埼玉苗字辞典

伊 イ 百済族にて、天平宝字五年三月に「百済人伊志麻呂、姪を福地造と賜ふ」と見ゆ。川口に存す。伊、井は、飯、伊井、井伊とも称す。飯族は常陸国に多く渡来し、飯島、飯田、飯塚、飯野、飯山等を名乗る。島、田、塚、山は、同じ意味で、国、村、集落の意味なり。

井 イ 前条に同じ。春日部、所沢、入間、狭山、上福岡、上尾、行田、小川、北本、朝霞、川口、新座、大宮等に存す。高麗郡新堀村高麗氏系図に¬高麗若光―家重(高麗明神社創建・為神主、天平二十年卒)―弘仁(天平宝字四年卒、母井氏)」。また、観純(延慶元年卒)の弟宗丹の譜に¬村上玄丹と云医師来り、実儀人也、則本所(新堀村字本所)之跡令住居、年老無子。再三固願、弘安三年二月以宗丹為養子、為当家別家、則村上之上・且先祖弘仁母方之井姓取り、井上名乗る」と見ゆ。

井合 イアイ 越谷、所沢、浦和等に存す。新潟県糸魚川市七戸あり。イゴウ参照。

居合 イアイ 毛呂山に存す。

伊愛 イアイ 郡村誌・足立郡上木崎村(浦和市)条に¬崇神天皇の后、此の地に来り終りに沼に投じ玉ふ、日本伊愛置人・救ひ揚ると雖も既に薨す、伊愛置人の祖先青木太郎置人を祭るは即ち太郎社なり」と見ゆ。

井伊 イイ 二字の制により井を井伊と記す。遠江国井伊庄あり、保元物語に遠江国の人・井の八郎と見ゆ。新潟県新発田市板山八戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に¬御馬廻・六十六石余・井伊平十郎」。明治四年に¬六十六石余・井伊修三」あり。

伊井 イイ 茨城県鹿島郡神栖町十一戸、千葉県香取郡東庄町十一戸、山梨県西八代郡市川大門町九戸、新潟県北蒲原郡中条町高野十四戸、中頚城郡板倉町五戸、糸魚川市二十五戸あり。

一 賀美郡帯刀村(上里町) 菅原神社明治四十三年御神燈に伊井安太郎あり。

猪井 イイ 草加、川口、上福岡、春日部、三郷、上尾、伊奈、毛呂山に存す。

飯井 イイ 越谷、上尾、富士見、川口、大宮等に存す。群馬県甘楽郡下仁田町六戸あり。

飯内 イイウチ 伊奈、熊谷、桶川、行田、幸手、白岡、杉戸、富士見、小川、東松山、新座等に存す。

飯海 イイウミ 茨城県結城郡石下町本豊田六戸あり。

飯浦 イイウラ 大宮に存す。

飯生 イイオ 大宮に存す。

飯尾 イイオ 千葉県我孫子市十九戸、神奈川県平塚市九十三戸、秋田県由利郡仁賀保町十五戸あり。

一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬城番・飯尾弥左衛門、給人格・飯尾弥太郎」あり。

二 川越藩松平大和守家    

臣 天保十二年川越藩分限帳に¬御物頭・百五十石・山形取立・飯尾団右衛門、御馬廻・二十石四人扶持・川越取立・飯尾杢之助」。万延二年に¬御組頭・百五十石・飯尾団右衛門、御馬廻・二十石四人扶持・飯尾佐兵衛、諸士隠居・飯尾道休、永詰御雇・五人扶持・飯尾俵衛」あり。

飯岡 イイオカ 栃木県河内郡河内町十戸、茨城県久慈郡大子町二十戸、鹿島郡大洋村五十戸、北相馬郡藤代町十四戸、結城郡八千代町十六戸、石下町十四戸、つくば市四十五戸、下妻市二十三戸、千葉県印西市十四戸、銚子市三十四戸、新潟県加茂市十七戸あり。一 丹党飯岡氏 武蔵武士に¬勅使河原有直の二子信直・飯岡六郎と称す。上野の村名にあり、これ其住地なるべし」と見ゆ。

二 高麗郡上広瀬村(狭山市) 明治二十七年地租調査に飯岡元吉あり。

飯貝 イイガイ 草加に存す。茨城県結城市浜野辺六戸あり。

飯ヶ浜 イイガハマ 所沢に存す。長野県松本市二十二戸あり。

飯上 イイガミ 熊谷、横瀬等に存す。

飯ヶ谷 イイガヤ 三芳、岩槻、加須、川口、浦和、鳩ヶ谷、新座等に存す。茨城県結城郡八千代町十六戸、結城市浜野辺十七戸あり。イイガイが正訓か。

飯川 イイカワ 長野県須坂市六戸、新潟県中頚城郡板倉町七戸、刈羽郡西山町十戸、宮城県宮城郡松島町十三戸あり。

一 本庄町 明治三十五年豆腐商飯川安太郎・糸繭商飯川秋太郎あり。

飯草 イイグサ 川越に存す。

飯口 イイクチ 草加、春日部、上福岡、川口、上尾等に存す。新潟県新津市九戸あり。

飯沓 イイクツ 那賀郡郡広木村(美里町)に見ゆ。秋山村十二天堂寛政七年建立覚書に広木村組頭飯沓久兵衛あり。飯野の書誤りか。

飯国 イイクニ 越谷、入間等に存す。島根県出雲市五十三戸あり。

飯窪 イイクボ 越谷、春日部、狭山、川越、川島、伊奈、吹上、桶川、北本、大宮、新座等に存す。山梨県中巨摩郡甲西町三十二戸、敷島町二十三戸、甲府市四十三戸あり。

飯久保 イイクボ 嵐山に存す。山梨県中巨摩郡櫛形町二十戸あり。

飯倉 イイクラ 児玉郡飯倉村(児玉町)は、滋賀県大津市叡山文庫永徳三年奥書に武州児玉郡飯倉郷阿弥陀堂と見ゆ。また、秩父志に¬飯倉古邸、下吉田村」と見ゆ。埼玉郡谷之郷字飯倉あり。茨城県結城郡八千代町八戸、猿島郡猿島町八戸、千葉県山武郡大網白里町二十三戸あり。

一 平姓畠山氏流飯倉氏 豊島郡飯倉御厨(港区)より起る。畠山系図に¬畠山重忠―重保―重国―江戸彦太郎重長(江戸、木田見、丸子、小日向、柴崎、飯倉、渋谷、高田、所々知行、因茲如此ツリ畢)―秀重(飯倉六郎、家紋裳黒)」と。熊野那智山米良文書に¬としま名字之かき立、在所江戸・北いゝ蔵殿、同・南いゝ蔵殿」と見ゆ。

二 足立郡蕨宿 三蔵院弘化三年水鉢に飯倉平左衛門あり。

三 同郡飯塚村(川口市) 氷川社明治四十四碑に飯塚・飯倉阿久太郎あり。

四 新座郡岡村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に岡・飯倉八五郎・飯倉金次郎。明治九年戸長飯倉平五郎・天保九年生、副戸長飯倉仲右衛門・文政四年生。明治二十二年大日本農会々員名簿に岡村飯倉平三郎。明治三十九年吹上観音奉納に岡村飯倉武助。氷川社明治四十一年碑に岡・飯倉幸蔵・故飯倉市郎あり。

五 同郡浜崎村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に浜崎・飯倉源之助。志木宿敷島社明治五年道標に浜崎邨飯倉政右衛門。観音堂明治三十四年筆子碑に浜崎・飯倉政三・飯倉平八・飯倉久次郎・飯倉惣五郎あり。

六 同郡志木町 明治三十五年荒物商飯倉権次郎・白米商飯倉文蔵あり。

七 雑載 昭和三年興信録に¬川口町・飯倉酉蔵・所得税十二円・営業税二十八円あり。

井池 イイケ 大宮に存す。

飯郷 イイゴウ 岩槻、川越、北本、浦和、新座等に存す。

飯佐 イイサ 葛飾郡金崎村(庄和町)に見ゆ。藤塚村香取社江戸末期御神燈に金崎村飯佐勇蔵あり。今は無し。

飯坂 イイサカ 各市町村に存す。岩手県胆沢郡前沢町二十戸、秋田県山本郡二ツ井町十六戸、能代市八十戸あり。

飯盛 イイサカ 川口、春日部、狭山、川越、上福岡、八潮等に存す。

飯崎 イイザキ 加須に存す。

飯作 イイサク 新座、草加、羽生に存す。

飯笹 イイササ 大宮、越谷、春日部、日高、八潮、深谷、東松山等に存す。千葉県香取郡大栄町八戸、銚子市二十二戸あり。

飯沢 イイサワ 各市町村に存す。長野県上伊那郡辰野町三十一戸、北安曇郡美麻村八戸、山形県東置賜郡川西町三十四戸、西置賜郡小国町十二戸、白鷹町十四戸、長井市百八十戸、秋田県男鹿市十七戸あり。

飯澤 イイサワ 上里に存す。

伊井沢 イイサワ 新潟県糸魚川市十戸あり。

井石 イイシ 新座に存す。

伊石 イイシ 和光に存す。

夷石 イイシ 越谷に存す。

飯柴 イイシバ 桶川に存す。

飯島 イイジマ 比企郡飯島村(川島町)、葛飾郡飯島村(吉川市)。埼玉郡見田方村字飯島(越谷市)は大相模郷飯島村と称す。横見郡飯島新田は(吉見町)は正保元禄頃に飯島惣左衛門と云者開墾す。足立郡上深井村字飯島、入間郡南畑村字飯島あり。粟生系図に¬行広知行分、ムサシイヒ島郷、武蔵庁鼻シノブノアマルベ」とあり、比企郡飯島村か。此の氏は常陸国に多く存し、越後国及び奥州地方には殆ど無し。〇群馬県北群馬郡吉岡町二十戸、群馬郡群馬町三十八戸、多野郡鬼石町三十戸、邑楽郡板倉町三十戸、新田郡新田町二十二戸、佐波郡境町五十戸。〇栃木県下都賀郡都賀町三十戸、安蘇郡田沼町二十二戸。〇茨城県那珂郡大宮町三十戸、那珂町二十五戸、東茨城郡茨城町二十戸、小川町二十戸、美野里町二十七戸、西茨城郡岩瀬町三十七戸、友部町二十八戸、行方郡潮来町二十二戸、玉造町五十戸、鹿島郡神栖町二十戸、波崎町二十戸、鉾田町二十九戸、大洋村百八十戸、新治郡千代田町二十三戸、八郷町七十戸、霞ヶ浦町三十五戸、新治村三十戸、北相馬郡藤代町五十戸、守谷町四十八戸、稲敷郡阿見町三十三戸、江戸崎町三十戸、真壁郡明野町七十四戸、協和町五十戸、真壁町四十五戸、大和村七十戸、結城郡千代川村五十戸、石下町二十三戸、筑波郡伊奈町二十四戸、谷和原村四十七戸。〇千葉県香取郡神崎町二十七戸、大栄町三十三戸。〇山梨県北都留郡上野原町五十五戸、東八代郡石和町二十六戸、一宮町三十三戸、東山梨郡春日居町五十八戸、勝沼町三十戸。〇長野県上水内郡牟礼村二十戸、埴科郡戸倉町五十戸、坂城町二十戸、小県郡真田町三十六戸、東部町二十三戸、丸子町二十二戸、北佐久郡立科町二十八戸、望月町二十四戸、東筑摩郡坂北村二十戸、南安曇郡穂高町二十七戸、北安曇郡宮田村二十戸、下伊那郡下條村二十三戸、及び隣接市に多く存す。〇島根県(出雲国)簸川郡大社町三十七戸、出雲市二十九戸あり、山陰地方は少ない。

一 信濃源氏飯島氏 飯島氏の多くは此の後裔と称すが、武蔵国の大姓にて古代以来の古族なり。信濃国伊那郡飯島村より起り、尊卑分脈に¬源経基―満快―満国―為満―為公(信乃守)―為基(片切源八)―為行―為綱(二郎太夫、信州岩間飯島祖)、弟為遠―長清(保元の乱に源義朝に属して討死す)」と見ゆ。現、飯島町に此の氏無し。

二 岩槻城士の飯島氏 高麗文書(家伝史料)に¬永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、飯島玄蕃允殿・飯島肥後守殿」と見ゆ。

三 忍城士の飯島氏 成田分限帳に¬十三貫文・飯島重左衛門」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御作事奉行・七両三人扶持・飯島治太夫」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に¬番外・十五石四人扶持・飯島扶左衛門」。慶応元年地方役人帳に御代官飯島隼太。明治四年前橋藩職員録に¬少属・米蔵方・飯島丹三」あり。

六 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に¬四両二人扶持・飯島孫八」。文化四年忍藩分限帳に¬御作事方・五両二人扶持・飯島庄蔵、郡方帳役・二両一人扶持・飯島鉄五郎」あり。

七 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に¬元治元年、水戸天狗党来襲につき出陣、尽力組(足軽)飯島金次郎」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に¬尽力組跡相続人・大字阿賀野・飯島松太郎、尽力組跡相続人・大字上手計・飯島想三」あり。

八 葛飾郡松伏村 松伏神社安政五年狛犬に飯島長左衛門。明治四年松伏村組合・飯島文蔵・飯島半右衛門・飯島関左衛門・飯島吉右衛門・飯島七左衛門・飯島佐兵衛あり。

九 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺安永二年庚申塔に金杉村飯島弥十郎、江戸末期碑に飯島伝兵衛。剣術家木原周輔門人帳に¬嘉永六年、下総国金杉村飯島常五郎、吉左衛門を称し、代々名主にて田畑五十町歩を所有す」と見ゆ。明治五年戸長飯島常五郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に金杉村飯島富五郎。県会議員農業飯島栄五郎・天保九年生。明治三十年人名録に郡会議員飯島周介・文久三年生・地租二十五円あり。

一〇 同郡上赤岩村(松伏町) 無量寿院天保七年庚申塔に飯島久左衛門・飯島利兵衛・飯島久兵衛・飯島佐兵衛・飯島市五郎・飯島伊左衛門・飯島武右衛門・飯島佐五右衛門・飯島弥三郎・飯島元五郎・飯島七郎左衛門・飯島十七八・飯島孫八・飯島清八・飯島友吉・飯島半三郎。浅間社嘉永四年石段碑に飯島沢右衛門、嘉永六年敷石碑に本邨飯島文蔵・飯島圭司。明治四年名主飯島久左衛門、年寄飯島沢右衛門、年寄飯島利平。明治五年戸長飯島久造。明治九年戸長飯島文蔵・天保二年生、副戸長飯島利平・文政九年生。明治二十四年本村組、上組・飯島七郎次・飯島政之助・飯島兼吉・飯島久三郎・飯島嘉久造・飯島市郎、中組・飯島善吉・飯島東一郎・飯島金四郎・飯島弥之助・飯島弥三郎・飯島国吉、下組・飯島与一郎。明治三十年人名録に飯島東一郎・文久二年生・地租三十五円、飯島金四郎・安政五年生・地租八十円、飯島与一郎・嘉永二年生・地租二十六円、飯島金之丞・文政十二年生・地租二十六円。明治三十一年に飯島国光・飯島信吉・飯島三郎治・飯島孫松・飯島才次郎・飯島貞次郎・飯島仲次郎。明治四十二年に飯島雄昌あり。

一一 同郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に飯島長左衛門・飯島長三郎。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に田島村飯島長蔵あり。

一二 同郡吉川村 白川家門人帳に明治元年吉川村香取大明神々主飯島鑑物あり。

一三 同郡鹿見塚村(吉川市) 明治九年戸長飯島大助・天保七年生。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に鹿見塚村・飯島安兵衛・飯島広吉・飯島忠蔵あり。

一四 同郡川藤村(吉川市) 中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に川藤村・飯島亀吉・飯島半右衛門。明治三十年人名録に飯島初五郎・天保十一年生・地租三十四円あり。

一五 同郡加藤村(吉川市) 三輪野江村定勝寺寛文九年鐘銘に加藤村飯島喜左衛門。明治七年船積問屋加藤村飯島三左衛門・但し安永五年二月創立。明治九年副戸長飯島作太郎・天保十一年生。香取社征露碑に飯島瀧蔵・飯島初次郎・飯島重蔵・飯島勇次郎・飯島平八・飯島俊太郎あり。

一六 同郡上笹塚村(吉川市) 明治九年戸長飯島重信・弘化四年生。稲荷社明治四十年碑に飯島利助・飯島留吉あり。

一七 同郡中島村(吉川市) 万福寺嘉永七年十九夜塔に飯島兵左衛門。稲荷社明治十三年御嶽碑に中島村飯島庄蔵、明治四十年碑に飯島三蔵あり。

一八 同郡吉屋村(吉川市) 香取社文政五年御神燈に飯島長右衛門・飯島長左衛門・飯島八右衛門・飯島清兵衛、天保三年庚申塔に飯島栄助、明治三十九年碑に飯島長左衛門・飯島久平・飯島長蔵あり。

一九 同郡関新田村(吉川市) 淨慶寺跡寛政十二年庚申塔に飯島新蔵、文政八年庚申塔に飯島勘右衛門、嘉永三年庚申塔に飯島八右衛門あり。

二〇 同郡中井村(吉川市) 御嶽社明治十三年御神燈に飯島五郎兵衛・飯島儀兵衛・飯島清八あり。

二一 同郡平沼村(吉川市) 芳川神社明治三十一年古峰碑に飯島角太郎あり。

二二 同郡半田村(三郷市) 万音寺明治三十九年碑に飯島忠蔵あり。

二三 同郡西大輪村(鷲宮町) 幸手宿波寄宝持寺天明七年碑に西大輪邑飯島七左衛門晴師。迦葉院寛政三年碑に西大輪村新田飯島市左衛門。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に西大輪村川原・飯島市右衛門・飯島金左衛門。雷電社文久三年狛犬に飯島兵治郎・飯島市左衛門・飯島松五郎・飯島政五郎・飯島金左衛門。稲倉魂神社明治三十年碑に飯島長吉・飯島政吉・飯島久治郎・飯島勝太郎・飯島松平・飯島泰吉あり。

二四 同郡不動院野村(春日部) 香取社隣弘化四年馬頭尊に飯島七右衛門あり。

二五 同郡銚子口村(春日部市) 香取社文政四年天神碑に飯島伴□。天保十一年庚申塔に下組飯島重右衛門あり。

二六 同郡惣新田村(幸手市) 明治二十年被選挙権者飯島亀吉・嘉永六年生あり。

二七 埼玉郡大沢町(越谷市) 香取社天保十三年御神燈に飯島圭三あり。

二八 同郡四条村(越谷市) 屈巣村安政三年藤村文書に名主飯島平兵衛。明治七年製糸会社人名録に飯島丘兵衛。明治三十年所得税下調査簿に大相模村飯島佐平治・元治元年生・反別三十六町六反歩・地租四百四十六円。同年人名録に飯島米吉・慶応元年生・地租三十七円あり。

二九 同郡千疋村(越谷市) 伊南理神社明治四十二年御神燈に飯島仙蔵あり。

三〇 同郡南百村(越谷市) 中島村稲荷社明治二十五年御嶽碑に南百村飯島長次郎あり。

三一 同郡別府村(越谷市) 明治九年副戸長飯島左内・文化八年生。明治三十年人名録に飯島要太郎・天保十一年生・地租四十円、飯島長次郎・元治元年生あり。

三二 同郡粕壁町 明治三十五年塩煎餅商飯島ユワあり。

三三 同郡一ノ割村(春日部市) 円福寺安永七年庚申塔に飯島弥右衛門・飯島富右衛門・飯島重右衛門・飯島八郎右衛門。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に一ノ割村飯島弥右衛門。香取社明治二十八年碑に飯島宇八・飯島藤八・飯島島蔵・飯島寅松・飯島宇次右衛門、明治四十年碑に飯島藤助あり。

三四 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村飯島又四郎あり。

三五 同郡久喜町 明治三十五年に飯島久五郎あり。

三六 同郡下早見村(久喜市) 風土記稿下早見村条に¬密蔵院の開基は飯島新四郎といいし人なるよし、開山観祐延宝七年示寂す」と見ゆ。百間村青林寺寛政十年文書に下早見村飯島直右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下早見村飯島新四郎・飯島藤左衛門あり。

三七 同郡上清久村(久喜市) 百間村青林寺寛政十年文書に上清久村飯島彦右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に上清久村飯島彦右衛門。梅本家脇天保十五年庚申塔に飯島長右衛門。雷電社明治十四年御神燈に飯島熊太郎、新田・飯島彦右衛門あり。

三八 同郡菖蒲町 明治三十五年菓子製造業飯島伝吉あり。

三九 同郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 明治九年副戸長飯島助七・文政二年生あり。

四〇 同郡鷲宮町 鷲宮神社嘉永五年狛犬に当町飯島虎之助あり。

四一 同郡外田ヶ谷村(騎西町) 宝性寺文化十五年庚申塔に飯島岩右衛門。久伊豆社安政二年水鉢に飯島忠右衛門・飯島作十郎あり。

四二 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に稲荷台・飯島元吉あり。

四三 同郡上手子林村(羽生市) 富徳寺寛政十二年敷石供養塔に飯島吉右衛門。須影村八幡社慶応元年算額に上手子林・飯島芳右衛門估武(慶応三年没)あり。

四四 同郡下忍村(行田市) 琴平神社享保元年御神燈に飯島久七、明治八年御神燈に飯島角蔵。明光寺宝暦九年庚申塔に飯島護園・飯島吉一。上分神社天保八年算額に当村飯島平之丞秀勝。遍照院天保九年二十三夜塔に当所・飯島平之丞・飯島与助・飯島又右衛門あり。

四五 同郡棚田村(行田市) 棚田神社江戸末期碑に当所・飯島代五郎・飯島長五郎あり。

四六 足立郡新井宿村(川口市) 子日宮神社寛政三年庚申塔に東新井宿村・飯島治兵衛・飯島治右衛門・飯島市治郎、享和三年水鉢に飯島権次郎、嘉永五年幟碑に飯島礒五郎あり。次項参照。

四七 同郡西新井宿村(川口市) 多宝院宝暦十三年絵馬に西新井宿村飯島次兵衛、文政六年絵馬に飯島三治郎、江戸末期碑に西新井宿飯島三次郎。宝蔵寺明治十九年弘法大師碑に飯島音次郎あり。

四八 同郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に飯島新太郎あり。

四九 同郡上戸田村(戸田市) 光明寺安永六年宝篋印塔に飯島吉弥。氷川社文化十三年供養塔に上戸田村・飯島佐五右衛門・飯島万蔵、同年水鉢に当村飯島作右衛門・飯島庄三郎。川口宿善光寺安政五年地蔵尊に上戸田村飯島庄兵衛。明治九年副戸長飯島万蔵・天保四年生、副戸長飯島平三郎・弘化四年生。蕨宿三学院明治十一年碑に上戸田村・飯島万右衛門・飯島万蔵・飯島善兵衛あり。

五〇 同郡浦和宿 太田窪村行弘寺万延元年碑に浦和宿飯島安兵衛。明治三十五年職工飯島清吉あり。

五一 同郡新開村(浦和市) 真光寺明治三十四年馬頭尊に飯島与五郎あり。

五二 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年灰問屋飯島金次郎あり。

五三 同郡中里村(与野市) 弘法尊院慶応三年碑に当村飯島儀左衛門あり。

五四 同郡堀崎村(大宮市) 伝承に先祖は信濃国伊那郡出身にて、武田氏に仕え、武田滅亡後、当村に土着すと。慶長十七年検地帳(飯島文書)に¬飯島大膳・三町九反八畝歩」と。享保年間堀崎村名主飯島武兵衛。天保二年新染谷村守富文書に堀崎村飯島武兵衛。文久元年上木崎村市川文書に堀崎村飯島儀三郎。明治九年戸長飯島武兵衛・天保七年生(酒造業)、副戸長飯島八右衛門・文政七年生。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に堀崎・飯島常八・飯島峰八あり。

五五 同郡砂村(大宮市) 氷川社天保二年第六天碑に飯島茂吉あり。

五六 同郡深作村(大宮市) 氷川社嘉永五年水鉢に飯島敬助・飯島初五郎・飯島吉五郎・谷ギヤ飯島市五郎、明治三十九年碑に飯島松之丞、明治四十一年碑に飯島吉郎。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に深作村・飯島孫八・飯島彦右衛門あり。

五七 同郡小深作村(大宮市) 名主飯島氏先祖は武田氏に仕えると伝う。神明社宝暦三年宝篋印塔に飯島与左衛門、嘉永三年御神燈に飯島四郎兵衛藤原博孝、明治十九年御神燈に飯島和四郎・飯島儀左衛門。新染谷村天保二年守富文書に小深作・飯島城兵衛・飯島良助。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡小深作村飯島四郎兵衛。明治九年戸長飯島和四郎・天保十三年生あり。

五八 同郡宝来村(大宮市) 別所村福正寺寛政八年廻国塔に宝来村飯島市右衛門。福寿庵跡寛政十年道標に飯島市右衛門あり。

五九 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に飯島喜四郎あり。

六〇 同郡大谷領門前村(上尾市) 倉田村明星院文政六年新西国塔に門前村飯島伊兵衛あり。

六一 同郡桶川宿 明治十一年府川文書に飯島安太郎あり。

六二 同郡川面村(鴻巣市) 三ツ木村三ツ木神社明治三十年御神燈に川面・飯島清次郎あり。

六三 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村飯島源蔵、明治三十九年碑に飯島文吉・飯島久吉・飯島所左衛門・飯島彦八あり。

六四 入間郡川越町 御嶽社明治三十年碑に飯島伝次郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に飯島常次郎。明治三十五年染物業松本屋飯島兼吉。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社飯島鉄五郎あり。

六五 同郡砂村(川越市) 氷川社明治十八年御神燈に飯島仙次郎あり。

六六 同郡入間川町(狭山市) 明治三十五年魚商飯島福次郎。明治四十四年織物製造業飯島元八あり。

六七 同郡下奥富村(狭山市) 亀井神社弘化四年水鉢に下奥富村飯島文右衛門あり。

六八 同郡青柳村(狭山市) 堀兼神社文政四年御神燈に下青柳村飯島平蔵。氷川社明治二十九年碑に青柳・飯島市五郎・飯島林平・飯島定蔵あり。

六九 同郡坂戸村 明治四十三年桶職飯島仲造あり。

七〇 高麗郡上広瀬村(狭山市) 信立寺祀縁に¬養順信士・坂下飯島与五兵衛婿平蔵代・寛永五年九月十六日、為常信士・下宿飯島佐右衛門婿弥平次倅吉五郎・寛文十年八月二十八日、道盛信士・坂下方飯島五兵衛倅鉄五郎代・寛文十一年十一月十三日、道栄信士・根山飯島権兵衛・潰家・延宝二年二月二十九日、暁霜信士・根山飯島善蔵・生国成木生れ飯島与五兵衛分家と成る・元禄十三年十二月十五日、道受信士・上宿飯島紋兵衛倅清七代・元禄十一年正月二十七日、道喜日真信士・上宿飯島弥五兵衛・元禄十五年五月二十七日、常閑日教信士・喜平次倅下宿方飯島喜平次・享保五年九月五日、法真信士・久左右衛門倅坂下方飯島金五郎・享保九年六月十六日、宗善信士・藤右衛門倅根山飯島長左右衛門・享保十五年十二月二十日、春明院行円信士・孫七倅下宿飯島栄次郎・寛保三年三月二十六日、甚夏信士・新兵衛倅坂下飯島忠兵衛・潰家・寛保三年四月二十五日、捨権信士・上宿大門飯島金右衛門分家飯島重右衛門・潰家・宝暦十一年六月二月、幽玄信士・処右衛門婿根山飯島孫兵衛・宝暦十二年六月十六日、行周信士・次兵衛倅宿大門飯島金右衛門・安永五年七月十一日」と。また、歴代顕控に¬当山七世日円、延宝三年披露案内は飯島処右衛門なり」と見ゆ。有力な旦那なり。浅間社寛政十一年庚申塔に上広瀬村・飯島長左衛門・飯島平八・飯島重左衛門・飯島喜平治、元治元年筆子碑に当所飯島作右衛門、明治四十五年碑に飯島兼吉・飯島政次郎・飯島作次郎・飯島伴次・飯島元吉。明治五年田畑名寄帳に飯島治平・飯島三四郎、上宿組・飯島義十・飯島半平・飯島綱五郎、宮地組・飯島喜平治・飯島弥吉・飯島吉五郎、根山組・飯島鉄五郎・飯島兼吉・飯島常次。信立寺明治十四年筆子碑に上郷・飯島時次郎・飯島常次郎・飯島権次郎・飯島茂次郎。明治十五年北広堂碑名簿に上広瀬村飯島啓次郎・飯島宅次郎。明治二十七年地租調査に飯島三四郎・六十七円、飯島染三郎・二十五円、飯島兼吉・十五円、飯島政次郎・十三円、飯島丑五郎、飯島てう、飯島国五郎、飯島角之助、飯島伴治、飯島定五郎、飯島作次郎、飯島福次郎、飯島仲吉あり。

七一 同郡笠幡村(川越市) 私塾師匠飯島金左衛門・文政六年没七十六歳。笹井村宗源寺文書に¬弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、笠幡村、飯島啓三郎、飯島金右衛門」あり。

七二 比企郡上井草村(川島町) 下井草村天保三年馬頭尊に上伊草宿飯島粂三郎。金乗院嘉永六年馬頭尊に飯島利助。当村万延元年庚申塔に上伊草村久保講中・飯島伴助あり。

七三 同郡平沼村(川島町) 字細郷天保六年馬頭尊に飯島弥惣右衛門・飯島勇五郎。氷川社明治十九年鈴銘に飯島熊次郎あり。

七四 同郡中山村(川島町) 氷川社文化九年御神燈に飯島三右衛門。松山町箭弓神社明治三十一年碑に中山村・飯島熊造・飯島房吉あり。

七五 同郡岡郷(東松山市) 明治十六年青物商飯島角次郎あり。

七六 同郡上野本村(東松山市) 八幡社嘉永二年三女神碑に飯島弥兵衛・飯島善之助・飯島喜助あり。

七七 同郡古里村(嵐山町) 兵執神社安政三年水鉢に飯島平六・飯島喜兵衛・飯島儀四郎・飯島松五郎・飯島久五郎、明治十三年碑に飯島善太郎・飯島滝次郎・飯島万次郎、明治二十三年碑に飯島貴寿・飯島徳次郎・飯島貞吉・飯島友助・飯島多四郎・飯島辰五郎・飯島牛次郎・飯島小三郎・飯島権六、明治三十一年碑に飯島本太郎・飯島福次郎・飯島彦次郎・飯島宇平・飯島茂三郎・飯島次兵衛・飯島良八・飯島国蔵・飯島弥十郎・飯島松五郎・飯島七兵衛・飯島宇八・飯島幸蔵。明治九年副戸長飯島貴寿・天保五年生。鎌形村八幡社明治十六年筆子碑に古里村飯島寅吉あり。

七八 同郡小川村 野原村文殊寺明治二年碑に小川・飯島平重郎あり。

七九 同郡玉川郷 春日社明治四十年碑に飯島寅次郎・地家飯島麻吉。今宮神社明治四十五年碑に飯島兼吉あり。

八〇 男衾郡塩村(江南町) 野原村文殊寺明治二年碑に塩村・飯島源七・飯島幸七・飯島幸造・飯島角次郎。明治七年柴田文書に塩村三等・飯島岡右衛門。明治九年副戸長飯島幸七・文化十二年生あり。

八一 同郡板井村(江南町) 宝光寺前文化十一年供養塔に飯島平重郎。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にイタ井・飯島荘輔。出雲乃伊波比神社明治九年浅間碑に飯島良七。明治九年戸長飯島邦政・弘化三年生あり。

八二 同郡畠山村(川本町) 明治三年小園村石田文書に畠山村百姓代飯島忠三郎あり。

八三 大里郡甲山村(大里町) 当村元禄八年庚申塔に甲山村・飯島源五左衛門・飯島権兵衛あり。

八四 同郡代村(熊谷市) 八幡社弘化四年伊勢講碑に飯島勘左衛門・飯島栄五郎あり。

八五 幡羅郡善ヶ島村(妻沼町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡善ヶ島村飯島栄三郎。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に善ヶ島村飯島八十八あり。

八六 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に¬弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・飯島九右衛門あり」。白川家門人帳に文化八年弥藤吾村飯島日向あり。

八七 同郡新井村(深谷市) 明治九年副戸長飯島茂十郎・弘化三年生。新戒村大林寺明治三十五年筆子碑にアライ飯島巳之吉。中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬疋碑に大字新井飯島鳥三郎。明戸村会議員に飯島丹四郎・明治十四年生、飯島弥八郎・明治二十三年生、飯島元吉・明治三十年生、飯島市郎・明治四十四年生あり。

八八 榛沢郡深谷宿 白川家門人帳に文政六年深谷古城住居飯島主計あり。智形明神社或は別当修験宝珠院にて、本陣とは別流か。本陣飯島重郎兵衛由緒に¬私方先祖之儀は、武田家の浪人飯島伯耆と申天正年中故有而深谷宿へ住居罷在。源経基の子満仲の孫下野守満国より五代為行の裔、武田家の客将たり、信濃国伊那郡飯島郷を領す。天正に至り、飯島勘解由介忠直三子あり、伯耆為広、民部正為次、小太郎為成といふ。父子共に信玄の第五子仁科薩摩守晴清に従ひ、天正十年高遠城にて忠直、為次、為成、城中にて戦死武田家に殉じたり。然るに其時、為広病気にて領所に加療中にて合戦するを得ず、武をやめ所縁ありて、家来扶持人多数を引具し、深谷に来り此処を永住の地と定めたり」と見え、深谷今昔物語に¬飯島伯耆守為広・慶長十六年七十三歳にて没す」と見ゆ。また、本陣飯島義作家文書に¬当家居屋敷慶長四年迄姫ノ宮・田村清右衛門居屋敷より、かねうち共当時不残当家の屋敷にて、其頃御城下町にて往還は北横町西運寺前より相通り南横町通り、当時南裏道本道にて、八百屋彦七・右屋敷に近年まで一里塚の跡ありと申伝ふ。それより慶安年中往還振替候に付云々。元和寛永年中、飯島六左衛門為親が深谷城主酒井讃岐守に召出されて、七十一ヶ村の割元を命ぜられる」と。酒井讃岐守忠勝書状の寛永元年十月・飯島六左衛門殿、及び文化五年・深谷宿本陣飯島十郎兵衛、等の文書を所蔵する。三峰神社史料集に安政五年深谷宿御本陣飯島十郎兵衛。慶応二年名家諸風仁銘鑑に深谷宿歌人飯島丈右衛門。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿飯島元十郎・飯島太十郎。同年郵便取扱人飯島元十郎。中瀬村向島不動堂明治四十四年従軍馬疋碑に深谷町飯島玉吉(荒物商)。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町飯島玉吉、深谷観音講飯島由松・飯島熊吉。深谷町会議員に活版業荒物商飯島近六・慶応三年生、印刷業飯島義作・明治二十九年生あり。

八九 同郡上手計村(深谷市) 阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に飯島想左衛門・飯島七郎兵衛。私塾師匠名主飯島金次郎庸信・明治三十六年没七十歳。大塚島村宝蔵院明治二十四年筆子碑に手計・飯島伝次郎あり。

九〇 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に飯島直右衛門。伊勢崎市戸谷塚町諏訪神社天保六年棟札に彫工武州榛沢郡手計村大谷政五郎秀国・同飯島初五郎ム義あり。

九一 同郡高島村(深谷市) 安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に高島河岸船問屋飯島次左衛門。新会村会議員飯島忠太郎・安政三年生あり。

九二 同郡宿根村(深谷市) 人見村明治二十八年清水定義筆子碑に宿根新田・飯島菊次郎あり。

九三 同郡原宿村(花園町) 明治九年富田文書に原宿村飯島勝五郎あり。

九四 同郡黒田村(花園町) 明治九年副戸長飯島捨吉・天保二年生あり。

九五 同郡沓掛村(岡部町) 榛沢村経蔵院文久三年筆子碑に沓掛村飯島忠太郎あり。

九六 同郡桜沢村(寄居町) 私塾師匠名主飯島伊左衛門、同勘左衛門、同左内、同勘左衛門久忠(富之進、文久二年名主役、明治八年没七十三歳)、同貫三郎永甲・明治四十一年没六十一歳。用土村明治十三年仙元碑に桜沢村飯島忠衛・飯島留吉・飯島銀十郎・飯島鷲五郎あり。

九七 同郡牧西村(本庄市) 土豪にて、牧西村天正年間持高帳に¬井々島分・一町六反余、屋敷二百五十五坪・飯島居」と見ゆ。他は苗字を載せず。

九八 同郡小和瀬村(本庄市) 天保四年一本木河岸船問屋飯島弥三郎(倉賀野町須賀文書)。薬師堂元治元年馬頭尊に飯島嘉平。明治九年戸長飯島嘉平治・天保八年生、副戸長飯島福松・文政五年生(旧名主)。明治十一年副戸長飯島庄作。明治十七年牧西村連合議員に小和瀬・飯島弥五郎。明治二十七年豪農名簿に飯島嘉平治・地租九十八円。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年小和瀬・農業飯島嘉平・明治八年生・国税六百四十六円・県下百二十五位。稲荷社明治十九年碑に飯島仲治郎、明治四十四年碑に飯島秋次郎・飯島竹次郎・飯島音五郎・飯島石松・飯島角次郎・飯島嘉平・飯島新次郎・飯島鶴三郎あり。

九九 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に仲町飯島栄吉(七年立会人)。普寛霊場明治三十年御嶽碑に本庄町飯島清太郎(畳職)。明治三十五年煙草商飯島好三郎あり。

一〇〇 同郡東五十子村(本庄市) 明治九年副戸長飯島太平治・嘉永元年生。当村明治二十七年慈善橋碑に飯島嘉平治・飯島喜伝治・飯島太平治・飯島庄三郎あり。九十八項参照。

一〇一 同郡西五十子村(本庄市) 明治五年議定書に飯島守・飯島小平次あり。

一〇二 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に飯島次郎兵衛・飯島作左衛門・飯島卯衛門・飯島武兵衛・飯島武右衛門・飯島平兵衛・飯島半右衛門・飯島八郎左衛門、明治二十三年御嶽碑に飯島貞吉。明治三十五年八百屋飯島幸太郎・飯島金七郎あり。

一〇三 同郡上真下村(児玉町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・上真下村飯島乙五郎あり。

一〇四 同郡長沖村(児玉町) 児玉記考に¬旧家飯島兵蔵、旧幕の頃は徳川治世の初めより相継ぎ地頭黒田家の名主役を勤めたる門葉なり」と見ゆ。当村天保四年供養塔に飯島金右衛門。明治九年戸長飯島利平・天保四年生、副戸長飯島和喜平・天保五年生あり。

一〇五 同郡池田村(神川町) 児玉記考に¬旧家飯島甚平、甲斐源氏の余流飯島大学の苗裔なり。天正年間武田家滅亡し、三条夫人金窪に移るに及び随従し来り、当地に於て農に帰し、再来家系連綿たり。徳川治世は地頭大久保家の名主役を勤続せし名葉なり」と見ゆ。守神神社元和三年棟札に大施主飯島甚左衛門。同社別当修験常学院は開山忠尊慶長十二年草創にて、明治維新の時に復飾して飯島大学と称す。明治九年副戸長飯島与七・文政八年生(旧組頭)、副戸長飯島友蔵・文政十一年生あり。

一〇六 同郡渡瀬村(神川町) 明治二年五人組帳に飯島仙五郎・飯島忠五郎あり。

一〇七 同郡根木村(美里町) 明治九年に飯島又四郎・飯島弥市。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流根木村・飯島万次郎・飯島宗八・飯島幸太郎あり。

一〇八 那賀郡秋山村(児玉町) 御嶽社安永□年碑に飯島正玄。七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に秋山村飯島永助。直正寺明治二十九年碑に当所飯島悦次郎。秋平小学校明治三十二年碑に秋山・飯島喜三郎・飯島茂重郎・飯島力五郎・飯島道之助・飯島新蔵・飯島清七・飯島伊之吉・飯島権太郎。風洞村河原神社明治四十四年碑に飯島繁次郎・飯島彦蔵・飯島高次あり。

一〇九 同郡中里村(美里町) 当村元禄十三年庚申塔に飯島偕蔵。秋山村十二天堂寛政七年建立覚書に中里村組頭飯島常右衛門。明治十年根岸文書に中里村・飯島紋次郎・飯島嘉蔵・飯島牧太郎・飯島小七・飯島茂平・飯島半四郎・飯島三四郎・飯島林蔵・飯島戸三郎。明治十一年副戸長飯島紋次郎。雷電社明治三十七年浅間碑に当字・飯島高次郎・飯島今五郎・飯島作次郎・飯島藤作・飯島幸作・飯島平三郎・飯島勝三郎あり。

一一〇 同郡古郡村(美里町) 安光寺嘉永元年地蔵尊に当村・飯島彦七・飯島熊吉あり。

一一一 賀美郡小浜村(神川町) 小松神社明治二十九年碑に飯島伊之吉あり。

一一二 同郡元阿保村(神川町) 土豪にて、慶長九年安保村検地帳に¬飯島分と見ゆ。当村明治三十年碑に当所飯島熊太郎あり。

一一三 同郡金窪村(上里町) 金窪村明暦三年年貢割付状に¬飯島八郎左衛門・一町七反八畝十一歩」と見ゆ。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流柔術金久保村飯島増吉(飯島増吉源義光、昭和四年没)。陽雲寺明治三十年武田家遺臣碑に¬児玉郡金久保。飯島民部助藤原重近後裔、飯島助之進、同増吉」と。法西寺明治四十年筆子碑に飯島増吉・飯島金平あり。

一一四 同郡堤村(上里町) 字田中石蔵寺享保十五年庚申塔に田中村飯島清兵衛。字堀之内庚申塔に堤村飯島吉右衛門・飯島三右衛門。明治初年議定書に飯島彦太郎・飯島房吉・飯島久松・飯島兵作・飯島吉次・飯島勘吉・飯島丑太郎・飯島利兵・飯島利吉・飯島多七・飯島藤太郎・飯島清吉・百姓代飯島清蔵あり。

一一五 秩父郡下小鹿野村 小平村成身院文書に天明年中・千手観音寄進武州秩父郡奈倉村飯島与兵衛あり。藤倉村飯島与兵衛とも見ゆ。

一一六 同郡国神村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所飯島亀吉あり。

一一七 同郡本野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に本野上・飯島菊次郎・飯島伊三郎・飯島菊蔵・料理店袋屋飯島定吉あり。

一一八 同郡薄村(両神村) 明治十一年副戸長飯島次六郎あり。

一一九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・飯島彰・二十八円、飯島馨之助・百十五円、飯島太二・二十五円、蕨町・飯島悦・十一円、横曽根村(川口市)・飯島知宇平・三十六円、春岡村(大宮市)・飯島千秋・五十円、川越市・飯島保五郎・十円、日東村(川越市)・飯島彦佐久・十三円、大岡村(東松山)・飯島権八・十円、中山村(川島町)・飯島英三・十四円、八条村(八潮市)・飯島三郎・百十六円、大相模村(越谷市)・飯島広子・百九十六円、飯島慶三郎・十五円、飯島米吉・二十円、大沢町(越谷市)・飯島庄次郎・十三円、南河原村・飯島長太郎・九円、深谷町・飯島玉吉・四百九十三円・百六十八円、飯島近六・十円、明戸村(深谷市)・飯島市蔵・十一円、飯島房次郎・十五円・十四円、小原村(江南町)・飯島良七・十五円、藤田村(本庄市)・飯島嘉平・三十六円、本庄町・飯島真一・十一円、飯島弥平・十一円、飯島雅治・四十一円、金屋村(児玉町)・飯島浅吉・十一円、青柳村(神川町)・飯島為三郎・十六円・十一円、忍町(行田市)・飯島和歌乃・五十円、飯島亭三・三十八円・六十一円、下忍村(行田市)・飯島万吉・十六円・三十六円、粕壁町・飯島弥作・十三円、所沢町・飯島宇八・十三円」あり。

飯嶋 イイジマ 各市町村に存す。

飯嶌 イイジマ 入間、川越、江南に存す。

飯白 イイシロ 上福岡に存す。

飯棲 イイスミ 浦和に存す。

飯住 イイスミ 

一 葛飾郡上金崎村(庄和町) 香取社天保六年御神燈に上金崎村飯住八右衛門あり。

二 埼玉郡下中条村(行田市) 治子神社嘉永五年大黒天碑に飯住甚八あり。

三 足立郡上谷村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に飯住丑之助あり。

飯田 イイダ 足立郡飯田村(大宮市)は北条家永禄十年禁制に飯田郷と見ゆ。比企郡飯田村(小川町)、秩父郡飯田村(小鹿野町)、山田村字飯田(秩父市)あり。此の氏は常陸国に多く存し、奥州地方に少ない。〇群馬県太田市百七戸。〇栃木県下都賀郡大平町三十四戸、安蘇郡田沼町五十七戸。〇茨城県東茨城郡茨城町五十五戸、内原町四十五戸、常北町四十戸、小川町三十四戸、西茨城郡岩瀬町六十六戸、友部町四十戸、岩間町百十二戸、行方郡潮来町三十三戸、玉造町三十戸、鹿島郡神栖町二十戸、波崎町三十戸、新治郡千代田町二十三戸、北相馬郡利根町二十三戸、藤代町二十三戸、守谷町四十戸、稲敷郡阿見町四十二戸、茎崎町五十三戸、美浦村三十三戸、真壁郡明野町二十三戸、関城町四十戸、結城郡石下町三十五戸、筑波郡伊奈町四十戸、谷和原村三十六戸、猿島郡境町七十戸、猿島町五十四戸、総和町四十二戸、つくば市二百三十戸、土浦市二百三十戸、水海道市百十戸。〇千葉県海上郡海上町三十八戸、香取郡小見川町四十戸、神崎町三十戸、下総町六十戸、大栄町二十戸、多古町百十五戸、東庄町八十三戸、干潟町二十二戸、印旛郡富里町二十四戸。〇神奈川県中郡大磯町八十四戸、足柄上郡松田町三十五戸。〇山梨県東八代郡石和町二十五戸、東山梨郡春日居町三十戸、中巨摩郡白根町三十戸。〇新潟県刈羽郡小国町二十二戸、東頚城郡大島村六十三戸、牧村六十戸。〇青森県東津軽郡平内町八十九戸、上北郡野辺地町三十三戸あり。

一 足立郡片柳郷(大宮市)の地頭飯田氏 常陸国那珂郡飯田村より起る、大中臣姓にて、大中臣氏略系図に¬常陸国那珂郡等地頭上総中三左衛門尉実久、正治元年正月上旬賜京都守護職、右那珂一門等拝領所々事、武州方屋木郷預所職実久給之、飯田四郎妻知行之」と見ゆ。当所は片楊郷とも記す。

二 深谷城士の飯田氏 深谷記に¬天正十年、神流川合戦に深谷衆飯田主税」と見ゆ。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に¬二百石・飯田平左衛門」あり。

四 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に¬五人扶持・飯田新五兵衛、十三石・飯田権右衛門」あり。

五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬八石三人扶持・飯田加右衛門、五両二人扶持・飯田源内、四両二人扶持・飯田段平」あり。

六 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬吟味役・飯田寅之助」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に¬御中小姓・十人扶持・飯田小左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に¬二十俵二人扶持・飯田市郎兵衛」あり。

八 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に¬十人扶持・飯田敬三、六両二人扶持・飯田留次郎」あり。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に¬御徒銃隊・六石余二人扶持・飯田伝之丞・四十六歳」あり。

一〇 関東郡代伊奈氏家臣 享保八年に飯田八平あり。

一一 葛飾郡惣新田村(幸手市) 明治九年副戸長飯田久左衛門・天保元年生あり。

一二 同郡不動院野村(春日部市) 本郷村雷電社文化十一年庚申塔に不動院野村飯田藤右衛門あり。

一三 同郡小松川村(吉川市) 日枝神社跡寛政十二年庚申塔に飯田甚右衛門・飯田庄八。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に小松川村・飯田弥右衛門・飯田庄八、明治四十年碑に小松川村・飯田留吉・飯田八太郎あり。

一四 埼玉郡西袋村(八潮市) 柳之宮村氷川社嘉永七年御神燈に西袋村・飯田与右衛門・飯田庄五郎あり。

一五 同郡蒲生村(越谷市) 天神社寛政十二年庚申塔に飯田仲右衛門。明治三十年人名録に飯田梅蔵・明治四年生あり。

一六 同郡七左衛門村(越谷市) 明治三十年人名録に飯田卯吉・弘化四年生あり。

一七 同郡伊原村(越谷市) 久伊豆社文政十三年御神燈に飯田甚助・飯田勘右衛門。蒲生村光明院明治三十六年碑に伊原・飯田万吉あり。

一八 同郡下大増新田(春日部市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下大増新田・飯田清次郎・飯田伊之助。当村香取社弘化四年筆子碑に飯田音吉。増長村観秀院安政二年供養塔に下大増村飯田重次郎あり。

一九 同郡大場村(春日部市) 香取社享和三年普門品に飯田嘉助、嘉永六年御神燈に飯田市左衛門。稲荷社文久三年庚申塔に飯田幸次郎、明治四十三年富士碑に飯田富蔵。明治九年副戸長飯田鉄五郎・文政九年生あり。

二〇 同郡荒井新田村(白岡町) 稲荷社明治三十九年碑に飯田小四郎あり。

二一 同郡江面村(久喜市) 久伊豆社明和八年天満宮碑に飯田吉次郎・飯田久次郎・飯田喜八、年不詳に飯田喜助・飯田助七・飯田左次兵衛・飯田源蔵。天保十一年百姓連名帳に飯田源蔵・飯田武右衛門・飯田栄蔵・飯田要蔵。埼玉郡農兵名前帳に慶応二年御蔵番下役・江面村飯田栄吉あり。

二二 同郡久喜町 明治三十五年果物商飯田勘左衛門あり。

二三 同郡久下村(加須市) 明治三十五年金物商飯田勝次郎あり。

二四 同郡小浜村(加須市) 地蔵院百番観音に元禄八年施主小浜村飯田又右衛門。八幡社文政六年狛犬に飯田半六あり。

二五 同郡広田村(川里町) 広田村開発に¬文禄二年飯田弥右衛門・引越来る」と見ゆ。新井条参照。

二六 同郡上羽生村 字宮田明和四年弁天碑に飯田嘉平。明治五年絞り油商糸繭商飯田常七あり。

二七 同郡三田ヶ谷村(羽生市) 八幡社安政六年御嶽碑に飯田喜右衛門あり。

二八 同郡忍町(行田市) 明治三十五年漬物商飯田常次郎・布織製造幡屋飯田久左衛門・菓物商飯田金造あり。

二九 同郡斎条村(行田市) 酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に斎条・飯田広右衛門。明治九年副戸長飯田平蔵・天保十四年生、副戸長飯田伊兵衛あり。

三〇 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に飯田嘉平あり。

三一 同郡新堀村(川口市) 名主飯田氏(当主十九代飯田震介氏)の祖は、飯田筑前(永禄八年没)を初代とし、元禄十年検地帳に田畑四町八反歩・高二十六石あり、天保年間に高八十石となる。北谷村新福寺跡安政七年碑に新堀村飯田八右衛門。明治九年副戸長飯田造酒造・安政六年生あり。

三二 同郡峰村(川口市) 風土記稿峰村条に八幡社々家飯田左膳あり。

三三 同郡上青木村(川口市) 蒲生村光明院明治三十六年碑に上青木・飯田忠五郎あり。

三四 同郡下青木村(川口市) 氷川社寛政六年弁天碑に飯田金左衛門、天保七年水鉢に下青木邑飯田仁助。同社万延元年寄進帳(安藤文書)に飯田仁左衛門・飯田伝右衛門・飯田甚兵衛・飯田想治郎・飯田太右衛門・飯田音右衛門・飯田三郎左衛門・飯田金五郎・飯田権次郎・飯田惣右衛門。蕨宿三学院明治十一年碑に下青木村・飯田三郎左衛門・飯田長左衛門。良光院明治二十七年奉納額に飯田紋太郎。氷川社明治三十九年碑に飯田米蔵・飯田次郎吉・飯田芳松あり。

三五 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 明治八年に八幡木組飯田遊山あり。

三六 同郡草加町 明治二年頃に二丁目(谷古宇村)広田屋飯田音次郎。明治三十五年料理店広田屋飯田スイあり。

三七 同郡新里村(草加市) 泉蔵院元禄四年六地蔵に飯田左右衛門内儀・飯田与左衛門内儀、同年庚申塔に飯田仁右衛門、享保八年庚申塔に飯田七右衛門あり。

三八 同郡苗塚村(草加市) 当村享保十五年供養塔に飯田市兵衛あり。

三九 同郡浦和町 玉蔵院明治三十一年供養塔に浦和町飯田常吉。明治三十五年菓子商飯田鶴吉あり。

四〇 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に飯田斧次郎。明治三十五年餅商飯田巳之助あり。

四一 同郡文蔵村(浦和市) 白幡村医王寺文書に寛文十二年・文蔵村飯田伊右衛門、享保十一年・文蔵村飯田伝左衛門と。芝村氷室社慶応三年敷石碑に文蔵村飯田佐兵衛。明治九年副戸長飯田熊吉・嘉永元年生、副戸長飯田源兵衛・天保十年生あり。

四二 同郡三室村(浦和市) 明治八年騎西町釜屋文書に酒造業飯田佐右衛門あり。

四三 同郡蕨宿 本法院元禄十一年板碑に飯田半四郎、享保十二年板碑に飯田半四郎・飯田重右衛門、明治十四年板碑に飯田半四郎あり。

四四 同郡上戸田村(戸田市) 県会議員飯田良雄・大正十三年生あり。

四五 同郡新曽村(戸田市) 観音寺寛政二年地蔵尊に新曽村下新田・飯田武助、天保五年地蔵尊に飯田万五郎。当村寛政十二年馬頭尊に飯田富右衛門。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に新曽・飯田新五郎あり。

四六 同郡大宮町 明治三十五年に飯田市五郎あり。

四七 同郡平方村(上尾市) 橘神社享和四年水鉢に飯田甚左衛門、天保六年庚申塔に飯田久五郎、安政四年御神燈に飯田專太郎、明治二十四年御神燈に平方村・飯田橘治・飯田運三郎。明治四年名主飯田甚左衛門(文政七年生、船積問屋・文化十三年正月創立、酒造業、明治九年副戸長)あり。

四八 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に飯田善太郎あり。

四九 同郡前砂村(吹上町) 氷川社享和三年塞神碑に飯田勘兵衛あり。

五〇 新座郡志木宿 不動堂明治十四年不動尊に志木宿飯田周造(料理旅舎伊勢屋)。明治三十一年に中野組飯田清五郎。明治三十五年下駄製造業飯田政吉・酒商飯田きく・製茶商飯田龍蔵・理髪店飯田近三郎あり。

五一 同郡野火止宿(新座市) 明治十六年西堀村物産表に飯田磯七・飯田平六あり。

五二 同郡下新倉村(和光市) 吹上観音東明寺嘉永二年庚申塔に当村浅久保飯田平五郎。明治十六年浅久保若者組飯田初五郎あり。

五三 入間郡川越宿 行伝寺過去帳に¬道善・飯田六左衛門・酉年九月、秀本・飯田二郎兵衛父、妙善・飯田二郎兵衛母、想桂・飯田次郎兵衛・酉年正月、妙悦・飯田二郎兵衛内・申年正月、法秀・飯田伝兵衛祖父・戌年正月、徳善・飯田市兵衛・戌年卯月、妙春・飯田二郎兵衛内ノ者・亥年九月」とあり。江戸初期なり。連雀町熊野社文化二年水鉢に御門前飯田助治郎。明治三十五年畳職飯田作太あり。

五四 同郡新宿村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に飯田沢吉・飯田稲吉・飯田佐吉・飯田くめ・鳶職飯田喜四郎あり。

五五 同郡下安松村(所沢市) 長源寺文化七年廻国塔に安松村飯田彦市、万延元年湯殿山碑に飯田伝蔵、明治三十一年筆子碑に当所飯田安五郎・飯田次郎吉。明治九年副戸長飯田権右衛門・文化五年生、副戸長飯田次郎吉。大正元年に飯田権蔵・飯田治郎吉あり。

五六 同郡勝楽寺村(所沢市) 氷川村中氷川社明治二十九年碑に勝楽寺村飯田畦吉あり。

五七 高麗郡久下分村(飯能市) 明治十四年魚乾物商飯田良右衛門あり。

五八 比企郡平村(都幾川村) 滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に女鹿岩組飯田酉之助あり。

五九 大里郡熊谷町 明治三十五年飲食店飯田清吉・建具職飯田喜三郎・果物商飯田瀧蔵・彫刻師飯田勇次郎あり。

六〇 同郡大麻生村(熊谷市) 字中郷文久元年石橋供養塔に飯田次郎平。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村・飯田惣右衛門・飯田勇吉・飯田藤三郎・飯田儀三郎・飯田清吉。明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産協会発起人飯田栄三郎あり。

六一 同郡川原明戸村(熊谷市) 押切村八幡社安永七年棟札に棟梁飯田甚八清正。上州榛名神社寛政十一年奉納に武州大里郡河原明戸村飯田恒八。赤浜村八幡宮文化十四年棟札に大工川原明戸村飯田和市。松山町箭弓稲荷社天保六年棟札に棟梁大里郡河原明戸村飯田和泉藤原金軌・後見飯田和泉淀章・彫工飯田仙之助(此年六十七歳没)。瀬山村八幡社天保十三年奉額に河原明戸村・飯田真次郎・飯田竹松・飯田勇吉・飯田忠吉・飯田岩次郎・飯田作兵衛。当村諏訪社安政六年水鉢に飯田作兵衛・飯田喜兵衛・飯田馬太郎・飯田善右衛門・飯田忠吉・飯田次兵衛・飯田平五郎・飯田与兵衛広鏡・飯田鷲太郎宗直・棟梁飯田和泉・彫物師飯田岩次郎。白川家門人帳に慶応元年河原明戸村大工源太郎事・飯田和泉。長瀞宝登山神社明治七年棟札に川原明戸村彫工飯田岩治郎。明治九年戸長飯田利平・天保十四年生。明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産協会発起人飯田豊八あり。

六二 同郡肥塚村(熊谷市) 成就院弘化四年供養塔に飯田勝五郎。明治九年地租担当飯田秀五郎・同飯田泰助、惣代人飯田権平・同飯田多吉、副戸長飯田作次郎・天保十三年生。明治十四年村議員飯田豊蔵。榛沢郡岡村寅稲荷社明治三十二年碑に肥塚村飯田竹次郎あり。

六三 同郡小島村(熊谷市) 上野台村光厳寺天保十一年供養塔に小島村飯田屋権蔵。明治九年戸長飯田平造、戸長飯田貞泰。大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に小島村飯田貞恭。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に小島村飯田平蔵。明治十八年最上農名簿に小島村飯田貞泰・耕宅地十一町六反歩・山林二町歩所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業飯田龍・明治三年生・国税八百十四円・県下九十一位、大正十四年国税八百六十五円・県下二百二十九位あり。

六四 同郡小泉村(大里町) 常永寺寛延二年愛宕碑に飯田権右衛門・飯田政右衛門あり。

六五 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺嘉永六年碑に当所飯田善右衛門あり。

六六 同郡西別府村(熊谷市) 湯殿神社嘉永元年国常立尊碑に飯田重次郎、明治元年富士嶽碑に飯田源三郎あり。

六七 同郡妻沼村 聖天旧記に¬文禄三年、女沼郷古百姓、飯田求馬作左衛門、飯田左膳藤左衛門」と見ゆ。聖天宮天保八年筆子碑に飯田勝右衛門敬重。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州妻沼宿飯田安治郎あり。

六八 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に¬弥藤吾村、享和二年名主飯田藤左衛門」と見ゆ。

六九 榛沢郡田中村(川本町) 明治三十三年船水車業飯田信次あり。

七〇 同郡高島村(深谷市) 新会村会議員飯田平重・大正二年生あり。

七一 秩父郡坂元村(飯能市) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に我野坂本村飯田嘉右衛門あり。

七二 同郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に飯田幾四郎・飯田吉五郎あり。

七三 同郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に¬持善院法円・飯田市兵衛・丑年十月」あり。

七四 児玉郡本庄町 普寛霊場明治三十年御嶽碑に本庄町飯田友太郎・飯田小五郎。明治三十五年糸繭商飯田友太郎・同飯田小五郎・菓子屋飯田福三郎あり。

七五 同郡新井村(本庄市) 当村安政三年庚申塔に飯田泰太郎あり。

七六 同郡下阿久原村(神泉村) 寿光寺明治十四年慈善講に飯田清平あり。

七七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に¬浦和町・飯田乙彦・十一円、飯田宇之吉・十三円・十六円、飯田英一・十円、飯田彬・十八円、蕨町・飯田良政・二十四円、白子村(和光市)・飯田権之助・二十一円、川越市・飯田亮・二十一円、出羽村(越谷市)・飯田宰次郎・十一円、粕壁町・飯田政ヤ・三十一円、星河村(行田市)・飯田嘉十・二十四円、飯田豊・十一円、下忍村(行田市)・飯田倉之助・二十三円・四十七円、熊谷町・飯田房治・百二十三円、飯田轍・十九円、大麻生村(熊谷市)・飯田要助・十円、飯田大助・三十一円、飯田龍・七百十七円、飯田一郎・七十五円、忍町(行田市)・飯田常次郎・九十四円・九十五円」あり。

飯高 イイタカ 千葉県山武郡大網白里町三十三戸、九十九里町三十戸、夷隅郡岬町十四戸、印旛郡本埜村十七戸、佐倉市三十七戸、長野県小県郡東部町十三戸あり。

一 埼玉郡麦塚村(越谷市) 明治九年副戸長飯高重左衛門・文政九年生。女体神社明治二十一年御神燈に飯高重太郎・飯高金左衛門・飯高茂七・飯高鹿五郎あり。

飯竹 イイタケ 所沢、伊奈、川口等に存す。茨城県つくば市三十九戸あり。

飯谷 イイタニ 朝霞、浦和、大宮に存す。

井伊谷 イイタニ 入間、坂戸等に存す。

飯津 イイツ 八潮、川口、浦和に存す。

飯束 イイヅカ 川越に存す。

飯塚 イイヅカ 榛沢郡飯塚村(花園町)は明治に至り武蔵野村に改める、日光輪王寺応永三年大般若経に武州榛沢郡藤田北飯塚常楽坊と見ゆ。また、同郡桜沢村字南飯塚(寄居町)は古の村名なり。埼玉郡飯塚村(岩槻市)法華寺建武元年文書に武蔵国飯塚村法華寺と見ゆ。幡羅郡飯塚村(妻沼町)は和名抄の荏原郷にて、字古江原あり。足立郡飯塚村(川口市)。大里郡佐谷田村字飯塚、秩父郡寺尾村字飯塚あり。〇群馬県利根郡昭和村三十戸、吾妻郡中之条町七十戸、東村四十二戸、高山村五十戸、北群馬郡吉岡町六十戸、子持村百九戸、群馬郡群馬町八十戸、甘楽郡甘楽町七十八戸、多野郡吉井町三十四戸、鬼石町六十戸、万場町五十三戸、新田郡尾島町七十八戸、邑楽郡大泉町三十五戸、邑楽町三十八戸。〇栃木県下都賀郡藤岡町五十五戸、安蘇郡葛生町六十五戸、田沼町八十四戸。〇茨城県東茨城郡茨城町三十戸、美野里町三十二戸、那珂郡那珂町四十六戸、稲敷郡阿見町三十戸、美浦村四十六戸、鹿島郡鉾田町三十六戸、大洋村三十六戸、北相馬郡藤代町五十五戸、守谷町六十八戸、新治郡霞ヶ浦町五十三戸、結城郡石下町三十三戸、筑波郡伊奈町三十七戸、谷和原村三十六戸、及び隣接市に多く存す。〇長野県諏訪市百五戸。〇新潟県南蒲原郡下田村四十四戸。〇福島県南会津郡只見町四十一戸。〇宮城県登米郡迫町四十戸。〇秋田県雄勝郡羽後町六十戸、山本郡琴丘町三十戸。〇島根県(出雲国)簸川郡斐川町百五十戸、大社町四十九戸、平田市六十戸、松江市八十戸、出雲市二百三十戸あり。

一 猪俣党飯塚氏 榛沢郡飯塚村(花園町)より起る。小野氏系図(畠山牛庵本)に¬藤田右衛門尉能国―飯塚掃部左衛門尉―左衛門三郎行景―三郎入道覚善―彦三郎盛行―左近将監助行―四郎氏国、行景の弟四郎左衛門尉行盛―続四郎能連、行盛の弟五郎安行―助行―有五郎範行―掃部助行員、弟小三郎行長」と見ゆ。また、南飯塚氏は桜沢村字南飯塚(寄居町)より起る。此の地は桜沢村字金嶽宝暦五年地蔵尊に榛沢郡南飯塚村とあり。同系図に¬飯塚掃部左衛門尉氏行の兄藤田能兼(承久合戦)―三郎左衛門尉氏兼―南飯塚新左衛門尉盛氏―左衛門五郎盛連―小三郎景連法号連阿(弟に弥五左衛門尉、弁房)―新左衛門尉景尚法号慈阿、盛連の弟孫三郎盛兼(弟弥五郎盛能)―五郎盛国―三郎景国―左衛門三郎範行」と見ゆ。飯塚氏の名は、太田道灌書状に¬小河・飯塚・五十子、云々。飯塚次郎左衛門尉」と。永禄三年関東幕注文に¬藤田幕・ふたのかがりの五つき地くろ、飯塚・五つき」と見ゆ。冑山文庫に¬天正十二年十一月十五日、北条氏邦は、榛沢郡飯塚村に伏す三郎兵衛の事につき、大串雅楽助分か飯塚又三郎分かの訴訟を裁決し、大串分と伝達す」と見ゆ。

二 斎藤別当実盛の臣飯塚氏 幡羅郡飯塚村より起る。実盛の臣飯塚平太は十八人衆といわれる開拓者の子孫なりと云う。斎藤条参照。

三 畠山氏流飯塚氏 秩父郡寺尾村字飯塚(秩父市)より起る。此の地は和銅大橋の所で下寺尾村の飯塚招木古墳群がある。古の飯塚村なり。寛政呈譜に¬畠山庄司重能が三男・男衾六郎重宗が後裔、兵部少輔重世・武蔵国秩父郡飯塚の郷に住せしより家号とす。重世が十代の孫対馬守泰貞、其子兵庫助貞重・佐野周防守昌綱に属す、貞重の子綱重(下野国奈良淵城に住し、佐野昌綱及び宗綱に属す。のち家康につかへ、天和九年死す、年六十八)―忠重―正重(采地二百石二百俵)、家紋九曜、違柏の葉」と見ゆ。

四 鉢形城士の飯塚氏 鉢形分限帳に¬本国上総市原・飯塚内記、本国筑後御原・飯塚重蔵」あり。秩父案内記に飯塚内記は薄村に土着すと。

五 忍城士の飯塚氏 成田分限帳に¬三十貫文・飯塚式部。加勢侍・五十貫文・飯塚源之丞・本国越後・剣術者・熊谷出張・裏手方」あり。

六 御嶽城士の飯塚氏 児玉郡御嶽山の城主長井政実の家臣飯塚氏は、鬼石町三波川の飯塚馨家文書に¬天正六年、飯塚和泉守の本領北谷大奈良(三波川村)、本領同所大沢、本領かなや之内児玉分(金屋村)、安保之内小暮分(元阿保村)、政実花押」とあり。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に¬五両二人扶持・本国大和生国同・飯塚与右衛門・十九歳」あり。

八 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に¬御寄合・三百石・飯塚彦右衛門、御側・二百七十五石・飯塚常右衛門、御合力・二十両十五人扶持・飯塚常林」あり。

九 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に¬高百五十石・四代飯塚儀右衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高百石・六代飯塚茂左衛門、九代飯塚茂八郎」。明治四年館林藩士族帳に¬百石・飯塚茂八郎、十一両二人扶持・飯塚三樹三」。

一〇 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に¬十六俵・飯塚伝右衛門」あり。

一一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に¬二百石・飯塚権左衛門、五十石・飯塚本水、五両三人扶持・飯塚小右衛門」あり。

一二 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に¬御近習・飯塚平吉」あり。

一三 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に¬四十俵三人扶持・飯塚源五兵衛」あり。

一四 葛飾郡椚村(庄和町) 富多小学校入口天保五年庚申塔に椚村飯塚庄蔵あり。

一五 同郡本郷村(杉戸町) 香取社享保六年碑に倉附村飯塚五左衛門、文化八年天満宮碑に倉附村飯塚万蔵あり。

一六 同郡外国府間村(幸手市) 雷電宮嘉永五年狛犬に飯塚磯右衛門、明治三十二年碑に飯塚丑五郎、明治三十九年碑に飯塚平吉・飯塚喜蔵・飯塚金次郎・飯塚宇之平、明治四十二年碑に飯塚宇之丞・飯塚嘉作あり。

一七 同郡内国府間村(幸手市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幸手町内国府間村飯塚梅蔵あり。

一八 同郡木立村(幸手市) 妙法寺明治三十年馬頭尊に飯塚梅吉あり。

一九 同郡栗橋宿 八坂社寛政十二年庚申塔に栗橋駅上組飯塚七郎左衛門。高柳村香取社明治十四年幟碑に栗橋・飯塚久次郎。明治三十五年白米商飯塚辰吉あり。

二〇 同郡島川村(栗橋町) 八幡社明治十五年伊勢講碑に飯塚国松・飯塚伊三郎あり。

二一 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に飯塚権次郎あり。

二二 同郡岩槻町 岩槻誌に¬岩槻町横町、慶応末年、持高十五石五斗余・組頭飯塚善蔵」あり。

二三 同郡百間村(宮代町) 西原組神外坊嘉永二年奉納太刀銘に家塚登身五郎。家塚は変名なり。同所明治十六年奉納に飯塚留五郎。西原組地蔵院明治十七年勝軍地蔵文書に飯塚六右衛門。明治三十年人名録に百間西原村飯塚佐平次・明治二年生あり。

二四 同郡久喜町 明治四年久喜新町五人組帳に飯塚庄吉。明治三十五年人力車業飯塚権次郎あり。

二五 同郡栢間村(菖蒲町) 上栢間村神明社宝永七年御神燈に飯塚勘□□・飯塚平左衛門、文政十一年太子講に飯塚文五。明治九年副戸長飯塚万蔵・文化十三年生あり。

二六 同郡騎西町 明治三十五年菓子商飯塚九平あり。

二七 同郡牛重村(騎西町) 万福寺明和六年地蔵尊に牛重村飯塚庄兵衛。明治九年戸長飯塚八五郎・天保二年生あり。

二八 同郡戸崎村(騎西町) 日吉社弘化四年石神碑に飯塚岡右衛門。諏訪社明治九年碑に飯塚惣兵衛あり。

二九 同郡加須町 下樋遣川村天保四年月待塔に加須・飯塚勘兵衛あり。

三〇 同郡久下村(加須市) 明治三十五年米穀商飯塚又吉あり。

三一 同郡多門寺村(加須市) 愛宕社安政四年伊勢講碑に飯塚惣次郎あり。

三二 同郡北篠崎村(加須市) 当村文化二年庚申塔に飯塚宗一郎。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に北篠崎村飯塚宗五郎あり。

三三 同郡赤城村(川里町) 赤城神社延享三年庚申塔に赤城村飯塚藤左衛門あり。

三四 同郡麦倉村(北川辺町) 明治六年富士講着到帳に麦倉村飯塚梅吉あり。

三五 同郡本郷村(北川辺町) 明治十九年に飯塚祐之□・飯塚金兵衛・飯塚万平・飯塚子之吉あり。

三六 同郡上羽生村 毘沙門堂宝暦七年常夜塔に杉下組飯塚嘉平次・新田組飯塚惣兵衛・同飯塚小平治、天保十一年石華表碑に新田組飯塚喜右衛門・同飯塚亦右衛門・宿並組飯塚彦三郎・入組飯塚要蔵あり。

三七 同郡簑沢村(羽生市) 正光寺文政十年筆子碑に飯塚安右衛門・飯塚勝蔵・飯塚幸八・飯塚千治郎あり。

三八 同郡尾崎村(羽生市) 鷲宮社文久三年水鉢に飯塚清三郎・飯塚栄助・飯塚安右衛門あり。

三九 同郡喜右衛門新田(羽生市) 無量寺宝暦二年碑に飯塚八左衛門あり。

四〇 同郡堤村(羽生市) 御代官大河内金兵衛の手代にて、延命寺寛永十三年鐘銘に大旦那飯塚五右衛門あり。同寺文政六年札所碑に飯塚銀蔵。文政六年名主飯塚八右衛門。明治九年戸長飯塚八右衛門・文政五年生あり。

四一 同郡砂山村(羽生市) 愛宕社嘉永二年二十三夜塔に飯塚長左衛門あり。

四二 同郡長野村(行田市) 白山社明治十一年浅間碑に飯塚久次郎あり。

四三 同郡野村(行田市) 小前田村長善寺寛保三年棟札に大工棟梁忍領野村飯塚平蔵藤原慱ロ、同領野村飯塚城助佐慱。玉松堂慶応三年入門に当所上分飯塚平吉、明治四年入門に飯塚六右衛門あり。

四四 同郡下中条村(行田市) 興徳寺明和九年供養塔に飯塚市右衛門。安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に中条河岸問屋飯塚市右衛門。治子神社嘉永五年大黒天碑に飯塚小右衛門。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下中条・飯塚佐七郎・飯塚腰太郎・飯塚元三郎。明治九年下中条村副戸長飯塚市右衛門・天保四年生。須賀村会議員に飯塚元三郎・万延元年生、飯塚宗三郎・慶応元年生、飯塚幸八・明治十六年生、飯塚富松・明治二十二年生、飯塚治郎八・明治十三年生、飯塚勘之助・明治七年生、飯塚勝太郎・明治二十九年生、飯塚徳一郎・明治三十二年生あり。

