に存す。

赤壁 アカカベ 狭山、新座等に存す。

赤我部 アカカベ 幸手に存す。

赤上 アカガミ 加須、浦和、与野、川口、草加、川越、杉戸等に存す。栃木県芳賀郡茂木町塩田六戸、茨城県茨城郡御前山村金井五戸、笠間市来栖十二戸あり。

赤神 アカガミ 大宮、川越、朝霞等に存す。

赤雁 アカカリ 比企郡三保谷村字赤雁あり。

赤川 アカガワ 新潟県西蒲原郡西川町三十戸、岩手県紫波郡紫波町十三戸、青森県弘前市二十六戸、秋田県由利郡鳥海町三十戸、平鹿郡大森町六十五戸、仙北郡協和町十戸、山本郡山本町九戸、横手市五十戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡中山町二十三戸あり。

一 葛飾郡下宇和田村(幸手市) 神明社明治二十九年碑に赤川貞蔵あり。

赤木 アカギ 葛飾郡平須賀村字赤木、足立郡下戸田村字赤木、入間郡和田村字赤木あり。長野県松本市里山辺二十四戸、山形県米沢市四十六戸、島根県松江市二十戸、出雲市十五戸、鳥取県日野郡日南町十七戸あり。

一 関東郡代伊奈氏家臣 天保年間伊奈役所惣人数に中御徒町・赤木信左衛門。秩父郡下吉田村天保五年検地帳に御代官伊奈半左衛門手附・赤木唯五郎あり。

二 葛飾郡上吉羽村(幸手市) 香取社宝暦十年普門品に赤木小七あり。

三 入間郡下松原村(川越市) 明治十七年鶴ヶ岡村反別帳に下松原・赤木吉五郎・四反七畝あり。

四 雑載 昭和三年興信録に¬所沢町・赤木鈴雄・所得税二十六円」あり。

赤城 アカギ 埼玉郡赤城村(川里町)、今井村字赤城、児玉郡根木村字赤城、横見郡荒子村字赤城、比企郡田木村字赤城あり。また、比企郡腰越村字赤城(小川町)は古の村名にて、武蔵志に腰越村枝郷赤城村と見え、当村宝永三年庚申塔に赤木村と見ゆ。赤城神社の総本社がある群馬県に此の氏は現存無し。茨城県真壁郡明野町赤浜四十戸、福島県河沼郡会津坂下町五十四戸、耶麻郡西会津町十二戸、北塩原村十二戸、高郷村二十戸、喜多方市四十戸、青森県北津軽郡鶴田町三十戸あり。

一 埼玉郡菖蒲村 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に赤城定太郎あり

二 比企郡福田村(滑川町) 明治九年成安寺住赤城良伝あり。

三 雑載 昭和三年興信録に¬川越市・赤城一雄・所得税ニ十五円あり。

明木 アカギ 大宮、宮代等に存す。

赤岸 アカギシ 川越、北本等に存す。

赤桐 アカギリ 浦和に存す。

赤久保 アカクボ 入間に存す。

赤熊 アカクマ 比企郡大谷村字赤熊あり。

一 足立郡上尾町 明治三十五年質商赤熊福次郎。昭和三年興信録に¬上尾町・赤熊龍雄・所得税十一円」あり。

二 同郡柏座村(上尾町) 寛文十年庚申塔に柏座村・赤熊市郎兵衛・赤熊十郎兵衛・赤熊伊左衛門・赤熊平太夫、元禄十三年庚申塔に柏座村・赤熊兵右衛門・赤熊七郎兵衛・赤熊三郎兵衛・赤熊伝八郎。明治六年副戸長赤熊儀平次、副戸長赤熊藤三郎あり。

三 同郡谷津村(上尾市) 指扇村氷川社天保十二年御神燈に谷津村赤熊源蔵。明治八年小前惣代赤熊健蔵あり。

四 同郡春日谷津村(上尾市) 春日神社正徳二年庚申塔に春日谷津村・赤熊藤右衛門・赤熊次右衛門あり。

五 同郡弁財村(上尾市) 明治八年小前惣代赤熊辰五郎。明治四十年信徒惣代赤熊源之丞あり。

六 同郡桶川町 明治三十五年荷車製造業赤熊勇吉あり。

赤倉 アカクラ 秩父郡南村字赤倉あり。富士見、入間、所沢、越谷、川口、新座等に存す。秋田県仙北郡西木村十六戸あり。

阿掛 アカケ 茨城県稲敷郡新利根町柴崎四戸あり。

安掛 アカケ 大宮、岩槻等に存す。茨城県太田市天神林四戸あり。

赤佐 アカサ 秩父、三郷等に存す。

藜 アカザ 風土記稿入間郡松郷(川越城下)条に¬町の東の後に赤座と云所あり、昔藜某と云者開きしゆへ、その氏を以って小名に呼べりと見ゆ.

一 足立郡笹丸村(大宮市) 明治二十八年安田碑に藜貞治郎。荒神社明治三十五年碑に藜徳太郎あり。

赤坐 アカザ 藜、赤座に同じ用る。

一 岩附城士の赤坐氏 風土記稿岩槻城条に¬天正十八年、豊臣秀吉方寄手進して隠居曲輪へ押入り、火を散して攻戦ふ。赤坐久兵衛直保の手にても三十余級の首を捕れり」と見ゆ。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬十五人扶持・赤坐安兵衛、五両二人扶持・赤坐小一郎」あり。

赤座 アカザ 杉戸、宮代、浦和、大宮、大井、所沢、庄和、越谷等に存す。千葉県旭市鎌数五戸あり。

赤坂 アカサカ 入間郡上赤坂村(狭山市)、下赤坂村(川越市)、坂下村字赤坂、小杉村字赤坂、高麗郡虎秀村字赤坂、比企郡五明村字赤坂、麦原村字赤坂、秩父郡定峰村字赤坂、児玉郡東五十子村字赤坂、埼玉郡慈恩寺村字赤坂あり。群馬県太田市鶴生田十五戸、館林市岡野十二戸、栃木県足利市稲岡十八戸、神奈川県南足柄市恕田八戸、長野県上伊那郡辰野町二十五戸、木曽郡南木曽町十八戸、福島県伊達郡国見町十六戸、宮城県角田市十九戸、岩手県岩手郡滝沢村十六戸、和賀郡東和町三十戸、下閉伊郡普代村三十戸、青森県三戸郡五戸町四十戸、倉石村六十戸、八戸市二百五十戸、秋田県仙北郡六郷町十二戸、鹿角市七十戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 前橋藩松山陣屋付に¬六石二人扶持・赤坂惣次郎」あり。

二 埼玉郡阿良川村(加須市) 天神社元文三年地蔵尊に赤坂小十郎、寛延四年道祖神に赤坂安右衛門。赤坂浩家文書に¬明治四年、阿良川村名主赤坂和一郎、田畑六町二反一畝歩」と。明治九年戸長赤坂和一郎・文政七年生。明治十八年最上農名簿に赤坂英之助・耕宅地十一町歩・山林八反歩。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流阿良川村赤坂定太郎あり。

三 同郡北篠崎村(加須市) 当村享保七年地蔵尊に赤坂小兵衛。熊野社天保十五年狛犬に赤坂金左衛門あり。

四 同郡不動岡村(加須市) 明治三十五年足袋商伊勢屋赤坂長次郎あり。

五 同郡弥勒村(羽生市) 下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に弥勒・赤坂長次郎・赤坂安之助あり。

六 同郡粕壁宿 東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に赤坂本翁あり。

七 同郡忍町 明治三十五年陶器商赤坂喜蔵あり。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川越市・赤坂三郎・十円、志多見村(加須市)・赤坂栄一・十六円、赤坂友之助・四十九円、赤坂英之助・三十二円、三田ヶ谷村(羽生市)・赤坂富士右衛門・七十四円・三十四円」あり。

赤阪 アカサカ 熊谷、新座等に存す。栃木県佐野市飯田八戸あり。

赤崎 アカザキ 葛飾郡赤崎村(庄和町)あり。岩手県上閉伊郡大槌町十一戸、青森県上北郡十和田湖町十七戸あり。

明崎 アカザキ 新座に存す。

赤窄 アカサク 久喜に存す。

赤迫 アカサコ 志木、戸田等に存す。

赤沢 アカザワ 高麗郡赤沢村(飯能市)あり。茨城県西茨城郡岩間町下郷十二戸、山梨県中巨摩郡敷島町牛句十八戸、都留市四日市場十三戸、甲府市塚原十五戸、長野県松本市六十戸、新潟県新発田市上中山三十戸、柏崎市中浜四十戸、福島県郡山市二十五戸あり。

一 丹党赤沢氏 高麗郡赤沢村より起る。飯能郷土史に¬丹党系図。高麗五郎経家の子赤沢六郎盛直、子六人あり、重直、直頼、師有、時直、円照、光照」と見ゆ。但し、武蔵七党系図及び井戸葉栗系図には、勅使河原五郎義直(弟刑部左衛門盛直)、子に重直等を載せる。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬十人扶持・赤沢宇右衛門」あり。

三 埼玉郡多門寺村(加須市) 明治八年騎西町釜屋文書に多門寺村酒造業赤沢栄吉あり。

四 入間郡今福村(川越市) 志村文書に¬今福村開発人、承応三年家作引移る・赤沢権兵衛」と。明見院慶応二年普門品に赤沢権兵衛・赤沢五助あり。

五 高麗郡中山村(飯能市) 智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に前田・赤沢弁次郎あり。

赤澤 アカザワ 春日部、川口等に存す。

赤石 アカシ 和光に存す。アカイシ参照。

明石 アカシ 入間郡上南畑村に鎮守明石明神社、隣村の大久保村字明石谷戸に明石稲荷社あり(富士見市)。千葉県安房郡富山町小浦十八戸、木更津市中野十戸、富津市田倉六戸、青森県南津軽郡碇ヶ関村十三戸、秋田県北秋田郡鷹巣町三十戸、比内町六十戸あり。

一 鎌倉鶴岡八幡宮奉行明石氏 頼印大僧正行状絵詞に¬至徳二年十一月一日、奉行明石左近将監行氏等は極楽寺へ向ふ」と。鶴岡事書日記に¬応永五年六月十一日、佐々目郷政所並びに心経会奉行明石弾正を当郷御代官に補任す」と。伊豆三島大社文書に¬応永二十四年十月十四日、比企郡大豆戸郷・明石左近将監跡を三島社に寄進す」と見ゆ。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬五両二人扶持・本国伊賀・生国同・明石久太夫・二十二歳」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に¬御馬廻・百石・姫路取立・明石孫四郎、御馬廻・十二石四人扶持・明石忠五郎」。万延二年に¬百石・明石良松、五人扶持・明石登、同高・明石仲之丞・同高・明石半介、隠居・明石樹楽」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に¬十五人扶持・明石武尾」あり。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に¬百六十石・明石泰三」あり。

五 葛飾郡権現堂村(幸手市) 水神社明治四十一年碑に明石林蔵あり。

六 埼玉郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に明石信斎あり。

七 同郡河原井村(菖蒲町) 明治九年副戸長明石利三郎・天保十三年生あり。

八 入間郡久米村(所沢市) 明治二十一年幼稚園名簿に久米村金山・入寄留・明石駒次郎・明治十六年生あり。

九 大里郡熊谷宿 賢勝院明治十四年妙法講に当駅明石宗碩。明治三十五年医師明石有隣あり。

一〇 児玉郡本庄町 明治三十五年に菓子屋明石粂吉あり。

一一 同郡児玉町 八幡社明治二十三年御嶽講碑に明石忠蔵(青物商)・明石平吉(足袋商)あり。

一二 雑載 昭和三年興信録・所得税に¬三箇村(菖蒲町)・明石義三郎・二十六円、熊谷町・明石有隣・二百七十七円」あり。

明司 アカシ 大宮に存す。

赤司 アカシ 桶川、新座、和光、朝霞、川口、春日部、岩槻、所沢等に存す。

赤塩 アカシオ 入間、坂戸、所沢、朝霞、川口、大宮、鴻巣、児玉等に存す。長野県長野市松代大室二十戸あり。

赤繁 アカシゲ 川越に存す。

明石田 アカシダ 大宮に存す。

赤芝 アカシバ 足立郡赤山村(川口市)は赤芝山とも称す、分村に赤芝新田あり。また、隣村に慈林村字赤芝あり。

一 足立郡奈良瀬戸村(大宮市) 武国神社明治三十七年碑に赤芝米蔵あり。

赤柴 アカシバ 秩父郡下吉田村字赤柴は古の村名にて、金剛院文書に吉田赤柴村と見え、秩父志に下吉田郷赤柴金剛院と見ゆ。

一 昭和三年興信録に¬鳩ヶ谷町・赤柴幾太郎・所得税三十円あり。

赤島 アカシマ 越谷に存す。

赤嶋 アカシマ 春日部に存す。

明石家 アカシヤ 与野に存す。

赤洲 アカス 賀美郡長浜下郷の内に赤洲村あり。現在は神流川変遷により群馬県藤岡市上戸塚字赤洲となる。税所文書弘長三年に賀美郡長浜郷内赤洲村と。安保文書元応二年に賀美郡赤須西光寺と。長浜下郷興国寺伝に¬新田義貞の臣長浜六郎左衛門顕寛戦死の後、彼の内室・郷中赤洲村にのがれて草庵を結ぶ。今上野国上戸塚小字赤洲その旧蹟にして、今同所原・水宮寺に古碑を現存せり」と見ゆ。

赤須 アカス 浦和、与野、越谷、朝霞、川口、鳩ヶ谷等に存す。茨城県常陸太田市天神林二十戸、長野県駒ヶ根市二十戸あり。

赤州尾 アカスオ 忍城士にて、成田分限帳に¬十三貫文・赤州尾小助」あり。

赤瀬 アカセ 幸手、大井、草加、戸田、新座、和光、八潮、三芳、所沢等に存す。

明瀬 アカセ 鴻巣、上尾、草加等に存す。

赤瀬川 アカセガワ 大宮、志木に存す。

赤楚 アカソ 川越に存す。

赤祖父 アカソフ 上里、大宮、富士見、朝霞、川口等に存す。

赤曽武 アカソブ 忍城士にて、成田分限帳に¬十五貫文・赤曽武庄右衛門、十貫文・赤曽武四兵衛」あり。

赤染 アカソメ 越谷に存す。

赤田 アカダ 秩父郡蒔田村字赤田(次条参照)、埼玉郡小林村字赤田、足立郡蕨宿字赤田、入間郡松郷字赤田、小室村字赤田あり。青森県下北郡東通村十六戸、青森市七十戸、秋田県秋田市四十戸あり。

一 昭和三年興信録に¬浦和町・赤田栄吉・所得税六十七円・営業税七十円」あり。

丹田 アカダ 和名抄に秩父郡丹田郷を載す。秩父志に¬蒔田村、此村の下の分の内に赤田と云所あり、是古の丹田郷の遺ならん。丹田郷は和名抄に見えたり。長留山を境として一円に丹田の郷中ならんか。今赤田と云は、丹・赤和訓通れば近に移しなるべし」と見ゆ。オオタ、ニフタ参照。此の地より起る丹田氏あり、秩父志に¬田村屋敷は田村郷丹田氏」と見ゆ。田村郷は蒔田村の隣村なり。

緋田 アカタ 飯能に存す。

阿片 アカタ 新座に存す。

県 アガタ 長野県北安曇郡池田町十四戸、松川村十二戸、八坂村十一戸、大町市三十戸あり。

一 榛沢郡大沼郷領主の県氏 下野国足利郡八幡村の八幡社神主縣氏なり。足利鑁阿寺文書に¬文明九年五月二十六日、縣左京亮入道道忻は、同式部丞の病気平癒祈願のため、大沼郷之内橋本給分を寄進せし旨、三島御同宿中に報ず」と見ゆ。深谷郷の大沼村なり。橋本参照。

ニ 高麗郡太田ヶ谷村(鶴ヶ島市) 土豪にて、当村内野氏系図に¬内野図書(本邑屋敷にて文正元年死す)、其の弟文七(県刑部やしきへ出る)」と見ゆ。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に¬百四十石・県三郎右衛門」あり。

安形 アガタ 栃木県栃木市薗部八戸、千葉県夷隅郡大原町十二戸あり。

一 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に¬御徒格・四石ニ人扶持・安形宇右衛門、同役・三石余ニ人扶持・安形芳五郎、同役・同高・安形源左衛門、山方下役・二石余ニ人扶持・安形定右衛門」。明治四年半原県分限帳に¬安形芳五郎、安形三次郎、安形忠造、安形瀬平、安形喜助」あり。此の一族は、岡部藩領三河国八名郡富岡村に居住す。

阿形 アガタ 川口、草加、浦和等に存す。

阿方 アガタ 浦和に存す。

赤工 アカダクミ 高麗郡赤工村(飯能市)あり。

赤谷 アカタニ 浦和、鶴ヶ島、入間、所沢等に存す。山形県東田川郡余目町七戸あり。アカヤ参照。

阿潟浜 アガタハマ 東松山に存す。

赤地 アカチ 北本、浦和、伊奈、入間、所沢、春日部、三郷、毛呂山、蕨等に存す。千葉県八街市用草十三戸、長野県埴科郡戸倉町内川二十戸あり。

赤路 アカヂ 与野に存す。

赤津 アカツ 各市町村に存す。茨城県那珂郡那珂町菅谷十二戸、西茨城郡友部町長兎路十九戸、同町湯崎十三戸、北茨城市関本三十戸、日立市二百戸、長野県塩尻市広丘吉田五十戸、福島県いわき市二百三十戸あり。

赤頭 アカヅ 東松山に存す。

赤塚 アカツカ 寛保二年秩父領御用日記に¬男衾郡保田原村、関山村、白岩村、赤塚村、立原村、折原村と見ゆ、鉢形城下の小字か。横見郡田甲村字赤塚あり。福島県南会津郡只見町十一戸、いわき市五十戸、山形県飽海郡遊佐町三十戸、天童市百三十戸、秋田県能代市六十戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に¬御勘定所見習・五両ニ人扶持・赤塚藤五郎」あり。

ニ 葛飾郡権現堂村(幸手市) 熊野社宝暦五年俳諧奉納に赤塚新五兵衛あり。

三 埼玉郡粕壁町 明治三十五年煙草製造業赤塚三蔵あり。

四 高麗郡梅原村(日高市) 明治二十二年埼玉勧業会員赤塚喜八あり。

五 児玉郡児玉町 明治三十五年荒物商赤塚ソノあり。

赤柄 アカツカ 庄和に存す。

赤土 アカツチ 狭山、東松山等に存す。アカト参照。

赤妻 アカヅマ 葛飾郡上宇和田村(幸手市)に此の氏存し、金剛寺享保六年庚申塔に赤妻喜八、延享元年庚申塔に赤妻浅右衛門、宝暦二年庚申塔に赤妻甚右衛門、天明七年庚申塔に赤妻久七郎・赤妻重右衛門・赤妻幸右衛門・赤妻彦右衛門、文政三年庚申塔に赤妻熊之丞・赤妻浅次郎・赤妻幸太郎。百間村青林寺寛政十年文書に上宇和田村赤妻甚右衛門。下吉羽村香取社明治三十九年碑に上宇和田・赤妻清吉(弘化四年生)あり。

上妻 アガヅマ 与野、上福岡等に存す。茨城県日立市金沢十三戸、福島県岩瀬郡岩瀬村二十四戸あり。

吾妻 アガヅマ 大宮に存す。長野県埴科郡坂城町十三戸あり。アヅマ参照。

我妻 アガヅマ 浦和。大宮等に存す。宮城県刈田郡蔵王町三百二十戸、柴田郡大河原町百戸、柴田町五十戸、白石市百五十戸あり。アヅマ参照。

赤面 アカツラ 比企郡北薗部村字赤面、虫塚村字赤面あり。

赤出川 アカデガワ 葛飾郡平沼村(吉川市)に此の氏存し、中曽根村香取社明治四十年碑に平沼・赤出川佐吉。昭和三年興信録に¬吉川町め赤出川周吉・所得税二十二円・営業税五十六円」あり。

赤土 アカト 越谷、草加等に存す。アカツチ参照。

赤塔 アカトウ 越谷に存す。

赤泊 アカドマリ 浦和、越谷、川口等に存す。

赤鳥 アカトリ 行田、草加等に存す。

赤名 アカナ 狭山、新座等に存す。島根県(出雲国)能義郡広瀬町六戸、伯太町十六戸、仁多郡仁多町二十二戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御馬役・六両三人扶持・赤名藤右衛門」あり。

吾那 アガナ 吾那保は我野郷の古名にて、高麗郡下我野郷(飯能市)、秩父郡上我野郷(飯能市)、入間郡吾那領(越生町)の地域一帯を称す。高麗郡条に¬武蔵国吾那上下云々とあり、土人の説に我野は高麗郡の地名にして、アガナと云べきをいつしか我野と改しと云、今本郡に下我野ありて、秩父郡に上我野あり」と。入間郡堂山村(越生町)最勝寺文書に¬応永二十四年五月十九日武州入西郡吾那越生郷新熊野常住執筆良観。武蔵国吾那小山一乗坊新熊野大般若難悪筆如形言写良観生年二十三歳応永二十四年六月二十日」と見え、本寺の今市村(越生町)法恩寺天文十九年文書に入西郡吾那郷小山東明寺と見ゆ。良観は高麗郡虎秀村(飯能市)の鎮守熊野社の住人なり。熊野社は、法恩寺末の一条院東明寺(虎秀村字小山)の持なり。また、法恩寺応永十五年文書に吾那報恩寺住持云々と見え、越生郷今市村及び堂山村の辺も吾那と称す。入間郡条に¬吾那保(アガナと註す)。建治二年越生太郎長経が法恩寺領寄附の状に武蔵国吾那保之在家野畠山云々とみえたり、此余同寺年譜録の内、承元・寛治・弘安・康応等の寄附状には吾那上下とのみ記したれど是も吾那保の上下ならん。又同書文治四年の条に吾那領とのせ、応永四年・享徳四年二度の寄附状には吾那村とあれど是等は全く田父野翁のもうすにまかせて記せしより誤りしならん。又郡内堂山村最勝寺所蔵文安三年の文書に吾那堀ノ内釈迦堂とあり、堀ノ内は今堂山の小名にのこりたれば、この辺元吾那保に属せし證となすべし」と見ゆ。但し、最勝寺所蔵文書は虎秀村小山東明寺宛ての寄進状にて、法恩寺年譜録に見える吾那上下・吾那保とは高麗郡のことであろう。我野条も見よ。高麗郡吾那郷(虎秀村字小山)より起る児玉党越生氏族吾那氏あり。法恩寺年譜録に¬応永四年三月二日、吾那式部丞光泰は、小山領の家・田等を法恩寺治部阿闍梨に寄進す」と。同年譜録に、応永十三年・吾那安芸守光泰、文安三年・吾那左衛門尉憲光、同四年・吾那延光とあり。風土記稿入間郡三ヶ島村(所沢市)条に¬村内長宮社におさむる正長元年九月二十三日の棟札の文に大旦那吾那安芸守としるしあり」と見ゆ。また、鎌倉大草紙に¬嘉吉元年四月、慈光寺井上坊・吾那次郎等は古河城にて討死す」と。秩父志に¬上坂本村(飯能市)は我野領に属す、我野は古に吾那と云う。嘉吉の頃、吾那次郎と云し人あり、此吾那の所産の人ならん」と見ゆ。下野国足利学校文書に¬永正二年、吾那一姓児玉、其先大職冠鎌足内大臣初至藤氏、藤氏吾那左金吾」。奥書に¬武州児玉党吾那式部少輔寄附、永正三年八月日、野州足利学校」と見ゆ。また、永正九年将軍足利義尹御内書写に¬諸侍名字也、応永永享比御書に在之。古尾谷、毛呂、三戸、吾那、等々」とあり。

赤沼 アカヌマ 葛飾郡赤沼村(春日部市)、比企郡赤沼村(鳩山町)あり。また、埼玉郡樋遣川村字赤沼、入間郡今成村字赤沼、宗岡村字赤沼、福岡新田字赤沼あり。長野県上伊那郡箕輪町十八戸、南安曇郡穂高町三十戸、長野市北尾張部二十戸、同市北長池十八戸、福島県郡山市四十戸、岩手県下閉伊郡田老町二十七戸、青森県上北郡七戸町十三戸、三沢市三十戸、島根県隠岐郡西郷町二十戸あり。

一 野与党赤沼氏 葛飾郡赤沼村より起る。大松村栄広山由緒著聞書に¬永正十七年庚辰十月、栄広山高賢上人(新方領主の新方頼希の兄)兵を卒向畑城を襲うふ。八条が郎等赤沼太郎左衛門・此動乱を聞て有合手の者三十騎利根川を押渡、上人の後陣より突立ければ、云々」と見ゆ。新方参照。

二 忍城士の赤沼氏 成田分限帳に¬十三貫文・赤沼勘解由、十二貫文・赤沼清吉」あり。別本に赤池清吉と見ゆ。

三 葛飾郡不動院野村(春日部市) 堤根村稲荷社慶応二年御神燈に不動院野・赤沼幸七あり。

四 同郡堤根村(杉戸町) 天然寺享保九年地蔵尊に下本村赤沼惣内。大日神社寛政八年普門品に赤沼勝太郎・赤沼茂右衛門・赤沼清蔵・赤沼要右衛門・赤沼伝七、明治四十年水鉢に赤沼清右衛門・赤沼金太郎。本郷村天神社文政七年普門品に三ツ又・赤沼喜十郎、明治十四年浅間碑に三ツ又・赤沼伊之助。香取社慶応二年水鉢に三ツ俣株・赤沼茂助・赤沼熊蔵。明治三十年人名録に蚕業赤沼金太郎・明治元年生・地租二十六円あり。

五 同郡蓮沼村(杉戸町) 字本村香取社明和六年庚申塔に赤沼文□、天明八年庚申塔に赤沼久八保吉、文政元年庚申塔に赤沼倉治郎、天保八年塞神碑に赤沼豊吉。字照市香取社天保八年庚申塔に照都組赤沼三郎治、安政二年聖徳太子碑に照市株赤沼庄左衛門、文久元年庚申塔に赤沼庄右衛門あり。

六 同郡並塚村(杉戸町) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流並塚村赤沼市之助あり。

七 埼玉郡粕壁町 春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に赤沼茂十郎(麦藁真田業)あり。

八 同郡谷中村(越谷市) 万延元年武術英名録に柳剛流谷中村赤沼専吉あり。

九 同郡野島方村(岩槻市) 野孫神社宝永五年庚申塔に野島方村・赤沼杢右衛門・赤沼五兵衛・赤沼弥右衛門、文化九年庚申塔に赤沼善吉、文政十三年浅間碑に野島村・赤沼寅市・赤沼新左衛門・赤沼市太郎、嘉永七年庚申塔に野島村・赤沼和吉・赤沼佐左衛門・赤沼助右衛門・赤沼亀吉・赤沼吉五郎。当村元文四年供養塔に野島村赤沼五郎兵衛。尾ヶ崎村観音堂嘉永四年筆子碑に野島村赤沼周次郎。明治九年副戸長赤沼茂八・天保六年生。明治三十年人名録に赤沼彦太郎・安政六年生・地租六十五円。同年所得税下調書に赤沼清一郎・文久二年生・反別十六町三反歩・地租二百十一円あり。

一〇 同郡孫十郎村(岩槻市) 野孫神社嘉永七年庚申塔に孫十郎村赤沼岡次郎。明治九年副戸長赤沼与三郎。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に孫十郎・赤沼周作あり。

一一 入間郡北田島村(川越市) 川越中院過去帳に¬妙秀尼・赤沼内蔵助内・慶長甲辰七月九日、道信門・北田島・赤沼・慶長十三年六月二十九日」あり。土豪なれど現存無し。

一二 比企郡羽尾村(滑川町) 前項の一族か。当村赤沼氏先祖は増茂因幡守徳明で、永正以前に入間郡の赤沼氏から婿を貰い赤沼氏を称すと伝える。山崎参照。羽尾七騎由来書(小林文書)に¬永正十一年より天文二十年迄・赤沼勘解由、天正二十年より赤沼長兵衛、正保五年より元文七年迄・年寄赤沼長兵衛。寛文四年古来居屋敷覚に、増茂因幡・跡断に付て、むこ赤沼藤左衛門・子勘解由・子長兵衛」と。また、羽尾七騎来歴書(小沢文書)に¬元和七年より寛永五年迄・年寄赤沼勘解由、正保五年以後・名主赤沼長兵衛」と見ゆ。享保十三年上野文書に名主赤沼弥一兵衛。明和三年講中設楽文書に赤沼次介・赤沼源治郎。当村天保十年馬頭尊に羽尾村赤沼七五郎。野原村文殊寺嘉永元年大銀講に羽尾村赤沼長蔵。明治十三年小学校生徒に弥市長孫赤沼岩松・十二歳、惣平長男赤沼和平・九歳、竜太弟赤沼勝五郎・十二歳。消防組員に赤沼伊之吉・嘉永四年生、赤沼惣平・弘化四年生、赤沼茂一・弘化二年生、赤沼長市・嘉永六年生、赤沼次郎吉・天保八年生、赤沼熊太・嘉永二年生、赤沼長五郎・安政元年生。中尾村会議員赤沼義一あり。

一三 同郡表村(滑川町) 羽尾村の小名か。享保十三年羽尾村上野文書に表村組頭赤沼長兵衛・組頭赤沼孫兵衛。明治二十六年に表郷赤沼長五郎あり。

一四 賀美郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附(久保文書)に¬勝場村、赤沼仁右衛門・赤沼嘉兵衛・赤沼権右衛門・赤沼本兵衛・赤沼小兵衛・赤沼所右衛門・赤沼元右衛門」。本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・賀美郡勝場村赤沼半治郎。万延元年勝場村庚申塔に赤沼金兵衛・赤沼藤右衛門・赤沼善右衛門・赤沼鍋吉あり。

一五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬大宮町・赤沼淳一・十四円、新和村(岩槻市)・赤沼犬男・百五十八円・二十八円、賀美村(上里町)・赤沼通蔵・四十九円」あり。

阿金 アカネ 鷲宮に存す。

赤根 アカネ 児玉郡保木野村より賀美郡八日市村に流れる赤根川あり。榛沢郡血洗島村字赤根屋敷あり。加須、鳩ヶ谷、和光、越谷、入間等に存す。茨城県新治郡新治村東城寺四戸、同村藤沢四戸、筑波郡伊奈町戸茂九戸、土浦市小山崎六戸あり。

茜谷 アカネヤ 川越、朝霞、川口等に存す。

茜屋 アカネヤ 草加に存す。

赤野 アカノ 浦和、上尾、富士見、川越、入間、狭山、所沢、春日部、新座等に存す。新潟県糸魚川市二十八戸あり。

阿賀野 アガノ 榛沢郡阿賀野村(深谷市)あり、葦原神社明和三年碑に武州榛沢郡我野村と見ゆ。次条参照。

我野 アガノ 風土記稿高麗郡(飯能市)条に¬平戸村・虎秀村・上下井上村・長沢村は、元一村にして入間郡我野村と唱へしが、今は本郡に属して五ヶ村となり、下我野郷と唱へり。上我野郷は秩父郡に属せり」と。秩父郡(飯能市)条に¬往古は、吾那保にて有りしことは、入間郡越生法恩寺年譜録に見えたり。旧くは吾那なるも文和の頃は吾を我に替へ、其後又我野に改たり。又云、大草紙に嘉吉の頃吾那次郎といへる人も此郷に住せしならん」と見ゆ。また、秩父志に¬高麗郡我那岩殿山瑞厳寺は、坂石村岩殿観音院の往古の名なり。坂石村を総て我野と云う、我野本郷なり」と。上我野郷高山村常楽院天保三年文書に¬隣村之村々。高畑・居尻(高山村)、八徳・長沢本村・風影・阿寺(長沢村)、我野町分(坂石町分)、志田・大久保・中尾・梨本・小床・山崎・椚平・小丸(坂本村)、吉延・青場戸・三社(坂石村)、北川(北川村)、久通・穴切・南川・大蔵山・畑井(南川村)」等の村名あり。また、天明六年秩父領御用日記に阿賀野村(坂石村)と。入間郡塚越村住吉神社寛政十一年文書に秩父郡上家野坂石村・上家野南村と。鎌倉建長寺末寺帳に寛永十年・入西之郡吾野郷興徳寺(上井上村)・同所福徳寺(虎秀村)と。また、慶応二年川越遠藤文書に¬秩父郡名栗村・多摩郡成木村、右村々の儀者、懸野郷と相唱候哉」と見ゆ。

一 入間郡北岩岡村(所沢市) 明治十年北岩岡村荷車稼人我野丈吉あり。

赤野間 アカノマ 三郷に存す。

赤葉 アカバ 所沢に存す。

赤羽 アカバ 足立郡差扇村字赤羽組は古の村名にて、当所正徳二年庚申塔に指扇内赤羽村と。武蔵志に足立郡赤羽村氷川社と見ゆ。同郡小室宿村字赤羽あり。此の氏は信濃国の多姓なり。栃木県河内郡河内町上田原二十戸、塩谷郡高根沢町三十戸、真岡市清水十六戸、山梨県北巨摩郡白州町十七戸、長野県上伊那郡高遠町四十五戸、辰野町三百十戸、箕輪町三十戸、南箕輪村三十戸、下諏訪郡下諏訪町十九戸、東筑摩郡生坂村十六戸、南安曇郡豊科町五十戸、穂高町六十戸、伊那市百七十戸、岡谷市五十戸、諏訪市四十戸、茅野市五十戸、飯田市三十戸、上田市小泉三十戸、松本市六百戸、塩尻市百五十戸あり。アカハネ、アカバネとも称す。

一 忍城士の赤羽氏 成田分限帳に¬十二貫文・赤羽源蔵」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に¬四人扶持・赤羽笹之丞」。文化四年忍藩分限帳に¬表御門番・三十表二人扶持・赤羽雄蔵」あり。

三 埼玉郡犬塚村(南河原村) 明治九年副戸長赤羽嘉七・天保十三年生あり。

赤萩 アカハギ 秩父神社寛政十二年日鑑に¬秩父郡藤倉村(小鹿野町)名主赤萩利右衛門、右者埼玉郡飯積村渡辺伊右衛門殿親類」とあり。

赤橋 アカハシ 日高に存す。

赤畠 アカハタ 松伏に存す。

赤埴 アカハ二 越谷、草加等に存す。

赤羽 アカバネ 各市町村に存す。アカバ参照せよ。

赤羽根 アカバネ 新座郡下内間木村字赤羽根あり。各市町村に存す。栃木県下都賀郡壬生町安塚十二戸、同町羽生田十二戸、茨城県新治郡八郷町片野八戸、長野県佐久市横和二十五戸、駒ヶ根市赤穂福岡十四戸あり。

赤浜 アカハマ 男衾郡赤浜村(寄居町)あり、古名を男衾郡上児之郷と称す。カミコ参照。秩父郡坂石町分字赤浜あり。与野、日高等に存す。

赤濱 アカハマ 行田に存す。

赤羽目 アカバメ 大宮、川口等に存す。長野県飯田市座光寺八戸あり。

赤林 アカバヤシ 男衾郡赤浜村(寄居町)に存し、牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に赤浜村赤林勝あり。

赤平 アカヒラ 秩父郡に赤平川あり、吾平川とも記す。此の氏は各市町村に存す。岩手県下閉伊郡岩泉町十戸、北上市三十戸、青森県南津軽郡平賀町八十戸、東津軽郡蟹田町十八戸、青森市百十戸、秋田県湯沢市六十戸あり。

赤節 アカブシ 青森県上北郡七戸町五戸あり。

赤藤 アカフヂ 富士見に存す。

赤淵 アカブチ 松伏に存す。

赤部 アカベ 白岡、上尾、大宮等に存す。山形県東田川郡余目町六戸あり。

赤保 アカホ 越谷に存す。

赤穂 アカホ 三郷、川口、鳩ヶ谷、越谷、庄和、川越、与野、上尾、浦和等に存す。長野県松本市三十戸あり。アコウ参照。

赤星 アカボシ 各市町村に存す。

赤堀 アカボリ 足立郡に赤堀川あり。大里郡小八ツ林村字赤堀、横見郡田甲村字赤堀あり。栃木県安蘇郡葛生町十四戸、長野県木曽郡日義村十七戸、松本市三十戸、新潟県柏崎市畔屋八戸、鳥取県(因幡国)八頭郡智頭町十四戸あり。

一 忍城士の赤堀氏 成田分限帳に¬十五貫文・赤堀伝内、十一貫文・赤堀虎之助あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬七石・赤堀文六」あり。

三 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬一人扶持・赤堀郷右衛門後家」あり。

四 足立郡川口宿 善光寺宝暦九年湯殿山碑に川口邑赤堀新六あり。

五 那賀郡秋山村(児玉町) 諸郡銘録(本庄戸谷文庫)に秋山村・赤堀友益・俳号文素あり。

赤間 アカマ 入間郡に赤間川あり。川越、狭山、小川等に存す。栃木県栃木市大宮十戸、福島県伊達郡保原町十九戸、福島市百二十戸、宮城県柴田郡村田町十三戸、亘理郡亘理町十七戸、宮城郡七ヶ浜町七十戸、松島町百六十戸、利府町二十五戸、黒川郡大郷町百五十戸、大和町二十戸、桃生郡河北町二十戸、矢本町二十戸、名取市三十戸、塩釜市六十戸、多賀城市五十戸、山形県長井市三十三戸あり。

一 忍城士の赤間氏 成田分限帳に¬十五貫文・赤間武左衛門・小田原籠城」あり。

赤前 アカマエ 浦和に存す。

赤俣 アカマタ 大宮に存す。

赤松 アカマツ 栃木県今市市小百十戸、茨城県結城郡八千代町川尻十戸、宮城県登米郡東和町十二戸、島根県(石見国)鹿足郡柿木村十三戸あり。

一 忍城士の赤松氏 成田分限帳に¬三十貫文・赤松円入、十八貫文・赤松九郎」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に¬六石二人扶持・赤松小平太」あり。

三 埼玉郡岩槻町 久伊豆社文化二年猿田彦碑に渋江町赤松茂右衛門。明治三十五年に赤松寅之助あり。

赤丸 アカマル 浦和、上尾、大宮、所沢等に存す。

赤見 アカミ 群馬県安中市野殿十戸あり。

一 忍城士の赤見氏 成田分限帳に¬十五貫文・赤見左内」あり。

二 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高帳(小鹿野町吉田文書)に¬吉田新左衛門組、二百石・赤見七郎右衛門」あり。旧鉢形城士なり。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に¬百三十石・赤見五左衛門」あり。

四 賀美郡長浜村(上里町) 児玉記考に¬長浜村旧家赤見源作、先代を九郎右衛門と通称し、旧幕の頃は名主組頭を勤続し、威力ありし旧家にして今尚ほ水帳を蔵有す」と見ゆ。大御堂村吉祥院天保五年供養塔に久保・赤見九郎右衛門・赤見茂左衛門・赤見友右衛門・赤見左内。当村字久保なり。明治四年八幡山町福田文書に長浜村組頭赤見源蔵。元阿保村明治三十年碑にナガハマ・赤見源作あり。

赤道 アカミチ 足立郡戸塚村字赤道あり。蕨、狭山等に存す。

赤水 アカミヅ 大宮、志木等に存す。

赤見内 アカミナイ 青森県三戸郡階上町五戸あり。

赤峯 アカミネ 寄居、狭山等に存す。

赤峰 アカミネ 川口、蕨、和光、越谷、狭山、桶川、大宮、神川等に存す。

赤嶺 アカミネ 各市町村に存す。

赤村 アカムラ 朝霞に存す。

赤本 アカモト 浦和に存す。

赤谷 アカヤ 秩父郡三山村字赤谷は古の村名にて、武蔵志に¬三山村字赤谷アカヤ・一村の如し」と見ゆ。入間に存す。千葉県旭市鎌数七戸あり。

赤屋 アカヤ 秩父郡芦ヶ久保村字赤屋あり。

赤山 アカヤマ 足立郡赤山村(川口市)、榛沢郡東大沼村字赤山あり。上尾、大宮、鶴ヶ島、大井、朝霞、川口等に存す。島根県(出雲国)八束郡美保関町三十戸あり。

赤吉 アカヨシ 忍藩松平下総守(奥平)家臣にて、嘉永七年忍藩分限帳に¬御徒・十六石十三人扶持・赤吉鉄助」あり。

明里 アカリ 鴻巣、熊谷、所沢等に存す。鳥取県(伯耆国)倉吉市二十戸あり。

上利 アガリ 春日部、越谷、新座等に存す。

上里 アガリ 大宮に存す。

東江 アガリエ 春日部、越谷に存す。

上里田 アガリタ 埼玉郡発戸村字上田をアガリタと注す。浦和に存す。

耀 アカル 葛飾郡才羽村(杉戸町)字陣屋は旧家耀氏代官屋敷跡と云う。明治九年副戸長耀金蔵・文政十二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に才羽村耀金蔵。八幡社明治三十年碑に米野谷・耀又兵衛あり。

阿川 アガワ 東京都日野市五十戸、神奈川県厚木市山際八戸、島根県(出雲国)飯石郡三刀屋町七戸、出雲市二十戸、鳥取県(伯耆国)米子市十七戸あり。

一 忍城士の阿川氏 成田分限帳に¬十五貫文・阿川帯刀」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に¬表御門番・十八俵二人扶持・阿川里右衛門」あり。

三 岩槻宿浄安寺住侶の阿川氏 長門国豊浦郡阿川村の出身か。入間郡北野村天神社元亀三年縁起軸木あり、其の一軸に¬絵作者、周防山口所生・今岩付浄安寺居住冨雪斎」。二軸に¬細工作者、周防山口之住人冨雪斎唯称」。三軸、四軸も同じ。五軸に¬絵作者、周防山口真如寺之住侶冨雪斎唯称」とあり。冨雪斎の本名は阿川氏なり。次項の周防国大内氏家臣と同族か。

四 埼玉郡八条村(八潮市) 風土記稿八条村条に¬旧家者三郎兵衛、阿川氏なり。系図及び大内家より与へし感状等数通を蔵せり。祖先阿川掃部助盛康は其出る所詳ならず。家系には将軍義尚同腹の弟にて幼名を乙若丸と呼しと云、されど足利系譜に盛康と云もの所見なし。且此人大内氏の家臣にて将軍家の連枝とは思はれず。盛康、大内ヘ弘・政弘等に仕へ戦功ありて長門国三隅庄其余所所を采地とす。盛康が子三郎弘康、其子孫七郎康政、文亀元年豊前国馬岳の合戦に菅原新左衛門を討とりし功によりて、周防国香河にて采地を加増す。其子掃部允綱康も数度戦功を顕はし、大永三年石見国にて戦死せり。其子孫七郎康次は天文三年七月二十日豊後国にて討死せしが、子なきを以って其弟乙若丸家を継、弥七郎康長と名乗り、天文二十年陶尾張守晴賢謀反の時尼子氏へ使者として赴き、後石見国に退去せりと云。大内記に、天文二十年八月二十九日義隆、阿川太郎隆康を使として冷泉判官黒川近江守等が陣所へ遣はせしに、隆康彼陣所に至り命を伝へし後ただちに落行し、とあり。是康長が一族などなるべし。康長が子三郎兵衛康久はじめ関東に来り、岩槻の城主北条氏に仕へり。天正十八年彼城没落の後、当村に土着して今の三郎兵衛まで五代なりと云、所蔵の文書十一通あり」と見ゆ。

五 入間郡宗岡村(志木市) 明治四十四年県税届に阿川重次郎あり。

六 男衾郡折原村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に折原村阿川仁右衛門。当村明治四十三年碑に戦死・阿川保太郎あり。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川口町・阿川善太郎・九円・二十一円、阿川三省・十円、大宮町・阿川よし・十九円」あり。

阿河 アガワ 富士見、岩槻、越谷、三芳、新座等に存す。

秋 アキ 安芸、安岐、阿木、安木等に同じ。アキは湿地帯の意でアクツ(圷、悪土)の佳字であると説あり。しかし、秋葉、秋元、秋山等は多く存し、そのような土地から発祥したとは考えられない。姓氏録に¬新羅国をしらぎのくにとよむは、あしきにや。国をきといふ。只三字をしらぎと読むべき也と或人いへり」と見ゆ。新羅をシラギ、百済をクダラギ、邑楽をオオラギと読むように、安羅をアラキと読み、また、新羅(シラ、シラキ)を志木(シキ)と略し、安羅(アラ、アラキ)は安木(アキ)と略して秋の佳字を用いたのであろう。すなわち、秋は安羅国(韓半島南部)を云う。山は朝鮮語で村の意味である、秋山は安羅人の住む村の意味である。アラ参照せよ。秋氏は越谷、熊谷、吹上、浦和、坂戸、所沢、蕨等に存す。茨城県鹿島郡波崎町六戸あり。

安岐 アキ 浦和に存す。

安喜 アキ 浦和、越谷等に存す。

阿木 アキ 大宮に存す。

安芸 アキ 昭和三年興信録に¬浦和町・安芸茂富・所得税百八十六円あり。

秋井 アキイ 入間郡宗岡村(志木市)に存し、与野町一山神社慶応二年碑に宗岡村秋井熊太郎あり。

秋池 アキイケ 

一 忍城士の秋池氏 成田分限帳に¬二十貫文・秋池兵部あり。

二 埼玉郡上崎村(騎西町) 愛宕社宝暦四年碑に当村秋池佐源□・秋池久八。雷電社安政四年幟碑に秋池和七。明治九年戸長秋池平八・天保六年生あり。

三 同郡下須戸村(行田市) 御嶽社文政元年浅間碑に秋池彦兵衛あり。

四 同郡袋新田(吹上町) 野村玉松堂慶応四年入門に飛新田・秋池勝太郎あり。

五 足立郡大芦村(吹上町) 日枝社文化十一年庚申塔に秋池彦七・秋池清右衛門。氷川社文化十四年御神燈に秋池三次郎・秋池勝次郎・秋池吉蔵、明治二十年碑に秋池民蔵、明治三十一年碑に秋池理三郎・秋池小八・秋池藤三郎・秋池市五郎、四十年碑に秋池乙五郎・秋池保次・秋池梅三郎・秋池金五郎。龍光寺天保十年水鉢に秋池弥十郎・秋池喜五郎。氷川社文久元年算額に当村秋池隆治郎一広。明治四年名主秋池栄次郎(九年戸長、文政四年生)。明治七年船積問屋大芦村秋池国太郎・但し享和三年三月創立。門井村鷺栖神社明治八年御神燈に大芦村秋池喜之助。明治二十六年蚕業秋池政三郎あり。

六 同郡地頭方村(上尾市) 明治元年組頭秋池徳兵衛あり。

七 大里郡箕輪村(大里町) 船木神社文久三年水鉢に秋池音五郎。野原村文殊寺明治二年碑に箕輪村秋池音五郎あり。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬大宮町・秋池とく・三十三円、熊谷町・秋池喜一郎・二十八円・五十円」あり。

