埼玉苗字辞典

呉  ゴ クレ条参

小合 コアイ 川越に存す。

小合沢 コアイザワ 長野県小県郡和田村九戸あり。

小相沢 コアイザワ 桶川、朝霞、草加、川越等に存す。長野県小県郡丸子町二十九戸あり。

小赤沢 コアカザワ 草加に存す。岩手県岩手郡雫石町十五戸あり。 

小秋元 コアキモト 加須に存す。

小圷 コアクツ 各市町村に存す。茨城県那珂郡大宮町八戸、瓜連町二十八戸、那珂町十戸、日立市二十五戸、ひたちなか市三十六戸、水戸市百五十二戸あり。

小堆 コアクツ 茨城県那珂郡那珂町十四戸あり。

小浅 コアサ 川口、朝霞、春日部、杉戸、入間等に存す。

小足 コアシ 昭和三年興信録に川越市・小足驥・所得税十一円あり。現存無し。

小芦 コアシ 越谷、熊谷等に存す。

小畔 コアゼ 高麗郡宮沢村(飯能市)に小畔川あり。浦和、秩父に存す。

小畦 コアゼ 大宮、志木、新座、川越、鶴ヶ島、日高等に存す。

小疇 コアゼ 所沢、春日部、八潮、川越等に存す。

小畦地 コアゼチ 富士見に存す。

小穴 コアナ 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、草加、本庄等に存す。

小網 コアミ 各市町村に存す。新潟県柏崎市二十戸あり。

五阿弥 ゴアミ 三郷に存す。

小新井 コアライ 横見郡小新井村(吉見町)、埼玉郡犬塚村字小新井、馬見塚村字小新井あり。

一 埼玉郡安養寺村(鴻巣市) 八幡社明治三十九年碑に小新井梅秀・小新井佐五右衛門・小新井源助・小新井茂平あり。五戸現存す。

小荒井 コアライ 川口、浦和、桶川、幸手、所沢等に存す。福島県喜多方市三十四戸あり。

小嵐 コアラシ 朝霞に存す。

小庵 コアン 鴻巣に存す。

古庵 コアン 戸田に存す。

後庵 ゴアン 川口、越谷等に存す。

牛安沢 ゴアンザワ 大井に存す。

小井 コイ 高麗郡上広瀬村(狭山市)明治二十七年地租調査に小井弁次郎あり。現存無し。

児井 コイ 伊奈に存す。

己斐 コイ 三芳に存す。

許斐 コイ 川口に存す。

五井 ゴイ 各市町村に存す。新潟県長岡市五十六戸あり。

伍井 ゴイ 鳩ヶ谷、蕨、草加、大利根、鷲宮等に存す。イツイ参照。

小家 コイエ 岩槻に存す。

古家 コイエ 菖蒲、新座、越谷、所沢等に存す。フルイエ参照。

鯉江 コイエ 川口、吉川、富士見等に存す。

古井神 コイガミ 川越に存す。

小碇 コイカリ 浦和、狭山等に存す。

鯉川 コイガワ 新座、川越等に存す。

小井川 コイガワ 大宮、蕨等に存す。オイガワ参照。

小井口 コイグチ 川口に存す。

小池 コイケ 越家(コイケ)は海洋民の越(コシ)族居住地にて、佳字の小池を用いる。 入間郡大谷木村字小池(毛呂山町)は古の村名にて、正保二年法恩寺門徒帳に小池宝福寺と見ゆ。 小名小池は、入間郡北田島村、榛沢郡山崎村、足立郡下石戸上村、秩父郡皆谷村、皆野村、品沢村等にあり。此氏は甲信越に多く存す。 ○群馬県吾妻郡吾妻町百七十戸、中之条町百三十戸、群馬郡榛名町四十六戸、北群馬郡榛東村四十戸、高崎市二百戸、前橋市三百戸。 ○栃木県那須郡西那須野町三十戸、南那須町七十戸、塩谷郡氏家町四十戸、高根沢町七十戸、芳賀郡芳賀町六十戸。 ○茨城県多賀郡十王町三十五戸、那珂郡東海村三十戸、西茨城郡岩瀬町三十戸、ひたちなか市百六十戸。 ○山梨県西八代郡市川大門町五十二戸、東八代郡一宮町三十五戸、中巨摩郡田富町三十戸、竜王町六十三戸、若草町四十戸、 南巨摩郡増穂町四十五戸、北巨摩郡大泉村五十戸、南都留郡河口湖町八十四戸、甲府市二百六十.戸。○長野県上水内郡戸隠村三十三戸、南佐久郡小海町百戸、諏訪郡下諏訪町三十六戸、富士見町三百二十戸、原村八十戸、上伊那郡箕輪町五十四戸、下伊那郡喬木村三十五戸、上田市百三十戸、松本市百二十戸、諏訪市百八十戸、茅野市二百二十戸、伊那市百三十戸、飯田市百六十戸。○新潟県岩船郡荒川町三十四戸、朝日村八十八戸、神林村八十八戸、北蒲原郡豊浦町三十七戸、水原町三十三戸、中蒲原郡村松町四十戸、亀田町四十七戸、中頸城郡大潟町四十四戸、柿崎町六十五戸、吉川町三十戸、上越市百戸、柏崎市百六戸。○福島県大沼郡会津高田町三十五戸、河沼郡会津坂下町四十七戸あり。オイケ参照。

一 鉢形城士の小池氏 秩父志に「虎ヶ岡城、辺見伊賀守、同逸見臣小池右馬助」。下日野沢村字根古屋の虎ヶ岡なり。鉢形分限帳に「本国土佐幟子・小池小十太、本国備中下道・小池兵馬」。秩父案内記に「小池小十太は皆野村土着」と。六十八項参照。

二 松山城士の小池氏 五十項参照。

三 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御馬廻・百二十石・小池六兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「武具奉行・百五十石・小池市郎右衛門、二十三俵二人扶持・小池徳兵衛、二十二俵二人扶持・小池徳左衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・百石・小池八十太郎、知行無役・百石・小池市郎右衛門」あり。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御蔵役・六石二人扶持・小池又助」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・小池金助」あり。

五 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「百五十石・小池半左衛門」あり。

六 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五両二人扶持・小池与平太」あり。

七 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「平席之分・小池喜右衛門、刀番御近習・小池宗吉」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「番頭四百石稲葉三太夫の家臣小池幸右衛門」あり。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中老・百三十石・亡父晋・小池晋・五十二歳、五人扶持・父晋・小池鉞之助・二十歳」あり。

一〇 石戸領牧野氏家臣 牧野家文書に「小池清兵衛、大坂陣御供徒歩衆」あり。

一一 葛飾郡上高野村(幸手市) 百間村青林寺寛政十年文書に大蔵村小池幸蔵。上高野神社弘化三年水鉢に上高野茨島株小池新蔵。大阿寺嘉永三年敷石碑に大蔵村小池新蔵・小池半蔵あり。九戸現存す。

一二 同郡惣新田村(幸手市) 明治二十年被選挙権者小池三五郎・天保二年生あり。四戸現存す。

一三 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓に「井筒屋小池与平次屋敷、今こく屋彦右衛門所持也。与平次今借地に成候へ共、元来旧家に而右地面之元株元禄以前之旧家、明和安永之中無名に成申候へ共、御入国以前より之者に而候」と見ゆ。

一四 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に「小池勘兵衛―平六―勘兵衛―治右衛門―三之介―半次郎」あり。鈴木条参照。

一五 同郡増戸村(春日部市) 相州大山寺本堂明治三十四年柱碑に武州増戸村小池忠左衛門あり。一戸存す。

一六 同郡菖蒲町 明治三十五年煙草製造業小池清作あり。

一七 同郡赤城村(川里町) 赤城神社明治十六年敷石碑に小池宇三郎・小池辰二郎あり。現存無し。

一八 同郡鎌塚村(吹上町) 棚田神社江戸末期台石碑に鎌塚村小池市右衛門あり。二戸現存す。

一九 同郡行田町 佐間村清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町小池安兵衛あり。

二〇 同郡佐間村(行田市) 天神社天保六年御神燈に当所小池又右衛門あり。十五戸現存す。

二一 同郡長野村(行田市) 明王院明和九年二十二夜塔に下長野小池久左門母あり。四戸現存す。

二二 足立郡川口町 東明院西善院明治二十五年檀中小池万三郎。明治三十五年陶器油商小池健次郎。川口神社明治三十九年碑に小池源太郎・小池庄太郎・小池弥右衛門あり。

二三 同郡浦和町 明治三十五年乾物商小池玉之助。白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和小池鉄五郎あり。

二四 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に小池与三郎。明治三十五年小間物商小池寅吉あり。

二五 同郡大谷場村(浦和市) 岸町調神社天保四年御神燈に大谷場村小池磯吉。太田窪村行弘寺万延元年碑に大谷場村小池嘉吉。明治七年製糸会社人名録に小池又兵衛。明治九年戸長小池又三郎・安政二年生、副戸長小池久次郎・天保九年生。芝村慈星院明治十年碑に大谷場村小池三郎右衛門・小池友右衛門。大谷口村信成院明治二十七年成田山碑に大谷場小池安五郎。御嶽山明治三十四年碑に大谷場・小池権兵衛・小池友次郎・小池牛太郎・小池彦太郎あり。十八戸現存す。

二六 同郡大宮町 明治三十五年理髪店小池長吉あり。

二七 同郡並木村(大宮市) 氷川社明治三十八年碑に小池銀次郎・小池辰五郎・小池馬五郎・小池幸助・小池伊平あり。十六戸現存す。

二八 同郡上尾町 愛宕社明治四十四年碑に小池徳太郎あり。

二九 同郡今泉村(上尾市) 氷川社明治三十年御神燈に当所・小池吉五郎・小池弥太郎・小池岡次郎・小池竹松あり。十二戸現存す。

三〇 同郡加納村(桶川市) 字新田延宝三年庚申塔に小池喜右衛門あり。五戸現存す。

三一 同郡鴻巣宿 紀伊国日高郡小池庄(日高町)より起ると伝えるが地名附会なり。オイケ庄に小池氏の伝承は無し。尚、日高郡に小池氏は現存無し。風土記稿鴻巣宿条に「旧家三太夫、小池氏なり。畠山尾張守政長の幕下、本国紀州日高郡小池の領主なれば、則ち其の地を以って名とせるなり。享保元年、同十三年の両度に書上せし由緒書を、此の家に蔵せり。其のあらましに、先祖主計助は北条氏茂に仕へ、豆州発向の時、其の手に属し、相州小田原に居住し、其の子長門守は故有りて当国岩槻市宿に居り、功労あるにより、鴻巣領の内、原地を砦にきづき、天文二十年九月朔日、彼の市宿より、この所へ来り市宿新田と名付けたり。後東照宮・小田原御陣の事終りし後、御鷹狩として、忍の御城中へ御成の時、先祖隼人助御迎に罷り出で、御案内をなせしに、其の時居宅御旅館となり、御所持の御扇子を下され、今より後、是をもて定紋となし、小十人格の郷士となり、御軍役を心得べき由、其の頃、隼人助居宅の地へ御殿を御建て、そこをば隼人助守り奉れり。隼人助が子三郎左衛門は多病なれば、弟加藤喜兵衛、大塚将監なるもの、次いで御殿の守りをなせり。其の時も御目見ゆるされ、御紋付の御上下、及び白銀を賜はれり」と見ゆ。長門守は戸室村(騎西町)に引移ると云う。大塚及び加藤条参照。鴻神社延宝五年棟札に大旦那当町庄屋小池三太夫。生出塚神社貞享四年天神像に鴻巣町小池三太夫。秩父郡三峰神社文化十三年文書に鴻巣御本陣小池三太夫。加納村天神社嘉永二年御神燈に鴻巣宿小池三太夫。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に鴻巣宿小池直太郎。慶応四年名主問屋小池三郎左衛門。明治七年陸運会社小池三郎左衛門・但明治六年十一月創立。鴻神社明治十四年御神燈に小池山太夫。明治十四年埼玉銀行創立発起人小池長五郎・四十株二千円所有あり。

三二 同郡箕田村(鴻巣市) 観音堂宝暦三年庚申塔に箕田観世音新田小池長左衛門あり。一戸現存す。

三三 同郡吹上村 新宿村山神社明治十一年浅間碑に吹上邑小池俊輔。明治十七年蚕業小池長兵衛。吹上神社明治四十三年碑に小池伊三郎・小池安之助あり。七戸現存す。

三四 新座郡辻村(新座市) 字馬場薬師堂享保十五年碑に新座郡片山之村内辻村小池佐五右衛門。新倉村明治初年富士講碑に辻・小池長松あり。字馬場に十戸現存す。

三五 同郡上新倉村(和光市) 長照寺天和三年庚申塔に上新倉村小池庄左衛門、宝永七年庚申塔に上新倉村小池庄左衛門。本町うけら庵跡安永九年供養塔に新倉村小池庄左衛門。文政元年名主小池庄左衛門。安政二年上新倉村勧進帳に小池庄左衛門・小池利左衛門・小池喜平治。明治三十一年演劇寄付に坂下組小池熊次郎。明治四十四年県税届に小池万蔵・小池増吉あり。七戸現存す。

三六 同郡志木町 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に門前小池太七.。明治二十年中野消防組小池助次郎あり。

三七 入間郡中宗岡村(志木市) 志木町敷島社明治五年浅間碑に宗岡小池佐吉。同町不動堂明治十四年碑に中宗岡宿組小池佐吉あり。二戸存す。

三八 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に小池條太郎、連雀町石工小池銀次郎。明治三十五年石工小池金右衛門あり。

三九 同郡大仙波新田(川越市) 明治九年戸長小池吉次郎・文政十一年生。明治四十四年東上鉄道株主小池助太郎・五百株所有あり。

四〇 同郡小中居村(川越市) 神明社天保四年水鉢に当村小池仲右衛門、文久四年石坂供養塔に小池万五郎・小池銀蔵・小池岩蔵・小池徳次郎・小池新造・小池伊源太・小池七郎右衛門・小池瀧次郎。明治九年戸長小池重蔵・天保九年生、副戸長小池鉱吉・天保十一年生。古谷上村善仲寺明治二十七年敷石供養塔に小池重蔵・小池幸蔵・小池忠次郎・小池吉蔵・小池文蔵・小池助太郎・小池庄蔵あり。十七戸現存す。

四一 同郡北田島村(川越市) 閻魔堂文化六年筆子碑に小池斧八・小池乙八、弘化四年筆子碑に小池幸二郎、安政三年筆子碑に小池仙吉・小池元次郎、明治四十一年碑に小池幸次郎・小池音五郎・小池一宗。円満寺跡天保四年地蔵尊に北田島村小池半蔵あり。四戸現存す。

四二 横見郡江口村(吉見町) 岩室観音堂嘉永三年水鉢に江口村・小池治左衛門・小池宗右衛門・小池八十右衛門・小池治右衛門・小池逸治郎。久米田村慶応元年馬頭尊に江口村小池半平あり。

四三 同郡流川村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に流川村小池吉蔵あり。

四四 同郡土丸村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に土丸村小池治左衛門・小池定七あり。

四五 比企郡平村(都幾川村) 萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村・小池栄太郎・小池長次郎・小池三次郎・小池瀧次郎・小池久次郎・小池文太郎・小池勘次郎・小池五郎助・小池竹次郎。正法寺明治三十年廻国塔に平村小池熊次郎・小池茂十郎。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に宮平組小池勇次郎あり。五戸存す。

四六 大里郡熊谷宿 百石組に宝暦十年小池五兵衛。賀勝院文政十二年庚申塔に小池安太郎。明治三十五年染物業小池常吉あり。

四七 同郡石原村(熊谷市) 明治三十五年小間物商小池弥平あり。

四八 同郡江川村(熊谷市) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に江川村小池市右衛門(名主)。棚田神社江戸末期台石碑に江川村小池仲貞あり。

四九 同郡相上村(大里町) 吉見神社明治二十一年鈴水神楽碑に小池武平あり。一戸現存す。

五〇 同郡沼黒村(大里町) 大河原文書に「大河原九左衛門定行は、上田安独斎に仕へ父とともに八王子攻めに従軍す。後、弟新左衛門、同士小池玄蕃、坪井左京とともに武州大里郡吉見に土着、沼黒村を開墾す」と見ゆ。正福寺元禄七年棟札に大檀那沼黒村小池喜太夫、天明七年庚申塔に小池半衛門・小池喜太夫・小池政右衛門、嘉永二年碑に沼黒邑小池禎次郎・小池忠五郎、元治二年馬頭尊に沼黒邨小池藤太郎・小池忠□・小池半□□・小池権助、年不詳庚申塔に小池金右衛門・小池雷五郎・小池藤左衛門。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に沼黒小池楽五郎・小池文次郎あり。七戸現存す。

五一 幡羅郡新堀新田村(熊谷市) 八幡社文化六年碑に小池長左衛門。明治九年副戸長小池義知・天保十一年生あり。六戸現存す。

五二 同郡妻沼村 玉洞禅院嘉永三年馬頭尊に村役人小池五右衛門。安政七年名主小池五十郎水斎(蚕卵種製作)。明治二十七年下奈良村東条筆子碑に妻沼村小池長四郎(油類製造)・小池甲子次郎(染物業)あり。五戸現存す。

五三 榛沢郡深谷町 明治三十五年提灯屋小池兼吉あり。

五四 同郡上野台村(深谷市) 八幡社明治四十四年碑に小池門次あり。

五五 同郡武蔵野村(花園町) 当村に此氏多く存す。明治九年富田文書に猿喰土村・小池国五郎・小池清吉・小池重蔵・小池又吉・小池梅八・副戸長小池仲右衛門(天保五年生)、飯塚猿喰土村・小池忠吉・小池新三郎、原宿村・小池代次郎・百姓代小池友吉、飯塚村・小池徳次郎、飯塚村原宿・小池滝次郎・小池留五郎・小池はな・小前総代小池又平。用土村明治十三年仙元碑に武蔵野村小池友衛・小池徳次郎・小池友吉あり。

五六 同郡牧西村(本庄市) 嘉永元年牧西村絵図に小池七左衛門・小池仙吉。明治九年議定連印簿に小池キヌ・小池喜蔵・小池八郎平あり。二戸現存す。 

五七 児玉郡本庄宿 円心寺元禄八年鐘銘に小池江左衛門。石川剣道場門下生に寛政四年・本庄宿小池文五郎。東台五丁目文化十一年万霊塔に小池長八.。明治四年諸井文書に仲町小池金二郎、台町小池林蔵。明治三十五年損料屋小池ハル・糸繭商小池徳太郎・同商小池峰次郎・同商小池森三郎・菓子屋小池クラ・芸妓見番小池善吉あり。

五八 同郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に小池熊吉あり。

五九 同郡金屋村(児玉町) 真福寺文禄四年墨書銘に旦那小池伊豆守の助力により建立すと見ゆ。小平村成身院文書に「文禄四年、阿弥陀如来座像造立之檀主中林加賀守・倉林越後守・小池伊豆守」とあり。当村鋳物師か。中林、倉林条参照。二戸現存す。

六〇 同郡太駄村(児玉町) 明治三十年中里鳥三郎碑に小池庄三郎あり。三戸現存す。

六一 同郡小茂田村(美里町) 文久元年組頭小池長二郎。明治九年戸長小池多治・弘化四年生。明治十三年北・小池長次郎・小池勝三郎・戸長小池多治あり。八戸現存す。

六二 同郡渡瀬村(神川町) 明治四年戸籍に小池瀧蔵あり。一戸現存す。

六三 同郡新里村(神川町) 明治五年小前儀定書に小池門吉・小池新三郎あり。三戸現存す。

六四 賀美郡元阿保村(神川町) 当村明治三十年碑に当所小池竹蔵あり。現存無し。

六五 同郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に小池松右衛門あり。三戸現存す。

六六 同郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附に中原・小池勘右衛門・小池角右衛門あり。現存無し。

六七 秩父郡本野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に本野上・小池与三郎あり。六戸現存す。

六八 同郡皆野村 当村に此氏多く存す。風土記稿皆野村条に「旧家者里正市郎右衛門、氏を小池とす。先祖小池左馬助は慶長の頃の人、其の父を弥八郎と云ひ、其の父左馬助は北条氏邦に仕へ、十六歳の時、勘気をうけ死を賜ひければ、弥八郎を甲州より迎へて養子とせしより、此所に居住すと云ふ。慶長年時に鑿ちし池とて、園中に百間許の泉水あり。宅の正南に武甲山兀立し、震より巽に及びて箕山打続き、坦外に連り、岩石の間より飛泉注ぎ、或は筧などもて水を引きて池にそそげり。池に臨める古松、砌にそびえたてる奇石、いと景趣ありて、其の詠め殊に好し。土人称して郡中第一の庭と云ひ、かなたこなたよりも遊覧者多く来ると云ふ。池中の岩上に小祠ありて弁天を安ず。甲州より往昔持参せし者なりと云ふ」と見ゆ。小池家譜に「代々鎌倉に仕、正慶二年高時没落後鎌倉を去、牢々して建武中・当所に至り初め大塚に住す、応永三年此地に移る。十代左馬之助光里(天文中、藤田康邦に仕ふ)―十一代左馬之助浜光(天文中、北条氏邦に仕へ十六歳死を賜る)―十二代弥八郎寛倫(もと甲州巨摩郡津金衆の人で天文年中武田家の勘気をこうむり、甲州栗原庄永昌院の円明禅師と日野沢に来り、後に浜光の妹と結び十二代を継ぐ)―十三代左馬之助栄算(福王寺開基、慶長三年検地の時名主役勤る。慶安二年没、九十六歳)―十四代五右衛門充福(慶長十九年大坂冬の陣、元和元年夏の陣に御陣役を勤む。寛永十年没、五十三歳)―十五代五右衛門祥邑(明暦検地案内役勤る。延宝元年没、五十八歳)―十六代市郎右衛門勝家(寛文中、池を掘、青石を取庭再興)、二十代市郎右衛門敦盈(寛政三年没)」と見ゆ。下日野沢村(皆野町)条に「大通院は甲州山梨郡落合村永昌院(山梨市)の末寺なり。開山円明禅師・永禄三年示寂す」と。甲州には小池氏多く現存し、また、巨摩郡小池村(高根町)より起る佐竹氏流小池丹後守胤貞・筑前守信胤父子が津金党に列す。十二代弥八郎寛倫は是に附会するか。皆野村小池氏は天正以前より代々市郎右衛門を襲名しており、十六代勝家から名乗っているのは家譜の誤りなり。松山城士の木呂子家譜に「木呂子丹波守(松山の諸将木呂子・金子・難波田・山田等、加賀利家に降り、先鉾して岩槻・忍・沼田等の諸城を攻落し、夫より京都に登る。其砌、秩父小池一郎右衛門対面として来り、形見として兜を交換して参られたり、今蔵する処の六十間イガ星の兜は小池の置く処にして、其昔畠山次郎重忠の兜なりと云ふ)」とあり。これほどの重宝を相伝して来た小池一郎右衛門家は当時相当な勢力ある土豪なり。寛保三年香具仲間連名帳に小池宗平・世話人小池治助・同小池得平。明和安永年間秩父郡記に皆野村大塚名主小池市郎右衛門。天明六年皆野村名主小池市郎右衛門。明治九年戸長小池槌蔵・嘉永元年生。国神神社明治三十四年碑に皆野村小池得平あり。逸見条参照。

六九 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所小池小三郎あり。一戸現存す。

七〇 同郡大宮町 明治三年萬小商小池鷲五郎・四十三歳、鍛冶屋小池良吉・横瀬より来住あり。

七一 同郡品沢村(秩父市) 寛保三年香具仲間連名帳に品沢村小池彦市あり。四戸現存す。

七二 同郡寺尾村(秩父市) 当村に此氏多く存す。国神神社明治三十四年碑に寺尾・小池助次郎あり。

七三 同郡小柱村(秩父市) 明治九年副戸長小池千代蔵・嘉永四年生。宝登山神社明治三十年文書に信徒総代小柱小池千代蔵。国神神社明治三十四年碑に小柱・小池石蔵・小池吉蔵あり。八戸現存す。

七四 同郡堀切村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に堀切・小池松八あり。四戸現存す。

七五 同郡小鹿野町 明治三十五年料理店小池春吉・米穀材木商松村屋小池音次郎・米穀荒物商松田屋小池房吉・足袋商小池貞作あり。八戸存す。

七六 同郡下吉田村 永法寺文書に「延享元年、大般若経施主番戸小池吉左衛門・法名輪山妻転居士。文化十二年、寄付番戸小池吉左衛門照房。明治三十二年、寄付小池政吉」。彦久保系図に「彦久保伝八忠英(妹番戸小池又市妻)―重英―重光(寛政年中)」と。明治十二年総代人小池多一郎。椋神社明治三十七年狛犬に小池村三郎。八幡社明治三十八年碑に小池綱太郎あり。十戸現存す。

七八 同郡久長村(吉田町) 明治二十年森林組合員小池馬次郎あり。二戸現存す。

七九 同郡横瀬村 守屋氏系譜に「守屋越前吉清(寛永六年受許状。母小池民部良利女)」。明治十四年神輿寄付連名帳に四番耕地根古屋・小池政吉・小池辰四郎あり。三戸現存す。

八〇 同郡白久村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

八一 同郡久那村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

八二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・小池増太郎・二十四円・五十円、小池幸吉・十九円・五十三円、小池鉄五郎・四十四円、川口町・小池弥右衛門・四十八円・四十二円、小池与四郎・二十六円・六十一円、川越市・小池和三郎・十五円・四十二円、古谷村(川越市)・小池鎌十郎・十八円、小手指村(所沢市)・小池太吉・二十八円、松山町・小池茂八・七十三円・八十四円、忍町・小池庫吉・九百一円・二百二十四円、小池甚太郎・百十六円・百十二円、小池長七・九十一円、熊谷町・小池安久太郎・十三円・三十九円、市田村(大里町)・小池長次郎・十八円、妻沼町・小池雄三郎・二十八円・五十六円、皆野町・小池敬一・十円、尾田蒔村(秩父市)・小池安兵衛・十一円、影森村(秩父市)・小池松太郎・十四円・三十九円、小鹿野町・小池兼蔵・三十三円・四十五円、白川村(荒川村)・小池竹治・十円・二十八円、小池林作・二十二円」あり。

古池 コイケ 足立郡長右衛門新田字古池(草加市)、秩父郡贄川村字古池(荒川村)あり。各市町村に存す。群馬県伊勢崎市十一戸、茨城県下館市三十戸あり。フルイケ参照。

子池 コイケ 上尾に存す。

児池 コイケ 北本に存す。

小池田 コイケダ 川口、大宮、上尾、桶川、北本、熊谷等に存す。

一 足立郡常光村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に下常光村小池田甚左衛門あり。現存無し。

恋河内 コイゴウチ 児玉に存す。

肥沢 コイザワ 飯能に存す。 

小井沢 コイザワ 入間郡山口郷新堀村(所沢市)に十二戸現存す。明治五年新堀村名主小井沢小左衛門、木挽職小井沢平七.。明治九年副戸長小井沢小平治・天保九年生。明治十五年北広堂碑名簿に旧新堀・小井沢久次郎・小井沢繁次郎。明治二十年二番組消防夫に小井沢繁蔵・小井沢兼吉・小井沢茂十郎・小井沢小平治。北野村天神社明治二十六年碑に上山口村小井沢小平治あり。

小井澤 コイザワ 前村に存す。 

小石 コイシ 岩手県上閉伊郡大槌町二十四戸あり。

一 入間郡鶴馬村(富士見市) 明治十一年総代小石喜平次・天保七年生。明治十五年共励社発起人小石権之助あり。四戸現存す。

二 秩父郡皆谷村(東秩父村) 字朝日根文政十年馬頭尊に小石儀八あり。現存無し。

古石 コイシ 新潟県新津市十二戸あり。ココク参照。

碁石 ゴイシ 岩手県久慈市二十六戸。

小石川 コイシカワ 茨城県石岡市十七戸、下館市十三戸、ひたちなか市十五戸、山梨県中巨摩郡白根町八戸、岩手県胆沢郡金ヶ崎町十五戸あり。

一 秩父郡大宮町 明治三年菓子商小石川まつ・髪結職小石川政吉あり。一戸現存す。

二 同郡横瀬村 明治十四年神輿寄付連名帳に四番耕地根古屋・小石川桂助・小石川音吉・小石川政吉、五番耕地苅米・小石川長吉・小石川喜三郎。気楽流柔術加藤門弟に横瀬村小石川秀吉・小石川治作あり。九戸現存す。

小石木 コイシギ 三郷に存す。

小石沢 コイシザワ 各市町村に存す。福島県田村郡船引町三十三戸あり。

小石原 コイシハラ 上尾、朝霞、岩槻、上福岡等に存す。

小石峯 コイシミネ 長野県下伊那郡豊丘村十四戸あり。

小井関 コイゼキ 八潮、新座等に存す。

小磯 コイソ 群馬県新田郡笠懸町十三戸、新田町十一戸、栃木県鹿沼市十八戸、茨城県久慈郡太子町二十二戸、西茨城郡岩間町三十戸、水海道市三十二戸、千葉県木更津市二十二戸、福島県西白河郡矢吹町四十一戸、大信村十六戸、白河市十五戸あり。

一 関東郡代伊奈氏家臣 天明年間赤山陣屋屋敷図に「小磯杢之丞・一町五反四畝歩」あり。

二 埼玉郡掛新田(岩槻市) 掛村文久元年馬頭尊に掛新田小磯権蔵あり。二戸現存す。

三 同郡下羽生村 天満宮文化六年庚申塔に小磯三郎右衛門。明治九年副戸長小磯市之助・天保三年生あり。七戸現存す。

四 同郡上村君村(羽生市) 避来矢神社嘉永四年御神燈に上堤根組中・小磯孝之亮あり。現存無し。

五 同郡加羽ヶ崎村(羽生市) 八幡社寛政十二年天満宮碑に小磯宗十郎あり。一戸現存す。

小礒 コイソ 埼玉郡須影村(羽生市)に小礒氏十四戸、小磯氏五戸現存す。八幡社安政五年棟札に小礒梶之助・年番小礒伊藤・組頭小礒権四郎、幟碑に村役人小礒梶之助。明治五年百姓代小礒助左衛門、同小礒米吉、同小礒梶之助、組頭小礒権左衛門。明治九年戸長小礒米吉・文政五年生、副戸長小礒梶之助・文政十二年生。八幡社明治十六年御神燈に小礒園治郎・小礒啓蔵・小礒幾太郎・小礒清蔵・小礒忠太郎・小礒蔵六・小礒善左衛門・小礒辰五郎・小礒文治郎・小礒万吉あり。

小板 コイタ 上尾、大宮、朝霞、越谷、川越、所沢、日高、行田等に存す。

恋田 コイダ 浦和に存す。

小井田 コイダ 川口、大宮、戸田、朝霞、川越、所沢、大井、越谷等に存す。栃木県小山市二十戸、岩手県九戸郡九戸村二十戸、二戸郡一戸町九戸あり。

小板橋 コイタバシ 群馬県吾妻郡中之条町三十戸、甘楽郡下仁田町十六戸、群馬郡榛名町二十七戸、碓氷郡松井田町百三十七戸、佐波郡玉村町二十戸、安中市百十戸、富岡市四十戸、福島県耶麻郡猪苗代町五十戸、岩瀬郡鏡石町十四戸あり。 

一 本庄町 明治三十五年菓子屋小板橋平衛あり。現存無し。

二 那賀郡広木村(美里町) ミカ神社明治四十一年碑に当所小板橋福松あり。一戸現存す。

小板谷 コイタヤ 埼玉郡埼玉村(行田市)に此氏の旧家あり。七戸現存す。

小市 コイチ 川口、浦和、上尾、大宮、越谷、入間、坂戸、狭山、所沢等に存す。長野県小県郡真田町十一戸、上田市十七戸、飯山市十一戸あり。

古市 コイチ 大宮、春日部、三芳に存す。千葉県鴨川市八戸、新潟県中頸城郡三和村十戸あり。フルイチ参照。

恋塚 コイヅカ 東松山に存す。

肥塚 コイヅカ 大里郡肥塚村(熊谷市)あり、風土記稿にコヒヅカと註す。肥塚村条に「正平七年美作左衛門大夫家泰が勲功を賞せし感状にも武蔵国大里郡枇塚郷と載たり、枇塚は則ち肥塚の假借にして、昔はヒヅカとも唱へしよりかく記せしにや。又成田分限帳に永二十貫文肥塚因幡・同十三貫文声塚喜右衛門と載たり、声塚と書しも假借なるべし」と見ゆ。日光輪王寺応永三年大般若経に武蔵国肥塚宝珠寺とあり。

一 私市党肥塚氏 大里郡肥塚村より起る。古代氏族系譜集成に「成木権守直幹―熊谷兵衛太郎直季、弟肥塚三郎直長―定長―太郎五郎家長(私党長者熊谷直孝旗下)―太郎左衛門尉定秀(熊谷直貞旗下)―左衛門太郎勝長(熊谷直実旗下)―太郎九郎光長―太郎左衛門尉正長(鎌倉扇谷にて卒)」と。また、丹治系図(武蔵志)に「私市太夫左京茂直―熊谷兵衛太郎直季、弟肥塚三郎直長―太郎定長―太郎五郎家長―太郎左衛門尉定秀(内舎人也、直貞旗下。弟市二郎定能)―左衛門太郎勝長(直実旗下。弟僧義周)―太郎九郎光長―太郎衛門尉正長(相州扇谷に卒。弟二郎重長)―太郎五郎左衛門尉盛長―盛高―八郎盛直(尊氏に属す)」と見ゆ。風土記稿肥塚村条に「観現寺は開山、開基等のこと寺伝にはいはず。延宝伝燈録に大拙祖能禅師の伝を載せて、其の文中に『駿河太守大江氏、上の憲林寺をはじめ、肥塚道耳、武の歓喜寺を創め、師を第一世と為す云々』。又高僧伝祖能の伝にも『武州肥塚氏、勧喜寺を創め、祖能を第一世と為す』と見ゆ。此僧は永和三年寂せり。これに拠れば、開山は祖能禅師にして、開基は肥塚道耳と云人なり。されど伝燈録にも、武の歓喜寺とのみ記せば、きわめて爰とも定めがたくしかのみならず。当寺古は歓喜寺と号せしと云伝へもあらざれば、いかがあらん。もし伝燈録の如くならんには、古名を歓喜寺と号し、道耳は太郎九郎光長の子孫にてもあらんか。古碑二基、村の南に寄りてあり。一は長三尺八寸許にして、康元丁巳三月と載せ、一は長さ四尺五寸程にして『応安八年二月十七日、道義禅門』と記せり。或云、康元の碑は肥塚太郎九郎光長と云人の墓にて、応安の碑は同八郎盛直の碑ならんと。されど正しき基とすべきことなければ定めがたし。肥塚は武蔵七党の内、丹党の枝流にして、古は爰に住し在名を唱へしものならん」と見ゆ。承久記に「北条時房に従ふ兵、熊谷平内左衛門、肥塚太郎、太刀を抜て勢多橋にて戦ふ」と見ゆ。此氏は在名にて苗字にあらず。

二 但馬国の肥塚氏 弘安八年但馬国大田文に「養父郡大恵保・十四町二反百五十歩・地頭肥塚三郎跡、七人分領。大恵本郷・五町六反百三十歩・地頭同七郎入道行西。与垣村・四町一反百八歩・同七郎入道行西。岩崎村・四町二百七十七歩・地頭肥塚三郎入道蓮心。長田野国領・畠十町・地頭肥塚三郎後家」と見ゆ。兵庫県養父郡八鹿町大江、与垣、岩崎、長田野国領にて、武蔵国御家人肥塚三郎跡を一族の者七人が分領す。此氏は在名にて、八鹿町に現存無し。

三 播磨国の肥塚氏 兵庫県姫路市網干区大江島の肥塚氏家譜に「平茂直―肥塚三郎直長―実長―家長―定秀―勝長―光長、弟平太郎秀長(播磨の地頭、承久の役戦功)、次郎頼景(直長九代、砥堀城主、播磨地頭職、赤松円心旗下、播磨国神東郡之内を領す、応安四年没、八十歳)―雅楽介又次郎頼房(梶山城主、光明山城主、赤松光則旗下、明応四年没、七十五歳)―彦太郎頼季(梶山城主、応永三十四年没、六十九歳)―彦五郎頼清(梶山城主、嘉吉元年没、四十七歳)―彦五郎憲春(梶山城主、播磨国揖西郡之内を領す、明応五年没、六十五歳)―三郎左衛門光憲(梶山城主、大永三年没、五十一歳)―和泉守憲重(梶山城主、弘治二年落城、同年没、四十八歳)―祐行(大江島祖、船運を開く、海岸干拓、善慶寺開創、寛永元年没)―祐之(庄屋、慶安五年没)」と見ゆ。現当主肥塚薫なり。姫路市砥堀城主なり。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「肥塚、平、本国播磨、義兼十代」。太平記卷八に「播磨国の住人肥塚が一族・三百余騎、六波羅方」。姫路市広峰神社文書に「永正十六年五月十八日、播磨国飾東郡穴無郷(姫路市)を、穴無郷地頭肥塚治部左衛門と広峰新四郎が領す」。上賀茂神社文書に「天文六年三月三日、賀茂社の社家は、播磨国揖西郡塩屋荘本所下地二反(御津町)を肥塚和泉守息女松に売却す」と見ゆ。御津町黒崎城は肥塚和泉守の居城なり。肥塚(こえづか)氏は姫路市大江島に十七戸、隣の御津町に四十三戸現存す。当地方居住の苗字にて、在名の武蔵国肥塚氏後裔説は附会なり。 

四 忍城士の肥塚氏 成田分限帳に「二十貫文・肥塚因幡、十三貫文・声塚喜右衛門」あり。

五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・亡養父源兵衛・肥塚徳助・二十九歳」あり。

六 川越町 三芳野神社明治四十年碑に肥塚経重・三久保町肥塚泰造あり。現存無し。

鯉塚 コイヅカ 大里郡肥塚村より起るか。藤原秀郷流佐野氏族にて、田原族譜に「小見武蔵守行秀(武州小見城主)―出羽守秀政―下総守正国―伊勢守行国―鯉塚右京太夫伊賀介行氏(鯉塚城主)」と見ゆ。小見村(行田市)は肥塚村の近村なり。

小飯塚 コイヅカ 浦和、大宮、鳩ヶ谷、和光、越谷、庄和、富士見等に存す。

古飯塚 コイヅカ 春日部に存す。

五位塚 ゴイヅカ 鳩ヶ谷に存す。

小泉 コイヅミ 小井は肥、越(コイ、コエ、コユ)と書かれ、小泉は越積(コイヅミ、コユヅミ)の佳字で海洋民の越(コシ)族なり。積のことは宇津味条参照。男衾郡小泉郷あり、上野国世良田村長楽寺文書に「小泉郷は、鎌倉街道をはさんで二十五軒の市場在家があった」と見ゆ。旧鎌倉街道は奈良梨宿より今市宿を経て富田村に至る大道なり。長楽寺元徳三年男衾郡小泉郷田在家注文に「鷹巣・町屋・金屋・鍛冶ガイド・七百ガイド・天竺あと、合在家大小二十七間」とあり。町屋は今市村(寄居町)地蔵堂の大道であり、同村小名に金屋・鍛冶ガイトがある。今市村鎮守児泉明神社附近を小泉郷と称す。村の東は鷹巣村、北は本田村に接し、本田村教念寺延文元年寄進状の男衾郡小泉郷とは今市村の古名なり。また、大里郡小泉村(大里町)あり、鎌倉円覚寺正長元年文書に「武蔵国大里郡大江・小泉郷」と見ゆ。大江郷は小泉郷の隣村江川村付近なり。足立郡小泉村(上尾市)は古泉とも書く。○群馬県吾妻郡吾妻町三十五戸、佐波郡境町二十四戸、前橋市九十戸。○栃木県那須郡小川町二十五戸、下都賀郡野木町二十二戸、足利市百戸。○茨城県那珂郡大宮町六十五戸、那珂町六十七戸、東海村七十戸、稲敷郡江戸崎町三十六戸、美浦村三十八戸、猿島郡総和町三十戸、日立市百九十戸、ひたちなか市百戸、水戸市二百戸。○千葉県市原市七十戸、君津市六十戸、袖ヶ浦市八十戸。○山梨県南巨摩郡南部町二十七戸、北巨摩郡明野村八十二戸、大月市八十五戸、甲府市百十戸。○長野県北佐久郡浅科村六十戸、岡谷市百九十戸、小諸市九十戸。○新潟県北蒲原郡中条町六十三戸、水原町三十五戸、中蒲原郡亀田町二十五戸、南魚沼郡六日町三十三戸。○福島県田村郡船引町二十五戸、相馬郡新地町二十八戸、いわき市二百五十戸、郡山市九十戸。○青森県三戸郡五戸町百戸、福地村三十六戸、上北郡六戸町二十六戸、六ヶ所村五十五戸、八戸市二百三十戸、青森市百四十戸あり。オイヅミ参照。

一 大里郡の小泉氏 武蔵志に「大里郡小泉村。当村は小泉五郎良門が旧里と云ふ」と見ゆ。平将門の子壬生良門に附会するか。ミブ条参照。

二 比企郡菅谷館の小泉氏 風土記稿菅谷村(嵐山町)条に「東路土産に鉢形を立て須賀谷と云所に小泉掃部助の宿所に逗留云々とあり」と。坂戸市戸口の三田家覚書に「三田弾正忠氏忠(元亀三年小田原にて卒す。母菅谷住小泉掃部助妹)と見ゆ。畠山重忠の弟重宗の玄孫秩父進左衛門尉行長は越後国岩船郡小泉庄(村上市)地頭職となる。此の後裔が父祖の地菅谷へ来住するか。

三 日蓮宗信徒の小泉衆 足立郡小泉村の土豪小泉衆にて、同村に多く存す金井塚氏が本名なり。川越行伝寺過去帳に「浄泉・小泉ノ金井塚・申年十二月。妙久・小泉ノ市左内・申年三月。法泉・小泉ノ平左衛門・子年九月。妙泰・小泉衆・子年十二月。妙本・小泉ノ者・子年五月。清林・小泉ノ者・巳年五月。妙覚・小泉衆・未年十一月。妙清・小泉ノ弥治右衛門仏」あり。室町時代より江戸初期なり。金井塚条参照。

四 忍城士の小泉氏 成田分限帳に「十五貫文・小泉将監」あり。

五 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「百五十石・小泉五兵衛・是は忍にて罷出・駿河之者」あり。

六 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「六両二人扶持・小泉孫八、三両余二人扶持・小泉梶右衛門」。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御馬廻・十人扶持・小泉長三郎」あり。

八 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「三百石・小泉伝左衛門」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「三男因幡守信興臣・四両余二人扶持・小泉与左衛門・三十四歳」あり。

一〇 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・九人扶持・亡父重左衛門・小泉重左衛門・四十歳」あり。

一一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十五俵・小泉所左衛門」あり。

一二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「七石三人扶持・小泉弥次右衛門」あり。 

一三 葛飾郡上赤岩村(松伏町) 明治三十二年文書に小泉市右衛門あり。現存無し。

一四 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓に「百姓ぬし屋治右衛門義、安永年中より百姓に相成申候、小泉党之本家也」と見ゆ。久伊豆社文化元年御神燈に小泉清吉・小泉次右衛門・小泉市右衛門。明治七年製糸会社人名録に小泉市右衛門。明治九年副戸長小泉幸次郎・天保十年生。明治三十年人名録に木綿太物商塗師屋小泉市右衛門・反別二十七町六反歩・地租四百十円。明治三十五年旅人宿河内屋小泉清吉。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年呉服商小泉市右衛門・慶応二年生・国税八百六十二円・県下八十四位、大正十四年小泉市右衛門・国税千五百三十五円・県下百三位あり。

一五 同郡鹿室村(岩槻市) 白山社慶応元年天神碑に小泉粂右衛門・小泉大次郎・小泉竹次郎あり。九戸存す。

一六 同郡鈎上村(岩槻市) 神明社元治元年碑に当所小泉栄蔵あり。一戸現存す。

一七 同郡久喜町 貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年元久喜酒醤油商小泉三郎右衛門・万延元年生・国税九百十一円・県下二百十四位あり。

一八 同郡新堀村(菖蒲町) 相州大山阿夫利神社大正五年碑に菖蒲町新堀・小泉宗一郎・小泉好蔵・小泉喜代蔵・小泉豊吉あり。六戸現存す。

一九 同郡戸賀崎村(菖蒲町) 太田袋村琴平社文政二年御神燈に戸賀崎村小泉四郎治あり。一戸現存す。

二〇 同郡常泉村(加須市) 上崎村雷電社安政四年御神燈に常泉村小泉政右衛門あり。四戸現存す。

二一 同郡下高柳村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下高柳村小泉千代太郎。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に下高柳村小泉政五郎。八坂社明治二十六年碑に小泉金蔵・小泉九市郎・小泉幸□・小泉喜□・小泉米□・小泉房□。花崎村鷲宮社明治二十六年伊勢講碑に下高柳小泉半七あり。八戸現存す。

二二 同郡上村君村(羽生市) 雷電社宝暦八年碑に新田組小泉十右衛門あり。一戸現存す。

二三 足立郡芝村(川口市) 文政三年成就庵筆子(伊田文書)にミね・小泉善太郎・小泉国□郎、ミねマチ・小泉金治郎。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に芝・小泉菊治郎・小泉金治郎あり。十戸現存す。

二四 同郡伊刈村(川口市) 芝村八幡社文久三年石華表に伊刈村小泉安兵衛あり。現存無し。

二五 同郡赤山領立野村(川口市) 二宮神社文政十三年鳥居碑に当所小泉半蔵。西福寺弘化三年百観音に当所小泉竹之助・小泉小兵衛。赤山領家村稲荷社慶応二年筆子碑に小泉愛重郎。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流西立野村小泉愛重あり。現存無し。

二六 同郡石神村(川口市) 立野村明治六年生徒月並受取帳に小泉安右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流石神村小泉安右衛門あり。現存無し。

二七 同郡内野村(川口市) 水稲荷社享和四年御神燈に小泉市三郎あり。三戸現存す。

二八 同郡赤井村(川口市) 蓮沼村普門寺明治三十八年碑に小泉義隆。赤井村氷川社明治三十九年碑に小泉義隆あり。二戸現存す。

二九 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年畳職小泉三津之助あり。

三〇 同郡柳島村(草加市) 蒲生村光明院明治三十六年碑に柳島小泉甚蔵あり。三戸現存す。

三一 同郡美女木村(戸田市) 八幡社天保六年狛犬に小泉宇右衛門。明治三十一年染物業美谷本村小泉松之助あり。七戸現存す。 

三二 同郡浦和町 玉蔵院享和三年供養塔に小泉又四郎、明治三十一年供養塔に浦和町小泉庄八.。私塾師匠遠藤候藩士小泉直人・号平蘭斎・明治五年没六十三歳。明治三十五年薬種商河内屋小泉庄八・薬種商河内屋小泉長三郎・薬種商小泉七郎右衛門・下駄洋傘商小泉松五郎あり。

三三 同郡与野町 氷川社年不詳御神燈に小泉小四郎・小泉七右門。明治三十五年呉服商小泉太郎兵衛あり。

三四 同郡円阿弥村(与野市) 延宝五年奉遷宮山王権現御宝前に小泉久兵衛あり。六戸現存す。

三五 同郡膝子村(大宮市) 八幡社文政十一年力石碑に小泉捨右衛門あり。五戸現存す。

三六 同郡小敷谷村(上尾市) 明治四十年信徒総代小泉由太郎あり。二戸現存す。

三七 新座郡志木町 明治二十年中野消防組小泉藤吉あり。

三八 同郡田島村(朝霞市) 風土記稿田島村条に「当村は家数三十六軒にて、鈴木、細田、小泉、中村、荒井、醍醐、田中、高野、内田等の氏あり」と。志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に田島村小泉仲右衛門・小泉友右衛門。志木町敷島社明治八年志木宿河岸船中・田島邨小泉仲右衛門・小泉音五郎。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に田島・小泉堅次郎あり。一戸現存す。

三九 入間郡入間川町(狭山市) 八幡社明治二十三年碑に入間川町小泉大次郎あり。

四〇 同郡南入曽村(狭山市) 明治九年地租改正確定書に小泉喜平次・小泉久八あり。三戸現存す。

四一 同郡所沢町 明治七年議定書に小泉弥兵衛。明治二十一年幼稚園名簿に小泉明次郎・明治十八年生。北野村天神社明治二十六年碑に所沢町小泉仙吉。久米村永源寺明治二十九年敷石碑に所沢町小泉政五郎、明治四十年地蔵尊に所沢町小泉福太郎。明治三十五年荒物商小泉助次郎。下新井村熊野社明治三十六年碑に所沢町石工小泉藤芳あり。

四二 同郡山口領新堀村(所沢市) 金乗院享保九年棟札に大工当村住小和泉佐五右衛門。明治十五年北広堂碑名簿に旧新堀小泉八五郎。明治二十年二番組消防夫小泉弥三郎あり。現存無し。

四三 同郡渋井村(川越市) 稲荷社嘉永四年仙元碑に小泉重五郎・小泉小吉・小泉友二郎・小泉浅五郎・小泉重二郎・小泉平八・小泉柳□・小泉七郎右衛門・小泉辰五郎・小泉平六・小泉小源治・小泉磯八・小泉平左衛門。志木町敷島社明治五年御神燈に渋井村小泉平吉。明治三十一年蓮光寺世話人小泉次郎吉・同小泉平吉あり。十一戸現存す。

四四 同郡古谷上村(川越市) 古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷村小泉新兵衛あり。二戸現存す。

四五 同郡砂村(川越市) 氷川社明治十八年御神燈に小泉芳太郎・小泉惣吉あり。八戸現存す。

四六 同郡南田島村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に小泉卯吉・小泉岩吉あり。二戸現存す。

四七 同郡坂戸町 明治四十三年魚商小泉作造あり。

四八 飯能町 明治三十五年生糸商小泉弥市あり。

四九 比企郡老袋村(川越市) 芳野村郷土誌稿に「老袋村に旧家小泉家があった。元入間川畔にその屋敷約二町歩に及ぶ豪勢のものであったが、今は一族、他に移住す。墓地に延宝五年施主小泉五郎兵衛と刻銘されている。同家は宝暦二年当村軒別帳に小泉弥市の名あれば、他に移住したのはそれ以後のことであろう」と見ゆ。現存無し。前項は関係あるか。

五〇 横見郡中新井村(吉見町) 近江国三井寺宝永二年巡礼札に武州横見郡下吉見中新井小泉拾兵衛。薬王寺明治二十七年碑に小泉寅五郎あり。一戸現存す。

五一 熊谷町 嘉永元年文書に小泉半兵衛。私塾師匠小泉彰・号香巒は越後国出身にて、幡羅郡上須戸村の旧家小泉家を継ぎ、熊谷宿星川に芦浅水書屋を開塾し、明治十八年没・四十四歳。明治三十五年小間物商紅屋小泉金蔵・小泉三津之助あり。妻沼町上須戸に現存無し。

五二 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺嘉永六年碑に当所小泉清吉。八幡社安政六年水鉢に小泉巳之助・小泉要助、慶応三年碑に小泉升四郎。龍泉寺元治元年馬頭尊に小泉長十郎・小泉由五郎・小泉利喜蔵。明治九年戸長小泉道一.。大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に三ヶ尻村小泉清次郎。名主小泉寛則・天保十二年生は児玉郡長・北埼玉郡長・新座郡長・秩父郡長を勤る。九戸現存す。

五三 児玉町 八幡社延享二年御神燈に小泉喜右衛門あり。現存無し。

五四 児玉郡関村(美里町) 明治九年副戸長小泉芳五郎・天保十年生あり。十二戸現存す。

五五 秩父郡大宮町 明治三年小間物商小泉徳太郎・五十二歳。明治三十五年小間物商小泉要三郎あり。

五六 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に新木西組小泉春吉あり。四戸現存す。

五七 同郡大滝村 天保三年小双里組鎮守宮寄進覚に三十場小泉藤治郎、明治四年に三十場小泉慶治郎あり。現存無し。

五八 同郡横瀬村 当村に此氏多く存す。奥社貞享三年鐘銘に施主小泉氏。松本家日記に「宝永七年、横瀬村小泉佐市右衛門。正徳二年、横瀬村小泉佐重郎」。守屋文書に「文政四年、神楽役小泉兵庫藤原久行。文政六年、神楽役小泉伊勢助藤原豊久」。三ヶ尻村龍泉寺天保九年筆子碑に秩父郡横瀬村小泉久兵衛。西善寺弘化二年再建に檀中小泉惣之丞・小泉善兵衛。安政六年横田文書に組頭小泉嘉兵衛、組頭小泉嘉市。慶応三年根古屋名主小泉治右衛門。明治九年副戸長小泉嘉市・天保六年生。明治十四年神輿寄付連名帳(柳生気楽流、町田包治著)に「一番耕地根古屋・小泉市四郎・小泉伊之助・小泉広吉・小泉九蔵・小泉安蔵・小泉喜助・小泉志加、二番耕地根古屋・小泉亀三郎・小泉嘉蔵・小泉勝太郎・小泉佐太郎・小泉染吉・小泉金作・小泉捷十郎・小泉貞助・小泉治三郎・小泉覚造・小泉巳之五郎・小泉吉五郎・小泉林治・小泉六作、三番耕地根古屋・小泉喜平・小泉仁三郎、八番耕地宇根・小泉藤太郎・小泉近蔵・小泉善兵衛・小泉信吉・小泉愛之助・小泉庄助、九番耕地宇根・小泉鍋三郎、十六番耕地川西・小泉丈作・小泉佐四郎・小泉忠三郎・小泉米吉・小泉馬造・小泉清三郎・小泉市之丞、十七番耕地川西・小泉弥市」あり。

五九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・小泉庄八・百六十四円・八十四円、小泉助蔵・十一円・三十六円、小泉清長・十五円、小泉重蔵・十三円、南平柳村(川口市)・小泉四郎右衛門・十八円・四十七円、与野町・小泉太郎兵衛・三十四円・七十円、大宮町・小泉栄助・二十五円・二十二円、所沢町・小泉政五郎・十九円、越ヶ谷町・小泉市右衛門・二百九十七円、小泉きく・十六円、熊谷町・小泉亀太郎・五十五円・六十四円、秩父町・小泉国平・九十五円・八十四円、横瀬村・小泉嘉之助・九十円・三十円、小泉逸作・八十一円」あり。 

小和泉 コイヅミ 小泉におなじ。

一 河原党小和泉氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月、惣侍列位・小和泉金平太、是は河原太郎家の武家法令也」と見ゆ。

古泉 コイヅミ 各市町村に存す。千葉県木更津市二十四戸、新潟県中蒲原郡亀田町六十四戸あり。

巨泉 コイヅミ 越谷に存す。

小出水 コイヅミ 春日部、入間に存す。

小出水満 コイヅミ 越谷に存す。

小出 コイデ ○群馬県高崎市三十三戸、前橋市三十五戸。○栃木県那須郡那須町十六戸、西那須野町二十三戸。○千葉県市原市二百九十戸。○長野県上高井郡高山村二十一戸、埴科郡戸倉町二十八戸、坂城町三十一戸、東筑摩郡明科町二十三戸、飯山市三十六戸、更埴市三十四戸、上田市七十七戸、駒ヶ根市七十三戸。○新潟県中蒲原郡村松町三十一戸、西蒲原郡巻町二十六戸、南魚沼郡塩沢町二十二戸、新津市五十九戸、見附市四十戸、上越市五十戸、三条市百戸。○宮城県登米郡東和町四十戸、古川市二十六戸あり。

一 羽生・騎西藩大久保氏家臣 小田原藩文書に「忠職代出仕・騎西取立、本国上総生国相模・四十石・小出鉄三郎、子半三郎・弘化三年生」あり。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「六石三人扶持・小出市十郎」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「諸奉行・二百石・村上取立・小出辰右衛門、医師・十五人扶持・小出□斎」。万延二年に「御馬廻・百石・小出状太郎、総領小出勝太、医師・十五人扶持・小出優吉」あり。 

四 関東郡代伊奈氏家臣 元禄頃に小出三郎右衛門あり。

五 葛飾郡横堀村(三郷市) 御嶽社享保元年庚申塔に小出勘吉あり。二戸現存す。

六 同郡幸房村(三郷市) 幸房村開発人書上に「慶長十年より延宝元年迄六十九年に成、此節御縄請、柿ノ木村東善寺小出八之助」あり。現存なし。草加市柿ノ木東善寺旦那なり。

七 同郡関宿向下河岸(幸手市) 浅間社天明二年庚申塔に小出源左衛門、文政四年二十三夜塔に関宿向下河岸小出与右衛門、嘉永二年庚申塔に小出与次右衛門・小出亀吉あり。現存無し。

八 埼玉郡道目村(大利根町) 鷲大神社文政七年庚申塔に小出万治郎、明治十二年浅間碑に小出藤治郎・小出良助あり。五戸現存す。

九 同郡下新井村(大利根町) 明治九年戸長小出吉之丞・文政五年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に下新井村小出吉之丞あり。四戸現存す。

一〇 志木町 不動堂明治十四年不動尊に志木宿小出定吉。明治三十一年中野組小出留蔵あり。二戸現存す。

一一 入間郡入間川町(狭山市) 明治三十五年蹄鉄工小出定吉あり。一戸現存す。

一二 高麗郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山中町小出藤左衛門あり。一戸現存す。

一三 秩父郡小鹿野町 明治二十年上二丁目小出弥作。明治三十五年酒造業山本屋小出銀治郎。昭和三年興信録に小出銀治郎・所得税九十二円・営業税六十一円あり。二戸現存す。

一四 同郡贄川村(荒川村) 昭和三年興信録に白川村・小出彦太郎・所得税十三円・営業税三十九円あり。一戸現存す。

一五 同郡上名栗村 小名小出より起る。風土記稿上名栗村条に「旧家者村民弥次郎、小出を氏とせり。信濃守某往昔ここに忍び居しが其後裔なりと云ふ。今居住の地をも小名に小出と呼べり」と見ゆ。明治維新の時に本名に復姓したか。現存無し。

古出 コイデ 大井に存す。

肥出 コイデ 深谷城士にて、深谷記に「深谷よりは井草左衛門尉殿手に肥出五郎左衛門等、甲州衆の首取り、左衛門尉殿へ差し上げる」と見ゆ。

小井出 コイデ 川口、浦和、草加、入間、狭山等に存す。

小井手 コイデ 入間、川越、上福岡等に存す。

小出沢 コイデサワ 長野県南安曇郡安曇村九戸あり。

一 大宮町 昭和三年興信録に小出沢丑太郎・所得税十七円あり。

小糸 コイト 小井戸は小江戸とも書き、越戸(コイト、コエト)にて海洋民の越(コシ)族なり。 

一 新座郡野火留宿(新座市) 小名西堀村に此氏多く存す。当村宝暦五年万霊塔に西堀村同八軒願主小糸清兵衛、嘉永五年供養塔に小糸繁太郎。明治九年西堀村戸長小糸仲次郎・嘉永四年生。明治十六年西堀村物産表に小糸伊之八・小糸仙太郎・小糸仲右衛門・小糸卯太郎・小糸音五郎・小糸勘蔵・小糸万蔵あり。

二 比企郡上押垂村(東松山市) 明治六年下押垂村反別帳に上村小糸勇七あり。四戸現存す。

三 同郡野田村(東松山市) 当村延宝八年庚申塔に下野田村小糸惣右衛門あり。現存無し。

越渡 コイト 川口、蕨等に存す。

鯉登 コイト 浦和、新座、宮代等に存す。前橋市十戸あり。

小井戸 コイド 足立郡新堀村字小井戸は越戸とも書き、コユドと註す。同郡慈林村字小井戸、新座郡上新倉村字小井戸あり。葛飾郡佐左衛門村の小江戸氏は小井戸とも書く。群馬県富岡市二十四戸あり。

一 賀美郡小浜村(神川町) 小松神社明治二十九年碑に小井戸清七・小井戸充十郎・小井土松五郎、明治四十年碑に小井戸松五郎・小井土勝五郎あり。小井戸氏二戸、小井土氏一戸現存す。

小井土 コイド 高麗郡脚折村慶安元年検地帳に字小井土あり、今は越戸(コエド)と書く。群馬県甘楽郡下仁田町九十戸、富岡市二十戸、長野県小県郡丸子町二十三戸あり。

古井戸 コイド 各市町村に存す。群馬県多野郡吉井町十戸、富岡市八戸。

五位戸 ゴイド 入間郡宗岡村字五位戸あり。

小伊藤 コイトウ 入間に存す。

濃沼 コイヌマ 小川に存す。

肥沼 コイヌマ 肥(コイ、コエ)は越(コイ、コエ)の佳字にて、海洋民越(コシ)族なり。沼(ヌ、ノ)はノで助辞なり。東京都東村山市六十四戸あり。コエヌマ、ヒヌマ参照。 

一 大宮町 明治三十五年旅人宿肥沼隆太郎あり。現存無し。

二 与野町 明治三十五年人力車業肥沼仲次郎あり。現存無し。 

三 志木町 敷島社明治八年志木宿河岸船中・当所肥沼幾次郎。明治十五年北広堂碑名簿に肥沼喜代蔵。明治三十五年蕎麦屋橋本屋肥沼三五郎あり。一戸現存す。

四 入間郡所沢町 当町及び上新井村に此氏多く存す。狭山の栞に「上新井村之内河原宿、当地に肥沼弥次郎といへる者あり、天正十八年七月小田原攻めの時、蜂須賀阿波守・中仙道より当地へ来り、弥次郎宅に旅泊す」と見ゆ。土豪なり。所沢町薬王寺享保元年地蔵尊に肥沼平兵衛・肥沼兵左衛門。所沢町実蔵院宝暦五年碑に所沢村肥沼次右衛門・肥沼忠右衛門。明治七年所沢町議定書に肥沼武兵衛・肥沼りい・肥沼秀五郎・肥沼平右衛門・肥沼鉄蔵・肥沼彦兵衛・肥沼つや・肥沼勘次郎・肥沼文次郎・肥沼代五郎・肥沼次郎左衛門・肥沼甚五兵衛・肥沼伊助・肥沼藤八・肥沼喜兵衛・肥沼平兵衛。明治九年所沢町副戸長肥沼平兵衛・享和元年生。本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿二番組肥沼武兵衛・肥沼平兵衛、河原宿肥沼美之助、明治十年供養塔に所沢町肥沼巳之助。明治二十一年幼稚園名簿に肥沼熊次郎・明治十六年生、肥沼伊三郎・同年生、肥沼才平・明治十七年生、肥沼幸平・同年生、肥沼新三郎・同年生、肥沼丑之助・同年生、肥沼清次郎・同年生、肥沼新平・明治十八年生、肥沼政吉・同年生。明治三十五年生糸商肥沼八五郎・糸繭商肥沼源蔵・茶商肥沼幾太郎・提灯商肥沼半蔵・足袋商肥沼登一.。明治四十三年上町肥沼源吉・上仲町肥沼新平・河原宿肥沼伊勢松。昭和三年興信録・所得税に「所沢町・肥沼新平・六十円、肥沼源吉・十六円、肥沼源次郎・九円、吾妻村(所沢市)・肥沼亞久利・百七円、肥沼松五郎・十二円」あり。

五 同郡下新井村(所沢市) 明治二十七年鉄道敷設請願書に肥沼権次郎・嘉永二年生あり。現存無し。

六 同郡久米村(所沢市) 明治二十四年選挙録に肥沼忠左衛門・肥沼伊之助・肥沼定七.。八幡社明治三十九年碑に肥沼太助あり。五戸現存す。

七 同郡北野村(所沢市) 当村に此氏多く存す。正徳四年北田文書に宮座々配・肥沼五郎左衛門。久米村長久寺万延元年宝篋印塔に北野村肥沼勇右衛門。全徳寺文久三年地蔵尊に東内手肥沼喜三郎。明治三年議定書に「小林領・肥沼豊八・肥沼庄兵衛、花井領上組・肥沼仙蔵・肥沼宇平次・肥沼喜三郎・肥沼権左衛門、花井領下組・肥沼七郎右衛門・百姓代肥沼五郎左衛門」。明治八年狭山学校議定証に肥沼清太郎・肥沼七郎平・肥沼伊三郎・肥沼倉蔵・肥沼初五郎・肥沼五郎吉。天神社明治三十三年碑に当所肥沼信吉、明治四十年碑に当所肥沼重次郎・肥沼周蔵・肥沼喜代蔵。堀口村天神社明治四十年碑に北野肥沼竹次郎。久米村水天宮明治四十一年碑に北野肥沼伴次郎あり。

八 同郡北秋津村(所沢市) 当村に此氏多く存す。日月神社明治八年水鉢に当村肥沼五郎右衛門。本郷村東福寺明治九年常夜燈に秋津村肥沼要吉・肥沼市太郎。久米村水天宮明治四十一年碑に北秋津肥沼定七あり。

九 多摩郡南秋津村(東村山市) 当村に此氏多く存す。北秋津村持明院宝暦四年地蔵尊に南秋津村肥沼平蔵あり。

一〇 高麗郡柏原村(狭山市) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

鯉沼 コイヌマ 足立郡花野木村字鯉沼・別所村字鯉沼・常光村字鯉沼(鴻巣市)は古の村名にて、風土記稿に沼に非ずと見ゆ。肥沼に同じにて越(コシ)族の居住地か。赤堀川の新鯉沼橋附近なり。群馬県邑楽郡明和町十七戸、栃木県下都賀郡岩舟町十二戸、藤岡町十五戸、壬生町四十戸、茨城県久慈郡大子町十二戸あり。

一 足立郡塚本村(浦和市) 神明社明治二十九年敷石碑に鯉沼銀蔵あり。七戸現存す。

二 同郡大宮町 明治三十五年旅宿鯉沼キク・煙草商鯉沼ソヨあり。

三 同郡中小村田村(大宮市) 薬師堂正徳三年供養塔に鯉沼作兵衛あり。八戸現存す。

四 高麗郡飯能町 明治十四年飯能村鯉沼半左衛門。昭和三年興信録に鯉沼金太郎・所得税二十六円・営業税三十円あり。五戸現存す。

五 同郡台村(日高市) 安政五年伊勢講中連名帳に台村鯉沼忠次郎。明治十九年貯蓄組合鯉沼貫斎・鯉沼寅吉あり。九戸現存す。新井条三百六十六項参照。 

六 幡羅郡葛和田村(妻沼町) 大野村稲荷社安政二年水鉢に鯉沼栄助あり。現存無し。

小井沼 コイヌマ 栃木県下都賀郡藤岡町八戸あり。オイヌマ参照。

一 入間郡北入曽村(狭山市) 明治二十五年入間川町地租額調に北入曽村小井沼彦右衛門。南入曽村入間野神社明治四十年碑に入間村小井沼鯉之助・小井沼彦三郎あり。七戸現存す。

古稲 コイネ 和光、宮代等に存す。

濃野 コイノ 深谷に存す。

五井野 ゴイノ 浦和、宮代、鷲宮、狭山等に存す。新潟県上越市十一戸、柏崎市九戸あり。

五位野 ゴイノ 与野、戸田、草加、三郷、坂戸、鶴ヶ島、行田等に存す。

一 熊谷町 賢勝院明治十四年妙法講に当駅五位野初太郎あり。現存無し。

鯉渕 コイブチ 各市町村に存す。

鯉淵 コイブチ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡益子町十二戸、茨城県久慈郡金砂郷町三十四戸、那珂郡大宮町十七戸、東茨城郡常北町三十六戸、桂村二十三戸、西茨城郡友部町十七戸、真壁郡真壁町十四戸、水戸市百戸あり。

五井渕 ゴイブチ 川口、大宮、上尾、久喜等に存す。

五位渕 ゴイブチ 鴻巣、八潮等に存す。

五位淵 ゴイブチ 所沢に存す。茨城県那珂郡大宮町六戸、緒川村十二戸、ひたちなか市二十戸あり。

小今井 コイマイ 川口、越谷等に存す。

古井丸 コイマル 大宮、春日部、八潮、川越、本庄等に存す。新潟県三島郡三島町六戸あり。

小岩 コイワ 長野県更埴市二十四戸、新潟県北魚沼郡守門村二十三戸、宮城県桃生郡矢本町十六戸、栗原郡金成町十一戸、志波姫町十五戸、岩手県西磐井郡花泉町二十六戸、東磐井郡千厩町四十戸、室根村十二戸、一関市二百四十戸あり。

一 比企郡大塚村(川島町) 諏訪社天保三年御神燈に河岸・小岩金右衛門・小岩喜助。釘無村明治十九年馬頭尊に大塚村小岩善八あり。五戸現存す。

古岩 コイワ 上里に存す。

小巌 コイワ 狭山に存す。岩手県一関市七戸あり。

小祝 コイワイ 川口、鴻巣、白岡、新座、川越、所沢等に存す。茨城県結城郡八千代町八戸、常陸太田市三十五戸あり。

小岩井 コイワイ 高麗郡小岩井村(飯能市)あり。東京都あきる野市二十一戸、長野県松本市百六十戸あり。

一 松山城士の小岩井氏 中山家譜に「前田利家、小田原城を攻める時に其部下金子紀伊守・小岩井雅楽助あり」と。雅楽助は中山勘解由左衛門家範の軍取法の高弟なり。大河原文書に「松山の降人・小岩井雅楽助」と。風土記稿には小倉井雅楽助と見ゆ。高麗郡小岩井村より起る氏にて、本名小倉(コグイ)氏なり。オグライ、コグイ条参照。

二 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「二百石・小岩井吉右衛門」あり。

三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御馬廻・七十石・小岩井甚之允」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「三十俵二人扶持・小岩井吉太夫」あり。

五 葛飾郡築比地村(松伏町) 下香取社安永七年庚申塔に小岩井吉重郎、享和元年庚申塔に小岩井山三郎、文化五年庚申塔に小岩井権治郎・小岩井利兵衛、天保十年庚申塔に小岩井弥吉・小岩井山三郎・小岩井作右衛門、文久二年庚申塔に小岩井治郎右衛門・小岩井安左衛門・小岩井伝四郎、明治十六年浅間碑に小岩井弥吉・小岩井兼吉。栄光院文政五年大黒碑に下・小岩井吉右衛門あり。七戸現存す。

六 同郡魚沼村(松伏町) 築比地村下香取社明治十六年浅間碑に魚沼村小岩井治郎右衛門あり。前項参照。現存無し。

七 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺江戸末期庚申塔に小岩井徳兵衛あり。一戸現存す。

八 入間郡入間川町(狭山市) 八幡社明治四十二年碑に入間川町小岩井辰五郎あり。一戸現存す。

九 高麗郡仏子村(入間市) 明治二十年納税書に小岩井忠五郎・小岩井峰造あり。七戸現存す。

一〇 同郡上鹿山村(日高市) 明治四十一年氏子総代小岩井徳次郎あり。二戸現存す。

一一 同郡中鹿山村(日高市) 明治九年戸長小岩井小一郎・天保五年生。明治三十六年絹織物業小岩井利重あり。十一戸現存す。

一二 横見郡上砂村(吉見町) 氷川社明治二十九年御神燈に小岩井六右衛門・小岩井宝太郎あり。三戸存す。

古岩井 コイワイ 白岡、春日部、久喜、大利根、八潮、庄和等に存す。

小岩屋 コイワヤ 上福岡に存す。

甲 コウ 所沢に存す。カノエ参照。

黄 コウ 風土記稿足立郡上戸田村条に「海禅寺の開山は建長寺十一世大通禅師にて徳治元年十月二十八日寂す。禅林僧伝を閲するに禅師は諱子曇西澗と号す。台州仙居の人にて俗姓は黄氏なり。正安元年北条貞時の請によりて本朝に来り」と見ゆ。

