埼玉苗字辞典

泰 タイ 浦和、岩槻、三郷等に存す。

 タイ 浦和に存す。

戴 タイ 川口に存す。

 ダイ 比企郡下里村(小川町)大聖寺貞和五年宝篋印塔に武州比企郡下里郷大と見ゆ。上尾に存す。オオ条参照。

一 江戸氏族大氏 紀州那智山米良文書に「応永二十七年、名字武蔵国江戸書立、大との」あり。荏原郡蒲田郷大屋敷(大田区蒲田二丁目)より起る。

代 ダイ 大里郡代村(熊谷市)あり。

一 私市党代氏 代村より起る。熊谷市史に「私市党に代氏、楊井氏、河原氏等あり」と見ゆ。

二 忍城士の代氏 成田分限帳に「十八貫文・大井代右近、十五貫文・大井代佐門」あり。太井村の代氏なり。風土記稿代村条に「往昔は成田氏領地にて、かの家の分限帳に永二十貫文・代五四郎と記せしば、まさしく当所の人にて在名を名乗しものならん。今村民に五四郎が子孫残れり」と見ゆ。附会なり、代氏は現存無し。次項参照。

三 埼玉郡太井村(熊谷市) 小名門井・棚田・新宿は後に分村す。当村に此氏多く存す。前項の成田分限帳の後裔なり。上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末葉、大井右近末葉・大井住・代七郎右衛門」。大芦村日枝社文化五年普門品に太井村代半六.。棚田村棚田神社江戸末期台石碑に太井村代与左衛門・代多十郎。門井村鷺栖神社明治八年御神燈に太井村代平之丞。明治九年門井村副戸長代儀左衛門・天保九年生。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡太井町代儀左衛門・代藤次郎・代直次郎・代時三郎・代a三郎あり。次項参照。

四 同郡新宿村(吹上町) 古は太井村の内なり。不動堂寛政六年馬頭尊に忍新宿村代久五郎、江戸末期碑に新宿村代万五郎母。山神社明治十一年浅間碑に代忠三郎・代徳松・代弥助・代政之進、明治四十二年碑に北新宿代喜蔵・代政吉・代忠三郎・代久五郎・代村吉あり。十二戸現存す。

五 同郡棚田村(行田市) 古は太井村の内なり。棚田神社享保六年御神燈に棚田邑代光久、嘉永元年天神碑に代岩松、江戸末期台石碑に当所代仙之丞・代岩松。門井村鷺栖神社明治八年御神燈に棚田村代昌泉あり。二戸現存す。

六 同郡忍町 県会議員代篁・明治四十五年生あり。

七 同郡佐間村(行田市) 門井村鷺栖神社明治八年御神燈に佐間村代長五郎。天神社明治十三年御神燈に当所代長五郎あり。一戸現存す。

八 同郡向古河村(北川辺町) 観音堂元禄十六年供養塔に向古河・代新右衛門あり。現存無し。

九 熊谷宿 熊谷旧家祖先天正慶長頃に代采女あり。林条参照。熊谷宿百石組に「慶安元年、代重左衛門。享保四年、帳付役人衆代重左衛門。宝暦十年、新宿(筑波町)南屋敷持主代伝十郎」。富豪にて、江戸浅草寺本堂正面柱寛政九年寄進名に熊谷宿代忠八あり。

一〇 妻沼町 明治十一年副戸長代定七あり。現存無し。

一一 浦和町 昭和三年興信録に「代勘吉・所得税四十五円」あり。

台 ダイ 埼玉郡台村(菖蒲町)、新座郡台村(朝霞市)、高麗郡台村(日高市)、幡羅郡台村(妻沼町)あり。足立郡指扇村字台組(大宮市)は古の村名にて、武蔵志に指扇領台村と見え、正徳二年庚申塔に指扇内台村とあり。また、比企郡大豆戸村と入間郡小用村は一村(鳩山町)にて、大豆戸村真光寺天保七年切絵図に字台とあり、此地は報恩寺年譜に「宝治元年、入間郡越生郷台之屋敷、並水口之田・大豆戸等」と見ゆ。また、児玉郡鵜森村字台より本庄宿字台町は、今の国道十七号附近にて古の村名なり、天正八年上杉家文書に「武田勝頼は利根川を越え、武州本庄之台着陣候」と見ゆ。茨城県猿島郡境町十五戸あり。ウテナ参照。

一 幸手宿 神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に安政六年・幸手宿台伊十郎、元治元年・幸手宿台三左衛門。雷電社明治五年庚申塔に台仁右衛門。明治七年農民惣代・台七平。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿台仁平。明治三十五年古着商長松屋台三四郎・荒物商台安次郎あり。臺氏三戸、台氏一戸現存す。

二 栗橋宿 香取社天明三年御神燈に台弥左衛門。八坂社文化十四年御神燈に台綱兵衛・台源右衛門あり。三戸現存す。

三 埼玉郡川崎村(八潮市) 稲荷社文政二年絵馬に台平吉・台七兵衛。明治九年副戸長台平四郎・文化十年生、副戸長台清七・文政七年生。明治十九年南川崎村会議員に台藤蔵・台綱吉。明治三十年人名録に肥料商台平三郎・安政二年生・地租八十円、台綱吉・天保十一年生・地租三十円あり。七戸現存す。

四 同郡六万部村(久喜市) 金井家貞享二年庚申塔に台惣兵衛あり。ウテナ氏三戸現存す。

五 同郡菖蒲町 菖蒲神社安政二年水鉢に台竹次郎。明治三十年人名録に袋田神社々掌台治定・天保七年生。明治三十五年棒屋台友次郎あり。臺氏一戸、台氏一戸現存す。

六 同郡下種足村(騎西町) 中種足村大日堂文久二年供養塔に台徳右衛門あり。二戸現存す。

七 同郡加須町 明治三十五年石材店台熊吉・米穀商台徳蔵あり。二戸現存す。

八 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十年仙元碑に本村台忠右衛門あり。現存無し。

九 同郡砂原村(大利根町) 名村渋井家譜に「渋井五右衛門吉綱(延宝四年死去、四十七歳)、弟渋井太郎右衛門(妻砂原村台伝左衛門妹)」。鷲神社文化四年天満宮碑に台金太郎、安政七年仙元碑に台茂右衛門・台要蔵、万延元年絵馬に下組台要蔵・台辰之助、八間両組台茂右衛門、明治五年絵馬に台吉藤次・台栄次郎あり。十二戸現存す。

一〇 同郡細間村(大利根町) 薬王寺文政六年廻国塔に当所台伝内・台伊三郎。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に細間村台太郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に細間村台安右衛門あり。九戸現存す。

一一 同郡荻島村(羽生市) 砂原村鷲神社万延元年絵馬に荻島村台孫右衛門。天満宮安政二年仙元碑に台夘兵衛・台万吉・台丑松・台清五郎、明治二十年碑に台常七・台忠三郎・台庭七郎・台繁蔵・台文太郎・台長吉・台岩蔵・台清吉・台浪蔵あり。六戸現存す。

一二 同郡三田ヶ谷村(羽生市) 当村安政六年御嶽碑に台重左衛門。明治十一年鯉魚養育会社発起人台三郎次あり。一戸現存す。

一三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「潮止村(八潮市)・台藤之助・二十円・四十二円、台隆次郎・十一円、礼羽村(加須市)・台徳蔵・七十九円、原道村(大利根町)・台増太郎・三十六円」。

臺 ダイ 前条参照。

だい ダイ 入間郡大井町に存す。

太居 タイ 浦和に存す。

多居 タイ 笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に埼玉郡西新井村(越谷市)多居作右衛門あり。現存無し。

田井 タイ 各市町村に存す。栃木県今市市二十戸、茨城県新治郡千代田町十四戸、新潟県長岡市七十六戸、鳥取県八頭郡八東町六戸あり。

一 忍城士の田井氏 成田系図に「成田

長季(仕氏長)―女子(田井孫兵衛妻、寛文十一年没、八十三歳)、長季の養子勝明(田井孫兵衛の子、延宝二年没、六十四歳)」と見ゆ。

田伊 タイ 小山田氏族にて、畠山系図に「小山田別当有重―田伊七郎有朝」と見ゆ。由伊の書誤りなり。ユイ条参照。

但井 タイ 鳥取県岩美郡岩美町十五戸あり。

体阿弥 タイアミ 所沢に存す。

泰居 タイイ 羽生に存す。

田家 タイエ 大宮、春日部等に存す。

大栄 ダイエイ 春日部に存す。

大尾 ダイオ 浦和、志木等に存す。

太賀 タイガ 越谷、草加等に存す。

大快 ダイカイ 浦和に存す。茨城県真壁郡協和町九戸あり。

大海 ダイカイ 新潟県十日町市十七戸あり。

大角 ダイカク 狭山に存す。

大学 ダイガク 川口、鴻巣、春日部、越谷等に存す。

一 比企氏族大学氏 日蓮聖人遺文に「大学と申す人は、普通の人にはにず、日蓮が御勘気の時(文永八年の法難)、身をすて、方人(死罪赦免運動)の御計いなり云々」と。日蓮書状に「建治元年七月二日、大学三郎殿、日蓮花押」。日蓮入滅の弘安五年十月十三日池上本門寺での御葬送次第に大学三郎の名あり。鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺は、比企能員の法号を長興、母の法号を妙本により長興山妙本寺と付けられた。妙本寺伝に「比企判官能員の第蹟なり。文永十一年、本行院日学開基す。日学は比企能員の末男にて、大学三郎能本と号し、日蓮の俗弟子なり。京に隠れ住し、後文士となりて、順徳帝に奉仕し、佐渡国の遷幸に供奉す」。妙本寺門前碑に「比企大学三郎能基日学上人開基」あり。比企条参照。

二 後裔 池上本門寺十一世日現が天文二十三年に記した長興長栄両山歴世書(岡山県和気郡和気町日蓮宗法泉寺所蔵)に「天文二十三年甲寅孟冬晦日写之、大学三郎尊泰」あり。

大勝 ダイカツ 明治三十五年浦和町理髪師大勝佐七あり。一戸現存す。オオカチ参照。

大喜 ダイキ 川口、鳩ヶ谷、久喜等に存す。オオキ参照。

大工 ダイク 川口、川越等に存す。明治三十五年浦和町菓子屋大工音吉あり。現存無し。

大句 ダイク 志木に存す。

大宮司 ダイグウジ 上尾、与野、白岡、三郷、吉川、杉戸、入間等に存す。栃木県那須郡黒羽町二十戸、黒磯市十三戸、宮城県宮城郡松島町十七戸あり。

大工園 ダイクゾノ 浦和に存す。

代口 ダイクチ 新座に存す。

大工原 ダイクハラ 各市町村に存す。長野県南佐久郡臼田町六十戸、佐久町三十四戸、佐久市六十五戸あり。

大蔵 ダイクラ 埼玉郡大越村字大蔵(加須市)は古の村名にて、鷲神社弘化四年碑に台蔵と見ゆ。オオクラ参照。

大家 ダイケ 浦和、所沢等に存す。オオイエ、オオカ、オオヤ参照。

大源 ダイゲン 浦和に存す。

太子 タイコ 川越に存す。

太鼓 タイコ 越谷に存す。

大古 ダイコ 富士見に存す。

大胡 ダイゴ 大宮、越谷、草加、三郷、松伏、寄居等に存す。千葉県安房郡鋸南町十二戸、富津市二十三戸あり。オオゴ参照。

大湖 ダイゴ 川口、所沢等に存す。オオゴ参照。

大后 ダイゴ 川口、浦和、鴻巣に存す。

大a ダイゴ 川口に存す。

大後 ダイゴ 朝霞、新座、和光等に存す。オオゴ参照。

大護 ダイゴ 北本、川越、坂戸、所沢、鳩山等に存す。

醍醐 ダイゴ 千葉県匝瑳郡野栄町八戸、安房郡鋸南町二十一戸あり。

一 新座郡志木町 根岸村御嶽社明治初期碑に志木宿醍醐金太郎あり。九戸現存す。

二 同郡田島村(朝霞市) 風土記稿田島村条に「当村は家数三十六軒にして、鈴木、細田、小泉、中村、荒井、醍醐、田中、高野、内田等の氏あり」と見ゆ。志木町敷島社明治八年志木宿河岸船中に田島邨醍醐源之助。新倉村明治初年富士講碑に田島村醍醐源八・醍醐福太郎。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に田島・醍醐広吉・醍醐福太郎・醍醐子之助あり。十四戸現存す。

三 鴻巣町 明治三十五年雛幟紙鯉商醍醐藤次郎あり。一戸現存す。

四 埼玉郡笠原村(鴻巣市) 当村に此氏の旧家あり。二戸現存す。

大光 ダイコウ 東松山に存す。岩手県九戸郡種市町十三戸、青森県上北郡百石町九戸あり。

大郷 ダイゴウ 上木崎村足立神社明治四十四年碑に下木崎(浦和市)大郷清三郎あり。十七戸現存す。

大興寺 タイコウジ 那賀郡広木村大興寺条(美里町)に「城主大興寺入道草創の地にて、其法号を以て寺号とせしものならんか」と見え、足立郡浦和領岸村調神社伝に「延元二年二月五日、広木吉原城主一色大興寺入道源範行」と見ゆ。一色条参照。

大好寺 タイコウジ 広木村大興寺天正八年武田家禁制に大光寺と見え、鉢形古城記に「大手の口、東の方を大光寺ぐるはといふ、大光寺千島入道が屋敷跡也」と見ゆ。広木村大興寺に関係あるか。北条氏邦の奉行人なり。秩父郡上吉田村山口文書に「元亀四年四月十日、大好寺は、新舟又五郎の御番以下の不勤仕により、その知行を召上げる」。榛沢郡荒川村持田文書に「天正十五年六月十日、氏邦は、荒川只沢の持田四郎左衛門らに、目安をかき、大好寺曲輪へもち参、大好寺に可渡之候事」。児玉郡富田村天正二十年検地帳に「大好寺分」と見ゆ。千島条参照。

大黒 ダイコク 各市町村に存す。宮城県遠田郡田尻町七戸、岩手県宮古市九戸、鳥取県東伯郡赤碕町十四戸。

大穀 ダイコク 草加に存す。

大極 ダイゴク 草加、三郷、入間、所沢等に存す。秋田県平鹿郡大森町十八戸あり。

大黒谷 ダイコクヤ 蕨、川越、深谷等に存す。青森県中津軽郡相馬村六戸、西津軽郡深浦町六戸あり。

大黒屋 ダイコクヤ 桶川に存す。

太鼓地 タイコチ 坂戸に存す。

大小原 ダイコハラ 越谷、川越、上里等に存す。群馬県甘楽郡下仁田町七戸、富岡市十五戸あり。

大悟法 ダイゴホウ 浦和に存す。

大西 ダイサイ 上尾に存す。オオニシ参照。

大坂 ダイサカ 蓮田に存す。オオサカ参照。

大崎 ダイサキ 埼玉郡上中条村に四戸、下川上村(熊谷市)に四戸現存す。旧家なり。オオサキ参照。

大作 ダイサク 川口、大宮、草加、狭山、富士見、秩父等に存す。オオサク参照。

田石 タイシ 鳩ヶ谷に存す。

太子 タイシ 入間に存す。

鯛治 タイジ 狭山に存す。

田井治 タイジ 越谷、所沢等に存す。山形県米沢市七戸あり。

大司 ダイシ 浦和、新座等に存す。

台司 ダイシ 川越、富士見等に存す。

大師堂 ダイシドウ 川島に存す。

代島 ダイジマ 

一 大里郡代村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。和算家富田久兵衛は代島山東善寺の山号を名乗り代島氏を称す。古代以来居住の代島氏とは別流にて、他村出身か。文政六年大麻生村地図に富田久兵衛亮長と見ゆ。以後、代島久兵衛を称す。八幡社弘化四年水鉢に代島勘左衛門・代島平蔵・代島喜左衛門・代島五郎八・代島佐五郎・代島泰助・代島杢兵衛・代島惣左衛門・代島辰五郎・代島新五右衛門・代島久兵衛、同年算額に代島久兵衛亮長、同年頃伊勢講碑に代島彦七郎・代島七五郎。当村弘化五年馬頭尊に当所代島久兵衛、元治二年碑に代島七五郎。下川上村嘉永六年御嶽碑に代村代島喜左衛門。明治九年副戸長代島勘左衛門・天保五年生、副戸長代島忠義・文政七年生。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に台村代島長作。上州榛名神社大正四年御神燈に大里郡代村宮之下・代島訓一郎・代島賢二・代島勘市・代島義三.。昭和三年興信録・所得税に「大幡村・代島賢二・二十七円、代島寿三・十九円」あり。

二 深谷町 明治三十五年小間物商代島源次郎あり。現存無し。

台島 ダイジマ 熊谷旧家祖先天正慶長頃に台島庄太夫あり。現存無し。

台彰 ダイショウ 越谷に存す。

大上 ダイジョウ 朝霞、所沢、三芳、春日部等に存す。オオガミ参照。

大条 ダイジョウ 蕨、鶴ヶ島等に存す。オオエダ参照。

大條 ダイジョウ 久喜、川越等に存す。

大膳 ダイゼン 葛飾郡大膳村(三郷市)、下赤岩村字大膳、権現堂村字大膳新田、埼玉郡神戸村字大膳あり。

田板 タイタ 越谷に存す。

退田 タイタ 浦和に存す。

代田 ダイタ 浦和、桶川、行田等に存す。茨城県真壁郡大和村十戸あり。

台田 ダイタ 志木に存す。

太田窪 ダイタクボ 足立郡太田窪村(浦和市)あり、風土記稿に「天文永禄の頃千葉氏領す。たいたくほ千葉領百姓中」と見ゆ。

太地 タイチ 浦和、草加、川越等に存す。オオチ参照。

泰地 タイチ 川口、加須、越谷、吉見等に存す。

田井地 タイチ 入間、所沢等に存す。

大地木 ダイチギ 鶴ヶ島、日高に存す。

大長 ダイチョウ 浦和、川越、所沢等に存す。オオチョウ、オオナガ参照。

鯛津 タイツ 浦和に存す。

田出 タイデ 三郷に存す。

帯刀 タイトウ 浦和、上福岡等に存す。タテワキ参照。

泰道 タイドウ 草加に存す。

大東 ダイトウ 上尾、桶川、蕨、春日部、草加、所沢、飯能、熊谷、小川に存す。鳥取県米子市二十七戸あり。

大唐 ダイトウ 榛沢郡谷之村(深谷市)に二戸現存す。旧家なり。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国大寄村谷之・大唐八重吉。大寄村会議員大唐福三郎・明治二十三年生あり。

大藤 ダイトウ 川口、浦和、上尾、蓮田、鳩ヶ谷、春日部、草加、深谷等に存す。茨城県久慈郡大子町十四戸、稲敷郡河内町七戸あり。オオトウ、オオフヂ参照。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・三十石五人扶持・大藤晋助、御馬廻・二十一石四人扶持・大藤蘭平、御馬廻・二十石四人扶持・川越取立・大藤銀介」あり。

二 新座郡館村(志木市) 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に館村大藤与七あり。一戸現存す。

大塔 ダイトウ 毛呂山に存す。

大堂 ダイドウ 八潮に存す。オオドウ参照。

大同 ダイドウ 越谷、上福岡等に存す。

一 比企郡下八ツ林村(川島町) 威徳寺薬師堂鰐口銘に「明徳四年癸酉四月日、武州高麗郡佐西郷熊野堂権律師良勝。裏面に、奉懸薬師如来鰐口一面、応永七庚辰五月六日、於大同氏女」と見ゆ。当地方に現存無し。

大洞 ダイドウ 浦和、大宮、幸手、草加、栗橋、所沢、深谷等に存す。岩手県遠野市八戸あり。オオホラ参照。

大道 ダイドウ 埼玉郡大道村(越谷市)あり、オオミチと称す。岩手県九戸郡種市町二十戸、二戸市八戸あり。オオミチ参照。

一 足立郡瓦葺村(上尾市) 当村元禄十三年庚申塔に瓦吹村大道忠兵衛・大道与兵衛あり。十一戸現存す。

二 同郡平方村(上尾市) 馬蹄寺明治二年馬頭尊に大道伊之助あり。現存無し。

三 幡羅郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・大道小平太・大道十郎左門」あり。現存無し。

大道寺 ダイドウジ 各市町村に存す。山形県長井市三十六戸あり。

一 北条氏重臣の大道寺氏 川越城及び松枝城(群馬県松井田町)の城主なり。鎌倉鶴岡八幡宮快元僧都記に「享禄五年、大道寺蔵人佐。天文三年、鶴岡鍛冶奉行大道寺孫九郎、惣普請奉行大道寺蔵人佐。天文五年、大道寺盛昌」。鶴岡相承院文書に「北条氏綱の臣大道寺蔵人佐」。上野国世良田村長楽寺文書に「弘治三年五月十日、北条家は、深谷城主上杉静賢の申請により、長楽寺の寺領を安堵し、他よりの横合非分を禁止す。委細は大道寺駿河守に申届る可し。長楽寺宛、大道寺奉之」。永禄二年小田原所領役帳に「大道寺某、豆州中村(静岡県三島市)、同加茂郡吉田・八幡野・茅原野(伊東市)、同田方郡赤羽根・塚本(函南町)、相州足柄上郡斑目(神奈川県南足柄市)、同大住郡小鍋島(平塚市)、以上八百六十五貫文余、此外八十貫文・武州入西郡高坂(東松山市)、二百十一貫文余・河越三十三郷寺山(川越市)、五十六貫文余・同郷小室(川越市)、都合千二百十二貫文余」。「大道寺弥三郎、豆州田方郡丹那(函南町)、大井宮(三島神社)、加茂郡縄地(河津町)、相州大住郡大竹(伊勢原市)、相州足柄上郡中ノ名(開成町)、三十七貫文・武州比企郡井草(川島町)、合三百五十一貫文余」。永禄九年三月川口文書に「田方郡丹那郷地頭大道寺駿河守」と見ゆ。日暮里淨光寺文書(住職は河越清田氏子孫)に「永禄四年卯月晦日、当宿(河越)へ来商人、問屋之義、申付事。今度籠城節に高名無比類候、清田内蔵助殿、周勝花押(大道寺)」。武州文書に「元亀四年癸酉十一月二十八日、河越城将大道寺政繁は、次原新三郎に繁の一字を授く。繁、次原新三郎殿、政繁花押」。「未十一月二十日、宿中道造並び掃除奉行、唐人小路(後の江戸町)、津気原新兵衛・清田庄左衛門尉、花押(政繁)」。仙波町市川文書に「子十二月二十六日、於当地、望次第祈念、守等可出由、無相違儀ニ候、万人(番人)、政繁花押」と見ゆ。川越南町(今の幸町)条に「曹洞宗長喜院は天文永禄の頃、大道寺駿河守が甥大道寺権内長喜と云もの此地に住せり、後遺跡に当寺を草創す。此人永禄五年十二月十一日没せり、法名を冷月長喜居士と号す」。高沢町(今の元町二丁目)条に「浄土宗見立寺。城主大道寺駿河守政繁が母法謚宝泡院柔誉光沢蓮声とて、永禄十年八月十二日卒す」。上寺山村八口神社棟札に「永禄十三年、奉修造八口大明神社、発功主大道寺駿河守殿」。北条家人数覚書に「大道寺九郎右衛門尉・川越城、同孫九郎・松枝城、父子、千五百騎」。関八州古戦録に「上州松枝城主大道寺駿河守直宗が嫡子新四郎」。男衾郡鉢形城条に「天正十八年庚寅五月十九日、上杉景勝らを大将とし、大道寺新四郎を郷導として押向ひ、東の方なる搦手には前田利家父子、大道寺駿河守等、鉄砲を打懸る故、城中防ぐに術なくぞ見えける」。鉢形落城後は松山城を攻撃す。天正庚寅松山合戦図に「寄手の大将大道寺政繁・大道寺直重」と見ゆ。喜多町条に「曹洞宗広済寺は、昔大道寺駿河守政繁当所在城の頃、世々の菩提寺として起立す。政繁は天正十八年寅七月十九日没せり」。高麗郡上戸村条に「時宗常楽寺の中興開基は、大道寺駿河守・法謚は松雲院殿江月常清大居士・天正十八年七月十九日卒。寺後に大道寺の墓碑あり、古碑は破壊せしゆえ、寛政年中再建せり。大道寺家の子孫今も芝三田にあり」。小田原編年録に「太郎重時後裔、駿河守政繁(天正十午十一月二十三日卒、清浄院安誉道穏居士)―駿河守直宗(一に玄蕃直重。天正十八年六月十九日卒、上戸村常楽寺に葬る、松雲院江月常清居士)―玄蕃直時―玄蕃直治」。川越天台宗中院過去帳に「江月浄信・大道寺駿河守・天正十八年七月十九日」。群馬県松井田町新堀の曹洞宗補陀寺に大道寺駿河守政繁の墓あり。

二 日蓮宗信徒の大道寺氏 川越行伝寺過去帳に「浄清・大道寺駿河守・寅年七月。妙伝・大道寺息女・丑年十二月」あり。名跡駿河守の継承者にて、血縁の無い別家の人なり。

三 藤原姓大道寺氏 武蔵志に「大道寺駿河守政繁は、花山院藤原師賢の後胤なり」と。太閤記に「大道寺は尾州生国なり」と見ゆ。家譜には山城国綴喜郡大道寺村(京都府宇治田原町)より起ると云う。地名附会なり。寛政呈譜に「藤原貞嗣流、日向守通憲・山城国田原の奥大道寺に住す。発専はその後胤なりといふ。今の呈譜は平氏なり。発専(北条早雲に従ひて、某年小田原城にをいて討死す)―太郎重時(氏綱に属して武蔵国河越城に住し、某年七月十二日死す。年六十二.、法名宗心)―駿河守政重」。政重(政繁)の子に駿河守直繁(子孫福井藩士)、新四郎玄蕃頭直重(子孫尾張藩士)、僧弁誉、内蔵助直次(子孫幕臣)、隼人直英(子孫津軽藩士)あり。但し、兄弟の年齢があわず。

四 福井藩家臣の大道寺氏 遊歴雑記(文化文政頃)に「上戸村浄楽寺、当時の什宝の内に、むかし大道寺駿河守の乗鞍・椀等を蔵す。今松平越前守家司に大道寺孫九郎とて嶺岸島中やしきに住するは裔孫なるやしるべからず」と。諸士先祖之記録(福井県立図書館所蔵)に「姓平。桓武帝裔伊勢伊勢守氏貞、其子駿河守照康嫡男伊勢太郎貞次、其子大道寺駿河守重爾(山城国綴喜郡大道寺と申所に在住、是より以在名為称号。重爾(北条宗雲に属し相州甘縄に在城)―駿河守政繁(生国相模、初号孫九郎、天文十五年川越の城を給る)―孫九郎直繁(生国武蔵、小田原落居の後、台徳院様へ被召出、慶長七年伏見にて喧嘩其疵深手故死去)―因獄助繁久(父相果候以後、母方之祖父由良信濃守方へ引取置候)―友山重祐(生国越後、越前松平吉邦公御代正徳四年被召出))と見ゆ。重祐は兵法に長ずる。

五 尾張藩家臣の大道寺氏 大道寺文書(愛知県内海町)に「天正十八年三月十八日、北条氏直は、大道寺新四郎の三月十五日の真田信州衆との臼井峠合戦における戦功を賞す」。真田文書には「天正十八年四月十二日、軽井沢参陣仕候、松枝之城為順見、近習之士百三十余人召連、従臼井峠乗下、城代大道寺新四郎敵之小勢見済、毘甲七八百騎従城乗出云々」と見ゆ。士林泝(名古屋叢書)に「大道寺駿河守政重(天正十八年七月十九日河越城自殺、号松雲院江月常清)―新四郎玄蕃直重(忠吉君清洲城に於て謁見二千石を賜ふ。後、敬公に従ふ。寛永五年卒、六十歳)―玄蕃直時―玄蕃直治―玄蕃直秀」。慶長十二年清洲藩松平忠吉分限帳に「二千石・御馬廻之内大道寺玄蕃組人数十七人・是は清洲にて罷出・武蔵之者」と見ゆ。

六 幕臣の大道寺氏 寛政呈譜に「発専―蔵人(法名宗心。今の呈譜に太郎重時に作りて、北条早雲につかふといふ)―駿河守政重(氏康につかへ、武蔵国松郷今成の地をあたへらる。上野国松枝および信濃国小諸の城主となる。小田原没落の後、太閤江戸に到着のとき、七月十九日政重が不義をにくみ、桜田において誅戮す、年五十八、法名浄清、松枝の補陀寺に葬る。今の呈譜に七月十九日川越上戸村常楽寺において自殺せりといふ)―内蔵助直次(寛永十一年御家人に列し、千石をたまふ。慶安四年死す、年八十一.。法名道賾。西久保の浄土宗大養寺に葬る。のち代々葬地とす)―権内直数(実は尾張家の臣舎人源太左衛門恒忠が男、万治三年死す、法名照雲)―内蔵助直富(法名光順)。家紋、丸に揚羽蝶、丸に大文字」と見ゆ。

七 津軽藩家臣の大道寺氏 大道寺系図(茨城県五霞町大道寺繁仲所蔵)に「初代大道寺隼人直英(実父舎人源左衛門尉経忠嫡男、幼名勇丸。紀州藤縄に住居、源左衛門死去之後、北条家幕下上州松井田之城主大道寺駿河守政繁母方の叔父に付母召連れ、駿河守の養子となる。小田原没落後、津軽藩主津軽信牧に仕へ、五百石を賜ふ、寛永十九年九十一歳にて死去)」と見ゆ。

八 忍城士の大道寺氏 成田分限帳に「五十貫文・大道寺雅楽、十六貫文・大道寺主馬助」あり。

大導寺 ダイドウジ 越谷、草加、松伏、川島等に存す。

一 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御物頭・五十石三人扶持・大道寺貞四郎」。明治四年半原県分限帳に「非役・大導寺保・士族」あり。

二 埼玉郡川崎村(越谷市) 川崎神社文政十年水鉢に大導寺伊右衛門、天保十二年供養塔に大導寺権兵衛。明治九年副戸長大導寺伊兵衛・天保十年生。明治三十年人名録に大導寺広吉・慶応三年生・地租六十三円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北川崎大導寺広吉あり。一戸存す。

大徳 ダイトク 大宮、戸田、蓮田、新座、春日部、越谷、川越、坂戸、狭山に存す。茨城県稲敷郡新利根町十五戸、北相馬郡守谷町十一戸、千葉県成田市十七戸あり。オオトク参照。

一 入間郡宿谷村(毛呂山町) 当村六角塔に「右発起大徳道教、為光七与生建立六角塔婆、貞和二年丙戌初冬中旬敬白、妙善、善阿、迎念、西念、妙円」と見ゆ。当地方に現存無し。

二 同郡森戸村(坂戸市) 風土記稿森戸村条に「熊野社の別当大徳院は、本山修験山本坊の配下なり。開山権律師月證と云ふ、寂年は伝へず。されど本社の傍に、『観応二年辛卯三月三日、右志者大檀那当住権律師月證逆修』と彫たる碑を建つ。この月證当院の草創ならんにや、開山の年歴も推考すべし」と。平姓にて、高麗神社高麗氏系図に「修験高麗覚与(天文二十二年卒)―女子(森戸・平周頼妻)」と見ゆ。私塾師匠修験大徳周応・号一如・嘉永六年没六十四歳、其子大徳周乗・号子宣・武山・明治三十二年没七十二歳、其子大徳士竜なり。大家草紙歌人伝(周乗著)に「大得伝周・号十洲・森戸能満観主・寛文元禄時人、法眼一如六世祖」。周乗墓碑に「姓平氏・大徳周乗」とあり。一戸現存す。

三 同郡藤金新田(鶴ヶ島市) 脚折村明治四年戸籍に藤金新田第一番羽黒修験大徳嘉門あり。現存無し。

平中 タイナカ 川口、岩槻等に存す。岩手県九戸郡九戸村十戸、種市町十二戸あり。

対中 タイナカ 庄和に存す。

泰中 タイナカ 加須に存す。

妙中 タイナカ 鳩山に存す。

躰中 タイナカ 宮代に存す。

鯛中 タイナカ 浦和、熊谷等に存す。

田井中 タイナカ 大宮、北本、志木、春日部、越谷、八潮、杉戸、行田に存す。茨城県久慈郡大子町七戸あり。

大日 ダイニチ 新座、飯能等に存す。

鯛沼 タイヌマ 葛飾郡小谷掘村字鯛沼あり。

台野 ダイノ 狭山に存す。福島県原町市八戸、岩手県上閉伊郡大槌町二十戸あり。

田井能 タイノ 富士見に存す。

台越 ダイノコシ 埼玉郡百間中村字台ノ越(宮代町)は古の村名にて、浅間社文久元年碑に大コシ。秩父郡三峰神社元治元年供養塔に埼玉郡百間台越村と見ゆ。

鯛之島 タイノシマ 埼玉郡間久里村字鯛之島あり。

大ノ田 ダイノタ 入間郡久下戸村字大ノ田、小中居村字大ノ田、榛沢郡武蔵野村字大ノ田あり。ダイノタと註す。

台信 ダイノブ 和光に存す。

代場 ダイバ 日高に存す。

大原 ダイハラ 埼玉郡大原村(八潮市)あり。ダイハラと註す。

台原 ダイハラ 上福岡に存す。

大府 ダイフ 北本に存す。

大福 ダイフク 川越に存す。青森県下北郡東通村四戸あり。オオフク参照。

大佛 ダイブツ 那賀郡大佛村(美里町)あり、武蔵志に「古館あり、大佛陸奥守居しと云り。大佛の字、古へはヲサラキと唱へり。今はタイブツと読りと土人の言なり」と見ゆ。オサラギ参照。

一 埼玉郡鎌塚村(吹上町) 八幡社明治十年碑に大佛大翁あり。オサラギ氏一戸現存す。

大坊 ダイボウ 浦和、大宮、越谷、川越、毛呂山、東松山、滑川等に存す。岩手県岩手郡玉山村五戸、岩手町九戸、紫波郡矢巾町二十六戸、青森県三戸郡田子町十九戸、南津軽郡碇ヶ関村七戸あり。

大房 ダイボウ 埼玉郡藤井村字大房、南篠崎村字大房、今泉村字大房、長野村字大房あり。大坊とも書く。

大法寺 ダイホウジ 岩附城士にて、松隣夜話に「永禄七年五月、岩附の太田三楽、家老大法寺大膳、長子同名武蔵守等は松山城を攻る」と見ゆ。

大保寺 ダイホジ 川口に存す。

対間 タイマ 葛飾郡惣新田村(幸手市)明治二十年被選挙権者に対間栄三郎・嘉永二年生、対間吉兵衛・文政七年生。明治三十年人名録に荒物醤油商対間助太郎・安政元年生・地租三十五円、対間専一郎・文久二年生・地租二十円あり。二戸現存す。

泰間 タイマ 富士見、小川に存す。

泰磨 タイマ 足立郡瀬崎村(草加市)浅間社明治三十四年碑に泰摩松五郎・鳶職泰摩銀蔵。浮塚村氷川社明治三十九年絵馬に瀬崎泰摩勇次郎あり。泰磨氏六戸現存す。

当麻 タイマ 大宮、草加等に存す。青森県北津軽郡鶴田町十六戸あり。トウマ参照。

當麻 タイマ 越谷に存す。

当摩 タイマ 埼玉郡中岩瀬村字当摩あり。

大間 ダイマ 比企郡古池村字大間(越生町)は古の村名にて、永禄三年最勝寺文書に「岩崎・上殿分・田代・大間・富沢・山田分、六ヶ村」と見ゆ。すべて古池村の小名なり。大宮、春日部等に存す。オオマ参照。

太間 ダイマ 入間郡上谷ヶ貫村(入間市)明治九年副戸長太間長吉・文政九年生あり。二戸現存す。

大満 ダイマ 入間郡大満村(越生町)あり。大間とも書く。

大松 ダイマツ 大宮、志木、和光、川越、狭山等に存す。オオマツ参照。

一 小鹿野町 明治三十五年下駄商大松助太郎あり。現存無し。

大丸 ダイマル 各市町村に存す。宮城県桃生郡鳴瀬町六戸、矢本町五戸、青森県上北郡野辺地町十五戸あり。オオマル参照。

台丸谷 ダイマルヤ 鴻巣に存す。青森県西津軽郡稲垣村二十七戸、五所川原市十三戸あり。

代見 ダイミ 鶴ヶ島に存す。千葉県鴨川市八戸あり。

大毛 ダイモ 川口に存す。オオゲ参照。

大本 ダイモト 鳥取県東伯郡赤碕町二十三戸あり。

代本 ダイモト 川越に存す。

臺本 ダイモト 富士見に存す。

大門 ダイモン 足立郡大門町(浦和市)あり、延文六年市場祭文写に足立郡大門市祭と見ゆ。小名大門は、埼玉郡北大桑村、上川俣村、小松村、足立郡平方村、入間郡中神村、新堀村、三ツ木村、榛沢郡樫合村、大里郡上恩田村、秩父郡田村郷等にあり。各市町村に存す。栃木県河内郡南河内町十二戸、鹿沼市七十七戸、今市市五十五戸、新潟県西頸城郡名立町十五戸あり。オオカド参照。

一 入間郡小代郷(坂戸市)の大門氏 報恩寺年譜に「貞和二年、越生忠親知行注文。入西郡小代郷国延名・一宇大門三郎太郎入道在家(元徳三年、小代右馬次郎伊行沽却地)」と見ゆ。当地方に現存無し。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御小姓・百十石・大門東曹」あり。

三 埼玉郡屈巣村(川里町) 私塾師匠元忍藩士大門東曹・明治二十八年没あり。二戸現存す。

大文字 ダイモンジ 所沢に存す。

代山 ダイヤマ 足立郡代山村(浦和市)あり、元和二年厚沢文書に大山村と見ゆ。三戸文書に「永禄六年、足立郡代山の内寺山・たい野端」と見ゆ。

大山 ダイヤマ 横見郡大串村字台山(吉見町)より大山庄の唱へあり。横見郡条に「古は郡中、御所郷と大山庄のみなりしと云伝へり」と。太田道灌書状に「文明十二年一月、然者大石名字中、道灌相供、当所竹沢辺与高見辺与打出、相交太山之陣取御旗ヲハ浦山河ヲ前当、被穏森被立、多野陣衆付力ヲ」と見ゆ。

大陽寺 タイヨウジ 秩父郡大滝村字大日向に臨済宗大陽寺あり、武蔵志に「秩父郡大陽郷」と見ゆ。

一 藤原姓大陽寺氏 足立郡安行慈林村(川口市)宝厳院厨子銘に「当寺炎上応仁元年丁亥正月十七日夜皆焼失、文明十五年癸卯八月十日旦那一躰三貫宛也、大陽寺中務丞藤原直清、妙祐禅尼、常珍禅尼、犬子、孫太郎、ミの口、ます子、薬師子、と弥子、蓮乗」と見ゆ。

二 秋田氏流太陽寺氏 大陽寺とも書き、秩父郡の大陽寺より起る。太陽寺家譜(大滝村黒沢家所蔵)に「我先祖は参議藤原房前也、十四代の祖は備前守相継と云、是秋田の祖なり。十九代の祖を出羽守秋田城介景盛。二十二代の祖を秋田四郎左衛門尉時長と云、弘安八年鎌倉の執権北条貞時は、秋田城介泰盛及其族を并殺す。此時、時長乱を避けて武州秩父郡大日向の太陽寺に潜匿す、延元二年没す、年七十三.。子孫世々居る、因て氏とす焉」と。出羽国秋田城(秋田県)より起る安達姓秋田城介の後裔説は附会なり。秩父郡の秋田氏は出羽国飽海郡秋田郷(山形県酒田市秋田町)より起る平姓秩父氏流秋田出羽介の後裔なり。秋田条参照。太陽寺家譜に「太陽寺四郎左衛門盛久・後武州深谷一ノ坂に住し上杉管領に属す。盛久より我代に至る迄子孫九代国老を奉職す。天保九年余が父・大日向山太陽寺へ参詣、取調の節黒沢佐平様へ御世話を蒙候は僕が親父に御座候。亡父旧館林藩家老太陽寺四郎左衛門盛朝、男旧名太陽寺内蔵介成美事秋田文雄、明治四年正月初迄大陽寺氏を称し、同年正月より旧姓秋田氏に復す」と見ゆ。また、秋元家藩臣秘録に「太陽寺四郎左衛門。御譜代、深谷草茫々之内、今深谷一ノ坂と云所、先祖旧跡有り。此家鎌倉将軍家藤九郎盛長子孫、之右大将家より北条九代及元弘建武の乱を凌ぎ、関東管領国氏より代々憲政に至る迄、其下属して、武州秩父、又は野州に住す。紋所三ツ椀也、今丸く其小口を紋とす」と見ゆ。

三 秋元氏重臣の太陽寺氏 深谷上椙御譜代之臣に太陽寺氏の名は見えず。此氏は秋元氏の直参で深谷七騎の一なり。秋元家藩臣秘録に「深谷一ノ坂の脇に蓮沼と云城跡有り、元亀二年北条氏政これを攻め、其時此城破却、太陽寺先祖此地に領住する。其頃、太陽寺先祖朝夕、秋元景朝公と深谷に於て御参会申せし事あり。此縁に依る越中守長朝公深谷へ上総より御越の節、太陽寺御頼有る三ヶ年間、彼が持分の地之内に御遊御入也。深谷七人之内此太陽寺斗奉尊敬す。元景様御百年之節、太陽寺先祖友右衛門を済川院(秋元喬知)様付角太夫とも百石被下」と。代々秋元藩の家老職を勤める。秋元条参照。天保二年山形旧家取調帳に「高三百石・三代太陽寺理兵衛(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高五百石・四代太陽寺友右衛門、五代太陽寺友右衛門、六代太陽寺四郎左衛門、七代太陽寺典膳、八代太陽寺九十郎」と見ゆ。川越蓮声寺日鑑に「正徳四年、城代大陽寺友右衛門」。太陽寺盛胤は宝暦三年に川越の地誌「多濃武之雁」を著す。子孫は秋田条参照。

平 タイラ 詳細はヒラ条参照。比企郡玉川領平村(都幾川村)、松山領平村(東松山市)あり。羽尾村字平(滑川町)は古の村名にて、享保十三年庚申塔に比企郡羽尾郷平村と見ゆ。高麗郡白子村字平(飯能市)は古の村名にて、慶長三年長念寺文書に白子平村と見ゆ。秩父郡藤谷淵村字平(長瀞町)は古の村名にて、明治七年宝登山神社彫刻奉納に当所平と見ゆ。小名平は、足立郡上加村、奈良瀬戸村、今羽村、入間郡南永井村、戸口村、那賀郡円良田村、児玉郡太駄村、下阿久原村、秩父郡上名栗村、北川村、上影森村、定峰村等にあり。○茨城県新治郡八郷町三十六戸。○東京都日野市大字平に六十八戸。○山形県東置賜郡川西町三十戸、高畠町六十五戸、西置賜郡白鷹町十五戸、南陽市五十戸、長井市百二十戸。○福島県安達郡本宮町十八戸、白沢村二十八戸。○宮城県遠田郡涌谷町三十七戸。○岩手県胆沢郡金ヶ崎町二十一戸、九戸郡軽米町十七戸、種市町十七戸、二戸市五十三戸。○青森県三戸郡五戸町三十四戸、上北郡百石町二十五戸あり。

一 足立郡三室村(浦和市)の平姓 氷川女体神社大般若経に「女体大明神、元弘三年癸酉六月八日申剋書写之了、右志者、為当所地主平人々殿中安穏、子孫繁昌」。「建武四年丁丑六月二十三日未剋書之、右志者、為当所地主平重遠、并芳縁平氏女、并平泰重」と見ゆ。平姓川越氏なり。

二 同郡峯村(川口市)の平姓 峯ヶ岡八幡神社僧形八幡坐像胎内文書の願文に「弘安五年七月二十三日、たいらのあき時いつとなく候、いたハりへちの事なくたすけ、云々」。同胎内文書の般若心経に「弘安五年七月二十三日、平宗泰花押」と見ゆ。平姓北条時房―大佛武蔵守朝直―武蔵守宣時―民部少輔宗泰なり。

三 同郡蕨宿の平姓 風土記稿蕨宿条に「三学院の大般若経の奥書に、建保三年乙亥十一月日、将門末孫・右兵衛平朝臣常重と記す」と見ゆ。吾妻鑑卷十七に下総介常重(千葉氏)の名あり。

四 川越の平姓 末広町養寿院鐘銘に「文応元年庚申十一月二十二日、武蔵国河肥庄新日吉山王宮、大檀那平朝臣経重」と見ゆ。平姓川越氏なり。

五 久米郷(所沢市)の平姓 仏眼寺板碑に「文永十癸年十月十八日、平信能、平能行」あり。狭山の栞に「久米村仏眼寺に古碑あり。『十季癸十月十八日、平信能、平能行』と。平信能は一条二位中納言能保卿三代之孫一条宰相中将也。能行者鎮守府将軍上総介良兼四代の末孫・左衛門尉致経五男秩父六郎将恒十代之孫江石見前司也」と。吾妻鑑の一条信能、江石見前司能行の二人に附会す。久米郷の吾妻信能、平塚能行なり。久米郷旧跡記(子孫の平塚義角所蔵)に「平信能、平能行は文暦元年に上野国から来住す」とあり。

六 宮寺郷(入間市)の平姓 風土記稿中野村条に「文明十九年北国紀行に、武蔵野の内中野と云所に平重俊といえるが催あり。此は此村なること土人も伝えざれど多摩郡にも中野村あり、彼の中野なるかは知らず」と。入間市史調査集録に「宮寺郷宮寺村は、中古は和田五郎兵衛尉平義重居館ありし時、本村は和田合戦義盛義重等打死、嫡子土着、末胤平重俊・文明長享の頃迄住しに荒廃しとなり。宮寺七ヶ村に分れ、中野村は文明十九年北国紀行、武蔵野の中野に平重俊住しに尭恵合入る」と。二本木村条に「和田小太郎義盛の館跡なりと云えど附会にや。中古、別に和田氏なるもの住みし所にや」と見ゆ。和田氏は附会なり。重俊は平姓村山党宮寺氏であろう。

七 高麗郡新堀村(日高市)の平姓 聖天院鐘銘に「文応二年辛酉三月日、武州高麗勝楽寺・奉鋳鐘、大檀那平定澄朝臣」あり。平姓高麗定澄にて、子孫は当村町田氏なり。

八 同郡飯能村の平姓 諏訪神社棟札に「永正十三丙子初春十一日、大檀那加治菊房丸、助願檀那平重清」あり。平姓秩父氏族名倉重清なり。

九 比企郡平沢村(嵐山町)の平姓 平沢寺境内の長者塚から出土した経筒に「久安四年戊辰二月二十九日、戊午当国大主散位平朝臣茲縄方縁等、藤原守道、安部末恒、藤原助貞」と見ゆ。本姓不詳。

一〇 同郡平村(都幾川村)の平姓 慈光寺弘長二年板碑に「左衛門尉平行直」と銘あり。武蔵国郡村誌に「村山党須黒左衛門尉平頼高の子行直」と見ゆ。

一一 同郡下里村(小川町)の平姓 大聖寺六角塔に「康永三年甲申三月十七日、開山希融、平貞義」。宝篋印塔に「貞和五年己丑五月四日、日本国武州比企郡下里郷大、為逆修貞吉之宝篋印塔」あり。平姓高谷氏なり。コウヤ条参照。

一二 横見郡久保田村(吉見町)の平姓 阿弥陀堂鐘銘に「建武三年卯月九日、武州吉見郡大串郷窪田村阿弥陀堂鐘一口、大檀那沙弥妙忍、并大施主平氏女」あり。大串氏の妻か。

一三 熊谷郷の平姓 熊谷家文書に「建武元年九月二十二日、平重時は、武蔵国熊谷内恒正名半分、同国木田見郷内田在家半分を熊谷小四郎直経に打ち渡す」と見ゆ。木田見郷(世田谷区)の江戸太郎重長の子孫木田見次郎入道成念の姉が熊谷氏に嫁している。平姓木田見重時か。

一四 小泉郷の平姓 男衾郡今市村(寄居町)児泉神社附近を小泉郷と唱える。上野国世良田村長楽寺文書に「元徳三年七月十二日、平時雄は、男衾郡小泉郷内の田在家注文を作成する。一宇付田一町・十五貫三百文・三郎二郎入道、一宇付田三段此内一反公田也・三貫文・十郎入道・鷹栖、一宇・一貫五百文・原六郎入道・同、一宇・一貫五百文・平三太郎入道・同、一宇・六百文・弥藤二郎・町屋、一宇・一貫五百文・五郎二郎・同、一宇・六百文・左近入道・願阿・同二人、二宇・九百文・平二郎入道・同、一宇・八百文・左衛門六郎入道・同、一宇・一貫文・すか弥二郎作・同、一宇・一貫文・角ふち入道・同、二宇・一貫五百文・了せん・同、一宇・七百文・しま田手作・同、一宇・六百文・弥平六・同、已上大道より東十六間、一宇付田五段・六貫五百文・弥太郎入道跡、一宇付田二段・三貫五百文・弥藤二、一宇・三貫七百文・五郎二郎、一宇・六百文・願西法師、三宇付田三段・此内金屋堺畠一所在之・四貫四百文・平二太郎、三宇付田三段・四貫二百文・石神五郎太郎跡、一宇・七百文・平六入道、以上大道より西十一間、合在家大小二十七間・付田二町六段・一年分得分五十四貫文」と見ゆ。町屋の大道大小二十七軒は、今の二九五号線の高蔵寺門前付近なり。また、長楽寺文書に「元徳四年三月十九日、由良孫三郎景長妻紀氏女は、武蔵国男衾郡内小泉郷内在家二十七間・田二町六段、上野国那波郡内善養寺高山弥四郎重朝領地内在家二宇・田四町三段半を寄進す」と見ゆ。前文の田在家と同じ所を由良氏妻紀氏女は父の紀姓大谷道海より譲られ長楽寺へ寄進している。高山氏系図に「高山時重(元弘三年討死)」と見ゆれば、時雄は平姓高山氏か。紀姓大谷道海は時雄の所領地を買得したのであろう。

一五 秩父郡南村(飯能市)の平姓 妙見社棟札に「永仁四年八月、将軍久明親王為御願、御造栄三社大明神、迎左衛門尉平行元建立之」と見ゆ。平行元は神主か。

一六 平姓御厨将平の後裔 秩父風土記・石間村条(吉田町)に「相馬小次郎将門の弟御厨三郎将平居跡、本城に将平明神有り」。藤倉村条(小鹿野町)に「野栗明神有り、石間落城之時、若子女中等山中領野栗(群馬県上野村)にて没す。将平の子息女中を野栗明神と祭る。藤倉村に石間の余類残り居り、野栗明神を此村へも祭るなり。奥方は福河原村之内真物(群馬県中里村間物)にて没す。今駿河明神ともうすは則駿河の前の事也。山中秩父等之内に十二所権現と称するものは、皆将平の類葉なり」と見ゆ。類葉は平姓強矢(すねや)氏なり。

一七 同郡薄村の平氏 秩父志に「薄村。平氏は此村の内、竹平と云所に住り。本姓猪俣にて能登範直の胤なりと云う。此氏に蔵する所の古文書あり」と見ゆ。多比良(たひら)参照。

一八 平一揆 源威集に「観応三年閏二月、尊氏御発向、平・白旗両一揆の輩奉相従、閏二月二十日武州於金井ノ原終日責戦、義興没落す」と。太平記に「康安二年三月、畠山国清伊豆国に逃下り、鎌倉の左馬頭基氏先づ平一揆の勢三百余騎を差向る。貞治二年八月、武州苦林合戦に鎌倉殿の御陣を見渡せば、東には白旗一騎の勢五千余騎、西には平一揆の勢三千余騎」と見ゆ。正平二十二年に平姓秩父氏流河越氏・高坂氏、平姓村山党山口氏等が河越城で宮方に属し平一揆の乱を起す。平一揆の首謀者は伊勢平氏の関氏・長崎氏の両氏なり。鎌倉大日記に「応安元年二月五日、武州河越館に平一揆起し、足利氏満は退治の為発向す」。南方紀伝に「正平二十二年閏六月十七日河越城没落、平一揆走勢州、此子孫留勢州亀山、関一党是也」と見ゆ。善波胤久着到状に「応安元年、武蔵平一揆等、就在野心」。鎌倉九代後記に「平一揆に与する輩罪科の事、去観応年中駿州薩埵山戦功の恩賞として賜る新地収公せられ本領安堵す、又観応に恩賞の地なき族は本領三分一収公せらる」と。多摩郡日の出町白山神社貞治四年大般若経に大檀那高坂兵部大輔平朝臣氏重の名あり、後に氏重は平一揆の乱を起して滅亡す。七卷冊子に「応安元年閏六月河越の城落、平一揆族等伊勢国へ没落、北畠殿に属す」と見ゆ。

一九 児玉党平氏 上野国多比良村(吉井町)より起る。紀州那智山米良文書に「児玉の在所の御名字の事、くらかの、平、おはた」と見ゆ。多比良条参照。

二〇 鉢形城士の平氏 鉢形分限帳に「本国備州赤坂・金崎鬼石住・平荘司、本国近江坂田・金崎鬼石住・平数馬」。鉢形家臣落人在所書抜に「本国安芸・在所鬼石・平庄司、本国江州坂田・在所皆野・平数馬」あり。岡山県赤坂郡(今の赤磐郡)、滋賀県坂田郡に平氏は現存無し。分限帳の本国は信用できず。両人は秩父郡金崎村出身なり。秩父案内記に「平荘司、平数馬の両名は金崎村土着」と見ゆ。三十一項参照。

二一 忍城士の平氏 成田分限帳に「三十六貫文・平図書」あり。吉羽条三項参照。

二二 関東郡代伊奈氏家臣 元禄五年に平清左衛門あり。

二三 埼玉郡下間久里村(越谷市) 明治九年戸長平仙右衛門・天保五年生。明治三十年人名録に平直次郎・安政六年生・地租五十円あり。九戸存す。

二四 所沢町 昭和三年興信録に「所沢町・平和三郎・所得税十五円」あり。

二五 入間郡石井村(坂戸市) 明治五年組頭平松蔵あり。現存無し。

二六 高麗郡高萩村(日高市) 光全寺天保十二年供養塔に高萩邨平常右衛門・平忠七・平太右衛門。明治十二年立会人平茂右衛門、立会人平茂左衛門あり。十一戸現存す。

二七 同郡中沢村(日高市) 明治十三年山稼議定書に中沢村平半平あり。一戸現存す。

二八 松山町 明治三十五年車夫業平常吉あり。現存無し。

二九 熊谷町 石上寺元文三年碑に平仁右衛門あり。現存無し。

三〇 大里郡相上村(大里町) 吉見神社明治二十一年鈴水神楽碑に平勘平あり。一戸現存す。

三一 秩父郡金崎村(皆野町) 当村に此氏多く存す。古代以来の土着者にて、字上ノ平の金毘羅社は平一族の氏神なり。明治九年副戸長平奥重・天保十一年生。宝登山神社明治二十七年寄進帳に金崎平嘉之・三百五円。寄進額は一位なり。国神神社明治三十四年碑に当所・平嘉之・平近五郎・平仙松・平辰五郎・平利作・平孝吉・平房吉・平徳太郎・平武平・平兵三郎・平勝次郎。昭和三年興信録に「国神村・平嘉之・所得税七十二円」あり。多比良条参照。

呈 タイラ 菖蒲、上尾等に存す。

平等 タイラ 春日部、坂戸等に存す。

平良 タイラ 各市町村に存す。秋田県雄勝郡東成瀬村二十三戸あり。

多比良 タイラ 川越に存す。タヒラ参照。

多伊良 タイラ 戸田に存す。

平久 タイラク 川口、北本、所沢、狭山、越谷等に存す。ヒラク参照。

太楽 タイラク 富士見、行田等に存す。福島県石川郡石川町二十八戸あり。

一 葛飾郡長間村(幸手市) 香取社文政十三年庚申塔に蛭子株太楽仙太郎、天保十二年庚申塔に太楽勇次郎。地蔵堂安政四年二十三夜塔に太楽祐次郎。広戸沼村観音堂慶応二年碑に長間村太楽竹蔵あり。現存無し。

泰楽 タイラク 埼玉郡加須町字泰楽あり、タイラキと註す。春日部、庄和、杉戸、毛呂山等に存す。

大楽 ダイラク 各市町村に存す。福島県石川郡古殿町二十八戸、田村郡小野町十五戸、いわき市六十九戸あり。

一 岩槻町 明治三十五年に大楽安太郎あり。現存無し。

平子 タイラコ 大宮、春日部等に存す。いわき市八十戸あり。ヒラコ参照。

平沢 タイラサワ 児玉郡太駄村字平沢(児玉町)は古の村名なり。ヒラサワ参照。

平船 タイラブネ 春日部に存す。岩手県二戸郡一戸町二十戸あり。ヒラフネ参照。

大力 タイリキ 大宮、越谷等に存す。

大漁 タイリョウ 宮代に存す。

大輪 ダイリン 浦和に存す。オオワ参照。

大六 ダイロク 幸手、狭山等に存す。

大録 ダイロク 入間、小川等に存す。オオロク参照。

大六野 ダイロクノ 新座、三芳、小川等に存す。

田上 タウエ 和光、上福岡、秩父等に存す。タガミ参照。

田植 タウエ 浦和に存す。

田内 タウチ 各市町村に存す。鳥取県西伯郡中山町六戸、米子市十三戸あり。デンナイ参照。

多内 タウチ 川島に存す。鳥取県八頭郡八東町九戸あり。

田海 タウミ 蓮田、羽生等に存す。

田浦 タウラ 各市町村に存す。新潟県加茂市四十九戸、宮城県桃生郡桃生町九戸、青森県十和田市十戸あり。

多恵 タエ 朝霞に存す。

垰 タオ 上尾、三郷、川越、狭山、所沢に存す。島根県浜田市十二戸あり。

田尾 タオ 各市町村に存す。

峠岡 タオオカ 東松山に存す。

田岡 タオカ 各市町村に存す。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・養父市右衛門・田岡市右衛門・三十五歳」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御金預り・九石三人扶持・田岡長兵衛」あり。

田沖 タオキ 春日部に存す。

垰田 タオタ 坂戸に存す。島根県那賀郡三隅町七戸、浜田市五戸あり。

垰村 タオムラ 浦和に存す。

田表 タオモテ 越谷、毛呂山等に存す。

垰山 タオヤマ 越谷に存す。

高 タカ 常陸国多賀郡は国造本紀に高国と見え、和名抄には多珂郡と見ゆ。山城国綴喜郡多賀村(井手町)は和名抄に多河郷と見え、万葉集卷三に山城の高と見ゆ。当村高神社は延喜式神名帳に載す。続日本紀・天平宝字二年六月四日条に「高麗使主馬養、高麗使主淨日等、五人に多可連を賜ふ」とあり、当村住人か。各市町村に存す。コウ参照。

鷹 タカ 川口に存す。タカ、ワシなどの猛禽を鷙(し)と云う。和名抄に「鷙、太加。古語に倶知と云ふ」と見え、仁徳紀に「百済の人、此の鳥を名づけて、倶知と曰ふ」と見ゆ。クチ(口)は数のことで集団の意味、勇猛な渡来集団を鷹と別称し、佳字の高を用いたか。

多箇 タカ 和名抄に男衾郡多笛郷を載せ、多箇かとも云う。

多家 タカ 川口、戸田等に存す。

田賀 タガ 鳩ヶ谷、岩槻、久喜、越谷、所沢等に存す。山形県酒田市二十九戸。鳥取市十一戸あり。

多賀 タガ 川越宿多賀町あり。各市町村に存す。千葉県市原市十六戸、新潟県西蒲原郡西川町四十九戸、島根県八束郡美保関町十三戸あり。

一 忍城士の多賀氏 成田分限帳に「三十五貫五百文・多賀玄蕃」あり。

二 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「宗詮・タガ内方ノ父」。多賀町住人か。

三 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に多賀仲右衛門・孫キク七歳あり。現存無し。

高畦 タカアゼ 富士見に存す。

高荒 タカアライ 志木、鳩ヶ谷、三郷、川越、坂戸、所沢、川島等に存す。福島県伊達郡飯野町三十戸、福島市二十三戸あり。タカアラが正訓か。

互 タガイ 互井条参照。

一 葛飾郡吉川村 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流吉川村互瀧三郎あり。四戸現存す。

二 同郡小松川村(吉川市) 日枝神社跡寛政十二年庚申塔に互井勇介・互井宗右衛門・互井八右衛門・互井忠兵衛。正福寺跡文政四年成田山碑に互弥左衛門。当村年不詳庚申塔に互弥兵衛・互平□・互宗兵衛・互菊五郎・互忠兵衛。御嶽社安政五年水鉢に互平蔵。稲荷社明治十三年天神宮碑に互平蔵・互宗八・互弥左衛門。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に小松川村互井弥左衛門・互井惣八・互井平蔵。三輪之江神社明治二十八年碑に互弥左衛門・互平蔵・互宗八・互文吉。明治三十年人名録に互平蔵・弘化元年生・地租四十円。昭和三年興信録に「三輪野江村・互長清・所得税二十七円・営業税三十三円、互清吉・所得税十円」あり。六戸現存す。

互井 タガイ 互条参照。

一 葛飾郡吉屋村(吉川市) 香取社文化十二年庚申塔に互井要□・互井清蔵。当村文政五年御神燈に互井喜八・互井次郎左衛門・互井清蔵。明治九年副戸長互井治郎左衛門・天保五年生、副戸長互井清右衛門・天保五年生。三輪之江神社明治二十八年碑に互井岩蔵・互井嘉助・互井富士右衛門・互井峰蔵・互井新次郎・互井忠蔵・互井主馬吉・互井新蔵・互井清右衛門・互井又右衛門・互井春吉。浄幽寺明治三十七年碑に互井治郎左衛門。当村明治三十九年碑に互井丹次郎・互井寅次郎・互井健太郎・互井伝次郎・互井寿吉・互井徳右衛門・互井貞次郎・互井春吉・互井嘉助・互井嘉右衛門・互井徳左衛門・互井初次郎・互井主馬吉・互井国蔵。昭和三年興信録に「三輪野江村・互井清吉・所得税二十五円、互井伝次郎・所得税十八円」あり。九戸現存す。

二 同郡中井村(吉川市) 東眼寺明治十三年庚申塔に互井又兵衛。御嶽社明治十三年御神燈に互井又兵衛・互井弥右衛門・互井長右衛門・互井忠五郎・互井重右衛門・互井源治郎。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に中井村互井弥右衛門。三輪之江神社明治二十八年碑に互井弥右衛門・互井又兵衛あり。互氏十戸、互井氏九戸現存す。前項参照。

孝井 タカイ 鴻巣に存す。

高井 タカイ 高(たか、たかい)は二字の制度により高井を用いる。足立郡中丸村字高井、下日出谷村字高井あり。○群馬県利根郡川場村二十一戸、群馬郡榛名町十五戸、佐波郡境町二十六戸、玉村町二十戸、高崎市八十七戸。○長野県埴科郡坂城町二十七戸。○新潟県西蒲原郡巻町三十三戸、吉田町二十五戸、南魚沼郡湯沢町三十九戸、新津市三十四戸、三条市三十戸、加茂市三十戸、見附市六十五戸。○島根県隠岐郡西郷町二十五戸、八束郡島根町四十七戸、松江市三十戸あり。

一 高麗族の高井造 姓氏録・山城国諸蕃に「高井造、高麗国王鄒牟王二十世の孫・汝安祁王より出づる也」と見ゆ。綴喜郡高郷(京都府井出町多賀)の住人か。

二 児玉党高井氏 上野国群馬郡高井村(前橋市高井町)より起る。紀州那智山米良文書(室町時代)に「児玉の在所の御名字の字、奥たいら、たか井、ゆつりはら」と見ゆ。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・十六石四人扶持・高井官平」。万延二年に「御馬廻・二十石四人扶持・高井代次郎」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊目付・十石二人扶持・亡父金三郎・高井久左衛門・三十三歳」あり。

