埼玉苗字辞典
ナ〜ノ

名井 ナイ 坂戸に存す。

内記 ナイキ 葛飾郡内国府間村(幸手市)八幡社文久元年水鉢に内国府間村内記新田と見ゆ。川口、戸田、上尾、朝霞、越谷、毛呂山等に存す。千葉県鴨川市十三戸、新潟県中頸城郡妙高村十戸、岩手県和賀郡沢内村十六戸あり。

内木 ナイキ 栃木県河内郡南河内町十七戸、千葉県鴨川市八戸あり。

一 葛飾郡八丁堀村(三郷市) 明治九年副戸長内木喜兵衛・文政十四年生。稲荷社明治十二年御神燈に当村内木喜兵衛・内木重之助・内木七太郎・内木宗兵衛・内木久太郎あり。七戸現存す。

内貴 ナイキ 三郷、鶴ヶ島、所沢等に存す。

内儀 ナイギ 戸田に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「御塗師・四両二人扶持・内儀留吉」あり。

内司 ナイジ 行田に存す。

内城 ナイジョウ 浦和、大宮、春日部、草加、江南、入間、川越等に存す。青森県三戸郡階上町三十五戸、八戸市四十九戸あり。

内藤 ナイトウ 内(うち、うつ)の転訛にて、ウヅ(渦)族は海洋民なり。藤(とう)は唐(とう)の佳字にて、唐(から)は韓(から)なり。韓国の海洋民集落を内藤と称す。ウチ、ウツミ条参照。また、藤原秀郷後裔の内舎人を内藤検校と云う、是は組織名にて苗字にあらず。○茨城県稲敷郡河内町二十戸、新利根町四十九戸。○千葉県香取郡多古町二十戸、市原市百十戸。○山梨県北都留郡上野原町二十戸、西八代郡下部町五十六戸、三珠町三十戸、六郷町三十三戸、東八代郡石和町四十八戸、一宮町二十三戸、北巨摩郡須玉町七十戸、高根町二十三戸、双葉町二十六戸、中巨摩郡櫛形町七十三戸、甲西町六十二戸、敷島町二十七戸、昭和町三十六戸、白根町二十二戸、田富町四十七戸、玉穂町二十七戸、竜王町八十五戸、若草町三十三戸、韮崎市百九十戸、甲府市五百七十戸。○長野県南佐久郡八千穂村四十四戸、諏訪郡富士見町二十二戸、上田市六十三戸、佐久市九十戸。○新潟県西蒲原郡西川町四十五戸、巻町八十戸、三島郡出雲崎町三十五戸、越路町五十二戸、南魚沼郡六日町二十三戸、中頸城郡大潟町四十二戸、柿崎町二十六戸、長岡市八十七戸、上越市百十戸。○山形県米沢市五十三戸。○秋田県平鹿郡増田町四十八戸、雄勝郡雄勝町二十戸。○島根県簸川郡斐川町二十八戸、大社町二十五戸、八束郡宍道町四十九戸、松江市七十八戸、出雲市五十二戸。○鳥取県米子市七十三戸あり。

一 入間郡古尾谷庄の内藤氏 肥後守盛時は古尾谷庄(川越市)を所領とし、子孫は古尾谷氏を称す。弟の豊後守盛義は比企郡高坂郷(東松山市)を所領として高坂氏を称す。内藤系図に「藤原秀郷流、内藤左衛門尉盛家(嘉禄三年卒、八十九歳)―肥後前司左衛門尉盛時―肥後六左衛門時景」。内藤系図(群書類従所載)に「関白藤原道長―頼高―僧覚祐―内供奉祐寛―筑前守盛遠(初めて内藤の氏を賜ふ)―左衛門尉盛家―肥後守盛時(建長六年卒。弟豊後守盛義)―左衛門尉時景(弘安八年卒)―景家―景幸―義景」と見ゆ。小早川文書に「貞応元年十二月六日、紀伊国伊都郡伊揖村(和歌山県かつらぎ町)・同郡山田村(橋本市)・高坂内藤七郎盛義。承久の乱後、新補地頭とす」。榊葉集に「貞永元年六月二十九日、幕府は、石清水八幡宮寺別当幸清法印の訴へにより、同領武蔵国古谷庄預所内藤判官盛時をして、今年の安居頭役を勤仕せしむ」。「同年七月二十七日、六波羅探題は、前の関東御教書の旨をうけ、武蔵国古谷庄地頭役として、安居頭役を勤仕すべきことを内藤判官に命ず」。古谷本郷八幡社鐘銘に「弘安元年、藤原時景は此邑を領す」。鎌倉円覚寺大般若経に「延文四年十月日、古尾谷刑部大輔義景」。金沢文庫文書に「康安二年卯月二十日、古尾谷刑部大輔入道」と見ゆ。古尾谷、高坂条参照。

二 深谷城士の内藤氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、内藤仁左衛門」あり。

三 岩附城士の内藤氏 岩槻巷談に「氏房の臣宮城美濃守家人に内藤源右衛門」と見ゆ。

四 鉢形城士の内藤氏 深谷記に「天正十年神流川合戦、鉢形衆内藤弥四郎」。榛沢郡桜沢村吉田氏系図(幾瀬文書)に「吉田和泉守昌利(秩父郡芦ヶ久保城主)―吉田新左衛門昌光(桜沢村住)―吉田弥四郎昌忠(慶長十九年没。室は内藤内蔵之助娘)―吉田次左衛門忠清―内藤次左衛門(西の川原・内藤家絶家立つ)―内藤次太夫―内藤六左衛門(江戸へ出る)―内藤次左衛門。吉田忠清―幾瀬一郎兵衛忠茂(兄内藤次左衛門)―幾瀬儀右衛門忠福―幾瀬弥四郎忠政―内藤新重郎忠久(号吉田、秩父郡岩田村名頭)―内藤要七(寄居住)」と見ゆ。吉田氏は横瀬村の内芦ヶ久保城主にて、横瀬村に内藤氏七戸現存し、同村の出身にて桜沢村へ移るか。医を継ぐ者は幾瀬氏(現当主幾瀬一郎)を名乗り、分家は本名吉田氏を称す。岩田村に吉田氏五戸存し、内藤氏は現存無し。

五 松山城士の内藤氏 松山落城後は江戸へ移る。秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「真中院道空・内藤十兵衛。花台院妙賢・江戸内藤十兵衛。貞松院妙樹・江戸内藤十兵衛娘・寛文八年正月」と見ゆ。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三百石・内藤左平・是は忍にて罷出・三州之者」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御広間帳付・四十俵二人扶持・内藤何右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「十五人扶持・内藤勘平」あり。

八 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御物頭・二百四十八石・内藤弥学、奥御小姓・百三十石・内藤幸右衛門、御馬廻・百石・内藤弥五左衛門、寄合・三人扶持・内藤駒之丞、隠居・三人扶持・内藤精一、御厩方・四両二人扶持・内藤伊兵衛」。明治四年忍藩士族名簿に「二百四十八石・内藤弥学、百三十石・内藤武雄、百石・内藤弥五郎」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国越前生国武蔵・内藤惣十郎・三十三歳」あり。

一〇 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御祐筆・七両三人扶持・内藤新七郎」あり。

一一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十二俵二人扶持・内藤彦平、十八俵二人扶持・内藤郁」あり。

一二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・百七十石・亡父直馬・内藤忠右衛門・五十八歳、養父忠右衛門・内藤釜次郎・二十四歳、十石三人扶持・初兵衛家続・内藤彦九郎・二十四歳、御徒銃隊格・七石余二人扶持・亡養父丹平・内藤丹平・五十歳」あり。五十一項参照。

一三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「四百石・内藤助之丞、二百五十石・内藤二郎右衛門、二百石・内藤六左衛門、高不明・内藤九郎右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「千二百石・内藤主水、六百石・内藤彦兵衛、五百石・内藤九郎右衛門、四百石・内藤八郎右衛門、二百石・内藤刑部、百五十石・内藤長右衛門、五人扶持・内藤次郎右衛門、七両・内藤靭負、六両・内藤多内、四両・内藤縄之介」あり。

一四 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二十人扶持・内藤三之丞」あり。

一五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「二百石・内藤又左衛門、五両五人扶持・内藤甚七」あり。

一六 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御大小姓・八人扶持・内藤謙之助」あり。

一七 関東郡代伊奈氏家臣 文禄四年榛沢郡荒川村検地帳に「伊奈忠次の臣内藤左衛門」。寛永二十一年代官内藤作右衛門。天保年間伊奈役所惣人数に「中御徒町・内藤伝平」あり。二十六項参照。

一八 葛飾郡松伏村 宝珠寺文政四年碑に内藤武右衛門。松伏神社安政五年狛犬に内藤利右衛門・内藤斧右衛門あり。三戸現存す。

一九 同郡杉戸町 百間村青林寺寛政十年文書に杉戸新町内藤六右衛門。東福寺明治二十七年碑に杉戸町内藤孝作あり。

二〇 同郡神扇村(幸手市) 天神社文化十二年御神燈に内藤兵三郎・内藤留右衛門、万延元年庚申塔に内藤政吉、明治二十六年改修碑に内藤徳次郎あり。二戸現存す。

二一 同郡上吉羽村(幸手市) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に上吉羽村内藤喜三郎。明治二十年被選挙権者内藤藤治・安政四年生、選挙権者内藤半蔵・文政四年生。明治三十年人名録に内藤捨五郎・文久元年生あり。十七戸現存す。

二二 同郡平須賀村(幸手市) 宝聖寺文政四年庚申塔に内藤幾八郎、嘉永四年庚申塔に内藤杢之丞あり。現存無し。

二三 同郡栗橋町 明治三十五年に内藤藤吉あり。

二四 同郡高柳村(栗橋町) 玉聚寺文政十年供養塔に内藤元右衛門。香取社明治十四年幟碑に内藤庄蔵・内藤□五郎・内藤久助あり。一戸現存す。

二五 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「百姓嘉兵衛は享保中・水戸より来り百姓に成、内藤氏也」。久伊豆社文化元年御神燈に内藤嘉兵衛・内藤半兵衛。明治三十五年古着質屋商内藤嘉兵衛・古着商内藤瀧蔵あり。

二六 同郡大沢町(越谷市) 当町に此氏多く存す。大沢町造成にあたり、関東郡代伊奈忠次は古来からの大沢在地人の深野・内藤両氏に対して、功により名主の次に位する町人役の身分を与へる。大沢猫の爪(福井文書)に「上組百姓鞍屋内藤長七は、安永年中、中山道蕨宿在より増林村に落着、夫より当町へ来り甚右衛門店に而商売、其後百姓に成申候。下組町人役内藤六兵衛は文禄・慶長之頃より当町居付之旧家に而、万治三年死去、倅伝兵衛町人役相続、寛政中右子孫退転仕候、内藤之本家之由也、元来大株と相見、寛文年中内藤吉左衛門へ一軒前分地、其後内藤次右衛門、其外分地之者多、連々薄成行申候。内藤吉左衛門は寛文中六兵衛分地、元禄十年死去、俵屋弥平次其子孫に而、元禄十年祐天大和尚へ願之上吉左衛門石碑認貰、右俵屋弥次右衛門是也。内藤六兵衛孫伝左衛門屋敷、貞享年中渡る。中宿百姓伊兵衛はふじ屋内藤次右衛門分家、寛政中より百姓に成申候。元禄八年検地、内藤吉左衛門屋敷、町人役内藤六兵衛屋敷倅八左衛門及伝左衛門。宝暦七年大沢町百姓、俵屋内藤吉左衛門、藤屋内藤次右衛門。明和五年帳面表、内藤伝左衛門、内藤吉右衛門」と見ゆ。寛政年中に退転した内藤伝兵衛は伊奈氏家臣となるか。香取社文化三年鳥居碑に大沢町上組内藤長七・内藤伊兵衛あり。

二七 同郡岩槻町 久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町内藤吉右衛門。明治三十五年に内藤伝次郎・内藤亀太郎・内藤兼吉あり。

二八 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村内藤佐兵衛あり。現存無し。

二九 同郡平野村(岩槻市) 西福寺享和四年庚申塔に内藤安右衛門あり。現存無し。

三〇 同郡末田村(岩槻市) 当村寺跡享保六年庚申塔に内藤太右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に末田村内藤乙右衛門・内藤弥七あり。一戸現存す。

三一 同郡小溝村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に小溝村内藤七郎左衛門・内藤八兵衛・内藤七郎兵衛。表慈恩寺村諏訪社天保五年水鉢に小溝村内藤亀次郎。長命寺慶応二年供養塔に小溝村内藤金蔵・内藤新右衛門・内藤幾次郎・内藤津三郎・内藤豊吉。明治三十年人名録に内藤金蔵・天保六年生・地租三十円、内藤瀧蔵・天保十二年生・地租二十六円。内牧村鷲香取社明治三十二年狛犬に小溝内藤治兵衛あり。十五戸現存す。

三二 同郡粕壁町 春日部八幡社明治三十二年御嶽碑に内藤浅右衛門。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に内藤留吉(飲食店)あり。

三三 同郡内牧村(春日部市) 薬応寺明治三十年水鉢に内藤福次郎・内藤弥平次・内藤浅右衛門あり。六戸現存す。

三四 同郡梅田村(春日部市) 日枝社嘉永三年御神燈に西組内藤庄蔵あり。四戸現存す。

三五 同郡上大増新田(春日部市) 香取社文政二年天神碑に内藤富蔵、天保十四年幟碑に内藤太平、安政六年幟碑に内藤安吉。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に上大増新田内藤富蔵あり。一戸現存す。

三六 同郡新方袋村(春日部市) 満蔵寺文化四年庚申塔に内藤源左衛門・内藤兵右衛門、嘉永元年水鉢に内藤文吉。小溝村長命寺慶応二年供養塔に新方袋村内藤平助あり。七戸現存す。

三七 同郡原村(久喜市) 久伊豆社元治元年榛名講碑に内藤寅蔵・内藤次郎吉・内藤万次郎あり。十一戸存す。

三八 同郡江面村(久喜市) 天保十一年百姓連名帳に内藤文右衛門あり。一戸現存す。

三九 同郡鷲宮町 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所内藤甚右衛門あり。二戸現存す。

四〇 同郡鴻茎村(騎西町) 風土記稿北根村条に「清法寺の寺宝に東照宮御召羽織ありて、鴻茎村の民勘右衛門が家より当寺へ納むと云ふ。勘右衛門が先祖内藤玄蕃は足利家の浪人なり。或時東照宮御放鷹の先にて拝謁し奉り、此御羽織并玉銀を賜われり。玄蕃が子孫当寺の住僧と成しものあり、其因によりて当寺へ納むと云ふ。玉銀は今に彼が家にて所蔵せり」と見ゆ。一戸現存す。

四一 同郡上崎村(騎西町) 当村安政二年浅間碑に内藤伸七.。雷電社安政四年御神燈に内藤真吉あり。九戸現存す。

四二 同郡今泉村(羽生市) 長光寺開基は内藤左衛門といふ百姓なり。開山は元和三年没すれば、この頃の人かと。現存無し。

四三 足立郡草加宿 草加神社弘化三年玉垣碑に内藤鶴蔵。明治六年三丁目(南草加村)米穀商藤屋内藤慶之助あり。

四四 同郡太田窪村(浦和市) 浦和宿玉蔵院宝暦十年短才見聞録に太田久保村内藤藤八.。氷川社明治二十八年碑に内藤勇次郎・内藤伸吉・内藤仙吉・内藤芳太郎・内藤團次郎あり。十九戸現存す。

四五 同郡宿村(浦和市) 大久保神社明治三十年碑に内藤養蔵あり。三戸現存す。

四六 同郡桶川町 明治三十五年荒物商内藤宗右衛門・鳥屋内藤元右衛門。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年内藤宗七・文久三年生・国税二千五百五十九円・県下四十七位あり。

四七 新座郡菅沢村(新座市) 明治五年農車持に内藤惣之助。明治十四年被選挙権者内藤利平・嘉永六年生あり。二戸現存す。

四八 入間郡所沢町 明治三十五年篩商内藤文作・飲食店内藤助七あり。

四九 同郡岩崎村(所沢市) 瑞岸寺明治三十二年地蔵尊に当所内藤忠五郎あり。六戸現存す。

五〇 同郡南永井村(所沢市) 明治七年成田山月参護摩講に内藤五郎七・内藤要五郎あり。一戸現存す。

五一 同郡川越町 石田村藤宮神社嘉永三年御神燈に川越高沢町内藤勇吉。明治十一年第八十五国立銀行株主十株千円、及び川越銀行三十株千五百円所有・喜多町内藤忠右衛門。十二項参照。氷川社明治十七年碑に内藤松吉。御嶽社明治三十年碑に内藤忠右衛門・内藤宗吉・内藤平太郎。相州大山阿夫利神社女坂の山道明治四十一年碑に川越町染業内田屋内藤宗吉あり。

五二 同郡石田村(川越市) 当村に此氏多く存す。藤宮神社文政十一年鳥居碑に内藤久右衛門、嘉永三年御神燈に当村内藤宇兵衛・内藤徳兵衛。明治九年副戸長内藤茂兵衛・文政七年生、副戸長内藤平太郎・嘉永五年生(県会議員)。釘無村明治十九年馬頭尊に石田村内藤甚兵衛あり。

五三 同郡越生町 明治三十五年荒物商近江屋内藤惣吉あり。

五四 高麗郡中山村(飯能市) 智観寺宝永三年大般若経奉納に中山中町内藤市左衛門あり。現存無し。

五五 同郡上広瀬村(狭山市) 日蓮宗信立寺文書に「法善信士・善五兵衛婿・内手内藤善右衛門・寛永十五年七月二十七日没。当山五世日伝、明暦二年披露案内は内藤佐兵衛」。明治五年田畑名寄帳に内藤善五平。広瀬神社明治二十四年碑に当所内藤岩次郎。浅間社明治四十五年碑に内藤岩次郎あり。三戸現存す。

五六 同郡根岸村(狭山市) 水富神社明治四十三年碑に水富村内藤善七あり。一戸現存す。

五七 比企郡下狢村(川島町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

五八 同郡小川町 上小川神社明治初年御神燈に内藤関次郎あり。

五九 榛沢郡寄居町 明治三十五年飲食店内藤清太郎あり。四項参照。

六〇 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村内藤幸右衛門・内藤才作あり。二戸現存す。四項参照。

六一 児玉郡塩谷村(児玉町) 明治九年副戸長内藤元吉・天保七年生あり。現存無し。

六二 賀美郡勅使河原村(上里町) 安永九年家名附に「勝場村・内藤与五左衛門・内藤金右衛門・内藤清右衛門・内藤門兵衛・内藤久左衛門」。万延元年勝場庚申塔に内藤紋兵衛あり。二戸現存す。

六三 秩父郡小鹿野町 明治二十年上二丁目内藤吾作あり。四戸現存す。

六四 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に内藤鍋吉あり。現存無し。

六五 同郡薄村(両神村) 明治五年出浦文書に糸繭商中島内藤浅吉あり。三戸現存す。

六六 同郡大滝村 明治四年大血川内藤由五郎・内藤倉吉。明治十年大滝村屋番号に大血川内藤伝蔵・内藤矩蔵。大滝小学校生徒に内藤倉吉孫長男亀三郎・明治二年生あり。三戸現存す。

六七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「桶川町・内藤宗七・二千三百六十一円・五百三十二円、川越市・内藤益次郎・二十七円、柳瀬村(所沢市)・内藤平三郎・九円、岩槻町・内藤岸之助・九円、本庄町・内藤武彦・三十八円、大滝村・内藤亀三郎・十六円」あり。

内徳 ナイトク 草加に存す。

名内 ナウチ 春日部、久喜、三郷等に存す。

天宿 ナウハシ 天竺とも記す。

一 毛呂郷の天宿氏 府中六所宮の祭事参集覚(高麗郡野々宮神社文書)に「天文十六年十一月十九日、越生の田中源三郎、上野内・聖天神主、毛呂・天宿神主、宿屋之内・大夫四郎」と見ゆ。茂呂大明神(入間郡毛呂郷前久保村出雲伊波比神社)神主か。現存無し。

二 勝呂郷の天宿氏 入間郡石井村(坂戸市)白山社家天宿氏は、元禄二年に苗字を岡野と改め、更に同四年二月に復姓願いを出し、先祖藤原姓中臣氏に因み仲富氏に改める。天宿氏由緒書(岡野作太郎家文書)に「天正七年天宿左膳は塚越村高麗摂津取立家督す、同人女房は岡野儀内娘加能遣す、寛文四年岡野六左衛門弟次助・式部と改家督す、元禄二年苗字岡野と改、後明和五年越中病死、娘一人有之候処、是又病死、後家里よ儀は上寺山村組頭五右衛門娘也、家督無之に付塚越村摂津守諸事世話いたし居り候」と。また、白山社由緒書(仲富良作家文書)に「神主世代之儀。天正七年家督天宿左膳藤原重明、元和二年同断同右膳藤原重幸、正保四年同断同靭負藤原幸正、寛文四年同断同式部藤原正則、元禄二年苗字岡野と相改申候、元禄五年同断岡野越中藤原重次、享保三年同断同越前藤原重次、宝暦九年同断同越中藤原庸武、寛政七年正月二十二日同越前藤原重連、嘉永四年同断同越中藤原重維、明治元年十二月白山宮神主岡野越中」と見ゆ。現存無し。

三 高麗本郷の天竺氏 字日向組(日高市)鎮守聖天社の社家なり。風土記稿に「聖天社の神職天竺相模」。塚越村住吉神社寛政十一年文書に「高麗郡本庄日向村聖天宮祠官天竺数馬、同村祠官天竺右京」と見ゆ。現存無し。

四 我野郷の天宿氏 高麗郡長沢村(飯能市)聖天社の社家なり。塚越村住吉神社貞享三年文書に「高麗郡我野村聖天社家天宿丹波、同村社家天宿右衛門」と見ゆ。現存無し。

苗木 ナエギ 川口、浦和、大宮、戸田、加須、入間、富士見等に存す。栃木県下都賀郡岩舟町四十戸あり。

一 児玉郡入浅見村(児玉町) 当村二十三夜堂年不詳に苗木伴治郎あり。現存無し。

苗田 ナエダ 吉見に存す。

苗塚 ナエヅカ 足立郡苗塚村(草加市)あり。

苗間 ナエマ 入間郡苗間村(大井町)あり、天正年間文書に「福岡波間分百姓中」と見ゆ。葛飾郡上笹塚村字苗間、埼玉郡大原村字苗間、千疋村字苗間、南百村字苗間、入間郡青柳村字苗間、上南畑村字苗間あり。

苗村 ナエムラ ナムラ参照。

一 比企郡曲師村(川島町) 当村宝暦五年庚申塔に役員苗村縫次あり。後刻か。四戸現存す。

二 同郡西谷村(川島町) 明治五年戸籍編製に旧百姓代苗村平蔵あり。一戸現存す。

直 ナオ 越谷に存す。

名尾 ナオ 浦和に存す。

奈尾 ナオ 川口、浦和、鳩山に存す。

直井 ナオイ 各市町村に存す。○群馬県吾妻郡草津町九戸。○栃木県塩谷郡高根沢町四十戸、河内郡河内町二十戸、上三川町十六戸、芳賀郡芳賀町七十戸、二宮町二十戸、益子町二十四戸、下都賀郡都賀町十二戸、真岡市六十六戸。○茨城県筑波郡伊奈町三十五戸、猿島郡総和町二十七戸、下館市六十戸。○長野県北佐久郡北御牧村十八戸。○青森県南津軽郡平賀町二十一戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「坊主・三両余二人扶持・直井久栄」あり。

二 越ヶ谷町 明治三十五年雑穀商直井長松あり。二戸現存す。

三 久喜町 明治三十五年荷車業直井孫七あり。三戸現存す。

直居 ナオイ 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣にて、寛永十四年小浜藩分限帳に「二百石・直居六右衛門」。

猶井 ナオイ 浦和、久喜、上里、大井等に存す。

直海 ナオウミ 浦和、大宮等に存す。

一 松山町 正徳四年地蔵尊に松山上宿横町山王講中・願主直海氏あり。神主か。現存無し。

直江 ナオエ 各市町村に存す。茨城県つくば市三十戸あり。

一 久喜町 明治四年久喜新町五人組帳に直江彦七あり。三戸現存す。

猶江 ナオエ 越谷に存す。

直岡 ナオオカ 吉川に存す。

直川 ナオカワ 浦和に存す。

直木 ナオキ 春日部、吉川、川越、狭山、所沢等に存す。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「勘定奉行支配・四石余二人扶持・直木米次」あり。

猶木 ナオキ 坂戸、三芳等に存す。

猶崎 ナオザキ 浦和、入間等に存す。

直里 ナオサト 川越に存す。

直島 ナオシマ 川口、大宮、岩槻等に存す。

直嶋 ナオシマ 秋田県能代市六戸。

直田 ナオタ 狭山に存す。

直竹 ナオタケ 高麗郡直竹村(飯能市)あり。

直津 ナオツ 草加に存す。

直塚 ナオヅカ 大宮、与野、越谷、草加、川越、坂戸、狭山等に存す。

直成 ナオナリ 春日部に存す。

直野 ナオノ 川口、和光等に存す。

直林 ナオバヤシ 川口に存す。

直原 ナオハラ 大宮、朝霞、新座、和光、越谷等に存す。

猶原 ナオハラ 川越、狭山等に存す。

直弘 ナオヒロ 秩父神社文書に「元亨二年三月、中村弥次郎行郷謹言上、為直弘名地頭小野沢修理亮御家尼信阿致過分支配、結句自用致未進無謂御牧御馬代銭事、直弘名七町五反、宮郷三町、都合十町五反也」と見ゆ。武蔵七党系図・丹党に「中村弥二郎行郷(秩父祝)」とあり。直弘名は大宮郷の秩父神社附近か。

直見 ナオミ 三芳に存す。

直村 ナオムラ 杉戸、富士見等に存す。

直本 ナオモト 騎西に存す。

直之 ナオユキ 川口に存す。

直良 ナオヨシ 上福岡に存す。出雲市十三戸あり。ナオラが正訓か。

直理 ナオリ 川口、富士見等に存す。

中 ナカ 新羅第一代王の朴赫居世(パク・ヒョクコセ)は前漢の孝宣帝五鳳元年甲子(紀元前五七年)に即位した。朴赫居世を養育した蘇伐都利―蘇那曷叱智―蘇弥居―金閼智の子孫金氏が朴姓の王位を継ぐ。また、日本書紀・崇神天皇六十五年条に「任那国は、蘇那曷叱知を遣して朝貢らしむ。任那は鶏林(しらぎ)の西南に在り」。垂仁天皇二年条に「任那人蘇那曷叱智・請ひて、国に帰らんと欲ふと。蓋し先皇の世に来朝して未だ還らざる歟。故に敦く蘇那曷叱智を賞め、仍りて赤絹一百疋を賚して任那王に賜ふ。然るに新羅人・之を道に遮りて奪ふ焉。其れ二国の怨み始めて是の時に起る也」と見ゆ。当時の朝鮮語では、蘇は金、那は国、曷は邑、叱智は地域の首長の意味で、金国君長とか、金(くろがね)の産出する国の邑長と解される。那曷(なか)は奈良と同じで、新羅や任那では国・村を称した。中、長は那曷の佳字にて中村は渡来人集落を称す。二字の制度により中井、長井、中江、長江、中尾、長尾、中野、長野等を称す。武蔵国那賀郡は北武蔵にあり、中央の中郡では無い。中央は多摩郡府中付近なり。また、延喜式神名帳に入間郡中氷川神社を載せ、三ヶ島村(所沢市)長宮明神社条に「相伝ふ、当社は神明帳に載たる中氷川神社なりとぞ。中氷川の神号を用ひずして長宮とは号するや別にゆへあるか、又中宮と云べきを誤り伝へてかく唱ふや」と。また、山口郷氷川村(所沢市)の中氷川神社も神名帳の中氷川神社なりと云う。この社名は足立郡大宮氷川神社と奥多摩氷川神社との中央にあるたるに中氷川神社と呼んだと伝へるが附会にて渡来人集落なり。また、足立郡中川村(大宮市)の中氷川神社も、大宮氷川神社と三室村氷川神社の中央にあるため中氷川神社と称すと伝へるが附会なり。入間郡福岡村長宮氷川社、埼玉郡上清久村長宮明神社も中宮の転訛なり。中、仲氏は武蔵国入間郡に多く存す。○群馬県多野郡鬼石町八戸。○島根県浜田市十四戸あり。仲、中村条参照。

一 物部族 此氏は人名に中、長を用いる。秋田県協和町唐松神社物部氏系図に「物部守屋―物部那加世(唐松神社初代神主)―那加良―那加養―那加男―那加足―那加矢―那加斐―那加坂―那加息―那加宅―那加波良―那加武―長石―長富―長民(以下省略)、現宮司六十三代物部長仁」なり。トミ条参照。

二 入間宿祢後裔の中氏 入間郡小山庄三ヶ島村字中村は物部族の渡来地にて、武蔵国造族物部直の入間宿祢が此地を支配管理し、祖先神に長宮氷川社を奉斎す。神護景雲二年七月紀に「武蔵国入間郡人正六位上勲五等物部直広成等六人に、姓を入間宿祢と賜ふ」。古代氏族系譜集成に「武蔵国造族、入間宿祢後裔(入間、小山、仲、武蔵人)」と見ゆ。

三 平姓村山党中氏 三ヶ島村は宮寺郷を唱える。宮寺五郎平家平系図(三ヶ島村修験龍蔵院玉蔵坊所蔵)に「本国大和、生国武蔵。村山貫主頼任―宮寺五郎家平(武州宮寺に住す)―小太郎家良(修験道に成、改名号高林寺玉蔵坊良円)―良安―良伝―柳教―良専―良章―教伝(弟仲五郎は文安二年生)―良教―智山―賢教(永正九年生)―良賢―良学―良寛―良智(弟長二郎は慶長十九年生、寛永十七年分家、苗字坊号を方取、中と改苗字遣す)―宝山(弟浅五郎は寛永十年生、武州中留村住、百姓に也、中苗字遣す)―良山(弟要三郎は万治二年生、天和元年・中九郎兵衛と改め隣家へ分家す百姓也。其の弟佐源二は万治三年生、天和三年武州中留村へ分家す、中苗字遣す、百姓也)―良栄―良天」と。高林寺玉蔵坊由緒(宮寺糀谷村中義智所蔵)に「村山貫主頼家子宮寺五郎平家平、中興開山嫡男小太郎家良・正安三年修験入道而玉蔵坊良円、二世男宮寺坊良伝、六世宮寺坊淨清、右淨清義嫡子無之女子に而武蔵国古谷城主中筑後守藤原資信ニ孫常陸祐信明・応永二十七年中将坊性善と改当院七代目法系相続仕候、十四世中将坊義栄は北条氏照に仕う」と。中義智所蔵板碑に「応長元年八月二十六日、六十六入滅」は七世法印良円。「永徳二年八月十一日逆修」は十世宮寺坊良応が生前造立す。「文安二年七月十三日、淨清禅門」は十二世宮寺坊淨清。「応仁三年八月十九日、性善禅門」は十三世中将性善と伝へる。三ヶ島村中氷川神社棟札に「敬白左大檀那宮寺惣地頭平朝臣蔵人入道沙弥道椿・弾正重定・四郎左衛門信重、武蔵国入東郡宮寺郷下村中氷川神社殿造営・正長元年九月二十三日」と銘あり。入間郡誌に「三ヶ島村の地方は古の宮寺郷也。其長宮神社に蔵たる正長元年棟札の蔵人一家は何氏なるや明ならず、或は中氏か。依て正長より天文の間、此蔵人入道の領せし処なるを知る」と。狭山の栞に「三ヶ島村愛宕神社別当高林寺玉蔵坊は、中筑後守・古谷本郷より此地に土着し、其孫某復飾して本山修験となる。維新の際、復飾して中義英と改称神官となる」と見ゆ。次項参照。

四 古尾谷城主藤原姓中氏 中家先祖書之事(中義智所蔵)に「古谷中筑後守資信・古谷院殿安養無寂大居士、古谷中近江太郎資高・安養院殿怡岩善中大居士。中四郎左衛門信重・正長年中則中氷川神社へ棟札奉掛、中九郎図資重、中将監、伊太夫、将監、図書、将監。中将監弟三ヶ島中村へ分地、中図書弟文禄年中川越領豊田新田へ分地、糀谷村本山修験高林寺は元来中将監の屋敷にて将監中の苗字相免し分家致す。中筑後守資信二男武州古市場川岸へ落行今に子孫あり。下南畑村中万蔵院、都合家五軒有り。また、中筑後守家臣、武州古谷上郷に子孫有り、黒須長次兵衛、渡辺右近、岸野外記、渋谷主水、岡田山城守、矢島隼人。右筑後守は武蔵国住人にして十一万五千石の城主なり、時に応永年中終に落城す、古谷上郷善中寺は則筑後守之城跡也。武州日東郡下宮寺に家建罷有所に、天正二年沢次郎右衛門駿州より三ヶ島村へ御越候」と見ゆ。別書に「○武蔵国古谷城主仲筑後守藤原資信嫡男、近江太郎藤原資高男、四郎左衛門尉信重嫡孫、蔵人将監資重、将監資次十一代後胤中伊太夫藤原資行。○資信次男蔵人資親、武蔵国下南畑子孫有之。三男早太資明、同国福岡河岸子孫有之。資信八代孫資次弟左京資忠、文禄年中武蔵国川越領豊田新田開発致す、子孫数多有之。○資次二男三ヶ島之内開発致す、是を中村と言ふ。庄左衛門弟源左衛門分地、八兵衛弟庄左衛門吉尻分地、源兵衛弟千松事伝右衛門分地」と見ゆ。近江、古尾谷条参照。