高 コウ 高麗族に此氏多くあり。姓氏録に「高、高麗国人高金蔵の後也」等見ゆ。高句麗は平壌遷都以後、広開土王(好大王)の子長寿王の頃に官僚組織が整備され、五部制を実施した。畿内には桂婁(けいろ)部を内部(黄部)、涓奴(けんぬ)部を西部(右部)、絶奴(ぜつぬ)部を北部(後部)、順奴(じゅんぬ)部を東部(左部)、灌奴(かんぬ)部を南部(前部)とした。王は桂婁部の高氏が世襲す。姓氏録に「後部高、高麗国人後部高千金の後也」。「後部高、高麗国人後部乙牟の後と云へり」と。天平宝字元年紀に「後部高笠麻呂」。「高麗人後部高呉野に姓を、大井連と賜ふ」。天平宝字五年紀に「高麗人前部高久信に姓を、福当連と賜ふ」と見ゆ。信濃国に多く渡来す。延暦八年五月紀に「信濃国筑摩郡人外少初位下後部牛養、無位宗守、豊人等、姓を田河造と賜ふ」。延暦十八年十二月紀に「信濃国人外従六位下封婁真老、後部黒足、己等の先は高麗人也。黒足等に、姓を豊岡と賜ふ」と見ゆ。コマ条参照。また、加耶地方の安羅国渡来人の漢族坂上系図に「桧前村主の祖は高姓也」と見ゆ。コウノ、タカノ参照。

一 高階姓高氏 高階を略して高と称す。高文書に「正平七年、領地武蔵国戸森郷(比企郡川島町)、小江郷、高尾張権守師業」。「足利成氏は、高民部少輔師久に比企郡今泉郷(東松山市)は、永享の乱期まで知行の由申しげ候」と見ゆ。

二 熊谷町 明治三十五年下駄商高仙助あり。現存無し。

三 那賀郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・高安太郎あり。現存無し。

江 ゴウ 吾妻鑑卷三十六に江石見前司能行あり。入間郡久米郷の平塚氏は能行の後裔と称す。江(え)条二項、平塚条参照。

郷 ゴウ 葛飾郡上口村字郷、番匠免村字郷、男衾郡小江川村字郷あり。各市町村に存す。新潟県三島郡越路町四十八戸、小千谷市三十戸、福島県石川郡石川町三十四戸、白河市三十戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「諸奉行・百石・白川取立・郷新平」。万延二年に「御馬廻・八十石・郷延吉」あり。

光位 コウイ 鶴ヶ島に存す。

厚井 コウイ 新座、春日部等に存す。

講井 コウイ 三郷に存す。

甲池 コウイケ 気楽流柔術横瀬村加藤門弟に秩父郡大宮町甲池酉之助あり。九戸現存す。

甲石 コウイシ 所沢に存す。

興石 コウイシ 戸田、上福岡等に存す。

郷右近 ゴウウコン 川口、浦和、大宮、白岡、所沢、江南等に存す。ゴウコン参照。

高内 コウウチ 与野町氷川社元文四年御神燈に高内虎松あり。現存無し。

幸内 コウウチ 春日部、狭山等に存す。

香内 コウウチ 上尾に存す。福島市二十戸あり。

講内 コウウチ 行田、妻沼等に存す。

小植 コウエ 忍城士にて、成田分限帳に「十五貫文・小植九郎兵衛」あり。

高円 コウエン 上尾に存す。

高縁 コウエン 川越に存す。

幸尾 コウオ 越谷に存す。

甲賀 コウガ 各市町村に存す。福島県東白川郡棚倉町二十六戸あり。

光賀 コウガ 三郷、鷲宮等に存す。

江夏 ゴウカ 三芳、深谷等に存す。

幸加木 コウカキ 入間に存す。

幸頭 コウガシラ 与野に存す。

甲方 コウカタ 川越に存す。

幸形 コウカタ 上尾に存す。

国府方 コウカタ 江戸図に「国府方、青山辺有此名、一書云在青山長者丸、一書に笄橋(こうがいばし)は国府ヶ谷橋の訛」。江戸城西方の土橋の注記に「国府方より角筈へ出、甲州道四つや道」と見ゆ。小田原役帳に江戸国府方と見ゆ。今の千代田区麹町なり。此の地より豊島氏族国府方氏が起る。紀州熊野那智山米良文書(室町時代)に「としま名字之かき立、江戸こう方殿」と見ゆ。

鴻上 コウガミ 上尾、越谷、東松山等に存す。

幸川 コウカワ 志木に存す。

香木 コウキ 所沢に存す。

行木 コウキ 和光に存す。ナメキ参照。

黄木 コウキ 小川、横瀬等に存す。

幸喜 コウキ 新座、久喜、川越、富士見、三芳等に存す。

高亀 コウキ 和光に存す。

恒儀 コウギ 比企郡に恒儀社あり。アラハバキ条参照。

鴻茎 コウグキ 埼玉郡鴻茎村(騎西町)あり。当村寿昌寺安永七年供養塔に埼玉郡鴻箇茎邨とあり。隣村芋茎村字戸塚医王寺弘治二年薬師如来坐像に武州鴻茎郷戸塚村医王寺と銘あり。

工口 コウクチ 浦和に存す。

高口 コウクチ 上尾、越谷、草加、三郷、所沢、日高、鳩山等に存す。

幸口 コウクチ 大宮に存す。

小請 コウケ 浦和に存す。

江家 ゴウケ 飯能に存す。

高下 コウケ 志木、東松山等に存す。香下(コウシタ)、タカシタ参照。

高家 コウケ 加須に存す。

古家 コウケ 富士見に存す。

郷家 ゴウケ 川口、春日部、川本等に存す。宮城県宮城郡利府町二十八戸、塩釜市十六戸、多賀城市十戸あり。

交告 コウケツ 川口、和光、所沢等に存す。

纐纈 コウケツ 栃木県那須郡西那須野町五戸、長野県飯田市九戸あり。

一 本庄町 明治四年諸井文書に台町纐纈吉五郎あり。一戸現存す。

高源 コウゲン 富士見に存す。

江湖 ゴウコ 桶川、蓮田等に存す。

高後 コウゴ 大宮、春日部、越谷等に存す。

向後 コウゴ 各市町村に存す。茨城県鹿島郡神栖町十八戸、波崎町十七戸、千葉県海上郡飯岡町百八十戸、海上町四十六戸、香取郡小見川町六十八戸、東庄町三十六戸、匝瑳郡光町八十戸、山武郡横芝町十五戸、八日市場市六十戸、銚子市百八十戸あり。

郷古 ゴウコ 上尾、桶川、北本、久喜、草加、富士見等に存す。宮城県多賀城市二十八戸、塩釜市二十五戸あり。

光郷 コウゴウ 春日部に存す。 

郷右近 ゴウコン 岩槻、狭山等に存す。宮城県宮城郡利府町十四戸、岩手県胆沢郡前沢町七戸、水沢市十六戸あり。ゴウウコン参照。

甲佐 コウサ 坂戸に存す。

小宇佐 コウサ 上尾に存す。

高座 コウザ 越谷に存す。

香西 コウサイ 各市町村に存す。福島県郡山市三十一戸あり。カサイ参照。

高斎 コウサイ 杉戸に存す。

鴻齋 コウサイ 三郷に存す。

上坂 コウサカ 浦和、戸田、春日部、越谷、熊谷等に存す。ウエサカ参照。

上阪 コウサカ 川口、川越、所沢等に存す。

向坂 コウサカ 浦和、桶川、春日部、越谷、所沢等に存す。

向阪 コウサカ 久喜に存す。

香坂 コウサカ 各市町村に存す。

幸坂 コウサカ 各市町村に存す。

紺坂 コウサカ 埼玉郡長野村(行田市)長久寺十二天屏風に「右此十二天者、越後国上田庄泉田生所人(魚沼郡六日町)、菅原氏紺坂中納言阿遮梨愛厳二十歳初染筆、永正十二年八月」あり。長野村及び六日町に現存無し。

高坂 コウサカ 比企郡高坂村はタカサカ条参照。群馬県前橋市百戸、長野県上伊那郡飯島町二十四戸、下伊那郡阿智村二十七戸、駒ヶ根市二十五戸、伊那市二十一戸、青森県上北郡六戸町四十戸、東津軽郡平舘村十七戸、八戸市五十戸、青森市三百九十戸あり。

一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「六両二人扶持・高坂治助、五両二人扶持・高坂武兵衛」あり。

二 埼玉郡埼玉村(行田市) 当村に此氏の旧家あり。三戸現存す。

三 入間郡黒岩村(越生町) 石井家筆学門人帳に弘化四年・黒岩村高坂八十八、慶応元年・村・高坂音吉・六歳。成瀬村見正寺筆子碑に黒岩村高坂八十八あり。二戸現存す。

四 比企郡月輪村(滑川町) 当村に此氏多く存す。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑に月ノワ・高坂縫之助・高坂徒之助あり。

高阪 コウサカ 浦和に存す。青森県南津軽郡碇ヶ関村十六戸あり。

郷坂 ゴウサカ 忍藩阿部氏家臣にて、宝永七年秩父松本文書に「殿様入秩(阿部正喬)、郷坂勘太夫・御陣屋へ罷越」と見ゆ。秩父代官なり。

香崎 コウサキ 草加町に此氏の旧家あり。六戸現存す。

甲崎 コウサキ 川口、春日部等に存す。群馬県沼田市八戸あり。

光崎 コウサキ 所沢に存す。

光嵜 コウサキ 熊谷に存す。

高崎 コウサキ 上福岡、嵐山に存す。

幸崎 コウサキ 朝霞、戸田等に存す。青森県八戸市十戸あり。

神崎 コウサキ 川口、吉川、杉戸、川越、狭山、日高等に存す。

神前 コウサキ 浦和、上尾、朝霞、所沢、新座、春日部、三郷等に存す。

上指 コウサシ 加須に存す。

高佐須 コウサス コサス参照。

幸沢 コウサワ 上尾に存す。

光沢 コウサワ 長野県下伊那郡高森町十三戸あり。

光澤 コウサワ 坂戸に存す。

合沢 ゴウサワ 秩父郡大淵村(皆野町)に四戸現存す。国神神社明治三十四年碑に大淵村合沢平吉あり。アイザワ参照。

糀 コウジ 九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に「糀ノ里、糀日ノ里」あり。大里条参照。葛飾郡清地村字糀町、入間郡水子村字糀島、高麗郡下大谷沢村字糀室あり。川口、川越等に存す。鳥取市十三戸あり。

好士 コウシ 富士見に存す。

高志 コウシ 宮代に存す。タカシ参照。

閤師 コウシ 八潮に存す。

光司 コウシ 深谷に存す。

小路 コウジ 川口、浦和、大宮、新座、三郷、入間、所沢等に存す。千葉県夷隅郡大原町十戸あり。

幸路 コウジ 浦和、大宮等に存す。コウロ参照。

孝治 コウジ 大宮、鶴ヶ島等に存す。

合志 ゴウシ 浦和、上尾、鴻巣、朝霞等に存す。

郷司 ゴウシ 足立郡安行領根岸村字郷司沼、入間郡片柳村字郷司、宗岡村字ゴウジあり。鳩ヶ谷、草加、所沢、上福岡、志木等に存す。

好士崎 コウシザキ 狭山に存す。

香下 コウシタ 鴻巣に存す。

一 鉢形城士の香下氏 秩父郡金沢村(皆野町)四方田政右衛門文書に「天正十七年己丑極月二十二日、知行方、十貫四百文・本領、五百文・阿なしの内山田屋敷、三貫四百文・皆野之内由木分、二貫文・金屋之内不動分、七百文・末野之内山田屋敷、以上二十一貫五百文本領。八貫文・須川弥七郎分阿はの根、十六貫三百文・津戸分秋山之内、以上二十四貫三百文前々築地分。合四十五貫八百文。右地出置候、然者四方田知行一騎をつぶし可出事、不及覚悟候、度々佗言申候之間、遣候、於何事も無々沙汰可走廻。着到小旗一本、鑓一本、一人手振、一騎馬上、以上四人に相定者也、仍如件。香下源左衛門尉殿」と、北条氏邦印判状なり。皆野村大浜円福寺香下氏墓所に古き五輪塔あり。皆野村万福寺過去帳に「松樹道運・大浜・香下忠左衛門・寛永二十年」と。円福寺弘化四年寄進帳に「皆野村名主小池市郎右衛門兼帯高下与市跡・高下忠左衛門」とあれば、香下家は此頃に没落して、名主が代弁したか。香下源左衛門尉は四方田源左衛門尉家の出身か。当地方に香下氏は現存無し。

神品 コウシナ 日高に存す。

神志那 コウシナ 桶川、熊谷等に存す。

幸島 コウシマ 各市町村に存す。千葉県香取郡多古町十戸。サジマ参照。

香嶋 コウシマ 春日部に存す。

鴻島 コウシマ 春日部、越谷等に存す。

神島 コウシマ 深谷に存す。カミジマ参照。

昂島 コウシマ 天正十八年松山籠城に昂島九左衛門・昂島孫左衛門あり。

合嶋 ゴウシマ 川越に存す。

柑本 コウジモト 川口に存す。

糀谷 コウジヤ 入間郡糀谷村(所沢市)あり。小名には、足立郡片柳村字糀谷、本郷村字糀谷、中分村字糀谷、山村字糀谷、千駄村字糀ヶ谷戸、高麗郡平松村字糀ヶ谷戸、比企郡今福村字糀谷、土塩村字広地家、横見郡上細谷村字糀屋方、黒岩村字糀ヶ谷、幡羅郡西別府村字かうぢ屋ヶ谷戸、秩父郡上田野村字糀屋あり。栃木県今市市七戸存す。

一 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「道善・カウシヤノ女・巳年八月」あり。入間郡糀谷村住人なり。

二 入間郡北野村(所沢市) 天神社安政六年算額に糀谷歳次郎重成あり。現存無し。糀谷村の神主か。 

甲州 コウシュウ 川口、戸田、北本、岩槻、越谷、坂戸等に存す。

江州 ゴウシュウ 春日部、吹上に存す。

幸正 コウショウ 戸田、鳩ヶ谷、入間等に存す。

香焼 コウショウ 千葉県長生郡睦沢町八戸あり。コウタキ参照。

神白 コウシロ 新座に存す。

神代 コウシロ 川口、大宮、久喜等に存す。カコダイ、カミシロ参照。

香城 コウシロ 与野に存す。

高城 コウシロ 幡羅郡永井太田村字高城(妻沼町)は、鷹書奥書(天理大学所蔵)に「永禄五年卯月五日、武蔵国長井之庄吉田鴻城之住・源朝臣児玉遠江守次男児玉玄蕃助経平」と見ゆ。比企郡柏崎村字鴻城あり。タカギ、タカシロ参照。

一 斎藤氏家臣の高城氏 武乾記に「幡羅郡永井太田村は、永井の別当斎藤実盛と云ふ武士の住せし所なり。今小名を高城と云所に住せしなり、是永井庄司なるべし」と。家臣の高城氏のことなり。斎藤実盛伝に「実盛の臣に高城宗近あり、十八人衆といわれる開拓者の子孫なり」と見ゆ。斎藤条二百二十五項参照。

荒神 コウジン 東松山に存す。

講神 コウジン 飯能に存す。

光頭 コウズ 八潮、吉川等に存す。

神頭 コウズ 浦和、上尾、熊谷等に存す。コウヅ参照。

神津 コウズ 杉戸、入間等に存す。コウヅ参照。

高津 コウズ 熊谷に存す。コウヅ参照。

光菅 コウスガ 所沢、草加、八潮等に存す。栃木県芳賀郡二宮町十戸あり。

上月 コウズキ 川口、与野等に存す。コウヅキ参照。

神瀬 コウセ 所沢に存す。

合瀬 ゴウセ 上尾、熊谷等に存す。 

強瀬 ゴウセ 榛沢郡普済寺村(岡部町)に旧家一戸存す。コワセ参照。

光前 コウゼン 東松山に存す。

興膳 コウゼン 岩槻に存す。

高専寺 コウセンジ 川越に存す。

高祖 コウソ 岩槻、草加、狭山、大井等に存す。

向島 ゴウソ 榛沢郡中瀬村字向島(深谷市)は古の村名にて、不動堂安永六年庚申塔に中瀬村之内郷惣あり。

高僧 コウソウ 和光に存す。

河添 コウゾエ 戸田に存す。

香曽我 コウソガ 白岡、松伏等に存す。

香曾我部 コウソカベ 春日部、鷲宮等に存す。

香則 コウソク 川口、越谷等に存す。

孝速 コウソク 岩槻藩板倉氏家臣にて、天和二年岩槻藩分限帳に「十五石・孝速弥左衛門」あり。

香園 コウソノ 川越に存す。

郷園 ゴウソノ 狭山に存す。

古田 コウダ 熊谷に存す。フルタ参照。

耕田 コウダ 埼玉郡鷲宮村の土豪なり。鷲宮神社文書に「針谷重左衛門国重(嘉元二年没、母耕田主税之助娘)。社領鷲宮村の内・新井中島両郷支配は針谷太郎房次より永和二年丙辰九月に下新井の耕田権平真忠に渡す。房次の子針谷重郎左衛門重村(永享十二年没、母耕田右馬之助守久娘)。重村の孫針谷重郎左衛門重芳(応仁十六年没、母耕田青木之助娘)。神主細萱家十六騎の内に耕田采女(草創先祖、法名道憲・慶長十九年十二月死・行年八十一歳、霊樹寺に葬る)。針谷重左衛門重長(寛永八年没、母耕田清氏娘)。元禄四年名主耕田権兵衛は、永和二年下新井中島両村名主耕田権平真忠の子孫なり」と見ゆ。現存無し。

甲田 コウダ 山梨県中巨摩郡田富町十六戸、長野県上田市百二十戸、新潟県新津市三十八戸、青森県上北郡上北町十八戸、天間林村四十戸、東北町二十四戸あり。 

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御歩行目付・二十五俵二人扶持・甲田六左衛門」あり。

二 足立郡瀬崎村(草加市) 明治四十二年形附業甲田金蔵あり。現存無し。

三 入間郡川越町 御嶽社明治三十年碑に甲田久太郎。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社甲田久太郎あり。三戸現存す。

四 同郡入間川町(狭山市) 当町に此氏多く存す。徳林寺元禄二年旦那甲田拾左衛門、宝永六年常夜燈に甲田市兵衛・甲田清左衛門、延享五年涅槃図に甲田重蔵・甲田伊左衛門、寛政五年観音碑に甲田善右衛門。坂之下村天神社嘉永元年棟札に棟梁入間川村甲田平八郎藤原高寿。明治二十五年地租額調に甲田久太郎・甲田了作・甲田代次郎・甲田松吉・甲田政吉・甲田林蔵・甲田重右衛門。明治三十五年米穀商甲田増太郎・旅館甲田佐右衛門・湯屋甲田茂右衛門。八幡社明治四十二年碑に入間川町甲田宅蔵・甲田市太郎あり。

幸田 コウダ 栃木県黒磯市十四戸、茨城県北相馬郡藤代町二十戸、結城郡八千代町四十戸、下妻市二十戸、新潟県西蒲原郡吉田町五十五戸、巻町十戸あり。ユキタ参照。

一 小田原城士の幸田氏 大宮市大谷勝治郎文書に「永禄八年六月九日、河越三十三郷之内池辺郷進之候、可有知行者也、森遠江守殿、幸田源二郎奉之」。北条家奉行なり。また、奉行幸田大蔵丞の出せし文書多く見ゆ。寛政呈譜に「幸田右馬介常治(下総国猿島郡幸田に住せしより幸田と称す)―大蔵丞政治(北条氏政につかへ、天正十四年死す)―五左衛門継治(東照宮につかへ、三百五十俵を賜ふ)」と見ゆ。茨城県岩井市幸田より起る。

二 関東郡代伊奈氏家臣 元禄頃に幸田孫助あり。

三 川越町 行伝寺過去帳に「浄蓮・幸田息女」と、江戸初期なり。大仙波村浅間社天保十年御神燈に中台・幸田半次郎あり。字中台は今福村の内にあり、志義町の入会地なり。今福村に一戸現存す。

行田 コウダ 各市町村に存す。新潟県柏崎市七十四戸あり。ギョウダ参照。

一 葛飾郡千塚村(幸手市) 真乗院正徳五年鐘銘に幸田兵左衛門あり。行田氏一戸現存す。

光田 コウダ 大宮、上尾、桶川、新座、岩槻、越谷等に存す。茨城県つくば市十七戸あり。

向田 コウダ 新座、春日部等に存す。

弘田 コウダ 東松山に存す。

河田 コウダ 草加に存す。カワタ参照。

孝多 コウダ 川口、戸田等に存す。

神田 コウダ 大宮、上尾、鴻巣、朝霞、鳩ヶ谷、久喜、松伏、川越、鶴ヶ島等に存す。カンダ参照。

香田 コウダ 各市町村に存す。鳥取県日野郡溝口町九戸、米子市二十六戸あり。

黄田 コウダ 三郷に存す。

鴨田 コウダ 入間郡鴨田村(川越市)はカモダと称すが、古はカフダ(コウダ)と唱える。川越中院過去帳に「加布田一乗院、加布田勧明院」と見ゆ。両院は中院末寺にて鴨田村にあり。

鴻田 コウダ 川口、大宮、春日部に存す。茨城県真壁郡真壁町十七戸あり。

一 忍城士の鴻田氏 成田分限帳に「二十八貫文・鴻田采女」あり。別本に嶋田采女と見ゆ。

小宇田 コウダ 大宮、北本、川本等に存す。

古宇田 コウダ 各市町村に存す。茨城県真壁郡明野町七十戸、つくば市四十七戸あり。

一 岩附城士の古宇田氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、古宇田志摩守」あり。佐竹家譜に真壁郡出身と見ゆ。

国府田 コウダ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡二宮町二十七戸、茨城県真壁郡協和町十六戸、結城郡八千代町十一戸、千代川村十五戸、下妻市四十戸、下館市四十戸、つくば市三十戸あり。クニフダ、コクフダ参照。

國府田 コウダ 川口、浦和、大宮、桶川、越谷等に存す。

江田 ゴウダ 蕨、和光、入間、川越、鶴ヶ島、春日部、越谷、幸手等に存す。エタ参照。

後田 ゴウダ 大宮に存す。ゴタ参照。

合田 ゴウダ 各市町村に存す。

郷田 ゴウダ 各市町村に存す。山梨県南都留郡西桂村二十五戸あり。 

公平 コウダイラ 浦和に存す。キミヒラ、コウヘイ参照。

甲高 コウタカ 福島県いわき市五十戸あり。

高鷹 コウタカ 大宮、八潮、入間、所沢、吹上等に存す。岩手県和賀郡湯田町十一戸あり。

上滝 コウタキ 浦和、上尾、東松山、秩父等に存す。ウエタキ参照。

香焼 コウタキ 越谷に存す。

高武 コウタケ 草加、八潮、所沢等に存す。

神武 コウタケ 坂戸、所沢、春日部、越谷、羽生等に存す。カミタケ参照。

神立 コウタツ 比企郡出丸下郷(川島町)に此氏の旧家あり。三戸現存す。

高達 コウタツ 入間郡塚越村(坂戸市)に此氏多く存す。住吉神社文久三年御神燈に当所・高達丑五郎・高達善太郎・高達与重郎・高達音吉・高達安五郎あり。

向達 コウタツ

一 川越町 明治三十五年鶏玉子商向達光五郎あり。一戸現存す。

二 比企郡曲師村(川島町) 釘無村明治十九年馬頭尊に曲師村向達権五郎あり。二戸現存す。

後谷 コウタニ 川口に存す。

甲谷 コウタニ 浦和、志木、越谷、宮代、所沢等に存す。

幸谷 コウタニ 久喜に存す。

鴻谷 コウタニ 大宮に存す。

港谷 コウタニ 所沢に存す。

合谷 ゴウタニ 戸田に存す。

高田橋 コウタバシ 大宮、越谷に存す。

神足 コウタリ 川口、浦和、春日部、庄和等に存す。カンダ参照。

小内 コウチ 浦和、大宮、北本、朝霞、戸田、三郷、飯能、小川等に存す。オウチ、オナイ参照。

古内 コウチ 与野に存す。

河内 コウチ 入間郡堀口村字河内、大鐘村字河内、荒幡村字河内、戸口村字河内あり、コウチと註す。各市町村に存す。東京都府中市四十七戸、島根県鹿足郡六日市町八戸あり。カワチ参照。

一 入間郡南永井村(所沢市) 明治二十年茶業河内林蔵あり。

胡内 コウチ 越谷、三芳等に存す。

甲地 コウチ 鴻巣に存す。カツチ参照。

向地 コウチ 浦和に存す。

公地 コウチ 蓮田、鶴ヶ島等に存す。

幸地 コウチ 川口、朝霞、川越、所沢、日高、鷲宮、熊谷等に存す。千葉県山武郡九十九里町八戸あり。

光地 コウチ 坂戸に存す。

高地 コウチ 各市町村に存す。千葉県夷隅郡岬町十六戸あり。タカチ参照。

高知 コウチ 所沢に存す。タカチ参照。

合地 ゴウチ 川口に存す。

郷地 ゴウチ 埼玉郡郷地村(鴻巣市)あり、天正二年に正木丹波守が知行す。熊谷宿字郷地に熊谷氏館跡あり。埼玉郡荒木村字郷地、足立郡明用村字西郷地、入間郡新ヶ谷村字中郷地あり。東松山に存す。 

河内山 コウチヤマ 新座、越谷、上福岡、鶴ヶ島等に存す。

小団扇 コウチワ 大宮、鴻巣等に存す。

甲津 コウヅ 飯能に存す。

神津 コウヅ 各市町村に存す。山梨県東山梨郡牧丘町九戸、長野県小県郡東部町二十三戸、北佐久郡御代田町二十六戸、小諸市五十戸、佐久市二百九十戸あり。

高津 コウヅ 川口、浦和、狭山、鶴ヶ島等に存す。タカツ参照。

一 忍城士の高津氏 成田分限帳に「二十四貫文・高津弥五郎」あり。

神頭 コウヅ 新座に存す。

江津 ゴウツ 長野県北安曇郡白馬村十五戸、美麻村九戸、大町市二十戸あり。

合津 ゴウツ 各市町村に存す。長野県更級郡上山田町二十六戸、大町市四十二戸、福島県いわき市五十七戸あり。アイヅ参照。

郷津 ゴウツ 新座、岩槻等に存す。長野県南安曇郡穂高町十七戸、北安曇郡小谷村十戸、白馬村二十八戸、松川村十戸、大町市二十四戸あり。

高塚 コウヅカ 茨城県猿島郡五霞町十三戸、総和町十八戸あり。タカツカ参照。

一 埼玉郡久喜町 太田袋村琴平社文政三年水鉢に野久喜村高塚政右衛門。明治三十五年青物塩物商高塚善八あり。

二 同郡吉羽村(久喜市) 高輪寺明和六年鐘銘に吉羽村西新田・高塚平右衛門・高塚甚右衛門・高塚八右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に太田吉羽村高塚八右衛門・高塚岩右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に太田吉羽村高塚岩右衛門。明治三十年所得税下調査簿に高塚善之助・反別二十五町歩・地租百八十二円。大正十二年大地主名簿に高塚徳次郎・田二十九町五反歩・畑二十七町三反歩所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年高塚徳次郎・明治九年生・国税千九十円・県下百六十六位。昭和三年興信録に高塚徳次郎・所得税二百九十六円あり。十戸現存す。

三 葛飾郡外野村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に外野村高塚久右衛門あり。コウヅカ氏三戸、タカツカ氏二戸現存す。

四 同郡下宇和田村(幸手市) 神明社明治二十八年水鉢に当所高塚重兵衛、明治二十九年碑に高塚伝吉あり。現存無し。

五 同郡長間村(幸手市) 香取社文政十三年庚申塔に蛭子株高塚茂四郎あり。現存無し。

六 同郡関宿向下河岸(幸手市) 浅間社天保七年小御嶽碑に高塚真兵衛あり。現存無し。

七 同郡惣新田村(幸手市) 字北杉山戸隠神社宝暦六年庚申塔に高塚勘右衛門、天明三年庚申塔に高塚茂吉、文政十四年庚申塔に杉山組高塚庄兵衛・高塚理右衛門、天保九年御神燈に高塚吉兵衛・高塚利右衛門・高塚善治。字中瀬真乗院天明三年供養塔に高塚若右衛門。字沢目木天満宮寛政四年庚申塔に沢目木村高塚忠右衛門、文化六年庚申塔に高塚源治郎、文政六年庚申塔に高塚伊三郎、天保十二年庚申塔に上沢目木組高塚金蔵、明治三十五年狛犬に高塚亀蔵。字南杉山正福寺天保九年真言塔に当所高塚庄右衛門・高塚利右衛門・高塚真兵衛。字高須賀香取社明治四十年碑に上沢高塚磯右衛門。明治二十年選挙権者高塚重兵衛・天保八年生。明治三十年人名録に高塚茂十郎・天保九年生・地租二十五円、高塚亀蔵・天保七年生・地租十七円あり。三戸現存す。

庚塚 コウヅカ 志木に存す。

鴻塚 コウヅカ 妻沼に存す。

上月 コウヅキ 各市町村に存す。鳥取県八頭郡船岡町十三戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御使番・六十石四人扶持・上月瀬兵衛」あり。

二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十両五人扶持・上月藤七、銀五枚五人扶持・上月正庵」あり。

神月 コウヅキ 春日部に存す。

光月 コウヅキ 三郷に存す。

高附 コウヅキ 所沢に存す。タカツキ参照。

高槌 コウツチ 茨城県那珂郡郡東海村二十戸あり。

上妻 コウヅマ 各市町村に存す。カミヅマ参照。

香妻 コウヅマ 越谷に存す。

高妻 コウヅマ 所沢に存す。

郷田 ゴウデン 東松山に存す。

神戸 ゴウド 埼玉郡神戸村(羽生市)に高野氏(コウノ)多く存す。高ノ氏の居住地を神戸(コウド)と唱えるか。足立郡神戸村(川口市)、比企郡神戸村(東松山市)あり。足立郡芝村字神戸(川口市)は古の村名にて文政三年成就庵筆子碑に神戸と見ゆ。入間郡勝楽寺村字神戸、高麗郡下直竹村字ガウド、比企郡中尾村字神戸、桃木村字神戸、奈良梨村字神戸、横見郡黒岩村字神戸谷あり。長野県上伊那郡辰野町四十七戸、塩尻市五十五戸、松本市三十二戸、更埴市十六戸あり。カンベ参照。

一 埼玉郡神戸村(羽生市) 風土記稿に「千眼寺は万蔵院と号し、古は神戸三郎が妻薙染して如意坊といひ三郎追福の為に造立せし寺なりと口碑に残れり」と見ゆ。

二 比企郡神戸村(東松山市) 明治二十七年八雲神社神主神戸蓮次郎あり。現存無し。

神門 ゴウド 上尾、草加、松伏等に存す。島根県(出雲国)簸川郡斐川町四十八戸、大社町十二戸、出雲市四十戸は、コウドと称す。カンド参照。

号刀 ゴウド 浦和に存す。

合戸 ゴウド 鶴ヶ島に存す。

強戸 ゴウド 榛沢郡瀬山村字強戸あり、河原明戸村の隣地なり。

郷戸 ゴウド 大里郡河原明戸村字郷戸あり。浦和、大宮等に存す。新潟県中頸城郡妙高高原町十四戸あり。

郷土 ゴウド 美里に存す。茨城県高萩市六戸あり。

郷渡 ゴウド 所沢に存す。

勾当 コウトウ 男衾三郎絵詞に「吉見二郎のめのと、こうとう大夫正広といふものに中田下郷を与ふ」と見ゆ。真言宗の事務を取る勾当か。

小藤 コウトウ 松山城士にて、尾張藩徳川義直(敬公)に仕へ、広戸(こうと)に改める。士林泝回(名古屋叢書)に「小藤氏。小笠原。小藤求之助(関東松山住、忍平岩親吉に仕へ百五十石を領す。敬公御代、成瀬隼人正同心属す。慶安元年卒)、其子広戸六右衛門。子孫幕下に在り」と見ゆ。

古藤 コウトウ 和光に存す。

厚東 コウトウ 川口、狭山等に存す。コトウ参照。

郷道 ゴウドウ 長野県中野市十二戸。

幸徳 コウトク 新座に存す。

幸内 コウナイ 新座、岩槻等に存す。新潟県豊栄市十戸あり。

講内 コウナイ 加須に存す。

郷内 ゴウナイ 北本、蓮田、飯能、日高に存す。宮城県名取市五十戸あり。

神波 コウナミ 浦和、桶川等に存す。カンナミ参照。

高沼 コウヌマ 小名高沼は、足立郡与野町、下落合村、大戸村、鈴ヶ谷村、西堀村、関村等にあり。鴻沼とも書く。タカヌマ参照。

高野 コウノ 高句麗渡来人の高氏は高ノ氏(コウノ)と称し、百済の高氏は高ノ氏(タカノ)と称する者が多い。群馬県北群馬郡吉岡町十八戸、邑楽郡大泉町三十戸、栃木県鹿沼市二十二戸、茨城県那珂郡東海村二十七戸、島根県出雲市七十六戸あり。

一 埼玉郡志多見村(加須市) 長昌院寛文七年観音菩薩碑に甲野七兵衛あり。高野氏一戸現存す。

二 同郡神戸村(羽生市) 高ノ氏居住地を高戸、神戸(コウド)と唱えるか。当村に此氏多く存す。下手子林村豊武神社天明元年水鉢に高野安左衛門氏綱、文政十一年二十三夜塔に神戸村高野佐内(名主)。千眼寺天保二年供養塔に高野久兵衛、江戸末期地蔵尊に高野太郎左衛門・高野新五右衛門・高野源左衛門・高野市兵衛・高野丈右衛門・高野清左衛門。熊谷宿高城神社天保十二年紺屋碑に神戸村高野啓次郎。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に神戸村高野仁左衛門。明治九年副戸長高野直蔵・嘉永三年生。藤井村香取社明治十一年奉額に神戸村高野仁左衛門。明治十八年最上農名簿に高野鷲郎・耕宅地七町六反歩・山林一反歩、高野直蔵・耕宅地六町六反歩・山林六反所有あり。

三 比企郡菅谷村(嵐山町) 広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にスカヤ・高野竹松あり。二戸現存す。

四 大里郡和田村(熊谷市) 楊井白髭社安政七年庚申塔に高野伝蔵・高野清次郎あり。四戸現存す。

五 幡羅郡妻沼村 聖天宮天保八年欣然庵筆銘に高野文平孝正あり。

六 同郡出来島村(妻沼町) 出来島村誌に「万治八年名主高野次郎兵衛。元禄十六年名主高野平六富次。天明元年名主高野平六・反別三町二反九畝歩。安政七年名主高野平六」。安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に出来島河岸船問屋高野平六.。文化元年早川文書に出来島河岸船問屋高野平六あり。現存無し。

七 同郡石塚村(深谷市) 当村に此氏多く存す。土豪にて、永禄三年石塚合戦に金山城主由良氏家臣高野与八郎繁真あり。坂田条参照。稲荷社嘉永六年幟枠一対寄進高野定吉。諏訪社慶応二年天神宮碑に高野定吉。秩父郡宝登山神社明治七年寄進連名記に幡羅郡石塚村高野定吉・高野善右衛門。明治九年副戸長高野定吉・天保七年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に石塚村高野慶七(農業、県会議員、安政五年生)。明戸村会議員高野計二・明治三十年生。昭和三年興信録に「明戸村・高野計二・所得税二百八十二円、高野福次郎・所得税九円・営業税三十一円」あり。

八 同郡宮ヶ谷戸村(深谷市) 大里郡神社誌に「宮ヶ谷戸村の開発は、此地無名の豪族居住し、周囲八十間四面の堀を構ひ里人称して堀の内と称す。今村内の旧家と称する高野氏の祖は、この土豪に仕へたるものなりと云ふ。聖天社文化十年高野武衛門・建碑す」と見ゆ。無量寺天明六年法印建立碑に高埜武右衛門唯阿、万延元年仙元碑に高野武右衛門・高野万吉・高野武助・高野森松。松山城岩室観音堂寛政十年碑に幡羅郡宮ヶ谷戸村高野武右衛門。備前堀史料に明治四年宮ヶ谷戸村百姓代高野万吉。明治九年戸長高野万吉・文政五年生。明治二十七年下奈良村東条筆子碑に宮ヶ谷戸村高野孝作。東方村熊野社明治三十年碑に宮ヶ谷戸・高野太一郎・高野幸作・高野武七・高野庄吉・高野森松。原郷楡山神社明治四十二年碑に宮ヶ谷戸高野元治(明戸村会議員、明治八年生)あり。十一戸現存す。

九 同郡本田ヶ谷戸村(深谷市) 東方村熊野社明治三十年碑に本田ヶ谷戸・高野又市・高野広吉あり。一戸現存す。

一〇 同郡原郷(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幡羅郡原郷高野政吉あり。五戸現存す。

一一 榛沢郡上野台村(深谷市) 原郷楡山神社明治四十二年碑に上野台村高野幸次郎あり。十戸現存す。

一二 秩父郡安戸村(東秩父村) 当村に此氏多く存す。上品寺享保十四年供養塔に高野甚兵衛吉光、宝暦十三年馬頭尊に高野清兵衛。明和安永年間秩父郡記に安戸村名主高野清左衛門・名主高野清兵衛。中爪村普光寺安永七年水鉢に安戸宿高野郡治郎。大塚村八幡社天保十年弓道奉納額に弓師安戸村高野栄蔵。万延二年水車議定連印帳に安戸村高野清左衛門。明治十七年蚕種業高野源太郎。能気神社明治二十九年碑に大河原村高野吉五郎・高野作次郎・高野広太郎。御堂村大霊神社明治四十一年碑に大河原村高野定次郎・高野福蔵・高野真造。上品寺明治四十五年碑に当所・高野春次・高野基次・高野清太郎・高野農作・高野平吉・高野勝三・高野国五郎あり。

一三 同郡奥沢村(東秩父村) 深沢寺享保十年廻国塔に奥沢村高野伊衛門。明治九年副戸長高野房次郎・文化十四年生。安戸村能気神社明治二十九年碑に奥沢高野源吉あり。四戸現存す。

一四 同郡坂本村(東秩父村) 永泉寺元禄九年地蔵尊に坂本村高野佐太夫あり。現存無し。

河野 コウノ 高野(コウノ)の佳字なり。足立郡鴻巣郷周辺に多く存す。元鴻巣村(北本市本宿)より宿場を移して今の鴻巣宿(鴻巣市)となる。当宿の総鎮守氷川社は鴻ノ宮と称し、今は鴻神社と称す。鴻は高(コウ)の佳字で、古代に高ノ一族の奉斎神であったものを氷川に改称したか。甲斐国巨摩郡(コマ)は高句麗人の渡来地にて、当郡及び隣郡八代郡に此氏多く存す。○千葉県長生郡一宮町四十二戸、白子町七十二戸、長生村四十戸、山武郡大網白里町二十八戸、茂原市百六十戸。○山梨県中巨摩郡櫛形町百六十戸、田富町二十五戸、玉穂町二十五戸、竜王町三十三戸、東八代郡石和町六十四戸、御坂町五十七戸、西八代郡三珠町二十七戸、甲府市百五十戸。○長野県下高井郡野沢温泉村九十四戸。○岩手県上閉伊郡宮守村二十六戸。○島根県(石見国)鹿足郡柿木村三十二戸、六日市町四十五戸、那賀郡三隅町五十四戸、浜田市百四十戸あり。カワノ参照。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「六百石・河野孫兵衛・是は忍にて罷出・甲州之者」あり。 

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御客会釈・三百五十石・河野半右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「五百石・河野半弥、二両余一人扶持・河野又兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「御先手銃隊・二百五十石・河野半右衛門」あり。

三 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国武蔵生国尾張・河野仁兵衛・二十八歳、同高・本国近江生国同・河野猪左衛門・二十八歳」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御賄方・十両三人扶持・河野藤五郎、御膳方・五両三人扶持・河野五十郎」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「四百石・河野右七、十人扶持・河野讃弥」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定奉行・十五人扶持・亡父勇左衛門・河野勇左衛門・五十三歳、港津御奉行・十二人扶持・亡養父柳右衛門・河野庄太夫・五十四歳、養父庄太夫・河野岩次郎・二十二歳、御中小姓・十石三人扶持・河野久右衛門・五十八歳、御徒士銃隊格・八石二人扶持・亡養父伝蔵・河野政太郎、御勘定人・四石余二人扶持・河野丈兵衛・四十九歳」あり。

七 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御小役人・三石二人扶持・河野久兵衛」あり。

八 埼玉郡岩槻町 岩附城士にて、勝田文書に「天正十八年庚寅正月十八日、太田氏房は勝田大炊助・川野縫殿助らに、伊達与兵衛の配下として走廻るべきことを命ず」と。縫殿助は落城後に市宿町に土着し、子孫は代々名主を勤める。西光寺寛文八年碑に河野茂右衛門。加倉村浄国寺元禄十一年棟札に岩付惣檀那河野太右衛門。文政九年光山文書に市宿町名主河野太右衛門。八雲神社安政三年水鉢に河野太右衛門。岩槻誌に「慶応末年、市宿町名主河野鹿三郎・持高十石四斗余」。明治十六年鉄道敷設願に河野孝義。明治三十五年薬商河野多一・桶屋河野利兵衛・河野辰五郎あり。六戸現存す。

九 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 薬師堂寛政十二年庚申塔に河野金蔵・河野林平、文政十年地蔵尊に河野勘兵衛・河野初蔵あり。現存無し。

一〇 同郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流戸ヶ崎村河野保之助あり。一戸現存す。カワノ条参照。

一一 同郡騎西町 風土記稿騎西町場条に「久伊豆社神主河野隠岐は社地の内に居れり。藤原姓にして、先祖周防守より当代に至るまで十七代なりといへど、旧記等更になければ、此外のこと知るべからず」と見ゆ。久伊豆社(現玉敷神社)文書に「寛文十二年騎西町久伊豆大明神之祠官河野隠岐守盛勝、宝永三年神主河野長門守盛吉」。正能村条に「小名宮内は、騎西町場久伊豆社、元当村にありし頃、免地のありし所故此唱あり。今も久伊豆神主河野隠岐・此地を持とす」と見ゆ。大英寺寛政十二年庚申塔に河野源右衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講に騎西町河野文五郎あり。一戸現存す。

一二 同郡真名板村(行田市) 薬師堂嘉永七年筆子碑に河野弥三郎あり。コウノ氏一戸、カワノ氏六戸現存す。

一三 同郡小敷田村(行田市) 白川家門人帳に天保十三年小敷田村河野和泉。持田村観音寺嘉永七年敷石供養塔に小敷田村・河野忠吉・河野新太郎・河野安次郎・河野久五郎・河野舛太郎・河野要吉・河野小四郎・河野熊二郎・河野七五郎・河野春吉・河野市十郎。春日社天保四年地蔵尊に小敷田村河野安之、明治十六年御神燈に河野小左衛門・河野次郎吉・河野米吉・河野伝次郎・河野鷲太郎・河野幾八・河野七五郎・河野権兵衛・河野茂吉・河野和吉。明治九年副戸長河野米吉・天保三年生あり。十戸現存す。

一四 足立郡蕨宿 長泉院宝永五年常夜塔に河野徳輔あり。

一五 同郡本宿村(北本市) 明治三十四年榛名神社募金に河野藤兵衛あり。四戸現存す。

一六 同郡鴻巣町 明治三十五年菓子製造卸商桔梗屋河野太十郎・休憩店河野トヨ・綿糸織物商河野松五郎。

一七 同郡常光村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。風土記稿常光村条に「旧家七兵衛、河野氏なり。隅切角の内に三の字を紋とす。代々上分の名主を勤む。先祖は五郎左衛門といひ、慶長の頃よりここに土着せしと。古は岩槻太田氏の旗下にて鴻巣七騎の内河野和泉守が裔なりと、五郎左衛門は其子にや。村内氷川社の棟札に河野五郎左衛門の名見えたり、河野氏の来由を書しものを伝へり、何人の書なりや詳ならず」と。氷川社条に「社内に寛永二年の棟札をかく、其文に本願主大旦那河野五郎左衛門・同七郎兵衛・同庄右衛門云々、末に永禄十二己巳年迄百二十六年に至るとあり、是をもて推せば文安元年に及べり、さあらんにや旧き勧請なること知べけれど外に證とすべきものはなし」と見ゆ。此氏は古代以来の居住者なり。深井村寿明院寛政九年寄付帳に上常光村・河野平四郎・河野門之丞・河野平九郎・河野友七・河野弥五右衛門・河野平七次・河野三郎右衛門・河野彦兵衛・河野長之助・河野安兵衛・河野弥兵衛・河野十兵衛・河野金六・河野千次郎・河野藤左衛門・河野伝左衛門・河野長右衛門・河野惣七・名主河野七兵衛・同人倅河野清之助、下常光村・河野嘉七・河野久右衛門・河野半六・河野庄助・河野利八・名主河野幸右衛門。明治四年上常光村名主河野七兵衛・四十歳、組頭河野亀次郎・二十二歳、下常光村組頭河野幸右衛門・五十七歳。明治九年戸長河野茂三郎・嘉永五年生、副戸長河野亀次郎・嘉永三年生。明治十五年常光村明壌銀行発起人河野亀次郎・二十六株千三百円、河野茂三郎・十株五百円所有。常光神社明治二十八年碑に常光村・河野権兵衛・河野仙之助・河野米蔵・河野角蔵・河野熊蔵・河野半兵衛・河野安兵衛・河野新兵衛・河野文八・河野丑五郎・河野半六・河野金蔵。明治三十五年染物業河野官兵衛。県会議員農業河野和吉・明治十一年生。昭和三年興信録・所得税に常光村・河野和吉・百七十円、河野柳三郎・百四十四円、河野佐三郎・十六円あり。

一八 同郡大間村(鴻巣市) 鴻巣町勝願寺明治三十五年馬頭尊に大間河野嘉市あり。三戸現存す。

一九 同郡箕田村(鴻巣市) 観音堂元禄四年水鉢に箕田村川野五郎右衛門、宝永二年庚申塔に箕田村川野吉右衛門あり。河野氏四戸現存す。

二〇 同郡糠田村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。風土記稿糠田村条に「河野権兵衛、代々当村の百姓なり。権兵衛は篤実廉直のものにて多年農耕に勤めて奇特のはからひありしゆへ、里民自ら一和せりかかりければ其善行近郷に聞えたりとぞ。天明三年彼が善行を聞え上て、子孫まで苗字を名乗べく、其身一代は帯刀すべき由いひわたせしなり。今の権兵衛は彼が子なるが、父におとらず貞実のものにて、よく村民と和順して農業に勤め、おこたらずと云り」と見ゆ。寺谷村吉田氏由緒書に「吉田孫三郎(慶長年中寺谷村開発)―兵左衛門(妻糠田村名主河野助左衛門妹)―兵吉―次郎左衛門(妻糠田村河野伊三郎妹)」。聖泉寺寛文六年宝篋印塔に川野助左衛門。当村宝永五年庚申塔に河野江右衛門・河野七兵衛・河野宇兵衛。放光寺享保五年石橋に肝煎河野彦左衛門。氷川社天明八年碑に河野権兵衛定祥、文政元年庚申塔に糠田邑河野藤治郎・河野磯治郎・河野忠左衛門・河野孫治郎。聖泉寺寛政十三年地蔵尊に糠田村河野長吉、文化十二年馬頭尊に河野藤治郎・河野松治郎・河野長五郎、天保四年供養塔に河野権兵衛信庸・河野六郎右衛門、嘉永元年供養塔に河野忠右衛門倅孫治郎。箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に糠田村河野伝之助。加納村天神社嘉永二年御神燈に糠田村河野佐五七.。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に糠田村河野久之尉・河野政七.。万延元年武術英名録に神道無念流糠田村河野和蔵。白川家門人帳に慶応元年額田村氷川明神社郷士にして神主兼帯・亮右衛門事河野伊与。明治四年組頭河野藤次郎・五十三歳、組頭河野佐右衛門・四十九歳。明治七年船積問屋河野藤次郎・但文化元年五月創立。明治九年戸長河野恵助・嘉永四年生、副戸長河野佐右衛門・文政六年生。氷川社明治十一年浅間碑に河野権衛門・河野恵助・河野栄蔵・河野平蔵・河野長兵衛・河野六郎右衛門・河野兵蔵・河野助五郎・河野佐右衛門・河野彦右衛門・河野六松・河野忠右衛門・河野儀左衛門・河野忠左衛門・河野伊太郎・河野仙蔵・河野甚平・河野安五郎・河野次郎吉。明治十四年埼玉銀行発起人河野権兵衛・四十株二千円、発起人河野恵助・四十株二千円(製糸業、県会議員)、株主河野栄蔵・二株百円、株主河野六郎右衛門・二株百円所有。聖泉寺明治二十八年馬頭尊に河野関太郎・河野佐助。当村明治四十三年馬頭尊に河野喜之助・河野信太郎。氷川社明治四十三年御神燈に河野和一郎・河野与右衛門あり。

二一 高麗郡根岸村(狭山市) 明光寺寛政二年宝篋印塔に当村河野幸右衛門・河野平左衛門。広瀬神社明治二十四年碑に根岸河野健之助あり。一戸現存す。カワノ条参照。

二二 比企郡小川村 大塚村八幡社天保十年弓道奉納額に錺師小川村河野亀吉あり。現存無し。

二三 横見郡田甲村(吉見町) 高負彦根神社明治三十年碑に河野広三郎あり。五戸現存す。

二四 同郡和名村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に和名村河野安五郎あり。コウノ氏二戸、カワノ氏二戸現存す。

二五 同郡地頭方村(吉見町) 当村及び足立郡小谷村(吹上町)の荒川河岸場を五反田村と称す。箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に五反田・河野軍平あり。両村に現存無し。

河埜 コウノ 大宮、庄和等に存す。

甲野 コウノ 高野の佳字なり。新潟県長岡市三十戸あり。高野条一項参照。

一 羽生町 明治三十五年米穀肥料商甲野慎次郎。昭和三年興信録に甲野慎次郎・所得税三十円・営業税三十六円あり。一戸現存す。

二 埼玉郡下新郷(羽生市) 大光院弘化五年弘法大師碑に甲野市五郎・甲埜金兵衛。明治九年副戸長甲野金兵衛・文化十一年生。昭和三年興信録に新郷村・甲野庫之助・所得税九十二円あり。一戸現存す。

三 賀美郡金久保村(上里町) 法西寺明治四十年筆子碑に甲野松太郎あり。現存無し。

甲能 コウノ 新座に存す。

光野 コウノ 大宮、草加、越谷、鷲宮、羽生、朝霞、坂戸、秩父等に存す。

幸野 コウノ 大宮、北本、岩槻、春日部、久喜、入間、狭山、小川等に存す。ユキノ参照。

向野 コウノ 浦和、蓮田、草加、所沢、飯能等に存す。ムカイノ参照。

孝野 コウノ 深谷に存す。

紅野 コウノ 越谷に存す。

弘野 コウノ 坂戸に存す。

神野 コウノ 大宮、上尾、入間、坂戸、所沢、秩父等に存す。神奈川県小田原市二十九戸あり。カミノ参照。

神埜 コウノ 浦和に存す。

耕野 コウノ 坂戸、狭山等に存す。

耕納 コウノ 蕨に存す。

鑛納 コウノ 春日部に存す。

香野 コウノ 福島市五十三戸あり。

一 葛飾郡彦成村(三郷市) 昭和三年興信録に彦成村・香野駒之助・所得税十円あり。現存無し。

二 同郡神明内村(幸手市) 浄誓寺安政六年文書に門徒総代香野林平。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に神明内村香野敬三あり。現存無し。

興野 コウノ 大宮に存す。オキノ、キョウノ参照。 

鴻野 コウノ 茨城郡稲敷郡江戸崎町十一戸、河内町十六戸あり。

一 男衾郡折原村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に折原村鴻野重左衛門・鴻野市右衛門。当村明治四十三年碑に鴻野毎吉・鴻野茂三郎・鴻野伊十郎あり。六戸現存す。

鴻埜 コウノ 喜多院五百羅漢像銘文に寛政頃・川越南町鴻埜宇兵衛あり。現存無し。

後野 ゴウノ 狭山に存す。

郷野 ゴウノ 各市町村に存す。

鴻池 コウノイケ 蕨、坂戸、狭山、鶴ヶ島等に存す。

高野内 コウノウチ 茨城県行方郡潮来町十二戸あり。

神浦 コウノウラ 浦和に存す。

神之浦 コウノウラ 越谷に存す。

鴻江 コウノエ 浦和に存す。

神野志 コウノシ 川越に存す。

高野島 コウノシマ 忍城士にて、成田分限帳に「十八貫文・高野島権左衛門」あり。

鴻巣 コウノス 足立郡本宿村(北本市)は古へ宿駅なりしが慶長七年今の鴻巣宿(鴻巣市)へ移せしよし正保の国図には本鴻巣村と記す。延文六年市場祭文写に「足立郡かう之すの市祭」と見えるは本宿村なり。別所村(北本市)名主所蔵天正五年文書に鴻巣別所村百姓中と見ゆ。深井村(北本市)、古市場村(北本市)、五町台村(桶川市)は鴻巣郷を唱える。秩父郡横瀬村文久元年文書に足立郡甲野巣と見ゆ。河野(コウノ)条参照。また、埼玉郡八条村字幸ノ宮はコウノミヤと註す。入間郡中寺山村字鴻巣、下寺山村字鴻巣町、宿粒村字鴻ノ免、葛貫村字鴻巣、埼玉郡野村字鴻巣田、足立郡横曽根村字鴻ノ面、比企郡大谷村字鴻ノ面あり。各市町村に存す。茨城県新治郡八郷町二十一戸、稲敷郡河内町十四戸、新利根町二十二戸、筑波郡伊奈町十四戸、つくば市六十戸、龍ヶ崎市百三十戸あり。 

一 忍城士の鴻巣氏 成田分限帳に「六十貫文・鴻巣新兵衛、五十貫文・鴻巣左京」あり。

二 岩附城士の鴻巣氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国新治郡柿岡城主(八郷町)梶原政景家臣着座次第・鴻巣土佐守殿」あり。

高野須 コウノス 葛飾郡彦倉村(三郷市)延命院天明三年控帳に高須伊右衛門・高須利左衛門・高須文蔵・高須藤次郎、明治二十四年文書に高ノ須金蔵・高ノ須亀松あり。高野須氏四戸現存す。

神瀬 コウノセ 大宮、所沢、飯能等に存す。

高野瀬 コウノセ 越谷に存す。

河野瀬 コウノセ 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣にて、元禄七年川越藩分限帳に「御使番・百十石四人扶持・河野瀬安兵衛」あり。

甲野藤 コウノフジ 桶川、熊谷等に存す。福島県二本松市七戸あり。

光延 コウノベ 浦和に存す。

鴻丸 コウノマル 蕨に存す。

郷之丸 ゴウノマル 志木、坂戸、熊谷等に存す。

江目 ゴウノメ 浦和、草加、川越等に存す。

鴻森 コウノモリ 浦和に存す。

高野山 コウノヤマ 忍城士にて、成田分限帳に「三十貫文・高野山半之丞、三十貫文・高野山文左衛門、九貫文・高野山与九郎」あり。別本に高山と見ゆ。タカノヤマ参照。

甲羽 コウバ 久喜、東松山等に存す。

匂梅 コウバイ 浦和、加須等に存す。 

孝橋 コウハシ 浦和に存す。

幸橋 コウハシ 入間郡長瀬村字幸橋。

甲畑 コウハタ 入間に存す。

光畑 コウハタ 狭山に存す。

高畑 コウハタ 川越に存す。

河端 コウハタ 狭山、飯能等に存す。新潟県中頸城郡柿崎町十三戸あり。カワバタ参照。

香林 コウバヤシ 熊谷に存す。

合林 ゴウバヤシ 伊奈に存す。

甲原 コウハラ 榛沢郡岡村(岡部町)に此氏の旧家あり。十一戸現存す。

神原 コウハラ 所沢に存す。カミハラ、カンバラ参照。

孝原 コウハラ 草加に存す。

鴻原 コウハラ 入間に存す。

河原 コウハラ 島根県平田市七十八戸あり。カワラ参照。

合原 ゴウハラ 杉戸、鳩ヶ谷、狭山等に存す。アイハラ参照。

郷原 ゴウハラ 各市町村に存す。長野県塩尻市十四戸、島根県簸川郡斐川町十六戸、大原郡大東町十七戸、平田市五十一戸、大田市三十戸あり。

幸平 コウヒラ 幸手に存す。

高平 コウヒラ 浦和に存す。

講武 コウブ 川口、浦和等に存す。島根県松江市七戸あり。

後部 コウブ 後部高はシリべタカ及び高(コウ)条参照。

甲府方 コウフカタ 浦和、入間に存す。

高風聞 コウフキ 上福岡に存す。正訓不詳。

幸福 コウフク 春日部、狭山等に存す。

高渕 コウブチ 与野に存す。

河淵 コウブチ 鶴ヶ島に存す。

兄部 コウベ 大宮に存す。

甲部 コウベ 狭山に存す。

光部 コウベ 入間に存す。

河辺 コウベ 川越、鶴ヶ島、所沢、飯能、深谷等に存す。カワベ参照。

興辺 コウベ 川島に存す。

神戸 コウベ 各市町村に存す。カンベ、ゴウド参照。

公平 コウヘイ 朝霞、新座、八潮、所沢、毛呂山等に存す。キミヒラ参照。

幸保 コウボ 川口、新座、川島、吹上等に存す。茨城県鹿島郡波崎町六十一戸、千葉県夷隅郡御宿町十戸あり。

幸房 コウボウ 葛飾郡幸房村(三郷市)あり。慶長九年松浦幸房の開発。 

弘法堂 コウボウドウ 新座に存す。

高堀 コウホリ 茨城県東茨城郡桂村二十戸あり。タカボリ参照。

合堀 ゴウホリ 川口に存す。

小馬 コウマ 大宮に存す。

高麗 コウマ 浦和、朝霞、草加、熊谷等に存す。群馬県甘楽郡甘楽町二十六戸、多野郡吉井町十七戸、東京都三鷹市新川に二十三戸あり。コウライ、コマ参照。

郷間 ゴウマ 各市町村に存す。栃木県河内郡河内町五十八戸、宇都宮市百六十戸あり。

小馬井 コウマイ 日高に存す。コマイ参照。

幸松 コウマツ 浦和、新座、和光、入間、所沢等に存す。

幸丸 コウマル 北本に存す。

郷丸 ゴウマル 岩槻に存す。

小海 コウミ 各市町村に存す。

巨海 コウミ 上尾、坂戸、鶴ヶ島、所沢等に存す。

光明 コウミョウ 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市)に四戸、榛沢郡宿根村(深谷市)に三戸現存す。コウメイか。

高武 コウム 浦和に存す。

甲村 コウムラ 大宮、志木、熊谷等に存す。新潟県糸魚川市六戸あり。

光村 コウムラ 川口、浦和、朝霞等に存す。

香村 コウムラ 川口、八潮等に存す。

幸村 コウムラ 浦和、大宮、桶川、伊奈、志木、戸田、新座、草加、入間、所沢等に存す。新潟県西蒲原郡岩室村十戸、島根県大田市二十二戸あり。ユキムラ参照。

高村 コウムラ 大宮、熊谷等に存す。タカムラ参照。

鴻村 コウムラ 入間郡大久保村(富士見市)に九戸現存す。南畑村之沿革史に「大久保村の鴻村氏、系譜書を記す。系大村氏後改姓鴻村氏。大職管鎌足公の後裔、大村遠江守直澄十五世の孫民部大輔純治嫡男、藤原純伊、紀伊藩系浪士大村小次郎興春事、肥前国彼杵郡大村生、元和元年乙卯国中兵乱の時、関東の国々を経て落ち浪士落居無くして、武蔵国入東郡河肥に居り、而て後、難波田に遷り、又大久保村に着居す。姓を改め農の通称、鴻村小左衛門と名乗り、之より大久保村に着居す故に大村を改称する者也、法名興春禅定門は大久保次左衛門道次にして天正十八年七月六日没す。入東郡古尾谷郷善仲寺……引道云々」と見ゆ。元和元年乙卯は弘治元年乙卯の書き誤りか。鴻村氏は当村の土豪にて、在名大久保氏の本名なり。大窪条二項、三項、及び大沢条八十五項参照。尚、肥前大村藩大村氏家譜に「大村遠江権守直澄(肥前国大村の久原城に居住す、これより大村を称す)―幸澄―忠澄―親澄―澄宗―澄遠―純興―純弘―純御―徳澄―民部大輔純治(文明三年卒)―信濃守純伊―紀伊守良純(疾あるにより家をつがず)、弟純前―純忠―嘉明(秀吉、家康に仕へ二万七千九百石を領す)。家紋瓜、瓜葉」とあり。紀伊藩系とは紀伊守良純に附会するか。長崎県彼杵郡及び大村市に鴻村氏は現存なし。

小梅 コウメ 浦和に存す。

江面 ゴウメン 白岡、和光、春日部、越谷等に存す。新潟県岩船郡山北町十三戸あり。

甲元 コウモト 大宮、越谷、八潮等に存す。

甲本 コウモト 所沢、小川等に存す。

広本 コウモト 大宮に存す。

幸本 コウモト 入間に存す。

高本 コウモト 久喜、川越等に存す。

河本 コウモト 各市町村に存す。カワモト参照。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定並・四石余二人扶持・河本彦蔵・四十歳」。川越町吏員名簿に士族河本豊松・明治二十三年生あり。

郷本 ゴウモト 大宮に存す。

幸森 コウモリ 和光、入間、所沢等に存す。

郷森 ゴウモリ 浦和に存す。

公門 コウモン 狭山に存す。

甲谷 コウヤ 草加、坂戸等に存す。カブトヤ参照。

幸谷 コウヤ 行田に存す。

神谷 コウヤ 蕨、戸田、草加、川越等に存す。カミヤ参照。

香谷 コウヤ 石戸領牧野氏家臣にて、牧野文書に「香谷久宗、元和九年譜代、正保元年関宿拝領の時、百五十石」あり。

高野 コウヤ 足立郡平柳領領家村字高野、蕨宿字高野、小針新宿村字高野屋敷あり。コウヤと註す。戸田に存す。コウノ参照。

高屋 コウヤ 川口、大宮、草加、朝霞等に存す。タカヤ参照。

高谷 コウヤ 比企郡高谷村(小川町)、同郡竹本村字高ノ谷、日影村字高谷、足立郡上加村字高谷、舎人新田字高谷、上落合村字高谷、上常光村字高谷新田あり。コウヤと註す。浦和、上尾、東松山、小川等に存す。茨城県結城郡八千代町二十一戸あり。 

一 割谷城主の高谷氏 当城は比企郡下里村字割谷(小川町)と青山村との村境にあり。高谷弥吾助平貞義の居館跡と伝へる。高谷村(小川町)より起るか。高谷村に一戸現存す。風土記稿下里村条に「古城蹟、山の上にて廻り三四丁許の地を云ふ。古へ何人の住せしと云ことを伝へず。大聖寺の寺伝に開山は希融、開基は平貞義なりと云ふ、共に卒年を伝へず。今按に境内山腹に建たる『康永三年三月十七日』の六面塔に希融、貞義の名彫たれば、其年代推て知らる」。下里村大聖寺六角塔に「康永三年甲申三月十七日、開山希融、平貞義、祐仙、奉読誦法花経一千部供養、檀那(四十六名)敬白」。宝篋印塔に「貞和五年己丑五月四日、武州比企郡下里郷大聖庵為逆修貞吉之宝篋印塔、一基所立如件」とあり。

二 岩附城士の高谷氏 入間郡勝呂郷紺屋村(坂戸市)条に「古は高屋と書せし。寛永十二年水帳に高麗郡勝呂ノ内高谷村と記せり」。小田原役帳に入西郡勝之内広野と見ゆ。隣村の比企郡上伊草村(川島町)牛村文書に「こうや之内代官不可有之候、井草宿中へ」と岩附奉行より出せし文書あり。伊草宿道祖土氏系図に「道祖土満兼(改福島与右衛門、妻福島帯刀慶保女、実は高谷兵部娘)―高谷六太夫知直(母方名字高谷名乗、駿河大納言忠長公に仕へ二百石賜ふ)」と見ゆ。また、太田家譜に「太田譜代之士、高谷伝内」あり。此氏は紺屋村(坂戸市)より起るか。

三 鉢形城士の高谷氏 秩父郡上吉田村高岸文書に「高谷三郎左衛門殿、さいと三郎右衛門殿、氏邦花押」と見ゆ。当地方に現存無し。

紺屋 コウヤ 前条二項参照。足立郡山中村字紺屋、横見郡万光寺村字紺屋あり。コンヤ参照。

一 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「妙駿・カウヤノ女・寅年五月」あり。江戸初期にて、入間郡紺屋村住人なり。

広野 コウヤ 比企郡広野村(嵐山町)は現在ヒロノと称すが、字広野ヶ谷戸はコウヤガイトと註す。古はコウヤと唱えていた。

広谷 コウヤ 高麗郡上広谷村(鶴ヶ島市)、下広谷村(川越市)及び天沼新田(川越市)、五味ヶ谷村(鶴ヶ島市)は広谷郷を唱える。下広谷村の隣村は入間郡紺屋村なれば広谷は元コウヤと唱えていた。

一 村山党広谷氏 武蔵七党系図に「山口家継―六郎家俊―広屋六郎」。冑山本に「山口六郎家俊―広屋三郎(広谷トモ書く)」と。風土記稿下広谷村条に「広谷城あり、土人城の跡と唱へて、何人の居跡なることを伝へず。一は村の東北にあり、東西北の三方の堀は二重なり。一は村の東にあり、堀三十間・深さ三尺許、土人是を構山と云ふ」と。鶴ヶ島村史談に「五味ヶ谷村は、もと広谷村の小名なり。此地は源平時代武蔵七党の内村山頼任の裔広谷某が居住の地なり。館跡今尚を存す」と見ゆ。

功屋 コウヤ 風土記稿比企郡野本村(東松山市)条に「清見寺は、文禄年中、功屋賢作といへる僧開山して一寺となせり、此僧は寛永八年七月十五日寂す」と。現存無し。

神屋 コウヤ 川口、春日部等に存す。

鴻矢 コウヤ 蕨に存す。

国府谷 コウヤ 栃木県芳賀郡茂木町六戸あり。

江谷 ゴウヤ 川越に存す。

合屋 ゴウヤ 宮代に存す。

強矢 ゴウヤ 吉川に存す。群馬県甘楽郡下仁田町五戸あり。スネヤ参照。

郷家 ゴウヤ 坂戸に存す。

一 忍城士の郷家氏 成田分限帳に「十五貫文・郷家市右衛門、十五貫文・郷家吉之丞」あり。

甲山 コウヤマ カブトヤマ参照。

一 埼玉郡大瀬村(八潮市) 明治五年組頭甲山佐右衛門。祭礼年番帳に明治十三年中組甲山佐右衛門、明治十九年甲山勘太郎あり。二戸現存す。

二 同郡藤井村上組(羽生市) 香取社文政六年御神燈に甲山仁三郎、同年碑に甲山八三郎あり。名主甲山氏の子孫は転居す。七戸現存す。

三 同郡稲子村(羽生市) 慶応二年早川文書に稲子河岸問屋甲山与惣右衛門。明治七年船積問屋甲山与惣右衛門・但安永三年十一月創立あり。現存無し。

光山 コウヤマ 群馬県北群馬郡吉岡町十戸、佐波郡境町三十七戸、茨城県猿島郡境町十八戸あり。

一 埼玉郡掛村(岩槻市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

二 同郡大沢町(越谷市) 大沢町猫の爪(福井文書)に「寛保年中、岩付市宿幸山吉右衛門先祖の弟平兵衛と申者旅籠屋渡世なり」と見ゆ。幸山、光山の両氏現存無し。

三 深谷町 明治三十五年絹商光山勘次郎あり。萱場村に一戸現存す。

四 本庄町 旧家にて、六戸現存す。

幸山 コウヤマ 青森県南津軽郡大鰐町七十戸あり。

匂山 コウヤマ 比企郡安塚村(川島町)大龍雲寺安永七年馬頭尊に安塚村匂山佐兵衛。伊草村大聖寺明治三十六年駒形碑に安塚匂山吉五郎あり。二戸現存す。

向山 コウヤマ 蕨に存す。

香山 コウヤマ 浦和、上尾、草加、富士見等に存す。

一 河越氏族の香山氏 吾妻鑑卷四十八に「正嘉二年三月一日、河越掃部助が跡・香山三郎左衛門尉」と見ゆ。次条十二項の先祖なり。

神山 コウヤマ カミヤマ条参照。

一 足立郡植田谷領神田村(浦和市) 永福寺享保十六年庚申塔に神山源右衛門・神山甚兵衛・神山平左衛門。月読神社安政五年水鉢に神山源右衛門、慶応二年幟碑に神山縫次郎、明治三年碑に神主神山大膳。身形神社明治二十年碑に神山清宗・神山源助あり。十四戸現存す。

二 同郡指扇領新井村(大宮市) 当村に此氏多く存す。稲荷社享保十九年庚申塔に新井村神山定右衛門。上内野村氷川社文化八年水鉢に新井村神山勘右衛門、慶応三年御神燈に新井村神山嘉兵衛・神山庄左衛門・神山儀右衛門・神山宇兵衛。清河寺村清河寺文化八年廻国塔に新井村神山儀右衛門・神山源右衛門・神山平七・神山礒右衛門・神山喜右衛門。明治九年副戸長神山喜左衛門・天保五年生あり。

三 入間郡下富村(所沢市) 明治二十年茶業に神山仙二郎・神山与市・神山広吉。中富村神明社明治三十九年碑に下富・神山重右衛門・神山源兵衛・神山利八あり。十一戸現存す。

四 同郡上安松村(所沢市) 明治四十四年織物製造業神山新太郎あり。一戸現存す。

五 同郡北野村(所沢市) 天神社安永七年文書に奉造立物部天神・杣木挽当所神山太平次吉竹、安政六年算額に世話人神山五郎左衛門義高・神山源次郎成専あり。三戸現存す。

六 同郡岩岡新田(所沢市) 私塾師匠岩広堂神山権右衛門利八・明治十一年没・八十三歳。明治十五年北広堂碑名簿に北岩岡村神山丈吉・神山権右衛門あり。四戸現存す。

七 同郡久米新田(所沢市) 堀兼村堀兼神社嘉永元年敷石碑に久米新田神山倉之助。久米村長久寺万延元年宝篋印塔に久米新田神山輪助。本郷村東福寺明治十年供養塔に久米新田神山源蔵あり。一戸現存す。

八 同郡岩崎村(所沢市) 瑞岩寺明治三十二年地蔵尊に当所神山重蔵あり。山口村となる。

九 同郡打越村(所沢市) 堀ノ内村勝光寺文書に「天和三年戒名の覚、居士家、打越村神山久次郎。元禄八年山門建立、打越村・神山一郎兵衛・神山七兵衛・神山五郎左衛門・神山喜兵衛」。明治五年岩岡文書に打越村組頭神山五郎左衛門。明治九年山口村地主誓約書に神山栄次郎・神山周平・神山沢太郎・神山政五郎・神山正作。昭和三年興信録に山口村・神山小賢司・所得税二十六円あり。十三戸現存す。

一〇 同郡大鐘村(所沢市) 天保十年町田文書に伊勢講神山善右衛門。明治五年木挽職神山善次郎。明治十五年北広堂碑名簿に旧大鐘・神山喜重郎・神山吉造・神山音五郎・神山豊三郎・神山万次郎・神山栄次郎・神山松五郎・神山磯次郎。明治二十年上山口村二番組消防夫に神山代次郎・神山善次郎・神山金五郎・神山春吉・神山喜十郎あり。六戸現存す。

一一 同郡谷中村(川越市) 河越城士にて、川越蓮声寺文書に「天文の初、城主大道寺駿河守繁政の家臣相沢時重、新藤、興山、川田氏等使と為す。相沢氏今尚寺に属す」と。興山氏は当村神山氏なり。川越中院過去帳に「妙性尼・神山太郎右衛門内方・辛丑八月二十三日。妙性尼・谷中・神山源七内方・壬寅十二月十三日。妙讃尼・谷中・神山母・慶長十一年八月二十日」と、土豪なり。当村文政三年馬頭尊に谷中邑神山七郎右衛門あり。三戸現存す。