五 幕臣高井氏 入間郡久米村(所沢市)二百石を知行す。同村八幡社慶長十三年棟札に檀那高井助兵衛真重と見ゆ。家紋隅切角に引両條、水色桔梗。三千石。

六 関東郡代伊奈氏家臣 寛文十二年に高井清兵衛。享保年間に高井武助あり。

七 埼玉郡伊草村(八潮市) 天満宮明治三十九年碑に高井仁助あり。二戸現存す。

八 同郡不動岡村(加須市) 総願寺延宝二年不動尊に羽生領不動岡村高井理右衛門義秋あり。現存無し。

九 高麗郡野々宮村(日高市) 文化二年御国役御用鍛冶職人古法書(日高市史)に「三州御在城之刻、先祖高井助左衛門被召出御切米頂戴仕、鍛冶方御用被為仰付相勤申候、其以後遠州駿州両所陣中へ鍛冶職之者召連御用相勤申候、依之天正十八年御入国之節、関八州鍛冶頭被為仰付。武州高麗郡野々宮村触元忠右衛門」と見ゆ。現存無し。三河国八名郡高井村(愛知県豊橋市)より起る在名にて、本名に復姓したか。

一〇 浦和町 昭和三年興信録に「高井二郎・所得税五十一円」あり。

一一 本庄町 明治三十五年青物商高井茂平あり。

一二 児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に高井玄仙あり。現存無し。

一三 那賀郡駒衣村(美里町) 稲荷社明治三十年碑に当字高井忠助あり。現存無し。

一四 小鹿野町 明治十二年書籍商高井忠順あり。現存無し。

高居 タカイ 富士見に存す。

高伊 タカイ 上福岡に存す。

高以 タカイ 川越に存す。

田貝 タガイ 各市町村に存す。群馬県甘楽郡南牧村二十戸、鳥取県日野郡日野町八戸、西伯郡会見町五戸あり。

多貝 タガイ 深谷、上里等に存す。

多賀井 タガイ 草加、川越、所沢等に存す。

高家 タカイエ 朝霞、越谷等に存す。島根県能義郡広瀬町五戸あり。

高池 タカイケ 川口、草加、富士見等に存す。

高井沢 タカイザワ 草加に存す。

高石 タカイシ 埼玉郡下種足村字高石あり。各市町村に存す。千葉県市原市百四十五戸、山梨県中巨摩郡櫛形町三十二戸、甲西町二十七戸、山形県長井市四十二戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御物頭・百石・白川取立・高石六郎兵衛」。万延二年に「御馬廻惣領・高石堅次」あり。

二 川口町 川口神社明治三十九年碑に高石喜太郎。昭和三年興信録に「高石幸三郎・所得税二百四十六円・営業税八十四円」あり。

三 足立郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に高石新之助あり。二戸現存す。

鷹石 タカイシ 大宮、富士見等に存す。

高磯 タカイソ 所沢に存す。

高市 タカイチ 越谷、三郷、狭山、所沢、富士見、東松山、鳩山等に存す。

高泉 タカイヅミ 川口、浦和、大宮、越谷、草加、入間等に存す。宮城県桃生郡河北町八戸、遠田郡小牛田町九戸、田尻町二十一戸、岩手県西磐井郡花泉町十三戸あり。

田賀糸 タガイト 与野に存す。

多賀糸 タガイト 大宮に存す。

高稲 タカイネ 越谷、狭山等に存す。

互野 タガイノ 川口、朝霞、坂戸等に存す。岩手県大船渡市二十戸あり。

高井良 タカイラ 越谷、草加に存す。

高岩 タカイワ 埼玉郡高岩村(白岡町)あり、延文六年市場祭文写に「武州太田庄たかゆわ市祭」と見ゆ。各市町村に存す。栃木県下都賀郡大平町二十二戸、栃木市百戸あり。

一 岩附城士の高岩氏 百間東村鈴木家譜に「岩付太田氏家臣、物頭鈴木雅楽助、組持田口豊前守、組持野田庄司、物頭高岩吉二郎、物頭小溝宮内、物頭平林寺藤之助、物頭黒浜小八郎」と見ゆ。白岡町野田・高岩、岩槻市平林寺・小溝、蓮田市黒浜より起る在名にて、苗字にあらず。

高卯 タカウ 桶川、春日部等に存す。

高生 タカウ タケフ、タコウ参照。

高牛 タカウシ 秩父郡矢納村字高牛(神泉村)あり、古の村名にて、寛永十七年吉田文書に秩父郡矢納内高牛村御検地帳と見ゆ。

高氏 タカウジ 大宮、朝霞、春日部、草加等に存す。

高内 タカウチ 足立郡下山口新田字高内あり。各市町村に存す。新潟県五泉市二十六戸、山形県東村山郡山辺町二十七戸、山形市三十八戸あり。

鷹内 タカウチ 久喜に存す。

高浦 タカウラ 埼玉郡中妻村字高浦あり。各市町村に存す。千葉県市原市三十五戸、木更津市六十一戸あり。

高江 タカエ 川口、草加等に存す。福島県原町市十戸あり。

田替 タガエ 新座、越谷、寄居に存す。

多賀江 タガエ 埼玉郡田ヶ谷村より起る多賀谷氏は、高枝、多賀江とも記す。タガヤ条参照。

一 鎌倉御家人の多賀江氏 吾妻鑑卷二十一に「建暦三年五月二日、和田の乱に、北条方たかへの左近は討死す」。承久記に「北条泰時に従ふ武蔵国住人高枝次郎、河瀬(美濃国杭瀬河)を渡して、只一騎細縄手に懸り、敵に向て追懸て行、七八騎有ける勢取て返し、高枝を中に取籠て散々に戦ふ。高枝次郎・片足を田へ踏入、片足をば縄手に跪て被切伏ぬ、甲も被打落て、痛手負て横様に臥たりけり。重傷を負い泰時に賞讃さる」と見ゆ。伊予国北条郷(愛媛県東予市)の地頭となり、後に安芸国へ移る。安芸国永井文書に「嘉禎四年六月二十日、将軍頼経の入洛警備のため、幕府はたかへの二郎入道に対して、美濃国日野村(岐阜市)と伊予国周敷北条のうちから銭十貫文・多賀江兵衛尉分を出すよう命ず」と見ゆ。

二 筑後国の多賀江氏 佐賀市深江文書に「弘長二年、幕府は、亡父多賀谷先次郎光村の領地筑後国瀬高下庄(福岡県瀬高町)地頭職を、子息平乙鶴丸に安堵す」。「弘安四年、譲り渡す。多賀谷入道平重政花押」と見え、佐賀文書纂に「正和四年四月三日、幕府は、多賀江八郎入道蓮光跡(重政)の筑後国瀬高庄鷹尾別寺を安富左近大夫頼泰に渡す」と見ゆ。

三 多賀江氏の本名 紀州那智山米良文書に「加藤名字注文。武州いなきの加藤、加藤藤左衛門殿之子息宮内二郎殿、藤左衛門殿舎弟藤四郎殿、川越殿御内人也。又新大寺之房主もおとゝにて御入候。武州大田のたかへの加藤□秀花押」とあり。秩父氏族の稲毛氏・川越氏等と同じく、多賀江氏の本名は加藤氏なり。

高江洲 タカエス 川口、大宮、蓮田、春日部、越谷、志木、所沢等に存す。正訓不詳。

高尾 タカオ 上野国新田郡高尾村(新田町)は元久二年正木文書に新田庄多古宇郷と見ゆ。足立郡高尾村(北本市)は田高(たこう)とも書く。群馬県邑楽郡大泉町八戸、千葉県銚子市二十四戸、館山市五十二戸、山梨県南都留郡西桂町三十九戸、島根県大原郡木次町九戸、飯石郡三刀屋町五十五戸、松江市三十五戸あり。

一 児玉党高尾氏 上野国甘楽郡高尾村(富岡市)より起る。神川町史に「児玉党、高尾」と見ゆ。熊谷文書に「暦応四年六月二十九日、尊氏は高尾小太郎跡の上野国高尾村地頭職を熊谷直経に宛行ふ」と見ゆ。

二 足立郡石神村(川口市) 真乗院元文二年地蔵尊に赤山領石神村高尾四郎兵衛あり。現存無し。

三 幡羅郡中奈良村(熊谷市) 下奈良村明治二十七年東条筆子碑に中奈良村高尾嘉吉あり。一戸現存す。

四 同郡弥藤吾村(妻沼町) 聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・高尾馬之丞」。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡弥藤吾村高尾金治郎あり。一戸現存す。

高雄 タカオ 浦和、大宮、白岡、久喜、宮代、松伏、川越、所沢、熊谷、深谷等に存す。

鷹尾 タカオ 蓮田、越谷、川越、小川等に存す。

鷹雄 タカオ 川越に存す。

高岡 タカオカ 高麗郡高岡村(日高市)、埼玉郡鈎上村字高岡、男衾郡本田村字高岡山あり。各市町村に存す。千葉県香取郡小見川町八十四戸、山田町六十六戸、佐原市四十三戸、新潟県中蒲原郡村松町八十三戸、秋田県雄勝郡雄勝町二十八戸あり。

一 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書に「吉田新左衛門組、四百石・高岡代」あり。旧鉢形城士か。

二 浦和町 昭和三年興信録に「高岡好廉・所得税十円」あり。

三 埼玉郡百間東村(宮代町) 明治三十年人名録に宝生院住職高岡真敬・天保十年生あり。三戸現存す。

四 本庄町 明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流本庄宿高岡鉄蔵(飾職)あり。現存無し。

嵩岡 タカオカ 春日部、熊谷等に存す。

鷹岡 タカオカ 栗橋に存す。

高沖 タカオキ 上尾、志木、新座、入間、小川等に存す。

高奥 タカオク 所沢、熊谷等に存す。

高落 タカオチ 大宮、越谷、幸手等に存す。

高尾野 タカオノ 戸田に存す。

高階 タカガイ 各市町村に存す。秋田県平鹿郡十文字町十七戸、山内村二十戸、横手市十三戸あり。タカカイとも称す。タカシナ参照。

高貝 タカガイ 新座、越谷、三郷、入間、川越、坂戸等に存す。秋田県仙北郡太田町四十三戸あり。

高垣 タカガキ 秋田県平鹿郡大雄村二十戸、鳥取県岩美郡岩美町二十二戸、鳥取市三十六戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「吟味役・高垣仙之助、御徒・六石二人扶持・高垣繁右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・高垣岡之助」あり。

二 葛飾郡小淵村(春日部市) 大杉神社文政八年御神燈に小淵村高垣喜七・高垣惣次郎、元治元年狛犬に当所島株高垣常吉・高垣縫之助・高垣惣右衛門。明治三十年人名録に高垣又七・文政四年生・地租十六円あり。二戸現存す。

三 埼玉郡上野田村(白岡町) 太田袋村琴平社文政二年御神燈に上野田村高垣惣兵衛。鷲宮社嘉永元年御神燈に高垣拝次郎。当村明治四年馬頭尊に上野田高垣庄太郎・高垣喜右衛門あり。七戸現存す。

高柿 タカガキ 秩父郡金尾村字高柿あり。庄和に存す。茨城県久慈郡金砂郷町十五戸あり。

高笠 タカガサ 昭和三年興信録に「深谷町・高笠重三・所得税十六円」あり。現存無し。

高金 タカガネ 飯能、大利根等に存す。岩手県東磐井郡東山町十戸あり。

高河原 タカガワラ 入間郡赤尾村字高河原あり。所沢に存す。

高上 タカガミ 越谷に存す。

高鴨 タカガモ 川口、浦和等に存す。

高賀茂 タカガモ 栃木県今市市六戸あり。

高川 タカガワ 各市町村に存す。群馬県桐生市十一戸、秋田県大曲市十戸あり。

高河 タカガワ 所沢に存す。

鷹川 タカガワ 松伏に存す。

高木 タカギ 足立郡遊馬村字高木(大宮市)は、宝暦十三年庚申塔に高木郷と見ゆ。芝村字高木(川口市)は、氷室社正徳六年庚申塔に浦和領芝郷高木村と見ゆ。埼玉郡八条村字高木(八潮市)は、地蔵堂延享三年碑に八条村高木上村と見ゆ。小名高木は、埼玉郡松之木村、足立郡伊苅村、道合村、入間郡上野村、比企郡出丸中郷、榛沢郡大谷村、武蔵野村、秩父郡山田村等にあり。○群馬県新田郡尾島町三十戸、新田町五十戸、佐波郡境町百十戸、高崎市百二十戸。○栃木県下都賀郡壬生町三十戸、芳賀郡市貝町三十六戸、河内郡上三川町三十戸、鹿沼市百戸。○茨城県東茨城郡美野里町三十戸、鹿島郡波崎町三十六戸。○千葉県香取郡小見川町八十五戸、栗源町四十四戸、大栄町七十戸、東庄町九十三戸、干潟町百二十戸、山田町八十戸、安房郡白浜町百戸、千倉町百三十戸、佐原市百四十戸、銚子市百三十戸。○長野県下高井郡木島平村三十六戸、小県郡丸子町三十戸、南安曇郡豊科町三十三戸、諏訪郡下諏訪町百三十戸、上伊那郡辰野町三十七戸、南箕輪村三十六戸、松本市百二十戸。○新潟県長岡市百二十戸。○福島県伊達郡川俣町五十六戸、月舘町三十七戸、いわき市八百八十戸。○青森県南津軽郡常盤村百十戸。○島根県(出雲国)簸川郡斐川町四十四戸、大社町四十戸、大原郡加茂町四十四戸、八束郡宍道町六十八戸あり。

一 比企郡の地頭高木氏 上杉家文書に「文永八年十二月二十九日、幕府は、豊後国竹本名(大分県、場所不明)の替として、比企郡内犬岡郷名主職(場所不明)を高木六郎入道に宛て行ふ」と見ゆ。

二 松山城士の高木氏 香蔵院珎祐記録に「寛正元年十一月大、社務神守院弘尊は、五十子、河越に下向す。御供人数は中居者三人・力者三人。枚山城・太田筑前・高木民部」と見ゆ。枚山は松山の書誤りか。

三 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「千五百石・高木喜太郎・是は忍にて罷出・緒川之者、四百石・高木外記・是は忍にて罷出・高木主水孫、三百五十石・高木五郎右衛門・是は忍にて罷出・尾張之者」あり。尾張国智多郡小川城主高木主水正は家康十六騎の一なり。家康の子忠吉に附属す。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御用人・三百石・高木与三兵衛、詰衆・七人扶持・高木小左衛門、小頭・二十俵二人扶持・高木長左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「五百石・高木与三兵衛、針治・十人扶持・高木三碩、七十石十両・高木平右衛門、八両二人扶持・高木軍平、五両二人扶持・高木藤太夫」。文化四年忍藩分限帳に「御旗奉行・三百二十石・高木与惣兵衛、御武具手入役・四両二人扶持・高木門蔵」。鎌倉日蓮宗常住院過去帳に「捨権院妙立日実・忍之住・高木与惣兵衛実母・宝永四年八月」あり。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御小姓・二百石・高木九郎左衛門、御右筆・十七石三人扶持・高木隆五郎、仕立物師・九石三人扶持・高木伝蔵」。明治四年忍藩士族名簿に「二百石・高木衛、八十六石余・高木春之進、六石四人扶持・高木岩市、五石二人扶持・高木薫平、二人扶持・高木伝次郎」あり。

六 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「五十石・高木新七郎」あり。

七 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十三俵二人扶持・高木鉱一郎」あり。

八 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「書簡格・百二十石・亡養父加水・高木栄枝・四十歳、御中小姓・十石三人扶持・亡養父庄兵衛・高木庄兵衛・四十三歳、御勘定人・二人扶持・亡父宗三郎・高木宗三・十四歳」あり。

九 岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「二百二十石・高木治部左衛門」あり。

一〇 葛飾郡上口村(三郷市) 香取社安政二年水鉢に高木利左衛門、明治十五年御神燈に上口村高木利左衛門。明治九年副戸長高木利左衛門・嘉永三年生(明治三十年に地租百四十円)。県会議員・衆議院議員農業高木利平・明治九年生あり。二戸現存す。

一一 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺安永二年庚申塔に金杉村高木平六あり。現存無し。

一二 同郡大川戸村(松伏町) 当村慶応三年御神燈に新川高木与惣次あり。現存無し。

一三 同郡下高野村(杉戸町) 厳島社文政五年庚申塔に下高野村内小谷堀株高木甚八あり。一戸現存す。

一四 同郡安戸村(杉戸町) 大黒院文化七年庚申塔に安戸村之内二本木・高木権内あり。現存無し。

一五 同郡上高野村(幸手市) 上高野神社明治初期碑に高木浅五郎あり。現存無し。

一六 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に高木□作あり。一戸現存す。

一七 埼玉郡大瀬村(八潮市) 祭礼年番帳に「明治九年・中組高木孫兵衛、明治二十三年・提灯年番中組高木忠五郎」あり。二戸現存す。

一八 同郡岩槻町 明治三十五年に高木鉄五郎あり。

一九 同郡下清久村(久喜市) 文政七年戸賀崎門人帳に下清久村高木周貞。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に下清久村高木雪斎、嘉永五年狛犬に下清久村高木雪斎。明治七年製糸会社人名録に高木弥三郎。明治十一年施与金者高木純斎。明治二十年柴山伏越改造碑に下清久村高木菊次郎。明治三十年所得税下調査簿に清久村医師高木亮助・明治元年生・反別十六町六反歩・地租百八十九円(県会議員)あり。二戸現存す。

二〇 同郡飯積村(北川辺町) 明治三十五年文書に高木音次郎あり。現存無し。

二一 同郡騎西町 善応寺文政二年巡拝塔に高木弥平治。小林村妙福寺天保二年題目塔にキサイ高木清兵衛。明治三十五年紺屋高木郡平・旅人宿桐屋高木松次郎あり。一戸現存す。

二二 同郡発戸村(羽生市) 鷲宮社明治十年碑に高木林之助あり。一戸現存す。

二三 同郡忍町 風土記稿忍町下町条に「諏訪社の神主高木長門は、先祖天文年中より長野村神明社地に住せしが、寛文十二年城下町に移り、当社の神職となれりと云ふ」。入間郡塚越村住吉神社貞享三年文書に崎玉之郡行田町天神社家高木兵部。嘉永六年忍藩分限帳に「三人扶持・御城内諏訪神主高木右膳」あり。現存無し。

二四 足立郡川口町 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流川口町高木銀三郎。明治三十五年呉服商高木賢之助・高木宗助。川口神社明治三十九年碑に高木喜太郎・高木喜久・高木繁あり。

二五 同郡長蔵新田(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に長蔵新田高木善治郎。明治三十五年植木商高木徳太郎あり。一戸現存す。

二六 同郡戸塚村(川口市) 武蔵志に「足立郡戸塚村、城跡高木筑後と云居」と見ゆ、小見山、高橋条参照。東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村高木重五郎あり。二戸現存す。

二七 同郡芝村(川口市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流足立郡芝村高木与三郎あり。四戸存す。

二八 同郡鳩ヶ谷町 西新井宿村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に鳩ヶ谷高木伊八.。明治三十五年糸商高木アサ・菓子商高木辰蔵・鳶職高木長太郎・金物商高木竹四郎あり。

二九 同郡与野町 円乗院寛文十二年石幢に与野町高木十右衛門、宝永四年水鉢に高木七左衛門、年不詳六地蔵に高木市右衛門。明治二十六年長伝寺文書に与野高木新次郎。明治三十五年薬種商高木和吉・米穀商高木与助・農業高木与吉あり。

三〇 同郡三ツ木村(鴻巣市) 輪光院万治五年墓碑に高木平左衛門あり。二戸現存す。

三一 新座郡下新倉村(和光市) 明治二十五年青年会高木栄蔵あり。一戸現存す。

三二 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「高運・高木治部左衛門・壬寅年五月(寛文二年カ)」。連雀町熊野社文化二年水鉢に御門前高木捨五郎。明治三十五年大工職高木捨五郎あり。

三三 越生町 明治三十五年菓子商高木竹次郎あり。

三四 飯能町 明治十四年文書に真能寺村高木勘左衛門。諏訪八幡社明治四十三年御神燈に宮本町高木新太郎あり。

三五 松山町 明治三十五年豆腐商高木初五郎あり。

三六 比企郡広野村(嵐山町) 曹洞宗広正寺住職高木正好は当村地頭の三河武士高木甚左衛門正綱の末裔なり。住職家一戸現存す。寛政呈譜に「西三河国高木を領せしより称号とす。高木九助筑後広正(文禄元年比企郡広野村・越畑村等を領す。慶長十一年七月二十六日忍にをいて死す。年七十一.。法名秀椿。広野村の広正寺に葬る。これ広正が開基せるところなり。のち代々葬地とす)―甚左衛門正綱(寛永九年十一月十日忍城にをいて死す。年六十五.。法名道把)―正則―正長―正栄―正信―正鼎。四千石」と見ゆ。

三七 同郡熊井村(鳩山町) 岩殿村正法寺文化十五年什物帳に下熊井村高木磯右衛門。毛呂神社明治四十二年幟碑に高木房太郎・高木市重郎・高木丹次郎あり。四戸現存す。

三八 横見郡谷口村(吉見町) 私塾師匠高木諒太郎竹湾・明治四十三年没・七十六歳あり。現存無し。

三九 熊谷宿 宝暦十年新宿南屋敷持主高木十兵衛、新宿北屋敷持主高木仙五郎。明治三十五年染物業扇屋高木鶴吉・染物業新扇屋高木利三郎・穀薪炭商高木佐兵衛あり。

四〇 深谷宿 西島稲荷社文久二年御神燈に高木喜右衛門。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿高木助次郎あり。

四一 榛沢郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に高木喜右衛門あり。一戸現存す。

四二 同郡高畑村(深谷市) 明治九年副戸長高木和吉・天保三年生。大塚島村宝蔵院明治十一年廻国塔に高畑村高木和吉。明治十四年戸森村福田家門人碑に高畑村高木多蔵。円能寺明治二十八年馬頭尊に高木新三郎、明治三十二年筆子碑に高木伊勢吉・高木宇奈吉・高木万平・高木春松・高木仙十郎・高木周三郎・高木金五郎・高木三之助・高木卯平・高木又六・高木常吉・高木藤吉。矢島村明治三十六年備前渠碑に大寄村高木新三郎。大正七年金井元治碑に当所高木藤吉・高木勘治・高木仙太郎・高木又六・高木鷲五郎・高木浅次郎。大寄村会議員に高木和吉・天保三年生、高木光平・明治八年生、高木勘治・明治十年生あり。十三戸現存す。

四三 同郡樫合村(深谷市) 明治二十四年八海山講碑に高木綱吉あり。現存無し。

四四 同郡猿喰土村(花園町) 明治九年富田文書に猿喰土村・高木作吉・高木惣吉・高木長五郎・高木仙太郎・高木初太郎・高木清次郎・立会人高木次郎蔵あり。十八戸現存す。

四五 同郡小前田村(花園町) 長善寺寛政五年供養塔に高木里兵衛・高木喜兵衛あり。三戸現存す。

四六 寄居町 明治三十五年土木請負業高木伊佐次あり。

四七 妻沼町 明治三十五年料理店高木龍勢・鍛冶屋高木治平あり。

四八 本庄町 明治三十五年化粧品商小西屋高木清次郎あり。

四九 賀美郡金窪村(上里町) 法西寺明治四十年筆子碑に高木富三郎あり。現存無し。

五〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高木すゞ・二十一円、川口町・高木茂吉・二十八円・五十六円、高木賢助・三十円・四十四円、高木米蔵・十三円・四十七円、高木喜太郎・十六円・三十三円、草加町・高木八十八・十五円・四十二円、鳩ヶ谷町・高木竹四郎・三十五円・五十六円、彦成村(三郷市)・高木利平・六十六円、清久村(久喜市)・高木斐・百四円、熊谷町・高木好二・三百九十五円・百二十円」あり。

五一 上野国の高木氏 新田郡市野井村(新田町)に二十数軒現存し、永井太田村字高城(妻沼町)出身説は地名附会なり。字高城(こうしろ)は鴻城とも書く。高木家伝承に「先祖高木紀伊守武正は武蔵国幡羅郡長井の高城城主であったが、のちに広瀬氏と一緒に当地に移り住む。初代高木内蔵之介元信は天正十四年没す」と云う。

高城 タカギ 熊谷宿に延喜式神名帳の高城神社あり、崇神天皇の頃の創建といわれ、高皇産霊命(たかみむすびのみこと)を祭神とす。崇神天皇の後裔上毛野君配下の蝦夷族の奉斎神である。蝦夷のことはアラハバキ条参照。各市町村に存す。茨城県稲敷郡東町七十戸、宮城県石巻市二十戸あり。コウシロ、タカジョウ、タカシロ参照。

一 毛野族高城連 陸前国遠田郡竹城村(たかぎ)を本拠地とす。遠田郡北高城村(宮城県田尻町)、中高城村(小牛田町)、南高城村(小牛田町)附近なり。上毛野君の配下にて君姓(公姓)を称す。天平四年四月紀に「田夷遠田郡領遠田君雄人」。延暦九年五月紀に「遠田郡大領遠田公押人に遠田臣と賜ふ」。弘仁三年九月三日紀に「陸奥国遠田郡人勲七等竹城公金弓等三百九十六人・言ふ。己等は未だ田夷の姓を脱せずして、永く子孫に耻を胎す。伏して請ふ、本姓を改めて公民と為り、給禄を停められ、永く課役を奉らん者へり。勅して可。唯卒に課役に従はゞ、遺類を勧め難し、宜しく一身の役を免ずべしと。仍りて勲七等竹城公金弓、勲八等黒田竹城公継足、勲九等白石公眞山等男女一百二十二人に、陸奥磐井臣を賜ひ、勲八等竹城公多知麻呂、勲八等荒山花麻呂等八十八人に、陸奥高城連を賜ふ」」。弘仁六年三月二十六日紀に「陸奥国遠田郡人竹城公音勝等三十五人に、姓を高城連を賜ふ」と見ゆ。田夷(でんい)は蝦夷(えみし)族を称す。

二 小金城主平姓高城氏 和泉国和泉郡我孫子村(大阪府泉大津市)あり、姓氏録・和泉の部に「我孫古、豊城入彦命の男・八綱多命の後也」と。摂津国住吉郡我孫子村(大阪府住吉区)あり、姓氏録・摂津の部に「我孫、豊城入彦命の男・八綱多命の後也」と見ゆ。下総国相馬郡我孫子村(明治三十年に東葛飾郡となり、千葉県我孫子市となる)も毛野君配下の蝦夷族我孫君の居住地にて、古代より相馬郡・葛飾郡地方を我孫君高城氏が支配す。下総国に高城村の地名は無く、古代の蝦夷族高城氏なり。後世、千葉氏に属し平姓を唱へ、日蓮宗信徒にて大檀那なり。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「高城、平姓、千葉党」と。永禄三年関東幕注文に「下総衆、高城下野守・井けたに九よう」と見ゆ。千葉氏の家紋九曜と同じなり。日蓮宗小金本土寺過去帳(松戸市平賀)に「高城四郎衛門清高・永享九年六月・クリカサワ(松戸市栗ヶ沢)。山倉高城雅楽助法名妙助・中野ノ城之落葉・寛正六年四月二十六日船橋陣ニテ打死(香取郡山田町山倉)。妙林尼・高城周防入道悲母・文明六年六月十六日・アヒコニテ(我孫子市)。高城孫八・文明八年三月。高城彦四郎・文明八年四月二日・アヒコ。妙泉尼・高城和泉守内方・文明八年十月十七日・アヒコ。高城六郎左右衛門・文政十四年閏七月二十八日。高城安芸入道・文明十五年三月七日・馬橋(松戸市馬橋)。高城新右衛門・延徳二年閏七月十九日、同子息彦九郎・クリカサワ。経仙・高城新左衛門殿・家中親父。高城彦六・花井六郎左衛門子息・延徳四年六月十七日。浄英・高城彦六殿。道友・高城安芸入道・マハシニテ・明応四年四月。実山宗直・高城周防守殿・永正十一年七月二十七日。祖翁性高・高城和泉守殿・永正十二年二月二十五日。高城治部少輔殿・永正十四年四月二十八日・番匠面ニテ被誅(埼玉県三郷市番匠面)。高城民部少輔・フカイニテ討死(流山市深井)。高城民部少輔討死同家風五十余人・十二日。高城彦三郎殿・享禄四年九月朔日・小屋島ニテ(流山市小屋)。輝叟玄楊・高城下野守当地頭・天文十五年四月二十五日。高城四郎右衛門行哲・したら出雲守・元亀二年三月。関相玄酬居士・高城下野守・天正十年十二月十六日。貞舜妙城・高城源次郎殿老母・慶長五年十月二十五日・信州ニテ。玄白・高城源二郎殿・慶長八年八月十七日・伏見ニテ。妙授尼・高城清七郎母儀・丙寅九月二十九日」と見ゆ。同寺文明十四年鐘銘に「平賀長谷山本土寺推鐘、右高祖以来云々、檀那設楽助太郎大伴継長」。著名なる三河国の大伴姓設楽氏に附会す。同寺過去帳に「設楽出雲守行暹、設楽出雲蓮行位」。「花井八郎左衛門・文明。高城彦六・花井六郎左衛門子息・延徳四年六月十七日」とあり。高城氏は名跡(組織名)にて、本名は設楽氏及び花井氏等か。当地方に高城氏の集落は無し。

三 日蓮宗以外の高城氏 小金城主高城家之由来(正保三年編、八木原文書)に「高城氏は九州千葉胤貞の支族として肥前国佐賀郡高木村より起り、寛正三年、栗ヶ沢(松戸市)に築城して本拠とした」と。但し、過去帳には是以前に高城氏の名あり。肥前高木村は無関係なり。高城氏の菩提寺曹洞宗広徳寺は栗ヶ沢村から中金杉村(松戸市)へ移転す。天文六年に大谷口村(松戸市)に小金城(一名大谷口城)を築き、大谷口村の真言宗大勝院、小金村の浄土宗東漸寺を祈願所とす。胤辰の三男了学は永禄二年十三歳で東漸寺に入山し、のちに増上寺住職となり寛永十一年九十六歳で没す。名都借村(流山市)に胤辰開基の曹洞宗広寿寺がある。寛政呈譜に「藤原氏流。今の呈譜に、為憲流にして二階堂山城守胤行紀伊国に住す。その男治部少輔胤忠がとき二階堂をあらためて高城し称し、下総国小金城にうつり住す。其長男越前胤広父に継で小金城に住し、大永七年萬里谷三河守某上総国小弓城を攻るの時、原二郎胤栄を援けて戦死す。二男下野胤辰、兄胤広が遺跡を相続すといふ。下野胤辰(小金城に住して北条氏綱、氏康、氏政に属す。永禄八年二月十二日死す。法名玄心。小金の広徳寺に葬る)―下野胤時(小金に住し、氏政につかふ。天正十四年死す。年四十五.。今の呈譜に、天正十年十二月十六日小金城にをいて死す。年二十六.。法名玄酬。葬地胤辰におなじ)―源次郎胤則(小金城に住し、氏直につかふ。小田原落城後、蒲生氏郷に属せられ、のち伏見に住し、慶長九年八月十七日病死す。年三十三.法名玄栢。葬地胤辰におなじ)―清右衛門重胤(元和二年はじめて台徳院殿に拝謁す。時に十六歳、二百俵をたまふ。慶安四年七百石。万治二年死す。年五十九.。法名日観。芝の妙福寺に葬る。後代々葬地とす)。家紋、九曜、巴、井桁」と見ゆ。胤則以前は本土寺過去帳を写して、曹洞宗広徳寺檀那となっている。是等の高城氏は日蓮宗信徒の高城氏とは血縁の無い別家の人々である。系図は信用できず。

四 忍城士の高城氏 成田分限帳に「二十二貫文・高城小刑部」あり。

五 鉢形城士の高城氏 氏邦の臣高城主水あり。

六 岩槻町 加倉村浄国寺元禄十一年棟札に岩付惣檀那高城与右衛門。

七 忍町 昭和三年興信録に「忍町・高城駿・所得税二十四円」あり。

高来 タカギ 入間、深谷等に存す。

高儀 タカギ 川口、浦和、大宮に存す。

鷹木 タカギ 浦和、与野、戸田、幸手、宮代、鶴ヶ島、富士見等に存す。岩手県紫波郡紫波町三十五戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二十石四人扶持・白川取立・鷹木清太夫」。万延二年に「御馬廻・二十石四人扶持・鷹木衛門」あり。

都木 タカギ 浦和に存す。群馬県前橋市六十戸あり。

堂城 タカギ 春日部に存す。

田垣 タガキ 与野、庄和、所沢に存す。

高岸 タカギシ 秩父郡石間村字高岸(吉田町)あり。群馬県伊勢崎市六十戸、前橋市五十戸あり。

一 鉢形城士の高岸氏 鉢形分限帳に「本国出羽山本・青梅住・高岸宗助」あり。高峯采女かと見ゆ。秋田県山本郡及び東京都青梅市に高岸氏・高峯氏は現存無し。分限帳は信用できず。秩父郡出身なり。秩父案内記に「高岸采女・上吉田村土着」と見ゆ。

二 秩父郡上吉田村 古代以来の土着者なり。当村高岸五郎家文書に「元亀二年四月七日、北条氏邦の奉行三山は、高岸対馬守の二月二十七日の石間谷の戦功を賞す」。「元亀二年十二月三日、氏邦は、高岸対馬守に、信玄出張の時、野伏以下相集め郡内における戦功を賞す」。「十二月九日、たかきしの三郎左もん殿」と見ゆ。明治九年副戸長高岸織平・享和三年生あり。十四戸現存す。

三 同郡石間村(吉田町) 小名高岸あり、此氏の屋敷名なり。私塾師匠名主高岸武治・明治十九年没・八十四歳。明治九年戸長高岸善二・弘化四年生、副戸長高岸弥蔵・天保十一年生あり。四戸現存す。

高北 タカキタ 大宮に存す。

高木原 タカギハラ 浦和、鳩ヶ谷、岩槻、坂戸等に存す。

一 榛沢郡上野台村(深谷市) 光厳寺天保十一年供養塔に当所高木原亥兵衛あり。現存無し。

高際 タカギワ 群馬県邑楽郡板倉町二十七戸、栃木県下都賀郡藤岡町五十三戸、岩手県九戸郡種市町二十戸あり。幡羅郡間々田村(妻沼町)に旧家あり。三戸現存す。

高木和 タカギワ 川口、所沢等に存す。

高工 タカク 北川辺、杉戸等に存す。

竹来 タカク 常陸国信太郡竹来村(茨城県稲敷郡阿見町竹来)は和名抄に高来郷とみえ、阿弥神社あり、常陸国風土記に「高来の里あり。天より降り来し神、み名は普都大神と称す」と。経津主神を奉斎した物部族の渡来地なり。真壁郡竹来郷(大和村高久)あり、隣村大国玉郷に式内社の大国玉神社あり、物部氏の祖神大国主命を祭神とす。竹来(たかく)はタカキの転訛にて高城に同じ。

高来 タカク 和名抄に相模国大住郡高来郷あり、タカクと称しているが、コウライが正訓であろう。淘綾郡高麗寺村(中郡大磯町)に高麗寺(コウライジ)あり、弘安十一年鐘銘に「奉冶鋳高来寺鐘一口」と見ゆ。高来寺はコウライジと読む。同村に高麗神社あり、明治三十年に高来(たかく)神社に改称す。

高久 タカク 葛飾郡高久村(吉川市)はタカヒサと註すが、元はタカクであろう。鎮守蕎高神社は牧ノ神で、経津主神の下総国香取神宮の第一摂社なり。即ち物部族の奉斎神なり。各市町村に存す。○栃木県那須郡那須町二百五十戸、西那須野町二十六戸、烏山町二十戸、芳賀郡芳賀町二十二戸、市貝町三十二戸、黒磯市百八十戸、栃木市百四十戸。○茨城県西茨城郡友部町二十戸、真壁郡真壁町三十六戸。○福島県西白河郡矢吹町七十戸、西郷村三十三戸、河沼郡会津坂下町四十戸。○秋田県湯沢市六十戸あり。タカヒサ参照。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・高久六兵衛」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・高久庄右衛門」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両余二人扶持・高久貴治」あり。

三 栗橋関所番士は、高久浅右衛門、次は長山平助、次は寛永十二年に足立十右衛門が勤める。現存無し。

四 足立郡清河寺村(大宮市) 多摩郡青梅御嶽神社明治四十一年碑に指扇村大字清河寺・高久愛太郎あり。現存無し。

田覚 タカク 浦和に存す。

高具 タカグ 入間、所沢等に存す。

高草 タカクサ 戸田、栗橋、川越等に存す。

高草木 タカクサキ 各市町村に存す。群馬県勢多郡東村三十四戸、新里村二十五戸、山田郡大間々町七十二戸、新田郡笠懸町三十五戸、桐生市百七十戸あり。

高楠 タカクス 越谷に存す。

高久田 タカクダ 川口、上尾、鷲宮等に存す。福島県須賀川市十五戸あり。

高口 タカグチ 各市町村に存す。新潟県北蒲原郡聖籠町十五戸あり。

高窪 タカクボ 高久保に同じ。

一 蕨宿 岡田文書に「高久保幸八いふ仁の親は弥四郎といふ、此仁元来浦和領根岸村百姓組頭誰人の次男なり、田畑数多く所持、日々商内繁栄す。岡田喜左衛門政房(寛保二年生)が生まれたる年に弥四郎此地へ店を持たり」と見ゆ。和楽備神社享和二年御神燈に高久保幸八、天保三年御神燈に高久保弥四郎・高久保弥吉。太田窪村行弘寺安政六年供養塔に蕨宿高窪弥四郎。三学院文久三年供養塔に蕨宿高窪弥四郎・高窪弥吉。明治四年商用判鑑帳に住弥商高窪弥四郎・高窪常八.。明治三十五年油商高窪弥四郎。昭和三年興信録に「高窪弥四郎・所得税百五十三円・営業税十六円」あり。八戸現存す。

二 浦和町 明治三十五年人力車業高窪浦次郎あり。

三 浦和領根岸村(浦和市) 当村に此氏多く存す。薬師堂嘉永七年普門品に高久保増五郎・高久保藤吉・高久保浅次郎。明治九年副戸長高窪俊太郎・天保十三年生。本太村山神社明治三十年碑に根岸高窪忠吉あり。

高久保 タカクボ 春日部、越谷に存す。

高熊 タカクマ 川口に存す。

高倉 タカクラ 和名抄に相模国高座郡高座郷あり、多加久良と註す。明治八年に高倉村(藤沢市高倉)と称す。武蔵国では、高麗郡高倉村(鶴ヶ島市)あり、古は上新田村(大六道村と云う)、中新田村(小六道村と云う)、下新田村と一村なり。脚折村白鬚神社天正二年棟札に「白鬚大明神七ヶ村惣社、脚折、太田ヶ谷、針宮(脚折村字針売)、和田(同村字和田)、高倉、大六道、小六道、当所之鎮守」と見ゆ。入間郡高倉村(入間市)あり、氷川社天文二年懸仏に「大日本国武州入東郡金子郷高倉村」と銘あり。比企郡高野倉村(鳩山町)あり、正保二年報恩寺末寺帳に「鷹蔵・西勝寺」と。田園簿には高倉村と見ゆ。比企郡勝田村字高倉(嵐山町)あり。○茨城県那珂郡緒川村十五戸、東海村十三戸。○新潟県中頸城郡三和村十二戸。○福島県原町市三十四戸。○宮城県亘理郡亘理町十四戸、登米郡中田町十七戸。○岩手県九戸郡九戸村二十二戸。○秋田県仙北郡田沢湖町二十戸。島根県八束郡東出雲町二十二戸あり。

一 高麗族高倉朝臣 入間郡高倉村に高倉御所跡あり、当村字坂東山及び隣村小谷田村字坂東山周辺に中山路・宮小路・若宮・宮下などの小名あり、高倉朝臣の居跡に関係あるかと云う。また、高麗郡高倉村及び隣村入間郡駒寺野新田は、高倉沿革誌に「入間郡駒寺村の東南・大西と云処旧高倉屋敷跡と称す、是奈良朝以前か。現在の高倉屋敷は高倉福信の遺されたる業蹟ではあるまいか」と。古代氏族系譜集成に「背奈福徳―福光―福信(背奈王、高麗朝臣、高倉朝臣)、福光の弟背奈公行文―大山(背奈王、高麗朝臣)―殿守(弟高倉朝臣殿継)―田麻呂―身足―葛雄(高倉村降竜権現建立。高倉氏、神田氏の祖)」と見ゆ。高麗、背奈条参照。続日本紀・宝亀十年三月十七日条に「従三位高麗朝臣福信に姓を高倉朝臣を賜ふ」。延暦八年十月条に「散位従三位高倉朝臣福信薨ず。福信は武蔵国高麗郡の人也。本姓は背奈、其の祖福徳は唐将李勣に属して、平壌城を抜く。来りて国家に帰し、武蔵に居る焉。福信は即ち福徳の孫也。小年にして伯父背奈行文に随ひて都に入る云々。勝宝の初め、本姓を改めて高麗朝臣を賜ふ云々。宝亀十年上書して曰ふ、臣・聖化に投じてより、年歳已に深し。但し新姓の栄・朝臣は分に過ぐ。而も旧俗の号・高麗を未だ除かず、伏して乞ふ、高麗を改め、以って高倉と為さんと。詔して之を許す」と見ゆ。鶴ヶ島市中新田に高倉氏一戸現存す。

二 忍城士の高倉氏 成田分限帳に「十貫文・高倉九太夫」あり。

三 葛飾郡金崎村(庄和町) 道善寺寛延三年庚申塔に高倉新五兵衛あり。現存無し。

四 新座郡菅沢村(新座市) 明治五年農車所有高倉藤松あり。二戸現存す。

五 忍町 明治三十五年酒商高倉伍佐あり。現存無し。

六 比企郡鎌形村(嵐山町) 八幡社明治十六年筆子碑に鎌形村高倉彦次郎あり。一戸現存す。

七 秩父郡大宮郷 白川家門人帳に「享和元年、秩父郡大宮郷近戸三島明神守護高倉越前。文化三年、越前弟左近事・高倉筑前」あり。一戸現存す。

高桑 タカクワ 各市町村に存す。群馬県藤岡市二十二戸、茨城県新治郡八郷町二十四戸、新潟県燕市四十戸、秋田県男鹿市百八戸あり。

一 浦和町 明治三十五年に高桑幸平あり。

二 賀美郡七本木村(上里町) 昭和三年興信録に「賀美村・高桑六七八・所得税十二円・営業税四十八円」あり。一戸現存す。

三 秩父郡井戸村(長瀞町) 私塾師匠法善寺僧侶高桑誠道・昭和三年没九十三歳あり。一戸現存す。

高鍬 タカクワ 与野に存す。

高子 タカコ 川口、浦和、新座、春日部、三郷、八潮、川越、東松山等に存す。山形県寒河江市十九戸、宮城県白石市六十七戸あり。

高後 タカゴ 鳥取県米子市七戸あり。

高好 タカコウ 飯能に存す。

高佐 タカサ 春日部、入間、毛呂山等に存す。

高斎 タカサイ 蓮田、春日部等に存す。コウサイ参照。

高齋 タカサイ 幸手、鷲宮等に存す。

高在家 タカザイケ 入間郡北浅羽村字高ザイケあり。

高棹 タカサオ 小川に存す。

高坂 タカサカ 比企郡高坂村(東松山市)あり。京都鹿王院至徳元年十一月三日文書に鹿王院領武蔵国赤塚郷・高坂郷と見ゆ。比企郡奈良梨村八和田神社(旧諏訪社)鰐口に「延徳三辛亥年四月初八日、武州入西郡高坂郷医王山常安禅寺住持」と銘あり、元宿村常安寺にて、古は高坂村と一村なり。福島県東白川郡鮫川村十九戸、岩瀬郡岩瀬町十三戸、山形県酒田市十七戸あり。コウサカ参照。

一 阿保姓比企氏流高坂氏 比企郡高坂村より起る。古代氏族系譜集成に「比企三郎宗家(比企郡少領、住武州比企郡)―比企右馬允宗末(属源満仲)―高坂四郎宗継(伐平忠常討死)―七郎行宗」と見ゆ。比企参照。

二 平姓秩父氏流高坂氏 比企郡高坂村より起る。常陸大掾伝記に「秩父・畠山より分る。武蔵平氏六頭は、河越ノ太郎、高坂ノ次郎、豊島ノ三郎、江戸ノ四郎、高山ノ五郎、足立ノ六郎也」。秩父系図(佐野本)に「秩父下野権介重綱―高坂五郎」と。畠山系図に「畠山重忠―重保―重勝(中根小太郎。勝岱、高坂、豊島)」と見ゆ。伊勢光明寺残篇に「元弘元年、幕府は、後醍醐天皇討伐の軍勢を動員す、その中に高坂出羽権守。元弘三年、関東・楠木城発向軍勢交名高坂出羽権守」。建武年間記に「元弘四年、関東廂番・出羽権守信重」。幕府滅亡後は足利氏に仕える。太平記卷十四に「足利方、高坂七郎」。卷三十一に「観応三年、足利方、川越弾正少弼、江戸遠江守、高坂兵部大輔、同下野守、同下総守、同掃部助」。諸家文書纂に「観応二年九月十一日、高坂氏重は、尊氏に供奉して京都松尾神社に参拝し、奉納の和歌を詠む」。大神氏笛相伝系図(大日本史料)に「豊原竜秋―兵部大輔平氏重・高坂・荒序相伝」と見ゆ。鎌倉円覚寺文書に「塔頭黄梅院文書目録。一通、康安二年四月十二日、侍所高坂渡状」。同寺文書に「貞治三年十二月二十三日、侍所高坂兵部大輔は、伊豆国田方郡多呂郷(静岡県三島市)を円覚寺正続院に渡す」。同寺大般若経に「貞治四年乙巳十一月十六日、総奉行別三百内大檀那正五位下行兵部大輔平朝臣氏重」と。伊豆国守護代高坂氏重は平一揆を起して滅亡す。平条十八項参照。高文書に「貞治四年十月二十四日、高坂左京亮重家は、高尾張入道常珍代行俊の謀訴を退け、武蔵国比企郡内戸森郷(川島町)、当郷者、亡父高坂肥後十郎入道専阿(今者死去)子息十郎、去正平六年十二月十二日勲功之賞として拝領云々を安堵せられんことを訴ふ」。足利鑁阿寺文書に「応安元年七月十二日、足利金王丸(氏満)は、比企郡内戸守郷高坂左京亮跡を鑁阿寺に寄進す」と見ゆ。

三 児玉党高坂氏 武蔵七党系図(冑山本文庫)に「児玉党。高坂・比企」と。小代系図に「小代次郎大夫遠弘―高坂彦三郎直行―太郎義行―小三郎助定」と見ゆ。高坂郷元宿村より起り、新井氏が本名か。新井条四百六十項参照。また、高坂村八剣神社神主藤原姓大島下総守も高坂氏の名跡を継承した本名か。大島条八十五項参照。

四 内藤氏族高坂氏 比企郡高坂村より起る。承久の乱後、高坂内藤豊後守盛義等は、紀伊国伊都郡揖理郷伊揖村(かつらぎ町飯降)・山田村(橋本市)・長栖村(高野口町)・村主村(高野口町)等に新補地頭として入部す。高野山御影堂文書に「貞応元年十二月六日、伊都郡伊揖村・同郡山田村・高坂内藤七郎盛義、長栖村・春日部入道実高、村主村・渋谷四郎太郎成重。承久の乱後、新補地頭とす」と見ゆ。内藤条一項参照。

五 小田原城士の高坂氏 比企郡高坂村条に「高清寺境内に空堀所々に見ゆれば陣屋の跡なるべし。一説に小田原北条氏の臣高坂刑部と云者の屋敷跡と云へど其拠を知らず」と見ゆ。曹洞宗高済寺は天正十九年の創建と伝へる。高坂氏館跡に開基すか。

六 高坂衆 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「道秋・高坂ノ金子・酉年七月」あり。江戸初期なり。

七 忍城士の高坂氏 成田分限帳に「二十貫文・高坂備前」あり。

八 武田氏家臣の高坂氏 秩父志・永禄年間領主に「秩父郡目代老臣高坂弾正忠。虎ヶ岡城臣、辺見伊賀守、同所跡部大炊介、同所辺見臣小池右馬介。鹿川原臣、黒沢上野介。井上臣、井上文右衛門。柳久保臣、栗原左衛門。今下臣、林兵庫。大戸平臣、同藤三郎。大沢入臣、諸角六郎。小鹿野臣、小笠原掃部。永田臣、寺尾豊後。梶山臣、黒沢八郎兵衛。白井臣、新井新六.。古池老臣、横田備中守」と見ゆ。高坂弾正忠の配下なり。

九 川越町 御嶽社明治三十年碑に高坂初太郎あり。現存無し。

一〇 吹上村 吹上神社明治四十三年碑に高坂石五郎あり。一戸現存す。

高阪 タカサカ 朝霞、川越等に存す。

高崎 タカサキ 入間郡大谷木村字高崎あり。○栃木県那須郡黒羽町十三戸。○茨城県久慈郡大子町十五戸、東茨城郡大洗町十六戸、鹿島郡鉾田町二十八戸、行方郡麻生町三十六戸、猿島郡境町十七戸。○新潟県北蒲原郡聖籠町十八戸。○福島県いわき市八十五戸。○宮城県登米郡米山町十五戸あり。コウサキ参照。

一 忍城士の高崎氏 成田分限帳に「十三貫文・高崎治部之丞(別本に高橋)、十貫文・高崎頼母」あり。

二 松山城士の高崎氏 関八州古戦録に「永禄六年、北条氏は松山城の二丸に高崎刑部左衛門利春を居しめて堅く守しむ」と見ゆ。

三 葛飾郡不動院野村(春日部市) 本郷村雷電社文化十一年庚申塔に不動院野村高崎彦蔵、安政五年仙元碑に不動院野村高崎安左衛門あり。一戸現存す。

四 同郡会野谷村(吉川市) 当村文政四年庚申塔に高崎佐治馬あり。二戸現存す。

五 同郡三輪野江村(吉川市) 三輪之江神社明治二十八年碑に高崎兵吾あり。他村住人か。現存無し。

六 同郡本郷村(杉戸町) 香取社文化八年天満宮碑に高崎八十吉。雷電社文化十一年庚申塔に榎戸・高崎治左衛門・高崎勇右衛門、安政五年仙元碑に当所高崎慶蔵。堤根村稲荷社慶応二年御神燈に隼人・高崎吉左衛門。明治四年田口文書に本郷村年寄高崎慶蔵。天神社明治十四年古峯碑に高崎吉左衛門・高崎治三郎・高崎又四郎、同年浅間碑に当村高崎紋次郎・高崎安五郎。明治三十年人名録に高崎吉右衛門・文政八年生・地租二十一円あり。六戸現存す。

七 同郡幸手町 明治三十五年菓子商高崎兼吉あり。

八 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「天正中より越ヶ谷宿居付百姓十七家の内・高崎弥惣。元禄八年検地、高崎伝兵衛屋敷。高崎伝兵衛屋敷之義、中古松本嘉七所持、右地面に借地罷在候高崎屋弥惣右衛門名請之屋敷也、天明中無名に成、弥惣右衛門は旧家也」と見ゆ。浅間社延宝三年水鉢に高崎喜兵衛あり。

九 同郡東方村(越谷市) 久伊豆社嘉永五年御神燈に高崎伊助・高崎森蔵・高崎金蔵あり。七戸現存す。

一〇 同郡大泊村(越谷市) 明治九年副戸長高崎正左衛門・文政五年生。明治三十年人名録に高崎三木蔵・天保七年生・地租四十五円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大泊・高崎三木蔵・高崎松太郎あり。四戸現存す。

一一 同郡黒浜村(蓮田市) 久伊豆社明治十四年御神燈に高崎長吉あり。八戸現存す。

一二 同郡彦兵衛新田村(白岡町) 最勝寺享和元年庚申塔に高崎仁左衛門あり。一戸現存す。

一三 足立郡道場村(浦和市) 金剛寺天保五年弘法大師碑に高崎重二郎。明治九年副戸長高崎重右衛門・文政元年生。明治十三年惣代人高崎金次郎。西蓮寺村東神社明治三十一年幟碑に高崎重次郎・高崎幸太郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に土合村高崎重次郎。昭和三年興信録に「土合村・高崎重利・所得税二百七十七円」あり。道場村二戸、西蓮寺村三戸現存す。

一四 入間郡北野村(所沢市) 天神社明治二十六年碑に小手指村石工高崎兼吉。堀口村天神社明治四十年碑に北野高崎兼吉あり。現存無し。

一五 比企郡志賀村(嵐山町) 広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にシカ高崎重太郎。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に志賀村高崎平次郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に志賀高崎重太郎あり。現存無し。

一六 熊谷町 明治三十五年茶商高崎タイあり。一戸現存す。

高作 タカサク 川越に存す。

高桜 タカザクラ 川口、鴻巣、春日部、行田等に存す。

高砂 タカサゴ 各市町村に存す。宮城県石巻市十戸、島根県平田市九戸。

一 粕壁町 昭和三年興信録に「粕壁町・高砂忠助・所得税六十九円」あり。三戸現存す。

高砂子 タカサゴ 鷲宮に存す。

高佐須 タカサス 高麗郡新堀村字高佐須あり。秩父高佐須はコサス参照。

高里 タカザト 大宮、入間等に存す。

一 高麗族高里連 続日本紀に「天平宝字五年条に「高麗人後部王安成等二人に、姓を高里連を賜ふ」と見ゆ。

高実 タカザネ 浦和に存す。

高實 タカザネ 坂戸に存す。

高沢 タカザワ 入間郡川越町字高沢町、小久保村字高沢、高麗郡平戸村字高沢あり。○群馬県勢多郡黒保根村十七戸、邑楽郡明和町十一戸。○栃木県足利市五十戸。○茨城県那珂郡美和村二十一戸。○千葉県市原市二百戸。○長野県上高井郡小布施町二十二戸。○新潟県北蒲原郡加治川村十八戸、中頸城郡三和町二十二戸、東頸城郡松之山町四十二戸、新発田市百三十七戸。○福島県東白川郡矢祭町三十二戸。○青森県三戸郡田子町七戸あり。タカサワとも称す。

一 河原党高沢氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月、着座面々・高沢七郎太、是は河原太郎家の武家法令也」と見ゆ。

二 秩父氏流高沢氏 川越町高沢町及び小久保村字高沢は同所にて、現在の川越市元町一〜二丁目附近なり。此地より起るか。上野国高山氏系図に「秩父下野守重綱―高山三郎重遠―高山三郎重昭(文治五年奥州泰衡追罰戦功)―高沢六郎重実(住武州)」と見ゆ。緑野郡高山庄(藤岡市)に高沢村は無し。吾妻鑑卷三十二に「嘉禎四年二月十七日、江戸八郎太郎・同高沢弥四郎」あり。

三 岩附城主太田氏の本名高沢氏 二十九項参照。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御料理人・三十俵二人扶持・高沢七左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「四両二人扶持・高沢権八」あり。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「五石五斗・高沢平吉」あり。

六 川越町高沢衆 日蓮宗行伝寺過去帳に「法縁・高沢新田・治右衛門・戌年四月。妙高・高沢ノ大夫娘・亥年六月。妙讃・高沢作右衛門内ノ母・辰年七月。道幸・高沢ノ甚五郎・申年六月。源清・高沢ノ善右衛門・寅年十二月。宗長・下高沢町ノ太兵衛・壬寅年三月。妙泉・高沢・寅年九月。妙信・高沢ノ渡辺姑・辰年二月。妙恵・下高沢・七郎左衛門母・未年七月。妙現・高沢与左衛門息女・辰年十二月。浄春・高沢与左衛門内ノ母・酉年正月。法岸・高沢ノキシ・辰年十一月。妙法・高沢ノ治兵衛内・戌年十二月」あり。高沢町の渡辺氏、岸氏等なり。

七 葛飾郡上内川村(吉川市) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流上内川村高沢文吉あり。二戸存す。

八 同郡堤根村(杉戸町) 天然寺享保九年地蔵尊に高沢庄右衛門・高沢甚左衛門・高沢新助。稲荷社天保十一年天満宮碑に桑崎・高沢七之助・高沢亦蔵、慶応二年御神燈に当所高沢七之助。本郷村雷電社安政五年仙元碑に桑崎株高沢又蔵・高沢七之助。明治三十年人名録に俳諧高沢五三郎・元治元年生・地租十六円あり。二戸現存す。

九 同郡小淵村(春日部市) 大杉神社元治元年狛犬に高沢茂重あり。一戸現存す。

一〇 同郡松永村(栗橋町) 松永神社文化七年狛犬に高沢源蔵・高沢源治郎あり。現存無し。

一一 埼玉郡船渡村(越谷市) 香取社慶応元年庚申塔に高沢瀧蔵あり。四戸現存す。

一二 同郡鹿室村(岩槻市) 不動堂万延元年庚申塔に高沢熊右衛門あり。現存無し。

一三 同郡粕壁宿 小淵村大杉神社文政八年御神燈に粕壁宿高沢武八.