五 下南畑村の修験中氏 南畑村之沿革史(富士見市)に「下南畑村の修験万蔵院は中氏の惣本家で開祖は古尾谷太郎信秀、その苗裔なりしと云う。同族は八九戸ありしと云う。同村の西蔵院も同じく中氏を姓とした、開基は中筑後守資信であり、その嫡孫如道は資信没落後に、其の子蔵人資親は入道して行阿と称し、一子如道を修験として、行阿が後嗣とした。中氏は川越に移住した」と。西蔵院系譜(横浜市港北区の中俊夫所蔵)に「古尾谷城主中筑後守資信(応永六年戦死)の二男中蔵人藤原資親は、西蔵院に蟄居して中氏の祖となり、入道して行阿と号し康正元年六月二十二日没す、其子如道(永正二年十月一日没)が修験道の開祖となる。其子良泉坊真如(天文元年没)、其子実仙坊継鑁(天文六年没)」とあり。また、修験西蔵院如道の末裔下南畑の中基氏は古谷上村善仲寺所蔵の系譜を保存し、遠祖は下野国小野寺(下都賀郡岩舟町小野寺)に住んで小野寺を姓としたが、後に那珂氏に改め、さらに中氏に変ったと伝へる。風土記稿下南畑村条に「西蔵院は万蔵院の末にて、十玉院の役僧を兼ぬ。寺伝に云ふ、当院開祖は中筑後守資信の嫡孫如道なり。資信没落の後、其子蔵人資親しばし当院に世を遁れ入道して行阿と号せり、中氏の祭祀絶し事を悲み、己が一子を修験とせるは則如道のことにして、此時より子孫修験となれりと。是等の伝へによれば、前院当院共に彼資親が子如道を開祖とせしなるにや。此外、中筑後守資信・無寂大禅門応永六年に卒し、古谷上村善仲寺に葬りしことなど伝れど、万蔵院に載る古尾谷信秀こそ応永六年の卒にて、彼資信は天正十年の卒なる事、善仲寺にも見えたれば全く年代も合わず。おもうに信秀・資信がことを混じ伝へて互に誤りありと見ゆれば其実は知がたし」と見ゆ。家譜はかなり混同している。志木町宝幢寺嘉永二年地蔵尊に南畑村仲国五郎あり。中氏五戸、仲氏一戸現存す。

六 岩附城士の中氏 資信は天正頃の人にて、応永六年没は附会なり。古谷上村善仲寺宝篋印塔に「当寺□□□無着□□□、応永□□□六月十六日」。「栄公□庭大師、康正三年丁丑六月二十一日」あり、中氏先祖は附会なり。風土記稿善仲寺条に「天正の比・当所の人中筑後守資信創建す。鐘銘に『善仲寺者古尾谷殿城跡、資信主君為古尾谷殿開基当寺云々』。又古過去帳に『当寺開基古谷院安養無着居士・応永六癸卯十二月二十八日古尾谷近江太郎信秀』とあり。此等によれば、資信主君の為に営し寺院なる故、後にさかのぼりて信秀が院号をとりて山号とせしならん。筑後が没せしは天正十年十二月六日なり」と。入間郡誌善仲寺条に「天正中・其臣中筑後守資信又此に館すと、其墓又同寺にあり。伝へ言う、資信天正十年十二月六日村内の鎮守にて舅氏某に誘殺せられ一家離散せり」と。資信の子孫が各地へ分家すと伝へるは附会なり。仲条も参照せよ。古谷本郷下組古尾谷八幡神社棟札に「当寺別当灌頂院十九代目住持法印猷山花押、当領主中筑後守殿藤原朝臣資信判、補主次名左近尉殿信明判、武州入東郡古尾谷新八幡宮遷宮天正五年丁丑二月九日成就了」と銘あり。豊島宮城文書に「天正五年七月十三日、岩付諸奉行書上、小旗奉行小荷駄奉行中筑後守資信」。南畑村荒川対岸の風土記稿足立郡大久保領家村(浦和市)条に「光明院に、天正の頃当所の地頭中筑後守寄付す」。武蔵志に「光明院中興高重法印之代也、高重法印は後入国の後の人にて、時の地主は中筑後守也」。針ヶ谷村(富士見市)条に「検地は天正十九年、中大蔵なる者改めしと、村内西光院に蔵する記録の内に見えたれど詳ならず」と見ゆ。

七 中姓布利氏 三ヶ島村字富里宿より起る。本名は当村の中氏なり。六波羅探題北条越後守仲時に仕へ、近江国番場蓮華寺過去帳に「元弘三年五月、六波羅の士・中布利五郎左衛門尉綱能四十二歳自害す」とあり。

八 入間郡三ヶ島村(所沢市) 小名中村は古代以来の渡来地にて、中氏は三ヶ島村に四十七戸、隣村糀谷村に十五戸現存す。前項迄の中氏は当村出身の出稼衆なり。風土記稿三ヶ島村条に「旧家者庄右衛門、仲氏なり。先祖を仲筑後守資信と云ふ、同郡古尾谷の城主なり。資信が男を近江太郎信重と云ひ、村内中氷川神社の棟札にも其名みえたり。即ち正長元年九月二十三日の棟札に『大旦那宮寺惣地頭平朝臣蔵人入道・一家弾正重定沙弥道椿、四郎左衛門信重』と。信重の男蔵人将監資重より、子孫伊太夫・図書等の数代をへて、今の庄右衛門に至る。かかる旧家なれば今に至るまで中氷川祭礼の時は必ず庄右衛門・第一に祭事に預ると云ふ。按ずるに古谷上村善仲寺、下南畑村万蔵寺西蔵院等の伝にも『中筑後守、古尾谷近江太郎信秀、応永六年卒す』の事実を伝へり。其伝説をあわせ考ふるに、混乱して弁じがたけれど、姑くこゝに家伝のまゝをのす、見るもの参考なすべし」と見ゆ。中筑後守一族以前の遥か古代より居住す。幕臣沢家譜に「沢隼人佐吉信(北条早雲につかへ、永正十二年三浦道寸と合戦のとき討死す、年四十五.。妻は仲蔵人将監資重が女)」と。子孫は三ヶ島村地頭なり。中氷川神社懸仏に「武州入東郡宮寺郷三ヶ島村、宝蔵坊、兵庫助(堀之内村石井氏)、善源、善清、善心、佐野入道、新藤孫左門、聖善聖、将監(中氏)、天正五年丁丑九月吉日、林泉坊、願主新左衛門(神主宮野氏)」と銘あり。当村龍蔵院玉蔵坊所蔵・宮寺系図に「修験良山(弟要三郎、万治二年生、天和元年・中九郎兵衛と改め隣家分家す百姓也)―良栄(妹は当村新藤孫左衛門妻)―良天(妹は中村の中庄左衛門妻、其の妹は当村新藤重郎右衛門妻。此両人は孫左衛門方より分家す先祖也)」と。同社寛延二年棟札に中氷川大明神役人中五郎右衛門・中七郎兵衛。享和三年中家文書に「三ヶ島村百姓中庄右衛門倅庄左衛門、分家中伊平次、中市太郎、中久右衛門、中源左衛門、中治右衛門、中常八」。明治五年副戸長中八郎兵衛。明治九年副戸長中五郎兵衛・天保十一年生、副戸長中嘉兵衛・文政十一年生。明治十五年北広堂碑名簿に三ヶ島村中年平。中氷川神社明治十七年門人碑に三ヶ島村中五郎兵衛・中伝兵衛・中源次郎。明治三十三年狭山興業銀行発起人に中禹発・国税納額三十五円、中亀之助・国税納額三十一円。薬王寺明治四十二年碑に三番組中禹発・中友太郎・中奥次郎・中的太郎・中浅五郎、五番組中伊助、七番組中亀之助・中万平・中竹蔵。明治四十四年織物製造中惣太郎。昭和三年興信録・所得税に「三ヶ島村・中禹発・三十一円、中万次郎・九円」あり。

九 同郡林村(所沢市) 明治九年副戸長中源次郎、副戸長中伝兵衛。林神社明治四十四年碑に中長五郎あり。二戸現存す。

一〇 同郡所沢町 昭和三年興信録に「所沢町・中儀三郎・所得税四十八円・営業税三十三円」あり。

一一 同郡扇町屋村(入間市) 北野村天神社安永七年棟札に塗物彩工扇町屋中五郎兵衛信武あり。現存無し。

一二 熊谷宿 宝暦十年新宿南屋敷(筑波町)持主中市郎右衛門あり。現存無し。

一三 男衾郡西ノ入村(寄居町) 波羅比門神社嘉永七年御神燈に中金蔵あり。現存無し。

一四 那賀郡大仏村(美里町) 羽黒社明治三十一年碑に当所中仲蔵・中捨五郎・中浅次郎あり。現存無し。

一五 児玉郡下浅見村(児玉町) 古代以来の土着者にて出稼衆なり。武州下浅見誌(中英夫著)に「中氏は、応永二十三年頃、関東管領足利氏に敗れ、禅宗の行者となりて当地へ土着した武田の家臣なり。旧幕時代に名主を務む。天文四年銘の位牌を所蔵す」。児玉記考に「旧家中覚太郎、地頭朝日家の名主組頭役等を務む」と見ゆ。武田氏旧臣朝日氏の名主を務めた為に、武田家臣説を云うか。成就院享保元年庚申塔に中市郎右衛門、安政七年庚申塔に中市郎兵衛・中市十郎・中藤吉。明治四年九郷用水文書に下浅見村名主中市郎平。明治九年戸長中市郎平・文政九年生。八幡社明治二十四年御嶽碑に中覚太郎・中元治郎・中弁十郎あり。十三戸現存す。

一六 埼玉郡鷲宮町 鷲宮神社文書に「正保三年、鷲宮社再興、大工中藤兵衛・同中権十郎」あり。現存無し。

一七 鉢形城士の中氏 鉢形分限帳に「本国勢州三重・矢那瀬住・中源五郎、本国勢州三重・上田野住・中兵部、本国参州松村・中甚右衛門、本国参州岡村・中五郎、本国豊前宇佐・末野住・中帯刀」と見ゆ。三重県三重郡(四日市市)に仲氏十八戸存す。三河国(愛知県)に松村の地名は無し。額田郡岡村(岡崎市)・東加茂郡岡村(旭町)・南設楽郡岡村(鳳来町)に中氏は現存無し。大分県宇佐市に十五戸存す。但し分限帳の本国は信用出来ず。上田野村(荒川村)、末野村(寄居町)に現存無し。野上町郷土史年表に中源五郎と中帯刀は矢那瀬村へ土着すと。秩父案内記に中兵部は大宮郷へ土着すと。中五郎は寄居に屋敷を構えていた寄居十六騎の内なり。

一八 秩父衆の中氏 鉢形城士にて榛沢郡飯塚村(花園町)の代官なり。冑山村根岸家所蔵文書に「天正四年、北条氏邦は、中四郎兵衛に榛沢郡飯塚の原の田畑開発を命ず」。「天正十二年十一月十五日、氏邦は、中四郎兵衛に印判状を発給し、飯塚村の訴訟を裁決させる」と。阿熊村彦久保文書に「天正十年二月二十五日、秩父衆着到、一張弓・一本小旗・一騎馬上・以上三人・中因獄介。一本小旗・一本鑓・一騎馬上・以上三人・中四郎兵衛」と見ゆ。横瀬村住人か。

一九 丹党薄氏の本名中氏 秩父郡薄村より備前国へ移住した丹党須々木氏にて、本名は中氏なり。横瀬村出身の出稼衆か。金山寺古文書(岡山市)に「正和二年、丹治宗行寄進状、須々木惣領殿」。「長享三年連署起請文、須々木中行景花押」と見ゆ。須々木条参照。

二〇 秩父郡大宮郷 十七項参照。明治三年に中ユウ・田畑三町歩所有。耕地面積の少ない当地では大地主なり。明治三十五年肉類商中豊太郎・中国次郎あり。十四戸現存す。

二一 同郡小鹿野町 明治十二年菓子商中庄七あり。現存無し。

二二 同郡矢那瀬村(長瀞町) 十七項参照。古代より居住の土豪なり。明治九年戸長中金四郎・文政十二年生。用土村明治十三年仙元碑に矢那瀬村中金四郎・中治三郎。宝登山神社明治三十年氏子惣代矢那瀬村中弓之助あり。五戸現存す。

二三 同郡横瀬村 古代以来の居住者なり。十八、十九項参照。明治十四年神輿寄付連名帳に五番耕地苅米・中定次郎・中安之助・中伴平、七番耕地宇根・中金治・中源四郎・中亀吉・中八蔵あり。十一戸現存す。

仲 ナカ 入間郡に多く存す。中条参照。

一 鉢形城士の仲氏 鉢形分限帳に「本国相州川原・仲初右衛門」あり。相模国に川原村は無し。

二 入間郡上新井村(所沢市) 当村に此氏多く存す。古代以来の居住者なり。六所神社天保十四年水鉢に当所中治兵衛。明治九年副戸長仲孫兵衛・天保九年生。明治十五年北広堂碑名簿に上新井・仲小右衛門・仲定次郎・仲房五郎・仲儀左衛門・仲虎造・仲浅五郎・仲弥十郎・仲捨五郎・仲栄次郎。所沢町神明社明治十七年富士講碑に上新井仲小右衛門。北野村天神社明治四十年碑に上新井・仲孫兵衛・仲定吉・仲伊三郎・仲助次郎。六所神社明治三十九年奉納額に仲弥五左衛門、大正二年碑に仲馬五郎・仲源太郎・仲太重・仲与吉・仲光蔵・仲八五郎・仲広吉・仲寅蔵・仲伊之助・仲和吉・仲金蔵あり。

三 同郡北野村(所沢市) 正徳四年北田文書に宮座々配・仲宇右衛門。明治三年議定書に物部天神領仲次郎右衛門。明治八年狭山学校議定証に仲次郎吉あり。四戸現存す。

四 同郡中富村(所沢市) 三ヶ島村宮寺系図(修験龍蔵院玉蔵坊所蔵)に「修験宝山(弟浅五郎は寛永十年生、武州中留村住、百姓に也、中苗字遣す)―良山(弟佐源二は万治三年生、天和三年武州中留村へ分家す、中苗字遣す、百姓也)」と。仲浅五郎及び仲佐源二は修験中氏とは別流の家で、系図に記すは仮冒であろう。三富開発は元禄七年正月川越藩主柳沢吉保によって行われ、中富村は四十戸が入植す。是以前の分家は信用出来ず。毘沙門堂文化三年宝篋印塔に中富村中源七.。本郷村東福寺明治十年供養塔に中富村中長蔵。明治二十年茶業に仲半次郎・仲弥三郎・仲長蔵。神明社明治三十九年碑に中富・仲藤作。昭和三年興信録に「富岡村・仲長太郎・所得税十一円・営業税十二円」あり。七戸現存す。

五 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に仲浅五郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に仲浅次郎。明治三十五年染物業高島屋仲浅次郎・袋物商仲九平。

六 同郡豊田新田(川越市) 三ヶ島村中氏系図に「中資重、将監、伊太夫、将監、図書、将監。中図書弟文禄年中豊田新田へ分地」。別書に「古谷城主中筑後守資信八代孫資次弟左京資忠、文禄年中豊田新田開発す、子孫数多有之」と見ゆ。奈良時代の豊田新田遺跡があり、仲氏は古代よりの居住者にて、古谷城主中氏とは別流で系図は仮冒であろう。風土記稿豊田新田条に「当村の起りは、昔三ヶ島村に住せし仲内蔵助の次男仲左京亮と云るもの、今の村内清右衛門の祖先にて、何の頃にやここに来て新田を開けり。されば元は左京新田と唱へたり。其頃わずかに民戸四軒なり、今は民戸十七軒なり」と見ゆ。大谷木村宿谷伴治郎(天保二年宿谷系図を記す)の妹は豊田新田仲伊勢五郎妻。大仙波村浅間社天保十年御神燈に豊田新田仲友八.。明治九年戸長仲彦八.・天保十二年生(名主)、副戸長仲次郎八・天保七年生。八坂社明治四十年碑に仲畏次郎・仲保三郎・仲忠次郎・仲幾太郎・仲作之丞・仲金十郎・仲千代蔵・仲栄次郎。昭和三年興信録に「太田村・仲幾太郎・所得税百四十四円、仲唯吉・所得税二十一円・営業税二十八円」あり。十三戸現存す。

七 同郡古市場村(川越市) 三ヶ島村中氏系図に「古谷城主中筑後守資信(応永六年戦死)二男武州古市場河岸へ落行今に子孫あり」と。資信(祐信)の子孫と称する春日神社を祀る通称春日様と呼ばれる旧家に仲氏系図あり、小野寺氏を祖とす。ならば下南畑村の資信孫で修験西蔵院如道の後裔である。但し天文頃の上杉憲政家臣の祐信(資信)では年代合わず。系図は仮冒にて、資信とは別流であろう。風土記稿古市場村条に「旧家者佐五兵衛、先祖を中筑後守祐信と云ふ。上杉民部大輔憲政に仕へ、故ありて北条氏康の為に亡されしか、難波田弾正某が因みあるをもって郡内難波田村へ土着し、後当村に来れる由、夫より二百年に及ぶと云ふ。家に伝へし系図は北野村天神社へ納めし由、且往古・中某は古谷本郷の領主にて、時の人、古尾谷殿と称す。古谷上村善仲寺は、則筑後守の城蹟なりといえど疑うべし。按に善仲寺の鐘銘に、中筑後守祐信主君為古尾谷殿開基当寺也云々とあり。さあらば古尾谷と筑後とは別人にして、筑後は古尾谷の家人なること知べし」と見ゆ。明治九年副戸長仲次郎平、議員仲奥次郎。明治十三年入東学校生徒仲佐平。氷川社明治四十三年碑に仲甚蔵あり。八戸現存す。

八 同郡中福岡村 三ヶ島村中氏系図に「古谷城主中筑後守資信三男早太資明、武州福岡河岸子孫有之」と。福岡河岸を福岡河藤ともあり。但し系図は仮冒なり。明治六年豆腐商仲藤蔵。長宮氷川社明治二十七年正殿碑に中福岡・仲力蔵あり。六戸存す。

九 同郡津久根村(越生町) 入間郡誌に「津久根村に仲姓多し。八幡神社は正暦二年八月(九九一年)、仲内匠頭方盛・新井勘解由勝重等の創立なり」と。仲学家では「草創元祖建永元年(一二〇六年)・仲内匠頭方盛。中興祖・仲佐右衛門(承応元年名主)―三右衛門(元禄三年)―武左衛門―勘右衛門―完右衛門」とあり。古代以来の居住者なり。天保十四年久米村平塚文書に津久根村名主仲勘右衛門。和田村石井家嘉永元年手習帳に津久根村仲七五郎。仲政治家文書に「嘉永三年、仲仲右衛門・仲九左衛門・仲吉蔵・仲勘右衛門・仲利八・仲谷吉・仲紋左衛門・かじや仲和平・仲佐十郎・仲武兵衛・仲銀蔵」。八幡社慶応元年御神燈に仲完右衛門万慶・仲仲右衛門親友、年不詳水鉢に仲友右衛門。成瀬村見正寺明治初年筆子碑に築根村仲喜兵衛。明治九年戸長仲完衛・天保元年生、副戸長仲仲衛・文政十二年生。明治二十三年木屋卸仲仲衛・石灰商仲完衛・挽臼仲友衛・荒物商仲喜代造・木屋卸仲幾太郎・売氷商仲音次郎・杣職仲喜平・飲食店仲乙松・同仲利八・醤麹商仲九平・鍛冶職仲和平。明治二十四年信徒総代仲谷吉・仲与吉あり。十五戸現存す。

一〇 比企郡下押垂村(東松山市) 明治六年反別帳に仲二志。現存無し。

一一 同郡早俣村(東松山市) 明治六年下押垂村反別帳に早俣村仲次郎あり。現存無し。

那賀 ナカ 那曷の佳字にて、韓国(辛国)の渡来人集落を称す。中参照。今の那賀郡(美里町)は、武蔵国分寺献進瓦銘に那珂郡とあり。万葉集卷二十に那珂郡桧前舎人石前之妻と。続日本後紀承和十年五月条に武蔵国那珂郡と。和名抄に武蔵国那珂郡那珂郷を載す。那珂郷は中里村の地か、又は湯本村字中居(今の白石村)の地か。法然上人絵伝に「武蔵国那珂郡の住人弥次郎入道は、法然上人の教えを受け、念仏の功により往生す」と見ゆ。また、比企郡大塚村字中城・増尾村字中城(小川町)は中条とも書き、大塚村・飯田村・角山村は那賀庄(なかじょう)を唱える。

一 那賀郡広木村(美里町) 安政四年加藤文書に広木村那賀嘉七.。常福寺明治期筆子碑に村・那賀嘉七.。ミカ神社明治四十一年碑に当所那賀元七・那賀延太郎あり。二戸現存す。

那珂 ナカ 那曷の佳字なり。中参照。和名抄に幡羅郡那珂郷を載す、田島村字奈華郷(妻沼町)の地なり。東松山、滑川、狭山等に存す。

一 足立郡片柳郷(大宮市)地頭那珂氏 常陸国那珂西郡(東茨城郡常北町那珂西)より起る。大中臣氏略系図(京都府の桐村正春所蔵)に「常陸国那珂郡等地頭上総中三左衛門尉実久(正治元年正月上旬賜京都守護職、右那珂一門等拝領所々事、武州方屋木郷預所職・実久給之・飯田四郎妻知行之、常陸国那珂西郷・一門面々知行之)」と見ゆ。飯田氏は隣町の那珂町飯田より起る。

名賀 ナカ 小鹿野、富士見等に存す。

名嘉 ナカ 朝霞、所沢、三芳、加須、鷲宮等に存す。

奈賀 ナカ 所沢に存す。

長 ナガ 那曷(なか)の転訛なり。阿波国那賀郡は古代の長国なり。中参照。川口、与野、和光等に存す。オサ、チョウ参照。

永 ナガ 所沢に存す。

中秋 ナカアキ 富士見に存す。

仲秋 ナカアキ 川口、行田、狭山等に存す。

中阿地 ナカアチ 坂戸に存す。

中当 ナカアテ 川越、大井等に存す。

長岫 ナガアナ ナガクキ参照。

中新井 ナカアライ 足立郡中新井村(上尾市)、埼玉郡中新井村(大利根町)、横見郡中新井村(吉見町)あり。川口、朝霞、越谷等に存す。栃木県上都賀郡西方町九戸、下都賀郡岩舟町十八戸あり。

中荒井 ナカアライ 川口、蓮田等に存す。栃木県鹿沼市十三戸あり。

長嵐 ナガアラシ 越谷に存す。

中井 ナカイ 中は二字の制により中井と称す。中参照。足立郡中井村(鴻巣市)、葛飾郡中井村(吉川市)あり。小名中井は、埼玉郡菖蒲町、北大桑村、足立郡小針新宿村、高尾村、古泉村、高麗郡篠井村、中藤下郷村、原市場村、比企郡玉川郷、別所村、出丸下郷、上大屋敷村、榛沢郡高畑村、瀬山村、秩父郡椚平村等にあり。○群馬県吾妻郡吾妻町十九戸。○福島県石川郡古殿町八戸。○青森県北津軽郡市浦村十戸。○鳥取県東伯郡赤碕町十四戸、倉吉市四十八戸、境港市二十三戸、鳥取市五十四戸あり。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「書簡格・九十石・亡養父半五郎・中井半五郎・六十三歳、五人扶持・父半五郎・中井要人・二十七歳、御中小姓・亡父四郎左衛門・中井為太郎・三十五歳」。明治二十九年川越商業銀行発起人に川越南久保町士族中井尚珍・二十五株千二百五十円所有。三芳野神社明治四十年碑に中井尚珍あり。

二 葛飾郡金杉村(松伏町) 覚性寺江戸末期庚申塔に中井八兵衛あり。四戸現存す。

三 同郡保村(吉川市) 中井家享保二十年稲荷碑に中井藤太郎あり。七戸現存す。

四 同郡飯沼村(庄和町) 香取社文化十四年稲荷碑に飯沼村中井重右衛門、嘉永元年御神燈に中井重五郎・中井兵左衛門。妙善寺元治二年成田山碑に中井重右衛門・中井重兵衛あり。四戸現存す。

五 鳩ヶ谷町 昭和三年興信録に「中井たに・所得税二十四円・営業税五十円」あり。

六 越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に中井沢吉あり。

七 埼玉郡袋村(吹上町) 明治九年副戸長中井安五郎・天保七年生。昭和三年興信録に「下忍村・中井静雄・所得税三十二円」あり。六戸現存す。

八 所沢町 明治三十五年理髪店中井啓次郎あり。

九 入間郡前久保村(毛呂山町) 明治九年副戸長中井芳太郎・文化十三年生。明治十年地租等級調査に中井和助。毛呂村会議員に明治二十五年中井代助、明治三十七年中井玉吉。昭和三年興信録に「毛呂村・中井中八・所得税十円」あり。八戸現存す。

中居 ナカイ 中井に同じ。中参照。足立郡中居村(鳩ヶ谷市)あり、元亀元年豊島宮城文書に小淵之内中居と見ゆ。高麗郡中居村(飯能市)、入間郡大中居村・小中居村(川越市)あり。小名中居は、葛飾郡金崎村、埼玉郡中種足村、新座郡大和田町、高麗郡平沢村、榛沢郡永田村、児玉郡下阿久原村、那賀郡湯本村等にあり。各市町村に存す。○茨城県鹿島郡旭村二十二戸。○岩手県下閉伊郡岩泉町十二戸、新里村十三戸、普代村十五戸、岩手郡岩手町十四戸、九戸郡種市町二十戸、宮古市六十二戸。○青森県下北郡大畑町十三戸、三戸郡南部町二十一戸、八戸市百五十四戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「御武器細工人・六人扶持・中居治兵衛、同役・三両五人扶持・中居鷲太郎、御目付支配・四石二人扶持・中居織平」。明治二年太幡文書に秩父御陣屋中居周蔵・中居健三郎。明治四年忍藩士族名簿に「六人扶持・中居和志三、四石二人扶持・中居男蔵、同高・中居健助、二両余二人扶持・中居米蔵、一人扶持・中居周蔵」あり。

二 葛飾郡千塚村(幸手市) 鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に千塚村中居孫市あり。現存無し。

三 忍町 昭和三年興信録に「忍町・中居保三・所得税十六円」あり。

四 埼玉郡広田村(川里町) 赤城村赤城社明治十六年敷石碑に中居すてあり。当村に一戸現存す。

五 川口町 善光寺天保五年弘法大師碑に中居忠二郎あり。

仲井 ナカイ 中参照。児玉郡金屋村字仲井あり。各市町村に存す。栃木県下都賀郡藤岡町十九戸、長野県下伊那郡上村十三戸あり。

一 入間郡川角村(毛呂山町) 入間郡誌に「川角村。小室氏、清水氏、岸氏、仲井氏を以って古しとなす」と見ゆ。五戸現存す。

仲居 ナカイ 秩父郡下田野村字仲居、長留村字仲居あり。春日部、草加、川越等に存す。茨城県行方郡北浦町十五戸あり。

永 ナガイ 日高に存す。エイ参照。

長井 ナガイ 韓国(辛国)の渡来人集落を那曷(なか)と称し、中、長は二字の制により中井、長井と称す。中参照。幡羅郡長井庄(妻沼町、深谷市)あり、風土記稿に「長井庄、合村三十六、今或は永井とも記せり」と。平家物語卷四に「足利又太郎忠綱曰く、武蔵と上野の境に、利根川と申す大河候。秩父、足利、中違うて常は合戦を仕り候ひしに、大手は長井の渡、搦手は故我(古河)・杉の渡より寄せ候ひしに」と見ゆ、今の古戸の渡なり。長江とも称し、児玉郡東富田村富田寺弘化四年奉納額に幡羅郡長江太田村(今の永井太田村)と見ゆ。また、豊島郡峡田領長井庄あり、豊島郡長井庄中村(練馬区)より、板橋区、台東区、川口市附近一帯を唱える。武蔵志に足立郡戸田長井庄前川村(川口市)と見ゆ。吾妻鑑卷一に「治承四年十月四日、武蔵国の畠山次郎重忠は、長井渡に参会し頼朝に帰伏す」と、豊島郡峡田領橋場村(台東区)隅田川に架かる橋場の渡なり。高麗郡新堀村貞治二年町田文書に長井庄定使森三郎と見えるは豊島郡峡田領赤塚村(板橋区)附近なり、壱岐、高麗参照。○群馬県高崎市二百九十戸、前橋市百戸。○長野県小県郡和田村三十八戸。○新潟県中頸城郡柿崎町五十六戸、新発田市三十一戸、新津市五十戸、白根市六十二戸、柏崎市四十六戸あり。

一 平姓三浦氏流長井氏 相模国三浦郡長井郷(横須賀市)より起る。三浦系図に「三浦大介義明―長井五郎義季―小太郎義兼」あり。源平盛衰記に長井太郎義兼と見ゆ。風土記稿幡羅郡西城村(妻沼町)条に「城跡、村の北を云ふ、今は畑となりて地境詳ならず。往昔左近衛少将藤原義孝といへる人の館にて、其後斎藤別当実盛居住すと伝へり。義孝の次男武蔵守忠基五代の孫式部大輔助高、助高の孫長井太郎義兼の養子長井弥藤五真幹は、実盛の嫡孫斎藤真途の次男云々。実盛の塁跡など伝へ、長井太郎義兼は助高の孫など記せし事はさせる明證なし。ことに成田系図にも長井氏の人見へざるをや」と見ゆ。全くの附会にて、義兼は三浦氏族なり。

二 入間郡久米郷地頭平姓長井氏 小杉本淡路古文書に「嘉元三年五月八日、長井平長家は、おとはち丸に武蔵国久米郷の内を譲り渡す。田三丁四反六十歩内、はら田にもかり、ただしこのうち八反半は公田たるべし。在家は、たんこはうのさいけを、やしきとしてうゑのてはやしを、はやしとして云々。所沢の宿、三分一を知行すべし、やつと所沢の堺は太郎に譲る。鎌倉の由比の地は、御分たるあいた、わけよ。太郎もて、二人にて、御公事を勤仕すべし、御公事は先例にまかせて、彦太郎の本意に従うべし云々」と見ゆ。

三 足立郡地頭平姓長井氏 三浦氏流芦名氏は岩代国会津郡黒川(会津若松市)を本拠地とす。長井氏は河沼郡長井村(会津坂下町)より起る。三浦系図に「三浦大介義明―佐原義連―盛連―三浦介盛時―頼盛―時明―時継(法名道海)―高継(法名徳紹)―高通―高連―高明(法名建紹)、弟七郎(号聖睦蔵主)」。長井氏は「三浦介盛時の兄会津遠江守次郎左衛門尉光盛―三郎左衛門尉泰盛―長井太郎左衛門尉政盛(母下野)―六郎左衛門貞連―二郎時連」とあり。芦名氏文書(宇都宮文書)に「建武元年四月十日、足利直義は、三浦介時継法師法名道海に、領知武蔵国大谷郷(上尾市)下野右近大夫将監跡等を勲功の賞として宛行ふ」。応安元年十月文書に三浦下野入道と見ゆ。鎌倉雲頂庵文書に「応永五年三月十日、足立郡中茎郷地頭職長井次郎左衛門尉跡」。「応永三十四年十二月二十日、足利持氏は、足立郡中茎郷を長井下野守憲盛より、去明徳三年五月十六日寄進状、応永二年閏七月二十八日、同五年三月十日棄置状により返付せしめ、同郷本願寺に安堵す」。中釘村(大宮市)の一向宗東本願寺の末寺中釘山妙玖寺は果成寺と号していたが、地頭山内氏が入部して改号した、古の本願寺であろう。或は近村の法願寺村地蔵堂に本願寺村と刻まれており、本願寺は法願寺のことか。清河寺村(大宮市)清河寺文書に「応永二十九年十一月二十一日、寄進武蔵国清河寺、同国足立郡上内野郷内田一町二段・在家一宇・敷地等、長井駿河三郎実基寄進。同郷内田一町二段・佐地川在家一宇・駿河三郎実基伯父紹旭蔵主寄進之地等」と見ゆ。中釘村・上内野郷・佐知川村(大宮市)の地頭は三浦氏流長井氏か。

四 長井庄地頭安達氏族大曽祢氏 吾妻鑑卷二十一に「建暦三年五月七日、和田の乱、勲功の賞として、武蔵国長井庄・藤九郎次郎に賜る」と見ゆ。安達藤九郎盛長の子大曽祢次郎時長なり。豊島郡峡田領長井庄の和田氏跡を賜る。幡羅郡説は誤りなり。

五 大江姓長井氏 豊島郡峡田領長井庄待乳山(まつちやま)の聖観音宗本竜院(台東区浅草七丁目)は待乳山の聖天様の通称で有名なり。大江氏は長井庄待乳山を所領とし長井氏を称す。大江氏系図に「大江広元―長井左衛門時広、弟那波掃部介宗光」。長倉追罰記に「永享七年、永井と那波は三星に一文字にて、昔の因幡守広元が末葉、毛利の一家にて、一品と云字の表礼也」。鎌倉鶴岡八幡宮供僧相承院文書に「宝徳二年八月二十二日、亡父の遺志により、長井庄聖天堂別当職を寄進すべき旨、相承院弘俊に報ず。親類一人を代官として送りて所務を行わしむ。大江持宗花押」と見ゆ。幡羅郡妻沼聖天堂別当職は斎藤別当実盛の子孫歓喜院(本名薩田氏)が代々相続し現代に至る。妻沼説は誤りなり。また、米沢史談に「羽前国置賜郡長井郷(山形県長井市)より起る。頼朝が奥州征伐の際、大江時広・軍に従ふ。頼朝・長井郷を賞賜し、時広・始めて塁を米沢に築き、長井左衛門尉と称す」とあり。但し吾妻鑑文治五年の従軍諸士には時広の名見えず、此の説は誤りなり。