一二 高麗郡的場村(川越市) 霞ヶ関の歴史に「縁起に、天暦八年平将門の一族北条三郎頼平・物部天神を勧請し三芳野天神を三芳野塚の側に創建す。長徳三年神山新八郎正時・三芳野天神の側に北条寺創建す。また、三芳野天神の由来抄略に、藤原秀郷天慶三年下総国猿島にて相馬小次郎将門を打滅して上洛したれば此戦功により武蔵に封せらる、家臣北条六郎頼平を随い来り三芳野里に居住す。この節天満神の御尊像を都より持来り自宅より七町東の地形三丈三尺の塚を築き安置す(今は東上線の敷地となり東急団地となる)、時は延暦八年なり。寛永五年神山七左衛門・中興開基となり法城寺と改称し、寛文八年九月没す。現神山作治氏は其子孫と伝へ旧家として知るべし」と。風土記稿的場村条に「旧家者七右衛門、神山を氏とす。其先神山七左衛門は法城寺の開基なり、寛文八年九月四日没す。村の草創五軒の百姓と云る其一なり」と見ゆ。北条氏云々は法城寺に附会す。此氏は河越氏の本名なり。香山(コウヤマ)及び川越条十項参照。神山作治(コウヤマ)氏等五戸、カミヤマ氏五戸現存す。

一三 同郡柏原村(狭山市) 慶応二年三峰講中に神山治兵衛。白鬚社明治二十八年碑に柏原村神山夘八.。昭和三年興信録に柏原村・神山文治・所得税三十二円あり。四戸現存す。

一四 比企郡出丸中郷(川島町) 円福寺貞享元年観音像に神山左衛門・神山□兵衛、天保十年六地蔵に馬場講中神山歌次郎。字馬場文化四年馬頭尊に出丸中郷馬場神山新左衛門。字新田安政二年馬頭尊に出丸中郷神山与右衛門。明治五年戸籍編製に出丸中郷下分旧組頭神山豊作・組頭神山新右衛門。明治九年副戸長神山助五郎・天保五年生。字横塚明治十三年馬頭尊に神山牧太郎。松山町箭弓神社明治三十一年碑に出丸村神山伊八・神山忠次郎・神山牧太郎。昭和三年興信録に出丸村・神山幸作・所得税十五円あり。八戸現存す。

耕山 コウヤマ 所沢に存す。

高山 コウヤマ 高野山条及びタカヤマ参照。

一 比企郡赤沼村(鳩山町) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

二 同郡玉川郷 高山義助家文書に「天正十八年迄松山領、上田能登守御家来沢山、御城付御知行、毎々より代々名主町田蔵之助・名主高山兵庫、此両人玉川草分け百姓」と。毛塚村坂本氏系図に「関口孫兵衛忠松(天正七年致浪人、比企郡毛塚村落着)―婿養子坂本庄右衛門宗松―六男・上玉川高山源右衛門」と見ゆ、高山家へ養子となる。龍福寺墓碑に「紅運道雪居士・高山大膳吉忠事・元和四年没」。万延二年水車議定連印帳に玉川郷高山源右衛門。私塾師匠名主高山源右衛門是久・慶応三年没・五十二歳。明治九年地租改正担当人高山市十郎、高山源三、副戸長高山忠三・嘉永二年生(玉川村助役)。明治二十八年収入役高山義三郎。明治四十五年助役高山牛蔵。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に玉川高山佐十郎・高山清十郎。今宮社明治四十五年碑に高山弥蔵・高山仙五郎・高山国吉・高山佐平・高山七五三・高山義三郎・高山金蔵・高山牛蔵・高山長平・高山真太郎・高山源太郎。昭和三年興信録・所得税に高山義三郎・十九円、高山金蔵・十九円あり。十五戸現存す。

三 秩父郡安戸村(東秩父村) 明治九年副戸長高山勝平。能気神社明治二十九年碑に高山勝平。上品寺明治四十五年碑に当所高山保造あり。一戸現存す。

光用 コウヨウ 越谷に存す。

紅葉 コウヨウ 浦和に存す。

甲良 コウラ 近江国犬上郡甲良郷(甲良町、今はコウラと唱う)あり、「今河原荘と云ふ所是なり。甲良・かはらと訓ず」と。延喜式・筑後国御井郡高良玉垂命神社(福岡県久留米市)は、カハラと註す。現在はコウラと称す。物部氏祖神と云う。入間郡北浅羽村に甲良神社、秩父郡下小鹿野村字泉田の鎮守高良神社あり。カワラ参照。三郷に存す。

高良 コウラ 川口、川越、坂戸、所沢等に存す。タカラ参照。

高羅 コウラ 狭山、所沢等に存す。

幸良 コウラ 朝霞に存す。

小浦 コウラ 甲良の佳字にて物部族なり。新潟県栃尾市十四戸あり。

一 忍城士の小浦氏 成田分限帳に「二十五貫文・小浦喜左衛門」あり。

二 足立郡元郷村(川口市) 県会議員小浦太郎・大正十五年生あり。一戸現存す。

古浦 コウラ 入間、児玉等に存す。島根県松江市十八戸あり。

高麗 コウライ 川口、春日部、草加等に存す。松江市十四戸あり。コウマ、コマ参照。

小浦方 コウラガタ 鳩ヶ谷、上福岡、鳩山、本庄等に存す。新潟県南蒲原郡下田村十三戸、三条市十六戸あり。

小浦場 コウラバ 北本に存す。

高力 コウリキ 福島県相馬市九戸、鳥取県東伯郡赤碕町三十六戸あり。

一 足立郡大門宿(浦和市) 当所に此氏の旧家あり。四戸現存す。

強力 ゴウリキ 与野に存す。

郡山 コウリヤマ 所沢に存す。

幸路 コウロ 鷲宮に存す。

合路 ゴウロ 岩槻に存す。

郷呂 ゴウロ 桶川に存す。

郷路 ゴウロ 大宮に存す。

興梠 コウロギ 各市町村に存す。

高鹿 コウロク 松伏はタカシカ参照。

一 葛飾郡後谷村(三郷市) 当村寛政十二年庚申塔に高鹿治郎左衛門・高鹿治郎助。前間村最勝寺文化六年庚申塔に後谷村光録治郎助あり。高鹿氏三戸現存す。

二 同郡前間村(三郷市) 最勝寺天保三年庚申塔に高鹿浅治郎・高鹿新蔵、文久三年庚申塔に当村高鹿又蔵。稲荷社嘉永五年御神燈に高鹿治郎右衛門・高鹿治右衛門あり。四戸存す。

三 同郡小谷堀村(三郷市) 長養寺文化十二年庚申塔に高鹿常吉・高鹿定□□・高鹿半右衛門。稲荷社嘉永七年水鉢に高鹿由左衛門・高鹿市郎兵衛・高鹿六助。彦成村香取社明治初年御嶽碑に小谷堀村高鹿伝三郎あり。四戸現存す。

四 同郡保村(吉川市) 当村に此氏の旧家あり。十二戸現存す。

五 同郡富新田(吉川市) 当村に此氏の旧家あり。十戸現存す。

六 同郡木売新田(吉川市) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

七 同郡平沼村(吉川市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に吉川・高鹿亦蔵蟻良。明治二十三年貴族院多額納税者に吉川村醸造業高鹿新八・天保十四年生・国税千三百四十九円。明治三十年人名録に味醂醸造業高鹿新八・明治元年生・地租千三百九円。大正十二年大地主名簿に吉川町高鹿正夫・田九十町一反歩・畑八町九反歩所有。昭和三年興信録に高鹿正夫・所得税二千四百四十七円・営業税百四十円あり。四戸現存す。

甲和 コウワ 葛飾郡大島郷養老五年戸籍に「甲和里、戸肆拾肆、合口肆百伍拾肆(四百五十四人)、里正孔王部荒馬」と見ゆ。大島郷(杉戸町、幸手市)は河曲(コウワ)駅の附近なり。神護景雲二年三月紀に「下総国井上・浮島・河曲三駅、武蔵国乗潴・豊島二駅」とあり。奥州街道の浮島駅は鷲宮村鷲宮神社(古は浮島明神と云う)附近で、次の駅が河曲駅(幸手町附近)である。此の附近を甲和ノ里と云う。アナホベ参照。

高和 コウワ 上里に存す。 

香勾 コウワ 太平記卷二十四に「康永四年(興国六年)、時の所司代都筑入道・二百余騎にて、四条壬生の宿へ、未明に押し寄する。立て籠るところの兵ども、大将新田義治・信濃国へぞ落ち行きける。さても、この日壬生の在家に隠れいたる謀叛人ども、逃るるところ無く皆討たれける中に、武蔵くにの住人に、香勾新左衛門高遠と言ひける者ただ一人、地蔵菩薩の命にかはらせたまひけるによって、死を逃れけるこそ不思議なれ。所司代の勢すでに未明に四方より押し寄せて、十重二十重に取り巻きける時、この高遠ただ一人敵の中を打ち破って、壬生の地蔵堂の中へぞ走り入ったりける」と見ゆ。細川顕氏の代官都筑入道は武蔵国都筑郡出身で足利方であり、新田方の香勾氏は都筑郡川和郷(横浜市緑区)出身では無い。美里町史は、児玉郡川輪村出身の河勾氏(かわわ)なりと云う。

幸脇 コウワキ 川口に存す。

小江川 コエガワ 男衾郡小江川村(江南町)あり。慶長九年武川衆に賜へしに「渡申御知行之事、四百四十八石余・武州老川の郷」と見ゆ。江戸期の書にはオエガワと註す。今はコエガワと称す。オエ条参照。

小枝 コエダ 各市町村に存す。青森県北津軽郡板柳町三十九戸、弘前市百二十七戸あり。

肥田 コエダ 浦和、蓮田、白岡、草加等に存す。ヒダ参照。

越田 コエダ 浦和に存す。コシダ参照。

声高 コエタカ 鳥取県(因幡国)八頭郡智頭町二十戸あり。

肥地 コエチ 川口に存す。

肥塚 コエヅカ 大里郡肥塚村(熊谷市)は声塚とも記す。コイヅカ参照。

越渡 コエド 川口、大宮、熊谷、深谷等に存す。茨城県新治郡千代田町十五戸あり。 

小江戸 コエド 葛飾郡佐左衛門村(杉戸町)八幡香取社安政五年浅間碑に小井戸清左衛門。松田寺元治元年碑に小江戸吉左衛門。明治九年副戸長小江戸又右衛門・文政三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に佐左衛門村小江戸又右衛門あり。小江戸氏一戸現存す。

肥沼 コエヌマ 久喜、草加、栗橋、川越、狭山、所沢、飯能等に存す。東京都東村山市五十三戸あり。コイヌマ参照。

小榎 コエノキ 寄居に存す。

古戎 コエビス 羽生に存す。

五江渕 ゴエブチ 浦和に存す。

五江淵 ゴエブチ 与野、坂戸、飯能等に存す。栃木県那須郡西那須野町七戸、大田原市九戸あり。

肥村 コエムラ 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣にて、明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・九人扶持・亡父茂左衛門・肥村哲太郎・二十三歳」あり。

小右エ門 コエモン 葛飾郡小右衛門村(栗橋町)は、梅沢小右衛門の開発による。上福岡に存す。

木尾 コオ 大井に存す。

小岡 コオカ 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「法円・コヲカ」と見ゆ。。現存無し。

小桶 コオケ 大宮に存す。

国王寺 コオジ 吹上に存す。

古小高 コオダカ 浦和、和光等に存す。福島県原町市二十五戸あり。

郡 コオリ  古河志に「郡。古保利、韓語に出る。今韓人、郡県を古保留と云。今按に小治也。波と保は通ず」と見ゆ。各市町村に存す。千葉県佐原市二十三戸、福島県相馬郡鹿島町二十戸あり。

桑折 コオリ 浦和、大宮、桶川、志木、新座、川島、毛呂山等に存す。福島県相馬郡鹿島町五十一戸、相馬市十六戸、原町市十七戸あり。

郡川 コオリガワ 坂戸に存す。青森県十和田市三十戸あり。 

郡場 コオリバ 蓮田に存す。

郡松 コオリマツ 越谷に存す。

郡山 コオリヤマ 各市町村に存す。宮城県岩沼市十八戸あり。

古賀 コガ 入間郡八ツ島村字コカ町あり。各市町村に存す。千葉県市原市三十二戸、木更津市三十戸、君津市二十八戸あり。

一 浦和町 昭和三年興信録に古賀才次郎・所得税九十円あり。

古我 コガ 浦和、大宮、与野、杉戸等に存す。

古河 コガ 浦和、新座、入間等に存す。

古家 コガ 大宮に存す。

古閑 コガ 各市町村に存す。

五加 ゴカ 浦和に存す。長野県小諸市十二戸あり。

五賀 ゴカ 草加、秩父等に存す。福島県相馬郡鹿島町十一戸あり。

伍賀 ゴカ 浦和に存す。

五家 ゴカ 越谷に存す。

五箇 ゴカ 入間郡寺井宿・寺井松郷・寺井伊佐沼・東明寺村・町郷分の五ヶ村を五箇村(川越市)と云う。寺井宿宮元の妙義神社寛文十一年庚申塔に入間郡山田荘河越里五箇村と見ゆ。浦和、上尾、戸田、越谷、川越、所沢等に存す。群馬県館林市九戸、栃木県佐野市二十四戸あり。

一 川越行伝寺過去帳に「妙善・五ヶ村喜左衛門内ノ母・子年十二月」あり。五箇村住人なり。

巨香 ゴカ 和名抄に秩父郡巨香郷を載す。秩父志に「巨香。古加、今は語歌と称す。今横瀬郷に存す」。「横瀬村日向屋敷、巨香氏、又武光氏」。「横瀬村補陀場五番は字語歌にあり、語歌堂と称す。縁起曰、往古此地に長者あり、本間孫八郎と云ふ」と見ゆ。日向屋敷の巨香氏は本名本間氏か。オガ条参照。

小貝 コカイ 各市町村に存す。

小海 コカイ 各市町村に存す。長野県茅野市十二戸、新潟県中魚沼郡川西町三十戸、十日町市百二十戸あり。

小飼 コカイ 所沢に存す。長野県茅野市三十戸あり。

小粥 コカイ 川口、春日部、庄和等に存す。

小塊 コカイ 埼玉郡麦倉村(北川辺町)八坂社文久二年幟碑に小塊兵吉。明治九年副戸長小塊兵吉・天保四年生あり。二戸現存す。

巨海 コカイ 所沢、坂戸等に存す。

五貝 ゴカイ 川越に存す。

古河井 コガイ 大宮、幸手等に存す。

五ヶ市 ゴカイチ 寄居に存す。

小貝土 コガイト 足立郡小室郷小貝戸村(伊奈町)あり。

小垣外 コガイド 鷲宮に存す。 

古川内 コガウチ 加須に存す。

五角 ゴカク 飯能に存す。

小ヶ口 コガグチ 朝霞に存す。

小篭 コカゴ 川口、大宮等に存す。千葉県木更津市二十三戸あり。

小籠 コカゴ 浦和、新座等に存す。

古神子 コカゴ 越谷に存す。千葉県君津市十二戸あり。

小賀坂 コガサカ 加須、三郷、朝霞、和光、川越、所沢、三芳等に存す。福島県伊達郡梁川町七十五戸あり。

小金沢 コガサワ 秩父志に「秩父郡三山村字小金沢・コカサワ、一村の如し」と見ゆ。小鹿野町三山村なり。

小柏 コガシワ 各市町村に存す。

小風 コカゼ 浦和に存す。

小肩 コカタ 三芳に存す。

小方 コガタ 川越に存す。オガタ参照。

小形 コガタ 川越に存す。オガタ参照。

小勝 コカチ 茨城県新治郡新治村十七戸、福島県南会津郡舘岩村二十八戸あり。オカチ参照。

一 葛飾郡平須賀村(幸手市) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に平須賀村小勝庄五郎。明治二十二年選挙権者に小勝治平・嘉永四年生、小勝要助・安政二年生あり。二戸現存す。

二 埼玉郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 当村は菖蒲町と一村なり。吉祥院文化九年供養塔に戸ヶ崎村小勝藤右衛門・小勝勘七.。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に戸ヶ崎村小勝岩五郎。菖蒲神社安政三年水鉢に小勝権次郎・小勝宗吉あり。十戸現存す。

三 同郡道地村(騎西町) 成就院年不詳地蔵尊に下道地村講中・小勝千助・小勝喜兵衛あり。現存無し。

四 同郡南篠崎村(加須市) 花崎村鷲宮社明治二十九年幟碑に小勝隆尊あり。当村住職に一戸現存す。

小梶 コカヂ 川口、浦和、桶川、蓮田、久喜、越谷、幸手、杉戸等に存す。

小鍛冶 コカヂ 草加、所沢、日高、熊谷等に存す。新潟県中蒲原郡村松町十一戸、福島県いわき市十戸あり。

小鍛治 コカヂ 浦和、新座、蕨、川越等に存す。いわき市二十三戸あり。

古鍛冶 コカヂ 川越に存す。

古我知 コガチ 所沢に存す。

五月田 ゴガツダ 浦和に存す。

小門 コカド 比企郡上古寺村字小門(小川町)は古の村名にて、天徳庵過去帳に小門村と見ゆ。オカド参照。

一 秩父郡三沢村(皆野町) 八幡社元禄十年棟札に三沢村組頭小門又右衛門あり。四戸現存す。

古角 コカド 浦和、鳩ヶ谷、川越等に存す。コズミ参照。

小金 コガネ 千葉県館山市九戸あり。

一 高麗郡中藤村上郷(飯能市) 養福寺寛政七年供養塔に小金権右衛門あり。三戸現存す。

黄金 コガネ 蕨、浦和等に存す。 

小金井 コガネイ 東京都東久留米市二十四戸あり。

一 上野国の小金井氏 新田郡小金井村(新田町)より起る。新田老談記に「天正元年、新田勢小金井四郎左衛門を部将として桐生へ発向す」。小金井村字馬場の斎藤家(家紋丸に三階菱)は小金井氏の館跡に居住し、村の草分けと称し、斎藤氏多く存す。小金井四郎左衛門尉繁光夫妻の五輪塔が斎藤家墓地にあり、繁光は斎藤氏なりと伝へる。在名小金井氏の本名は斎藤氏なり。

二 児玉党本庄氏族の小金井氏 前項と同族にて、小金井村出身の斎藤善忠は忍城主成田氏に仕へ、出身地の小金井氏を称し、後に重臣となり児玉党本庄氏の名跡を継承して本庄越前守を名乗る。成田記に「小金井善忠・本上州新田人也・今在忍城本庄越前、被官橋爪孫兵衛・下忍口」。関八州古戦録に「天正十八年忍落城の時、小金井善忠及び其の郎等橋爪孫兵衛は下忍口を守る」と。成田分限帳に「御家門・千貫文・本庄越前守長英」。別本に四千貫文とあり。本庄、橋爪条参照。

三 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「表御門番・五両二人扶持・小金井藤内」あり。

四 久喜藩米津氏家臣 嘉永元年分限帳に「御小姓頭席・五十石五人扶持・小金井茂八、御近習席・四両二人扶持・小金井又蔵」あり。

五 葛飾郡駒形村(三郷市) 明治七年深井文書に小金井周蔵・小金井億治郎・小金井彦左衛門、明治十三年小金井治郎吉あり。四戸現存す。

六 同郡幸房村(三郷市) 幸房村開発人書上に「慶長九年四月六日開発、幸房新田六軒百姓、下総小金領大谷口村大勝院(松戸市、旦那寺)・小金井一作」あり。現存無し。

七 同郡川藤村(吉川市) 中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に川藤村小金井亀次郎あり。現存無し。

八 同郡上赤岩村(松伏町) 無量寿院天保七年庚申塔に小金井浅次郎・小金井彦次郎。浅間社嘉永六年敷石碑に本邨小金井庄右衛門。明治四年年寄小金井彦次郎。明治九年副戸長小金井彦次郎・文政九年生。明治二十四年文書に本村上組小金井亀次郎、下組小金井三造・小金井庄太郎・小金井金三郎あり。五戸現存す。

九 浦和宿 土豪にて、星野権兵衛由緒書に「天正十八年六月豊太閤武州岩槻城攻めの節、先祖甚内・権太兵衛両人召出されて道案内を仰付けられ、当所居住の小金井新八らと浅野弾正少弼に属して案内致候」と見ゆ。明治三十五年菓子製造小金井馬太郎・人力車業小金井藤次郎あり。

一〇 入間郡寺尾村(川越市) 福岡村大杉神社明治十二年拝殿碑に寺尾村小金井角蔵あり。三戸現存す。

一一 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「妙金・小金井内・亥年十一月。妙寿・小金井母。宗源・小金井。法忍・小金井庄右衛門・未年十二月。法金・小金井・亥年八月。宗俊・小金井・子年九月。妙蓮・小金井善左衛門母・己巳年十二月。妙法・小金井惣兵衛・己巳年七月」あり。己巳年は永禄十二年か。

一二 同郡小杉村(越生町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に小杉・小金井与三郎あり。三戸現存す。 

黄金井 コガネイ 川口、富士見等に存す。神奈川県厚木市二十七戸あり。

黄金崎 コガネザキ 三郷に存す。青森県西津軽郡深浦町二十八戸あり。

小金沢 コガネサワ 各市町村に存す。群馬県甘楽郡下仁田町六十戸、南牧村九十戸、富岡市七十七戸、長野県南佐久郡臼田町四十二戸あり。

一 岩槻町 久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町小金沢利助あり。現存無し。

小金澤 コガネサワ 川口、浦和、鴻巣、久喜、新座、川越、寄居等に存す。

小金平 コガネダイラ 秩父郡河原沢村字小金平(小鹿野町)あり。コガダイラが正訓か。

小金淵 コガネブチ 杉戸に存す。岩手県宮古市十七戸あり。

小金丸 コガネマル 戸田、岩槻、草加、八潮、入間、東松山等に存す。

小金森 コガネモリ 蕨に存す。岩手県西磐井郡花泉町十戸あり。

小金谷 コガネヤ 吹上に存す。

古ヶ場 コカバ 埼玉郡古ヶ場村(岩槻市)あり。コケバとも称す。

小河原 コガハラ 熊谷に存す。

古河原 コガハラ 春日部に存す。 

古閑原 コガハラ 上尾に存す。

小甲 コカブト 浦和、上尾、新座、久喜、庄和、川越、鶴ヶ島等に存す。

小壁 コカベ 北本に存す。

古閑丸 コガマル 所沢に存す。

古上 コカミ 草加に存す。

小神 コカミ 川越に存す。

古神 コカミ 与野、戸田等に存す。茨城県久慈郡里美村九戸あり。

五上 ゴカミ 水戸市十六戸あり。ゴノカミ参照。

後上 ゴカミ 

一 葛飾郡杉戸町 香取社明治四十二年鳥居碑に新町後上庄八あり。

二 同郡広戸沼村(杉戸町) 惣新田村正福院天保九年真言塔に広戸後上清兵衛。観音堂慶応二年碑に後上広吉。鹿島社明治三年浅間碑に後上清右衛門。明治三十年人名録に後上清八・嘉永四年生・地租四十円あり。一戸現存す。

三 同郡幸手宿 明治九年副戸長後上宗平・弘化元年生(久喜町)。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿後上金平・後上徳三郎。雷電社明治十七年御嶽碑に幸手後上宗平、明治二十四年水鉢に後上吟次郎・後上勝次郎。天神島村天王社明治十九年碑に幸手宿後上勝次郎。明治三十五年醤油味噌醸造伊勢屋後上吟次郎・材木商いせ勝後上勝次郎・幸手病院後上謹吾。昭和三年興信録に後上勝次郎・所得税四十一円・営業税七十二円あり。

四 同郡平須賀村(幸手市) 太田袋村琴平社文政三年水鉢に平須賀村後上政右衛門。宝聖寺文政四年庚申塔に後上新太郎、嘉永四年庚申塔に後上与四郎。明治九年副戸長後上玄長・天保十年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に平須賀村後上玄長。明治二十二年選挙権者に後上玄長・天保十年生、後上謹吾・安政六年生、後上秀次郎・嘉永四年生、後上栄助・文久元年生。香取社明治三十九年狛犬に後上平内・後上倉次郎・後上栄助・後上亀次郎・後上謹吾・後上喜平・後上三吉・後上つる・後上勇吉あり。

五 同郡惣新田村(幸手市) 字南杉山正福寺天保九年真言塔に中新田・後上万次郎。字高須賀香取社明治三十二年御神燈に後上万吉あり。一戸現存す。 

六 同郡神扇村(幸手市) 天神社文化十二年御神燈に後上常五郎・後上万次郎・後上勇次郎・後上太七・後上岡右衛門、万延元年庚申塔に後上作太郎・後上栄蔵、明治二十六年碑に後上新次郎・後上伝次郎、明治四十四年碑に後上権次郎・後上甚之助。神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に文久元年神扇村後上庄右衛門。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に神扇村後上伝次郎あり。九戸現存す。

七 同郡神明内村(幸手市) 明治九年副戸長後上伝次郎・天保八年生あり。前項と同人か。現存無し。

八 久喜町 明治三十五年大工職後上弥七あり。三戸現存す。

後神 ゴカミ 蕨、上里等に存す。

小亀 コガメ 浦和、鳩ヶ谷、和光、八潮、入間、所沢、行田等に存す。

一 熊谷町 昭和三年興信録に小亀和太郎・所得税二十七円あり。現無し。

小萱 コガヤ 春日部に存す。

五ヶ谷 ゴガヤ 行田、羽生、大里等に此氏の旧家あり。

小ヶ谷戸 コガヤト 入間郡小ヶ谷戸村(入間市)、足立郡御蔵村字小ヶ谷戸、比企郡腰越村字小ヶ谷戸あり。

小粥 コガユ 与野、嵐山等に存す。

古唐戸 コカラト 浦和に存す。

小軽米 コカルマイ 春日部、幸手等に存す。

小川 コガワ 青森県黒石市十七戸あり。オガワ参照。

小河 コガワ 富士見に存す。

古川 コガワ 各市町村に存す。茨城県鹿島郡波崎町十四戸、青森県南津軽郡大鰐町十三戸、尾上町二十六戸、浪岡町三十二戸、平賀町二百六十戸、常盤村七十二戸、西津軽郡深浦町六十戸、森田村二十七戸、北津軽郡金木町七十三戸、中里町百五十戸、弘前市三百戸、青森市二百三十戸あり。

胡川 コガワ 葛飾郡八丁目村(春日部市)香取社明治九年算額に八丁目村地租改正補助胡川永休あり。住職か。現存無し。

粉川 コガワ 川口、大宮、戸田、岩槻、越谷、狭山、所沢等に存す。水戸市七十五戸あり。コナガワ参照。

小川口 コガワグチ 練馬区高野台長命寺慶安三年鐘銘に武州下足立小川口村矢沢次郎右衛門吉重あり、川口宿の鋳物師なり。風土記稿川口町条に「義経記の義経奥州ヨリ、ムサシノ国足立ノ郡コカハ口ニツキ給フとみゆる地なり」と。正応二年十二月とはずがたりに「武蔵の国小川口といふ所へ下る」と見ゆ。川口宿善光寺附近なり。川越条参照。

小河内 コカワチ 春日部、越谷に存す。

後川戸 ゴカワド 埼玉郡下川崎村字後川戸あり。

小河原 コガワラ 栃木県大田原市十二戸、茨城県新治郡八郷町二十一戸あり。オガワラ参照。

一 児玉党小河原氏 永仁六年上野国神名帳に西群馬郡小河原明神(榛名町附近)、東群馬郡小河原渠口明神(前橋市小河原分)を載せて、ヲカハラと註す。武蔵七党系図に「荘三郎左衛門弘長(四方田)―小河原六郎重長―三郎景長」と見ゆ。多胡郡長根村(多野郡吉井町)の小河原(こがわら)氏は児玉党小河原六郎重長の後裔右馬助重清が長根村上野場城主となり、在名長根氏を称す。永禄年間より長根衆五十騎二百余の士卒を率いる。永禄十年生島足島神社起請文に長根衆小河原右馬助重清と銘あり。三戸現存す。

二 埼玉郡広田村(川里町) 広田村開発者に「文禄二年、小河原図書・小河原金右衛門、引越来る」と。新井条参照。鷺栖神社安永六年塞神碑に小ヶ原金右衛門、文政十年弁財天碑に小川原幸七、弘化三年碑に小河原専右衛門・小河原孝七、嘉永六年幟碑に小河原庄太郎。明治九年副戸長小河原愛次郎・嘉永三年生あり。九戸現存す。

三 同郡行田町 安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に行田町小河原兵助。明治三十五年糸繭商小河原清之助あり。

四 同郡樋上村(行田市) 天満宮天保九年御神燈に小河原久松・小河原宇八・小河原勘七あり。五戸現存す。

五 同郡堤根村(行田市) 永徳寺明治四年筆子碑に小河原市蔵・小河原藤太郎・小河原品吉・小河原桂次郎。伊奈利神社明治十五年碑に小河原昌吉あり。二戸現存す。

六 大里郡和田村(熊谷市) 明治九年楊井村副戸長小河原又平・天保六年生あり。二戸現存す。

古川原 コガワラ 大利根に存す。

古河原 コガワラ 浦和に存す。

古閑 コカン 所沢、富士見等に存す。

後閑 ゴカン 各市町村に存す。群馬県群馬郡群馬町四十七戸、榛名町七十六戸、勢多郡粕川村十五戸、伊勢崎市三十五戸、高崎市五十戸あり。

一 児玉党後閑氏 上野国碓氷郡後閑村(安中市)より起る。また、東群馬郡後閑村(前橋市)、勢多郡後閑村(新里村)、利根郡後閑村(月夜野町)あり。武蔵七党系図に「秩父平四郎行高―倉賀野三郎高俊―秀行―行澄―後閑三郎政行」と見ゆ。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十八俵二人扶持・後閑音平、十六俵二人扶持・後閑彦一郎、十三俵二人扶持・後閑幸吉、同高・後閑札衛、同高・後閑彦三」あり。

三 大宮町 昭和三年興信録に後閑友次郎・所得税十円あり。

小木 コギ 白岡、新座、蕨、越谷、草加、上福岡等に存す。オギ参照。

古木 コギ 蕨、蓮田、川越、三芳、行田等に存す。フルキ参照。

小儀 コギ 八潮に存す。

古儀 コギ 鶴ヶ島に存す。

古城 コギ 浦和に存す。

後記 ゴキ 吉川に存す。

小岸 コギシ 秩父に存す。オギシ参照。

一 深谷城士の小岸氏 深谷記に「天正十八年、神流川合戦の時、深谷衆小岸内匠あり」と見ゆ。

二 高麗郡光音寺村(日高市) 比企郡平村慈光寺先手観音堂元禄八年棟札に光音寺村小岸七郎兵衛あり。現存無し。

小木曽 コギソ 浦和、大宮、戸田、川越、春日部等に存す。オギソ参照。

小木曾 コギソ 浦和、越谷、行田、吉田等に存す。

小北 コキタ 浦和、上尾、川口、朝霞、越谷、狭山等に存す。オキタ参照。

小木田 コキタ 川口、蓮田、八潮等に存す。オキタ参照。

五木田 ゴキタ 各市町村に存す。茨城県水海道市四十四戸、千葉県山武郡芝山町二十一戸、横芝町四十戸、成東町百戸、香取郡多古町十七戸あり。

五喜田 ゴキタ 大宮に存す。千葉県佐原市十五戸あり。

五鬼田 ゴキタ 越谷に存す。

御器谷 ゴキタニ 与野に存す。

小木戸 コキド 上尾、和光、上福岡、所沢等に存す。

古木名 コキナ 和光に存す。

後給 ゴキュウ 岩槻に存す。

古桐 コギリ 浦和、三郷等に存す。

小切間 コギリマ 桶川に存す。

児銀 コギン 栗橋に存す。

国 コク 五世紀頃に百済国の土着の大姓として、百済の支配層の姓氏は、随書・百済伝に「国中大姓有八族。沙氏、燕氏、ь=A真氏、解氏、国氏、木氏、苗氏」と見え、太平御覧・北史に「又曰百済国八族。沙氏、燕氏、ь=A真氏、解氏、骨氏、木氏、苗氏」と見ゆ。骨(こく)は国(こく)氏と同じ。日本書紀・欽明四年条に「百済人徳率国雖多」と。宝亀五年十月条に「散位従四下国中連公麻呂卒す。本是れ百済国の人也。其の祖父徳率国骨富は、天智二年、本蕃の喪乱に属して帰化す。天平年中、聖武皇帝・弘願を発し、盧舎那銅像を造り給ふ。其の長五丈。当時鋳工・敢えて手を加ふる者なし。公麻呂・頗る巧思あり、竟に其の功を成し、労を以って遂に四位を授け、官・造東大寺次官、兼但馬員外介に至る。宝字二年、大和国葛下郡国中村に居るを以って、地に因り氏に命ず焉」と見ゆ。奈良の大仏を初めて鋳造した人なり。国中村は葛下郡大中村(大和高田市)で明和六年に二十二軒あり、当時は数軒の小村で百済人国氏の居住地なり。また、地名としては、三国史記列伝に浦上八国の内、骨浦(今の昌原)、柴原(今の漆原)、古史浦(今の鎮海)などがある。韓半島南部にあった国名で、浦は古訓で加羅(から)の意味がある。また、三国史記樂志に「樂師省熱県人于勒造十二曲後于勒以其国将乱携楽器伎新羅真興王王受之安置国原乃遣、云々」とあり。国原(こくげん)は加耶琴の名手于勒(うろく)の居住していた所である。国原は今の忠清北道の忠州市で、百済領であったが、真興王(五五一年)の頃に新羅領となる。我が国へ渡来した国族は国氏、或は国・骨の地の出身なり。渡来人国氏は二字の制度により国井(コクイ、クニイ)、国枝(コクエ、クニエ)、小久江と称した。小倉(コグイ、コグエ)とも称した。また、国保(コクボ)と称し、小久保の字を用いた。十戸を保と云う。また、百済八姓の木氏は、百済記に「木満致(もくまんち)は、木羅斤資(もくらこんし)が新羅を討ったときに、その国の婦女を娶って生んだものである」と。日本書紀神功皇后十九年条に「百済の木羅斤資が新羅を撃つ」と。三国史記百済本紀(四七五年)に「木満致(もくらいまんち)」と見ゆ。木氏は、木羅(もくら)、木пiもくらい)とも称している。国氏も、国羅(こくら)、国пiこくらい)と称し、рヘ礼(らい、れい)でレと読み、コクレは小暮の字を用い、国羅は小倉の字を用いる。

谷 コク 与野に存す。タニ参照。

後久 ゴク 春日部に存す。

国井 コクイ 朝霞に存す。クニイ及び国(こく)条参照。

小久井 コクイ 大宮、川越等に存す。

小倉 コグイ 下学集に小倉をコグエと称す。甲斐国巨摩郡小倉村(須玉町)はコゴエと唱える。オグラ、コグラ参照。

一 中山氏四天王の小倉氏 高麗郡中山村(飯能市)の土豪にて、中山勘解由左衛門尉の重臣に小倉孫太夫あり。小蒼とも記し、コグエとも呼ばれていた。高蒼(こぐい)、小倉井(こぐい)とも記す。中山村本橋家霊名表(佐藤家所蔵)に「傑叟常英居士・小蒼荘兵衛・寛永十七年正月朔日。華翁常蓮居士・小蒼太兵衛・寛永十二年三月十四日。歓渓淳喜信士・小蒼忠兵衛・万治四年二月十日」。中山村記録に元禄十五年下町組頭小蒼吉右衛門。山崎家譜に「中山下町、内出・小倉三左衛門貞長娘・享保十二年死す」。中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に中山下町・小蒼三左衛門宗親・小蒼吉右衛門貞易・小蒼孫四郎、飯能村高蒼小兵衛あり。現存無し。小倉井(おぐらい)条参照。

小久江 コクエ 大宮、草加、川越、所沢等に存す。オクエ参照。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「年寄役・三百十石・父楽山・小久江権右衛門・三十三歳、隠居・十五人扶持・権右衛門父・小久江楽山・七十五歳、御馬廻・百十石・亡父勝右衛門・小久江勝右衛門・六十四歳、養父勝右衛門・小久江勝次郎・二十二歳」あり。次項参照。

二 川越町 明治十一年第八十五国立銀行株主に川越士族小久江武三郎・十二株千二百円所有。御嶽社明治三十年碑に小久江時三郎(筆墨商好謙堂)。昭和三年興信録に小久江時三郎・所得税十一円・営業税四十三円あり。二戸現存す。

小久喜 コグキ 埼玉郡箕輪郷小久喜村(白岡町)あり、古は鬼窪と称す。

古久喜 コグキ 久喜郷古久喜村(久喜市)あり、元は久喜本町・久喜新町・野久喜村・古久喜村は一町で久喜町と称した。

国済寺 コクサイジ 幡羅郡国済寺村(深谷市)あり。金山城主横瀬宗功書状に「国済寺之こやをおとし云々」と見ゆ。

石沢 コクサワ 川口、大宮、蓮田、加須等に存す。栃木県安蘇郡葛生町四十六戸あり。イシザワ参照。

石澤 コクサワ 桶川、春日部、越谷、栗橋、宮代等に存す。

穀澤 コクサワ 上尾、深谷等に存す。

一 埼玉郡阿良川村(加須市) 天神社元文三年地蔵尊に穀澤安右衛門あり。現存無し。

古久沢 コクサワ 越谷に存す。

古久澤 コクサワ 富士見に存す。

国司 コクシ 上尾に存す。クニシ参照。

小串 コグシ 与野、岩槻、東松山、坂戸、狭山、毛呂山、春日部、越谷等に存す。オグシ参照。

国生 コクショウ 川口、浦和、久喜、三郷、八潮、岩槻、狭山等に存す。クニウ参照。

國生 コクショウ 松伏、越谷等に存す。

小楠 コクス 所沢に存す。オクス参照。

古楠 コクス 新座に存す。

小薬 コグスリ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡二宮町十二戸、益子町十四戸、鹿沼市十二戸、茨城県笠間市二十戸あり。オグスリ、コヤク参照。

国仙 コクセン 朝霞に存す。

穀蔵 コクゾウ 三郷に存す。

国田 コクダ 田は郡県、村の意味で、国氏の集落を国田と称す。コク参照。

一 入間郡三ツ木村(狭山市) 上奥富村梅宮神社前天保十二年敷石碑に三ツ木村国田金右衛門・国田民治郎。青柳村氷川社明治二十九年碑に東三ツ木国田代次郎。明治三十六年堀兼村信用組合発起人国田正作・同国田直次郎あり。コクダ氏九戸、クニダ氏七戸現存す。

國田 コクダ 前村に存す。

穀田 コクダ 川口、桶川等に存す。宮城県本吉郡唐桑町十一戸あり。

極壇 ゴクダン 川口、日高等に存す。青森県三戸郡南部町十六戸あり。

小口 コグチ 国地にて、国氏集落を称す。栃木県塩谷郡氏家町十七戸、那須郡小川町二十戸、烏山町六十戸、馬頭町二十四戸、南那須町十五戸、芳賀郡益子町二十戸、茂木町十五戸、河内郡上三川町二十三戸、茨城県那珂郡山方町四十四戸、真壁郡関城町二十四戸、結城郡八千代町三十三戸、下妻市四十戸あり。オグチ参照。

一 足立郡新井宿村(川口市) 子日宮神社寛政三年庚申塔に小口孫八.。多宝院江戸末期碑に小口平五郎。西新井宿村宝蔵寺明治十七年弘法太師碑に新井宿村小口権太郎あり。二戸現存す。

古口 コグチ 前条に同じ。各市町村に存す。栃木県塩谷郡高根沢町七十戸、河内郡上三川町三十戸あり。

胡口 コグチ 浦和に存す。福島県いわき市十九戸あり。

湖口 コグチ 川口、桶川等に存す。茨城県那珂郡山方町十戸あり。

国土 コクド 北本、飯能等に存す。

國土 コクド 北本に存す。

小国 コクニ 川口、浦和等に存す。

小椚 コクヌギ 川口、大宮等に存す。

古久根 コクネ 大宮、三郷、所沢等に存す。

穀野 コクノ 越谷に存す。

国納 コクノウ 国ノにて、国氏集落なり。埼玉郡国納村(宮代町)あり。

国府 コクブ 国氏の集団(部)を称す。坂戸、東松山、朝霞、所沢等に存す。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「六十石・本国伊与生国武蔵・国府四郎右衛門・三十六歳」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒士銃隊格・七石二人扶持・亡養父東作・国府連兵衛」あり。

三 関東郡代伊奈氏家臣 児玉郡下真下村慶長十六年検地に「伊奈半十郎様手代国府太郎右衛門様御出役被遊」と見ゆ。

國府 コクブ 坂戸に存す。

国分 コクブ 国部にて、国氏の集団(部)を称す。入間郡塚越村(坂戸市)に国分明神社あり、サハラと註す。祭神は明徳三年安房国館山の住人佐原太郎・同次郎の兄弟、相従ふ者五人共に此地に来りて死せしを、後かく祀りたるなりと見ゆ。安房郡国分村(館山市)に国分寺あり、此地出身の神主家の伝承か。栃木県下都賀郡大平町二十戸、小山市二十七戸あり。クニブ、コクブン参照。

一 水戸藩家臣 八王子城士にて、中山十七騎となり水戸藩に仕る。コクブと註す。多摩郡にクニブ、コクブの両氏は現存無し。此氏は高麗郡南平沢村(日高市)出身のクニブ氏か。隣村の上田波目村条に「此村もと平沢村に属せし原野にして寛文八年検地せし所なりしに、元禄二年御代官支配せし時、同村の民左太夫、三右衛門と云もの両人にて新墾す」と見ゆ。水戸藩士国分左太夫は同村百姓左太夫と同族か。水府系纂に「○ 国分左太夫某、父を豊後某と云ふ、八王子に住して北条氏照に仕へ、北条家没落の後死す。豊後弟を刑部某と云ふ、中山信吉が家老となり千石を与ふ、子孫源英公に仕ふ。左太夫は慶長年中幕下の歩行士となる、信吉が組たり。十三年駿府に於て二百石を賜て信吉が与力となり慶安三年死す。○国分権兵衛玄寛、初名喜右衛門、初八王子に住して北条氏照に仕ふ、北条家没落して慶長十三年中山信吉が推挙を以って駿府に於て二百石を賜て信吉が与力となる」。寛文九年水戸藩分限帳に「与力衆中山備前守組、二百石・国分喜右衛門、二百石・国分八右衛門」。同年松岡藩分限帳(藩主中山備前守)に「執政職家老・二百石・国分左太夫・年七十二、若殿様御伝・九十石・国分政衛門・年三十六」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御徒士・六石二人扶持・国分直次郎、同高・国分祐三郎」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・国分宗七、五石二人扶持・国分柳之助」あり。

三 埼玉郡三ツ俣村(加須市) 龍蔵寺天保七年地蔵尊に三ツ俣村青蓮・国分辰右衛門。安政四年菊地家筆子控に当村定右衛門倅国分利兵衛。明治七年梅沢文書に国分岩五郎。諏訪社明治二十一年伊勢講碑に国分常吉あり。五戸現存す。

四 比企郡古凍村(東松山市) 明治十年小間物商国分喜代七あり。八戸現存す。

五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・国分誠一郎・十円・三十三円、木崎村(浦和市)・国分義一・百九十四円・四十七円、野本村(東松山市)・国分修一郎・三十九円・十六円」あり。

國分 コクブ 各市町村に存す。

国府方 コクフカタ 鳩ヶ谷に存す。コウカタ参照。

国府田 コクフダ 国氏の集落を称す。小口に同じ。与野、久喜、越谷、草加、三郷、入間等に存す。茨城県真壁郡関城町九戸、結城郡八千代町四十戸、下妻市二十六戸あり。クニフダ、コウダ参照。

國府田 コクフダ 鳩ヶ谷に存す。

国分 コクブン 国氏の集団にて国部に同じ。国分寺は無関係なり。与野、久喜、越谷、草加、三郷、入間、坂戸等に存す。福島県岩瀬郡岩瀬村二十戸、田村郡三春町三十八戸、小野町三十五戸、船引町二十九戸、安達郡岩代町十六戸、本宮町二百四十戸、大玉村三十七戸、白沢村百三十戸、郡山市五百六十戸、二本松市百戸あり。コクブ参照。

国分寺 コクブンジ 野与党八条氏族にて、下総国葛飾郡国分村(千葉県市川市)国分寺より起る。埼玉郡大松村栄広山由緒著聞書(越谷市)に「栄広山高賢上人(新方領主新方頼希の兄)は八条氏の持城向畑城を襲ふ。八条兵衛尉此事を聞て大に怒り、類葉をかり催し大軍を挙て武州別府(越谷市)に出張し手分を定む。先陣青柳外記左衛門・小作田隼人・柿木小膳・八百五十余人、二陣大相模飛騨守・西脇左近右衛門・領家八郎・国分寺藤九郎・五百余人、八条兵衛尉一千余人、軍令を司り永正十八年辛巳正月七日、千間堀を打越し新方の地に乱入す」と見ゆ。八条領青柳村(草加市)、同領小作田村(八潮市)、同領柿木村(草加市)、大相模郷(越谷市)、領家村(川口市)等の住人なり。

国保 コクボ 保は十戸を保とした隣保制で、国氏の集落を国保と称す。多くは佳字の小久保を用いる。各市町村に存す。新潟県東頸城郡安塚町六戸あり。クニヤス参照。

国母 コクボ 国保に同じ。浦和、蓮田等に存す。栃木県芳賀郡二宮町十二戸あり。

小窪 コクボ 国保の佳字なり。各市町村に存す。小久保条参照。

一 北条氏家臣の小窪氏 永禄四年高麗郡女影郷(日高市)北条家納所分書立(三浦文書)に「十九貫八百五十文・小窪藤右衛門、五貫三百文・同人・藤田分。十二貫三百五十文・小窪助七郎、一貫八百五十文・同人・藤田分、一貫五百文・同人抱大目分」と。平沢村の小久保氏なり。

二 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「五十 石・小窪佐左衛門」あり。

小久保 コクボ 国保の佳字なり。国(こく)条参照。入間郡小久保村(川越市)あり。高麗郡小久保村(飯能市)は平松村の小久保氏が草創す。地形の窪地は無関係である。武蔵国に多く存し、甲信越・奥州には此氏の集落は無し。群馬県桐生市三十戸、栃木県佐野市三十戸、茨城県西茨城郡岩瀬町十六戸、真壁郡真壁町二十戸、猿島郡総和町三十四戸、福島県河沼郡会津坂下町二十戸あり。 

一 私市党小久保氏 榛沢郡瀬山村の小久保氏なり。武蔵志・丹治系図に「熊谷兵衛太郎直季(天喜元年十月於武州大里郡領)―河原次郎直光―直則―次郎太郎則光―太郎高信、弟次郎盛直。瀬山、河原、小久保、常木の祖」と見ゆ。五十六項参照。

二 畠山氏流小久保氏 四十八項参照。

三 上杉氏流小久保氏 五十一項参照。

四 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「七両二人扶持・小久保伊八」。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・小久保延之助、同高・小久保正之助、八石余二人扶持・小久保清孝」。

六 葛飾郡三輪之江村(吉川市) 三輪之江神社明治二十八年碑に小久保政徳あり。現存無し。

七 同郡椿村(杉戸町) 厳島社天保二年御神燈に椿村小久保与曽右衛門、天保四年根権現碑に小久保与兵衛・小久保佐市郎。文珠堂明治十五年筆子碑に当村小久保淳造。明治三十年人名録に小久保乾二・明治七年生・地租五十五円あり。現存無し。

八 埼玉郡岩槻町 加倉村浄国寺元禄九年庚申塔に市宿町小久保市右衛門あり。

九 同郡下大増新田(春日部市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下大増新田小久保長蔵。香取社慶応□年御神燈に小久保秀蔵あり。二戸現存す。

一〇 同郡鴻茎村(騎西町) 寿昌寺享保十四年庚申塔に鴻茎村小久保孫□、安政五年馬頭尊に鴻茎村小久保惣太郎、文久四年天満宮碑に小久保藤吉あり。一戸現存す。

一一 同郡大越村(加須市) 当村文政八年巡拝塔に上大越村小久保徳右衛門あり。一戸現存す。

一二 同郡羽生町 町場村字東谷正徳五年庚申塔に小久保太郎左衛門・小久保三左衛門・小久保善左衛門、明和六年弁財天碑に小久保五郎右衛門。上羽生村建福寺碑に「吾先祖者慶安中従小久保太郎左衛門家分業而、云々。天明八年、町場村六世之孫小久保七左衛門」。元治二年油商小久保卯八・油商横町小久保啓助。藤井村源長寺慶応四年筆子碑に羽生小久保謙吉。慶応四年打毀し番付に東谷小久保倉次郎。明治五年米穀商小久保啓助・同商小久保幸七.。明治九年副戸長小久保謙吉・天保十三年生、副戸長小久保石蔵。明治三十一年羽生銀行発起人小久保健吉・百株二千円所有。明治三十五年下駄商小久保愛三郎・綿花糸繭仲買商小久保辰郎次あり。

一三 同郡今泉村(羽生市) 長光寺嘉永三年常夜燈に前原村小久保忠兵衛あり。三戸現存す。

一四 同郡喜右衛門新田(羽生市) 八幡宮寛政五年水鉢に神鳥村小久保与兵衛、文久二年小御嶽碑に小久保与兵衛あり。六戸現存す。

一五 同郡新宿村(吹上町) 不動堂江戸末期碑に新宿村小久保惣八郎母。山神社明治十一年浅間碑に小久保乙吉・小久保夘吉、明治四十二年碑に北新宿小久保宇吉・小久保宗三郎あり。五戸現存す。

一六 同郡下川上村(熊谷市) 当村嘉永六年御嶽碑に小久保万吉。神道無念流榛沢郡宮戸村金井宇一郎起請文に元治元年下川上村小久保万吉。明治九年戸長小久保万吉・天保元年生。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に下川上小久保角三郎あり。一戸現存す。

一七 足立郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に小久保十左衛門あり。現存無し。

一八 同郡差間村(川口市) 興照寺文化九年庚申塔に指間村小久保重吉、天保六年普門品に指間村小久保重左右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡見沼領差間村小久保重蔵あり。一戸現存す。

一九 同郡浦和町 明治三十五年煙草商小久保省三あり。

二〇 同郡代山村(浦和市) 風土記稿代山村条に「城蹟、村の中央より南に寄りてあり。城跡と云べきにもあらざれど土人相伝ふ。岩槻太田氏の臣小久保縫殿助と云人の居し所にして、天正十八年岩槻落城のとき小久保も共に滅亡せりと云ふ。隣村中野田村の字冠木と唱ふる所は則ち当城大手門の跡なりと云ふ」と。足立郡村誌に「代山村に城跡あり。岩付太田氏家臣山田大隈、または小久保縫殿助の居城と伝へ、城域内に山田大隈の墓と称すあるが真偽不明なり」と見ゆ。現存無し。六十三項参照。

二一 同郡下野田村(浦和市) 前項の小久保縫殿助は岩附落城後に当村に土着帰農し、子孫は代々名主を勤める。円徳寺享保五年庚申塔に小久保利左衛門・小久保十左衛門あり。六戸現存す。

二二 同郡白幡村(浦和市) 睦神社明治三十六年碑に白幡小久保長吉あり。一戸現存す。

二三 入間郡入間川町(狭山市) 明治三十五年機具業小久保源次郎あり。

二四 同郡駒寺野新田(日高市) 明治十三年北三芳野学校議員小久保五郎平あり。二戸現存す。

二五 同郡川越町 当所榎本弥左衛門覚書に「寛永十六年二十才之時、小窪権十郎と云ふ友達あり」と。日蓮宗行伝寺過去帳に「承応二年三月過去帳表具之紙は小久保五左衛門・同宇右衛門等造立す。宗信・小久保六郎左衛門父・丑年十二月」あり。

二六 同郡福田村(川越市) 宿粒村八幡社文政六年水鉢に福田村組頭小久保長右衛門。赤城社明治四十一年碑に小久保幸造あり。三戸現存す。

二七 同郡萱方村(坂戸市) 明治十二年選挙投票簿に小久保浅五郎・小久保今吉・小久保喜助。明治二十五年開墾台帳に小久保周吉あり。四戸現存す。三十六項と同族か。

二八 同郡毛呂本郷(毛呂山町) 出雲伊波比神社明治二十年御神燈に毛呂本郷小久保五三郎あり。一戸存す。

二九 同郡市場村(毛呂山町) 明治九年副戸長小久保丈助・天保六年生。明治三十四年川角村会議員小久保勘助あり。七戸現存す。

三〇 同郡葛貫村(毛呂山町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に葛貫小久保冬太郎。住吉社明治三十二年筆子碑に小久保力蔵・小久保忠次郎・小久保文平・小久保菊次郎・小久保勝蔵・小久保治平・小久保清吉あり。十五戸現存す。

三一 同郡龍ヶ谷村(越生町) 明治十一年荷車頼母子講に小久保菊次郎あり。現存無し。

三二 高麗郡小久保村(飯能市) 当村は隣村平松村の小久保氏草創なり。風土記稿小久保村条に「村名の起りは、往昔小久保氏の里正某草創せしに由ると云ふ。今はその氏族亡し」と見ゆ。現存無し。正保年間に村高六十石の小村なり。

三三 同郡平松村(飯能市) 中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に平松村小久保七衛門。多摩郡高尾山薬王院寛延二年文書に高麗郡平松村小久保兵蔵。字中ヶ谷戸文化十一年馬頭尊に平松村小久保銀之丞。慶応元年名主小久保勘兵衛。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に平松村・小久保藤四郎・小久保林三・小久保喜十郎あり。八戸現存す。

三四 同郡川崎村(飯能市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、川崎村小久保定右衛門」。明治九年戸長小久保新六・弘化四年生、副戸長小久保弥吉・天保四年生。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に川崎村小久保孝三郎あり。十二戸現存す。

三五 同郡高萩村(日高市) 明治二十四年地租軽減請願人小久保平造あり。現存無し。

三六 同郡平沢村(日高市) 国分(くにぶ)氏が南平沢村八戸、小久保氏が南平沢村二十六戸、北平沢村八戸現存す。元禄二年田波目村を分村し、クニブ氏十七戸現存す。当村は古代より国氏の居住地なり。風土記稿平沢村条に「旧家者新五郎、氏を小窪と云ふ。先祖六右衛門北条家に仕へしとて小田原より賜ひし文書を蔵せり。其文に『永禄十一年二月十日、評定衆飛騨守泰光は、山角同心小窪六右衛門の訴へにより、その所領入西郡萱方十貫文の地を安堵し、山角刑部左衛門の同心として走廻るべきことを裁許す』。玉泉寺は、村民新五郎が先祖小久保某この地へ隠居せし庵なりしを何の頃にや一寺となせしと云ふ。古碑、応永□巳□八月二十日と刻す。新五郎が先祖の碑なりと云伝へり」と見ゆ。小窪条参照。安政五年伊勢講中連名帳に平沢村小久保菊次郎・平沢内宮ヶ谷戸小久保伝兵衛。北平沢村福蔵院安政五年地蔵尊に当所小久保六之丞。明治五年下組副戸長小久保徳次郎。明治九年平沢村中組戸長小久保才治郎・文政十二年生、中組副戸長小久保半五郎・文化四年生、下組戸長小久保倉次郎・文政五年生、下組副戸長小久保吉左衛門・文化十二年生、下組副戸長小久保吉兵衛・享和三年生。北平沢村瀧岸寺明治九年筆子碑に平沢村・小久保清五郎・小久保米三郎・小久保伊三郎。明治十八年商業行司役中組小久保菊次郎。明治二十二年中組議員小久保俊蔵、下組総代小久保亀太郎あり。

三七 同郡上広瀬村(狭山市) 浅間社明治四十五年碑に小久保要吉あり。一戸現存す。

三八 比企郡平沼村(川島町) 当村に此氏多く存す。教円寺明和五年地蔵尊に小久保治兵衛・小久保安次郎・小久保次郎吉。大福寺寛政八年馬頭尊に平沼村小久保源蔵。字細郷天保六年馬頭尊に小久保富士松・小久保源次・小久保助治・小久保亀吉・小久保源之丞・小久保忠次郎・小久保平四郎・小久保鉄五郎。稲荷社安政六年馬頭尊に小久保文次。氷川社明治十九年鈴銘に小久保角次郎・小久保宇太郎。県会議員医師小久保牧太郎・明治五年生あり。

三九 同郡新堀村(川島町) 表村広徳寺明和六年六地蔵に新堀村小久保杢左衛門。吉原村宮原神社文政十三年御神燈に新堀村小久保銀治郎あり。現存無し。

四〇 同郡白井沼村(川島町) 釘無村明治十九年馬頭尊に白井沼村小久保安次あり。八戸現存す。

四一 同郡福田村(滑川町) 当村に此氏多く存す。鉢形城家臣と伝へる。小久保家墓碑に「北巌的辰居士・小久保備後・弘治元年四月三日没。全保鉄応居士・小久保弾正・慶長十年二月九日没」。中尾村慶徳寺元禄十六年七福神奉納に福田村小久保五兵衛。野原村文殊寺嘉永元年大銀講碑に福田村小久保善吉。元治二年小林三徳奉納算額に当所小久保市郎右衛門勝信・小久保弥左衛門和義。明治九年議定書に小久保菊次郎・小久保彦四郎・小久保吉五郎・小久保長蔵・小久保綱五郎・小久保重太郎・小久保弥三郎・小久保三郎平・小久保伝平・小久保わか・小久保政吉・小久保たに・小久保仲次郎・小久保長造・小久保才三郎・湯屋小久保喜八・小久保伊八・小久保繁次郎・小久保亀次郎・小久保六造・副戸長石油塩商小久保親宗・文政七年生あり。

四二 同郡土塩村(滑川町) 野原村文殊寺明治二年碑に土塩村小久保次兵衛・小久保源十郎・小久保茂助あり。四戸現存す。

四三 同郡羽尾村(滑川町) 当村に此氏多く存す。小久保家系図に「河原山城守信国(鉢形城主北条氏邦に仕ふ、天正十八年同城落城、依って河原父子、兄弟東西に散走し、信国は妻の生家羽根尾村に落居、元和七年死去)、其子五男小久保信鼎(羽尾村に定住し、百姓となり、姓を母方の小久保に改む、法名意安全正居士)」と。河原条参照。羽尾七騎由来書(小林文書)に「天正二十年より小久保市兵衛、寛文四年村役人小久保市兵衛」。小沢文書に寛文七年若年寄小久保市兵衛。設楽文書に安永八年大工小久保貞八知平、明和三年講中小久保文治。興長寺天保二年廻国塔に表郷小久保栄吉。消防組員に小久保才平・嘉永元年生、小久保栄三・嘉永二年生、小久保寅造・嘉永三年生、小久保代吉・嘉永五年生、小久保平吉・嘉永五年生、小久保貞治郎・安政三年生、小久保国太郎・安政六年生、小久保雅治・文久元年生、小久保水太郎・文久二年生。明治十三年小学校生徒・由造二男小久保身太郎・十歳、茂平長男小久保勝次郎・九歳あり。

四四 同郡将軍沢村(嵐山町) 明光寺明治七年筆子碑に小久保国蔵。明治九年副戸長小久保倉吉・安政六年生あり。六戸現存す。

四五 同郡平村(都幾川村) 淨土院念仏堂跡安政二年聖徳太子講碑に当所小久保藤左衛門・小久保豊吉。慈光寺観音堂安政三年巡拝塔に当所行者小久保万次郎。字竹ノ平慶応三年馬頭尊に小久保豊吉。滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に後野組小久保関次郎。萩日吉社明治四十一年碑に小久保助郎・小久保菊次郎・小久保貞次郎あり。四戸現存す。

四六 同郡小川町 明治三十五年鳥肉商小久保富次郎。県会議員大塚村小久保太郎・明治四十二年生・大河村出身あり。

四七 同郡腰越村(小川町) 平村正法寺明治三十年廻国塔に腰越小久保助次郎あり。三戸現存す。

四八 同郡上古寺村(小川町) 古寺郷は古代鍛冶師居住の集落にて、字金嶽あり。風土記稿下古寺村条に「村の西の方山の麓に岩窟あり、この窟は古へ銅鉛など堀し穴あらんと土人等いへり。此余、是に類せる小窟近村に一二所あり」と。氷川里上古寺に「上古寺字小門は江戸初期頃に滝沢姓十三軒が所在していたが今は三軒となってしまった。耕地はほとんどなく、土地生産力ではなく、特殊産業があったと考えられる。滝沢宅裏山に金山様がまつられており、滝沢氏は鋳物師関係の人々ではなかったか」と見ゆ。鍛冶師岡部六弥太忠澄の妻は畠山重忠妹なりと伝へる。岡部氏の本名である岡部村の鍛冶師滝沢氏は小川町方面から来住すと伝承あり。忠澄は古寺村出身の滝沢氏であり、妻は古寺村の畠山姓小久保氏の娘で、是が重忠妹説となった。鍛冶師小久保氏は鍛冶支配頭畠山重忠の配下にて、後世畠山氏後裔を唱へる。岡部、滝沢、秩父、畠山条参照。小久保文雄家の重慶位牌に「曰く重慶は、当家の祖小久保重遠の養子、実は畠山重忠の三男、後慈光寺二十世の別当たり、文永元年二月二十八日寂」と。重慶は日光山で殺されたといわれるが、実は日光山別当弁覚の情計により上古寺の地に来ると云う。村誌に「畠山重忠塔、西の部八町程登り山嶺、旧称は六郎荘司墓。元久二年六月重忠戦死の後、三男重慶ひそかに引て祭主となり此処に葬りし、且祖父の伯父高山三郎重遠(后号小久保晏関重遠入道)落居たるを以ってなり、而て后重慶所々流浪日光山に於て建暦三年九月長沼五郎宗政に誅せられと称し、別当弁覚の情計に因て安穏に遁世、再度廻来して重遠の養子嗣となり、后父討死の際遁て菩提をとむろうべく遺言を以て都幾山に登り剃髪して慈光寺二十九世の別当たり、故に重遠及び重慶の後裔小久保勘右衛門方に位牌等今に存せり、法名三部都法大阿闍梨重慶法印霊位。其他重遠の実印及び秩父家より伝りしと言器物あり」と見ゆ。重遠のことは高山条参照。子孫は神武一刀流の剣術家にて、小久保家念流の門弟五百余名あり。重慶より二十三代名主小久保勘右衛門斥英・安政六年没九十三歳、其子勘右衛門英信・明治四年没七十五歳、其子勘右衛門忠義・天保九年生・大正九年没(代々私塾師匠、名主)、其子県会議員農業満尊・文久元年生・昭和二十二年没なり。高福寺天保五年六地蔵に小久保勘右衛門・小久保作兵衛・小久保定八.。字京田嘉永四年大黒天碑に小久保久左衛門・小久保定八.。明治五年蚕種業小久保良平。明治六年学校充費金に小久保政右衛門・小久保勘三郎。明治十年投票札に小久保周助。平村正法寺明治三十年廻国塔に上古寺・小久保勘右衛門・小久保太四郎・小久保重助・小久保代吉あり。七戸現存す。

四九 男衾郡本田村(川本町) 字中芝元禄六年庚申塔に小久保七兵衛あり。二戸現存す。

五〇 同郡須賀広村(江南町) 八幡社文化十四年御神燈に小久保源十郎あり。現存無し。

五一 同郡千代村(江南町) 深谷城主上杉氏後裔にて、深谷上杉氏系図に「上杉三郎氏憲(天正十八年深谷落城浪々、至於信濃住居、寛永十四年卒)―上杉太郎憲俊(天正七年深谷城生、母北条氏女、信州久保田氏祖)、弟二男小久保理兵衛憲全(母小久保氏女、武州大里郡樋口村住)、弟三男小久保忠左衛門憲成(憲全と同母、武州男衾郡篠葉庄千代住)、弟四男小久保忠右衛門憲詮(武州大里郡三ツ本村住)」と。氏憲の子達は実子では無く、名跡継承者であり、憲成は千代村出身の本名小久保氏である。実子憲俊よりも年長者であろう。字南方に上杉館と呼ばれる戦国時代の館跡あり、氏憲居住と云うが、憲成等の居住であろう。当村は正保年間に村高百十七石、天保年間に百六十四石・家数二十軒の小村であり、深谷城・忍城等への出稼衆村である。小久保氏は千代村に十戸存し、樋口村及び三ツ本村には現存無し。明治に至り上杉氏を称す。上杉氏は千代村に六戸存し、樋口村及び三ツ本村には無し。上杉条参照。当村上杉氏系図に「小久保忠左衛門憲成―憲秀―忠左衛門憲清(寛延元年卒)―忠左衛門頼憲(宝暦七年死)―忠左衛門憲蕃(天明四年死)―忠左衛門憲貞(文化十年死)―忠左衛門憲褒(天保十二年死)―忠左衛門憲澄ー憲光(安政六年死)―上杉権九郎(大正七年死)―憲勝―正(現主)」と。別家あり、普門寺碑に「当寺は成田下総守の家人小久保弾正国久の子孫が開基し、天保元年に小久保兵左衛門が再興す」と。成沢村赤城社文化五年御神燈に千代村小久保善兵衛。名主小久保文書に「安政五年名主小久保兵左衛門、名主見習小久保良助」(子孫熊谷住)。明治五年戸長小久保兵左衛門。明治九年戸長小久保寿三・安政元年生あり。

五二 大里郡熊谷宿 旧家祖先天正慶長頃に小久保内膳あり。林条参照。

五三 同郡万吉村(熊谷市) 氷川社天保七年御神燈に当所小久保善右衛門・小久保定左衛門あり。十二戸現存す。

五四 同郡河原明戸村(熊谷市) 松山町箭弓稲荷社文化十二年社殿銘に河原明戸村彫刻師小久保仙五郎藤原義長あり。一戸現存す。

五五 榛沢郡明戸村(川本町) 河原明戸村諏訪社安政六年水鉢に明戸村小久保庄右衛門。毘沙門天元治元年大黒天碑に小久保中五郎・小久保庄太郎。八幡社明治三年水神碑に小久保半次郎、明治十三年御神燈に小久保友三郎・小久保桂次郎。明治九年副戸長小久保桂次郎・天保七年生あり。八戸現存す。

五六 同郡瀬山村(川本町) 当村に此氏多く存す。一項参照。不動堂明和五年庚申塔に小久保銀治郎・小久保角兵衛。三ヶ尻村龍泉寺天保九年筆子碑に瀬山村小久保市蔵。八幡社天保十三年奉額に当所・小久保田十郎・小久保半次郎・小久保万造・小久保次郎左衛門・小久保和七.。弘化四年田島文書に名主小久保次郎左衛門。三ヶ尻村幸安寺慶応二年権田門人碑に瀬山村小久保和七・親類瀬山村小久保信太郎。神道無念流宮戸村金井宇一郎起請文に慶応二年瀬山村小久保多吉・小久保信太郎宗昌。明治九年戸長小久保章・文政十年生、副戸長小久保和七・天保五年生。明治十一年戸長小久保可昌。明治十八年最上農名簿に小久保英彦・耕宅地十二町四反歩・山林一町六反歩所有。明治三十五年奈良堰組合員に小久保藤七郎・小久保季三郎・小久保平作・小久保伝吉・小久保喜太郎あり。

五七 同郡用土村(寄居町) 字下宿阿弥陀堂文政五年如来像に小久保貞助。国学者平田鉄胤門人に元治三年小久保勝之助武寿。明治九年副戸長小久保勝平・文政七年生(私塾師匠、号鷗居、明治三十八年没、八十二歳)。明治十三年仙元碑に小久保万作あり。八戸現存す。

五八 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺天保十一年供養塔に当所小久保善右衛門。人見村明治二十八年清水定義筆子碑に小台・小久保国一郎。八幡社明治四十四年碑に小久保祐一郎あり。七戸現存す。

五九 幡羅郡太田村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応二年御神燈に太田村小久保佐次兵衛清保あり。五戸現存す。

六〇 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 龍泉寺元治元年馬頭尊に当所石工小久保金八あり。一戸現存す。

六一 秩父郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に小久保綱五郎あり。現存無し。

六二 同郡大宮町 明治三十五年飲食店小久保由五郎あり。

六三 同郡定峰村(秩父市) 当村に此氏多く存す。秩父志に「定峰村小久保氏は、上平と云に住し、数世里正にして、其先を甲斐武田家に属すと云ふ。此氏慶長年間村内検地の年貢帳を蔵せり」と。風土記稿定峰村条に「小名曹洞宗定嶽寺の開基は小窪縫之助・明暦元年没す。その子孫今に村民なり」と。当村島田氏等も武田氏家臣にて、岩附太田氏家臣説は誤りなり。高篠村誌に「小久保縫殿介信貞は足立郡代山城の落城後、定峰に退去し、定岳寺を開基し明暦元年没す、法諡は定元院信庵天晋居士。信貞の子権左衛門及び与五左衛門は、島田丹波守とともに明暦検地に案内役を勤む。代々名主を勤め明治維新に至る。直裔は小久保保諭・同通作・同守作・同重夫家等と云ふ」と見ゆ。二十項参照。別家あり、松山城家臣にて日蓮宗御堂村淨蓮寺過去帳に「妙浄・サタミネ・コクホ母・十二月」あり。天明六年三上文書に定峰村名主小久保儀右衛門。万延元年太幡文書に定峰村名主小久保為之助。明治九年戸長小久保為之助・文政三年生、副戸長小久保市之丞・文化十四年生あり。

六四 雑載 昭和三年興信録・所得税に「川越市・小久保好蔵・十一円、高麗川村(日高市)・小久保佐平・九円、飯能町・小久保福太郎・九円、菅谷村(嵐山町)・小久保恭之助・九円、三保谷村(川島町)・小久保牧太郎・三十三円、羽生町・小久保幸七・百二十五円、武川村(川本町)・小久保英慶・百三十二円」。

古久保 コクボ 川口に存す。 

国馬 コクマ 幸手、富士見等に存す。

國馬 コクマ 桶川に存す。

小熊 コグマ 国馬の佳字にて、馬(ま、ば)は居住地の場所の意味。国氏の集落を小熊(こくま)と称す。各市町村に存す。宮城県白石市二十四戸あり。オグマ参照。

古隈 コグマ 本庄に存す。

国米 コクマイ 大宮、与野、新座、所沢、春日部等に存す。

國米 コクマイ 新座、狭山等に存す。

穀本 コクモト 川口に存す。

小倉 コクラ 国氏は国羅(こくら)と称し、佳字の小倉を用いる。下学集にコグエと註す。児玉郡上阿久原村字小倉あり。各市町村に存す。岩手県二戸郡一戸町十八戸、鳥取県東伯郡赤碕町十戸あり。オグラ、コク、コグイ条参照。

一 関東郡代伊奈氏家臣 天明六年に小倉忠右衛門あり。

小蔵 コクラ 加須に存す。オグラ参照。

古蔵 コクラ 入間に存す。

小倉井 コクライ 松山城降人に小倉井雅楽助あり。オグライ条参照。

極楽 ゴクラク 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「妙受・極楽新田者・戌年二月」あり。場所不明。

国立 コクリュウ 春日部に存す。

国領 コクリョウ 川口、浦和、志木、騎西、上福岡、鶴ヶ島等に存す。

国料 コクリョウ 上福岡に存す。

國料 コクリョウ 大井に存す。

小暮 コグレ 国氏は国пiこくらい)と称し、礼(らい、れい)はレと読まれ、コクレと称し小暮の佳字を用いる。コク条参照。小暮氏は利根川流域の上武両国に多く存し、入間郡北野村に多く、物部天神社神主は上毛野氏族栗原氏である。小暮・栗原の両氏は密接な関係を有し、同一地域に居住している。韓半島南部の国族小暮氏は上毛野氏に率いられて渡来す。栗原条参照。秩父郡下吉田村字小暮あり。幡羅郡男沼村字小暮は小暮氏屋敷名なり。群馬県勢多郡大胡町二十戸、富士見村二十九戸、邑楽郡板倉町三十戸、新田郡新田町三十戸、佐波郡境町三十五戸、東村二十三戸、館林市六十七戸、太田市百三十七戸、伊勢崎市百五十戸、藤岡市百戸、前橋市百四十戸。栃木県佐野市八十六戸。新潟県柏崎市五十六戸あり。奥州には此氏の集落は無し。オグレ参照。

一 小野姓安保氏の本名小暮氏 六十四項参照。

二 忍城士の小暮氏 成田分限帳に「加勢侍・五十貫文・本国甲斐・鉄砲上手・小暮茂吉・後小田原へ行く」と見ゆ。二十九項参照。

三 上野国河合城士の小暮氏 神流川合戦記に「天正十年六月、上野国那波郡河合村(佐波郡玉村町)露之城主斎藤石見守基盛家臣小暮新八郎」あり。基盛は金久保城主斎藤攝津守の弟なり。

