埼玉苗字辞典
カ(カネコ〜カンレイ)

金子 カネコ 足立郡大成村(大宮市)は金子庄を唱える。入間郡木蓮寺村・峰村・寺竹村・三ツ木村・花木村・中神村等は金子郷(入間市)を唱える。近村の上下谷ヶ貫村・小谷田村・新久村・高倉村等は金子領と称す。木蓮寺村字金子、峰村字加根古・字金子山、三ツ木村字金子・字金子山、小谷田村字金子坂、近村の高麗郡仏子村字金子坂(入間市)、阿須村字金子沢(飯能市)あり。吾妻鑑寛喜二年条に武蔵国金子郷と。寺竹村元亀三年懸仏銘に武州入東郡金子郷木蓮寺峰寺竹三村と見ゆ。また、埼玉郡中曽根村字金子、六万部村字金子、足立郡中釘村字金子下、入間郡北田島村字金子町、赤尾村字金子町、沢木村字金子、福岡新田字金子海道、鶴馬村字金子、大久保村字金子ヶ谷戸、高麗郡中沢村字金子ヶ谷戸あり。金子氏は、武蔵、上野、越後、佐渡に多く存す。〇群馬県利根郡月夜野町二十一戸、片品村二十五戸、白沢村二十戸、利根村百四十戸、吾妻郡吾妻町二十七戸、長野原町二十八戸、群馬郡群馬町二十一戸、勢多郡粕川村三十戸、富士見村七十戸、東村六十戸、新里村九十戸、山田郡大間々町百七十戸、新田郡笠懸町百十五戸、藪塚本町四十五戸、尾島町三十戸、新田町四十戸、邑楽郡邑楽町百戸、大泉町五十戸、千代田町八十戸、明和町四十戸、佐波郡赤堀町七十戸、玉村町六十戸、沼田市百三十戸、高崎市百四十戸、前橋市三百八十戸、桐生市四百五十戸、太田市二百四十戸、館林市百六十戸、伊勢崎市百五十戸。〇栃木県那須郡西那須野町三十五戸、上都賀郡粟野町七十戸、下都賀郡大平町四十五戸、安蘇郡田沼町七十五戸、鹿沼市二百三十戸、栃木市百戸、佐野市百五十戸、足利市二百四十戸。〇茨城県那珂郡大宮町四十五戸、山方町五十戸、那珂町三十戸、東茨城郡美野里町三十戸、結城郡八千代町二十五戸、北相馬郡守谷町二十五戸、猿島郡猿島町五十戸。〇千葉県印旛郡富里町三十戸。〇山梨県東八代郡石和町二十戸、一宮町二十二戸、中巨摩郡竜王町二十三戸。〇長野県上水内郡信濃町二十二戸、埴科郡戸倉町二十三戸、坂城町二十七戸、小県郡長門町二十三戸、武石村三十三戸、東筑摩郡四賀村二十四戸、南安曇郡穂高町二十二戸、諏訪市二百四十戸、上田市百戸。〇新潟県岩船郡荒川町五十八戸、中蒲原郡村松町三十六戸、西蒲原郡黒崎町二十八戸、分水町三十戸、巻町五十八戸、吉田町五十五戸、岩室村二十二戸、南蒲原郡栄町六十戸、田上町四十戸、下田村二十戸、三島郡越路町二十六戸、寺泊町二十七戸、中魚沼郡津南町二十五戸、中頚城郡柿崎町二十六戸、吉川町二十戸、東頚城郡浦川原村二十二戸、西頚城郡能生町二十四戸、佐渡郡小木町五十八戸、佐和田町四十戸、羽茂町七十一戸、真野町百三十戸、赤泊村六十六戸、新穂村三十戸、三条市三百戸、燕市百八十戸、長岡市三百四十戸、新井市百戸、糸魚川市百五十戸、柏崎市百八十戸、上越市二百四十戸。〇福島県伊達郡伊達町二十二戸、大沼郡会津高田町二十五戸、河沼郡会津坂下町二十戸、いわき市百戸、福島市百六十戸。〇宮城県桃生郡桃生町二十戸。〇岩手県紫波郡矢巾町二十七戸、下閉伊郡田野畑村十九戸、普代村三十戸。〇山形県東置賜郡川西町百五十戸、高畠町百五戸、西置賜郡白鷹町三十四戸、飽海郡遊佐町四十六戸、東田川郡余目町二十三戸、米沢市百三十戸、山形市二百二十戸。〇秋田県由利郡象潟町三十四戸、仁賀保町二十九戸、矢島町四十六戸、雄勝郡雄勝町四十戸、仙北郡仙南村二十三戸、西仙北町二十七戸、南秋田郡五城目町三十二戸、山本郡八竜町百二十戸、山本町二十四戸あり。

一 平姓村山党金子氏 入間郡金子郷より起る。但し、冑山本には多摩郡府中領金子村(調布市)より起るとあり。武蔵七党系図に「〇村山頼家―金子六郎家範―小太郎高範、弟家忠―家高―太郎時家(承久乱有戦功)―太郎時重―六郎時光―金子大蔵丞、時家の弟重高―三郎左衛門尉重氏―六郎朝重、重氏の弟十郎左衛門尉家氏―為忠(早世、建治二年没、青梅塩舟観音仏像銘)、重高の弟六郎某(承久乱溺宇治川而死)、其弟三郎左衛門広家―太郎左衛門広綱―宮内左衛門尉頼広、広家の弟五郎忠澄(承久乱有戦功)。家高の弟滝口忠恒―六郎左衛門尉親恒―左近恒重(弟忠季、重忠)、親恒の弟太郎忠能、其弟三郎恒盛、其弟六郎恒元―忠元(弟忠行、忠員)、恒元の弟八郎忠村、其弟十郎忠時。〇家忠の弟余一近範(元、家元)―余一太郎近吉(建保元年党和田氏被処)―太郎五郎範景、弟六郎義景―六郎三郎入道近季、近吉の弟近成―二郎太郎親実―四郎親茂、親実の弟六郎入道時親―親成、近成の弟六郎左衛門尉近綱―平内親時(弟六郎基綱)―平内左衛門時綱(弟二郎泰親、五郎家時、六郎家親)―小六郎親成(弟二郎家親、三郎光時、五郎経親)、近綱の弟八郎左衛門重範、其弟小四郎近頼」と見ゆ。保元物語に「義朝に相随ふ手勢の者共は、武蔵国には、村山には金子十郎家忠生年十九歳、軍は今日こそ始なれ」と。平家物語に「一谷合戦に武蔵国住人金子十郎家忠・同与一親範」と。源平盛衰記に「村山党の大将に金子十郎家忠・同与一近範」と。吾妻鑑卷一に「治承四年八月二十六日、武蔵国の畠山次郎重忠・金子・村山の輩已下数千騎、三浦氏を攻める」。卷四に「元暦二年二月十九日義経・屋島に至る。金子十郎家忠・同与一近則は従ふ」。卷九に「文治五年七月十九日、奥州進発の随兵に金子小太郎高範」。卷十八に「元久二年六月二十二日、畠山重忠討伐に金子・村山党の者ども向ふ」。卷二十一に「建暦三年五月四日、金子太郎等先登して和田一族を攻める。合戦に討たれし人々に金子太郎、生捕の人々に金子与一太郎・同奥次」。卷二十五に「承久三年六月十四日宇治合戦に敵を討つ人々に金子大倉太郎・同右近将監・同三郎、味方の人々死するは金子大倉六郎・金子小太郎」。承久記には「金子与一小太郎・大倉六郎等は山城宇治河を渡河せんとして流さる」と。慈光寺本承久記には「北条泰時に附く人々は金子平次・丹党・小玉党・金子党を始めとして二万騎、北条時房に従ひ海道の先陣として上洛せんとす」と。卷四十八に「正嘉二年正月一日、年始の儀に金子平次左衛門尉」。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・金子十郎跡十貫・同余一跡七貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」。実躬卿記に「嘉元二年五月二十九日、金子四郎平成基は、山城新日吉社五月会の流鏑馬に的立をつとむ」。御的日記に「正和二年正月十五日、金子十郎忠基は弓射をつとむ」。近江蓮華寺過去帳に「元弘三年五月九日、近江番場にて北条方六波羅の士、金子十郎左衛門尉儔弘・五十二歳討死す」と。儔弘をトモヒロと註す。

二 入間郡金子郷の金子氏 萩藩譜録・金子系図(金子九一郎忠義家)に「姓平、本国武州高麗郡住村山金子邑、以在名称金子氏。桓武天皇三世高棟王五代之後胤平親信長男・金子武蔵守行義―頼任―頼家―家範―十郎家忠(武蔵守、建保四年二月十日卒八十歳)―太郎左衛門督家広(武蔵守、寛喜二年四月十三日卒)―太郎二郎左衛門督家繁(弘長二年十月十六日卒)―十郎左衛門佐忠広(正和二年七月三日卒)―右衛門二郎忠重(武蔵守、建武二年十二月二十五日卒。弟十郎左衛門尉忠政・元弘二年五月八日於江州番場北条仲時一所自害)―越中六郎左衛門尉忠親(応安三年卒)―越中亦六家祐(至徳二年卒六十五歳)―二郎右衛門督家重(又宗基、応永十年卒)―十郎兵衛尉広親(式部少輔、応永二十二年卒)―与一郎備前守充広(永享十一年足利持氏に鎌倉永安寺にて殉死す)―十郎充親(長享二年卒五十八歳)―十郎四郎武親(大永三年卒)―八郎多門家長(大蔵少輔、天文十五年卒)―十郎充忠(新五郎、弘治元年卒。弟三郎右京助充長。其弟六郎右馬介長政・子孫奥州に在)―十郎兵衛尉家政(天正十五年卒)―十郎大学頭政熈(慶長九年卒、妻北条家臣七沢某女)―八郎兵衛内記政景(寛永十六年卒、妻毛利秀就家臣宍戸元真女。弟十郎政俊・板倉内膳正重昌家臣)―権二郎就親(宝永元年卒)―弥右衛門親唯―九一郎忠義―内記忠行」と見ゆ。また、風土記稿金子郷木蓮寺村条に「瑞泉院は金子十郎家忠が開基にて、家忠は建保四年二月十七日卒す。法謚を瑞泉院雄翁道英と云ふ、これ此の院号の起りし故なり。又過去帳に金子氏代々の法名、卒年もありて、甚だ明備なれど疑ふべし。金子氏の子孫、今松平大膳大夫(萩藩毛利氏)の家に残れり。則ち金子十郎左衛門忠義、同六郎左衛門忠行より、当寺へ贈りし書を蔵せり。其の内に金子氏の由来及び此の地を草創せしことをのせたれども、此の人のことは爰のみに非ず、多摩郡金子村の条に弁じたれば、ここにはのせず」と。瑞泉寺所蔵・金子家系図に「家紋瓜内根笹雀二羽、五三桐。金子六郎家範―十郎家忠―大蔵丞家高(和田方被誅)―次郎右衛門尉重高―三郎右衛門尉重氏―六郎朝重―十郎右衛門尉家兼(武蔵野合戦将軍方、有軍功)―又十郎正兼―十郎加賀守朝兼(応永二十三年十月上杉禅秀に従ふ)―大蔵丞家治(法名幽朝)―美乃守家朝(法名松厳。弟掃部助家久・構相州小沢要害居之)―右近将監家範(法名伯円)―十郎宮内左衛門尉家綱(法名尊順)―大蔵少輔家長(仕北条氏康、天文十五年卒)―小太郎紀伊守正助(襲上州群馬郡金子能登守遺領移同国南山、属武田信玄、天文十四年従北条氏、弘治元年卒。弟二郎右京亮加賀守充長・仕北条氏、天正十八年没落、其子充忠・文禄元年仕石川日向守。其弟右馬助六郎長政・子孫奥州偶居す)―十郎右衛門尉越中守家定(始家政、上杉謙信食客、法名高養寺殿月峯常円居士、天正十五年卒)―十郎大学頭政椀(上杉景勝に従ひ武州退去、後京都宰相板倉伊賀守勝重家臣)―内記政景(板倉周防守重宗老臣)―権二郎就親(毛利秀就家臣、長州萩城下住居)―三郎兵衛親唯―十郎左衛門権二郎忠義―内記忠行」と見ゆ。子孫の金子豊文書(宇部市在住)に「延文四年二月七日、足利基氏は、金子越中六郎左衛門入道に上洛を命ず」。水月古鑑に「康安二年二月八日、足利義詮は、金子越中守に伊豆国の畠山氏退治を命ず」。萩藩閥閲録に「譲り渡す、武蔵国入西郡金子郷のうち屋敷の事、いぬそう孫たるによて也。正中二年の入間川の流を知行すべし、自筆をもって永代をかきて、譲り渡すところ実也、ただし、そうき(宗基)が譲りを背かん物は、そうきがあとを一分も知行すべからず、永和五年二月十六日、宗基判」。金子豊文書に「永徳二年四月、武州中一揆の金子越中又六家祐は、小山義政退治のため軍忠せしことを注進す」。萩藩閥閲録に「元亀二年頃。知行方之事、八貫文屋敷分近辺、十七貫文小谷田村・但此内富泉名字中・従前々拘来候分・被下候、五貫文黒須川村、五貫文北金子村、八貫文あすの村、八貫文高倉村、三貫文仏師村、以上本領分五十一貫、此外新恩之分、百貫文加治惣領分、十貫文黒沢村、三十貫文佐々井之村、十貫文河寺笠縫之村、以上百五十貫文分、とにかくに彼谷打詰候当日当陣へ可被移者也、六月三日(天文十五年)、金子大蔵少輔殿、同新五郎殿、氏康判」。水月古鑑に「永禄元年十一月二日、氏政は、金子左衛門大夫等に川越の定番を命ず」、「永禄四年四月二日、北条家は金子大蔵丞に入間郡金子郷を宛行ふ」、「永禄六年卯月八日、北条家は、金子大蔵少輔に金子屋敷等を免許す」。寺竹村白鬚神社懸仏に「武州入東郡金子郷木蓮枝・峯・寺竹三村内、境之大明神、金子越中守家定、元亀三年壬申九月吉日」。風土記稿寺竹村条に「高養寺開基は金子筑後守家定・天正十五年八月二十二日卒す、法名は高養寺殿月峯常円居士」と見ゆ。此氏の本拠地は、本貫の入間市木蓮寺村・峯村・寺竹村と、入間川添えの入間市黒須村・高倉村・小谷田村・仏子村・加治領野田村狭山市笹井村、飯能市阿須村・川寺村・笠縫村、青梅市黒沢村の附近なり。但し、系図は後世の作で信用出来ず。十一、十二、十五、十六項及び各郡参照。

三 伊与国の金子氏 十郎家忠―家高―三郎左衛門広家―太郎左衛門広綱―宮内左衛門尉頼広の系統で、金子郷寺竹村及び隣村の阿須村を本貫地とす。新居浜市史に「新居郷地頭職は金子家忠のときから与えられて、広家のときに下向す」。新居郷河内村は武蔵国金子氏が移住し、金子村に改めたと云う。戦国時代に金子備後守元家が金子城を治めていたが、天正十三年小早川隆景に滅ぼされる。この子孫金子家和氏文書(埼玉県大宮市在住)に「風祭三郎入道西妙―尼妙覚(金子太郎左衛門尉広綱妻)―金子宮内左衛門尉頼広―金子太郎左衛門尉康広」の相伝系図あり、西妙所領の相模国足柄郡風祭郷と上総国山田郡本上村地頭職を相続す。同家文書に「弘安五年七月十六日、幕府は、亡父左衛門尉広綱の遺状、母尼妙覚弘安三年配分に任せ、伊与国新居郷地頭職、武蔵国金子・阿主郷屋敷田畠等を平頼広に領地せしむ」。「暦応元年九月二十八日、金子太郎左衛門尉は伊与国における軍忠を賞される」。京都東寺百合文書に「貞和五年二月四日、伊与国弓削島領家職(新居浜市)を、金子太郎左衛門入道善喜が沙汰す」と見ゆ。

四 安芸国の金子氏 芸藩通志に「金子小次郎家正、承久年中・関東より来り、高宮郡玖村(広島市)に住し、武田氏に属す」と。芸備郡中士筋者書出に「正安三年十一月一日、久村地頭金子三郎二郎入道願西」。熊谷家文書に「応安六年二月六日、句村地頭職金子孫太郎入道跡を三入庄の熊谷宗直に預け置く」と見ゆ。また、毛利家文書に「承久三年八月二十七日、平慈蓮は承久乱の戦功により、安芸国温科村地頭職に任ぜられる」。「文保元年十一月三日、安芸国温科村地頭職は、盛忠祖父慈蓮より譲られた所なり、養子乙千代丸に譲る。平盛忠判」。後藤文書(早稲田大学所蔵)に「正平七年正月八日、金子孫十郎信泰は、尊氏に従ひ関東に下向す」と。信泰は観応の乱に尊氏方の甲斐安芸両国の守護武田信武の被官なり。毛利家文書に「観応三年九月二十一日、甲斐国青沼郷内(甲府市)・下地金子平内左衛門尉信泰」。「文和元年十二月二十二日、尊氏は、金子平内左衛門尉の多摩郡人見原合戦における戦功を賞す」。「文和三年閏十月九日、金子左衛門信泰は、所領安芸国温科村地頭職を子息千代市丸に譲る」。「貞治六年正月十七日、安芸国温科村惣地頭金子六郎入道時蓮跡等を金子平内左衛門尉信泰は安堵される」と見ゆ。芸藩通志に「永町山は温品村にあり、温科左衛門家行の所居なり。金子氏は室町期には温科氏を称し、永町山城に代々居城し、安芸守護武田氏の重臣なり」と見ゆ。

五 出雲国の金子氏 島根県意宇郡東出雲町の関東御家人金子氏、加治氏なり。千家文書に「文永八年十一月、出雲国熊野庄三十八丁・加治左衛門次郎、意東庄六十三丁・金子左衛門三郎女子」と見ゆ。

六 石見国の金子氏 地理志料に「祀典に謂ふ所の物部神社は川合村(安濃郡)に在りて、物部連の祖可美真手命を祀る。本国の一宮と称す。神主金子氏は神裔を以って、世々其の職を襲ふと云。本居内遠曰ふ、金子氏・実に十郎家忠の裔、家忠は保元平治の乱、勇を以って顕はれ、邑を石見に食む。其の子孫、祠事に預る者、竟に神主を凌ぐ也と。姑く附して考に備ふ」と。萩藩閥閲録に「建武四年十年十九日、金子五郎左衛門尉清忠は、石見国白上地頭職(島根県益田市)を賜る」と見ゆ。

七 播磨国の金子氏 吾妻鑑卷七に「文治三年三月十九日、法隆寺領地頭金子十郎・妨の事、停止せしむべきの趣、去年下知し給の処、猶ほ静謐ならざる由、寺家院宣を帯びて訴申す云々。下、播磨国鵤庄(兵庫県揖東郡太子町)住人、金子十郎の妨を停止せしむべし云々。金子十郎・代官を入れ置き、庄を押領す」と見ゆ。

八 淡路国の金子氏 家忠―家高―重高―重氏の系統にて、津名郡都志郷(兵庫県五色町)は佐野景盛が地頭であったが宝治合戦に敗れて没収され、金子重高に与えられた。九条家文書に「文応元年九月十八日、淡路国都志郷地頭金子左衛門尉重高法師法名高仏、代子息次郎左衛門尉重氏」と見ゆ。

九 遠江国の金子氏 京都東寺百合文書に「貞和二年十月七日、最勝光院領遠江国原田庄内細谷郷(静岡県掛川市)一分地頭金子孫次郎忠継」。「東寺領遠江国原田庄内細谷郷地頭貞治二年分を金子十郎左衛門入道は未進す」と見ゆ。二十項参照。

一〇 津軽の金子氏 東日流外三郡誌に「十三左衛門尉安倍秀栄(藤原秀衡の弟、津軽十三港の安倍氏季の養子)の臣に、豊島左衛門利宗・金子新左衛門時光・熊谷多次郎盛直、右、十三左衛門尉氏之の直臣也」と見ゆ。

一一 上野国の金子氏 群馬郡金古村に金子太郎の塁跡あり。源平盛衰記に「新田入道の郎等金子舟次郎」と見ゆ。武蔵国金子十郎家忠以前に金子氏見え、家忠後裔説は附会なり。此氏は当国の大姓にて古代以来の居住者である。武蔵金子家系図に「金子十郎家兼(武蔵野合戦に将軍方)―正兼―朝兼―家治―美乃守家朝―家範―家綱―家長―紀伊守正助(襲上州群馬郡金子能登守遺領移同国南山、属武田信玄)。家兼の弟六郎家正―孫六郎正忠―六郎大夫正武(居上野国群馬郡金子城)―弥六正治―孫十郎―十郎太郎」とあり。自己の名字と同じ地名の群馬郡金子村へ移住したか。或は武蔵金子氏系図に連ねたに過ぎないか。加沢記に「沼田平八郎景義の伯父の老神村名主金子新左衛門(後に美濃守泰清)は、八十貫文を知行し沼田氏の臣なり。阿曽(利根郡昭和村)の要害には金子美濃守立籠る。天正八年六月晦日、武田勝頼は、金子美濃守に対し沼田城明渡しの恩賞として、本領八十貫文、薄根之内(沼田市)二十貫文、都合百貫文を与へる」と。また、上州の苗字と家紋に「金子氏は沼田市の大姓にて、紋は丸に五三桐。金子美濃守一族の紋は三つ巴。遠祖は桓武天皇八代の後胤左中将行義が、武総二州の大守で入間郡金子郷へ亀井城を築き、金子姓を称す。その孫が新田氏に従い世良田に住み、行義から二十五代の孫美濃守照重が戦国時代に利根村追貝に土着、子の綱重は沼田氏、真田氏に仕える」。「利根村追貝及び大楊附近は此氏の大姓にて、紋は三つ巴。先祖は桓武平氏良文の支流鎌倉権五郎景政の子孫。保元平治の乱に功あり武蔵国金子を与えられ姓とする。新田義貞鎌倉攻めに功あり、群馬郡金子城に移る。金子美濃守泰清は沼田城主に妹を与える」。「山田郡大間々町の大姓にて、紋は五三の桐、分家は三ツ巴なり。金子美濃守泰清の子泰総を先祖とす」。「吾妻郡長野原町の金子氏は丸に剣酢漿草。平家範の子十郎家忠の末孫、上野国沼田城主(或は吾妻郡柏原城主)金子美濃守平正忠・元亀年間武田勢の攻撃を受けて戦死、その子式部正範は武田信玄に仕えたが、二男民部忠氏は逃れて長野原にかくれ帰農す」と見ゆ。土着の苗字と名跡金子美濃守の名字とを混同す。

一二 相模国の金子氏 足柄上郡成田庄金子村(大井町)あり、応永二十七年京都鹿王院文書に天龍寺領相模国成田庄金子村と見ゆ。多賀谷系図に「村山三郎重遠(始領相州金子)―金子十郎家忠(生相州金子、後頼朝より武州騎西庄を賜る)」と、十九項参照。また、武蔵金子氏系図に「金子美乃守家朝の弟掃部助家久(構相州小沢要害居之)」と。但し、武蔵金子氏にあらず。鎌倉大草紙に「文明九年四月十八日、相州には長尾景春が被官金子掃部助は、小沢と云城に楯籠るを、太田資長は責落す」。太田道灌書状に「長尾景春傍輩には金子掃部助在所・小沢と申所を成要害候」と見ゆ。愛甲郡角田村字小沢(今の愛川町役場附近)なり。子孫は高麗郡久須美村大江文書に「酉七月三日、金子掃部助一跡、以上右彼一跡、被進置候、宮寺与七郎殿、横地花押」と。掃部助跡は宮寺氏(本名大江氏)が給う。小田原所領役帳に「三十五貫文・橘樹郡小机篠原代官金子出雲・元成田衆知行。十貫文・小沢・津久井衆・金子新五郎」あり。是等の金子氏は足柄郡金子村より起る。また、相州東郡小園村(小曽祢村)は下総国小金城主高城下野守の領地にて、小田原役帳に「十貫文・東郡小園・高城」とあり。金子英和文書に「天正九年正月十一日、金子兵部少輔殿、高城胤辰花押」。「天正十五年七月二十一日、小園之村、如前々其方父子へ相任候、金子兵部丞殿・同与次郎殿、高城胤則花押」。同年文書に小曽祢郷小代官と見ゆ。次項参照。

一三 橘樹郡の金子氏 前項成田衆なれど十郎家忠の子孫と称す。風土記稿篠原村横浜市北区)条に「篠原城は村の北の方にあり、金子十郎家忠の城址なりと云。家忠居住の地は多摩郡金子村の外にも所々にあり。恐くは金子氏が子孫のとりでのあとか。又は当所の代官金子出雲が塁跡などといわば、さもあるべきか。旧家者百姓九兵衛・金子氏にて世々ここに居れり、北条氏の家人金子出雲守の子孫なり。その先祖は金子十郎家忠より出るよし伝れども旧記を失ひたれば定かならず」と見ゆ。また、藤原姓金子氏にて、杉山神社棟札に「天正四年十一月二十二日、杉山大明神祢宜藤原朝臣金子惣右衛門尉秀長」と見ゆ。

一四 多摩郡の金子氏 二項の金子紀伊守正助の弟正範の子孫と称すが、系図に異同あり。金子武雄家系図に「金子十郎家忠―家広―時家―時繁―時光(武州金子住)―時忠(属新田義貞)―重時―朝光―朝重―秀明―家貞(上州・入西地領七百八十貫文、属公方足利持氏、永正十三年卒)―家長―正助(仕武田信玄)、弟充長、其弟正範―秀範(吉良左兵衛督に仕ふ、武州多摩住)―範重(仕徳川)―範忠―忠広―忠恒―恒光」と見ゆ。風土記稿金子村(調布市)条に「此の地は古へ金子十郎家忠が住居の地なりしと云ふ。しかるに村内に館跡を見ず。深大寺村に難波田弾正が古城迹あり、是もしくは金子の居所ならんか。其の故は家忠は当国七党の金子六郎家範の子なり。彼の難波田弾正の先祖、難波田小太郎高範も、亦金子六郎家範が子なり。されば十郎家忠と兄弟なれば、難波田の城跡、即ち金子の居住なる事を知るべし。今村民に小次郎といふものあり、もと金子を以て氏とす。金子十郎等が子孫なりといへど旧記をも伝へず」と。上仙川村条に「島屋敷あり、往古金子時光の館跡にして、天正の頃まで其孫金子弾正といふもの棲たりといへり。殊に金子村に接せし地なれば、金子が故塁といふも拠ところなきにもあらざるべし。旧家百姓清右衛門・当村の里正なり。先祖を尋ぬるに、駿河国江尻辺高橋村に住て、高橋肥後守と云へり。流浪して世田谷吉良に因みあるによりて、当国に来り、後金子弾正の家名を譲られて、この地に移り住せしといふ」と見ゆ。

一五 豊島郡の金子氏 王子村金子氏文書にて鎌倉黄梅院所蔵となる。鎌倉市史に「太田道灌書状は、黄梅院の旧蔵にあらざるが如くなれども、姑くここに収む」と。関東十刹の内に鎌倉禅興寺あり、明治初期に廃寺となり、塔頭明月院が現存す。明月院文書には鎌倉禅興寺とあり。葛飾郡平沼村吉川市)は明月院領及び関宿城主簗田氏領にて、王子村の金子掃部助が代官を務める。此人は長尾景春方の相州金子掃部助とは別人にて、子孫は岩附太田氏の家臣となり埼玉郡久下郷の代官を務める。黄梅院文書に「就平沼郷事、禅興寺へ以書状申候、金子掃部助入道事者、久被預寺功等も候、十月十三日、佐枝大炊助殿、道灌花押」と。簗田文書に「禅興寺領武州平沼之郷事、自何方、雖兎角申候、固守寺家云々、金子左京亮殿、政助花押」と。冑山文庫に「今度岩付領与愚領人返に付而云々、今日奥州(北条氏照)江以使委細申達き云々、金子加賀守殿、中務太輔持助花押」と。諸氏家蔵文書に「大石綱周は、金子左京亮入道に加賀守を受領す」と見ゆ。王子村の金子左京亮(加賀守)宛なり。風土記稿王子村(北区)条に「金輪寺に簗田政助文書一通あり。禅興寺領武州平沼之郷事云々、金子左京亮殿、政助花押とあり。また両部大曼荼羅二幅あり、能登国能登郡石動山天平寺より寄附なり。裏書に、奉修覆、金子共寄進、于時天正二年甲戌九月吉日石動山天平権大僧都玄秀修善院と記す。往昔王子権現勘請(神亀二年)の時、紀伊国熊野より瀬田・飯田・金子・鈴木・須藤・榎本等を氏とする六人の村民随ひ来りて爰に居住す、是を王子の六人衆と呼ぶ。彼六人の内、金子氏の子孫と云もの村内にあれど是も證とすべき事なし」と。また、葛飾郡平沼村吉川市)条に「金子文書に太田左衛門佐持資入道道灌が佐枝大炊助に与る書あり、平沼郷は金子掃部助入道が計として禅興寺に寄せし由を載す。又簗田大炊助政助が金子左京亮に与ふる書にも武州平沼郷禅興寺領たりし事見ゆ。今按に此平沼は当所の事にや、又禅興寺の所在もいまだ考へず、姑平沼の唱によりて疑を存して後考をまつ」と見ゆ。

一六 埼玉郡久下郷の代官金子氏 此氏は前項古代王子衆なれど、二項武蔵金子系図には「金子紀伊守正助の弟二郎右京亮加賀守充長(仕北条氏政・氏直、天正十八年没落)―平右衛門充忠(文禄元年以石川日向守於三州遠州)―七右衛門充範」と、充は允とも記す。十郎家忠後裔説は附会なり。久下郷(加須市)は栗橋領にて、栗橋城・小山城の両城主北条氏照は、小山城に勤番する八名を久下郷に置き、岩附城家臣の代官金子左京亮に印判状を発給す。広瀬文書(八王子市郷土資料館所蔵)に「久下之郷御検地之増、五百十文・川面監物、一貫九十文・山田帯刀、七百九十四文・知久甚兵衛、九百四十文・福田隼人、五百八十八文・荒井与右衛門、九百十文・落合縫殿助、二百四十文・福田九兵衛、九百文・山室助兵衛、以上五貫九百十二文。右、於久下之郷、小山衆に被下候給田の増分也、丁亥十一月二日、金子左京亮殿、陸奥守判」。「久下之郷九十三貫五百二十文、此内、十五貫二百文御加増・金子左京亮増給、右、久下郷丁亥之御年貢之増分、如此被定置候、天正十五年丁亥十一月三日、金子左京亮殿」と見ゆ。

一七 高麗族の金子氏 新堀村(日高市)高麗神社々家の高麗系図に「高麗純丸(大宮司、久安二年卒、母金子学女)。豊純(大宮寺、仁治三年卒)―女子(金子元正妻)」と見ゆ。また、入間郡津久根村八幡社所蔵(越生町)の桜堂縁起に「吾祖、昔高麗国王に随て此土来。人王四十二代元明天皇御宇也。武州今之高麗郡之麓に居住し、星うつり兎てんじて、同国入間郡金子村住居せり二十代之孫葉住しと。其先平氏随ひ、元暦朝に至り頼朝に仕へ、金子十郎家忠戦功有、七十歳病死す。家忠嫡子与市家勝・文暦朝仕行年五十一歳にて弘安八年に北条相随て戦死す。同三郎勝正・生年二十三歳にて頓死、于時建長五年五月也。其嫡子左京亮貞成は行年八十歳にして暦応三年死去。其嫡子平五郎国忠に至り、将軍義持公、義量公二代に仕。源次郎友正・義教公仕。源次郎政時・義勝公に仕。十次郎政忠・将軍家二代仕。十次郎政信・義植公仕。十郎元忠・義輝公に仕。十郎忠次・義栄公義昭公に仕。代々将軍家に相随処、御当代に至り秩父郡大野原村へ蟄居いたし。十郎忠次・男子三人有り、嫡子七郎家次、二男権蔵元次、三男源五忠吉也。慶長十年いたり入間郡築根村にいたり、舎兄七郎家次へ吉山氏姓、初政氏居住。二男権蔵元次・村田氏継。三男源五忠吉に岩田氏継・大満村住居」と見ゆ。

一八 金子氏の本名 前項の八幡社文書に「吉山之先祖、鎌倉浪人金子十郎家勝と申人・津久根切開く。家勝次男吉山入道と申人、文治三年八月正八幡宮を勧請す」と見ゆ。家勝の頃より吉山氏を称しており、村山党金子氏の本名は吉山氏であろう。後世の吉山・村田・岩田の三兄弟は金子氏の名跡を継承した兄弟分で、近世に入り本名に復姓して土着す。また、入間郡木蓮寺・峰・寺竹を金子郷三村と称し、村山党金子氏の発祥地なり。笹井文書に「慶長十四年、金子始り申候て、拙者二十四代・金子三村之内・きもいり金子伝右衛門尉花押」あり。風土記稿峰村条に「旧家者与五兵衛、村の名主なり、氏は加藤なれども、金子氏の末裔なりと云。昔時搆内にて川を掘しに、三浦之隠臣・元亀二辛未二月八日・加藤佐十郎政胤法名道清、傍に佐太郎政次と彫たる碑を得たり、加藤を彫たれば爰の祖先の人なるべければ旧家なることは知べし」と見ゆ。当村に金子氏五戸、加藤氏七戸現存す。名跡金子氏をそのまま苗字に名乗る者と、本名加藤氏に復姓して土着している。二十二項の三ツ木氏も本名か。

一九 多賀谷氏族の金子氏 武士は出稼衆が多く、野与党多賀谷氏は、本名有賀氏(福島県出身)が騎西庄多賀谷村に居住して多賀谷氏を名乗り、家茂・或は政朝あたりが相州金子村より糟谷氏(重臣となる)を供なって来住し、名跡多賀谷氏を継承す。故に村山党金子氏を仮冒す。或は次項の浅羽氏族金子氏が多賀谷氏の名跡を継承するか。多賀谷系図に「秩父重綱―村山三郎重遠(始領相州金子)―金子十郎家忠(生相州金子、後自頼朝賜武州騎西庄)―金子太郎左衛門家遠(金子正統)、弟多賀谷左衛門尉家政、其弟多賀谷小三郎家秀(或号金子)」とあり。但し、上野国の高山三郎重遠を引用するは誤りなり。下妻城主多賀谷氏について、常陸国志補遺に「村山重遠の男金子宗忠・源頼朝に属し、保元の戦に功あり、武蔵国金子の地頭職たり。其の子宗政・騎西郡多賀谷の地頭職となりて多賀谷氏称す。其の五世孫家茂、その子政朝、応永中、結城に来り、結城満広に属し、満広の子高経を養ひて嗣とす」と。常陸国志には「崎西郡多賀谷に居りて氏とす。重茂、子景茂、子家経、子政忠、子家茂、其子政朝・後村山党の子を以って、入りて嗣ぐものあり、因りて金子氏と称す。結城直光の武蔵国足立埼玉千台平方等の地を賜ふに及んで、多賀谷氏其の地に居るを以って、結城の家人たり。政朝に子無し、結城満広の子原光義を養ひて嗣とす」と見ゆ。次項及び多賀谷条参照。

二〇 浅羽氏族の金子氏 持氏滅亡記に「永享十一年二月十日、鎌倉永安寺にて持氏・満貞両御所自害あり、大御所の御頸をは金子入道斬之、小御所の御頸をは原太郎兄弟討之、実検の後、金子は常陸国下妻庄にて御恩を蒙り、原兄弟は遠江国にて御恩を蒙る。此等は金沢合戦(永享十年十一月七日)に上杉憲直に一味して討れし浅羽下総守が子なり。下総守は讒言の罪あるにより誅せらるると云とも、此兄弟三人・外祖原左馬助貞信が吹挙によりて、京勢に加り御所中へ乱れ入り、亡親の忠をあらわし、兄弟三人皆面々に一所懸命の地安堵せり」と見ゆ。此の三兄弟は遠江国佐野郡細谷郷(静岡県掛川市)が本貫地にて、原氏は同郡原郷より起る。東寺文書に「貞和二年閏九月十七日、細谷郷一分地頭、原孫三郎光高・原熊伊豆丸・金子孫次郎忠継」。「貞治二年、細谷郷地頭金子十郎左衛門入道」とあり。武蔵国児玉党浅羽下総守は遠江国原貞信の娘を妻とし、下総守討死により、三兄弟は祖父の原貞信に養育される。金子入道は細谷郷へ移住した武蔵村山党金子氏の養子となり、原兄弟は原氏の養子となる。金子入道は恩賞に常陸国下妻庄の多賀谷氏名跡を継承して多賀谷氏を名乗り、村山党金子氏を称したのであろう。永享後記に「享徳三年十二月二十七日、結城成朝大将にて、鎌倉西御門管領の亭へ打て入る。成朝が家人に武州牢人金子と云もの兄弟あり、大手より責入、憲忠を害し、御首取てまいりたり、成朝・大によろこび、則かれらをめしつれて、御所中へ参上仕、御白洲に畏まる。彼兄弟は無位の者なれ共、憲忠の御首平地に置べからずとて、たゝミを敷、彼両人を置き、公方両人の名字を御尋あり、成朝・かねことは不呼、結城家老の多賀谷が同名に被成、多賀谷とめす。此両人則常陸の下妻の多賀谷の元祖永・賀兄弟是也。依之多賀谷の庭たゝミと云者也、此由来也。又家の紋に瓜を用し事も彼首に敷たる紙に、瓜のごとく血の付たるゆへに、此家のもんに定る也」と見ゆ。多賀谷政朝の養子光義は、同書に「嘉吉元年卯月十六日、結城氏朝・子息七郎・其弟朝兼・氏朝の弟原の三郎光義以下の侍、悉く討死す」とあり、光義討死により、金子兄弟が多賀谷氏の名跡を継承して、多賀谷永・賀と名乗ったのであろう。浅羽条参照。

二一 武蔵鐙の鍛冶師金子氏 二百三十四項参照。

二二 金子氏流三ツ木氏 風土記稿入間郡三ツ木村(狭山市)条に「正慶の頃、北条高時禅門が徒金子和泉守国重と云もの、没落して郡中金子領三ツ木村(入間市)へおち来りて居住し、氏を三ツ木と改む。其後、国重当所へ来りて草莽を開墾して村落をなす、故に氏を以って村に名つけ三ツ木と呼べり。旧家者勇右衛門・氏を三木と云。則当村を開闢せし和泉守国重が子孫なり。先祖は当国七党の内金子十郎家忠より出づと云」と見ゆ。入間市西三ツ木に三ツ木氏二十三戸、三木(みき)氏十三戸、狭山市東三ツ木に三ツ木氏二十五戸存す。三ツ木氏は金子十郎家忠以前からの居住者にて金子氏の本名であろう。

二三 一色氏家臣の金子氏 風土記稿葛飾郡幸手宿条に「宝持寺の第二世養康は、一色の家臣金子淡路守勝則を倶にし遠州に至り、師季雲を請し開山とし、其身は第二世を嗣ぎ天文十八年・百二歳にて寂せり」と見ゆ。

二四 松山城士の金子氏 高麗氏系図(日高市)に「高麗景信(永禄五年卒)、弟友丸は松山城金子紀伊守養子」と。天正庚寅松山合戦図に「御本陣軍監金子紀伊守家基。本郷・町屋・原・野久・野本方面城方・副将金子淡路守忠元。広沢曲輪・金子民部」。民部は三百四十項参照。風土記稿松山古城条に「天正十八年小田原陣の時、金子紀伊守、小倉井雅楽助等籠りしが寄手羽柴利家父子大手より攻来りて陥るべかりし」と。中山家譜に「前田利家は、小田原城を攻める時、其部下金子紀伊守・小岩井雅楽助あり」と見ゆ。松山落城後は利家に従う。其後は、武徳編年集成に「時に金子紀伊守家基当城(岩附)を出て鴻巣辺に蟄居す、後に平岩親吉三百人扶持を授く」とあり。平岩氏は忍城代なり。紀伊守は鴻巣辺の出身者か。後に会津藩上杉氏に仕る。慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、二百石・金子大学、二百石・松山衆金子紀伊守」と見ゆ。また、松山城家臣にて、御堂村浄蓮寺過去帳に「武家旦縁・金子。妙経・下里ノ金子内方・丑年七月。法善・金子利兵衛母。妙印・金子ヲバ。妙法・アヲ山ノ金子三右衛門母・慶長十六年九月。妙法・青山金子内・九月」あり。比企郡下里村及び青山村の人なり。

二五 忍城士の金子氏 成田分限帳に「二十貫文・金子勘左衛門」あり。

二六 岩附城士の金子氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、しゅいの次第・金子大炊助殿」。豊島宮城文書に「天正十三年七月十日、太田氏房の祝言行列次第に、十七番・とをりの荷物奉行金子修理亮・同隼人」あり。また、九十九、二百三十四、二百九十六項参照。

二七 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・金子庄左衛門・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

二八 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百石・金子清右衛門、二十二俵二人扶持・金子助左衛門」。宝暦二年秩父松本日記に「大目付金子清右衛門様、入郡巡視」と見ゆ。

二九 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御納戸支配御仕立物師・六石二人扶持御雇・金子十蔵、見習金子十次郎」。明治四年忍藩士族名簿に「又者(家老等の臣)・四石二人扶持・金子千太郎」あり。

三〇 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「二百七十石・金子十兵衛」あり。八王子城家臣野村高貞軍忠覚書に北条氏照の臣金子十兵衛と見ゆ。此人と同人か。

三一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十四俵二人扶持・金子欣三郎、十三俵二人扶持・金子小三郎、五両余二人扶持・金子脩衛、同高・鉄砲師金子平吉」あり。

三二 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・金子万造、同高・金子豊、同高・金子充、四石二人扶持・金子倉吉」あり。

三三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・十人扶持・亡養父元右衛門・金子忠蔵・四十歳、中小姓・八石二人扶持・亡養父紋左衛門・金子紋左衛門・六十九歳、父紋左衛門・金子章輔・二十六歳」あり。

三四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・金子権右衛門」あり。

三五 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御取次・金子作助、平席之分・金子又蔵」あり。

三六 葛飾郡酒井村三郷市) 信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領酒井村金子孫三郎。明治三十年人名録に金子田十・明治五年生あり。

三七 同郡長沼村(三郷市) 明治八年副戸長金子藤左衛門・代議員金子万蔵。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流長沼村金子登利造あり。

三八 同郡小松川村吉川市) 正福寺跡文政四年成田碑に金子三右衛門あり。

三九 同郡平沼村(吉川市) 芳川神社明治三十一年古峰碑に金子林蔵あり。

四〇 同郡大川戸村(松伏町) 当村に此氏多く存す。八幡社天保二年阿夫利碑に金子新七。明治六年大川戸学校人員録に金子平造三男春吉・□歳、金子清吉長男元七・十三歳、金子平左衛門孫力蔵・九歳。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流大川戸村金子市松・金子信次郎。明治三十年人名録に金子市松・嘉永六年生・地租九十八円、医師金子艶次郎・天保十一年生・地租三十八円あり。

四一 同郡魚沼村(松伏町) 字関香取社文化二年庚申塔に金子久左衛門・金子杉右衛門・金子清五郎・金子太七・金子源五右衛門、万延元年庚申塔に金子伝左衛門。妙音寺天保十四年成田山碑に魚沼村西組・金子喜兵衛・金子儀左衛門。東稲荷社文久元年成田山碑に金子与兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流魚沼村金子和一郎・金子太七・金子浦吉。明治三十年人名録に金子与平次・嘉永三年生、蚕業油商金子和一郎・慶応三年生あり。

四二 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺安永二年庚申塔に金杉村金子杢右衛門、江戸末期庚申塔に兼子七郎右衛門あり。

四三 同郡築比地村(松伏町) 下香取社明治七年岐神碑に金子八郎次あり。

四四 同郡塚崎村(庄和町) 下吉羽村香取社明治二十年碑に塚崎村金子政蔵あり。

四五 同郡赤崎村(庄和町) 日枝社天保五年普門品に金子忠右衛門・金子吉兵衛あり。

四六 同郡上金崎村(庄和町) 香取社天保六年御神燈に上金崎村金子平七・金子甚之丞。藤塚村香取社江戸末期御神燈に上金崎村金子新七・金子初五郎。鷲巣村鷲神社明治三年御嶽碑に金崎・金子新七あり。

四七 同郡金崎村(庄和町) 道善寺文化七年碑に金子千代松。西金野井村花蔵院天保六年碑に金崎・金子千代松。香取社安政二年小御嶽碑に下金崎村金子平次郎・金子太右衛門あり。

四八 同郡倉常村(庄和町) 愛宕社寛政六年庚申塔に金子七左右衛門、文化十年庚申塔に金子久次郎あり。

四九 同郡藤塚村(春日部市) 香取社江戸末期御神燈に金子久兵衛あり。

五〇 同郡八丁目村(春日部市) 東福寺寛政八年庚申塔に金子半内・金子藤右衛門。上州榛名神社文化十一年御神燈に武州幸手八丁目・金子健吉。香取社文政十年御神燈に金子半右衛門・金子栄次郎・金子新右衛門・金子林八・金子清次郎・金子伝六、明治三年天照碑に金子吉太郎・金子熊次郎、明治二十三年碑に金子和吉。不動院野村大杉神社明治二十四年碑に八丁目・金子丹蔵あり。

五一 同郡新川村(春日部市) 香取社明治十三年稲荷碑に金子喜右衛門あり。

五二 同郡小淵村(春日部市) 大杉神社元治元年狛犬に当所島株・金子丈八・金子吉蔵・金子新吉。明治三十年人名録に蚕業金子丈八・嘉永元年生・地租十六円あり。

五三 同郡木野川村(杉戸町) 明治二十年規約に金子忠四郎あり。

五四 同郡倉松村(杉戸町) 八幡社天保二年水鉢に金子長左衛門。延命院嘉永元年庚申塔に金子仲右衛門あり。

五五 同郡清地村(杉戸町) 近津神社明治十六年御神燈に金子勇蔵、明治三十七年幟碑に金子与八あり。

五六 同郡堤根村(杉戸町) 香取社安永六年庚申塔に桑崎村金子三之丞。慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に堤根倉久・金子岩蔵。稲荷社元治元年御神燈に金子又兵衛あり。

五七 同郡幸手宿 裏町天神社寛永十年神像再興記に願主金子新右衛門。宝持寺文化九年文書に幸手宿久喜町金子治郎兵衛。万延元年武術英名録に横山柳剛流幸手宿金子房治郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿金子玖治。明治二十一年新道工事寄附者金子忠蔵。雷電社明治二十四年水鉢に金子新三郎。幸宮神社明治三十三年幟碑に金子金蔵。明治三十五年米穀商金子久次郎・白木綿商角田屋金子新三郎・生繭商金子金蔵・金子孫市あり。

五八 同郡上吉羽村(幸手市) 轡瀬株金子家系図に「鳥海采女亮重方―采女重嗣―伊兵衛尉重基(延宝四年没)―金子久右衛門(幸手町住)、重嗣弟鳥海次左衛門尉重頼―鳥海久左衛門尉善行(延宝八年没、四十八歳)―金子次兵衛善政(別家を建て元禄年間轡瀬に居住す、元文三年没)―与市郎善秀(延享三年没)―茂右衛門尉蕃明(宝暦十一年没)―茂右衛門尉里茂(享和四年没)―斧右衛門尉貞信(寛政十年没)―茂右衛門尉義茂(嘉永五年没)―嘉津馬一重(明治六年没)―茂右衛門武貫(茂意と改名、明治四十年没)―嘉津馬重明(茂重と改名、昭和六年没)」と見ゆ。香取社天保十二年水鉢に当株金子嘉津馬、明治三十年馬頭尊に金子大次郎。明治九年戸長金子茂意・天保元年生。明治三十年人名録に金子嘉津馬・安政三年生・地租二百七十八円、金子大次郎・天保九年生・地租三十五円、金子卯七・天保十四年生・地租二十二円あり。

五九 同郡平須賀村(幸手市) 幸手宿秋間家由緒書に「二代秋間市郎左衛門(元文元年没)・其女子は平須賀村金子伝左衛門妻。三代秋間三郎兵衛(宝暦六年没)・其女子は平須賀村金子藤助妻」と見ゆ。宝聖寺文政四年庚申塔に金子半右衛門・金子伝四郎、嘉永四年庚申塔に金子弥市。香取社安政三年御神燈に金子勘五郎・金子庄蔵・金子伝左衛門・金子喜代松、明治三十九年狛犬に金子藤太郎・金子伝蔵・金子七蔵。明治二十二年選挙権者に金子勘太郎・天保八年生、金子兼吉・弘化二年生、金子喜太郎・安政二年生。明治二十八年に金子善八・金子金次郎・金子文治あり。

六〇 同郡木立村(幸手市) 香取社文化四年庚申塔に木立村蔵新田・金子吉左衛門。明治四年組頭金子留右衛門。明治九年戸長金子富右衛門・天保元年生。明治二十年選挙権者金子銀次郎・文政四年生あり。

六一 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に金子伝次郎あり。平須賀村住人か。

六二 同郡上宇和田村幸手市) 明治二十年選挙権者金子徳次郎・慶応二年生あり。

六三 同郡権現堂村(幸手市) 明治十二年権現堂村金子又治。熊野社明治三十四年碑に金子重吉あり。

六四 同郡中里村栗橋町) 下香取社宝暦五年庚申塔に金子三郎右衛門あり。

六五 同郡西大輪村(鷲宮町) 迦葉院碑文に「新田開発頭人・竹屋新田金子源右衛門・寛保二年没」。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に西大輪村金子庄左衛門。雷電社文久三年狛犬に金子要右衛門(百姓代)あり。

六六 埼玉郡西袋村(八潮市) 蓮華寺慶安三年庚申塔に金子三右門。柳之宮村氷川社嘉永七年御神燈に西袋村走袋組金子伝左衛門、明治十九年絵馬に西袋村金子源次郎・金子常右衛門(西袋村会議員、天保十三年生)あり。

六七 同郡浮塚村(八潮市) 明治三十年人名録に金子倉蔵・文久元年生・地租二十五円あり。

六八 同郡八条村(八潮市) 大経寺明治二十七年絵馬に金子三蔵・金子田十あり。三十六項参照。

六九 同郡大瀬村(八潮市) 祭礼年番帳に明治十八年金子松三郎。明治二十三年提灯年番帳に上組金子松五郎あり。

七〇 同郡大曽根村(八潮市) 福寿院文化九年六地蔵に金子平治郎。大曽根新田安政六年馬頭尊に金子惣右衛門。八幡社安政五年碑に組頭金子惣右衛門・金子弥平次、明治十九年絵馬に金子繁蔵・金子惣次郎、明治三十九年絵馬に当所金子権次郎。明治二十四年頃消防夫人名記に金子繁蔵・金子勇次郎・金子金次郎あり。

七一 同郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓に「金子太郎兵衛義は、延享之頃増森村より越谷へ移商内致、明和・安永之間大家に成今の如く。文化九年屋敷・金子伊右衛門」と見ゆ。野島村浄山寺文化十年供養塔に越谷宿金子伊右衛門。久伊豆社文久二年石橋碑に金子文太郎、明治三十二年榛名碑に金子由之助・金子久次郎。明治三十五年青物商金子吉五郎・石油商金子由之助・米穀商金子周造・同商金子市造・菓子卸商金子芳造・弁護士金子勝成、大沢町菓子製造金子芳蔵・芸者屋金子幸太郎あり。

七二 同郡増森村(越谷市) 増森公民館文化四年地蔵尊に金子清蔵、嘉永元年成田山碑に金子由蔵。増森神社文化十三年庚申塔に三町野組金子太郎右衛門あり。

七三 同郡大泊村越谷市) 明治三十年人名録に金子彦右衛門・天保六年生・地租二十八円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大泊・金子仲次郎あり。

七四 同郡三野宮村越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に三ノ宮村金子弥吉。香取社嘉永三年廻国塔に金子孫右衛門・金子勝五郎、安政五年天神碑に金子常右衛門・金子勇□・金子由□。水神社年不詳に金子清五郎。明治三十年人名録に苗木商金子清蔵・慶応二年生・地租五十円。蒲生村光明院明治三十六年碑に三ノ宮・金子亀蔵あり。

七五 同郡四丁野村(越谷市) 虎稲荷社寛政六年庚申塔に金子又右衛門。迎摂院文化二年宝篋印塔に金子文蔵、同年頃庚申塔に金子文蔵・金子忠次郎・金子勝衛門。剣術家木原周輔門人帳に慶応二年四丁野村金子常七。明治三十年人名録に金子周蔵・天保元年生、金子常吉・嘉永三年生あり。

七六 同郡蒲生村(越谷市) 当村に此氏多く存す。清蔵院宝暦十年廻国塔に金子孫三郎・金子七郎右門。明治九年副戸長金子佐之八・文政九年生。明治三十年所得税下調査簿に蒲生村金子佐四郎・弘化四年生・反別九町五反歩・地租百三十二円。同年人名録に金子安太郎・天保六年生・地租二十円。県会議員金子柳一郎・昭和二年生あり。