六 上野国南雲衆長井氏 勢多郡棚下村(赤城村)に長井坂城あり。応永三年七月二十三日上杉家文書に「上野国奈雲郷等を上杉憲定代に沙汰付けしむ」。戦国時代の上杉所領目録(彦部文書)に「林庄之内、名雲郷半分(赤城村)」と見え、実質的な支配は白井城主長尾氏があたる。長井城(長井要害)は白井城の支城にて、南雲衆は永禄年間まで長尾氏に属す。加沢記に「天正十年十月、北条氏邦出張して、長井の要害恩田越前守を落し、宮田(赤城村)の住人須田加賀守に預けらる」。天正十五年須田文書に「長井坂在城に付而出置候」と見ゆ。長井城主の長井氏は在名にて、南雲衆(赤城村)の宮田村須田氏、三原田村永井氏、津久田村狩野氏等が城主となっており、是等が長井氏の本名であろう。鎌倉大草紙に「永享十年八月十四日、山内上杉憲実は、長尾実景・大石重仲のすすめで鎌倉から上野国へ退去し、扇谷上杉持朝・同名庁鼻性順・長井三郎入道・小山小四郎・那須太郎以下、一味同心の大名相伴う。永享十一年六月二十八日、上杉憲実は、関東執事職を弟清方に譲る。嘉吉元年四月十七日、上杉兵庫頭清方は古河城を攻落し、清方の被官長井六郎は江戸八郎を討取る」。別府文書に「文明十一年閏九月二十日、長尾景春は、長井六郎要害へ馳籠由、別府三河守は成田に相談し、忍城の防備をす」。太田道灌書状に「文明十年八月十六日、長井六郎の処遇について伝える。文明十一年九月、白井城主長尾景春は長井城へ罷り移り、其れより秩父へ引籠り候。総社城主長尾忠景の意見は、先に秩父退治して、長井城は自然に破れ候。しかれども道灌は長井を先に攻ると云う。彼城に向い十一月二十八日江戸を立ち、十二月十日金谷談所(児玉郡金屋村、或は金鑽談所か)へ着陣す。其後道灌は長井要害を取合い、大石名字中を差越す。長井殿は、白井御座内に其色を顕し、在々所々に於て自身太刀打ち、家風数多討死す」と見ゆ。長井殿を上野国浄法寺村三ツ山城(鬼石町)の斎藤氏流長井氏に比定するは誤りなり。また、上杉系図に「扇谷上杉持朝―女子(長井大膳大夫広房室)」とあり。道灌書状の長井殿に「原注、長井大膳大夫広房、扇谷婿」とあり。大江姓長井氏も無関係なり。此の南雲郷長井城の長井殿(長井六郎)は南雲衆なり。また、南雲郷(赤城村)に苗字永井氏多く現存し古代以来の居住者にて、、永井勝衛文書に「元亀二年三月二日、下河内・横手(前橋市)を長井左京亮に宛行ふ」と見ゆ。大江姓永井氏を称し、家紋は一文字三ツ星を用いるが、豊島郡長井庄より起る在名大江姓長井氏は附会なり。

七 河原党長井氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月、着座面々・長井弥太郎、是は河原太郎家の武家法令也」と見ゆ。

八 斎藤氏流長井氏 幡羅郡長井庄より起る。妻沼村聖天宮別当歓喜院所蔵の長井氏家譜に「斎藤別当実盛(住武州幡羅郡長井庄、寿永二年討死。弟長井豊前三郎実員)―豊前八郎右馬介実忠(元久二年畠山重忠従二俣川戦死)―斎藤右馬介実利(住幡羅郡西郷、正嘉元年卒、七十一歳)―右馬介信利(弘安七年卒)―越前三郎左馬介利義(正和四年卒、八十九歳)―左馬権介実茂(小別当、住武州豊島郡湯島、元享二年奥州石坂討死)―長井斎藤豊前介実仲(小別当、建武四年八月陸奥国司源顕家に属し利根川討死。此時一族家臣長井弥藤五別当代実永も利根川に討死す)―大膳実経(住西城、永和三年卒)―長井大膳介則経(応永十二年卒)―長井藤内左衛門実則(永享九年卒)―長井斎藤兵衛実義―豊前介実家(亡父及家臣長井弥藤太則兼の墓を長井庄弥藤五郷に建つ。文明三年野州古河討死、真間田氏・江袋助八郎も従て死す)―長井玄蕃利家(足利政氏に属す、文亀二年卒、九十八歳)―監物実治(天文六年卒)―豊前介実通(与八郎、藤太兵衛、足利晴氏に属す、母長根次郎入道休清女、実は小幡之女、天文二十三年野州古河討死、法名一山道円)―豊前介正実(藤太、武州御嶽・上州三ツ山之両城を持つ。母平沢八郎左衛門安元女。晴氏を去り、武田氏に属す。天正九年五月二十二日上野国鴟巣山に於て戦死、法名淨覚)―監物実吉(与八郎、藤兵衛、母長井三郎兵衛大江時元女・相州之住人。坂牧陣に於て浜野左七及沼谷図書を討ち功在り、暫時して武州柿沼に住して柿沼を称号す。忍城に籠城す、成田下総守藤原親泰之五男刑部丞泰久次男を以って養子と為す、十五郎実泰是也。慶長十三年卒、本覚院道栄天心)―十五郎実泰(与八郎、藤兵衛、玄蕃、母福島主計俊房女。実成田刑部丞泰久之次男、嫡男は小野里氏。成田泰親下野国烏山領す時、実泰那須郡熊田郷を賜ふ。成田氏廃嫡後下野国宇都宮に居す、正保元年卒、八十七歳、本允院心誉道精居士。妹は石井監物妻・住武州種無村。其の妹は黒川五郎右衛門妻・住武州牛重村)」。「監物実吉の弟長井右衛門八郎実久(母倉賀野氏。上杉景勝、太閤秀吉に仕ふ。天正十八年徳川家康に仕ふ。慶長十五年卒、金光院鉄岳宗転居士)―清大夫盛実(久八、母小見氏、上州白井城主小見小四郎忠刻女。徳川氏に仕ふ。寛文十三年卒、厳松院心岳宗吟居士)―清大夫実直(実酒井作右衛門源重次三男、元禄九年大番与頭)―尚八郎実行(母小宮山清左衛門昌長女、延宝八年江戸産、綱吉公に仕ふ)―大八郎(元禄十六年産)」と見ゆ。尚八郎実行は此の長井家譜の作成者にて聖天宮別当歓喜院へ寄贈す。此の系図は信用出来ず。九〜十二項参照。

九 幕臣長井氏 寛政呈譜に「斎藤実盛が十六代の孫豊前介実通が男豊前介正実(信玄・勝頼につかへ、上野国三山の城において討死す)―右衛門尉実久(彦六郎、父討死ののち、上野国にありて上杉景勝が麾下に属す。天正十八年東照宮につかへ、上総国清水において千石の地をたまう。慶長五年関ヶ原御帰陣ののち、妻子を江戸にうつすこと遅々せしにより、逼塞せしめられ、其後播磨国に住す、元和元年死す、年六十、妻は北条家の臣岡部石見守長興が女)―清大夫盛実(勝七郎、母は長興が女。東照宮につかへ、慶長十三年死す、今の呈譜十五年、年三十五、法名鉄岳)―清大夫正実(四百五十石、寛文十年死す、法名心岳)―清大夫実直(初重行、勘三郎、実は酒井作右衛門重次が四男、元文二年死す、年七十九、法名諦然)―清大夫実晴(実直が養子。義兄尚八郎実行)―実邑―実儀」と見ゆ。幡羅郡長井庄の長井氏に仮冒す。十二項参照。

一〇 長井氏の名は、保元物語に「長井斎藤別当実盛、同三郎実員」、又「弟の三郎実員」。平家物語卷七に「斎藤実盛、もとは越前国の者にて候ひしが、近年御領に付けられて、武蔵国長井に居住仕り候ひき」。源平盛衰記卷二十八に「平家の侍、武蔵国住人・長井の斎藤別当眞盛」。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・長井斎藤五郎左衛門尉跡五貫を京都六条八幡宮の造営に負担す」。太平記卷十九に「ここに国司(北畠顕家)の兵に、長井斎藤別当実永といふ者あり。利根川を渡さんと、長井斎藤別当・舎弟豊後次郎兄弟二人これを見て、『人の渡したる所を渡っては、何の高名かあるべき』と、ともに腹を立てて、これより三町ばかり上なる瀬をただ二騎渡しけるが、岩波高くして逆巻く波に巻き入れられて、馬人ともに見えず、水の底に沈んで失せにけり。その身はいたづらに溺れて、屍は急流の底に漂ふといへども、その名は永くとどまって、武を九泉の先に輝かす。『さてこそ鬚髪を染めて討死せし実盛が末とは覚えたれ』と、万人感ぜしことばの下に、先祖の名をぞ揚げたりける」と見ゆ。鎌倉大草紙に「応永二十三年上杉禅秀乱。上杉憲基に従う兵には長尾出雲守・大石源左衛門・羽継修理太夫・舎弟彦四郎・安保豊後守・帷助五郎・長井藤内左衛門、其外木部・寺尾・白倉・加治・金子・金田を始として、宗徒の兵七百余騎打立けり」と見え、長井氏家譜には「長井藤内左衛門実則」とある。但し、武蔵名勝図会に「上杉禅秀乱のとき、管領憲基に従い参りける長井藤内左衛門尉というは長井掃部助入道法禅の子息なるべし。この長井の家は大江広元の子孫なり」と見ゆ。別府文書に「享徳十六年十一月十五日、足利成氏は、玉井・長井・別府等の不参を難じ、長井庄以下の所領を没収し、結城七郎氏広に与う」と見ゆ。

一一 児玉郡御嶽城主長井氏  上野国那波郡堀口村満善寺光琳坊の日叙が、天文二十一年に児玉郡金鑽談所にて修学時代に書写した奥書(身延文庫。日叙は甲州身延山久遠寺住職となる)に「相州の氏康出張をもよをして、金鑽山の近辺に御嶽(渡瀬村)とて明誉の山城をせめ落す事、三月□日也。城中の人数千騎、城主のアブノ信州入道・息の中書才四五人は降参を以て助け被、残の数千人は一人も残ら不打死す。御筆光琳坊にて五月三日終之、同学武豊前殿」とあり。金鑽談所の学友長井豊前守に宛てており、御嶽城主は安保信濃入道・中務大輔父子で、緑野郡三ツ山城主長井豊前守が御嶽城主となったのは天文以降である。児玉記考に「渡瀬村旧家田中伊之吉、当家は旧御嶽城主長井豊前守政実の築城なり、此地狭隘凹処にして要害甚だ善からざるを以って御嶽に移せし旧邸なり、今尚其意に因み古城と唱呼す」と。黒沢文書(藤岡市下日野)に「四月一日(永禄八年)、渡瀬高山分・三貫二百文、同児玉郷内倉林源右衛門抱・二貫文之所、進置候、黒沢玄蕃允殿、平左政実花押」。「永禄八年乙丑八月十六日、中務少輔被進置(安保氏か)・三十貫五百文之地注文、其等為新恩与進之候。下地注文、渡瀬高山分・児玉之内倉林源右衛門抱、進之候、此以後少も玄蕃殿より、猶以懇切可申候、黒沢源三殿、平沢政実花押」と見ゆ。此の頃に御嶽城主になっているが、本名平沢左衛門政実を名乗っており、長井豊前守の名跡を継承して長井氏を名乗ったは是以降である。平沢条参照。北越軍談に「永禄十三年、武田信玄は長井豊前守実通を郷導とし西上州に移る」と、政実が正しいか。甲陽軍鑑に「武田信玄公惣人数之事、武蔵先方衆永井豊前守・八十騎」と。風土記稿渡瀬村条に「三嶽塁、御嶽山の西の方なり。長井豊後守政実住せし蹟なりと云ふ。正しき拠はあらざれど、隣村金鑽村薬師堂領寄付状に、『永禄十三年庚午六月二十八日、豊前守政実』と見へたれば、此の頃居住せし事知らる」。飯塚文書(鬼石町三波川)に「戊寅二月十二日(天正六年)、百姓役三ヶ条之儀、如望赦候、飯塚弾正忠殿、政実花押」。「辰七月二日、知行、二十五貫文、飯塚六左衛門尉殿、政実花押」。「午二月二十日、今日敵相動候処、別而走廻無比類候、飯塚六左衛門尉殿、政実花押」とあり。系図の天正九年戦死は信用出来ず。上野国志に「緑野郡三山(浄法寺村)は、長井豊前守正実が居城なり。長井は永禄十三年武田に属し、正実の没後、其の子右衛門尉信実・勝頼滅亡して、北条に敵し、上杉に帰して越後に走る。天正十八年小田原攻の時、上杉の先陣藤田信吉が相備たり。後、信吉より神君に申し達し御家人に列し、三ツ山に安堵。信実・武州金鑽と三山両塁を持しが、配流の時に塁廃す」と。管窺武鑑に「長井右衛門大夫殿と申すは、甲州家に於て、上野先方と称せられ、豊前守殿の舎弟也。豊前の死後、武田も滅亡し、上州へ北条家より手を掛け候時、此の長井・意地を立てゝ敵対し、押倒されて三ツ山を牢人す。豊前は藤田能登守伯母婿なる縁を以って、藤田を頼み、越後へ参られ候は、天正十三年六月也。十八年小田原攻めに付、藤田も発向、此の度幸に本意の時節なれば、三ツ山の地下人共へ計策を致さる。古主なれば悉く附従う」と見ゆ。小田原落城後、長井右衛門尉信実は旧に複す。黒沢文書(下日野沢)に「天正十八年庚寅六月十四日、為重恩十貫文之地、出置之候、黒沢出雲守殿、信実花押」と。鉢形城が六月十四日落城しており、信実は是以前に三ツ山城へ入城している。吉江文書(吉井町下奥平)に「天正十八年庚寅七月三日、太駄村・安保村・小林村・同村・渡瀬村・平塚村(保美村字平塚)・阿久原村、四十九貫文、右之地、私ニ被下置候得共、其方事、先年松井田くずれニ付け、七ヶ村、其方不残支配可被申候、三ツ山右衛門殿、塩土伊勢守(秀吉奉行)」とあり。三ツ山右衛門(長井信実)は越後へ移る。

一二 上杉景勝家臣の長井氏 信実は旧領復帰後の翌月の天正十八年八月徳川家康関東入部で所領没収され越後へ移住し、子息は本名都筑氏を称す。政実(本名平沢)と組織上の兄弟分で血縁の無い赤の他人である。政実の子実吉は烏山藩成田氏に仕へ、幕臣長井氏は御嶽城主長井氏とは無関係で系図は仮冒なり。三ツ山城の浄法寺村は天正十八年八月藤岡藩芦田氏領となり、慶長三年幕府領となる。また、御嶽城の渡瀬村は文禄三年四月二日渡瀬郷検地帳には幕府領となっており、近隣の村々も長井氏領は無い。幕臣系図の慶長五年没収され播磨国へ移住説は信実とは関係無い。文禄三年上杉景勝領内定納員数目録(米沢図書館所蔵)に「三十二石三升九合・豊前守嫡子長井金左衛門・改庄左衛門。同高・豊前守次男都筑藤治郎」と見ゆ。父の長井豊前守信実の本名は都筑氏なり。都筑条参照。

一三 越中国の長井氏 山城国祇園社文書(京都八坂神社)に「建長八年六月五日、感神院領越中国堀江庄小泉・梅沢・西条(富山県滑川市)、以上三ヶ村中分事、任御下知状、長井斎藤左近将監相共莅論所、可打定牓示之状」と見ゆ。長井村及び長井氏は無く、武蔵国幡羅郡出身か。

一四 越後国の長井氏 斎藤実寿旧蔵文書(米沢市伊佐早文書)に「建武二年三月二十九日雑訴決断所越後国衙、長井福河斎藤三郎実利法師法名円心、当国奥山庄内黒河条地頭職事」と見ゆ。幡羅郡福河庄より北蒲原郡黒川村黒川へ移住し、実利は後醍醐方に属し安堵され、養子南保重貞に譲る。

一五 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御側・五十石三人扶持・長井八五郎」あり。

一六 幸手町 幸宮神社明治三十三年幟碑に長井房次郎あり。

一七 岩槻町 真浄院正徳六年供養塔に武州岩築住津田屋長井九左衛門。久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町長井利左衛門・長井利八.。太田袋村琴平社文政三年水鉢に岩槻町長井兵助。真浄院文久四年鰐口銘に久保宿町津田屋弥兵衛・清太郎・弥太郎・新太郎・梅三郎。明治十六年鉄道敷設願に長井清太郎。明治三十年所得税下調査簿に長井弥兵衛・反別三町歩・地租三十二円。明治三十五年陶器箱店長井新太郎・呉服商長井弥兵衛・洋物商長井梅三郎あり。

一八 原市町(上尾市) 江戸末期に入歯口料長井寅蔵。明治三十五年歯科医長井寅吉あり。

一九 熊谷町 明治三十五年に長井喜太郎あり。

二〇 大里郡村岡村(熊谷市) 明治十六年県会議員調に酒造業長井市太郎・文政十二年生・反別八町一反七畝歩、公債証書六百十円所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年酒造業長井茂吉・文久元年生・国税五百八十八円・県下百四十三位あり。七戸現存す。

二一 深谷町 呑龍院明治二十三年碑に田所町長井作治郎・大工長井与太郎。明治三十五年飲食店長井作太郎あり。

二二 児玉郡渡瀬村(神川町) 明治四年戸籍に長井芳三郎・長井六蔵あり。長井氏一戸、永井氏二戸現存す。

二三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「常光村(鴻巣市)・長井源平・十四円・二十八円、川越市・長井尚・九円、岩槻町・長井利助・二百六十八円・五十八円、長井弥平・百二十六円、加須町・長井正治・十円、吉岡村(熊谷市)・長井晴雄・十六円」あり。

永井 ナガイ 長井に同じ。中参照。幡羅郡長井庄は永井庄と書く。入間郡南永井村(所沢市)、北永井村(三芳町)あり、寛文九年検地帳に河越領長井村と見え、後に分村す。埼玉郡下手子林村字永井(羽生市)は古の村名にて、文政六年道標に永井村と見ゆ。○群馬県勢多郡赤城村百七戸、群馬郡箕郷町九十二戸、甘楽郡下仁田町九十三戸、沼田市七十戸、渋川市五十四戸、高崎市百九十戸、前橋市百六十戸。○栃木県塩谷郡氏家町四十戸、高根沢町四十戸、河内郡河内町三十戸、下都賀郡国分寺町三十五戸、小山市六十戸。○茨城県那珂郡東海村三十戸、日立市百戸、ひたちなか市二百四十戸、水戸市百二十戸。○千葉県銚子市五十八戸、鴨川市七十五戸。○長野県小県郡丸子町八十戸、北佐久郡立科町四十戸、須坂市七十五戸、上田市百戸。○新潟県西蒲原郡黒埼町五十戸、三島郡越路町九十四戸、三条市九十戸、加茂市六十二戸、長岡市二百戸。○福島県いわき市百六十戸、会津若松市六十戸。○秋田県北秋田郡鷹巣町三十五戸。○島根県松江市五十二戸。○鳥取県米子市八十三戸、境港市六十五戸あり。長井条参照。

一 忍城士の永井氏 成田分限帳に「三十貫文・永井小七郎、二十貫文・永井新兵衛、十貫文・永井重三郎」。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御部屋様付・百五十石・永井彦太夫、御側・七両三人扶持・永井友五郎」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十五人扶持・永井斧蔵」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・十人扶持・永井泰造、御馬廻・二十石四人扶持・川越取立・永井伊右衛門」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「御手代・十二石三人扶持・永井百五」あり。百五の子孫栄三郎は東松山市松山町に現存す。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御広間帳付・五十石・永井武兵衛、秩父炭改方・三両二人扶持・永井作兵衛」。享保五年松本日記に秩父御代官永井藤右衛門。享保八年忍藩軍役帳に「二十八俵三人扶持・永井藤右衛門」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「小普請・三両二人扶持・永井健蔵、鉄砲之者小頭・六石余・永井六左衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「六石余二人扶持・永井鉄治、四石二人扶持・永井市四郎」あり。

七 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五十石・永井夏雪、五両三人扶持・永井孫平」あり。

八 葛飾郡中島村(吉川市) 万福寺嘉永七年十九夜塔に永井森右衛門。稲荷社明治十三年御嶽碑に中島村永井森右衛門。三輪之江神社明治二十八年碑に永井森右衛門あり。一戸現存す。

九 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に永井時之助あり。

一〇 同郡大沢町(越谷市) 香取社寛政元年御神燈に永井嘉兵衛あり。

一一 同郡四町野村(越谷市) 虎稲荷社天明四年庚申塔に永井清兵衛・永井亦兵衛あり。五戸現存す。

一二 同郡大曽根村(八潮市) 明治二十四年頃消防夫人名記に永井助次郎あり。四戸現存す。

一三 同郡岩槻町 明治三十五年に永井真太郎あり。

一四 同郡行田町 熊谷町高城神社天保十二年紺屋碑に行田町永井柳八あり。

一五 同郡堤根村(行田市) 伊奈利神社明治十五年碑に永井秀鏡あり。現存無し。

一六 足立郡川口町 明治八年騎西町釜屋文書に川口町酒造業永井善兵衛。明治三十五年医師永井健次郎・綿花商永井惣次郎・永井善兵衛。川口神社明治三十九年碑に永井幸太郎・永井文次郎・永井平蔵・永井健次郎あり。

一七 同郡樋ノ爪村(川口市) 埼玉郡棚田村棚田神社江戸末期台石碑に樋爪村永井松次郎・永井伊三郎・永井周助・永井源次郎、十二月田村永井孫右衛門。氷川社慶応三年御神燈に当村永井平吉・永井伝左衛門、明治二年碑に永井源春明。薬林寺明治二年碑に永井晋之輔。明治九年副戸長永井平吉・天保七年生。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に南平柳村永井良輔。浦和町玉蔵院明治三十一年供養塔に樋爪永井平吉。蒲生村光明院明治三十六年碑に樋爪永井平吉あり。十九戸現存す。

一八 同郡飯塚村(川口市) 県会議員永井巳之助・明治三十九年生あり。四戸現存す。

一九 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年織物商富士屋永井定之助あり。

二〇 同郡草加町 市神祠官筆学門人控に弘化五年・鮒屋倅永井五郎兵衛・鮒屋次男永井七三郎、安政二年・和介養子永井浪蔵。剣術神文鑑に安政三年草加宿六丁目永井五郎吉。明治三十五年代書業永井仁右衛門あり。

二一 同郡蕨宿 和楽備神社万延二年御神燈に永井市五郎。三学院文久三年供養塔に蕨下町永井市五郎。明治三十五年金物商永井吉五郎・荒物商永井豊次郎あり。

二二 同郡下戸田村 当村に此氏多く存す。上戸田村氷川社文化十三年供養塔に下戸田村永井弥左衛門。当村氷川社天保七年幟碑に永井重三郎・永井丹治郎・永井文太郎・永井多助。明治七年船積問屋永井太郎兵衛・但元禄八年三月創立、同永井勘次郎・但元禄八年三月創立。明治九年副戸長永井吉右衛門・文政九年生あり。

二三 同郡片柳村(大宮市) 万年寺天保十二年庚申塔に永井六右衛門。熊野社弘化三年三峰碑に長井六右衛門、明治三十二年碑に永井藤吉あり。四戸現存す。

二四 同郡指扇村(大宮市) 天保十四年久米村平塚文書に指扇之内大木戸村永井作左衛門あり。三戸現存す。

二五 同郡坂田村(桶川市) 明治二十五年酒造業永井作造あり。四戸存す。

二六 同郡大芦村(吹上町) 氷川社明治四十年碑に永井兵右衛門あり。二戸現存す。

二七 新座郡小榑村(練馬区大泉学園町) 明治九年副戸長永井比佐五郎・文政元年生あり。

二八 同郡上新倉村(和光市) 明治十九年小麦粉商永井金太郎あり。

二九 同郡溝沼村(朝霞市) 氷川社明治三十九年碑に永井礒吉あり。

三〇 入間郡川越町 岩殿村正法寺明和六年水鉢に川越永井喜右衛門。三芳野神社明治四十年碑に廓町永井猶吉あり。

三一 同郡上安松村(所沢市) 大正元年文書に永井丑五郎・永井藤治郎あり。九戸現存す。

三二 同郡下富村(所沢市) 明治二十二年埼玉勧業会員永井蔵太あり。一戸現存す。

三三 比企郡小川町 明治七年蚕種業永井伊八あり。

三四 榛沢郡寄居町 明治三十五年菓子商永井吉五郎あり。

三五 同郡深谷町 明治三十五年質屋永井セイ・飲食店永井伊三郎あり。

三六 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に永井市右衛門。八基村会議員永井谷五郎・明治三十一年生あり。三戸現存す。

三七 同郡滝瀬村(本庄市) 七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に滝瀬村永井民蔵。滝瀬神社弘化四年庚申塔に永井佐市郎。現存無し。

三八 児玉郡本庄町 明治三十五年青物商永井園吉・材木商永井由五郎。

三九 秩父郡大宮町 明治三年大工職永井音松・五十六歳。明治三十五年下駄商永井幸次郎・機業永井耕助。気楽流柔術横瀬村加藤門弟に大宮町永井善吉あり。

四〇 同郡小鹿野町 明治三十五年に永井文吉あり。

四一 同郡下吉田村 国神神社明治三十四年碑に下吉田村永井吉蔵あり。一戸現存す。

四二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・永井環・六十四円、永井玉之助・十一円、川口町・永井惣次郎・二十九円・六十七円、永井善次・十三円、戸田村・永井柳子・三十五円、永井万吉・三十二円、本庄町・永井保・十二円、秩父町・永井昌次・十九円・四十四円」あり。

永居 ナガイ 大井に存す。

中家 ナカイエ 浦和、上尾、鳩ヶ谷、加須、越谷、吉川、松伏、入間等に存す。岩手県九戸郡軽米町九戸、種市町十戸、大野村六戸あり。

長家 ナガイエ 川口、八潮等に存す。

中井川 ナカイガワ 各市町村に存す。茨城県那珂郡那珂町四十七戸、東海村九戸、水戸市二十戸あり。

一 足立郡大宮町 昭和三年興信録に「大宮町・中井川弥五郎・所得税五十八円・営業税七十五円」あり。

二 同郡下木崎村(浦和市) 足立神社嘉永二年幟碑に下木崎村中井川重右衛門あり。十一戸現存す。

中池 ナカイケ 浦和、大宮、鴻巣、岡部等に存す。

長池 ナガイケ 秩父郡小柱村字長池あり。各市町村に存す。

永池 ナガイケ 川口、大宮、上尾、朝霞、和光、狭山、越谷、草加、栗橋、行田等に存す。長野県下高井郡山ノ内町二十三戸、中野市十七戸あり。

中石 ナカイシ 県会議員秩父町製材業中石松一・明治四十二年生あり。一戸現存す。

長石 ナガイシ 大宮、吹上等に存す。鳥取県八頭郡智頭町二十二戸、鳥取市二十戸あり。

永石 ナガイシ 各市町村に存す。千葉県夷隅郡大原町二十二戸あり。

中井田 ナカイダ 埼玉郡屈巣村字中井田、比企郡大塚村字中井田あり。蓮田、与野等に存す。

中居田 ナカイダ 足立郡美女木村字中居田、下笹目村字中居田、入間郡鴨田村字中居田あり。

中一 ナカイチ 浦和に存す。

中市 ナカイチ 戸田に存す。青森県三戸郡五戸町七戸、十和田市七戸あり。

永市 ナガイチ 鳩山に存す。

中逸 ナカイツ 入間に存す。

中泉 ナカイヅミ 各市町村に存す。茨城県新治郡霞ヶ浦町十三戸、稲敷郡美浦村七戸、つくば市六十戸、秋田県南秋田郡天王町八戸あり。

一 葛飾郡三輪野江村(吉川市) 清春庵万治三年供養塔に中泉市左衛門あり。現存無し。

二 同郡深井新田(吉川市) 六社神社文化十年庚申塔に八木郷深井新田中泉助吉、文久元年庚申塔に中泉忠太郎、明治四十年碑に中泉弥太郎あり。一戸現存す。

仲泉 ナカイヅミ 浦和、伊奈等に存す。

永泉 ナガイヅミ 浦和、川越、三郷、吉川等に存す。

中出 ナカイデ 上尾、新座、久喜、三郷、吉川、小川、川越、狭山、日高等に存す。ナカデ参照。

永井野 ナガイノ 越谷に存す。

中居林 ナカイバヤシ 浦和、所沢等に存す。青森県八戸市二十七戸あり。

仲井間 ナカイマ 岩槻に存す。

中岩 ナカイワ 蕨、狭山、富士見等に存す。

長岩 ナガイワ 桶川、北本、三郷、行田、所沢等に存す。長野県東筑摩郡四賀村二十一戸、秋田県平鹿郡増田町十四戸あり。

中院 ナカイン ナカノイン参照。

中右 ナカウ 春日部に存す。

中上 ナカウエ 大宮、春日部、深谷、川越等に存す。

長牛 ナガウシ 松伏、羽生等に存す。青森県北津軽郡板柳町八戸、青森市十二戸あり。

中内 ナカウチ 埼玉郡弥勒村字中内(羽生市)は古の村名にて、安永四年庚申塔に中内村と見ゆ。各市町村に存す。茨城県猿島郡総和町十四戸あり。

仲内 ナカウチ 川口、蕨、大宮、新座、草加、行田、熊谷等に存す。茨城県稲敷郡桜川村二十一戸、結城郡八千代町二十戸あり。

中畝 ナカウネ 武蔵国以外は無し。

一 鉢形城士の中畝氏 鉢形分限帳に「本国武州横見・中畝宇八、本国甲州八代・寄居住・中畝源左衛門」。埼玉県横見郡、山梨県八代郡に現存無し。分限帳の本国は信用出来ず。秩父郡出身なり。鉢形落城後定住鏡に「天正年中鉢形落城後、慶安四年定住・榛沢郡寄居住・中畝源左衛門」。寄居に屋敷を構えていた寄居十六騎の内なり。四項参照。

二 榛沢郡寄居町 前項の後裔なり。明治三十五年荒物木炭商大塚屋中畝宇平あり。二戸現存す。

三 秩父郡矢那瀬村(長瀞町) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。用土村明治十三年仙元碑に矢那瀬村中瀬清四郎あり。中畝氏か。

四 同郡野上下郷(長瀞町) 野上町郷土史年表に「正和元年、滝之上村に閻魔堂(四方田)・地蔵堂(野口)・阿弥陀堂(滝上)・虚空蔵堂(中畝)・薬師堂(沢野)・不動堂(松本)等いわゆる六名六堂を遺す。鉢形分限帳の中畝宇八は野上村へ土着す。享保四年六月滝之上の古虚空蔵は同所中畝八左衛門等建立す」と見ゆ。字間瀬中畝家墓地寛政十一年供養塔に中畝先祖原隼人祐とあり。横見郡一ツ木村旧家原氏(新義真言宗)は武田家臣原隼人正(日蓮宗)の子孫と称すが附会なり。分限帳の「本国横見・中畝宇八」は一ツ木村の原氏より当村中畝氏へ入婿となるか。字滝ノ上天明四年供養塔に中畝孫左衛門、天保四年巡拝塔に中畝六左衛門。明治九年副戸長中畝庄三郎・弘化四年生。明治十四年林文書に中畝仲三郎・中畝市蔵・中畝金八・中畝豊次郎・中畝新八・中畝岩蔵・中畝清五郎・中畝八太郎・中畝権次郎・中畝駒吉・中畝銀一郎・中畝園次郎あり。十五戸現存す。

五 同郡中野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に中野上・中畝政蔵・中畝勇次郎・中畝喜仙次・中畝由太郎あり。十戸現存す。

六 同郡藤谷淵村(長瀞町) 宝登山神社明治七年棟札に玉泉寺古惣代中畝見宜、格天井絵奉納当所中畝金作、明治十六年棟札に中畝富五郎。明治三十三年農会々員名簿に藤谷淵・中畝三十郎・中畝与十郎。国神神社明治三十四年碑に藤谷淵中畝三重郎あり。六戸現存す。

七 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に金崎中畝弁次郎あり。二戸現存す。

中畦 ナカウネ 秩父郡日野沢村(皆野町)に八戸現存す。国神神社明治三十四年碑に上日野沢中畦安蔵、下日野沢中畦富士太郎・中畦竹次郎・中畦源三郎・中畦米蔵。明治四十一年日野沢太々神楽連名簿に中畦熊吉・中畦直次郎・中畦源十郎あり。

中浦 ナカウラ 各市町村に存す。

長浦 ナガウラ 浦和、大宮、越谷、三郷、八潮、富士見等に存す。

永浦 ナガウラ 宮城県栗原郡瀬峰町八戸、登米郡迫町八戸、南方町二十六戸あり。

一 岩槻町 明治三十五年に永浦宇吉・永浦喜兵衛あり。八戸現存す。

中江 ナカエ 中は二字の制により中江と称す。中参照。鳥取県東伯郡東伯町八戸、倉吉市四十一戸あり。

一 石戸領牧野氏家臣 牧野家文書に「中江猪兵衛忠俊、寛永五年九歳の時、牧野富成に近仕す」と見ゆ。

二 関東郡代伊奈氏家臣 天明年間赤山陣屋屋敷図に「中江弥五左衛門・旧屋敷七反四畝歩」あり。次項参照。

三 足立郡安行吉岡組(川口市) 金剛寺墓碑に「延宝五年・中江作左衛門尉勝継。享和三年・中江五左衛門継保」あり。一戸現存す。

四 葛飾郡不動院野村(春日部市) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村中江甚五左衛門。本郷村雷電社文化十年敷石碑に不動院野村中江甚五左衛門、安政五年仙元碑に不動院野村中江甚五左衛門・中江満喜之助、明治十三年碑に不動院野村中江喜八郎。明治九年戸長中江万喜之助・安政元年生あり。二戸現存す。

五 同郡権現堂村(幸手市) 新田墓地文化九年庚申塔に権現堂新田中江忠蔵。明治十二年文書に中江与四郎。大日神社明治三十八年碑に当所中江与市・中江幸吉あり。二戸現存す。

中恵 ナカエ 川口に存す。

中栄 ナカエ 志木、吉川等に存す。

中永 ナカエ 三郷、富士見等に存す。

仲江 ナカエ 松伏、大井等に存す。

仲栄 ナカエ 吉川に存す。

長江 ナガエ 長井は長江とも記す。中参照。各市町村に存す。栃木市三十戸あり。

一 大里郡平塚郷地頭長江氏 相模国三浦郡長江村(葉山町長柄)より起る。三浦系図に「鎌倉権五郎景政―景継―長江太郎義景―八郎師景―四郎左衛門尉景秀―八郎左衛門尉頼秀―八郎左衛門尉景通」。吾妻鑑卷一に長江太郎義景と見ゆ。鎌倉二階堂永福寺(ようふくじ)文書に「観応三年四月十三日、足利尊氏は、武蔵国春原庄内平塚郷地頭職長江八郎左衛門尉跡を鎌倉二階堂永福寺に寄進す」と見ゆ。春原庄万吉村字平塚放光院附近(熊谷市)なり。