一四 同郡城村(蓮田市) 明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流北埼玉郡城村高沢由五郎あり。現存無し。

一五 同郡太田新井村(白岡町) 北向地蔵堂文化二年庚申塔に高沢勘七.。字宿新井文化十四年天神碑に高沢粂次郎。字海老島文政三年馬頭尊に高沢長次郎。北向地蔵堂明治十一年碑に原新田高沢利右衛門・高沢卯之助。太田神社明治四十年碑に原組高沢留吉あり。十戸現存す。

一六 同郡彦兵衛新田村(白岡町) 最勝寺享和元年庚申塔に高沢庄右衛門あり。現存無し。

一七 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社安政七年仙元碑に高沢甚□、万延元年絵馬に高沢甚衛、明治五年絵馬に高沢善次郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に砂原村高沢仙之助あり。八戸現存す。

一八 同郡上村君村(羽生市) 雷電社寛延四年庚申塔に上村君村新田高沢八郎兵衛、天保十年碑に高沢文次郎・高沢仁左衛門あり。一戸現存す。

一九 同郡忍町 明治三十五年太物商高沢与七・料理店原瀬楼高沢周蔵。

二〇 同郡長野村(行田市) 行田史譚に「長野村。寛永年中名主高沢磯右衛門、享保六年名主高沢磯右衛門」。長久寺寛政五年二十二夜塔に長野村中組橋場・高沢七郎右衛門妻。毘沙門堂文政十年碑に高沢長六.。久伊豆社天保六年御神燈に高沢岩蔵・高沢岩次郎・高沢恵十郎・高沢久次郎、天保十二年御神燈に高沢玄廸。中斎天神社天保十二年高沢庄三郎筆子碑に高沢金兵衛・高沢嘉蔵・高沢久次郎・高沢松太郎。毘沙門堂明治十二年碑に高沢園次郎。明治十八年最上農名簿に長野村高沢磯右衛門・耕宅地十九町二反歩・山林八反歩所有。明治二十二年医師高沢玄怡。県会議員農業高沢俊徳・明治十八年生あり。十九戸現存す。

二一 同郡下中条村(行田市) 行田史譚に「下中条村。寛永年中名主高沢半七、享保六年名主高沢半七、天保元年名主高沢半七」。治子神社嘉永五年大黒天碑に高沢嘉兵衛。須加村会議員に高沢磯右衛門・安政三年生、高沢三五郎・明治十六年生あり。五戸現存す。

二二 同郡荒木村(行田市) 天満宮文政三年塞神碑に高沢長五郎。明治七年富士講に高沢徳次郎。明治九年副戸長高沢源次郎・弘化元年生あり。十六戸現存す。

二三 同郡酒巻村(行田市) 慶岩寺天保四年弁財天碑に高沢茂左衛門。八幡社慶応三年八海山碑に酒巻高沢茂八あり。二戸現存す。

二四 足立郡上青木村(川口市) 氷川社明治二十八年碑に高沢与惣平あり。現存無し。

二五 同郡藤波村(上尾市) 当村元禄十二年庚申塔に高沢弥五兵衛あり。十三戸現存す。

二六 同郡鴻巣宿 勝願寺延宝八年庚申塔に高沢又兵衛あり。

二七 入間郡大谷村(越生町) 摩多利神社明治四十一年碑に大谷・高沢才治郎あり。現存無し。

二八 高麗郡脚折村(鶴ヶ島市) 当村に此氏多く存す。古代以来の土着者にて、高沢三右衛門は応仁乱の落武者で郷里へ帰農すと伝へる。松山城家臣にて、秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「宗信・高沢三右衛門・庚辰年十一月。幸林・高沢ノ半左衛門・戊子年六月。法順・高沢采女・丙申年十月十七日。道喜・高沢平左衛門・酉年四月。妙祐・高沢四郎兵衛息女・未年四月。妙仙・高沢四兵衛息女」。戦国時代より江戸初期なり。慶安元年検地帳に案内人高沢三右衛門。当村元禄六年庚申塔に脚折村高沢伊兵衛・高沢八右門、文化五年地蔵尊に脚折村高沢五左衛門・高沢友八・高沢藤兵衛、弘化四年馬頭尊に脚折村高沢文次郎。文政十二年侠客高麗川源七墓碑に脚折村高沢佐文治・高沢若五郎。明治四年戸籍に高沢文助・高沢仙助・高沢半次郎・高沢倉吉・高沢五右衛門・高沢与平次・高沢藤兵衛・高沢助次郎・高沢儀左衛門・高沢林助・高沢惣七・高沢仁右衛門・高沢儀右衛門・高沢定五郎・高沢清吉・高沢繁蔵・高沢秀五郎・高沢国五郎・下新田高沢栄蔵。明治九年副戸長高沢文助・天保十二年生。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に脚折村高沢倉治郎。明治二十年脚折村規約に高沢文助・高沢弁之助・高沢善吉・高沢倉吉・高沢平十郎・高沢巳之造・高沢源造・高沢丈助・高沢金太郎・高沢林助・高沢斧次郎・高沢亦次郎・高沢与吉・高沢新太郎・高沢代吉・高沢繁蔵・高沢秀五郎・高沢卯之助・高沢平次郎・高沢静次郎・高沢芳太郎・高沢市太郎あり。

二九 横見郡前河内村(吉見町) 吉見旧事考に「前河内という村長何某は太田三楽の甥高沢氏なる者の後胤なるとや」と見ゆ。岩附城主太田氏の本名であろう。太田条参照。明治五年田中文書に副戸長高沢理三郎。明治九年副戸長高沢誠・嘉永五年生あり。五戸現存す。

三〇 本庄町 明治三十五年足袋製造高沢幸次郎あり。

三一 秩父郡横瀬村 明治十四年神輿寄付連名帳に二番耕地根古屋高沢弥吉、七番耕地宇根高沢秋次郎・高沢作次郎あり。六戸現存す。

三二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高沢五郎・四十三円、忍町・高沢春蔵・四十円・五十六円、長野村(行田市)・高沢修一・百八十四円、高沢俊徳・百七十八円、熊谷町・高沢龍右衛門・八十六円・八十四円」あり。

高澤 タカザワ 各市町村に存す。

鷹沢 タカザワ 志木、春日部等に存す。

尚 タカシ 入間に存す。

堯 タカシ 飯能に存す。

嵩 タカシ 大宮に存す。

隆 タカシ 草加に存す。

高士 タカシ 桶川、春日部、上福岡、狭山等に存す。

高志 タカシ 越谷に存す。コウシ参照。

高司 タカシ 朝霞、新座等に存す。

高師 タカシ 大宮、春日部、越谷、草加、三郷、吉川、川越等に存す。千葉県長生郡一宮町十五戸、夷隅郡夷隅町四十七戸あり。

一 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙界・タカ師内方ノ母」あり。江戸初期なり。一戸現存す。

高塩 タカシオ 各市町村に存す。栃木県那須郡塩原町十戸、矢板市二十八戸、新潟県小千谷市十戸あり。

高鹿 タカシカ 葛飾郡松伏村松伏神社安政五年狛犬に高鹿庄右衛門・高鹿清左衛門・高鹿勘兵衛・高鹿本右衛門・高鹿次右衛門・高鹿長三郎あり。十戸現存す。コウロク参照。

高茂 タカシゲ 東松山に存す。

高重 タカシゲ 浦和、和光、東松山等に存す。

高下 タカシタ 朝霞、戸田、春日部、越谷、川越、東松山等に存す。神奈川県大和市三十八戸あり。

高実子 タカジッシ 桶川、越谷、草加等に存す。栃木県安蘇郡葛生町二十三戸あり。

高品 タカシナ 浦和、志木、戸田、草加、宮代、所沢等に存す。茨城県行方郡潮来町十一戸、千葉県旭市十八戸、佐原市三十四戸、八日市場市十七戸、木更津市二十戸、袖ヶ浦市二十六戸あり。

高科 タカシナ 志木、三郷等に存す。

高階 タカシナ 和名抄に入間郡高階郷を載せ、太加之奈(タカシナ)と註す。但し、是はタカハシが正訓で、大袋新田字高橋(川越市)であろう。今のjAいるま野・大東西小学校附近で山城村の内に飛地となっている。当地方には縄文期の大袋新田遺跡があり、古くから集落があった。各市町村に存す。秋田県仙北郡太田町十一戸、千畑町八十六戸、大曲市二十戸あり。

一 埼玉郡下間久里村(越谷市) 第六天社文久二年算額に下間久里邑高階要蔵貴明・二十二歳あり。此氏は高橋氏なり。

高篠 タカシノ 秩父郡山田村字高篠山(秩父市)あり。

一 浅羽氏族高篠氏 入間郡厚川村高篠家系図に「浅羽五郎兵衛行長―民部丞行直―左衛門入道俊直―左衛門尉重直―実直―□□―下総守賢之(永享十年十一月七日足利持氏に殉ず)……七代浪々の身となって秩父高篠に居ねこと百七十五年……三田友行(サンデンと註す)―□□―高篠隼人(三田隼人改め、元和元年厚川へ来る。墓石は中新田地蔵堂に有り)―長男(厚川本家)、二男長兵衛(西の家)、三男庄兵衛(油屋)。三田友行の弟筋浅羽下総守(永禄元年北浅羽へ来住、佐野庄免鳥城に移る)」と見ゆ。浅羽氏は在名にて、中新田出身の出稼衆高篠氏が本名なり。上新田村(古の大六道村)、中新田村(古の小六道村)、下新田村を三田(サンデン)と唱へ、苗字高篠氏は古代以来の土着者にて、秩父郡高篠は地名附会なり。

二 高麗郡中新田村(鶴ヶ島市) 古は浅羽庄に属し、高倉村の内なり。当村に此氏多く存し、文化頃の家数二十四軒の内ほとんどが高篠氏なり。浅羽氏後裔と伝へ、地蔵堂は当村開闢の祖三田隼人改め高篠隼人の墓石が建てられた地と云う。但し、脚折村白鬚神社天正二年棟札に「白鬚大明神は、大六道、小六道、脚折等七ヶ村の鎮守也」とあり。是以前からの土着者なり。神明社は高篠庄兵衛が慶安二年に勧請す。高倉村字和田正徳五年六地蔵に中新田村高篠長兵衛母。文政十二年侠客高麗川源七墓碑に中新田村高篠吉五郎・高篠平治郎。明治九年戸長高篠勇吉・弘化元年生、副戸長高篠太忠郎・天保十三年生。明治十四年誓約証に高篠勝蔵・高篠太郎・高篠勇吉・高篠栄助・高篠角太郎・高篠大郎・高篠栄作・高篠平三郎・高篠米吉・高篠長次郎・高篠源造・高篠又五郎・高篠龍太郎・高篠勘次郎・高篠巳之吉あり。前後各項参照。

三 同郡上新田村(鶴ヶ島市) 当村は中新田村高篠庄兵衛が開発すと伝へる。但し、脚折村白鬚神社天正二年棟札に大六道村等の鎮守也とあり。是以前からの土着者なり。当村寛文五年六地蔵に入間郡浅羽郷六道村・高篠庄兵衛・高篠卯兵衛・高篠彦右門・高篠七兵衛・高篠太郎左門・信主仙林(僧)。当村元文四年地蔵尊に高麗郡上中新田・高篠杢左衛門・高篠長兵衛・高篠庄兵衛・高篠喜兵衛・高篠茂兵衛・高篠平兵衛・高篠市右門・高篠庄右門。明治十三年北三芳野学校議員高篠平蔵・高篠才七あり。十戸現存す。

四 同郡高倉村(鶴ヶ島市) 高福寺跡寛文八年地蔵尊に高倉村別当長泉寺高篠仙林あり。三戸現存す。

五 入間郡厚川村(坂戸市) 一項参照。明治十年地租等級調査に高篠代四郎。明治十三年北三芳野学校議員高篠角蔵あり。八戸現存す。

六 同郡駒寺野新田(日高市) 日枝社文政十一年庚申塔に駒寺野新田高篠源兵衛。清蓮寺安政二年馬頭尊に高篠彦兵衛。明治八年戸長高篠彦平。明治九年戸長高篠仙次郎・嘉永二年生。女影村霞野神社明治四十五年御神燈に駒寺高篠代次郎。昭和三年興信録に「高萩村・高篠彦平・所得税九円」あり。七戸現存す。

七 同郡入間川町(狭山市) 明治三十五年糸繰製造高篠清吉あり。二戸現存す。

八 秩父郡名栗村 文政十二年侠客高麗川源七墓碑に名栗村高篠清五郎あり。現存無し。

高芝 タカシバ 所沢に存す。

高柴 タカシバ 川口、大宮、朝霞、和光、越谷、川越、坂戸、所沢等に存す。千葉県佐原市十五戸、鳥取県日野郡日南町七戸あり。

高島 タカシマ 榛沢郡高島村(深谷市)あり。正木文書に「元久二年八月日、上野国新田庄住人、義兼(新田)為地頭職事、高島郷」。「建保三年三月二十二日、上野新田庄内十二箇郷住人、源時兼(岩松)為地頭職事、高島郷」。「享徳四年乙亥閏四月吉日、注進新田御庄嘉応二年の目録。高島郷・田七町八反二十たい・畠六町二反二十たい・在家二十一う。横瀬郷・畠三丁五反・在家四う」。「岩松持国知行分注文(康正元年頃)、高島郷六ヶ村、横瀬郷、彼二ヶ所、依為河向御敵知行」と見ゆ。入間郡高島村(川越市)、石井村字高島、足立郡美女木村字高島あり。○栃木県佐野市四十六戸、小山市五十戸。○茨城県鹿島郡神栖町五十戸、波崎町十七戸、真壁郡関城町二十戸、結城郡八千代町五十戸、北相馬郡守谷町三十戸、筑波郡石下町二十二戸、猿島郡境町二十七戸、猿島町三十三戸、牛久市四十戸、下館市四十戸、結城市五十戸。○長野県上伊那郡高遠町三十五戸。○福島県二本松市四十二戸。○宮城県志田郡鹿島台町十八戸。○青森県北津軽郡鶴田町二十戸、八戸市七十戸。○島根県大原郡大東町十八戸、松江市三十五戸。○鳥取県西伯郡淀江町十四戸、米子市三十戸あり。

一 横瀬党高島氏 榛沢郡高島村より起る。横瀬村福応寺由緒書に「元弘三癸酉五月東征伐之論旨給はり御一同不残御加勢に付桃井直常公。横瀬党富田・須長・荻野・古氷・三供、右六騎並中瀬・高島・新戒・石塚・古市・大塚此党者桃井公之旗下也」と見ゆ。横瀬条参照。

二 児玉党塩谷氏族高島氏 塩谷系図(紀州那智大社所蔵)に「塩谷又太郎家時―高島二郎太郎家直法師正法(自弘安八年、至今三ヶ度参詣、嘉元三年四月二十六日)」。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「塩屋。藤姓、本国下野、児玉広行の三代平太夫家遠・これを称す」と見ゆ。塩谷家遠は本国下野出身なり。田原族譜に「大川島四郎行俊(下野国中泉荘大川島村に住す、仍て氏と為す)―高島八郎行春(子孫和賀名氏)」とあり。大川島村(小山市)の隣は都賀郡下高島村(大平町)で、若菜氏四十戸現存す。苗字若菜氏は出稼衆にて在名高島氏を名乗り、児玉郡塩谷村へ来住して塩谷氏を名乗り、或は出身地の高島氏を名乗る。下野国出稼衆のことは児玉条参照。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御医師・二十人扶持・高島玄智」。万延二年に「御医師・十七人扶持・高島玄縄、永詰御雇・五人扶持・高島金弥、御馬廻・十二石四人扶持・高島藤助、藤助惣領・高島洗之介」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・高島克己」。明治四年前橋藩職員録に「史生・聴断方・高島応策」。克己の子孫建夫・敏明は東松山市松葉町に現存す。明治四十四年東上鉄道株主松山町高島良策・百株所有あり。

四 葛飾郡藤塚村(春日部市) 東国寺享保五年六地蔵に高島平兵衛。香取社江戸末期御神燈に高島五兵衛・高島久米蔵。明治三十年人名録に高島竹之助・明治五年生あり。六戸存す。

五 同郡清地村(杉戸町) 近津神社元治元年狛犬に高島熊次郎。明治三十五年呉服商高島熊次郎・荒物商高島与市あり。五戸現存す。

六 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に高島次郎吉あり。一戸現存す。

七 同郡松石村(幸手市) 香取社宝暦六年秋葉碑に高島与右衛門、寛政六年稲荷碑に高島与市。神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に文久四年・松石村高島徳蔵。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に松石邨高島久□・高島徳蔵・高島与市。明治九年副戸長高島徳左衛門・天保三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に松石村高島徳左衛門。香取社明治二十九年碑に高島又五郎・高島金蔵、明治三十一年碑に高島松太郎・高島久五郎あり。四戸現存す。

八 同郡中川崎村(幸手市) 香取社安永七年水鉢に高島五左衛門・高島勘六.。上州榛名神社大正四年御神燈に葛飾郡中川崎・高島近蔵あり。一戸現存す。

九 同郡円藤内村(幸手市) 百間村青林寺寛政十年文書に遠藤内村高島新平。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に円藤内村高島豊吉・高島由蔵・高島久助・高島八十八.。香取社明治二十六年碑に高島藤吉あり。二戸存す。

一〇 同郡神扇村(幸手市) 天神社文化十二年御神燈に高島新之丞・高島重兵衛、明治四十四年碑に高島喜七あり。三戸現存す。

一一 同郡高須賀村(幸手市) 大杉神社天明三年弁財天碑に高島三五郎。権現堂村熊野社明治三十四年碑に高須賀高島辰三郎あり。三戸現存す。

一二 同郡平須賀村(幸手市) 香取社明治三十九年狛犬に高島仙蔵あり。現存無し。

一三 同郡栗橋宿 八坂社文化元年供養塔に宿役人高島弥兵衛、文化十四年御神燈に高島弥助。明治三十五年に高島藤兵衛あり。二戸現存す。

一四 埼玉郡飯塚村(岩槻市) 安政三年清水文書に高島儀三郎あり。一戸現存す。

一五 同郡粕壁町 明治三十五年鍛冶屋高島友吉あり。

一六 同郡中種足村(騎西町) 泉蔵院安永三年宝篋印塔に高島惣右衛門あり。一戸現存す。

一七 同郡下忍村(吹上町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

一八 同郡行田町 八幡社天保五年御神燈に石工高島次郎左衛門。長野村久伊豆社天保六年御神燈に行田新町石工高島吉由。埼玉村前玉神社嘉永二年玉垣碑に石工行田高島兵蔵あり。一戸現存す。

一九 川口町 善光寺嘉永六年庚申塔に当所高島石松あり。

二〇 蕨町 明治五年人力車免許願に蕨宿高島鉄五郎倅藤次郎あり。

二一 足立郡糠田村(鴻巣市) 氷川社明治十三年浅間碑に高島長五郎あり。現存無し。

二二 新座郡館村(志木市) 寛文十一年宮原文書に館村之郷高島市左衛門あり。

二三 入間郡塚越村(坂戸市) 住吉神社文久三年御神燈に当所高島平吉・高島勘吉あり。七戸現存す。

二四 高麗郡上広瀬村(狭山市) 明治五年田畑名寄帳に宮地組高島マチあり。現存無し。

二五 熊谷宿 石上寺元禄九年庚申塔に高島十蔵あり。

二六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「行幸村(幸手市)・高島憲・二十七円、杉戸町・高島熊次郎・百六十七円・百二十六円、忍町・高島亀太郎・十四円、松山町・高島良策・百三十四円」あり。

高嶋 タカシマ 各市町村に存す。長野県南安曇郡三郷村十五戸、山形県村山市二十七戸、東根市三十二戸、宮城県加美郡小野田町二十四戸あり。

高嶌 タカシマ 朝霞、蕨、所沢に存す。

高 タカシマ 秩父郡薄村明治五年出浦文書に刀脇差拵職・大平土高皷h吉あり。三戸現存す。

鷹島 タカシマ 浦和、大宮、越谷、狭山、鶴ヶ島、越生、毛呂山、秩父等に存す。秋田県由利郡西目町五十七戸あり。

一 入間郡小杉村(越生町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に小杉・鷹島佳あり。二戸現存す。

崇島 タカシマ 朝霞、川越等に存す。

高島田 タカシマダ 羽生に存す。

高清水 タカシミヅ 川口、浦和、桶川、蕨、久喜、草加、杉戸、川越、狭山等に存す。秋田県大館市二十八戸、岩手県上閉伊郡大槌町十二戸、青森県上北郡野辺地町九戸、八戸市十七戸あり。

高庄 タカショウ 浦和、大宮、与野等に存す。

高正 タカショウ 茨城県行方郡北浦町七戸、下館市七戸あり。

高昌 タカショウ 朝霞、所沢等に存す。

高城 タカジョウ 春日部、越谷、三郷、入間、川越等に存す。

田頭 タガシラ 各市町村に存す。青森県上北郡天間林村十二戸あり。

高代 タカシロ 草加に存す。

一 百済族の高代造 続日本紀・天平宝字五年条に「百済人陽麻呂に、姓を高代造と賜ふ」と見ゆ。

高城 タカシロ 各市町村に存す。群馬県桐生市十四戸、千葉県佐原市二十戸あり。コウシロ、タカギ参照。

高須 タカス 葛飾郡高須村(三郷市)あり、高州とも書く。各市町村に存す。茨城県東茨城郡桂村十一戸、鹿島郡鉾田町十戸、行方郡麻生町四十三戸、潮来町二十二戸、玉造町二十戸、稲敷郡桜川村八十戸、鹿島市二十六戸あり。コウノス参照。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「四十俵三人扶持・高須六兵衛」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二十石四人扶持・白川取立・高須弥三」。

三 浦和町 昭和三年興信録に「高須常吉・所得税四十五円・営業税六十一円」あり。

四 所沢町 明治三十五年畳屋高須安五郎あり。現存無し。

五 志木町 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に引又町高須七蔵。万延元年代々講連名簿に高須長太郎。敷島社明治五年道標に当所高須庄助・高須庄蔵、同年御神燈に引又町高須大助・高須卯之助・高須庄平・高須庄蔵。不動堂明治十四年不動尊に志木宿高須代吉。明治三十五年回漕店高須吉蔵・醤油醸造高須庄吉・煎餅屋高須義助。昭和三年興信録に「志木町・高須七五郎・所得税二百八十五円」。県会議員醤油業高須七三郎・明治三十七年生あり。三戸現存す。

高巣 タカス 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、越谷、幸手、川越、所沢、富士見等に存す。茨城県つくば市二十戸あり。

高洲 タカス 朝霞、所沢等に存す。

高栖 タカス 浦和、戸田、春日部、草加、八潮、松伏、川越、所沢等に存す。茨城県行方郡麻生町十六戸、石岡市三十五戸あり。

鷹巣 タカス 浦和、大宮、戸田、新座、越谷、蕨、坂戸、狭山、鶴ヶ島、東松山等に存す。茨城県つくば市三十四戸、山梨県北巨摩郡高根町十戸あり。タカノス参照。

鷹栖 タカス 鴻巣、久喜、越谷、三郷、栗橋、熊谷等に存す。

高末 タカスエ 岩槻、所沢、富士見等に存す。

高須賀 タカスカ 葛飾郡高須賀村(幸手市)あり。当村の出村に惣新田高須賀村あり、当所香取社弘治三年懸仏に香取大明神高須賀と見え、観音院宝永六年地蔵尊に葛飾郡高次加村と見ゆ。今の惣新田村字高須賀なり。埼玉郡須影村字高須賀あり。各市町村に存す。宮城県石巻市十一戸あり。

高杉 タカスギ ○神奈川県足柄上郡山北町二十四戸、足柄下郡湯河原町五十四戸。○新潟県西蒲原郡巻町五十一戸。○秋田県山本郡峰浜村二十六戸、大館市三十七戸、鹿角市六十五戸。○青森県北津軽郡板柳町十五戸、西津軽郡森田村十戸、五所川原市二十六戸、弘前市九十八戸あり。

一 葛飾郡清地村(杉戸町) 近津神社明治十六年御神燈に高杉久三郎、明治三十七年幟碑に高杉幸次郎(菓子商)あり。現存無し。

二 同郡千塚村(幸手市) 真乗院正徳五年鐘銘に高杉勘左衛門・高杉六兵衛あり。現存無し。

三 足立郡八幡田村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に八幡田村高杉磯右衛門あり。二戸現存す。

四 志木町 明治三十五年菓子商高杉徳太郎あり。一戸現存す。

五 所沢町 寛永十六年所沢村市祭文(三上文書)に所沢高杉八郎右衛門あり。現存無し。

六 入間郡北野村(所沢市) 天神社明治二十六年碑に小手指村高杉半二郎あり。三戸現存す。

七 同郡山口領堀口村(所沢市) 明治五年堀口村木挽職高杉忠蔵。明治十五年北広堂碑名簿に旧堀口村高杉定吉・高杉半次郎。当村天神社明治二十九年再建碑に堀口村高杉久蔵・高杉佐重郎・高杉福太郎・高杉定吉、明治四十年碑に高杉光之助・高杉善吉・高杉小三郎あり。十一戸現存す。

八 高麗郡野田村(入間市) 入間郡誌に「野田村は天文永禄の頃、西久保・新井・高杉・小林・畑・横田・清水等開発す、之を村の草切七家と称す」と。但し、円照寺に文永七年加治泰家の追善供養板碑あり、是以前の開発なり。白髪社は高杉家の屋敷鎮守なり。当村享保十七年庚申塔に野田村高杉長右衛門・高杉嘉右衛門。文久三年西久保家筆子碑に当所高杉倉次郎あり。十二戸現存す。

九 本庄宿 石川剣道場門下生に寛政五年・本庄宿高杉善兵衛あり。現存無し。

隆杉 タカスギ 入間に存す。

高薄 タカススキ 白岡に存す。

高砂 タカスナ 上尾、朝霞等に存す。長野県塩尻市六十八戸あり。

高住 タカスミ 川越に存す。島根県江津市八戸あり。

高済 タカスミ 大井に存す。福島県北秋田郡阿仁町十五戸あり。

高世 タカセ 大宮、狭山、毛呂山等に存す。山形県長井市二十戸あり。

高瀬 タカセ ○群馬県勢多郡東村二十四戸、山田郡大間々町二十戸、邑楽郡板倉町三十六戸、桐生市三十戸。○栃木県塩谷郡氏家町八十戸、安蘇郡田沼町三十戸、小山市四十戸、矢板市三十七戸、佐野市三十四戸。○長野県小諸市五十六戸。○秋田県鹿角市五十五戸。○島根県出雲市三十二戸あり。

一 青鳥城主高瀬氏 五明村円通寺阿弥陀如来像に「寛正四年癸未四月十五日作之、大旦那藤原朝臣縫宣、大工実吉」と銘あり、高さ六十センチほどなり。風土記稿五明村条に「円通寺の寛正四年の弥陀像は、寺僧の話に下青鳥村の城主高瀬弾正高広と云し人の寄付なりと云ざれど、下青鳥村に城塁のありしこと云も伝へざれば寺僧の説疑ふべし」と見ゆ。青鳥城主藤原姓青鳥氏の本名は高瀬氏なり。玉川村五明及び東松山市下青鳥に高瀬氏は現存無し。オオトリ条参照。

二 太田氏家臣の高瀬氏 太田道灌の家臣高瀬民部少輔あり。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「二百石・高瀬甚兵衛」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「桐之間番・四両二人扶持・高瀬与五右衛門」あり。

五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「百五十石・高瀬五左衛門」あり。

六 栗橋町 明治三十五年旅館高瀬倉之助あり。二戸現存す。

七 埼玉郡加須町 明治三十五年菓子商高瀬宇右衛門・菓子製造高瀬忠蔵あり。現存無し。

八 同郡水深村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に水深村高瀬利左衛門、嘉永五年狛犬に水深村高瀬利左衛門あり。三戸現存す。

九 同郡下羽生村 中ノ目村文化五年地蔵尊に羽生下村石工高瀬太四郎。下村君村永明寺文化九年常夜燈に高瀬太四郎あり。

一〇 同郡下村君村(羽生市) 永明寺宝暦十年供養塔に下村君村高瀬利兵衛子孫高瀬平衛門。鷲宮社宝暦十二年棟札に高瀬文左衛門、嘉永六年御神燈に高瀬峰三郎・高瀬佐七・高瀬松五郎・高瀬源八あり。六戸存す。

一一 同郡堤村(羽生市) 利根川対岸の上野国邑楽郡大久保村(明治九年板倉町の大高島村字大久保となる)に十二戸(家紋は丸に片喰)現存し、富豪回漕問屋高瀬善兵衛は江戸浅草観音及び館林茂林寺などへ多数寄進し、子孫仙右衛門は文政十一年に上州川俣組合四十ヶ村の大惣代を勤める。大久保村新義真言宗清浄院は羽生領堤村延命寺の末寺なり。当村延命寺涅槃像碑に「元禄七年二月、上野国邑楽郡大久保村施主高瀬善兵衛直房・高瀬平兵衛直義。寛政元年十一月、同村高瀬仙右衛門治賢再建」あり。当村高瀬氏は大久保村の仙右衛門治賢の家と関係あるか。明治九年堤村副戸長高瀬仙右衛門・文政元年生あり。二戸現存す。

一二 同郡下新郷(羽生市) 漆原氏系図に「千葉家経の子新井兵部之丞常直(永正十二年卒)が千葉家没落前退散して武州忍の附近に来て、丁度来り属するものに高瀬雅楽介等があり、下新郷の中島に城砦を構築して入れ置く」と。慶長十三年下新郷検地帳に「高瀬」とあり。現存無し。

一三 同郡阿佐間村(大利根町) 八幡社天保八年御神燈に高瀬岩蔵・高瀬三次郎、江戸末期狛犬に高瀬助五郎あり。二戸現存す。

一四 同郡北大桑村(大利根町) 香取社弘化三年狛犬に高瀬重太郎あり。現存無し。

一五 草加町 市神祠官筆学門人控に弘化五年・船頭次男高瀬吉次郎、安政五年・船戸三男高瀬喜三郎、安政六年・船頭倅高瀬兼吉。明治七年船積問屋草加宿字甚左衛門河岸高瀬兼吉・但享保六年五月創立。明治三十五年水夫商高瀬源四郎あり。

一六 足立郡上峰村(与野市) 円福寺宝永五年弁財天碑に上峰村高瀬安左衛門あり。六戸現存す。

一七 新座郡上新倉村(和光市) 当村明治初年富士講碑に原新田高瀬丈右衛門あり。二戸現存す。

一八 同郡膝折村(朝霞市) 上新倉村明治初年富士講碑に膝折高瀬勘七あり。現存無し。

一九 比企郡志賀村(嵐山町) 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

二〇 同郡平村(都幾川村) 萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村高瀬秀蔵あり。現存無し。

二一 同郡玉川郷 明治三十六年水車業高瀬平造あり。現存無し。

二二 同郡小川村 万延二年水車議定連印簿に小川村高瀬銀左衛門あり。五戸現存す。

二三 同郡青山村(小川町) 当村に此氏多く存す。愛宕社元禄八年地蔵尊に青山下郷村高瀬作右衛門。慈眼寺文化六年庚申塔に高瀬忠兵衛、天保十二年六地蔵に高瀬平七.。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に青山高瀬利三郎あり。

二四 熊谷町 明治三十五年糸繭商高瀬藤吉・高瀬岩吉あり。

二五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高瀬深策・八十三円、大宮町・高瀬栄・四十五円、忍町・高瀬林蔵・九円・三十三円、小川町・高瀬縫之助・二十三円・四十七円」あり。

高関 タカゼキ 児玉郡高関村(児玉町)あり、当村字木西は榛沢郡牧西村の飛地にて、児玉党牧西氏の開発地なり。各市町村に存す。秋田県北秋田郡阿仁町十五戸あり。

高堰 タカゼキ 川口、大宮、伊奈、越谷、草加、三郷、深谷等に存す。秋田県北秋田郡阿仁町三十戸あり。

高瀬屋 タカセヤ 浦和、越谷等に存す。

高相 タカソウ 大宮、桶川、春日部、入間等に存す。長野県下高井郡山ノ内町四十五戸あり。

高僧 タカソウ 寄居に存す。

高左右 タカソウ 川口、草加等に存す。

鷹左右 タカソウ 川口、草加等に存す。山梨県甲府市八戸あり。

高添 タカゾエ 朝霞、久喜、草加、三郷、入間等に存す。山梨県韮崎市二十三戸あり。

高曽根 タカソネ 埼玉郡高曽根村(岩槻市)あり。

高園 タカソノ 川越、狭山等に存す。

共田 タカダ 川越に存す。

高多 タカタ 桶川に存す。鳥取県倉吉市十四戸あり。

嵩田 タカダ 川越に存す。

鷹田 タカダ 大宮、白岡、草加に存す。

高田 タカダ 扶余族高氏(高句麗人及び百済人)の集落を高田と称す。田は郡県、村の意味。大和国葛下郡高田庄(大和高田市)あり、武烈天皇三年十一月紀に「百済の意多郎卒せぬ。高田丘の上に葬る」と見え、大和志はこれを大和高田市岡崎に比定する。また、孝徳天皇白雉四年紀に「遣唐大使大山下高田首根麻呂(更名は掬脛)」と。渡来人八握脛(やつかはぎ)なり。アラハバキ条十七項参照。天平宝寺七年十月紀に「前監物主典従七位上高田毘登足人之祖父嘗任美濃国主稲。属壬申兵乱。以私馬奉皇駕申美濃尾張国。天武天皇嘉之。賜封二十戸伝于子。至是坐殺高田寺僧。下獄奪封」と見え、高田寺は十市郡高田庄(桜井市高田)、或は添下郡高田庄(大和郡山市高田町)に比定す。高田寺は壬申乱に功のあった高田首新家によって創建された高田首一族の氏寺であった。慶雲元年七月紀に「高田首新家、其の子首名」と。孫の高田毘登足人は高田寺の僧を殺害した罪により、祖父から受けついだ封戸をうばわれた。また、山城国葛野郡高田郷(京都市右京区嵯峨野高田町)も高田首一族の居住地なり。弘仁二年四月紀に「右京人正六位上高田首清足等七人に、姓を田村臣と賜ふ」と見え、弘仁五年姓氏録・右京諸蕃に「高田首。高麗国の人、多高子使主より出づ」と見ゆ。美濃国多芸郡高田郷(岐阜県養老町)は、新撰美濃志に高田毘登足人が居住していたと云う。土岐郡高田郷(多治見市)、安八郡高田村(平田町)、厚見郡高田村(岐阜市)等も高田族の居住地なり。尾張国愛知郡高田村(名古屋市瑞穂区)、中島郡(葉栗郡)高田村(愛知県一宮市)も高田族の居住地なり。武蔵国では、九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に「高田里」あり、大里郡中恩田村字高田の地か。大里条参照。小名高田は、葛飾郡上彦川戸村、埼玉郡下川上村、中里村、神明下村、吉羽村、久下村、馬見塚村、足立郡江戸袋村、水判土村、新座郡田島村、入間郡新堀村、塚崎村、今市村、西戸村、岸村、水子村、中里村、大満村、高麗郡平塚新田、高岡村、比企郡虫塚村、男衾郡三品村、秩父郡上小鹿野村、下小鹿野村、般若村等にあり。此氏は武蔵国北部に多く存す。○群馬県新田郡新田町六十戸、佐波郡境町七十戸、高崎市百十戸、太田市百五十戸。○栃木県那須郡南那須町三十八戸、河内郡上三川町五十五戸、栃木市百三十戸。○茨城県行方郡潮来町六十五戸、つくば市百戸、鹿島市九十戸。○福島県相馬郡鹿島町三十戸、いわき市百十戸、郡山市百七十戸、原町市百十戸。○秋田県仙北郡田沢湖町三十戸。○青森県上北郡七戸町四十戸、天間林村八十二戸、野辺地町四十二戸、東北町三十一戸、六ヶ所村五十六戸、青森市百戸。○鳥取県米子市百五戸、鳥取市百四十戸あり。

一 上野国の高田族 甘楽郡菅野庄高田村(妙義町)は高田川流域にあり、当村高田氏は美濃国の高田族と同族と称す。美濃源氏多田系図に「源頼政―兼綱―光円(高田元祖)―盛員(号高田、武者所と号す。美濃国住、後に上野国甘楽郡菅野庄)」と。吾妻鑑卷三十四に「仁治二年二月、長掃部左衛門尉秀連、高田武者所盛員と上野国菅野庄内境・相論の事也」と見ゆ。高田氏は在名にて苗字にあらず。現存無し。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「町奉行支配・四両二人扶持・高田喜左衛門」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御勘定見習・八石余二人扶持・高田熊二郎」。明治四年忍藩士族名簿に「八石余二人扶持・高田稲之助」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御目付・百十石・高田六郎兵衛(後、一本柳を称す)、御膳番・十両四人扶持・高田作右衛門」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十八俵二人扶持・高田貢、五両余二人扶持・高田一三、同高・高田恭平」あり。

六 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御祐筆・高田助之進」あり。

七 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に「初代高田与兵衛(慶応三年十人者格被召抱、明治四年民籍へ下る)、大字高畑・戸主高田卯之助」。明治四年半原県分限帳に「卒・高田与兵衛・岡部・平民」。高畑村五番地居住なり。

八 葛飾郡杉戸宿 明治九年副戸長高田新六・天保十二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に杉戸宿高田利左衛門。明治三十年人名録に砂糖炭商桝屋高田利右衛門・天保十年生。明治三十五年湯屋高田定吉あり。

九 同郡下高野村(杉戸町) 明治三十年人名録に医師高田猶三郎・文久三年生・地租十二円あり。現存無し。

一〇 同郡幸手宿 神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に文久元年・幸手宿高田石太郎。幸宮神社明治四十二年碑に高田新次郎あり。

一一 同郡松石村(幸手市) 香取社明治二十九年碑に高田忠助あり。一戸現存す。

一二 同郡上吉羽村(幸手市) 権現堂村白山社明治三十三年鳥居碑に一ツ谷・高田幸蔵・高田金十郎。同村熊野社明治三十四年碑に上吉羽高田金平あり。七戸現存す。

一三 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に高田春吉あり。現存無し。

一四 埼玉郡太田町(岩槻市) 明治九年副戸長士族高田善教・天保十一年生あり。

一五 同郡谷原新田(春日部市) 西谷原村香取社碑に「寛文初年に二十四丁・大塚・三郎谷・六丁物の地を高田三郎君美が開発し、のち三郎は此地を去った」とあり。寛文九年に中村重政は西谷原村を、高田三郎は東谷原村を開発し、両人は農民の惨状を考えて年貢納入に苦慮したが、三郎はその責を果たせず罰せられ、その地を去った。天保四年東谷原村の三郎谷稲荷社に三郎谷之碑が建てられた。現存無し。

一六 同郡鷲宮町 鷲宮神社文書に「針谷重左衛門重貞(鷲宮住、延宝六年没。母下新井高田氏娘)―徳左衛門重隆(元禄七年没。母高田能秋長女)―重左衛門元重(享保六年没。母高田寿碩娘)」。同社嘉永五年狛犬に当町下新井高田忠右衛門あり。九戸現存す。

一七 同郡久本寺村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に九本寺村高田喜八・高田弥右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に久本寺村高田龍七・高田弥右衛門。広福院文政十二年馬頭尊に高田龍七.。稲荷社明治二年水鉢に高田弥右衛門。明治九年副戸長高田弥右衛門あり。一戸現存す。

一八 同郡広田村(川里町) 鷺栖神社弘化三年碑に高田藤助、嘉永六年幟碑に高田藤三郎・高田藤右衛門。明治九年副戸長高田藤助・天保九年生あり。現存無し。

一九 同郡日出安村(騎西町) 観音堂寛延元年供養塔に日出安村高田源□・高田与右門あり。一戸現存す。

二〇 同郡久喜町 明治三十五年料理呉服店高田桃太郎・鳶職高田国蔵。

二一 同郡中渡村(大利根町) 稲荷社享保十六年供養塔に高田孫八あり。現存無し。

二二 同郡今泉村(羽生市) 長光寺嘉永三年常夜燈に今泉村高田栄蔵・高田安五郎・高田権左衛門。下川上村愛染堂安政三年藍製講碑に今泉村高田権七郎、明治二十七年藍製講碑に今泉高田与四郎。明治九年副戸長高田権七郎・文政九年生。明治十八年最上農名簿に高田権七郎・耕宅地十三町四反歩所有。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に井泉村高田馬之丞あり。九戸現存す。

二三 同郡埼玉村(行田市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村杉原高田半兵衛あり。三戸現存す。

二四 浦和町 玉蔵院明治三十一年供養塔に浦和町高田源八.。明治三十五年医師高田良庵。県会議員医師高田源八・明治十六年生あり。

二五 桶川町 明治十一年府川文書に高田半七郎あり。

二六 同郡小針内宿村(伊奈町) 当村宝永八年庚申塔に高田忠兵衛・高田勘兵衛あり。現存無し。

二七 志木町 明治三十年市場組高田長之助あり。

二八 新座郡下保谷村(東京都保谷市) 明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人高田新五郎・百株所有あり。

二九 入間郡上安松村(所沢市) 大正元年文書に高田金五郎あり。十戸現存す。

三〇 川越町 明治三十五年桶職高田宇蔵あり。

三一 飯能町 明治三十五年糸繭商高田与三郎あり。

三二 高麗郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山中町高田八右衛門。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、前田村高田平八」。智観寺明治十七年勧進帳に中山村高田常吉あり。現存無し。

三三 比企郡戸守郷(川島町) 足利鑁阿寺文書に「応永十二年二月十二日、武蔵国比企郡内戸守郷高坂左京亮跡事、此内買得と号し、勝・高田異議に及び押領の由」と。勝呂氏及び高田氏は近村の土豪か。現存無し。

三四 同郡虫塚村(川島町) 小名高田あり、前項の土豪高田氏屋敷跡か。明治九年副戸長高田源造・天保二年生あり。二戸現存す。

三五 同郡平村(都幾川村) 滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に中井組高田金作あり。現存無し。

三六 大里郡石原村(熊谷市) 明治三十五年鉄打物商高田宗十郎あり。

三七 同郡平塚新田(熊谷市) 野原村文殊寺明治二年碑に平塚新田・高田清三郎・高田茂助・高田善次郎あり。現存無し。

三八 同郡大麻生村(熊谷市) 当村草分六家に須永・伊佐山・高田・馬場・金子・古沢あり。明治九年副戸長高田佐五左衛門・文政八年生。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村高田直三郎・高田源次郎・高田喜平次・高田善次郎・高田佐五左衛門あり。八戸現存す。

三九 同郡樋春村(江南町) 春野原村薬師堂嘉永五年聖徳太子碑に高田寅吉。明治二十年連名簿に高田喜平・高田伝七・高田政吉・高田酉五郎・高田伝六・高田和助。野原村文殊寺明治二十四年算額に樋春高田酉五郎・高田藤蔵あり。十二戸存す。

四〇 同郡成沢村(江南町) 赤城社文化五年御神燈に高田伝右衛門あり。一戸現存す。

四一 同郡箕輪村(大里町) 保安寺宝暦十二年より明和元年迄の六地蔵に高田彦七あり。現存無し。

四二 幡羅郡新島村(熊谷市) 明治九年副戸長高田市太郎・天保九年生あり。現存無し。

四三 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 龍泉寺天保九年筆子碑に当所高田周治郎、元治元年馬頭尊に高田庄二郎・高田弥七・高田熊八・高田周七・高田周助・高田伊三郎。幸安寺慶応二年権田門人碑に高田金十郎。八幡社慶応二年碑に高田与市郎・高田仙松・高田升右衛門あり。十七戸現存す。

四四 同郡上須戸村(妻沼町) 明治十四年馬頭尊に高田小平あり。四戸現存す。

四五 同郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に高田龍太郎。原郷楡山神社明治四十二年碑に東方村高田善太郎あり。五戸現存す。

四六 同郡新井村(深谷市) 上野台村光厳寺天保十一年供養塔に新井村高田惣吉。妻沼村聖天宮天保十五年御神燈に新井村高田惣五郎。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡新井村高田惣兵衛。新島村大雷神社嘉永三年御神燈に新井村高田惣五郎。田谷村高台院永明稲荷社嘉永六年御神燈に新井村高田惣五郎。明治九年戸長高田惣平・天保三年生。明治十七年矢島堰組合惣代新井村高田理八.。中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に大字新井高田益太郎。明戸村会議員に高田理八・嘉永五年生、高田代作・明治七年生、高田孝作・明治二十五年生あり。十六戸現存す。

四七 榛沢郡深谷宿 当宿に此氏多く存す。西島稲荷社文久二年御神燈に高田幸三郎。中仙道東入口稲荷町明治初年常夜燈に高田周吉。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿高田弥市。呑龍院明治二十三年碑に田所町高田小平、深谷観音講高田実太郎・高田岩吉。瑠璃光寺明治二十九年筆子碑に高田森蔵・高田房次郎・高田忠治郎・発起者高田友吉。滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子高田新太郎。明治三十五年営業便覧に金物商高田友吉・足袋商高田森蔵・尺度販売高田幸太郎・糸繭商高田惣五郎・青物商高田平吉。深谷町会議員に高田友吉・安政四年生、高田良平・明治十九年生、印刷業新聞記者高田晴司・明治二十五年生。県会議員材木商高田源八・大正八年生あり。

四八 同郡萱場村(深谷市) 深谷町会議員精米業高田表蔵・明治二十四年生あり。四戸現存す。

四九 同郡上野台村(深谷市) 当村に此氏多く存す。字台坂文政五年馬頭尊に鼠新田邑高田三右衛門・高田仙之助。光厳寺天保十一年供養塔に鼠新田村高田三右衛門。八幡社明治五年筆子碑に当所高田儀三郎・高田千三郎・高田勝太郎、明治四十四年碑に高田千三郎・高田八三郎・高田元次郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村上野台・高田千三郎・高田八三郎。原郷楡山神社明治四十二年碑に上野台村高田安蔵。藤沢村会議員に高田八三郎・嘉永四年生、高田千三郎・文久三年生あり。

五〇 同郡人見村(深谷市) 藤沢村会議員高田吉五郎・明治二十三年生あり。二戸現存す。

五一 同郡東大沼村(深谷市) 中瀬村字向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に東大沼村高田岩次郎。深谷町会議員商人高田鋼剛郎・明治七年生あり。一戸現存す。

五二 同郡起会村(深谷市) 備前堀史料に文政七年沖宿村高田源次郎(村役人)。明治四年富岡市古沢文書に養蚕世話方蚕卵種製造業武州榛沢郡沖宿村名主高田平九郎。明治九年起会村副戸長高田平九郎・文政十一年生。大塚島村明治十三年森田安蔵筆子碑に起会村高田茂平・高田利輔・高田喜代作・高田広松・高田政五郎。明治十八年最上農名簿に高田善平・耕宅地三町歩所有。内ヶ島村永光寺明治二十四年筆子碑に起会高田政五郎・高田茂平。大塚島村鹿島社明治三十九年碑に大塚島・起会・内ヶ島・戸森・伊勢方氏子一同・高田伊勢松・高田竹松・高田高助・高田多三郎・高田朝兵衛・高田太源治・高田栄市郎。戸森村住人か。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国大寄村起会・高田茂平・高田政五郎・高田春次郎・高田喜代作。大寄村会議員に高田茂平・嘉永五年生、高田善雄・明治三十五年生あり。十戸現存す。

五三 同郡戸森村(深谷市) 当村に此氏多く存す。雷電寺安永七年供養塔に高田喜三郎母、文化十年供養塔に高田半治郎。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州榛沢郡戸森村高田藤太郎・高田喜四郎・高田玉五郎・高田半兵衛。明治十一年備前堀史料に戸森村惣代人高田喜四郎。明治十四年福田家門人碑に高田与一郎・高田保蔵。明治十八年最上農名簿に高田喜四郎・耕宅地二町八反歩・山林五反歩所有。雷電宮明治二十六年碑に地元・高田岡次郎・高田安蔵・高田周五郎・高田政次。矢島村明治三十六年備前渠碑に大寄村高田長五郎・高田安蔵・高田政治・高田岡次郎。雷電寺明治三十八年馬頭尊に高田米蔵・高田長五郎。大寄村会議員に高田長五郎・安政六年生、高田啓四郎・明治元年生、高田栄市郎・明治十七年生、高田泰重・明治三十三年生、高田重興・明治三十四年生あり。前後参照。

五四 同郡高畑村(深谷市) 円能寺明治三十二年筆子碑に高田軍次郎・高田春吉・高田忠五郎・高田愛次郎・高田鷲太郎・高田勝次郎・高田夘之助・高田倉造。新戒村大林寺明治三十五年筆子碑に高畑高田平九郎。大正七年金井元治碑に当所・高田八五郎・高田実太郎・高田祇薫・高田半次郎・高田源吉・高田勝次郎・高田シモ・高田周三・高田愛次郎あり。十三戸現存す。七項参照。

五五 同郡上敷免村(深谷市) 当村に此氏多く存す。諏訪社嘉永六年御神燈に高田弥兵衛・高田磯五郎・高田徳三郎・高田勝治郎。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に上敷免村高田勝次郎・高田吉右衛門。明治九年副戸長高田甚平・文政二年生、副戸長高田弥平。明治十八年最上農名簿に高田弥平・耕宅地四町九反歩所有。泉光寺明治十九年二十二夜塔に高田佐四郎・高田幸右衛門・高田山三郎。明治二十一年皇国武術英名録に気楽流柔術上敷免村高田守房。高畑村円能寺明治三十二年筆子碑に上敷免高田夘之八・高田庄太郎・高田常七.。矢島村明治三十六年備前渠碑に大寄村高田友八・高田清作・高田佐四郎・高田儀三郎・高田昇。大寄村会議員に高田源三郎・安政元年生、高田幸三郎・慶応元年生、高田儀三郎・明治元年生、高田幸作・明治三年生、高田吉弥・明治二十年生、高田佐久也・明治四十二年生あり。

五六 同郡成塚村(深谷市) 御嶽社文久二年水鉢に高田弥三右衛門。新会村会議員高田専治・明治二十五年あり。四戸現存す。

五七 同郡新戒村(深谷市) 明治四年備前堀史料に新戒村百姓代高田勝二郎あり。七戸現存す。

五八 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に高田喜一郎あり。現存無し。

五九 同郡岡部村 当村に此氏の旧家あり。十七戸現存す。

六〇 同郡本郷村(岡部町) 東陽寺寛政十年地蔵尊に高田清左衛門。定光院安政七年庚申塔に高田喜太郎・高田栄次郎・高田八十郎・高田七五郎。藤田神社文久元年碑に高田富太郎・高田七五郎・高田八十治郎・高田栄治郎。深谷町呑龍院明治四十五年馬頭尊に本郷高田寅吉あり。三戸現存す。

六一 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村高田千衛・高田作次郎・高田勇平・高田竹次郎あり。四戸現存す。

六二 男衾郡折原村(寄居町) 佐太彦神社嘉永二年御神燈に高田庄兵衛。用土村明治十三年仙元碑に折原村高田栄行近山。当村明治四十三年碑に高田織平あり。八戸現存す。

六三 同郡西ノ入村(寄居町) 波羅比門神社嘉永七年御神燈に高田久兵衛あり。現存無し。

六四 児玉郡本庄町 明治三十五年青物商高田代次郎あり。

六五 同郡沼和田村(本庄市) 飯玉神社明治二十一年富士碑に高田六五郎・高田富八郎あり。六戸現存す。

六六 同郡北堀村(本庄市) 字久下塚高田平衛家は代々久下塚村名主を世襲す。飯玉神社天保六年大黒天碑に久下塚邑高田泉太郎。古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に北堀村高田十太郎。白川家門人帳に安政七年・北堀村平次郎事・匠工高田山城。当村万延元年庚申塔に高田平次郎、明治十二年庚申塔に高田要太郎、明治三十一年庚申塔に高田善太郎あり。十三戸現存す。

六七 同郡北十条村(美里町) 明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流北十条村高田重次郎あり。五戸現存す。

六八 那賀郡駒衣村(美里町) 児玉記考に「旧家高田清作、先代を吉左衛門と通称し、名主組頭役を勤めたり」と。明治六年戸長高田瀧蔵・文政九年生。稲荷社明治三十年碑に当字高田清作・高田浅吉・高田佐吉・高田誠・高田瀧蔵あり。四戸存す。

六九 賀美郡元阿保村(神川町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政元年・阿保村高田権八.。当村明治三十年碑に当所高田半六・高田万二郎・高田房吉あり。三戸現存す。

七〇 秩父郡坂本村(東秩父村) 字落合安政三年馬頭尊に高田磯五郎。当村明治二十年御嶽碑に坂本邨高田弥平・高田宗三郎。大内神社前明治二十三年碑に坂本高田甚三郎。当村明治三十六年筆子碑に高田甚三郎・高田勝五郎・高田瀧次郎・高田宗三郎あり。十戸現存す。

七一 同郡本野上村(長瀞町) 当村に此氏多く存す。宝登山神社明治七年格天井絵奉納に本野上村高田音次郎。明治三十三年農会々員名簿に本野上高田忠三郎・高田嘉吉・高田久三郎。国神神社明治三十四年碑に本野上高田久三郎あり。

七二 同郡中野上村(長瀞町) 当村に此氏多く存す。宝登山神社明治三十年文書に氏子惣代中野上高田浅次郎。明治三十三年農会々員名簿に中野上・高田伴次郎・高田由五郎・高田吉三郎・高田亀吉・高田馬太郎・高田浅次郎・高田林蔵・高田市三郎・高田万吉・高田道太郎あり。

七三 同郡金沢村(皆野町) 用土村明治十三年仙元碑に秩父郡金沢村高田要助あり。現存無し。

七四 同郡飯田村(小鹿野町) 八幡社慶応元年御神燈に中飯田高田源兵衛。私塾師匠高田源兵衛・明治二十二年没・八十一歳あり。五戸現存す。

七五 同郡日尾村(小鹿野町) 私塾師匠高田九平・明治十一年没五十七歳あり。八戸現存す。

七六 同郡久長村(吉田町) 明治二十年森林組合員高田百松あり。一戸現存す。

七七 同郡薄村(両神村) 出浦文書明治五年に柏沢香具商高田利吉、明治六年中郷瀬戸組高田馬吉・高田弥作・高田倉太郎・高田丑五郎あり。五戸現存す。

七八 野本氏家臣の高田氏 熊谷家文書に「建武三年正月二十七日、近江国合戦に野本能登四郎朝行若党高田弥三郎光幸等は先懸す」と見ゆ。野本条参照。

七九 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高田源八・五百九十三円、高田敏雄・六十二円、高田知規・二十円、高田貞一・十七円、大宮町・高田豊・二十円、所沢町・高田常五郎・九十六円・五十六円、高田定太郎・十三円、高坂村(東松山市)・高田清三郎・三十六円、岩槻町・高田錬治・二十五円、井泉村(羽生市) 高田照蔵・十二円・三十六円、深谷町・高田良平・百四十三円、高田瀧蔵・五十五円・七十二円、高田鋼剛・九円・三十三円、明戸村(深谷市)・高田理八・十一円、八基村(深谷市)・高田仙治・十一円、大幡村(熊谷市)・高田豊次郎・十四円、寄居町・高田金七・十一円・二十八円、北泉村(本庄市)・高田茂作・十一円、松久村(美里町)・高田誠・十八円・二十一円、秩父町・高田栄三郎・十三円、野上村(長瀞町)・高田忠三郎・十四円、倉尾村(小鹿野町)・高田万三・十円」あり。

田方 タガタ 大宮に存す。

田形 タガタ 各市町村に存す。

田潟 タガタ 浦和、所沢等に存す。

高田石 タカダイシ 春日部に存す。

高滝 タカタキ 川越に存す。

一 岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「四十俵・高滝庄右衛門」あり。

高館 タカタテ 岩手県岩手郡葛巻町七戸、紫波郡矢巾町七戸、青森県上北郡六戸町十六戸あり。

一 葛飾郡茨島村(杉戸町) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に茨島村高館良作。明治三十年人名録に高館菊由・明治七年生あり。三戸現存す。

高舘 タカタテ 戸田、和光、春日部、杉戸、鳩山、寄居等に存す。

高谷 タカタニ 各市町村に存す。

高玉 タカタマ 各市町村に存す。福島県相馬市六十八戸あり。

高樽 タカタル 坂戸に存す。

高地 タカチ 各市町村に存す。長野県更埴市十四戸、新潟県中蒲原郡村松町十六戸あり。コウチ参照。

一 熊谷町 石上寺明治十一年水鉢に高地湯十郎あり。現存無し。

高知 タカチ 与野に存す。コウチ参照。

高知尾 タカチオ 川口、浦和、大宮、与野、戸田、上福岡、坂戸等に存す。千葉県山武郡松尾町十五戸、九十九里町九戸、山武町十三戸あり。

高近 タカチカ 与野に存す。

高千穂 タカチホ 越谷に存す。

高津 タカツ 埼玉郡高虫村字高津原あり。群馬県藤岡市十九戸、栃木県芳賀郡茂木町十戸、長野県塩尻市二十六戸、新潟県三島郡寺泊町十八戸、佐渡郡小木町三十七戸、福島県耶麻郡西会津町十五戸あり。コウヅ参照。

一 深谷城士の高津氏 成田記に「元亀三年十月末、深谷上杉憲守の臣高津小次郎」と見ゆ。竹屋条参照。

二 忍城士の高津氏 成田分限帳に「二十四貫文・高津弥五郎」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「六石・高津仁助」あり。

四 栗橋町 明治三十五年に高津辰五郎・高津安太郎。昭和三年興信録に「栗橋町・高津辰五郎・所得税十二円」あり。一戸現存す。

五 埼玉郡大越村(加須市) 浅間社明治二十八年碑に高津道太郎・高津賢司あり。現存無し。

六 足立郡西新井宿村(川口市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に戸田領西新井宿村高津常八.。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に西新井宿高津寅之助、万延元年庚申塔に西新井宿高津常八.。明治六年生徒月並受取帳に高津万吉。明治九年副戸長高津杢右衛門・嘉永五年生。氷川社明治十年小御嶽碑に西新井宿高津杢右衛門・高津仙太郎・高津弥十郎・高津重太郎・高津万蔵。宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に西新井宿高津丈之助・高津代次郎・高津庄太郎・高津春太郎。氷川社明治三十九年碑に西新井宿高津竹次郎あり。七戸現存す。

七 同郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に高津源右衛門、天保十二年庚申塔に高津吉五郎・高津弥五吉・高津勘兵衛。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に木曽呂村高津勘兵衛・高津吉五郎。朝日神社明治二十七年御神燈に当所高津吉五郎・高津勘兵衛・高津弥五吉、明治三十五年鳥居碑に当所高津与左衛門あり。三戸現存す。

八 同郡赤山領立野村(川口市) 二宮神社文政十三年鳥居碑に当所高津初右衛門あり。一戸現存す。

九 同郡木崎領内野村(川口市) 水稲荷社弘化三年富士碑に高津吉五郎真行・五十七歳あり。一戸現存す。

一〇 同郡浦和宿 玉蔵院宝暦元年短才見聞録に上宿高津豊七あり。

一一 同郡上尾宿 戸崎村御嶽社明治四年御嶽碑に上尾高津久五郎あり。

一二 志木町 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に引又町高津重吉。万延元年代々講名簿に高津友吉あり。一戸現存す。

高塚 タカツカ 入間郡小杉村字高塚、大満村字高塚あり。○茨城県行方郡潮来町十九戸、玉造町三十一戸。○千葉県印旛郡栄町十五戸。○長野県北佐久郡望月町四十二戸。○鳥取県西伯郡岸本町十六戸、淀江町十戸、東伯郡東郷町十四戸、東伯町十三戸、赤碕町五十戸、米子市三十戸あり。コウヅカ参照。

一 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「御坊主茶道・二十俵二人扶持・高塚秀甫」あり。

二 入間郡今成村(川越市) 鎌倉日蓮宗妙本寺天保四年文書に入間郡今成村高塚善兵衛あり。一戸現存す。

三 栗橋町 明治三十五年に高塚駒吉あり。十二戸現存す。

四 熊谷町 昭和三年興信録・所得税に「高塚得之助・百八十円、高塚幾次郎・三十三円」あり。現存無し。

高月 タカツキ 高槻条参照。

一 埼玉郡上種足村(騎西町) 当村寛保元年庚申塔に上種足村高月利左衛門あり。一戸現存す。

二 児玉郡西富田村(本庄市) 金鑚社万延元年庚申塔に西富田村高槻民右衛門・高槻惣右衛門、明治四十年幟碑に高月亀吉あり。二戸現存す。

高杯 タカツキ

一 賀美郡三町村(上里町) 大御堂村吉祥院天保五年供養塔に長浜・高杯徳次郎あり。二戸現存す。

二 同郡帯刀村(上里町) 万延元年勅使河原村勝場庚申塔に帯刀村高杯伴右衛門あり。現存無し。

高附 タカツキ 埼玉郡下新田村(羽生市)浄土宗永正山栄新寺記録に「永正元年、開基高附氏、高附氏から土地の寄進をうけ一寺を建立す。開山は成田下総守の家臣太田蔵人の三男某」と。また、明治二十一年皇国武術英名録に「神道無念流北埼玉郡下新田村高附喜一源武雄。我が祖先は、武田大膳大夫晴信長男太郎義信と号す、其子信則・服臣某と共に永禄十年武蔵国埼玉郡下新田村の高附森に土着し因て氏を高附と改む。信則天正八年の頃より農事に心ざし、此れ下新田村の屯田の祖先伝るより十四代喜右衛門保教・清寿斎と号す。其子喜一也」と見ゆ。義信が永禄十年没する頃は、信玄の全盛期であり、嫡孫が武州へ土着するとは考えられない。此氏は出稼衆にて武田義信の家臣であろう。羽黒社寛政三年碑に高附喜右衛門、江戸末期碑に高附吉次郎、明治十一年水鉢に高附喜右衛門・高附伝十郎・高附伊十郎・高附豊吉・高附辰五郎。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下新田高附喜衛。真名板村薬師堂明治十年水鉢に下新田・高附喜右衛門・高附豊次郎・高附彦八.。昭和三年興信録に「新郷村・高附喜雄・所得税十三円」あり。四戸現存す。

高槻 タカツキ 百済族にて、姓氏録・左京諸蕃に「高槻連。百済国人、達率名進の後也」と。各市町村に存す。福島県安達郡東和町十五戸あり。

一 藤原姓高槻氏 太田氏家臣にて、太田の名跡を与へられ太田氏を称す。太田家譜(古河市潮田文書)に「河越城主太田備中守資清入道道真は、永享九年十月上洛して義教公に謁す。家士高築次郎左衛門尉を召連て参上す、此時御感に武蔵国之内与野笹目両郷を高築拝領す。其孫・次郎左衛門へ美濃守道可は太田の名字を与へ、太田次郎左衛門と云、其男受領して太田下総守と云、其男下野守と云、下野守代迄、右両郷を令知行也。太田下野守末流今に笹目に引込居由、笹目は浦和の近所の由」と見ゆ。小田原記に「太田下野守・保條院下野日守居士、淨心寺に墓あり。淨心院日海禅尼・天文十九戌九ノ十四卒「と。此の家は日蓮宗信徒なり。寛政呈譜に「太田氏、藤原秀郷流。寛永系図、もとは三橋と号すといふ。今の呈譜に、次郎左衛門重光は藤原氏にして高槻を称し、その男次郎左衛門某、北条氏康氏政につかへ、しばしば軍功ありて太田下野守資近が蹟を継、太田を称し、清和源氏にあらため、のち氏康より諱字を与へられて康直と称し、下野守に任ず。太田資近は武蔵国岩槻の住人にして太田摂津守資国が後裔なりといふ。次郎左衛門重光(法名清岩)―次郎左衛門康直(今の呈譜に、北条氏康、氏政に仕へ、天正十八年小田原没落の後召れて東照宮に仕へ奉り、寛永十九年死す。法名日恵。庄兵衛重吉・太田下総守資深が祖)―次郎左衛門康茂(三百五十石。法名日仙)―康重(法名日覚。高田の妙泉寺に葬る)」と見ゆ。

二 岩附城士の高槻氏 前項と一族か。百間東村鈴木文書に「亥六月十四日(天正十五年)、太田氏房は、百間の代官鈴木雅楽助に一手組二十人の出役を命ず。一人・高月」と見ゆ。

三 埼玉郡岩槻領西新井村(越谷市) 石神井神社伝に「天正十七年高槻次郎と云ふ者が、当地に土着して田地五反余りを寄進す」と。現存無し。

高築 タカツキ 朝霞、草加等に存す。

高次 タカツギ 鳩ヶ谷に存す。

高辻 タカツジ 各市町村に存す。秋田県平鹿郡平鹿町十一戸あり。

高土 タカツチ 粕壁宿八坂社文政十一年庚申塔に高土三五郎、元治元年筆子碑に高土松十郎。明治三十五年粕壁町箱仲買商高土米蔵あり。四戸現存す。

高津戸 タカツド 各市町村に存す。栃木県那須郡烏山町十三戸、南那須町十七戸、芳賀郡茂木町三十五戸あり。

高綱 タカツナ 各市町村に存す。新潟県三島郡寺泊町十一戸あり。

高鶴 タカツル 新座に存す。

高出 タカデ 朝霞に存す。

高手山 タカテヤマ 大宮、越谷、草加、三郷、吉川等に存す。

高寺 タカデラ 川口、浦和、大宮、上尾、鳩ヶ谷、草加、杉戸、所沢等に存す。長野県小県郡真田町五十四戸、上田市三十戸あり。

高戸 タカト 埼玉郡戸出村字高戸、入間郡南田島村字高とうす屋敷分あり。川口、上尾、蓮田、菖蒲、白岡、川越、狭山、日高、秩父等に存す。

一 菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に高戸正勝あり。一戸現存す。

高土 タカド 茨城県那珂郡那珂町十戸あり。タカツチ参照。

高樋 タカトイ 浦和、大宮、新座、草加、三郷、所沢等に存す。長野県木曽郡大桑村十七戸あり。

高東 タカトウ 上尾に存す。

高遠 タカトウ 浦和、三郷、八潮、入間、所沢、本庄等に存す。長野県上田市十八戸あり。

一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十五俵二人扶持・高遠弥八、五両余二人扶持・高遠鶴弥」あり。

高頭 タカトウ 浦和、大宮、上尾、朝霞、志木、戸田、草加、入間等に存す。新潟県長岡市七十六戸あり。

高藤 タカトウ 各市町村に存す。長野県下高井郡木島平村二十戸、小県郡東部町六十七戸あり。タカフヂ参照。

一 蕨宿 和楽備神社天保三年御神燈に高藤市五郎・高藤園治郎あり。現存無し。

高堂 タカドウ 春日部、草加、八潮、川越、深谷、小川、鳩山等に存す。

一 埼玉郡大瀬村(八潮市) 下大瀬村宝光寺明治四十四年碑に高堂ステあり。現存無し。

高時 タカトキ 宮代に存す。

高徳 タカトク 川口、浦和、大宮、蕨、鴻巣、与野、久喜、吉川、川越、富士見等に存す。栃木県那須郡烏山町二十戸、芳賀郡市貝町十戸あり。

一 川口町 昭和三年興信録に「高徳伝八郎・所得税三十七円」あり。

高殿 タカドノ 大宮、新座等に存す。

高富 タカトミ 葛飾郡高富村(吉川市)あり。久喜に存す。

高取 タカトリ 足立郡美女木村字高取、入間郡大満村字高取あり。各市町村に存す。山形県西村山郡大江町二十一戸あり。

一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十四人扶持・高取鉞太郎」あり。

二 岩槻町 明治三十五年に高取仙吉あり。現存無し。

高鳥 タカトリ 入間郡上野村字高鳥(越生町)あり。隣村は大満村なり。

一 埼玉郡須影村(羽生市) 桑崎村八幡社嘉永五年伊勢講碑に須影村高鳥常蔵あり。五十戸以上の大姓なり。

鷹取 タカトリ 各市町村に存す。山梨県北都留郡上野原町六十九戸あり。

高名 タカナ 八潮、鶴ヶ島等に存す。千葉県安房郡鋸南町十三戸あり。

多賀名 タカナ 草加、吉川等に存す。

高苗 タカナエ 大里に存す。

高中 タカナカ 浦和、上尾、春日部、狭山、所沢、寄居等に存す。茨城県北相馬郡藤代町十六戸、千葉県茂原市十七戸あり。

高仲 タカナカ 川口、大宮、新座、栗橋、春日部、入間、所沢等に存す。千葉県茂原市九戸あり。

高永 タカナガ 川口、朝霞、所沢、江南等に存す。

高梨 タカナシ ○群馬県勢多郡北橘村三十戸。○千葉県海上郡海上町二十二戸、長生郡一宮町二十九戸、夷隅郡大多喜町二十二戸、大原町五十七戸、御宿町三十六戸、安房郡鋸南町二十八戸、千倉町十五戸、富山町四十戸、丸山町十七戸、勝浦市百四十戸、鴨川市百八十戸、館山市五十四戸、富津市八十四戸、柏市四十八戸、野田市七十七戸。○神奈川県三浦郡葉山町五十五戸、三浦市百戸、平塚市百七十戸、伊勢原市百二十戸。○山形県東置賜郡川西町十五戸、高畠町六十七戸、西村山郡河北町四十戸、東田川郡余目町二十戸、山形市百十戸。○青森県上北郡六ヶ所村二十戸。○島根県隠岐郡西郷町六十二戸、都万村十六戸あり。

一 岩附城士の高梨氏 太田三楽の臣高梨三右衛門。高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、高梨遠江守殿、高梨善次郎殿」。政景は三楽の子なり。太田家譜に「太田安房守資武の家士高梨上野、同豊後守」と見ゆ。

二 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「四両三人扶持・高梨勘十郎」あり。

三 埼玉郡中馬場村(八潮市) 風土記稿中馬場村条に「諏訪社は村の鎮守なり。日蓮宗妙光寺の持にて、同寺に蔵する社伝あり。其の略に、信濃国の住人高梨監物仲光は、国の乱を避けて当所に来り、堀切監物と改め、当寺の檀越となれり。されば己が氏神・本国諏訪明神の像寸余なるを懐にし、年来信仰せしに、妙光寺開山白正が彫刻せる諏訪の神像ありしをもて、彼の寸余の像を其の腹籠となし、こゝに社を建て、永く当所の鎮守となせり。延徳三年正月二十七日のことにして、後永禄年中、天照皇大神、八幡の二座を合祀せる由を載す。此の監物が子孫今は絶えたれど、中ごろ草加宿へ移りし事ありし故、かの地には其の分家残れりと云ふ」と見ゆ。是以前より当村に堀切氏は居住しており、日蓮宗本土寺過去帳(松戸市)に「蓮信入道・堀切殿・馬場・長享二戊申十二月」あり。苗字堀切監物は出稼衆にて、房総の苗字高梨氏の名跡を継承して高梨監物と称す。日蓮は安房出身にて房総地方には日蓮宗寺院が多く、高梨氏も其の信徒にて、妙光寺旦那に苗字高梨氏の名見ゆ。信濃国高井郡高梨村(須坂市)に曹洞宗淨源庵あり、本拠地を高梨本郷(小布施町)に移したが、此の地方には日蓮宗寺院は無く、高梨村より起る在名高梨氏は無関係なり。当村に現存無し。

四 草加町 前項の後裔なり。中馬場村妙光寺元禄四年棟札に草加町高梨勘左衛門。是は苗字なり。昭和三年興信録に「草加町・高梨常三郎・所得税百八十四円」あり。四戸現存す。

五 川越町 御嶽社明治三十年碑に高梨美代吉。明治三十五年鍛冶職高梨角太郎あり。

六 入間郡福田村(川越市) 赤城社宝暦八年稲荷碑に高梨弥平治、天保十二年御神燈に高梨善五兵衛。宿粒村八幡社文政六年水鉢に福田村名主高梨善兵衛。元治元年名主高梨敬次郎。明治九年戸長高梨善五兵衛・弘化二年生。赤城社明治四十一年碑に高梨善兵衛・高梨馬之助。昭和三年興信録に「山田村・高梨馬之助・所得税百八十六円」あり。四戸現存す。