七七 同郡小曽川村(越谷市) 久伊豆社明治二十九年碑に金子国蔵・金子徳次郎・金子弥吉あり。

七八 同郡砂原村越谷市) 不動堂文化二年庚申塔に金子甚五郎・金子彦八、嘉永元年庚申塔に金子覚右衛門あり。

七九 同郡西方村(越谷市) 日枝社天保十年御神燈に金子忠右衛門あり。

八〇 同郡平方村(越谷市) 鹿島社寛政十年庚申塔に金子庄兵衛、天保九年庚申塔に平方東組・金子庄兵衛・金子善次郎・金子角右衛門、安政二年庚申塔に平方東組・金子七郎兵衛・金子庄吉。浅間社文政三年碑に金子六左衛門・金子善次郎、天保六年小御嶽碑に金子茂左衛門あり。

八一 同郡岩槻町 浅間社寛文十二年庚申塔に金子惣兵衛。加倉村浄国寺元禄九年庚申塔に市宿町金子仁兵衛。浮谷村常福寺正徳二年水鉢に岩付林道町金子六左衛門。大龍寺安政五年鐘銘に久保宿金子源兵衛。岩槻誌に「林道町、慶応末年、持高一石七斗余・役人代金子喜之助」。明治三十五年提灯屋金子銀治・鍛冶屋金子和吉・棉商金子源兵衛・白木綿商金子芳蔵・下駄店金子徳次郎・油製造金子寅吉・金子関内・金子源八・金子平蔵・金子又吉・金子吉五郎・金子留吉・金子多蔵あり。

八二 同郡大森村(岩槻市) 薬師堂享保二十年供養塔に金子武左衛門、寛政九年天満宮に金子巳七郎、文化十五年水鉢に金子与平次、文政二年天満宮に金子倉之助・金子平三郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に大森村金子源之丞。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に岩槻領大森村金子源之丞。鈎上村神明社元治元年碑に大森・金子定次郎あり。

八三 同郡小溝村(岩槻市) 風土記稿小溝村条に「屋敷跡・村の中程にあり堀跡残り。相伝へて、金子十郎の住し所と云へど詳ならず。按に十郎家忠が当所におりしと云は覚束なし。恐らくは金子氏の子孫など住したるを家忠が著名なるにより附会せしなるべし」と。長命寺慶応二年供養塔に小溝村金子伝吉・金子多市・金子巳之助。内牧村鷲香取社明治三十二年狛犬に小溝・金子浅太郎あり。

八四 同郡鈎上村岩槻市) 玉泉寺寛文四年供養塔に金子平右衛門・金子徳左衛門、元治元年庚申塔に金子与郎・金子太左衛門・金子伴三郎・金子嘉平次。神明社安永二年御神燈に金子久兵衛、元治元年碑に当所・金子喜六・金子伊三郎・金子与四郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に鈎上村金子常右衛門。明治三十年人名録に金子治輔・弘化三年生・地租三十二円、金子栄蔵・明治五年生あり。

八五 同郡鈎上新田(岩槻市) 薬師堂宝永五年庚申塔に鈎上新田七□島・金子孫七郎、元文元年供養塔に金子次右衛門。明治三十年人名録に金子清五郎・弘化元年生・地租四十二円あり。

八六 同郡大谷村(岩槻市) 当村に此氏多く存す。観音寺明和九年供養塔に金子惣七郎、安政二年碑に金子武左衛門・金子孫助。香取社寛政四年庚申塔に金子宗右衛門・金子吉左衛門・金子藤右衛門・金子弥治右衛門・金子与兵治・金子忠蔵・金子伴□・金子角平・金子宇右衛門・金子庄左衛門、天保四年天神碑に金子清太郎・金子孫十郎・金子常五郎・金子善吉・金子安吉・金子喜六、天保十一年碑に金子栄次郎・金子喜太郎・金子留之助、安政二年庚申塔に金子庄左衛門・金子甚左衛門・金子宇兵衛・金子治右衛門・金子善右衛門・金子治助・金子佐内・金子文蔵、安政六年水鉢に金子茂右衛門・金子与惣次。増長村観秀院安政二年供養塔に大谷村・金子半之丞・金子民右衛門・金子武右衛門・金子尚右衛門・金子和太郎・金子壱兵衛・金子佐内・金子政助・金子文蔵・金子半七・金子貞次郎・金子角平・金子与惣次・金子伝右衛門。明治九年戸長金子吉之丞・文化十三年生、副戸長金子亥之吉・嘉永四年生、副戸長金子民右衛門。明治三十年人名録に金子嘉内・天保十一年生・地租五十円、金子喜久次郎・嘉永六年生・地租二十円、金子駒吉・安政五年生あり。

八七 同郡長宮村岩槻市) 香取社天和三年石祠に金子忠右衛門・金子伊右衛門、宝暦四年庚申塔に金子彦四郎・金子半四郎・金子源七・金子三右衛門、寛政六年金毘羅碑に金子富蔵・金子吉次郎、文化元年供養塔に金子政五郎・金子弥三郎・金子常右衛門・金子富蔵・金子吉右衛門・金子武吉・金子紋治郎、文化八年天満宮碑に当村金子常八、文政元年大黒天に金子幸右衛門・金子五右衛門・金子長蔵・金子福蔵・金子栄蔵。庚申塚寛政十年庚申塔に金子宇源治。大光寺天保九年金子三右衛門春方門人碑に金子武吉・金子文太郎・金子栄蔵・金子幸吉・金子勇次郎。弘化四年戸賀崎門人帳に長宮村金子三右衛門。増長村観秀院安政二年供養塔に長宮村下組・金子吉右衛門・金子万吉・金子弥兵衛、上組・金子吉十郎。明治六年学資献金者に長宮村金子雄四郎。明治九年副戸長金子吉次郎・嘉永二年生。明治三十年所得税下調査簿に川通村金子吉次郎・反別十六町歩・地租百七十円あり。

八八 同郡増長村(岩槻市) 観秀院文化十三年庚申塔に金子勝右衛門・金子八郎右衛門・金子巳之吉・金子茂右衛門・金子源次郎・金子弥次右衛門・金子岩五郎・金子富蔵・金子清八・金子甚左衛門、天保三年庚申塔に金子園右衛門・金子弥之助・金子礒八・金子新左衛門・金子吉左衛門・金子又八・金子茂吉、嘉永三年庚申塔に金子定吉・金子和市・金子清作・金子亀寿松・金子武吉、安政二年供養塔に金子登左衛門・金子慶蔵・金子留蔵・金子甚左衛門・金子勝右衛門・金子善五郎・金子儀右衛門、元治二年庚申塔に金子浅五郎・金子長次郎・金子武八・金子軍次郎・金子豊吉・金子久右衛門。長宮村大光寺天保九年門人碑に増長村・金子造酒之助・金子茂吉・金子勇蔵・金子半五郎・金子礒八あり。

八九 同郡大口村(岩槻市) 香取社元禄三年庚申塔に金子門兵衛、元文五年庚申塔に兼子権四郎、文久三年水鉢に金子丑之助・金子辰五郎・金子七右衛門。正福寺明和元年供養塔に金子森右衛門。増長村観秀院安政二年供養塔に大口村・金子森右衛門・金子為右衛門・金子丈助・金子源吉・金子惣七・金子伝兵衛あり。

九〇 同郡平野村(岩槻市) 西福寺安永三年供養塔に金子三右衛門。稲荷社元治元年御神燈に金子菊治郎あり。

九一 同郡大戸村(岩槻市) 宝蔵院天保八年天神碑に金子仙太郎あり。

九二 同郡新方須賀村(岩槻市) 香取稲荷社寛永三年第六天社に金子清六あり。

九三 同郡柏崎村(岩槻市) 円福寺享保七年供養塔に柏崎村金子利左衛門あり。

九四 同郡真福寺村(岩槻市) 当村文政二年庚申塔に金子兵右衛門・金子兵九郎。久伊豆社嘉永五年庚申塔に金子兵五郎・金子初五郎あり。

九五 同郡飯塚村(岩槻市) 法華寺寛文十年庚申塔に金子吉左衛門、貞享四年庚申塔に金子伝四郎、元禄三年庚申塔に金子八郎兵衛、元禄十五年庚申塔に金子喜左衛門、享保十六年庚申塔に金子利助・金子甚八。慶応四年清水文書に金子本家六治郎・金子庄治郎あり。

九六 同郡黒谷村(岩槻市) 光善院宝暦十二年庚申塔に金子伊左衛門妻。久伊豆社天保二年水鉢に金子又右衛門あり。

九七 同郡孫十郎村(岩槻市) 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に孫重郎村・金子甚蔵・金子作兵衛あり。

九八 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 尾ヶ崎村名頭覚帳(嘉永元年)に「〇金子角四郎―太郎兵衛―作右衛門―初太郎―多吉―三之丞。〇金子甚右衛門―孫右衛門―甚右衛門―利四郎―勘次郎―力蔵。〇金子新六―作右衛門―伝四郎―文治郎―弥右衛門―文五郎―民次郎―連四郎。〇金子平左衛門―宗右衛門―宇左衛門―吉兵衛―熊之助―磯吉―惣五郎。〇金子八郎右衛門―義右衛門―八郎右衛門―佐兵衛―林右衛門―利右衛門―甚蔵―利七―七五郎」。鈴木条参照。嘉永年間に五軒が、現在九軒となる。八幡社天保十三年天神碑に金子勘次郎・金子利七・金子初太郎。光秀寺嘉永二年六地蔵に金子作右衛門。観音堂嘉永四年筆子碑に当村・金子磯吉・金子甚蔵・金子利七・金子宗五郎あり。

九九 同郡平林寺村(岩槻市) 当村に此氏多く存す。金子喜代七家の先祖金子六郎は岩附太田氏房の家臣なりと伝へる。慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に平林寺村金子多与兵衛。当村宝暦七年庚申塔に金子伊右衛門、宝暦八年庚申塔に金子喜左衛門、文化二年庚申塔に金子平次郎、文政八年石祠に金子次郎右衛門、天保九年馬頭尊に金子仲右衛門。稲荷社元治二年狐様に当村・金子丑五郎・金子元治郎・金子甚八・金子平八・金子政右衛門・金子惣治郎・金子庄吉あり。

一〇〇 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺弘化四年水鉢に当所金子要左衛門・入小路金子弥五郎。月読神社嘉永三年幟碑に金子金左衛門あり。

一〇一 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に裏慈恩寺村金子源兵衛あり。

一〇二 同郡馬込村(岩槻市) 弁財天神社文化二年碑に金子藤助。第六天社慶応二年水鉢に金子伊左衛門・金子金五郎・金子清助あり。

一〇三 同郡粕壁宿 春日部八幡社文化十三年狛犬に金子七蔵、天保十三年御神燈に金子清助。真蔵院文政十三年供養塔に金子市兵衛、天保十五年観世音に金子岩蔵。元新宿八幡社天保四年水鉢に金子金右衛門・金子源七。東八幡社天保十五年猿田彦碑に三枚橋・金子清兵衛。八坂社弘化四年水鉢に金子利兵衛。東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に金子喜之助・金子長次郎・金子重松・金子徳次郎・金子七右衛門・金子孫太郎。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に金子仁左衛門・金子七右衛門・金子文蔵・金子清次郎。明治三十年所得税下調査簿に粕壁町・金子七蔵・反別十五町三反歩・地租百四十一円、金子きん・反別十三町九反歩・地租百二十三円、金子仁左衛門・明治二年生・反別八町三反歩・地租五十九円。明治三十五年営業便覧に質屋金子清蔵・同金子七蔵・煙草商金子太一・荒物商金子仁左衛門・同金子庄兵衛・醤油味噌製造業金子文蔵・小間物商金子もと・薬種商金子七右衛門・釣道具商金子信助あり。

一〇四 同郡中曽根村(春日部市) 当村に此氏多く存す。香取天保二年御神燈に金子要吉・金子林蔵、天保三年水鉢に金子藤左衛門。八幡社嘉永六年水鉢に金子次郎右衛門。明治九年副戸長金子喜三郎・天保三年生。神明社明治十一年碑に金子彦三郎・金子喜三郎・金子孫左衛門・金子兼吉。明治三十年人名録に金子藤吉・嘉永四年生・地租十六円あり。

一〇五 同郡内牧村春日部市) 当村に此氏多く存す。鷲香取社天保三年庚申塔に半縄金子熊五郎・金子藤蔵、明治三年浅間碑に戸崎金子佐太夫・金子喜三郎・塚内金子喜右衛門、明治十二年敷石碑に金子重左衛門・金子栄八・金子安左衛門、明治三十二年狛犬に内牧金子徳蔵。明治九年戸長金子佐太夫・弘化四年生、副戸長金子喜三郎・天保七年生。楽応寺明治三十年水鉢に金子紋之助・金子由之助・金子新七・金子粂次郎・金子半兵衛・金子平蔵・金子忠蔵。明治三十年人名録に金子紋之助・嘉永六年生・地租四十五円あり。

一〇六 同郡大枝村(春日部市) 香取社文政十三年御神燈に金子七右衛門・金子源兵衛・金子伊太郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に大枝村金子七郎左衛門。明治七年製糸会社人名録に金子七右衛門。明治三十年人名録に醤油醸造業金子住蔵・文久元年生・地租七十四円あり。

一〇七 同郡梅田村(春日部市) 神明社弘化二年水鉢に金子茂兵衛、安政三年御神燈に当所本田金子半次郎あり。

一〇八 同郡大場村(春日部市) 香取社明治二十八年碑に金子平左衛門あり。

一〇九 同郡下蛭田村(春日部市) 神社跡明治十二年浅間碑に金子丑松・金子辰五郎・金子陸左衛門。当村明治四十一年古峯院善覚金子善右衛門碑に下蛭田・金子伊八郎・金子不与松あり。

一一〇 同郡新方袋村(春日部市) 満蔵寺文化四年庚申塔に金子伊右衛門・金子七右衛門・金子次郎兵衛。明治九年副戸長金子伊右衛門・天保四年生あり。

一一一 同郡上大増村(春日部市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に上大増村金子文左衛門。増長村観秀院安政二年供養塔に上大増村金子勘五郎・金子倉蔵あり。

一一二 同郡上大増新田(春日部市) 香取社文政二年天神碑に金子兵五郎、天保十四年幟碑に金子万五郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に上大増新田金子浅右衛門。長宮村大光寺天保九年門人碑に上大増・金子万五郎・金子兵蔵あり。

一一三 同郡百間村(宮代町) 当村に此氏多く存す。百間西原組浅間社文政九年二十三夜塔に百間本村・金子介七・金子文十郎・金子三平・金子長三郎・金子吉蔵・金子喜十郎・金子栄助・金子重郎・金子舛吉・金子藤右衛門・金子半蔵。惣新田村正福院天保九年真言塔に百間金子弥十郎。明治二十一年皇国武術英名録に天自流百間村金子清右衛門・金子仁右衛門。明治三十年人名録に百間村金子喜八郎・弘化二年生・地租八十円、百間東村蚕業金子勘蔵・文久元年生・地租三十円、百間西原組蚕業金子清蔵・明治五年生・地租三十円、百間村金子治門・嘉永四年生、百間村酒荒物商金子和助・天保五年生、百間村金子菊蔵・安政三年生あり。

一一四 同郡百間領須賀村(宮代町) 身代神社明和四年稲荷碑に前須賀金子佐吉・本村下金子初五郎、寛政七年庚申塔に金子彦助・金子伝右衛門・金子孫八、慶応二年敷石碑に金子与右衛門・金子伊三郎・金子留五郎。和戸村宇宮神社天保六年奉額に須賀村金子与右衛門。明治九年副戸長金子要助・嘉永三年生あり。

一一五 同郡白岡町 正福院享保六年地蔵尊に金子勘兵衛。八幡宮嘉永二年御神燈に金子伊右衛門・金子佐惣次、明治三十二年幟碑に金子喜宗次あり。

一一六 同郡高岩村(白岡町) 字下宿文化三年庚申塔に金子伝八。字上宿天保十一年聖徳太子碑に金子詰五郎・金子巳之助あり。

一一七 同郡野牛村(白岡町) 久伊豆社慶応二年御神燈に金子喜八あり。

一一八 同郡岡泉村白岡町) 観音堂元治元年水鉢に金子久太郎あり。

一一九 同郡蓮田村(蓮田市) 明治三十年人名録に金子寅之助・慶応元年生・地租三十七円あり。

一二〇 同郡黒浜村(蓮田市) 真浄寺明治四十年碑に金子庄平あり。

一二一 同郡菖蒲町 明治三十五年飲食店金子梅吉あり。

一二二 同郡三箇村(菖蒲町) 当村文政六年庚申塔に金子太兵衛。三箇神社江戸末期碑に金子多兵衛あり。

一二三 同郡上栢間村(菖蒲町) 当村に此氏多く存す。神明社宝永七年御神燈に金子六郎左衛門、文政十一年太子講に金子文太郎・金子金五。倉田村明星院文政六年新西国塔に栢間村金子元右衛門あり。

一二四 同郡久喜町 百間村青林寺寛政十年文書に久喜新町金子新兵衛。明治四年久喜新町五人組帳に名主金子富蔵・金子長吉・金子長蔵・金子万蔵・金子祐助。明治九年久喜新町副戸長金子富蔵・弘化三年生。明治十三年野久喜村議員金子豊吉。明治三十五年に荒物商金子忠蔵・金子善六・金子春五郎あり。

一二五 同郡所久喜村(久喜市) 八幡社文政五年御神燈に金子万次郎。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に所久喜・金子久蔵あり。

一二六 同郡下早見村(久喜市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下早見村流・金子銀右衛門あり。

一二七 同郡青柳村(久喜市) 文政七年戸賀崎門人帳に青柳村金子瀧五郎。雨宝寺嘉永七年筆子碑に青柳新田金子新六、安政五年筆子碑に金子平右衛門。久伊豆社明治三十年碑に金子釣蔵・金子勘十郎、明治三十五年碑に金子雄助・金子弥三郎・金子富蔵あり。

一二八 同郡除堀村(久喜市) 土豪にて、不動寺慶長十三年棟札に檀那金子主税。文政七年戸賀崎門人帳に除堀村金子巳之助あり。

一二九 同郡吉羽村(久喜市) 明治九年副戸長金子角左衛門・文政六年生あり。

一三〇 同郡騎西町 明治三十五年湯屋金子まち・建具屋金子小平あり。

一三一 同郡戸室村(騎西町) 諏訪社延宝七年庚申塔に金子次郎兵衛・金子三左門・金子仁兵衛。地蔵堂享保三年地蔵尊に戸室村金子文右衛門、寛政六年碑に金子伊右衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に戸室村金子三代蔵。当村諏訪社明治十四年富士碑に金子金十郎あり。

一三二 同郡上種足村(騎西町) 当村文政元年庚申塔に上種足村上分・金子仙蔵あり。

一三三 同郡中種足村(騎西町) 東印寺文政十三年供養塔に上砂・金子勘左衛門。大日堂文久二年供養塔に中種足邑金子五左衛門。明治九年副戸長金子常吉・天保十五年生あり。

一三四 同郡道地村(騎西町) 成就院文化三年供養塔に金子政吉。稲荷社慶応二年幟碑に金子千代松・金子丑五郎あり。

一三五 同郡広田村川里町) 鷺栖神社安永十年地蔵尊に金子助右衛門、文政十年弁財天に広田村下分谷畑金子奥次郎、弘化三年碑に金子兵助、嘉永三年幟碑に金子孝五郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡上広田・金子棟三あり。

一三六 同郡屈巣村(川里町) 天明元年山崎文書に字一八・組頭金子長兵衛。野村玉松堂入門に文久三年・屈巣村金子藤右衛門勝山、元治二年・屈巣村金子林蔵、明治四年・屈巣村金子角次郎。普済寺明治六年筆子碑に金子多市・金子半七あり。

一三七 同郡加須町 千方神社文政二年水鉢に金子延兵衛。明治三十五年料理店金竹楼金子竹次郎・煙草商金子邦太郎・酒商金子重助あり。

一三八 同郡南大桑村加須市) 当村享和三年月待塔に上鳩山村金子弥兵衛あり。

一三九 同郡川口村(加須市) 円光寺宝暦三年地蔵尊に金子与五左衛門。百間村青林寺寛政十年文書に川口村金子常右衛門あり。

一四〇 同郡樋遣川村(加須市) 大越村棘抜地蔵尊明治六年算額絵馬に樋遣川村金子又吉儀察あり。

一四一 同郡志多見村(加須市) 明治四年松村文書に金子平次郎・金子栄三郎あり。

一四二 同郡三俣村(加須市) 諏訪社天保三年狛犬に金子三五郎、明治二十三年伊勢講碑に金子利之助。菊地家筆子控に元治元年当村道下・利右衛門倅金子利之助。明治九年上三俣村副戸長金子利右衛門・天保三年生あり。

一四三 同郡下谷村(加須市) 八幡社明治十八年水鉢に金子福次郎あり。

一四四 同郡大室村(加須市) 天神社天保三年水鉢に金子宇右衛門あり。

一四五 同郡生出村(大利根町) 明治七年製糸会社人名録に金子清左衛門。明治九年戸長金子長谷松・安政三年生。明治十八年最上農名簿に金子道三・耕宅地五町二反歩所有あり。

一四六 同郡砂原村大利根町) 鷲神社安政七年仙元碑に金子忠次郎・金子乙次郎、万延元年絵馬に上両組・金子久次郎・金子七五郎・金子音次郎・金子忠次郎あり。

一四七 同郡新川通村(大利根町) 明治九年副戸長金子竹之助・安政六年生あり。

一四八 同郡羽生町 上羽生村毘沙門堂天保十一年石華表碑に宿並組金子亦市。鴻巣宿法要寺嘉永四年供養塔に羽生町場金子伊助。明治三十五年籠職金子鷹之助・下駄商鶴屋金子卯之助・雑穀商金子新太郎あり。

一四九 同郡桑崎村(羽生市) 当村に此氏多く存す。八幡社天保十三年水鉢に金子浅□郎・金子八十八・金子孫左衛門・金子栄吉・金子兵右衛門・金子増蔵・金子清四郎、安政四年三峰碑に金子茂治郎・金子安蔵・金子兵右衛門・金子瀧右衛門・金子増蔵・金子万蔵・金子重次郎・金子庄五郎。明治九年副戸長金子亀蔵・天保三年生、副戸長金子新三郎・嘉永二年生。明治十八年最上農名簿に金子仙之助・耕宅地五町二反歩・山林一反歩所有あり。

一五〇 同郡中岩瀬村羽生市) 稲荷社元禄四年碑に金子四郎兵衛、嘉永二年庚申塔に金子金八・金子四郎兵衛あり。

一五一 同郡藤井村(羽生市) 香取社安政四年奉額に金子清兵衛・金子栄蔵。源長寺慶応四年筆子碑に当所・金子庄右衛門・金子市左衛門・金子栄吉。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に藤井・金子栄蔵あり。

一五二 同郡下村君村(羽生市) 鷲宮社宝暦十二年棟札に木挽金子七郎右衛門。永明寺寛政十一年不動明王坐像銘に当村金子森蔵、文化九年常夜燈に金子八左衛門あり。

一五三 同郡加羽ヶ崎村(羽生市) 八幡社寛政十二年天満宮碑に金子辰五郎あり。

一五四 同郡下新郷(羽生市) 天神社文化十三年仙元碑に金子荘六あり。

一五五 同郡下新田村(羽生市) 羽黒社天保七年石花表碑に金子吉右衛門・金子吉之丞。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下新田・金子重五郎あり。

一五六 同郡忍町(行田市) 明治三十五年鰹魚節商東徳金子徳次郎・塩魚商金子徳右衛門あり。

一五七 同郡長野村(行田市) 明王院明和九年二十二夜塔に下長野・金子幸吉母・金子藤吉母。毘沙門堂文政十年碑に金子和吉あり。

一五八 同郡若小玉村(行田市) 勝呂神社安政三年御神燈に金子京十・金子藤蔵・金子伊八・金子清吉・金子島蔵。明治九年副戸長金子又五郎・文政二年生あり。また、明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に太田村金子甚之助あり。当村住人か。

一五九 同郡野村(行田市) 氷川社享和二年碑に金子小四郎、安政三年御神燈に金子幸十郎・金子小七。玉松堂慶応元年入門当所上分・金子八十五郎あり。

一六〇 同郡前谷村(行田市) 光明寺天保七年常夜塔に当所金子長八あり。

一六一 同郡渡柳村(行田市) 常世岐姫神社文久二年水鉢に金子峯吉・金子梅之丞、同年碑に金子宇之吉あり。

一六二 同郡門井村(行田市) 徳円寺寛延元年供養塔に門井邑金子五兵衛。前谷村光明寺天保七年常夜燈に門井村金子角之丞。鷺栖神社明治八年御神燈に当所・金子郡治・金子五平治・金子熊太郎・金子房次郎・金子晴次郎・金子政治郎・金子幸八・金子与兵衛・金子角之助。明治九年門井村副戸長金子角之丞。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国埼玉郡門井村・金子五平次・金子節治・金子留之助あり。

一六三 同郡下忍村(吹上町) 千手院天保三年宝篋印塔に金子新五郎。愛宕社明治三十四年碑に金子利八あり。

一六四 同郡箱田村(熊谷市) 明治九年副戸長金子善吉あり。

一六五 足立郡草加宿 東福寺享保十年宝篋印塔に金子甚左門、文政四年棟札に五丁目金子甚五郎。市神祠官筆学門人控に安政六年五丁目みのや金子彦次郎。成田山新勝寺文久三年碑に草加駅三河屋甚五郎。明治二年頃に三丁目(吉笹原村)三河屋金子甚五郎・四丁目(谷古宇村)住吉屋金子徳次郎。明治六年富士講着到帳に草加宿金子吉五郎・金子吉太郎。明治三十五年理髪業金子金太郎・鳥商金子久次郎・大工職金子卯之助・金子峰吉あり。

一六六 同郡瀬崎村(草加市) 西往寺文化四年馬頭尊に金子仁兵衛・金子弥五左衛門。浅間社天保十三年擬宝珠銘に瀬崎村金古源右衛門あり。

一六七 同郡苗塚村(草加市) 当村享保十五年供養塔に金子次郎右衛門あり。

一六八 同郡花栗村(草加市) 稲荷社文政七年供養塔に金子政右衛門。南光院弘化四年供養塔に金子佐次右衛門・金子政右衛門・金子平治郎あり。

一六九 同郡川口町 善光寺嘉永六年猿田彦碑に当所金子由次郎。真継文書に明治二年川口宿鋳物師金子惣次郎。東明院西善院明治二十五年檀中に金子惣次郎・金子万五郎。川口神社明治三十九年碑に金子仙之助あり。

一七〇 同郡浮間村(東京都北区) 旧川口市なり。川口宿善光寺元禄七年碑に浮間村金子六郎左衛門あり。

一七一 同郡元郷村(川口市) 当村に此氏多く存す。随泉寺明和八年六地蔵に元郷邑金子半六・金子文右衛門、安永七年半鐘銘に金子善右衛門、天保二年常夜燈に金子儀左衛門・金子源治郎・金子保右衛門・金子甚五郎・金子勇吉・金子惣五郎・金子幸七・金子平治郎・金子勘蔵・金子惣治郎・金子三治郎・金子八十八。氷川社文化十二年富士碑に金子彦七・金子紋右衛門・金子与市・金子吉右衛門・金子惣五郎・金子儀左衛門・金子三右衛門・金子幸七、明治六年水鉢に金子卯之助、明治三十三年碑に当所金子助五郎・金子武平、明治三十四年碑に金子宇太郎・金子福太郎・元郷海間方金子文太郎・金子政勝・金子善太郎・金子繁蔵・金子清三郎・金子政吉・金子周次郎・金子喜太郎・金子金次郎・金子徳三郎・金子文太郎・金子万吉。明治九年副戸長金子孫右衛門・文政十二年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流無刀流足立郡元郷村金子佐太郎あり。

一七二 同郡横曽根村(川口市) 川口宿善光寺元禄七年碑に横曽根村金子五左衛門母。明治六年富士講着到帳に横曽根村金子文次郎。衆議院選挙人名簿に金子五左衛門・万延元年生・納税十七円あり。

一七三 同郡蓮沼村川口市) 普門寺観音堂延宝三年墨書銘に蓮沼村金子喜右衛門、明治十五年普門品に金子市太郎、明治三十八年碑に金子辰之助・金子貞五郎あり。次項参照。

一七四 同郡本郷村川口市) 蓮沼村普門寺文化十二年供養塔に本郷村金子喜兵衛。氷川社明治三十三年碑に金子夘吉・金子利兵衛・金子兼太郎・金子ます・金子貞五郎あり。

一七五 同郡赤井村(川口市) 当村に此氏多く存す。風土記稿赤井村条「円通寺開山英峻・延宝二年寂す。開基は金子左太郎と云ものにて村民藤左衛門が先祖なりと云」と。円通寺承応二年常夜燈に赤井村金子七郎右衛門、天保五年普門品に金子政次郎・金子甚左衛門・金子源吉・金子七蔵・金子重次郎・金子寅蔵・金子源太郎。神明社寛政三年庚申塔に赤井村金子藤左衛門・八十二歳。江戸袋村氷川社文政十二年水鉢に赤井村金子甚左衛門・金子政次郎。私塾師匠副戸長金子甚左衛門・明治八年没四十七歳。氷川社明治二十一年絵馬に当所金子酉蔵、明治三十九年碑に金子佐源治・金子庄吉・金子末吉・金子喜七・金子権次郎・金子佐太郎・金子次助・金子留五郎・金子藤八・金子政吉・金子政右衛門・金子七右衛門・金子清助・金子佐吉・金子庄吉。明治十二年赤井村戸長金子喜七・天保十三年生あり。

一七六 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門人碑に金子園次郎・金子幾太郎あり。

一七七 同郡赤山領領家村(川口市) 今の大字安行領家なり。稲荷社慶応二年筆子碑に金子利三郎あり。

一七八 同郡石神村(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に石神村金子宇七。真乗院弘化三年普門品に当所金子富五郎。明治六年生徒月並受取帳に金子万蔵・金子亀治郎あり。

一七九 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に金子勘六あり。

一八〇 同郡戸塚村(川口市) 西光院文政十三年庚申塔に上戸塚村金子甚右衛門あり。

一八一 同郡芝村(川口市) 長徳寺文書に「寛永九年、金子大学・親の豊後死去被申候刻、豊後事をは長徳寺御弔を請、大学事は蕨宿三学院の檀那可罷成之由申候」と見ゆ。慈星院明治十年碑に金子与七。八幡社明治四十年碑に芝村金子喜野太郎あり。二十四及び百八十三項参照。また、二百三十四項の武蔵鐙鍛冶金子甚兵衛は足立郡芝村に居住すと云う。

一八二 同郡新曽村(戸田市) 金剛院文政十一年供養塔に金子次郎右衛門あり。

一八三 同郡上戸田村 風土記稿上戸田村条に「旧家惣五郎・氏を金子と唱ふ、本姓は桃井氏にて播磨守の子孫なりと云、或は桃井が家人の子孫なりとも云。家系及び記録等も伝へず、證とすべきことはなし。且桃井にゆかりあるもの折にふれ尋ね来ることありといへり。直常が子を中務少輔直和と云、これより後のこと系譜に載ざれば今より考ふべからず。思ふに父直常打死の後、当国に潜居せしにや。村内多福院及び海禅寺の過去帳に、桃井播磨守・慶雲院久岳桂公・天正十二年四月二日。同播磨守・瑞鳳院月峯光公・天正十七年九月十日。播磨守同室・明鏡院嘉渓寿永大姉・文禄元年十月九日。桃井大学・正智院源賢大禅定門。など載たれば子孫当所に住せしことは明なり。されど惣五郎を此子孫なりと云はうけがたし。海禅寺の過去帳に、青泊昌見・寛永十年十一月十七日・桃井氏是より金子氏に成る・金子豊後。と見ゆこれに拠て桃井の子孫と云にや、惣五郎に限ず此辺金子氏のもの数多あれば、金子は自から別なるべし。因に云、農民太郎兵衛、弥右衛門の二人も先祖は桃井氏の家人なりと云へど、これも詳なることは伝へず」と見ゆ。上下戸田村に金子氏多く存し、桃井氏は現存無し。桃井氏の本名は金子氏であろう。百八十一項の金子豊後・金子大学の父子と、当村の桃井大学(後に豊後)・金子豊後の父子とは、同家の者であろう。氷川社延宝元年庚申塔に上戸田村金子平左衛門。明治九年副戸長金子平内・天保十一年生あり。

一八四 同郡下戸田村 天明六年戸田渡船場願之事(蕨宿榎本文書)に「戸田渡船場之儀は、蕨宿御取立有けるより宿継に属して蕨之持に而、天和元酉年迄舟渡致候処、皆渡船百姓中退屈して戸田金子新九郎に掛合、末々迄妨なく戸田に而渡船致候様に取替証文遣取してより以来、戸田村新九郎取計に而道中御奉行所へ訴へ、渡船代金頂戴して勤来りける。此時の道中御奉行は高千石余・伊勢伊勢守也、此人先祖は小田原北条氏直にして家康公之婿也、小田原滅亡して士卒散々に浪人と成ける、此時氏直の妾懐胎成ける、小田原より生国武州戸田の親本に在住して男子を産ける、成長して世を憚りて母方の姓を名乗り、金子新九郎と申ける、二代将軍秀忠公・新九郎を被召出御家人に御取立可被成趣之処、新九郎如何存旨成けるや御辞退申上、戸田へ帰宅成て百姓を勤ける所に、三代将軍家光公慶安四卯二月戸田新九郎を被召処に、父新九郎は病死、其子又新九郎と申けるを被為召出、御家人に御取立在て高千石頂戴して伊勢伊勢守と申ける。伊勢守・下戸田出生成故存旨在て如是取締給ふ処也」と見ゆ。但し、寛政呈譜に御家人伊勢伊勢守新九郎の名は見えず。当村に富豪あり、風土記稿下戸田村条に「褒善者善四郎、天明年中洪水の時、村民等夫食に苦みしにより米百俵を領て賜ひり、又同八年禁裏炎上の頃御造営の御費用に当んとて黄金若干を上納せしにより御褒美ありて銀二枚を賜へりと云」と見ゆ。当村明和六年庚申塔に下戸田村金子藤八。信州善光寺六地蔵東天明二年常夜燈に武州足立郡下戸田村金子善四郎徳盈。那賀郡小平村成身院唐銅百体観音堂天明年度施主連名に足立郡下戸田村金子善四郎・金子善兵衛。所沢村三上文書(文政頃)に「関八州富貴長者鑑、前頭・武州戸田金子善四郎」。当村氷川社天保七年幟碑に金子庄□郎・金子伊左衛門・金子多一郎・金子常太郎・金子豊吉・金子惣八・金子八十八・金子熊二郎。太田窪村行弘寺安政六年供養塔に下戸田村金子治郎五郎。明治九年戸長金子賢之助・嘉永六年生、副戸長金子良平・嘉永四年生、副戸長金子嘉右衛門・天保十四年生、副戸長金子武左衛門・天保四年生、副戸長金子栄助・天保八年生。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に戸田村金子良平。県会議員農業金子良平・安政四年生(嘉永四年の誤か)。明治三十一年染物業戸田村金子庄五郎。常福寺宝篋印塔に「寛政二年金子善四郎徳盈・金子善兵衛、昭和四十六年・十四代金子良平」あり。

一八五 同郡蕨宿 下戸田村条に「小名元蕨、西の方を云、今の蕨宿はここより移れりと云、されど年代詳ならず」と、金子氏はここより蕨宿へ移る一族あり。榎本文書に「蕨新宿御取立に付、作り田畑被潰御取上に成ける人々七人あり、金子團右衛門・五反一畝歩、是田畑を変地して町屋敷に成ける」と見ゆ。榎本条参照。日蓮宗本法院実成寺の板碑に「貞享四年、金子善兵衛・金子孫兵衛・金子八兵衛。元禄十一年、金子庄九郎・金子八兵衛・金子善兵衛・金子次郎衛門・金子次郎兵衛・金子市十郎・金子弥五兵衛・金子六右衛門・金子喜兵衛・金子孫兵衛・金子太右衛門。享保十年、金子右馬佐・金子藤七郎。享保十二年、金子七左衛門・金子甚兵衛・金子与兵衛・金子政右衛門・金子多右衛門・金子甚右衛門・金子三之助・金子市重郎。元文二年、金子甚五右衛門」あり。御嶽社元禄七年棟札に金子権三郎・金子角右衛門。宝蔵寺寛延元年由緒書に金子甚兵衛・金子七左衛門。和楽備神社享和三年鳥居碑に金子治郎兵衛、万延二年御神燈に金子吉兵衛・金子治郎吉。明治九年副戸長金子隆次郎。本法院明治十四年碑に金子次郎兵衛・金子亀次郎・金子吉之助・金子安五郎・金子甚兵衛・金子七左衛門・金子かん・金子伊勢松。三学院明治十五年水鉢に金子久兵衛。明治三十五年染物業金子玉次郎・織物商金子吉兵衛・銅鉄器商金子吉蔵・質屋金子作次郎・機具商金子覚次郎・菓子商金子惣吉・瓦斯製造業金子七左衛門あり。

一八六 同郡塚越村(蕨市) 蕨宿亥子隅堂元禄十四年庚申塔に塚越村金子久十郎あり。

一八七 同郡浦和町 明治三十五年営業便覧に飲食店金子善兵衛・同金子馬之助・玩具商恵比寿屋金子米吉・水菓子商金子吉五郎・米穀商金子荒吉・同金子常次郎・人力車業金子留五郎・同金子金太郎・同金子佐吉・同金子亀吉・煙草店金子栄吉・乾物商金子信太郎・弁護士金子勝用(県会議員、元治元年生)あり。

一八八 同郡岸村(浦和市) 調神社天保四年御神燈に当村金子礒右衛門あり。

一八九 同郡白幡村(浦和市) 当村に此氏多く存す。風土記稿白幡村条に「医王寺の開基は村民九郎兵衛が先祖金子内匠なりと云、此人己が屋敷に薬師堂を造立せしとき当寺をも建立して菩提寺とし、且かの薬師堂を守らしめしと云。其年歴詳ならず」と見ゆ。草分けにて、慶長元和の頃に金子九兵衛は代官熊沢氏に仕へ白幡村名主を兼務す。数代の後、金子九郎兵衛は代官山口鉄五郎より郡中取締役を仰せつかう。子孫金子業家なり。医王寺文書に「元禄三年、当村金子儀左衛門。宝暦二年、当所金子儀左右衛門」。短才見聞録に「宝永五年、白幡村金子伊右衛門。宝暦十年、白幡村分金子九郎兵衛」。浦和宿玉蔵院寛延四年供養塔に白幡村金子専吉政良、明治三十一年供養塔に白幡・金子継之助・金子貞吉。常盤九丁目宝暦十二年供養塔に白幡村金子専吉。安政六年酒造業白幡村金子儀三郎。明治七年製糸会社人名録に金子和三郎。明治九年副戸長金子九郎兵衛・文化十二年生。睦神社明治三十六年碑に白幡・金子継之助・金子定吉・金子喜太郎・金子泰次郎・金子九郎兵衛・金子文五郎・金子太吉・金子清一郎・金子徳之助・金子佐左衛門・金子新吉・金子逸之助・金子仁兵衛・金子源助・金子芳太郎・金子元右衛門あり。

一九〇 同郡浦和領別所村(浦和市) 稲荷社明治三十五年御嶽碑に金子正覚あり。

一九一 同郡道場村(浦和市) 天正十九年道場村検地帳に「金子分」と見ゆ。土豪なり。

一九二 同郡植田谷領在家村(浦和市) 明治九年副戸長金子次郎右衛門・文政七年生あり。

一九三 同郡下木崎村(浦和市) 上木崎村足立神社明治四十四年碑に下木崎・金子友右衛門あり。

一九四 同郡本太村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に金子文次郎。山神社明治三十年碑に金子清八・金子広吉あり。

一九五 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に金子定四郎あり。

一九六 同郡下山口新田(浦和市) 稲荷社天保年間御神燈に当所金子忠治郎あり。

一九七 同郡大門宿(浦和市) 大興寺文化十四年念仏供養塔に大門宿金子勘次あり。

一九八 同郡三室村(浦和市) 加納村天神社嘉永五年水鉢に三室村金子伊兵衛あり。

一九九 同郡与野町 御嶽社明治二十九年碑に与野・金子忠次郎・金子周蔵。明治三十五年水揚器製造業金子万吉・節屋金子初太郎・米穀商金子忠次郎あり。

二〇〇 同郡鈴谷村(与野市) 加藤家譜に「加藤源次郎(騎西領西ノ谷村住、寛永九年没)―女子(与野領鈴谷村金子三郎右衛門妻)」と。明治四年屋敷帳に金子利助・金子金蔵・金子勘蔵・金子金治郎。明治二十一年鈴谷村金子福蔵・金子軍次郎あり。

二〇一 同郡大戸村(与野市) 当村に此氏多く存す。不動堂寛文十三年庚申塔に金子八郎兵衛・金子八郎右衛門・金子八右衛門・金子新右衛門・金子五郎左衛門、享保十九年宝篋印塔に金子宗兵衛・金子長左衛門・金子八郎兵衛・金子治右衛門・金子作右衛門・金子権右衛門・金子八右衛門・金子善八・金子藤兵衛・金子権介・金子四郎右衛門・金子宇右衛門・金子宇兵衛・金子六郎右衛門、安永六年供養塔に金子五郎左衛門・金子仁右衛門・金子長左衛門・金子喜八・金子重左衛門、天保五年庚申塔に金子八右衛門・金子常吉・金子清次郎・金子次右衛門・金子周蔵、文久三年供養塔に金子五郎左衛門・金子卯兵衛・金子八右衛門・金子伊兵衛・金子常治□・金子次右衛門・金子豊蔵・金子清蔵・金子多吉・金子幸助・金子源右衛門。氷川社天保五年水鉢に金子七兵衛・金子平兵衛・金子伊兵衛・金子喜作・金子勇吉・金子清次郎・金子武之一あり。

二〇二 同郡大宮宿 土豪にて、天正二十年大宮之村検地帳に「金子分・二町八反二畝歩」と見ゆ。飯田新田明治二十七年水天宮碑に大宮・金子光三郎。明治三十五年菓子商金子平兵衛・足袋商金子宇右衛門・下駄商金子伝蔵・米穀商金子茂三郎・金子権次郎あり。

二〇三 同郡大成村(大宮市) 風土記稿大成村条に「古は金子庄とも称せしよし伝ふれども、当所は昔金子駿河守の知行なりしゆへ誤りいへるならん。又大成は彼駿河守の名乗なりともいへり。また普門寺の開基は金子駿河守にて、寺記に永享七年八月二十四日卒し、幼公庵寿居士と謚せしと云」と。普門院文書に「応永三十三年、金子駿河守家光・大成村普門院を開基す、永享七年八月二十四日没す」と見ゆ。稲荷社天保二年庚申塔に上大成村金子儀右衛門あり。

二〇四 同郡中小村田村(大宮市) 薬師堂正徳三年供養塔に金子八郎右衛門あり。

二〇五 同郡植田谷領遊馬村(大宮市) 当村に此氏多く存す。八幡社正徳五年地蔵尊に金子弾六、宝暦二年供養塔に遊馬村金子伊左衛門、明治四年水鉢に遊馬村上サ・金子庄蔵・金子和助・金子周蔵・金子源蔵・金子福太郎・金子清兵衛・金子竹次郎、本ムラ・金子瀧三郎・金子吉十郎。当村享保十年庚申塔に遊馬本村金子与平次。高城寺寛政八年普門品に遊馬村宿東・金子加右衛門・金子久右衛門・金子作左衛門・金子友右衛門・本村金子彦兵衛。私塾師匠金子吉十郎(天満宮天保四年碑に見ゆ)。白川家門人帳に「天保五年、足立郡遊馬村百姓龍蔵事・金子日向」。氷川社天保四年御神燈に金子吉善・金子團右衛門・金子幸子、明治三十一年碑に金子角三郎・金子新吉・金子丑蔵。明治二十一年皇国武術英名録に天自流北足立郡西遊馬村金子玄亮あり。

二〇六 同郡宝来村(大宮市) 福寿庵跡天保八年庚申塔に金子市兵衛あり。

二〇七 同郡中釘村(大宮市) 秋葉社天保十二年庚申塔に金子弥右衛門、明治四十三年碑に金子弥右衛門。平方村橘神社安政四年御神燈に中釘村金子礒七。明治四年石倉文書に中釘村清酒業金子礒七あり。

二〇八 同郡下内野村(大宮市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡上下内野上村金子安右衛門。下内野村大倭神社弘化二年碑に内野上村金子直吉、嘉永四年御神燈に当所上組・金子夘兵衛・金子竹四郎・金子吉右衛門・金子礒吉、明治四十二年碑に金子恒吉・金子孫七あり。

二〇九 同郡加茂宮村(大宮市) 入間郡久米村天保十四年平塚文書に足立郡上加茂宮村金子倉之丞あり。

二一〇 同郡吉野領本郷村(大宮市) 本郷神社元治元年幟碑に金子平三郎、明治三十一年御神燈に金子善五郎あり。

二一一 同郡砂村(大宮市) 原市道際文化四年庚申塔に金子治右衛門・金子仁左衛門・金子八郎右衛門・金子弥右衛門・金子善四郎。八雲社明治二年水鉢に金子治右衛門・金子六右衛門。氷川社明治三十年御神燈に金子多重郎・金子倉松・金子久太郎・金子茂吉あり。

二一二 同郡今羽村(大宮市) 氷川社明治三十一年水鉢に当所金子芳太郎あり。

二一三 同郡丸ヶ崎村(大宮市) 当村に此氏多く存す。岩附太田氏家臣と伝へる館跡に「堀ノ内」と呼ばれる家号をもつ金子氏存す。薬師堂元禄二年庚申塔に丸ヶ崎村金子惣兵衛。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡南分領丸ヶ崎村・金子吉蔵・金子作左衛門・金子忠兵衛・金子庄左衛門・金子定八。中里村弘法尊院慶応三年碑に丸ヶ崎村金子次郎兵衛。明治六年林文書に丸ヶ崎村醸造人金子治右衛門。明治九年副戸長金子仙松・嘉永元年生。明治二十年柴山伏越改造碑に丸ヶ崎村金子兼吉。氷川社明治四十年碑に金子徳次郎・金子新蔵・金子平五郎・金子源蔵・金子兼吉・金子金次郎・大工金子熊次郎あり。

二一四 同郡大谷村(大宮市) 氷川社前文化三年庚申塔に金子三左衛門・金子忠蔵・金子平蔵、天保二年庚申塔に金子三之丞。当村文政五年庚申塔に金子平蔵。氷川社天保四年水鉢に金子音右衛門。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に大谷・金子繁太郎あり。

二一五 同郡膝子村(大宮市) 光徳寺過去帳に「文禄四年秋開闢、智休常円居士・俗名金子六郎左衛門・慶長十三年没」。当寺開基の人なり。稲荷社元禄十年庚申塔に金子吉右衛門あり。

二一六 同郡笹丸村(大宮市) 当村明治二十八年安田碑に金子仙太郎・金子繁太郎あり。

二一七 同郡片柳村(大宮市) 万年寺天保十二年庚申塔に金子佐四郎あり。

二一八 同郡上尾宿 明治七年陸運会社上尾宿金子信造・但し明治五年七月創立。明治九年副戸長金子信造・文政十二年生。氷川鍬神社明治二十七年上尾町太子講に金子忠次郎。明治三十五年陶器商金子信蔵・菓子店金子又五郎・青物商金子喜十あり。

二一九 同郡上尾上村 当村は上尾村とも唱える。字二ツ宮氷川社安政二年御神燈に当所金子市右衛門・金子松五郎あり。

二二〇 同郡今泉村上尾市) 氷川社明治三十年御神燈に当所金子銀蔵・金子文太郎あり。

二二一 同郡川田谷村(桶川市) 双龍堂天保六年地蔵尊に薬師堂村金子勇助、文久二年普門品に薬師堂村金子周蔵。東光寺明治六年湯殿山碑に薬師堂村金子惣右衛門。釘無村明治十九年馬頭尊に川田谷村金子喜十郎。諏訪社明治三十九年幟碑に金子勇一郎・金子田十郎。八幡社明治三十九年碑に金子峯作あり。

二二二 同郡東間村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に東間新田・金子長右衛門・金子惣右衛門。浅間社明治四十年碑に金子密太郎・金子由太郎・金子弥五郎・金子為三郎・金子藤十郎あり。

二二三 同郡下石戸村(北本市) 明治三十九年三峰山講に下石戸上下組金子長作あり。

二二四 同郡荒井村(北本市) 氷川社明治四十二年碑に金子利作・金子静一・金子長三郎あり。

二二五 同郡高尾村(北本市) 当村享保十四年地蔵尊に高尾村金子利助。阿弥陀堂文政四年筆子碑に金子長蔵。明治九年副戸長金子清兵衛・天保四年生、代議人金子広吉。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に高尾・金子広吉・金子要作あり。

二二六 同郡鴻巣領別所村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に別所村・金子藤八・金子吉之丞・金子友七あり。

二二七 同郡鴻巣宿 明治四年旅籠屋金子藤吉。上谷新田浅間社明治十六年碑に鴻巣・金子佐十郎・金子利八。明治三十五年営業便覧に米穀商金子利八・同金子才之助・代弁業金子弥兵衛・足袋店金子佐二郎・鋳物屋金子寅吉・湯屋金子万吉・古物商金子寅吉・飲食店金子広吉・塗師金子啓二郎・金子要次郎・金子林蔵・金子勇二郎・金子与吉あり。次項参照。

二二八 同郡上谷村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。深井村寿明院寛政九年寄附帳に上谷村・金子嘉惣二・金子武右衛門・金子佐二右衛門・金子佐右衛門・金子又右衛門・金子権右衛門・金子与平次・金子七右衛門・金子加吉・金子半五郎・金子松之助・金子茂右衛門・金子源之助。明治十年上谷村古道具商金子寅吉。上谷新田浅間社明治十六年碑に上谷村金子新五郎・金子六右衛門。氷川社明治三十四年鳥居碑に金子万吉。明治三十五年常光村農友会に上谷・金子幸次郎・金子保次郎・金子正蔵あり。

二二九 同郡中曽根村(鴻巣市) 明治三十五年常光村農友会に中曽根・金子高次郎あり。

二三〇 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に上常光村金古藤兵衛。明治八年騎西町釜屋文書に常光村酒造人金子久兵衛あり。

二三一 同郡小松原村鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に小松原村金子平四郎あり。

二三二 同郡原馬室村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に馬室村・金子内□尉・金子雄之助・金子栄吉。万延元年武術英名録に神道無念流鴻巣宿在原馬室村金子倉之丞。上谷新田金剛院元治元年碑に原馬室村金子要右衛門。明治四年組頭金子平次郎・三十八歳。明治九年馬室村戸長金子直太郎・嘉永五年生、副戸長金子源五左衛門・天保八年生、副戸長金子平次郎・天保五年生。観音堂明治三十四年馬頭観音碑に谷津・金子真太郎・金子三蔵・金子利三郎・金子芳三郎・金子増太郎・金子佐右衛門・金子徳次郎・金子佐吉・金子伝八・金子杢治郎・金子幸三郎・金子伝次郎・金子佐五郎・金子文左衛門・金子泰蔵・金子三津五郎・金子源三郎・金子寅吉、権現・金子万吉・金子善八・金子金十郎・金子勝太郎・金子寅吉・金子九兵衛・金子喜馬次・金子儀平・金子竹次郎・金子幾十郎・金子品蔵・金子孫左衛門・金子清次郎・金子庄三郎、川端・金子寅吉・金子甚五右衛門・金子杵四郎あり。

二三三 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村金子直七・金子金右衛門、明治三十九年碑に金子峰次郎・金子善蔵・金子仁三郎・金子清五郎・金子源之助・金子次助・金子佐次兵衛・金子染吉。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に滝馬室・金子佐兵衛・金子峰次郎あり。