長柄 ナガエ 鳩ヶ谷、春日部、庄和、羽生、吉見等に存す。ナガラ参照。

一 本庄町 明治三十五年生魚商長柄新吉あり。現存無し。

長永 ナガエ 上尾、富士見等に存す。

長衛 ナガエ 大宮に存す。

長栄 ナガエ 春日部、所沢等に存す。

長榮 ナガエ 東松山に存す。

永江 ナガエ 各市町村に存す。島根県八束郡宍道町十二戸、松江市三十五戸、鳥取県西伯郡会見町九戸あり。

永栄 ナガエ 所沢に存す。鳥取県西伯郡会見町四戸あり。

永恵 ナガエ 越谷、行田等に存す。

中江川 ナカエガワ 昭和三年興信録に「浦和町・中江川政司・所得税百三十八円」あり。一戸現存す。

仲江川 ナカエガワ 川口、大宮、鳩ヶ谷、草加、川越、鶴ヶ島等に存す。栃木県佐野市十七戸あり。

中絵図 ナカエズ 草加に存す。

仲栄真 ナカエマ 飯能に存す。

中尾 ナカオ 中は二字の制により、中井、中生(なかう、なかお)、中江と記し、中尾の佳字を用いる。中参照。比企郡中尾村(滑川町)あり、元応二年朽木家文書に比企郡南方中尾郷と見ゆ。足立郡中尾村(浦和市)あり、天正十九年玉林院文書に足立郡中尾郷と見ゆ。また、入間郡田波目村字中尾、葛貫村字中尾、高麗郡阿須村字中尾、秩父郡我野郷阪元村字中尾、古大滝村字上中尾組あり。○島根県簸川郡斐川町二十四戸、多伎町十戸、湖陵町百二十戸、大社町二十一戸、出雲市五十四戸。○鳥取県日野郡江府町十四戸、八頭郡郡家町十二戸、若桜町四十七戸、米子市四十四戸、鳥取市百五十八戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石三人扶持・中尾忠」。子孫英夫は東松山市松葉町に現存す。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「組外・十一石二人扶持・中尾定蔵」。明治四年忍藩士族名簿に「十一石二人扶持・中尾善太夫」あり。

三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御勘定奉行・中尾逸平、逸平養子中尾茂市」あり。

四 埼玉郡蒲生村(越谷市) 明治三十年人名録に医師中尾宗庵・天保八年生・地租十七円(私塾師匠、邦次郎、良智、宗悦、号簣山、明治三十九年没、七十歳)。昭和三年興信録に「蒲生村・中尾国四郎・所得税八十四円」あり。三戸現存す。

五 足立郡美女木村(戸田市) 道満河岸宝暦十年庚申塔に道満中尾六兵衛。八幡社明治三十二年碑に中尾惣左衛門あり。一戸現存す。

六 同郡小谷村(吹上町) 明治七年蚕業中尾頼助あり。現存無し。

七 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「道清・ナカヲ」あり。江戸初期なり。

仲尾 ナカオ 大宮、桶川、岩槻、春日部、越谷、鷲宮、大井等に存す。

中緒 ナカオ 幸手に存す。

長生 ナガオ 浦和、入間等に存す。

長尾 ナガオ 那曷(なか、なが)は古代朝鮮語の国・村の意味。韓国(辛国)の渡来人集落を称す。中・長は二字の制により長生(ながう、ながお)と記し、長尾の佳字を用いる。中参照。○群馬県勢多郡新里村九戸。○栃木県芳賀郡益子町十三戸。○新潟県北蒲原郡水原町十七戸、南魚沼郡塩沢町十九戸。○福島県会津若松市四十戸、郡山市百四戸、福島市八十五戸。○青森県北津軽郡金木町三十七戸、鶴田町十三戸、中里町十戸、西津軽郡鯵ヶ沢町二十六戸、稲垣村十二戸、南津軽郡平賀町八十三戸、五所川原市百五十戸、弘前市百四十戸、青森市百四十戸。○島根県能義郡伯太町十四戸。○鳥取県西伯郡西伯町二十戸、日野郡日南町十二戸、日野町三十五戸、江府町十四戸、米子市六十六戸あり。

一 平姓長尾氏 相模国鎌倉郡長尾郷(横浜市戸塚区)より起る。長尾系図(群書類従)に「村岡五郎良文―忠頼―忠通―景成―鎌倉権五郎景政―景次―長尾新五郎景行―新六定景(兄新五為景)―新五郎景茂―新五郎景能―新五郎景為(法名修阿弥)―左衛門尉景忠(法名教阿弥、尊氏将軍に従ふ)、弟豊前守景春(越後長尾祖)」と見ゆ。足利長林寺所蔵の長尾系図を写したと思われる長尾氏系図(群馬県史所収)に、○「総社長尾氏。景忠法名教阿弥―孫三郎忠房(大宅是棟、応安六年卒)―忠綱(応永二年卒)―尾張守忠政(孫太郎、修理亮、芳伝、宝徳五年卒)―修理亮景棟―良済(景棟弟、早世)―尾張守忠景(景仲二男、修理亮、敬叟皎忠、文亀元年卒)―尾張守顕忠(初名顕景、孫五郎、修理亮、康安聖空、永正六年卒)―尾張守顕方(顕忠弟弥五郎子、孫太郎、長嶺、永禄六年総社より越後へ赴く)―景秀。尾張守忠政の弟能登守憲明(深甲全功、文安四年卒)―弾正景明(弥六郎、醒心長泉)―弥六郎実明(巌翁承端)―能登守憲景(沼田持泰子、初景泰、天巌永承)―平五定明(忠景子、峻谷合碩)―左衛門太夫顕景(光岳元昶、元亀元年卒)―左衛門佐景孝(平五、仁英全恵)―能登守景総(景孝弟、孫五郎、長建)」。○「鎌倉・足利・館林長尾氏。景忠法名教阿弥―新五郎景直(直山存忠、長雲寺殿)―鎌倉長尾新五郎景英(勤翁崇忠、観応二年卒)―新五郎房景(貞翁円忠、明徳四年卒)―但馬守実景(満景子、新五郎、雲谷善慶、享徳三年鎌倉西御門死、四十二歳)―足利長尾但馬守景人(新五郎、積翁常善、文明四年卒)―但馬守定景(新五郎、総嶽道統、文明七年卒)―新五郎景長(景人子、初房景、亭泉斎、笑岩禅香、享禄元年卒、六十歳)―但馬守憲長(新五郎、嶺叟禅東、天文十九年卒、四十八歳)―館林長尾但馬守当長(政長、景長、心通禅空、永禄十二年卒、四十三歳)―新五郎顕長(由良成繁二男、関英宗鉄、元和七年牛久にて死す)」。○「犬懸長尾氏。鎌倉長尾新五郎景英の弟出雲守満景(六郎、左近将監、花渓道俊、応永二十四年卒)―左近将監景永(俊幸)―出雲守憲景(実景子、六郎、春岩桂芳、享徳三年鎌倉西御門死)―六郎房清(実景子、道存、永正元年立河原合戦死)―出雲守景明(景仲子、連誉道興)―左近将監景利(秩父黒谷討死)―出雲守景義(一寿丸、恕山秀忠、天文十七年卒)―六郎、弟孫八郎」。○「白井長尾氏。景忠法名教阿弥―左衛門尉清景(彦四郎、覚阿弥、貞治三年卒)―彦四郎景守(相阿弥、応永八年卒)―孫四郎景仲(房景子、初景重、俊叟昌賢、寛正四年卒)―左衛門尉景信(孫四郎、玉泉宗徳、文明五年卒)―四郎右衛門景春(孫四郎、大雄伊玄、永正十一年卒)―四郎左衛門尉景英(孫四郎、明岩窓哲、大永七年卒)―孫四郎景誠(明室正光、享徳二年卒)―左衛門尉憲景(顕忠子、孫四郎、初景房、一井斎、雲林院梁雄玄棟、天正十一年卒、七十三歳)―孫九郎憲春(永禄六年卒、二十六歳)、弟輝景(玄勢丸、多病にて蟄居す)、其の弟権四郎景広(烏坊丸、初政景、天正十八年牢浪して上杉景勝の家臣となる)」と見ゆ。永禄三年関東幕注文に「白井衆、長尾孫四郎(憲景)・九ともへにほひすそこ。総社衆、長尾能登守(景綱)・丸ともへにほひすそこ。足利衆、長尾但馬守(景長)・九ツともへにほひすそこ」と見ゆ。

二 矢古宇郷の長尾氏 都筑郡矢向村(横浜市鶴見区)なり。鎌倉長尾系図に「長尾新五郎景行―為景―種景―三郎左衛門光景(宝治元年討死)」と見え、上杉本に新五郎景茂の弟光景と見ゆ。吾妻鑑承久三年六月十四日条に「長尾三郎兵衛尉光景、宇治橋に戦ふ」。同年八月七日条に「鶴岳八幡宮の御分、武蔵国矢古宇郷司職・五十余町」と、八幡宮領なり。宝治元年六月二十二日条に「三浦の乱に、長尾三郎左衛門尉光景討死す」と。鶴岡八幡宮寺供僧次第に「八幡宮寺領矢古宇、円景兵部法印元円幸・長尾三郎左衛門尉光景子也、正和四年四月二十二日逝去七十八」と見ゆ。足立郡矢古宇郷(草加市)は無関係なり。

三 秩父郡の犬懸長尾氏 鎌倉浄明寺村犬懸谷に居住す。鎌倉長尾系図に「長尾出雲守満景(白井長尾景直二男也、鎌倉犬懸に住して犬懸長尾の元祖也。相州より御霊宮を武州の領地秩父郡に勧招して氏神に成す、延文五年卒)―左近将監景永(明徳四年卒)―六郎景住(応永二十三年討死)―出雲守憲景(享徳二年討死)―出雲守景明(実は白井長尾景仲三男也。犬懸長尾憲景遺跡本領武州秩父郡を賜る、文明三年卒)―左近将監景利(山内に勤仕、山内と扇谷合戦時武州秩父黒谷にて討死)―出雲守景義(上州利根郡大友流沼田刑部太夫憲義末子也、母は白井長尾景信の娘也。景明娘婿にて犬懸長尾相続す、管領顕定公に勤仕す、天文十七年卒)―孫八郎」と見ゆ。黒谷村(秩父市)瑞岩寺の裏山を堀ノ内城、又は長尾城とも云う。秩父風土記に「金沢城(皆野町)は、上杉定正の家臣長尾左近将監嫡子左衛門尉と次男尾張守が居城す」、白井長尾左衛門尉景信と弟の足利長尾尾張守景茂か。白井長尾景仲の子景信、其子景春入道伊玄は犬懸長尾氏と姻戚関係により黒谷村を本拠地とす。秩父志に「下黒谷に聖大明神の社あり。此社の隣背に岩穴あり、穴の中央石壇の上に塔あり、何人の塔なる事を知ず。土人称す、尼御前の墓と云なり、長尾意玄の内室なりと土人言う。長尾意玄、首塚は字下山殿地入にあり、少の石塚を存せしが、今は社地内にて跡滅と云えり。融興山瑞岩寺は字堀之内にあり、開山瑞山守的大和尚・弘治元年九月五日に遷化す。開基長尾威玄入道・位牌は瑞岩寺に在と云う、刻文左の如。『長尾四郎左衛門昭国入道威玄・一超鉄庵宗仙大禅定門・大永二年壬午八月十二日入寂』と。長尾威玄入道の城は字堀之内にあり、山間に入る岩下に構たり、瑞岩の巌峪を湟とし、西に門路を開く、東行右に本丸あり、次に二丸あり、湟に水を湛て左に三丸あり、是より北一高嶺を物見台と為し、形状にして自然の峻嶮に因しなるべし」と。著名なる伊玄入道としているが、犬懸長尾氏の事蹟なり。犬懸長尾氏は在名秩父氏を称す。秩父風土記に「下黒谷、長尾後秩父将監景光夫婦籠る」。風土記稿黒谷村条に「秩父将監景光が妻尼某が墓所なり」。横瀬村条に「天文年中、上杉管領憲政・鎌倉より落入て此ほとり持山生川に屯し小御嶽に物見をす、しばらく根古谷に住せしが、秩父将監平景光・当山に誓いて旗を揚げ軍勢を引卒て戦いに及びす。又永禄十二年七月甲斐武田乱入て郡中を放火し責動かす、此時に景光養子秩父新太郎氏邦、改名して北条安房守と名乗り、信玄を甲州へ追退く」と見ゆ。

四 白井長尾景春入道伊玄斎 白井城(群馬郡子持村白井)の長尾氏は児玉郡八幡山を所領とし、また犬懸長尾氏と姻戚関係により秩父郡を本拠地とす。子持村双林寺伝記に「長尾四郎景仲昌賢入道は、関東管領の後見並に武蔵国青木・諸岡(横浜市神奈川区)・八幡山(児玉郡)の三荘を賜る、将軍家より上州玉村十五郷(佐波郡玉村町)を賜る、寛正四年鎌倉に於て逝去す。昌賢之嫡子長尾左衛門尉景信は文明五年卒す。景信嫡子長尾四郎右衛門入道伊玄斎は、祖父景仲・父景信、山内執事職を相伝する所に、文明五年六月景信卒して、総社長尾忠景に景信が職を賜る。景春大に述懐して、山内を深く恨み、旧領上州白井の城に住して、古河の公方を頼寄て、山内を背く、永正十一年卒、七十二歳」と見ゆ。鎌倉大草紙に「文明八年、長尾景春・武州鉢形の城へ移り、武州相州の内一味同心の兵を催す」。太田道灌書状に「文明十一年九月、白井城主長尾景春は長井城(勢多郡赤城村)へ罷り移り、其れより秩父へ引籠り候。総社城主長尾忠景の意見は、先に秩父退治して、長井城は自然に破れ候。しかれども道灌は長井を先に攻ると云う」。長井条参照。景春は秩父郡内にて転戦す。秩父風土記・小森村(両神村)条に「字夜討沢、長尾四郎左衛門入道意玄、塩沢の城に籠、小森より島村近江守と小沢左近、大ヶ谷沢より攻登、夜討に落す、是より意玄入道、白久村へ引退、其地を夜討沢という、此時小森の地頭島村近江守なり」。白久村(荒川村)条に「意玄入道・塩沢より落て深谷の岩窟に籠る、其物見の跡、山の上にあり」。上田野村(荒川村)条に「山には上杉の時、深井対馬守屋敷」。贄川村(荒川村)条に「字猪狩山、意玄入道・塩沢落の時、石上の切所にて深井対馬守相支え、其間に意玄落去、深井・深手数ヶ所、猪狩山に登て生害今に此山の明神に武器少残る」。黒谷村(秩父市)条に「瑞巌寺の上岩窟、意玄入道息烏坊丸と奥方外に二十七人忍居、後山田滋野にて上州白井を攻落、迎に来る、皆仁田を出、行道にて上三沢(皆野町)玉川小太郎相支え、小太郎討死、意玄方も三人討死、今に畑中に墓有、玉川の孫、意玄を社の内に神に祭り置也」と見ゆ。

五 鉢形城の総社長尾氏 景春入道伊玄斎の没落後は、総社城(前橋市)の長尾顕忠の子顕方が上杉顕実を擁して、鉢形城に居城す。東路の津登に「永正六年八月十五日、連歌師宗長は、長尾孫太郎顕方の館はちがたという処につきぬ。馬庭豊前守重直興行せし也。顕方いまだ少年の行末はるかなることを賀し侍る計也」と見ゆ。

六 西上州領主の足利長尾氏 足利鑁阿寺文書に「天文二十一年二月二十六日、上州浄法寺村之内五百疋之所、御嶽堅固為祈願寄進、当長花押」。永禄三年景長と改名す。兵庫県織田文書に「永禄五年卯月五日、今度当地館林移候、景長花押」。安保文書に「癸亥五月十日(永禄六年)、上州河北根本足利領内、上大塚郷、中大塚、栗須村、岡、森郷、矢場、三木、牛田村、神田村、立石村、保美村(以上藤岡市)、発久、坂原、浄法寺郷、譲原村、三波川村北谷、鬼石村(以上鬼石町)、岩氷郷(倉渕村)、中島村、池郷、泉村、(以上吉井町)、佐野(高崎市)、長塩(不明)、阿坊郷(不明、武州安保郷か)、真仁田(安中市)。安保中務大輔殿、氏康花押」とあり。また、神君関東御入国御知行割封帳に「上野国阿布城主長尾新六郎景繁」と、菅沼家譜に「織部正定盈(天正十八年関東入国の時、上野国阿保にをいて一万石を賜ひ、阿保に住す)―志摩守定仍(慶長六年一万石を加へられ、阿保をあらためて伊勢国長島城二万石を賜ふ)」と。「小大膳定利(同族定盈によりて東照宮につかへ、二万石をたまひ、上野国吉井城に住す)」と。阿保(阿布)は旧安保氏領の西上州一帯を称し、吉井城の近くにあったか。賀美郡安保城では無い。

七 越生氏族長尾氏 入間郡越生郷報恩寺年譜に「応永三十三年七月十六日、越生山城次郎入道宏秀之門族忠秀、毛呂郷の内の地を報恩寺に寄進す、忠秀判」。「享徳二年卯月五日、忠秀以大谷村(越生町)内田二段・釜土通在家内糟垣内在家内を報恩寺に寄進す、長尾兵衛尉忠秀判」と見ゆ。越生宏秀の一族忠秀は、入間郡地頭長尾氏の名跡を継承して長尾氏を称す。

八 比企郡の地頭長尾氏 風土記稿飯田村(小川町)条に「天台宗長福寺は、康安元年の頃、長尾四郎高勝なる者、当寺第十三世の僧栄範と力を合せて再造し旧貫に復せり。高勝の法謚を長福院了徳禅定門と号す、其墳墓は今村の東にあり、由て山を高勝と唱へ、寺を長福と号す」と見ゆ。

九 足立郡の地頭長尾氏 安行慈林村(川口市)新義真言宗宝厳院厨子銘に「当寺炎上応仁元年正月十七日夜。修造文明十五年五月十一日、地頭長尾中務尉景広、同代官岡部弾正富清」とあり。岡部富清は足立郡領主岡部氏の名跡継承者にて、安行村出身の本名中田氏なり。長尾景広は足立郡出身の本名深井氏か。

一〇 長尾氏の本名深井氏 風土記稿足立郡鴻巣宿条に「旧家勘右衛門、深井氏なり。元は長尾氏なりしが、先祖深井六郎次郎景高・郡内深井村にて生れし故に深井を氏とせり。其子深井対馬守・当国岩槻の城主太田源六郎氏資に仕へ、永禄年中、鴻巣市宿村を取立し由」。深井村(北本市)条に「鴻巣宿の勘右衛門系図を見ゆに、上州白井の城主長尾左衛門尉景春の男小四郎景忠の子に六郎次郎景孝と云るものあり、天正年中、当村にて出生し在名を以て深井と称せり。新義真言宗金蔵寺寿命院は、開山円俊・文明年中示寂す。其後深井六郎次郎景孝中興せりと云ふ。墓所に石碑あり、『金蔵院性水理道居士・天文二年四月三日』とえれり」。深井家系図(寿命院所蔵)に「長尾左衛門尉景春入道伊玄―長尾小四郎景行(初景忠、上杉憲政に仕て、武州大宮鴻巣辺を領知し、鴻巣に住す)―深井六郎次郎景孝(本名長尾六郎次郎なるを鴻巣深井村に而出生、故以て地名を云ふ、深井と改む。武州岩槻大戸の合戦下谷堤にて討死す、時に二十一歳、天文二年四月三日卒、金蔵院殿性水理道大居士)―深井対馬守景吉(六郎次郎、入道道意、深井庄堀之内に生る、太田氏資に仕へ、故郷帰り原野を開拓す、慶長十六年卒、七十八歳)」と。景孝は二十歳前後で寿命院を中興し、討死の天文二年に子景吉が誕生しているが信じられず。勘右衛門所蔵文書に「五月七日(天正八年)、武田勝頼との合戦を賞し、上州口に甲州衆越山せば、早々出馬すべき旨を伝う。長尾左衛門入道殿、氏政花押」とあり。勢多郡双玄寺天正元年文書に長尾左衛門尉憲景花押。上杉家古書簡類従に長尾左衛門尉輝景花押とあり。深井文書は白井城主長尾憲景宛で、深井対馬守景吉宛では無い。江戸時代に購入したものであろう。深井氏は当地方に多く現存し、古代以来居住の苗字にて、深井村発祥説は地名附会なり。村名より起る苗字は県内に例が無い。既に四項の長尾景春家臣に深井対馬守の名あり、武蔵国出身の出稼衆苗字深井氏にて、白井長尾氏の名跡を継承して長尾氏を名乗り、土着帰農後は本名深井氏に復姓す。

一一 白井長尾氏の本名岸氏 憲景の子政景は上杉景勝に仕へ、子孫は家老を務める。仕官する者は名跡をそのまま苗字に用いる。土着帰農した者は本名に復姓した。岸氏は子持村白井に六戸、藤岡市東平井に二十数戸、中栗須に十数戸、群馬町中里に三十数戸、足門に四十数戸、渋川市金井に六十数戸現存し古代以来の土着者にて、白井長尾氏の後裔と称するは長尾氏の本名なり。長尾氏は当地方に現存無し。○東平井高源寺供養塔に「景敦・俗名岸和泉」あり、白井城主長尾景仲の三男景頼の子景敦と云う。○中里の岸政三家系図に「昌賢景仲の子景頼の代に、沼田の南の戸鹿野の岸に薬師堂を建立し岸姓に改め、文禄二年景則の代に中里村に帰農し徳昌寺を開基す。徳昌寺は岸織部景智の代に隣の足門に移す」と。沼田市戸鹿野の岸は地名附会なり、岸氏は現存無し。足門村徳昌寺は天文二十年の開山と云う。中里村徳蔵寺は永禄年間の開山と云う。岸系図は混同している。○群馬県史に「渋川市並木町真光寺の薬師三尊座像に天正三年四月之立・岸十二軒持とあり。これも白井長尾氏の遺臣岸氏の持仏なり」と。金井宿の岸一族か。景春は渋川に寄居を築き岸大学等七騎を置く。旧渋川村真光寺は白井長尾景仲、其子景信、其子景春の祈願所にて、本名岸氏の祈願所でもある。

一二 総社長尾氏の本名 ○上野国志・惣社町古城条に「永禄の比、加地山(勝山)城は長尾玄忠居城、長尾は梶原氏也」と見ゆ。○深谷上杉氏家臣の秋元景朝は総社長尾氏の子で天文年間に総社に居住し、子長朝が慶長六年旧領の総社城を賜り、重臣は長尾氏時代の家臣が多い。深谷の秋元氏が本名か、或は逆に長尾氏から秋元氏へ養子に入るか。此の総社は植野勝山(前橋市総社町)の地を称す○総社城主長尾氏の居城は蒼海城(前橋市元総社町)で、後裔は慶長年間に中将坊と称して修験となり、前橋市大友町に長尾山長見寺を興し、江戸中期金剛院を分院し篠崎氏を称す。大友村修験長見寺は総社長尾氏累代の祈願所で、文明年間長尾孫六忠慶が中興す。同寺僧侶長尾知則・三千雄は江戸末期に寺子屋を開く。

一三 日蓮宗信徒の長尾氏 下総国小金本土寺過去帳(松戸市)に「長尾信州吉景・越後、越中にて打死」。秩父郡御堂村(東秩父村)浄蓮寺過去帳に「皎忠・長尾。康安・長尾。康俊・長尾。一輪・長尾弾正忠。利芳・長尾弾正内。元暁・長尾助七郎・八月。宗簾・成田・六月。」とあり。長尾系図(足利長林寺所蔵)に「上野国総社長尾忠景法名皎忠(文亀元年閏六月二十五日卒。子四人、一男康安、二男能登守、三男成田下総守、四男弥五郎)―顕忠法名康安(永正六年正月九日)」と。龍淵寺年代記(熊谷市上之)に「成田下総守親泰、大永四年六月八日逝去、号貞崗宗廉庵主」と。成田親泰の五男成田泰久、泰久の嫡男は小野里喜右衛門を名乗って忍藩阿部氏家臣となる。長尾皎忠と子息長尾康安・成田宗簾の父子は上野国緑野郡中村(藤岡市)出身の出稼衆小野里氏が本名か。また、上野国志に「前橋城、永禄の頃、長尾弾正景連入道鎌忠」あり。前橋城(前橋市大手町)は、妙安寺鐘銘(前橋市千代田町)に「群馬郡厩橋妙安寺」と見ゆ。

一四 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百石・長尾十蔵」あり。

一五 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「寄合・二百石・越前取立・長尾三曹」あり。

一六 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二十石三人扶持・長尾杢左衛門」あり。

一七 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五人扶持・長尾孫七」あり。

長雄 ナガオ 庄和に存す。

長翁 ナガオ 群馬県太田市九戸あり。

永尾 ナガオ 児玉町に此氏多く存す。八幡社明治三十五年碑に永尾光五郎。昭和三年興信録に「児玉町・永尾佐太郎・所得税二百十七円」あり。

永雄 ナガオ 与野に存す。

中岡 ナカオカ 足立郡石戸領荒井村字中岡、幡羅郡妻沼村字中岡あり。各市町村に存す。茨城県猿島郡境町十戸、島根県飯石郡赤来町七戸あり。

一 足立郡原村(川口市) 戸塚村稲荷社文久三年鰐口銘に原村中岡七兵衛妻あり。一戸現存す。

仲岡 ナカオカ 浦和、所沢、大井等に存す。

長岡 ナガオカ 和名抄に長岡郷を奈加乎加と註す。中岡の転訛なり。入間郡長岡村(坂戸市)あり、小田原役帳に入西長岡と見ゆ。秩父郡南川村字長岡あり。○群馬県勢多郡赤城村三十三戸、宮城村二十五戸、甘楽郡甘楽町四十四戸、佐波郡東村四十戸、前橋市八十戸。○茨城県那珂郡美和村三十四戸、鹿嶋市七十二戸。○長野県小県郡東部町二十九戸、佐久市四十戸。○新潟県西蒲原郡分水町三十戸。○山形県西置賜郡飯豊町七十四戸、白鷹町十六戸、東村山郡山辺町百九戸、西村山郡朝日町三百二十戸、寒河江市五十戸、山形市四百戸。○秋田県能代市七十二戸。○島根県簸川郡斐川町二十七戸、大社町十七戸、平田市百三十戸、松江市九十二戸あり。

一 児玉党長岡氏 入間郡長岡村より起る。武蔵七党系図に「浅羽行親―行元―行忠―長岡四郎盛行―孫四郎泰村」と。浅羽村森田氏系図に「森田又六郎行定(実は長岡七郎太夫の三男也、弘安五年森田氏を継ぐ、養嗣す。浅羽重氏に仕ふ)」と見ゆ。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十七俵二人扶持・長岡柔吉、十三俵二人扶持・長岡久蔵」あり。

三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・亡養父鉄十郎・長岡鉄十郎・三十八歳、御茶道頭・八石二人扶持・亡養父清太郎・長岡久悦・四十三歳、御徒銃隊・七石二人扶持・父文次郎・長岡文知・十六歳」あり。

四 加須町 明治三十五年料理店幸手屋長岡長吉あり。現存無し。

五 鷲宮町 鷲宮神社嘉永五年狛犬に当町長岡長吉・長岡弥右衛門あり。現存無し。

六 足立郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に長岡丈右衛門・長岡和助・長岡角太郎あり。一戸現存す。

七 川越町 御嶽社明治三十年碑に長岡富太郎あり。

八 入間郡和田村(坂戸市) 文久二年尾鑿山代参講中に和田村長岡元吉。吉祥寺慶応二年馬頭尊に和田村長岡佐左衛門・長岡吉五郎・長岡源吉あり。七戸現存す。

九 高麗郡笠幡村(川越市) 明治九年副戸長長岡又四郎・天保十年生。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に笠幡村長岡藤吉あり。十三戸現存す。

一〇 同郡女影村(日高市) 当村文化六年地蔵尊に女影村竹之内長岡定七.。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、女影村長岡友七・長岡定七・長岡安右衛門・長岡要右衛門」。明治九年副戸長長岡久右衛門・文政十年生、副戸長長岡常右衛門・文政五年生。明治二十四年地租軽減請願人に長岡定五郎・長岡喜代次郎・長岡伊左衛門・長岡武七・長岡伴吉郎・長岡春吉・長岡定吉・長岡磯太郎・長岡虎次郎。昭和三年興信録に「高萩村・長岡和十郎・所得税十一円」あり。十二戸現存す。

一一 同郡中沢村(日高市) 女影村霞野神社明治四十五年御神燈に中沢・長岡伴蔵・長岡政蔵あり。二戸現存す。

一二 同郡馬引沢村(日高市) 観音堂安政五年水鉢に長岡仙蔵あり。五戸現存す。

一三 小川町 昭和三年興信録に「小川町・長岡新作・所得税十四円」あり。

一四 大里郡万吉村(熊谷市) 氷川社天保七年御神燈に当所長岡八十八あり。九戸現存す。

永丘 ナガオカ 志木、所沢等に存す。

永岡 ナガオカ 各市町村に存す。栃木県今市市四十戸、山形県村山市二十戸、島根県益田市三十五戸あり。

一 忍城士の永岡氏 成田分限帳に「百貫文・永岡筑後、十三貫文・永岡勘太郎」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「六両余二人扶持・永岡又平」あり。

三 高麗郡仏子村(入間市) 高正寺宝永二年地蔵尊に仏子永岡九右衛門、文政十二年地蔵尊に仏子邑永岡与八あり。六戸現存す。

四 川越町 昭和三年興信録に「川越市・永岡くら・所得税十六円」あり。

中沖 ナカオキ 浦和、上尾、鷲宮、熊谷、川越、所沢等に存す。

中荻 ナカオギ 足立郡中荻村(伊奈町)あり。

長沖 ナガオキ 児玉郡長沖村(児玉町)あり。浦和、越谷等に存す。

一 秩父郡仲山城士の長沖氏 児玉郡長沖村より起る。当村は野上下郷字小坂の仲山城の近村なり。正和元年仲山城築城に榎峠の案内者長沖市兵衛は足軽役に取立てられる。阿仁和条参照。

中奥 ナカオク 大宮、桶川、志木、草加、羽生等に存す。岩手県九戸郡九戸村八戸、青森県八戸市七戸あり。

永奥 ナガオク 浦和、与野に存す。

永桶 ナガオケ 所沢に存す。

永翁 ナガオサ 浦和に存す。正訓不詳。

永長 ナガオサ 北本、志木、川越、日高、美里等に存す。茨城県稲敷郡東町三十八戸、桜川村三十五戸あり。

仲尾次 ナカオジ 浦和、大宮、上尾、鴻巣、草加、入間、三芳等に存す。

中落 ナカオチ 熊谷に存す。

中尾根 ナカオネ 所沢に存す。

中尾山 ナカオヤマ 所沢に存す。

中垣内 ナカガイト 大宮、岩槻に存す。

中鏡 ナカカガミ 北本に存す。

中垣 ナカガキ 各市町村に存す。島根県邑智郡川本町十三戸あり。

一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十両五人扶持・中垣左助」あり。

中潟 ナカガタ 三郷、入間等に存す。

中梶 ナカカヂ 志木に存す。

中門 ナカカド 大宮に存す。

中金 ナカガネ 三郷に存す。

一 児玉郡渡瀬村(神川町) 慶長年間に山口平之進が竹内・中金両氏を連れてきて土着し、切支丹寺の善明寺を創建し門前百姓として布教をしたと云う。明治四年戸籍に中金伝蔵あり。現存無し。

二 同郡下阿久原村(神泉村) 招魂社明治三十九年碑に中金鶴三郎あり。現存無し。

中兼 ナカガネ 

一 那賀郡広木村(美里町) 大仏村羽黒社明治二十一年富士碑にヒロキ中兼カネ・中兼定吉。常福寺明治中期筆子碑に村・中兼中次郎。ミカ神社明治四十一年碑に当所・中兼亀松・中兼権次郎・中兼久次郎・中兼峰五郎・中兼和三郎・中兼百太郎・中兼富蔵・中兼徳太郎・中兼啓太郎あり。十六戸現存す。

二 同郡大仏村(美里町) 羽黒社明治二十一年富士碑に当所中兼亀松あり。一戸現存す。

三 児玉町 八幡社明治三十五年碑に中兼伝吉あり。一戸現存す。

中川原 ナカカハラ 川口に存す。

中釜 ナカガマ 各市町村に存す。

中上 ナカガミ 各市町村に存す。島根県隠岐郡西郷町十一戸、西ノ島町七戸あり。

一 蕨町 三学院文政四年木食観正塔に中上彦兵衛あり。

仲上 ナカガミ 浦和、朝霞、川越、坂戸、久喜、越谷、行田等に存す。

中神 ナカガミ 入間郡中神村(入間市)あり。各市町村に存す。

一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御側目付・中神権九郎」あり。

二 足立郡大宮町 昭和三年興信録に「大宮町・中神与作・所得税二百十円」あり。天沼村に一戸現存す。

三 児玉郡八幡山町(児玉町) 私塾師匠医師蓬原堂中神寿秀・良甫・明治二年没七十九歳・矢那瀬村出身。明治二十五年医師中神良a。八幡社明治三十五年碑に医師中神貞作。昭和三年興信録・所得税に「児玉町・中神巻太郎・四十二円、中神貞作・十円」あり。三戸現存す。

中紙 ナカガミ 上福岡、坂戸に存す。

仲亀 ナカガメ 蓮田、朝霞、新座等に存す。山梨県南巨摩郡富沢町四十八戸あり。

永仮 ナガカリ 深谷に存す。

中仮屋 ナカカリヤ 越谷に存す。

中軽米 ナカカルマイ 浦和、朝霞、新座、所沢、三芳、越谷、草加に存す。岩手県岩手郡松尾町六十四戸あり。

中川 ナカガワ 古代朝鮮語で那は国、曷は村、川はナリで非農民の商工業者の集まる所を云う。韓国(辛国)渡来人の鉱山鍛冶師等の集落を中川と称す。中、川上、成田条参照。足立郡中川村(大宮市)あり(中河条参照)。鉱山地区に多く存す。○栃木県下都賀郡壬生町七十七戸、真岡市四十八戸。○茨城県結城郡石下町五十八戸、下館市六十四戸、古河市四十戸、つくば市百十戸、土浦市百五十戸、水戸市百戸。○山梨県東八代郡石和町三十三戸、御坂町四十二戸、甲府市七十八戸。○長野県東筑摩郡山形村五十二戸、松本市八十八戸。○新潟県三島郡三島町三十四戸、佐渡郡相川町七十六戸、小木町五十五戸、佐和田町四十三戸、畑野町百三十戸、羽茂町七十戸、真野町五十戸、赤泊村四十二戸、両津市六十五戸、長岡市百四十戸、上越市八十四戸。○山形県東置賜郡高畠町百戸、西置賜郡白鷹町五十戸、山形市百六十戸。○宮城県古川市六十三戸。○青森県五所川原市四十六戸、青森市百二十戸。○島根県浜田市四十五戸。○鳥取県西伯郡中山町三十戸、鳥取市七十四戸あり。