七 高麗郡的場村(川越市) 中山村山崎家譜に「山崎善右衛門(妻は的場村高梨権蔵貞信養女・宝暦三年没六十五歳)」と見ゆ。二戸現存す。

八 小川町 明治三十五年理髪職高梨岩造あり。大塚村に二戸現存す。

九 熊谷町 明治三十五年代書業高梨源蔵あり。

一〇 本庄町 明治三十五年青物商高梨忠平あり。

一一 児玉郡北堀村(本庄市) 庄田文書に「地頭大平様名主庄田所右衛門、後に名主役は高梨五左衛門に成り、又其後明暦万治頃世は金井七郎右衛門へ成る、又後高梨忠右衛門へ成る、又実子庄田弥平次へ寛政四年に名主役渡る」と見ゆ。現存無し。

高鍋 タカナベ 川口、大宮、入間、所沢、飯能等に存す。

高波 タカナミ 各市町村に存す。新潟県東頸城郡安塚町三十六戸、燕市二十戸あり。

一 榛沢郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に高波市太郎あり。現存無し。市内に十戸存す。

高浪 タカナミ 浦和、大宮、上尾、草加、新座、所沢、三郷等に存す。

一 深谷町 明治三十五年菓子商高浪艶次郎。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷観音講・高浪艶吉あり。現存無し。

高成 タカナリ 大宮、草加、小川等に存す。

高索 タカナワ 浦和に存す。

高縄 タカナワ 入間郡塚越村字高縄(坂戸市)は古の村名にて、文化九年馬頭尊に「高縄、八日市場」と見ゆ。菅間村字高縄、比企郡山ヶ谷戸村字高縄あり。

高輪 タカナワ 茨城県西茨城郡友部町十二戸あり。タカハナワ参照。

高仁 タカニ 賀美郡七本木村(上里町)に二戸現存す。

高丹 タカニ 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市)幸安寺嘉永六年碑に当所高丹亀太郎・高丹新蔵、慶応二年権田門人碑に高丹蔦五郎・高丹伯三郎、亡人高丹治郎兵衛・同高丹亀太郎。八幡社安政六年水鉢に高丹次郎兵衛、慶応二年碑に高丹蔦五郎。龍泉寺元治元年馬頭尊に高丹次郎兵衛。明治九年副戸長高丹秀胤あり。二戸現存す。

高荷 タカニ

一 川越町 氷川社明治八年水鉢に南町高荷太助(洋物舗近太)あり。

二 小川町 明治三十五年書籍商玉泉堂高荷剛太郎あり。三戸現存す。

三 比企郡竹沢郷原川村(小川町) 明治九年戸長高荷荒五郎・弘化三年生あり。七戸現存す。

四 男衾郡竹沢郷勝呂村(小川町) 靭負村熊野社文久三年伊勢講碑にスグロ高荷一郎右衛門あり。十三戸現存す。

五 同郡本田村(川本町) 春日社文化十二年水鉢に高荷紋右衛門妻。文化十四年名主高荷伊三郎。明治九年副戸長高荷喜三・天保十三年生。明治十二年戸長高荷徳首・天保十一年生(県会議員)。明治十三年農区委員高荷弘毅。明治十八年最上農名簿に高荷徳首・耕宅地十町九反歩・山林三十町八反歩、高荷芳富・耕宅地五町二反歩・山林十六町五反歩、高荷隆重・耕宅地五町二反歩・山林六町六反歩所有。明治二十五年船水車所有高荷与助。昭和三年興信録に「本畠村・高荷寛致・所得税十一円」あり。十六戸現存す。

六 榛沢郡黒田村(花園町) 観音堂享和三年地蔵尊に黒田村高荷兵蔵・高荷六郎左衛門。薬王寺文政十二年聖徳太子碑に高荷幸右衛門・高荷伊右衛門。私塾師匠名主高荷万次郎・文久二年没八十一歳、同高荷吉郎次・大正五年没七十三歳。明治九年戸長高荷善三・天保七年生。用土村明治十三年仙元碑に黒田村高荷善次郎・高荷米三郎。榛沢郡岡村寅稲荷社明治三十二年碑に黒田高荷藤五郎あり。十七戸現存す。

高西 タカニシ 志木、新座、鳩ヶ谷、久喜、吹上、川越等に存す。青森県上北郡七戸町九戸あり。

鷹西 タカニシ 川口に存す。

高庭 タカニワ 川口、羽生等に存す。茨城県真壁郡大和村十一戸あり。

高貫 タカヌキ 大宮、朝霞、吉川、狭山、所沢等に存す。

鷹貫 タカヌキ 忍城士にて、成田分限帳に「三十貫文・鷹貫彦之丞」あり。

高主 タカヌシ 浦和に存す。

高沼 タカヌマ 足立郡針ヶ谷村字高沼あり。川口、浦和、上尾、伊奈、蕨、新座、越谷、草加、川越、深谷等に存す。栃木県那須郡烏山町十七戸あり。コウヌマ参照。

高根 タカネ 入間郡宮寺郷高根村(入間市)あり、現在は大部分が西多摩郡瑞穂町へ編入す。小名高根は、埼玉郡池上村、入間郡糀谷村、新座郡岡村、高麗郡柏原村、中沢村、中鹿山村、榛沢郡榛沢村、秩父郡山田村等にあり。茨城県鹿島郡波崎町十戸、千葉県香取郡干潟町十四戸、銚子市百十戸、山梨県富士吉田市五十戸、長野県下伊那郡南信濃村十三戸、青森県三戸郡新郷村十戸あり。

一 高師詮家臣の高根氏 園太暦に「文和二年六月十二日、京方攻寄西山、荻野及び武蔵将監(高師詮)以下合戦。師詮切腹了。其勢アカタ・阿保・高根已下於一所切腹」と見ゆ。丹田郷(秩父市蒔田)、大宮郷阿保村(秩父市)、山田村字高根、或は高根城(秩父市浦山字落合)の高根神社附近より起るか。

二 埼玉郡真福寺村(岩槻市) 当村文政二年庚申塔に高根平七あり。現存無し。

三 忍町 明治三十五年雑貨商高根儀八あり。一戸現存す。

四 高麗郡田木村(日高市) 鎮守高根権現社は明徳二年創建にて高根氏が代々神主を勤め、元禄年間に名主となる。明治二十二年埼玉勧業会員高根信麿。昭和三年興信録に「高萩村・高根信麿・所得税十二円」あり。二戸現存す。

五 比企郡福田村(滑川町) 当村に高根山あり。野原村文殊寺明治二年碑に福田村高根善次郎。明治九年議定書に高根徳次郎。明治十七年菓子紙商高根朝次郎あり。三戸現存す。

六 小鹿野町 旧家にて、五戸現存す。

高子 タカネ 松伏に存す。

田金 タカネ 川口、越谷等に存す。

高根沢 タカネザワ 高麗郡宮沢村字高根沢あり。各市町村に存す。栃木県那須郡那須町百戸、芳賀郡茂木町四十二戸、黒磯市百四十八戸、茨城県東茨城郡茨城町四十戸あり。

高根澤 タカネザワ 川口、伊奈、岩槻、八潮、庄和等に存す。

竹野 タカノ 和名抄丹後国竹野郡竹野郷(京都府丹後町)を多加乃と註し、室町時代の丹後御檀家帳に「たかのゝはら」と見ゆ、今もタカノと称す。和名抄但馬国美含郡竹野郷(兵庫県城崎郡竹野町)は多加乃と註す、応永十五年文書に鷹野郷と見ゆ、今はタケノと称す。和名抄筑後国竹野郡竹野郷(福岡県田主丸町)は平家物語に高野本庄と見ゆ、今はタケノと称す。タケノ条参照。

高野 タカノ 扶余族高氏(高句麗人、百済人)にて、ノは助詞なり。高句麗系はコウノ氏が多く、百済系はタカノ氏が多い。宝亀元年八月紀に称徳天皇は「大和国添下郡佐貴郷高野山陵」に埋葬したとあり。奈良市山陵町に比定す。百済族高野一族の居住地なり。古代氏族系譜集成に「武寧王(百済王)―純陀太子(斯我君)―法師君―雄蘇利紀君―和宇奈羅(和史)―粟勝―浄足―武助―高野弟嗣(高野朝臣)―新笠(桓武天皇母)、弟は和国守(和朝臣)―家麻呂」と見ゆ。武烈天皇七年紀に「百済王は斯我君を遣はして調を進む。別表に曰ふ、前の進調使麻那は、百済国主の骨族に非ざる也。故に謹んで斯我を遣はして、朝に事へ奉らしむと。遂に子あり、法師君と曰ふ、是れ倭君の祖也」。姓氏録・大和諸蕃に「和連。百済国主雄蘇利紀王より出づる也」。桓武天皇の母高野新笠は、延暦八年十二月紀に「皇太后、姓は和氏、諱は新笠、贈正一位乙継の女也。后の先は、百済武寧王の子純陀太子より出づ。宝亀中、姓を改めて高野朝臣と為す。其れ百済の遠祖都慕王は、河伯の女・日精を感じて生まるゝ所にして、皇太后は即ち其の後也。因って以って諱を奉る焉」と見ゆ。葛飾郡上高野村(幸手市)及び下高野村(杉戸町)あり。吾妻鑑治承五年閏二月条に古我高野等の渡と。金沢称名寺元享四年八月文書に下総国高野川橋事と。多摩郡大丹波村古矢氏所蔵鰐口銘に「応永三十三年十二月日、敬白奉懸香取大明神、下総国下河辺庄上高野」と見ゆ。埼玉郡飯積村字高野新田(北川辺町)は宝暦十四年供養塔に飯積邑高野と見ゆ。入間郡北野村字高野、高麗郡小久保村字高野、秩父郡本野上村字高野あり。此氏は常陸国、越後国に多く存す。○群馬県新田郡笠懸町四十五戸、桐生市八十五戸、太田市八十戸、高崎市八十戸、前橋市百十戸。○栃木県那須郡烏山町百三十七戸、馬頭町百三十戸。○茨城県東茨城郡茨城町四十戸、西茨城郡友部町四十四戸、鹿島郡鉾田町五十三戸、行方郡麻生町八十八戸、玉造町四十七戸、稲敷郡茎崎町七十戸、新治郡霞ヶ浦町六十戸、結城郡八千代町五十三戸、北相馬郡利根町四十戸、笠間市八十三戸、石岡市百九十戸、つくば市三百二十戸、土浦市百七十戸、龍ヶ崎市百戸、ひたちなか市百戸、日立市百三十戸、水戸市二百戸。○千葉県海上郡飯岡町七十戸。○山梨県西八代郡下部町四十三戸、東八代郡石和町五十戸、甲府市二百戸。○長野県上水内郡牟礼村五十七戸、下水内郡豊田村四十戸、北佐久郡浅科村七十八戸、松本市百戸。○新潟県中蒲原郡小須戸町五十戸、南魚沼郡塩沢町五十二戸、六日町五十三戸、新津市八十三戸、三条市百四十戸、長岡市六百七十戸、柏崎市百十七戸、十日町市八十戸。○福島県安達郡東和町四十六戸、伊達郡飯野町八十二戸、川俣町五十二戸、相馬郡鹿島町五十六戸、飯舘村四十二戸、原町市百四十戸、いわき市百七十戸、郡山市百十戸、福島市四百戸。○宮城県亘理郡亘理町四十三戸、白石市九十戸。○岩手県江刺市九十戸あり。コウノ参照。

一 百済族高野造 姓氏録・右京諸蕃に「高野造、百済の国人佐平余自信の後より出づる也」と見ゆ。

二 孔王部族高野氏 葛飾郡高野村より起る。龍燈山伝燈記(下高野村永福寺所蔵)に「景行天皇御宇、四十庚戌年皇子倭建命、東夷御征伐を為す。東国御下向時、幸魂真間入江に御渡江有り、御一島山に着く、此所高野也論言を給ふ。後世此所に於て香取明神を勧請し杉門村と云ふ。産女ヶ井(後宮之下)に於て清水を酌み御手洗口漱給ふ、木之花咲耶比売命を鎮座奉り、木々子明神と申し奉は是也。顕宗天皇御宇三年丁卯、勝鹿宿祢弘方海と云人、此島に狩猟の時、倭建命の故事に拠り初めて高野と名づく、上古・薩天ヶ島と呼也。元明天皇御代、和銅三庚戌年、下総国住人孔王部堅は一家五十口を引き連れ此島に移住す。堅は天平三年死す。堅の嫡男を高毛野と云ふ、天平勝宝五年死す。高毛野の子宗麿は自宅を捨て梵刹と為し阿弥陀寺と号し、延暦元年死す。宗麿の子貴は天長五年死す。堅五代の孫高野成房は天安元年死す。高野成房の男良康あり。出戸・今出戸耕地也に道康と云う主あり、阿弥陀寺大檀那にて此寺開基、孔王部堅七代孫也。のちに阿弥陀寺大檀那出戸左衛門佐親実は孔王部堅後裔也」と見ゆ。阿弥陀寺は今の永福寺なり。孔王部(あなほべ)、出戸(いでと)条参照。

三 一色氏族高野氏 前項永福寺伝に「当寺五十三世淨円僧都は、一色刑部少輔直氏三男也。高野刑部僧都と号す」と見ゆ。一色条参照。

四 河原党高野氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月、惣侍列位・高野小平太、是は河原太郎家の武家法令也」と見ゆ。

五 畠山氏家臣の高野氏 秩父郡上飯田村観音院縁起(小鹿野町)に「当国の住人庄司重忠・鹿を追て当山に登る。其臣本田・榛沢・久米・高野・引間・小櫃以下の兵数十騎相従ふ」と見ゆ。

六 岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「江州代官・五十俵・高野半兵衛」あり。

七 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三十俵三人扶持・高野小四郎、銀十枚二人扶持・高野金左衛門」あり。

八 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御納戸・三十人扶持・高野一郎、御代官・十九俵二人扶持・高野古杢、五両余二人扶持・高野勇蔵」あり。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・八石二人扶持・亡養父権蔵・高野権蔵・三十六歳」あり。

一〇 葛飾郡加藤村(吉川市) 香取社征露碑に高野永右衛門・高野雷次郎・高野虎之助・高野竹次郎・高野朝太郎・高野権左衛門あり。三戸現存す。

一一 同郡十一軒村(吉川市) 千日堂寛政十二年庚申塔に高野吉蔵あり。現存無し。

一二 同郡赤沼村(春日部市) 赤沼神社天保十三年浅間碑に高野平次郎あり。四戸現存す。

一三 同郡西金野井村(庄和町) 花蔵院正徳三年供養塔に金井郷高野孫左衛門あり。四戸現存す。

一四 同郡堤根村(杉戸町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流堤根村高野孝次郎あり。四戸現存す。

一五 同郡平須賀村(幸手市) 明治二十八年文書に高野勝蔵あり。一戸現存す。

一六 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に高野金次郎あり。

一七 同郡麦塚村(越谷市) 女体神社明治二十一年御神燈に高野鷹次郎あり。一戸現存す。

一八 同郡野島村(越谷市) 久伊豆社正徳三年庚申塔に高野庄左衛門・高野山三郎・高野三左衛門。明治九年副戸長高野代次郎・安政三年生あり。一戸現存す。

一九 同郡岩槻宿 加倉村浄国寺元禄十一年棟札に岩付惣檀那高野八郎右衛門。大龍寺安政五年鐘銘に市宿町高野孫七.。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に岩槻高野龍蔵。明治三十五年に高野藤五郎あり。

二〇 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村高野金左衛門あり。四戸現存す。

二一 同郡末田村(岩槻市) 寺跡享保六年庚申塔に高野沖右衛門、享和四年庚申塔に高野沖右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に末田村高野沖右衛門あり。四戸現存す。

二二 同郡蓮田村 明治六年林文書に醸造人上蓮田村高野園吉。明治八年騎西町釜屋文書に酒造業蓮田村高野周吉あり。

二三 同郡神戸村(羽生市) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流神戸村高野松次郎あり。二戸現存す。

二四 同郡藤井村上組(羽生市) 香取社文政六年碑に高野仙右衛門あり。二戸現存す。

二五 同郡忍町 明治三十五年薬品染料商高野重兵衛あり。

二六 同郡上中条村(熊谷市) 上須戸村明治十四年馬頭尊に上中条村馬喰高野幸治郎あり。現存無し。

二七 同郡上之村(熊谷市) 池上村古宮神社明治四年算額に上之村高野与三郎正時あり。三戸現存す。

二八 足立郡草加町 草加神社弘化三年玉垣碑に高野定信。明治三十五年畳職高野斧八あり。

二九 同郡庄左衛門新田(草加市) 市神祠官筆学門人帳に明治四年・稗田分高野清八あり。九戸現存す。

三〇 同郡花栗村(草加市) 南光院文化四年不動尊に高野茂左右衛門。稲荷社文政七年供養塔に高野儀左門・高野富右門・高野忠五郎。浄龍寺天保六年供養塔に花栗村高野林蔵。南光院弘化四年供養塔に高野彦太郎・高野喜之吉・高野富右衛門・高野安五郎・高野弥四郎・高野勘治郎・高野熊太郎・高野儀左衛門。明治九年副戸長高野茂右衛門・天保元年生。剣術神文鑑に明治十六年花栗村高野彦太郎。蒲生村光明院明治三十六年碑に花栗高野直吉あり。十七戸現存す。

三一 同郡苗塚村(草加市) 当村享保十五年供養塔に高野長兵衛あり。四戸現存す。

三二 同郡里村(鳩ヶ谷市) 当村に此氏多く存す。真光寺矢作家墓碑に「弘安四年巳正月二十八日、里村は上野・牛込・高野・矢作・石田・長島・森・井上の八氏十三軒」とあり。享保十三年以前の里村絵図に高野姓七軒あり。法福寺文化十四年地蔵尊に里村高野園右衛門・高野惣右衛門。明治十年文書に高野利右衛門・高野松五郎・高野忠五郎・高野竹松・高野弥五郎・高野太兵衛・高野勝之助・高野常吉・高野はつ・高野仲次郎・高野万蔵・高野藤右衛門・高野惣兵衛・高野米蔵・高野久蔵・高野藤次郎。法福寺明治三十一年碑に高野勘治郎・高野忠次郎・高野平次郎・高野島吉・高野昇三・高野正平・高野忠七・高野和助・高野与惣三・高野年三・高野原治・高野吉五郎・高野兼由・高野久作・高野新之助・高野六左衛門・高野勝右衛門・高野七蔵、北平柳村高野太助。明治三十五年鳩ヶ谷町古道具商高野政吉・桶職高野吉五郎あり。

三一 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 明治八年矢作文書に中居村本村組高野随賢あり。十戸現存す。

三二 同郡川口町 明治三十五年小間物商高野与八.。川口神社明治三十九年碑に高野福太郎あり。

三三 同郡上青木村(川口市) 安楽寺明治三十三年大日堂碑に高野兼吉あり。七戸現存す。

三四 同郡小谷場村(川口市) 蕨町三学院明治十一年碑に小谷場村高野初五郎あり。四戸現存す。

三五 同郡安行領根岸村(川口市) 里村法福寺明治三十一年碑に根岸・高野幸吉・高野太兵衛・高野林蔵・高野宇太郎・高野藤次郎・高野芳蔵あり。三戸現存す。

三六 同郡蕨宿 蕨鑑に「蕨宿創設に高野氏等の十七氏あり」と。榎本条参照。和楽備神社天保三年御神燈に高野八郎左衛門。三学院明治十五年水鉢に高野兼吉。明治三十五年塩魚商高野六左衛門あり。

三七 同郡浦和町 明治三十五年書籍商須原屋高野幸吉・塩煎餅商高野甚太郎・反物仲買商高野福次郎あり。

三八 同郡岸町(浦和市) 浦和町玉蔵院明治三十一年供養塔に岸町高野金三郎。明治三十五年古物商高野万之助・塩煎餅商高野富蔵あり。

三九 同郡浦和領根岸村(浦和市) 薬師堂嘉永七年普門品に高野竹二郎・高野忠兵衛・高野寅之助。浦和町玉蔵院明治三十一年供養塔に根岸高野清八あり。六戸現存す。

四〇 同郡浦和領辻村(浦和市) 白幡村医王寺元禄十三年文書に辻村高野忠蔵。吉祥院元禄十五年供養塔に高野杢左衛門・高野茂左衛門、文化六年六地蔵に高野伝吉。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流足立郡辻村高野留吉あり。十五戸存す。

四一 同郡塚本村(浦和市) 神明社明治二十九年敷石碑に高野吉太郎・高野慶次郎・高野孫四郎・高野源蔵あり。九戸現存す。

四二 同郡本太村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に高野栄吉、明治三十一年水鉢に高野才吉あり。十一戸現存す。

四三 同郡太田窪村(浦和市) 行弘寺嘉永二年常夜燈に高野茂吉。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に太田久保高野岩松。氷川社明治二十八年碑に高野熊次郎・高野弥一郎・高野米吉・高野作次郎・高野岩吉あり。十二戸現存す。

四四 同郡大間木村(浦和市) 弘化二年火災のため牢から解き放たれ逃亡した高野長英は、当村の門人高野隆仙のもとに身を隠す。氷川社弘化二年狛犬に水府高野惣治郎。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に水深高野美与あり。八戸現存す。

四五 同郡並木村(大宮市) 氷川社明治三十八年碑に高野栄治・高野寅吉・高野高三郎・高野菊次郎あり。七戸現存す。

四六 同郡指扇村(大宮市) 八雲社嘉永六年御神燈に大木戸村高野吉五郎、明治四十四年碑に高野久蔵。氷川社明治三十年御神燈に高野国右衛門あり。十五戸現存す。

四七 同郡木下村(大宮市) 氷川社元禄六年庚申塔に木下村高野武左門。法光寺明和六年地蔵尊に当村高野友右衛門。氷川社明治三十年御神燈に高野仙太郎・高野岩次郎・高野常吉あり。十七戸現存す。

四八 同郡小針新宿村(伊奈町) 小名高野屋敷あり。二戸現存す。

四九 同郡小針内宿村(伊奈町) 東光院安永七年供養塔に小針内宿村高野彦兵衛、天明元年筆子碑に高野彦兵衛、文化四年筆子碑に高野要右衛門、天保九年筆子碑に高野万蔵・高野八十吉。小針神社天保九年水鉢に小針内宿村高野六郎右衛門・高野多左衛門・高野平次郎・高野市五郎・高野勇蔵・高野酉蔵・高野森蔵・高野要蔵・高野きち・高野よし・高野たつ・高野浪之助あり。十八戸存す。

五〇 同郡生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に下生出塚村高野八兵衛あり。現存無し。

五一 新座郡館村(志木市) 当村に此氏多く存す。宮大工高野家伝に「藤原房前の苗裔が永保元年に山城国愛宕郡高野村(京都市左京区)に居住して高野姓を号す。其の子孫高野大膳亮師之が武蔵国新倉郡を賜って、柳瀬川の南に居住す」と。氷川社伝に「新座郡司高野大膳亮師之が久安五年正月創立す」とあり。山城国高野村出身説は地名附会なり。村名より発祥した苗字は武蔵国に例が無い。尚、新座郡司は田面郡司藤原長勝とも云う。タノモ条参照。館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。次に程あって後、大塚通りに高野等追々に来って住する百姓也」と見ゆ。高野氏は古代以来の居住者にて帰郷す。当村宝暦九年石橋供養塔に館村高野又八.。水子村大応寺安永頃鐘楼堂に棟梁館村高野伊兵衛、寛政元年本堂再建に棟梁館村高野武右衛門藤原尚之。氷川社文化十年木造御神体奉納に高野増五郎。宝幢寺文政三年馬頭尊に館村高野万治郎・高野三之丞・高野勘五郎。東久留米市野際神社天保八年棟札に武州新座郡館村大匠幅高野図書藤原敷之・高野万寿五郎注之・高野伊兵衛尚之・高野忠蔵師之。万寿五郎は宮大工の名匠なり。嘉永四年尾崎文書に宝幢寺本堂請負人館村高野満寿五郎。本町高野勝治家文書に嘉永五年氷川大明神棟札・大工棟梁館村住人高野啓三郎信之・当年十七歳。氷川社嘉永六年碑に館村・高野藤吉・高野新治郎・高野幸五郎・高野広吉・高野丑五郎・高野藤右衛門・高野与吉・高野九右衛門・高野仙蔵・引又高野彦七.。宝幢寺安政七年筆子碑に高野啓三郎・高野卯兵衛・高野延左衛門・高野権十郎。明治四年宮原文書に大工渡世館村高野忠蔵、大工渡世館村高野万治郎、大工渡世中野幸五郎倅高野延吉、大工棟梁中野高野啓三郎。明治九年志木宿戸長高野啓三郎・天保六年生。不動堂明治十四年不動尊に志木宿・高野増五郎・高野藤吉・高野武兵衛・高野万次郎・高野寅蔵・高野新五郎・高野竹五郎・高野忠蔵。明治三十五年白米商高野長七あり。

五二 同郡野火留宿(新座市) 当村に此氏多く存す。文政元年石山文書に西堀村名主高野新兵衛。明治十六年西堀村物産表に戸長高野安五郎・高野新八・高野岩吉・高野勇蔵あり。

五三 同郡根岸村(朝霞市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長高野清四郎・文化四年生。引又河岸跡明治十三年水神講碑に根岸村高野権兵衛。岡村氷川社明治四十一年碑に根岸高野源太郎。当村明治四十四年天神碑に高野重蔵・高野繁蔵・高野昭造・高野庄左衛門・高野金太郎・高野金次郎・高野松太郎・高野辰五郎・高野弥左衛門・高野倉之丞あり。

五四 同郡田島村(朝霞市) 風土記稿田島村条に「当村は家数三十六軒にて、鈴木・細田・小泉・中村・荒井・醍醐・田中・高野・内田等の氏あり」と見ゆ。志木町敷島社明治八年志木宿河岸船中に田島邨高野市五郎。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に田島高野七五郎・高野清五郎あり。五戸現存す。

五五 同郡岡村(朝霞市) 氷川社明治二十年天神碑に高野清蔵・高野勘六・高野金次郎・高野勝五郎・高野八五郎あり。二戸現存す。

五六 入間郡上宗岡村(志木市) 当村享保十四年供養塔に宗岡村高野市三郎。大仙寺寛政八年石橋供養塔に宗岡邑高野孫七・高野沖右衛門、文政十二年地蔵尊に高野新三郎母。安政二年内田文書に信州戸隠山連名帳・羽根倉高野幸七.。志木町敷島社明治五年浅間碑に宗岡高野熊五郎・高野栄吉・高野富五郎。選挙人名簿に高野久蔵・村税二十一円、高野熊五郎・村税十八円、高野音吉・村税五円、高野松五郎・村税五円。私塾師匠高野佐十郎・大正三年没七十六歳あり。十二戸現存す。

五七 同郡苗間村(大井町) 明治六年請書に高野安五郎・高野長太郎・高野茂平次・高野万吉・立会人高野熊次郎・副戸長高野紋次郎(天保十年生)。明治十八年田畑宅地所有高取調帳に高野熊次郎・三町三反四畝歩・林一反三畝歩、高野長吉・一町三反六畝歩、高野兼吉・一町一反歩・林一反歩、高野紋次郎、高野和吉、高野兼三郎、高野豊吉、高野梅次郎、高野高之助あり。九戸現存す。

五八 同郡鶴岡村(大井町) 亀久保村寛政十一年宝篋印塔に鶴岡村高野弥兵衛。大仙波村浅間社文化十一年水鉢に鶴岡村高野弥兵衛あり。二戸現存す。

五九 同郡藤久保村(三芳町) 広源寺安政七年普門品に高野藤左衛門。木宮稲荷社明治四年御神燈に高野久治郎・高野市五郎、明治六年山神社碑に高野亀五郎あり。十九戸現存す。

六十 同郡水子村(富士見市) 当村に此氏多く存す。天保六年般若院講中に水子村上組高野紋右衛門、中組高野藤助・高野武七・高野辰次郎・高野七郎右衛門・高野七五郎、下組高野岩次郎。志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に水子村高野辰次郎。八幡社慶応元年水鉢に下組高野弥三郎・高野八十八、別所高野辰治郎。志木町敷島社明治五年泉ヶ瀧碑に中水子・高野庄吉・高野吉蔵・高野七郎。氷川社明治九年八雲社碑に高埜徳左衛門、明治十三年幟碑に高野輪吉。福岡村大杉神社明治十二年拝殿碑に水子村高野市五郎。大応寺明治二十五年碑に高野安太郎・高野市五郎・高野助治郎・高野藤吉・高野弥三郎・高野房吉・高野庄三郎・高野七郎・高野倉吉・高野半吉あり。

六一 同郡大久保村(富士見市) 南畑村之沿革史に「大久保村の高野太郎兵衛氏祖先は、大沢氏土着以前よりの住民と伝えし旧家で現代に及ぶ」と見ゆ。三戸現存す。大沢条参照。

六二 同郡南畑新田(富士見市) 南畑村之沿革史に「南畑新田の高野氏は草分の一なりと云う。分家に五兵衛なる人・元文年間に名あり代々豪農なり、現主新五郎は後裔なり」と見ゆ。二戸現存す。

六三 同郡上南畑村(富士見市) 志木町敷島社明治五年道標に上南畑村高野茂蔵あり。三戸現存す。

六四 同郡小谷田村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、小谷田村高野小左衛門・高野八百助」。明治九年副戸長高野吉右衛門・文化七年生。明治十六年青物商高野富蔵・染物屋高野愛次郎あり。八戸現存す。

六五 同郡寺竹村(入間市) 白髪社慶長十一年棟札に金子之郷寺竹之村檀那高野隼人。笹井村観音堂慶長十四年文書に「金子之内・きもいり高野隼人助花押」と見ゆ。現存無し。

六六 同郡山口郷(所沢市)の高野氏 町谷村岩岡文書に「大塔宮護良親王の皇子高治(号山口平内左衛門尉。山口郷勝楽寺に塁塞を築く、近郷の豪族・部将高野十郎等勤王来属千余人)」と見ゆ。岩岡条参照。

六七 同郡久米村(所沢市) 三ヶ島村長宮社天文二十三年棟札に大工久米住人高野左衛門家吉と見ゆ。五戸現存す。

六八 同郡城村(所沢市) 坂之下村金毘羅社明治十五年聖徳太子碑に城村高野勇蔵あり。現存無し。

六九 同郡川越町 氷川社明治十七年碑に高野長吉、明治三十三年玉垣碑に高野和十郎(棒屋)・高野弥右衛門あり。

七〇 同郡大塚村(川越市) 菅原神社弘化四年筆子碑に高野権太郎。豊田本村明治二十九年碑に高野彦次。大塚新田稲荷社明治四十年碑に高野彦次・高野仲次郎・高野善太郎あり。四戸現存す。

七一 同郡大袋新田(川越市) 藤倉村天神社明治七年筆子碑に原新田高野倉之助・高野惣次郎、明治四十一年碑に日東村高野光五郎・高野宗吉あり。四戸現存す。

七二 同郡今泉村(川越市) 古谷本郷八幡社明治十二年水鉢に今泉村石工高野金蔵あり。八戸現存す。

七三 同郡上野村(越生町) 当村に此氏多く存す。文久三年森村文書に大宮聖天宮棟札・当所大工高野角五郎。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に越生町大字講組高野安五郎・高野政吉あり。

七四 高麗郡下赤工村(飯能市) 明治十年山稼議定書に下赤工村高野茂八あり。十戸現存す。

七五 同郡横手村(日高市) 武幡横手神社明細帳(旧諏訪社)に「八幡大神と称していたが、貞治二年に武御名方命を併祀して後、諏訪大明神と称した。祀職は諏訪神社勧請以来高野家で秩父の大野出身であるとして、大野姓を名乗った者もあった」。慶長六年神主大野治部。寛永十年神主高野越後守常近。入間郡塚越村住吉神社文書に「貞享三年、横手村諏訪之社家高野大隅、同社家高野治部。寛政十一年、横手村諏訪明神高野越後、神明宮高野左近」。風土記稿には大野越後と見ゆ。二戸現存す。

七六 同郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に高野文蔵年勝あり。他村住人か。現存無し。 

七七 比企郡新堀村(川島町) 表村広徳寺嘉永三年地蔵尊に下新堀村高野孫右衛門あり。現存無し。

七八 同郡上伊草村(川島町) 金乗院嘉永六年馬頭尊に高野安五郎。当村万延元年庚申塔に上伊草村久保講中高野安五郎あり。六戸現存す。

七九 同郡白井沼村(川島町) 字烏足延享元年庚申塔に白井沼村高野清八あり。現存無し。

八〇 同郡松山町 明治四十二年比企郡果実同業組合発起人青物商高野市五郎あり。

八一 大里郡石原村(熊谷市) 明治三十五年種物商高野仲蔵あり。

八二 榛沢郡寄居町 明治三十五年運送業高野松太郎あり。

八三 同郡武蔵野村(花園町) 当村に此氏多く存す。庚申塚享保六年庚申塔に猿喰土村高野次右衛門・高野儀左衛門。明治九年富田文書に猿喰土村高野伝八・高野佐十郎・高野岩吉・高野仲蔵・高野沖太郎・高野丈吉・高野半十郎・高野栄五郎・高野丑五郎・高野熊吉・高野新蔵・百姓惣代高野市蔵・立会人高野定五郎。用土村明治十三年仙元碑に武蔵野村高野和助・高野万五郎。明治十六年菓子茶小売商高野竹次郎・菓子卸商高野栄二郎・蚕種菓子小売商高野藤五郎あり。

八四 深谷宿 中仙道西入口田所町天保十一年常夜燈に高野甚四郎、東入口稲荷町明治初年常夜燈に高野久次郎。西島稲荷社文久二年御神燈に高埜金兵衛。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿高野弥惣治・高野直太郎・高野勝蔵・高野久次郎・高野和平。明治三十五年足袋製造高野喜一郎・酒商高野繁蔵・口入業高野亀吉・料理店高野定次郎・煙草商高野真九郎・周旋業高野金平。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国深谷町西島高野周作。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷蹄鉄組合高野信次郎あり。次項と同人か。

八五 幡羅郡東方村(深谷市) 原郷楡山神社明治四十二年碑に東方村高野信次郎あり。二戸現存す。

八六 本庄町 明治三十五年荒物商山田屋高野直次郎あり。

八七 賀美郡石神村(上里町) 七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に石神村高野鶴松。金窪村陽雲寺安政五年算額に石神村高野紋十郎光慶。安盛寺万延元年庚申塔に高野庄松。石神社文久元年御神燈に高野紋十郎・高野清五郎・高野林五郎、明治二十年御嶽碑に高野源三郎。堤村堀之内年不詳庚申塔に石神村高野紋十郎・高野林五郎。明治四年山下文書に石神村高野茂十郎・高野真作・高野祐平・高野藤作。明治九年副戸長高野真作あり。八戸現存す。

八八 同郡三町村(上里町) 明治九年副戸長高野範衛・天保八年生あり。一戸現存す。

八九 同郡大御堂村(上里町) 西大御堂村年不詳庚申塔に高野竹治郎あり。現存無し。

九〇 秩父郡大宮郷 当郷に此氏多く存す。秩父志に「秩父神社天正二十年九月棟札に、神主薗田刑部左衛門、願主当所高野図書之助。補陀場十番は旗ノ下にあり、別所は旗下山慈眼寺なり、当寺の檀越高野氏の中古再興す」。風土記稿に「別当慈眼寺の開基は高野七右衛門が先祖なり、その没年を伝へず」。松本家文書に「元禄十七年、当番高野七右衛門、当番高野四郎左衛門。宝永六年、大宮郷割役高野縫殿助、割役高野七右衛門。正徳四年、割役高野縫殿助。享保二十年、大宮郷名主高野重右衛門、名主高野七右衛門、割役高野四郎左衛門。元文三年、割役高野四郎左衛門、割役高野助左衛門。元文五年、割役高野由左衛門。宝暦二年、名主高野七右衛門。明和七年割役高野古四郎」。明和安永年間秩父郡記に大宮郷割役高野小四郎・割役高野縫右衛門・名主高野七右衛門。上田野村天明六年三上文書に大宮郷割役高野四郎左衛門・割役高野七右衛門・名主高野縫右衛門。万延元年武術英名録に小野派一刀流秩父郡大宮宿高野佐吉郎苗正(高野孝右衛門養子)。明治三年文書に高野七右衛門養子高野林次郎・田畑二町七反歩、高野久吉・田畑二町三反歩、高野衛助・田畑一町六反歩、高野太蔵・田畑一町三反歩、瀬戸物商高野佐七・五十六歳、佐七倅丈助・田畑一町歩、古鉄商高野伝四郎・四十三歳、秩父神社々領絹商高野芳三郎・三十四歳。明治九年副戸長高野栄吉・文化元年生。明治二十一年皇国武術英名録に「小野派一刀流大宮宿初代高野佐吉郎、二代高野栄次郎、三代高野芳三郎、四代高野佐三郎」。佐三郎は明治三十二年東京九段下に修道学院を開き剣聖と言われ、昭和二十五年没す。国神神社明治三十四年碑に大宮町高野林次郎あり。

九一 同郡品沢村(秩父市) 明治九年戸長高野宗蔵・安政三年生あり。現存無し。

九二 同郡金尾村(寄居町) 明治九年新井文書に高野平十郎あり。一戸現存す。

九三 同郡藤谷淵村(長瀞町) 明治六年文書に高野彦太郎あり。二戸存す。

九四 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所高野平三郎あり。一戸現存す。

九五 同郡横瀬村 持山寺跡元和八年宝篋印塔に高野上右衛門。明治十四年神輿寄付連名帳に十七番耕地川西・高野文吉あり。六戸現存す。

九六 同郡白久村(荒川村) 当村に此氏多く存す。明和安永年間秩父郡記に白久村猪ノ鼻名主高野伊左衛門。上田野村天明六年三上文書に白久村名主高野伊左衛門。三峰神社史料集に「文化十三年、秩父郡猪ノ鼻村名主高野伊左衛門。文政三年祭礼、いのはな・高野伊左衛門・高野徳太郎・高野元次郎・高野幸太郎」。文久三年猪鼻組名主高野伊左衛門。明治九年白久村副戸長高野政太郎・天保五年生。国神神社明治三十四年碑に白久村高野近太郎あり。

九七 同郡小鹿野町 明治十二年□商高野左馬吉あり。

九八 同郡飯田村(小鹿野町) 八幡社慶応元年御神燈に当所高野柳助あり。九戸現存す。

九九 同郡河原沢村(小鹿野町) 三田川の歩みに「源頼義・義家の家来常陸国の住人真壁権太夫が龍頭神社を祀り、九代高野伊勢守藤原吉忠・寛文十一年祀官、十三代高野秀保・寛政十二年祀官」。龍頭神社由緒に「日本武尊は常陸国筑波山を発し、この地に来り給ひ二柱の神を鎮座す。歴代祠官、初代真壁権太夫藤原家次、二代高野伊勢守藤原吉忠、三代高野伊勢守藤原吉則、四代高野伊賀守藤原吉次、五代高野伊勢守藤原吉家、六代高野伊賀正藤原秀保、七代高野石見正藤原重矩、八代高野若狭正藤原清長、九代高野貢、十代高野東平、十一代高野吉丸、十二代高野吉雄(現主)」と見ゆ。秩父神社日鑑に「寛政十二年、河原沢村諏訪大明神并正八幡宮祠官高野伊勢倅高野民部」。文化文政頃の風土記稿に龍神大明神社の神職高野伊賀とあり。私塾師匠神官高野重矩・安政四年没五十一歳、同高野貢・明治十一年没三十六歳あり。一戸現存す。常陸国真壁郡真壁庄より起る真壁氏は平姓大掾氏流なり。筑波郡高野村(豊里町)より起る高野(こうや)氏は藤原姓八田知家の子高野時家にて、新編常陸国志に「高野氏。筑波郡高野村より起る。知家の八子時家・十郎と称す、高野氏たり。後伊賀守に転じ、正元元年鎌倉引付衆となる」と。神主藤原姓高野伊賀守は是に附会す。高野氏は秩父郡に多く存し、神主家は当郡出身なり。

一〇〇 同郡下吉田村 当村に此氏多く存す。当村彦久保氏系図に「秩父忠実(足利尊氏に仕ふ)―重行―時照―女子(高野正保室)」と見ゆ。金剛院明治三十年筆子碑に高野文蔵・高野代五郎・高野兵作・高野藤作・高野賢治郎。八幡社明治三十八年碑に高野龍太・高野文蔵あり。

一〇一 同郡薄村(両神村) 明治六年出浦文書に坂戸組高野柳作あり。現存無し。

一〇二 同郡大滝村 強石二番屋敷酒造業高野友治郎・弘化二年生・白久村農業高野清蔵二男、其の長男林太郎・明治四年生あり。一戸現存す。

一〇三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高野保平・五百七十二円・二百二十四円、高野金三郎・九円・三十三円、尾間木村(浦和市)・高野泰四郎・三十九円、川越市・高野信治・十九円、所沢町・高野高三郎・十二円、水谷村(富士見市)・高野秋蔵・十一円、東金子村(入間市)・高野瀬十郎・四十二円、元加治村(入間市)・高野長三郎・百十六円・八十四円、飯能町・高野与三郎・五十三円・十一円、原市場村(飯能市)・高野義三郎・二十五円、松山町・高野浜吉・二十三円・四十四円、小川町・高野勘蔵・七十円、堤郷村(杉戸町)・高野幸次郎・百四十一円・十五円、手子林村(羽生市)・高野鴻之助・八十五円、深谷町・高野政治・三十円、秩父町・高野錻作・百七十二円・百二十円、高野為吉・十八円・四十四円、高野十七吉・十八円・三十三円、高野せん・四十八円、高野唯作・三十五円、高野順一・二十三円、高野一三・十七円、白川村(荒川村)・高野菊三郎・十円、大滝村・高野慶太郎・十八円・四十二円、高野茂十郎・二十六円、大河原村(東秩父村)・高野幸作・十三円」あり。

高埜 タカノ 各市町村に存す。千葉県海上郡飯岡町十二戸あり。

嶽野 タカノ 庄和に存す。

鷹埜 タカノ 狭山に存す。

鷹野 タカノ 高野の佳字なり。○山梨県東八代郡一宮町十戸、中巨摩郡昭和町二十二戸、玉穂町三十八戸、竜王町十八戸、甲府市百戸。○長野県小県郡丸子町二十八戸、南佐久郡臼田町三十九戸、小海町四十四戸、佐久市六十八戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・鷹野清兵衛」あり。

二 入間郡藤久保村(三芳町) 広源寺安政七年普門品に鷹野鉄五郎あり。二戸現存す。高野(たかの)条参照。

三 秩父郡安戸村(東秩父村) 能気神社明治二十九年碑に大河原村鷹野小之吉・鷹野平吉・鷹野菊次郎・鷹野久吉・鷹野夘之吉。御堂村大霊神社明治四十一年碑に大河原村鷹野俊八.。上品寺明治四十五年碑に当所鷹野玉吉・鷹野染造・鷹野平八あり。七戸現存す。高野(こうの、たかの)条参照。

高野内 タカノウチ 新座、所沢等に存す。コウノウチ参照。

高野倉 タカノクラ 比企郡高野倉村(鳩山町)あり、正保二年報恩寺末寺帳に鷹蔵・西勝寺と見ゆ。鳩山に存す。

高野子 タカノコ 戸田、八潮等に存す。

高野沢 タカノサワ 浦和に存す。

高野澤 タカノサワ 草加に存す。

高野島 タカノシマ 埼玉郡百間領須賀村字高野島(宮代町)あり、タカノシマと註す。コウノシマ参照。

鷹栖 タカノス 上野国世良田村長楽寺文書に「男衾郡小泉郷内、三貫文・十郎入道・鷹栖」と見ゆ。小泉郷は今市村(寄居町)児泉神社附近にて、鷹栖は児泉神社の門前か。或は隣村の鷹巣村のことか。平条十四項参照。春日部、八潮等に存す。

鷹巣 タカノス 男衾郡鷹巣村(寄居町)は西古里村より分村し、西古里村字鷹巣と一村なり。同郡本田村字後鷹巣(川本町)は古の村名にて、薬師堂安政四年鐘銘に男衾郡後鷹巣村と見ゆ。

高野瀬 タカノセ 秩父郡中野上村字高野瀬あり。川越、所沢等に存す。コウノセ参照。

鷹觜 タカノハシ 各市町村に存す。秋田県仙北郡太田町十三戸あり。タカハシ参照。

鷹嘴 タカノハシ 川越、荒川等に存す。

鷹箸 タカノハシ 浦和、久喜、草加、日高、秩父等に存す。タカハシ参照。

高野橋 タカノハシ 浦和、大宮、上尾、鴻巣、新座、越谷等に存す。茨城県東茨城郡茨城町十三戸、岩手県花巻市五十三戸あり。

高野原 タカノハラ 足立郡山村字高野原(大宮市)あり。

鷹野原 タカノハラ 長野県茅野市十七戸あり。

高信 タカノブ 川口、大宮、上尾、桶川、戸田、川越、狭山、富士見等に存す。茨城県久慈郡大子町二十五戸、福島県東白川郡矢祭町十三戸あり。

高延 タカノベ 川口に存す。

高野辺 タカノベ 浦和に存す。

高野見 タカノミ 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に埼玉郡道目村高野見仙右衛門(大利根町)あり。現存無し。

高野山 タカノヤマ 忍城士にて、成田分限帳に「三十貫文・高野山半之丞、三十貫文・高野山文左衛門、九貫文・高野山与九郎」あり。別本に高山半之丞、高山文左衛門と見ゆ。

高乗 タカノリ 加須、川越、所沢等に存す。

竹迫 タカハ 浦和、鶴ヶ島等に存す。

高場 タカバ 川口、大宮、志木、岩槻、越谷、川越、東松山等に存す。

一 足立郡山中村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に山中村高場源介後家あり。現存無し。

二 賀美郡勅使河原村(上里町) 明治九年戸塚文書に立会人高場兼太郎・同高場武八郎あり。現存無し。

高羽 タカバ 各市町村に存す。茨城県東茨城郡桂村七戸、福島県いわき市十八戸あり。

鷹羽 タカバ 川口、浦和、大宮、上尾、桶川、与野、入間等に存す。

高萩 タカハギ 高麗郡高萩村(日高市)あり、西戸村山本坊文安元年文書に箱根山御領高萩駒形之宮と、当村鎮守駒形社なり。箱根神社文書に「永正十六年伊勢宗瑞知行注文、むさし・たかはき」と見ゆ。各市町村に存す。いわき市二百八十戸あり。

一 岩附城士の高萩氏 道祖土文書に「天正十六年五月五日、太田氏房は、小田原番衆、三人・高萩右馬助の出役を命ず」と見ゆ。

二 高萩村の侠客高萩氏 古今侠客番附に「前頭・武州・高萩伊之松」あり。在名にて苗字にあらず。

高橋 タカハシ 安羅国(後の百済、加耶地方)渡来人を安部、阿部と称す。阿部族の物作り集団を物部と称す。阿部族高氏の土師(はし)製作集団の集落を高橋と唱える。土師器を製作することから饗膳の事を掌る膳夫(かしわで)となる。崇神天皇七年八月紀に「太田々根子、対へて曰さく、父を大物主大神、母を活玉依媛と曰ふ、陶津耳の女なり」と。太田々根子は和泉国大鳥郡陶村(堺市)の住人物部族で、須恵器製作集団の首領である。堺市・和泉市・松原市・富田林市の一帯は陶邑古窯址郡とも呼ばれる。崇神天皇八年紀に「四月、高橋邑人活日を以って、大神の掌酒と為す。十二月、太田々根子命を以って、大神を祭らしむ。是の日、活日・自ら神酒を挙げ、天皇に献り云々」と。大神とは物部族の祖神・大物主大神で、活日は大和国添上郡高橋村(天理市櫟本町、或は奈良市八条町附近に比定す)の住人である。式内社の添上郡高橋神社で、万葉集に「石上布留の高橋」と見え、物部族の氏神である。安部族膳臣も添上郡高橋村に居住して、高橋臣、更に高橋朝臣を賜う。是以前に安部族は神武東征に敗れ、大和国から武蔵国及び奥州へ逃れ先住民と混血して荒脛族と称した。武蔵国に荒脛(あらはばき)社が多く鎮座されているのは是等安部族の奉斎神である。上野国渡良瀬川筋の高橋氏は安部貞任、其の弟行任が祖先と伝承するが、是以前の安部族の後裔なり。越後国及び出羽国地方の古志王神社は安部族の祖神・大彦命を古志王と崇めて祭神としており、神主は高橋氏が多い。古代安部族高橋氏の居住地なり。アベ、アラハバキ、カシワデ、コシ条参照。和名抄に入間郡高階郷を載せ、太加之奈(たかしな)と註すが、正訓はタカハシにて、大袋新田字高橋(川越市)なり。古の村名にて、藤倉村天神社明治七年碑にタカハシと見ゆ。飛地にて藤倉村・山城村の内にあり、今のjAいるま野・大東西小学校附近を称す。秩父郡蒔田村字高橋(秩父市)は古の村名にて、元文三年秩父領御用日記に「下吉田村、高橋村、田村、大宮町迄」と見ゆ。小名高橋は、埼玉郡池上村、北河原村、足立郡砂村、新座郡野火留宿、岡村、館村、入間郡勝瀬村、新ヶ谷村、高麗郡中山村、比企郡青山村、奈良梨村、高谷村、伊勢根村、幡羅郡西別府村、男沼村、大里郡広瀬村、秩父郡野巻村、大野原村等にあり。高橋氏は安部・阿部族の居住地に多く存す。アベ条も合わせ見よ。○群馬県利根郡月夜野町三百十戸、昭和村百七戸、新治村八十四戸、吾妻郡吾妻町二百八十戸、中之条町百四十戸、北群馬郡伊香保町六十戸、吉岡町百二十戸、子持村七十戸、榛東村百二十戸、群馬郡群馬町二百戸、榛名町百戸、箕郷町九十五戸、勢多郡北橘村百三十五戸、富士見村五十戸、新里村六十戸、甘楽郡甘楽町百戸、下仁田町五十六戸、多野郡吉井町百四十戸、新町七十戸、上野村六十五戸、碓氷郡松井田町百戸、山田郡大間々町五十戸、新田郡笠懸町九十戸、尾島町七十戸、大泉町八十戸、千代田町百十戸、佐波郡境町百三十戸、玉村町百八十戸、東村百三十戸、伊勢崎市五百戸、太田市二百九十戸、桐生市四百戸、藤岡市三百五十戸、安中市二百五十戸、富岡市三百六十戸、渋川市三百八十戸、沼田市二百九十戸、高崎市千五百戸、前橋市千三百戸。○栃木県那須郡那須町六十八戸、西那須野町八十戸、烏山町七十戸、塩谷郡塩谷町九十五戸、氏家町百十戸、高根沢町五十戸、藤原町七十戸、河内郡河内町百四十戸、上河内町七十戸、南河内町五十五戸、上三川町百二十戸、下都賀郡大平町五十戸、壬生町百二十五戸、石橋町六十戸、国分寺町六十五戸、野木町七十七戸、芳賀郡益子町百二十戸、安蘇郡葛生町七十戸、田沼町五十五戸、小山市三百六十戸、鹿沼市三百六十戸、今市市三百四十戸、足利市三百七十戸。○茨城県多賀郡十王町六十七戸、那珂郡那珂町百七十戸、東海村九十戸、東茨城郡茨城町五十戸、大洗町五十戸、西茨城郡岩瀬町百十戸、友部町五十五戸、鹿島郡鉾田町五十戸、神栖町百二十戸、波崎町百八十戸、行方郡潮来町六十戸、稲敷郡河内町五十五戸、阿見町百四十戸、江戸崎町五十四戸、茎崎町百戸、美浦村七十五戸、新治郡千代田町五十戸、八郷町百戸、結城郡八千代町八十戸、北相馬郡利根町九十戸、藤代町九十戸、守谷町二百八戸、筑波郡石下町六十戸、伊奈町八十四戸、猿島郡境町五十戸、三和町百十戸、総和町二百戸、古河市二百三十戸、取手市二百五十戸、土浦市三百二十戸、つくば市二百八十戸、ひたちなか市三百六十戸、日立市七百戸、水戸市五百戸。○千葉県印旛郡栄町五十八戸、酒々井町百戸、富里町百四十戸、香取郡小見川町百八十戸、栗源町五十八戸、多古町百戸、東庄町百三十七戸、夷隅郡大原町六十戸、安房郡千倉町六十戸、富山町五十戸、山武郡九十九里町百四戸、成東町百八戸、茂原市二百五十戸、富津市三百四十戸、館山市二百二十戸、袖ヶ浦市二百十戸、君津市三百三十戸、木更津市四百二十戸、鴨川市二百三十戸、市原市七百七十戸、成田市二百戸、銚子市三百戸、旭市二百戸、佐原市二百三十戸。○山梨県北都留郡上野原町七十戸、中巨摩郡竜王町五十戸、甲府市二百戸。○長野県上水内郡豊野町五十九戸、牟礼村五十戸、下水内郡豊田村八十五戸、埴科郡戸倉町五十二戸、坂城町九十二戸、小県郡東部町五十二戸、北佐久郡軽井沢町百十戸、望月町七十五戸、南佐久郡臼田町百五十六戸、南安曇郡豊科町百二十八戸、穂高町百四十四戸、三郷村七十四戸、飯山市三百七十戸、上田市二百四十戸、小諸市三百六十戸、佐久市三百四十八戸、松本市三百六十戸。○新潟県岩瀬郡荒川町百六十戸、朝日村二百九戸、関川村百三十戸、北蒲原郡聖籠町二百十戸、中条町二百十八戸、加治川村六十戸、黒川村九十三戸、水原町九十八戸、中蒲原郡横越町五十三戸、亀田町二百戸、西蒲原郡黒埼町百三十戸、味方村五十戸、西川町百戸、分水町九十七戸、巻町百二十戸、吉田町六十三戸、南蒲原郡田上町六十五戸、中之島町八十四戸、三島郡出雲崎町五十三戸、越路町百十六戸、刈羽郡小国町九十七戸、北魚沼郡小出町七十二戸、堀之内町七十五戸、広神村百戸、中魚沼郡川西町二百十三戸、津南町百五十戸、南魚沼郡塩沢町二百五十戸、六日町百十戸、大和町百戸、湯沢町百八十戸、東頸城郡松代町七十二戸、松之山町百十六戸、大島村五十四戸、村上市三百二十戸、新発田市五百九十戸、新津市四百戸、豊栄市三百十戸、三条市四百八十戸、加茂市二百戸、長岡市九百戸、見附市二百四十七戸、柏崎市六百三十戸、十日町市四百十戸、上越市五百五十戸。○福島県安達郡東和町八十戸、本宮町八十五戸、伊達郡飯野町百八十戸、川俣町四百五十戸、国見町百十戸、桑折町五十八戸、伊達町六十戸、月舘町八十七戸、保原町百五十戸、梁川町六十八戸、霊山町七十三戸、相馬郡飯舘村百四十戸、双葉郡浪江町六十戸、河沼郡河東町五十戸、耶麻郡猪苗代町五十六戸、西会津町六十八戸、山都町七十六戸、いわき市九百八十戸、郡山市九百戸、二本松市二百十戸、原町市二百二十戸、会津若松市四百三十戸、福島市千七百戸。○宮城県刈田郡蔵王町六十四戸、七ヶ宿町五十戸、柴田郡大河原町二百六十五戸、川崎町五十四戸、柴田町三百二十戸、村田町百七十戸、伊具郡丸森町五十七戸、亘理郡山元町九十七戸、亘理町百九十戸、宮城郡七ヶ浜町百戸、松島町二百二十戸、利府町二百三十六戸、黒川郡大郷町二百戸、大和町三百十戸、富谷町二百七十戸、大衡村八十戸、桃生郡河南町二百六十戸、河北町三百三十戸、鳴瀬町百七十戸、桃生町二百二十戸、矢本町二百七十戸、牡鹿郡女川町七十三戸、本吉郡歌津町百十戸、志津川町百七十戸、本吉町八十戸、加美郡小野田町九十二戸、中新田町百三十戸、宮崎町五十戸、色麻町百十戸、志田郡鹿島台町百四十戸、三本木町百三十戸、松山町七十五戸、玉造郡岩出山町二百二十戸、鳴子町三百八十戸、遠田郡小牛田町百六十六戸、田尻町百八十戸、南郷町五十六戸、涌谷町百四十七戸、栗原郡築館町二百九十六戸、一迫町百六十五戸、鶯沢町百七十戸、金成町百二十戸、栗駒町二百三十戸、志波姫町百二十七戸、瀬峰町百八十戸、高清水町九十五戸、若柳町二百七十戸、登米郡迫町二百八十戸、石越町六十四戸、豊里町七十六戸、登米町八十戸、中田町八十二戸、南方町百九十五戸、米山町八十戸、白石市五百九十戸、名取市五百七十六戸、岩沼市三百五十戸、塩釜市四百八十七戸、多賀城市三百五十戸、石巻市千二百戸、気仙沼市三百三十戸、古川市六百八十戸。○岩手県西磐井郡花泉町百九十四戸、平泉町八十七戸、東磐井郡千厩町五十戸、東山町六十戸、胆沢郡胆沢町五百戸、金ヶ崎町五百五十戸、前沢町百三十三戸、衣川村百八十戸、気仙郡住田町九十戸、稗貫郡石鳥谷町四百戸、大迫町百三十戸、和賀郡東和町六十四戸、湯田町四百七十戸、沢内村二百五十戸、岩手郡雫石町二百五十戸、滝沢村三百十戸、玉山村二百四十戸、岩手町百十戸、西根町四百二十戸、松尾村百四十戸、紫波郡紫波町四百五十戸、矢巾町三百十戸、一関市四百戸、水沢市千七十戸、江刺市六百九十戸、釜石市二百八十戸、花巻市千七百戸、北上市三千三百戸。○山形県東置賜郡川西町三百十六戸、高畠町三百三十七戸、西置賜郡飯豊町百七十戸、小国町百三十戸、白鷹町百六十三戸、東村山郡中山町二百十戸、山辺町百二十戸、西村山郡河北町百八十五戸、北村山郡大石田町百二十八戸、東田川郡藤島町八十九戸、余目町百四十五戸、飽海郡平田町百戸、八幡町五十六戸、遊佐町五百二十戸、最上郡金山町七十八戸、舟形町八十六戸、真室川町三百七十戸、最上町百二十戸、鮭川村九十三戸、戸沢村六十戸、米沢市千戸、南陽市六百三十戸、長井市四百四十戸、上山市三百戸、天童市五百六十戸、寒河江市三百六十戸、村山市四百六十戸、東根市四百戸、尾花沢市二百戸、鶴岡市三百七十戸、酒田市千三百戸、新庄市四百十戸、山形市千九百戸。○秋田県由利郡象潟町六十七戸、西目町七十七戸、東由利町六十七戸、由利町五十戸、平鹿郡雄物川町百六十戸、大森町百十五戸、十文字町三百九十戸、平鹿町三百戸、増田町三百戸、山内村三百十戸、大雄村百十戸、雄勝郡稲川町二百七十戸、羽後町三百戸、雄勝町二百八十戸、東成瀬村二百十戸、皆瀬村二百二十戸、仙北郡仙南町二百五十戸、角館町三百七十戸、太田町四百十戸、神岡町二百十七戸、協和町六十戸、千畑町五百二十戸、仙北町百三十戸、田沢湖町二百七十戸、中仙町四百五十戸、西仙北町八十九戸、六郷町四百戸、南外村九十三戸、西木村五十三戸、河辺郡河辺町百三十四戸、南秋田郡昭和町百二十七戸、天王町七十八戸、北秋田郡鷹巣町百六十戸、合川町五十八戸、田代町六十戸、比内町百七十戸、山本郡二ツ井町百六十戸、山本町五十五戸、鹿角郡小坂町五十五戸、本荘市三百四十戸、横手市千二百五十戸、湯沢市千百戸、大曲市六百九十戸、大館市三百十戸。○青森県三戸郡五戸町八十六戸、福地村九十戸、上北郡下田町五十戸、六ヶ所村六十戸、北津軽郡鶴田町五十戸、西津軽郡木造町二百戸、五所川原市三百七十戸、黒石市二百戸、八戸市九百五十戸、弘前市三百三十戸、青森市六百五十戸。○島根県簸川郡斐川町二百戸、大社町九十戸、飯石郡三刀屋町五十九戸、松江市三百戸、平田市二百十戸、出雲市三百十戸。○鳥取県日野郡日南町五十戸、米子市二百戸あり。土師(はし)、橋本条参照。

一 高橋郷と高橋神社 阿部・膳・高橋系図は、古代氏族系譜集成に「孝元天皇―大彦命―彦背立大稲輿命―磐鹿六雁命―宇游―佐白米―膳羽室(膳臣)―長野(膳職)―久知―大麻呂(内膳卿)―傾子(膳職)―大伴―摩漏(壬申功臣)―高橋国益(高橋朝臣)―笠間(遣唐大使)―安麻呂」と見ゆ。子孫は宮中の内膳司を職掌とす。膳(かしわで)条参照。和名抄・下総国結城郡高橋郷を載せ、延喜式神名帳に結城郡高椅神社(栃木県小山市高椅)見ゆ、高橋大明神と呼ばれ、祭神は磐鹿六雁命にて、料理の神として崇敬され調理人の信仰が篤い。延喜式に上総国朝夷郡高家神社(千葉県安房郡千倉町南朝夷)見ゆ、祭神は磐鹿六雁命にて、調理や醤油醸造の祖神といわれ例祭には包丁祭りが催される。和名抄・下野国足利郡埴田郷(栃木県佐野市羽田町・高橋町附近)あり、仁治二年足利義氏下文に高橋郷と見ゆ、土師の生産地にて、近くに三毳瓦窯跡群がある。和名抄・但馬国出石郡高橋郷を載せ、延喜式に手谷神社(兵庫県出石郡但東町河本)見ゆ、出石郡司高橋臣義成がその祖大彦命を祀ると云う、和名抄に同郡埴野郷(波爾乃と註す)あり、土野庄とも見ゆ、土師の生産地なり。和名抄・三河国加茂郡高橋郷を載せ、式内社野見神社(愛知県豊田市野見山町)あり、土師部の奉斎神なり、祭日には奉納相撲を行う。出羽国秋田郡寺内村(秋田市)は古代秋田城の地で、大彦命を祭神とする古四王神社あり、神主は代々高橋氏なり。大彦命は越国の王にて、北越・出羽地方に古四王神社が多く鎮座す。

二 墨田氏族高橋氏 上総国埴生郡墨田保(千葉県長南町須田)より起り、本名は高橋氏なり。弘安二年八月二十五日大膳職申状(鎌倉遺文一三六八〇)に「職領上総国墨田保」と見え、高橋氏は大膳職の地頭か。日蓮宗の大檀那なり。新座郡下新倉村日蓮宗妙典寺(和光市)に「高橋五郎時光・日徳聖人と成事。ここに下総国墨田村之住人高橋五郎時光と申候は数代之武士に候得共、あるとき文永年中に亡び家来迄失無拠、武州足立郡新曽村柏伝左衛門方へ罷り越し名字隅田とあらため居り候処、又其後新倉村組下に観野と申者有り此処へ行き名字を須田と改しばらく居り候処、時光妻懐胎致し候に付汝末子をもたず身は亡てもさへに安産させたしと色々心信いたし候云々。子を徳丸と名付ける乳なく其子を赤塚へ預け其所を徳丸村と言、徳丸を預け候家の名字を須田と言。時光は日徳、妻は安竜、徳丸は日向と改名す。正応三年妙典寺建、永仁三年妙蓮寺建、正和二年新曽妙顕寺建、元弘元年十月より日徳并安竜供々に赤塚へ罷越し住居致し候、正中二年十月七十六歳にて日徳終、日徳之家段々つたわり、今赤塚須田作兵衛是也」と見ゆ。板橋区赤塚町に須田氏十五戸現存す。スダ、スミダ条参照。

三 鉢形城士の高橋氏 鉢形分限帳に「本国武州入間・黒谷住・高橋四五郎、本国武州入間・高橋忠兵衛、本国武州秩父・大宮住・高橋衛三、本国武州多摩・大野原住・高橋権八、本国播州清原・高橋金内」。鉢形古城記に「鉢形城には家人旗下の城将を込置守せ、助る家臣には高橋彦右衛門。鉢形城留守高橋平六郎」あり。

四 深谷城士の高橋氏 深谷記に上椙御譜代之臣高橋九衛衛あり。行田史譚に「永禄二年、上杉憲守は、家臣大沼伯耆・高橋百之助を使して越後へ降伏の書状と人質を出し降った」と見ゆ。

五 岩附城士の高橋氏 北越軍談に「永禄六年、国府台合戦に岩築勢の高橋は勇を振いて攻撃す」。太田家譜に「太田譜代之士、高橋鹿之助」あり。

六 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「五百石・高橋伊賀、百五十石・高橋治右衛門、百五十石・高橋金左衛門」。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国陸奥生国常陸・高橋惣右衛門・五十二歳、十五両七人扶持・本国陸奥生国同・高橋孫右衛門・六十二歳、石高無シ・本国陸奥生国同・高橋猪兵衛・二十歳」あり。二百七十七項参照。