二三四 同郡中野村(鴻巣市) 当村居住の著名なる武蔵鐙鍛冶なり。武蔵鐙正国家譜(古今要覧稿)に「金子重郎三浦家忠(墓地足立郡箕田村宝持寺にあり、家貴まで同じ。法名・家本然忠居士)……金子越前守三浦家国(家山盈国居士)―金子中務丞三浦家栄(家山昭栄居士)…此代より数代不明…金子助左衛門家昌(此代より武蔵鐙を業とし鍛冶となる。家運玄昌居士・天正十年八月十七日没)―一男・三郎左衛門家永(箕田新田中野村に移住、寛永六年三月二十九日没、箕田村宝持寺に葬る。子孫農具鍛冶となる)、二男・長左衛門家貴(箕田村より新田吹上村に移住し、其後小石川郷に住し、又吹上に帰り、寛永十四年三月十二日没し宝持寺に葬る。家梁寛貴居士)―久兵衛貞国―甚兵衛貞清―貞純―貞常―貞門―国吉―正国―同正国。三浦と記せしは何の故といふことを知らず」。宝持寺僧と金子家と争う事あり、墓石は中野村の地蔵堂に移す。地蔵堂墓碑に「貞享四年、家梁寛貴居士・金子長左衛門三浦家」。(以上は埼玉史談に所載)。尚、入間郡金子郷峰村条に「旧家者名主加藤与五兵衛、金子氏の末裔にて三浦隠臣、云々」とあり。武蔵鐙鍛冶家は相州三浦に関係あるか。十八項参照。箕田村宝持寺墓碑に「家本然忠居士・俗名金子十郎三浦家忠。家前紀覚・俗名金子与市三浦前紀。定山盛国居士・俗名金子越前守。家月昭栄居士・俗名金子中務丞。施主中野村金子権兵衛三浦定富」。「家運玄昌居士・天正十午年八月十七日・俗名金子助右衛門三浦家玄。施主中野村金子氏」。「家悦永仙居士・寛永六己巳年三月二十九日・俗名金子三郎右衛門三浦家永。施主中野村金子左右衛門」の三基あり。風土記稿中野村条に「旧家郡次・金子を氏とす、村の名主なり。相伝ふ、金子十郎家忠の後胤越前守某、及び其子中務丞、岩槻太田氏の旗下なりしが没落の後、慶長年中・中務丞民間に下り当村を新開すと云。されど家系記録等伝へざれば詳ならず。太田氏よりいたせし文書を所持せり、その文左のごとし。改定着到之事、一本指物・一本鑓・一騎馬上・以上三人・辛巳七月八日(天正九年)・金子越前守殿、一本鑓・一騎馬上・金子中務丞殿。又中務が着せしと云鎧も持伝へしが後年分家のものへ分ち与へしとて、今は僅に袖及びちぎれし草摺など残れり」と見ゆ。当村金子稲荷は金子越前守が伏見の稲荷様を分霊すと伝へる。明治四年組頭金子三郎右衛門・五十四歳あり。また、二男家貴の武蔵鐙鍛冶家は、新編武蔵風土記稿総説に「武蔵鐙(阿布美と註す)は、江戸小石川金杉水道町に住す。鐙鍛冶甚兵衛が先祖は、足立郡芝村に住し、武蔵鐙惣兵衛某に従ひ、武蔵鐙製作の伝を受け、夫より連綿として今に其業を紹ぐ。又足立郡鍛冶村は古武蔵鐙鍛冶せし者住せしと云」と見ゆ。

二三五 同郡糠田村(鴻巣市) 氷川社明治十一年浅間社碑に金子佐八郎あり。

二三六 同郡箕田村(鴻巣市) 氷川八幡社明治十三年幟碑に金子幸一郎。明治三十三年勝願寺農事講習生に金子千代之助あり。

二三七 同郡八幡田村(鴻巣市) 旧八幡寺延享五年庚申塔に八幡田村・金子利八・金子藤助・金子初右衛門・金子孫一・金子源右衛門・金子満右衛門。箕田観音堂文化元年聖徳太子碑に八幡田村・金子孫十・金子幸右衛門。箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に八万田村金子源助。明治四年組頭金子源助・四十三歳。箕田村明治十八年馬頭尊に八幡田村金子源助・金子嘉源次あり。

二三八 同郡吹上村 吹上神社明治二十九年碑に金子久兵衛、明治四十三年碑に金子弁次郎・金子清作・金子源之丞・金子金作。明治三十五年雑穀店金子久三郎あり。

二三九 新座郡菅沢村(新座市) 風土記稿菅沢村条に「当村は民戸五六十軒にして、大熊・荒井・金子・長谷川等を氏とす」。明治五年馬農車持・金子久太郎・金子佐平、農車持・金子金蔵・金子源蔵・同百姓代金子伊太郎。明治十四年被選挙権者に金子佐平・天保二年生、金子荘助・弘化四年生、金子政吉・嘉永元年生、選挙権者金子金蔵・万延元年生あり。

二四〇 同郡大和田町新座市) 明治二十九年毛武鉄道認可願書総代金子峰吉。明治三十五年煎餅卸商金子忠五郎・足袋商金子与利造あり。

二四一 同郡野火留宿(新座市) 坂之下村金毘羅社明治十五年聖徳太子碑に西堀村金子卯右衛門あり。

二四二 同郡上新倉村(和光市) 長照寺寛文三年供養塔に武州上新羅郡金子元右衛門、宝永七年庚申塔に上新倉村金子加左衛門、明治四年供養塔に金子久兵衛。安政二年上新倉村勧進帳に金子九十郎・金子市之助。明治十九年雑穀商金子市五郎。明治四十四年県税届に金子弥左衛門あり。

二四三 同郡膝折村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に膝折・金子弥八・金子豊吉あり。

二四四 同郡溝沼村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に溝沼・金子亦五郎・金子松五郎・金子要蔵。志木町不動堂明治十四年不動尊に溝沼村金子久太郎。氷川社明治三十七年碑に金子定吉・金子太郎・金子高次郎・金子瀧蔵あり。

二四五 同郡宮戸村(朝霞市) 志木宿敷島社明治九年住吉碑に宮戸・金子徳治郎。引又河岸跡明治十三年水神講に宮戸村金子新太郎。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に宮戸・金子平松あり。

二四六 同郡根岸村(朝霞市) 明治九年副戸長金子惣八・文化五年生。御嶽社明治期碑に当所金子豊吉、明治四十三年碑に金子善四郎。岡村氷川社明治四十一年碑に根岸・金子伝吉あり。

二四七 同郡台村(朝霞市) 台雲寺明治三十四年供養塔に金子利兵衛・金子政五郎・金子善蔵・金子金次郎あり。

二四八 同郡館村(志木市) 行屋稲荷社正保五年庚申塔に館村金子九兵衛、元治二年水鉢に館村金子幸治郎。氷川社寛文十二年庚申塔に新倉郡館郷金子七右衛門。宝幢寺享保十一年鐘銘に館村金子三右衛門。宮原文書に「正保五年、金子九兵衛。寛文十二年、館郷金子忠右衛門。嘉永四年氷川宮寄進、館村金子幸八。明治四年、車大工館村金子新三郎・屋根ヤ中野金子幸八」。新倉村明治初年富士講碑に引又金子寅吉。不動堂明治十四年不動尊に志木宿・金子彦平・金子広吉・金子幸八。明治十五年北広堂碑名簿に金子吉五郎・金子周作。明治三十五年旅店金子七五郎あり。

二四九 入間郡宗岡村(志木市) 当村に此氏多く存す。上宗岡村大仙寺寛政八年石橋供養塔に宗岡邑金子武兵衛。下宗岡村大日堂寛政十二年碑に金子文治郎。加納村天神社嘉永五年水鉢に宗岡村金子勘二郎。下宗岡村元治元年馬頭尊に金子栄蔵。志木宿敷島社明治初期浅間碑に下宗岡・金子庄吉・金子熊蔵・金子万蔵・金子栄蔵・金子平蔵・金子富治吉、明治五年浅間碑に宗岡金子藤次郎、同年道標に宗岡村金子藤五郎。志木宿不動堂明治十四年不動尊に下宗岡村金子庄吉。選挙人名簿に金子熊吉・村税百三十八円、金子直蔵・七十六円、金子英蔵・二十八円、金子源四郎・十八円、金子兼吉・十一円、金子八五郎・五円、金子藤蔵・四円、金子徳次郎・四円、金子又四郎・三円、金子増五郎・三円あり。

二五〇 同郡鶴馬村(富士見市) 当村に此氏多く存す。地蔵堂天明八年六地蔵に山室邑金子与七母、天保七年天神碑に金子平吉・金子紋助。勝瀬村護国寺文政八年湯殿山碑に鶴馬村金子幸八。諏訪社文政七年鳥居碑に当村金子佐五兵衛、明治五年御神燈に当村折戸宿金子軍次郎・金子伊助。明治五年桶職金子熊吉。明治九年副戸長金子軍治郎・文化十二年生、副戸長金子佐助・文化八年生。明治十年鶴馬村議員金子喜蔵・天保七年生。鶴瀬村会議員金子幸八・天保十三年生。福岡村大杉神社明治十二年拝殿碑に鶴馬村金子龍左衛門あり。

二五一 同郡南畑村(富士見市) 館村宝幢寺嘉永二年地蔵尊に南畑村金子忠吉あり。

二五二 同郡下南畑村(富士見市) 興福寺文化十四年地蔵尊に金子弥八あり。

二五三 同郡水子村(富士見市) 地蔵院元禄十四年地蔵尊に水子村金子孫□・金子彦右衛門。天保六年水宮文書に水子村上組金子佐七。氷川社明治九年八雲社碑に金子佐七・金子兼太郎・金子綱五郎、明治十三年幟碑に金子十七歳。志木宿敷島社明治九年住吉碑に水子・金子雪蔵。大応寺明治二十五年碑に金子綱蔵・金子瀧蔵あり。

二五四 同郡駒林村(上福岡市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長金子忠兵衛・文政十年生あり。

二五五 同郡亀久保村(大井町) 地蔵院寛政十一年宝篋印塔に当所・金子孫兵衛・金子戸右衛門。志木宿敷島社明治初年碑に亀久保村金子由之丞。明治四十四年若者名簿に金子彦次郎・金子彦八・金子孫兵衛・金子八百蔵あり。

二五六 同郡上富村三芳町) 志木宿敷島社明治初年碑に上富村金子仙松。明治七年成田山月参護摩講に金子勘蔵。亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村金子平五郎あり。

二五七 同郡所沢町 明治三十五年瀬戸物商金子栄蔵・酒商金子徳五郎・種物商金子万蔵・茶商金子松太郎あり。

二五八 同郡久米村(所沢市) 永源寺明治四十年地蔵尊に金山・金子松太郎あり。前項と同人か。

二五九 同郡下新井村(所沢市) 熊野社明治三十六年碑に当所金子幸助あり。

二六〇 同郡下富村所沢市) 明治二十年茶業金子七右衛門あり。

二六一 同郡北野村(所沢市) 北田文書に正徳四年宮座々配・金子伊兵衛。天神社天保五年御神燈に当邨金子文左衛門。明治三年議定書に「物部天神領・金子宇三吉、在来・金子権蔵・金子文吉、地頭小林領・金子平蔵・金子千蔵、在来百姓代金子文右衛門」。明治八年狭山学校議定証に金子小三郎。明治十五年北広堂碑名簿に旧神明ヶ谷戸金子房太郎、旧稲荷之前金子鍋吉・金子鍋次郎、上組生徒金子龍蔵。天神社明治二十九年碑に北野金子権蔵、明治四十年碑に当所金子時蔵あり。

二六二 同郡荒幡村(所沢市) 明治五年葺屋根職金子善左衛門。明治十五年北広堂碑名簿に金子福太郎あり。

二六三 同郡亀ヶ谷村(所沢市) 亀ヶ谷神社弘化四年水鉢に当所金子三左衛門。明治七年成田山月参護摩講に金子次郎八・金子惣左衛門・金子礒右衛門・金子藤左衛門・金子四郎左衛門・金子和吉・金子長五郎。明治九年戸長金子四郎左衛門・文政元年生、副戸長金子次郎八・文政三年生。本郷村東福寺明治十年供養塔に亀ヶ谷村金子金五郎あり。

二六四 同郡城村(所沢市) 当村は滝ノ城と称し北条氏照に属す、当時人家は七軒にて池田・金子・長倉・野村・木村・伊藤・外一軒なりと云う。城山神社弘化二年蔵王権現碑に金子平七。坂之下村金毘羅社江戸末期御神燈に城村・金子長右衛門・金子長兵衛。明治七年成田山月参護摩講に金子藤右衛門・金子常右衛門・金子庄右衛門・金子岩次郎・金子平七・金子長右衛門。明治九年戸長金子長右衛門・天保十三年生。明治十年城村誓約証に金子宇之助・金子仁三郎・金子忠蔵・金子平十郎・金子庄蔵・金子左京・金子与右衛門・金子五平次・金子留七、金子万蔵(質屋、文政三年生)。城山神社明治十九年碑に城村・金子忠蔵・金子増太郎・金子雛次郎・金子金太郎・金子清十郎・金子繁蔵・金子今五郎・金子平十郎・金子庄吉・金子仁三郎・金子文蔵あり。

二六五 同郡坂之下村所沢市) 金毘羅社明治十五年聖徳太子碑に当村・金子学・金子栄次郎・金子寅五郎・金子弥七・金子忠右衛門・金子友吉。天神社明治二十九年熊野碑に金子忠吉。私塾師匠神官金子学・明治三十六年没六十三歳あり。

二六六 同郡町谷村(所沢市) 海蔵寺享和元年百番供養塔に町谷邑金子八左衛門。明治十五年北広堂碑名簿に山口村三番組金子伊八。氷川村氷川社明治四十年碑に山口郷町谷・金子伊八あり。

二六七 同郡金子郷(入間市) 当所より起る村山党金子氏は在名にて苗字にあらず。近世に入り本名加藤氏に復姓する者と、在名をそのまま苗字に用いる者あり。十八項参照。笹井村観音堂文書に「慶長十四年、金子始り申候て、拙者二十四代、金子三村之内・きもいり金子伝右衛門尉花押」と。金子三村とは峰・寺竹・木蓮寺なり。寺竹村金刀比羅神社文化五年狛犬に金子金之助。中野村安政五年中村氏筆子碑に峰村金子金次郎良度あり。金子氏は寺竹村に三戸、峰村に四戸存し、村山党金子氏居住地の木蓮寺村に現存無し。

二六八 同郡新久村(入間市) 明治十六年に金子玄泉・金子多吉あり。

二六九 同郡扇町屋村(入間市) 明治三十五年足袋商金子又兵衛あり。

二七〇 同郡上藤沢村(入間市) 当村宝暦二年供養塔に金子源右衛門。神明社明治三十九年碑に上藤沢・金子藤蔵あり。

二七一 同郡入間川町(狭山市) 明治二十五年地租額調に金子利八。明治三十五年小間物傘商金子捨五郎。八幡社明治四十二年碑に入間川町金子茂八あり。

二七二 同郡川越町 万延元年水村文書に川越小銭相場取建願書大世話役金子角蔵。明治十三年川越銀行株主に川越喜多町金子繁蔵・三十株千五百円所有。明治十五年北広堂碑名簿に川越北町金子新三郎。明治二十九年鉄道請願書に金子久造。氷川社明治十七年碑に金子繁蔵、明治三十三年玉垣碑に金子増太郎。御嶽社明治三十年碑に金子竹次郎・金子勝造。三芳野神社明治四十年碑に江戸町金子竹次郎。明治三十五年営業便覧に飲食店金子熊吉・同金子常次郎・同金子源七・米穀商金子嘉吉・同金子平三郎・同金子新三郎・足袋商金子良助・太物商金子七五郎・綾製造業金子彦六・魚乾物商金子春吉・菓子商金子竹次郎・古道具商金子竹造あり。

二七三 同郡大仙波村(川越市) 喜多院明治三十四年水鉢に大仙波下駄職金子幸太郎。氷川社明治四十一年碑に金子金蔵・金子与助あり。

二七四 同郡藤間村(川越市) 大仙波村浅間社文化十一年水鉢に藤間村金子重兵衛あり。

二七五 同郡古市場村(川越市) 氷川社明治四十三年碑に金子市五郎あり。

二七六 同郡今福村(川越市) 志村文書に「今福村開発人、寛文十年家作引移る・金子善左衛門」と、子孫金子久作・同庄三郎なり。堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に今福村金子宗右衛門。菅原神社文久三年碑に金子兵右衛門。明見院慶応二年普門品に金子仁吉あり。

二七七 同郡川越領大塚村(川越市) 菅原神社弘化四年筆子碑に金子兼治郎・金子鍋造あり。

二七八 同郡伊佐沼村(川越市) 芳野村郷土誌稿に「伊佐沼村の金子家は開墾六軒と称される」。八ツ島村御嶽社明治十九年碑に伊佐沼村金子政五郎・金子清八あり。

二七九 同郡北田島村(川越市) 円満寺跡安永八年地蔵尊に金子長太夫。閻魔堂寛政八年六地蔵に金子七右衛門、文化六年筆子碑に金子蔵吉・金子菊松、弘化四年筆子碑に金子慶造、明治四十一年碑に金子増太郎・金子仙之助・金子周太郎・金子仲造あり。

二八〇 同郡古谷本郷(川越市) 八幡社延宝七年鰐口銘に武州日東郡・金子八郎兵衛元智。久下戸村氷川社天保九年浅間碑に古谷本郷金子清造。埼玉郡正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に古谷本郷金子宗八。八幡社明治三十八年碑に古谷村・金子兵三郎・金子辰之助・金子惣兵衛・金子勇蔵あり。

二八一 同郡谷中村(川越市) 土豪なり。川越中院過去帳に「道祐・金子与六父・天正十八年。道円禅定門・府河谷中・金子九右衛門。妙蓮尼・金子新左衛門内」と見ゆ。

二八二 同郡鴨田村(川越市) 神光寺寛文二年月待講に金子権右衛門あり。

二八三 同郡坂戸村 明治三十五年菓子商金子馬吉・飾玩具金子銀次郎あり。

二八四 同郡沢木村(坂戸市) 風土記稿沢木村条に「金子屋敷蹟、東の方戸口村の境にあり、凡六畝ばかりの地なり。土人は金子十郎が邸蹟なりと云伝ふれど其證跡明ならず」と見ゆ。金子氏は当村に現存無し、戸口村に十五戸存す。戸口村の金子氏屋敷蹟か。

二八五 同郡戸口村(坂戸市) 明治九年副戸長金子友次郎・文政十年生。明治十三年戸長金子弥三郎。鎌形村八幡社明治十六年筆子碑に戸口村金子藤造あり。

二八六 同郡関間新田村(坂戸市) 三ツ木村三角原文化二年地蔵尊に関間新田村金子清あり。

二八七 同郡苦林村(毛呂山町) 明治九年百姓惣代金子兵蔵あり。

二八八 同郡上野村越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に上野村下分・金子要蔵・金子八十兵衛。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に上野・金子権吉あり。

二八九 同郡成瀬村(越生町) 明治三十四年水利組合員に金子富八・金子佐七あり。

二九〇 高麗郡吉田村川越市) 万久院文化四年水鉢に吉田村金子清右衛門、文政二年碑に吉田村金子清蔵・金子寅蔵。明治九年副戸長金子栄治郎・天保二年生。多摩郡青梅御嶽神社明治二十三年文書に南吉田村金子伝造あり。

二九一 同郡的場村(川越市) 八坂社明治二十七年碑に金子幸造あり。

二九二 同郡柏原村狭山市) 長源寺天保十五年供養塔に金子市左衛門、慶応元年普門品に金子栄蔵・金子安五郎・金子繁太郎・金子兵右衛門。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、柏原村金子市右衛門」。明治三十二年白魚子織金子又七・桑卸売飲食店金子国三郎・糸撚製造金子繁太郎・織物製造金子宇太吉。白鬚社明治四十三年御神燈に金子儀作あり。

二九三 同郡上広瀬村(狭山市) 信立寺記録に「覚真信士・万七婿池之端金子仁右衛門・延宝九年十一月二十七日。道養信士・治右衛門婿池之端金子惣次郎・元禄五年十月二十一日。宗善信士・五郎兵衛養子下宿金子金兵衛・正徳元年四月十五日。久清信士・忠兵衛婿上宿金子忠兵衛・貞享二年十二月二十四日」。浅間社寛政十一年庚申塔に上広瀬村金子万七。明治五年田畑名寄帳に金子万七・金子高平・金子為吉・上宿組金子亀吉・宮地組金子ぬい。明治二十七年地租調査に金子周次郎・地租十九円。浅間社明治四十五年碑に金子磯吉・金子周次郎・金子熊次郎・金子隆一あり。

二九四 同郡中沢村(日高市) 当村に此氏多く存す。正法寺寛政十年地蔵尊に中沢村金子勘右衛門。明治九年戸長金子要蔵・文政九年生、副戸長金子勇之丞・文化九年生。女影村霞野神社明治四十五年御神燈に中沢・金子要次郎・金子勇次郎・金子健次郎・金子栄助・金子金太郎・金子音吉あり。

二九五 同郡女影村(日高市) 当村文化六年地蔵尊に女影村竹之内・金子忠兵衛・金子忠蔵あり。

二九六 同郡大谷沢村(日高市) 当村に此氏多く存す。大谷沢根元伝記に「金子大炊助・及び三人の子息、他に百姓五人が慶長七年に住んでおり、寛永八年には百姓十七人となる」と。白髭社文書に「寛永十五年に村民金子惣兵衛光次が鰐口を寄進す」と見ゆ。宝蔵寺明和二年廻国塔に行者金子貞兵衛。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、大谷沢村・金子半兵衛・金子長蔵・金子清五郎・金子久米五郎・金子権兵衛・金子金五郎・金子鉄蔵・金子利右衛門・金子重右衛門・金子金蔵・金子定右衛門」。明治九年戸長金子辰五郎・文政四年生、副戸長金子新次郎・嘉永二年生。同年に質屋金子藤兵衛・養蚕卵金子祐二郎・同業金子清八・同業金子利右衛門。明治二十四年地租軽減請願人に金子金右衛門・金子周三郎・金子弥太郎・金子竹治郎・金子雄治郎・金子彦兵衛・金子安治郎・金子新治郎・金子勘左衛門・金子房治郎・金子惣吉・金子金七・金子兵三郎・金子万吉・金子勝五郎・金子美喜太郎・金子惣五郎・金子作治郎・金子半治郎・金子勇吉・金子要蔵・金子助右衛門・金子治右衛門・金子八重八あり。

二九七 同郡田木村(日高市) 文政二年名主金子武左衛門。明治九年戸長金子錠之助・弘化元年生あり。

二九八 同郡高岡村(日高市) 中山村山崎家譜に「源八郎(貞享四年生、高岡村金子七右衛門婿養子となり、源衛門と改める)」。新堀村聖天院阿弥陀堂記に宝永年間・高岡村金子六左衛門建立す。平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に上高岡村金子太郎右衛門あり。

二九九 同郡栗坪村(日高市) 明治十七年飲食店金子定五郎あり。

三〇〇 同郡梅原村日高市) 明治九年誓約書に金子庄兵衛・金子半次郎。明治二十二年塩煎餅商金子嘉助・糸繭商金子半之助あり。

三〇一 同郡高麗本郷(日高市) 中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に高麗村金子徳右門あり。

三〇二 同郡飯能町 中山村山崎家譜に「源八郎(貞享四年生)。妹は金子祐忠三男久下分邑金子小右衛門祐則妻・分家之由・後江戸赤坂に住す」。中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に飯能村金子無三久長・金子重良。相州大山阿夫利神社下社嘉永四年御神燈に飯能町織物商講中金子忠五郎。所沢村三上文書に「関八州富貴長者鑑、前頭・飯能金子忠五郎」と見ゆ、富豪なり。明治四年真能寺村織物金子重助・久下分より文化元年入稼ぎ。明治九年久下分村副戸長金子忠五郎・嘉永三年生。明治十四年飯能村料理屋金子定次郎、久下分村薬種紙商金子忠五郎・旅籠屋洋物商金子弥吉。多摩郡青梅御嶽神社明治二十四年文書に飯能町中町金子弥吉。明治三十五年飯能町薬種商金子忠五郎・旅宿金子弥吉。諏訪八幡社明治四十三年御神燈に宮本町金子周策。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人金子忠五郎・五百株所有す。

三〇三 同郡高倉村(鶴ヶ島市) 久米村天保十四年平塚文書に高倉新田金子金蔵。上組日枝神社文書に「世話人、明治十六年・金子勇吉、十九年・金子佐十・金子竹次郎、二十二年・金子伴蔵、二十五年・金子栄八、二十六年・金子金吉、二十七年・金子佐吉」。同社明治三十九年碑に高倉・金子勇吉・金子軍次郎あり。

三〇四 同郡三ツ木村(鶴ヶ島市) 県会議員金子助五郎・元治元年生あり。

三〇五 同郡脚折村(鶴ヶ島市) 県会議員建設業金子圭典・昭和十九年生あり。

三〇六 比企郡熊井村(鳩山町) 毛呂神社明治四十二年幟碑に金子芳太郎・金子金次郎・金子兼吉あり。

三〇七 同郡上大屋敷村(川島町) 下大屋敷村宝暦四年地蔵尊に両大屋敷村金子七右衛門。明治五年戸籍編製に金子福蔵・金子勇次郎・旧百姓代金子源右衛門あり。

三〇八 同郡上伊草村(川島町) 風土記稿上伊草村条に「村民牛村助十郎が蔵する文書に岩槻より当村へ出せしものあり。其文に、天正五丁丑十月二十日、百束竹、長福寺分・金子式部」と見ゆ。長福寺は当村にあり。川越行伝寺過去帳に「浄金・金子・伊草・寅年六月。妙金・伊草ノ金子内・酉年十一月」あり。井草条参照。

三〇九 同郡松山町 天明二年向笠文書に松山町露天商人・松本町一丁目金子丹治郎。松本町文化十年地蔵尊に元宿金子佐五衛門。松山神社文政十二年御神燈に上町金子喜助・下町金子荘兵衛。箭弓稲荷社天保六年棟札に下町金子庄兵衛・上町金子平兵衛・本町金子大吉。岩室観音堂嘉永三年水鉢に松山・金子鉄五郎。菅原神社安政五年奉献に上・金子鉄五郎。本町文久元年馬頭尊に金子庄兵衛。松葉町八幡社慶応四年庚申塔に金子広助。明治三十五年営業便覧に米穀商金子喜四郎・同金子多助・籠職金子清三郎・菓子商金子利三郎・同金子倉吉・同金子酒造蔵・焼物金子友次郎あり。

三一〇 同郡高坂村(東松山市) 川越行伝寺過去帳に「道秋・高坂ノ金子・酉年七月」あり。江戸初期なり。

三一一 同郡毛塚村(東松山市) 明治五年准副戸長金子七五郎・副戸長金子直三郎。明治九年戸長金子幾周・天保三年生、副戸長金子宗吉。明治十六年毛塚村取調帳に金子三次郎・金子兼次郎・金子富士太郎・金子伊太郎・金子喜三郎・金子茂平・金子丑五郎・金子熊五郎・金子幾周・金子逸太郎あり。

三一二 同郡神戸村(東松山市) 鎌形村八幡社明治十六年筆子碑に神戸村金子才十郎(漁業)あり。

三一三 同郡唐子村(東松山市) 上岡妙安寺宝暦十年六地蔵に上唐子村金子喜兵衛。鴻巣宿法要寺嘉永四年供養塔に上唐子村金子長蔵。唐子神社忠魂碑に金子辰平・金子喜平・金子長吉・金子義一郎・金子源三郎・金子福松・金子吉平・金子弥十郎・金子馬八・金子善吉あり。他村の者も存す。

三一四 同郡下野本村(東松山市) 延宝七年屋代文書に下野本村組頭兼子勘兵衛あり。今は金子を称す。

三一五 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「文和二年より小田原出勤に倉林刑部左衛門家来金子右衛門五郎、天正二十年より金子稲右衛門、元和七年より寛永五年迄・若年寄金子但馬、正保五年迄・若年寄金子佐左衛門。寛文四年古来居屋敷覚、倉林家来金子右衛門五郎・子但馬・子十左衛門・子善兵衛・子三右衛門」。羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「先地頭北条陸奥守殿より上田能登守殿迄、倉林家来・松山へ出勤金子右衛門五郎、元和七年より寛永五年迄・年寄金子但馬、正保五年迄・年寄金子佐左衛門、寛文七年に若年寄金子権左衛門」と見ゆ。山崎条参照。当村安永三年地蔵尊に羽尾村両毛・金子平左衛門、文化十年二十二夜塔に羽尾村金子佐左衛門。消防組員に金子弥助、金子三吉・文久三年生、金子巳之助・明治二年生、金子平吉・明治元年生、金子清治郎・嘉永三年生。明治二十七年毛受重徴筆子碑に当所金子与市・金子巳之助(九三長男)あり。

三一六 同郡山田村滑川町) 当村正徳四年供養塔に金子伊左門・金子武右門・金子小右門あり。

三一七 同郡志賀村(嵐山町) 中尾村慶徳寺元禄十六年七福神奉納に志ヶ村金子与兵衛あり。

三一八 同郡将軍沢村(嵐山町) 明光寺明治七年筆子碑に金子清吉あり。

三一九 同郡杉山村(嵐山町) 土豪あり。風土記稿杉山村条に「塁跡、村の中程にて小高き丘の上千五百坪許の地を云。一説に往昔金子十郎家忠の居住なりしといへど詳ならず」と見ゆ。狂歌師金子喜三郎・文化八年没。小川村八宮社文化頃石御宮寄進碑に杉山村金子和吉。明治九年副戸長金子市之丞・文政四年生。当村八宮社明治十六年筆子碑に当村・金子仲三郎・金子市重郎・金子才助・金子喜代次郎・金子惣三郎・金子忠三郎あり。

三二〇 同郡小川町 明治十四年本街一丁目消防委員金子関次郎。明治三十五年糸繭商金子八重造あり。

三二一 同郡青山村(小川町) 当村に此氏多く存す。平村慈光寺寄進帳に青山村金子徳右門・金子九兵衛。明治四年青山村下分名主金子庄兵衛。明治九年副戸長金子庄兵衛・享和二年生。明治十六年県会議員調に青山村金子光広・弘化三年生・地所二十二町六反六畝歩所有あり。二十四項参照。

三二二 同郡下里村小川町) 当村に此氏多く存す。字島根万治二年供養塔に金子庄左衛門、文久三年馬頭尊に金子政二郎、明治二年馬頭尊に金子七右衛門。御堂村浄蓮寺安政二年寄進帳に下里村金子初五郎・金子七右衛門。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑に下里村金子房太郎。明治七年投票に金子七次郎・金子初五郎・金子鉄次郎・金子房太郎。明治九年副戸長金子清次郎・安政二年生。用土村明治十三年仙元碑に下里村金子三治郎。御堂村浄蓮寺明治二十三年碑に下里・金子三次郎・金子省三・金子久太郎・金子浜次郎・金子政次郎。八宮社明治二十五年水鉢に当所島根金子喜三郎(水車業)あり。二十四項参照。

三二三 同郡上横田村(小川町) 下横田村嘉永二年百庚申に上横田村金子粂蔵あり。

三二四 同郡高谷村(小川町) 風土記稿高谷村条に「塁蹟、村の西にて、今は林となれり。土人城山と呼ぶ。金子氏の人住せしと云」と。或書に「高谷村の砦は、青木山城守氏久に従い治承四年宇治川の先陣に敗れた金子十郎兵衛忠成が籠居す。十郎兵衛の墓あり」と見ゆ。

三二五 横見郡荒子村(吉見町) 私塾師匠金子順太郎あり。

三二六 同郡大串村(吉見町) 当村に此氏多く存す。明和元年新井文書に大串村名主金子又右衛門。毘沙門堂寛政十年燈籠に金子伝□。嘉永五年赤尾村頼母子講に大串村金子元清。私塾師匠医師金子玄清・明治十八年没。久米田村慶応元年馬頭尊に大串村金子林蔵・金子文次郎あり。

三二七 同郡田甲村(吉見町) 当村に此氏多く存す。高負彦根神社明治三十年碑に金子善治郎・金子仙太郎・金子惣平・金子兵松・金子清三郎・金子迹吉・金子甚七あり。

三二八 同郡上細谷村(吉見町) 氷川社明治三十四年幟碑に金子由松あり。

三二九 同郡下細谷村(吉見町) 明治九年戸長金子忠義・嘉永元年生、副戸長金子義三・嘉永元年生あり。

三三〇 同郡小新井村(吉見町) 熊野社宝暦二年御神燈に金子小四郎英貞、明治二十九年幟碑に金子和索。明治九年戸長金子和索・文政二年生、副戸長金子郷衛・文化九年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に小新井村金子小一郎あり。三百五十項参照。

三三一 同郡江口村(吉見町) 岩室観音堂享和二年碑に下吉見江口村金子忠次郎、嘉永三年水鉢に江口村金子忠蔵・金子勇蔵あり。

三三二 同郡江和井村(吉見町) 明治九年副戸長金子粂吉・文政十年生あり。

三三三 同郡吉見村北組(吉見町) 明治九年戸長金子喜惣治・天保十四年生あり。当所は旧根古屋村か。

三三四 男衾郡秋山村寄居町) 名主金子勘右衛門(明治四年没)―勘右衛門(明治四十年没)―鉄之助(大正九年没)―勘重郎(昭和三十七年没)。字宿元治元年大黒天に金子勘衛。明治十年秋山村議金子勘右衛門。折原村明治四十三年碑に金子鉄之助あり。

三三五 大里郡小八ツ林村(大里町) 春日社文政十三年御神燈に金子久治郎・金子栄助、弘化四年敷石碑に金子伝右衛門、嘉永元年御神燈に金子軍次郎・金子喜代松・金子長三郎。集会所裏天保六年馬頭尊に金子忠次郎。前谷村光明寺天保七年常夜燈に小八ツ林・金子忠治郎あり。

三三六 同郡熊谷宿 熊谷宿百石組に「慶安元年、金子小平次。正徳五年、帳付役人衆金子庄左衛門。宝暦十年、本町北屋敷持主金子与五右衛門・本町南屋敷持主金子庄左衛門・同所持主金子定七。嘉永七年、金子仙蔵」。千形神社嘉永五年酒蔵講中に金子要右衛門・金子要助。筑波町聖天宮安政三年桶屋中・金子金次郎。明治三十五年綿商金子勘五郎・米穀商金子弥惣治・木賃宿金子むめ・土物商金子亀太郎あり。

三三七 同郡石原村熊谷市) 明治三十五年菓物商金子幸七・米穀商金子周次郎・提灯商金子竹蔵・鳥商金子幸平あり。

三三八 同郡代村(熊谷市) 八幡社弘化四年頃伊勢講碑に金子熊右衛門あり。

三三九 同郡久下村熊谷市) 吹上町荊原の権八地蔵尊に「宝暦十三年、大里郡忍領荊原中願主金子右兵次、久都久下邑」あり。

三四〇 同郡大麻生村(熊谷市) 当村の須永・伊佐山・高田・馬場・金子・古沢は草分け六軒なり。風土記稿大麻生村条に「正光寺開基は、城和泉守の臣金子民部の子茂左衛門なり、此人慶長十三年三月七日卒す、法名雪窓遊岩居士と号す」と見ゆ。二十四項参照。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村金子奥太郎・金子将興あり。

三四一 幡羅郡玉井村(熊谷市) 上の茶屋廓延享元年地蔵尊に金子幸助あり。

三四二 同郡上奈良村(熊谷市) 向河原新田元禄四年地蔵尊に上奈良村下組・金子市兵衛あり。

三四三 同郡東別府村(熊谷市) 岡村寅稲荷社明治三十二年碑に東別府村金子直次郎あり。

三四四 同郡西別府村(熊谷市) 九品仏堂元文五年庚申塔に金子作(佐)左衛門あり。

三四五 同郡妻沼宿 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州妻沼宿金子国八。聖天宮嘉永七年百番供養塔に当所金子徳左衛門・金子新右衛門あり。

三四六 同郡葛和田村妻沼町) 神明宮天保十三年御神燈に金子彦左衛門、明治十一年御嶽碑に金子元三郎。大野村稲荷社安政二年水鉢に金子文右衛門・金子直次郎。明治九年副戸長金子元三郎・弘化元年生。大龍寺明治十四年上人碑に金子橘次あり。

三四七 同郡上増田村(深谷市) 諏訪社文久二年御神燈に金子伊惣□・金子□八郎・金子弥八・金子常右衛門・金子清吉。田島村明治八年富士嶽碑に上増田村金子伊十郎。明戸村会議員に金子倉之助・安政二年生、金子久司・明治十九年生あり。

三四八 同郡東方村(深谷市) 熊野社元治元年小御嶽碑に金子新三郎、明治三十年碑に金子松五郎・金子万平・金子新三郎あり。

三四九 同郡原郷(深谷市) 幡羅村会議員金子三ツ男・明治四十四年生あり。

三五〇 榛沢郡深谷宿 三高院金子家墓地に「元禄十三年、小新井村金子藤兵衛。享保二年、小新井村金子小四郎。延享三年、金子荘太夫。明和四年没・俗名金子前小四郎、横見郡小新井村施主金子小四郎」。同寺明和四年地蔵尊に小新井村金子杉太郎。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷観音講・金子百太郎あり。三百三十項参照。

三五一 同郡西大沼村(深谷市) 深谷町会議員瓦製造業金子梅吉・明治三十二年生あり。

三五二 同郡新戒村(深谷市) 大林寺明治三十五年筆子碑に世話人金子利平あり。

三五三 同郡高島村(深谷市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州榛沢郡高島村金子升之丞あり。

三五四 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に金子庄作・金子福次郎・金子勘九郎・金子ナヨ・金子五三郎・軍人金子藤十郎。中瀬村会議員金子辰雄・明治三十七年生あり。

三五五 同郡上野台村(深谷市) 藤沢村会議員金子竹一郎・明治十六年生あり。

三五六 同郡樫合村(深谷市) 当村明治二十四年八海山講碑に金子嘉平あり。

三五七 同郡境村(深谷市) 玉津島神社元治二年気楽流碑に金子寅吉。明治九年副戸長金子本治郎・天保六年生。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村境・金子広太郎・金子猪之作。藤沢村会議員に金子広太郎・文久元年生、金子清一郎・明治十五年生、金子悳寿・明治十八年生、金子重雄・明治三十四年生あり。

三五八 同郡武蔵野村(花園町) 明治九年富田文書に猿喰土村金子作平、飯塚猿喰土村金子石五郎、飯塚村金子滝右衛門・金子美か、飯塚村原宿金子作十郎・金子安次郎。用土村明治十三年仙元碑に武蔵野村・金子元平・金子兼松・金子寅吉・金子安五郎あり。

三五九 同郡黒田村(花園町) 薬王寺文政十二年聖徳太子碑に金子源内あり。

三六〇 同郡寄居町 明治三十五年左官職金子末五郎あり。

三六一 同郡桜沢村(寄居町) 字金嶽天保四年馬頭尊に金子長次郎あり。

三六二 同郡用土村(寄居町) 字大門寛政十二年庚申塔に当村金子喜平あり。

三六三 同郡牧西村(本庄市) 嘉永元年牧西村絵図に金子弥之助。明治九年連印簿に金子勝三郎あり。

三六四 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に本町金子藤吉。明治三十五年荒物商金子平五郎・足袋屋金子金次郎あり。

三六五 同郡沼和田村本庄市) 当村に此氏多く存す。当所享保十一年供養塔に沼和田村金子太平次。飯玉神社万延元年庚申塔に金子茂右衛門、明治三年富士碑に金子谷平・金子喜市・金子宇市郎・金子喜一郎・金子海三郎・金子源次郎・金子仲次郎・金子安吉・金子助三郎・金子松三郎・金子栄五郎。明治九年立会人金子徳次郎あり。

三六六 同郡仁手村(本庄市) 明治五年川船書上(諸井文書)に「十石積艀船所有者、下仁手村金子勝五郎、同村金子竹蔵、同村金子八十吉、同村金子伊太郎(金子文五郎乗り)。六石四斗積舫船所有者、上仁手村金子伝次郎」とあり。

三六七 同郡児玉町 八幡社明治二十三年御嶽講碑に金子常吉。明治三十五年飲食店金子愛作あり。

三六八 同郡太駄村(児玉町) 明治三十年中里鳥三郎碑に金子喜作あり。

三六九 同郡根木村(美里町) 用土村明治十三年仙元碑に根木村金子利七あり。

三七〇 同郡関村(美里町) 明治五年中沢文書に組頭金子庄平。用土村明治十三年仙元碑に関村金子宗吉あり。

三七一 那賀郡広木村(美里町) ミカ神社明治四十一年碑に当所金子吉松あり。

三七二 同郡秋山村児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・金子初五郎・金子宇平・金子藤作。中里村雷電社明治三十七年浅間碑に秋山・金子新平あり。

三七三 秩父郡高山村飯能市) 常楽院文書に「文政十三年御本堂焼失、御師宅金子蔵人、車力宰領金子源蕃、杉本坊大工方持人金子庄太夫」と見ゆ。

三七四 同郡坂本村東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に金子團次郎あり。

三七五 同郡皆野村 当村に此氏多く存す。寛保三年香具仲間連名帳(野口文書)に金子岩吉・金子太四郎・金子久平・金子宇蔵・金子幸右衛門・世話人金子利七。宝登山神社明治七年寄進連名記に皆野村金子吉五郎。明治九年副戸長金子弥治右衛門・天保十年生、副戸長金子徳左衛門。明治十三年農区委員金子新吉。国神神社明治三十四年碑に皆野村・金子保平・金子近次郎・金子徳左衛門。明治三十五年旅宿金子茅蔵。県会議員金子弥二郎・明治三十二年生あり。

三七六 同郡品沢村(皆野町) 寛保三年香具仲間連名帳に品沢村金子伊平次あり。

三七七 同郡大宮町秩父市) 気楽流柔術加藤門弟に大宮町金子弥助。明治三十五年飲食店金子平作あり。

三七八 同郡山田村秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に木戸原東組・金子半平あり。

三七九 同郡伊古田村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に伊古田・金子近吉あり。

三八〇 同郡太田村(秩父市) 東泉寺慶応三年鐘銘に金子弥吉・金子友次郎・金子宇左衛門あり。

三八一 同郡横瀬村 明治十四年神輿寄附連名帳に七番耕地宇根・金子元吉・金子鍋太郎・金子重五郎、十四番耕地川東・金子利加あり。

三八二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・金子米吉・三百十九円・百四十円、金子常次郎・二百七十四円・百十二円、金子荒吉・百二十三円・七十五円、金子文左衛門・百五十六円、金子勝次郎・四十六円・七十五円、金子亀次郎・五十六円、金子金右衛門・十円・二十八円、六辻村(浦和市)・金子貞吉・五十八円、金子喜太郎・十六円、金子金四郎・十三円、戸田村・金子善四郎・百二十六円、金子庄五郎・八十五円・二十八円、金子志郎・六十九円、蕨町・金子清三郎・七十八円、金子定次郎・十円・三十三円、川口町・金子亀太郎・百二円・八十四円、金子政治・十六円・三十二円、金子清蔵・十三円、金子正勝・十二円、金子将・十円、横曽根村(川口市)・金子留吉・十八円・四十四円、南平柳村(川口市)・金子文太郎・二十二円・二十二円、谷塚村(草加市)・金子鉄五郎・十四円・二十八円、与野町・金子元七・二十六円、大宮町・金子栄太郎・百三円・八十四円、金子義正・四十四円・三十六円、金子包吉・二十八円・五十八円、金子国蔵・十二円・二十八円、金子たい・二十円・十四円、金子誠一郎・十円、春岡村(大宮市)・金子源蔵・十七円、馬宮村(大宮市)・金子久五郎・三十一円・四十二円、金子仙蔵・十八円・十六円、日進村(大宮市)・金子真一郎・十一円、鴻巣町・金子英之助・十八円・四十二円、吹上村・金子丑之助・十一円、大和田町新座市)・金子喜市・十円、膝折村(朝霞市)・金子しん・百十六円、金子太郎・十六円・三十三円、金子重雄・九円・三十三円、金子清信・十七円、金子久太郎・十円、川越市・金子栄助・二十二円・四十二円、金子長兵衛・五十八円、金子道啓・十七円、金子慶助・十円、芳野村(川越市)・金子武平・百六十八円、金子綱吉・二十円、福岡村・金子忠平・十円、鶴瀬村(富士見市)・金子与茂作・十一円、宗岡村(志木市)・金子市郎・十三円、所沢町・金子久良・十一円・三十六円、金子晴吉・十七円、金子佐次郎・十三円、柳瀬村(所沢市)・金子繁蔵・百十八円、金子信太郎・九円、金子村(入間市)・金子庸三・八十四円、入間村(狭山市)・金子瀧次郎・十五円、越生町・金子金作・二十七円・四十八円、鶴ヶ島村・金子助五郎・十一円、高萩村(日高市)・金子安次郎・十四円、飯能町・金子忠五郎・三百五十五円・二十六円、金子武・十円・三十三円、唐子村(東松山市)・金子辰平・十一円、小川町・金子一郎・十四円、南吉見村・金子又蔵・十七円、北吉見村・金子五郎・十一円、岩槻町・金子徳蔵・百二十一円・二十九円、金子徳次郎・三十五円・四十四円、川通村(岩槻市)・金子由徳・十二円、出羽村(越谷市)・金子亀太郎・十四円、蒲生村(越谷市)・金子与吉・七十九円、桜井村(越谷市)・金子正右衛門・六十六円、粕壁町・金子仁左衛門・三百四十七円・百二十一円、金子文蔵・百七十五円・八十四円、金子作蔵・十円・十五円、金子操一・十円・十四円、金子米蔵・十四円、内牧村春日部市)・金子喜四郎・九円、百間村(宮代町)・金子作蔵・十二円・十一円、篠津村(白岡町)・金子釣蔵・十三円、栢間村(菖蒲町)・金子叡作・十円、権現堂川村(幸手市)・金子清一・九円、新郷村羽生市)・金子恒五郎・十円、岩瀬村羽生市)・金子治之助・四十七円、金子嘉右衛門・四十七円、金子清・十五円・十四円、忍町・金子安次郎・九十六円・九十八円、長野村(行田市)・金子近右衛門・四十四円、太田村(行田市)・金子正平・十六円、熊谷町・金子長次郎・三十五円・六十一円、金子勘五郎・四十七円・四十四円、金子茂三郎・六十二円、金子春吉・十一円、本庄町・金子親和・八十五円・九十二円、金子一郎・五十二円・七十円、旭村本庄市)・金子重平・十二円、秩父町・金子森吉・百九円・百三円、皆野町・金子栄助・二十三円・五十六円、金子善吉・十八円・四十二円、金子元春・九円、国神村(皆野町)・金子多三郎・九円・十九円」あり。

金古 カネコ 各市町村に存す。群馬県利根郡月夜野町十二戸、前橋市三十五戸あり。

金児 カネコ 各市町村に存す。

兼子 カネコ 各市町村に存す。長野県伊那市二十四戸、福島県石川郡浅川町九戸、岩瀬郡天栄村十四戸、河沼郡河東町十六戸、湯川村四十戸、山形県西村山郡大江町二十戸、河北町二十一戸、寒河江市六十七戸、鶴岡市三十四戸、秋田県雄勝郡皆瀬村十五戸あり。

一 忍城士の兼子氏 成田分限帳に「二十五貫文・兼子勘解由」あり。一本に兼田と見ゆ。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・兼子市右衛門」あり。

三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御徒小頭・五両二人扶持・兼子左七」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・三十五石五人扶持・兼子多作」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・三十石五人扶持・兼子増平」。明治四年前橋藩職員録に「史生・軍事方・兼子唯郎」あり。

五 久喜藩米津氏家臣 嘉永元年分限帳に「中小姓格・六両二人扶持・兼子三八」あり。

六 入間郡赤尾村(坂戸市) 森田家文書に「赤尾村に古き家あり、天正慶長の頃、大塚、兼子等、其外あり」と見ゆ。現存無し。

兼古 カネコ 新潟県三条市十六戸、山形県東田川郡余目町八戸あり。

一 比企郡杉山村(嵐山町) 八宮社明治十六年筆子碑に当村兼古鹿次郎あり。一戸現存す。

金子田 カネコダ 忍城士にて、成田分限帳に「十三貫文・金子田近江」あり。

金子松 カネコマツ 所沢に存す。

金今 カネコン 岩槻、浦和等に存す。岩手県東磐井郡川崎村二十七戸あり。

金佐 カネサ 川越に存す。

金坂 カネサカ 各市町村に存す。千葉県長生郡白子町二十四戸、長南町十八戸、長柄町十一戸、山武郡大網白里町四十戸、茂原市九十戸、島根県(出雲国)八束郡鹿島町四十七戸、松江市六十戸あり。カナサカ参照。

一 大里郡石原村熊谷市) 明治三十五年塩魚商金坂三次郎あり。現存無し。

兼坂 カネサカ 熊谷、寄居、越谷、三郷、浦和、朝霞等に存す。

金崎 カネサキ 各市町村に存す。岩手県上閉伊郡大槌町三十五戸、青森県上北郡六戸町十戸、弘前市二十戸、島根県(出雲国)八束郡鹿島町十七戸あり。カナサキ参照。

兼先 カネサキ 蕨に存す。

兼崎 カネサキ 富士見、川口等に存す。栃木県矢板市二十四戸あり。

金作 カネサク 浦和、大宮、志木等に存す。福島県耶麻郡猪苗代町十二戸あり。

金刺 カネサシ 鶴ヶ島、越谷、三郷、上尾、和光等に存す。カナサシ参照。

金指 カネサシ 浦和、和光等に存す。

金定 カネサダ 大宮に存す。

兼定 カネサダ 桶川、川口等に存す。

金里 カネサト 飯能に存す。

金沢 カネザワ 秩父、長瀞、久喜、越谷、浦和、新座等に存す。茨城県久慈郡大子町二十一戸、常陸太田市三十五戸、秋田県北秋田郡鷹巣町四十四戸、田代町十九戸、大館市二十七戸あり。カナザワ参照。

金澤 カネザワ 坂戸、長瀞、神川に存す。

兼沢 カネザワ 吹上、草加、宮代に存す。岩手県上閉伊郡大槌町二十三戸あり。

兼澤 カネザワ 三郷に存す。

兼次 カネジ 浦和、和光に存す。

金鹿 カネシカ 春日部に存す。

金敷 カネシキ 川口に存す。

金鋪 カネシキ 浦和に存す。

金重 カネシゲ 鶴ヶ島、羽生、加須、上尾、蕨等に存す。カナシゲ参照。

兼重 カネシゲ 飯能、大井、草加、大宮、北本、鴻巣等に存す。

鐘下 カネシタ 春日部に存す。

金島 カネシマ 茨城県鹿島郡波崎町十七戸、千葉県銚子市三十戸あり。

一 埼玉郡彦兵衛新田(白岡町) 旧家あり。三戸現存す。金嶋とも称す。

二 高麗郡女影村(日高市) 旧家あり。八戸現存す。

三 松山町 天明二年向笠文書に松山町露店商人・下町金島初五郎あり。

金嶋 カネシマ 白岡、宮代、蓮田、伊奈、庄和、日高等に存す。

兼島 カネシマ 川越、大井、松伏に存す。

金城 カネシロ 各市町村に存す。カナシロ、キンジョウ参照。

兼城 カネシロ 越谷、伊奈、和光に存す。

金杉 カネスギ 大井、児玉、越谷、草加、上尾等に存す。カナスギ参照。

兼杉 カネスギ カナスギ参照。

一 足立郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に兼杉金五郎・兼杉利八あり。

二 同郡三町免村(吹上町) 旧家あり。三戸現存す。

三 熊谷宿 熊谷宿百石組に「宝暦十年、本町北屋敷持主兼杉九郎左衛門。嘉永元年、兼杉五郎右衛門・兼杉男女三郎。明治七年、惣代人兼杉五郎右衛門」。高城神社安永九年奉額に兼杉十左衛門。佐間村天神社天保六年御神燈に熊谷・兼杉五郎右衛門。明治三十五年菓子製造業兼杉信治あり。

金成 カネセイ 鳩山に存す。

金曽 カネソ 上福岡、越谷等に存す。

金曾 カネソ 富士見に存す。

金田 カネダ 入間郡浅羽郷金田村(坂戸市)あり、応永四年報恩寺年譜に入西郡浅羽郷内金田と見ゆ。横見郡大串村字金田はカナダと註す。〇群馬県勢多郡赤城村十一戸、甘楽郡甘楽町二十五戸、群馬郡榛名町二十戸、多野郡吉井町六十戸、藤岡市四十五戸、富岡市五十五戸、高崎市七十戸、太田市四十戸。〇栃木県上都賀郡粟野町二十戸、鹿沼市八十戸。〇茨城県久慈郡金砂郷町四十五戸、行方郡麻生町三十戸。〇長野県飯田市五十戸。〇福島県西白河郡西郷村三十七戸、大沼郡会津高田町百二十戸、会津若松市七十戸。〇岩手県東磐井郡川崎村十四戸。〇山形県東置賜郡川西町十四戸、西置賜郡白鷹町百三十戸、最上郡最上町二十戸、長井市九十戸。〇秋田県北秋田郡合川町百戸、山本郡八森町二十五戸。〇鳥取県(伯耆国)西伯郡大山町三十戸、名和町四十戸、中山町十九戸、米子市七十戸あり。カナダ、コンダ参照。