一 忍城士の中川氏 成田分限帳に「十三貫文・中川助之進、十三貫文・中川五郎」あり。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国丹波生国同・中川伯寿・五十五歳」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「六両二人扶持・中川弥一郎」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・中川則」あり。子孫時雄は東松山市箭弓町に現存す。

五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・八石二人扶持・亡養父鶴太郎・中川藤太郎・二十九歳」あり。

六 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「右筆御馬廻・百石・中川権右衛門」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御武器細工人・十二石二人扶持・中川源八、奥坊主・四石二人扶持・中川勇政」。明治四年忍藩士族名簿に「十石二人扶持・中川重時、四石二人扶持・中川治作、四両二人扶持・中川包吉、二両余二人扶持・中川浦太郎、又者(家老等の臣)・六石余二人扶持・中川信太郎、同・九石・中川才治」あり。

八 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「百石・中川道作」あり。

九 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御中小姓・七石二人扶持・中川七之助」あり。

一〇 葛飾郡彦倉村(三郷市) 明治三十年人名録に中川鹿蔵・安政元年生・地租二十円あり。一戸現存す。

一一 同郡茂田井村(三郷市) 阿弥陀堂文化三年庚申塔に中川平太あり。一戸現存す。

一二 同郡徳島村(三郷市) 稲荷社寛政五年庚申塔に徳島村仲川三兵衛、文化七年庚申塔に徳島村仲川仲蔵、天保二年庚申塔に仲川勘兵衛、天保十五年庚申塔に仲川吉五郎。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領徳島村中川吉五郎。明治三十年人名録に八木郷村収入役中川泰勘・明治十一年生・地租五十三円、荒物酒商中川和平・明治七年生・地租十二円あり。三戸現存す。

一三 同郡金杉村(松伏町) 明治三十年人名録に中川宇源治・安政六年生・地租十七円あり。一戸現存す。

一四 同郡西宝珠花村(庄和町) 明治九年戸長中川源平・文政十年生。明治三十年人名録に酒造業郡会議員中川六郎・嘉永元年生あり。一戸現存す。

一五 同郡杉戸町 明治三十五年篩屋中川松之助あり。

一六 同郡高柳村(栗橋町) 香取社嘉永四年狛犬に中川勇右衛門。佐間村八幡社安政二年御神燈に□田村中川勇右衛門あり。現存無し。

一七 埼玉郡二丁目村(八潮市) 氷川社嘉永元年棟札に当村大工中川幸七・四十八歳あり。五戸現存す。

一八 同郡鶴ヶ曽根村(八潮市) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

一九 同郡越ヶ谷町 明治三十年人名録に醤油醸造業米肥料商中川源吉・弘化四年生・反別十町四反歩・地租百六十円。久伊豆社明治三十二年榛名碑に中川源吉あり。

二〇 同郡大沢町(越谷市) 明治三十五年酒商中川アカ・油製造中川源次郎・飲食店中川福次郎あり。

二一 同郡大泊村(越谷市) 向畑村香取社明治四十年碑に大泊中川多四郎あり。一戸現存す。

二二 同郡久喜町 明治十一年施与金者久喜本町菓子商中川善兵衛あり。

二三 同郡喜右衛門新田(羽生市) 明治十六年鯉魚飼育会社発起人中川語吉あり。一戸現存す。

二四 足立郡下青木村(川口市) 氷川社天保七年水鉢に下青木邑中川半治郎あり。

二五 同郡長蔵新田(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に長蔵新田中川重右衛門あり。現存無し。

二六 同郡草加町 明治三十五年提灯職中川福太郎あり。

二七 同郡蕨町 和楽備神社万延二年御神燈に中川弥助。本法院明治十四年碑に中川弥助。明治三十五年機具職中川治兵衛・裁縫職中川宇之助。

二八 同郡上尾村 氷川社安政二年御神燈に本村中川藤兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に真心影流上尾宿中川常吉(米穀商)あり。

二九 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に中川兼吉あり。

三〇 同郡南村(上尾市) 明治十四年須田文書に中川房八あり。

三一 同郡桶川町 明治三十五年飲食店中川鶴吉あり。

三二 新座郡野火留宿村(新座市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

三三 同郡志木町 敷島社明治八年志木宿河岸船中に当所中川勝五郎。不動堂明治十四年不動尊に志木宿中川馬吉。明治三十年市場組小間物商中川馬蔵あり。十六戸現存す。

三四 入間郡宗岡村(志木市) 志木町不動堂明治十四年不動尊に中宗岡宿組中川勝五郎。与野町一山神社明治三十五年碑に宗岡中川弥五郎あり。十六戸現存す。

三五 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「法泉院蓮相・中川九兵衛・辰年四月」あり。江戸初期なり。

三六 同郡坂戸町 明治三十五年荒物商中川兼吉・糸繭商中川忠蔵・呉服商中川松五郎。明治四十三年雑穀商中川もと・荒物商中川忠蔵あり。

三七 同郡浅羽村(坂戸市) 戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に浅羽村中川庄吉あり。

三八 比企郡中山村(川島町) 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

三九 同郡松山町 明治三十五年足袋商中川悦治郎あり。

四〇 熊谷宿 登戸村勝願寺元文二年宝篋印塔に熊谷町中川藤助。嘉永元年文書に中川勘兵衛あり。

四一 幡羅郡葛和田村(妻沼町) 大龍寺天保三年千体堂に中川喜右衛門・中川新五兵衛、安政五年水鉢に中川金太夫。神明宮天保十三年御神燈に中川金太郎、明治十年御神燈に中川光太郎。明治九年副戸長中川音松・文政三年生あり。四戸現存す。

四二 榛沢郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に中川てく・中川源太郎あり。現存無し。

四三 同郡岡部村 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。九項参照。

四四 同郡榛沢村(岡部町) 明治十年春山文書に榛沢村酒造人中川曽女あり。現存無し。

四五 本庄宿 諸郡銘録(本庄宿戸谷文庫)に寛政期・本庄中川善右衛門・俳号五嶺あり。

四六 秩父郡風布村(長瀞町) 姫宮神社天保十年御神燈に中川喜平・中川佐兵衛。明治九年岩松文書に中川長蔵・中川曽平次・中川宗助・中川太市・中川太惣次・中川彦七・中川庄蔵・中川清左衛門・中川国八.。国神神社明治三十四年碑な風布中川虎吉あり。五戸現存す。

四七 同郡野上下郷(長瀞町) 字杉郷文化十三年大日如来に中川千助。明治九年副戸長中川京蔵(百姓代)。明治十四年林文書に中川福三郎。国神神社明治三十四年碑に野上下郷中川京蔵あり。一戸現存す。

四八 同郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に皆野村中川嘉吉あり。五戸現存す。

四九 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に金崎中川実蔵あり。一戸現存す。

五〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・中川竹次郎・五十六円、上尾町・中川増吉・三十円、八木郷村(三郷市)・中川泰作・五十六円、宝珠花村(庄和町)・中川寅蔵・十九円・四十七円、大沢町(越谷市)・中川多四郎・百三十四円・九十八円、忍町・中川信太郎・九十五円・四十二円、白鳥村(皆野町)・中川標郎次・十五円・三十三円」あり。

中河 ナカガワ 足立郡三室村東漸寺応永二十一年鰐口銘に武蔵国崎西郡中河郷大和田村蔵林寺とあり。日光輪王寺大般若経奥書に「卷第一百九十二、応永三年丙子十月十八日、於武州崎西郡中河郷大和田村蔵林寺奉書写」。「卷第一百九十六、応永三年丙子十月十八日、於武州足立郡之内大和田村法聚山蔵林寺壇義所」とあり。中河郷は足立郡中川村(大宮市)附近を唱へるか。大和田村(大宮市)の村民は中川村の円蔵院等を菩提寺としており、足立郡大和田村蔵林寺と崎西郡中河郷大和田村蔵林寺は同一の寺を指すか。或は埼玉郡騎西荘笹久保村(岩槻市)は八幡神社伝に当地は古く大和田と呼ばれたと云う。当村を流れる綾瀬川は往昔中河と呼ばれていたか。崎西郡(きさい)中河郷大和田村は笹久保村附近を称すか。両所とも蔵林寺は見えず、改号したか或は廃寺となったかは不明。大和田条参照。各市町村に存す。鳥取市十五戸あり。

仲川 ナカガワ 各市町村に存す。茨城県真壁郡関城町十二戸、新潟県西頸城郡能生町十一戸、佐渡郡金井町七十五、新津市二十七戸、福島県耶麻郡西会津町十一戸あり。

一 入間郡北入曽村(狭山市) 堀兼村堀兼神社嘉永元年敷石碑に北入曽村中川吉兵衛。明治九年副戸長仲川佐吉・安政三年生。明治二十五年入間川町地租額調に北入曽村仲川彦七あり。十戸現存す。

長川 ナガカワ 川口、浦和、大宮、桶川、三郷等に存す。オサカワ参照。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御武器細工人・二人扶持・長川平太郎」あり。

長河 ナガカワ 忍藩阿部氏家臣にて、慶安年中忍藩分限帳に「御目付・六十石・長河六右衛門」あり。

永川 ナガカワ 川口、大宮、越谷、八潮、所沢等に存す。エイカワ参照。

一 忍城士の永川氏 成田分限帳に「三十貫文・永川権太夫」あり。別本に氷川と見ゆ。正訓はヒカワか。

那賀川 ナカガワ 川越に存す。

中川路 ナカカワジ 浦和、蕨、川越、狭山等に存す。

中川内 ナカカワチ 松伏に存す。

中川西 ナカカワニシ 川口、加須、草加、川越、狭山、所沢等に存す。福島県東白川郡鮫川村二十三戸あり。

中川原 ナカガワラ 各市町村に存す。岩手県九戸郡大野村八戸、青森県上北郡百石町九戸、三戸郡五戸町五十八戸、福地村十五戸、十和田市三十戸、八戸市四十七戸あり。

中河原 ナカガワラ 大宮に存す。青森県十和田市十戸あり。

長川原 ナガガワラ 浦和、春日部等に存す。

中木 ナカギ 比企郡五明村に中木明神社あり。川口、吉川、川越、狭山、日高、富士見、熊谷、江南等に存す。福島県伊達郡梁川町十一戸あり。

一 忍城士の中木氏 成田分限帳に「十貫文・中木兵庫」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・中木要蔵、五石二人扶持・中木九十郎」あり。

中岐 ナカギ 忍城士にて、成田分限帳に「百貫文・中岐出雲守」あり。別本に中俣と見ゆ。

名垣 ナガキ 大宮、新座等に存す。

長木 ナガキ 大宮、戸田、吉川等に存す。オサキ、チョウギ参照。

長岐 ナガキ 各市町村に存す。秋田県北秋田郡鷹巣町百二十戸、比内町十八戸、大館市二十戸あり。

永木 ナガキ 浦和、大宮、上尾、鴻巣、草加、松伏、鳩山、入間、狭山等に存す。栃木県小山市十六戸、茨城県東茨城郡美野里町十一戸、結城市四十九戸あり。

仲岸 ナカギシ 川越に存す。

中北 ナカキタ 浦和、大宮、与野、久喜、越谷、幸手、鷲宮等に存す。

仲北 ナカキタ 久喜に存す。

長北 ナガキタ 川口、朝霞、越谷等に存す。

中来田 ナカキタ 八潮に存す。

中木屋 ナカギヤ 鴻巣、与野等に存す。

中桐 ナカギリ 川口、浦和、朝霞、入間、川越、坂戸、春日部等に存す。

中茎 ナカクキ 各市町村に存す。茨城県結城郡八千代町二十戸、水海道市二十四戸あり。中釘条参照。

中莖 ナカクキ 大宮、杉戸等に存す。

中岫 ナカクキ 行田に存す。青森県上北郡七戸町十戸、天間林村三十三戸あり。

中久木 ナカクキ 

一 賀美郡大御堂村(上里町) 西大御堂村年不詳庚申塔に中久木丑五郎あり。十一戸現存す。

二 同郡三町村(上里町) 石川流木村源蔵(天保十年没)門人に長浜町阿保町中久木吉蔵あり。二戸現存す。

中久喜 ナカクキ 各市町村に存す。茨城県結城郡八千代町十一戸、千代川村十三戸、猿島郡境町二十戸、下妻市二十二戸あり。

一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御用人・中久喜太郎左衛門、御近習・中久喜青蔵」あり。

中九鬼 ナカクキ 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣にて、元禄七年岩槻藩分限帳に「五両二人扶持・中九鬼右平次」あり。

中釘 ナカクギ 足立郡中釘村(大宮市)あり、武蔵志に「古は中九鬼、今中釘とす」と見ゆ。建武元年十一月壬生文書に武蔵国中茎郷領家職と。鎌倉雲頂庵応永三十四年十二月文書に「武蔵国足立郡中茎郷事、去明徳三年寄進状并応永二年棄置状等之旨、本願寺長老、長春院殿御判(足利持氏)」。永享六年十二月文書に「武蔵国足立郡中茎郷事、武蔵守護代大石前石見守は、下地を同郷本願寺雑掌に打ち渡す」と見ゆ。浄土真宗大谷派本願寺(一向宗、東本願寺)の末寺妙玖寺は古くは果成寺と号したが、地頭山内一唯の母妙玖院の菩提所としたので寺号を妙玖寺と変えた。当寺が古の本願寺か。或は隣村法願寺村の旧法願寺地蔵堂に本願寺村と刻まれた金石文あり、法願寺の古名を本願寺と称したか。

長茎 ナガクキ 児玉郡塩谷村(児玉町)の内に長茎郷あり。安保文書に「建武三年十二月十一日、下、安保丹後権守光泰法師法名光阿、可令早領地、武蔵国安保郷内・同国枝松名内塩谷・同国太駄郷、足利直義花押」。「建武四年四月十二日、武蔵国瀧瀬郷・枝松名長茎郷中院宰相中将家跡事、為勲功之賞所被預置也、安保丹後入道殿、高重茂花押」。「暦応三年正月二十四日、安保光泰入道光阿譲状。惣領中務丞泰規分、武蔵国賀美郡安保郷・児玉郡枝松名内宮内郷・秩父郡横瀬郷・崎西郡大井郷・榛沢郡瀧瀬郷。二男左衛門尉直実分、賀美郡安保郷・児玉郡枝松名内塩谷郷。三男彦五郎光経分、賀美郡安保郷・児玉郡太田郷」。「暦応三年八月二十二日、惣領中務丞泰規分、賀美郡安保郷・児玉郡枝松名内宮内郷・榛沢郡瀧瀬郷・児玉郡枝松名内長茎郷・秩父郡横瀬郷・崎西郡大井郷。二男、三男分は同じ」。「享徳二十七年四月七日、安保中務少輔氏泰申、武州児玉郡塩谷郷塩谷源四郎跡、足利成氏花押」と見ゆ。児玉郡塩谷村と隣村の宮内村附近に枝松名塩谷郷・長茎郷・宮内郷があった。

長岫 ナガクキ 児玉党長岫氏は児玉郡枝松名長茎郷より起る。武蔵七党系図に「有道氏。児玉、富田、薦田、長岫」と載せ、系図には所見無し。紀州那智山米良文書に「延文四年十二月八日、武蔵国少玉郡之内しをのやの住人彦五郎入道行印、又ハなかくきとも申候、はしめて京都にて師旦の契約申候、是は畠山殿紀伊国攻めの御時」と見ゆ。児玉党塩谷彦五郎は塩谷村の内長茎郷に居住して、長岫氏とも称す。

永草 ナガクサ 川口、大宮、草加等に存す。

中楠 ナカクス 戸田に存す。

中口 ナカグチ 川口、浦和、大宮、与野、川越、狭山、所沢、熊谷に存す。鳥取県東伯郡北条町二十七戸あり。

中国 ナカクニ 浦和に存す。

中窪 ナカクボ 北本、狭山等に存す。

中久保 ナカクボ 小名中久保は、埼玉郡増森村、大竹村、足立郡大谷本郷村、入間郡増形村、堂山村、男衾郡関山村、幡羅郡葛和田村等にあり。上尾、志木、入間、妻沼等に存す。

一 忍城士の中久保氏 成田分限帳に「三十三貫文・中久保大学」あり。

半久保 ナカクボ 前条は別本に半久保大学と見ゆ。

長窪 ナガクボ 各市町村に存す。福島県田村郡小野町十八戸あり。

永窪 ナガクボ 越谷、所沢等に存す。

長久保 ナガクボ 小名長久保は、足立郡桶川宿、入間郡堀口村、水子村、豊田本村、上富村、森戸新田、比企郡日影村、秩父郡藤倉村、日尾村等にあり。各市町村に存す。茨城県北茨城市二十戸、高萩市二十四戸、山梨県北巨摩郡双葉町十戸、福島県田村郡小野町十四戸、いわき市三十七戸、岩手県下閉伊郡田野畑村十一戸、青森県上北郡上北町十一戸、東北町十四戸あり。

一 入間郡中富村(所沢市) 多聞院天保十年絵馬に長久保万治郎あり。現存無し。

永久保 ナガクボ 上尾、蓮田、新座、入間、富士見等に存す。福島県いわき市二十八戸あり。

中熊 ナカクマ 大宮、上尾、三芳、小川等に存す。

南雲 ナガクモ 浦和に存す。

中倉 ナカクラ 各市町村に存す。新潟県北蒲原郡中条町二十五戸、糸魚川市十六戸、島根県松江市三十七戸、鳥取県東伯郡大栄町八戸あり。

仲倉 ナカクラ 蕨に存す。鳥取県倉吉市二十一戸あり。

長倉 ナガクラ 葛飾郡幸手宿字長倉、円藤内村字長倉、下川崎村字長倉あり。群馬県館林市十八戸、山梨県西八代郡三珠町十四戸、福島県西白河郡中島村十九戸、山形県最上郡金山町二十四戸、新庄市十六戸、秋田県平鹿郡増田町十三戸あり。

一 埼玉郡川島村(蓮田市) 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に川島邨長倉伝五郎。久伊豆社明治二十年御神燈に長倉伊寿五郎あり。二戸現存す。

二 入間郡城村(所沢市) 当村は滝ノ城と称し北条氏照に属す。当時人家は七軒なりと云う、池田・金子・長倉・野村・木村・伊藤・外一軒なり。城山神社弘化二年蔵王碑に長倉善左衛門、嘉永五年水鉢に長倉市之丞。明治七年成田山月参護摩講に長倉仲右衛門・長倉助左衛門・長倉吉左衛門・長倉斧吉。明治九年副戸長長倉吉左衛門・天保十一年生。城山神社明治十九年碑に城村・長倉吉左衛門・長倉馬蔵・長倉定吉・長倉平六・長倉長吉・長倉音吉・長倉半蔵。明治二十一年皇国武術英名録に武蔵流入間郡城村長倉平六あり。十五戸現存す。

三 男衾郡板井村(江南町) 出雲乃伊波比神社明治九年浅間碑に長倉万太郎あり。四戸現存す。

永倉 ナガクラ 栃木県足利市四十四戸、新潟県柏崎市十六戸あり。

一 足立郡上尾町 明治三十五年糸繭商永倉善助あり。

二 同郡柏座村(上尾市) 当村寛文十年庚申塔に柏座村長倉清左衛門。戸崎村御嶽社明治四年碑に柏座村永倉礒五郎。明治六年保長永倉金右衛門、伍長永倉源右衛門あり。九戸現存す。

三 同郡春日谷津村(上尾市) 柏座村春日神社正徳二年庚申塔に春日谷津村長倉五郎右衛門・長倉清□□□・長倉三右衛門・長倉庄右衛門あり。永倉氏八戸現存す。

四 入間郡川越町 当町に多く存す。御嶽社明治三十年碑に永倉源太郎。明治三十五年銅鉄商永倉富吉・桶職永倉平次郎。昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川越市・永倉秀之助・百十五円・八十九円、永倉万吉・四十七円・三十九円、永倉龍五郎・十一円・三十六円」あり。

五 同郡駒林村(上福岡市) 勝瀬村境延宝四年庚申塔に駒林居住長蔵長兵衛・長蔵藤左衛門・長蔵門左衛門。安楽寺安政四年筆子碑に駒林村永倉勝五郎。明治五年名主永倉定四郎・屋根職永倉伝左衛門。明治九年戸長永倉定四郎・天保七年生あり。十五戸現存す。

六 同郡亀ヶ谷村(所沢市) 明治七年成田山月参護摩講に長倉武平次・長倉金五郎・長倉林助あり。永倉氏十戸現存す。

七 大里郡三本村(江南町) 中尾村慶徳寺元禄十六年七福神奉納に三本村永倉徳右衛門あり。六戸現存す。

永蔵 ナガクラ 大井に存す。

中黒 ナカグロ 志木、岩槻、川越等に存す。

中畔 ナカグロ 杉戸に存す。

中子 ナカコ 川越に存す。

仲子 ナカコ 新座に存す。

中公 ナカコウ 所沢に存す。

中合 ナカゴウ 朝霞に存す。

中郷 ナカゴウ 比企郡出丸中郷は上老袋村享保十年地蔵尊に比企郡中江村と見ゆ。小名中郷は、埼玉郡下崎村、馬内村、内田ヶ谷村、除堀村、足立郡安行原村、男衾郡木呂子村、大里郡大麻生村、秩父郡石間村等にあり。川口、浦和等に存す。

一 関東郡代伊奈氏家臣 足立郡中丸村寛永十八年検地帳に伊奈家臣吟味役中郷作左衛門あり。

中小路 ナカコウジ 川口、大宮、志木、入間、都幾川、越谷、熊谷等に存す。

中郡 ナカゴオリ 浦和、上尾、春日部、深谷、嵐山に存す。チュウグン参照。

中古賀 ナカコガ 加須に存す。

中越 ナカコシ 明治三十五年鴻巣町理髪師中越捨次郎あり。二戸現存す。

中輿 ナカコシ 群馬県多野郡上野村大字乙父、楢原、万場町大字森戸は中世には武蔵国秩父郡に属す。乙父村泉竜寺永享九年大般若経奥書に「武蔵州秩父郡中輿大慈庵住持比丘宗省、依森土大般若摩滅、以十方旦那合力奉修理」と見ゆ。中輿村(楢原村字中越)の中正寺が大慈庵か。

中小原 ナカコバラ 浦和、富士見等に存す。

中古味 ナカコミ 川口に存す。

中込 ナカゴミ 各市町村に存す。○山梨県西八代郡六郷町二十八戸、東八代郡豊富村二十二戸、中巨摩郡櫛形町百十戸、甲西町三十六戸、敷島町八十五戸、白根町二百九十戸、田富町二十四戸、竜王町九十戸、若草町二十八戸、南巨摩郡増穂町六十四戸、甲府市二百七十戸。○長野県小諸市四十七戸あり。

一 葛飾郡清地村(杉戸町) 近津神社明治十六年御神燈に中込利右衛門あり。一戸現存す。

二 秩父郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に中込喜作あり。現存無し。

中佐 ナカサ 川口、所沢等に存す。

仲佐 ナカサ 浦和、蕨、和光、越谷、草加等に存す。千葉県夷隅郡大原町四十戸、島根県安来市四十八戸あり。

中座 ナカザ 新座、東松山等に存す。茨城県真壁郡真壁町十戸あり。

仲座 ナカザ 八潮に存す。

中才 ナカサイ 埼玉郡鴻茎村字中在(騎西町)は久伊豆社天保七年庚申塔に鴻茎邑中才と見ゆ。小名中才は、埼玉郡見田方村、笠原村、足立郡坂田村、安行村、入間郡久下戸村、高麗郡五味ヶ谷村等にあり。新座、川越等に存す。

中斉 ナカサイ 埼玉郡長野村字中斉あり。鳩山に存す。

中財 ナカサイ 北本に存す。

長在家 ナガザイケ 榛沢郡長在家村(川本町)あり。字下原に室町時代の下原鍛冶あり、長在家照重を称す刀工にて、本名田島氏なり。

長竿 ナガサオ 滑川に存す。

長棹 ナガサオ 東松山に存す。栃木県芳賀郡益子町八戸あり。

中坂 ナカサカ 各市町村に存す。青森県八戸市二十九戸あり。

中阪 ナカサカ 坂戸、毛呂山等に存す。

仲坂 ナカサカ 明治三十五年岩槻町に仲坂ヨネあり。現存無し。

長坂 ナガサカ 小名長坂は、新座郡上新倉村、高麗郡平戸村、入間郡権現堂村、阿諏訪村、比企郡大谷村、児玉郡関村、秩父郡安戸村、堀切村等にあり。各市町村に存す。○群馬県高崎市四十戸。○山梨県北巨摩郡武川村二十八戸、大月市三十五戸、甲府市六十八戸。○長野県北佐久郡立科町十六戸、更埴市三十三戸。○岩手県岩手郡雫石町十五戸、九戸郡軽米町十八戸あり。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「百五十石・長坂十蔵・是は忍にて罷出・三河之者、三十石七人扶持・長坂左太夫(一本に長野)・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御馬廻・百六十石・長坂虎五郎、御寄合・百石・長坂助之進、御馬廻・六十六石余・長坂金三郎、御寄合・三人扶持・長坂兵馬」。明治四年忍藩士族名簿に「百六十石・長坂弥平、百石・長坂勝正、二十人扶持・長坂多美弥、六十六石余・長坂龍右衛門」あり。

三 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「四百石・本国三河生国奥州・長坂平右衛門・三十七歳、百三十石・本国三河生国同・長坂加右衛門・四十一歳、九人扶持・本国三河生国陸奥・長坂又左衛門・五十三歳、五両二人扶持・本国三河生国出羽・長坂市郎右衛門・二十八歳」。野火留宿平林寺大河内廟所燈籠に「寛文四年・長坂十右衛門宗展、宝暦七年・長坂六郎秀光、天明元年・長坂小平太源忠寛、寛政十二年・長坂文佐兵衛門源忠寛・長坂小平源忠族、天保十三年・長坂六郎源弘忠、文久二年・長坂又左衛門源忠順」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「医師・十両二十人扶持・長坂長春」。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・長坂長助、五俵・長坂兵左衛門」あり。

六 入間郡川越町 八ツ島村御嶽社明治十九年碑に宮下町長坂作蔵あり。

七 同郡府川村(川越市) 八幡社明治三十九年碑に長坂長吉・長坂杢之進あり。十二戸現存す。

長阪 ナガサカ 川口、菖蒲、越谷等に存す。

永坂 ナガサカ 各市町村に存す。青森県北津軽郡小泊村二十七戸あり。

中咲 ナカサキ 浦和に存す。

中崎 ナカザキ 各市町村に存す。○茨城県那珂郡大宮町八十六戸、那珂町十五戸、東茨城郡内原町五十三戸、水戸市五十戸。○岩手県岩手郡葛巻町十六戸、二戸郡一戸町十四戸。○青森県三戸郡五戸町十戸あり。

仲崎 ナカザキ 志木に存す。

長崎 ナガサキ 崎は浦の意味で、韓国(辛国)の海洋民渡来地を中崎・長崎と称す。埼玉郡長崎村(蓮田市)あり、元禄郷帳に黒浜村之枝郷長崎村と見ゆ、明治七年に黒浜村に合併す。各市町村に存す。○長野県諏訪郡下諏訪町七十戸、南安曇郡豊科町五十四戸、穂高町十八戸、梓川村二十戸。○新潟県西頸城郡能生町七十四戸、上越市四十戸。○秋田県北秋田郡鷹巣町七十五戸、大館市百三十戸。○青森市七十戸。○島根県平田市四十四戸あり。

一 平姓長崎氏 駿河国有度郡入江庄長崎郷(静岡県清水市)より起る。鶴岡八幡宮寺供僧次第に「楠木・長崎郷を八幡宮領とす。寺・盛弁駿河法印、平左衛門尉盛綱子也。実には時綱子、盛綱孫。弘長二年六月八日補任」。鶴岡八幡宮文書に「正応六年七月二十九日、駿河国入江庄内長崎郷三分一并同庄楠木村、所被寄加也」と、鶴岡八幡宮に寄進される。此氏は入江庄長崎郷が発祥地なり。伊豆志稿には「田方郡長崎村(韮山町)長崎氏。平盛綱―光盛―光綱―高綱―高重」とあるが附会なり。また、伊勢国鈴鹿郡関の谷亀山より起る関氏流と称すが是も附会なり。関系図に「平重盛―資盛―関谷太夫盛国―長崎平左衛門尉盛綱―平左衛門尉頼綱(時宗執事)、弟次郎左衛門尉光綱入道果円―光継―高綱入道円喜―四郎左衛門尉高資(高時執事)―次郎高重」。関家筋目に「高資二男長崎孫四郎高盛、子同四郎盛政・父子共に由井の軍に武勇を振ひ、高時自害の間、父子一手に成りて一方を掛け破り、戦場をのがれ、潜かに勢州に逃げ、関の谷亀山に蟄居す。世の聞を恐れて長崎を本名にかへり、関四郎盛政と云ふ」と。太平記卷十に「長崎二郎高重・今はとても敵に見知られぬる上はと思ひれば、馬を懸居え、大音揚げて名乗けるは、桓武第五の皇子葛原親王に、三代の孫平将軍貞盛より十三代、前相模守高時の管領に、長崎入道円喜が嫡孫次郎高重・武恩を報ぜんため討死するぞ」と見ゆ。関条参照。

二 岩附城士の長崎氏 遠藤文書に「天正十六年戊子十月十一日、恒岡越後守殿、太田下野守殿、長崎殿、三橋殿、金野井本郷百姓中(葛飾郡庄和町)」と見ゆ。四人は当郷代官なり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二百石・村上取立・長崎鉄造」あり。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御物頭・百三十石・長崎八十右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「百石・長崎規矩麿」あり。

五 埼玉郡村国村(岩槻市) 久伊豆社天和三年庚申塔に長崎勘兵衛あり。現存無し。

六 鴻巣町 明治三十五年玩弄物商長崎市太郎・医師長崎福弥。昭和三年興信録に「鴻巣町・長崎福弥・所得税九十八円」あり。一戸現存す。

永崎 ナガサキ 川口、浦和、大宮、白岡、庄和、和光、川越、所沢に存す。

永作 ナガサク 各市町村に存す。茨城県行方郡麻生町百戸あり。

中迫 ナカサコ 川口、桶川、羽生、富士見等に存す。

長迫 ナガサコ 川口、与野、桶川、行田等に存す。

長廻 ナガサコ 草加、上福岡、所沢等に存す。島根県簸川郡大社町十九戸、平田市五十三戸、松江市十八戸、出雲市二十五戸あり。

永迫 ナガサコ 川口、新座等に存す。

永廻 ナガサコ 上尾、桶川等に存す。

中里 ナカザト 古代朝鮮語で那は国、曷は村の意味。韓国(辛国)渡来人集落を中里と称す。中参照。葛飾郡中里村(栗橋町)、埼玉郡中里村(行田市)、足立郡中里村(与野市)、入間郡中里村)、那賀郡中里村(美里町)あり。足立郡宮下村字中里(大宮市)は宮下村条に「正保改定の図には中里村と記し、元禄のものには宮下村之内中里と記す」と。新座郡橋戸村字中里(練馬区北大泉町)は別荘橋嘉永三年碑に新座郡中里村と見ゆ。幡羅郡下増田村(熊谷市)は元禄年間に西別府村より分村し、古くは中里村と称す、松井文書(川越光西寺所蔵)に「寛元元年六月二十三日、幕府は、親父刑部丞維行の譲りに任せ、幡羅郡別府郷内枝本名並びに中里村等の地頭職を右兵衛尉藤原行忠に安堵す」と。集古文書に「弘安十年十一月二十七日、別府行宗(行忠の子)は、幡羅郡古別府郷内やすえだの本名並びに中里村を嫡子せんすそうに譲り渡す」と見ゆ。また、小名中里は、高麗郡楡木村、比企郡岩殿村、赤沼村、榛沢郡瀬山村、田中村、上原村、幡羅郡男沼村等にあり。足立郡滝馬室村字中閭をナカザトと註す。埼玉郡除堀村字中郷をナカザトと註す。此氏は武蔵国に多く存す。○群馬県館林市六十七戸、桐生市百三十戸、高崎市八十戸、前橋市百戸。○栃木県那須郡西那須野町二十二戸、安蘇郡田沼町二十戸、河内郡上三川町二十五戸、真岡市六十六戸。○茨城県結城郡千代川村二十七戸、真壁郡明野町三十戸、協和町三十一戸。○長野県北佐久郡軽井沢町四十戸。○宮城県紫波郡紫波町二十戸、九戸郡軽米町五十戸。○青森県下北郡東通村二十戸、三戸郡五戸町百戸、南部町二十七戸、八戸市百二十戸あり。奥州ではナカサトと称す。

一 忍城士の中里氏 深谷記に「天正十年神流川合戦、忍衆中里兵庫」あり。

二 松山城士の中里氏 三十三項参照。

三 葛飾郡下高野村(杉戸町) 全長寺寛政七年地蔵尊に俗名中里清右衛門・施主中里音次郎。百間村青林寺寛政十年文書に下高野村中里長右衛門。木々子神社天保四年供養塔に中里助吉・中里長右衛門。永福寺天保十一年庚申塔に中里兵吉。明治九年副戸長中里長右衛門。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に下高野村中里長右衛門。明治三十年人名録に中里養造・安政五年生あり。五戸存す。

四 同郡幸手町 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿中里久助。明治三十五年煙草卸商長島屋中里直吉・煙草商中里久蔵・荒物商中里栄次郎あり。