四五 同郡鎌塚村(吹上町) 八幡社享保七年塞神碑に飯塚平左衛門・飯塚四兵衛、明治十年碑に飯塚岩五郎あり。

四六 同郡南河原村 明治九年副戸長飯塚新五兵衛・天保七年生あり。

四七 同郡大塚村(熊谷市) 江戸末期に組頭飯塚常右衛門あり。

四八 足立郡川口町 私塾師匠飯塚金太郎・号庸盟・明治二十四年没六十五歳。明治三十五年鋳物業飯塚栄吉・同業飯塚七兵衛あり。

四九 同郡横曽根村(川口市) 衆議院議員選挙人名簿納税額に飯塚健蔵・天保五年生・八十八円、飯塚文三郎・嘉永五年生・二十八円、飯塚峰太郎・万延元年生・二十七円あり。

五〇 同郡新井宿村(川口市) 子日神社文化十三年算額に東新井宿邑飯塚武右衛門、天保六年奉納額に飯塚徳三郎。多宝院江戸末期碑に飯塚武右衛門・飯塚次郎吉。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に新井宿・飯塚留五郎あり。

五一 同郡伊刈村(川口市) 芝村八幡社文久三年石華表に伊刈村飯塚佐兵衛あり。

五二 同郡前川村(川口市) 観福寺安永四年庚申塔に前川邑飯塚新右衛門、寛政六年庚申塔に前川村飯塚治右衛門・飯塚冨次郎・飯塚新右衛門。県会議員紡績会社々長飯塚孝司・明治三十八年生あり。

五三 同郡飯塚村(川口市) 最勝院天保五年弘法大師碑に飯塚文右衛門・飯塚文治郎・飯塚勇治郎・飯塚忠蔵。川口宿善光寺安政五年碑に飯塚村・飯塚文右衛門。氷川社文久二年碑に飯塚五平治、明治四十四年碑に飯塚高次郎。明治九年副戸長飯塚文右衛門・天保元年生あり。

五四 同郡蓮沼村(川口市) 明治九年副戸長飯塚吉右衛門・文政六年生。普門寺明治十五年普門品に飯塚孫七・飯塚藤太郎、明治三十八年碑に飯塚長兵衛・飯塚甚兵衛あり。

五五 同郡本郷村(川口市) 蓮沼村普門寺明治二十五年碑に東本郷・飯塚伝兵衛。氷川社明治三十三年碑に飯塚源之助あり。

五六 同郡戸塚村(川口市) 本行寺天保五年水鉢に飯塚惣左衛門あり。

五七 同郡久左衛門新田(川口市) 明治九年副戸長飯塚源次郎・天保十年生あり。

五八 同郡安行領根岸村(川口市) 妙蔵寺延享元年棟札に年寄飯塚茂兵衛・年寄飯塚四郎兵衛・年寄飯塚義右衛門。同寺文化八年碑に¬飯塚惣五郎、武七、弥五郎、源六、政治郎、十蔵、吉五郎、茂七、專治郎、猶右衛門、利吉、弥五右衛門」とあり、飯塚一族か。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流飯塚吉次郎・飯塚亀二郎・飯塚吉五郎あり。

五九 同郡安行領吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門下碑に飯塚忠次郎あり。

六〇 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年営業便覧に魚商飯塚留吉・青物商亀田屋飯塚銀蔵・白米商樋爪屋飯塚佐吉・織物商中島屋飯塚甚蔵あり。

六一 同郡上戸田村 氷川社文化十三年供養塔に上戸田村飯塚七右衛門、嘉永五年幟碑に当所飯塚吉衛門あり。

六二 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に飯塚熊次郎あり。

六三 同郡寺谷村(鴻巣市) 稲荷社慶応二年幟碑に飯塚幸□・飯塚幸七。明治九年に飯塚庄蔵・飯塚幸七・飯塚春吉あり。

六四 同郡下生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に飯塚平八あり。

六五 同郡大芦村(吹上町) 氷川社文化十四年御神燈に飯塚安五郎あり。

六六 入間郡豊岡町(入間市) 明治三十五年医師飯塚郁太郎あり。

六七 同郡山口村(所沢市) 明治五年菩提樹村百姓代飯塚弥惣次。明治九年地主誓約書に飯塚織太郎。明治十五年北広堂碑名簿に三番組・飯塚良作・飯塚周造あり。

六八 高麗郡高萩村(日高市) 明治二十四年地租軽減請願人飯塚吉三郎あり。

六九 横見郡大串村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に大串村飯塚忠右衛門あり。

七〇 比企郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に¬永正十一年より天文二十年迄・飯塚肥後守、元和七年より寛永五年迄・年寄飯塚新左衛門。寛文四年古来居屋敷覚、飯塚肥後子新左衛門・子又五郎・子八右衛門松山へ牢人に附して西田助右衛門むこ三人有、飯塚善右衛門子十左衛門、福田九左衛門子源右衛門、町田長右衛門」と。羽尾七騎来歴書(小沢文書)に¬先地頭北条陸奥守殿より上田能登守殿迄・役人年寄飯塚肥後、元和七年より寛永五年迄・年寄飯塚新右衛門」と見ゆ。飯塚稲荷社に飯塚肥後霊祭者也・天文十年丁丑死すとあり。享保十三年日光伝馬役(上野文書)に¬馬一疋・蟹山飯塚助右衛門、人足一人・蟹山飯塚市郎左衛門」と。享和三年設楽文書に羽尾村稲荷山飯塚庄五郎。字蟹山文化十年馬頭尊に当村飯塚角左衛門、弘化五年地蔵尊に羽尾邨蟹山飯塚五郎兵衛妻。明治六年副戸長飯塚兵吉。明治十三年埼玉県老農名簿に羽尾村飯塚市太。同年小学校生徒に市太四男飯塚徳次郎九歳、友三郎長男飯塚和太郎七歳。消防組員に飯塚幸五郎・安政二年生、飯塚弥之吉・慶応元年生、飯塚角治郎・安政五年生、飯塚逸太郎・安政四年生、飯塚嘉平・弘化四年生、飯塚宗三郎・文久三年生、飯塚重太・万延元年生、飯塚八郎・嘉永五年生、飯塚慶三郎・安政二年生あり。

七一 同郡和泉村(滑川町) 明治十一年校費割合帳に総代飯塚休蔵。明治十年代地租表に飯塚新五郎・地租十五円、飯塚三五郎・地租六円あり。

七二 大里郡熊谷宿 宝暦十年熊谷宿百石組に本町南屋敷持主飯塚彦七。明治三十五年に飯塚安五郎あり。

七三 同郡石原村(熊谷市) 明治三十五年小間物商飯塚清三郎あり。

七四 同郡和田村(熊谷市) 楊井白髭社安政七年庚申塔に飯塚政吉あり。

七五 同郡小泉村(大里町) 田所家北安政二年馬頭尊に小泉邨飯塚多四郎あり。

七六 男衾郡須賀広村(江南町) 八幡社文政七年御神燈に飯塚仲次郎あり。

七七 幡羅郡中奈良村(熊谷市) 奈良神社文化八年水鉢に飯塚吉五郎芳昌あり。次項参照。

七八 同郡下奈良村(熊谷市) 松山町箭弓稲荷社文化十二年本殿銘に寄附下奈良村飯塚吉五郎芳昌。明治九年戸長飯塚徽・弘化元年生(県会議員)、副戸長飯塚清太郎・文政四年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に奈良村飯塚伊十郎。明治二十七年東条筆子碑に下奈良村飯塚理作。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業飯塚弥太郎・明治元年生・国税七百五十五円・県下百二位、大正十四年国税九百三十三円・二百七位あり。

七九 同郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に飯塚久蔵・飯塚伊三郎あり。

八〇 同郡江原村(深谷市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡江原村飯塚幾太郎。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に江原村飯塚勇八。明治十八年最上農名簿に飯塚勇八・耕宅地十四町八反歩所有。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流江原村飯塚岱造。明治二十七年下奈良村東条筆子碑に江原村飯塚勇蔵・飯塚伊勢吉・飯塚冨八(鶴八か)。大正四年県会議員調に飯塚岱造・安政三年生・国税納税額二百六十五円。明戸村会議員に飯塚峯吉・文久元年生、飯塚勇蔵・明治十一年、飯塚勝司・明治十六年、飯塚民雄・明治三十八年生、飯塚重治・明治四十二年生あり。

八一 同郡妻沼町 明治三十五年陶器商飯塚吉五郎・畳商飯塚光之助・口入業飯塚伊三郎あり。

八二 同郡弁財村(妻沼町) 飯塚家墓地に飯塚八郎兵衛妻・天和元年没。薬王寺享保十八年供養塔に飯塚又七あり。

八三 同郡葛和田村(妻沼町) 神明宮明治十一年御嶽碑に飯塚喜三郎あり。

八四 榛沢郡明戸村(川本町) 私塾師匠名主飯塚仙右衛門春房・号子亭・桑陰・些淳亭・明治十三年没八十四歳。毘沙門天元治元年大黒天碑に飯塚藤右衛門・飯塚友七・飯塚清造・飯塚磯右衛門。八幡社明治三年水神碑に飯塚栄八、明治十三年御神燈に飯塚久五郎・飯塚磯吉・飯塚勇蔵。長在家村稲荷社明治六年筆子碑に明戸・飯塚幸作・飯塚專助。明治九年戸長飯塚藤重郎・文化四年生、副戸長飯塚友七・文政七年生。明治十二年戸長飯塚幸作。明治三十一年大麻生堰組合員明戸・飯塚吾作・飯塚伝吉あり。

八五 同郡原宿村(花園町) 常光寺宝永元年庚申塔に飯塚清左衛門あり。

八六 同郡深谷宿 滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子・飯塚栄治郎(荒物商)あり。

八七 同郡上野台村(深谷市) 白川家門人帳に天保六年榛沢郡上野大台村飯塚民蔵。八幡社明治五年筆子碑に上野大台・飯塚嘉蔵あり。

八八 同郡人見村(深谷市) 用土村明治十三年仙元碑に人見村飯塚甚平・飯塚米吉あり。

八九 同郡大沼村(深谷市) 東大沼村西蔵寺安永二年巳待供養塔に飯塚忠八・飯塚嘉□、明治二年弁財天碑に飯塚勘四郎。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州榛沢郡東大沼村飯塚三郎兵衛・西大沼村飯塚清兵衛。西大沼村伊勢之宮神社万延元年庚申塔に飯塚吉五郎・飯塚善太郎。上野台村八幡社明治五年筆子碑に大沼村飯塚文次郎・飯塚亀太郎。明治九年西大沼村副戸長飯塚権太郎・文化六年生。明治十八年最上農名簿に西大沼村飯塚亀三郎・耕宅地四町四反歩・山林六反歩、東大沼村飯塚三郎平・耕宅地三町七反歩・山林二町五反歩所有。深谷町会議員飯塚三郎平・天保九年生あり。

九〇 同郡南阿賀野村(深谷市) 明治九年副戸長飯塚伊平次・文政二年生。中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に阿賀野・飯塚清次郎。八基村会議員に飯塚仲次郎・天保十五年生、飯塚清五郎・明治元年生、飯塚茂市・明治八年生、飯塚豊太郎・明治十八年生、飯塚伊策・明治二十八年生あり。

九一 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に飯塚彦七あり。

九二 同郡高島村(深谷市) 新戒村大林寺明治三十五年筆子碑にタカシマ飯塚安太郎。人見村清水兼七宅明治三十五年御嶽碑に高島・飯塚高太郎。新会村会議員に飯塚種次郎・明治三十二年生、飯塚仁司・明治四十一年生あり。

九三 同郡中瀬村(深谷市) 当村元禄八年庚申塔に飯塚藤左衛門、文政元年庚申塔に飯塚清右衛門・飯塚嘉兵衛。中瀬神社明治四十一年碑に飯塚行蔵・飯塚近次郎・飯塚栄吉・飯塚喜作・飯塚庄吉・飯塚鷲太郎・飯塚安太郎・飯塚桑作・飯塚惣七郎・飯塚兵太・飯塚鶴蔵・飯塚熊次郎・飯塚栄三郎・飯塚広吉・軍人飯塚周作。字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に中瀬・飯塚九一郎。中瀬村会議員飯塚繁作・明治三十二年生あり。

九四 同郡榛沢村(岡部町) 大寄八幡社文久元年水鉢に飯塚岩蔵・飯塚安右衛門。経蔵院文久二年筆子碑に飯塚亀吉あり。

九五 同郡沓掛村(岡部町) 榛沢村経蔵院文久二年筆子碑に沓掛村飯塚磯次郎。明治九年副戸長飯塚磯次郎・天保十三年生、副戸長飯塚隆次郎あり。

九六 児玉郡本庄町 明治三十五年菓子屋飯塚弥平次あり。

九七 同郡小島村(本庄市) 寛政四年本庄宿石川剣道場門下生に尾島村飯塚吉太郎あり。

九八 同郡沼和田村(本庄市) 飯玉神社明治二十一年碑に飯塚庄太郎あり。

九九 同郡北堀村(本庄市) 当村安政五年庚申塔に飯塚国蔵あり。

一〇〇 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に飯塚喜右衛門・飯塚孫衛門、延享二年御神燈に飯塚弥七、明治三十五年碑に飯塚勝太郎・理髪師飯塚浅吉。明治三十五年下駄商飯塚金次郎あり。

一〇一 同郡金屋村(児玉町) 明治三十五年理髪店飯塚浅吉あり。前項参照。

一〇二 同郡小茂田村(美里町) 明治十三年小池文書に南・飯塚菊松あり。

一〇三 同郡下阿久原村(神泉村) 寿光寺明治十四年慈善講碑に飯塚文平。招魂社明治三十九年碑に飯塚茂一郎あり。

一〇四 賀美郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附(久保文書)に¬中原・津金様名主飯塚清右衛門・飯塚茂右衛門・飯塚平蔵・飯塚与市・飯塚左治兵衛・飯塚勘兵衛・飯塚千太郎・飯塚市郎兵衛・飯塚清左衛門、勝場村・飯塚善兵衛・飯塚茂右衛門・飯塚平兵衛・飯塚三左衛門・飯塚大善院、堀込村・飯塚七右衛門」と。天明七年原村大日堂に飯塚伊八。寛政四年本庄宿石川剣道場門下生に勝場村・飯塚吉治郎・飯塚八十松。丹生社弘化三年算額奉納に当所飯塚勘兵衛義次。万延元年勝場村庚申塔に飯塚大三郎・勅使河原村之内原村名主飯塚清右衛門。明治九年戸長飯塚清八郎・文政六年生。信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ勅使河原村・飯塚熊蔵・飯塚甚三郎あり。

一〇五 同郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に飯塚栄蔵あり。

一〇六 同郡金窪村(上里町) 陽雲寺明治三十年武田家遺臣碑に¬金久保。飯塚山城守源弘高の後裔、飯塚鎌太郎・同栄太郎・同忠次郎・同勇吉」と見ゆ。明暦三年金窪村年貢割付状に飯塚善右衛門・二町七反八畝四歩とあり。寛政五年本庄宿石川剣道場門下生に西金久保村飯塚源蔵。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州金久保村飯塚鷲太郎。法西寺明治四十年筆子碑に飯塚三四七・飯塚寿平・飯塚柳平・飯塚半作・飯塚恒次郎・飯塚長吉・飯塚米蔵・飯塚武一・飯塚泉作あり。

一〇七 同郡黛村(上里町) 名主飯塚長右衛門あり。勅使河原村万延元年庚申塔に黛村飯塚市郎右衛門。明治九年副戸長飯塚重太郎・天保十一年生あり。

一〇八 同郡五明村(上里町) 児玉記考に¬旧家飯塚吉三郎・先代を次右衛門、旧家飯塚柳平・先代を忠兵衛と云い、両家共に旧幕の頃は名主役を勤続せし旧家なり」と見ゆ。百六項参照。大御堂村吉祥院天保五年供養塔に五明・飯塚忠兵衛。当村安政四年庚申塔に飯塚豊吉。明治九年副戸長飯塚忠五郎・文政六年生。明治十一年副戸長飯塚林蔵。御嶽社明治四十一年碑に飯塚増吉・飯塚柳平あり。

一〇九 同郡小浜村(神川町) 小松神社明治十四年碑に飯塚儀八、明治二十九年碑に飯塚要吉・飯塚只八・飯塚政八・飯塚彦八、明治四十年碑に飯塚源四郎あり。

一一〇 那賀郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・飯塚熊吉あり。

一一一 秩父郡矢納村(神泉村) 秋山村本覚院文政四年宝篋印塔に鳥羽村・飯塚仙太郎・飯塚倉之助・飯塚三左衛門あり。

一一二 同郡小鹿野町 明治十二年小鹿野町饂飩商飯塚伊之松・豆腐商飯塚休五郎。明治二十年春日一丁目飯塚仲三郎・春日二丁目飯塚休五郎。明治三十五年旅館越後屋飯塚万五郎・菓子製造飯塚茂七・飯塚秀五郎あり。

一一三 同郡定峰村(秩父市) 私塾師匠飯塚東太郎・明治二十九年没八十三歳。明治九年副戸長飯塚千太郎・文化十年生あり。

一一四 同郡下吉田村 貴布祢神社明治三十九年幟碑に飯塚仲次郎あり。

一一五 同郡薄村(両神村) 明治五年香具商日向・飯塚清次郎。明治六年副戸長飯塚周蔵。明治九年副戸長飯塚五平・天保四年生。私塾師匠飯塚吾平寿昭・大正三年没七十歳あり。

一一六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・飯塚七兵衛・三百四十九円・百四十九円、青木村(川口市)・飯塚留次郎・六十三円・七十円、神根村(川口市)・飯塚清太郎・五十一円、豊岡町(入間市)・飯塚常次郎・百四十八円、堤郷村(杉戸町)・飯塚喜助・十二円、羽生町・飯塚多一郎・十三円、井泉村(羽生市)・飯塚久次郎・十四円、高柳村(騎西町)・飯塚純衛・三十五円、小鹿野町・飯塚仁吉・十四円・二十九円、明戸村(深谷市)・飯塚岱蔵・二百二十一円、賀美村(上里町)・飯塚清衛・十二円、奈良村(熊谷市)・飯塚弥太郎・七百八十三円」あり。

飯綱 イイツナ 比企郡下井草村に飯綱権現社あり。

伊泉 イイヅミ 浦和に存す。

飯泉 イイヅミ 越谷、草加、松伏、岩槻、春日部、川越、大井、吉川、浦和等に存す。茨城県北相馬郡藤代町二十六戸、守谷町三十五戸、真壁郡明野町三十三戸、協和町三十戸、真壁町三十八戸、筑波郡伊奈町三十五戸、谷和原村百三十戸、下館市七十六戸、つくば市百十戸あり。

飯積 イイヅミ 埼玉郡飯積村(北川辺町)あり。イヅミ条参照。入間郡古谷本郷の古谷氏族にて、吾妻鑑卷二十五に「承久三年六月十四日、宇治合戦に手負の人々、古谷八郎、同飯積三郎、同十郎」と見ゆ。行田市史は埼玉郡飯積村の出身と云う。和泉条参照。

飯詰 イイヅメ 春日部に存す。

飯出 イイデ 草加、大宮、飯能、東松山、菖蒲、児玉、荒川等に存す。群馬県多野郡上野村十二戸あり。

飯土井 イイドイ 草加、与野等に存す。福島県双葉郡富岡町十三戸あり。

飯冨 イイトミ 上尾に存す。

飯富 イイトミ 東松山、浦和等に存す。

飯豊 イイトヨ 入間に存す。青森県三戸郡三戸町九戸、田子町十一戸あり。

飯名 イイナ 所沢に存す。茨城県鹿島郡鉾田町飯名八戸あり。

飯長 イイナガ 川口に存す。新潟県上越市五戸あり。

飯西 イイ二シ 寄居に存す。

飯沼 イイヌマ 下総国葛飾郡飯沼村(庄和町)、埼玉郡持田村字飯沼、幡羅郡飯塚村字飯沼あり。群馬県碓氷郡松井田町二十四戸、茨城県つくば市二十六戸、水海道市三十五戸、千葉県鴨川市二十三戸、館山市三十七戸、神奈川県秦野市二十三戸、長野県南安曇郡豊科町六十一戸、穂高町三十五戸、松本市六十六戸、新潟県岩船郡朝日村岩沢四十戸、北蒲原郡中条町飯角十六戸、福島県伊達郡梁川町二十八戸あり。

一 高麗郡白子村(飯能市)の領主飯沼氏長享二年五月十日蔭凉軒目録に「応仁の乱中に紛失せし京都西芳寺の鯉魚の書二幅は、飯沼弾正左衛門尉被官藤原次郎左衛門尉・此鯉魚所持也。文都寺(周文)名字藤倉也、故以文都官筆嘉尚也、此藤倉亦能書云々。武蔵国居所有之、飯沼方在上野(あがの)白子云在所、藤倉亦不断在白子云々」と見ゆ。また、同書に「上杉被官は、長尾、石川、斎藤、千坂、平子、此五人為古臣、飯沼等者非評定衆也」と見ゆ。この頃に地頭として赴任したばかりか。我野郷白子村に両氏は現存無し。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三百石・飯沼五郎助・是は忍にて罷出・相模之者」あり。

三 埼玉郡西谷原村(春日部市) 香取社文化八年庚申塔に西谷原村飯沼佐五右衛門。谷原新田神明社天保五年筆子碑に西谷原村飯沼熊蔵・飯沼喜十郎あり。

四 足立郡与野町 鈴谷村金毘羅堂天保五年水鉢に与野町中町飯沼利右衛門あり。

五 雑載 昭和三年興信録に「大宮町・飯沼くに・所得税九円・営業税三十三円」あり。

飯生 イイノ 大宮に存す。

伊井野 イイノ 鳥取県(因幡国)八頭郡若桜町十七戸あり。

飯埜 イイノ 次条に同じ。

飯野 イイノ 〇群馬県甘楽郡下仁田町十九戸、群馬郡榛名町四十二戸、碓氷郡松井田町十三戸、多野郡吉井町十六戸、勢多郡大胡町十四戸、富岡市七十八戸。〇栃木県下都賀郡大平町十三戸、石橋町十一戸、芳賀郡二宮町十一戸、益子町十三戸。〇茨城県稲敷郡阿見町三十五戸、筑波郡谷和原村十六戸、龍ヶ崎市七十六戸。〇千葉県東葛飾郡沼南町二十一戸、関宿町十六戸。〇山梨県中巨摩郡櫛形町二十戸、白根町百六十戸、竜王町十七戸、若草町二十七戸、韮崎市四十戸、甲府市九十六戸。〇山形県西村山郡西川町四十三戸、東田川郡三川町二十一戸、山形市百三十戸。〇秋田県平鹿郡平鹿町十一戸。〇島根県(出雲国)簸川郡斐川町十八戸。〇鳥取県(因幡国)岩美郡岩美町十二戸あり。

一 伊賀氏流飯野氏 陸奥国磐城郡飯野郷(福島県いわき市大字飯野)より起る。武蔵国比企郡の領主なり。伊賀条参照せよ。

二 石戸郷(北本市)の飯野氏 熊野那智山米良文書(室町後期)に「武蔵国足立郡石戸郷飯野孫七郎」と見ゆ。

三 川越郷の飯野氏 入間郡伊佐沼村字飯ノ町(川越市)より起る。前橋市小相木町の飯野家伝承に「先祖は武蔵国飯野村に居住して地名を姓とす。中世末には川越城の蔵番をし、落城後に小相木に移住して村の草分となる」と。

四 忍城士の飯野氏 成田分限帳に「三十貫文・飯野隼人」あり。

五 鉢形城士の飯野氏 鉢形分限帳に「本国相州川原・飯野備前千次郎、本国奥州江刺・薄村住・飯野左京」あり。秩父案内記に飯野千次郎は皆野村土着すと見ゆ。

六 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「二百石・飯野新右衛門」あり。

七 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御部屋様御広式番・五両三人扶持・飯野伊兵衛」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・飯野弥五郎」あり。

九 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「五両三人扶持・飯野五郎兵衛」あり。

一〇 葛飾郡佐間村(栗橋町) 定福院寛延三年供養塔に飯野甚治。八幡社嘉永三年狛犬に飯野平七、明治十六年伊勢講碑に飯野次郎右衛門あり。

一一 埼玉郡大間野村(越谷市) 三社大神社天明三年水鉢に飯埜清六あり。

一二 同郡蓮田村(蓮田市) 嘉永六年上蓮田村名主飯野磯右衛門。明治九年蓮田村副戸長飯野吉之丞・天保七年生。明治三十年所得税下調査簿に飯野喜四郎・明治元年生・反別十四町一反歩・地租六十一円。上蓮田村須賀神社明治四十年敷石碑に飯野末吉・飯野儀右衛門・飯野治兵衛・飯野茂兵衛・飯野伊吉。大正四年県会議員調に飯野喜四郎・国税納税額七十八円あり。

一三 同郡川島村(蓮田市) 久伊豆社安政四年水鉢に当邑飯野周吉、明治二十年御神燈に当村飯野庄左衛門。笹山村稲荷社明治十三年碑に川島邨飯野庄右衛門あり。

一四 同郡戸崎村(騎西町) 当村安永三年庚申塔に飯野彦八。下村君村永明寺文久二年仙元碑にナクラ村飯野鷲三郎。明治七年製糸会社人名録に戸崎村飯野金蔵あり。

一五 同郡久下村(加須市) 明治三十五年呉服商飯野豊吉あり。

一六 同郡礼羽村(加須市) 加須村光明寺慶応二年筆子碑に礼羽村飯野伝左衛門あり。

一七 同郡砂山村(羽生市) 小松神社宝永五年水鉢に砂山村飯野重治郎・飯野甚五右衛門あり。

一八 同郡棚田村(行田市) 真福寺文政八年馬頭尊に飯野伊三郎。棚田神社江戸末期碑に当所飯野浅治あり。

一九 同郡門井村(行田市) 鷺栖神社明治八年御神燈に当所飯野伴七あり。

二〇 同郡郷地村(鴻巣市) 久伊豆社元禄十三年御神燈に飯野八郎兵衛あり。

二一 同郡新宿村(吹上町) 山神社明治四十二年碑に北新宿飯野熊太郎あり。

二二 同郡鎌塚村(吹上町) 明治九年副戸長飯野武右衛門・文政十二年生あり。

二三 同郡太井村(熊谷市) 上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡太井町・飯野吉五郎・飯野長兵衛あり。

二四 足立郡西新井宿村(川口市) 氷川社明治三年水鉢に飯埜紋平あり。

二五 同郡三室村(浦和市) 三室社天保二年水鉢に山崎・飯野佐左衛門。明治九年副戸長飯野佐左衛門・天保十三年生あり。

二六 同郡木崎領領家村(浦和市) 三室村三室社天保二年水鉢に領家村飯野伊八あり。

二七 同郡佐知川村(大宮市) 願満堂文化十一年地蔵尊に飯野八郎兵衛、天保五年六地蔵に当村飯野長蔵。明治七年製糸会社人名録に飯野熊蔵。明治九年副戸長飯野柳太郎・文政十年生、副戸長飯野喜一郎・嘉永三年生。原稲荷社明治三十年幟碑に飯野作吉・飯野為一郎、明治四十五年御神燈に飯野増太郎・飯野茂右衛門・飯野始吉。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年醤油醸造業飯野源蔵・安政五年生・国税七百四十九円・県下百四位。大正十四年国税二千二百六円・県下五十六位あり。

二八 同郡飯田村(大宮市) 足立神社明治四十三年碑に飯野荘作あり。

二九 同郡東間村(北本市) 浅間社安政二年庚申塔に当邨飯野長蔵、明治四十年碑に飯野伊太郎・飯野又五郎あり。

三〇 同郡小室郷別所村(伊奈町) 願成寺宝永五年常夜塔に飯野久兵衛あり。

三一 同郡鴻巣町 明治三十五年魚商飯野新三郎・籠屋飯野幸吉あり。

三二 同郡中野村(鴻巣市) 地蔵堂年不詳に飯野治兵衛。明治四年組頭飯野常吉・四十四歳あり。

三三 同郡上谷村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に上谷村飯野幸七・飯野吉五郎。氷川社明治三十四年鳥居碑に飯野幸八・飯野寅蔵あり。

三四 同郡上生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に上生出塚村飯野幸七あり。

三五 入間郡川越町 榎本弥左衛門覚書に慶安元年北町飯野作兵衛。氷川社明治三十三年玉垣碑に飯野愛吉(菓子商)。明治三十五年箱職飯野喜兵衛あり。

三六 同郡八ツ島村(川越市) 御嶽社明治二十二年碑に八ツ島・飯野磯吉・飯野辰蔵。古谷上村善仲寺明治二十七年敷石供養塔に飯野五三郎・飯野磯吉あり。

三七 同郡今福村(川越市) 堀兼神社文政四年御神燈に今福村飯野長蔵。明見院慶応二年普門品に飯野兼五郎・飯野伝次郎。菅原神社慶応元年水鉢に当村飯野仲治郎、明治十六碑に村会議員飯野林七あり。

三八 同郡入間川町(狭山市) 明治三十五年陶器商飯野泰次郎あり。

三九 高麗郡高萩村(日高市) 毛塚村坂本氏系図に「関口忠松(天正七年毛塚村落着)―婿養子坂本宗松―宗時―貞時―女子(高萩村飯野七郎兵衛妻)」と。大谷木村宿谷氏系図に「宿谷道重(寛永十七年没五十九歳)―重安―重光―光行―女子(高萩村飯野新太郎室)」と見ゆ。当村寛政二年地蔵尊に高萩村飯野彦右衛門。明治十二年上宿惣代飯野勇三郎・立会人飯野斧次郎。明治二十四年地租軽減請願人飯野伊助・飯野直蔵あり。

四〇 同郡芦苅場村(飯能市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、芦苅場村飯野久八」あり。

四一 比企郡松山町 明治三十五年米穀商飯野喜代吉あり。

四二 同郡吉原村(川島町) 明治九年戸長飯野勝十郎・嘉永四年生あり。

四三 同郡宮前村(川島町) 当村宝暦八年庚申塔に宮前村飯野伝七。地蔵院明和五年六地蔵に宮前村飯野久太夫・飯野長左衛門。明治九年副戸長飯野伝平・文化八年生、副戸長飯野宇平・嘉永三年生あり。

四四 男衾郡畠山村(川本町) 荒川村歓喜天文久元年常夜燈に畠山村飯野忠兵衛。井椋神社文久元年水鉢に飯野弥七。明治九年副戸長飯野知厚・文政元年生。明治十三年長島筆子碑に当所飯野勇吉・飯野熊吉・飯野福太郎。用土村明治十三年仙元碑に畠山村・飯野勘十郎・飯野知厚・飯野和十郎・飯野平治・飯野熊治郎。明治十八年最上農名簿に飯野知厚・耕宅地三町三反歩・山林五町八反歩所有。明治三十三年船水車持飯野簑吉あり。

四五 同郡牟礼村(寄居町) 字新井天明五年馬頭尊に無礼村飯野要助。長昌寺明治十二年筆子碑に当所・飯野春吉・飯野龍三郎・飯野松之助あり。

四六 大里郡熊谷宿 嘉永元年熊谷宿百石組に飯野弥兵衛あり。

四七 榛沢郡田中村(川本町) 明治三十三年船水車持飯野兵吉あり。

四八 同郡菅沼村(川本町) 長在家村稲荷社明治六年筆子碑に菅沼・飯野孫太郎。明治九年副戸長飯野与三郎・天保十二年生。三ヶ尻村龍泉寺明治十一年算額に菅沼村飯野作右衛門精專。明治三十三年船水車持に飯野友吉・飯野寅吉。明治三十五年奈良堰組合員飯野伝吉あり。

四九 同郡黒田村(川本町) 薬王寺文政十二年聖徳太子碑に飯野茂右衛門あり。

五〇 同郡寄居村 西念寺元文四年巳待供養塔に寄居村飯野源左衛門。極楽寺天保七年歓喜天に本町・飯野平兵衛・飯野与右衛門。万延元年武術英名録に甲源一刀流武州与利伊村飯野清三郎。明治三十五年料理仕出し桔梗屋飯野藤四郎あり。

五一 同郡用土村(寄居町) 明治十三年仙元碑に当村飯野元吉あり。

五二 同郡大谷村(深谷市) 三ヶ尻村幸安寺慶応二年権田門人碑に大谷村飯野幸之助。同村龍泉寺明治十一年算額に大谷村飯野幸之助喜一。明治十八年最上農名簿に飯野啓・耕宅地六町一反歩・山林十四町一反歩所有。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流大谷村飯野義四郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村大谷・飯野周英・飯野團次郎・飯野只吉。藤沢村会議員に飯野周英・元治元年生、飯野久治・明治三十二年生、飯野敏治・明治三十八年生あり。

五三 同郡萱場村(深谷市) 深谷町会議員飯野由吉・明治二十三年生あり。

五四 同郡中瀬村(深谷市) 諸郡銘録(本庄宿戸谷文庫)に「寛政期、中瀬村・飯野茂七・俳号梅之」。私塾師匠飯野源右衛門脩照・嘉永七年没七十五歳。中瀬神社明治四十一年碑に飯野和一・飯野儀三郎・飯野嘉衛吉・飯野嘉三郎・飯野国治郎・飯野元一郎・飯野万蔵・軍人飯野初市郎。中瀬村会議員飯野茂・明治二十九年生あり。

五五 同郡本郷村(岡部町) 定光院文化四年馬頭尊に飯野治右衛門、安政七年庚申塔に飯野市郎右衛門・飯野嘉兵衛・飯野善左衛門・飯野庄左衛門・飯野政吉・飯野六左衛門・飯野定五郎・飯野五右衛門・飯野七十郎・飯野次右衛門・飯野仲五郎。東陽寺安政七年庚申塔に飯野清右衛門。藤田神社文久元年碑に飯野仲五郎・飯野文右衛門・飯野金左衛門・飯野友之丞。明治九年戸長飯野善一郎・文政七年生、副戸長飯野広三郎・嘉永六年生。用土村明治十三年仙元碑に本郷村飯野寿宝・飯野儀助。明治十八年最上農名簿に飯野広三郎・耕宅地六町一反歩・山林二十四町七反歩所有。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流本郷村飯野仙太郎・飯野治作。深谷宿呑龍院明治四十五年馬頭尊に本郷村飯野長蔵あり。

五六 児玉郡本庄宿 文政八年文人人名録に本庄宿飯野武兵衛・号種玉庵・盆景生花あり。

五七 同郡北十条村(美里町) 当村天保九年御神燈に飯野宗兵衛。明治九年副戸長飯野森蔵・弘化三年生あり。

五八 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に飯野市左衛門・飯野五郎衛門・飯野源八、明治三十五年碑に飯野松次郎あり。

五九 那賀郡秋山村(児玉町) 七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に秋山村・飯野荘蔵・飯野善八。本覚院明治二十年水鉢に当所飯野忠命。直正寺明治二十九年碑に当所飯野弁蔵。秋平小学校明治三十二年碑に秋山・飯野伊三郎・飯野弥市・飯野宇市・飯野庄太郎・飯野三吉・飯野貞治郎・飯野高次郎・飯野初五郎。風洞村河原神社明治四十四年碑に飯野繁次郎あり。

六〇 同郡広木村(美里町) 児玉記考に「旧家飯野高次郎、先代を藤八と云い名主役を勤めたり」と見ゆ。文久二年名主飯野藤八。慶応元年名主飯野広八。明治六年戸長飯野近太郎・弘化元年生。ミカ神社明治三十二年狛犬に飯野高次郎、明治四十一年碑に当所・飯野近太郎・飯野喜平治・飯野徳太郎・飯野助市あり。

六一 賀美郡七本木村(上里町) 法泉寺文政十一年普門品に飯野弥兵衛あり。

六二 秩父郡大宮町 明治三十五年鍛冶屋飯野清吉あり。

六三 同郡皆野村 五項参照。寛保三年香具仲間連名帳(野口文書)に皆野村飯野為之助。明治八年酒造人連銘帳に皆野村飯野近蔵・飯野要平。明治十三年埼玉県老農名簿に篤農者飯野要兵衛あり。

六四 同郡矢那瀬村(長瀞町) 安永年間秩父郡記に矢那瀬村名主飯野伊兵衛。明治五年副戸長飯野雄次郎あり。

六五 同郡小野原村(荒川村) 明治四年小野原村番札帳に飯野梅吉・飯野七蔵あり。

六六 同郡皆谷村(東秩父村) 皆谷新田文政五年碑に飯埜友吉・飯埜由右衛門。天保十二年大日尊に飯野豊吉・飯野久五郎・飯野由衛門・飯野善兵衛・飯埜岩五郎・飯埜蔵吉・飯埜七五郎・飯埜九兵衛。慶応二年大黒天碑に飯埜勝衛門・飯埜延二郎・飯野七五三吉・飯埜広次郎あり。

六七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・飯野祐一・十五円、三室村(浦和市)・飯野佐三・二十二円、植水村(大宮市)・飯野源蔵・三百八十四円・百四十二円、飯野金之助・八十三円・八十一円、飯野準太郎・十四円・三十三円、飯野孝次・十二円、川越市・飯野愛吉・九円・三十三円、高萩村(日高市)・飯野関之助・十二円・十九円、綾瀬村(蓮田市)・飯野喜四郎・九十三円、笠原村(鴻巣市)・飯野市左衛門・三十二円、高柳村(騎西町)・飯野喜蔵・二十六円、本郷村(岡部町)・飯野広三郎・五十三円、高篠村(秩父市)・飯野弥太郎・八十四円・七十円、皆野町・飯野久吉・十六円」あり。

飯場 イイバ 両神に存す。

飯箸 イイハシ 葛飾郡に多く存す。

一 葛飾郡二ツ沼村(吉川市) 半田村川端組天保七年水神様に二ツ沼村飯箸久蔵。稲荷社天保十二年御神燈に当所・飯箸新五郎・飯箸庄治郎・飯箸吉五郎・飯箸長蔵・飯箸倉五郎・飯箸熊蔵・飯箸定治郎・飯箸惣蔵・飯箸佐吉・飯箸祐治郎、文久元年水鉢に当村・飯箸喜右蔵・飯箸藤兵衛。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領二ツ沼村飯箸甚兵衛。万延元年武術英名録に飯箸柳剛流二ツ沼村飯箸又三郎。明治九年副戸長飯箸喜右蔵・文政十一年生、副戸長飯箸鷹之助・文政十二年生。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に二ツ沼村飯箸甚兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流飯箸鷹之助あり。

二 同郡中島村(吉川市) 万福寺嘉永七年十九夜塔に飯箸政次郎。稲荷社明治十三年御嶽碑に中島村飯箸和吉・飯箸仁太郎、明治三十九年碑に飯箸三蔵、明治四十年碑に飯箸文吉あり。

三 同郡土場村(吉川市) 八幡社明治三十九年碑に飯箸太助あり。

飯鉢 イイハチ 羽生に存す。山形県東田川郡藤島町七戸あり。

飯浜 イイハマ 各市町村に存す。新潟県栃尾市六十四戸あり。

飯原 イイハラ 川口、浦和、入間、日高、川越、鶴ヶ島、上尾、熊谷、久喜、幸手等に存す。厚木市二十五戸、新潟市十八戸あり。

飯平 イイヒラ 東松山、所沢等に存す。

飯伏 イイフシ 越谷、深谷等に存す。

飯渕 イイブチ 浦和に存す。宮城県柴田郡柴田町十八戸あり。

飯淵 イイブチ 越谷、草加、春日部、久喜、所沢、川越、吹上、浦和、和光等に存す。

飯降 イイフル 越谷に存す。

飯干 イイホシ 越谷、岩槻、所沢、飯能、上尾、熊谷、桶川、新座等に存す。

飯星 イイホシ 岩槻、三芳、毛呂山等に存す。

飯間 イイマ 深谷、川口、和光に存す。

飯見 イイミ 上尾、新座等に存す。

飯村 イイムラ 栃木県芳賀郡茂木町三十三戸、茨城県那珂郡大宮町二十二戸、那珂町二十戸、久慈郡大子町五十二戸、東茨城郡常北町六十四戸、桂村三十二戸、西茨城郡七会村三十三戸、新治郡新治村二十二戸、真壁郡明野町二十八戸、協和町二十五戸、結城郡八千代町二十二戸、猿島郡猿島町二十戸、笠間市七十戸、つくば市二百十戸、土浦市六十三戸、下妻市百十戸、福島県郡山市五十七戸、青森県北津軽郡板柳町十七戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・飯村三省」あり。

二 葛飾郡幸手宿 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿飯村大次郎。雷電社明治二十四年水鉢に飯村太平治。明治三十五年薬種商大坂屋飯村茂一郎あり。

三 埼玉郡藤井村(羽生市) 香取社嘉永二年奉額に当所飯村嘉兵衛あり。

四 足立郡与野町 一山神社明治三十五年碑に当町飯村忠太郎(時計商)あり。

五 同郡大宮町 明治三十五年時計商飯村友次郎あり。

六 比企郡毛塚村(東松山市) 明治五年副戸長飯村源太夫。明治八年戸長質屋飯村宣逸。明治十五年毛塚村取調帳に質屋飯村隣治・飯村富治郎・飯村半造。県会議員農業飯村正三郎・明治十一年生あり。

七 同郡田木村(東松山市) 安永三年供養塔に田木村飯村半兵衛あり。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税に「高坂村(東松山市)・飯村正三郎・十二円、三保谷村(川島町)・飯村明久・十円、幸手町・飯村茂一郎・五十一円」あり。

飯牟礼 イイムレ 岩槻、川越、三郷、上尾、浦和等に存す。

飯室 イイムロ 鳩ヶ谷、朝霞、川口、浦和、越谷、草加、狭山、日高、川越、与野、上尾、鶴ヶ島、富士見、鴻巣、嵐山等に存す。山梨県中巨摩郡白根町十四戸、田富町二十戸、北巨摩郡双葉町六十三戸、東八代郡豊富村十四戸あり。

飯面 イイメン 草加に存す。

飯本 イイモト 狭山、川越等に存す。茨城県稲敷郡茎崎町八戸あり。

飯盛 イイモリ 秩父郡田村郷字井森は飯盛とも記す。また、秩父・比企の郡境に飯盛峠あり。越谷、草加、所沢、朝霞、川口、浦和、大宮、桶川、北本、深谷、越生等に存す。

飯森 イイモリ 秩父郡日尾村字飯森山あり。川口、蕨、岩槻、宮代、騎西、吉見、玉川、鶴ヶ島、坂戸、熊谷、深谷等に存す。長野県東筑摩郡麻績村七十九戸、佐久市三十八戸あり。

飯屋崎 イイヤザキ 上尾に存す。

飯山 イイヤマ 栃木県塩谷郡高根沢町十二戸、芳賀郡二宮町十三戸、茨城県真壁郡真壁町二十八戸、結城郡八千代町十二戸、真岡市二十五戸、神奈川県足柄上郡大井町十六戸、松田町十七戸、小田原市五十二戸、長野県茅野市四十四戸あり。

一 忍城士の飯山氏 成田分限帳に「二十貫文・飯山雅楽助、十五貫文・飯山太郎次郎」あり。

二 葛飾郡彦倉村(三郷市) 延命院天保五年勧進帳に飯山三左衛門あり。

三 同郡中島村(吉川市) 半田村万音寺明治二十六年庚申塔に中島石工飯山福太郎あり。

四 同郡下赤岩村(松伏町) 蓮福寺寛政十年碑に飯山喜平治あり。

五 同郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に飯山新五兵衛あり。

六 埼玉郡八条村(八潮市) 大経寺文化六年早川碑に飯山幾右衛門義住。足立区花畑大鷲神社天保四年算額に八条村名主飯山助次郎祐永。彦倉村延命院天保五年勧進帳に八条村飯山甚左衛門。明治八年紺屋農飯山兼吉次男藤吉、鍛冶職農飯山源次郎長男留五郎、木挽職飯山巳之助、綿打職農飯山元次郎次男長治郎、船乗り飯山七郎兵衛、農飯山孫右衛門・孫常治郎の三男惣治郎、飯山重右衛門、飯山甚五右衛門、戸長飯山磯吉。明治九年戸長飯山甚蔵・嘉永元年生、副戸長飯山松之助・文化九年生。明治三十年所得税下調査簿に八条村飯山幾太郎・明治十三年生・反別二十三町九反歩・地租二百十三円。同年人名録に飯山弁次郎・文久元年生・地租三十五円。久伊豆社明治三十八年絵馬に飯山久吉あり。

七 同郡鶴ヶ曽根村(八潮市) 医薬寺寛保元年供養塔に飯山服右衛門。明治九年副戸長飯山春太郎・天保六年生、副戸長飯山仲右衛門・文化四年生。明治三十年所得税下調査簿に八条村会議員飯山為次郎・嘉永四年生・反別十三町一反歩・地租百四十三円。同年人名録に八条村会議員飯山久蔵・嘉永三年生・地租二十五円。八条村会議員飯山岩松・安政元年生あり。

八 同郡二丁目村(八潮市) 当村天保二年馬頭尊に飯山常治郎あり。

九 同郡大沢宿(越谷市) 大沢猫の爪に「中宿、元禄御検地之節は飯山新左衛門名請由申伝」と見ゆ。

一〇 同郡平方村(越谷市) 明治十九年上間久里村連合・飯山久次郎・飯山要蔵・飯山孫八あり。当村住人か。

一一 同郡一ノ割村(春日部市) 香取社嘉永四年狛犬に飯山関次郎、明治二十八年碑に飯山竹次郎あり。

一二 同郡西谷原村(春日部市) 谷原新田神明社天保五年筆子碑に西谷原村飯山又兵衛、弘化三年天神碑に西谷原村飯山九四郎。西谷原村心光寺文久元年庚申塔に飯山文兵衛あり。

一三 同郡百間村(宮代町) 字内野正福坊明和七年碑に飯山小左衛門、天保八年庚申塔に飯山亀之助・松木島飯山重五郎、天保十五年六地蔵に内野講中・飯山佐吉・松木島飯山房之助、嘉永七年成田山碑に内野村講中・飯山松治郎・飯山重左衛門あり。次項参照。

一四 同郡百間東村(宮代町) 観音寺享保十三年供養塔に百間東村飯山安兵衛。明治三十年人名録に百間東村桑苗木商飯山小左衛門・明治二年生あり。

一五 同郡野島村(岩槻市) 野孫神社宝永五年庚申塔に野島方・飯山小右衛門・飯山太右衛門・飯山平右衛門・飯山弥兵衛、文政三年浅間碑に飯山左右衛門・飯山忠次郎、天保八年水鉢に飯山富右衛門、嘉永七年庚申塔に飯山磐八・飯山仲右衛門・飯山新蔵・飯山小平次・飯山久太郎・飯山長吉・飯山酉蔵・飯山角右衛門。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に野島方・飯山七左衛門・飯山作右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に岩槻領高曽根野島村飯山久太郎。明治三十年人名録に野島方村飯山久太郎・天保十二年生・地租八十円、飯山銀蔵・弘化四年生・地租七十円あり。

一六 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 八幡社嘉永五年狛犬に飯山專之助あり。

一七 同郡飯塚村(岩槻市) 慶応四年清水文書に飯山馬治郎・組頭飯山幸蔵あり。

一八 同郡騎西町 玉敷神社弘化四年二十三夜塔に町講中・飯山清左衛門あり。

一九 同郡上種足村(騎西町) 当村庚申塔年不詳に上種足村飯山与次右衛門あり。

二〇 同郡中種足村(騎西町) 当村文政十年仙元碑に上分北島・飯山長助あり。

二一 足立郡岸村(浦和市) 調神社天保四年御神燈に当村飯山弥五郎あり。

二二 同郡大宮宿 大谷場村御嶽山明治三十四年碑に大宮堀ノ内・飯山友八あり。

二三 同郡北袋村(大宮市) 上木崎村足立神社明治四十四年碑に北袋・飯山定八あり。

二四 同郡鴻巣町 明治三十五年に飯山富右衛門あり。

二五 雑載 昭和三年興信録・所得税に「浦和町・飯山政一・六十四円、和戸村(岩槻市)・飯山角右衛門・十二円、八条村(八潮市)・飯山仙太郎・百二十九円」あり。

井井山 イイヤマ 埼玉郡黒谷村(岩槻市)元禄十四年庚申塔に井井山八兵衛あり。今は飯山を称す。

飯吉 イイヨシ 川口、戸田、浦和、大宮、蕨、与野、和光、鴻巣、所沢、川越、三郷、八潮、加須、本庄等に存す。新潟県中頚城郡妙高村二十九戸、新井市四十五戸あり。

飯寄 イイヨリ 川口に存す。山梨県東八代郡中道町十一戸あり。

飯利 イイリ 大宮、蕨、草加、吹上、松伏、所沢、川越等に存す。

井植 イウエ 東松山に存す。

井内 イウチ 長野県上伊那郡辰野町二十戸、箕輪町七戸あり。川越藩松平大和守家臣にて、天保十二年川越藩分限帳に「奏者番・四百石・勝山取立・井内速水」。万延二年に「勘定奉行・百五十石・井内源右衛門」あり。

伊内 イウチ 大宮に存す。

伊宇土 イウド 鎌倉市神田文書に「暦応二年八月十三日、武蔵国入東郡縄竹村内・伊宇土弥六跡・同次郎三郎跡」と見ゆ。宮寺郷縄竹村(入間市)の領主にて、越中国出身か。水巻条参照。

井浦 イウラ 各市町村に存す。長野県上高井郡高山村二十四戸、須坂市十六戸、新潟県北魚沼郡川口町十戸、新津市百戸あり。

伊江 イエ 狭山に存す。

行重 イエ 比企郡平村字行重あり。古の村名にて、今はギョウジュウと称す。

伊得 イエ 前条の地より起るか。

一 比企郡平村(都幾川村) 正法寺明治三十年廻国塔に平・伊得賢治郎・伊得近蔵・伊得良八・本村伊得亀次郎。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に宿組・伊得寅吉・伊得千代蔵・伊得新三郎・伊得熊次郎・伊得沢吉。大野村大野神社明治三十四年太子講に西平・伊得延蔵。萩日吉社明治四十一年碑に伊得勝造・伊得作治あり。

二 同郡腰越村(小川町) 平村正法寺明治三十年廻国塔に腰越・伊得喜三郎あり。

三 秩父郡大野村(都幾川村) 字成沢江戸末期太子講に伊得栄次郎あり。

家井 イエイ 新潟市十五戸あり。

家泉 イエイヅミ 幡羅郡日向村(妻沼町)に存す。群馬県太田市十二戸あり。イエヅミ参照。

家入 イエイリ 小鹿野町古老覚書に「弥右衛門祖父忠左衛門・薬師堂より来る。家入という是也。川久保・弥右衛門屋敷この跡也」と見ゆ。阿熊村字川久保あり、当所に薬師堂三宇あり。

家氏 イエウジ 浦和に存す。

家亀 イエガメ 草加に存す。イエキが正訓か。ヤガメ参照。

家木 イエキ 春日部、朝霞、浦和に存す。

家城 イエキ 春日部、所沢、八潮、上尾、新座、鶴ヶ島等に存す。ヤシロ参照。

家倉 イエクラ 入間、久喜等に存す。ヤクラ参照。

家下多 イエゲタ 三郷に存す。

家子 イエコ 川越、上尾、白岡、熊谷、桶川、川口、新座、大宮等に存す。岩手県江刺市四十八戸あり。

家坂 イエサカ 越谷、所沢、狭山、越生、本庄、川口、大宮等に存す。新潟県見附市二十四戸あり。

家崎 イエサキ 越谷、三郷、与野、川口、鳩ヶ谷、大宮等に存す。

家迫 イエサコ 島根県(石見国)邇摩郡温泉津町九戸あり。

家里 イエサト 足立郡瓦葺村(上尾市)に存す。明治九年瓦葺村戸長家里周三・天保十三年生。明治二十一年皇国武術英名録に真心影流瓦葺村家里周次、北辰一刀流同村家里周三。氷川社明治四十二年碑に家里順三・家里忠義あり。

家重 イエシゲ 蕨に存す。

家島 イエシマ 春日部、所沢等に存す。島根県(出雲国)能義郡広瀬町十七戸あり。

家住 イエスミ 越谷、所沢、加須、坂戸、寄居、北本、川口、浦和、大宮等に存す。群馬県新田郡笠懸町十四戸、栃木県足利市二十七戸あり。

家田 イエタ 茨城県久慈郡大子町十三戸、千葉県銚子市十六戸あり。

一 八王子城士の家田氏 後に水戸藩に仕え秋田氏を称す。中山氏と同じく高麗郡出身か。水府系纂に「秋田伊兵衛好明・初家田若狭と称す。後故ありて秋田と改む。慶長十四年中山備前守信吉が汲引し、以って威公に奉仕、時に十三歳。元和年中二百石を賜ふ」と。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御献上方下役・六石二人扶持・家田茂兵衛」あり。

三 所沢町 昭和三年興信録に「所沢町・家田春治・所得税十八円・営業税四十一円」あり。

家高 イエタカ 本庄町に存す。明治十五年本庄町会議員家高文次郎。明治三十五年糸繭商家高米太郎・貸座敷太田楼家高あさ。昭和三年興信録に「本庄町・家高文治・所得税二十四円」あり。

家近 イエチカ 志木、戸田、浦和に存す。

家塚 イエヅカ 越谷、川越、大宮等に存す。長野県飯山市二十三戸、新潟県上越市十九戸あり。また、飯塚の変名にて、埼玉郡百間村西原組神外坊嘉永二年奉納太刀銘に家塚登身五郎あり、明治十六年奉納には飯塚留五郎と見ゆ。

家次 イエツグ 朝霞、浦和等に存す。

家常 イエツネ 蕨に存す。

家泉 イエヅミ 春日部に存す。群馬県太田市十三戸、栃木県足利市二十一戸あり。イエイヅミ参照。

家出 イエデ 嵐山に存す。

家所 イエドコロ 越谷、岩槻に存す。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「二百石・家所四郎左衛門」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御舟奉行・百三十石・家所寛兵衛、御馬廻・三人扶持・家所七内」。慶応元年に「百石・家所作造・住口郡山城(忍移封後断絶)、百石・家所七内・住口宇都宮城」。明治四年に「百十石・家所鉚之助、八十六石余・家所宅蔵」あり。

三 越ヶ谷町 明治三十五年下駄商家所甲作あり。

家富 イエトミ 草加、春日部、川口、大宮等に存す。群馬県館林市十三戸、栃木県足利市十三戸あり。

家中 イエナカ 埼玉郡下新田字家中(羽生市)、入間郡古谷上村字家中あり、ヤナカと註す。群馬県邑楽郡千代田町二十戸、島根県隠岐郡西ノ島町八戸あり。埼玉郡酒巻村(行田市)八幡社慶応三年八海山碑に酒巻村家中包太郎あり。

家長 イエナガ 所沢、富士見等に存す。

家永 イエナガ 川越、八潮、志木、戸田等に存す。

家野 イエノ 川越に存す。

家原 イエハラ 入間、戸田に存す。島根県(出雲国)八束郡宍道町十一戸あり。

家久 イエヒサ 川口に存す。

家藤 イエフヂ 吉川に存す。

家政 イエマサ 青森県下北郡風間浦村四戸あり。

家村 イエムラ 春日部、川越、上尾、熊谷、北本、川口、大宮、志木、新座等に存す。

伊家村 イエムラ 越谷に存す。

家元 イエモト 庄和、和光等に存す。

家本 イエモト 飯能、久喜、蕨等に存す。忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・家本治郎右衛門、同高・家本富蔵」あり。

家守 イエモリ 関東郡代伊奈氏家臣にて、杉浦文書に「宝暦七年、家守勘七。天明四年、家守喜左衛門」あり。

家山 イエヤマ 富士見、大宮等に存す。

井生 イオ 吉川に存す。

井尾 イオ 所沢、川越、大井、久喜、大宮等に存す。

猪尾 イオ 浦和に存す。

五百井 イオイ 熊谷、大宮等に存す。

井岡 イオカ 栃木県下都賀郡藤岡町十七戸、小山市二十戸、千葉県四街道市二十八戸あり。昭和三年興信録に「本庄町・井岡良之助・所得税五十一円」あり。イノオカ参照。

亥岡 イオカ 浦和、大宮等に存す。

伊岡森 イオカモリ 秋田県仙北郡仙北町九戸あり。

五百川 イオカワ 草加、春日部、宮代、川越、富士見、戸田、浦和、上尾、八潮等に存す。新潟県新潟市十九戸、五泉市中川新に五百川(いもかわ)氏七戸あり。島根県(出雲国)八束郡宍道町二十四戸あり。

五百木 イオキ 春日部、所沢、熊谷、新座、大宮等に存す。

井置 イオキ 所沢、戸田、騎西に存す。

伊尾木 イオキ 川口、浦和等に存す。

伊尾喜 イオキ 鴻巣に存す。

五百扇 イオギ 川口に存す。

五百旗頭 イオキベ 越谷、狭山、吹上等に存す。

廬城部 イオキベ 雄略紀三年条に「湯人の廬城部連武彦」と見ゆ。湯人(ゆえ)は火を吹くことから、皇子の湯を浴する職を兼ねて湯坐部(ゆえべ)ともなり養育係となる。火吹部(ひふきべ、いふきべ)は、伊福部、五百木部などの字を当てる。

伊福部 イオキベ 前条に同じ。延喜式神名帳・因幡宇部一ノ宮条に「因幡の宇陪、大和の葛城、美濃の不破の三カ国の伊富岐大明神は、同日同時刻に顕也」と見ゆ。此の神は饒速日命の子天香山命(別名高倉下命)の後裔にて物部氏なり。伊福は鋳吹きのことで、鍛冶集団を云う。

一 武蔵国の伊福部 大同元年八月紀に「武蔵国白鳥を献ず。獲者、伊福部淨主に稲五百束を賜ふ」と見ゆ。

井奥 イオク 新座、大宮等に存す。

伊奥 イオク 三郷に存す。

五百蔵 イオクラ 所沢に存す。

五百崎 イオザキ 大井、川口等に存す。

五百住 イオズミ 与野に存す。米良文書に「天文二十二年四月吉日、旦那願文、武州みたの住呂、賀藤たくみ、同いおすみまこ七」と見ゆ。是は魚住孫七なり。ウオズミ参照。

五十桜 イオズミ 延文二年那賀郡秋山城主秋山新九郎の軍師五十桜平馬あり。イオズミと註す。阿仁和条参照。

井尾瀬 イオセ 茨城県稲敷郡新利根町七戸あり。

井落 イオチ 上尾に存す。

伊落 イオチ 熊谷、大宮等に存す。

伊大知 イオチ 上尾、浦和等に存す。千葉県夷隅郡夷隅町二十戸あり。

伊王野 イオノ 越谷、春日部等に存す。茨城県西茨城郡友部町六戸あり。

一 忍城士の伊王野氏 成田分限帳に「三十人扶持・伊王野七左衛門」あり。別本に伊直野と見ゆ。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御留守居役・百石・伊王野惣七郎」あり。

庵原 イオハラ 新潟県佐渡郡羽茂町五戸あり。鉢形城士にて、駿河国庵原郡より起る。関八州古戦録に「天正十年滝川合戦。庵原弥平次(助右衛門が弟)といふ覚の者、氏邦の陣頭より只一騎進む。彼は元駿州今川の譜代にて、後信玄に属し勘気を受け、改易せられて鉢形へ来り居れり」と見ゆ。

五百部 イオベ 飯能、久喜、行田、浦和等に存す。栃木県下都賀郡藤岡町十戸あり。

庵 イオリ 浦和、大宮、鳩ヶ谷、上尾、越谷、所沢、幸手等に存す。忍藩松平下総守(奥平)家臣にて、明治四年忍藩士族名簿に「四石余二人扶持・庵春雄」あり。

伊織 イオリ 所沢に存す。

井賀 イガ 朝霞に存す。

伊加 イガ 浦和に存す。

伊賀 イガ 新潟県佐渡郡赤泊村十戸、福島県原町市三十四戸、青森県上北郡東北町十五戸あり。

一 比企郡の領主伊賀氏 飯野八幡神社文書は、陸奥国磐城郡好島西荘飯野郷(福島県いわき市)の八幡神社(同市平八幡小路)の神主飯野盛男氏所蔵なり。先祖伊賀守にて、伊賀氏を称号とす。藤原秀郷―千常―文修―文行―公光―公季―公助―文郷―光郷―朝光(伊賀守)―光宗―光綱―光泰―頼泰(伊賀守)―二郎左衛門尉光貞(弟光長は建武三年討死)―盛光―孫次郎光長、弟左衛門三郎光政―光隆とあり。吾妻鑑文永三年二月条に伊賀左衛門次郎光清と見ゆ。八幡神社文書に「永仁元年十二月十七日、幕府は、亡父式部左衛門六郎光隆の譲状に任せ、領地武蔵国種垂・荒居・上里村、陸奥国好島庄仏崎荒野等の所領を藤原光清に安堵す」。また、「永仁二年十一月十一日、伊賀頼泰譲状。備前国長田庄之内下賀茂村、信濃国麻績御庫八ヶ条之内矢倉村、武蔵国ひき乃郡之内うるうとの村・付あらいにしひかし・みくら・まこめ、常陸国伊佐郡之内石原田郷、陸奥国岩城郡之内好島西庄之内預所職・同領家分・飯野郷之内付、筑紫なからの内の郡司職付、然二郎左衛門光貞に永譲渡所也」と見ゆ。また、楓軒文書纂に「正和四年四月十三日、伊賀頼泰は、むさしの国内潤戸(ひき郡の内うるうと付・あらいにし・西東ミくら)・駒前・はす田・まこめ等の地を嫡子光貞に譲る」と見ゆ。種垂は種岡で玉太岡の訛りなり。比企郡岡郷(東松山市)に玉太岡神社あり、同村光福寺宝篋印塔に「右塔婆者大日本武州比企郡玉太岡四国山光福禅寺、当寺大旦那藤原光貞朝臣、元亨三年十二月八日」の銘あり。譲状の伊賀光貞と同人なり。比企郡に古里村、下里村あり、古里村(嵐山町)は古の上里村で、古里村字馬内、字駒込、字御領がある。譲状の「まこめ、駒前、ミくら」の地は古里村付近なり。隣村の奈良梨村(小川町)に字新井あり。また、永仁六年文書に「武蔵国比企の北方・いなかす名」と見ゆ。杉山村(嵐山町)に字稲笠、及び粕川が流れている。いなかす名は杉山村付近なり。

二 足立郡美女木村(戸田市)の伊賀氏 風土記稿美女木村条に「八幡社は、元亀元年伊賀実信入道といへるもの再建ありしと云」と見ゆ。神主か。

井貝 イカイ 北本に存す。

井海 イカイ 和光に存す。

井開 イカイ 岩槻に存す。新潟県三島郡三島町八戸あり。

伊介 イカイ 千葉県館山市九戸あり。

伊貝 イカイ 深谷、浦和等に存す。

伊諧 イカイ 忍城士にて、成田分限帳に「三十五貫文・伊諧佐渡、十八貫文・伊諧大学、十八貫文・伊諧久右衛門」あり。

伊賀井 イカイ 蕨に存す。葛飾郡内国府間村(幸手市)明治十二年に伊賀井之□の名あり。

五十井 イカイ 上尾に存す。イソイ参照。

井海田 イカイダ 行田に存す。

伊海田 イカイダ 大利根、新座、浦和等に存す。新潟市十一戸あり。

伊賀上 イガガミ 浦和、草加等に存す。

五十川 イカガワ 長野県大町市十戸あり。イソガワ参照。

井垣 イガキ 足立郡与野町氷川社寛延三年御神燈に井垣弥五右衛門あり。

伊垣 イガキ 飯能に存す。

井学 イガク 越谷に存す。

伊賀倉 イガクラ 浦和に存す。

伊鹿倉 イガクラ 浦和、和光等に存す。

猪ヶ倉 イガクラ 越谷に存す。

伊掛 イカケ 与野、浦和等に存す。

五十子 イカコ 児玉郡五十子村(本庄市)あり。五十子城本丸跡より文安五年銘の五輪塔が出土する。イソゴ、イラコ参照。

伊ヶ崎 イガサキ 桶川に存す。

伊賀崎 イガサキ 草加、三郷等に存す。

五十島 イガシマ 浦和に存す。福島県大沼郡金山町十四戸あり。

五十庄 イカショウ 忍城士にて、成田分限帳に「十二貫五百文・五十庄彦内」あり。

井頭 イガシラ 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣にて、明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・八石二人扶持・亡養父勇五郎・井頭勇兵衛・三十九歳」あり。イノガシラ参照。

鎔 イガタ 大宮、浦和等に存す。

井形 イガタ つくば市八戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・井形糺治」あり。次項参照。

二 忍町(行田市) 昭和三年興信録に「忍町・井形糺治・所得税二百六円・営業税百三十三円」あり。

井片 イガタ 大宮に存す。

井潟 イガタ 久喜、小川等に存す。

伊方 イガタ 忍城士にて、成田分限帳に「二十五貫文・伊方勘解由」あり。

伊形 イガタ 川越、東松山等に存す。

膽形 イガタ 和名抄に榛沢郡膽形郷を載す。また、一本に瞻形(みかた)とも記す。膽形(いがた)は井ヶ田にて、池田(いけだ)に同じ。用土村(寄居町)に字井ノ岡、字藤田、字岡田、字田端、字田中等あり、井ヶ田(池田)の小名もあったか。当村に池田氏多く存し、字井ヶ田より起るか。

筏井 イカダイ 草加、川口、大宮、上尾、本庄、所沢、川越等に存す。

筏津 イカダツ 上尾に存す。鳥取県倉吉市二十三戸あり。

桴谷 イカダヤ 東松山に存す。

井勝 イカツ 鳥取県(伯耆国)東伯郡赤碕町十二戸あり。

伊勝 イカツ 鉢形城士にて、鉢形分限帳に「本国武州大里・伊勝主膳」あり。

井門 イカド 大宮に存す。

伊賀並 イガナミ 春日部に存す。

居家野 イカノ 新座に存す。

五十畑 イカハタ 栃木県下都賀郡岩舟町十九戸、藤岡町四十戸、小山市三十戸あり。イソハタ参照。

一 埼玉郡小浜村(加須市) 八幡社文政六年狛犬に五十畑又七。上三俣村菊地家筆子控に「元治元年、小浜村中通り、文太郎倅五十畑文四郎」。多門寺村愛宕社明治十三年算額に小浜村五十畑福三郎将遵あり。

二 同郡小林村(菖蒲町) 妙福寺天保二年顕目講に五十畑藤右衛門。明治九年副戸長五十畑六右衛門・嘉永二年生あり。イソハタ氏も存す。

三 雑載 昭和三年興信録に「三ツ俣村(加須市)・五十畑小善・所得税五十三円・営業税十六円」あり。

五十幡 イカハタ 茨城県結城市今福十戸あり。イソハタ参照。

伊賀袋 イガブクロ 下総国葛飾郡伊賀袋村あり、現在の埼玉郡北川辺町大字伊賀袋なり。当村字立崎に古河城あり、大正初期の渡瀬川工事で城跡は滅し、立崎地区は古河市に編入する。古河城主足利義氏の遺児氏姫の慶長五年証状に「いかふくろふしやまのへっとう、おほせつけられ候」と見ゆ。当村地蔵塚享保五年碑に下総国葛飾郡下川辺庄伊賀袋村と見ゆ。

居壁 イカベ 三郷に存す。

井神 イガミ 所沢、大宮等に存す。

伊上 イガミ 入間に存す。

伊神 イガミ 草加、浦和、大宮、岩槻、三郷、深谷、鶴ヶ島等に存す。

居上 イガミ 春日部、大宮等に存す。

夷亀 イガメ 狭山、上尾等に存す。

伊賀本 イガモト 大宮に存す。

井萱 イガヤ 厚木市九戸あり。

伊賀谷 イガヤ 葛飾郡丹後村(三郷市)稲荷社明治三十九年碑に当所伊賀谷伝太郎あり。

五十嵐 イガラシ 此の氏は日本海側の新潟・山形及び新潟寄りの福島等に多く存す。〇群馬県群馬郡榛名町四十三戸、佐波郡境町三十七戸、玉村町三十戸、伊勢崎市二百八十戸。〇茨城県鹿島郡神栖町三十戸、北相馬郡利根町三十戸、土浦市四十戸。〇千葉県印旛郡印旛村三十五戸、本埜村六十二戸、白井町三十戸、香取郡東庄町三十三戸、印西市五十戸。〇長野県小県郡東部町五十四戸。〇新潟県岩船郡山北町四十二戸、関川村四十戸、北蒲原郡聖籠町三十戸、豊浦町四十戸、中条町七十八戸、水原町九十八戸、安田町七十五戸、京ヶ瀬村七十六戸、笹神村五十二戸、中蒲原郡亀田町百二十戸、横越町五十二戸、小須戸村三十七戸、村松町百五戸、西蒲原郡黒崎町七十戸、中之口村三十八戸、巻町三十八戸、吉田町五十戸、弥彦村三十六戸、南蒲原郡栄町三十六戸、下田村七十戸、古志郡山古志村六十四戸、三島郡越路町五十三戸、寺泊町三十六戸、刈羽郡小国町四十戸、北魚沼郡小出町五十六戸、入広瀬村四十二戸、守門村七十八戸、広神村三十四戸、中頚城郡大潟町五十三戸、吉川町三十戸、頚城村三十七戸、糸魚川市百三十五戸、柏崎市二百二十戸、見附市百三十戸、栃尾市百戸、長岡市五百八十戸、三条市四百六十戸、五泉市二百七十戸、新津市二百三十戸、豊栄市百七十戸、白根市百十戸、新潟市千二百戸、新発田市二百五十戸、村上市百戸。〇山形県東置賜郡川西町五十戸、高畠町三十六戸、西置賜郡白鷹町五十二戸、東村山郡中山町三十四戸、西村山郡朝日町四十四戸、大江町三十三戸、東田川郡櫛引町六十七戸、三川町六十七戸、朝日村四十四戸、余目町四十戸、西田川郡温海町四百戸、最上郡鮭川村七十三戸、最上町三十四戸、酒田市四百七十戸、鶴岡市九百四十戸、尾花沢市百二十戸、米沢市百四十戸、山形市三百五十戸。〇秋田県仙北郡協和町八十戸、北秋田郡田代町五十四戸。〇福島県大沼郡会津高田町四十六戸、会津本郷町三十戸、三島町百戸、昭和村百十戸、新鶴村五十七戸、会津坂下町百四十戸、河沼郡河東町四十四戸、耶麻郡猪苗代町百三十戸、塩川町五十八戸、西会津町九十四戸、山都町七十六戸、北塩原村五十戸、南会津郡田島町四十戸、下郷町七十戸、只見町百三十四戸、南郷村百三十戸、北会津郡北会津村三十三戸、会津若松市六百戸、喜多方市二百六十戸、いわき市二百戸。〇宮城県栗原郡栗駒町三十戸、登米郡中田町三十三戸。〇岩手県下閉伊郡山田町三十戸。〇青森県中津軽郡岩木町三十七戸あり。

一 越後国の五十嵐氏 南蒲原郡下田村大字飯田に鎮守五十嵐神社あり、延喜式の蒲原郡伊加良志神社であると伝える。越海雑誌に「越後国南蒲原郡飯田村に五十日足彦命(いかたらしひこのみこと)御山陵ありて、五十嵐神社と仰ぎ、延喜式内の御神也」と。古事記垂仁条に「天皇の生る御子伊賀足日子命(いかたらしひこ)、又五十日足日子王」と見え、日本書紀通証に「伊加良志今俗作五十嵐、蓋し五十日帯(いかたらし)之転」と見ゆ。此の地は福島県只見町との県境で五十嵐川流域にあり、五十嵐邑記に「もと五十嵐村と称し、五十嵐小豊治(東鑑建暦三年戦死)在城中は六百軒の人家があったが、慶長頃天災が重なり村が滅びそうになったので飯田村に改めた」とあり。明治二十一年には九十九軒存す。此の地方は有名なる銀山の地にて、飯ヶ田(いかた)、五十足(いかた)は、五十田(いそた)と同じで、海洋民鉱山師の磯田族山守部の集落であろう。同族の石田君(いしだきみ)も石田(いそだ)族である。新潟市から西の日本海一帯を五十嵐(いそあらし)浜と云う。磯族の上陸地である。古代氏族系譜集成に「垂仁天皇―五十日足彦命―忍健別命(弟稚狭久良命・高志池君祖)―押許呂見命(弟佐太別命・石田君祖佐渡雑太郡石田郷住)―山守部許々米(山守部君)―志己夫―意富多―加由(継体朝、征新羅副将軍。弟乙山・高志池君祖)―宇志古―枳波―春日山加知古(春日山君)―黒万呂(蒲原郡擬少領)―広足(蒲原郡擬大領)―子老(弟縄万呂・沼垂郡主政)―常麻呂(大領)―猪麻呂(朝集雑掌)―武当(日並郷、專当検校)―宗継(古志郡擬少領)―友長(擬少領)―衆妙(文原郷專当、郡司判官代)―滋永(郡司判官代)―善範(弟五十嵐二郎善永)―惟長(政所判官代)―長成(越後権少掾)―長政(五十嵐新太夫、前九年役従源頼義有功)―長俊(五十嵐太郎)―助任(文二)―助長(文二)―助政(小文二)」と見ゆ。此氏の祖・山守部君は、姓氏録に「山守。垂仁天皇皇子五十日足彦命の後也」と見え、応神紀五年条に「諸国に令して、海人及び山守部を定む」と見ゆ。山守部は海部(東国では磯部と称す)族にて、山を守る職業集団・すなわち鉱山師である。山守部君は越族阿部氏の一団で、山守部の首領である。コシ条参照。