一 菖蒲城主金田氏 佐々木氏流にて近江国蒲生郡金田村より起る。埼玉郡柴山村佐々木氏系図に「佐々木近江守左京太夫満高(弟に六角大膳太夫満経、六角判官左衛門少輔宣綱、六角左衛門尉昭綱あり。此四人氏族、応永二歴の末、武者修業として関東に下り互に誓約し、四人の内武功に励んで武運開けたる者を以て嫡となり主となり、其余は家臣と成べしと。四人名のりけるは在名金田・大塚・千代・坂巻と云ふ。然るに千代・坂巻は心替り違誓しめ家だんじ。近江国稲荷明神四人を守護す)―金田一徳左衛門友綱(応永二十六年武州須賀に居住す、此所没落の後、同国除堀村波寄と云処に居住す)―金田式部丞則綱(法名号義山用仁、康正二年五月五日武州菖蒲新堀に城をきづき住す、故に此処を十二郷と号す、是にて菖蒲佐々木と云)―佐々木源左衛門尉氏綱―顕綱―定綱―頼綱―佐々木源四郎秀綱(居城は武州埼玉郡菖蒲県新堀に在て、小田原北条氏の旗下にて、天正十八年相共に滅亡浪々)―治部某(柴山村に移住)」と見ゆ。児玉郡御嶽城主長井氏系図(妻沼村歓喜院所蔵)に「長井玄蕃利家(文亀二年卒九十八歳。母古河家官女・金田氏)」と。北条氏綱書状(大永五年か)に「二月、金田抱候菖蒲要害、云々」と見ゆ。大永頃迄は通称金田氏を名乗っている。此氏は古河公方足利氏の支配下なり。喜連川家文書案に「天正六年正月九日、御年頭申上衆・佐々木信濃守は一荷両種を古河城主足利義氏へ進上す」とあり。此の頃には佐々木氏を称す。佐々木、大塚条参照。

二 忍城士の金田氏 成田分限帳に「二十貫文・金田備前、十二貫五百文・金田斎宮」あり。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百七十石・金田藤兵衛」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・八石二人扶持・亡父太郎左衛門・金田熊四郎・四十九歳」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御料理人・三両余二人扶持・金田嘉兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「七十石・金田喜兵衛」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に「中小姓格・岡部・七石二人扶持・金田冑作」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に「岡部居住・克治二男金田久雄」あり。

七 埼玉郡飯塚村(岩槻市) 当村文化三年薬師如来に兼田七右衛門。慶応四年清水文書に金田本家勘太郎あり。金田氏三戸現存す。

八 同郡増長村(岩槻市) 長宮村大光寺天保九年門人碑に増長村金田園右衛門。観秀院嘉永三年庚申塔に金田松之助あり。現存無し。

九 同郡下村君村(羽生市) 鷲宮社嘉永六年御神燈に金田茂吉あり。現存無し。

一〇 川越宿 行伝寺過去帳に「高照院宗覚・金田惣左衛門・辰年四月」あり。

一一 深谷宿 瑠璃光寺明治二十九年酒井門下碑に金田楳吉。滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子・金田梅吉(龍上館経営)あり。

一二 本庄宿 明治四年諸井文書に仲町金田重五郎。明治三十五年小間物商金田留吉・糸繭商金田房五郎あり。

一三 秩父郡山田村秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に新木西組・金田富蔵あり。六戸現存す。

一四 浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・金田福次・所得税十三円」あり。

兼田 カネダ 葛飾郡金杉村字兼田あり。各市町村に存す。新潟県北蒲原郡中条町二十四戸、岩手県九戸郡軽米町二十二戸、久慈市二十三戸あり。

一 忍城士の兼田氏 成田分限帳に「二十五貫文・兼田勘解由」あり。一本に兼子と見ゆ。

金台 カネダイ 足立郡戸塚村川口市)の東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村金台助右衛門・金台綱右衛門、天保十三年観世音に戸塚村金台助治郎・金台万治郎あり。十一戸現存す。

金高 カネタカ 各市町村に存す。千葉県安房郡天津小湊町六十四戸、新潟県十日町市九戸あり。キンタカ参照。

一 新座郡白子村(和光市) 吹上観音東明寺嘉永七年地蔵尊に金高作右衛門あり。現存無し。

兼高 カネタカ 上福岡、所沢、三郷、朝霞等に存す。

金竹 カネタケ 鶴ヶ島、所沢等に存す。

金武 カネタケ 坂戸、所沢、草加、浦和、蕨、川口等に存す。キンタケ参照。

兼武 カネタケ 岩槻、越谷等に存す。

金谷 カネタニ 所沢、滑川、上尾、大宮等に存す。鳥取県(因幡国)八頭郡河原町十二戸、鳥取市十八戸あり。

兼玉 カネタマ 大宮に存す。

兼地 カネチ 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣にて、元禄七年川越藩分限帳に「御徒目付・六両三人扶持・兼地平右衛門」あり。

金近 カネチカ 草加に存す。

金親 カネチカ 坂戸、狭山、鷲宮に存す。

金津 カネツ 川口に存す。カナツ参照。

金塚 カネヅカ 大里郡冑山村字カネ塚は古の村名にて、風土記稿押切村条に「慶長三年、武州大里郡之内、御正之郷、久下之郷、岡之郷、鐘塚新田、石原之郷、小島之郷、以上六ヶ所、若宮坊」と見ゆ。埼玉郡砂原村字金塚(大利根町)は古の村名にて、鷲神社万延元年絵馬に金塚と見ゆ。小名金塚は、埼玉郡蓮田村、細間村、増富村、足立郡大宮宿、高麗郡下広谷村、横見郡山野下村、今泉村、榛沢郡萱場村、成塚村、末野村等にあり。

金次 カネツギ 浦和に存す。

兼次 カネツギ 嵐山、上尾等に存す。

金月 カネツキ 明治九年与野町副戸長金月金右衛門・天保四年生あり。

金附 カネツキ 越谷に存す。

金築 カネツキ 川越、所沢、春日部、上尾、与野等に存す。島根県(出雲国)簸川郡斐川町十四戸、大社町六十五戸、平田市百二十戸、出雲市七十二戸あり。出雲地方ではカネチクとも称す。

兼築 カネツキ 浦和に存す。

鐘築 カネツキ 上尾に存す。出雲市四十二戸、安来市十二戸あり。

鐘推 カネツキ 出雲市十六戸あり。

鐘撞 カネツキ 埼玉郡上崎村字鐘撞免あり。島根県(出雲国)大原郡木次町十戸あり。

金綱 カネツナ 川越、所沢、大井、熊谷、杉戸、北本、鳩ヶ谷等に存す。千葉県夷隅郡岬町二十七戸、夷隅町八戸、木更津市二十八戸あり。

金鋼 カネツナ 浦和に存す。

金刀 カネト 所沢に存す。

金戸 カネト 日高、幸手、川口等に存す。宮城県石巻市七戸あり。

兼頭 カネトウ 岩槻に存す。

金藤 カネトウ 上尾に存す。

兼利 カネトシ 八潮、大宮、与野に存す。

兼俊 カネトシ 東松山に存す。

兼歳 カネトシ 飯能に存す。

金友 カネトモ 入間、蕨、大宮等に存す。

金中 カネナカ 行田に存す。

兼中 カネナカ 上尾に存す。

金永 カネナガ 上尾、大宮、与野に存す。

金長 カネナガ 狭山、大井、新座、深谷、松伏、戸田、川口等に存す。茨城県東茨城郡桂村十九戸、常北町七戸あり。

金成 カネナリ 各市町村に存す。福島県石川郡浅川町七戸あり。カナリ、カネセイ、カンナリ参照。

兼成 カネナリ 鶴ヶ島、北川辺等に存す。

金縄 カネナワ 所沢に存す。

金庭 カネニワ 所沢、東松山、朝霞、戸田等に存す。カネバ参照。

金野 カネノ 入間、川越、志木、新座、越谷、三郷、宮代、鷲宮、浦和等に存す。千葉県銚子市十四戸あり。カノ、キンノ、コンノ参照。

金野尾 カネノオ 草加に存す。

金信 カネノブ 戸田に存す。

兼信 カネノブ 新座に存す。

金庭 カネバ 小川、庄和、鴻巣等に存す。群馬県富岡市二十戸あり。

金箱 カネハコ 上福岡、川越、飯能、熊谷、久喜、庄和、杉戸、上尾、与野等に存す。長野県北佐久郡浅科村二十戸、新潟県小千谷市十四戸あり。

金橋 カネハシ 比企郡腰越村字金橋及び隣村の増尾村字金橋(小川町)は古の村名にて、武蔵志に「腰越村枝郷金橋村」と見ゆ。カナハシ参照。

一 高麗郡栗坪村(日高市) 明治十七年豆腐商金橋長吉あり。一戸現存す。

金浜 カネハマ 春日部、新座等に存す。岩手県遠野市十六戸、青森県八戸市九十戸あり。カナハマ参照。

兼浜 カネハマ 所沢、岩槻等に存す。

金原 カネハラ 各市町村に存す。茨城県行方郡潮来町六戸、長野県岡谷市二十二戸あり。カナハラ、キンバラ参照。

兼原 カネハラ 川越、狭山、長瀞、幸手、春日部、浦和、川口等に存す。茨城県行方郡潮来町十二戸あり。

金久 カネヒサ 所沢、草加等に存す。

兼久 カネヒサ 吉見、草加、吉川、栗橋等に存す。

金平 カネヒラ 各市町村に存す。新潟県糸魚川市十戸、秋田県山本郡峰浜村三十戸、能代市十二戸、鳥取県西伯郡中山町十三戸あり。カナヒラ参照。

兼平 カネヒラ 各市町村に存す。茨城県行方郡潮来町三十八戸、青森県中津軽郡岩木町九戸、南津軽郡浪岡町六十三戸、西津軽郡鯵ヶ沢町四十三戸、深浦町五十五戸、弘前市四十戸、青森市六十戸あり。

金広 カネヒロ 坂戸、朝霞、上尾に存す。

兼広 カネヒロ 鶴ヶ島に存す。

金弘 カネヒロ 川口に存す。

兼弘 カネヒロ 熊谷、朝霞、志木に存す。

金房 カネフサ 浦和に存す。

金藤 カネフヂ 川越、草加等に存す。

金淵 カネブチ 新座に存す。

兼堀 カネボリ 狭山、草加、蕨に存す。

金牧 カネマキ 朝霞に存す。

金巻 カネマキ 各市町村に存す。千葉県市原市十九戸あり。カナマキ参照。

印牧 カネマキ 狭山、八潮、浦和、大宮、蕨、川口等に存す。新潟県南魚沼郡六日町六戸あり。カナマキ参照。

金政 カネマサ 浦和、与野等に存す。

金益 カネマス 日高、与野等に存す。

金舛 カネマス 所沢に存す。

金桝 カネマス 川越、大井等に存す。

金町 カネマチ 春日部、草加等に存す。

金松 カネマツ 坂戸、東松山、春日部、北本等に存す。

一 深谷町 明治三十五年金松東治あり。

兼松 カネマツ 秋田県由利郡象潟町六戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御勘定方・五両三人扶持・兼松与八郎」あり。

二 比企郡中山村(川島町) 金剛寺比企氏位牌堂に「寛永十七年・比企左馬尉内・兼松織部正」あり。一戸現存す。

三 熊谷町 明治三十五年に兼松藤兵衛・兼松由兵衛あり。

金鞠 カネマリ 秩父、皆野、上尾等に存す。カナマリ参照。

金丸 カネマル 各市町村に存す。山梨県中巨摩郡櫛形町三十七戸、甲西町二十四戸、昭和町二十三戸、白根町八十六戸、竜王町四十五戸、若草町二十九戸、南巨摩郡増穂町二十三戸、甲府市百戸あり。カナマル参照。

金見 カネミ 八潮、浦和、新座等に存す。青森県上北郡七戸町三十四戸あり。

金道 カネミチ 朝霞に存す。

金光 カネミツ 各市町村に存す。鳥取県東伯郡関金町十戸あり。

兼光 カネミツ 川越、草加、浦和、与野、川口等に存す。

金満 カネミツ 杉戸に存す。

金三津 カネミツ 春日部に存す。

金峰 カネミネ 浦和に存す。

金宮 カネミヤ 横瀬、春日部、吉川等に存す。カナミヤ参照。

金宗 カネムネ 小川、草加等に存す。

兼宗 カネムネ 川島、朝霞等に存す。

金村 カネムラ 各市町村に存す。島根県(出雲国)八束郡島根町二十七戸あり。

一 入間郡黒山村(越生町) 土豪なり。西戸村山本坊文書に「応永五年二月十二日、奉造営将門宮、願主山本坊法印栄円、施主芝崎持氏、浅見清包、須田政直、金村□氏」と見ゆ。現存無し。

二 榛沢郡田中村(川本町) 土豪なり。文禄四年田中村検地帳に「金村分」と見ゆ。現存無し。

兼村 カネムラ 川越、熊谷、越谷、川口等に存す。上越市十戸あり。

金室 カネムロ 長瀞、行田等に存す。カナムロ参照。

金持 カネモチ 所沢、草加等に存す。秋田県仙北郡協和町十戸あり。

金元 カネモト 上尾、新座等に存す。

金本 カネモト 各市町村に存す。

一 埼玉郡高岩村(白岡町) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に高岩村金本島右衛門あり。現存無し。

兼元 カネモト 所沢、富士見、浦和、大宮等に存す。

兼本 カネモト 坂戸、所沢、富士見、川島、春日部、加須、越谷、三郷、大宮等に存す。

包本 カネモト 志木に存す。

金森 カネモリ 上福岡、坂戸、小鹿野、熊谷等に存す。カナモリ参照。

兼森 カネモリ 入間に存す。

兼盛 カネモリ 杉戸に存す。

金谷 カネヤ 入間、新座、白岡、浦和、上尾、八潮、三郷等に存す。秋田県北秋田郡比内町十三戸、山本郡八森町十戸、峰浜村二十戸、能代市九十戸あり。

兼谷 カネヤ 宮代、大宮等に存す。

金安 カネヤス 各市町村に存す。新潟県西蒲原郡分水町十四戸、南蒲原郡栄町十五戸、中之島町十五戸、三条市三十戸、長岡市三十戸あり。

金保 カネヤス 鶴ヶ島に存す。

兼安 カネヤス 川越、所沢、杉戸に存す。

金山 カネヤマ 各市町村に存す。山形県西村山郡大江町十六戸あり。カナヤマ参照。

兼山 カネヤマ 熊谷、大宮、与野、新座等に存す。山形県酒田市五戸あり。

曲山 カネヤマ 大宮に存す。

金行 カネユキ 浦和、大宮、戸田に存す。

兼行 カネユキ 熊谷、深谷、小川、草加、吉川、浦和等に存す。

金吉 カネヨシ 大宮に存す。

金好 カネヨシ 川越、幸手等に存す。

金芳 カネヨシ 川越に存す。

金慶 カネヨシ 岩槻に存す。

兼若 カネワカ 杉戸に存す。

加野 カノ 新潟県見附市八戸あり。

一 蕨宿 本法院元禄十一年板碑に加野庄兵衛、享保十二年板碑に加野庄九郎あり。

可野 カノ 所沢、春日部等に存す。宮城県登米郡南方町八戸あり。

賀野 カノ 上尾に存す。

嘉野 カノ 戸田に存す。

仮野 カノ 与野に存す。

蚊野 カノ 久喜、大宮等に存す。

金野 カノ 草加に存す。カネノ参照。

叶野 カノ 入間、上福岡、川越、越谷、松伏、戸田、川口等に存す。山形県東田川郡藤島町二十二戸、羽黒町九戸あり。カノウ参照。

鹿野 カノ 榛沢郡境村字鹿野は叶とも記す。群馬県利根郡片品村七戸、福島県安達郡安達町九戸、宮城県宮城郡松島町十三戸、桃生郡鳴瀬町二十六戸、志田郡鹿島台町三十二戸、玉造郡岩出山町三十八戸、栗原郡築館町二十二戸、一迫町二十戸、志波姫町二十九戸、若柳町二十二戸、古川市六十六戸、山形県山形市百戸あり。シカノ参照。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「三百石・鹿野三太夫」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両二人扶持・鹿野平太郎」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・鹿野七右衛門」あり。

四 埼玉郡大瀬村(八潮市) 当村に此氏多く存す。当所延宝六年供養塔に鹿野伊兵衛。宝光寺文化三年本堂欄間銘に鹿野新左衛門、天保五年弘法大師碑に鹿野利左衛門・鹿野弥左衛門。明治五年小前惣代鹿野新左衛門。大瀬村祭礼年番帳に「明治六年、上組鹿野爾五郎・中組鹿野竹治郎。明治八年、上組鹿野新左衛門・中組鹿野久四郎。明治九年、上組鹿野吉蔵。明治十二年、上組鹿野作右衛門・中組鹿野藤太郎。明治十四年、上組鹿野牛五郎。明治二十一年、上組鹿野馬五郎。明治二十三年、提灯年番帳、上組鹿野音左衛門・鹿野治助、中組鹿野広吉」。昭和三年興信録に「潮止村・鹿野新一郎・所得税十三円」あり。

五 足立郡下内野村(大宮市) 大倭神社嘉永四年水鉢に当所上組鹿野新右衛門政秀あり。現存無し。

狩野 カノ 千葉県長生郡長生村二十四戸、宮城県栗原郡築館町二十五戸、一迫町十六戸、鶯沢町十六戸、栗駒町三十三戸、志波姫町二十八戸、花山村二十戸、登米郡迫町十六戸あり。武蔵国及び上野国はカノウ氏なり。

叶井 カノイ 福島県相馬郡小高町七戸あり。

鹿井 カノイ 上尾に存す。シカイ参照。

叶 カノウ 榛沢郡境村字鹿野(深谷市)は叶とも記す。

一 葛飾郡高柳村栗橋町) 香取社嘉永四年狛犬に叶幸右衛門、明治十四年幟碑に叶甚七あり。一戸現存す。

二 足立郡赤井村川口市) 円通寺天保五年普門品に叶久次郎。氷川社明治三十九年碑に叶久次郎あり。現存無し。

三 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年菓子商甘酒屋叶文次郎あり。

諧 カノウ 蓮田に存す。

神生 カノウ 加須、伊奈等に存す。茨城県新治郡八郷町八戸あり。

金生 カノウ 浦和に存す。

叶野 カノウ 上尾に存す。茨城県那珂郡那珂町二十戸あり。カノ参照。

家納 カノウ 川越、坂戸、志木、戸田、吉川等に存す。鳥取市五戸あり。

嘉納 カノウ 川越、所沢、朝霞、新座、羽生等に存す。

鹿納 カノウ 草加に存す。山形県上山市六戸あり。

稼農 カノウ 川口に存す。

狩野 カノウ 上野国に多く存す。〇群馬県利根郡片品村十五戸、北群馬郡吉岡町二十五戸、子持村三十五戸、榛東村七十戸、群馬郡群馬町三十戸、箕郷町二十五戸、勢多郡赤城村三百七十戸、北橘村九十五戸、大胡町二十一戸、富士見村百二十戸、渋川市二百二十戸、高崎市百戸、前橋市三百戸。上総国夷隅郡伊北庄串浜村(勝浦市)に十六戸あり。カノ、カリノ参照。

一 伊豆国の狩野氏 藤原姓伊東氏族にて、田方郡狩野庄より起る。同郡天城湯ヶ島町に狩野城跡があり、同町より修善寺町伊豆長岡町を流れる狩野川がある。此地より起る狩野氏は在名にて苗字にあらず。また、狩野氏は伊豆長岡町大字天野に十五戸現存し、其他の地には無し。天野村の狩野氏は上野国より移住した苗字の狩野氏なり。六項参照。武蔵国及び上野国の出身狩野氏は、自己の苗字と同じ地名の伊豆国狩野庄及び相模国足柄上郡狩野庄(南足柄市)を財力によって買得し、本貫地と称して移住する。

二 秩父氏流狩野氏 桓武平氏諸流系図(越後国中条文書)に「秩父九郎大夫重広―小山田別当有重―同次郎重忠―狩野太郎兵衛重宗(母梶原平三景時女、仍属外祖父被誅)」と。但し、此の系図は粗雑すぎる。畠山系図等には有重の子重忠は見えず。恐らく此等は畠山次郎重忠と弟六郎重宗であろう。吾妻鑑卷十六に「正治二年正月二十日、駿河国において、景時父子・同家子郎等を追罰する事。狩野兵衛尉・討ち取らる」と見ゆ。重宗の譜は此の文を引用している。入間郡宮寺村加納城(入間市)裾の小山ヶ谷戸より発する加納川あり。宮寺郷は小山庄を唱える。系図は此の小山庄を有名な多摩郡小山田庄(町田市)に附会し、有重を記入したのであろう。狩野氏は此地の加納川(狩川とも記す)附近より起る。伊豆狩野氏とは無関係なり。加納条参照。

三 越生郷の狩野氏 萩藩閥閲録(越生氏文書)に「正和元年七月二十八日、越生七郎光氏所領武蔵国越生郷内岡崎村田畠在家等と、狩野六郎左衛門尉貞親所領石見国加志岐別府五分一と交換し、相伝す」と見ゆ。狩野氏は越生郷鹿ノ下村(加野下とも記す)より起るか。越生条参照。

四 大串氏流狩野氏 小野氏系図に「大串隆保―重保―広隆―広行―女子(狩野次郎太郎妻)―光盛―行盛(大串六郎次郎)」と見ゆ。大串氏は畠山氏の配下にて、二項の狩野氏と姻戚関係を持ち、子孫は横見郡を所領し、北条氏より安堵される。

五 北条氏家臣の狩野氏 前項の後裔にて北条家奉行人なり。入間郡宮寺郷周辺に発給文書が多く見え、此地が本貫地にて、大串氏所領跡の横見郡を多く知行している。広徳寺文書(多摩郡五日市町)に「弘治三年、氏照奉行狩野又四郎」。入間郡越生郷法恩寺年譜に「弘治三年七月二十八日、狩野大膳亮泰光在判」。宮寺郷出雲祝神社文書に「弘治三年十一月二十七日、狩野大膳亮」。高麗郡平沢村小窪文書に「永禄十一年、小窪六右衛門尉殿、狩野飛騨守泰光花押」と見ゆ。永禄二年小田原所領役帳に「御馬廻衆知行役、狩野大膳亮、六十貫文・豆州蓮台寺(下田市)、五十三貫二百文・江戸阿佐布、十二貫文・吉見郡高本小八林(大里町)、買得八十貫文・相州西郡飯田(足柄下郡)、買得四十一貫文・三浦郡和田、買得十七貫文・西郡符川(足柄下郡)、百九十貫二百三十文・中郡長谷(愛甲郡)、買得二十貫文・豆州大川(田方郡)、買得四十貫文・同小坂之内(伊豆長岡町)、以上五百十三貫四百三十文」。「松山衆知行役、狩野介、百三十八貫九百文・豆州狩野日向郷(修善寺町)、三十一貫文・相州西郡西明寺分(足柄上郡金子村)、二百貫文・中郡妻田郷(愛甲郡)、四十九貫六百五十八文・妻田郷増分役、五十貫文・吉見郡大串内家綱(江綱村)、百三十七貫文・同郡下星野(下細谷村)、二十貫文・同郡下須奈(下砂村)、四十貫文・同郡中曽祢(中曽根村)、三十七貫文・上須奈(上砂村)、二十三貫文・同郡和奈(和名村)、四十五貫文・比企郡青鳥居(東松山市)、都合七百七十一貫五百五十八文、此外五十貫文・高萩郷(高麗郡)」。「松山衆、狩野藤八、五十貫六百文・豆州松ヶ瀬(天城湯ヶ島町)、十貫文・豆州小立野(修善寺町)、十貫文・同東浦、以上七十貫六百文」。「松山衆、狩野左近、九貫五百文・吉見郡岩殿(東松山市)、六十貫文・御蔵出、以上」と見ゆ。是等一族は伊豆衆では無く、松山衆となっており、吉見郡所領地は先祖相伝の地であろう。伊豆国狩野庄、相模国足柄郡狩野庄は、自己の苗字と同じ地名の買得地である。

六 上野国の小幡氏族狩野氏 勢多郡赤城村大字津久田字狩野は全村狩野氏である。同村狩野勝次郎家は北条氏照及び氏邦の書状を大量に所蔵している。小田原北条氏重臣の狩野一庵或は其先祖は当所出身にて、児玉党小幡氏の名跡を継ぎ小幡氏を称し、又本名に復姓して狩野氏を名乗り、自己の苗字と同じ地名の伊豆国狩野庄天野村に蟄居す。此のような例は、深谷落城後に秋元氏が上総国秋元庄へ蟄居し、入間郡出身の糟谷氏が小田原落城後に相模国糟谷郷へ蟄居している。風土記稿多摩郡元八王子村条に「狩野一庵墓あり。按に豆州田方郡天野村狩野某が家の記録に云。上州の士小幡尾張守重定が三男を帯刀と称す、これも上州沼田の産なり。重定・武田信玄につかへしにより、帯刀も亦甲州につかへしが、勝頼滅亡の後、弟彦三郎と同く北条氏照につかへり。天正十八年、氏照、帯刀兄弟をして上州宮崎の砦を守らしむ、時に藤田能登守信吉が部将夏目舎人助・計を以陥れしかば、帯刀豆州に遁れ、狩野川のほとり天野邑にかくれ、薙髪して狩野一庵と号す。氏照よび出して八王子の城を守らしむ、加賀利家・城を攻ること急なるに及て、一庵・中山勘解由とともに奮戦し、終に剱に伏て死す、その節義世の歎美する所なり。東照宮、一庵の嫡子主膳、勘解由が嫡子助六に各食邑を賜ふ。主膳は致仕して天野村にかくれ、元和九年閏八月十九日没す、法名円室光融と云々。古或録にのする所は、これと異なり、狩野一庵は豆州の産にして、氏照の右筆なりしが、才覚ありて数度の走廻りに首尾を合せしにより、出身して一方の武士となりしが、今程は倅主膳正に家督を譲り、其身は落髪して禅門となり候と。又同書に小幡上総介が事実をものせたれど、一庵と同族なることをいわず、狩野が家伝と異なり、誰が是なりや」と見ゆ。岡見文書に「天正十五年、一庵宗円花押」。同文書に「天正十五年六月二十六日、一庵被申事候、云々。狩野源七郎照宗花押」と。照宗は一庵の子か。関八州古戦録に狩野主膳入道一庵と見ゆ。多摩郡下一分方村相即寺過去帳に「天正十八年八王子城に於て討死、一庵主月山宗円法眼、同内妙性大姉」あり。また、管窺武鑑第八・八王子城攻の条に「八王子城には家老狩野一庵本名小幡・之を守る。小幡一庵子狩野主膳、小田原滅亡後・権現様へ召出被る」と見ゆ。

七 彦根藩家老の木俣氏 前項の狩野主膳妻は、遠江国城東郡新野村浜岡町)より起る今川氏族新野氏なり。彦根藩侍中由緒帳に「家老二代目木俣右京守安・二十五歳に而木俣土佐守勝跡職四千石被下置候、但土佐養子に而候。土佐女房為に甥に而候、土佐女房は新野左馬助親矩娘に而候。右京実父は小田原北条家臣狩野主膳と申者の子に而候、右京実母は是も新野左馬助娘主膳妻に而候。小田原没落の時、右京二歳に而、乳母抱き土佐方へ参候を養育仕置候」と見ゆ。右京は前の主膳一庵の末子にて、後の主膳は長兄で天野村へ蟄居したか。

八 上総国の日蓮宗信徒狩野氏 松山衆狩野氏の先祖と同族か。小金本土寺過去帳(松戸市平賀)に「下総国葛飾郡小金領平賀長谷山本土寺儀者、文永六年同所狩野之松原と申所に草堂を結ぶ」とあり。平賀村の狩野氏屋敷跡へ日蓮宗本土寺を草創し、狩野氏は所領地の上総国夷隅郡伊北之庄串浜村(勝浦市)へ移住す。日蓮宗の各寺院伝に「武州秩父松山領主上田能登守、上総狩野の一門等、日山(日蓮の弟子)の教化によって帰伏す」と見ゆ。夷隅郡行川村妙泉寺文書(夷隅町)に「永和三年秋、殖生郡伊保城南の狩野氏、武蔵松山の上田氏等檀越となる」と。池上本門寺文書に「当住日調上人は、生国上総国伊北ノ庄、狩野伯耆守法名郎舜の子息行蓮の御舎弟也」と。小金本土寺過去帳に「狩野伯耆守朗舜。行蓮・狩野伯州・上総伊北・寛正四年閏六月二十日。寿哲尼・狩野大炊助悲母・文明四年四月二十日伊北ニテ。狩野常陸介法名朗真・并子息・文明十八年四月十二日伊南城ニテ。妙蓮入道・明応十年十一月九日カサイコアイ・カノ助三郎船橋ニテ。祐幸・狩野隼人父。妙澄・狩野隼人女。狩野平次郎了伝」とあり。また、松山城主上田氏菩提寺の御堂村浄蓮寺過去帳に「妙性・狩野遠江守母・皆川。宗林院道徹・狩野ノ遠江守・同兄。妙槃・狩野遠江守息女・七月。宗徹・カノゝ大炊助・皆川・慶長十六年。蓮祐・カノゝシメ・皆川。道祐・カノゝ半左衛門・寅年七月。持宝院観徹・カノ八兵衛・未年十二月。寿能・カノ。清天院朗春・カノゝ小伝士。天心院日観・狩野ノ一夕斎・日示父。妙蓮・カノ・九月」と見ゆ。江戸初期に上総国伊北庄より下野国皆川へ移住す。或は遠江守一族は松山衆小田原北条氏家臣の人か。皆川条参照。

九 葛飾郡佐左衛門村杉戸町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に佐左衛門村狩野庄五郎あり。現存無し。

一〇 同郡栗橋宿 戸川村地蔵院文政三年廻国塔に新栗橋・狩野九右衛門。明治三十五年に狩野力三・狩野宇平あり。

一一 埼玉郡柳ノ宮村八潮市) 狩野家墓地の享保十三年庚申塔にか野長左衛門・か野七左衛門。氷川社嘉永七年御神燈に柳之宮村狩野勝兵衛・狩野源次郎、明治十年絵馬に柳宮・狩野藤兵衛、明治十九年絵馬に柳之宮村狩野寅造。西袋村観音堂安政三年筆子碑に柳之宮・狩野藤兵衛あり。一戸現存す。

一二 同郡後谷村(八潮市) 八幡社明治二十五年絵馬に狩野広太郎あり。無し。

一三 児玉郡北堀村(本庄市) 東福寺天保六年供養塔に北堀本邑狩野安五あり。七戸現存す。

一四 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・狩野斎吉・十四円・二十七円、北泉村本庄市)・狩野嘉一郎・十五円、飯能町・狩野益三・九円」あり。

加納 カノウ 足立郡加納村桶川市)あり。〇茨城県行方郡北浦町十三戸。〇長野県伊那市四十戸、松本市二十二戸。〇新潟県刈羽郡刈羽村十一戸。宮城県柴田郡柴田町二十戸。〇秋田県平鹿郡十文字町二十三戸。〇島根県(出雲国)仁多郡横田町十九戸、大原郡大東町二十八戸、加茂町十五戸、八束郡美保関町十八戸、能義郡広瀬町七十五戸、松江市四十戸、平田市四十三戸。〇鳥取県(伯耆国)西伯郡西伯町十九戸、米子市三十五戸あり。

一 入間郡宮寺郷の加納氏 五ヶ邑地誌・宮寺村(入間市)条に「加納川は本村南部字一本松・旧小山ヶ谷戸より発す。古跡・村の東の方字塚場にあり、正平七年新田勢足利と戦う、狩川を界いし足利勢は加納川の南に陣し、新田勢は北に陣す。加納城は村の東の方字城の腰にあり、竹林にて幾重も高低あり、裾に小山ヶ谷戸より発する川を周囲八九八帯流通す。此地は宮寺五郎家平・入道して西勝法印と名乗り宮寺山最勝院住職となる跡へ、元弘中・加納下野守築城して、同駿河守二代に住り。正平十四年十月十日新田義興於矢口の渡し自水の後、加納廃城、駿河守土着す」と。子孫に当村住職加納氏一戸現存す。矢寺村字塚場あり。風土記稿宮寺郷荻原村条に「西勝院・宮寺山と号す。相伝ふ、此寺に昔宮寺西勝と云もの住すと、西勝がことは記録なければ知べからざれど云々。又伝ふ、加納下野守と云者住せり、其頃までは当寺矢寺村の内に在しを下野守が計ひにてここに移せしと云」と見ゆ。狩野条二項参照。

二 川越城士の加納氏 川越城主大道寺政繁書状(鎌倉市・加納氏所蔵)に「神尾越後守殿」と。神尾(かのお)は加納に同じ。同文書に「天正十六年、加納越後入道」と見ゆ。カミオ条参照。

三 羽生・騎西藩大久保氏家臣 小田原藩文書に「忠職代出仕、本国武蔵生国相模・加納文左衛門、子靭負・享保十九年生」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二百石・山形取立・加納佐左衛門、代番・加納鎌次郎」あり。

五 葛飾郡彦倉村三郷市) 延命院天保五年勧進帳に加納勘蔵あり。現存無し。

六 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年米穀商加納常次郎あり。

七 同郡川島村(蓮田市) 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に川島邨加納米吉。久伊豆社明治二十年御神燈に加納与吉、明治四十年碑に加納米吉・加納繁治郎あり。二戸現存す。

八 鴻巣宿 上谷新田金剛院元治元年碑に鴻巣宿加納慶之進あり。

九 入間郡北中村(所沢市) 明治十年荷車稼人加納惣平。明治十五年北広堂碑名簿に加納保三郎あり。二戸現存す。

一〇 比企郡下唐子村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に加納平蔵あり。一戸存す。

加濃 カノウ 春日部に存す。

叶澤 カノウザワ 男衾郡秋山村字カノフ沢あり。大井に存す。

叶田 カノウダ 東松山に存す。

叶多 カノウダ 上尾に存す。福島県いわき市九戸あり。

叶内 カノウチ 入間、川越、大井、朝霞、新座、川口、浦和、大宮、北川辺等に存す。山形市七戸、新庄市八戸あり。

鹿野内 カノウチ 所沢、深谷、八潮等に存す。山形県東根市十戸あり。

甲 カノエ 茨城県行方郡玉造町九戸あり。カブト参照。

鹿江 カノエ 東松山、川口等に存す。

鹿岡 カノオカ 所沢、越谷、大宮に存す。

叶賀 カノガ 栃木県今市市八戸あり。

叶谷 カノガイ 戸田に存す。茨城県真壁郡岡城町十二戸あり。

鹿野川 カノガワ 秩父郡坂石町分(飯能市)に一戸現存す。高山村常楽院文書に「文政十三年御本堂焼失。天保二年・大工棟梁我野坂石町分鹿野川直治郎」と見ゆ。

狩野窪 カノクボ 上尾に存す。

鹿子 カノコ 千葉県富津市十二戸あり。

鹿戸 カノコ 浦和に存す。カノト参照。

廉子 カノコ 上里に存す。

家子 カノコ 浦和に存す。

鹿ノ子 カノコ 入間に存す。

鹿子木 カノコギ 高麗郡青木村は一名鹿子木・蚊子木と云う。比企郡高野倉村字鹿子木あり。所沢、北本に存す。

鹿子沢 カノコザワ 秋田市十九戸あり。

鹿子田 カノコダ

一 忍城士の鹿子田氏 成田分限帳に「六十貫文・鹿子田斎宮、三十六貫文・鹿子田右衛門、二十貫文・鹿子田淨心、十貫文・鹿子田九八郎」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御膳番・二百石・山形取立・鹿子田荒尾」。万延二年に「大御目付・二百石・鹿子田荒尾、惣領鹿子田庚太郎」あり。

鹿子畑 カノコハタ 上福岡に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「武具方・三十二俵二人扶持・鹿子畑金右衛門、子供共・八両・鹿子畑小膳」あり。

鹿子端 カノコハタ 忍城士にて、成田分限帳に「三十貫文・鹿子端左内」あり。

鹿下 カノシタ 入間郡鹿下村越生町)あり、応永三十二年報恩寺年譜に入西郡越生郷恒弘名鹿下高房と見ゆ。鹿下村字高房なり。同寺正保二年門徒帳に加野下村と見ゆ。狩野条参照。

彼島 カノシマ 秩父、皆野、寄居、越谷等に存す。

加野島 カノシマ 川口に存す。

叶城 カノシロ 大井に存す。

彼末 カノスエ 狭山に存す。

叶田 カノタ 戸田、大宮等に存す。

鹿野田 カノタ 川口に存す。

鹿戸 カノト 高麗郡赤沢村字鹿戸(飯能市)あり、当村に鹿戸氏九戸現存す。

一 赤沢村の土豪鹿戸氏 星宮神社棟札に「元亀二年二月三日、施主鹿戸□□助」の銘あり。

二 忍城士の鹿戸氏 成田分限帳に「十五貫文・鹿戸三八」あり。

三 雑載 昭和三年興信録に「吾妻村(所沢市)・鹿戸なつ・所得税十円」あり。

鹿ノ戸 カノト 

一 入間郡上浅羽村(坂戸市) 当村は現在の中富町にて鹿ノ戸氏五戸存す。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に浅羽村鹿戸伊太郎、明治三十年碑に浅羽・鹿戸勘太郎あり。

二 同郡川越町 三芳野神社明治四十年碑に松江町鹿戸彦四郎(材木商)。昭和三年興信録に「川越市・鹿戸安太郎・所得税百十九円・営業税四十五円」あり。鹿ノ戸氏一戸現存す。

加幡 カノハタ 入間郡木蓮寺村(入間市)にカノハタ氏三戸、カバタ氏二戸現存す。加幡家墓地寛延二年供養塔に金子郷木蓮寺村加幡弥兵衛・市左衛門・麻右衛門。瑞泉院宝暦八年供養塔に木蓮寺村加幡住賢。桂川神社文久二年鳥居碑に当所加幡市左衛門。明治九年副戸帳加幡弥平次・天保十四年生あり。加播とも記す。

鹿之賦 カノフ 茨城県鹿島郡神栖町八戸あり。

河野辺 カノベ 三芳に存す。

賀野間 カノマ 埼玉郡慈恩寺村(岩槻市)慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に賀野間六左衛門あり。現存無し。

鹿又 カノマタ 各市町村に存す。福島県田村郡大越町十一戸、船引町二十七戸、安達郡岩代町十五戸、宮城県名取市二十六戸あり。

鹿叉 カノマタ 八潮に存す。

鹿股 カノマタ 川越に存す。

鹿俣 カノマタ 和光、川口等に存す。山形県米沢市十六戸あり。

鹿野又 カノマタ 小川に存す。宮城県石巻市五戸あり。

彼末 カノマツ 上尾に存す。

鹿海 カノミ 東松山に存す。

狩野見 カノミ 春日部に存す。

彼宗 カノムネ 坂戸に存す。

鹿目 カノメ 所沢、岩槻、越谷、吉川、騎西、庄和、大宮、川口等に存す。福島県会津若松市六十七戸あり。

鹿屋 カノヤ 川越、朝霞等に存す。

叶谷 カノヤ 所沢、行田等に存す。福島県双葉郡浪江町八戸(カノウヤ)あり。

叶屋 カノヤ 所沢、北本等に存す。

一 桶川町 明治三十五年青物商叶屋栄吉あり。現存無し。

茅野 カノヤ 越谷に存す。

彼ノ矢 カノヤ 所沢、東松山、越谷、大宮等に存す。茨城県結城郡八千代町五戸あり。

鹿野谷 カノヤ 草加、上尾等に存す。茨城県猿島郡猿島町九戸あり。

椛 カバ 川越に存す。

樺 カバ 狭山に存す。

蒲 カバ 浦和、鴻巣、朝霞等に存す。カマ参照。

加羽ヶ崎 カバガサキ 埼玉郡加羽ヶ崎村(羽生市)あり、蒲ヶ崎とも記す。

蚊斗谷 カバカリヤ 横見郡蚊斗谷村(吉見町)あり、蒲刈谷とも記す。

椛木 カバキ 大宮に存す。岩手県九戸郡九戸村五戸、青森県三戸郡三戸町十二戸あり。

蒲木 カバキ 春日部に存す。新潟県豊栄市八戸あり。

一 秩父郡皆野村 鉢形分限帳に「皆野村旧家蒲木氏あり」と見ゆ。現存無し。

蒲倉 カバクラ 福島市三十六戸あり。

蒲坂 カバサカ 秩父郡坂本村字蒲坂村(飯能市)あり。

椛沢 カバサワ 各市町村に存す。〇群馬県勢多郡富士見村三十三戸、前橋市八十戸。〇新潟県北魚沼郡小出町十三戸、入広瀬村十七戸、広神村二十戸、長岡市四十戸。〇青森県三戸郡名川町二十六戸、中津軽郡岩木町十九戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年地方役人帳に「御手代・椛沢十助」あり。

椛澤 カバサワ 川越、飯能、和光、大宮、上尾、鷲宮等に存す。

樺沢 カバサワ 各市町村に存す。〇群馬県北群馬郡吉岡町十四戸、勢多郡富士見村百九十戸、前橋市百戸。〇新潟県古志郡山古志村二十二戸、三島郡三島町二十四戸、長岡市百戸。〇青森県中津軽郡岩木町九戸あり。

一 比企郡上横田村(小川町) 下横田村嘉永二年百庚申に上横田村樺沢徳次郎。明治九年副戸長樺沢桂次郎・杉山村八宮社明治十六年筆子碑に上横田村樺沢房次郎。昭和三年興信録に「八和田村・樺沢与平・所得税十五円」あり。十戸現存す。

樺澤 カバサワ 各市町村に存す。

蒲沢 カバサワ 久喜、大宮、北本等に存す。新潟県南蒲原郡下田村十戸、豊栄市十七戸あり。

加羽沢 カバサワ 川島、三芳、新座、宮代、越谷等に存す。福島県大沼郡会津本郷町六戸あり。

加羽澤 カバサワ 上尾、浦和、大宮等に存す。

賀波沢 カバサワ 三郷に存す。

賀波澤 カバサワ 越谷に存す。

椛島 カバシマ 各市町村に存す。

椛嶋 カバシマ 熊谷、春日部、新座等に存す。

椛嶌 カバシマ 上里に存す。

樺島 カバシマ 坂戸、鶴ヶ島、所沢、朝霞、浦和、北本、本庄、寄居等に存す。

樺嶋 カバシマ 三郷、浦和等に存す。

川田 カハタ カワタ条に収む。

加畠 カバタ 入間に存す。秋田県仙北郡六郷町五戸あり。

加幡 カバタ 入間郡木蓮寺村(入間市)に旧家あり。カノハタ条参照。

加畑 カバタ 

一 埼玉郡高曽根村(岩槻市) 稲荷社文化十四年天神碑に高曽根村加畑八太郎あり。現存無し。

二 同郡樋ノ口村(久喜市) 明治四年議定書に加畑長三郎あり。一戸現存す。

三 足立郡南部領中丸村(大宮市) 土豪にて、室町時代に当村地頭春日氏に仕へ帰農す。天正十九年中丸村検地帳に「加畑隼人・四町四反九畝歩」と見ゆ。八幡宮文化七年阿夫利碑に中丸村加畑九兵衛。神明社慶応三年御嶽碑に中丸村嘉畑喜右衛門・嘉畑与助あり。二戸現存す。

四 高麗郡平塚村(川越市) 旧家あり。四戸現存す。

賀畑 カバタ 川越宿連雀町熊野社文化二年水鉢に御門前・賀畑虎吉あり。

嘉畑 カバタ 比企郡大塚村(小川町)中城半僧坊の羅漢銘に当所嘉畑亀之助。明治三十五年小川町小間物商中屋嘉畑福太郎あり。一戸現存す。

椛田 カバタ 次条参照。

一 葛飾郡杉戸町 明治三十五年足袋商椛田茂吉。清地村近津神社明治三十七年幟碑に杉戸・樺田栄吉あり。

二 埼玉郡関根村(行田市) 旧家あり。五戸現存す。

樺田 カバタ 葛飾郡不動院野村春日部市)に四戸現存す。本郷村雷電社文化十一年庚申塔に不動院野村・樺田辰右衛門・樺田庄七、安政五年仙元碑に不動院野村樺田清吉あり。

蒲田 カバタ 葛飾郡高富村字蒲田あり、カバタと註す。カマタ参照。

一 葛飾郡会野谷村吉川市) 三輪野江村定勝寺寛文九年鐘銘に施主会野谷村賀波田忠左衛門。三輪之江神社明治二十八年碑に蒲田松蔵あり。カバタ氏二戸、カマタ氏一戸現存す。

蒲池 カバチ 浦和に存す。カマチ参照。

蒲沼 カバヌマ 葛飾郡銚子口村字蒲沼あり。長野県木曽郡木祖村五戸あり。

蒲野 カバノ 春日部、上尾等に存す。岩手県九戸郡山形村九戸あり。

樺原 カバハラ 埼玉郡皿尾村字樺原。

蒲原 カバハラ 小名蒲原は、埼玉郡樋上村和田村、下池守村、大井村、鷲宮村南河原村足立郡瀬崎村、幡羅郡八木田村等にあり。カンバラ参照。

椛村 カバムラ 越谷に存す。

椛本 カバモト 三芳、吉川等に存す。青森県三戸郡田子町十一戸、八戸市三十四戸あり。

蒲本 カバモト 飯能に存す。

蒲谷 カバヤ 入間、川越、富士見、朝霞、東松山、越谷、草加、浦和、加須等に存す。神奈川県横須賀市百六十戸あり。

香林 カバヤシ 川越に存す。

椛山 カバヤマ 飯能、富士見、越谷、草加等に存す。青森県むつ市十三戸あり。

樺山 カバヤマ 入間、所沢、新座、川口、桶川、浦和、杉戸、春日部等に存す。

蒲山 カバヤマ 川口町川口神社明治三十九年碑に蒲山久吉(鋳物製造業)。昭和三年興信録に「川口町・蒲山久吉・所得税二百七十八円」あり。

加原 カハラ 蕨、川口等に存す。

鹿原 カハラ 越谷、鴻巣等に存す。青森県三戸郡階上町十三戸あり。

我原 カハラ 新座に存す。

河原 カハラ 大宮に存す。カワラ条参照。

河原井 カハライ 大宮に存す。

河原畑 カハラバタ 久喜に存す。

賀張 カハル 蓮田に存す。

株 カブ 青森県八戸市十一戸あり。

株木 カブキ 足立郡塚本村字歌舞伎、高麗郡平松村字株木、小久保村字株木、比企郡大谷村字甲木、幡羅郡新井村字株木あり。草加、杉戸、大宮、蕨、川口等に存す。つくば市二十二戸あり。

蕪木 カブキ 越谷、大宮、川口等に存す。

冠木 カブキ 足立郡中野田村字冠木、中分村字冠木あり。大宮に存す。福島県大沼郡会津高田町七戸、会津若松市十二戸あり。

加福 カフク 狭山、毛呂山等に存す。青森県南津軽郡藤崎町九戸、西津軽郡木造町十七戸、弘前市十七戸あり。

株田 カブタ 日高に存す。

加布田 カブタ 入間郡鴨田村の訛なり。川越中院末寺帳に「寛文五年、加布田・観明院」と見ゆ。

株竹 カブタケ 春日部、越谷、草加等に存す。

株丹能 カブタノ 上福岡に存す。カブタンノが正訓か。

甲 カブト 青森県むつ市十戸あり。

兜石 カブトイシ 上福岡、川越、狭山、川島、浦和等に存す。

兜木 カブトギ 三郷、川口等に存す。

甲森 カブトモリ 秋田県大館市九戸。

兜森 カブトモリ 入間、本庄、桶川、鴻巣、浦和、川口等に存す。青森県弘前市四十六戸、秋田県大館市八十六戸。

甲矢 カブトヤ 春日部に存す。

甲谷 カブトヤ 入間、上福岡、狭山、鳩山、和光、白岡、北本、大宮、上尾、宮代、草加、熊谷等に存す。秋田県平鹿郡山内村七戸あり。コウヤ参照。

甲山 カブトヤマ 大里郡甲山村(大里町)あり、冑山とも記す。永禄五年北条家掟書に「甲山在陣之間云々」と見ゆ。コウヤマ参照。

蕪野 カブノ 所沢に存す。

株橋 カブハシ 上尾、新座等に存す。

株元 カブモト 与野に存す。

株本 カブモト 杉戸、朝霞、新座等に存す。鳥取市九戸あり。

株柳 カブヤナギ 埼玉郡笠原村字株柳。

蕪 カブラ 比企郡上狢村字蕪、高麗郡上広瀬村字蕪、入間郡今泉村字蕪免あり。三郷に存す。

蕪木 カブラギ 新潟県十日町市四十四戸、福島県岩瀬郡天栄村十五戸あり。

一 新座郡根岸村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に根岸・蕪木半次郎。岡村氷川社明治十七年須賀碑に根岸邨蕪木茂兵衛。明治三十一年演劇寄附に根岸・蕪木茂八あり。十三戸現存す。

二 同郡白子村(和光市) 明治三十九年吹上観音奉納に白子・蕪木啓次郎あり。

三 深谷宿 安政二年田中文書に深谷宿立町蕪木平四郎。明治三十五年紙荒物商蕪木忠作。昭和三年興信録に「深谷町・蕪木忠作・所得税十八円」。深谷町会議員蕪木善雄・明治二十七年生あり。

四 熊谷宿 明治八年熊谷宿立会人蕪木平四郎あり。

撫木 カブラギ 所沢に存す。茨城県新治郡玉里村九戸あり。

鏑木 カブラギ 浦和等に存す。群馬県利根郡片品村十一戸、山田郡大間々町七十五戸、勢多郡新里村四十戸、栃木県那須郡那須町十二戸、西那須野町三十戸、千葉県香取郡山田町十戸、柏市十余二に十九戸あり。

一 大里郡中曽根村(大里町) 沼黒村正福寺元禄元年棟札に大檀那中曽根村鏑木元周あり。現存無し。

鏑城 カブラギ 熊谷、鴻巣、与野、新座、和光等に存す。新潟県西蒲原郡巻町十戸あり。

冠木 カブラギ 深谷に存す。

冠城 カブラギ 川越、所沢、北本、白岡等に存す。

蕪田 カブラタ 岩手県久慈市八戸あり。

鏑根 カブラネ 富士見に存す。

壁 カベ 浦和、大宮、与野、川口に存す。

日部 カベ 岡部、川里、三郷等に存す。群馬県安中市十七戸あり。

加辺 カベ 各市町村に存す。群馬県吾妻郡吾妻町六十三戸あり。

可部 カベ 春日部に存す。島根県益田市二十四戸あり。

加部 カベ 各市町村に存す。群馬県吾妻郡吾妻町六十二戸、長野原町二十七戸、多野郡吉井町二十五戸、高崎市三十八戸あり。

賀部 カベ 飯能、志木、蕨、大宮に存す。

河辺 カベ 鶴ヶ島、蕨、秩父等に存す。

家部 カベ 川越、坂戸、鶴ヶ島、毛呂山等に存す。

嘉部 カベ 所沢、大井、春日部、浦和、北本等に存す。長野県下高井郡木島平村十八戸あり。

我部 カベ 川越に存す。

嘉部井 カベイ 神川、越谷等に存す。

壁ヶ谷戸 カベガヤト 榛沢郡下手計村字壁ヶ谷戸あり、古の村名なり。

壁寸 カベキ 川越に存す。

壁下 カベシタ 足立郡石神村川口市)に四戸現存す。旧家なり。

壁田 カベタ 鴻巣、鳩ヶ谷等に存す。群馬県北群馬郡吉岡町五戸あり。

壁矢 カベヤ 入間に存す。

壁谷 カベヤ 各市町村に存す。栃木市二十戸、福島県田村郡船引町三十二戸。

壁屋 カベヤ 大宮に存す。

壁谷沢 カベヤサワ 三郷、川口等に存す。福島県郡山市十戸あり。

下保 カホ 浦和、朝霞等に存す。

釜 カマ 所沢、日高、熊谷、越谷、与野、浦和等に存す。

蒲 カマ 所沢、戸田、行田、深谷、三郷、杉戸、騎西等に存す。長野県飯田市五戸、青森県下北郡東通村八戸あり。

鎌 カマ 飯能に存す。長野県木曽郡楢川村十一戸、岡谷市六戸あり。

一 川越宿 行伝寺過去帳に「妙鎌・カマ・亥年五月」あり。江戸初期なり。

釜井 カマイ 上福岡、狭山、所沢、飯能、三芳、岩槻、春日部、上尾、浦和、戸田、和光等に存す。栃木県河内郡河内町三十戸、宇都宮市六十五戸あり。

鎌井 カマイ 大宮に存す。

構井 カマイ 上福岡に存す。

釜石 カマイシ 入間、狭山、所沢、飯能、大井、新座、庄和、三郷等に存す。岩手県上閉伊郡大槌町十二戸、岩手郡玉山村五戸、二戸郡一戸町五十五戸、青森県八戸市三十八戸あり。