龝池 アキイケ 川口に存す。

秋石 アキイシ 岩槻に存す。

秋生 アキウ 浦和、大宮、所沢等に存す。

秋内 アキウチ 富士見に存す。

秋馬 アキウマ 毛呂山に存す。アキバ参照。

秋江 アキエ 浦和、春日部、川口等に存す。

秋枝 アキエダ 白岡、上尾、川越等に存す。

秋生 アキオ 狭山に存す。

秋尾 アキオ 大宮に存す。

秋保 アキオ 上尾、狭山、川口等に存す。アキホ参照。

秋岡 アキオカ 足立郡鳩ヶ谷宿氷川社寛政十年水鉢に当町秋岡清兵衛あり。

秋鹿 アキガ 新座に存す。千葉県山武郡横芝町中台七戸あり。アイカ参照。

秋川 アキカワ 越谷、草加等に存す。千葉県木更津市真里谷八戸あり。

秋草 アキグサ 熊谷、上尾、所沢、松伏、川口、新座、鳩ヶ谷等に存す。栃木県足利市荒金二十四戸あり。

秋国 アキクニ 川越に存す。島根県(出雲国)平田市十八戸あり。

秋久保 アキクボ 深谷、川口等に存す。山形県村山市九戸あり。

秋倉 アキクラ 千葉県木更津市中島五戸あり。

秋栗 アキグリ 埼玉郡串作村(加須市)諏訪社宝暦九年稲荷碑に秋栗七兵衛あり。

秋坂 アキサカ 上福岡、三芳等に存す。

秋崎 アキザキ 鳥取県(伯耆国)東伯郡三朝町七戸あり。

秋笹 アキササ 足立郡宮前村(鴻巣市)明治二十五年酒造業秋笹重吉。宮登神社明治二十九年碑に当所二代目秋笹重吉あり。また、鴻巣町本町県会議員秋笹善次郎・大正五年生あり。昭和三年興信録に¬鴻巣町・秋笹吉蔵・所得税百六円・営業税七十八円、田間宮村(鴻巣市)・秋笹重吉・所得税七百七十八円」あり。

秋定 アキサダ 埼玉郡菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に秋定寅五郎あり。

秋貞 アキサダ 浦和に存す。

秋里 アキサト 川口、熊谷等に存す。

秋沢 アキサワ 各市町村に存す。栃木県鹿沼市藤江四十六戸、神奈川県中郡二宮町一色十六戸、小田原市沼代三十六戸、同市小竹十九戸あり。

秋澤 アキサワ 熊谷、妻沼等に存す。

龝沢 アキサワ 川口に存す。

秋鹿 アキシカ 川口に存す。アイカ参照。

秋重 アキシゲ 飯能、三郷等に存す。

秋篠 アキシノ 浦和、狭山、川口等に存す。

秋島 アキシマ 北本に存す。

秋霜 アキシモ 大宮に存す。

秋城 アキシロ 越谷に存す。長野県下伊那郡高森町吉田五戸あり。

秋末 アキスエ 川越に存す。鳥取県(伯耆国)日野郡日南町十六戸あり。

秋瀬 アキセ 足立郡関村字秋ヶ瀬あり。榛沢郡境村(深谷市)玉津島神社宝暦十年社殿造営に大旦那秋瀬久左衛門あり。

秋田 アキタ 栃木県芳賀郡市貝町見上十二戸、足利市島田十戸、茨城県北相馬郡藤代町椚木十戸、結城郡石下町豊田二十九戸、猿島郡境町猿山二十戸、千葉県市原市月出十六戸、長野県下伊那郡高森町下市田六戸、福島県石川郡平田村十三戸、青森県上北郡横浜町六十戸、東津軽郡三厩村十五戸、西津軽郡車力村二十戸、五所川原市百八戸、島根県(石見国)邑智郡石見町九戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡岸本町八戸、(因幡国)岩美郡国府町八戸あり。

一 秩父氏族秋田氏 結城系図に¬太田太郎行広(母秋田重綱女)、弟大川戸下総守行方(母秋田又太郎重綱女)」と見え、別本結城系図に¬太田太郎行広(母秩父重綱女)、弟大河戸下野権守行方(母行広に同)」と見ゆ。また、秩父氏流大塚氏系図に¬秩父十郎武綱(伊予守、八幡太郎義家公・後三年合戦の時、出羽国に軍立す、一番参着したる證、先陣を賜る。此の時、白旗一旒拝領す。是より代々源家先陣となる)―重綱(秩父二郎、権守)」と。豊島宮城系図に¬重綱(秩父権守、出羽権介)」と見ゆ。武綱が一番に参着できたのは出羽国に居住していたからであり、其の子出羽権介重綱も当地に鍛冶頭領として居住し秋田氏を称していた。出羽国秋田郡に秩父・畠山の両姓現存す。

二 秩父郡大滝村の秋田氏伝承 畠山重忠公(彦久保一光著)に¬大滝村大陽寺は後嵯峨天皇の第三皇子髪僧大師が開山し、この和尚と寺の女(大蛇という)との間に生まれたのが重忠である」と。年代が合わず、重忠は附会であろうが、当寺に鍛冶神の大蛇の子秩父氏族秋田氏の伝承があったのであろう。当村千島氏系図に¬千島六郎源義康(本国出羽秋田住)―義定(応仁二戊子年二月より浪士致、妻秋田二郎五郎二女よね召連)」と見ゆ。千島氏先祖は出羽国秋田氏に仕えていた。

三 秋田氏流大陽寺氏 深谷上杉氏譜代の臣にて、後に秋元藩家老職となる。秋元家藩臣秘録に¬大陽寺四郎左衛門、御譜代深谷衆之内今深谷一ノ坂と云所先祖旧跡有り、此家鎌倉将軍家藤九郎盛長子孫也」と。大陽寺家譜(大滝村黒沢家所蔵)に¬我先祖は参議藤原房前也、十四代の祖は備前守相継と云、是秋田の祖なり。十九代の祖を出羽守秋田城介景盛。二十二代の祖を秋田四郎左衛門尉時長と云、弘安八年鎌倉の執権北条貞時は、秋田城介泰盛及其族を并殺す。此時、時長乱を避けて武州秩父郡大日向の大陽寺に潜匿す、延元二年没す、年七十三。子孫世々居る、因て氏とす焉。太陽寺四郎左衛門盛久・後武州深谷一ノ坂に住し上杉管領に属す。盛久より我代に至る迄子孫九代国老を奉職す。天保九年に余が父・大日向山太陽寺へ参詣、取調の節黒沢佐平様へ御世話を蒙候は僕が親父に御座候。亡父盛朝、男旧名太陽寺内蔵介成美事秋田文雄、明治四年正月初迄太陽寺氏を称し、同年正月より旧姓秋田氏に復す」と見ゆ。此の家に秩父氏流秋田出羽介の子孫伝承があったのを、著名な藤原姓秋田城介景盛に附会してしまったのであろう。大陽寺の重忠伝説は此の家の先祖であろう。太陽寺条参照せよ。

四 川越藩秋元氏家臣 前項の子孫にて、明治四年館林藩士族帳に¬御家老・五百石・秋田文雄」あり。

五 忍城士の秋田氏 成田分限帳に¬十七貫文・秋田城八、十五貫文・秋田次郎、十貫文・秋田源蔵」あり。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬十五石五人扶持・秋田次兵衛・是は忍より之跡目・清洲にて」あり。

七 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御用人・三百五十石・秋田三右衛門」あり。

八 葛飾郡水角村(庄和町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流水角村秋田甚之助あり。

九 埼玉郡百間村(宮代町) 彦兵衛新田最勝寺寛政八年供養塔に逆井村秋田六兵衛あり。

一〇 足立郡浦和町 明治三十五年雛人形製造秋田広吉あり。

一一 新座郡宮戸村(朝霞市) 志木宿敷島社明治五年水鉢に宮戸邨秋田宗兵衛。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に宮戸・秋田藤助・秋田八十八あり。

一二 入間郡所沢町 久米村長久寺万延元年宝篋印塔に所沢・秋田与兵衛。明治七年議定書に秋田音松。本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿五番組秋田伊三郎。明治十五年県下豪商十一名の内に綿糸商秋田伊三郎。明治三十五年織物商秋田政太郎。幼稚園名簿に秋田蔵之助・明治十八年生あり。

一三 同郡中富村(所沢市) 多聞院元禄九年弁天碑に秋田刑部少輔寄進。元は下富村にあった。神明社明治十六年狛犬に当邨秋田弥平治あり。

一四 同郡安松村(所沢市) 前項は当村住人か。明治七年成田山月参護摩講に安松新田・秋田弥平治・秋田富五郎、上安松茨原・秋田源次郎。本郷村東福寺明治十年供養塔に安松新田・秋田弥平治・秋田富吉。大正元年上安松村・秋田銀次郎・秋田亀三郎・秋田福太郎・秋田源三郎あり。

一五 高麗郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年奉納に甲源一刀流秋田五郎吉信正あり。

一六 児玉郡本庄町 明治三十五年油商秋田庄平あり。

一七 比企郡小川町 明治三十五年糸繭商秋田吉十あり。

一八 雑載 昭和三年興信録に¬浦和町・秋田あさ・所得税二十五円・営業税四十二円、所沢町・秋田伊三郎・所得税三十五円」あり。

穐田 アキタ 葛飾郡堤根村(杉戸町) 天然寺享保九年地蔵尊に下村・穐田伝五郎あり。

龝田 アキタ 坂戸、川越、所沢等に存す。千葉県八日市場市亀崎六戸あり。

秋鷹 アキタカ 鳩山に存す。

秋竹 アキタケ 大宮、岩槻等に存す。

秋武 アキタケ 浦和、三郷等に存す。

秋谷 アキタ二 鴻巣、鶴ヶ島、富士見、越谷、三郷、川口、騎西、三芳等に存す。アキヤ参照。

秋田谷 アキタヤ 大宮、所沢、毛呂山、新座等に存す。青森県西津軽郡木造町七十戸、車力村二十三戸、北津軽郡中里町二十四戸、市浦村三十三戸あり。

秋知 アキチ 浦和に存す。

秋津 アキツ 入間郡北秋津村(所沢市)、南秋津村(東京都東村山市)、黒須村字秋津、高麗郡矢颪村字秋津、落合村字秋津あり。伊奈、川越、岩槻、新座等に存す。福島県大沼郡会津高田町十五戸あり。

秋塚 アキヅカ 小鹿野町吉田系図に¬慶長四年十二月晦日、吉田新左衛門実重は会津上杉景勝に仕へ、元鉢形城士秋塚金太夫は吉田新左衛門組に属す」と。同家文書の会津上杉配下禄高表に¬吉田新左衛門組、百石・秋塚金太夫」あり。

秋月 アキヅキ 入間郡北野村(所沢市)に存し、久米村長久寺万延元年宝篋印塔に北野村秋月清之進あり。

着月 アキヅキ 幸手に存す。

秋常 アキツネ 越谷に存す。

秋戸 アキト 青森県上北郡六ヶ所村二十二戸あり。

龝利 アキトシ 新座に存す。

秋富 アキトミ 川口に存す。

秋友 アキトモ 江南、鴻巣、上尾、八潮等に存す。

龝友 アキトモ 狭山に存す。

秋長 アキナガ 所沢に存す。

秋永 アキナガ 久喜、大宮、上福岡、川越等に存す。茨城県行方郡潮来町辻十八戸あり。

龝永 アキナガ 草加に存す。

龝西 アキニシ 上尾に存す。

秋庭 アキニワ 熊谷、大宮、越谷、日高等に存す。アキバ参照。

秋根 アキネ 所沢に存す。

秋野 アキノ 新潟県佐渡郡相川町大浦八戸、群馬県邑楽郡明和町矢島十二戸、茨城県那珂郡東海村石神内宿七戸、山形県鶴岡市五十七戸あり。

一 賀美郡元阿保村(神川町)当村に此の氏多く存す。明治三十年碑に当所秋野万作あり。

ニ 秩父郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に¬妙信・秋野」あり。江戸初期なり。

秋濃 アキノ 富士見に存す。

秋場 アキバ 茨城県筑波郡谷和原村南六戸、千葉県夷隅郡夷隅町行川十戸、大原町長志十戸、長生郡一宮町東浪見ニ十四戸、山形県寒河江市百二十戸、西村山郡河北町三十戸、西川町十六戸あり。

一 葛飾郡中野村(幸手市) 広戸沼村観音堂慶応二年碑に中野・秋葉金蔵順行。幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に中野・秋葉吉右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流中野村秋場喜右衛門・秋場治三郎。香取社明治三十八年稲荷碑に中野・秋場治五門あり。

ニ 同郡神扇村(幸手市) 天神社元禄四年巳待供養塔に秋場茂右衛門、文化十二年御神燈に秋場伊右衛門・秋場文次郎・秋場文七・秋場栄次郎、万延元年庚申塔に秋葉伊兵衛、明治二十六年碑に秋葉文吉、明治四十四年碑に秋場宗四郎。明治四年田口文書に神扇村名主秋庭文左衛門。明治三十年人名録に秋場宗四郎・明治十二年生・地租二十円あり。

三 同郡細野村(幸手市) 細野神社天保四年庚申塔に穐場伊之助あり。今は秋場を称す。

龝場 アキバ 幸手に存す。

秋羽 アキバ 忍城士にて、成田分限帳に¬十二貫文・秋羽長兵衛あり。

秋波 アキバ 所沢に存す。

秋庭 アキバ 茨城県古河市大山五十九戸、千葉県山武郡松尾町借毛本郷十六戸、同町下野十戸、市原市瀬又十九戸、青森県北津軽郡鶴田町四十戸、山形県東田川郡余目町二十七戸あり。

一 成田氏族秋庭氏 成田系図に¬成田太郎助広―七郎(秋庭)と見ゆ。秋葉条参照。

ニ 上杉氏家臣の秋庭氏 前項の族か。親元日記に¬寛正六年十二月二十三日、上杉民部大輔房定の御使秋庭は、幕府に足利成氏の武州太田庄出陣を報ず」と見ゆ。

三 忍藩阿部氏家臣 享保八年軍役帳に¬三十俵ニ人扶持・秋庭又市」あり。

四 葛飾郡小右衛門村(栗橋町) 武蔵国郡村誌に¬秋庭豊五郎・祖先大膳亮は、天正三年下総国大山村(古河市)より同郡川妻村(五霞町)に来たり、村民太郎と云者と相謀り下川辺庄上川通村の内を開墾し竟(つい)に一村落をなす、寛永八年検地の時より小右衛門村と号す。其前より里正を勤め正保五年死す。六世の孫権兵衛迄世々名主を勤む。松五郎、蔵五郎を歴て、九八郎は年寄役を勤め、明治四年豊五郎は父の職を襲き、六年副戸長、七年戸長、八年区長を命ぜらる」と見ゆ。太田袋村琴平社文政三年水鉢に小右衛門秋庭権兵衛。明治九年戸長秋庭善之助・安政三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に小右衛門村秋庭豊五郎。幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に小右衛門・秋庭源之丞・秋庭常八。外国府間村雷電宮明治三十二年碑に小右衛門・秋庭徳右衛門あり。

五 同郡西大輪村(鷲宮町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流西大輪村秋庭伊八郎あり。

六 足立郡鴻巣町 明治十四年埼玉銀行株主秋庭正九郎・二株百円(米穀商)あり。

七 同郡下谷村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に北下谷村・秋庭儀助・秋庭喜右衛門・秋庭栄蔵・秋庭徳右衛門。明治三十五年常光村農友会秋庭愛之助あり。

八 埼玉郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年奉納に神道無念流・秋庭良之助・秋庭通吉・秋庭新左衛門あり。住所不明。

九 横見郡丸貫村(吉見町)太祖秋庭信盛が将軍義満に仕え、嘉吉元年結城合戦に討死すと伝える。秋庭文書に¬この村は往古ただ下砂村とのみ号せり。三ヶ村の郷長秋庭新左衛門元矩の草創なり、元矩は古河晴氏に仕へ則ち弘治二年古河破るゞに及び、北条氏政の幕下につき、田中左京亮縁者なるにより武州横見郷を領地し引退く」と見ゆ。秋庭家墓地に¬秋庭仲祖・慧勝院遠行善久居士・藤姓備中守元重嫡・俗名秋庭新左衛門尉元矩・寛永九年四月十八日、覚性院元寿妙政大姉・田中左京亮女・元和七年八月十七日」とあり。風土記稿丸貫村条に¬稲荷社、名主広助が持。広助・秋庭氏なり、故に秋庭稲荷と唱ふ」と。久米田村慶応元年馬頭尊に丸貫村秋庭幸□。明治九年戸長秋庭忠舎・天保五年生、副戸長秋庭喜八・天保九年生。県会議員秋庭利・大正三年生あり。

一〇 同郡古名村(吉見町) 風土記稿古名村条に¬当村は下砂村と称す、古名・丸貫の地名は下砂村の小名なり。当村古は横見村と号す」と。名主秋庭氏は丸貫村秋庭新左衛門の女婿で、田中左京亮の二男長左衛門元秀(寛文十年没)の子孫と云う。蕨宿安永八年岡田文書に吉見領小名村鳥見役名主秋葉三左衛門。氷川社寛政九年御神燈に秋庭元浪、文久三年御神燈に秋庭五左衛門・秋庭安右衛門。明治九年戸長秋庭元隆・文政十年生、副戸長秋庭元□・嘉永二年生、副戸長秋庭金三郎・文政十二年生。明治十一年第八十五国立銀行株主秋庭元隆・十株千円所有あり。

一一 雑載 昭和三年興信録に¬豊田村(栗橋町)・秋庭豊・所得税十六円」あり。

秋馬 アキバ 入間郡滝野入村(毛呂山町)に此の氏存す。アキウマ氏及び秋葉氏も存す。

秋葉 アキバ 埼玉郡上之村字秋葉(熊谷市)は古の村名なり。入間郡宿谷村字秋葉(毛呂山町)も古の村名なり。同郡大谷村字秋葉塚(越生町)、足立郡中釘村字秋葉に秋葉神社あり。川口町鋳物師は秋葉神社と等しく火防の守護神として金山社を崇拝す。安木すなわち安羅国は金(カネ)ノ国で製鉄地なり。タタラのある所を羽場と言う。秋葉は安羅渡来人の鍛冶集団居住地を称す。茨城県東茨城郡茨城町秋葉九戸、那珂郡那珂町鴻巣二十戸、結城郡八千代町芦ヶ谷六十六戸、同町尾崎十九戸、石下町崎房四十戸、同町鴻野山十六戸、猿島郡五霞町小手指十二戸、千葉県印旛郡富里町十倉十六戸、同町高野十三戸、匝瑳郡野栄町野手十二戸、香取郡山田町府馬十四戸、山武郡横芝町北清水十三戸、成東町木戸三十七戸、蓮沼村蓮沼七十六戸、佐倉市城十八戸、市原市戸面二十戸、同市折津十九戸、勝浦市守谷十五戸、福島県伊達郡梁川町七十戸、宮城県刈田郡七ヶ宿町二十戸、山形県東村山郡中山町百二十戸、東田川郡立川町二十二戸、天童市六十戸、上山市六十戸、山形市二百戸あり。

一 成田氏族秋葉氏 風土記稿埼玉郡上之村条に¬小名秋葉、村の南の方なり。古は別の一村にして、成田太郎助広の五男秋葉七郎某の住せし地なりと云。龍淵寺に蔵する成田家譜には秋庭七郎と載せ成田四郎助綱が弟とす。彼助綱は東鑑にも其名出たれば地名の起こりも古きこと知らる」と見ゆ。

二 児玉党秋葉氏 入間郡宿谷村字秋葉より起る。室町時代の米良文書に¬児玉の在所の御名字の事、あきば・おこせ・おひ野・あおふた・せうたい」と見ゆ。各条参照。

三 忍城士の秋葉氏 成田分限帳に¬十二貫文・秋葉市五郎」あり。

四 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に¬吉田新左衛門組、百石・秋葉三郎兵衛」あり。旧鉢形城士なり。

五 葛飾郡杉戸町明治三十五年菓子商秋葉福太郎・米穀商秋葉徳蔵あり。次項の住人か。

六 同郡清地村(杉戸町) 私塾師匠清地村秋葉八兵衛・天保十一年没。近津神社明治十六年御神燈に秋葉銀蔵。百間村西原組浅間社明治三十年碑にセイジ・秋葉徳蔵あり。

七 同郡堤根村(杉戸町) 天然寺享保九年地蔵尊に桑崎村秋葉伝右衛門あり。

八 同郡遠野村(杉戸町) 無量院元禄四年庚申塔に秋葉(斎カ)左衛門あり。

九 同郡幸手宿 明治六年に荒宿保長秋葉長一郎。白山社明治三十三年鳥居碑に幸手秋葉吉蔵(筆墨商雲寿堂)あり。次項住人か。

一〇 同郡権現堂村(幸手市) 新田墓地文化九年庚申塔に権現堂新田・秋葉弥惣次・秋葉亀蔵。大日神社元治二年水鉢に秋葉儀右衛門、明治三十八年碑に当所秋葉吉蔵・秋葉彦蔵。明治十二年に権現堂村秋葉嘉平・秋葉勘松。熊野社明治三十四年碑に新田秋葉彦平あり。

一一 同郡神明内村(幸手市) 幸手宿白山社明治三十三年鳥居碑に神明内秋葉伝吉あり。

一二 同郡戸島村(幸手市) 安戸村香取社天明二年筆子碑に中原住・秋葉佐右衛門・秋葉佐野右衛門・秋葉八五郎、大島新田・秋葉七左衛門・秋葉藤左衛門あり。

一三 同郡栗橋町明治三十五年に秋葉周吉あり。

一四 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に秋葉キンあり。

一五 同郡上笹塚村(吉川市) 稲荷社明治四十年碑に秋葉初右衛門あり。

一六 同郡幸房村(三郷市) 幸房村開発人書上に¬慶長十年より延宝元年迄六十九年に成、此節御縄請、花和田村西善院(旦那寺)・秋葉豊吉」と見ゆ。

一七 埼玉郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に秋葉運八あり。

一八 同郡加須町 明治三十五年に秋葉吉五郎あり。

一九 同郡油井ヶ島村(加須市) 八幡社弘化四年水鉢に秋葉八十七。当村文政十年馬頭尊に秋羽忠太郎あり。今は秋葉を称す。

二〇 同郡水深村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に水深村秋葉鉄五郎あり。

二一 同郡川口村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に川口村秋葉仁右衛門あり。

二二 同郡野牛村(白岡町) 久伊豆社慶応二年御神燈に秋葉多吉。明治三十年人名録に蚕業秋葉多左衛門・安政四年生あり。

二三 同郡篠津村(白岡町) 大野家天保二年筆子碑に秋葉籠吉・秋葉文二郎あり。

二四 同郡小久喜村(白岡町) 久伊豆社宝暦十一年庚申塔に秋葉勘兵衛。文政九年に小久喜村新田・秋葉八十八あり。

二五 同郡牛重村(騎西町) 正能村諏訪社嘉永五年富士講に牛重・秋葉浅五郎あり。

二六 足立郡下青木村(川口市) 氷川社天保七年水鉢に下青木邑秋葉重治郎、万延元年寄進に秋葉半四郎、明治三十九年碑に秋葉米蔵あり。

二七 同郡横曽根村(川口市) 明治四年百姓代秋葉源治郎。衆議院議員選挙人名簿に秋葉啓之助・弘化四年生・国税三十四円、秋葉八十八・天保十三年生・国税二十四円、秋葉三次郎・天保十一年生・国税十六円。飯塚村氷川社明治四十四年碑に横曽根・秋葉啓之助・秋葉兵次郎あり。

二八 同郡戸塚村(川口市) 西光院文政十三年庚申塔に上戸塚村秋葉助右衛門。七郷神社明治中期碑に秋葉五右衛門あり。

二九 同郡鴻巣町 明治三十五年糸繭商秋葉定吉あり。

三〇 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に上常光村・秋葉又左衛門・秋葉利兵衛・秋葉四郎右衛門・秋葉勝右衛門・秋葉宇右衛門・秋葉十右衛門・秋葉友右衛門、下常光村・秋葉十二郎・秋葉勝五郎。常光神社寛政十年庚申塔に常光村秋葉勝右衛門・秋葉利兵衛、明治二十八年碑に常光村秋葉辰五郎・秋葉光五郎・秋葉甚吉。明治三十五年農友会秋葉新作あり。

三一 入間郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に西連雀町石工秋葉文次郎あり。

三二 同郡野田村(川越市) 大仙波村浅間社天保十年御神燈に野田村秋葉又吉あり。

三三 同郡所沢町 薬王寺享保元年地蔵尊に秋葉三郎兵衛・秋葉次郎右衛門。明治七年議定書に秋葉市介・秋葉七左衛門。本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿三番組秋葉伝蔵。明治二十一年幼稚園名簿に秋葉寅吉・明治十六年生、秋葉照吉・十七年生、秋葉音吉・十八年生あり。

三四 同郡滝野入村(毛呂山町) 北平沢村瀧岸寺明治九年筆子碑に滝之入村秋葉治三郎。明治二十二年山根村会議員秋葉幸吉、三十一年同議員秋葉治三郎あり。

三五 高麗郡田木村(日高市) 当村に此の氏多く存す。明治十九年総代人秋葉伊三吉、物貨駅伝組合秋葉吉五郎・同秋葉亀蔵。明治二十四年地租軽減請願人秋葉茂重・秋葉和吉・秋葉鉄治郎あり。

三六 榛沢郡東大沼村(深谷市) 西蔵寺安永二年巳待供養塔に秋葉卯右衛門、明治二年弁財天碑に秋葉友八・秋葉八十五郎・秋葉元次郎。西大沼村伊勢之宮神社万延元年庚申塔に秋葉友八・秋葉嘉吉。明治九年副戸長秋葉元次郎・天保十三年生。明治十四年戸森村福田家門人碑に東大沼・秋葉源吉・秋葉七五郎・秋葉丑松・秋葉濃賦吉。明治十八年最上農名簿に秋葉元次郎・耕宅地二町五反歩・山林八反歩、秋葉八十五郎・耕宅地二町一反歩・山林一町五反歩。深谷町会議員に秋葉八十五郎、秋葉濃賦吉・文久三年生、秋葉七三郎・文久三年生あり。

三七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・秋葉保雄・十六円、川越市・秋葉伊三郎・十円・二十五円、山根村(毛呂山町)・秋葉太蔵・九円、八代村(幸手市)・秋葉文治・百四十八円・三十九円」あり。

穐葉 アキバ 深谷に存す。

龝葉 アキバ 榛沢郡東大沼村に存す。

安来羽 アキバ 秋庭、秋場、秋葉の字を用いる。また、安来はヤスキと読まれ、和名抄に出雲国能義郡安来郷(島根県安来市)を載す。此の地は古代より江戸時代に至る迄製鉄の積出港であった。船頭唄の出雲節を安来(やすぎ)節とも称す。伴奏の¬鰌すくいは、川の砂鉄すくいを表す。

秋浜 アキハマ 秩父、花園、吹上、大宮、富士見、草加、吉川等に存す。岩手県岩手郡玉山村八戸、青森県むつ市七戸あり。

秋濱 アキハマ 熊谷に存す。

秋林 アキバヤシ 東松山、越谷、戸田等に存す。秋田県山本郡二ツ井町四十戸あり。

秋原 アキハラ 小鹿野、所沢、春日部、草加等に存す。千葉県山武郡九十九里町西野九戸あり。

秋久 アキヒサ 大宮、所沢、八潮等に存す。

明平 アキヒラ 春日部に存す。秋田県仙北郡太田町九戸、中仙町二十三戸あり。アケヒラ参照。

秋平 アキヒラ 庄和に存す。

秋広 アキヒロ 鳩山、大宮、坂戸、桶川、春日部、越谷、川口等に存す。長野県下伊那郡高森町山吹七戸あり。

秋廣 アキヒロ 春日部に存す。

昭弘 アキヒロ 狭山に存す。

秋藤 アキフヂ 川口、和光等に存す。鳥取県倉吉市十戸あり。アキトウ氏も五戸存す。

秋保 アキホ 熊谷、小川、吹上、浦和、鶴ヶ島、川越等に存す。宮城県柴田郡村田町十八戸、山形県最上郡戸沢村二十戸、天童市三十戸あり。

一 丹党秋保氏 中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に¬秋保、丹治、本国武蔵、モン三階松」と見ゆ。

秋穂 アキホ 浦和、日高等に存す。青森県西津軽郡岩崎町十六戸あり。

秋間 アキマ 群馬県佐波郡赤堀町今井二十戸、同町五目牛九戸、栃木県栃木市今泉十戸、東京都あきる野市引田十三戸、島根県(出雲国)能義郡伯太町七戸あり。

一 上野国碓氷郡秋間郷の飽間氏 入間郡久米村将軍塚(所沢市)の元弘三年五月板碑に¬飽間斎藤三郎藤原盛貞生年二十六・於武州府中五月十五日令打死、同孫七家行二十三同死、飽間孫三郎宗長三十五・於相州村岡十八日討死」とあり。現在は東村山市の徳蔵寺にある。秋間村の斎藤一族にて、新田義貞の鎌倉攻めに従いて戦死す。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御使番・五十石三人扶持・秋間新左衛門」あり。

三 葛飾郡幸手宿 秋間家由緒書に¬足利長尾顕長家来秋間刑部少輔、長男秋間弾正、足利野田郷之内十五貫所・介戸郷之内十五貫地差添・上州渡瀬之内三十五貫之所等、永七十五貫之地、永禄四年卯月五日、但馬守景長より感状有之、此状当時足利秋間宗軒方に有之。右弾正之次男、武州田宮之庄幸手宿へ相越牛村に居住之由、宗軒方之覚へ書等に有之。当所開発慶長之頃より名主役相勤め、正左衛門と申候由、正左衛門長男中興元祖秋間市郎左衛門(元禄八年没)―二代三郎兵衛事市郎左衛門(家督四町歩余、元文元年没。弟次男四郎左衛門は田畑合一町七反歩に而村方へ分地、弟三男甚五兵衛は田畑合一町七反歩に而吉野村へ分地)―三代三郎兵衛(家督二町歩余、宝暦六年没。弟末子伝左衛門は田畑合二町一反余に而村方へ分地)―四代治右衛門(身上向不如意に相成、漸地面九反歩斗に相テキスト ボックス: アキマ            アキマ             アキマ            成、倅市郎左衛門へ譲、寛政元年没。弟伝蔵は幸手宿へ店持商人に相成、其後四国九州順拝をして其終る所を知らず、右娘武州羽生領上川崎村に有之)―五代市郎左衛門利有(家督九反歩程に而名主役相勤、十七八歳之頃より骨折心労いたし地面等請戻、一町九反七畝歩寄附、外借金返済・是は前代治右衛門代之分、文化十年没七十三歳)―六代祐輔(地面十五町余取添、此地代金千二百三十三両二分、弘化四年没)―七代礼次郎事祐輔(文政十一年より天保十五年迄地面六町四反五畝十五歩取添。地面五町七反一畝十四歩・安政六年二月迄)」と見ゆ。百間村青林寺寛政十年文書に牛村・秋間市郎左衛門。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に幸手牛村・秋間祐輔。牛村香取社万延元年庚申塔に秋間祐輔・秋間祐順・秋間四郎左衛門・秋間清六。明治四年幸手宿名主秋間祐輔(六年牛村副戸長)。明治二十一年新道工事寄付者秋間徳太郎・秋間源太郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に牛村病院秋間礼佐。明治三十五年医師秋間憲治。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年幸手農業秋間礼佐・慶応二年生・国税千三百九十八円・県下三十七位、大正十四年国税千六百十円・県下九十一位。大正十二年大地主名簿に秋間礼佐・田二十七町歩・畑二十七町五反歩。昭和三年興信録・所得税に¬幸手町・秋間恒造・三千二百五十二円、秋間憲治・百七十二円」あり。

四 同郡吉野村(幸手市) 前項の分家なり。吉野神社安政二年御神燈に秋間伴助、万延元年水鉢に秋間伴蔵、明治二十三年幟碑に吉野・秋間弥平治あり。

五 同郡下宇和田村(幸手市) 下吉羽村香取社明治三十九年碑に下宇和田・秋間捨五郎あり。

六 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に秋間常七・秋間勝太郎あり。他村の者か。

七 埼玉郡久喜町 明治三十五年菓子製造秋間嘉平あり。

八 同郡飯積村(北川辺町) 明治三十五年に秋間亀吉・秋間佐吉・秋間新次郎あり。

九 同郡麦倉村(北川辺町) 八坂社文久二年幟碑に秋間團造あり。

一〇 同郡道目村(大利根町) 砂原村鷲神社万延元年絵馬に道目村秋間亀吉。当村鷲大神明治十二年浅間碑に秋間亀吉・秋間九兵衛・秋間十五郎あり。

一一 同郡百間村(宮代町) 爪田ヶ谷村諏訪社天保十五年狛犬に逆井・秋間五助あり。

一二 児玉郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に秋間惣兵衛あり。

龝間 アキマ 北川辺、東松山等に存す。

秋摩 アキマ 小川、川越、和光に存す。

秋松 アキマツ 浦和、大宮、与野、所沢、戸田、鳩ヶ谷等に存す。

秋丸 アキマル 行田、東松山、吹上、上尾、坂戸、三芳、日高、朝霞、越谷等に存す。

龝丸 アキマル 越谷に存す。

秋光 アキミツ 寄居、三郷等に存す。

秋満 アキミツ 富士見に存す。

秋宗 アキムネ 東松山に存す。

秋村 アキムラ 鶴ヶ島、富士見、入間、草加、新座等に存す。青森県北津軽郡金木町六戸、青森市四十九戸あり。

龝村 アキムラ 越谷に存す。

秋目 アキメ 草加に存す。

昭元 アキモト 大宮に存す。

飽本 アキモト 蕨に存す。

秋本 アキモト 群馬県高崎市下大島十七戸、茨城県稲敷郡桜川村神宮寺三十戸、千葉県印旛郡白井町白井三十戸、神奈川県横須賀市長井百六戸、秋田県鹿角郡小坂町二十七戸あり。

一 秩父党秋本氏 中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に¬板橋氏。平姓、本国武州王子、紋ツルノ巣、秩父党八郎、秋本太郎常法父」と見ゆ。平姓板橋氏(子孫幕臣は家紋鶴ノ丸)の本名は足立郡出身の秋本氏なり。十二項参照せよ。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬二百石・秋本彦八郎・是は江戸にて罷出・武州之者」あり。十二項と同族か。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に¬三十俵・秋本武兵衛」あり。

四 葛飾郡上口村(三郷市) 閻魔堂寛永二十年庚申塔に秋元弥次衛門あり。今は秋本を称す。

五 同郡彦倉村(三郷市) 彦倉村開発人覚書に¬寛永十四年九月八日秋本伊豆の妻死す・妙貞禅尼と諡す。正保三年八月十日秋本伊豆死す・法名浄覚禅門と云ふ。秋本浜蔵の先祖なり」と見ゆ。延命院天明三年控帳に秋本平吉・秋本浅右衛門・秋本嘉助あり。

六 埼玉郡蒲生村(越谷市) 明治三十年人名録に荒物商穐本喜左衛門・弘化四年生・地租二十七円あり。今は秋本を称す。

七 同郡三箇村(菖蒲町) 寛政七年秋本清右衛門は秋本一族の氏神・諏訪社を再建す。

八 同郡小林村(菖蒲町) 小林神社元文三年碑に秋元作右衛門あり。今は秋本を称す。

九 同郡岡古井村(加須市) 通殿社明治二十八年御神燈に秋本広太郎あり。

一〇 足立郡浦和領辻村(浦和市) 蕨町実成寺享保十二年棟札に辻村秋本小兵衛。吉祥院文化六年六地蔵尊に秋元磯□。明治九年副戸長秋元胸蔵・文政十二年生。県会議員秋本政雄・大正五年生あり。

一一 同郡大間木村(浦和市) 文化五年大間木新田石工秋本彦三郎。稲荷社天保二年幟碑に秋本兼右衛門(大間木新田)。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に八丁・秋本初五郎。南部領辻村鷲神社明治四十二年碑に八丁石工秋本雄太郎あり。

一二 同郡片柳村(大宮市) 当村に此の氏多く存す。隣村の三室村は秩父党川越氏の所領地にて、川越氏の本名は当村秋本氏なり。子孫は万年寺弘化三年水鉢に¬川越吉次郎、川越市兵衛、川越市郎右衛門、川越平右衛門、川越勘左衛門、川越八郎兵衛」と見え、明治に至り秋本に復姓して、川越氏は現存無し。三室村氷川女体神社大般若経に¬右志者、為当所地主平重遠、並び平泰重等、建武四年書之・性尊花押」と。また、¬弘治三年・筆者片柳田島村泉蔵坊」とあり。川越重遠・泰重は片柳村の秋本氏が本名であり、秩父党に所属する。一項の板橋氏の名跡を継承した秩父党秋本氏も当村出身である。カワゴエ条参照せよ。当村元禄八年庚申塔に片柳村秋本五左衛門。染谷村常泉寺文化七年庚申塔に秋本猶右衛門。同寺参道同年庚申塔に秋本猶右衛門・秋本平右衛門・秋本弥次兵衛。万年寺天保十二年庚申塔に秋本直右衛門・秋本重左衛門・秋本五郎左衛門、天保十三年拝礼塔に秋本仙右衛門、弘化三年水鉢に秋本久五郎・秋本六左衛門・秋本伊助・秋本又右衛門・秋本藤右衛門・秋本太左衛門・秋本弥五左衛門、明治四十四年碑に当字・秋本新平・秋本園吉・秋本重次郎・沖郷組秋本チイ。熊野社弘化三年碑に秋本弥次兵衛(名主)、明治三十二年碑に秋本常吉・秋本伊八・秋本周太郎・秋本新七・秋本市蔵・秋本倉吉・秋本文吉・秋本国吉・秋本儀助・秋本菊次郎・秋本弥平。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に片柳村・秋本五郎左衛門・秋本弥次兵衛・秋本直右衛門。明治九年副戸長秋本直右衛門・天保七年生、副戸長秋本新平。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に片柳・秋本利平あり。

一三 入間郡北野村(所沢市) 当村に此の氏存す。龝本条参照。

秋元 アキモト 群馬県太田市原宿九戸、栃木県那須郡那須町高久四十戸、小川町小川十五戸、塩谷郡氏家町富野岡十八戸、下都賀郡野木町友沼二十三戸、今市市町谷十八戸、千葉県長生郡長南町芝原十二戸、袖ヶ浦市飯富十六戸、鎌ヶ谷市中沢二十戸、福島県双葉郡川内村八十六戸、田村郡大越町二十四戸、いわき市九十戸、岩手県九戸郡九戸村十四戸、青森県南津軽郡大鰐町十五戸、浪岡町三十戸、平賀町十二戸、碇ヶ関村十五戸、西津軽郡鰺ヶ沢町四十戸、稲垣村六十戸、木造町十四戸、深浦町十戸、岩崎村十八戸、北津軽郡金木町八十戸、中里町五十戸、小泊村三十戸、弘前市百八十戸、青森市二百六十戸、五所川原市六十戸、秋田県河辺郡雄和町二十戸、北秋田郡森吉町二十六戸、能代市六十戸、大館市五十戸あり。

一 安倍族秋元氏 百済渡来人羊氏後裔の成田氏と同族にて、埼玉郡成田村及び奥州鹿角鉱山一帯に土着し、荒吐族安倍氏の集団となる。ヒツジ、アラハバキ、アベ条参照。東日流外三郡誌に¬天喜四年、安倍一族は敗れ、貞任の遺孤高星丸は一族の近臣に護られて、秋田国鹿角郡高畑在之、安住せし処は津軽なり。当時の書管従人目録に秋元左々衛門頼綱、丹治与三衛門友衛、成田兵右衛門頼季、右之者厨川殿(貞任)依遺言、奥州津軽脱難候」と見ゆ。源頼義討伐軍に敗れた安倍一族は秋元・成田・丹治(安保)等の居住する鹿角に潜伏す。秋元氏等は天喜以前のはるか古代に土着していた。此の後裔は、同書に¬応永二十一年、狼倉城の秋元賢之進実次は、南部勢に攻め入られ戦死す。応永三十一年、南部勢の将秋元玄十郎正胤等は大館を攻落す。津軽武豪士応永目録に秋元権太夫正将・奥法郡」と見ゆ。また、¬藤崎城主安東義季の養子政季は鹿角一円に寄侵す南部勢を追討せり。義季は応仁元年死去せりと云う。東日流(つがる)の地を去った安東一族の流胤は、日本諸国に四散し、安倍・安藤・安東・秋田・安達・安西・安田・秋月・秋元らの姓を遺して諸国の異郷に今尚安住せり。安東氏縁族系譜、阿保氏〓小猿部〓大浦、大里氏〓秋元〓小山内〓丹治〓猿雄〓成田、右は奥法郡藤崎城時代の幕下なり。東日流武門遺系譜に安東一族累系・安倍氏・阿部氏。成田氏・秋元氏、右所在住天正十七年以上之氏調」とあり。成田・秋元は安倍族の中心的氏族なり。

二 藤原公任後裔の秋元氏 埼玉郡成田村発祥の秋元氏は、文治の勲功により同族の居住している鹿角郡を所望して地頭となる。此の氏は、成田氏と同族にて、関白太政大臣藤原頼忠の子公任(号四条、権大納言、長久二年卒)の後裔と称す。おそらく公任の家士であろう。津軽郡中名字に¬鹿角三百町、国侍は奈良・成田・安倍・秋元也。秋元は高瀬・長内・小猿辺の三个所に分る、公任卿の末孫也」と見ゆ。先祖は京侍であった。ここの安倍はアブと読み安保氏のことなり。また、鎌倉円覚寺文書に¬建武三年十月十七日、秋元弾正左衛門尉・御使と為す」と。鹿角由来記に¬鹿角郡三百町へ、京侍、安保・秋元・成田・奈良の四家の人々降り、四十二人の伴類ありて、村々を領知しけり、其の氏神総神は花輪の稲荷明神にて四十二体の明神なり。長牛村・秋元弾正左衛門領知、小豆沢村・小豆沢駿河領知・本名秋元也、高瀬村・高瀬土佐領知・本名秋元・知行村数久保田、高屋村・高屋筑前領知・本名秋元、高梨子館村・高梨子土佐領知・本名秋元、小坂村・小坂筑後領知・本名秋元、濁川村・濁川但馬領知・本名秋元、八幡館村・秋元兵部領知・砂子沢之事」と見ゆ。鹿角郡小坂町にアキモト氏多く存す。安保、成田参照。

三 阿波国の平姓秋元氏 吾妻鑑巻三十二に¬嘉禎四年二月十七日、将軍頼経入京の隋兵、秋元左衛門次郎」。巻四十に¬建長二年三月一日、秋元左衛門入道」と見ゆ。また、石清水文書に¬弘安四年三月三日、阿波国那賀郡櫛淵庄地頭秋元左衛門次郎平泰恒・同舎弟平政経」と見ゆ。恒・経を通字としており、秩父党にて前条一項と同族か。

四 下総国の日蓮宗秋元氏 日蓮書状に¬弘安三年正月二十七日、下総国印旛郡白井荘住秋元太郎兵衛藤原勝光」と見ゆ。白井町に秋本氏多く存す。本土寺過去帳(松戸市平賀)に¬秋元兵庫・文明四年壬辰九月」とあり。

五 上総国の幕臣秋元氏 周淮郡秋元荘(君津市)より起る。是は在名にて、苗字にあらず。此の地に秋元氏は現存無し。鎌倉幕府御家人にて、高野山文書に¬正安三年六月二十一日、幕府奉行人秋元太郎左衛門尉は、備後国太田庄を沙汰す」と。金沢文庫に¬元徳元年十二月、秋元四郎左衛門入道空暁・上総国周東郡末利下村、云々」と見ゆ。また、天龍寺造営記録に¬康永元年十二月五日、秋元彦六左衛門尉定保・五十三歳は、足利尊氏の天龍寺参詣に供奉す」と見ゆ。

六 深谷上杉氏の臣秋元氏 永享七年六月長倉追罰記に¬越前の織田と、由佐の河内守が瓜の紋、秋元も是を打ち、朝倉が三つもっかふ、熊谷はもっかう」と見ゆ。鎌倉大草紙に¬康正二年十月十七日、上杉右馬助房憲は、岡部原へ出合、火出る程に戦ひける。上杉方には、井草左衛門尉・久下・秋元を初めとして残すくなにうち成され、悉く敗軍す」と見え、是以前より上杉氏に従い、家紋は木瓜(モッコウ)を用いる。別名をカ(くわ)と呼ぶ。永禄三年関東幕注文に¬深谷御幕、秋元掃部助・くわの文」と見ゆ。秋元候の家紋は瓜、源氏車なり。埼玉郡成田村に秋元氏多く現存し、木瓜紋を用いる。深谷上杉氏家臣の秋元氏は成田村出身であろう。深谷古来鑑に¬深谷城主上杉憲盛の重臣岡谷加賀守・秋元越中守・井草左衛門佐」と。深谷記に¬上椙御譜代之目録、四天王・岡谷加賀守・秋元上総守・井草左衛門・上原出羽守」と見ゆ。

七 長尾氏族の秋元氏 上野国惣社城主長尾氏の子景朝は前項の秋元掃部助の養子となる。古代氏族系譜集成に¬藤原朝臣公清(秀郷五世孫、佐藤左衛門尉、寛治四年卒)―公郷(尾張守)―公明(佐藤新左衛門、武州羽生領主)―明朝(秋元左衛門尉、建久四年五月為上総国周准郡秋元庄地頭)―明清(左衛門次郎、嘉禎四年将軍上洛時供奉)―成清(右馬允、真蓮)―直朝(彦兵衛尉、智蓮)―成朝(六郎左衛門尉)―通朝(左近将監、彦次郎、正慶二年鎌倉雪下打死)―師朝(四郎兵衛尉、仕足利基氏)―元朝(掃部允、応永二十四年正月九日相模川打死)―国朝(左近丞、応永十七年属上杉左馬助憲光、子孫世々深谷上杉家の家長たり)―春朝(刑部丞)―兼朝(勘解由左衛門。妹長尾顕忠妻、弟彦八郎家朝)―純朝(弾正左衛門、一に政朝。妹岡谷氏妻)〓景朝(越中守、孫三郎、初元景、実長尾氏男、仕武州深谷城主上杉憲賢憲盛三宿老ノ一)―長朝(越中守。弟正吉)」と見ゆ。景朝以前は吾妻鑑及び横田氏系図を引用しており信用出来ず。総社長尾氏系図に¬顕忠(孫五郎、初名顕景、尾張守、法名康安、永正六年正月九日卒)―顕方(顕忠弟弥五郎の子、孫太郎、尾張守、永禄六年総社より越後へ赴く)―景秀」と。相州龍隠庵文書・長尾顕忠後家幸春寄進状に¬永正六年十一月二十日、龍隠軒事、菩提のために建立いたし候、康安在世の時、申さだめ候、顕方の一筆を所望いたし候」と見ゆ。また、白井長尾氏の双林寺伝記に¬長尾憲景入道一井斎は、実は惣社長尾顕忠の嫡男、永正八年誕生、十七歳の時・白井景誠遺跡を相続す、天正十一年四月二日卒行年七十三歳」とあり。此れは年代合わず、顕忠の孫であろう。秋元景朝は憲景と兄弟か。秋元家譜に¬元景(越中守、後景朝、上野国群馬郡惣社に所領の地あり、天正十五年深谷において死す、年六十三)―長朝(天文十五年深谷に生る)」と。景朝は大永四年生れで、本貫地は惣社なり。上野台村元誉寺文書に¬天文十年辛丑春三月、秋元越中守藤原景朝公・上州より武州榛沢郡上野之原に移る」と見え、上総国秋元庄より移るとは見えず。また、秋元様上州御在城之由来書(秋元家譜)に¬天正十五年十一月十二日秋元兵部景朝殿御病死、家老高山五兵衛・伊豆浦藤太夫・志須賀城森・安中佐次郎等相談を以て葬式相済み」と見ゆ。是等は総社城主長尾氏以来の重臣なり。