二 忍城士の五十嵐氏 成田分限帳に「三十貫文・五十嵐縫殿之助、十五貫文・五十嵐半右衛門」あり。

三 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御小姓共・九両二人扶持・五十嵐権之助」あり。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御徒目付・七石二人扶持・五十嵐伊右衛門」。明治四年に「四石二人扶持・五十嵐昌平」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・五十嵐忠平」あり。

六 埼玉郡川崎村(八潮市) 私塾師匠五十嵐貞信・明治三十九年没・七十四歳あり。

七 同郡菖蒲町 明治三十五年馬具商五十嵐重次郎あり。

八 同郡騎西町 明治三十五年米穀商五十嵐仙吉・女髪結五十嵐いち・油ベイ穀商油屋五十嵐岩造あり。

九 同郡根古屋村(騎西町) 当村明治二十七年碑に五十嵐長吉・五十嵐藤十郎・五十嵐清次郎・五十嵐勇七・五十嵐忠吉・五十嵐常吉・五十嵐福次郎・五十嵐文五郎・五十嵐新蔵・五十嵐泰吉あり。

一〇 同郡外田ヶ谷村(騎西町) 久伊豆社嘉永六年幟碑に五十嵐五郎次・五十嵐菊五郎・五十嵐常七・五十嵐藤兵衛。宝性寺巡拝塔年不詳に五十嵐藤八。明治九年副戸長五十嵐五郎次・文政八年生あり。

一一 同郡久下村(加須市) 明治三十五年材木商五十嵐よし・砂糖商五十嵐松五郎あり。

一二 同郡砂山村(羽生市) 愛宕社嘉永二年二十三夜塔に五十嵐礒右衛門あり。

一三 同郡埼玉村(行田市) 野村玉松堂入門に万延元年に片原・五十嵐茂十郎、文久三年に埼玉村・五十嵐善次郎、慶応二年に埼玉村・高次二男五十嵐広吉、明治元年に片原・勘五郎倅五十嵐源蔵。明治九年副戸長五十嵐唯右衛門・天保三年生。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村片原・五十嵐喜一郎・五十嵐幸三郎あり。

一四 足立郡浦和町 明治三十五年酒醤油商五十嵐勇次郎あり。

一五 同郡上村(上尾市) 上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡上村五十嵐作太郎(酒造業)。氷川社明治四十二年碑に五十嵐義作あり。

一六 新座郡志木町 明治三十五年人力車業五十嵐磯吉あり。

一七 入間郡川越町 神明町神明宮明治初期御神燈に松山街道・五十嵐金造あり。

一八 同郡大谷村(越生町) 和田村石井家筆子帳に嘉永四年・大谷村五十嵐豊吉。成瀬村見正寺明治初年筆子碑に大谷村・五十嵐利右衛門・五十嵐源吉。明治九年副戸長五十嵐豊三・天保十四年生。明治十四年越生分署献金額に五十嵐茂重・五十嵐幸蔵。明治三十二年越生商業銀行発起人五十嵐万吉・五十株所有あり。

一九 大里郡樋春村(江南町) 七社神社明治八年伊勢講碑に五十嵐長吉。明治二十年樋春村連名簿に五十嵐浜吉・五十嵐作十郎あり。

二〇 榛沢郡田中村(川本町) 明治三十三年船水車持に田中・五十嵐吉蔵あり。

二一 児玉郡山王堂村(本庄市) 当村は上野国那波郡に属し、寛永頃に武蔵国児玉郡に編入す。本庄市史に「五十嵐大膳長国・同苗九十九安道は、永禄三年迄、上野国世田郡徳川郷に住居到候。同正月中、山王堂村へ引移り、住宅を建て田畑少々開発到し、諸方相廻り兵法并算書の指南を致し、其間に利根川にて魚を取り渡世致候処、本庄村より度々申来候には本庄村へ引移る」と見ゆ。長国は本庄村へ引移り、安道は当村に定住す。二十三、二十六項参照。五十嵐九十九安道家は山王堂河岸の名主問屋を勤める。安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に「山王堂河岸船問屋五十嵐九十郎・同五十嵐九兵衛」と。日枝神社庚申塔年不詳に五十嵐三郎兵衛、明治十七年碑に五十嵐盛三・五十嵐藤四郎・戸長五十嵐九郎。明治九年戸長五十嵐九平・文政四年生、副戸長五十嵐九十郎・天保八年生、副戸長五十嵐藤三郎あり。

二二 同郡久々宇村(本庄市) 当村に此の氏多く存し、先祖は那波長繁の家臣と伝える。当村は那波氏族久々宇氏の在所なり。那波家中証人之事(宇津木文書)に「天正十五年二月二十六日、五十嵐近江守弟」と見ゆ。厩橋城主北条氏照代官笠原越前へ弟を人質に出す。或は山王堂村の五十嵐氏か。伊勢崎市史通史編参照せよ。稲荷社明治十七年碑に五十嵐七蔵・五十嵐元吉、明治二十五年碑に五十嵐庄作。中里村雷電社明治三十七年浅間碑に久々宇・五十嵐弥太郎あり。

二三 同郡本庄宿 旧本庄村字花ノ木(本宿十八軒と称す)の五十嵐氏は草分にて、山王堂村から五十嵐太郎右衛門が移住すと伝える。本庄開発旧記に「五十嵐太郎右衛門屋敷、竪六十五間五尺・奥行三十間、田畑山林凡そ越石共百七十石所持有之候」と見ゆ。明治二十三年五十嵐千代吉・国税十八円。明治三十五年糸繭商五十嵐孝五郎・同五十嵐九十郎・同五十嵐角太郎・通運店五十嵐犬三・洋酒商五十嵐善作あり。

二四 同郡新井村(本庄市) 当村安政三年庚申塔に五十嵐辰之助あり。

二五 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に五十嵐彦次郎あり。

二六 賀美郡元阿保村(神川町) 児玉記考に「旧家五十嵐道三郎、新田家の臣五十嵐監物の正系なり。新田家・小田原北条の為に滅亡せらるるに及び、金山浪士と称し処々流浪の末、同族大膳等と本郡に来たり当地に於て帰農す。先代善兵衛は名主役を勤め安政七年正月十一日名主帯刀肩衣を許さる」と見ゆ。大御堂村吉祥院天保五年供養塔にアホ・五十嵐政次郎。明治四年組頭五十嵐善平・天保三年生(明治九年戸長)。当村明治三十年碑に当所・五十嵐道三郎・五十嵐キチ・五十嵐太平治あり。

二七 秩父郡小鹿野町 明治十二年建具商五十嵐安五郎・雑穀商五十嵐庄作・豆腐商上一丁目五十嵐安太郎。明治二十年春日二丁目五十嵐忠蔵あり。

二八 同郡伊豆沢村(小鹿野町) 明治九年戸長五十嵐忠蔵・天保四年生あり。

二九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・五十嵐勇次郎・四百六十八円・二百二十四円、大宮町・五十嵐仁作・二十円・三十三円、加治村(飯能市)・五十嵐久蔵・六十七円・八十一円、菖蒲町・五十嵐重太郎・十三円・十五円、加須町・五十嵐宗四郎・二十円、騎西町・五十嵐岩造・十六円・四十二円、忍町・五十嵐金吉・百二十三円・九十八円」あり。

碇 イカリ 足立郡島根村字碇、在家村字碇、飯田村字井刈、側海斗村字井刈は碇とも記す。同郡小室宿村字イカリ、埼玉郡下中条村字碇、酒巻村字碇。粕壁宿に碇神社あり。浦和、志木、戸田、春日部、庄和、入間、狭山、鶴ヶ島、三芳、花園、都幾川、八潮等に存す。新潟市十一戸あり。

錠 イカリ 所沢に存す。

錨 イカリ 草加、春日部等に存す。

井苅 イカリ 和光、蕨、川越に存す。山形県北村山郡大石田町二十三戸あり。

井狩 イカリ 春日部、所沢、行田に存す。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御鉄炮役・二十人扶持・井狩貢、同役・十五人扶持・井狩作蔵」。明治四年に「十人扶持・井狩貢、六十六石余・井狩静吉」あり。

二 埼玉郡忍町 明治三十五年薬店井狩縣吉あり。

伊刈 イカリ 川口に存す。

伊苅 イカリ 足立郡伊苅村(川口市)あり、怒村とも記す。また、同村観音寺延宝元年地蔵尊に錠村と見ゆ。

伊狩 イカリ 熊谷、川口、浦和に存す。

猪猟 イカリ 三郷に存す。

猪苅 イカリ 草加、所沢等に存す。

猪狩 イカリ 秩父郡坂石村字猪狩(飯能市)。各市町村に存す。茨城県日立市二十六戸、ひたちなか市十七戸あり。

五十里 イカリ 大宮、新座、岩槻、久喜、北本、川越、三郷、与野等に存す。群馬県多野郡吉井町五戸あり。

碇石 イカリイシ 朝霞に存す。

碇元 イカリモト 上尾に存す。

碇谷 イカリヤ 戸田、草加、入間、狭山、川越、上福岡、八潮、坂戸、長瀞、川口、浦和、大宮等に存す。青森県下北郡大間町十戸、山形県飽海郡遊佐町九戸、酒田市十一戸あり。

碇屋 イカリヤ 上福岡に存す。

碇野 イカリヤ 大宮に存す。

怒谷 イカリヤ 所沢に存す。

五十里屋 イカリヤ 大宮に存す。

碇山 イカリヤマ 狭山、飯能、上尾、和光等に存す。

鵤 イカルガ 上福岡、鴻巣、川口に存す。

鵤木 イカルギ 群馬県新田郡新田町七戸、太田市五戸あり。忍藩阿部氏家臣にて、慶安年中忍藩分限帳に「御目付・百石・鵤木佐兵衛」。享保八年軍役帳に「外科・十人扶持・鵤木直右衛門」あり。

嗔木 イカルギ 妻沼、北本等に存す。

怒木 イカルギ 群馬県邑楽郡千代田町五戸、太田市四戸あり。

五十木 イカルギ 群馬県太田市二十戸あり。イソキ参照。

井川 イガワ 足立郡丸ヶ崎村字井川、八王寺村字井川あり。各市町村に存す。茨城県東茨城郡小川町二十戸、茨城町十八戸、鹿島郡鉾田町百三十八戸、旭村四十三戸、長野県下高井郡野沢温泉村十八戸、秋田県雄勝郡雄勝町二十一戸、島根県隠岐郡都万村十二戸、八束郡美保関町三十三戸、松江市三十七戸あり。鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣にて、慶安元年岩槻藩軍役帳に「百七十石・井川太左衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「三百石・井川市右衛門、三十五俵・井川三右衛門」あり。

井河 イガワ 本庄、熊谷等に存す。

伊川 イガワ 越谷、春日部、大井、所沢、上尾、深谷、毛呂山、寄居等に存す。新潟県上越市九戸、新潟市十二戸、秋田県山本郡藤里町六戸あり。

位川 イガワ 浦和、大宮等に存す。

居川 イガワ 草加、岩槻、北本等に存す。鳥取県(因幡国)気高郡気高町二十九戸あり。

移川 イガワ 川越に存す。

猪川 イガワ 大宮に存す。岩手県岩手郡西根町七戸あり。

井河原 イガワラ 戸田に存す。

息 イキ 朝霞に存す。

井木 イキ 与野、鶴ヶ島、富士見、鳩山、朝霞等に存す。新潟県長岡市八戸、鳥取県東伯郡赤碕町十戸あり。

井城 イキ 吉見に存す。イノキ参照。

伊木 イキ 越谷、日高、伊奈等に存す。鳥取県倉吉市七戸あり。鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣にて、寛文二年岩槻藩分限帳に「百石・伊木太郎左衛門」あり。

居木 イキ 新座、大宮等に存す。

生亀 イキ 大宮に存す。イクガメ参照。

伊儀 イギ 戸田に存す。

壱岐 イキ 大宮、和光、八潮、吉川、坂戸、鶴ヶ島、吹上、上里、秩父、入間、大井、三郷等に存す。鳥取県(因幡国)八頭郡河原町十三戸、郡家町五戸あり。

壹岐 イキ 壹岐守たりしより壹岐氏を称す。

一 鎌倉府奉行壹岐氏 鎌倉足利氏満奉行人にて、永和五年鶴岡八幡宮文書に鎌倉府奉行壹岐希広遵行状あり。鎌倉神田文書に「永徳二年二月二十三日、氏満は、久良岐郡久友郷の替として、下総国下河辺荘内高柳郷(栗橋町)地頭職半分・壹岐弾正大夫入道預方を鶴岡八幡宮に寄進す」と。京都鹿王院文書に「永徳三年二月二十九日、豊島郡赤塚郷寄進案文、壹岐弾正大夫入道希広花押」と見ゆ。希広は高麗希弘と同人か。高麗郡新堀村町田家文書に「正平七年正月、高麗四郎左衛門尉季澄」と。また、「応安元年五月二十一日、武蔵国赤塚郷内石成村半分を高麗四郎左衛門入道希弘に領地せしむ」と見ゆ。北豊島郡誌に「成増村は、元・赤塚村の内なり、後分村して石成村といえり」とあり。高麗季澄入道希弘は、後に壹岐弾正大夫入道希広と名乗るか。鶴岡我党院文書に「永徳三年四月十一日、氏満は、遍照院頼印の訴へにより、渋江加賀入道の押領を退け、壹岐弾正大夫入道希広をして、慈恩寺領武蔵国太田庄花積郷(春日部市)内御厩瀬渡し、並びに船を頼印代に沙汰し付けしむ」と。また、鹿王院文書に「永徳三年六月一日、武蔵たかさか郷(東松山市)を鹿王院に末代寄進す。壹岐弾正大夫入道希広花押」と見ゆ。

二 葛西氏族壹岐氏 吾妻鑑卷二十六に承久四年・壹岐入道定蓮、卷三十に壹岐三郎時清、卷三十一に嘉禎三年・壹岐小三郎左衛門尉時清、卷三十六に壹岐六郎左衛門尉朝清、卷四十一に葛西壹岐新左衛門尉清員の名見ゆ。

生浦 イキウラ 川口に存す。

生子 イキコ 正和三年武蔵国本庄内生子屋敷と見ゆ。本庄条参照。

生沢 イキサワ 栃木県下都賀郡大平町四戸あり。イクサワ、イケサワ参照。

井岸 イギシ 入間に存す。

息栖 イキス 所沢、吹上等に存す。

異儀田 イギタ 草加、川口等に存す。

生部 イキベ 鳥取県倉吉市七戸あり。

五十君 イキミ 戸田、浦和に存す。長野県飯田市五戸、新潟県小千谷市五戸。

五十公野 イキミノ イズミノ参照。

壱岐村 イキムラ 浦和に存す。

生森 イキモリ 浦和に存す。

郁 イク 大井、八潮等に存す。

印具 イグ 三河国ではオンズミと称す。岩槻藩板倉氏家臣にて、天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・印具佐太夫」あり。

生井 イクイ 川口、戸田、上尾、越谷、久喜、行田、狭山等に存す。榛沢郡中瀬村(深谷市)中瀬神社明治四十一年碑に生井磯吉あり。

生稲 イクイネ 草加、狭山、八潮、与野、上尾、富士見、毛呂山等に存す。千葉県安房郡富浦町三十五戸、館山市三十戸あり。

伊久宇 イクウ 延文六年市場祭文写に武州伊久宇市祭と見ゆ。足立区伊興か。

生江 イクエ 鶴ヶ島、毛呂山等に存す。

幾岡 イクオカ 入間郡豊岡町(入間市)明治三十五年歯科医幾岡新助あり。

生亀 イクガメ 山形県村山市十六戸あり。イケガメ参照。

生川 イクカワ 狭山、浦和等に存す。

井草 イグサ 群馬県高崎市六十三戸、桐生市十三戸、伊勢崎市十二戸、東京都八王子市三十戸、神奈川県津久井郡津久井町十戸あり。伊草条参照。

一 深谷上杉氏重臣の井草氏 幡羅郡国済寺村国済寺文書に「武蔵国幡羅郡庁鼻祖郷天満大自在天神宮縁起、上杉三郎蔵人憲長公、明徳四戌年正月二日新創建、井草左衛門尉勝貞」と。鎌倉大草紙に「康正二年十月十七日、上杉右馬助房憲の手には、井草左衛門尉・久下・秋元を初めとして残すくなにうち成され、悉敗軍す」と見ゆ。深谷上杉氏系図に「上杉三郎憲盛・元亀四年北条氏政と和睦す。岡谷加賀守、秋元越中守、井草左衛門尉、是三士者憲盛爪牙臣也」とあり。深谷上杉氏創設以来の譜代重臣なり。永禄三年関東幕注文に「深谷御幕、井草源左衛門尉・月にしょうひ」と載す。薔薇はバラのことなり。また、深谷記に井草左衛門佐と。重修岡谷家譜に「井草左衛門尉・西田ノ館」と見ゆ。榛沢郡西田村(岡部町)の領主なり。館跡は不明なれど、同村喜多明神社付近か。

二 深谷宿の井草氏 前項の末裔にて、深谷宿西運寺井草家墓地に「井草左衛門尉・天正十二年二月二十五日没」の墓を昭和十年に井草松次郎嗣子井草伊平・長男品吉が建立す。また、人見村昌福寺に康正二年岡部原合戦で討死した井草左衛門尉之墓あり、昭和三十一年裔孫井草菊光品吉が改修す。当所井草氏は丸に花菱を家紋とす。

三 上野国の井草氏 天正十二年北条家朱印状に「上野国群馬郡新保郷、小島近江守、反町下総守、同豊前守、井草将監、阿久沢九兵衛、登坂掃部丞、百姓中」と見ゆ。高崎市新保町に井草氏三十六戸及び小島氏、反町氏、阿久沢氏、登坂氏等多く存す。新保郷の土豪衆にて、深谷井草氏は此地が発祥地か。

四 井草氏の本名小池氏 深谷上杉氏重臣井草氏の名跡(組織名)を継承し、土着帰農後に本名小池に復姓す。前橋市青梨子町字前原の小池氏元屋敷に出土した井草新田開郷碑に「天文二十一年、上杉民部大輔藤原憲政公家臣井草佐衛門尉が止休するところによって井草新田を開く」と銘あり。また、小池平三郎家先祖書石碑に「深谷上杉氏の宿老井草佐右衛門重郷は、上杉没落により前原に土着し、小池姓に改める」とあり。小池家位牌に井草十四郎入道喜広・文禄元年没、井草十五郎右衛門・寛永十一年没あり。寛文三年に井草を小池姓に変へ定住すと伝う。家紋は五三の桐なり。

五 井草氏の本名清水氏 天文二十一年深谷落城により、小池姓井草氏が去った後に、名門井草氏の名跡は用土村出身の清水氏が継承す。上野台村元譽寺文書に「元亀三年壬申春三月、奉造立天満宮社一宇、小大旦那秋元但馬守家臣清水五郎左衛門」とあり。上野台村の代官を務め、名跡井草氏を名乗り、天正十八年深谷落城により本名清水氏に復姓したが、また後に秋元氏に仕えて名門井草氏を称す。天保二年秋元藩山形旧家取調帳に「初代清水五左衛門・五十俵二人扶持(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り、代官を務む)、三代井草五左衛門(初清水新左衛門)・五十石二人扶持、六代井草福太郎」と見ゆ。明治四年館林藩士族帳に「剣道助教・五十石二人扶持・井草加主、二十五俵二人扶持・井草様」あり。清水条参照せよ。

六 忍城士の井草氏 成田分限帳に「五十貫文・井草主水」あり。

七 八王子城士の井草氏 八王子市大字松木に井草氏十三戸現存し、武蔵名勝図会に「多摩郡由木領松木村井草稲荷は、この地に井草織部というもの住居せし地にて、そのもの鎮守の社なりと云。ここは屋敷跡なるべし。天正五年井草氏が建立せし棟札あり。同村医王寺に北条家の臣なりける井草越前守といふ人の墳あり」と見ゆ。

八 葛飾郡八甫村(鷲宮町) 鷲宮村霊樹寺文書に「八甫村。寛永四年検地・喜左衛門・一町三反三畝八歩、元禄八年検地・井草喜左衛門。寛永四年検地・又右衛門・一町六反五畝二十六歩、元禄八年検地・井草又右衛門」と見ゆ。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に八甫村本郷・井草文右衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に八甫本郷・井草文八。明治三十年人名録に井草安五郎・安政五年生・地租三十六円あり。

九 榛沢郡高島村(深谷市) 前項の移住者なり。生品神社嘉永四年御神燈に葛飾郡八甫村井草□右衛門。中瀬神社明治四十一年碑に井草源次郎あり。

伊草 イグサ 埼玉郡伊草村(八潮市)は、延文六年市場祭文写に武州伊草市祭とあり。また、比企郡伊草郷(川島町)あり、風土記稿に「上大屋敷、曲師村は伊草の里と唱へり」と。此の地は、応安元年法恩寺年譜に比企郡土袋郷内井草村。太田道灌書状に河越立・井草着陣と見ゆ。

一 比企郡伊草村 川越行伝寺過去帳に「法源・井草ノ主水・巳年七月、妙金・伊草ノ金子内・酉年十一月、妙法・伊草ノ者・亥年十月、妙蓮・伊草ノ藤右衛門・午年正月、妙正・伊草ノ三郎兵衛内・未年六月、妙正・伊草弥左衛門内・七月、妙円・伊草ノウバ・寅年正月」あり。伊草村住人の金子氏等にて苗字にあらず。

二 忍城士の伊草氏 成田分限帳に「十六貫文・伊草帯刀、十五貫文・伊草庄左衛門」あり。行田史譚に「天正十八年、忍城攻めの時、伊草帯刀は持田口を守る」と見ゆ。

三 埼玉郡百間村(宮代町) 百間東村観音寺享保十三年供養塔に百間東村・伊草内蔵・伊草三郎右衛門、文化元年供養塔に伊草新六。字内野正福坊明和七年碑に伊草常右衛門、天保十五年六地蔵に松木島・伊草弥惣次、嘉永七年成田山碑に内野講中・伊草勇右衛門。明治九年百間東村副戸長伊草新六・文政五年生。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に百間邑伊草源之丞。明治二十一年皇国武術英名録に真心影流百間村伊草徳右衛門。明治三十年人名録に百間東村伊草新八・安政二年生・地租九十八円、同村伊草小左衛門・安政六年生・地租四十二円、同村下駄製造業伊草佐兵衛・元治元年生。昭和三年興信録に「百間村・伊草盛一・所得税十円」あり。

四 同郡粕壁宿 明治六年旅籠屋惣代伊草弥三郎あり。

藺草 イグサ 京都長楽寺遊行派本末帳に「享保六年、長福寺・藺草」と見ゆ。比企郡上伊草村の長福寺なり。藺草氏は上里に存す。

荏草 イグサ 鴻巣に存す。

生草 イグサ 朝霞に存す。

生艸 イグサ 埼玉郡下村君村(羽生市)に存す。文化元年早川文書に下村河岸問屋生草小右衛門あり。今は生艸なり。

生坂 イクサカ 本庄に存す。長野県上伊那郡箕輪町七戸あり。

軍平 イクサダイラ 秩父郡三山村字軍平あり、古の村名なり。武蔵志に「三山村。字軍平、イクサタイラあり、一村の如し」と見ゆ。伊草平に同じ。

生沢 イクサワ 栃木市十六戸あり。イケサワ参照。

一 埼玉郡川島村(蓮田市) 私塾師匠生沢信直・号金斉・沢田・慶応二年没七十七歳あり。

二 榛沢郡深谷町 明治三十五年書家生沢昇あり。

三 同郡寄居町 明治三十五年産婆生沢マヨあり。

生澤 イクサワ 羽生に存す。

伊串 イグシ 上福岡、吉川等に存す。

居串 イグシ 狭山に存す。

生品 イクシナ 榛沢郡高島村に鎮守生品明神社あり。

生島 イクシマ 長野県飯田市六戸あり。

一 草加宿の生島氏 立野、吉笹原等九ヶ村を合て草加宿と唱る。立野村浄龍寺に「生島又右衛門政貞・貞享三年没は、毛利氏に仕へ、辞して埼玉郡八条領小作田村に住して医を業と為す、子無くして同村織幡四郎兵衛貞義嫡子政俊を養いて嗣ぐとなす。元録年中、政俊・草加駅に居を移す」とあり。橘姓を称す。八幡社慶応元年石垣碑に生島多仲あり。また、吉笹原村地蔵堂天保十二年供養塔に生島伊之助。長福寺跡安政五年供養塔に生島伊兵衛。柳之宮氷川社明治十九年絵馬に吉笹原村生島次郎あり。医師生島氏と一族か。また、明治三十五年草加町医師恵風堂生島玄益・同堂生島倭三郎、医師生島政養。昭和三年興信録・所得税に「草加町・生島荘三・百五十一円、生島倭三郎・六十六円」あり。

生嶋 イクシマ 越谷、草加、春日部、鳩山等に存す。

幾島 イクシマ 越谷、草加、川口、浦和、富士見、川越、三郷等に存す。長野県下伊那郡下條村十三戸あり。

幾嶋 イクシマ 岩槻に存す。

幾世 イクセ 三郷に存す。

幾瀬 イクセ 榛沢郡桜沢村(寄居町)に名主医師幾瀬氏あり。現主幾瀬医院幾瀬一朗氏とは私が二十六歳頃からのお付き合いである。同家系図に「吉田和泉守昌利(秩父郡足ヶ久保城主)―吉田新左衛門昌光(桜沢村に住す。天正寺の山に塚有り)―初代吉田弥四郎昌忠(清岩昌舟居士・慶長十九年六月二十二日卒。室内藤内蔵之助娘・直心妙正大姉・元和七年十月九日卒)―二代吉田次左衛門忠清(慶安五年卒)―三代吉田一郎兵衛忠茂(江戸に幾瀬意悦なる名医あり、明暦三酉年正月江戸大火にて焼亡絶家す。一郎兵衛・意悦より医業を受く、意悦の名誉高徳をしたい幾瀬の家名を継承す。従って幾瀬意悦と一郎兵衛とは血続なし。宝永四年卒。室は本ノ桜沢村小渕平重郎娘つな・延宝二年卒)―四代幾瀬儀右衛門忠福(享保二十年卒。室は久米六右衛門娘)―五代幾瀬弥四郎忠政(寛延四年卒。室は町田善四郎娘)―六代幾瀬一郎兵衛忠永(寛政元年卒。室は八幡山久米六右衛門娘)―七代幾瀬栄五郎忠正(文化六年卒。室は熊谷宿石川藤四郎娘)―八代幾瀬周蔵(改脩三、文化十四年卒二十七歳。室は佐藤五郎右衛門娘。弟十代吉田力蔵・改市郎兵衛、幾瀬を名乗り專与の後を襲ふ)―九代幾瀬專与(周蔵の娘ソノの婿、天保十一年卒三十七歳)―十一代幾瀬長庵教忠(脩三、明治十一年卒四十八歳)―十二代幾瀬孝一(大正三年卒)」と見ゆ。本姓吉田氏にて、医を継ぐ者は幾瀬を名乗り、分家は吉田を名乗る。吉田条参照。藤田村正龍寺宝暦十四年鐘銘に幾瀬一郎兵衛母。明治九年戸長幾瀬脩三・天保二年生。(江戸時代の公職は名主吉田市郎兵衛とあり)。昭和三年興信録に「桜沢村・幾瀬量・所得税百四十円」あり。吉田条参照。

生田 イクタ 埼玉郡大塚村字生田塚、入間郡山田庄小久保村に生田社あり、イクタと註す。新潟県三島郡出雲崎町十七戸、佐渡郡畑野町十三戸、青森県西津軽郡木造町十一戸、弘前市十八戸、鳥取県(伯耆国)西伯郡西伯町四十四戸、淀江町三十二戸、東伯郡東伯町五十一戸、日野郡日野町五十七戸、江府町十二戸、日南町十戸、溝口町十二戸、米子市百七十戸あり。

一 児玉党生田氏 武蔵七党系図(冑山本)に「児玉党。生田」とあり、イケダなり。安永元年武乾記に「児玉郡池田村は、昔は生田と云う。生田次郎と云武士の住せし所なり。生田は児玉の分類と云う」と見ゆ。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御家老・八百石・生田図書、御物頭・百三十石・生田平右衛門、寄合・三人扶持・生田東作」。豊前中津藩奥平氏の重臣にて、享保七年生田家覚書に「生田郡司・本国参河生国下野、生田主計・本国三河生国三河、浪人にて参州に来り、生田の郷主、生田の郷を領する故に生田を称号とす。貞久御代御家臣と成り、代々御家老職たり」と。また、生田氏伝に「我家発祥の地は、三河国幡豆郡生田村(いくた)なるに、生田(しょうだ)と称す其訳が不明なれど、我家の祖先は熊野別当家の出なりとの事にて、庄田が三河の生田(いくた)に来り、イクタをショウダと読む様に相成りしものならんか」と見ゆ。

三 忍・川越藩松平伊豆守(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「二十人扶持・本国近江生国伊予・生田丈庵・四十九歳」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊・七石二人扶持・亡父徳之助・生田乙三郎・二十五歳」あり。

五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五人扶持・生田宗三」あり。

六 埼玉郡百間村(宮代町) 西原組神外坊明治十六年奉納太刀銘に当所・生田清右衛門・生田弥治右衛門あり。

七 足立郡大宮町 明治三十五年甘藷問屋生田平太郎あり。

八 同郡鴻巣町 法要寺寛政二年庚申塔に生田宇右衛門。明治九年副戸長生田与市・文政九年生。明治三十五年植木屋生田さん・糸繭商生田平太郎あり。

九 川越宿 行伝寺過去帳に「蓮覚・生田五左衛門殿・子年九月、宗蓮院浄信・高沢町生田八兵衛・承応三年霜月、浄覚・生田作兵衛・寅年四月」と見え、榎本弥左衛門覚書に「承応三午年・生田八兵衛死す、八兵衛は前方は本田八兵衛に候へとも、五左衛門殿屋敷へむこ入を仕罷有候に依り、生田をなのり申候。今、午年迄四十一歳也」と見ゆ。また、幕臣加治氏家譜に「加治左衛門次郎正胤(徳川氏に仕ふ)―直胤(寛永十八年死す)―女子(生田三郎左衛門某が妻)」とあり、川越宿の生田氏であろうか。

一〇 雑載 昭和三年興信録に「鴻巣町・生田啓・所得税三十円、川越市・生田八三郎・所得税六十二円・営業税五十円」あり。

活田 イクタ 武蔵国造族にて、摂津国八部郡生田郷(以久多と註す)の生田神社(神戸市)に奉仕し、海上氏を称す。享保年中より村田氏を名乗る。古代氏族系譜集成に「兄多毛比命(定賜武蔵国造)―荒田比乃宿祢(武刺国造)、弟の五十狭茅宿祢(伊狭知直、為上海上国造、神功皇后征韓供奉、為活田大神神主、忍熊皇子に従て死す)―彦狭知直(活田大神乃祝部として斎く)―阿米―比良氐(為吉士奉仕)―櫛足―玉緒麻呂―牛甘(安閑天皇二年九月、武蔵国屯倉之税を掌る)―葛麻呂(壬生吉士)」と見ゆ。武蔵条参照。

幾田 イクタ 熊谷、桶川、大宮等に存す。

生玉 イクタマ 長野県下高井郡山ノ内町十戸あり。

生田目 イクタメ 草加、入間、川越、朝霞、熊谷等に存す。ナマタメ参照。

幾田山 イクタヤマ 東松山に存す。

井口 イグチ 横見郡流川村字井口あり。千葉県八街市四十八戸、市原市六十五戸、長野県東筑摩郡生坂村十五戸、南安曇郡豊科町二十九戸、穂高町二十一戸、北安曇郡池田町十九戸、上伊那郡飯島町十七戸、箕輪町三十六戸、伊那市八十六戸、駒ヶ根市三十三戸、新潟県北魚沼郡小出町百三十六戸、堀之内町十四戸、南魚沼郡塩沢町三十七戸、六日町百五十八戸、大和町百七戸あり。イノクチ参照。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五十石・本国遠江生国同・井口才兵衛・四十三歳」あり。

二 川越藩柳沢出羽守(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御使番・六十石四人扶持・井口甚太夫」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御物頭・二百石・村上取立・井口五兵衛、御馬廻・百石・姫路取立・井口金太郎」。万延二年に「御馬廻・二百石・井口三司、御馬廻・百石・井口唯七郎」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・六石二人扶持・井口幸右衛門・六十三歳」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御者頭・四百石・客分井口清兵衛、御使番・二百石・井口十郎兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「四百五十石・井口平馬、百五十石・井口十郎兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「御近習・三百石・井口駒八郎、御馬廻・百五十石・井口熊五郎」あり。

六 埼玉郡百間村(宮代町) 百間西原組地蔵院享保四年祈願碑に井口岫雲・井口良重あり。

七 足立郡飯塚村(川口市) 氷川社文久二年碑に井口久五郎・井口文吉、明治四十四年碑に飯塚・井口九平・井口留五郎・井口文三郎・井口平太郎・井口和一郎あり。

八 同郡草加町 明治三十五年理髪業井口森作あり。

九 新座郡野火留宿(新座市) 本郷村東福寺明治十年供養塔に野火止西組・井口留吉あり。

一〇 同郡上新倉村(和光市) 長照寺宝永七年庚申塔に上新倉村・井口佐兵衛・井口重兵衛、天保八年地蔵尊に井口弥兵衛・井口浅吉、明治四年供養塔に井ノ口庄兵衛・井ノ口銀助。字花ノ木墓地享保六年地蔵尊に上新倉村井口弥兵衛。うけら庵跡安永九年供養塔に新倉村井ノ口庄五郎。安政二年上新倉村勧進帳に井ノ口庄兵衛・井ノ口銀助・井ノ口六左衛門・井之口六郎左衛門・井之口六三郎・井ノ口半兵衛。明治九年副戸長井ノ口弥兵衛・弘化四年生。明治十九年米穀商井口八百蔵・荒物商井口六郎右衛門・肥料商井口重次郎。明治三十一年演劇寄附に坂下組・井口弥兵衛・井口信吉・井口惣次郎・井口直次郎。明治三十九年吹上観音奉納に上新倉・井口長吉。明治四十四年県税届に井口彦蔵・井口誠之助・井口春吉あり。今は井口(いぐち)を称す。

一一 高麗郡飯能村 中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に飯能村井口喜兵衛あり。

一二 横見郡田甲村(吉見町) 当村に此の氏多く存す。

一三 大里郡久下村(熊谷市) 明和年間に久下渡しの船問屋井口六助あり。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国大里郡久下村井口菊次郎あり。

一四 榛沢郡用土村(寄居町) 貴船神社文化十四年碑に猪口又兵衛。井口文書に「地頭水上氏より天保十四年猪口又兵衛は用土村取締を命じらる」と。古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に用土村・猪口亀五郎・猪口又兵衛。明治四年名主井口又平。明治十三年仙元碑に当村・井口嘉平・井口繁太郎・井口三作・井口鶴吉・井口安太郎・井口愛吉。明治十八年最上農名簿に用土村井口繁太郎・耕宅地五町五反歩・山林二十五町三反歩所有あり。

一五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・井口はつ・九円、久下村(熊谷市)・井口範次郎・二十三円、本庄町・井口利平・十五円・四十二円」あり。

伊口 イグチ 三郷に存す。

猪口 イグチ 宇都宮市十二戸あり。

生地 イクチ 坂戸に存す。

幾留 イクトメ 新座に存す。

生永 イクナガ 川口、蕨、狭山、与野等に存す。

生長 イクナガ 浦和に存す。

生野 イクノ ナマノ参照。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「二百石・生野文左衛門」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百五十石・生野八右衛門」あり。

三 入間郡宗岡村(志木市) 大日堂江戸末期碑に生野甚右衛門あり。

生乃 イクノ 上尾に存す。

育野 イクノ 越谷に存す。

幾野 イクノ 越谷、春日部等に存す。千葉県富津市五戸、新潟県中蒲原郡亀田町六戸、新潟市十四戸あり。

生原 イクハラ 所沢、大宮等に存す。

行平 イクヒラ 浦和に存す。ユキヒラ参照。

生藤 イクフヂ 所沢、鷲宮等に存す。

井久保 イクボ 越谷、所沢、上福岡、大宮等に存す。

井熊 イクマ 戸田、新座、大宮、庄和、入間、川越、上福岡、吉川、久喜、北本等に存す。新潟県南魚沼郡湯沢町二十二戸あり。

伊熊 イクマ 越谷、江南、東松山、鴻巣、新座、浦和、和光、蕨等に存す。長野県更埴市十二戸、長野市十四戸あり。

生熊 イクマ 越谷、春日部、飯能、上尾、川口、新座等に存す。千葉県印西市四戸、栃木県足利市六戸あり。

生馬 イクマ 戸田に存す。島根県平田市九戸、松江市八戸あり。

生間 イクマ 越谷に存す。

猪熊 イクマ 新潟県三条市六戸、福島県双葉郡大熊町七戸あり。イノクマ参照。

伊久間 イクマ 大井、上福岡、本庄等に存す。群馬県伊勢崎市八戸、長野県飯田市十一戸あり。

井汲 イクミ 春日部、所沢、川越、与野、東松山、浦和、和光、蕨等に存す。群馬県館林市八戸、伊勢崎市八戸あり。

生見 イクミ 草加に存す。

生南 イクミ 坂戸に存す。

幾見 イクミ 浦和、鷲宮等に存す。

居組 イクミ 鳥取県(因幡国)岩美郡岩美町九戸あり。

伊久見 イクミ 毛呂山に存す。

伊久美 イクミ 所沢、上福岡、朝霞、浦和、大宮等に存す。

生宗 イクムネ 上尾に存す。

幾村 イクムラ 東松山に存す。

生本 イクモト 蕨、川越等に存す。

生守 イクモリ 忍城士にて、成田分限帳に「十五貫文・生守隼人」あり。イケモリが正訓なり。別本に池守と見ゆ。

生森 イクモリ 大宮に存す。

生山 イクヤマ 越谷に存す。

井倉 イクラ 榛沢郡榛沢新田村(岡部町)に存す。大谷村稲荷社明治三十年筆子碑に榛沢・井倉真教あり。

伊倉 イクラ 秩父郡上名栗村字伊倉あり。新潟県上越市六十七戸存す。

一 本庄町 明治三十五年酒商伊倉本蔵あり。

居倉 イクラ 春日部、川口等に存す。

王生 イクルミ 和光、草加等に存す。

井黒 イグロ 戸田、草加、入間、三郷、与野、伊奈、北本、川本等に存す。

伊黒 イグロ 新座、浦和等に存す。

池 イケ 越後国に高志(こし)池君あり、五十嵐条参照。新潟県佐渡郡金井町十四戸、佐和田町十三戸、両津市三十七戸、西蒲原郡吉田町十四戸、新潟市五十七戸あり。

一 児玉党池氏 曽我物語に「いけの人、児玉の人々は、梶原方へぞより来ける」と見え、万法寺本及び大山寺本には「いけのべ」と見ゆ。また、「池辺・児玉の人々」とも見ゆ。入間郡池辺村(川越市)は享徳四年喜連川文書に武州池野辺郷とあり。当村の住人か。或は児玉町の隣接地である金屋村字池の谷か。イケヤ参照。

二 日蓮宗信徒の池氏 秩父郡御堂村淨蓮寺過去帳に「常慶・池・庚申年四月(永禄三年)、正慶・池弥二郎・永禄五年十二月」あり。当寺旦那に八幡山町の児玉党久米氏あり、池氏も同党にて前項の後裔か。

三 池大納言頼盛後裔の池氏 吉川英治本・新平家物語に「武蔵国比企郡の中山郷(川島町)は、池ノ禅尼の実子頼盛の知行所である」と。朽木文書に「池大納言頼盛、其子池河内守保業、其子池宮内大輔光度、比企郡石坂村(鳩山町)を領す」と見ゆ。河内、朽木参照。

四 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「三両二人扶持・池伝八」あり。

井家 イケ 上尾に存す。

伊家 イケ 忍藩阿部氏家臣にて、享保八年忍藩軍役帳に「三十五俵二人扶持・伊家仙右衛門」あり。

井削 イケ 浦和、川口等に存す。

位下 イゲ 越谷、所沢等に存す。新潟県小千谷市十八戸あり。

池井 イケイ 越谷、杉戸、鶴ヶ島、鴻巣、川口等に存す。長野県木曽郡木曽福島町六戸あり。

伊計 イケイ 越谷、入間等に存す。

伊芸 イゲイ 狭山、三芳、蕨等に存す。

伊藝 イゲイ 鶴ヶ島に存す。

池入 イケイリ 忍城士にて、成田分限帳に「十貫文・池入喜八郎」あり。行田史譚に「天正十八年、忍城攻めの時、池入喜八郎は大宮口を守る」と見ゆ。

池上 イケウエ 越谷、岩槻、上尾等に存す。イケガミ参照。

池内 イケウチ 児玉郡金屋村字池内あり。長野県更級郡大岡村十九戸、小県郡丸子町六十八戸、武石村十九戸、上田市四十戸、新潟県上越市三十四戸、秋田県山本郡山本町六十二戸、島根県(出雲国)八束郡八束町二十三戸、鳥取県(因幡国)八頭郡用瀬町十八戸あり。イケノウチ参照。

一 川越藩松平大和守家臣 明治四年前橋藩職員録に「少属観農取締巡村方・池内進六」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「子供・五石二人扶持・池内直助」。明治四年に「五石二人扶持・池内広愛」あり。次項参照。

三 葛飾郡戸ヶ崎村(三郷市) 明治三十年人名録に戸ヶ崎・郡参事員士族池内広愛・嘉永五年生・地租二十円あり。

四 埼玉郡岩槻町 明治三十五年に池内中助あり。

五 同郡野田村(白岡町) 上野田村正伝寺文政元年筆子碑に上下野田・池内長四郎あり。

六 同郡騎西町 善応寺文政二年巡拝塔に池内五郎八。明治三十五年菓物商池内ろく・小間物商池内広吉あり。

七 足立郡岸町(浦和市) 明治三十五年弁護士池内鐐輔あり。

八 新座郡志木町 明治三十五年金物商池内由太郎あり。

九 入間郡宗岡村(志木市) 選挙人名簿に池内富太郎・村税二十六円、池内瀧蔵・村税二十三円、池内繁治郎・村税十六円、池内音五郎・村税四円あり。当村に池ノ内氏も存す。

一〇 同郡豊岡村(入間市) 明治三十五年酒販売池内定吉あり。

一一 雑載 昭和三年興信録に「種足村(騎西町)・池内勘蔵・所得税十円・営業税五十三円」あり。

池浦 イケウラ 川口、志木、入間、大井、三郷、八潮、栗橋、幸手、羽生、熊谷、川本、嵐山等に存す。群馬県邑楽郡邑楽町七戸、新潟県三島郡寺泊町十戸、和島村七戸あり。

池江 イケエ 越谷、川越等に存す。

池生 イケオ 浦和に存す。

池尾 イケオ 岩槻、三郷、八潮、吉川、加須、本庄、戸田、鳩ヶ谷、和光等に存す。島根県八束郡東出雲町六戸あり。

池岡 イケオカ 越谷、草加、所沢、熊谷等に存す。鳥取県米子市九戸あり。

池貝 イケガイ 越谷、鶴ヶ島、川口、和光等に存す。千葉県安房郡富山町六戸あり。

池谷 イケガイ 越谷、草加、所沢に存す。

生貝 イケガイ 富士見、越谷、三郷、川口、戸田、騎西等に存す。千葉県安房郡鋸南町三十戸あり。

池垣 イケガキ 越谷、草加、伊奈に存す。

生垣 イケガキ 深谷、浦和、草加に存す。

池頭 イケガシラ 川口、与野等に存す。

池上 イケガミ 埼玉郡池上村(熊谷市)の新田・小敷田村普門寺(旧施無畏寺)延慶二年鐘銘に武蔵国崎西郡池上郷施無畏寺とあり。日光輪王寺応永三年大般若経に武州崎西郡池上郷大乗坊とも見ゆ。また、比企郡平村慈光寺文書に「安戸、小川、池上、竹沢、腰越」とあれど場所不明。イケノウエ参照。栃木県真岡市十六戸、茨城県真壁郡関城町十七戸、山梨県南巨摩郡身延町十八戸、長野県東筑摩郡明科町二十七戸、上伊那郡高遠町六十六戸、長谷村四十五戸、南箕輪村四十戸、宮田村二十七戸、伊那市二百四十戸、駒ヶ根市七十五戸、新潟県西蒲原郡岩室村二十四戸、南蒲原郡中之島町十六戸、福島県郡山市七十九戸あり。

一 畠山氏流池上氏 橘樹郡大師河原村(川崎市)の日蓮宗信徒池上太郎右衛門の先祖は、畠山重忠七代孫宗仲なりと伝える。或は藤原貞信の後裔と称す。風土記稿大師河原村条に「旧家名主太郎右衛門、先祖池上右衛門太夫宗仲は鎌倉将軍の番匠なり。先祖宗仲、文永弘安の頃、日蓮上人に深く帰依して池上本門寺を開基せしにより、その名近郷に聞えたり。家伝を按るに、池上氏は藤原姓にて、関白貞信公の苗裔なり。先祖のうち何某後に当国荏原郡千束の池の上に住せり。嘉禎四年正月二十八日将軍頼経上洛のとき随兵の列に、池上藤兵衛尉と云ふあり、是康光が事にて、太郎右衛門が太祖なるべし。康光は弘長二年六月十六日没せり。又東鑑嘉禎四年二月二十八日の条に池上藤七康親とあり、これは系図に康光が弟なるよしを記せり。康光が嫡男は則ち右衛門太夫宗仲なり。北条時宗執権の時、宗仲鎌倉御所に勤仕せり、其の頃も相州三浦郡池上村に居住し、ことに信者なりしかば僧日蓮へ帰依して入道し、弘安六年九月十三日没せり。其子左近康嗣、其子左近太夫宗孝までは三浦にかへりすみしかど、其子太郎忠章より内蔵康方まで十六代の間は、今の池上本門寺地中大坊の境内に住せり。康方が子右近幸種、其子太郎右衛門幸広に至りて、本門寺へ附属し、家挙りて大師河原の本村なる今の元屋敷と云ふ所へ居を移せり。この幸広は慶安三年没せり」と見ゆ。

二 成田氏族池上氏 埼玉郡池上村古宮神社由来記に「寛喜二年池上郷領主成田次郎助忠は、池上の地名を姓とし池上藤兵衛と名乗る」と。隣村は成田村(現、上之村)なり。風土記稿池上村新田小敷田村条に「普門寺、古は施無畏寺と号す。今忍の城内に掛し延慶二年の古鐘に武蔵国崎西郡池上郷施無畏寺冶鋳梵鐘一枚右当□者嚢祖奉為関東右大□家御菩提所令建立也と彫り、末に願主正六位上行左衛門尉藤原朝臣道敏敬白と載たるは則当寺の鐘なり」と見ゆ。道敏は藤姓成田氏族の池上氏か。

三 佐野氏流池上氏 埼玉郡池上村より起るか。田原族譜に「佐野越前守成綱(正和五年没)―是綱(小見左衛門尉)―盛綱―義綱―行綱―行清―行秀(小見武蔵守、武州小見城主)―秀政(小見出羽守)―正国(小見下総守)―行家(池上四郎)。秀政の弟秀房(若小国伊豆守)―政行(砂永右京助、武州成田住)」と見ゆ。若小国は若小玉の書誤りか。

四 忍城士の池上氏 成田分限帳に「十貫文・池上将監」あり。

五 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御取次・百石・池上善左衛門」あり。

六 騎西、川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「年寄役・百石・亡養父藤兵衛・池上七郎右衛門・四十四歳、下目付役・十二石二人扶持・亡養父七之進・池上七之助・五十六歳、同役・八石二人扶持・亡父善右衛門・池上林右衛門・五十歳」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・池上中助」あり。

八 葛飾郡水角村(庄和町) 水角神社明治三十五年碑に池上兵右衛門あり。

九 同郡幸手宿 牛村香取社万延元年庚申塔に池上百右衛門・池上重兵衛・池上新助・池上三次郎・池上藤蔵。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿池上鉄之助。明治二十一年新道工事寄附者に池上藤四郎・池上長三郎。明治三十五年果物商池上三吉。幸宮神社明治四十二年碑に池上久太郎あり。

一〇 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に池上平次郎・池上富次郎。天王神社天保五年庚申塔に天神轡瀬株・池上三五郎、明治四十年碑に当株・池上卯平あり。

一一 埼玉郡百間村(宮代町) 西原組浅間社明治三十年碑に川島・池上伝次郎(明治四年生)。清地村近津神社明治三十四年伊勢講碑に字川島・池上辰五郎・池上伝次郎・池上弥七あり。

一二 埼玉郡高虫村(蓮田市) 観喜寺跡安永三年地蔵尊に池上弥平治。当村安永六年庚申塔に当村池上半右衛門あり。

一三 同郡騎西町 明治二十一年皇国武術英名録に北辰一刀流寄西町池上徳次郎あり。

一四 足立郡岸町(浦和市) 調神社慶応二年御神燈に当所池上藤治郎。明治三十五年旅館美濃屋池上義三・池上長吉あり。

一五 同郡下笹目村(戸田市) 風土記稿下笹目村条に「旧家太郎左衛門・池上を氏とす、村の年寄役也。橘樹郡大師河原村の名主太郎左衛門と同家なりと云。慶長四年先祖池上采女へ伊奈備前守より贈りし書あり。これ等にても古くより当所に居りしこと知らる。されど家系を失ひたれば其詳なることを知らず。先祖の用ひしものとて鞍鐙を蔵せり」と見ゆ。但し、佐々目郷の当村及び美女木(古の上笹目村)・内谷・沼影・曲本の五村に日蓮宗寺院は無し。平等寺寛文六年地蔵尊に下篠目村池上理左衛門、元文四年六地蔵に池上惣兵衛、天保五年供養塔に池上忠左衛門。笹目神社寛政九年御神燈に池上太郎左衛門。当村文久三年不動明王に池上三五郎。明治九年副戸長池上助右衛門・文化十年生、副戸長池上三木之丞・文政二年生あり。

一六 同郡美女木村(戸田市) 峰岸家明治十四年水鉢に池上甚右衛門あり。

一七 同郡蕨宿 字新兵衛は池上新兵衛が開発す。また、字義法師も池上氏の開発と云う。世鏡伝記顕臨書(天明六年榎本政雄著)に「本国武州池上住・池上新六は新兵衛・義法師開発人、以上草切開発の七人と申伝しは此等の人なり」と。榎本文書に「蕨新宿御取立に付き、作り田畑被潰御取上に成ける人々七人あり、池上太郎右衛門・一町歩、是田畑を変地して町屋敷に成ける」と見ゆ。新六の子孫太郎右衛門の時、蕨宿創設により田畑を取上げとなる。榎本条参照。荏原郡千束池上村(大田区)出身か。錦町延宝五年庚申塔に池上四郎左門・池上文十郎。御嶽社元禄七年棟札に池神庄兵衛・池神市三郎。錦町山崎宅元禄八年庚申塔に池神新兵衛。日蓮宗本法院元禄十一年板碑に池上喜衛門、享保十二年棟札に池上八兵衛、明治十四年碑に池上馬之丞・池上熊次郎。新義真言宗三学院明和六年庚申塔に池上新兵衛・池上市兵衛、明治十五年水鉢に池上亀蔵。新兵衛家は日蓮宗とは無関係か。和楽備神社享和三年鳥居碑に池上平八・池上利助。明治三年御用会所役員池上助右衛門、四年商用判鑑帳に池上平八・池上平吉。明治三十五年営業便覧に小間物商池上馬之丞・瓦斯双子製造池上常吉・菓子商池上長八・鳶職池上亀蔵・織物製造業池上豊次郎・粉名商池上平吉・素麺商池上喜三郎・染物業池上常次郎・双子織製造業池上エイあり。

一八 同郡大宮町 明治二十六年与野町長伝寺文書に大宮・池上三太郎。明治三十五年に池上三吉あり。

一九 同郡阿弥陀寺村(大宮市) 阿弥陀寺宝暦十二年庚申塔に池上与左衛門・池上長右衛門・池上長三郎あり。

二〇 同郡与野町 氷川社享保四年水鉢に池上伊右衛門、寛延三年御神燈に池上市三郎・池上安右衛門。明治三十五年荒物商池上伊吉あり。

二一 新座郡上新倉村(和光市) 明治四十四年県税届に池上藤吉あり。

二二 入間郡竹間沢村(三芳町) 入間郡誌竹間沢村条に「社の北数十間に村の良名主池上八郎・碑立てり」と。竹間神社寛政九年御神燈に竹間沢・池上八郎右衛門(名主)、天保十一年御神燈に池上初五郎・池上半次郎・池上覚次郎・池上吉左衛門・池上多左衛門・池上卯之助・池上又吉・池上八五郎、同年水鉢に池上弥次郎・池上清吉、明治八年幟碑に池上喜三郎・池上弥市、明治九年御神燈に池上藤右衛門、明治十年狛犬に池上弥平治。泉蔵院慶応二年菩薩像墨書銘に池上佐輔・池上清五郎・池上平次郎・池上伝吉、明治三年菩薩碑に池上幸次郎・池上伝吉・池上熊治郎、明治二十九年碑に池上仁三郎・池上八郎右衛門・池上兼吉・池上九吉・池上多左衛門・池上七五郎・池上忠兵衛・池上関次郎・池上才兵衛・池上左仲・池上仲次郎・池上民蔵・池上久蔵・池上七五郎・池上カツ・池上喜代・池上マス・池上喜平。明治九年戸長池上八郎右衛門・天保二年生(旧名主)、副戸長池上弥次右衛門・天保八年生、副戸長池上弥平次・文政八年生(質屋)あり。

二三 同郡北永井村(三芳町) 明治六年願書に池上直次郎。竹間沢村泉蔵院明治二十九年碑に北永井村池上菊次郎あり。

二四 同郡藤久保村(三芳町) 広源寺寛政八年門前碑に池上源左衛門、安政七年普門品に池上松五郎あり。

二五 同郡水子村(富士見市) 大応寺明治二十五年碑に池上巳之吉あり。

二六 比企郡腰越村(小川町) 平村正法寺明治三十年廻国塔に腰越・池上嘉助あり。

二七 同郡平村(都幾川村) 字竹ノ平慶応三年馬頭尊に池上九右衛門・池上幸吉・池上定吉・池上仲右衛門。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に後野組・池上嘉助・池上正吉・池上伝次郎。萩日吉社明治四十一年碑に池上惣五郎・池上小一郎・池上徳蔵・池上文次郎あり。

二八 同郡雲瓦村(都幾川村) 字東寛政二年薬師如来に池上五兵衛。平村萩日吉社明治二十五年筆子碑に雲河原村池上九十郎。平村正法寺明治三十年廻国塔に雲瓦・池上定吉・池上平十郎・池上銀造あり。

二九 秩父郡下日野沢村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に下日野沢村池上半六あり。

三〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・池上庄蔵・十五円、大宮町・池上竹次郎・二十五円・五十円、三芳村・池上平左衛門・十円、池上善兵衛・三十円」あり。

池神 イケガミ 蕨に存す。

池亀 イケガメ 各市町村に存す。神奈川県海老名市二十四戸、新潟県西頚城郡名立町七戸、上越市四十二戸、佐渡郡畑野町六戸あり。

生亀 イケガメ 草加、八潮、鶴ヶ島、朝霞、川口、大宮、蕨等に存す。福島県河沼郡河東町十二戸あり。

池谷 イケガヤ 川口、浦和、与野等に存す。イケタニ、イケヤ参照。

池ヶ谷 イケガヤ 越谷、入間、深谷、熊谷、秩父、朝霞、大宮等に存す。

池川 イケガワ 山梨県西八代郡市川大門町十一戸、大月市三十三戸あり。

一 葛飾郡大島新田(幸手市) 当村共同墓地安永七年宝篋印塔に大島新田・池川市右衛門。安戸村香取社明治三年富士碑に大島新田・池川市平鼎行。清地村近津神社明治二十二年碑に八代池川市平。当村明治四十四年碑に池川篠助あり。

二 同郡並塚村(杉戸町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に並塚村池川市平あり。

三 足立郡大間村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に大間村池川勘六。明治六年大間築堤碑に池川三郎兵衛・池川庄右衛門。大野神社明治二十六年幟碑に池川直右衛門・池川作兵衛、明治三十九年碑に池川由太郎あり。

池北 イケキタ 越谷、狭山、鶴ヶ島等に存す。

池口 イケグチ 春日部、所沢、大井、三郷、吉川、与野、加須、深谷、熊谷、江南、北本、朝霞、戸田、大宮等に存す。長野県木曽郡大桑村十二戸、鳥取県西伯郡淀江町十一戸、東伯郡大栄町十四戸、米子市三十三戸あり。

池久保 イケクボ 入間郡荒幡村字池の久保、幡羅郡男沼村字池久保あり。

池黒 イケグロ 忍城士にて、成田分限帳に「二十四貫文・池黒次郎太夫」あり。行田史譚に「池黒次郎太夫は長野口を守る」と見ゆ。

池座 イケザ 入間に存す。千葉県長生郡長柄町六戸、茂原市七戸あり。

池阪 イケサカ 上尾に存す。

池崎 イケザキ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡茂木町十九戸、茨城県常陸太田市九戸あり。

池嵜 イケザキ 浦和に存す。

池迫 イケサコ 越谷、戸田等に存す。

生沢 イケザワ 栃木県下都賀郡大平町四十一戸、栃木市五十六戸あり。イキサワ、イクサワ参照。

池沢 イケザワ 入間郡成瀬村字池の沢あり。群馬県渋川市十五戸、栃木県那須郡那須町三十八戸、烏山町十四戸、上都賀郡粟野町三十四戸、下都賀郡藤岡町十八戸、安蘇郡葛生町十五戸、田沼町二十一戸、太田原市二十七戸、黒磯市二十三戸、栃木市三十戸、小山市三十二戸、佐野市二十四戸、千葉県東葛飾郡関宿町二十一戸、長生郡長柄町十六戸、茂原市二十一戸あり。

一 旗本戸田氏家臣 児玉町八幡社享保十一年鳥居碑に「戸田藤五郎内、池沢喜内」あり。

二 葛飾郡幸手宿 雷電社明治二十四年水鉢に池沢直次郎あり。

三 同郡下高野村(杉戸町) 厳島社文政五年庚申塔に下高野村内小谷堀株・池沢市郎右衛門、天保五年水鉢に池沢元吉あり。

四 埼玉郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に池沢小右衛門あり。

五 同郡大枝村(春日部市) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流大枝村池沢政次郎あり。

六 同郡菖蒲町 明治三十五年筆製造店池沢新之助あり。

七 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に「池沢次郎兵衛―二郎兵衛―惣兵衛―団七―林蔵―与介―庄蔵―政之助―庄吉」と見ゆ。鈴木参照。八幡社嘉永五年狛犬に池沢荘蔵あり。

八 同郡鈎上村(岩槻市) 神明社元治元年碑に当所池沢初五郎、慶応元年幟碑に上組・池沢菊三郎・池沢豊吉。明治三十年人名録に池沢甚蔵・弘化元年生・地租五十二円あり。

九 同郡上間久里村(越谷市) 明治十九年上間久里村連合・池沢勝蔵・池沢清兵衛あり。

一〇 同郡高岩村(白岡町) 当村天明八年庚申塔に池沢文六・池沢文治郎・池沢吉右衛門。字野中文政七年庚申塔に池沢重五郎。明治三十年人名録に蚕業池沢幸次郎・安政元年生あり。

一一 同郡久下村(加須市) 明治三十五年酒商池沢利兵衛あり。

一二 同郡境村(川里町) 天満宮寛文五年庚申塔に池沢加右衛門・池沢権右衛門・池沢藤左衛門・池沢勘左衛門・池沢惣左衛門、延宝八年愛宕碑に池沢勘右衛門・池沢久右衛門・池沢藤左衛門・池沢三右衛門。明治四年組頭池沢武松・三十六歳あり。

一三 同郡北大桑村(大利根町) 大願寺文化六年供養塔に池沢八右衛門・池沢金蔵。香取社明治十六年水鉢に池沢勘助あり。

一四 足立郡鴻巣町 原馬室村明治三十四年馬頭観音碑に鴻巣・池沢和恵蔵。明治三十五年材木商池沢宇吉・池沢定八あり。

一五 比企郡小川町 明治十四年本街一丁目消防委員池沢初五郎。明治三十五年に池沢初太郎あり。

一六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「鴻巣町・池沢伊和蔵・二百十六円・百二十一円、池沢宇吉・二百六円・八十四円、共和村(川里町)・池沢要助・二十八円」あり。

池澤 イケザワ 鴻巣、吹上、北本、川里、羽生、草加、深谷、小川等に存す。

生食 イケジキ 上福岡に存す。

池下 イケシタ 川口、鳩ヶ谷、越谷、所沢、川越、八潮、与野、鶴ヶ島、富士見等に存す。

池島 イケジマ 茨城県那珂郡那珂町十一戸、鹿島郡鉾田町十戸、つくば市二十三戸、土浦市二十一戸、新潟県刈羽郡小国町八戸、柏崎市七十五戸あり。

一 入間郡山口村(所沢市) 明治九年地主誓約書に池島金太郎あり。

池嶋 イケジマ 越谷、狭山、上尾、宮代、久喜、深谷、桶川、朝霞等に存す。

池庄司 イケショウジ 吉川に存す。

池尻 イケジリ 新座郡大和田村字池尻、入間郡増形村字池尻、児玉郡下阿久原村字池尻あり。庄和、八潮、上尾、深谷、富士見、浦和、和光等に存す。島根県八束郡宍道町七戸、平田市二十八戸、松江市十戸あり。

池城 イケシロ 男衾郡小江川村字池城あり。入間に存す。

池末 イケスエ 川越、坂戸、富士見、鳩ヶ谷等に存す。

池杉 イケスギ 越谷に存す。

池住 イケスミ 川口に存す。

池角 イケスミ 浦和に存す。

生悦住 イケスミ 新座に存す。

池添 イケゾエ 春日部、上尾、富士見、川口、志木、浦和等に存す。鳥取市十戸あり。

生田 イケダ 児玉郡池田村は生田とも記す。児玉党生田氏あり。イクタ参照。

活田 イケダ 川口に存す。イクタ参照。

溏田 イケダ 朝霞、所沢等に存す。長野県伊那市五戸あり。

池田 イケダ 児玉郡池田村(神川町)あり、池田荘を唱る。比企郡角山村字池田(小川町)は古の村名にて、武蔵志に角山村枝郷池田村とあり。小名では葛飾郡狐塚村、新井村、埼玉郡久下村、上平野村、上崎村、白川戸村、足立郡道場村、新座郡片山村、野火留宿、溝沼村、入間郡大中居村、赤尾村、前久保村、堀口村、比企郡石坂村等にあり。〇群馬県利根郡月夜野町三十三戸、勢多郡赤城村四十八戸、粕川村二十戸、富士見村二十八戸、北群馬郡子持村三十戸、群馬郡倉渕村二十戸、佐波郡境町四十五戸。〇栃木県那須郡西那須野町三十四戸、塩谷郡氏家町二十一戸、河内郡河内町三十八戸、下都賀郡岩舟町三十四戸、芳賀郡二宮町三十七戸、益子町二十八戸。〇茨城県西茨城郡岩瀬町四十戸、岩間町四十二戸、鹿島郡神栖町二百戸、波崎町二十九戸、鉾田町六十八戸、行方郡北浦町三十三戸、新治郡千代田町二十戸、新利根町百二戸、阿見町三十戸、江戸崎町四十六戸、北相馬郡藤代町二十七戸、守谷町三十七戸、真壁郡関城町三十戸、真壁町四十戸、大和村三十六戸、結城郡千代川村二十戸、筑波郡伊奈町二十七戸、猿島郡三和町三十戸、総和町二十七戸。〇千葉県香取郡小見川町二十九戸、印旛郡栄町三十四戸、富里町三十三戸、山武郡大網白里町五十戸、安房郡鋸南町三十八戸、富浦町二十七戸、富山町七十四戸、夷隅郡大原町三十五戸、岬町四十七戸。〇山梨県北都留郡上野原町二十五戸。〇長野県下高井郡山ノ内町八十戸、野沢温泉村四十八戸、上高井郡小布施町三十七戸、上水内郡信濃町百戸、三水村二十戸、埴科郡戸倉町二十三戸、坂城町八十二戸、小県郡東部町四十六戸、丸子町二十七戸、青木村二十五戸、下伊那郡喬木村二十三戸。〇新潟県中蒲原郡亀田町六十五戸、西蒲原郡黒崎町三十七戸、吉田町三十七戸、南蒲原郡中之島町三十三戸、北魚沼郡広神村二十四戸、南魚沼郡六日町三十戸、大和町五十戸、湯沢町三十四戸、中頚城郡板倉町三十戸、妙高高原町三十四戸、清里村二十五戸、頚城村三十七戸、三和村二十五戸、東頚城郡松代町三十二戸、安塚町九十八戸、刈羽郡西山町五十七戸、佐渡郡相川町四十八戸、佐和田町三十六戸、及び近隣の市部に多く存す。奥州太平洋岸は少ない。〇福島県伊達郡梁川町六十五戸。〇宮城県伊具郡丸森町六十四戸。〇青森県北津軽郡鶴田町二十戸。〇山形県東田川郡藤島町三十四戸、余目町六十戸、飽海郡平田町二十戸、松山町二十戸、八幡町二百五十戸、遊佐町二百二十戸、酒田市八百戸。〇秋田県由利郡象潟町九十五戸、金浦町四十五戸、鳥海町二十戸、仁賀保町二十五戸、西目町二十七戸、雄勝郡羽後町三十戸、河辺郡雄和町五十七戸、仙北郡仙北町五十三戸、鹿角郡小坂町二十二戸。〇島根県隠岐郡西郷町百七戸、都万村二十戸、簸川郡斐川町六十九戸、大社町三十戸、八束郡八束町三十二戸、能義郡広瀬町四十五戸、松江市百五十戸、安来市九十五戸。〇鳥取県東伯郡北条町二十戸、倉吉市九十戸、気高郡青谷町三十二戸あり。

一 河越城士の池田氏 相模国大住郡石田村武兵衛所蔵文書に「北条氏康・氏政は、長尾景虎の来攻に備へ、池田安芸守を河越に籠城せしむ」と見ゆ。

二 岩附城士の池田氏 太田家譜に「太田譜代之士、池田若狭これ見ゆ」とあり。高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、池田若狭守殿」と見ゆ。

三 松山城士の池田氏 天正庚寅松山合戦図に「黒岩・長谷・田甲方面城方、池田利衛門」あり。

四 忍城士の池田氏 成田分限帳に「二十一貫文・池田攝津」あり。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、池田攝津は持田口を守る」と見ゆ。

五 鉢形城士の池田氏 鉢形分限帳に「本国周防熊毛・池田久四郎」あり。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百五十石・池田与十郎・是は忍にて罷出・駿河之者、百石・池田五左衛門・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御小姓頭・百五十石・池田杢之丞」。享保八年軍役帳に「五十俵二人扶持・池田八郎右衛門、三両余二人扶持・池田与兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「御勝手目付・二十俵二人扶持・池田寸松」あり。

八 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御使番・百三十石・池田五右衛門、御馬廻・三人扶持・池田条兵衛」あり。

九 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「大近習・百石・池田才次郎」あり。

一〇 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・三百石・越前取立・池田渡人、御物頭・百石・越前取立・池田市右衛門、御目付・百石・姫路取立・池田才記」。万延二年に「御馬廻・三百石・池田渡人、大御目付・百石・池田市右衛門、御馬廻・百石・池田述、永詰雇・五人扶持・池田轍作」あり。

一一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・池田市郎左衛門」あり。

一二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「千三百石・池田新兵衛、三百石・池田彦六、十両二人扶持・池田済右衛門」あり。

一三 関東郡代伊奈氏家臣 伊奈忠順の臣池田郷右衛門。天明年間赤山陣屋屋敷図に「池田文八郎・一町四反」あり。

一四 葛飾郡関新田村(吉川市) 浄慶寺跡元文五年庚申塔に池田与平次、天明五年庚申塔に池田茂右衛門、寛政十二年庚申塔に池田忠助、文政八年庚申塔に池田捨五郎、嘉永三年庚申塔に池田常五郎。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に関新田・池田繁治郎あり。

一五 同郡加藤村(吉川市) 香取社征露碑に池田長次郎・池田治兵衛・池田初五郎あり。

一六 同郡大川戸村(松伏町) 明治九年副戸長池田三和三・文政七年生。明治六年大川戸学校人員録に池田三和三孫長男市右衛門・十歳あり。

一七 同郡倉常村(庄和町) 愛宕社享保七年庚申塔に池田七郎左衛門あり。

一八 同郡金崎村(庄和町) 道善寺寛延三年庚申塔に池田権右衛門、文化七年普門品に池田伊左衛門・池田乙治郎・池田武助。天神社寛政四年庚申塔に下金崎邑池田重治郎。永沼村八幡社明治二十八年碑に金崎・池田卯太あり。

一九 同郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄附碑に池田只七・池田房五郎あり。

二〇 同郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に池田太兵衛、明治十七年御神馬碑に池田岩松あり。

二一 同郡不動院野村(春日部市) 本郷村雷電社安政五年仙元碑に不動院野村池田長左衛門。堤根村稲荷社慶応二年御神燈に不動院野・池田幸次郎あり。

二二 同郡小淵村(春日部市) 堤根村稲荷社慶応二年御神燈に小淵・池田喜三郎あり。

二三 同郡惣新田村(幸手市) 字高須賀観音院寛延元年庚申塔に池田喜兵衛、宝暦六年庚申塔に高須賀村・池田三平。字沢目木天満宮寛政四年庚申塔に沢目木村池田治右衛門、文化六年庚申塔に池田新太郎、文政六年庚申塔に池田三平、天保十二年庚申塔に上沢目木組池田惣四郎あり。

二四 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に池田竹三郎あり。

二五 同郡杉戸町 明治三十五年酒商池田新蔵あり。

二六 同郡清地村(杉戸町) 近津神社元治元年狛犬に池田直右衛門あり。

二七 同郡蓮沼村(杉戸町) 字本村香取社明和六年庚申塔に池田藤蔵春浩、天明八年庚申塔に池田長蔵長好、文化元年庚申塔に池田源蔵、文政元年庚申塔に池田政蔵。字照市香取社天保八年猿田彦碑に照都組池田源蔵あり。

二八 同郡大塚村(杉戸町) 豊明神社天保十二年庚申塔に池田直七。延明寺明治六年碑に池田直八あり。

二九 同郡栗橋宿 池田大炊頭正親の末葉・池田兵衛藤原為祐は美濃国池田郡生地の産で、始め生地と称し、後に池田を氏とす。また、摂津国豊島郡池田城(池田町有岡城)を守り池田を名乗ると伝える。風土記稿・栗橋宿条に「旧家者与四右衛門、氏を池田と称す。大職冠鎌足の苗裔池田大炊頭正親の末葉、本国美濃ノ者にて観応の頃下総国元栗橋村に来り農家に降す。慶長年中、鴨之助と云もの村民五郎平と謀りて当所を開発す。其子与四右衛門より代々此名を襲ひて、開発以来怠慢なく本陣役を勤めり。常薫寺開基は今の名主の先祖池田鴨之助・法名光明院常薫と云、慶安元年十二月十九日死す。顕正寺は下総国中田新宿村より池田鴨之助当所へ引移せりと云ふ」と見ゆ。また、武蔵国郡村誌には「池田鴨平祖先は、横田由右衛門と称し、後池田鴨之助と改む。大識冠鎌足の苗裔大炊頭正親十世の孫なり。正親は楠氏に属し摂州池田の城を守る、因て池田を氏とす。正行戦死の後、足利氏の勢盛なるに及て、下総国小手指原の内栗橋村(茨城県猿島郡五霞村)に来り、氏を横田と改めて爰に住する。二百六十余年子孫蕃衍す、村中今に横田氏を称するもの多し(元栗橋に横田氏六戸現存す)。慶長十九年鴨之助・村民並木五郎平と謀り当所を開墾し、竟に一村落をなせし栗橋に対して新栗橋と号す。元和八年将軍家日光社参の時本陣役を勤む、是より世々本陣となる。元禄元年三世与四右衛門・祖父鴨之助の遺志を建き当地の庵室に田畑若干を寄附し、一寺となし鴨之助の法名を採り常薫寺と名く、同十年検地の時、名主組頭を務む、後に家を長子に譲り宿内に別家す。後七世由右衛門は地方取締を命ぜらる。子与四右衛門・家を継ぐ、天保十四年四月将軍家日光社参の時、船橋架設の際功労あるを賞し、一代苗字を許さる。其子由右衛門は日光道中組合取締を勤む。其子は即ち当鴨平なり、鴨平は維新後、戸長となり、其後第八区々長となる」と見ゆ。八坂社文化元年供養塔に宿役人池田由右衛門・池田甚左衛門、文化十四年御神燈に池田三郎左衛門。文政七年戸賀崎門人帳に栗橋駅池田与四右衛門。明治四年栗橋宿勧農方池田鴨之助。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に栗橋宿池田鴨平・池田三郎左衛門。明治三十五年に池田健助・凍氷笹屋池田宗三郎・私立淑徳女学館池田鴨平あり。

三〇 同郡中里村(栗橋町) 幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に中里・池田庄松あり。

三一 同郡河原代村(栗橋町) 千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に河原代村・池田弥七・池田捨八。幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に河原代・池田八右衛門あり。

三二 同郡小右衛門村(栗橋町) 下組八幡社弘化二年水鉢に池田官次郎・池田近右衛門あり。

三三 同郡島川村(栗橋町) 明治九年副戸長池田国蔵・天保四年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に島川村池田庄太郎。八幡社明治十五年伊勢講碑に池田由五郎・池田庄五郎・池田卯吉・池田平蔵・池田清右衛門・池田市太郎。明治十六年鉄道敷設願に池田庄治郎。県会議員農業池田保次・明治二十四年生あり。