四 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高百五十石・初代小暮小十郎(改菅沼久兵衛、寛永十年御帳に有り)」と。菅沼条参照。

五 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御目付・小暮平左衛門」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に「元治元年水戸天狗党来襲につき出陣、若党小暮岡五郎」。「初代小暮長三郎(文次郎、天保五年足軽被召抱、明治二年病死)、二代小暮伊勢次郎(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主小暮伊勢次郎」と見ゆ。大正三年源勝院安部家旧臣碑に岡部村小暮広十郎あり。

七 旗本戸田氏家臣 児玉町八幡社享保十一年鳥居碑に「戸田藤五郎内、小暮多吉」あり。

八 葛飾郡大広戸村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に大広戸村小暮伊左衛門あり。現存無し。

九 同郡藤塚村(春日部市) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村小暮善四郎あり。木暮氏一戸現存す。

一〇 同郡屏風村(杉戸町) 八幡社文化七年鳥居碑に小暮長蔵あり。現存無し。

一一 同郡目沼村(杉戸町) 明治二十年規約に小暮清蔵あり。一戸現存す。

一二 同郡幸手町 幸宮神社明治四十二年碑に小暮若次郎あり。

一三 同郡下宇和田村(幸手市) 神明社明治二十九年碑に小暮栄蔵・小暮又右衛門あり。現存無し。

一四 埼玉郡粕壁宿 元新宿八幡社天保四年水鉢に小暮六右衛門・小暮弥兵衛・小暮金蔵・小暮新次郎。明治三十年人名録に小暮甚蔵・元治元年生・地租三十五円、小暮孝助・文政十年生・地租二十五円あり。

一五 同郡大畑村(春日部市) 香取社享和元年庚申塔に小暮忠左衛門・小暮兵蔵・小暮徳兵衛、文政十二年庚申塔に小暮治右衛門・小暮紋右衛門、嘉永二年庚申塔に小暮勝五郎・小暮瀧重郎・小暮孫蔵・小暮伊満吉・小暮藤五郎、安政元年天満宮碑に小暮吉次郎・小暮忠助、文久三年供養塔に小暮善次郎・小暮新八・小暮専次郎、明治十六浅間碑に小暮伊吉・小暮斎三郎・小暮徳次郎・小暮弥右衛門・小暮治郎平。野島村淨山寺文化十年供養塔に大畑村小暮兵蔵。西光寺天保六年庚申塔に小暮富之助・小暮万蔵。明治九年副戸長小暮善次郎・天保十四年生。明治三十年人名録に小暮伊吉・嘉永三年生・地租二十六円。恩間新田稲荷社明治二十九年碑に大畑大工古暮弥七郎あり。七戸現存す。

一六 同郡備後村(春日部市) 明治七年森泉文書に小暮新右衛門・小暮多左衛門。明治三十年人名録に小暮菊三郎・嘉永四年生・地租二十六円あり。十一戸現存す。

一七 同郡増戸村(春日部市) 浄泉寺文化元年宝篋印塔に小暮治左衛門・童名弁助。神明社明治初期天満宮碑に小暮弁之助あり。十戸現存す。

一八 同郡上大増新田(春日部市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に上大増新田小暮要右衛門。香取社天保十四年幟碑に小暮常三郎・文久三年水鉢に小暮万吉あり。二戸現存す。

一九 同郡樋遣川村(加須市) 明治九年副戸長小暮保右衛門・天保九年生。大越村明治十八年島田筆子碑に上樋遣川村小暮久五郎。明治二十九年地租金二百五十円以上大地主名簿に小暮久五郎あり。四戸現存す。

二〇 同郡大越村(加須市) 明治三十一年羽生銀行発起人に大越村小暮久五郎・百五十株三千円所有あり。前項と同人か。現存無し。

二一 同郡多門寺村(加須市) 愛宕社明治十三年算額に当所小暮治郎治通あり。現存無し。

二二 同郡鷲宮町 鷲宮神社文書に「弘化三年、町方栗原・組頭小暮七左衛門」あり。二戸現存す。

二三 同郡中手子林村(羽生市) 八幡社安永九年水鉢に小暮徳左衛門、寛政元年春名碑に小暮添左衛門、嘉永元年羽黒碑に八万前小暮寅松。明治十二年戸長小暮松次郎。荻島村天満社明治二十年碑に中手子林村小暮松次郎あり。二戸現存す。

二四 同郡下手子林村(羽生市) 明治九年副戸長小暮久次郎・文化九年生あり。十戸現存す。

二五 同郡須加村(行田市) 熊野社嘉永五年御神燈に小暮乙松・小暮栄治郎。須加村会議員小暮浜吉・明治十六年生あり。六戸現存す。

二六 同郡佐間村(行田市) 天神社天保六年御神燈に当所小暮清吉・小暮佐金吾あり。一戸現存す。

二七 同郡門井村(行田市) 前谷村光明寺天保七年常夜燈に東門井・小暮友太郎・小暮正右衛門あり。現無し。

二八 同郡棚田村(行田市) 棚田神社嘉永元年水鉢に小暮長蔵・小暮久五郎・小暮辰之輔、同年頃台石碑に小暮久五郎・小暮長蔵・小暮辰之助・小暮才市・小暮権蔵・小暮留吉。門井村鷺栖神社明治八年御神燈に棚田村小暮仙之助。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡棚田村小暮伊太郎・小暮仲右衛門・小暮彦次郎あり。十一戸現存す。

二九 同郡南河原村 二項の後裔にて、上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末葉、小暮茂吉末葉・南河原村小暮五郎左衛門」。茂吉は当村出身の出稼衆で、甲斐武田氏、忍成田氏等に仕へ、本国甲斐と記されたか。観福寺文政三年供養塔に小暮五郎左衛門あり。十四戸現存す。

三〇 足立郡原市村(上尾市) 当村安政三年庚申塔に当所小暮亦蔵。明治三十五年菓子商小暮伊太郎あり。五戸現存す。

三一 同郡前砂村(吹上町) 小前田村長善寺寛保三年棟札に大工棟梁忍領前砂小暮加平次。氷川社享和三年塞神碑に小暮伊平治・小暮捨治郎・小暮長吉・小暮清□・小暮岩吉・小暮源六、慶応二年幟碑に小暮鶴太郎・小暮弥吉・小暮仙蔵。野村玉松堂明治四年入門に前砂古暮儀三郎・古暮小治郎あり。十戸現存す。

三二 入間郡亀久保村(大井町) 明治四十四年若者名簿に小暮仙太郎あり。二戸現存す。

三三 同郡福岡村 明治六年枡酒商小暮勘左衛門。大杉神社明治十二年拝殿碑に福岡村小暮粂十郎。明治十五年被選挙権者に小暮仲次郎・天保十一年生・地租三十八円、酒商小暮粂太郎・安政四年生・地租十一円、選挙権者に織物業小暮惣次郎・嘉永五年生、卵商小暮藤蔵・天保七年生、小暮亀吉・文政六年生、小暮利喜蔵・嘉永六年生。長宮氷川社明治二十七年正殿碑に福岡・小暮仲次郎・小暮惣次郎・小暮弥四郎・小暮甚蔵・小暮藤蔵・小暮利喜蔵・小暮長五郎・小暮粂太郎・小暮友吉あり。七戸現存す。

三四 同郡上山口村(所沢市) 明治十年料理店小暮吉五郎あり。現存無し。 

三五 同郡北野新田(所沢市) 明治五年名主小暮佐兵衛。明治九年北中村副戸長小暮勘十郎・弘化元年生。明治十年荷車稼人小暮金五郎・小暮佐忠。明治十五年北広堂碑名簿に北中村小暮倉三・小暮国平。天神社明治二十六年碑に小手指村小暮勘重郎・小暮重蔵・小暮由五郎、明治四十年碑に富岡村北中・小暮清吉・小暮由蔵あり。九戸現存す。

三六 同郡北野村(所沢市) 当村に此氏多く存す。古代以来の土着者にて、北野神社口碑に「神主栗原氏の始祖は、村内字西内手の旧家小暮太郎左衛門の女を娶り、其の縁故に依り土着して、修験千日に代り北野神社に奉仕することになった」と。太郎左衛門は平安時代の人なり。栗原条参照。正徳四年北田文書に宮座々配・小暮九郎兵衛。全徳寺文久三年地蔵尊に東内手小暮吉五郎。明治三年議定書に花井領上組・小暮勝五郎・小暮平右衛門・小暮清右衛門・小暮吉五郎・小暮三郎右衛門・小暮清蔵・小暮佐五右衛門・小暮勝右衛門・小暮長右衛門・小暮金五郎・小暮安五郎・小暮兵右衛門・小暮辰五郎・小暮政右衛門・小暮幸右衛門・百姓代小暮幸次郎・組頭小暮勘蔵。明治八年狭山学校議定証に小暮長次郎・小暮吉次郎・小暮政五郎・小暮勘重郎・小暮新太郎・小暮孫七・小暮与平次・小暮清次郎・小暮平五郎・小暮佐吉・小暮兵七.。明治十五年北広堂碑名簿に西内手・小暮重蔵・小暮亀次郎・小暮由五郎・小暮吉蔵・小暮平五郎・小暮林之介・小暮富蔵、生徒・小暮利八・小暮政五郎・小暮安太郎・小暮伝五郎・小暮治助・小暮伝吉・小暮松五郎・小暮忠五郎・小暮定次郎・小暮宇三郎。天神社明治十三年碑に小暮吉次郎、明治二十三年碑に当所小暮倉三、明治二十九年碑に北野小暮亀次郎、明治四十年碑に当所・小暮孫七・小暮林平・小暮伝吉・小暮与平次・小暮繁蔵・小暮国蔵・小暮忠二郎・小暮長吉・小暮清蔵。堀口村天神社明治四十年碑に北野小暮重蔵あり。

三七 横見郡前河内村(吉見町) 登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に前河内村小暮熊二郎・小暮彦二郎あり。一戸現存す。

三八 幡羅郡男沼村(妻沼町) 小名小暮あり、此氏の土豪屋敷名なり。高橋条参照。男沼村誌に「貞享以前よりの家、小暮太郎兵衛・小暮市兵衛。明治四年人別帳に大工棟梁小暮市蔵」と。長勝寺天保九年棟札に小暮源蔵あり。一戸現存す。

三九 同郡葛和田村(妻沼町) 神明宮天保十三年御神燈に小暮四郎兵衛・小暮勝右衛門、嘉永六年水鉢に当所小暮仙太郎、明治十一年御嶽碑に小暮勝蔵。大野村弘化三年御嶽碑に本村小暮吉太郎。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に葛和田村小暮四郎平。大龍寺明治十四年碑に小暮常太郎あり。一戸現存す。

四〇 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺天保十四年馬頭尊に小暮清左衛門、嘉永六年碑に当所小暮勘一郎、慶応二年権田門人碑に当村小暮実四郎・小暮五郎・小暮涛三郎・小暮多久吉・小暮甚三郎。龍泉寺元治元年馬頭尊に小暮嘉十郎・小暮山五郎・小暮浅八・小暮実四郎あり。六戸現存す。

四一 同郡東別府村(熊谷市) 東別府神社嘉永六年御嶽碑に小暮平左衛門・小暮常五郎・小暮力三郎・小暮弥市郎、安政二年碑に小暮孫八、文久二年御神燈に小暮関太郎・小暮常五郎・小暮千代吉・小暮仲次郎。西別府村湯殿神社明治元年富士嶽碑に東別府村小暮千代吉。明治九年副戸長小暮弥一郎・文化八年生。岡村寅稲荷社明治三十二年碑に東別府小暮長十郎・小暮清七あり。十二戸現存す。

四二 同郡江原村(深谷市) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に江原村小暮友次郎あり。四戸現存す。

四三 同郡石塚村(深谷市) 明治九年副戸長小暮三十郎・嘉永三年生あり。現存無し。

四四 同郡蓮沼村(深谷市) 当村に此氏多く存す。三ヶ尻村幸安寺慶応二年権田門人碑に蓮沼村小暮亨。備前堀史料に明治四年蓮沼村名主小暮加藤治。田島村明治八年富士嶽碑に蓮沼村小暮加藤治・小暮源吉・小暮團治郎・小暮九平治。三ヶ尻村龍泉寺明治十一年算額に蓮沼村小暮寿三郎将高。明戸村会議員小暮嘉藤治・嘉永元年生。中瀬神社明治四十一年碑に蓮沼小暮豊吉あり。

四五 同郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に小暮作次郎あり。六戸現存す。

四六 榛沢郡深谷町 明治三十五年飲食店小暮幸次郎・同小暮さく・産婆小暮ちか。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷観音講小暮長命あり。

四七 同郡新戒村(深谷市) 新会村会議員小暮近太郎・慶応三年生あり。八戸現存す。

四八 同郡高島村(深谷市) 新会村会議員小暮作次・明治三十二年生あり。三戸現存す。

四九 同郡中瀬村(深谷市) 柏合村明治十三年八海山講碑にナカゼ小暮常吉。新戒村大林寺明治三十五年筆子碑にナカゼ小暮長吉。中瀬神社明治四十一年碑に小暮勘三郎・小暮福次郎・小暮軍作・小暮長吉・小暮福一郎・小暮利助・軍人小暮秋・軍人小暮倉吉。中瀬村会議員小暮千吉・明治二十九年生あり。十三戸現存す。

五〇 同郡南阿賀野村(深谷市) 大福院宝暦六年碑に小暮磯右衛門・小暮磯五郎。八基村会議員小暮春吉・明治三十五年生あり。十四戸現存す。

五一 同郡横瀬村(深谷市) 横瀬神社文政十三年御神燈に小暮宗八・小暮善右衛門あり。六戸現存す。

五二 同郡内ヶ島村(深谷市) 永光寺明治二十四年筆子碑に小暮半次郎。人見村清水兼七家明治三十五年御嶽碑に内ヶ島小暮元作あり。一戸現存す。

五三 同郡矢島村(深谷市) 当村に此氏多く存す。明暦二年矢島村検地帳に大地主一位岡部五右衛門(滝沢氏)、二位案内人源右衛門(木村氏)、三位案内人金右衛門(小暮氏)、四位案内人治兵衛(茂木氏)あり。検地案内人は名主組頭なり。矢島村史料に「○小暮弥八(文化元年生、実父当村金井忠兵衛)―磯八(文政十二年生、実父宿根村野口幸八)―紋吉(嘉永六年生)、弟孫三郎(文久三年生、分家す)、明治九年田畑一町九反三畝三歩。○小暮磯右衛門―磯六郎(寛政十二年生)―宗敏(初名庄三郎、天保九年生、実父瀬山村小久保省三事次郎三郎)―隆太郎(明治三年生)、弟儀三郎(明治七年生)、明治九年田畑六町四反九畝十三歩。○小暮磯六郎二男分家小暮伊之八(安政三年生)―親助(明治十年生)、明治九年田畑二町四反一畝七歩。○小暮清次郎―茂吉(天保元年生、実父当村樋口長右衛門)―稲吉(安政二年生)。○小暮八十郎―茂平(初常次郎、文化六年生、実父当村坂倉直五郎)―茂平(初常次郎、嘉永三年生)、明治九年田畑一町三反一畝二十一歩。○小暮鹿次郎―七三郎―七三郎(安政二年生、実父明戸村木村栄八)―林五郎(明治十一年生)、先代七三郎三男照三郎(文久元年生)、同人四男房次郎(明治元年生)、明治九年田畑二町四反四畝歩。○小暮宗五郎―総五郎(弘化四年生)―庄五郎(文久二年生、実父当村金井八三郎)。○小暮武太夫―善次郎(文政十一年生、実父宿根村須藤栄五郎)―丹次郎(安政三年生)―忠次郎(明治十一年生)。○小暮才兵衛―才三郎(天保五年生、実父当村塚越善左衛門)―米松(万延元年生)、弟和三郎(明治元年生)。○小暮六右衛門―六七八(弘化四年生、実父当村鈴木熊次郎)―亀吉(慶応三年生)、弟惣五郎(明治八年生)。○小暮金右衛門―伊平(文化十四年生)―金三郎(弘化二年生)、明治九年田畑一町八反五畝十三歩。○小暮伊平二男分家小暮鶴吉(嘉永四年生)―猪輪作(明治十一年生)。○小暮武左衛門―善蔵(文政十二年生)、明治九年田畑一町七畝二十四歩。○小暮治左衛門―郷七郎(安政二年生、実父当村小暮常次郎)。○小暮茂吉養子分家小暮要蔵(嘉永四年生、実兄当村栗原馬次郎)。○小暮万五郎亡跡・小暮照三郎(文久元年生、実兄小暮七三郎)」。武左衛門家は嗣子無く断絶となり、位牌は分家武太夫家(子孫小暮孝雄)にある。此の家は草分けの金左衛門一族とは別流にて、鎌倉時代以来の地頭岡部五右衛門家(現当主岡部村滝沢弥平)が天正十八年以降より分附地主となり、其の番頭として岡部村より当村五右衛門屋敷(高尾山北側)へ移り住む。牧西村寛政二年森文書に矢島村名主小暮磯右衛門。本庄宿石川剣道場門下生に寛政元年矢島村小暮常次郎・小暮善蔵・小暮喜四郎、寛政四年矢島村小暮吉五郎。備前堀史料に文政十三年百姓代小暮七三郎、弘化四年名主小暮磯右衛門・組頭小暮金三郎・百姓代小暮武左衛門、安政六年名主小暮磯右衛門・名主総代組頭小暮金左衛門・百姓代小暮武左衛門・百姓代小暮七三郎、安政七年名主小暮庄三郎、明治三年名主小暮磯六郎旧名磯右衛門・名主小暮庄三郎・名主惣組頭小暮伊兵衛・百姓代小暮善蔵・百姓代小暮七三郎。深谷宿文久元年春山文書に助郷惣代矢島村名主小暮伊兵衛。神明社弘化三年御神燈に小暮磯右衛門・小暮金五郎・小暮七三郎・小暮武左衛門、安政二年碑に小暮金左衛門・小暮金太夫・小暮磯八・小暮七三郎・小暮武左衛門・小暮磯右衛門。五ヶ村用水端安政三年庚申塔に小暮武太夫。明治九年副戸長小暮金三郎。明治十一年戸長小暮宗敏旧名庄三郎・副戸長小暮金三郎・総代小暮茂平。大塚島村明治十三年森田安蔵筆子碑に矢島村小暮権六・小暮丹次郎。郡会議員小暮伊之八.。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国大寄村矢島・小暮隆太郎・小暮親助・小暮丹次郎。大寄村会議員に小暮隆太郎・明治三年生、小暮親助・明治十年生、小暮周介・明治二十五年生、小暮毎太郎・明治三十一年生、小暮泰次郎・明治三十六年生、小暮音松・明治三十九年生あり。

五四 同郡岡部村 当村に此氏の旧家あり。前項及び六項参照。十五戸現存す。

五五 同郡岡村(岡部町) 田島文書に「榛沢郡砂田村開発人並に芝切の者、貞治六年上野国勢多郡大胡在より来り当所芝切・小暮小助」と。砂田村は文明五年小山川大洪水の為に高台の岡村へ移住す。田島条参照。北寅稲荷社元治元年百庚申に小暮兵吉・小暮彦太郎・小暮善蔵・小暮弥市右衛門。柏合村明治十三年八海山講碑にヲカ小暮吉平。南寅稲荷社明治三十二年碑に当所小暮吉平あり。十七戸現存す。

五六 同郡瀬山村(川本町) 宮戸村神道無念流金井宇一郎起請文に慶応二年瀬山村小暮倭四郎あり。現無し。

五七 同郡牧西村(本庄市) 嘉永元年牧西村絵図に小暮伝六・小暮蔦吉・小暮茂兵衛・小暮浅右衛門・小暮吉五郎。明治九年議定連印簿に小暮吉次郎・小暮久次郎・小暮藤次郎あり。八戸現存す。

五八 児玉郡本庄宿 旧本庄村(本宿十八軒)は永禄三年頃に上州新田家の遺臣と伝へる小暮氏等が移住し開拓す。戸谷条参照。安養院延宝五年鐘銘に小暮忠右門・小暮半兵衛・小暮五郎右門。円心寺元禄八年鐘銘に小暮五郎右衛門。金鑚社宝暦十一年墨書銘に願主小暮金蔵、文化九年御神燈に小暮吉左衛門。石川剣道場門下生に天明四年本庄宿小暮伴蔵・小暮忠次郎・小暮清蔵改め吉左衛門、寛政四年本庄宿小暮岩五郎。三峰神社史料に天保十三年本庄宿組頭小暮五郎右衛門、安政二年本庄宿組頭小暮勘兵衛。明治五年諸井文書に新田町総代小暮栄蔵・中町総代小暮七郎治・中町小暮吉松。明治九年立会人小暮小平治。明治三十五年整骨業小暮一心斎・書画小暮盛四郎・棒屋小暮熊吉あり。

五九 同郡栗崎村(本庄市) 明治九年副戸長小暮三次郎・文政八年生、蚕種業小暮佐吉。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一流栗崎村小暮浦三郎・小暮九一あり。九戸現存す。 

六〇 同郡東五十子村(本庄市) 明治九年副戸長小暮甚平・天保九年生。当村明治二十七年慈善橋碑に小暮甚平・小暮佐五郎・小暮島吉あり。十一戸現存す。

六一 同郡田中村(本庄市) 名主小暮六右衛門家は代々幕府鷹匠の宿泊地なり。医王寺文政七年宝篋印塔に小暮善兵衛・小暮弥五右衛門。一之神社文政九年庚申塔に小暮弥三郎、天保六年御嶽碑に小暮弥兵衛・小暮弥市郎・小暮善兵衛、明治三十二年馬頭尊に小暮大太郎。当村嘉永三年不動明王に小暮代吉。明治九年副戸長小暮善平・嘉永元年生、副戸長小暮弥三郎・天保十四年生、副戸長小暮久五郎・嘉永元年生、立会人小暮貞蔵、立会人小暮勘衛あり。十五戸現存す。

六二 賀美郡金久保村(上里町) 陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「小暮陸奥守明民の後裔、金久保・小暮藤七・小暮万次郎・小暮磯吉・小暮庄作。木暮陸奥守明氏の後裔、高崎町木暮弥平」。明治二十一年皇国武術英名録に真神道流西金久保村木暮庄作。法西寺明治四十年筆子碑に小暮万次郎あり。十戸現存す。

六三 同郡堤村(上里町) 明治初年議定書に小暮五平あり。現存無し。

六四 同郡勅使河原村(上里町) 当村に此氏多く存す。安永九年家名附に「真下村・小暮松右衛門・組頭小暮長十郎・小暮庄左衛門・小暮伝右衛門・小暮八平・小暮六郎治・小暮五左衛門・小暮惣兵衛・小暮茂右衛門・小暮佐五兵衛・組頭小暮利右衛門・小暮田郎兵衛・小暮惣右衛門・小暮儀兵衛・小暮小平治・小暮七郎右衛門・小暮茂平治・小暮弥市・小暮小平太・小暮長兵衛・小暮半右衛門・小暮喜三郎」。字真下阿弥陀堂天明八年碑に小榑久蔵。字勝場万延元年庚申塔に小暮久五郎。算学者安原勅勝堂翁碑(明治十六年没)に本村小暮平松。明治九年立会人小暮久蔵あり。

六五 同郡大御堂村(上里町) 西大御堂村年不詳庚申塔に小暮栄五郎あり。二戸現存す。

六六 同郡元安保村(神川町) 上野国緑野郡小野郷(藤岡市)出身にて、安保村へ移住し小野姓安保氏を創設し、開基吉祥院と深き関係あり。安保条二項、十五項参照。鬼石町飯塚文書に「天正六年七月一日、知行方、五貫文・安保之内・小暮分」と、小野姓安保氏の本名なり。児玉記考に「○旧家小暮清次郎、小野篁の末葉にして、其後多年家名に孜々奮励せしも遂に志を得ず、故に悲みの意を採り姓を小暮と改め当地を開草し帰農す。爾来清兵衛を通し慶長十九年縄入の案内者たり。以後地頭の名主役を勤続せし旧家なり、邸内に縄入当時の縄を祀り柄杓神社と称し氏神とす。○旧家小暮房雄、清次郎と同一族にして、先代は吉祥院三十石の朱印を願へたる者なり、爾来通称を与兵衛と云ひ、慶長十九年縄入の案内をなし、亦相継ぎ大橋家の役儀を勤めり。当主は神武一刀流の剣士にして門弟七百有余人を率ゆ」と見ゆ。延宝四年松原文書に本安保之郷小暮与兵衛。本庄宿石川剣道場門下生に寛政元年安保村小暮兵蔵・小暮富太郎。石川流木村源蔵(天保十年没)門人に元安保村小暮兵太郎。大御堂村吉祥院天保五年供養塔にアボ・小暮清兵衛・小暮清之介。明治四年八幡山町福田文書に元安保村名主小暮清作。明治九年副戸長小暮房雄・天保十二年生。信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ元阿保村小暮清作・小暮只吉。当村明治三十年碑に当所小暮清治郎・小暮礼四郎・小暮啓三郎・小暮大三・小暮耕作あり。四戸現存す。

六七 同郡原新田村(神川町) 本庄宿石川剣道場門下生に天明九年原新田村小暮善蔵。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州賀美郡原新田村小暮鷲之助・小暮寅松あり。一戸現存す。

六八 那賀郡木部村(美里町) 明治十一年副戸長小暮儀平。大仏村羽黒社明治二十一年富士碑にキヘ・小暮儀平あり。七戸現存す。

六九 秩父郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に小暮平蔵あり。現存無し。

七〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「福岡村・小暮市郎左衛門・十円、小手指村(所沢市)・小暮勝平・二十九円、小暮安太郎・九円、小谷村(吹上町)・小暮太郎・十九円、忍町・小暮末松・九円・三十三円、熊谷町・小暮丑太郎・五十円・五十六円、大寄村(深谷市)・小暮隆太郎・四十三円、鉢形村(寄居町)・小暮百平次・十八円、北泉村(本庄市)・小暮儀平・七十九円、小暮繁次郎・十円」あり。

木暮 こぐれ 群馬県吾妻郡吾妻町十三戸、中之条町五十戸、北群馬郡吉岡町三十二戸、子持村四十三戸、群馬郡群馬町十四戸、榛名町六十戸、勢多郡赤城村二十八戸、佐波郡玉村町三十戸、太田市七十八戸、安中市五十五戸、渋川市五十戸、高崎市百五十戸、前橋市百五十戸あり。キグレ及び前条参照。

一 榛沢郡岡村(岡部町) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

二 本庄宿 石川剣道場門下生に寛政五年本庄宿木暮藤三郎。明治三十五年魚商木暮鹿十郎あり。現存無し。

三 秩父郡下日野沢村(皆野町) 木暮家伝承に「群馬県榛名町高浜に天正十年没木暮但馬繁吉あり。其の弟木暮十郎左衛門は天文二十年箕輪落城のとき、武州下日野沢字布谷へ落る」と云う。永禄元年長野氏家臣録に本居勢多郡木暮村引間砦住(富士見村)木暮丹後守直政あり。高浜村木暮氏(家紋丸に橘)は多胡郡木暮村(吉井町)より起り、初代小暮弥四郎但馬守繁吉は武田氏に従ひ、弟三左衛門弥五郎丹波守(伊香保温泉木暮金太夫家祖)と、其弟丹後守の二人は箕輪城長野氏に仕ると。また、木暮金太夫家(家紋五三の桐)家は村上源氏赤松円心の後裔と称す。木暮両村発祥説は地名附会にて無関係なり。下日野沢村私塾師匠神官木暮十郎左衛門真市・号松風亭有楽・文政八年没九十九歳。水泉寺文化七年文書に下郷木暮重左衛門。明治九年戸長木暮重郎次・嘉永五年生。用土村明治十三年仙元碑に日野沢村木暮時之助あり。三戸現存す。

古暮 コグレ 小暮の佳字なり。

一 埼玉郡大場村(春日部市) 光明寺元禄十三年碑に大場村小暮七郎左衛門。香取社享和三年普門品に小暮七郎左衛門・小暮半兵衛、嘉永二年御神燈に古暮七郎左衛門・古暮半兵衛・古暮清次郎、明治二十八年碑に古暮吉蔵。明治九年副戸長古暮喜左衛門。明治三十年人名録に大場村医士古暮杏庵・天保十三年生あり。六戸現存す。次項参照。

二 同郡岩槻町 明治三十五年医士古暮杏庵、古暮財三郎あり。現存無し。

三 同郡末田村(岩槻市) 昭和三年興信録に新和村・古暮専蔵・所得税十一円あり。二戸現存す。

小榑 コグレ 小暮参照。

一 入間郡大仙波村(川越市) 浅間社天保十年御神燈に小榑杢兵衛あり。現存無し。

二 賀美郡黛村(上里町) 安永五年利根川筋絵図(倉賀野町須賀文書)に藤ノ木河岸船問屋小榑久右衛門。千葉県光町寛政十二年丹治文書に武州藤ノ木河岸小榑久右衛門。河岸場は弘化三年毘沙吐村藤ノ木河岸より黛村の内へ移る。黛神社文化三年水鉢に小榑久右衛門。忍保村善台寺文化十四年碑に小榑久右衛門。金久保村陽雲寺安政五年碑に小榑久右衛門。明治九年黛村戸長小榑久衛・天保十五年生。明治十六年県会議員調に黛村農業小榑久衛・反別一町九反六畝歩所有あり。一戸現存す。

木榑 コグレ 蓮田、越谷、熊谷等に存す。群馬県沼田市三十五戸あり。

木檜 コグレ 和光、川越、所沢、吹上等に存す。群馬県吾妻郡吾妻町七戸、沼田市七戸あり。

小黒 コグロ 浦和、鳩ヶ谷、幸手、入間等に存す。オグロ参照。

五家 ゴケ 川口に存す。

苔口 コケグチ 上尾、三芳等に存す。

小ヶ口 コケグチ 岩槻に存す。

苔田 コケダ 埼玉郡筥田村(熊谷市)を苔田と記す。吾妻鑑卷五、十五に苔田太郎と見ゆ。熊谷文書に「建久二年、大里郡熊谷郷内、所領一処、北限苔田境」あり。熊谷郷の北は今の箱田村なり。

古結 コケツ 朝霞、所沢等に存す。

苔縄 コケナワ 入間に存す。

苔繩 コケナワ 蕨に存す。

小家山 コケヤマ 三郷に存す。

五軒 ゴケン 埼玉郡弥勒村字五軒(羽生市)は古の村名にて、明和七年庚申塔に五間新田と見ゆ。同郡種足村字五軒、新堀村字五軒屋敷、比企郡正代村字小剣あり。

古後 コゴ 浦和、大宮、鴻巣、鷲宮、所沢、飯能、毛呂山等に存す。

児寤 コゴ 典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・栢間左衛門入道跡六貫・多加谷六平二跡八貫・児寤太郎入道跡七貫・渋江人々六貫を、京都六条八幡宮の造営役に負担す」と見ゆ。平姓野与党なり。下総国葛飾郡下高野村(杉戸町)の鎮守木々子(ここす)神社附近より起るか。

小古井 ココイ 川越、所沢等に存す。長野県中野市十三戸あり。

小甲 ココウ 上福岡に存す。

古郷 コゴウ 川口、志木、菖蒲に存す。

後郷 ゴゴウ 富士見に存す。

小肥 コゴエ 大里郡広瀬村文久元年秋山翁碑に石原村小肥升五郎あり。熊谷町に二戸現存す。

小倉 コゴエ 国(こく)、小倉(こぐい)条参照。

古石 ココク 毛呂山に存す。

小越 ココシ 浦和、越谷、鶴ヶ島、行田、東秩父等に存す。

凝地 ココチ 熊谷に存す。

小駒 ココマ 川越、所沢、毛呂山、吉見、吹上、熊谷等に存す。

心石 ココロイシ 越谷に存す。 

小紺 ココン 所沢に存す。

古今 ココン 所沢に存す。

小斉 コサイ 蓮田に存す。

小斎 コサイ 浦和に存す。宮城県名取市五十六戸あり。

小材 コザイ 草加、坂戸、所沢、三芳等に存す。オザイ参照。

小財 コザイ 大宮、朝霞、越谷、本庄等に存す。

古財 コザイ 坂戸、狭山等に存す。

小在家 コザイケ 足立郡下川田谷村字小在家(桶川市)は元禄十五年庚申塔に足立郡小在家村と見ゆ。同郡奈良瀬戸村字小在家、高麗郡三ツ木村字小在家あり。

小棹 コサオ 越谷に存す。オサオ参照。

小坂 コサカ 高麗郡下小坂村(川越市)、小堤村(川越市)は昔上小坂村と称す。入間郡中小坂村(坂戸市)あり。三村は元一村なり。秩父郡野上下郷字小坂(長瀞町)は賀美郡七本木村石川流木村源蔵門人帳(天保十年没)に秩父郡小坂村染野市太郎と見ゆ、当村に染野氏多く存す。秩父郡下吉田村字小坂下は古の村名にて、上州高崎神社天文三年鰐口に小坂下村菊水寺・武州秩父郡友恒名之内住呂荒舟和泉守善慶と銘あり、秩父志に「菊水寺は小鹿坂と云う所にあり」と見ゆ、正訓は小ヶ坂・オガサカなり。また、高麗郡清流村字小坂、入間郡川角村字小坂、比企郡上古寺村字小坂、下古寺村字小坂あり。千葉県香取郡下総町十五戸、富津市三十二戸、山梨県大月市二十八戸、長野県下高井郡山ノ内町四十三戸、松本市三十二戸、伊那市二十八戸、青森県三戸郡新郷村二十四戸、上北郡天間林村十四戸、八戸市五十七戸、五所川原市二十戸、鳥取県八頭郡智頭町十八戸、米子市三十四戸あり。オサカ参照。

一 川越町の土豪小坂氏 日蓮宗行伝寺過去帳に「天文十六年正月、施主小坂太郎右衛門正秀再興」あり。市内にコサカ氏多く存し、オサカ氏は現存無し。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「医師・二十人扶持・小坂玄徳」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・小坂広吉」あり。子孫洋祐は東松山市材木町に現存す。

三 関東郡代伊奈氏家臣 寛文十一年に小坂平助あり。

四 埼玉郡牛重村(騎西町) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に牛重村小坂鷲五郎。明治三年妙光寺文書に牛重村下分名主小坂多四郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に牛重村小坂多四郎。明治十八年最上農名簿に牛重村小坂伊三郎・耕宅地十□町八反歩・山林一反歩所有。昭和三年興信録に鴻茎村・小坂誠庸・所得税七十五円あり。十九戸現存す。

五 同郡外野村(加須市) 棘抜地蔵堂明治九年算額に当所小坂久三郎あり。現存無し。

六 同郡中樋遣川村(加須市) 明治十三年矢口文書に小坂源之助あり。二戸現存す。

七 同郡上新郷(羽生市) 稲荷社前万延元年庚申塔に小坂岩蔵。天神社明治八年水鉢に小坂要吉あり。四戸現存す。

八 同郡白川戸村(行田市) 五所神社天保六年御神燈に小坂富治郎あり。現存無し。

九 入間郡黒山村(越生町) 明治三年議定連印帳に小坂助左衛門あり。一戸現存す。

一〇 秩父郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に小坂金蔵あり。現存無し。

小阪 コサカ 各市町村に存す。

古坂 コサカ 上尾、戸田、草加、三郷、松伏、所沢、川島、鳩山等に存す。青森県西津軽郡柏村二十九戸あり。

小酒 コサカ 川口、所沢等に存す。

小堺 コサカイ 新潟県東頸城郡松代町百戸あり。

一 熊谷町 明治三十五年果物商小堺トヨあり。二戸現存す。

二 本庄町 明治三十五年菓子商小堺治作あり。二戸現存す。

古堺 コサカイ 和光、久喜等に存す。

小境 コサカイ 明治三十五年小川町古着屋小境幸吉あり。現存無し。

小坂井 コサカイ 各市町村に存す。長野県上田市四十戸、新潟県南蒲原郡中之島町十五戸、見附市三十戸あり。

小酒井 コサカイ 各市町村に存す。新潟県東頸城郡大島村十三戸あり。

小坂田 コサカダ 川越に存す。

小坂部 コサカべ 上福岡、川越等に存す。オサカベ参照。

小佐川 コサカワ 浦和、大宮、桶川等に存す。オサカワ参照。

小崎 コザキ オザキ参照。

一 関東郡代伊奈氏家臣 寛政二年伊奈家中連署に小崎八右衛門あり。

二 足立郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に小崎利左衛門・小崎七郎右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流芝村小崎菊次郎あり。コザキ氏三戸、オザキ氏一戸存す。

古崎 コザキ 越谷、草加等に存す。 

児崎 コザキ 志木、所沢等に存す。

小作 コサク 入間郡水子村字小作あり。大宮、春日部、川越、坂戸、秩父等に存す。オサク参照。

古作 コサク 千葉県八日市場市十戸。

一 本庄町 明治三十五年糸繭商古作茂吉・同商古作与吉あり。一戸存す。

小作田 コサクダ 野与党八条氏族にて、埼玉郡八条領小作田村(八潮市)より起る。埼玉郡小松村栄広山由緒著聞書(越谷市)に「栄広山高賢上人(新方領主新方頼希の兄)は、八条氏持城の向畑城を襲ふ。八条兵衛尉此事を聞て大に怒り類葉をかり催し大軍を挙て武州別府(越谷市)に出張し手分を定む。先陣青柳外記左衛門・小作田隼人・柿木小膳・八百五十人、二陣大相模飛騨守・西脇左近右衛門・領家八郎・国分寺藤九郎・五百余人、八条兵衛尉一千余人軍令を司り、永正十八年辛巳正月七日千間堀を打越し新方の地に乱入すべしとなり」と見ゆ。

小桜 コザクラ 大里郡相上村字小桜・箕輪村字小桜・甲山村字小桜(大里町)は同所なり。入間郡北野村字小桜あり。川口、草加、上尾、桶川、飯能等に存す。

小櫻 コザクラ 浦和に存す。

小迫 コサコ 川口、浦和、鴻巣、鳩ヶ谷、岩槻、幸手、鶴ヶ島等に存す。

子迫 コサコ 浦和に存す。

小迫田 コサコダ 所沢に存す。

小笹 コササ 埼玉郡川崎村(羽生市)に小笹天神社あり。千葉県香取郡下総町九戸、鳥取県米子市三十五戸あり。オササ参照。

一 松山城士の小笹氏 秩父郡御堂村浄蓮寺過去帳に「妙徳・コササ・天文十三年八月」あり。オササ参照。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定人・二人扶持・亡父喜兵衛・小笹政太郎・八歳」あり。

三 秩父郡蒔田村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に蒔田村小笹貞吉あり。二戸現存す。

四 同郡上日野沢村(皆野町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

小佐々 コササ 各市町村に存す。

小笹原 コササハラ 武蔵国郡村誌・葛飾郡小右衛門村(栗橋町)条に「香取八幡社、小笹原大膳大夫の家臣大島某の氏神にて浮八幡と云ふ」と見ゆ。小笹原氏は古河公方の家臣か。

小指 コサス  太田道灌書状に「文明十二年、大串ノ弥七郎事者、於秩父高佐須、就同心傍輩中、身命相通旨候之故、城中様体令存候」。上杉定正書状に「延徳元年三月、先年秩父高佐須之城乗取事、鴇田其外他国之者共、道灌数輩随遂」と見ゆ、秩父郡高山村字小指(飯能市)なり。 また、国峰城主小幡上総介信真家臣の黒沢文書(藤岡市下日野)に「天正八年六月十二日、小鹿野近辺大窪分十五貫文、小佐須四貫文望候、黒沢新八郎殿、信真花押」と見ゆ、秩父郡太田部村字小指(吉田町)なり。

一 秩父郡太田部村(吉田町) 明治三年人別帳に小指佐吉・小指植次郎・小指金次郎あり。古指氏一戸現存す。

二 同郡久長村(吉田町) 明治二十年森林組合員小指亀五郎あり。一戸現存す。

三 同郡小森村(両神村) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

古指 コサス 前条参照。

小佐田 コサダ 大宮に存す。

呉座谷 ゴザタニ 鴻巣に存す。

小里 コザト 各市町村に存す。茨城県笠間市八戸あり。オザト参照。

小佐野 コサノ 大宮、上尾、鴻巣、戸田、越谷、入間、東松山等に存す。オサノ参照。

古座野 コザノ 上尾に存す。神奈川県愛甲郡愛川町二十二戸あり。

小鯖 コサバ 入間、児玉等に存す。岩手県宮古市十八戸あり。

小座間 コザマ 大宮に存す。

小佐見 コサミ 朝霞、新座等に存す。

小雨 コサメ 忍城士にて、成田分限帳に「七十石・小雨才三郎」あり。

古晒 コサラシ 川口に存す。

小沢 コザワ 秩父郡下名栗村字小沢に小沢峠あり、コサワと註す。同村文化四年馬頭尊に秩父郡下名栗小沢邑。同峠文久二年少名彦命碑に小沢村と見ゆ。同郡薄村字小沢口(両神村)は古沢口と記す。各市町村に存す。茨城県久慈郡金砂郷町十八戸、那珂郡那珂町六十四戸、日立市四十五戸、青森県三戸郡五戸町十八戸、階上町十三戸、北津軽郡板柳町十八戸、東津軽郡平舘村十八戸あり。オザワ参照。

小澤 コザワ 各市町村に存す。

古沢 コザワ 川越、深谷、本庄等に存す。フルサワ参照。

古澤 コザワ 大宮、鷲宮、深谷に存す。

児澤 コザワ 上尾に存す。

後沢 ゴザワ 越谷に存す。長野県下伊那郡高森町十五戸あり。

越 コシ 民俗学者宮本常一説に「揚子江の南地帯からベトナムあたりまでを百越(ひゃくえつ)と云い、此の地域の越人は昔から入墨(文身)をする風習があった。入墨をするのは、水へ潜るときに海の魔物などに襲われないようにするためである。越人は筏舟に乗って漁労を営みながら海岸伝いに朝鮮半島にたどり着く。入墨は新羅人に無く、百済人に多いと云う」と述べている。越人は縄文時代頃より高句麗国の卒本地方に多く居住していた。卒本(桓仁)の越郡は本拠地であった。中国東北部(北満州)に住んでいた韓民族の夫余族が南下移動を開始して、押出された越人は南海岸の大ノ国の安羅国(百済、加耶地方)へ集団移住した。夫余族朱蒙(しゅもう)は高句麗を建国して、其子温祚王(おんそ)は百済国王となる。三国史記に「始祖温祚王、其の父は朱蒙と云ふ。北夫余より難を逃れて、卒本夫余に至る。或は云ふ、朱蒙・卒本に至り、越郡の女を娶る」と見ゆ。越郡の越人は南海岸の移住地を古史浦と称した。浦は古訓でカラ(加羅)の意味なり。三国史記列伝に浦上八国の内で、骨浦(今の昌原)、柴浦(今の漆原)、古史浦(今の鎮海)などの国名あり。此の古史族(こし)は出雲国神門郡古志郷(出雲市)へ上陸し、さらに越国(越前、越中、越後)へ移住し、居住地をコシと名付ける。出雲風土記に「古志郷。伊弉那彌命の時、日淵河を以って、池を築造す。爾の時、古志国人等、到来して堤を為る。即ち宿り居る処、故に古志と云ふ」と見ゆ。越族は安羅(あら)出身により安部、阿部と名乗り、本国の大ノ国をとって居住地を大田庄、大田郷と称した。田は百済の古訓で郡県、村の意味。越後国風土記に「崇神天皇御世、国に人あり、八掬脛(やつかはぎ)と名づく。其の脛の長さ八掬、多力にして太だ強し。是れ、出雲の後也。其の属類多し」と見ゆ。越後・出羽地方の安部族は其の祖を大彦命(大ノ国の王で代々襲名)と伝へ、越王と崇め、居住地に古四王社を奉祭す。アベ、アラ、アラハバキ、ウツミ条参照。出雲から武蔵国埼玉郡へ移住した越族安部氏は、母国の大田庄を地名に名付け、居住地を古志垣内(越谷)とし、苗字を会田と名乗る。安部田(あへだ)は会田(あえだ、あいだ)と称す。会田、太田、小島(こじま)条参照。秩父郡栃谷村字越、薄村字越あり。各市町村に存す。長野県上高井郡小布施町十五戸、高山村二十一戸、須坂市八十戸、更埴市二十三戸あり。コユ参照。

腰 コシ 秩父郡久長村字腰、中飯田村字腰、上田野村字腰、皆野村字腰、金崎村字腰あり。鶴ヶ島に存す。

輿 コシ 川口、入間等に存す。長野県松本市六十五戸あり。

小志 コシ 熊谷に存す。

古志 コシ 志木、新座等に存す。鳥取県西伯郡大山町八戸あり。

古思 コシ 川口、浦和、大宮等に存す。

小路 コジ 浦和、越谷等に存す。

越合 コシアイ 春日部、本庄等に存す。

越井 コシイ 与野、入間、三芳等に存す。新潟県十日町市九戸あり。

古椎 コシイ 志木に存す。

越石 コシイシ 鴻巣、新座、越谷、入間、上福岡、狭山、所沢等に存す。山梨県韮崎市十四戸、甲府市二十八戸、長野県更埴市十三戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役帳に「百三十石・越石二郎左衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百三十石・越石次郎左衛門」。

輿石 コシイシ 各市町村に存す。山梨県北巨摩郡長坂町四十二戸、双葉町五十三戸、武川村二十七戸、中巨摩郡竜王町六十戸、韮崎市三十六戸、甲府市百戸あり。

越浦 コシウラ 川口、川越、富士見、大井等に存す。

越栄 コシエイ 与野、春日部等に存す。

小汐 コシオ 三郷、杉戸等に存す。

小塩 コシオ 各市町村に存す。神奈川県厚木市二十戸あり。オシオ参照。

一 川越町 昭和三年興信録に川越市・小塩周助・所得税二十六円あり。

古塩 コシオ 上尾、白岡、鳩ヶ谷、蕨、八潮、宮代、富士見、東松山等に存す。新潟県長岡市三十戸あり。

越生 コシオ 川口に存す。オゴセ参照。

越尾 コシオ 浦和に存す。

腰尾 コシオ 新座に存す。

小椎尾 コシオ 加須、三郷等に存す。

越岡 コシオカ 狭山、所沢等に存す。

小鹿 コシカ 秩父郡下小鹿野村字小鹿あり。各市町村に存す。青森県東津軽郡今別町七十九戸、蓬田村十六戸、青森市百戸あり。オガ、オシカ参照。

越賀 コシガ 大宮、所沢等に存す。

腰替 コシガエ 上尾、白岡等に存す。

小路方 コジカタ 鳩ヶ谷に存す。

越上 コシガミ 浦和に存す。

越谷 コシガヤ 春日部、三郷、川島、東松山、妻沼等に存す。群馬県群馬郡群馬町十三戸あり。

越ヶ谷 コシガヤ 埼玉郡越ヶ谷郷あり、ガヤ、ガイは垣内(かいど)で、越族の居住地を称す。天正十九年瓦曽根村照蓮院(越谷市)朱印状に崎西郡腰ヶ谷瓦曽根之内五石と。慶長年間鈎上村検地帳(岩槻市)に越ヶ谷之内鈎上と見ゆ。今の越ヶ谷宿を中心に岩槻市域を含む一帯を越ヶ谷郷と称す。川越に存す。

一 野与党越谷氏 越ヶ谷郷より起る。千葉氏大系図に「野与党。箕勾二郎経能―小太郎能基―弥太郎為経―古志賀谷二郎為基―四郎為重―太郎秋近、弟に二郎信秋、四郎行勝」と見ゆ。

越川 コシカワ 海洋民越族なり。各市町村に存す。茨城県鹿島郡波崎町十一戸、大洋村十四戸、千葉県海上郡飯岡町十五戸、海上町四十七戸、香取郡小見川町二十二戸、大栄町十九戸、多古町五十七戸、東庄町四十四戸、干潟町三十八戸、山田町五十一戸、印旛郡富里町二十四戸、匝瑳郡野栄町三十戸、光町百四十五戸、山武郡松尾町六十六戸、横芝町六十二戸、銚子市九十七戸、八日市場市百四十戸あり。エチガワ参照。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十三俵・越川九右衛門」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御広敷御用達支配・五石二人扶持・越川宇右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・越川皆之助」あり。

越河 コシカワ 蓮田に存す。宮城県名取市十七戸あり。

腰川 コシカワ 狭山に存す。

甑 コシキ 狭山に存す。

五色 ゴシキ 大宮に存す。

甑澤 コシキザワ 狭山に存す。

小式沢 コシキザワ 与野、伊奈等に存す。新潟県加茂市十一戸あり。

小敷田 コシキダ 埼玉郡小敷田村(行田市)あり。

小敷谷 コシキヤ 足立郡小敷谷村(上尾市)あり。

一 小田原城士の小敷谷氏 横須賀市に古敷谷氏多く存す。三浦郡團右衛門所蔵文書に「永禄四年、小敷谷弾正忠殿」と見ゆ。

二 足立郡小敷谷衆 川越行伝寺過去帳に「妙照・コシキヤノ衆・卯年七月」あり。

小式山 コシキヤマ 横見郡中新井村(吉見町)に此氏の旧家あり。二戸現存す。

越口 コシクチ 蕨、狭山等に存す。

越雲 コシグモ 川口、大宮、鴻巣に存す。栃木県那須郡南那須町十戸あり。

越湖 コシゴ 上尾、朝霞、鳩ヶ谷、庄和等に存す。エチゴ参照。

腰越 コシゴエ 比企郡腰越村(小川町)あり。秩父郡栃谷村字腰越(秩父市)は古の村名なり。各市町村に存す。新潟県南魚沼郡塩沢町五十五戸、湯沢町二十六戸あり。

一 御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「浄慶・腰越ノ十左衛門・卯年九月。蓮性院法順・秩父腰越ノ大膳・寛文七年八月」あり。栃谷村字腰越住人にて苗字にあらず。秩父、福島参照。

越坂 コシサカ 川口、桶川、北本、伊奈、岩槻、入間等に存す。

越坂部 コシサカべ オサカベ参照。

越崎 コシザキ 川口に存す。

腰崎 コシザキ 比企郡小川町八宮社文化頃寄進碑に腰崎倉吉。未年松山町木村文書に小川町米穀商腰崎倉吉あり。現存無し。 

越迫 コシサコ 東松山に存す。

越沢 コシザワ 大宮、朝霞、戸田、久喜、春日部、越谷、所沢、飯能等に存す。群馬県館林市三十八戸あり。

越澤 コシザワ 浦和に存す。

越路 コシジ 和光、蕨、八潮に存す。

越司 コシジ 越谷、本庄等に存す。

越島 コシジマ 上尾、鷲宮、行田等に存す。

小沈 コシズ 忍藩阿部氏家臣にて、文化四年忍藩分限帳に「御年男・二十五俵二人扶持・小沈徳之丞」あり。

越須賀 コシスカ 群馬県佐波郡東村十八戸あり。

小下 コシタ 浦和、新座、久喜、所沢等に存す。

越田 コシダ 比企郡増尾村字越田あり。各市町村に存す。岩手県上閉伊郡大槌町六十三戸、宮古市十八戸、青森県東津軽郡平舘村三十戸、青森市百七戸あり。

一 那賀郡白石村(美里町) 用土村明治十三年仙元碑に白石郷越田喜三郎あり。一戸現存す。

腰田 コシダ 狭山に存す。

小志田 コシダ 狭山に存す。

越高 コシタカ 蕨に存す。

腰高 コシタカ 川口、大宮、上尾、朝霞、春日部、幸手、吉川、所沢等に存す。栃木県佐野市二十八戸あり。

越立 コシダテ 浦和、与野等に存す。

越谷 コシタニ 岩槻、行田等に存す。

後谷 コシタニ 川口に存す。

小七 コシチ 葛飾郡上吉羽村字小七新田は沢村小七郎の開発なり。

越地 コシチ 大宮、朝霞、新座、鶴ヶ島等に存す。茨城県行方郡麻生町六戸、神奈川県伊勢原市六十一戸あり。

越智 コシチ 鶴ヶ島に存す。

小実 コジツ 上尾、与野、嵐山等に存す。群馬県富岡市七戸あり。

越塚 コシヅカ 各市町村に存す。群馬県勢多郡黒保根村十一戸、新田郡藪塚本町十一戸あり。

一 足立郡本太村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に越塚三弥蔵あり。現存無し。

腰塚 コシヅカ 津加の津は人や物の集まる所、加は村の意味。越族の集落を腰塚と称す。比企郡大谷村字腰塚あり。群馬県桐生市四十戸、栃木県下都賀郡藤岡町十六戸あり。

一 忍城士の腰塚氏 永正十五年坂東道者日記に「むさし国在所おし・まねや殿、同こしつか殿」と見ゆ。成田記に「成田氏長の臣腰塚将監」。深谷記に「天正十年神流川合戦の時、忍衆越塚伊与・越塚将監」と見ゆ。成田分限帳に「十二貫文・腰塚主殿、十貫文・腰塚伊与」あり。

二 埼玉郡久喜町 当所腰塚氏は古河公方の臣と伝へる。三戸現存す。

三 同郡大越村(加須市) 八坂社享保四年庚申塔に堤崎村腰塚源治郎、文政五年水鉢に腰塚五左衛門・腰塚茂兵衛・腰塚久右衛門、弘化四年天神碑に腰塚久三郎。堤村延命寺文政六年札所碑に上大越村腰塚久右衛門。細間村薬王寺文政六年廻国塔に大越村腰塚久右衛門。徳性寺文政六年碑に腰塚久右衛門・腰塚久太郎、文政九年常夜燈に堤崎・腰丘久右衛門・腰塚源八・腰塚茂兵衛、大越村腰塚金右衛門。加須町祖師堂文政九年常夜燈に堤崎腰丘久右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に大越村腰塚五左衛門・腰塚久右衛門・腰塚久兵衛。明治九年戸長腰塚慶蔵・天保十四年生、副戸長腰塚定次郎。明治三十一年羽生銀行発起人腰塚慶蔵・百株二千円所有あり。十二戸現存す。

四 同郡三田ヶ谷村(羽生市) 大越村鷲尾神社嘉永七年敷石供養塔に下三田ヶ谷村腰塚瀧治郎。明治十一年鯉魚養育会社発起人油商腰塚吉左衛門あり。四戸現存す。

五 高麗郡真能寺村(飯能市) 腰塚小四郎・明治九年没八十三歳は幡羅郡玉井村にて熊谷焼の絵付師であったが、当村窯元の招きにより移り飯能焼を広める。其子絵馬屋腰塚倉太郎も飯能焼で名高し。現存無し。

六 幡羅郡玉井村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。玉井寺天明八年地蔵尊に腰塚伊左衛門・腰塚勇右衛門・腰塚喜右衛門。別府中学裏文化十二年碑に玉井村腰塚伊左衛門(子孫は玉井寺前の大工腰塚家)。新堀新田村八幡社文政十年大六天碑に玉井村腰塚利兵衛。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡玉井村腰塚利兵衛・腰塚与四郎。深谷宿安政二年田中文書に玉井村腰塚才助。玉井神社万延二年寄進名に腰塚吉重郎・腰塚豊吉・腰塚利兵衛。明治九年副戸長腰塚忠太郎・嘉永元年生、副戸長腰塚利平・天保七年生、副戸長腰塚利衛・文政三年生あり。

七 同郡上奈良村(熊谷市) 岡村寅稲荷社明治三十二年碑に上奈良越塚太一郎あり。腰塚氏二戸現存す。

八 熊谷宿 宝暦十年本町北屋敷持主腰塚茂八、嘉永元年腰塚茂八あり。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「三田ヶ谷村・腰塚酒造蔵・八十一円、大越村・腰塚正治・十六円、熊谷町・腰塚清太郎・五十円・七十円、玉井村・腰塚龍太郎・八十七円」あり。

越戸 コシド 足立郡新堀村字越戸(こゆど)は小井戸とも書く。入間郡戸口村字越戸、幡羅郡市ノ坪村字越戸あり。川越に存す。コエド参照。

越名 コシナ 上尾に存す。

越中 コシナカ 川口、吉川、川越、東松山等に存す。エッチュウ参照。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・越中虎次郎、六石二人扶持・越中重芳、同高・越中史弘」あり。

二 川越町 明治三十五年に越中鶴吉あり。一戸現存す。

越永 コシナガ 三郷に存す。

越沼 コシヌマ 沼(ぬ)は野に同じにて、越ノ族なり。栃木県下都賀郡岩舟町十一戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「四両余二人扶持・越沼甚八」あり。

二 葛飾郡藤塚村(春日部市) 淡島社安政五年普門品に藤塚村本田組越沼其右衛門・越沼彦右衛門。香取社江戸末期御神燈に越沼藤兵衛あり。一戸現存す。

三 埼玉郡粕壁宿 藤塚村香取社江戸末期御神燈に粕壁宿越沼要助。昭和三年興信録に粕壁町・越沼良助・所得税百七十九円・営業税百三十七円あり。

四 同郡増富村(春日部市) 増長村観秀院安政二年供養塔に増富村越沼惣次郎。香取社明治二十九年碑に越沼待五郎・越沼岩松。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に増富・越沼待五郎あり。六戸現存す。

五 同郡上蛭田村(春日部市) 稲荷社天保三年天神碑に越沼清次郎、嘉永四年水鉢に越沼源助・越沼要助・越沼助五郎・越沼安右衛門あり。一戸現存す。

六 同郡上大増新田(春日部市) 香取社天保十四年幟碑に越沼清吉。増長村観秀院安政二年供養塔に上大増村越沼清吉あり。二戸現存す。

七 同郡中手子林村(羽生市) 八幡社嘉永元年羽黒碑に野呂・越沼儀右衛門。明治五年名主越沼惣左衛門(子孫敏雄氏)あり。三戸現存す。

八 足立郡岸町(浦和市) 日蓮宗円蔵寺明治十四年顕妙塔に越沼作五郎あり。他村の者か。

小篠 コシノ 浦和、大宮等に存す。茨城県結城市十五戸あり。

越野 コシノ 越ノ族なり。各市町村に存す。青森県北津軽郡小泊村三十六戸、島根県(出雲国)八束郡東出雲町六十七戸あり。

腰野 コシノ 吉川に存す。

輿野 コシノ 川口に存す。

古志野 コシノ 古志族なり。島根県(出雲国)安来市四十一戸あり。

小柴 コシバ バは場所にて、越場に同じで越族の集落なり。千葉県安房郡丸山町十八戸、富津市百四十戸、館山市五十戸、新潟県新発田市四十五戸、福島県大沼郡三島町二十九戸、会津若松市三十五戸、青森県八戸市四十五戸あり。小此木(おこのぎ)を小柴と書くことあり。

一 深谷城士の小柴氏 深谷記に「深谷よりは、井草左衛門尉手に小柴紀伊守等、甲州衆の首取、左衛門尉殿へ差し上げる」と見ゆ。小此木氏なり。

二 鉢形城士の小柴氏 小鹿野町吉田氏系図に「軍役書上、御扶持衆、百五十目五人ふち・小柴弥作」あり。上野国の小此木氏か。

三 埼玉郡持田村(行田市) 剣神社明治二年碑に当所小柴宗次郎・小柴重太郎・小柴森蔵あり。二戸現存す。

四 妻沼町 明治三十五年飲食店小柴カツ・菓子商小柴新平あり。無し。

五 熊谷宿 嘉永元年文書に小柴国蔵。明治三十五年石原・足袋商小柴山太郎あり。市内に六戸現存す。

小芝 コシバ 浦和、大宮、上尾、草加、三郷、新座等に存す。千葉県館山市十七戸、青森県八戸市十五戸あり。

古柴 コシバ 上尾、桶川、吉見等に存す。千葉県勝浦市九戸あり。

越場 コシバ 浦和、幸手、草加、三郷等に存す。

小斯波 コシバ 鶴ヶ島に存す。

越畑 コシハタ 比企郡越畑村(嵐山町)はオッパタと称す。

越原 コシハラ 大宮、春日部、草加等に存す。長野県南安曇郡穂高町二十戸あり。

腰原 コシハラ 各市町村に存す。長野県東筑摩郡生坂村二十六戸、大町市十四戸、松本市五十戸あり。

小渋 コシブ 大宮に存す。

越淵 コシブチ 浦和に存す。

越部 コシベ 越族の集団(部)にて、安部氏が管理す。和名抄に播磨国揖保郡越部郷(兵庫県新宮町)あり、古之倍と訓ず。播磨国風土記に「越部里。一に云ふ、但馬国三宅より越・来る。故に越部村と号す」と見ゆ。安閑天皇二年紀に播磨国越部屯倉とあり。この村は越族をもって屯倉(みやけ)と定む。川口、大宮、伊奈、朝霞、川越等に存す。

古師部 コシベ 前条に同じ。武蔵国分寺出土の文字瓦に戸主古師部勝万呂あり。

腰細 コシホソ 蓮田に存す。

越馬 コシマ 間は場所の意味。越族の集落をコシマ(小島、児島)と称す。和光に存す。

一 浦和町 昭和三年興信録に越馬吉三郎・所得税三十七円あり。無し。

越間 コシマ 前条に同じ。草加、富士見等に存す。

児島 コジマ 越馬・越間の佳字にて、越族の集落を児島と称す。和名抄に備前国児島郡児島郷(岡山県倉敷市)あり、古之万と訓ず。同郡三宅郷(玉野市)あり。児島屯倉の管理者三宅氏後裔宇喜多氏は、藩翰譜に「先祖は遠く百済国より出でたりけり、彼国の人兄弟三人初め児たりし時、船を浮べて我が国に到り、備前の国にして一つの島に止れり、旗幟みな児といふ字をしるしたれば、その島を児島とこそ名付けけれ、其兄弟その後自ら三宅を以って姓となし、宇喜多とも又名のりけり」と見ゆ。三宅氏の祖は百済の渡来人越族であり、其の居住地を児島と名付けた。群馬県伊勢崎市百十戸、長野県上水内郡中条村十七戸、福島県大沼郡会津高田町六十六戸、島根県(石見国)邇摩郡仁摩町十五戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十石・児島角左衛門」あり。

二 足立郡土呂村(大宮市) 神明社文政五年庚申塔に児島次郎右衛門・児島寅右衛門、明治中期御神燈に児島祐太郎・児島稲三郎あり。六戸現存す。小島条参照。

三 同郡宮下村(大宮市) 氷川社嘉永六年碑に下組児島浅五郎あり。小島氏七戸現存す。

四 騎西町 明治三十五年酒醤油商児島六之助あり。一戸現存す。

五 川越町 御嶽社明治三十年碑に児島親政あり。小島条参照。

六 入間郡下奥富村(狭山市) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大砂土村(大宮市)・児島光雄・九十五円、入間川町(狭山市)・児島繁十郎・三十九円、種足村(騎西町)・児島六之助・百五十六円・六十一円」あり。

児嶋 コジマ 各市町村に存す。

小島 コジマ 越馬・越間の馬(ば、ま)は場所の意味。越族の居住地を佳字の小島に用いる。コシ条参照。和名抄に賀美郡小島郷あり、当郡石神村付近より隣村の児玉郡小島村(尾島とも書く)一帯を称す。大里郡小島村(熊谷市)、幡羅郡小島村(妻沼町)、埼玉郡城村字小島、榛沢郡用土村字小島あり。此氏は越族安部氏の本拠地である上野国・越後国に多く存す。武蔵国に多く存し、秩父等の北武蔵に少ない。奥州では安部氏を名乗り、小島氏は無し。○群馬県新田郡藪塚本町三十戸、邑楽郡板倉町七十二戸、邑楽町七十四戸、佐波郡東村九十戸、伊勢崎市九十戸、館林市百戸、太田市百二十戸、桐生市二百六十戸、藤岡市九十戸、安中市七十戸、高崎市百八十戸、前橋市百三十戸。○栃木県塩谷郡氏家町三十戸、下都賀郡岩舟町四十二戸、大平町三十戸、小山市百三十戸、足利市百七十戸。○茨城県東茨城郡常北町三十七戸、稲敷郡新利根町五十戸、結城郡石下町三十戸、猿島郡境町四十七戸、土浦市八十戸、水戸市八十戸。○神奈川県愛甲郡愛川町二百四十戸。○長野県下高井郡山ノ内町二十七戸、上水内郡豊野町二十七戸、上伊那郡辰野町三十五戸、箕輪町七十戸、中野市七十戸、飯田市百二十戸。○新潟県岩船郡荒川町四十二戸、関川村三十戸、北蒲原郡中条町三十三戸、中蒲原郡亀田町三十六戸、北魚沼郡小出町三十戸、中魚沼郡津南町四十戸、南魚沼郡大和町五十九戸、中頸城郡妙高高原町三十三戸、中郷村二十六戸、妙高村二十七戸、西頸城郡能生町三十五戸、新発田市百十戸、新津市八十戸、長岡市九十戸、上越市百四十戸、新井市百七十戸。○福島県河沼郡柳津町三十五戸、いわき市九十戸あり。オジマ参照。

一 丹党小島氏 オジマ条参照。

二 足立氏流小島氏 百五十一項参照。

三 忍城士の小島氏 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚(比企郡山田村贄田文書)に「二十貫文・久下住・小島周防」。成田分限帳に「十五貫文・小島玄蕃」。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、小島右京は大宮口を守る」と見ゆ。

四 深谷城士の小島氏 深谷記に「天正十年、神流川合戦の時、深谷衆小島伊与あり」と見ゆ。

五 鉢形城士の小島氏 小鹿野町吉田氏系図に「軍役書上、御扶持方衆、鉄砲衆・三十五文目三人ふち・小島与五郎」あり。上野国の士なり。

六 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「小頭・二十俵二人扶持・小島又右衛門、中屋敷台所役・三両二人扶持・小島兵右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「二十五俵二人扶持・小島平兵衛」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御勘定坊主・五石二人扶持・小島新右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・小島義三郎、同高・小島杣之助、同高・小島鉄之助、五石二人扶持・小島新之助、同高・小島智臣」。小島智臣(通称鉄之助)・号楓所・素郎は俳人にて名高し、明治三十七年没す。

八 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十三俵二人扶持・小島保平、八両余二人扶持・小島ナ吉、六両二人扶持・小島常次郎」あり。

九 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御寄合・二百五十石・小島弾正、御馬廻・百石・越前取立・小島弥門」。万延二年川越藩分限帳に「年寄・二百五十石・小島弾正、年寄嫡子小島歓之輔、御馬廻・十五人扶持・小島弘」。明治四年前橋藩職員録に「庁掌・伝達方・小島養平」あり。

一〇 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「二十石五人扶持・小島甚左衛門」あり。

一一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「給人席・小島源兵衛、平席之分・小島源太郎」あり。

一二 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「三十五俵三人扶持・小島藤左衛門」あり。

一三 関東郡代伊奈氏家臣 三河国出身の小島庄右衛門正重は寛永十七年伊奈氏の命により下総国関宿から新水路江戸川を開く。寛永二十一年荏原郡下蛇窪村検地帳(品川区)に伊奈半十郎手代小島喜右衛門・小島庄兵衛。葛飾郡米島村東光院過去帳(庄和町)に「小島庄右衛門母・寛永二十一年没」。西宝珠花村小島山小流寺(庄和町)は小島庄右衛門正重が正保三年開基し、寛文八年四月二十八日没の正重墓あり。また、足立郡蓮沼村(川口市)普門寺に「正済居士(正重)・寛文八年没」の墓碑あり。二百三項参照。

一四 葛飾郡丹後村(三郷市) 前間村最勝寺文久三年庚申塔に丹後村小島七五郎・小島啓次郎。稲荷社明治二十三年水鉢に小島伊助。明治三十年人名録に小島清兵衛・弘化四年生・地租九十二円。当村明治三十九年碑に小島團次郎・小島伊助・小島菊次郎・小島丹次郎・小島忠蔵・小島久八あり。九戸現存す。

一五 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺安永二年庚申塔に金杉村小島善右衛門。明治三十年人名録に小島喜太郎・慶応二年生・地租五十五円あり。四戸現存す。

一六 同郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に小島安右衛門弟和四郎・十歳あり。九戸現存す。

一七 同郡築比地村(松伏町) 下香取社享和元年庚申塔に小島吉左衛門・小島伊右衛門・小島平右衛門、文化五年庚申塔に小島佐兵衛、明治十六年浅間碑に小島伊右衛門・小島平左衛門・小島三盛・小島平五郎・小島源太郎・小島辰五郎・小島佐治兵衛・小島佐兵衛。妙応院文久元年成田山碑に小島市左衛門あり。十五戸現存す。

一八 同郡下赤岩村(松伏町) 蓮福寺寛政十年碑に小島源助母あり。現存無し。

一九 同郡牛島村(春日部市) 宝光院嘉永五年碑に小島源右衛門・小島藤七・小島惣右衛門。藤塚村香取社江戸末期御神燈に牛島村小島孫右衛門。明治三十年人名録に小島常吉・安政四年生・地租二十三円あり。十九戸現存す。

二〇 同郡樋籠村(春日部市) 天満宮文化十五年水鉢に小島藤八・小島佐十郎・小島吉十郎あり。一戸現存す。

二一 同郡樋堀村(春日部市) 白山社天保十一年水鉢に小島忠太郎、慶応四年幟碑に小島福蔵・小島甚五郎あり。八戸現存す。

二二 同郡下柳村(庄和町) 香取社天保十一年庚申塔に小島沖右衛門・小島吉右衛門・小島三右衛門。永沼村八幡社明治二十八年碑に下柳小島庄右衛門。明治三十年人名録に小島庄右衛門・慶応三年生・地租百五十五円あり。八戸現存す。

二三 同郡飯沼村(庄和町) 香取社嘉永元年御神燈に小島弥兵衛あり。二戸現存す。

二四 同郡榎村(庄和町) 当村明和元年庚申塔に小島甚左衛門、天保三年天神碑に小島勇次郎。惣新田村正福寺天保九年真言塔に榎村小島甚左衛門あり。六戸現存す。

二五 同郡金崎村(庄和町) 香取社寛政十二年庚申塔に小島茂右衛門あり。四戸現存す。

二六 同郡赤崎村(庄和町) 日枝社天保五年普門品に小島紋十郎・小島勘右衛門あり。三戸現存す。

二七 同郡米崎村(庄和町) 米島村香取社万延元年浅間碑に米崎村小島伊之助・小島重兵衛。愛宕社万延二年庚申塔に米崎村小島助長次郎・小島重兵衛・小島栄次郎、慶応三年幟碑に小島勘七あり。四戸現存す。

二八 同郡米島村(庄和町) 香取社万延元年浅間碑に米島村小島一郎・小島吉兵衛・小島藤治郎。米崎村愛宕社万延二年庚申塔に米島村小島三郎左衛門。明治九年戸長小島一郎・天保元年生(名主)あり。十八戸現存す。

二九 同郡西宝珠花村(庄和町) 私塾師匠武士小島燕定・安政六年没六十二歳。明治二十一年皇国武術英名録に真心影流西宝珠花村小島秀兵あり。三戸現存す。

三〇 同郡杉戸宿 明治十六年鉄道敷設願に杉戸宿小島禄四郎あり。 

三一 同郡木野川村(杉戸町) 明治二十年規約に小島良平あり。三戸存す。

三二 同郡蓮沼村(杉戸町) 字本村香取社明和六年庚申塔に小島忠□、天明八年庚申塔に小島忠七久次、文化元年庚申塔に小島茂平治、文政元年庚申塔に小島与四郎。字照市香取社安政二年聖徳太子碑に蓮沼本村小島忠七あり。二戸現存す。

三三 同郡大塚村(杉戸町) 豊明神社天保三年水鉢に大塚村小島半蔵。延命寺明治六年碑に小島武兵衛あり。一戸現存す。

三四 同郡下高野村(杉戸町) 木々子神社天保四年供養塔に小島磯八・小島次左衛門あり。五戸現存す。

三五 同郡下野村(杉戸町) 慶長年間に小島彦左衛門は彦左衛門新田を開発す。弟栄叶は元和八年福正院を草創す。名主小島氏は将監、庄太夫、平蔵を襲名す。福正院元禄十二年庚申塔に小島平兵衛、嘉永元年庚申塔に小島富蔵、明治二十九年筆子碑に小島健之。明治四年田口文書に組頭小島源兵衛。明治九年副戸長小島源平・天保七年生あり。四戸現存す。