八 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「兵部様御近習・五十石三人扶持・高橋伝兵衛、兵部様付・六両三人扶持・高橋忠太夫、御代官・五十石・高橋次郎右衛門」あり。

九 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御者頭・百八十石・高橋徳八、三十五俵二人扶持・高橋源太郎、二十九俵二人扶持・高橋猶人、十九俵二人扶持・高橋進作、十六俵二人扶持・高橋寸平、十三俵二人扶持・高橋鐐平、同高・高橋金次郎、八両余二人扶持・高橋善八郎、六両余二人扶持・高橋儀忠太、同高・高橋不二男」あり。

一〇 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「医師・十五人扶持・高橋尚斎、諸奉行・二十石四人扶持・川越取立・高橋源吾、御馬廻・源兵衛倅高橋又二郎、御馬廻・百石・高橋堅兵衛、御馬廻・二十石四人扶持・前橋取立・高橋左百里、代番・高橋鍋之丞」。万延二年に「勘定奉行・百石・高橋堅兵衛、医師・十五人扶持・高橋公斎、御鑓奉行・二十石四人扶持・高橋左百里、御馬廻・二十石四人扶持・高橋高作、惣領・高橋又曹」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石余二人扶持・高橋清作、同高・高橋林太、六石二人扶持・高橋勝太郎、同高・高橋諒平、同高・高橋昇幸、同高・高橋銀作、同高・高橋忠孝、同高・高橋政春」。諒平の子孫芳次は東松山市松葉町に現存す。明治四年前橋藩職員録に「権少属・監督糾弾方・高橋勒弥」あり。

一一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御年寄・六百石・亡父式部・高橋式部、御馬廻・七十石・亡父常勇・高橋滝兵衛・五十六歳、父滝兵衛・高橋芳太郎・二十歳、御馬廻・十二人扶持・亡父平太兵衛・高橋平太兵衛・三十四歳、御徒銃隊格・七石二人扶持・亡養父清四郎・高橋左久馬・四十五歳、同役同高・亡養父幾次郎・高橋虎之助・二十三歳」あり。

一二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中分限帳に「御馬廻・二百石・高橋孫兵衛、御中小姓・五十俵二人扶持・高橋源兵衛、忍屋敷番・三十俵二人扶持・高橋仁右衛門、忍秩父山廻・二十二俵二人扶持・高橋六兵衛、儒医・二十俵二人扶持・高橋喜兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「百三十石・高橋柳右衛門、勘定奉行・七十石・高橋六兵衛、六十石・高橋仁右衛門、二十俵二人扶持・高橋滝右衛門、三人扶持・高橋道喜、六両二人扶持・高橋徳左衛門、三両二人扶持・高橋瀬兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・三百石・高橋佐伝太、御使番・七十石・高橋六兵衛、無足無役・三十俵二人扶持・高橋栄蔵、御武具手入役・四両二人扶持・高橋平八」。秩父松本家文書に「正徳三年、秩父代官高橋六兵衛。寛延三年、秩父代官高橋瀬兵衛。明和元年、秩父代官高橋銀右衛門」と見ゆ。

一三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「江戸屋敷足軽・五両三人扶持・高橋文助、御徒目付・十石二人扶持・高橋治右衛門、割役・六石二人扶持・高橋宗五郎、子供・同高・高橋次郎、子供・高橋音三郎、下目付・四石余二人扶持・高橋孫平、小普請・四石二人扶持・高橋嘉兵衛、江戸屋敷足軽・二両余二人扶持・高橋久次郎、中間小頭・同高・高橋与助、表坊主・一両余二人扶持・高橋金悦」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・高橋五助、八石余二人扶持・高橋十左衛門、五石二人扶持・高橋治右衛門、同高・高橋克、同高・高橋道宣、同高・高橋策次郎、同高・高橋岡右衛門、四石余二人扶持・高橋隼一郎、同高・高橋九二郎、同高・高橋来五郎、同高・高橋農夫治、四両二人扶持・高橋友三、二両余二人扶持・高橋万蔵」あり。

一四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「二百石・高橋武助、百二十石・高橋安右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百二十石・高橋安右衛門、四十五俵・高橋助左衛門、二十俵・高橋弥左衛門、十俵・高橋三右衛門」あり。

一五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百五十石・高橋万右衛門、三十俵三人扶持・高橋猪兵衛、三両二人扶持・高橋所右衛門、十五石・高橋安兵衛、三両・高橋佐之助」あり。

一六 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御年寄・高橋茂太夫、御代官・高橋和田右衛門」あり。

一七 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に「○初代高橋吉右衛門(安永五年郷方足軽被召抱、文政五年病死)、二代高橋吉兵衛(天保三年病死)、三代高橋甚兵衛(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋鉄次郎。○初代高橋吉右衛門(文政二年郷方足軽被申付、文久元年病死)、二代高橋吉右衛門(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋元三郎。○初代高橋勘右衛門(明和八年郷方足軽被召抱、文化七年病死)、二代高橋金右衛門(嘉永三年病死)、三代高橋鎬右衛門(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋誠次郎。○初代高橋紋兵衛(明和六年郷方足軽被召抱、天明八年病死)、二代高橋紋兵衛(天保十二年病死)、三代高橋紋兵衛(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋時次郎。○初代高橋松吉(文政十二年足軽被召抱、天保十一年病死)、二代高橋半次郎(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋松吉。○初代高橋甚左衛門(天保三年足軽被召抱、明治二年病死)、二代高橋保治(明治四年民籍へ下る、大字岡部)。○初代高橋重助(天保六年足軽被召抱、慶応四年病死)、二代高橋喜四郎(明治四年民籍へ下る)、大字岡部・戸主高橋米吉。○初代高橋兵吉(慶応元年足軽被召抱、明治四年民籍へ下る、大字岡部)。○高橋甚兵衛の嗣子芳次郎。○高橋紋兵衛の嗣子伊子郎」。岡部村神明社安政五年小銃射撃祈願奉納に発願高橋茂松政知・高橋金五郎高宗。同社碑に「高橋太右衛門十三世嫡孫高橋芳次郎(平成の現主)」。源勝院文久元年棟札に作事方高橋吉右衛門智栄、作事方助役高橋益次郎政徳、同高橋鎬右衛門高重、同高橋金五郎高宗、同高橋紋兵衛吉暉。慶応四年岡部藩分限帳に「御近習・三州御代官・四十石三人扶持・高橋鍬五郎、御中小姓格・七石二人扶持・高橋吉右衛門、御中小姓・四石二人扶持・高橋甚兵衛、御徒格・三石二人扶持・高橋誠次郎、同役同高・高橋紋兵衛、御徒・一石五斗一人扶持・高橋元三郎」あり。

一八 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「七両二人扶持・高橋沢之助、二両二人扶持・高橋仙弥」あり。

一九 関東郡代伊奈氏家臣 寛永二十一年代官高橋与左衛門。享保頃に高橋隼人。天明六年に高橋新平・高橋金平。寛政三年に「勝手頭取・六人扶持格・高橋伝蔵」。天保年間伊奈役所惣人数に中御徒町・高橋順蔵あり。二十一項参照。

二〇 幕臣高橋氏 寛政呈譜に「藤原利仁流。家伝に左衛門尉時員が末孫なりという。高橋九左衛門久隆(秀忠に仕ふ)―久慶―久則―久安―久邦―久繁―久均。百俵月俸五口。家紋、丸に三柏、竹笠」と見ゆ。野本左衛門尉時員後裔説は附会にて、単に比企郡野本村出身ゆえに称すか。

二一 葛飾郡大広戸村(三郷市) 風土記稿大広戸村条に「高応寺の過去帳に、寛永元年新田開闢砌、伊奈半左衛門家老興津角左衛門手代・高応寺建立檀那高橋甚左衛門敬白とあり」。日蓮宗高応寺過去帳に「法受院宗清信士・当寺開基旦那高橋甚左衛門事・寛永八年五月十二日没」。稲荷社は高橋仁左衛門の建立と伝へる。

二二 同郡境木村(三郷市) 明治三十年人名録に高橋鬢五郎・弘化四年生・地租七十二円あり。

二三 同郡小向村(三郷市) 大雄寺文政四年庚申塔に高橋茂次郎・高橋佐兵衛。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領小向村高橋茂太郎あり。

二四 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に高橋吉右衛門、文化十三年庚申塔に樋口村高橋勝五郎、文政六年庚申塔に樋口徳島講中・高橋長左衛門・高橋勝五郎・高橋市五郎あり。

二五 同郡徳島村(三郷市) 稲荷社寛政五年庚申塔に徳島村高橋吉右衛門、文化七年庚申塔に徳島村高橋久左衛門・高橋佐兵衛、天保十五年庚申塔に高橋定右衛門。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領徳島村高橋定右衛門あり。

二六 同郡長戸呂村(三郷市) 円福寺正徳二年庚申塔に高橋八兵衛・高橋七三郎あり。

二七 同郡大膳村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に大膳村高橋吉三郎あり。

二八 同郡彦倉村(三郷市) 虚空蔵堂延宝八年庚申塔に高橋権右衛門あり。二戸現存す。

二九 同郡谷中村(三郷市) 草庵寺享保七年庚申塔に谷中村高橋太右衛門・高橋吉右衛門あり。十戸現存す。

三〇 同郡幸房村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に幸房村高橋武右衛門あり。十四戸現存す。

三一 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺江戸末期庚申塔に高橋半七・高橋七右衛門・高橋喜助。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に中金杉村高橋半右衛門あり。八戸現存す。

三二 同郡魚沼村(松伏町) 字関香取社文化二年庚申塔に高橋平左右衛門・高橋三左右衛門・高橋久太夫・高橋新右衛門、文政五年庚申塔に高橋久兵衛。東稲荷社文久元年成田山碑に高橋新右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流魚沼村高橋三之助・高橋平七・高橋新左衛門。明治三十年人名録に高橋新左衛門・弘化二年生、高橋忠蔵・天保元年生あり。十戸現存す。

三三 同郡築比地村(松伏町) 上香取社文化七年水鉢に高橋亦左衛門。下香取社明治十六年浅間碑に高橋所左衛門あり。十一戸現存す。

三四 同郡不動院野村(春日部市) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村高橋雄次郎。大杉神社明治二十四年碑に高橋勝平。明治三十年人名録に高橋勝平・万延元年生・地租五十一円あり。二戸現存す。

三五 同郡藤塚村(春日部市) 当村に此氏多く存す。香取社江戸末期御神燈に高橋定八・高橋泊仙・高橋甚吉。万延元年武術英名録に神道無念流武州藤塚村高橋常吉。本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村高橋勝平。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流藤塚村高橋豊吉あり。

三六 同郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に高橋安右衛門・高橋彦兵衛、明治二十三年碑に高橋平吉あり。九戸現存す。

三七 同郡水角村(庄和町) 水角神社寛政三年庚申塔に高橋源助、高橋市之丞、天保三年庚申塔に高橋金二郎、明治三十五年碑に高橋伝兵衛・高橋伝次郎・高橋藤吉。米島村香取社万延元年浅間碑に水角村高橋弥五右衛門あり。四戸現存す。

三八 同郡新宿新田(庄和町) 中野村香取社文久三年大杉明神碑に新宿新田高橋清次郎あり。十二戸現存す。

三九 同郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄付碑に高橋龍吉あり。十九戸現存す。

四〇 同郡金崎村(庄和町) 香取社天明五年大黒天碑に高橋長兵衛。道善寺文化七年普門品に高橋三之丞あり。三戸現存す。

四一 同郡上柳村(庄和町) 三宮神社元治元年寄進碑に高橋代次郎・高橋常吉あり。現存無し。

四二 同郡杉戸町 清地村に此氏多く存す。河原町稲荷社明治十五年御神燈に高橋喜三郎、明治三十九年幟碑に高橋安太郎。清地村近津神社明治十六年御神燈に高橋久五郎。明治三十五年酒商高橋久五郎・洋物商高橋要七・饅頭屋高橋仙吉・菓子商高橋熊太郎あり。

四三 同郡堤根村(杉戸町) 慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に堤根倉久・高橋角之丞・高橋庄之助・高橋留次郎あり。十五戸現存す。

四四 同郡下高野村(杉戸町) 稲荷社は二階堂久左衛門尉義隆の臣高橋氏が氏神として創建す。高野村誌稿に「小谷堀の開拓に慶長年間、高橋・野口・上原・小林・鈴木・日下部の武士等が従事す」と。御所宮天和三年庚申塔に幸手領佐内新田村高橋四兵衛あり。八戸現存す。

四五 同郡才羽村(杉戸町) 字在来文化二年普門品に高橋安左衛門・高橋要八・高橋小左衛門・高橋平蔵、安政四年供養塔に高橋市蔵・高橋三次右衛門・高橋豊次郎。八幡社明治末期御嶽碑に才羽村高橋熊吉。明治三十年人名録に高橋吉太郎・弘化二年生・地租二十九円あり。二戸現存す。

四六 同郡本郷村(杉戸町) 明治九年副戸長高橋啓蔵・文化十年生あり。二戸現存す。

四八 同郡幸手宿 百間村青林寺寛政十年文書に牛村高橋五兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流幸手宿高橋藤吉。同年新道工事寄付に高橋要蔵。幸宮神社明治三十三年幟碑に高橋惣太郎、明治四十二年碑に高橋重太郎。明治三十五年紙函製造高橋伊三郎・旅人宿京極屋高橋盛太郎・高橋十次郎・高橋浅次郎あり。

四九 同郡権現堂村(幸手市) 新田墓地文化九年庚申塔に権現堂新田高橋儀兵衛・高橋源兵衛。大日神社元治二年水鉢な高橋佐吉・高橋瀧蔵。明治九年副戸長高橋儀三郎・天保元年生。白山社明治十年碑に高橋儀兵衛・高橋久治郎・高橋半次郎、明治三十三年鳥居碑に高橋新吉・高橋幸蔵・高橋為吉・高橋彦三郎・高橋儀三郎・高橋儀兵衛。佐間村八幡社明治十六年伊勢講碑に権現堂村高橋儀左衛門。熊野社明治三十四年碑に高橋甚吉・高橋喜蔵・高橋茂助・高橋嘉吉・高橋定吉・新田高橋儀兵衛、明治三十九年碑に高橋喜太郎・高橋喜三郎。大日神社明治三十八年碑に当所・高橋儀三郎・高橋久次郎・高橋幸蔵・高橋為吉・高橋彦三郎・高橋儀兵衛。水神社明治四十一年碑に高橋多吉・高橋辰吉・高橋米吉・高橋六平あり。六戸現存す。

五〇 同郡上吉羽村(幸手市) 香取社天保十四年庚申塔に上吉羽轡瀬株高橋伝五郎、天保十五年御神燈に轡瀬株高橋源左衛門。明治二十年選挙権者高橋源平・嘉永二年生あり。一戸現存す。

五一 同郡惣新田村(幸手市) 字菅島稲荷社延享元年庚申塔に高橋久次郎。字一ツ谷能満寺天明二年庚申塔に高橋元右衛門。九郎右衛門神社文化九年碑に高橋長左衛門。明治九年副戸長高橋吉兵衛・天保十年生。明治二十年被選挙権者高橋七右衛門・弘化四年生あり。八戸現存す。

五二 同郡木立村(幸手市) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に木立村高橋周蔵。椿村文珠堂明治十五年筆子碑にキダテ高橋七右衛門。明治二十年被選挙権者高橋国蔵・嘉永六年生、選挙権者に高橋清太郎・安政四年生、高橋房次郎・文政十一年生。明治三十年人名録に高橋国蔵・地租三十五円。妙法寺明治三十年馬頭尊に高橋長之助・高橋菊蔵あり。五戸現存す。

五三 同郡八甫村(鷲宮町) 鷲宮村霊樹寺文書に「八甫村。寛文四検地一町八反七畝二十六歩・先祖又左衛門分・伝左衛門、元禄八年検地高橋伝左衛門」。光厳寺寛政三年棟札に本村掛ヶ講中高橋平右衛門、慶応元年水鉢に高橋弥七あり。二戸現存す。

五四 同郡栗橋町 明治三十五年荒物商高橋忠二郎・高橋熊二郎あり。

五五 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に高橋房吉あり。五戸現存す。

五六 同郡河原代村(栗橋町) 狐塚村鹿島社嘉永四年御嶽碑に河原代村高橋新左衛門。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に河原代高橋伊織あり。一戸現存す。

五七 同郡小右衛門村(栗橋町) 狐塚村鹿島社嘉永四年御嶽碑に小右衛門高橋忠蔵。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に小右衛門高橋久蔵あり。五戸現存す。

五八 同郡中里村(栗橋町) 下香取社宝暦五年庚申塔に高橋吉左衛門・高橋重右衛門、明治二十九年伊勢講碑に高橋長左衛門。権現堂村熊野社明治三十四年碑に中里高橋長右衛門あり。一戸現存す。

五九 同郡広島村(栗橋町) 天満宮明治二十八年伊勢講碑に高橋辰五郎・高橋重三郎あり。五戸現存す。

六〇 同郡伊坂村(栗橋町) 古河市中田八幡社々掌高橋氏所蔵の上伊坂村八幡宮縁起に「養和元年八月相州鶴岡八幡宮を此伊坂村にまつり給へり。鶴岡祠官高橋摂津守次男鴨次郎をもって当社八幡宮の神主と定む」と見ゆ。九戸現存す。

六一 埼玉郡青柳村(草加市) 東覚寺跡享保十年二十三夜塔に高橋八左衛門。神明社明治二十二年棟札に高橋才吉あり。

六二 同郡立ノ堀村(草加市) 戸ヶ崎村香取社年不詳差石に八条領立ノ堀村高橋勝五郎あり。

六三 同郡垳村(八潮市) 明治十九年垳村会議員高橋米三郎あり。八戸現存す。

六四 同郡柳之宮村(八潮市) 狩野家墓地享保十三年庚申塔に高橋安右衛門。氷川社明治十九年絵馬に柳之宮村高橋吉太郎あり。二戸現存す。

六五 同郡大曽根村(八潮市) 当村に此氏多く存す。八幡社明治二十八年絵馬に高橋勘次郎、明治三十九年絵馬に高橋勇吉あり。

六六 同郡木曽根村(八潮市) 当村に此氏多く存す。明治十九年木曽根村会議員高橋熊太郎。明治三十年人名録に高橋市太郎・安政二年生・地租二十八円。浮塚村氷川社明治三十七年絵馬に木曽根高橋亀吉あり。

六七 同郡二丁目村(八潮市) 字若柳嘉永二年供養塔に高橋太郎左衛門あり。十三戸現存す。

六八 同郡八条村(八潮市) 当村に此氏多く存す。明治八年酒小売農高橋七郎兵衛次男歌吉、米穀商高橋仙太郎、船乗渡世高橋政吉、髪結職高橋寅吉、教導職高橋円隼。明治九年副戸長高橋弥一郎・嘉永四年生。八幡社明治二十四年碑に高橋弥一郎・祠官高橋忠蔵。大経寺明治二十七年絵馬に高橋勇助。明治三十年人名録に高橋甚平・安政四年生・地租百二十円、高橋仁兵衛・弘化三年生・地租四十五円、高橋惣一郎・明治六年生あり。

六九 同郡大瀬村(八潮市) 当村に此氏多く存す。宝光寺文化三年本堂欄間銘に高橋平蔵・高橋喜右衛門、天保五年弘法大師碑に高橋平蔵(組頭)。明治九年戸長高橋平蔵・文政三年生。祭礼年番帳に「明治六年・高橋平蔵、明治十二年・下組高橋四郎吉、明治十九年・高橋豊次郎・高橋儀助、明治二十年・高橋峰太郎、明治二十三年・下組高橋巳之吉」。明治三十年人名録に潮止村助役高橋儀助・弘化三年生・地租二十一円あり。

七〇 同郡越ヶ谷宿 福井文書に元禄八年検地屋敷・高橋六兵衛。久伊豆社明治三十二年榛名碑に高橋留吉・高橋福次郎・高橋和三郎。明治三十五年米穀商高橋佐助・酒商高橋喜造あり。

七一 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「上組百姓茶屋高橋仁右衛門先祖之義、元和年中落着候哉、又は慶長以前より居住致候哉、旧家之者に而高橋家之本家也、先祖仁右衛門七十余に而承応二年相果候、且高畑の久蔵は分地也、故仁右衛門は家居建遣す、明暦寛文之間年寄相勤候仁兵衛は此家先祖可成哉不明分、安永中不如意之処、又々繁昌に及候事。上組百姓小間物屋高橋久八は、宝暦中・仁右衛門困窮之分家故、地面不譲候へ共、安永中より百姓に成。下組百姓鯰屋高橋兵右衛門先祖宝暦中・鈎上より越谷へ引越、夫より大沢へ移る、文化年中地面持に相成申候。高畑組百姓高橋久蔵は仁右衛門より分地に而旧家也、仁右衛門地之義所持す。元禄八年検地、高橋仁右衛門屋敷。宝暦七年大沢町百姓、高橋大黒屋久蔵。明和五年帳面表、高橋久蔵・高橋久四郎」と。香取社寛政元年御神燈に高橋仁右衛門、文化三年鳥居碑に大沢町上組高橋久八・高橋仁右衛門、文化八年御神燈に大沢町上組高橋惣兵衛・高橋久八・高橋七郎兵衛・高橋勘六・高橋仁右衛門。明治三十年所得税下調査簿に大沢町高橋吉蔵・反別九町七反歩・地租百十三円。明治三十五年米穀商高橋藤吉・豆腐屋高橋巳之吉あり。

七二 同郡七左衛門村(越谷市) 観照院宝暦十四年庚申塔に高橋儀右衛門。明治三十年人名録に高橋勘右衛門・天保九年生・地租三十八円、高橋安蔵・安政二年生あり。

七三 同郡越巻村(越谷市) 産社祭礼帳に「当番。延宝四年・高橋次郎右衛門、正徳四年・高橋八右衛門、正徳六年・次郎右衛門子高橋喜平次、享保三年・八右衛門子高橋松之助、享保十三年・高橋三郎左衛門、享保十五年・高橋武右衛門、寛延二年・高橋勘左衛門、明和六年・高橋太四郎、安永六年・高橋三郎兵衛、安永七年・高橋文蔵、安永九年・高橋善右衛門、天明九年・高橋武左衛門、明治六年・高橋治左衛門・高橋信吉・高橋清吉・高橋和吉、明治十八年・高橋粂蔵、明治二十年・高橋治郎三郎・高橋宇三郎・高橋浮造(和吉改名)、明治三十五年・高橋竹次郎、明治四十四年・高橋金太郎」。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡越巻村高橋粂蔵。中新田組稲荷社弘化五年庚申塔に高橋次郎右衛門。同所薬師堂元治元年筆子碑に村方・高橋治郎右衛門・高橋治左衛門・高橋和吉・高橋清吉、コシマキ・高橋吉蔵・高橋治郎三郎あり。

七四 同郡神明下村(越谷市) 四町野村迎摂院文化二年宝篋印塔に神明下村高橋佐助。鈎上村神明社元治元年碑に神明高橋忠兵衛。明治三十年所得税下調査簿に出羽村高橋慶助・反別二十町四反歩・地租三百十二円。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年神明下農業高橋慶助・安政三年生・国税千八十円・県下五十九位、大正十四年高橋慶助・国税千二百四十八円・県下百三十七位あり。

七五 同郡東方村(越谷市) 久伊豆社嘉永五年御神燈に高橋伝助・高橋所左衛門・高橋清太郎あり。

七六 同郡蒲生村(越谷市) 明治七年船積問屋高橋藤助・但寛保三年三月創立。明治三十年人名録に回漕店高橋藤助・嘉永五年生・反別五町七反歩・地租七十円あり。

七七 同郡恩間村(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に恩間村高橋宇右衛門あり。十五戸現存す。

七八 同郡後谷村(越谷市) 越巻村薬師堂元治元年筆子碑にウシロヤ高橋軍蔵。明治三十年人名録に高橋秀吉・嘉永六年生・地租十六円あり。三戸現存す。

七九 同郡川崎村(越谷市) 川崎神社天保三年御神燈に高橋亀松あり。現存無し。

八〇 同郡西新井村(越谷市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長高橋又左衛門・天保八年生。石神井神社明治二十八年碑に高橋又左衛門・高橋豊次郎・高橋嘉蔵・高橋文五郎・高橋元吉・高橋孫次郎・高橋政太郎・高橋彦太郎・高橋周太郎。明治三十年人名録に高橋孫次郎・天保四年生・地租三十五円、高橋利助・安政四年生・地租三十円、高橋留太郎・万延元年生・地租三十円、高橋秀次郎・天保十年生・地租二十円、高橋豊次郎・嘉永六年生・地租二十円あり。

八一 同郡下間久里村(越谷市) 当村に此氏多く存す。第六天社文久二年算額に下間久里邑高階要蔵貴明・二十二歳。明治九年副戸長高橋八蔵・文政十一年生。明治三十年所得税下調査簿に桜井村高橋八蔵・反別十二町三反歩・地租百五十一円。同年人名録に高橋権之助・文久三年生・地租四十円あり。

八二 同郡谷中村(越谷市) 明治九年副戸長高橋清吉・文政八年生あり。三戸現存す・

八三 同郡岩槻宿 浅間社寛文十一年庚申塔に高橋徳右衛門、天和二年庚申塔に高橋善左衛門・高橋伝兵衛。久伊豆社文化二年庚申塔に渋江講中高橋兵右衛門。弥勒寺嘉永七年水鉢に市宿町高橋久左衛門。明治三十五年営業便覧に飲食店高橋久次郎・糸繭商高橋吟之助・鉄葉細工高橋房吉・高橋儀三郎・高橋弥重蔵・高橋太次郎・高橋武兵衛・高橋保太郎・高橋富吉・高橋藤太郎・高橋金次郎・高橋ソカ・高橋寅蔵・高橋甚蔵あり。是等は農業か。

八四 同郡新方領須賀村(岩槻市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に須賀村高橋幸之介・高橋清次郎あり。二戸現存す。

八五 同郡平野村(岩槻市) 西福寺文政十一年庚申塔に高橋新左衛門、天保六年馬頭尊に高橋亀吉あり。七戸現存す。

八六 同郡大口村(岩槻市) 香取社元文五年庚申塔に高橋重兵衛。増長村観秀院安政二年供養塔に大口村高橋金兵衛・高橋音五郎あり。三戸現存す。

八七 同郡笹久保村(岩槻市) 吉祥寺延宝六年水鉢に高橋五左衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に埼玉郡笹久保村高橋太治右衛門。八幡社嘉永元年幟碑に高橋岩松・高橋彦左衛門・高橋亀蔵・高橋源蔵・高橋文次郎・高橋次右衛門。地蔵院嘉永四年供養塔に当村・高橋平六・高橋重兵衛・高橋太治右衛門・高橋岩松・高橋彦左衛門・高橋亀蔵・高橋文治郎あり。三戸現存す。

八八 同郡笹久保新田(岩槻市) 明治四年宗門改帳に「○高橋武八・三十四歳、倅武兵衛・七歳。○高橋孝之丞・二十二歳、倅新蔵・二歳。○高橋栄蔵・四十二歳、倅八蔵・十七歳、倅藤吉・十歳、倅国蔵・九歳」あり。三戸現存す。

八九 同郡真福寺村(岩槻市) 久伊豆社天保十年水鉢に高橋源兵衛・高橋徳五郎、嘉永五年庚申塔に高橋岩五郎・高橋徳五郎・高橋与五右衛門・高橋源兵衛。鶴姫神社慶応三年碑に高橋卯三郎。明治三十年所得税下調査簿に柏崎村高橋廉三郎・反別二十八町六反歩・地租二百二十二円。同年人名録に高橋鹿三郎・明治十四年生あり。六戸現存す。

九〇 同郡大野島村(岩槻市) 神明社天保四年敷石碑に高橋寅蔵・高橋平左衛門・高橋市太郎・高橋本多郎。長宮村大光寺天保九年金子門人碑に大野島村高橋本太郎・高橋市太郎。普門院嘉永四年庚申塔に高橋平左衛門・後組高橋米太郎。増長村安政二年供養塔に大野島村高橋賀太郎・高橋弾右衛門・高橋寅蔵・高橋市太郎あり。四戸現存す。

九一 同郡谷下村(岩槻市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に岩槻領谷下村高橋忠蔵。当村弘化二年庚申塔に高橋忠蔵・高橋与右衛門・高橋金七・高橋藤右衛門。久伊豆社文久三年筆子碑に高橋富蔵・高橋藤蔵・高橋与吉あり。二戸現存す。

九二 同郡飯塚村(岩槻市) 法華寺貞享四年庚申塔に高橋伝左衛門、元禄三年庚申塔に高橋忠二郎、享保十六年庚申塔に高橋伝六.。香林寺元禄三年庚申塔に高橋庄三郎・高橋彦兵衛、享保十七年供養塔に高橋宗七郎・高橋権平・高橋小四郎・高橋勘右衛門・高橋源六.。清水文書に「安政三年、高橋幸次郎・高橋幸左衛門・高橋長吉。慶応四年、高橋本家又五郎・高橋本家こよ・高橋粂蔵・高橋和助・高橋安右衛門・高橋卯之助」あり。十戸現存す。

九三 同郡黒谷村(岩槻市) 久伊豆社天保二年水鉢に高橋又市・高橋岩次郎あり。六戸現存す。

九四 同郡下新井村(岩槻市) 玉蔵院天保十五年供養塔に高橋長吉。当村元治二年庚申塔に高橋藤蔵あり。七戸現存す。

九五 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 光秀寺正徳六年供養塔に尾ヶ崎村高橋五郎左衛門。嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に「○高橋弥平太―勝右衛門―庄兵衛―千之助―直蔵。○高橋七兵衛」あり。鈴木条参照。三戸現存す。

九六 同郡孫十郎村(岩槻市) 当村正徳三年庚申塔に孫十郎新田高橋源兵衛あり。現存無し。

九七 同郡慈恩寺村(岩槻市) 月読神社天保六年碑に高橋忠五郎・高橋金蔵、嘉永三年幟碑に高橋金蔵・高橋文吉あり。六戸現存す。

九八 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に裏慈恩寺村高橋加左衛門・高橋仁兵衛あり。八戸現存す。

九九 同郡鹿室村(岩槻市) 宝国寺正徳二年供養塔に鹿室村高橋平七.。不動堂万延元年庚申塔に高橋皆次郎あり。三戸現存す。

一〇〇 同郡平林寺村(岩槻市) 当村明和元年庚申塔に高橋重兵衛・高橋弥□衛門あり。七戸現存す。

一〇一 同郡馬込村(岩槻市) 当村安永九年庚申塔に高橋九右衛門・高橋志右衛門・高橋儀右衛門。弁財天神社文化二年碑に高橋久左衛門。第六天社嘉永五年供養塔に高橋久左衛門・高橋久助・高橋甚右衛門・高橋平左衛門、慶応二年水鉢に高橋平左衛門・高橋久左衛門あり。六戸存す。

一〇二 同郡粕壁宿 東八幡社宝暦二年庚申塔に高橋喜兵衛。八坂社文政十一年庚申塔に高橋七之助。元新宿八幡社天保四年水鉢に高橋勘兵衛。東八幡社天保十五年庚申塔に内谷高橋勝右衛門、文久三年狛犬に新宿組高橋七右衛門、明治三十四年碑に高橋金蔵。東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に高橋力蔵・高橋伝六.。明治三十年人名録に麦藁真田輪出商高橋力三・明治四年生・慶応義塾卒業。明治三十五年麦藁仲買商高橋藤蔵・麦藁真田商高橋七右衛門・糸繭商高橋広吉・同高橋金蔵・酒商高橋忠七.。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に高橋勝平・高橋七右衛門・高橋正三郎あり。

一〇三 同郡備後村(春日部市) 稲荷社享保六年御神燈に高橋五右衛門あり。

一〇四 同郡一ノ割村(春日部市) 円福寺明和四年庚申塔に高橋佐五兵衛、安永七年庚申塔に高橋惣右衛門・高橋太右衛門。香取社嘉永四年狛犬に高橋伊之輔・高橋万次郎、明治二十八年碑に高橋伊右衛門・高橋定八あり。十二戸現存す。

一〇五 同郡大場村(春日部市) 香取社嘉永六年御神燈に高橋弥右衛門・高橋善兵衛あり。十九戸現存す。

一〇六 同郡内牧村(春日部市) 慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に内牧村原新田高橋伝七.。浅間社嘉永五年幟碑に内牧新田高橋幸右衛門・高橋伝七.。明治八年騎西町釜屋文書に内牧村酒造業高橋幸右衛門。明治九年副戸長高橋安次郎・文政七年生。明治三十年人名録に高橋伝六・明治二年生、郡会議員高橋喜右衛門あり。十三戸現存す。

一〇七 同郡百間村(宮代町) 清地村近津神社元治元年狛犬に若宮・高橋熊次郎・高橋七三郎、明治十六年御神燈に百間若宮・高橋安左衛門・高橋磯七・高橋熊七.。明治三十年人名録に百間村収入役百間中島高橋安左衛門・弘化四年生、百間東村高橋磯七・弘化元年生・地租十六円あり。

一〇八 同郡蓮谷村(宮代町) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に百間領蓮谷村高橋六兵衛あり。

一〇九 同郡和戸村(宮代町) 宇宮神社明治二十二年碑に高橋久七・高橋六兵衛あり。十戸現存す。

一一〇 同郡白岡村 興善寺天明四年地蔵尊に高橋七右衛門。八幡社嘉永二年御神燈に高橋七蔵あり。十七戸現存す。

一一一 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 観音堂元禄二年庚申塔に高橋宇兵衛・高橋甚兵衛あり。現存無し。

一一二 同郡千駄野村(白岡町) 小久喜村久伊豆社文政九年庚申塔に千駄野村高橋徳兵衛。当村天保十四年聖徳太子碑に当村高橋三治郎。八幡社嘉永五年水鉢に高橋庄吉。明治九年副戸長高橋久次郎・天保五年生。明治三十年人名録に高橋房太郎・明治二年生・反別十四町歩・地租百五十九円、高橋源八・安政五年生・地租六十円あり。十四戸現存す。

一一三 同郡蓮田村 当村に此氏多く存す。小貝戸村清光寺文政十二年筆子碑に上蓮田村高橋平太郎あり。

一一四 同郡黒浜村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

一一五 同郡井沼村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。明和五年庚申塔に高橋五左衛門、文化十二年観音像に高橋七右衛門。羽貫村西蔵院文政八年筆子碑に井沼村高橋五左衛門・高橋熊太郎・高橋松五郎。宝泉寺明治二十年馬頭尊に高橋由蔵・高橋伊勢之助・高橋七五郎・高橋新蔵。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国南埼玉郡井沼村高橋七五郎あり。

一一六 同郡新宿村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。林昌寺嘉永四年成田山碑に高橋伝蔵。明治九年戸長高橋永太郎・文政七年生。久伊豆社明治二十三年幟碑に高橋助次郎。白岡村正福院明治二十七年廻国塔に新宿高橋喜惣治。明治三十年人名録に高橋作重郎・嘉永元年生・地租二十七円、高橋茂吉・明治六年生・地租十六円あり。

一一七 同郡高虫村(蓮田市) 妙楽寺天保七年馬頭尊に高橋綾三郎・高橋伍郎。明治九年副戸長高橋伊兵衛・文化五年生。明治二十年柴山伏越改造碑に高虫村高橋皆蔵。明治三十年人名録に高橋皆蔵・天保四年生・地租五十一円あり。三戸現存す。

一一八 同郡菖蒲町 明治三十五年米穀商高橋幸之助あり。

一一九 同郡小林村(菖蒲町) 高橋一郎家天保四年馬頭尊に高橋嘉兵衛。当村明治二十六年聖徳太子碑に高橋弁次郎あり。十二戸現存す。

一二〇 同郡新堀村(菖蒲町) 久伊豆社安政四年狛犬に高橋又右衛門・高橋茂八・高橋次郎左衛門。明治九年副戸長高橋喜之助・嘉永二年生あり。十一戸現存す。

一二一 同郡上大崎村(菖蒲町) 当村嘉永元年庚申塔に中組高橋清吉あり。三戸現存す。

一二二 同郡笠原村(鴻巣市) 風土記稿に久伊豆社神主高橋右門。西ノ谷村久伊豆社慶応二年御嶽碑に笠原村高橋庄司・高橋数馬。当村久伊豆社明治三十九年碑に高橋巻太郎・高橋庄兵衛あり。十三戸現存す。

一二三 同郡境村(川里町) 明治四年名主高橋猪十郎・二十歳。明治九年副戸長高橋新右衛門・文政三年生あり。六戸現存す。

一二四 同郡広田村(川里町) 鷺栖神社弘化三年碑に高橋清兵衛、嘉永六年幟碑に高橋新五郎・高橋金助・高橋権之丞・高橋仙八.。野村玉松堂文久四年入門に広田村高橋安五郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡上広田高橋十五郎あり。十五戸現存す。

一二五 同郡屈巣村(川里町) 天明元年山崎文書に字中・高橋与吉あり。五戸現存す。

一二六 同郡騎西町 内田ヶ谷村大福寺寛延二年供養塔に埼西町高橋平八.。明治三十五年建具商高橋秀五郎あり。

一二七 同郡内田ヶ谷村(騎西町) 文政二年馬頭尊に内田ヶ谷村高橋万蔵あり。四戸現存す。

一二八 同郡中種足村(騎西町) 当村文化九年庚申塔に中種足村高橋利兵衛。泉蔵院天保十四年供養塔に上砂高橋栄蔵あり。現存無し。

一二九 同郡上崎村(騎西町) 愛宕社宝暦四年碑に当村高橋浅右衛門。雷電社明和二年弁財天碑に高橋与市右衛門、安政四年御神燈に高橋与右衛門。竜興寺文政五年宝篋印塔に上崎村高橋市左衛門あり。二戸現存す。

一三〇 同郡久喜町 野久喜村太田神社天明三年水鉢に野久喜村高橋源蔵。明治三十五年湯屋高砂高橋清蔵あり。

一三一 同郡太田袋村(久喜市) 琴平社文政三年水鉢に当所高橋勘治郎あり。二戸現存す。

一三二 同郡上清久村(久喜市) 明治九年副戸長高橋富右衛門・文政十一年生あり。二戸現存す。

一三三 同郡栗原村(久喜市) 明治九年副戸長高橋要助・文政八年生あり。十二戸現存す。

一三四 同郡鷲宮町 鷲宮神社弘化三年文書に中町組頭高橋直八、上町百姓代高橋左七.。同社嘉永五年狛犬に当町高橋徳次郎。明治三年本多文書に鷲宮神社神楽役高橋幸太夫・同高橋武太夫あり。

一三五 同郡上内村(鷲宮町) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に上内村高橋兵左衛門・高橋孫右衛門。明治九年戸長高橋荘之丞・安政元年生。明治三十年所得税下調査簿に高橋荘之丞・反別二十一町二反歩・地租二百七十八円(鷲宮村長、県会議員)。鷲宮村長高橋政治・明治十年生あり。十一戸現存す。

一三六 同郡葛梅村(鷲宮町) 当村に此氏多く存す。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に葛梅村高橋惣右衛門。下村君村永明寺文久二年仙元碑にクツウメ高橋喜右衛門・高橋仙吉。明治九年副戸長高橋半三郎・天保五年生あり。

一三七 同郡加須町 明治三十五年洋物商高橋幾太郎・煙草卸商高橋徳治・傘製造高橋音吉あり。

一三八 同郡不動岡村(加須市) 明治七年製糸会社人名録に高橋幸右衛門。明治九年副戸長高橋三郎右衛門・文政十二年生あり。

一三九 同郡三俣村(加須市) 諏訪社明治二十一年伊勢講碑に高橋彦兵衛あり。

一四〇 同郡阿良川村(加須市) 天神社宝暦五年庚申塔に高橋七左衛門あり。二戸現存す。

一四一 同郡下谷村(加須市) 生善院寛延三年供養塔に高橋庄兵衛。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に下谷村高橋幸三郎。下村君村永明寺文久二年仙元碑にシモヤ村高橋幸三郎。上三俣村菊地家筆子控に元治二年下谷村沖谷庄兵衛倅高橋藤兵衛。八幡社慶応三年幟碑に高橋平右衛門・高橋幸三郎・高橋要之丞・高橋清吉・高橋民蔵、沖屋・高橋次郎兵衛・高橋茂兵衛、岩瀬・高橋茂吉。明治九年副戸長高橋治郎兵衛・天保七年生あり。七戸現存す。

一四二 同郡大越村(加須市) 徳性寺文政九年常夜燈に堤崎高橋久右衛門。明治八年騎西町釜屋文書に大越村酒造業高橋作兵衛。熊谷宿日蓮宗賢勝院明治十四年妙法講碑に大越村高橋作兵衛あり。四戸現存す。

一四三 同郡馬内村(加須市) 明治九年副戸長高橋岩五郎・天保十一年生あり。六戸現存す。

一四四 同郡串作村(加須市) 観音寺文化十二年馬頭尊に高橋次助。諏訪社文化九年御神燈に高橋清兵衛・高橋次兵衛、明治八年御神燈に高橋富三郎・高橋清蔵。明治五年百姓代高橋友八あり。五戸現存す。

一四五 同郡志多見村(加須市) 明蔵院寛政二年巡拝塔に高橋利兵衛。当村弘化五年月待塔に高橋惣十.。明治四年松村文書に高橋惣十・高橋成助・高橋六右衛門。明治九年副戸長高橋半左衛門・天保十三年生(組頭)あり。七戸現存す。

一四六 同郡樋遣川村(加須市) 当村享和元年読誦塔に樋遣川村講中・七釜戸高橋与惣治。明治十三年矢口文書に高橋要吉あり。九戸現存す。

一四七 同郡旗井村(大利根町) 当村に此氏多く存す。旗井神社日露戦役碑に高橋平蔵・高橋丑松あり。

一四八 同郡阿佐間村(大利根町) 八幡社天保八年御神燈に高橋国五郎・高橋寅吉、江戸末期狛犬に高橋甚吉あり。四戸現存す。

一四九 同郡弥兵衛村(大利根町) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に弥兵衛村高橋紋太郎あり。現存無し。

一五〇 同郡本郷村(北川辺町) 明治十九年文書に高橋忠蔵・高橋重五郎・高橋増蔵・高橋宇兵衛・高橋忠次郎・高橋伊之吉・高橋松太郎・高橋伊太郎あり。七戸現存す。

一五一 同郡駒場村(北川辺町) 風土記稿駒場村条に「若宮八幡社は村の小名三軒家の鎮守なり。当社は元亀年中・当村開発の時、高橋左近、同右近と云もの勧請せし社にして、すなわち右近・社人となりしより子孫代々当社の神職として今高橋薩摩と号す。左近が家は農家となりて子孫村内に住せり」と見ゆ。十五戸現存す。

一五二 同郡麦倉村(北川辺町) 八坂社文政十年御神燈に士部・高橋伊右衛門、文久二年幟碑に高橋利助あり。五戸現存す。

一五三 同郡羽生町 毘沙門堂天保十一年石華表碑に町場村高橋源右衛門・高橋喜右衛門。古江宮田神社嘉永元年浅間碑に町場村高橋喜右衛門。安政七年御用留に羽生町場名主高橋文之丞。建福寺文久三年筆子碑に高橋周助。八雲社慶応二年碑に高橋文之丞。明治五年荒物商高橋周蔵・薬種商高橋章三郎・生魚商高橋豊吉・綿商高橋藤次郎・縞買商高橋集助。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流羽生村高橋利助。明治三十五年営業便覧に綿糸商高橋文蔵・青縞問屋高橋辰五郎・同高橋宗吉・糸繭商高橋半次郎・薬種商高橋成章・荒物煙草商高橋利助。羽生城跡天神社明治三十八年伊勢講碑に高橋辰五郎あり。

一五四 同郡上新郷(羽生市) 白山社明治十九年御神燈に高橋金六.。明治二十二年医師高橋玄民あり。八戸現存す。

一五五 同郡下新郷(羽生市) 天神社正徳四年庚申塔に高橋藤兵衛あり。八戸現存す。

一五六 同郡忍町 佐間村清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町高橋又兵衛。熊谷宿高城神社天保十二年紺屋碑に行田町高橋佐一・高橋与兵衛。嘉永六年箕田村増島俊輔筆子碑に行田高橋金二郎。明治三十五年洗張物所高橋与兵衛・木具商高橋幸次郎・米穀商高橋伊三郎・葬具商高橋藤兵衛あり。

一五七 同郡埼玉村(行田市) 当村に此氏多く存す。秩父宝登山神社明治二十七年棟札に屋根錺師埼玉村高橋平右衛門・同高橋栄太郎・同高橋長太郎あり。

一五八 同郡須加村(行田市) 熊野社嘉永五年御神燈に高橋金蔵、明治十五年水鉢に高橋甚三郎・高橋勝三.。須加村会議員に高橋嘉之吉・慶応元年生、高橋孝太郎・明治二十三年生、高橋林三・明治二十四年生あり。十五戸現存す。

一五九 同郡前谷村(行田市) 光明寺天保七年常夜燈に当所高橋茂助あり。三戸現存す。

一六〇 同郡野村(行田市) 当村に此氏多く存す。広田村万照山広徳院寛永四年開山眠国寿鶴和尚は、野村住人高橋左門之子息也。新井条参照。正覚寺寛政三年供養塔に高橋庄八.。氷川社享和二年碑に高橋平蔵・高橋安次郎、安政三年御神燈に高橋清次郎・高橋兵七・高橋安治郎・高橋倉之助・高橋新五郎・高橋卯之助・高橋卯八・高橋伝蔵・高橋清蔵・高橋与惣右衛門。天保元年名主高橋多兵衛。玉松堂入門帳(植田文書)に「文久元年・当所上分高橋源八、文久二年・上分高橋次左衛門、文久三年・上分高橋伝左衛門咸山、慶応二年・高橋平右衛門・高橋左門、慶応三年・高橋員一郎慶山・高橋兼吉、明治四年・高橋栄太郎・高橋庄治郎・高橋幾太郎あり。

一六一 同郡上池守村(行田市) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

一六二 同郡利田村(行田市) 中井村西光院安永七年筆子碑に利田村高橋市三郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡利田・高橋精十郎あり。二戸現存す。

一六三 同郡樋上村(行田市) 天満宮天保九年御神燈に高橋友次郎・高橋弥右衛門。堤根村永徳寺明治四年筆子碑に日ノ上高橋嘉十郎。明治九年副戸長高橋弥右衛門・文政七年生あり。二戸現存す。

一六四 同郡斎条村(行田市) 当村に此氏の旧家あり。十五戸現存す。

一六五 同郡門井村(行田市) 大芦村日枝社文化五年普門品に門井村高橋弥八.。鷺栖神社明治八年御神燈に当所高橋啓治郎あり。十一戸現存す。

一六六 同郡北河原村(行田市) 照岩寺天明八年馬頭尊に高橋与七・高橋三郎兵衛あり。二戸現存す。

一六七 同郡南河原村 河原神社文化三年富士講碑に高橋新右衛門あり。一戸現存す。

一六八 同郡大塚村(熊谷市) 神道無念流宮戸村金井宇一郎起請文に元治元年・埼玉郡大塚村高橋善之助・高橋満之助。明治元年組頭高橋弥吉。明治九年副戸長高橋安五郎・文政十年生。明治十三年戸長高橋徳次郎あり。五戸現存す。

一六九 同郡上中条村(熊谷市) 江戸末期組頭高橋良八.。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に上中条村高橋鷲之助あり。六戸現存す。

一七〇 同郡今井村(熊谷市) 江戸末期組頭高橋半右衛門。明治三年組頭高橋半次郎。明治九年副戸長高橋文右衛門・天保三年生。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に今井村高橋吉三郎あり。六戸現存す。

一七一 同郡平戸村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。願宗寺寛政十年供養塔に高橋国平。屈巣村安政三年藤村文書に平戸村名主高橋伴七.。明治九年戸長高橋幸次郎・天保十二年生。

一七二 足立郡川口町 善光寺嘉永六年庚申塔に当所高橋市五郎。明治三十五年鋳物製造高橋福太郎・乾物商高橋熊蔵。川口神社明治三十九年碑に高橋安五郎・高橋栄次・高橋孫市・高橋福太郎。県会議員高橋八郎・明治三十三年生あり。

一七三 同郡源左衛門新田(川口市) 木曽呂村朝日神社明治二十七年御神燈に源左衛門新田高橋元五郎、明治三十五年鳥居碑に源左衛門新田高橋磯五郎・高橋元吉あり。

一七四 同郡長蔵新田(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に長蔵新田高橋茂八・高橋吉兵衛・高橋平吉。立野村西福寺弘化三年百観音に長蔵新田高橋忠蔵。明治九年副戸長高橋吾平・天保八年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流足立郡長蔵新田高橋瀬三郎・高橋忠三郎あり。

一七五 同郡藤兵衛新田(川口市) 鈎上村神明社元治元年碑に藤兵衛新田高橋伊豆あり。

一七六 同郡元郷村(川口市) 県会議員醤油業高橋善次郎・明治二十六年生・南平柳村出身あり。

一七七 同郡戸塚村(川口市) 明治二十一年皇国武術英名録に「柳剛流北足立郡戸塚村高橋房太郎の子高橋芳太郎景行、男高橋伊八景忠。吾大祖たるや本国郷士小見山弾正之近臣にして高橋景光なり、天正年間の役に係り主君を守護し奉り、主君と共に字大間野の入江に於て戦死す。其子高橋主計之輔・二君に仕へずより義を重し、数年を経て原の戸塚城下に立戻り、君父の菩提を弔ひ奉らんため農となる。数十代之孫高橋八郎兵衛、其子高橋専輔分を分つ、其三代の孫芳太郎なり」と見ゆ。小見山氏は日蓮宗の大旦那なり。小見山・高木条参照。新義真言宗西光院墓碑に「妙寿尼・寛永十年八月十九日没、施主高橋八郎兵衛」。同寺安永六年宝篋印塔に当寺檀那高橋五左衛門・高橋恒五郎、文政十三年庚申塔に上戸塚村高橋為右衛門。浄土宗東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村高橋亀右衛門・高橋銀次郎・高橋金八・高橋新之丞・高橋多七、天保十三年地蔵尊に戸塚村高橋伝之丞。日蓮宗本行寺天保五年水鉢に高橋専助・高橋清兵衛・高橋為右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡南分領戸塚村高橋専助。立野村西福寺弘化三年百観音に戸塚村高橋八郎兵衛。大門宿会田家手習帳に嘉永三年・見沼領戸塚村高橋伝次郎倅薬太郎十一歳。吉蔵新田中山家筆学帳に安政二年・戸塚村新屋敷高橋栄太郎。万延元年武術英名録に神道無念流戸塚村高橋柳太郎。鈎上村神明社元治元年碑に戸塚村高橋浅右衛門。諏訪社慶応四年絵馬に当所高橋芳太郎、明治九年絵馬に高橋和太郎、明治十二年絵馬に高橋福太郎。明治九年戸長高橋柳三・文久元年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に戸塚村高橋八郎兵衛。七郷神社明治十年絵馬に高橋玄蔵、明治三十一年奉納額に当所高橋五左衛門。明治二十年柴山伏越改造碑に戸塚村高橋八郎兵衛あり。

一七八 同郡谷古田領原村(川口市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に赤山領原村新田高橋平七.。密蔵院文政十二年普門品に原新田高橋角之丞・高橋大治郎。吉蔵新田中山家筆学帳に安政六年・原新田高橋熊太郎、万延二年・原新田高橋久左衛門、文久四年・原新田高橋仙助、慶応二年・原新田竹輪屋孫高橋利吉、明治四年・原新田市右衛門倅熊太郎弟高橋国蔵。明治九年原村副戸長高橋市右衛門・天保二年生あり。

一七九 同郡平柳領領家村(川口市) 実相寺安永十年碑に当村高橋佐七、明治十四年碑に高橋佐兵衛・高橋善兵衛・高橋七左衛門・高橋利八.。明治九年副戸長高橋七左衛門、副戸長高橋善兵衛、副戸長高橋利八.。顕正寺明治二十年青銅銘に領家村高橋善兵衛。明治二十年柴山伏越改造碑に領家村高橋利八あり。

一八〇 同郡谷古田領貝塚村(川口市) 観音堂宝暦五年六地蔵に貝塚村高橋喜右衛門あり。

一八一 同郡吉蔵新田(川口市) 中山家筆学帳に嘉永六年・吉蔵新田高橋民蔵。同家安政元年撃剣中山慎斎碑に高橋喜代松・高橋民蔵・高橋時蔵あり。

一八二 同郡安行領根岸村(川口市) 西新井宿村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に根岸高橋兵蔵あり。

一八三 同郡榛松村(川口市) 明治六年榛松村学校積立金簿に高橋久蔵・高橋民蔵・高橋平吉あり。

一八四 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社天明二年熊野社碑に赤山領家村高橋沖右衛門、慶応二年筆子碑に高橋弥三郎・高橋国太郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡赤山領領家村高橋吉三郎。吉蔵新田中山家筆学帳に安政二年・領家村大屋敷高橋勇介あり。

一八五 同郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺明治三年門下碑に高橋音次郎・高橋平次郎・高橋豊次郎・高橋恒之助・高橋熊次郎・高橋利右衛門あり。他村住人か。

一八六 同郡蓮沼村(川口市) 普門寺明治三十八年碑に高橋太三郎あり。

一八七 同郡石神村(川口市) 文化十二年国谷文書に石神村高橋亀次郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡石神村高橋加兵衛。真乗院弘化三年普門品に当所高橋与惣治・高橋友八・高橋由五郎・高橋金蔵・高橋安蔵・高橋富五郎・高橋秀蔵。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に石神村高橋嘉兵衛。明治六年生徒月並受取帳に高橋七五郎・高橋新之助・高橋粂治郎あり。

一八八 同郡長蔵新田(川口市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡長蔵新田高橋平吉あり。

一八九 同郡安行慈林村(川口市) 氷川社明治三十四年絵馬に当村高橋文次郎あり。

一九〇 同郡安行藤八新田(川口市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流足立郡藤八新田高橋清八.。明治三十五年植木商高橋菊次郎・同高橋寅蔵。天神社明治三十七年奉納額に高橋伝吉・高橋辰右衛門。鳩ヶ谷町柳武館明治三十八年撃士名簿に藤八新田高橋甚蔵・高橋清一郎あり。

一九一 同郡樋爪村(川口市) 氷川社明治十四年絵馬に高橋佐兵衛あり。

一九二 同郡芝村(川口市) 文政三年成就庵筆子にツカノコシ高橋丹治郎、東木戸高橋金六・高橋栄治。鶴ヶ丸八幡社文久三年石華表に当村高橋金右衛門・高橋勘右衛門。慈星院明治十年碑に高橋金六・高橋半次郎・高橋勘右衛門。氷室社明治二十七年絵馬に高橋勘右衛門あり。

一九三 同郡上青木村(川口市) 氷川社嘉永八年御神燈に当所高橋源助、明治二十八年碑に高橋源次郎・高橋徳次郎。安楽寺明治三十三年大日堂碑に高橋八五郎・高橋太市・高橋浅五郎・高橋鉄五郎あり。

一九四 同郡下青木村(川口市) 氷川社天保七年水鉢に下青木邑高橋久四郎、万延元年寄進帳に高橋五左衛門・高橋五兵衛・高橋藤右衛門、慶応四年水鉢に当所高橋藤右衛門・川口町栄町高橋銀蔵大正十四年修理、明治三十九年碑に高橋慶之助あり。

一九五 同郡草加宿 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に草加宿高橋庄右衛門。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿高橋半四郎、文久三年碑に草加駅高橋荘兵衛。南草加村東福寺文政七年棟札に高橋庄兵衛。槐戸村観音寺跡年不詳宝篋印塔に草加町高橋庄右門。草加神社弘化三年玉垣碑に高橋庄爾。嘉永三年草加宿豪商農に一丁目(原島村)農業高橋庄右衛門。万延元年武術英名録に柳剛流草加宿高橋庄兵衛。市神祠官筆学門人帳に文久四年・五丁目花や次男高橋清次郎。剣術神文鑑に慶応三年草加宿五丁目高橋清次郎、六丁目高橋善次郎、明治十九年原島村高橋新之助。原島村神明社明治元年碑に高橋荘右衛門・高橋荘左衛門。青柳村八幡社明治十五年水鉢に草加駅四丁目高橋酉造。明治十六年県会議員調に原島村高橋荘右衛門・天保十四年生・田畑一町三反歩所有(十町の書誤か)。明治三十五年油商高橋綱吉・菓子商名護屋高橋さと・水菓子商高橋喜代松・魚商八百庄高橋菊次郎あり。

一九六 同郡槐戸村(草加市) 観音寺跡年不詳宝篋印塔に高橋源蔵あり。

一九七 同郡吉笹原村(草加市) 長福寺跡文化十二年宝篋篋印塔に高橋浅右衛門・高橋七郎兵衛・高橋七右衛門、安政五年供養塔に高橋市右衛門・高橋浅五郎・高橋金蔵。日枝社文政六年碑に高橋浅右衛門・高橋七郎兵衛・高橋金助、嘉永六年碑に高橋市蔵・高橋浅五郎。柳之宮村氷川社明治十九年絵馬に吉笹原村高橋金次郎あり。稾(オオイ)条参照。

一九八 同郡九左衛門新田(草加市) 当村安永八年庚申塔に九左衛門新田高橋弥吉、文化五年庚申塔に高橋平七.。金右衛門新田文久二年成田山碑に九左衛門新田高橋徳治郎。明治九年副戸長高橋左右蔵・天保九年生、副戸長高橋真五郎・安政四年生。剣術神文鑑に明治十四年九左衛門新田高橋勘次郎、明治三十五年同村高橋半右衛門。明治十九年家屋台帳に高橋助次郎・高橋喜太郎・高橋新之助・高橋宗次郎・高橋左右蔵・高橋啓太郎・高橋佐助・高橋徳次郎・高橋貞二郎・高橋捷之助あり。

一九九 同郡新兵衛新田(草加市) 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流北足立郡新兵衛新田高橋喜太郎あり。

二〇〇 同郡清右衛門新田(草加市) 稲荷社宝暦二年庚申塔に高橋半左衛門、宝暦十一年庚申塔に高橋平右衛門・高橋伝左衛門・高橋七右衛門、天保十一年水鉢に高橋巳之助・高橋利左衛門・高橋与助、慶応元年供養塔に高橋平蔵。金右衛門新田文久二年成田山碑に清右衛門新田高橋平蔵あり。

二〇一 同郡長右衛門新田(草加市) 戸塚村西光院安永六年宝篋印塔に当寺惣檀那長右衛門新田・高橋喜平太・高橋伊兵衛・高橋太助・高橋茂七・高橋武兵衛・高橋与右衛門・高橋丈右衛門・高橋安兵衛。大間野村三社大神社天明三年水鉢に長右衛門新田高橋治兵衛。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡長右衛門新田高橋熊之丞。吉蔵新田中山筆学帳に安政二年・長右衛門新田七蔵倅高橋八太郎、万延二年・長右衛門新田禰宜高橋喜三郎。天神社文久三年碑に高橋弥十郎・高橋七右衛門・高橋栄太郎・高橋伊兵衛・高橋重次郎・高橋梅太郎・高橋忠五郎・高橋保助あり。

二〇二 同郡瀬崎村(草加市) 浅間社天保十三年擬宝珠銘に瀬崎村高橋初蔵あり。

二〇三 同郡谷塚村(草加市) 宝持院正徳二年庚申塔に下谷塚村高橋伍右衛門・高橋次郎左衛門、文政三年供養塔に高橋清右衛門・高橋平左衛門・高橋忠兵衛、文久二年供養塔に高橋平左衛門・高橋由右衛門・高橋利助・高橋忠兵衛・高橋治郎右衛門あり。

二〇四 同郡鳩ヶ谷宿 氷川社寛政十年水鉢に当町高橋祐悦。明治三十五年足袋商播磨屋高橋徳次郎あり。

二〇五 同郡小淵村(鳩ヶ谷市) 氷川社明治二十七年御嶽碑に当所高橋国五郎あり。

二〇六 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 明治八年矢作文書に中居村本村組高橋園次郎・高橋忠左衛門・高橋安五郎、八幡木組高橋斎兵衛・高橋源右衛門。八幡社明治三十九年碑に高橋幸三郎・高橋徳蔵・高橋隆太郎・高橋慶蔵・八幡木組高橋光太郎あり。

二〇七 同郡蕨宿 渋川氏家臣の高橋四郎・同九郎の兄弟は永禄十年三舟山合戦に参陣すと云う。次項参照。風土記稿蕨宿条に「蕨城主渋川氏の家人高橋・今井・町田・山田・永島等あり、子孫あり」と。世鏡伝記顕臨書に「高橋氏等は慶長十七年新宿取立に付き上下戸田村より来住する人也」。本法院貞享四年棟札に高橋次左衛門、元禄十一年棟札に高橋新左衛門、享保十年棟札に高橋新左衛門・高橋主計、享保十二年棟札に高橋治右衛門・高橋安兵衛・高橋七郎兵衛。錦町山崎家元禄八年庚申塔に高橋市郎兵衛・高橋新左門。宝蔵寺寛延元年文書に高橋新兵衛。宝樹院文化十三年渋川公供養塔に高橋拾兵衛。和楽備神社天保三年御神燈に高橋仙蔵・高橋富五郎、万延二年御神燈に高橋常吉・高橋勇次郎・高橋庄太郎・高橋馬之助。三学院文久三年供養塔に蕨宿高橋馬之助、明治十五年水鉢に高橋勇次郎。明治四年商用判鑑帳に黄那粉屋高橋綱五郎、百姓代高橋新左衛門、高橋四郎左衛門、高橋馬之助。明治九年副戸長高橋四郎左衛門。本法院明治十四年碑に高橋新左衛門・高橋次左衛門・高橋綱五郎・高橋菊蔵・高橋善蔵・高橋弥右衛門。明治三十五年営業便覧に藍玉製造高橋新左衛門・理髪職高橋熊吉・同高橋幸三郎・織物製造高橋菊次郎・同高橋清三郎・酒商高橋利三郎・機具商高橋儀助・土物商高橋音三郎・菓子商高橋福次郎・米穀商高橋菊次郎・白米商高橋儀助・飲食店高橋善蔵。県会議員高橋庄次郎・明治四十五年生あり。

二〇八 同郡塚越村(蕨市) 渋川氏家臣高橋九郎左衛門は当村に土着す。機屋東屋高橋新五郎家系図に「本家高橋権兵衛の倅初代高橋吉右衛門(元禄六年分家、宝永五年没七十歳)―数馬(宝暦十二年没七十八歳)―領右衛門(寛政八年没六十八歳)―新五郎(文化十三年没五十歳)―新五郎(寛政三年生)―新五郎(文化十三年生)」。亥子隅堂元禄十四年庚申塔に塚越村高橋市十郎。稲荷社寛政七年庚申塔に高橋七右衛門・高橋平治郎・高橋伝兵衛、文政十三年庚申塔に当所高橋九郎左衛門・高橋新五郎・高橋藤右衛門、天保五年水鉢に当所高橋四一郎・高橋新治郎・高橋豊治郎、嘉永四年敷石碑に高橋新五郎・高橋藤五郎、嘉永五年鳥居碑に高橋数馬。亥子隅堂元治元年供養塔に高橋伝兵衛・高橋寅次郎・高橋岩次郎・高橋源太郎。稲荷社慶応元年地蔵尊に高橋九郎左衛門・高橋友次郎・高橋徳次郎・高橋忠右衛門。明治六年保長高橋九郎左衛門。明治九年戸長高橋荘一郎。蕨町三学院明治十一年碑に塚越村高橋新五郎・高橋藤五郎・高橋新助・高橋とよ・高橋源太郎・高橋重五郎・高橋増次郎・高橋忠右衛門・高橋友七.。明治三十五年織物製造高橋岩次郎・同高橋源太郎・双子織瓦斯甲斐絹製造車屋高橋新九郎あり。

二〇九 同郡上戸田村 当村享保十四年庚申塔に高橋伊左衛門あり。

二一〇 同郡下戸田村 新曽村妙顕寺享保十二年供養塔に下戸田船渡高橋六右衛門。明治八年騎西町釜屋文書に戸田河岸酒造業高橋権八あり。

二一一 同郡美女木村(戸田市) 八幡社天保六年狛犬に高橋市郎右衛門あり。

二一二 同郡浦和宿 芝村鶴ヶ丸八幡社文化十四年水鉢に浦和宿高橋治右衛門。明治三十五年古物商高橋金作・農業高橋新次郎。県会議員弁護士高橋安爾・安政六年生・宮城県出身。其子衆議院議員弁護士高橋泰雄・明治二十年生あり。