三四 埼玉郡下大瀬村(八潮市) 宝光寺明治四十四年碑に池田鉄五郎あり。

三五 同郡垳村(八潮市) 明治九年副戸長池田庄右衛門・文化十四年生。古新田稲荷社明治十八年絵馬に垳村・池田銀蔵・池田幸次郎。明治三十年人名録に池田丑五郎・元治元年生・地租三十円あり。

三六 同郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「本町西組池田太兵衛義は宝暦中塩屋吉兵衛分家に而百姓に候。百姓治右衛門義・池田治右衛門と申、元禄年中塩屋治左衛門分家に而其後大家に相暮し申候、乍然旧家と申にも無之、中古上方より来申候者之由、塩屋治左衛門弟塩屋治右衛門と申候事。塩屋吉兵衛義は本家池田と申。塩屋文次郎義は塩屋吉兵衛下人・船戸村出生に而、安永年中分家、近来追々身上取立。正徳中より塩屋吉兵衛分地・池田屋惣兵衛あり」と見ゆ。本陣池田吉兵衛は大豪商農にて、文化十年遊歴雑記に「武蔵国埼玉郡越ヶ谷の駅池田吉兵衛は本町北側に家居して、通名は塩屋吉兵衛・塩吉と称す、と呼べり。当駅に名だたる豪家にして田地五百余石、燈しあぶらを〆・又はよろづの塩の問屋たり。居やしき尤も広く間口五十余間・奥行三町余、裏の中路に至りて一円に見わたす耕地、悉くみな吉兵衛が田畑とかや。土蔵両側に建ならびし事三十余庫、みなおのおの幅三間奥行五間より小さきはなし。なを又、文庫ぐらと覚しきは住居につづきて四ツ五ツ見ゆ、家居元より広く、見およぶ座敷の間数凡そ十二三、家内のくらし五十余人」と見ゆ。久伊豆社文化元年御神燈に池田吉兵衛・池田半兵衛、明治三十二年榛名碑に池田市太郎。万延元年武術英名録に北辰一刀流池田吉兵衛。明治三十五年荒物商池田りえ・酒商池田安太郎あり。

三七 同郡袋山村(越谷市) 久伊豆社慶応四年御神燈に下組池田八郎左衛門。明治三十年所得税下調査簿に大袋村池田幸太郎・明治五年生・反別十四町七反歩・地租百十二円あり。

三八 同郡粕壁町 東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に池田徳十郎。明治三十五年荒物商池田国太郎あり。

三九 同郡一ノ割村(春日部市) 明治三十年人名録に円福寺住職池田春常・弘化三年生あり。

四〇 同郡下蛭田村(春日部市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に下蛭田村池田惣左衛門。花積村住吉社慶応元年水鉢に池田喜惣次。当村神社跡明治十二年浅間碑に池田喜惣次・池田周三郎・池田録之丞・池田栄造・池田伝次郎。明治四十一年古峰院碑に下蛭田・池田良助・池田周三郎・池田喜惣次あり。

四一 同郡岩槻町 加倉村浄国寺元禄十一年棟札に幹事檀越岩槻・池田庄右衛門あり。

四二 同郡平野村(岩槻市) 表慈恩寺村諏訪社天保五年水鉢に平ノ村池田蔵之助。稲荷社嘉永四年石尊碑に池田岩松・池田馬蔵、元治元年御神燈に池田庄兵衛・池田栄次郎あり。

四三 同郡真福寺村(岩槻市) 久伊豆社嘉永五年庚申塔に池田助次郎あり。

四四 同郡飯塚村(岩槻市) 法華寺寛文十年庚申塔に池田吾左衛門・池田六郎右衛門・池田弥左衛門、元禄三年庚申塔に池田徳兵衛・池田彦右衛門・池田三左衛門、享保十六年庚申塔に池田宇三・池田久兵衛。清水文書に安政三年・池田久助、慶応四年・池田民治郎・池田五左衛門・池田本家八左衛門あり。

四五 同郡高曽根村(岩槻市) 稲荷社文化十年御神燈に当所・池田箋右衛門・池田三五郎・池田藤左衛門・池田千之丞、文化十一年御神燈に池田惣次郎・池田嘉右衛門・池田太右衛門・池田小左衛門・池田新右衛門・池田喜蔵、文化十四年天神碑に池田八十郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡高曽根村池田彦八。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に高曽根村池田多右衛門。薬師堂安政二年庚申塔に当所・池田市右衛門・池田八蔵・池田利兵衛・池田喜左衛門・池田三右衛門・池田利左衛門・池田長左衛門。明治三十年人名録に醤油醸造業池田嘉右衛門・嘉永二年生。南部領辻村鷲神社明治四十二年碑に鳶職高曽根・池田寅蔵あり。

四六 同郡孫十郎村(岩槻市) 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に孫重郎村・池田利左衛門・池田市右衛門あり。

四七 同郡末田村(岩槻市) 浄音寺宝永三年供養塔に池田吉兵衛あり。

四八 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺元禄五年常夜塔に池田伝右衛門。同寺文書に「安永九年慈恩寺目代池田伝右衛門、寛保元年目代池田蔵之助、寛政十二年目代池田牧太珍久」あり。

四九 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に池田杢兵衛妻、天明八年庚申塔に池田甚蔵あり。

五〇 同郡太田新井村(白岡町) 安楽寺寛延二年庚申塔に池田重兵衛あり。

五一 同郡久喜町 明治三十五年に荒物商池田栄吉・人力車業池田寅吉・筆墨商池田孫四郎あり。

五二 同郡江面村(久喜市) 久伊豆社明和八年天満宮碑に池田幸七、年不詳碑に池田万次郎・池田岩右衛門・池田市郎右衛門。天保十一年江面村百姓連名帳に池田小右衛門・池田伊兵衛・池田五郎八・池田忠左衛門・池田武八あり。

五三 同郡新堀村(菖蒲町) 明治七年富士講(正能村青木文書)に新堀村池田弥曽松あり。

五四 同郡栢間村(菖蒲町) 明治九年副戸長池田儀兵衛・天保三年生あり。

五五 同郡騎西町 大英寺寛政十二年庚申塔に池田長八・池田庄右衛門。玉敷神社弘化四年二十三夜塔に町講中・池田七蔵。明治三十五年白木綿商池田近五郎・飲食店池田ユウあり。

五六 同郡久下村(加須市) 明治三十五年煙草商池田柳吉・魚商池田千代松・裁縫店池田十七蔵・池田房吉・池田惣作あり。

五七 同郡不動岡村(加須市) 字根付文政六年地蔵尊に池田文治郎。明治三十五年に池田徳次郎あり。

五八 同郡外野村(加須市) 明治九年戸長池田官右衛門・嘉永元年生あり。

五九 同郡下新井村(大利根町) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北下新井村樽場・池田三吉あり。

六〇 同郡屈巣村(川里町) 真福寺宝暦十年供養塔に当村池田久兵衛あり。

六一 同郡上村君村(羽生市) 明治十三年埼玉精絲会社発起人上村君村池田定六あり。

六二 同郡上手子林村(羽生市) 下手子林村豊武神社文政十一年水鉢に上手子林村池田惣兵衛あり。

六三 同郡野村(行田市) 氷川社安政三年御神燈に池田音五郎あり。

六四 足立郡川口町  明治三十五年荒物商池田多七あり。

六五 同郡本郷村(川口市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流池田権蔵あり。

六六 同郡芝村(川口市) 八幡社文久三年石華表に当村池田金六、明治四十年碑に芝村・池田辰之助・池田甚左衛門。慈星院明治十年碑に池田藤左衛門・池田弥右衛門・池田やす・池田吉五郎・池田金六。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流池田常吉あり。

六七 同郡伊刈村(川口市) 力神社文政十年奉納額に池田冨五郎、同年水鉢に池田喜三郎、嘉永五年鳥居碑に当所・池田吉左衛門・池田三治郎・池田八十八・池田太七あり。

六八 同郡下青木村(川口市) 西方寺寛保三年筆子碑に池田治兵衛あり。

六九 同郡元郷村(川口市) 氷川社文化十二年富士碑に池田勘右衛門・池田与右衛門・池田長右衛門、年不詳に池田金蔵、明治三十三年碑に当所池田清次。随泉寺天保二年常夜燈に池田庄治郎・池田紋三郎、安政四年廻国塔に元郷村池田勇蔵、安政五年普門品に池田幸右衛門・池田甚兵衛・池田浅五郎・池田吉五郎・池田八郎・池田重治郎、文久三年廻国塔に当村池田常五郎・倅池田半次郎。正覚寺天保九年碑に池田常次郎。明治九年副戸長池田長右衛門・文政十一年生。飯塚村氷川社明治四十四年碑に元郷・池田長蔵・池田幸次郎あり。

七〇 同郡草加宿 氷川社宝永三年棟札に北草加村・池田次左衛門・池田伊兵衛・池田清兵衛、安永七年水鉢に北草加村池田与太郎。当所安永七年碑に北草加村池田伝吉。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿池田源右衛門。南草加村東福寺文政十三年筆子奉納額に池田千蔵・八歳。観音堂天保二年供養塔に北草加村池田竹治郎、天保十五年鰐口銘に北草加村池田勝五郎。市神祠官筆学門人控に安政三年・長張池田紋治郎、明治六年・池田栄蔵。明治三十五年桶屋池田栄蔵・水菓子商池田藤吉・漬物商池田徳次郎。県会議員吉笹原村池田岩松・明治三十五年生あり。

七一 同郡浦和宿 明治三十五年に池田仲次郎。白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和・池田彦吉(傘製造)あり。

七二 同郡岸村(浦和市) 白幡村医王寺延宝五年文書に岸邑池田仲右衛門。調神社慶応二年御神燈に当所池田八右衛門。起志乃天神社明治四年碑に村役人池田武信。明治七年松井文書に岸村伍長池田安五郎・伍長池田仲次郎。明治三十五年餅屋池田留蔵・三味線駒製造池田吉次郎あり。

七三 同郡太田窪村(浦和市) 行弘寺嘉永二年常夜燈に池田吉左衛門あり。

七四 同郡大谷口村(浦和市) 信成院明治二十七年成田山碑に大谷口・池田丈吉あり。

七五 同郡浦和領辻村(浦和市) 白幡村医王寺元禄十三年文書に辻村池田清八。万蔵寺安永四年六地蔵に池田金兵衛。吉祥院文化六年六地蔵に池田寅二郎・池田清□。明治九年副戸長池田新蔵・文政十年生。本太村山神社明治三十年碑に辻・池田与五郎。浦和宿玉蔵院明治三十一年供養塔に辻・池田新兵衛・池田鍋勝・池田倉吉。白幡村睦神社明治三十六年碑に辻・池田岩蔵あり。

七六 同郡中尾村(浦和市) 権現社天保十五年水鉢に池田万次郎。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に中尾・池田与吉・池田清兵衛、万延元年庚申塔に中尾・池田友治郎あり。

七七 同郡文蔵村(浦和市) 芝村氷室社慶応三年敷石碑に文蔵村池田伝兵衛。明治九年副戸長池田勘次郎・天保七年生あり。

七八 同郡大牧村(浦和市) 芝村慈星院明治十年碑に大牧・池田米蔵・池田伊助・池田伊三郎あり。

七九 同郡蕨宿 当所延宝五年庚申塔に池田藤右門。和楽備神社享和二年御神燈に池田与四郎、天保三年御神燈に池田泰輔・池田辰五郎・池田粂次郎・池田清蔵、万延二年御神燈に池田市五郎・池田万五郎。三学院文久三年供養塔に蕨下町池田清松、蕨宿池田平吉・池田与四郎。明治三十五年荒物商池田金次郎・機具職池田栄次。県会議員家具製造池田清一・明治三十八年生あり。

八〇 同郡大宮町 明治三十五年飲食店池田富次郎あり。

八一 同郡深作村(大宮市) 当村元禄五年碑に池田伝兵衛。氷川社嘉永五年水鉢に池田七五郎あり。

八二 同郡丸ヶ崎村(大宮市) 当村享保九年地蔵尊に丸ヶ崎新田・池田治兵衛・池田九郎右衛門・池田平八郎あり。

八三 同郡畔吉村(上尾市) 徳星寺宝永三年庚申塔に畔吉村池田長兵衛。上内野村氷川社慶応三年御神燈に畔吉村池田文蔵あり。

八四 同郡南村(上尾市) 明治十四年須田文書に池田久右衛門あり。

八五 同郡沖之上村(上尾市) 氷川社明治三十七年水鉢に池田良介・池田倉吉・池田宗吉・池田丈吉あり。

八六 同郡川田谷村(桶川市) 字王子延宝四年庚申塔に下川田谷妙金村・池田権右衛門。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡川田谷村竹之内・池田彦八。諏訪社明治三十九年幟碑に池田彦次郎・池田和吉・池田三郎右衛門あり。

八七 同郡加納村(桶川市) 字本村天明二年馬頭尊に上加納村池田六左衛門あり。

八八 同郡下日出谷村(桶川市) 明治八年地租改正に池田要吉あり。

八九 同郡鴻巣町 明治四年旅籠屋池田ふさ。明治三十五年蝋燭屋池田喜蔵・陶器商池田弥右衛門・湯屋池田富五郎・菓子屋池田平蔵・太物商池田国太郎あり。

九〇 同郡箕田村(鴻巣市) 龍昌寺延宝四年庚申塔に箕田村池田弥右衛門あり。前項参照。

九一 新座郡浜崎村(朝霞市) 風土記稿浜崎村条に「旧家喜平次、先祖を池田内蔵介と称して此地に久しく住たる侍なりしが、此村開墾の頃より名主となり、今の喜平次に至るまで世々村長を勤む。中頃までは武器をも持伝へたりしが、土民の用なきものなれば、いつとなく紛失せしといふ」と見ゆ。新倉村明治初年富士講碑に浜崎・池田善蔵。志木宿敷島社明治五年水鉢に浜崎邨・池田友右衛門・池田桂三郎。明治九年戸長池田友右衛門・天保三年生、副戸長池田岡右衛門・文化二年生。平方村馬蹄寺明治十年馬頭尊に浜崎村池田増五郎。明治十二年に池田孫七・池田久次郎・池田左五郎。観音堂明治三十四年筆子碑に浜崎・池田与吉・池田幸松・池田留吉・池田龍蔵・池田順之助・池田惣五郎・池田伊平次・池田平左衛門。氷川社明治三十九年碑に池田長七・池田鷲郎あり。

九二 同郡膝折宿(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に膝折・池田増五郎あり。

九三 入間郡川崎村(上福岡市) 当村宝永二年弁財天に川崎村池田甚兵衛。氷川社弘化二年地蔵尊に池田甚兵衛あり。

九四 同郡亀久保村(大井町) 地蔵院寛政十一年宝篋印塔に当所池田平吉あり。

九五 同郡下安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に中安松・池田定右衛門。長源寺万延元年湯殿山碑に池田長右衛門・池田礒右衛門、明治三十一年筆子碑に池田半五郎。明治九年下安松村副戸長池田定右衛門・文政三年生。大正元年下安松村・池田吉五郎・池田岩治郎・池田喜太郎・池田定吉・池田半五郎・池田万之助・池田与八あり。

九六 同郡南永井村(所沢市) 志木宿敷島社明治初年唐獅子に南永井村・池田平右衛門(質屋、文政十年生)・池田宇兵衛・池田和吉。明治二十年茶業池田伊之助。竹間沢村泉蔵院明治二十九年碑に南永井村・池田平右衛門・池田彦太郎・池田和吉・池田権右衛門・池田忠次郎・池田彦右衛門あり。

九七 同郡城村(所沢市) 当村は滝ノ城と称し北条氏照に属す、当時人家は七軒なりて池田・金子・長倉・野村・木村・伊藤・外一軒なり。城山神社弘化二年碑に池田仙右衛門。明治七年成田山月参護摩講に池田紋左衛門・池田久左衛門・池田弥惣次・池田惣右衛門・池田市右衛門。明治十年城村誓約証に池田林右衛門・池田多七・池田弥左衛門・池田兵次郎・池田宇兵衛・池田権十郎あり。

九八 同郡三ヶ島村(所沢市) 薬王寺明治四十二年碑に四番組池田清右衛門あり。

九九 同郡上新井村(所沢市) 県会議員池田義明・大正十四年生あり。

一〇〇 同郡勝楽寺村(所沢市) 入間郡誌勝楽寺村条に「旧家に就いて、此村の旧家二十五軒あり、今は十四のみ、池田等なり」と見ゆ。仏蔵院文書に「文化年中・池田平右衛門、文化十年・池田五右衛門、文政二年檀中・池田五右衛門・池田元右衛門・池田勘左衛門・組頭池田金左衛門」。氷川村中氷川神社安政五年勝楽寺村七社権現碑に池田次右衛門・池田五右衛門・池田長左衛門、明治二十九年碑に勝楽寺村・池田徳次郎・池田新助・池田金吉・池田万次郎・池田幸吉・池田元吉。明治五年池田五右衛門倅木挽職池田新助。明治九年副戸長池田治平・文政三年生あり。

一〇一 同郡宮寺郷中野村(入間市) 明治三年入用帳に池田佐吉・伝吉代印と見ゆ。

一〇二 同郡川越宿 行伝寺過去帳に「常慶・北町ノ池田・辰年七月、道泉・池田二郎左衛門父、妙典・池田二郎左衛門母、浄久・池田次郎左・子年七月、妙法・池田二郎左旧妻・丑年十一月、妙観・池田次郎左内方・酉年二月、妙行・池田次郎左内・子年七月、道栄・池田五郎左衛門・申年正月、蓮相・池田五郎左衛門・卯年正月、妙金・池田五郎左衛門ムスメ・申年五月。承応二年三月過去帳表具之紙は池田治右衛門造立す」と見ゆ。江戸初期にて、喜多町住人なり。嘉永七年服部文書に十組大世話役池田半七あり、豪商なり。明治十一年第八十五国立銀行株主喜多町池田半七・十株千円、及び川越銀行三十株千五百円所有。氷川社明治十七年碑に池田半七・池田真蔵。福岡村水天宮明治三十三年碑に菓子製造業高沢町池田市二郎。明治三十五年営業便覧に醤油製造業近江屋池田半七・肥料石油商池田屋池田米吉・草履商池田豊吉・煙草商池田利助・薪商池田勇吉・荒物商池田吉蔵・菓子商池田市五郎あり。

一〇三 同郡池辺村(川越市) 熊野社明治三十九年碑に池田金助あり。

一〇四 同郡坂戸町 明治三十五年団子店池田泰三あり。

一〇五 同郡赤尾村(坂戸市) 森田文書に「天文七年、池田等の侍六人が石井の台地に住む。元亀三年、六人は石井の支配(勝呂氏)を逃れ、越辺の川端へ移り住み赤尾村と名をつける」と見ゆ。森田条参照。文政十三年赤尾村屋敷姓名取調帳に「〇本家池田平右衛門(弥次右衛門事)―政右衛門―同名―弥次右衛門―政右衛門―同名。〇池田伝右衛門(弥次右衛門より分家)―同名―同名―徳左衛門―勇八―伊右衛門。〇池田徳兵衛(五郎、一種之本家二軒而已)―万右衛門―同名―同名―同名―久米八。〇池田仁兵衛(二番検地、一種之二軒而已道心事)―権左衛門―同名後家―権次―銀蔵―勝次郎(池田権左衛門、光勝寺裏)。〇池田安兵衛(清兵衛事、池田氏本家五郎より苗字を与へ出す也)―安右衛門―同名―藤十郎―伴蔵―婿養子勇蔵(近藤留五郎弟)。〇池田孫八(四番検地、安永七年池田与右衛門より分地)―同名―同名」と見ゆ。仁兵衛は五郎家の万右衛門弟なり。年代は林条参照。成就院延宝七年庚申塔に池田与右衛門、正徳四年庚申塔に赤尾村・池田与右衛門・池田半兵衛、宝暦十二年碑に池田勘次郎。与右衛門家は文政頃には断絶しているか。明治九年副戸長池田芳三郎・天保九年生あり。

一〇六 同郡上野村(越生町) 文久三年田島文書に越生組炭仲間池田政次郎あり。

一〇七 同郡成瀬村(越生町) 和田村石井家筆子帳に天保十五年・成瀬村池田七五郎、弘化五年・成瀬村池田豊吉。津久根村嘉永三年仲文書に成瀬村池田喜右衛門。黒岩村石井儀平筆学門人帳に元治元年・成瀬村池田清吉・十歳、池田浜助・十一歳。見正寺明治初年筆子碑に当村・池田七之丞・池田喜伊・池田喜右衛門・池田仙助・池田利三郎。明治九年副戸長池田喜七・文政六年生。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に成瀬村池田磯五郎。津久根村八幡社明治二十五年碑に成瀬・池田喜造。明治三十四年水利組合員に池田長造・池田半次郎・池田仙吉・池田松五郎・池田喜造・池田春吉・池田代吉・池田磯五郎・池田利三郎あり。

一〇八 高麗郡飯能村 文久四年甲源一刀流飯能村池田伊三郎。明治十四年荒物商池田六平・機道具製造池田新吉・池田幸七。諏訪八幡社明治四十四年碑に二丁目池田清吉あり。

一〇九 同郡下加治村(飯能市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、下加治村池田仙蔵」あり。

一一〇 比企郡泉井村(鳩山町) 戸宮村御嶽社明治三十年碑に泉井・池田巳之助あり。

一一一 同郡遠山村(嵐山町) 御堂村浄蓮寺明治二十三年碑に遠山・池田源七郎あり。

一一二 同郡松山町 明治三十五年煙草商池田なを・豆腐屋池田啓次郎あり。

一一三 同郡小川町 御堂村浄蓮寺過去帳に「妙栄・小河池田・天文二十三年三月、法玄・池田惣左衛門下卒・未年十二月、法賢・池田弥五郎・六月」と見ゆ。当町住人か。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に小川町池田福太郎。明治三十五年提灯屋池田茂太郎・池田福次郎あり。

一一四 同郡高谷村(小川町) 八和田神社明治三十三年碑にカウヤ池田教善あり。

一一五 同郡日影村(玉川村) 当村に此氏多く存す。桃木村八幡社文政七年筆子碑に日影村池田文治郎。五明村白石神社明治十七年碑に日影村池田孝太郎・池田藤三郎あり。

一一六 大里郡熊谷宿 熊谷宿百石組に「宝暦十年、本町南屋敷持主池田源八・同所池田伊八。嘉永元年、池田伊左衛門(伊八屋敷)」。大善院宝暦三年文書に池田伊左衛門。千形神社嘉永六年水鉢に池田伊左衛門。明治八年熊谷宿立会人池田房吉、九年立会人池田房太郎。明治三十五年荒物商池田常吉・乾物商池田幸助あり。

一一七 同郡小島村(熊谷市) 大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に小島村池田辰五郎あり。

一一八 榛沢郡折之口村(深谷市) 用土村明治十三年仙元碑に折之口村池田源次郎あり。

一一九 同郡用土村(寄居町) 当村に此氏多く存す。和名抄(承平五年)に榛沢郡膽形郷を載せる。当村の小名に井ノ岡、藤田、岡田、田端、田中等あり。イガタ郷は井ヶ田(いけだ)郷をイガタと読み膽形の字を当てる。当村の古地名で、池田氏は此の地名より起る。或は古代池田族の居住地を井ヶ田と称したかも知れぬ。

一二〇 同郡桜沢村(寄居町) 字鐘撞堂天保八年馬頭尊に桜沢村池田弥右衛門。用土村明治十三年仙元碑に桜沢村池田安吉あり。

一二一 幡羅郡原郷(深谷市) 幡羅村会議員池田藤一・明治三十八年生あり。

一二二 児玉郡本庄町 明治三十五年小間物商池田平吉・飲食店池田きせ・同商池田こと・生魚商池田浅太郎あり。

一二三 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に池田武兵衛、明治二十三年御嶽碑に池田清次郎、明治三十五年碑に池田銀次郎(荒物商)。元治二年桜沢文書に八幡山町年寄池田万蔵。明治九年副戸長池田万蔵・天保十四年生。県会議員八幡山町農業池田万蔵・天保四年生あり。副戸長と同人か。

一二四 同郡新里村(神川町) 明治五年小前議定書に池田半蔵あり。

一二五 賀美郡植竹村(神川町) 日枝社明治三十一年碑に池田太吉あり。

一二六 同郡金窪村(上里町) 陽雲寺明治三十年武田家遺臣碑に「池田治部丞友康の後裔、金久保・池田トリ」あり。

一二七 秩父郡安戸村(東秩父村) 能気神社明治二十九年碑に信徒池田房五郎。御堂村大霊神社明治中期碑に池田房吉あり。百十三項過去帳参照。

一二八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・池田徳太郎・九円・三十三円、池田俊司・二十三円、池田仲次郎・百五十一円、池田三郎・百三十円・五十六円、蕨町・池田弥吉・三百六十八円・七十八円、川口町・池田徳次郎・九円、芝村(川口市)・池田きく・四十八円、池田仁三郎・四十八円・四十二円、南平柳村(川口市)・池田幸次郎・二百四十四円・百四十円、池田長蔵・七十五円・八十四円、池田道三郎・十一円、鳩ヶ谷町・池田徳太郎・二十円、大宮町・池田三之助・十一円・三十六円、池田新三郎・十五円、鴻巣町・池田与三郎・九十四円・九十三円、池田文次郎・四十七円・七十六円、志木町・池田慶太郎・四十一円・十九円、大和田町(新座市)・池田鹿太郎・十四円・三十六円、川越市・池田保之助・九円、柳瀬村(所沢市)・池田作三・九円、池田市蔵・九円、豊岡町(入間市)・池田近三・十一円・四十円、勝呂村(坂戸市)・池田定次郎・二十九円、飯能町・池田六平・二百六十六円・百七十八円、吾野村(飯能市)・池田常八・十一円・二十一円、越ヶ谷町・池田喜一郎・八十五円・七十五円、大沢町(越ヶ谷市)・池田とく・十円、大袋村(越谷市)・池田幸太郎・三十四円、栗橋町・池田宗三郎・十五円、池田義郎・十四円、静村(栗橋町)・池田保次・十八円、南桜井村(庄和町)・池田卯太・十六円、羽生町・池田たま・三十八円、忍町・池田正次・三百十九円・百五十六円、熊谷町・池田徳太郎・八十三円・二十六円、本庄町・池田義之助・百八円、横瀬村・池田貞三・十一円」あり。

垳田 イゲタ 埼玉郡青柳村(草加市)に此氏存す。

井桁 イゲタ 千葉県長生郡一宮町二十六戸、長生村に十二戸(いけだ)、十戸(いげた)あり。

一 葛飾郡平沼村(吉川市) 芳川神社元治元年水鉢に井桁直吉。明治三十年人名録に乾物商八百屋井桁清三郎・弘化三年生、足袋商車屋井桁八十八・文久元年生・地租二十円。昭和三年興信録に「吉川町・井桁清三郎・所得税百三円・営業税五十六円」あり。

二 埼玉郡佐間村(行田市) 天神社天保六年御神燈に当所・井桁藤吉・井桁五平次・井桁金吾・井桁増五郎、明治十三年御神燈に当所井桁和吉・井桁伊之輔、明治四十五年碑に井桁平吉。明治九年副戸長井桁富蔵・文政五年生あり。

三 同郡長野村(行田市) 白山社明治十一年浅間碑に井桁島五郎・井桁平三郎あり。

四 同郡今井村(熊谷市) 下川上村嘉永六年御嶽碑に今井村井桁瀬兵衛(組頭)。明治九年副戸長井桁瀬兵衛・天保十年生(十四年戸長)。明治二十一年皇国武術英名録に起到流柔術今井村井桁音吉。明治二十七年下奈良村東条筆子碑に今井村井桁喜作・井桁喜平あり。

五 足立郡九左衛門新田(草加市) 明治十九年家屋台帳に井桁仙蔵・井桁民蔵あり。

井ヶ田 イゲタ 池田に同じ。

一 入間郡小谷田村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、小谷田村・井ヶ田弥左衛門・井ヶ田与左衛門・井ヶ田権左衛門・井ヶ田藤兵衛」。当村安政二年供養塔に井ヶ田孫左衛門。明治十六年荒物商井ヶ田藤右衛門・荒物酒商井ヶ田庄左衛門・水車業井ヶ田清七・同業井ヶ田清蔵・木挽職井ヶ田庄次郎。明治二十六年霜災救助表井ヶ田馬蔵あり。

二 同郡新久村(入間市) 明治十六年に井ヶ田庄三郎あり。

三 同郡黒須村(入間市) 県会議員印刷業井ヶ田酉之助・明治二十八年生。昭和三年興信録に「豊岡町・井ヶ田酉之助・所得税十五円・営業税四十五円」あり。

井下田 イゲタ 千葉県長生郡長生村三十九戸あり。

一 新座郡館村(志木市) 館村旧記に「中野組、井下田等は追々に来り住する者也」と見ゆ。宮ヶ原条参照。当村安永七年陀羅尼経塔に引又町井桁藤左衛門。宝幢寺嘉永二年地蔵尊に引又町・井下田藤左衛門・井下田常七・井下田八五郎、嘉永三年水鉢に井桁藤左衛門(船問屋)。氷川社嘉永六年碑に引又・井下田元右衛門。市木島社明治五年御嶽講碑に井下田定吉。明治七年引又町副戸長井下田藤十郎・天保十四年生。明治三十五年回漕店井下田慶十郎・すし屋井下田つま。昭和三年興信録に「志木町・井下田四郎・所得税十三円・営業税二十八円」あり。

池高 イケタカ 草加、入間等に存す。

池滝 イケタキ 新座、入間、杉戸に存す。

池竹 イケタケ 狭山、飯能、志木に存す。

池谷 イケタ二 千葉県香取郡山田町十一戸、安房郡鋸南町十六戸、山梨県東八代郡中道町五十三戸、南都留郡道志村四十六戸、富士吉田市三十二戸あり。明治三十五年騎西町荒物商池谷徳次郎あり。イケヤ参照。

池知 イケチ 越谷に存す。

生地 イケチ 浦和に存す。

池津 イケツ 所沢、川越、坂戸、朝霞、三郷、東松山、浦和、大宮等に存す。群馬県勢多郡大胡町五戸、新潟県長岡市七十四戸あり。

池月 イケヅキ 川越行伝寺過去帳に「蓮正・池月茂左衛門・午年八月、浄蓮・池月源之丞内ノ父・癸巳年六月」あり。

池照 イケテル 大宮に存す。

池戸 イケド 越谷、草加、春日部、所沢、狭山、川越、三郷、与野、上尾、白岡、鷲宮、小川、朝霞、新座、浦和、蕨、川口等に存す。長野県飯田市二十三戸あり。

池堂 イケドウ 川口に存す。

池名 イケナ 久喜に存す。

池中 イケナカ 鶴ヶ島、川口等に存す。

池長 イケナガ 鳥取県八頭郡河原町五戸あり。足立郡平方領上野村(上尾市)に延宝五年庚申塔に池長五郎兵衛。平方村橘神社明治三十年御神燈に大字上野・池長儀助・池長粂吉。昭和三年興信録に「平方町・池永重蔵・所得税二十円」あり。上野村の池長氏なり。

池永 イケナガ 各市町村に存す。茨城県鹿島郡神栖町七戸、千葉県香取郡東庄町五戸、銚子市十五戸あり。

池波 イケナミ 所沢に存す。

池並 イケナミ 久喜に存す。

池成 イケナリ 鳥取市十七戸あり。

池西 イケ二シ 草加、狭山等に存す。

池沼 イケヌマ 長野県飯田市七戸あり。入間郡久米村(所沢市)八幡社明治三十九年碑に池沼牛五郎あり。

池野 イケノ 茨城県鹿島郡鉾田町七戸、長野県下伊那郡豊丘村二十七戸、新潟県中頚城郡柿崎町八戸、佐渡郡相川町十四戸、赤泊村七戸、新穂村十七戸、両津市二十四戸、山形県山形市八十戸、島根県益田市十七戸あり。

一 高麗郡脚折村(鶴ヶ島市) 明治二十年脚折村規約に池野秀弁あり。

二 榛沢郡寄居町 明治三十五年金物商池野いわ・魚商池野仁平あり。

三 秩父郡大宮町 明治五年大宮郷戸籍心覚に越後国首城郡小萱村(柿崎町)・池野庄五郎あり。

池埜 イケノ 飯能に存す。

池ノ上 イケノウエ 富士見、坂戸、上福岡、上尾等に存す。

池之上 イケノウエ 越谷、春日部、鳩ヶ谷、三郷、八潮、入間、狭山に存す。

池野上 イケノウエ 志木に存す。茨城県東茨城郡茨城町七戸あり。

池ノ内 イケノウチ イケウチ参照。

一 新座郡志木宿 敷島社明治五年御嶽講に池ノ内梶之助。御嶽社明治八年実明講に池内梶五郎。不動堂明治十四年碑に志木宿池ノ内由太郎あり。

二 入間郡宗岡村(志木市) 志木宿安永七年陀羅尼経塔に上宗岡邑池之内新右衛門。上宗岡村大仙寺寛政八年石橋供養塔に宗岡邑・池之内市兵衛・池之内半蔵・池之内藤右衛門・池之内長右衛門・池之内藤次郎、文政十二年地蔵尊に池ノ内市郎右衛門・池ノ内藤左衛門・池ノ内富五郎・池ノ内岩五郎母・池ノ内喜代松妻・池ノ内鹿五郎母。上宗岡村浅間社万延元年力石碑に池内音五郎、文久三年御神燈に池之内栄造。竹間沢村不動院慶応四年水鉢に宗岡村池ノ内春吉。私塾師匠池ノ内忠五郎・文久三年没五十九歳。志木宿敷島社明治初年水車中に上宗岡・池ノ内熊治郎・池之内勘七・池之内音七、明治五年浅間碑に宗岡・池ノ内喜多郎・池ノ内三左衛門・池ノ内藤太郎・池ノ内巳之吉・池ノ内伊左衛門・池ノ内音五郎・池ノ内熊五郎・池ノ内政五郎、同年道標に宗岡村・池ノ内春吉・池ノ内乙五郎。明治七年宗岡村副戸長池内栄蔵・文政元年生。選挙人名簿に池ノ内藤太郎・村税十円、池ノ内半蔵・村税八円、池ノ内安久太郎・村税五円、池ノ内新蔵・村税四円、池ノ内平八・村税四円、池ノ内権平・村税三円あり。

池之内 イケノウチ 浦和、越谷、庄和、所沢、杉戸等に存す。

池之座 イケノザ 東松山に存す。

池之迫 イケノサコ 大宮に存す。

池ノ下 イケノシタ 比企郡岡郷字池ノ下あり。

池ノ島 イケノシマ 足立郡深作村字池ノ島あり。

池ノ台 イケノダイ 埼玉郡鷲宮村字池ノ台、入間郡関間新田字池ノ台、高麗郡脚折村字池ノ台あり。

池之平 イケノダイラ 所沢、川越に存す。

池之谷 イケノタニ 所沢に存す。

池之端 イケノハタ 埼玉郡大枝村字池之端、入間郡林村字池之端、上南畑村字池ノハシ、下南畑村字池端、幡羅郡小島村字池の端あり。池之端氏は吉川に存す。

池延 イケノベ 川口、久喜、狭山等に存す。茨城県稲敷郡新利根町十四戸、美浦村十戸、土浦市六戸あり。

池辺 イケノベ 入間郡池辺村(川越市)は現在イケベと称し、享徳四年喜連川文書に武州池野辺郷と見ゆ。川口に存す。茨城県土浦市十五戸、牛久市十三戸あり。

一 児玉党池辺氏 入間郡池辺村より起るか。或は児玉郡金屋村字池の谷より起るか。曽我物語に「君の御屋形にならべて候なり。東には、本田、榛沢、池辺、児玉、小沢、山口、丹の人々」と見え、万法寺本及び大山寺本に「いけのべ、児玉の人々」と見ゆ。池条参照。

池野辺 イケノベ 茨城県土浦市十九戸、龍ヶ崎市十二戸あり。

池野本 イケノモト 上福岡に存す。

池ノ谷 イケノヤ 児玉郡金屋村字池ノ谷あり。

一 埼玉郡西方村(越谷市) 日枝社天保十年御神燈に池ノ谷権左衛門。明治三十年所得税下調査簿に大相模村池ノ谷丑太郎・反別九町三反歩・地租百三十六円。昭和三年興信録に「大相模村・池ノ谷誠太郎・所得税十七円」あり。

二 入間郡山口村(所沢市) 明治五年岩崎村紺屋池之谷文蔵・木挽職池ノ谷佐右衛門、山口堀ノ内組頭池ノ谷米蔵。明治九年山口村地主誓約書に池ノ谷兼吉・池ノ谷三次郎・池ノ谷弥五兵衛・池ノ谷米蔵・池ノ谷亀吉。明治十五年北広堂碑名簿に旧岩崎・池ノ谷文蔵・池ノ谷六太郎・池ノ谷常次郎、二番組・池之谷長吉・池之谷虎次郎。岩崎村瑞岩寺明治三十二年地蔵尊に当所・池ノ谷権治郎・池ノ谷兼吉・池ノ谷小十郎・池ノ谷弥五郎・池ノ谷三次郎あり。

三 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に池ノ谷清作。明治三十五年鍛冶職池ノ谷福松・糸商池ノ谷銀治郎あり。

四 同郡豊田本村(川越市) 白髪社明治二十二年碑に池ノ谷善蔵・池ノ谷沖右衛門あり。

池之谷 イケノヤ 入間郡山口村に存す。

池野谷 イケノヤ 栗橋、北川辺、浦和、川口、新座、富士見、川島、川越、寄居等に存す。昭和三年興信録に「栗橋町・池野谷林平・所得税十一円・営業税三十六円」あり。

池乗 イケノリ 新潟市二十八戸あり。

生場 イケバ 入間郡北秋津村字生場あり、イケハと註す。

池葉 イケバ 三芳、鴻巣等に存す。栃木県芳賀郡二宮町十一戸あり。忍城士にて、成田分限帳に「百五十石・池葉源九郎」あり。

池羽 イケバ 川口、浦和、大宮、与野、越谷、岩槻、八潮、入間、狭山、坂戸等に存す。茨城県下館市六十四戸あり。

池場 イケバ 越谷、春日部、三郷、神川、川口、鳩ヶ谷等に存す。

池橋 イケハシ 鴻巣に存す。

池端 イケハタ 足立郡上宮内村字池端、下石戸上村字池端、入間郡新久村字池端あり。イケノハタ参照。岩手県九戸郡軽米町九戸、秋田県山本郡二ツ井町九十戸、能代市二十一戸あり。

一 高麗郡上広谷村(鶴ヶ島市) 明治二十三年三峰講員に池端軍治郎・池端権重郎あり。

二 比企郡下唐子村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に池端米吉・池端良吉あり。

三 秩父郡高山村(飯能市) 常楽院文書に「文政十三年御本堂焼失、御師宅池端坊無住、坊代池端左膳」と見ゆ。

池畑 イケハタ つくば市二十戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御普請下役・五石二人扶持・池畑佐蔵」。明治四年に「四石二人扶持・池畑浜次郎、同高・池畑兼太郎」あり。

二 比企郡古池村(越生町) 明治九年副戸長池畑権蔵・文政十一年生(質屋)。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に古池村池畑太十郎。明治十六年氏子惣代小梅商池畑善助。明治二十九年越生町農会発起人池畑金作あり。

三 同郡番匠村(都幾川村) 当村に此氏存す。

池畠 イケハタ 比企郡高野倉村(鳩山町)明治九年戸長池畠宇藤治・天保五年生あり。

池浜 イケハマ 上尾に存す。

池林 イケバヤシ 蕨に存す。

一 佐野氏流池林氏 田原族譜に「小見武蔵守行秀(武州小見城主)―小見出羽守秀政―小見下総守正国―行久(池林三郎)」あり。戦国時代の人なり。

池原 イケハラ 秩父郡藤倉村字池原あり。群馬県吾妻郡吾妻町六戸、新潟県糸魚川市二十一戸、鳥取県鳥取市三十戸あり。

池原谷 イケハラヤ 菖蒲、大宮等に存す。岩手県宮古市八戸あり。

池袋 イケブクロ 足立郡御倉村字池袋あり。入間、川越等に存す。

池淵 イケブチ 八潮、伊奈、大宮等に存す。島根県簸川郡斐川町四十九戸、鳥取県境港市百戸あり。

池辺 イケベ 入間郡池辺村(川越市)あり。永禄八年大谷文書に「森遠江守が河越三十三郷之内池辺郷を領す」と見ゆ。イケノベ参照。此氏は各市町村に存す。

池邊 イケベ 浦和に存す。

池部 イケベ 草加、春日部、庄和、上尾、大宮、浦和、鳩ヶ谷、志木、深谷、所沢等に存す。秋田県湯沢市二十戸あり。

池間 イケマ 岩槻、入間、狭山、浦和等に存す。

池町 イケマチ 上尾、志木等に存す。

池末 イケマツ 越谷、川口、新座に存す。

池松 イケマツ 川口、浦和、蕨、川島、白岡、宮代、騎西、深谷等に存す。

池見 イケミ 春日部、白岡、北本、鴻巣、川口、日高、狭山等に存す。

池道 イケミチ 杉戸に存す。

池満 イケミツ 越谷に存す。

池三津 イケミツ 三芳に存す。

池水 イケミヅ 戸田、浦和、所沢、川越、富士見、鶴ヶ島、行田、深谷に存す。

池宮 イケミヤ 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、与野、三郷、飯能、所沢等に存す。騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣にて、明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・精進院名跡・池宮富之助・二十九歳」あり。

池宮城 イケミヤギ 鶴ヶ島、神川に存す。

池宗 イケムネ 浦和に存す。

池村 イケムラ 各市町村に存す。忍藩阿部氏家臣にて、慶安年中忍藩分限帳に「御用人・六百石・池村八郎兵衛、御詰衆・七人扶持・池村八右衛門、御小姓・九両二人扶持・池村三之丞」。享保八年忍藩軍役帳に「二百五十石・池村五右衛門、百石・池村鉄野右衛門」あり。

池邨 イケムラ 所沢、坂戸等に存す。

池元 イケモト 浦和、越谷、草加に存す。

池本 イケモト 各市町村に存す。岩手県二戸郡安代町八戸、島根県隠岐郡五箇村八戸、鳥取県西伯郡大山町十一戸、東伯郡大栄町十二戸、米子市二十三戸、八頭郡郡家町十戸、船岡町十九戸、用瀬町十九戸あり。

生森 イケモリ 大宮に存す。

池守 イケモリ 埼玉郡池守村(行田市)あり、観応三年久下文書に武蔵国池守郷と見え、日光輪王寺応永三年大般若経に武州崎西郡池守郷西福寺と見ゆ。足利市七戸あり。

一 鎌倉幕府家人の池守氏 太平記卷九に「六波羅の士は近江番場にて自害す。北条越後守仲時以下、池守藤内兵衛、同じき左衛門五郎、同じき左衛門七郎、同じき左衛門太郎、同じき新左衛門」と見ゆ。多くの東国武士が討死す。また、番場蓮華寺過去帳に「池守藤内兵衛尉行直・四十九歳、同左衛門五郎行重・三十三歳、同左衛門七郎行俊・二十五歳、同新右衛門尉顕重・三十八歳、子息右衛門太郎顕行・十八歳」とあり。東国に池守村は、埼玉郡と下野国池之森村(鹿沼市)の二村だけで、池之森村は明治以降の開発なれば、是等の池守一族は武蔵国池守村出身か。

二 忍城士の池守氏 成田分限帳に「十五貫文・池守隼人」あり。別本に生守隼人と見ゆ。

池森 イケモリ 川越、新座、三郷、八潮、与野、白岡、浦和等に存す。栃木県足利市二十八戸、長野県須坂市十一戸、新潟県中頚城郡中郷村九戸あり。

池盛 イケモリ 越谷に存す。

池屋 イケヤ 児玉郡金屋村字池ノ谷(児玉町)あり、古の村名にて、貞和七年児玉文書に児玉郡池屋と見ゆ。

池谷 イケヤ 神奈川県足柄上郡山北町四十二戸、小田原市二十五戸、平塚市六十一戸、山梨県甲府市五十五戸あり。

一 松山城士の池谷氏 風土記稿松山町条に「旧家者岩崎五郎左衛門、先祖を対馬守といひて北条家に仕ふ。その頃かの家より出せし文書数通をもてり。天正十二年甲申十二月、当知行分に有之候れんちゃく衆棟別赦免之事永代差置候、岩崎対馬守殿、池谷肥前守殿。右の文書に載る池谷肥前守は上田案獨斎に属せし人なりと云、其子孫を要助といひて是も当村にあり古文書数通を蔵し、前の五郎左衛門と同く当所市店の地代を世々取来れり、かれは近き頃死し、其妻のみなりしかば女の身の家産をたてかたければ、隣なる喜左衛門後見せしゆへ、かれにかの文書をも預け置り」と見ゆ。

二 入間郡荒幡村(所沢市) 岩崎村瑞岩寺明治三十二年地蔵尊に荒幡・池谷仲右衛門。久米村八幡社明治三十九年碑に池谷勘三あり。

三 同郡根岸村(入間市) 明治三十五年金子村大字根岸・製茶卸商池谷長造あり。

四 同郡高根村(西多摩郡瑞穂町) 当村にイケヤ氏十五戸存す。文化年間に高根村宮大工池谷平兵衛。明治九年副戸長池谷佐兵衛・天保九年生。元狭山村会議員池谷要二・天保十三年生。県会議員農業元狭山村高根池谷幸太郎・元治元年生。明治二十六年霜災救助表に高根・池谷福太郎・池谷伊三郎・池谷栄助・池谷由五郎・池谷重太郎・池谷清吉・池谷弥七。明治三十四年元狭山信用組合発起人池谷要二・池谷幸太郎あり。

五 雑載 昭和三年興信録・所得税に「川口町・池谷斎・七十三円、山口村(所沢市)・池谷謙治・二十八円、金子村(入間市)・池谷嘉一・七十六円」あり。

池山 イケヤマ 所沢、狭山、上尾、川口、浦和、大宮、菖蒲、本庄等に存す。新潟県見附市十四戸、鳥取県東伯郡関金町七戸あり。

池脇 イケワキ 大宮、春日部等に存す。

池和田 イケワダ 東京都西多摩郡瑞穂町三十戸あり。

五十 イコ 秩父郡三沢村字五十新田あり、イコと註す。

伊子 イコ 比企郡伊子村(滑川町)あり、文永五年古文書集に武蔵国伊古郷と見ゆ。高谷村(小川町)は伊子荘を唱へ、広範囲に亘る。延喜式神名帳の伊古乃速御玉比売神社は伊子村なりと云う。伊子氏は川口に存す。

井後 イゴ 越谷、所沢等に存す。

五後 イゴ 忍城士にて、成田分限帳に「六十貫文・五後治部左衛門、二十貫文・五後利兵衛」あり。玉後とも見ゆ。

以後 イゴ 三郷に存す。鳥取県(因幡国)八頭郡八束町七戸あり。

伊香 イコウ 川口、越谷、三郷、行田等に存す。岩手県宮古市十二戸あり。

伊古宇 イコウ 東京都足立区伊興町より起る。或書に「為古宇・応現寺」と見え、伊興村条に「康平六年源頼義父子奥州征伐の時、村内応現寺に宿陣あり」と見ゆ。吾妻鑑卷四十六に「建長八年六月二日、奥州路の盗賊横行し、路地の地頭伊古宇又二郎等二十四人に沙汰あり」と見ゆ。

井合 イゴウ 大宮に存す。千葉県東金市十一戸あり。イアイ参照。

井郷 イゴウ 春日部、八潮等に存す。茨城県鹿島郡大洋村二十戸あり。

伊郷 イゴウ 朝霞、新座等に存す。

居郷 イゴウ 狭山に存す。

猪合 イゴウ 上福岡、鶴ヶ島等に存す。福島県西白河郡矢吹町十戸あり。

伊香賀 イコガ 大宮に存す。

以後崎 イゴサキ 川口、大宮等に存す。茨城県新治郡八郷町九戸、石岡市八戸。

伊五沢 イゴサワ 三郷、吉川等に存す。岩手県岩手郡玉山村二十戸あり。

井越 イコシ 富士見、所沢、朝霞、与野、浦和等に存す。新潟県中蒲原郡横越町二本木二十五戸、新津市十四戸、豊栄市十九戸、新潟市三十七戸あり。

井腰 イコシ 浦和、入間、鷲宮等に存す。栃木県佐野市十九戸あり。

射越 イコシ 志木、三郷、鷲宮、久喜、東松山等に存す。

井古田 イコタ 幡羅郡下奈良村字井古田あり。

一 児玉郡阿那志村(美里町) 明治六年に井古田新平・天保十年生・四町二反二畝歩所有(名主、戸長を勤む)あり。

二 同郡関村(美里町) 明治九年関村立会人井古田和惣次。用土村明治十三年仙元碑に関村・井古田兵太郎・井古田源四郎あり。

宮郷に居を構えて開業す。明治四年上州藤岡に移居し、明治十九年没す、八十五歳)、其の子治平なり。明治九年副戸長伊古田安平・文化十四年生。気楽流柔術加藤門弟に伊古田村伊古田熊五郎。国神神社明治三十四年碑に伊古田村伊古田安平。県会議員伊古田豊三郎(伊古田村に安政三年生、秩父町長、秩父銀行発起人・監査役、昭和九年没)。昭和三年興信録に「秩父町・伊古田豊三郎・所得税五十一円・営業税十九円」あり。

イコノへ 川越行伝寺過去帳に「道印・イコノへ、妙徳・イコノへノ者」あり。比企郡伊子村のことか。

生駒 イコマ 各市町村に存す。群馬県安中市十三戸、栃木県那須郡西那須野町九戸、茨城県西茨城郡岩間町十戸、千葉県山武郡芝山町十七戸、長野県北佐久郡浅科村十四戸、秋田県本荘市十三戸あり。

伊駒 イコマ 足立郡九左衛門新田(草加市)明治十九年家屋台帳に伊駒甚三郎あり。

居駒 イコマ 鳩山に存す。

伊垢離 イゴリ 新座、浦和等に存す。鳥取県倉吉市十六戸あり。

井佐 イサ 川口、岩槻、所沢、花園等に存す。新潟県小千谷市十一戸あり。

伊佐 イサ 和名抄に鯨野郷をイサノと註す。鯨の枕詞をイサと云う。群馬県伊勢崎市十二戸、新潟県三島郡越路町二十九戸、小千谷市四十三戸、栃尾市十六戸あり。

一 但馬国の伊佐氏 大里郡肥塚村出身の肥塚氏婿に見え、入間郡伊佐沼村より起るか。弘安八年但馬国大田文に「養父郡大恵保の内・小田村、四反地頭肥塚氏の女子分、内訳は奈良弥二郎妻女二反・伊佐十郎妻女一反・箕田女子分一反」と見ゆ。奈良、箕田の両氏も武蔵国出身なり。次項と同族か。

二 入間郡の伊佐氏 伊佐沼村(川越市)より起る。伊佐沼村伝承(土地改良区古文書)に「文和年中、古尾谷十三郷の領主古尾谷近江太郎信秀の臣伊佐某・之守りをして泥湖を画し、領内水田の溜江となせり云々」と見ゆ。また、一説に古尾谷氏の領地常陸国真壁郡伊佐郷(大館市)から土木技術に長けた伊佐氏を招いて伊佐沼を造営すと云う。古尾谷及び江島条参照。

三 高麗郡新堀村(日高市) 聖天院明治四十年馬頭尊に新堀・伊佐弁盈あり。

井斎 イサイ 岩槻、上尾等に存す。

以西 イサイ 庄和、鶴ヶ島等に存す。

伊在井 イザイ 蕨、岩槻等に存す。

居在家 イザイケ 草加に存す。

悳 イサオ 和光、秩父等に存す。

砂岡 イサオカ 岩槻に存す。栃木県下都賀郡大平町四戸、河内郡南河内町六戸あり。スナオカ参照。

井坂 イサカ 茨城県真壁郡真壁町二十五戸、多賀郡十王町二十戸、久慈郡金砂郷町七十戸、里美村三十五戸、那珂郡那珂町二十九戸、東海村三十戸、東茨城郡茨城町二十六戸、小川町七十五戸、美野里町百四十戸、新治郡千代田町四十四戸、霞ヶ浦町二十七戸、新治村四十三戸、鹿島郡鉾田町二十七戸、及び隣接市部に多く存す。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御馬廻・六十六石余・井坂藤治、三人扶持・井坂要、隠居・三人扶持・井坂藤太」。慶応元年に「六十六石余・桑名取立・住口亀山城・井坂藤治、十人扶持・住口忍城・井坂要(本家井坂常治)」。明治四年に「八十六石余・井坂武之進、六十六石余・井坂琢馬」あり。

二 所沢町 久米村長久寺万延元年宝篋印塔に所沢・井坂弁造(米穀商)あり。

伊坂 イサカ 葛飾郡伊坂村(栗橋町)あり、天文五年鰐口銘に下総州下河辺庄下井坂郷と見ゆ。茨城県下館市十五戸、千葉県佐原市十戸、長野県佐久市十二戸あり。

一 忍城士の伊坂氏 成田分限帳に「三十貫文・伊坂宮内」あり。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、伊坂宮内は下忍口を守る」と見ゆ。

二 鴻巣宿 勝願寺延宝八年庚申塔に伊坂仁兵衛あり。

三 川越町 明治三十五年魚商伊坂丑五郎あり。

伊阪 イサカ 越谷に存す。

飯盛 イサカ 浦和に存す。

伊差川 イサガワ 入間に存す。

去来川 イサガワ 所沢、児玉、桶川、川口等に存す。

井崎 イザキ 川口、浦和、越谷、草加、春日部、庄和、所沢、上尾、深谷等に存す。長野県飯田市六戸、鳥取県倉吉市八戸あり。

伊崎 イザキ 蕨、狭山、上福岡、宮代、久喜、坂戸、深谷等に存す。新潟県上越市八戸あり。

猪崎 イザキ 所沢、狭山、川越、熊谷等に存す。鳥取県境港市七戸あり。

居崎 イザキ 浦和、所沢等に存す。

庵崎 イザキ 川越に存す。

伊佐木 イサキ 浦和に存す。

伊作 イサク 戸田、新座、所沢、日高、川越等に存す。

井桜 イザクラ 越谷に存す。

砂 イサゴ 宮代に存す。スナ参照。

井砂 イサゴ 大宮、三芳等に存す。

井迫 イサコ 入間に存す。

砂子 イサコ 川口、大宮、川越等に存す。イサゴが正訓か。スナコ参照。

砂金 イサコ 草加、朝霞、川口、浦和、鳩ヶ谷、大宮、所沢、白岡、鷲宮、本庄、神川、毛呂山、富士見、坂戸、北本、上里等に存す。宮城県柴田郡柴田町二十戸、亘理郡山元町二十一戸、遠田郡涌谷町十七戸あり。

砂子沢 イサコザワ 日高に存す。岩手県盛岡市四十五戸あり。

砂子田 イサコダ 桶川に存す。スナコダ参照。

諫崎 イサザキ 坂戸に存す。

砂沢 イサザワ 鳩ヶ谷、和光等に存す。宮城県伊具郡丸森町九戸あり。イサゴザワが正訓か。スナサワ参照。

十六沢 イサザワ 新座に存す。

井指 イサシ 蕨に存す。

伊佐島 イサジマ 入間郡駒林村字伊佐島(上福岡市)、及び勝瀬村字伊佐島(富士見市)は新河岸川の伊佐島橋の所にて、古の村名なり。駒林村安楽寺安政四年筆子碑に「勝瀬村、伊佐島」等の地名を載せる。

勇田 イサダ 越谷に存す。

伊佐田 イサダ 鳥取市十戸あり。

諫武 イサタケ 熊谷に存す。

伊佐地 イサチ 春日部、所沢、大井等に存す。

伊佐知 イサチ 草加に存す。

伊佐次 イサヂ 三郷、大宮等に存す。

伊左治 イサヂ 和光に存す。

伊佐治 イサヂ 草加、朝霞、川口、浦和等に存す。

伊佐津 イサツ 川口に存す。

伊里 イサト 川越に存す。

伊佐沼 イサヌマ 入間郡伊佐沼村(川越市)あり。高麗郡鯨井村(川越市)と同じ意味にて、鯨の枕詞を伊佐、諫と云う。川越郷に古代よりあった地名で、常陸国伊佐村の人々が移住して名付けたと伝えるのは附会である。

伊作沼 イサヌマ 前条の伊佐沼村住人にて苗字にあらず。川越行伝寺過去帳に「了因・伊作沼治兵衛子・甲辰年五月、妙春・伊作沼ノ妙安母、妙春・伊作沼ノ源左衛門内・午年二月、法藤・伊作沼ノ藤十郎、法栄・伊作沼ノ三右衛門・巳年正月、妙法・伊作沼ノ源左衛門・卯年九月、妙信・伊作沼ノ三右内・酉年十一月、宗源・伊作沼ノ角左衛門・子年十一月、蓮宗・伊作沼ノ善左衛門・丑年十月、法善・伊作沼ノ三内兄・未年九月、浄蓮・伊作沼・戌年二月、妙林・伊作沼衆・午年三月、妙泉・伊作沼者・巳年九月、妙忍同母、妙祐逆・同内方、妙泉・伊作沼ノ薬師堂ノウハ・酉年十一月、妙浄・伊作沼ノ者・子年十一月」あり。伊佐沼村の薬師堂関係者一族か。

砂野 イサノ 春日部、坂戸、新座等に存す。スナノ参照。

伊佐野 イサノ 大宮、所沢、上福岡、小川等に存す。栃木県鹿沼市十八戸あり。

砂盃 イサハイ 浦和に存す。群馬県高崎市三十戸あり。

飯酒盃 イサハイ 川口、戸田、新座、大宮、草加、所沢、毛呂山等に存す。新潟県南魚沼郡塩沢町十七戸、六日町十二戸あり。

伊佐杯 イサハイ 県会議員川口市南町伊佐杯幸太郎・大正元年生あり。

伊佐早 イサハヤ 入間、朝霞、川口等に存す。新潟県南魚沼郡塩沢町十二戸。

鯨臥 イサフセ 入間に存す。

石間 イサマ 秩父郡石間村(吉田町)あり、風土記稿鉢形城条に秩父郡井佐間ヶ嶽と見ゆ。元亀二年高岸文書に石間谷とあり。

伊佐間 イサマ 川口に存す。茨城県結城郡八千代町八戸あり。

伊佐馬 イサマ 越谷に存す。

石間戸 イサマド イシマド参照。

伊佐見 イサミ 与野、川口等に存す。福島県原町市六戸あり。

勇 イサム 朝霞、和光、大宮、越谷、所沢、鳩山、狭山、川越、上福岡、吉川、上尾、坂戸等に存す。

勇山 イサヤマ 志木に存す。

砂山 イサヤマ 栃木県宇都宮市七戸あり。スナヤマ参照。

諌山 イサヤマ 朝霞、新座、所沢、入間、坂戸、深谷、大宮、川口、越谷、岩槻、春日部、三郷、杉戸等に存す。

伊佐山 イサヤマ 大里郡大麻生村(熊谷市)の草分六家に須永・伊佐山・高田・馬場・金子・古沢あり。字三沢宝永元年地蔵尊に大麻生村・伊佐山勘左衛門・伊佐山市蔵・伊佐山左門。字下郷天保七年庚申塔に伊佐山兼次郎。広瀬村文久元年秋山翁碑に大麻生村伊佐山悦三郎。上野台村八幡社明治五年筆子碑に大麻生村伊佐山由五郎。明治六年古沢文書に伊佐山平次郎・伊佐山恒吉・伊佐山万吉。明治九年副戸長伊佐山兼次郎・天保七年生。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村・伊佐山悦次郎・伊佐山作次郎・伊佐山八太郎・伊佐山佐市・伊佐山国十郎。明治十八年最上農名簿に伊佐山悦次郎・耕宅地五町九反歩・山林一町六反歩所有あり。また、明治三十五年熊谷町に伊佐山善蔵・伊佐山三作あり。

井沢 イザワ 栃木県芳賀郡二宮町二十八戸、長野県上水内郡牟礼村二十二戸、上伊那郡箕輪町三十八戸、上田市五十六戸、新潟県中頚城郡頚城村十五戸、青森県弘前市二十九戸、山形県村山市百十戸、鳥取県西伯郡岸本町十六戸。

一 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百石・井沢角左衛門」あり。旧鉢形城士なり。

二 葛飾郡道庭村(吉川市) 中曽根村香取社明治四十年碑に道庭・井沢作太郎あり。

三 埼玉郡荻島村(越谷市) 五所神社明治九年浅間碑に井沢藤蔵、中組・井沢作次郎・井沢源次郎あり。

四 同郡岩槻町 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に久保宿町井沢六右衛門あり。

五 同郡旗井村(大利根町) 旗井神社日露戦役碑に井沢清七・井沢角次郎あり。

六 足立郡戸塚村(川口市) 本行寺天保五年水鉢に井沢藤七あり。

七 同郡寺山村(浦和市) 私塾師匠医師井沢桐亭・明治十八年没五十七歳あり。

八 同郡与野町 氷川社狛犬に「当町井沢与兵衛・安永二年、(追刻)大正三年・玄孫井沢与兵衛」。明治九年副戸長井沢与兵衛・天保十三年生(郵便受取所)。明治二十六年長伝寺文書に与野・井沢亮三あり。

九 入間郡川越町 三芳野神社明治十年水鉢に井沢正楽あり。石原町住人か。

一〇 同郡山口領新堀村(所沢市) 明治十五年北広堂碑名簿に旧新堀・井沢栄次郎・井沢多十郎。明治二十年上山口村二番組消防夫井沢与市・井沢音八あり。当村の旧家なり。

一一 同郡上新井村(所沢市) 六所神社大正二年碑に井沢小重郎あり。

一二 榛沢郡桜沢村(寄居町) 字金嶽天保四年馬頭尊に井沢由松。用土村明治十三年仙元碑に桜沢村井沢喜十郎あり。

一三 男衾郡富田村(寄居町) 土豪にて、大日堂大日如来像に「天正三年十二月十五日、男衾郡冨田郷住人・井沢助三郎・同藤左衛門・同源兵衛」あり。

一四 同郡畠山村(川本町) 用土村明治十三年仙元碑に畠山村井沢善蔵。明治十八年最上農名簿に井沢善蔵・耕宅地三町八反歩・山林七町五反歩所有あり。

一五 児玉郡本庄町 明治三十五年鉄葉職井沢銀次郎あり。

一六 同郡沼上村(美里町) 長福寺江戸末期庚申塔に井沢市郎左衛門あり。

一七 雑載 昭和三年興信録・所得税に「与野町・井沢雅太郎・九円、本畠村(川本町)・井沢寛則・十三円、東児玉村(美里町)・井沢長平・百四十一円」あり。

井澤 イザワ 戸田、所沢、本庄、深谷、羽生、熊谷、岡部、寄居、大里等に存す。神奈川県大和市九戸あり。

伊沢 イザワ 栃木県下都賀郡壬生町十五戸、石橋町八十五戸、国分寺町四十八戸、河内郡上三川町六十二戸、南河内町九十戸、宇都宮市二百十戸、真岡市六十四戸、小山市五十九戸、神奈川県平塚市七十六戸、藤沢市百十戸、長野県伊那市六十一戸、青森県十和田市二十九戸、鳥取県米子市二十四戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五十石・本国尾張生国越中・伊沢与兵衛・三十四歳」あり。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「五十五俵・伊沢半右衛門」あり。

三 葛飾郡権現堂村(幸手市) 熊野社宝暦五年俳諧奉納に伊沢孫右衛門あり。

四 埼玉郡大枝村(春日部市) 香取社文政十三年御神燈に伊沢彦右衛門あり。

五 同郡久喜町 明治三十五年飲食店伊沢喜惣次あり。

六 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に当村大工伊沢保蔵あり。

七 足立郡大宮町 明治三十五年米穀商伊沢平蔵あり。

八 男衾郡富田村(寄居町) 牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に富田村伊沢佐四郎あり。前条参照。

伊澤 イザワ 草加、春日部、飯能、行田、鳩山、小川、鴻巣等に存す。

猪沢 イザワ 浦和、八潮等に存す。

石禾 イサワ 狭山に存す。

石倭 イサワ 浦和、鶴ヶ島等に存す。

石和 イサワ 榛沢郡飯塚村(花園町)明治九年に石和浅次郎あり。

井沢島 イサワジマ 富士見に存す。

石 イシ 二字の制度により石井を称す。石はイサ、イシ、イス、イセ、イソと読まれ、磯族、伊勢族、或は鯨(いさ)族にて海洋民なり。宇津味条参照。茨城県高萩市に石(いし)氏五十三戸あり。足立郡上尾宿氷川鍬神社文政五年二賢堂碑に石文之進亭あり。

伊師 イシ 上尾、川口、大宮等に存す。茨城県多賀郡十王町十四戸あり。

石合 イシアイ 山梨県甲府市二十九戸、長野県小県郡丸子町十五戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御祐筆・七両三人扶持・石合甚五左衛門」あり。

二 埼玉郡弥勒村(羽生市) 円照寺天保十四年廻国塔に石合四郎兵衛・石合卯右衛門。明治九年副戸長石合四郎平・天保元年生。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に弥勒・石合孝吉あり。

石井 イシイ 海洋民の石(いそ)族なり。二字の制により石を石井と書す。入間郡石井村(坂戸市)字石井、水子村字石井、久下戸村字石井、足立郡上野村字石井戸、深井村字石井戸、平方村字石井戸あり。また、九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に石井里の地名あり。大里参照。石井氏は関東地方に多く存し、福島以外の東北地方に少ない。〇群馬県利根郡水上町二十戸、昭和村五十八戸、甘楽郡下仁田町四十八戸、妙義町二十戸、南牧村八十戸、群馬郡群馬町二十五戸、榛名町三十五戸、碓氷郡松井田町三十五戸、勢多郡大胡町三十三戸、富士見村三十六戸、新田郡笠懸町二十四戸、新田町二十八戸、邑楽郡邑楽町三十八戸、大泉町三十二戸、佐波郡境町六十六戸、玉村町三十二戸。〇栃木県下都賀郡壬生町二十戸、芳賀郡市貝町二十戸、安蘇郡田沼町三十一戸。〇茨城県多賀郡十王町二十五戸、久慈郡金砂郷町二十九戸、里美村三十五戸、水府村三十二戸、大子町三百二十戸、那珂郡大宮町二十八戸、山方町二十六戸、那珂町七十五戸、東海村三十二戸、東茨城郡茨城町五十二戸、大洗町四十四戸、小川町四十六戸、美野里町二十五戸、西茨城郡友部町九十五戸、行方郡潮来町二十戸、鹿島郡神栖町三十五戸、波崎町六十二戸、新治郡千代田町三十七戸、八郷町五十戸、霞ヶ浦町二十二戸、北相馬郡利根町二十九戸、藤代町二十八戸、守谷町三十戸、稲敷郡阿見町四十二戸、江戸崎町三十四戸、茎崎町二十五戸、美浦村三十三戸。〇千葉県海上郡飯岡町二十七戸、香取郡小見川町二十三戸、干潟町二十九戸、神崎町四十戸、大栄町二十戸、多古町百戸、東庄町二十四戸、印旛郡富里町九十戸、印旛村六十二戸、白井町七十八戸、栄町六十七戸、酒々井町二十五戸、山武郡芝山町六十五戸、横芝町二十三戸、大網白里町百三十戸、九十九里町二十三戸、山武町二十三戸、成東町二十七戸、東葛飾郡沼南町百三十戸、関宿町二十九戸、夷隅郡夷隅町四十七戸、大原町八十三戸、御宿町七十九戸、岬町六十戸、長生郡一宮町二十四戸、白子町四十戸、長南町四十戸、長柄町五十二戸、睦沢町三十戸、長生村六十二戸、安房郡鋸南町百戸、白浜町二十二戸、千倉町二百九十戸、富浦町八十戸、富山町四十三戸、丸山町五十三戸、和田町八十二戸。及び、各県とも隣接市部に多く存す。〇神奈川県に多く存し、横須賀市に七百戸以上、小田原市に五百戸以上、津久井郡津久井町四十五戸、高座郡寒川町七十二戸、愛甲郡愛川町三十七戸、足柄上郡大井町五十七戸、開成町五十二戸、中井町三十戸、松田町四十戸、足柄下郡湯河原町四十戸、中郡二宮町五十戸、大磯町百十戸。〇山梨県北都留郡上野原町百七十五戸。〇長野県南佐久郡臼田町三十三戸、佐久町三十七戸、上田市二百戸。〇新潟県岩船郡荒川町二十戸、北蒲原郡紫雲寺町二十七戸、豊浦町二十四戸、中条町二十七戸、加治川村二十二戸、安田町六十三戸、中蒲原郡亀田町二十七戸、横越町三十八戸、三島郡出雲崎町二十七戸、寺泊町三十四戸、佐渡郡佐和田町二十四戸、新穂町二十七戸。〇福島県石川郡玉川村二十七戸、東白川郡棚倉町六十戸、塙町三十八戸、矢祭町五十五戸、西白川郡矢吹町二十三戸、西郷村二十五戸、岩瀬郡天栄村四十戸、田村郡三春町三十二戸、小野町四十五戸、大越町八十七戸、常葉町百五戸、船引町百五十六戸、都路村二十二戸、安達郡岩代町三十二戸、東和町二十二戸、保原町二十六戸、相馬郡小高町二十七戸、双葉郡富岡町四十三戸、浪江町三十二戸、大沼郡会津高田町二十五戸。〇宮城県柴田郡川崎町五十五戸。〇岩手県上閉伊郡大槌町二十四戸。〇山形県飽海郡平田町二十五戸、東田川郡余目町二十一戸。〇秋田県由利郡大内町三十四戸、南秋田郡井川町三十一戸、五城目町二百二十戸、天王町三十二戸、八郎潟町五十戸、河辺郡河辺町三十戸、雄和町三十八戸、山本郡山本町八十戸あり。

一 畠山氏流石井氏 畠山重忠館跡付近に旧家石井氏現存す。千葉県在住の旧家鍛冶師石井氏は畠山重忠末裔と称す。畠山氏の本名は石井氏か。畠山条参照。また、畠山氏流の木呂子家譜に「畠山重忠後裔、木呂子丹波守元忠(松山の城攻め落され、夫より京都に登る。永井信濃守の招に応じて暫時、淀に居住せしが、彼の家滅却の後京都に引籠れり)、弟僧日遠あり」と見え、日蓮宗身延山の伝に「日遠・字を堯順と云ひ心性院と号し、又別に一過と云ふ。俗称石井氏、京都の人で父を了言と云ふ、上人に了雅・了具の兄弟あり」と見ゆ。日遠は寛永十年池上で没し、上人の子孫は現主木呂子敏彦氏の父が北海道へ渡る。此の氏は本名石井氏にて、男衾郡木呂子村を知行する者は木呂子を名乗る。

二 忍城士の石井氏 成田分限帳に「三十四貫文・石井日向、十五貫文・石井土佐」あり。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、石井弾正は佐間口を守る」と見ゆ。

三 岩附城士の石井氏 太田家譜に「譜代の士、石井助左衛門」あり。山吉文書に「太田三楽斎道誉の臣石井拾左衛門」。岩槻巷談に「太田十郎氏房の臣石井外記は、父も外記と号して上杉家の老臣なりしが、上杉家没落の後は岩槻近在掛村へ来りて蟄居して居たり、八十余歳にて卒去し、子孫今に繁茂しけると云伝ふ」と見ゆ。現在、子孫は掛村の石井石三なり。四十九項参照。

四 鉢形城士の石井氏 鉢形城の蔵奉行にて、武州文書に「天正十六年六月七日、北条氏邦は、秩父孫二郎に北条氏規上洛のための分銭供出を、黒沢・八木・石井・奥に渡すことを命ず」と。

五 四津山城主の石井氏 比企郡青山村青木文書に「治承四年に比企郡高見村(小川町)に四津山城が築かれ石井九郎左衛門政綱が居城す」と見ゆ。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・石井弥太夫・是は忍にて罷出・武州之者」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御馬廻・八十六石余・石井豊作、六十六石余・石井三六、大小姓・十二両三人扶持・石井定助、御武器支配・四石余二人扶持・石井源之進」。慶応元年に「八十六石余・石井弥左衛門・桑名取立、六十六石余・石井千八・忍取立」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・石井轍三、六十六石余・石井清三」あり。

八 羽生・騎西藩大久保氏家臣 小田原藩分限帳に「忠朝代出仕、貞享二年総州佐倉取立、本国武蔵生国相模、二百八十石・石井冥々、其の子平左衛門、其の子珊吾・文政二年生」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国武蔵生国駿河・石井源太左衛門・三十九歳、百石・本国越後生国同・石井権兵衛・四十歳」あり。

一〇 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御武具奉行・五十石三人扶持・石井三郎兵衛、御到来方・七両三人扶持・石井久左衛門」あり。

一一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十一両三人扶持・石井尚弥、十六俵二人扶持・石井市十郎、六両余二人扶持・仕立師石井惣吉、同高・石井台吉」あり。

一二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御番抜・二十人扶持・川越取立・石井良平」。万延二年に「儒者・十五人扶持・石井鑑四郎」。慶応元年地方役人帳に「外御蔵方・石井小藤次」。同年前橋藩松山陣屋付に「九石二人扶持・石井又雄、六石二人扶持・石井寛十郎、同高・石井寛太、同高・石井千治郎、同高・石井金六」。又雄の子孫虎男は東松山市松葉町に現存す。また、明治十二年松山製糸会社発起人は前橋藩松山町・士族石井金六とあり。