五 同郡広島村(栗橋町) 香取社嘉永六年水鉢に中里源次郎。天満宮明治二十八年伊勢講碑に中里清吉あり。四戸現存す。

六 埼玉郡鹿室村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に鹿室村中里彦右衛門。宝国寺宝永六年供養塔に中里忠右衛門、正徳二年供養塔に中里治兵衛。当村文政十二年浅間碑に中里亀次郎・中里忠左衛門・中里藤吉・中里喜右衛門・中里藤七・中里五郎兵衛。不動堂安政二年不動尊に中里吉蔵・中里清太郎・中里忠右衛門・中里亀五郎、万延元年庚申塔に中里芳五郎・中里惣右衛門・中里五介・中里米次郎・中里常五郎。明治三十年人名録に質屋中里松蔵・明治九年生あり。十二戸存す。

七 同郡相野原村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に間ノ原村中里佐五右衛門。古ヶ場村文政十一年供養塔に相野原村中里喜右衛門。中曽根村神明社明治十一年碑に相野原村中里勇治郎あり。二戸現存す。次項は当村住人か。

八 同郡慈恩寺村(岩槻市) 当村元禄元年供養塔に中里六兵衛五男弥五左衛門二十四歳あり。現存無し。

九 同郡笹久保村(岩槻市) 八幡社寛政五年御神燈に中里武兵衛、嘉永元年幟碑に中里伝右衛門。現存無し。

一〇 同郡黒浜村(蓮田市) 久伊豆社明治十四年御神燈に中里浅五郎あり。十戸現存す。

一一 同郡鷲宮町 百間村青林寺寛政十年文書に鷲宮中島村中里与兵衛。鷲宮神社嘉永五年狛犬に当町栗原中里与兵衛。明治三年本多文書に鷲宮神社御家来之分中里甚八あり。三戸現存す。

一二 同郡内田ヶ谷村(騎西町) 大福寺正徳四年庚申塔に中里忠右衛門・中里安右衛門。当村明治四年富士嶽碑に内田ヶ谷村中郷中里栄吉。明治九年副戸長中里巳之助・天保十二年生あり。十戸現存す。

一三 同郡上種足村(騎西町) 如来寺寛政九年巡拝塔に中里又左衛門。福性院寛政十二年碑に中種足村砂・中里又左衛門。観音堂享和二年宝篋印塔に上種足村中里嘉助・中里又左衛門。西ノ谷村久伊豆社慶応二年御嶽碑に上種足中里弁之助あり。二戸現存す。

一四 同郡久下村(加須市) 明治三十五年穀荒物商中里寅吉あり。四戸現存す。

一五 同郡羽生領小浜村(加須市) 八幡社文政六年狛犬に中里吉左衛門・中里金蔵あり。四戸現存す。

一六 同郡南篠崎村(加須市) 当村に此氏多く存す。成就院宝篋印塔に「康応元年己巳八月二十六日逆修衆敬白」あり、室町時代初期に多くの住民が居住し、正保田園簿に村高千石で幕末まで増加は無く、既に御入国の天正年間には全村が開発されている。土豪中里氏は出稼衆にて、上杉謙信配下の羽生城家臣なり。文久三年中里佐吉書付(中里健児家所蔵)に「鎮守天照皇太神宮之由来。往昔天正年中之兵乱に越後之家来中里出雲守と申者戦場を落延、当南篠崎村落付一家取立中里太郎右衛門と改名致し、次男同四郎兵衛、三男同源八郎二人分家致し、源八郎より善左衛門又ゝ分家仕」と見ゆ。郷里へ帰農す。普門寺寛文四年十王銘に中里新衛門・中里太郎衛門。神明社元文二年水鉢に中里幸右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に南篠崎村中里孫右衛門・中里猶右衛門。当村文化七年巡拝塔に南篠崎村講中・中里半兵衛。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に南篠崎村中里孫右衛門・中里四郎兵衛、嘉永五年狛犬に南篠崎村中里四郎兵衛。神明社安政三年御神燈に中里善左衛門・中里四郎兵衛・中里忠八・中里源八・中里太郎右衛門・中里重内・中里清吉・中里平七・中里仙蔵、文久三年白山碑に中里酉之助・中里熊次郎・中里市郎右衛門・中里伝吉、江戸末期諏訪碑に中里仁右衛門・中里重次郎。明治五年名主中里四郎兵衛。明治九年副戸長中里四郎兵衛・弘化元年生あり。

一七 同郡花崎村(加須市) 花蔵院宝永三年読誦塔に花崎村中里七兵衛あり。七戸現存す。

一八 同郡松永新田(大利根町) 明治九年副戸長中里喜八・文政八年生。八坂社明治二十六年碑に中里熊太郎・中里清蔵・中里兵吉・中里与三郎あり。一戸現存す。

一九 同郡琴寄村(大利根町) 横沼神社元禄十三年水鉢に鴨新田中里三右衛門あり。現存無し。

二〇 同郡阿佐間村(大利根町) 八幡社天保八年御神燈に中里重次郎・中里平□、江戸末期狛犬に中里亀蔵・中里要蔵あり。五戸現存す。

二一 同郡柳生村(北川辺町) 字久保山享保十年供養塔に柳生村中里惣兵衛、嘉永三年地蔵尊に久保山中里三郎左衛門。明治九年戸長中里佐市・嘉永四年生。明治十八年最上農名簿に中里佐市・耕宅地八町四反歩・山林二反歩所有あり。九戸存す。

二二 同郡下村君村(羽生市) 永明寺天保十年筆子碑に中里清左衛門。鷲宮社嘉永六年御神燈に中里文右衛門あり。一戸現存す。

二三 同郡行田町 箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に行田中里柳蔵。明治七年製糸会社人名録に行田中里武右衛門。若小玉村龍泉寺明治二十八年碑に忍町大字行田中里源三郎(銅鉄肥料商)あり。

二四 同郡若小玉村(行田市) 勝呂神社安政三年御神燈に中里七次郎・中里茂八・中里房五郎・中里勘七.。明治九年副戸長中里庄右衛門・天保三年生あり。十二戸現存す。

二五 足立郡谷古田領本郷村(川口市) 氷川社明治三十三年碑に中里長太郎あり。四戸現存す。

二六 同郡弥兵衛新田(川口市) 無量寺嘉永七年普門品に中里徳太郎あり。十四戸現存す。

二七 同郡蕨宿 正蔵院元禄十五年庚申塔に中里□□□衛あり。

二八 同郡加茂宮村(大宮市) 明治十二年戸長中里繁吉。加茂神社明治四十三年碑に中里広吉。八戸現存す。

二九 同郡生出塚村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上生出塚村名主仲里惣助・仲里佐助・中里久五郎あり。現存無し。

三〇 新座郡片山村(新座市) 明治八年に十ヶ村が合併す。当村に此氏多く存す。明治九年副戸長中里常五郎・天保五年生あり。

三一 入間郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「経性・中里・酉年七月」、江戸初期なり。明治三十五年荒物炭肥料商中里長次郎・薪炭荒物商四ツ谷中里健次郎・玩具商中里清八あり。

三二 同郡池辺村(川越市) 稲荷社明治三十三年碑に中里八十三郎。熊野社明治三十九年碑に中里八十三郎あり。現存無し。

三三 同郡浅羽村(坂戸市) 中里村加藤氏全録に「時に永禄年中、小田原七騎の内に選まる浅羽村にて中里与兵衛、中里村にて加藤豊前、小用村にて松本対馬、笠幡村にて金山平六、宇和戸村にて大塚三左衛門、的場村にて川野豊後、鯨井村にて服部老之介、何連も同国松山の城主上田上野介旗下に属す」と見ゆ。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に浅羽中里熊次郎あり。一戸現存す。尚、上浅羽村新義真言宗長久寺過去帳に「高麗郡三ツ木村中里兵右衛門」の名が多く見ゆ。当村中里与兵衛は近村の三ツ木村(鶴ヶ島市)出身か。

三四 同郡中小坂村(坂戸市) 当村弘化四年地蔵尊に中小坂村中里新之助あり。三戸現存す。

三五 同郡上奥富村(狭山市) 梅宮神社前天保十二年敷石碑に上奥富村中里源治郎・中里治郎右衛門。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、上奥富村中里房吉・中里源治」。梅宮神社再建帳に「安政四年、平塚組中里重兵衛、橋場組中里勇蔵・中里久蔵、淵畑組中里源治・中里幸右衛門。慶応二年、橋場組中里三五郎、淵畑組中里源太郎」。瑞光寺明治十七年筆子碑に中里八百造。明治二十五年入間川町地租額調に上奥富村中里茂八・中里国蔵・中里広吉・中里長七.。奥富神社明治三十九年碑に奥富村中里豊吉・中里重平あり。六戸現存す。

三六 高麗郡飯能町 当町に此氏多く存す。文久二年供養塔に中里忠吉。明治十四年文書に中里仲太郎・中里重五郎。諏訪社明治四十四年碑に河原町中里重太郎あり。

三七 同郡大河原村(飯能市) 当村に此氏多く存す。八耳堂文化八年宝篋印塔に中里善左衛門。中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に大河原村中里治。明治四十四年織物製造業中里八蔵あり。

三八 同郡三ツ木村(鶴ヶ島市) 中里正雄家板碑に「大元院承福明徳居士・俗名中里武成・享徳二年十一月十日去」と銘あり。三十三項参照。毛塚村名主坂本系図に「関口孫兵衛忠松(天正七年毛塚村落着)―婿養子坂本庄右衛門宗松―坂本三郎左衛門宗時―二男(三ツ木村中里伊兵衛)」。平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に高麗郡三ツ木村中里伊兵衛。当村元文四年地蔵尊に三ツ木村中里平四郎・中里八右衛門。明治九年戸長中里兵平・文政二年生(名主)。明治十一年戸長中里源五郎。明治二十二年埼玉勧業会員中里喜三郎あり。十七戸現存す。

三九 同郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に中里藤三郎利秀あり。現存無し。近隣の住人なり。

四〇 比企郡出丸中郷(川島町) 字関田明和元年馬頭尊に中里七兵衛・中里太吉。明治五年戸籍編製に出丸中江下分旧組頭中里仙蔵。明治九年副戸長中里仙蔵・文化十四年生あり。八戸現存す。

四一 同郡大屋敷村(川島町) 出丸中郷字関田明和元年馬頭尊に大屋敷村中里宇右門あり。現存無し。

四二 同郡吹塚村(川島町) 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

四三 同郡下八ツ林村(川島町) 愛宕社天保四年庚申塔に中里関五郎・中里民蔵・中里徳五郎・中里久弥・中里丑五郎。鳥羽井新田文久二年馬頭尊に下八ツ林村中里秀次郎。明治九年副戸長中里半造・安政二年生。善福寺明治十六年馬頭尊に中里半蔵。足立郡三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に下八ツ林村中里半蔵あり。七戸現存す。

四四 同郡松山町 明治十四年生繭売買共同商会発起人・馬車業中里貞吉あり。

四五 同郡小川町 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡小川町中里吉右衛門。明治三十五年に中里宇平・中里定吉あり。

四六 幡羅郡出来島村(妻沼町) 出来島村誌に「万治八年、組頭中里平蔵。寛文六年、組頭中里喜兵衛。天明元年、組頭中里幸之丞・田畑八反五畝歩。文政十年、組頭中里武右衛門。明治元年、名主中里善右衛門」。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に出来島村中里善右衛門。明治九年副戸長中里善右衛門・文化九年生あり。十一戸現存す。

四七 同郡男沼村(妻沼町) 小名中里あり、此氏の屋敷名なり。高橋条参照。大里郡神社誌に「男沼村稲荷社祠掌に中里六合穂と云う人あり。皇国学を修める。新田義貞の宗族里見氏の後裔なりと云う」と。群馬郡中里見村に中里見氏二十戸現存し、中里見氏に附会す。慶長八年水帳に中里小左衛門。男沼村誌に「貞享以前よりの家・中里惣右衛門・中里喜右衛門・中里半兵衛・中里小左衛門・中里安兵衛。貞享元年以後新たに出来た家・中里利右衛門・中里右仲・中里半七.。安永四年・組頭中里小左衛門。明治四年人別改に中里初弥・中里米吉・中里半十郎・中里惣吉・中里久五郎・中里清兵・中里茂八・中里仙太郎。明治五年・百姓代中里清助」。上中条村常光院安永元年変相図に表具師男沼村仲里嘉七.。長勝寺万延元年庚申塔に中里小左衛門・中里武左衛門、文久四年軸銘に中里源治郎。妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に男沼村中里小左衛門あり。四戸現存す。

四八 榛沢郡深谷町 明治三十五年鋸商中里秀太郎・菓子商中里新三郎あり。現存無し。

四九 同郡牧西村(本庄市) 土豪にて、天正年間牧西村持高帳に「中さと分・八反余歩」と見ゆ。現存無し。

五〇 児玉郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に中里藤十郎あり。二戸存す。

五一 同郡太駄村(児玉町) 当村に此氏多く存す。字殿谷戸正徳四年地蔵尊に太駄村中里三郎兵衛・中里弥左衛門・中里新右衛門・中里勘十郎・中里五左衛門。正覚寺安永四年供養塔に当村中里五太夫。岩上神社慶応二年御神燈に当所中里新右衛門。明治九年副戸長中里新七郎・天保八年生、副戸長中里太蔵・文政元年生。明治十一年副戸長中里茂三郎、副戸長中里永次郎。明治三十年中里鳥三郎碑に中里儀三郎・中里満三郎・中里高蔵・中里仙太郎・中里元吉・中里佐七・中里きよ・中里惣吉・中里定吉・中里巳之七・中里峰吉・中里文次郎・中里市太郎・中里該家・中里富士太郎・中里半之丞・中里力蔵・中里猪五郎・中里丑五郎・中里安五郎・中里永次郎・中里茂三郎・中里浜五郎・中里由五郎・中里熊蔵・中里倉吉あり。

五二 同郡下阿久原村(神泉村) 上州東平井諏訪神社(藤岡市)明治七年算額に武陽阿久原中里茂三郎謁輝あり。五戸現存す。

五三 賀美郡金窪村(上里町) 上州和田城主の後裔と称す。上野国志に「和田城は群馬郡、今の高崎也。和田義盛の七男義信・上野国に至る。其の子正信・始めて和田の城を築き、代々居住し、十代の孫右衛門大夫信輝は上杉憲政に属し、天文七年七月、武州川越合戦の時討死す。其の子右衛門大夫業繁也。永禄六年、信玄・箕輪城を責落す時、信玄に降る」。「和田下城は同郡下之城村に在り。和田業繁の弟和田越中守正盛(始孫市郎、又左衛門尉信景と号す)居住し、兄業繁と同時に武田信玄に降り、信玄及び勝頼に仕へ、武田滅亡の後、北条氏直に属し、天正十八年、小田原城に入りて、居城も亦滅亡す」と見ゆ。永禄三年関東幕注文に「上州箕輪衆、長野・ひ扇、和田八郎・ひ扇」とあり。箕輪軍記に「長野業政の婿・和田の城主和田新兵衛尉友綱」。和田田中村(高崎市)は和田新兵衛尉が当地に居住した為に此の地名を称すと。和田城主は在原姓長野氏族にて、本名は田中氏か。高崎市下之城町曹洞宗徳昌寺に和田業繁の墓や、和田氏の五輪塔七基あり、家紋丸に三ツ引なり。金窪村出身の出稼衆中里氏は、和田氏の名跡を継承して業繁と兄弟分となり和田左衛門尉信景と称す。金窪村陽雲寺武田遺臣碑(明治三十年)に「和田兵部大輔信景の後裔、金久保・中里熊次郎・中里芳太郎・中里源三郎・中里徳太郎・中里竹次郎」。法西寺明治四十年筆子碑に中里徳太郎あり。十二戸現存す。

五四 秩父郡久長村(吉田町) 明治九年副戸長中里織平・嘉永二年生。明治二十年森林組合員に中里尭三郎・中里周松・中里弥太郎・中里嘉市・中里富五郎あり。五戸現存す。

五五 同郡阿熊村(吉田町) 明治九年立会人中里継作・同中里次作、地租改正担当人中里惣七・同中里吾八.。明治十二年小前惣代人に中里新蔵・中里吉蔵・中里常蔵・中里嘉市、檀家惣代人に中里永吉・中里源重郎あり。八戸現存す。

五六 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・中里万次郎・四十三円・六十四円、幸手町・中里利平・二十四円・十一円、中里孝作・十五円、高野村(杉戸町)・中里長一郎・十三円、忍町・中里源三郎・百円・八十九円、飯能町・中里弥三郎・百九円・六十二円、中里三四郎・三十九円、中里正治・三十七円、中里文太郎・九円、鶴ヶ島町・中里喜三郎・三十三円、松山町・中里幸吉・三百十一円・百十四円」あり。

仲里 ナカザト 各市町村に存す。

長里 ナガサト 白岡、三郷、入間、川越、飯能等に存す。秋田県雄勝郡稲川町八戸あり。

長郷 ナガサト 大宮、新座、羽生等に存す。

永里 ナガサト 蕨、上尾、桶川、伊奈等に存す。

中里見 ナカサトミ 川口、三郷、所沢等に存す。群馬県群馬郡榛名町二十戸あり。

仲皿 ナカサラ 所沢に存す。

中沢 ナカザワ 古代朝鮮語で那は国、曷は村の意味。中参照。沢は、雄略九年紀に「新羅の匝羅」と見え、草羅城(さわらのさし)とも見ゆ。匝羅(さわら)の羅を略して佐波、沢と云う。神功皇后摂政五年紀に「葛城襲津彦は新羅に詣りて、蹈鞴津に次(やど)り、草羅城を抜きて還る」と見ゆ。慶尚南道釜山の南にあった蹈鞴津(たたらつ)、慶尚南道梁山にあった草羅城なり。大ノ国(後の百済、伽羅、新羅)の匝羅人渡来地を大沢と称し、また中沢と称す。那賀郡中沢郷小平村字大沢(児玉町)より大沢郷の名起り、猪俣村(美里町)は大沢郷を唱える。和名抄に那珂郡中沢郷を載す、那賀郡秋山村字中沢(児玉町)は地蔵堂元禄五年庚申塔に武州中沢邑とあり、中沢郷は此地より起り、秋山・風洞分・小平・駒衣・木部・大仏・甘粕の七ヶ村が中沢郷を唱える。忍領長野村長久寺明応七年七月二十五日大般若経奥書に「武州那珂郡中沢県秋山村小沢於日輪寺住僧元高書之」。同寺永正十二年八月絹本十二天画像軸裏書に「武州那珂郡中沢郷秋山村宝光寺宕禅院本尊地蔵菩薩宝前書納之」と。小平村成身院天正十九年寄進状に「那賀郡中沢郷之内小平村成身院寺領之事」と見ゆ。高麗郡中沢村(日高市)は中沢郷と称す。新座郡中沢村(新座市)、上片山村は古の下中沢村にて、十ヶ村が合併して片山村となる。秩父郡南村字中沢組・字上中沢・字下中沢(飯能市)は古の中沢村なり。また、入間郡中福村字中沢、大満村字中沢、成瀬村字中沢、勝瀬村字中沢、比企郡遠山村字中沢、秩父郡白石村字中沢、上吉田村字中ノ沢、野上下郷字中沢川あり。此氏は上甲信越に多く存す。○群馬県利根郡利根町四十四戸、吾妻郡吾妻町四十五戸、草津町六十戸、中之条町六十八戸、六合村三十四戸、北群馬郡吉岡町三十戸、佐波郡玉村町三十六戸、渋川市百十戸、伊勢崎市百十戸、高崎市二百四十戸、前橋市二百八十戸。○茨城県稲敷郡江戸崎町五十戸。○山梨県東八代郡一宮町三十四戸、豊富村三十四戸、北巨摩郡双葉町六十八戸、中巨摩郡甲西町三十戸、白根町百六十戸、田富町三十戸、玉穂町三十四戸、竜王町四十七戸、甲府市四百戸。○長野県上水内郡信州新町三十九戸、埴科郡戸倉町五十戸、坂城町八十五戸、小県郡東部町七十三戸、南安曇郡豊科町六十戸、梓川村四十七戸、三郷村三十四戸、更埴市百二十戸、須坂市百五十戸、佐久市二百九十戸、諏訪市百九戸、上田市三百五十戸、松本市三百戸。○新潟県西蒲原郡西川町三十戸、南蒲原郡田上町三十三戸、刈羽郡小国町三十九戸、北魚沼郡広神村三十戸、中魚沼郡津南町七十五戸、南魚沼郡塩沢町七十四戸、六日町七十六戸、大和町三十九戸、柏崎市百二十戸。○宮城県遠田郡涌谷町三十二戸。○岩手県東磐井郡大東町四十九戸。○青森県中津軽郡相馬村三十六戸。○鳥取県八頭郡智頭町二十六戸あり。

一 丹党安保氏族中沢氏 那賀郡中沢村(秋山村字中沢)より起る。安保系図(信州安保氏所蔵)に「安保実光(承久三年死)―光重―瀧瀬五郎左衛門尉光忠―七郎家光―三郎左衛門尉実光―泰光―中沢四郎左衛門督実冬」と。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・中沢三郎跡八貫・同後家跡五貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」と。鎌倉建長寺塔頭宝珠庵文書に「応永十二年十二月二十五日、宝珠庵領武蔵国広木郷秋山村を中沢四郎が押領す」と見ゆ。

二 丹波国の源姓中沢氏 多紀郡大山庄(兵庫県多紀郡丹南町)はオヤマとも唱え、小山とも書く。当庄地頭中沢氏は長沢とも称す。丹波風土記に「藤原巨勢麻呂九男武蔵守経邦が二男、或は云ふ舎弟小山忠門・後に摂津国永沢県、後更に小山庄に移り、永字を改めて長沢と為す。元暦年中、長沢六郎遠種が息女に、源義経遺腹の子あり、之をして長沢の箕裘を続がしめ、六郎次郎義種と号せしむ。是より以来、藤姓を改めて源姓を犯す」と。多紀郡篠山町との国境の摂津国有馬郡永沢寺村(兵庫県三田市)に応安三年開創の永沢寺(えいたくじ)あり、当村に附会す。篠山町八上上の波多野家所蔵・籾井旧記に「七頭の家と申し候は、第一は久下の城主久下云々、第二には小山の城主長沢治部大輔義遠なり、これは源判官義経の落し子の末孫なり」と見ゆ。子孫中沢氏は源姓を称し、近衛家文書に「弘安元年十一月、丹波大山庄地頭中沢三郎左衛門尉源基員」とあり。大山村史に「大山庄は、承久の乱後、武蔵国中沢郷の中沢左衛門尉基政が戦功により新補地頭として当庄に入部す」と。当庄は東寺領にて、東寺百合文書に「弘安十年十二月十日、丹波国大山庄雑掌と地頭中沢三郎左衛門尉基員・同六郎宣基・七郎基村等相論す。当庄は承久勲功之掌により中沢小二郎左衛門尉基政拝領以降地頭三代なり。基員の亡父昇蓮、昇蓮子息基定・基員」と見ゆ。武蔵国中沢郷出身とは見えず。大山城主源姓長沢氏の後裔にて、武蔵国中沢郷は附会なり。此氏の系図を作成すれば、中沢小二郎左衛門尉基政―昇蓮―三郎左衛門尉基員法名尊蓮(兄基定、弟六郎宣基、七郎基村)―新左衛門尉直基(弟弥三郎入道道念、彦七郎、小三郎七郎左衛門入道真蓮)となる。近衛家文書に「正和四年十一月、丹波大山庄地頭中沢新左衛門尉直基の曽祖父基政。大山庄地頭中沢三郎左衛門尉基員入道尊蓮嫡子新左衛門尉直基・同舎弟弥三郎入道道念・同彦七郎・同小三郎七郎左衛門入道真蓮」。仁和寺文書に「建武元年七月四日、大山庄地頭中沢佐綱に、丹波国葦田庄(兵庫県氷上郡青垣町)の名主賢忍など十九名の濫妨を停止させる」。天龍寺造営記録に「康永元年十二月五日、中沢弥六左衛門尉兼基四十二歳は、足利尊氏の天龍寺参詣に供奉す」。園太暦に「文和二年八月十一日、中沢掃部允は、尊氏の先陣として、平塚より美濃に至る」。賢俊僧正日記に「文和四年八月二十三日、中沢掃部頭等は、丹波国篠村(京都府亀岡市)八幡宮放生会の奉行を命ぜらる」。師守記に「貞治三年四月十九日、中沢掃部大夫信綱等は、石清水八幡宮廻廊及び神殿の釿始に参向す」。文明十四年中沢元基を大山庄代官にし、文亀三年中沢元綱が代官に登用されたが、永正五年討死し、東寺領大山庄はここに消滅した。

三 丹波国の秩父氏流中沢氏 前項と同族なり。太平記卷三に「元弘元年、幕府六波羅の士、丹波国の住人、久下・長沢の一族は大津の宿に陣を取る」。卷九に「元弘三年、足利尊氏は丹波国篠村で倒幕の兵を挙げ、当国の住人久下弥三郎時重、その外長沢・波波伯部(はうかべ)等馳せ参る」。卷十四に「建武二年、丹波国より碓氷丹波守盛景、早馬を立てて申しけるは、『去んぬる十二月十九日の夜、当国の住人久下弥三郎時重、波波伯部次郎左衛門尉・中沢三郎入道等を相語らって、守護(幕府方の碓氷氏)の館へ押し寄する』とぞ告げたりける」と。藤原姓久下系図に「久下権守直光(住丹波)―実光―光重、弟長沢重家」と。一族の長沢氏は中沢と称す。丹波志に「長沢、姓は藤原氏、武州秩父流。紋は三頭左巴、添紋は丸の内二ツ引。名乗通字。長沢兵部少輔(中沢と改む)」と。丹波国の久下氏及び中沢氏等は足利尊氏に仕へ、勲功の賞として自己の苗字と同じ地名の武蔵国久下郷、中沢郷を所望し、由緒あるが如く偽り、久下氏は大里郡久下郷の久下二郎重光の子孫と称し武蔵国久下郷を賜る。久下条参照。中沢氏は武蔵国那賀郡中沢郷和田村(駒衣村字和田)を賜り秩父氏流を称す。多紀郡徳永村(丹南町)は大山中村の一部で、新補地頭として東寺領大山庄に入部した中沢基政一族相伝の清得名なり。子孫中沢芳太郎文書の明徳元年八月三日中沢壱岐守信明譲状に「譲り渡す所領の事。上野国多胡庄内今泉田在家の事(群馬県多野郡大字吉井字今泉)、丹波国遊楽庄西村地頭職・并に安延名の事(丹南町)、同国大山庄清得名等の事、同国大山庄内一分地頭石積并重久名包光半名等中沢七郎さ衛門入道跡買得相伝田畠等の事、武蔵国中沢郷内和田村藤三郎入道在家・同田一町・同名々等の事、讃岐国多配郷内うなさかのやしろの事(香川県高松市)。右所領は、信明が相伝の当知行地也。武蔵国中沢郷内和田村・讃岐国多配郷内は、中沢七郎左衛門入道・同源内左衛門入道寿正・相副譲状。中沢弾正信実に譲り渡す」。永正四年六月十二日中沢四郎左衛門尉道忍譲状に「上野国多胡庄今泉田畠在家等の事、丹波国遊楽庄地頭職并に安延名等の事、同国大山庄石積并勢得重久包光名等の事、同国弥勒寺別院寺村里外田畠山林等の事、同国三井庄助安名田畠山林等の事(みののしょう、氷上郡春日町)、武蔵国中沢郷内和田村藤三郎入道有宗同田一町の事、讃岐国多配郷内うなさんのやしろの事、多胡弥七本長に所領を譲り与ふ」と見ゆ。本貫地時代の武蔵国中沢郷が在家一軒・田一町では家族も養えない。地頭分は一町(江戸時代の高十石)の十分一の一石が年貢収入である。ここは単に発祥地説に結びつけられただけであり、此氏の本貫地は丹波国大山庄にて、武蔵国は無関係なり。中沢郷和田村発祥なれば、和田氏を名乗るのが通例である。

四 我野郷の鍛冶中沢氏 秩父郡南村中沢組(飯能市)住人にて中沢氏を称す。南村我野神社(坂石村の内の飛地にあり)棟札に「延徳二年卯月吉日、熊野宮再興、加治中沢次郎五郎政広」。「明応四年十一月二十六日、加治中沢次郎五郎政広、番子道貞、同弥三郎」。南村天神社棟札に「延徳四年二月十九日、当所鍛冶次郎五郎政広、同番子四郎次郎、弥三郎、上谷萱九郎五郎男、次郎四郎男、大工小堂藤三郎定次、同番子弥次郎、下中沢小三郎男、六郎四郎男、藤太郎太夫、翁上中沢道了」。我野神社棟札に「天文十八年三月日、大工中沢七郎左衛門鍛冶」。「天正六年霜月三日、奉当社御造営、鍛冶大工中沢十郎左衛門」と見ゆ。苗字にあらず。

五 松山城士の中沢氏 天正庚寅松山合戦図に「北曲輪・中沢源衛門、黒岩・長谷・田甲方面城方・中沢庄左衛門」あり。

六 岩附城士の中沢氏 高曽根村常香寺(岩槻市)は天文二十年六月行蓮社戒誉林公上人が檀那中沢舎人・栗原越中などと中興開山す。中沢舎人は天正十年二月没す。当村に中沢氏・栗原氏は現存無し。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国甲斐生国同・中沢弥兵衛・四十四歳」あり。

八 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御近習・七両四人扶持・中沢七郎左衛門」あり。

九 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十六俵二人扶持・中沢半造」あり。

一〇 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「年寄二百五十石三浦次郎太夫の臣・中沢彦助」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・二十四人扶持・中沢麟之助」あり。

一一 葛飾郡高柳村(栗橋町) 香取社享保六年庚申塔に中沢吉郎□、嘉永四年狛犬に中沢儀左衛門、明治十四年幟碑に中沢善次郎・中沢半七あり。一戸現存す。

一二 埼玉郡大越村(加須市) 徳性寺文政九年常夜燈に中沢弁蔵あり。七戸現存す。

一三 同郡喜右衛門新田(羽生市) 今泉村長光寺嘉永三年常夜燈に神鳥村中沢角右衛門。八幡社文久二年小御嶽碑に中沢市左衛門あり。二戸現存す。

一四 同郡行田町 熊谷町高城神社天保十二年紺屋碑に行田町中沢常三郎・中沢耕一あり。

一五 足立郡加茂宮村(大宮市) 私塾師匠元忍藩士中沢玄次郎・明治二十七年没あり。

一六 入間郡新堀村(所沢市) 明治十五年北広堂碑名簿に旧新堀中沢福太郎。明治二十年上山口村二番組消防夫中沢長三郎あり。五戸現存す。

一七 同郡亀久保村(大井町) 明治四十四年若者名簿に中沢吉造あり。四戸現存す。

一八 同郡川越町 明治三十五年小間物商中沢さと・肥料商中沢鎌次郎。三芳野神社明治四十年碑に六軒町中沢鎌次郎あり。

一九 同郡福田村(川越市) 宿粒村八幡社文政六年水鉢に福田村組頭中沢金右衛門。赤城社明治四十一年碑に中沢伊八あり。七戸現存す。

二〇 高麗郡野田村(入間市) 山王塚寛文十二年庚申塔に野田村中沢佐□右衛門、宝暦十二年馬頭尊に野田村中沢佐兵治・中沢弥左衛門・中沢金八.。長徳寺明和五年供養塔に野田村中沢金右衛門、安政三年地蔵尊に中沢仙右衛門・中沢儀右衛門・中沢藤造・中沢留三郎・中沢由右衛門。白鬚社明治四十五年碑に野田・中沢阿栗・中沢由蔵。元加治村会議員に中沢善太郎・天保八年生、中沢八三郎・天保十四年生あり。十戸現存す。

二一 同郡横手村(日高市) 新堀村高麗神社明治三十八年碑に中沢角太郎・中沢利三郎・中沢真吉あり。当村住人か。十二戸現存す。

二二 比企郡神戸村(東松山市) 岩殿村正法寺文化十五年什物帳に上神戸村仲沢兵右衛門。明治九年副戸長中沢半次郎・弘化二年生、石屋中沢峰吉あり。二戸現存す。

二三 同郡飯田村(小川町) 明治十三年議定書に中沢幸三郎あり。四戸現存す。

二四 同郡広野村(嵐山町) 鬼鎮神社慶応二年筆子碑に中沢宇右衛門。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に広野村中沢鶴吉。当村八宮社明治四十年碑に中沢鶴吉あり。一戸現存す。

二五 同郡平村(都幾川村) 松山町箭弓神社明治三十一年碑に平村中沢仲三郎あり。現存無し。

二六 熊谷町 明治三十五年薬種商万屋中沢半七・乾物商まつ屋中沢武十郎・糸繭商中沢六太郎・写真師中沢一策・飲食店中沢岩吉あり。

二七 幡羅郡柿沼村(熊谷市) 明治九年副戸長中沢豊次郎・天保二年生あり。十三戸現存す。

二八 同郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に中沢才吉・中沢安次郎あり。六戸現存す。

二九 榛沢郡中瀬村(深谷市) 当村元禄八年庚申塔に中沢新左衛門。中瀬神社明治四十一年碑に中沢ハツ・中沢藤五郎・中沢甚太郎・中沢元七・中沢清作・中沢市兵衛・中沢幸三郎・中沢亀吉・中沢カタ・中沢キリ・軍人中沢為吉。向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に中瀬中沢元七あり。六戸現存す。

三〇 同郡町田村(深谷市) 八基村会議員中沢清太郎・明治十七年生あり。五戸現存す。

三一 同郡南阿賀野村(深谷市) 中瀬村向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に阿賀野村中沢勝次郎。八基村会議員に中沢文太郎・嘉永六年生、中沢佐太郎・明治十四年生あり。十四戸現存す。

三二 同郡飯塚村(花園町) 明治九年戸長中沢銀平・天保八年生(名主)。用土村明治十三年仙元碑に武蔵野村中沢銀平あり。二戸現存す。

三三 児玉郡本庄町 明治三十五年医師中沢力あり。

三四 同郡西富田村(本庄市) 金鑽社明治四十年幟碑に中沢常吉、年不詳庚申塔に中沢弥太郎。四戸現存す。

三五 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に中沢八左衛門、明治三十五年碑中沢要蔵あり。三戸現存す。