鎌内 カマウチ 川越、浦和、新座等に存す。宮城県多賀城市九戸あり。

鎌浦 カマウラ 入間に存す。

竃浦 カマウラ 川口に存す。

竈浦 カマウラ 川口に存す。

構 カマエ 岩槻、浦和、川口に存す。

鎌江 カマエ 浦和に存す。

構田 カマエダ 越谷に存す。

釜江塚 カマエヅカ 日光輪王寺大般若経に「応永三年十月十八日、武州上足立郡箕田郷之内釜江塚住僧」と見ゆ。

鎌岡 カマオカ 宮代に存す。

鎌奥 カマオク 桶川、鳩ヶ谷等に存す。

釜賀 カマガ 吹上、朝霞等に存す。

釜我 カマガ 川越、所沢等に存す。

鎌賀 カマガ 所沢に存す。

鎌ヶ迫 カマガサコ 草加に存す。

鎌方 カマガタ 行田、草加等に存す。

鎌形 カマガタ 比企郡鎌形村(嵐山町)に八幡宮あり。御堂村浄蓮寺正慶二年鐘銘に武州比企郡釜形郷八幡宮と。堂山村最勝寺延徳三年文書に武州比企郡釜形郷八幡宮と見ゆ。各市町村に存す。千葉県香取郡小見川町五十戸、多古町二十戸、東庄町二十七戸、山田町三十九戸、八日市場市百戸、佐原市九十五戸あり。

釜形 カマガタ 松伏、鷲宮等に存す。千葉県銚子市十九戸あり。

一 比企郡釜形郷の釜形氏  入間郡黒須村蓮花院鰐口銘に「寛正二年十月十七日、奉施入武州比企郡千手堂鰐口・願主釜形四郎五郎敬白」あり。千手堂村は鎌形村の隣村なり。

蒲ヶ原 カマガハラ 所沢に存す。

釜神 カマガミ 越生、朝霞等に存す。山形県米沢市四戸、村山市四戸あり。

鎌上 カマガミ 川越、川島、熊谷、妻沼、春日部、杉戸、大宮、北本、与野等に存す。山形県東村山郡中山町四十戸、山辺町十二戸あり。

鎌ヶ谷 カマガヤ 幡羅郡八木田村字鎌ヶ谷戸、西別府村延享元年検地帳に「字かまがやだ」あり。

鎌苅 カマカリ 熊谷、浦和、朝霞、志木等に存す。

鎌川 カマカワ 男衾郡露梨子村字鎌川あり。熊谷、加須、上尾等に存す。

鎌木 カマキ 八潮、杉戸等に存す。

蒲木 カマキ 庄和に存す。

鎌北 カマキタ 入間郡権現堂村字鎌北に鎌北湖あり、隣村の大谷木村(毛呂山町)に亘る。大谷木村に鎌北氏二戸現存す。

釜北 カマキタ 大谷木村の隣村小田谷村(毛呂山町)長栄寺文化元年花瓶銘に小田谷村釜北市郎右衛門あり。現存無し。鎌北氏と同じか。

釜口 カマグチ 足立郡大針村字釜口、根岸村字釜ノ口、新座郡上内間木村字釜口、入間郡上南畑村字カマ口、宿粒村字釜口、小室村字鎌ノ口あり。川越、浦和、越谷等に存す。

構口 カマグチ 浦和に存す。

釜倉 カマクラ 鶴ヶ島に存す。

鎌倉 カマクラ 葛飾郡鎌倉村三郷市)あり。足立郡上尾村字鎌倉橋、入間郡上谷村字鎌倉畑、亀ヶ谷村字鎌倉あり。〇山梨県南都留郡河口湖町十一戸。〇長野県上水内郡小川村十三戸、諏訪郡原村六十八戸、上伊那郡飯島町十九戸、下伊那郡松川町二十八戸、天龍村二十戸、南信濃村五十三戸、北安曇郡白馬村十一戸、飯田市六十戸、松本市四十四戸。〇福島県いわき市二十二戸あり。

一 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓に「元禄八年検地、鎌倉善兵衛」あり。

二 横見郡地頭方村(吉見町) 小谷村日枝社天保二年水鉢に五反田・鎌倉定右衛門(名主)。天満宮慶応三年幟碑に鎌倉新次郎・鎌倉定右衛門。明治九年副戸長鎌倉彦太郎・嘉永二年生あり。一戸現存す。

蒲倉 カマクラ 浦和、川口、朝霞に存す。

鎌子 カマコ 岩槻、幸手等に存す。

釜坂 カマサカ 所沢に存す。

釜崎 カマザキ 所沢、深谷、春日部、杉戸、川口等に存す。

鎌崎 カマザキ 川口に存す。長野県南安曇郡梓川村八戸あり。

釜沢 カマサワ 所沢、東松山、小川、朝霞、新座、川口、浦和、鴻巣等に存す。岩手県岩手郡滝沢村七戸、青森県三戸郡三戸町十四戸あり。

釜澤 カマサワ 川越、草加、鷲宮に存す。

鎌沢 カマサワ 秩父郡矢那瀬村字鎌ヶ沢川あり。鳥取県米子市七戸あり。

鎌澤 カマサワ 和光に存す。

蒲沢 カマサワ 坂戸、所沢、朝霞、草加、浦和等に存す。

蒲澤 カマサワ 秩父に存す。

釜下 カマシタ 富士見に存す。

釜島 カマシマ 上福岡、川越、三郷等に存す。群馬県館林市七戸あり。

嘉摩尻 カマジリ 坂戸に存す。

叺 カマス 入間郡大谷村字叺ヶ谷戸(越生町)は報恩寺年譜に大谷村の内釜土場、釜土通など書しは小名カマスガ谷のことなるべしと見ゆ。

加増 カマス 所沢、朝霞、深谷に存す。

釜須 カマス 入間に存す。

鎌塚 カマズカ 熊谷に存す。

鎌須賀 カマスガ 上尾に存す。

鎌瀬 カマセ 鴻巣に存す。

鹿又 カマタ 戸田に存す。

釜田 カマタ 足立郡上生出塚村字釜田あり。各市町村に存す。山形県米沢市十二戸、秋田県湯沢市十戸、島根県大田市十三戸あり。

兼田 カマタ 三芳に存す。

鎌田 カマタ 入間郡沢木村字鎌田、今西村字鎌田、比企郡正代村字鎌田あり。〇群馬県高崎市四十戸。〇茨城県鹿島郡鉾田町二十五戸、新治郡八郷町十七戸、日立市五十戸。〇千葉県安房郡天津小湊町二十戸、和田町三十二戸、夷隅郡大多喜町二十戸、鴨川市九十五戸。〇長野県東筑摩郡坂北町十三戸。〇新潟県北蒲原郡豊浦町十三戸、水原町十四戸。〇福島県田村郡船引町四十二戸、相馬郡小高町四十二戸、鹿島町四十二戸、双葉郡浪江町二十五戸、相馬市四十五戸、原町市四十二戸、いわき市八十五戸。〇宮城県柴田郡柴田町二十五戸、宮城郡七ヶ浜町二十戸、利府町三十七戸、黒川郡大郷町三十二戸、加美郡宮崎町五十戸、玉造郡鳴子町三十戸、遠田郡小牛田町三十八戸、田尻町二十二戸、栗原郡築館町二十七戸、栗駒町四十二戸、高清水町二十七戸、登米郡迫町二十五戸、中田町二十二戸、名取市三十六戸、岩沼市九十七戸、塩釜市五十五戸、多賀城市四十八戸、古川市八十九戸。〇岩手県稗貫郡石鳥谷町百六十戸、大迫町三十戸、岩手郡滝沢村三十戸、紫波郡紫波町三十三戸、大船渡市五十五戸、花巻市四百五十戸。〇青森県北津軽郡金木町三十戸、中里町二十二戸、南津軽郡浪岡町二百戸、平賀町四十五戸、西津軽郡木造町四十四戸、黒石市七十戸、弘前市二百戸、青森市二百八十戸。〇秋田県平鹿郡大雄村二十戸、仙北郡仙南村二十七戸、西仙北町三十四戸、南秋田郡飯田川町二十八戸、昭和町百二十戸、井川村四十戸、天王町百十戸、岩美町三十三戸、河辺郡河辺町七十戸、雄和町三十二戸、山本郡琴丘町五十戸、本荘市九十戸、横手市九十戸、男鹿市二百五十戸、能代市七十六戸、秋田市千百五十戸。〇島根県(出雲国)簸川郡大社町三十四戸、出雲市百十戸あり。

一 松山城士の鎌田氏 天正庚寅松山合戦図に「御本陣・目付鎌田又右衛門」あり。

二 忍城士の鎌田氏 成田分限帳に「二十二貫文・鎌田修理」。長久寺本に御鎗奉行鎌田次郎右衛門。関八州古戦録に鎌田治郎右衛門。風土記稿に鎌田次郎左衛門は長野口を守ると見ゆ。風土記稿埼玉村条に「鎌田氏居蹟・村の北にあり、鎌田五郎左衛門といへる人の屋敷蹟なりと云。此人は成田氏の家人なりといへど成田分限帳に此人を載せず。別に永二十貫文鎌田修理なる者見ゆ、これ等其一なるべし」と見ゆ。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「諸奉行・百五十石・前橋・鎌田三郎太夫」。万延二年に「御番抜・二百石・鎌田三郎太夫、惣領鎌田升」あり。

四 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御給人席・鎌田大助」あり。

五 葛飾郡杉戸町 東福寺明治二十七年碑に杉戸町鎌田新蔵(新町、荒物商)あり。

六 同郡高柳村(栗橋町) 大日堂文化四年供養塔に鎌田茂右衛門。香取社明治十四年幟碑に鎌田清左衛門あり。二戸現存す。

七 埼玉郡七左衛門村(越谷市) 明治三十年人名録に鎌田升五郎・慶応五年生あり。四戸現存す。

八 同郡新堀村(菖蒲町) 久伊豆社明治二十七年御神燈に鎌田三郎右衛門あり。五戸現存す。

九 同郡騎西町 明治三十五年筆墨商鎌田紋造あり。

一〇 同郡戸崎村(騎西町) 竜宝寺寛保三年庚申塔に上戸崎村鎌田庄左右衛門・鎌田杢右衛門、宝暦三年供養塔に戸崎村鎌田友右門・鎌田庄左右門妻、天明二年如意輪観音に上戸崎村鎌田仁左衛門母あり。三戸現存す。

一一 同郡加須町 明治三十五年米穀肥料商鎌田丑五郎あり。

一二 同郡不動岡村(加須市) 当村明和八年馬頭尊に不動岡村鎌田久兵衛・鎌田彦八妻、文久二年月待塔に不動岡邨鎌田半蔵・鎌田藤蔵。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に不動岡村鎌田半蔵。明治九年戸長鎌田熊太郎・安政元年生。明治三十五年営業便覧に鍛冶屋鎌田藤吉・素麺屋鎌田伊三郎・油商鎌田進太郎・米穀荒物商鎌田角次郎・飲食店鎌田宗平・洋物商鎌田啓三郎・小間物商鎌田浜之助・旅人宿亀屋鎌田保太郎あり。

一三 同郡馬内村(加須市) 当村に此氏多く存す。不動岡村総願寺慶応二年算額に馬内村鎌田喜左衛門円義(名主)。明治七年製糸会社人名録に鎌田六左衛門。明治八年明願寺村戸長鎌田喜左衛門。明治九年馬内村戸長鎌田喜左衛門・天保十一年生。諏訪社明治二十二年伊勢講碑に鎌田六左衛門・鎌田孝子郎・鎌田伊兵衛・鎌田常吉・鎌田喜代太・鎌田清吉。明治十八年最上農名簿に鎌田六左衛門・耕宅地二十八町四反歩・山林二町一反歩、鎌田孝子郎・耕宅地十八町九反歩・山林七反歩。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に鎌田六左衛門。県会議員農業鎌田和一・明治二十二年生あり。

一四 同郡羽生町 明治三十五年蹄鉄業鎌田吉五郎あり。

一五 同郡下村君村(羽生市) 永明寺文久二年仙元碑に鎌田助左衛門あり。一戸現存す。

一六 同郡長野村(行田市) 毘沙門堂文政十年碑に鎌田常五郎あり。一戸存す。

一七 足立郡上尾町 明治三十五年豆腐屋鎌田平次郎あり。

一八 新座郡野火留宿(新座市) 明治十六年西堀村物産表に鎌田喜三郎あり。

一九 入間郡大井村 明治九年大井町営繕講・鎌田平左衛門。明治二十三年稲荷講に大井中組・鎌田房太郎・鎌田八十八あり。

二〇 同郡三ヶ島村所沢市) 薬王寺明治四十二年碑に七番組鎌田庄右衛門あり。

二一 同郡勝楽寺村(所沢市) 文化十年仏蔵院文書に組頭鎌田重右衛門あり。

二二 同郡南入曽村(狭山市) 金剛院天保三年敷石碑に鎌田常七。明治九年地租改正確定書に鎌田銀蔵あり。四戸現存す。

二三 同郡水野村(狭山市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

二四 同郡塚崎村(坂戸市) 当村安永九年馬頭尊に鎌田清次郎あり。六戸存す。

二五 同郡紺屋村(坂戸市) 旧家あり。十戸現存す。

二六 同郡大仙波村(川越市) 小仙波村中院過去帳に「妙徳尼・大仙波・鎌田母。道万門・大仙波・鎌田新右衛門。道高門・大仙波・鎌田正左衛門・慶長十七年三月六日。妙蓮尼・大仙波・鎌田内方・乙卯三月五日。道光門・大仙波・鎌田正左衛門・元和六年十月二十五日。妙宗尼・大仙波・鎌田将監老母・元和九年九月五日。妙就尼・大仙波・鎌田八右衛門内方・正保二年十二月十四日」。土豪なり。嘉永六年遠藤文書に大仙波新田名主鎌田重兵衛。明治九年大仙波新田副戸長鎌田半兵衛・天保七年生あり。

二七 同郡石田村(川越市) 小仙波村喜多院明治三十四年水鉢に石田・下駄職鎌田将九郎あり。

二八 同郡大塚新田(川越市) 稲荷社明治四十年碑に鎌田周輔・鎌田五三郎あり。一戸現存す。

二九 同郡池辺村(川越市) 稲荷社明治九年水鉢に池辺村鎌田広吉。熊野社明治三十九年碑に鎌田房次郎あり。一戸現存す。

三〇 高麗郡笹井村(狭山市) 馬引沢村観音堂安政五年常夜燈に篠井村鎌田勝五郎。明治十年山稼議定書に笹井村鎌田仁右衛門。白鬚社明治四十二年御神燈に水富村鎌田利八・鎌田忠造、大正元年碑に笹井・鎌田甚造あり。十二戸現存す。

三一 同郡中山村(飯能市) 栗坪村勝音寺千手観音坐像銘に「天正九年五月十二日、かま田勘解由・宮沢三郎兵衛・和田大炊助」とあり、当村の土豪か。智観寺宝永三年大般若経奉納に中山上町・鎌田権右衛門・鎌田次郎兵衛・鎌田彦兵衛・鎌田六郎左衛門、明和三年棟札に大工中山鎌田小兵衛あり。現存無し。

三二 大里郡佐谷田村(熊谷市) 佐谷田神社安政二年水鉢に鎌田久三郎、同年碑に鎌田徳治郎あり。一戸現存す。

三三 榛沢郡岡村(岡部町) 当村に此氏多く存す。南寅稲荷社明治三十二年碑に当所鎌田多一郎あり。

三四 児玉郡本庄町 明治三十五年木賃宿鎌田和十郎あり。

三五 同郡八幡山町(児玉町) 長福寺延宝八年庚申塔に八幡山町鎌田源左衛門あり。

三六 同郡南中条村美里町) 明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流南中条村鎌田幸三郎あり。一戸現存す。

三七 秩父郡薄村(両神村) 明治六年中郷瀬戸組鎌田其平あり。現存無し。

三八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・鎌田松麿・十六円、鎌田桂治・十二円、礼羽村(加須市)・鎌田達男・百二十二円、鎌田和一・百三円、鎌田喜助・十九円、鎌田喜代太・九円、不動岡村(加須市)・鎌田寛示・十四円・四十三円」あり。

蒲田 カマタ 各市町村に存す。秋田県由利郡矢島町八戸あり。カバタ参照。

一 江戸氏族蒲田氏 江戸条参照。

釜台 カマダイ 桶川に存す。秋田県由利郡西目町四十戸あり。

鎌滝 カマタキ 各市町村に存す。千葉県市原市六十八戸あり。

釜竹 カマタケ 八潮に存す。

釜谷 カマタニ 狭山、所沢、大井、志木、熊谷、吉川、庄和、蕨、春日部等に存す。岩手県二戸郡一戸町九戸あり。

鎌谷 カマタニ 上福岡、所沢、春日部、八潮、浦和、大宮等に存す。鳥取県八頭郡船岡町十戸、鳥取市八戸あり。

蒲地 カマチ 入間、上福岡、所沢、日高、富士見、朝霞、志木、川口、浦和、大宮、白岡、春日部、行田等に存す。

蒲池 カマチ 狭山、所沢、日高、春日部、草加、上尾、浦和等に存す。

釜親 カマチカ 庄和に存す。

加松 カマツ 榛沢郡小前田村(花園町)に旧家あり。五戸現存す。

嘉松 カマツ 川越、浦和等に存す。

鎌塚 カマヅカ 埼玉郡鎌塚村(吹上町)あり、本田村教念寺康安二年文書に崎西郡鎌塚郷と見ゆ。また、同郡久米原村字鎌塚(宮代町)あり。群馬県勢多郡粕川村三十五戸あり。

一 大里郡春野原村江南町) 成沢村赤城神社天保十一年御神燈に鎌塚三郎兵衛・鎌塚弥右衛門。明治九年樋春村副戸長鎌塚待喜・文政九年生。七社神社明治八年伊勢講碑に鎌塚惣七、明治十四年御嶽碑に鎌塚友八。明治二十七年樋春村連名簿に鎌塚喜蔵・鎌塚亀太郎・鎌塚光三郎あり。七戸現存す。

二 熊谷町 昭和三年興信録に「熊谷町・鎌塚光三郎・所得税十二円」あり。

釜付 カマツキ 所沢に存す。

釜津田 カマツダ 花園、妻沼、栗橋、上尾等に存す。

窯戸 カマド 高麗郡白子村字窯戸(飯能市)にカマド山あり、麓の横手村境に椿窯あり。堀口文書に「横手村すみかまど申山へ前々より馬草かり申所、云々」と見ゆ。

釜土 カマド 越谷、与野等に存す。

釜戸 カマド 所沢に存す。カマトか。

鎌土 カマド 大宮に存す。

鎌戸 カマド 浦和に存す。カマトか。

釜道 カマドウ 岩手県釜石市七戸あり。

釜中 カマナカ 越谷に存す。

鎌中 カマナカ 吉見に存す。

鎌仲 カマナカ 川越、坂戸、朝霞、北本、春日部、大宮等に存す。

釜鳴 カマナル 三郷に存す。

鎌沼 カマヌマ 葛飾郡中井村字鎌沼。

釜野 カマノ 富士見、新座、和光、春日部等に存す。島根県益田市五戸あり。

鎌野 カマノ 各市町村に存す。

蒲野 カマノ 青森県下北郡川内町八戸。

釜野井 カマノイ 富士見に存す。宇都宮市六戸あり。

釜場 カマバ 埼玉郡大曽根村字釜場、入間郡小杉村字釜場、男衾郡小江川村字釜場あり。

鎌橋 カマハシ 入間郡針ヶ谷村字鎌橋。

釜林 カマバヤシ 秩父郡久那村字釜林。

釜原 カマハラ 草加に存す。

鎌原 カマハラ 新座郡岡村字鎌原。熊谷、浦和、朝霞等に存す。カンバラ参照。

蒲原 カマハラ 所沢、戸田、幸手等に存す。カモハラ、カンバラ参照。

釜伏 カマフセ 秩父郡風布村(寄居町)の釜伏峠に釜伏神社あり。同社天保九年文書に「峠八町四方御許領地、假御殿地主釜布施新兵衛、分家二軒」と。秩父志に「釜伏屋敷、風布村、岩松氏」と見ゆ。神主岩松新兵衛なり。

釜淵 カマブチ 小鹿野に存す。

釜渕 カマブチ 青森県三戸郡田子町七戸あり。

釜堀 カマボリ 草加、与野、志木に存す。

釜本 カマモト 日高に存す。

鎌本 カマモト 川越、富士見、熊谷、三郷、浦和、桶川等に存す。青森県上北郡東北町二十戸あり。

鎌森 カマモリ 入間に存す。

釜谷 カマヤ 入間、川越、所沢、新座、春日部、熊谷等に存す。青森県八戸市三十二戸、秋田県仙北郡六郷町九戸、大館市十七戸あり。

釜屋 カマヤ 入間、行田、三郷、戸田、川口等に存す。島根県平田市二十八戸あり。

鎌屋 カマヤ 幸手、上尾等に存す。

蒲谷 カマヤ 大宮に存す。

釜萢 カマヤチ 三郷に存す。青森県北津軽鶴田町十三戸、青森市五十戸あり。

釜山 カマヤマ 風土記稿男衾郡畠山村(川本町)条に「釜山権現社、村民伝兵衛と云者の宅地にあり、古き鰐口を掛ければ古社なること論なし」と。同所大沢氏所蔵に「寛正四年十二月、武州男衾郡畠山釜山鰐口」と銘あり。

鹿丸 カマル 鶴ヶ島に存す。

我満 ガマン 青森県南津軽郡浪岡町三十二戸、青森市百十七戸あり。

上 カミ 和名抄武蔵国賀美郡を上と註す。元禄九年入間郡北野村上江住とあり、上郷なり。高麗郡芦苅場村字上、幡羅郡原井村字上はカミと註す。ウエ及びカサ条参照。

一 浅羽庄の上氏 黒田文書に「応永十七年五月三日、前安芸守貞春は、浅羽浄願寺の寄進状の旨に任せ、入西郡粟生田郷上村の内を円覚寺に寄進す」と見ゆ。浅羽庄粟生田村の隣村は上浅羽村(坂戸市)なり。上村とは当所のことか。浅羽氏家臣の森田氏系図に「森田十郎貞当(建武二年死去。舎弟は淨願寺大師)」。貞当の子孫に「森田将監貞友(康正二年生、文明十三年死去。母上氏)」と見ゆ。浅羽庄成願寺村の隣村の峰村に上氏三戸存し、峰村の隣村の新堀村にも三戸存す。土豪なり。

二 入間郡新堀村(坂戸市) 上氏宅の明治十四年出羽三山供養塔に新堀邨上林右衛門。明治十五年戸長上清次郎あり。有力者にて、前項の土豪末裔なり。

三 同郡黒山村(越生町) 明治三年議定連印帳に上良助・上亀次郎・上勇七。明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産発起人上常三あり。四戸現存す。

四 同郡小杉村(越生町) 大谷村摩多利神社明治四十一年碑に小杉・上兼吉あり。三戸現存す。

五 比企郡熊井村(鳩山町) 旧家あり。五戸現存す。

六 同郡福田村(滑川町) 当村に此氏多く存す。明治四年五人組帳に上源七・上平八・上重平・上久五郎・上伊重郎・上森吉・上嘉平・上次郎平。明治九年議定書に上藤五郎・上長三郎・上勘重郎。明治十七年小麦粉商上仲次郎・木挽職上民造あり。

七 同郡羽尾村(滑川町) 享和三年設楽文書に羽尾村稲荷山・上嘉兵衛あり。一戸現存す。

八 埼玉郡油井ヶ島村(加須市) 神宮寺延享三年刻経塔に上清兵衛。文政七年戸賀崎門人帳に油井ヶ島村上重太郎。明治九年副戸長上桂助・弘化元年生。菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に上桂助。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治三十年農業上桂助・弘化元年生・国税五百六十九円、明治四十四年農業上雄之助・明治十年生・国税千六百九十九円・県下二十六位、大正十四年上雄之助・国税三千二百五十五円・県下二十九位。大正十二年大地主名簿に水深村上雄之助・田五十四町九反歩・畑二十七町四反歩所有あり。一戸現存す。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「福田村(滑川町)・上半三郎・十五円、水深村(加須市)・上雄之助・千八百十円・百四十八円、桶川町・上清次郎・四十二円・六十七円」あり。桶川町は入西村の誤りか。

一〇 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御勝手役人・七両三人扶持・上与市兵衛」あり。

神 カミ 日高、加須、浦和、川口、蓮田等に存す。ジン参照。

一 信濃国の神姓滋野氏 風土記稿鳩ヶ谷宿条に「文明の頃は滋野憲永と云ものの領せしにや。氷川社は禰宜島田亀吉が預なり、亀吉は江戸根津権現の神職伊吹左京が配下なり」と見え、武蔵志には「足立郡鳩ヶ谷村氷川の神主神氏」と見ゆ。氷川社寛政十年水鉢に「当町・神和泉正」とあり。神主神氏は本姓信濃諏訪神家の滋野姓にて、本名は島田氏なり。太平記卷三十一に「神家一族三十三人、繁野一族三十一人」と見ゆ。豊島郡根津権現は「神主伊吹氏、太田道灌の近臣根津五郎左衛門と云人・諌死して云々」とあり。根津氏も本姓滋野氏なり。また、神氏は鳩ヶ谷住により鳩ヶ谷氏を名乗る。隣村の辻村常住寺過去帳に「享保十五年、施主鳩ヶ谷和泉」と見ゆ。滋野条参照。

紙 カミ 本庄、上里、桶川、志木に存す。

加美 カミ 東松山に存す。岩手県久慈市六戸あり。

賀美 カミ 武蔵国賀美郡あり。天平勝宝五年正倉院宝物に武蔵国加美郡武川郷。続日本後紀承和七年に武蔵国賀美郡。承平五年和名抄に武蔵国賀美郡を上と註す。安保文書に武州甘美郡と見ゆ。また、埼玉郡千駄野村字加美、入間郡二本木村字賀美、幡羅郡八木田村字加三あり。久慈市七戸あり。他に無。

一 賀美郡少領 古代氏族系譜集成に「阿保人上(建部朝臣、阿保朝臣、武蔵介、延暦二十年卒)―大国(居武蔵国阿保庄)―芳公(賀美郡少領)―池主(賀美郡少領)―惟成(賀美郡少領)、芳公の弟宗人(賀美郡擬少領)―只上(比企郡大領)」と見ゆ。賀美郡の郡家所在地は阿保郷か。阿保条参照。

上青木 カミアオキ 所沢、志木、三郷等に存す。

上赤 カミアカ 川口に存す。

上圷 カミアクツ 志木に存す。茨城県北茨城市十六戸あり。

上明戸 カミアケト 川越、大井、朝霞、伊奈、上尾、三郷、春日部等に存す。青森県十和田市二十五戸あり。

上荒 カミアライ 春日部、松伏等に存す。

上荒磯 カミアライソ 東松山、桶川等に存す。

上井 カミイ 秩父郡太田部村(吉田町)明治三年人別帳に上井武市・上井鍋吉・上井政次郎・上井平作・上井浜五郎・百姓代上井織平あり。五戸現存す。

上居 カミイ 加須、大宮、鴻巣に存す。

神井 カミイ 蕨に存す。

神居 カミイ 越谷に存す。

紙井 カミイ 春日部に存す。

上家 カミイエ 所沢、浦和等に存す。

上池 カミイケ 川口に存す。

上石 カミイシ アゲイシ、ウエイシ参照。

一 松山町 明治三十五年糸繭商上石新太郎あり。

二 深谷町 深谷町会議員上石猛・大正七年生あり。

三 秩父町 明治三十五年米穀商上石吉三郎。昭和三年興信録に「秩父町・上石吉三郎・所得税百七十九円・営業税百二十六円」あり。

四 大滝村 昭和三年興信録に「大滝村・上石喜平・所得税九百三十四円・営業税百十二円」あり。

上石田 カミイシダ 蓮田に存す。

上市 カミイチ 川越、志木、浦和、越谷等に存す。ウエイチ参照。

上泉 カミイヅミ 春日部、川口等に存す。

一 大胡氏族上泉氏 上野国勢多郡上泉村前橋市)より起る。藤原姓上泉系図に「藤原秀郷流、大胡太郎重俊―大胡二郎成家―大胡主水佐義秀(領上野国大胡上泉山・上花輪・三俣之内、住上泉城、応仁元年戦死)―上泉主水佐伊勢守時秀―上泉武蔵守義綱―上泉武蔵守信綱(山内上杉家旧臣、新陰流之刀術に達す)―上泉伊勢守秀胤(長野家に仕ふ、永禄七年総州鵠ノ台合戦に氏輝の麾下にて戦死す、三十五歳)―泰綱―秀綱―秀富」と見ゆ。

二 長野氏家臣の上泉氏 上野国箕輪城軍評着到帳に「永禄元年正月二十九日、上泉伊勢」。長野氏家臣録に「剣術体術指南、上泉伊勢守時則、本居勢多郡上泉村下柴砦住定居」と見ゆ。

三 金刺姓上泉氏 関八州古戦録に「長野が旧臣上泉伊勢守金刺秀綱は永禄六年箕輪落城の砌に東上野へ落行、桐生氏を頼む」。桐生老談記に「桐生氏家臣表、上泉伊勢守・?」と見ゆ。この人物だけ?の記しあり。譜代では無く、食客の身分である。金刺姓なれば信濃国出身にて、大胡氏の名跡を継承したのであろう。広辞苑に「神陰流は元亀天正の頃、上泉伊勢守秀綱が創始。新陰流は上泉秀綱の門人柳生宗厳が創始、柳生流ともいう」とあり。どれが正しいかは不詳なり。一説に秀綱は桐生より甲州に移ると云う。

四 忍城士の上泉氏 成田分限帳に「三十五貫文・上泉主水」あり。

五 深谷城士の上泉氏 上杉系図(榛沢郡岡村の岡氏所蔵)に「上杉憲盛(元亀頃、上泉弾正則元の逆心に依て深谷落城すと云。天正三年卒)―氏憲」と見ゆ。羽州戦死の鉢形城家臣とは別人と云う。両氏は混同す。

六 甲斐国の上泉氏 甲斐国志に「武州深谷の老臣上泉主水佐の事なり、北越の諸録に、主水・後に上杉景勝に仕へ慶長五年羽州長谷堂攻撃の時戦死、名は憲村、憲元、通治の異あり。続此家閑談には、主水は上州の人と記せり、疑ふらくは深谷の老臣は同名別人にして、且又伊勢守の子にあらじ、その男も主水と名づく、大阪鴨野にて戦死す」と見ゆ。九項参照。神陰流の門人は師の上泉主水の名を継承するか。

七 鉢形城士の上泉氏 深谷記に「天正十年神流川合戦の時、鉢形衆上泉主水あり」と。風土記稿男衾郡赤浜村条に「大久保杢之助親次(赤浜郷に住して北条氏政に仕へ、下妻合戦の時、伯父上泉主水と共に討死す)」と。子孫は鉢形落城後に上杉景勝に従い松山城攻撃に参加す。天正十八庚寅松山合戦図に「寄手、搦手口総大将上杉中納言景勝、上泉主水正俊」と見ゆ。

八 会津藩上杉氏家臣 小鹿野町吉田家系図に「鉢形北条家没落之後、吉田新左衛門実重者、会津上杉景勝公に仕へ奥州米沢に住。奥州取合の時、味方上泉主水打死之後、主水衆五百騎預かり云々」と見ゆ。

九 尾張藩家臣の上泉氏 士林泝(名古屋叢書)に「姓藤原秀郷支流、上泉伊勢守信縄(武蔵守、代々上野国大胡城主)―常陸介秀胤(上州大胡に住す、其後京都将軍義輝に仕ふ)―岡村新之丞義胤(始上泉を称し、後岡村に改む。井伊直政に寄食し大阪の役に従軍す。其後、敬公御代召出被り二百石を賜ふ、正保四年卒)―岡村七之丞秀守(始岡村を称し、後上泉に復す)―上泉半助守正―上泉九八郎正興―上泉忠次郎興郷」と見ゆ。此氏は本名岡村氏か。

上出 カミイデ 上福岡、所沢、新座、戸田、浦和等に存す。

上伊南 カミイナミ 三郷に存す。

上今別府 カミイマベップ 川越に存す。

上入佐 カミイリサ 深谷に存す。

神植 カミウエ 松伏、川口等に存す。

上内 カミウチ 埼玉郡上内村(鷲宮町)あり。上尾に存す。ウエウチ参照。

神内 カミウチ 滑川に存す。

神移 カミウツリ 川越に存す。

上鵜瀬 カミウノセ 新座に存す。

上梅 カミウメ 所沢に存す。

上浦 カミウラ 入間、三芳、毛呂山、志木、草加、越谷等に存す。山形県南陽市十六戸あり。

上運天 カミウンテン 川口に存す。

上江 カミエ 越谷、幸手、宮代、蓮田、上尾等に存す。ウエエ参照。

上江川 カミエガワ 草加、志木等に存す。

上酔尾 カミエビ 草加に存す。

上尾 カミオ 三郷、吉川、大宮等に存す。アゲオ、ウエオ参照。

一 佐野氏流上尾氏 田原族譜に「佐野左衛門尉実綱(弘安九年没)―戸室七郎四郎親綱―重行―重正―出羽守親久(武州埼玉郡騎西城主)―親吉(上尾右近)」と見ゆ。

神尾 カミオ 群馬県勢多郡北橘村六戸、大胡町十戸、宮城村二十三戸、新潟県五泉市二十七戸、福島県伊達郡川俣町十四戸、宮城県刈田郡七ヶ宿町九戸、山形県天童市二十五戸、鶴岡市十七戸、山形市四十五戸あり。カンオ参照。

一 松山城士の神尾氏 小田原所領役帳に「松山衆知行役、八十貫文・相州東郡田奈郷(高座郡)・神尾善四郎」と見ゆ。

二 忍城士の神尾氏 成田分限帳に「五貫文・神尾伝吉」あり。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百八十石・神尾喜太郎」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国陸奥生国同・神尾九右衛門・四十八歳」あり。

五 川越宿 行伝寺過去帳に「宗珍・神ヲ」あり。加納条参照。

六 大里郡石原村熊谷市) 明治二十一年石原村重立神尾善之助あり。

七 幡羅郡新井村(深谷市) 中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に大字新井・神尾栄助あり。現存無し。

八 榛沢郡深谷町 明治三十五年いかけや神尾房吉あり。

九 同郡東大沼村(深谷市) 深谷町会議員に東大沼村材木商神尾実治・明治三十一年生あり。田所町に存す。

一〇 同郡針ヶ谷村(岡部町) 当村に此氏多く存す。弘光寺天明四年供養塔に村役人神尾治左衛門。八幡社天保三年御神燈に神尾次左衛門・神尾斧吉。用土村明治十三年仙元碑に針ヶ谷村神尾治作。深谷町呑龍院明治四十五年馬頭尊に本郷村神尾清十郎あり。

一一 同郡今泉村岡部町) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国本郷村今泉・神尾角三郎あり。四戸現存す。

神翁 カミオウ 川越に存す。

神扇 カミオウギ 葛飾郡神扇村幸手市)より起る。藤原秀郷流小山氏族にて、下高野村永福寺伝に「建治二年六月朔日、木立郷光明密院大檀那吉羽左衛門佐家仲と云人、小山・結城一族にして真言宗を堅固に為す。廻文を以て一族催促す、駈集面々は神扇右衛門次郎行武、以下宗徒人々」と。吉羽参照。

上大沢 カミオオサワ 岩手県九戸郡種市町十戸あり。

上大澤 カミオオサワ 川越、川口に存す。

上大田 カミオオタ 春日部に存す。

上岡 カミオカ 比企郡岡村字上岡は古の村名にて、同所妙安寺安永七年地蔵尊に松山領上岡村と見ゆ。群馬県勢多郡粕川村七戸、伊勢崎市六十戸、栃木県下都賀郡岩舟町十七戸、藤岡町二百三十戸、安蘇郡田沼町二十五戸、佐野市九十戸あり。ウエオカ参照。

一 埼玉郡小浜村(加須市) 地蔵院百番観音に「元禄九年、施主小浜村上岡勘左衛門」あり。現存無し。

二 同郡砂原村大利根町) 鷲神社安政七年仙元碑に上岡金右衛門・上岡新兵衛、明治五年絵馬に上岡新兵衛あり。六戸現存す。

三 同郡鎌塚村(吹上町) 八幡社文政八年敷石碑に当所上岡和吉、明治十年碑に上岡丑五郎・上岡平助・上岡平次郎・上岡徳次郎。比企郡上岡村妙安寺観音堂明治三十一年碑に鎌塚・上岡治三郎あり。二戸現存す。

四 足立郡吹上村 新宿村山神社明治十一年浅間碑に吹上邑上岡伴七。吹上神社明治四十三年碑に上岡良あり。

五 同郡川口町 明治三十五年釜製造業上岡清八。川口神社明治三十九年碑に上岡幸次郎あり。

六 幡羅郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に上岡捨蔵あり。現存無し。

神岡 カミオカ 北武蔵のみ存す。

一 埼玉郡弥勒村(羽生市) 下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に弥勒・神岡喜十郎あり。一戸現存す。

二 榛沢郡用土村(寄居町) 当村岡本系図に「寛永頃、当所神岡八左衛門・神岡七兵衛あり」と。明治十三年仙元碑に当村神岡龍太郎あり。三戸現存す。

三 同郡山河村(岡部町) 当村に此氏多く存す。当所万延元年庚申塔に神岡柳三郎・神岡熊五郎。伊奈利神社万延元年奉納額に神岡斧次郎。用土村明治十三年仙元碑に山川村神岡斧次郎あり。

四 同郡岡部村 聖天社別当円通院住職神岡与宗あり。

五 本庄宿 文政八年文人人名録に「本庄宿神岡徳一半山・号雨亭・業医」と。明治三十五年薬種商神岡元三郎あり。

六 那賀郡甘粕村(美里町) 多宝寺文政十三年六地蔵に神岡喜代八。古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に甘カス・神岡順治・神岡伊右衛門。私塾師匠医師神岡順治・安政三年没七十六歳。明治二十一年皇国武術英名録に念流甘粕村神岡熊次郎。甘粕神社明治二十五年富士碑に当所神岡品八・神岡藤次あり。五戸現存す。

七 同郡古郡村(美里町) 児玉記考に「旧家神岡孝平、先代敬仲組頭を勤め、次代直衛維新後岩鼻県領の肝煎名主を勤む」と。寛政七年秋山村十二天宮建立覚書に古郡村組頭神岡市左衛門。光明寺文政十二年馬頭尊に神岡忠蔵。安光寺嘉永元年地蔵尊に当村神岡助吉・神岡市郎兵衛・神岡次吉・神岡小源次。明治三年佐藤文書に神岡市平・神岡市郎次。明治九年副戸長神岡嘉内・弘化三年生。用土村明治十三年仙元碑に古郡村神岡織作。北向神社明治三十六年碑に神岡孝平あり。二戸存す。

八 同郡広木村(美里町) 古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊にヒロキ・神岡貢あり。現存無し。

九 同郡白石村(美里町) 明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流白石村神岡浅五郎あり。四戸現存す。

上岡谷 カミオカヤ 岩手県九戸郡種市町十二戸あり。

上加 カミカ 足立郡上加村、下加村あり。加村(大宮市)と称す。ジョウ参照。

神賀 カミガ 所沢、春日部等に存す。茨城県久慈郡大子町十六戸あり。

上ヶ市 カミガイチ 越谷、草加等に存す。

上垣内 カミガイド 浦和に存す。

上垣外 カミガイド 庄和に存す。長野県木曽郡日義村十一戸あり。

上柿 カミガキ 飯能、久喜、浦和、川口等に存す。ウエガキ参照。

神垣 カミガキ 上福岡、川越、所沢、飯能、日高、大宮、鴻巣、岡部、上里等に存す。

上柿元 カミガキモト 新座に存す。

上篭 カミカゴ 越谷に存す。

神風 カミカゼ 戸田に存す。

上方 カミガタ 庄和に存す。茨城県つくば市十六戸あり。

上形 カミガタ 川越、幸手等に存す。

神方 カミガタ 大宮に存す。

上片野 カミカタノ 入間に存す。

上梶 カミカヂ 川口に存す。

上門 カミカド 越谷、上尾、大宮等に存す。ウエカド参照。

神門 カミカド 吹上、菖蒲等に存す。カンド参照。

上鹿渡 カミカド 越谷に存す。

上金 カミガネ 茨城県那珂郡那珂町二十戸あり。

上ヶ平 カミガヒラ 大宮に存す。

上壁屋 カミカベヤ 鎌倉円覚寺文書に「建武元年七月二十七日、上壁屋左衛門次郎は武蔵国恩田御厨内田島郷田在家を沽券に背き乱暴す」と見ゆ。

上釜 カミガマ 坂戸に存す。

上神谷 カミカミヤ 入間、飯能、越谷等に存す。茨城県北茨城市十八戸あり。

上仮屋 カミカリヤ 狭山、吉川、庄和、川口等に存す。

上川 カミカワ 長野県北安曇郡小谷村十八戸、岩手県稗貫郡石鳥谷町二十一戸、九戸郡野田村七戸、鳥取県八頭郡若桜町十一戸あり。ウエカワ参照。

一 越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓に「元禄八年検地屋敷、上川清八」と見ゆ。

上河 カミカワ 与野、川口等に存す。

神川 カミカワ 狭山、所沢、三芳、新座、上尾、浦和、与野、越谷等に存す。

加美川 カミカワ 上尾に存す。

上川内 カミカワチ 川越に存す。

上川路 カミカワヂ 和光に存す。

上川通 カミカワドオリ 葛飾郡下川辺庄上川通村あり、寛永八年検地より小右衛門村(栗橋町)と号す。

上川床 カミカワドコ 川口に存す。

上川名 カミカワナ 岩槻に存す。

上川畑 カミカワバタ 川越、本庄に存す。

上川原 カミカワラ 埼玉郡吉羽村字上川原、高麗郡阿須村字上川原あり。富士見、本庄、越谷、草加、上尾等に存す。岩手県岩手郡雫石町十四戸、葛巻町六戸あり、ここはカミカワハラなり。

上河原 カミカワラ 草加に存す。

上神田 カミカンダ 志木に存す。岩手県久慈市十六戸あり。

上木 カミキ 昭和三年興信録に「美谷本村(戸田市)・上木栄松・所得税三十八円」あり。ウエキ参照。

神木 カミキ 埼玉郡柴山村枝郷字神ノ木(菖蒲町)は古の村名にて、小林村正眼寺宝永四年碑に神木村と見ゆ。

一 岩附城士の神木氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、上木四郎右衛門殿」と見ゆ。岩附城主太田美濃守の子梶原政景に従ひ常陸へ移る。上木氏は苗間村の神木氏一族なり。

二 新座郡志木町 明治三十年市場組神木筑前市あり。苗間村より移る。

三 入間郡苗間村(大井町) 当村に此氏多く存す。神木喜一家系図に「神木弥勒郎(初小田原北条家に仕へ後浪人して、永正年中武州入間郡に来り苗間村を開発して取立、之苗間村草分け之主と成。屋敷を構、屋敷内為鎮守第六天を奉勧請、文禄元年十二月二日死去、法名道庸覚仙信士。妻は北条家之臣清水次郎左衛門娘)―神木丹後(寛永四年没)―神木五郎左衛門(万治元年没。弟神木治太夫は父丹後隠居之跡式相続之・寛文二年没)―神木五右衛門(元禄十六年没。弟神木伝左衛門・延宝六年没)―神木茂兵衛(享保十八年没。弟神木勘左衛門・正徳二年没)―神木平右衛門(宝暦六年没。弟神木甚五左衛門・宝暦元年没。其弟神木仙七・明和四年没)―神木茂八(天明四年没。弟神木兵内。其弟神木太兵衛・寛政六年没)。菩提寺渋井村蓮光寺過去帳あり」と見ゆ。渋井村蓮光寺宝暦九年供養塔に苗間村神木三郎左衛門、文化十年供養塔に苗間村神木忠次郎。神明社嘉永六年水鉢に当所神木太七。高松潤一郎家文書に「寛政十一年祖父忠次郎代御用達被仰付候、文化九年父神木重右衛門家跡相続、文政三年私神木忠次郎家跡相続、嘉永五年苗間テキスト ボックス: カミキ           カミキ             カミキ      村御用達神木房太郎・親忠次郎」あり。川越藩内屈指の富豪にて藩御用達なり。天保四年川越藩松平大和守分限帳に「川越・三十石・神木忠次郎」。慶応二年新井文書に苗間村名主神木房太郎。明治六年請書に神木孫七・神木太七・神木米造・神木半五郎・神木藤右衛門・神木惣吉・神木礒五郎・神木林造・神木留吉・神木清造・神木権左衛門(質屋、文政十二年生)・立会人神木長吉・副戸長神木茂兵衛(天保八年生)・戸長神木房太郎(文政九年生)。明治十八年所有高取調帳に「神木三郎兵衛・田畑宅地三十町九反七畝歩・林二十一町一反二畝歩。神木柳蔵・田畑宅地三町七反二畝歩・林三反二畝歩。神木由太郎・田畑宅地三町四反八畝歩・林六反四畝歩。神木長吉・田畑宅地二町五反二畝歩・林七反四畝歩。神木富蔵・田畑宅地二反二反四畝歩。神木重蔵・田畑宅地一町九反九畝歩・林三反五畝歩。神木代助・田畑宅地一町八反八畝歩・林二反七畝歩。神木茂兵衛・田畑宅地一町八反五畝歩・林三反六畝歩。神木惣太郎・田畑宅地一町六反九畝歩・林五反二畝歩。神木藤七・田畑宅地一町一反六畝歩・林一反歩。神木平蔵・田畑宅地一町五畝歩・林二畝歩。神木万次郎・田畑宅地一町四畝歩・林三反二畝歩。神木仙七、神木筑前一、神木伝次郎、神木兵助、神木寅吉」。川越宿氷川神社明治三十三年玉垣碑に苗間村神木三郎兵衛(質屋、醤油業、県会議員、天保十四年生)。昭和三年興信録に「大井村・神木とよ・所得税五十一円」あり。

上北 カミキタ 上尾、新座等に存す。

上木原 カミキハラ 大里に存す。

上木屋 カミキヤ 新座に存す。

上京 カミキョウ ウエキョウ参照。

上口 カミグチ 葛飾郡上口村三郷市)あり。所沢、朝霞、新座、川口、浦和、桶川、伊奈、久喜、越谷等に存す。鳥取県東伯郡東伯町六戸あり。

神口 カミグチ 久喜、大宮等に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「三十五俵二人扶持・神口八右衛門」あり。神田の書誤りか。

上窪 カミクボ 入間、川越、羽生、与野等に存す。ウエクボ参照。

上久保 カミクボ 各市町村に存す。茨城県那珂郡大宮町八戸、山方町十六戸、緒川村十二戸、長野県上伊那郡中川村十三戸、青森県上北郡下田町二十二戸あり。ウエクボ参照。

一 秩父郡高山村飯能市) 常楽院文書に「文政十三年御本堂焼失。天保三年別当所勝手賄方、い志り・上久保半治郎」あり。現存無し。

上倉 カミクラ 各市町村に存す。長野県下高井郡野沢温泉村十二戸、下水内郡栄村四十九戸あり。ウエクラ参照。

一 入間郡所沢宿 本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿上倉東吾あり。

二 同郡扇町屋村(入間市) 東町天明四年地蔵尊に扇町屋宿上倉宗□あり。

上蔵 カミクラ 越生に存す。

神倉 カミクラ 埼玉郡上大崎村鎮守に神倉権現社あり。伊勢崎市六十戸あり。

一 忍城士の神倉氏 成田分限帳に「七十石・神倉平八郎、五十石・神倉弥次兵衛」あり。

二 本庄町 明治三十五年饅頭屋神倉清蔵あり。

神蔵 カミクラ 入間、狭山、所沢、新座、川口、白岡、栗橋、越谷等に存す。新潟県両津市十二戸あり。カンゾウ参照。

上栗 カミクリ 所沢、三芳、越谷、大宮、蕨、川口等に存す。ウエクリ参照。

上児 カミコ 男衾郡赤浜村(寄居町)の常楽寺附近の古名なり。日光輪王寺大般若経に「応永三年十月十八日、武蔵国男衾郡上児之郷常楽寺住僧」と見ゆ。

神子 カミコ 上福岡、大井、三芳、東松山、本庄、与野、越谷、岩槻等に存す。千葉県富津市八十戸、八日市場市二十戸あり。

上郷 カミゴウ 越谷、川口等に存す。

上河内 カミコウチ 春日部、加須、大宮、北本、和光等に存す。

上河辺 カミコウベ 春日部、大宮、鴻巣等に存す。

上郡 カミゴオリ 蓮田に存す。

一 川越宿 行伝寺過去帳に「妙順・上郡内方・巳年十一月」。江戸初期なり。

神郡 カミゴオリ 大井、岩槻等に存す。カンゴオリ参照。

上郡山 カミコオリヤマ 東松山に存す。

上国料 カミコクリョウ 坂戸に存す。

上小沢 カミコザワ 久喜に存す。山梨県富士吉田市二十戸あり。

神子沢 カミコザワ 深谷、小川、八潮等に存す。青森県八戸市二十八戸あり。ミコサワ参照。

神小柴 カミコシバ 大宮に存す。

神子島 カミコジマ 川越に存す。

上小園 カミコゾノ 越谷に存す。

上小薗 カミコゾノ 東松山に存す。

神子田 カミコダ 足立郡宿村字神子田、塚本村字神子田あり。ミコタ参照。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百二十二石・神子田台右衛門」あり。

上木場 カミコバ 上尾、戸田等に存す。

上小林 カミコバヤシ 岩手県岩手郡雫石町五戸あり。

上小牧 カミコマキ 大宮に存す。

神細工 カミザイク 飯能、日高、川口等に存す。

上坂 カミサカ 長瀞、神川、児玉、岩槻、春日部、久喜、三郷等に存す。茨城県岩井市三十五戸、岩手県宮古市二十戸、青森県上北郡十和田湖町十五戸、十和田市十五戸あり。ウエサカ参照。

一 埼玉郡南篠崎村(加須市) 神明社江戸末期碑に神坂三之介あり。上坂氏一戸現存す。

神坂 カミサカ 秋田県由利郡大内町十二戸、本荘市十五戸あり。

神阪 カミサカ 所沢、富士見等に存す。

上崎 カミザキ 埼玉郡上崎村・下崎村(騎西町)あり。風土記稿に「古は上崎下崎一村なりといへど、龍興寺足利義氏の寄附状に上崎村とあれば分村せしも古き事なるべし。龍興寺大同元年天祐草創の地なりとあれば、上りたる世の事なればいかん共云がたし」と。川越、鶴ヶ島、吹上、上尾等に存す。ウエザキ、カンザキ参照。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「町奉行・百石・上崎七兵衛」。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・十三人扶持・亡養父一太郎・上崎隼之助・三十四歳」あり。

神崎 カミザキ 川口に存す。カンザキ、コウサキ参照。延喜式の諸国馬牛牧に「武蔵国、桧前馬牧、神崎牛牧」あり。神崎は前条の埼玉郡上崎村の地か。当所は古刹の龍興寺あり古くから開かれた所で、児玉党の所領地が此の一帯にあった。児玉条参照。

神作 カミサク 川越、狭山、富士見、上尾、浦和、大宮、川口等に存す。

上迫 カミサコ 所沢に存す。

上迫田 カミサコタ 浦和に存す。

上笹 カミササ 浦和に存す。

神定 カミサダ 狭山、富士見、春日部、越谷、川口等に存す。カンジョウ参照。

上里 カミサト 福島県飯野八幡宮永仁元年文書に「伊賀光清領地、武蔵国種垂・荒居・上里村」と見ゆ。比企郡下里村、古里村あり、上里村は古里村嵐山町)の別名であろう。伊賀条参照。狭山、浦和、戸田、川口等に存す。

神里 カミサト 三芳、川口等に存す。

上沢 カミサワ 高麗郡安比奈新田及び的場村(川越市)の地に字上沢あり、古の村名にて安比奈新田宝暦六年碑に「上沢中、下沢中」と見ゆ。また、同郡上大谷沢村及び田木村(日高市)の地に字上沢あり、古の村名なり。入間郡鶴馬村字上沢あり。入間、富士見、三芳、羽生、岩槻、春日部、加須、杉戸、浦和、大宮等に存す。岩手県岩手郡岩手町十一戸、葛巻町七戸、九戸郡軽米町九戸、青森県三戸郡階上町十二戸あり。アゲサワ、ウエサワ参照。