一三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「先銃隊頭席・二百二十石・亡父南強・石井友之進・四十九歳、同役・二百石・亡父源治・石井源治・四十九歳、五人扶持・養父友之進・石井湧水・十七歳、五人扶持・父源治・石井珪太郎・二十八歳、中小姓・十二人扶持・亡養父潤右衛門・石井熊次・二十六歳、同役・八石二人扶持・亡養父小一右衛門・石井惣蔵・四十七歳」あり。

一四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十五俵・石井弥右衛門、一人扶持・兵右衛門子・石井午之助」あり。

一五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十五石五人扶持・石井杢左衛門」あり。

一六 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「平席之分・石井次助」。

一七 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に「二人扶持・石井広太」。

一八 関八州代官手代 高麗陣屋天正十九年以来代官交替覚書に「関八州御代官大久保石見守殿御手代、本宿居(日高市)・石井十左衛門」あり。

一九 関東郡代伊奈氏家臣 天明六年・石井八郎右衛門あり。

二〇 勤皇志士の石井氏 幕末に石井政之丞あり、榛沢郡高畑村出身金井国之丞の変名なり。水戸藩天狗党武田耕雲斎に従ひ、慶応元年金沢藩により斬首される、十九歳なり。金井条参照。

二一 葛飾郡谷中村(三郷市) 源姓にて、下総国小金城主高城氏の家臣なり。風土記稿谷中村条に「谷中村は名主宗右衛門が先祖石井惣右衛門源政同、幸房村と同時に開発す。草庵寺の開基は石井惣右衛門源政同なり、政同元高城下野守が家人にて、主家没落後、爰に土着し寛永九年六月二十九日死す、法名松樹院全久淨栄」と。稲荷社天保三年御神燈に石井九世石井宗右衛門源忠政、天保七年水鉢に「当社天正十八年予祖谷中之里正石井政同君之草創、元禄八年四代之孫政久君再造之」と見ゆ。また、草庵寺涅槃軸に「寛永年間開山石井惣右衛門、天保十二年施主石井惣右衛門」と。同寺享保七年庚申塔に谷中村・石井惣兵衛・石井平太郎。彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に谷中村・石井半右衛門・石井勝右衛門。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡谷中村石井宗右衛門。明治九年副戸長石井政康・弘化元年生。明治三十年人名録に石井和吉・元治元年生・地租三十五円。貴族院多額納税者名簿に明治二十三年農業石井政康・国税九百九十八円、明治三十年石井政康・国税千二百四十五円、明治四十四年農業石井宗四郎・明治九年生・国税三千八百四十三円・県下五位なり。

二二 同郡茂田井村(三郷市) 袋新田光明院跡享保十七年庚申塔に石井善兵衛・石井善太郎。阿弥陀堂文化三年庚申塔に石井昌蔵・石井喜平治・石井久蔵、明治四十三年軍馬碑に石井恒七・石井源一郎。熊野社弘化五年水鉢に石井残作・石井伝次郎。明治十一年に石井市郎左衛門あり。

二三 同郡市助村(三郷市) 谷中村草庵寺享保七年庚申塔に市介村石井七郎兵衛あり。

二四 同郡久兵衛村(三郷市) 本隆寺元禄四年庚申塔に石井金二郎あり。

二五 同郡吉屋村(吉川市) 香取社明治三十九年碑に石井元次郎あり。

二六 同郡土場村(吉川市) 八幡社明治三十九年碑に石井豊之丞あり。

二七 同郡上柳村(庄和町) 三宮神社元治元年寄進碑に石井弥五郎・石井与之。明治三十年人名録に石井藤市郎・安政四年生・地租二十円(永沼村八幡社に見ゆ)あり。

二八 同郡築比地村(松伏町) 上香取社文化七年水鉢に石井新七あり。

二九 同郡杉戸町 梅田村神明社明治二十五年狛犬に杉戸町庭主石井元次郎あり。

三〇 同郡下高野村(杉戸町) 御所宮寛政五年稲荷碑に石井佐右衛門、明治十九年幟碑に下高野村佐内新田・石井仲五郎・石井良斎・石井佐右衛門・石井文次郎。厳島社文政五年庚申塔に下高野村内小谷堀株・石井久左衛門・石井孫八。木々子神社天保四年供養塔に石井与惣平・石井孫蔵。弘化四年戸賀崎門人帳に下高野村石井栄次郎。明治三十年人名録に蚕業石井雄右衛門・安政五年生・地租六十円あり。

三一 同郡幸手町 明治二十一年新道工事寄附者幸手宿石井欣兵衛。明治三十五年酒造業石井欣兵衛・植木屋石井岩松・菓子商石井勘蔵あり。次項参照。

三二 同郡上高野村(幸手市) 明治八年騎西町釜屋文書に上高野村酒造業石井欣兵衛。明治二十一年新道工事寄附者上高野村石井順兵衛。明治三十年人名録に清酒醸造業上高野石井欣兵衛・弘化二年生・地租百二十円あり。

三三 同郡天神島村(幸手市) 明治十三年埼玉県老農名簿に桑苗樹者石井松五郎。天王社明治二十三年碑に石井松五郎あり。

三四 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に石井幸吉。水神社明治四十一年碑に石井市五郎あり。

三五 同郡伊坂村(栗橋町) 県会議員石井保・大正二年生あり。

三六 埼玉郡八条村(八潮市) 寛政八年水神宮に石井治兵衛。清勝院天保八年碑に当村石屋石井伊兵衛。奥山稲荷社嘉永三年水鉢に石井米右衛門。万延元年武術英名録に飯箸柳剛流八条村石井兼吉・天保十一年生。明治八年屋根葺職石井弥兵衛、縄莚農石井市蔵長男兼吉・其の次男五郎吉、質屋石井新左衛門、農石井弥次兵衛次男安次郎、船乗農石井六右衛門長男万五郎、農石井常吉次男直吉、石井源左衛門、石井治兵衛。大経寺明治九年供養塔に石井長五郎。八幡社明治二十四年碑に石井弥治郎。明治三十年人名録に金銭貸附業石井仲次郎・安政三年生・地租九十八円、石井孫次郎・安政元年生・地租六十四円。幸之宮弁天社明治三十二年絵馬に石井藤吉(村会議員)あり。

三七 同郡中馬場村(八潮市) 平姓三浦氏流と称す。石井氏は三浦郡の大姓にて、横須賀市不入斗町に多く存し、家紋丸に横木瓜なり。中馬場妙光寺誌「石井氏。三浦家は坂東平氏にして、其先祖は即ち桓武天皇より出たり。我、石井家にして、祖先相模国三浦郡衣笠の城主・三浦大輔義昭の孫にして、鎌倉郡松ヶ谷の地頭石井藤五郎長勝より出たり。現に住地は石井山長勝寺(鎌倉市材木座)なり。長勝の族、代々現地に住せしに、元弘三年新田氏鎌倉攻めの時に鎌倉幕府滅び、此時四方に逃散す。我祖先逃亡して元弘三年秋当地住す。慶長年間、当地検地後、民間に散在する系類等は総て古物一切、其筋へ御取上となる」と。子孫は代々名主を勤む。西袋村観音堂安政三年筆子碑に中馬場・石井弥吉・石井惣兵衛・石井政右衛門。妙光寺安政六年棟札に石井惣兵衛・石井伊兵衛・石井政右衛門。明治九年戸長石井金次郎・文政十二年生。浜野家天満宮明治二十二年絵馬に中馬場・石井宗蔵・石井キチ・石井清右衛門。諏訪社明治三十九年碑に石井与四郎・石井佐一・石井正吉・石井政衛門あり。

三八 同郡後谷村(八潮市) 西福寺元文二年庚申塔に後谷村・石井長十郎・石井権左衛門あり。

三九 同郡青柳村(草加市) 薬王寺跡宝暦六年地蔵尊に青柳村石井弥右衛門、同年碑に石井甚兵衛。明治三十年所得税下調査簿に石井利助・慶応三年生・反別二十一町五反歩・地租二百九十六円。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業石井利助・国税千二百九十円・県下四十四位、大正十四年国税二千五百二十九円・県下四十八位。大正十二年埼玉県大地主名簿に川柳村石井利助・田四十五町九反歩・畑七町三反歩所有あり。

四〇 同郡越ヶ谷宿 久伊豆社文化元年御神燈に石井庄兵衛。明治三十五年石井久三郎・呉服商石井春吉あり。

四一 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「中宿、宝暦中より会津屋清三郎と申石井党之者有之、文化中無名に成申候。下組、石井伝兵衛先祖之義、永禄・天正之頃より当町居住之旧家に而石井党之本家・内野伝兵衛と申、寛政年中無名に相成申候。下組、百姓源七は鷺後居住・石井党之末之者。鷺後組、百姓彦八は石井伝兵衛中古之分地に候へ共、分地名所之者而已有之、今無名、上組市郎右衛門屋敷裏に店借罷在候、元居畑伝兵衛屋敷と云。元禄八年検地、石井伝兵衛屋敷。宝暦七年、大沢町百姓石井伝兵衛、下組亀屋石井庄五郎・石井彦八。明和五年帳面表、石井伝兵衛・石井清三郎・石井弥右衛門・石井庄五郎」と見ゆ。香取社寛政元年御神燈に石井喜惣次・石井清三郎、文化八年御神燈に上組石井久米吉、文化九年御神燈に石井清蔵。明治三十五年茶屋石井久次郎あり。

四二 同郡西新井村(越谷市) 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に西新井村石井源六あり。

四三 同郡増森村(越谷市) 増森公民館文化四年地蔵尊に石井吉右衛門あり。

四四 同郡増林村(越谷市) 下組香取社慶応元年狛犬に石井弥兵衛・石井権平、明治三十五年碑に石井酉蔵・石井松五郎・石井福次郎。明治四年組頭石井瀬兵衛・天保七年生(九年副戸長)あり。

四五 同郡備後村(春日部市) 真福寺縁起に「埜沢・千羽・久保田・伊藤・石井の五人は、岩槻落城後、この地を開墾し、真福寺・香取社を建てる」と。香取社安政四年浅間碑に石井善右衛門・石井嘉左衛門。明治六年備後村祠掌石井立敬。明治九年副戸長石井弁蔵・弘化四年生。明治三十年人名録に医師石井貞蔵・安政六年生・地租五十円あり。

四六 同郡梅田村(春日部市) 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に梅田村石井次郎吉あり。

四七 同郡岩槻町 浅間社寛文十一年庚申塔に石井浪左衛門。明治三十五年に石井座三郎・石井作五郎あり。

四八 同郡浮谷村(岩槻市) 当村享保十四年山王碑に石井甚兵衛。常福寺明和三年鰐口銘に石井儀衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に浮谷村石井甚兵衛。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に浮谷村石井要蔵。浮谷神社文久二年狛犬に石井松五郎。鈎上村神明社元治元年碑に浮谷・石井包近・石井重宗。明治三十年人名録に石井米蔵・弘化元年生あり。

四九 同郡掛村(岩槻市) 三項の後裔なり。当村文化十三年六地蔵に名主石井石次郎。稲荷社文政九年水鉢に掛村地主石井石次郎興徳。明治九年戸長石井義豊・文政五年生、副戸長石井広次郎・弘化二年生、副戸長石井清蔵・弘化元年生。明治三十年人名録に石井石三・明治五年生・地租七十円あり。また、岩槻誌に「掛新田、慶応末年、持高七反六畝歩余・名主石井庄右衛門」あり。

五〇 同郡平野村(岩槻市) 上蛭田村稲荷社安政六年敷石碑に平埜村石井冨五郎あり。

五一 同郡江ヶ崎村(蓮田市) 実ヶ谷村文化十一年馬頭尊に江ヶ崎村石井権平。久伊豆社明治三十九年碑に石井桃三郎・石井まつ・石井勘吉・石井友八・石井幸蔵・石井宅三郎・石井利右衛門・石井友五郎・石井佐平・石井儀三郎・石井穂十・石井新三郎・石井祐次郎・石井得右衛門・石井金蔵・石井勝蔵・石井春吉あり。

五二 同郡上平野村(蓮田市) 羽貫村小針神社天保二年浅間碑に上平野村石井吉右衛門あり。

五三 同郡井沼村(蓮田市) 宝泉寺宝永四年庚申塔に石井儀右門あり。

五四 同郡高虫村(蓮田市) 平姓を称す。妙楽寺元禄十一年石塔に石井角太夫・石井弥太夫、天保七年馬頭尊に石井斎助平政義・石井幸助・石井六兵衛・石井三蔵。宝暦十年鷹場野廻り役石井喜太夫。当村寛政十二年愛宕山碑に石井善太郎・石井民右衛門、文化七年庚申塔に石井多美右衛門、文政四年天神碑に石井幸助・石井皆吉。倉田村明星院文政六年新西国塔に高虫村石井民右衛門。明治九年戸長石井角左衛門・嘉永四年生、副戸長石井幸助・文政四年生。明治十五年常光村明壌銀行発起人石井啓次郎・十二株六百円所有。明治三十年所得税下調査簿に平野村医師石井城之助・弘化四年生・反別三町五反歩・地租二十九円。同年人名録に蚕業石井岱亮・明治三年生・地租六十円、石井源八・安政二年生・地租十六円、石井耕次郎・天保十三年生・地租十七円あり。

五五 同郡千駄野村(白岡町) 羽貫村西蔵院文政八年筆子碑に千駄野村石井久米太郎。実ヶ谷村楠田家天保九年筆子碑に下千駄野・石井喜平太。上野田村明治四年馬頭尊に千駄野・石井忠太郎(嘉永三年生)あり。

五六 同郡実ヶ谷村(白岡町) 円通院明和四年地蔵尊に石井伝兵衛・石井新八。久伊豆社明治元年幟碑に石井冨五郎・石井仙次郎・石井爪五郎あり。

五七 同郡岡泉村(白岡町) 当村享和二年庚申塔に岡泉村・石井仲左衛門・石井源蔵。鷲神社嘉永三年御神燈に岡泉新田・石井権次郎あり。

五八 同郡柴山村(白岡町) 諏訪八幡社正徳三年御神燈に石井清右衛門。字宮野文化九年庚申塔に石井金治郎・石井新兵衛・石井惣七あり。

五九 同郡久喜町 久喜本町光明院板石塔婆に「天正八年辰、石井原四郎」の銘あり、土豪なり。天王院正徳六年庚申塔に石井新五右衛門。明治四年久喜新町五人組帳に石井多十郎。明治八年騎西町釜屋文書に久喜町酒造業石井伊三郎。明治三十五年料理店石井むめ・麺麭製造石井彦七あり。

六〇 同郡江面村(久喜市) 久伊豆社明和八年天満宮碑に石井万太郎・石井岩次郎・石井藤吉。天保十一年百姓連名帳に石井義右衛門・石井新五右衛門・石井定右衛門あり。

六一 同郡原村(久喜市) 東雲院嘉永四年馬頭尊に石井藤左衛門あり。

六二 同郡下早見村(久喜市) 百間村青林寺寛政十年文書に下早見村石井治兵衛。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下早見村石井治兵衛・同村流石井要蔵。当村鷲神社天保十年御神燈に石井治兵衛・石井忠兵衛・石井忠太郎。明治九年副戸長石井作次郎・弘化四年生あり。

六三 同郡栢間村(菖蒲町) 上栢間村神明社宝永七年御神燈に石井武右衛門・石井伝之丞・石井角左衛門・石井茂右衛門、文政十一年太子講碑に石井乙右衛門・石井八五郎・石井七左衛門。当村寛政十二年庚申塔に石井五郎右衛門。下栢間村諏訪社嘉永三年水鉢に石井六兵衛・石井鉄五郎・石井治助。明治九年副戸長石井治助・文政十年生、副戸長石井佐市・天保四年生、副戸長石井太源治・天保十一年生。和戸村宇宮神社明治二十二年御嶽碑に栢間村石井鉄五郎。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に栢間村石井関之助・石井伝蔵。鴻巣宿勝願寺明治三十五年馬頭尊に栢間・石井彦左衛門あり。

六四 同郡小林村(菖蒲町) 妙福寺天保二年題目講に石井源左衛門あり。

六五 同郡柴山枝郷(菖蒲町) 明治九年副戸長石井伊之助・嘉永四年生。明治三十年人名録に栢間村助役石井伊之助・地租三十円あり。

六六 同郡騎西町 明治四年釜屋文書に酒造業石井耕太郎・同業石井耕右衛門。明治三十五年理髪店石井七五郎あり。

六七 同郡芋茎村(騎西町) 神明社文政二年甲子塔に石井宗太郎。文政七年戸賀崎門人帳に芋茎村石井総太郎あり。

六八 同郡道地村(騎西町) 成就院文化三年供養塔に石井四郎兵衛。稲荷社慶応二年幟碑に石井馬之丞あり。

六九 同郡種足村(騎西町) 長井氏系図に「長井実吉(忍籠城。武州柿沼住、慶長十三年卒)―女子(石井監物妻、住武州種垂村)」と見ゆ。土豪なり。中種足村雷神社享保七年庚申塔に石井浅右衛門、寛政二年御神燈に石井源右衛門、寛政七年天満宮碑に石井文五郎・石井松太郎、明治十三年庚申塔に石井半左衛門。中種足村東印寺文政十二年天満宮碑に石井源三郎・石井米三郎・石井八五郎、文政十三年供養塔に石井幸右衛門・石井治兵衛る西ノ谷村久伊豆社慶応二年御嶽碑に上種足先達石井新造。明治四年上種足村組頭石井源之丞・四十歳あり。

七〇 同郡加須町 下樋遣川村天保四年月待塔に加須・石井佐兵衛元□。明治三十五年足袋商石井嘉蔵・染物業張屋石井房吉・米穀商石井啓蔵あり。

七一 同郡辻村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に辻村石井太郎左衛門。久伊豆社安政三年狛犬に石井清吉・石井兵右衛門・石井太兵衛・石井紋次郎。明治五年名主代組頭石井兵右衛門。明治九年副戸長石井兵右衛門・文化十二年生、副戸長石井寿輔・文政八年生あり。

七二 同郡上樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に当村・石井琴衛・石井茂兵衛。明治十三年矢口文書に石井吉兵衛・石井源兵衛あり。

七三 同郡町屋新田(加須市) 当村文化三年巡拝塔に石井善右衛門、文久元年巡拝塔に町屋新田・石井京蔵。上三俣村菊地家元治二年筆子控に町屋新田・峯蔵倅石井房三郎、房三郎兄石井袈三郎あり。

七四 同郡油井ヶ島村(加須市) 文政七年戸賀崎門人帳に油井ヶ島村・石井直三郎・石井儀三郎。明治九年副戸長石井善兵衛・天保八年生。菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に油井ヶ島・石井善兵衛・石井角左衛門・石井仲太郎・石井良助。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流油井ヶ島村石井善兵衛・石井寅松。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業石井参四郎・安政六年生・国税千二百八円・県下四十八位、大正十四年国税二千四百七十一円・県下四十九位。大正十二年大地主名簿に石井参四郎・田四十三町五反歩・畑三十三町三反歩所有あり。

七五 同郡広田村(川里町) 広田村開発記に「慶長五年迄の内に、石井半右衛門引越来る」と。新井条参照。鷺巣神社嘉永六年幟碑に石井谷五郎あり。

七六 同郡北大桑村(大利根町) 大願寺文化六年供養塔に石井藤蔵・石井浅右衛門・石井藤□。香取社弘化三年狛犬に石井亦兵衛・石井惣次郎、明治十六年水鉢に石井三弥・石井善□郎・石井兼吉・石井伊勢五郎。明治九年戸長石井三弥・安政元年生あり。

七七 同郡新井新田村(大利根町) 八幡社延享三年供養塔に石井四郎兵衛あり。

七八 同郡琴寄村(大利根町) 横沼神社明治二十年狛犬に石井茂兵衛あり。

七九 同郡麦倉村(北川辺町) 明治九年副戸長石井菊蔵・天保十三年生あり。

八〇 同郡上新郷(羽生市) 稲荷社前万延元年庚申塔に石井甚八。衆議院議員新郷村弁護士石井謹吾・慶応二年生。また、上新郷の内・下新田村に存し、明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流埼玉郡下新田村石井高治あり。大木条参照。

八一 同郡下新郷(羽生市) 漆原氏系図に「千葉家経の子新井兵部之丞常直(永正十二年卒)が千葉家没落前退散して武州忍の附近に来て、丁度来たり属するものに石井孫七郎等があり、下新郷の中島に城砦を構築して入れ置く」と。慶長十三年検地帳に「石井」の名見ゆ。土豪なり。

八二 同郡羽生町 明治五年綿商石井甚太郎あり。

八三 同郡藤井村(羽生市) 香取社安政四年奉額に石井茂兵衛。源長寺慶応四年筆子碑に当所石井仁兵衛。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に藤井・石井藤蔵あり。

八四 同郡忍町 明治三十五年菓子製造石井権兵衛あり。

八五 同郡長野村(行田市) 白山社明治十一年浅間碑に石井芳五郎あり。

八六 同郡埼玉村(行田市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村百塚・石井美之吉あり。

八七 同郡真名板村(行田市) 薬師堂寛文十年法印広祐碑に石井久右衛門・石井伊之助・石井松太郎・石井新蔵・石井惣右衛門、享和元年供養塔に石井新内・石井平四郎母、嘉永七年筆子碑に石井甚作・石井直太郎、明治十年水鉢に当所左官職石井新助。下新郷天神社正徳四年庚申塔に上真名板村石井嘉蔵あり。

八八 同郡下中条村(行田市) 酒巻村慶岩寺文政十一年馬頭尊に下中条村石井房吉。同村八幡社慶応三年八海山碑に下中条村石井利八。明治九年副戸長石井伊左衛門・天保元年生。須賀村会議員に石井悦太郎・明治六年生、石井芳松・明治三十一年生あり。

八九 同郡袋村(吹上町) 袋神社宝永五年御神燈に石井平□、寛政九年宇賀神碑に石井藤兵衛・石井藤七。天保元年名主石井三太夫。三ツ木村輪光院天保五年馬頭尊に袋村石井藤一。野村玉松堂明治二年入門帳に袋村・為助倅石井重治郎、石井春治郎、峯吉倅石井朝七。明治九年副戸長石井啓治、副戸長石井新右衛門あり。

九〇 同郡鎌塚村(吹上町) 八幡社明治十年碑に石井喜三郎あり。

九一 同郡下川上村(熊谷市) 当村嘉永六年御嶽碑に石井四郎次あり。

九二 同郡池上村(熊谷市) 古宮神社元治二年御神燈に石井民蔵あり。

九三 同郡太井村(熊谷市) 棚田神社江戸末期碑に太井村・石井倉吉・石井市右衛門。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡太井町・石井勝四郎・石井孫四郎・石井良八・石井徳次郎あり。

九四 足立郡小谷村(吹上町) 日枝社安永九年水鉢に石井治郎右衛門、明治四十二年碑に堤根・石井彦右衛門。箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に小谷・石井兵右衛門。明治四年組頭石井兵右衛門・四十九歳。金乗寺明治四十五年碑に石井平八・石井利兵衛・石井金次郎あり。

九五 同郡鴻巣町 大間村久保寺天明六年筆子碑に鴻巣宿石井兵助。鴻神社明治十四年御神燈に石井重右衛門・石井伊右衛門。明治三十五年営業便覧に鍛冶屋石井光五郎・材木商石井源二郎・塗師石井磯八・袋物商花栄堂石井正直・飾屋石井啓助・菓子店石井源吉あり。

九六 同郡箕田村(鴻巣市) 当村嘉永六年増島俊輔筆子碑に石井為助あり。

九七 同郡上谷新田(鴻巣市) 浅間社明治十六年碑に上谷村新田石井儀八。八幡社明治三十八年水鉢に当所石井源次郎あり。

九八 同郡中井村(鴻巣市) 旧西光院安永七年筆子碑に中井村石井寅吉あり。

九九 同郡八幡田村(鴻巣市) 市ノ縄村宝暦七年弁財天碑に新井山・石井半六・石井忠兵衛あり。

一〇〇 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村石井八□郎、明治三十九年碑に石井晋恩・石井宗八・石井豊一郎・石井善次郎・石井良吉・石井利七・石井伊三郎・石井啓次郎・石井三之助あり。

一〇一 同郡原馬室村(鴻巣市) 観音堂明治三十四年馬頭観音碑に地元・石井晋恩あり。前項参照。

一〇二 同郡下石戸上村(北本市) 明治九年副戸長石井磯五郎・文政元年生。明治三十九年三峰講に下石戸上下組・石井吉平あり。

一〇三 同郡桶川町 明治三十五年飲食店石井よし・鳥屋石井カクあり。

一〇四 同郡川田谷村(桶川市) 風土記稿川田谷村条に「三ツ木城蹟、石井丹後守が住せし跡ともいへりども定かならず」と見ゆ。字王子延宝四年庚申塔に下川田谷妙金村石井茂右衛門。双龍堂文久二年普門品に樋詰村石井弥平治。明治九年副戸長石井弥平治・文政四年生あり。

一〇五 同郡上尾宿 愛宕社明治四十四年碑に石井亀太郎あり。

一〇六 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に石井政三・石井市太郎あり。

一〇七 同郡原市町(上尾市) 明治八年小前惣代石井卯兵衛(薬舗)あり。

一〇八 同郡中分村(上尾市) 明治二十二年矢部文書に惣代石井岩次郎・石井喜助・石井定吉あり。

一〇九 同郡畔吉村(上尾市) 徳星寺宝永三年庚申塔に畔吉村石井八左衛門あり。

一一〇 同郡菅谷村(上尾市) 明治五年名主石井市太郎。当村明治十七年庚申塔に菅谷村・石井庄右衛門・石井吉五郎あり。

一一一 同郡大宮町 明治三十五年炭商石井政次郎あり。

一一二 同郡指扇領別所村(大宮市) 旧家石井氏伝に先祖は岩附太田氏の家臣と云う。白川家門人帳に「寛政十二年、指扇領別所村、大工石井和泉」と。明治九年別所村副戸長石井岩蔵・天保六年生(但し、指扇村住人也)あり。

一一三 同郡宝来村(大宮市) 下宝来村元禄七年検地帳に「石井次郎兵衛・七反二畝歩、石井善兵衛(分家)・六反七畝歩」と。此の氏は別所村石井家より分地すと伝う。別所村福正寺寛政八年廻国塔に宝来村石井仁右衛門。福寿庵跡天保八年庚申塔に石井次郎兵衛。明治九年副戸長石井国太郎・天保三年生あり。

一一四 同郡島根村(大宮市) 風土記稿島根村条に「氷川社の神主石井大隅は家系を蔵す。先祖左衛門次郎国恒は応仁二年十一月五日卒す。其子左衛門五郎国盛より十世にして、今の大隅に至る。其間連綿として其名及び卒年を記せり。旧き神職なるべし」と見ゆ。明治九年副戸長石井唯恒・嘉永三年生。与野町一山神社明治三十五年碑に島根・石井遂次郎あり。

一一五 同郡上内野村(大宮市) 氷川社文化八年水鉢に当村石井新蔵あり。

一一六 同郡片柳村(大宮市) 万年寺天保十二年庚申塔に石井善右衛門・石井新蔵・石井甚五右衛門・石井吉兵衛、弘化三年水鉢に石井権兵衛・石井喜右衛門、明治四十四年碑に沖郷組・石井海蔵・石井マチ・石井ベン。熊野社弘化三年三峰碑に石井利左衛門、明治三十二年碑に石井安之丞・石井新吉・石井作次郎・石井善太郎・石井喜和次・石井利平あり。

一一七 同郡中川村(大宮市) 中丸村八幡社文化七年阿夫利碑に中川村石井三郎左衛門あり。

一一八 同郡南部領中丸村(大宮市) 神明社慶応三年御嶽碑に中丸村・石井八郎右衛門・石井四郎右衛門あり。

一一九 同郡南部領大谷村(大宮市) 氷川社前天保二年庚申塔に石井善兵衛・石井吉蔵あり。

一二〇 同郡南部領中野村(大宮市) 当村天明元年庚申塔に南部領中野村之内猿花・石井久左衛門。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に南中野・石井源之丞あり。

一二一 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に石井宗四郎あり。

一二二 同郡浦和町 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に浦和宿石井初太郎。私塾師匠神官石井寛・明治十七年没六十五歳。本太村山神社明治三十年碑に浦和町石井万次郎。明治三十五年営業便覧に荒物商石井周蔵・同石井宗三郎・同石井万次郎・餅商石井為吉・団子屋石井伊之助・飲食店石井伝次郎・寿司屋石井シゲ・菓子商石井国次郎・鉄器商石井由太郎・銃砲店石井庸三あり。

一二三 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に石井音吉・石井権右衛門。明治三十五年飲食店石井重平あり。

一二四 同郡本太村(浦和市) 薬師堂寛保三年供養塔に石井八右衛門、宝暦五年供養塔に石井八郎右衛門。岸村調神社天保四年御神燈に本太村・石井礒五郎・石井庄五郎。瑞岸寺天保十一年絵馬に当所・石井甚之丞・石井常五郎・石井文七・石井勝五郎・石井三八郎、明治三十六年絵馬に当所・石井宗七・石井三郎。三角稲荷社文久二年水鉢に当所・石井文左衛門・石井桂太郎・石井惣七・石井藤五郎・石井庄五郎・石井幸治郎・石井冨蔵・石井勝五郎・石井磯・石井周作・石井竹蔵・石井佐左衛門・石井生松・石井市郎兵衛。与野町一山神社慶応二年碑に本太村石井次郎兵衛。明治九年副戸長石井作之丞・嘉永元年生。大谷口村信成院明治二十七年成田山碑に本太・石井熊吉。氷川社明治二十八年碑に石井友三郎・石井佐七・石井了一・石井秀次郎・石井岩次郎・石井荘太郎・石井丑之助・石井荘右衛門・石井浅之助・石井常吉・石井伝右衛門・石井幸右衛門・石井善八・石井次右衛門・石井宗八・石井利左衛門・石井三次郎・石井清太郎・石井初五郎・石井平五郎・石井幸蔵・石井熊吉・石井三左衛門・石井平吉・石井平左衛門・石井栄吉・石井清左衛門・石井利八・石井次郎兵衛・石井弥平次・石井治左衛門、明治三十一年碑に石井利七・石井幸七・石井友之丞・石井初太郎・石井治右衛門・石井武兵衛・石井三郎・石井茂吉。山神社明治三十年碑に石井清三郎・石井作之丞・石井文蔵・石井信次郎・石井重助・石井金左衛門・石井万右衛門・石井玉蔵・石井仙吉・石井三十郎・石井庄蔵・石井勘次郎・石井万吉。大谷場村御嶽山明治三十四年碑に本太・石井金左衛門あり。

一二五 同郡大谷口村(浦和市) 氷川社明治二十九年水鉢に石井八十吉あり。

一二六 同郡大谷場村(浦和市) 宝性寺明治三十八年標柱に石井孝之助あり。

一二七 同郡間宮村(浦和市) 間宮自治会館文化十年庚申塔に南部領間宮村石井藤兵衛。鈎上村神明社元治元年碑に間宮・石井帯刀あり。

一二八 同郡北原村(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に北原村石井次左衛門。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に北原・石井次左衛門。明治九年副戸長石井治左衛門・文政五年生あり。

一二九 同郡木崎村(浦和市) 明治三十一年木崎村染物業石井作之丞・同業石井倉吉あり。

一三〇 同郡塚本村(浦和市) 神明社明治二十一年水鉢に石井勝五郎あり。

一三一 同郡道場村(浦和市) 土豪にて、天正十九年検地帳(島崎文書)に「石井・作」と見ゆ。

一三二 同郡田島村(浦和市) 氷川社文化十一年水鉢に石井留五郎、明治十一年石橋碑に石井宇右衛門。高崎市史に「慶応四年、大河内右京亮家来・農兵足立郡田島村石井半右衛門・二十歳」と見ゆ。

一三三 同郡神田村(浦和市) 与野町一山神社慶応二年碑に神田村石井惣八あり。

一三四 同郡三室村(浦和市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に宮本・石井浅右衛門、万延元年庚申塔に宮本・石井丈助。氷川女体社明治二十五年御神燈に宮本・石井粂次郎・石井平蔵・石井團次郎・石井由右衛門・石井金吉・石井兼吉・石井彦右衛門・石井文蔵・石井林蔵・石井仲次郎。本太村山神社明治三十年碑に三室宮本・石井藤太郎あり。

一三五 同郡蕨宿 世鏡伝記題臨書(天明六年榎本政雄著)に「本国信州丹波島住・石井七郎右衛門忠重、後に七左衛門善阿入道(玄蕃とも称す)、金山・助縄開発人、以上草切開発の七人と申伝しは此等の人なり」と。榎本文書に「蕨新宿御取立に付、作り田畑被潰御取上に成ける人々七人あり、石井兵庫・一町一反歩、是田畑を変地して町屋敷に成ける」と見ゆ。子孫は中央五丁目の石井氏なり。榎本参照。正蔵院元禄十五年庚申塔に石井七兵衛。和楽備神社万延二年御神燈に石井七左衛門・石井初五郎。三学院文久三年供養塔に蕨下町・石井初五郎・石井長七・石井七左衛門。明治三十五年菓子商石井安久太郎あり。

一三六 同郡木曽呂村(川口市) 早舟本明院万治三年鰐口銘に石井市郎右衛門。観音堂寛文十年庚申塔に石井忠右衛門、安永三年庚申塔に石井権左衛門、宝暦七年六地蔵に石井五郎左衛門。北阿弥陀堂延宝八年庚申塔に石井市兵衛。薬王寺享保十八年地蔵尊に石井新右衛門。阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に石井庄右衛門・石井兵左衛門・石井常右衛門・石井喜右衛門・石井万五郎・石井吉右衛門・石井喜兵衛、天保十二年庚申塔に石井清兵衛・石井兵吉・石井与八。天保十四年久米村平塚文書に木曽呂村石井忠右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡木曽呂村石井忠右衛門(信州善光寺山門東に此人の名見ゆ)。文化十二年国谷文書に木曽呂村石井道順。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に木曽呂・石井松之丞・石井番兵衛・石井平次郎・石井佐左衛門、万延元年庚申塔に木曽呂・石井有啓・石井亀次郎。埼玉郡棚田神社江戸末期碑に足立郡木曽呂村石井要助。白川家門人帳に明治元年木曽呂村氷川社神主石井源太。明治九年戸長石井忠右衛門・文政三年生。明治十一年中山筆学帳に木曽呂村石井忠左衛門。朝日神社明治二十七年御神燈に当所・石井徳治郎・石井庄蔵・石井平八・石井権治郎・石井要助・石井熊吉・石井広吉・石井佐右衛門、明治三十五年鳥居碑に石井熊治郎・石井仲治郎・石井喜太郎・石井冨三郎・石井松五郎・石井市右衛門・石井寅蔵・石井佐市・石井代次郎・石井万太郎・石井福松・石井伊之助・石井秋次郎・石井常吉・社掌石井源太。県会議員酒販売業石井多計志・昭和八年生あり。

一三七 同郡神戸村(川口市) 宝泉寺正保二年五輪塔に石井佐久太、享保十五年庚申塔に神戸村石井小三郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡安行領神戸村石井佐久太。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に神戸・石井清兵衛。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に神戸・石井愛蔵・石井常一郎・石井佐一郎・石井初太郎・石井伊勢□。明治九年副戸長石井慶太郎・文政八年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流石井佐一郎。木曽呂村朝日神社明治三十五年鳥居碑に神戸・石井市太郎・石井助右衛門・石井熊太郎・石井甲子太郎あり。

一三八 同郡石神村(川口市) 真乗院弘化三年普門品に当所・石井金七・石井八郎右衛門・石井忠蔵・石井欽五郎・石井久兵衛。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に石神・石井忠蔵。鈎上村神明社元治元年碑に石神・石井孫四郎。明治九年戸長石井忠蔵・文政四年生。内野村水稲荷社明治三十年碑に石神・石井仲太郎あり。

一三九 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門下碑に石井孫四郎あり。前項住人か。

一四〇 同郡安行領原村(川口市) 九重神社江戸末期御神燈に石井吉右衛門あり。

一四一 同郡新堀村(川口市) 蒲生村光明院明治三十六年碑に新堀・石井仁右衛門あり。

一四二 同郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に石井亀八あり。

一四三 同郡木崎領内野村(川口市) 水稲荷社明治三十年碑に石井佐喜次郎・石井佐吉・石井佐右衛門・石井鹿三郎・石井佐市・石井米次郎あり。

一四四 同郡源左衛門新田(川口市) 西新井宿村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に源左衛門・石井辰蔵あり。

一四五 同郡草加宿 南北草加村・谷古宇村・吉笹原村・立野村等は当宿の内なり。氷川社宝永三年棟札に北草加村石井善右衛門・石井左衛門、安永七年水鉢に北草加村石井幸助・石井弥太郎。日枝社文政六年碑に三丁目(吉笹原村)・石井清吉。観音堂天保二年供養塔に北草加村石井石松。南草加村東福寺天保九年供養塔に宿内村五丁目石井吉三郎、天保十一年宝篋印塔に石井弥右衛門。草加神社弘化三年玉垣碑に石井半六・石井善兵衛。花栗村南光院弘化四年供養塔に立野村石井治助。成田山新勝寺文久三年碑に草加駅徳島屋弥左衛門(石井)。市神祠官筆学門人控に「安政二年・浦寺かぢや又右衛門倅石井初五郎、文久二年・寿司屋娘孫石井芳蔵、慶応二年・浦寺かぢや亀次郎倅石井兵吉、慶応三年・谷古宇石井清蔵、明治二年・浦寺鍛冶屋又吉次男石井福太郎、明治四年・谷古宇村紺屋倅石井善次郎」。太郎左衛門新田字浦寺か。明治二年二丁目(立野村)天満屋石井巳之助。明治六年立野村石井善兵衛。剣術神文鑑に「明治十二年・北草加村石井鉄三郎、明治十八年・南草加村石井半治郎、明治三十二年・谷古宇石井冨右衛門」。明治三十五年足袋商徳島屋石井升蔵・石の湯石井秋太郎・人力車業石井友蔵。多摩郡青梅御嶽神社大正三年碑に草加町・石井又五郎・石井与兵衛あり。

一四六  同郡篠葉村(草加市) 観正院文政六年庚申塔に石井金蔵。厳島社慶応二年玉垣碑に石井嘉右衛門あり。

一四七 同郡九左衛門新田(草加市) 当村文化五年庚申塔に石井伊□吉。明治十九年家屋台帳に石井惣吉あり。

一四八 同郡青柳村(草加市) 明治三十九年地主惣代石井利助あり。

一四九 同郡上戸田村(戸田市) 氷川社文化十三年供養塔に上戸田村石井四郎左衛門、同年水鉢に当村石井利左衛門あり。

一五〇 同郡美女木村(戸田市) 安養寺寛政五年供養塔に石井郡右衛門・石井忠蔵。八幡社文政十年碑に石井仙吉、明治三十二年石段碑に道満観音経講中・石井嘉兵衛あり。

一五一 同郡下笹目村(戸田市) 笹目神社天保六年狛犬に石井政右衛門・石井良右衛門あり。

一五二 新座郡館村(志木市) 館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。中道山中通りに至って石井等の輩住居す」と見ゆ。宝幢寺嘉永二年地蔵尊に館村石井辰五郎。氷川社嘉永六年碑に館村石井新兵衛・石井藤七・石井仲右衛門。不動堂明治十四年不動尊に志木宿石井喜三郎・石井権八。明治二十年水神宮に石井重五郎。明治三十一年中野組石井藤五郎。明治三十五年飲食店石井和吉あり。

一五三 同郡片山村(新座市) 新倉村明治初年富士講碑に片山・石井五郎吉あり。

一五四 同郡野火止宿(新座市) 明治十六年西堀村物産表に石井寅吉あり。

一五五 入間郡上南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「上南畑村の石井庄左衛門は元禄以前より住居せしも廃絶し、その分家盛んとなりたり」と見ゆ。南畑村会議員石井丑五郎・安政四年生あり。

一五六 同郡鶴馬村(富士見市) 明治五年黒鍬職石井文次郎あり。

一五七 同郡上富村(三芳町) 亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村石井角太郎・石井浜造(質屋)。中富村神明社明治三十九年碑に上富・石井定右衛門あり。

一五八 同郡中富村(所沢市) 毘沙門堂文化三年宝篋印塔に中富村石井平右衛門あり。

一五九 同郡下富村(所沢市) 明治二十年茶業に石井佐二郎・石井三次郎あり。

一六〇 同郡所沢村 薬王寺享保元年地蔵尊に石井勘兵衛あり。

一六一 同郡上新井村(所沢市) 北野村天神社明治四十年碑に地蔵山・石井国蔵あり。

一六二 同郡三ヶ島村(所沢市) 中氷川神社寛延二年棟札に中氷川大明神役人石井次右衛門。薬王寺明治四十二年碑に四番組・石井竹蔵・石井和重郎、五番組・石井万次郎・石井鶴吉・石井与兵衛・石井亀吉あり。次項参照。

一六三 同郡三ヶ島堀之内村(所沢市) 風土記稿堀之内村条に「旧家政右衛門、氏を石井と云。家の旧記を蔵す、其大意に云う、先祖は勝楽寺村リウカイの城主豊後入道伏見小太郎(按に勝楽寺城跡に星見小太郎に作る)と云人の家人筑後守と云て三ヶ島村に居れり。小田原陣の時にやリウカイの城攻落され、村内別所山とて四方十丁許ある山へ、かの豊後入道が子六人を相具して隠れ住み、農耕を事とし、子兵庫助まで二代谷山に居れり。今の与平次・山クボ屋敷跡是その旧跡なり」と見ゆ。三ヶ島村中氷川神社懸仏銘に「天正五年九月吉日、武州入東郡宮寺郷三ヶ島村中氷川神社、宝蔵坊、兵庫助、善源、善清、善心、佐野入道、新藤総左門、聖善聖、将監、林泉坊、願主新左衛門」とあり。石井兵庫助、仲将監、神主宮野新左衛門等であろう。宝永六年石井文書に村役座配順・石井次右衛門。前項と同人か。明治九年戸長石井政右衛門・文化六年生。中氷川神社明治十七年門人碑に堀之内村石井政右衛門あり。

一六四 同郡糀谷村(所沢市) 八幡社寛政八年御神燈に糀谷・石井甚兵衛・石井七兵衛・石井藤右衛門あり。

一六五 同郡山口郷(所沢市) 町谷村岩岡文書に「岩岡民部之輔実公は吉野で戦ひ、武州山口郷に逃れて郷士石井氏の妹を娶り一男三女あり」と見ゆ。古代以来の居住者にて土豪なり。

一六六 同郡北岩岡村(所沢市) 岩岡新田宝泉寺文久三年湯殿山碑に当所・石井伊平治・石井伊左衛門。明治五年に北田新田製茶業石井伊左衛門・岩岡新田木挽職石井清五郎。明治十年北岩岡村荷車稼人に石井弥太郎・石井林平・石井鉄五郎あり。

一六七 同郡勝楽寺村(所沢市) 氷川村中氷川社明治二十九年碑に勝楽寺村石井久次郎あり。

一六八 同郡矢寺村(入間市) 明治五年准副戸長石井庄右衛門あり。

一六九 同郡上赤坂村(狭山市) 堀兼神社明治三年水鉢に上赤坂邨石井孫兵衛あり。

一七〇 同郡川越町 明治十一年第八十五国立銀行株主に川越宮下町石井利長・十株千円所有。御嶽社明治三十年碑に石井艶吉。明治三十五年青物商石井要二郎・蒟蒻製造業石井国三郎。三芳野神社明治四十年碑に江戸町石井愛次郎。県会議員医師石井愛次郎・慶応元年生(相州津久井郡青山村出身)あり。

一七一 同郡久下戸村(川越市) 明治九年副戸長石井久太郎・弘化元年生。古谷本郷八幡社明治十二年水鉢に久下戸邨石井久太郎あり。

一七二 同郡今福村(川越市) 堀兼神社文政四年御神燈に今福村石井宇兵衛。菅原神社文久三年碑に石井多右衛門、明治十六年碑に筆生石井利三郎。明見院慶応二年普門品に石井利三郎・石井政次郎・石井多右衛門・石井喜曽次郎あり。

一七三 同郡山城村(川越市) 稲荷社明治三十四年水鉢に石井潔(糸繭仲買商)あり。

一七四 同郡藤倉村(川越市) 天神社明治四十一年碑に本村(日東村)・石井浩平・石井泰・石井誠・石井省吾・石井喜四郎・石井貞蔵・石井増造・石井行蔵・石井吉三あり。

一七五 同郡坂戸村 明治九年副戸長石井善平・文政二年生。明治三十五年煙草商石井勝蔵・材木商石井民蔵あり。

一七六 同郡赤尾村(坂戸市) 北平沢村福蔵院安政五年地蔵尊に赤尾村石井三郎兵衛あり。

一七七 同郡新堀村(坂戸市) 明治八年戸長石井民次郎・弘化四年生あり。

一七八 同郡多和目村(坂戸市) 当村明治三十七年馬頭尊に石井金次郎あり。

一七九 同郡南浅羽村(坂戸市) 土豪にて、川越行伝寺過去帳に「道春・浅場ノ石井帯刀父・戌年十月、妙專・石井殿内方・辰年二月、恵光院法善・石井源兵衛・寅年八月、妙善・石井太兵衛祖母・戌年十一月、道專・石井藤四郎・酉年十一月。承応二年三月過去帳表具之紙は石井太兵衛が造立する」と見ゆ。石坂村休山寺明治二十八年碑に南浅羽・石井定四郎あり。

一八〇 同郡今市村(越生町) 法恩寺文書天保十一年頼母子講に石井茂兵衛・石井重右衛門。明治三十五年下駄商石井万吉・氷商坂本屋石井小十・飲食店和田屋石井角次郎・茶漬和田才石井才助・飲食店籠屋石井房吉あり。

一八一 同郡上野村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に上野村石井岩五郎・石井安五郎。明治九年副戸長石井和三郎・天保五年生あり。

一八二 同郡大谷村(越生町) 明治九年戸長石井禎三・天保二年生。成瀬村見正寺明治初年筆子碑に大谷村石井嘉三郎。明治十八年信徒惣代石井藤吉。摩多利神社明治四十一年碑に大谷・石井庸次郎あり。

一八三 同郡黒岩村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に黒岩村石井長吉。和田村石井家筆子帳に嘉永五年黒岩村石井喜三郎。私塾師匠なべや石井儀平隆徳(文政二年生、明治九年副戸長、同十年没)の筆学門人帳に文久三年・石井政治郎、石井半七・十六歳、元治元年・石井助市・十一歳、明治四年・石井市蔵・八歳。明治十六年草履商石井小平あり。

一八四 同郡和田村(越生町) 塚越村大宮住吉神社文書に「和田村春日明神、神主石井越前。先祖貞享三年石井上野あり」と。風土記稿和田村条に「春日社の神職は石井肥前といふ」と見ゆ。私塾師匠石井家筆子帳に「弘化五年、手習筆子連名、石井松太郎書」とあり、子孫石井泰雄氏所蔵なり。上野村森村文書に「文久三年大宮聖天宮棟札、和田村大工石井増五郎、石井伊三郎、石井祐蔵」。明治九年副戸長石井角四郎・弘化元年生。明治二十九年越生町農会発起人石井時次郎あり。

一八五 高麗郡仏子村(入間市) 風土記稿仏子村条に「村の草創の頃は民家僅に四軒、大久保・平岡・石井・宮岡を氏とす。その家今も存せり。天正慶長の比には十五軒となり、今は八十軒となれり」と見ゆ。宮岡条参照。明治二十一年納税書に石井力造。明治三十五年織物製造業石井佐建治。四十四年同業石井幸助あり。

一八六 同郡笹井村(狭山市) 石井喜一家文書に「辰九月、名主石井平六、石井与輔」と。明治九年副戸長石井慶次郎・天保十二年生。白鬚社明治二十九年御神燈に水富村・石井貞三・石井喜十郎あり。

一八七 同郡上広瀬村(狭山市) 明治二十七年地租調査に石井常吉・十三円あり。

一八八 同郡根岸村(狭山市) 明治四十四年織物製造業に石井常吉・石井為吉あり。

一八九 同郡飯能町 諏訪八幡社明治四十四年碑に二丁目石井代吉あり。

一九〇 同郡原市場村(飯能市) 源姓を称す。子権現社文政十三年算額に原市場邑石井弥四郎源知義。明治九年副戸長石井信平・文政十二年生。気楽流柔術横瀬村加藤門弟に明治十七年・原市場郷石井栄太郎・三十七歳あり。

一九一 同郡久下分村(飯能市) 明治十四年荒物豆腐商石井浅造。県会議員病院長石井泰彦・大正十一年生、同議員病院理事長石井道子・昭和八年生あり。

一九二 同郡上赤工村(飯能市) 当村享保四年供養塔に石井太兵衛、寛政四年供養塔に上赤工村石井三郎兵衛。天保十四年久米村平塚文書に上赤工村石井茂左衛門。明治九年戸長石井恵十郎・弘化三年生。明治十年山稼議定書に石井清助・石井恵十郎あり。

一九三 同郡上直竹村(飯能市) 上直竹下分富士浅間社万延元年絵馬に当所石井勇蔵あり。

一九四 同郡藤金村(鶴ヶ島市) 明治九年地租改正に石井惣八・立会人石井政右衛門あり。

一九五 同郡栗坪村(日高市) 明治十七年質屋石井利七。明治二十八年塩煎餅商石井多三郎あり。

一九六 同郡新堀村(日高市) 文久三年高麗大記門人に新堀村新井・安太郎倅石井八十八・十歳。明治十六年永続講員石井嘉蔵・石井庄八。聖天院明治四十年馬頭尊に新堀・石井直次郎あり。

一九七 同郡中沢村(日高市) 明治九年小間物商石井定七。女影村霞野神社明治四十五年御神燈に中沢・石井幸三郎・石井熊吉あり。

一九八 同郡楡木村(日高市) 明治七年楡木村願書に石井源蔵・石井権左衛門・石井友吉・石井浅次郎。明治十二年約定書に石井岩蔵・石井紋蔵・石井延太郎あり。

一九九 同郡高萩村(日高市) 明治二十四年地租軽減請願人に石井重蔵・石井弁治郎・石井芳太郎・石井佐太郎あり。

二〇〇 同郡高岡村(日高市) 明治二十二年糸繭商石井房吉あり。

二〇一 比企郡本宿村(川越市) 明治五年旧百姓代石井甚右衛門あり。

二〇二 同郡松山町 天明二年向笠文書に松山町露天商横町石井長五郎。松山神社文政十二年御神燈に横町石井長五郎・上町石井忠右衛門。松葉町八幡社慶応四年庚申塔に石井長兵衛(名主、明治五年郵便取扱人)。箭弓神社明治三十一年碑に松山町石井又雄。明治三十二年不動産業務合資会社発起人石井長三・出資額三千円、石井熊蔵・出資額千円。明治三十五年運送店石井長三・糸繭商石井千次郎あり。

二〇三 同郡毛塚村(東松山市) 明治十六年毛塚村取調帳に石井重造・石井徳次郎あり。

二〇四 同郡伊古村(滑川町) 当村文化二年供養塔に上伊古邑石井吉兵衛。文久三年大久保文書に村役人石井忠左衛門。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に伊古村石井喜代四郎あり。

二〇五 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「元和七年より寛永五年迄・年寄石井二郎左衛門」と見え、小林文書に「寛文四年古来居屋敷覚・石井与三郎、跡断」と見ゆ。消防組員石井杢平・天保十四年生あり。

二〇六 同郡小川町 明治十四年儲金相生会社株主石井又吉・一株所有あり。

二〇七 同郡赤沼村(鳩山町) 円正寺天保十三年盤子銘に石井武兵衛。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑に赤沼村石井新右衛門。明治九年副戸長石井勘衛・文政二年生、副戸長石井与五平・嘉永元年生。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に赤沼村石井勇次郎。鎌形村八幡社明治十六年筆子碑に赤沼村石井森五郎。石坂村休山寺明治二十八年碑に赤沼・石井泰吉あり。

二〇八 横見郡根古屋村(吉見町) 岩室観音堂寛政十二年頃碑に根小谷村石井武七、嘉永三年水鉢に当村石井東吉。松山町松山神社文政十二年御神燈に横見郡根古谷村石井豊治郎。明治九年吉見村北組副戸長石井東吉・文政五年生あり。

二〇九 同郡久保田村(吉見町) 明治九年副戸長石井伊八・文政十年生。明治十二年菓子商石井与四郎あり。

二一〇 大里郡熊谷宿 高城神社天保十二年御神燈に当所石井健治郎。明治十三年形付職石井源次郎。明治三十五年米穀商石井伊左衛門・川魚商石井角太郎・飲食店石井由五郎あり。

二一一 同郡石原村(熊谷市) 明治二十一年に重立石井嘉吉あり。

二一二 同郡広瀬村(熊谷市) 持田村観音寺嘉永七年敷石供養塔に広瀬村石井熊治郎。石原村東漸寺万延元年馬頭尊に広瀬村石井金蔵。文久元年秋山翁碑に石井金太郎・石井林次郎・石井荘三郎・石井仙太郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑にヒロセ・石井金蔵あり。

二一三  男衾郡立原村(寄居町) 吉定寺安永五年鐘銘に立原村石井喜衛門あり。

二一四 榛沢郡寄居町 明治三十五年古物商石井くみ・薬種商求生堂石井朝次郎あり。

二一五 同郡東大沼村(深谷市) 深谷町会議員荒物雑貨商石井喜一郎・明治十六年生あり。

二一六 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に石井弥十郎・石井太郎吉。上野台村八幡社明治四十四年碑に中瀬・石井太郎吉あり。

二一七 幡羅郡妻沼村 歓喜院文政十年門前碑に中町石井伊太郎あり。

二一八 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・石井織部・石井五左衛門あり」と。明治十一年副戸長石井嘉蔵あり。

二一九 同郡葛和田村(妻沼町) 信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講・石井佐兵・石井儀一あり。

二二〇 同郡弁財村(妻沼町) 薬王寺享保十八年供養塔に石井重衛門・石井与八あり。

二二一 同郡俵瀬村(妻沼町) 八木田村観音寺安政四年馬頭尊に俵瀬村石井金蔵あり。

二二二 児玉郡本庄町 明治三十五年菓子屋石井惣七(本庄町会議員)あり。

二二三 同郡入浅見村(児玉町) 阿弥陀堂万延元年庚申塔に石井周吉あり。

二二四 同郡宮内村(児玉町) 字手箱池嘉永五年庚申塔に石井万右衛門あり。

二二五 同郡沼上村(美里町) 長福寺江戸末期庚申塔に石井佐次右衛門。明治四年阿那志村千田文書に沼上村組頭石井佐次衛門・組頭石井忠三郎あり。

二二六 賀美郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に石井定吉・石井由五郎・石井兼吉。明治四年山下文書に小前惣代石井米五郎、百姓代退役石井兼吉、同退役石井栄蔵、石井亀吉あり。

二二七 同郡金窪村(上里町) 陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「石井加賀守秀司の後裔、金久保・石井左兵次」と見ゆ。薬師様享保十七年碑に石井与兵衛あり。

二二八 同郡堤村(上里町) 字堀之内江戸末期庚申塔に石井要八・石井太郎右衛門。明治初年議定書に百姓代石井要八・石井八郎次あり。

二二九 秩父郡金尾村(寄居町) 明治九年新井文書に石井滝之介・石井五右衛門・石井織之介・石井伝蔵・石井峰吉。用土村明治十三年仙元碑に金尾村・石井庸行調山・石井織之介・石井滝之介あり。

二三〇 同郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に「妙忍・石井三河母、道正・石井・大永七年九月」と見ゆ。松山城家臣か。

二三一 同郡小鹿野町 明治三十五年薬種商石井平蔵あり。

二三二 同郡大宮町(秩父市) 明治三十五年古物商石井誠あり。

二三三 同郡下影森村(秩父市) 金仙寺由来之事に「馬頭之義は、先規より石井一家はかば有之候へば、宝永年中、金仙寺かけしう法所と申は、茂兵衛先規之おち法所に有之候へば、此法所隠居被致堂建之被成候、依之はか所堂地御年貢之義は、本家政右衛門方より相納申候へは、外より一向手入相成申間敷候。石井次左衛門・九十歳之節、是は言置申候、文化十三年二月」と見ゆ。

二三四 同郡日野村(荒川村) 秩父志に「日野村浅間社、祭主は石井氏祭り」と見え、イワイと註す。但し、現存はイシイ氏を称す。風土記稿日野村条に第六天社神主石井左膳と。浅間社由緒に「当社の旧社家神主石井道次、座成岩と称する岩上に浅間社を祀る。旧幕時代祠官石井河内守、明治に石井与吉」と見ゆ。

二三五 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に石井平蔵あり。

二三六 同郡矢那瀬村(長瀞町) 仲山城跡応安二年板碑建立世話人柳瀬村石井氏あり。阿仁和条参照。用土村明治十三年仙元碑に矢那瀬村・石井文吉・石井清平・石井艶吉・石井利十郎あり。

二三七 同郡金沢村(皆野町) 西光寺天保十五年鐘銘に金沢村石井七左衛門。国神神社明治三十四年碑に金沢村石井源次郎あり。

二三八 同郡矢納村(神泉村) 秋山村本覚院文政四年宝篋印塔に鳥羽村・石井惣太夫・石井繁太郎・石井松次郎・石井久兵衛・石井久女太郎あり。

二三九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・石井基三郎・百五十八円・百二十六円、石井福太郎・七十二円・二十二円、石井万次郎・十八円・四十二円、戸田村・石井久蔵・六十円、蕨町・石井周三・十四円・三十三円、石井寿明・九円・三十三円、草加町・石井善兵衛・七十九円・二十五円、神根村(川口市)・石井源太・四十円、石井しげ・十四円、大門村(浦和市)・石井豊作・七十五円、木崎村(浦和市)・石井吉蔵・二百二十八円・十九円、石井茂吉・百三円・四十七円、石井幸・四十五円・二十五円、石井丑之助・二十二円、石井万右衛門・百八十円、石井武兵衛・十六円・二十二円、石井三郎・十六円、大宮町・石井清三郎・二十九円・十八円、石井謹太郎・十二円、指扇村(大宮市)・石井次郎七・二十円、日進村(大宮市)・石井太一・三十一円・五十六円、鴻巣町・石井源六・十四円・五十六円、南古谷村(川越市)・石井藤蔵・九円、吾妻村(所沢市)・石井敬造・九円、三ヶ島村(所沢市)・石井政次郎・三十円・二十九円、石井万次郎・十二円・三十二円、日東村(川越市)・石井栄太郎・九円・三十三円、越生町・石井九十郎・十円・二十一円、高麗村(日高市)・石井真太郎・九円、石井幸太郎・九円、飯能町・石井三郎・三百六十六円、原市場村(飯能市)・石井儀助・十七円、松山町・石井金平・四十一円、高坂村(東松山市)・石井鉄治・七十七円・五十六円、岩槻町・石井常太郎・二十四円、柏崎村(岩槻市)・石井角蔵・十二円、八条村(八潮市)・石井藤吉・十九円・二十八円、石井常吉・百十四円、川柳村(草加市)・石井利助・千八百五十一円・百四十円、石井熊蔵・二十九円、久喜町・石井憲司・二十九円・五十三円、栢間村(菖蒲町)・石井彦左衛門・二百十円・二十六円、平野村(蓮田市)・石井岱亮・三十五円、上高野村(幸手市)・石井厚・五百二十一円・二百七円、忍町・石井松喜・三十一円、下忍村(行田市)・石井浅治・十五円、三ツ俣村(加須市)・石井永吉・二十五円、水深村(加須市)・石井清吉・六十七円、熊谷町・石井長三郎・十五円・十九円、石井由太郎・四十五円・三十六円、石井利三郎・二十四円、石井幸次郎・九円、長井村(妻沼町)・石井源次郎・十一円、下吉田町・石井貞蔵・四十七円」あり。

石伊 イシイ 朝霞に存す。

石居 イシイ 川口、蕨、坂戸、都幾川、飯能、春日部、八潮、三郷等に存す。栃木県佐野市十一戸あり。

石射 イシイ 川越、上福岡、三郷、志木等に存す。厚木市二十二戸あり。

甃井 イシイ 所沢に存す。茨城県笠間市四戸あり。

伊志井 イシイ 川口に存す。

石伊久 イシイク 鶴ヶ島に存す。

石出 イシイデ 朝霞、川口等に存す。

石井山 イシイヤマ 大宮に存す。

石宇 イシウ 志木、浦和等に存す。

石生 イシウ 正和五年秩父郡仲山城主阿仁和氏の家臣にて、信州六里の原・那須野の原・見晴野の原、三カ所より野武士五十七人来る、頭格は石生喜又なりと云う。阿仁和条参照。

石生田 イシウダ 宇都宮市六戸あり。

石内 イシウチ 群馬県新田郡笠懸町二十戸、茨城県真壁郡関城町二十四戸、神奈川県小田原市十七戸あり。

一 浦和宿 玉蔵院享和三年供養塔に石内伝右衛門、明治三十一年供養塔に浦和町石内保太郎・石内藤太郎。明治七年製糸会社人名録に石内和助。明治三十五年雑穀商石内忠兵衛。白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和石内伊太郎(質屋)。昭和三年興信録に「浦和町・石内保太郎・所得税二百九十二円・営業税二十二円」あり。

石打 イシウチ 浦和に存す。

石浦 イシウラ 朝霞、鶴ヶ島、坂戸、上福岡、入間、川越、川口、草加、八潮、上尾、加須、行田等に存す。

石江 イシエ 川口、浦和、草加に存す。

石尾 イシオ 川口、大宮、与野、越谷、春日部、鷲宮、鶴ヶ島、狭山等に存す。鳥取市十二戸あり。

石王 イシオ 越谷、吉見等に存す。

石岡 イシオカ 群馬県北群馬郡子持村九戸、多野郡新町八戸、栃木県今市市三十六戸、青森県北津軽郡板柳町八戸、市浦村十六戸、鶴田町五十戸、南津軽郡浪岡町五十二戸、東津軽郡蟹田町四十八戸、西津軽郡鯵ヶ沢町七十五戸、木造町十五戸、柏村十二戸、弘前市四百戸、秋田県山本郡藤里町三十八戸。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「籾十五俵・石岡茂左衛門」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「小姓頭・百石・石岡十右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御物頭御持筒・三百六十石・石岡十右衛門」あり。

三 本庄宿 明治四年諸井文書に仲町石岡佐平治あり。

四 雑載 昭和三年興信録に「木崎村(浦和市)・石岡猪四郎・所得税十一円」。

石置 イシオキ 明治三十五年熊谷町酒商吉田屋石置栄作あり。

石踊 イシオドリ 狭山に存す。

石躍 イシオドリ 浦和、入間等に存す。

石下 イシカ 越谷、草加、春日部、日高、川越、鷲宮、桶川等に存す。栃木県塩谷郡塩谷町五十六戸、矢板市二十四戸。

石嘉 イシカ 八潮に存す。

石賀 イシガ 新座、鶴ヶ島、川越、日高、春日部、岩槻、浦和等に存す。鳥取県(伯耆国)西伯郡中山町七戸、東伯郡関金町十戸、北条町二十一戸、東伯町九戸、赤碕町四十二戸、倉吉市三十三戸あり。

石貝 イシガイ 入間、八潮、岡部、桶川、川口等に存す。

石外 イシガイ 春日部、川越、川口等に存す。

石谷 イシガイ 所沢、朝霞、新座等に存す。長野県上田市八戸あり。

石垣 イシガキ 神奈川県伊勢原市二十六戸、新潟県長岡市十九戸、宮城県黒川郡大和町二十八戸、桃生郡鳴瀬町四十戸、矢本町六十戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳「御馬廻・十人扶持・石垣宇左衛門、小普請・十人扶持・石垣翁助、御徒目付・七石二人扶持・石垣栄蔵」。明治四年に「十人扶持・石垣双、四石二人扶持・石垣浅次郎」あり。次項参照。

二 熊谷町 私塾師匠元忍藩士石垣浅次郎。明治三十五年石垣治三郎あり。

三 埼玉郡真福寺村(岩槻市) 正蔵院享保八年供養塔に石垣伊左衛門。久伊豆社天保十年水鉢に石垣太次郎・石垣留五郎・石垣次左衛門・石垣栄蔵・石垣喜惣次、嘉永五年庚申塔に石垣太左衛門・石垣平次郎・石垣長吉・石垣熊蔵。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に真福寺村石垣治左衛門・石垣太右衛門。鈎上村神明社元治元年碑に真福寺・石垣紀政。明治三十年人名録に石垣徳三郎・明治四年生・地租二十六円、石垣安具太郎・文久二年生あり。

四 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に「石垣孫七―権兵衛―茂吉―源蔵―千蔵―吉蔵」と。鈴木参照。八幡社天保十二年水鉢に石垣源蔵、嘉永五年狛犬に石垣專蔵あり。

五 同郡越ヶ谷宿 久伊豆社明治三十二年榛名碑に石垣新蔵(張物商)あり。次項参照。

六 同郡西方村(越谷市) 当村秋山家譜に「我が祖先秋山康任(天和元年生)当所山谷へ移住するの砌、当所の内・中央より巽の方に当り、茲に古銘を治左衛門と呼び来れる子孫にして、石垣源八と称す夫婦の者在り。源八法名覚善法師・宝暦八年卒八十九歳、当村大徳寺へ葬る。夫婦に幸八と称す倅在り越ヶ谷宿へ移住す」と見ゆ。

七 同郡東方村(越谷市) 久伊豆社嘉永五年御神燈に石垣半七・石垣万蔵・石垣健治郎あり。

石掛 イシカケ 戸田、越谷等に存す。

石形 イシカタ 入間に存す。

石角 イシカド 岩手県岩手郡葛巻町十二戸あり。

石金 イシガネ 入間、栗橋、東松山、浦和等に存す。島根県飯石郡三刀屋町六戸あり。

石上 イシガミ 入間郡大塚村の産神に石上社あり、御神体は赤き石なり。足立郡三室村、秩父郡三山村、藤倉村、野上下郷に石上社あり。群馬県群馬郡群馬町十戸、茨城県鹿島郡鉾田町十二戸、鹿島市三十三戸、石岡市三十六戸、千葉県銚子市四十八戸、福島県伊達郡雲山町十一戸、青森県八戸市三十九戸、秋田県北秋田郡上小間仁村三十二戸、鳥取県西伯郡西伯町十七戸、鳥取市三十戸あり。

一 足立郡宿村(浦和市) 与野町一山神社明治三十五年碑に宿村・石上金五郎あり。

二 蕨町 明治三十五年飲食店石上与三郎あり。

三 児玉郡金屋村(児玉町) 天龍寺文政六年地蔵尊に当所石上浅治郎あり。

四 秩父郡野上下郷(長瀞町) 明治十四年林文書に石上重太郎・石上利三郎・石上政五郎あり。

石神 イシガミ 賀美郡石神村(上里町)あり、武蔵古文書に「正応元年十月二十日、亡父私左衛門尉光方法師法名光真、領地武蔵国石神郷塚村」と。また、鎌倉黄梅院文書に「永享十二年、円覚寺黄梅院領武州賀美郡石神村内桜堂在家」と見ゆ。足立郡石神村(川口市)、新座郡石神村(新座市)あり。小名石神は、葛飾郡椚村、埼玉郡浮谷村、小松村、足立郡赤山村、入間郡菅間村、塚越村、上谷村、幡羅郡飯塚村、那賀郡古郡村、秩父郡贄川村、上名栗村等にあり。シャグジ参照。茨城県行方郡麻生町二十五戸、牛堀町二十三戸、鹿島郡神栖町二十四戸、稲敷郡美浦村十戸、筑波郡伊奈町十戸、千葉県船橋市百五戸、銚子市二十戸、福島県伊達郡保原町二十六戸、岩手県西磐井郡平泉町十一戸あり。

一 男衾郡小泉郷領主の石神氏 上州長楽寺文書に「元徳三年七月十二日、平時雄が田在家注文書。男衾郡小泉郷内、三宇付田三段・四貫二百文・石神五郎太郎跡」と見ゆ。

二 岩槻町 加納村天神社嘉永二年御神燈に岩槻市宿町石神久次郎。明治三十五年油製造業石神馬五郎あり。

三 杉戸町 昭和三年興信録に「杉戸町・石神頼助・所得税六十三円」あり。

石亀 イシガメ 秩父郡品沢村字石亀あり。岩槻、所沢、入間、上福岡、富士見、志木、杉戸、川口、浦和、大宮等に存す。岩手県岩手郡雫石町十二戸、青森県三戸郡五戸町十四戸あり。

石ヶ守 イシガモリ 新座に存す。青森県三戸郡新郷村六戸あり。

石ヶ森 イシガモリ 鳩ヶ谷、草加等に存す。宮城県古川市三十三戸、岩手県稗貫郡大迫町九戸、青森県三戸郡五戸町十五戸、八戸市十五戸あり。

石ヶ谷 イシガヤ 川口に存す。

石河 イシカワ 栃木県芳賀郡茂木町十六戸、秋田県大曲市二十二戸、鳥取県岩美郡岩美町九戸あり。石川条参照。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「六石・石河原右衛門」あり。

二 足立郡大宮村 土豪にて、天正二十年大宮之村検地帳に「石河分・一町八反七畝歩」と見え、石川総助の名見ゆ。

石川 イシカワ 石川の石は、イソ(磯)にて、川は朝鮮語のナリで国・村・都の意味である。すなわち海洋民磯部族の集落を石川と称す。武内宿祢の子蘇我石川宿祢は大和国高市郡石川村(橿原市石川、曽我)に居住す。石川族の集落より此の地名起こる。其の子は満智―韓子―高麗―稲目―馬子―蝦夷―入鹿にて、蘇我氏は百済渡来人なり。蘇我百済王朝については、「百済花苑、宇田伸夫著、近代文芸社」を参考されよ。此氏の祖、武内宿祢は安羅国(後の百済)渡来人の阿部族と同じく孝元天皇後裔と称す。武内の内は内海のウヅにて、渦の意味がある。渦は海洋民なり。ウツミ条参照。延暦十八年紀に「甲斐国人止弥若蟲等一百九十人言ふ、己等の先祖、元是れ百済人也。聖朝を仰慕し、海を航して投化す。而して己等の先祖、未だ蕃姓を改めず、伏して請らくは改姓を蒙らんてへり。若蟲に姓を石川と賜ふ」と見ゆ。新座郡溝沼村字石川、田島村字石川戸、入間郡今成村字石川、水子村字石川戸、児玉郡十条村字石川、鵜森村字石川原あり。石川氏は、関東に多く存し、武蔵国の大姓なり。〇群馬県群馬郡箕郷町四十四戸、新田郡笠懸町四十戸、新田町五十四戸、邑楽郡板倉町七十戸、邑楽町三十五戸、大泉町三十七戸、明和町三十二戸、佐波郡赤堀町三十九戸、玉村町四十五戸。〇栃木県那須郡烏山町七十七戸、塩谷郡塩谷町三十戸、高根沢町三十戸、河内郡河内町六十戸、上三川町四十二戸、芳賀郡芳賀町四十六戸、市貝町九十七戸、益子町三十七戸、茂木町五十三戸、上都賀郡西方町四十戸、下都賀郡岩舟町四十六戸、大平町百戸、都賀町四十戸、藤岡町百七戸、壬生町五十五戸、国分寺町三十三戸、安蘇郡葛生町九十戸、田沼町六十七戸。〇茨城県久慈郡金砂郷町三十六戸、水府村九十五戸、那珂郡大宮町百戸、那珂町百四十戸、東海村九十戸、東茨城郡御前山村四十戸、茨城町六十戸、小川町三十戸、西茨城郡岩瀬町四十五戸、友部町四十戸、北相馬郡守谷町三十二戸、稲敷郡阿見町三十六戸、茎崎町四十戸、新治郡霞ヶ浦町四十八戸、真壁郡真壁町四十七戸、猿島郡境町八十三戸、三和町四十五戸。〇千葉県印旛郡富里町三十二戸、夷隅郡大原町三十四戸、長生郡長南町三十戸、長生村三十七戸。及び隣接地の市部に多く存す。〇山梨県東八代郡石和町三十戸、中巨摩郡櫛形町百三十戸、甲西町八十戸、敷島町三十四戸、竜王町三十八戸、若草町七十戸、北巨摩郡双葉町四十九戸。〇長野県は少ない。〇新潟県東蒲原郡上川村五十八戸、西蒲原郡弥彦村三十八戸、佐渡の両津市百戸。〇福島県東白川郡塙町三十三戸、安達郡岩代町三十五戸、白沢村四十六戸、伊達郡保原町三十戸、双葉郡浪江町三十戸、耶麻郡西会津町三十九戸。〇宮城県宮城郡利府町三十戸、黒川郡大郷町四十五戸、大和町四十三戸、大衡村七十七戸、桃生郡河南町三十戸、加美郡中新田町三十戸、遠田郡涌谷町三十六戸、栗原郡築館町四十九戸、金成町三十戸、若柳町四十戸、登米郡迫町七十九戸。〇岩手県西磐井郡平泉町三十八戸、岩手郡滝沢村五十戸、胆沢郡胆沢町百十戸、金ヶ崎町三十五戸、前沢町五十戸。〇青森県西津軽郡木造町三十戸。〇山形県東置賜郡高畠町四十八戸、東村山郡中山町百戸、西村山郡河北町三十一戸、東田川郡藤島町六十九戸、余目町八十戸、立川町三十一戸、飽海郡平田町七十四戸、松山町四十八戸。〇秋田県平鹿郡十文字町七十七戸、増田町五十四戸、南秋田郡五城目町百十戸、天王町百戸、八郎潟町四十戸、若美町四十戸、山本郡山本町四十七戸、鹿角市百戸。〇島根県(出雲国)簸川郡斐川町五十一戸、八束郡島根町三十一戸、大原郡大東町四十一戸、(石見国)鹿足郡津和野町三十戸、日原町四十戸、益田市二百九十戸あり。