三六 同郡関村(美里町) 当村に此氏の旧家あり。明治五年春山文書に名主中沢喜平次、組頭中沢熊吉、百姓代中沢龍蔵、百姓代中沢藤重郎。中沢雅雄家文書に明治七年関村西組中沢代三郎・中沢宇吉・中沢喜雄・中沢辰五郎・中沢常吉・中沢長次郎・中沢元衛。明治九年副戸長中沢照吉・弘化四年生、副戸長中沢喜雄・天保五年生。私塾師匠医師中沢習悦・明治十九年没六十三歳、私塾師匠中沢喜雄・号樹徳軒・大正五年没八十三歳。柏合村明治十三年八海山講碑にセキ中沢鶴吉。用土村明治十三年仙元碑に関村・中沢宗十郎・中沢照吉・中沢菊三郎・中沢長治郎・中沢清吉・中沢徳治郎。明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流関村中沢元衛・中沢豊七あり。

三七 賀美郡黛村(上里町) 毘沙吐村と黛村は元禄年間に金窪村から分村し、毘沙吐村藤ノ木河岸は弘化三年洪水により黛村へ移転す。黛村観音寺普門院世代記(飯塚広太郎所蔵)に「当寺六世慶光、当河岸人、父中沢氏、宝暦五年寂」。安永五年倉賀野町須賀文書に賀美郡藤ノ木河岸船問屋中沢瀧右衛門。毘沙吐村にあった藤ノ木河岸なり。勅使河原村勝場万延元年庚申塔に黛村中沢弁蔵。明治十一年黛村副戸長中沢愛蔵あり。現存無し。

三八 同郡五明村(上里町) 明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流柔術五明村中沢武一あり。一戸現存す。

三九 同郡肥土村(神川町) 当村に此氏多く存す。児玉記考に「○旧家中沢郡蔵、大字肥土中沢姓の総本家にして、其祖秋山新蔵人朝政の老臣中沢主水の後胤なり、屋敷を堀ノ内と呼び宅地広大、現に濠渠の蹟を残存す。○旧家中沢国五郎、郡蔵と同一族にして、先代を善左衛門・利右衛門・久兵衛・栄兵衛等と云ひ、当主の父楊之助に至る迄世々名主役を勤む。当家所蔵の地方諸帳簿に元禄十四年上野国緑野郡肥土村名主忠右衛門と記せり。○旧家中沢兵内、中沢善左衛門の末孫なり。当家の墓籍に慶長二丁酉八月八日法号昌龍寺殿天宝青林居士とあり、其他寛永正保寛文等の位牌数体を蔵す。青林居士は通称不詳なれ共、善左衛門の諡号なる可し。当家に旧記甲冑刀剣等数多を有せしが、当主幼少の時・家声衰微たりし為め皆紛失す。○旧家中沢仲四郎、先代より地頭黒田家の組頭役を勤む、維新の際当主は戸長を勤めり」と見ゆ。大御堂村吉祥寺天保五年供養塔に中沢栄兵衛・中沢万右衛門・中沢伝右衛門・中沢善左衛門・中沢仲右衛門・中沢幸八・中沢源兵衛・中沢兵内・中沢忠兵衛・中沢権兵衛・中沢浅右衛門・中沢甚右衛門。明治九年戸長中沢仲四郎・文政十一年生、副戸長中沢久平・天保十二年生。広野神社明治三十九年碑に中沢清次郎・中沢辰五郎・中沢義郎・中沢郡蔵・中沢栄四郎・中沢定四郎・中沢茂一・中沢林次郎・中沢国五郎・中沢伝次郎・中沢兵三郎・中沢与一郎・中沢正三郎・中沢倉蔵・中沢龍太郎・中沢元次郎・中沢潤一あり。

四〇 秩父郡大宮町 国神神社明治三十四年碑に大宮町中沢嘉蔵(穀酒商日野屋)あり。

四一 同郡小鹿野町 明治二十年上一丁目中沢半十郎。明治三十五年酒造業越後屋中沢醇策あり。

四二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・中沢定之助・九円、川越市・中沢峰吉・三百七十一円・四十二円、中沢定次郎・四十一円・二十八円、中沢伊三郎・十五円・二十八円、元加治村(入間市)・中沢米太郎・十五円、忍町・中沢貞一・七十円・七十円、大越村(加須市)・中沢清作・百二十三円・八十四円、中沢定吉・十三円・四十九円、熊谷町・中沢半兵衛・百六円・八十四円、中沢武十郎・九十七円・九十八円、本庄町・中沢三郎・九十一円、丹荘村(神川町)・中沢清次郎・十一円、秩父町・中沢嘉蔵・三百十九円、小鹿野町・中沢勝蔵・十一円・二十六円」あり。

中澤 ナカザワ 各市町村に存す。

仲沢 ナカザワ 各市町村に存す。○群馬県勢多郡北橘村十戸。○茨城県久慈郡大子町十六戸、鹿島郡神栖町二十三戸、行方郡潮来町五十三戸。○山梨県北巨摩郡明野村三十三戸、中巨摩郡竜王町十五戸、韮崎市四十六戸、甲府市八十戸。○秋田県大館市五十八戸あり。

仲澤 ナカザワ 各市町村に存す。

長沢 ナガサワ 中沢の転訛なり。中沢条参照。高麗郡長沢村(飯能市)あり、借宿神社永正十二年銘に高麗郡我野郷之内長沢村と見ゆ。埼玉郡中妻村字長沢(鷲宮町)は古の村名にて、鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に埼玉郡長沢村と見ゆ。また、小名長沢は、入間郡木蓮寺村、峰村、上野村、如意村、小杉村、高麗郡阿須村、秩父郡田村郷、藤倉村等にあり。○群馬県勢多郡新里村四十戸、山田郡大間々町三十戸、太田市五十戸。○山梨県中巨摩郡櫛形町四十四戸、南巨摩郡増穂町百四十戸、甲府市八十戸。○長野県北安曇郡白馬村四十四戸、大町市六十戸。○新潟県新津市四十三戸、五泉市四十戸、白根市四十戸。○福島県伊達郡川俣町三十戸、保原町七十戸、喜多方市七十三戸、福島市二百十戸。○岩手県宮古市九十四戸。○山形県東置賜郡川西町三十戸、最上郡戸沢村二十八戸、上山市四十三戸、新庄市五十八戸、山形市九十戸。○秋田県平鹿郡平鹿町五十六戸、仙北郡太田町四十二戸、仙北町四十八戸、中仙町四十戸あり。

一 忍城士の長沢氏 成田分限帳に「六十貫文・長沢播磨、十八貫文・長沢九郎左衛門」あり。十一項参照。

二 南畑城士の長沢氏 四十一項参照。

三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御馬廻・十石三人扶持・長沢八郎兵衛」あり。

四 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「医師・十五人扶持・長沢弘、三十一俵二人扶持・長沢宇平治、十六俵二人扶持・長沢祐七郎、十三俵二人扶持・長沢勘内、五両余二人扶持・河内詰・長沢鯉遊吉」。

五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「勘定奉行支配・五石余二人扶持・長沢作之助・十三歳、御勘定並・四石二人扶持・長沢猪兵衛・四十三歳」あり。

六 葛飾郡松伏村 松伏神社安政五年狛犬に長沢平助あり。三戸現存す。

七 同郡栗橋町 明治三十五年酒商長沢鉄五郎あり。

八 同郡中里村(栗橋町) 狐塚村香取社嘉永四年御嶽碑に中里村長沢又五郎。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に中里・長沢重三郎・長沢雷三郎あり。三戸現存す。

九 埼玉郡笹山村(蓮田市) 稲荷社明治初年碑に長沢友□郎。現存無し。

一〇 同郡上野田村(白岡町) 正伝寺享和三年地蔵尊に上野田村長沢源右衛門あり。

一一 同郡栢間村(菖蒲町) 忍城士にて小竹村(栢間村字小竹)の土豪なり。騎西城主成田泰親印判状(当村福田文書)に「天正四年丙子九月十九日、畠四町五段・六貫七百五十文・小竹長沢分、右出置者也、福田幸十郎とのへ」と見ゆ。二戸現存す。

一二 同郡吉羽村(久喜市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に太田吉羽村長沢嘉右衛門あり。三戸現存す。明治八年に吉羽西村新田を合併す。

一三 同郡西村(久喜市) 文政七年戸賀崎門人帳に太田庄西村長沢嘉右衛門。前項と同人か。明治九年西村副戸長長沢隆助・天保九年生あり。三戸現存す。

一四 同郡鷲宮村 武蔵志に「鷲宮村鷲宮神社、社人小山氏・宮内氏・壺井氏・山口氏・長沢氏七人なり」と。明治三年本多文書に鷲宮神社々家長沢平馬あり。九戸現存す。

一五 同郡中妻村(鷲宮町) 小名長沢あり、此氏の屋敷なり。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に埼玉郡長沢村・長沢作兵衛あり。二戸現存す。

一六 同郡小野袋村(北川辺町) 来福寺安永四年仏像銘に当村長沢作右衛門あり。一戸現存す。

一七 同郡上村君村(羽生市) 避来矢神社慶応二年馬頭尊に当所長沢彦次郎あり。現存無し。

一八 同郡利田村(行田市) 明治九年副戸長長沢専蔵。真名板村薬師堂明治十年水鉢に利田村長沢新太郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡利田長沢染右衛門・長沢長次郎・長沢平次郎あり。六戸現存す。

一九 足立郡芝村(川口市) 慈星院明治十年碑に長沢喜代松。八幡社明治四十年碑に芝村長沢新太郎あり。

二〇 同郡浦和町 岸町日蓮宗円蔵寺明治十四年顕妙塔に長沢仁左衛門(鳥玉子商)・長沢勝右衛門あり。

二一 同郡文蔵村(浦和市) 浦和町玉蔵院明治三十一年供養塔に文蔵・長沢寅吉あり。十三戸現存す。

二二 同郡与野町 明治二十六年長伝寺文書に与野長沢利助・長沢幾蔵(農業)あり。

二三 同郡木下村(大宮市) 氷川社元禄六年庚申塔に木下村永沢仁左門。法光寺明和六年地蔵尊に当村永沢仁左衛門・永沢嘉兵衛・永沢弥七あり。長沢氏八戸現存す。

二四 同郡宝来村(大宮市) 別所村福正寺寛政八年廻国塔に宝来村永沢金助あり。長沢氏二戸現存す。

二五 同郡指扇村(大宮市) 荒沢不動堂享保十一年庚申塔に永沢平次。別所村福正寺寛政八年廻国塔に増永村永沢平七.。氷川社天保十二年御神燈に下郷組永沢市郎左衛門あり。十戸現存す。

二六 同郡中野林村(大宮市) 明治二十六年与野町長伝寺文書に中ノ林長沢喜三郎あり。十九戸現存す。

二七 同郡上尾町 明治三十五年に長沢定七あり。

二八 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年建具職長沢海蔵あり。

二九 同郡貝塚村(上尾市) 明治四年百姓代長沢長吉あり。七戸現存す。

三〇 同郡戸崎村(上尾市) 当村に此氏多く存す。御嶽社延宝七年庚申塔に戸崎村長沢十兵衛、元禄十一年庚申塔に戸崎村長沢五郎左衛門、天保四年馬頭尊に長沢吉兵衛。峰岸村中島文書に文久元年算学門人戸崎村長沢八蔵房照・長沢庄左衛門安信。明治六年保長長沢万蔵あり。

三一 同郡鴻巣町 原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に鴻巣長沢源蔵。明治三十五年土木建築請負業長沢力蔵・太物商長沢源蔵あり。

三二 同郡寺谷村(鴻巣市) 明治九年文書に長沢国五郎あり。二戸現存す。

三三 同郡小谷村(吹上町) 明治十三年埼玉県老農名簿に小谷村篤農者長沢貞蔵あり。現存無し。

三四 高麗郡飯能町 明治十四年魚商長沢元八あり。

三五 同郡北平沢村(日高市) 瀧岸寺明治九年筆子碑に平沢村長沢又造あり。一戸現存す。

三六 同郡柏原村(狭山市) 当村に此氏多く存す。明治二十九年古鉄商長沢福松・荒物商長沢嘉之助あり。

三七 入間郡木蓮寺村(入間市) 当村に此氏多く存す。小名長沢あり、古代以来此氏の居住屋敷名なり。鋳物師長沢家(通称いかけや)文書の近江国日枝大社(滋賀県大津市、日吉大社)より授かった論旨に「暦応五年四月、鋳物師等所応令早任云々」。「暦応五年四月、大津之関所等煩金鉄器惣売買業云々、江州栗本郷岩井神社、高野大夫、杉田忠兵衛藤原清政、荏原勘六源清房、原田右衛門源清忠、原平六源清重、原喜兵衛源清利、長沢善蔵清並」と見ゆ。栗太郡栗東町に高野氏四十戸、杉田氏四戸、江原氏三戸、原田氏二十二戸、原氏十四戸、長沢氏現存無し。長沢善蔵清並は木蓮寺村鋳物師か。当村安永八年地蔵尊に長沢佐兵衛。桂川神社文久二年鳥居碑に当所長沢重左衛門・長沢三郎左衛門。元治元年白川家門人帳に入間郡金子木蓮寺村長沢長右衛門。明治五年准副戸長長沢帰三郎あり。

三八 同郡塚越村(坂戸市) 光明寺文化九年馬頭尊に塚越村長沢庄兵衛あり。一戸現存す。

三九 同郡川越町 明治三十五年足袋商長沢宗五郎・洋物舗長沢道之助・青物商長沢広吉。与野町一山神社明治三十五年碑に川越長沢新太郎。三芳野神社明治四十年碑に喜多町長沢宗五郎。明治四十三年川越織物市場仲買商丹波屋長沢浜五郎あり。

四〇 同郡府川村(川越市) 釘無村明治十九年馬頭尊に府川村長沢幸之助あり。現存無し。

四一 同郡鴨田村(川越市) 当村に此氏多く存す。我野郷長沢村(飯能市)に此氏が住して長沢谷と称すと云うが遥か以前よりの村名にて、出身説は地名附会なり。古代より鴨田村居住にて、出稼衆長沢氏は近村の下南畑村南畑城主上田周防守の臣なり。周防守は有力なる日蓮宗大檀那にて、家臣の多くも同宗なり。上田条参照。尚、天正十八年松山合戦図に長沢氏の名は見えず。松山城家臣の日蓮宗信徒は御堂村浄蓮寺檀家なれど長沢氏は過去帳に見えず。風土記稿川越小久保村条に「円乗坊に座像あり、比企郡松山の城主に仕へし長沢某が持し像にて、天正十八年松山落城の時、彼長沢は遁れ来て、河越鴨田村に住せり」。三芳野名勝図会に「天正十八年松山城滅亡之後、上田周防守臣長沢某・河越鴨田村に住す」と。上田周防守は南畑城主にて、松山城主上田能登守家臣説は附会なり。芳野村郷土誌稿に「鴨田村の内、新田は現在の長沢専太郎氏の始祖が開発す」。長沢専太郎家由緒に「父信濃守、長沢石見守信煕北条氏之幕下、故あって甲州武田家に仕う、よって戦功あり信の字・家紋源氏車瓜の内三星に一文字を賜う。先祖は嵯峨源渡辺党なり、信煕若くして阿賀野に住す、今もその堀を長沢谷(ナガサワヤツ)と称す。ここにおいて松山城主上田能登守源友直案独斎に属し、その後八王子龍ヶ嶽において討死、案独斎嫡子与四郎忠信に同属、案独斎川越夜討の時、下町燈明寺において戦死。石見守源信煕嫡・将監信清は鴨田村西門に移り住む。仲・左近信正は鴨田原の芝開きにして当主専太郎は十五代目なり。末・宮内信久は長沢医の祖。三人同じく松山城に属し、かつて太閤秀吉公の時、関東北条公の幕下に属し、城皆滅び、その三人走って鴨田の村に来たり農をなす。左近の嫡久右衛門信倍、久右衛門の嫡弥太郎信明川越に住す、その嫡久右衛門信親は病身の故をもって町同心をきらって町人となる。周玄院宗円日躰居士・俗名長沢左近信正・寛永九年壬申冬十月朔日寂」と見ゆ。字西門(にしかど)附近は早くより開発され、太田資武状に「河越西門之屋敷へ被相移」と見え、岩槻城主太田氏の館があった。川越日蓮宗行伝寺過去帳に「蓮想・鴨田兵庫・寅年二月。啓運・鴨田ノ兵庫・午年十一月。行順・鴨田兵庫・子年十月。道胤・鴨田ノ大膳・丑年五月。受清・鴨田左近・酉年四月。妙経・長沢内方・妙正寺ノ旦那・辰年十二月。妙行・鴨田ノ長沢前宮内母・戌年七月。法蓮・鴨田ノ長沢惣八・丙戌年十月。正順・長沢・鴨田衆・丑年二月。法秀・長沢久右衛門・鴨田衆・甲午年四月」。永禄天正より江戸初期頃なり。鴨田条参照。また、当村天台宗一乗院檀家長沢氏は、長沢左近一族とは別家にて古代より居住す。一乗院文書に「寛永十六年名主長沢新次郎。天和三年名主長沢治郎右衛門」。一乗院貞享二年庚申塔に鴨田村長沢治郎左衛門。同寺末神光寺享保二年厨子建立に名主長沢勘左衛門。一乗院観音堂明和六年六地蔵に長沢伊之助。川越喜多院五百羅漢像銘文に寛政頃・鴨田村長沢荘右衛門母・長沢伴右衛門。川越藩御用達にて、文化四年松平大和守付に「三人扶持・鴨田村長沢千之助」。一乗院文書に「天保七年名主長沢仙之助」。明治九年副戸長長沢弥惣右衛門・文政六年生。与野町一山神社明治三十五年碑に鴨田長沢房吉。八幡社明治三十九年碑に長沢直吉・長沢久作・長沢鶴八・長沢長蔵・長沢斧吉・長沢平作・長沢権太郎・長沢繁蔵・長沢菊次郎あり。

四二 比企郡本宿村(川越市) 鴨田村の隣村なり。明治五年戸籍編製に旧百姓代長沢五兵衛あり。三戸現存す。

四三 同郡表村(川島町) 吉原村宮原神社文政十三年御神燈に表村長沢藤七あり。一戸現存す。

四四 同郡出丸下郷(川島町) 字水深宝暦三年馬頭尊に出丸下郷長沢沖右衛門。表村養竹院明和六年六地蔵に下郷邑長沢半左衛門。明治五年戸籍編製に旧百姓代長沢庄右衛門、旧百姓代長沢福蔵。松山町箭弓神社明治三十一年碑に出丸村長沢儀三郎・長沢鶴吉あり。十一戸現存す。

四五 横見郡久保田村(吉見町) 明治九年副戸長長沢伊平・天保五年生。明治十二年紙屑屋長沢永吉・理髪店長沢太郎八・質屋長沢吉平あり。六戸現存す。

四六 大里郡和田村(熊谷市) 楊井白髭社安政七年庚申塔に長沢定吉あり。現存無し。

四七 同郡村岡村(熊谷市) 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に村岡・長沢久右衛門あり。現存無し。

四八 幡羅郡妻沼村 聖天旧記に「文禄三年、女沼郷古百姓長沢縫殿助七右衛門」。聖天宮文政七年御神燈に当所上町長沢倉吉。明治三十五年菓子商長沢章吉・飲食店長沢啓次郎あり。五戸現存す。

四九 秩父郡薄村(両神村) 万延元年武術英名録に甲源一刀流秩父郡小沢口村長沢久四郎・長沢惣太郎。明治五年小沢口雑穀商長沢久四郎あり。二戸現存す。

五〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「高麗川村(日高市)・長沢栄吉・百円、金子村(入間市)・長沢平重・十三円・二十円、長沢里吉・十四円、松井村(所沢市)・長沢賢二郎・八十九円、川越市・長沢半蔵・二十六円、芳野村(川越市)・長沢基・百二十五円、植木村(川越市)・長沢久次郎・十四円」あり。

長澤 ナガサワ 各市町村に存す。

永沢 ナガサワ 中沢の転訛なり。中沢条参照。○栃木県安蘇郡田沼町二十四戸。○山形県尾花沢市三十八戸。○秋田県平鹿郡山内村二十戸、河辺郡雄和町十七戸。○岩手県東磐井郡千厩町十五戸、東山町十九戸、大船渡市三十九戸。○青森県北津軽郡板柳町三十九戸、鶴田町二十九戸。○島根県能義郡広瀬町十一戸あり。

一 埼玉郡屈巣村(川里町) 真福寺宝暦十年供養塔に当村永沢六郎兵衛。天明元年山崎文書に字新田永沢作右衛門・永沢仁兵衛。野村玉松堂文久三年入門に屈巣村喜代松倅永沢国松あり。三戸現存す。

二 足立郡南部領辻村(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に辻村永沢藤七.。鷲神社明治三年水鉢に永沢平左衛門。明治九年戸長・私塾師匠・神官永沢平左衛門正秀・文化十四年生・明治三十三年没八十四歳・寺山村へ移る。鷲神社明治四十二年碑に永沢藤治郎・永沢良作・永沢はな・永沢光あり。六戸現存す。

三 同郡川田谷村(桶川市) 普門寺明和三年六地蔵に市場村長沢政次郎、天明二年水鉢に当村長沢伊兵衛。明治八年騎西町釜屋文書に川田ヶ谷村酒造業長沢利助・同業長沢政吉。釘無村明治十九年馬頭尊に川田谷村永沢利三郎。諏訪社明治三十九年幟碑に永沢代助・永沢甚太郎・永沢利三郎。昭和三年興信録に「川田谷村・永沢誠治・所得税二十五円」あり。十一戸現存す。

四 同郡鴻巣町 明治三十五年米穀商永沢幾太郎あり。

五 川越町 明治三十五年靴商永沢文治郎あり。

永澤 ナガサワ 各市町村に存す。

中路 ナカジ 各市町村に存す。福島県岩瀬郡岩瀬村六戸あり。

中司 ナカジ 鴻巣に存す。

中治 ナカジ 熊谷に存す。

流 ナガシ 越谷に存す。

永志 ナガシ 鳩ヶ谷に存す。

永椎 ナガシ 東松山に存す。

中塩 ナカシオ 川口、浦和、大宮、鳩ヶ谷、戸田、草加、幸手、飯能等に存す。宮城県桃生郡河南町四十六戸あり。

長塩 ナガシオ 各市町村に存す。群馬県北群馬郡吉岡町十戸あり。

一 忍城士の長塩氏 成田分限帳に「御番頭・長塩因幡」。風土記稿に「天正十八年忍城攻めの時、長塩因幡は持田口を守る」。忍城戦記に長塩因嶽。関八州古戦録に長垣因嶽佐あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十二俵二人扶持・長塩吉次郎」あり。

三 埼玉郡中種足村(騎西町) 大日堂嘉永五年庚申塔に中種足村下分下砂・長塩亀次郎あり。二戸現存す。

四 同郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に長塩幸吉。明治三十五年菓物商長塩安太郎あり。一戸現存す。

永塩 ナガシオ 川口、所沢等に存す。群馬県群馬郡箕郷町五戸あり。

中敷 ナカシキ 春日部、鷲宮等に存す。

中鋪 ナカシキ 越谷に存す。

永敷 ナガシキ 増長村観秀院安政二年供養塔に埼玉郡大野島村(岩槻市)永敷金蔵・永敷惣蔵あり。現存無し。

中敷領 ナカシキリョウ 入間、所沢、毛呂山等に存す。

中重 ナカシゲ 上尾、蓮田、与野、伊奈、朝霞、三郷等に存す。

仲重 ナカシゲ 松伏に存す。

中繁 ナカシゲ 春日部に存す。

永重 ナガシゲ 上尾、狭山等に存す。

中静 ナカシズカ 川口、浦和、大宮、越谷、春日部、草加、嵐山等に存す。新潟県三島郡越路町四十三戸あり。

中閑 ナカシズカ 風土記稿秩父郡古大滝村条に「大達原組大輪の妙見社の棟札に、武州秩父郡大滝谷大輪村、大檀那造栄主中閑三郎左衛門代官砌、天正七年二月八日綱広、小檀那枝太郎左衛門及び外六名の姓名を記せり」と見ゆ。中閑・枝氏は無し。

中下 ナカシタ 各市町村に存す。岩手県九戸郡種市町十一戸、大野村六戸あり。

長下 ナガシタ 毛呂山に存す。

中篠 ナカシノ 明治三十三年農会々員名簿に秩父郡本野上村(長瀞町)中篠仲三郎あり。一戸現存す。

長篠 ナガシノ 草加、鶴ヶ島等に存す。

中芝 ナカシバ 新座、毛呂山等に存す。

中柴 ナカシバ 牟礼村長昌寺明治十二年筆子碑に男衾郡富田村(寄居町)中芝宗五郎あり。中柴氏五戸現存す。

長柴 ナガシバ 八潮に存す。

中島 ナカジマ 古代朝鮮語で那は国、曷は村、島は集落の意味。韓国(辛国)渡来人集落を中島と称す。中参照。葛飾郡二郷半領中島村(吉川市)、庄内領中島村(幸手市)、埼玉郡新方領中島村(越谷市)、百間領中島村(宮代町)、足立郡与野領中島村(浦和市)あり。九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に中島里の地名見ゆ、大里条参照。比企郡古池村字田代・字菊間・字中島(越生町)あり、文安三年報恩寺年譜に入西郡越生郷恒弘名内田代村菊万在家・中島在家と見ゆ。埼玉郡鷲宮村字中島郷は鷲宮神社文書に永和二年社領中島郷と見え、千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑にハシ仲シマ村と見ゆ。同郡八条村字中島(八潮市)は古の村名にて、彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に八条村中島と見ゆ。同郡上中条村字中島廓(熊谷市)は享保二年地蔵尊に中島新田と見ゆ。また小名中島は、葛飾郡中川崎村、上内川村、小淵村、木立村、大膳村、埼玉郡大房村、上平野村、飯塚村、浮塚村、上会下村、野牛村、青毛村、栗原村、中渡村、岡古井村、上真名板村、村国村、大道村、上崎村、中種足村、加倉村、新宿村、野村、小松村、屈巣村、足立郡柳島村、藤兵衛新田、小深作村、深作村、指扇村、五関村、花栗村、高畑村、小室宿村、小針新宿村、小室領別所村、入間郡三ヶ島村、大森村、三ツ木村、岸村、高畑村、小用村、堀ノ内村、滝野入村、如意村、上谷村、高麗郡仏子村、中藤村中郷、上広瀬村、田木村、比企郡小川村、飯田村、千手堂村、鹿飼村、田木村、男衾郡板井村、幡羅郡小島村、台村、石塚村、妻沼村、久保島村、榛沢郡上敷免村、飯塚村、秩父郡上吉田村、品沢村、久長村、下田野村、別所村、上小鹿野町、南村等にあり。尚、上野国甘楽郡麻生村、大寄村、中島村(多野郡万場町)は古く武蔵国秩父郡に属したが、元禄十一年幕府の裁許により上野国となる。元亀二年四月山口文書に「山中之内、あそう村、をより、なか島、右三ヶ村」と見ゆ。此氏は武蔵国、上野国、常陸国、信濃国等に多く存す。○群馬県利根郡水上町七十六戸、吾妻郡吾妻町四十五戸、北群馬郡吉岡町七十五戸、群馬郡群馬町六十戸、榛名町百四十戸、碓氷郡松井田町百三十戸、勢多郡粕川村五十戸、富士見村七十戸、山田郡大間々町五十五戸、新田郡尾島町四十戸、新田町六十戸、佐波郡赤堀町五十五戸、境町百戸、玉村町四十戸、安中市三百五十戸、藤岡市百戸、桐生市四百戸、太田市二百三十戸、館林市百六十戸、伊勢崎市二百五十戸、高崎市五百五十戸、前橋市五百戸。○栃木県下都賀郡大平町七十戸、都賀町四十戸、小山市百七十戸、栃木市百三十戸、足利市二百九十戸。○茨城県那珂郡山方町五十戸、新治郡千代田町五十戸、八郷町八十戸、稲敷郡阿見町六十五戸、茎崎町七十戸、美浦村四十戸、筑波郡伊奈町六十六戸、谷和原村八十戸、結城郡石下町七十戸、八千代町六十戸、千代川村四十四戸、真壁郡明野町百二十戸、猿島郡総和町四十戸、水海道市百二十戸、牛久市百三十戸、つくば市三百戸、日立市百五十戸、水戸市百三十戸。○千葉県市原市三百五十戸。○山梨県北都留郡上野原町五十戸、中巨摩郡白根町九十戸、竜王町四十戸、八田村百十五戸、甲府市百七十戸。○長野県埴科郡坂城町九十七戸、北佐久郡軽井沢町七十戸、南佐久郡川上村六十七戸、南相木村百二十戸、南安曇郡豊科町六十戸、穂高町七十六戸、三郷村五十三戸、須坂市二百八戸、上田市百六十六戸、佐久市二百戸、岡谷市百八十五戸、飯田市三百三十戸、塩尻市百十六戸、松本市四百八十戸。○新潟県南蒲原郡中之島町六十六戸、中魚沼郡津南町四十戸、南魚沼郡六日町百七十戸、大和町七十四戸、上越市百四十戸。○福島県会津若松市百五戸。○山形県最上郡最上町四十戸、大蔵村四十戸。○岩手県二戸郡一戸町七十四戸、宮古市百四十五戸、花巻市百二十戸。○青森県東津軽郡今別町六十五戸、南津軽郡平賀町百三戸、青森市百八十戸。○島根県簸川郡斐川町四十七戸、松江市百四十七戸、益田市三百三十戸。○鳥取県岩美郡岩美町六十戸、米子市百十戸、鳥取市三百九戸あり。奥州はナカシマと称す。

一 松山城士の中島氏 天正庚寅松山合戦図に「雷電山・大谷・平・岡郷・兜山方面城方・中島右馬介、久米田・大串・和名・古名方面城方・中島九郎左衛門」あり。勝呂郷住人なり。百三十七項参照。

二 忍城士の中島氏 成田分限帳に「二十七貫文・中島備後、二十貫文・中島八郎左衛門、十八貫文・中島杢之助、十八貫文・中島助六」あり。

三 鉢形城士の中島氏 鉢形分限帳に「本国相州大住・中島平八」あり。分限帳の本国は信用出来ず。二百四、二百七項参照。

四 深谷城士の中島氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、中島図書」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御代官・三十俵三人扶持・中島徳兵衛、御買物使・二十俵二人扶持・中島作左衛門、御料理人・三両余二人扶持・中島権左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「三十俵二人扶持・中島左助、四人扶持・中島幸八、四両二人扶持・中島長兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「御矢師見習格・四両余二人扶持・中島理之丞」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「吟味役・四石二人扶持・中島重左衛門、三両余二人扶持・中島春太郎」。嘉永七年に「御徒・六石二人扶持・中島豊市、御広敷御用達支配・三両余二人扶持・中島新五郎」。明治四年忍藩士族名簿に「四石二人扶持・中島寅太郎、又者(家老等の臣)・八十一石余・中島貞次郎」あり。

七 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・中島作兵衛」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・中島庄兵衛、三十六俵・中島四郎左衛門」あり。

八 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十両五人扶持・中島浅之丞、三人扶持・中島宗二、三両二人扶持・中島茂太夫」。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・九十石・亡父隼人左衛門・中島熊四郎・二十六歳、御馬廻・十三人扶持・亡父諸右衛門・中島環・三十歳、御中小姓・十人扶持・亡父孫右衛門・中島甚太夫・三十一歳、同役・八石二人扶持・養父一二三・中島来輔・御隠居・来輔父・中島一二三・五十九歳」あり。

一〇 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御代官・十二人扶持・中島巌、御中小姓・六石二人扶持・中島良治郎」。明治四年半原県分限帳に「大属・郡政・中島巌・士族、少属・中島誠・士族、卒・中島光治郎・士族」あり。

一一 高麗陣屋御代官 高麗陣屋天正十九年以来代官交替覚書に「関八州御代官大久保石見守殿御手代、本宿居・中島喜左衛門」あり。

一二 関東郡代伊奈氏家臣 寛文十一年に中島三左衛門。元禄年中に中島五兵衛あり。

一三 葛飾郡高須村(三郷市) 香取社文政二年水鉢に当村中島源兵衛・中島安五郎あり。四戸現存す。

一四 同郡平沼村(吉川市) 中井村御嶽社明治十三年御神燈に平沼中島久治郎あり。二戸現存す。

一五 同郡道庭村(吉川市) 長福寺文化七年供養塔に中島藤蔵あり。現存無し。

一六 同郡築比地村(松伏町) 下香取社享和元年庚申塔に中島八右衛門、明治十六年浅間碑に中島八右衛門。妙応院文久元年成田山碑に中島利七・中島久右衛門・中島八右衛門あり。二戸現存す。

一七 同郡西宝珠花村(庄和町) 天保八年戸賀崎門人帳に宝珠花村中島善三郎。宝珠花神社元治二年狛犬に当所中島市兵衛・中島作兵衛。明治三十年人名録に宝珠花村長中島作平・嘉永六年生あり。三戸現存す。

一八 同郡小淵村(春日部市) 大杉神社元治元年狛犬に当所島株中島定五郎あり。六戸現存す。

一九 同郡藤塚村(春日部市) 香取社江戸末期御神燈に中島平左衛門・中島久兵衛・中島清吉・中島民蔵。明治九年副戸長中島平左衛門・天保十年生あり。十九戸現存す。

二〇 同郡杉戸町 須賀村身代神社嘉永五年御神燈に杉戸中島与三郎。明治三十五年料理店中島与三郎あり。

二一 同郡並塚村(杉戸町) 天保十五年戸賀崎門人帳に並塚村中島久三郎。明治九年副戸長中島太平治・嘉永二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に並塚村中島太郎吉あり。四戸現存す、

二二 同郡蓮沼村(杉戸町) 字本村香取社天明八年庚申塔に中島伊八郎家□、文化元年庚申塔に中島松太郎、文政元年庚申塔に中島多十郎、天保八年塞神碑に中島亀三郎。藤塚村香取社江戸末期御神燈に蓮沼村中島伊八.。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に蓮沼村中島伊八.。明治三十年人名録に中島治郎右衛門・嘉永四年生・地租五十七円、中島善蔵・弘化三年生。本村香取社明治三十二年碑に中島善蔵あり。五戸現存す。

二三 同郡才羽村(杉戸町) 香取社明和七年水鉢に中島惣右衛門・中島直右衛門。松源寺文化十一年庚申塔に中島小左衛門・中島惣次郎・中島忠治郎。鷲巣村鷲神社明治三年御嶽碑に才羽村中島伊左衛門。明治九年副戸長中島徳左衛門・天保九年生。八幡社明治三十年碑に米野谷・中島良右衛門・中島善蔵・中島直右衛門・中島善右衛門あり。七戸現存す。