八 上総国秋元庄出身説 深谷城は元亀二年北条氏に攻れ落城し、秋元氏は自己の苗字と同一の秋元庄へ潜匿し、四年後に深谷へ帰郷す。其の時に召連れて来た長山・大友・青木氏等は地位・禄高が低い。発祥地以来の家臣であれば重臣のはずである。秋元藩秋錦録に¬本国上総国秋元庄を離散し、秋元家は上杉重縁の事なれば深ヶ谷へ志し、長山・大友・青木等を召し連れられ、景朝公深ヶ谷へ御越しの処、御住所御定めがたく太陽寺四郎左衛門地内を御借り、屋造りをなされ、天正二年より同四年迄、彼の屋敷に御同居也」と見え、同藩家老太陽寺家譜に¬太陽寺四郎左衛門、御譜代深谷衆之内、今深谷一ノ坂云所先祖旧跡有り。天正四年、越中守長朝公深谷へ上総より御越之節、太陽寺御頼来る三ヶ年間彼が持分之地之内に御遊御入也」と見ゆ。また、秋元文書に¬天正十三年九月二十二日、北条家は、秋元殿に新田領の内八十貫文を宛行ふ」とあり、新田領滝瀬村なり。榛沢郡滝瀬村(本庄市)条に¬中古上杉家領分の頃は、秋元越中守の所領なり」と見ゆ、当所に秋元氏館跡あり。

九 尾張藩家臣の秋元氏 滝瀬村の領主は此の家か。士林泝(名古屋叢書)に¬秋元越中守景朝、其子但馬守長朝、長朝の弟彦八郎正朝(左馬助、左近、始め北条家に仕へ、八十貫を領す。慶長六年忠吉卿尾州清須に於て召出被り二百石を賜ふ。敬公大坂陣後、召出被り二百石を賜ふ。寛永十七年卒)―源左衛門朝好(七之助、四百石)―朝定―朝高―朝利」あり。尚、馬見塚条参照。

一〇 松山城士の秋元氏 天正庚寅松山合戦図に¬雷電山・大谷・平・岡郷・兜山方面城方・秋元次左衛門、黒岩・長谷・田甲方面城方・秋元伊賀守」あり。嵐山町史に¬秋元氏は帰農す」と見ゆ。

一一 川越藩酒井重忠家臣 直泰夜話に¬秋元八内、天正十八年川越に於いて召出され地方七十石拝領、文禄元年朝鮮役に従軍す」と見ゆ。河内守重忠は天正十八年川越城主となり、慶長六年前橋城に移る。

一二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬百二十石・秋元新重郎」あり。

一三 川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬御近習・十一人扶持・亡養父蔵太・秋元喜太郎・二十六歳」あり。

一四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に¬百石・秋元新五左衛門」。寛文二年に¬百石・秋元善右衛門」あり。

一五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬二百石・秋元吉左衛門、百三十石・秋元茂左衛門、三十俵・秋元瀬左衛門、銀十枚二人扶持・秋元市之丞、三両二分・秋元太兵衛」あり。

一六 忍藩阿部氏家臣 享保八年軍役帳に¬五百五十石・秋元清右衛門、百三十石・秋元清左衛門・茶道・二十三俵二人扶持・秋元利斎」。文化四年忍藩分限帳に¬御番頭・四百五十石・秋元与惣右衛門」あり。

一七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に¬御勘定坊主・五石二人扶持・秋元左右助、表坊主・二両余ニ人扶持・秋元貞順」。明治四年に¬五石二人扶持・秋元荘助、二両余二人扶持・秋元季作」あり。

一八 関東郡代伊奈氏家臣 天明八年に御用場頭取・秋元助右衛門あり。

一九 葛飾郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄附碑に秋元兼吉あり。

二〇 同郡三輪野江村(吉川市) 七面社天保五年供養塔に秋本八蔵。三輪野江神社明治三十九年碑に秋元音七、秋元磯五郎あり。

二一 同郡下野村(杉戸町) 福正院嘉永元年庚申塔に秋元源六あり。

二二 埼玉郡鶴ヶ曽根村(八潮市) 久伊豆社明治十二年絵馬に当所秋元権八あり。

二三 同郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年奉納額に神道無念流秋元兼吉あり。

二四 同郡上大崎村(菖蒲町) 長松寺文化十四年湯殿山碑に秋本伊衛門・秋本定右衛門あり。今は秋元を称す。

二五 同郡岩槻町 明治三十五年白米商秋元清平あり。

二六 同郡加須町 明治三十五年酒商川口屋秋元仲五郎あり。

二七 同郡上之村(熊谷市) 当村に此の氏多く存す。家紋は木瓜を用いる。古代秋元族の居住地にて、奥州鹿角郡へ成田氏等と移住す。深谷上杉氏家臣の秋元氏も同族なり。武蔵志に¬埼玉郡上村。龍淵寺百姓の庄屋を秋元善右衛門と云、寺領の外に除地并鑓一筋を公儀より給わり今に繁昌す、寺附の家来なり」と見ゆ。龍淵寺寛政八年鐘銘に秋元長兵衛。上之神社天保四年御神燈に秋元長四郎。明治三年成田組名主秋元善之助。明治七年副戸長製糸業秋元仙蔵・天保五年生。明治十年戸長秋元善之助・弘化二年生あり。

二八 足立郡下戸田村 新曽村妙顕寺正徳三年碑に戸田村秋本平兵衛尉。当村明和六年庚申塔に下戸田村秋元文蔵。天保二年石工秋元金次郎。氷川社天保七年幟碑に秋元伝吉・秋元孫平。弘化二年石工秋元長五郎。明治十一年石工秋元角太郎あり。

二九 同郡下笹目村(戸田市) 笹目神社天保六年狛犬に秋元伴右衛門・秋元七兵衛・秋元治右衛門あり。

三〇 同郡美女木村(戸田市) 下笹目村慈眼寺安永四年供養塔に美女木村秋本八兵衛。安養寺寛政五年供養塔に秋元八左衛門。私塾師匠医師秋元良仲・天保五年没。八幡社天保六年狛犬に秋元平左衛門・秋元仲次郎・秋元忠民、明治三十二年碑に秋元長次郎。蕨宿三学院明治十一年碑に美女木村・秋元弥七・秋元源次郎・秋元茂八・秋元照三郎・秋元平吉・秋元銀蔵・秋元重蔵・秋元武兵衛・秋元辰五郎・秋元織吉・秋元平次郎・秋元健次郎・秋元庄左衛門・秋元弥五郎あり。

三一 同郡蕨宿 明治三年蕨宿大惣代秋元長之輔。明治三十五年麹小売商秋元民次郎・下宿業秋元万蔵・飲食店秋元孫吉あり。

三二 同郡浦和宿 玉蔵院享和三年供養塔に秋本与左衛門・秋本清左衛門。明治二十年柴山伏越改造碑に浦和宿秋元三吉。明治三十五年左官職秋本茂吉・人力車業秋元金次郎あり。

三三 同郡田島村(浦和市) 氷川社明治十一年石橋碑に秋元仙次郎・秋元善吉あり。

三四 同郡川口宿 川口神社明治三十九年碑に秋元乙三郎・秋元竹市あり。

三五 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門下碑に秋元久次郎あり。西立野村住人か。

三六 同郡立野村(川口市) 西福寺文政二年湯殿山碑に立野・秋元文次郎・秋元彦太郎・秋元長吉。二宮神社文政十三年鳥居碑に当所秋本太右衛門、明治二十一年奉納額に当所秋元勘治郎。弘化三年百観音に当所秋元利右衛門・秋元利兵衛・秋元和吉。明治六年生徒月並受取帳に秋元利三郎。木曽呂村朝日神社明治三十五年鳥居碑に西立野・秋元久次郎。明治三十五年植木商秋元新蔵あり。

三七 同郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に秋元政吉あり。

三八 同郡草加宿 草加町しるべに¬藤右衛門堀は、同村秋元藤右衛門之計画したるものなり。藤右衛門の子孫は現今草加町六丁目大和屋事秋元勘蔵なり」と見ゆ。北草加村氷川社宝永三年棟札に北草加村年寄秋元太郎右衛門、安永七年碑に北草加村秋元太郎兵衛・秋元蔵之助。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿秋元藤右衛門。南草加村東福寺文政十三年筆子奉納額に秋元庄次郎・九歳、秋元三蔵・十歳。観音堂天保十五年鰐口銘に北草加村秋本林蔵。安政六年野島文書に六丁目大和屋藤右衛門。市神祠官筆学入門帳に安政三年大和屋次男秋元留五郎、明治元年大和屋湯屋倅秋元勘蔵、明治四年大和屋勇吉ノ次男秋元寅蔵。剣術神文鑑に安政三年草加宿六丁目秋元勇吉。明治三十五年小間物商大和屋秋元勘蔵・瀬戸物商秋元茂七・菓子商秋元清次郎あり。

三九 同郡槐戸村(草加市) 蒲生村清蔵院宝暦六年宝篋印塔に槐戸村秋本利右衛門。観音寺跡宝篋印塔に当村秋本源五右衛門・秋本利右衛門・秋本源左衛門・秋本源兵衛、四簡茶屋・秋本源四郎・秋本七三郎・秋本源治郎。八幡社安政三年碑に穐本甚兵衛。明治九年副戸長秋元与七郎・天保四年生あり。今は秋元を称す。

四〇 同郡鳩ヶ谷宿 氷川社寛政十年水鉢に当町秋元文右衛門あり。

四一 同郡大宮町 明治三十五年洋物商秋元仲次郎あり。

四二 同郡上尾町 遍照院元文五年庚申塔に上尾町秋元千松。氷川鍬神社文政五年二賢堂碑に秋元清七清雅・秋元佐七禽瑞。明治三十五年料理店秋元勝次郎あり。

四三 同郡鴻巣町 上谷新田浅間社明治十六年碑に上谷村新田秋本定太郎。明治三十五年鴻巣町紺屋秋元有兵衛・人形製造業秋元三左衛門・人形商秋元定太郎・玩弄物商秋元ミツ・鋸鍛冶屋秋元太十郎・箱製造秋元仲八。上谷新田八幡社明治四十二年碑に秋元太十郎・秋元三左衛門あり。

四四 新座郡志木宿 御嶽社明治八年実明講に秋元藤太郎(荒物商)。明治十五年北広堂碑名簿に秋本八五郎。明治三十年市場組秋元藤之助あり。

四五 入間郡川越宿 行伝寺過去帳に¬妙善院法現・秋元右衛門作・子年三月、行秋・秋元・未年九月」あり。江戸初期なり。御嶽社明治三十年碑に秋元政重あり。また、小久保村字石原(石原町)観音寺寛文十三年庚申塔に秋元四郎兵衛あり。過去帳の人は当所住人か。

四六 同郡上南畑村(富士見市) 秋元氏は明石神社の傍におり組頭を勤めたりと。

四七 同郡下南畑村(富士見市) 明治五年屋根職秋本忠左衛門。明治三十五年南畑村石工秋元俊勝あり。

四八 同郡所沢町 明治三十五年魚商秋元徳次郎あり。

四九 同郡久米村(所沢市) 長久寺嘉永二年棟札に彫工秋元太吉あり。

五〇 同郡中神村(入間市) 豊泉寺寛文九年鐘銘に正庵太村・中神村・秋元勘左衛門・秋元六左衛門、宝永五年地蔵尊に中神村秋元勘左衛門あり。

五一 高麗郡下加治村(飯能市) 笹井村宗源寺文書に¬弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、下加治村穐元松右衛門」。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に下加治村秋元清五郎あり。

五二 比企郡小川町 明治三十五年印判師秋元光儀あり。

五三 榛沢郡深谷宿 円受院正木家墓地に¬秋元家墓、大正十五年従清心寺旧墓地・当山遷碑、建碑施主正木律三。家紋木瓜」と見ゆ。上杉家臣秋元氏一族か。瑠璃光寺明治二十九年筆子碑に秋元貞心。明治三十五年理髪店秋元熊吉あり。

五四 秩父郡大宮町 明治三年に夜具仕立業秋元亀吉あり。

五五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(段)に¬浦和町・秋元政次郎・二十二円・四十四円、秋元勘次郎・二十二円・三十三円、秋元春吉・十一円、美谷本村(戸田市)・秋元愛之助・七十九円、戸塚村(川口市)・秋元新蔵・十二円、片柳村(大宮市)・秋元寿作・二十九円、鴻巣町・秋元真次郎・三十二円・十六円、桶川町・秋元重次郎・十四円、越ヶ谷町・秋元政吉・百五十九円・九十二円、熊谷町・秋元仙蔵・六十九円、秋元善四郎・十円」あり。

穐本 アキモト 深谷に存す。

穐元 アキモト 青森市七十八戸あり。

龝本 アキモト 横須賀市長井三十五戸あり。入間郡北野村(所沢市)に此の氏多く存し、秋本氏・穐本氏も存す。全徳寺文久三年地蔵尊に東内手・秋本藤兵衛。明治三年北野村議定書に花井領上組・秋本小左衛門・秋本藤右衛門・秋本新五右衛門・組頭秋元伊左衛門。明治八年狭山学校議定証に秋本元十郎・秋本藤吉・秋本伊平次・秋本金蔵。天神社明治十三年碑に秋本彦十郎。明治十五年北広堂碑名簿に旧稲荷之前秋本熊蔵、西内手生徒・秋本小重郎・同秋本幸次郎・同秋本庄五郎あり。

龝元 アキモト 浦和、岩槻等に存す。

秋森 アキモリ 茨城県結城郡石下町古間木八戸、猿島郡猿島町逆井十三戸、筑波郡谷和原村川崎五戸、岩井市冨田九戸あり。

一 埼玉郡岩槻町 岩槻誌に¬市宿町、慶応末年、持高四十石一斗余・組頭秋森平右衛門」と。明治七年船積問屋秋森平右衛門・但し明治五年十一月創立。明治三十年所得税下調査簿に秋森喜兵衛・嘉永二年生・反別十二町歩・地租九十九円。明治三十五年に米穀商秋森丑松・同柏屋秋森喜兵衛・秋森善五郎あり。

二 同郡野久喜村(久喜市) 武井家前貞享三年庚申塔に秋森□□□あり。

秋家 アキヤ 鶴ヶ島に存す。

秋屋 アキヤ 草加、川口等に存す。

秋谷 アキヤ 秩父郡久長村字秋谷あり。群馬県新田郡尾島町阿久津六戸、藤岡市森新田十二戸、茨城県取手市下高井十戸、千葉県印旛郡白井町名内二十七戸、東葛飾郡沼南町大島田十三戸、印西市浦部十二戸、青森県北津軽郡金木町十五戸あり。アキタ二参照。

一 葛飾郡幸手宿 文政七年戸賀崎門人帳に幸手宿秋谷市太郎。幸宮神社天保二年狛犬に仲町東裏穐谷勘左衛門、天保十二年碑に秋谷太郎右衛門、嘉永元年水鉢に秋谷市太郎、明治四十二年碑に秋谷唯次。雷電社安政五年二十三夜塔に秋谷勘十郎。万延元年武術英名録に幸手宿穐谷喜兵衛。明治二十一年新道工事寄付者秋谷伊助・秋谷松平(乾物商下総屋)あり。

二 同郡高須賀村(幸手市) 大杉神社天明三年弁財天に秋谷松五郎あり。

三 同郡下川崎村(幸手市) 香取社寛政二年水鉢に秋谷久五あり。

四 同郡才羽村(杉戸町) 字内谷明治三十年鳥居碑に才羽字内谷・秋谷兵八あり。

五 同郡中里村(栗橋町) 下香取社明治二十九年伊勢講に秋谷幸右衛門あり。

六 同郡高須村(三郷市) 香取社明治四十二年富士講碑に秋谷伝之助あり。

七 同郡番匠免村(三郷市) 明治三十年人名録に秋谷安次郎・安政四年生・地租二十五円あり。

八 埼玉郡羽生町 上羽生村毘沙門堂宝暦七年常夜燈に杉下組・秋谷万太郎・秋谷掟左門、天保十一年碑に杉之下組秋谷嘉右衛門・宿並組秋谷庄左衛門。真光寺享和二年供養塔に下羽生村秋谷与右衛門。天満宮文化六年庚申塔に下羽生村秋谷利左衛門・秋谷彦八。簑沢村正光寺文政十年筆子碑に秋谷音雲。明治五年上羽生村板屋根職秋谷茂八。明治九年下羽生村副戸長秋谷保次郎・天保十四年生。明治三十五年古物商秋谷留五郎・建具職秋谷浪吉あり。

九 同郡今泉村(羽生市) 長光寺嘉永三年常夜燈に前原村秋谷勘十郎。藤井村源長寺慶応四年筆子碑に今泉村秋谷和歌吉あり。

一〇 同郡百間村(宮代町) 西原組浅間社明治三十年碑にワカミヤ・秋谷又兵衛。明治三十年人名録に百間中島村蚕業秋谷幸之助・弘化四年生・地租六十五円あり。

一一 同郡加須町 明治三十五年呉服商秋谷清吉あり。

一二 足立郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に秋谷釣蔵・秋谷春吉・穐谷忠作・秋谷邦芳(製薬業、明治二十二年生、県会議員、大宮町住)あり。

一三 同郡平塚村(上尾市) 明治九年副戸長秋谷巳之助・天保七年生。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡上平塚村秋谷美之助、中平塚村秋谷嘉七あり。

一四 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社慶応二年筆子碑に秋谷作右衛門あり。

一五 同郡桶川町 明治三十五年青物商秋谷竹次郎あり。

一六 同郡中野村(鴻巣市) 大間村久保寺明治十四年筆子碑に北中野・秋谷彦太郎あり。

一七 同郡宮前村(鴻巣市) 永林寺元禄三年六地蔵尊に宮前・秋谷十左衛門・秋谷七郎兵衛。宮登神社享保十九年庚申塔に宮前村秋谷吉兵衛・秋谷庄兵衛。箕田村真相寺寛政四年供養塔に宮前村秋谷喜八。登戸村勝願寺天保四年碑に宮前村秋谷喜太郎・秋谷芳五郎。明治四年名主秋谷玄益・四十九歳、組頭秋谷紋蔵・六十四歳。明治九年戸長秋谷玄又・嘉永二年生。明治十六年旅宿業穐谷八十松。箕田村明治十八年馬頭尊に宮前村秋谷善三郎あり。

一八 同郡箕田村(鴻巣市) 氷川八幡社明治十三年幟碑に秋谷定八あり。

一九 幡羅郡玉井村(熊谷市) 田島村明治八年富士碑に玉井村秋谷金治郎あり。

二〇 大里郡広瀬村(熊谷市) 文久元年秋山翁碑に秋谷和吉・秋谷勘蔵・秋谷権次郎・秋谷藤太郎あり。

二一 同郡石原村(熊谷市) 明治三十五年建具職秋谷小兵衛あり。

二二 賀美郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に秋谷善八あり。

二三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬大宮町・秋谷郷・四十二円、秋谷邦芳・十二円、上平村(上尾市)・秋谷精・百三十円、田間宮村(鴻巣市)・秋谷博愛・六百七十七円、加須町・秋谷清吉・五十五円・七十五円、秋谷勝三・七十八円・七十八円」あり。

龝谷 アキヤ 熊谷、上尾等に存す。

秋保 アキヤス 川口に存す。アキホ参照。

明山 アキヤマ 川口に存す。

秋山 アキヤマ 秋条参照せよ。那賀郡秋山村(児玉町)あり。相州文書に¬応永十二年、鎌倉建長寺領・那賀郡広木郷秋山村」と。行田長久寺明応七年頃大般若経に武州那珂郡中沢県秋山村小沢於日輪寺と、同寺永正十二年屏風銘に武州那珂郡中沢郷秋山村宝光寺と見ゆ。また、男衾郡秋山村(寄居町)は風土記稿に¬正保の改には載せず、其後何の頃か、西之入村より分村して元禄の改には西之入村枝郷秋山村とあり、今は全く一村となって枝郷の唱へは用へず」と。隣村に折原村字秋山組あり。群馬県利根郡月夜野町十四戸、佐波郡境町下渕名十戸、玉村町上之手十戸、碓氷郡松井田町上増田十戸、藤岡市本郷十九戸、安中市上秋間十九戸、栃木県下都賀郡藤岡町大前十戸、野木町野渡十八戸、芳賀郡茂木町小貫十四戸、河内郡上三川町下蒲生九戸、南河内町下坪十戸、小山市乙女十六戸、真岡市清水十六戸、茨城県久慈郡金砂郷町玉作二十戸、那珂郡瓜連町下大賀四十五戸、同町古徳十三戸、那珂町下江戸四十戸、東茨城郡桂村下圷十四戸、西茨城郡岩瀬町岩瀬十七戸、稲敷郡河内町生板三十戸、猿島郡総和町駒羽根十八戸、同町磯部十七戸、笠間市寺崎十七戸、神奈川県小田原市風祭七十戸、山梨県南巨摩郡鰍沢町四十戸、増穂町三百戸、中巨摩郡櫛形町六十戸、甲西町九十戸、昭和町六十戸、白根町八十戸、田富町四十戸、竜王町八十戸、長野県諏訪郡原村八ツ手十九戸、南安曇郡穂高町二十戸、木曽郡木祖村十四戸、佐久市猿久保六十戸、新潟県南魚沼郡塩沢町二十六戸、大和町大崎十四戸、西頚城郡青海町青海十五戸、中頚城郡三和村十五戸、東頚城郡安塚町石橋三十戸、浦川原村谷十五戸、牧村切光二十戸、福島県石川郡石川町十七戸、東白川郡棚倉町十九戸、西白河郡西郷村十八戸、大沼郡会津高田町十七戸、耶麻郡磐梯町十七戸、北会津郡北会津村三十四戸、宮城県桃生郡雄勝町三十戸、栗原郡栗駒町二十戸、青森県八戸市二百戸、山形県東田川郡櫛引町四十戸、秋田県由利郡矢島町十五戸、仙北郡中仙町十五戸、男鹿市九十戸、鳥取県(伯耆国)東伯郡大栄町十四戸あり。

一 甲斐源氏秋山氏 巨摩郡秋山村より起る。秋山系図(続群書類従)に¬加々美次郎遠光―光朝(秋山太郎)―光季(常葉次郎)―光家―時信―時綱―光信―光助―光政(秋山新蔵人太夫)、弟光房(蔵人次郎、兄討死之時、属桃井、帰于甲州)―光延―光盛―光方―光季―為光(大炊助、寛正六年二月十一日被誅、法名妙秋。弟彦九郎昌光・法名妙山)―光利―信利―信房―光任―信任―信藤(平十郎、伯耆守、仕信玄勝頼、後仕神君、天正十三年卒)―信時(法名日相。弟政時法名日陽、弟虎康法名日楽、妹法名日善)。光任の弟信和(伯耆守、始甲州住、属武田。到上州、属長尾、住鉢形)―信盛(牢人住鉢形、属長尾)―盛吉(秋山豊後守、属上杉憲政、武州四方田領主、住武州児玉郡御嶽城、亦移上州浄法寺城)―盛忠(秋山九郎左衛門、住浄法寺。兄秋山藤左衛門・住上州峰岸。弟秋山六左衛門・住浄法寺)―盛次(秋山八兵衛、住浄法寺。兄関補和尚・小畑村宝積寺十六世)」と見ゆ。此の一族は日蓮宗信徒にて、為光・昌光兄弟は、日蓮宗本土寺過去帳(松戸市平賀)に¬秋山大炊助妙秋・寛正六乙酉二月誅せらる、秋山七郎妙山・妙秋と兄弟」と載る。子孫も同宗にて法名に日蓮宗の日を称す。

二 那賀郡秋山城主秋山氏 当所より起る秋山城主秋山新九郎続照は、正平十二年に秩父郡小坂中山城主阿仁輪兵衛直家を攻め滅ぼす。阿仁輪条参照。風土記稿秋山村条に¬光政社、秋山新蔵人光政の霊を祭れりと云。この人当所に来住せしより村名をかく唱へしなるへしといへど其詳なることをしらず。昔甲州秋山邑に住し在名をもて秋山太郎光朝といひ右大将頼朝に仕へしものあり、この光政もその子孫なるにや」と見ゆ。また、当村神主吉野氏系図に¬吉野重泰(正応元年武蔵国那珂郡卒。姉は秋山左衛門尉時経妻)―女子(秋山伯耆守経朝妻)」とあり。当村に日蓮宗の寺院は無く、是等は続照の一族であろう。

三 鉢形城士の秋山氏 高麗郡高麗氏系図に¬高麗良伝(文亀十六年卒)―女子(鉢形城秋山善太郎妻)」と見え、風土記稿に¬天正十八年、秋山善九郎以下鉢形城に楯籠る」と見ゆ。一項の族か。また、町田日記に¬天正十八年鉢形城留守、秋山主膳・金尾弥兵衛・小薗藤次郎・山田兵三郎」と見ゆ。折原村字秋山組、男衾郡小薗村、秩父郡金尾村、同郡山田村より起る在名にて、苗字にあらず。彦久保文書に¬天正十年二月二十五日、秩父衆着到、折原衆の内・秋山衆鉄砲十挺」とあり。当所に秋山氏は現存無し。

四 忍城士の秋山氏 行田史譚に¬永正七年、成田親泰の側近秋山右近等は神奈川権現山城主上田蔵人を攻める」と見ゆ。成田分限帳に¬百貫文・秋山弾正、二十五貫文・秋山平左衛門、二十四貫文・秋山内蔵丞」あり。長久寺本に御鑓奉行秋山惣右衛門、秋山弾正は小田原籠城すと見ゆ。行田史譚に持田口・秋山内蔵、長野口・秋山惣右衛門と。成田記に¬長野口にて当城の旧臣秋山惣右衛門は、浅野長政勢に討たれる」と見ゆ。弾正と惣右衛門は父子か。成田村龍淵寺寛政八年鐘銘に¬成田下総守殿家来末葉、秋山弾正末葉・忍御城内・秋山総太郎、秋山平左衛門末葉・屈巣・秋山平左衛門、同末葉同所荒木五右衛門」あり。九項及び四十三項参照。

五 岩附城士の秋山氏 岩槻巷談に¬岩槻太田氏房の臣秋山惣五郎は岩槻籠城し討死す」と見ゆ。

六 深谷城士の秋山氏 深谷記に¬上杉御譜代の臣秋山将監。天正十年神流川合戦の時、深谷衆秋山郷左衛門」と見ゆ。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬五十石・本国相模生国同・秋山庄兵衛・三十二歳、五十石・本国駿河生国越後・秋山六太夫・四十六歳」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に¬御番抜・二十二石四人扶持・川越取立・秋山伝太夫」。万延元年に¬御鑓奉行・百石・秋山伝太夫、総領秋山権平」あり。

九 忍藩阿部氏家臣 四項参照。慶安年中忍藩分限帳に¬小姓共・六両・秋山惣右衛門、御者頭・客分・四百石・秋山次郎右衛門」。享保八年軍役帳に¬四百五十石・秋山惣右衛門、十両二人扶持・秋山采女」。文化四年忍藩分限帳に¬御先手銃隊・四百五十石・秋山惣太郎、同役・百三十石役料五十石・秋山林右衛門」あり。

一〇 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年士族名簿に¬五石二人扶持・秋山直三」あり。

一一 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に¬〇初代秋山久右衛門・天保三年郷方足軽被召抱・明治三年隠居、二代秋山久兵衛・明治四年民籍へ下る、久兵衛の嗣子作次郎、大字岡部戸主秋山松助。〇初代秋山忠三郎・安政元年郷方足軽被召抱・元治元年病死、二代秋山嘉三郎・明治四年民籍に下る、大字岡部戸主秋山峯次郎。〇初代秋山市之丞・天保元年代官下役見習被申付・安政六年病死、二代秋山島之助・明治四年民籍に下る、大字岡部戸主秋山島之助。〇初代秋山亀治郎・安政三年足軽見習被申付・明治四年民籍に下る、大字岡部戸主秋山多伝治」と。慶応四年岡部藩分限帳に¬御徒・四石二人扶持・秋山久兵衛」。明治四年分限帳に¬秋山久兵衛・岡部・平民、秋山嘉三郎・岡部・平民」あり。

一二 葛飾郡大塚村(杉戸町) 秋山氏先祖は大坂落城後に当地へ土着し小名小左衛門新田を開く。元禄十年検地案内人名主秋山小左衛門(二代又左衛門)。初代栄寿心蓮信士・正保四年没、二代又左衛門・元禄十三年没、半六・宝暦八年没、又左衛門・天明五年没、又左衛門・文化七年没、又左衛門(彦右衛門)・文政十一年没、又左衛門・天保八年没、又左衛門・明治五年没、又左衛門・明治三十二年没、徳治郎・昭和十五年没。豊明神社文化二年塞神碑に秋山万次郎、天保十二年庚申塔に秋山万蔵。延命寺明治六年碑に秋山又左衛門、秋山啓治郎、秋山清吉、秋山万吉、秋山柳蔵、秋山富蔵。明治三十年人名録に秋山徳次郎・明治三年生・地租八十円、米穀商秋山茂助・嘉永六年生・地租二十二円あり。

一三 同郡下高野村(杉戸町) 佐内新田御所宮天和三年庚申塔に秋山権右衛門。永福寺寛政二年碑に秋山庄右衛門。木々子神社天保四年供養塔に秋山庄八・秋山庄右衛門あり。

一四 同郡川藤村(吉川市) 明治九年副戸長秋山文次郎・天保九年生(三十年に地租十六円)あり。

一五 同郡土場村(吉川市) 八幡社明治三十九年碑に秋山菊蔵あり。

一六 同郡三輪之江村(吉川市) 清春庵万治三年供養塔に秋山六兵衛。三輪之江神社明治二十八年碑に秋山松五郎、三十九年碑に秋山孫四郎・秋山秀幢あり。

一七 同郡関新田村(吉川市) 浄慶寺跡文政八年庚申塔に秋山友□あり。

一八 同郡栗橋町 明治三十五年白米商秋山為吉・秋山栄三郎あり。

一九 同郡水角村(庄和町) 水角神社寛政三年庚申塔に秋山治右衛門、天保三年庚申塔に秋山甚左衛門、明治三十五年碑に秋山寿作・秋山万次郎。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流水角村秋山甚之助あり。

二〇 同郡大広戸村(三郷市) 高応寺文政六年棟札に棟梁秋山与兵衛、明治十七年太鼓銘に大広戸居住秋山五郎兵衛。明治三十年人名録に秋山権之助・慶応元年生・地租四十三円あり。

二一 同郡長戸呂村(三郷市) 円福寺正徳二年庚申塔に秋山五郎左衛門あり。

二二 同郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に秋山甚兵衛あり。

二三 同郡上赤岩村(松伏町) 浅間社明治四十四年碑に上赤岩岩岸組・秋山佐吉あり。

二四 同郡下赤岩村(松伏町) 蓮福寺寛政十年碑に岩尾邑秋山忠助あり。

二五 埼玉郡忍町 明治三十五年足袋製造高砂屋秋山治助・同業高砂屋秋山金右衛門・菓物商秋山利三郎あり。

二六 同郡酒巻村(行田市) 八幡社慶応三年八海山碑に酒巻村秋山弥太郎あり。

二七 同郡下須戸村(行田市) 八坂社明和六年弁財天碑に秋山孫兵衛あり。

二八 同郡渡柳村(行田市) 常世岐姫神社文久二年水鉢に秋山初五郎、明治九年御神燈に秋山岡次郎あり。

二九 同郡利田村(行田市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡利田・秋山要助あり。

三〇 同郡羽生町 正覚院文政四年供養塔にシモムラ秋山丹治。明治三十五年に秋山甚之助あり。

三一 同郡下村君村(羽生市) 永明寺享保九年碑に秋山権兵衛、文化九年に秋山幸内、文久二年仙元碑に当村役人秋山勇助、松之木・秋山清三郎・秋山喜三郎。鷲宮社宝暦十二年棟札に秋山七左衛門、嘉永六年御神燈に秋山佐右衛門・秋山市蔵・秋山正蔵・秋山由之助。秋山松造家天保七年文書に名主秋山金次郎、名主秋山清次郎も同家なり。上村君村雷電社天保十年碑に下村君村秋山嘉兵衛。私塾師匠秋山理吉・号墨海・文林・所窓・文政六年生。明治九年副戸長秋山仁左衛門・嘉永四年生、副戸長秋山喜三郎・天保三年生。明治十八年最上農名簿に酒造業秋山壮三郎・

   耕宅地十一町一反歩あり。

三二 同郡喜右衛門新田(羽生市) 八幡宮文久二年小御嶽碑に秋山吉五郎あり。

三三 同郡樋遣川村(加須市) 上吉羽村金子家系図に¬鳥海四郎左衛門尉重隆(貞享五年没。姉は羽生領樋遣川村秋山佐太夫妻)―鳥海伊兵衛尉重行(妻は秋山佐太夫息女)」と見ゆ。聖徳寺宝暦十一年碑に名主秋山仙助。当村享和元年読誦塔に北セ田和・秋山伝五右衛門、天保四年月待塔に樋遣川邨イチ・秋山万五郎。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に樋遣川村秋山六右衛門。浅間社嘉永七年碑に当所龝山富五郎・北瀬田和秋山米八、明治十二年鳥居碑に龝山田行信山・秋山勘太郎・秋山清太郎・龝山惣八。当村文久三年地蔵尊に北セタワ秋山亀吉、慶応二年地蔵尊に樋遣川村立野・秋山清之丞。慶応四年打ちこわし番付に秋山六右衛門。明治九年戸長秋山甚蔵・安政元年生。明治十八年最上農名簿に秋山六右衛門・耕宅地十四町六反歩・山林二反歩。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に秋山甚蔵。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に樋遣川・秋山幾蔵あり。

三四 同郡町谷新田(加須市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講に町谷新田・本田・秋山卯兵衛。慶応四年馬頭尊に地蔵堀・秋山六右衛門あり。

三五 同郡外野村(加須市) 棘脱地蔵堂明治九年算額に当所穐山弥兵衛あり。

三六 同郡生出村(大利根町) 明治七年製糸会社人名録に生出村秋山六右衛門あり。

三七 同郡北大桑村(大利根町) 大願寺文化六年供養塔に秋山徳右衛門・秋山惣八。香取社弘化三年狛犬に秋山清次郎。県会議員秋山清・昭和二年生あり。

三八 同郡道目村(大利根町) 鷲大神明治十二年浅間碑に秋山勘太郎あり。

三九 同郡飯積村(北川辺町) 鷲神社宝暦十年庚申塔に秋山善右衛門。明治三十五年に秋山定四郎・秋山周吉・秋山利七・秋山啓助・秋山庄之助・秋山留吉・秋山吉五郎・秋山清七あり。

四〇 同郡騎西町 玉敷神社弘化四年二十三夜塔に町講中秋山甚助。明治三十五年に木屋秋山永次郎あり。

四一 同郡上高柳村(騎西町) 諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中・秋山代六。正能村諏訪社嘉永五年富士講に上高柳村秋山市作。明治九年副戸長秋山嘉右衛門・文政八年生あり。

四二 同郡上崎村(騎西町) 享保十八年弁才天に上崎村秋山金右衛門あり。

四三 同郡屈巣村(川里町) 四項参照。行田史譚に¬屈巣村寛永年中名主秋山平左衛門、享保六年名主秋山平左衛門、天保元年名主秋山平左衛門と見ゆ。久伊豆社貞享二年塞神碑に秋山八兵衛。天明元年山崎文書に新田秋山弥次右衛門、名主秋山嘉之平。明治九年戸長秋山亀太郎・文政十一年生あり。

四四 同郡小林村(菖蒲町) 明治二十六年聖徳太子塔に秋山平蔵あり。

四五 同郡栢間村(菖蒲町) 神明社文政十一年太子講碑に秋山宗五あり。

四六 同郡久喜町 明治三十五年白木綿商戸崎屋秋山万次郎・理髪業秋山寅吉あり。

四七 同郡笹山村(蓮田市) 館野圭二宅前天保六年庚申塔に笹山村秋山良助。稲荷社明治十三年浅間碑に当邨秋山栄吉あり。

四八 同郡鷲宮村 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所秋山次郎吉。明治三年下新井村名主秋山次郎左衛門。明治五年鷲宮村百姓代秋山藤四郎あり。

四九 同郡岩槻町 大龍寺安政五年鐘銘に大工町秋山甚治郎あり。

五〇 同郡一之割村(春日部市) 円福寺安永七年庚申塔に秋山三郎□・秋山六右衛門。香取社明治二十八年碑に秋山辰五郎あり。

五一 同郡二丁目村(八潮市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に若柳・秋山弥五右衛門。足立区花畑大鷲神社天保四年算額に二丁目村秋山平治郎徳直・秋山文蔵信常。両名は名主なり。字若柳嘉永二年供養塔に秋山平蔵・秋山庄左衛門・秋山茂左衛門・秋山作五右門・秋山権兵衛・秋山作左衛門・秋山長右衛門・秋山甚蔵。西袋村観音堂安政三年筆子碑に若柳・秋山文蔵。明治九年副戸長秋山平蔵・文政八年生。明治十九年村会議員秋山八十八。明治三十年人名録に秋山庄次郎・明治二年生・地租十六円、晒営業千代倉秋山宗四郎・元治元年生あり。

五二 同郡箱田村(熊谷市) 剣術家秋山要助正武(紺屋業)は、寛政年間に門弟二千余名あり。先祖は甲州秋山要助信近と伝える。

五三 同郡四町野村(越谷市) 虎稲荷社天明四年庚申塔に秋山文右衛門あり。

五四 同郡越ヶ谷宿 久伊豆社明治三十二年榛名碑に秋山彦次郎・秋山亀次郎あり。

五五 同郡七左衛門村(越谷市) 明治九年副戸長秋山孝太郎・文政八年生。明治三十年所得税下調査簿に出羽村秋山吉太郎・弘化二年生・反別八町九反歩・地租百十一円あり。

五六 同郡瓦曽根村(越谷市) 家伝に幕臣秋山伯耆守信藤の後裔と称す。但し、信藤の家は日蓮宗にて、瓦曽根村及び西方村に同宗寺院は無し。西方村秋山氏由緒之記に¬抑当家の原由たる其先、甲斐源氏の苗裔にして、天正十年三月中武田家没落の後、信藤其子長慶家族等、時節を計り一先づ乱世を避しが為、武田家の公胤千徳丸を衛り伴ひ当国に落延び、今呼ぶ七左衛門村に来て潜居し後瓦曽根村に移住すと云々。又信藤の長男虎康・其子昌秀下総国小金を領し幕府に仕るの砌り、信藤は江府に出、孫なる昌秀の家に養はれ茲に星霜を経、寿令九十三歳に満て卒すと云。又信藤の二男長慶を始め弟族等今は再び武名を挙るに詮なく、終に身を変し時業を営なむ事には成りぬ、弥よ其落付く所は瓦曽根村字大東・秋山孫左衛門と称し其系族今に連綿たり。又長慶の弟は同所字川端へ分家して秋山孫右衛門と称し是とても今に其家系を伝へり。又長慶の男秋山孫左衛門照定の長子道喜、其子光正の六男秋山喜三郎は故有て同所へ隠居分家と成り後五郎左衛門と改む」と見ゆ。以下の文は次項参照。足立区花畑大鷲神社天保四年算額に瓦曽根村秋山万蔵孝公。明治九年戸長秋山孫左衛門・文政四年生・製糸業。明治三十年人名録に秋山万蔵・嘉永元年生・地租九十三円、秋山敬造・天保十一年生・地租七十円あり。

五七 同郡西方村(越谷市) 前項の分家にて、当村秋山氏由緒之記に¬秋山長慶の男秋山孫左衛門照定の長子道喜、其子光正の六男秋山喜三郎は故有て同所へ隠居分家と成り後五郎左衛門と改む。又光正の七男にして幼名七之助と称せしは天和元年の生れにして宝永七年六月中壮令三十歳の時、右五郎左衛門より分地して大相模西方村字山谷に家居を定め、秋山利左衛門康任と改号せり。是則我が住基の始主にして系脈伝功の証本一家歴世の祖とする所也。〇秋山利左衛門康任(幼名七之助。母は柿ノ木村豊田勘左衛門の女なり。妻は当村石塚伝兵衛の二女にして千代と称せり。康任に七子有り、長男二男は早世す、三女は吉川村戸張氏へ嫁す、四男致英は当家二世を嗣たり、五男伴七は当村字流へ分地し、六男利助は同所字大境へ分地す、七女は幼死せり。又彼伴七、利助の両分家へは田地五町歩宛并金四百両宛同様に配授す。一世法名寂照院円融浄光居士・寛延二年卒・六十九歳、浄徳院香林智芳法尼・宝暦七年卒・六十九歳)。〇二世利左衛門致英(始め孫八と称す。妻は蒲生村大熊新五左衛門の女なり。八子あり、長男高房は当家の三世を嗣たり、二男義興は花又村青木氏の養子と成り、三女は越ヶ谷宿有滝太兵衛方へ嫁す、四女は江府浅草海保六兵衛方へ嫁す、五男影信は当村野口氏の養子と成り、六男八蔵、七女八女の三人は皆幼死せり。二世法名常寂院通達明了居士・明和九年卒・六十六歳)。〇三世利左衛門高房(始め八郎左衛門と称す。妻は赤岩村細野伝右衛門の女なり。五子あり、長男勝政は当家の四世を嗣たり、二女は青柳村藤波伝左衛門の弟武吉へ嫁す、三男祐資は後谷村藤波増治郎の養子となり、四女五男は共に幼死す。三世法名善明院遊歩大空居士・寛政十二年卒・五十八歳)。〇四世利左衛門勝政(始め岩之助と称す。妻は瓦曽根村秋山五郎左衛門の四女なり。勝政先妻は谷原村神田太左衛門の女なり、後離縁となる。後妻の一女に婿を迎えて当家の五世を嗣しむ。文化六年卒・四十三歳)。〇五世利左衛門邦最(実青柳村藤波武吉長男。文政七年卒・三十四歳)。〇六世吉太郎徳義、其の子吉重郎」と見ゆ。日枝社天保十年御神燈に秋山弥之吉、嘉永六年水鉢に当所山谷・秋山徳義。明治九年戸長穐山弥之吉・文政二年生・製糸業。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流西方村・秋山要次郎・秋山敬之助・秋山国太郎・秋山吉之助。明治三十年所得税下調査簿に秋山吉重郎・反別二十町五反歩・地租二百九十三円。同年人名録に秋山英次郎・元治元年生あり。

五八 足立郡草加町 明治六年秋山銀次郎。明治三十五年塩魚商三河屋秋山琴之助あり。

五九 同郡善兵衛新田(草加市) 稲荷社嘉永三年水鉢に当所秋山孫次郎、明治十六年碑に秋山初五郎あり。

六〇 同郡金右衛門新田(草加市) 旭神社文政五年供養塔に秋山甚太郎、文久二年成田山碑に秋山勘五郎あり。

六一 同郡九左衛門新田(草加市) 文化五年庚申塔に秋山八十八。明治十九年家屋台帳に秋山長五郎・秋山粂太郎・秋山熊蔵・秋山亦四郎・秋山源蔵・秋山武七・秋山初五郎・秋山助蔵・秋山市蔵。蒲生村光明院明治三十六年碑に九左衛門・秋山治郎左衛門あり。

六二 同郡庄左衛門新田(草加市) 市神祠官筆学入門帳に文久二年長張庄左衛門新田・秋山甚太郎あり。

六三 同郡染谷村(大宮市) 明治八年騎西町釜屋文書に染谷村酒造業秋山馬五郎あり。

六四 同郡土呂村(大宮市) 神明社宝永二年庚申塔に秋山茂兵衛・秋山久兵衛、文政五年庚申塔に秋山源左衛門・秋山与七・秋山弥右衛門・秋山新左衛門、明治中期御神燈に秋山亀吉・秋山秀吉。八雲社に秋山重蔵・秋山誠二。中里村弘法尊院慶応三年碑に土呂村秋山平八あり。

六五 同郡上尾町 当所宝永四年庚申塔に片足村秋山又右衛門あり。

六六 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十一年碑に秋山嘉七・秋山峰吉あり。

六七 同郡平塚村(上尾市) 氷川社安政四年御神燈に当村秋山喜伝次、明治二十七年浅間碑に秋山嘉七。明治九年副戸長秋山源次郎・天保七年生あり。

六八 同郡戸崎村(上尾市) 御嶽社延宝七年庚申塔に戸崎村秋山六兵衛・秋山小右衛門・秋山長三郎、天保四年馬頭尊に秋山兵右衛門。峰岸村中島文書文久元年算学門人に戸崎村穐山源蔵嘉重あり。

六九 同郡上野村(上尾市) 当村元禄六年庚申塔に上野村穐山六郎右衛門・穐山勘右衛門・穐山市兵衛。平方村橘神社明治三十年御神燈に大字上野秋山新蔵・秋山助五郎あり。

七〇 同郡上野本郷村(上尾市) 平方村橘神社文化十一年水鉢に上野本郷秋山茂吉、天保十一年鳥居碑に上野本郷村秋山利兵衛。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡上野本郷村秋山理兵衛。明治五年名主秋山仙助・組頭秋山倉之助。県会議員農業秋山次郎助・明治五年生あり。

七一 同郡平方領領家村(上尾市) 当村元禄四年庚申塔に領家村秋山新左衛門あり。

七二 同郡小泉村(上尾市) 当村延宝六年庚申塔に石戸領古泉村穐山伝兵衛あり。

七三 同郡壱丁目村(上尾市) 当村貞享三年庚申塔に秋山権兵衛あり。

七四 同郡桶川宿 稲荷社安政六年碑に秋山忠右衛門。明治十一年府川文書に秋山喜四郎。明治三十五年糸繭商秋山栄吉・白米商秋山團太郎あり。

七五 同郡坂田村(桶川市) 倉田村明星院文政六年新西国塔に坂田村秋山門次郎。明治九年副戸長秋山源次郎・天保七年生あり。

七六 同郡下日出谷村(桶川市) 知足院嘉永七年馬頭尊に当村秋山弥吉。明治八年地租改正に秋山丈八・秋山惣吉・秋山文助・秋山歆治郎・代議人秋山重蔵あり。

七七 同郡小室村(伊奈町) 当村貞享二年大日如来に秋山与兵衛。観音堂元禄十四年地蔵尊に秋山三左衛門・秋山伝兵衛。氷川社安政三年御神燈に本村秋山四郎兵衛あり。

七八 同郡小貝戸村(伊奈町) 清光寺文政十二年筆子碑に当村秋山佐次兵衛・秋山惣五郎・秋山長吉・秋山元次郎・秋山忠次郎・秋山豊吉。小室村観音堂天保六年供養塔に小貝戸村秋山弥右衛門。本村氷川社安政三年御神燈に小貝戸村秋山四郎右衛門・秋山七郎右衛門・秋山清八。明治六年林文書に小貝戸村醸造人秋山四郎兵衛あり。前項参照。

七九 同郡小針内宿村(伊奈町) 東光院天保九年筆子碑に当村秋山六兵衛。小針神社天保九年水鉢に小針内宿村秋山半六・秋山清次郎あり。

八〇 同郡与野町 明治三十五年理髪職秋山半蔵・同職秋山捨次郎あり。

八一 同郡鴻巣町 市之縄村宝暦七年弁才天碑に宮地・町・秋山平左衛門。明治九年副戸長秋山平五郎・天保八年生(明治五年七月陸運会社創立)。明治十四年埼玉銀行株主・質業秋山由太郎・五株二百五十円所有。三十年本一丁秋山才助。三十三年勝願寺農事講習生秋山清三郎あり。