一 忍城士の石川氏 成田分限帳に「五十貫文・加勢侍・石川主計・本国武蔵・大兵にて馬達人。三十貫文・石川玄蕃、十七貫文・石川内匠、十七貫文・石川隼人、十貫文・石川弥右衛門、十貫文・石川新五郎」あり。七十六、百六十二、百七十二、百七十七、百七十八項参照。

二 鉢形城士の石川氏 鉢形分限帳に「本国紀州中原・石川五平、本国三州苅尾・石川三太夫」あり。百九十三参照。

三 岩附城士の石川氏 豊島宮城文書に「天正十三年七月十日、太田氏房の祝言行列次第、十三番・中さまの輿・石川兵庫」と。岩槻巷談に「太田氏房の臣石川政八は、岩槻籠城し討死す」と見ゆ。

四 古河城士の石川氏 永禄三年関東幕注文に「古河衆、簗田家風、石川彦六・瓜之文に一文字」と見ゆ。関宿城主簗田氏譜代の臣なり。また、喜連川文書に「天正十年三月十九日、古河公方足利義氏は、父石川左近将監の忠信により、石川信濃守に石川隠岐守名跡の本領向古河郷(北川辺町)を宛て行ひ、南大桑郷(加須市)は前々の如く代官を安堵す」と見ゆ。七十四項参照。

五 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「四百石・石川藤太夫・是は忍にて罷出・三州之者、四百石・石川覚右衛門・是は忍にて罷出・三州之者、三百石・石川三助・是は忍にて罷出・三河之者、二百五十石・石川善弥・是は忍にて罷出・三河之者、二百石・石川助太夫・是は忍にて罷出・三州之者、二百石・石川清十郎・是は忍にて罷出・武蔵之者、二百石・石川角助・是は忍にて罷出・三河之者、百五十石・石川忠兵衛・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

六 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御代官・三十俵三人扶持・石川清右衛門、破損御奉行・三十俵二人扶持・石川弥太夫、御徒目付・二十五俵二人扶持・石川弥太夫、川俣定番・二十俵二人扶持・石川勘右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「二十五俵三人扶持・石川武兵衛、二十俵二人扶持・石川勘右衛門、三両余二人扶持・石川伊兵衛」。石川勘右衛門家文書に「御入国之砌、家康公に仕へ慶長十一年川俣関所番となる」と見ゆ。次項及び七十五項参照。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御広敷御用達御台所奉行・七十六石余・石川半五郎、川俣関所定番・二十俵二人扶持・石川勘右衛門、同役見習・二人扶持・石川年之助、出仕並・八石三人扶持・石川幾右衛門、大小姓・十二両三人扶持・石川平之丞、御武器預下役・六石余二人扶持・石川忠右衛門、御徒・五石二人扶持・石川善右衛門、御勘定奉行支配・四石二人扶持・石川平七」。明治四年忍藩士族名簿に「七十六石余・石川錦吾・女中跡、八石三人扶持・石川文八郎、六石余二人扶持・石川左源太、五石二人扶持・石川直目、同高・石川勇三、同高・石川道太郎、同高・石川四方助、四両二人扶持・石川栄太郎、三両余二人扶持・石川平七、二両余二人扶持・石川清二。又者(家老の臣など)、八人扶持・石川邦吉、六石二人扶持・石川勘右衛門・川俣関所詰、四石二人扶持・石川熊三、一人扶持・石川十助」あり。

六 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「七百石・石川長太夫、三百石・石川長九郎、二百五十石・本国美濃生国肥前・石川理左衛門・四十一歳」あり。

七 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高不明・初代石川庄右衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有)、高百五十石・二代石川安左衛門、六代石川荘太夫。高不明・二代石川九郎左衛門(寛永十年御所替の節御帳に有)、高二百石・三代石川九郎左衛門、高百五十石・八代石川慎兵衛」。明治四年館林藩士族帳に「幼少・二百石・石川喜四郎、百五十石・石川清、幼少・百五十石・石川貞次郎、騎士・二十人扶持・石川安蔵、十一両二人扶持・石川武太郎、十八俵二人扶持・石川友八、十七俵二人扶持・石川宗内、七両余二人扶持・石川俊一郎、六両余二人扶持・石川真右衛門、六両二人扶持・石川又次郎、同高・石川亥太八」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「寄合四百石大場主馬家臣石川五左衛門」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・石川支」あり、子孫巌雄は横浜市磯子区に存す。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「年寄役・百四十石・亡養父勘左衛門・石川弥五左衛門・五十歳、十人扶持・父弥五左衛門・石川喜志麿・二十三歳、御馬廻・百三十石・亡養父富之助・石川源十郎・二十四歳、御馬廻・百十石・亡父重左衛門・石川学之介・十二歳、御馬廻・九十四石・亡養父真澄・石川武右衛門・東京住・五十七歳、側医外科・八十石・亡父甫淳・石川甫淳・五十三歳、医師・十二人扶持・亡父宗叔・石川柳庵・四十八歳、中小姓・八石二人扶持・亡父平八・石川平吾・五十七歳、御徒銃隊・七石二人扶持・亡父多膳・石川半弥・二十八歳、御徒銃隊・同高・亡父鉄蔵・石川正弥・十七歳、御勘定頭支配・四石二人扶持・石川重之助・五十歳」あり。明治十三年川越銀行株主に川越新田町・士族石川知一・十二株六百円所有あり、他藩の者か。

一〇 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「三百三十石・石川次右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「三百三十石・石川次右衛門、三十俵・石川次兵衛、二十五俵石川八郎兵衛、二十俵・石川弥右衛門」あり。

一一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百五十石・石川市左衛門、銀十枚二人扶持・石川十助、六両・石川善太夫、七石・石川初右衛門」。

一二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「二百石・石川三右衛門、百五十石・石川義太夫、七十石・石川瀬兵衛、十人扶持・石川兵太夫、同高・石川市之進、七両五人扶持・石川茂右衛門、五両五人扶持・石川藤助、同高・石川新六」あり。

一三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「年寄・石川元兵衛、御勘定奉行・石川舎人、給人席・石川又右衛門、御作事奉行・石川久左衛門」。

一四 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御用人・百十石・石川清兵衛、桜井谷御代官・十人扶持・石川越、桜井谷代官見習・六石二人扶持・石川藤吾、御近習・八石二人扶持・石川要人、小役人・二石一人扶持・石川熊三郎」。明治三年に「小役人・二石余一人半扶持・石川善次郎、陣屋立入医師・半原・一人扶持・石川健八」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に「尽力組(足軽)跡相続人・大字下手計・石川庄次・石川亀吉」あり。

一五 関東郡代伊奈氏家臣 元禄年間に石川平兵衛。天明六年に石川直次郎。

一六 葛飾郡茂田井村(三郷市) 阿弥陀堂文化三年庚申塔に石川重右衛門・石川初右衛門。熊野社弘化五年水鉢に石川石松・石川広吉・石川佐吉あり。

一七 同郡松伏村 風土記稿松伏村条に「旧家者民部、石川氏なり。豪富にて世々民部と称し里正を勤む。先祖民部法名道性慶安四年七月七日死すと云ふ、然れども、二代民部法名香林道善慶長十五年二月二日終るといへば慶安は慶長の誤にや。三代法名静栖、四代民部法名道忠は殊に仏法帰依の者にて村内静栖西光観音の三ヶ寺を開基し、各田畑を寄附せり」と。静栖寺の石川民部家先祖霊名簿に「静栖禅定門・寛永九年没、二代香林道善禅定門・慶長十五年没、三代道性禅定門・慶安四年没、四代興善院義山道忠法眼・延宝四年没」と見ゆ。三輪野江村定勝寺寛文九年鐘銘に松伏村石川民部。宝暦十一年御鷹場野廻り役石川左仲。大門宿文政十一年会田文書に松伏村大惣代石川民部。安政三年名主石川民部・其子名主石川謙三郎。明治九年戸長石川翁助・文化二年生、戸長石川宇右衛門・天保八年生、副戸長石川金右衛門・弘化四年生。明治十五年県下富農二十四名の内に松伏村石川鳳蔵(県会議員)あり。明治三十年人名録に松伏領村助役石川金平・文久三年生、醤油製造業石川宇右衛門。貴族院多額納税者互選人名簿に明治三十年農業石川鳳蔵・嘉永二年生・国税千六十八円、明治四十四年同人国税二千五百四十三円・県下十二位、大正十四年に松伏・石川仁平次・明治二十五年生・国税三千六十六円・県下三十二位、同年に松伏・石川欣一郎・明治元年生・県会議員・国税二千八百十一円・県下四十一位。大正十二年大地主名簿に松伏領村石川欣一郎・田五十九町四反歩・畑三十八町歩所有あり。

一八 同郡下赤岩村(松伏町) 蓮福寺寛政十年碑に石川七郎兵衛・石川佐吉・石川太右衛門。明治九年副戸長石川七郎兵衛・天保九年生あり。

一九 同郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に石川彦左衛門あり。

二〇 同郡魚沼村(松伏町) 字関香取社文化二年庚申塔に石川紋左衛門・石川伝三郎・石川紋十郎。妙音寺天保十四年成田山碑に魚沼村西組・石川紋左衛門・石川紋十郎・石川徳三郎。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流魚沼村石川恵十郎。明治三十年人名録に石川房五郎・明治元年生あり。

二一 同郡樋籠村(春日部市) 天満宮文化十五年碑に石川清助・石川吉蔵・石川万蔵・石川長蔵、文久二年御神燈に石川庄兵衛・石川惣右衛門、慶応二年幟碑に石川惣兵衛・石川治郎右衛門・石川伊与八あり。

二二 同郡不動院野村(春日部市) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村石川源六。大杉神社明治二十四年碑に石川徳次郎あり。

二三 同郡赤沼村(春日部市) 銚子口村香取社文化十四年碑に赤沼村石川内記政豊あり。

二四 同郡上柳村(庄和町) 妙印寺文政元年水鉢に石川与兵衛、文政九年法印碑に石川与左衛門。三宮神社元治元年寄進碑に石川与市兵衛・石川与市郎あり。

二五 同郡下柳村(庄和町) 香取社天保十一年庚申塔に石川六郎左衛門・石川儀右衛門・石川浅右衛門。幸手宿雷電社明治十七年御嶽碑に下柳・石川儀右衛門。明治三十年人名録に石川育之助・嘉永五年生・地租二百三円あり。

二六 同郡新宿新田(庄和町) 中野村香取社明治二十五年雷神碑に大字新宿・石川島治あり。

二七 同郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄附碑に石川久吉あり。

二八 同郡金崎村(庄和町) 道善寺文化七年普門品に石川伝兵衛(名主、幕府の水防見廻役を勤める)。明治初年名主石川得郎・嘉永四年生(県会議員、明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に見ゆ)。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業石川伝平・明治三年生・国税五百十五円・県下百六十八位あり。

二九 同郡上川崎村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に上川崎村石川久右衛門。香取社明治三年庚申塔に石川文右衛門あり。

三〇 同郡杉戸町 明治三十五年杉戸医院医師石川義雄あり。

三一 同郡鷲巣村(杉戸町) 鷲神社文化十三年普門品に鷲巣村石川清右衛門あり。

三二 同郡幸手町 明治三十五年果物商石川たけ・菓子商石川カネあり。

三三 同郡惣新田村(幸手市) 字中瀬真乗院天明三年供養塔に石川小野七。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流惣新田村石川正宝・石川芳右衛門・石川正保あり。

三四 同郡宇和田村(幸手市) 上宇和田村金剛寺享保十九年庚申塔に石川金右衛門、宝暦二年庚申塔に石川新右衛門、天明七年庚申塔に上宇和田村石川宗右衛門。明治四年宇和田村組頭石川熊蔵。明治九年下宇和田村副戸長石川長蔵・弘化四年生。下宇和田村神明社明治二十九年碑に石川長蔵・石川吉五郎あり。

三五 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に石川清蔵。八幡社明治三十九年碑に石川重吉あり。

三六 埼玉郡大瀬村(八潮市) 宝光寺天保五年弘法大師碑に石川藤吉。大瀬村祭礼年番帳に「明治十一年・中組石川藤太郎、二十一年・中組石川文治郎」。明治三十年人名録に石川藤太郎・弘化三年生・地租二十円あり。

三七 同郡中馬場村(八潮市) 妙光寺安政六年棟札に大工当村石川庄右衛門あり。

三八 同郡大沢町(越谷市) 明治三十五年煙草店石川竹次郎あり。

三九 同郡大泊村(越谷市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大泊・石川喜三郎あり。

四〇 同郡見田方村(越谷市) 明治九年副戸長石川理三郎・弘化三年生あり。尚、寛政年間算学者石川弥次右衛門富則は当村の人か。

四一 同郡備後村(春日部市) 稲荷社享保六年御神燈に石川三次郎・石川小左衛門・石川権七郎・石川源七郎・石川利介・石川佐七・石川治右衛門・石川加兵衛。野島村浄山寺文化十年供養塔に備後須賀・石川次郎右衛門。明治六年小前惣代石川平六、七年同石川与五右衛門・同石川小左衛門、十年同石川仁左衛門。明治九年副戸長石川文左衛門(当年死去)。稲荷社明治二十年碑に石川清左衛門・石川長右衛門・石川与五右衛門・石川治郎右衛門。明治三十年所得税下調査簿に武里村石川盛蔵・嘉永二年生・反別十一町一反歩・地租九十二円。同年人名録に荒物商石川与五右衛門・嘉永元年生・地租二十五円、医師石川良斎・天保十一年生、石川実作・安政二年生・地租四十円、石川権右衛門・嘉永四年生・地租三十円、石川治郎右衛門・嘉永六年生・地租四十三円。県会議員医師石川東悦・明治十年生あり。

四二 同郡薄谷村(春日部市) 香取社隣墓地寛政九年庚申塔に石川藤□・石川源太郎。香取社天保二年水鉢に石川專蔵。明治三十年所得税下調査簿に武里村石川勇次郎・弘化元年生・反別七町八反歩・地租七十円。下蛭田村明治四十一年古峰院碑に薄谷・石川勇太郎あり。

四三 同郡内牧村(春日部市) 楽応寺明治三十年水鉢に石川美輪造あり。

四四 同郡梅田村(春日部市) 日枝社弘化六己酉年水鉢に石川粂右衛門、嘉永三年御神燈に西組・石川兼吉・石川嘉吉。神明社明治六年幟碑に石川粂五郎。明治三十年人名録に梅田村石川美輪蔵・明治元年生・地租二十五円あり。前項と同人か。

四五 同郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に石川七郎治、文化元年庚申塔に三枚橋・石川半蔵、明治三十四年碑に石川梅次郎。東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に石川貞次郎。明治三十五年書籍商紅雲堂石川多蔵。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に石川長右衛門・石川丙子・石川卯三郎あり。

四六 同郡新方荘の石川氏 新方領大松村(越谷市)の領主新方氏の家臣なり。大松村栄広山由緒著聞書に「永正十七庚辰十月、新方権頭頼紀の子高賢上人・兵を卒し向畑城持別府三郎右衛門(八条氏臣)を襲ふ。石川兵部左衛門といふも是を聞て事も愚かや今宵の軍大将は、新方氏の御血統にて渡らせ給ふ栄広山高賢上人にてましますぞや、悪逆無道の八条の者共命おしくば降参せよ、頼希公(上人の弟)の弔ひ合戦が働き見よ、先年羽入の峰合戦の刻平井万勝民部少輔を組討して、太田殿の称美を蒙りたるものと知りつら云々」と見ゆ。新方条参照。

四七 同郡岩槻町 浅間社寛文十一年庚申塔に石川源六兵衛。久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町石川権兵衛、文久三年塞神碑に石川小右衛門。岩槻誌に「久保宿町、慶応末年、持高四十五石余・名主石川小右衛門・倅名主代石川権兵衛」と。明治六年副戸長石川賀充。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石川権兵衛。明治三十年所得税下調査簿に石川権兵衛・反別三町五反歩・地租二十四円。明治三十五年石川徳次郎・石川林三郎・酒造業石川権兵衛あり。

四八 同郡平野村(岩槻市) 西福寺安政五年庚申塔に石川源次郎・石川留蔵。稲荷社元治元年御神燈に石川伊之助・石川清右衛門あり。

四九 同郡小溝村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に小溝村石川長兵衛・石川半四郎、宝永七年に石川惣兵衛。羽黒社元文五年石祠に石川彦右衛門。表慈恩寺村諏訪社天保五年水鉢に小溝村石川岩次郎。長命寺慶応二年供養塔に小溝村石川又蔵・石川勇次郎あり。

五〇 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺弘化四年水鉢に当所石川半左衛門。毘沙門堂嘉永四年庚申塔に大門小路・石川半左衛門。月読神社嘉永三年幟碑に石川喜平。十二天神社安政六年狛犬に石川与兵衛あり。

五一 同郡辻村(岩槻市) 八幡社文政元年水鉢に辻村石川文助あり。

五二 同郡箕輪村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に箕輪村石川惣右衛門あり。

五三 同郡江ヶ崎村(蓮田市) 実ヶ谷村薬師堂元禄四年鰐口銘に江ヶ崎村石川清左衛門妻。久伊豆社文久三年水鉢に当所石川茂三郎・石川亀治郎・石川吉右衛門・石川忠七、明治三十九年碑に石川伊兵衛・石川幾三郎・石川儀七・石川正作・石川伊八・石川武市。明治九年副戸長石川庄兵衛・安政二年生。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に江ヶ崎村石川儀七。実ヶ谷村明治二十六年馬頭尊に江ヶ崎・石川武三郎。明治三十年人名録に茶製造業石川吉次郎・安政六年生・地租五十五円、同業石川庄兵衛・地租三十円。県会議員農業石川伊久・大正八年生あり。

五四 同郡黒浜村(蓮田市) 久伊豆社明治十二年碑に石川太平・石川房之助あり。

五五 同郡千駄野村(白岡町) 当村天保十四年聖徳太子碑に当村石川新之丞。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石川忠太郎あり。

五六 同郡上野田村(白岡町) 大徳寺享保三年地蔵尊に石川甚平。正伝寺天保十三年筆子碑に石川善助。鷲宮社嘉永元年御神燈に石川磯右衛門・石川彦市。当村明治四年馬頭尊に上野田・石川石松・石川裕治郎あり。

五七 同郡百間村(宮代町) 百間西原組浅間社文久元年小御嶽碑に石川音五郎あり。

五八 同郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に石川重三郎。他村の者か。明治三十五年菖蒲町菓物商石川幸吉あり。

五九 同郡柴山枝郷(菖蒲町) 野牛村久伊豆社明治二十六年鳥居寄進碑に柴山枝郷石川松之助あり。

六〇 同郡騎西町 明治三十五年菓子商石川清吉あり。

六一 同郡上高柳村(騎西町) 諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中・石川直八・石川作右衛門あり。

六二 同郡芋茎村(騎西町) 神明社文政二年庚申塔に石川勘次郎あり。

六三 同郡加須町 正能村諏訪社嘉永五年碑に加須上町石工石川藤吉・石川森蔵。光明寺慶応二年筆子碑に加須町石川佐兵衛・石川重輔・石川藤吉。明治七年製糸会社人名録に石川佐兵衛。明治九年副戸長石川藤吉・天保二年生・石材商。熊谷宿賢勝院明治十四年妙法講に加須町石川利平。柴山村諏訪八幡社明治四十二年御神燈に加須町石刻師石川意至あり。

六四 同郡下高柳村(加須市) 明治五年百姓代石川孫平あり。

六五 同郡久下村(加須市) 明治三十五年青縞問屋石川宗次郎・荒物商石川宇太郎あり。

六六 同郡下ノ村(加須市) 平永村稲荷社天明元年巡拝塔に下之村石川藤三あり。

六七 同郡三俣村(加須市) 龍蔵寺寛永十四年宝篋印塔に石河久七あり。

六八 同郡南篠崎村(加須市) 神明社安政三年御神燈に石川浅五郎あり。

六九 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社嘉永七年仙元碑に七釜戸・石川馬五郎、明治十二年鳥居碑に石川多右衛門。明治十三年上樋遣川村矢口文書に石川多左衛門・石川小源次・石川久三郎あり。

七〇 同郡外野村(加須市) 大乗院文政六年巡拝塔に当村石川貞六、天保三年刻経塔に上外野村・石川藤吉・石川重二郎、元治二年巡拝塔に上外野邨本田耕地・石川仁左衛門・石川安右衛門・石川与七。弘化四年戸賀崎門人帳に外野村石川保蔵・石川重二郎。慶応四年石川安右衛門は打ちこわしに会う。上州邑楽郡板倉雷電神社慶応三年算額に埼玉郡外野村石川藤兵衛章。明治九年副戸長石川幸三郎・嘉永四年生。明治十八年最上農名簿に石川幸三郎・耕宅地十町八反歩所有(明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に見ゆ)。明治三十一年羽生銀行発起人石川幸三郎・百五十株三千円所有。大正十二年大地主名簿に大越村石川康之助・田二十町二反歩・畑五十五町八反歩所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年に外野・石川康之助・明治八年生・国税千八百四十円・県下七十六位あり。

七一 同郡弥兵衛村(大利根町) 外野村地蔵堂明治七年算額に弥兵衛村石川惣次郎善政あり。

七二 同郡北大桑村(大利根町) 八幡社文政九年天満宮碑に石川要蔵・石川伊之助。香取社弘化三年狛犬に石川佐兵衛あり。

七三 同郡中渡村(大利根町) 稲荷社享保十六年供養塔に石川利右衛門、寛政七年水鉢に石川利右衛門あり。

七四 同郡麦倉村(北川辺町) 風土記稿麦倉村条に「当村明応の頃開闢して石川権頭義俊と云人居城を構へ、則領主として住せしが、羽生の城主木戸相模守と合戦に及び石川焼打にせられ、利を失てより一村悉く廃地となれり。其時石川義俊の家臣に鳥海丹後と云もの城中を遁れいで野州に立退き、彼が子孫慶長の頃又当村に来り再び開発せりと云。本山派修験南光院は延元の頃開て其後廃せしを、明応の頃再び建立せしと云、及伝と云僧を祖とす、俗称を石川主膳と云、石川権頭義俊が一族なり」と見ゆ。鳥海条参照。伝承に当村は延徳年間以降、石川信濃守源吉が倚井(よるい)に陣屋を築くと云う。北川辺史の研究に「永禄十一年六月、羽生城主木戸相模守の大軍は倚井陣屋の石川勘解由左衛門俊重を攻撃し、多勢に無勢、敗れた俊重は自殺した。この時戦死した勇士の追善供養のため元禄十年俊重の一族の後裔である石川惣左衛門が建立した地蔵がある」と。字倚井陣屋跡の延命地蔵に「元禄十年、施主石川惣左衛門」とあり。四項参照。風土記稿に「褒善者惣左衛門同ヒサ、夫婦ともに養父惣七につかえて孝養他に異りければ寛政十二年十一月領主大炊頭より二人を褒して貨物をあたへり」と。私塾師匠南光院修験石川英信・明治二十一年没八十二歳。字南曽根地蔵堂文久元年庚申塔に麦倉新田曽根・石川平左衛門。八坂社文久二年幟碑に石川勝右衛門・石川清吉・石川三郎右衛門・石川五右衛門・石川長吉。明治九年副戸長石川平右衛門・天保二年生あり。

七五 同郡上新郷(羽生市) 風土記稿上新郷条に「御関所あり、今石川勘右衛門と云ふ関守あり」と。当村川俣関所定番石川勘右衛門は、三河武士にて額田郡大河内の大河内金兵衛久綱の家臣なり。金兵衛が忍城番となるにより共に忍に来たり、川俣関所定番となる。子孫に石川孝夫、石川賢次あり実業家なり。六、七項参照。当村白山社安政七年庚申塔に石川勘右衛門、明治七年水鉢に石川利豊あり。

七六 同郡荒木村(行田市) 風土記稿荒木村条に「三十番神社、村内の鎮守なり。もとは石川某の屋敷の鎮守なりしと、石川某は元成田に属せし由。成田分限帳に石川玄蕃・石川内匠・石川弥右衛門・石川隼人・石川新九郎等見ゆ、これ等の内なるべし。天正十八年落城の後当村に土着すと云」と見ゆ。

七七 同郡下忍村(行田市) 千手院天保三年宝篋印塔に石川六右衛門・石川銀蔵・石川十太郎。野村玉松堂明治四年入門に清水・石川和三郎。明治九年副戸長石川六右衛門・文政九年生。愛宕社明治三十四年碑に石川民次郎あり。

七八 同郡埼玉村(行田市) 前玉神社宝暦十年常燈明に石川喜六、嘉永二年玉垣碑に石川四郎右衛門。私塾師匠石川儀三郎・万延元年没。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石川四郎右衛門あり。

七九 同郡長野村(行田市) 久伊豆社天保六年御神燈に石川伝蔵あり。

八〇 同郡藤間村(行田市) 藤間神社天保十一年仙元碑に石川半兵衛あり。

八一 同郡持田村(行田市) 常慶院寛文十一年庚申塔に石川忠左衛門あり。

八二 同郡酒巻村(行田市) 慶岩寺文政十一年馬頭尊に酒巻村石川兵左衛門、天保四年弁財天碑に石川岩五郎。明治七年船積問屋石川重右衛門・但し安永三年十月創立とあり。

八三 同郡北河原村(行田市) 照岩寺天明八年馬頭尊に石川岩吉あり。

八四 同郡鎌塚村(吹上町) 行田史譚に「鎌塚村、寛永年中名主石川治衛門、享保六年名主石川治衛門」と。八幡社享保七年塞神碑に石川弥七。西善寺宝暦五年十六夜塔に石川勘右衛門・石川太左衛門、寛政六年供養塔に石川次左衛門母・石川金八。宝蔵院嘉永六年供養塔に石川覚三郎。明治二年名主石川茂十郎。明治九年戸長石川茂十郎・文政九年生、副戸長石川新兵衛・嘉永元年生、副戸長石川治郎八。八幡社明治十年碑に石川勇次郎・石川梅次郎・石川国五郎・石川恒右衛門・石川牧次郎・石川久次郎・石川□十郎孝道・石川治郎八・石川増二郎・石川伝右衛門・石川喜三郎・石川吉太郎・石川勘右衛門・石川宇吉・石川和吉・石川忠右衛門・石川豊吉。新宿村山神社明治十一年浅間碑に鎌塚邑石川茂十郎・石川忠太郎。明治十八最上農名簿に鎌塚村石川政義・耕宅地七町六反歩所有。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に鎌塚・石川豊吉あり。

八五 同郡上中条村(熊谷市) 三幸神社享和三年水鉢に石川利兵衛、明治初年御神燈に石川忠作・石川由太郎あり。

八六 同郡上川上村(熊谷市) 伊弉諾神社享和元年御神燈に石川定六。観音堂文政元年庚申塔に石川小平次、弘化四年碑に石川太左衛門あり。

八七 足立郡草加宿 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿石川七兵衛・石川清蔵。嘉永三年草加宿豪商農十六人衆に六丁目(宿篠葉村)米穀質屋亀屋石川七兵衛。東福寺文政十三年筆子奉納額に石川与吉・十歳。市神祠官筆学門人控に慶応二年・向川岸後谷・トリ幸石川安太郎。剣術神文鑑に慶応四年草加宿六丁目石川与三郎。明治十四年宿篠葉村石川伊兵衛。明治三十五年飲食店草花屋石川すが・大工笠屋石川春吉・米穀炭商亀屋石川七兵衛・旅宿草加屋石川幸吉あり。

八八 同郡立野村(草加市) 浄龍寺天保六年供養塔に石川治助あり。

八九 同郡川口町 川口神社明治三十九年碑に石川嘉兵衛(銑鉄商)あり。

九〇 同郡芝村(川口市) 峰村及び伊刈村も含む。文政三年成就庵筆子にツルヶ丸・石川茂助。芝村鶴ヶ丸八幡社弘化三年幟碑に峰町石川文右衛門、文久三年石華表に伊刈村・石川文右衛門・石川庄右衛門、明治四十年碑に芝村石川虎吉。芝村氷室社安政二年敷石碑に石川文右衛門。芝村慈星院明治十年碑に石川政右衛門・石川留吉あり。

九一 同郡浦和町 明治三十五年飲食店石川嘉藤治あり。

九二 同郡西堀村(浦和市) 日向不動堂安永九年筆子碑に私塾師匠石川弥市。明治九年副戸長石川重五郎あり。

九三 同郡下野田村(浦和市) 文化十二年国谷文書に下野田村石川森右衛門あり。

九四 同郡太田窪村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に石川松五郎・石川安蔵あり。

九五 同郡円正寺村(浦和市) 太田窪村氷川社明治二十八年碑に円正寺・石川安之助あり。

九六 同郡道場村(浦和市) 土豪にて、天正十九年道場村検地帳に「石川分」と見ゆ。

九七 同郡大門町(浦和市) 明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石川治右衛門あり。

九八 同郡与野町 鈴谷村金毘羅堂天保五年水鉢に与野町石川茂兵衛・与野町上町石川太郎兵衛。氷川社安政三年御神燈に石川久兵衛(名主、紅花商)。御嶽社明治二十九年碑に与野町石川栄次郎。明治三十五年参宮略記に石川浪蔵。同年質屋石川久兵衛。一山神社明治三十五年碑に当町石川七五郎・石川忠太郎(料理店)あり。

九九 同郡鈴谷村(与野市) 天満宮享和三年棟札に石川治郎八・石川万吉・石川音治郎。明治四年屋敷帳に石川直次郎・石川留吉・石川友次郎。明治二十一年鈴谷村石川万吉あり。

一〇〇 同郡八王寺村(与野市) 庚申堂元禄十年庚申塔に石川善右衛門。当村享保十三年庚申塔に石川甚五兵衛あり。

一〇一 同郡大戸村(与野市) 不動堂安永六年供養塔に石川春子あり。

一〇二 同郡大宮町 明治三十五年煙草屋石川与右衛門あり。石河条参照。

一〇三 同郡指扇領中釘村(大宮市) 河内国石川郡より起る源義家流石川氏は家紋笹龍膽なり。是に附会するか。石川氏は指扇領及び平方領に多く存し、古代以来の土着者であろう。大宮市史に「名主石川新左衛門家は河内国出身で、小田原北条氏より鳥見役を拝命す、指扇領内の石川氏総本家で、儀太夫は新左衛門家九代目の分家である」と。元禄七年中釘村検地帳(遠藤文書)に「石川新左衛門・二町一反七畝、石川儀太夫・五町七反一畝」と見ゆ。木下村法光寺明和六年地蔵尊に中釘村石川新左衛門。天保十四年久米村平塚文書に中釘村石川金七。明治四年酒造業中釘村石川万吉。明治九年戸長石川新左衛門・弘化二年生。木下村氷川社明治三十年御神燈に中釘・石川三右衛門。秋葉社明治四十三年碑に石川新左衛門・石川登志助・石川健次郎。県会議員農業石川雄之助・明治二年生あり。

一〇四 同郡指扇領指扇村(大宮市) 字赤羽組の本家石川氏は小田原北条氏家臣で落城後に帰農すと伝る。別所村福正寺寛政八年廻国塔に赤羽村石川惣左衛門。氷川社天保二年御神燈に石川惣左衛門、天保三年御神燈に石川兵右衛門、明治三十年御神燈に石川兵右衛門・石川惣左衛門・石川甚左衛門あり。

一〇五 同郡指扇領辻村(大宮市) 木下村法光寺明和六年地蔵尊に辻村石川長右衛門あり。

一〇六 同郡指扇領原村(大宮市) 大宮市史に「石川次右衛門と弥右衛門は、中釘村石川新左衛門家の分家で、善兵衛と忠兵衛は次右衛門家の分家と伝う」と。元禄七年原村検地帳(石川栄寿家文書)に「石川次右衛門・一町一反七畝、石川弥右衛門・二町三反、石川善兵衛・二町五反、石川忠兵衛・九反」と見ゆ。宝暦期名主石川治右衛門。明治九年副戸長石川治右衛門・文化十二年生あり。

一〇七 同郡指扇領宝来村(大宮市) 大宮市史に「名主石川甚右衛門は指扇村赤羽組名主石川甚兵衛家の分家で、太郎右衛門を村内に分家す。友右衛門は平方村の出身で、のち名主を勤む」と。元禄七年下宝来村検地帳(石川一家文書)に「石川甚右衛門・五町八反五畝、石川太郎右衛門・一町六反一畝、石川友右衛門・三町三畝」と見ゆ。別所村福正寺寛政八年廻国塔に宝来村石川蔵之助。福寿庵跡天保八年庚申塔に石川八郎兵衛。文化七年名主石川伊右衛門。明治九年副戸長石川伊右衛門・文政七年生。与野町一山神社明治三十五年碑に宝来・石川太吉あり。

一〇八 同郡指扇領貝塚村(上尾市) 明治七年貝塚村伍長石川啓助あり。

一〇九 同郡指扇領上野本郷村(上尾市) 平方村橘神社文化十一年水鉢に上野本郷石川礒右衛門。明治五年組頭石川寅吉あり。

一一〇 同郡大谷領上野村(上尾市) 当村は明治二十二年上野本郷と合併す。当村享保十三年庚申塔に上野村石川三左右衛門。木下村法光寺明和六年地蔵尊に上野・石川伊平太。上尾宿氷川鍬神社文政五年二賢堂碑に上野・石川伊左衛門維一。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡上野村石川金七。明治五年名主石川重右衛門・組頭石川伊左衛門。平方村橘神社明治三十年御神燈に大字上野・石川辰五郎・石川竹松・石川金太郎あり。

一一一 同郡平方村(上尾市) 小泉村正徳六年庚申塔に平方村石川源左衛門。橘神社享和四年水鉢に石川久治郎・石川藤兵衛・石川豊次郎、天保六年庚申塔に石川甚左衛門・石川幸七・石川喜兵衛、安政四年御神燈に石川甚右衛門・石川民五郎・石川幸助、明治十一年御神燈に石川鶴吉・石川飛佐五郎・石川清助、明治二十四年御神燈に平方村・石川安兵衛・石川茂吉・石川権平・石川鷹三郎。指扇村氷川社天保十二年御神燈に平方村石川藤吉。八枝神社弘化三年水鉢に当村石川甚右衛門。明治四年酒造業石川源次郎・同石川権平。明治七年船積問屋石川鷹三郎・但し貞享四年九月創立。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年石川勝治・明治十七年生・国税千七百八十七円・県下七十八位あり。

一一二 同郡平方領領家村(上尾市) 当村元禄五年庚申塔に石川二郎右衛門。明治五年組頭石川宇兵衛あり。

一一三 同郡上尾町 愛宕社明治四十四年碑に石川政五郎・石川辰五郎あり。

一一四 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年籠商石川市太郎あり。

一一五 同郡小室村(伊奈町) 氷川社延享四年水鉢に本村・石川又右衛門、安政三年御神燈に本村・石川伝兵衛。観音堂元治元年供養塔に本村・石川久右衛門あり。

一一六 同郡小針村(伊奈町) 明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石川万吉・同石川三右衛門あり。

一一七 同郡鴻巣町 明治三十年に本一町石川孫次郎。明治三十五年塗師石川治三郎あり。

一一八 同郡川面村(鴻巣市) 字馬洗場寛延三年供養塔に川面村石川伊右衛門。三ツ木村旧輪光院天保五年馬頭尊に川面村石川丑五郎。箕田村嘉永六年増島俊輔碑に川面村石川吉十郎。清滝寺明治十四年鐘銘に石川松五郎・石川平十郎。三ツ木村三ツ木神社明治三十年御神燈に川面・石川平十郎あり。

一一九 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に石川てる・石川又助・石川庫次郎(米穀商)あり。

一二〇 同郡前砂村(吹上町) 氷川社享和三年塞神碑に石川左七、慶応二年幟碑に石川増五郎あり。

一二一 新座郡志木町 明治十五年北広堂碑名簿に石川次郎吉・石川岩次郎・石川弥三郎・石川和介。明治三十五年箪笥屋石川のぶあり。

一二二 同郡石神村(新座市) 浄明寺釈迦堂文化五年碑に石神村石川与兵衛あり。

一二三 同郡下内間木村(朝霞市) 美女木村山王社文政十三年御神燈に重瀬・石川済民あり。

一二四 入間郡鶴馬村(富士見市) 地蔵堂天明八年六地蔵に山室邑石川又右衛門母。明治十五年質屋石川平六・文化十三年生あり。

一二五 同郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の石川本家は、元阿蘇神社の東脇に在りを、島崎方面(字島崎)に耕作地を所有せる故、島崎に移りしと云う。長堀氏と共に盛大なりしが一族散じて、僅かに石川杢右衛門のみあり、息由太郎なり」と。明治五年農具鍛冶石川治郎左衛門あり。

一二六 同郡竹間沢村(三芳町) 泉蔵院明治二十九年碑に石川弥七あり。

一二七 同郡所沢町 北野村天神社明治二十六年碑に所沢町石川久八。明治四十三年に上町石川義雄あり。

一二八 同郡北野村(所沢市) 近藤文書に正徳四年全徳寺座配石川権右衛門。天神社所蔵に「安永七年、奉造立物部天神、神道門下石川彦八政屋」と見ゆ。明治三年議定書に小林領・石川五郎左衛門・石川富右衛門・石川長吉、花井領上組・石川波次郎。明治八年狭山学校議定書に石川富蔵・石川丑五郎あり。

一二九 同郡勝楽寺村(所沢市) 入間郡誌勝楽寺村条に「旧家に就て此村の旧家ニ十五軒あり、今は十四のみ、石川等なり」と。仏蔵院文書に「天明元年、組頭石川市郎右衛門、組頭石川四郎左衛門。文化十年、組頭石川七左衛門、平役石川源兵衛。文政二年、組頭石川七左衛門、百姓代石川源兵衛、檀中・石川宇八、石川半兵衛、石川市郎右衛門、石川今五郎、石川八兵衛、石川平右衛門、石川七郎右衛門、石川次郎兵衛」と。勝楽寺村開闢記に「文政八年供養塔建立発願主、石川重兵衛、石川源兵衛、石川金蔵、石川仙蔵」と見ゆ。氷川村中氷川神社安政五年勝楽寺村七社権現碑に石川重兵衛・石川与四郎・石川三左衛門・石川八郎右衛門・石川七郎左衛門・石川岩右衛門・石川市左衛門・石川利左衛門、明治二十九年碑に勝楽寺村・石川利左衛門・石川国太郎・石川浪次郎・石川弥重郎・石川四郎左衛門・石川酉蔵・石川栄蔵・石川浅五郎・石川安蔵・石川やす・石川留八・石川嘉吉・石川金五郎。明治五年製茶業石川市左衛門・紺屋石川幸次郎・荷車稼人石川三左衛門。仏蔵院明治二十三年筆子碑に勝楽寺村・石川弥五郎・石川拾三郎あり。

一三〇 同郡三ヶ島堀之内村(所沢市) 明治三十三年狭山興業銀行発起人石川竹蔵・国税納額十三円あり。

一三一 同郡宮寺村(入間市) 字おまん坂元禄十五年供養塔に石川市左衛門女。嘉永四年縞座之儀油単衆・縄竹石川源左衛門。明治三年中野村入用帳に石川伝吉・石川五郎吉。明治九年宮寺村戸長石川庄右衛門・天保三年生。明治十五年北広堂碑名簿に宮寺村石川唯吉。明治十六年宮寺村会議員酒商石川源左衛門・同議員質屋石川庄右衛門。明治二十六年霜災救助表に石川松之助あり。

一三二 同郡黒須村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、黒須村石川五郎」。明治二十一年茶商石川幾太郎・織物商石川万蔵・同石川弥重郎・同石川亀吉・青物商石川市郎平。明治三十五年製糸業石川幾太郎・茶商問屋石川龍造・菓子商石川定次郎・同石川権造。久米村永源寺明治四十年地蔵尊に黒須町石川粂太郎・石川龍造。当村石川金右衛門は製糸工場を創設し、明治二十七年に石川幾太郎が同工場を継ぎ、石川組製糸会社となる。弟の県会議員石川仁平も同工場に尽力す。幾太郎の養子求助は入間町長、県会議員、初代狭山市長を歴任す。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年石川幾太郎・安政二年生・国税千八十一円・県下五十八位、大正十四年石川龍造・明治元年生・国税九百六十九円・県下二百位。幾太郎の分は会社名義となるか。大正十二年大地主名簿に合名会社石川組・田五十二町三反歩・畑百五十八町八反歩所有と見ゆ。

一三三 同郡入間川町(狭山市) 高倉村高倉寺文久二年筆子碑にウノキ石川亀吉。明治二十五年入間川町地租額調に石川甚兵衛・石川四郎左衛門・石川源五郎・石川栄次郎・石川平太郎・石川寅吉・石川馬五郎・石川与吉・石川与太郎・石川紋次郎・石川平造・石川竜太郎・石川音五郎・石川伝吉・石川太吉。明治三十五年畳刺石川要造。八幡社明治二十三年碑に入間川町石川甚平、明治四十二年碑に入間川町・石川春吉・石川作太郎あり。

一三四 同郡上奥富村(狭山市) 上広瀬村山崎文書に「安政四年梅宮神社再建帳、戸張組石川永次」あり。

一三五 同郡富士山栗原新田(東京都瑞穂町) 明治三十四年元狭山信用組合発起人石川伊三郎あり。

一三六 同郡川越町 行伝寺過去帳に「法存・ソノヘノ石川・卯年八月、経円・石河長太夫殿内衆・五左衛門父、宗養・石川太郎右衛門内・戌年、養林・石川太郎右衛門・戌年十二月」と見え、榎本弥左衛門覚書に「寛永十五年、川越町一番の男だて石川太郎右衛門・二十五六歳あり」と見ゆ。また、比企郡園部村(川島町)住人もあり。氷川社明治三十三年玉垣碑に石川惣吉・石川今次郎・石川鎌吉。志義町鴉山稲荷社明治三十九年碑に石川三吉。明治三十五年営業便覧に米穀問屋石川道三・同石川今次郎・油商鶴屋石川惣吉。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社・石川熊太郎あり。

一三七 同郡渋井村(川越市) 稲荷社嘉永四年仙元碑に石川与之介・石川平二郎・石川市□・石川藤吉・石川伴五郎・石川勝五郎・石川友吉。志木宿敷島社明治五年御神燈に渋井村石川藤吉。明治十年村会議員石川惣太郎あり。

一三八 同郡藤間村(川越市) 大仙波村浅間社文化十一年水鉢に藤間村石川平左衛門・石川増右衛門あり。

一三九 同郡中福村(川越市) 明治二十五年入間川町地租額調に中福村石川与平あり。

一四〇 同郡古谷上村(川越市) 古谷神社明治初期御神燈に石川惣七・石川孫右衛門。古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷村・石川孫四郎・石川富蔵・石川米吉・石川清次郎・石川登助あり。八ツ島村住人か。

一四一 同郡八ツ島村(川越市) 御嶽社明治二十二年碑に八ツ島・石川忠次郎・石川庄助・石川万助あり。

一四二 同郡砂久保村(川越市) 稲荷社慶応元年碑に石川源太左衛門あり。

一四三 同郡下赤坂村(川越市) 今福沿革史に「慶安四年、石川四郎左衛門は下赤坂村開発請人となる」と。風土記稿下赤坂村条に「万治三年、下野国佐野の産なる石川采女と称せし人来て開墾す」と。石川家系図に「十一代目石川彦次右衛門、十二代目石川四郎左衛門。本国下野国吉水(安蘇郡田沼町)の住人石川彦次右衛門は、松平隼人正に仕へていたが、万治二年に家を出て開発の願書を出す、寛文元年に下赤坂村へ移住す」と見ゆ。亀久保村地蔵院寛政十一年宝篋印塔に下赤坂村石川彦次右衛門・石川藤七。明治二十二年埼玉勧業会員石川藤七あり。

一四四 同郡厚川村(坂戸市) 私塾師匠神官石川章・明治三十四年没・八十歳あり。

一四五 同郡島田村(坂戸市) 明治三十年堰場組合石川秀五郎あり。

一四六 同郡上野村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に上野村石川民次郎。明治六年副戸長石川房吉・天保六年生、寺世話人石川栄三郎あり。

一四七 高麗郡の石川氏 諸州古文書に「永禄四年七月二十五日、北条氏政は、石川十郎左衛門尉の高麗郡的場郷の戦功を賞す」と。此人は甲州住人なり。

一四八 同郡柏原村(狭山市) 長源寺慶応元年普門品に石川鉄次郎あり。

一四九 同郡上広瀬村(狭山市) 明治二十七年地租調査に石川忠右衛門あり。

一五〇 同郡女影村(日高市) 土豪にて、小田原北条家に仕る。永禄四年北条家書立(三浦文書)に「女影郷納所分、五貫文・石川若狭分」と見ゆ。

一五一 同郡中山村(飯能市) 智観寺明治十七年勧進帳に中山村石川玉三郎あり。

一五二 同郡直竹村(飯能市) 宮寺村字おまん坂元禄十五年供養塔に直竹・石川五郎右衛門あり。

一五三 横見郡一ツ木村(吉見町) 氷川社明治三十七年碑に石川幸吉あり。

一五四 同郡本沢村(吉見町) 熊野神社由緒に「本社は、元和元年豊臣の家臣石川九郎左衛門・此の地に下向あり、紀州熊野社を勧請す」と見ゆ。当村出身にて出稼衆か。明治九年本沢村副戸長石川直吉・天保十年生、副戸長石川丈七・天保三年生あり。

一五五 比企郡松山町 松山神社文政十二年御神燈に横町石川金蔵。字本町慶応元年馬頭尊に石川長兵衛。明治三十五年玩物商石川喜文治あり。

一五六 同郡大谷村(東松山市) 当村寛保三年庚申塔に石川長右衛門。明治九年副戸長石川長勝・文化九年生、副戸長石川一郎・弘化二年生。羽尾村明治二十七年毛受重徴筆子碑に大谷・石川増三。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に大谷・石川一郎あり。

一五七 同郡野本村(東松山市) 松山町箭弓神社明治三十一年碑に野本村石川三左衛門あり。

一五八 同郡高坂村(東松山市) 明治十六年蚕種製造石川軍平あり。

一五九 同郡上唐子村(東松山市) 風土記稿上唐子村条に「村民縫左衛門が家に蔵する文書(石川実氏所蔵)に、天正十七年十月三日、松山城主上田憲定は、かたよせの郷の百姓中に印判状を発給す」と。上唐子村字カタヨセなり。上岡妙安寺宝暦十年六地蔵に上唐子村石川長右衛門。平沢村平沢寺寛政十二年鰐口銘に上唐子・石川文蔵・石川弁蔵。岩殿村正法寺文化十五年什物帳に上唐子村石川弁蔵。当村文政五年碑に石川□治郎・石川縫左衛門・石川惣四郎。唐子神社忠魂碑に石川逸郎・石川石平・石川晋吉・石川熊治・石川愛次郎・石川惣次郎・石川国太郎・石川惣三郎・石川磯吉・石川宇吉・石川彦治・石川佐十郎・石川嘉一郎・石川広吉・石川伊三郎・石川安五郎・石川藤吉・石川正一・石川平五郎・石川三十郎・石川録造あり。

一六〇 同郡石坂村(鳩山町) 当村寛政五年馬頭尊に石川正左衛門・石川和兵衛。明治九年副戸長石川栄晴・文化七年生。休山寺明治二十八年碑に石坂・石川小十郎・石川要蔵あり。

一六一 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「永正十一年より天文二十年迄・石川佐渡守、天正二十年より石川与五左衛門、元和七年より寛永五年迄・新宿名主石川佐渡、正保五年迄・若年寄石川七左衛門、寛文四年・役人石川与五左衛門。寛文四年古来居屋敷覚、石川佐渡子惣兵衛、子七左衛門・むこ五右衛門」と見え、羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「先地頭北条陸奥守殿より上田能登守殿迄・役人新敷名主石川佐渡、元和七年より寛永五年迄・新敷名主石川佐渡、正保五年迄・年寄石川七左衛門、寛文七年・若年寄石川与五衛門」と見ゆ。明治十三年小学校生徒・富造長男石川幸吉・十二歳、同二男石川祐二郎・十歳。消防組員に石川幸太・嘉永元年生、石川仲次郎・安政五年生。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に羽尾・石川秀作あり。

一六二 同郡福田村(滑川町) 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚(山田村贄田文書)に「二十貫・上福田住・石川伊賀守、二十貫・同住・石川右近正」と見ゆ。当村宝暦十一年六地蔵に石川安兵衛。文政十二年名主石川清兵衛。明治九年議定書に石川三吉・石川茂八・石川儀三郎・石川音五郎・大工職石川幸次郎・石川吉平・石川安平・石川学次郎・石川治平・惣代石川定治あり。

一六三 同郡戸守村(川島町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡戸守村石川源兵衛。岩殿観音堂嘉永元年碑に戸守村石川弥平治。明治九年副戸長石川宇源治・文化四年生、副戸長石川惣造・文政二年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に戸守村石川伊八あり。

一六四 同郡出丸中郷(川島町) 字関田明和元年馬頭尊に石川重右衛門あり。

一六五 同郡下狢村(川島町) 釘無村明治十□年馬頭尊に下狢村石川和造あり。

一六六 同郡上小見野村(川島町) 光善寺安政六年庚申塔に石川文次郎・石川八五衛。当村明治二十一年馬頭尊に上小見野村石川常吉あり。

一六七 同郡園部村(川島町) 百三十五項参照。

一六八 同郡小川町 明治七年蚕種業石川升造。明治三十五年理髪業石川良助あり。

一六九 同郡大塚村(小川町) 八幡社安永六年御神燈に石川元須。明治六年大塚文書に石川倉吉あり。

一七〇 同郡高谷村(小川町) 明治十四年酒商石川忠五郎・団子商石川清吉。八和田神社明治三十三年碑にカウヤ・石川織太郎あり。

一七一 男衾郡木部村(小川町) 靭負村熊野社文久三年伊勢講碑にキベ・石川福太郎・石川留吉。明治三年小園村石田文書に木部村名主石川勝右衛門。明治九年木部村副戸長石川武左衛門・副戸長石川芳太郎。安戸村能気神社明治二十九年碑に竹沢村石川芳太郎あり。

一七二 大里郡熊谷宿 風土記稿熊谷宿条に「石川氏、名主本陣の内にあり。成田の家人の子孫なる由いへり」と。熊谷旧家祖先天正慶長頃の人に石川大学あり。林条参照。元文三年忍藩書上に「町年寄石川兵左衛門五代以前熊谷町へ罷出、親兵左衛門三十七年以前町年寄役被仰付、二代相勤申候、凡百五十年余居住仕候」と見え、熊谷百石組に「慶安元年、石川惣右衛門、石川金左衛門、石川市右衛門。正徳五年、町年寄衆石川与左衛門、月行事石川平左衛門、金持ぶげん者酒造り石川兵左衛門。元文三年、町年寄石川兵左衛門。宝暦六年、町年寄石川惣右衛門。宝暦十年、本町北屋敷持主石川惣右衛門、同所石川安右衛門、本町南屋敷持主石川平右衛門、新宿北屋敷(筑波町)持主石川徳兵衛、同所石川平兵衛、場所不明石川権兵衛。明和七年、町年寄石川兵左衛門、月行事石川平右衛門。寛政十二年、問屋兼町年寄石川藤四郎、石川惣左衛門。嘉永元年、石川藤四郎、石川惣右衛門、石川八郎右衛門、石川惣助、石川源之丞。慶応元年、町年寄石川惣右衛門、石川為一郎」と見ゆ。熊谷宿草分六人衆に「石川兵左衛門、石川藤四郎、布施田太郎兵衛、布施田六左衛門、竹井新右衛門、鯨井久右衛門、祇園まつりの御仮殿に六人の町役人衆の提灯を揚げる」と云う。行田史譚に「熊谷町、寛永年中・町年寄石川平左衛門・町年寄石川兵左衛門、天保年中・町年寄石川兵左衛門」と。嘉永六年忍藩分限帳に「二人扶持・熊谷町年寄石川藤右衛門」あり、豪商にて藩御用達なり。大善院宝暦三年文書に石川平右衛門・石川兵左衛門。新堀村大正寺宝暦八年宝篋印塔に「新堀村岡田氏妻は熊谷宿石河兵左衛門嘉政妹」と。桜沢村吉田氏系図に「七代医師幾瀬栄五郎忠正(文化六年卒、室熊谷宿石川藤四郎娘)」と見ゆ。東京浅草寺本堂正面柱寛政九年寄進名に熊谷宿石川清左衛門・石川藤四郎。三峰神社史料集に文化十三年熊谷宿御本陣石川東四郎。高城神社天保十二年紺屋碑に下町石川栄次郎。千形神社嘉永六年水鉢に石川惣右衛門。筑波町聖天宮安政三年桶屋中・石川弥右衛門。明治元年問屋町年寄石川惣右衛門改名正一・町年寄石川充之丞改名政方。明治四年副戸長石川八郎右衛門。明治五年副戸長石川惣五郎。明治七年惣代人石川重兵衛。明治八年表立石川宗三・表立石川惣助。明治九年地租改正役員石川正一。明治三十五年営業便覧に裁縫職石川万之助・荒物商玉田屋石川繁次郎・宿業石川カタ・菓物商石川兼吉・湯屋石川巳之吉・呉服商柄屋石川惣助・荒物商石川平次郎・菓子製造石川浅吉・縫箔師石川房太郎・青物商石川貞次郎・石川治広あり。尚、群馬県邑楽町大字狸塚の石川氏は、江戸中期に武蔵国熊谷宿から移住し、東照寺の大檀那なり。

一七三 同郡和田村(熊谷市) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に和田・石川猪助。当村白髭社安政七年庚申塔に石川伴吉。野原村文殊寺明治二年碑に和田村石川八平。明治九年楊井村戸長石川茂富・弘化四年生あり。

一七四 同郡広瀬村(熊谷市) 文久元年秋山翁碑に石川政治衛門・石川豊吉・石川金次郎・石川幸吉・石川定四郎・石川惣次郎。富士浅間社慶応三年碑に当所・石川増太郎・石川政右衛門・石川金蔵・石川幸吉・石川三左衛門あり。

一七五 同郡佐谷田村(熊谷市) 行田史譚に「佐谷田村、寛永年中・名主石川長左衛門、享保六年・名主石川長左衛門、天保元年・名主石川長左衛門」と見ゆ。永福寺文化元年碑に石川清蔵、弘化三年馬頭尊に石川甚五右衛門・石川次兵衛・石川長左衛門。長福寺明治三年湯殿山碑に石川要助あり。

一七六 同郡押切村(江南町) 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に下押切・石川勝五郎あり。

一七七 同郡成沢村(江南町) 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚(比企郡山田村贄田文書)に「二十貫・成沢住・石川筑後守、二十貫・同住・石川隼人」と見ゆ。

一七八 同郡沼黒村(大里町) 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚に「二十貫・沼黒住・石川左京進」と見ゆ。

一七九 幡羅郡新堀新田村(熊谷市) 地蔵堂天明五年庚申塔に当村石川善左衛門・石川忠右衛門・石川藤右衛門。八幡社文化六年碑に石川伊右衛門・石川浅右衛門、文政十年大六天碑に石川藤蔵。大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に新堀新田村・石川直吉・石川角十郎あり。

一八〇 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺慶応二年権田碑に石河銀二郎あり。

一八一 同郡東別府村(熊谷市) 東別府神社文久二年御神燈に石川八蔵あり。

一八二 同郡妻沼町 明治三十五年足袋商石川繁蔵あり。

一八三 同郡間々田村(妻沼町) 明治九年副戸長石川幸次郎・天保五年生あり。

一八四 同郡葛和田村(妻沼町) 大竜寺宝暦六年庚申塔に石川庄助・石川弥次兵衛、天保三年千体堂に石川権左衛門。大野村弘化三年御嶽碑に本村・石川亀八郎・石川清蔵。神明宮明治十年御神燈に石川八郎次・石川勇吉、明治十一年御嶽碑に石川重五郎。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講・石川軍次あり。

一八五 榛沢郡深谷町 深谷今昔物語に「石川屋石川平造家は越後より来住す」と。瑠璃光寺明治二十九年酒井門下碑に深谷宿石川徳平・石川庄三郎。原郷楡山神社明治四十二年碑に深谷町石川康太郎。明治三十五年営業便覧に酒造業石川屋本店石川康太郎・酒造業石川徳平・足袋商石川庄三郎・旅館きんとう石川清三郎・荒物商石川和八・金網製造石川広吉・籠屋石川八十郎。深谷町会議員に西島医師石川正・明治九年生、深谷金物商石川貞策・明治二十九年生あり。

一八六 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺文政九年水鉢に当所石川徳左衛門、天保十一年供養塔に当所石川彦兵衛。八幡社明治五年筆子碑に上野大台・石川要吉、明治四十四年碑に石川伊茂八・石川延市・石川佐太郎・石川安次郎・石川房五郎・石川徳次郎・石川熊次郎・石川兼吉・石川音吉。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村上野台・石川彦平あり。

一八七 同郡樫合村(深谷市) 当村明治二十四年八海山講碑に石川勝次郎、明治二十九年駒形碑に石川藤太郎。藤沢村会議員樫合石川熊治郎・安政二年生あり。前項参照。

一八八 同郡谷之村(深谷市) 用土村明治十三年仙元碑に榛沢郡谷之村石川代助あり。

一八九 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に石川新二郎・石川荘左衛門・石川半之丞・石川仁兵衛・石川六左衛門・石川政吉・石川和兵衛。柏合村明治十三年八海山講碑にテバカ・石川仲司。八基村会議員石川慶一郎・明治七年生あり。

一九〇 同郡新戒村(深谷市) 村岡文書に「当村古来之者は、元和始めに石川氏は、村岡氏を頼り来る」と見ゆ。但し、遥か古代以来の土着者である。石川氏は当村及び隣村の中瀬村に多く存す。慶応二年渋沢宗助生糸販売帳に新戒村石川熊治郎。妻沼村聖天宮慶応二年御神燈に新戒村石川熊治郎嘉純、慶応三年石道之碑に新戒村石川友次郎。国済寺村国済寺明治九年水鉢に上新戒村石川定次郎。上新戒村御嶽社明治四十年御神燈に石川熊治郎徳定・八十五歳。新会村会議員に石川唯三郎・弘化三年生、石川浅次郎・万延元年生(郡会議員)、石川長平・明治三年生、石川雄一・明治三十一年生。県会議員農業石川栄一・明治二十二年生。参議院議員石川一衛・明治十九年生あり。

一九一 同郡中瀬村(深谷市) 天正三年検地帳に小角・石川藤兵衛屋敷(石藤廻船問屋)あり、是を引継いだ石武廻船問屋は明治四十五年廃業す。安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に中瀬河岸船問屋石川武右衛門。当村元禄八年庚申塔に石川与惣衛門・石川吉左衛門・石川左右衛門・石川彦右衛門・石川清右衛門・石川藤右衛門・石川藤七郎・石川吉右衛門・石川金七郎・石川勘兵衛、文政元年庚申塔に石川角兵衛・石川与右衛門・石川藤右衛門。中瀬神社本殿に天保十一年当村出身江府住人石川三代孫源豊光作。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州榛沢郡中瀬村石川幸八。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に中瀬村石川庄兵衛。吉祥寺嘉永五年常夜燈に石川五兵衛・石川吉左衛門。妻沼村聖天宮慶応二年御神燈に中瀬村石川元助保定。字向島不動堂嘉永四年二十三夜塔に向島曲輪・石川勝治郎・石川友右衛門、慶応三年石燈籠に当所石川元助、明治四十四年従軍馬匹碑に中瀬・石川三十郎・石川豊作・石川喜代作・石川清作。私塾師匠石川武十郎・明治十七年没・六十八歳。明治九年戸長石川清一郎・天保十三年生。柏合村明治十三年八海山講碑にナカゼ・石川藤平・石川牧太郎・石川藤七・石川伝八。明治十八年最上農名簿に中瀬村石川暢次郎・耕宅地五町九反歩所有。中瀬神社明治四十一年碑に石川暢次郎・石川三重郎・石川五郎平・石川政四郎・石川藤七・石川喜代作・石川九十郎・石川紋吉・石川末次郎・石川又衛・石川熊次郎・石川鷹四郎・石川仁平治・石川伊三郎・石川金三郎・石川新三郎・石川利三郎・石川才次郎・石川喜次松・石川音七・石川道三郎・石川新太郎・石川藤太郎・石川滝次郎・石川民五郎・石川清作・石川力蔵・石川助五郎・石川近太郎・石川豊喜・石川豊作・石川辰五郎・石川倉太郎・石川広吉・石川伝吉・石川亦市郎・石川トモ・石川弥源治・石川仙五郎・石川林三郎・石川太伝次・石川昌・石川琴次郎・石川元一・石川明七・石川郷吉・石川卓蔵・石川チカ・石川幸四郎・石川茂作・石川八亀・石川儀三郎・石川定次郎・石川信十郎・石川由五郎・石川甲吉・石川丈吉・石川キヨ・石川勝三郎・石川橘郎・石川高三郎・石川常興・石川武一郎・石川クマ・石川弥吉・石川五平・石川公三郎・石川巳之作。中瀬村会議員に石川万九郎・万延元年生、石川五郎平・天保九年生、石川政四郎・安政五年生、石川暢次郎・文久三年生、石川喜代作・慶応元年生、石川伝八・天保十一年生、石川末次郎・明治七年生、石川薫一・明治十九年生、石川利右衛門・明治二十五年生、石川四作・明治九年生、石川祥一郎・明治十三年生、石川増治・明治二十一年生、石川伍三郎・明治四十四年生、石川茂輿治・明治三十二年生、石川大五郎・明治三十二年生、石川静雄・明治四十三年生、石川喜久男・明治三十年生、石川千作・明治三十九年生あり。

一九二 同郡武蔵野村(花園町) 明治九年飯塚村・石川泰助・石川賀平・石川滝次郎。用土村明治十三年仙元碑に武蔵野村石川恭輔あり。

一九三 同郡小前田村(花園町) 鉢形城北条氏家臣にて、町田文書に「町田土佐守一族同心衆、石川美作」と見え、元和八年町田日記に「慶長元年、石川美作は小前田新田を切開く」と見ゆ。

一九四 同郡瀬山村(川本町) 八幡社天保十三年奉額に当所・石川仙五郎・石川友蔵あり。

一九五 同郡末野村(寄居町) 元治元年末野村諸事恵に石川政八・石川岩蔵あり。

一九六 同郡榛沢村(岡部町) 大寄八幡社文久元年水鉢に石川七郎兵衛。経蔵院文久二年筆子碑に石川皆五郎あり。

一九七 児玉郡本庄宿 旧本庄村字花ノ木(本宿十八軒)の石川氏は草分なり。石川剣道場門下生に寛政五年本庄宿石川加藤二。明治三十五年足袋商石川佐市・古銅鉄商石川亀太郎あり。

一九八 同郡西富田村(本庄市) 宥宝寺天保十二年二十字夜塔に石川精八・石川清治郎、嘉永七年庚申塔に石川太郎兵衛、明治十二年玉垣碑に石川直次郎。当村金鑚神社万延元年庚申塔に西富田村石川源治・石川権八・石川作左衛門、年不詳庚申塔に石川松蔵・石川権右衛門・石川丈吉、明治四十年幟碑に石川龍治あり。

一九九 同郡山王堂村(本庄市) 日枝社年不詳庚申塔に石川久右衛門・石川平蔵・石川長吉・石川孫七・石川八郎兵衛・石川喜左衛門・石川喜太夫・石川九郎左衛門。明治九年副戸長石川久衛・嘉永元年生、副戸長石川良助あり。

二〇〇 同郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に石川亦三郎あり。

二〇一 同郡阿那志村(美里町) 行田長久寺所蔵・大般若経奥書に「明応七年七月二十五日、於武州児玉郡塩谷郷阿那志村円福寺書写之、本願檀那桜沢雅楽助入道性善、同内方楠子、同大塚次郎左衛門尉貞能、同石川入道沙彌道慶」と見ゆ。当村に桜沢氏多く存し、隣村の関村に大塚氏、十条村に石川氏存す。或は白石村住人か。

二〇二 那賀郡白石村(美里町) 児玉記考に「旧家石川栄蔵、先代栄左衛門名主役勤務の外、関東取締改革組合村大惣代を勤め、文政天保年度の如きは威を遠近に轟かし、時人震服せし名士なりし」と見ゆ。

二〇三 同郡湯本村(美里町) 当村は明治五年に白石村となる。古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に湯本村石川養次郎あり。

二〇四 賀美郡金窪村(上里町) 陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「児玉郡金久保。石川兵部丞昌久の後裔、小野弥平六」と見ゆ。

二〇五 秩父郡皆谷村(東秩父村) 皆谷新田文政五年山岳碑に石川金二郎・石川善六・石川寅助・石川源蔵あり。

二〇六 同郡三沢村(皆野町) 嘉永三年太幡文書に「中三沢邑御用御伝馬日記、荷馬三疋・石川儀助」と見ゆ。

二〇七 同郡山田村(秩父市) 宝登山神社明治七年棟札に山田村世話人石川定吉あり。

二〇八 同郡上小鹿野町 字泉田高良神社嘉永六年算額に上小鹿野町石川半蔵。明治九年副戸長石川新三郎・文化十四年生。明治十二年副戸長石川庄蔵。明治十三年埼玉県老農名簿に篤農者小鹿野町石川義三郎。小鹿神社明治四十三年堤盛久碑に石川道蔵・石川寿三郎あり。

二〇九 同郡上吉田村 明治九年副戸長石川大一郎・文政十年生あり。

二一〇 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に石川貞蔵あり。

二一一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・石川伊右衛門・十八円・四十二円、石川清・八十三円、石川泰輔・百二十四円、石川錬次・七十一円、草加町・石川春吉・十五円・四十七円、与野町・石川久兵衛・九円、大谷村(上尾市)・石川重蔵・二十七円・五十六円、平方町(上尾市)・石川勝治・五百四十八円・二百八十円、石川元之輔・三百二十八円・百六十八円、石川二郎・百七十円、石川新兵衛・百五十三円・九十八円、指扇村(大宮市)・石川準一・百九十五円、石川雄之助・二十二円、石川辰次郎・十二円・三十六円、石川甚太郎・十二円、川越市・石川今次郎・二百三十四円・二十四円、石川仁平・百六十七円、石川伊之助・十八円、石川卓三・二十三円・十三円、豊岡町(入間市)・石川幾太郎・三千百七円、石川民三・二百十六円・二十円、石川龍蔵・七十七円、石川虎三・十二円、坂戸町・石川鶴松・十五円、大岡村(東松山市)・石川増三・四百三十六円、竹沢村(小川町)・石川岩五郎・九円、越ヶ谷町・石川正・五十五円、武里村(春日部市)・石川東悦・百四十四円、石川益五郎・二十一円、石川京・十円、石川芳太郎・十一円、黒浜村(蓮田市)・石川伊兵衛・三十一円、松伏領村・石川仁平次・千九百五十一円・五百四十三円、石川欣一郎・九百十円、石川宇八・二十四円、吉川町・石川せき・二十一円・四十七円、石川与一・九円・三十三円、南桜井村(庄和町)・石川珍彦・百三十七円、石川寿一・四十三円、加須町・石川吉兵衛・九十五円・六十四円、星河村(行田市)・石川倉次郎・十二円、忍町・石川藤十郎・二十四円、石川兵蔵・九円・四十二円、石川伝次郎・十一円、大越町(加須市)・石川康之助・九百九十二円、原道村(大利根町)・石川佐吉・二十七円、大桑村(加須市)・石川寅松・十六円、水深村(加須市)・石川参次郎・千五百七十六円・八十円、熊谷町・石川覚治・二十七円、石川徳次郎・百二十九円、石川惣助・八十四円、石川弥一郎・七十四円、深谷町・石川明・十四円、石川康太郎・百一円・五十円、石川正・百六十二円、石川房次郎・十二円、石川清次郎・三十円・六十四円、大麻生村(熊谷市)・石川良吉・三十六円、新戒村(深谷市)・石川浅次郎・二百四十六円、中瀬村(深谷市)・石川政四郎・百七十七円・十九円、石川一・九円・三十三円、石川藤平・百二円」あり。

石ヶ原 イシガワラ 羽生に存す。

石川原 イシガワラ 入間に存す。青森県上北郡十和田湖町十戸あり。

一色 イシキ 所沢に存す。イッシキ参照。

石木 イシキ 入間郡石田本郷(川越市)に存す。

石城 イシキ 富士見、毛呂山等に存す。

伊敷 イシキ 上尾、鴻巣、川口に存す。

石木沢 イシキザワ 那賀郡小平村字石木沢あり。

石北 イシキタ 越谷、日高、鶴ヶ島、上尾、横瀬、長瀞等に存す。群馬県北群馬郡子持村二十八戸、渋川市三十六戸あり。

石木田 イシキダ 上尾、大宮、鷲宮、上里等に存す。秋田県鹿角市四十六戸。

石木戸 イシキド 寄居、皆野等に存す。

石切 イシキリ 鳩山に存す。

石切山 イシキリヤマ 川口、越谷、吉川、北本、鶴ヶ島等に存す。

石口 イシグチ 浦和、大宮、上尾、鴻巣、越谷、岩槻、春日部、所沢、狭山、川越、富士見、小川、東松山、横瀬、吉田等に存す。新潟県東頚城郡松代町十三戸、柏崎市四十戸あり。

石窪 イシクボ 草加、白岡、大宮に存す。

石久保 イシクボ 青森県上北郡六ヶ所村三十五戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「厩方・二両余二人扶持・石久保紋蔵、坊主・二人扶持・石久保桂春」。明治四年に「四石二人扶持・石久保種三郎」あり。

二 埼玉郡持田村(行田市) 剣神社明治二十五年御神燈に石久保三十郎・石久保岩次郎。昭和三年興信録に「持田村・石久保新之丞・所得税三十二円」あり。

石隈 イシクマ 川越、浦和等に存す。

石倉 イシクラ 高麗郡原市場村字石倉は古の村名にて、中山村智観寺万延元年覚書に石倉村と見ゆ。榛沢郡山崎村字石蔵、賀美郡堤村字石蔵は石倉とも記す。群馬県利根郡月夜野町九戸、北群馬郡吉岡町二十一戸、子持村十三戸、勢多郡新里村八戸、邑楽郡邑楽町八戸、佐波郡境町二十七戸、太田市三十二戸、前橋市九十六戸、山梨県東八代郡石和町十三戸、八代町四十戸、中巨摩郡甲西町十二戸、岩手県九戸郡種市町二十二戸、青森県上北郡十和田湖町二十二戸、十和田市六十戸、八戸市五十戸、島根県(出雲国)八束郡美保関町四十七戸、東出雲町百三十戸、八雲町百六十戸、松江市二百六十戸、出雲市五十六戸、鳥取県米子市四十八戸、境港市三十四戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御目付・百石・石倉新兵衛」あり。

二 葛飾郡長間村(幸手市) 地蔵堂安政四年二十三夜塔に本田・石倉仲右衛門あり。

三 同郡惣新田村(幸手市) 万延元年武術英名録に松田柳剛流武州惣新田・石倉喜右衛門あり。

四 同郡大島新田(幸手市) 安戸村香取社天明二年筆子碑に大島新田・石倉瀬兵衛あり。

五 足立郡大宮町 明治三十五年代書人石倉弥吉あり。

六 同郡平方村(上尾市) 橘神社天保六年庚申塔に石倉藤治郎、安政四年御神燈に石倉又五郎・石倉直五郎・石倉鉄五郎・石倉竹次郎、明治十一年御神燈に石倉勇治郎・石倉辰五郎・石倉惣三郎・石倉市右衛門、明治二十四年御神燈に平方村・石倉又左衛門・石倉喜太郎・石倉森蔵。明治七年船積問屋平方村石倉富次郎・但し慶応四年六月創立。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年石倉又左衛門・明治七年生・国税二千六百三十八円・県下四十五位。昭和三年興信録に「平方町・石倉又左衛門・所得税四百七十七円」あり。

七 入間郡宗岡村(志木市) 明治二十二年埼玉勧業会員石倉誉あり。

八 同郡上富村(三芳町) 志木宿敷島社明治初年狛犬に上富村石倉元八。明治七年成田山月参護摩講に石倉金八あり。

九 児玉郡本庄町 明治三十五年糸繭商石倉幸太郎あり。

一〇 賀美郡勅使河原村(上里町) 字久保愛宕塚寛永五年石宮に石倉弥兵衛。安永九年勅使河原村家名附(久保文書)に「天神邑・石倉又右衛門、真下村・石倉多郎兵衛・石倉彦右衛門・石倉権右衛門・石倉吉兵衛、堀込村・津金様組頭石倉新七・石倉甚五右衛門・石倉平蔵・石倉惣治郎・石倉利左衛門」。万延元年庚申塔建立控に石倉乙五郎・石倉沖五郎あり。

一一 同郡黛村(上里町) 黛神社明治四十三年水鉢に石倉福次郎あり。

一二 秩父郡大宮町 明治三十五年旅人宿石倉喜平治あり。

石庫 イシクラ 和光に存す。

石鞍 イシクラ 吉川、久喜等に存す。

石栗 イシクリ 新潟県岩船郡朝日村四十三戸、村上市三十四戸、山形県東田川郡三川町十五戸あり。

一 熊谷町 明治三十五年理髪店石栗紋吉あり。

石榑 イシクレ 浦和、所沢、日高、上尾、鶴ヶ島等に存す。

石黒 イシグロ 神奈川県高座郡寒川町六十四戸、茅ヶ崎市百五十戸、小田原市百五十戸、平塚市百戸、新潟県中蒲原郡村松町三十九戸、西蒲原郡西川町十七戸、三島郡与板町四十二戸、柏崎市百戸、山形県飽海郡平田町六十戸、松山町十二戸、秋田県南秋田郡天王町四十七戸、鳥取県(因幡国)気高郡気高町十一戸あり。