上澤 カミサワ 浦和、新座等に存す。

神沢 カミサワ 秩父郡大野村都幾川村)と山田村秩父市)の境に高篠山あり、山田村字神沢の地なり。秩父志に「山田村、日蔭長者屋敷は高篠山の神沢と云ふ所に長者屋敷迹と云ありて、平なる所なり。神沢邸ともいふ」。「元中年中、地頭、日影・神沢右四太」。「日蔭屋敷、大野村、神沢氏」。「恒持庄山田村、社司神沢山松本院・本山修験」等見ゆ。山田村鎮守恒持明神社は本山修験松本院の持なり。地頭神沢氏は松本院の先祖なり。また、大野村高篠山に戦国時代・大野弾正の城跡あり、日蔭屋敷にて大野氏は神沢氏の末裔であろう。但し、神沢氏は在名にて現存無し。ミヤザワ条参照せよ。所沢、富士見、新座、川口、北本、浦和、上尾、熊谷、上里、春日部、草加等に存す。カンザワ参照。

神澤 カミサワ 所沢、熊谷、上里、志木等に存す。

一 比企郡吉田村嵐山町) 広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にヨシ田・神澤安五郎・神澤千代吉・神澤友太郎・神澤万太郎。秩父宝登山神社明治七年格天井絵奉納に比企郡上吉田村神澤勘右衛門あり。一戸現存す。

上沢田 カミサワダ 岩手県岩手郡雫石町十四戸あり。

上澤田 カミサワダ 大宮に存す。

上塩野 カミシオノ 忍城士にて、成田分限帳に「二十五貫文・上塩野源七郎」あり。別本に山塩野、或は凶塩野と。

神喰 カミジキ 大宮、鳩ヶ谷等に存す。新潟県糸魚川市十八戸あり。

上敷領 カミシキリョウ 蓮田に存す。

上下 カミシタ 新座に存す。

神下 カミシタ 川越、吹上等に存す。岩手県宮古市四戸あり。

神品 カミシナ 鶴ヶ島に存す。

神志那 カミシナ 狭山、東松山、朝霞等に存す。

上島 カミジマ 入間郡戸口村字神島は上島とも記す。埼玉郡城村字上島、足立郡高畑村字上ノ島、高麗郡田木村字上島、幡羅郡石塚村字上島あり。各市町村に存す。長野県諏訪郡原村十一戸、上伊那郡辰野町百三十六戸、伊那市四十七戸、松本市五十戸あり。ウエシマ参照。

上嶋 カミジマ 所沢、日高、岩槻、春日部、越谷、幸手、戸田、川口等に存す。長野県南安曇郡梓川村六十六戸あり。

神島 カミジマ 青森県北津軽郡金木町二十戸。コウシマ、コウノシマ参照。

一 忍城士の神島氏 成田分限帳に「十五貫文・神島弥吉郎」あり。一本に神取と見ゆ。コウノシマ条参照。

二 大里郡熊谷宿 熊谷宿百石組に「宝暦十年、新宿(筑波町)北屋敷持主神島幸五郎、新宿南屋敷持主・名主神島源太郎。嘉永元年、神島伝次郎」と見ゆ。寄居村極楽寺文政十一年常夜燈に熊谷新宿石工神島伝次郎。上之村神社天保四年碑に熊谷石工神島伝五郎。石上寺嘉永三年水鉢に神島伝三郎。東別府神社嘉永七年御嶽碑に熊谷宿石工神島伝五郎。押切村八幡社明治十四年御神燈に熊谷駅石工神島住納。古里村兵執神社明治十五年水鉢に熊谷駅神島伝治郎(熊谷宿惣代人)。明治三十五年茶商神島よし・石材商神島伝治郎・織物商神島喜兵衛。昭和三年興信録に「熊谷町・神島定衛・所得税三十七円・営業税三十三円」あり。現存無し。

三 大里郡佐谷田村(熊谷市) 永福寺延享四年供養塔に石工神島権兵衛、弘化三年馬頭尊に神島文三郎・神島角次郎。佐谷田神社寛政二年塞神碑に神島加□□あり。五戸現存す。前項参照。

四 川越町 氷川社明治八年水鉢に南町神島瀧吉。三芳野神社明治四十年碑に南町神島瀧蔵(陶器商近瀧、鍛冶町南町初代区長、天保十四年生)。昭和三年興信録に「川越市・神島瀧蔵・所得税百九十円・営業税二十二円」あり。

五 榛沢郡矢島村(深谷市) 矢島村史料に「神島祐三郎(天保十三年生、丹波国多岐郡笹山藩士族山本幸十郎二男)―栄重(明治三年生)、弟均十郎(明治六年生)」あり。当村神明社の神職なり。

神嶋 カミジマ 行田、熊谷、東松山、北本、浦和等に存す。

紙島 カミジマ 所沢に存す。

上四元 カミシモト 朝霞に存す。

上条 カミジョウ 各市町村に存す。〇山梨県北都留郡上野原町百四十戸、大月市六十八戸。〇長野県上水内郡中条村十一戸、東筑摩郡明科町十八戸、波田町五十三戸、朝日村二百二十戸、山形村百五十戸、南安曇郡豊科町三十八戸、穂高町五十五戸、安曇村五十七戸、梓川村三十二戸、三郷村四十六戸、塩尻市三百戸、茅野市六十四戸、松本市八百四十戸あり。ウエジョウ参照。

一 武田氏家臣の上条氏 榛沢郡高島村(深谷市)の領主にて、武田勝頼定書写(群馬大学所蔵)に「天正八年正月二十日、高林之郷五百貫文、岩松之郷七百貫文、高島之郷三百貫文、右、如此為旧領之由候、上条宮内少輔殿」と見ゆ。

二 川口町 昭和三年興信録に「川口町・上条啓治・所得税四十六円・営業税五十六円」あり。

上條 カミジョウ 各市町村に存す。明治三十五年本庄町口入業上條嘉吉あり。

上亟 カミジョウ 大宮に存す。

上城 カミジョウ 三郷に存す。

上白土 カミシラト 狭山に存す。

上代 カミシロ 川越、上尾等に存す。

神代 カミシロ 久喜、越谷、三郷、大宮、川口等に存す。

神白 カミシロ 上尾、大宮、川口に存す。

上新田 カミシンデン 大里郡押切村諏訪社(江南町)の辺は上新田村と称し、諏訪社宝暦十一年碑に大里郡上新田村と見ゆ。足立郡上新田村鳩ヶ谷市)、入間郡上新田村(鶴ヶ島市)あり。

上新原 カミシンバラ 所沢に存す。

紙透 カミスカ 熊谷、大宮等に存す。

上須賀 カミスガ 岩手県宮古市五戸。

神杉 カミスギ 新座郡のみに存す。 

一 新座郡白子村(和光市) 明治三年富士講碑に当所神杉春吉・神杉金五郎あり。二戸現存す。

二 同郡下新倉村(和光市) 字くらやみ坂上の寛文十三年馬頭尊に新倉郡□□・神杉□□。明治十六年浅久保若者組に神杉秀五郎・神杉伴二郎あり。四戸現存す。

三 同郡膝折村(朝霞市) 明治四十四年県税届に神杉秀五郎あり。三戸存す。

上須田 カミスダ 庄和に存す。

上砂 カミスナ 横見郡上砂村、下砂村あり、小田原役帳に須奈村と見ゆ。

神住 カミズミ 秩父郡矢納村(神泉村)に三戸現存す。秩父志に「矢納村、矢納神社の神司は神住伊賀正・奉祀せり」。城峰神社明治七年文書(神住久雄所蔵)に「立会人神住太市、氏子惣代神住宇那三」。宇那三の子定次郎は矢納村長なり。昭和三年興信録に「矢納村・神住定次郎・所得税十円」あり。(久雄様に大変お世話になりました)。

上畝 カミセ 吹上に存す。

上関 カミゼキ 坂戸、飯能、和光に存す。

上曽 カミソ 岩附城士にて、高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、上曽駿河守殿」と見ゆ。常陸国新治郡上曽村より起る。ウエソ参照。

上園 カミゾノ 入間、蕨等に存す。

神園 カミゾノ 上尾、浦和、大宮に存す。

神薗 カミゾノ 上福岡、川越、狭山、鶴ヶ島、蓮田、桶川等に存す。

神囿 カミゾノ 鶴ヶ島に存す。

上曽部 カミソブ 足立郡原馬室村字上曽部あり。

上田 カミダ 葛飾郡杉戸宿字上田、新座郡大和田村字上田、膝折宿字上田あり、カミダと註す。川越、富士見、大井、朝霞、杉戸、幸手等に存す。栃木県上都賀郡西方町十戸、長野県木曽郡大桑村七戸、青森県上北郡東北町五戸あり。

神田 カミダ 春日部に存す。

紙田 カミダ 飯能、上里、大宮等に存す。島根県邇摩郡仁摩町五戸あり。

嘉味田 カミダ 朝霞に存す。

上代 カミダイ 坂戸、熊谷、桶川に存す。

上平 カミダイラ 飯能、富士見、上福岡、新座、羽生、春日部等に存す。〇岩手県岩手郡岩手町七戸、葛巻町七戸、二戸郡一戸町三十三戸、九戸郡種市町十二戸。〇青森県三戸郡田子町八戸、階上町二十戸あり。ウエダイラ参照。

上高原 カミタカハラ 春日部に存す。

上高牧 カミタカマキ 東松山に存す。

上滝 カミタキ 狭山、春日部、上尾、浦和、大宮等に存す。ウエタキ参照。

上瀧 カミタキ 吹上に存す。

神竹 カミタケ 上福岡に存す。

神武 カミタケ 所沢、日高等に存す。

神達 カミタツ 戸田に存す。

上立 カミダテ 埼玉郡村国村字上立。

上館 カミダテ 三郷、吉川等に存す。岩手県下閉伊郡岩泉町二十一戸、青森県八戸市二十三戸あり。

上舘 カミダテ 入間、飯能、越谷、吉川等に存す。

神立 カミダテ 川越、滑川等に存す。

上田中 カミタナカ 坂戸に存す。

上谷 カミタニ 妻沼、浦和、大宮、鳩ヶ谷等に存す。島根県松江市六戸あり。

神谷 カミタニ 川越、所沢、熊谷、深谷、蓮田等に存す。島根県松江市十七戸、鳥取県岩美郡岩美町十六戸、鳥取市三十戸あり。カミヤ、コウヤ参照。

紙谷 カミタニ 朝霞、新座等に存す。

楮谷 カミタニ 狭山に存す。

上谷川 カミタニガワ 朝霞に存す。

上断 カミタヌ 和名抄に秩父郡上断郷を載す。風土記稿に「今上田野村あり、按ずるに是も和訓の近きゆへに誤て後に文字をかえしものならん」と見ゆ。ウエダ条参照せよ。

上田平 カミタヒラ 所沢に存す。

上玉利 カミタマリ 所沢、草加等に存す。

上地 カミチ 坂戸、狭山、児玉、草加、浦和、川口等に存す。ウエチ参照。

神近 カミチカ 幸手、大宮、桶川、川口等に存す。

上津 カミツ 朝霞に存す。ウエツ参照。

香水 カミヅ 昭和三年興信録に「熊谷町・香水義一・所得税二十七円」あり。

上塚 カミヅカ 大宮に存す。

神塚 カミヅカ 秩父郡のみに存す。

一 大滝村 大村家累代誌に「大村家祖先は甲州武田の臣にて、天正十年武田勝頼廃滅の時、栃本に落ち付き、当地方に沢登・神塚の姓なるは、大村忠昌の家臣の末孫なりと云」と見ゆ。天保三年小双里組鎮守宮寄進覚に寺井・神塚与八・神塚六右衛門。明治五年古大滝村寺井・神塚丹次郎・神塚孫七郎・神塚与八。明治十年大滝村屋番号に寺井・神塚滝次郎・神塚藤次郎・神塚由太・神塚歌蔵。明治八年生徒取調に原滝小学校・神塚丹次郎孫長男百太郎・明治元年生あり。十一戸現存す。

二 横瀬村 猿田彦神社明治四十三年碑に当村神塚馬次郎あり。二戸現存す。

上辻 カミツヂ 越谷、草加、浦和、大宮等に存す。ウエツヂ参照。

上総 カミツフサ 和名抄に高麗郡上総郷を載せ、加無豆布佐と訓す。カヅサ条参照。

上坪 カミツボ 富士見、新座、和光等に存す。ウエツボ参照。

上妻 カミヅマ 上福岡、八潮、庄和、松伏、上尾等に存す。茨城県日立市十六戸、福島県東白川郡塙町二十四戸あり。アゲヅマ、コウヅマ参照。

一 所沢町 昭和三年興信録に「所沢町・上妻茂・所得税十二円」あり。

上鶴 カミヅル 深谷、鷲宮、上尾に存す。

上水流 カミヅル 所沢、春日部、庄和、大宮、川口、北本等に存す。

上手 カミテ 埼玉郡新井村字上手、境村字上手(両村とも川里町)あり。川越、草加、志木等に存す。島根県江津市十六戸あり。ウワテ参照。

上出 カミデ 狭山、新座、戸田、鳩ヶ谷、大宮、草加、上尾、鷲宮、越谷、春日部、羽生等に存す。長野県木曽郡開田村五戸あり。ウエデ、ウワデ参照。

神出 カミデ 草加に存す。

上寺 カミデラ 川越に存す。

上戸 カミド 葛飾郡上戸村幸手市)あり、カミトと註す。所沢、越谷、桶川等に存す。ウワド参照。

上塘 カミトウ 吹上に存す。

上遠野 カミトオノ 川越、川島、神川、草加、大宮等に存す。カトウノ参照。

上床 カミドコ 新座に存す。

上戸鎖 カミトサ 川口に存す。岩手県久慈市六戸あり。

上殿 カミドノ 比企郡古池村字上殿(越生町)は古の村名にて、永禄三年太田資正制札に上殿分と見ゆ。隣村の入間郡上谷村より古池村を経て越辺川に合流する上殿川あり。ジョウドノ参照。

神殿 カミドノ 埼玉郡野村字神殿、入間郡森戸村字神殿あり。カンド参照。

上斗米 カミトマイ 川口に存す。

神鳥 カミトリ 川越に存す。

上中 カミナカ 足立郡戸崎村字上中あり。所沢、飯能、三郷、浦和等に存す。

上仲 カミナカ 越谷、浦和等に存す。

神中 カミナカ 越谷、川口等に存す。

上永 カミナガ 越谷に存す。

神永 カミナガ 各市町村に存す。〇栃木県下都賀郡壬生町四十二戸。〇茨城県久慈郡大子町二十七戸、那珂郡大宮町十五戸、東海村十四戸、日立市五十戸、高萩市四十戸、北茨城市七十五戸。〇福島県東白川郡塙町十九戸、いわき市二十五戸あり。カンナガ参照。

一 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「二之丸御番・三十五俵二人扶持・神永与次右衛門」あり。

神長 カミナガ 各市町村に存す。〇栃木県那須郡黒羽町十二戸、西那須野町十三戸、烏山町二十五戸、塩谷郡塩谷町三十戸、鹿沼市二十七戸。〇茨城県久慈郡水府村二十五戸、大子町百十戸、那珂郡大宮町十一戸、山方町二十戸、那珂町十二戸、日立市五十戸、高萩市四十戸あり。シンチョウ参照。

一 秩父町 明治三十五年米穀荒物商神長藤三郎あり。現存無し。

上中尾 カミナカオ 秩父郡古大滝村字上中尾組あり、古の村名にて、平村慈光寺元禄八年棟札に秩父郡上中生村とあり、武蔵志に上中尾村と見ゆ。

上長根 カミナガネ 皆野に存す。青森県三戸郡階上町七戸、南郷村六戸あり。

上中野 カミナカノ 上尾、大宮等に存す。

上中村 カミナカムラ 秩父郡大宮宿中村町に上中村遺跡あり。此地より起る丹党にて、武蔵七党系図に「中村冠者時重(上中村)」と見ゆ。中村条参照。

上中屋敷 カミナカヤシキ 岩手県岩手郡雫石町十一戸あり。

上梨 カミナシ 吉見、志木等に存す。

上梨子 カミナシ 越谷に存す。

一 鴻巣町 明治三十五年に上梨子奥太郎あり。現存無し。

神南 カミナミ 加須、杉戸等に存す。カンナミ参照。

神成 カミナリ 浦和、川口等に存す。

神成田 カミナリタ 川越に存す。

上西 カミニシ 各市町村に存す。宮城県白石市二十四戸あり。ウエニシ参照。

神西 カミニシ 児玉郡上真下村字神西あり。鶴ヶ島、所沢等に存す。

神庭 カミニワ 各市町村に存す。カニワ参照。

上沼 カミヌマ 葛飾郡長沼村字上沼、彦糸村字上沼、埼玉郡水深村字上沼、黒浜村字上沼、足立郡高尾村字上沼あり、カミヌマと註す。上福岡、鶴ヶ島、日高、春日部、越谷、戸田等に存す。長野県上伊那郡飯島町十一戸、下伊那郡高森町四十二戸あり。ウエヌマ参照。

神沼 カミヌマ 埼玉郡戸出村(熊谷市)にカヌマ氏九戸、カミヌマ氏九戸存す。神沼(かぬま)条参照。

一 葛飾郡松永村栗橋町) 松永神社天保二年地蔵尊に神沼倉□□あり。無し。

二 深谷町 中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に深谷町神沼幸次郎(呑龍院馬頭尊に深谷蹄鉄組合)あり。現存無し。

上根 カミネ 幡羅郡上根村(妻沼町)あり。足立郡上日出谷村字神ノ根(桶川市)は古の村名にて、観応元年小山文書に武蔵国足立郡内上根村と見ゆ。また、埼玉郡大井村字神根、市野割村字上根、伊草村字上根あり。鳩山、大宮等に存す。鳥取県岩美郡岩美町六戸あり。ウエネ参照。

神根 カミネ 幡羅郡上根村より起る。斎藤実盛の臣に神根喜兵衛あり、十八人衆といわれる開拓者の子孫なり。

加味根 カミネ 川越に存す。

上之 カミノ 埼玉郡上之村(熊谷市)あり、上(かさ)ノ村にて、笠族居住地より地名となる。阿部条十一項及びカサ、熊谷条参照。

一 忍城士の上ノ村氏 上之村より起る。成田分限帳に「百三十石・上村大助」をカミノムラと註す。別本には「上野村大助」と見ゆ。

上野 カミノ 足立郡前野宿村字上野、新座郡上新倉村字上野郷あり、カミノと註す。川越に存す。岩手県九戸郡種市町八戸あり。

上農 カミノ 川口に存す。

神農 カミノ 大宮に存す。カンノ参照。

神野 カミノ 各市町村に存す。茨城県新治郡霞ヶ関町九戸、福島県伊達郡川俣町四十二戸、二本松市三十二戸あり。カンノ、コウノ、ジンノ参照。

加美野 カミノ 川口に存す。

上ノ内 カミノウチ 上福岡、春日部、三郷等に存す。福島県原町市六戸あり。

上之浦 カミノウラ 大宮に存す。

神之門 カミノカド 所沢に存す。

上ノ川 カミノカワ 所沢に存す。

上野川 カミノカワ 春日部に存す。栃木県佐野市十三戸あり。

上之沢 カミノサワ 秩父郡三沢村修験大泉院正徳三年文書に秩父郡上之沢村吉祥院と見ゆ。岩田村道光寺は吉祥寺と号す。此地を称すか。

上之園 カミノソノ 狭山に存す。

上之薗 カミノソノ 所沢に存す。

神之薗 カミノソノ 所沢、与野等に存す。

神ノ田 カミノタ 吉見に存す。

神之田 カミノタ 入間、熊谷、岩槻、春日部等に存す。

上ノ谷 カミノタニ 所沢に存す。

上之原 カミノハラ 大宮に存す。

上ノ宮 カミノミヤ 足立郡西堀村字上ノ宮、門前村字上ノ宮あり。

上ノ山 カミノヤマ 朝霞に存す。

上野山 カミノヤマ 大宮に存す。

一 熊谷宿 石上寺明治十一年水鉢に上野山定吉あり。現存無し。

上羽 カミバ 川越藩松平大和守家臣にて、明治四年前橋藩職員録に「租税取締・上羽又吉」あり。

上袴田 カミハカマダ 大宮に存す。

上橋 カミハシ 上福岡、志木、羽生、久喜、蕨等に存す。鳥取県東伯郡東郷町七戸あり。ジョウバシ参照。

上畑 カミハタ 高麗郡上畑村、下畑村(飯能市)あり、畑村と云う。所沢、飯能等に存す。ウエハタ参照。

上端 カミハタ 川越、八潮等に存す。岩手県下閉伊郡岩泉町九戸あり。

上畠 カミハタ 埼玉郡中江袋村字上畠。

上秦 カミハタ 和名抄に幡羅郡上秦郷、下秦郷を載す。

神畑 カミハタ 秩父郡寺尾村字神畑。

上馬場 カミババ 朝霞に存す。

神馬場 カミババ 上福岡、熊谷等に存す。

上浜 カミハマ 鷲宮に存す。

上林 カミバヤシ 新潟県栃尾市六戸。青森市十六戸あり。ウエバヤシ、カンバヤシ参照。

一 埼玉郡大林村(越谷市) 北越谷押入五智堂享保五年如来立像銘に大林村・上林治左衛門あり。現存無し。

二 同郡羽生町 明治十二年酒造業柏屋上林保兵衛あり。一戸現存す。

三 秩父市 大野原村、下影森村等市内に二十五戸存し、カンバヤシ氏も存す。

四 秩父郡上田野村(荒川村) 旧家なり。八戸現存す。

神林 カミバヤシ 上福岡、所沢、荒川、浦和、川口等に存す。カンバヤシ参照

上林山 カミバヤシヤマ 岩槻に存す。

上原 カミハラ 榛沢郡原村川本町)あり、今は上原村と称す。文久元年猪俣村岡本文書に「榛沢郡田中村、上原村、下原村、長在家村」と見ゆ、下原村原村字下原及び長在家村字下原の地域なり。また、埼玉郡船渡村字上原、上野田村字上原、水深村字上原、馬内村字上原、足立郡上尾村字上原、本宿村字上原、男衾郡露梨子村字上ノ原、比企郡上唐子村字上原はカミハラと註す。各市町村に存す。長野県木曽郡上松町二十一戸あり。ウエハラ、カンバラ参照。

神原 カミハラ 三芳、毛呂山、志木、川口、浦和、大宮、上尾、秩父等に存す。カンバラ、コウハラ参照。

上原子 カミハラコ 狭山、所沢、深谷、春日部、草加、八潮、上尾等に存す。青森県上北郡天間林村四十二戸、野辺地町二十戸あり。

上東 カミヒガシ 三郷、上尾等に存す。

上吹越 カミヒコシ 春日部、妻沼に存す。

神人部 カミヒトベ 神社私有の部民にて、ミワヒトベとも称す。武蔵国分寺瓦銘に「神人部広国」と見ゆ。

上平 カミヒラ 入間、川越、鶴ヶ島、新座、浦和、大宮、春日部、岩槻に存す。

神平 カミヒラ 川口に存す。

上平川 カミヒラカワ 飯能に存す。

上藤 カミフヂ 浦和に存す。

神藤 カミフヂ 大宮、伊奈、川口等に存す。カンドウ参照。

上別府 カミベップ 狭山、富士見、川口等に存す。

神保 カミホ 川越に存す。ジンボ参照。

上洞 カミホラ 鶴ヶ島に存す。

上堀 カミボリ 鳩山に存す。

上堀内 カミホリウチ 三芳、志木に存す。

神間 カミマ 葛飾郡神間村庄和町)あり。越谷、川口等に存す。カンマ参照。

上前 カミマエ 大宮、志木等に存す。

神前 カミマエ 行田、三郷等に存す。コウサキ参照。

上前田 カミマエダ 所沢、児玉等に存す。

上巻 カミマキ 秩父郡御堂村(東秩父村)浄蓮寺過去帳に「妙慶・上巻・権三郎母・元和九年三月」あり。当村字牧山の附近か。或は野巻村字神巻か。

上牧 カミマキ 庄和に存す。

神巻 カミマキ 秩父郡野巻村字神ノ巻(皆野町)あり。上巻は当村か。

上牧瀬 カミマキセ 鷲宮に存す。

神増 カミマス 埼玉郡加須村にて、神増(かぞ)が正訓なり。騎西町大英寺元禄十年阿弥陀如来に「久下村、明願寺村、神増村、上内村」と見ゆ。

神俣 カミマタ 新座に存す。

上町 カミマチ 小川、朝霞等に存す。

上松瀬 カミマツセ 浦和に存す。

上丸 カミマル 所沢、越谷等に存す。

上万 カミマン 三郷に存す。

上満 カミミツ 草加に存す。

上南 カミミナミ 入間に存す。

上宮田 カミミヤタ 大宮に存す。

上村 カミムラ 足立郡上村上尾市)あり。〇群馬県群馬郡箕郷町十戸、高崎市三十戸、前橋市四十戸。〇長野県下高井郡野沢温泉村十二戸、東筑摩郡波田町十戸、南安曇郡梓川村十一戸、木曽郡木曽福島町十五戸、木祖村九戸。〇新潟県中蒲原郡亀田町三十戸、北魚沼郡小出町三十六戸、堀之内町四十四戸、守門村十八戸、中魚沼郡川西町四十戸、津南町十九戸、南魚沼郡塩沢町百六十五戸、六日町二百十五戸、大和町百二十五戸、湯沢町二十戸、十日町市二百三十戸、長岡市九十戸。〇岩手県九戸郡軽米町十五戸、九戸村十七戸。〇山形県米沢市四十七戸あり。ウエムラ、カンムラ参照。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三百石・上村勘十・是は忍にて罷出・遠江之者」あり。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御納戸・百三十石・上村市郎右衛門」あり。

三 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「一人扶持・上村三之助」あり。

四 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御使番・上村百助」あり。

五 葛飾郡戸島村幸手市) 平須賀村観音堂明治十五年寄附に戸島村上村伝七あり。

六 埼玉郡岩槻町 明治十六年鉄道敷設願に岩槻町上村政敏あり。

七 同郡堤根村(行田市) 永徳寺明治四年筆子碑に上村徳右衛門。行田町諏訪社明治五年水鉢に堤根村上邨半五郎。伊奈利神社明治十五年碑に上村半五郎あり。二戸現存す。

八 足立郡北袋村(大宮市) 当村元禄十二年庚申塔に北袋村上村弥兵衛あり。

九 同郡側谷戸村(大宮市) 天神社寛政八年庚申塔に上村忠右衛門。慈宝院明治二年筆子碑に側海斗村・上村吉蔵・上村直吉あり。

一〇 入間郡阿諏訪村(毛呂山町) 明治二十四年阿諏訪懐古碑(潰れ百姓)に「上村七兵衛・上村武兵衛・上村兵右衛門、是皆一時富盛之家、其亡滅也」。明治十年地租等級調査に上村友二郎あり。五戸現存す。

一一 男衾郡折原村寄居町) 当村明治四十三年碑に上村賢太郎あり。

一二 本庄町 明治三十五年材木商上村栄吉あり。

一三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・上村清近・六十五円、川口町上村祐造・百六十四円・百二十六円、飯能町・上村貞亮・二十六円」あり。

神村 カミムラ 群馬県安中市十七戸、前橋市三十戸、長野県木曽郡日義村十九戸あり。シンムラ参照。

一 榛沢郡下手計村(深谷市) 旧家あり。四戸現存す。

神邑 カミムラ 東松山に存す。

紙村 カミムラ 所沢、越谷等に存す。

上村井 カミムライ 岡部藩安部氏家臣にて、岡部村神明社安政五年小銃射撃祈願奉納に上村井鉄之助茂勝あり。

上米良 カミメラ 所沢、川口等に存す。

上元 カミモト 鶴ヶ島に存す。

上本 カミモト 川越、坂戸、新座に存す。

神本 カミモト 上福岡、川越、花園、上尾、蓮田等に存す。カモト参照。

紙本 カミモト 坂戸、新座、大宮、越谷、幸手、三郷等に存す。栃木県大田原市九戸、鳥取県米子市七戸あり。

上森 カミモリ 川越、上尾等に存す。岩手県久慈市七戸あり。ウエモリ参照。

神守 カミモリ 上尾に存す。

神森 カミモリ 大宮に存す。

神盛 カミモリ 伊奈に存す。

上森合 カミモリアイ 岩手県岩手郡雫石町六戸あり。

上矢 カミヤ 狭山、鳩山、八潮、大宮、北本、川口等に存す。

上谷 カミヤ 足立郡上谷村鴻巣市)は深井村寿明院寛政九年寄附帳に神谷村と見ゆ。入間郡上谷村(越生町)はカミヤツと称し、上谷戸とも記す。また、埼玉郡谷之郷字上谷、下新田字上家、足立郡土屋村字上谷、本村字神谷、高麗郡下小坂村字上谷、戸宮村字上谷、横見郡和名村字上谷あり。新潟県西頚城郡青海町十八戸、糸魚川市十二戸あり。ウエタニ、ウエヤ参照。

一 埼玉郡安養寺村(鴻巣市) 八幡社明治三十九年碑に上谷惣吉・上谷幸吉あり。一戸現存す。

上屋 カミヤ 深谷、蓮田等に存す。

神矢 カミヤ 入間、狭山、与野、朝霞等に存す。茨城県岩井市三十戸あり。

神谷 カミヤ 〇群馬県邑楽郡邑楽町三十戸。〇栃木県芳賀郡益子町十八戸。〇千葉県富津市二十戸。〇長野県上水内郡牟礼村十一戸、南安曇郡三郷村二十四戸、松本市三十五戸。〇新潟県西頚城郡能生町十六戸。〇秋田県平鹿郡平鹿町十二戸、横手市二十四戸。〇島根県松江市十六戸、出雲市十六戸あり。カミタニ、コウヤ参照。

一 忍城士の神谷氏 埼玉郡持田村正覚寺棟札に「天正六年三月七日、大檀那成田下総守氏長、寄進施主神屋与惣左衛門・神屋出羽守」。風土記稿持田村正覚寺条に「本尊弥陀の裏に忍住人神屋与惣右衛門尉本尊再興寄進勧進檀那法名香樹天英為大菩提也と記せり」と見ゆ。成田分限帳に「五百貫文・神谷備後守利重、五十貫文・神谷宮内左衛門、十貫文・神谷助三郎」あり。天正十八年に重臣神谷備後守は氏長と共に小田原へ出陣す。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・神谷喜右衛門・是は忍にて罷出・三河之者」。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「六石二人扶持・神谷忠左衛門、八石・神谷勘左衛門、二両・神谷藤八」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国三河生国武蔵・神谷庄右衛門・三十一歳」。野火留宿平林寺大河内廟所燈籠に天保十年・神谷弥平源克明あり。

五 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御小姓仕着・六両三人扶持・神谷辰之進」。

六 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両余二人扶持・河内詰・神谷平三」あり。

七 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・六石余二人扶持・養父熊悦・神谷伝斎・四十二歳」あり。

八 岡部藩安部氏家臣 宝永年間岡部藩分限帳に「御家老・四百石・神谷又左衛門」。慶応四年岡部藩分限帳に「御物頭・十二人扶持・神谷捨治、御納戸・六石二人扶持・神谷銓治」あり。

九 葛飾郡谷口村三郷市) 当村に此氏多く存す。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領谷口村・神谷安兵衛・神谷磯右衛門・神谷弥右衛門。明治九年戸長神谷安兵衛・天保元年生。明治二十九年堀切文書に神谷弥平・神谷粂太郎・神谷竹次郎・神谷市太郎・神谷作次郎・神谷政五郎・神谷伝蔵。明治三十年人名録に金銭貸付業木之下屋神谷弥平・明治八年生・地租二百六十円、神谷政五郎・安政三年生・地租八十円。弥平は村長、県会議員、衆議院議員等を歴任す。

一〇 同郡藤塚村(春日部市) 香取社江戸末期御神燈に神谷元右衛門・神谷仙蔵・神谷金之助あり。七戸現存す。

一一 同郡八甫村(鷲宮町) 鷲宮村霊樹寺文書に「八甫村、寛永四年検地一町四反二畝歩・利右衛門、元禄八年検地神谷伝兵衛。光厳寺過去帳、安養英心信士・神谷利右衛門也・伝兵衛親父・寛文十一年九月二十一日、鳳剛鶴端信士・ひ口ノ神谷清兵衛・宝暦八年七月二十一日」と見ゆ。西大輪村迦葉院享保十九年文書に八甫樋口・神谷清兵衛。光厳寺寛政三年棟札に本村掛ヶ講中・神谷清兵衛。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に八甫村神谷利右衛門。明治九年副戸長神谷儀兵衛・嘉永四年生。高柳村香取社明治十四年幟碑に八甫村神谷利平。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流神谷儀兵衛。明治三十年人名録に神谷熊太郎・明治四年生・地租八十円。西大輪村稲倉魂神社明治三十年碑に八ッポ・神谷松太郎あり。二戸現存す。

一二 同郡本郷村杉戸町) 香取社文化八年天満宮碑に神谷惣治郎・神谷政五郎。雷電社文化十一年庚申塔に当所神谷平兵衛あり。一戸現存す。

一三 同郡栗橋宿 当宿関所番士は神谷平七郎、次は高久浅右衛門、次は長山平助、次は寛永十二年に足立十右衛門が勤める。

一四 同郡広島村(栗橋町) 明治九年副戸長神谷仁三郎・安政三年生。天満宮明治二十八年伊勢講碑に神谷丑松・神谷仁三郎あり。四戸現存す。

一五 同郡河原代村(栗橋町) 福寿院文政十年二十三夜塔に神谷吉左衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に河原代村神谷栄三郎あり。一戸現存す。

一六 埼玉郡八条村(八潮市) 大経寺明治二十七年絵馬に神谷宮五郎あり。一戸現存す。

一七 同郡蒲生村(越谷市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長神谷道之助・天保十一年生。明治三十年所得税下調査簿に蒲生村神谷熊之助・明治二年生・反別十八町歩・地租二百五十円、同村神谷治平・万延元年生・反別八町二反歩・地租百十二円あり。

一八 同郡粕壁宿 東八幡社文化十三年御神燈に神谷七□あり。

一九 同郡岩槻町 明治三十五年荒物商神谷清吉あり。

二〇 同郡須賀村(宮代町) 身代神社寛政七年庚申塔に神谷久兵衛、文政十年庚申塔に神谷久右衛門、慶応二年敷石碑に神谷平蔵あり。現存無し。

二一 同郡鷲宮村 鷲宮神社嘉永五年狛犬に当町中島・神谷万次郎。西大輪村雷電社文久三年狛犬に中島村神谷坂之丞あり。二戸現存す。

二二 足立郡小室村伊奈町) 氷川社安政三年御神燈に宿村・神谷武右衛門・神谷喜右衛門。本郷観音堂元治元年供養塔に宿村神谷喜七あり。十一戸存す。

二三 新座郡野火留宿(新座市) 当村に此氏多く存す。上宗岡村大仙寺文政十二年地蔵尊に上谷源六。当村天保十三年地蔵尊に上谷七蔵。志木宿宝幢寺嘉永二年地蔵尊に野火止・上谷源六、同所氷川社嘉永六年碑に東屋敷・上谷源六あり。今は神谷を称す。

二四 同郡菅沢村(新座市) 明治十一年臨済宗名簿に神谷広吉あり。一戸存す。

二五 同郡浜崎村(朝霞市) 観音堂明治三十四年筆子碑に浜崎・神谷松五郎あり。現存無し。

二六 同郡志木宿 中宗岡村実蔵院文政十二年供養塔に引又町神谷己之助。明治三十年市場組神谷重五郎あり。

二七 入間郡宗岡村(志木市) 志木宿敷島社明治五年浅間碑に宗岡・神谷鶴蔵・神谷平左衛門・神谷新蔵。選挙人名簿に神谷三郎兵衛・村税十四円、神谷治郎八・村税四円、神谷左吉・村税四円、神谷作次郎・村税四円あり。八戸現存す。

二八 同郡勝楽寺村(所沢市) 勝楽寺村開闢記に「糟屋新三郎勝忠の従士、北田・本橋・神谷三人御陣中に住しけるが、天正十年より初て民家に下し、百姓となし給ふ」と。仏蔵院文書に「天明元年、組頭神谷仁左衛門。文化十年、新組頭神谷久兵衛。文政二年、組頭神谷久兵衛、木挽職神谷久兵衛、檀中神谷五左衛門」。氷川村中氷川社安政五年勝楽寺村七社権現碑に神谷勇右衛門・神谷伊兵衛、明治二十九年碑に勝楽寺村・神谷助太郎・神谷和三郎・神谷勇次郎。明治十年荷車稼人神谷久左衛門。明治十五年北広堂碑名簿に勝楽寺村・神谷栄助・神谷辰蔵・神谷助太郎・神谷和助。明治二十二年埼玉勧業会員神谷房太郎あり。

二九 同郡神谷新田(所沢市) 風土記稿神谷新田条に「開発の始を尋るに、横見郡吉見の農民神谷を氏とせる内蔵助と云る者来て墾開せし故に此名を得たりといへど、年代は伝へず。今名主内蔵助は其子孫なり」と見ゆ。堀兼神社嘉永元年敷石碑に神谷新田・神谷林右衛門。明治九年神米金村戸長神谷内蔵之助・天保四年生あり。二戸存す。

三〇 同郡川越町 平安時代末期にはすでに居住す。風土記稿志義町稲荷社条に「森の中に石の小祠ありて内に小筒あり、内に蔵めし書あり其文に、源家勝平怨敵退散子孫長栄大願成就守護、承安三癸巳年四月十七日、五社大明神、神主神谷土佐守」と見ゆ。三芳野神社明治四十年碑に連雀町神谷慶次郎(織物仲買商正田屋)あり。

三一 比企郡高坂村(東松山市) 私塾師匠旧幕臣神谷基一郎善教・明治三十年没八十三歳あり。

三二 大里郡村岡村(熊谷市) 登由宇気神社慶応元年碑に神谷織之助。明治七年小林文書に神谷織之助・神谷藤三あり。五戸現存す。

三三 同郡大麻生村(熊谷市) 宝蔵寺は元和年間に神谷兵左衛門等が中興す。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村神谷勘次郎あり。三戸現存す。

三四 同郡小泉村大里町) 常永寺寛延二年愛宕碑に神谷甚八あり。一戸存す。

三五 幡羅郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に神谷甚助あり。

三六 男衾郡野原村江南町) 文殊寺明治二年碑に当所神谷小太郎・神谷孫次郎。明治九年副戸長神谷由太郎・天保四年生あり。五戸現存す。

三七 同郡鉢形村(寄居町) 神谷載一家先祖は武田信玄家臣神谷津島入道を祖とし、文禄年間に当地に土着すと伝へる。字上ノ原明治三年馬頭尊に神谷福次郎。明治六年鉢形村合併書に鉢形村戸長神谷嘉十郎・嘉永五年生、副戸長神谷永二郎。用土村明治十三年仙元碑に鉢形村・神谷七平・神谷太十郎・神谷浜治郎・神谷荘三郎。神谷茂助は荒川の正喜橋を大正九年自費にて完工す。九戸現存す。

三八 秩父郡奥沢村(東秩父村) 当村土豪神冶氏あり、次条参照。御堂村浄蓮寺過去帳に「妙養・神谷・五月」、江戸初期なり。明治九年副戸長神谷文五郎・文化十年生。浄蓮寺明治二十三年碑に神谷文平。明治二十七年瓢底倶楽部に奥沢・神谷浦三郎。安戸村能気神社明治二十九年碑に熊野社々掌神谷治三郎。御堂村八幡社明治三十二年石段碑に奥沢・神谷惣八・神谷熊治郎。同村大霊神社明治四十一年碑に神谷碩司あり。六戸現存す。

三九 雑載 昭和三年興信録・所得税に「彦成村(三郷市)・神谷政五郎・十五円、桜田村(鷲宮町)・神谷熊太郎・十九円、蒲生村(越谷市)・神谷利左衛門・六十五円、神谷堅三郎・三十九円、羽生町・神谷梅吉・十一円」あり。

神冶 カミヤ 秩父郡大河原郷御堂村浄蓮寺文書に「浄蓮寺者、往昔当所之郷士神冶太郎光興法名浄蓮居士の草創也。光興は天台宗なりしが隣郡の領主比企大学三郎能本に親み、其後正応元年我宅地に本化の道場を創建せんことを志し、比企谷日朗聖人を請し開堂の式を修せん。日朗聖人は元応二年三月二十一日寂す」と見ゆ。風土記稿御堂村条に「浄蓮寺の縁起によるに、正和年中大河原神冶太郎光興が領地へ初て法華の道場を造営せん為め、比企ヶ谷の妙本寺二祖日朗を請し開山とす。開基神冶太郎光興没せし年月詳ならず」と。安戸村条に「城山は村の西御堂村界にあり。鉢形城全盛の頃大河原神冶太郎と云るものの居城なりと云」と見ゆ。安戸城主大河原神冶太郎光興は大河原郷奥沢村の神谷氏が本名にて、在名大河原氏を称し、領地の御堂村へ浄蓮寺を創建す。

神屋 カミヤ 川越、大宮等に存す。

神宮 カミヤ 浦和に存す。ジングウ参照。

紙矢 カミヤ 上福岡に存す。

紙谷 カミヤ 各市町村に存す。島根県八束郡美保関町六戸あり。

紙屋 カミヤ 熊谷、越谷、北本等に存す。

上屋敷 カミヤシキ 入間、上福岡、熊谷、八潮、川口等に存す。岩手県下閉伊郡田老町七戸、九戸郡九戸村八戸あり。

神屋敷 カミヤシキ 大宮に存す。

上安 カミヤス 所沢に存す。

神保 カミヤス 日高に存す。ジンボ参照。

神谷内 カミヤチ 東松山、坂戸、大宮等に存す。

神奴 カミヤッコ 庄和に存す。

神宿 カミヤド 忍城士にて、成田分限帳に「十六貫文・神宿喜太夫」あり。常陸国鹿島郡神宿村の出身か。

上柳 カミヤナギ 葛飾郡上柳村、下柳村(庄和町)あり、古は柳島新田と称す。毛呂山、大宮等に存す。

上柳田 カミヤナギダ 所沢に存す。

上藪 カミヤブ 浦和に存す。

上山 カミヤマ 群馬県佐波郡境町十三戸、長野県上伊那郡飯島町二十四戸、岩手県稗貫郡大迫町十八戸、岩手郡葛巻町二十四戸、青森県三戸郡階上町十四戸、倉石村十二戸、鳥取県東伯郡東伯町九戸あり。ウエヤマ参照。

一 忍城士の上山氏 成田分限帳に「十三貫五百文・上山茂左衛門」あり。神山条二十五項参照。

二 越生郷の上山氏 風土記稿入間郡小杉村(越生町)条に「天神社に古棟札存す。武蔵国入西郡越生郷恒弘名之内岩峰山安楽寺天満天神宮御造営之事、当郷中御講衆、天正十九年十月十八日、大檀那伊理采女重信花押、裏面に御講之衆上□甚太郎・百文の記しあり。また、願主大泉坊、慶長十八年十二月十六日、裏面に上山兵庫と記す。大泉院は安楽寺と云」と見ゆ。当村に此氏現存無し。隣村の古池村神山氏か。神山条二十一項参照。

三 葛飾郡下吉羽村幸手市) 祖師堂享保五年庚申塔に幸手領六右衛門新田・上山七兵衛あり。当村に現存無し。

四 埼玉郡羽生町 明治三十五年下駄商上山豊吉あり。

五 大宮宿 私塾師匠不動堂元丹波篠山藩士上山寿山・明治十二年没あり。

六 大里郡小泉村大里町) 沼黒村正福寺元禄七年棟札に大檀那小泉村上山金右衛門。常永寺寛延二年愛宕碑に上山新左衛門。当村安政二年馬頭尊に小泉邨上山栄造あり。五戸現存す。

七 児玉郡北十条村(美里町) 旧家あり。七戸現存す。

神山 カミヤマ 比企郡古里村字神山(嵐山町)及び男衾郡西古里村寄居町)は古の村名なり。埼玉郡篠津村字神山、足立郡吉野原村字神山、幡羅郡男沼村字神山、児玉郡太駄村字神山あり。〇群馬県山田郡大間々町四十五戸、勢多郡東村二十三戸、桐生市八十戸。〇栃木県塩谷郡氏家町四十戸、河内郡上河内町三十五戸、上都賀郡足尾町七十五戸、粟野町六十戸、今市市百二十戸、日光市百戸、鹿沼市百九十戸、宇都宮市二百二十戸。〇新潟県三条市三十戸。〇福島県郡山市八十五戸。〇宮城県桃生郡河北町二十三戸。〇岩手県九戸郡種市町二十六戸、花巻市五十戸。〇青森県北津軽郡板柳町三十四戸、青森市七十戸あり。コウヤマ参照。

一 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高二百石・初代神山清左衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節、御帳に有り)、高二十五人扶持・八代神山栄次郎」。川越蓮声寺日鑑に享保八年・神山善右衛門。明治四年館林藩士族帳に「御馬廻・二十五人扶持・神山録太郎」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御番頭四百石深沢孫三郎家臣の神山藤右衛門」あり。

三 埼玉郡志多見村(加須市) 当村弘化五年月待塔に神山甚兵衛あり。

四 足立郡川口町 明治三十五年菓子商神山熊次郎あり。

五 同郡元郷村(川口市) 当村に此氏多く存す。氷川社文化十二年富士碑に神山伝右衛門、明治三十四年碑に神山増太郎、元郷海間方・神山市太郎・神山清三郎。天保十二年機屋神山儀右衛門あり。

六 同郡大宮町 明治三十五年足袋商神山卯三郎あり。

七 同郡内野本郷村(大宮市) カミヤマ氏八戸存し、コウヤマ氏四戸存す。上内野村氷川社慶応三年御神燈に内野本郷村・神山忠兵衛・神山兵左衛門・神山吉右衛門あり。神山和博家は代々名主を勤る。尚、新井村神山氏はコウヤマ条参照。

八 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年糸繭商神山又右衛門あり。

九 同郡上日出谷村(桶川市) 字愛宕明和九年供養塔に日出谷村神山代右衛門。氷川社明治二十年水鉢に上日出谷村神山亀次郎、明治三十九年碑に神山喜十郎あり。七戸現存す。

一〇 新座郡志木町 敷島社明治五年御神燈に引又町神山長治郎。明治三十五年市場組製粉業神山弥次郎・市場組米穀商神山貞太郎・市場組神山セイあり。

一一 入間郡駒林村(上福岡市) 安楽寺安政四年筆子碑に駒林村神山半次郎あり。二戸現存す。

一二 同郡針ヶ谷村(富士見市) 氷川社嘉永六年水鉢に神山長右衛門貞清。志木町氷川社嘉永六年碑に針ヶ谷・神山豊吉・神山伝造・神山徳太郎・神山忠兵衛。明治五年組頭神山太平・天保二年生(六年副戸長)。明治四十四年東上鉄道株主神山縫之助・三百株所有あり。八戸現存す。

一三 同郡新久村(入間市) 当村慶応四年筆子碑に新久村・神山庄蔵・神山金二郎・神山磯太郎・神山与八・神山半蔵あり。現存無し。

一四 同郡根岸村(入間市) 当村享保二十一年地蔵尊に入間郡根岸村神山平兵衛。天保三年狭山茶場碑記に上根岸村神山与一郎泰岑あり。十戸現存す。

一五 同郡花ノ木村(入間市) 当村に此氏多く存す。明治九年戸長神山重兵衛・文化十年生、副戸長神山市郎左衛門・文政七年生あり。

一六 同郡上谷ヶ貫村(入間市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長神山五六七・天保十二年生。明治十一年比留間文書に神山和吉・神山代次郎・神山五郎平・神山太市郎・神山豊吉・神山茂平・神山仙蔵・神山忠蔵・神山忠次郎・神山市蔵・神山与五郎・神山文蔵・神山庄次郎・神山豊次郎・神山新二郎・神山五六七あり。

一七 同郡川越町 行伝寺過去帳に「妙讃・神山内方・寅年六月」と、江戸初期なり。宮元町妙義社文政六年水鉢に神山清左衛門。明治二十九年鉄道請願書に神山音吉・神山豊吉あり。尚、谷中村神山氏はコウヤマ条参照。

一八 同郡小ヶ谷村川越市) 白山社元禄二年御神燈に神山四郎兵衛貞能あり。三戸現存す。

一九 高麗郡鯨井村(川越市) 当村天明五年馬頭尊に鯨井村神山和吉あり。現存無し。尚、的場村神山氏はコウヤマ条参照。

二〇 同郡飯能町 諏訪八幡社正徳二年狛犬に神山右平治上治・神山安左衛門治栄。明治三十五年提灯屋神山小三郎あり。

二一 比企郡古池村(越生町) 当村に此氏多く存す。桃木村八幡社文政七年筆子碑に古池村神山与七・神山好太郎、明治十四年筆子碑に古池村神山誠十郎・神山豊次郎。明治九年戸長神山誠十郎・天保十一年生。明治二十四年石油商神山熊次郎・材木商神山勝三郎あり。上山条二項参照。

二二 同郡玉川郷 龍福寺墓碑に「金室道泉庵司・神山和泉守入道・永禄八年十月十五日」と、字地家の神山家先祖なり。同寺寛保二年寄進状に神山長門守と見ゆ。明治九年地租改正担当人神山彦三・天保七年生。春日社明治四十年碑に神山儀一・神山忠次郎、地家・神山祐次郎・神山左右平・神山平次郎・神山七五三郎・神山運平・神山珍平、宮ヶ谷戸・神山春吉あり。高山(こうやま)条参照。

二三 同郡松山町 明治三十五年茶商神山繁次郎あり。

二四 同郡石橋村(東松山市) 杉山村八宮社明治十六年筆子碑に石橋村神山佐久松あり。一戸現存す。

二五 同郡福田村(滑川町) 当村に此氏多く存す。滑川村史に「福田村の神山勝政家は、忍城主成田氏分限帳・十三貫文上山茂左衛門とある人は、当神山家の先祖上山茂右衛門の実兄と云われ、兄茂左衛門と共に成田氏に仕え、成田氏長に従い下野国烏山城に出仕したが、氏長卒去後は現在地に帰農し名主を務む」と見ゆ。同家文書に明治二年組頭神山茂右衛門、明治四年名主神山茂重郎あり。上山条一項参照。野原村文殊寺明治二年碑に福田村神山茂右衛門・神山徳右衛門。明治九年議定書に神山清五郎・神山由五郎・神山仙造・神山栄四郎・神山金太郎・神山せき・神山太郎平・神山嘉四郎・神山音五郎・神山与吉・惣代神山九平・立会人神山輝久。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に福田村神山茂雄。明治十七年第九小区副区長荒物石油商神山茂樹・菓子商神山吉郎・酒穀商神山岩次郎。羽尾村明治二十七年毛受重徴筆子碑に福田・神山茂平あり。

二六 同郡古里村嵐山町) 兵執神社明治二十三年碑に神山谷五郎あり。一戸現存す。

二七 同郡高見村(小川町) 明治三十三年上組若衆神山長太郎あり。現存無し。

二八 男衾郡本田村(川本町) 春日社天保十年水鉢に神山幸治郎。明治九年副戸長神山同連・天保十一年生。明治二十五年船水車所有に神山政吉あり。八戸現存す。

二九 幡羅郡玉井村(熊谷市) 玉井神社万延二年寄進に神山兵左衛門あり。

三〇 同郡男沼村(妻沼町) 字神山あり、土豪神山氏屋敷地なり。高橋条参照。男沼村誌に「貞享以前よりの家、神山八郎兵衛・神山新五兵衛。貞享元年以後新たに出来た家、神山藤左衛門。明治四年人別改、神山喜一郎・神山新五郎・神山八重蔵」と見ゆ。三戸現存す。

三一 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間神山兵右衛門」と見ゆ。六戸現存す。

三二 同郡出来島村(妻沼町) 出来島村誌に「天明元年、神山市右衛門・七反八畝。文政十年、百姓代神山熊蔵。文政十二年、百姓代神山市左衛門」と見ゆ。十戸現存す。

三三 榛沢郡伊勢方村(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国岡部村伊勢方・神山由蔵・神山嘉七郎あり。四戸現存す。

三四 同郡矢島村(深谷市) 戸森村より移り住し、備前渠の堰番を務む。明治三十六年備前渠碑に大寄村神山喜三次。大寄村会議員神山宗次・明治二十四年生あり。一戸現存す。

三五 児玉郡本庄町 明治三十五年飲食店神山定五郎あり。

三六 同郡金屋村(児玉町) 旧家あり。六戸現存す。

三七 秩父郡白久村(荒川村) 三峰神社史料集に「文化年中諸事日記、猪鼻・神山佐衛門」と見ゆ。現存無し。

三八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「平方町(上尾市)・神山宏平・二十四円・二十一円、志木町・神山貞太郎・百四十八円・七十六円、川越市・神山幾之助・百二十八円・九十八円、芳野村(川越市)・神山万吉・十円、飯能町・神山いく・三十円・六十七円、加治村(飯能市)・神山常吉・二十八円、福田村(滑川町)・神山熊蔵・十三円、忍町・神山為吉・十二円・三十六円、熊谷町・神山美与次・十円・二十八円、男沼村(妻沼町)・神山友次郎・十一円、本庄町・神山喜惣治・十八円」あり。