八二 同郡下生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に秋山清助・秋山孫七あり。

八三 同郡常光村(鴻巣市) 常光神社明治二十八年碑に常光村秋山文吉あり。

八四 入間郡坂戸村 諸郡銘録(本庄戸谷文庫)に寛政期・坂戸・秋山佐衛門・俳号白水。明治三十五年粉名商秋山常吉・豆腐商秋山政吉・魚商秋山政太郎あり。

八五 同郡岩井村(毛呂山町) 明治九年岩井村副戸長秋山太兵衛・天保六年生。明治二十二年毛呂村会議員秋山伊三郎あり。

八六 同郡古谷本郷(川越市) 明治九年上組副戸長秋山伴七・弘化二年生。八幡社明治三十八年碑に古谷村秋山栄次郎・秋山景三あり。

八七 同郡所沢町 明治七年所沢町議定書に秋山浅五郎あり。

八八 比企郡小川町明治十年地主総代秋山与吉。明治十八年小川銀行発起人秋山房次郎・三十株千五百円所有。明治三十五年米穀商秋山芳太郎・絹商秋山常次郎・菓子商秋山福太郎あり。

八九 同郡毛塚村(東松山市) 明治十五年青物商秋山六兵衛あり。

九〇 同郡田木村(東松山市) 明治十八年小川銀行発起人秋山幾三郎・三十株千五百円所有あり。

九一 同郡将軍沢村(嵐山町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に将軍沢村秋山平八あり。

九二 横見郡山ノ下村(吉見町) 山崎文書に¬慶長七年九月開発人長百姓六左衛門・高十一石余・比地面二町二反余。天和元年十一月、秋山長百姓六左衛門五代孫・市兵衛と見ゆ。

九三 同郡久保田村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に久保田新田・秋山源兵衛あり。

九四 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺天保十四年馬頭尊に秋山伊之助、慶応二年権田碑門人に秋山梅千之助・亡秋山源蔵。八幡社安政六年水鉢に秋山新五郎、慶応二年碑に秋山伊三郎。龍泉寺元治元年馬頭尊に秋山倉二郎・秋山戸平あり。

九五 大里郡熊谷宿 石上寺開基は城和泉守家臣秋山雅楽介と伝える。竹井参照。宝暦十年熊谷宿新宿(筑波町)北屋敷持主秋山六右衛門・秋山五右衛門。明治三十五年理髪店秋山重太郎・海産物商衣川屋秋山元次郎・足袋商秋山銀蔵・米穀商吉見屋秋山治兵衛・鳥商秋山勘助・飲食店秋山国次郎あり。

九六 同郡石原村(熊谷市) 石原村誌に¬秋山紀伊守光郡は甲州武田の老臣にして、武田滅亡の後、此の地に移住し天正十年二月十一日死せり」と見ゆ。当村の土豪にて、出稼衆であろう。行田史譚に¬石原村、寛永年中名主秋山四郎兵衛、享保六年名主秋山四郎兵衛」と。真宗寺万延二年寄附に秋山竹四郎・秋山金七郎。明治元年上分名主秋山四郎兵衛・改名蔚・天保七年生(明治六年戸長)、組頭秋山清左衛門、組頭秋山金七郎(明治六年副戸長)。明治八年副戸長秋山藤三郎・嘉永二年生。明治二十一年皇国武術英名録に念流秋山丘(副戸長)あり。

九七 同郡広瀬村(熊谷市) 風土記稿広瀬村条に¬円福寺の開基は城和泉守の家人秋山図書なり、法名要岩玄淳居士・慶長十六年十月七日卒す」と見ゆ。当村文政七年庚申塔に秋山善五郎。上宿地蔵尊に秋山佐次右衛門あり、五代の孫秋山忠正氏なり。私塾師匠名主秋山忠右衛門明晴・玄光棊堂・明治十五年没九十二歳、其の子理兵衛(文政二年生、明治九年戸長)なり。文久元年秋山翁碑に秋山梅五郎・秋山与市郎・秋山松次郎・秋山理兵衛・秋山玄昌・秋山恒蔵・秋山房五郎・秋山忠五郎・秋山彦太郎・秋山勝次郎・秋山茂十郎・秋山作次郎・秋山由五郎・秋山熊太郎・秋山増蔵・秋山金輔・秋山慶三郎・秋山新吉・秋山総三郎・秋山良吉・秋山伊三郎・秋山弥曽吉・秋山亦助・秋山卓助・秋山福太郎・秋山庄三郎。近村の住人も存す。富士浅間神社慶応三年碑に秋山佐右衛門・秋山武兵衛・秋山兵右衛門・秋山文右衛門・秋山源六・秋山午市郎・秋山甚八・秋山綱五郎・秋山慶之助。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑にヒロセ・秋山惣三郎あり。此の氏は、当地方に多く存し、古代秋山族の居住地にて、日蓮宗信徒の甲斐源氏秋山氏後裔説は附会なり。石原村、広瀬村、箱田村等に日蓮宗寺院は無し。

九八 同郡河原明戸村(熊谷市) 諏訪社安政六年水鉢に秋山豊吉・秋山孫四郎・秋山平八あり。

九九 榛沢郡深谷町 高畑村円能寺明治三十二年筆子碑に深谷・秋山金蔵。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町秋山伝作・深谷観音講秋山新作・秋山亀吉あり。

一〇〇 同郡岡部村 用土村下宿阿弥陀堂文政五年如来像に岡部村大仏師秋山閤慶。岡部神社嘉永六年御神燈に秋山仁右衛門・秋山藤右衛門、安政二年御神燈に秋山市右衛門・秋山二左衛門・秋山政次郎・秋山伊之助。明治九年副戸長秋山新吉・弘化三年生。明治十三年柏合村八海山碑にオカベ秋山政五郎。明治二十一年皇国武術英名録に真之神道流柔術岡部村秋山作次郎。高畑村円能寺明治三十二年筆子碑に岡部秋山芳次郎あり。十一項参照。

一〇一 同郡普済寺村(岡部町) 当村江戸末期庚申塔に穐山寅松あり。

一〇二 同郡寄居町 明治三十五年糸繭商秋山米吉あり。

一〇三 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村秋山惣五郎あり。

一〇四 同郡小前田村(花園町) 横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治十六年小前田村秋山幸太郎・十九歳あり。

一〇五 那賀郡猪俣村(美里町) 二柱神社明治十三年水鉢に秋山亀五郎。同年用土村仙元碑に猪俣村秋山富太郎あり。

一〇六 同郡広木村(美里町) 常福寺明治中期筆子碑に村・秋山伊代吉・秋山五三郎・秋山長松。ミカ神社明治四十一年碑に当所秋山鉄三郎・秋山甚太郎あり。

一〇七 同郡小平村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に小平・秋山弥八あり。

一〇八 児玉郡本庄町 明治三十五年古物商秋山為三郎あり。

一〇九 同郡関村(美里町) 用土村明治十三年仙元碑に関村秋山又七あり。

一一〇 同郡新宿村(神川町) 児玉記考に¬旧家秋山源蔵、先代を代々源蔵と云い、維新前は名主組頭を勤めたりと見ゆ。

一一一 賀美郡肥土村(神川町) 広野神社明治三十九年碑に秋山金五郎・秋山定吉・秋山定四郎あり。

一一二 同郡八日市村(神川町) 文政十二年秩父宝登山神社本堂造営棟札に大工加美郡八日市村秋山源八英棟あり。

一一三 同郡七本木村(上里町) 法泉寺文政十一年碑に秋山源蔵。西富田村宥宝寺明治十二年玉垣碑に七本木村秋山喜平・秋山源三郎・秋山栄重郎あり。

一一四 秩父郡小鹿野町 明治二十年上二丁目糸繭商秋山粂吉あり。

一一五 同郡本野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に本野上・秋山兼吉あり。

一一六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬横曽根村(川口市)・秋山吉弥・四十四円、片柳村(大宮市)・秋山英好・十二円、大宮町・秋山豊吉・九円・二十二円、大砂土村(大宮市)・秋山誠二・二十七円・五十六円、平方町(上尾市)・秋山次郎助・九十八円、日進村(大宮市)・秋山鹿蔵・三十六円、高坂村(東松山市)・秋山義治・十八円・二十八円、出羽村(越谷市)・秋山源兵衛・九円、潮止村(八潮市)・秋山宗四郎・十一円・十六円、大相模村(越谷市)・秋山国太郎・百三円、忍町・秋山治助・百三十九円・九十五円、長野村(行田市)・秋山金右衛門・四十八円、熊谷町・秋山国次郎・二百七十五円・百二十円、秋山善次郎・九十円・四十二円、秋山金四郎・九十八円、秋山徹・十三円、高柳村(騎西町)・秋山吉蔵・二十三円、秋山健助・十一円、樋遣川村(加須市)・秋山甚蔵・二百十五円、秋山武司・六十七円、秋山馬之丞・二十二円、村君村(羽生市)・秋山荘三郎・三十円、元和村(大利根町)・秋山清左衛門・十六円、小鹿野町・秋山重信・三十七円、所沢町・秋山八百蔵・九十九円、田宮村(杉戸町)・秋山徳次郎・九円」あり。

穐山 アキヤマ 榛沢郡宿根村(深谷市)に存す。鳥取県(伯耆国)東伯郡大栄町十五戸あり。

龝山 アキヤマ 埼玉郡麦倉村(北川辺町)に存し、飯積村鷲神社明治十一年絵馬に麦倉村龝山三次郎あり。また、榛沢郡宿根村、賀美郡八日市村、埼玉郡樋遣川村、小林村等に存す。

安居院 アキョイン 神奈川県秦野市上大槻十八戸あり。アコイン参照。

秋吉 アキヨシ 各市町村に存す。鳥取県(因幡国)気高郡青谷町二十戸、島根県(石見国)益田市十七戸あり。

秋良 アキヨシ 越谷に存す。

秋好 アキヨシ 上福岡、所沢、越谷、鳩ヶ谷、新座、草加等に存す。島根県益田市十八戸あり。

穐吉 アキヨシ 熊谷、飯能に存す。

龝吉 アキヨシ 熊谷、浦和、和光等に存す。

審良 アキラ 春日部、戸田、蕨等に存す。

秋楽 アキラ 千葉県木更津市中島四戸あり。

龝利 アキリ 新座に存す。

秋和 アキワ 群馬県多野郡万場町船子八戸、長野県北佐久郡望月町布施六戸あり。

一 葛飾郡中曽根村(吉川市) 観音寺明和九年墨書銘に秋和孫右衛門。香取社文久四年狛犬に秋和嘉吉、明治四十年碑に秋和平吉あり。

二 入間郡山口堀之内村(所沢市) 明治五年堀之内村紺屋秋和惣左衛門・木挽職秋和七右衛門。明治九年山口村地主誓約書に秋和国三郎・秋和宗治・秋和弥重郎・秋和治郎吉・秋和七五郎。明治十五年北広堂碑名簿に二番組秋和伊之助・秋和千代松・秋和半造あり。

三 同郡北岩岡村(所沢市) 明治五年岩岡新田製茶業秋和久右衛門あり。

四 児玉郡本庄宿 石川剣道場門下生に寛政四年本庄宿秋話半蔵。明治十七年本庄町会議員秋和伊平。明治三十五年織物業秋和代二郎あり。

秋輪 アキワ 大宮に存す。

穐和 アキワ 吉川に存す。

龝和 アキワ 吉川に存す。

阿久 アク 菖蒲に存す。

安食 アグイ 各市町村に存す。アジキ参照。

安喰 アグイ 埼玉郡生出村(大利根町)に存す。茨城県猿島郡総和町上大野十七戸、同町小堤九戸あり。アジキ参照。

安久井 アクイ 南河原、大宮、岩槻等に存す。

阿久井 アクイ 北本、幸手、庄和等に存す。栃木県塩谷郡高根沢町大谷十戸、茨城県結城市山王十一戸あり。

安居院 アクイン 春日部に存す。

飽浦 アクウラ 入間に存す。

飽沢 アクサワ 昭和三年興信録に¬原市町(上尾市)・飽沢兼三・所得税四十六円・営業税五十六円」あり。

安久沢 アクサワ 那賀郡小平村(児玉町)に存す。当村百体観音文政二年地蔵尊に当村町谷・阿久沢栄治郎。石神神社文政七年供養塔に安久沢三郎右衛門。埼玉郡正能村諏訪社嘉永五年富士講に那賀郡小平村阿久沢富士松。万延元年武術英名録に神武一刀流・八幡山在阿久沢喜代松。当村明治二十一年碑に安久沢佐次松。秋平小学校明治三十二年碑に小平・安久沢治三郎・安久沢七郎・安久沢富士松・安久沢カネ・安久沢儀作あり。

安久澤 アクサワ 深谷に存す。

阿久沢 アクサワ 群馬県北群馬郡子持村白井七戸、榛東村新井十六戸、勢多郡大胡町堀越三十戸、粕川村稲里十七戸、富士見村小沢二十戸、宮城村柏倉三十戸、同村市之関二十五戸、佐波郡境町三ツ木十五戸、高崎市元島名三十戸、同市新保二十戸、安中市後閑十二戸あり。此の氏は他県に見えず。

一 熊谷宿 明治十三年形付職阿久沢弥四郎。三十五年海産物商島田屋阿久沢秀吉・塩魚商阿久沢市五郎あり。

二 本庄宿 本庄村本宿十八軒の一人・阿久沢氏は草分けなり。明治四年諸井文書に本町阿久沢伊三郎あり。

阿久澤 アクサワ 狭山に存す。

愛久沢 アクサワ 行田、羽生等に存す。

悪七 アクシチ 山形県寒河江市五戸あり。

芥 アクタ 浦和、川口等に存す。

芥田 アクタ 越谷に存す。

飽田 アクタ 長野市平林六戸あり。川越藩松平大和守家臣にて、万延二年川越藩分限帳に¬御馬廻・二十五人扶持・飽田金之介」あり。

芥川 アクタガワ 各市町村に存す。

芥屋 アクタヤ 島根県(出雲国)平田市十五戸あり。

圷 アクツ 茨城県那珂郡美和村下檜沢六戸、那珂町横堀三十戸、東海村船場三十戸、大宮町北塩子三十戸、山方町長田二十戸、久慈郡金砂郷町薬谷二十八戸あり。

堆 アクツ 春日部に存す。茨城県久慈郡金砂郷町竹谷八戸あり。

飽津 アクツ 比企郡市ノ川村字悪津、高麗郡楡木村字アクツ、秩父郡長留村字悪津あり、飽津とも記す。

一 足立郡上尾町 明治三十五年荒物商飽津治郎吉・米穀商飽津仲次郎あり。

二 同郡原市町(上尾市) 明治四年百姓代飽津弥吉。明治三十五年足袋商飽津勝蔵・白木綿商飽津鎌三あり。

三 同郡鴻巣町 明治三十五年白木綿商飽津謙次あり。

安久津 アクツ 川越、松伏、川口、狭山等に存す。山形県南陽市十九戸あり。忍藩阿部氏家臣にて、享保八年忍藩軍役帳に¬三人扶持・安久津万之助、二十三俵二人扶持・安久津太右衛門」あり。

阿久津 アクツ 賀美郡肥土村は阿久津とも記す。上野国緑野郡原之郷小林村に接し、武田勝頼定書に¬武州小林之内阿久津并落合之事、同州毘沙土之事」と見ゆ。入間郡古谷上村字阿久津あり。群馬県北群馬郡子持村北牧十五戸、佐波郡赤堀町今井十四戸、東村田部井五十戸、伊勢崎市波志江二十戸、高崎市飯塚二十五戸、栃木県那須郡馬頭町矢又十五戸、塩谷郡塩谷町船生二十六戸、高根沢町宝積寺四十戸、同町上高根沢三十戸、藤原町三依四十戸、同町大原二十戸、同町芹沢二十戸、河内郡河内町岡本四十戸、芳賀郡芳賀町西高橋二十戸、大田原市中田原四十戸、今市市塩野室四十戸、同市瀬尾三十戸、茨城県那珂郡大宮町上村田三十戸、東茨城郡常北町下古内十八戸、同町石塚十六戸、西茨城郡七会村小勝四十戸、同村塩子三十戸、猿島郡総和町葛生二十五戸、福島県東白川郡鮫川村十九戸、南会津郡田島町九十戸、館岩村六十戸あり。

一 埼玉郡備後村(春日部市) 慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に備後村阿久津与左衛門あり。

二 雑載 昭和三年興信録に¬熊谷町・阿久津広吉・所得税四十円・営業税五十六円」あり。

安久都 アクツ 越谷に存す。

悪戸 アクト 幡羅郡明戸村(アケト)は悪戸とも記す。比企郡元宿村字悪戸は古の村名にて、同所元禄十二年庚申塔に比企郡高坂郷本表村之内悪戸村と見ゆ。また、同郡羽尾村字悪戸も古の村名にて、文化二年馬頭尊に羽尾村悪戸と見ゆ。悪戸の小名は埼玉郡に多く、岡泉村、鹿室村、平野村、道目村、砂原村、佐波村、細間村、本郷村、向古河村、柏戸村、中野袋村、麦倉村、飯積村、下岩瀬村、大越村、上新郷、上中条村等にあり。また、幡羅郡飯塚村、太田村、弥藤吾村等にもあり。

悪土 アクト 比企郡腰越村字悪土は古の村名にて、平村慈光寺文書に¬北根・山崎・天工・悪土・根古屋」と見ゆ。腰越村の内、村名なり。

肥戸 アクト 大宮に存す。

肥土 アクト 賀美郡肥土村(神川町)は阿久津と称す、今はヒドと称す。埼玉郡下岩瀬村字悪戸は肥土とも記す。秩父郡小柱村字肥土はアクツと註し、埼玉郡小須賀村字肥土、榛沢郡黒田村字肥土はアクトと註す。

一 鉢形城士の肥土氏 鉢形分限帳に¬本国対馬下掛・肥土角十、本国近江坂田・久長住・肥土内蔵之助」あり。秩父案内記に肥土角十・肥土内蔵之助の両人は下吉田村土着と見ゆ。

二 秩父郡下吉田村 明治十二年下吉田村惣代人肥土伊与吉。八幡社明治三十八年碑に肥土清三郎・肥土知一。昭和三年興信録に¬下吉田町・肥土伊惣治・所得税四百八円・営業税百六十八円」あり。

三 同郡久長村(吉田町) 明治十二年久長村惣代人肥土佐十郎・副戸長肥土文作。明治二十年森林組合員肥土菊蔵。明治二十九年郡会議員肥土三郎平あり。肥土伊惣治は当村住人か。

四 同郡小鹿野町 明治二十年上二丁目肥土浦太郎あり。

飽戸 アクト 埼玉郡荻島村(羽生市)に此の氏存し、天満宮安政二年仙元碑に飽戸重次郎、明治二十年碑に飽戸品蔵・飽戸豊吉・飽戸筆松・飽戸富三郎・飽戸甚左衛門・飽戸長次郎あり。

阿久戸 アクト 児玉郡太駄村字阿久戸あり。群馬県太田市吉沢十二戸存す。児玉郡上仁手村(本庄市)明治五年川船書上に小船所有・阿久戸喜十郎、同阿久戸重平。明治十一年副戸長阿久戸重平あり。

阿久刀川 アクトガワ 浦和、蕨、越谷等に存す。

阿久根 アクネ 鳩ヶ谷、草加、三郷、上福岡、川口、毛呂山、三芳、岩槻等に存す。

悪原 アクハラ 浦和に存す。山形市十五戸あり。

阿久原 アクハラ 児玉郡阿久原村(神泉村)あり、承平三年太政官符に児玉郡阿久原牧一処と。青梅市塩船観音寺至徳二年大般若経に武州児玉郡阿久原郷と見ゆ。当所に阿久原牧別当の有道氏を祭る有氏神社あり。群馬県鬼石町の貫井氏は阿久原牧の牧官として朝廷から派遣され土着したと伝承あり。有道氏の本名か。

阿久保 アクボ 入間郡今市村字阿久保あり。

阿熊 アグマ 秩父郡阿熊村(吉田町)あり、永禄十二年北条氏邦感状に¬甲州勢、夜中に土坂を忍入り、阿熊より屯し候」と見ゆ。

飽本 アクモト 蕨に存す。

安倉 アクラ 白岡、横瀬等に存す。

安黒 アグロ 狭山、所沢等に存す。

明 アケ 所沢に存す。

明井 アケイ 浦和に存す。

上石 アゲイシ 浦和、上尾、与野、蕨、和光、吉川等に存す。新潟県上越市五十戸、福島県田村郡三春町二十四戸、郡山市七十戸あり。カミイシ参照。

揚石 アゲイシ 入間、所沢、蓮田、草加、鳩ヶ谷等に存す。栃木県矢板市豊田四戸、茨城県北茨城市中郷小野矢指六戸あり。

上尾 アゲオ 足立郡上尾宿、上尾村、上尾下村は元一村なり。カミオ参照。

明上 アケガミ 花園に存す。

明木 アケギ 大宮に存す。

上沢 アゲサワ 川越、狭山等に存す。長野県上田市五加十四戸あり。ウエサワ、カミサワ参照。

明沢 アケサワ 大井、岩槻、吉川等に存す。

明澤 アケサワ 川口に存す。

明島 アケシマ 川越に存す。

明角 アケスミ 朝霞に存す。

上田 アゲタ 埼玉郡松ノ木村字上田、伊草村字上田は上ヶ田とも記し、アゲタと註す。此の氏は鶴ヶ島、上尾等に存す。ウエダ参照。

明田 アケタ 飯能、新座、三芳、朝霞、和光、川口、越谷、川本等に存す。群馬県利根郡川場村門前十戸、千葉県君津市山本六戸あり。

安慶田 アケタ 草加に存す。

明田川 アケタガワ 熊谷、北本、杉戸、浦和、蓮田、草加、三郷、吉川、川口等に存す。新潟県西蒲原郡分水町中島九戸あり。

明谷 アケタニ 浦和に存す。

明地 アケチ 浦和、和光、春日部、小川等に存す。

明智 アケチ 上福岡、蕨、入間、坂戸、大宮、熊谷等に存す。秩父志に¬横瀬村字明智の明智堂は、建久二年明智禅師が堂を創立し安置せり」と見ゆ。

上路 アゲチ 青森県下北郡東通村八戸、むつ市十九戸あり。

明妻 アケヅマ 新座に存す。千葉県佐原市福田四戸あり。

上妻 アゲヅマ 東松山に存す。山形市十一戸あり。カミヅマ参照。

揚妻 アゲヅマ 草加、朝霞等に存す。福島県岩瀬郡天栄村十一戸あり。

明戸 アケト 幡羅郡明戸村(深谷市)、榛沢郡明戸村(川本町)、大里郡河原明戸村(熊谷市)あり。榛沢郡下手計村字明戸(深谷市)は古の村名なり。埼玉郡常木村字明戸、高麗郡中藤村上郷字明戸、幡羅郡中奈良村字明戸あり。群馬県佐波郡境町百々七戸、青森県八戸市十八戸あり。

一 幡羅郡東別府村(熊谷市) 東別府神社嘉永六年御嶽碑に明戸長左衛門栄貞・明戸蝶三郎・明戸荘次郎。明治九年副戸長明戸長四郎・文政九年生。明治十二年副戸長明戸周三郎あり。

二 同郡八木田村(妻沼町) 観音寺弘化四年筆子碑に上郭・明戸伊惣治あり。

三 児玉郡本庄宿 明治四年諸井文書に台町明戸庄三郎あり。

四 同郡児玉町 明治三十五年金物商明戸福太郎あり。

明都 アケト 茨城県水海道市沖新田五戸あり。

明渡 アケト 春日部に存す。

明ヶ戸 アケト 熊谷、川越、朝霞等に存す。

安慶名 アケナ 和光に存す。

明沼 アケヌマ 宮代に存す。

明野 アケノ 大里郡小島村(熊谷市)に存し、広瀬村文久元年秋山翁碑に小島村・明野信太郎・明野波次郎・明野元之助・明野長次郎。同村富士浅間社慶応三年小御嶽碑に小島村明野新右衛門あり。

揚野 アゲノ 鳩山、富士見、越谷等に存す。

明畑 アケハタ 大宮に存す。

明畠 アケハタ 大宮、伊奈に存す。

揚張 アゲハリ 所沢、川口、新座、鳩ヶ谷等に存す。

明比 アケビ 大宮、朝霞等に存す。

明平 アケヒラ 志木、川口、草加、春日部、所沢、白岡等に存す。アキヒラ参照。

明星 アケボシ 熊谷、本庄、坂戸、狭山、三郷等に存す。千葉県安房郡富浦町福沢五戸あり。

明間 アケマ 富士見、川口、八潮、越谷、狭山、入間、本庄等に存す。新潟県新津市金沢二十戸、北蒲原郡安田町寺社十四戸あり。

揚巻 アゲマキ 行田に存す。

上松 アゲマツ 浦和、春日部、大宮等に存す。長野県南安曇郡安曇村十戸、飯山市二十戸あり。ウエマツ参照。

明松 アケマツ 富士見、所沢、越谷等に存す。

明海 アケミ 入間に存す。

明光 アケミツ 大宮、杉戸に存す。

明峰 アケミネ 浦和、鳩ヶ谷に存す。

明村 アケムラ 大宮、川越等に存す。

明本 アケモト 草加に存す。

明森 アケモリ 志木に存す。

明山 アケヤマ 朝霞、志木、新座、八潮、川口等に存す。

明吉 アケヨシ 春日部に存す。

明慶 アケヨシ 富士見に存す。

明楽 アケラ 浦和、所沢、和光等に存す。

阿古 アコ 上尾、大宮、狭山、飯能等に存す。

吾子 アコ 川口、東松山等に存す。

安居院 アコイン 八潮に存す。アキョイン、アクイン参照。

赤生 アコウ 川口に存す。

阿光 アコウ 川口に存す。群馬県甘楽郡妙義町菅原五戸あり。

赤穂 アコウ 長野県松本市引三十一戸あり、アカホ氏も存す。

吾郷 アゴウ 東松山に存す。中国地方に多く存す。島根県(出雲国)簸川郡多伎町十三戸、大社町三十戸、大原郡大東町二十戸、飯石郡三刀屋町十三戸、松江市四十戸、平田市九十戸、出雲市百八十戸あり。

阿子島 アコシマ 深谷、吹上、入間、新座、所沢等に存す。

赤穂津 アコツ 小川、川越、日高等に存す。

安根 アコン 鳩山に存す。

浅 アサ アソ(安蘇、阿曽、麻生)の転訛なり。和名抄に三河国碧海郡薢野郷(あざみの)は、今薢生村(あそう)と称す。下野国安蘇郡浅沼は阿曽沼と称す。麻生、朝生、浅生はアソウ、或はアサウ、アサフと称し、生(うみ)に海の字を当て、浅海(あさみ)と唱え、浅見、朝見、阿佐美等の好字を用いる。アサコ、アサミ、アソ、オオ等を参照せよ。

麻 アサ 川口に存す。

朝 アサ 川口、浦和、戸田、花園等に存す。

阿佐 アサ 越谷、江南、上尾、上福岡、川越、入間、毛呂山等に存す。

朝嵐 アサアラシ 熊谷に存す。

浅生 アサイ 朝霞に存す。

浅井 アサイ 浅(あさい)は、二字の制により浅井を用いる。群馬県吾妻郡長野原町四十戸、長野県下伊那郡根羽村十四戸、新潟県北魚沼郡入広瀬村大栃山八十戸、同村穴沢三十戸、守門村長島十四戸、三島郡越路町西谷十五戸、秋田県男鹿市三十五戸、鳥取県(伯耆国)東伯郡羽合町十七戸、(因幡国)八頭郡若桜町二十戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬七百石・本国近江生国奥州会津・浅井権右衛門・四十七歳、百五十石・本国武蔵生国同・浅井彦右衛門・三十八歳、百石・本国近江生国武蔵・浅井虎之助・十九歳」。野火止宿平林寺大河内廟所燈籠に¬宝暦七年・浅井宇右衛門貞英・浅井勝之丞日興、天明元年・浅井宇右衛門藤原貞英、文政八年・浅井吉左衛門藤原貞武・浅井宇右衛門藤原貞顕、天保十年・浅井勝之丞藤原貞恕、文久二年・浅井多門藤原貞順」あり。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に¬百石・浅井弥五左衛門」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬四百石・浅井六右衛門、百石・浅井平助、五十石二人扶持・浅井勘之丞、十三石三人扶持・浅井久賀、十五石二人扶持・浅井武右衛門、八石二人扶持浅井立ト、六両二人扶持・浅井惣四郎、二人扶持・浅井弥治右衛門、七石・浅井市右衛門、二両・浅井春霞」あり。

四 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬三石余二人扶持・浅井九兵衛」あり。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に¬御広敷御用達御台所奉行・六十六石余・浅井東市・桑名取立、御小姓・二十両三人扶持・浅井元太郎、御徒・九石二人扶持・浅井藤蔵、日記役・六石二人扶持・浅井信次」。明治四年忍藩士族名簿に¬六十六石余・浅井智興、九石二人扶持・浅井長重」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に¬坊主・四石二人扶持・浅井半次郎、小役人・三石二人扶持・浅井源作」。四年半原県分限帳に¬浅井真貫、浅井六三郎」あり。

七 葛飾郡彦倉村(三郷市) 延命院天明三年控帳に浅井藤兵衛あり。

八 同郡上赤岩村(松伏町) 無量寿院天保七年庚申塔に浅井伝次郎あり。

九 埼玉郡後谷村(八潮市) 西福寺宝永七年庚申塔に浅井庄右衛門・浅井五郎兵衛・浅井弥五右衛門、元文二年庚申塔に後谷村浅井利右衛門・浅井宗兵衛・浅井三郎兵衛あり。

一〇 同郡柳之宮村(八潮市) 狩野家墓地享保十三年庚申塔に浅井庄兵衛。氷川社嘉永七年御神燈に浅井丑松、明治十九年絵馬に柳之宮村浅井富蔵・浅井由太郎あり。

一一 同郡西袋村(八潮市) 柳之宮村氷川社明治十九年絵馬に西袋村浅井子之吉あり。

一二 同郡上馬場村(八潮市) 明治五年名主浅井作右衛門・浅井助次郎。柳之宮村氷川社明治三十年絵馬に上馬場・浅井熊之助・浅井嘉兵衛。天神社明治三十九年碑に浅井国次郎あり。

一三 同郡蒲生村(越谷市) 明治三十年人名録に酒商浅井弥助・嘉永二年生・地租十五円あり。

一四 同郡七左衛門村(越谷市) 剣術神文鑑に明治十四年・埼玉郡槐戸村浅井文蔵あり。

一五 同郡青柳村(草加市) 当村文政十三年供養塔に浅井佐吉あり。

一六 同郡立野堀村(草加市) 庄左衛門新田(草加市)野島氏実録に¬相馬庄左衛門盛門(平将門より二十三代目江州坂田郡姉川之郷士、妻は小谷城主浅井備前守長政之二女也。長政に仕る事数代、然に同所姉川之合戦之砌、主君之男子三才成るを携え、本国を退きて武蔵埼玉郡立野堀村に住居する事わずかに半年、浅井子孫今に同所に存す。同二年同国野島郷に行て入道と成る、時に姓を野島と改定す。足立郡日恵田沼を開発し天正四年一郷と成る、即ち庄左衛門新田と名付ける)と見ゆ。近江国浅井長政の後裔と称す。但し、此の氏は当地方に多く存し、古代浅(あそ)族の居住地である。篠葉村関根氏家譜に¬六代関根政直(寛保二年卒六十三才。妹は八条領立野堀村浅井久左衛門妻)。十二代義徳(明治五年卒。母は立野堀村浅井源右衛門四女。妹は立野堀村浅井治兵衛妻)。十三代貞義(明治三十二年卒。母は立野堀村浅井十左衛門二女)」と見ゆ。当村寛政二年碑に浅井彦右衛門。慈尊院天保三年水鉢に同所浅井重左衛門、天保十三年供養塔に浅井新平・浅井源右衛門・浅井次郎兵衛・浅井重蔵・浅井武左衛門・浅井与兵衛・浅井久右衛門・浅井甚蔵・浅井幸五郎。明学院丑年庚申塔に浅井兵衛門・浅井利兵衛・浅井伝右衛門・浅井伝重郎・浅井惣兵衛・浅井作右衛門・浅井権四郎。明治九年副戸長浅井源次郎・天保六年生、副戸長浅井藤蔵・天保八年生。八条村会議員浅井千之助・安政三年生。柳之宮村氷川社明治十九年絵馬に立野堀村浅井市之丞あり。

一七 足立郡草加宿 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿浅井孫右衛門。剣術神文鑑に¬安政三年・草加宿六丁目浅井栄次郎、慶応三年・五丁目浅井徳次郎、明治十九年・六丁目浅井梅太郎、明治二十五年・六丁目浅井磯次郎」と。明治二年三丁目(谷古宇村)立川屋浅井仲次郎。市神祠官筆学入門控に文久二年荒物屋太郎吉倅浅井雄之助、明治七年さのや栄次郎長男浅井梅次郎。明治七年船積問屋草加宿字魚屋河岸浅井佐五兵衛・但し正徳三年六月創立。柳之宮村氷川社明治十九年絵馬に南草加村浅井佐五兵衛。明治三十五年営業便覧に玩具屋浅井銀蔵・水菓子商沢屋浅井キチ・同商靴屋浅井浅之助・雑穀商浅井巳之助・活版業浅井孫右衛門あり。次項参照。

一九 同郡吉笹原村(草加市) 日枝社文政六年碑に浅井佐五兵衛・浅井佐吉・浅井伊兵衛、嘉永六年碑に浅井藤次郎。長福寺跡安政五年供養塔に浅井与兵衛あり。

一九 同郡篠葉村(草加市) 観正院文政六年庚申塔に浅井惣五郎・浅井長兵衛、天保六年馬頭尊に篠葉村浅井源左衛門・浅井弥五郎。厳島社慶応二年玉垣碑に浅井長吉・浅井源左衛門・浅井忠五郎あり。

二〇 同郡槐戸村(草加市) 篠葉村関根氏家譜に¬九代関根平蔵(享和元年卒五十七歳。母は槐戸村浅井佐七嫡女)と。観音寺跡明和七年馬頭尊に槐戸邑・浅井勘左衛門・浅井太郎兵衛・浅井忠兵衛・浅井弥次兵衛・浅井惣右衛門、年不詳宝篋印塔に浅井権左右門・浅井孫門・浅井平六・浅井勘左門・浅井勘右門・浅井弥惣右門・浅井佐吉・浅井孫兵衛(江戸初期頃か)、慶応三年碑に当村浅井清平。八幡社安政三年碑に浅井勘蔵・浅井惣右衛門・浅井勘治郎・浅井文五郎・浅井彦右衛門・浅井吉兵衛・浅井徳太郎・浅井繁松。安行慈林村宝厳院弘化三年奉納額に槐戸村浅井惣次郎。明治九年副戸長浅井慶次郎・天保七年生あり。

二一 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年筆墨商浅井子之助あり。

二二 入間郡川越町 明治三十五年豆腐商浅井松五郎あり。

二三 大里郡相上村(大里町) 吉見神社寛政三年午頭天王碑に浅井岩五郎、安政四年金昆羅碑に浅井但馬助弘高・浅井伊勢松・浅井瀧蔵、明治二十一年碑に浅井馬次あり。

二四 秩父郡矢納村(神泉村) 明治七年城峰神社文書(神住久雄氏所蔵)に氏子総代浅井権十郎あり。

二五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬草加町・浅井孫右衛門・十円・十九円、新田村(草加市)・浅井保太郎・二十七円、浅井安兵衛・十八円、浅井万太郎・十二円・十七円、八条村(八潮市)・浅井新平・十一円」あり。

浅居 アサイ 加須、越谷、八潮、所沢等に存す。

朝井 アサイ 各市町村に存す。群馬県吾妻郡吾妻町原町六戸、茨城県笠間市稲田五戸あり。

朝居 アサイ 浦和、川口に存す。

麻井 アサイ 朝霞に存す。

安在 アサイ 浦和に存す。アンザイ参照。

朝家 アサイエ 越谷に存す。

浅石 アサイシ 朝霞、岩槻、鷲宮、入間、所沢等に存す。秋田県鹿角市百戸あり。

浅井田 アサイダ 浦和に存す。

朝夷 アサイナ 大宮に存す。アサヒナ参照。

朝稲 アサイネ 大宮、浦和、八潮、川越、富士見、深谷等に存す。

浅生 アサウ 草加、戸田、羽生、鶴ヶ島、桶川、川越、毛呂山、春日部等に存す。アソウ参照。

朝生 アサウ 所沢、春日部、越谷、草加、幸手、富士見、川越、狭山等に存す。アソウ参照。

麻生 アサウ 各市町村に存す。アソウ参照。

麻植 アサウエ 大宮に存す。

浅海 アサウミ 千葉県鎌ヶ谷市中沢二十四戸あり。アサミ参照。

一 葛飾郡幸手宿 幸宮神社天保二年狛犬に浅海市右衛門あり。

二 新座郡片山郷(新座市) 野火止宿文政元年石山文書に中沢村名主浅海安左衛門。天保四年白川家門人帳に片山郷石神村百姓吉右衛門事・浅海大和あり。

三 入間郡川越町 御嶽社明治三十年碑に浅海弥吉。明治四十三年川越織物市場仲買商正田屋浅海弥吉・正田屋浅海伝七・正田屋浅海金十郎あり。

四 同郡上安松村(所沢市) 明治七年成田山月参護摩講に浅海茂吉あり。

五 同郡中富村(所沢市) 明治二十年に茶業浅海留吉、其の子茂三郎あり。

六 同郡赤尾村(坂戸市) 文政十三年赤尾村屋敷姓名取調帳に¬浅海久兵衛―弥五左衛門―同名―婿久左衛門―同名―留吉」あり。年代は林条参照。

七 同郡島田村(坂戸市) 浅海氏全録(浅海浩氏所蔵)に¬浅海六郎五代孫浅海勘解由尉清安、秩父に成長して天文年中同国入間郡越辺川附に引移る。其時は上杉之家臣松山之城主難波田弾正之領分也。当時は西藤本学と云者取立之村方に而島田村と名付、西藤氏入間郡赤沼地者也、当所町東字名稲荷木に居住す、本山流之修験也。市川丹六と云者秩父郡より引移る、浅海氏・市川氏は相双て字名町西に居住す。其外七名に而七十五町歩開く、其内勘解由分五町歩余を開く。天文十五年八月小田原北条之ために松山落城、其後上田能登守御城主に而御領分也。永禄元年正月十一日勘解由清安逝去、字名高免に奉葬礼、法名清誉浄安居士と仰ぐ。長子浅海勘解由清光家督相続す。同号二年十二月晦日清安妻卒す、同所高免に奉葬礼、法名心誉妙安大姉と仰ぐ。清光長女を当所割役元西藤本学へ嫁す。二男を九左衛門と云、三男は仁左衛門と云。于時天正十一年七月十一日勘解由清光卒す、同所高免に奉葬礼、法名覚誉道清居士と仰ぐ。則九右衛門事浅海勘解由清正と改め家督相続す」と見ゆ。宝暦十四年馬頭尊に浅海十兵衛。岩殿村正法寺明和六年水鉢に島田村浅海平六。当村文政五年供養塔に浅海豊八。明治八年副戸長浅海亀蔵・文政元年生。多摩郡青梅御嶽神社明治二十四年文書に入間郡島田村浅海鶴三・浅海千代吉。明治三十年堰場組合に浅海午次郎・浅見太吉あり。今はアサウミを称すが、当時はアサミと唱えていたのか。此の氏は十項と同族か。

八 比企郡松山町 明治三十五年乗合馬車発着所浅海伴七あり。

九 秩父郡北川村(飯能市) 明治九年戸長浅海栄太郎・文政十年生あり。

一〇 同郡日野村(荒川村) 当村に此の氏多く存す。明治九年戸長浅海牧之亮・嘉永三年生、副戸長浅海可蔵・弘化二年生、副戸長浅海平右衛門・天保五年生。国神神社明治三十四年碑に日野・浅海卯七あり。

一一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川越市・浅海弥吉・百二十五円・五十二円、勝呂村(坂戸市)・浅海さい・三十三円、浅海午次郎・二十八円」あり。

朝海 アサウミ 高麗郡長沢村(飯能市)に存す。アサミ参照。

麻浦 アサウラ 和光に存す。

浅江 アサエ 越谷に存す。

浅枝 アサエダ 横瀬、川口に存す。

朝枝 アサエダ 大宮、桶川、所沢、庄和、春日部、越谷、日高等に存す。

一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬十五人扶持・朝枝鶴松」あり。

浅生 アサオ 浦和、狭山、草加等に存す。

朝生 アサオ 飯能に存す。

浅尾 アサオ 北本、浦和、岩槻、本庄、行田等に存す。茨城県稲敷郡美浦村舟子六戸、千葉県夷隅郡大原町大原六戸、島根県出雲市十二戸あり。

朝尾 アサオ 熊谷、栗橋等に存す。

麻尾 アサオ 狭山、越谷等に存す。茨城県西茨城郡岩瀬町曽根四戸あり。

旦尾 アサオ 大宮に存す。

浅岡 アサオカ 群馬県多野郡鬼石町鬼石七戸、神奈川県厚木市愛名十戸あり。

一 忍城士の浅岡氏 成田記に¬成田近江守泰徳の家来浅岡という者云々と見ゆ。

二 関東郡代伊奈氏家臣 足立郡与野領本宿村天正十九年検地帳に浅岡久次郎とあり、朝岡大次郎とも見ゆ。

三 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬二百石・浅岡三十郎・是は忍にて罷出・三州之者」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬大納戸・五十俵二人扶持・浅岡太郎兵衛」あり。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬六石一人扶持・浅岡八郎太夫、二両一人扶持・浅岡清嘉、一人扶持・浅岡善太夫、十二石・浅岡四郎左衛門」あり。

六 埼玉郡騎西町 明治四年釜屋文書に騎西町酒造業浅岡寅五郎。明治三十五年酒造業浅岡半次郎。昭和三年興信録に¬騎西町・浅岡亮助・所得税三十九円・営業税四十四円あり。

朝岡 アサオカ 山形県西置賜郡小国町九戸、秋田県由利郡西目町十戸あり。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬四百石・朝岡平兵衛・是は忍にて罷出・三州之者、百五十石・朝岡九之助・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬百五十石・本国三河生国同・朝岡武兵衛・五十歳、百五十石・本国三河生国同・朝岡小兵衛・三十七歳、五両二人扶持・本国武蔵生国同・朝岡次郎右衛門・二十二歳」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に¬御番抜・二十五人扶持・姫路取立・朝岡操、御馬廻・十五人扶持・前橋取立・朝岡文平」。万延二年に¬御番抜・二十人扶持・朝岡操、御馬廻・十五人扶持・朝岡固金治、儒者・十五人扶持・朝岡譲助、儒者惣領朝岡剛平、永詰御雇・五人扶持・朝岡弥曹」あり。

四 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に本町朝岡久次郎あり。

五 比企郡松山町 昭和三年興信録に¬松山町・朝岡暁・所得税十一円あり。

麻岡 アサオカ 大宮に存す。

旦丘 アサオカ 蕨、浦和等に存す。

麻奥 アサオク 春日部に存す。

阿坂 アサカ 延喜式に伊勢国壱志郡に阿邪加神社(三重県松坂市)を載す。海洋民の土着地なり。壱志郡阿坂に浅香城跡あり。宇津味、猿田参照。此の氏は浦和に存す。

安坂 アサカ 浦和に存す。長野県東筑摩郡生坂村七戸あり。ヤスザカ参照。

安積 アサカ 大宮、所沢等に存す。宮城県桃生郡矢本町九戸あり。アヅミ参照。

麻賀 アサカ 浦和、上福岡等に存す。

浅賀 アサカ 加、賀、香、曷(か)は、古代朝鮮語で邑の意味。崇神天皇六十五年紀に¬任那国の蘇那曷叱知(そなかしち)と見ゆ。蘇(金)、那(国)、曷(村)、叱知(村長)で、ミマナの国のカネ(鉄)の産出する国の村の村長とある。浅賀は、浅(あそ)族の邑(集落)の意味である。茨城県真壁郡大和村高森六戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 秩父神社寛政八年日鑑に¬秩父御代官浅賀勘助」あり。秩父出身者か。

二 葛飾郡幸房村(三郷市) 幸房村開発人書上に¬慶長九年四月六日開発、幸房新田六軒百姓、戸ヶ崎村西福寺(旦那寺)・浅香玄蕃」と見ゆ。松浦参照。彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に幸房村浅賀藤右衛門あり。

三 同郡徳島村(三郷市) 稲荷社文化七年庚申塔に徳島村浅賀勘右衛門・浅賀源治郎、天保二年庚申塔に浅賀岩右衛門・浅賀竹次郎、天保十五年庚申塔に浅賀源蔵・浅賀勝右衛門、年不詳狛犬に浅賀伝次郎あり。

四 同郡八丁堀村(三郷市) 稲荷社明治十二年御神燈に浅賀丑蔵あり。

五 同郡彦野村(三郷市) 女体神社文化七年鳥居碑に浅賀富右衛門あり。

六 秩父郡大宮郷(秩父市) 明治三年に浅賀伝右衛門・二町五反歩、浅賀伝次郎・二町五反歩、浅賀栄助・一町三反歩、浅賀久米蔵・一町一反歩の田畑所有。明治九年副戸長浅賀團蔵・文政三年生、副戸長浅賀栄助・文政七年生。秩父神社明治二十七年碑に浅賀竹五郎・浅賀定吉。明治三十五年米穀商浅賀政吉・時計商浅賀丑三郎・飲食店浅賀半蔵・料理店浅賀サト・菓子商浅賀伊三郎・木炭商万屋浅賀藤之助あり。

七 同郡別所村(秩父市) 下吉田村永法寺明治三十二年寄進帳に鋸引職・大宮町別所浅賀寅松あり。

八 同郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に皆野村浅賀幸吉・浅賀金蔵。国神神社明治三十四年碑に皆野村浅賀金蔵あり。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬秩父町・浅賀国治・七百八十九円・百五十九円、浅賀藤之助・百四十五円、浅賀筆吉・四十九円、浅賀儀三郎・二十七円、皆野町・浅賀金蔵・十九円・三十八円」あり。

浅香 アサカ 秩父郡太田村字浅香山あり。群馬県甘楽郡甘楽町秋畑四十六戸、新田郡新田町中江田八戸、栃木県足利市板倉十二戸あり。

一 成田氏流浅香氏 幕臣浅香氏は寛政呈譜に¬家伝に成田下総守顕泰が後といふ。浅香安右衛門直武(家光の時、御徒に召し加へらる)―伝左衛門直良(米三百俵、享保十六年卒八十四歳)。家紋、丸に二本矢、丸に橘」と見ゆ。

二 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に浅香馬五郎(荒物商)。昭和三年興信録に¬川口町・浅香秀次郎・所得税百三十五円・営業税八十四円」あり。

三 同郡下戸田村 氷川社文化二年水鉢に当村浅香嘉左衛門・浅香六左衛門。蕨宿三学院明治十一年碑に下戸田村浅香甚右衛門・浅香六左衛門・浅香幾次郎・浅香甚蔵あり。

四 同郡道祖土村(浦和市) 浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に道祖土村浅香茂右衛門。三室村文殊寺安政四年筆子碑に道祖土村浅香弥七。本太村山神社明治三十年碑に道祖土村浅香治兵衛あり。