二一三 同郡本太村(浦和市) 山神社明治三十年碑に高橋清五郎あり。

二一四 同郡駒場村(浦和市) 本太村氷川社明治二十八年碑に駒場高橋丑太郎あり。

二一五 同郡太田窪村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に高橋隆蔵・高橋磯吉・高橋佐吉あり。

二一六 同郡大門宿(浦和市) 会田家手習帳に安政二年・当宿高橋要蔵倅源次郎十一歳あり。

二一七 同郡大谷口村(浦和市) 氷川社明治二十九年水鉢に高橋杢次郎・高橋杢右衛門・高橋長蔵・高橋弥助、明治四十五年狛犬に高橋貞助あり。

二一八 同郡大崎村(浦和市) 元和九年検地帳は名主高橋家所蔵。曹洞宗国昌寺二世大雲文竜は元和三年寂。風土記稿に「諏訪社の神主高橋図書。国昌寺の開基は先祖なり」と。太子堂文化元年普門品に当村高橋舛蔵・高橋吉五郎・高橋新左衛門・高橋喜惣治・高橋治右衛門・高橋文治郎・高橋文蔵・高橋藤次郎・高橋金右衛門・高橋伝内・高橋要助・高橋半右衛門。大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に大崎村高橋祐八.。薬師堂文政二年普門品に高橋勇蔵・高橋弁蔵。万延元年武術英名録に深井柳剛流足立郡大崎村高橋金之進。文久元年上木崎村市川文書に大崎村高橋武兵衛。明治九年副戸長高橋弥五左衛門・天保八年生、副戸長高橋喜兵衛・天保元年生。代山村成田不動尊明治四十年碑に大崎・高橋啓次郎・高橋仁右衛門・高橋文次郎・高橋留五郎・高橋重次郎・高橋きん・高橋市左衛門・高橋源八あり。

二一九 同郡寺山村(浦和市) 猿田彦神社元禄十六年庚申塔に高橋弥三郎。膝子村八幡社文政十一年力石碑に寺山村高橋伊右衛門。信州善光寺山門東の安政三年常夜燈に足立郡寺山村高橋伊右衛門。明治九年副戸長高橋伊右衛門・文化十四年生。代山村成田不動尊明治四十年碑に寺山・高橋亀吉・高橋重太郎・高橋弥吉あり。

二二〇 同郡中尾村(浦和市) 吉祥寺文政三年六地蔵に当所高橋平蔵。大間木村氷川社天保七年御神燈に芦谷高橋友右衛門。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に中尾村高橋友右衛門。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に中尾高橋友次郎あり。

二二一 同郡代山村(浦和市) 成田不動尊明治四十年碑に代山高橋兼吉。南部領辻村鷲神社明治四十二年碑に代山高橋兼吉あり。

二二二 同郡瀬ヶ崎村(浦和市) 三室村氷川女体社明治二十五年御神燈にセヶサキ高橋文次郎・高橋五三郎あり。

二二三 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社元治元年水鉢に高橋酉五郎、明治四十二年碑に高橋定五郎。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に辻村高橋重兵衛あり。

二二四 同郡三室村(浦和市) 文殊寺隣文政七年榛名碑に宿組高橋勘五郎。文殊寺安政四年筆子碑に宿組高橋兵蔵・松ノ木高橋松之輔。鈎上村神明社元治元年碑に宮本高橋勘二郎あり。

二二五 同郡下山口新田(浦和市) 稲荷社天保□年御神燈に当所高橋松五郎。木曽呂村朝日神社明治二十七年御神燈に下山口新田高橋惣吉・高橋弥兵衛あり。

二二六 同郡田島村(浦和市) 氷川社嘉永五年敷石碑に高橋八五郎、明治十一年石橋碑に高橋仙太郎あり。

二二七 同郡宿村(浦和市) 明治二十年柴山伏越改造碑に宿村高橋源之助。大久保神社明治三十年碑に高橋金太郎あり。

二二八 同郡五関村(浦和市) 稲荷社明治三十年碑に高橋繁蔵あり。

二二九 同郡与野町 小村田村氷川社宝永七年碑に与野町高橋勘左衛門。字赤山橋享保十一年供養塔に高橋勘左門。当町氷川社享保四年水鉢に高橋善左衛門・高橋善八、元文四年御神燈に高橋藤右衛門、安政三年御神燈に高橋啓輔。鈴谷村金毘羅堂天保五年水鉢に与野上町高橋彦次郎・高橋善左衛門。安政六年中村文書に与野町高橋勘左衛門。明治二十六年長伝寺文書に与野町高橋百三・高橋邦助。明治三十五年機業高橋佐十郎・荒物商高橋吉次郎あり。

二三〇 同郡八王子村(与野市) 庚申堂元禄十年庚申塔に高橋五郎兵衛。当村享保十三年庚申塔に高橋紋左衛門あり。

二三一 同郡大宮宿 氷川社参道高橋喜種家宝篋印塔に「応永十七年八月日、右志者為浄法禅門逆修石塔」。社人高橋種重家系に「当家は、累代当社奉仕罷在候処、永禄中・小田原北条家、社頭並社中悉及乱妨放火候節、種忠討死、絶家仕り子孫衰廃之処、種忠嫡孫吉右衛門某一人之娘有之、寛文七年種利を以って右女へ嫁合、高橋家再興、下社人に相成再奉仕罷在候得共、種忠以前之儀書類紛失に付相分不申候。大稲輿命之後胤、高橋治郎種忠―吉右衛門某―吉右衛門種利(元禄十四年卒)―吉治郎種元(享保十七年卒)―吉右衛門種良(宝暦十三年卒)―吉右衛門種周(天明八年卒)―宇平治種之(文化十一年卒)―仙吉種有(弘化二年卒)―種重」と見ゆ。明治三十五年指物師高橋米蔵・荒物商高橋佐吉・酒商高橋秋蔵・豆腐商高橋伝次郎・高橋金次郎あり。

二三二 同郡大成村(大宮市) 八幡社安永九年庚申塔に下大成村高橋甚兵衛あり。

二三三 同郡砂村(大宮市) 小名高橋谷あり。高橋氏の屋敷名か。原市道際文化四年庚申塔に高橋忠兵衛。中里村弘法尊院慶応三年碑に砂村高橋忠兵衛。八雲社明治二年水鉢に高橋忠左衛門・高橋忠兵衛・高橋太左衛門。明治九年副戸長高橋関次郎・天保十三年生。氷川社明治三十年御神燈に高橋桝太郎あり。

二三四 同郡島村(大宮市) 中里村弘法尊院明治二年碑に島村高橋喜八.。明治九年副戸長高橋忠太郎・嘉永二年生あり。

二三五 同郡下加村(大宮市) 安政四年名主高橋源左衛門。明治九年副戸長高橋源之助・安政元年生。氷川社明治三十五年水鉢に高橋丑五郎。

二三六 同郡上内野村(大宮市) 字宮ノ前元禄三年庚申塔に高橋次郎右衛門。清河寺村清河寺文化八年廻国塔に宮野前村高橋伊八.。氷川社文化八年水鉢に当村高橋伊八、慶応三年御神燈に上内野村高橋伊右衛門。

二三七 同郡西谷村(大宮市) 当村元禄十四年庚申塔に西谷村高橋仁兵衛。明治九年副戸長高橋富蔵・天保三年生(名主)あり。寅蔵か。

二三八 同郡指扇村(大宮市) 氷川社天保二年御神燈に高橋吉右衛門・高橋吉左衛門、明治三十一年御神燈に高橋貞之助・高橋春吉・高橋善太郎・高橋初吉。八雲社明治四十四年碑に高橋増太郎・高橋政吉・高橋源七・高橋金五郎・高橋新造あり。

二三九 同郡大谷領別所村(大宮市) 平方村馬蹄寺明治二十九年馬頭尊に大谷別所高橋亀吉あり。

二四〇 同郡笹丸村(大宮市) 明治二十八年安田碑に高橋儀三郎あり。

二四一 同郡南部領宮下村(大宮市) 氷川社嘉永六年碑に高橋林蔵あり。

二四二 同郡上山口新田(大宮市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に山口新田高橋伊忠治あり。

二四三 同郡片柳村(大宮市) 万年寺明治四十四年碑に高橋幸蔵あり。

二四四 同郡土手宿村(大宮市) 四恩寺元禄十五年庚申塔に高橋助右衛門。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に土手高橋文吉あり。

二四五 同郡今羽村(大宮市) 自治会館北宝永六年庚申塔に高橋七郎兵衛・高橋庄左衛門。氷川社明治三十一年水鉢に当所高橋利吉・高橋富士吉・高橋兵左衛門、明治三十九年碑に高橋熊太郎・高橋浅吉・高橋直吉、明治四十三年碑に高橋文次郎・高橋栄太郎あり。

二四六 同郡深作村(大宮市) 字八反田橋元禄四年庚申塔に高橋九右衛門。当村元禄五年碑に高橋九右衛門・高橋喜兵衛・高橋五右衛門・高橋五兵衛。氷川社嘉永五年水鉢に高橋万吉・高橋三之助・高橋夘之吉・高橋力蔵・高橋吉五郎・谷ギヤ高橋喜惣治、元治二年水鉢に高橋斧七郎、明治三十年幟碑に高橋梅五郎あり。

二四七 同郡小深作村(大宮市) 深作村氷川社嘉永五年水鉢にコフカサク高橋喜伝治・高橋栄次郎あり。

二四八 同郡小室村(伊奈町) 当村天保□□年庚申塔に小室本村高橋儀左衛門あり。

二四九 同郡上尾宿 倉田村明星院宝暦十二年文書に上尾村世話人高橋平右衛門。氷川鍬神社明治三十八年敷石碑に高橋和吉。愛宕社明治四十四年碑に高橋宗蔵・高橋幸蔵(理髪店)あり。

二五〇 同郡上村(上尾市) 明治八年騎西町釜屋文書に足立郡上村酒造業高橋卯之助あり。

二五一 同郡戸崎村(上尾市) 当村延宝七年庚申塔に戸崎村高橋喜兵衛、元禄十一年庚申塔に高橋宇右衛門あり。

二五二 同郡宮下村(上尾市) 天神社明治三十七年碑に高橋五助あり。

二五三 同郡畔吉村(上尾市) 徳星寺宝永三年庚申塔に畔吉村高橋次助・高橋権兵衛あり。

二五四 同郡藤波村(上尾市) 当村元禄十二年庚申塔に高橋源兵衛あり。

二五五 同郡堤崎村(上尾市) 愛宕社明治二十九年碑に高橋幸七.。木下村氷川社明治三十年御神燈に堤崎高橋幸三郎あり。

二五六 同郡向山村(上尾市) 当村宝暦三年庚申塔に向山村高橋武右衛門。明治八年小前惣代高橋熊三郎。神明社明治二十八年幟碑に当所高橋定之介・高橋六太郎あり。

二五七 同郡石戸領領家村(上尾市) 上日出谷村氷川社明治二十年水鉢に石戸領々家村高橋菊五郎あり。

二五八 同郡原市町(上尾市) 明治四年下町高橋伊三郎。明治三十五年理髪店高橋作次郎・綿商高橋喜助あり。

二五九 同郡桶川町 明治十七年蚕糸業高橋政五郎・同高橋由五郎。明治三十五年饅頭店高橋仙太郎・塩魚商高橋久太郎あり。

二六〇 同郡川田谷村(桶川市) 当村に此氏多く存す。観音堂寛永二十二年馬頭尊に高橋長左衛門、寛文五年馬頭尊に川田谷郷砂谷戸村高橋伝兵衛清定・高橋権右衛門。泉福寺寛文元年金剛力士像銘に高橋甚左衛門。高橋稲荷社元禄五年絵馬に石戸領狐塚村高橋喜太夫。東光寺年不詳木造地蔵菩薩銘に小在家村高橋兵右衛門。泉福寺宝暦八年宝篋印塔に川田谷村高橋甚左衛門。名主高橋甚左衛門は明和一揆勢の打毀しにあう。弥勒院享和二年普門品に狐塚村高橋良節・高橋長蔵・高橋松五郎、砂ヶ谷戸村高橋文蔵。文化文政頃関八州富貴長者鑑に武州川田谷村高橋甚左衛門。氷川社文政九年水鉢に川田谷上分高橋甚左衛門貴達、天保九年狛犬に高橋甚左衛門英政。東大塚村天保二年供養塔に上川田谷村高橋専五郎・高橋弥三郎、下川田谷村高橋和二郎・高橋平助。泉福寺天保五年供養塔に上下川田谷村役人高橋甚左衛門、三ツ木村高橋栄蔵、樋詰村高橋利七、狐塚村高橋松五郎・高橋善兵衛。字宮前天保十年馬頭尊に樋詰村役人高橋万助。酒造業豪農にて忍藩御用達となる、嘉永六年忍藩分限帳に「七人扶持・川田谷村高橋甚左衛門」。慶応三年川田谷村名主高橋善作。明治九年戸長高橋甚左衛門・嘉永五年生。明治十四年埼玉銀行発起人高橋甚左衛門・二十五株千二百五十円所有。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡川田谷村狐塚・高橋甚左衛門・高橋善作・高橋吉太郎。諏訪社明治三十九年幟碑に高橋甚左衛門・高橋良節・高橋武雄・高橋久作あり。

二六一 同郡日出谷村(桶川市) 上日出谷村・下日出谷村・坂田村・加納村等に此氏多く存す。

二六二 同郡深井村(北本市) 寿明院寛政九年寄付帳に深井村高橋所左衛門・高橋勘左衛門・高橋八右衛門・高橋幸介あり。六戸現存す。

二六三 同郡石戸宿村(北本市) 天神社宝永三年庚申塔に石戸町高橋孫右衛門あり。石戸宿村に一戸、下石戸下村に十四戸現存す。

二六四 同郡鴻巣宿 当宿に此氏多く存す。市ノ縄村宝暦七年弁財天碑に宮地・町・高橋長左衛門・高橋吉兵衛。三峰神社史料集に安政五年鴻巣宿医師高橋珍順。上谷新田金剛院元治元年碑に鴻巣宿高橋藤次郎。大間村久保寺明治十四年筆子碑に鴻巣高橋辰四郎・高橋熊吉。明治三十年本一町年番高橋勘兵衛。明治三十五年荒物商高橋房次郎・穀肥料商小島屋高橋勘兵衛・左官高橋仙之助・高橋熊吉・高橋喜四郎あり。

二六五 同郡箕田村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。追分地蔵堂正徳四年地蔵尊に箕田村高橋太郎右衛門。稲荷腰地蔵堂享保十八年庚申塔に箕田村稲荷腰高橋三右衛門。中井村西光院安永七年筆子碑に箕田村高橋角三郎。浅間社文政六年水鉢に箕田郷高橋八兵衛。氷川八幡社天保十二年鳥居碑に箕田郷稲荷腰高橋伴左衛門・高橋与八あり。

二六六 同郡糠田村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に糠田村高橋仙蔵。小原地蔵堂文化九年地蔵尊に糠田村高橋仙之助。氷川社文政元年庚申塔に糠田邑高橋千蔵。嘉永六年箕田村増島俊輔筆子碑にヌカタ高橋銀蔵。福島稲荷社明治十年水鉢に高橋仙蔵。氷川社明治十三年浅間碑に高橋仲蔵・高橋久太郎・高橋重治郎・高橋吉左衛門、明治四十三年御神燈に宮下組高橋勝之助・高橋代五郎・高橋良司あり。六戸存す。

二六七 同郡寺谷村(鴻巣市) 稲荷社明治十六年御神燈に高橋幸之助あり。二戸現存す。

二六八 同郡川面村(鴻巣市) 三ツ木村三ツ木神社明治三十年御神燈に川面高橋富次郎あり。現存無し。

二六九 同郡上谷村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上谷村高橋勘二郎あり。一戸現存す。

二七〇 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社明治三十九年碑に高橋金次郎・高橋喜太郎・高橋貝造・高橋伊八あり。八戸現存す。

二七一 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に高橋光三郎・高橋国光。

二七二 同郡榎戸村(吹上町) 大日堂明治二十九年二十三夜塔に高橋佐吉あり。一戸現存す。

二七三 同郡大芦村(吹上町) 医王寺寛政九年宝篋印塔に高橋文蔵。岩室観音堂寛政十二年碑に大芦村高橋文蔵母あり。九戸現存す。

二七四 同郡三町免村(吹上町) 明治九年副戸長高橋三左衛門・天保四年生。明用村観音寺明治二十八年碑に高橋三左衛門。当村明治三十一年碑に高橋九八郎あり。三戸現存す。

二七五 新座郡館村(志木市) 小名高橋あり、此氏の屋敷名なり。館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。次に程あって後、大塚通りに高野等追々に来って住する百姓也。但し右の内に高野を名乗る又八といふ伯楽あり。此の者近年高橋と名乗り替へたり。是は前々当村に住み来る高橋氏にてはこれなく、何故やと思ふ所に、大和田村の中野組に高橋庄左衛門といひし伯楽有之、親より伝はりし馬書を又八が父の又左衛門に譲りていはく、我に子孫なし、この馬書を、その方に譲るほどに某が馬職を継いでくれよ、則ち馬書に高橋庄左衛門と記して有之間、以来其の方高橋と名乗るべし、といへり。之に依り高橋と名乗り候由、又八つぶさにこれを語れり」と見ゆ。氷川社寛文十一年庚申塔に仁伊倉郡高橋市右門。宝幢寺寛文十二年庚申塔に新倉之郡館郷高橋久右門。当村宝暦九年石橋供養塔に館村高橋省左衛門・中野村高橋平五郎。宝幢寺嘉永二年地蔵尊に中野高橋長吉、引又町高橋兵蔵・高橋彦太郎、門前高橋善太郎・高橋喜左衛門・高橋佐助。氷川社嘉永六年碑に館村高橋仙之助、中野高橋五兵衛・高橋長吉、針ヶ谷高橋吉五郎。明治四年宮原文書に館村馬医高橋又八・馬売人高橋又市・水車渡世高橋惣次郎・酒商高橋才次郎、中野村菓子商高橋久蔵・屋根ヤ高橋弥太郎。敷島社明治五年御神燈に引又町高橋卯八郎、同年御嶽碑に高橋兼吉、同年富士碑に館村高橋又八、明治八年志木宿河岸船中・当所高橋半平。引又河岸跡明治十三年水神講碑に志木宿高橋長吉・高橋佐吉・高橋綱五郎、明治二十年碑に高橋清兵衛。不動堂明治十四年不動尊に志木宿高橋卯八郎・高橋久四郎・高橋千代吉・高橋仙蔵・高橋文次郎・高橋弥太郎・高橋久八・高橋又市。明治三十年市場組高橋代八・高橋仙太郎・高橋幸次郎・高橋庄吉・高橋雛吉・高橋富次郎、中野組高橋銀次郎・高橋仙次郎。明治三十五年飲食店高橋仙太郎・同高橋みす・料理店田中屋高橋作次郎・蕎麦屋高橋清兵衛・煎餅屋高橋富蔵・米穀商高橋平太あり。

二七六 同郡大和田町(新座市) 前項参照。氷川社文政二年文書に名主高橋五郎兵衛、組頭高橋勘治、百姓代高橋弥吉。普光明寺嘉永元年碑に高橋五兵衛。文久三年宮原文書に大和田町名主高橋良八.。志木宿敷島社明治五年御中道碑に大和田高橋助七.。明治九年戸長高橋良八・天保十四年生、副戸長高橋勘治・天保八年生。明治十二年戸長高橋千代吉。明治三十五年水車業高橋新八・白米商高橋丑五郎・米穀商高橋由太郎・飲食店高橋美代・糠商高橋福太郎・団子店高橋文吉・荒物商粉名屋高橋啓蔵・竹籠商高橋紋三郎あり。

二七七 同郡野火止宿(新座市) 新座市史に「高橋勘八定静(寛文九年十二月松平伊豆守信綱の五男信興に召抱らる)―定勝―定成―諸成―成美―成巧(玄米十三石。明治八年野火止村居住)―成規―勝雄」と見ゆ。新倉村明治初年富士講碑に野火止高橋吉五郎。明治十六年西堀村物産表に高橋広吉・高橋菊次郎・高橋仙蔵あり。

二七八 同郡十二天村(新座市) 風土記稿に「当村は、鈴木・本多・高橋・滝島などいふもの新墾せしよしにて、今猶村民にその子孫残せり」と見ゆ。

二七九 同郡野寺村(新座市) 当村弘化二年庚申塔に野寺村高橋藤右衛門あり。

二八〇 同郡片山村(新座市) 明治八年に十二天村・野寺村等十一ヶ村が合併して片山村となる。明治九年片山村副戸長高橋孫兵衛・文政十年生あり。

二八一 同郡菅沢村(新座市) 当村明和八年地蔵尊に高橋長兵衛。明治五年農車所有に高橋吉蔵・高橋権蔵。明治十四年選挙権者高橋八五郎・天保十一年生あり。

二八二 同郡北野村(新座市) 稲荷社天保十一年碑に北野村高橋藤蔵・高橋宗五郎。県会議員高橋喜之助・大正九年生あり。

二八三 同郡小榑村(練馬区大泉町) 明治九年戸長高橋儀三郎・天保七年生、戸長高橋良三郎・嘉永元年生(県会議員)、副戸長高橋栄三郎・文政三年生、副戸長高橋勝右衛門・寛政八年生、副戸長高橋喜平治・文化十一年生。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人高橋泰次郎・五十株所有す。

二八四 同郡下保谷村(保谷市) 明治九年副戸長高橋市郎左衛門・文政十年生。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人高橋源太郎・千二百株、発起人高橋作之助・百五十株、発起人高橋源蔵・五十株、発起人高橋文平・五十株、発起人高橋軍次郎・五十株所有あり。

二八五 同郡白子村(和光市) 明治二十年荒物商高橋安太郎あり。

二八六 同郡下新倉村(和光市) 当村元禄十一年富士講碑に高橋又左衛門。吹上観音嘉永元年庚申塔に柴宮高橋磯吉・高橋惣次郎、嘉永二年庚申塔に芝宮高橋新五郎。富士嶽社明治八年鳥居碑に高橋磯吉・高橋安太郎。志木町敷島社明治八年志木宿河岸船中・下新倉村高橋金蔵・高橋仙之助。明治二十五年青年会高橋丹三郎あり。

二八七 同郡膝折村(朝霞市) 明治三十五年農事講習者高橋善松・高橋熊太郎。氷川社明治四十一年碑に高橋佐市あり。

二八八 同郡溝沼村(朝霞市) 泉蔵寺明治四十四年馬頭尊に溝沼高橋久之助あり。

二八九 同郡岡村(朝霞市) 氷川社明治四十一年碑に岡・高橋与平次あり。

二九〇 同郡宮戸村(朝霞市) 風土記稿宮戸村条に「薬師堂の棟札に慶長三年高橋新十郎吉重とあり。これも前に云へる、法蔵寺の寺伝に昔高橋内膳某と云人あり、此辺に居て当寺を恐らくは開基なるべし。高橋内膳が子孫なるべし。今村民に高橋氏もあれば、吉重が後裔なりや。されど下民のならいにて、家系も伝へざれば今より考うべからず」と見ゆ。坂之下村天神社嘉永元年棟札に石工新座郡宮戸村高橋竹次郎。志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に宮戸邑高橋八五郎。志木町敷島社明治五年水鉢に宮戸邨・高橋勘十郎・高橋惣左衛門・高橋藤蔵・高橋清右衛門・高橋市左衛門・高橋弥兵衛。明治九年副戸長高橋佐太郎・弘化四年生、副戸長高橋藤蔵・天保十年生。引又河岸跡明治十三年水神講碑に宮戸村高橋幸蔵・高橋善五郎。浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に宮戸・高橋弥太郎・高橋佐伊吉・高橋八左衛門・高橋元治郎・高橋三郎右衛門・高橋半兵衛・高橋繕太郎・高橋愛之助・高橋倉蔵・高橋秀治・高橋弁次郎・高橋多吉・高橋常蔵・高橋熊太郎・高橋夘右衛門・高橋新八・高橋春吉。明治三十五年水車所有高橋佐兵衛あり。

二九一 同郡内間木村(朝霞市) 志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に内間木村高橋平兵衛あり。

二九二 同郡根岸村(朝霞市) 引又河岸跡明治十三年水神講碑に根岸村高橋音五郎。岡村氷川社明治四十一年碑に根岸高橋孫七.。御嶽社明治四十三年碑に高橋正一あり。

二九三 同郡台村(朝霞市) 明治九年副戸長高橋惣右衛門・文化八年生。台雲寺明治三十四年供養塔に高橋善八・高橋い己。岡村氷川社明治四十一年碑に台・高橋善松・高橋岩吉あり。

二九四 入間郡上富村(三芳町) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長高橋富蔵・天保十一年生。亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村高橋松五郎。中富村神明社明治三十九年碑に上富・高橋民三郎・高橋小三郎・高橋音三郎・高橋豊七あり。

二九五 同郡藤久保村(三芳町) 当村に此氏多く存す。本郷村東福寺明治九年御神燈に藤久保村高橋藤蔵。

二九六 同郡水子村(富士見市) 当村に此氏多く存す。風土記稿水子村条に「不動寺は村民孫三郎が先祖法印源宥と云し者の起立にて、元は修験なり。源宥は寛文十三年八月寂す」と。孫三郎の子孫は高橋武康家にて、享保期に名主及び尾張藩鷹場預案内役を勤む。地蔵院天明二年六地蔵に高橋喜惣治・高橋音八.。天保六年般若院講中(水宮文書)に水子村三組世話人高橋作兵衛、上組高橋道撰・高橋栄次郎・高橋勇蔵・高橋升五郎、下組高橋六右衛門・高橋半右衛門・高橋源之助。八幡社慶応元年水鉢に下組高橋作治郎・高橋半治郎・高橋寅吉・高橋八百造・高橋源之助。志木町敷島社明治五年不動尊に下水子高橋寅吉・高橋半治郎。氷川社明治九年八雲社碑に高橋乙右衛門・高橋平五郎・高橋億二郎・高橋彦右衛門・高橋周□・高橋岩右衛門・高橋岩七・高橋虎吉・高橋重助・高橋文治郎・高橋増太郎、明治十三年幟碑に高橋彦三郎・高橋己之吉・高橋房蔵、明治二十九年碑に高橋亀吉・高橋秋五郎・高橋和吉・高橋勘次郎・高橋藤九郎。大応寺明治二十五年碑に高橋半助・高橋ハマ・高橋作右衛門・高橋藤五郎・高橋富五郎・高橋寅蔵・高橋留蔵・高橋彦四郎・高橋万蔵・高橋半助・高橋寅吉・高橋作吉あり。

二九七 同郡大久保村(富士見市) 渋井村蓮光寺安政三年供養塔に大久保村高橋五右衛門あり。一戸現存す。

二九八 同郡所沢町 実蔵院宝暦五年碑に所沢村高橋弥左衛門・高橋万右衛門・高橋磯左衛門・高橋忠兵衛・高橋利兵衛。堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に所沢宿高橋吉五郎。薬王寺天保十四年棟札に棟梁高橋陸奥掾源忠義。明治七年議定書に高橋勇次郎・高橋種吉・高橋新八・高橋音右衛門・高橋勘七・高橋孫七・高橋孫市・高橋金七・高橋卯兵衛・高橋弥左衛門・副戸長高橋彦七(文化十二年生)。本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿五番組高橋孫七・高橋孫市・高橋伊三郎。明治十一年農業篤志姓名書に高橋弥三郎・四十一歳、高橋弥十郎・二十四歳、高橋孫次郎・五十歳。明治十五年埼玉県下豪商十一名の内に所沢町高橋吉五郎あり。明治十五年北広堂碑名簿に所沢町高橋作次郎・高橋利介。神明社明治十七年富士講碑に当町高橋小八・高橋吉五郎・高橋孫市・高橋弥十郎。明治二十一年幼稚園名簿に高橋定吉・明治十六年生、高橋柳太郎・同年生、高橋福太郎・明治十七年生、高橋増吉・同年生、高橋佐十郎・同年生、高橋清蔵・明治十八年生、高橋良助・同年生。明治三十五年魚乾物商高橋浜蔵・武力細工高橋国三郎・織物商高橋ゆわ・青物商高橋利助あり。

二九九 同郡久米村(所沢市) 当村に此氏多く存す。明治四十三年金山町織物商高橋藤太郎、高橋国三郎、高橋利助、高橋国蔵・弘化二年生あり。前項参照。

三〇〇 同郡上新井村(所沢市) 当村に此氏多く存す。明治四十三年川原宿高橋治助。六所神社大正二年碑に高橋伝四郎・高橋久太郎あり。

三〇一 同郡北野村(所沢市) 当村に此氏多く存す。明治三年議定書に在来高橋七右衛門・高橋清左衛門。明治八年狭山学校議定証に高橋忠次郎・高橋彦七.。明治十五年北広堂碑名簿に上組高橋代次郎・高橋直次郎・高橋泰次郎・生徒高橋浅五郎。天神社明治二十九年碑に北野高橋代次郎あり。

三〇二 同郡坂之下村(所沢市) 明治九年副戸長高橋周蔵・文化十二年生あり。二戸現存す。

三〇三 同郡日比田村(所沢市) 薬師堂安政六年供養塔に多摩郡日比田邑高橋今五郎・高橋兵右衛門あり。現存無し。

三〇四 同郡岩崎村(所沢市) 当村に此氏多く存す。町谷村岩岡文書に「大塔宮護良親王の皇子高治(号山口平内左衛門尉。山口郷勝楽寺に塁塞を築く、近郷の豪族・部将高橋治部等勤王来属千余人)」と。狭山の栞に「山口村之内岩崎。此地に高橋氏あり、祖先は山口平内左衛門尉の家臣なりしが、同氏落城後当地に土着すと云へり。兄次郎左衛門は中藤村へ、三男は正楽寺村へ土着せりといふ」。明治九年山口村地主誓約書に高橋源左衛門・高橋健蔵・高橋権兵衛・高橋三郎兵衛・高橋音五郎・高橋梅五郎・高橋与惣右衛門・高橋長右衛門・高橋藤兵衛・高橋宇兵衛。明治十五年北広堂碑名簿に旧岩崎村・高橋勘造・高橋権兵衛・高橋三平・高橋八十八・高橋永次郎・高橋清吉・高橋長左衛門。瑞岩寺明治三十二年地蔵尊に当所・高橋林蔵・高橋八十八・高橋勘蔵・高橋三平・高橋留吉・高橋善吉・高橋佐吉・高橋熊次郎・高橋音五郎・高橋仁次郎・高橋藤兵衛・高橋栄次郎あり。

三〇五 同郡勝楽寺村(所沢市) 前項参照。入間郡誌に「勝楽寺村。旧家に就て、此村の旧家二十五軒あり、今は十四のみ、高橋等なり」と。粕谷条参照。仏蔵院文書に「天明元年組頭高橋孫右衛門、組頭高橋十右衛門。文化十年組頭高橋庄左衛門。文政二年組頭高橋庄左衛門、檀中・高橋太七・高橋茂左衛門・高橋長右衛門・高橋源左衛門・高橋重右衛門。天保元年組頭高橋十右衛門」。氷川村中氷川社安政五年勝楽寺村七社権現碑に高橋庄左衛門・高橋彦右衛門・高橋太七・高橋清兵衛、明治二十九年碑に勝楽寺村高橋繁蔵・高橋音蔵・高橋弥十郎・高橋銀蔵・高橋熊吉。仏蔵院明治二十三年筆子碑に勝楽寺村高橋兵左衛門あり。

三〇六 同郡大鐘村(所沢市) 町田文書に天保十年伊勢講高橋儀兵衛。明治二十年上山口村二番組消防夫高橋儀左衛門あり。

三〇七 同郡入間川町(狭山市) 明治二十五年入間川町地租額調に高橋与吉・高橋千代吉・高橋金蔵・高橋徳次郎。明治三十五年石細工高橋米吉・芸妓屋高橋利根吉・料理新橋高橋なを・荒物商高橋停造。八幡社明治四十二年碑に入間川町高橋電三あり。

三〇八 同郡青柳村(狭山市) 当村に此氏多く存す。堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に青柳村・高橋善左衛門・高橋弥兵衛・高橋茂右衛門・高橋久左衛門・高橋弥左衛門。明治九年青柳村上組副戸長高橋吉右衛門・文政十年生。氷川社明治十年浅間碑に高橋藤治郎・高橋猪之助・高橋作造・高橋治郎兵衛・高橋甚三郎・高橋秀五郎・高橋秀吉、明治十六年浅間碑に高橋忠次郎、明治二十九年碑に青柳・高橋彦右衛門・高橋惣五郎・高橋作造・高橋長太郎・高橋治郎兵衛・高橋忠蔵・高橋登四郎・高橋清次郎・高橋藤次郎・高橋猪之助・高橋弥惣次・高橋仙次郎・高橋源四郎・高橋熊次郎あり。

三〇九 同郡堀兼村(狭山市) 堀兼神社嘉永元年敷石碑に当邑高橋吉兵衛・高橋勇吉、万延元年浅間碑に高橋喜曽右衛門・高橋平兵衛。明治三十六年堀兼村信用組合発起人高橋一郎・同高橋荘平あり。十五戸存す。

三一〇 同郡上赤坂村(狭山市) 川越町三芳野神社延宝六年棟札に上赤坂村名主高橋三左衛門あり。二戸現存す。

三一一 同郡中新田村(狭山市) 堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に中新田村高橋市右衛門・高橋利左衛門・高橋庄左衛門・高橋彦右衛門・高橋源七・高橋定右衛門。明治九年副戸長高橋定右衛門・天保十年生。明治二十二年埼玉勧業会員高橋縫三郎あり。十戸現存す。

三一二 同郡小谷田村(入間市) 当村に此氏多く存す。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、小谷田村高橋新五郎・高橋七右衛門」。当村嘉永二年庚申塔に高橋七兵衛。氷川社嘉永六年水鉢に小谷田村高橋新五郎・高橋七左衛門あり。

三一三 同郡川越町 嘉永七年服部文書に十組大世話役高橋吉造。信州善光寺本堂前西の安政五年宝篋印塔に武州川越町高橋屋吉蔵。氷川社明治八年水鉢に南町高橋吉造、明治三十三年玉垣碑に高橋米吉・高橋辰五郎・高橋仲次郎・高橋広太郎。明治二十九年川越商業銀行発起人松郷高橋幸助・五十株二千五百円所有。御嶽社明治三十年碑に高橋仲次郎・高橋幸助・高橋米吉。明治三十五年営業便覧に布団綿商高橋栄助・照降商平沼屋高橋米吉・糸繭商高橋四郎次・機道具商高橋直吉・織物製造仲買商高橋幸助・牛豚肉商高橋重造・理髪店高橋吉五郎・青物商高橋新兵衛。三芳野神社明治四十年碑に高橋幸助・南町高橋栄助。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社高橋友吉。県会議員砂利採取業宮下町高橋東陽・明治三十年生・宮城県出身あり。

三一四 同郡砂村(川越市) 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「妙善・高橋将監母・申年十月。常栄・高橋将監・子年十一月。享保三年高橋次郎右衛門は金二朱を寄進す」と。将監は北条氏家臣にて川越城士なり。大仙波村浅間社文化十一年水鉢に砂村高橋治郎右衛門。氷川社文政三年仙元碑に砂村高橋市五郎、明治十八年御神燈に高橋国太郎・高橋太之助。新河岸日枝社明治八年馬頭尊に砂村高橋善兵衛あり。三百二十七項参照。十八戸現存す。

三一五 同郡砂新田(川越市) 喜多院明治三十四年水鉢に砂新田下駄職高橋忠治郎あり。十九戸現存す。

三一六 同郡新宿村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に高橋金次郎あり。

三一七 同郡小ヶ谷村(川越市) 大塚新田稲荷社明治四十年碑に小ヶ谷高橋源治郎あり。十四戸現存す。

三一八 同郡石田本郷(川越市) 稲荷社嘉永二年御神燈に高橋芳右衛門あり。一戸現存す。

三一九 同郡鴨田村(川越市) 石田本郷新田天満宮享保十年水鉢に鴨田村高橋庄兵衛。観音堂延享二年六地蔵に高橋織部あり。二戸現存す。

三二〇 同郡渋井村(川越市) 蓮光寺寛政八年供養塔に高橋兵右衛門益信。稲荷社嘉永四年仙元碑に高橋愛之助・高橋兵七.。明治九年副戸長高橋虎之助。蓮光寺明治三十一年世話人高橋金五郎・同高橋熊次郎あり。五戸現存す。

三二一 同郡久下戸村(川越市) 氷川社天保九年浅間碑に当村高橋友七.。古谷本郷八幡社明治十二年水鉢に久下戸邨高橋友七あり。四戸現存す。

三二二 同郡古谷本郷(川越市) 八幡社明治三十八年碑に古谷村高橋金次郎・高橋長松あり。五戸現存す。

三二三 同郡寺井村(川越市) 明治二十九年鉄道請願書に寺井村高橋彦太郎あり。

三二四 同郡坂戸町 明治三十五年飲食店高橋勇太郎あり。

三二五 同郡小沼村(坂戸市) 法音寺宝暦七年地蔵尊に小沼村高橋市郎右衛門。青木村宝珠寺宝暦十三年六地蔵に小沼村高橋勇七.。東光寺宝暦十年地蔵尊に小沼村高橋平左衛門、明和九年地蔵尊に小沼村高橋喜平治母、天明五年地蔵尊に小沼村高橋重郎右衛門、寛政二年地蔵尊に高橋喜代八.。塚越村住吉神社文久三年御神燈に石工小沼村高橋辰五郎。明治九年副戸長高橋利助・天保三年生。明治十二年戸長高橋藤助。三芳野消防組に高橋喜四郎・明治十六年生、高橋孝雄・明治二十二年生、高橋延寿・明治二十八年生あり。十四戸現存す。

三二六 同郡片柳新田(坂戸市) 山田町八幡社文久元年水鉢に当所高橋亀三郎・高橋忠三郎・高橋丑太郎・高橋米三郎。白川家門人帳に明治二年入間郡片柳新田八幡宮神主高橋貞司。明治九年戸長高橋貞司・嘉永四年生、副戸長高橋忠三郎・文政二年生。明治十九年森林所有主惣代高橋桂太郎。脚折村明治三十五年御神燈に片柳新田高橋与三郎・高橋種吉・高橋京助・高橋伊之助あり。

三二七 同郡北浅羽村(坂戸市) 三河国加茂郡高橋庄(愛知県豊田市)開発領主は庄司高橋殿といわれ、伊勢新二郎大夫と号したが、平治の乱後に平姓長田忠致が庄司になる。此地より起る高橋氏は在名にて苗字にあらず。京極氏族の土着説は無し。また、伊豆国賀茂郡雲見村(静岡県松崎町)に高橋氏三十七戸、隣村石部村に七十三戸現存し、当所の高橋将監は古代以来居住の苗字なり。此氏の後裔と称する北浅羽村名主高橋氏は無関係にて、浅羽郷土豪の後裔なり。風土記稿北浅羽村条に「旧家者与市、名主を勤む、高橋氏なり。家系を閲するに、宇多源氏佐々木の族京極左衛門尉高氏が子左馬助頼方、三河国高橋に住して高橋と号す。此の頼方は嘉暦のころの人にして、鎌倉の武将惟康親王、及び久明親王に仕へり。其の子兵部少輔定頼、又其の子将監基頼の二代、山内の上杉管領に随従す。然るに康正二年、憲忠が騒動の時、基頼流浪せり。其の子左馬助将監頼元、長禄年中より、伊勢新九郎長氏に従ひ、これより其の子左近将監綱利、又其の子将監氏頼、世々小田原北条に仕へて軍功ありしが、天正十八年、氏政兄弟切腹の時殉死せり。子越前守政信は同時、弟政重と共に八王子に籠城して、兄弟同じく戦死せり。時に政信が子兵部丞吉次・わずかに二歳なりしを、母懐きて当所に遁れ来りて居住せしより、世々当村の氏となれり。今の与市は八世の孫なりといへり」と見ゆ。北条五代記に「伊豆国賀茂郡雲見の高橋将監、伊勢新九郎に降る」と見え、是に附会す。三百十四項は関係あるか。文化十四年成瀬村池田文書に北浅羽村名主高橋与市。明治九年副戸長高橋栄次郎・文政三年生あり。四戸現存す。

三二八 同郡大谷木村(毛呂山町) 当村文政六年地蔵尊に大谷木村高橋元右衛門。宝福寺文久三年地蔵尊に高橋宇兵衛。幕末に名主高橋惣右衛門あり。五戸現存す。

三二九 同郡長瀬村(毛呂山町) 当村に此氏多く存す。明治四十年多摩郡御嶽講社に高橋善助・高橋重太郎・高橋助次郎あり。

三三〇 同郡越生町 明治三十五年糸繭商高橋嘉吉あり。

三三一 高麗郡広瀬村(狭山市) 当村に此氏多く存す。黒須村蓮華院延宝九年供養塔に広瀬村高橋善右衛門。浅間社寛政十一年庚申塔に上広瀬村高橋長右衛門・高橋五郎右衛門・高橋嘉平治、元治元年筆子碑に当所高橋七右衛門。信立寺安政二年文書に上宿組高橋新平。高倉村高倉寺文久二年筆子碑にヒロセ高橋市五郎。明治五年田畑名寄帳に高橋半造、上宿組高橋新三郎・高橋彦七・高橋七平、根山組高橋長五郎。明治七年戸長高橋七平。信立寺明治十四年筆子碑に上郷高橋伊三郎。広瀬神社明治二十四年碑に当所高橋増太郎・高橋善吉。明治二十七年地租調査に高橋増次郎・十五円、高橋善吉・十一円、高橋伊三郎・十円、高橋半造、高橋由五郎、高橋豊蔵、高橋増太郎。浅間社明治四十五年碑に高橋由五郎・高橋善吉・高橋注連吉・高橋伊三郎・高橋辰之助あり。

三三二 同郡飯能町 明治十四年穀炭商高橋時次郎・高橋軍次郎あり。

三三三 同郡下川崎村(飯能市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、川崎村高橋弥宗八」あり。七戸現存す。

三三四 同郡中藤村(飯能市) 三百四項参照。六戸現存す。

三三五 同郡梅原村(日高市) 明治二十二年桶職高橋善吉あり。現存無し。

三三六 同郡高萩村(日高市) 当村に此氏多く存す。明治二十四年地租軽減請願人高橋市右衛門あり。

三三七 同郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に高橋常右衛門清□。字姥田文久三年馬頭尊に高橋直次郎あり。四戸現存す。

三三八 同郡大塚野新田(鶴ヶ島市富士見町) 当村にあった戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に当所高橋広太郎、明治中期不動尊に当所高橋幾太郎あり。

三三九 横見郡根古屋村(吉見町) 松本町妙賢寺寛政三年供養塔に根古屋村高橋善六・高橋左伝都。岩室観音堂嘉永三年水鉢に八反田・高橋直左衛門・高橋吉五郎。柚沢村字八反田神明社明治二十九年碑に八反田・高橋f髞・高橋房吉・高橋類太郎・高橋己之助あり。当村及び柚沢村は一村にて、現北吉見に二十六戸現存す。

三四〇 同郡山ノ下村(吉見町) 山崎文書に「松山城主上田能登守朝直入道・永禄九年四月北越へ城を渡す。菩提寺三道村常蓮寺に於て御年六十四歳に而御生害之節、高橋采女の父直実五十三歳に而一同伴切腹之節御遺言、依之十一月迠浪人す、十二月二日より当所に住す。開発人郷士高橋采女・慶長七年九月・高十三石余・此地面二町五反余。高橋采女輝直五代孫・三左衛門・天和元年」と見ゆ。三戸現存す。

三四一 同郡前河内村(吉見町) 登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に前河内村高橋泰全あり。三戸現存す。

三四二 同郡大串村(吉見町) 登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に大串村高橋億之助・高橋保之助あり。現存無し。

三四三 比企郡表村(川島町) 広徳寺明和六年六地蔵に表村高橋七郎兵衛。吉原村宮原神社文化十一年水鉢に表村高橋千右衛門、文政十三年御神燈に表村・高橋茂七・高橋又吉・高橋松五郎・高橋甚右衛門・高橋仲右衛門・高橋吉小郎。明治九年副戸長高橋粂五郎・文政八年生、副戸長高橋茂七・文化元年生。釘無村明治十九年馬頭尊に表村高橋粂五郎あり。七戸現存す。

三四四 同郡曲師村(川島町) 明治五年戸籍編製に旧組頭高橋源次郎。明治九年副戸長高橋弥次郎・文化二年生あり。一戸現存す。

三四五 同郡牛ヶ谷戸村(川島町) 字富田寛文九年庚申塔に牛ヶ谷戸村高橋加兵衛あり。三戸現存す。

三四六 同郡紫竹村(川島町) 当村延宝四年庚申塔に紫竹村高橋仁左衛門あり。現存無し。

三四七 同郡白井沼村(川島町) 当村文政六年庚申塔に白井沼村高橋七郎右衛門・高橋沖右衛門・高橋吉太郎あり。七戸現存す。

三四八 同郡須江村(鳩山町) 鎌形村八幡社明治十六年筆子碑に須江村高橋藤吉あり。三戸現存す。

三四九 同郡遠山村(嵐山町) 八幡社元治二年聖徳太子碑に高橋藤五郎・高橋段吉あり。六戸現存す。

三五〇 同郡志賀村(嵐山町) 当村に此氏多く存す。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にシカ高橋留吉・高橋道之助。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に志賀村高橋甚太郎あり。

三五一 同郡広野村(嵐山町) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に菅谷村川島高橋信久あり。一戸存す。

三五二 同郡千手堂村(嵐山町) 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に千ジ堂高橋喜十郎あり。五戸現存す。

三五三 同郡松山町 明治三十五年営業便覧に菓子商高橋酉造・綿商高橋角五郎・油商高橋仙蔵・旅館桝屋高橋熊次郎・飲食店高橋諒平・小間物商高橋献三郎・高橋織蔵あり。

三五四 同郡毛塚村(東松山市) 明治十五年理髪店高橋新治あり。一戸現存す。

三五五 同郡石橋村(東松山市) 明治十二年総代人高橋寅吉あり。十一戸現存す。

三五六 同郡唐子村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に高橋雄次郎・高橋喜太郎・高橋卯一・高橋栄太郎・高橋馬太郎・高橋源次郎あり。

三五七 同郡岡郷(東松山市) 光福寺寛政四年六地蔵に高橋瀬兵衛母。明治十六年古道具商高橋佐吉・紙商高橋周造・同高橋輪平・質屋高橋国松。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に岡高橋佐吉・高橋勘治あり。十二戸現存す。

三五八 同郡大谷村(東松山市) 当村天保十四年馬頭尊に大谷村高橋由五郎あり。十戸現存す。

三五九 同郡野田村(東松山市) 当村安政二年弁財天碑に野田村高橋幸吉・高橋重右衛門。八幡社安政三年御神燈に高橋卯右衛門あり。十四戸現存す。

三六〇 同郡早俣村(東松山市) 小剣神社安政五年碑に高橋金五郎あり。四戸現存す。

三六一 同郡上野本村(東松山市) 二十項の幕臣は当村出身か。文化七年馬頭尊に上野本村高橋長吉。八幡社嘉永二年碑に高橋長太郎あり。三戸現存す。

三六二 同郡古凍村(東松山市) 十王堂慶応二年馬頭尊に古凍村高橋伴七あり。四戸現存す。

三六三 同郡正代村(東松山市) 明治二十八年蚕業高橋忠八あり。四戸現存す。

三六四 同郡福田村(滑川町) 野原村文殊寺嘉永元年大銀講碑に比企郡福田村高橋久造。明治九年議定書に高橋金次郎・高橋定五郎・高橋安秋・高橋艶五郎あり。四戸現存す。

三六五 同郡小川町 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に小川町高橋林次郎。明治三十五年時計貸本屋高橋恭次郎・織物商高橋英治あり。大塚村に多く存す。

三六六 同郡青山村(小川町) 当村万延元年百庚申に高橋惣次あり。一戸現存す。

三六七 同郡能増村(小川町) 八和田神社明治三十三年碑にノウマス高橋綱太郎・高橋七五郎あり。四戸現存す。

三六八 同郡高谷村(小川町) 当村嘉永六年馬頭尊に高橋孫太郎あり。三戸現存す。

三六九 同郡高見村(小川町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡高見村高橋倉吉。中爪村普光寺嘉永五年算額に高見村高橋和重郎。明治九年副戸長高橋和重郎・天保六年生・明治三十一年没。八和田神社明治三十三年碑にタカミ高橋良助。明治三十三年上組若衆に高橋角次郎・高橋桂助・高橋安五郎・高橋音三郎・高橋勘太郎・高橋輝治・高橋良助・高橋貞作あり。六戸現存す。

三七〇 大里郡熊谷宿 熊谷宿百石組に「慶安元年、高橋伊右衛門・高橋仁兵衛・高橋重左衛門・高橋次兵衛。正徳五年、帳付役人衆高橋伊右衛門。宝暦十年、本町北屋敷持主高橋佐兵衛・同所高橋五郎兵衛、本町南屋敷持主高橋伊右衛門・同所高橋治太夫・同所高橋五兵衛。嘉永元年、高橋仁兵衛・高橋新平・高橋市兵衛」。文政十年諸国道中商人鑑に熊谷宿御泊宿高橋治太夫。石上寺嘉永二年庚申塔に高橋忠五郎。千形神社嘉永五年酒蔵講中に高橋甚左衛門。安政三年熊谷八仙之図に高橋幸三郎。明治十年熊谷駅議員高橋新平。明治十三年張物業高橋和市・染物職高橋常吉。明治三十五年営業便覧に足袋商高橋勘吉・料理店高橋寅吉・荷車製造高橋清吉・折製造高橋熊次郎・裁縫職高橋初太郎・土産物商高橋熊次郎・石炭商高橋太三郎・菓物商高橋茂三郎・高橋九市郎・高橋定吉あり。

三七一 同郡石原村(熊谷市) 明治二十一年重立高橋政吉。明治三十五年飲食店高橋清三郎・人力車業高橋惣吉あり。

三七二 同郡川原明戸村(熊谷市) 諏訪社安政六年水鉢に高橋嘉左衛門あり。三戸現存す。

三七三 同郡広瀬村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。小名高橋あり、古代以来の高橋氏屋敷名なり。小名高橋の高橋喜代次家伝に「上杉憲長は、高橋の地に蟄居し、高橋姓に改め、現在に至る。憲長の位牌に、福正寺殿松岩道雄大居士・宝徳三年九月二十九日」あり。当村土豪出身の憲長は深谷上杉氏の名跡(組織名)を継承して上杉氏を名乗り、帰郷して本名高橋氏に復姓して土着す。上杉条参照。風土記稿広瀬村条に「村内に深谷の城主上杉氏の宿老某の子孫なりとて、市太夫と云るもの近き頃まで当村の里正を勤めしと。今は其家も退転せしかと。猶其別家などあるをみれば、恐くは古深谷の城主上杉氏の領地なりしも知るべからず」と見ゆ。文久元年秋山翁寿蔵碑に高橋政次郎・高橋吾兵衛・高橋隼之助・高橋次三郎・高橋牧太郎・高橋銀蔵・高橋友七・高橋房次郎・高橋広吉・高橋新吉。神道無念流宮戸村金井宇一郎起請文に慶応二年広瀬村高橋広吉。富士浅間社慶応三年小御嶽碑に高橋衛行俗名四郎兵衛・高橋銀蔵・高橋治三郎・高橋幸助あり。

三七四 同郡小泉村(大里町) 当村安政二年馬頭尊に小泉邨高橋磯五郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に小泉高橋藤五郎あり。二戸現存す。

三七五 同郡相上村(大里町) 吉見神社寛政三年牛頭天王碑に高橋武助、明治二十一年鈴水神楽碑に高橋忠五郎・高橋喜次郎あり。六戸現存す。

三七六 幡羅郡高柳村(熊谷市) 東別府神社嘉永七年御嶽碑に高柳村高橋三左衛門。明治九年戸長高橋義三・弘化元年生。明治十八年最上農名簿に高橋源三郎・耕宅地九町八反歩・山林六町一反歩所有あり。十六戸現存す。

三七七 同郡東別府村(熊谷市) 東別府神社文久二年御神燈に高橋藤次郎・高橋常七・高橋多市郎・高橋久蔵あり。一戸現存す。

三七八 同郡西別府村(熊谷市) 延享元年田方名寄帳に小名高橋あり。安楽寺九品仏堂元文五年庚申塔に高橋三左衛門・高橋政右衛門、文久三年馬頭尊に高橋又蔵。西別府氏館跡寛政十二年馬頭尊に原新田講中高橋文五郎、西方講中高橋伝兵衛。湯殿神社嘉永元年碑に高橋栄三郎あり。九戸現存す。

三七九 同郡下奈良村(熊谷市) 田島村明治八年富士嶽碑に下奈良村高橋米吉。明治二十一年皇国武術英名録に起倒流柔術下奈良村高橋権平。明治二十七年東条筆子碑に下奈良村高橋彦七あり。十一戸現存す。

三八〇 同郡奈良新田(熊谷市) 熊谷宿高城神社寛文十年文書に「奈良村高橋仁左衛門は病気祈願をす」と。湯殿神社安永七年水鉢に高橋栄左衛門藤原栄常、慶応二年御神燈に高橋久次郎。明治九年戸長高橋忠作・文政元年生、副戸長高橋喜平・天保十一年生あり。三戸現存す。

三八一 同郡玉井村(熊谷市) 高柳堂寛文二年供養塔に高橋左京あり。七戸現存す。

三八二 同郡新堀村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。用土村明治十三年仙元碑に新堀村高橋忠蔵あり。

三八三 同郡新堀新田村(熊谷市) 八幡社文政十年大六天碑に高橋十兵衛あり。十戸現存す。

三八四 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺嘉永六年碑に当所高橋長八、慶応二年権田門人碑に高橋藤太郎。八幡社安政六年水鉢に高橋伊八、慶応三年小御嶽碑に高橋藤太郎。龍泉寺元治元年馬頭尊に高橋伊八あり。九戸現存す。

三八五 同郡男沼村(妻沼町) 風土記稿男沼村条に「小名に高橋、岩瀬、常見、飛田、土屋、山口、浅見、神山、岡村、高柳、田野、荻原、中里、能見、小暮、内田、野原、関口」と見ゆ。是等は屋敷名なり。慶長元年男沼十七家と云われる旧家があったと云う。慶長八年水帳に「高橋小兵衛、浅見長兵衛、浅見七郎兵衛、飛田治兵衛、飛田勘兵衛、飛田源兵衛、飛田金兵衛、高柳治右衛門、高柳五兵衛、高柳多右衛門、高柳市之丞、高柳源兵衛、岩瀬杢右衛門、荻原市左衛門、神山八郎兵衛、小暮市兵衛、内田利右衛門、中里小左衛門、関口長右衛門、田野治左衛門、田野金右衛門、田野佐右衛門、常見権兵衛、川上平右衛門、長勝寺」と見ゆ。村の中心的存在は名主高橋小兵衛である。小兵衛家より神藤家・清水家・木村家・山口家等の跡屋敷へそれぞれ高橋の苗字を与えて分家とす。高柳源兵衛は岡村権左衛門跡屋敷へ分家し、高柳太楽は金子多楽市跡屋敷へ分家して高柳を名乗る。貞享男沼村絵図(高橋房治所蔵)に民戸五十四軒が苗字入で記載されている。各氏参照。男沼村誌に「貞享以前よりの家、名主高橋小兵衛、高橋助右衛門、高橋常兵衛。貞享元年以後新たに出来た家、高橋与左衛門。寛政三年名主高橋政右衛門。寛政九年名主高橋美太郎。天保元年名主高橋小兵衛。文久二年名主高橋美太郎。明治二年名主高橋小兵衛。明治四年人別帳、高橋小平・一町一反九畝歩、高橋文太郎、高橋常太郎、高橋伴次郎。明治五年戸長高橋賢」。長勝寺天保九年棟札に高橋小平、文久四年軸銘に高橋徳之助。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に男沼村高橋小兵衛あり。一戸現存す。

三八六 同郡間々田村(妻沼町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡間々田村高橋多吉あり。二戸現存す。

三八七 同郡葛和田村(妻沼町) 熊谷宿高城神社文書に「寛文十年葛和田村高橋十右衛門は病気祈願をす」。大龍寺天保三年千体堂に高橋吉左衛門、安政五年水鉢に高橋周次郎。明治九年副戸長高橋善九郎・天保十二年生。神明宮明治十一年御嶽碑に高橋善九郎・高橋喜惣治。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講高橋東三・高橋菊次郎あり。本村一戸、大野村七戸存す。

三八八 同郡小島村(妻沼町) 医王寺弘化三年庚申塔に高橋十太郎あり。三戸現存す。

三八九 同郡上根村(妻沼町) 妻沼村聖天宮安政三年伊勢講碑に上根村高橋新右衛門・高橋源兵衛・高橋重右衛門。薬師堂万延二年碑に高橋勝右衛門・高橋新六・高橋重右衛門・高橋源兵衛。田島村明治八年富士嶽碑に上根村高橋新六・高橋新十郎・高橋勝四郎・高橋三郎平。明治九年戸長高橋新十郎・天保十一年生(名主)、副戸長高橋林平・嘉永二年生。明治十八年最上農名簿に高橋新十郎・耕宅地五町二反歩所有。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に上根村高橋林平。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に上根村高橋林平あり。十六戸現存す。

三九〇 同郡西野村(妻沼町) 上須戸村より分家するか。次項参照。高橋家墓碑(十三代高橋長五郎吉勝が江戸初期に建立)に「新田義貞元弘三年上野国生品神社旗上げに幡羅郡西野村高橋頼茂が参加し、延元元年五月二十五日摂津湊川にて戦死す」。十七代富豪高橋与兵衛・文化十年没す。東別府村香林寺安永八年庚申塔に西ノ村高橋与兵衛、文久二年庚申塔に西ノ村高橋与兵衛。寛政十年道地村江原文書に西野村高橋松次郎。八木田村観音寺安政四年馬頭尊に西野村高橋与兵衛。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に西野村高橋吉伴あり。四戸現存す。

三九一 同郡上須戸村(妻沼町) 古は須戸村と称す。平安時代の東城跡あり。西野村井殿権現社伝に「承和八年三月十五日、高橋戸須四郎基貞、松平八郎正直の二人が建立す」と。戸須は須戸の書誤りなり。武乾記に「西野村に井殿明神あり、社伝の云所は、昔し承和年中に須戸四郎元貞の建立なり」と見ゆ。平安時代の承和年中に在名須戸四郎(本名高橋氏)は西野村へ分家し井殿社を建立するか。当村に高橋氏八戸現存す。

三九二 同郡東方村(深谷市) 熊野社天保十一年碑に高橋惣助、明治三十年碑に高橋重五.。私塾師匠高橋意仙・明治四年没五十九歳。明治二十一年皇国武術英名録に医師馬術高橋重五.。原郷楡山神社明治四十二年碑に東方村高橋文男。幡羅村会議員に高橋重五・安政二年生、高橋文男・明治三十三年生あり。

三九三 同郡原郷(深谷市) 幡羅村会議員高橋仁三郎・明治三十五年生あり。十六戸現存す。

三九四 同郡本田ヶ谷戸村(深谷市) 明治九年副戸長高橋仲次郎・文政十年生。東方村熊野社明治三十年碑に本田ヶ谷戸・高橋染吉・高橋昌太郎・高橋仲次郎・高橋隆三郎・高橋竟二・高橋芳五郎。原郷楡山神社明治四十二年碑に本田ヶ谷戸高橋弥市。幡羅村会議員高橋弥市・明治十九年生あり。八戸現存す。

三九五 同郡新井村(深谷市) 三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に新井村高橋仙松。深谷町呑龍院明治四十五年馬頭尊に新井村高橋仁太郎あり。三戸現存す。

三九六 榛沢郡深谷宿 東源寺宝暦二年庚申塔に高橋吉右衛門。慶応二年名家諸風仁銘鑑に深谷宿歌人高橋清太郎。中仙道東入口稲荷町明治初年常夜燈に高橋多四郎。上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿高橋岩太郎。呑龍院明治二十三年碑に相生町高橋伊太郎、田所町高橋清之助、深谷観音講高橋喜三郎・高橋時次郎・高橋競・高橋庄吉。瑠璃光寺明治二十九年筆子碑に高橋仙太郎。明治三十五年営業便覧に貸席高橋けい・豆腐屋高橋忠太郎・煙草洋燈商高松屋高橋仙太郎・糸繭商高橋喜作・糸繭商升屋高橋周次郎・飲食店高橋ゆき・菓子製造本家増田家高橋勘作・喞筒製造高橋清作・公益館主任高橋栄次郎・貸席高橋善次。原郷楡山神社明治四十二年碑に深谷町高橋注連・高橋繁蔵・高橋忠四郎。深谷町会議員に高橋栄次郎・明治六年生、農業高橋善治・明治九年生、農業高橋保雄・明治三十二年生、高橋常夫・明治四十三年生あり。

三九七 同郡柏合村(深谷市) 当村明治十三年八海山講碑に当村高橋音吉あり。六戸現存す。

三九八 同郡樫合村(深谷市) 当村明治二十四年八海山講碑に高橋和忠太あり。一戸現存す。

三九九 同郡大谷村(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村大谷高橋茂助あり。十六戸現存す。

四〇〇 同郡田谷村(深谷市) 風土記稿田谷村条に「高台院は深谷山永明寺と号す。当寺は上杉氏の家人高橋永明と云もの草創す」と。上野台村光厳寺天保十一年供養塔に田谷村高橋善右衛門。明治九年戸長高橋清太郎・文政八年生。明治十八年最上農名簿に高橋きく・耕宅地四町六反歩所有。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国深谷町田谷高橋専次あり。五戸現存す。

四〇一 同郡戸森村(深谷市) 明治十四年福田家門人碑に高橋儀太郎あり。三戸現存す。

四〇二 同郡起会村(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国大寄村起会高橋豊吉。大寄村会議員高橋常次郎・明治十七年生あり。一戸現存す。

四〇三 同郡内ヶ島村(深谷市) 上野台村光厳寺文政九年水鉢に内ヶ島村高橋屋藤兵衛、天保十一年供養塔に内ヶ島村高橋重兵衛。永光寺明治四十年碑に高橋福松あり。二戸存す。

四〇四 同郡矢島村(深谷市) 矢島村史料に「○高橋勘右衛門―倉次郎(弘化元年生)―勘次郎(安政五年生)。○高橋倉次郎―俊平(弘化二年生、実父普済寺村内田三吉)。○高橋与三右衛門―藤平(文政三年生、実父明戸村倉上勇七)―馬太郎(明治二年生、実父当村山田源三郎)」。文政十三年備前堀史料に組頭倉次郎あり。二戸現存す。

四〇五 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に高橋金左衛門・高橋粂左衛門あり。六戸現存す。

四〇六 同郡成塚村(深谷市) 御嶽大神社文久二年水鉢に高橋吉右衛門。長在家村稲荷社明治六年筆子碑に成塚村高橋廉次郎あり。八戸現存す。

四〇七 同郡新戒村(深谷市) 大林寺文化四年蚕影山に高橋新右衛門あり。一戸現存す。

四〇八 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に高橋豊吉・高橋富士五郎あり。二戸現存す。

四〇九 同郡横瀬村(深谷市) 華蔵寺享保十三年文書に横瀬村高橋吉兵衛・高橋藤右衛門。横瀬神社文政十三年御神燈に高橋吉兵衛・高橋藤右衛門・高橋幾八・高橋吉右衛門・高橋金兵衛・高橋荘七.。明治九年副戸長高橋和十郎・天保十四年生。八基村会議員高橋重次郎・明治三十八年生あり。十九戸現存す。

四一〇 同郡牧西村(本庄市) 土豪にて、天正年間牧西村持高帳に「屋敷三百十坪・たかはし居、一町二反余歩・高橋分」と見ゆ。嘉永元年牧西村絵図に高橋吉五郎あり。一戸存す。

四一一 同郡小和瀬村(本庄市) 稲荷社明治四十四年碑に高橋角吉・高橋工一郎あり。九戸現存す。

四一二 同郡岡部村 当村に此氏多く存す。十七項参照。岡部神社嘉永六年御神燈に高橋芳次郎・高橋鎬右衛門・高橋紋兵衛、安政二年御神燈に高橋益次郎・高橋半次郎。明治九年副戸長高橋政五郎・嘉永二年生、副戸長高橋半次郎・文化五年生、副戸長高橋元三郎・弘化四年生あり。