加美山 カミヤマ 入間、所沢、三芳、志木、戸田、蕨、川口、北川辺、熊谷に存す。宮城県登米郡豊里町三十戸あり。

神家満 カミヤマ 浦和、鴻巣等に存す。

神吉 カミヨシ 浦和に存す。カンキ参照。

上吉原 カミヨシハラ 川越、深谷、妻沼、岩槻、春日部、越谷、上尾、大宮等に存す。栃木県今市市六十戸あり。

上四元 カミヨモト 入間に存す。

上領 カミリョウ 川越、毛呂山等に存す。

上輪 カミワ 忍城士にて、成田分限帳に「十五貫文・上輪主馬(一本に平馬)」あり。

上脇 カミワキ 上福岡、大井、和光、北本、蓮田、白岡等に存す。

神脇 カミワキ 幸手、川口、朝霞に存す。

上早稲 カミワセ 岩槻に存す。

上和田 カミワダ 三郷、大宮、与野等に存す。群馬県高崎市十二戸あり。

上和野 カミワノ 岩手県岩手郡雫石町十三戸あり。

加無木 カムキ 所沢に存す。

嘉無木 カムキ 与野に存す。

加村 カムラ 足立郡加村(大宮市)は上加村、下加村に分村す。今の日進町附近なり。上加村東光寺は、上会下村雲祥寺明徳五年雲版銘に武州賀村県医王山東光禅寺と見ゆ。永禄八年太田道誉書状に「高麗豊後守に足立郡加村御本領を安堵す」と見ゆ。岩手県宮古市十六戸、島根県簸川郡大社町九戸、出雲市十一戸あり。

一 埼玉郡小林村(菖蒲町) 妙福寺天保二年題目講に加村利兵衛・加村弥市・加村市右衛門。加村政男家安政四年題目講に加村仙次郎・加村吉平・加村久八・加村長右衛門・加村彦兵衛。西ノ谷村久伊豆社慶応二年御嶽碑に小林村・加村久八。明治九年副戸長加村利兵衛・天保七年生。菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に小林・加村仙太郎・加村吉五郎。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流小林村加村吉五郎。当村明治二十六年聖徳太子塔に加村豊吉・加村吉五郎・加村善次郎・加村幸次郎・加村仙太郎。明治三十年所得税下調査簿に小林村加村竹次郎(小林村長、明治元年生)・反別八町二反歩・地租七十円、加村長兵衛・反別五町歩・地租八十円あり。十四戸現存す。嘉村条参照。

二 同郡新堀村(菖蒲町) 南蔵院嘉永二年妙義碑に加村六右衛門あり。無し。

三 同郡下高柳村(加須市) 八坂社明治二十六年碑に加村伊八あり。一戸存す。

四 足立郡寺谷村鴻巣市) 当村吉田氏由緒書に「箕田郷之内・新田百姓五人有之候処開発被仰付、慶長年中御縄を受、村名寺谷と号、新田百姓五人は加村・千代田・飛田・中島・森田也」と。稲荷社慶応二年幟碑に加村房吉・加村新吉、明治十六年御神燈に加村清助・加村仁平治。明治四年名主加村伊平治・三十八歳あり。九戸現存す。

五 横見郡江川新田(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に江川・加村栄蔵。明治九年江和井村副戸長加村勘衛・天保元年生あり。二戸現存す。

六 熊谷町 明治三十五年鍛冶職加村勘吉あり。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「箕田村(鴻巣市)・加村伊兵衛・十九円、加村新兵衛・十三円、小林村(菖蒲町)・加村福太郎・八十四円、加村健之進・十八円、忍町・加村新吉・二十二円・六十七円」あり。

賀村 カムラ 蕨に存す。

嘉村 カムラ 新潟県五泉市六戸あり。

一 埼玉郡小林村(菖蒲町) 当村明治二十六年聖徳太子碑に嘉村常吉あり。二戸現存す。加村条参照。

香村 カムラ 越谷、宮代等に存す。

鹿村 カムラ 大井に存す。

加室 カムロ 浦和、川口等に存す。

鹿室 カムロ 埼玉郡鹿室村(岩槻市)。

亀 カメ 埼玉郡小見村(行田市)は亀之庄を唱ふ。亀開、亀甲条参照。大宮、北本、新座等に存す。

甕 カメ 葛飾郡茂田井村は、古の甕村なりと云う。モダイ条参照。

亀有 カメアリ 桶川に存す。

亀井 カメイ 比企郡亀井庄あり、東松山市及び鳩山町嵐山町の一部に及ぶ。また、入間郡下奥富村字亀井(狭山市)に亀井神社あり、風土記稿に「小名亀井は民家十四軒集り住せり、北条役帳に三田弾正少弼が領地川越すじ亀井郷とのせたるは、すなわち此のところなるべし」と見ゆ。大里郡相上村字亀井あり。〇群馬県新田郡笠懸町十戸、新田町三十戸、勢多郡東村十四戸、佐波郡赤堀町三十四戸、桐生市四十五戸、太田市七十戸、伊勢崎市七十五戸、前橋市百二十戸。〇栃木県足利市五十六戸、宇都宮市百十戸。〇神奈川県伊勢原市七十八戸。〇山梨県北都留郡小菅村十五戸、北巨摩郡武川村十一戸。〇宮城県本吉郡津山町四十四戸、登米郡南方町三十戸、石巻市五十戸。〇岩手県胆沢郡胆沢町三十五戸。〇山形県東村山郡中山町十一戸、東田川郡朝日村十戸、鶴岡市三十四戸。〇鳥取県八頭郡郡家町十二戸、米子市三十三戸あり。源義経の家臣亀井六郎重清の後裔に附会する者多く見ゆ。

一 忍城士の亀井氏 成田分限帳に「二十五貫文・亀井越前、十六貫文・亀井数度右衛門」あり。

二 松山城士の亀井氏 御堂村浄蓮寺過去帳に「妙泉・亀井・十一月。祐賢・亀井四郎左衛門・天文十三年二月。道与・亀井二郎四郎・天文十三年正月。道印・亀井七郎太郎・弘治二年十一月」。天正庚寅松山合戦図に「御本陣・使者・亀井二衛門」あり。重臣なり。

三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「三十三俵・亀井与惣左衛門」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「老中与力・五十石・亀井弥惣衛」あり。

五 葛飾郡徳島村三郷市) 稲荷社文化七年庚申塔に徳島村亀井新右衛門。松戸市樋野口大乗院文政六年庚申塔に樋口徳島講中・亀井新五郎あり。三戸現存す。

六 同郡佐間村(栗橋町) 定福院寛延三年供養塔に亀井彦右衛門あり。無し。

七 埼玉郡埼玉村(行田市) 前玉神社宝暦十年常燈明に亀井喜右門あり。無し。

八 足立郡浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・亀井勝二・所得税二十五円」。

九 同郡中尾村(浦和市) 風土記稿大間木村条に「氷川社別当三光院・本山派修験中尾村玉林院配下なり。笈一つあり、亀井六郎奥州下向の時背負し物なりと云、亀井が所持なせしと云はいかゞあらんか、されど近村中尾村の内にも六郎が屋敷跡などいへる所ありと云は、此辺に六郎がゆかりありしことなるべし」と見ゆ。大間木村及び隣村の中尾村に亀井氏は無し。

一〇 同郡鴻巣町 明治三十五年理髪師亀井加藤次あり。

一一 同郡下生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄附帳に亀井長兵衛あり。現存無し。

一二 同郡三ツ木村(鴻巣市) 箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に三ツ木・亀井亀三郎あり。現存無し。

一三 入間郡大久保村(富士見市) 南畑村沿革史に「大久保村の新井氏は、口碑には伊勢国の住人亀井新左衛門なるもの来り、此の地に寓居帰農し、世を忍び新井と改める」と見ゆ。

一四 同郡長瀬村(毛呂山町) 毛呂山町史に「江戸初期に亀井丹波守が一族と共に相州鎌倉より、この地に土着し長瀬村を開拓す。其の子三右衛門(名主となり世襲して明治に至る)―六郎右衛門―佐五右衛門―重兵衛―重右衛門―兵助―重右衛門―勇次郎―勘之助―重右衛門―謙次郎」と。江戸末期からは年番交代となり亀井仲次郎・亀井長十郎などが名主を務める。当村文政二年馬頭尊に亀井兵助。明治五年名主亀井長十郎。明治九年副戸長亀井長十郎・天保十一年生。明治二十二年毛呂村会議員絹織物業亀井直太郎。四十年同議員亀井卯助。明治四十年多摩郡御嶽講社に亀井忠太郎・亀井延助・亀井吟次・亀井仲次郎・亀井良八。明治四十二年武蔵絹織物同業組合発起人に生絹製造業亀井豊吉あり。十二戸現存す。

一五 比企郡松山領平村東松山市) 熊野社天保十二年御神燈に亀井茂八。明治九年副戸長亀井是光・弘化三年生。羽尾村明治二十七年毛受重徴筆子碑に東平・亀井恒助。明治三十二年不動産業務合資会社発起人亀井是光・出資額二千円、発起人亀井六三郎・出資額千円。松山町箭弓神社碑に松本町亀井是光。覚性寺明治三十七年碑に亀井弁三あり。九戸現存す。

一六 同郡小川町 明治三十五年飲食店亀井茂十郎あり。

一七 同郡角山村(小川町) 明治四年岩田文書に亀井留五郎あり。三戸現存す。

一八 横見郡大串村(吉見町) 登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に大串村亀井熊蔵あり。八戸現存す。

一九 幡羅郡葛和田村妻沼町) 大野村弘化三年御嶽碑に当所亀井会吉・本村亀井文之助。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講亀井藤三あり。大野村に一戸現存す。

二〇 同郡弁財村(妻沼町) 薬王寺享保十八年供養塔に亀井吉衛門あり。一戸現存す。

二一 同郡明戸村(深谷市) 大里郡神社誌に「明戸村の諏訪神社は、慶長十六年上野国高岡村の人、田村外記・亀井宇丹なるもの信濃国より奉授して、此の地に移住し来って祠を建てたりと云ふ」と見ゆ。一戸現存す。

二二 榛沢郡深谷町 原郷楡山神社明治四十二年碑に深谷町亀井仙三郎(米穀商)あり。

二三 男衾郡本田村(川本町) 風土記稿本田村条に「薬師堂は、親王家の枝属下向ありし時、真下・亀井・近藤・築地などいへる者共、従ひて当所に移れり」と見ゆ。現存無し。真下条参照。

二四 同郡小園村(寄居町) 明治十年石田文書に亀井七郎。用土村明治十三年仙元碑に小園村・亀井礼助・亀井与惣治・亀井伊三郎あり。一戸現存す。

二五 秩父郡本野上村長瀞町) 明治三十五年小間物商尾張屋亀井虎吉あり。現存無し。

亀居 カメイ 入間郡亀窪村字亀居あり。北本、鳩ヶ谷等に存す。

亀石 カメイシ 所沢、越谷、大宮に存す。

亀岩 カメイワ 福島県相馬市六戸あり。

亀浦 カメウラ 熊谷、草加等に存す。

亀江 カメエ 入間、春日部、浦和に存す。

亀尾 カメオ 比企郡角泉村字亀尾、上八林村字亀尾あり、カメノオと註す。川越、妻沼、越谷、鴻巣、与野等に存す。鳥取県西伯郡西伯町二十六戸、米子市三十六戸あり。

亀岡 カメオカ 群馬県太田市十六戸、栃木県足利市二十七戸、福島県伊達郡桑折町四十五戸、保原町十一戸、福島市八十戸あり。

一 岩附城士の亀岡氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、亀岡伊勢守殿」と。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・百五十俵七人扶持・越前勝山取立・亀岡三平」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・五十石・亀岡源之進」あり。

三 葛飾郡並塚村杉戸町) 旧家あり。四戸現存す。

甕岡 カメオカ 越谷に存す。山形県東置賜郡高畠町五戸あり。

亀沖 カメオキ 宮代に存す。

亀海 カメガイ 青森県西津軽郡木造町八戸あり。

亀貝 カメガイ 三芳、白岡等に存す。新潟市二十五戸あり。

亀ヶ沢 カメガサワ 越谷、上尾等に存す。岩手県宮古市十六戸あり。

亀形 カメガタ 川越、川口等に存す。

亀ヶ谷 カメガヤ 入間郡亀ヶ谷村(所沢市)あり。川越、坂戸、所沢、日高、大井、春日部、越谷、宮代、浦和、大宮等に存す。

亀川 カメガワ 各市町村に存す。宮城県登米郡南方町六戸、青森県西津軽郡岩崎村十一戸あり。

亀久保 カメクボ 入間郡亀久保村(大井町)あり、亀窪とも記す。

亀倉 カメクラ 所沢、新座、蕨、秩父、春日部、草加、川口、蕨、浦和、鴻巣、伊奈等に存す。栃木県真岡市十四戸、新潟県西蒲原郡吉田町二十戸あり。

亀子 カメコ 久喜、白岡、吉川等に存す。長野県木曽郡木曽福島町九戸、日義村七戸あり。

亀甲 カメコウ 和光に存す。キコウ参照。

亀在家 カメザイケ 足立郡大戸村字亀在家(与野市)は古の村名なて、風土記稿に「小名亀在家は元禄の国図及び郷帳に載せたれば、其頃は一村に立しものなるべし、其後いつの頃よりか当村に属して今は村名をいはず」と見ゆ。

亀坂 カメサカ 大井、加須、草加に存す。

亀崎 カメザキ 各市町村に存す。茨城県水海道市三十戸、千葉県山武郡九十九里町二十三戸あり。

亀作 カメサク 越谷、草加等に存す。

亀里 カメザト 群馬県山田郡大間々町十二戸あり。

一 川越町 明治三十五年繰物商亀里銀次郎あり。

亀沢 カメザワ 各市町村に存す。島根県隠岐郡西ノ島町十二戸あり。

一 埼玉郡大沢町(越谷市) 川口宿善光寺慶応元年碑に日光道中大沢町亀沢甚兵衛あり。

二 熊谷宿 石上寺嘉永二年庚申塔に亀沢儀兵衛あり。

亀澤 カメザワ 上福岡、鶴ヶ島、上尾等に存す。

亀下 カメシタ 戸田に存す。

亀島 カメジマ 狭山、鶴ヶ島、所沢、朝霞、草加、浦和、大宮、川口等に存す。

亀嶋 カメジマ 上福岡に存す。

亀尻 カメジリ 幡羅郡三ヶ尻村は甕尻ともかけりと云ふ。小名亀尻は、葛飾郡広島村、河原代村、埼玉郡下早見村、川口村、足立郡浦和領別所村、白幡村、比企郡北園部村等にあり。カメノシリとも称す。

亀代 カメシロ 川越に存す。

亀田 カメダ 小名亀田は、葛飾郡下川崎村、千塚村、足立郡小山村、善兵衛新田、文蔵村、芝村、入間郡上南畑村等にあり。〇群馬県館林市三十七戸。〇栃木県河内郡上河内町三十戸、河内町十六戸、塩谷郡高根沢町二十四戸、芳賀郡二宮町四十戸、安蘇郡葛生町十五戸、田沼町七十五戸、足利市百十戸、佐野市百十戸、宇都宮市百三十戸。〇茨城県行方郡北浦町十三戸、猿島郡総和町十五戸。〇千葉県安房郡丸山町二十二戸。〇山梨県都留市四十五戸。〇福島県相馬郡小高町四十三戸。〇青森県上北郡野辺地町五十戸、東津軽郡平内町四十戸。〇秋田県鹿角郡小坂町四十戸あり。

一 忍城士の亀田氏 成田分限帳に「二十四貫文・亀田丹波、十五貫文・亀田内膳、十貫文・亀田市之助」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「御鷹餌差・四両二人扶持・亀田津右衛門」あり。

三 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年染物商亀田栄吉あり。

四 入間郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に亀田亀吉あり。

五 同郡四日市場村(坂戸市) 多摩郡高尾山薬王院寛政十二年文書に入間郡四日市場村亀田儀兵衛あり。七戸存す。

六 幡羅郡葛和田村妻沼町) 大野村弘化三年御嶽碑に本村・亀田新五郎・亀田儀右衛門。神明宮嘉永六年水鉢に当所亀田関五郎あり。現存無し。

七 同郡奈良村(熊谷市) 旧家あり。上奈良村に四戸、中奈良村に六戸現存す。

八 児玉郡小島村(本庄市) 当村に此氏多く存す。本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・児玉郡尾島村亀田岩太郎・亀田八百八・亀田寅吉・亀田小七・亀田弁蔵。唐鈴神社明治三十八年御神燈に亀田駒太郎あり。

九 雑載 昭和三年興信録に「増林村(越谷市)・亀田亀一・所得税七十三円」あり。

瓶田 カメダ 浦和、川口等に存す。

亀高 カメタカ 入間、鷲宮、菖蒲、上尾、大宮等に存す。

亀滝 カメタキ 出雲市十八戸あり。

亀谷 カメタニ 埼玉郡下早見村字亀谷、与兵衛新田字亀谷あり。

一 埼玉郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺宝永七年阿弥陀如来に当村亀谷長四郎あり。現存無し。

二 同郡飯塚村(岩槻市) 旧家あり。カメタニ氏三戸、カメヤ氏一戸現存す。

亀地 カメチ 川越、越谷等に存す。島根県益田市十四戸あり。

亀津 カメツ 入間、朝霞等に存す。

亀塚 カメヅカ 比企郡奈良梨村字亀塚あり。大利根、上尾等に存す。

亀永 カメナガ 川越に存す。

亀梨 カメナシ 大井、蕨、川口等に存す。宮城県柴田郡大河原町七戸、岩手県水沢市八戸あり。

亀野 カメノ 越谷に存す。

亀野河 カメノカワ 忍城士にて、成田分限帳に「十八貫文・亀野河右馬之助」あり。

亀之園 カメノゾノ 川越、大宮等に存す。

亀原 カメハラ 入間郡砂村字亀原あり。所沢、富士見、三芳、大宮等に存す。

亀淵 カメブチ 桶川に存す。

亀間 カメマ 草加に存す。

亀村 カメムラ 川越、鶴ヶ島、所沢、行田、熊谷、川本、桶川、浦和、川口等に存す。

亀本 カメモト 川越、狭山、所沢、深谷、八潮、川口等に存す。青森県八戸市十四戸、鳥取県東伯郡東伯町八戸あり。

亀森 カメモリ 富士見、本庄、岡部、北本、上尾、戸田等に存す。

亀矢 カメヤ 茨城県岩井市六戸あり。

亀谷 カメヤ 各市町村に存す。茨城県岩井市七戸、宮城県本吉郡唐桑町三十戸、島根県隠岐郡西ノ島町八戸あり。カメタニ参照。

亀屋 カメヤ 東松山、朝霞、志木、浦和、大宮等に存す。新潟県上越市七戸。

一 秩父町 秩父神社日鑑に「享和二年、熊木村亀屋太右衛門」あり。屋号か。

亀安 カメヤス 越谷、八潮等に存す。

亀山 カメヤマ 〇群馬県邑楽郡邑楽町十一戸、千代田町二十五戸、館林市二十七戸。〇栃木県安蘇郡葛生町三十五戸、田沼町百九十戸、佐野市百三十戸、足利市百戸。〇茨城県東茨城郡茨城町三十戸、大洗町二十戸、鹿島郡旭村二十九戸。〇長野県木曽郡南木曽町十三戸。〇新潟県中蒲原郡村松町二十四戸、亀田町二十九戸、西蒲原郡巻町二十八戸。〇宮城県桃生郡河北町十五戸、鳴瀬町二十四戸、矢本町十八戸、牡鹿郡牡鹿町十八戸、石巻市二百三十戸。〇青森県西津軽郡稲垣村十三戸。〇秋田県北秋田郡鷹巣町三十三戸。〇島根県大原郡木次町十三戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・亀山佐五右衛門」あり。

二 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「平席之分・亀山幸次郎」。

三 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百石・亀山弥六」あり。

四 埼玉郡蒲生村(越谷市) 清蔵院宝暦十年廻国塔に亀山庄右門あり。二戸現存す。

五 高麗郡飯能町 明治十四年に亀山熊太郎あり。

六 比企郡毛塚村(東松山市) 明治十五年建具職亀山辰五郎あり。一戸現存す。

七 同郡鳥羽井村(川島町) 当村嘉永三年庚申塔に亀山増五郎。鳥羽井新田文久二年馬頭尊に鳥羽井両村・亀山清吉・亀山伊勢五郎あり。三戸現存す。

八 榛沢郡伊勢方村(深谷市) 明治十一年副戸長亀山浅次郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国岡部村伊勢方・亀山重郎次あり。三戸現存す。

九 那賀郡広木村(美里町) 明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流広木村亀山仙弥。ミカ神社明治四十一年碑に当所亀山熊吉・亀山国松あり。二戸現存す。

一〇 浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・亀山文之助・所得税十六円」あり。

亀若 カメワカ 与野に存す。

亀和田 カメワダ 大宮、朝霞、志木等に存す。宇都宮市六十戸あり。

亀割 カメワリ 杉戸、桶川等に存す。長野県下伊那郡下條村十一戸あり。

鴨 カモ 埼玉郡琴寄村字鴨新田、榛沢郡宮戸村字鴨河原あり。入間、坂戸、草加、八潮等に存す。福島県いわき市四十戸あり。

加毛 カモ 所沢に存す。

加茂 カモ 新潟県岩船郡山北町九戸、北蒲原郡中条町十二戸、宮城県柴田郡大河原町二十戸、柴田町百戸あり。

一 埼玉郡下村君村(羽生市) 鷲宮社嘉永六年御神燈に鴨卯七あり。加茂氏一戸現存す。

二 同郡北篠崎村(加須市) 当村明和六年地蔵尊に北篠崎村八町耕地・加茂甚兵衛。熊野社天保十五年狛犬に加茂甚兵衛あり。二戸現存す。

賀茂 カモ 草加、浦和等に存す。

嘉茂 カモ 狭山、大宮、新座等に存す。

鴨井 カモイ 各市町村に存す。長野県上水内郡信濃町五戸、新潟県西蒲原郡分水町二十四戸、中頚城郡板倉町十二戸、妙高高原町二十二戸あり。

鴨居 カモイ 入間、坂戸、飯能、熊谷、深谷、岩槻、川口等に存す。新潟県中頚城郡中郷村十四戸あり。

鴨池 カモイケ 新座に存す。

蒲生 ガモウ 埼玉郡蒲生村(越谷市)あり。〇長野県東筑摩郡波田町十九戸。〇福島県田村郡滝根町四十三戸、いわき市十六戸。〇岩手県陸前高田市十二戸。〇山形県長井市八十戸。〇島根県(出雲国)簸川郡大社町十一戸、能義郡広瀬町十五戸あり。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「七千石・蒲生源左衛門」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「御城代与力・五十石・蒲生藤衛」あり。

三 鴻巣宿 鴻神社明治十五年御神燈に蒲生官之助。同年旅宿蒲生泰助あり。

鴨打 カモウチ 春日部、大宮、与野、川口等に存す。

鴨狩 カモガリ 越谷、草加、八潮、大宮、桶川等に存す。山梨県南巨摩郡身延町十戸あり。

鴨川 カモガワ 足立郡に鴨川あり、上尾市、大宮市を経て古荒川に合流す。各市町村に存す。茨城県東茨城郡茨城町八戸、大洗町二十戸、那珂郡那珂町十一戸、鹿島郡波崎町四十戸、ひたちなか市三十戸あり。

蒲川 カモガワ 所沢に存す。

加茂川 カモガワ 富士見、本庄、幸手、北本、和光等に存す。茨城県東茨城郡茨城町六戸、新潟県中頚城郡柿崎町八戸あり。

鴨木 カモギ 島根県(出雲国)能義郡広瀬町十八戸あり。

鴨崎 カモザキ 所沢、三芳、和光、浦和等に存す。

鴨作 カモサク 千葉県銚子市十戸あり。

鴨沢 カモザワ 上尾に存す。岩手県花巻市十六戸、青森県八戸市十五戸あり。

鴨澤 カモザワ 浦和に存す。

鴨重 カモシゲ 上尾に存す。

鴨下 カモシタ 東京都小金井市百八十戸、茨城県行方郡麻生町十四戸、新潟県柏崎市二十三戸あり。

一 川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 慶安元年伊佐沼村検地帳に川越藩家臣加茂下助右衛門あり。分限帳に見えず。地方役人にて、川越取立か。

二 多摩郡下小金井村 風土記稿に「村民勘左衛門、八郎兵衛両人は土地草創よりの民にて、加茂下を以て氏とせり。今に至って子孫繁延して同氏凡六十軒に及べり」と見ゆ。今は鴨下なり。高麗及び入間地方の氏と同族にて古代以来の土着者であろう。

三 熊谷町 明治三十五年糸商鴨下伴次郎あり。

四 川越町 富豪にて代々町年寄を務る。多濃武の雁に「町方草分之者として加茂下与一右衛門、次原新兵衛、鈴木弥兵衛の三人の名が見へ、かつては同様の者が二十八軒あったが、大方断絶して、今この三人のみになった」と見ゆ。行伝寺過去帳に「妙弟・カモ下ムスメ」あり、江戸初期なり。三芳野名勝図会に「寛文十二年、河越城下に於て連歌あり、加茂下吉政は歌を読む」。元禄十一年川越市街屋敷社寺記に「町年寄加茂下与一右衛門・十七石九斗四升余・持高居屋敷諸役引之」。町郷分名主御役古記(水村文書)に「元禄十一年、町年寄加茂下与一右衛門。明和八年、町年寄加茂下与一右衛門。文久元年、町年寄加茂下小平次。明治二年、町年寄加茂下小平次」。藩御用達となる、文化四年川越藩松平大和守役付に「五人扶持・町年寄加茂下小平次」と見ゆ。鴨下氏二戸現存す。

五 高麗郡原市場村(飯能市) 中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に原市場村加茂下浦太郎。下赤工村笹畑明治二十七年馬頭尊に原市場村鴨下力蔵あり。鴨下氏二戸現存す。

六 同郡下赤工村(飯能市) 明治九年戸長鴨下善三郎・文化十一年生あり。七戸現存す。

七 秩父郡北川村飯能市) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に我野北川村鴨下仁三郎。字日影指安永三年馬頭尊に北川村之内岩井沢・鴨下杢之助あり。十戸現存す。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税に「南高麗村(飯能市)・鴨下芳文・九円、吾野村(飯能市)・鴨下忠三郎・二十円」あり。

加茂下 カモシタ 前条参照。

一 蕨宿 本法院享保十二年板碑に鴨下伊兵衛。明治四年蕨宿商用判鑑帳に鴨下平右衛門。明治三十五年織物製造業加茂下嘉一郎・仲買商加茂下定八あり。加茂下氏二戸現存す。

二 秩父郡贄川村(荒川村) 国神神社明治三十四年碑に贄川・加茂下藤作あり。二戸現存す。

鴨志田 カモシタ 各市町村に存す。〇茨城県久慈郡金砂郷町六十戸、大子町五十戸、那珂郡大宮町十九戸、那珂町五十戸、東海村十六戸、東茨城郡大洗町十六戸、ひたちなか市百八十戸、日立市百五十戸。〇神奈川県海老名市本郷二十九戸あり。

一 足立郡上谷新田(鴻巣市) 浅間社明治十六年碑に上谷村新田・鴨志田庄太郎あり。現存無し。

鴨島 カモシマ 春日部に存す。

鴨角 カモズミ 所沢に存す。

鴨田 カモダ 入間郡鴨田村(川越市)あり、川越中院寛文五年文書に加毛田・一乗院と見ゆ。〇群馬県伊勢崎市十七戸。〇福島県伊達郡国見町二十戸。〇山形県東村山郡中山町七戸、西村山郡大江町十二戸、寒河江市十八戸。〇秋田県山本郡琴丘町九戸あり。

テキスト ボックス: カモダ           カモダ             カモダ      一 入間郡鴨田衆 鴨田村の土豪衆にて、本名長沢氏等なり。川越行伝寺過去帳に「道円・鴨田衆庭玄ヲヂ・申年七月。道孝・鴨田・申年七月。妙養・鴨田衆・亥年四月。道円・鴨田ノ神四郎・己巳年五月。蓮想・鴨田兵庫・寅年二月。源信・鴨田・辰年五月。受清・鴨田左近・酉年四月。正円・大膳子。行俊・大膳殿・午年四月。法正・大膳子・酉年七月。道胤・鴨田ノ大膳・丑年五月。法秀・長沢久右衛門・鴨田衆・甲午年四月。法蓮・鴨田ノ長沢惣八・丙戌年十月。啓運・鴨田ノ兵庫・午年十一月。妙好・鴨田ノ兵庫内・辰年八月。行順・鴨田兵庫・子年十月。妙教・鴨田衆・子年七月。円心・鴨田角右衛門父・卯年八月。正順・長沢・鴨田衆・丑年二月。妙信・鴨田ノ衆・午年九月。妙宥・鴨田庄左衛門妻・辰年八月。妙安・鴨田ノ衆・巳年五月。妙養・鴨田ノ小右衛門息女・甲辰年六月」あり。戦国時代より江戸初期なり。長沢条参照。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御金預り・六石三人扶持・鴨田治右衛門、御用席子供・二人扶持・鴨田鉄太郎」。明治四年に「六石四人扶持・鴨田甚平」あり。

三 葛飾郡幸手町 明治二十一年新道工事寄附者鴨田安太郎。雷電社明治二十四年水鉢に鴨田保太郎、明治三十五年碑に鴨田正吉・鴨田安次郎。同年小間物商鴨田きく・時計銃砲商鴨田栄次郎。昭和三年興信録に「行幸村(幸手市)・鴨田正吉・所得税八十三円」あり。

四 同郡高須賀村(幸手市) 常福寺弘化二年観音碑に鴨田蔵二郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に高須賀村鴨田平次郎あり。四戸現存す。

五 埼玉郡下栢間村(菖蒲町) 風土記稿栢間村条に「古城蹟は鳩井氏の居城なりと云。里人の伝に、鳩井家没落の後は、成田が家人鴨田筑後と云者住せりと云。今子孫村内に在て左次衛門と云り」と見ゆ。当村天明二年庚申塔に下栢間・鴨田久右衛門、寛政十二年庚申塔に鴨田佐右門、嘉永五年庚申塔に鴨田久太郎。諏訪社嘉永三年水鉢に鴨田五兵衛。明治三十年人名録に鴨田初五郎・明治三年生・地租三十円あり。五戸現存す。

六 同郡神戸村(羽生市) 千眼寺伝に「慶長二年、田教院早雲道覚居士・鴨田彦兵衛は当寺を建立す」。神戸社は承応年中に鴨田隼人が再建すと伝ふ。子孫は代々名主を務める。千眼寺江戸末期地蔵尊に鴨田六兵衛・鴨田孝内。慶応四年打毀し番付に神戸村鴨田佐源太。明治九年副戸長鴨田百助・安政四年生あり。六戸現存す。

七 同郡埼玉村(行田市) 野村玉松堂明治元年入門に杉原・勘之丞二男鴨田又市あり。四戸現存す。

八 足立郡南村上尾市) 当村に此氏多く存す。当所明和元年庚申塔に南村新梨講中・鴨田弥太郎・鴨田友右衛門。倉田村明星院文政六年新西国塔に新梨子村鴨田惣五郎。小針神社天保九年水鉢に新梨村鴨田久次郎。明治十四年須田文書に鴨田喜惣治・鴨田吉右衛門・鴨田五郎兵衛・鴨田権左衛門・鴨田音五郎・鴨田倉吉・鴨田由五郎・鴨田茂七・鴨田五兵衛・鴨田春起・鴨田権平・鴨田権治郎・鴨田丈吉あり。南村字新梨子及び上村字新梨子は古の一村なり。

九 同郡上村上尾市) 氷川社明治四十二年碑に鴨田吉五郎・鴨田留吉・鴨田正太郎・鴨田金蔵・鴨田丈吉・鴨田文五郎・鴨田森蔵あり。五戸現存す。

一〇 熊谷町 明治三十五年魚商恵比寿屋鴨田熊次郎。昭和三年興信録に「熊谷町・鴨田熊之助・所得税三十五円・営業税四十四円、鴨田保之助・所得税四十七円」あり。

一一 本庄町 昭和三年興信録に「本庄町・鴨田弥三郎・所得税四十一円」あり。

加茂田 カモダ 朝霞、川口等に存す。

加持 カモチ 所沢、羽生、春日部、越谷、白岡、大宮等に存す。栃木県足利市二十七戸あり。

賀持 カモチ 上尾、桶川、戸田、川口等に存す。

蒲地 カモチ 浦和に存す。

鴨治 カモチ 三郷に存す。

加本 カモト 川越、狭山、越谷、大宮等に存す。島根県(出雲国)大原郡木次町七戸、飯石郡三刀屋町十四戸、松江市十九戸あり。

賀本 カモト 島根県(出雲国)仁多郡仁多町六戸あり。

嘉本 カモト 川越、狭山、鶴ヶ島、川口等に存す。島根県(出雲国)簸川郡斐川町八戸、大原郡加茂町十八戸、木次町十一戸、出雲市九十五戸あり。

神本 カモト 春日部に存す。

鴨野 カモノ 所沢、越谷、草加、騎西、杉戸等に存す。千葉県銚子市十一戸。

一 騎西町 明治三十五年白米商鴨野ミナあり。

加茂野 カモノ 東松山、上尾、浦和等に存す。

加茂宮 カモミヤ 足立郡加茂宮村(大宮市)あり、此地に流れる加茂川(鴨川)あり。風土記稿に「昔より加茂社の建る地なれば、ただちに村名とすと云、此加茂宮の唱へも古きことにや。天正十年記せし成田家人の分限帳に三十六貫文武州加茂宮多門兵衛と載たり」と見ゆ。

鴨林 カモバヤシ 入間、狭山等に存す。

蒲原 カモハラ 入間、川越、鳩山、春日部、越谷、川口等に存す。

加茂部 カモベ 深谷に存す。

鴨宮 カモミヤ 春日部、川口等に存す。

鴨村 カモムラ 大井、志木等に存す。

鴨森沢 カモモリサワ 草加に存す。

加茂谷 カモヤ 所沢、春日部、草加、松伏、大宮等に存す。秋田県山本郡藤里町十六戸あり。

鴨山 カモヤマ 川口に存す。

家守 カモリ 所沢に存す。

加守 カモリ 東松山に存す。

嘉森 カモリ 浦和に存す。

加門 カモン 飯能、大利根、浦和、川口等に存す。新潟県両津市七戸あり。

賀門 カモン 新座に存す。

嘉門 カモン 川越、越谷、上尾等に存す。

掃部 カモン 三芳、志木、伊奈、蓮田、浦和等に存す。岩手県水沢市七戸あり。

加文字 カモンジ 越谷、八潮等に存す。

掃部関 カモンゼキ 狭山、富士見に存す。

嘉門田 カモンダ 榛沢郡田谷村字嘉門田(深谷城跡)あり。鴨の降る田なりと称すが附会にて、秋元掃部曲輪の跡地なり。

伽耶 カヤ 三韓時代の弁韓を、後に伽耶諸国と云い、其後に任那と云われた国である。洛東江流域の伽耶諸国の内の安羅国から出雲へ上陸したアラカヤ族は其の居住地を出雲郷と書いて、アダカヤ(安羅伽耶の訛り)と称した。安羅(あら、あらき)国の渡来地である出雲国宇賀郷唐川(平田市)は約六十戸のほとんどが荒木姓である。アダカヤ(足立伽耶)族は出雲より近江・武蔵へ移住して、其の居住地を足立郡と名付ける。足立条参照。また、アタはウ(鵜)とも称し、ウカヤ族は大和に移り、飛鳥川の上流に居住して栢森と称した。伽羅条参照。

栢 カヤ 上福岡、与野等に存す。

茅 カヤ 狭山、新座、大宮等に存す。神奈川県愛甲郡愛川町十五戸あり。

一 榛沢郡西島村(深谷市) 深谷町会議員茅雄治・明治十九年生あり。現無し。

萱 カヤ 川口に存す。愛川町六戸あり。

加谷 カヤ 坂戸、庄和等に存す。

加屋 カヤ 狭山に存す。

加舎 カヤ 浦和に存す。

一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「百石十人扶持・加舎市兵衛、百五十石・加舎平右衛門、七両五人扶持・加舎三左衛門」あり。

賀谷 カヤ 春日部、上尾、朝霞に存す。

香谷 カヤ 川越に存す。

嘉屋 カヤ 川越、岩槻、浦和に存す。

栢尾 カヤオ 川越、新座、浦和等に存す。千葉県鴨川市十八戸あり。

萱岡 カヤオカ 戸田に存す。

萱方 カヤカタ 入間郡萱方村(坂戸市)あり、平沢村小窪文書に「永禄十一年、入西郡萱方十貫文を領す」と見ゆ。

萱苅 カヤカリ 榛沢郡より秩父郡矢那瀬村に亘り萱苅荘あり。榛沢郡寄居村極楽寺乗円坊永享六年文書に萱苅乗円坊と見ゆ。伽耶国は弁韓で、弁は冠(かん)の意味があり、朝鮮語でカル(苅)と云う。萱苅はカルカヤが正訓なり。秩父志に「苅萱庄、庄社今末野に有、霧神社乃三輪氏之治乎。属村三、矢那瀬、金尾、風布」と。秩父郡誌に萱苅庄矢那瀬村をカルカヤと註す。藤沢村誌(深谷市)に「大谷村は藤田郷萱苅庄と唱ふ」と見え、カルカヤと註す。また、比企郡伊子村(滑川町)は萱苅郷を唱える。秩父郡別所村字萱苅戸あり。弁韓の伽耶人居住地なり。

栢木 カヤキ 伊奈に存す。

榧木 カヤキ 宮城県本吉郡本吉町十戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 秩父郡三沢村安政四年太幡文書に「御賄・栢木藤蔵」、或は「御賄・榧木藤蔵」と見ゆ。横瀬村安政五年加藤文書に秩父御代官榧木本右衛門あり。明治四年忍藩士族名簿に「四石二人扶持・榧木十七三、三両余二人扶持・榧木薫三」。

二 忍町 県会議員忍町大字成田・弁護士榧木寛則・嘉永五年生あり。カヤノキと註す。前項の子孫か。現存無し。

茅窪 カヤクボ 国神神社明治三十四年碑に大淵(皆野町)・茅窪大四郎あり。現存無し。

栢下 カヤシタ 三郷に存す。

茅島 カヤシマ 入間、上福岡、川越、吉見、戸田、川口等に存す。栃木県上都賀郡粟野町九戸あり。

茅嶋 カヤシマ 川口に存す。

茅嶌 カヤシマ 浦和に存す。

萱島 カヤシマ 三芳、新座、大宮、桶川等に存す。

萱嶋 カヤシマ 狭山、朝霞、新座に存す。

栢島 カヤシマ 戸田に存す。

萱田 カヤタ 蕨、大宮等に存す。

加宅田 カヤタ 大宮に存す。

茅谷 カヤタニ 春日部に存す。

萱津 カヤツ 入間、狭山、所沢、与野に存す。長野県上水内郡小川村十戸あり。

萱戸 カヤト 秩父郡御堂村浄蓮寺文書に「萱戸清兵衛へ申渡事」と。現無し。

萱藤 カヤトウ 比企郡下唐子村(東松山市)江森家安永九年馬頭尊に萱藤金左衛門あり。現存無し。萱戸と同じか。

草藤 カヤトウ 金沢文庫に「建治三年十月二十七日、武蔵国算用状、六斗・草藤兵衛尉」と見ゆ。草(くさ)氏か。

茅沼 カヤヌマ 入間郡渋井村字茅沼(川越市)は古の村名にて、久下戸村氷川社文化八年算額に渋井邑茅沼、文久四年馬頭尊に萱沼と見ゆ。川越、飯能、毛呂山、越谷、川口等に存す。

萱沼 カヤヌマ 各市町村に存す。山梨県富士吉田市二百五十戸あり。

栢沼 カヤヌマ 小田原市六十七戸あり。

一 幡羅郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・栢沼四平」と見ゆ。一戸現存す。

茅根 カヤネ 所沢、宮代等に存す。

榧根 カヤネ 日高に存す。

茅野 カヤノ 埼玉郡篠津村字茅野あり。各市町村に存す。千葉県安房郡和田町十九戸、君津市十三戸、鳥取県米子市二十六戸あり。チノ参照。

萱野 カヤノ 横見郡古名村字萱野あり。各市町村に存す。千葉県富津市五十三戸、君津市二十二戸あり。

一 秩父郡野上郷(長瀞町)の萱野氏 秩父志に「野上郷に野上大明神あり、所祭詳かならねども、草野比売命を祭る」。「花熊砦、下野上郷、萱野氏」と見ゆ。当村は萱苅庄矢那瀬村の隣村にて、萱野郷とも称したか。

栢野 カヤノ 草加、上尾、与野、川口、戸田、朝霞等に存す。

榧野 カヤノ 鳥取県境港市四十七戸。

加屋野 カヤノ 蕨、浦和等に存す。

栢之間 カヤノマ 浦和に存す。

茅場 カヤバ 埼玉郡原村字茅場(久喜市)、入間郡所沢村字茅場あり。上福岡、新座、川口、大宮、八潮、草加、行田に存す。茨城県新治郡千代田町三十二戸、東茨城郡美野里町十四戸あり。

一 埼玉郡名村城主(羽生市)の茅場氏 不動院奉納管笛意趣書に「此管笛元初は、当名村城主萱庭源五次郎子息源光斎従慶長二十年寛永元年迄持来云々」。不動明王略縁起に「当寺は越後国上杉謙信公御祈願所也、茅場源五次郎殿を御城主と差置れ候段云々」と見ゆ。また、名村渋井氏家譜に「栢場源五次郎吉家・名村堀之内城主、一子源光斎・越後景虎旗下武州羽生城主木戸伊豆守旗下也、羽生城没落後引取之砌、源光斎盲目故、渋井越前に預け、名村に留置云々」とあり。現存無し。

萱場 カヤバ 榛沢郡萱場村(深谷市)あり。秩父郡長留村字萱株あり、秩父志に「ナガル村、萱場屋敷、長氏」と見ゆ。男衾郡今市村字萱場あり。各市町村に存す。宮城県亘理郡亘理町十一戸、名取市八戸あり。

榧場 カヤバ 坂戸、所沢、東松山、深谷、幸手、杉戸、蕨、川口等に存す。茨城県猿島郡境町十九戸あり。

茅橋 カヤハシ 岩手県岩手郡雫石町九戸あり。

萱橋 カヤハシ 茨城県筑波郡伊奈町八戸あり。

萱畑 カヤハタ 志木に存す。

茅原 カヤハラ 埼玉郡南河原村字茅原あり。坂戸、狭山、春日部、越谷、大宮等に存す。栃木県上都賀郡粟野町八戸、島根県(石見国)鹿足郡六日市町十三戸あり。チハラ参照。

萱原 カヤハラ 岩槻、越谷、草加、新座、浦和、桶川等に存す。栃木県安蘇郡葛生町八戸あり。

栢原 カヤハラ 足立郡川田谷村字栢原(桶川市)は古の村名にてカヤハラと註す。また、柏原村とも記す。

榧原 カヤハラ 和光に存す。

草原 カヤハラ 和名抄に埼玉郡草原郷を載て、加也波良と訓ず。高山寺本(天理大学所蔵)には萱原郷と載て、加夜波良と訓ず。此の地は南河原村字茅原なり。

一 私市党草原氏 南河原村の草原郷より起る。私市氏系図に「家盛(武蔵権守)―家景―則家―則房―成方(武州埼玉郡、同国男衾郡、所々相伝、河原権守と号す)―成直―太郎有直。則家の弟忠家(草原祖)」と見ゆ。

茅房 カヤフサ 坂戸に存す。

加山 カヤマ 長野県飯田市十七戸あり。

一 新座郡白子村(和光市) 当村に此氏多く存す。風土記稿下白子村条に「当村は人家百五十軒にて、村民富沢・柴崎・浪間・新坂・加山等の氏あり、旧家なるべし」と見ゆ。当村明治三年富士講碑に牛房・嘉山利兵衛・嘉山平兵衛・嘉山久蔵・嘉山清蔵・加山市五郎、向新田・嘉山善兵衛・嘉山健次郎・嘉山宇吉。牛房観音寺明治十二年供養塔に加山三千吉・加山初五郎・加山国五郎・加山増太郎・加山栄次郎・加山平兵衛・加山久蔵・加山長次郎・加山八五郎・加山市五郎・加山七蔵・加山政右衛門。明治二十年荒物商加山弥三郎・桶商加山平吉・種商加山勝右衛門・同加山留吉・雑穀商加山清次郎・加山国五郎。昭和三年興信録に「白子村・加山伝三郎・所得税百二十六円」あり。

賀山 カヤマ 埼玉郡今泉村羽生市)長光寺嘉永三年常夜燈に今泉村賀山銀蔵。昭和三年興信録に「井泉村・賀山幸之助・所得税十一円」あり。四戸現存す。

香山 カヤマ 栃木県足利市二十八戸、茨城県水海道市二十戸、長野県上田市三十四戸あり。コウヤマ参照。

一 河越氏族の香山氏 コウヤマ条参照。

二 埼玉郡一ノ割村(春日部市) 円福寺享保四年庚申塔に香山左五右衛門、明和四年庚申塔に香山喜左衛門・香山弥四郎・香山久右衛門・香山源七。香取社嘉永四年狛犬に香山久蔵・香山寅蔵・香山五兵衛、明治二十八年碑に香山貞次郎・香山熊次郎・香山政之助あり。八戸現存す。

家山 カヤマ 狭山に存す。

茅山 カヤマ 春日部に存す。

荷山 カヤマ 与野に存す。足利市九戸。

嘉山 カヤマ 所沢、毛呂山、草加、吉川、庄和、杉戸等に存す。神奈川県横須賀市二百九十戸あり。

鹿山 カヤマ 高麗郡鹿山村(日高市)あり。群馬県太田市七十戸、福島県原町市十九戸あり。シカヤマ参照。

一 入間郡寺井村(川越市) 明治二十九年鉄道請願書に鹿山忠次郎あり。

二 同郡厚川村(坂戸市) 明治九年戸長鹿山登一郎・天保九年生。同家文政七年文書に鹿山又兵衛。明治十五年村会議員鹿山米吉あり。五戸現存す。

三 高麗郡北平沢村(日高市) 字細郷天保六年馬頭尊に鹿山柳次。女影村霞野神社甲源一刀流文久元年奉納に鹿山岩蔵高治。明治十七年平沢村上組・織物製造鹿山長治郎・酒商鹿山伊三吉あり。七戸現存す。

四 比企郡飯島村(川島町) 角泉村弘化二年猪鼻文書に飯島村名主鹿山兵右衛門。明治九年戸長鹿山新二郎・天保十一年生。釘無村明治十九年馬頭尊に飯島村鹿山新二郎あり。七戸現存す。

五 同郡鳥羽井村(川島町) 鳥羽井新田明和四年地蔵尊に鳥羽井村鹿山善兵衛。同村文久二年馬頭尊に鳥羽井両村・鹿山政五郎・鹿山菊五郎・鹿山弥五右衛門・鹿山吉五郎。釘無村明治十九年馬頭尊に下鳥羽井村鹿山弥吉あり。三戸現存す。

六 同郡玉川郷 今宮神社明治四十五年碑に鹿山重蔵・鹿山代次郎・鹿山藤作・鹿山吉太郎あり。九戸現存す。

七 同郡平村都幾川村) 滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に宿組鹿山松五郎あり。現存無し。

八 雑載 昭和三年興信録・所得税に「小見野村(川島町)・鹿山源八・十八円、伊草村(川島町)・鹿山健太郎・十円」あり。

栢間 カヤマ 埼玉郡栢間村(菖蒲町)は萱間とも書き、当村正法院明和六年碑に榧間村と見ゆ。風土記稿に「康暦三年四月十三日、鳩井美濃三郎義景申、買得地武蔵国埼西郡栢間郷内笠原村榑井在家」と見え、鎌倉報国寺文書に「宝徳三年、報国寺塔頭休畊庵寺領、武蔵州埼西郡栢間本郷」と見ゆ。

一 野与党栢間氏 埼玉郡栢間郷より起る。武蔵七党系図に「野与小六郎行基―萱間六郎弘光―季平―太郎季重、弟左衛門季村、其弟左近季直、其弟平内義季―十郎高季(弟余一左衛門助季)―平内左衛門綱季。義季の弟五左衛門入道久季、久季の弟行季―三郎左衛門惟季、行季の弟泰季―二郎左衛門行泰(弟三郎左衛門清季)。季平の弟四郎俊光―経俊」と見ゆ。風土記稿栢間村条に「当国七党の内、野与党の系図に野与小太郎行基の三男を萱間六郎弘光と云ふ。其の子季平、其の男太郎季重を始とし、萱間氏の者数輩見えたり。今栢間と書きて、唱にはカヤマと呼べり。されば文字は違へど、同じく此の地名に依りて唱へしにや。又東鑑にも萱間左衛門次郎季忠、或は栢間左衛門次郎行泰と云ふ人見ゆ。世を以て推すに正嘉頃の人なり。其の内、左衛門次郎行泰は既に七党系図にも見えたれば、栢間の名古きこと疑なし」と。吾妻鑑卷三十二に「嘉禎四年二月十七日、栢間左近将監」。同書及び鎌倉年代記に「仁治二年十二月二十四日、多摩川を掘り通し、其の流を堰き上げ、武蔵野に於いて水田を開くべき事、栢間左衛門尉・多賀谷兵衛尉・恒富兵衛尉等は奉行人なり」と。吾妻鑑卷四十に「建長二年三月一日、栢間左衛門入道」。卷四十八に「正嘉二年正月六日、萱間左衛門二郎」。卷四十九に「正元二年正月十四日、栢間左衛門二郎季忠」。卷五十二に「文永二年正月十二日、栢間左衛門二郎行泰」と見ゆ。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・栢間左衛門入道跡六貫を、京都六条八幡宮の造営役に負担す」と見ゆ。

二 比企郡三保谷宿(川島町) 大塚村諏訪社天保三年御神燈に河岸・栢間太右衛門あり。二戸現存す。

萱間 カヤマ 所沢、春日部、越谷、桶川等に存す。群馬県勢多郡新里村十六戸あり。

萱槙 カヤマキ 文政五年秘書深谷根元録に「本越後春日山城主上杉入道輝虎、其後太閤関白秀吉届幕下、父岩本幸治兵衛季基と号す、此人秀吉公伏見城築時奉其役申候。武州榛沢郡深谷宿萱槙七郎左衛門昌安、九代目同忠治郎義昌識」と見ゆ。榛沢郡上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿萱槙平四郎あり。現存無し。

茅本 カヤモト 三郷に存す。

栢本 カヤモト 坂戸、浦和、川口等に存す。福島県原町市十戸あり。

榧本 カヤモト 川越に存す。鳥取県境港市五戸あり。

加屋本 カヤモト 志木に存す。

茅森 カヤモリ 入間、越谷、浦和、川口等に存す。岩手県久慈市八戸あり。

萱森 カヤモリ 狭山、鶴ヶ島、所沢、吉見、新座、鳩ヶ谷、菖蒲、大宮、越谷等に存す。新潟県新津市二十五戸、加茂市二十一戸、青森県西津軽郡岩崎村九戸あり。

栢森 カヤモリ 岩槻、上尾、大宮、川口、新座、朝霞、戸田等に存す。新潟県新津市六戸、加茂市三十一戸あり。

栢盛 カヤモリ 所沢、小川等に存す。

萱山 カヤヤマ 日高に存す。

榧山 カヤヤマ 藤原秀郷流佐野氏族にて、田原族譜に「佐野左衛門尉実綱(弘安九年没)―戸室七郎四郎親綱―重行―重正―出羽守親久(武州埼玉郡騎西城主)―出羽入道親元―榧山丹後守親次」と見ゆ。戦国時代なり。