五 秩父郡大宮郷(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に大宮町浅香弥市あり。

六 同郡太田村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に太田村浅香利吉あり。

七 同郡藤倉村(小鹿野町) 当村に此の氏多く存す。浅香丈助は高山社流養蚕飼育法を開き、明治二十三年九十二歳で没す。

八 同郡三山村(小鹿野町) 三田川の歩みに¬三山の浅香氏は由緒ある旧姓なりと見ゆ。

九 同郡大滝村 天保三年小双里組鎮守宮寄進覚に椚平・浅香長兵衛・浅香芳助・浅香茂伝治・浅香政吉・浅香由右衛門。天保六年流之橋勧化帳に大達原・浅香幸吉。新大滝村鶉平戸籍に¬〇浅香喜平治亡養子浅香卯平(文化九年生、三峰村山中与八次男)―米蔵(弘化四年生。弟八吉・嘉永六年生)―愛六(明治五年生)。〇浅香徳蔵亡長男浅香幸三郎(天保三年生)―清蔵(文久二年生。弟二男勘吾・慶応三年生。弟三男平八・明治五年生)」。椚平戸籍に¬〇浅香田右衛門亡長男浅香角平(文化十年生)―国作(嘉永五年生)。〇浅香茂吉(寛政七年生)―喜三郎(天保六年生)―倉蔵(安政五年生)。〇浅香茂伝治亡長男浅香安治郎(文政三年生)―初太郎(安政二年生)。〇浅香弥四郎亡長男浅香金衛(文政十一年生)―福蔵(安政元年生、小鹿野町茂木定治郎弟)―久覚(明治八年生)。〇浅香長兵衛亡長男浅香兼吉(文化十一年生)―啓三郎(弘化三年生、古大滝村浅香政吉二男)―宗八(明治五年生。弟長一郎・明治七年生)」と見ゆ。明治十年大滝村屋番号に大達原・浅香源次郎・浅香金吾、鶉平・浅香米蔵・浅香幸三郎、椚平・浅香国作・浅香儀八・浅香彦三郎・浅香安次郎・浅香金衛・浅香桂三郎あり。

朝賀 アサカ 秩父郡下吉田村八幡社明治三十八年碑に朝賀市蔵あり。新潟県刈羽郡高柳町岡田十二戸あり。

朝香 アサカ 榛沢郡末野村(寄居町)元治二年諸事恵に朝香久三郎・朝香周三郎・朝香庄平・朝香新蔵・朝香龍作。明治九年副戸長朝香久三郎・弘化二年生あり。

浅海 アサカイ 秩父郡下名栗村字浅海道は古の村名にて、字馬場洞雲寺天保四年念仏講中に¬浅海道・番場・和田」と見ゆ。此の氏は秩父、荒川等に存す。アサミ参照。

朝海 アサカイ 川口に存す。足利市十二戸あり。アサミ参照。

浅貝 アサカイ 大井、川越、入間、狭山、朝霞、川口等に存す。忍藩松平下野守忠吉家臣にて、慶長十二年清洲藩分限帳に¬二十石五人扶持・浅貝清左衛門・是は忍にて罷出・尾張之者」あり。

浅外 アサガイ 秩父に存す。

朝蔭 アサカゲ 草加、八潮等に存す。

朝風 アサカゼ 幸手に存す。

浅上 アサガミ 深谷、所沢等に存す。

麻上 アサガミ 大宮に存す。

呰上 アザガミ 大宮に存す。

阿座上 アザガミ 鶴ヶ島、入間、春日部、越谷、大宮等に存す。

阿佐ヶ谷 アサガヤ 秩父氏流江戸氏族にて、江戸阿佐ヶ谷(杉並区)より起る。那智山米良文書に¬応永二十七年、名字武蔵国江戸書立、あさかやとの」と見ゆ。

朝烏 アサガラス 深谷、三郷、日高、志木等に存す。山形県村山市十七戸あり。

浅川 アサカワ 群馬県甘楽郡南牧村砥沢四十戸、茨城県那珂郡大宮町上大賀二十戸、北相馬郡守谷町大木十八戸、山梨県中巨摩郡甲西町二十戸、竜王町六十戸、北巨摩郡小淵沢町三十戸、須玉町五十戸、高根町百七十戸、長坂町三十戸、大泉村二百戸、長野県南佐久郡臼田町下越三十戸、佐久町大日向二十五戸、南安曇郡豊科町五十戸、穂高町百十戸、堀金村三十戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬五両二人扶持・本国阿波生国同・淺川庄右衛門・三十歳」あり。

二 川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬書簡格・十四人扶持・亡父又兵衛・淺川多喜左衛門・六十六歳、五人扶持・養父多喜左衛門・淺川喜六・二十九歳」あり。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に¬百石・淺川杢之丞」あり。

四 葛飾郡谷中村(三郷市) 草庵寺享保七年庚申塔に谷中村浅河又右衛門あり。今は淺川を称す。

五 埼玉郡白岡村 八幡宮明治十二年庚申塔に淺川金次郎。正福院明治二十七年廻国塔に淺川文治郎あり。

六 同郡小久喜村(白岡町) 寿楽院嘉永六年筆子碑に当村淺川弁吉あり。

七 同郡持田村(行田市) 寛政九年白川家門人帳に持田村稲荷社淺川春察あり。

八 新座郡溝沼村(朝霞市) 志木宿敷島社明治初期水車中に溝沼・淺川梅吉。明治九年副戸長淺川初蔵・嘉永二年生。氷川社明治三十九年碑に淺川君太郎・淺川伊太郎・淺川末吉・淺川藤太郎。泉蔵寺明治四十四年馬頭尊に淺川三次郎・淺川奥太郎・淺川吉左衛門あり。

九 同郡岡村(朝霞市) 溝沼村泉蔵寺明治四十四年馬頭尊に岡村・淺川喜一あり。

一〇 同郡白子村(和光市) 明治二十年小麦粉商淺川甚蔵あり。

一一 雑載 昭和三年興信録に¬浦和町・淺川伝三・所得税三十五円」あり。

浅河 アサカワ 狭山に存す。

朝川 アサカワ 各市町村に存す。秋田県平鹿郡大森町十六戸あり。

麻川 アサカワ 関東郡代伊奈氏家臣にて、天明八年に¬御祐筆・麻川泰治」あり。

麻河 アサカワ 桶川に存す。

浅木 アサキ 青森市九戸あり。葛飾郡鷲巣村(杉戸町)鷲神社寛政元年鷲明神碑に浅木久蔵・浅木佐助あり。

浅黄 アサキ 東松山、大宮、川越、戸田、新座等に存す。山形県西村山郡河北町三十九戸あり。

朝木 アサキ 島根県(出雲国)能義郡広瀬町八戸あり。足立郡瀬崎村(草加市)墓地享保七年碑に朝木吉右衛門あり。

麻木 アサキ 大宮、川島、入間等に存す。鳥取市二十七戸あり。

麻喜 アサキ 越谷に存す。

阿崎 アザキ 上尾、鶴ヶ島等に存す。秋田県平鹿郡平鹿町十五戸あり。

朝桐 アサキリ 草加に存す。

朝霧 アサキリ 本庄、川口、岩槻等に存す。秋田県鹿角市六戸あり。

浅草 アサクサ

一 埼玉郡岩槻町 明治三十五年に浅草兼吉・浅草平八郎あり。

二 同郡長宮村(岩槻市) 大光寺文化元年供養塔に浅草定右衛門あり。

三 同郡小久喜村(白岡町) 久伊豆社宝暦十一年庚申塔に浅草佐五右衛門、文政九年庚申塔に小久喜村新田・浅草元次郎・浅草長左衛門・浅草武八・浅草勘五郎、明治二年幟碑に浅草利吉・浅草辰次郎。寿楽院安政五年馬頭尊に小久喜村浅草治吉。明治三十年人名録に浅草利吉・天保六年生・地租二十五円あり。

朝草 アサクサ 岩槻に存す。

朝久野 アサクノ 昭和三年興信録に¬川越市・朝久野勘太郎・所得税七十五円あり。

朝来野 アサクノ 浦和、川越、日高等に存す。

浅久保 アサクボ 新座郡下新倉村字浅久保は古の村名なり。

朝熊 アサクマ 坂戸、三郷等に存す。

朝隈 アサクマ 北本、川口等に存す。

朝蜘 アサクモ 東松山に存す。

浅倉 アサクラ 千葉県印旛郡栄町酒直十三戸、神奈川県小田原市飯田岡九戸、福島県須賀川市十四戸あり。

一 足立郡遊馬村(草加市) 西願寺墓碑に万治三年・朝倉勘之丞あり。今は浅倉を称す。

二 同郡川口宿 善光寺嘉永六年猿田彦碑に当所浅倉三左衛門。明治三十五年籠屋浅倉光五郎。川口神社明治三十九年碑に浅倉徳三郎あり。朝倉参照。

三 同郡横曽根村(川口市) 天保十二年に機屋朝倉半次条。明治四年組頭朝倉久右衛門・百姓代朝倉政之丞。同五年に組頭浅倉弥左衛門。飯塚村氷川社明治四十四年碑に横曽根・浅倉卯之助あり。

四 同郡下青木村(川口市) 西方寺寛保二年筆子碑に浅倉安左衛門あり。

五 同郡赤芝新田(川口市) 明治六年生徒月並受取帳に浅倉勝助あり。

六 同郡下大久保村(浦和市) 諏訪社弘化二年水鉢に本村浅倉清吉、安政五年御神燈に浅倉子太郎あり。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬川口市・浅倉良造・百二十六円・六十五円、浅倉多吉・百円・八十四円、浅倉金太郎・四十一円・五十六円、谷塚村(草加市)・浅倉庄太郎・二百二十六円、浅倉森蔵・七十四円」あり。

朝倉 アサクラ 千葉県富津市竹岡十三戸、安房郡富山町二部十三戸、神奈川県足柄下郡真鶴町岩四十戸、小田原市国府津三十戸、長野県埴科郡坂城町上平十八戸、同町網掛十四戸、松本市入山辺二十七戸、茅野市百二十戸、福島県安達郡東和町二十戸、伊達郡飯野町三十六戸、岩手県胆沢郡金ヶ崎町二十五戸、和賀郡東和町二十四戸、山形県南陽市二十五戸、山形市九十戸、島根県(出雲国)八束郡島根町二十三戸、鳥取県(伯耆国)東伯郡羽合町二十戸、三朝町十戸、東伯町十三戸、(因幡国)八頭郡八東町十三戸あり。

一 忍城士の朝倉氏 成田記に¬大永二年、成田親泰は長子長泰に家督を譲る、其の四虎の隊長に正木弾正、成田越中守、天路刑部左衛門、朝倉猪介あり」と見ゆ。重臣なり。成田分限帳に¬五百貫文・朝倉上野介景之」と見え、行田史譚に¬朝倉上野雅忠、同志津馬は、氏長と共に小田原へ出陣す」と見ゆ。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬三百石・朝倉善右衛門・是は忍にて罷出・武蔵之者、二百石・朝倉七蔵・是は忍にて罷出」あり。

三 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬料理人・六十石・朝倉三郎兵衛」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬長男甲斐守輝綱臣・七両五人扶持・本国越前生国山城・朝倉六郎左衛門・三十九歳、同臣・四両四人扶持・本国越前生国武蔵・朝倉権八郎・十八歳」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬四十五俵二人扶持・騎士・朝倉七十郎、十二俵二人扶持・朝倉清次郎、十一両二人扶持・朝倉琢四郎」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に¬元治元年、水戸天狗党来襲につき出陣、大将家老朝倉只之進貴道」と。慶応四年岡部藩分限帳に¬御近習・三百石・朝倉新、御使番・十一人扶持・朝倉隆右衛門、御中小姓・六石二人扶持・朝倉直三郎」あり。

七 葛飾郡上柳村(庄和町) 妙印寺文政九年筆子碑に朝倉彦右衛門。三宮神社文久二年浅間碑に朝倉本次郎・朝倉彦蔵あり。

八 埼玉郡備後村(春日部市) 明治七年森泉文書に朝倉長兵衛あり。

九 同郡砂原村(越谷市) 不動堂文化二年庚申塔に朝倉利八、嘉永元年庚申塔に朝倉彦八・朝倉権左衛門あり。

一〇 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に朝倉富蔵・朝倉弥助(鋳物業)あり。浅倉参照。

一一 新座郡上新倉村(和光市) 安政二年桜井文書に朝倉作兵衛。明治四十四年県税届に朝倉億太郎・朝倉又五郎あり。

一二 入間郡所沢村 久米村鳩峰八幡社宝暦二年造営文書に所沢村大工朝倉孫市郎・同朝倉寅之助あり。

一三 同郡川越町 明治三十五年袋物商朝倉菊太郎あり。

一四 同郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に¬下南畑村の朝倉氏は北組の門閥家にして一族に於て歴代の名主役或は組頭を勤め、明治初年迄は他に譲らざる程の名門なり。本家は代々に太郎右衛門を襲名し、享保年間より代々名主たり、現主本次郎なり。分家の朝倉伝右衛門は享保八年の頃名主を勤役す、長三郎は其の後裔なり。朝倉四郎右衛門は太郎右衛門の分家にして、元文年間より宝暦年間にかけて名主役を勤めたり、息一郎右衛門は組頭となる、子孫は東京下谷区に移り、現主善助なり。朝倉元八郎は太郎右衛門の分家にして、享保年間に一時名主をなせしことあり、四代元八郎は太郎右衛門の補佐をつとめ、息奥次郎は天保七年より名主となり維新の後戸長となる、孫与四郎なり、俗称に同家を古屋敷と呼ぶ」と見ゆ。明治六年戸長朝倉奥治郎・文化二年生、大工職朝倉金五郎、同職朝倉浅次郎あり。

浅黒 アサグロ 入間郡赤尾村(坂戸市)森田文書に¬赤尾村の古き家に浅黒あり。天正慶長の頃、大塚・金子等、其の外あり」と見ゆ。森田参照。

浅子 アサコ 此の氏は東国に於て武蔵国足立郡周辺のみ存す。

一 日下部族朝来氏 上野国多胡郡百済庄(元は甘楽郡)は、多ノ国(後の百済)の胡(エビス)人の渡来地なり。中国は東方の百済人をエビスと称す。和名抄に但馬国朝来郡を安佐古と註す。天孫本紀に¬火明命六世孫建田背命、但馬国造祖とあり、火明命は物部氏の祖神なり。播磨国風土記・飾磨郡安相里条に¬品太天皇云々。爾の時、但馬国造阿胡尼命云々、但馬国朝来人を飼ひ、到り来りて此所に居ると見ゆ。朝(阿蘇)の来(胡)、すなわち朝来(あさこ)の居住地を安相(あそう)と称す。古代氏族系譜集成に¬開化天皇―彦坐王―若筒木王―船穂足尼(成務朝、賜但馬国造)―豊忍別乃君(但馬国造)―島根尼君(仁徳朝、為若日下部供奉)」と見ゆ。開化後裔は附会である。若筒木王の筒木は管木(つつき、くだき)に同じにて、新羅を志木と唱えるように、羅を略した。もとは管羅木、百済木である。古事記に¬筒木の韓人・奴理能美と見え、姓氏録にヌリノミは百済国人と見ゆ。また、田道間国造日下部足尼家大綱(兵庫県朝来郡山東町粟鹿神社所蔵)に¬阿佐古乃君―太尼牟古乃君(難波高津朝、為若日下部供奉)、弟の小忍乃君(家居・旦波余佐郡日置里水江浦)―島子(日下部首)」と見ゆ。島子は有名な浦島太郎伝説の主人公である。日下部首は百済村(筒川)に居住していた。日本書紀・雄略天皇二十二年七月条に¬丹波国余社郡管川人瑞江浦島子、乗舟而釣、遂得大亀」と見え、丹後国風土記逸文に¬与謝郡日置里、此里有筒川村、此人夫、日下部首等先祖・名云筒川島子」と見ゆ。武蔵国草加宿は、但馬国の草加部(くさかべ)族朝来(あさこ)氏一族の移住地にて、後世ソウカと称す。アソ、オオ、日下部参照。

二 葛飾郡堤根村(杉戸町) 慈恩寺弘化四年水鉢に堤根倉久・浅子権次郎あり。

三 同郡中島村(吉川市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に中島・浅子幸右衛門敬。万福寺嘉永七年十九夜塔に浅子幸右衛門・浅子嘉兵衛。明治九年戸長浅子幸右衛門・天保二年生。稲荷社明治十三年御嶽碑に中島村浅子嘉兵衛・浅子幸右衛門・浅子儀左衛門・浅子芳蔵・浅子徳太郎・浅子庄治郎、明治三十九年碑に浅子仲次郎・浅子市太郎・浅子辰蔵・浅子梅次郎、明治四十年碑に浅子勇之助・浅子庄太郎あり。朝子条参照。

四 同郡上彦名村(三郷市) 彦糸村明治四十三年剣士豊田梅吉碑に上彦名・浅子利兵衛あり。

五 埼玉郡井沼村(蓮田市) 宝泉寺宝永七年庚申塔に浅子七兵衛あり。

六 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺宝永七年阿弥陀如来に当山衆中・浅子清右衛門あり。

七 同郡大沢町(越谷市) 明治三十五年米穀商浅子治助あり。朝子条参照。

八 同郡瓦曽根村(越谷市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に瓦曽根村浅子熊次郎義倚あり。

九 同郡船渡村(越谷市) 香取社慶応元年庚申塔に浅子六郎兵衛、慶応二年成田山碑に浅子助右衛門・浅子忠左衛門・浅子佐兵衛・浅子佐左衛門。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業浅子七郎右衛門。明治九年副戸長浅子源松・嘉永六年生。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流船渡村浅子吉次郎。明治三十年人名録に質屋荒物煙草商浅子角次郎・慶応三年生・地租二十九円、油製造酒荒物商浅子重吉・天保九年生、呉服荒物商浅子勝助・文久二年生・地租五十八円、船渡小学校長浅子栄治・明治七年生、染物業浅子佐伝治・明治十一年生。また、同年所得税下調査簿に南埼玉郡新方村浅子正志・反別十二町三反歩・地租百六十円あり。当村の人か。三十項参照。

一〇 足立郡新井宿村(川口市) 多宝院嘉永四年絵馬に浅子源之助、江戸末期碑に西新井宿浅子初五郎。明治六年生徒月並受取帳に浅子治平。氷川社明治十年碑に西新井宿浅子嘉平治・浅子富五郎あり。

一一 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年米穀問屋塩屋浅子宗吉あり。

一二 同郡草加宿 明治八年騎西町釜屋文書に草加宿酒造業浅子平兵衛あり。浅古条参照。

一三 同郡蕨宿 錦町延宝五年庚申塔に浅子市左門・浅子小右門あり。朝古条参照。

一四 同郡浦和町 明治三十五年粉屋浅子三五郎あり。

一五 同郡大崎村(浦和市) 明治八年騎西町釜屋文書に大崎村酒造業浅子卯八。木傘神社明治二十九年碑に浅子仙蔵。代山村成田不動尊明治四十年碑に大崎・浅子庄之助・浅子徳次郎・浅子重兵衛あり。

一六 同郡大間木村(浦和市) 大聖不動堂延享四年普門品に大間木村新田浅子五郎左衛門豊昌。浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に上大間木村浅子庄右衛門。氷川社弘化二年狛犬に團ヶ谷戸・浅子長五郎、八町・浅子五郎左衛門。稲荷社明治三十八年碑に浅子利右衛門あり。

一七 同郡南部領辻村(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に辻村浅子喜助。鷲神社弘化三年御神燈に浅子喜右衛門。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡大門宿・寺山村中・浅子喜右衛門。明治九年副戸長浅子喜右衛門・文政十一年生。三室村氷川女体社明治二十五年碑に辻・浅子又兵衛。代山村成田不動尊明治四十年碑に辻・浅子浅次郎・浅子辰右衛門。鷲神社明治四十二年碑に浅子龍茂・浅子直吉・浅子浅次郎・浅子鶴吉・浅子喜四郎・浅子吉五郎・浅子みや・浅子松五郎・浅子周蔵・浅子清吉・浅子ギン・浅子清・浅子嘉吉・浅子荒太郎あり。

一八 同郡中野田村(浦和市) 不動堂嘉永七年水鉢に浅子乙松あり。浅胡条参照。

一九 同郡代山村(浦和市) 成田不動尊明治四十年碑に代山・浅子米蔵・浅子今朝吉・浅子弁四郎あり。

二〇 同郡染谷村(大宮市) 名主浅子氏の祖・浅子大学は天正慶長頃に常泉寺を開基す、法名を茂菴昌繁居士と称す。守富条参照。薬師堂天明二年庚申塔に染谷村浅子喜右衛門。大谷村氷川社前文化三年庚申塔に染谷・浅子喜平次。常泉寺参道文化七年庚申塔に浅子代助。明治九年副戸長浅子太左衛門・文政九年生。氷川社明治二十八年碑に浅子喜平次・浅子甚輔・浅子勝五郎・浅子喜助・浅子吉之助、明治三十九年碑に浅子仙七・浅子伝右衛門あり。

二一 同郡大谷村(大宮市) 氷川社天保二年庚申塔に浅子庄右衛門あり。

二二 同郡大和田村(大宮市) 当村検地帳に¬寛文八年、浅子勘解由。元禄三年、浅子治兵衛・三町二反八畝歩」と。鷲神社寛政七年御神燈に浅子治郎衛門、嘉永二年狛犬に浅子忠右衛門、明治二十六年碑に浅子仲次郎・浅子伝次郎・浅子治兵衛・浅子嘉左衛門・浅子彦七・浅子惣七・浅子佐右衛門・浅子貞次郎・浅子源四郎・浅子平吉・浅子末吉・浅子伊世吉、明治三十二年碑に浅子徳次郎・浅子忠次郎・浅子勝五郎、明治三十九年碑に浅子兵太郎・浅子熊五郎・浅子吉之助・浅子森三。真福寺跡文化十年廻国塔に浅子治兵衛・浅子次郎右衛門、天保三年庚申塔に浅子松五郎、天保十二年廻国塔に浅子忠右衛門、慶応元年碑に浅子兵右衛門。中丸村神明社慶応三年御嶽碑に大和田村浅子清次郎あり。

二三 同郡笹丸村(大宮市) 荒神社天保三年榛名碑に浅子七右衛門、明治三十五年碑に浅子善治・浅子嘉平・浅子儀平・浅子七五郎。明治九年副戸長浅子七五郎・嘉永五年生。明治二十八年安田碑に浅子吉五郎・浅子喜助・浅子沖右衛門・浅子伊太郎あり。

二四 同郡御蔵村(大宮市) 神明社嘉永五年水鉢に御蔵白岡両村・浅子宇左衛門・浅子清左衛門・浅子宇兵衛。明治九年副戸長浅子要右衛門・天保三年生あり。

二五 同郡宮下村(大宮市) 中里村弘法尊院明治元年碑に宮下村浅子助次郎あり。

二六 同郡小深作村(大宮市) 神明社嘉永五年幟碑に当所浅子八郎右衛門、明治十九年御神燈に浅子八太郎あり。

二七 同郡深作村(大宮市) 氷川社嘉永五年水鉢に浅子卯之助(名主)、谷ギヤ・浅子礒五郎、元治二年水鉢に浅子清右衛門、明治三十年幟碑に浅子倉吉、明治三十九年碑に浅子茂一・浅子薫。明治九年副戸長浅子卯之助・天保三年生あり。

二八 同郡南部領門前村(大宮市) 湯殿社文政二年水鉢に浅子熊五郎。中里村弘法尊院慶応三年碑に門前村浅子市次郎。明治九年副戸長浅子市五郎・天保六年生。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に東門前・浅子幾蔵あり。

二九 同郡膝子村(大宮市) 満蔵寺前元禄六年地蔵尊に浅子亦兵衛。稲荷社前元禄十年庚申塔に浅子利左衛門。八幡社元禄十年水鉢に浅子武右衛門、弘化四年庚申塔に浅子新之助・浅子喜左衛門、明治十二年狛犬に浅子常吉あり。

三〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬野田村(浦和市)・浅子龍蔵・十四円、春岡村(大宮市)・浅子薫・十四円、新方村(越谷市)・浅子斎輔・五十五円、浅子佐伝治・十四円、粕壁町・浅子正志・二十二円・四十四円、彦成村(三郷市)・浅子利兵衛・四十九円・五十九円」あり。

浅古 アサコ 浅子条参照せよ。

一 足立郡草加宿 草加神社弘化三年玉垣碑に浅古長三郎・浅古徳蔵・浅古銀次郎・浅古半六・浅古寿賀、明治十三年碑に浅古半右衛門。成田山新勝寺文久三年碑に草加駅大和屋平兵衛・大和屋半兵衛・大和屋半七・大和屋半右衛門・彫物師浅古吉次郎。嘉永三年草加宿豪商農十六人衆に一丁目(南草加村)呉服酒造質屋大和屋浅古半兵衛、一丁目升酒醤油大和屋浅古半七。明治十五年県下富農二十四名の内に南草加村浅古半兵衛を載す。明治三十五年大和屋浅古長三郎・大和屋浅古良兵衛・大和屋浅古半六・荒物水油商大和屋浅古巳之助・呉服商大和屋浅古半兵衛・料理店大和屋浅古平兵衛・醤油業大和屋浅古半七。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治二十三年草加町浅古半兵衛・嘉永元年生・国税千五百二十円、明治四十四年浅古半兵衛・明治二年生・国税二千六百五十八円・県下十一位。大正十二年大地主名簿に草加町浅古阿久里・田七十六町歩・畑二十七町八反歩所有あり。

二 同郡瀬崎村(草加市) 当村に此の氏多く存す。善福寺墓碑に享保十年浅古覚兵衛。西往寺文化四年馬頭尊に浅子嘉右衛門・浅子忠右衛門・浅子源右衛門。浅間社天保十三年擬宝珠銘に瀬崎村年寄浅古清兵衛・年寄浅古彦右衛門・浅古弥十郎・浅古庄左衛門・浅古源蔵・浅古宇八・浅古三郎右衛門・浅古敏左衛門・浅古弥惣次郎・浅古喜太郎、安政四年玉垣碑に浅古弥三郎・浅古清右衛門・浅古松五郎、明治二年鳥居碑に当村浅古安五郎。明治九年副戸長浅古三郎右衛門・弘化四年生。明治四十二年形附業浅古伊三郎あり。

三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬草加町・浅子半兵衛・六千七百四十九円・五十六円、浅子半七・三百七十円・百五十四円、浅古長三郎・二百九十五円・百五円、浅子徳蔵・十三円・三百六十四円、谷塚村(草加市)・浅古清次郎・二十六円・二十二円、浅古はな・二十円・四十二円、浅古平作・二十六円・二十三円、浅古大次郎・十一円・二十三円」あり。みな浅古なり。

浅胡 アサコ 足立郡中野田村(浦和市)重殿社弘化三年庚申塔に浅胡音次郎あり。今は浅子を称す。

朝子 アサコ 今は浅子を称す。

一 葛飾郡中島村(吉川市) 三輪野江村定勝寺寛文九年鐘銘に中島村朝子源左衛門あり。

二 埼玉郡大沢町(越谷市) 香取社寛政元年御神燈に朝子新八、文化九年御神燈に朝子清右衛門あり。

朝古 アサコ 蕨宿山崎宅元禄八年庚申塔に朝古市左門あり。今は浅子を称す。

浅後 アサゴ 三郷に存す。

浅郷 アサゴウ 昭和三年興信録に¬大宮町・浅郷市太郎・所得税十七円あり。

浅越 アサコシ 桶川に存す。

浅坂 アサザカ 浦和、越谷、三郷、志木等に存す。青森県三戸郡福地村十七戸、八戸市二十四戸あり。

浅阪 アサザカ 三郷に存す。

浅崎 アサザキ 越谷に存す。

朝崎 アサザキ 鴻巣に存す。

浅桜 アサザクラ 浦和に存す。

朝里 アサザト 春日部に存す。

浅沢 アサザワ 三郷、川口等に存す。長野県松本市十戸あり。

朝沢 アサザワ 所沢に存す。

浅芝 アサシバ 川越に存す。

朝芝 アサシバ 鴻巣、川越等に存す。忍藩松平下総守(奥平)家臣にて、明治四年忍藩士族名簿に¬六石四人扶持・朝芝義一」あり。

浅島 アサシマ 浦和、三芳、朝霞、川口、志木等に存す。

浅嶋 アサシマ 浦和に存す。

麻島 アサシマ 熊谷宿石上寺嘉永二年庚申塔に麻島藤右衛門あり。

浅世 アサセ 忍城士にて、行田史譚に¬天正十八年、忍城攻めの時、浅世孫右衛門は長野口を守る」と見ゆ。

浅瀬 アサセ 入間郡入間川町(狭山市)明治三十五年理髪店浅瀬繁次郎あり。

浅瀬石 アサセイシ 所沢、越谷、戸田等に存す。アセイシ参照。

浅染 アサゾメ 上福岡、草加に存す。

麻空 アサゾラ 川口に存す。

浅田 アサダ 秩父郡山田村字浅田あり。山梨県南都留郡河口湖町十六戸、長野県北佐久郡望月町望月六戸、北安曇郡池田町十戸、松本市七十戸、新潟県小千谷市片貝七十戸、宮城県登米郡米山町三十三戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡大山町二十三戸、倉吉市十六戸、(因幡国)鳥取市三十七戸あり。

一 成田氏族浅田氏 成田系図に¬成田太郎助広―広能(浅田小治郎)―広忠―能忠(三郎兵衛)」と見ゆ。別本に箱田とあり。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬十石三人扶持・浅田宅右衛門、五両二人扶持・浅田団四郎」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に¬御勘定方見習・六石二人扶持・浅田寛之助」あり。

四 川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬側医・十四人扶持・亡養父玄厚・浅田順信・三十五歳」あり。

五 葛飾郡神扇村(幸手市) 天神社文化十二年御神燈に浅田喜右衛門、万延元年庚申塔に浅田吉右衛門あり。

六 同郡仁蔵村(三郷市) 稲荷社寛政九年庚申塔に仁蔵村浅田惣助あり。

七 埼玉郡袋山村(越谷市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に袋山村浅田武左衛門あり。

八 同郡西袋村(八潮市) 蓮華寺正徳四年常夜燈に浅田治兵衛あり。

九 足立郡安行村吉岡組(川口市) 氷川社明治三十九年奉納額に浅田善次郎あり。

一〇 同郡石神村(川口市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流石神村浅田吉和あり。

一一 新座郡館村(志木市) 当村安永七年陀羅尼経塔に中野村浅田忠次郎。宝幢寺嘉永二年地蔵尊に館村浅田子之助・浅田宇之助、引又町浅田清五郎、中野浅田庄蔵。氷川社嘉永六年碑に中野村浅田利助・浅田藤之助・浅田辰五郎。明治五年藍渡世中野村肥料商浅田熊蔵。明治三十一年に中野組浅田喜三郎・浅田増五郎あり。

一二 同郡大和田町(新座市) 明治三十五年糸繭商浅田佐太郎あり。

一三 同郡膝折村(朝霞市) 明治三十九年吹上観音奉納に膝折・浅田久蔵あり。

一四 入間郡大袋新田(川越市) 愛宕社明治三十三年水鉢に浅田政吉あり。

一五 同郡扇町屋村(入間市) 当村元禄元年地蔵尊に扇町谷村之住・浅田次右衛門。笹井村宗源寺文書に¬弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、扇町屋村・朝田浅次郎・浅田茂右衛門」。明治五年準副戸長浅田茂平。明治九年副戸長浅田茂右衛門・天保七年生あり。

一六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬志木町・浅田熊蔵・四百六十五円・七十五円、日東村(川越市)・浅田政吉・十三円・二十四円」あり。

朝田 アサダ 山梨県都留市七戸、青森県弘前市十八戸あり。

一 忍城士の朝田氏 成田分限帳に¬六十貫文・朝田内蔵助、三十貫文・朝田小七郎」あり。行田史譚に¬天正十八年忍城攻めの時、朝田内蔵助・朝田宮内は、下忍口を守る」と見ゆ。

二 岩附城士の朝田氏 高麗文書(家伝史料)に¬永禄中、しゅいの次第、朝田内匠助殿」と見ゆ。

三 埼玉郡伊勢野村(八潮市) 大曽根村八幡社宝暦十一年鳥居碑に伊勢野村住・浅田政臣。彦倉村延命院天保五年勧進帳に伊勢野村浅田近次郎。明治二十一年惣代朝田隼太郎。明治三十年人名録に朝田巳之助・安政四年生・地租二十四円。天満宮明治四十年絵馬に朝田増太郎(昭和三年、所得税九円・営業税二十二円)あり。

麻田 アサダ 伊奈、狭山、所沢、越谷等に存す。長野県大町市九戸、鳥取県(伯耆国)東伯郡三朝町九戸あり。

浅谷 アサタニ 熊谷、川越、狭山、所沢等に存す。アサヤ参照。

朝溪 アサタニ 狭山に存す。

浅地 アサチ 鴻巣、大宮、入間、狭山、所沢、三郷等に存す。

浅池 アサチ 草加、新座等に存す。

浅治 アサヂ 上福岡に存す。

浅津 アサヅ 大宮、富士見等に存す。島根県(出雲国)簸川郡大社町十戸、出雲市八十戸あり。

朝津 アサヅ 島根県(出雲国)仁多郡仁多町五戸あり。

朝杖 アサツエ 忍藩阿部氏家臣にて、慶安年中忍藩分限帳に¬儒医・百五十石・朝杖玄祐」あり。

麻月 アサツキ 所沢に存す。

浅妻 アサヅマ 大井、川越、春日部、鳩ヶ谷、三郷、越谷等に存す。

朝妻 アサヅマ 鳥取県(伯耆国)西伯郡大山町五戸、名和町七戸あり。

一 入間郡川角村(毛呂山町)の朝妻氏 当村崇徳寺板碑に¬右興立志趣者為大檀那沙門行真并朝妻氏女、延慶三年二月中旬」と銘あり。常陸国那珂郡朝妻郷の朝妻氏娘にて、関弥八左衛門入道沙彌行真の妻なり。関条参照せよ。

二 足立郡鳩ヶ谷町 明治三十五年湯屋朝妻又市あり。

安里 アサト 加須、上尾、川越、狭山、所沢、戸田、岩槻、越谷等に存す。

朝戸 アサト 所沢、和光等に存す。栃木県足利市五十部七戸あり。

朝鳥 アサトリ 新座に存す。

浅名 アサナ 蕨に存す。

朝苗 アサナエ 熊谷に存す。

浅中 アサナカ 鳥取県(伯耆国)西伯郡淀江町十一戸あり。

浅長 アサナガ 所沢に存す。

朝長 アサナガ 狭山に存す。トモナガ参照。

朝波 アサナミ 狭山に存す。

朝浪 アサナミ 大宮に存す。

朝西 アサニシ 志木に存す。

浅沼 アサヌマ 阿曽沼に同じにて、下野国安蘇郡浅沼は阿曽沼と称す。此の地より起る氏は、吾妻鑑に阿曽沼四郎広綱を浅沼四郎広縄と載す。葛飾郡上宇和田村字浅沼、下吉羽村字浅沼あり。千葉県安房郡白浜町滝口三十戸、印旛郡富里町十倉六戸、東京都町田市木曽四十戸、山梨県富士吉田市二十五戸、長野県南佐久郡小海町東馬流十二戸、佐久市岩村田四十戸、中野市大俣十八戸、福島県南会津郡下郷町十八戸、岩手県岩手郡滝沢村二十六戸、紫波郡紫波町三十七戸、上閉伊郡宮守村四十戸、稗貫郡大迫町三十六戸、和賀郡東和町四十戸、遠野市三十五戸、山形県天童市三十五戸、新庄市四十六戸あり。

一 忍城士の浅沼氏 成田分限帳に¬二十五貫文・浅沼弥平次」あり。

ニ 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬六両二人扶持・浅沼幸太郎」あり。

三 高麗郡上広瀬村(狭山市) 明治二十七年地租調査に浅沼作次郎。浅間社明治四十五年碑に浅沼佐次郎あり。

四 足立郡原山村(浦和市) 太田窪村氷川社明治二十八年碑に原山新田・浅沼啓蔵あり。

五 榛沢郡末野村(寄居町) 元治二年末野村諸事恵に浅沼勘次郎・浅沼鷲五郎・浅沼佐十郎・浅沼忠八・浅沼あい・浅沼太十郎あり。

浅野 アサノ 茨城、宮城に多く存す。栃木県那須郡烏町大木須七戸、上都賀郡粟野町上粕尾七戸、安蘇郡葛生町仙波十四戸、栃木市尻内六戸、茨城県東茨城郡内原町牛伏二十六戸、常北町石塚三十戸、同町上泉十七戸、美野里町橋場美十四戸、同町鶴田十戸、西茨城郡友部町柏井ニ十戸、岩間町下郷十戸、鹿島郡鉾田町徳宿十七戸、同町舟木十五戸、稲敷郡東町結佐八戸、阿見町君島ニ十戸、江戸崎町佐倉三十戸、美浦村土浦四十戸、行方郡麻生町南ニ十戸、牛堀町永山十ニ戸、新治郡八郷町中戸十三戸、霞ヶ浦町加茂九戸、結城郡千代川村鎌庭五十戸、石下町石下十四戸、北相馬郡守谷町立沢十二戸、鹿島市武井釜十七戸、石岡市三村四十戸、龍ヶ崎市羽原十四戸、つくば市上郷十三戸、同市上横場十九戸、作谷十二戸、水海道市大生郷十七戸、千葉県海上郡海上町後草十二戸、香取郡小見川町三ノ分目八戸、山武郡横芝町屋形二十七戸、夷隅郡大多喜町小土呂十三戸、大原町大原五十戸、同町岩船三十戸、山梨県中巨摩郡甲西町二十戸、長野県上伊那郡箕輪町二十戸、南安曇軍穂高町二十五戸、新潟県南蒲原郡中之島町三十六戸、福島県伊達郡桑折町六十戸、保原町三十戸、宮城県柴田郡柴田町四十戸、宮城郡松島町十六戸、黒川郡大和町百三十戸、富谷町六十戸、大衡村二十戸、桃生郡鳴瀬町十五戸、矢本町七十戸、本吉郡津山町二十戸、加美郡小野田町二十戸、中新田町五十戸、色麻町七十戸、遠田郡小牛田町三十戸、涌谷町六十戸、登米郡迫町四十戸、石巻市百戸、古川市七十戸、岩手県大船渡市三十六戸、秋田県南秋田郡井川町三十戸、五城目町四十戸、河辺郡雄和町二十三戸、山本郡峰浜村十五戸、能代市七十戸、島根県(出雲国)八束郡東出雲町十五戸、仁多郡横田町十九戸、松江市六十五戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬御馬廻・二百石・浅野喜兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に¬五十俵二人扶持・浅野七兵衛、八十石・浅野惣兵衛」。文化四年忍藩分限帳に¬吟味役・七十石・浅野作右衛門」あり。

二 川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬料理人・六石二人扶持・浅野源之助・五十一歳、勘定並・五石二人扶持・浅野権十郎・二十八歳」あり。

三 石戸領牧野氏家臣 牧野家文書に¬浅野五右衛門重之、遠江出身、今川氏真没落後、江戸に下り牧野信成の館に住み六百五十石を賜り、家老を務める」と見ゆ。

四 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に¬吉田新左衛門組、百石・浅野市助」あり。旧鉢形城士なり。

五 葛飾郡三輪野江村(吉川市) 定勝寺寛文九年鐘銘に宮野井村浅野藤右衛門あり。

六 同郡上川崎村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に上川崎村浅野勝右衛門あり。

七 埼玉郡新井新田村(大利根町) 八幡社明治三十一年碑に浅野栄吉あり。

八 同郡埼玉村(行田市) 前玉神社嘉永二年玉垣碑に浅野次郎吉、明治十年玉垣碑に浅野次郎吉あり。

九 同郡羽生町 町場村字東谷正徳五年庚申塔に浅野□右門、明和六年庚申塔に浅野儀右衛門・浅野兵蔵。明治三十五年理髪店浅野政吉・同業浅野熊吉・染物業浅野安之助あり。

一〇 同郡上岩瀬村(羽生市) 医王寺明治初年碑に浅野末吉あり。

一一 同郡小浜村(加須市) 地蔵院百番観音に元禄七年施主浅野弥太郎、元禄八年施主浅野次兵衛。竜蔵寺元禄十四年寄進帳(浅野広家文書)に¬田畑一町一畝三歩・当寺へ寄進、小浜村浅野伝右衛門広綱」と。八幡社文政六年狛犬に浅野兵吉・浅野伝兵衛あり。

一二 同郡三ツ俣村(加須市) 諏訪社明治二十一年伊勢講に浅野源治郎あり。

一三 同郡岩槻町 明治三十五年に浅野和一郎あり。

一四 足立郡大門宿(浦和市) 大興寺天保七年会田筆子碑に浅野次郎八。会田家手習に嘉永五年・当宿浅野初次郎倅亀次郎・九歳、安政三年・浅野長次郎倅新次郎・十一歳、安政四年・浅野初次郎二男宇八・十一歳あり。

一五 同郡代山村(浦和市) 成田不動尊安政三年普門品に浅野助治郎あり。

一六 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に浅野鈎治・浅野静江・浅野亮あり。

一七 同郡円阿弥村(与野市) 延宝五年奉遷宮山王権現(野本文書)に浅野吉右衛門。日枝社慶応二年算額に当所浅野平兵衛。与野町長伝寺明治二十六年文書に円阿弥・浅野金之助あり。

一八 同郡大宮町 明治三十五年に浅野健次郎あり。

一九 同郡深作村(大宮市) 明治八年騎西町釜屋文書に深作村酒造業浅野定吉あり。

二〇 入間郡成瀬村(越生町) 弘化四年石井家筆子連名碑に成瀬村浅野参吉・浅野徳蔵・浅野安吉。見正寺明治初年筆子碑に当村浅埜玉吉・浅埜庄右衛門・浅埜遠造。明治三十四年水利組合員・浅野鶴吉・浅野柳造・浅野覚次郎・浅野三平あり。

二一 同郡上谷村(越生町) 明治三年上谷村上分苗字書上帳に浅野平八・浅野作次郎。明治十五年餅商浅野平造。明治三十三年上谷下組浅野浅吉あり。

 

二二 同郡長瀬村(毛呂山町) 明治四十年多摩郡御嶽講社に浅野幸作あり。

二三 同郡大谷木村(毛呂山町) 明治二十八年山根村会議員浅野俣右衛門、四十三年同浅野清蔵あり。

二四 同郡萱方村(坂戸市) 明治十二年選挙権票簿に浅野久八・浅野政吉・浅野要蔵・浅野又次郎。明治二十五年開墾台帳に浅野与惣次あり。

二五 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に浅野銀平・浅野捨次。三芳野神社明治四十年碑に通町浅野捨吉あり。

二六 同郡亀久保村(大井町) 渋井村蓮光寺宝暦九年供養塔に亀窪村浅野藤左衛門。地蔵院寛政十一年宝篋印塔に当所・浅野喜八・浅野友蔵・浅野源助・浅野源七。明治十八年村議員浅野武助。明治四十四年若者名簿に浅野延太郎・浅野数之助あり。

二七 新座郡志木町 明治三十五年市場組浅野市之助あり。

二八 高麗郡原市場村(飯能市) 横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治十七年原市場郷・浅野清吉・二十八歳あり。

二九 同郡岩沢村(飯能市) 明治九年副戸長浅野文五郎・文政五年生、副戸長浅野栄次郎・天保六年生。白鬚社明治三十年水鉢に浅野音次郎(武蔵野軽便鉄道発起人、五十株所有)あり。

三〇 同郡脚折村(鶴ヶ島市) 当村文化五年地蔵尊に浅野半七。明治四年戸籍に浅野半次郎・浅野庄左衛門。明治二十年規約に浅野庄吉。石坂村休山寺明治二十八年碑に脚折・浅野元吉あり。

三一 比企郡古池村(越生町) 明治九年副戸長浅野平蔵・文政七年生。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に古池村浅野秀次郎。明治二十四年炭商浅野角次郎あり。

三二 同郡松山町 明治三十五年綿商浅野多三郎あり。

三三 同郡宮鼻村(東松山市) 字大黒部文化三年六地蔵に浅野源治郎あり。松山町箭弓神社明治三十一年碑に高坂村浅野栄三郎あり、当村住人か。

三四 同郡野本村(東松山市) 松山町箭弓神社明治三十一年碑に野本村浅野平重郎あり。

三五 同郡平村(都幾川村) 萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村・浅埜善助・浅埜辰五郎・浅野伝蔵・浅野太十郎・浅野紋太郎・浅野福次郎・浅野鶴次郎。正法寺明治三十年廻国塔に平村浅野金八・浅野磯吉。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に清水組浅野倉吉・宮平組浅野格造あり。

三六 同郡伊勢根村(小川町) 明治九年誓約書に浅野いと・糸繭商浅野竹五郎。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に伊勢根村浅野栄太郎あり。

三七 大里郡熊谷町 明治三十五年理髪店浅野豊吉あり。

三八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・浅野英次・七十六円、六辻村(浦和市)・浅野量太郎・三十五円、大門村(浦和市)・浅野霊鱗・十一円、与野町・浅野正吉・四十九円、川越市・浅野捨次・五百十一円、山根村(毛呂山町)・浅野政五郎・十二円、加治村(飯能市)・浅野茂保・十六円、野本村(東松山市)・浅野光良・十一円、越谷町・浅野恵太郎・十二円・三十二円、秩父町・浅野松雄・百九十三円・百五十四円、浅野角次郎・二十九円、川辺村(北川辺町)・浅野環・十四円」あり。

浅埜 アサノ 坂戸、所沢等に存す。

朝野 アサノ 和光、小川、吹上、上尾、伊奈、日高、鳩ヶ谷等に存す。栃木県那須郡黒羽町黒羽向八戸あり。

麻野 アサノ 栃木県足利市十三戸あり。入間郡駒林村(上福岡市)明治五年に麻野捨五郎あり。

浅野間 アサノマ 草加に存す。

浅ノ目 アサノメ 日高に存す。

浅野目 アサノメ 上尾、大宮、川越、春日部、越谷、草加、川口等に存す。宮城県志田郡鹿島台町十戸、山形県東根市三十七戸あり。

朝乗 アサノリ 会津藩上杉氏家臣にて、慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に¬吉田新左衛門組、二百石・朝乗伝三」あり。旧鉢形城士なり。

麻場 アサバ 行田、大宮等に存す。長野市鑪十戸あり。

麻羽 アサバ 和名抄に入間郡麻羽郷を載せ、安佐波と註す。今の浅羽村なり。

浅葉 アサバ 神奈川県横須賀市大矢部十九戸、同市太田和十二戸、厚木市及川八戸あり。

一 忍城士の浅葉氏 成田分限帳に¬二十五貫文・浅葉孫右衛門あり。

浅場 アサバ 宮代、川口、春日部、坂戸、岡部、熊谷等に存す。

浅庭 アサバ 天正十三年北条家伝馬手形に¬浅庭より小田原迄宿中」と見ゆ。今の浅羽村なり。

浅羽 アサバ 入間郡浅羽村(坂戸市)あり、浅羽郷、浅羽庄の唱えありて、高麗郡上新田、中新田、藤金村の辺迄に亘る。上新田村寛文五年六地蔵に入間郡浅羽郷六道村と見ゆ。また、比企郡にも亘り、同郡赤沼村円正寺応安四年雲版に入西浅羽円接禅寺と見ゆ。浅羽氏は新潟県西頚城郡青海町市振九戸あり。