三六 同郡才羽村(杉戸町) 字本田文政元年庚申塔に才羽村本田小島彦右衛門。明治四年田口文書に才羽村名主小島藤助。明治九年副戸長小島藤太郎・嘉永二年生あり。三戸存す。

三七 同郡幸手町 明治六年農民総代小島忠四郎。明治三十年人名録に料理店川端屋小島忠八・天保五年生・地租四十九円。明治三十五年白木綿商小島庄兵衛・荒物商小島やえ・鳶職小島秀吉あり。

三八 同郡下吉羽村(幸手市) 香取社元治二年鳥居碑に下吉羽村内子中七軒小島文蔵、明治二十年碑に小島喜多衛門、明治三十九年碑に小島周蔵。明治六年伍長小島万蔵・文政七年生。明治三十年人名録に小島周蔵・文久二年生・地租三十三円あり。七戸現存す。

三九 同郡天神島村(幸手市) 天王社明治二十三年碑に小島忠八あり。現存無し。幸手町住人か。

四〇 同郡松石村(幸手市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に松石村小島与兵衛。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に松石邨小島清二郎・小島文之介・小島久右衛門・小島安右衛門。香取社明治二十九年碑に小島源三郎・小島藤作・小島安右衛門・小島龍太郎・小島孫左衛門あり。九戸現存す。

四一 同郡関宿向下河岸(幸手市) 浅間社嘉永二年庚申塔に小島忠左衛門あり。現存無し。

四二 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に小島浜吉・小島清次郎・小島吉五郎・小島角右衛門あり。四戸現存す。

四三 同郡狐塚村(栗橋町) 鹿島社嘉永四年御嶽碑に小島伝六あり。現存無し。尾島条参照。

四四 同郡広島村(栗橋町) 天満宮明治二十八年伊勢講碑に小島角太郎・小島勘吉・小島民蔵あり。六戸現存す。

四五 同郡東大輪村(鷲宮町) 万延元年武術英名録に剣・幸手在大輪村小島剛右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流東大輪村小島幸右衛門あり。二戸現存す。

四六 同郡上川崎村(鷲宮町) 香取社明治三年庚申塔に新田小島文右衛門あり。現存無し。

四七 埼玉郡大瀬村(八潮市) 風土記稿秩父郡大宮郷条に「十五番観音の別当蔵福寺の寺宝を故ありて、享保二十一年武州埼玉郡大瀬村の村民小島伊五右衛門奉納せし」と。大瀬村祭礼年番帳に「明治七年・下組小島増五郎、明治八年・下組小島作次郎、明治十二年・根郷組小島還右衛門、明治十三年・根郷組小島末次郎、明治十四年・下組小島民吉、明治十九年・小島仁助、明治二十三年・下組小島幸次郎・小島卯之助」あり。十戸現存す。

四八 同郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「天正より越ヶ谷町居付百姓十七家の内・小島市左衛門。百姓市左衛門儀は仲町組小島屋平右衛門子孫に而百姓に成。平右衛門は元禄以前より之百姓に而年寄も相勤申候、小島党之本家也」と見ゆ。久伊豆社文化元年御神燈に小島市左衛門、明治三十二年榛名碑に小島勝太郎あり。

四九 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「下組小島三十郎は、先祖宝暦中大房より下堤に居住船頭勤、天明以後相衰へる。宝暦七年大沢町百姓小島三十郎。明和五年帳面表・小島三十郎」と見ゆ。明治三十五年小間物商小島あさ・薪炭商小島藤八あり。

五〇 同郡恩間新田(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に恩間新田小島芳左衛門・小島金左衛門。能満寺跡嘉永三年庚申塔に小島常蔵。大場村香取社嘉永七年御神燈に恩間新田小島常蔵。鈎上村神明社元治元年碑に恩間小島金蔵。明治六年学資献金者恩間村小島耕作。稲荷社明治二十九年碑に小島八十八・小島常吉・小島利吉あり。七戸現存す。

五一 同郡荻島村(越谷市) 五所神社明治九年浅間碑に中組・小島庄太郎・小島初太郎・小島松太郎・小島常八・小島六兵衛・小島佐平治あり。十五戸現存す。

五二 同郡増森村(越谷市) 増森公民館文化十二年庚申塔に小島佐右衛門・小島惣右衛門・小島善兵衛、嘉永元年成田山碑に小島金治郎・小島惣吉・小島平治郎・小島善蔵、元治元年庚申塔に小島武兵衛。稲荷社嘉永六年碑に当所・小島五右衛門・小島善兵衛・小島武兵衛・小島久兵衛・小島惣右衛門。東正寺明治二十八年文書に世話人小島元蔵。明治三十年人名録に小島佐一郎・文久三年生・地租二十四円あり。十二戸存す。

五三 同郡川崎村(越谷市) 川崎神社弘化二年供養塔に小島源次郎あり。一戸現存す。

五四 同郡小林村(越谷市) 香取社明治二十八年敷石碑に小島政吉あり。四戸現存す。

五五 同郡平方村(越谷市) 浅間社文政三年碑に小島金左衛門。明治三十年人名録に小島幸三郎・明治十四年生・地租三十四円、小島七郎左衛門・天保七年生・地租十八円あり。六戸現存す。 

五六 同郡三野宮村(越谷市) 香取社嘉永三年廻国塔に小島権蔵あり。二戸現存す。

五七 同郡大竹村(越谷市) 明治三十年人名録に小島政五郎・安政三年生あり。二戸現存す。

五八 同郡岩槻町 六地蔵堂承応二年庚申塔に岩付小島平左衛門。秋葉社天保三年狛犬に久保宿小島伊兵衛。加納村天神社嘉永五年水鉢に岩槻市宿町小島兼吉。明治三十五年古着商小島亀吉・飲食店小島音次郎・白米店小島伊平治・質屋小島吉蔵・小島吉五郎・小島長吉・小島新蔵・小島徳次郎・小島文助・小島富蔵・小島徳太郎・小島七五郎あり。尾島条参照。

五九 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村小島治兵衛、享保十三年庚申塔に小島孫兵衛あり。八戸現存す。

六〇 同郡大戸村(岩槻市) 当村に此氏多く存す。宝蔵院元文元年碑に小島与左衛門栄候、文化元年没小島与左衛門朗昆・男三郎二、文政十三年天神碑に小島七五郎・小島関次郎・小島茂八、天保五年碑に小島半平・小島栄吉・小島文次郎・小島熊次郎、天保八年碑に小島悟内・小島岩次郎・小島長次郎。野島村浄山寺文化十年供養塔に大戸村小島文介・小島次郎七・小島忠内。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に大戸村小島文助・小島忠内。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡大戸村小島安之助・小島文左衛門。当村天保十年馬頭尊に小島嘉平□・小島利八・小島留五郎・小島金右衛門・小島安之助・小島伊与之助・小島繁右衛門・小島要右衛門・小島七郎兵衛・小島新之丞・小島喜兵衛・小島常右衛門。増長村観秀院安政二年供養塔に大戸村・小島安之助(割元名主)・小島喜兵衛・小島甚太郎・小島孫三郎・小島要右衛門・小島答内・小島文右衛門・小島熊次郎・小島伊之助・小島利八・小島繁次郎・小島新之丞・小島勝四郎・小島吉五郎・小島繁蔵・小島栄吉・小島善次郎・小島林平・小島半受。第六天神社文久三年御神燈に小島巳之助・小島茂八・小島源六・小島七五郎。明治九年戸長小島明邦・天保十二年生、副戸長小島平次郎・天保八年生。明治三十年所得税下調査簿に川通村小島平三・元治元年生・反別十九町三反歩・地租百七十三円あり。

六一 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に小島勘兵衛・小島又右衛門、弘化四年水鉢に当所小島初太郎・小島新蔵、入小路小島清七・小島弥之吉・小島丑松、山口小路小島栄次郎。月読神社天保六年碑に小島友三・小島助三郎・小島又八、嘉永三年幟碑に小島幾松・小島新蔵・小島清七・小島長右衛門・小島粂蔵・小島初太郎・小島弥之吉・小島八五郎・小島音次郎・小島良珍・小島兵次郎・小島岩松・小島源八・小島吉右衛門・小島善右衛門・小島新八・小島七蔵。裏慈恩寺村子之神社天保十一年碑に慈恩寺村小島万太郎・小島忠兵衛・小島久五郎。毘沙門堂嘉永四年庚申塔に大門小路小島初五郎・小島忠右衛門。万延元年武術英名録に岡安柳剛流武州慈恩寺村小島権十郎。小溝村長命寺慶応二年供養塔に慈恩寺郷小島勘次郎・小島源吉・小島力太郎・小島鉄五郎・小島雄之進・小島喜兵衛・小島彦太郎・小島三之丞。明治五年組頭酒造業小島喜三郎。明治九年副戸長小島権九郎・天保九年生あり。十七戸現存す。

六二 同郡表慈恩寺村(岩槻市) 諏訪社天保五年水鉢に小島庄左衛門あり。三戸現存す。

六三 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に裏慈恩寺村・小島長左衛門・小島長兵衛・小島兵右衛門・小島彦左衛門・古島長右衛門・古島利右衛門・古島又四郎、弘化四年水鉢に裏村小島良珍。阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に小島長衛門母・小島長兵衛母・小島権四郎妻・小島半衛門妻、正徳二年地蔵尊に小島六兵衛妻・小島庄三郎妻・小島八衛門妻、享保十年供養塔に小島又四郎。当村宝永元年庚申塔に小島長左衛門・小島吉左衛門、宝暦三年庚申塔に小島長右門・小島八右門・小島友左門、天明八年庚申塔に小島藤兵衛・小島次右衛門・小島喜左衛門、天保三年庚申塔に小島友三・小島助五郎・小島午之助。子之神社安永三年供養塔に小島長右衛門・小島文左衛門、寛政五年御神燈に小島庄七・小島喜右衛門・小島浅右衛門・小島祐右衛門・小島清兵衛、文化九年地蔵尊に小島徳左衛門・小島利七・小島岩五郎・小島勘蔵。慈恩寺村月読神社天保六年碑に裏慈恩寺村小島兵庫あり。十八戸現存す。

六四 同郡笹久保村(岩槻市) 八幡社嘉永元年幟碑に小島喜右衛門・小島政五郎・小島栄五郎・小島弥平治・小島嘉右衛門、安政二年御神燈に小島常五郎・小島菊五郎・小島松五郎。地蔵院嘉永四年供養塔に小島弥平治・小島喜右衛門・小島政五郎。明治九年副戸長小島弥左衛門・天保三年生。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に笹久保小島市五郎あり。五戸現存す。

六五 同郡末田村(岩槻市) 鷲宮社天保九年御神燈に小島長兵衛、天保十年狛犬に上手組小島寅蔵あり。一戸現存す。

六六 同郡古ヶ場村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺宝永六年阿弥陀如来に古ヶ場村小島庄之助、弘化四年水鉢に古ヶ場村小島藤七.。永福寺寛政十二年供養塔に小島吉蔵、文政十一年供養塔に小島吉蔵・小島代次郎あり。八戸現存す。

六七 同郡小溝村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に小溝村小島吉左衛門・小島勘兵衛・古島伝左衛門。長命寺宝永三年阿弥陀如来に小溝村小島伊兵衛・小島伝左衛門・小島勘兵衛、慶応二年供養塔に小溝村小島初太郎・小島藤右衛門・小島斧衛あり。四戸現存す。 

六八 同郡鹿室村(岩槻市) 当村文政十二年浅間碑に小島与吉。不動堂安政二年不動明王に小島菊蔵あり。三戸現存す。

六九 同郡大口村(岩槻市) 香取社元文五年庚申塔に小島茂右衛門。長宮村大光寺天保九年門人碑に大口村小島勘助。増長村観秀院安政二年供養塔に大口村小島弥五郎。鈎上村神明社元治元年碑に大口村小島庄五郎。正福寺元治二年不動明王に小島岩之丞あり。三戸現存す。

七〇 同郡長宮村(岩槻市) 香取社天和三年碑に小島三左右衛門、文化元年供養塔に小島金蔵・小島甚蔵。庚申塚天明五年庚申塔に小島清八.。大光寺天保九年門人碑に長宮村小島文蔵・小島重蔵・小島粂八・小島繁蔵あり。現存無し。

七一 同郡大野島村(岩槻市) 神明社天保二年薬師如来に小島安左衛門、天保四年敷石碑に小島弥吉・小島七之助・小島覚助。長宮村大光寺天保九年門人碑に大野島村小島七之助。増長村観秀院安政二年供養塔に大野島村小島源吉あり。五戸現存す。

七二 同郡粕壁宿 東八幡社元禄九年鳥居碑に小島六郎衛門、文久三年狛犬に新宿組小島平吉。藤塚村香取社江戸末期御神燈に粕壁宿小島平吉あり。尾島条参照。

七三 同郡増富村(春日部市) 香取社寛政九年天満宮碑に小島大助・小島伊曽吉。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に増富村小島宇之助。増長村観秀院安政二年供養塔に増富村小島松三郎・小島次郎七・小島金右衛門。明治九年副戸長小島鏻四郎・安政五年生。香取社明治二十九年碑に小島平学・小島鏻四郎・小島初蔵・小島松五郎・小島豊八・小島周八・小島豊一郎。明治三十年人名録に豊春村長小島鏻四郎・反別二十二町九反歩・地租二百三十二円、小島豊一郎・天保十三年生・地租二十三円。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に増富・小島鏻四郎・小島忠七あり。十八戸現存す。

七四 同郡増戸村(春日部市) 神明社明治末期天満宮碑に小島進之助あり。二戸現存す。

七五 同郡内牧村(春日部市) 鷲香取社明治三年浅間碑に戸崎小島歳郎、明治十二年敷石碑に小島彦六.。楽応寺明治三十年水鉢に小島文右衛門・小島直次郎あり。十四戸現存す。尾島条参照。

七六 同郡増田新田村(春日部市) 水神社明治十三年浅間碑に小島吉蔵あり。九戸現存す。

七七 同郡大場村(春日部市) 香取社嘉永七年御神燈に小島稲蔵、明治二十七年碑に小島巳之助あり。二戸現存す。

七八 同郡大枝村(春日部市) 香取社文政十三年御神燈に小島七郎左衛門あり。六戸現存す。

七九 同郡上大増新田(春日部市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に上大増新田小島仙松・小島佐右衛門。香取社天保十四年幟碑に小島仙松、文久三年水鉢に小島次助。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に上大増新田小島次助あり。一戸現存す。

八〇 同郡下大増新田(春日部市) 香取社文化十年天満宮碑に小島早三郎、弘化四年筆子碑に小島関之助、慶応□年御神燈に小島七五郎。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下大増新田小島早三郎・小島三五郎。増長村観秀院安政二年供養塔に下大増村小島早三郎・小島民五郎。明治三十年人名録に小島円次郎・安政二年生、小島七五郎・弘化四年生あり。三戸現存す。

八一 同郡谷原新田(春日部市) 岩槻町秋葉社文政十三年御神燈に東谷原村小島源七.。明治三十年人名録に小島啓之丞・明治四年生あり。一戸現存す。

八二 同郡城村(蓮田市) 阿弥陀堂明和八年地蔵尊に小島重兵衛。小久喜村寿楽院嘉永六年筆子碑に城村小島浅次郎。明治三十年人名録に小島重右衛門・天保十四年生・地租三十円あり。三戸現存す。

八三 同郡高虫村(蓮田市) 歓喜寺跡安永三年地蔵尊に小島七兵衛あり。四戸現存す。

八四 同郡上野田村(白岡町) 鷲宮社嘉永元年御神燈に小島浅五郎・小島多吉・小島喜七郎、明治九年鳥居碑に小島酉右衛門・小島助右衛門。慶応二年埼玉郡農兵名前帳に大砲組・上野田村小島勘五郎。当村明治四年馬頭尊に上野田村小島勇右衛門・小島久八・小島庄吉。明治九年副戸長小島勇右衛門・天保八年生。明治三十年人名録に小島与右衛門・安政二年生・地租二十九円、小島助右衛門・天保三年生・地租二十四円、小島久八・嘉永元年生・地租二十四円。鷲宮社明治三十四年碑に小島忠助・小島要助あり。七戸存す。

八五 同郡太田新井村(白岡町) 安楽寺寛延二年庚申塔に小島太兵衛・小島勘七.。北向地蔵堂文化二年庚申塔に小島武右衛門。太田神社明治四十年碑に本田組小島久次郎あり。六戸現存す。

八六 同郡篠津村(白岡町) 字馬立地蔵堂享保十三年地蔵尊に小島武左衛門、弘化五年二十三夜塔に小島勘四郎・小島専之助。太田袋村琴平社文政三年水鉢に篠津村小島千助。大野家天保二年筆子碑に小島小源太・小島清四郎。明治九年副戸長小島戌三郎あり。四戸現存す。 

八七 同郡高岩村(白岡町) 太田袋村琴平社文政二年御神燈に高岩村小島文平。字野中文政七年庚申塔に小島重蔵・小島七五郎。天満社嘉永五年幟碑に当所六軒小島近衛門、安政二年鳥居碑に小島林蔵。忠恩寺安政三年供養塔に当村小島近右衛門。明治三十年人名録に篠津村助役小島覚之助・安政三年生あり。九戸存す。

八八 同郡柴山村(白岡町) 諏訪八幡社正徳三年御神燈に小島弥五左衛門。字宮野文化九年庚申塔に小島多七・小島和吉。諏訪八幡社明治三十九年碑に小島市太郎あり。一戸存す。

八九 同郡寺塚村(白岡町) 東照寺元禄四年庚申塔に小島喜右門・小島金左右門、寛政元年鐘銘に小島喜右衛門。鷲神社享保十六年御神燈に小島喜右衛門、文久元年水鉢に小島わか・小島定右衛門あり。十戸現存す。

九〇 同郡岡泉村(白岡町) 観音堂天和二年庚申塔に岡泉村小島三右衛門・小島五□郎、文化二年二十三夜塔に小島磯右衛門。丸山墓地享保三年筆子碑に小島新五郎・小島磯右衛門あり。現存無し。

九一 同郡和戸村(宮代町) 百間村青林寺寛政十年文書に和戸村小島七左衛門・小島平右衛門・小島清太郎。足立区花畑大鷲神社天保四年算額に和戸村小島伊八影周。宇宮神社天保六年奉額に和戸村小島七左衛門・小島九右衛門・小島覚之助・小島佐次右衛門、嘉永二年奉額に小島兵五郎、明治十一年幟碑に小島貞造、明治二十二年御嶽碑に当所小島伊三郎・小島安右衛門・小島七郎・小島熊太郎・小島長次郎・小島儀右衛門・小島伊平太。明治四年白石文書に和戸村名主小島七左衛門。明治七年製糸会社人名録に和戸村小島喜右衛門。明治九年戸長小島貞造・安政六年生、副戸長小島伊三郎・天保六年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に和戸村小島貞造・小島伊三郎。明治二十三年貴族院多額納税者に小島貞造・国税九百九十七円。明治三十年貴族院多額納税者議員互選人名簿に農業小島貞造・反別九十四町五反歩・国税九百四十五円。明治三十年人名録に小島伊三郎・反別十九町八反歩・地租百八十六円、小島安左衛門・嘉永四年生。大正十二年大地主名簿に小島貞造・田四十五町八反歩・畑四十八町二反歩所有あり。十一戸現存す。

九二 同郡百間中村(宮代町) 青林寺寛政十年文書に前原村小島由右衛門・小島宇右衛門。百間西原組浅間社文久元年小御嶽碑にマイハラ小島藤吉昭行。明治九年副戸長小島弥三郎・天保九年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に百間中村小島弥三郎。明治三十年所得税下調査簿に百間村小島徳太郎・安政三年生・反別四十二町七反歩・地租三百三十四円。大正十二年大地主名簿に百間村小島良平・田二十六町六反歩・畑三十一町歩所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年百間中村小島良平・明治二十三年生・国税千四百三十三円・県下百十八位あり。十一戸現存す。

九三 同郡百間村西原組(宮代町) 西原組神外坊嘉永二年奉納太刀銘に湖志満東吾郎・古縞知与枩・小島専造、明治十六年奉納太刀銘に小島弥市・小島八右衛門・小島清助・小島栄蔵・小島安蔵・小島六右衛門あり。他村の者か。二戸現存す。

九四 同郡国納村(宮代町) 華蔵院文化八年雷電宮碑に小島吉六.。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に国納村小島弥左衛門あり。六戸現存す。

九五 同郡西久米原村(宮代町) 鷲宮社文化三年庚申塔に小島幸四郎あり。現存無し。

九六 同郡樋口村(久喜市) 明治四年議定書に小島市太郎あり。二戸存す。

九七 同郡菖蒲町 明治三十五年に小島直吉あり。十戸現存す。

九八 同郡屈巣村(川里町) 天明元年山崎文書に新田組頭小島八左衛門あり。一戸現存す。

九九 同郡水深村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に水深村小島源右衛門あり。現存無し。

一〇〇 同郡常泉村(加須市) 明治四年藍玉仲間小島安蔵。明治九年副戸長小島善三郎・天保五年生あり。三戸現存す。

一〇一 同郡下高柳村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下高柳村小島与右衛門。八坂社明治二十六年碑に小島清三郎・小島和伝次あり。二戸現存す。

一〇二 同郡三ツ俣村(加須市) 明治四年上三ツ俣村紺屋小島卯次郎。諏訪社明治二十一年伊勢講碑に小島久次郎あり。三戸現存す。

一〇三 同郡北篠崎村(加須市) 熊野社文久四年御神燈に小島卯吉あり。一戸現存す。

一〇四 同郡多門寺村(加須市) 観音寺元禄七年十三仏に小島九郎兵衛・小島太兵衛、嘉永三年読誦塔に小島儀右衛門あり。二戸現存す。

一〇五 同郡羽生町 桑崎村八幡社安政四年三峰碑に羽生町小島助右衛門。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年羽生町青縞問屋堺屋小島完吉・明治四年生・国税二千四十円・県下六十二位あり。

一〇六 同郡桑崎村(羽生市) 八幡社天保十三年水鉢に小島平七・小島紋蔵、安政四年三峰碑に小島佐次郎。明治九年副戸長小島源右衛門・天保元年生あり。三戸現存す。

一〇七 同郡神戸村(羽生市) 千眼寺寛政元年廻国塔に神戸邑小島助右衛門・小島孫左衛門・小島丈助、江戸末期地蔵尊に小島佐次兵衛・小島佐平治・小島常右衛門。須影村八幡社慶応元年算額に神戸村小島左近員親(明治十三年没)、子孫助雄氏。明治九年副戸長小島与市・文政九年生あり。十戸現存す。

一〇八 同郡上岩瀬村(羽生市) 御霊社明治二十八年碑に小島万蔵・小島菊次郎あり。一戸現存す。

一〇九 同郡藤井村(羽生市) 香取社嘉永二年奉額に当所小島三郎兵衛・小島三之助・小島仙次郎、安政四年奉額に小島馬五郎、明治十一年奉額に小島与一・小島茂左衛門・小島松次郎・小島栄之助。源長寺慶応四年筆子碑に小島丑五郎・小島喜三郎。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講に藤井小島茂左衛門あり。十八戸現存す。

一一〇 同郡発戸村(羽生市) 鷲宮社明治十年碑に小島喜蔵・小島源右衛門あり。七戸現存す。

一一一 同郡喜右衛門新田(羽生市) 八幡宮文久二年小御嶽碑に小島太兵衛あり。現存無し。

一一二 同郡大越村(羽生市) 鷲尾神社嘉永七年敷石供養塔に笹道小島金二郎、長竹小島庄左衛門あり。現存無し。

一一三 同郡加羽ヶ崎村(羽生市) 八幡社寛政十二年天満宮碑に小島清太郎・小島七郎右衛門あり。一戸現存す。

一一四 同郡中手子林村(羽生市) 八幡社安永九年水鉢に小島小右衛門、寛政元年春名社碑に小島定右衛門あり。六戸現存す。

一一五 同郡下新郷(羽生市) 天神社正徳四年庚申塔に小島十兵衛あり。九戸現存す。

一一六 同郡下新田村(羽生市) 羽黒社天保七年石華表碑に小島貴右衛門、明治十一年水鉢に小島綱五郎あり。一戸現存す。

一一七 同郡道目村(大利根町) 鷲大神社文政七年庚申塔に小島喜左衛門、明治十二年浅間碑に小島豊吉。明治九年副戸長小島巻右衛門・天保元年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に道目村小島巻右衛門。明治十八年最上農名簿に道目村小島豊吉・耕宅地七町三反歩所有あり。二戸現存す。

一一八 同郡行田町 佐間村清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町小島仁兵衛。持田村正覚寺元禄二年鐘銘に忍行田本町冶工小島仁兵衛清重・冶工小島勘兵衛清久あり。

一一九 同郡北河原村(行田市) 小前田村長善寺寛保三年棟札に大工棟梁忍領北川原村小島喜八郎あり。三戸現存す。

一二〇 同郡太井村(熊谷市) 行田史譚に「太井村。寛永年中名主小島平右衛門、享保六年名主小島平右衛門、天保元年名主小島十右衛門」。棚田神社嘉永元年天神碑に太井村小島弥三郎、江戸末期碑に太井村小島六右衛門。門井村鷺栖神社明治八年御神燈に太井村小島盛右衛門あり。四戸現存す。

一二一 足立郡川口町 東明院西善院明治二十五年檀中に小島彦市。川口神社明治三十九年碑に小島吉右衛門・小島伊三郎あり。

一二二 同郡下青木村(川口市) 氷川社寛政六年弁天碑に小島源□、万延元年寄進に小島七郎左衛門・小島吉左衛門、明治三十九年碑に小島勝五郎あり。

一二三 同郡差間村(川口市) 興照寺天保六年普門品に指間村小島杉右衛門あり。二戸現存す。

一二四 同郡平柳領領家村(川口市) 顕正寺文政九年碑に小島勘左衛門あり。一戸現存す。

一二五 同郡上戸田村(戸田市) 当村享保十四年庚申塔に小島茂左衛門あり。

一二六 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年理髪師小島常吉・釣道具商小島福太郎あり。

一二七 同郡浦和町 明治三十五年塩煎餅商小島文蔵あり。

一二八 同郡太田窪村(浦和市) 行弘寺嘉永二年常夜燈に新田小島勘五郎。氷川社明治二十八年碑に小島亀次郎・小島仙吉あり。十三戸現存す。

一二九 同郡大谷口村(浦和市) 氷川社明治二十九年水鉢に小島音次郎あり。九戸現存す。

一三〇 同郡大間木村(浦和市) 字八丁稲荷社安永六年庚申塔に小島新吉、天保二年幟碑に小島藤吉・小島半蔵・小島清八.。下山口新田稲荷社天保年間御神燈に大間木新田小島藤吉。大牧村清泰寺明治初年筆子碑に八町小島百太郎。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に大間木小島藤七あり。十一戸現存す。

一三一 同郡新開村(浦和市) 真光寺文化三年宝篋印塔に当村小島勘兵衛・小島利兵衛、嘉永元年馬頭尊に小島庄左衛門あり。十二戸現存す。

一三二 同郡神田村(浦和市) 永福寺享保十六年庚申塔に小島佐五右衛門。月読神社慶応三年幟碑に当所小島忠左衛門あり。十四戸現存す。

一三三 同郡与野町 氷川社享保四年水鉢に小島伝兵衛あり。

一三四 同郡八王子村(与野市) 当村享保十三年庚申塔に小島利兵衛・小島七□兵衛あり。四戸現存す。

一三五 同郡大宮町 与野町文久三年中村文書に大宮宿小島金兵衛。明治三十五年運送店小島虎次郎・薬種屋小島信太郎あり。

一三六 同郡土手宿村(大宮市) 風土記稿に「昔は大宮宿の内本村及び高鼻村当村を合せて大宮村と称せしを文禄三年当村を分村すと云へり」。天正二十年大宮村検地帳(現、土手宿二丁目小島民雄家文書)に「小島分・一町六反四畝」。文禄三年土手宿村検地帳に名主小島四郎兵衛。代々名主を勤める。四恩寺元禄十五年庚申塔に足立郡土手町小島宇兵衛。明治九年副戸長小島佐兵衛。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に土手小島安太郎あり。八戸現存す。二丁目に二戸存す。

一三七 同郡土呂村(大宮市) 当村に此氏多く存す。神明社元文五年庚申塔に小島平兵衛、文政五年庚申塔に小島太右衛門・小島次兵衛・小島平兵衛・小島彦四郎・小島弥右衛門・小島徳右衛門・小島与右衛門・小島平右衛門、明治中期御神燈に小島喜之助・小島新治郎・小島豊次郎。八雲社年不詳に小島彦太郎・小島丈吉・小島清吉。上木崎村文久元年市川文書に上土呂村小島平吉郎。明治九年副戸長小島和十郎・嘉永三年生。明治二十一年皇国武術英名録に北辰一刀流土呂村小島平兵衛(私塾師匠)。小島宅十郎の子衆議院議員小島善作・明治九年生あり。児島参照。

一三八 同郡南部領門前村(大宮市) 湯殿社文政二年水鉢に小島又六あり。三戸現存す。

一三九 同郡深作村(大宮市) 名主小島清右衛門あり。字西廓文化十二年庚申塔に小島文吉。明治九年副戸長小島三次郎・弘化四年生。氷川社明治三十年幟碑に小島市太郎、明治三十九年碑に小島嘉市、明治四十一年碑に小島長松あり。六戸現存す。

一四〇 同郡膝子村(大宮市) 満蔵寺前元禄六年地蔵尊に小島太郎右衛門・小島八郎右衛門・小島兵右衛門。稲荷社前元禄十年庚申塔に小島太郎右衛門・小島武左衛門。八幡社文政十一年力石碑に小島鉄五郎、弘化四年庚申塔に小島万次郎・小島松次郎・小島長吉。明治九年副戸長小島仲次郎・文政七年生、副戸長小島文内・文化十四年生、副戸長小島宗五郎・天保七年生あり。十戸現存す。

一四一 同郡大谷村(大宮市) 氷川社前天保二年庚申塔に小島代助あり。二戸現存す。

一四二 同郡御蔵村(大宮市) 愛宕社享和元年算額に当村小島源右衛門。神明社嘉永五年水鉢に御蔵白岡両村小島吉蔵・小島政右衛門あり。四戸現存す。

一四三 同郡笹丸村(大宮市) 明治二十八年安田碑に小島喜太郎。荒神社明治三十五年碑に小島七郎右衛門・小島平吉あり。四戸現存す。

一四四 同郡側海斗村(大宮市) 天神社明治三十九年碑に小島彦次郎・小島粂吉・小島龍蔵あり。十戸現存す。

一四五 同郡並木村(大宮市) 当村に此氏多く存す。氷川社明治三十八年碑に小島喜十・小島源次郎・小島長蔵・小島富士太郎あり。

一四六 同郡内野村(大宮市) 当村に此氏多く存す。大倭神社嘉永四年御神燈に当所上組小島兼吉・小島十左衛門。指扇村八雲社嘉永六年御神燈に内野上村小島仙蔵あり。

一四七 同郡飯田村(大宮市) 足立神社明治四十三年碑に小島周太郎あり。五戸現存す。

一四八 同郡指扇村(大宮市) 氷川社慶応二年幟碑に三井郷組小島龍吉、明治三十年御神燈に小島花武次・小島庄次郎。明治九年副戸長小島秋三郎・安政四年生あり。十八戸現存す。

一四九 同郡中釘村(大宮市) 秋葉社文政四年水鉢に小島栄助・小島平八あり。二戸現存す。

一五〇 同郡遊馬村(大宮市) 氷川社明治三十一年碑に小島助太郎あり。一戸現存す。

一五一 同郡植田谷本村(大宮市) 足立遠元(家紋は日の丸に五本骨の扇)の後裔にて、足立氏の本名なり。風土記稿植田谷本村条に「旧家勘太夫、世々名主を勤む。藤九郎盛長が子孫にて、古は足立氏なりしを、後に小島と改めたれど、家紋は尚ほ古に従ひて、日の丸を画きたる五本骨の扇をつくる由伝へたり。されど盛長が子孫にて、足立を氏とすと云ふは、おぼつかなし。初にも記す如く、治承の頃、足立右馬允遠元・当郡を領せしなれば、恐らくは遠元が裔なるべし。大系図、武家評林等に、遠元を盛長の弟、安達民部丞遠兼が子とす。安達と足立と唱への同じきより、誤り記せしならん。家系を閲するに、元祖より十九代の孫宮内少輔正重の時、小島と改め、是れを中古の祖と云ふ。此の正重は永正五年九月朔日没し、村内林光寺に葬り、諡して道徳院と称すといへば、小島氏を名乗りしも古きことなり。家に琉球人日光戸登拝の時、伊奈半十郎より、此の辺の領主へ人馬の役を割付け達したる書状を蔵す。それに下落合小島源左衛門と載せたれど、家系に源左衛門の名みえず。よりて按ずるに、寛延二年、麾下の士小島源左衛門某・罪ありて切腹し、家禄没収せられしよし、正しきものに記しあり。されば、この源左衛門は、かの勘太夫が家より召し出され、その弟などにや、この家を相続せしなるべし。然るに源左衛門が家召出されし後、断絶せしなれば、又いつとなく一家の如くいひなせしならん。もとよりたしかなる證拠はなけれど、近郷の婦女童子といへども、此の家の旧きことを賞し、殊に屋敷の内に古社もあれば、旧家なることは論なかるべし。又勘太夫が宅地は則ち先祖の在城せし跡と云ふ。今も尚ほ四方に堀を廻らし、北の方には大沼をひかへ、頗る要害の地なれば、上古のことはしばらく置きて、中葉なる人の居住せしは疑ふべからず。又家に来国俊の刀、及び先祖の用ひしと云ふ鞍、長刀、鎗、刀脇差等、数十種を所持なせり」と見ゆ。足立条参照。下落合村(与野市)地頭小島源左衛門は三河武士にて、家紋は丸に白鳩ニ、四目結、三星などを用い、勘太夫家とは無関係である。寛政呈譜に「小島源蔵正利(家康に仕へ慶長十六年没八十三歳、法名玄斎)―源左衛門正重(家康に仕へ、武蔵国の内二百三十石を賜ふ。元和二年没)―源左衛門正守(寛永十九年没)―源左衛門(寛文十二年没)―源左衛門(享保十二年没)―源左衛門(寛延二年切腹)」とあり。小島勘太夫家過去帳に「先考院a山道円居士・天正六年九月朔日、足立郡植田谷郷士、中興元祖俗名小島宮内正重・世寿四十六寂」。法名没年が風土記と違う。中興三代小島八右衛門家正は慶長十九年割元名主となり、寛永年間に二十二町歩を所有す。同家文書の寛永十九年年貢訴訟文書に「あたちとのの御屋敷壱町余程御座候」とあり、足立氏の居館跡を記している。当村享保九年庚申塔に小島弥市。多摩郡高尾山薬王院宝暦十年文書に植田谷村小島勘太夫。島根村氷川社寛政六年水鉢に小島勘太夫。私塾師匠田創堂小島勘太夫貞幸・万延元年没五十八歳。明治九年副戸長小島八右衛門・文政七年生、副戸長小島平蔵・天保七年生。与野町一山神社明治三十五年碑に植田谷本村小島熊蔵あり。十八戸現存す。古代より小島氏を称し、在名足立氏を名乗る。

一五二 同郡植田谷本村新田(大宮市) 明治九年副戸長小島藤七・弘化元年生。飯田新田稲荷社明治二十七年水天宮碑に植田谷村新田・小島梅吉・小島茂三郎・小島八百吉・小島亀吉あり。大正十年荒川改修工事により河川敷となり戸数不詳。

一五三 同郡上尾村 本村氷川社安政二年御神燈に本村小島平次郎あり。

一五四 同郡春日谷津村(上尾市) 明治九年副戸長小島三代吉・天保三年生(名主)あり。

一五五 同郡小室村(伊奈町) 当村に此氏多く存す。本村建正寺貞享三年地蔵尊に小島清右衛門・小島与三兵衛。別所村法光寺明和七年鐘銘に小島金右衛門。本村文政三年庚申塔に小室本村小島斧右衛門・小島小平治・小島金右衛門、天保十三年庚申塔に小室本村小島忠左衛門、天保□□年庚申塔に小室本村小島宇左衛門。小貝戸村清光寺文政十二年筆子碑に小室本村小島善八.。丸山村松福寺文政十年門碑に小島孫左衛門祥房。本村氷川社安政三年御神燈に丸山村小島孫左衛門、本村小島金左衛門・小島宇右衛門・小島吉兵衛。明治九年小室村副戸長小島孫三郎・天保十三年生あり。

一五六 同郡下日出谷村(桶川市) 明治八年地租改正請書に小島文吉あり。八戸現存す。

一五七 同郡坂田村(桶川市) 字細谷文久二年馬頭尊に小島平兵衛あり。五戸現存す。

一五八 同郡川田谷村(桶川市) 泉福寺天保五年供養塔に岡村小島専蔵。双龍堂天保六年地蔵尊に薬師堂村小島善治郎・小島八十吉、文久二年普門品に薬師堂村小島仲右衛門・小島丑松。字岡氷川社安政五年普門品に岡村小島岡次郎。東光寺明治六年湯殿山碑に柏原村小島要八.。明治九年川田谷村副戸長小島三右衛門・文政二年生。字滝ノ台明治十四年馬頭尊に岡村組小島栄蔵。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡川田谷村柏原小島宇源□あり。十三戸現存す。

一五九 同郡高尾村(北本市) 県会議員農業小島業三郎・明治二十三年生あり。六戸現存す。

一六〇 同郡石戸宿村(北本市) 古址遺跡碑文(内閣文庫所蔵)に「足立郡石戸宿村古城跡、本村の北に在り。元禄十六年石戸城山屋敷、平番人松島庄左衛門・小島治六・鈴木武左衛門あり」と見ゆ。明治三十九年三峰山講に下石戸上下組・小島政右衛門・小島徳蔵あり。石戸宿村一戸、下石戸村下組五戸現存す。

一六一 同郡鴻巣町 明治三十五年製本職本一町小島鉾一郎・小島兼吉・小島太作あり。

一六二 同郡宮前村(鴻巣市) 永林寺元禄三年六地蔵に宮前小島五右衛門あり。四戸現存す。

一六三 同郡箕田村(鴻巣市) 明治九年副戸長小島磯次郎・文政五年生(名主)。氷川八幡社明治二十七年御神燈に小島磯次郎・小島文吉。明治三十三年勝願寺農事講習生小島丑松あり。八戸現存す。

一六四 新座郡志木町 宝幢寺嘉永三年水鉢に小島清吉。氷川社嘉永六年碑に中野酒商小島清治郎・引又小島平治郎。敷島社明治五年御嶽碑に小島善四郎。明治三十年市場組小島藤助あり。

一六五 同郡白子村(和光市) 地福寺嘉永三年馬頭尊に当所小島佐文次。明治三年富士講碑に小島三治郎。明治二十年塩物商小島仙蔵あり。十戸現存す。

一六六 同郡膝折村(朝霞市) 溝沼村泉蔵寺明治四十四年馬頭尊に膝折小島光蔵あり。四戸現存す。

一六七 入間郡下南畑村(富士見市) 南畑之沿革史に「下南畑村の小島氏は旧家で、北組草分の一人なり。小島平五郎は其の直系なり」と。明治五年大工職小島才兵衛あり。五戸現存す。

一六八 同郡宮寺郷矢寺村(入間市) 文政三年狭山本場茶製連名帳に矢寺村弥堂前小島清右衛門。天保三年狭山茶場碑記に弥堂村小島清蔵美直。明治十六年荒物商小島重太郎・商業行司役小島伊右衛門あり。宮寺村に二十四戸現存す。

一六九 同郡黒須村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、黒須村小島茂七・小島谷右衛門」。明治五年准副戸長小島音八.。明治二十一年素麺商小島新二郎・織物商小島義平・織物製造業小島四郎右衛門・同業小島勘五郎。明治二十五年入間川町地租額調に黒須村小島松五郎・小島由蔵あり。六戸現存す。

一七〇 同郡下藤沢村(入間市) 高倉村観音堂元禄九年地蔵尊に藤沢村小島庄兵衛。熊野社明治三十九年碑に下藤沢小島栄作・小島専太郎あり。十五戸現存す。

一七一 同郡入間川町(狭山市) 此氏多く存す。明治二十五年地租額調に小島綱吉・十二円、小島龍蔵・十円、小島浜吉・十円、小島今五郎、小島仙蔵、小島常吉、小島文蔵、肥料商小島伊勢松、小島島太郎、小島長左衛門、小島林次郎、小島庄蔵、小島伊太郎、小島信太郎。八幡社明治四十二年碑に入間川町小島弥十郎・小島浅治郎・小島長太郎あり。

一七二 同郡奥富村(狭山市) 梅宮神社前天保十二年敷石碑に上奥富村小島太郎兵衛、下奥富村小島太四郎・小島文吉・小島園右衛門。梅宮神社安政四年再建帳に橋場組小島文五郎・小島喜太郎。明治九年下奥富村副戸長小島太四郎・寛政八年生。明治二十二年埼玉勧業会員下奥富村小島仙太郎。明治二十五年入間川町地租額調に奥富村小島金四郎・小島仁平、下奥富村小島又五郎。奥富神社明治三十九年碑に奥富村小島与三・小島仲蔵あり。小島氏が上奥富村五戸、下奥富村七戸、児島氏が下奥富村九戸現存す。

一七三 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「法信・小島治右衛門・未年三月。妙蓮・小島治右衛門シュウト・未年十月。承応二年三月、過去帳表具之紙は児島七郎左衛門等造立す」。児島条参照。万延元年川越小銭相場取建願書に大世話役小島喜右衛門。氷川社明治八年水鉢に南町小島徳右衛門・小島徳兵衛、明治三十三年玉垣碑に小島茂吉・小島金次郎・小島栄吉・小島助八・小島亀吉・小島金兵衛。御嶽社明治三十年碑に小島鉄五郎・小島栄吉・小島政吉・小島長兵衛・小島弁蔵。岩沢村白鬚社明治三十年水鉢に川越志義町小島金兵衛妻。明治三十五年営業便覧に足袋商相模屋小島直吉・同小島音松・袋物商相模屋小島助八・太物商相模屋小島栄吉・同小島徳右衛門・煙草商小島長兵衛・粉名商小島兼吉・同松崎屋小島弁造・米穀問屋小島金兵衛・陶器商小島茂吉。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社小島勇太郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年小島金兵衛・明治七年生・国税千五百八十円・県下九十九位あり。

一七四 同郡寺井村(川越市) 明治二十九年鉄道請願書に小島金次郎・小島覚造あり。

一七五 同郡今福村(川越市) 志村文書に「今福村開発人、寛文十一年家作引移る・小島清右衛門(現主小島与七)」あり。十三戸現存す。

一七六 同郡池辺村(川越市) 稲荷社明治九年水鉢に池辺村小島茂重郎あり。現存無し。

一七七 同郡砂村(川越市) 氷川社文政三年仙元碑に砂村小島吉兵衛、明治五年碑に当所小島兼三郎・小島秀吉、明治十八年御神燈に小島寅吉・小島治助・小島増蔵・小島嘉平治・小島吉五郎・小島与三郎あり。十五戸現存す。

一七八 同郡下新河岸(川越市) 日枝社明治八年馬頭尊に当所小島小次郎・小島佐十郎(戸長)あり。一戸現存す。

一七九 同郡大中居村(川越市) 高松寺享保十八年地蔵尊に小島弥次兵衛あり。現存無し。

一八〇 同郡古谷上村(川越市) 実相院文久三年敷石碑に小島喜十郎。明治九年副戸長小島丑五郎・文政十年生。善仲寺明治二十七年敷石供養塔に小島幸次郎。古谷本郷八幡社明治三十八年に古谷村小島森之助・小島権平・小島力治あり。六戸現存す。

一八一 同郡欠ノ上村(坂戸市) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に欠ノ上村小島利兵衛。当村寛政七年馬頭尊に欠ノ上村小島林蔵・小島建吉。明治九年戸長小島才三・嘉永四年生、副戸長小島儀吉・嘉永五年生。当村明治三十三年石橋供養塔に小島才三・小島儀吉・小島茂平・小島際三郎・小島常次・小島亀吉・小島国太郎・小島虎次郎・小島唯四郎あり。十四戸現存す。

一八二 同郡小沼村(坂戸市) 風土記稿小沼村条に「少林寺の開基は道斎宗現沙弥、永禄二年に草創し、元亀三年七月十五日寂せり。此僧は小島氏にて此村の農民なりしが、今其家絶たれば詳ならず」と見ゆ。土豪小島屋敷及び少林寺周辺を館脇と唱える。一戸現存す。

一八三 同郡塚越村(坂戸市) 当村に此氏多く存す。風土記稿塚越村条に「西光寺の開基は小島豊後とて、管領上杉氏の士なりしが居屋敷の内へ初て庵室を建て西光庵と号す。其子越後は天文年中河越夜軍の後、上杉を去て北条氏に属し、旧によりて土着せしが後宅をすて庵を再興して西光寺と号す。天正二年十月十三日卒す、法諡して宝福院天空玄理上座と号す。今村民兵右衛門は越後が子孫なりと云伝ふ」と。持仏像胎内銘(小島義一氏所蔵)に「天正二年十月十三日・西光開基宝福院殿天空玄慈上座・行年六十四歳・俗名小島越後、施主小島四郎左衛門」あり。太田美濃守資正判物に「永禄四年辛酉五月二十二日、勝之内西光寺分、如前々可有御拘候、比企左馬助殿、資正花押」と見え、是以前の開基なり。西光寺宝篋印塔に「古牛和尚、貞治五年丙午五月十八日」。「宗教禅門、永和丁巳十一月十六日」と、此頃既に庵室があったか。或いは他所から引移したか。当寺は平安時代末期の城跡と伝へ、土豪小島氏の館跡であろう。住吉社宝永五年水鉢に勝呂郷塚越村小島十郎左衛門・小島兵左衛門、文久三年御神燈に当所小島源太郎・小島捨次郎。光明寺文化九年馬頭尊に塚越村小島清五郎。私塾師匠医師小島泰順・号思服・賢良・比君亭・天保五年没七十四歳。明治五年名主小島辰右衛門。明治九年戸長小島信美あり。

一八四 同郡市場村(毛呂山町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に市場小島留次郎あり。七戸現存す。

一八五 同郡越生町 明治三十五年乾物魚商小島竹二郎あり。

一八六 高麗郡吉田村(川越市) 当村に此氏多く存す。万久院文化四年水鉢に吉田村小島源六・小島代吉(名主)、文政二年碑に吉田村・小島彦七・小島雄吉(名主)・小島庄兵衛・小島庄助・小島藤七・小島平蔵。明治九年戸長小島光雄・弘化二年生、副戸長小島松太郎・文政八年生あり。

一八七 同郡下広谷村(川越市) 上広谷村元禄十四年地蔵尊に下広谷村小島七兵衛あり。五戸現存す。

一八八 同郡鶴ヶ島村 女影村霞野神社明治四十五年御神燈に鶴ヶ島村小島三代吉あり。

一八九 同郡上広谷村(鶴ヶ島市) 五味ヶ谷村安政元年馬頭尊に上広谷村小島鹿平。明治二十三年三峰講に小島浅治郎・小島浦吉・小島弥重郎あり。三戸現存す。

一九〇 同郡五味ヶ谷村(鶴ヶ島市) 平玉大権現天保二年鳥居碑に小島伊右衛門あり。七戸現存す。

一九一 同郡高倉村(鶴ヶ島市) 上組日枝社明治二十一年文書に世話人小島峯吉あり。一戸現存す。

一九二 同郡清流村(日高市) 明治十六年永続講員小島徳次郎あり。無し。

一九三 同郡飯能町 明治十四年穀物荒物商小島宇太郎あり。

一九四 同郡中山村(飯能市) 当村に此氏多く存す。中山村記録に「元禄十五年、下町組頭小島勘兵衛・小島長右衛門、中町組頭小島弥右衛門。元禄十六年、小島金右衛門。享保六年、小島伝左衛門。文久二年、組頭小島吉右衛門、百姓代小島惣右衛門」。幕臣中山照守の家臣にて、山崎文書に「中山村中町住小島金右衛門・正徳五年没と申者、御譜代筋之者」と見ゆ。智観寺宝永三年大般若経奉納に中山郷小島代右衛門・小島権平、中山上町小島重兵衛・小島五兵衛・小島六右衛門、中山中町小島太郎兵衛・小島清左衛門・小島彦右衛門・小島弥右衛門・小島儀右衛門・小島金右衛門、中山町小島勘兵衛・小島九兵衛・小島長右衛門・小島久兵衛・小島惣兵衛。同寺明和二年鐘銘に中山小島惣右門・小島又兵衛。同寺天明四年地蔵尊に中山宿小島惣右衛門。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、中山村・小島仙右衛門・小島兼吉・小島重右衛門・小島清三郎・小島惣右衛門・小島金兵衛・小島儀右衛門・小島勇次郎・小島彦右衛門・小島孫兵衛・小島吉右衛門」。智観寺安政七年筆子奉額に中山村佐藤小島勝太郎、橋間小島金次郎、橋合小島喜太郎・同所小島甚太郎。同寺明治六年寄進帳に上町小島茂平、中町棒屋小島文二郎・酒商小島定五郎・小島弥衛・紺屋小島玉太郎・小島利八・金物商小島倉蔵・小島喜代八.。明治十七年寄進帳に中山村・小島又次郎・小島宇太郎・小島九右衛門・小島常五郎・小島喜平・小島又七・小島亀五郎・小島勝三郎・小島亀三・小島金次郎・小島又五郎あり。尾島条十四項参照。

一九五 同郡平松村(飯能市) 当村明治三年地蔵尊に小島栄三郎あり。十六戸現存す。

一九六 同郡落合村(飯能市) 当村文政二年供養塔に小島喜兵衛あり。十三戸現存す。

一九七 同郡阿須村(飯能市) 長沢寺延享五年供養塔に阿須村小島藤左衛門。赤城社明治四十二年碑に小島卯三郎・小島愛助・小島藤蔵・小島秀吉・小島一太郎・小島綱次郎・小島巳之助・小島喜三郎・小島周作・小島森太郎・小島寅吉・小島利三郎・小島富太郎あり。十五戸現存す。

一九八 横見郡大和田村(吉見町) 明治九年副戸長小島弥源次・天保九年生あり。五戸現存す。

一九九 同郡久米田村(吉見町) 当村慶応元年馬頭尊に粂田村小島佐五郎・小島茂吉・小島半七.。明治九年副戸長小島忠兵衛・文化七年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に久米田村小島佐五郎あり。八戸現存す。

二〇〇 同郡大串村(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に大串村小島丑五郎あり。七戸現存す。

二〇一 同郡蓮沼新田(吉見町) 久米田村慶応元年馬頭尊に蓮沼小島卯之助あり。現存無し。

二〇二 同郡須戸野谷新田(吉見町) 明治五年に小島熊五郎。明秋神社明治四十二年碑に小島丑五郎あり。現存無し。

二〇三 比企郡上大屋敷村(川島町) 風土記稿上大屋敷村条に「小名御殿、伊奈備前守が陣屋跡と云ふ」。出丸中郷条に「小名馬場、古へ下大屋敷村に伊奈備前守の陣屋ありし頃調馬せし所と云ふ」と。名主小島家墓誌に「小島家の始祖は伊豆丸城主伊奈備前守の藩士にして伊奈氏廃城後は、城後西ノ丸一帯を賜り滋を小島家本家永遠居住地とす。名主小島右馬之助(寛文三年没)―伊左衛門―源右衛門(元禄十五年没)―織右衛門(享和元年没)―甚八(天保十二年没)―喜代士(嘉永五年没)―猪之助(嘉永六年没)―甚八(明治三十九年没)」と見ゆ。下大屋敷村宝暦四年地蔵尊に両大屋敷村小島甚八.。出丸中郷明和元年馬頭尊に大屋敷村小島弥七.。明治五年戸籍編製に旧名主小島甚八、旧組頭小島弥重朗、旧組頭小島岩之助、小島平吉、小島左右衛門。明治九年戸長小島甚八・弘化四年生、副戸長小島倉之助・安政三年生。松山町箭弓神社明治三十一年碑に出丸村小島甚八あり。三戸現存す。

二〇四 同郡表村(川島町) 広徳寺明和六年六地蔵に表村小島茂右衛門、元治二年伏鉦銘に小島孫市・小島庄造。吉原村宮原神社文政十三年御神燈に表村小島安兵衛。明治九年戸長小島孫市・天保九年生あり。一戸現存す。

二〇五 同郡吹塚村(川島町) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に比企郡吹塚村小島佐左衛門。明治九年副戸長小島喜平次・天保五年生。西見寺明治二十四年馬頭尊に小島孝三郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に吹塚新田小島米松あり。十八戸現存す。

二〇六 同郡中山村(川島町) 明治九年副戸長小島太平・嘉永元年生あり。五戸現存す。

二〇七 同郡平沼村(川島町) 教円寺文化十三年地蔵尊に小島仙之助。字細郷天保六年馬頭尊に小島仙之助。氷川社明治十九年鈴銘に小島源八あり。二戸現存す。

二〇八 同郡五明村(玉川村) 円通寺宝暦十一年寄進状に五明村小島孫七郎。白石神社明治十七年碑に当所小島寅吉・小島太三郎・小島和吉・小島久吉。沢田金毘羅社明治三十四年筆子碑に五明小島勝次郎。平村滝ノ鼻公園明治四十四年馬頭尊に五明小島仙重あり。十二戸現存す。

二〇九 同郡本郷村(都幾川村) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に本郷小島熊太郎(水車業)あり。一戸現存す。

二一〇 同郡福田村(滑川町) 明治九年議定書に小島白太郎あり。現無し。

二一一 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「寛文四年古来居屋敷覚、小島与三郎子むこ三人有、跡断」と見ゆ。一戸現存す。

二一二 大里郡熊谷町 宝暦十年本町北屋敷持主小島与右衛門。嘉永元年文書に小島庄次郎。明治十二年立会人小島徳太郎。明治三十五年下宿業小島国太郎あり。

二一三 同郡相上村(大里町) 勤王志士小島直次郎は慶応三年目黒祐天寺にて幕吏に包囲され負傷し郷里にて死す・二十三歳。吉見神社明治二十一年鈴水神楽碑に小島善次・小島国八あり。五戸現存す。

二一四 同郡樋春村(江南町) 成沢村赤城社天保十一年御神燈に樋ノ口村小島善兵衛。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州大里郡樋口村小島友二郎。七社神社天保九年碑に樋口村小島友二郎・小島定七・小島龍吉、明治八年伊勢講碑に小島伝蔵・小島四郎・小島茂八・小島六郎治・小島定吉・小島嶽次郎・小島久七・小島伝八郎、明治十四年御嶽碑に小島利平・小島定七.。明治七年坂田文書に春ノ原村副戸長小島重信、樋ノ口村副戸長小島伝八.。明治九年樋春村副戸長小島伝八・天保六年生。上州榛名神社明治十一年御神燈に武州大里郡樋春村小島長太郎・小島四郎。明治二十年樋春村連名簿に小島六郎次・小島六郎・小島鶴吉・小島茂八・小島林作・小島長太郎・小島定七・小島孫三郎・小島伝八・小島四郎・小島国次。野原村文殊寺明治二十四年算額に樋春小島勝輔・小島四郎あり。十七戸存す。

二一五 男衾郡富田村(寄居町) 牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に富田村小島音松。用土村明治十三年仙元碑に富田村小島平三郎あり。五戸現存す。

二一六 同郡鉢形村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に鉢形村小島九造あり。七戸現存す。

二一七 同郡本田村(川本町) 当村に此氏多く存す。本田家文書に「慶応三年、幕府方神妙隊本田組小島嶽次郎らは下野国出流(栃木市)に出兵す」と見ゆ。

二一八 幡羅郡妻沼町 明治三十五年人力車業小島兼吉・富士先達小島寅蔵あり。三戸現存す。

二一九 同郡江波村(妻沼町) 明治九年戸長小島伝十郎・文政九年生。田島村明治八年富士嶽碑に江波村小島豊吉。明治十八年最上農名簿に小島宗行・耕宅地九町歩所有。明治二十七年下奈良村東条筆子碑に江波村小島宗行・小島伝次郎あり。十三戸現存す。

二二〇 同郡中奈良村(熊谷市) 奈良神社弘化年中御神燈に当所小島禄蔵。明治二十七年東条筆子碑に中奈良村小島徳次郎・小島保平。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業小島禄弥・明治四年生・国税五百三十五円・県下百六十五位あり。七戸現存す。

二二一 榛沢郡深谷宿 西島稲荷社文久二年御神燈に小島金五郎。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿小島富五郎。滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子小島常吉。明治三十五年理髪店柳屋小島常七・生魚商小島忠蔵・小島忠七あり。

二二二 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺天保十一年供養塔に当所小島市之丞。八幡社明治四十四年碑に小島市太郎あり。十戸現存す。

二二三 同郡大谷村(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村大谷小島春吉あり。八戸存す。

二二四 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に小島久次郎あり。現存無し。

二二五 同郡原宿村(花園町) 明治九年富田文書に原宿村小島仲三郎・小島岩松あり。八戸現存す。

二二六 同郡用土村(寄居町) 岡本氏系図に岡本与四郎衛門重良(寛政十一年没八十二歳)―二女キン(当村字三軒家小島長左衛門妻)。字三軒家安政六年供養塔に小島嘉兵衛。当村明治十三年仙元碑に当村小島栄吉・小島定吉・小島トミ・小島ムメ。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流用土村小島末松あり。九戸現存す。

二二七 同郡末野村(寄居町) 元治二年末野村諸事恵に小島忠蔵・小島民蔵あり。五戸現存す。

二二八 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に仲町小島啓蔵、本町小島巳之吉・小島角蔵。明治三十五年枠座繰商小島富五郎・畳屋小島巳之吉・吹矢店小島熊十あり。

二二九 同郡新井村(本庄市) 万延元年勅使河原村勝場庚申塔に新井村小島三右衛門。明治九年副戸長小島三平・弘化元年生あり。四戸現存す。

二三〇 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に小島宇衛門、明治三十五年碑に小島富蔵あり。

二三一 同郡阿久原村(神泉村) 下阿久原村招魂社明治三十九年碑に小島倉太郎・小島茂平あり。上阿久原村十戸、下阿久原村四戸現存す。

二三二 賀美郡七本木村(上里町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・七本木村小島亀之助あり。八戸現存す。

二三三 同郡元安保村(神川町) 慶長九年安保村検地帳に「小島七郎左衛門」と見ゆ。苗字記載者は土豪なり。現存無し。

二三四 秩父郡下田野村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に下田野小島九平あり。二戸現存す。

二三五 同郡下小鹿野村 小鹿神社明治三十九年水鉢に小島亀五郎あり。一戸現存す。

二三六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・小島政吉・百五十一円、谷田村(浦和市)・小島杢次郎・二十六円、青木村(川口市)・小島磯一郎・十五円、大宮町・小島寅次郎・百二十円、小島栄太郎・十二円・三十円、三橋村(大宮市)・小島富士太郎・十二円、川越市・小島金兵衛・千六百三十五円・三百三十六円、小島亀次郎・九十三円・五十円、小島徳右衛門・十八円・三十三円、小島助八・十円・三十三円、小島茂吉・十五円・二十四円、高階村(川越市)・小島皆吉・三十円・四十二円、名畑村(川越市)・小島正雄・二十七円、勝呂村(坂戸市)・小島平七郎・十円、飯能町・小島新吉・八十九円・八十九円、小川町・小島万吉・七十四円・八十四円、高坂村(東松山市)・小島菊松・十六円・三十三円、中山村(川島町)・小島利平・十二円・二十八円、小島為作・九円、幸手町・小島徳三郎・二百二十五円・百十二円、杉戸町・小島常次・十八円、早稲田村(吉川市)・小島伊助・八十円、小島團次郎・十三円、南桜井村(庄和町)・小島直吉・五十円、桜井村(越谷市)・小島幸三郎・十円、岩槻町・小島清次郎・四十円・六十一円、小島耕平・十五円、川通村(岩槻市)・小島平三・八十一円、粕壁町・小島三郎・十円、豊春村(春日部市)・小島俊・八十六円、百間村(宮代町)・小島良平・七百四円、須賀村(宮代町)・小島頴男・八百十円、小島伊三郎・百八円、篠沢村(白岡町)・小島清・十三円、小島佐七・九円、羽生町・小島完吉・千二百五十七円・三百七十一円、手子林村(羽生市)・小島平朔・二百五十円・百二十四円、熊谷町・小島周一・六十八円、奈良村(熊谷市)・小島禄郎・百二十四円、御正村(江南町)・小島孫一・十三円、長井村(妻沼町)・小島喜三・百三十八円、新戒村(深谷市)・小島静一・十五円、本庄町・小島鴻次・二十九円、白鳥村(皆野町)・小島九平・十一円」あり。

小嶋 コジマ 各市町村に存す。群馬県吾妻郡嬬恋村二十五戸、栃木県河内郡上河内町二十三戸あり。

小嶌 コジマ 朝霞、川越、飯能、春日部、八潮、寄居等に存す。

古島 コジマ 浦和、三郷、春日部、羽生、川越等に存す。フルシマ参照。

古嶋 コジマ 蓮田、岩槻、志木、深谷、小川等に存す。

此島 コジマ 松伏に存す。

孤島 コジマ 三郷に存す。

五島 ゴジマ 各市町村に存す。千葉県富津市十一戸あり。ゴトウ参照。

五嶋 ゴジマ 各市町村に存す。

越前 コシマエ 深谷に存す。

腰前 コシマエ 春日部に存す。

越巻 コシマキ 埼玉郡越巻村(越谷市)あり、古は槐戸新田と称す。

腰巻 コシマキ 小名腰巻は、埼玉郡花崎村、高岩村、葛飾郡下内川村、入間郡福田村、高麗郡下加治村、新座郡宮戸村、横見郡黒岩村、比企郡福田村、日影村、榛沢郡桜沢村、幡羅郡西野村、児玉郡保木野村、秩父郡金尾村等にあり。

小島原 コジマハラ 川越に存す。福島県大沼郡会津高田町九戸あり。

腰丸 コシマル 川口に存す。

越光 コシミツ 浦和に存す。

越水 コシミヅ 川口、浦和等に存す。神奈川県伊勢原市十七、山梨県甲府市十五戸あり。

輿水 コシミヅ 各市町村に存す。山梨県北巨摩郡須玉町六十戸、高根町百戸、甲府市七十五戸、長野県南佐久郡八千穂村十四戸あり。 

小清水 コシミヅ 足立郡安行原村字小清水(川口市)あり、当村に此氏四戸現存す。神奈川県足柄上郡中井町六十戸、小田原市三十四戸、秦野市七十七戸、山梨県北巨摩郡高根町二十二戸、青森県八戸市七十戸あり。

古清水 コシミヅ 大宮、桶川、春日部、三郷、入間等に存す。長野県南佐久郡小海町二十五戸あり。

越牟田 コシムタ 花園に存す。

越村 コシムラ 秩父郡奥沢村字越村(東秩父村)は古の村名なり。各市町村に存す。新潟県十日町市二十五戸あり。

一 岩槻町 浄安寺明暦二年地蔵尊に越村茂右衛門あり。現存無し。

二 御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「道印・越村ノ縫左衛門・寛永十七辰年五月」あり。奥沢村字越村住人なり。

越邑 コシムラ 草加に存す。

越元 コシモト 大宮、所沢等に存す。

腰本 コシモト 浦和、越谷等に存す。

越森 コシモリ 春日部に存す。

麹盛 コジモリ 熊谷に存す。

古謝 コシャ 川口、大宮、久喜、草加等に存す。

五社 ゴシャ 所沢に存す。

越谷 コシヤ 大宮、新座、岩槻、越谷、加須、草加等に存す。コシガヤ参照。

越山 コシヤマ 各市町村に存す。長野県上水内郡信州新町十七戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「七石・越山兵蔵」あり。

二 比企郡大谷村(東松山市) 宗悟寺享保十五年廻国塔に越山兵あり。現存無し。

腰山 コシヤマ 浦和、大宮、与野、朝霞、和光、岩槻、吉見等に存す。

虎秀 コシュウ 高麗郡虎秀村(飯能市)あり。風土記稿に荒秀村東明寺と見ゆ。越生(コシウ)に同じ。

五十木 ゴジュウギ 浦和に存す。群馬県新田郡新田町十三戸あり。

五所 ゴショ 比企郡和泉村字三門館跡(滑川町)は五所五郎丸が居住していたと伝へる。浦和、入間に存す。

御所 ゴショ 横見郡御所村(吉見町)、同郡長谷村字御所堀、田甲村字御所堀、高麗郡柏原村字御所ノ内、比企郡大蔵村字御所ヶ谷戸、大橋村字御所、榛沢郡上野台村字御所ヶ谷戸、那賀郡広木村字御所ノ内あり。巨勢(こせ)条参照。

小姓 コショウ 比企郡福田村字小姓(滑川町)は古姓とも書き古の村名にて、正徳二年地蔵尊に小姓と見ゆ。

小庄 コショウ 三郷に存す。

古生 コショウ 浦和、大宮等に存す。

古庄 コショウ 新座、狭山、所沢、春日部等に存す。フルショウ参照。

古性 コショウ 川越に存す。

古姓 コショウ 川口に存す。

古城 コジョウ 各市町村に存す。 

五条   ゴジョウ 三郷、所沢、富士見、大井等に存す。

五條 ゴジョウ 川口、浦和、川越、狭山、毛呂山等に存す。

後条 ゴジョウ 浦和、与野、富士見等に存す。

小庄司 コショウジ 狭山に存す。新潟県東蒲原郡鹿瀬町九戸あり。

小正路 コショウジ 新座に存す。

古小路 コショウジ 新座に存す。

五條堀 ゴジョウボリ 所沢に存す。

小上馬 コジョウマ 滑川に存す。

御所園 ゴショゾノ 春日部に存す。

御所野 ゴショノ 越谷、鶴ヶ島に存す。

御処野 ゴショノ 朝霞、松伏に存す。

御所脇 ゴショワキ 浦和に存す。福島県郡山市六戸あり。

小白井 コシライ 川口、川越等に存す。栃木県那須郡黒羽町六戸あり。

小尻 コジリ 鳩ヶ谷、狭山等に存す。

小白 コシロ 埼玉郡下村君村(羽生市)鷲宮社嘉永六年御神燈に小白□左衛門あり。三戸現存す。

小代 コシロ 入間郡下南畑村字小城(富士見市)はコシロと註し、小代とも書く。当村八幡社鰐口に「武州小代惣社八幡宮奉納鰐口、大旦那難波田与太郎如意吉祥所、応永□□年十二月二十九日大施主」と銘あり。狭山、所沢等に存す。オシロ、ショウダイ参照。

小城 コシロ オシロ参照。

一 幸手町 雷電社明治二十四年水鉢に小城藤吉あり。三戸現存す。

二 埼玉郡旗井村(大利根町) 旗井神社日露戦役碑に小城惣吉・小城太市郎あり。七戸現存す。

三 高麗郡森戸新田(日高市) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

古代 コシロ 川越に存す。 

小新 コシン 岩槻、三郷等に存す。島根県隠岐郡西ノ島町八戸あり。

古新 コシン 浦和に存す。

小新田 コシンデン 賀美郡七本木村字小新田(上里町)享保十八年供養塔に賀美郡小新田村と見ゆ。

古新田 コシンデン 埼玉郡古新田(八潮市)あり。

御新田 ゴシンデン 幡羅郡上須戸村字御新田あり。

御陣場 ゴジンバ 賀美郡元安保村より児玉郡新井村を経て利根川に合流する御陣場川あり。

午頭 ゴズ 岩槻に存す。

牛頭 ゴズ 八潮、上福岡、深谷に存す。

五水井 ゴスイ 浦和に存す。

梢 コズエ 草加に存す。

小末 コスエ 新座に存す。

小菅 コスガ 各市町村に存す。群馬県北群馬郡子持村四十戸、岩手県和賀郡東和町四十二戸、北上市五十七戸あり。コスゲ参照。

小管 コスガ 越谷、富士見等に存す。

小須賀 コスガ 埼玉郡小須賀村(羽生市)あり、須賀郷を唱える。同郡小敷田村字小須ヶ谷(行田市)あり。群馬県邑楽郡千代田町八戸あり。

一 忍町 昭和三年興信録に小須賀孫三郎・所得税八十九円・営業税八十四円あり。一戸現存す。

小塚 コズカ 所沢に存す。コヅカ参照。

小菅山 コスガヤマ 男衾郡富田村字小菅山(寄居町)あり、天正二十年検地帳に小スガ山と見ゆ。大宮、東松山に存す。コスゲヤマ参照。

小漉 コスキ 北本、東松山等に存す。

小杉 コスギ 入間郡小杉村(越生町)、高麗郡上広瀬村字小杉あり。栃木県上都賀郡粟野町三十戸、鹿沼市二十二戸、新潟県南魚沼郡六日町四十戸、大和町三十八戸、西頸城郡能生町二十七戸、佐渡郡相川町五十九戸、長岡市五十五戸、小千谷市四十戸、見附市二十六戸、十日町市五十戸、青森県南津軽郡藤崎町十六戸あり。 

一 児玉党小杉氏 入間郡小杉村より起る。児玉党系図(入間郡小山薬師、藤倉寛三著)に「武蔵守惟行(児玉住人)―河内守家行(越生城主、小代、黒岩、小杉氏の祖)」と。北浅羽村万福寺由緒に「児玉庄次郎家行・後に児玉河内守と号し、越生の館に居住し、越生、山田、黒岩、小杉、小田谷、大河原等の祖たり」と。入間郡誌・小杉村条に「円通寺は小杉将監なるものの開基と伝ふ。将監は永禄元年没せりと云ふ。将監屋敷は柚の木谷にあり、小杉将監の住せし処也」と見ゆ。

二 忍城士の小杉氏 成田分限帳に「十五貫文・小杉徳左衛門」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御右筆・八石三人扶持・小杉五郎兵衛、出仕並・八石二人扶持・小杉成右衛門、御徒目付・七石二人扶持・小杉茂平太」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・小杉助太郎、四両二人扶持・小杉輝太郎」あり。

四 葛飾郡丹後村(三郷市) 明治七年船問屋小杉辰太郎・但天保十四年三月創立あり。一戸現存す。

五 幸手町 天神島村天王社明治十九年碑に幸手宿小杉熊吉あり。

六 越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「天正より越ヶ谷町居付百姓十七家の内・小杉藤左衛門。百姓小杉藤左衛門先祖之義、小杉藤左衛門尉景房と相名乗、天正以後落去之者、会田出羽・八右衛門等と申合三度御検地請、慶長年中増林より御主殿引、越谷へ造立致候節は浜野藤蔵と両人に而御主殿番勤、袋町に而除地に罷在候家柄之者に御座候」と見ゆ。久伊豆社文化元年御神燈に小杉藤左衛門あり。

七 足立郡土手宿村(大宮市) 県会議員医師小杉政雄・文久三年生あり。

八 上尾町 明治三十五年飲食店小杉ミネあり。

九 鴻巣町 明治三十三年勝願寺農事講習生に小杉喜代三郎・小杉市太郎・小杉吉五郎。明治三十五年菓子商小杉粂二郎あり。

一〇 吹上村 吹上神社明治四十三年碑に小杉鶴吉あり。

一一 川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に小杉権次郎(眼科医)あり。

一二 入間郡鶴馬村(富士見市) 新倉村明治初年富士講碑に鶴馬小杉弥助(桶職)あり。

一三 新座郡大和田町(新座市) 明治三十五年飲食店綿屋小杉辰五郎。

一四 本庄町 明治三十五年糸繭商小杉輝太郎・同小杉金作・同小杉増次郎・同小杉長蔵あり。

一五 秩父郡皆野村 国神神社明治三十四年碑に皆野村小杉脩敬あり。二戸現存す。

一六 同郡野巻村(皆野町) 宝登山神社明治七年寄進連名記に野巻村小杉宗吉、格天井絵奉納小椙宗吉あり。四戸現存す。

一七 同郡小鹿野町 明治二十年上二丁目小杉栄吉あり。一戸現存す。

一八 同郡下吉田村 享和二年三峰神社文書に吉田町小杉弥左衛門。椋神社明治三十七年御神燈に小杉蘭次郎。八幡社明治三十八年碑に小杉惣作あり。八戸現存す。

一九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・小杉秀次郎・十七円・五十六円、大宮町・小杉政雄・八百五十二円、川越市・小杉権次郎・二百三十四円、小杉仲右衛門・十二円、忍町・小杉義三・九十一円、下吉田町・小杉保治・十八円」あり。