一 高麗郡の領主石黒氏 越中国砺波郡石黒郷より起る。武蔵国高麗氏と姻戚関係を結び、高麗氏の遺領平沢村(日高市)及び笠幡村(川越市)の地を相続す。石黒氏は在名にて、本名は宮崎氏か。石黒系図(宮崎氏所蔵)に「石黒刑部丞信家(越中国石黒庄)―弥四郎頼綱―女子(讃岐局、法名慈照)」。高麗系図(遠野南部文書)に「高麗二郎左衛門尉景実―女子(字土用弥、蓮阿、石黒弥四郎妻)―女子(讃岐局、曽我余口口口門尉妻)―曽我左衛門太郎入道口称」。遠野南部文書に「正慶二年三月二十八日、曽我左衛門太郎入道光称申す、祖母尼蓮阿并亡母尼慈照の遺領武蔵国高麗郡東平沢内田畠屋敷并賀作波多村内について安堵を申請し、高麗太郎次郎入道に下文を命ず」と見ゆ。

二 忍城士の石黒氏 成田分限帳に「二十二貫文・石黒佐平太、十二貫文・石黒弥六郎」あり。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「三百石・石黒市左衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「三百石・石黒弥市郎、二百石・石黒八郎兵衛、五人扶持・石黒市左衛門」あり。

四 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百石・石黒甚五兵衛」あり。

五 葛飾郡幸手町 明治三十五年経師職石黒小次郎あり。

六 同郡惣新田村(幸手市) 字高須賀観音院宝暦六年庚申塔に石黒伝六あり。

七 同郡才羽村(杉戸町) 香取社明和七年水鉢に石黒嘉助あり。

八 足立郡小室村(伊奈町) 建正寺安永四年供養塔に石黒洞秀。当村文政十二年庚申塔に小室谷畑村・石黒久兵衛あり。

九 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社明治三十九年碑に石黒春三郎・石黒元吉・石黒勝次郎あり。

一〇 高麗郡仏子村(入間市) 明治二十一年納税書に石黒増次郎・石黒初五郎・石黒金平あり。

一一 新座郡膝折宿(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に膝折・石黒藤次郎あり。

一二 横見郡一ツ木村(吉見町) 氷川社明治三十七年碑に石黒富五郎あり。

一三 比企郡角泉村(川島町) 芳野村郷土誌稿に「谷中村大野氏の祖は越前大野の城主にて、故あって丹波国石黒の邑に隠れる。後石黒玄蕃正統と武蔵河越に転移し来る。正統は川島領角泉村に土着し、家紋は横木瓜を用いる。この分派したる三保谷村新堀の石黒家過去帳に、石黒玄蕃允正統・寛永十八年九月二十一日寂・角泉広徳寺末の慈眼院に葬る・行年九十八才・理玉常円居士とあり。河州石黒の産にして楠氏の後裔、武田信玄に仕へ、後この地に来り農を営むとありて、定紋は菊水なりという。しかし、河内国石黒に結び付けるは僭称であって丹波石黒が事実であろう」と見ゆ。釘無村明治十九年馬頭尊に角泉村・石黒銀蔵・石黒芳五郎あり。

一四 同郡新堀村(川島町) 前項参照。吉原村宮原神社文化十一年水鉢に上新堀村石黒友右衛門、文政十三年御神燈に新堀村・石黒長右衛門・石黒善兵衛・石黒文五郎・石黒仙右衛門。弘化三年上新堀村名主石黒綱三(私塾師匠、弥五兵衛正邑、号諦信、張斉、慶応元年没、五十五歳)。明治九年戸長石黒玄四郎・天保五年生。松山町箭弓神社明治三十一年碑に三保谷村石黒綱五郎あり。

一五 同郡表村(川島町) 広徳寺明和六年六地蔵に表村石黒十右衛門あり。尚、前項名主石黒綱三の墓も当寺にあり。

石畝 イシクロ 越谷、川口等に存す。

石毛 イシゲ 各市町村に存す。茨城県鹿島郡波崎町五十八戸、千葉県海上郡飯岡町四十四戸、海上町百十二戸、香取郡小見川町四十六戸、東庄町九十戸、干潟町四十三戸、山田町三十七戸、匝瑳郡野栄町二十四戸、旭市二百十戸、銚子市三百七十戸、八日市場市百十戸あり。

石下 イシゲ 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、越谷、狭山、志木、吉見等に存す。栃木県塩谷郡塩谷町十七戸、河内郡上河内町六戸、芳賀郡芳賀町七戸あり。

石下谷 イシゲヤ 大井に存す。

石古 イシコ 志木、和光、栗橋に存す。

石後 イシゴ 浦和に存す。

石河 イシゴウ 新座、所沢、鶴ヶ島等に存す。鳥取市十八戸あり。

石向 イシゴウ 川口、鳩ヶ谷、松伏に存す。山形県東田川郡藤島町十五戸あり。

石郷 イシゴウ 川口、和光等に存す。青森県南津軽郡大鰐町五十八戸あり。

石郷岡 イシゴウオカ 各市町村に存す。青森県弘前市八十戸、秋田県仙北郡角館町三十八戸あり。

石氷 イシコオリ 大宮に存す。

石坂 イシザカ 比企郡石坂村(鳩山町)あり、建治三年朽木文書に武蔵国比企郡南方石坂郷と見ゆ。群馬県利根郡月夜野町九十六戸、水上町十八戸、吾妻郡吾妻町二十五戸、高山村十二戸、勢多郡赤城村二十四戸、北群馬郡子持村四十戸、榛東村二十二戸、長野県更埴市三十六戸、長野市三百五十戸、新潟県北魚沼郡川口町十六戸、南魚沼郡塩沢町二十戸、小千谷市六十戸、秋田県鹿角市二十四戸、鳥取県倉吉市十二戸あり。

一 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百五十石・石坂権之助」あり。旧鉢形城士なり。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御番頭・七百石・石坂彦右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御家老・六百石・石坂彦右衛門」あり。

三 関東郡代伊奈氏家臣 天明八年に石坂八郎太夫。天明年間赤山陣屋屋敷図に「石坂重八・一町七畝歩」あり。

四 葛飾郡松伏村 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流石坂襁あり。

五 同郡権現堂村(幸手市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に権現堂村石坂治郎兵衛あり。

六 埼玉郡岩槻町 久伊豆社文化二年庚申塔に渋江町講中・石坂久五郎あり。

七 同郡慈恩寺村(岩槻市) 小溝村長命寺慶応二年供養塔に慈恩寺郷石坂四郎あり。

八 足立郡原市町(上尾市) 明治三十五年製釘所石坂幸吉あり。

九 同郡瓦葺村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に石坂熊太郎あり。

一〇 榛沢郡深谷町 上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿石坂栄吉。瑠璃光寺明治二十九年酒井門下碑に石坂清五郎。明治三十五年金物商石坂辰太郎あり。

一一 幡羅郡原郷(深谷市) 幡羅村会議員石坂丈四郎・明治四十二年生あり。

一二 同郡上奈良村(熊谷市) 字石橋安永七年庚申塔に石坂三右衛門・石坂儀右衛門・石坂磯右衛門・石坂忠次郎あり。次項参照。

一三 同郡中奈良村(熊谷市) 上野台村光厳寺文政九年水鉢に中奈良村石坂金右衛門。上奈良村妙音寺天保三年石橋供養塔に石坂藤兵衛。奈良神社弘化四年水鉢に石坂金右衛門、弘化口年御神燈に当所石坂藤兵衛。明治九年戸長石坂喜平次・天保二年生、戸長石坂慶蔵・天保七年生、副戸長石坂藤兵衛・文政十二年生。明治十八年最上農名簿に石坂慶蔵・耕宅地二十八町一反歩・山林三町八反歩所有。明治二十一年皇国武術英名録に念流石坂藤兵衛。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に奈良村石坂五郎七。明治二十七年東条筆子碑に中奈良村石坂廉平・石坂静一郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治三十年農業石坂豊人・元治元年生・国税九百七十六円、商業石坂金一郎・安政四年生・国税五百八十六円(郡会議員、県会議員)。明治四十四年に石坂金一郎・国税千百七十一円・県下五十位、農業石坂藤兵衛・明治十二年生・国税八百八円・県下九十三位。大正十四年に石坂養平・明治十八年生(金一郎の子、衆議院議員)・国税千七百一円・県下八十四位、石坂豊人・国税千五百五十一円・県下百二位、石坂藤兵衛・千五十八円・県下百七十二位。大正十二年大地主名簿に石坂豊人・田三十一町七反歩・畑二十町歩所有。昭和三年興信録・所得税に「奈良村・石坂養平・二千七百七十四円、石坂豊人・五百四十八円、石坂藤兵衛・二百六十三円」あり。

石阪 イシザカ 越谷、浦和等に存す。

石崎 イシザキ 埼玉郡大瀬村字石崎、新座郡浜崎村字石崎あり。群馬県邑楽郡明和町二十戸、栃木県芳賀郡二宮町五十六戸、河内郡上三川町四十六戸、南河内町二十戸、大田原市五十九戸、茨城県東茨城郡御前山村六十戸、茨城町四十四戸、大洗町三十戸、西茨城郡友部町二十九戸、那珂郡那珂町二十四戸、鹿島郡鉾田町百十七戸、旭村百八十四戸、猿島郡三和町二十戸、千葉県安房郡丸山町十八戸、宮城県古川市三十九戸、岩手県宮古市二十四戸、秋田県北秋田郡森吉町二十一戸、島根県(出雲国)簸川郡佐田町二十一戸あり。

一 忍城士の石崎氏 上野国長楽寺永禄日記に「永禄八年九月六日、石崎左衛門二郎・成田より来り、敵御正(大里郡御正新田村)に陣とるよし告来り、則実城(金山城)へも此由申届也。十五日南方衆御正之陣を掃、長井の南コエ塚(肥塚村)と云処へ陣を寄すと、左衛門二郎・旦那陣(由良成繁)より帰る」と見ゆ。

二 忍藩阿部氏家臣 秩父松本日記寛文元年に御当番石崎五太夫殿と見ゆ。享保八年忍藩軍役帳に「四十五俵三人扶持・石崎五太夫、三十五俵二人扶持・石崎朴甫」。文化四年忍藩分限帳に「御金奉行・五十俵三人扶持・石崎五太夫」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「石方・二両余二人扶持・石崎兵七」あり。

四 葛飾郡戸ヶ崎村(三郷市) 天神社明治十年御神燈に石崎友吉・石崎長右衛門。香取社明治三十一年絵馬に石崎惣右衛門あり。

五 同郡鷲巣村(杉戸町) 鷲神社寛政元年鷲明神碑に石崎長蔵、安政四年二十三夜塔に石崎長次郎・石崎幸次郎。惣新田村戸隠神社明治十年八海山碑に鷲巣・石崎勇蔵。明治二十年規約に石崎善次郎・石崎勇蔵あり。

六 埼玉郡西袋村(八潮市) 蓮華寺宝永五年庚申塔に石崎甚口口口。柳之宮村氷川社嘉永七年御神燈に西袋村川西組石崎富五郎、明治十九年絵馬に西袋村石崎清兵衛あり。

七 同郡荻島村(越谷市) 神明下村稲荷社文久元年馬頭尊に荻島村・石崎太右衛門・石崎代次郎あり。

八 同郡鹿室村(岩槻市) 宝国寺正徳二年供養塔に鹿室村石崎弥兵衛あり。

九 同郡菖蒲町 明治三十五年鋳掛職石崎吉重あり。

一〇 同郡花崎村(加須市) 明治二十年法泉寺文書に石崎喜之助あり。

一一 同郡北根村(川里町) 赤城村赤城神社明治十四年水鉢に北根村石崎吉右衛門あり。

一二 同郡町場村(羽生市) 字東谷正徳五年庚申塔に石崎市右門、明和六年弁財天碑に石崎弥市右衛門あり。

一三 同郡琴寄村(大利根町) 浅間社明治三十六年絵馬に石崎源次郎あり。

一四 足立郡鴻巣町 明治三十五年建具業石崎歳蔵あり。

一五 入間郡古谷本郷(川越市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に古谷本郷・石崎長五郎あり。

一六 幡羅郡葛和田村(妻沼町) 稲荷社安政二年水鉢に石崎梅次郎あり。

一七 同郡八木田村(妻沼町) 妻沼村聖天宮文化十五年御神燈に八木田村講中・石崎幸蔵あり。

一八 雑載 昭和三年興信録・所得税に「深谷町・石崎靖夫・三十三円、忍町・石崎政吉・十四円」あり。

石迫 イシサコ 浦和に存す。

石指 イシサシ 越谷に存す。鳥取県米子市七戸あり。

石里 イシザト 浦和、蕨、伊奈に存す。

石沢 イシザワ 栃木県那須郡馬頭町十七戸、茨城県久慈郡水府村十五戸、長野県下水内郡栄村二十三戸、飯山市三十四戸、新潟県中蒲原郡亀田町三十九戸、中魚沼郡津南町百十戸、中里村十五戸、福島県郡山市百七戸、青森県三戸郡階上町十二戸、北津軽郡板柳町十六戸、南津軽郡浪岡町十一戸、常盤村二十五戸、西津軽郡深浦町十九戸、車力村二十八戸、黒石市百十戸、山形県東村山郡中山町二十四戸、山辺町十一戸、山形市三百二十戸、秋田県平鹿郡山内村三十四戸あり。コクザワ参照。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御用人・二百石・石沢左太夫」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両二人扶持・石沢軍吉」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 秩父若林文書に文政八年秩父郡御代官石沢弥一兵衛。嘉永7年忍藩分限帳に「御勘定頭・百石・石沢弥一兵衛、御馬廻・三人扶持・石沢雄治」。慶応元年に「十三人扶持・石沢弥一左衛門・忍取立」。明治四年に「十三人扶持・石沢道郎」あり。

四 葛飾郡幸手町 高岩村天明八年庚申塔に石工幸手町石沢伝右衛門あり。

五 榛沢郡寄居町 県会議員農業石沢義夫・明治三十一年生あり。

六 秩父郡御堂村(東秩父村) 日蓮宗浄蓮寺過去帳に「道沢・石サハ・天正二年十一月」あり。富田村住人か。

七 男衾郡富田村(寄居町) 幕末に名主石沢嘉右衛門。明治九年副戸長石沢積太郎・文政八年生。明治十六年常盤連人銘録に俳人石沢甫三郎・号遊甫。牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に富田村石沢九口・石沢重口。明治三十六年絹織物業石沢山三郎あり。

八 雑載 昭和三年興信録に「与野町・石沢康知・所得税百二十五円」あり。

石澤 イシザワ 寄居、北本、鴻巣、所沢、日高、熊谷、栗橋等に存す。

石司 イシジ 川越に存す。

石志 イシジ 川口に存す。

石次 イシジ 所沢に存す。

石下 イシシタ 草加、所沢、新座、和光、川口、上尾等に存す。イシゲ参照。

石島 イシジマ 群馬県邑楽郡邑楽町十六戸、館林市三十戸、桐生市四十戸、栃木県下都賀郡壬生町二十六戸、石橋町三十三戸、芳賀郡茂木町十九戸、小山市六十四戸、茨城県西茨城郡岩瀬町二十八戸、稲敷郡美浦村十二戸、真壁郡明野町五十七戸、筑波郡谷和原村十八戸、猿島郡三和町十五戸、龍ヶ崎市五十七戸、下館市四十四戸、結城市百五戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「坊主・一両一人扶持・石島松林」あり。

二 葛飾郡不動院野村(春日部市) 香取社隣弘化四年馬頭尊に石島伝吉・石島太之助・石島万吉。藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村・石島甚兵衛・石島栄蔵・石島与吉。大杉神社明治二十四年碑に石島政吉・石島栄吉。

三 同郡藤塚村(春日部市) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村石島甚吉あり。

四 同郡本郷村(杉戸町) 天神社宝暦二年庚申塔に石島平治郎あり。

五 同郡大塚村(杉戸町) 豊明神社文化二年塞神に石島又蔵、天保三年水鉢に大塚村・石島藤蔵・石島要助・石島吉之丞、天保十二年庚申塔に石島卯兵衛。延命寺明治六年碑に石島要助・石島八十八・石島清右衛門・石島伊左衛門。

六 同郡上吉羽村(幸手市) 明治十二年に石島茂平あり。

七 埼玉郡粕壁宿 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に粕壁宿石島権右衛門。

八 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村石島平兵衛。

九 同郡和戸村(宮代町) 宇宮神社天保六年奉額に石島佐右衛門、嘉永二年奉額に石島直次郎、明治十一年幟碑に石島作右衛門、明治二十二年御嶽碑に石島弥五郎。明治三十年人名録に石島亀吉・嘉永元年生あり。

一〇 同郡加須町 文政七年戸賀崎門人帳に加須町石島仙之助。光明寺文政十二年筆子碑に石島敬重あり。

一一 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に当所石島平吉あり。

一二 同郡行田町 明治七年製糸会社人名録に青縞卸商綿屋石島儀助。明治三十五年に石島文蔵あり。

一三 同郡和田村(行田市) 宝珠院天明五年碑に石島惣太郎あり。

一四 同郡松永新田(大利根町) 八坂社明治二十六年碑に石島平吉・石島チカあり。

一五 同郡柳生村(北川辺町) 風土記稿柳生村条に「旧家者才次郎、石島氏にて当村の名主をつとむ。先祖石島主水助は小山小四郎に仕ふ。天正十年北条家より佐野修理太夫宗綱をして、下野国榎本の城主藤岡山城守を攻るの時、小四郎藤岡に加勢し、後詰の勢を出して、小田原の人数を追崩せり、其時主水助もしたがひて功あり。又伝ふ天正十一年七月十一日小田原勢打向ひし時、小四郎敗北せしかば主水助小四郎に従ひ、郡内大越村へ落ち其後又当村に移り住せりと云。なほ大越村小山氏の条合せみるべし。されどこの伝ふることと後に載せたる事蹟合せず。按に小山氏天正の始は藤岡氏に与みし、後天正の末に至り、却て小田原に与みして藤岡を責し頃、主水助も小山氏に従ひ功ありしかば、後にのせたる天正十八年庚寅の感状を賜はりしものなるべし。其文左の如し。此度榎本之地責破刻忠信神妙候、庚寅五月十一日、石島主水助殿、花押」と見ゆ。この花押を埼玉県史では結城晴朝と註す。

一六 榛沢郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に石島庄蔵。中瀬村会議員石島清一・大正二年生あり。

一七 賀美郡七本木村(上里町) 明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流七本木村石島礼八あり。

一八 雑載 昭和三年興信録・所得税に「安行村(川口市)・石島亀吉・二十六円、利島村(北川辺町)・石島弥五郎・二十九円」あり。

石嶋 イシジマ 各市町村に存す。

石嶌 イシジマ 上福岡に存す。

石須 イシス 越谷、伊奈、浦和に存す。

石隨 イシズイ 大宮、岩槻等に存す。

石角 イシズミ 上里に存す。

石瀬 イシセ 草加、庄和、与野、三芳等に存す。

石関 イシゼキ 群馬県北群馬郡吉岡町三十五戸、子持村十九戸、勢多郡富士見村三十四戸、新里村八戸、佐波郡玉村町二十五戸、太田市五十戸、栃木県足利市三十八戸あり。

一 葛飾郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に石関竹太郎あり。

二 埼玉郡久下村(加須市) 明治三十五年油小間物商石関伊兵衛あり。

三 足立郡草加町 草加神社弘化三年玉垣碑に石関源吾・石関健一あり。

四 同郡吉笹原村(草加市) 長福寺跡文化十二年宝篋印塔に石関新右衛門・石関甚右衛門・石関幸右衛門、安政五年供養塔に石関源五衛門。日枝社文政六年碑に石関清治郎・石関源五郎、嘉永六年碑に石関勘蔵・石関直吉。地蔵堂天保十二年供養塔に石関源蔵・石関岩蔵・石関新左衛門。明治九年副戸長石関新九郎・嘉永四年生あり。

五 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂天明元年観世音に石関浅右衛門、寛政九年湯殿山碑に石関佐平治、天保十二年庚申塔に石関治兵衛。朝日神社明治二十七年御神燈に当所石関八十八あり。

六 同郡浦和町 明治三十五年醤油商石関浜蔵あり。

七 同郡白幡村(浦和市) 睦神社明治三十六年碑に白幡・石関甲子造あり。

八 同郡三室村(浦和市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に山崎・石関弥兵衛・石関利左衛門、万延元年庚申塔に山崎・石関幾右衛門・石関文治郎。明治七年製糸会社人名録に石関利左衛門。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業石関小右衛門。明治九年副戸長石関文次郎・天保八年生。私塾師匠石関利左衛門利吉・号雪皋・明治二十六年没五十五歳あり。

九 幡羅郡妻沼町 明治三十五年酒小売商石関サトあり。

一〇 同郡葛和田村(妻沼町) 神明宮明治十年御神燈に石関兼吉あり。

一一 同郡玉井村(熊谷市) 玉井神社万延二年寄進に石関三郎左衛門あり。

一二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「草加町・石関源吾・百七十七円、石関敬二・十四円・四十三円、石関健一・百八十円、浦和町・石関亀次郎・二十九円・四十二円、三室村(浦和市)・石関秀吉・百十四円、石関弥一・百四十九円・八十四円」。

石添 イシゾエ 所沢に存す。新潟県西蒲原郡岩室村十戸あり。

石曽根 イシゾネ 浦和に存す。群馬県群馬郡榛名町十六戸、長野県南安曇郡三郷村三十四円、新潟県中頚城郡板倉町十一戸、新井市十七戸あり。

石曾根 イシゾネ 越谷、草加、岩槻、上尾、川越、吉見、志木等に存す。

石其 イシゾノ 朝霞に存す。長野県木曽郡大桑村八戸あり。

井下 イシタ 各市町村に存す。群馬県伊勢崎市三十一戸あり。

伊下 イシタ 川口に存す。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「中小姓・十石二人扶持・養父岩之丞・伊下平三郎・四十九歳、父平三郎・伊下勝太郎・二十三歳」あり。

石田 イシダ 石田(いそだ)は、石井、石川と同じく海洋民磯田族なり。越後国の五十嵐氏と同族にて、日本書紀垂仁天皇三十四年条に「天皇、山背苅幡戸辺を娶りて、三男を生む。五十日足彦命、是の子石田君の始祖也」と。古代氏族系譜集成に「垂仁天皇―五十日足彦命―忍健別命―佐太別命(石田君祖、佐渡国雑太郡石田郷住)」と見ゆ。五十嵐条参照。佐渡国の雑太(佐太)郡石田郷(和名抄に以之多と註す)は石田族の居住地にて、山背国(山城)久世郡の石田神社は此氏の氏神なり。また、壹岐国石田郡石田郷(和名抄に伊之太と註す)も此氏の居住地なり。大里郡神社誌に「男衾郡小園村壹岐天手長男神社は、文久年中の文書に、園明王壹岐石田神社と称し、往古壹岐国一の宮より勧請す」とあり。当村に石田氏多く存し、此の一族の氏神なり。石田はイワタとも称し、秩父郡岩田村は承平三年太政官符に秩父郡石田牧と見ゆ。入間郡石田本郷・石田村・谷中村は往古一村なり(川越市)。同郡豊田本村字石田、北浅羽村字石田、和田村字石田、堀口村字石田、上野村字石田組、比企郡笠原村字石田、瀬戸村字石田あり。幡羅郡西別府村延享元年検地帳に字石田あり。〇群馬県勢多郡赤城村九十二戸、北橘村八十戸、富士見村二十七戸、吾妻郡東村十九戸、北群馬郡子持村三十七戸、群馬郡箕郷町二十戸、新田郡笠懸町十八戸、佐波郡赤堀町四十二戸、伊勢崎市百十戸、前橋市三百十戸。〇栃木県那須郡那須町十七戸、西那須野町二十二戸、馬頭町二十二戸、下都賀郡石橋町三十二戸、安蘇郡田沼町二十戸、真岡市六十戸。〇茨城県東茨城郡茨城町二十六戸、大洗町四十五戸、小川町十九戸、那珂郡那珂町二十三戸、東海村二十三戸、行方郡潮来町二十九戸、玉造町三十三戸、鹿島郡波崎町四十八戸、鉾田町三十四戸、旭村三十五戸、新治郡八郷町二十一戸。〇千葉県海上郡飯岡町二十八戸、山武郡芝山町二十一戸、大網白里町四十八戸、九十九里町五十四戸、成東町三十三戸、印旛郡富里町二十戸、白井町三十戸、匝瑳郡野栄町六十戸、香取郡山田町二十七戸、夷隅郡岬町十七戸。〇神奈川県足柄上郡山北町六十七戸、大井町二十九戸、秦野市二百戸、平塚市百五十戸。〇山梨県東八代郡境川村十七戸。〇長野県上水内郡信濃町二十六戸、東筑摩郡明科町三十八戸、南安曇郡豊科町二十八戸、下伊那郡阿南町十八戸。〇新潟県岩船郡朝日村二十五戸、神林村中屋五十五戸、北蒲原郡聖籠町二十八戸、西蒲原郡西川町三十戸、巻町九十五戸、中魚沼郡津南町二十七戸、南魚沼郡六日町四十五戸、大和町六十戸、東頚城郡安塚村二十二戸、浦川原村四十六戸、西頚城郡青海町十九戸。尚、石田族は五十嵐氏を名乗る。〇福島県相馬郡新地町二十六戸、双葉郡浪江町二十二戸、双葉町十七戸、大沼郡会津高田町二十八戸、会津本郷町二十戸、河沼郡会津坂下町三十戸、耶麻郡猪苗代町二十戸、伊達郡保原町十九戸。〇宮城県玉造郡岩出山町十六戸、本吉郡志津川町十七戸。〇岩手県東磐井郡藤沢町二十一戸。〇青森県三戸郡五戸町二十六戸、上北郡七戸町五十九戸、下北郡東通村三十二戸、中津軽郡岩木町三十七戸、南津軽郡尾上町二十戸、東津軽郡蟹田町三十五戸、西津軽郡鰺ヶ沢町二十二戸、木造町五十九戸。〇山形県東置賜郡高畠町二十一戸。〇秋田県平鹿郡増田町八十七戸、仙北郡仙南村二十四戸、山本郡藤里町五十七戸、大館市三百八十戸。〇島根県隠岐郡西郷町三十七戸、(出雲国)簸川郡大社町三十二戸、八束郡東出雲町二十八戸、大原郡木次町五十八戸、松江市百戸、(石見国)邇摩郡温泉津町二十戸、那賀郡金城町二十戸、三隅町十四戸、邑智郡邑智町二十戸、益田市百戸、大田市百戸。〇鳥取県(伯耆国)西伯郡西伯町十六戸、東伯郡東郷町十三戸、日野郡日野町三十四戸、倉吉市九十戸、米子市百戸、(因幡国)気高郡気高町三十六戸あり。

一 鉢形城士の石田氏 鉢形分限帳に「本国備後芦田・小森住・石田民部」あり。

二 松山城士の石田氏 三、四項参照。

三 難波田氏族石田氏 松山城主難波田氏の本名は石田氏か。四十項参照。

四 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百五十石・石田佐平次、百五十石・石田弥右衛門、百石・松山衆石田孫右衛門」あり。佐平次と弥右衛門は吉田氏と同じく鉢形城士か。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十二俵二人扶持・石田市蔵」あり。

六 川越藩松平大和守家臣 慶応元年地方役人帳に「御火方・石田新右衛門、御宗旨方・石田岩平」。同年前橋藩松山陣屋付に「十二石三人扶持・石田永淑」あり。

七 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・九十石・亡養父孫左衛門・石田伝兵衛・六十歳、御馬廻惣領・父伝兵衛・石田虎之助・十八歳、御馬廻・八十四石・亡父栄蔵・石田相之助・十二歳、御中小姓・十石三人扶持・亡養父滝五郎・石田雪兵衛、御徒銃隊・七石二人扶持・亡父七右衛門・石田惣吉・二十五歳」あり。

八 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「金一枚三人扶持・石田与二兵衛」あり。

九 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御目付・百石・石田武兵衛、御徒目付・一両三人扶持・石田清右衛門」。慶応元年に「六十六石余・石田源八郎・桑名取立」あり。

一〇 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「百五十石・石田市右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・石田市右衛門、三十俵・石田与市」あり。

一一 葛飾郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に石田太郎左衛門あり。

一二 同郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に石田右衛門あり。

一三 同郡中野村(庄和町) 香取社文化三年庚申塔に石田勇蔵、文久三年大杉明神碑に石田初太郎、明治二十五年雷電碑に石田要造・石田彦蔵あり。

一四 同郡栗橋町 明治三十五年傘職石田茂吉あり。

一五 埼玉郡大瀬村(八潮市) 大瀬村祭礼年番帳に「明治六年・下組石田又五郎、明治九年・根郷組石田留五郎、明治十二年・下組石田仙太郎、明治十六年・石田安五郎、明治二十一年・下組石田与四郎」。浮塚村氷川社明治三十七年絵馬に大瀬村石田金三郎あり。

一六 同郡大間野村(越谷市) 三社大神社安永四年水鉢に石田宮左衛門あり。

一七 同郡川崎村(越谷市) 川崎神社文政十年水鉢に石田与平治、弘化二年供養塔に石田与吉・石田久蔵あり。

一八 同郡神明下村(越谷市) 鈎上村神明社元治元年碑に神明・石田平右衛門あり。

一九 同郡岩槻町 明治三十年所得税下調査簿に石田佐兵衛・反別十町・地租九十二円。明治三十五年営業便覧に石田徳之助・石田治郎兵衛・石田仲太郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年乾物商石田佐兵衛・嘉永三年生・国税五百六十一円・県下百五十位あり。

二〇 同郡鈎上村(岩槻市) 越巻村薬師堂元治元年筆子碑にカキアケ・石田源治郎あり。

二一 同郡鈎上新田(岩槻市) 保寿院文化六年庚申塔に石田良右衛門・石田要右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に鈎上新田・石田良右衛門。明治三十年所得税下調査簿に石田芳太郎・天保十年生・反別十町四反歩・地租百三十六円。同年人名録に石田藤太郎・嘉永二年生・地租四十円あり。

二二 同郡鹿室村(岩槻市) 宝国寺正徳二年供養塔に鹿室村石田源兵衛。当村文政十二年浅間碑に石田十太郎・石田寅松。不動堂安政二年不動明王に石田庄次郎・石田松五郎・石田寅蔵・石田新蔵、万延元年庚申塔に石田平次郎・石田富五郎・石田初五郎あり。

二三 同郡久喜町 明治三十五年飲食店石田惣吉あり。

二四 同郡南大桑村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に南大桑村石田源左衛門あり。

二五 同郡花崎村(加須市) 鷲宮社天保四年水鉢に石田源左衛門・石田忠蔵・石田文太郎・石田次兵衛。法泉寺明治二十年文書に石田忠左衛門・石田栄吉あり。

二六 同郡簑沢村(羽生市) 正光寺文政十年筆子碑に石田角右衛門・石田寅治郎あり。

二七 同郡荒木村(行田市) 天満宮文政三年塞神碑に石田勇助あり。

二八 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社安政七年仙元碑に石田豊次郎あり。

二九 足立郡草加町 市神祠官筆学門人控に明治五年・六丁目わらびや倅石田安治郎あり。

三〇 同郡新里村(草加市) 泉蔵院墓碑に寛文三年・石田伝兵衛、享保四年・石田世之助あり。

三一 同郡川口宿 善光寺文政十年普門品に石田権平。明治三十五年荷車製造業石田千代太郎・臼製造業石田熊次郎。川口神社明治三十九年碑に石田音八あり。

三二 同郡青木村(川口市) 県会議員石田彦吉・明治三十二年生あり。

三三 同郡安行領根岸村(川口市) 里村法福寺明治三十一年碑に根岸・石田又七・石田政五郎・石田幸三郎・石田藤助あり。

三四 同郡鳩ヶ谷町 里村法福寺明治三十一年碑に鳩ヶ谷町石田奥次郎。明治三十五年営業便覧に煙草商辻屋石田彦一郎・酒商辻屋石田春吉・荒物商石川屋石田敬助・荒物商石田彦次郎・魚商石田米吉・酒商石田静作。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年石田信之助・明治二十二年生・国税三千六百七十九円・県下二十四位あり。

三五 同郡浦寺村(鳩ヶ谷市) 木曽呂村朝日神社明治三十五年鳥居碑に浦寺・石田万吉あり。

三六 同郡里村(鳩ヶ谷市) 当村草分けにて、真光寺矢作家墓碑に「弘安四年巳正月二十八日、里村は上野・牛込・高野・矢作・石田・長島・森・井上の八氏十三軒あり」と見ゆ。享保十三年以前の里村絵図に石田姓二軒あり。明治九年副戸長石田徳蔵・嘉永五年生。明治十年里村に石田惣五郎・石田半次郎・石田市五郎・石田幸三郎・石田政五郎・石田徳蔵。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流石田徳三。法福寺明治三十一年碑に石田芋作・石田平右衛門・石田滝蔵・石田浜吉。県会議員弁護士石田政蔵・明治十六年生・里村出身・浦和町住あり。

三七 同郡平柳領辻村(鳩ヶ谷市) 常住寺過去帳に「一心院法讃日妙・石田久左衛門・享保三年八月九日、高受院日達聖人・当山十二代・当村石田利右衛門弟・天保六年十二月四日」と。白川家門人帳に「文政十三年・足立郡辻村番匠政五郎事・石田下総源茂良。安政四年・足立郡辻村番匠石田辰蔵源茂広」と。寛政九年辻村名主石田四郎左衛門。明治九年戸長石田久左衛門・文政元年生。明治十年一等兵卒帰村御祝儀控帳に寄附者・石田丹蔵・石田和三郎・石田善太郎・石田孫右衛門・石田久左衛門・石田滝三郎・石田幸次郎・石田角次郎・石田利吉・石田鉄五郎あり。

三八 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に石田武羅七・石田幸三郎・石田彦一郎・石田金二郎。明治三十五年米穀商石田伊三郎あり。

三九 同郡沼影村(浦和市) 内谷村氷川社明治十八年碑に沼影村石田又兵衛あり。

四〇 同郡下木崎村(浦和市) 地蔵堂石田家墓碑に「至徳院仁誉要道安恭居士・先祖石田弾正豊房・天文十八年八月八日没。発光院忠誉儀徹大道居士・二世石田佐源太・永禄十二年八月二十日没。我祖石田弾正豊房と云へるは、其先上杉修理太夫朝興に仕へし難波田弾正と云し人の弟也、享禄の比なり老母を連まいらせ武蔵国高鼻の里に身を隠し、是より豊房母方の姓を続き、石田豊房となのり、此里に母を伴ひ自ら耕して孝養に備へ、年八十にして終ぬ。文政十一年下木崎村十代孫石田彦兵衛清継再建立」と銘あり。石田豊房は、日蓮宗信徒の難波田弾正(本名野崎氏)と兄弟分の間柄で、名跡難波田氏を名乗り、後に本名石田氏に復姓して帰農するか。難波田条参照。浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に下木崎村石田彦兵衛。秋葉社文政七年水鉢に当村石田多郎兵衛。上木崎村足立神社嘉永二年幟碑に下木崎村・石田菊蔵・石田彦兵衛・石田繁次郎・石田彦七・石田長蔵、明治四十四年碑に下木崎・石田道三郎・石田彦太郎・石田雷五郎。明治七年製糸会社人名録に下木崎村石田彦之丞。明治九年戸長石田彦兵衛・天保四年生。私塾師匠石田長蔵・明治四十一年没八十三歳。川越氷川社明治三十三年玉垣碑に足立郡木崎村石田道三郎あり。

四一 同郡蕨宿 山崎家元禄八年庚申塔に石田市郎左門。三学院明治十五年水鉢に石田兼吉あり。

四二 同郡美女木村(戸田市) 八幡社慶応三年碑に石田民蔵、明治三十二年石段碑に石田治兵衛・石田仁右衛門あり。

四三 同郡新曽村(戸田市) 妙顕寺寛政二年碑に石田杢左衛門。下青木村氷川社万延元年寄進碑に新曽村石田庄蔵。明治九年副戸長石田杢左衛門・天保五年生あり。

四四 同郡大宮町 明治三十五年雑穀商石田金蔵あり。

四五 同郡南部領中野村(大宮市) 蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に南中野・石田幸太郎あり。

四六 同郡上加村(大宮市) 日進駅北元禄十六年庚申塔に石田藤右門あり。

四七 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年棒屋石田彦太郎あり。

四八 同郡鴻巣町 明治三十五年に町長石田正・鍛冶屋石田才吉あり。

四九 同郡箕田村(鴻巣市) 観音堂文化元年聖徳太子碑に箕田村石田藤蔵。氷川八幡社明治十三年幟碑に石田半三郎・石田才吉、明治四十五年碑に追分講中・石田市郎兵衛あり。

五〇 新座郡白子村(和光市) 明治三十一年演劇寄附に白子市場・石田与三郎あり。

五一 同郡下新倉村(和光市) 金泉寺文化二年地蔵尊に本邑石田市十郎。字浅久保文化十五年馬頭尊に浅久保中・石田常五郎。吹上観音弘化五年庚申塔に当村石田伊兵衛、嘉永元年庚申塔に本村石田綱五郎・当本村石田仙太郎・本村石田角右衛門、嘉永二年庚申塔に石田米五郎。当村嘉永元年富士講碑に石田五三郎・石田仙次郎・石田清兵衛・石田常五郎。妙典寺嘉永五年供養塔に当村石工石田栄蔵。富士嶽社明治八年鳥居碑に石田銀太郎・石田兼蔵(小間物商)・石田市十郎・石田米五郎・石田常三郎・石田八五郎(玉子商)・石田勝五郎・石田仙治郎・石田五三郎。明治二十五年青年会に石田治兵衛・石田孫次郎・石田幸蔵・石田甚平・石田鉄蔵・石田源蔵あり。

五二 入間郡久米村(所沢市) 水天宮明治四十一年碑に久米金山・石田辰五郎あり。

五三 同郡北中村(所沢市) 北野新田吉祥院明和六年廻国塔に武蔵野新田・石田仁右衛門。明治十年荷車稼人北中村石田庄左衛門。北野村天神社明治四十年碑に富岡村北中・石田徳次郎あり。

五四 同郡町谷村(所沢市) 海蔵寺享和元年百番供養塔に町谷邑石田太郎左衛門あり。

五五 同郡入間川村(狭山市) 嘉永四年縞座之儀油単衆石田平右衛門。明治九年副戸長石田佐一郎・嘉永二年生。明治二十五入間川町地租額調に石田宗七・石田金吾・石田喜三郎・石田権吉・石田文吉。八幡社明治二十三年碑に入間川町石田文蔵、明治四十二年碑に入間川町石田直次郎・石田金時。明治三十五年玩弄商石田亀吉・飲食店石田かつ・料理養生亭石田ちよ・芸妓屋石田文造あり。

五六 同郡上藤沢村(入間市) 当村宝暦二年供養塔に石田勘右衛門・石田七兵衛・石田兵右衛門・石田藤右衛門・石田金兵衛。石田家墓地安永八年供養塔に石田平六・石田長治郎方矩。明治三年上藤沢村組頭石田伊左衛門、明治五年准副戸長石田平吉。明治九年副戸長石田平録・弘化三年生。藤沢村会議員石田平太・文久元年生。神明社明治三十九年碑に上藤沢・石田宇平・石田蔵造。明治四十四年織物製造業石田米蔵あり。

五七 同郡下藤沢村(入間市) 当村沢田文書に延宝八年・当郷地頭柴田三左衛門の庄屋石田長兵衛。明治四十四年織物製造業石田和助あり。

五八 同郡川越町 行伝寺過去帳に「妙応・石田彦兵衛内・亥年十月」あり、江戸初期なり。万延元年水村文書に川越小銭相場取建願書大世話役石田忠兵衛。氷川社明治十七年碑に石田忠兵衛。御嶽社明治三十年碑に石田惣七。明治三十五年紙石灰類商間坂屋石田忠兵衛・織物仲買石田惣七あり。

五九 同郡今福村(川越市) 青柳村氷川社明治二十九年碑に今福・石田長吉あり。

六〇 同郡中福村(川越市) 貞享四年中福村生国並宗門改帳に「平左衛門(現子孫石田定弘)・生国武州越生領黒山村・寛文八年中福村百姓に罷成候・旦那寺大袋新田福正寺。九郎右衛門(現子孫石田辰一?)・生国黒山村・延宝元年中福村百姓に罷成候・旦那寺福正寺」と見ゆ。堀兼神社文政四年御神燈に中福村石田利右衛門あり。黒山村に石田氏は現存無し、隣村の大満村に多く存す、此地の出身か。

六一 同郡坂戸村 清水町石渡戸墓地寛政五年供養塔に石田儀兵衛・石田吉右衛門・石田平八・石田新五郎・石田源蔵、文化三年巡拝塔に坂戸村石田新五郎・石田源蔵。明治四十三年に植木職石田為三郎・古物商石田綱吉・同石田伊之助、坂戸神社総代石田要蔵・石田繁蔵・石田宗平あり。

六二 同郡新ヶ谷村(坂戸市) 尾鑿山代参講中に文久二年・入間郡新ヶ谷村・和田村・石田善五郎あり。

六三 同郡金田村(坂戸市) 石坂村休山寺明治二十八年碑に金田・石田春吉あり。

六四 同郡越生町 明治三十五年建具職石田寛太郎あり。

六五 同郡上野村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に上野村石田政五郎。森村文書に文久三年大宮聖天宮棟札・当所大工石田馬吉あり。

六六 同郡大満村(越生町) 大満寺弘化二年伏鉦銘に大満邑石田民蔵母。明治九年副戸長石田嘉蔵・弘化元年生。明治三十九年梅園信用組合発起人大満・石田磯吉あり。

六七 高麗郡笹井村(狭山市) 白鬚社明治四十二年御神燈に水富村石田市太郎。水富神社明治四十三年碑に笹井・石田磯吉あり。

六八 同郡野田村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、野田村石田伊兵衛」あり。

六九 比企郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「天正二十年より石田治郎兵衛」と見え、小沢文書に「寛文七年、若年寄石田治郎左衛門」と見ゆ。

七〇 同郡松山町 風土記稿松山町条に「観音寺、本山修験なり。中興開山慶繁・寛永十五年正月二十六日寂せり。慶繁は三河国の産にて、父を石田又七郎と云・東照宮に仕へ奉り元亀元年六月姉川の役に討死せしが、慶繁・縁有りにつきて当所に来りて出家せしが、慶長十六年十一月十六日東照宮此辺御放鷹の序に当寺に入せ玉ひし時、拝謁し奉り、己が由緒を言上せしに今日より還俗して再び仕へ奉るべき由仰ありしを、ひたすら辞し奉りし故、さらばとて除地若干を賜われりといへり」と見ゆ。松山町文久二年馬頭尊に石田宇之吉あり。

七一 同郡唐子村(東松山市) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に唐子村大字上サ・石田辰五郎あり。

七二 同郡山ヶ谷戸村(川島町) 報恩寺寛文七年地蔵尊に三保谷山ヶ谷戸村石田平左衛門あり。

七三 同郡出丸下郷(川島町) 岩室観音堂寛政十二年頃に出丸村下郷邑石田五郎左衛門。明治五年出丸下江旧組頭石田源次郎あり。

七四 同郡広野村(嵐山町) 八宮社明治四十年碑に石田留五郎あり。

七五 男衾郡小園村(寄居町) 冒頭参照。石田薫家先祖に「石田大膳・天正十六年二月二十二日没」あり、代々重兵衛を襲名す。当村年不詳庚申塔に小園村石田善兵衛。元治元年仙元碑に石田泰照。明治九年戸長石田雄太郎・天保九年生、副戸長石田福松・嘉永五年生。明治十年石田登家文書に石田紋蔵・石田茂重郎・石田政五郎・石田重五郎・石田平五郎・石田勝次郎・石田富五郎・石田長五郎・石田竹治郎・石田G太郎・石田東助。同年村議石田泰助。用土村明治十三年仙元碑に小園村・石田珍行伝山・石田口行治山・石田満行・石田長衛・石田雄太郎・石田平四郎・石田嘉市・石田荘十郎・石田福松・石田小太郎・石田文三郎・石田荘太郎・石田武八あり。

七六 同郡保田原村(寄居町) 名主石田長兵衛あり、代々襲名す。

七七 大里郡熊谷町 明治十三年縫箔職石田清蔵。明治三十五年飲食店石田タカあり。

七八 同郡大麻生村(熊谷市) 大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村石田熊太郎あり。

七九 榛沢郡深谷町 明治三十五年荒物商石田啓三あり。

八〇 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村・石田今十郎・石田新七郎あり。

八一 賀美郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附に「前原・石田吉左衛門・石田十助・石田三右衛門・組頭石田伝右衛門」あり。

八二 児玉郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に石田長次郎・石田馬五郎、同年水鉢に仲町鳶山石田伝三郎あり。

八三 秩父郡高山村(飯能市) 常楽院文書に「文政十三年御本堂焼失、御師宅石田兵庫・山内役人石田兵部」と見ゆ。

八四 同郡坂石町分(飯能市) 明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人石田重次郎・百株所有あり。

八五 同郡風布村(寄居町) 姫宮神社天保十年御神燈に石田仙太郎。明治九年岩松文書に石田造酒之助・石田伝次郎あり。

八六 同郡本野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に本野上・石田久次郎(酒穀商吉田屋)あり。

八七 同郡大宮町(秩父市) 明治三年に石田中兵衛・田畑一町歩所有あり。

八八 同郡小鹿野町 明治二十年に春日一丁目石田長吉あり。

八九 同郡飯田村(小鹿野町) 八幡社慶応元年御神燈に中飯田・石田銀次郎あり。

九〇 同郡三山村(小鹿野町) 明治九年副戸長石田権六・文政八年生あり。

九一 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に石田安五郎あり。

九二 同郡小森村(両神村) 白川家門人帳に文化九年・小森村牛頭天王社神主石田上野。諏訪社文政十三年御神燈に石田周蔵あり。一項参照。

九三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・石田政蔵・三十円、石田道太郎・七十三円・十九円、木崎村(浦和市)・石田長雄・三十六円・十六円、石田徳治・三十二円・十四円、戸田村・石田芳太郎・三十七円、青木村(川口市)・石田滝蔵・二十一円・十円、石田政蔵・九円・三十三円、鳩ヶ谷町・石田信之助・三千三百九十八円・五百七円、石田浜吉・二百七十二円・七十円、石田増之助・五十八円、石田孝三郎・四十九円、大宮町・石田彦蔵・十三円・二十八円、片柳村(大宮市)・石田彦十郎・二百四十九円、与野町・石田竹太郎・十七円、鴻巣町・石田市郎兵衛・十三円・十一円、所沢町・石田房雄・二十六円、藤沢村(入間市)・石田末蔵・二十一円・二十七円、入間川町(狭山市)・石田ちよ・十八円・四十四円、石田要助・九円・三十三円、石田まき・十三円・二十五円、勝呂村(坂戸市)・石田清重・十一円、吾野村(飯能市)・石田重次郎・九十六円、岩槻町・石田佐兵衛・五百六十五円・八十六円、日勝村(白岡町)・石田福太郎・十四円、手子林村(羽生市)・石田源七郎・十八円」あり。

石代 イシダイ 与野に存す。

石平 イシダイラ 川口、戸田、和光、所沢、狭山、松伏、杉戸、熊谷等に存す。新潟県上越市三十六戸あり。

石高 イシタカ 川口、新座、和光、庄和、春日部、上尾等に存す。新潟県西蒲原郡巻町十戸、南蒲原郡中之島町十一戸あり。

石滝 イシタキ 狭山に存す。

石田口 イシダグチ 松山城士にて、後に会津藩上杉氏家臣となる。慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百石・松山衆石田口正九郎」あり。

石建 イシダテ 志木に存す。

石館 イシダテ 春日部、深谷、熊谷等に存す。岩手県下閉伊郡新里村八戸あり。

石谷 イシタニ 鳥取県岩美郡国府町七戸、岩美町十五戸、八頭郡智頭町十七戸、米子市二十一戸あり。イシヤ参照。

一 比企郡の石谷氏 下八ツ林村道祖土文書に「永禄五年、太田資正は、八林之内・深谷民部分の地を道祖土図書助に安堵す」と見え、「天正十六年、太田氏房は、道祖土図書、石谷民部ら二十二人に小田原番所への出役を命ず」と見ゆ。埼玉県史は右谷民部と記す。当村の深谷氏が正しい。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩分限帳に「百五十石・石谷瀬兵衛」あり。

石地 イシチ 富士見、川越、与野、川口、浦和、和光、朝霞等に存す。

石津 イシヅ 茨城県鹿島郡神栖町八十二戸、大津村三十五戸、行方郡潮来町四十七戸、鹿島市百二十戸、千葉県銚子市三十二戸、島根県浜田市十三戸あり。川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に「六両余二人扶持・石津平三郎」あり。

井実 イジツ 大井、桶川等に存す。

石束 イシヅカ 岩槻、幸手、毛呂山等に存す。

石墳 イシヅカ 杉戸、庄和、春日部等に存す。

石塚 イシヅカ 幡羅郡石塚村(深谷市)は、岩松持国知行分注文に新田庄内石塚村と見ゆ。入間郡堀之内村字石塚、二本木村字石塚、小室村字石塚、厚川村字石塚、男衾郡勝呂村字石塚あり。〇栃木県塩谷郡塩谷町二十五戸、氏家町三十三戸、高根沢町二十八戸、下都賀郡岩舟町五十戸、大平町二十五戸、藤岡町八十四戸、壬生町二十六戸、野木町二十戸。〇茨城県西茨城郡岩瀬町四十戸、東茨城郡美野里町三十二戸、新治郡千代田町七十九戸、霞ヶ浦町二十四戸、稲敷郡阿見町四十九戸、茎崎町二十五戸、結城郡八千代町三十七戸、石下町六十戸、筑波郡伊奈町二十七戸、北相馬郡守谷町六十四戸、猿島郡境町五十戸、猿島町二十六戸、三和町二十五戸、水海道市三百八十戸、岩井市二百九十戸。〇千葉県東葛飾郡関宿町八十三戸。〇神奈川県小田原市三百五十戸。〇新潟県北蒲原郡水原町二十八戸、笹神村五十三戸、西蒲原郡巻町二十四戸、刈羽郡高柳町四十七戸、佐渡郡相川町三十六戸、小木町四十戸、金井町二十四戸、佐和田町二十七戸、赤泊村三十二戸。〇山形県鶴岡市百五十戸、秋田県平鹿郡雄物川町二十一戸、河辺郡河辺町百五十戸あり。

一 横瀬党石塚氏 幡羅郡石塚村より起る。榛沢郡横瀬村福応寺由緒書に「元弘三癸酉五月東征伐之論旨給はり御一同不残御加勢に付桃井直常公、横瀬党富田・須長・荻野・古氷・三供、右六騎並中瀬・高島・新戒・古市・大塚、此党者桃井公之旗下也」と見ゆ。後裔は横瀬氏に従う。享徳頃の新田領菱島在家目録に「一間・横瀬五郎衛門、二間・沼尻和泉殿、一間・石塚四郎衛門」と見ゆ。

二 斎藤実盛家臣の石塚氏 幡羅郡石塚村より起る。実盛の臣石塚左内は十八人衆といわれる開拓者の子孫なりと云う。斎藤条参照。

三 関東郡代伊奈氏家臣 寛政三年杉浦文書に「目付役・六人扶持格・上屋敷住・石塚八郎太夫」あり。

四 葛飾郡関新田(吉川市) 浄慶寺跡明和四年庚申塔に石塚善右衛門、天明五年庚申塔に石塚磯五郎・石塚治右衛門・石塚清次郎、寛政十二年庚申塔に石塚喜助・石塚伊助、文化八年庚申塔に石塚栄治郎・石塚万五郎、嘉永三年庚申塔に石塚嘉衛門・石塚万蔵。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に関新田・石塚治右衛門・石塚市蔵・石塚武左衛門あり。

五 同郡松伏村 宝珠寺文政四年碑に石塚源内あり。

六 同郡上金崎村(庄和町) 香取社天保六年御神燈に上金崎村石塚留次郎あり。

七 同郡椚村(庄和町) 富多小学校入口天保五年庚申塔に椚村石塚幸次郎あり。

八 同郡赤沼村(春日部市) 赤沼神社天保十三年浅間碑に石塚小左衛門・石塚五郎左衛門あり。

九 同郡杉戸宿 須賀村身代神社嘉永五年御神燈に杉戸・石塚元吉、嘉永七年御神燈に杉戸宿石工石塚充吉。清地村近津神社元治元年狛犬に杉戸宿石工石塚元吉・同男又吉。川島村久伊豆社明治二十年御神燈に杉戸宿石工石塚友次郎。河原町稲荷社明治三十九年幟碑に石塚祐助(石屋)あり。

一〇 同郡宮前村(杉戸町) 旧家にて、石塚重左衛門(寛文三年没)―佐右衛門(享保十三年没)―佐右衛門(延享五年没)―重左衛門(寛政四年没)―佐五右衛門(天明三年没)―唯七(天保六年没)―佐七(文久三年没)―七蔵(文久三年没)―佐七(明治四十四年没)あり。豊郷神社寛政五年天神碑に石塚又口。鷲巣村正明寺寛政六年碑に宮前村石塚只七。明治二十年規約に石塚佐七・石塚勝五郎あり。

一一 同郡目沼村(杉戸町) 明治二十年規約に石塚熊七あり。

一二 同郡才羽村(杉戸町) 字在来文化二年普門品に石塚小平、安政四年供養塔に石塚長十郎。八幡社明治末期御嶽碑に才羽村石塚友五郎あり。

一三 同郡下高野村(杉戸町) 厳島社文政五年庚申塔に下高野村内小谷堀株・石塚八郎兵衛あり。

一四 同郡広戸沼村(杉戸町) 観音堂嘉永四年地蔵尊に石塚弥右衛門、慶応二年碑に石塚亦兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流広戸沼村石塚正英。明治三十年人名録に柳剛流指南門弟四百人余・石塚篤太郎・安政四年生・地租九十円あり。

一五 同郡幸手町 明治三十五年足袋商石塚定吉・果物商石塚佐平・回漕業石塚次郎平・生繭商石塚兼吉・綿商石塚キチあり。

一六 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社宝暦五年俳諧奉納に石塚新平・石塚兵右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に権現堂村石塚兵右衛門。字新田墓地文化九年庚申塔に新田・石塚善三郎。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に権現堂村石塚次郎兵衛。戸島村小川文書・神道無念流入門帳に文久元年権現堂村石塚只之輔。大日神社元治二年水鉢に石塚鉄五郎、明治三十八年碑に当所・石塚三五郎・石塚茂太郎。明治四年田口文書に権現堂村名主石塚政右衛門。明治七年船積問屋石塚次郎兵衛・但し慶長三年三月創立。明治九年副戸長石塚安平・嘉永元年生。明治十二年に石塚次郎平・石塚伝次郎・石塚伊八・石塚礒吉・石塚常次郎・石塚藤次郎・議長石塚政治。明治三十年人名録に回漕店肥料商石塚次郎平・嘉永五年生・地租十七円。白山社明治三十三年鳥居碑に本村・石塚祥。熊野社明治三十四年碑に当所・石塚瀧蔵・石塚五平・石塚紋次郎あり。

一七 同郡上吉羽村(幸手市) 百間村青林寺寛政十年文書に上吉羽村石塚儀助。明治四年名主石塚喜衛。明治九年副戸長石塚利重・文政五年生、副戸長石塚勘十郎・天保八年生、副戸長石塚喜衛・文政十二年生。明治二十年被選挙権者石塚清十郎・安政元年生、石塚勘十郎、選挙権者石塚市蔵・天保十三年生、石塚作次郎・万延元年生。権現堂村白山社明治三十三年鳥居碑に上吉羽・石塚勘左衛門・石塚岩十郎。明治二十年大地主名簿に石塚清十郎・地租百七十二円、石塚勘十郎・地租百四十一円。明治三十年人名録に権現堂川村長石塚清十郎・地租二百七十八円。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業石塚清十郎・国税八百四十九円・県下八十六位、大正十四年国税八百九十三円・県下二百二十位あり。

一八 同郡下吉羽村(幸手市) 香取社安政六年水鉢に下吉羽村石塚新太郎倅新平・新平末子次郎口茂、元治二年鳥居碑に下吉羽村内子中七軒・石塚新平・石塚大五郎、明治二十年碑に石塚兵左衛門・石塚林蔵・石塚宇内、明治三十九年碑に石塚鍋吉・石塚嘉吉。明治六年保長石塚源左衛門、伍長石塚浅右衛門。明治二十年選挙権者石塚林蔵・天保十四年生あり。

一九 同郡上宇和田村(幸手市) 金剛寺享保六年庚申塔に石塚彦市、延享元年庚申塔に石塚喜左衛門、天明七年庚申塔に上宇和田村石塚六右衛門、文政三年庚申塔に石塚伊助。明治二十年被選挙権者石塚伊三郎・弘化元年生あり。

二〇 同郡下宇和田村(幸手市) 神明社明治二十九年碑に石塚武助あり。

二一 同郡平野村(幸手市) 香取社安永三年御神燈に石塚八左衛門、明治九年浅間碑に石塚政吉あり。

二二 同郡木立村(幸手市) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に木立村石塚佐忠治(文政九年生、被選挙権者)あり。

二三 同郡高須賀村(幸手市) 常福寺弘化二年観音碑に石塚久蔵あり。

二四 同郡槙野地村(幸手市) 蓮花院文政四年筆子碑に石塚卯八。明治二十年規約に石塚又五郎あり。

二五 同郡惣新田村(幸手市) 字南杉山香取社享保十六年庚申塔に南杉山・石塚長兵衛。字菅島稲荷社延享元年庚申塔に石塚武兵衛・石塚勇次郎・石塚弥次右衛門、宝暦十二年庚申塔に菅島・石塚六兵衛・石塚磯右衛門、寛政二年庚申塔に菅島組・石塚仙蔵・石塚茂七。字一ツ谷能満寺文政十二年庚申塔に石塚文平・石塚藤兵衛あり。

二六 同郡広島村(栗橋町) 天満宮明治二十八年伊勢講碑に石塚理八・石塚清蔵あり。

二七 同郡佐間村(栗橋町) 大日堂文化十四年十九夜塔に石塚伝右衛門あり。

二八 埼玉郡越ヶ谷宿 久伊豆社明治三十二年榛名碑に石塚甚松。明治三十五年茶商石塚豊造・青物商石塚春吉あり。

二九 同郡西方村(越谷市) 家伝に藤塚組名主石塚氏先祖は常州石塚村の人で、代々佐竹氏に仕へ天正年間当所に土着すと云う。常陸国那珂郡石塚村(東茨城郡常北町石塚)より起る、佐竹義篤の子宗義・石塚次郎を称し、家紋五本骨月扇を用いる。但し、是は在名にて苗字にあらず。西方村に石塚氏多く存し、当地方の古代以来土着者であろう。明治九年副戸長石塚嘉久太郎・嘉永二年生、副戸長石塚喜右衛門・文政八年生。明治三十年所得税下調査簿に石塚与喜蔵・安政五年生・反別十町四反歩・地租百四十四円あり。

三〇 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪に「下組百姓さがみ屋利七は、祖父石塚勘左衛門・明和中に西方村より来、文化中・地所持」と見ゆ。明治三十五年小間物商石塚惣兵衛あり。

三一 同郡千疋村(越谷市) 伊南理神社明治三十九年狛犬に石塚長八あり。

三二 同郡粕壁町 明治三十五年弁護士石塚積次郎あり。

三三 同郡西谷原村(春日部市) 香取社文化八年庚申塔に西谷原村石塚三左衛門・石塚茂市あり。

三四 同郡東谷原村(春日部市) 谷原新田神明社弘化三年天神碑に東谷原村石塚政吉・石塚勝蔵あり。

三五 同郡増富村(春日部市) 香取社寛政九年天満宮碑に石塚長太郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に増富村石塚勇次郎。増長村観秀院安政二年供養塔に増富村石塚熊蔵・石塚孫左衛門・石塚專次郎・石塚久右衛門。小溝村長命寺慶応二年供養塔に増富村石塚熊之助。明治二十一年皇国武術英名録に真心影流増富村石塚道教。香取社明治二十九年碑に石塚虎之助・石塚内蔵之進・石塚六左衛門・石塚助三郎・石塚惣助・石塚弥八。明治三十年人名録に石塚友次郎・嘉永四年生・地租四十五円、荒物商石塚内蔵之進・文久二年生・地租三十五円あり。

三六 同郡上蛭田村(春日部市) 稲荷社天保三年天神碑に石塚安吉、嘉永四年水鉢に石塚安右衛門・石塚周蔵、安政二年敷石碑に石塚喜右衛門、安政六年敷石碑に石塚茂吉。慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に上蛭田村石塚安吉。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に上蛭田・石塚茂左衛門あり。

三七 同郡中曽根村(春日部市) 香取社天保二年御神燈に石塚平次郎。神明社明治十一年碑に石塚定治郎。明治三十年人名録に石塚文蔵・嘉永六年生・地租二十五円、石塚久之助・弘化元年生・地租二十二円あり。

三八 同郡一ノ割村(春日部市) 円福寺享保四年庚申塔に石塚半右衛門、明和四年庚申塔に石塚吉之助、安永七年庚申塔に石塚伊兵衛あり。

三九 同郡須賀村(宮代町) 身代神社元治元年幟碑に上株・石塚宗源治あり。

四〇 同郡野田村(白岡町) 彦兵衛新田村最勝寺享和元年庚申塔に野田村石塚初太郎あり。

四一 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 諏訪社天保六年供養塔に石塚安蔵・石塚久七・石塚文七・石塚三郎兵衛、天保十四年御神燈に石塚安左衛門・石塚弥七あり。

四二 同郡久喜町 光明寺明治三年筆子碑に久喜本町石塚留五郎。明治三十五年人力車業石塚留五郎あり。

四三 同郡樋口村(久喜市) 明治四年議定書に石塚まち・石塚庄吉・石塚吉右衛門・石塚巳之助・名主石塚弥五郎。明治九年副戸長石塚弥五郎・天保七年生あり。

四四 同郡岩槻町 明治三十五年料理店石塚又右衛門・石塚熊次郎あり。

四五 同郡長宮村(岩槻市) 香取社文化元年供養塔に石塚源六。増長村観秀院安政二年供養塔に長宮村上組・石塚久米八あり。

四六 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺弘化四年水鉢に当所石塚又左衛門。明治九年副戸長石塚彦太郎・天保十四年生(質屋)あり。

四七 同郡下蓮田村(蓮田市) 八幡宮明治十二年水鉢に石塚彦二郎あり。

四八 同郡久下村(加須市) 明治三十五年洋糸商富田屋石塚覚三郎・菓子商石塚仲次郎あり。

四九 同郡中種足村(騎西町) 雷神社享保七年庚申塔に石塚勘右門、天明八年弁財天碑に石塚惣兵衛・石塚金之丞、寛政二年御神燈に石塚清右衛門、寛政七年天満宮碑に石塚清五郎、明治十三年庚申塔に石塚丈右衛門。東印寺文政十三年供養塔に中種足上砂・石塚清右衛門あり。

五〇 同郡上高柳村(騎西町) 当村元禄十二年庚申塔に石塚弥左衛門。諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中・石塚重太郎・石塚武右衛門・石塚定七・石塚要右衛門・石塚忠蔵・石塚幸七・石塚仁右衛門・石塚六蔵あり。

五一 同郡芋茎村(騎西町) 神明社文政二年甲子塔に石塚茂吉。久伊豆社跡嘉永二年庚申塔に芋茎村字本村上分・石塚安右衛門・石塚友五郎あり。

五二 同郡杓子木村(大利根町) 当村は古名を松永村と称す。八幡社天明五年毘沙門天に松永村石塚平右衛門あり。

五三 同郡松永新田(大利根町) 八坂神社明治二十六年碑に石塚喜平あり。

五四 同郡北大桑村(大利根町) 当村寛政八年庚申塔に石塚三右衛門あり。

五五 同郡生出村(大利根町) 北大桑村香取社弘化三年狛犬に生出村石塚藤助あり。

五六 同郡阿佐間村(大利根町) 不動岡村総願寺慶応二年算額に阿佐間・石塚芳蔵円秋あり。

五七 同郡持田村(行田市) 剣神社明治二十五年御神燈に石塚栄三郎あり。

五八 足立郡草加宿 市神祠官筆学門人控に明治四年・向川岸材木や倅石塚倉吉あり。

五九  同郡金右衛門新田(草加市) 旭神社文政五年供養塔に石塚吉五郎・石塚平三郎・石塚久治郎・石塚弥左衛門・石塚庄八・石塚金五郎、天保四年碑に石塚角治郎・石塚儀左衛門・石塚蔵之助・石塚源左衛門・石塚巳之助・石塚庄五郎・石塚平吉・石塚金五郎。当村文久二年成田山碑に当所・石塚常蔵・石塚乙右郎・石塚庄八あり。

六〇 同郡榛松村(川口市) 不動院寛保元年宝篋印塔に石塚伊右衛門。明治六年榛松村学校積立金簿に石塚長右衛門・石塚吉五郎・石塚初五郎・石塚民之助。明治九年副戸長石塚清吉・弘化二年生。明治十一年中山筆学帳に榛松村榎戸・石塚仙之助あり。

六一 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂天保十二年庚申塔に石塚元五郎あり。

六二 同郡江戸袋村(川口市) 当村延宝九年庚申塔に石塚宗左衛門。東光院文政五年馬頭尊に石塚八五郎、文政十年廻国塔に石塚与右衛門。氷川社文政十二年水鉢に当村石塚熊吉。明治九年戸長石塚政右衛門・嘉永三年生あり。

六三 同郡伊刈村(川口市) 力神社文政十年水鉢に石塚清吉あり。

六四 同郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に石塚初太郎あり。

六五 同郡木崎領内野村(川口市) 水稲荷社明治十五年水鉢に石塚新蔵あり。

六六 同郡浦和町 明治九年副戸長石塚勝太郎・安政二年生。玉蔵院明治三十一年供養塔に浦和町石塚久蔵・石塚新蔵。明治三十五年乾物商石塚久蔵・蕎麦屋柏屋石塚由太郎・甘藷問屋石塚金太郎・旅宿松屋石塚文蔵・鳶職石塚新薬(蔵の誤字か)あり。

六七 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に石塚幸太郎あり。

六八 同郡大牧村(浦和市) 芝村慈星院明治十年碑に大マキ・石塚徳太郎あり。

六九 同郡本太村(浦和市) 延命寺元禄十五年供養塔に石塚弥兵衛。浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に本太村名主石塚仁左衛門。氷川社寛政六年水鉢に石塚紋右衛門。岸村調神社天保四年御神燈に本太村・石塚吉蔵・石塚金治郎・石塚直蔵・石塚伝兵衛・石塚清蔵。三角稲荷社文久二年水鉢に当所石塚八左衛門。明治九年副戸長石塚寿・嘉永三年生、副戸長石塚浅次郎・嘉永元年生、副戸長石塚杢左衛門。山神社明治十五年水鉢に当村・石塚杢左衛門・石塚伝次郎・石塚平次郎、明治三十年碑に石塚邦昌・石塚杢右衛門・石塚吉太郎・石塚栄五郎・石塚浅次郎・石塚平五郎・石塚市太郎・石塚彦吉。大谷口村信成院明治二十七年成田山碑に本太・石塚佐吉・石塚イン・石塚馬次郎。氷川社明治二十八年碑に石塚佐兵衛・石塚竹次郎・石塚佐左衛門・石塚正三郎・石塚彦太郎・石塚定右衛門・石塚金太郎・石塚仲二郎・石塚半次郎・石塚徳太郎・石塚虎吉・石塚寿・石塚五郎右衛門・石塚志茂・石塚六三郎・石塚仁兵衛、明治三十一年碑に石塚弥市・石塚和太郎・石塚佐吉・石塚倉吉・石塚善太郎・石塚邦慶。瑞岸寺明治三十六年絵馬に当所・石塚精蔵・石塚三郎・石塚忠蔵・石塚甚太郎・石塚佐市あり。

七〇 同郡与野町 明治八年副戸長石塚真平あり。

七一 新座郡館村(志木市) 館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。中道山中通りに至って石塚等の輩住居す」と見ゆ。嘉永四年氷川宮寄進帳に館村・石塚忠兵衛・石塚八郎兵衛・石塚八五郎。宝幢寺安政七年筆子碑に石塚七左衛門。明治四年宮原文書に青物渡世石塚八郎・水車雑穀中野石塚五平次。不動堂明治十四年不動尊に志木宿石塚増吉・石塚伝次郎あり。

七二 同郡北野村(新座市) 館村宝幢寺嘉永二年地蔵尊に北野村石塚丑五郎。新倉村明治初年富士講碑に北野・石塚重五郎あり。

七三 入間郡所沢町 明治十五年北広堂碑名簿に石塚為蔵あり。

七四 同郡川越町 福岡村水天宮明治三十三年碑に菓子製造業川越南町石塚鍋治あり。

七五 同郡大袋村(川越市) 藤倉村天神社明治七年筆子碑に大袋・石塚与吉あり。

七六 高麗郡上新田村(鶴ヶ島市) 当村寛文五年六地蔵に石塚源右門、元文四年愛宕碑に上・中新田・石塚作五兵衛。明治十年地租調査に石塚又四郎あり。

七七 榛沢郡小前田村(花園町) 町田日記に「文禄元年、浪人の石塚等一同小前田新田を開発す」と。長善寺宝永七年地蔵尊に小前田村石塚仁右衛門、寛政五年供養塔に石塚作右衛門・石塚善五郎、万延元年庚申塔に石塚鶴松。明治九年副戸長石塚正一郎・弘化元年生あり。

七八 幡羅郡宮ヶ谷戸村(深谷市) 無量寺天明六年筆子碑に石塚久七。東方村熊野社明治三十年碑に宮ヶ谷戸村石塚国五郎あり。

七九 児玉郡本庄町 明治三十五年菓子種商石塚源吉あり。

八〇 同郡児玉町 八幡社明治二十三年御嶽講碑に石塚松三郎。明治三十五年豆腐屋石塚清七あり。

八一 那賀郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・石塚チカあり。

八二 秩父郡大宮町 国神神社明治三十四年碑に大宮町石塚藤吉あり。

八三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・石塚久蔵・二百八十四円・百二十六円、石塚ひで・二十一円・五十円、石塚定吉・十一円・三十三円、木崎村(浦和市)・石塚茂則・四百七十九円、権現堂村(幸手市)・石塚弥之助・百三十四円、石塚勝太郎・八百五十四円・六十四円、石塚勘左衛門・三百二十七円、石塚祥・百五十六円、田宮村(杉戸町)・石塚斧松・二十四円、松伏領村・石塚清蔵・二十四円・四十二円、大相模村(越谷市)・石塚博・十円、熊谷町・石塚茂助・十一円・三十六円」あり。

石月 イシツキ 朝霞、志木、新座、入間、川口、戸田、浦和、越谷等に存す。新潟県南蒲原郡下田村五十四戸あり。

石突 イシツキ 浦和に存す。

石附 イシツキ 新潟県加茂市六十戸、三条市二十六戸、新潟市七十五戸あり。

一 埼玉郡千駄野村(白岡町) 稲荷社江戸末期碑に石附善左衛門あり。

石綱 イシツナ 川越に存す。栃木県宇都宮市十戸あり。

石坪 イシツボ 越谷、大井等に存す。

石積 イシヅミ 嵐山、鳩ヶ谷、大宮等に存す。新潟県三島郡出雲崎町六戸あり。

石津谷 イシヅヤ 和光、草加等に存す。

石出 イシデ 千葉県佐倉市四十二戸あり。埼玉郡大瀬村(八潮市)祭礼年番帳に「明治十二年・上組石出定吉、明治十三年・上組石出友治郎、明治十九年・石出鉄五郎、明治二十年・石出辰三郎」あり。

石手 イシデ 川越、上尾等に存す。

石寺 イシデラ 大宮に存す。

石戸 イシド 足立郡石戸宿村、下石戸上村、下石戸下村(北本市)あり。男衾郡西ノ入村婆羅門社懸仏に「応永十五年十二月二日、武州足立郡石戸郷下法師谷村・奉懸氷河大明神」と銘あり、下石戸上村に上下石戸村の鎮守氷川社あり。栃木県那須郡黒羽町十一戸、河内郡上三川町十七戸、千葉県東葛飾郡沼南町八十二戸、青森県下北郡佐井村十二戸、八戸市三十五戸、青森市五十三戸、秋田県大館市十一戸あり。

一 秩父氏流豊島氏族石戸氏 足立郡石戸郷より起る。小野氏系図に「横山権守時広(右大将家討取奥州泰衡、其首時広承之)―女子(豊島五郎妻、石戸三郎母也)」と見ゆ。

二 源範頼後裔の石戸氏 風土記稿石戸宿村条に「土人の伝へに、村内小名堀ノ内は往古石戸左衛門尉の住せし地なりと、左衛門尉は東鑑に見へたる人なれば此に住せしならんには。阿弥陀堂・小名堀ノ内にあり、相伝へて此地蒲冠者範頼の住居の地とも、又石戸左衛門尉の居跡なりともいへり。縁起の略云、源範頼故ありて当国石戸郷に配流せられ土俗これを石戸殿と称せり。然るに其息女亀御前病に罹りて正治元年七月十二日卒しければ黄葉妙秋大姉と謚し追福のために法誉和尚を請して一宇を創建し西亀山無量院東向寺と呼ぶ則此堂なり」と見ゆ。

三 安達氏族関戸氏 石戸をセキドと訓じて、関戸の字を用いるか。安達氏系図に「安達藤九郎盛長―秋田城介左衛門尉景盛―秋田城介義景―頼景(関戸二郎、丹後守。在京)―右衛門尉長宗―八郎義宗」と載す。玄同放言(滝沢馬琴著)に「武蔵国足立郡石戸荘堀之内村、彼堀内村を、当初足立氏の所領なりけんと思ふよしは、東鑑に所見あり。卷四十三に建長四年七月四日午刻、秋田城介義景妻・女子平産云々、号堀内殿是也といへり。義景は安達盛長の孫なり」と見ゆ。関戸二郎頼景も堀内殿の子にて堀之内村出生か。