一 児玉党浅羽氏 上浅羽村条に¬当村より一里余を隔てゝ北浅羽あり。当村及び下浅羽を合して、古は南浅羽と唱へし由、土人は伝ふ」と。南浅羽村(上下浅羽及び萱方新田)は高麗川沿にて、北浅羽村は越辺川沿の地なり。児玉党浅羽氏は北浅羽村より起り、浅羽下総守の家は別系にて南浅羽村より起る。武蔵七党系図に¬入西資行―浅羽小太夫行業―三郎行親―小三郎行元(一に行光)―三郎行信―新三郎行家、弟三郎太郎行季―小三郎経行。行信の弟中務丞行忠―泰行(弟中務丞行澄、其の弟長岡四郎盛行)―太郎五郎行氏(弟二郎五郎行村)―左近将監氏盛(正応六年入道果円一味・為自害。弟重氏)。行元(行光)の弟四郎維行―二郎行胤(兄四郎維平、弟三郎行道―二郎高実)―太郎某(弟小四郎行久―平太郎信行)―四郎種村。四郎維行の弟五郎兵衛尉行長(頼朝奥州合戦有軍功)―民部丞行直(養子)―左衛門尉入道俊直(弟二郎入道行季―又二郎季隆、行季の弟四郎入道頼仲)―左衛門尉大炊助重直(正応六年合戦。弟に三郎太郎兼直・弘安正応合戦、彦五郎俊家・正応合戦、伊予房賢慶、民部房某・政所)―太郎実直」と見ゆ。児玉党浅羽氏の名は、吾妻鑑巻七に¬文治三年八月十五日、鶴岡放生会の的立に浅羽小三郎行光」。巻九に¬文治五年七月十九日、頼朝奥州進発隋兵に浅羽五郎行長」。巻十に¬建久元年十一月七日、頼朝上洛隋兵に浅羽小三郎、浅羽五郎」。巻三十六に¬寛元二年六月十六日、鶴岡競馬に浅羽左衛門四郎」。巻四十に¬建長二年正月三日、年始の儀、二の御馬、浅羽次郎兵衛尉」。巻四十一に浅羽左衛門尉次郎。巻四十九に浅羽左衛門二郎と見ゆ。また、典籍古文書に¬建治元年五月、武蔵国・浅羽小太夫跡八貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」と見ゆ。次項参照。

二 北浅羽村の浅羽氏 児玉党浅羽氏の発祥地なり。風土記稿・満福寺条に¬今市村法恩寺の門徒なり。相伝ふ、当寺は当所の名家浅羽氏の菩提寺なりと。浅羽小太夫行成と云もの右大将頼朝の時、功ありて両浅羽・長岡・小見野・粟生田等の地を賜はる。又頼朝の命によりて鶴岡正八幡を浅羽庄へ遷せり、是今の八幡社なり。其の後、尊氏田地寄附の状あり、其文に曰く、浅羽之庄之中水田十町畠田十町永代寄進・建武三年七月十三日・源尊氏と。古碑、客殿の傍にあり、右為嚢祖浅羽小太夫有道行成七代孫比丘慧見・徳治二年造立」と見ゆ。同寺由緒に¬浅羽小太夫行成七世の苗裔民部卿阿闍梨賢慶比丘・当寺を中興す、徳治二年結剃の日」とあり。また、当寺は法恩寺の門徒にて、法恩寺年譜の浅羽氏は当村住人なり。年譜に¬建武二年、北浅羽松楠寄附三十貫」。¬元享四年十月二日、越生頼直は、入西郡岩田下村内田六段半並びに河原端穂増之事を直銭四十一貫五百文にて、買主浅羽兵庫太郎盛秀・同妻紀氏に沽却す」。¬永和三年七月六日、浅羽太郎右衛門入道洪伝は、高麗兵庫入道之息周洪之田を買得して報恩寺に寄進す」と見ゆ。入西郡岩田村は和田村(坂戸市東和田)の小名石田(いわた)にて、和田村条に¬小名上願寺、寺跡なりと云伝ふるのみにて其の興廃の事実伝らず」とあり、浅羽浄願寺と称す。また、康永三年別符幸実軍忠状に浅羽太郎左衛門尉と見ゆ。また、東京都四谷の黒田太久馬文書に¬明徳元年十二月二十日、藤原泰次は、武蔵国児玉郡下児玉郷内浅羽方田一町七段・泰次重代相伝私領也を徳蔵寺長老大勲和尚に寄進す、円覚寺伝宗庵主殿」と。同文書に¬応永十七年五月三日、前安芸守貞春は、入西郡粟生田郷上村及び厚河郷末松名の田畑を浅羽浄願寺塔頭の寄進状の旨に任せ、円覚寺に寄進す」と見ゆ。貞春は浅羽氏であろう。青梅塩船観音寺延文五年に入西郡岩田村浄願禅寺とある寺なり。また、正木文書に¬応永二年閏七月五日、比企郡須江郷当知行浅羽惣領」と見ゆ。須江村(鳩山町)は北浅羽村の近村なり。浅羽氏は在名にて苗字にあらず。子孫は根本条を参照せよ。また北浅羽条参照。

三 南浅羽村の浅羽氏 風土記稿・上浅羽村条に¬土人の説に、昔は浅羽左近将監と云へるが此地を領せしと伝ふれど、正しく左近将監の名は聞所なし。若くは前に載たる東鑑・太平記等の諸書に見へし中の人ならんか、定かなるを知らず」と。大在家村条に¬村の東南は上浅羽村に接す。小名浅羽屋布あり、浅羽氏のものの住せし処なるべけれど今は伝へず」と。萱方新田は上浅羽村の内なりて、萱方村条に¬萱方城は今萱方新田と云ふ。浅羽下総守が住せし城にて北条氏没落の時、天正十八年廃城となり、下総守は小田原城へ籠り、其子左近(按に今市村の農民半七が先祖は浅羽下総守が子右近と云うものなり、忍城にて戦死の後、子孫相州へ移りしと云う、されば左近と右近は兄弟なりしか)、小田原没落の時当所へ落来り、後野州免鳥の城へ落行きしが、やがてそこも立去て江戸へ趣しなど伝へたり。按に浅羽氏は武蔵七党系図児玉党に浅羽小太夫行業、其子三郎行親、其子三郎行光等あり。東鑑にも其名見ゆ。又太平記文和元年武蔵野合戦の条に児玉党には浅羽、四方田、庄、桜井云々と。又関東古戦録に入間郡の住人浅羽甚内・成友兄弟、天正十二年北条方に加り、金山館林の城を責し時、成友案内者とし、陸奥守氏照厩橋道軒松山外記等千三百五十余騎と共に金山城熊野口を責て、大に功ありと云々。此甚内兄弟は下総守が一族なるにや。浅羽氏の名は旧くより沙汰ありて、世々其家の居城たりしことも知るべし。今城蹟と云る所は、わずかに芝地と成て残れるのみにて、其他は概して田畑となれり。其内に弁天社あり、往古城ありし時は構の内の鎮守なりしよしいえり」と見ゆ。児玉党後裔説は附会なり。浅羽城主(萱方新田)浅羽氏は在名にて苗字にあらず。下総守の子右近は本名山崎氏なり。また、幕臣浅羽氏奉納の北浅羽村満福寺由緒に¬永享の乱に当所重代之領主、北浅羽下総守成行・同左衛門太夫成恒父子相州鎌倉の合戦に討死して子孫微々に至り。永禄年中漸く南浅羽右近将監資峰、旧里に来りて姑らく在住たりしが、是も亦、野州佐野へ立越、免鳥の城を守り居れり。寛文十年の秋、北浅羽治太夫伊成の息・浅羽三右衛門成儀は家伝の一軸を当院へ贈り永代の文證に奉納せらる」とあり。下総守を北浅羽氏としているが誤りなり。そもそも此の家は武蔵児玉党には無関係である。寛政呈譜に¬浅羽氏、清和源氏小笠原支流。先祖遠江国浅羽庄に居住し、浅羽を称す。浅羽治部太夫貞則(今川に属し、のち家康に仕ふ)―治太夫貞助(成次に作る。家康に仕へ慶長元年相模国栗原にをいて死す)―三右衛門成儀(正保四年家光に仕へ米百俵月俸十口をたまひ、寛文五年御書物奉行となり、武家系図書写のことにあづかる)。家紋、丸に州浜、五三の桐」と見ゆ。系図担当奉行がこのようでは、当時の系図書もいいかげんであったであろう。

四 浅羽下総守の家 南浅羽村森田家系図に¬森田大源太行貞(久安元年生。小大夫殿後浅羽殿と称せらるに仕ふ)―行高―行当―貞高―行高(弘安二年蒙古兵乱にて左近将監殿の御供して鎮西に出向ふ。行氏・氏盛の二公に仕ふ)―行定(実は長岡七郎大夫の三男也。重氏公に仕ふ)―貞当(直長公に仕ふ。建武二年五十三才死去)―貞忠―貞次(応永三年小山征伐討手に発向あり、城主に従て奮戦右手を失て帰る。刑部少輔殿に仕ふ)―貞長(落城中、討死十九才。小太夫下総守に仕ふ)―貞勝(永享十年下総守に従奉り鎌倉寿福寺にて自害四十二才。下総守成行公に仕ふ)―資貞(永正三年八十四才死去。俊氏公に仕ふ)―貞友(文明十三年死去。右衛門尉殿に仕ふ)―惟貞(永正元年立河原合戦に討死。弥太夫有道公に仕ふ)―直貞(大永四年江戸合戦敗北に依り南方へ降参に罷り出る事あり。浅羽家城主卒去の由を聞き当城の名代として馳せ参ず)―貞吉(永正二年生。弾正殿家老)―貞利(天正十八年主公は小田原に取籠り、城代として浅羽城留守居の大将たり、北国勢に攻め被られ落城自尽す)―盛直(元亀二年生、実は当郷浅羽城主浅羽利夫御舎弟。妻は森田貞利の娘。当城没落の後は、浅羽家縁故の者一族・譜代相集まりて一同将監屋敷の堀ノ内近辺に引移りて家居を構へ住宅を建る。世に爰を御城内と言い唱ふ。下総守殿も御隠居の上も当城の内に御同居相成しも日々御病身の御事とて程なく文禄五年六月朔日を以て卒去被遊、元和元年下総守殿御内方も御年五十二才を以て相果られ候、於是浅羽家も没落す。右近殿は天正十八年忍城にて討死、左近殿は野州・江戸方に浪々)と見ゆ。森田氏は南浅羽氏の家老にて、児玉党の浅羽行氏、子氏盛、弟重氏の子孫・下総守の家に代々仕えている。児玉党後裔説は附会であろう。此の南浅羽氏も在名にて苗字にあらず。本名は浅羽郷の高倉村小川氏、中新田村高篠氏、三ツ木村中里氏等が浅羽氏の後裔或は家臣と伝えている。各条参照。尚、宝徳三年八月下旬に浅羽民部少輔貞宅は¬鎌倉持氏記付結城戦場」を筆録しており、実在の人物であるが、浅羽系図関係に其の名が記されていないのは不思議である。

五 岩附城士の浅羽氏 熊野那智山米良文書に¬天文二十二年四月吉日、旦那願文、武州みたの住侶賀藤たくみ、同あさハたてわきとあり。入間・高麗郡の三田谷土豪衆にて、八王子城、岩附城の家臣なり。御祭礼之覚写(大徳院旧蔵文書)に¬卯正月七日、日さい衆・浅羽市太夫」と見ゆ。また、永禄三年関東幕注文に¬岩付衆、浅羽下総守・團之文」と見ゆ。是等の浅羽氏は、前項とは別系統の家であろう。

六 免鳥城主の浅羽氏 下野国安蘇郡旗川村免鳥(佐野市免鳥町)にあり。北越軍談に¬永禄四年閏三月、北条方の浅羽右近将監」。関東古戦録に¬佐野の免鳥の保障に浅羽右近将監資峰在住せしを、足利より不意に襲う」。館林記に¬永禄年間、館林城主赤井氏の配下に飯野の領主浅羽甚内秀継。天正九年、長尾顕長は佐野免鳥城を奪い取り、城代に家臣浅羽新左衛門尉甚内を置く」と見ゆ。館林城主長尾顕長は足利城主長尾但馬守景長の養子にて、関東幕注文に¬足利衆、長尾但馬守の同心・浅羽弥太郎・いほりの内之十方」とあり。長尾氏の重臣にて、免鳥城代浅羽甚内は弥太郎の一族であろう。ただし、下総守の家紋と違うため、別家の者が入間郡浅羽氏の名跡を継承した。佐野宗綱記に¬天正十年四月二十一日、佐野氏は免鳥城を攻め、浅羽左衛門・同甚内兄弟と合戦す」。関八州古戦録に¬天正十二年、小田原勢、金山城を攻め、熊野口へは武蔵国入間郡住人に浅羽甚内・成友兄弟を案内者として、陸奥守氏照等攻めかける」と見ゆ。入間郡住人とは出身の意味なり。其の後、免鳥城主浅羽氏は豊臣秀吉と接触を図る、皆川広照書状に¬天正十二年十一月二十三日、浅葉十郎左衛門尉殿」と見ゆ。天正十八年小田原落城後に、浅羽左衛門・若太郎父子は越前松平氏家臣となり、弟の甚内秀継は最上氏家臣となる。仕官する者は名跡(在名)の浅羽氏を名乗り、帰農する者は本名に復姓した。

七 越前福井藩松平(結城)氏家臣 源秀康公御家中分限帳に¬馬乗改衆・五百石・下野・浅場左衛門・千八百五十石与力分、御番与衆・二百石・下野・浅羽若太郎」あり。免鳥城家臣を召連て行く。

八 出羽最上藩家臣 最上少将義光家中分限帳に¬一騎・鉄砲四挺・弓一張・鑓九本・八百石・浅羽甚内」あり。旧家臣を召連て行く。

九 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬二百五十石・浅羽八太夫・是は忍にて罷出・下野之者」あり。免鳥城主一族か。

一〇 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬百石・本国三河生国出羽・浅羽孫兵衛・三十六歳」あり。

一一 新座郡下新倉村(和光市) 明治二十五年青年会浅羽政信あり。

一二 入間郡西戸村(毛呂山町) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に西戸村浅羽喜左衛門あり。

朝橋 アサハシ 大宮に存す。

麻畠 アサハタ 戸田に存す。

浅原 アサハラ 山梨県北巨摩郡明野村十戸、長野県北安曇郡池田町二十四戸、青森県黒石市二十六戸、島根県(石見国)邑智郡大和村十戸、羽須美村十一戸あり。

一 埼玉郡寺ヶ谷戸村(加須市) 町屋新田慶応四年馬頭尊に寺ヶ谷戸・浅原新三郎あり。

二 熊谷町 明治三十五年米穀商金井商店浅原万蔵あり。

三 深谷町 昭和三年興信録に¬深谷町・浅原美都雄・所得税十五円」あり。

麻原 アサハラ 長野県松本市九戸あり。昭和三年興信録に¬毛呂村(毛呂山町)・麻原善次郎・所得税百四十八円・営業税十五円、麻原寅吉・所得税十一円・営業税四十三円」あり。

字原 アザハラ 茨城県日立市河原子九戸あり。

旭 アサヒ 秩父郡皆谷村字朝日根ありて、旭氏、朝比氏存す。山形県長井市六戸、寒河江市七戸あり。

一 秩父郡皆谷村(東秩父村) 当村に此の氏多く存す。大内沢村大内神社前明治二十三年碑に皆谷・旭重平あり。朝日、朝日根参照。

二 昭和三年興信録に¬川越市・旭義重・所得税十一円」あり。朝日参照。

浅日 アサヒ 大宮に存す。

浅比 アサヒ 大宮に存す。

浅樋 アサヒ 富士見に存す。

朝火 アサヒ 岩槻に存す。

朝比 アサヒ 秩父郡皆谷村に存す。

朝日 アサヒ 足立郡本郷村(大宮市)字朝日に朝日神社あり。同郡糠田村字朝日山、入間郡西戸村字朝日山、秩父郡野巻村字朝日あり。茨城県常陸太田市真弓十四戸、日立市五十戸、長野県長野市六十八戸あり。

一 朝日長者 風土記稿・秩父郡横瀬村条に¬朝日長者屋敷跡は、小名日向の山際にあり。弘仁の頃、経基と云ひし人、勅を蒙り下向して、ここに住せし由、土人是を朝日長者屋敷とよべり。其審らかなること今より考べからず。凡そ三段許の間、今は畑となれり。農民まゝ布目瓦など堀出すことあり」と見ゆ。日向、武光参照。

二 秩父郡南村(飯能市) 妙見社棟札に建久二年十一月吉日御造営三社大明神・社職朝日藤太夫之次、建久八年九月日・社職朝日藤太夫季次、永仁四年八月・社職朝日藤太郎政次、天正六年霜月三日・当社朝日藤右衛門と銘あり。同社文書に寛永六年・我野村妙見社之祠官朝日播磨守忠吉、万治二年・上我野村妙見之祠官朝日常陸守長易、元録三年・祠官朝日播磨守安利と。入間郡塚越村大宮住吉神社文書に貞享三年・秩父郡上我野村妙嶮神主朝日常陸、寛政十一年・南村妙見宮神主朝日伊勢と。風土記稿南村中沢組条に¬妙見社、坂石村本村及び中沢の内小名三社の鎮守なり。神職朝日播磨」と見ゆ。私塾師匠祠官二十三代朝日真澄は漢学者にて明治三十年九十三歳で没す。

三 忍城士の朝日氏 成田分限帳に¬二十五貫文・朝日勘解由、二十貫文・朝日七郎五郎」あり。

四 秩父郡皆谷村(東秩父村) 御堂村浄蓮寺過去帳に¬蓮地院妙清・朝日九右衛門殿内・亥年七月」あり。土豪旭氏なり。

五 入間郡川越町 行伝寺過去帳に¬妙正・朝日・戌年七月」あり。江戸初期なり。

六 葛飾郡赤沼村(春日部市) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流赤沼村朝日勇親(常楽寺住職、嘉永五年生)あり。

七 足立郡道祖土村(浦和市) 明治六年富士講着到帳に道祖土村朝日武兵衛あり。

八 児玉郡阿久原村(神泉村) 用土村明治十三年仙元碑に阿久原村朝日幸右衛門あり。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税に¬吾野村(飯能市)・朝日七蔵・十一円、八和田村(小川町)・朝日平次郎・九円あり。

旭丘 アサヒオカ 三芳に存す。

朝日田 アサヒダ 岩手県水沢市十一戸あり。

朝秀 アサヒデ 茨城県龍ヶ崎市宮渕町三戸あり。

朝日出 アサヒデ 大宮、春日部、草加等に存す。茨城県龍ヶ崎市宮渕町八戸あり。

朝夷 アサヒナ 浦和、鴻巣等に存す。アサイナ参照。忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣にて、万治元年川越藩分限帳に¬百八十石・本国駿河生国同・朝夷三右衛門・五十歳、二人扶持・本国駿河生国武蔵・朝夷藤九郎・十四歳」あり。

朝日奈 アサヒナ 浦和、大宮、坂戸、川口等に存す。

朝日向 アサヒナ 北川辺、上尾、川越等に存す。

朝日南 アサヒナ 島根県(出雲国)飯石郡赤来町四戸あり。

朝比奈 アサヒナ 群馬県吾妻郡吾妻町川戸十二戸、北群馬郡小野上村上十戸、茨城県稲敷郡江戸崎町高田八戸、龍ヶ崎市羽原九戸、山梨県南都留郡足和田村大嵐二十戸、新潟県中頚城郡柿崎町九戸あり。

一 高麗郡白子郷(飯能市)の領主朝比奈氏 朝比奈文書に¬天正十五年三月二十一日、北条氏規は、朝比奈兵衛尉の知行相模国中郡小磯を、百貫文・入間・指田・落合・山根、七十六貫五百六十六文・白子、二十三貫四百三十四文・蔵出に知行替する」と。同文書に¬天正十六年閏五月二十四日、氏規は、朝比奈右兵衛尉に、相州一宮百三十七貫百五十文を白子に取替る」と見ゆ。高麗郡白子村、落合村、山根村等の地か。此の氏は、伊豆国住人にて、小田原編年録に¬豆州下田・千三百七十貫六百文・朝比奈孫太郎。先祖を朝比奈六郎知明と云、早雲時代の人なり。按北条五代記云、延徳の頃豆州賀茂の住人朝比奈ノ六郎知明と云侍あり、是より南海に当て島有よし聞及び大船一艘に人多く取乗伊豆下田の津より渡海し、八丈島見出したる。今知明が孫朝比奈兵庫助下田を知行すと云」と。伊豆国賀茂郡岩科神明社天文十一年棟札に奉朝比奈右衛門尉藤原綱尭と見ゆ。

二 岩附城士の朝比奈氏 埼玉郡百間東村鈴木文書に¬天正十五年六月十四日、一手組但半役人足計可出、一人半・朝比奈左衛門、已上二十人、鈴木雅楽助殿」と見ゆ。

三 忍城士の朝比奈氏 成田分限帳に¬三十八貫文・朝比奈与百兵衛、小田原籠城す」とあり。

四 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に¬四百石・朝比奈左内・是は忍にて罷出・駿河之者、二百石・朝比奈十太輔・是は忍にて罷出・駿河之者、二百石・朝比奈弥蔵・是は忍にて罷出・駿河之者」あり。

五 新座郡新倉村(和光市) 明治十六年浅久保若者組朝比奈仲右衛門。当村明治初年富士講碑に原新田・朝比奈仲右衛門、水久保・朝比奈藤五郎あり。

六 入間郡小久保村(川越市) 文化四年川越藩松平大和守役付に¬二人扶持・朝比奈佐太郎」。豪商にて御用達なり。天保八年上寺山村成田文書に小久保村惣代朝比奈佐太郎あり。

七 榛沢郡用土村(寄居町) 代々医師・私塾師匠なり。朝比奈玄之進・元得・杉斎・享和二年没六十九歳、朝比奈佐次郎・玄轔・嘉卿・机玉・天保十三年没八十四歳、朝比奈雷太郎・鐘山・嘉永四年没七十一歳、朝比奈弁次郎・東玉・夕顔、朝比奈健蔵・錦江・明治二十八年没七十七歳、明治九年副戸長朝比奈省三・大正六年没七十二歳。明治十三年仙元碑に当村朝比奈省三・朝比奈茂助あり。

朝日根 アサヒネ 秩父郡皆谷村字朝日根(東秩父村)は古の村名にて、同所天明六年碑に朝日根とあり。御堂村浄蓮寺過去帳に¬法賢・朝日根藤衛門尉・元和二年二月、妙朝・アサヒネ・申年五月」あり。朝日根の住人にて苗字にあらず。旭参照。

旭野 アサヒノ 入間郡堀金村字旭野あり。加須に存す。栃木県足利市五戸あり。

旭原 アサヒハラ 高麗郡中居村字旭原あり。

旭谷 アサヒヤ 富士見に存す。

朝日山 アサヒヤマ 出雲市六戸あり。朝日参照。

朝平 アサヒラ 川越に存す。

麻平 アサヒラ 秩父郡般若村字麻平あり。

浅弘 アサヒロ 和光に存す。

朝広 アサヒロ 大宮に存す。

麻生 アザブ 秩父郡古大滝村字麻生は麻布とも記す。古の村名にて、入間郡堂山村最勝寺嘉吉三年大般若経に武州秩父郡菅沼郷麻布村大慶庵と見ゆ。此の地より起る氏にて、町田日記に¬天正十八年、鉢形城留守麻生主水」と見え、秩父志に¬大滝村麻生屋敷・千島氏」と見ゆ。本名は千島氏なり。千島参照。

浅深 アサフカ 上尾に存す。

朝吹 アサフキ 大宮、入間、狭山、所沢、名栗等に存す。

浅渕 アサブチ 岡部藩安部氏家臣にて、明治四年半原県分限帳に¬浅渕鶴吉・桜井谷住・平民」あり。

浅部 アサべ 越谷、大宮、三郷等に存す。

朝穂 アサホ 所沢に存す。

浅間 アサマ 山梨県富士吉田市下吉田八戸、岩手県水沢市十六戸あり。忍城士にて、成田分限帳に¬十三貫文・浅間内記」あり。埼玉郡阿佐間村より起るか。

阿佐間 アサマ 埼玉郡阿佐間村(大利根町)は浅間とも記し、真名板村明治十年碑に浅間村と見ゆ。

安座間 アサマ 宮代、入間、所沢、戸田等に存す。

朝間久里 アサマクリ 忍城士にて、成田分限帳に¬三十貫文・朝間久里宗八郎、三十貫文・朝間久里太郎左衛門あり。長久寺本に両人は小田原籠城すと。行田史譚に¬天正十八年、朝間久里猪惣次は皿尾口を守る」と見ゆ。

浅海 アサミ 下野国安蘇郡浅沼は阿曽沼と記す。浅(あそ)は浅生と書き、生(うみ)に海(うみ)の字を当て、浅海をアサウミ、アサミと称す。さらに、薊、浅見、呰見、阿佐見等の佳字を用いる。浅(阿曽、安蘇、阿蘇)氏は、神武天皇の子神八井耳命の後裔にて、古事記に¬神八井耳命は意富臣、阿蘇君等の祖也」と見ゆ。意富(おほ)は、大、多のことで、大ノ国(後の百済)なり。大族は大野と称す。また、大ノ国は安羅国(あら、あらき)とも称し、アラキはラを略してアキ(秋、安芸)とも云う。和名抄に豊前国仲津郡呰見郷あり、豊前国丁里大宝二年戸籍に阿射彌勝布施売の名あり。勝(すぐろ)は百済人なり。北九州阿蘇氏は大ノ国の渡来人にて、土佐国安芸郡を経て、武蔵国に移住する。アキ、アラ、オオ、児玉、土佐の条参照。秩父志に¬言代主命神裔、土佐国造末流、本郡遺姓甚多く為す。今人民八形城臣浅見伊賀守・大野弾正忠の如者、遺迹二三所之見ゆ」とあり。土佐国造とは土佐国安芸郡を指し、此の地と武蔵国秩父郡とは古代以来の密接な交流あり。後世、鉢形城士に土佐出身者が多い。また、土佐国では畠山重忠の後裔と称する畠山氏・畑山氏が多く存す。浅海(あさみ)氏は川口、志木、戸田、草加、越谷、久喜、春日部、所沢、川越、大宮等に存す。アサウミ参照。

朝海 アサミ 日高に存す。アサウミ参照。

浅美 アサミ 入間に存す。新潟県東蒲原郡三川村上戸谷二十二戸あり。

浅味 アサミ 入間郡下富村(所沢市)に存す。

莇 アザミ 千葉県印旛郡酒々井町酒々井十一戸あり。

一 埼玉郡東方村(越谷市) 明治九年副戸長莇万右衛門・天保三年生。明治三十年所得税下調査簿に大相模村莇由太郎・反別十町九反歩・地租二百円あり。

二 比企郡神戸村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に莇鑜重・莇浜吉あり。

三 雑載 昭和三年興信録・所得税に¬越ヶ谷町・莇隆幸・百二十二円、大相模村(越谷市)・莇新太郎・二十三円」あり。

薊 アザミ 児玉郡浅見村に薊山あり、元弘日記裏書に¬延元二年九月、北畠顕家は、武州薊山で足利の軍勢と戦ふ」と見ゆ。足立郡蓮沼村字薊ヶヤ戸あり。羽生、鴻巣、栗橋、入間、所沢、蓮沼、草加、川口等に存す。前橋市上増田八戸あり。

莇生 アザミ 葛飾郡不動院野村(春日部市)に此の氏存し、香取社隣弘化四年馬頭尊に莇生右七。鷲巣村鷲神社明治三年御嶽碑に不動院野村・薊忠蔵・薊佐七。大杉神社明治二十四年碑に莇生卯之助・莇生和十郎あり。

生明 アザミ 

一 埼玉郡藤井村上組(羽生市) 香取社文政六年御神燈に生明惣兵衛・生明利兵衛、嘉永二年奉額に当所生明宗兵衛・生明喜兵衛・生明助右衛門、安政四年奉額に生明熊太郎、明治十一年奉額に生明信蔵・生明市右衛門・生明留吉・生明利兵衛。明治九年副戸長生明利兵衛・天保十二年生、副戸長生明惣兵衛・文政二年生あり。

二 同郡下村君村(羽生市) 鷲宮社嘉永六年御神燈に生明小左衛門あり。

執見 アザミ 狭山、所沢等に存す。

浅見 アザミ アサミ 浅海(あさみ)条参照せよ。児玉郡入浅見村、下浅見村(児玉町)あり、薊とも記す。秩父郡に阿佐美郷あり、横瀬村明暦元年検地帳に¬小名あさみ」と見え、当所土豪井上文書に¬永禄十一年十月二十三日、阿佐美郷井上孫七郎殿、奉三山」と見ゆ。また、榛沢郡岡村字浅見、幡羅郡男沼村字浅見あり。浅見族は、百済より土佐国を経由して、相模国大磯海岸に上陸し、武蔵・上野へ移住す。此の氏は東国に於て相模・武蔵・上野の三ヶ国に存し、他には見えず。神奈川県小田原市鴨宮十四戸、同市飯泉十三戸、秦野市西田原十七戸、同市菩提十七戸、群馬県吾妻郡長野原町大津十七戸、勢多郡赤城村溝呂木八戸、北群馬郡榛東村新井二十四戸、渋川市川島十九戸、藤岡市上戸塚三十八戸、同市上落合十六戸あり。

一 児玉党浅見氏 阿佐美条参照。

二 清和源氏浅見氏 上野国新田郡阿佐美村(笠懸町)より起る。新田義貞―義宗―義則―義邦―貞宗―貞義―貞治―助貞―貞興―義都―義利―義仲(阿佐美。後に浅見太郎左衛門と称す)。此の末流は児玉郡十条村に存す。

三 鉢形城士の浅見氏 鉢形分限帳に¬本国武州入間・浅見清太夫、本国武州足立・秩父大宮住・浅見源五郎、本国上州勢田・浅見伊賀、本国遠州引佐・浅見内記、本国越後三島・浅見小隼人、本国奥州長岡・浅見小十郎、本国出雲意宇・浅見右馬之助、本国越前新川・浅見新六」あり。神流川合戦記に¬天正十年六月、鉢形城方・戦奉行浅見伊賀守春長」。町田日記に¬天正十八年、鉢形留守居浅見伊賀守あり」。風土記稿秩父郡横瀬村条に¬根古屋城跡、浅見伊賀守在城せし遺跡なりと云」。鉢形古城記に¬根古屋の城に浅見伊賀守・同左馬助父子也」。秩父案内記に浅見新六・贄川村土着、浅海右馬之助・日野村土着。野上町郷土史年表に浅見清太夫・野上村土着と見ゆ。

四 児玉郡浅見郷の土豪浅見氏 万治三年伝書之事(下真下村坂本文書)に¬真下源左衛門藤原光俊は、北条氏康の為に空しく滅ぶる事我残念成りと申ければ、先手に進み来る浅見治郎と申者を切殺し大勢を追払ふと見ゆ。是は在名にて、当村に浅見氏は無し。真下参照。

五 入西衆浅見氏 三田谷土豪衆にて、御祭礼之覚写(大徳院文書)に¬卯正月七日、日さい衆・浅見小太夫」あり。

六 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に¬百五十石・浅見治太夫」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に¬三両二人扶持・浅見十助」あり。

八 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に¬五人扶持・浅見与兵衛、四石余二人扶持・浅見惣右衛門、三石二人扶持・浅見勘助、二人扶持・浅見那右衛門、同高・浅見庄左衛門」。明治四年半原県分限帳に¬浅見惣吉・半原、浅見勘助・半原、浅見直次郎・半原」あり。子孫は三河国八名郡富岡村に存す。

九 関東郡代伊奈氏家臣 寛政二年伊奈家中連署に¬貸附方定役・五人扶持格・上屋敷住・浅見七兵衛」あり。

一〇 葛飾郡杉戸宿 河原町稲荷社明治十五年御神燈に浅見万吉あり。

一一 同郡中井村(吉川市) 東眠寺嘉永六年十九夜塔に浅見佐兵衛。御嶽社明治十三年御神燈に浅見佐兵衛・浅見喜三郎・浅見長兵衛あり。

一二 同郡土場村(吉川市) 三輪野江村定勝寺寛文九年鐘銘に土場村浅見庄左右衛門あり。

一三 同郡加藤村(吉川市) 中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に加藤村浅見勘蔵あり。

一四 同郡吉屋村(吉川市) 香取社明治三十九年碑に浅見勘右衛門あり。

一五 同郡須賀村(吉川市) 明治三十年人名録に浅見喜平次・嘉永元年生・地租二十円あり。

一六 同郡田中新田(三郷市) 前間村稲荷社明治十五年水鉢に田中新田・浅見富蔵あり。

一七 埼玉郡下須戸村(行田市) 御嶽社文政元年碑に浅見岩次郎・浅見亀之丞あり。

一八 同郡道地村(騎西町) 成就院寛政十年供養塔に浅見休□、弘化四年庚申塔に浅見周助。稲荷社慶応二年幟碑に浅見仲次郎・浅見粂次郎あり。

一九 同郡西久米原村(宮代町) 鷲宮社文化三年庚申塔に浅見吉太郎あり。

二〇 同郡岩槻町 浅間社文化九年水鉢に浅見弥右衛門あり。

二一 同郡鈎上新田(岩槻市) 保寿院文化六年庚申塔に浅見茂吉・浅見喜左衛門・浅見喜右衛門あり。

二二 同郡四条村(越谷市) 中島村稲荷社明治二十五年御嶽碑に四条村浅見兵五郎あり。

二三 同郡南百村(越谷市) 明治九年副戸長浅見四郎左衛門・文化七年生。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に南百村浅見岩吉、明治二十五年碑に南百村浅見祐蔵・浅見七右衛門あり。

二四 同郡瓦曽根村(越谷市) 風土記稿瓦曽根村条に¬当村は、古へ浅見大学、須賀大炊介、同雅楽之助、同玄蕃、同将監などいえるもの来て開発せしと云ふ」と見ゆ。明治九年副戸長浅見宇之助・文政十年生あり。

二五 同郡蒲生村(越谷市) 明治七年船積問屋浅見半七・但し寛政十年二月創立。明治三十年所得税下調査簿に蒲生村浅見伝蔵・反別九町七反歩・地租百三十四円あり。

二六 同郡東方村(越谷市) 久伊豆社嘉永五年御神燈に浅見伊之助・浅見八十八・浅見銀蔵・浅見勝五郎・浅見朝右衛門。明治九年副戸長浅見雄次郎・天保六年生あり。

二七 同郡西方村(越谷市) 日枝社天保十年御神燈に浅見市平あり。

二八 同郡見田方村(越谷市) 明治三十年人名録に浅見初五郎・安政四年生・地租五十九円あり。

二九 同郡大相模村(越谷市) 明治三十年所得税下調査簿に大相模村・浅見勝太郎・反別八町六反歩・地租百三円あり。東方村住人か。

三〇 同郡羽生町 明治三十五年青物商浅見六太郎あり。

三一 同郡安養寺村(鴻巣市) 八幡社明治三十九年碑に浅見喜八・浅見熊次郎あり。

三二 同郡青柳村(草加市) 神明社明治二十二年棟札に浅見丑太郎・浅見市蔵あり。

三三 足立郡草加宿 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に草加六丁目浅見五左衛門。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿浅見平蔵・浅見吉右衛門・浅見重蔵。嘉永三年草加宿豪商農十六人衆に五丁目(谷古宇村)肥料商質屋万屋浅見清助。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡草加宿浅見清助。剣術神文鑑に安政三年草加宿六丁目浅見平造、慶応三年五丁目浅見清兵衛。安政六年に六丁目万屋五左衛門。明治二年に三丁目(吉笹原村)万屋浅見弥三郎。市神祠官筆学入門控に慶応三年・五丁目万屋近之介息子浅見雄太郎、明治四年・万屋浅見千之介・同浅見郷次郎。明治九年戸長浅見清左衛門・文政四年生。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治三十年谷古宇農業浅見清助・万延元年生・国税五百三十一円、明治四十四年国税五百七円・県下百七十三位。明治三十五年書籍商万栄堂浅見清兵衛・角万浅見近蔵・肥料商万屋浅見清助・農業浅見吉蔵あり。

三四 同郡槐戸村(草加市) 観音寺跡宝篋印塔に当村浅見与一あり。

三五 同郡玄蕃新田(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に玄蕃新田・浅見惣右衛門。辻村鷲神社明治四十二年碑に木挽・玄蕃浅見三吉あり。

三六 同郡大門宿(浦和市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡大門宿浅見平吉あり。

三七 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年に浅見綱五郎あり。

三八 同郡浦寺村(鳩ヶ谷市) 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に浦寺村浅見権治郎。明治七年副戸長浅見権治郎あり。

三九 同郡道合村(川口市) 大徳寺安永三年庚申塔に浅見辰五郎、文化四年普門品に浅見茂太郎あり。

四〇 同郡塚越村(蕨市) 字丁張稲荷社寛政七年庚申塔に浅見平左衛門・浅見嘉兵衛。蕨宿三学院明治十一年碑に塚越村・浅見久兵衛・浅見嘉兵衛・浅見伝蔵。明治三十五年織物業浅見喜代太郎あり。

四一 入間郡川越町 三芳野神社明治四十年碑に連雀町浅見伝七あり。

四二 同郡中福村(川越市) 並木村氷川社明治五年水鉢に中福村石工浅見代治郎あり。

四三 同郡今福村(川越市) 志村文書に¬今福村開発人、承応二年家作り引移る・浅見長右衛門」あり。

四四 同郡久米村(所沢市) 明治二十年茶業浅見権左衛門・同浅見吉五郎あり。

四五 同郡入間川町(狭山市) 明治二十五年入間川町地租額調に浅見仙蔵・浅見与七。明治三十五年筆製造浅見秀之あり。

四六 同郡黒須村(入間市) 明治二十五年塩魚肥料商浅見清吉。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年浅見文蔵・明治九年生・国税四千三百四十九円・県下十九位あり。

四七 同郡中神村(入間市) 豊泉寺寛文九年鐘銘に正庵太村・中神村、浅見茂兵衛・浅見甚左衛門・浅見喜左衛門。明治十一年議定に浅見初五郎・浅見長左衛門・浅見弥兵衛・浅見銀次郎・浅見八百吉・浅見永次郎・浅見忠兵衛・浅見吉右衛門、十六年に浅見福太郎・伍長浅見馬蔵・村会議員浅見梅蔵・同浅見茂七あり。

四八 同郡扇町屋村(入間市) 明治三十五年荒物商浅見清吉あり。

四九 同郡坂戸町 明治三十五年人力車業浅見与助。明治四十三年荒物商浅見与助・染物職浅見卯吉あり。

五〇 同郡大塚村(坂戸市) 明治十一年副戸長浅見文二郎。明治三十年惣代浅見健次郎あり。

五一 同郡赤尾村(坂戸市) 森田文書に¬慶長十四年から元和元年までに浪人六人・浅見等が所々から赤尾村に移住す」と見ゆ。

五二 同郡西戸村(毛呂山町) 明治九年副戸長浅海民蔵・弘化元年生、百姓惣代浅見孫平。明治二十二年埼玉勧業会員浅見茂重。明治三十一年川角村会議員浅見儀一郎。明治三十九年国津神社碑に浅見和蔵・浅見豊吉あり。

五三 同郡大類村(毛呂山町) 明治九年立会人浅見嘉之助あり。

五四 同郡越生町 明治三十五年荒物商浅見好三あり。

五五 同郡津久根村(越生町) 津久根村開創記(八幡社文書)に¬正徳二年二月、八幡社修覆建立之儀、年寄役浅見与兵衛あり。

五六 同郡黒山村(越生町) 山本坊文書に¬応永五年二月十二日、奉造営将門宮、施主浅見清包」と見ゆ。土豪なり。文政六年小杉村伊勢講に黒山村浅見甚左衛門。明治三年議定連印長に浅見甚左衛門・浅見安太郎・浅見忠蔵・浅見藤右衛門・浅見清兵衛・浅見四郎右衛門・浅見長五郎(菓子商)。明治九年戸長浅見四郎・弘化四年生、菓子商浅見甚造、浅見安次郎。明治十七年水車搗き浅見市太郎・同業浅見庄吉あり。

五七 同郡鶴ヶ岡村(大井町)明治十七年反別帳に浅見喜平次・一町九反一畝歩、浅見松五郎・一町一反三畝歩所有あり。

五八 高麗郡飯能町 明治三十五年洋服屋浅見卯之四郎あり。

五九 同郡虎秀村(飯能市) 福徳寺文化七年六地蔵に当村浅見五助・浅見や壱、慶応四年供養塔に浅見秋蔵。明治九年戸長浅見倉次郎・文政三年生。県会議員木材業浅見保太郎・明治十六年生あり。

六〇 同郡赤沢村(飯能市) 星宮神社棟札に¬元亀二年二月三日、施主浅見下野」と。土豪なり。中山村智観寺万延元年本堂再建覚書に大工棟梁茶内浅見亦八、同茶内浅見菊五郎、同茶内浅見安太郎。慶応二年名主浅見才兵衛・俳号茶因・材木商。明治九年副戸長浅見市太郎・天保十一年生。明治十三年に浅見才次郎あり。

六一 同郡長沢村(飯能市) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に長沢・浅見末蔵あり。

六二 同郡栗坪村(日高市) 明治十七年料理屋浅見卯太郎。明治二十八年青物商浅見良平あり。

六三 同郡仏子村(入間市) 高正寺宝永二年碑に仏子・浅見与五郎。明治九年戸長浅見佐一郎・天保十一年生。明治二十一年納税書に浅見弥助・浅見安五郎・浅見伴次郎・浅見甚蔵・浅見伴三郎・浅見源太郎・浅見清吉・浅見馬造・浅見忠造・浅見佐一郎・村会議員浅見繁蔵あり。

六四 同郡笹井村(狭山市) 白髭社明治二十九年御神燈に水富村浅見仙次郎・浅見近吉、四十二年御神燈に水富村浅見元次郎あり。

六五 比企郡小川町 桃木村八幡社明治十四年筆子碑に小川村浅見兼吉。明治三十五年米穀商浅見喜助・太物商浅見友次郎あり。

六六 同郡青山村(小川町) 字田島嘉永六年馬頭尊に浅見喜兵衛。明治四年青山村下分百姓代浅見房五郎。当村明治二十七年馬頭尊に当所大原矢ノ口・浅見勝三郎あり。

六七 同郡下里村(小川町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に下里・浅見稲吉あり。

六八 同郡石橋村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に浅見六重・浅見茂助・浅見千代次・浅見小次郎・浅見由太郎あり。

六九 同郡高野倉村(鳩山町) 遠山村八幡社元治二年聖徳太子碑に高野倉・浅見久八あり。

七〇 同郡今宿村(鳩山町) 八坂社明治四十三年御神燈に浅見宇吉あり。

七一 同郡玉川郷 今宮社明治四十五碑に浅見銀之助あり。

七二 同郡長楽村(川島町) 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に長楽・浅見宇八(松山町箭弓神社に見ゆ)あり。

七三 同郡平村(都幾川村) 字姥石文化四年巡拝塔に浅見市郎左衛門・浅見徳左衛門。十王堂前安政二年聖徳太子講に浅見善七・浅見常吉。慈光寺観音堂明治二年筆子碑に浅見源吉。正法寺明治三十年廻国塔に本村浅見吉平。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に宿組浅見武之吉・中井組浅見長吉。萩日吉社明治四十一年碑に浅見龍太郎・浅見六次郎・浅見佐十郎あり。

七四 同郡大野村(都幾川村) 正法寺明治三十年廻国塔に大野・浅見増吉。大野神社明治三十四年太子講に浅見慶和・浅見喜次郎・浅見長五郎あり。

七五 同郡瀬戸村(都幾川村) 桃木村八幡社明治十四年筆子碑に瀬戸村浅見国五郎あり。

七六 大里郡熊谷町 石上寺明治十一年水鉢に浅見藤吉。明治三十五年染物業浅見富五郎あり。

七七 同郡相上村(大里町) 吉見神社嘉永二年御神燈に浅見幸蔵あり。

七八 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺天保十四年馬頭尊に浅見松五郎、権田門人碑に慶応二年・浅見清二郎・浅見初五郎・浅見徳太郎・浅見久太郎、同年以降門人・浅見国八・孫弟子浅見金五郎。八幡社安政六年水鉢に浅見主馬八、慶応二年碑に浅見七五三八。龍泉寺元治元年馬頭尊に浅見松蔵・浅見三左衛門・浅見平吉・浅見治郎吉・浅見房五郎あり。

七九 同郡玉井村(熊谷市) 上ノ茶屋郭延享元年地蔵尊に浅見弥市右衛門。玉井神社万延二年寄進に浅見源左衛門・浅見権次郎あり。

八〇 同郡上増田村(深谷市) 東別府神社嘉永六年御嶽碑に上増田・浅見美代吉。諏訪社文久二年御神燈に浅見又五郎・浅見元次郎・浅見佐十郎・浅見兵三郎。明治十八年最上農名簿に上増田村浅見泰次郎・耕宅地九町九反歩・山林二反歩所有。明戸村会議員に浅見竹三郎・文久二年生、浅見中二・明治十年生、浅見兵左衛門・明治三十一年生あり。

八一 同郡男沼村(妻沼町) 字浅見あり、土豪浅見氏屋敷なり。男沼村誌に¬貞享以前よりの家・浅見作左衛門・浅見喜兵衛・浅見佐右衛門・浅見長兵衛・、貞享元年以後・浅見弥市郎・浅見庄左衛門・浅見文右衛門・浅見徳兵衛・浅見清右衛門・浅見佐左衛門・浅見源蔵・浅見作兵衛・浅見庄治郎・浅見又八。文政八年名主浅見九右衛門、天保四年百姓代浅見作兵衛、文久二年組頭浅見九右衛門・百姓代浅見作兵衛、明治二年百姓代浅見九右衛門。明治四年人別改、浅見九平・五町三反六畝歩、浅見忠八・三町一反五畝歩、浅見栄吉・二町四反六畝歩、浅見庄蔵・一町八反歩、浅見庄次郎・一町七反一畝歩、浅見常蔵・一町六反五畝歩、浅見安五郎・一町三反五畝歩、浅見久次郎・一町三反歩、浅見弥市・一町一反二畝歩、浅見又八・一町三畝歩、浅見佐太郎、浅見元次郎、浅見源蔵、浅見徳平。明治五年副戸長浅見喜一・準副戸長浅見久次郎・百姓代浅見栄吉・地主惣代浅見庄次郎と見ゆ。明治九年戸長浅見喜一・嘉永元年生、副戸長浅見栄吉・天保九年生。長勝寺享和三年供養塔に浅見常助・浅見治右衛門、天保九年棟札に浅見九右衛門、万延元年庚申塔に浅見幸吉・浅見栄吉・浅見伊代吉・浅見光吉・浅見常蔵・浅見弥一郎・浅見忠太郎・浅見藤兵衛・浅見森之助・浅見亀次郎・浅見勝次郎、文久四年軸に浅見安五郎。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡男沼村浅見忠蔵。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に男沼村浅見九右衛門・浅見文右衛門・浅見作兵衛。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に男沼村浅見久次郎あり。

八二 榛沢郡寄居町 明治三十五年糸繭商浅見藤五郎あり。

八三 同郡末野村(寄居町) 元治元年末野村諸事恵に浅見伊三郎・浅見藤十郎・浅見定七・浅見庄蔵・浅見源蔵・浅見学衛・浅見嘉市・浅見ゆみ・浅見ひろ・浅見富士松・浅見熊次郎・浅見清十郎・浅見藤太郎。明治九年副戸長浅見藤太郎・天保十一年生あり。

八四 同郡小前田村(花園町) 町田日記に¬慶長六年、羽雌箭の百姓も残らず、小前田新田に移り住む。高橋清兵・吉野重右衛門・岡田安左衛門・同杢左衛門・浅見浅左衛門・田中加喜衛門・芝崎文左衛門・鈴木新左衛門、是を羽雌箭八家と言ふ」と見ゆ。長善寺元禄十三年庚申塔に当村浅見与惣右衛門。諏訪社嘉永二年金毘羅碑に浅見太郎左衛門、明治十三年久那斗神碑に浅見房太郎・浅見与五平。明治十三年用土村仙元碑に小前田村浅見忠治あり。

八五 同郡田谷村(深谷市) 上野台村八幡社明治五年筆子碑に田谷村浅見卯之助。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国深谷町田谷・浅見弥一郎・浅見定七あり。