古杉 コスギ 

一 松山城士の古杉氏 御堂村浄蓮寺過去帳に「蓮清・小杉。道春・小杉父。妙徳・小杉母・九月」あり。流川村の古杉氏か。

二 横見郡流川村(吉見町南吉見) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に流川村小杉三郎右衛門。瀬山村八幡社天保十三年奉額に流川村古杉鉄五郎。当村長源寺天保十三年地蔵尊に新田古杉米蔵。久米田村慶応元年馬頭尊に流川村古杉菊太郎・古杉小兵衛。明治九年吉見村南組副戸長古杉文吉・文政十年生あり。十六戸存す。

小築 コズキ 三郷に存す。

小杉山 コスギヤマ 浦和、上尾、新座、鷲宮、入間、鶴ヶ島、所沢等に存す。

小菅 コスゲ ○群馬県利根郡川場村七戸、昭和村八戸、利根村三十二戸、北群馬郡子持村二十二戸、邑楽郡明和町十一戸、沼田市三十二戸、渋川市四十九戸。○栃木県塩谷郡氏家町三十七戸、下都賀郡壬生町十二戸、真岡市五十戸。○茨城県結城郡八千代町十四戸、筑波郡伊奈町三十七戸、谷和原村七十戸、北相馬郡守谷町三十六戸、岩井市三十二戸。○新潟県北蒲原郡中条町十六戸、笹神村十四戸、南蒲原郡田上町十六戸、佐渡郡金井町十六戸、上越市六十戸あり。

一 榛沢郡藤田庄の小菅氏 秩父郡白久村法雲寺納札に「当国藤田住・小菅加賀守繁家、秩父三十三所巡礼、法名登益、于時享禄四年辛卯七月吉日」と銘あり。快元僧都記に「天文二年二月九日、北条氏綱は鶴岡八幡宮神主大伴山城守を上野国に派遣し、武蔵・上野の武士に奉加を求めしむ。惣人数事、平山伊賀心清斎・内藤左近将監・大石心月斎・小宮宗右衛門(一本に小菅)・三田弾正忠、是等は領状無之、秩父孫次郎・鉢形藤田小三郎・久下左近将監・忍杉本伊豆守・成田。小菅加賀守令領状、馬・太刀等奉加也」と見ゆ。居城場所は不明。

二 秩父姓小菅氏 多摩郡下長房村(八王子市)条に「長泉寺開基は、秩父刑部少輔某なりと云へり。是人天文十七年九月八日卒し、法名長泉寺殿久峯徳昌居士と号す」と。小菅系図(岩手県中世文書下)に「天正八年二月二十四日、武田勝頼は、小菅刑部少輔に上野国利根郡小河城(月夜野町)を宛行ふ」と。上野国利根郡は武田家滅亡後に北条領となる。鉢形北条領御調書に「小菅刑部少輔重晴(本国甲斐の人にて、天正中武田勝頼の旗下に属し、上野小川城主也。のち勝頼の命に依て秩父豊後守と改む。天正十年六月十七日真田昌幸文書に秩父豊後守と見ゆ)、其の子重張の時、武田家滅亡の後、小菅に復す」と見ゆ。此氏は下小鹿野村字名倉出身の本名小菅氏にて、在名秩父氏流名倉氏を継承して秩父氏を名乗るか。甲斐国小菅村出身説は調書の著者による地名附会であろう。名倉条参照。

三 小田原城士の小菅氏 甲斐国都留郡小菅村より起る。当村は西多摩郡と接し、享保十五年に村高五十六石・家数百六十一の小村で山稼が主である。古菅氏十六戸存し、古菅氏が代々名主を勤める。甲斐国志・小菅村条に「矢弓明神の棟札に、文明十年十二月十三日、願主藤原朝臣小菅遠江守信景、嫡子次郎三郎信久と有るのみ云々」と。寛政呈譜に「小宮山伊右衛門正成(武田勝頼及び家康に仕ふ)―八左衛門正重(母は小菅遠江守信景が女。母方伯父小菅摂津守信久に養われ小菅を称す。明暦元年死す、六十八歳)―遠江守正武―又八郎正矩―因幡守正親―大学武第―大学国英」と見ゆ。文明十年の信景・信久父子と、天正十五年生れの正重とは年代合わず。信久の子(或は孫)摂津守某は都筑郡の代官にて、天文十六年市ヶ尾村上原文書に「北条氏綱は、上原出羽守に本領の都筑郡市郷の地を安堵す。尚小菅申すべく候」と。永禄二年小田原役帳に「小菅摂津守、四十貫八百四文・稲毛小田村(川崎市川崎区)、五十貫文・御蔵出、以上」。「小菅大炊助、十三貫文・入西郡石坂卯検地(鳩山町)、以上」と。上野国志に「佐位郡赤堀故城(赤堀町)は、小菅摂津守(始め又八)と云もの居す。これはいづれの旗本なるか不詳。天正の末に塁廃せらる」と見ゆ。

四 猪俣党白石氏族小菅氏 尾張藩士にて、士林泝回(名古屋叢書)に「小菅氏、姓小野。猪俣能登守範直(武州那賀郡猪俣村・白石村、数代居す)―白石播磨守宗平(武州那賀郡白石城之に居す、天正七年申十一月七日卒)―白石播磨守宗清(白石城に居す、天正十一年未四月五日卒)―白石新十郎宗正(忠吉君武州忍に於て召出被り、此時命有り、小菅理兵衛に改る、慶長十年二月四日卒)―与右衛門正勝(父卒の時、正勝二歳、故に伯父白石平七宗真後見と為す。父家領を継ぐ)―市郎左衛門正有(瑞公召出被る)」と見ゆ。七項及び白石条参照。

五 館林城主長尾氏家臣の小菅氏 古河市長尾文書に「天正十三年正月十八日、長尾新五郎は、小菅又右衛門尉と宮内弾正左衛門尉に赤岩船渡(邑楽郡千代田町)につき、北条氏政の印判なきものは船渡一切停止を命ず」と見ゆ。赤岩・酒巻・船越等は館林領にて、船渡奉行小菅氏は埼玉郡行田・羽生地方の出身か。

六 鉢形城士の小菅氏 鉢形分限帳に「本国志摩谷志・泉田住・小菅平馬、本国武州大里・小菅伝右衛門」。秩父案内記に小菅伝右衛門・小鹿野郷土着とあり。両人は下小鹿野村字泉田の出身なり。三重県志摩に谷志村及び小菅氏は無し。

七 忍藩松平下野守忠吉家臣 四項の子孫にて、慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・小菅理兵衛・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

八 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御武具方・三十俵二人扶持・小菅弥五右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「七十石・小菅弥平太、三十俵二人扶持・小菅辻右衛門、五両二人扶持・小菅団兵衛」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「三両二人扶持・本国甲斐生国武蔵・小菅九太夫・二十五歳」あり。

一〇 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「元締役・二十三俵二人扶持・小菅亀八郎、十六俵二人扶持・小菅六弥」あり。

一一 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御側用人・百十石・小菅十郎兵衛、御近習・三石一人扶持・小菅助五郎」あり。

一二 埼玉郡越ヶ谷宿 本町浅間社延宝三年水鉢に小菅一郎左門あり。

一三 同郡七左衛門村(越谷市) 観照院宝暦十四年庚申塔に小菅次兵衛・小菅喜兵衛、明治四年普門品に小菅助次郎(天保十三年生)あり。六戸現存す。

一四 同郡岩槻町 明治三十五年に小菅調三郎あり。

一五 同郡上馬場村(八潮市) 天神社明治三十九年碑に小菅伴助あり。現存無し。

一六 同郡粕壁宿 八坂社弘化四年水鉢に小菅只吉あり。

一七 同郡和戸村(宮代町) 宇宮神社天保六年奉額に和戸村小菅和三郎、明治二十二年御嶽碑に小菅和三郎あり。一戸現存す。

一八 同郡不動岡村(加須市) 明治三十五年菓子商小菅亀次郎あり。五戸現存す。

一九 同郡町屋新田(加須市) 多門寺村愛宕社天保三年狛犬に町屋新田小菅清蔵・小菅与七.。明治九年副戸長小菅喜代松・弘化四年生あり。一戸現存す。

二〇 同郡羽生町 下谷村生善院宝暦六年碑に上羽生横町小菅清八.。若小玉村勝呂神社寛政元年鳥居碑に上羽生村石工小菅清八.。外田ヶ谷村久伊豆社享和三年御神燈に羽生町石工小菅清八.。下岩瀬村文政二年湯殿山碑に上羽生村小菅太右衛門。当村正覚院文政四年供養塔に小菅太右衛門あり。

二一 同郡上村君村(羽生市) 寛永八年検地帳(小菅文書)に「案内人小菅太郎右衛門・屋敷一反三畝歩余」。避来矢神社安永四年天満宮碑に小菅勇吉・小菅太次郎、嘉永四年御神燈に上堤根組中・小菅万右衛門・小菅弥平治、慶応二年馬頭尊に当所小菅弥之助。雷電社天保十年碑に当村小菅弥平治、安政四年頃玉垣碑に本村・小菅万右衛門・小菅音七・小菅浅□・小菅勇蔵。安政七年名主小菅弥平治邦直、養子弥平治孝之助。明治九年戸長小菅弥平治・天保元年生、副戸長小菅朝吉・天保八年生。明治三十一年羽生銀行発起人小菅朝吉・百株二千円所有あり。小菅氏三戸、小管氏二戸現存す。

二二 同郡喜右衛門新田(羽生市) 名主小菅太郎左衛門の子孫は中手子林村へ転居す。八幡宮寛政五年水鉢に神鳥村小菅伝右衛門、文久二年小御嶽碑に小菅浅右衛門・小菅与吉。無量寺文化三年十九夜塔に神鳥村小菅瀬左衛門。明治十六年鯉魚飼育会社発起人小菅平作。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に喜右衛門新田小菅助太郎・小菅応助あり。八戸現存す。

二三 同郡今泉村(羽生市) 長光寺嘉永三年常夜燈に今泉村小菅惣七・小菅常蔵(名主)。私塾師匠名主小菅惣右衛門・明治十四年没八十三歳。明治九年副戸長小菅惣右衛門・天保九年生。荻島村天満社明治二十年碑に今泉小菅平之丞あり。四戸現存す。

二四 同郡忍町 明治三十五年豆腐商小菅栄吉・同小菅由五郎・菓子商小菅杵五郎あり。

二五 同郡長野村(行田市) 久伊豆社天保六年御神燈に小菅与八・小菅市兵衛・小菅松三郎、明治十一年御神燈に小菅政蔵。長久寺嘉永四年筆子碑に小菅八右衛門あり。七戸現存す。

二六 同郡小針村(行田市) 日枝社天明二年庚申塔に小菅惣重、寛政九年水鉢に小菅友七・小菅弥次右衛門・小菅熊次郎・小菅伝蔵、文化十四年碑に小菅七五右衛門・小菅五左衛門・小菅長十・小菅仙太郎・小菅伝蔵・小菅忠二郎。神仙寺寛政十一年勢至碑に小菅甚助、嘉永六年敷石供養塔に小菅弁蔵・小菅桂二郎・小菅長二郎・小菅清吉・小菅直次郎・小菅伴七・小菅良助・小菅富三郎・小菅巳之助。下須戸村御嶽社文政元年浅間碑に小針村小菅直次郎・小菅良助・小菅富三郎あり。小菅氏六戸、小管氏七戸現存す。

二七 足立郡草加町 明治二年頃に二丁目(立野村)豆腐屋小菅源助・稲荷屋小菅作右衛門、三丁目(吉笹原村)松葉屋小菅松五郎。明治三十五年旅人宿豆腐屋小菅玉吉・料理屋叶屋小菅ナカ・足袋商稲荷屋小菅巳之助あり。

二八 同郡蕨町 明治三十五年双子類問屋伊勢屋小菅文治郎あり。

二九 同郡桶川町 明治三十五年青物商小菅利左衛門あり。

三〇 同郡小室村(伊奈町) 明治二十五年酒造業小菅与吉あり。二戸存す。

三一 同郡小針内宿村(伊奈町) 当村宝永八年庚申塔に小菅平左衛門あり。現存無し。

三二 同郡宮内村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上宮内村小菅伊八・小菅武右衛門。明治四年組頭小菅兼次郎・五十四歳あり。三戸現存す。

三三 同郡石戸宿村(北本市) 川田谷村双龍堂天保六年地蔵尊に石戸宿細工人小菅吉蔵。古凍村鷲神社嘉永三年碑に石工石戸河岸小菅吉蔵利□あり。二戸現存す。

三四 入間郡鶴馬村(富士見市) 来迎寺安政五年馬頭尊に谷津下郷講中小菅孫四郎あり。

三五 同郡川越町 中院過去帳に「妙蓮尼・小菅定門後室」。江戸初期なり。

三六 小川町 明治三十五年米穀商山古屋小菅民蔵あり。

三七 男衾郡牟礼村(寄居町) 明治十年議員小菅巳之作。長昌寺明治十二年筆子碑に当所小菅学次・小菅駒吉・小菅茶吉郎・小菅恭作あり。七戸現存す。

三八 大里郡川原明戸村(熊谷市) 諏訪社安政六年水鉢に小菅松太郎・小菅岸五郎あり。コスガ氏二戸現存す。

三九 榛沢郡瀬山村(川本町) 私塾師匠小菅和四郎良容・号藤蔓・明治三十二年没六十二歳あり。三戸現存す。

四〇 同郡深谷町 明治三十五年種菓子屋小菅勘次郎あり。

四一 秩父郡本野上村(長瀞町) 明治七年本野上村文書に小菅辰五郎。明治三十三年農会々員名簿に小菅藤太郎・小菅卯三郎・小菅菊太郎あり。七戸現存す。

四二 同郡藤谷淵村(長瀞町) 宝登山神社別当修験玉泉寺法印は「空円(保安二年寂)、(中略)、元良(文明十五年寂)、元殊、元斎、淳秀、良円(天文十四年入山)、元寿、元慧、元永(慶長四年入山)、(中略)、栄重(俗名小菅是道)」あり。玉泉寺住職栄重は明治元年復飾し宝登山神社神主小菅式部菅原是道と改名す、其子小菅直道・明治十五年没、其子小菅宗一なり。白川家門人帳に「文化二年、秩父郡小菅大隅弟子糸賀大和」と見え、宝登山神社別当職は是以前より小菅氏を名乗っている。明治六年文書に小菅喜代太。明治三十三年農会々員名簿に藤谷淵・小菅宗一・小菅鷹次郎あり。三戸現存す。次項参照。

四三 同郡下小鹿野村 鉢形城士の小菅平馬は落城後に宝登山修験となり、直系は社司となり、分家は泉田村の祖となると伝承あり。小鹿神社弘化三年御神燈に小菅善右衛門、明治三十九年水鉢に小菅武一郎・小菅唯市・小菅保重郎。明治九年副戸長小菅團蔵あり。十九戸現存す。此氏は古代以来の土着者なり。一項、二項、六項参照。

四四 同郡下吉田村 永法寺明治十二年寄付帳に小菅重郎、明治三十二年寄付帳に小菅忠五郎あり。五戸存す。

四五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「鴻巣町・小菅つる・二十一円・四十七円、小川町・小菅茂造・百二十五円、太田村(行田市)・小菅初五郎・三十五円、大麻生村(熊谷市)・小菅嘉四郎・三十七円」あり。

小管 コスゲ 各市町村に存す。

古菅 コスゲ 山梨県北都留郡小菅村十六戸あり。

小菅山 コスゲヤマ 比企郡遠山村(嵐山町)八幡社元治二年聖徳太子碑に小菅山源右衛門・小菅山寅松あり。二戸現存す。コスガヤマ参照。

小助川 コスケガワ 各市町村に存す。

越河 コスゴウ 入間、所沢等に存す。

小須田 コスダ 各市町村に存す。群馬県甘楽郡南牧村三十戸、長野県北佐久郡軽井沢町二十五戸、南佐久郡臼田町十六戸、佐久町九十七戸、佐久市百戸あり。

古寿田 コスダ 大宮に存す。

小須出 コスデ 忍城士にて、成田分限帳に「二十五貫文・小須出長七郎」あり。

小砂子 コスナコ 岩手県九戸郡種市町二十戸あり。

小角 コスミ 榛沢郡中瀬村字小角及び高島村字小角(深谷市)は古の村名なり。世良田村長楽寺文書の仁安三年新田義重置文に「新田御庄こすみ」と。高島村諏訪神社由緒書に「新田義貞公は高島村小名小角の渡しを越えける云々」と。中瀬河岸場(石原政雄著)に「中瀬郷の内古住と申所云々」と見ゆ。正訓はコスミなり。今はオズミと称す。

一 源平盛衰記に「小角六郎、源氏方にて上野国に向ふ」と見ゆ。本名は小角河岸の船渡し西田源右衛門一族か。西田条参照。

二 新田氏族小角氏 世良田村長楽寺文書に「元徳二年卯月二十一日、新田庄小角郷内観音堂西立野跡新畠・畠二町一反所・当十四貫文・今者河成、源満義寄進之」。「弘安四年六月十五日注進文書惣日記・小角殿重ねて安堵状」と見ゆ。小角殿は世良田満義なり。観音堂跡は現在利根川河川敷の地となり、近世利根川改修工事前まであった観音堂は中瀬村吉祥院境内へ移転す。中瀬村条に「観音堂は今の小名小角に造立せし云々」とあり。また、長楽寺源氏系図に「世良田三河守頼氏の女(小角女房、法名浄念)」。「浄院、頼氏二女元亨二年寄進」と見ゆ。浄院の夫は新田氏族田中氏にて、小角郷を所領とし小角殿と称された。

古角 コスミ 川口に存す。島根県簸川郡佐田町十戸あり。コカド参照。

小澄 コスミ 三郷に存す。 

小水流 コズル 吉川に存す。

巨勢 コセ 大和国古瀬村(御所市)に巨勢寺、巨勢山口神社あり。巨勢族の居住地にて、居勢祝を神武天皇皆これを誅すと見ゆ。神代以来の古族なり。御所郷(ごせ)は五瀬とも書き、小瀬と同じ意味なり。甲斐国小瀬村(甲府市)は古瀬・巨勢・御瀬とも書く。巨勢族の居住地と伝へる。浦和に存す。

一 橘樹郡の巨勢氏 三代実録に「貞観十四年十一月二十三日、節婦武蔵国橘樹郡人巨勢朝臣屎子、位二階に叙し、戸内の租を免じ、門閭に表す」と見ゆ。

小瀬 コセ 埼玉郡古新田字小瀬・伊勢野村字小畝(八潮市)、入間郡厚川村字五畝あり。各市町村に存す。神奈川県足柄上郡山北町二十戸あり。

古瀬 コセ 浦和、上尾、新座、入間、富士見等に存す。フルセ参照。

古勢 コセ 川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に「十四俵二人扶持・古勢」あり。

五瀬 ゴセ 鷲宮に存す。

小瀬川 コセガワ 浦和、草加、上里、美里等に存す。岩手県花巻市四十戸あり。

小関 コセキ 千葉県匝瑳郡野栄町三十一戸、山武郡横芝町二十三戸、市原市四十二戸、コゼキと称す。茨城県稲敷郡新利根町十八戸、新潟県中頸城郡柿崎町八十戸、福島県喜多方市二十五戸、福島市五十五戸、宮城県白石市五十戸、岩手県胆沢郡金ヶ崎町四十六戸、青森県上北郡横浜町二十九戸、西津軽郡柏村四十六戸あり。オゼキ参照。

一 騎西藩大久保氏家臣 小田原藩文書に「慶長六年騎西取立・本国上野・小関藤次兵衛、嫡子小関市太郎」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両余二人扶持・小関次郎、同高・小関鉄吉」あり。

三 葛飾郡上赤岩村(松伏町) 明治三十二年に小関善次あり。現存無し。

四 埼玉郡大越村(加須市) 八坂社文政六年巡拝塔に小関五郎左衛門あり。六戸現存す。

五 深谷町 明治三十五年飲食店小関熊蔵あり。

六 本庄町 昭和三年興信録に小関憲三郎・所得税十円あり。

七 児玉郡上仁手村(本庄市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

古関 コセキ 各市町村に存す。福島県伊達郡飯野町二十五戸、保原町二十三戸、福島市四十六戸あり。

古跡 コセキ 川口、加須等に存す。

古積 コセキ 浦和、与野等に存す。

小瀬木 コセキ 所沢に存す。

五関 ゴセキ 足立郡五関村(浦和市)あり。上尾、岩槻、飯能等に存す。

後関 ゴセキ 川口、上尾、春日部、朝霞、上福岡等に存す。

小瀬沢 コセザワ 川口、越谷等に存す。千葉県香取郡下総町十戸あり。

小瀬田 コセダ 秩父郡安戸村字小瀬田あり。

小瀬谷 コセタニ 八潮に存す。

戸設 コセツ 浦和、大宮等に存す。

小瀬戸 コセド 高麗郡小瀬戸村(飯能市)あり、岡部氏屋敷跡慶長十二年棟札に小瀬観音堂と見ゆ。巨勢族の居住地か。加須、越谷等に存す。

小瀬名 コセナ 高麗郡横手村字小瀬名(日高市)は古の村名にて、天保九年桴注文帳に高麗郡小瀬名村、或は古瀬奈村と見ゆ。

小銭 コゼニ 浦和、蓮田、川越に存す。

小齋平 コセヒラ 蓮田に存す。

小瀬村 コセムラ 鷲宮、上福岡、鳩山等に存す。神奈川県南足柄市二十三戸、厚木市四十四戸あり。

小瀬良 コセラ 新座に存す。

五千 ゴセン 忍城士にて、成田分限帳に「十二貫五百文・五千彦助」あり。

五艘 ゴソウ 所沢に存す。

五蔵円 ゴゾウエン 比企郡古里村兵執神社明治十五年水鉢に熊谷・五蔵円金蔵あり。現存無し。

小副 コゾエ 川口に存す。

小曽川 コソガワ 埼玉郡小曽川村(越谷市)あり、コソガワと註す。大宮に存す。オソガワ参照。

高草木 コソギ 久喜に存す。

小袖 コソデ 南河原に存す。岩手県久慈市二十六戸あり。

小曽戸 コソド 行田に存す。オソド参照。

小曾戸 コソド 越谷、日高等に存す。

小曽根 コソネ 各市町村に存す。オソネ参照。

一 太田氏家臣の小曽根氏 埼玉郡小曽根村(熊谷市)より起る。太田道灌書状に「文明十年八月十六日、長井六郎方進退事(妻沼町)、巨細小曽祢殿可被伝聞候云々」と見ゆ。

小曾根 コソネ 浦和、朝霞、岩槻、幸手、春日部、秩父等に存す。 

小園 コゾノ 各市町村に存す。オゾノ参照。

小薗 コゾノ 川口、大宮、朝霞、所沢等に存す。

古園 コゾノ 入間に存す。

小園江 コゾノエ 宮代に存す。

小薗江 コゾノエ 浦和、上尾、桶川、蕨等に存す。オソノエ参照。

小双里 コソリ 秩父郡新大滝村字小双里組あり、コソウリとも称す。古の村名にて、明暦元年検地帳に小草履村と。武蔵志に新大滝村・小双里村竜泉寺と見ゆ。

小田 コダ 埼玉郡小林村字小田(菖蒲町)はコタと註す。小川に存す。岩手県久慈市十七戸あり。オダ参照。

子田 コダ 浦和、大宮、桶川、草加、入間、狭山、所沢等に存す。新潟県糸魚川市二十八戸あり。

古田 コダ 浦和、宮代、川越、深谷等に存す。新潟県新津市三十八戸あり。フルタ参照。

五田 ゴタ 三郷に存す。

後田 ゴタ 川越に存す。ゴウダ参照。

小胎 コタイ 富士見に存す。

小鯛 コタイ 浦和に存す。

五代 ゴダイ 川口、朝霞、富士見、大井等に存す。群馬県伊勢崎市十六戸、千葉県印旛郡印旛村十一戸あり。児玉郡都島村(本庄市)正観寺万延元年庚申塔に五代政五郎あり。伊勢崎市韮塚の旧家に生れ、伊勢崎藩に仕へて土木事業に功あり。明治十二年群馬県会議員となる。

後醍院 ゴダイイン 八潮に存す。

小平 コダイラ 葛飾郡小平村(庄和町)、那賀郡小平村(児玉町)、高麗郡横手村字小平、秩父郡日野村字小平あり。○栃木県下都賀郡壬生町三十六戸、石橋町五十六戸、安蘇郡葛生町十八戸。○長野県更級郡上山田町二十戸、小県郡丸子町四十戸、北佐久郡立科町二十戸、望月町三十九戸、浅科村二十七戸、南佐久郡南相木村二十四戸、南安曇郡穂高町十九戸、上伊那郡箕輪町五十八戸、下伊那郡高森町六十戸、佐久市百三十八戸、茅野市三百十戸、駒ヶ根市六十一戸、諏訪市四十五戸、飯田市三十二戸あり。オダイラ参照。

一 足立郡小谷村(吹上町) 榛沢郡小前田村長善寺寛保三年棟札に大工棟梁忍領小谷村小平平七郎あり。現存無し。

二 入間郡二本木村(入間市) 明治十五年人力車業小平宗伯あり。無し。

三 同郡三ヶ島村(所沢市) 昭和三年興信録に小平郡盛・所得税九円あり。現存無し。

四 比企郡唐子村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に小平音吉あり。現存無し。

五 本庄町 明治三十五年糸繭商小平梅吉あり。二戸現存す。

六 児玉郡沼和田村(本庄市) 飯玉神社明治三年富士碑に小平善平あり。現存無し。

古平 コダイラ 各市町村に存す。栃木県上都賀郡西方町八戸、長野県北佐久郡浅科村九戸、上田市四十七戸、須坂市二十戸あり。フルヒラ参照。

児平 コダイラ 川口、志木、鷲宮等に存す。長野県小県郡長門町九戸あり。

小垰 コタオ 和光に存す。

小高 コタカ 各市町村に存す。群馬県群馬郡箕郷町九戸、栃木県那須郡西那須野町十八戸、茨城県真壁郡真壁町十一戸、千葉県夷隅郡大多喜町三十二戸、山梨県大月市五十四戸あり。オダカ参照。

小鷹 コタカ 山梨県大月市八戸、青森県東津軽郡平内町十五戸、西津軽郡木造町十二戸あり。オダカ参照。

古高 コタカ 与野、戸田、松伏、入間、所沢、狭山等に存す。フルタカ参照。

小滝 コタキ 秩父郡藤谷淵村字小滝(長瀞町)は古の村名にて宝登山神社明治七年彫刻に当村小滝と見ゆ。同郡小野原村字小滝、下田野村字小滝、安戸村字小滝あり。栃木県芳賀郡益子町十八戸、茨城県東茨城郡常北町三十一戸、西茨城郡七会村十二戸、ひたちなか市二十八戸、福島県耶麻郡西会津町十六戸、会津若松市二十五戸あり。オタキ参照。

一 埼玉郡柏崎村(岩槻市) 円福寺正徳五年鐘銘に当村小滝喜右衛門あり。六戸現存す。

二 足立郡糠田村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に糠田村小滝藤七あり。現存無し。

小瀧 コタキ 岩槻、越谷、三郷、春日部、所沢等に存す。

古滝 コタキ 浦和、北本、朝霞、春日部、行田等に存す。千葉県市原市十二戸あり。フルタキ参照。

古瀧 コタキ 新座に存す。

小田切 コタギリ 所沢に存す。長野県上伊那郡宮田村八十六戸あり。オダギリ参照。

小竹 コタケ 高麗郡野々宮村字小竹(日高市)は古の村名にて、寛永十八年文書に高麗郡棟庄小竹村高麗山野々宮大明神と見ゆ。埼玉郡栢間村字小竹は古の村名にて、天正四年上栢間村福田文書に小竹・長沢分と見ゆ。栃木県安蘇郡葛生町十九戸、茨城県結城郡八千代町六十七戸、千代川村三十戸、石下町二十戸、島根県八束郡鹿島町十三戸あり。オタケ参照。

一 埼玉郡岡泉村(白岡町) 天保九年実ヶ谷村楠田家筆子碑に岡泉新田小竹金次郎。鷲神社嘉永三年御神燈に岡泉新田小竹金次郎・小竹米次郎・小竹奥太郎、明治二十七年再建碑に岡泉村小竹市蔵、明治四十年御神燈に岡泉新田小竹栄蔵あり。四戸現存す。

二 同郡和戸村(宮代町) 明治八年騎西町釜屋文書に和戸村酒造人小竹嘉兵衛。宇宮神社明治二十二年御嶽碑に小竹嘉平あり。一戸現存す。

三 同郡下村君村(羽生市) 鷲宮社宝暦十二年棟札に小棟梁小竹茂七.。成就院寛政五年棟札に大工棟梁当村小竹宇右衛門あり。二戸現存す。

四 蕨町 三学院文久三年供養塔に蕨下町小竹豊次郎あり。

五 鴻巣町 明治三十五年玩弄物商小竹丑五郎あり。

六 足立郡本宿村(北本市) 明治三十四年榛名神社募金に小竹関之丞あり。現存無し。

七 比企郡平村(都幾川村) 萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村小竹藤蔵あり。現存無し。

八 幡羅郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に小竹兼吉・小竹治助あり。一戸現存す。

九 賀美郡植竹村(神川町) 当村に此氏の旧家あり。三戸現存す。

一〇 秩父町 明治三十五年太物商小竹喜兵衛あり。

小武 コタケ 和光、狭山、小川に存す。 

古武 コタケ 埼玉郡太田新井村(白岡町)安楽寺寛延二年庚申塔に古竹四郎。北向地蔵文化二年庚申塔に古武虎蔵あり。二戸存す。フルタケ参照。

小嶽 コタケ 越谷に存す。

小竹出 コタケデ 草加に存す。

小竹林 コタケバヤシ 吉川に存す。

小竹山 コタケヤマ 秩父に存す。

小田島 コタジマ 蓮田、岩槻等に存す。岩手県稗貫郡石鳥谷町二十戸、花巻市四十八戸、北上市三十戸あり。オタジマ参照。

古田島 コタジマ 各市町村に存す。新潟県北魚沼郡川口町二十七戸、堀之内町二十九戸あり。

古田嶋 コタジマ 上尾に存す。

小田代 コタシロ 松伏に存す。

小只 コタダ 浦和に存す。

古立 コタチ 入間に存す。

小太刀 コタチ 各市町村に存す。栃木県鹿沼市百十八戸あり。オタチ参照。

小橘 コタチバナ 幸手に存す。

小館 コダテ 各市町村に存す。岩手県二戸市二十五戸、北上市十四戸、青森県三戸郡田子町十戸、上北郡七戸町二十三戸、弘前市四十戸あり。

小舘 コダテ 各市町村に存す。

古館 コダテ 三郷に存す。青森県南津軽郡常盤村二十五戸あり。

古田土 コタド 各市町村に存す。栃木県芳賀郡茂木町三十戸、茨城県東茨城郡御前山村二十八戸、那珂郡那珂町二十戸あり。

小棚 コタナ 大宮、幸手等に存す。

一 児玉郡河内村(児玉町) 入間郡塚越村住吉神社貞享三年文書に児玉郡河内村小棚伊勢あり。現存無し。

小棚木 コタナギ 戸田、春日部、深谷等に存す。

小谷 コダニ 入間郡鶴馬村字小谷、北野村字小谷あり。○千葉県安房郡白浜町八十五戸、館山市四十三戸。○島根県(出雲国)八束郡島根町三十戸、松江市五十八戸、(石見国)大田市五十戸。○鳥取県(伯耆国)東伯郡東伯町二十八戸、赤碕町二十四戸、日野郡日南町三十四戸、日野町四十四戸、倉吉市百四十戸、(因幡国)岩美郡国府町二十五戸、岩美町六十七戸、八頭郡郡家町三十五戸、佐治村五十四戸、気高郡気高町二十戸、鳥取市二百六十戸あり。オタニ、コヤ参照。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「勘定奉行支配・四石余二人扶持・小谷徳右衛門・三十四歳」あり。 

二 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣

  水野忠貞・忠顕家中分限帳に「十石二人扶持・小谷平六郎」あり。

三 葛飾郡幸手町 明治三十五年古着商戸崎屋小谷若次郎あり。

四 同郡惣新田村(幸手市) 真乗院天明三年供養塔に小谷小左衛門。明治二十年被選挙権者小谷小左衛門・文政六年生。明治二十七年文書に小谷吉右衛門。下宇和田村神明社明治二十九年碑に小谷小左衛門あり。三戸現存す。

五 加須町 明治九年副戸長小谷源助・天保八年生あり。

六 鳩ヶ谷町 明治六年富士講着到帳に小谷庄兵衛・小谷惣吉。明治三十五年濁酒味噌商糀屋小谷義太郎・収入印紙河内屋小谷三千輔・旅店湊屋小谷徳蔵・出戸町製茶糸繭商湊屋小谷吉蔵。白幡村睦神社明治三十六年碑に鳩ヶ谷小谷徳蔵あり。

七 足立郡里村(鳩ヶ谷市) 明治二十五年文書に小谷元次郎あり。

八 同郡浦寺村(鳩ヶ谷市) 西新井宿村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に浦寺小谷倉吉あり。

九 小川町 八宮社文化五年御神燈に小谷甚五右衛門あり。

一〇 比企郡平村(都幾川村) 萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村小谷繁次郎・小谷庄吉あり。現存無し。

一一 幡羅郡田島村(妻沼町) 稲荷社天保六年水鉢に小谷新勘兵衛。明治九年副戸長小谷佐内・天保五年生あり。オタニ氏二戸現存す。

一二 児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に小谷治兵衛あり。

一三 所沢町 昭和三年興信録に小谷顕一・所得税百二十七円あり。

古谷 コタニ 浦和、大宮、春日部、久喜、草加、狭山等に存す。新潟県新津市十九戸あり。フルヤ参照。

児谷 コタニ 和光に存す。

後谷 ゴタニ 越谷、狭山等に存す。

小谷川 コタニガワ 戸田、蕨、川越等に存す。

小把 コタバ 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣にて、元禄七年岩槻藩分限帳に「十五人扶持・小把右近」あり。

小田辺 コタベ 浦和、越谷等に存す。オタベ参照。

小田部 コタベ 桶川、蓮田、新座、和光、草加、所沢、熊谷等に存す。茨城県久慈郡里美村十一戸、那珂郡大宮町十五戸、那珂町十八戸、東茨城郡桂村十七戸、真壁郡真壁町十七戸あり。オタベ参照。

古田部 コタベ 浦和、上尾等に存す。茨城県真壁郡明野町九戸あり。

小玉 コダマ 足立郡新曽村字小玉あり。諸国の小玉氏は、○栃木県芳賀郡芳賀町二十八戸、益子町十一戸。○新潟県北魚沼郡堀之内町十二戸、刈羽郡西山町三十戸、長岡市四十戸。○福島県石川郡古殿町十三戸、いわき市二十四戸。○宮城県宮城郡七ヶ浜町十八戸。○静岡県榛原郡川根町四十八戸。○島根県簸川郡斐川町九戸、大社町十一戸、出雲市四十七戸。○岡山県苫田郡加茂町十五戸。○広島県安芸郡倉橋町二十六戸。○愛媛県東宇和郡野村町三十三戸。○長崎県口之津町三十八戸。○大分県安岐町十四戸。○宮崎県南郷町二十五戸、清武町七十五戸、日南市九十戸、宮崎市六十九戸あり。 

一 畠山氏流小玉氏 信濃国上水内郡小玉村(牟礼村)より起る。富沢家記録に「武州秩父庄畠山家の三男、三代の孫畠山治部太夫忠政三男、富沢家の祖也。嫡子上野国沼田住・次永家の祖、二男信州に有りて小玉家の祖也、三男秩父庄大宮に住みて富沢の祖也」と見ゆ。富沢条参照。

二 忍城士の小玉氏 成田分限帳に「三十五貫文・小玉惣九郎、十貫文・小玉惣吉郎、十貫文・小玉惣八郎」。

三 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「百石・小玉久八郎・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

四 足立郡槐戸村(草加市) 観音寺跡に小玉源□□□・小玉新□□□。八幡社安政三年三山講碑に小玉丑松あり。

五 高麗郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山町小玉兵左衛門あり。

古玉 コダマ 所沢、飯能等に存す。岩手県水沢市八戸あり。フルタマ参照。

児玉 コダマ 小、児は胡の佳字にて、胡(えびす)、蕃(えびす)なり。玉は鉄(くろがね)の意味。蕃族鍛冶集団の集落を児玉、小玉と称す。蕃(えびす)のことはバン、バンタ参照。物作り集団(部)の物部族は出雲・芸備地方及び筑紫国(九州全体の総称)が本拠地である。物部氏の祖神饒速日命の天降る時に従って来た思金命は「重い金」で鍛冶鉱山師の首領である。子孫は秩父国造と信濃阿智祝で、鍛冶神の児玉彦命を奉斎し、秩父郡大宮郷と信濃に児玉氏多く存す。天平九年東大寺文書に食封千戸の内、武蔵国児玉郡五十戸と見ゆ。和名抄に児玉郡を古太万と註す。諸国の児玉氏は、○長野県下高井郡山ノ内町百二十戸、埴科郡戸倉町六十三戸、坂城町二十四戸、小県郡長門町三十戸、武石村二十二戸、東筑摩郡四賀村二十五戸、上田市八十戸。○新潟県西蒲原郡月潟村二十三戸、佐渡郡金井町六十七戸。○宮城県黒川郡大郷町二十戸。○岩手県北上市六十戸。○静岡県掛川市五十戸、浜松市八十九戸。○三重県員弁郡藤原町大字坂本九十六戸あり、全村民が児玉氏なり。○島根県出雲市百戸。○愛媛県北宇和郡吉田町二十三戸。○岡山県苫田郡加茂町二十戸、倉敷市七十戸。○広島県芦品郡新市町五十二戸、双三郡三和町二十一戸、加茂郡河内町二十戸、山県郡千代田町二十戸、安芸郡府中町三十戸、豊田郡本郷町二十三戸、福山市三百二十戸、三原市八十七戸、尾道市五十戸、東広島市五十六戸。○山口県下関市七十戸、宇部市六十三戸、山口市五十四戸。○大分県緒方町二十戸、野津町三十九戸、三重町二十戸、宇目町二十六戸、蒲江町二十八戸、上浦町五十四戸、弥生町二十三戸、臼杵市九十三戸、別府市七十戸、佐伯市九十三戸、大分市三百六十戸。○熊本県玉東町二十三戸、菊鹿町二十戸。○宮崎県北川町三十四戸、門川町六十戸、川南町七十七戸、新富町五十戸、高鍋町四十戸、都農町五十戸、高城町二十五戸、三股町九十戸、山田町三十戸、綾町三十三戸、国富町五十戸、清武町三十二戸、佐土原町六十八戸、延岡市二百六十戸、日向市五百二十戸、西都市二百戸、都城市三百二十戸、宮崎市七百戸。○鹿児島県隼人町四十五戸、菱刈町二十戸、高尾野町二十八戸、宮之城町二十四戸、大崎町二十二戸、志布志町二十二戸、末吉町三十六戸、財部町二十戸、川内市七十三戸、鹿児島市二百九十戸あり。

一 信濃国の児玉彦命 神代の時代に出雲国の大国主命の子・健御名方神が諏訪に来たる際に相争った諏訪の神・洩矢神あり。健御名方神に服従し、子孫は神長官家の守矢氏を称す。守矢氏系図に「洩矢神―守矢神―千鹿頭神―児玉彦命(片倉辺命の子)」と。諏訪系図に「健御名方命―伊豆早雄命―片倉辺命」と見ゆ。児玉彦命は出雲族の健御名方神の家から、信濃国土着神の守矢神の家に養子となっている。鍛冶神の児玉彦命を奉斎した集団は児玉氏を名乗って多く現存す。

二 有道姓児玉氏 大国主命は大物主命とも称し、其子大田田根子命は日本書紀崇神天皇七年条に陶器庄の鍛冶神と見ゆ。大国、大田の大は大ノ国(後の百済)出身で、田根子は種子で子孫の意味。大族の集団を大部と称し、其の支配管掌者を大部連と云う。出雲、大、大田、大部、物部参照。古代氏族系譜集成に「物部意留売布乃連―豊日乃連(大部連)―船瀬足尼―由岐古乃造―石敷乃造―稲敷―赤利古―阿佐古―金―直塩―磐麿―久比―小牧乃麿(天平神護二年八月任筑波郡擬大領)―稲足(筑波郡少領、水守郷住。天応元年十月運輸軍粮於陸奥)―氏道(大部を改め、有道宿祢の姓を賜る。仁寿二年六月二十九日卒、七十一歳)―雄継―氏継(常陸大掾、医師)―維材(権針博士宮宿祢忠来弟子となり、権針博士に任ず、永観三年正月十八日卒、七十四歳)―刑部丞維広(中関白家令。正暦四年十一月二十三日卒、五十三歳)―武蔵権介維能(内大臣伊周公家令。長徳二年二月坐事、解官)―児玉有貫首維行(武蔵国下向、延久元年八月七日死、六十九歳)―遠峯有大夫弘行(武蔵国御牧別当)」と見ゆ。系図纂要に「藤原朝臣姓、伊周―顕長―伊惟(呼遠峯有貫主、延久二年八月七日卒)―武蔵守惟行(治暦年中下向、住武蔵児玉郡、延久元年七月七日卒)―庄太郎大夫広行(呼遠峯有大夫別当)」と。大河原氏家譜に「有道維広(中関白道隆公の家令となる)―右馬大允維能(儀同三司伊周公の事に坐せられ解官す)―有道維行(武蔵国に下り児玉郡軍団の貫首と成、故に子孫團扇を旗紋とす)―有別当大夫弘行(武蔵国御牧別当)」と。武蔵七党系図に「遠峯(号有貫主、又伊行トモ、師内大臣伊周公男、父公左遷之時、依外祖有道氏遠行、下向武州、姓為有道)―有大夫別当弘行」と。児玉郡誌に「児玉、或曰遠峯。有道維能、自京師移関東、居児玉、因氏焉。児玉・遠峯、和名抄訓古太万。有道貫首遠峯と称すなどなど、有もせぬ人名を往々作り出したるは、怪誕不稽も甚し。往昔軍団を置かれて、遠峯軍団と云う、遠峯とは義訓にてコタマと訓ず、音声の遠山に響くをコタマにこたうど云うに因る」と。遠峯(こだま)は人名では無く児玉のことで、藤原伊周の家令で、子では無い。常陸国筑波郡水守郷(みもり)は、後の新治郡水守村(つくば市)で、将門記に「水守の営所」と見え、当時館城があった。此地の物部姓有道氏は、同族久米物部の居住する武蔵国児玉郷浅見村を所領とす。入浅見村の苗字久米氏は在名阿佐美氏、或は児玉氏を名乗り児玉党の旗頭となり、同族でもある領主の有道姓を冒す。針博士有道氏は「維、惟」を通字としており、児玉党は是を用いていない。まったく別家の人々である。小代八郎行平置文写(肥後古記集覧)に「行平が曽祖父児玉の有大夫弘行の所領の事余の国々の分までには注すに及ばず武蔵一ヶ国の分には、児玉・入西両郡、弘行の所領たりき、此外にも猶を有りき。然れば弘行は分限も広く武芸道立て被るるに依りて、児玉より入西へ越へ被るる時と謂い、惣べて行が被時は随兵百騎を相い具せ被れき、云々」と見ゆ。行平は源頼朝に仕へ、子孫は入間郡小代郷の鍛冶鋳物集団を引き連れて、所領地の肥後国玉名郡野原庄(熊本県荒尾市)へ移住す。小代氏が筒ヶ岳に山城を構えて小代山と称された所は古墳時代から奈良平安時代にかけての製鉄跡群である。有名な肥後の小代焼は児玉党に所属した職業集団の作品である。児玉党の始祖弘行は児玉・入間両郡の鍛冶支配頭で、牧場の別当は無関係である。

三 児玉党 此の党は他国の出稼衆や、土着の地域的結合で血統などでは無い。系図に記された人名は、組織上の親分子分の間柄で鍛冶・修験等の師弟関係による集団である。鉱山師は修験出身が多く、神社の別当を兼ており、有大夫別当とは是等の職に携わっていた人々で、牧官とは無関係である。風土記稿児玉町条に「八幡社は当所及び八幡山町其余近村十六ヶ村の総鎮守なり。別当大善院、本山修験・八幡山と号す、中興僧有便・寛永十八年化す」と。児玉記考に「八幡宮社司、其祖児玉党児玉左馬助大膳坊と号す、世々児玉に住し鎮守八幡神社に奉仕す。明暦四年松井長門守の男庄蔵・甲館没落の後、大膳院四代有便法印へ女婿となり松井姓を襲ふ」と見ゆ。別当修験大膳院先祖は児玉党創設に深く係わっていた。武蔵七党系図に「遠峯有貫主―有大夫別当弘行(弟有三郎別当大夫経行)―武蔵権守河内権守家行(弟入西三郎大夫資行、真下五郎大夫基行)―児玉庄大夫家弘(弟塩谷平五大夫家遠、富田三郎親家)―庄権守弘高(弟庄三郎河内忠家、庄四郎高家、庄五郎阿佐美弘方)―庄太郎家長(弟荘二郎弘定、荘三郎四方田左近将監弘長、山門戒空房快照、本荘四郎四方田弘季、五郎弘賢、四方田七郎高綱)」と見ゆ。庄、本庄条参照。児玉党一族の名は、七党系図に「庄、本庄(東本庄、西本庄)、具下塚(久下塚)、若水、四方田、宮田、蛭河、今居、阿佐美、小中山、塩谷、児玉、富田、薦田、長岫(長茎)、新生、中条、新里、鳴瀬、里岩(黒岩)、岡崎、入西、浅羽、堀籠、長岡、大河原、小見野、粟生田、小代、越生、高坂、平児玉、秩父、与島、吉田、竹沢、多子、小幡、倉賀野、大類、稲島、狛島(狛潟)、片山、新屋、大淵、鳥方、真下、御名、大浜、奥平、白倉、吉島、山名、島名、小河原、木西(牧西)、矢島、保尾、高山、後閑、平武者、武者、平内、河内、藤内、奥、金沢、二木、荏戸内、栗栖、立阿(立河)、荏、若泉、若松、滝口、吾那、きま、富野、内藤、大滝」。吉田系図に吉麻野、出。宿谷系図に牧野、山崎、田尻。四方田系図に北堀。その他に三条、新口、大塚、小野田、大河内、善泉、桜井、若児玉、高柳、倉田、宮内、木島等見ゆ。また、紀州米良文書に「児玉の在所の御名字の事、あきば、おこせ、おひ野(老野)、あおふた(粟生田)、おうかい(追貝)、しまなき、たかい(高井)、ゆつりはら(譲原)、うけつか(毛塚)、おうかふら(大鏑)、いやしま(弥島)」とあり。

四 児玉氏の名は、武蔵国造家系図に「足立郡司行基(従源頼義有軍功)―足立郡司行永―女子(有道行遠妻)、妹女子(片山行時妻)」と。七党系図の吉島三郎大夫行遠、片山余二郎行時か。平家物語に「児玉党と覚しくて、團扇の旗差したる者ども」と。吾妻鑑卷二十五に「承久三年六月十四日、宇治合戦に敵を討つ人々に児玉刑部四郎」。承久記に「北条時房に従ふ小玉党の小玉与一等は京方山田重忠と美濃杭瀬河に戦ふ」と。比企条参照。中世法制史料集・永仁二年頃に「児玉小次郎の遺跡を先例にならい配分せしむ」と。高麗郡高麗神社高麗氏系図に「修験高麗多門房行仙(元徳三年卒)―女子(児玉住人小太郎成行妻)」と。太平記卷十四に「建武二年十二月、新田方の児玉庄左衛門」。卷二十二に「新田方の畑六郎、児玉五郎左衛門」。児玉郡誌に「畑六郎左衛門時能の家臣児玉五郎左衛門光信の墓は、賀美郡金久保村の陽雲寺にあり、光信入道して明哲と云ふ、正平三年三月二十四日卒す、悟道院入道不眛明哲大庵主と云ふ」と。長倉追罰記に「永享七年、團に菊は児玉とう」。児玉系図(後鑑)に「児玉六郎左衛門尉景実(尾張守実継の子、永享十三年正月一日結城合戦に疵を被る、法名宗実)」と見ゆ。

五 入間郡の児玉氏 北浅羽村万福寺由緒(坂戸市)に「児玉武蔵守惟行、児玉郡に住す。子息四人有り、嫡子は庄太郎広行、後に児玉武蔵守或は有道大夫と称し、児玉郡を領し北浅羽の城に住す、庄、本庄、四方田等の祖なれり。次男庄次郎家行、後に児玉河内守と号し、越生の館に居住し、越生、山田、黒岩、小杉、小田谷、大河原等の祖たり。三男庄三郎大夫資行、後に入西上野介と改め、南浅羽に在城し、小山、長岡、粟生田、小見野、岩淵、両浅羽家の祖となれり。四男児玉庄四郎経行、後に秩父権頭と称し、秩父郡に在住し、小幡、高山、牧野、片山、森等の祖たり」と。紀州那智山米良文書(室町時代)に「越生一門名字書立、真下、小代、越生、河和田、粟生田、浅羽、小見野、留田、四方田、塩谷、アツ河、島名、小見殿、山吹、ニッホリ、和田殿、河口孫四郎入道、入西、ヤマフキノ土佐律師昌快、此外、越生ノ一門一人ももれず、たれかにねんころに御たつねにて候」と見ゆ。風土記稿上野村(越生町)条に「児玉稲荷社、此の社地は昔児玉某の居所にて、其頃屋敷の鎮守なりし故児玉稲荷とは号せしと。医王寺、今市村法恩寺末、治暦年中・児玉党越生の祖河内守家行、此の薬師を尊信して太刀一腰を納めしことなどあり」。入間郡誌・上野村条に「大宮神社(聖天社)は、応永十年児玉遠江守長隆・修営す」と。聖天社棟札に「応永十年癸未六月五日、奉修理加聖天御宝前、檀那遠江守長隆・同因幡太郎持光・同因幡次郎基行」。小杉村梅園神社棟札に「応永十二年癸酉三月十日(後筆に乙酉)、大檀那藤原朝臣基行・持光花押」とあり。越生条参照。中村薬師由来記(越生町上谷武内文書)に「入間郡上谷村薬師如来尊像の由来を尋に、人王七十代後冷泉院の御宇、大織冠の後裔児玉庄の次郎越生河内守藤原家行朝臣、難病を受、医術を尽に験なし、家行無二の信心を発し一木を以って三体の薬師の霊像を彫刻し、祈に病忽に平癒す、其本分は奥畑村本木の薬師是也、下分は黒山村下戸の薬師是也、中分は上谷村中村姓の薬師是也。古棟札に天正十七年二月十四日・本願中村孫左衛門」と。今市村法恩寺年譜(越生町)に「建久元年、大将軍頼朝公当国発赴之時、越生次郎家行に課し堂塔仏閣建立之事を委附す。彼越生次郎家行・児玉党之首而当時声名天下に震ふ」と。後冷泉院の治暦年中と建久年中とでは年代がかなり違う。また、風土記稿堂山村(越生町)条に「最勝寺は建久癸丑年右大将頼朝公来日、児玉氏雲太夫奉行之寄付云々と。同境内の大御堂は児玉雲太夫が奉行して建立せし処なり、其地は村の東方なる堀の内にありしに、後戦争の事ありて久く破壊したりしに、再興の時ここに引移せしと云ふ。東福寺の開基は恐くは、児玉雲太夫等が開きしならんと云ふ。伽藍跡は小名堀の内の辺を云ふ、今ここに小高き塚ありて、其上に五輪の石塔一基を立つ、是児玉雲太夫が墳墓なりと云ふ」と見ゆ。鍛冶師は目をやられる為に守本尊の薬師如来を祭る。是等の人々は鍛冶支配頭にて児玉党に所属す。越生郷及び浅羽郷一帯は鍛冶集団の居住地にて多くの地名が残る。上野村字鍛冶屋敷、今市村字倉田、如意村字赤井川・字金堀、津久根村字番匠、小杉村字赤坂・字釜場、大満村字金石、上谷村字鎌倉、鹿下村字神名、成瀬村字カチヤ・字金棒・字鍛冶屋、大谷村字釜土場(以上越生町)。下河原村字鍛冶屋坊、滝野入村字金山、苦林村字鍛冶ヶ谷、毛呂本郷字別所(以上毛呂山町)。中小坂村字金山、青木村字別所・字番匠谷戸、赤尾村字金子町、塚越村字カネイ塚・字金山・字別所、石井村字鍛冶屋敷、片柳村字銭子、粟生田村字白金、森戸村字鍛冶屋、田波目村字鍛冶屋敷、堀籠村字番匠ヶ谷戸、塚崎村字白銀、中里村字白金、戸口村字白金・字神名(かんな)、沢木村字金目・字金子、今西村字鎌田、金田村(以上坂戸市)あり。他地域ではこれほどの地名は無い。

六 埼玉郡の児玉氏 小代八郎行平置文写に「行平が曽祖父児玉の有大夫弘行の所領の事、武蔵一ヶ国の分には、児玉、入西両郡并に久下、村岡、中条、忍、津戸、野村、広田、崛須、小見野、三尾乃野、弘行の所領たりき、此外にも猶を有りき」と。また、東小倉園田系図に「園田七郎成実(住上野国山田郡園田庄)―園田太郎成澄(保安三年生於洛陽)、弟若児玉五郎重澄(為武蔵国住人児玉重行入道蓮意外孫、依為彼家養子、改姓)」と。忍領若児玉村(行田市)より起る。下って、風土記稿忍城下町条に「小田原記、関東古戦録を合せ考るに、成田下総守親泰入道宗蓮、児玉武蔵大掾重行を欺き殺して彼が所領を併せ、忍城を築くと云ふ。重行を或は忍大丞ともあり」と見ゆ。重行は忍氏をも名乗る。当地方も鍛冶集落の別所等の地名多くあり。

七 清和源氏児玉氏 入間郡龍ヶ谷村龍穏寺文書(越生町)に「武州越生龍穏寺開山の無極和尚は武州の産也、父祖の系譜は源朝臣児玉氏の遠裔也、今其一家流れて此許越生に府を明す」。風土記稿龍穏寺条に「無極恵徹、其先は当国児玉の党にて、父は将軍義詮に仕へしものなり。濃州補陀寺に赴き永享二年十二月二十八日寂す」と見ゆ。当地方に木曽義仲の子息清水冠者義高の伝承あり。姻戚関係により此の後裔を称すか。鷹書奥書(天理大学所蔵)に「此於巻物源朝臣児玉代々伝家秘書也。従義高、直之写侭書付申事実也、則令伝関東、鎌倉殿御内・武蔵国長井之庄吉田鴻城之住源朝臣児玉遠江守次男児玉玄蕃助経平、愛宕山致参詣下向之砌、越前国至、永禄五年卯月五日、外山余次郎殿、児玉玄蕃助経平花押」と見ゆ。幡羅郡太田村字高城(妻沼町)に居住す。九項参照。

八 桓武平氏児玉氏 風土記稿児玉町条に「旧家久米氏、先祖児玉六郎時国、平氏村岡五郎の支流にて云々」。法恩寺年譜に「越生主計允入道宏忠、後小野田氏を称す、応永十八年」と。中興武家諸系図に「平姓、小野田氏」。「越生、平、本国武蔵」とあり。児玉党は鍛冶頭領秩父氏の配下にて、平姓を称すか。

九 児玉氏の本名 児玉党の旗頭は本名久米氏なり。久米条参照。児玉町名主島田氏は藤原伊周の子孫と伝へる。児玉郡塩谷村西光院真鏡寺境内に金王神社(こんのう)あり。風土記稿に「境内に塩谷某の古墳と云伝ふるものあれば、碑石に年号・法名等も見えざれば詳ならず」と。塩谷氏の本名は渡来系の金(こん)ノ氏なり。コン条参照。児玉党の名跡継承者は下野国出身の出稼衆が多い。紀州米良文書の塩谷系図に「有貫首遠峯―本庄太郎家弘―同次郎家行―塩谷平五大夫家遠―家経(承久合戦死去)―家朝―家氏―盛家―又太郎家時。系図正文御宝前在之、有道家時判。高島二郎太郎家直法師正法(自弘安八年、至嘉元三年)」。家直は家時の子息なり。田原族譜に「大川戸四郎行平―大川島四郎行俊(下野国中泉荘大川島村に住す、仍て氏と為す)―高島八郎行春(子孫和賀名氏)」と見ゆ。都賀郡大川島村(小山市)の隣は同郡下高島村(大平町)で、当村に若菜氏四十一戸現存す。若菜氏一族は出稼衆にて、藤原秀郷流大川戸氏、及び武蔵国児玉党塩谷氏の名跡を継ぎ、出身地の在名高島氏を称す。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「塩屋、藤姓、本国下野、児玉広行の三代平太夫家遠・之を称す」。「庄、藤原、本国下野、児玉有太夫広行の四代権正広高・これを称す」。「蛭川、藤姓、本国下野、児玉広行四代河内守忠広・之を称す」。「大塚、藤、本国下野、紋梅鉢唐團釘貫、清和、内大臣伊周公七代孫太郎泰親・称之」と見ゆ。是等は本名若菜氏なり。また、「富野、藤原、本国下野、児玉太夫惟行の四代四郎行遠・之を称す」。「矢島、藤姓、富野四郎行遠三代惟行の男六郎惟親・之を称す」。武蔵七党系図(冑山文庫本)に「富野四郎太夫行義―□□―惟行―矢島太郎惟親」とあり。下毛野公族富野氏が武蔵児玉党の名跡を継承す。また、「志村、藤原、児玉広行の五代小太郎泰秀・これを称す」とあり。甲斐国出稼衆の本名志村氏か。また、米良文書に「寛正二年六月二十三日、小玉の一族、何国有共、系図願文相副入置申候。彼小玉之事、大川房との参詣之時、ふ審申候処ニ、岡田の一家、本庄の一流にて候処」と見ゆ。児玉党本庄氏の本名は岡田氏なり。また、児玉郡誌に「大字河内の金鑚神社は、永禄年間・河内郷木村次郎五郎と云ふ者の勧請なり。文久三年木村某神主となり河内大和正喜高と称し奉仕せり。慶応元年児玉大元神社と改称せしを、明治三十二年金鑚神社と旧に復す」と見ゆ。児玉河内守家行は当村出身の本名木村氏にて、児玉大元の伝承があったのであろう。また、比企郡岩殿村修験正学院の分家理音院(本名新井氏)は明治維新に復飾して児玉党小代氏の末裔にちなんで児玉の姓を名乗り熊野社の神主となる。新井条参照。

一〇 下野国の児玉氏 下都賀郡大平町西水代字児玉あり。武蔵児玉党に所属していた人々の帰郷地にて私称児玉塚と唱える。現在は消滅して此の地名は無し。隣村は児玉党塩谷氏の本名若菜氏の出身地高島村なり。小山義政の乱に関して、下野国塩谷郡の塩谷行蓮着到状に「永徳二年二月日、為小山下野守義政御退治、天明御陣以来(佐野市)、於岩船山(岩船町)、小玉塚(大平町)、本沢河原(小山市)取陣」と。常陸国烟田重幹着到状に「為小山下野守義政御対治、去年永徳元年五月二十七日馳参児玉塚御陣」と。松陰私語に「小山下野守云々、下野国児玉塚に張陣」と見ゆ。隣村榎本城は慶長八年本多大隅守忠純が城主となり、児玉庄左衛門を城代に置く。本名に復姓して児玉氏は現存無し。

一一 陸前国の児玉氏 宮城県黒川郡大衡村大字駒場は古の北迫なり。隣の大郷町及び近村に児玉氏多く現存す。武蔵児玉党発祥以前からの土着者なり。封内風土記に「黒川郡駒場村の赤崎大明神は、建久三年、児玉弥太郎重高が字西の宮高森から遷坐す」と。建武三年十一月九日高師直施行状に「黒河郡北迫、児玉小太郎・同次郎五郎、末跡地頭職」と見ゆ。当地方の苗字児玉氏なり。

一二 遠江国の児玉氏 静岡県周智郡春野町宮川に児玉氏十戸現存し、当地方に多く、古代以来の土着者にて武蔵児玉党後裔説は附会なり。宮川村児玉恒夫家由緒書に「そもそも我家の其源は武蔵七党の其一に児玉の党と云ふくみなりて、其旗頭をは左衛門尉と云ひ、其三男三郎右衛門と云ひたるが是が我家の大先祖、はじめ頼義公に従ひしより代々源氏にぞ具せしなり。頼朝公のときにては三代三郎右衛門の世にありて、功之多く、承久の乱の其時には一族なる荘の家長が、後鳥羽の院に従へり、之が我党の帝に仕ふる初めぞや、建武中興の其時には十代の主じにして新田義貞公に従へり、十一代三郎右衛門・義宗公に従ひて武蔵野原に大戦なし、諸国流浪の其後に十一代ははかなくも遠州奥山にて死せりと、数代諸国を流浪して遠州秋葉(春野町)に来りしは、十五代の主じにして是ぞ我か祖父なるなり、十六代は父にして、武田方に従ひて、三州長篠にて討死せり、右十代主児玉三郎口伝并に遺言なれば、謹んでここに記し、子孫に伝ふる者也、此時文禄四年正月吉日、くぼ田新屋(宮川村)に移りて、十八代主児玉三郎右衛門花押」と見ゆ。

一三 安芸国の児玉氏 広島県賀茂郡福富町下竹仁に児玉氏七戸現存し、当国に多く存す。古代児玉族の後裔にて武蔵児玉党説は仮冒なり。萩藩譜録略系伝書の、○子孫児玉広高家に「児玉大夫遠岩―河内守惟行―三郎貞行―太郎泰行入道蓮西―三郎四郎行家(経行嫡子時行は依無嗣子、家領并證文等を譲る、依之行家事。経行貞行両家之領地を合而両流相続す)―左衛門尉重行(右大将頼朝卿義兵之時、参御方軍功有之)―刑部少輔朝行(父同様に軍功有之)―左衛門尉忠行入道祖孝(兄弟へ領地を令分配、経行家筋者為行に譲り、貞行家筋を忠行に致附属、両流各別に家を立る)―新左衛門尉氏行(文応元年父忠行任譲状)―二郎吉行入道徳元(弘安四年異賊之事に付御教書有之)―左京亮榦行入道明仲―左京亮守行―左京亮藤行(正和三年海賊人之事に付御教書有之)―兵部丞頼行入道蓮経―右衛門尉成行(建武三年正月二日安芸国高屋庄・武蔵国児玉郡池屋・同宿在家半分地頭職)―新左衛門尉豊行―新左衛門尉延行入道宗木(安芸国下竹仁村地頭職)」と。正閏史料(大日本史料)に「貞和七年三月三日、児玉新左衛門豊行謹言上、安芸国高屋庄、武蔵国児玉郡池屋・同宿在家半分地頭職事、右、於彼所々地頭職等者、豊行重代相伝、以下略、判(足利直冬)」とあり。○忠行の弟為行の子孫・児玉行典家に「遠岩―惟行―経行―時行―左衛門尉重行(右大将家義兵之時尽軍功、本領児玉郡を安堵)―刑部四郎朝行(承久之乱之時、為北条義時味方軍功有之、依而芸州豊田郡竹仁村に於て為恩賞賜之、此代始而芸州下向、従是子孫連綿領之)―左衛門尉為行―左衛門尉延行―式部少輔高行(元応二年海上警固事、安芸国亀頸警人之觸頭高行并塩谷左衛門入道相共可致警固之由)―豊前守行春―左衛門尉盛行―式部少輔宗行―左衛門太郎衡行―五郎太郎持行―豊前守広家(代々為芸州竹仁城主)―豊前守行忠(嘉吉元年向播州白旗城に尽軍功)―豊前守弘家―豊前守元実(代々為芸州竹仁城主)」と。萩藩閥閲録に「弘安四年閏七月十一日、異賊事御用心厳密也、来八月中差下子息於安芸国所領、賊船若入門司関者、以下略、児玉左衛門入道殿御中(延行)、相模守判(北条時宗)」と見ゆ。○子孫児玉広長家に「藤原遠岩―児玉河内守惟行―惟親―六郎泰親―小次郎重蓮―六郎繁行(弘安四年御教書、但、於安芸国所領、賊船入門司関者可致防戦也、芸州高田郡竹仁居城也、前代始而領竹仁候年代相伝無之)―七郎家親―七郎親光―七郎光行―弥五郎家氏(貞和七年謹言上、安芸国竹仁上下村・武蔵国児玉郡池屋・同宿在家半分地頭職事、足利直冬賜證文)―中務少輔元行―豊後守益行(正平十二年直冬賜證文)―六郎国行―豊後守隆行―豊後入道家行(此代迄芸州竹仁居城之由)―三郎右衛門就忠」と。児玉文書(毛利博物館所蔵)に「弘安四年閏七月十一日、異賊事御用心厳密也、来八月中差下子息於安芸国所領、賊船若入門司関者、早随守護人之催促、属長門国軍陣、可令致防戦忠之状、児玉六郎殿(繁行)・同七郎御中(家親)、相模守花押(北条時宗)」。「貞和七年三月三日、児玉弥五郎家氏謹言上、安芸国竹仁上下村、武蔵国児玉郡池屋・同宿在家半分地頭職事、右、於彼所々地頭職等者、家氏重代相伝、以下略、花押(足利直冬)」とあり。賀茂郡高屋庄(東広島市)。児玉郡金屋村字池ノ屋の辺までを児玉宿と云う。軍功賞に自己の苗字と同じ地名の武蔵国児玉宿を所望して賜り、貞和七年以前は武蔵国とは無関係である。七党系図に有三郎別当大夫経行(平児玉)―保義(一本に時行)―行家と見え、経行の兄弟に貞行・惟親の名は見えず。足利直義の家臣で難太平記の著者今川了俊は「太平記は、直義らの要請により訂正や功名の書き入れが行われた。時には申告者の氏名を、作中、戦闘場面に先立つ勢揃えの中に登録させることで何とかお引きとり願った」と記す。

一四 備前国の児玉氏 岡山県に古代児玉族の後裔が多く存す。武蔵児玉党とは無関係なり。太平記卷八に「正慶二年、丹波国の住人、先帝方の荻野彦六と足立三郎は、五百余騎にて四条油小路まで攻め入りたりけるを、備前国の住人、薬師寺八郎・中吉十郎、丹・児玉が勢ども七百余騎、相支へて戦ひける」と見ゆ。

一五 鉢形城士の児玉氏 鉢形分限帳に「本国武州大里・贄川辺住・小玉伝五郎、本国上州室田・小玉久助」。秩父案内記に「児玉伝五郎・知行不明」と見ゆ。秩父郡贄川村(荒川村)に児玉氏二戸、上田野村(荒川村)に三戸現存す。

一六 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・村上取立・児玉武太郎」。万延二年に「御鑓奉行・百石・児玉利左衛門、惣領児玉千馬之介」あり。

一七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「一人扶持・児玉甲三郎」あり。

一八 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御側御用人・児玉宗吾、御用人格・児玉太次郎」あり。

一九 岡部藩安部氏家臣 寛延二年矢島村検地帳に「岡部藩竿先・児玉正内」。岡部藩始末(齋藤伊勢松著)に「元治元年水戸天狗党来襲につき出陣、尽力組(足軽)児玉卯之吉」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に「尽力組生存者・大字上手計・児玉卯之吉」あり。上手計村に二戸現存す。

二〇 埼玉郡太田村(岩槻市) 明治十四年埼玉銀行株主太田村児玉信八・一株五十円所有あり。七戸存す。

二一 入間郡入曽衆の児玉氏 風土記稿南入曽村(狭山市)条に「旧家小沢氏文書の天正十四年記せし入曽十二人衆の内に、小玉新左衛門あり」と見ゆ。児玉氏は南入曽村二戸、北入曽村三戸現存す。

二二 高麗郡柏原村(狭山市) 長源寺慶応元年普門品に児玉新五郎。明治二十九年織物製造業児玉今五郎あり。現存無し。

二三 本庄町 寛政八年戸谷文書に児玉庭山あり。二戸現存す。

二四 秩父町 明治三年大宮郷小間物商児玉太兵衛・六十四歳、髪結職児玉利助・二十六歳あり。小玉条一項参照。秩父市内に五十戸余現存す。

小田谷 コタヤ 入間郡小田谷村(毛呂山町)、下谷ヶ貫村字小田谷屋敷(入間市)あり。

一 児玉党小田谷氏 入間郡小田谷村より起る。北浅羽村万福寺由緒に「児玉庄次郎家行、後に児玉河内守と号し、越生の館に居住し、越生、山田、黒岩、小杉、小田谷、大河原等の祖たり」と見ゆ。

古俵 コタワラ 杉戸に存す。

小丹 コタン 新座に存す。

小段 コタン 幸手に存す。

小反 コタン 埼玉郡本郷村字小反。

五反 ゴタン 埼玉郡岡古井村字五反地、戸崎村字五反地、小松村字五反地、新宿村字五反歩、尾ヶ崎新田字五反歩、入間郡野田村字五反屋敷、鶴馬村字五段野あり。岩槻、富士見、滑川等に存す。

五反田 ゴタンダ 足立郡小谷村字五反田河岸(吹上町)及び対岸の横見郡地頭方村字五反河岸(吉見町)あり。古の村名にて、上砂村観音寺天和二年地蔵尊に五反田村、箕田村観音堂享保九年常夜燈に吉見領五反田村、地頭方村天明八年碑に横見郡五反田河岸と見ゆ。また、岩室観音堂嘉永三年水鉢に石工小谷村五反田川岸と見ゆ。小名五反田は、葛飾郡半田村、中島村、埼玉郡鈎上新田、大森村、大曽根村、太田袋村、笠原村、飯積村、下村君村、下須戸村、斎条村、新座郡宮戸村、溝沼村、入間郡大仙波村、宗岡村、前久保村、高麗郡下大谷沢村、比企郡南園部村、幡羅郡道ヶ谷戸村、田島村等にあり。川口、浦和、大宮、上尾、朝霞、戸田、和光、鶴ヶ島、春日部等に存す。

五反田屋 ゴタンダヤ 入間に存す。

小丹保 コタンボ 所沢に存す。

古知 コチ 大宮、春日部等に存す。

湖地 コチ 明治三十五年浦和町反物仲買商湖地喜助あり。現存無し。

東風 コチ 浦和に存す。

小知井 コチイ 狭山に存す。

小地沢 コチサワ 川口に存す。

東風平 コチヒラ 越谷、川越、所沢等に存す。

小茶 コチャ 千葉県市原市六戸あり。

古茶 コチャ 市原市八戸あり。

一 松山町 明治三十五年籠職古茶幸次郎あり。市内に四戸現存す。

東屋 コチヤ 足立郡古千谷村(東京都足立区)は東屋とも書く。

東風谷 コチヤ 白川家門人帳に文久二年・埼玉郡粕壁宿大工東風谷利兵衛藤原信濃嘉徳。粕壁宿東八幡社明治三十九年碑に新宿組東風谷弥平あり。三戸現存す。

古知屋 コチヤ 神奈川県茅ヶ崎市五十六戸あり。 

こちや川 コチヤカワ 豊島氏族にて、紀州那智山米良文書(室町時代)に「としま名字之かき立、在所江戸北いゝ蔵殿、同南いゝ蔵殿、同こちや川殿」と見ゆ。港区飯倉町附近か。

古長 コチョウ 上尾、越谷等に存す。

五町 ゴチョウ 足立郡五町台村(桶川市)、埼玉郡細間村字五町田、中野村字五町歩、蒲生村字五町目、幡羅郡八口村字五町田あり。蓮田、越谷、蕨、飯能、東松山等に存す。茨城県那珂郡大宮町十四戸あり。