栢割 カヤワリ 坂戸に存す。

粥川 カユガワ 狭山、所沢、行田、越谷、春日部、白岡、三郷、吉川、庄和、浦和、大宮等に存す。

粥塚 カユヅカ 福島県いわき市七戸。

家弓 カユミ 富士見、本庄等に存す。

加代 カヨ 春日部に存す。

加用 カヨウ 大宮、川口、朝霞に存す。

加養 カヨウ 入間、熊谷等に存す。千葉県山武郡大網白里町十戸あり。

萱生 カヨウ 狭山、草加等に存す。

香要 カヨウ 男衾郡小江川村字香要。

賀陽 カヨウ 川口に存す。

嘉陽 カヨウ 入間、所沢、大宮、伊奈等に存す。

鹿養 カヨウ 日高、春日部等に存す。

峩洋 ガヨウ 熊谷、越谷、松伏に存す。

勘米良 カヨネラ 和光に存す。正訓不詳。

韓 カラ 三韓時代の馬韓(後の百済)、辰韓(後の新羅)、弁韓(後の伽耶)の韓族居住地を韓国と云う。日本書紀応神天皇七年紀に「高麗人・百済人・任那人・新羅人、そろって来朝した。これらの多数の韓人らを率いて池を造らせた。それで、池を名付けて韓人池(大和国磯城郡唐子村)という」と見ゆ。古事記には新羅人のみを記す。当時、韓人とは韓半島全体の人々を指していた。中世頃まで宮内省に祀ってあった園神、韓神がある。古事記に出雲国に曽の仮の宮とあり、後に杵築の出雲大社となる。曽ノ(園)神は新羅系で、韓神は百済系である。一般に韓国は百済を指す場合が多い。また、韓は漢(かん)とも記し、奈良市漢国町に韓国神社あり、漢国神社とも記す。また、韓は空(から)とも記し、日本書紀神代下に「膂宍(そしし)の空国(むなくに)」。「膂宍の胸副国(むなそふくに)」とある。これは韓国を指す。国造本紀に「胸刺国造、兄多毛比命の児・伊狭知直を国造に定め賜ふ」とあり。胸刺(むなさし)の刺は城(さし)で非農民の集まる都の意味。空国の鍛冶鉱山織物等の職業集団渡来地を胸刺(むさし)と称し、佳字の武蔵を用いる。また、唐(から)はトウと読み、渡来人は佳字の藤を用いて藤原、伊藤、遠藤、加藤、佐藤、斎藤などを称す。河羅(から、かわら)は、河原(かはら、かわら)、甲良(かふら、かはら、こうら)に転訛す。豊前軍記略に香原、豊陽古城記に香春と見え、豊前風土記に「田川郡鹿春郷は昔新羅の国神来りて此に住す、即ち名づけて鹿春神と曰ふ」と。近江国犬上郡甲良郷あり、「今河原荘と云ふ所是なり。甲良・かはらと訓ず」と見ゆ。また、韓羅(かんら)は、菅羅(かんら)、管羅(かんら)、甘羅(かんら)、干羅(かんら)、金羅(かんら)等の佳字を用いる。菅羅は菅野(すがの)、菅原等を称す。管羅はクダラ、ツツラと読み、筒羅木と称す。筒木、都筑は百済系の斎藤と密接な関係を有す。上野国甘羅郡百済荘あり、後に多胡郡となる、多ノ国(百済)の胡(えびす)居住地なり。干羅は星、星野を称し、上野国に安羅国の安部族星野氏が多い。金羅はキンラ、キムラと称し、木村の佳字を用いる。次条及び各条参照。

伽羅 カラ 新羅側では伽耶と称し、日本側では任那と称した。伽羅国は、慶尚南道にあった辰韓と同じ種族の弁韓十二国である。後漢光武帝建武十八年(西暦四十二年)に金姓が王に即位し金官伽羅国と云った。魏志東夷伝に「弁辰彌離彌凍国、弁辰接塗国、弁辰古資彌凍国(小伽耶、古自、古嵯、久嵯とも称す。慶尚南道固城の地)、弁辰古淳是国(古陀伽耶、己呑)、弁辰半路国(星山伽耶、伴跋国、碧珍、加利。慶尚北道星州)、弁辰楽奴国、弁辰彌烏邪馬国、弁辰甘路国(加羅、大加耶。慶尚北道高霊)、弁辰狗邪国(狗邪韓国)、弁辰定漕馬国(卒麻。慶尚南道生林)、弁辰安邪国(安羅、阿羅羅、阿羅伽耶、阿那加耶、阿尸良。慶尚南道咸安)、弁辰瀆盧国(多羅、大良、大耶。慶尚南道陜川)」と十二国の名あり。三国史記の新羅本紀に「真興王二十三年(西暦五百六十二年)九月、加耶叛す。王、之を討つ」と見え、日本書紀欽明天皇二十三年条(西暦五百六十二年)に「新羅、任那の官家を打ち滅す。総ては任那と言ひ、分けると加羅国・安羅国(あら)・斯二岐国(しにき)・多羅国(たら)・古嵯国(こさ)・子他国(こた)・散半下国(さんはんげ)・乞飡国(こちさん)・稔礼国(にむれ)と言ふ。合せて十国なり」と見ゆ。伽羅を新羅では加耶と、日本では任那と言っている。これより前の二年条に「安羅・加羅・卒麻・散半奚・多羅・斯二岐・子他と任那の日本府が百済に行く」と見ゆ。伽羅人は多くは百済人と称す。新羅に滅ぼされた伽羅の人々は大挙日本へ渡来す。安羅は安耶(あや)とも称し、漢人(あやひと)は渡来して綾、綾部を名乗る。また、此の地は三国史記列伝に浦上八国と称す。浦(うら)は古訓でカラ(伽羅)と読む。浦部、卜部、浦和等の浦姓を名乗る。安羅、出雲、宇、大参照。

加来 カライ 岩槻、上尾等に存す。

唐井 カライ 大宮に存す。

唐牛 カラウシ 川越、所沢、大宮に存す。

唐岡 カラオカ 川越に存す。

唐桶 カラオケ 草加に存す。

傘 カラカサ 上尾に存す。

唐笠 カラカサ 川越、春日部等に存す。千葉県山武郡成東町十九戸あり。

唐釜 カラカマ 浦和に存す。

唐鎌 カラカマ 各市町村に存す。千葉県安房郡天津小湊町三十四戸、夷隅郡大多喜町十六戸、長生郡長南町十三戸。

唐紙 カラカミ 葛飾郡赤沼村春日部市)に三戸現存す。

唐亀 カラカメ 浦和に存す。

唐川 カラカワ 狭山、志木、鳩山、行田、浦和、大宮等に存す。青森県東津軽郡今別町十二戸あり。

辛川 カラカワ 入間、鶴ヶ島、日高、川口等に存す。

唐木 カラキ 各市町村に存す。長野県上伊那郡南箕輪村二十戸、宮田村二十戸、伊那市二百八十戸あり。

唐木沢 カラキザワ 入間、所沢等に存す。

唐岸 カラギシ 坂戸に存す。

唐木田 カラキダ 川越、所沢、本庄、小川、吹上、戸田等に存す。長野県上水内郡信州新町十五戸あり。

百木田 カラキダ 坂戸、春日部、越谷、北本等に存す。

柄木田 カラキダ 毛呂山、草加、大宮、蕨、川口等に存す。栃木県塩谷郡氏家町十五戸あり。

唐邦 カラクニ 越谷に存す。

唐倉 カラクラ 横瀬、熊谷等に存す。

唐子 カラコ 子は胡(えびす)の当字で、唐人の居住地を唐子と称す。比企郡唐子村(東松山市)あり。扇町屋村小島氏所蔵の鰐口銘に「明徳五年卯月十五日、熊野三所権現御宝前鰐口一ヶ、武州比企郡唐子郷総徳寺」あり。風土記稿唐子村に総徳寺熊野社は見えず。廃絶したか。滑川、川口等に存す。

一 河越氏族唐子氏 比企郡唐子村より起る。河越氏系図(平氏江戸譜)に「唐子氏は河越氏より出たりと見えて、太平記に河越弾正少弼・同上野介・同唐子十郎左衛門とあり、重輔などの子孫ならん」と。太平記卷三十一に「観応三年、足利方の川越弾正少弼・同じき上野守・同じき唐戸十郎左衛門」あり。

二 秩父郡御堂村浄蓮寺過去帳に「常信・カラ小・施主三左衛門・壬辰年七月」あり。唐子村住人にて、江戸初期なり。

柄越 カラコシ 深谷城士にて、深谷記に「上椙御譜代之目録、柄越与左衛門」と見ゆ。

唐崎 カラザキ 各市町村に存す。

一 埼玉郡上川崎村羽生市) 下川崎村円福寺享和三年地蔵尊に上川崎村唐崎清左衛門あり。一戸現存す。

二 熊谷町 明治三十五年米穀商唐崎房太郎・同商唐崎高次郎・唐崎道太郎あり。三戸現存す。

唐嵜 カラザキ 所沢に存す。

柄崎 カラザキ 忍城士にて、成田分限帳に「五十貫文・柄崎大蔵、二十貫文・柄崎喜内左衛門」あり。一本に柏崎と。

唐沢 カラサワ 榛沢郡(深谷市)に唐沢川あり。同郡柏合村字唐沢、萱場村字空沢、幡羅郡国済寺村字空沢等は唐沢川流域なり。秩父郡中野上村字唐沢(長瀞町)は古の村名にて、野上下郷字杉郷天保十五年御神燈に「杉郷、唐沢、氏子中」と見ゆ。入間郡藤久保村字唐沢、比企郡玉川郷字唐沢、石坂村字唐沢、児玉郡下阿久原村字乾沢、秩父郡白石村字唐沢あり。此氏は上野、信濃両国だけに多く存す。〇群馬県吾妻郡吾妻町二十一戸、中之条町二百二十戸、長野原町二十六戸、東村四十一戸、嬬恋村三十二戸。〇長野県上高井郡小布施町十三戸、小県郡東部町五十四戸、東筑摩郡山形村三十戸、南安曇郡堀金村三十五戸、諏訪郡下諏訪町三十四戸、上伊那郡辰野町六十四戸、飯島町五十八戸、箕輪町四百三十五戸、南箕輪村九十二戸、下伊那郡高森町三十戸、松川町二十五戸、豊丘村四十七戸、伊那市三百八十戸あり。

一 佐野氏族唐沢氏 田原族譜に「佐野左衛門尉実綱(弘安九年没)―戸室親綱―重行―重正―出羽守親久(武州埼玉郡騎西城主)―親元―唐沢市正親晴」と見ゆ。戦国時代の人なり。

二 葛飾郡八丁目村春日部市) 香取社文政十年御神燈に唐沢亀右衛門あり。現存無し。市内に八戸存す。

三 埼玉郡戸川村(加須市) 漢方医唐沢氏あり、初代久左衛門―惣太夫―宗太夫―宗春―宗吉―宗益―宗七(宗右衛門)―学誉(大正六年没)と見ゆ。四戸現存す。

四 入間郡宮寺村(入間市) 字おまん坂元禄十五年供養塔に唐沢清兵衛・唐沢淨蓮あり。二戸現存す。

五 同郡川越宿 行伝寺過去帳に「道喜・カラサワ・未年八月」あり。

六 大宮町 昭和三年興信録に「大宮町・唐沢龍太郎・所得税二十一円」あり。

唐澤 カラサワ 各市町村に存す。

殻沢 カラサワ 埼玉郡阿良川村(加須市)天神社元文三年地蔵尊に殻沢安右衛門あり。現存無し。

柄沢 カラサワ 各市町村に存す。〇群馬県吾妻郡長野原町十戸、嬬恋村八戸、群馬郡榛名町十三戸。〇長野県上水内郡豊野町十九戸、埴科郡坂城町十二戸、北佐久郡北御牧村十四戸、下伊那郡上村十七戸、上田市四十七戸。〇新潟県北蒲原郡水原町十九戸、京ヶ瀬村十五戸、三島郡和島村二十五戸、中魚沼郡川西町二十一戸、南魚沼郡塩沢町十戸あり。

一 賀美郡植竹村(神川町) 用土村明治十三年仙元碑に植竹村唐沢荘三郎。日枝社明治三十一年碑に柄沢庄三郎・柄沢滝治郎あり。現存無し。

二 浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・柄沢千十郎・所得税十二円」あり。

柄澤 カラサワ 各市町村に存す。

樺沢 カラサワ 浦和、大宮等に存す。

唐品 カラシナ 群馬県利根郡川場村四戸あり。

唐島 カラシマ 川越、所沢、八潮、浦和等に存す。

唐嶋 カラシマ 浦和に存す。

辛島 カラシマ 入間、川越、坂戸、越谷、富士見、鷲宮、北本、与野等に存す。

辛嶋 カラシマ 越谷、上尾、朝霞、戸田、蕨、川口等に存す。

柄島 カラシマ 久喜に存す。

烏 カラス 山形県天童市十一戸、東根市六戸あり。

唐須 カラス 三郷に存す。

唐杉 カラスギ 春日部、浦和等に存す。

烏子 カラスコ 金沢氏家臣にて、金沢文庫に「下河辺御庄下方内称名寺々領村々、永仁元年実検目録事。烏子兵衛三郎跡・二十四町八反三十歩」。「元享三年、金沢貞顕代円信は、下河辺荘築地郷(松伏町)の買得地について、家人烏子中務丞利時後家尼妙阿に米納さす。利時子息の烏子中務次郎顕忠、云々」と見ゆ。金沢称名寺の寺役人か。横浜市金沢区に此氏現存無し。

烏田 カラスダ 埼玉郡小作田村字烏子田(からすだ)、高麗郡鯨井村字烏田あり。深谷、桶川等に存す。島根県出雲市八戸あり。

烏谷 カラスダニ 鳩ヶ谷、川口等に存す。

烏野 カラスノ 富士見に存す。

唐住 カラスミ 北本に存す。

烏森 カラスモリ 幡羅郡妻沼村字烏森、西城村字鴉森あり。

烏山 カラスヤマ 所沢、熊谷、羽生、本庄、北本、大宮、幸手等に存す。

烏脇 カラスワキ 浦和に存す。

醎瀬 カラセ 和名抄に比企郡醎瀬郷を載せて、加良世と訓ず。

唐田 カラタ 狭山に存す。

唐竹 カラタケ 高麗郡唐竹村(飯能市)、秩父郡藤倉村字唐竹あり。

殻谷 カラタニ 秩父に存す。

加良谷 カラタニ 浦和に存す。

唐津 カラツ 入間、川越、所沢、日高、春日部、久喜、北川辺、栗橋、川口等に存す。

唐土 カラト 郡岩沢村に唐土社あり、モロクニとも称す。浦和に存す。秋田県山本郡山本町五戸あり。

唐戸 カラト 坂戸、毛呂山、鷲宮、大宮、北本等に存す。

唐渡 カラト 大里郡三ツ木村鎮守に唐渡明神社あり。新座、和光等に存す。

柄戸 カラト 越谷に存す。

唐戸嶋 カラトジマ 大宮に存す。

唐橋 カラハシ 各市町村に存す。栃木県大田原市十八戸、新潟県北蒲原郡笹神村八戸、福島県耶麻郡山都町十七戸、喜多方市三十戸あり。

唐人 カラビト 河越城主大道寺政繁判物に河越城下唐人小路と見ゆ。入間郡鶴馬村字唐人在家あり。

一 榛沢村(岡部町)の唐人 埼玉郡長野村長久寺大般若経奥書に「榛沢唐人助次郎道珍逆修十三回忌之辰、重敒上人求之」と見ゆ。江戸初期に長久寺重敒が児玉郡阿那志村円福寺(美里町)から購入したものである。

唐松 カラマツ 川越、浦和等に存す。

一 舟田氏家臣の唐松氏 新田義貞の執事舟田氏は幡羅郡日向村(妻沼町)の出身なり。新田一門史に「唐松甚九郎は舟田氏の旗本で従軍して、義貞公の御目に止る功績あり。この子孫に多賀谷姓あり」と見ゆ。野与党多賀谷氏の本名に関係あるか。

唐見 カラミ 浦和に存す。トウミ参照。

唐本 カラモト 深谷に存す。

辛山 カラヤマ 寄居に存す。

柄山 カラヤマ 足立郡柄山村伊奈町)は正保年間に河良の村名を柄山に改めると云う。

加覧 カラン 狭山、富士見、春日部、上尾、与野、浦和等に存す。

狩集 カリアツメ 飯能、吉見、行田、熊谷、深谷、川口等に存す。

狩井 カリイ 入間郡成瀬村(越生町)に二戸現存す。和田村石井家手習帳に弘化三年・成瀬村狩井助五郎。見正寺明治初年筆子碑に当村狩井岩治郎。横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治二十七年・越生町狩井岩吉・狩井儀三郎あり。

苅生 カリウ 高麗郡苅生村(飯能市)。

狩浦 カリウラ 三郷に存す。

借浦 カリウラ 風土記稿埼玉郡樋ノ口村(久喜市)条に「名主弥市の先祖岡安兵庫助は北条家に仕へ、小田原没落の後当所に土着し、園部内膳・借浦左近・早川主計・塚田主水といへるものと、此地を開きしと云。此四人の子孫は詳ならず」と見ゆ。現存無し。

苅江 カリエ 報恩寺年譜に「正中二年、入西郡小代郷国延名内苅江村」と見ゆ。比企郡小代村(東松山市)の内なり。

苅尾 カリオ 伊奈に存す。

雁金 カリガネ 熊谷町字雁金あり。東松山、和光、越谷、松伏等に存す。

鳫金 カリガネ 狭山に存す。

鴈金 カリガネ 八潮、草加等に存す。

刈川 カリカワ 春日部に存す。

狩行 カリギョウ 越谷に存す。

苅草 カリクサ 深谷に存す。

カリ倉 カリクラ カリは犭偏に鳥を書く。男衾郡竹沢郷笠原村は正保頃に分村して比企郡に入る。和名抄に男衾郡カリ倉郷を載せる。正倉院宝物に「天平六年十一月、武蔵国男衾郡カリ倉郷笠原里」と見ゆ。(字が入力出来ず申し訳ありません、茂木㊞)。

刈米 カリゴメ 秩父郡横瀬村字刈米は古の村名なり。三郷、川口等に存す。

刈込 カリゴメ 所沢、朝霞、浦和等に存す。千葉県富津市三十戸、君津市二十八戸あり。

苅米 カリゴメ 富士見、志木等に存す。千葉県夷隅郡大多喜町十一戸、市原市三十四戸あり。カリマイ参照。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・七石二人扶持・亡父郡右衛門・苅米久之丞・二十三歳」あり。

苅込 カリゴメ 所沢、春日部、杉戸、鳩ヶ谷、上尾、鴻巣等に存す。千葉県君津市四十戸、木更津市三十戸、鴨川市三十六戸あり。

苅沢 カリサワ 富士見に存す。

苅澤 カリサワ 朝霞に存す。

仮沢 カリサワ 新潟県新井市十一戸。

雁沢 カリサワ 横見郡和名村字雁沢。

苅敷山 カリシキヤマ 岩手県九戸郡軽米町九戸あり。

苅宿 カリジュク 春日部に存す。岩手県岩手郡岩手町十五戸あり。

仮宿 カリジュク 熊谷に存す。

刈田 カリタ 各市町村に存す。新潟県見附市十八戸、岩手県和賀郡湯田町七戸あり。

苅田 カリタ 各市町村に存す。青森県八戸市十戸、島根県(出雲国)大原郡大東町三十三戸あり。

一 武蔵国中条氏流苅田氏 磐城国刈田郡より起る。和名抄には刈田郡を葛太と註す。正訓はカッタなり。小野氏系図に「成尋(号中条義勝法橋)―義季(号苅田、平右衛門尉、三郎左衛門尉、和田義盛為子、氏改平)―義行―泰義―弥二郎盛義、泰義の弟五郎左衛門尉行景―右衛門尉行盛。義行の弟小田治五郎左衛門尉義春―左衛門五郎政義―孫五郎宗義。義春の弟和金七郎左衛門尉時季―左衛門五郎長義―彦五郎。時季の妹荏柄尼西妙(苅田式部殿母)、其妹霊山尼(奥州禅門祖母)、其妹由利尼(加藤七郎兵衛太郎後家)」と見ゆ。吾妻鑑元久二年六月二十二日条に「中条藤右衛門尉家長・同刈田平右衛門尉義季」。卷二十六に「苅田左衛門三郎義行」と見ゆ。小田島条参照。

仮田 カリタ 入間に存す。

仮戸 カリト 岩槻に存す。

狩戸 カリト 長野県木曽郡日義村七戸。

仮名 カリナ 草加、浦和等に存す。

苅野 カリノ 浦和に存す。

狩野 カリノ 各市町村に存す。〇群馬県勢多郡赤城村十六戸。〇茨城県新治郡霞ヶ浦町二十四戸。〇宮城県桃生郡河北町五十四戸、玉造郡鳴子町二十八戸、栗原郡築館町三十五戸、一迫町百二十戸、花山村三十戸、石巻市四十戸。〇山形市六十八戸。〇島根県(出雲国)大原郡大東町四十四戸、飯石郡三刀屋町十四戸、簸川郡斐川町十二戸、八束郡宍道町六十戸、松江市七十戸あり。カノ、カノウ条参照。

假野 カリノ 川口に存す。

苅場 カリバ 賀美郡勅使河原村字勝場は古の村名にて、寛文三年文書に賀美郡苅場村と見ゆ。苅場の正訓はカツバなり。岩槻に存す。

狩場 カリバ 大宮に存す。

雁畑 カリハタ 越谷に存す。

刈部 カリベ 川越、朝霞、戸田、川口、浦和、上尾、白岡、杉戸、小川等に存す。茨城県真壁郡真壁町十四戸あり。

苅部 カリベ 各市町村に存す。

雁部 カリベ 草加、川口等に存す。

刈間 カリマ 川口に存す。長野県東筑摩郡麻績村十一戸あり。

刈米 カリマイ 川口に存す。千葉県市原市十三戸あり。カリゴメ参照。

苅米 カリマイ 狭山、幸手等に存す。

苅間沢 カリマサワ 岩手県九戸郡山形村十四戸あり。

狩俣 カリマタ 所沢、三芳、上里、越谷、春日部、大宮、桶川、北本等に存す。

雁俣 カリマタ 越谷、浦和等に存す。

狩森 カリモリ 川越、日高等に存す。

刈谷 カリヤ 各市町村に存す。新潟県北蒲原郡豊浦町十三戸、見附市二十六戸、三条市二十三戸、岩手県気仙郡三陸町二十二戸、秋田県鹿角市十九戸あり。

刈屋 カリヤ 川越、坂戸、狭山、三芳、東松山、越谷、上尾、川口等に存す。新潟県南蒲原郡下田村三十六戸、岩手県下閉伊郡新里村二十戸、宮古市五十戸あり。

苅谷 カリヤ 各市町村に存す。茨城県つくば市二十二戸、岩手県九戸郡軽米町十六戸あり。

苅屋 カリヤ 狭山に存す。

狩谷 カリヤ 茨城県東茨城郡美野里町二十四戸、新治郡玉里村十五戸、石岡市三十戸、新潟県新津市二十四戸あり。

一 新座郡片山村(新座市) 志木町敷島社明治五年鳥帽子磐碑に片山辻村狩谷甚之助。明治十五年片山村学区会議員に旧堀之内村狩谷南右衛門。明治四十四年東上鉄道株主堀之内狩谷源蔵・千株所有。昭和三年興信録に「片山村・狩谷源四郎・所得税二十一円」あり。堀之内村に六戸現存す。

仮谷 カリヤ 浦和、戸田、蕨、新座等に存す。

仮屋 カリヤ 各市町村に存す。

仮家 カリヤ 川口に存す。

雁谷 カリヤ 富士見に存す。

假谷 カリヤ 桶川、川口等に存す。

假屋 カリヤ 草加に存す。

仮屋崎 カリヤザキ 川越、三郷等に存す。

刈安 カリヤス 三郷に存す。

仮屋園 カリヤゾノ 川越、狭山、越谷、三郷等に存す。

苅宿 カリヤド 幸手、川口等に存す。福島県相馬市六戸あり。

仮宿 カリヤド 比企郡今宿村字仮宿(かりじゅく)、児玉郡宮内村字仮宿あり。

借宿 カリヤド 高麗郡長沢村(飯能市)の借宿神社懸仏に「永正十二年二月吉辰、借宿大明神、願主道久、武州高麗郡我野郷之内長沢村」と銘あり。

刈谷戸 カリヤド 入間郡勝楽寺村字刈谷戸(所沢市)あり。隣村は宮寺村字縄竹(入間市)なり。神田文書に「暦応二年、寄進、宮寺阿弥陀寺。武蔵国入東郡縄竹村並び借屋土」と。風土記稿勝楽寺村条に「小名カリヤト、地頭糟谷新三郎と云もの慶長十九年五月までここに住せり、其後地頭小林権平も亦ここに住せしが後江戸へ移れりと云、よりてかく呼べり」と見ゆ。地頭の借ノ宿(陣屋)と称すは附会なり。

芟藪 カリヤブ 東松山、浦和等に存す。

狩山 カリヤマ 浦和に存す。

雁行 カリユキ 本庄に存す。

苅和 カリワ 飯能、上尾、浦和、川口等に存す。長野県下高井郡野沢温泉村七戸あり。

軽 カル 弁韓の弁は冠で、朝鮮語でカルと云う。大和国高市郡軽村は、弁韓(伽羅国)の軽族の渡来地なり。

軽井 カルイ 与野に存す。

軽石 カルイシ 川越、所沢、羽生、八潮、浦和等に存す。岩手県北上市四十四戸あり。

軽海 カルウミ 富士見、朝霞等に存す。

軽木 カルキ 富士見、越谷等に存す。

刈米 カルコメ 所沢に存す。

軽込 カルコメ 上福岡、川越、岩槻、春日部、与野、川口等に存す。千葉県安房郡三芳村八戸、勝浦市九戸あり。

軽崎 カルザキ 坂戸に存す。

軽沢 カルサワ 川越に存す。

苅羽 カルバ 所沢に存す。

刈部 カルベ 春日部、吉川、大宮、川口等に存す。カリベ参照。

苅部 カルベ 三郷、宮代、上尾、浦和、朝霞、戸田、川口等に存す。栃木県芳賀郡二宮町十五戸あり。カリベ参照。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「七十石・苅部久右衛門」あり。

軽辺 カルベ 茨城県北相馬郡守谷町九戸あり。

軽部 カルベ 允恭天皇の皇子木梨之軽太子の御名代部にて、古事記に「木梨之軽太子の御名代と為して、軽部を定む」と見ゆ。軽太子は大和国高市郡軽村より名付く。諸国の軽部は軽族を以って此の御名代部に組込ませたのであろう。カル条参照。埼玉郡下須戸村字カルベ(行田市)あり、軽部の居住地か。〇栃木県塩谷郡喜連川町二十五戸、下都賀郡壬生町十九戸、芳賀郡市貝町十五戸。〇茨城県西茨城郡岩瀬町三十戸、北相馬郡藤代町十三戸、結城郡石下町十九戸、つくば市六十戸。〇山形県西村山郡河北町五十戸、寒河江市百十五戸あり。

一 武蔵国造族軽部直 和名抄に下総国海上郡軽部郷あり、此地の軽部の管理者を軽部直と云う。古代氏族系譜集成に「兄多毛比命(武蔵国造)の弟忍立毛比命(上海上国造)―五十狭茅宿祢(上海上国造)―久都伎直(下海上国造、軽部直の祖)」と見ゆ。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百七十石・軽部半左衛門」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・軽部鍛吉、同高・軽部義言」。明治十二年松山製糸会社発起人・前橋藩松山町士族軽部義言あり。義言の子孫昌雄は東京都目黒区に現存す。

加留部 カルベ 浦和に存す。

軽米 カルマイ 大宮、川口等に存す。青森県三戸郡五戸町十戸、八戸市二十戸あり。

軽見 カルミ 草加に存す。

軽海 カルミ 志木に存す。

枯芝 カレシバ 深谷に存す。

加呂 カロ 吉川に存す。

家路 カロ 蓮田に存す。

家老 カロウ 大宮、桶川等に存す。新潟県長岡市二十一戸あり。

唐牛 カロウシ 川越、狭山、鶴ヶ島、深谷、上尾、川口、春日部等に存す。青森県南津軽郡浪岡町二十二戸、藤崎町三十六戸、弘前市三十八戸あり。

川 カワ 朝鮮語のナリで、非農民の商工業者の集まる所を云う、すなわち都の意味がある。埼玉郡川上村熊谷市)は鍛冶居住地より名付く。其の隣村は成田村で古代熊谷郷にて、荒脛族の王都があった所である。川上、熊谷条参照。坂戸、幸手、浦和、与野、川口等に存す。

河 カワ 入間、朝霞、深谷、大宮、蕨、川口等に存す。

側 カワ 鶴ヶ島、川越等に存す。

川合 カワアイ 所沢、志木、新座、和光、川口、浦和、大宮等に存す。山形県南陽市二十六戸あり。カワイ参照。

河合 カワアイ 大宮、与野、鳩ヶ谷等に存す。カワイ参照。

川畔 カワアゼ 所沢、新座等に存す。

川合 カワイ 〇長野県木曽郡大桑村十戸。〇新潟県西頚城郡能生町二十戸、糸魚川市二十六戸、上越市三十五戸。〇山形県上山市六十八戸、南陽市三十戸、山形市九十戸あり。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百四十石・川合長左衛門」あり。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十六俵・川合五右衛門」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御馬廻・川俣番・百石・川合小右衛門(本家川合三郎右衛門)・住口宇都宮、御馬廻・十人扶持・川合守・住口大阪」。明治四年忍藩士族名簿に「十人扶持・川合勇太郎、六石余二人扶持・河合宗三郎」あり。河井条参照。

四 埼玉郡下中条村行田市) 酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下中条村川合繁右衛門あり。

五 新座郡膝折村(朝霞市) 県会議員川合保・昭和六年生あり。

六 入間郡所沢町 明治三十五年材木商河合金太郎・米穀商河合金次郎・車製造業河合一作。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人川合金次郎・五十株所有あり。川井条参照。

七 同郡小室村(川越市) 明治九年戸長川合半蔵・天保五年生。氷川社明治四十一年水鉢に川合金六あり。

八 比企郡松山町 明治三十五年薬種店今屋川合意太郎・酒商川井善助・川井新吉あり。

九 雑載 昭和三年興信録に「日進村(大宮市)・川合徳三郎・所得税二十八円、所沢町・川合金次郎・所得税百八十二円・営業税六十五円」あり。

川井 カワイ 〇群馬県桐生市五十戸。〇茨城県久慈郡大子町二十戸、東茨城郡内原町十八戸、西茨城郡友部町七十五戸、新治郡八郷町三十五戸。〇長野県北佐久郡望月町四十戸。〇新潟県小千谷市四十七戸。〇福島県耶麻郡磐梯町十戸、南会津郡田島町十二戸。〇青森県三戸郡福地村三十八戸、青森市五十戸。〇山形県東置賜郡高畠町十戸、西置賜郡白鷹町十八戸、東田川郡余目町二十八戸、南陽市五十五戸。〇島根県安来市三十二戸あり。

一 忍城士の川井氏 成田分限帳に「二百石・川井三郎四郎」あり。

二 金崎氏族川井氏 秩父郡金崎村(皆野町)に金崎殿跡あり。郡村誌に川井三郎光儀墓と載す。ここは根岸山の館跡にて、一に河合とも記す。川井氏は在名金崎氏の本名か。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「八石・川井津太夫」あり。

四 葛飾郡彦倉村三郷市) 延命院天明三年控帳に川井喜兵衛あり。

五 同郡才羽村(杉戸町) 香取社明和七年水鉢に川井八郎右衛門。松源寺文化十一年庚申塔に川井善太郎、文化十二年天満宮碑に川井友吉。明治三十年人名録に川井弥七・慶応元年生・地租二十五円あり。

六 埼玉郡加須町 明治三十五年足袋商川井永松。昭和三年興信録に「加須町・川井三平・所得税三百四十四円・営業税百四十円」あり。

七 同郡南大桑村加須市) 旧家川井氏は文政頃迄に房州里見氏文書を二十八通所蔵していたと云う。出稼衆にて里見氏家臣か。現存無し。

八 同郡下高柳村(加須市) 八坂社明治二十六年碑に川井春吉あり。

九 足立郡草加宿 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿川井吉右衛門、文久三年碑に草加駅梶屋久蔵。市神祠官筆学門人控に文久三年・長張・音右衛門孫川井初五郎。明治六年草加宿川井久蔵。明治三十五年荒物問屋梶屋川井新蔵あり。

一〇 同郡立野村(草加市) 浄龍寺天保六年供養塔に川井源治郎・川井勝右衛門・川井甚八あり。

一一 同郡向山村(上尾市) 稲荷社安政四年幟碑に当所川井平作。明治四年清酒醸造業川井平右衛門。明治九年副戸長川井平作・天保十年生あり。

一二 同郡明用村(吹上町) 観音寺延享五年庚申塔に川井利右衛門あり。

一三 入間郡所沢町 久米村長久寺万延元年宝篋印塔に所沢・川井利兵衛あり。

一四 同郡北入曽村(狭山市) 南入曽村入間野神社明治四十年碑に入間村川井米吉あり。当村住人か。

一五 比企郡増尾村(小川町) 寄居村極楽寺元治二年碑に比企郡増尾村講中・河井小太郎あり。川井氏一戸存す。

一六 横見郡北吉見村 昭和三年興信録に「北吉見村・川井国蔵・所得税二百五十一円・営業税六十七円」あり。

一七 榛沢郡深谷宿 上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿川井銀次郎あり。

一八 賀美郡長浜村(上里町) 字久保安政□年庚申塔に当村川井定吉あり。

川居 カワイ 狭山、三郷、戸田に存す。

河合 カワイ 〇群馬県利根郡新治村三十九戸。〇茨城県東茨城郡内原町二十二戸。〇長野県下伊那郡阿智村二十四戸、木曽郡山口村八戸、上田市二十七戸、茅野市二十三戸。〇新潟県西蒲原郡吉田町三十五戸、三島郡寺泊町二十八戸。〇山形市四十五戸あり。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百七十五石・河合弥次右衛門」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両二人扶持・河合流次郎」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「二十石四人扶持・河合吉聯」あり。

四 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十人扶持・河合新右衛門女房、五両二人扶持・河合兵助」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「六両二人扶持・河合玄三」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に「小役人・三石二人扶持・河合利作」あり。

七 葛飾郡保村吉川市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に保村河合庄吉教好あり。

八 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年下駄商河合稲吉あり。

九 同郡久下村加須市) 明治三十五年酒造業山屋河合助次郎あり。

一〇 足立郡深作村(大宮市) 地頭森川助兵衛家臣の河合家は屋号御代官と呼れる。氷川社嘉永五年水鉢に河合清助、明治三十九年碑に河合仙太郎あり。

一一 入間郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に河合清五郎・河合音吉。昭和三年興信録に「川越市・河合正臣・所得税十二円」あり。

一二 同郡伊佐沼村(川越市) 八ツ島御嶽社明治十九年碑に伊佐沼村河合藤五郎あり。

一三 同郡入間川町(狭山市) 昭和三年興信録に「入間川町・河合英夫・所得税十四円」あり。

河井 カワイ 栃木県矢板市十戸、長野県飯田市十三戸。出雲市二十二戸あり。

一 鉢形城士の河井氏 寄居村正龍寺文書に「八月二十三日、就今度籠城、前後見届其上手碎、無比類之仕合、神妙候也、河井惣右衛門尉殿、秀信花押(代官黒沢氏か)」と見ゆ。河井氏は針ヶ谷村住人か。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十七俵・河井孫右衛門」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「表坊主・一両余二人扶持・河井貞也」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・河井計、四石余二人扶持・河井優蔵、二両余二人扶持・河井貞弥」あり。川合条参照。

四 埼玉郡粕壁町 元新宿八幡社天保四年水鉢に河井伝右衛門・河井七郎兵衛あり。

五 同郡増富村春日部市) 増長村安政二年供養塔に増富村川井曽右衛門。香取社明治二十九年碑に河井仙松・河井タツ・河井宇藤次あり。

六 同郡忍町 昭和三年興信録に「忍町・河井清之助・所得税八十四円・営業税八十四円」あり。

七 足立郡花栗村草加市) 稲荷社文政七年供養塔に河井乙右衛門あり。

八 同郡鴻巣町 明治三十年に本一町鍛冶屋河井常吉・同所河井鎌吉あり。

九 高麗郡上広瀬村(狭山市) 明治五年田畑名寄帳に河井澮、根山組河井藤十郎。信立寺明治十四年筆子碑に上郷・川井藤十郎・川井太市郎・川井弁次郎。明治二十七年地租調査に川井瀞・川井弁次郎。根岸村水富神社明治四十三年碑に水富村河井藤吉あり。

一〇 比企郡平沢村(嵐山町) 広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑に平サワ・河井由五郎あり。

一一 榛沢郡針ヶ谷村(岡部町) 当村に此氏多く存す。用土村明治十三年仙元碑に針ヶ谷村河井定吉あり。一項参照。

一二 同郡今泉村岡部町) 明治九年副戸長河井藤三郎・嘉永二年生。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流今泉村河井定吉・河井孫次郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国本郷村今泉・河井峯治郎・河合孫治郎・河井寅吉・河井広吉あり。

一三 本庄町 明治三十五年糸繭商河井鍋吉あり。

河相 カワイ 坂戸、鶴ヶ島、三郷、浦和、大宮、川口等に存す。

河飯 カワイ 戸田に存す。

川池 カワイケ 上福岡、狭山、朝霞、新座、和光、川口、大宮等に存す。

河池 カワイケ 上福岡に存す。

川石 カワイシ 越谷に存す。

川井田 カワイダ 入間、川越、狭山、所沢、三郷、上尾、鴻巣等に存す。

川出 カワイデ 富士見、上尾等に存す。宇都宮市十三戸あり。カワデ参照。

川入 カワイリ 埼玉郡馬内村に川入明神社、同郡外野村鎮守に河入権現社あり。同郡大越村字川入、秩父郡日尾村字川入あり。

川生 カワウ 川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に「十七俵二人扶持・川生貞次郎、十三俵二人扶持・川生鏡太郎」あり。

川植 カワウエ 久喜、大宮、和光に存す。

河上 カワウエ 上尾に存す。

川内 カワウチ 各市町村に存す。新潟県村上市四十九戸、新津市二十七戸、青森県東津軽郡蓬田村十四戸、青森市二十戸あり。カワチ、コウチ参照。

河内 カワウチ 〇群馬県邑楽郡大泉町十九戸、新田郡新田町十六戸、桐生市三十五戸、太田市三十四戸。〇栃木県足利市百六十戸。〇新潟県岩船郡神林村十一戸、関川村五十一戸、北蒲原郡中条町八十四戸、南蒲原郡中之島町二十二戸、三島郡三島町三十一戸。〇福島県郡山市三十戸あり。カワチ、コウチ参照。

一 岩附城士の河内氏 新田金山伝記に「天正十一年五月二十日、小此木和泉守繁光は由良氏配下にて、南方合戦の際、岩槻旗本河内丹後守を討ち取る」と見ゆ。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「吟味役・二百石・河内武太夫、御近習・七両三人扶持・河内治左衛門」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御者頭・百石・河内度外」あり。

四 埼玉郡稲子村(羽生市) 光明院延宝八年地蔵尊に河内仁兵衛あり。

五 足立郡石神村川口市) 真乗院弘化三年普門品に当所河内幾蔵あり。

六 同郡草加宿 市神祠官門人控に元治二年・川内屋久次郎倅河内喜久三郎、明治四年・同人次男川内吉之助。明治六年草加宿飲食店河内又右衛門あり。

七 川越町 三芳野神社明治四十年碑に多賀町河内城太郎。昭和三年興信録に「川越市・河内利吉・所得税十三円・営業税二十一円」あり。

八 秩父郡大宮町 明治三十五年建具屋河内常吉あり。

九 同郡久長村(吉田町) 明治二十年森林組合員久長村河内幸覚あり。

川内谷 カワウチヤ 久喜に存す。

川浦 カワウラ 群馬県群馬郡箕郷町六十五戸、長野県上水内郡鬼無里村十六戸、戸隠村十三戸あり。

一 賀美郡五明村(上里町) 当村に此氏多く存す。当所万延元年庚申塔に川浦忠吉。信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ五明村・川浦幸吉・川浦惣二郎・川浦竹松。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流柔術五明村川浦幹蔵(菅原神社碑に川浦酒造蔵)。御嶽社明治四十一年碑に川浦保五郎・川浦国五郎・川浦浪吉・川浦米太郎・川浦啓次郎・川浦幸吉・川浦百蔵・川浦周平あり。

川江 カワエ 草加、三郷、八潮、蓮田、鳩ヶ谷等に存す。川上条参照。

河江 カワエ 富士見、岩槻、杉戸に存す。

川栄 カワエイ 行田、蓮田等に存す。

川枝 カワエダ 川口に存す。

川尾 カワオ 春日部、上尾等に存す。

川岡 カワオカ 所沢、三芳、新座、三郷、川口等に存す。島根県(出雲国)八束郡島根町九戸あり。

河岡 カワオカ 川越、朝霞、大宮、鷲宮、久喜、春日部等に存す。鳥取県境港市五戸あり。

河奥 カワオク 蓮田に存す。

川音 カワオト 行田、熊谷、岩槻、越谷、桶川、戸田、和光、川口等に存す。福島県石川郡浅川町三十一戸あり。

川面 カワオモ 和光に存す。

河替 カワカエ 所沢に存す。

川方 カワカタ 浦和に存す。

河方 カワカタ 川越、大井等に存す。

川勝 カワカツ 各市町村に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「七百石・川勝弥右衛門」あり。

川角 カワカド 入間郡川角村(毛呂山町)は市場村と一村にて、市場村慶長十七年検地帳に入西郡川門の内九日市場と見ゆ。カワスミ参照。

河角 カワカド 所沢に存す。

川上 カワカミ 河原、川江(かわのへ)、川辺(かわのへ)等に同じ意味なり。日本書紀斉明天皇五年条に「川上、此には箇播羅(かはら)と云ふ」と。伊与国宇摩郡川江村は、愛媛面影に「川上は、もとは川の上と称へたるか、今も俗に川江を川のうへといふものあり」と見ゆ。川、河とは、朝鮮語のナリで、鍛冶・鉱山・石工・木工、織物等の商工業者の集まる所を称し、都の意味がある。古事記神代卷に「天安河の河上の天堅石を取り、天金山の鉄を取りて、鍛人天津麻羅を求め、而して伊斯許理度売命に科せて鏡を作らしむ」と。天(あま)は朝鮮、安(やす)は安羅国(あらのくに、後の百済)、河は都、河上は産鉄地或は鍛冶集団の意味。日本書紀神代上には「伊奘冉尊云々、天安河辺(あまのやすのかはら)」とある。日本書紀垂仁天皇条に「鍛(かぬち)・名は河上をして、太刀一千口を作らしむ」と。垂仁天皇の皇子印色入日子命し和泉国鳥取河上宮に坐して、其地の川上族を御名代部に定める。古事記に「印色入日子命は鳥取の河上宮に坐しまして、横刀一千口を作らしめ、是れを石上神宮に奉納せらる。即ち其の宮に坐して、河上部を定め給ふ」と見ゆ。是等の川上族は紀元前に武蔵国埼玉郡川上村熊谷市)に渡来し、鍛冶・石工・土木技術をもって大規模な溜井を作り、水田稲作を行っていた。近年、上川上村の県営スポーツ文化公園造成地より二千年前の弥生中期の堰及び水田跡が出土し、数十戸の住居跡が発見されており、江戸時代寛政期の八十戸とさほど変らない集落であった。鍛冶集団川上族の造成した溜井は弥生時代より修繕されながら近世まで利用されて来た。風土記稿上川上村条に「村内の溜井を設けて用水となせり、下川上・上中条・南河原・大塚・中江袋・等の村々もこの溜井を引て用水とせり」と見ゆ。隣村に成田村があり、古代の熊谷郷で荒脛族の安部族集団の熊谷族が居住していた。安羅国の渡来人集団を安部族と称し、阿部の阿はクマとも称し、其の居住地を熊谷(くまがい)と名付けた。ガイは集落の意味。此地は荒脛王の都で埼玉稲荷山古墳の大彦王を祖神とする安部氏の出身地であり、鍛冶及び水利権で財を成し古墳を造営した。アベ、アラハバキ、熊谷条参照。川上氏は、下野、常陸、信濃、越後及び山陰地方の産鉄地に多く存す。〇群馬県邑楽郡大泉町二十五戸、千代田町三十戸。〇栃木県那須郡黒羽町十七戸、西那須野町十七戸、小川町六十五戸、烏山町五十戸、南那須町十六戸、芳賀郡市貝町二十戸、茂木町二十四戸、安蘇郡葛生町三十五戸。〇茨城県久慈郡水府村四十戸、那珂郡緒川村十四戸、那珂町二十五戸、東海村五十五戸、東茨城郡茨城町二十四戸、大洗町百戸、西茨城郡友部町三十戸、稲敷郡阿見町二十戸、日立市百四十戸、ひたちなか市百七十戸。〇千葉県安房郡千倉町三十七戸、丸山町三十戸、印旛郡白井町六十五戸、鴨川市百十戸。〇長野県上高井郡小布施町十七戸、南佐久郡川上村十八戸、東筑摩郡波田町二十五戸、山形村十二戸、南安曇郡豊科町十八戸、穂高町二十一戸、安曇村二十二戸、梓川村三十三戸、松本市百八十戸、塩尻市百戸、大町市百六戸。〇新潟県北蒲原郡笹神村二十八戸、中蒲原郡村松町十六戸、西蒲原郡吉田町二十六戸、南蒲原郡下田村十七戸、古志郡山古志村二十七戸、佐渡郡金井町二十六戸、小千谷市百十戸、長岡市二百七十戸。〇青森県下北郡東通村二十三戸。〇山形県西置賜郡小国町二十戸。〇秋田県南秋田郡飯田川町十五戸、昭和町三十四戸、河辺郡河辺町二十戸。〇島根県(石見国)大田市百二十八戸、(出雲国)簸川郡多伎町三十四戸、大社町九十戸、八束郡鹿島町三十六戸、東出雲町二十二戸、松江市百二十五戸、出雲市二百三十戸。〇鳥取県(伯耆国)日野郡日野町二十三戸、江府町六十四戸、東伯郡東伯町三十三戸、赤碕町二十二戸、米子市七十四戸、(因幡国)岩美郡国府町三十戸、鳥取市百十戸あり。

一 横山党河上氏 武蔵武士(渡辺世祐・八代国治著)に「横山資隆―横山経兼、弟成田成任、其弟箱田三郎、其弟奈良四郎、其弟田谷忠兼、其弟河上六郎、其弟玉井資遠。田谷忠兼の弟に河上六郎あり、其子河上三郎は義朝に従て保元の乱に忠を尽せり」と見ゆ。後三年役の河上六郎の子に保元乱の三郎と記すは年代合わず。此の系図は信用出来ず。尚、小野氏系図には「資隆(八幡殿長元元年十月於相模国柳下生給之時、資隆御引目之役仕)―経兼(八幡殿奥州貞任責給時、承先陣)、弟に小沢野五郎忠兼、野三大夫成任、野七資遠」と見え、河上六郎等の兄弟の名は載せず。

二 成田氏族川上氏 保元物語に「源氏勢沙汰、武蔵には河上三郎、別府次郎、云々」と。別本保元物語に「義朝に相随う手勢の者共は、武蔵国には成田太郎、箱田ノ次郎、川上太郎、別府ノ次郎、奈良ノ三郎、玉井ノ四郎、等宗とのもの共二百五十余騎にて馳向ふ」と。風土記稿上川上村条に「当村之川上三郎住せし地なりと伝ふ。三郎は保元物語にも見へて武蔵の人と云り」と見ゆ。

三 忍城士の川上氏 成田分限帳に「十八貫文・川上久左衛門、十三貫文・川上雅楽」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国信濃生国同・川上七郎右衛門・二十九歳」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「四十二俵・川上文蔵」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・七石二人扶持・川上祝蔵・六十二歳、御勘定人・同高・亡養父栄助・川上幸太郎・二十六歳、御勘定並・四石余二人扶持・川上善左衛門・五十八歳」あり。

七 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・川上長太夫」あり。

八 葛飾郡小谷堀村三郷市) 長養寺文化十二年庚申塔に当村川上定右衛門。稲荷社嘉永七年水鉢に川上忠五郎。明治九年副戸長川上定右衛門・文政九年生あり。現存無し。

九 同郡前間村(三郷市) 最勝寺天保三年庚申塔に川上完治郎・当村川上寅松あり。現存無し。

一〇 同郡三輪野江村(吉川市) 定勝寺寛文九年鐘銘に「檀那宮野井村川上三郎兵衛勝政、施主妙秀霊尼平本定勝姉川上氏妻、施主宮野井村隊頭川上七左衛門」あり。当寺開基平本氏の娘を妻とする土豪なり。二戸現存す。

一一 同郡新宿新田(庄和町) 天満宮文政五年碑に新宿新田・川上長左衛門あり。三戸現存す。

一二 同郡銚子口村(春日部市) 香取社文化十四年碑に川上清治郎。鈎上村神明社元治元年碑に丁子口・川上彦兵衛。明治七年百姓総代川上彦兵衛。明治十三年村議員に川上岡右衛門・川上彦四郎あり。五戸現存す。

一三 同郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に川上久七あり。無し。

一四 同郡堤根村(杉戸町) 慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に堤根倉久・川上千代松あり。四戸現存す。

一五 同郡広島村(栗橋町) 幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に広島・川上吉右衛門あり。五戸現存す。

一六 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に川上酉蔵。明治三十五年書籍店荻島屋川上源吾右衛門あり。此氏は越谷市内に多く存す。安部族会田氏と共に渡来土着するか。会田(あへだ)は安部田(あへだ)の佳字にて、田はダラのラ(羅)の意味で国、村、集落を云う。太田条参考にせよ。

一七 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「中宿川上九右衛門、元和以後落居之者寛文四年死去、川上党之本家なり、俗に孫左衛門屋敷と唱、其子孫髪結孫次郎也と。川上茂左衛門は元禄宝永之間川上孫左衛門分家之者之由、宝暦中弟茂右衛門年寄も相勤申候。下組百姓太平次は川上茂左衛門分地天明年中より百姓に成。元禄八年検地、川上九右衛門屋敷。明和五年帳面表、川上茂右衛門・川上茂左衛門」と見ゆ。香取社寛政元年御神燈に川上弥左衛門・川上次郎左衛門。明治三十五年菓子商川上あか・竹皮商川上与四郎あり。

一八 同郡七左衛門村(越谷市) 観照院宝暦十四年庚申塔に河上八左衛門・河上八兵衛・河上清右衛門・河上茂兵衛・河上林右衛門、明治四年普門品に川上八左衛門。越巻村薬師堂元治元年筆子碑に四ツ谷・川上伊助。明治三十年人名録に川上林右衛門・天保元年生・地租八十三円、川上源吾・慶応二年生・地租六十五円、川上長太郎・安政二年生あり。川上氏六戸、河上氏十四戸現存す。

一九 同郡越巻村(越谷市) 当村は七左衛門村の枝郷なり。丸之内講中に明和三年・当番川上四郎左衛門あり。

二〇 同郡川崎村越谷市) 川崎神社弘化二年供養塔に川上孫七あり。無し。

二一 同郡大間野村(越谷市) 三社大神社天明三年水鉢に川上銀右衛門あり。河上氏四戸現存す。

二二 同郡大吉村(越谷市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大吉村川上永二郎あり。六戸現存す。

二三 同郡向畑村(越谷市) 香取社安政二年御神燈に川上兵右衛門、明治四十年碑に川上平八・川上貞次郎・川上喜代松・川上駒次郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡向畑・川上兼次郎あり。八戸現存す。

二四 同郡大杉村(越谷市) 明治八年騎西町釜屋文書に酒造人川上五之助(玉之助の書誤か)。明治九年副戸長川上玉之助・文化元年生あり。七戸現存す。

二五 同郡荻島村(越谷市) 明治九年副戸長川上次郎右衛門・天保五年生。明治三十年所得税下調査簿に荻島村川上田鶴之助・反別十二町四反歩・地租百三十円、荻島村川上道太郎・慶応二年生・反別九町四反歩・地租百十円あり。十一戸現存す。

二六 同郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に川上彦兵衛。八坂社文政十一年庚申塔に川上彦兵衛あり。

二七 同郡大枝村(春日部市) 明治三十年人名録に川上喜八・明治六年生・地租五十円あり。十一戸現存す。

二八 同郡百間中島村宮代町) 惣新田村正福院天保九年真言塔に道仏・川上又七。明治三十年人名録に小学校長川上定之丞・明治四年生あり。二戸存す。

二九 足立郡戸塚村川口市) 西光院安永六年宝篋印塔に当寺惣檀那川上又兵衛、文政十三年庚申塔に上戸塚村・川上久治郎・川上次兵衛。七郷神社明治三十九年奉納額に川上松五郎あり。八戸現存す。

三〇 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に河上与四郎、天保十二年庚申塔に河上豊吉。下山口新田稲荷社文政二年六地蔵に木曽呂村川上与四郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡木曽呂村河上与四郎。明治九年副戸長川上与四郎・文政十年生。朝日神社明治二十七年御神燈に当所河上与四郎あり。川上氏二戸現存す。

三一 同郡浦和町 明治三十五年理髪店川上新吉あり。

三二 同郡三室村(浦和市) 芝村慈星院明治十一年絵馬に三室村川上金吾あり。二戸現存す。

三三 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に川上武三郎・川上万太郎あり。三戸現存す。

三四 同郡下山口新田(浦和市) 稲荷社明治三十九年碑に川上源吉あり。二戸現存す。

三五 同郡上尾町 氷川鍬神社明治二十七年太子講に川上熊太郎あり。

三六 入間郡鶴馬村(富士見市) 福岡村御嶽社明治二十五年碑に鶴馬・河上藤五郎あり。

三七 同郡宮寺村(