四一三 同郡本郷村(岡部町) 東陽寺安政七年庚申塔に高橋三右衛門・高橋佐太郎。定光院安政七年庚申塔に高橋次郎左衛門。藤田神社文久元年碑に高橋治郎左衛門・高橋藤五郎。明治九年副戸長高橋治郎平・文化九年生。明治十一年副戸長高橋美喜太郎。用土村明治十三年仙元碑に本郷村高橋八太郎・高橋治郎平・高橋利八.。深谷町呑龍院明治四十五年馬頭尊に本郷高橋林五郎あり。十八戸現存す。

四一四 同郡山河村(岡部町) 用土村明治十三年仙元碑に山川村高橋伝蔵あり。三戸現存す。

四一五 同郡榛沢新田村(岡部町) 農協前安永八年供養塔に高橋半右衛門・高橋善兵衛・高橋彦右衛門あり。四戸現存す。

四一六 同郡小前田村(花園町) 長谷部文書に「元亀二年五月十六日、北条氏邦の臣、小前田衆高橋小太郎」。町田日記に「慶長六年、羽雌箭の百姓も残らず小前田新田に移り住む。高橋清兵・吉野重右衛門・岡田安左衛門・同杢左衛門・浅見浅左衛門・田中加喜右衛門・芝崎文左衛門・鈴木新左衛門、是を羽雌箭八家と言う」と見ゆ。十四戸現存す。

四一七 同郡荒川村(花園町) 苗字記載者は土豪の末裔なり。文禄四年荒川村検地帳に「高橋、八反四畝十九歩、屋敷六畝十五歩」と見ゆ。用土村明治十三年仙元碑に荒川村高橋福次郎・高橋仲五郎。字下宿明治三十六年庚申塔に高橋林治郎あり。十六戸現存す。

四一八 同郡田中村(川本町) 土豪末裔にて、文禄四年田中村検地帳に「高橋分、二十四町一反四畝歩余」と見ゆ。明治三十三年船水車所有高橋平次郎あり。十一戸現存す。

四一九 同郡寄居町 放光院嘉永四年六地蔵に高橋嘉吉。明治三十五年古物商高橋永次郎・米穀商高橋岩太郎・理髪店高橋房次郎・糸繭商高橋善平・豆腐屋高橋勇次郎あり。

四二〇 同郡用土村(寄居町) 明治十三年仙元碑に当村高橋彦平・高橋吉五郎あり。十九戸現存す。

四二一 同郡末野村(寄居町) 児玉町法養寺寛政五年供養塔に末野村石施主高橋多郎左衛門。末野神社享和二年御神燈に高橋伴吉。元治二年末野村諸事恵に高橋和三郎・高橋藤三郎・高橋弁蔵・高橋孫平・高橋孫太郎・高橋竹蔵・高橋丈七・高橋利七・高橋直吉・高橋半平・高橋定八・高橋由蔵・高橋るい・高橋九十郎・高橋民蔵・高橋藤七・高橋定吉。字下寒野慶応二年馬頭尊に高橋丈七あり。十三戸現存す。

四二二 男衾郡畠山村(川本町) 当村に此氏多く存す。八幡社は天治年間の勧請と伝へ、高橋氏は其頃からの神職か。大里郡神社誌に「畠山村白旗八幡神社の神職高橋某なる者、分霊を奉持して隣村赤浜村に移転す。現今の郷社出雲乃伊波比神社是なりと云ふ。当社は赤浜村の神主高橋家に於て代々奉仕す」。井椋神社文久元年水鉢に高橋治兵衛。牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に畠山村高橋文作。用土村明治十三年仙元碑に畠山村高橋作平・高橋歌吉・高橋伊助・高橋仁平・高橋源八.。明治十八年最上農名簿に高橋治平・耕宅地四町歩・山林四町一反歩所有あり。

四二三 同郡赤浜村(寄居町) 前項参照。入間郡塚越村住吉神社貞享三年文書に赤浜村神主高橋主殿。風土記稿に八幡社神主高橋喜十郎。大里郡神社誌に「赤浜村出雲乃伊波比神社旧神職は、古くより高橋家にて神主として奉仕したり。中興の祖・宝永七年高橋出雲守藤原吉久、高橋出雲守義久、寛政五年高橋伊勢正義満、嘉永三年高橋出雲正宣信、慶応三年高橋出雲光久、明治三十二年高橋信久、昭和三年高橋喜久、代々相続す」と見ゆ。用土村明治十三年仙元碑に赤浜村高橋亀吉あり。十二戸現存す。

四二四 同郡西ノ入村(寄居町) 当村に此氏多く存す。波羅比門神社嘉永七年御神燈に高橋鍬五郎・高橋由太郎・高橋七五郎・高橋仙右衛門・高橋栄三郎。明治九年副戸長高橋武右衛門・天保四年生。明治十年議員高橋健次郎。折原村明治四十三年碑に高橋民次郎・高橋進十郎・高橋藤三郎・高橋斧次郎あり。当村住人か。

四二五 同郡須賀広村(江南町) 釈迦寺延宝四年庚申塔に高橋七兵衛、天保八年蝋燭台銘に高橋友次郎。八幡社文化十四年御神燈に高橋喜十郎・高橋馬治郎・高橋屋筆、文政七年御神燈に高橋弥太郎・高橋惣次郎、文政十年御神燈に高橋嘉四郎あり。十七戸現存す。

四二六 児玉郡本庄宿 金鑚社宝暦十一年墨書銘に台町高橋太郎平。石川剣道場門下生に寛政元年・本庄宿高橋伝五郎。木曽御嶽開山普寛行者は本庄宿泉町書籍商文広堂高橋弥右衛門(弥兵衛)宅で享和元年遍歴中病死す。七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に本庄宿高橋伝左衛門。明治四年諸井文書に仲町高橋徳二郎、本町高橋勝四郎・高橋代吉、台町高橋清治郎・高橋友吉・高橋辰五郎・高橋由平・高橋勝太郎・高橋太郎平。明治七年立会人蚕種製造業高橋喜八.。明治三十五年営業便覧に煙草店高橋重吉・同高橋国太郎・飲食店高橋弥作・同高橋豊次郎・理髪店高橋民吉・同高橋太三郎・糸繭商高橋万吉・植木屋高橋くの・米穀商高橋しう・湯屋高橋なを・菓子商高橋常吉。県会議員高橋福松・明治三十一年生・藤田村出身あり。

四二七 同郡久々宇村(本庄市) 上野国新田郡久宮村(笠懸町)の高橋氏(家紋、丸に蔦)は、幕府代官岡上景能が寛文年中に岡上用水を開鑿し、久宮村新設の時に、景能知行地(幕府領)の当村から移住して開墾を請負い、そのまま土着す。久々宇条参照。西富田村宥宝寺明治十二年碑に久々宇村高橋長吉。稲荷社明治十七年碑に高橋嘉蔵あり。十四戸現存す。

四二八 同郡栗崎村(本庄市) 明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流栗崎村四代高橋要輔源義一、五代高橋菊次郎源一正、高橋富士太郎あり。二戸現存す。

四二九 同郡今井村(本庄市) 西今井村長興寺年不詳庚申塔に高橋孝太郎好国。児玉記考に「旧家高橋保平、武田晴信の家臣高橋左京之助の後胤なり、甲館瓦解の後、当地に来り農に帰す、爾来明治の初年に至る迄地頭佐久間家知行の名主組頭役を勤め、慶長元和二回の水帳を蔵す。亡父孝太郎は人呼んで釈迦と異名せし偉人なりし」と。当村出身の出稼衆なり。また、東今井村の氏にて、同書に「旧家高橋松次郎、祖父を与七と云ひ弘化三年地頭美濃部の割元代官職となり、文政二年正月父藤太夫に至り用人格に列せられ、屋敷人別となり扶持五俵を宛て行はれたり」と見ゆ。十一戸現存す。

四三〇 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に高橋千衛門・高橋伊兵衛、明治二十二年御嶽講碑に高橋恭平・高橋利三郎、明治三十五年碑に高橋建吉・高橋新平・高橋春吉・高橋鉄次郎・高橋由五郎。児玉競進社明治二十七年棟札に棟梁児玉仲町高橋春吉藤原保長。明治三十五年提灯商高橋十七吉・米穀商高橋こと・足袋商高橋幸作あり。

四三一 同郡飯倉村(児玉町) 法性寺万延元年庚申塔に高橋麻吉。用土村明治十三年仙元碑に飯倉村高橋倉吉あり。現存無し。

四三二 同郡上真下村(児玉町) 児玉記考に「旧家高橋勘蔵、旧幕の間は名主組頭役を勤続せり」と見ゆ。五戸現存す。

四三三 同郡蛭川村(児玉町) 本庄宿石川剣道場門下生に天明八年蛭川村高橋新五郎。明治九年副戸長高橋磯五郎・天保八年生、副戸長高橋桂三郎・天保九年生あり。九戸現存す。

四三四 同郡新里村(神川町) 当村に此氏多く存す。明治五年小前議定書に高橋由五郎・高橋直蔵・高橋新六・高橋卯之吉・高橋嘉蔵・高橋重蔵あり。

四三五 同郡渡瀬村(神川町) 慶長三年秩父之内渡瀬之郷検地帳に「高橋」と見ゆ。土豪なり。八戸現存す。

四三六 同郡根木村(美里町) 明治九年副戸長高橋勝松・天保十三年生。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流高橋近太郎。現存無し。

四三七 同郡関村(美里町) 明治五年中沢文書に組頭高橋勇蔵。用土村明治十三年仙元碑に児玉郡下川輪村高橋主馬吉。浅間社明治四十三年碑に高橋音松・高橋郡蔵・高橋亀吉・高橋桂蔵・高橋力蔵・高橋重吉・高橋春躬・高橋禄太郎・高橋藤太郎・高橋長作・高橋富士太郎・高橋春吉・高橋政七あり。十四戸現存す。

四三八 那賀郡広木村(美里町) ミカ神社明治四十一年碑に当所高橋彦次郎・高橋銀十郎・高橋和源次あり。二戸現存す。

四三九 同郡駒衣村(美里町) 稲荷社明治三十五年碑に当字高橋金次郎あり。四戸現存す。

四四〇 同郡大仏村(美里町) 当村に此氏多く存す。羽黒社明治二十一年富士碑に当所高橋源七・高橋金次郎、明治三十一年碑に当所高橋藤平・高橋徳太郎・高橋政吉・高橋由五郎・高橋鶴次郎・高橋彦太郎・高橋恵蔵・高橋三郎平・高橋勘五郎・高橋金五郎。中里村雷電社明治三十七年浅間碑に大仏村高橋勘五郎あり。

四四一 同郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山高橋信太郎・高橋繁次郎・高橋平吉あり。三戸現存す。

四四二 賀美郡肥土村(神川町) 児玉記考に「旧家高橋周平、当肥土大字の旧家にして、世々里正の家柄なり。先代周兵衛名主役を勤め苗字帯刀を許さる。其当時神明の加護を蒙りしに依り身を神職に奉ず。当主は父の役儀を継ぎ戸長・村長・県会議員・郡会議員等の公職を奉ず」と。名主高橋周兵衛の長男周平(安政五年生、明治三十三年没)、其の長男守平(明治二十七年生、村長、衆議院議員、昭和三十四年没)。周平は神職名を肥丹真守と称し、金鑚村金鑚神社に奉仕す。其の次男野守は金鑚氏を称し同社に奉仕す。大御堂村吉祥院天保五年供養塔にヒト高橋周兵衛。白川家門人帳に明治二年肥土村天満宮神主高橋周兵衛。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に肥土村高橋真吾。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に丹荘村高橋周平。広野神社明治三十九年碑に高橋守平・高橋都三郎。大正十二年大地主名簿に高橋守平・田十九町一反歩・畑八十八町九反歩所有。大正十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に高橋守平・明治二十五年生・国税二千九十一円・県下六十一位あり。一戸現存す。

四四三 同郡元阿保村(神川町) 当村明治三十年碑に当所高橋茂平あり。二戸現存す。

四四四 同郡七本木村(上里町) 当村に此氏多く存す。七本木神社安政五年庚申塔に高橋造主蔵。明治十九年総代人高橋和五郎・同高橋甚蔵。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流七本木村高橋友次郎・高橋源次郎、奥山念流高橋和平・高橋久五郎・高橋艶蔵あり。

四四五 同郡石神村(上里町) 七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に石神村高橋豊蔵あり。十七戸現存す。

四四六 同郡三町村(上里町) 西大御堂村年不詳庚申塔にあぼ町高橋藤三郎。明治九年副戸長高橋富士太郎・嘉永元年生あり。七戸現存す。

四四七 同郡黛村(上里町) 土豪にて、文禄四年金窪之内黛村水帳に「高橋分」と見ゆ。一戸現存す。

四四八 同郡八町河原村(上里町) 安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に八町河岸船問屋高橋六郎兵衛。千葉県光町文政九年丹治文書に八町河岸高橋六郎兵衛。天保七年文書に八町河原村船問屋高橋六郎兵衛あり。三戸現存す。

四四九 同郡勅使河原村(上里町) 安永九年勅使河原村家名附に「天神邑・組頭高橋平兵衛・高橋佐五兵衛・高橋伝兵衛・高橋小右衛門・高橋伝左衛門、堀込邑・高橋清兵衛・高橋藤内・高橋清吉」。上州神成村新堀神社(富岡市)嘉永二年算額に賀美郡勅使河原村高橋甚之丞産敏。勝場村万延元年庚申塔に宇治土公末孫高橋甚之丞・高橋琴助・高橋伝兵衛。明治九年立会人高橋佐五平。明治二十一年皇国武術英名録に真神道流勅使河原村高橋長一郎あり。八戸現存す。宇治土公(うじのつちぎみ)は伊勢国度会郡宇治郷(伊勢市)に居住した猿田彦神の神裔と称し磯部族なり。ウツミ条参照。

四五〇 秩父郡金尾村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に金尾村高橋平十郎あり。現存無し。

四五一 同郡坂本村(東秩父村) 八幡大神社由緒に「祀職初代法印高橋知元・文亀二年九月、高橋実応・弘治元年六月、高橋康久・文禄元年四月、高橋貞久・寛永元年十一月、高橋広久・正保四年十一月、高橋栄久・寛文八年十月、高橋知久・天和六年七月、高橋浄久・宝永二年十一月、高橋円久・安永六年十一月、高橋亮久・天明元年五月、高橋芳久・享和二年十一月、高橋慈久・文化十四年四月、高橋鎗明・文政十二年、高橋慶久・明治元年。高橋卯造・高橋代助」。代々法印なり。当村明治三十六年筆子碑に高橋卯造・高橋代助あり。一戸現存す。

四五二 同郡大内沢村(東秩父村) 正善寺過去帳(縹渺のあと所収)に「緑戴・高橋牛之介父・宝暦六年六月。庭寒・高橋丑之助祖母・明和三年十二月。秋岩冷風・堂平高橋文吉父・天保六年八月。坦然祖灯・堂平高橋勝四郎父・天保七年四月。昌獄寿良・高橋勝四郎事・天保九年正月。紅林宗葉・堂平高橋要吉子・岸太郎事・明治九年十一月」と見ゆ。高橋家下の文化十五年馬頭尊に当所高橋長松あり。一戸現存す。

四五三 同郡大宮郷 当郷に此氏多く存す。三項参照。享保十四年松本文書に大宮町御伝馬五疋半・高橋隣之助。万延元年武術英名録に甲源一刀流秩父郡大宮宿高橋丈助・高橋鉄之助・高橋弾蔵。明治三年に旅籠屋高橋鉄之助・四十二歳・田畑一町歩、古着商高橋由五郎・五十九歳、足袋商高橋松兵衛・五十九歳、魚商高橋徳兵衛・浅草聖天町より来住。国神神社明治三十四年碑に大宮町高橋新蔵・高橋紋蔵・高橋喜作。明治三十五年足袋商高橋恒吉・同高橋茂助・同高橋和助・旅人宿高橋小弥太あり。

四五四 同郡黒谷村(秩父市) 当村に此氏多く存す。三項参照。明和安永年間秩父郡記に黒谷村名主高橋市之助。天明六年三上文書に黒谷村名主高橋市之助。明治九年戸長高橋愛助・天保九年生あり。

四五五 同郡大野原村(秩父市) 当村に此氏多く存す。小名高橋あり屋敷名なり。三項参照。明和安永年間秩父郡記に大野原村名主高橋源兵衛。天明六年三上文書に大野原村名主高橋弥兵衛あり。

四五六 同郡蒔田村(秩父市) 小名高橋あり、高橋村と唱え、屋敷名なり。寛保三年香具仲間連名帳に蒔田村高橋国造。国神神社明治三十四年碑に蒔田村高橋治作・高橋喜三郎あり。四戸現存す。

四五七 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に新木西組高橋金蔵あり。九戸現存す。

四五八 同郡栃谷村(秩父市) 妙音寺元禄十年寄進帳に高橋六郎右衛門・高橋十郎左衛門あり。五戸存す。

四五九 同郡井戸村(長瀞町) 国神神社明治三十四年碑に井戸村高橋百太郎あり。三戸現存す。

四六〇 同郡岩田村(長瀞町) 明治十年地主惣代高橋源八あり。十四戸現存す。

四六一 同郡野上下郷(長瀞町) 石上神社由緒に「仁和元年に西田・高橋両家の祖先が石剣を携えて、この地に土着す」。仲山城跡応安二年石碑建立世話人小坂村高橋氏あり。阿仁和条参照。野上町郷土史年表に「慶長三年波久礼の関守高橋左馬之助死す。文化十一年高橋伴吉高明建立」。字杉郷安政二年馬頭尊に高橋嘉一郎、明治元年馬頭尊に高橋庄助。宝登山神社明治七年寄進連名記に野上下郷高橋仁左衛門。明治十四年林文書に高橋丑五郎・高橋源一郎・高橋友二郎・高橋雪太郎・高橋三郎・高橋佐太郎・高橋兵蔵・高橋源十郎あり。八戸現存す。

四六二 同郡皆野村 当村に此氏多く存す。寛保三年香具仲間連名帳に皆野村高橋三右衛門・高橋安五郎あり。

四六三 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所高橋八郎兵衛・高橋直吉・高橋繁吉、金崎高橋久松・高橋長作あり。十戸現存す。

四六四 同郡金沢村(皆野町) 正法寺享保二十年寄進帳に高橋七郎右衛門。国神神社明治三十四年碑に金沢村高橋定吉あり。三戸現存す。

四六五 同郡下日野沢村(皆野町) 寛保三年香具仲間連名帳に日野沢村高橋亀次郎。明治九年副戸長高橋八郎次・弘化三年生。国神神社明治三十四年碑に上日野沢村高橋秀次郎、下日野沢村高橋八郎治・高橋源九郎・高橋時三郎。日野沢神社明治四十五年御神燈に高橋八郎治・高橋親之あり。十四戸現存す。

四六六 同郡横瀬村 当村に此氏多く存す。明暦元年検地帳に小名高橋あり、屋敷名なり。明治十四年神輿寄付連名帳に七番耕地宇根・高橋倉吉・高橋伊三郎・高橋己之治・高橋又平・高橋鷹次郎、十三番耕地川東・高橋佐次郎あり。

四六七 同郡上小鹿野町 当町に此氏多く存す。小鹿野町古老覚書に「梅正寺、始は高橋善右衛門地庭也。其以後寺と成り、勝円寺の末寺と成る」と見ゆ。明治二十年春日町高橋芳二、上二丁目高橋長五郎。国神神社明治三十四年碑に小鹿野高橋甚蔵。明治三十五年荒物商高橋芳蔵。小鹿神社明治四十二年玉垣碑に高橋貞次、明治四十三年堤盛久碑に高橋太郎吉あり。

四六八 同郡下小鹿野村 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長高橋金平・文政五年生。小鹿神社明治三十九年水鉢に高橋金太・高橋善作・高橋金次・高橋柳作あり。

四六九 同郡藤倉村(小鹿野町) 当村に此氏多く存す。飯田村八幡社慶応元年御神燈に池原・高橋東太夫あり。

四七〇 同郡薄村(両神村) 当村に此氏多く存す。明治六年出浦文書に薄村中郷瀬戸組・高橋嘉平・高橋嘉市・高橋佐十・高橋磯八・高橋新八・高橋彦次郎・高橋勝蔵・高橋重次郎・高橋甚太郎、穴部組・高橋所平・高橋皆吉・高橋三郎次・高橋卯市。明治九年副戸長高橋三郎治・天保四年生あり。

四七一 同郡小森村(両神村) 諏訪社文政十三年御神燈に高橋三右衛門。明治六年出浦文書に小森村質屋高橋丑太郎あり。十八戸現存す。

四七二 同郡大滝村 明治五年古大滝村栃本高橋由松。明治十年大滝村屋番号に大血川高橋喜雄、上中尾高橋延太郎、小双里高橋忠四郎あり。一戸現存す。

四七三 同郡小野原村(荒川村) 三峰神社史料集に弘化二年小野原村高橋左右衛門あり。現存無し。

四七四 同郡上田野村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。十三戸現存す。

四七五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・高橋泰雄・五十九円、高橋健次郎・二十四円、高橋富作・十七円、戸田村・高橋音博・百九十四円・七十円、蕨町・高橋きく・三十円・五十六円、高橋新之助・五十円・十一円、高橋富次郎・十三円・二十八円、高橋歌之助・九円・三十三円、高橋万蔵・二十八円、川口町・高橋栄左衛門・五百九十六円・二百十円、高橋良作・二百二十円・六十七円、高橋三次郎・九十七円・八十四円、高橋銀蔵・百十円・五十六円、高橋照義・二十一円・四十七円、高橋金次郎・十三円・四十三円、高橋良吾・十四円、南平柳村(川口市)・高橋健太郎・十円、安行村(川口市)・高橋熊次郎・十八円、高橋文次郎・十二円、神根村(川口市)・高橋元吉・十五円、高橋浩太郎・十二円、戸塚村(川口市)・高橋門右衛門・二十五円、高橋芳太郎・十円、草加町・高橋良一郎・二十九円、新田村(草加市)・高橋佐平・十円、谷田村(浦和市)・高橋勘三郎・百一円、木崎村(浦和市)・高橋才吉・七十七円、高橋延吉・十五円、尾間木村(浦和市)・高橋喜左衛門・四十九円、鳩ヶ谷町・高橋徳蔵・十一円、大宮町・高橋道之助・四十二円・三十六円、高橋伝次郎・十一円・五十五円、片柳村(大宮市)・高橋吉三郎・四百八十三円、大砂土村(大宮市)・高橋恒五郎・十四円、七里村(大宮市)・高橋国松・三十円・五十六円、与野町・高橋吉次郎・二十一円・二十五円、上尾町・高橋和吉・八十八円、大石村(上尾市)・高橋千代吉・十五円・四十四円、高橋伝左衛門・十三円、鴻巣町・高橋源三郎・九円・三十三円、桶川町・高橋源兵衛・十八円、膝折村(朝霞市)・高橋健之助・十六円、内間木村(朝霞市)・高橋元次郎・七百五十三円・二百二十円、高橋八左衛門・三十八円、高橋弥太郎・十六円、白子村(和光市)・高橋利彦・十四円、川越市・高橋米吉・八百九十五円・百十二円、高橋孝・八十八円、高橋才次郎・三十一円・二十六円、高橋義人・十八円・二十二円、高橋喜久・二十五円、南古谷村(川越市)・高橋謙蔵・四十三円、田面沢村(川越市)・高橋倉吉・二十六円、水谷村(富士見市)・高橋半左衛門・十二円、三芳村・高橋富治・二十三円、所沢町・高橋浜蔵・四十五円・四十二円、高橋てる・十五円、高橋竹次郎・十円、小手指村(所沢市)・高橋熊吉・十一円、入間村(狭山市)・高橋久次郎・三十三円、高橋碩・十一円、入間川町(狭山市)・高橋あい・十二円・三十七円、高橋利三郎・二十二円・四十七円、三芳野村(坂戸市)・高橋喜四郎・十九円、松山町・高橋ふく・九円、菅谷村(嵐山町)・高橋喜十郎・十円、小川町・高橋輝治・十六円、八和田村(小川町)・高橋角次郎・二十一円、三保谷村(川島町)・高橋為吉・七十六円・十七円、柏崎村(岩槻市)・高橋鹿三郎・十二円、越ヶ谷町・高橋喜蔵・九十七円・八十六円、高橋金吾・十円、荻島村(越谷市)・高橋孫兵衛・十八円・十二円、出羽村(越谷市)・高橋慶助・二百九十七円、大沢町(越谷市)・高橋角蔵・三十一円・三十九円、高橋孝平・十円・四十二円、高橋吉蔵・二十九円、桜井村(越谷市)・高橋大蔵・五十五円・十二円、八幡村(八潮市)・高橋留吉・十三円、日勝村(白岡町)・高橋武夫・二十九円、久喜町・高橋悦三郎・四十四円、鷲宮村・高橋政治・六十八円、綾瀬村(蓮田市)・高橋蔀・十一円・三十三円、幸手町・高橋浅次郎・十二円、権現堂村(幸手市)・高橋義左衛門・百二十五円、杉戸町・高橋瀧吉・十七円・三十九円、幸松村(春日部市)・高橋一平・十三円、忍町・高橋駒次郎・六十円・八十三円、高橋慶次郎・十一円・三十三円、星河村(行田市)・高橋亀之助・十三円・十二円、須加村(行田市)・高橋峰吉・二十円、羽生町・高橋照吉・百四十五円・百十二円、川俣村(羽生市)・高橋常道・二十一円、広田村(川里町)・高橋高吉・十三円・三十六円、共和村(川里町)・高橋伊三郎・四十一円、礼羽村(加須市)・高橋省吾・十一円、高橋寅松・二十二円、不動岡町(加須市)・高橋近三郎・二百二十五円、大越村(加須市)・高橋作太郎・二百三十六円・五十三円、志多見村(加須市)・高橋惣吉・十三円・三十九円、熊谷町・高橋彦一・三十九円・五十六円、高橋明治・十五円、高橋善平・十二円、高橋覚・十二円、中条村(熊谷市)・高橋龍太郎・三十円、高橋鷲之助・十六円、高橋ふく・十二円、佐谷田村(熊谷市)・高橋安次郎・十二円・二十八円、大麻生村(熊谷市)・高橋仁三郎・三十円、玉井村(熊谷市)・高橋好三・二百六十八円、深谷町・高橋善治・八十三円、高橋一雄・八十二円、高橋山太郎・十一円・三十六円、高橋清作・九円・十六円、高橋金蔵・二十四円、高橋敬次・二十二円、八基村(深谷市)・高橋俊雄・十四円、長井村(妻沼町)・高橋恒三郎・九十八円、本庄町・高橋重作・四十四円・十六円、高橋はる・三十六円・十九円、高橋隆三・十円、丹荘村(神川町)・高橋守平・千九百二十円、高橋村吉・十一円、野上村(長瀞町)・高橋辰五郎・十二円・四十七円、小鹿野町・高橋徳一・二十四円、三田川村(小鹿野町)・高橋太作・十五円、久那村(秩父市)・高橋吾助・四十一円・十九円、両神村・高橋幸衛・十四円」あり。

高槗 タカハシ 杉戸に存す。

高階 タカハシ 八潮に存す。

孝橋 タカハシ 浦和に存す。

鷹橋 タカハシ 浦和、狭山等に存す。

鷹觜 タカハシ 大宮、北本、嵐山等に存す。栃木県今市市三十八戸、岩手県紫波郡紫波町八十五戸あり。

鷹箸 タカハシ 浦和、久喜、草加、上福岡、秩父等に存す。栃木県今市市六十六戸あり。

鷹啄 タカハシ 明治九年下小鹿野村副戸長鷹啄武平・文政十二年生、副戸長鷹啄和安あり。五戸現存す。

高幡 タカハタ 幸手、吉川等に存す。

高簱 タカハタ 蕨に存す。

高畑 タカバタケ 足立郡高畑村(浦和市)、入間郡高畑村(川越市)、榛沢郡高畑村(深谷市)あり。葛飾郡吉野村字高畑(幸手市)は吉野神社寛政三年供養塔に幸手領高畑村と見ゆ。足立郡本郷村字高畑(川口市)は文政二年庚申塔に本郷村高畑と。下青木村字高畑(川口市)は龍泉寺正徳三年庚申塔に下青木村高畑と。秩父郡高山村字高畑(飯能市)等は古の村名なり。小名高畑は、埼玉郡大沢町、今泉村、下忍村、大野島村、道地村、久下村、白川戸村、野村、忍領須加村、足立郡五関村、入間郡藤沢村、岸村、男衾郡西ノ入村、大里郡玉作村、秩父郡坂石町分等にあり。○群馬県勢多郡東村十一戸。○茨城県那珂郡瓜連町二十八戸、那珂町五十七戸。○長野県佐久市五十九戸。○新潟県燕市三十八戸。○福島県大沼郡会津高田町十八戸、河沼郡会津坂下町二十七戸、河東町十二戸、湯川村十一戸、耶麻郡塩川町十三戸、喜多方市三十戸、会津若松市四十戸。○青森県三戸郡南郷村十四戸あり。タカハタとも称す。

一 埼玉郡百間領須賀村(宮代町) 身代神社寛政七年庚申塔に高畑喜七・高畑伝八、文政十年庚申塔に高畑茂八・高畑伝左衛門あり。三戸現存す。

二 同郡百間金谷原村(宮代町) 慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に百間金谷原村高畑三蔵。西原組浅間社文久元年小御嶽碑にカナヤ高畑源次郎光行あり。四戸現存す。

高畠 タカバタケ 各市町村に存す。群馬県桐生市十六戸、茨城県那珂郡那珂町五十戸、福島県耶麻郡塩川町十三戸あり。タカハタとも称す。

一 小田原城士の高畠氏 足立郡高畑村(浦和市)は元和元年名主若谷円次郎文書に足立郡安行筋高畠村検地帳と見ゆ。風土記稿高畑村条に「当村は小田原北条の家人高畠三郎右衛門と云もの、小田原没落の後、この地に来り開発し己が家名を以て村名となせるよし。則ち今の名主円次郎が先祖なりと云ふ」と見ゆ。当村出身の在名高畠三郎右衛門朝繞は本名若谷氏にて土着後復姓す。ワカヤ条参照。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御馬廻・百石・高畠小源治」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・七十石・村上取立・高畠造酒之丞」。万延二年に「御馬廻・五人扶持・高畠武増、永詰雇・五人扶持・高畠連、御小姓・高畠平作、次男高畠五衛」あり。

四 入間郡小田谷村(毛呂山町) 明治二十二年惣代高畠龍光。現存無し。

高鼻 タカハナ 足立郡高鼻村(大宮市)あり、浦和宿玉蔵院天正十八年文書に足立郡高嚥ス浦和玉蔵院と見ゆ。寛永十六年土手宿村小島文書に足立之郡高嚥ス大宮村水帳と見ゆ。上木崎村(浦和市)は高鼻庄に属し、鎮守高囑セ神社あり。与野町は貴頭庄を唱え、タカハナと註す。此地より起る。紀州那智山米良文書に「文安五年、那智社領豊島年貢目録、五百文・たかはなとの」。本太村氷川社宮殿銘(浦和市)に「宝徳四年九月二十四日、敬白造立御輿、大檀那高嚶イ衛門盛影。おミこしこんりう申候也、地頭たかはな殿」と。足利家御内書案に「長禄三年の武州太田庄合戦の時、高嚔チ賀守等は戦功をあらわす」と。高埔とも読める。

高花 タカハナ

一 葛飾郡寄巻村(三郷市) 水神社慶応二年狛犬に高花孫七.。戸ヶ崎学校分離願に寄巻村議員高花元次郎あり。現存無し。

二 同郡幸手宿 裏町天神社神像再興記に「願主高花五兵衛、上内村忠八は高花五兵衛弟也、文化五年正月再興」。文化九年宝持寺文書に裏町高花五兵衛。牛村秋間家由緒書に「秋間市郎左衛門(文化十年没)の四男岩五郎は裏町高花五兵衛遺跡治兵衛と改名す」。牛村香取社万延元年庚申塔に高花五兵衛。明治六年牛村保長高花五兵衛。明治九年幸手宿副戸長高花治平・天保八年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿高花治平。明治二十一年新道工事寄付に高花作蔵・高花彦三郎。幸宮神社明治三十三年幟碑に高花作蔵。明治三十五年乾物商高花熊次郎・運送業高花仲次郎あり。十二戸現存す。上内村(鷲宮町)には現存無し。

高鼻和 タカハナワ コバナワ条参照。

高浜 タカハマ 各市町村に存す。千葉県安房郡天津小湊町十八戸、鋸南町十二戸、鳥取県気高郡青谷町十戸、東伯郡羽合町七戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・高浜勘右衛門」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・十一人扶持・金太郎名跡・高浜八百右衛門・六十一歳、五人扶持・父八百右衛門・高浜半之丞・二十五歳」あり。

三 忍城士の高浜氏 成田分限帳に「十五貫文・高浜伝内」あり。

四 一色氏家臣の高浜氏 葛飾郡下高野村永福寺伝に「天文二十三年十月、古河公方晴氏と小田原北条合戦の時、田宮城主一色氏の臣に国府間口(幸手市)を守る高浜備中介あり」。同村新井家系図に「天文二十三年、一色直俊・元の城跡に於て本陣と為、要所々々へ軍兵を配り固く防戦之間、天神島の軍将織原次郎敵に内応を為し、国府間口の高浜備中ノ介、栗原口の酒井八郎、川崎口の寺尾太郎次郎等合ひ謀し、十月六日亥の刻田宮の城を取囲み攻め立る」と見ゆ。

五 葛飾郡上高野村(幸手市) 前項の後裔なり。神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に万延元年上高野村高浜為之助。昭和三年興信録に「幸手町・高浜為四郎・所得税百三十六円・営業税七十五円」あり。一戸現存す。

六 深谷町 滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子高浜元吉(菓子商)あり。現存無し。

高濱 タカハマ 川口、戸田、春日部、三郷、所沢等に存す。

竹林 タカバヤシ 上野国新田郡高林村(太田市)は竹林郷と書く。新田義重の子新田太郎義俊(号竹林)と。

高林 タカバヤシ 各市町村に存す。群馬県安中市六十五戸、高崎市三十戸、栃木県芳賀郡茂木町十三戸、茨城県久慈郡大子町二十戸、那珂郡山方町十七戸、長野県岡谷市八十戸、福島県石川郡玉川村十三戸あり。

一 幡羅郡妻沼町 次項と同族なり。聖天宮文政十年門前碑に中町高林直吉・高林吉右衛門。明治三十五年油屋高林常吉・飲食店高林彦太郎・鳥商高林春吉あり。現存無し。

二 同郡西野村(妻沼町)の土豪高林氏 小名高林あり、土豪屋敷名なり。当村井殿権現社は、文禄三年に大河内孫十郎・高林次郎兵衛が三段の地を寄付すと云う。幕臣高林氏先祖は当村出身の出稼衆にて、近江国浅井氏に仕えたのは吉久の父であろう。

三 幕臣高林氏 寛政呈譜に「高林与左衛門吉久(浅井長政に仕へ、しばしば戦功あり。寛永十四年死す。年六十六.。法名宗林)―次郎兵衛吉次(松平忠吉につかへ、慶長七年秀忠につかへ、百五十俵をたまふ。寛永十年埼玉郡の内五十石の地を加恩あり。慶安元年死す。法名道怡。牛込の円福寺に葬る)―次郎左衛門次吉(御広式の添番をつとむ)。家紋、丸に一本柏、三階菱」と見ゆ。吉久は元亀二年生れで、浅井長政滅亡の天正元年は二歳である。文禄三年は二十三歳で井殿権現寄進者か。浅井氏に仕へたのは父の西野村出身高林次郎兵衛であろう。

鷹林 タカバヤシ 川口、大宮に存す。

竹原 タカハラ 和名抄に伊賀国山田郡竹原郷(三重県大山田村大字鳳凰寺附近)、加賀国江沼郡竹原郷(石川県加賀市)、安芸国高宮郡竹原郷(広島県高田郡吉田町)は多加波良と註す。及び伊勢国一志郡竹原村(三重県美杉村大字竹原、今はタケハラ)、河内国交野郡田宮竹原郷(大阪府枚方市)あり、是等の地は新羅渡来人の竹原氏居住地と云う。姓氏録・河内之部に「竹原連、新羅国阿羅々国主の弟・伊賀都君の後也」と見ゆ。また、竹原は高生(たかふ)と読まれる。摂津国島上郡高上郷(たかふ)は、姓氏録・摂津国神別に「竹原、角凝魂命の男・伊佐布魂命之後也」と見える竹原氏に関係あるかと。大阪府摂津市、或は高槻市附近と云う。

一 下河辺氏流高原氏 常陸国東茨城郡竹原村(美野里町)より起る。高原村とも称す。結城系図に「下河辺政義―小河二郎政平―高原四郎景政」と見ゆ。

高原 タカハラ 足立郡上生出塚村字高原あり。各市町村に存す。○群馬県吾妻郡草津町十五戸。○千葉県長生郡一宮町十六戸。○長野県東筑摩郡明科町二十五戸。○新潟県上越市三十九戸。○福島県石川郡石川町三十戸、玉川村十三戸、岩瀬郡鏡石町十四戸、伊達郡国見町十三戸、いわき市五十戸、郡山市三十七戸。○青森県三戸郡三戸町十一戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三十俵・高原助左衛門、十五石・高原忠助、十五石・高原久兵衛、六石一人扶持・高原金兵衛、二両二分・高原牛右衛門」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・純徳家続・高原鼎・三十九歳」あり。

三 本庄町 明治三十五年玩物商高原タイあり。一戸現存す。

田ヶ原 タガハラ 宮代に存す。

高張 タカハリ 大宮、伊奈、久喜、狭山等に存す。

高日 タカヒ 戸田に存す。

高樋 タカヒ 大宮、上尾等に存す。

高久 タカヒサ 葛飾郡高久村(吉川市)あり。タカク参照。

高秀 タカヒデ 川口、大宮、上尾、越谷、宮代等に存す。栃木県黒磯市三十戸あり。

高平 タカヒラ 各市町村に存す。群馬県吾妻郡中之条町二十五戸、宮城県黒川郡大和町二十二戸あり。

高比良 タカヒラ 各市町村に存す。

高広 タカヒロ 八潮に存す。

高廣 タカヒロ 八潮、東松山に存す。

高福 タカフク 新座、狭山等に存す。

一 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・高福源吾」あり。

高房 タカフサ 入間郡鹿下村字高房(越生町)はタカフサと註す。報恩寺年譜に「応永三十二年、入西郡越生郷恒弘名鹿下高房」と見ゆ。

高藤 タカフヂ 各市町村に存す。岩手県岩手郡雫石町十八戸あり。

一 比企郡下老袋村(川越市) 明治五年戸籍編製に旧組頭高藤源蔵あり。現存無し。タカトウ参照。

竹淵 タカブチ 和名抄に山城国久世郡竹淵郷を多加不知と註す。京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺の古名なり。また、河内郡渋川郡竹淵郷を多加不知と註す。大阪府八尾市大字竹淵(たこち)なり。

高淵 タカブチ 秩父郡三沢村字高淵(皆野町)あり。丹党竹淵氏は此地より起る。タケブチ条参照。鶴ヶ島に存す。

高渕 タカブチ 川口、熊谷に存す。青森県上北郡十和田湖町三十八戸、十和田市三十八戸あり。コウブチ参照。

高部 タカベ 各市町村に存す。山梨県南都留郡西桂町十戸、都留市百三十四戸あり。

高坊 タカボウ 上尾に存す。

高星 タカボシ 川口、大宮、与野、蕨、新座、騎西、坂戸、所沢等に存す。茨城県久慈郡里美村四十五戸あり。

高細 タカボソ 朝霞、越谷、飯能等に存す。

高堀 タカボリ 各市町村に存す。昭和三年興信録に「浦和町・高堀育三・所得税二十九円」あり。

高間 タカマ 各市町村に存す。群馬県富岡市二十戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保四年川越藩分限帳に「百石・川越・高間伝右衛門」あり。御用達商人か。

二 比企郡高見村(小川町) 八和田神社明治三十三年碑にタカミ高間馬吉あり。現存無し。

高前田 タカマエダ 深谷に存す。

高牧 タカマキ 葛飾郡彦倉村(三郷市)延命院宝暦九年勧進帳に当村高牧孫兵衛・高牧孫市あり。現存無し。

高槙 タカマキ 川越に存す。

高間木 タカマキ 川口、幸手、杉戸等に存す。岩手県二戸郡一戸町十五戸あり。

高政 タカマサ 新座に存す。

一 川越町 行伝寺過去帳に「妙浄・高政ノ内方」あり。現存無し。

高増 タカマス 所沢、富士見等に存す。

鷹股 タカマタ 浦和、大宮等に存す。

鷹架 タカマタ 鴻巣に存す。青森県上北郡六ヶ所村六戸、三沢市十七戸。

高町 タカマチ 入間郡谷中村字高町、大里郡中曽根村字高町あり。

高松 タカマツ 秩父郡下日野沢村字高松(皆野町)に高松城跡あり、秩父志に「高松屋敷、日野沢村、阿佐見氏」と見ゆ。榛沢郡折之口村字高松あり。○群馬県新田郡新田町十八戸、太田市十九戸、桐生市十六戸。○栃木県芳賀郡芳賀町三十戸、二宮町二十五戸、益子町六十戸、河内郡上三川町十五戸、真岡市九十戸。○茨城県西茨城郡岩瀬町五十七戸、真壁郡明野町十七戸、大和村十八戸、笠間市二十八戸。○長野県埴科郡戸倉町六十一戸。○新潟県北蒲原郡聖籠町六十九戸、東蒲原郡鹿瀬町十三戸、新発田市四十一戸。○秋田県北秋田郡比内町二十戸、山本郡山本町三十戸。○青森県上北郡上北町十三戸、天間林村三十四戸、北津軽郡中里町四十四戸、五所川原市二十二戸。○島根県浜田市二十二戸。○鳥取県東伯郡東伯町十三戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御中老・八百石・高松半之丞」。享保八年忍藩軍役帳に「四百石・高松左兵衛、五両二人扶持・高松源助」。文化四年忍藩分限帳に「表御門番・二十二俵二人扶持・高松為三郎」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十二俵二人扶持・高松近」あり。

三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「書簡次席・十二人扶持・亡父勘蔵・高松大蔵・三十三歳・東京住」あり。

四 足立郡蕨町 明治三十五年機具荒物商川田屋高松栄吉あり。

五 同郡岸町(浦和市) 日蓮宗円蔵寺明治十四年顕妙塔に高松昌三郎あり。近村住人か。

六 同郡今羽村(大宮市) 私塾師匠修験高松長伝・明治十年没二十三歳あり。一戸現存す。

七 同郡井戸木村(上尾市) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

八 同郡石戸宿村(北本市) 当村に此氏多く存す。東光寺阿弥陀堂位牌に「高松院善信観光居士・貞永元甲年二月十六日」あり。源範頼の家臣で同所堀ノ内の草分である高松三郎左衛門のものと伝へる。玄同放言(滝沢馬琴著)に「源範頼・東光寺蒲桜並古碑附。武蔵国足立郡石戸荘堀之内村なる東光寺といふ小道場あり。又番坂、太郎塚、宝塚など唱る処あり、太郎塚はその伝を失へり、番坂は番士勤仕の処なり、宝塚は本邑の旧家小林三郎左衛門が嚢祖高松三郎左衛門は鎌倉より範頼朝臣に隷進(つけまいらせ)られし老党なり、その子孫村長になりたるに慶長年間失火して相伝の武器調度旧記等、すべて烏有になりつ、その庫の焼跡を、人の踏穢さん事をおそれ、その灰をうずみて、塚に築きしかば、やがて宝塚と呼攸たり。この比までは、その家、豊なりけるに、後いたく衰へしかば、職を辞して平民になれり、かくて高松を名のらん事、恥かはしくや思ひけん、子孫小林をもて家称とす、今の小林三郎左衛門是なり、塚は即その家の北にあり。ここより精進場まで道直くして六十丈ばかりなるべし、高松が家の門の跡、今なほ、その間に遺れり、以上堀之内の村長小林松右衛門が説話なり、松右衛門・本姓は高松氏、即三郎左衛門が親属なりといふ。又高松三郎左衛門といひしものは、当初足立氏より附たる家臣歟、こは口碑を助くるに似たれども、東鑑に範頼の死をしるさゞるに、今その旧跡墳墓ありといふをもて、よく察せずばあるべからず、これを不経の言とすれば、論なし、もしたまたま当ることあらば、旧記の遺漏を補ふ一端とならん。又彼堀内村を当初足立氏の所領なりけんと思ふよしは、東鑑に所見あり、東鑑卷四十三『建長四年七月四日午刻、秋田城介義景妻、女子平産云云、堀内殿と号す是也』といへり。義景は安達盛長の孫、景盛の子なり、同地名処々にあれば、なほ定かならざれども、今も足立郡に堀内村あれば、東鑑に云所堀内殿は、足立郡なる荘園の名に由れるにはあらぬ歟」と見ゆ。古代以来の土着者にて、範頼、或は安達氏の家臣となる。石戸神社明治七年水鉢に高松藤助、明治十五年奉納額に当所高松新五郎。明治九年副戸長高松四郎左衛門・天保六年生あり。高松氏三十七戸、小林氏十三戸存す。石戸参照。

九 川越町 北条氏家臣にて川越城士なり。中院過去帳に「宗心居士・高松但馬」と見ゆ。喜多院明治三十四年水鉢に下駄職高松勝蔵」。昭和三年興信録・所得税に「川越市・高松勤・二十五円、高松今男・十六円」あり。市内に十二戸現存す。

一〇 所沢町 昭和三年興信録に「所沢町・高松太喜次・所得税十八円」あり。五戸現存す。

一一 小鹿野町 明治二十年上二丁目高松道吉あり。現存無し。

鷹松 タカマツ 浦和、伊奈等に存す。

高間原 タカマハラ 入間郡赤尾村字高間原あり。

高侭 タカママ 足立郡染谷村字高侭、入間郡鹿下村字高侭あり。

高丸 タカマル 浦和、上尾、春日部、草加、狭山等に存す。茨城県東茨城郡内原町十五戸、笠間市十七戸あり。

高三 タカミ 鴻巣に存す。

高味 タカミ 浦和、大宮、春日部、川越、小川等に存す。

高美 タカミ 浦和、川越等に存す。鳥取県境港市十一戸あり。

高見 タカミ 比企郡高見村(小川町)に高見城あり、隣村男衾郡今市村は高見郷を唱へる。鎌倉管領記に延徳元年高見原合戦のこと見ゆ。児玉郡渡瀬村御嶽城(神川町)は別名高見城と称す。各市町村に存す。○千葉県印旛郡栄町十一戸。○長野県上伊那郡長谷村十二戸。○秋田県仙北郡南外村二十戸。○青森県上北郡六戸町八戸、十和田市十三戸。○島根県松江市三十四戸、出雲市百二十戸。○鳥取県西伯郡名和町十二戸、中山町六十五戸、東伯郡東伯町八戸、倉吉市二十一戸あり。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・高見猪右衛門・是は忍にて罷出・三州之者」あり。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「高不明・高見所左衛門」あり。

三 足立郡下谷村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に北下谷村高見六郎左衛門・高見幸七・高見勘助・高見利右衛門。明治四年名主高見治助・四十六歳。明治三十五年常光村農友会に下谷高見喜三郎あり。四戸現存す。

鷹見 タカミ 朝霞、春日部、草加、狭山、熊谷、秩父等に存す。

埵上 タカミ 入間郡大谷村(越生町)玉章寺附近に埵上坊あり。報恩寺年譜に「文安五年、埵上坊屋敷寄進、埵上坊良慶」。「康正二年、越生郷是永名之内埵上屋敷同前良慶寄進」と見ゆ。

田頭 タカミ 和光に存す。

田上 タガミ ○栃木県真岡市六十戸。○茨城県行方郡北浦町九戸、新治郡八郷町四十戸、新治村二十一戸、石岡市四十七戸、土浦市三十戸。○長野県木曽郡上松町十七戸、木祖村十五戸。○新潟県糸魚川市四十戸あり。タカミとも称す。

一 忍城士の田上氏 成田分限帳に「十二貫五百文・田上又八郎」あり。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百三十石・田上又左衛門」あり。

三 岩槻町 明治三十五年雑穀商田上庄三郎あり。

四 埼玉郡弥兵衛村(大利根町) 外野村棘抜地蔵堂明治七年算額に弥兵衛村田上市五郎朝重あり。七戸存す。

五 葛飾郡高柳村(栗橋町) 香取社前享保六年庚申塔に田上与一.。香取社享保六年庚申塔に田上兵□□□、嘉永四年狛犬に田上司平・田上忠左衛門、明治十四年幟碑に田上島蔵・田上弥惣吉・田上彦兵衛。大日堂文化四年供養塔に田上助三郎・田上万右衛門あり。五戸現存す。

田神 タガミ 茨城県行方郡玉造町九戸あり。

一 佐野氏流田神氏 田沼意次の家にて、寛政呈譜に「藤原氏にして佐野庄司成俊が後裔なり、成俊六代壱岐守重綱・下野国安蘇郡田沼邑に住してはじめて田沼を称号とし、三代丹後守重行・新田義貞に属す」と。また、家伝に「田沼重綱―民部丞重村―丹後守重行、弟田神右京亮長村」と見ゆ。田沼城(田沼町)は戦国時代まで田沼山城守が居城す。

二 忍城士の田神氏 前項と同族か。成田分限帳に「五十貫文・田神山城」。別本に「五十一貫文・田上山城」と見え、長久寺本に「五十一貫文・田沼山城、小田原籠城」と見ゆ。

三 比企郡飯島村(川島町) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

田賀見 タガミ 忍城士にて、成田分限帳に「十一貫文・田賀見仁右衛門」あり。

高見沢 タカミザワ 各市町村に存す。長野県埴科郡坂城町十七戸、南佐久郡臼田町四十戸、佐久町百六十戸、川上村二十九戸、北相木村十三戸、南相木村十四戸、南牧村百三十三戸、八千穂村三十四戸、佐久市八十三戸あり。

一 埼玉郡佐間村(行田市) 天神社明治四十五年碑に高見沢幸助・高見沢平八あり。現存無し。

高見澤 タカミザワ 各市町村に存す。

高味沢 タカミザワ 吉川に存す。

高溝 タカミゾ 浦和に存す。

高道 タカミチ 川口、大宮、草加、川越、坂戸等に存す。

高光 タカミツ 戸田、春日部、上福岡等に存す。

高水 タカミヅ 川口、浦和、蕨、草加、入間、飯能、三芳、鳩山等に存す。東京都あきる野市五十戸あり。

一 蕨町 明治三十五年仲買商高水清助あり。

高御堂 タカミドウ 松伏に存す。

高緑 タカミドリ 越谷に存す。

高峯 タカミネ 浦和、白岡、越谷、入間、鶴ヶ島、日高等に存す。岩手県二戸郡浄法寺町十四戸あり。

高峰 タカミネ 各市町村に存す。

一 鉢形城士の高峰氏 鉢形分限帳に「本国出羽山本・青梅住・高峰采女」あり。高岸条参照。

二 秩父郡大宮郷 明治三年に郷宿高峰右助あり。現存無し。

高嶺 タカミネ 浦和、大宮、春日部、三郷、所沢、大井等に存す。

高三野 タカミノ 浦和に存す。

高宮 タカミヤ 各市町村に存す。○千葉県山武郡松尾町二十五戸、成東町十四戸。○長野県東筑摩郡波田町二十二戸。○新潟県西頸城郡名立町十一戸。○福島県東白川郡棚倉町二十四戸、岩瀬郡鏡石町十八戸、二本松市三十戸。○島根県隠岐郡都万村二十五戸あり。

一 松山城士の高宮氏 天正庚寅松山合戦図に「御本陣、目付高宮良善入道」あり。

二 浦和町 昭和三年興信録に「高宮精・所得税十七円」あり。

三 本庄町 明治三十五年大工職高宮作太郎あり。二戸現存す。

高宮城 タカミヤギ 越谷に存す。

高椋 タカムク 川島に存す。

高向 タカムコ 大宮に存す。

高虫 タカムシ 埼玉郡高虫村(蓮田市)あり。鳥取県西伯郡大山町八戸あり。

高宗 タカムネ 上福岡、川越、坂戸等に存す。

高旨 タカムネ 本庄に存す。千葉県勝浦市七戸あり。

篁 タカムラ 新座、和光、越谷、三郷、行田等に存す。

高村 タカムラ 各市町村に存す。○栃木県下都賀郡壬生町十四戸、鹿沼市百三十戸、今市市四十八戸。○茨城県久慈郡大子町三十三戸、那珂郡山方町八十二戸。○山梨県南都留郡山中湖町百九十戸。○長野県更埴市二十七戸。○新潟県南魚沼郡塩沢町七十戸、六日町二十四戸。○秋田県仙北郡角館町二十戸。○岩手県岩手郡岩手町二十戸、二戸郡安代町三十四戸、二戸市五十戸。○青森県三戸郡倉石村二十八戸、上北郡七戸町十二戸、六ヶ所村二十七戸、十和田市三十戸、八戸市四十戸、青森市八十戸あり。コウムラ参照。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「書簡格・九十石・亡父良助・高村民弥・四十三歳」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・高村小太郎」あり。

三 浦和町 昭和三年興信録に「高村輝一・所得税四十一円」あり。

高邑 タカムラ 大宮、新座、秩父等に存す。

高群 タカムレ 鶴ヶ島、東松山、本庄等に存す。

高牟礼 タカムレ 熊谷に存す。

高室 タカムロ 浦和、大宮、朝霞、庄和、春日部、所沢、飯能、川島、深谷等に存す。

一 秩父郡三峰村(大滝村) 明治五年三峰山取調に三峰山観音院高室自在・五十三歳。明治六年天台宗僧到阿は還俗して高室祥峯と改名し三峰神社祠官となる。現存無し。

高最 タカモト 所沢に存す。

高本 タカモト 大里郡高本村(大里町)、比企郡下唐子村字高本あり。各市町村に存す。鳥取県米子市二十五戸あり。コウモト参照。

一 浦和町 昭和三年興信録に「高本隆二・所得税十八円」あり。

高守 タカモリ 吉川、川越等に存す。

高盛 タカモリ 坂戸に存す。

高森 タカモリ 各市町村に存す。岩手県二戸郡浄法寺町十七戸、青森県三戸郡名川町二十六戸、西津軽郡木造町八戸、東津軽郡蟹田町二十三戸、八戸市三十七戸あり。

一 葛飾郡小淵村(春日部町) 大杉神社元治元年敷石碑に当所新町組高森軍次郎あり。現存無し。

二 足立郡大宮町 明治三十五年に高森善蔵あり。

高師 タカモロ タカシ参照。

一 浦和町 昭和三年興信録に「高師佐太郎・所得税十八円」あり。

二 入間郡下富村(所沢市) 明治二十年茶業高師源次郎あり。十戸現存す。

平野 タカヤ 熊谷に存す。

高矢 タカヤ 浦和、飯能等に存す。

高谷 タカヤ 各市町村に存す。○茨城県つくば市四十六戸。○秋田県大館市四十九戸。○青森県三戸郡倉石村十九戸、北津軽郡板柳町十八戸、中津軽郡岩木町十二戸、南津軽郡浪岡町二十七戸、藤崎町二十戸、十和田市六十六戸、八戸市六十戸、弘前市百八十戸、青森市百五十戸あり。コウヤ参照。

高家 タカヤ 草加に存す。

高屋 タカヤ 各市町村に存す。秋田県河辺郡河辺町十六戸、青森県十和田市五十四戸、弘前市四十五戸あり。

鷹谷 タカヤ 北本に存す。

鷹屋 タカヤ 和光、深谷等に存す。

田屋 タガヤ 相模国長尾郷田屋村(横浜市戸塚区)より起る小野姓横山党なり。鎌倉鶴岡八幡宮正安三年文書に相模国長尾郷田屋村(たや)と見ゆ。武蔵七党系図(冑山文庫)に「横山別当資孝―野五郎忠兼(奥州追討に大功を抽んず)―田屋二郎師兼―八国符五郎師義」と。八国符氏(矢古宇)は鶴見区矢向町(やこう)より起る。武蔵武士(渡辺世祐・八代国治著)に「横山資隆―田谷忠兼―中野師兼―矢古宇師義。忠兼は北埼玉郡田谷村を領せしを以て田谷野五郎と称す」と見ゆ。田ヶ谷村(騎西町)発祥説は誤りなり。

田谷 タガヤ 大里郡佐谷田村(熊谷市)永福寺延享四年宝篋印塔に当村田谷平右衛門、弘化三年馬頭尊に田谷武左衛門・田ヶ谷松右衛門。佐谷田神社安政二年水鉢に田ヶ谷藤吉。明治九年副戸長田ヶ谷藤吉・文政十一年生、副戸長田ヶ谷禎次郎・天保十四年生。明治十八年最上農名簿に田ヶ谷禎次郎・耕宅地九町三反歩所有。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国大里郡佐谷田村田谷禎次郎。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に佐谷田村田ヶ谷禎次郎あり。田谷氏十戸、田ヶ谷氏六戸現存す。タタニ、タヤ条参照。

田ヶ谷 タガヤ 埼玉郡内田ヶ谷村・外田ヶ谷村(騎西町)あり。前条及び多賀谷条参照。

多ヶ谷 タガヤ

一 葛飾郡中井村(吉川市) 東眼寺享保十八年宝篋印塔に中井村多ヶ谷勝文あり。現存無し。

二 埼玉郡岩槻町 明治三十五年洋燈商多ヶ谷伊三郎・多ヶ谷惣右衛門・多ヶ谷藤吉・多ヶ谷清太郎・多ヶ谷文次郎あり。

三 同郡飯塚村(岩槻市) 香林寺享保十七年供養塔に多ヶ谷二郎兵衛。清水文書に安政三年多ヶ谷長兵衛、慶長四年多ヶ谷勘五郎あり。現存無し。

四 同郡下新井村(岩槻市) 庚申塚寛政六年供養塔に多ヶ谷新六・多ヶ谷藤蔵・多ヶ谷平左衛門・多ヶ谷惣蔵・多ヶ谷五兵衛・多ヶ谷平兵衛・多ヶ谷八右衛門・多ヶ谷孫右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に下新井村多ヶ谷常八.。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下新井村多ヶ谷幸八・多ヶ谷茂右衛門・多ヶ谷作右衛門。久伊豆社天保九年狛犬に多ヶ谷弥次郎・多ヶ谷茂吉、嘉永四年水鉢に多ヶ谷幸右衛門。玉蔵院天保十五年供養塔に多ヶ谷幸之丞・多ヶ谷初五郎・多ヶ谷丑蔵・多ヶ谷伝蔵・多ヶ谷治郎右衛門・多ヶ谷長七・多ヶ谷蔵吉・多ヶ谷八右衛門・多ヶ谷角次郎・多ヶ谷新六、文久二年供養塔に多賀谷茂吉・父作右衛門。当村元治二年庚申塔に多ヶ谷七五郎・多ヶ谷由右衛門・多ヶ谷角右衛門・多ヶ谷勇蔵・多ヶ谷伝蔵・多ヶ谷仲蔵。明治九年戸長多ヶ谷幸八・天保六年生、副戸長多ヶ谷平左・嘉永五年生。明治三十年人名録に多ヶ谷幸八・地租二十六円、多ヶ谷伝蔵・文政五年生・地租二十六円。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に南下新井多ヶ谷弥吉あり。十六戸現存す。

夛ヶ谷 タガヤ 下新井村一戸現存す。

多加谷 タガヤ 浦和、小川、加須、狭山、所沢等に存す。

多賀屋 タガヤ 川越宿連雀町熊野社文化二年水鉢に御門前多賀屋平治郎あり。現存無し。

多賀谷 タガヤ 群馬県伊勢崎市百八十戸、秋田県北秋田郡比内町四十五戸あり。

一 平姓野与党多賀谷氏 埼玉郡田ヶ谷郷(騎西町)より起る。堤の内を内田ヶ谷村と称し、外を牛之助新田・のちに外田ヶ谷村と称す。内田ヶ谷村新義真言宗大福寺は館跡と伝へる。武蔵七党系図に「野与六郎基永―道智法華坊頼意―平太郎頼基―多賀谷二郎光基―弥三郎□□、弟に三郎重基、四郎久基、五郎重光、六郎時員」と見ゆ。吾妻鑑卷十に「建久元年十一月七日、頼朝上洛随兵に多加谷小三郎」。卷二十一に「建暦三年五月二日、和田の乱、北条方たかへの左近は討死す」。卷三十二に「嘉禎四年二月十七日、多賀谷太郎兵衛尉、多賀谷右衛門尉」。鎌倉年代記裏書に「仁治二年十二月二十四日、栢間左衛門尉・多賀谷兵衛尉・恒富兵衛尉等は、奉行人となりて、武蔵野に多摩川の水を引く」。吾妻鑑卷四十一に「建長三年正月十日、多賀谷弥五郎重茂」。卷四十六に「建長八年正月十三日、多賀谷弥五郎景茂」。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・多加谷六平二跡八貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」。御的日記に「嘉暦三年正月九日、多賀谷弥平次光忠は弓射をつとむ」。天龍寺造営記録に「康永元年十二月五日、多賀谷平二光忠・四十二歳は、足利尊氏の天龍寺参詣に供奉す」と見ゆ。

二 平姓村山党多賀谷氏 埼玉郡田ヶ谷郷より起る。多賀谷系図(多賀谷正士旧蔵。東京大学史料編纂所所蔵)に「中村太郎将常―伊予守武綱―下野守重綱―村山三郎重遠(始領相州金子)―金子十郎家忠(生相州金子、後自頼朝賜武州騎西庄)―多賀谷左衛門尉家政(居多賀谷、始為称号。弟多賀谷小三郎家秀)―弥五郎重茂―五郎景茂―彦太郎家経―五郎政忠―彦太郎家茂―弥五郎政朝―女子(結城大蔵少輔満広之一子原三郎光義室)―彦太郎氏家(始居下妻。天翁祥賀。光義之子、光義為多賀谷嗣主、氏家生而後還結城)」と見ゆ。系図は粗雑にて信用できず。人名も吾妻鑑等より引用しているが、是等は野与党多賀谷氏なり。秩父重綱の子重遠は上野国高山庄住人の高山氏なり。金子家忠は武州入間郡金子郷住人なり。相州足柄郡大井庄金子村(大井町)、或は足柄下郡成田庄金子村(小田原市)発祥説は誤りなり。遠江国出身の金子祥賀は多賀谷氏の名跡を継承して多賀谷氏を名乗る。以下各項参照。