後長 ゴチョウ 狭山に存す。島根県飯石郡頓原町三十戸あり。

後町 ゴチョウ 川口、浦和、朝霞、東松山等に存す。長野県諏訪市四十五戸あり。

午腸 ゴチョウ 川口に存す。

午膓 ゴチョウ 所沢に存す。

牛腸 ゴチョウ 各市町村に存す。新潟県加茂市二十六戸、見附市二十七戸あり。

牛膓 ゴチョウ 川越、所沢、日高、行田等に存す。新潟県中蒲原郡村松町十六戸、加茂市三十四戸あり。

小知和 コチワ 杉戸に存す。

東風輪 コチワ 粕壁宿元新宿八幡社天保四年水鉢に東風輪長蔵あり。一戸現存す。

小津 コヅ 岩附城士にて、百間東村鈴木家譜に岩附家臣物頭小津宮内と見ゆ。当地方に現存無し。

五津 ゴヅ 大宮、蕨、入間、上福岡等に存す。茨城県岩井市十三戸あり。

牛頭 ゴヅ 中国江蘇省江寧府金陵の南に牛頭山あり。新羅国の牛頭天王は素戔男尊を祀る。アラハバキ参照。

小塚 コヅカ 埼玉郡柴山村枝郷字小塚(菖蒲町)は古の村名にて、地蔵堂享保十八年碑に小塚邑と。諏訪八幡社幟碑に柴山村枝郷之内小塚郷と見ゆ。隣村の下栢間村字小塚も小塚郷に属す。足立郡平方村字小塚、入間郡成願寺村字小塚、龍ヶ谷村字小塚、幡羅郡上奈良村字小塚、榛沢郡人見村字小塚、児玉郡太駄村字小塚あり。オヅカ参照。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・小塚芳蔵」あり。

二 岩槻町 明治三十五年に小塚豊吉・小塚徳次郎あり。二戸現存す。

三 入間郡浅羽村(坂戸市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長小塚儀八・天保八年生。明治二十年浅羽村水車業小塚源吉。脚折村明治三十五年石燈籠に坂戸町小塚照三郎。昭和三年興信録に坂戸町・小塚直吉・所得税九円あり。

古塚 コヅカ 八潮、飯能、日高等に存す。フルヅカ参照。

孤塚 コヅカ 各市町村に存す。栃木県今市市七十七戸あり。

小番 コツガイ 各市町村に存す。

小塚原 コヅカハラ 豊島氏族にて、豊島郡小塚原村(荒川区)より起る。紀州那智山米良文書に「文安五年十一月、豊島一族、三貫三百・小塚原鏡円」と見ゆ。

小槻 コツキ 浦和、蕨、所沢、飯能等に存す。オツキ参照。 

小築 コツキ オツキ参照。

一 埼玉郡笹久保新田(岩槻市) 地蔵堂貞享四年供養塔に笹窪新田村小築八郎左衛門あり。現存無し。

二 足立郡高畑村(浦和市) 当村文化二年水神碑(現在笹久保新田に移転)に高畑村小槻平治郎・小槻金治郎・小槻孫右衛門あり。三戸現存す。

木次 コツギ 八潮に存す。島根県飯石郡三刀屋町十一戸、出雲市十六戸あり。キツギ参照。

小机 コヅクエ 庄和、吹上等に存す。東京都あきる野市十四戸あり。

一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五人扶持・小机清五郎」あり。

小辻 コツジ 

一 大里郡石原村(熊谷市) 明治三十五年飲食店小辻卯八・入歯業小辻平五郎あり。一戸現存す。

二 同郡広瀬村(熊谷市) 文久元年秋山翁碑に小辻平次郎・小辻孫四郎・小辻恒五郎・小辻今六・小辻勇次郎・小辻清之輔・小辻与次郎・小辻捨三郎・小辻平治郎。富士浅間社慶応三年小御嶽碑に小辻逃行・小辻孫四郎・小辻勇二郎あり。十戸現存す。

三 浦和町 昭和三年興信録に小辻多吉・所得税九円・営業税二十三円。

五辻 ゴツジ 川越に存す。

小槌 コツチ 川口、川越、久喜に存す。

一 川口町 明治三十五年塩魚商小槌定次郎・薬種商小槌安次郎あり。現存無し。

二 入間郡東明寺村(川越市) 明治二十九年鉄道請願書に小槌伊三郎あり。現存無し。

小鎚 コツチ 浦和、鳩ヶ谷、春日部、草加、宮代等に存す。

小堤 コヅツミ 高麗郡小堤村(川越市)あり、北条役帳に小堤と見ゆ。埼玉郡向川辺領中新井村字小堤、足立郡加納村字小堤あり。宮城県志田郡鹿島台町二十戸あり。越ヶ谷町はオヅツミ条参照。

一 足立郡苗塚村(草加市) 立野村浄観寺元禄六年文書に苗塚村名主小堤作右衛門。当村享保十五年供養塔に小堤市郎右衛門・小堤作右衛門。地蔵堂跡宝暦四年鐘銘に小堤作右衛門。私塾師匠名主蓮泉堂小堤作右衛門春盟・寛政二年生。明治九年副戸長小堤忠三郎・天保十三年生あり。四戸現存す。

二 同郡並木村(大宮市) 当村に此氏多く存す。氷川社明治三十八年碑に小堤冲右衛門・小堤吉五郎・小堤兼次郎あり。

三 入間郡河越領大塚村(川越市) 菅原神社寛保三年御神燈に小堤新兵衛・小堤作兵衛あり。三戸現存す。

四 比企郡正代村(東松山市) 世妙寺明治十年算額に正代村小堤幾蔵。明治二十八年茶業小堤幾蔵・同小堤義重あり。二戸現存す。 

忽那 コツナ 浦和に存す。

小椿 コツバキ 所沢に存す。

骨波田 コッパタ 児玉郡高柳村字骨波田(児玉町)は古の村名にて、寛文七年長泉寺文書に八幡山領骨畑村と見ゆ。

小坪 コツボ 岩手県気仙郡三陸町十二戸あり。

一 横見郡飯島新田(吉見町) 当村に此氏の旧家あり。三戸現存す。

小妻 コツマ 秩父郡安戸村字小妻あり。庄和に存す。

古積 コヅミ 宮城県柴田郡柴田町十戸、岩沼市三十三戸あり。

一 浦和町 昭和三年興信録に古積安蔵・所得税九十八円あり。一戸存す。

小詰 コツメ 忍城士にて、成田分限帳に「十貫文・小詰九蔵」あり。別本に小結と見ゆ。

小津谷 コツヤ 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に葛飾郡八甫村(鷲宮町)小津谷金六あり。現存無し。

小鶴 コツル 川口、大宮等に存す。茨城県猿島郡境町十戸あり。

小手 コテ 蓮田に存す。オデ参照。

古手 コテ 茨城県稲敷郡河内町十二戸あり。

特手 コテ 草加に存す。

小手川 コテガワ 新座、日高、入間、狭山、所沢、越谷、杉戸等に存す。

古手川 コテガワ 浦和、幸手等に存す。

小手差原 コテサシガハラ 風土記稿入間郡条に「小手差原は、郡中北野村(所沢市)に今小手差原明神あり、それより近き所、誓詞ヶ橋の辺より乾の方に向かい入間川村(狭山市)のあたりまで凡二里程の間を指してかの旧跡なりといへり」と見ゆ。 

小手澤 コテザワ 浦和に存す。

篭手田 コテダ 三郷に存す。

小手森 コテモリ 杉戸に存す。

小寺 コデラ 入間郡大満村字小寺(越生町)あり、龍ヶ谷村龍穏寺天保十三年文書に領内小寺と見ゆ。福島県南会津郡田島町十六戸、青森県西津軽郡車力村三十二戸、北津軽郡中里町七十四戸あり。オデラ参照。

一 忍城士の小寺氏 成田分限帳に「十七貫文・小寺内蔵之助」。風土記稿に「天正十八年忍城攻めの時、小寺右馬介は大宮口を守る」と見ゆ。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「七十石・本国伊与生国陸奥・小寺左次兵衛・二十歳」あり。

三 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御中小姓頭・二百五十石・小寺平兵衛、御広間帳附・五十俵二人扶持・小寺十左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「二百五十石・小寺図書、七十石・小寺権兵衛」あり。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・小寺留太郎」あり。

五 埼玉郡下大瀬村(八潮市) 宝光寺明治四十四年碑に小寺巾蔵あり。現存無し。

六 同郡百間村(宮代町) 西原組神外坊明治十六年奉納太刀銘に当所小寺吉五郎あり。現存無し。

七 新座郡志木町 明治三十年市場組小寺百蔵あり。

八 同郡下新倉村(和光市) 吹上観音嘉永二年庚申塔に榎木下小寺沢右衛門。富士嶽社明治八年鳥居碑に小寺初五郎・小寺沢右衛門あり。五戸現存す。

九 同郡膝折村(朝霞市) 志木町敷島社明治初期水車中に膝折小寺兼吉。溝沼村泉蔵寺明治四十四年馬頭尊に膝折小寺忠五郎あり。六戸現存す。

一〇 同郡浜崎村(朝霞市) 当村に此氏多く存す。当村明治四年富士講碑に小寺馬五郎。志木町敷島社明治五年水鉢に浜崎邨小寺新蔵・小寺源次郎・小寺八郎右衛門・小寺倉之助。明治九年副戸長小寺八郎右衛門・寛政十二年生。観音堂明治三十四年筆子碑に浜崎・小寺杢左衛門・小寺藤太郎・小寺四郎兵衛・小寺元八・小寺次郎・小寺重兵衛・小寺与吉・小寺倉蔵。氷川社明治三十九年碑に小寺卯七・小寺藤吉・小寺八右衛門・小寺金蔵・小寺源吾。昭和三年興信録・所得税に内間木村・小寺藤太郎・六十九円、小寺杢左衛門・六十五円あり。

一一 同郡根岸村(朝霞市) 当村に此氏多く存す。私塾師匠名主小寺平左衛門・明治六年没六十七歳。下新倉村明治初年碑に根岸小寺助左衛門。明治九年副戸長小寺倉右衛門・天保十年生。岡村氷川社明治十七年須賀碑に根岸邨小寺重五郎、明治四十一年碑に根岸小寺孝吉あり。

一二 入間郡鶴馬村(富士見市) 鶴瀬村会議員小寺宇太郎・嘉永五年生あり。九戸現存す。

一三 同郡勝瀬村(富士見市) 大和田町普光明寺享保四年に勝瀬村小寺左五右衛門あり。現存無し。

一四 同郡南畑新田(富士見市) 南畑村之沿革史に「南畑新田の小寺氏は検地以前よりの土着者にして、現主元一にて十三代目なり」と見ゆ。四戸現存す。

一五 同郡所沢町 明治三十五年織物商小寺清次郎・酒商小寺甚五郎・荒物商小寺和助。明治四十四年下町織物商小寺太助。上新井村六所神社大正二年碑に小寺清次郎あり。

一六 同郡牛沼村(所沢市) 長栄寺正徳五年地蔵尊に小寺平七.。神明社明治期寄進碑に小寺七三郎・小寺コウ・小寺源左衛門・小寺泰治郎・小寺徳太郎あり。三戸現存す。

一七 同郡上安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に上安松村小寺利兵衛。明治九年戸長小寺弥左衛門。大正元年文書に上安松村小寺利助あり。十一戸現存す。

一八 同郡下安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に下安松村小寺平右衛門。長源寺万延元年湯殿山碑に小寺清次郎・小寺半右衛門・小寺磯七.。大正元年文書に下安松村小寺伊三郎・小寺利三郎・小寺市五郎あり。十一戸現存す。

一九 同郡城村(所沢市) 白川家門人帳に安政七年・入間郡城村小寺安五郎源昌信・呼名市正。明治七年成田山月参護摩講に小寺鉄五郎。明治十年地主誓約書に小寺安五郎。城山神社明治十九年碑に城村小寺定五郎あり。一戸現存す。

二〇 熊谷町 明治三十五年足袋商小寺伊勢松あり。

古寺 コデラ 新潟県燕市十三戸、白根市二十四戸あり。フルデラ参照。

一 入間郡竹間沢村(三芳町) 当村に此氏多く存す。志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に竹間沢村古寺惣五郎。竹間神社天保十一年御神燈に古寺惣五郎・古寺岩次郎、弘化二年碑に古寺半兵衛事改寿吉郎、明治九年御神燈に古寺次郎右衛門、明治十年狛犬に古寺辰五郎、明治二十九年碑に古寺貞太郎。泉蔵院明治三年地蔵尊に古寺蔦五郎・古寺梅吉、明治二十九年碑に古寺亀吉・古寺多右衛門・古寺梅吉・古寺佐五右衛門・古寺兼吉・古寺孫八・古寺源次郎・古寺政五郎・古寺米吉・古寺卯之助・古寺仙次郎、明治三十年碑に古寺藤四郎。明治四十四年東上鉄道情願書に古寺貢・古寺太郎右衛門・古寺弥治郎。昭和三年興信録に三芳村・古寺貢・所得税九円あり。

五伝木 ゴデンギ 戸田、越谷、鶴ヶ島、所沢等に存す。新潟県西蒲原郡巻町六戸あり。

五傳木 ゴデンギ 越谷に存す。

琴 コト 騎西に存す。

古戸 コト 浦和に存す。

五戸 ゴト 伊奈、朝霞等に存す。

小東 コトウ 大宮、鳩ヶ谷、富士見等に存す。

小藤 コトウ 小、古、湖は胡(えびす)にて、藤は唐(から)なり。胡族韓人をコトウと称す。蕃(ばん)条参照。島根県(出雲国)能義郡広瀬町三十五戸あり。コウトウ参照。

古東 コトウ 浦和、上里等に存す。

古藤 コトウ 各市町村に存す。島根県(出雲国)松江市百戸あり。コウトウ、フルトウ参照。

湖東 コトウ 新座に存す。

厚東 コトウ 浦和、吹上等に存す。コウトウ参照。

古道 コドウ 春日部、上里等に存す。

小堂 コドウ 浦和、富士見等に存す。

古堂 コドウ 日高に存す。

呉藤 ゴトウ 越谷、川越等に存す。

後藤 ゴトウ 加耶諸国の呉(くれ)国渡来人にて、藤は唐(から)の意味。呉国の韓人(からびと)を呉唐と称し、佳字に後藤を用いる。クレ条参照。呉国出身の毛野氏に率いられて渡来し、毛野氏配下の土着地に後藤氏は多い。本拠地の上野国、下毛野君池田朝臣の下野国、常陸国、下総国、上毛野族栗原氏の甲斐国、若麻績部の信濃国、上毛野公商長氏の越後国、池田朝臣の佐渡国、出羽国、上毛野鍬山公の岩代国、上毛野加美公、上毛野中村公、上毛野陸奥公、上毛野名取公、上毛野遠田公、上毛野胆沢公等の陸奥国に配下として土着す。吉弥候部(きみこべ)条参照。○群馬県吾妻郡高山村六十戸、北群馬郡子持村百九十四戸、新田郡藪塚本町四十五戸、渋川市百二十戸、前橋市百四十戸。○栃木県那須郡那須町八十戸、黒羽町三十四戸、西那須野町百戸、黒磯市百四十戸、大田原市百二十戸。○茨城県久慈郡金砂郷町六十六戸、水府村六十五戸、那珂郡大宮町四十二戸、山方町三十六戸、那珂町百七十戸、東海村四十三戸、猿島郡総和町三十三戸、日立市百七十戸、ひたちなか市百十戸、水戸市二百三十戸、岩井市百三十戸。○千葉県印旛郡栄町四十三戸。○山梨県南都留郡忍野村百四十戸。○長野県小県郡東部町三十三戸、下伊那郡阿南町三十二戸、売木村四十三戸、諏訪市百戸、飯田市百五十戸。○新潟県中蒲原郡亀田町三十戸、西蒲原郡吉田町三十四戸、岩室村四十五戸、中頸城郡妙高高原町三十八戸、妙高村四十八戸、新発田市九十二戸、両津市百九戸。○福島県安達郡大玉村三十四戸、伊達郡国見町五十五戸、桑折町四十八戸、いわき市二百戸、郡山市百八十戸、福島市五百八十戸。○宮城県柴田郡柴田町五十戸、黒川郡富谷町四十六戸、桃生郡河南町四十二戸、矢本町五十戸、牡鹿郡牡鹿町三十一戸、本吉郡志津川町七十戸、加美郡宮崎町四十二戸、玉造郡岩出山町四十八戸、鳴子町四十戸、遠田郡小牛田町六十二戸、涌谷町四十三戸、栗原郡鶯沢町五十三戸、栗駒町五十九戸、若柳町三十戸、登米郡迫町五十三戸、東和町六十四戸、登米町五十戸、中田町五十四戸、南方町五十七戸、米山町三十八戸、石巻市二百二十戸、塩釜市九十戸、古川市百四十戸。○岩手県西磐井郡花泉町三十二戸、胆沢郡金ヶ崎町五十戸、前沢町五十七戸、水沢市百七十七戸、江刺市二百五十戸、北上市百五十戸。○青森県南津軽郡平賀町四十戸、東津軽郡平内町五十六戸、黒石市百十戸、弘前市百十戸、青森市百四十戸。○島根県(出雲国)簸川郡斐川町三十戸、松江市百戸。鳥取県(伯耆国)西伯郡岸本町二十八戸、米子市九十四戸あり。

一 矢野氏族後藤氏 熊谷町長野矢野系図に「矢野安芸守昌祐―後藤宗左衛門昌勝(天正十年滝川一戦功有り)」と見ゆ。安芸守は比企郡鎌形郷(嵐山町)の領主なれば、後藤氏は近村の志賀村住人か。

二 小田原城士の後藤氏 小田原所領役帳に「河越衆後藤備前守、五十貫文・東郡芹沢(茅ヶ崎市)、四十一貫六百五十文・河越三十三郷東明寺(川越市東明寺村)浄楽寺分、八貫百五十四文・同浄楽寺分(川越市上戸村常楽寺)、九十五貫二十五文・鎌倉地方に而被下、以上」と見ゆ。

三 忍城士の後藤氏 持田村正覚寺天正六年棟札に「大檀那成田下総守氏長建立、寄進施主後藤民部少輔」。深谷記に「天正十年神流川合戦の時、忍衆後藤久弥あり」。成田分限帳に「三十貫五百文・後藤越後、二十貫文・後藤豊五郎」あり。

四 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・後藤助左衛門・是は忍にて罷出・三河之者」あり。 

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「武具方・三十俵二人扶持・後藤長兵衛、小頭・二十俵二人扶持・後藤長右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「五十五俵二人扶持・後藤伝兵衛、六両二人扶持・後藤儀右衛門」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御寄合衆・後藤五八、殿様御相手御文好・十八両三人扶持・後藤雄右衛門、同役・二両三人扶持・後藤支五郎、御右筆・十石三人扶持・後藤奥之助、同役同高・後藤八十治、御馬廻・三人扶持・後藤弥太郎、同役同高・後藤弥二郎、元手改役・六石二人扶持・後藤粂右衛門、御大工・二両余二人扶持・後藤儀兵衛、御勘定坊主・同高・後藤留太郎、御勘定方見習・二人扶持・後藤房之助、御勘定御用附・一人扶持・後藤伊三郎」。慶応元年に「百二十石・住口山形城・後藤五八、十人扶持・住口忍城・後藤弥三郎(本家後藤五八)、十人扶持・忍取立・住口再山形城・後藤粂右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「百二十石・後藤槌弥、六十六石余・後藤麓、同高・後藤弥左衛門、同高・後藤定一郎、同高・後藤章治、八石二人扶持・後藤鋼吉、六石余二人扶持・後藤畦三、同高・後藤伊佐之助、五石二人扶持・後藤致敬、四石二人扶持・後藤佐太郎、同高・後藤弥兵衛、同高・後藤亥三郎、又者(家老等の臣)・七石三人扶持・後藤金八」あり。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国三河生国同・後藤三郎右衛門・三十四歳」あり。

八 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「百三十石・後藤又五郎、十四俵二人扶持・後藤八十吉」あり。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「軍事目付・百三十石・亡養父助左衛門・後藤鉄之丞・三十歳」あり。

一〇 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「百石・後藤与次兵衛」あり。

一一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「五十石二人扶持・後藤半兵衛」あり。

一二 葛飾郡築比地村(松伏町) 下香取社享和元年庚申塔に後藤甚兵衛。妙応院文久元年成田山碑に後藤甚兵衛あり。二戸現存す。

一三 同郡金崎村(庄和町) 道善寺寛延三年庚申塔に後藤弥右衛門、文化七年普門品に後藤久五郎・後藤松五郎・後藤伊八.。天神社寛政四年庚申塔に下金崎邑後藤久五郎・後藤源右衛門・後藤久蔵・後藤彦市。永沼村八幡社明治二十八年碑に金崎後藤平五郎あり。七戸現存す。

一四 同郡樋籠村(春日部市) 天満宮明治十四年幟碑に後藤幸七.。明治三十年人名録に幸松村助役後藤万蔵・安政三年生・地租五十一円あり。四戸現存す。 

一五 同郡杉戸町 明治三十五年青物商後藤佐市あり。

一六 同郡下高野村(杉戸町) 御所宮明治十九年幟碑に下高野村佐内新田後藤平吉あり。四戸現存す。

一七 同郡茨島村(杉戸町) 下野村福正院明治二十九年筆子碑にバラシマ後藤浪之助あり。現存無し。

一八 同郡吉野村(幸手市) 吉野神社万延元年水鉢に後藤万蔵(名主)、明治二十三年幟碑に後藤鉄蔵。明治三十年人名録に後藤庄作・明治十年生・地租三十円あり。三戸現存す。

一九 同郡上戸村(幸手市) 神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に嘉永七年上戸村後藤初太郎。正明院安政四年庚申塔に上戸村後藤市右衛門・後藤磯右衛門あり。四戸現存す。

二〇 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年洋物商後藤政雄あり。

二一 同郡粕壁町 明治三十五年米穀商後藤幸次郎・種物商後藤伊之助。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に後藤幸次郎あり。

二二 同郡和戸村(宮代町) 太田袋村琴平社文政三年水鉢に和戸村後藤七兵衛あり。二戸現存す。

二三 同郡久喜町 百間村青林寺寛政十年文書に野久喜村後藤庄左衛門。西蔵院文政十一年地蔵尊に野久喜村後藤庄五郎・出来野後藤孫四郎あり。野久喜村に四戸現存す。

二四 同郡青毛村(久喜市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に青毛村後藤幸七.。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に青毛後藤隆七.。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流青毛村後藤政吉あり。現存無し。

二五 同郡堤根村(行田市) 伊奈利神社明治十五年碑に後藤浅次郎・後藤新蔵あり。四戸現存す。

二六 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に後藤丑五郎あり。

二七 同郡谷塚村(草加市) 小作田村稲荷社安政五年絵馬に彫工谷塚村後藤与五郎あり。

二八 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年桶職後藤幸太郎あり。

二九 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 明治八年矢作文書に中居村本村組後藤忠太郎あり。

三〇 同郡与野町 小村田村氷川社宝永七年に与野町後藤太郎左衛門と見ゆ。

三一 同郡中丸村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上中丸村後藤与兵衛・後藤惣助・後藤徳次郎。氷川社明治十六年御神燈に後藤勇次郎あり。四戸現存す。

三二 入間郡入間川町(狭山市) 八幡社明治四十二年碑に入間川町後藤作治郎・後藤吉五郎あり。

三三 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙順・後藤彦左衛門父。妙栄・後藤内方。妙円・後藤彦左衛門。妙経・後藤彦左衛門内。浄蓮・後藤彦左衛門・寅年八月。妙観・後藤彦左衛門・未年八月。伝信・後藤縫右衛門。経円・後藤惣左衛門・酉年二月」あり。一項、二項と同族か。

三四 高麗郡三ツ木村(鶴ヶ島市) 当村安永五年地蔵尊に三ツ木村後藤作兵衛母。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に三ツ木村後藤太四郎あり。二戸現存す。

三五 同郡栗坪村(日高市) 明治二十二年酒商後藤亀吉あり。二戸現存す。

三六 同郡梅原村(日高市) 明治二十二年飲食店後藤平兵衛・同後藤平松あり。一戸現存す。

三七 同郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に彫工後藤弁作藤原茂貞あり。現存無し。

三八 大里郡広瀬村(熊谷市) 文久元年秋山翁碑に後藤幸蔵・後藤安太郎・後藤勝次郎・後藤新吉。明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産協会発起人大里郡広瀬村後藤保太郎あり。三戸現存す。

三九 深谷町 呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷後藤鎌治あり。

四〇 本庄町 明治五年諸井文書に台町後藤忠蔵・後藤源太郎・准副戸長後藤安治郎。明治三十五年旅人宿後藤忠三・荒物商後藤才吉・菓子商後藤作次郎あり。后藤条参照。

四一 秩父郡大宮町 明治三年秩父神社々領飾職後藤辰五郎・五十歳。明治三十五年鉄葉職後藤滝蔵・後藤庄三郎あり。

四二 同郡横瀬村 明治十四年神輿寄付帳に六番耕地中郷後藤甚三郎(酒造業)あり。二戸現存す。 

四三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・後藤丈八・十一円・二十五円、川口町・後藤真・三百二十三円・百五十四円、後藤末吉・七十二円・六十七円、高麗村(日高市)・後藤平松・四十円、飯能町・後藤作次郎・二十四円・四十八円、小川町・後藤徳次郎・十円・三十三円、粕壁町・後藤幸次郎・百七十三円・百十九円、熊谷町・後藤友吉・三十三円、後藤五郎・三十三円」あり。

五藤 ゴトウ 浦和、大宮、上尾、春日部、幸手、狭山、日高等に存す。

伍藤 ゴトウ 寄居に存す。

后藤 ゴトウ 明治三十五年本庄町薬種商后藤半平あり。現存無し。

後東 ゴトウ 狭山に存す。

後等 ゴトウ 越谷に存す。

後登 ゴトウ 草加、三郷等に存す。

五島 ゴトウ 茨城県猿島郡猿島町三十一戸あり。ゴシマ参照。

一 関東郡代伊奈氏家臣 天明年間赤山陣屋屋敷図に「五島正貞・七反六畝歩」あり。

二 足立郡安行村(川口市) 明治三十五年足袋卸商五島栄次郎あり。

三 同郡袋村(吹上町) 野村玉松堂明治二年入門に飛新田・峯五郎倅五島貞蔵、明治四年入門に袋村峯五郎三男五島彦次郎あり。後藤氏二戸存す。

四 所沢町 明治三十五年荒物商五島金蔵。下新井村熊野社明治三十六年碑に所沢五島金太郎(下町)あり。

五 秩父郡河原沢村(小鹿野町) 三田川の歩みに「河原沢の五島氏は由緒ある旧姓なり」と見ゆ。一戸現存す。

五嶋 ゴトウ 各市町村に存す。岩手県胆沢郡胆沢町二十九戸あり。

五頭 ゴトウ 大宮に存す。茨城県土浦市二十八戸あり。

午頭 ゴトウ 浦和に存す。

郷頭 ゴトウ 川口に存す。

午堂 ゴドウ 吹上に存す。

後堂 ゴドウ 熊谷、東松山等に存す。

小藤田 コトウダ 浦和、八潮、所沢、富士見等に存す。千葉県安房郡鋸南町十六戸、袖ヶ浦市十五戸あり。

後藤田 ゴトウダ 大宮、新座、春日部、熊谷等に存す。

後燈明 ゴトウミョウ 川口に存す。

小徳 コトク 鳥取県境港市三十二戸。

古徳 コトク 浦和、春日部、草加、入間、川越、本庄等に存す。茨城県久慈郡金砂郷町八戸、那珂郡大宮町十一戸、鹿島郡神栖町二十六戸、つくば市二十七戸、鳥取県境港市三十戸。

小床 コトコ 秩父郡坂本村字小床(飯能市)あり、古の村名なり。

叓子 コトコ 深谷、美里等に存す。新潟県刈羽郡刈羽村六戸あり。

言後 コトゴ 飯能に存す。ゴンゴ参照。

殊才 コトサイ 宮代に存す。

来都路 コトジ 伊奈に存す。

事代堂 コトシロドウ 越谷に存す。

琴田 コトダ 川口、岩槻、草加、東松山等に存す。福島県田村郡大越町八戸あり。

小刀祢 コトネ 戸田、岩槻、三芳等に存す。

琴野 コトノ 浦和、狭山、毛呂山等に存す。

琴畑 コトハタ 川口、鳩ヶ谷、吉川等に存す。岩手県遠野市二十戸あり。

寿 コトブキ 大宮、上尾、幸手、草加、吉川、杉戸、川島、行田等に存す。

古富 コトミ 東松山に存す。

琴宮 コトミヤ 大宮に存す。

小友 コトモ 伊奈に存す。

琴屋 コトヤ 新座に存す。

琴寄 コトヨリ 埼玉郡琴寄村(大利根町)あり。蓮田、春日部、越谷、三郷、鷲宮、深谷、妻沼等に存す。栃木市二十二戸、足利市二十戸あり。

小鳥 コトリ 川口に存す。

小鳥居 コトリイ 川口、春日部等に存す。山梨県塩山市十三戸あり。

小名 コナ 浦和に存す。オナ参照。

粉奈 コナ 越谷、幸手等に存す。

小内 コナイ 川口、浦和、大宮、越谷、羽生、吹上、長瀞、横瀬等に存す。群馬県太田市九戸あり。オナイ参照。

五内川 ゴナイガワ 岩手県花巻市三十八戸あり。

粉名内 コナウチ 川口に存す。

小中 コナカ 各市町村に存す。青森県南津軽郡碇ヶ関村二十二戸、島根県隠岐郡西ノ島町十二戸あり。

子中 コナカ 葛飾郡下吉羽村子中七軒あり。香取社元治二年鳥居碑あり。

小仲 コナカ 大宮、所沢等に存す。

古中 コナカ 宮代に存す。

古仲 コナカ 浦和、上尾、草加に存す。

胡中 コナカ 越谷に存す。

湖中 コナカ 川島に存す。

顧中 コナカ 富士見に存す。

小長 コナガ 与野、春日部、所沢等に存す。

小永 コナガ 越谷に存す。

小中居 コナカイ 入間郡小中居村(川越市)あり。狭山に存す。

小長井 コナガイ 各市町村に存す。

小中沢 コナカザワ 山梨県韮崎市十五戸あり。

小中原 コナカハラ 栗橋、川越に存す。

小中谷 コナカヤ 大宮に存す。

小長谷 コナガヤ 各市町村に存す。コハセ参照。 

小中山 コナカヤマ 児玉党小中山氏はオナカヤマ条参照。

粉川 コナガワ 各市町村に存す。新潟県長岡市五十六戸あり。コガワ参照。

一 江戸の鋳物師粉川氏 新座郡大和田町普光明寺元禄五年銘に「新倉郡館江長勝院版鐘、江戸神田元乗物町粉河長三郎作」。大和田町観音堂元禄十四年鰐口銘に「大和田町向善寺観音堂、粉河丹後守作」。下宗岡村大日堂文政八年銘に鋳物師粉川市正藤原国信あり。新座郡出身か。

小名木 コナギ 川越に存す。

小名坂 コナサカ 川口、桶川、日高、秩父等に存す。オナサカ参照。

小梨 コナシ 戸田に存す。

小鍋 コナべ 川口、白岡、日高に存す。

小並 コナミ 浦和に存す。

小波 コナミ 春日部に存す。茨城県真壁郡関城町十一戸あり。

小南 コナミ 浦和に存す。

小納谷 コナヤ 川口、蓮田等に存す。

古名家 コナヤ 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣にて、明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十二石三人扶持・亡父新兵衛・古名家善蔵・三十九歳」。川越町御嶽社明治三十年碑に古名家蔵太郎あり。現存無し。

小成 コナリ 鳩ヶ谷、所沢等に存す。岩手県宮古市四十三戸あり。

児成 コナリ 川口に存す。

小縄 コナワ 新座に存す。

小苗代 コナワシロ 春日部に存す。

児新 コニイ 所沢に存す。

小丹枝 コニエダ 浦和に存す。

小仁熊 コニクマ 八潮、川越等に存す。

小西 コニシ 秩父郡古大滝村字小西は古の村名にて、平村慈光寺元禄八年棟札に秩父郡小西村と見ゆ。此氏は西日本の大姓なり。茨城県西茨城郡友部町十二戸、長野県南安曇郡豊科町二十二戸、新潟県北魚沼郡川口町十九戸、守門村十五戸、長岡市四十五戸、青森県八戸市六十八戸、島根県松江市四十戸、鳥取県米子市五十戸あり。 

一 忍城士の小西氏 成田分限帳に「百五十石・小西久左衛門」あり。

二 松山城士の小西氏 天正庚寅松山合戦図に「黒岩・長谷・田甲方面城方・小西太助」あり。

三 鉢形城士の小西氏 鉢形分限帳に「本国摂州岡部・寄居住・小西主水、本国武州秩父・小西伊右衛門」。深谷記に「天正十年神流川合戦の時、鉢形衆小西右馬介」。鉢形落城後定住鏡に「天正年中鉢形落城後、慶安四年定住、榛沢郡寄居住小西主水」と見ゆ。寄居に屋敷を構えていた寄居十六騎の内なり。摂津国に岡部の地名は無し。伊右衛門は秩父郡小西村より起る在名なり。

四 榛沢郡寄居町 前項の小西主水の後裔にて子孫は大地主なり。小川町八宮社文化頃寄進碑に寄居町小西藤次郎。極楽寺文化八年常夜燈に小西半左衛門、文政十一年常夜燈に小西藤兵衛、万延元年水鉢に寄居十七軒町小西藤兵衛・小西留吉・江戸木挽町小西惣兵衛、文久三年玉垣碑に寄居中町小西安太郎。明治三十五年絹商小西半之助・農業小西安太郎・農業小西篠次郎あり。五戸現存す。

五 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村小西利吉あり。二戸現存す。

六 深谷町 深谷町会議員に質商小西久作・慶応元年生、荒物商小西福造・明治三十一年生あり。現存無し。

七 志木町 慶応元年引又町小西藤吉。敷島社明治五年御神燈に引又町小西為吉あり。一戸現存す。

八 岩槻町 久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町小西万治郎。麦塚村女体神社明治二十一年御神燈に岩槻町市宿小西熊次郎。明治三十五年材木商小西丑松あり。四戸現存す。

九 秩父郡贄川村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。一戸現存す。

一〇 同郡金沢村(皆野町) 当村に此氏の旧家あり。一戸現存す。

一一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・小西幸三郎・百三十六円・百三十七円、岩槻町・小西丑松・四十九円、粕壁町・小西由蔵・七十一円・八十四円、栗橋町・小西重太郎・五十五円、羽生町・小西慶之助・二十五円・四十七円、深谷町・小西福蔵・十円・二十一円、寄居町・小西篠太郎・十円・三十三円、小西周三郎・十円、小原村(江南町)・小西喜三郎・二十一円」あり。

古西 コニシ 浦和、新座、春日部、草加、宮代、所沢、大井等に存す。千葉県匝瑳郡光町八戸、山梨県大月市九戸あり。

木西 コニシ 大宮に存す。キサイ参照。

小仁所 コニショ 川口、川越等に存す。茨城県新治郡八郷町九戸あり。

古仁所 コニショ 茨城県土浦市十七戸あり。

小二田 コニタ 熊谷、吹上等に存す。

小仁田 コニタ 三郷に存す。群馬県邑楽郡邑楽町七戸あり。

小荷田 コニタ 新座郡志木町字小荷田あり。浦和、草加、三郷、鷲宮等に存す。群馬県邑楽郡板倉町十一戸、栃木県下都賀郡岩舟町十戸あり。

小抜 コヌキ 川口に存す。オヌキ参照。

小貫 コヌキ 各市町村に存す。オヌキ参照。

古主 コヌシ 川越に存す。

古怒田 コヌタ 志木、越谷、八潮等に存す。

小沼 コヌマ 入間郡小沼村(坂戸市)あり。行田市桜町一丁目の忍川に小沼橋あり、成田記に「長野口とは、今の下町と桜町の間の小沼橋際を云う」と。小名小沼は、葛飾郡下内川村、中里村、神間村、川藤村、埼玉郡長宮村、増長村、上手子林村、下手子林村、荻島村、平林寺村、馬込村、幡羅郡太田村等にあり。群馬県勢多郡新里村十四戸、邑楽郡大泉町十四戸、太田市二十四戸、前橋市四十戸、栃木県足利市三十戸、福島県いわき市六十三戸、青森県西津軽郡鯵ヶ沢町十三戸あり。オヌマ参照。

一 河原党小沼氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月着座面々・小沼八郎次、是は河原太郎の武家法令也」と見ゆ。上之村住人か。

二 忍城士の小沼氏 成田分限帳に「加勢侍・百貫文・本国武蔵・軍学達人・小沼近江、二十貫文・小沼但馬」あり。上之村住人か。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「鉄砲車台師・五両二人扶持・小沼善太郎」あり。

四 葛飾郡並塚村(杉戸町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に並塚村小沼七兵衛あり。四戸現存す。

五 同郡中野村(幸手市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流葛飾郡中野村小沼左平あり。現存無し。

六 同郡平須賀村(幸手市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流平須賀村小沼政吉。香取社明治三十九年狛犬に小沼国次郎・小沼文吉・小沼栄吉・小沼要四郎・小沼磯次郎・小沼作四郎・小沼源助あり。七戸存す。

七 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に下谷小沼松蔵、明治三十九年碑に小沼武助あり。一戸現存す。

八 埼玉郡菖蒲町 菖蒲神社安政二年水鉢に小沼銀蔵。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業戸ヶ崎村小沼徳兵衛あり。二戸現存す。

九 同郡中種足村(騎西町) 泉蔵院享保五年地蔵尊に小沼馬之助あり。現存無し。

一〇 同郡上高柳村(騎西町) 小沼家前元禄十二年庚申塔に小沼源兵衛・小沼甚兵衛。諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中・小沼安兵衛・小沼勘蔵・小沼万吉・小沼重五郎・小沼甚兵衛あり。八戸現存す。

一一 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社天保九年碑に小沼十兵衛、安政七年仙元碑に小沼清太郎・小沼初太郎・小沼亀次郎、万延元年絵馬に金塚両組小沼清太郎、明治五年絵馬に小沼小左衛門あり。五戸現存す。

一二 同郡上之村(熊谷市) 成田誌に「上之村の上宿・辻通・中宿三ヶ所にて、寛永年中は家数三十軒、その内に小沼家五軒なり。寛永二年名主重五郎」。当村は正保年間三千七百石余、文化年間二百五十軒の大村なり。小沼氏も多く存す。行田史譚に「上之村。寛永年中名主小沼十五郎、享保六年名主小沼十五郎」。名主小沼十五郎保道は文化七年に成田記を著す。代村八幡社弘化四年伊勢講碑に上之村小沼藤三郎。明治三年上組名主小沼吉之助。明治十二年総代人小沼金次郎あり。十六戸現存す。 

一三 入間郡大久保村(富士見市) 南畑村之沿革史に「大久保村の小沼氏は、寛文承応の頃は古沼と称したりしが、寛政の頃に至りて小沼と改めしなり」と見ゆ。二戸現存す。

一四 同郡川越町 三芳野名勝図会に「川越袋町長久山本応寺延宝三年鐘銘に冶工小沼二郎左衛門尉藤原重政、小沼播磨守藤原正求あり」と。

一五 高麗郡下広谷村(川越市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

一六 松山町 明治三十五年米穀商小沼慶次郎あり。オヌマ氏二戸現存す。

一七 幡羅郡下増田村(熊谷市) 明治九年副戸長小沼安二・文政元年生。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流増田村小沼忠三郎あり。十三戸現存す。

一八 本庄町 明治三十五年煙草商小沼安五郎・醤油商小沼紋次郎あり。

一九 賀美郡七本木村(上里町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州賀美郡四谷村小沼佐金吾・小沼国八.。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流七本木村小沼金弥あり。八戸現存す。

二〇 同郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に小沼秀雄。明治四年山下文書に石神村小沼徳三郎・小沼十三あり。三戸現存す。

二一 雑載 昭和三年興信録・所得税に「神根村(川口市)・小沼佐吉・十五円、別府村(熊谷市)・小沼直吉・三十九円、妻沼町・小沼麗三・十五円」あり。

戸沼 コヌマ 新座郡館村旧記(志木市)に「永禄四年館村柏城落城す。城主大石信濃守郎従に戸沼等あり」と見ゆ。小沼に同じ。現存無し。

古沼 コヌマ 川口、蓮田、加須、草加、大利根、飯能等に存す。

小沼野 コヌマノ 川口、大宮に存す。

小塗 コヌリ 浦和に存す。

小根 コネ 熊谷に存す。オネ参照。

古根川 コネガワ 三郷に存す。

古根村 コネムラ 川口、浦和等に存す。

小根山 コネヤマ 秩父、長瀞等に存す。

古野 コノ 所沢に存す。フルノ参照。

小能伊 コノイ 新座に存す。

五ノ井 ゴノイ 各市町村に存す。福島県大沼郡金山町十六戸、会津若松市四十一戸あり。

五野井 ゴノイ 浦和、草加、所沢等に存す。

小能 コノウ 高麗郡飯能村に此氏多く存す。入間郡塚越村住吉神社貞享三年文書に飯能村聖天社神主小能志摩。私塾師匠神官小能志摩吉治・明治五年没。北野新田吉祥院明和六年千部供養塔に飯能村小能伊兵衛。相州大山阿夫利神社下社嘉永四年御神燈に飯能町織物商講中小能伊兵衛。秩父屋小能庄八郎は糸・銘仙の売買で財を成し、元治元年没。秩父屋八代目小能伊之八光慶・俳号画山亭古農・嘉永五年没。其子俊三なり。文久三年双木文書に「飯能村名主小能俊三、祖父小能庄八郎・九十二歳」。明治十四年織物商小能政吉・洋糸商小能正三・菓子商小能貞次郎・小能俊三・小能吉蔵。明治三十五年呉服商小能寅吉。県会議員糸類商小能正三・安政元年生。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年銀行員小能五郎・明治二年生・国税六百三十円・県下百二十八位、大正十四年小能五郎・国税二千百九十円・県下五十七位。昭和三年興信録に小能五郎・所得税千二百六十二円あり。

此上 コノウエ 入間、行田等に存す。

五野上 ゴノウエ 

一 秩父郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に皆野村五野上龍作あり。一戸現存す。

二 同郡太田村(秩父市) 寛保三年香具仲間連名帳に太田村五野上柳作・五野上杢次郎・五野上七郎平。薬師堂安永二年鐘銘に世話人五野上磯八・五野上七郎兵衛。国神神社明治三十四年碑に太田・五ノ上仁吉あり。十一戸現存す。

三 同郡小柱村(秩父市) 寛保三年香具仲間連名帳に小柱村五野上元次郎。国神神社明治三十四年碑に小柱・五ノ上兼太郎・五ノ上美市あり。四戸現存す。

木衛 コノエ 浦和に存す。

近衛 コノエ 春日部、三郷等に存す。

此永 コノエ 吉川に存す。

此枝 コノエ 与野に存す。

木尾 コノオ 川越に存す。 

五上 ゴノカミ 足立郡今羽村(大宮市)に二戸現存す。明治九年副戸長五上忠七・天保元年生。氷川社明治三十一年水鉢に五上勝太郎、明治三十九年碑に五上平三郎、明治四十三年碑に五上国太郎あり。

後守 ゴノカミ 秩父郡山田村(秩父市)恒持神社明治四十三年碑に中組後守友吉あり。一戸現存す。

護守 ゴノカミ 

一 秩父郡安戸村(東秩父村) 成福寺明和三年供養塔に護守五郎衛門。青山村万延元年百庚申に安戸村護守吉五郎・護守忠五郎。能気神社明治二十九年碑に能気社々掌護守定次郎・大河原村護守幸次郎・護守岩五郎。御堂村大霊神社明治中期碑に護守重太郎、明治四十一年碑に大河原村護守久蔵あり。十戸現存す。

二 小川町 昭和三年興信録に護守吉平・所得税七十六円・営業税七十八円あり。一戸現存す。

五ノ上 ゴノカミ 大井に存す。

五ノ神 ゴノカミ 入間郡石田本郷と谷中村の間に五ノ神と云ふ村の飛地ありと。石田本郷字五ノ町か。

此川 コノカワ 用土村明治十三年仙元碑に幡羅郡女沼村此川金五郎あり。現存無し。 

此木 コノキ 上尾、熊谷、所沢に存す。

此口 コノクチ 吹上に存す。

小ノ沢 コノサワ 川越に存す。

五之治 ゴノジ 栗橋に存す。

此島 コノシマ 春日部、越谷、入間等に存す。

五ノ坪 ゴノツボ 男衾郡西ノ入村字五ノ坪(寄居町)は古の村名なり。戸田に存す。

木平 コノヒラ 熊谷に存す。

五戸 ゴノへ 新座、越谷等に存す。青森県八戸市九十二戸、青森市五十三戸あり。

木間 コノマ 川口、浦和、志木、和光、越谷、草加、川越、富士見等に存す。新潟県栃尾市四十戸あり。キマ参照。

此間 コノマ 賀美郡石神村(上里町)安盛寺寛政九年庚申塔に当所此間吉十郎。石神社文久元年御神燈に此間勝弥あり。現存無し。

小野間 コノマ 新座に存す。

許斐 コノミ 川口、大宮、新座、鶴ヶ島等に存す。

此見 コノミ 庄和に存す。

此村 コノムラ 浦和に存す。

木本 コノモト 浦和に存す。キモト参照。

此本 コノモト 越谷、飯能等に存す。

小羽 コバ 川越に存す。

小波 コバ 春日部、所沢等に存す。

小場 コバ 川口、浦和、大宮に存す。

木場 コバ 各市町村に存す。キバ参照。

古場 コバ 各市町村に存す。

木庭 コバ 各市町村に存す。キバ参照。

木葉 コバ 狭山に存す。キバ参照。

小八重 コハエ 越谷、狭山、川越等に存す。

小萩 コハギ 戸田に存す。

小白 コハク 入間、上福岡、行田等に存す。コシロ参照。

古波倉 コバクラ 鳩ヶ谷に存す。

古波蔵 コバクラ 大宮、三芳等に存す。

小迫 コハコ 浦和に存す。

小箱 コハコ 新座に存す。

小橋 コハシ 埼玉郡千駄野村字小橋、谷之郷字小橋、足立郡道場村字小橋、入間郡中野村字小橋、比企郡新堀村字小橋あり。各市町村に存す。茨城県那珂郡大宮町四十三戸、東茨城郡茨城町三十二戸、鹿島郡旭町二十戸、長野県下水内郡豊田村四十八戸、青森県三戸郡福地村三十二戸あり。

児橋 コハシ 草加に存す。

小橋川 コハシガワ 浦和、蓮田、伊奈、本庄、都幾川等に存す。 

小橋口 コハシクチ 蓮田、鷲宮に存す。

小走 コバシリ 所沢に存す。

虎走 コバシリ 三郷、嵐山等に存す。

小波瀬 コハセ 榛沢郡小和瀬村(本庄市)は松陰私語に小波瀬村と見ゆ。コワセ参照。

小早瀬 コハセ 鴻巣に存す。コワセ参照。

小長谷 コハセ 千葉県海上郡海上町三十戸あり。甲斐国造小長谷直の子孫は強瀬と称す。コワセ参照。

一 埼玉郡内田ヶ谷村(騎西町) 大福寺板碑に「文永四年五月、小長谷守□」の銘あり。現存無し。

二 足立郡中平塚村(草加市) 白岡村八幡社嘉永七年略縁起に中平塚村小長谷義公あり。現存無し。

三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御馬廻・五十石四人扶持・小長谷作之進」あり。

小長谷部 コハセベ 武烈天皇の御子代部にて小泊瀬部とも記す。

一 下総国葛飾郡大島郷養老五年戸籍に「戸主孔王部猪の母小長谷部椋売」と見ゆ。アナホベ参照。

二 太政官符宝亀三年十二月十九日に「外大初位下小長谷部広麻呂を勘□するに申して云く、実に常に朝廷幣帛を班ち奉る社なり。武蔵国の幣帛に預かる社四処、多摩郡小野社、加美郡今城青八坂稲実社、横見郡高負比古社、入間郡出雲伊波比社てえり」と見ゆ。神主か。

小端 コハタ 所沢に存す。オバタ参照。

小幡 コハタ 浦和、上尾、鴻巣、与野、三芳、深谷等に存す。オバタ参照。

木幡 コハタ 各市町村に存す。福島県相馬郡小高町二十八戸、飯舘村十二戸、いわき市二十九戸、原町市七十四戸あり。キバタ、コワタ参照。

小畑 コハタ 秩父郡御堂村字小畑あり、浄蓮寺安政二年寄進帳に小畑山崎金五郎と見え、小幡(おばた)条にて山崎氏は児玉党小幡氏の後裔かと記載したが私の誤りである。児玉党には無関係で小名小畑住人の意味なり。オバタ参照。浦和、大宮、春日部、越谷、三郷、狭山等に存す。群馬県前橋市六十戸あり。

古畑 コハタ 草加に存す。長野県大町市十七戸あり。フルハタ参照。

小畠 コハタ 各市町村に存す。千葉県鴨川市十四戸あり。オバタ参照。

木場田 コバタ 浦和に存す。

小鉢 コハチ 日高、三芳等に存す。

小波津 コハツ 北本、東松山等に存す。

古波津 コハツ 鶴ヶ島に存す。

小花 コバナ 大宮、上尾、鴻巣、菖蒲、入間、幸手等に存す。オバナ参照。

小塙 コバナ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡市貝町二十四戸、益子町十戸、茨城県西茨城郡岩瀬町十三戸、東茨城郡小川町十四戸あり。

小華和 コバナワ 川越に存す。

小花輪 コバナワ 秩父郡小森村字小花輪あり。

小花和 コバナワ 荏原郡大森村字小花和あり、小場縄とも記す。小田原役帳に六郷内小花和と見ゆ。大田区大森東三丁目にある。 

庁鼻和 コバナワ 幡羅郡国済寺村(深谷市)の古名にて、国済寺明徳四年縁起に幡羅郡庁鼻祖郷(こばなわ)と見ゆ。文保頃の成田左衛門尉跡・幡羅郡庁鼻和両名と。日光輪王寺応永三年大般若経に幡羅郡西庁鼻和柴前と見ゆ。チョウノハナ参照。

一 私市党庁鼻和氏  幡羅郡庁鼻和郷より起る。吾妻鑑卷九に「文治五年七月十九日、頼朝奥州進発随兵に高鼻和太郎」。卷四十に「建長二年三月一日、庁鼻和左衛門が跡」と見ゆ。

二 荏原郡の高鼻和氏 品川駅前の港区高輪(たかなわ)あり、風土記稿高輪町条に「或る書に、高輪、或は高鼻和、高名輪と書し、又高縄、高畷に作る。東鑑文治五年七月十九日の条に『奥州御征伐候御供輩、高鼻和太郎』云々と載たるは、当所の人なるべし」と見ゆ。建長二年の庁鼻和左衛門も一本に高鼻和とあり。是等はコバナワと読み、高輪(たかなわ)氏では無い。

三 播磨国の庁鼻和氏 幡羅郡の庁鼻和氏は承久乱の勲功により下揖保庄(兵庫県龍野市)を賜り移住す。弘安六年八月越前島津文書に「播磨国揖保郡下揖保庄地頭高鼻和左衛門尉有景所領也・元仁元年宛賜有景関東御下文、仁治三年有景女子越後局法名仏如に譲る、弘安二年越後局嫡子左衛門尉忠行に譲る、其子両輩三郎行景・六郎忠幹、相続す」。正応四年文書に「亡父島津左衛門忠行建治二年譲状により、惟宗行景領地播磨国下揖保庄半分地頭職となす」と見ゆ。有景は吾妻鑑の庁鼻和左衛門と同人なり。有景の息女越後局が越前守護代島津忠綱(忠久の弟)に嫁して、其子島津忠行が相続す。島津文書に「建武三年三月、下揖保庄地頭島津周防五郎三郎忠兼の若党高鼻和三郎太郎」。海老名文書に「建武三年十一月、揖保郡鵤楽々山合戦軍忠、高鼻和平五・所見及び也」と。太平記卷三十六に「康安元年、山名伊豆守時氏が執事小林民部丞重長、播磨と美作との境の赤松則祐が籠めたる城を二千余騎にて攻め上る」とあり。重長の代官に庁鼻和次郎左衛門尉あり。

四 上杉氏族庁鼻和氏 常陸国真壁郡に深谷氏多く現存し、此地出身の本名深谷憲英は上杉憲顕の名跡を継承して上杉氏を名乗り、幡羅郡庁鼻郷に居住して、自己の苗字深谷を名付けて深谷庄と唱へ、子孫は在名庁鼻和氏を称す。上杉系図に「上杉民部大輔憲顕―上杉蔵人太夫憲英(庁鼻和祖、号国済寺)―上杉固庁鼻和左馬助憲光―上杉右馬助憲信(号固庁鼻和入道性順)―上杉三郎房憲」と。鎌倉大草紙に「永享十年、上杉憲実・同修理大夫持朝・同名庁鼻性順」。簗田家譜に「簗田河内守持助(関宿城主、文明十四年卒)―女子(庁鼻和室)」と。武家事紀に「足利成氏は、享徳四年正月以来の関東戦乱の状況を三条実雅に報ず。上椙八郎・同庁鼻和六郎・同七郎・長尾左衛門入道以下武州上州一揆等、武州崎西郡に相集、去年十二月三日、同六日致軍戦」と、古河公方足利氏と戦う。常陸国芹沢文書に「足利成氏は、上杉庁鼻和四郎を疵養生の為に、外科医芹沢土佐守範幹に下向せしむ」と、上杉顕定書状に「明応五年七月二十四日、古河公方足利政氏警固の為に、庁鼻和三郎・同蔵人大夫・上州一揆等は出陣す」と見ゆ。是等は古河公方の味方なり。上杉、深谷条参照。

小幅 コハバ 川口に存す。長野県塩尻市十六戸あり。

小浜 コハマ 賀美郡小浜村(神川町)あり。北条氏邦印判状に「永禄元年、こはまのうちきたやつ・す川やしき五くわん五百文之地」と見ゆ、小浜村に須川氏存す。今はオハマと称す。埼玉郡小浜村(加須市)あり。青森県下北郡大間町二十七戸あり。

一 鉢形城士の小浜氏 鉢形分限帳に「本国小浜・小浜善九郎」あり。近江国野洲郡小浜庄(守山市)出身か。

二 埼玉郡鹿室村(岩槻市) 宝国寺正徳二年供養塔に鹿室村小浜仗右衛門あり。現存無し。

三 川越町 明治三十五年提灯屋小浜寅次郎あり。現存無し。

小濱 コハマ 戸田、岩槻、春日部、松伏、鳩山等に存す。

古浜 コハマ 幸手に存す。

湖浜 コハマ 所沢に存す。

小浜田 コハマダ 大宮に存す。 

小早川 コバヤカワ 千葉県安房郡鋸南町二十五戸、島根県仁多郡横田町二十二戸、鳥取県西伯郡会見町九戸あり。

一 忍城士の小早川氏 成田分限帳に「四十五貫文・小早川監物」あり。

二 葛飾郡土場村(吉川市) 足立区花畑大鷲神社天保四年算額に土場村小早川長左衛門敏福・小早川大助季弘あり。両人は土場村年寄役を勤める。現存無し。

三 同郡松伏村 松伏神社安政五年狛犬に小早河茂兵衛あり。一戸現存す。

四 埼玉郡西袋村(八潮市) 氷川社嘉永七年御神燈に西袋村小早川長右衛門・小早川佐兵衛、走袋組小早川伊兵衛・小早川忠右衛門・小早川大助・小早川佐右衛門・小早川友七・小早川吉五郎。安政五年水神宮に小早川佐兵衛・小早川伊兵衛・小早川長右衛門・小早川市五郎。明治九年副戸長小早川長右衛門・文政九年生。氷川社明治十九年絵馬に西袋村・小早川作蔵・小早川午之丞・小早川新太郎・小早川兼吉・小早川友七・小早川利右衛門・小早川勝五郎・小早川岩次郎、明治三十年絵馬に西袋小早川石蔵。明治三十年人名録に小早川作蔵・弘化元年生・地租二十二円、小早川午之丞・天保九年生・地租十七円、小早川岩次郎・天保四年生・地租十七円。昭和三年興信録に八幡村・小早川清吉・所得税九円・営業税四十二円あり。

五 同郡平方村(越谷市) 当村に此氏多く存す。浅間社天保六年小御嶽碑に小早川甚五右衛門。白川家門人帳に明治元年・埼玉郡平方村稲荷大神々主小早川右門。明治十九年上間久里村連合に小早川源右衛門・小早川繁次郎・小早川次郎右衛門・小早川源助・小早川久次郎・小早川米吉・小早川勘七・小早川幸右衛門。明治三十年人名録に小早川定吉・嘉永二年生・地租二十七円、呉服荒物米穀商小早川庄吉・慶応二年生・反別二町一反歩・地租十七円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡平方村戸ヶ崎小早川徳太郎あり。

六 草加町 市神祠官筆学入門控に安政三年船ノ惣蔵養子小早川政五郎、文久二年船ノ惣蔵もらひ子小早川吉太郎、明治七年船ノ惣蔵・小早川徳次郎。明治二年二丁目(南草加村)花岡屋小早川巳之助。明治三十五年料理店越後屋小早川ヨネあり。

小林 コバヤシ 和名抄に拝師郷、拝志郷は波也之(はやし)、波以之(はいし)と註し、林郷は西国に多く、東国には無い。小林郷は東国に多く、但し和名抄には見えず。河内国志紀郡拝志郷(大阪府藤井寺市)に式内社の伴林氏(ともばやしうじ)神社あり。平城京出土木簡銘に志紀郡少林郷と見ゆ。拝志郷は別名小林郷と称している。小は胡(こ)の佳字で、エビス(胡、蕃)の転訛である。蕃(えびす)はバン(伴)と書き、伴林氏はエビス(百済人)の林族である。伴(とも)を大伴氏に連想して、大伴室屋の長子御物宿祢の後裔と称すは附会なり。百済族蘇我氏の祖である武内宿祢の後裔とも称す。また、姓氏録・河内諸蕃に「林連、百済国直支王より出づる也」。左京諸蕃に「林連、百済国人木貴公の後也」。摂津諸蕃に「林史、林連と同祖、百済国人木貴の後也」。右京諸蕃に「林、林連と同祖、百済国人木貴の後也」。右京諸蕃に「大石林、林連と同祖、百済国人木貴の後也」と見ゆ。藤井寺の地は百済族葛井連(ふじいのむらじ)の居住地にて、林郷(別名胡林郷)は百済人林族の居住地なり。古代氏族系譜集成に「武蔵国造、伴直(林、武蔵人)」と見ゆ。武蔵国の林氏を管理したのは国造の大伴直(おおとものあたえ)であると云う。但し、武蔵国造は大伴氏では無く、当国に林氏は少ない。是は伴林(ばんばやし)で蕃林のこと。即ち武蔵国の小林族を管理したのは武蔵国造の伴直(ばんのあたえ)である。上野国緑野郡小林郷は武蔵国賀美郡阿久津村(今の肥土村)の辺までを唱える。神奈川県佐藤文書に「武州小林之内阿久津并落合之事、同州毘沙土之事、右依為旧領、小幡縫殿助殿、勝頼花押」と見ゆ。足立郡小敷谷村枝郷小林村(上尾市)、埼玉郡新方領小林村(越谷市)はコバヤシと註す。埼玉郡菖蒲領小林村(菖蒲町)はオバヤシと註す。また、足立郡平方村字小林、埼玉郡埼玉村字小林浦、入間郡上谷村字小林、荻原村字小林、比企郡野田村字小林、遠山村字小林、男衾郡畠山村字小林、秩父郡大野村字小林、金尾村字小林あり。此氏は武蔵国大里郡及び其の近郷男衾・幡羅・榛沢郡、埼玉郡太田庄に多く存す。田は郡県・村の意味で大ノ国(後の百済)の渡来人集落を大里、大田と唱える。大、大里、大田条参照。関東甲信越に多く存し、会津以北の奥州には少ない。○群馬県利根郡月夜野町四十八戸、川場村七十戸、白沢村六十八戸、利根村百六十戸、新治村五十二戸、吾妻郡吾妻町百三十戸、草津町五十五戸、中之条町百戸、長野原町六十四戸、嬬恋村五十八戸、北群馬郡吉岡町九十五戸、榛東村七十四戸、群馬郡群馬町八十戸、榛名町八十戸、箕郷町六十戸、勢多郡北橘村五十戸、大胡町六十戸、粕川村五十戸、富士見村百戸、黒保根村四十八戸、新里村六十五戸、碓氷郡松井田町九十七戸、多野郡吉井町百六戸、新町六十二戸、山田郡大間々町百三十五戸、新田郡笠懸町百三十戸、藪塚本町百戸、尾島町五十五戸、新田町百三十戸、邑楽郡板倉町百四十戸、邑楽町百六十戸、大泉町百七十戸、千代田町六十戸、明和町四十戸、佐波郡赤堀町六十戸、境町百八十戸、玉村町百六十戸、東村六十戸、沼田市三百戸、渋川市二百七十戸、富岡市百七十戸、安中市二百戸、藤岡市三百戸、桐生市五百五十戸、太田市七百六十戸、館林市三百四十戸、伊勢崎市五百戸、高崎市七百五十戸、前橋市千戸。○栃木県那須郡那須町六十戸、西那須野町百十戸、烏山町六十四戸、馬頭町四十戸、塩谷郡氏家町百十戸、高根沢町百四十戸、河内郡上河内町八十五戸、河内町百戸、上三川町五十戸、南河内町四十七戸、芳賀郡芳賀町百九十戸、市貝町八十二戸、二宮町五十戸、益子町六十戸、茂木町二百戸、下都賀郡岩舟町九十戸、大平町百三十戸、藤岡町五十三戸、壬生町八十戸、石橋町八十戸、野木町七十戸、安蘇郡田沼町七十戸、大田原市百六十戸、今市市百二十戸、鹿沼市三百戸、栃木市百九十戸、真岡市百三十戸、小山市四百三十戸、佐野市三百四十戸、足利市九百戸。○茨城県久慈郡金砂郷町六十二戸、水府村七十戸、大子町五十三戸、那珂郡大宮町百八十戸、山方町四十三戸、那珂町二百戸、東海村百戸、東茨城郡前山村六十二戸、茨城町八十戸、大洗町四十戸、常北町四十六戸、桂村百十戸、小川町五十戸、美野里町百三十戸、西茨城郡岩瀬町七十戸、友部町六十二戸、鹿島郡神栖町七十戸、波崎町五十二戸、鉾田町四十戸、新治郡千代田町四十戸、八郷町八十五戸、稲敷郡阿見町百戸、江戸崎町六十戸、茎崎町四十五戸、北相馬郡藤代町八十五戸、守谷町九十戸、真壁郡真壁町七十戸、結城郡八千代町五十戸、石下町百戸、筑波郡伊奈町五十戸、猿島郡境町六十三戸、三和町百五十戸、総和町百五戸、北茨城市百五十戸、日立市七百戸、常陸太田市百六十戸、ひたちなか市三百二十戸、水戸市九百戸、石岡市百十戸、牛久市百八十戸、つくば市二百五十戸、土浦市三百戸、取手市百七十戸、龍ヶ崎市百六十戸、下館市百三十戸、結城市百六十戸、岩井市二百八十戸、水海道市二百戸、古河市二百十戸。○千葉県海上郡飯岡町四十四戸、香取郡小見川町九十戸、東庄町四十三戸、印旛郡栄町四十三戸、富里町六十七戸、旭市百二十戸、佐原市百戸、銚子市二百二十戸、成田市百四十戸、市原市三百戸、木更津市百七十戸、君津市百二十戸、館山市百三十戸。○山梨県東八代郡石和町百五十七戸、一宮町六十七戸、中道町百十戸、御坂町六十五戸、八代町四十八戸、境川村四十七戸、西八代郡市川大門町百二十五戸、下部町二百二十七戸、三珠町四十八戸、六郷町百六戸、中巨摩郡櫛形町百六十八戸、敷島町百六十戸、昭和町七十五戸、白根町百戸、田富町百四十戸、玉穂町六十戸、竜王町二百戸、若草町四十戸、北巨摩郡小淵沢町八十戸、須玉町八十三戸、高根町七十戸、長坂町百四十四戸、白州町九十戸、双葉町六十三戸、武川村四十四戸、南都留郡河口湖町百三十戸、西桂村四十八戸、勝山村五十八戸、鳴沢村百四十戸、北都留郡上野原町五十戸、塩山市百七戸、韮崎市二百三十戸、山梨市百六十戸、富士吉田市二百戸、大月市五百四十戸、都留市三百九十戸、甲府市千二百戸。○長野県下高井郡山ノ内町二百六戸、木島平村百十六戸、上高井郡小布施町二百四十戸、高山村六十四戸、上水内郡信濃町三百戸、信州新町六十戸、豊野町九十戸、小川村八十四戸、三水村百三戸、戸隠村八十六戸、中条村六十六戸、牟礼村八十戸、埴科郡戸倉町百二十七戸、坂城町百二十四戸、小県郡真田町百十戸、東部町四百六十戸、長門町六十戸、丸子町百六十四戸、青木村七十七戸、和田村四十戸、北佐久郡北御牧村九十二戸、軽井沢町二百四十戸、立科町九十四戸、御代田町九十戸、望月町百八十戸、浅科村八十三戸、南佐久郡臼田町二百二十戸、佐久町百三十戸、八千穂村五十戸、東筑摩郡明科町百二十戸、波田町九十戸、朝日村五十五戸、山形村六十六戸、南安曇郡豊科町百六十四戸、穂高町二百七十六戸、堀金村五十七戸、三郷村九十二戸、北安曇郡池田町九十二戸、松川村五十戸、諏訪郡下諏訪町百六十五戸、富士見町六百戸、原村百五十五戸、上伊那郡辰野町百三十戸、飯島町百五十七戸、箕輪町百七十三戸、南箕輪村五十二戸、宮田村六十六戸、下伊那郡阿南町百三十戸、中野市千戸、飯山市四百戸、更埴市二百九十戸、須坂市六百五十戸、上田市千六十戸、小諸市九百二十戸、佐久市千戸、松本市千五十戸、塩尻市三百二十戸、岡谷市二百八十戸、諏訪市二百七十戸、茅野市三百八十戸、伊那市二百八十戸、駒ヶ根市二百四十戸、飯田市四百二十戸、大町市二百二十戸。○新潟県岩船郡荒川町七十三戸、山北町四十二戸、北蒲原郡紫雲寺町七十七戸、聖籠町八十七戸、中条町百二十戸、水原町百二十戸、京ヶ瀬村八十七戸、笹神村五十四戸、中蒲原郡小須戸町四十八戸、村松町五十四戸、亀田町百四十六戸、西蒲原郡里埼町二百二十戸、月潟村四十八戸、中之口村八十戸、西川町百三十戸、分水町百五十戸、巻町二百六十七戸、吉田町百八十戸、岩室村六十七戸、潟東村百四十戸、弥彦村六十七戸、南蒲原郡栄町百三十七戸、田上町百二十三戸、下田村七十八戸、中之島町五十八戸、三島郡出雲崎町八十六戸、越路町百三十七戸、寺泊町八十四戸、三島町九十戸、与板町八十四戸、和島村六十七戸、刈羽郡小国町五十七戸、西山町五十三戸、刈羽村九十八戸、中魚沼郡川西町九十六戸、津南町六十三戸、南魚沼郡塩沢町百四十七戸、六日町百十戸、大和町四十戸、中頸城郡板倉町百四十戸、柿崎町八十三戸、妙高高原町四十三戸、西頸城郡能生町六十戸、村上市百戸、新発田市三百戸、新津市三百七十戸、白根市三百三十戸、豊栄市三百二十戸、三条市六百戸、加茂市二百戸、燕市三百二十戸、長岡市千三百戸、小千谷市百六十戸、栃尾市百九十戸、見附市三百戸、柏崎市六百七十戸。○福島県石川郡石川町五十戸、玉川村八十七戸、東白川郡棚倉町四十八戸、西白河郡矢吹町九十五戸、泉崎村七十二戸、岩瀬郡鏡石町五十戸、長沼町五十戸、相馬郡鹿島町四十三戸、大沼郡会津高田町百三十四戸、河沼郡会津坂下町九十五戸、河東町五十五戸、湯川村四十戸、耶麻郡猪苗代町八十四戸、高郷村四十二戸、いわき市五百八十戸、白河市百五十戸、須賀川市二百十戸、郡山市五百戸、原町市百三十戸、会津若松市五百六十戸、福島市三百六十戸。○宮城県柴田郡柴田町六十二戸、名取市百十戸、岩沼市百二十戸。○岩手県上閉伊郡大槌町六十五戸、下閉伊郡山田町七十八戸、九戸郡軽米町七十戸、岩手郡滝沢村五十五戸、宮古市百二十戸。○青森県上北郡七戸町四十三戸、南津軽郡平賀町五十戸、八戸市百九十戸、弘前市二百三十戸、青森市二百五十戸。○島根県大原郡木次町六十戸、能義郡広瀬町四十戸、松江市百九十戸。○鳥取県岩美郡国府町四十戸、八頭郡河原町四十五戸、八東町六十八戸、智頭町六十六戸、気高郡青谷町四十戸、鳥取市三百七十戸、米子市百八十戸あり。オバヤシ参照。

一 平姓秩父氏流小林氏 上野国緑野郡小林村(藤岡市)より起る。佐野本・秩父系図に「秩父下総権守重綱―河越重隆―能隆―小林次郎重弘」と見ゆ。重弘は荏原郡小林村(大田区)より起る説あり。高山系図に「秩父重綱―高山三郎重遠―小林五郎重幸(住上州、奥州泰衡追伐之時、属頼朝)」と。紀州那智山米良文書に「嘉元三年二月十四日、那智山旦那職、秩父一門内、上野国高山・小林一門並びに畠山尼御前、同めい御前・白塩之修理介殿御前」と。那智大社文書・小林氏系図に「○秩父権守重綱―高山三郎重遠―栗須四郎有重―小林二郎重兼―小二郎時重―小二郎重弘―小二郎行重―森弥二郎信重。○二郎重兼の弟小林三郎重清(弟泉十郎重家)―同二郎三郎重保(淨法寺)―同弥二郎重行法名行連―同弥三郎重員法名行心―小二郎重直法名行妙―弥二郎景重―弥三郎季重。景重の弟大弐房重祐―孫八盛重。重祐の弟彦四郎重胤―小林四郎兵庫。重胤の弟彦五郎朝重。朝重の弟彦七郎行重―小五郎重朝(弟彦六忌重)。○重行法名行連の弟五郎盛重―五郎太郎重氏―弥五郎重長―孫五郎重季。○五郎盛重の弟六郎重朝―六郎二郎重員―孫二郎重政―孫五郎重村。重政の弟六郎重韻―彦六重員(弟七郎重氏)。○六郎重朝の弟七郎重高、其の弟八郎兼重―八郎太郎重基(なちこもり)。兼重の弟□祐―三位房重真―大輔房良重。○淨法寺重保の弟小林小三郎重宗(弟新三郎家重)―三郎二郎実重法名道妙―彦三郎重定―出羽権守重高―出羽重胤(弟同四郎重兼)。しらしお・はりまの国のくらのほう、やい・小林小二郎入道、大つか・一そくあまた、中村・わかさの国かつミのしゃうニ、いつミ・一そくあまた、しのつか・えちこの国かねたけ、わミ・しゅく山ほうしのむこ、しろと・小林彦五郎・一そくあまた。貞和二年十月五日入了、小林彦七郎平行重」と見ゆ。此の系図は当時実在の行重が記した書で事実に近い。一族天田・甘田とは近村の大類村に多く現存し、小林氏の本名は天田氏にて、秩父氏配下となり小林村に居住して在名小林氏を名乗る。一族は緑野郡高山庄白塩村・大塚村・中村・矢井村・篠塚村・栗須村・立石村内泉村等に居住し、他国衆もあり。太平記卷三十六に「康安元年、山名伊豆守時氏が執事小林民部丞重長は播磨と美作との境の赤松則祐が籠めたる城を攻める」と見ゆ。山名氏は緑野郡山名村(高崎市)出身なり。吾妻鑑卷四に「元暦二年正月一日、頼朝・鶴岳宮に参詣す。小林次郎重弘等は神馬二匹を引く」。卷十に「建久元年十一月七日、頼朝・上洛随兵に小林次郎」。卷十五に「建久六年三月九日、頼朝・上洛随兵に小林次郎・同三郎」。卷脱漏に「嘉禄二年五月二十三日、小林五郎・高山五郎らは領所請所を所望し許可される」。卷三十二に「嘉禎四年二月十七日、小林小次郎・同小三郎」。卷三十三に「小林三郎」。卷三十四に「仁治二年五月六日、本庄四郎左衛門尉時家は、小林小次郎時景が所従藤平太が妻女・路次を通るのところ、時家馬二匹を押し取り、口付小次郎が男を搦め取る狼藉により所領没収せらる」。卷四十八に「正嘉二年正月一日、小林二郎が跡・子息小林小三郎」と見ゆ。足利尊氏下文に「貞和五年八月二十八日、小林中村弥次郎重連、可令早領知上野国高山御厨大塚郷内堀籠村田二町七段・小林七郎次郎重直跡、栗須郷内瓜生右衛門六郎跡事、為勲功之賞所宛行也」。大阪蜷川文書に「応永二十五年四月十三日、上野国高山御厨中村郷内田畠在家小林修理亮号香津海跡」。鎌倉大草紙に「嘉吉元年四月、野田遠江守家人鳩井隼人佐・加藤尾張守・小林出羽守等は古河城にて討死す」。永禄四年関東幕注文に「上州白井衆、高山山城守・にほひかたくろ、小林出羽守・にほひかた黒」。高山系図に「高山山城守(元亀二年卒)―女子(小林出羽守光則妻)」と見ゆ。また、山形市小林滋文書に「始祖小林孫五郎重季―孫五郎重政(譲状有。建武元年三月十九日、上野国大塚郷地頭小林孫五郎重政、右所々は重政重代相伝の地なり、よって小林孫五郎重季請文分明の上は安堵す)―中務丞重郷(号右京亮)―新蔵人重有(證文有。観応三年五月二十九日、小林新蔵人重有、可令早領知上野国綿貫保内)―尾張守―豊前守(永正九年證文有)―平三(上杉憲房よりの證文二通有)―平四郎(上杉憲当天文十七年證文有)―平四郎(村上義清證文有)―監物(号小林斉)―平四郎(監物継子なきにより藤田能登守の弟平四郎を婿養子とす、於尾州長島戦死す、年二十八歳也)―市左衛門(父平四郎戦死のとき僅二歳也、故に祖父小林斉養育す。下総国山川城主水野家に仕へ、百石を賜ふ)。以下省略」あり。仕官する者はそのまま在名小林氏を名乗り、帰農土着する者は本名天田氏に復姓す。中大塚村の小林氏(家紋丸に片喰、剣片喰)は高山重遠の子小林五郎重幸の嫡子次郎重弘の後裔と称すが附会なり、是等は古代以来土着の苗字なり。