八六 同郡上手計村(深谷市) 阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に浅見三左衛門・浅見茂右衛門。八基村会議員浅見善吉・明治十六年生あり。

八七 同郡横瀬村(深谷市) 横瀬神社文政十三年御神燈に浅見宗右衛門あり。

八八 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺文政九年水鉢に当所浅見平右衛門、天保十一年供養塔に当所浅見平治郎。八幡社明治四十四年碑に浅見重次郎・浅見秀吉。藤沢村会議員に浅見徳次郎・明治三十五年生、浅見藤三郎・明治三十五年生あり。

八九 同郡普済寺村(岡部町) 当村江戸末期庚申塔に浅見金平あり。

九〇 男衾郡本田村(川本町) 字中芝元禄六年庚申塔に浅見保兵衛・浅見伝兵衛。畠山村長島玄貞・明治十三年没筆子碑に本田村浅見時次郎・浅見浅次郎。明治二十二年大日本農会員浅見園吉。明治二十五年船水車業浅見丑松あり。

九一 那賀郡古郡村(美里町) 児玉記考に¬旧家浅見常次郎、先代を四郎兵と通称し、名主組頭役を勤めたり」と見ゆ。秋山村十二天宮寛政七年建立覚書に古郡村組頭浅見四郎左衛門。安光寺嘉永元年地蔵尊に当村浅見新治郎・浅見源右衛門。明治三年佐藤文書に浅見四郎三郎、同六年文書に浅見喜十郎・浅見文次郎あり。

九二 同郡甘粕村(美里町) 古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に甘カス・浅見庄左衛門・浅見庄七・浅見亀蔵。浅見悦雄家明治五年文書に甘粕村役人惣代浅見要三郎。明治九年副戸長浅見信房・文政四年生。用土村明治十三年仙元碑に甘粕村浅見忠助。甘粕神社明治二十五年富士碑に当所浅見信房・浅見善蔵・浅見庄七、明治四十二年碑に浅見武市郎あり。

九三 同郡広木村(美里町) 古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊にヒロキ・浅見四郎兵衛あり。九十一項旧家は当村か。

九四 同郡大仏村(美里町) 羽黒社明治三十一年碑に当所浅見勘助あり。

九五 同郡円良田村(美里町) 当村明治十七年仙元碑に浅見伊三郎あり。

九六 同郡中里村(美里町) 当村元禄十三年庚申塔に浅見明あり。

九七 同郡小平村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に小平・浅見利三太あり。

九八 児玉郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に浅見儀衛門・浅見彦衛門・浅見与右衛門、延享二年御神燈に浅見彦六・浅見彦七・浅見与右衛門、文政十三年御神燈に浅見彦兵衛光敏、明治三十五年碑に理髪師浅見運平・同浅見庄三郎・同浅見鷹次郎。本庄宿石川剣道場門下生に寛政五年八幡山浅見清七。児玉競進社明治二十七年棟札に棟梁児玉町元町浅見鷹次郎。明治三十五年荒物商浅見章次郎あり。

九九 同郡十条村(美里町) 北十条村天保九年御神燈に浅見金兵衛。明治五年北十条村名主浅見源平。明治七年十条村戸長浅見源平・天保九年生、副戸長浅見久平・文化十年生。明治十一年副戸長浅見由蔵。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流・北十条村浅見亀蔵源吉兼、其の子廉蔵あり。二項参照。

一〇〇 同郡本庄宿 金鑚神社享和三年水鉢に浅見佐吉(当宿新田町住、安永より文化年間に至る手記を著す)。明治四年諸井文書に仲町浅見久平。明治十五年本庄町会議員浅見清平あり。

一〇一 同郡中新里村(神川町) 中新里城跡の字外記は城の侍医浅見外記に由来すと伝える。御霊社弘化五年御神燈に浅見武右衛門・浅見太郎左衛門・浅見助右衛門。明治七年戸長浅見宇平次・天保七年生あり。

一〇二 同郡上阿久原村(神泉村) 児玉記考に¬旧家浅見喜右衛門、先代を常右衛門、或いは又市と云い、名主役を勤続したり。旧家浅見熊蔵、慶長年度の先代は浅見三郎右衛門と云い、後世々権之丞を通称とし、名主年寄役を勤め大ひに門戸を張りし名門なり」と見ゆ。明治四年桜沢文書に上阿久原村名主浅見嘉平・組頭浅見茂吉。明治九年戸長浅見藤八・天保九年生、副戸長浅見茂平・天保十三年生、副戸長浅見甚兵衛・文政八年生。明治十三年農区委員上阿久原村浅見熊蔵あり。次項参照。

一〇三 同郡下阿久原村(神泉村) 寿光寺明治五年庚申塔に阿佐見孫衛。明治六年副戸長浅見勝衛・天保八年生。上州東平井諏訪神社(藤岡市)明治七年算額に武陽阿久原・浅見茂三郎為継・阿佐美郷衛丈升・阿佐美一郎義一。明治九年副戸長浅見茂三郎・天保十四年生。有氏神社明治二十六年碑に浅見慶三郎・浅見学太郎・浅見鼎・浅見磯太郎・浅見菊五郎・浅見堅次・浅見徳蔵・浅見角蔵・浅見仲次。招魂社明治三十九年碑に村長浅見熊蔵・浅見武平・浅見伝平・浅見喜代蔵・浅見昌員・浅見勇作・浅見滝蔵・浅見宇平・浅見半次郎・浅見仁三郎・浅見長作あり。

一〇四 賀美郡肥土村(神川町) 大御堂村吉祥寺天保五年供養塔にヒド浅見源内。元阿保村明治三十年碑にヒド浅見為助。広野神社明治三十九年碑に浅見要之助・浅見松太郎・浅見宰助・浅見長五郎・浅見嘉四郎・浅見吉三郎・浅見トキ・浅見彦五郎・浅見多吉あり。

一〇五 同郡長浜村(上里町) 字久保万延元年庚申塔に浅見政吉あり。

一〇六 秩父郡野上下郷(長瀞町) 明治九年副戸長浅見銀蔵・文政八年生。明治十四年に浅見茂三郎・浅見幸十郎。国神神社明治三十四年碑に野上下郷浅見馬太郎あり。

一〇七 同郡本野上村(長瀞町) 当村延宝六年千部供養塔に浅見伊左衛門、元禄十四年供養塔に浅見伝兵衛。明治七年に浅見豊蔵。宝登山神社明治七年格天井絵奉納に本野上村浅見巳之吉。明治三十三年農会名簿に本野上・浅見梅上・浅見太三郎・浅見富吉・浅見百太郎・浅見丈吉・浅見いの。国神神社明治三十四年碑に本野上・浅見光善あり。

一〇八 同郡中野上村(長瀞町) 明治三十三年農会名簿に中野上・浅見卯十郎・浅見豊吉・浅見兵三郎・浅見治作・浅見与之太郎・浅見源十郎あり。

一〇九 同郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳(野口文書)に皆野村・浅見由之助・浅見庄三郎・浅見太仲次・浅見嘉平。国神神社明治三十四年碑に皆野・浅見嘉兵衛。県会議員浅見晴政・明治四十二年生あり。

一一〇 同郡金崎村(皆野町) 寛保三年香具仲間連名帳に浅見源六。国神神社明治三十四年碑に当所・浅見幸三郎・浅見五作・浅見松次郎・浅見里吉・浅見和三郎・浅見竜太郎・浅見浅太郎、金崎・浅見百蔵・浅見長次郎・浅見甚太・浅見仲次郎あり。

一一一 同郡金沢村(皆野町)国神神社明治三十四年碑に金沢村・浅見佐助・浅見辰五郎・浅見健治あり。

一一二 同郡三沢村(皆野町) 明治六年立会人浅見作次郎あり。

一一三 同郡日野沢村(皆野町) 宝登山神社明治七年寄進連名記に日野沢村浅見与市、明治二十七年寄進に下日野沢村浅見武市。国神神社明治三十四年碑に上日野沢村浅見文蔵・浅見宇市、下日野沢村浅見亀次郎・浅見利平・浅見林三郎あり。阿左美条参照せよ。

一一四 同郡小鹿野町 明治二十年春日二丁目浅見甚衛郎、上二丁目浅見三七・浅見権三郎。明治三十五年糸繭商浅見甚三郎・同浅見権吉・同浅見三七・同浅見吾作。上小鹿野村小鹿神社明治四十二年玉垣碑に浅見三七・浅見吾作あり。

一一五 同郡飯田村(小鹿野町) 明治九年副戸長浅見千代松・文政十年生あり。

一一六 同郡白久村(荒川村) 慶応二年に白久村浅見甚兵衛。明治十三年埼玉県老農名簿に白久村浅見甚兵衛あり。

一一七 同郡日野村(荒川村) 風土記稿日野村条に¬浄光寺の開基は、浅見平右衛門・法諡を浄光と云、寂年を詳にせず、今も彼が子孫村内に住せり。村民平右衛門が先祖平右衛門等除地を賜われり、是は慶安年中検地の時案内せしに依って所持すと云ふ」と見ゆ。秩父郡記に明和安永年間名主浅見作左衛門あり。浅海(あさうみ)参照。

一一八 同郡大宮郷(秩父市) 川越宿榎本弥左衛門覚書に¬寛永二十一年、大宮町・町年寄浅見忠左衛門」。栃谷村妙音寺元禄十年寄進帳に大宮町浅見忠左衛門。秩父神社境内泉蔵院宝永二年鐘銘に大宮町浅見次郎兵衛。宝永七年松本御用日記に¬大宮郷浅見伊右衛門・三十七年以前に相果て割元御役儀上り申候、浅見文右衛門・二十七年以前に相果て、右同断」。松本文書に¬享保十四年大宮町御伝馬十五疋半・浅見与衛門、享保二十年大宮郷名主浅見助七、安永七年絹仲買浅見惣兵衛」。私塾師匠医師浅見俊庵・号清慎・古聞・明和九年没。小野原村稲荷社由緒に¬秩父大宮の人、浅見大膳藤原義利、社守となり安永八年改築す」。秩父神社日鑑に¬享和元年、浅見又右衛門・江戸へ被参候。享和三年、浅見古兵衛」。下吉田村永法寺文化十二年寄進帳に大宮中町浅見宗兵衛。三峰史料集に文化十三年大宮宿浅見小兵衛。万延元年武術英名録に甲源一刀流大宮宿浅見綱五郎。明治三年に絹糸商浅見宗兵衛・四十七歳・田畑六町歩、其の子栄助、宗兵衛分家絹糸商浅見伊八・四十五歳、浅見藤十郎・田畑二町歩、浅見新八・田畑一町三反歩、浅見伊太郎・田畑一町歩、組頭染物業浅見茂吉・七十一歳、桶屋浅見卯蔵・二十二歳、菓子職浅見佐蔵・四十六歳、菓子商浅見団蔵・四十四歳、桶工浅見常吉、指物職浅見定右衛門、秩父神社々領地萬小商浅見源次郎、広見寺領萬小商浅見勇次郎。明治九年副戸長浅見要助・天保十四年生。明治十六年県会議員調査に農業浅見平吉・天保八年生・田畑二十町四反歩。明治三十五年菓子商浅見小一郎・旅館万屋浅見繁蔵・農器具浅見伊之助・浅見勝五郎。県会議員浅見宇市・昭和三年生あり。阿左美参照。

一一九 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に下西新木・浅見嘉之助、新木西組・浅見八作あり。

一二〇 同郡浦山村(秩父市) 秩父志に¬浦山砦・浦山村、朝見氏、武光氏と、鎌倉時代なり。秩父郡記に¬明和安永年間、浦山村日向名主浅見五兵衛」。明治三年浦山村名主浅見五兵衛。明治九年戸長浅見五兵衛・文政五年生、副戸長浅見秀三郎・弘化四年生。明治十年地主惣代浅見国五郎あり。

一二一 同郡栃谷村(秩父市) 私塾師匠浅見勇次郎(蔦次郎、明治七年没)。明治十年地主惣代浅見時次郎あり。

一二二 同郡久那村(秩父市) 風土記稿久那村条に¬光明寺の開基は、花翁宗蓮と云ふ。俗称は浅見仁兵衛・天正十八年八月十三日没す。村内にその子孫あり」と見ゆ。明和安永年間秩父郡記に久那村毛路名主浅見喜兵衛あり。

一二三 同郡横瀬村 当村に阿佐美郷あり。私塾師匠名主浅見五郎左衛門長昌・天保六年没六十九歳、同名主浅見清九郎・明治十年没六十二歳。明治三年若林文書に名主浅見源右衛門・組頭浅見清九郎。明治十四年横瀬村神輿寄附連名帳(柳生気楽流・町田包治著)に一番耕地根古屋・浅見伝次郎・浅見辰五郎、五番耕地苅米・浅見森蔵、六番耕地中郷・浅見房之助・浅見鷹次郎・浅見市作・浅見亀吉・浅見秀次郎・浅見今朝五郎・浅見婦佐・浅見久五郎、七番耕地宇根・浅見吉五郎・浅見喜市・浅見万吉・浅見新吉、十番耕地宇根・浅見豊吉・浅見茂右衛門・浅見代造、十一番耕地中郷・浅見亀吉・浅見藤十郎・浅見筆吉、十二番耕地川東・浅見源十郎、十三番耕地川東・浅見柳太郎・浅見源太郎・浅見是助、十四番耕地川東・浅見清蔵・浅見万太郎、十六番耕地川西・浅見久右衛門・浅見巻之助・浅見勇太郎、十七番耕地川西・浅見卯次郎・浅見駒吉・浅見牧五郎・浅見古登。同書気楽流加藤門弟に横瀬村・浅見文作・浅見七太郎・浅見忠太郎・浅見勘三・浅見愛助。猿田彦神社明治四十三年碑に浅見文作・浅見米助・浅見喜一・浅見市作・浅見伝四郎・浅見安次郎・浅見太市・浅見猪衛・浅見徳三郎・浅見利吉・浅見秀次郎あり。阿左美条参照。

一二四 同郡芦ヶ久保村(横瀬町) 白髭社文化十二年御神燈に当村浅見孫左衛門。名栗村湯ノ沢万延二年木造十一面観音像に芦ヶ久保村図師浅見善次郎。明治九年副戸長浅見福次郎・文政五年生。横瀬村気楽流加藤門弟に芦ヶ久保村・浅見勝三郎・浅見吉造・浅見忠三郎・浅見勘作・浅見太重・浅見万作・浅見平三郎・浅見浜蔵・浅見小七・浅見長作・浅見新作・浅見増蔵あり。明治初期頃なり。

一二五 同郡薄村(両神村) 万延元年武術英名録に甲源一刀流小沢口村浅見郡介。明治五年出浦文書に煙草楮・小沢・浅見銀蔵・浅見多十郎、香具・黒海土・浅見弥十郎あり。

一二六 同郡大滝村 当村出身浅見好八は、字落合名主木村家に享保十六年生まれ、江戸八丁堀同心浅見家の婿となり浅見佐近と称し、普寛行者と名乗り信州木曽御嶽山王滝口登山道の開祖となる、享和元年本庄宿にて死す。

一二七 同郡皆谷村(東秩父村) 皆谷新田文政五年碑に浅見佐次衛門あり。

一二八 同郡白石村(東秩父村) 皆谷村元治二年庚申塔に白石村浅見嘉平。大内神社前明治二十三年碑に白石・浅見与市あり。

一二九 同郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に浅見不一あり。

一三〇 同郡上名栗村 明治十六年山稼議定書に浅見常吉・浅見繁六・浅見栄太郎・浅見武平。横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治十六年上名栗村浅見与太郎・二十四歳、浅見太市、二十七年浅見与吉。貴族院多額納税者互選人名簿に大正十四年浅見竹八・明治十一年生・国税千二百五十円・県下百三十七位あり。

一三一 同郡下名栗村 明治十三年農区委員浅見卯之助。明治十四年山稼議定書に浅見為次郎・浅見久吉あり。

一三二 同郡坂石村(飯能市) 字青場戸安政三年供養塔に浅見市兵衛。字小床安政五年供養塔に浅見百吉あり。

一三三 同郡南川村(飯能市) 正蔵院寛延二年地蔵尊に南川村浅見重兵衛。字畑井寛政七年馬頭尊に浅海治郎兵衛。字下久通文化十四年馬頭尊に浅見七左衛門。字上久通安政三年供養塔に浅見忠太郎。字大蔵山安政三年供養塔に浅見次助あり。

一三四 同郡阪元村(飯能市) 明治十三年農区委員浅見勇次郎あり。

一三五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬蕨町・浅見新蔵・二十四円・五十円、川口町・浅見秀憲・二百二十三円・七十五円、神根村(川口市)・浅見長四郎・十円、大宮町・浅見弥右衛門・二十五円・四十四円、金子村(入間市)・浅見浅蔵・十二円・四十二円、豊岡町(入間市)・浅見文蔵・九千七百六十七円・千二百五十一円、福原村(川越市)浅見兼吉・十五円、坂戸町・浅見臨平・九円・四十二円、入西町(坂戸市)・浅見忠蔵・九円、名栗村・浅見竹八・百十円、浅見市三・九十四円、浅見馬三・十六円、吾野村(飯能市)・浅見国松・十三円、浅見浦次郎・十一円、浅見長七・十二円・十一円、蒲生村(越谷市)・浅見熊蔵・十一円、男沼村(妻沼町)・浅見良作・七十九円、明戸村(深谷市)・浅見中二・百二十三円、花園村・浅見泰十郎・十円、児玉町・浅見平三郎・四十八円、若泉村(神泉村)・浅見慶三郎・十四円、浅見舎興・六十七円、秩父町・浅見鶴吉・三百七十五円・五十三円、浅見八重・三十二円、浅見宇市・二十五円、浅見郡時・百十七円・百十二円、浅見卯吉・十七円・三十三円、浅見寿郎・十六円・五十三円、浅見政恭・三十八円、横瀬村・浅見万作・十四円・十四円、浅見万太郎・七十五円、高篠村(秩父市)・浅見嘉之助・三百七十二円、浅見鶴蔵・十六円、樋口村(長瀞町)・浅見為作・四十一円、小鹿野町・浅見庄蔵・百五円・六十九円、浅見徳次郎・九円・二十二円、白川村(荒川村)・浅見巳之助・十円・三十三円、浦山村(秩父市)・浅見良一・十二円、影森村(秩父市)・浅見文貞・十四円」あり。

朝見 アサミ 秩父郡内の古文書類に朝見氏の名多く見えるが、当郡に此の氏は現存無し。浅見、阿左美参照。

一 川越町 明治三十五年奴里職朝見初太郎あり。

二 埼玉郡屈巣村(川里町) 当村に此の氏多く存す。天明元年山崎文書に朝見惣兵衛・組頭朝見五郎兵衛。普済寺文政九年碑に朝見宗八、明治六年筆子碑に朝見清右衛門・朝見鳥治郎・朝見子之八・朝見兼太郎・朝見通治郎。久伊豆社文久元年幟碑に朝見仁兵衛・朝見良平・朝見伝吉。明治九年副戸長朝見小一郎・天保三年生。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡屈巣村上中郷・朝見良平・朝見貞次郎・朝見要次郎・朝見忠太・朝見嘉一・朝見多平あり。

阿左見 アサミ 所沢、川口、新座等に存す。群馬県新田郡新田町下田中四戸、沼田市沼須十一戸あり。

阿佐見 アサミ 群馬県新田郡新田町下田中十戸あり。

阿左美 アサミ 群馬県新田郡笠懸町西鹿田二十五戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 安政四年三沢村太幡文書に秩父代官所手代阿左美伊織あり。日野沢村出身者か。

二 秩父郡大宮郷 秩父神社天正二年九月棟札に願主当所阿左美十郎左衛門。土豪なり。明治三年に萬小商阿左美小兵衛・二十八歳・田畑一町四反歩、荷物継送阿左美与吉・三十三歳、組頭薬種商阿左美中左衛門。明治九年戸長阿左美中左衛門・文政二年生、其子綱五郎、孫忠太郎。明治三十五年薬種商阿左美弥太郎あり。浅見参照。

三 同郡横瀬村 風土記稿横瀬村条に¬里正加藤氏、天正二十年貢税の文書を蔵するに、横瀬之郷きもいり衆加藤雅楽之助殿・同加藤将監殿・同阿左美杢助殿・其外御百姓中と。丹生社棟札に、寛永十四年修造再建・大旦那加藤善右衛門・宮下右近・阿左美勘左衛門」と見ゆ。土豪なり。明治十四年神輿寄附連名帳に十四番耕地川東・阿左美槌太郎・阿左美忠平・阿左美善太郎・阿左美源内(九年副戸長、安政元年生)。衆議院議員阿左美広治・昭和四十四年没あり。浅見参照。

四 同郡日野沢村(皆野町) 当村に此の氏多く存す。秩父志に¬高松屋敷・日野沢村。阿佐見氏」。秩父風土記に¬下日野沢村・龍ヶ谷城跡。阿左美伊賀守鉢形落城の後、民間に下る」と見え、秩父郡誌に¬朝見伊勢守は、横瀬村根古屋城を拠守せり。小田原没落後、日野沢村に隠れ、其の子孫は江戸時代に里正を勤めたり」と見ゆ。風土記稿下日野沢村条に¬旧家者里正十左衛門・阿左美氏なり。先祖は鉢形北条氏邦に属し阿左美伊勢守玄光と云、永禄十二年七月十一日甲州勢を追かへし、其時氏邦より感状を賜り苗字を朝見に改らる、感状今に所持す。伊勢守息朝見伊賀守慶延・元亀三年まで上杉家の押へとして郡中横瀬村根古屋の城に居れり、其時氏邦より加増の文書今に所持す。天正十八年鉢形落城の後、伊賀守息朝見左馬助幼年にて日野沢村に隠れ居り民間に下り郷士となれり。水潜寺開基阿左美伊賀守慶延・法号勇光院殿胸剣慶延大居士なり」と。同家文書に¬甲州勢夜中土坂を忍入、阿熊に屯し候を、物見山より早朝見付之、即刻吉田之楯江駆付相固候条、感悦之至に候、依之苗字阿佐美之字を向後、朝見之文字に書替、誉を可胎子孫に候、当座之為賞太刀一腰遺之候者也、永禄十二年七月十一日、朝見伊勢守殿、氏邦花押」とあり。此の氏は吉田郷(下吉田村鳥方館付近)の土豪か。足利鑁阿寺文書に¬康暦二年十月二十五日、足利氏満は、武州鳥形中務入道並びに阿佐美次郎右衛門跡を鑁阿寺に寄進す」と見ゆ。是の後裔か。尚、分限帳の本国上州勢田・浅見伊賀は別系統の家か。明和安永年間秩父郡記に下日野沢村名主阿左美重左衛門。明治十一年副戸長阿左美真直。明治三十年宝登山神社信徒惣代下日野沢村阿左美三郎治。国神神社明治三十四年碑に下日野沢村阿左美久吉、上日野沢村阿左美鶴吉あり。浅見参照。

五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬横瀬村・阿左美広治・百二十円・七十五円、日野沢村・阿左美鶴吉・十一円・十六円」あり。

阿佐美 アサミ 児玉郡浅見山は薊山と云う。群馬県佐波郡赤堀町香林十九戸、玉村町上福島十一戸、前橋市朝倉三十三戸、栃木県足利市五十部十二戸あり、アザミと称す。

一 上野国の新田氏流阿佐美氏 新田郡阿佐美村より起る。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に¬本国上野、阿佐美、浅見共」と見ゆ。当郡は勢田郡とも称す。浅見参照。

二 児玉党阿佐美氏 児玉郡浅見村より起る。武蔵七党系図に¬児玉庄太夫家弘―庄五郎弘方(阿佐美)―実高(太郎左衛門尉、仁治二年正月死す。武蔵国児玉御庄、上野国高山御庄、同吾妻郡小中山村、越後国荏保、又横曽根保、又大積、加賀国島田村領之、而彼所々各々子息等被充行処也)―実家(太郎左衛門)―実村(左近将監、又号実行。弟三郎信実―七郎信家―弾正左衛門尉信貞)―時国(新左衛門尉、法名本空。弟三郎実道―行実、実道の弟五郎実綱―又三郎某、実綱の弟六郎頼行―三郎某・立阿、弟四郎某・号荏、頼行の弟七郎頼村―三郎某―六郎某―孫六某、頼村の弟三郎太郎某―弥三郎某―孫七某)―助時(左衛門太郎、改名六郎)―時信(六郎三郎。弟五郎某―彦四郎某、五郎の弟宗助、其の弟余一信時)―助次(弥四郎)。助時の弟実信(左衛門七郎、法名実蓮)―朝国(左衛門七郎)―助国(左衛門七郎)。朝国の弟三左衛門尉実親、其の弟弾正左衛門尉信貞、其の弟行義(二郎左衛門尉、法名道永)―家実(新左衛門尉、法名道実、一揆之時十八歳にして、始自関東越後応永四年五月二十七日四十八歳死す)―実継(任尾張守、法名道継、嘉吉三年十一月二十一日卒五十八歳)―景実(六郎左衛門尉、永享十三年正月一日於結城戦場被疵、改本名号庄。弟に善養、実重、太夫某)―朝実(三郎左衛門尉)―存実(法名号竹陰善実、四十五歳。弟に信実、弘実)―伊実(左衛門二郎。弟新左衛門実乃)。実高の子実家、其の弟二木阿闍梨頼覚、其の弟三郎兵衛重家(改宗景)―太郎重村―奥太郎信国(時国トモ云)―孫太郎光時(光信トモ云)―孫四郎行信―孫二郎信助、重村の弟三郎家盛―弥三郎盛村―彦太郎有家、盛村の弟弥太郎信盛―弥三郎氏家(弟七郎経家)―孫三郎貞氏。実高の子重家の弟四郎兵衛尉経家(荏戸内、号栗栖)、其の弟五郎兵衛尉実久―五郎光久―太郎光信(元応元年出家、嘉暦元年死す)―太郎五郎信貞。実高の子実久の弟三郎兵衛尉光忠―太郎行実(法名浄心)―又太郎義行(法名実因)―中務丞盛行―弾正少弼高行(弟左衛門尉忠行法名正忠、弟掃部助行実法名性友)―景実、義行の弟三郎泰行―又四郎宗義(兄又太郎行信)―二郎右衛門行義、泰行の弟四郎左衛門行宗(法名了智)―左衛門太郎行頼(弟左衛門二郎高行)。実高の子光忠の弟実信(阿闍梨、僧也、正応四年五月寂)―遠広(阿佐美三郎、徳治元年七月十七日死)―三郎行広―彦太郎時綱(法名道称)―又太郎行広(行房トモ云、法名阿房)―弥二郎景家(治部少輔、法名勝阿。弟三郎兵衛某法名今光、妹阿佐美少弼妻)―二郎太郎時景(法名道春)―弥太郎政実(弟弥七郎実宗)。実高の子実信の弟七郎兵衛尉実忠(法名道性)―太郎宗忠(法名善先)―三郎実親、宗忠の弟九郎盛光(法名善栄)―彦三郎貞宗―中務丞(弟弾正忠)。実高の子実忠の弟藤内左衛門尉経実(弘実トモ云、上野国小中山)―太郎経氏―三郎五郎有実」と見ゆ。此の氏の名は、吾妻鑑巻九に¬文治五年七月十九日、頼朝奥州進発隋兵に浅見太郎実高」。巻十に¬建久元年十一月七日、頼朝上洛隋兵に阿佐美太郎」。巻十五に¬建久六年三月九日、頼朝上洛隋兵に浅見太郎」。巻三十二に¬嘉禎四年二月十七日、阿佐美六郎兵衛尉」。巻五十に¬文応二年正月一日、阿佐美左近将監」と。典籍古文書に¬建治元年五月、武蔵国・阿佐美右衛門尉跡・七貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」と見ゆ。太平記巻二十九に阿佐美三郎左衛門。鎌倉円覚寺文書に¬応安七年十月十四日、管領上杉能憲の奉行阿佐美弥四郎左衛門入道」と見ゆ。

三 阿佐美氏の本名 児玉党阿佐美氏は在名にて苗字にあらず。下浅見地誌に¬阿佐美実高は、関根館(下浅見村字新堀の関根氏宅)に居住していた」と見ゆ。また、武州下浅見誌(中英夫著)に¬児玉党浅見太郎実高は、一説に下浅見村の福島家に住んでいた。福島氏の家柄及び屋敷ともに、村で一番古いといわれ、屋敷堀をめぐらしてあり、浅見太郎実高の居住跡ともいわれ、屋敷の乾に古い墓ありて、実高の墓と伝う」と見ゆ。また、風土記稿入浅見村条に入浅見村は阿佐美右衛門尉実高等が住せし地とみえたりと。当村に久米氏多く存し、児玉党久米氏元屋敷は入浅見村字生野にあって、館に一庵を建て玉蓮寺と号し、後に児玉町小名本児玉へ移転す。久米氏系図に¬阿佐美庄四郎弘方―実方―太郎左衛門家実―左近将監実行―児玉新左衛門時国―左衛門七郎実信と見ゆ。是は七党系図の弘方―実高―実家―実村―時国―実信と同じなり。是等の関根氏、福島氏、久米氏は児玉党に所属して在名の阿佐美氏を名乗る。久米、児玉参照。

四 入間郡の土豪阿佐美氏 足立郡藤波文書に¬天正十七年十月二十三日、入間郡鶴間・根岸の某知行所に阿さミ蔵助と申者あり」と見ゆ。鶴馬村(富士見市)及び根岸村(場所不明)の阿佐美氏なり。

五 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御勘定方・五両三人扶持・阿佐美仲右衛門」あり。

六 賀美郡石神村(上里町) 阿佐美欽一郎家文書に宝暦四年名主阿佐美伊太夫。富岡市神成の新堀神社嘉永二年算額に賀美郡石神村阿佐美伊左衛門喜知。石神社文久元年御神燈に阿佐美五左衛門・阿佐美伊太夫・阿佐美五兵衛、明治二十年御嶽碑に阿佐美宣哲・阿佐美教平・朝見弥三郎。私塾師匠名主阿佐美実(伊太夫宣僖、好古順道、明治二十七年没六十九歳)。明治四年山下文書に組頭退役阿佐美廉平・阿佐美雄治・阿佐美耕作。明治九年副戸長阿佐美宣哲・嘉永六年生。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流剣石神村浅見敬作あり。

浅水 アサミヅ 岩手県九戸郡軽米町四十戸、久慈市六十戸、青森県八戸市二十戸、秋田県鹿角市二十五戸あり。

一 葛飾郡土場村(吉川市) 寛文十一年巡拝塔に土場村浅水松右衛門。八幡社寛政十三年水鉢に浅水重治郎、明治三十九年碑に浅水輔次郎あり。

二 同郡加藤村(吉川市) 香取社明治二十六年碑に浅水太右衛門、征露碑に浅水竹次郎・浅水由太郎・浅水桝五郎・浅水弥吉・浅水熊右衛門・浅水猪之助・浅水新太郎・浅水留五郎・浅水新蔵あり。

三 同郡半割村(吉川市) 春日社明治三十一年碑に浅水新助あり。

四 埼玉郡後谷村(八潮市) 西福寺元文二年庚申塔に八条領後谷村浅水又右衛門あり。

朝緑 アサミドリ 浦和、上尾等に存す。

朝宮 アサミヤ 浦和に存す。

浅村 アサムラ 草加、所沢、川越、与野、上福岡、鴻巣等に存す。長野県松本市十八戸あり。

麻村 アサムラ 吉川に存す。

浅本 アサモト 川口に存す。

朝本 アサモト 浦和に存す。

浅谷 アサヤ 上尾、大宮等に存す。神奈川県川崎市多摩区中野島二十八戸あり。アサタニ参照。

麻谷 アサヤ 入間郡今福村字麻谷山あり。

浅山 アサヤマ 入間郡砂新田字浅山あり。

一 別府氏家臣の浅山氏 成田記に¬別府尾張守長清の次男小次郎清勝の小姓浅山平司」と見ゆ。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬五両二人扶持・本国美濃生国越中・浅山市郎右衛門・二十九歳」あり。

朝山 アサヤマ 北本、戸田、川口、飯能、鳩ヶ谷、白岡、小川等に存す。島根県(出雲国)飯石郡掛合町九戸、松江市七戸あり。

麻山 アサヤマ 三郷、日高等に存す。

浅利 アサリ 山梨県中巨摩郡白根町飯野新田二十七戸、岩手県西磐井郡平泉町二十八戸、一関市十八戸、青森県北津軽郡板柳町九戸、鶴田町十三戸、南津軽郡大鰐町二十戸、藤崎町十五戸、田舎館村十七戸、常盤村三十戸、弘前市六十戸、青森市二百戸、秋田県仙北郡角館町十七戸、田沢湖町三十七戸、西木村百五十戸、北秋田郡田代町七十六戸、大館市六十戸、鹿角市四十戸あり。川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣にて、元録七年川越藩分限帳に¬霊岸島御屋敷御留守居・八十石五人扶持・浅利半左衛門」あり。

浅里 アサリ 川口に存す。

浅理 アサリ 所沢、八潮等に存す。

朝利 アサリ 杉戸、川口等に存す。

麻里 アサリ 浦和に存す。

浅和 アサワ 川越、入間、毛呂山等に存す。長野県南安曇郡豊科町高家熊倉十戸あり。

浅輪 アサワ 新座、戸田、浦和、大宮、坂戸、桶川、与野、八潮等に存す。長野県松本市渚三十六戸あり。

麻和 アサワ 本庄に存す。長野県松本市二十七戸あり。

浅若 アサワカ 富士見に存す。

芦 アシ 坂戸、深谷、上尾、狭山、上福岡等に存す。岩手県東磐井郡大東町二十四戸あり。

網師 アジ 蓮田に存す。鳥取市十六戸あり。

安司 アジ 熊谷、春日部、草加、吉川等に存す。

阿字 アジ 蓮田、鳩ヶ谷に存す。

芦内 アシウチ 加須、越谷等に存す。

芦江 アシエ 浦和に存す。

足尾 アシオ 群馬県佐波郡赤堀町香林十戸あり。

芦尾 アシオ 鳥取県(伯耆国)日野郡日南町七戸あり。

走尾 アシオ 草加に存す。

足岡 アシオカ 鳥取県境港市五戸あり。

芦岡 アシオカ 伊奈、新座に存す。

味岡 アジオカ 長野市青木島五戸あり。

一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬中小姓・味岡丑蔵」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬御馬廻・百三十石・亡父八郎兵衛・味岡八郎兵衛・五十歳」あり。

三 川越町 御嶽社明治三十年碑に味岡資規あり。

阿志賀 アシカ 富士見に存す。

足利 アシカガ 幡羅郡西別府村字足利、東方村字足利は同所にて、アシカガと註し、今は足リ(たり)と称す。タリ参照。新潟県西頚城郡名立町東蒲生田七戸、上越市十戸、岩手県東磐井郡大東町三十戸、秋田県河辺郡河辺町二十五戸、鳥取県(因幡国)気高郡青谷町十三戸あり。

一 百済族三善姓足利氏 日本後紀・大同二年六月条に三善宿祢姉継の名見え、姓氏録に¬三善宿祢、百済国速古大王より出づる也」と見ゆ。風土記稿足立郡太田窪村(浦和市)条に¬行弘寺の縁起によるに、当寺は大同二年武蔵国主足利左衛門尉三善影元の追福の為に開基せりと云ざれど、この縁起後人の偽作と見ゆれば取に足ず」と。また、吉笹原村(草加市)条に¬八幡社、此八幡の神体は足利政尊の守本尊にして、正徳の頃神主長太夫なるもの当社に合殿として祀れりと。政尊といへるは何頃の人なりしや、其事跡詳ならず」と見ゆ。足立郡内に足利(たり)の小名が多くあり、是等の地に渡来土着した三善族の伝承にて、タリ氏が正訓か。

二 足利氏系図の検証 足利系図(続群書類従)に¬足利三郎頼氏(母平時氏女、弘安三年四月七日卒、三十三)―家時(伊予守、母重房女、文保元年六月二十五日切腹、三十五歳、号報国寺殿、法名義忍、贈従三位)―貞氏(母平時茂女)―尊氏(延文三年卒、五十歳)」と見ゆ。是によれば、家時は父頼氏没後二年後に生まれている。また、相承院文書に¬弘安六年十二月二十三日、鶴岡八幡宮供料所下野国足利荘粟谷郷寄進状焼失のことにつき足利家時に訴ふ。家時は、先祖足利義兼寄進の素意を重んじ、案文に判形を加ふ。伊予守源朝臣花押」とあり、これでは父と同年輩になってしまう。また、五山記考異に¬檀那報国寺殿前伊予守家時従三位義恩大禅定門、康永二年癸未二月二十一日逝」とあるが、家時の義父重房は建長四年宗尊親王に供奉しており、是より九十年後に死すでは年代合わず。系図或は古文書が偽作である。天下の将軍家系図がこのようでは、他の武家系図も信用出来ず。

三 足利成氏後裔の船戸氏 足立郡鳩ヶ谷宿条に¬旧家喜市は、名主を務め氏を船戸と称す。其祖先は左兵衛督成氏より出たり、成氏の孫氏経・船戸左近と称す。是より世々船戸をもって氏とせり」と見ゆ。船戸参照。

四 忍城士の足利氏 成田分限帳に¬三十人扶持・足利道永殿、二十二貫文・足利次郎五郎」あり。行田史譚に¬天正十八年、足利道永は二ノ丸に籠城すと見ゆ。奥州出身か。

五 足立郡中釘村(大宮市) 木下村氷川社明治三十年御神燈に中釘・足利熊四郎あり。

芦ヶ久保 アシガクボ 秩父郡芦ヶ久保村(横瀬町)あり。桜沢村吉田氏系図(現、幾瀬氏)に¬吉田和泉守昌利(秩父足ヶ久保城主)、其の子吉田新左衛門昌光・桜沢に住す」と見ゆ、横瀬村の内か。風土記稿横瀬村条に¬寛文四年より忍領阿部豊後守が領地となり、新墾の地享保十七年に芦ヶ久保村の内許多くの地を開く」と見ゆ。芦ヶ久保村新田(旧横瀬村分)を忍領内の者が開発す。享保十七年山伏峠御新田場御用日記に¬横見郡五反田村より罷出候・加兵衛・又七、同郡八反田村より罷出候・伝六・武八・源八、同郡中荒井村より罷出候・平右衛門後家、幡羅郡柿沼村より罷出候・五左衛門・長左衛門、同郡俵瀬村より罷出候・八兵衛、埼玉郡前谷村より罷出候・平蔵・彦七、同郡下忍村より罷出候・長太夫・市右衛門・伝兵衛・重右衛門・左五右衛門・徳兵衛・平八・長八、同郡忍領行田町より罷出候・文右衛門・喜左衛門、同郡佐間村より罷出候・儀兵衛、同郡北河原村より罷出候・平七・熊太郎、右二十四人此度当寺旦那に奉願候。横瀬村法長寺印判」とあり。

味方 アジカタ 三郷に存す。

芦萱 アシガヤ 浦和、川越等に存す。岩手県一関市二十四戸あり。

芦ヶ谷 アシガヤ 比企郡大谷村字芦ヶ谷あり。茨城県水海道市三坂九戸あり。

芦刈 アシカリ 上尾、坂戸、与野、所沢、三芳、戸田、和光等に存す。

芦苅 アシカリ 志木に存す。

芦苅場 アシカリバ 高麗郡芦苅場村(飯能市)は、長享三年渋垂文書に武州大寄郷内芦苅庭村と見ゆ。大寄参照。

足川 アシカワ 上尾に存す。

芦川 アシカワ 東京都稲城市二十六戸、神奈川県秦野市五十戸、平塚市三十五戸、山梨県南巨摩郡南部町二十六戸あり。

一 埼玉郡南大桑村(加須市) 百間村青林寺寛政十年文書に南大桑村芦川平蔵・芦川伊左衛門あり。

二 同郡木曽根村(八潮市) 浮塚村氷川社明治三十七年絵馬に木曽根・芦川佐七郎・芦川以久あり。

三 足立郡深作村(大宮市) 氷川社嘉永五年水鉢に芦川国五郎。明治六年林文書に深作村醸造人足川長左衛門あり。

四 入間郡川越町 榎本弥左衛門覚書に¬寛永二十一年、南町芦川長太郎。正保五年、南町芦川長右衛門と見ゆ。

五 同郡古谷上村(川越市) 古谷神社明治二十六年碑に芦川文次郎。古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷村芦川栄吉あり。

蘆川 アシカワ 大宮に存す。

味川 アジカワ 川口、鳩ヶ谷に存す。

鰺川 アジカワ 蕨に存す。

阿字川 アジカワ 川口に存す。

足木 アシキ 北本に存す。

阿式 アジキ 深谷に存す。島根県平田市十七戸、出雲市十九戸あり。

阿食 アジキ 所沢に存す。島根県出雲市八戸あり。

安食 アジキ 山形県最上郡戸沢村八十五戸、寒河江市九十戸、島根県(出雲国)簸川郡斐川町四十戸、平田市百戸あり。アグイ参照。忍藩阿部氏家臣にて、慶安年中忍藩分限帳に¬御使番・百五十石・安食彦兵衛」。享保八年軍役帳に¬百八十石・安食八兵衛」。宝暦五年秩父領御用日記に宗旨奉行安食彦兵衛。文化四年忍藩分限帳に¬御馬廻・百八十石・安食八兵衛」あり。

安喰 アジキ 各市町村に存す。山形県天童市三十戸、新庄市十三戸あり。アグイ参照。

芦際 アシギワ 幡羅郡妻沼村字芦際あり。

芦口 アシクチ 浦和、狭山等に存す。岩手県九戸郡大野村十三戸あり。

足久保 アシクボ 榛沢郡末野村字足久保あり。

安重 アシゲ 日高、川越等に存す。

鰺坂 アジサカ 一遍上人絵伝(正安元年完成)に¬武蔵国にあぢさかの入道は、富士川にて入水往生す」と見ゆ。

芦界 アシサカイ 吉川に存す。

芦崎 アシザキ 大宮、朝霞、新座、志木、鳩ヶ谷、鴻巣等に存す。秋田県山本郡峰崎村八戸あり。

芦迫 アシサコ 川越に存す。

足沢 アシザワ 寄居、浦和、鶴ヶ島、朝霞等に存す。青森県三沢市七戸あり。

芦沢 アシザワ 甲州に多く存す。東京都青梅市二十五戸、山梨県北都留郡丹波山村十四戸、西八代郡市川大門町四十戸、東八代郡芦川村三十戸、境川村二十戸、南巨摩郡鰍沢町三十戸、南部町三十戸、増穂町五十戸、中巨摩郡竜王町三十戸、櫛形町三十戸、白根町六十五戸、東山梨郡春日居町四十戸、長野県東筑摩郡麻績村麻十戸、秋田県平鹿郡大森町二十四戸あり。

一 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に¬二両二人扶持・芦沢一楽」あり。

二 比企郡玉川郷 今宮社明治四十五年碑に芦沢福三郎あり。

三 児玉郡本庄町 明治三十五年製茶業芦沢熊太郎あり。

四 同郡西五十子村(本庄市) 当村安政四年供養塔に芦沢文右衛門。明治四年議定書に組頭芦沢文衛・百姓代芦沢吉次郎・芦沢弥平・芦沢忠平・芦沢杢平・芦沢太平。明治九年惣代人芦沢文左衛門あり。

芦澤 アシザワ 熊谷、深谷、小川、春日部等に存す。

葭沢 アシザワ 岩槻藩板倉氏家臣にて、天和二年岩槻藩分限帳に¬一人扶持・葭沢彦十郎あり。

葦沢 アシザワ 浦和、川越に存す。

味沢 アジサワ 三芳、草加、所沢、狭山、大宮、上尾、浦和、熊谷等に存す。長野県岡谷市湊三十九戸あり。

味澤 アジサワ 川口に存す。

安宍 アシシ 大井、川口等に存す。

味志 アジシ 熊谷、鴻巣等に存す。

足助 アシスケ 川口に存す。アスケ参照。

足田 アシダ 浦和、川越、入間に存す。

芦田 アシダ 千葉県印旛郡白井町復九戸、長野県小県郡丸子町生田十戸、上田市住吉十戸、松本市十六戸、宮城県遠田郡涌谷町九戸、青森県北津軽郡板柳町二十二戸あり。

一 大椋置始族芦田氏 置始(おきそめ)は染職のことにて、山城国紀伊郡大椋神社に奉仕する者を大椋置始部と称し、此の部民を支配管理したのが、神魂尊の後裔大椋置始連である。此の族は秩父郡下吉田村字芦田に土着して芦田氏を称す。秩父志に¬芦田家、椋神社祠官。天鬲杵命(あまのかくきねのみこと)神胤、大椋連後乎。此家伝来古弓有云。神皇産霊尊(別名神魂尊)―角凝魂命―天鬲杵命―大倉連―大椋置始連。芦田館地・吉田郷、芦田氏、古縣主居館并屯倉地」と見ゆ。当村の椋神社は和銅三年に阿志多宿祢が奉仕して社殿を造営し、現当主は四十九代目と伝える。越前永平寺歴代住職年譜に¬三十七世天梁石牛は、寛永十四年秩父郡芦田氏に生まれ、正徳四年示寂す」とあり。風土記稿下吉田村条に¬椋神社の神職芦田市正、芦田日向、芦田若狭」と見ゆ。金剛院明治三十年筆子碑に葭田岩吉・葭田作蔵。八幡社明治三十八年碑に葭田岩吉・葭田吉蔵・葭田作蔵・葭田淀次・葭田亀蔵・葭田守良・葭田騰あり。今は芦田を称す。

二 児玉郡御嶽城主芦田氏 信濃国小県郡依田郷(丸子町)に居住して依田氏を名乗り、のち佐久郡芦田城(立科町)に居城して芦田氏を称し武田家に属す。依田記に¬武蔵之内上野之境・御嶽之城(渡瀬村)に居被申候、我等(康真)為には祖父下野守信守被致在城候節、常陸介(信蕃)も彼地に被参、父子一所に多年が在城に候つる由、家老の者近年迄物がたり仕候。上野之我等知行之内、浄法寺(鬼石町)と申所に罷在候時、御嶽之事不断家老之者ども物語在候。御嶽と浄法寺と同所にて御座候、町は浄法寺にて御座候得共、城の脇に川御座候(神流川)、城は武蔵之内に、町は上野之内に浄法寺にて御座候と見ゆ。また、依田家譜に¬下野守信守(武田家に属し、武上両国の境御嶽城にありて東兵に備ふ)―常陸介信蕃(信玄に仕へ御嶽城を守る)―右衛門太夫康真(はじめ芦田を称す。御入国ののち、武蔵国榛沢・上野国緑埜二郡のうちにおいて三万石をたまふ。慶長五年正月二十三日大坂の旅宿にありて、小栗三助某と囲碁の争いから殺害し領地没収となる。そののち結城中納言秀康・上杉景勝の押へとして、下野国小山に在陣あり、康真・小山におもむき秀康に謁し、これより姓名をあらため加藤四郎兵衛康寛・号宗月と称し家臣となる。子孫芦田を称し、連綿して今松平越前守重富につかふ)と見ゆ。源秀康公御家中分限帳に¬五千石・加藤四郎兵衛」あり。芦田氏の本名は加藤氏か。

三 忍城士の芦田氏 成田分限帳に¬三十二貫文・芦田将監」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御徒頭・五十石五人扶持・芦田平助、御使番・五十石三人扶持・芦田吉左衛門」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に¬百石・姫路取立・芦田彦右衛門」。万延元年に¬御番抜・百石・芦田治右衛門、惣領・芦田千能右衛門」あり。二項と同族か。

六 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬八石三人扶持・芦田清兵衛、五両二人扶持・芦田平七、同高・芦田金太夫」あり。