四 石戸氏の名は、風土記稿石戸領高尾村条に「鎌倉大将家の臣石戸某の采地なりしと。泉蔵院の阿弥陀堂は、元は石戸宿の内にあり石戸頼兼といへる人が建立せし所なり」と。承久記(慈光寺本)に「石戸入道等は、北条時房に従ひ海道の先陣として上洛せんとする」と見ゆ。吾妻鑑卷三十六に「寛元三年八月十五日、石戸左衛門尉」と見ゆ、安達氏族関戸左衛門尉と同人か。また、建治元年五月京都六条八幡宮造営に「武蔵国・石戸入道跡八貫を負担す」と見ゆ。

五 高麗郡三田谷衆の石戸氏 熊野那智山米良文書に「天文二十二年四月吉日、旦那願文、武州みたの住呂賀藤たくみ、いしと新左衛門」と見ゆ。多摩郡三田氏に仕えた高麗郡地方の土豪衆にて、後に八王子城主北条氏に仕える。

六 同郡楡木村(日高市) 前項の子孫か。当村に旧家石戸氏存す。明治七年楡木村願書に石戸彦治郎。新堀村高麗神社明治三十八年碑に石戸伊十郎あり。

石投 イシトウ 狭山に存す。

石島 イシトウ 深谷に存す。

石頭 イシトウ 浦和に存す。

石藤 イシトウ 越谷、春日部等に存す。

石動 イシドウ 越谷、幸手、川口、浦和等に存す。青森県南津軽郡常盤村十八戸あり。イスルギ参照。

石堂 イシドウ 長野県上伊那郡箕輪町五戸、宮城県遠田郡小牛田町二十五戸、古川市二十一戸、山形県酒田市十八戸、天童市十一戸あり。昭和三年興信録に「横曽根村(川口市)・石堂悦造・所得税十二円」あり。

石床 イシトコ 庄和に存す。

石飛 イシトビ 川口、浦和、大宮、桶川、志木、越谷、神川等に存す。島根県(出雲国)簸川郡多伎町百十戸、湖陵町九十戸、大社町四十三戸、大原郡大東町三十戸、飯石郡三刀屋町六十八戸、掛合町三十六戸、出雲市二百十戸あり。

石富 イシトミ 川越に存す。島根県(出雲国)八束郡宍道町十六戸あり。

石留 イシトメ 与野、川里等に存す。

石戸谷 イシトヤ 朝霞、川口、戸田、浦和、大宮、日高、上尾、白岡、行田、本庄等に存す。青森県北津軽郡金木町三十一戸、西津軽郡稲垣村十一戸、弘前市百十戸、秋田県大館市百戸あり。

石鳥谷 イシトヤ 秋田県鹿角市六戸。

石鳥 イシトリ 青森市十戸あり。

一 足立郡草加町 成田山新勝寺文久三年碑に草加駅津賀屋徳三郎。明治三十五年草加町質商つが屋石鳥徳三郎あり。

二 同郡苗塚村(草加市) 地蔵堂跡宝暦四年鐘銘に石鳥藤兵衛。剣術神文鑑に慶応二年苗塚村石鳥久蔵あり。

三 同郡大竹村(川口市) 宝泉寺文久元年棟札に石鳥藤兵衛あり。

石名 イシナ 岩槻、春日部等に存す、

石中 イシナカ 昭和三年興信録に「皆野町・石中あさ・所得税十円・営業税三十三円」あり。

石長 イシナガ 鳥取県境港市七戸あり。

一 葛飾郡才羽村(杉戸町) 字在来文化二年普門品に石長乙治郎あり。

石永 イシナガ 川口、草加、川越、上尾等に存す。

石名坂 イシナザカ 越谷、幸手、北本、浦和、大宮、戸田等に存す。山形県鶴岡市十戸あり。

石灘 イシナダ 川口に存す。

石鍋 イシナベ 草加宿に存す。市神祠官筆学門人帳に「安政二年・草加宿豊島や倅石鍋忠次郎、向川岸建具や倅石鍋平次郎、建具や妻舎弟石鍋源蔵、明治二年・としまや忠次郎息子石鍋音次郎」。剣術神文鑑に安政三年・草加宿六丁目石鍋忠次郎。明治三十五年菓子商豊島屋石鍋音蔵・水菓子商石鍋多七。昭和三年興信録に「草加町・石鍋岩次郎・所得税十五円・営業税三十七円」あり。

石並 イシナミ 鳩ヶ谷に存す。

石成 イシナリ 与野、本庄等に存す。秋田県湯沢市二十九戸あり。

石西 イシニシ 大宮に存す。

石仁田 イシニタ 秩父郡藤倉村字石仁田あり。

石庭 イシニワ 川口、草加等に存す。

石貫 イシヌキ 狭山、上尾、鴻巣に存す。

石沼 イシヌマ 浦和に存す。

石根 イシネ 東松山、嵐山等に存す。

石野 イシノ 栃木県真岡市十九戸、千葉県夷隅郡岬町五十九戸、神奈川県南足柄市十六戸、新潟県東頚城郡安塚町三十五戸、中頚城郡吉川町十二戸、頚城町十戸、妙高村九戸あり。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百三十石・石野次郎九郎」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・十三人扶持・川越取立・石野三六」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三十俵三人扶持・石野小平治」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「町奉行・百三十石・石野理右衛門」あり。

五 葛飾郡大塚村(杉戸町) 豊明神社天保三年水鉢に大塚村石野新蔵、嘉永元年御神燈に石野弥左衛門あり。

六 同郡惣新田村(幸手市) 明治二十年選挙権者石野藤蔵・弘化二年生あり。

七 埼玉郡粕壁宿 東八幡社文化十三年御神燈に石野為治郎・石野平八。明治三十年所得税下調査簿に石野安蔵・明治十年生・反別十七町八反歩・地租百四十五円あり。

八 同郡上清久村(久喜市) 明治九年戸長石野官左久・天保十一年生。明治十三年榎本文書に上清久村石野常右衛門。雷電社明治十四年御神燈に石野勘左衛門・石野勘右衛門・新田石野仁右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流石野忠蔵・父戸長石野官左久あり。

九 足立郡代山村(浦和市) 成田不動尊安政三年普門品に石野俊治郎あり。

一〇 入間郡宗岡村(志木市) 選挙人名簿に石野誉・村税三円あり。

一一 雑載 昭和三年興信録に「粕壁町・石野幸・所得税七十円、上吉田村(吉田町)・石野左右吉・所得税二十二円・営業税三十九円」あり。

石埜 イシノ 新座に存す。

石野田 イシノダ 上福岡、吉川等に存す。

石鉢 イシノハチ 青森県三戸郡階上町十戸、八戸市八十五戸あり。

石野森 イシノモリ 朝霞、志木等に存す。

石之脇 イシノワキ 上福岡に存す。

石破 イシハ 鳥取県八頭郡郡家町二十五戸あり。

石葉 イシハ 大宮、和光等に存す。

石場 イシバ 比企郡平村字石場は古の村名にて、慈光寺文書に「平・奥畑・石場・日尺・田中・瀬戸・番匠」と村名を記す。山梨市十戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「無役・二十俵二人扶持・石場源太郎」あり。

石灰 イシハイ 川口、新座、浦和、蕨等に存す。

石羽沢 イシバザワ 富士見、草加等に存す。岩手県九戸郡種市町十八戸あり。

矼 イシバシ 所沢に存す。

磴 イシバシ 大井に存す。

石橋 イシバシ 比企郡石橋村(東松山市)あり。小名石橋は、埼玉郡荒木村、中手子林村、足立郡古泉村、加田屋新田、新里村、入間郡北野村、水子村、菅間村、比企郡鳥羽井村、幡羅郡上奈良村、下増田村、男衾郡小江川村、賀美郡原新田村、榛沢郡南阿賀野村にあり。〇群馬県勢多郡粕川村二十八戸、宮城村十八戸。〇栃木県安蘇郡田沼町三十三戸、小山市六十四戸。〇茨城県稲敷郡東町三十四戸、行方郡潮来町二十三戸、北浦町五十六戸、玉造町二十四戸、鹿島郡波崎町九十六戸。〇千葉県海上郡飯岡町二十三戸、海上町二十戸、香取郡小見川町四十九戸、栗源町五十八戸、神崎町六十九戸、下総町四十戸、大栄町三十戸、多古町二十五戸、印旛郡富里町五十六戸、印旛村二十戸、山武郡松尾町三十六戸、横芝町三十戸、九十九里町三十六戸、山武町二十八戸、成東町八十戸、蓮沼村百戸、旭市百九十戸、銚子市九十八戸。〇神奈川県三浦市八十五戸。〇山梨県中巨摩郡敷島町二十九戸。〇新潟県中魚沼郡津南町三十戸、長岡市百九戸。〇福島県安達郡白沢村三十戸。〇岩手県大船渡市五十戸。〇秋田県平鹿郡雄物川町三十五戸、仙北郡田沢湖町二十戸。〇青森県三戸郡名川町二十六戸、階上町十七戸、八戸市三百五十戸。〇島根県隠岐郡西郷町十五戸、(石見国)邑智郡瑞穂町四十八戸、益田市五十九戸、大田市五十六戸、(出雲国)簸川郡佐田町十七戸、八束郡鹿島町五十四戸、島根町四十四戸、東出雲町十七戸、松江市百七十戸、出雲市百二十五戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「五俵・石橋八左衛門、一人扶持・八左衛門子石橋佐次右衛門、五俵・石橋四郎右衛門」あり。

二 久喜藩米津氏家臣 嘉永元年分限帳に「御吟味席・七両三人扶持・石橋平口、御中小姓格・三両二人扶持・石橋直之丞」あり。

三 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「御武具手入役・六両二人扶持・石橋源蔵」あり。

四 葛飾郡茂田井村(三郷市) 袋新田光明院跡享保十七年庚申塔に石橋長十郎あり。

五 同郡三輪野江村(吉川市) 清春庵万治三年供養塔に石橋半左衛門あり。

六 同郡中曽根村(吉川市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に中曽根村石橋小右衛門。香取社明治四十年碑に石橋石岩・石橋子之助・石橋太郎左衛門・石橋酉蔵あり。

七 埼玉郡久喜町 明治三十五年酒煙草商石橋兼吉あり。

八 同郡須賀村(宮代町) 身代神社嘉永五年御神燈に平田・石橋喜惣二。明治三十年人名録に蚕業石橋菊次郎・元治元年生あり。

九 同郡騎西町 明治三十五年植木職石橋亀次郎あり。

一〇 同郡鴻茎村(騎西町) 久伊豆社延享四年道祖神に鴻茎村・石橋惣右門・石橋宇右衛門。寿昌寺安政五年馬頭尊に鴻茎村石橋万吉あり。

一一 同郡下手子林村(羽生市) 観音堂享保二十年碑に石橋喜兵衛・石橋文六郎。明治九年戸長石橋源治郎・天保十二年生。明治二十一年皇国武術英名録に手子林村石橋熊太郎あり。

一二 同郡鎌塚村(吹上町) 宝蔵院嘉永六年供養塔に石橋弥市。八幡社明治十年碑に石橋冨五郎・石橋森蔵あり。

一三 足立郡原市町(上尾市) 明治三十五年菓子商石橋伝次郎あり。

一四 新座郡広沢村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に広沢・石橋又五郎あり。

一五 入間郡川越宿 行伝寺過去帳に「法讃・石橋」と。江戸初期なり。天保四年川越藩松平大和守分限帳に「川越・二百石・石橋栄蔵」あり、藩御用達の豪商なり。

一六 同郡黒須村(入間市) 明治二十一年しる粉商石橋三十あり。

一七 比企郡石橋村(東松山市) 御堂村浄蓮寺過去帳に「薬授院妙源・石橋衆・子年八月、了專院常久・石橋久兵衛父・子年正月、宗蓮・石ハシ・寛永四年五月、蓮学・石橋山田大学・慶安四年十二月」あり。是は苗字にあらず、安戸城主山田氏にて、子孫は石橋村に帰農す。山田条参照。

一八 榛沢郡深谷町 明治三十五年氷屋石橋清五郎あり。

一九 同郡牧西村(本庄市) 嘉永元年牧西村絵図に石橋嘉十郎・石橋伊五郎・石橋惣右衛門・石橋五兵衛・石橋儀右衛門。明治九年儀定連印簿に石橋寅吉・石橋初太郎・石橋初五郎・石橋源蔵・石橋馬次郎あり。

二〇 秩父郡大野村(都幾川村) 大野神社明治三十四年太子講に石橋紋三郎・石橋長平・石橋玉三あり。

二一 同郡秩父町 明治三十五年材木商石橋要(明治八年生、太田村出身、県会議員)あり。

二二 同郡太田村(秩父市) 気楽流柔術加藤門弟に太田村石橋和佐武。国神神社明治三十四年碑に太田村木挽職石橋常治郎あり。

二三 同郡小鹿野町 明治三十五年煙草製造石橋虎作あり。

二四 同郡大滝村 明治五年古大滝村栃本・石橋惣吉。明治十年大滝村屋番号に栃本・石橋勇助あり。

二五 同郡三峰村(大滝村) 明治五年三峰山取調に観音院家来社務石橋源八・四十五歳(東京新吉原角町石橋彦市兄)あり。

二六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「須賀村(宮代町)・石橋新次郎・九円、手子林村(羽生市)・石橋源寿・十三円、石橋倉世・四十三円、長井村(妻沼町)・石橋良夫・十円、藤田村(本庄市)・石橋太十郎・十円、秩父町・石橋虎作・十六円・四十九円、石橋要・四十一円・二十一円、高篠村(秩父市)・石橋愛作・三十円・五十六円」あり。

石走 イシハシ 富士見に存す。

石畑 イシハタ 富士見、戸田、大宮等に存す。

石畠 イシハタ 上尾、川口、杉戸に存す。

石幡 イシハタ 川越、新座、杉戸、川口、浦和等に存す。福島県伊達郡桑折町四十一戸あり。

石端 イシハタ 入間に存す。

石鉢 イシバチ 所沢、川島、坂戸、志木、与野、浦和、大宮、杉戸等に存す。イシノハチ参照。

石羽根 イシバネ 岩手県岩手郡松尾村十七戸あり。

石浜 イシハマ 栃木県河内郡上三川町十八戸、茨城県つくば市三十九戸、下妻市四十二戸あり。

一 秩父氏流石浜氏 畠山系図及び江戸系図に「秩父下野権介重綱―江戸四郎重継―江戸太郎重長―朝重―周重―重益―行重―江戸次郎太郎重通、行重の弟政重(石浜弥太郎)―重高―重村。朝重の弟冬重(六郷四郎、又号石浜、家紋裳黒)」と見ゆ。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「石浜。平姓、本国武蔵、紋梨切口」とあり。豊島郡石浜庄より起る。今の浅草附近なり。浅草寺至徳四年鐘銘に豊島郡千束郷金竜山浅草寺と見え、風土記稿に「浅草観音堂の北金竜山は石浜の城蹟、形ばかり残りたるなりと、されど今其旧跡詳ならず。太平記小手差原合戦の条に尊氏近習の者ども二十余騎、河中へかへし合せ支へ戦ひし、其間に将軍急を遁れ、石浜入道が宿所へぞ入せ給ひけると見ゆ。同書に石浜上野介と云人見ゆ、此人にや」と見ゆ。

二 石浜氏の名は、茨城県常陸太田市増井町の正宗寺文書に「貞和二年九月八日、江戸次郎太郎重通申す、武蔵国石浜・墨田波・鳥越三ヶ所の事、石浜弥太郎入道状を申捧げ云々」と。重通は政重の孫重村を養子とす。江戸条参照。太平記卷三十一に「観応三年、将軍小手差原の合戦に事ゆえ無く、石浜におはする由聞えければ、馳せ参られける人々には、石浜上野守等都合八万余騎将軍の御陣へ馳せ参る」と見ゆ。また、熊野那智山米良文書に「応永二十七年、名字武蔵国江戸書立、いしはまとの」とあり。

三 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「十四石三人扶持・石浜与作」あり。

石林 イシバヤシ 三郷に存す。

一 忍城士の石林氏 成田分限帳に「四十二貫文・石林八左衛門」あり。別本に石林源太左衛門と見ゆ。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「御代官・五十俵余・本国信濃生国同・石林五郎兵衛・四十三歳」あり。

三 大里郡樋春村(江南町) 七社神社明治十四年御嶽碑に石林梅吉あり。

石原 イシハラ 大里郡石原村(熊谷市)あり。また、榛沢郡瀬山村(川本町)は石原郷玉井庄と号し、北は折之口村字石原にて、石原郷は此地より起る。また、榛沢郡上敷免村字石原は石原廓と村名の如く称す。秩父郡矢那瀬村字石原に万延元年石原講中とあり、古の村名なり。秩父郡本野上村字石原、上田野村字石原、比企郡田中村字石原、古池村字石原沢、高麗郡中居村字石原、入間郡小久保村字石原町、大塚村字石原、新ヶ谷村字石原、大谷木村字石原谷戸、石井村字石原、浅羽村字石原、埼玉郡志多見村字石原あり。〇群馬県勢多郡大胡町二十二戸、新里村二十五戸、山田郡大間々町八十二戸、新田郡笠懸町五十六戸、藪塚本町二十二戸、新田町九十二戸、佐波郡境町七十五戸、玉村町三十八戸、桐生市二百十戸、太田市百六十戸、伊勢崎市三百戸。〇栃木県下都賀郡大平町二十戸、芳賀郡市貝町三十戸、鹿沼市九十八戸。〇千葉県印旛郡富里町二十戸、東葛飾郡沼南町三十三戸。〇神奈川県秦野市九十戸、平塚市七十八戸。〇山梨県東八代郡石和町四十七戸、一宮町三十四戸、御坂町五十八戸、八代町五十四戸、豊富村四十九戸、西八代郡市川大門町四十二戸、三珠町三十六戸、東山梨郡勝沼町二十四戸、北巨摩郡武川村二十五戸、中巨摩郡甲西町二十戸、昭和町四十戸、田富町四十九戸、玉穂町二十五戸、竜王町三十七戸、甲府市四百十戸。〇長野県下伊那郡阿智村三十五戸、根羽村百八戸。〇島根県(出雲国)簸川郡斐川町三十二戸、八束郡東出雲町九十戸、八雲村五十八戸、能義郡広瀬町二十戸、伯太町二十一戸、仁多郡仁多町百二十戸、横田町六十四戸、大原郡大東町六十八戸、松江市百七十戸あり。奥州には此氏無し。

一 三枝氏族の石原氏 武蔵国石原村に三枝(さえぐさ)氏存し、同村の秋山氏、桜沢氏、保科氏、若松氏、その他、多くの武田家臣団が居住している。彼等は出稼衆として集団で甲斐国へ行き、出身地の石原氏を名乗り、甲斐国に多く存する三枝(さいぐさ)氏族石原氏に仮冒し、帰郷後に三枝氏を称す。甲斐国三枝一族は其の居住地に氏神・橋立明神を祀るを常としているが、武蔵国石原村には此の社は無い。また、石原氏も現存無し。よって、甲斐国三枝氏族石原氏の移住説は誤りである。

二 参考太平記に「建武二年七月女影ヶ原合戦に、石原五郎左衛門尉惟義・同九郎頼輔・同四郎頼成・同二郎入道西真・同辰寿丸・同左衛門太郎貞継・同七郎高貞・同六郎入道々覚等は、足利氏に加りて戦死す」と見ゆ。是等の人々は武蔵国石原村出身か。

三 八王子城士の石原氏 重臣にて、野村高貞軍忠覚書(青梅市)に「北条氏照の臣石原主膳」と見ゆ。次項参照。

四 彦根藩重臣の石原氏 彦根藩貞享異譜に「初代石原主膳吉次は、生国武蔵国石原村、北条家の家老職を勤め、氏政生害後に高崎にて井伊家に召し出され、蔵米二千俵・家老格となる」と見え、彦根藩侍中由緒帳に「石原主膳吉次(扶持方二千俵)―甚五左衛門吉久(五百石)―吉武―吉尚―吉英―吉範―吉虎―吉文―正孟(甚五左衛門、弘化三年四百石相続、明治二年任大属政事方庁民政掛)」と見ゆ。

五 忍城士の石原氏 成田分限帳に「三十貫文・石原六郎左衛門、三十貫文・石原式部左衛門、三十貫文・石原源太兵衛、十五貫文・石原民部」あり。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、石原源兵衛、石原庄九郎、石原太郎左衛門は、皿尾口を守る」と見ゆ。妻沼町史に石原民部は幡羅郡田島村の人なりと云う。

六 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、三百石・石原兵部」あり。旧鉢形城士なり。

七 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百五十石・石原十左衛門・是は忍にて罷出・上野之者」あり。

八 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百十石・石原権右衛門」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百五十石・本国備前生国同・石原半兵衛・六十歳、二男伊勢守信定家臣・金二分二人扶持・本国武蔵生国同・石原勘之丞・二十五歳」あり。

一〇 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「十二石三人扶持・石原録治」あり。子孫秀夫は東松山市松葉町に存す。

一一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「書簡次席・百十石・外科兼・亡父常平・石原昌廸・四十七歳、医師惣領・父昌廸・石原春策・十三歳、坊主・五石余二人扶持・養父古兵衛・石原昇賀・二十歳」あり。

一二 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「中小姓・七石三人扶持・石原ナ八」。明治四年に「石原ナ八・岡部・士族」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に「士族・旅順新市街・正吾長男石原正治」あり。

一三 葛飾郡彦倉村(三郷市) 子之神社延宝三年庚申塔に石原七兵衛。虚空蔵堂延宝八年庚申塔に石原伝兵衛。延命院宝暦九年勧進帳に当村・石原豊右衛門・石原孫左衛門・石原平助、天明三年控帳に石原孫左衛門・石原七郎右衛門・石原三次郎・石原文右衛門・石原平次郎・石原七五郎・石原常右衛門。明治二十四年田中文書に石原留五郎・石原金太郎・石原正七・石原喜代松・石原三蔵・石原新蔵・石原平治。明治三十年人名録に石原平治・天保十四年生、石原正七・安政元年生あり。

一四 同郡駒形村(三郷市) 明治七年深井文書に石原音松・石原勝兵衛・石原長右衛門、明治十三年石原夏五郎あり。

一五 同郡田島村(松伏町) 香取社慶応二年敷石碑に石原甚五兵衛あり。

一六 同郡魚沼村(松伏町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流魚沼村石原勘次郎あり。

一七 同郡上柳村(庄和町) 妙印寺文政元年水鉢に石原重右衛門。三宮神社元治元年寄進碑に石原安左衛門・石原半次郎・石原久兵衛・石原孫右衛門・石原久蔵・石原平蔵(名主)。明治三十年人名録に石原利喜蔵・嘉永元年生・地租二十八円、石原惣松・安政元年生・地租二十二円あり。

一八 同郡中野村(庄和町) 新宿新田天満宮文政五年碑に中野村石原吉左衛門あり。

一九 同郡下吉妻村(庄和町) 集会所嘉永七年庚申塔に石原長五郎・石原沖右衛門あり。

二〇 同郡金崎村(庄和町) 道善寺文化七年普門品に石原藤五郎あり。

二一 同郡上金崎村(庄和町) 香取社天保六年御神燈に上金崎村石原丹次郎・石原弥市兵衛・石原勘左衛門。藤塚村香取社江戸末期御神燈に上金崎村石原又四郎。永沼村八幡社明治二十八年碑に上金崎・石原安蔵あり。

二二 同郡西金野井村(庄和町) 香取社延宝七年水鉢に金井江・石原八郎右衛門、寛政三年富士碑に商人中・西金野井村石原仁左衛門、文久三年水鉢に石原七郎左衛門・石原惣右衛門、明治二十一年御神燈に石原伊三郎・石原与三郎(原新田組)、明治三十五年敷石碑に石原朝五。花蔵院天保六年碑に金井・石原幾右衛門あり。

二三 同郡藤塚村(春日部市) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村石原弥七あり。

二四 同郡幸手町 明治三十五年運送業石原磯吉あり。

二五 埼玉郡岩槻町 明治三十五年に石原熊蔵あり。

二六 同郡上羽生村 毘沙門堂宝暦七年常夜燈に杉下組石原宗伯あり。

二七 同郡道地村(騎西町) 稲荷社慶応二年幟碑に石原松太郎・石原貞助あり。

二八 同郡上中条村(熊谷市) 字荒宿宝永七年地蔵尊に忍領荒宿・石原新右衛門。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に上中条村石原寿之助あり。

二九 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に石原彦次郎あり。

三〇 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に石原与三郎あり。

三一 同郡上尾町 明治三十五年荒物商石原倉吉あり。

三二 新座郡下新倉村(和光市) 明治二十五年青年会石原平作あり。

三三 同郡台村(朝霞市) 台雲寺明治三十四年供養塔に石原治三郎・石原銀次郎・石原藤五郎・石原銀蔵あり。

三四 同郡溝沼村(朝霞市) 明治三十五年水車所有石原銀次郎あり。

三五 同郡館村(志木市) 氷川社嘉永六年碑に引又・石原祐吉・石原弥五郎。慶応元年宮原文書に引又町石原常三郎。敷島社明治五年御神燈に引又町石原九吉。明治三十五年瀬戸物商石原花吉あり。

三六 入間郡下宗岡村(志木市) 大仙寺宝暦七年鐘銘に下・石原弥惣兵衛。川越藩松平大和守文化四年役付に「二人扶持・宗岡村頭取名主石原弥次郎」あり、藩御用達なり。文化十年下宗岡村白井武左衛門供養塔に名主石原政儀。大日堂文政八年鐘銘に下組名主石原弥市右衛門。上宗岡村浅間社天保二年鳥居碑に下組石原弥三兵衛。当村氷川社安政五年力石碑に石原粂吉、明治五年力石碑に石原弥三郎・石原新之助。慶応元年金子文書に名主石原弥次郎。慶応二年内田文書に名主石原耕之丞。敷島社明治初期浅間碑に下宗岡・石原綱吉・石原忠兵衛。引又河岸跡明治十三年水神講碑に宗岡村石原新吉。選挙人名簿に石原康次・村税四十四円、石原弥三郎・村税二十四円、石原新吉・村税五円あり。

三七 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に石原久あり。

三八 同郡新宿村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に石原弥次郎・石原久五郎・石原勇吉あり。

三九 同郡小久保村(川越市) 川越行伝寺過去帳に「妙作・石原・権右衛門内・丑年三月、寿量院日悦・石原新左衛門殿・酉年五月、妙中・石原新左衛門御内・辰年三月、妙相・伝右衛門石原町・寛文六年二月、妙運・石原町庄兵衛母・午年正月」あり。是は苗字にあらず、石原町住人なり。

四〇 高麗郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に石原守太郎口秀・石原弥一郎克己あり。

四一 同郡上赤工村(飯能市) 明治十年山稼議定書に上赤工村石原滝次郎あり。

四二 比企郡小川町 明治三十五年土工石原関次郎あり。

四三 男衾郡竹沢村(小川町) 平村萩日吉社明治二十五年筆子碑に竹沢村石原長四郎あり。

四四 榛沢郡寄居町 明治三十五年下駄商石原七五郎あり。

四五 同郡深谷町 呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町石原竹治郎(諸車商)あり。

四六 同郡中瀬村(深谷市) 当村元禄八年庚申塔に石原杢右衛門・石原瀬兵衛、文政元年庚申塔に石原弥次右衛門。中瀬神社明治四十一年碑に石原市太郎・石原勘九郎・石原時次郎・石原新蔵・石原兵三郎・石原福次郎・石原玉吉・石原喜代次郎・石原勇吉・石原りう・石原嘉久平・石原信太郎・石原保次郎。中瀬村会議員に石原政雄・明治三十三年生、石原金次郎・明治三十四年生あり。

四七 同郡小和瀬村(本庄市) 稲荷社明治四十四年碑に石原源一郎あり。

四八 幡羅郡妻沼村 聖天旧記に「文禄三年女沼郷古百姓、石原兵庫市右衛門・石原主水庄兵衛」。明治三十五年乾物商石原輝吉・口入業石原林平あり。

四九 同郡田島村(妻沼町) 五項参照。慈眼寺宝暦十四年二十二夜塔に田島村石原治兵衛、文化九年地蔵尊に石原六左衛門・石原清吉。田島稲荷社天保六年水鉢に当所石原儀右衛門・石原惣次郎・石原源五郎・石原儀兵衛。明治八年富士嶽大神に当所石原長三郎・石原兵蔵・石原六太郎・石原藤太郎あり。

五〇 児玉郡本庄町 明治三十五年入歯師石原たつ・理髪店石原重蔵あり。

五一 同郡小島村(本庄市) 本庄宿石川剣道場門下生に天明七年・尾島村石原新治郎、寛政四年・石原重次郎・石原藤右衛門・石原栄吉。唐鈴神社明治三十八年御神燈に石原亀太郎あり。

五二 賀美郡七本木村(上里町) 法泉寺文政十一年普門品に石原清八あり。

五三 同郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附に堀込村・石原弥惣右衛門・石原弥一右衛門・石原佐治右衛門・石原孫八・石原久蔵・組頭石原孫七。万延元年庚申建立控に石原美之吉・石原清八・石原利平次・石原文蔵。明治九年副戸長石原清八・立会人石原利平次あり。

五四 同郡関口村(神川町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政六年・関口村石原栄助・石原久太郎。元阿保村明治三十年碑に関口・石原兵三郎あり。

五五 秩父郡安戸村(東秩父村) 御堂村浄蓮寺過去帳に「妙蓮・石原・亥年七月、妙有・石原・九月」あり。江戸初期なり。安戸村住人か。

五六 同郡栃谷村(秩父市) 明治八年酒造業石原唯吉。明治九年副戸長石原金重郎あり。

五七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「横曽根村(川口市)・石原兼蔵・七十円、彦成村(三郷市)・石原たき・九円、南桜井村(庄和町)・石原於兎一・十円、熊谷町・石原多三郎・六十七円、妻沼町・石原暉三・十一円・三十三円、賀美村(上里町)・石原弥曽次郎・百十七円」あり。

石原口 イシハラグチ 大井に存す。

石原坂 イシハラザカ 大宮に存す。

石原島 イシハラジマ 狭山、川越に存す。

石原田 イシハラダ 東松山、大宮に存す。

石引 イシビキ 春日部、上尾、桶川、北本、志木、浦和等に存す。茨城県稲敷郡阿見町十八戸、筑波郡伊奈町十五戸、龍ヶ崎市三十三戸あり。

石平 イシヒラ 大里郡村岡村(熊谷市)に存す。

石藤 イシフジ 青森県八戸市四十四戸あり。

石渕 イシブチ 大宮に存す。

石淵 イシブチ 草加、狭山、桶川、志木、大宮等に存す。群馬県藤岡市十六戸。

石船 イシフネ 比企郡腰越村及び飯田村に石船明神社あり。入間郡糀谷村字石船、毛呂本郷字石船、小田谷村字石船あり。松伏、八潮等に存す。

石文 イシフミ 青森県上北郡野辺地町七戸、東北町十六戸あり。

石部 イシベ 越谷、草加、川口、浦和、吉川、鷲宮、大井、滑川、所沢、富士見、新座、行田、吉見等に存す。山梨県西八代郡下部町二十五戸あり。

石辺 イシベ 越谷に存す。

石程島 イシホドジマ 風土記稿埼玉郡栢間村条に「応永六年九月・埼西郡栢間郷内・政所・石程島・沼尻、三ヶ村の事云々。文書に載る所の政所石程島の地名今はなし、沼尻の名は今村内小名に唱れば其地なるべし」と見ゆ。

石堀 イシボリ 川口、浦和等に存す。茨城県真壁郡真壁町十七戸あり。

石間 イシマ 所沢、入間、川越、三郷、上尾、伊奈、桶川等に存す。茨城県行方郡北浦町十九戸あり。イサマ参照。

井島 イシマ 新潟県西蒲原郡吉田町十一戸、南魚沼郡六日町十九戸、秋田県本荘市六十二戸あり。

一 秩父郡上吉田村 当村に此氏多く存す。字石間戸より起るか。イシマド条参照。

二 埼玉郡七左衛門村(越谷市) 観照院明治四年普門品に井島万蔵あり。

井嶌 イシマ 上尾に存す。

井嶋 イシマ 栗橋、本庄、坂戸、毛呂山等に存す。

井 イシマ 本庄に存す。

伊島 イシマ 新潟市十六戸あり。明治五年羽生町米穀商伊島磯吉あり。

伊嶋 イシマ 北本に存す。千葉県夷隅郡大多喜町七戸あり。

居島 イシマ 新座に存す。

唯島 イシマ 加須に存す。

石牧 イシマキ 熊谷に存す。

石巻 イシマキ 長野県上田市九戸あり。明治三十五年幸手町青物商石巻梅松あり。

石政 イシマサ 与野、浦和等に存す。

石松 イシマツ 朝霞、和光、蕨、上尾、庄和、栗橋、宮代、川本、妻沼、東松山、幸手、川越、所沢等に存す。

石間戸 イシマド 秩父郡上吉田村字石間戸あり、当村に此氏存す。

一 鉢形城士の石間戸氏 天正十年彦久保文書に「北条氏邦家臣、秩父衆・石間戸源五郎・石間戸彦蔵」あり。

二 秩父郡上吉田村 明治十三年上吉田村竜門社石間戸大次郎あり。

三 同郡大宮町 明治三年糸繭商石間戸作兵衛あり。

石丸 イシマル 群馬県桐生市八戸、茨城県猿島郡三和町十一戸、千葉県茂原市十七戸、神奈川県平塚市十五戸、山梨県中巨摩郡八田村二十一戸、新潟県三島郡与板町十二戸、三条市三十七戸、長岡市五十四戸、栃尾市四十戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「小組頭・二十二石四人扶持・川越取立・石丸清兵衛」。万延二年に「御馬廻・二十二石四人扶持・石丸鉄之助」あり。

二 幡羅郡新堀新田村(熊谷市) 八幡社元文三年御神燈に当村石丸了佐、文化六年碑に石丸幸庵、文政十年碑に石丸善蔵。明治二十一年皇国武術英名録に馬術・医師石丸春庵。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に新堀新田・石丸茂十郎あり。

三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・石丸五作・十円・四十二円、三尻村(熊谷市)・石丸藤三・百八十円、玉井村(熊谷市)・石丸安蔵・七十七円」あり。

石見 イシミ 春日部、浦和等に存す。千葉県海上郡飯岡町六戸、銚子市十一戸、新潟県刈羽郡西山町七戸、島根県(出雲国)仁多郡横田町六戸あり。イワミ参照。

石三 イシミ 大宮、庄和等に存す。

石光 イシミツ 所沢、坂戸、吹上、浦和、深谷等に存す。

石水 イシミヅ 鳩ヶ谷、加須、久喜、和光、所沢、上福岡、毛呂山等に存す。山梨県中巨摩郡敷島町十一戸、北巨摩郡武川村八戸、甲府市二十戸あり。

石峯 イシミネ 朝霞に存す。

石峰 イシミネ 大宮に存す。

石嶺 イシミネ 所沢、川越、毛呂山、北本等に存す。

伊志嶺 イシミネ 入間、熊谷、三芳等に存す。

石宮 イシミヤ 幡羅郡堀米村字石宮あり。

石村 イシムラ 群馬県吾妻郡吾妻町二十四戸、邑楽郡明和町十七戸、栃木県下都賀郡壬生町四十二戸、新潟県西蒲原郡吉田町二十七戸、岩手県下閉伊郡山田町十二戸、青森県南津軽郡浪岡町七十七戸、北津軽郡鶴田町二十九戸、青森市五十四戸、鳥取県東伯郡大栄町十九戸あり。

一 葛飾郡幸手町 明治三十五年三味線商石村定吉あり。

二 同郡惣新田村(幸手市) 字菅島稲荷社延享元年庚申塔に石村石兵衛あり。

三 埼玉郡掛村(岩槻市) 明治三十年人名録に石村清次郎・万延元年生・地租二十五円あり。

四 足立郡蕨宿 榎本文書に「蕨新宿御取立に付、作り田畑被潰御取上に成ける人々七人あり、石村三治郎・六反三畝七歩、是田畑を変地して町屋敷に成ける」と見ゆ。榎本参照。和楽備神社天保三年御神燈に石村源六・石村源右衛門。太田窪村行弘寺安政六年供養塔に蕨宿石村富治郎。三学院に「蕨駅人・石邑友八・文政二年卒六十歳、男善兵衛」。同院文久三年供養塔に蕨宿石村源六、明治十五年水鉢に石村善兵衛。明治八年地主総代石村善兵衛。明治三十五年織物製造業石村周助・同石村平八。白幡村睦神社明治三十六年碑に蕨・石村重蔵(米穀商)あり。

五 比企郡小川村 八宮神社文化頃の石御宮寄進碑に石村金三郎あり。

六 大里郡熊谷町 明治三十五年荒物商石村八十八あり。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「蕨町・石村英蔵・二百八十一円・七十円、石村周助・六十五円・五十六円、幸手町・石村常吉・十二円・五十三円」あり。

石邑 イシムラ 朝霞に存す。

石牟礼 イシムレ 入間に存す。

石室 イシムロ 神奈川県海老名市九戸あり。

井下 イシモ 大宮に存す。

石母 イシモ 関東郡代伊奈氏家臣にて、伊奈忠順の臣石母才兵衛・石母与五郎。天明八年御用場頭取石母弥一右衛門。秩父領御用日記に宝暦九年・伊奈半左衛門内石母斉兵衛、宝暦十一年・石母喜兵衛あり。

石母田 イシモダ 川口、浦和、越谷、草加、岩槻、朝霞、所沢、狭山、滑川等に存す。宮城県石巻市二十六戸、岩手県胆沢郡金ヶ崎町二十五戸あり。

石茂田 イシモダ 忍城士にて、成田分限帳に「十五貫文・石茂田新九郎」あり。別本に石茂田周防と見ゆ。

石元 イシモト 日高、坂戸、富士見、川口等に存す。

石本 イシモト 茨城県猿島郡猿島町九戸、新潟県中蒲原郡亀田町五十五戸、村松村七十戸、小須戸町十七戸、島根県八束郡東出雲町二十三戸、浜田市二十二戸、鳥取県岩美郡国府町八戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十石・石本半六、二両一人扶持・石本嘉休」あり。

二 新座郡下片山村(新座市) 県会議員石本元三・昭和二年生・和光市出身。

石守 イシモリ 石森とも記す。

一 入間郡川越町 明治三十五年鉄物商石守与助あり。

二 同郡砂久保村(川越市) 稲荷社慶応元年碑に石森文太郎。明治九年戸長石守文太郎・天保九年生あり。旧家石守氏存す。

石杜 イシモリ 狭山、吉川等に存す。岩手県紫波郡紫波町十戸あり。

石森 イシモリ 福島県石川郡玉川村四十二戸、宮城県桃生郡矢本町三十戸、牡鹿郡牡鹿町五十戸、女川町六十戸、栗原郡一迫町二十戸、石巻市百戸あり。

一 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百五十石・石森宮内」あり。旧鉢形城士なり。

二 埼玉郡中手子林村(羽生市) 八幡社安永九年水鉢に石森甚五右衛門あり。

三 同郡下手子林村(羽生市) 観音堂享保二十年碑に石森仁右衛門あり。

四 入間郡所沢町 明治七年議定書に石森平蔵あり。

五 同郡中新田村(狭山市) 堀兼神社文政四年御神燈に中新田村石森金右衛門あり。七項参照。

六 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に石守鉄五郎。三芳野神社明治四十年碑に江戸町石森鉄五郎(染物業菊屋)あり。石守条参照。

七 同郡大塚村(川越市) 西福寺天保六年敷石供養塔に石森金右衛門あり。

八 同郡越生町 明治三十五年小間物商石森百吉あり。

九 高麗郡横手村(日高市) 明治六年地券証に石森半平・石森甚右衛門・石森奥太郎・石森亀吉あり。また、新堀村高麗神社明治三十八年碑に石森茂三郎・石森熊吉あり、当村住人か。

一〇 同郡飯能村 明治三十五年車製造石森松五郎・飲食店石森弥吉あり。

一一 同郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山中町・石森八左衛門あり。

一二 同郡苅生村(飯能市) 明治九年副戸長石森常吉・文政四年生。明治十六年山稼議定書に苅生村石森民五郎あり。

一三 同郡小岩井村(飯能市) 長泉寺年不詳地蔵尊に石森与右衛門。明治九年戸長石森伴治郎・弘化二年生あり。

一四 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に本町石森源太郎。明治三十五年酒商石森定吉あり。

一五 同郡蛭川村(児玉町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政五年・蛭川村石森長治郎あり。

一六 同郡河内村(児玉町) 児玉記考に「旧家石森文治郎、先代を要蔵と云ひ、地頭伊奈家伏見家の名主組頭役を勤続せし旧家なり」と見ゆ。太駄村明治三十年中里鳥三郎碑に河内・石森鉄五郎・石森文治郎あり。

一七 同郡稲沢村(児玉町) 藤原姓石森系図に「忠玄(山上大膳石森玄蕃、明応年中移於甲州石森郷・巨摩嶽城主)、影光(石森対馬、天正年中武田家滅亡以後民間流落、而武州児玉郡池田庄稲沢邑居住、勧請甲州石森大明神、而為当所之鎮守也)、石森大膳影勝―正綱―正信―武勝―勝義(上州真庭の樋口十郎左衛門高弟)―包郷―友七」と見ゆ(本泉村郷土史)。稲聚神社明治三十年碑に石森伝八・石森重郎平・石森新平・石森松平・石森源七・石森辰五郎・石森米五郎あり。

一八 那賀郡小平村(児玉町) 石神神社文政七年供養塔に石森音次郎。秋平小学校明治三十二年碑に小平・石森吉五郎あり。

一九 秩父郡三沢村(皆野町) 明治九年副戸長石森森太あり。

二〇 同郡横瀬村 猿田彦神社明治四十三年碑に石森カツあり。

二一 雑載 昭和三年興信録・所得税に「川口町・石森直光・百四十九円、中島村羽生市)・石森幾太郎・十四円」あり。

井射 イシャ 川越行伝寺過去帳に「休意・井シャ、法円・井シャ長右衛門子」あり。正訓不明。

石矢 イシヤ 越谷に存す。

石屋 イシヤ 青森県三戸郡南郷村二十一戸、八戸市十八戸あり。

石家 イシヤ 葛飾郡上柳村(庄和町)三宮神社元治元年寄進碑に石家藤右衛門あり。

石谷 イシヤ 入間郡古谷本郷字石谷あり。桶川、川口等に存す。青森県五所川原市八戸あり。イシタニ参照。

石山 イシヤマ 群馬県邑楽郡板倉町三十二戸、栃木県佐野市三十八戸、茨城県稲敷郡河内町三十五戸、茎崎町十七戸、結城郡石下町二十戸、龍ヶ崎市四十六戸、長野県佐久市二十九戸、新潟県岩船郡荒川町十八戸、関川村三十二戸、北蒲原郡中条町十八戸、水原町十六戸、西蒲原郡巻町五十戸、青森県南津軽郡平賀町十四戸、弘前市八十戸、山形県飽海郡遊佐町三十一戸、最上郡最上町五十三戸、天童市百三十戸、山形市三百七十戸、秋田県平鹿郡増田町二十六戸、仙北郡神岡町三十八戸、山本郡二ツ井町二十一戸、島根県(出雲国)仁多郡横田町十戸あり。

一 鉢形城士の石山氏 鎌倉九代記に「天正十年神流川合戦、北条氏邦が家人石山大学、保坂大炊助以下、雑兵二百余人討死す」と見ゆ。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「九石二人扶持・本国近江生国陸奥・石山七左衛門・五十七歳、五両二人扶持・本国陸奥生国安芸・石山五右衛門・二十歳」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「六両二人扶持・石山丈治」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御者頭・三百石・石山又左衛門、御代官・三十俵三人扶持・石山武兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「三百石・石山加左衛門、三十俵二人扶持・石山武右衛門」あり。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御徒・十石二人扶持・石山鉄次郎」。明治四年に「五石二人扶持・石山研吉、同高・石山其兵衛、四両二人扶持・石山蔵次郎」あり。

六 葛飾郡川藤村(吉川市) 武輝神社明治四年水鉢に石山市兵衛・石山六郎左衛門。明治三十年人名録に石山源治・安政三年生・地租二十円、馬喰商石山万吉・天保十一年生・地租二十円あり。

七 同郡土場村(吉川市) 八幡社文化六年狛犬に土場村石山兵助、明治三十九年碑に石山兵助・石山平蔵あり。

八 同郡芦橋村(庄和町) 香取社文化十二年庚申塔に石山左喜蔵・石山竹五郎・石山武七、文政二年供養塔に当村石山幸二郎、文政九年碑に石山熊五郎・石山倉蔵・石山勇次郎・石山茂藤治。明治二十一年皇国武術英名録に小野派一刀流石山惣太郎。明治三十年人名録に石山市郎・天保十年生・地租三十円、石山逸平・天保三年生・地租二十五円あり。

九 同郡西宝珠花村(庄和町) 明治三十年人名録に金銭貸附業石山茂七・天保元年生・地租十四円あり。

一〇 同郡中野村(庄和町) 薬師堂文化元年普門品に石山佐右衛門。香取社文化三年庚申塔に石山与七、明治二十五年雷神碑に石山初太郎・石山梅吉あり。

一一 同郡赤崎村(庄和町) 日枝社天保五年普門品に石山市平あり。

一二 同郡深輪村(杉戸町) 桜神社天保二年御神燈に深和邨石山利兵衛あり。

一三 同郡佐間村(栗橋町) 定福院寛延三年供養塔に石山九左衛門・石山藤太、文久四年庚申塔に石山権蔵。八幡社天保四年御神燈に石山重兵衛、嘉永三年狛犬に石山七右衛門・石山権七、明治十六年碑に石山次六。明治九年副戸長石山権蔵・文政十二年生。明治三十年人名録に藍玉製造業石山権六・嘉永五年生・地租十五円あり。

一四 埼玉郡大沢町(越谷市) 明治三十五年打綿製造石山久次郎あり。

一五 同郡黒谷村(岩槻市) 当村宝暦六年山王碑に石山清右衛門あり。

一六 同郡中野村(春日部市) 宝性院寛政元年庚申塔に石山四五郎・石山幸右衛門・石山宗太郎・石山孫八、寛政十二年庚申塔に石山喜惣次・石山清六あり。

一七 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 観音堂宝暦四年庚申塔に石山八右衛門。当村宝暦十年弁財天に石山八郎右衛門。諏訪社天保十四年御神燈に石山八郎右衛門・石山弥八あり。

一八 足立郡下内野村(大宮市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡上下内野上村・石山勝右衛門。大倭神社嘉永四年御神燈に当所上組石山豊吉・石山倉吉、同年水鉢に当所下組石山定八、明治四十二年碑に石山真平・石山豊之助。明治九年副戸長石山勝右衛門・文政十一年生あり。

一九 同郡石戸領領家村(上尾市) 当村寛文十三年庚申塔に石山口左衛門あり。

二〇 同郡上野本郷村(上尾市) 平方村馬蹄寺明治十年馬頭尊に上野本郷村石山多三郎あり。

二一 入間郡入間川町(狭山市) 明治二十五年入間川町地租額調に石山政久。八幡社明治四十二年碑に入間川町石山松雄あり。

二二 同郡山口村(所沢市) 明治九年地主誓約書に石山都築あり。

二三 同郡川越宿 行伝寺過去帳に「宗蓮・石山前ノ七郎右衛門父・申年四月、妙覚・石山前ノ七郎右衛門旧妻・酉年十一月、浄蓮・石山前七郎右衛門・子年五月。承応二年三月過去帳表具之紙は石山勘右衛門造立す」と。多濃武の雁に「町方草分之者として、加茂下、次原、鈴木の三人あり。草分後、古代の者、多賀町は石山勘左衛門などである」と見ゆ。勘右衛門と同人であろう。水村条参照。三芳野名勝図会に「川越氷川大明神宮造営者、元禄九年二月、大工棟梁多賀町石山長兵衛」とあり。岩殿村正法寺明和六年水鉢に川越・石山彦太郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に石山三吉(煙草商)。三芳野神社明治四十年碑に六軒町石山金三郎(鉄物商)・同所石山半次郎(炭問屋)あり。

二四 新座郡野火止宿(新座市) 石山政雄家文書に「文政元年、野火止宿陰陽家神職石山蔵之助・同美濃。天保三年、石山大隅」と見ゆ。

二五 同郡下新倉村(和光市) 当村明治初年富士講碑に下新倉・石山粂五郎。明治二十五年青年会石山浅五郎あり。

二六 高麗郡清流村(日高市) 明治十六年永続講員石山縫之助。明治二十二年大工職石山清吉あり。

二七 横見郡御所村(吉見町) 横見神社弘化三年御神燈に石山六兵衛あり。

二八 大里郡熊谷宿 熊谷宿百石組に「慶安元年・石山次郎兵衛、宝暦十年・本町南屋敷持主石山茂兵衛、嘉永元年・石山平次郎」。明治十二年熊谷駅議員石山新蔵。明治三十五年煙草塩商石山新蔵・鉄物商石山啓次郎あり。

二九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川越市・石山半次郎・百八十一円・八十四円、石山多助・千百六十九円、石山豊次郎・三十九円・四十三円、熊谷町・石山啓次郎・百五十一円」あり。

伊集 イシュウ 川口、大宮、和光、所沢、大井、与野等に存す。

伊集院 イシュウイン 朝霞、新座、川口、浦和、大宮、蕨、上尾、越谷、草加、岩槻、春日部、入間、狭山、日高、坂戸、小川等に存す。

伊集田 イシュウダ 所沢に存す。

井所 イショ 川口に存す。

井尻 イシリ 秩父郡高山村(飯能市)字井尻は古の村名なり。志木、浦和、大宮、鳩ヶ谷、蕨、草加、岩槻、所沢、川越、三郷、熊谷等に存す。山梨県甲府市十戸、鳥取県(因幡国)八頭郡八東町八戸あり。

井代 イシロ 富士見に存す。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣明治元年川越藩分限帳に「勘定奉行支配・四石二人扶持・井代惣吉・五十二歳」あり。

伊代 イシロ 桶川に存す。

居城 イシロ 岩槻、所沢、狭山、飯能、日高、川越、八潮、上尾、深谷、鶴ヶ島、鴻巣等に存す。新潟県新発田市六十三戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御側坊主・十九石四人扶持・居城三作」。万延二年に「御馬廻・二十石四人扶持・居城銀五郎」あり。

石和 イシワ 川越に存す。栃木県河内郡上三川町九戸、青森県三戸郡名川町七戸、八戸市十戸あり。イサワ参照。

石輪 イシワ 岩手県二戸市九戸あり。

石倭 イシワ 浦和、鶴ヶ島等に存す。

石若 イシワカ 川口、新座、所沢、飯能、富士見等に存す。

石脇 イシワキ 朝霞、戸田、大宮、草加、岩槻、狭山、川越、久喜、鶴ヶ島、富士見等に存す。鳥取市十四戸あり。

石渡 イシワタ 武蔵ではイシワタリ氏が多く、奥州、房総、相模等ではイシワタ氏が多い。イシワタリ条に収む。

石綿 イシワタ 茨城県猿島郡境町十五戸、千葉県印旛郡酒々井町十四戸、神奈川県南足柄市四十四戸、小田原市六十五戸あり。

一 忍城士の石綿氏 成田分限帳に「二十二貫文・石綿内記、十五貫文・石綿主税助」あり。

石和田 イシワダ 千葉県長生郡白子町九戸、君津市七戸、富津市七戸、島根県安来市八戸あり。

一 埼玉郡中新井村(大利根町) 星福寺文久二年絵馬に石和田精七あり。

石渡 イシワタリ 千葉県山武郡成東町三十八戸、長生郡白子町二十戸、安房郡天津小湊町三十六戸、佐倉市百六十戸、木更津市九十八戸、茂原市八十九戸、神奈川県三浦郡葉山町三十八戸、三浦市二百五十戸、横須賀市九百戸、青森県三戸郡五戸町二十五戸、秋田県平鹿郡雄物川町十一戸あり。殆どイシワタ氏なり。

一 忍城士の石渡氏 成田分限帳に「二十貫文・石渡平馬」あり。別本に石渡求馬助と見ゆ。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・石渡門左衛門・是は忍にて罷出・武州之者」。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・三百石・村上取立・石渡勝兵衛、御馬廻・十人扶持・石渡又市」。万延二年に「組頭・三百石・石渡又市、隠居・石渡閙之」。

四 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に石渡孫四郎孫次男弥藤次・十三歳あり。

五 埼玉郡向畑村(越谷市) 増林村護郷神社天保十年敷石碑に向畑村石渡四郎兵衛。香取社明治四十年碑に石渡宇八・石渡太郎左衛門・石渡宇右衛門あり。イシワタリ氏多く存す。

六 同郡船渡村(越谷市) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流船渡村石渡定吉あり。イシワタリ氏多く存す。

七 同郡上野田村(白岡町) 大徳寺宝暦九年地蔵尊に上野田村石渡平助。鷲宮社嘉永元年幟碑に石渡茂右衛門。当村嘉永四年不動尊に上野田村下原・石渡清吉あり。

八 同郡北根村(川里町) 加納村天神社嘉永二年水鉢に北根村石渡金之助。明治九年副戸長石渡幾右衛門・天保七年生。久伊豆社明治十七年富士講碑に石渡彦八郎・石渡幾右衛門・石渡善松・石渡権右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に起到流柔術北根村石渡彦八郎あり。

九 同郡広田村(川里町) 鷺栖神社嘉永六年幟碑に石渡宗三郎・石渡半七あり。

一〇 同郡下高柳村(加須市) 八坂社明治二十六年碑に石渡宇源次あり。

一一 同郡荒木村(行田市) 東福寺寛文五年供養塔に「前藤田又右衛門尉藤原吉任墓、施主石渡市郎兵衛」あり。

一二 足立郡芝村(川口市) 芝郷長徳寺文書に「寛永五年、芝匠丁・石渡内膳」と見ゆ。

一三 入間郡川越宿 行伝寺過去帳に「妙法・石渡・寅年九月、妙安・石渡母」あり。江戸初期なり。

一四 男衾郡鉢形村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に鉢形村・石渡平八郎・石渡梅吉あり。イシワタ氏多し。

一五 大里郡の石渡氏 信州木曽御嶽神社里宮明治四年碑に武州大里郡馬土市村石渡幸助あり。現在地不詳。

一六 榛沢郡岡村(岡部町) 寅稲荷社元治元年百庚申に石渡金兵衛あり。

一七 児玉郡本庄町 明治三十五年西瓜商石渡岩五郎あり。

一八 雑載 昭和三年興信録に「川口町・石渡作次郎・所得税十一円・営業税三十六円、久那村(秩父市)・石渡弥平・所得税十円」あり。

石渡戸 イシワド 川越に存す。

石原 イシワラ 川越、大宮等に存す。

石割 イシワリ 日高、鶴ヶ島、浦和、深谷等に存す。長野市七戸あり。

伊豆 イズ イヅ条に収む。

伊隨 イズイ 所沢に存す。

井杉 イスギ 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡大門宿(浦和市)・井杉太四郎あり。

井祐 イスケ 春日部に存す。千葉県君津市五戸あり。

伊菅 イスゲ 大宮に存す。千葉県安房郡丸山町七戸あり。

五十鈴 イスズ 所沢に存す。

伊住 イスミ 上尾に存す。

泉 イズミ イヅミ条に収む。

五十嶺 イスミネ 山形県西置賜郡白鷹町十一あり。イソミネ条参照。

五十公野 イスミノ 草加、春日部、所沢、吉川、児玉等に存す。山形県西置賜郡白鷹町十九戸あり。

石動 イスルギ 大宮、八潮等に存す。

井瀬 イセ 三郷、久喜、熊谷、富士見、鴻巣等に存す。

伊世 イセ 白岡に存す。青森県下北郡大間町九戸あり。

伊瀬 イセ 入間、狭山、上尾、浦和等に存す。

伊勢 イセ 武蔵国造家の祖神・伊勢都彦命は、神武天皇東征以前に伊勢国に居住していたが、天日別命の征伐にあい、其の国を献じて武蔵国足立郡に集団移住する。武蔵国造家系図に「天穂日命、其子天夷鳥命、其子出雲建子命(一名伊勢都彦命、始め伊勢国度会県に住み、神武天皇御宇の時、東国に来る)」と見え、伊勢国風土記に「天日別命・勅を奉じて東の方数百里入る。其の邑に神あり、伊勢都彦と名づく。天日別命問ひて曰く、汝国天孫に献ぜん哉、答へて曰く、吾此国を覓(もと)め、居住する日久し。敢へて命を聞かじ矣。天日別命、兵を発して其神を戮(ころ)せんと欲す。時に畏伏し、啓して曰く、吾が国悉く天孫に献らん。吾れ敢へて居らず矣。云々」と見ゆ。伊勢国は天日別命の子孫・伊勢国造家が統治する。宇津味、武蔵条参照。伊勢氏は、千葉県銚子市三十二戸、宮城県桃生郡雄勝町十三戸、遠田郡小牛田町十七戸、石巻市四十五戸、塩釜市二十戸、岩手県和賀郡沢内村七戸、陸前高田市十四戸、山形県酒田市十八戸、秋田県平鹿郡平鹿町十三戸、雄勝郡雄勝町十二戸、北秋田郡合川町十三戸あり。

一 北条氏家臣の伊勢氏 小田原所領役帳に「二十貫文入東郡福岡内、六貫文同郡川崎田島内、伊勢兵庫頭殿。四十五貫文入東郡田島郷、備中殿(伊勢)」と見ゆ。上福岡市の福岡村・川崎村、川越市の南田島村等の領主なり。

二 忍城士の伊勢氏 成田分限帳に「十五貫文・伊勢主殿、九貫文・伊勢荒之助」あり。

三 足立郡桶川町 明治三十五年米穀商伊勢茂あり。

四 比企郡小川町 文久元年に座頭伊勢之一祐斉あり。

伊勢井 イセイ 大宮に存す。

伊勢家 イセイエ 鶴ヶ島に存す。

伊勢岡 イセオカ 越谷に存す。

伊勢方 イセガタ 榛沢郡伊勢方村(深谷市)あり。

伊勢川 イセガワ 草加に存す。

井石 イセキ 草加、所沢等に存す。

井関 イセキ 茨城県行方郡牛堀町九戸、鹿島市十七戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「家老堀中美濃家臣・井関卯次郎、寄合衆堀中亘(美濃同居)家臣・井関猶右衛門」あり。

二 入間郡所沢宿 堀兼神社文政四年御神燈に所沢宿・井関孫右衛門・井関伝蔵。神明社安政六年御神燈に井関久次郎。東大和市の内野文書に慶応二年所沢村穀屋井関久次郎・穀屋井関孫右衛門は打毀しに合う。豪商なり。明治七年議定書に井関久次郎・井関次郎右衛門・井関権之助・井関吉五郎・井関伝蔵・井関卯三郎。明治四十三年下町・井関武平次・井関朝喜。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人織物業井関丑五郎・五十株所有あり。

三 雑載 昭和三年興信録に「所沢町・井関丑五郎・所得税三百四十円・営業税百九円、豊岡町(入間市)・井関百蔵・所得税二十七円」あり。

伊石 イセキ 杉戸に存す。新潟県中蒲原郡亀田町七戸あり。

伊関 イセキ 新潟県北蒲原郡聖籠町七戸、山形県鶴岡市十六戸あり。

一 忍城士の伊関氏 成田分限帳に「十五貫文・伊関丹後、十二貫文・伊関藤九郎」あり。

居関 イセキ 与野、鷲宮、浦和等に存す。

伊勢木 イセキ 大宮に存す。

伊勢亀 イセキ 春日部、上福岡、富士見、熊谷、川口等に存す。新潟県白根市十戸あり。イセカメとも称す。

維石斉 イセキサイ 比企郡岡郷(東松山市)妙安寺慶応元年廻国塔に「玉作河岸・石工維石斉紋三」あり。大里町玉作に現存無し。

伊勢崎 イセサキ 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、越谷、草加、八潮、幸手、宮代、鶴ヶ島、日高、入間、狭山等に存す。

伊勢島 イセジマ 榛沢郡伊勢島村(深谷市)あり。上尾に存す。

伊勢田 イセダ 川口、戸田、浦和、大宮、与野、鴻巣、杉戸、鷲宮、久喜、坂戸、所沢、狭山、川越、上福岡、三郷等に存す。神奈川県中郡大磯町十九戸、岩手県東磐井郡藤沢町八戸、青森県下北郡東通村九十七戸あり。

伊勢谷 イセタニ 浦和、草加等に存す。

伊瀬知 イセチ 所沢、三郷、浦和に存す。

伊勢路 イセヂ 庄和に存す。

伊勢塚 イセヅカ 川口、浦和等に存す。

伊是名 イゼナ 上福岡に存す。

伊勢根 イセネ 比企郡伊勢根村(小川町)あり。同郡平村(都幾川村)字竹ノ平慶応三年馬頭尊に伊勢根八五郎あり。当村に現存す。

伊勢野 イセノ 埼玉郡伊勢野村(八潮市)あり、伊勢国松坂の人が来住し開発すと伝う。越谷、春日部、所沢、大井、新座等に存す。福島県西白河郡矢吹町十三戸あり。

伊勢原 イセハラ 狭山に存す。

伊勢坊 イセボウ 大宮に存す。

伊勢村 イセムラ 浦和、越谷等に存す。

伊勢本 イセモト 所沢に存す。川口宿善光寺慶応元年碑に桶川宿伊勢本弁次郎あり。

伊勢谷 イセヤ 秋田県雄勝郡東成瀬村十四戸、横手市十戸、男鹿市十三戸。

一 埼玉郡黒浜村(蓮田市) 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に伊豆島・伊勢谷辰之助・伊勢谷伊八あり。

伊勢屋 イセヤ 越谷に存す。

伊瀬谷 イセヤ 越谷、春日部、上福岡、白岡、浦和等に存す。青森県東津軽郡平内町三十五戸あり。

伊世山 イセヤマ 秩父志に「白久村に伊世山と云あり、所祀伊世大神宮なり。故に此地名あり」と見ゆ。

伊勢山 イセヤマ 朝霞、新座、三芳、越谷、八潮、吉川、吹上等に存す。茨城県西茨城郡岩間町十五戸、東茨城郡美野里町十一戸、行方郡北浦町八戸、新治郡八郷町七戸、霞ヶ浦町六戸あり。

井芹 イセリ 浦和、越谷、草加、飯能、吉川等に存す。

伊勢脇 イセワキ 春日部に存す。

伊善 イゼン 浦和、上尾等に存す。

磯 イソ 常陸国志に「新治郡野殿村、この地を礒庄と云ふ。思ふに礒は伊佐の訛なれども礒氏を称するものあるを見れば、古きよりしか訛れりと見ゆ」とあり。伊勢も同じにて、海洋民の石族(イサ、イシ、イソ)なり。宇津味条参照。群馬県佐波郡東村二十四戸、桐生市二十四戸、栃木県那須郡那須町三十一戸、黒羽町四十三戸、塩原町十七戸、西那須野町五十五戸、湯津上村十五戸、烏山町十五戸、河内郡河内町十九戸、塩谷郡高根沢町十六戸、芳賀郡茂木町三十四戸、黒磯市百五十戸、大田原市百五十五戸、真岡市四十五戸、茨城県西茨城郡岩瀬町八十六戸、笠間市七十七戸あり。礒条も見よ。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「二百三十石・磯与三右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「二百三十石・磯太左衛門」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・磯清八」あり。

三 埼玉郡岩槻町 久伊豆社文化二年庚申塔に渋江町講中・磯伊兵衛あり。

四 同郡小須賀村(羽生市) 当村に磯氏及び磯野氏存す。名村渋井氏家譜の礒氏系図に「礒豊前義直(羽生城主木戸伊豆守家老也。伊豆守越後へ引越候時分、労る事有之留り上川又村に住居名主役相勤、小須賀村開発名主に成る)―礒源左衛門義久(法名天安常清)―長子市右衛門―源左衛門(弟市右衛門は江戸住)―豊平(弟伝十郎)。義久の二子源蔵(元和二年渋井甚兵衛養子)。義久の三子源右衛門(江戸中橋火消役人相勤)―見誉―幸右衛門、見誉の弟十郎右衛門―与左衛門、十郎右衛門の弟小左衛門―婿・小兵衛。義久の四子七兵衛(法名岳山浄誉)―半太夫、妹・渋井五左衛門利光妻、弟七兵衛、妹・礒与左衛門妻」と見ゆ。風土記稿小須賀村条に「中古此村荒廃せしに御打入の後羽生城主大久保相模守忠隣が領分となり、慶長年中、其家士佐伯図書・桑原九兵衛等百姓を還住せしめて荒地を再興すと云」と見え、磯野家文書に「慶長十一年九月、小須賀村新百姓中、磯源助殿」と羽生城代よりの掟書あり。源助は豊前守義直の後の名前なり。上新郷西福寺寛永十二年大日如来坐像銘に小須賀・磯源左衛門。慶応三年に磯十郎右衛門(磯野氏、代々名主)は打毀しに合う。磯野参照。

五 同郡下村君村(羽生市) 名村渋井氏家譜に「渋井甚蔵吉忠(元禄三年江戸より引越住居)―女子(下村君村名主礒長右衛門の男彦助妻)」と見ゆ、子孫は弥勒村に現存す。鷲宮社宝暦十二年棟札に名主磯長右衛門、嘉永六年御神燈に磯忠真治・磯要之丞・磯三郎右衛門・磯吉五郎。風土記稿に磯宮は村民磯三郎右衛門の勧請と伝う。

六 同郡上村君村(羽生市) 大日堂文化七年文字塔に上村君邑磯久兵衛・磯常吉。雷電社江戸末期碑に磯作右衛門。避来矢神社慶応二年馬頭尊に当所磯清五郎。藤井村源長寺慶応四年筆子碑に上村君・磯午之丞あり。

七 同郡砂山村(羽生市) 小松村小松神社宝永五年水鉢に砂山村磯清助あり。

八 同郡今泉村(羽生市) 長光寺寛政十年供養塔に磯平内あり。

九 同郡上羽生村 正覚院文政四年供養塔に磯平七あり。

一〇 同郡向古河村(北川辺町) 鷲神社所蔵に「元禄八年、当所の村長・磯新右衛門久重は向古河天満宮を修造す」と見ゆ。

礒 イソ 栃木県那須郡黒羽町九戸、塩原町七戸、湯津上村十三戸、大田原市四十五戸、茨城県結城郡石下町八戸あり。

一 新田義貞家臣の礒氏 金山城客人楠入道の永禄二年記に「礒中務と云は、舟田入道類葉の人なり。本は上野佐位郡礒(佐波郡赤堀町磯)の住人なり、其後武州に住む。義貞公義謀叛と聞て御幕下に付、三井寺の播州山門の合戦に大功を立、越前にて義貞公亡後、本国に不帰、江州に潜むと云。其の子孫は、当国上野にも民家に裔ありと云也」と見ゆ。幡羅郡の舟田氏と名跡上の同族であろう。佐波郡東村の磯氏か。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・礒善兵衛」。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五十石・礒太郎平」あり。

四 埼玉郡新宿村(吹上町) 山神社明治四十二年碑に北新宿・礒宇八あり。

磯合 イソアイ 鶴ヶ島に存す。

磯井 イソイ 鳥取県気高郡青谷町六戸。

一 埼玉郡上野田村(白岡町) 彦兵衛新田村文政十一年供養塔に上野田村字山中・磯井甚五郎・磯井口八・磯井清四郎あり。

五十井 イソイ 騎西に存す。イカイ参照。

五十石 イソイシ 春日部、坂戸、浦和等に存す。

礒岩 イソイワ 鳥取県米子市九戸あり。

井相田 イソウダ 明治十二年秩父郡下吉田村総代人井相田伊平。昭和三年興信録に「下吉田村・井相田米吉・所得税十一円」あり。

磯内 イソウチ 越谷に存す。

五十内 イソウチ 千葉県山武郡山武町五戸あり。

磯江 イソエ 熊谷、鶴ヶ島に存す。鳥取県(伯耆国)東伯郡羽合町二十七戸、北条町五十九戸あり。

礒江 イソエ 所沢、深谷等に存す。

磯尾 イソオ 上尾、深谷等に存す。栃木県那須郡湯津上村五戸、長野県木曽郡日義村十二戸あり。

磯岡 イソオカ 越谷、川越等に存す。

礒井 イソガイ 埼玉郡下栢間村(菖蒲町)の土豪にて、今は磯貝を称す。当村天満宮天正二年棟札に礒井宗左衛門・氏神とあり。次条参照。

磯貝 イソガイ 群馬県富岡市四十一戸、安中市五十九戸、栃木県佐野市三十二戸、真岡市二十戸、千葉県安房郡天津小湊町十戸、富津市二十戸、木更津市十九戸、長野県佐久市五十二戸、新潟県中頚城郡頚城村十八戸、糸魚川市七十戸、福島県郡山市五十七戸あり。

一 埼玉郡下栢間村(菖蒲町) 前条の後裔なり。諏訪社嘉永三年水鉢に磯貝次郎右衛門あり。

二 足立郡川口宿 善光寺宝暦九年湯殿山碑に川口邑礒貝勝右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流川口町磯貝貞次郎・磯貝源丸。明治三十五年牛肉店磯貝長太郎。川口神社明治三十九年碑に磯貝房五郎あり。

三 同郡江戸袋村(川口市) 里村法福寺文化十四年観世音に江戸袋村礒貝浅左衛門。氷川社文政十二年水鉢に礒貝浅右衛門・礒貝忠蔵・礒貝新兵衛・礒貝久左衛門・礒貝幸右衛門。東光院天保八年地蔵尊に磯貝喜三郎。明治九年副戸長磯貝新兵衛・嘉永元年生。

四 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門下碑に磯貝豊吉あり。

五 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年呉服商森田屋磯貝常五郎あり。

六 新座郡大和田町(新座市) 明治三十五年下駄商磯貝丑五郎あり。

七 幡羅郡東方村(深谷市) 幡羅村会議員磯貝隆治・明治三十六年生あり。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・磯貝平太郎・十一円・三十二円、鳩ケ谷町・磯貝常五郎・百二十円・百十二円」あり。

礒貝 イソガイ 大宮、上尾、桶川、吹上、行田、吉川、松伏、岩槻等に存す。千葉県木更津市二十戸あり。

一 赤穂藩家臣 榛沢郡桜沢村吉田氏系図に「吉田次左衛門忠清(慶安五年卒)―女子(寄居村荻原三五左衛門妻、後江戸へ出る)―子息・礒貝重郎左衛門(浅野内匠頭様御家中)」あり。

磯海 イソガイ 草加、川口等に存す。

磯谷 イソガイ 各市町村に存す。福島県耶麻郡猪苗代町十八戸、岩手県大船渡市二十九戸あり。イソタニ参照。

礒谷 イソガイ 上尾、鳩ケ谷に存す。

五十貝 イソガイ 戸田、和光、与野等に存す。群馬県安中市十戸あり。

五十ヶ谷戸 イソガイト 埼玉郡上新郷字五十ヶ谷戸あり、イソガイトと註す。

磯角 イソカド 寄居に存す。

磯兼 イソガネ 越谷、浦和等に存す。

磯上 イソガミ 戸田、大宮、越谷、春日部、所沢、三郷、上尾、北本等に存す。福島県いわき市百六戸あり。

磯ヶ谷 イソガヤ 埼玉郡三箇村(菖蒲町)三箇神社江戸末期碑に礒谷又左衛門・礒谷利兵衛あり。今は磯ヶ谷なり。

礒ヶ谷 イソガヤ 桶川、大宮等に存す。

磯川 イソカワ 埼玉郡城村(蓮田市)に磯川あり。栃木県河内郡河内町七戸、神奈川県高座郡寒川町十七戸、福島県耶麻郡猪苗代町二十七戸、青森県下北郡佐井村十二戸あり。

一 忍城士の磯川氏 成田分限帳に「二十五貫文・磯川吉郎左衛門」あり。南河原村住人か。

二 埼玉郡南河原村 観福寺宝暦十二年供養塔に磯川重五郎、文政三年供養塔に磯川吉郎左衛門・磯川勘右衛門・磯川佐兵衛・磯川久五郎・磯川吉兵衛。妻沼村聖天宮安政三年算額に南河原村磯川半兵衛徳英。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に南河原村磯川久司。明治九年副戸長磯川勘右衛門・文政六年生あり。

三 新座郡館村(志木市) 館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。中道山中通りに至って磯川等の輩住居す」と。宮原文書に「正保五年、磯川四郎左衛門。天和元年、館之郷大塚・磯川六左衛門。嘉永四年、氷川宮寄進、館村磯川徳次郎」と見ゆ。行屋稲荷社正保五年庚申塔に館村磯川四郎左衛門、元治二年水鉢に館村磯川常吉。宝幢寺寛文九年供養塔に新倉郡館郷・礒川四郎左衛門、延宝二年庚申塔に館村礒川長右門、享保十一年鐘銘に館村・礒川佐右衛門・礒川源三郎。千手堂宝暦七年廻国塔に館村礒川七郎右衛門。当村宝暦九年石橋供養塔に館村・磯川七郎左衛門・磯川吉三郎。氷川社嘉永六年碑に館村磯川清次郎・磯川徳太郎。敷島社明治五年富士碑に館村磯川喜三。不動堂明治十四年碑に志木宿磯川七郎右衛門。立善講寺明治十九年題目塔に当宿磯川和吉あり。

四 熊谷町 昭和三年興信録に「熊谷町・磯川豊吉・所得税十一円」あり。

礒川 イソカワ 浦和、上福岡、杉戸等に存す。千葉県館山市六戸あり。