三 常陸国下妻城主多賀谷氏 遠江国出身の出稼衆金子祥賀・祥英兄弟は、結城氏の重臣野与党多賀谷氏の名跡を継承して多賀谷氏を名乗る。前項多賀谷系図に「多賀谷彦太郎氏家(天翁祥賀。原三郎光義之子。始居下妻)―下総守高経(剛徳院傑叟祥英。弟刑部少輔家憲)―左近大夫家植(多宝院龍山祥潜。弟に式部大輔経供、下総守家重、彦次郎家通、経門・石下城主豊田正家之嗣、信濃守家詣、浄念東坊、出雲守、肥前守、治部少輔)―修理大夫重政(普光院天英祥春、永禄九年八月二十二日卒。弟遠江守家賢、其弟隠岐守)―下総守政経(太広院綿室祥聯、天正四年五月八日卒。弟淡路守経伯、其弟経長・羽生式部大輔之嗣)―修理大夫重経(安養院覚祥円居士、元和四年十一月九日卒)」と見ゆ。重経は石田三成に組して慶長六年下妻領六万石を没収され追放の処分を受けた。佐竹義宣を頼って秋田に逃れたが、江戸・京都を転々としたのち、井伊家に仕えていた末子茂光を頼って近江彦根に住し、その地で没す。新編常陸国志に「彦太郎家茂、其の子弥五郎政朝・後村山党の子を以って、入りて嗣ぐものあり、因りて金子氏と称す。結城直光の武蔵国足立、千台、平方等の地を賜ふに及んで、多賀谷氏其の地に居るを以って結城の家人たり。政朝に子無し、結城満広の子原光義を養ひて嗣とす。光義・其の族を率いて結城に帰り、一郭に聚居す。後其の墟を呼んで多賀谷畠と曰ふ。光義に三子あり、長を彦太郎と曰ふ、結城氏朝に従ひて結城を守る。嘉吉元年城陥る、彦太郎之に死す。次を彦四郎氏家と曰ふ。結城の陥る時、氏朝の季子七郎成朝を懐き、逃れて常陸佐竹氏に走る。宝徳二年、弟高経と力を戮せて結城城を復す。康正元年、功を以って下妻庄三十三郷を賞賜せらる。是に至りて金子氏を更めて、多賀谷氏に復す」と。新編常陸国志補遺に「家茂の子政朝、応永中、結城に来り、結城満広に属し、満広の子高経を養ひて嗣とす」と見ゆ。村山党金子氏の嗣子説、及び結城氏族原氏の嗣子説は誤りなり。五項参照。是等の遠江国出稼衆は結城氏の家老野与党多賀谷彦太郎(彦次郎、或は彦四郎)討死後に、其の名跡を継承して多賀谷氏を名乗る。(金子条で、金子兄弟は騎西庄田ヶ谷村へ来住して多賀谷氏を称すと記したが、これは私の誤りで訂正いたします)。永享後記に「結城氏朝父子三人自害しける時、三男長朝・北殿と号しけるは、武州へ出発し、四男成朝は其比三歳なりしを、家老多賀谷彦四郎抱取て、佐竹へ遁出、十年の春、十三歳にて鎌倉へ申立て、則本領安堵し結城へ帰りし、鎌倉殿(足利成氏)より一字を被下、結城七郎成朝と号し、譜代のやから来集り、威勢父祖にをとらず」。鎌倉大草紙に「結城氏朝が子息中務大輔重朝(成朝と改名)は、父討死の時、三歳にて、家臣多賀谷彦次郎懐中に懐て、常陸の佐竹に落行隠れ居たり。嘉吉元年四月十七日、結城の家人田賀谷彦太郎は討死す。享徳三年十二月二十七日の夜、足利成氏は、鎌倉西御門の山内上杉憲忠の館へ押寄る。憲忠の首をば、結城成朝家人金子祥永・同弟祥賀討取て御所へ参、実検に備えける。憲忠は管領なれば、庭上に置べからずとて、たたみを敷、其上に祥永兄弟をすへられ、御実検の後、金子に多賀谷という名字をくだされ、常陸国にて所領数多給わり、此子孫結城代々の家老となり、公方(成氏)へ出仕の時も、陪臣なれども庭上にたたみを敷て、公方へ拝顔申けるは、此時の例なり」と見ゆ。太田道灌雄飛録卷二に「結城中務大輔成朝等三百騎ばかり、享徳三年十二月二十七日の夜半の頃、上杉右京亮憲忠が宿所鎌倉西御門の館へおし寄せる。結城が郎等金子修理亮氏家、其弟彦二郎両人落合て憲忠が首をぞ取りたりける。結城已下の人らは憲忠を一戦に討取凱歌を挙て、憲忠が首を持参し御所へ帰り来りしかば、すなわち実検あるべしとて用意をなす、管領の首級庭上に置くべからずと畳を敷、其上に金子兄弟を座せしめ、成氏には将几にて法のごとく実検相済けり。成氏此の時、氏家に三つの褒美を賜はる。第一は実検の三方血に染みて瓜を断たる如く見えたれば、瓜の上に一文字を家の紋にたまふ、二つには関左の会合を許さる、三つには常陸国真壁郷三十三郷を給はる。氏家これより同国下妻に城を築いて此所に住し、名字を多賀谷とあらたむ」と。永禄四年関東幕注文に「常陸之国、多賀谷修理亮・一文字に瓜之文」と見ゆ。

四 下妻城主多賀谷氏家臣 下妻市史に「多賀谷氏家は上杉憲忠を討ちとり、その功により下妻荘および関郡の地を安堵された。氏家は大宝湖岸の旧大宝城跡に築城し、これが多賀谷城で、本丸一帯が現在多賀谷城跡公園となっている。二代家植の時代に行田城・下栗城・吉沼城・尾崎城・若城を攻略し、その被官となった土豪は強力な統制を誇り下妻衆とよばれた」と。慶長六年所領を没収された多賀谷重経の臣野口豊前が永禄から天正十七年頃における小山合戦等を記した覚書に多賀谷氏家臣の名あり。常総遺文に「厚木若狭、東郷縫殿丞、石山越後、亀田主税、長田助三郎、飯村新左衛門、広瀬豊前、貫助兵衛、秋本与三兵衛、新井主水、国崎将監、黒須豊前、川崎式部、磯大蔵、館美濃、東郷淡路、卯木信濃、生沼玄蕃、薄木八右衛門、大黒与右衛門、日向野蔵人、粕谷彦四郎、高徳主計、多賀谷右京、飯塚六兵衛、山内大炊亮、塚原縫殿之助、長田四郎兵衛持重、海老原右京、簗二郎左衛門、石上平右衛門、加野民部、大戸大学、人見伝内、青沼治部、館野豊後、多賀谷大夫、美濃部日向、江戸甚内、染谷豊前、岩上縫殿之介、野口玄蕃、多賀谷将監、大木信濃、白井縫殿之助」と見ゆ。是等家臣と同姓の者が騎西庄田ヶ谷村近隣に現存無し。また、内田ヶ谷村大福寺の野与党多賀谷氏館跡西側に荘厳なる堂々たる家があり、多賀谷氏家老岩崎某の子孫が現存す。しかし右家臣団の内に岩崎氏の名は見えず。当時の家臣団は発祥地以来の者を重臣としているのが例であるが、金子氏流多賀谷氏は野与党多賀谷氏の名跡を名乗っただけで、発祥地の田ヶ谷村とは無関係である。

五 多賀谷氏の本名 新編常陸国志に「多賀谷。其の先、武蔵平氏野与党に出づ。有賀平太郎頼基の二子光基・始めて崎西郷多賀谷に居り、因りて氏とす」と。有賀氏は常陸国茨城郡有賀村(内原町)出身、或は福島県石川郡地方出身の苗字有賀氏にて、騎西庄に来住して野与党に所属し道智氏及び多賀谷氏を称す。当時の武士は渡り者にて出稼衆なり。紀州那智山米良文書(室町時代初期)に「加藤名字注文、武州いなきの加藤、川越殿御内人也、武州大田のたかへの加藤□秀花押」と見ゆ。本名有賀氏の後は、川越氏・稲城氏の本名加藤氏一族が多賀谷氏の名跡を継承す。其後の名跡は、持氏滅亡記に「永享十一年二月十日、鎌倉永安寺にて持氏、満貞の両御所御自害あり、大御所の御頸をは金子入道斬之、小御所の御頸をは原太郎兄弟討之、実検の後、金子は常陸国下妻庄にて御恩を蒙り、原兄弟は遠江国にて御恩を蒙る。此等は永享十年金沢合戦に上杉憲直に一味して討れし浅羽下総守が子なり、下総守は讒言の罪あるにより誅せらるると云とも、此兄弟三人・外祖原左馬助貞信が吹挙によりて、京勢に加り御所中へ乱れ入り、亡親の忠をあらわし、兄弟三人皆面々に一所懸命の地安堵せり」と。遠江国佐野郡原郷細谷村(静岡県掛川市細谷)の地頭原一族は、東寺文書に「貞和二年、細谷郷一分地頭、原孫三郎光高、原熊伊豆丸、金子孫次郎忠継。貞治二年、細谷郷地頭金子十郎左衛門入道」と。浅羽下総守は遠江国原郷の原貞信の娘を妻とし、下総守討死により、三兄弟は祖父貞信に養育され、二兄弟は原氏を継ぎ、一人は細谷村の金子氏養子となる。此の金子入道は公方持氏を斬り、其の功により下妻庄を賜る。結城系図に「結城満広―氏朝(嘉吉元年四月十六日自害、四十四歳。弟原三郎光義は結城戦場に於て討死)―持朝(父同二十一歳死)―成朝(寛正三年卒、二十四歳)」。原三郎光義は多賀谷氏の養子とは見えず。此の人を多賀谷氏先祖にしている多賀谷系図は附会なり。永享後記に「嘉吉元年四月十六日、結城氏朝、弟原の三郎光義以下の侍、悉討死す。享徳三年十二月二十七日、結城成朝大将にて、鎌倉西御門管領の亭へ打て入る。成朝が家人に武州牢人金子と云もの兄弟あり、大手より責入、憲忠を害し、御首取てまいりたり、成朝・大によろこび、則かれらをめしつれて、御所中へ参上仕、御白洲に畏まる。彼兄弟は無位の者なれ共、憲忠の御首平地に置べからずとて、たゝミを敷、彼両人を置き、公方両人の名字を御尋あり。成朝・かねことは不呼、結城家老の多賀谷が同名に被成、多賀谷とめす。此両人、則常陸の下妻の多賀谷の元祖祥永・祥賀兄弟是也。依之多賀谷の庭たゝミと云者也、此由来也。又家の紋に瓜を用し事も彼首に敷たる紙に、瓜のごとく血の付たるゆへに、此家のもんに定る也」と見ゆ。公方持氏を斬った金子入道と、持氏の子成氏の味方結城成朝家臣の金子祥永兄弟は、下妻庄の遠州原氏流金子一門で血縁の無い赤の他人であり、組織上の親分子分、或は兄弟分の間柄であろう。武州牢人金子とは、既に野与党多賀谷氏の名跡を継承していたのを公方より安堵された。また、多賀谷氏古文書を所蔵している永井氏及び深江氏は多賀谷氏の本名に関係あるか。

六 播磨国の多賀谷氏 野与党多賀谷氏にて、子孫は山名氏に従う。是は在名にて河合上庄(兵庫県小野市)に多賀谷氏は現存無し。太平記卷三十二に「文和四年二月、将軍尊氏と弟直冬との神南合戦あり。直冬方の山名右衛門佐が兵ども始め、因幡を立ちしより、多賀谷以下、むねとの侍八十四人、その一族郎従二百六十三人、討たれにけり」。日光院文書に「文安二年九月二日、山名持豊は但馬国妙見社に、播磨国加東郡河合上庄領家半済・多賀谷因幡入道跡を寄進す」と見ゆ。

七 伊予国の多賀谷氏 周敷北条(愛媛県東予市)に多賀谷氏は現存無し。永井文書(広島県三原市)に「嘉禎四年六月二十日、将軍藤原頼経の入洛警備のため、幕府はたかへの二郎入道に対して、美濃国日野村(岐阜市)と伊予国周敷北条のうちから銭十貫文・多賀江兵衛尉分を出すよう命ず」。豫章記に「周敷郡北条郷多賀谷衆、数年忠節の者也。彼郡御知行の事に候間、云々」と見ゆ。

八 安芸国の多賀谷氏 瀬戸内海の島々にて、安芸郡倉橋町に現存無し。下蒲刈町三之瀬に一戸現存す。芸藩通志に「安芸郡九屋城、蒲刈島にあり、多賀谷式部景茂、始めて城く。其の後十二世、久兵衛元重、天正年まで相続して居住せしといふ」。「蒲刈三瀬、多賀谷修理実定まで数世、此の島の城に拠る。後島津氏に亡され、其の子宮内、城南不老山に居る。後村民となる」。「古塁、倉橋島にあり、河野氏の麾下、多賀谷右馬頭興重・地頭となり、此の城に居れり。其の子興頼に至り、弘治元年、毛利氏に滅さる」と見ゆ。

九 筑後国の多賀谷氏 福岡県瀬高町に現存なし。深江文書(佐賀市水ヶ江)に「弘長二年五月六日、将軍宗尊親王は、亡父多賀谷先次郎光村の譲状の旨に任せ、領知武蔵国南田島村内在家(川越市か)、並びに筑後国瀬高下庄内小犬丸名田畠並びに中屋敷の地頭職を、子息平乙鶴丸に安堵す」。「弘安四年四月十五日、多賀谷入道平重政は、武蔵国豊島郡江戸郷芝崎村の在家田畠等を松鶴が母に後家分として譲り渡す。幕府は元亨三年五月八日これを安堵す」。「正和四年四月三日、幕府は、多賀江八郎入道蓮光跡(重政)の筑後国瀬高庄鷹尾別寺を安富左近大夫頼泰に渡す」と見ゆ。また、正中二年宗像文書に「筑前国宗像郡朝町村(福岡県宗像市)地頭佐々目一族に相論あり、百姓等は武州多賀谷に訴え来り、当村へ下向す」と見ゆ。江戸郷芝崎村は今の神田の旧名なり。子孫は柴崎氏を称す。寛政呈譜に「もとは多賀谷氏にして、のち柴崎にあらたむ。柴崎十郎右衛門正勝(桜田の館につかへ馬役を勤む。宝永二年死す。二百五十俵)。家紋、丸に抱栗葉」とあり。

一〇 安房国の多賀谷氏 群房庄は平群安房庄(館山市附近)のことで、養和元年十二月八日新熊野神社文書(平安遺文四〇一三)に安房国群房庄の領家は新熊野社、預所は平基親とあり。基親は野与党多賀谷氏か。鎌倉市中央図書館所蔵に「正和六年正月十二日、幕府は、多賀江四郎に新熊野社領の安房国群房西庄を沙汰させる」と見ゆ。

一一 忍城士の多賀谷氏 成田分限帳に「十五貫文・多賀谷大炊、十貫文・多賀谷主税、十貫文・多賀谷左源太」あり。

一二 川越藩秋元氏家臣 深谷七騎の内、多賀谷下総大学の後裔なり。天保二年山形旧家取調帳に「高二百石・初代多賀谷六太夫(初名源左衛門。寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高百石・四代多賀谷助太夫、八代多賀谷平学」。明治四年館林藩士族帳に「郡奉行・百二十石・多賀谷彦九郎、十一両二人扶持・多賀谷練司」あり。

一三 越前松平秀康家臣 結城氏家臣多賀谷氏は、徳川家康の子秀康が結城氏養子となり、その重臣となる。藩翰譜に「下総国の大名結城右衛門督晴朝・家人多賀谷安芸を使として、秀康殿を婿君とし、我が家を譲らばやと望む。是より結城殿と申す。関が原戦後、越前国を賜ふ」と。多賀谷修理大夫重政の弟隠岐守の子安芸守なり。源秀康卿御家中給帳に「三万二千石・多賀谷左近、二千五十石・多賀谷権太夫、二百石・多賀谷将監、二百石・多賀谷式部、百五十石・多賀谷徳千代、百五十石・多賀谷靭負」。三項の後裔にて、多賀谷系図に「修理大夫重経(元和四年卒)―左近大夫三経(慶長七年越前国柿原移、慶長十二年卒)―左近泰経(元和二年卒)―左近経政(寛永十五年卒)―左近経栄(松平直基に従ふ、元禄十年卒)―左近麗経(享保八年卒)―左近経隆―左近恒光(川越にて文化十一年卒)―祝人経春(川越にて文政十二年卒)―左近経理(前橋にて明治十五年卒)―伊織経興(良太郎、川越にて文久三年卒)―経孝」と見ゆ。

一四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御家老・八百俵・越前勝山取立・多賀谷左近、左近倅多賀谷両太郎、御年寄・五百五十石・越前大野取立・多賀谷監物、監物倅多賀谷宴太郎、御馬廻・百石・越前取立・多賀谷孫右衛門、御物頭・百石・川越取立・多賀谷能登右衛門、御馬廻・二十石四人扶持・越前取立・多賀谷熊次郎」。万延二年に「老中・千俵・多賀谷左近、老中・八百俵・多賀谷伊織、老中嫡子多賀谷祝人、觸流・五百石・多賀谷監物、寄合嫡子多賀谷平三郎、御城代より寄合迄嫡孫・百五十石足軽二十二人づつ、老中次男・百石・御使番多賀谷能登右衛門、御目付・百石・多賀谷木助、御馬廻・百俵・多賀谷繁里、御馬廻・十五人扶持・多賀谷勘太郎」。慶応二年御家中住口記に「多賀谷才三郎・直基公代・結城以来。多賀谷儀兵衛・寛永頃。多賀谷郡蔵・寛永頃。多賀谷左近・正保二年兄弟家督出入有。多賀谷丹助・慶安元年。多賀谷孫三郎・左近嫡子・寛政十年召出」。明治四年前橋藩職員録に「大属・規則伝達方・多賀谷具」あり。

一五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御馬廻・二百石・多賀谷弥左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「三百五十石・多賀谷弥左衛門、十両二人扶持・多賀谷弥助」あり。

一六 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「三十五俵・多賀谷与惣」あり。

一七 埼玉郡下手子林村(羽生市) 福生院に「正本覚誉居士・故多賀谷意山入道・貞享三年八月二十四日寂」あり。意山は福生院で医師を勤める。現存無し。

一八 入間川町(狭山市) 昭和三年興信録に「多賀谷乙末・所得税十三円・営業税四十二円」あり。一戸現存す。

高柳 タカヤギ 大宮に存す。

高屋敷 タカヤシキ 各市町村に存す。岩手県下閉伊郡岩泉町七戸、田老町十一戸、二戸郡一戸町十二戸、九戸郡種市町四十八戸、青森県三戸郡三戸町十四戸、階上町十九戸、八戸市七十戸あり。

高安 タカヤス 各市町村に存す。○茨城県東茨城郡茨城町二十戸、常北町二十六戸、西茨城郡友部町二十三戸、鹿島郡神栖町七十四戸、行方郡潮来町十五戸、鹿島市三十五戸、水戸市六十戸。○千葉県香取郡小見川町十六戸、東庄町三十五戸、佐原市八十戸、銚子市六十三戸。○秋田県平鹿郡大森町十六戸あり。

鷹休 タカヤスミ 三郷に存す。

高柳 タカヤナギ 葛飾郡高柳村(栗橋町)あり、島川村・新井村(栗橋町)は高柳郷を唱へ、間鎌村(栗橋町)は高柳庄を唱へる。神田孝平文書(鎌倉市中央図書館所蔵)に「永徳二年二月二十三日、足利氏満は、下総国下河辺荘内高柳郷地頭職半分を鶴岡八幡宮に寄進す」と見ゆ。埼玉郡高柳村あり、上高柳村(騎西町)と下高柳村(加須市)に分村す。幡羅郡高柳村(熊谷市)あり、福原新一郎文書(藤沢市)に「貞和二年頃、鶴岡八幡宮領武蔵国瓺尻郷内高柳村」と見ゆ。児玉郡高柳村(児玉町)あり。また、入間郡田波目村字高柳、男衾郡三品村字高柳、西ノ入村字高柳、幡羅郡男沼村字高柳あり。○群馬県利根郡月夜野町二十九戸、片品村十八戸、新田郡尾島町二十戸、新田町十六戸、佐波郡赤堀町八十戸、境町三十六戸、伊勢崎市百四十戸、桐生市四十戸、高崎市四十戸。○茨城県鹿島郡鉾田町四十戸、行方郡麻生町二十戸、北浦町八十七戸、稲敷郡東町三十六戸。○千葉県香取郡大栄町十六戸、山武郡九十九里町三十四戸。○長野県南佐久郡臼田町五十戸、佐久市三十八戸あり。

一 野与党高柳氏 埼玉郡高柳郷(騎西町)より起る。武蔵七党系図に「野与六郎基永―大蔵九郎大夫経長―利生五郎大夫弘経(又、高柳)」と。風土記稿上高柳村条に「文永の頃、高柳弥五郎幹盛と云ふもの住せし故、此の唱ありなど、ものに見ゆれど、土人は伝へず」と。吾妻鑑卷五十二に「文永二年五月二十三日、高柳弥次郎幹盛」。長禄寛正記に「長尾氏の若党高柳野崎与五郎」あり。上高柳村に野崎氏一戸、上種足村(騎西町)に野崎氏六戸存す。在名高柳氏の本名は野崎氏か。

二 藤原秀郷流高柳氏 埼玉郡高柳郷より起る。尊卑分脈に「大田別当大夫行尊―大田四郎行光―大河戸下総権守行方―高柳三郎行基、弟大川戸四郎行平」。結城系図に「高柳三郎行基、弟高柳四郎行平」。佐野松田系図に「高柳三郎行基、弟葛浜四郎行平」と見ゆ。葛浜庄は高柳郷周辺の船越村・久下村・不動岡村(加須市)等より羽生市に亘る。高柳郷も葛浜庄の内であろう。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「高柳、藤原、大河戸三郎行基・これを称す。清久、藤、本国下野、大河戸下総守行方男・次郎秀行、称之」と見ゆ。大河戸一族は下野国都賀郡出身の出稼衆なり。大河戸条参照。太田系図(秋田藩家蔵文書)に「大田四郎行光―大河戸別当下総権守行方―高柳三郎行基―四郎行頼―次郎泰行―孫四郎直行。泰行の弟三郎行忠―弥三郎左衛門尉宗信(出家法名道林)―三郎左兵衛尉時信。行頼の弟七郎行綱―七郎二郎行広―三郎定行(弟四郎行久、其の弟五郎行家)―三郎次郎行政」。朴沢文書(東北大学所蔵)に「大田四郎権守行光―下総権守行方―大河戸三郎行基―高柳四郎行頼―高柳四郎次郎泰行、弟高柳四郎三郎忠行―高柳三郎左衛門宗信―三郎左衛門時信―大河戸三郎左衛門隆行―大河戸太郎広隆、弟山村次郎隆信、弟朴沢蔵人経家」と見ゆ。吾妻鑑卷四十一に「建長三年正月二十日、高柳四郎三郎行忠」。朴沢文書に「弘安十年二月十三日、高柳左衛門尉宗信領地陸奥国宮城郡山村(宮城県泉市)・伊予国恒松名地頭職(愛媛県)、一門高柳孫四郎直行并清久弥次郎入道淨心」。鎌倉円覚寺文書に「徳治二年五月、北条時宗法要、高柳三郎兵衛尉」。朴沢文書に「建武二年十二月二十三日、北畠顕家は、武蔵国御家人高柳九郎三郎宗泰・同子息八郎朝行、同国御家人高柳八郎四郎泰忠等の参陣せしことを證す」と見ゆ。

三 児玉党高柳氏 武乾記に「児玉郡高柳村は、高柳弥次郎元盛と云ふ武士の居し所なりと云ふ。児玉の分類と云ふ」と見ゆ。

四 秩父郡仲山城士の高柳氏 児玉郡高柳村より起る。正和元年仲山城築城に榎峠の案内者高柳幸七は足軽役に取立てられる。阿仁和条参照。

五 岡登氏族高柳氏 幕府代官岡登治郎兵衛景能の子利右衛門は母と共に児玉郡高柳村に住み、高柳八郎兵衛を称す。岡登(おかのぼり)参照。

六 鉢形城士の高柳氏 鉢形分限帳に「本国出羽仲利・熊谷住・高柳平馬」あり。山形県・秋田県に仲利の地名は無し。分限帳は信用できず。

七 吉橋氏族高柳氏 駒衣村の本名吉橋氏にて、児玉郡高柳村を所領として高柳氏を称し、木部村に屋敷を構える。風土記稿高柳村条に「那賀郡駒絹村の民友七所蔵の文書に、吉橋和泉、弟高柳因幡守と見え、且つ吉橋氏は永禄元亀の頃、信玄に属し、近郷の戦に屡々功ありしかば、榛沢郡の内大塚、賀美郡の内長浜にて、十貫文づゝの地を宛てられし事もあれば、舎弟高柳因幡守も当村に住し、在名をもて氏とせしにや」と見ゆ。木部勝蔵文書(東京浅草区馬道町)に「元亀元年五月五日、北条氏邦の奉行中村は、高柳源左衛門に印判状を発給し、木部村の寄居に取立候屋敷の一円不入を命ず」。「天正二年六月九日、氏邦奉行桑原左馬助は、高柳源左衛門に印判状を発給し、知行方、八貫五百文松村帯刀跡、七貫文岡部弥七郎分之内、以上十五貫五百文の地を宛行ふ」。駒衣村吉橋文書に「天正五丑年十月九日、村岡河内守分、両人に出置候、早々罷移、彼本領可致知行候、右之足軽其外同心衆の家まで、村岡より可請取之者也、吉橋和泉殿、和泉弟高柳因幡守殿、(北条氏邦印判状)」と見ゆ。榛沢郡大塚村(深谷市)の地頭村岡氏は隣村新戒村住人なり。在名高柳氏は高柳村及び那賀郡木部村・駒衣村(美里町)に現存無し。本名吉橋氏は駒衣村に二十戸、木部村に二戸現存す。

八 忍城士の高柳氏 成田分限帳に「百石・高柳大二、加勢侍・本国相模・鎗上手・七十貫文・高柳甚之丞、十九貫文・高柳一学」あり。

九 岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十七俵・高柳与五兵衛」あり。

一〇 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十五人扶持・高柳直、十三俵二人扶持・高柳徳蔵、九両二人扶持・高柳本作、七両余二人扶持・高柳次郎」あり。

一一 足立郡芝村(川口市) 鶴ヶ丸八幡社明治四十年碑に芝村高柳長太郎あり。

一二 同郡横曽根村(川口市) 明治六年富士講着到帳に横曽根村高柳熊次郎あり。

一三 同郡浦和町 明治三十五年洋服裁縫店高柳安太郎あり。

一四 同郡桶川町 明治三十五年医師高柳龍悦あり。

一五 同郡坂田村(桶川市) 倉田村明星院宝暦九年宝篋印塔に坂田村高柳総兵衛、文政六年新西国塔に坂田村高柳惣兵衛・高柳宇右衛門。大成村普門院文化十三年地蔵尊に坂田村高柳藤蔵妻。明治九年副戸長高柳喜之助・文化七年生。明治十八年文書に高柳民五郎あり。十戸現存す。

一六 同郡川田谷村(桶川市) 当村に此氏多く存す。高柳悦三郎所蔵の道祖土氏系図に「道祖土久助吉務(正徳元年卒。妻川田谷村高柳治郎右衛門娘)―信清―知隆―申彦(寛政十二年卒。弟は川田谷村高柳専右衛門養子となり高柳久蔵と云ふ)―応昇(天保七年卒。弟信之は高柳久蔵栄寿婿養子)―郡彦(妻高柳久蔵栄寿娘)―郡春(嘉永三年卒。妹は川田谷村高柳久十郎妻)―郡永(妻高柳久十郎娘)」。高柳久蔵の婿養子神道家高柳信之は文政九年江戸本郷弓町で大道教学舎を建て多くの門弟を有す。薬師堂寛政四年棟札に八幡原村高柳長五郎。弥勒院享和二年普門品に八幡原村高柳新十郎。泉福寺天保五年供養塔に上下川田谷村役人高柳紋太郎。釘無村明治十九年馬頭尊に川田谷村高柳権次郎。諏訪社明治三十九年幟碑に高柳徳三郎・高柳邦治・高柳甚太郎・高柳嘉吉あり。

一七 同郡小室領別所村(伊奈町) 法光寺明和七年鐘銘に高柳茂右衛門。当村文政十二年庚申塔に小室谷畑村高柳新助あり。現存無し。

一八 埼玉郡百間領須賀村(宮代町) 身代神社文久二年水鉢に高柳平吉あり。現存無し。

一九 同郡下早見村(久喜市) 鷲神社天保十年御神燈に高柳徳右衛門・高柳藤七・高柳吉兵衛。天神島村天王社明治十九年碑に下早見村高柳長次郎あり。七戸現存す。

二〇 同郡屈巣村(川里町) 野村玉松堂明治二年入門に屈巣村高柳雪次郎。普済寺明治六年筆子碑に高柳雪治郎・高柳信太郎あり。現存無し。

二一 同郡馬内村(加須市) 三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に馬内村高柳岩五郎あり。現存無し。

二二 入間郡川越町 明治九年副戸長高柳為吉・嘉永四年生。明治二十九年鉄道請願書に東明寺村高柳喜三郎・高柳常太郎。御嶽社明治三十年碑に高柳源次郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に高柳喜三郎・高柳鉄五郎。明治三十五年洋物商高柳清吉・菓子商高柳金太郎・薪炭商高柳鉄五郎・酒商高柳岩吉あり。

二三 同郡渋井村(川越市) 稲荷社嘉永四年仙元碑に高柳万吉あり。現存無し。

二四 同郡久下戸村(川越市) 当村若海氏系図に「初代若海大膳亮豊一(西堀領主)、二代高柳周防守正嘉、三代吉敷四郎政明(岩付落城後、足立郡西堀村に住す)」。氷川社文化八年浅間碑に下久下戸村高柳六太郎・高柳国太郎。明治九年副戸長高柳佐兵衛・文化六年生。古谷本郷八幡社明治十二年水鉢に久下戸邨高柳佐兵衛あり。六戸現存す。

二五 同郡今泉村(川越市) 神明社享和三年水鉢に今泉村高柳平七あり。三戸現存す。

二六 横見郡大串村(吉見町) 観音寺明和二年地蔵尊に高柳平右衛門、天保十二年地蔵尊に俗名安右衛門年六十九才・施主高柳久右衛門。岩室観音堂嘉永三年水鉢に大串村高柳久右衛門。久米田村慶応元年馬頭尊に大串村高柳林蔵。明治九年副戸長高柳仁左衛門・天保十一年生。登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に大串村高柳林蔵・高柳伊之助あり。九戸現存す。

二七 比企郡玉川郷 龍福寺嘉永元年筆子碑に中井・高柳金次郎・高柳磯次郎・高柳祐蔵。明治九年地租改正担当人高柳彦八.。松山町箭弓神社明治三十一年碑に玉川村高柳重蔵。今宮社明治四十五年碑に高柳太蔵・高柳三蔵・高柳富士三・高柳弥市・高柳八平・高柳総吉・高柳和市・高柳五郎あり。十七戸現存す。

二八 同郡福田村(滑川町) 字粕沢文化十三年地蔵尊に下福田村高柳儀左衛門妻。下福田村小林三徳元治二年算額に当所高柳住司正寿・高柳幾太郎義広。明治五年五人組帳(高柳邦之家文書)に名主高柳善重郎・高柳忠次郎・高柳七郎平・高柳七五郎・高柳艶五郎・高柳三造後家。明治九年議定書に高柳七郎平・高柳喜四郎・高柳七五郎・高柳善重・高柳三造・高柳小重郎・惣代高柳善平あり。十五戸現存す。

二九 熊谷町 六項参照。高城神社寛文十一年文書に町年寄高柳市郎兵衛。原口文書に「高柳小兵衛・正徳五年から四年程前に酒造、高柳小左衛門・四五年前に酒造」。大善院宝暦三年文書に高柳金左衛門・高柳平左衛門。熊谷宿百石組に「慶安元年、高柳平左衛門・高柳小左衛門。寛文五年、問屋兼町年寄高柳市郎兵衛。天和四年、町年寄高柳平左衛門。貞享三年、町年寄高柳平左衛門。正徳五年、町年寄高柳平左衛門、金持ぶけん者高柳金左衛門近年大分金たまり申候。宝暦十年、本町北屋敷持主高柳長左衛門・高柳平左衛門・高柳市郎兵衛・高柳小左衛門。安永四年、月行司高柳仙右衛門・同高柳市郎兵衛。寛政十二年、月行司年寄兼高柳市郎兵衛・同高柳勝蔵。天保元年、町年寄高柳平左衛門。天保十三年、町年寄高柳金左衛門・同高柳周蔵。嘉永元年、町年寄高柳周蔵・同高柳賢助。明治七年、惣代人高柳啓次郎・同高柳金左衛門。明治十年、熊谷駅議員高柳周蔵」。東方村熊野社明治三十年碑に熊谷高柳藤吉。明治三十五年呉服商高柳友作。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業高柳二郎・明治五年生・国税八百三十七円・県下八十八位(県会議員)、大正十四年高柳保助・明治二十四年生・国税千百二十五円・県下百六十位あり。

三〇 大里郡樋春村(江南町) 春野原村享保九年検地帳に高柳武左衛門あり。村役人なり。一戸現存す。

三一 幡羅郡高柳村(熊谷市) 新堀村宝性寺文化九年棟札に高柳村高柳三左衛門。大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に高柳村高柳源三郎あり。神主か。現存無し。

三二 同郡四方寺村(熊谷市) 湯殿神社文化十年碑に高柳林蔵・高柳丈八.。明治九年副戸長高柳喜平・文化十年生。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に四方寺村高柳徳太郎あり。四戸現存す。

三三 同郡妻沼町 明治三十五年理髪店高柳雷太郎・飲食店高柳万五郎。

三四 同郡出来島村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に出来島村高柳幸助あり。現存無し。

三五 同郡男沼村(妻沼町) 小名高柳あり、屋敷名なり。高橋条参照。男沼村誌に「貞享以前よりの家・高柳源兵衛・高柳六兵衛・高柳市之丞・高柳治右衛門・高柳多右衛門。貞享元年以後新たに出来た家・高柳権左衛門・高柳太楽・高柳五兵衛。享保元年百姓代高柳太兵衛。寛保二年組頭高柳太兵衛。寛政七年名主高柳太兵衛。文久二年名主高柳太兵衛。明治四年人別帳、高柳豊次郎・一町五畝歩、高柳親蔵、高柳権平、高柳甚五郎、高柳茂三郎、高柳五平治」。長勝寺天保九年棟札に高柳太兵衛・高柳常次郎、嘉永五年子待塔に高柳勝次郎・高柳喜蔵、万延元年庚申塔に高柳豊次郎・高柳幸太郎・高柳寅次郎。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に男沼村高柳太兵衛。明治九年副戸長高柳幸太郎・天保十三年生あり。十一戸現存す。

三六 同郡石塚村(深谷市) 明治十八年最上農名簿に石塚村高柳□□・耕宅地十三町二反歩所有あり。現存無し。坂田条参照。

三七 同郡新井村(深谷市) 明治九年副戸長高柳仙次郎・文政七年生。明戸村会議員高柳理八・明治三十八年生あり。七戸現存す。

三八 榛沢郡深谷町 呑龍院明治二十三年碑に田所町高柳惣吉。明治三十五年茶商太田屋高柳弥助あり。

三九 同郡沓掛村(岡部町) 榛沢村経蔵院文久二年筆子碑に沓掛村高柳兵助あり。現存無し。

四〇 同郡瀬山村(川本町) 宮戸村神道無念流金井宇一郎起請文に慶応二年瀬山村高柳奥二郎あり。現無し。

四一 同郡滝瀬村(本庄市) 堀田村嘉永二年五神塔に高柳米蔵・高柳平次郎。明治九年滝瀬村副戸長高柳市郎・弘化四年生。明治二十七年文書に高柳染五郎・地租八十四円あり。堀田村に六戸現存す。

四二 男衾郡立原村(寄居町) 折原村明治四十三年碑に高柳猪平あり。七戸現存す。

四三 同郡今市村(寄居町) 牟礼村東天保十一年庚申塔に今市村高柳市之丞あり。三戸現存す。

四四 児玉郡本庄町 文政八年文人人名録に書家本庄宿高柳孝女琴江・号寄蛙斎。明治四年諸井文書に本町高柳甚蔵・台町高柳藤太郎。普寛霊場明治三十年御嶽碑に本庄町高柳弥作。明治三十五年糸繭商高柳梅五郎・薪炭商高柳友吉・粉商高柳只七(本庄町会議員)あり。

四五 同郡鵜森村(本庄市) 当村安政五年二十三夜塔に高柳勘左衛門あり。一戸現存す。

四六 同郡仁手村(本庄市) 諏訪社文化三年庚申塔に高柳新五右衛門・高柳菊松。明治元年本庄宿助郷文書に仁手村役人高柳半平。明治五年川船書上に十石積艀船所有に下仁手村高柳弥助・同村高柳儀十郎・同村高柳善平あり。仁手村に八戸現存す。

四七 同郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に高柳愛三郎あり。

四八 那賀郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・高柳弥蔵・高柳忠助・高柳弥七・高柳由治郎あり。六戸現存す。

四九 賀美郡七本木村(上里町) 石川流木村源蔵(天保十年没)門人に七本木村三間新田高柳常吉・同所高柳染之丞あり。八戸現存す。

五〇 同郡植竹村(神川町) 当村に此氏多く存す。児玉記考に「旧家高柳八十松・高柳平三郎、旧幕の頃地頭石丸家知行の組頭役を勤めたり」と。明治四年九郷用水文書に植竹村名主高柳平三郎。明治九年副戸長高柳平三郎・天保元年生、副戸長高柳八十松・弘化元年生。信州木曽御嶽神社里宮明治四年碑に武州賀美郡植竹村高柳伝五郎・高柳源三郎・高柳八十松。日枝社明治三十一年碑に高柳市太郎・高柳八十松・高柳源三郎・高柳森太郎・高柳喜三郎・高柳鳥五郎あり。

五一 秩父郡大宮郷 明治三年糸繭商高柳徳兵衛・三十九歳あり。

五二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「加納村(桶川市)・高柳寛三・五十円、川越市・高柳市太郎・二十七円・五十三円、高柳豊次郎・二十一円、高柳林造・十四円、福田村(滑川町)・高柳忠一郎・二十一円、江面村(久喜市)・高柳一男・十二円、忍町・高柳兵太郎・二百四十六円・九十八円、熊谷町・高柳二郎・三千五百五十八円、高柳保助・四百八十円、高柳知一郎・百十四円、仁手村(本庄市)・高柳友作・十五円」あり。

高藪 タカヤブ 鶴ヶ島に存す。

孝山 タカヤマ 川口、戸田、越生等に存す。

高山 タカヤマ 山は村の意味。扶余族高氏(高句麗人、百済人)の集落を高山と称す。秩父郡高山村(飯能市)常楽院銅仏器銘に「弘安二年六月二十八日、高山寺明王御供器」と見ゆ。新座郡上内間木村字高山あり。○群馬県利根郡川場村十戸、片品村十八戸、吾妻郡吾妻町十八戸、中之条町二十七戸、勢多郡富士見村四十戸、新田郡新田町二十三戸、尾島町十三戸、邑楽郡邑楽町十六戸、佐波郡赤堀町二十七戸、境町二十五戸、沼田市六十七戸、太田市九十戸、伊勢崎市八十戸、前橋市百五十戸。○栃木県塩谷郡栗山村三十八戸、下都賀郡壬生町百戸、石橋町百六十戸、芳賀郡二宮町二十五戸、河内郡南河内町四十戸、鹿沼市七十戸。○千葉県香取郡干潟町二十三戸、長生郡白子町二十五戸、安房郡富浦町三十八戸、茂原市百五十戸、市原市二百二十戸。○山梨県富士吉田市六十四戸。○長野県北佐久郡御代田町三十戸、東筑摩郡波田町十九戸、南安曇郡豊科町四十五戸、穂高町七十八戸、三郷村四十七戸、北安曇郡池田町二十八戸、松川村二十二戸、松本市四百三十戸、中野市五十六戸。○新潟県中蒲原郡小須戸町五十九戸、南蒲原郡栄町二十五戸、三条市五十七戸。○山形県東田川郡藤島町二十戸、酒田市六十三戸、新庄市百五十戸。○秋田県雄勝郡羽後町二十七戸、仙北郡千畑町二十戸。○青森県三戸郡五戸町二十戸、高階町十八戸、上北郡野辺地町十七戸あり。コウヤマ参照。

一 小野姓岡部氏流高山氏 秩父郡高山村より起る。吾野岡部氏系図(高山村西藤三所蔵)に「岡部六弥太忠澄―小野太忠吉―吾野太高忠―康忠―出羽守宗忠(観応二年討死)―長門守兼澄―新左衛門尉忠継(後改氏、高山権太夫と号す)」と見ゆ。岡部氏は附会なり。

二 児玉党高山氏 上野国緑野郡高山庄(藤岡市)より起る。武蔵七党系図に「有別当太夫経行―秩父平太行重―平武者行弘―武者五郎行成(高山四郎)、行重の弟兼永―教快(保尾新発)―幸心(高山)」と見ゆ。

三 秩父氏流高山氏 上野国緑野郡高山庄より起る。紀州熊野本宮大社文書に「建徳二年正月二十四日、上野国高山庄しらしをのくろさわのしゃミれいつう花押」。紀州米良文書に「嘉元三年二月十四日、那智山旦那職、秩父一門、上野国高山、小林一門、並びに畠山尼御前、同めい御前(白塩之修理介殿御前)」。寛文郷帳に椚山村四十石・悪矢場村三十石・沢口村二十一石・白塩村八十七石と見え、四ヶ村が合併して高山村となる。元禄郷帳に高山村二百六十六石とあり。幕末に家数五十九軒あり。畠山系図に「秩父下野権介重綱―高山三郎重遠」。小林系図に「秩父権守重綱―高山三郎重遠―栗須四郎有重―小林三郎重清」と。高山氏は高山庄白塩村を本拠地とし、鉱山鍛冶師の支配頭なり。当時は畑作地の少ない小村であったが配下の鉱山師等が多数居住し高山党を組織した。比企郡上古寺村の鍛冶師小久保氏は高山重遠を祖とするが、高山氏の配下なり。鉱山鍛冶師のことは小久保、川越、秩父等参照。源平盛衰記に「上野国高山党三百騎云々」。吾妻鑑卷二十一に「建暦三年二月十六日、和田の乱。和田平太胤長に与したる信濃国住人籠山次郎を、高山小三郎重親これを預かる」。卷脱漏に「嘉禄二年五月二十二日、小林五郎・高山五郎らの領所請所の所望を許可す」。卷三十二に「嘉禎四年二月十七日、将軍随兵に高山五郎四郎・高山弥三郎・同弥四郎」。世良田村長楽寺文書に「元徳三年十一月二十三日、由良孫三郎景長妻紀氏申、上野国那波郡善養寺内田四町三段半・在家二宇事(前橋市)。右、田在家者、高山弥四郎重朝所帯也、去七月十三日限永代沽却之由、紀氏依申之」。太平記卷十四に「新田義貞十六騎の高山遠江守」。卷二十九に「小林又次郎・小林掃部・高山又次郎等は、将軍方にて高兄弟を討伐す」。卷三十一に「観応三年閏二月十六日、新田義宗ら西上野で兵を上げ、鎌倉足利方に浄法寺・白塩・高山越前守あり」と見ゆ。紀州那智大社文書に「応安五年三月四日、上野国高山修理亮重行花押」。「康応元年九月六日、高山殿御子息彦三郎平儀重花押」と。鎌倉大草紙に「応永二十三年、足利持氏は上杉禅秀の急襲を受け、鎌倉佐介に逃げる。持氏御供には新田之一類・田中、高山信濃守なり」と。後裔は群馬郡白井城主長尾氏に従う。永禄三年関東幕注文に「上州白井衆、高山々城守・にほひかたくろ、小林出羽守・にほひかた黒」。後に武田信玄に従う。長野県上田市下之郷の生島足島神社起請文に「永禄十年八月七日、高山々城守行重血判」あり。家紋匂肩黒の此氏は在名にて苗字にあらず。家紋丸に鶴丸の高山氏は苗字にて無関係なり。

四 利根郡の高山氏 東小川村大御堂観音菩薩立像銘に「文明十八年三月十一日、小河□□大旦那泰重高山入道開名道見」あり。片品村東小川に高山氏二戸現存し、家紋は剣片喰なり。此氏は古代以来居住の苗字なり。

五 新田郡の高山氏 下田島村に十四戸、東長岡村に十五戸、安良岡村に二戸(太田市)、岩松村(尾島町)に九戸現存し、家紋は鶴丸なり。此氏は古代以来居住の苗字にて、在名の秩父氏流高山氏とは無関係なり。高山庄の秩父氏流高山氏は足利方に属し、新田郡出身の苗字高山氏は新田方に属す。太平記卷十四に「建武二年十一月八日、新田義貞、朝敵追罰のため都を立ちたまふ。高山遠江守等、世の人これを十六騎が党とぞ申しける。大将軍義貞は、一段高き所に諸卒の振舞ひを実検せられける」と。新田郡新川村(勢多郡新里村大字新川)天台宗善昌寺に新田十六騎の位牌あり「高山遠江守・法名双樹晃倫」と見ゆ。船田条参照。子孫は遠江守を襲名す。藤岡市藤岡町の高山満雄文書(家紋鶴丸)に「乙酉十一月九日(天正十三年)、新田郡金山在城を命ず、新田領の内百貫文、館林二十四貫文同心二十扶持、佐位庄五十貫文同心給、高山遠江守殿、虎印(北条家)」。「天正十四年丙戌七月二十四日、九十六貫九十六文・長岡之郷、三貫九百四文・安良岡之内、已上百貫文、新田領検地奉行前より可請取之、此外七十貫文之同心給出所、高山遠江守殿、虎印」と見ゆ。当所は此氏の出身地にて安堵される。遠江守定重の先祖は新田郡より、自己の苗字と同じ地名の高山庄へ移住す。上州の苗字と家紋に「新田義貞十六騎の一人高山遠江守の子孫は、上杉氏に仕へ、また武田氏の旗下となり、天文年中、高山因幡守繁泰のとき、金山城主由良成繁に仕え、天正十八年金山落城後、繁泰は下田島村に、弟周防守繁宗は岩松村に帰農す。繁泰の子繁政は慶長二年下田島村に日蓮宗妙高寺蓮成院を開創す。家紋は鶴丸」。「下田島村高山繁政の三代繁家は、下野国小山城主本多正純に仕へ、正純配流のとき、故地下田島村に帰農す。総社城主秋元家の重臣であった宗家高山氏のすすめによって繁家の子繁枝は、秋元家に仕官五十三人扶持、のち百五十石となり、さらにその子繁経のとき二百石を賜り、子孫は総社御譜代三十三家中に数えられる門地の高い家となり、廃藩によって邑楽町に住す。家紋はまいづる、揚羽の蝶」と見ゆ。

六 高山庄金井村要害山城主高山氏 昭和五十四年に高山氏は、高山村一戸、金井村三戸、東平井村二戸、藤岡町一戸存し、家紋は鶴丸なり。新田郡より天文頃に遠江守満重が児玉郡渡瀬村へ移住し、其の後高山庄へ移る。系図に秩父郡高山村より起る秩父氏流と云うが附会なり。高山庄より起る高山氏(家紋は匂肩黒)は在名にて無関係なり。上野名跡考に「高山氏は初め日野に城居しけるが、天文中、其の裔孫遠江守満重にに至り、金井の要害山に築き、東平井に高源寺を建てたり。故に満重山と号す」と。高山村曹洞宗興禅院に貞和六年正月二十三日銘の高山遠江守重栄の墓あり。後世の造立であろう。上野国志に「日野金井村は高山氏が居る所なり。高山は秩父の族なり、秩父十郎武綱が子権守重綱が第三の子三郎重遠始て封を受て高山氏を称す、それより子孫相続す」。日野金井故城条に「金山の東南の要害山は高山氏居所の跡なり。天文天正の比、高山遠江守満重・始は上杉氏に属し、後甲州に従ひ、又小田原に帰して滅び、其裔民家となりて、今猶遺れり」と見ゆ。高山系図(金井村高山鶴治所蔵)に「平姓、家紋丸に鶴、幕紋三階松・七曜。秩父下野守重綱―高山三郎重遠(始住于武州高山邑、故子孫号高山。後移住上野緑野郡矣)―三郎重昭(改重久、住于上野国。弟小三郎重親・住于信州)―三郎遠江守重治―五郎四郎信濃守盛治―弥三郎上野介守重(弟弥四郎朝重・後号白塩掃部介)―五郎宮内少輔忠重―彦三郎越後守長重―兵衛三郎遠江守重武―五郎越後守時重―三郎兵衛遠江守重栄(法諱宗永、属于新田義貞、後仕尊氏、住于上野国高山)―太郎伊賀守重貞(法名長蓮、延文四年義詮供奉)―兵庫助宮内少輔重康(明徳二年討死)―五郎太郎蔵人大夫頼重(号上野入道了性、属足利持氏、文安二年卒、五十五歳)―三郎上野介重秀(号光明寺殿、法名白峯、享徳三年卒、六十二歳)―八郎三郎越後守重友(号東陽寺殿、法名道雄、長禄二年卒、四十七歳)―平四郎遠江守重次(居于高山庄清水山城、属上杉房顕、明応六年卒、六十歳)―又右衛門遠江守憲重(栄慶家山大禅定門、属上杉顕定、永正七年卒、六十二歳)―左馬之助越前守重純(後改重則、賢叟徴公大禅定門、属上杉憲房、享禄二年卒、五十九歳)―蔵人重孝(入道善栄、機雲道鑑居士、属上杉家、在上野国高山城)―彦兵衛尉遠江守満重(図書助、高源寺殿、前遠州刺史一翁源栄居士、永禄三年卒、八十九歳、葬于上野国緑野郡東平井曹洞宗高源寺也)―彦兵衛尉遠江守定重(属于上杉憲政、後属于武田信玄、在城于武州加美郡久城也、桃屋宗見大禅定門、天正十八年三月八日卒、七十歳)―八郎三郎主水正泰重(改重元、属信玄、永禄十二年戦死、二十六歳)―右馬助主水佐重正(与次郎、元和五年卒、六十歳)―半兵衛重照(寛永十四年卒)―与一郎重郷(寛文八年卒)―半左衛門重墨(正徳四年卒)」と見ゆ。満重以前は信用出来ず。天文十六年三戸文書に「上杉憲政の臣高山図書助」。高山茂文書(藤岡市岡之郷)に「天文二十二年三月十八日、高山彦五郎殿、(北条氏康印判状)」。永禄八年黒沢文書に「児玉郡渡瀬高山分屋敷共に三貫五百文を領す」と、黒沢条参照。是以前に高山庄へ移る。高山吉重文書(高山村下郷)に「三月二十日(永禄十年カ)、合百五十貫文・下村(高山村)、合百貫文・出手分(群馬町)、合百貫文・海沢(高崎市)、合五十貫文・長野因獄分、以上、高山遠江守殿、内藤大和守昌月判(信玄奉行)」。「永禄十丁卯歳四月二十九日、五十貫文・宇塩八塩松房三村(浄法寺村)、五十貫文・箕輪郷之内川除(箕郷町)、合百貫文、高山彦兵衛尉殿、信玄花押」と。長野県上田市下之郷の生島足島神社起請文に「永禄十年八月七日、高山彦兵衛尉定重血判、高山衆高山八郎三郎泰重血判」あり。高山満雄文書(藤岡町)に「戊辰三月十三日(永禄十一年)、三十貫文・神田長尾分(藤岡市)・道中子白雲山分(藤岡市)、高山彦兵衛尉殿、原隼人佐奉之(信玄奉行)」。高山鶴治文書(金井村)に「永禄十二己巳歳五月十七日、武上之境取出之地利、築之可在城(加美郡久城)、高山彦兵衛尉殿、原隼人佐奉之」。高山吉重文書に「二月二十二日(元亀二年)、高山大和守殿、信玄花押」。「元亀三年壬申六月九日、二百二十貫文・多比良(吉井町)、五十貫文・入山(松井田町)、高山彦兵衛尉殿、内藤・原両人奉之」。また、高山系図所収に「元亀三年壬申六月九日、父主水正討死忠節無比類候、因茲牛田・白塩之内二百貫文所被下置候、高山与次郎殿、内藤修理亮奉之」と、此の文書と同じものを栃木県大田原市の川上茂久所蔵す。川上文書は写しか。同氏所蔵の永徳二年四月五日・高山左近将監とあるのは、岩井左近将監宛のもので、岩井を刷消して高山と記してある。高山徳樹文書(東平井村)に「元亀三年壬申六月十四日、東平井市之事、高山彦兵衛尉殿、原隼人佐奉之」。高山吉重文書に「天正二甲戌年八月二十二日、於武州被相拘候領地云々、遠州羽妻村(静岡県掛川市初馬)三百貫文之所、被下置候、高山彦兵衛尉殿、原隼人佐奉之」。「天正九年辛巳二月四日、沼上之内高山分(玉村町)五十貫文之所、那波へ被相渡、為知行之改替被下置、右馬助殿、内藤大和守奉之」。「天正十年六月、東平井・川除等合百五十貫文、為新給令扶助、高山右馬助殿、左近判(織田信長の臣滝川一益)」。神流川合戦記に「天正十年六月、上州諸大名、高山遠江守貞成・高二万石」と、貞成(さだしげ)は定重のことなり。織田家滅亡後は北条氏に従う。高山鶴治文書に「天正十年六月二十二日、高山遠江守殿、安房守奉之(北条氏邦)」と見ゆ。尚、高山系図所収に「元亀元年庚午十二月二十七日、有無拠子細、当知行借用之処、応諾大慶候、然為鬼石、替地若田郷(高崎市)相渡候、浄法寺之替地名所、以書付可被申候、高山山城守殿、信玄花押」とあり、群馬県史には、この文書は研究の余地があると記す。後世の作か、或は他家の文書か。秩父氏流高山氏と同族の在名小林氏は高崎市出身の本名天田氏(甘田)なり。在名高山山城守の本名も天田氏であろうか。小林条参照。

七 秋元氏重臣の高山氏 五項と同族なり。上野国惣社城主長尾氏の子景朝は深谷上杉氏の宿老秋元氏の養子となり秋元景朝と称し、生家の惣社城主となる。長尾氏家臣の高山氏は景朝に仕へ重臣となる。榛沢郡上野台村元誉寺文書に「天文十年辛丑三月、秋元越中守藤原景朝公・上州より武州榛沢郡上野之原に移る、御家老高山五兵衛定光、御見分役高山伝右衛門由長。寛永十三年丙子夏四月、泰朝公・甲州に移る、御供高山五兵衛、高山伝右衛門」と。秋元家譜に「秋元様上州御在城之由来書。天正十五年十一月十二日秋元兵部景朝殿御死、家老高山五兵衛等相談を以て葬式相済」と見ゆ。榛沢郡田中村文禄四年検地帳に「高山分」とあり、家老高山氏の知行地なり。天保二年山形旧家取調帳に「○高五百石・初代高山五兵衛(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高五十人扶持・五代高山五兵衛、高二百二十石・六代高山五兵衛。○高二百石・初代高山伝右衛門(寛永十年御帳に有り)、高千二百石・三代高山伝右衛門、七代高山文左衛門(初伝右衛門)。○高五百五十石・初代高山甚五兵衛(寛永十年御帳に有り)、高七百石・二代高山甚五兵衛、高四百石・四代高山主税助、高三百石・六代高山主税助。○高不知・初代高山新五左衛門(寛永十年御帳に有り)、高三百五十石・二代高山喜左衛門、高二百三十石・三代高山伊太夫、八代高山新七郎。○高金十両・初代高山孫左衛門(寛永十年御帳に有り)、高二百石・二代高山新兵衛、五代高山五六郎、子高山孫左衛門」。高山伝右衛門繁永―繁政―孝繁―繁文(国家老職、六百石から千二百石に加増、享保三年没、七十歳)。風土記稿野田新田(川越市)条に「禅宗宝林庵の中興開基は、高山甚五兵衛宣繁とあり、これは秋元但馬守藩なりと云ふ、寛延三年卒す」と。川越蓮声寺日鑑に「正徳四年、御家老高山甚五兵衛宣繁、御目付高山新兵衛。享保八年、御家老高山伝右衛門繁扶」と見ゆ。明治四年館林藩士族帳に「幼少・九百石・高山玉吉、三百石・高山純一、御馬廻・二百三十石・高山峻、御馬廻・二百二十石・高山寛次郎、二百石・高山速水、御使役・十人扶持・高山戒三」あり。

八 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御武頭・百石四人扶持・高山三郎左衛門」あり。

九 岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二百石・高山儀左衛門、二両余・高山佐五兵衛」あり。

一〇 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「鉄砲之者小頭・六石余二人扶持・高山清左衛門、江戸屋敷足軽・二両余二人扶持・高山清兵衛」。明治四年忍藩士族名簿に「六石余二人扶持・高山粂八、五石二人扶持・高山信重」あり。

一一 岡部藩安部氏家臣 明治四年半原県分限帳に「使部・高山順三郎・士族」あり。

一二 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「十石二人扶持・高山次郎右衛門」あり。

一三 葛飾郡天神島村(幸手市) 天満宮明治十七年庚申塔に高山吉五郎あり。現存無し。

一四 埼玉郡岩槻町 加倉村浄国寺元禄三年庚申塔に市宿町高山太郎右衛門、元禄九年庚申塔に市宿町高山六兵衛、元禄十一年棟札に岩付惣檀那高山五郎兵衛・高山善右衛門。明治三十五年薬種商高山テル・高山兼吉あり。

一五 同郡加倉村(岩槻市) 洞雲寺元禄七年庚申塔に高山善兵衛あり。現存無し。

一六 同郡高虫村(蓮田市) 栢間村福田氏由緒に「福田幸十郎(天正十七年没)―女子(高虫村高山勘解由妻)」と見ゆ。現存無し。

一七 同郡久喜町 明治三十五年木挽職高山直次郎あり。

一八 同郡太田袋村(久喜市) 当村に此氏多く存す。当村寛政元年庚申塔に高山幸右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に太田袋村高山半右衛門・高山源右衛門。琴平社文政二年御神燈に当所高山喜三郎、文政三年水鉢に当所高山常右衛門・高山喜三郎・高山与兵衛。文政七年戸賀崎門人帳に太田袋村高山覚左衛門。明治九年副戸長高山益三郎・弘化二年生。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流太田袋村高山常太郎・弟高山六三郎。明治三十年人名録に高山伊三郎・安政四年生あり。

一九 同郡上野田村(白岡町) 鷲宮社嘉永元年御神燈に高山宇三郎あり。現存無し。

二〇 同郡中種足村(騎西町) 泉蔵院天保十四年供養塔に高山豊吉。大日堂嘉永五年庚申塔に中種足村下分下砂・高山源次郎あり。三戸現存す。

二一 同郡下岩瀬村(羽生市) 当村文政二年湯殿山碑に高山伊左衛門あり。三戸現存す。

二二 同郡真名板村(行田市) 薬師堂延宝元年供養塔に高山吉左衛門あり。現存無し。

二三 足立郡草加宿 草加神社弘化三年玉垣碑に高山市太郎。嘉永三年豪商農草加宿一丁目(南草加村)呉服太物紺屋大和屋高山五郎右衛門。成田山新勝寺文久三年碑に草加駅大和屋五郎右衛門。明治十六年剣術神文鑑に草加駅高山長之助。明治三十五年植木職高山瀧次郎・瀬戸物商紺屋高山あい・農業紺屋高山市五郎・呉服商紺屋高山峰松・飲食店高山こい。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治三十年南草加農業高山五郎右衛門・弘化三年生・国税五百五十三円、明治四十四年南草加農業高山市五郎・明治十二年生・国税五百五十七円・県下百五十三位あり。

二四 同郡鳩ヶ谷町 氷川社寛政十年水鉢に当町高山平助あり。

二五 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 八幡社明治三十九年碑に高山幸次郎(染物業)あり。

二六 同郡石神村(川口市) 真乗院弘化三年普門品に当所高山藤蔵あり。二戸現存す。

二七 同郡吉蔵新田(川口市) 鳩ヶ谷町柳武館明治三十八年撃士名簿に吉蔵新田高山善之助あり。現存無し。

二八 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社慶応二年筆子碑に高山喜之助。明治三十五年安行村領家植木商高山喜之助あり。二戸現存す。

二九 同郡赤山領立野村(川口市) 西福寺文政二年湯殿山碑に立野村高山清蔵、弘化三年百番観音に当所高山源六・高山三平・高山清蔵・高山梅太郎。二宮神社文政十三年鳥居碑に当所高山権兵衛、明治四十二年奉納額に高山利兵衛。明治六年生徒月並受取帳に高山半蔵あり。五戸存す。

三〇 同郡大牧村(浦和市) 大間木村氷川社天保七年御神燈に吉場高山幸次郎。清泰寺嘉永五年供養塔に吉場高山幸次郎あり。五戸現存す。

三一 同郡与野町 円乗院寛文五年供養塔に与野町高山次郎左衛門。正円寺正徳元年聖観音像に与野高山七兵衛。一山神社慶応二年碑に与野町高山代次郎(米穀商)。明治五年組頭高山六右衛門あり。

三二 同郡大宮町 明治三十五年米穀商高山吾助あり。

三三 同郡南部領宮下村(大宮市) 氷川社嘉永六年碑に高山源蔵あり。三戸現存す。

三四 同郡指扇領新井村(大宮市) 上内野村氷川社文化八年水鉢に新井村高山要右衛門あり。現存無し。

三五 同郡側海斗村(大宮市) 与野町一山神社明治三十五年碑に側ヶ谷戸村高山仲太郎。天神社明治三十九年碑に高山代助あり。四戸現存す。

三六 同郡五町台村(桶川市) 稲荷社安政三年碑に高山佐十郎・高山伊右衛門。菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に五丁台高山三蔵あり。五戸現存す。

三七 同郡小室村(伊奈町) 当村寛政六年庚申塔に小室本村高山政右衛門、文政三年庚申塔に小室本村高山善右衛門、天保□□年庚申塔に柄山村高山重次郎・高山長右衛門。氷川社安政三年御神燈に本村・高山小左衛門・高山長右衛門・高山市左衛門・高山伝次郎あり。十四戸現存す。

三八 新座郡根岸村(朝霞市) 明治四十四年天神碑に高山末吉あり。

三九 入間郡鶴ヶ岡村(大井町) 明治十七年反別帳に高山文左衛門・十一町一反一畝歩、高山龍五郎・二町六畝歩所有あり。六戸現存す。

四〇 同郡藤久保村(三芳町) 広源寺安政七年普門品に高山幸右衛門あり。三戸現存す。

四一 同郡北永井村(三芳町) 明治六年願書に高山平蔵あり。五戸現存す。

四二 同郡南永井村(所沢市) 志木町敷島社明治初期狛犬に南永井村高山清左衛門。明治七年成田山月参護摩講に南永井村高山清左衛門。竹間沢村泉蔵院明治二十九年碑に南永井村高山七蔵あり。五戸現存す。

四三 同郡入間川町(狭山市) 八幡社明治四十二年碑に入間川町高山金蔵あり。

四四 同郡木蓮寺村(入間市) 文化年間に宮大工高山丑松。明治二十二年埼玉勧業会員高山初五郎あり。九戸現存す。

四五 同郡中神村(入間市) 慶応四年筆子碑に中神村高山万吉あり。二戸現存す。

四六 同郡根岸村(入間市) 中神村豊泉寺寛文九年鐘銘に根岸村高山七郎右門。当村享保二十一年地蔵尊に根岸村高山勘右衛門・高山伊右衛門・高山市左衛門・高山文左衛門。明治三十五年大字根岸織物製造高山万吉あり。四戸現存す。

四七 同郡寺竹村(入間市) 高養寺文化十年地蔵尊に寺竹村高山平右衛門あり。九戸現存す。

四八 同郡花ノ木村(入間市) 中神村豊泉寺寛文九年鐘銘に花木村高山七郎左右衛門あり。一戸現存す。

四九 同郡谷ヶ貫村(入間市) 川越喜多院寛政頃五百羅漢像銘文に谷ヶ貫村高山作左衛門。明治五年上谷ヶ貫村副戸長高山五郎七、下谷ヶ貫村准副戸長高山茂八.。明治十一年比留間文書に上谷ヶ貫村高山武平・高山栄助・高山友吉あり。上村に二戸、下村に十二戸現存す。

五〇 同郡川越町 氷川社明治八年水鉢に南町高山久兵衛・高山仁兵衛。相州大山阿夫利神社下社明治十三年御神燈に川越南町高山仁兵衛。明治十五年埼玉県下豪商十一名に太物問屋高山仁兵衛。明治二十九年川越商業銀行発起人高山仁兵衛・百株五千円、明治三十五年京越鉄道発起人高山仁兵衛・千五百株七万五千円所有あり。

五一 同郡扇河岸(川越市) 大仙波村浅間社文化十一年水鉢に扇河岸高山源助。砂村氷川社文政三年仙元碑に扇河岸高山源助。明治九年戸長高山勘左衛門、副戸長高山五平次あり。

五二 同郡山城村(川越市) 当村享保十六年橋供養塔に願主高山一心あり。現存無し。

五三 同郡坂戸町 八幡社天保十二年供養塔に坂戸村高山林右衛門貞信。日の出町明治三十一年地蔵尊に高山七六.。脚折村明治三十五年御神燈に坂戸町高山亀吉。明治四十三年菓子糸繭商高山亀吉・大工職高山四郎次・薬種商高山吉之助・種子商高山梅吉・建具職高山信吉・畳職高山茂吉・左官職高山常吉・理髪店高山勇吉・提灯商高山半助あり。

五四 同郡片柳村(坂戸市) 明治三十年堰場組合に高山幾太郎・高山卯之吉あり。二戸現存す。

五五 同郡苦林村(毛呂山町) 明治十九年惣代人高山伊三郎・議員高山芳蔵。明治二十八年川角村会議員高山助次郎あり。二戸現存す。

五六 高麗郡鯨井村(川越市) 当村に此氏の旧家あり。十五戸現存す。

五七 同郡飯能町 山手町観音寺享保十年供養塔に高山甲衛門。明治十四年足袋商高山由造・高山伊之助。諏訪八幡社明治四十三年御神燈に宮本町高山久蔵(足袋商)あり。