葦田 アシダ 春日部、草加等に存す。

蘆田 アシダ 熊谷に存す。

葭田 アシダ 幡羅郡弥藤吾村字葭田(妻沼町)あり、此の地より吉田郷の名起こる。ヨシダ参照。

味田 アジタ 新潟県南蒲原郡下田村十三戸あり。足立郡沼影村(浦和市)に存し、内谷村氷川社明治十八年碑に沼影村味田巳之吉あり。

足高 アシタカ 行田、大宮に存す。

芦高 アシタカ 浦和に存す。

足立 アシタテ 陸前国柴田郡足立郷(宮城県村田町)は芦立とも書き、アシタチ、アシタテと称す。伊達正統世次考に¬足立右馬允遠元が奥州討伐の軍功により足立村を所領とし、その子孫足立大炊助は天文十五年閏七月二十四日伊達稙宗から足立村を与えられる」と見ゆ。子孫は仙台藩士となり、分家は芦立氏を称す。武蔵国足立氏後裔説は附会であろう。アダチ参照。

芦立 アシタテ 鴻巣、浦和、岩槻、越谷、春日部、川口等に存す。

芦谷 アシタニ 久喜、大宮、草加等に存す。鳥取県(因幡国)八頭郡智頭町二十七戸あり。

葦津 アシツ 三芳に存す。

阿実 アジツ 川島、三芳、日高に存す。

安実 アジツ 新座に存す。ヤスザネ参照。

安日 アジツ 川口に存す。

芦塚 アシヅカ 幸手、浦和、所沢、飯能、草加、川口等に存す。

味戸 アジト 日高、戸田、所沢、狭山、入間、宮代等に存す。福島県岩瀬郡長沼町十五戸、須賀川市十八戸あり。

安次富 アジトミ 北本、越谷に存す。

足名 アシナ 鷲宮、鶴ヶ島、毛呂山等に存す。

芦名 アシナ 大宮、川口、越谷、和光、入間、蕨、川越、大井、坂戸、鳩山等に存す。宮城県角田市十七戸、名取市十四戸あり。

葦名 アシナ 熊谷、飯能、三芳、蕨等に存す。

足永 アシナガ 上尾に存す。

芦名沢 アシナザワ 草加に存す。岩手県岩手郡西根町十戸あり。

芦沼 アシヌマ 富士見、所沢、越谷等に存す。

芦野 アシノ 山形県西村山郡河北町十五戸、村山市八十戸、東根市六十戸あり。ヨシノ参照。

一 忍城士の芦野氏 成田分限帳に¬三十貫文・芦野五郎太夫」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬御番頭・七百石・芦野太郎左衛門、御小姓共・六両・芦野藤之丞」。享保八年軍役帳に¬七百石・芦野太郎左衛門、五両二人扶持・芦野市右衛門」。文化四年忍藩分限帳に¬御旗奉行・五百石・芦野太郎左衛門」あり。

三 葛飾郡幸房村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に幸房村芦野庄七あり。

芦埜 アシノ 行田、上里、鴻巣、朝霞等に存す。山形県西村山郡河北町十一戸あり。

網師野 アジノ 鳥取市九戸あり。

阿字野 アジノ 浦和に存す。

足羽 アシバ 狭山、所沢、草加等に存す。鳥取県(伯耆国)日野郡日南町十三戸、日野町十戸、倉吉市二十六戸、米子市二十三戸あり。

芦葉 アシバ 幸手市に存す。

一 一色氏流芦葉氏 葛飾郡中島村(幸手市)の名主芦葉氏は、武蔵国郡村誌に¬旧家芦葉伊右衛門祖先一色宮内少輔源直高は幸手宿天神城の主たりしが、落城の時跡を芦原に潜め姓名を変し芦原何某と称し、子孫蕃殖して此村をなせりと云ふ。天正五年芦葉次郎一満朝なる者没してより以来、連綿として今伊右衛門に至るまで十六世なり。惜哉、寛政五年祝融の災に罹り家系等を失し、唯過去帳を残すのみ、他の徴すべきなきを以って爰に口碑を記す」と見ゆ。また、東岳庵芦葉家墓碑に¬大樹院富岳良運居士・天正五年三月二十一日・芦葉次郎一満朝・墳墓元在総寧寺、常村院美好芦月大姉・天正八年八月五日・同人妻・墳墓同、隋光院観学了心菴主・文禄四年八月二十六日・宗里真澄・墳墓同、正輪院雄光良岱居士・元和七年九月十三日・雅楽範昭・墳墓同、鉄翁智賢居士・寛永十七年三月十六日・伊兵衛直昭・墳墓同」。十八代芦葉六郎なり。関宿網代の総寧寺は、元和三年関宿内町に移転し、さらに寛文三年市川市国府台へ転じた。明治四年田口文書に関宿藩管轄下総国葛飾郡中島村芦葉伊内。昭和三年興信録に¬豊岡村・芦葉六郎・所得税九十一円」あり。一色条参照。

二 葛飾郡上宇和田村(幸手市) 金剛寺天明七年庚申塔に上宇和田村芦葉兵七郎、文政三年庚申塔に芦葉初太郎あり。

三 同郡上吉羽村(幸手市) 明治二十年被選挙権者芦葉真常・弘化三年生あり。

四 同郡長間村(幸手市) 惣新田村正福院天保九年真言塔に長間村芦葉五左衛門。明治三十年人名録に芦葉文七・文久元年生・地租十五円あり。

足原 アシハラ 上福岡、草加に存す。

芦原 アシハラ 入間郡小室村字芦原あり。北川辺、上尾、大宮、鶴ヶ島、坂戸、川越、入間、狭山、毛呂山等に存す。長野県下高井郡山ノ内町上条八戸、福島県大沼郡会津高田町十戸、山形県最上郡戸沢村十戸あり。

葦原 アシハラ 葦原神社の祭神は大国主命なり。古事記に¬神産巣御祖命、答へて、此れ(少名彦名命)は実に我が子ぞ、故、葦原色許男と兄弟と為りて、其の国を作り堅めよ」と。日本書紀に¬大国主命、亦は国作大己貴命と号す、亦の名は葦原醜男と曰す」とあり。榛沢郡南阿賀野村の鎮守葦原明神社あり。

一 秩父郡三沢村(皆野町) 明治六年三沢村土地調帳に立会人葦原吉郎平あり。

二 同郡大野原村(秩父市) 明治九年副戸長葦原吉郎平・天保三年生あり。

蘆原 アシハラ 浦和に存す。

荊原 アシハラ 大里郡久下村字荊原(現在は吹上町荊原郭)は古の村名にて、宝暦十三年地蔵尊に武州大里郡忍領荊原と見ゆ。

味原 アジハラ 浦和、春日部に存す。

味府 アジフ 狭山に存す。

芦部 アシベ 栗橋、浦和、上尾、富士見、和光、蕨等に存す。長野県上伊那郡飯島町田切十八戸あり。

芦辺 アシベ 大宮、川口、新座に存す。

足部 アシベ 川口に存す。

阿島 アシマ 秩父、入間、越谷、朝霞、戸田等に存す。栃木県芳賀郡茂木町千本五戸あり。

阿嶋 アシマ 大宮、岩槻等に存す。

安島 アシマ 幸手、宮代、三芳、吉川、上尾、北本等に存す。茨城県久慈郡大子町頃藤三十五戸、東茨城郡茨城町奥谷十七戸、北茨城市六十戸、日立市八十戸、常陸太田市真弓二十七戸、高萩市安良川十二戸、福島県いわき市百三十戸あり。

安嶋 アシマ 熊谷、菖蒲、坂戸、所沢、越谷、新座等に存す。

芦間 アシマ 茨城県那珂郡那珂町田崎八戸あり。

芦見 アシミ 岩槻に存す。

安次嶺 アジミネ 狭山、所沢、越谷等に存す。

芦村 アシムラ 浦和、所沢、越谷、三芳、新座等に存す。

味村 アジムラ 狭山、草加等に存す。

網師本 アジモト 鳥取市八戸あり。

芦森 アシモリ 富士見、春日部に存す。

芦谷 アシヤ 葛飾郡関新田村(吉川市)浄慶寺跡寛文五年巡拝塔に川辺庄芦谷村とあり、隣の吉屋村なり。足立郡中尾村字芦谷は古の村名にて、大間木村氷川社天保七年御神燈に芦谷と見ゆ。秩父、浦和、入間、所沢、越谷、志木等に存す。

味良 アジヨシ 浦和に存す。

阿尸良 アシラ 三国史記地理に¬阿尸良国、一に阿那加耶(あなかや)と云ふ」と見え、魏志弁辰伝に安邪(あや)ノ国と見ゆ。慶尚南道咸安の地にて、安羅国とも称す。アラ参照。

安尻 アジリ 三郷に存す。新潟県西蒲原郡巻町八戸あり。

安城 アシロ 川口、鳩ヶ谷等に存す。新潟県北蒲原郡黒川村黒川八戸あり。

安代 アシロ 春日部に存す。

休城 アジロ 埼玉郡南篠崎村字休城あり、アジロと註す。

網代 アジロ 入間郡網代村(川越市)は、足代とも記す。茨城県鹿島郡波崎町十四戸、千葉県安房郡鋸南町大六・十戸、富津市金谷十四戸、館山市浜田十四戸、山形県米沢市十七戸あり。

一 川越行伝寺過去帳に¬清源・ア代ノ加右衛門・申年正月、道幸・アシロノ斎藤・卯年三月、妙幸・アシロノ斎藤内・亥年十一月、蓮愛・アシロノ又右衛門・寅年十一月」あり。網代村の斎藤氏なり。

二 入間郡青木村(坂戸市) 青木氏家臣にて藤原姓を称す。入間郡誌青木村条に¬八幡神社に神鏡あり、裏に網代綾部藤原清房並田中和泉守藤原光政とほる。元領主青木氏の鎮守にして、網代・田中の両氏は青木氏に属する武人にて、其の族今尚当所に残れりと云るものあり」と見ゆ。宝珠寺宝暦十三年六地蔵に青木村網代想右衛門・網代勘六、天保三年地蔵尊に青木村網代清蔵。当村明治三十年馬頭尊に網代嘉吉。三芳野村消防組網代武平・明治十六年生あり。

三 鴻巣町 大間村久保寺明治十四年筆子碑に鴻巣・網代鷲郎。同年埼玉銀行株主に米穀商尾上屋網代鷲郎・一株五十円所有あり。

綱代 アジロ 川口に存す。

網城 アジロ 大宮に存す。

網代木 アジロキ 忍城士にて、成田分限帳に¬二百石・網代木何右衛門」あり。別本に綱柴と見ゆ。

阿須 アス 高麗郡阿須村(飯能市)は安須、阿主とも記す。弘安五年金子文書に¬武蔵国金子・阿主郷」と。北条氏康判物に¬金子氏知行方、八貫文あすの村」とあり。

阿州 アス 忍城士にて、成田分限帳に¬十五貫文・阿州帯刀」あり。行田史譚に¬天正十八年忍城攻めの時、阿州帯刀は皿尾口出張を守る」と見ゆ。

飛鳥 アスカ 足立郡赤井村(川口市)の鎮守飛鳥山権現社あり。大里、北川辺、新座、川口、所沢、狭山、大宮、上尾、上里、羽生等に存す。新潟県北蒲原郡中条町関沢十戸、青森県弘前市十二戸あり。

安須賀 アスカ 忍城士にて、成田分限帳に¬六十貫文・安須賀若狭助」あり。

飛鳥井 アスカイ 小川、嵐山、上尾、大宮、与野、越谷、川口等に存す。神奈川県厚木市金田九戸あり。

飛鳥川 アスカガワ 飛鳥部参照。

一 鴻巣町 明治十年上谷村翫物商飛鳥川喜三郎。上谷新田浅間社明治十六年碑に上谷村新田飛鳥川千代吉。明治十四年埼玉銀行発起人鴻巣町飛鳥川勘兵衛・三十株千五百円所有。明治三十五年鴻巣町油店飛鳥川政七・翫物商飛鳥川千代吉・荒物商飛鳥川兼次郎あり。アスカワが正訓か。

二 相撲力士の飛鳥川氏 足立郡里村(鳩ヶ谷市)の出身相撲力士上野要蔵は飛鳥川伊右衛門を名乗り、文政二年没す。

飛鳥田 アスカダ 厚木市金田十四戸あり。岩槻藩阿部氏家臣にて、寛文二年岩槻藩分限帳に¬二両・飛鳥田彦右衛門」あり。

飛鳥部 アスカべ 飛鳥(あす)は、浅(あさ、あす、あそ)に同じ。浅沼は阿曽沼と称し、常陸国飛鳥氏は後世に浅井氏を称す。入間郡前久保村に飛来神社、埼玉郡上村君村に避来矢神社(避来石とも記す)あり、渡来人の氏神なり。飛鳥(とぶとり)とは、飛んできた鳥・矢・石を表し、渡来人のことを言う。トブトリを枕詞でアスカと称した。浅族の居住地をアスカと言う。加は古代朝鮮語の村、集落の意味である。大和国高市郡飛鳥川の上流に栢森あり、迦耶人の居住地で、飛鳥川を別名迦耶川とも言う。河内国飛鳥戸郡は和名抄に安宿郡(安須加倍と註す)と見え、姓氏録に¬飛鳥戸造、百済国王比有王より出づる也」と見ゆ。十九代允恭天皇の御名代部を飛鳥部と称し、多くは漢人(あやひと)をもって組織とした。漢人は安耶国(百済国)の渡来人を言う。

一 武蔵国造族の飛鳥部吉士氏 吉士(きし)氏が飛鳥部を率いしゆえに飛鳥部吉士と称す。古代氏族系譜集成に¬五十狭茅宿祢(上海上国造)―彦狭知(活田大神祝)―阿米―比良弖―櫛足―玉緒麻呂―飛鳥部野麻呂(飛鳥部吉士)、弟飛鳥部牛甘(安閑朝、掌武蔵国屯倉之税)」と見ゆ。五十狭茅宿祢(いさちのすくね)は、武蔵国造兄多毛比命の子伊狭知直と同人なり。神功皇后のとき、五十狭茅は攝津国活田(神戸市の生田神社)を支配し、その地の阿部氏配下吉士氏及び飛鳥部氏を管理して、後に子孫が安閑朝に至り、武蔵国橘樹郡の屯倉を置きし時に、その部民を連れて武蔵国に帰住した。続日本紀神護景雲二年六月条に¬武蔵国橘樹郡の人飛鳥部吉志五百国は、同国久良郡に於て白雉を獲て献ず。よって武蔵国の天平神護二年よりさきの正税の未納は皆ゆるす。また、久良郡の今年の田租三分一を免ず。また、国司と久良郡司とに各位一級を叙す。その雉を献る五百国には、従八位下を授けて、絁十疋・綿二十屯・布三十端・正税一千束を賜ふ」と見ゆ。吉士条参照。

二 男衾郡の飛鳥部氏 正倉院宝物に¬天平六年十一月、武蔵国男衾郡カリ(犭に鳥を書く)倉郷笠原里・飛鳥部蟲麻呂が調布を貢納すと見ゆ。比企郡笠原村(小川町)は正保頃に男衾郡竹沢村より分村す。

遊城 アスキ 大宮に存す。

小豆沢 アズキサワ 大宮に存す。

安助 アスケ 草加、越谷、春日部、大宮、富士見、幸手、栗橋等に存す。茨城県五霞町小福田五戸あり。

足助 アスケ 栃木県下都賀郡壬生町福和田七戸、長野県上伊那郡辰野町横川十四戸、塩尻市下西条十七戸あり。忍藩松平下総守(奥平)家臣にて、嘉永七年忍藩分限帳に¬御馬廻組頭・百石・足助佐一兵衛、御馬廻・三人扶持・足助豊太郎、御馬廻川俣関所・八十六石余・足助半十郎」。慶応元年に¬十人扶持・住口取立郡山城・足助十太郎、八十六石余・住口桑名城・足助半十郎(本家足助十太郎)」。明治四年忍藩士族名簿に¬十人扶持・足助庄太夫、百石・足助郡弥」あり。

梓 アズサ 足立郡三室村(浦和市)氷川女体社明治二十五年御神燈に馬場・梓庄吉あり。当村字馬場なり。

小豆沢 アズサワ 島根県(出雲国)八束郡宍道町七十五戸、簸川郡斐川町十一戸、松江市四十五戸あり。埼玉郡除堀村(久喜市)に此の氏多く存し、不動寺慶長十三年棟札に檀那小豆沢織部あり。土豪なり。

梓沢 アズサワ 阿津沢参照。

一 葛飾郡幸手宿 浪寄天満宮慶応二年庚申塔に浪寄村梓沢藤七・梓沢弥兵衛あり。

二 埼玉郡騎西町 福田氏由緒に¬福田幸十郎(天正十七年没)、嫡子大膳の妻は騎西町アツ沢氏也」と見ゆ。土豪梓沢氏なり。明治三十五年糸繭商梓沢新三郎あり。

三 同郡鴻茎村(騎西町) 当村に此の氏多く存す。 薬師堂文政元年宝篋印塔に鴻茎邑梓沢仙右衛門・コヲチ梓沢吉右衛門。寿昌寺嘉永六年六地蔵に梓沢庄八、安政五年馬頭尊に梓沢又兵衛。久伊豆社慶応元年水鉢に梓沢元治郎・梓沢代五郎。菖蒲神社明治十年奉納に神道無念流梓沢幸之助。明治九年戸長梓沢馬吉・天保五年生、副戸長梓沢元治郎・天保十年生あり。

四 同郡中種足村(騎西町) 当村宝暦十一年庚申塔に中種足村小豆沢七兵衛。東印寺文政十三年供養塔に梓沢伊右衛門。泉蔵院天保十四年供養塔に上砂・梓沢源蔵。明治七年正能村青木文書に中種足村梓沢源蔵あり。

五 同郡越巻村(越谷市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に越ヶ谷領越巻村梓沢伊右衛門あり。阿津沢参照。

六 同郡加須町 明治三十五年糸繭商梓沢伊三郎あり。

七 雑載 昭和三年興信録に¬加須町・梓沢芳雄・所得税十円、鴻茎村・梓沢元吉・所得税九円・営業税三十三円」あり。

梓澤 アズサワ 鴻巣に存す。

阿砂 アスナ 毛呂山に存す。

預幡 アズハタ 大宮、与野等に存す。

東 アズマ アヅマ条参照。

遊馬 アスマ 足立郡舎人領遊馬村(草加市)、同郡植田谷領遊馬村(大宮市)あり。渋川直頼譲状に¬観応三年六月二十九日、武蔵国遊馬郷領家職」と見ゆ。アソマ参照。

一 和泉国の遊馬氏 関東御家人にて。承久乱の勲功により武蔵国より移住す。高野山文書に¬和泉国日根郡近木郷地頭遊馬三郎忠基の代僧朝寛は、承久三年より沙汰す」と見ゆ。

二 埼玉郡浮塚村(八潮市) 氷川社天保十年水鉢に当村遊間与左衛門。明治三十年人名録に遊馬忠之助・嘉永元年生・地租四十七円あり。

三 足立郡浦和町 明治三十五年指物職遊馬角次郎あり。

四 同郡蕨町 三学院明治十五年水鉢に遊馬民之助・遊馬留五郎。明治三十五年下宿業遊馬サクあり。

五 同郡上峰村(与野市) アソマ氏も存す。円福寺寛延四年供養塔に遊馬平左衛門清直・同氏弟平兵衛・孝子同苗惣右衛門、文化三年地蔵尊に当所遊馬市右衛門。寛政九年児玉南柯日記に上峰村里正遊馬平左衛門。明治十二年代議員遊馬助三郎あり。

六 同郡鈴谷村(与野市) アソマ氏も存す。天満宮享和三年棟札に遊馬弥五右衛門。金毘羅堂天保五年水鉢に鈴谷村遊馬義右衛門・遊馬平左衛門・遊馬半右衛門。大戸村氷川社弘化四年力石碑に鈴谷村遊馬幸蔵。明治四年屋敷帳に遊馬幸蔵・遊馬藤吉・組頭遊馬忠蔵。明治九年副戸長遊馬喜一郎・天保十四年生。明治二十一年に遊馬福蔵・遊馬仙太郎あり。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・遊馬藤次郎・九円・三十三円、遊馬邦太郎・十一円・三十三円、与野町・遊馬慶太郎・十円、大宮町・遊馬徳衛・十円・四十八円」あり。

明間 アスマ 茨城県行方郡牛堀町上戸に四戸あり。

阿須間 アスマ 茨城県行方郡北浦町中根六戸あり。埼玉郡岩槻町千手院天和三年供養塔に横町阿須間清兵衛。同町秋葉社文政十三年御神燈に横町杉並・阿須間文治あり。

飛鳥馬 アスマ 飛鳥間とも見ゆ。

一 葛飾郡米島村(庄和町) 当村に此の氏多く存す。西金野井村花蔵院天保六年碑に米島・飛鳥馬半六・飛鳥馬善次郎。香取社万延元年浅間碑に米島村・飛鳥馬常太郎・飛鳥馬七平・飛鳥馬半兵衛・飛鳥馬庄兵衛・飛鳥馬平二郎・飛鳥馬重五郎・飛鳥馬夏五郎あり。

二 同郡水角村(庄和町) 水角神社文化二年庚申塔に水角村飛鳥間想兵衛、明治三十五年碑に飛鳥馬半兵衛・飛鳥馬滝次郎。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流水角村飛鳥馬半兵衛あり。

三 同郡永沼村(庄和町) 八幡社明治二十八年碑に永沼・飛鳥馬久次郎、明治三十六年水鉢に道中・飛鳥馬権三郎あり。

四 同郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄附碑に西金野井・飛鳥馬政吉・飛鳥馬徳蔵あり。

五 足立郡草加町 明治三十五年荒物商飛鳥馬寅吉。昭和三年興信録に¬草加町・飛鳥馬新助・所得税七十円」あり。

阿隅 アズミ 川口に存す。

阿住 アズミ 浦和、大宮、所沢等に存す。

安住 アズミ 菖蒲、大宮、与野、蓮田、岩槻、行田、新座等に存す。宮城県亘理郡亘理町十八戸、牡鹿郡牡鹿町三十戸、遠田郡田尻町十戸、石巻市四十五戸、岩沼市二十戸、鳥取県(因幡国)八頭郡智頭町三十四戸、八東町七戸あり。ヤスズミ参照。

安海 アズミ 浦和に存す。宮城県黒川郡大和町十五戸あり。アヅミ参照。

安曇 アズミ 大利根、行田、北本、上尾、川口等に存す。宮城県黒川郡大和町十戸あり。アヅミ参照。

東雲 アズモ 大宮に存す。アズミか。

安須吉 アズヨシ 足立郡畔吉村(上尾市)より起る。足立系図に¬足立遠元―遠景(号安須吉、肥後守)」と見ゆ。天野文書に¬天野民部丞遠景(居住於伊豆国天野庄、後足立遠元為養子而譲地頭職等、故改足立称号)」とあり。

阿須和 アスワ 児玉郡上阿久原村丹生神社棟札に¬奉造営阿須和大明神、永正十七年八月吉日」とあり。

阿諏訪 アスワ 入間郡阿諏訪村(毛呂山町)、大里郡箕輪村字阿諏訪あり。鴻巣、上尾、川越、久喜等に存す。神奈川県高座郡寒川町小谷十六戸、茅ヶ崎市十七戸あり。

阿世 アゼ 大宮に存す。

阿瀬 アゼ 入間、所沢、春日部等に存す。千葉県銚子市八戸あり。

畦井 アゼイ 入間郡赤岩村字畦井あり。

浅瀬石 アセイシ 青森県南津軽郡藤崎町二十戸あり。

畦上 アゼウエ 川口に存す。

畔牛 アゼウシ 足立郡畔吉村の訛りにて、康暦二年円覚寺文書に足立郡畔牛郷と見ゆ。

畦浦 アゼウラ 狭山、川口等に存す。

畔岡 アゼオカ 鳩ヶ谷に存す。

畦上 アゼガミ 騎西、羽生、浦和、上尾、大宮、春日部等に存す。

畔上 アゼガミ 各市町村に存す。長野県下高井郡山ノ内町九十六戸、野沢温泉村三十戸、中野市七十七戸、飯山市二十八戸、新潟県古志郡山古志村南平二十戸、中頚城郡板倉町宮島十二戸あり。

畔川 アゼカワ 大宮、坂戸、与野、川越等に存す。

畦川 アゼカワ 春日部に存す。

阿瀬川 アゼカワ 大宮に存す。島根県(石見国)那賀郡旭町九戸あり。

畔越 アゼコシ 鷲宮、鶴ヶ島等に存す。

畔田 アゼタ 寄居、浦和等に存す。千葉県勝浦市植野七戸あり。クロダ参照。

畦田 アゼタ 春日部、川口、新座に存す。

畔高 アゼタカ 川越に存す。

畔地 アゼチ 草加に存す。

畦地 アゼチ 深谷、鴻巣、北本、鷲宮、浦和、上尾、富士見等に存す。

畝地 アゼチ 川越に存す。

疇地 アゼチ 所沢、日高等に存す。

阿瀬知 アゼチ 大宮に存す。

阿世知 アゼチ 大宮に存す。

畔津 アゼツ 大井、川越等に存す。

畔林 アゼバヤシ 足立郡上中丸村字畔林あり。

畔原 アゼハラ 北川辺、春日部、三郷等に存す。新潟県上越市六戸あり。

畦間 アゼマ 上福岡に存す。

畔見 アゼミ 群馬県群馬郡群馬町中泉八戸あり。

一 比企郡中山村(川島町) 松山町箭弓神社明治三十一年碑に中山村畔見平太郎あり。

阿瀬見 アゼミ 埼玉郡牛重村(騎西町)天神社明治九年水鉢に阿瀬見要吉あり。

畔室 アゼムロ 秩父郡矢納村字畔室あり。

畝本 アゼモト 春日部に存す。

畦元 アゼモト 深谷、越谷に存す。

畔元 アゼモト 川口に存す。

畔本 アゼモト 所沢に存す。

畔柳 アゼヤナギ 加須、富士見、川越、所沢、越谷、和光等に存す。忍城士にて、成田分限帳に¬三十貫文・畔柳登之助あり。クロヤナギ参照。

畦柳 アゼヤナギ 浦和に存す。

畔吉 アゼヨシ 足立郡畔吉村(上尾市)あり、徳星寺天正十九年文書に上足立郡阿世吉郷と見ゆ。井原文書に畔谷瀬と。円覚寺文書に畔牛郷と。足立系図に安須吉と見ゆ。

阿蘇 アソ 麻、浅、朝のアサ、アスに同じ。阿(あ)は、阿(お、を)と読まれ、大(お、おお、おほ)と同じ。安房国麻原郷は小原と註し、信濃国麻績郷は尾味と註す。信濃では大日方(おひなた)氏、大和(おわ)氏、下野では大貫(おぬき)氏、出雲では大芦(おあし)氏と称す。阿(お)、大(お、おお)は、大ノ国(後の百済)のことで、蘇は金(鉄)の意味である。大ノ国の産鉄地を阿蘇と云う。秩父地方では大野氏と浅見氏は古代の同族なりと云う。浅、浅海、浅見、アラ、オオ、ソ等参照。また、阿(あ、お)は、クマと読み、阿蘇族は熊襲(くまそ)と称し、その地を肥(くま)ノ国と云う。熊襲族は神武東征以前より景行天皇の頃に至まで関東へ大量移住する。多くは産鉄民である。東日流外三郡誌に¬筑紫(九州全部をさす)にては熊襲起りて反朝し、是れに日本武命・遠征して誅するも、熊襲一族、関東に荒吐一族を訊ねて、軍船大挙して脱せり。依て日本武命は東国に己酉年(西暦百九年)遠征して戦うも、征伐成らず退くも、熊襲・荒吐一族に恩仇して戦うこと永年に及ぶなり」と見ゆ。武蔵国に日本武尊の伝説が各地にある。秩父郡大内沢村伝承に¬日本武尊は、当地にて筑紫の反将熊襲を退治す」とあり。筑紫ノ君磐井の地元福岡県八女市では、磐井は物部氏であると伝承あり。播磨国風土記餝磨郡少川ノ里条に¬讃岐の美濃物部から到来した一人の女性が息を引きとった直後、筑紫国火君らの祖が舟を入港させ、忽ちその女性の息を継ぎ返した」と云う。これは物部同士である。磐井討伐に、朝廷が差し向けた物部大連麁鹿火は物部族の旧地北九州の同族を現地招集し参戦させた。仲国(後の常陸国鹿島郡)の阿蘇族討伐に、故国の肥ノ国杵島から大臣族借間命、黒坂命がやって来た。同族をもって同族を討伐する古代戦法である。逸文肥前国風土記に¬杵島山、杵島の縣にあり、杵島曲あり」と見え、此の地より阿蘇族は常陸国へ征伐に行く。常陸国風土記に¬大臣の族黒坂命は、賊をはかり滅さむと、茨をもちて城を造りき」と見え、同書に¬東のさかいの荒ぶる賊を平けむとして、建借間命を遣しき、即ち此は那賀の国造が初祖なり。杵島の唱曲を七日七夜遊び楽み歌ひ舞ひき」と見ゆ。杵島(きしま)は肥前国杵島郡なり。是等の戦争説は附会で、単なる移住説であろう。大臣族阿蘇氏は、小野、小野寺、大野を名乗り、奥州太平洋岸に多く分布す。大(多)族の名は、古代氏族系譜集成に¬神武天皇―神八井耳命―武宇都彦命―武速前命―敷桁彦命―武恵賀前命―武諸木命(多臣祖)、弟は建借間命(仲国造)、其の弟は建黒坂命(石城国造)。武恵賀前命の弟健磐龍命―速甕玉命(阿蘇国造)、弟は健稲背命(科野国造)」と見え、古事記・神武条に¬神八井耳命は、意富臣、火君、大分君、阿蘇君、筑紫三家連、科野国造、道奥石城国造、常道仲国造、長狭国造等の祖也」と見ゆ。祖先の武宇都彦命の宇都は渦の意味で、海洋民の首領(命、ミコト)で神代の時代の渡来人である。有名なる古事記撰者の多安麻呂は、意富(多)臣の子孫である。景行天皇十八年条に¬天皇・阿蘇国に到るや、天皇曰く是の国人ある乎、時に二神あり。阿蘇都彦、阿蘇都媛と曰ふ」と。此の二神は健磐龍命夫婦なり。神名式に阿蘇郡・健磐龍命神社を載せる。今の阿蘇神社である。阿部、荒吐(アラハバキ)、宇津味参照。

一 入間郡下南畑村、大久保村(富士見市)等に阿蘇明神社あり、棟札に阿曽と記す。山形県飽海郡平田町四十戸、遊佐町十一戸、酒田市四十戸あり。

二 昭和三年興信録に¬浦和町・阿蘇温蔵・所得税二十五円、川越市・阿蘇卯三郎・所得税二十円・営業税十一円」あり。

阿蘓 アソ 吹上、川越等に存す。山形県飽海郡平田町四戸あり。

安蘇 アソ 所沢に存す。

阿曽 アソ 千葉県匝瑳郡野栄町川辺六戸、長生郡白子町福島九戸、我孫子市十六戸、福島県伊達郡飯野町四十六戸、山形県飽海郡平田町十六戸、八幡町二十三戸、遊佐町二十五戸、酒田市八十戸あり。足立郡小室本村(伊奈町)氷川社延享四年水鉢に本村・阿曽治兵衛。当村天保十三年庚申塔に小室本村・阿曽勘左衛門あり。

阿曾 アソ 各市町村に存す。

安曾 アソ 加須、浦和等に存す。アンソ参照。

浅生 アソウ 千葉県長生郡長南町坂本四戸あり。アサウ参照。

朝生 アソウ 川口に存す。千葉県市原市平蔵十六戸、君津市蔵玉三十戸あり。アサウ参照。

麻生 アソウ 秩父郡古大滝村字麻生は古の村名にて、武蔵志に麻生尾・アソウオと註す。群馬県藤岡市神田七戸、栃木県小山市大本十六戸、茨城県猿島郡境町西泉田二十二戸、鹿島郡鉾田町串挽十二戸、同町鉾田十三戸、千葉県印旛郡栄町麻生十三戸、山武郡山武町戸田九戸、夷隅郡夷隅町正立寺十七戸、大多喜町紙敷三十三戸、長生郡長南町千田十二戸、神奈川県伊勢原市上粕屋四十八戸、東京都三鷹市四十六戸、秋田県雄勝郡稲川町八十戸、羽後町四十二戸、皆瀬村二十戸あり。アサウ参照。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に¬百十石・麻生庄左衛門」あり。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬十五人扶持・麻生市左衛門」あり。

三 葛飾郡惣新田村(幸手市) 先祖は大坂陣後に浪々の身となり東川組の地に土着すと伝える。万延元年武術英名録に岡安柳剛流惣新田・麻生弥十郎。明治九年副戸長麻生理十郎・安政六年生(権現堂村十年天皇行幸碑に見え、三十年地租九十九円)。字東川香取社明治三十九年碑に麻生理十郎・麻生誠之・麻生勘吉・麻生半次郎・麻生幾次郎・麻生茂左衛門あり。

四 浦和町 明治三十五年古着商麻生彦次あり。

阿相 アソウ 蕨、戸田、新座、三郷、与野、富士見、上尾等に存す。栃木県那須郡烏山町興野十六戸、山形県村山市二十四戸あり。

阿蔵 アソウ 群馬県太田市新島七戸、同市小舞木六戸あり。

安相 アソウ 春日部、三郷に存す。忍城士にて、成田分限帳に¬五百石・安相助左衛門」あり。別本に安桐と見ゆ。

麻生川 アソウガワ 浦和に存す。

麻生島 アソウジマ 鶴ヶ島に存す。

浅生田 アソウダ 昭和三年興信録に¬川口町・浅生田清三郎・所得税二十七円」あり。

麻生田 アソウダ 所沢に存す。

阿曾尾 アソオ 茨城県新治郡八郷町六戸あり。

阿蘇品 アソシナ 春日部、幸手、所沢等に存す。

阿曽田 アソダ 大宮に存す。

阿曾沼 アソヌマ 越谷、所沢、鶴ヶ島等に存す。

安楚沼 アソヌマ 忍城士にて、成田分限帳に¬五貫五百文・安楚沼新五郎」あり。

遊部 アソベ 上福岡に存す。和名抄に飛騨国荒城郡遊部郷を阿曽布と註す。

遊馬 アソマ アスマ条参照。

一 藤原姓遊馬氏 入間郡古谷本郷(川越市)古尾谷八幡神社棟札に¬武州入東郡古尾谷新八幡宮遷宮天正五年二月九日成就、番匠大工遊馬五郎左衛門尉殿藤原包儀・鍛冶榎本次郎衛門尉重吉・大工鍛冶目付黒野村吉川内匠助兼岡」と銘あり。黒野村(くろや)は埼玉郡黒谷村(岩槻市)にて、隣の笹久保村の遊馬氏か。或は古谷本郷村の隣村である足立郡植田谷領遊馬村(大宮市)の在名か。

二 埼玉郡笹久保村(岩槻市) 当村に此の氏多く存し、アスマ氏も存す。地蔵院天明二年供養塔に遊馬善兵衛・遊馬忠左衛門・遊間願市・遊間安右衛門、嘉永元年鐘銘に遊馬吉右衛門・遊馬嘉右衛門、嘉永四年供養塔に遊馬喜曽治・遊馬六治郎・遊馬徳治郎・遊馬善治郎・遊馬与太郎・遊馬七五郎・遊馬富蔵・遊馬金蔵・遊馬平五郎・遊馬文七・遊馬三右衛門・遊馬清吉・遊馬幸蔵・遊馬市左衛門・遊馬吉右衛門・遊馬熊治郎・遊馬嘉右衛門。八幡社寛政五年御神燈に遊馬新右衛門、天保九年水鉢に遊馬弥右衛門、嘉永元年幟碑に遊馬周貞・遊馬佐四郎・遊馬広吉・遊馬八十八、安政二年御神燈に遊馬仙次郎・遊馬豊吉・遊馬降斎・遊馬喜太郎・遊馬富士松・遊馬角蔵・遊馬繁右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡笹久保村遊馬吉右衛門・遊馬六左衛門・遊馬市左衛門・遊馬幸蔵・遊馬嘉右衛門。明治九年戸長遊馬嘉久蔵・文政八年生。明治三十年人名録に遊馬繁右衛門・天保十二年生・地租二十四円、遊馬五三郎・天保九年生・地租三十五円、材木商遊馬勝之丞・嘉永四年生・地租三十五円あり。

三 同郡表慈恩寺村(岩槻市) 諏訪社天保五年水鉢に遊馬半右衛門。慈恩寺弘化四年水鉢に表慈恩寺・遊馬六左衛門あり。

四 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に遊馬甚兵衛あり。

五 同郡岩槻町明治三十五年に遊馬松吉あり。阿須間参照。

六 同郡大間野村(越谷市) アスマ氏も存す。三社大神社天明三年水鉢に遊馬吉兵衛あり。

七 同郡蒲生村(越谷市) アスマ氏も存す。私塾師匠遊馬峰右衛門・明治十一年没六十四歳。明治三十年所得税下調査簿に蒲生村遊馬増吉・反別八町二反歩・地租百十九円。昭和三年興信録に¬蒲生村・遊馬増吉・所得税九円」あり。

遊間 アソマ 埼玉郡小林村(越谷市)東福寺文化十二年普門品に遊間佐伝□。明治三十年人名録に遊間谷五郎・文久元年生・地租二十五円あり。

阿蘇谷 アソヤ 入間、所沢、春日部、志木等に存す。

阿多 アタ 川口、志木等に存す。

吾田 アタ 吉見、北本、浦和、坂戸、入間、狭山等に存す。

直 アタエ 九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に直ノ里の地名見ゆ。大里参照。

安宅 アタカ 秋田県能代市十八戸、秋田市七十戸あり。松山城士にて、小田原所領役帳に¬松山衆知行役、安宅七郎次郎・吉見郡山下一貫五百文・御蔵出二百十五貫文、以上」あり。横見郡山ノ下村なり。

阿高 アタカ 杉戸に存す。

安高 アタカ 与野、鳩ヶ谷、草加に存す。

阿田川 アタガワ 宮代、春日部、川口、新座等に存す。

能木 アタギ 岩槻に存す。

安宅川 アタギガワ 狭山に存す。

安宅 アタク 狭山に存す。

阿竹 アタケ 入間郡古市場村字アタケあり。志木、川口、越谷、春日部、岩槻等に存す。

愛宕 アタゴ 鷲宮、浦和、川越、川口、戸田等に存す。

明立 アダチ 山梨県中巨摩郡甲西町西南湖五戸あり。

阿立 アダチ 所沢に存す。島根県出雲市五戸あり。

阿達 アダチ 越谷、鳩ヶ谷、坂戸、上尾、鳩山等に存す。新潟県中蒲原郡小須戸町矢代田十三戸、北魚沼郡小出町小出島八戸、新津市結十戸、山形県鶴岡市二十戸あり。

一 埼玉郡荻島村(越谷市) 五所神社明治九年浅間碑に中組・阿達由蔵あり。

安立 アダチ 秩父郡久那村字安立あり。新座、鳩ヶ谷、日高、吉川、戸田、上福岡、上尾、杉戸等に存す。新潟県三島郡三島町上岩井十八戸、静岡県伊東市池二十戸、岐阜県海津郡海津町五十六戸、島根県松江市十三戸、出雲市二十戸あり。

安館 アダチ 川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に¬百石・安館善男」あり。

足達 アダチ 各市町村に存す。日本全国の調査によると、千葉県安房郡富山町久枝九戸、山梨県中巨摩郡甲西町下宮地八戸、山形県東田川郡余目町三十三戸、鶴岡市二十二戸、酒田市十四戸、高知県高岡郡窪川町十二戸、香美郡香我美町三十三戸、高知市四十戸、福岡県浮羽郡浮羽町十八戸、大分県直入郡久住町十戸、日田郡上津江村十四戸、大分市五十戸、京都府竹野郡網野町二十一戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に¬三十五俵・足達松悦」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬二百石・足達平左衛門、十石三人扶持・足達長左衛門」あり。

安達 アダチ 日本全国の調査によると、関東甲信越には此の氏の集落は無し。〇福島県いわき市三十戸、郡山市三十戸、二本松市二十七戸、但し安達郡に此の氏無し。〇宮城県伊具郡丸森町十四戸、石巻市二十戸。〇山形県東置賜郡高畠町三十戸、西置賜郡小国町十八戸、白鷹町四十戸、東村山郡山辺町四十戸、西村山郡河北町二十戸、東田川郡朝日町十七戸、長井市五十戸、天童市三十戸、村山市六十戸、東根市百七十戸、鶴岡市五十戸、酒田市三十戸、山形市三百六十戸。〇秋田県仙北郡太田町二十五戸。〇青森県八戸市五十七戸。〇愛知県宝飯郡御津町十五戸。〇岐阜県揖斐郡揖斐川町二十戸、海津郡南濃町二十六戸。〇富山県下新川郡朝日町四十五戸。〇兵庫県氷上郡市島町十五戸、朝来郡山東町三十七戸、養父郡大屋町十四戸、豊岡市三十五戸。〇京都府熊野郡久美浜町六十五戸、竹野郡網野町四十戸、弥栄町三十七戸、大宮町二十戸、峰山町二十四戸、与謝郡野田川町十九戸。〇滋賀県甲賀郡水口町二十戸、大津市四十戸。〇三重県三重郡朝日町二十三戸。〇和歌山県日高郡龍神村二十戸。〇奈良県橿原市三十五戸。〇四国地方は無し。〇島根県大原郡大東町十三戸、八束郡鹿島町二百三十戸、八雲村五十戸、能義郡広瀬町二十戸、隠岐郡西ノ島町十三戸、松江市四百戸、出雲市五十戸。〇鳥取県日野郡溝口町二十四戸、米子市二百七十戸。〇岡山県邑久郡長船町二十七戸。〇広島県福山市五十七戸。〇山口県徳山市八十戸。〇福岡県八女郡黒木町四十戸、八女市三十戸。〇熊本県鹿本郡植木町二十八戸。〇大分県南海部郡弥生町二十五戸、別府市四十戸、大分市五百二十戸。〇長崎県南高来郡西有家町三十戸あり。此の氏は出羽、出雲、豊後地方に多く存し、阿部族の分布地に重なり合っている。古代阿部族安達氏である。足立氏の分布も参考にせよ。

一 藤原姓安達氏 丹波国出身の古代以来の苗字安達氏(足立)は、上総国小野田郷の名跡(在名)である藤原姓小野田氏を継承して小野田を名乗り、また本名の安達も称す。尊卑分脈に¬藤原魚名―鷲取―藤嗣―高房―山蔭―有頼―在衡―国光―忠輔―相任―相継(上野介)―相国(上野掾)―国重(下野掾、出羽介)―兼広(小野田三郎)―盛長(小野田藤九郎、安達六郎)―景盛(秋田城介、出羽権守。弟大曽禰時長)―義景(城介。妹は号松下禅尼)―頼景(号関戸次郎、丹後守、法名道智)、弟大室三郎景村―泰宗―女子(北条貞時の母)、景村の弟秋田城介泰盛、弟顕盛―宗顕―時顕。小野田藤九郎盛長の弟遠兼(安達藤九郎、小野田三郎兼盛子)―遠基(号外島左衛門尉)―基春(安達八郎左衛門尉)、弟遠景(左衛門尉)」と見え、別本に¬国重―兼盛(小野田三郎。弟重広)―盛長(小野田藤九郎、安達六郎)、弟遠兼(安達藤九郎、但小野田三郎兼盛子)―遠基(号外島左衛門尉)、弟に山城守信家、内舎人遠衡、右衛門尉遠助、号伴野遠弘」と見ゆ。また、天野求馬文書(萩藩閥閲録)に¬魚名裔、相国(上野介)―国重(出羽介)―小野田三郎兼広(上総国小野田郷を領す)―安達民部丞遠兼(兼広二男也、続安達藤九郎盛長之称号、改小野田)―足立右馬允遠元(左衛門尉、従右大臣家・賜武州足立郡、故改安達。平治元年十二月在於悪源太義平之手、十六騎之内也)―天野民部丞遠景(藤内、内舎人、左兵衛尉、入道蓮景。実は後三条院皇子輔仁親王之男有仁親王、其子少将基仁、其子則遠景也、居住於伊豆国天野庄、号称天野、後足立遠元為養子而譲地頭職等、故改足立称号、文治二年十二月十日自源頼朝卿為鎮西九国之奉行也。遠景所領之分、豆州天野庄・狩野庄内牧郷・讃州本山庄之内五分三・参州蒲形庄・武州多摩郡吉富・越後州加地庄・已上地頭職、豆州糠田庄・参州宝飯・已上公文職、上総州小野田郷・已上惣公文職、武州足立郡・已上領主職、同州大畑名・已上地主職、右之内遠元譲与之分有之。貞応元年十二月二十七日死す)―天野和泉守政景(所領全相続之、居住於伊豆州天野庄、宝治二年死す)―天野安芸守景経(続一跡、弘安四年死す)―天野民部大輔政光(景経二男也、長男遠時続足立家、故政光続景経之一跡、元応二年死す)」と見ゆ。子孫は豆州を去り、安芸国志芳圧東村地頭職となり移住し、毛利氏に属す。応永八年天野顕忠譲状に武蔵国由井本郷大畑村(八王子市)見ゆ。藤原姓小野田氏は、上総国小野田郷(千葉県長生郡長南町小野田)より起る。此の地は吾妻鑑建久四年条に上総国小野田郷と見ゆ。

二 藤九郎盛長の出身地 吾妻鑑巻一に¬治承四年六月、藤九郎盛長」。巻二に¬養和二年正月、頼朝は藤九郎盛長が甘縄の家に渡御す」。巻五に¬文治元年十月、頼朝の隋兵藤九郎盛長」。巻六に¬文治二年八月、藤九郎盛長は上野の国役なり」。巻十六に¬建久十年七月、安達弥九郎景盛は使節として参河国に進発す、参河国はすでに父奉行の国たるの上なり。十月、安達九郎盛長入道、藤九郎景盛」と見ゆ。一巻より十六巻まで藤九郎盛長の名前は頻繁に見えるが安達とは記していない。一方において、足立右馬允遠元の名は一巻から見え、平治物語にも見ゆ。遠元の足立は足立郡の在名である。鎌倉時代の慣習では武士の本名(今日の苗字)は記さない。ゆえに吾妻鑑に苗字は一切見受けられない。たとえば、岡部六弥太忠澄(岡部村の本名滝沢氏)、熊谷次郎直実(熊谷村の本名鯨井氏、或は針谷氏)、春日部甲斐守実景(粕壁村の本名関根氏)等と記し、斎藤別当実盛(妻沼村聖天宮別当の本名薩田氏)の斎藤は斎宮頭の職名で苗字では無い。盛長は丹波国の古代以来居住していた安達一族で、安達は在名では無く本名ゆえに吾妻鑑に記さなかった。子の景盛が自己の苗字と同じ地名の武蔵国足立郡を所領して始めて安達氏の名を記載した。北条系図に貞時母は秋田城介義景女と見え、安達系図に義景娘は貞時母・号潮音院尼と見ゆ。鎌倉円覚寺文書に¬嘉元四年二月二十八日、潮音院覚山志道(義景娘)は、丹波国成松保を建長寺正続庵に寄進す」。¬徳治二年十二月十一日、貞時は潮音院殿寄進状の旨に任せ、正続庵をして成松保を安堵せしむ」。¬貞和三年十月九日、足利直義は、徳治二年付貞時及び正和五年山内禅尼円成(貞時室安達氏女)の寄進状に任せ、正続庵をして成松保を安堵せしむ」と見ゆ。また、九条家文書に¬文