二 藤原秀郷流小林氏 田原族譜に「戸室親久(武州埼玉郡騎西城主)―親元―小林文門親兼」と見ゆ。下野国安蘇郡戸室村(田沼町)の出身か。

三 猪俣氏の本名小林氏 三百七十三項参照。

四 児玉党牧西氏の本名小林氏 榛沢郡牧西村(本庄市)の土豪にて、児玉党に属し在名牧西氏を名乗る。子孫は本名小林氏に復姓す。天正年間牧西村持高帳に「小林分・一町二反余歩」あり。児玉郡今井村鈴木文書・北条氏邦印判状に「天正十五年五月十一日、九郷せき下郷之者、奥采女代・鈴木山城守殿」宛ての上書に「奥采女代、小林殿・鈴木殿」と見ゆ。両人は氏邦の重臣奥采女の代官にて、九郷堰の上流は今井村鈴木氏が管理し、下流は牧西村小林氏が管理した。牧西氏(本名小林氏)は九郷用水堀をもちいて水田開発を行ってきたと伝承がある。七党系図に「本庄四郎弘季(号四方田、又号牧西)」と。九郷本堀及び鍛冶屋堀は高関村より隣村四方田村に至る。牧西村と高関村(児玉町)は遠方なれども、高関村に小名牧西(今の字東)あり、四方田村に小名高関がある。児玉党牧西氏の開発地なり。

五 久々宇氏の本名小林氏 児玉郡久々宇村(本庄市)より起る那波氏族久々宇氏の本名は上州大胡町出身の小林氏なり。埼玉郡上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末葉、久々宇大和末葉・忍御城内小林太右衛門」あり。久々宇条参照。

六 八王子城士の小林氏 多摩郡横川村相即寺過去帳に「天正十八年六月八王子城戦死・小林土佐」あり。高麗郡出身なり。

七 松山城士の小林氏 天正庚寅松山合戦図に「久米田・大串・和名・古名方面城方・小林兵衛尉」。鎌倉日蓮宗妙本寺過去帳に「道円・松山・小林又右衛門父。妙祐・同母。法信・松山・小林又右衛門」あり。

八 鉢形城士の小林氏 四、十二、三百八十一、四百二十九項参照。

九 忍城士の小林氏 成田分限帳に「百貫文・小林監物、十貫文・小林図書」。監物は小田原籠城す。十一、百十六、百四十二項参照。

一〇 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「五百石・小林長左衛門・是は忍にて罷出・遠江之者。百五十石・小林十郎兵衛・是は柳下助七郎跡・武蔵之者」あり。

一一 尾張藩家臣 士林泝(名古屋叢書)に「姓越智、小林十郎兵衛(始成田左馬助に属し旗下。忍城陥後、尾州に来り百五十石を領す)」あり。

一二 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百五十石・小林善四郎」あり。旧鉢形城士なり。

一三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「五十石・小林忠兵衛」あり。

一四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御作事奉行・七両三人扶持・小林忠兵衛、御膳方・同高・小林平太夫、御部屋番・五両二人扶持・小林勘兵衛」あり。

一五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「百石・小林亥五郎、十二人扶持・小林茂、二十一俵二人扶持・小林直人、二十俵二人扶持・小林官治、十八俵二人扶持・小林友蔵、十七俵二人扶持・小林忠雄、十四俵二人扶持・小林亀次郎、代官役・七両余二人扶持・小林篤、同高・小林朝男、同高・小林幸八、六両余二人扶持・小林真造、同高・小林幸次郎、同高・小林孫平、五両余二人扶持・小林勝二」あり。

一六 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・三十五石四人扶持・小林孫八、御馬廻・十五石四人扶持・小林瀬左衛門、又者(二百石樋口舎人家臣)・小林清太」。万延二年に「御馬廻・二十五石五人扶持・小林源左衛門、源左衛門隠居小林蘭山、同人惣領小林鷹助、御馬廻・十八石四人扶持・小林捨吉、御馬廻・二石四人扶持・小林瀬左衛門」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・小林周而、六石二人扶持・小林銀平、同高・小林鎮太郎、同高・小林金三」。明治四年前橋藩職員録に「用度検否方・小林鎮三」あり。

一七 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊・六石二人扶持・小林市右衛門・六十二歳」あり。

一八 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「郡役・七十石・小林勘兵衛、御馬廻川俣番・七十石・小林又左衛門、茶道頭・三十俵二人扶持・小林良斎、忍城裏門番・二十俵二人扶持・小林伊右衛門、御賄役・二両余二人扶持・小林四郎右衛門、馬乗厩役・同高・小林七右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「百八十石・小林与助、百石・小林源之丞、外科医・五両七人扶持・小林忠甫、二十五俵二人扶持・小林仁右衛門、二十二俵二人扶持・小林儀右衛門、八両二人扶持・小林平助、六両二人扶持・小林貞四郎、五両二人扶持・小林又右衛門、四両余二人扶持・小林新六」。秩父松本文書に享保八年秩父代官小林仁右衛門、延享四年秩父代官小林舟右衛門。文化四年忍藩分限帳に「御用部屋物書・二十五俵二人扶持・小林又吉、郡方帳役見習・三両余二人扶持・小林長七」あり。

一九 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御馬廻・百三十石・小林小一、御勘定頭・七十六石余・小林勇右衛門、御武器預下役・十石二人扶持・小林弥三郎、元方改役・八石余二人扶持・小林三左衛門、御徒士・六石二人扶持・小林善右、御武器支配下役・二両余二人扶持・小林藤右衛門、御勘定坊主・三両二人扶持・小林清順」。明治四年忍藩士族名簿に「百三十石・小林五郎、七十六石余・小林監俊、六石四人扶持・小林七蔵、八石余二人扶持・小林伴蔵、八石二人扶持・小林泰三、五石二人扶持・小林義章、同高・小林桂助、四石二人扶持・小林智盈、四両二人扶持・小林善太、二両余二人扶持・小林米次郎、又者(家老等の臣)・四石余二人扶持・小林庄左衛門」あり。

二〇 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「四十五俵・小林清左衛門、十六俵・小林久左衛門、十五俵・小林九左衛門」あり。

二一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・小林九兵衛、三十俵・小林甚五右衛門、三人扶持・小林七兵衛、十二石・小林彦兵衛、十石・小林政右衛門、八石二人扶持・小林又四郎、三両一人扶持・小林長左衛門、五両・小林助太夫」あり。

二二 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「百五十石・小林源太左衛門、十五人扶持・小林伝内、十石四人扶持・小林佐右衛門、七石四人扶持・小林六兵衛、八石三人扶持・小林五郎兵衛、五両三人扶持・小林源助、三人扶持・小林無錐、五石二人扶持・小林与五右衛門」あり。

二三 岡部藩安部氏家臣 明治四年半原県分限帳に「使部・士族・小林松次郎」あり。

二四 旗本戸田氏家臣 児玉町八幡社享保十一年鳥居碑に「戸田藤五郎内、小林源左衛門」あり。

二五 御代官大河内金兵衛家臣 埼玉郡堤村(羽生市)延命寺寛永十三年鐘銘に大旦那小林喜右衛門あり。

二六 関東郡代伊奈氏家臣 元禄頃に小林孫次郎あり。

二七 葛飾郡彦倉村(三郷市) 明治二十四年田中文書に小林増蔵あり。一戸現存す。

二八 同郡谷口村(三郷市) 明治二十九年堀切文書に小林勝五郎あり。六戸現存す。

二九 同郡境木村(三郷市) 稲荷社元治元年水鉢に当村小林繁蔵。彦成村香取社明治初年御嶽碑に境木村小林利左衛門。明治三十年人名録に小林利八・嘉永六年生・地租七十円あり。八戸現存す。

三〇 同郡平沼村(吉川市) 芳川神社明治三十一年古峯碑に小林政吉あり。十二戸現存す。

三一 同郡広島村(吉川市) 明治三十年人名録に旭村小学校長小林藤松・明治四年生あり。一戸現存す。

三二 同郡三輪野江村(吉川市) 七面社天保五年供養塔に小林吉三郎。三輪之江神社明治三十九年碑に小林幸之助あり。四戸現存す。

三三 同郡大川戸村(松伏町) 八幡社天保二年阿夫利碑に小林彦右衛門。明治六年大川戸学校人員録に小林佐久四男邦三郎・十四歳。明治三十年人名録に小林喜代造・嘉永三年生あり。十三戸現存す。

三四 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺安永二年庚申塔に金杉村小林権八・小林四郎兵衛、江戸末期庚申塔に小林作兵衛あり。六戸現存す。

三五 同郡築比地村(松伏町) 下香取社文化五年庚申塔に小林仁兵衛。上香取社文化七年水鉢に小林善六、明治三十九年敷石碑に上・小林長栄。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流小林長栄あり。十二戸存す。

三六 同郡下柳村(庄和町) 当村に此氏多く存す。香取社天保十一年庚申塔に小林平右衛門(名主)・小林孫左衛門・小林与市右衛門・小林権右衛門・小林幸七・小林忠左衛門・小林文左衛門・小林太右衛門、明治七年幟碑に小林平作。永沼村八幡社明治二十八年碑に下柳・小林尋一郎。明治三十年人名録に南桜井村長小林尋一郎・嘉永五年生・地租五十円あり。

三七 同郡中野村(庄和町) 香取社文久三年大杉明神碑に小林権左衛門あり。七戸現存す。

三八 同郡金崎村(庄和町) 道善寺文化七年普門品に小林飛佐五郎あり。一戸現存す。

三九 同郡立野村(庄和町) 明治三十年人名録に延命寺住職小林千如・嘉永六年生あり。現存無し。

四〇 同郡西親野井村(庄和町) 親野井神社万延元年庚申塔に小林文蔵あり。一戸現存す。

四一 同郡小淵村(春日部市) 大杉神社文政八年御神燈に小淵村小林権四郎、元治元年敷石碑に当所新町組小林藤次郎あり。十四戸現存す。

四二 同郡不動院野村(春日部市) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村小林直右衛門あり。二戸存す。

四三 同郡杉戸町 明治九年副戸長小林祐助・嘉永三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に杉戸宿小林長平(酒造業)。河原町稲荷社明治十五年御神燈に小林松蔵、明治三十九年幟碑に小林芳三郎。明治三十五年車製造業小林岩吉・棒屋小林松蔵・理髪店小林清吉あり。

四四 同郡下高野村(杉戸町) 当村に此氏多く存す。古河衆二階堂氏家臣にて、高野村誌に「慶長年間のころより小谷堀の開拓に従事した武士に高橋・野口・上原・小林・鈴木・日下部の各氏があった」と。御所宮天和三年庚申塔に幸手領佐内新田村小林八右衛門。厳島社文政五年庚申塔に下高野村内小谷堀株小林熊次郎。木々子神社天保四年供養塔に小林忠左衛門、安政六年狛犬に小林忠七.。須賀村身代神社嘉永五年御神燈に下高埜小林忠七.。神道無念流入門(戸島村小川文書)に安政四年下高野村小林雄之助あり。

四五 同郡宮前村(杉戸町) 明治二十年規約に小林寅蔵あり。八戸現存す。

四六 同郡堤根村(杉戸町) 稲荷社慶応二年御神燈に当所小林鉄蔵あり。三戸現存す。

四七 同郡幸手宿 百間村青林寺寛政十年文書に牛村小林伝右衛門。幸宮神社天保二年狛犬に仲町小林茂右衛門、天保十二年碑に小林伊兵衛、嘉永四年御神燈に小林喜八、明治三十三年幟碑に小林岩吉・小林幾平、明治四十二年碑に小林寅次郎・小林政吉。万延元年武術英名録に横山柳剛流幸手宿小林善治郎・小林源助。明治九年副戸長小林伊平・天保元年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿小林伊平・小林善平。雷電社明治二十四年水鉢に小林徳次郎。明治三十五年営業便覧に白木綿問屋小林泰次郎・筆墨商小林粂吉・度量衡販売小林格三郎・製糸業幸盛社小林善之助・穀物卸商小林真三郎・乗合馬車小林寅吉・酒商針屋小林善八・飲食店小林米吉・代書人小林庄助・酒商小林徳次郎・人力車業小林和吉・下駄商埼玉屋小林平蔵・青物魚商小林藤吉あり。

四八 同郡上高野村(幸手市) 大阿寺嘉永三年敷石碑に大蔵村小林吉五郎。明治九年副戸長小林広助・弘化元年生。明治十六年鉄道敷設願に上高野村小林太吉。上高野神社明治三十五年碑に小林龍蔵・小林広助あり。九戸現存す。

四九 同郡天神島村(幸手市) 天王社寛政四年升堂雁行現額に小林半次郎・小林熊次郎、明治十九年碑にクツハセ・小林伊平あり。二戸現存す。 

五〇 同郡神明内村(幸手市) 香取社享保十七年庚申塔に小林利兵衛あり。一戸現存す。

五一 同郡神扇村(幸手市) 天神社宝永三年庚申塔に小林七蔵・小林桧兵衛、文化十二年御神燈に小林権兵衛、万延元年庚申塔に小林重蔵あり。一戸現存す。

五二 同郡上宇和田村(幸手市) 金剛寺天明七年庚申塔に上宇和田村小林嘉右衛門、文政三年庚申塔に小林辰太郎。明治四年田口文書に組頭小林嘉右衛門。明治二十年被選挙権者小林金八・天保十二年生あり。一戸現存す。

五三 同郡下吉羽村(幸手市) 祖師堂享保五年庚申塔に幸手領六右衛門新田・小林弥右衛門・小林久右衛門。明治二十年選挙権者小林長右衛門・文政十年生あり。五戸現存す。

五四 同郡平須賀村(幸手市) 明治二十年選挙権者小林吉十郎・文政六年生、小林八十八・天保十四年生。香取社明治三十九年狛犬に小林八十八・小林倉次郎・小林作次郎あり。六戸現存す。

五五 同郡安戸村(幸手市) 八幡社安永四年御神燈に小林瀧右衛門あり。

五六 同郡大島新田(幸手市) 共同墓地安永七年宝篋印塔に小林四郎右衛門あり。

五七 同郡長間村(幸手市) 香取社文政二年鳥居碑に小林藤右衛門・小林権治郎・小林文三、文政十三年庚申塔に蛭子株小林新八・小林文左衛門・小林勘治郎、天保十二年庚申塔に小林市右衛門・小林清六・小林善兵衛。地蔵堂安政四年二十三夜塔に蛭子株小林繁蔵・小林伊助。明治三十年人名録に小林重蔵・弘化元年生・地租四十円あり。四戸現存す。

五八 同郡中野村(幸手市) 明治三十年人名録に郡会議員小林隈次郎・嘉永元年生、医師小林祐庵・弘化四年生・地租二十円あり。一戸現存す。

五九 同郡惣新田村(幸手市) 字一ツ谷香取社元禄十四年香取碑に小林利右衛門、天保十年碑に一ツ屋株小林金太郎。能満寺文政十二年庚申塔に小林金太郎・小林藤吉。字中新田香取社宝暦八年庚申塔に中新田組小林弥七あり。二戸現存す。

六〇 同郡中川崎村(幸手市) 香取社安永七年水鉢に小林松之助・小林甚五郎・小林平左衛門・小林彦太郎・小林彦治郎・小林善右衛門・小林治兵衛・小林幸八あり。十一戸現存す。

六一 同郡下川崎村(幸手市) 香取社明治五年水鉢に道口株小林吉兵衛あり。三戸現存す。

六二 同郡関宿向下河岸(幸手市) 浅間社文政四年二十三夜塔に関宿向下河岸小林藤右衛門あり。現存無し。

六三 同郡権現堂村(幸手市) 明治十二年文書に小林久七・小林吉蔵。白山社明治三十三年鳥居碑に小林甚平。水神社明治四十一年碑に小林豊吉あり。一戸現存す。

六四 同郡外国府間村(幸手市) 雷電宮貞享四年庚申塔に小林才兵衛、文化四年御神燈に小林伝左衛門、明治三十二年碑に小林伊三郎あり。六戸現存す。

六五 同郡東大輪村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に新田大輪村小林新右衛門。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に新田大輪村小林甚八(名主)。明治九年副戸長小林甚六・天保五年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に東大輪村小林甚六.。明治十二年議員小林吉五郎あり。十八戸現存す。 

六六 同郡栗橋宿 八坂社寛政十二年庚申塔に栗橋駅上組小林久右衛門・小林源蔵、文化元年供養塔に当所小林久右衛門、文化十四年御神燈に小林喜右衛門・小林幸蔵・小林五郎治、文化十五年御神燈に栗橋駅虎屋小林久右衛門。明治四年騎西町釜屋文書に栗橋町酒造業小林勘兵衛。明治九年戸長小林三平・文政三年生、副戸長小林元三郎・嘉永五年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に栗橋宿小林勘兵衛・小林三平・小林元三郎・小林團次郎。明治三十五年営業便覧に酒油商小林軍治・酒醤油肥料商原勢屋小林儀三郎・穀酒商原木屋小林豊三郎・穀糸繭商原勢屋小林佐助・肥料炭商小林茂助・砂糖商小林元三郎・菓子商小林甚三郎あり。

六七 同郡佐間村(栗橋町) 定福院寛延三年供養塔に小林代助・小林徳右衛門、文久四年庚申塔に小林広助。大日堂文化十四年十九夜塔に小林治右衛門・小林四郎兵衛・小林八左衛門。八幡社天保四年御神燈に小林久兵衛・小林定右衛門・小林重右衛門、明治十六年伊勢講碑に小林久兵衛・小林丑松・小林銕蔵。明治九年副戸長小林次郎兵衛・天保三年生。明治三十年人名録に藍玉製造業小林丑松・嘉永六年生・地租三十二円あり。十一戸現存す。

六八 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に小林栄次郎・小林安五郎あり。一戸現存す。

六九 同郡中里村(栗橋町) 千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に中里村小林甚八.。下香取社明治二十九年伊勢講碑に小林三蔵。外国府間村雷電宮明治三十二年碑に中里村小林九左衛門あり。十戸現存す。 

七〇 同郡河原代村(栗橋町) 千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に河原代村小林弥市あり。一戸現存す。

七一 同郡松永村(栗橋町) 明治七年正能村青木文書に富士講松永村小林又右衛門あり。四戸現存す。

七二 同郡広島村(栗橋町) 天満宮明治二十八年伊勢講碑に小林勘吉あり。五戸現存す。

七三 埼玉郡浮塚村(八潮市) 明治三十年人名録に小林新之助・嘉永二年生・地租五十円あり。九戸現存す。

七四 同郡大原村(八潮市) 稲荷社明治十二年絵馬に当村小林論孝あり。

七五 同郡八条村(八潮市) 大経寺明治二十七年絵馬に小林利八・小林徳太郎・小林喜之助・小林勝次郎あり。九戸現存す。

七六 同郡柳之宮村(八潮市) 氷川社明治十九年絵馬に柳之宮村小林源次郎あり。現存無し。

七七 同郡越ヶ谷宿 万延元年武術英名録に北辰一刀流越ヶ谷宿小林市五郎。明治二十一年皇国武術英名録に北辰一刀流越ヶ谷宿小林市太郎。久伊豆社明治三十二年榛名碑に小林作造・小林紋蔵。明治三十五年荒物商小林伊三郎。県会議員小林春夫・昭和二年生・伊勢崎市出身あり。

七八 同郡大沢町(越ヶ谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「上原魚油屋清兵衛は、享保中上原新兵衛より分地、今百姓七郎兵衛は小林七左衛門也、清兵衛養子清右衛門享和中難立に付、中野屋七左衛門入代七郎兵衛と改跡式立てる、七左衛門株は弟に而立てる、小林七左衛門家は弟惣吉倅七左衛門と名付。高畑組百姓小林権左衛門旧家之百姓、往古より名所請来候、表屋敷も有之候者。中宿小林七左衛門は弥五左衛門店に居住致居、安永中より此屋敷主と相成申候、先祖之義中古外より来候哉、小林権右衛門党と相見へ申候。宝暦七年大沢町百姓、中野屋小林七左衛門、高畑小林権左衛門。明和五年帳面表、小林権左衛門・小林清右衛門」と見ゆ。上原条参照。香取社寛政元年御神燈に小林惣吉・小林五兵衛。明治三十五年理髪店小林茂助・質屋小林七左衛門・製茶商小林民吉あり。

七九 同郡七左衛門村(越谷市) 観照院宝暦十四年庚申塔に小林万右衛門あり。

八〇 同郡大道村(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に大道新田小林与吉・小林市右衛門。香取社文化十二年庚申塔に小林弥右衛門・小林要蔵・小林初右衛門、文政三年庚申塔に小林幸三郎・小林要右衛門、天保十三年狛犬に小林弥之助・小林茂左衛門・小林平吉・小林喜三郎。明治三十年所得税下調査簿に大袋村小林嘉吉・嘉永三年生・反別十一町二反歩・地租百二十五円あり。三戸現存す。

八一 同郡向畑村(越谷市) 明治三十年人名録に小林鉄五郎・嘉永五年生・地租百三十一円、小林富右衛門・明治九年生・地租八十円。香取社明治四十年碑に小林常吉。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡向畑小林富右衛門あり。一戸現存す。

八二 同郡砂原村(越谷市) 不動堂文化二年庚申塔に小林弥左衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に砂原村小林作兵衛・小林惣右衛門・小林弥右衛門・小林綱右衛門。久伊豆社天保十二年御神燈に前原小林茂兵衛。明治三十年人名録に小林良右衛門・弘化元年生あり。五戸現存す。

八三 同郡大杉村(越谷市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大杉小林幸右衛門・小林音松あり。六戸現存す。

八四 同郡大吉村(越谷市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大吉小林治兵衛・小林幸蔵あり。五戸現存す。

八五 同郡西新井村(越谷市) 槙野地村蓮花院文政四年筆子碑に西新井村小林林蔵あり。現存無し。

八六 同郡川崎村(越谷市) 川崎神社文政十年水鉢に小林常右衛門あり。四戸現存す。

八七 同郡大間野村(越谷市) 三社大神社安永四年水鉢に小林理右衛門・小林権右衛門、天明三年水鉢に小林弥治右衛門・小林五郎右衛門・小林政右衛門あり。十七戸現存す。

八八 同郡荻島村(越谷市) 県会議員司法書士小林秀男・昭和十三年生あり。十四戸現存す。

八九 同郡袋山村(越谷市) 当村に此氏多く存す。天保八年戸賀崎入門帳に袋山村小林浅五郎。久伊豆社慶応四年御神燈に下組小林喜平太あり。

九〇 同郡岩槻町 久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町小林孫市。岩槻誌に「新曲輪町、慶応末年、持高七石余組頭小林菊次郎」。明治三十五年小間物商小林儀助・鶏卵商小林文吉・糸繭商小林忠次郎・小林吉松・小林かめ・小林仲右衛門あり。

九一 同郡加倉村(岩槻市) 洞雲寺元禄七年庚申塔に小林庄兵衛。久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村小林伊左衛門、享保十三年庚申塔に小林五郎右衛門あり。六戸現存す。

九二 同郡下新井村(岩槻市) 庚申塚寛政六年供養塔に小林又八・小林惣七.。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下新井村小林儀左衛門・小林惣七.。玉蔵院天保十五年供養塔に小林勝五郎・小林又八.。当村元治二年庚申塔に小林平右衛門あり。三戸現存す。

九三 同郡村国村(岩槻市) 久伊豆社寛文十一年庚申塔に小林八兵衛、天和三年庚申塔に小林半兵衛・小林角兵衛・小林才兵衛。多宝院文政十三年供養塔に小林勘太郎あり。一戸現存す。

九四 同郡大野島村(岩槻市) 神明社天保四年敷石碑に小林治郎右衛門・小林長右衛門・小林治郎吉。増長村観秀院安政二年供養塔に大野島村小林為郎右衛門・小林長右衛門・小林七五郎あり。一戸現存す。

九五 同郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に小林徳兵衛あり。現存無し。

九六 同郡野島方村(岩槻市) 野孫神社宝永五年庚申塔に野島方小林七兵衛、文政十三年浅間碑に野島村小林宇左衛門・小林又右衛門・小林熊蔵、嘉永七年庚申塔に小林熊蔵・小林政五郎・小林弥次兵衛・小林又右衛門あり。十戸現存す。

九七 同郡笹久保新田村(岩槻市) 地蔵堂貞享四年供養塔に笹窪新田村小林太右衛門あり。一戸現存す。

九八 同郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に小林伝治郎。春日部八幡社天保十三年御神燈に小林藤七.。八坂社元治元年筆子碑に小林菊次郎。東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に小林彦太郎。明治三十年所得税下調査簿に小林藤七・反別六町一反歩・地租四十八円。東八幡社明治三十四年碑に小林伍助。明治三十五年酒商小林ふく・飲食店小林とめ・乾物商八百屋小林藤七・煙草商小林馬之助・肥料商小林孫兵衛・陶漆器商小林弥兵衛あり。

九九 同郡内牧村(春日部市) 浅間社嘉永五年幟碑に内牧新田小林幸七あり。六戸現存す。

一〇〇 同郡備後村(春日部市) 当村に此氏多く存す。雷電社嘉永五年浅間碑に小林甚左衛門・小林政右衛門あり。

一〇一 同郡大場村(春日部市) 香取社明治二十八年碑に小林玄之助あり。十八戸現存す。

一〇二 同郡和戸村(宮代町) 当村に此氏多く存す。宇宮神社天保六年奉額に和戸村小林吉兵衛・小林富右衛門・小林与兵衛・小林勝之丞、嘉永二年奉額に小林吉平・小林文太郎・小林伝右衛門・小林仁助・小林佐右衛門、明治十一年幟碑に小林与右衛門、明治二十二年御嶽碑に小林与右衛門・小林重右衛門・小林九左衛門・小林仁三郎・小林兵左衛門・小林三之丞・小林清六・小林弥七・小林次右衛門。明治九年副戸長小林吉平・嘉永元年生。明治三十年人名録に小林次右衛門・嘉永元年生・地租八十一円あり。

一〇三 同郡国納村(宮代町) 百間村青林寺寛政十年文書に国納村小林市之丞・小林新右衛門。太田袋村琴平社文政三年水鉢に国納村小林儀平治・八河内村小林市左衛門・明治九年副戸長小林市之助・天保十二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に国納村小林市之助。明治三十年人名録に小林雷之丞・明治四年生・地租二十円、小林林蔵・嘉永元年生あり。十七戸現存す。

一〇四 同郡須賀村(宮代町) 太田袋村琴平社文政三年水鉢に須賀村小林富五郎。百間西原組浅間社文久元年小御嶽碑にスカ小林幾右衛門幸行。身代神社文久二年水鉢に小林勇助・小林吉五郎、慶応二年敷石碑に小林仙之丞あり。五戸現存す。

一〇五 同郡上平野村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。上寺跡享保四年供養塔に上平野村名主小林平兵衛、明和九年供養塔に上平野村小林新兵衛・小林平二郎、文化五年六地蔵に上平野村小林丈右衛門。当村宝暦六年供養塔に上平野村小林門左衛門。倉田村明星院文政六年新西国塔に平野村小林金之丞・小林林蔵・小林甚之丞。八幡社天保六年天神碑に上平野村小林代次郎。明治九年副戸長小林金右衛門・天保八年生、副戸長小林吉太郎・文政二年生。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国南埼玉郡上平野村小林由三郎・小林幸蔵。明治三十年人名録に平野村助役小林幸蔵・弘化三年生・地租五十七円、小林由三郎・安政三年生・地租二十五円、小林猪之助・天保十年生・地租二十二円、小林善蔵・安政四年生・地租二十円あり。

一〇六 同郡江ヶ崎村(蓮田市) 久伊豆社文久三年水鉢に当所小林作左衛門・小林周次郎・小林熊次郎、明治三十九年碑に小林権次郎・小林与三郎・小林辰五郎。明治三十年人名録に小林権次郎・安政三年生・地租十七円あり。八戸現存す。

一〇七 同郡貝塚村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。弘化四年庚申塔に小林徳左衛門。中閏戸村薬師寺慶応元年供養塔に貝塚村小林茂兵衛。明治九年戸長小林清右衛門・天保四年生。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に貝塚村小林吉兵衛。貝塚神社明治二十八年開墾碑に小林良助・小林徳左衛門・小林善七.。明治三十年人名録に小林善七・反別八町三反歩・地租五十五円、小林長蔵・明治二年生・地租六十円、小林徳左衛門・弘化四年生・地租三十四円、綾瀬村助役小林良助・嘉永元年生・地租十五円。

一〇八 同郡根金村(蓮田市) 明治三十年人名録に小林彦蔵・弘化三年生・地租二十二円あり。十五戸存す。

一〇九 同郡高虫村(蓮田市) 妙楽寺天保七年馬頭尊に小林宇七あり。三戸現存す。

一一〇 同郡野牛村(白岡町) 字内谷宝暦二年庚申塔に小林助右門、文化三年庚申塔に小林小左衛門・小林小右衛門・小林伊助。太田袋村寛政元年庚申塔に野牛村小林三右衛門。観福寺嘉永六年地蔵尊に小林全右衛門。久伊豆社慶応二年御神燈に小林長吉・小林治郎吉・小林仙蔵・小林藤吉あり。六戸現存す。

一一一 同郡篠津村(白岡町) 字馬立地蔵堂享保十三年地蔵尊に小林加右衛門・小林吉兵衛・小林長八郎・小林長兵衛、弘化五年二十三夜塔に小林五郎左衛門・小林吉兵衛・小林長八.。大野家天保二年筆子碑に小林万蔵・小林宇源二.。阿弥陀堂嘉永五年筆子碑に小林吉五郎。当村明治三年鐘銘に篠津駅小林藤右衛門。青雲寺明治二十年供養塔に小林五郎左衛門あり。八戸現存す。

一一二 同郡高岩村(白岡町) 字田端天明八年庚申塔に小林伊右衛門・小林伊助。字上宿天保十一年聖徳太子碑に小林金之丞。明治四年文書に法右衛門倅小林吉兵衛・二十三歳あり。五戸現存す。

一一三 同郡上野田村(白岡町) 嘉永四年不動尊に上野田村下原・小林宇之助あり。五戸現存す。

一一四 同郡菖蒲町 当町に此氏多く存す。明治三十五年理髪店小林六三郎・同小林治郎吉・荒物商小林三左衛門・氷店小林広吉・提灯製造小林栄三郎・魚商小林代重あり。

一一五 同郡三箇村(菖蒲町) 当村に此氏多く存す。文化九年庚申塔に小林長兵衛、文政六年庚申塔に出山・小林利右衛門・小林長左衛門・小林源左衛門。三箇神社江戸末期碑に小林茂吉・小林惣吉・小林喜三太・小林浅五郎。不動岡村総願寺慶応二年算額に三ヶ村小林惣太郎義信。明治九年副戸長小林啓之助・嘉永三年生。明治三十年所得税下調査簿に小林啓之助・反別二十八町八反歩・地租三百六円。県会議員農業小林孝作・明治八年生あり。

一一六 同郡小林村(菖蒲町) 当村は現在オバヤシと唱えるが、コバヤシ氏二十六戸存し、近村にも此氏多く、古代以来の百済人コバヤシ族の居住地なり。風土記稿日蓮宗妙福寺条に「当寺は太田修理助藤原佐忠なる者、僧日英と云へるを請して応安年中開きし寺なり、よりて是を開基とす、応永十八年十月二十三日卒し、法名蓮定と称す。此人道真などの祖族なるべけれど、其家の系類にも見えざれば詳ならず。佐の字恐くは資の字の誤なるべし」と。本山の中山法華経寺(本妙寺)は鎌倉幕府問注所執事の百済族三善姓太田康連の子太田五郎左衛門乗明は曽谷郷(市川市中山)の地頭にて日蓮に帰依し、其子日高は屋敷を本妙寺とする。正和三年日高の譲状あり。開基太田修理助は本山の太田氏一族、或は当村小林氏が曽谷郷太田氏の名跡を継承して太田氏を名乗るか。太田道灌の家とは無関係なり。郡村誌に太田道灌の家臣太田修理助は姓を小林に改めたと云う。道灌は文明年間の人で年代合わず。小林村条に「小田原北条家分国の頃は小林周防守が領せしよしを伝へ、且村内妙福寺の鬼薄にも、『小林周防守法名蓮心居士、小林図書頭法名蓮宗居士』とのせたるをもって見れば、是等当所を領し、則ちここに居住し在名を称せしなるべし。今村民に小林を称するもの五軒あり、共に周防守が家より分れしものなりと云ふ。又成田分限帳に『百貫文・小林監物、十貫文・小林図書』などのせたり。是等も周防守が一族にて当所に住せしなるべし」と見ゆ。小林氏は在名では無く苗字なり。当村文化九年庚申塔に小林源右衛門。妙福寺天保二年題目講に小林勇吉・小林三右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流南埼玉郡小林村小林慶次郎。明治二十六年聖徳太子塔に小林岩蔵・小林岩太郎・小林岩次郎・小林国松あり。

一一七 同郡久喜町 明治四年久喜新町五人組帳に小林半次郎・小林新右衛門・小林丑松・小林清次郎。明治三十年人名録に久喜新町呉服太物商一割屋小林三左衛門・元治元年生、久喜本町質屋白木綿買継商小林藤吉・安政四年生。明治三十五年小間物商小林新七・箱商小林皆吉・筆墨商小林好蔵・料理店小林清八あり。

一一八 同郡青毛村(久喜市) 百間村青林寺寛政十年文書に青毛村小林平左衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に青毛村小林新左衛門(名主)。明治九年戸長小林新左衛門・天保十二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に青毛村小林新左衛門あり。四戸現存す。

一一九 同郡江面村(久喜市) 天保十一年百姓連名帳に組頭小林佐右衛門・小林甚五郎・小林弥兵衛・小林平兵衛あり。八戸現存す。

一二〇 同郡上清久村(久喜市) 八幡社宝永五年庚申塔に小林又右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に上清久村小林伴右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に上清久村小林亦右衛門。梅本家脇天保十五年庚申塔に小林作右衛門。雷電社明治十四年御神燈に小林作右衛門・東小林又右衛門あり。十一戸現存す。

一二一 同郡太田吉羽村(久喜市) 当村に此氏多く存す。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に太田吉羽村小林新太郎あり。

一二二 同郡下早見村(久喜市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下早見村流小林直治郎。当村鷲神社天保十年御神燈に小林小兵衛・小林善蔵あり。十八戸現存す。

一二三 同郡鷲宮町 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所小林彦右衛門・小林五右衛門・小林久七、嘉永五年狛犬に当町小林次兵衛・小林清兵衛・栗原小林久七.。明治三十五年酒造業小林権蔵あり。

一二四 同郡騎西町 久伊豆社宝永三年騎西町場講中に小林勘兵衛。善応寺文政二年巡拝塔に小林伊兵衛・小林金兵衛・小林宗助。明治九年副戸長小林惣吉・文化七年生。明治三十五年呉服商小林恵八・足袋屋小林久五郎・桶屋小林藤太郎・鉄細工職小林九平あり。

一二五 同郡外川村(騎西町) 騎西町久伊豆社宝永三年騎西町講中に外川村小林善八郎あり。二戸現存す。

一二六 同郡正能村(騎西町) 慶長十一年正能村検地帳に「小林・作」と随所に見ゆ。苗字記載者は土豪の末裔なり。二戸現存す。

一二七 同郡上崎村(騎西町) 当村文化十四年大黒天碑に上崎村小林彦七・小林勘助あり。三戸現存す。

一二八 同郡下崎村(騎西町) 当村元禄元年庚申塔に下崎村小林□左衛門、安政五年馬頭尊に当所小林庄左衛門あり。三戸現存す。

一二九 同郡日出安村(騎西町) 観音堂寛延元年供養塔に日出安村小林伊兵衛。駒形社天保二年天満宮碑に小林亀五郎。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に日出安村小林重兵衛あり。三戸現存す。

一三〇 同郡芋茎村(騎西町) 久伊豆社跡嘉永二年庚申塔に芋茎村字本村上分小林九兵衛・小林与兵衛あり。二戸現存す。

一三一 同郡屈巣村(川里町) 久伊豆社貞享二年塞神碑に小林佐次兵衛、文久元年幟碑に小林重太郎・小林政作・小林善六.。普済寺明治六年筆子碑に小林重太郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡屈巣村上中郷小林牧蔵・小林善太郎・小林重太郎あり。八戸現存す。

一三二 同郡広田村(川里町) 当村開発者に「文禄二年、小林新兵衛・引越来る」新井条参照。鷺栖神社弘化三年碑に小林彦七あり。四戸現存す。

一三三 同郡鎌塚村(吹上町) 八幡社享保七年塞神碑に小林勘左衛門、明治十年碑に小林金次郎。西善寺寛政六年供養塔に小林銀次郎母あり。十七戸現存す。

一三四 同郡加須町 光明寺寛延二年巡拝塔に当町小林嘉兵衛・小林勘七・小林伊兵衛・小林七之助。戸賀崎門人帳に文政七年入門加須町小林与市、天保八年入門小林助松。祖師堂文政九年常夜燈に小林八左衛門・小林徳左衛門。万延元年武術英名録に無念流加須町小林助松。光明寺慶応二年筆子碑に加須町小林良助・小林与市・小林信太郎。明治九年副戸長小林良助・文政四年生。明治十三年埼玉精糸社発起人小林弥兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流加須町小林猷之助。明治三十五年営業便覧に綿商小林元吉・菓子商小林喜左衛門・同商小林七五郎・紙類商小林定治郎・荒物商小林文蔵・畳屋小林代次郎・塩屋小林友吉・小間物商小林春吉・料理店桑屋小林咲太郎・川魚料理鹿島楼小林平蔵・小林吉十郎・小林幸七あり。

一三五 同郡久下村(加須市) 当村に此氏多く存す。鷲宮社安政七年御神燈に小林喜右衛門・小林勝二郎・小林茂市・当町役人小林甚五兵衛。明治三十五年に小林倉吉あり。

一三六 同郡小浜村(加須市) 地蔵院元禄七年百番観音に施主小浜村小林六右衛門・小林喜兵衛。八幡社文政六年狛犬に小林弁蔵・小林喜助・小林金蔵あり。七戸現存す。

一三七 同郡辻村(加須市) 久伊豆社安政三年狛犬に小林伊勢五郎あり。一戸現存す。

一三八 同郡大越村(加須市) 八坂社享保四年庚申塔に堤崎村小林七兵衛、文政五年水鉢に小林次右衛門。神明社安永八年愛染明王に堤崎村小林七郎右衛門。字樋ノ口稲荷社安永十年碑に小林勝右衛門。字堤崎寛政三年碑に中大越村小林治右衛門・小林利右衛門。徳性寺文政九年常夜燈に堤崎小林八左衛門・小林源五右衛門。明治九年大越村副戸長小林七郎右衛門・天保八年生あり。八戸現存す。

一三九 同郡多門寺村(加須市) 愛宕社安政四年伊勢講碑に小林藤吉あり。現存無し。

一四〇 同郡三俣村(加須市) 諏訪社正徳三年御神燈に小林小兵衛、享和二年御神燈に三俣村小林六郎治・小林佐左衛門・小林六右衛門、天保三年狛犬に観音寺小林権蔵、明治二十一年伊勢講碑に小林六右衛門・小林市五郎・小林喜三郎、明治二十三年碑に小林文蔵。明治五年梅沢文書に下三俣村副戸長小林六右衛門・四十五歳・持高三十一石余。明治九年下三俣村副戸長小林文蔵・嘉永五年生あり。六戸現存す。

一四一 同郡南大桑村(加須市) 当村に此氏多く存す。当村宝暦五年巡拝塔に南大桑村小林七郎兵衛。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に大桑村小林武兵衛。西大輪村雷電社文久三年狛犬に西大桑村小林源治郎。明治五年南大桑村組頭小林佐右衛門。明治九年副戸長小林磯吉・天保十二年生、副戸長小林条次郎・文政十一年生、副戸長小林弥三郎・天保十四年生。高柳村香取社明治十四年幟碑に南大桑村小林新吉・小林桂吉あり。

一四二 同郡樋遣川村(加須市) 当村に此氏多く存す。下樋遣川村小林氏先祖は、初代信政が信州佐久岩堀城落城後、忍成田氏に仕へ、五代俊信が南大桑村から当村に帰農し八左衛門を代々襲名すと云う。佐久郡に岩堀城は無し。南大桑村及び当村の小林氏は古代以来の土着者にて出稼衆なり。当村享和元年読誦塔に本樋遣小林八左衛門・北瀬田和小林瀬兵衛。大越村宝憧寺文化二年碑に本樋遣村小林八左衛門。御室神社文化元年縁起に奉納小林八左衛門・小林嘉右衛門、文政九年敷石碑に本樋遣小林八郎兵衛。細間村薬王寺文政六年廻国塔に樋遣川小林八郎兵衛。堤村延命寺文政六年札所碑に樋遣川小林八左衛門。文政七年戸賀崎門人帳に樋遣川村小林勘三郎・小林徳左衛門。三田ヶ谷村蓮台寺文政八年庚申塔にヒヤリ川村小林八左衛門。上村君村雷電社天保十年碑に樋遣川村小林八左衛門。下樋遣川村天保四年月待塔に樋遣川邨本田小林八郎兵衛・小林徳左衛門・小林八郎右衛門、サンブ小林善七.。浅間社嘉永七年仙元碑に七釜戸・小林安太郎・小林政蔵・小林平太郎・小林庄次郎。明治四年騎西町釜屋文書に樋遣川村酒造業小林新兵衛。明治九年戸長小林徳太郎・天保五年生、副戸長小林庄兵衛・天保九年生。浅間社明治十年仙元碑に本村小林次郎兵衛、明治十二年鳥居碑に当所小林甚兵衛・小林丈助・小林茂兵衛・小林福蔵・小林栄次郎・小林安太郎、壱両野小林六之助。明治十三年矢口文書に小林八五郎・小林丈助・小林庄兵衛・小林庄左衛門・小林徳太郎・小林八左衛門・小林亀右衛門。明治十八年最上農名簿に下樋遣川村小林八左衛門・耕宅地二十七町二反歩所有。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流小林八左衛門。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年下樋遣川農業小林亀次郎・明治二年生・国税七百三十九円・県下百六位、下樋遣川農業県会議員小林辰蔵・明治元年生・国税六百八十九円・県下百十七位。大正十四年小林辰蔵・国税八百五十三円・県下二百三十二位、小林亀次郎・国税八百二十二円・県下二百四十六位あり。

一四三 同郡北大桑村(大利根町) 大願寺文化六年供養塔に小林佐吉あり。四戸現存す。

一四四 同郡松永村(大利根町) 八幡社天明五年毘沙門天碑に松永村小林半左衛門・松永本村小林宇右衛門、文化十年碑に小林六右衛門。不動岡村総願寺慶応二年算額に杓子木村小林新治郎義円。明治七年製糸会社人名録に杓子木村小林新兵衛。明治九年松永新田副戸長小林夘之八・安政二年生。八坂社明治二十六年碑に小林夘之八・小林恵作・小林藤太郎あり。杓子木村六戸、松永新田三戸現存す。

一四五 同郡弥兵衛村(大利根町) 外野村棘抜地蔵堂明治七年算額に弥兵衛村小林善吉春実あり。現存無し。

一四六 同郡間口村(大利根町) 明治九年副戸長小林兵吉・弘化二年生。八幡社明治二十六年碑に小林兵吉・小林安五郎・小林徳次郎・小林清次郎・小林三次郎・小林沢右衛門・小林邦吉あり。七戸現存す。

一四七 同郡中新井村(大利根町) 栗橋宿八坂社文化元年供養塔に川辺領中新井村小林弥平あり。十一戸現存す。

一四八 同郡下新井村(大利根町) 明治九年副戸長小林弥次右衛門・天保三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に下新井村小林弥次右衛門。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北下新井村欠折・小林浪吉・小林栄蔵・小林作次あり。十二戸現存す。

一四九 同郡道目村(大利根町) 鷲大神社明治十二年浅間碑に小林丈助あり。現存無し。

一五〇 同郡細間村(大利根町) 道目村鷲大神社明治十二年浅間碑に細間村小林治郎兵衛あり。二戸現存す。

一五一 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社享保三年庚申塔に拾間村小林源八・小林勘兵衛、天保九年碑に小林文右衛門あり。二戸現存す。

一五二 同郡琴寄村(大利根町) 当村に此氏多く存し古代以来の土着者にて苗字なり。上野国山田郡小林郷(太田市)発祥説は地名附会なり。小林家系譜に「和田義盛―朝比奈三郎義秀(上野国山田郡小林郷地頭職、小林朝夷と称す)―小林次郎重弘(山田郡小林郷住)―三郎重義―三郎五郎秀重―弥四郎義親(実父高井義基)―義資―義久―義宗―義為(応永二年古河陣所で川を渡って敵をきり、鎌倉管領足利氏満より感状を賜う)―義成(嘉吉元年足利春王・安王を擁して戦死)―兵衛尉隼人佑義致(康正元年須賀合戦に古河公方足利成氏に属す、翌二年千葉合戦で戦死)―義之―義安―安義―大膳亮正義(永禄七年正月八日国府台合戦で戦死)―次郎左衛門尉正頼(元亀元年五月十四日伊豆国狩野合戦で討死)―隼人正次(天正十八年六月二十三日八王子城で自害す)―正定(正直、正定、正路の兄弟は琴寄村に土着す)―正誠―正幸―正重―正成(樽場の地を開拓し、延宝三年没)―正吉―正蒙―正宗―正秀―弥平治金喜(享和三年名主職を継ぐ)―官吉正平(弘化四年没六十一歳)―官吉正賢―賢太郎―雄刀麿―茂郎」と見ゆ。横沼神社元禄十三年水鉢に鴨新田小林権兵衛。下新井村若宮八幡社文久二年絵馬に小林官吉正賢。明治四年百万遍証書に下組惣代小林弥惣次・小林岩吉・小林佐吉、新々田組惣代小林文次郎、前樽場組惣代小林弥忠次、裏樽場組惣代小林弥七・小林平次郎。明治七年製糸会社人名録に琴寄村小林琴造。明治九年戸長小林官吉・文政十二年生、副戸長小林弥忠次・文政五年生、副戸長小林文次郎・天保七年生。横沼神社明治十年絵馬に小林弥七・小林平次郎・小林岩吉・小林吉蔵・小林惣兵衛・小林孫右衛門・小林弥忠次、明治二十年狛犬に小林右三郎・小林恵作・小林弥太郎・小林重次郎・小林善三郎・小林吉兵衛・小林政右衛門。明治十五年県下富農二十四名の内に琴寄村小林官吉。明治十八年最上農名簿に小林官吉・耕宅地五十二町八反歩、小林内善・耕宅地九町四反歩所有。明治三十五年善定寺前樽場檀徒総代小林吉兵衛・同小林内善・小林善三郎・檀頭小林賢太郎。浅間社明治三十六年絵馬に小林弥太郎・小林藤右衛門・小林忠兵衛・小林新吉・小林長三郎・小林彦七・小林右三郎・小林梅太郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業小林賢太郎・明治三年生・国税千四百十五円・県下三十四位。大正十四年小林賢太郎・国税千四百四十九円・県下百十三位。大正十二年大地主名簿に小林賢太郎・田三十一町三反歩・畑六十町一反歩所有あり。

一五三 同郡前谷村(北川辺町) 本郷村鷲神社寛政四年供養塔に前谷村小林金左衛門。上村君村惣徳院碑に「埼玉郡旧前谷村、改栄村、元正福院、小林筆助は明治十四年再建す」と見ゆ。十九戸現存す。

一五四 同郡柳生村(北川辺町) 養性寺年不詳供養塔に小林市右衛門あり。九戸現存す。

一五五 同郡羽生町 元治二年上羽生村油商小林宇兵衛。明治三十五年古着商小林源三郎・理髪店小林郁之助・小林喜六あり。

一五六 同郡町場村(羽生市) 字東谷明和六年庚申塔に小林伊兵衛、同年弁財天碑に小林治郎右衛門あり。

一五七 同郡名村(羽生市) 八幡社弘化四年浅間碑に小林七右衛門・小林寅之助あり。二戸現存す。

一五八 同郡上村君村(羽生市) 避来矢神社安永四年天満宮碑に小林万太郎、文政十年馬頭尊に沖小林浜吉、嘉永四年御神燈に上堤根組中・小林吉兵衛・小林源五右衛門・小林治右衛門・小林徳兵衛、慶応二年馬頭尊に当所小林保兵衛・小林彦松。大日堂文化七年文字塔に上村君邑小林源五右衛門・小林惣右衛門。堤村延命寺文政六年札所碑に上村君村小林源五右衛門。惣徳院文政文政七年廻国塔に小林源五右衛門・小林権之丞。雷電社天保十年碑に当村小林源五右衛門・小林和吉・小林善三郎・小林権之丞・小林源吾郎・小林宇右衛門、安政四年碑に小林子之助・小林久太郎・小林鱗吉、江戸末期玉垣碑に本村・小林吉兵衛・小林治右衛門・小林伊惣治・小林勝治郎。下川上村愛染堂安政三年藍製講に上村君村小林源五右衛門、明治二十七年藍製講に上村君小林権之丞。藤井村源長寺慶応四年筆子碑に上村君村小林彦惣。明治七年製糸会社人名録に小林権兵衛。明治九年副戸長小林源五右衛門・文政十年生、副戸長小林喜兵衛・天保六年生、副戸長小林権之丞・天保十三年生。明治十三年埼玉精糸社発起人小林茂八郎あり。六戸現存す。

一五九 同郡下村君村(羽生市) 永明寺明和三年碑に小林治郎右衛門。鷲宮社嘉永六年御神燈に小林仁蔵・小林浅右衛門あり。一戸現存す。

一六〇 同郡下手子林村(羽生市) 豊武神社享保十二年庚申塔に小林又助。明治九年副戸長小林吉蔵・天保四年生あり。六戸現存す。

一六一 同郡尾崎村(羽生市) 鷲宮社文久三年水鉢に小林源兵衛あり。二戸現存す。

一六二 同郡上岩瀬村(羽生市) 医王寺元禄九年庚申塔に小林小兵衛、正徳三年庚申塔に小林吉右衛門、享和三年碑に小林四郎左衛門、明治初年碑に小林嘉助あり。八戸現存す。

一六三 同郡三田ヶ谷村(羽生市) 蓮台寺正保二年鐘銘写に旦那小林勘助、延享二年銘に小林源六・小林藤七、慶応三年記録に柿ノ木・小林源六は田畑寄進すと。四戸現存す。

一六四 同郡砂山村(羽生市) 愛宕社嘉永二年二十三夜塔に小林茂左衛門あり。三戸現存す。

一六五 同郡須影村(羽生市) 八幡社明治十六年御神燈に小林團治郎・小林幾次郎・小林周蔵あり。十三戸現存す。

一六六 同郡上新郷(羽生市) 愛宕社万延元年塞神碑に小林清四郎。稲荷社前万延元年庚申塔に小林安五郎あり。十九戸現存す。

一六七 同郡下新田村(羽生市) 羽黒社明治十一年水鉢に小林長松あり。現存無し。

一六八 同郡下新郷(羽生市) 慶長十三年下新郷検地帳(漆原文書)に小林弥左衛門あり。苗字記載者は土豪の末裔なり。二戸現存す。

一六九 同郡忍町 佐間村清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町小林七兵衛。明治三十五年種物商小林幸八あり。

一七〇 同郡皿尾村(行田市) 明治九年戸長小林貞吉・天保十一年生あり。二戸現存す。

一七一 同郡谷郷(行田市) 当村に此氏多く存す。春日社文化九年水鉢に小林長七、天満小林与右衛門七十四歳。明治九年副戸長小林利右衛門・天保二年生あり。

一七二 同郡長野村(行田市) 明王院明和九年二十二夜塔に下長野小林幸七母あり。七戸現存す。

一七三 同郡堤根村(行田市) 明治九年副戸長小林与八・天保六年生。伊奈利社明治十五年碑に小林与八・小林留吉あり。三戸現存す。

一七四 同郡斎条村(行田市) 明治九年副戸長小林新作・天保十四年生あり。十四戸現存す。

一七五 同郡関根村(行田市) 北根村薬師堂享保十四年棟札に関根村木挽小林伝七郎あり。現存無し。

一七六 同郡樋上村(行田市) 天満宮天保九年御神燈に小林清吉・小林金五郎・小林平八・小林喜八.。堤根村永徳寺明治四年筆子碑に日ノ上・小林儀八・小林栄助・小林善次郎・小林宗次郎・小林栄五郎・小林万次郎・小林福太郎あり。十三戸現存す。

一七七 同郡若小玉村(行田市) 勝呂神社安政三年御神燈に小林富五郎・小林留蔵・小林要吉・小林安五郎・小林丑蔵・小林万吉・小林藤左衛門・小林弁次郎・小林利兵衛・小林源兵衛・小林新蔵・小林利右衛門・小林弁蔵・小林林助あり。十一戸現存す。

一七八 同郡藤間村(行田市) 藤間神社天保十一年仙元碑に小林清之丞あり。四戸現存す。

一七九 同郡佐間村(行田市) 当村に此氏多く存す。天神社天保六年御神燈に当所小林庄八・小林五郎右衛門あり。

一八〇 同郡下須戸村(行田市) 御嶽社江戸末期水鉢に小林捨五郎あり。一戸現存す。

一八一 同郡和田村(行田市) 宝珠院宝暦二年供養塔に小林小兵衛あり。六戸現存す。

一八二 同郡持田村(行田市) 当村に此氏多く存す。観音寺嘉永七年敷石供養塔に小林忠吉・小林平六、慶応元年筆子碑に当所小林梅吉。剣神社明治二十五年御神燈に小林貞蔵。

一八三 同郡北河原村(行田市) 当村に此氏多く存す。照岩寺天明八年馬頭尊に小林庄四郎・小林兵蔵・小林甚蔵。明治七年製糸会社人名録に北河原村小林清兵衛。明治七年運漕会社小林兵右衛門・但明治六年八月創立。私塾師匠小林兵右衛門惟精・号古鼎・明治十九年没八十一歳。同小林兵右衛門星州・昭和二年没七十九歳・廻漕店・県会議員。明治十六年県会議員調に農業小林呉重郎・嘉永六年生・反別四町五反八畝歩。明治十八年最上農名簿に小林兵右衛門・耕宅地十一町三反歩・山林九反歩所有。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に北河原・小林茂吉あり。

一八四 同郡南河原村 信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に北埼玉郡南河原村小林兼太郎・小林永次郎あり。九戸現存す。

一八五 同郡上中条村(熊谷市) 下川上村嘉永六年御嶽碑に上中条村小林三十郎。安政三年剣術義集館に中条村小林晴助(組頭)あり。十二戸現存す。

一八六 同郡上之村(熊谷市) 成田誌に「上之村の上宿・辻通・中宿三ヶ所にて、寛永年中は家数三十軒、その内に小林二軒あり」と見ゆ。十七戸現存す。

一八七 同郡箱田村(熊谷市) 当村明和八年庚申塔に小林又市・小林伝七・小林三郎市・小林尋七・小林佐七・小林圭七あり。

一八九 足立郡川口宿 天保四年真継文書に川口宿鋳物師小林源助。善光寺天保五年弘法大師碑に小林利兵衛、嘉永六年庚申塔に当所小林初五郎。明治三十五年鍋釜製造小林庄太郎。川口神社明治三十九年碑に小林三郎。県会議員小林英三・明治二十五年生・広島県尾道市出身あり。

一九〇 同郡江戸袋村(川口市) 氷川社明治十二年奉納額に小林東蔵、明治二十四年奉納額に小林菊太郎あり。四戸現存す。

一九一 同郡前川村(川口市) 当村に此氏多く存す。当村安政四年稲荷碑に小林助七あり。伊刈村住人か。

一九二 同郡伊刈村(川口市) 当村に此氏多く存す。力神社文政十年水鉢に小林久蔵・小林安蔵、嘉永五年鳥居碑に当所・小林浅治郎・小林三左衛門・小林イヨ・小林平蔵、明治三十年奉納額に小林仁左衛門。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に伊刈村小林平蔵。太田窪村行弘寺文久元年水鉢に伊刈村小林三左衛門。芝村八幡社文久三年石華表に伊刈村小林助七・小林佐右衛門。明治九年副戸長小林助七・天保元年生。明治二十年柴山伏越改造碑に伊刈村小林三之助あり。

一九三 同郡芝村(川口市) 当村に此氏多く存す。慈星院明治十年碑に小林みつ・小林助七.。八幡社明治四十年碑に芝村小林半四郎あり。

一九四 同郡赤井村(川口市) 氷川社明治三十九年碑に小林恒次郎・小林忠兵衛あり。六戸現存す。

一九五 同郡神戸村(川口市) 西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に神戸小林兼五郎・小林勘蔵。木曽呂村朝日神社明治三十五年鳥居碑に神戸小林佐左衛門・小林佐市あり。五戸現存す。

一九六 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社天明二年熊野碑に赤山領家村小林忠右衛門、慶応二年筆子碑に小林芳太郎・小林鍬太郎あり。七戸現存す。

一九七 同郡安行領根岸村(川口市) 当村に此氏多く存す。妙蔵寺延享元年棟札に年寄小林政右衛門、文化八年碑に小林勇吉。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流足立郡根岸村小林常右衛門あり。

一九八 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門人碑に小林治右衛門・小林六三郎あり。一戸現存す。

一九九 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年醤油商小林豊吉・足袋商和泉屋小林留吉あり。 

二〇〇 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 稲荷社明治三十九年碑に小林清一郎。

二〇一 同郡浦寺村(鳩ヶ谷市) 地蔵院正徳六年庚申塔に小林清右衛門・小林源右衛門・小林平右衛門・小林武左衛門・小林吉兵衛・小林政右衛門・小林平吉・小林三右衛門。新井宿村子日宮神社享和三年水鉢に浦寺小林源蔵。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に浦寺村小林文八・小林熊蔵あり。

二〇二 同郡浦和町 玉蔵院明治三十一年供養塔に浦和町小林房吉。明治三十五年白米商小林松五郎・魚商小林房吉あり。

二〇三 同郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に小林敬重・小林仁右衛門・小林喜兵衛・小林幸右衛門あり。他村の人か。

二〇四 同郡大谷口村(浦和市) 当村に此氏多く存す。氷川社明治二十九年水鉢に小林小右衛門・小林佐吉、明治四十五年狛犬に大谷口小林亀三郎あり。

二〇五 同郡中尾村(浦和市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に中尾村小林五右衛門。本太村山神社明治三十年碑に中尾小林忠蔵あり。十九戸現存す。

二〇六 同郡大牧村(浦和市) 清泰寺嘉永五年供養塔に和田谷小林竹蔵、万延元年庚申塔に和田小林竹蔵。芝村慈星院明治十年碑に大牧小林助七・小林峯蔵あり。十九戸現存す。

二〇七 同郡大崎村(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に大崎村小林喜三右衛門。代山村成田不動尊明治四十年碑に大崎小林兼吉あり。十六戸現存す。

二〇八 同郡下大久保村(浦和市) 諏訪社安政五年御神燈に小林幸治郎あり。六戸現存す。

二〇九 同郡草加町 草加神社弘化三年玉垣碑に小林重蔵。明治三十五年運送店小林七之助あり。

二一〇 同郡金右衛門新田(草加市) 旭神社文政五年供養塔に小林勘五郎あり。

二一一 同郡戸田村 明治三十一年染物業小林石五郎あり。

二一二 同郡八王寺村(与野市) 当村に此氏多く存す。小林家墓地寛政八年供養塔に小林庄五郎・小林五右衛門・小林八右衛門・小林常右衛門・小林勘之丞・小林勘兵衛・小林八郎右衛門・小林五左衛門・小林惣吉・小林忠左衛門・小林源七・小林仲五郎・小林彦七・小林幸八・小林久蔵あり。

二一三 同郡大宮町 大谷場村御嶽山明治三十四年碑に大宮堀ノ内小林杢三郎。明治三十五年菓子商小林吉之助・同小林常吉・料理店小林善兵衛・小間物商小林つる・小林清太郎あり。

二一四 同郡片柳村(大宮市) 万年寺元禄十七年供養塔に小林甚六あり。三戸現存す。

二一五 同郡北袋村(大宮市) 文久元年上木崎村市川文書に北袋村小林初次郎。明治九年副戸長小林仁左衛門。上木崎村足立神社明治四十四年碑に北袋小林三右衛門・小林重三郎あり。十四戸現存す。

二一六 同郡植田谷領本村(大宮市) 私塾師匠田創堂小島官太夫貞幸・元紀伊藩士小林奈八郎玉江・元治元年没(官太夫の兄)あり。現存無し。

二一七 同郡大和田村(大宮市) 当村に此氏多く存す。元禄三年検地帳に「六右衛門(小林氏)・二町七反六畝歩」。真福寺跡文化十年廻国塔に小林丁ノ甫、天保十二年廻国塔に小林六右衛門。中丸村神明社慶応三年御嶽碑に大和田村小林定吉・小林七五郎。真福寺跡明治二十四年水鉢に小林春宅・小林麟次郎。鷲神社嘉永二年狛犬に小林金蔵・小林常右衛門・小林松右衛門、明治二十六年碑に小林宇太郎・小林弥兵衛・小林七五郎・小林沖右衛門、明治三十二年碑に小林儀三郎、明治三十九年碑に小林鹿太郎・小林万次郎・小林誠一。大谷場村御嶽山明治三十四年碑に大和田小林麟次郎あり。

二一八 同郡宮ノ下村(大宮市) 明治八年騎西町釜屋文書に宮ノ下村酒造業小林倉吉あり。四戸現存す。

二一九 同郡峰岸村(大宮市) 穂積神社天明八年鳥居碑に小林留五郎あり。現存無し。

二二〇 同郡並木村(大宮市) 当村に此氏多く存す。氷川社明治三十八年碑に小林正作・小林林之助・小林加之助・小林富三郎・小林喜助・小林皆吉・小林民吉・小林f三郎・小林良助・小林鷲太郎・小林綱吉・小林栄太郎・小林栄蔵・小林金太郎・小林作蔵・小林春吉・小林音五郎・小林初五郎・小林信太郎・小林安太郎あり。

二二一 同郡宝来村(大宮市) 福寿庵跡天保八年庚申塔に小林七郎兵衛あり。十戸現存す。

二二二 同郡上尾町 明治三十五年肥料商小林兼吉。愛宕社明治四十四年碑に小林周太郎・小林孝吉・小林兼吉あり。

二二三 同郡貝塚村(上尾市) 平方村馬蹄寺明治十年馬頭尊に貝塚村小林六左衛門あり。現存無し。

二二四 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年餅商小林仙三郎あり。

二二五 同郡小針新宿村(伊奈町) 倉田村明星院文政六年新西国塔に小針村小林茂右衛門・小林清七.。小針神社天保二年浅間碑に小針新宿村小林銀蔵、天保九年水鉢に小針新宿村組頭小林茂右衛門・小林清七・小林喜兵衛・小林庄蔵・小林茂兵衛・小林重次郎。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡小針新宿村小林清蔵あり。十三戸存す。

二二六 同郡小貝戸村(伊奈町) 明治八年騎西町釜屋文書に小貝戸村酒造業小林善七あり。

二二七 同郡羽貫村(伊奈町) 倉田村明星院文政六年新西国塔に羽貫村小林孫右衛門。小針神社天保二年浅間碑に村方原小林松五郎。当村天保六年庚申塔に小林与五右衛門・小林初五郎・小林太右衛門・小林十左衛門・小林久右衛門・小林七郎兵衛・小林佐五右衛門・小林庄三郎・小林平右衛門・小林佐左衛門。西蔵院天保十三年鐘銘に小林七郎兵衛・小林佐五右衛門・小林久右衛門・小林庄三郎・小林多右衛門あり。七戸存す。.

二二八 同郡桶川宿 上日出谷村氷川社明治二十年水鉢に桶川宿小林造酒蔵あり。

二二九 同郡下日出谷村(桶川市) 当村に此氏多く存す。明治八年地租改正請書に小林弥市あり。

二三〇 同郡河田谷村(桶川市) 明治八年騎西町釜屋文書に河田ヶ谷村酒造業小林利右衛門あり。十一戸現存す。

二三一 同郡石戸宿村(北本市) 玄同放言(滝沢馬琴著)に「武蔵国足立郡石戸荘堀之内村なる東光寺といふ小道場あり。宝塚など唱る処あり。宝塚は本邑の旧家小林三郎左衛門が嚢祖高松三郎左衛門(東光寺位牌に貞永元年卒)は鎌倉より源範頼朝臣に隷進せられし老党なり、その子孫村長になりたるに慶長年間失火して相伝の武器調度旧記等、すべて鳥有になりつ、その庫の焼跡を、人の踏穢さん事をおそれ、その灰をうずみて、塚に築きしかば、やがて宝塚と呼攸たり。この比までは、その家、豊なりけるに、後いたく衰へしかば、職を辞して平民になれり。かくて高松を名のらん事、恥かはしくや思ひけん、子孫小林をもて家称とす、今の小林三郎左衛門是なり、塚は即その家の北にあり。ここより精進場まで道直くして六十丈ばかりなるべし、高松が家の門の跡、今なほ、その間に遺れり。以上堀之内の村長小林松右衛門が説話なり、松右衛門・本姓は高松氏、即ち三郎左衛門が親属なりといふ」と見ゆ。当村に高松氏三十七戸、小林氏十三戸現存す。両氏は範頼以前からの土着者にて、高松氏没落後に姻戚関係の小林氏が跡屋敷に入り村長を勤める。 

二三二 同郡深井村(北本市) 薬師堂宝永六年棟札に当村年寄小林忠右衛門。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に深井小林栄助(酒造業)あり。七戸現存す。

二三三 同郡鴻巣宿 文政十一年商人講中に小林勇五郎。明治三十年本一町小林啓次郎。明治三十五年菓子店小林重八・荒物商小林弘篤・同小林良之助・同小林益吉・同小林和一郎・米穀商小林さく。勝願寺明治三十五年馬頭尊に当所小林徳次郎。

二三四 同郡原馬室村(鴻巣市) 明治四年騎西町釜屋文書に原馬室村酒造業小林清吉あり。五戸現存す。

二三五 同郡川面村(鴻巣市) 八幡宮元文三年御神燈に川面村小林太兵衛。字馬洗場寛延三年供養塔に川面村小林三右衛門。三ツ木村輪光院天保五年馬頭尊に川面村小林八左衛門。野村玉松堂明治二年入門に川面村弥右衛門弟小林啓蔵。明治四年組頭小林弥三右衛門・二十二歳。清滝寺明治十四年鐘銘に小林孫右衛門・小林佐兵衛・小林竹次郎・小林栄次郎・小林新平・小林和三郎・小林佐金次。三ツ木村三ツ木神社明治三十年御神燈に川面小林甚太郎あり。九戸現存す。

二三六 同郡箕田村(鴻巣市) 白山社天明五年供養塔に当町隠居小林長次郎。氷川八幡社明治四十年鳥居碑に箕田村下町小林仁太郎あり。十三戸現存す。

二三七 同郡吹上村 当村に此氏多く存す。前谷村光明寺天保七年常夜燈に吹上村小林孫蔵。吹上神社明治四十三年碑に小林政次郎・小林浪之助・小林音右衛門・小林福松・小林伝蔵・小林孫兵衛・小林央吉・小林兵蔵・小林国五郎あり。

二三八 同郡大芦村(吹上町) 当村に此氏多く存す。当村伊太郎所蔵文書(武州文書)に「元亀四年癸酉正月朔日、官途之事、被成雅楽助者也、仍如件、小林雅楽助殿」と見ゆ、忍城家臣か。岩室観音堂享和元年碑に足立郡大芦村小林幸次郎。日枝社文化五年普門品に大芦村小林十左衛門・小林斎次郎。龍光寺天保十年水鉢に小林忠治郎。氷川社嘉永三年算額に当所小林要吉郎勝栄。池上村古宮神社明治四年算額に大芦村小林要吉郎勝晴。明治十七年蚕業に小林金兵衛・小林信吉・小林作兵衛。氷川社明治二十年碑に小林紋太郎・小林伝蔵・小林重五郎・小林代五郎、明治三十一年碑に小林吉五郎・小林泰三郎・小林久四郎・小林清太郎・小林重太郎・小林勘次郎・小林孫兵衛・小林嘉蔵・小林藤市・小林為五郎・小林新吉・小林平兵衛・小林兼吉・小林清蔵、明治四十年碑に小林万之助・小林太三郎・小林沢吉・小林島吉・小林五郎・小林幸五郎・小林正三あり。

二三九 同郡三町免村(吹上町) 当村正徳三年地蔵尊に三町免村小林清兵衛。大芦村日枝社文化五年普門品に三町免村小林源次郎。前谷村光明寺天保七年常夜燈に三丁免村小林平七.。明治四年名主小林源右衛門・六十六歳。糠田村氷川社明治十一年浅間碑に三丁免村小林源治郎。明用村観音寺明治二十八年碑に三町免村小林盛蔵。当村明治三十一年碑に三町免小林金次郎・小林儀兵衛あり。十一戸現存す。

二四〇 同郡明用村(吹上町) 三島社宝永四年稲荷碑に小林佐右衛門・小林弥平次。観音寺延享五年庚申塔に小林仁右衛門・小林甚平。前谷村光明寺天保七年常夜燈に明用村小林乙八.。三島社安政二年幟碑に小林多三次・小林酉蔵・小林仙之助・小林亀吉・小林金之丞、明治十九年御神燈に小林源右衛門。観音寺明治二十八年碑に明用・小林一三・小林国右衛門・小林市五郎・小林勇太郎・小林定右衛門、明治四十二年馬頭尊に小林吉蔵・小林新太郎あり。十八戸現存す。

二四一 同郡小谷村(吹上町) 箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に小谷小林豊吉。日枝社嘉永六年碑に堤根小林仲右衛門(組頭)。明治九年副戸長小林仲右衛門・文政六年生。日枝社明治四十二年碑に小林又右衛門・小林新六・小林誠助、堤根小林新蔵・小林重吉。金乗寺明治四十五年碑に小林徳次郎・小林松五郎・小林武平あり。三戸現存す。

二四二 新座郡志木宿 幸町天保三年六面幢に小林源治。新倉村明治初年富士講碑に引又小林夘八