二四 同郡深輪村(杉戸町) 鷲巣村正明寺寛政六年宝篋印塔に深輪村中島三右衛門、寛政十二年庚申塔に深輪村中島岩右衛門あり。二戸現存す。

二五 同郡佐左衛門村(杉戸町) 八幡香取社安政五年浅間碑に中島源之丞・中島忠次郎。明治三十年人名録に中島源蔵・安政五年生・地租四十円あり。二戸現存す。

二六 同郡幸手町 明治三十五年米穀商中島久次郎・果物商中島常五郎。

二七 同郡権現堂村(幸手市) 熊野社明治三十四年碑に中島忠吉あり。

二八 同郡戸島村(幸手市) 明治十年安戸村・上戸村・大島新田が合併して戸島村となる。大島新田共同墓地安永七年宝篋印塔に中島弥七.。安戸村八幡社嘉永五年庚申塔に中島幸助、安政五年庚申塔に中島喜助。平須賀村観音堂明治十五年寄付に戸島村中島喜助あり。

二九 同郡栗橋宿 八坂社文化十四年御神燈に中島関ノ都あり。

三〇 同郡佐間村(栗橋町) 八幡社嘉永三年狛犬に中島嘉兵衛あり。現存無し。

三一 同郡西大輪村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に西大輪村中島伝右衛門。雷電社文化十二年御神燈に中島彦八・中島甚蔵・中島林右衛門・中島三郎治・中島三五郎、文久三年狛犬に中島伝吉。鷲宮村鷲宮神社文政十三年金燈籠に西大輪村中島甚蔵、嘉永五年狛犬に西大輪村中島真右衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に西大輪村中島真右衛門。明治四年白石文書に組頭中島郷右衛門、百姓代中島安右衛門。明治九年副戸長中島郷右衛門・弘化三年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に西大輪村中島郷右衛門。明治十二年副議長中島吉松。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流西大輪村中島勝蔵・中島吉松。明治三十年人名録に中島賢蔵・明治十五年生・地租百円、中島吉松・弘化四年生・地租十五円あり。十一戸現存す。

三二 埼玉郡八条村(八潮市) 小名中島は此氏の屋敷名より村名となる。当所は古くより開発された地で、下総香取神社至徳四年文書に「志もかわへのうちひこなのせき・つるかそねのせき」と、鶴ヶ曽根の関は字中島耕地にあった。当所には元徳二年・貞和三年銘の板碑が出土している。中島一族は是以前からの土着者である。中島兵庫は小名中島の総本家で広大な屋敷を構へ江戸中頃より微禄しだして関根に姓を変えたと云うが、総本家説は誤りなり。当村に中島氏十四戸、関根氏五戸現存す。初代中島兵庫(本名関根)は在名中島氏を名乗り、微禄後は本名関根に復姓す。当所の古代以来居住の苗字中島一族とは別家である。粕壁町関根文書に「関根帯刀家の分家埼玉郡二合半領八条村兵庫」と見ゆ。浄土宗大経寺宝篋印塔に「法誉浄金・大経寺大旦那開山中島兵庫・寛永七年四月九日卒」。当寺は中世の開基にて、是は中興開基なり。当寺墓碑に「中島太郎衛門・寛文七年卒」あり、是は苗字の中島氏なり。風土記稿八条村条に「大経寺開基は関根兵吾と云、其子孫今も村民にあり」と。風土記稿編纂の寛政頃に本名関根氏を名乗っており、先祖の開基兵庫も関根氏と記している。当村寛政八年水神宮碑に中島兵庫とあり。在名中島も名乗っている。関根条五十三項、及び百項参照。

三三 同郡西袋村(八潮市) 蓮華寺慶安三年庚申塔に中島長右門、宝永五年庚申塔に中島清□□□。氷川社嘉永七年御神燈に西袋村中島栄治郎・中島寅次郎・中島茂右衛門、川西組中島清左衛門・中島重蔵。観音堂安政三年筆子碑に西袋中島清左衛門、明治十九年絵馬に西袋村中島清左衛門・中島久米次郎・中島善太郎。西袋村会議員中島清左衛門・天保十四年生。明治三十年人名録に中島銀蔵・元治元年生・地租二十一円。氷川社明治四十年絵馬に西袋中島市五郎、明治四十五年絵馬に西袋中島清蔵・中島銀蔵あり。十三戸存す。

三四 同郡青柳村(草加市) 当村文政十三年供養塔に中島元右衛門・中島直吉・中島勘治郎あり。十五戸存す。

三五 同郡越ヶ谷町 明治三十五年煙草商中島竹治郎・荒物商中島喜助。

三六 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「上組百姓飴屋吉兵衛先祖之義、延宝之頃大房村より引越名所請候、中島久四郎は大房中島耕地に居住致居追々町方へ引移申候由、中古中島家之本家也。中島清右衛門は中島清兵衛弟、天明中より百姓に成申候。中島清兵衛義、大房村より中島久四郎分家之者、安永年中半軒之百姓に成。下組中島源八義は寛保延享之頃、越谷より引越来候者之由也。宝暦七年大沢町百姓、あめ屋中島久四郎・とうふ屋中島源八.。明和五年帳面表、中島清兵衛・中島吉兵衛・中島源八」と見ゆ。香取社寛政元年御神燈に中島清兵衛、文化三年鳥居碑に大沢町上組中島清兵衛・中島清右衛門、文化八年御神燈に大沢町上組中島吉五郎・中島半蔵・中島常五郎・中島新七・中島吉兵衛。鈎上村神明社元治元年碑に大沢中島清右衛門。明治三十五年飲食店中島新七・菓子商中島文次郎。

三七 同郡大房村(越谷市) 小名中島耕地は此氏の屋敷名なり。十戸現存す。前項参照。

三八 同郡増森村(越谷市) 増森公民館文化四年地蔵尊に中島九八.。明治四年百姓代中島与右衛門あり。八戸現存す。

三九 同郡増林村(越谷市) 下組香取社慶応元年狛犬に中島惣右衛門・中島幸八.。慶応三年御鷹場野廻役中島惣右衛門あり。五戸現存す。

四〇 同郡中島村(越谷市) 越巻村中新田組元治元年筆子碑にナカシマ中島勇治郎・中島福蔵。明治四年組頭中島勘左衛門あり。四戸現存す。

四一 同郡小曽川村(越谷市) 中島氏は在名小曽川氏を称す。オソガワ条参照。風土記稿小曽川村条に「旧家者兵吉、中島を氏とす。古は小曽川氏にて、祖先を小五郎と呼ぶ。古文書等もありしが、中古失へりと云。按に小曽川小五郎は、岩槻太田氏に仕へしものなるにや」と見ゆ。野島村浄山寺文化十年供養塔に小曽川村中島兵蔵・中島平蔵・中島忠兵衛・中島甚左衛門・中島幸内・中島岩右衛門。久伊豆社文政九年頃に中島兵蔵・中島佐太郎・中島岩太郎・中島宮右衛門・中島新兵衛。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に小曽川村中島甚左衛門。鈎上村神明社元治元年碑に小曽川中島忠左衛門。明治九年副戸長中島兵蔵。久伊豆社明治二十九年碑に中島甚左衛門・中島安左衛門・中島兵庫・中島彦左衛門・中島栄次郎・中島弥惣次・中島文蔵・中島礒次郎・中島佐吉・中島松五郎・中島寅吉・中島小平次。明治三十年人名録に中島安左衛門・文政十一年生・地租五十円。下蛭田村明治四十一年古峰院碑に小曽川中島連次郎あり。十五戸現存す。

四二 同郡袋山村(越谷市) 当村に此氏多く存す。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に袋山村中島金右衛門。白川家門人帳に文久四年袋山村中島辰五郎。鈎上村神明社元治元年碑に袋山中島幸右衛門・中島常次郎。久伊豆社慶応四年御神燈に北組中島幸右衛門・中島武右衛門。明治九年戸長中島幸右衛門・文政十年生。明治三十年人名録に中島久太郎・安政五年生・地租三十七円、中島源太郎・文久三年生・地租二十七円、桐箱製造業中島三次郎・安政四年生・地租二十二円あり。

四三 同郡蒲生村(越谷市) 清蔵院宝暦十年廻国塔に中島留兵衛。明治三十年人名録に中島六右衛門・弘化二年生・地租二十二円あり。

四四 同郡荻島村(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に荻島村中島要蔵。五所神社明治九年浅間碑に中島三郎兵衛、堤根組中島仁蔵・中島国太郎。明治三十年人名録に中島卯八・安政元年生・地租三十円あり。九戸現存す。

四五 同郡岩槻町 加倉村浄国寺元禄十一年棟札に修造奉行岩付檀那中島清右衛門信尹、岩付惣檀那中島勘兵衛・中島善左衛門、享保三年六地蔵に中島勘兵衛。久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町中島徳左衛門、文久三年塞神碑に中島徳左衛門(代々脇本陣を務める)。岩槻誌に「久保宿町、慶応末年、持高十五石余・名主中島永左衛門・倅名主中島宗五郎」。明治六年岩槻町戸長中島武笛。明治十六年鉄道敷設願に中島弥三郎。明治三十五年化粧品商中島万喜知郎・下駄商中島辰五郎・下駄商中島定七・中島ノブ・中島長市郎あり。

四六 同郡本宿村(岩槻市) 北野天満宮天保六年御神燈に中島茂左衛門あり。二戸現存す。

四七 同郡鈎上村(岩槻市) 神明社元治元年碑に当村中島主計あり。現存無し。

四八 同郡鈎上新田(岩槻市) 明治三十年人名録に織物製造業中島浅次郎・明治三年生・地租二十円あり。一戸現存す。

四九 同郡高曽根村(岩槻市) 薬師堂元禄七年水鉢に高曽根村中島四郎右衛門、安政二年庚申塔に当所中島四郎右衛門・中島丈右衛門・中島文七.。稲荷社文化十年御神燈に当所中島勇次郎・中島文吉、文化十一年御神燈に中島要吉。野島村浄山寺文化十年供養塔に高曽根村中島丈右衛門・中島四郎右衛門・中島源蔵。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に高曽根村中島文七.。明治九年副戸長中島文七・文政元年生。明治三十年人名録に中島善七・弘化元年生・地租三十五円あり。三戸現存す。

五〇 同郡平林寺村(岩槻市) 明治九年副戸長中島忠八・天保九年生あり。一戸現存す。

五一 同郡平野村(岩槻市) 西福寺安永三年供養塔に中島市左衛門、享和四年庚申塔に中島利八・中島忠右衛門。稲荷社嘉永四年石尊碑に中島権平・中島茂左衛門・中島吉五郎、嘉永六年幟碑に中島文八.。下蛭田村明治四十一年古峰院碑に南平野中島茂吉あり。八戸現存す。

五二 同郡粕壁町 東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に中島松之進あり。

五三 同郡一ノ割村(春日部市) 円福寺安永七年庚申塔に中島甚□あり。三戸現存す。

五四 同郡大畑村(春日部市) 香取社享和元年庚申塔に中島文七、文政十二年庚申塔に中島善蔵、明治十六年浅間碑に中島浅治郎・中島七蔵あり。三戸現存す。

五五 同郡高岩村(白岡町) 忠恩寺宝永五年供養塔に中島甚右門。字田端天明八年庚申塔に中島弥左衛門・中島権平・中島津右衛門・中島元右衛門・中島宇兵衛あり。三戸現存す。

五六 同郡百間東村(宮代町) 西光院伝に「常陸の州の大守阿部仲麻呂と云ふ人あり、素より広徳有信の檀越なり。仲麻呂封邑の中、二百余町を寄付し、旦家臣鈴木左近将監重正、島村主計頭忠興、中島左衛門尉吉房に命じて奉行とし、地を鑚り基を開き精舎を経始、天平十三年辛巳の秋なり」と見ゆ。有名なる仲麻呂は附会であろうが、中島氏は古代の土着者なり。天正十八年島村出羽守宗明が道仏村を開発し、元和五年に中島村と改称すと云う。是以前の古代に中島氏が土着して中島村を唱えていたのであろう。

五七 同郡百間中村(宮代町) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に中村・中島留五郎あり。

五八 同郡和戸村(宮代町) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

五九 同郡久喜町 明治三十五年金貸業中島百・幸魂教会中島慶太郎あり。

六〇 同郡菖蒲町 菖蒲神社安政二年水鉢に中島宗吉あり。

六一 同郡騎西町 玉敷神社弘化四年二十三夜塔に町講中・中島富造。明治九年副戸長中島岩治郎・天保七年生。明治三十五年菓子砂糖商中島勝造・穀荒物商中島勇造・米穀商中島福重あり。

六二 同郡戸崎村(騎西町) 当村安永三年庚申塔に戸崎村中島与左衛門あり。一戸現存す。

六三 同郡中種足村(騎西町) 小名中島あり。雷神社享保七年庚申塔に中種足村中島孫右門、明治十三年庚申塔に中島太平あり。二戸現存す。

六四 同郡正能村(騎西町) 土豪にて、慶長十一年検地帳に「中島作」と随所に見ゆ。龍花院宝暦十四年聖観音に中島藤吉・中島治助。諏訪社嘉永五年富士講に当村中島新兵衛・中島佐七・中島惣太郎。下村君村永明寺文久二年仙元碑に正能村中島新兵衛。明治九年副戸長中島孝五郎・弘化元年生。菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に中島周次郎。雷電社明治十七年碑に正能邑中島喜蔵。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流正野村中島周次郎あり。五戸現存す。

六五 同郡鴻茎村(騎西町) 久伊豆社正徳五年弁財天碑に中島忠兵衛。寿昌寺享保十四年庚申塔に鴻茎村中島金左衛門、安政五年馬頭尊に鴻茎村中島仙蔵・中島伊八.。芋茎村神明社文政二年庚申塔に中島泰庵。慶応元年水鉢に中島利根治郎あり。十戸現存す。

六六 同郡笠原村(鴻巣市) 東光寺文化十三年地蔵尊に中島治右衛門。明治四年名主中島治右衛門・四十四歳。明治九年副戸長中島治太夫・安政四年生。久伊豆社明治三十九年碑に中島兼吉・中島豊吉あり。十六戸存す。

六七 同郡新宿村(吹上町) 山神社明治四十二年碑に北新宿・中島弥市・中島時次郎・中島岩吉あり。三戸現存す。

六八 同郡鷲宮村 小名中島郷あり。鷲宮神社文書に「正保三年三月鷲宮社再興、大工中島戸右衛門」と見ゆ。五戸現存す。

六九 同郡上内村(鷲宮町) 寿徳寺宝永六年木造に上内椎名新田中島武右衛門あり。五戸現存す。

七〇 同郡琴寄村(大利根町) 善定寺文政七年馬頭尊に中島治兵衛。駒形社嘉永四年水鉢に中島武兵衛熙清。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に琴寄村中島武兵衛。明治四年百万遍証書に須賀組惣代中島又五郎、前新田組惣代中島武兵衛、内蔵新田組惣代中島仙太郎。横沼神社明治九年御神燈に中島武兵衛。北大桑村円満寺明治十三年絵馬に琴寄村中島弁蔵。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流琴寄村中島有太郎。明治三十五年善定寺檀徒惣代人中島甲子郎。浅間社明治三十六年絵馬に中島栄次郎あり。十六戸現存す。

七一 同郡下新井村(大利根町) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北下新井村欠折中島栄次郎あり。七戸現存す。

七二 同郡道目村(大利根町) 鷲大神明治十二年浅間碑に中島宇兵衛あり。現存無し。

七三 同郡砂原村(大利根町) 鷲神社年不詳敷石碑に砂原村中島助次郎あり。三戸現存す。

七四 同郡旗井村(大利根町) 旗井神社日露戦役碑に中島辰五郎あり。十五戸現存す。

七五 同郡加須町 明治十九年神沢文書に下組中島松五郎。明治三十五年料理店中島茂兵衛・菓子商中島勘吉・織屋中島仁助・雛人形大里屋中島八五郎あり。

七六 同郡久下村(加須市) 百間村青林寺寛政十年文書に久下村中島織右衛門。鷲宮社安政七年御神燈に中島孫右衛門・中島平次郎・中島弥八・中島長吉・中島文蔵・中島作十郎・当所役人中島織右衛門、文久二年筆子碑に中島和市・中島重蔵。佐間村高源寺慶応三年筆子碑に久下村中島藤次郎。明治四年藍玉仲間中島忠兵衛。明治三十五年豆腐製造武蔵屋中島京助・飲食店中島惣兵衛あり。十二戸現存す。

七七 同郡三俣村(加須市) 諏訪社文化四年水鉢に上河原中島重右衛門あり。

七八 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に当所中島惣七あり。一戸現存す。

七九 同郡南篠崎村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に南篠崎村中島清五郎。神明社安政三年御神燈に中島三次郎・中島清次郎・中島佐次兵衛・中島沖右衛門・中島伝蔵。明治四年藍玉仲間中島米三郎。明治九年副戸長中島清五郎・文政十年生あり。三戸現存す。

八〇 同郡大越村(加須市) 伊南利神社寛政九年塞神碑に笹道村稲荷宮中・中島安右衛門・中島亀治郎・中島与源治・中島彦兵衛。八坂社文政六年巡拝塔に笹道中島安右衛門。徳性寺文政九年常夜燈に堤崎中島安右衛門。鷲尾神社嘉永七年敷石碑に笹道中島仲輔。明治九年副戸長中島安右衛門・文政十年生。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に中島大助あり。九戸現存す。

八一 同郡上羽生村 毘沙門堂宝永三年棟札に中島与左衛門・中島市右衛門・中島五郎作、宝暦七年常夜燈に中島治左衛門、杉下組中島作次郎・中島与左衛門、入組中島源之丞、天保十一年石華表碑に宿並組中島治左衛門・中島伴蔵・中島佐次郎、入組中島与八.。字宮田慶応三年馬頭尊に中島重吉・中島与右衛門。明治五年酒造業中島与右衛門・鳶職中島与八・質商中島源三郎。明治九年副戸長中島長吉・天保十年生、副戸長酒造業住吉屋中島佐次郎・弘化二年生。明治三十一年羽生銀行発起人上羽生村中島貞次郎・百株二千円所有。明治三十五年酒造業中島貞次郎・荒物商中島良助・同中島安太郎・製茶商中島国吉・籠屋中島利吉あり。

八二 同郡下羽生村 上手子林村実林院寛延三年筆子碑に下羽生村中島市左衛門。真光寺宝暦八年供養塔に中島権右衛門、文化四年十九夜塔に下羽生村谷・中島清右衛門。小林村小松神社文政五年碑に下羽生村中島市左衛門。明治七年富士講に下羽生村中島寅松・中島勇八あり。

八三 同郡上村君村(羽生市) 雷電社寛延四年庚申塔に上村君村新田中島太郎兵衛、江戸末期玉垣碑に中島久蔵。避来矢神社慶応二年馬頭尊に当所中島久左衛門。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に上村君村中島光太郎あり。三戸現存す。

八四 同郡上新郷(羽生市) 西福寺寛永十二年大日如来坐像銘に忍新郷中島又左衛門。住吉社文政四年庚申塔に中島彦太郎・中島弥左衛門・中島惣七・中島勝五郎・中島十蔵・中島藤二郎・中島平六・中島長兵衛・中島富蔵・中島市右衛門・中島仙蔵・中島新蔵・中島平三郎。下新田村羽黒社天保七年石華表碑に横塚中島定右衛門。須加村熊野社嘉永五年御神燈に上新郷中島金治郎あり。十四戸現存す。

八五 同郡小松村(羽生市) 小名中島あり。小松神社安政六年算額に当所中島庄蔵春信(明治十四年没)。子孫中島昇なり。須影村八幡社慶応元年算額に小松邨中島兼吉匡義(明治三十七年没)。子孫中島善吉なり。明治十八年最上農名簿に中島兼吉・耕宅地六町歩・山林一反歩所有あり。五戸現存す。

八六 同郡発戸村(羽生市) 観乗院文化十三年仙元碑に中島常太郎。鷲宮社嘉永五年供養塔に中島藤重郎・中島恵蔵・中島清兵衛、明治十年碑に中島善次郎。元治二年油商中島儀兵衛。明治九年戸長酒造業中島善太郎・天保三年生あり。四戸現存す。

八七 同郡忍町 明治三十五年薬商中島秀伯・荒物商中島平八あり。

八八 同郡埼玉村(行田市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村下埼玉中島増二あり。三戸現存す。

八九 同郡若小玉村(行田市) 勝呂神社安政三年御神燈に中島藤左衛門あり。一戸現存す。

九〇 同郡下須戸村(行田市) 御嶽社文政元年浅間碑に中島政右衛門・中島熊蔵・中島孝五郎・中島弁次郎・中島幸三郎・中島平松・中島玉吉・中島伊三郎、江戸末期水鉢に中島政右衛門・中島五郎左衛門・中島宗八.。安政三年剣術義集館に下須戸村中島平十.。明治九年副戸長中島熊太郎・天保十一年生、副戸長中島弁次郎・文政十年生。明治二十一年皇国武術英名録に小野派一刀流埼玉郡須戸村中島仁平あり。十五戸現存す。

九一 同郡下中条村(行田市) 治子神社嘉永五年大黒天碑に中島作右衛門あり。二戸現存す。

九二 足立郡下青木村(川口市) 西方寺寛保二年筆子碑に中島五左衛門あり。

九三 同郡石神村(川口市) 真乗院貞享三年半鐘銘に中島佐太夫勝昌あり。一戸現存す。

九四 同郡飯塚村(川口市) 川口宿善光寺元禄七年碑に飯塚村中島五左衛門。最勝院天保五年弘法大師碑に中島五左衛門・中島半四郎・中島惣蔵。氷川社文久二年碑に中島辰五郎・中島新五郎・中島千代太郎・中島友蔵、明治四十四年碑に飯塚中島友蔵・中島兼吉・中島甲子・中島友吉あり。十三戸現存す。

九五 同郡草加宿 東福寺文政十三年筆子奉納額に中島勘七・八歳。明治二年頃四丁目(宿篠葉村)旅籠屋万屋中島兵吉。市神祠官筆学門人控に明治十七年二丁目中島や倅中島作太郎。明治三十五年荒物商中島作蔵あり。

九六 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 明治八年矢作文書に中居村本村組中島ハツあり。

九七 同郡蕨町 明治三十五年織物製造業中島拓吉・仕上業中島豊七・五斗酒醤油商高沢屋中島善次郎あり。

九八 同郡新曽村(戸田市) 常楽院安永四年庚申塔に中島久兵衛あり。

九九 同郡笹目村(戸田市) 下笹目村慈眼寺天保五年供養塔に中島与右衛門。明治三十一年染物業中島長蔵あり。

一〇〇 同郡浦和町 明治三十五年白米薪炭商中島藤四郎あり。

一〇一 同郡三室村(浦和市) 文殊寺隣文政七年榛名碑に松木屋中島武右衛門あり。十九戸現存す。

一〇二 同郡大門宿(浦和市) 大興寺文化十四年念仏供養塔に大門宿中島源左衛門、天保七年会田筆子碑に中組中島源左衛門・中島平兵衛。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡大門宿中島源左衛門。会田家手習帳に嘉永二年・当宿中島意之助・十歳、嘉永四年・当宿中島太兵衛三男雄之介、安政二年・当宿中島源左衛門四男兼介・十一歳。万延元年武術英名録に北辰一刀流越ヶ谷宿在大門宿中島道之助。鈎上村神明社元治元年碑に大門中島敬雲あり。六戸現存す。

一〇三 同郡御蔵村(大宮市) 神明社嘉永五年水鉢に御倉白岡両村中島伝左衛門。明治九年副戸長中島伝左衛門・天保八年生。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑にミクラ中島利三郎あり。五戸現存す。

一〇四 同郡指扇村(大宮市) 小名中島あり。別所村福正寺寛政八年廻国塔に台村中島定七.。氷川社天保二年御神燈に中島弥助、明治三十年御神燈に中島惣右衛門あり。十四戸存す。

一〇五 同郡指扇領峰岸村(大宮市) 名主中島三之丞―長左衛門―定右衛門―三之丞(私塾師匠)―武之助重憲(名主、算学者、私塾師匠、天保九年生、明治九年副戸長、明治十四年没)。子孫中島今朝蔵なり。穂積神社天保九年御神燈に峰岸村中島三之丞あり。七戸現存す。

一〇六 同郡小針内宿村(伊奈町) 小針神社天保九年水鉢に小針内宿村中島平吉・中島安兵衛・中島のう。東光院筆子碑に当村中島寅松あり。二戸現存す。

一〇七 同郡春日谷津村(上尾市) 柏座二丁目春日神社正徳二年庚申塔に春日谷津村中島小右衛門・中島太郎右衛門・中島平右衛門あり。

一〇八 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に中島由松あり。

一〇九 同郡門前村(上尾市) 明治十三年須田文書に門前中島定吉あり。

一一〇 同郡桶川町 明治二十五年酒造業中島孫四郎あり。

一一一 同郡鴻巣町 当町に此氏多く存す。鴻神社明治十五年御神燈に中島仙之助。上谷新田浅間社明治十六年碑に上谷村新田中島藤治郎・中島久三郎。明治三十年本一町中島松三郎・中島勝三郎。明治三十五年営業便覧に棒職中島久右衛門・車製造中島まさ・雑穀商瀧野屋中島仙蔵・穀肥料商中島吉蔵・呉服商伊勢屋中島福蔵・荒物商中島和三郎。勝願寺明治三十五年馬頭尊に当所中島源次郎。箕田観音堂明治四十年馬頭尊に鴻巣中島仙次郎。上谷新田八幡社明治四十二年碑に中島久右衛門・中島仙蔵あり。

一一二 同郡寺谷村(鴻巣市) 当村吉田氏由緒書に「幡羅郡四方寺村吉田茂左衛門の二男孫三郎(箕田郷之内新田百姓五人有之候処開発被仰付、慶長年中御縄を受、村名寺谷村と号。新田百姓五人は加村・千代田・飛田・中島・森田也)―八右衛門―孫十郎(妻は村方組頭中島兵右衛門妹也)」。当村宝暦十二年馬頭尊に寺谷村中島丈助・中島源右衛門。稲荷社慶応二年幟碑に中島善吉・中島藤吉。明治九年文書に中島勘五郎・中島栄七・中島権五郎・中島藤七・中島辰五郎あり。二戸現存す。

一一三 同郡糠田村(鴻巣市) 当村寛文十三年若宮碑に糠田村中島弥右門あり。現存無し。

一一四 同郡原馬室村(鴻巣市) 明治九年副戸長中島小伝治・天保六年生(組頭)。観音堂明治三十四年馬頭観音碑に地元・中島平吉、谷津・中島喜代之助・中島稲吉・中島徳次郎・中島丈七・中島文治郎・中島百治郎・中島仁三郎・中島助右衛門・中島長吉・中島宇三郎・中島太市郎・中島三代松・中島芳五郎あり。十八戸現存す。

一一五 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村中島新左衛門。明治九年副戸長中島嘉一郎・天保五年生(組頭)、副戸長中島常三郎・嘉永二年生。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に滝馬室・中島信一郎・中島広。氷川社明治三十九年碑に中島信一郎・中島広・中島忠七・中島f司・中島国之助あり。五戸現存す。

一一六 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に中島岩吉・中島勇吉あり。

一一七 同郡大芦村(吹上町) 日枝社文化十一年庚申塔に中島清五郎・中島次郎吉・中島長兵衛。氷川社明治三十一年碑に中島茂吉、明治四十年碑に中島佐左衛門・中島太右衛門あり。十六戸現存す。

一一八 新座郡野火留宿村(新座市) 明治十六年西堀村物産表に中島福太郎あり。

一一九 同郡大和田町(新座市) 明治三十五年植木商中島兼吉あり。

一二〇 入間郡藤久保村(三芳町) 当村に此氏多く存す。広源寺安政七年普門品に中島忠次郎・中島佐右衛門・中島要助・中島忠蔵・中島忠太郎・中島勇次郎・中島助五郎。木宮稲荷社明治六年山神社碑に中島助治郎・中島代治郎。明治九年副戸長中島要吉・天保十四年生あり。

一二一 同郡上富村(三芳町) 明治七年成田山月参護摩講に中島栄次郎。亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村中島三代吉あり。三戸現存す。

一二二 同郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の中島氏は北組に住し、孫右衛門と云う人、寛文年間の過去帳に記されたれば恐らく三百年来の旧家の如し、宅地内に稲荷社あり一家一族の守護神と崇めたり、現主吉三郎は後裔なり」と見ゆ。五戸現存す。

一二三 同郡入間川町(狭山市) 当町に此氏多く存す。徳林寺宝永六年常夜燈に入間川町中島源兵衛・中島杢右衛門。川越喜多院五百羅漢像銘文に寛政十一年・入間郡田中村中島比右衛門。上奥富村梅宮神社前天保十二年敷石碑に峰村中島惣兵衛。明治二十二年埼玉勧業会員入間川町中島惣兵衛。明治三十五年営業便覧に菓子卸商亀屋中島和三郎・菓子製造中島八十吉・白魚子織物中島角太郎・荒物商中島伊助・豆腐製造中島民松・同中島花之助・飲食店中島豊次郎・養魚商中島宗八.。八幡社明治四十二年碑に入間川町中島角太郎・中島伊助・中島仙吉・中島紋造・中島紋助・中島文八・中島鐐平。県会議員中島中次郎・明治二十二年生あり。

一二四 同郡所沢宿 堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に所沢宿中島仲右衛門。薬王寺天保十四年棟札に中島藤吉。明治七年議定書に中島仲右衛門・中島弥五兵衛・中島庄左衛門・中島長吉・中島吉五郎・中島吉左衛門・中島吉兵衛。明治十一年農業篤志姓名書に中島清五郎・二十六歳。久米村水天宮明治四十一年碑に所沢町上町中島仲右衛門(青物問屋)あり。

一二五 同郡上新井村(所沢市) 六所神社大正二年碑に中島島吉あり。

一二六 同郡三ヶ島村(所沢市) 明治十五年北広堂碑名簿に三ヶ島村中島喜十郎あり。

一二七 同郡北中村(所沢市) 明治十年荷車稼人中島房五郎あり。

一二八 同郡新久村(入間市) 慶応四年義岳宗仁筆子碑に新久村・中島時治郎・中島菊治郎・中島善吉・中島元治郎・中島文蔵・中島繁蔵、中神村・中島角二郎・中島忠蔵、(場所不明)・中島兵右衛門・中島忠兵衛・中島儀兵衛・中島喜右衛門・中島鷲峰院・中島元五郎・中島熊太郎あり。新久村一戸、中神村二戸現存す。

一二九 同郡根岸村(入間市) 中神村豊泉寺寛文十九年鐘銘に根岸村中島茂右門。当村享保二十一年地蔵尊に根岸村中島宇右衛門・中島平右衛門・中島久兵衛・中島甚左衛門。明治二十二年大日本農会々員名簿に入間郡根岸村中島重造あり。十二戸現存す。前項の場所不明は当村か。

一三〇 同郡宮寺村(入間市) 荻原村西勝院安政五年地蔵尊に矢寺村荻原村中島茂兵衛あり。三戸現存す。

一三一 同郡扇町屋村(入間市) 明治十六年扇町屋銀行発起人小間物商中島仁平・天保十一年生あり。

一三二 同郡黒須村(入間市) 明治二十一年飲食店中島直助あり。

一三三 同郡川越町 風土記稿鍛冶町条に「褒善者与兵衛、中島氏なり。与兵衛性質篤実にして、母に事えて孝なり。又名主役を勤めて謹厚なるを以て、文化元年四月領主より褒賞して、永く苗字を名乗ることを許せり」と。五代目与兵衛にて、徳右衛門孝昌・号桜斉其馨・桜曙と称し、三芳野名勝図会を著し、文化五年没す。川越藩御用達にて、文化四年分限帳に「八人扶持・中島寛四郎、七人扶持・中島助次郎」。天保四年分限帳に「六人扶持・川越・中島与十郎、五人扶持・川越・中島助三郎、一人半・助三郎倅中島新次郎」。嘉永三年鍛冶町年寄中島寛四郎。慶応二年鍛冶町宗門人別改帳に中島与十郎・四十一歳。文久元年水村文書に上松江町名主中島長兵衛(代々名主)。通町初代区長士族中島徳一・天保十年生。明治十五年県下豪商十一名の内に川越町中島久平。志義町鴉山稲荷社明治二十年碑に中島久平。明治三十五年米穀問屋中島半五郎・肥料商中島力蔵・ワク屋中島源蔵。三芳野神社明治四十年碑に上松江町中島半五郎あり。

一三四 同郡坂戸町 明治四十三年荒物商中島房吉・棒屋中島琴之助・中島藤三郎あり。

一三五 同郡森戸村(坂戸市) 浅羽郷及び隣村町屋村等に此氏多く存し、下総国葛飾郡中島村に地名附会す。中島忠一家系図に「天文元年、中島兵庫佐秀行(弥太郎)・下総より武州に移り、北町屋に陣屋を構へる」と。中島兵庫佐墓碑に「威源崇徳居士・俗名大炊之亮・永禄二年六月二十八日」あり。四日市場村小鹿野庄右衛門(寛文十年没。妻森戸村中島又兵衛娘)。当村宝暦四年庚申塔に森戸邑中島久兵衛・中島勘兵衛。多摩郡高尾山薬王院文書に「寛政十二年、入間郡森戸村中島又次郎。文政三年、入間郡森戸村中島熊吉・中島竹次郎」。明治八年戸長中島孝三郎・天保五年生(名主、県会議員)。明治九年副戸長中島久平・天保八年生。明治十二年戸長中島豊次。明治十五年戸長中島喜三郎。明治二十年惣代中島金吾あり。十四戸現存す。

一三六 同郡下浅羽村(坂戸市) 当村は慶長十三年村民利右衛門が開墾したと伝へるが、中世以来の開発地なり。花影薬師堂明和四年念仏塔に下浅羽法浄・中島利右衛門・中島政右衛門、文政八年巡拝塔に下浅羽村中島源七.。明治九年戸長中島伊三郎・嘉永四年生。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に浅羽村中島松五郎・中島氏蔵、明治三十年碑に浅羽中島幸太郎あり。十三戸現存す。

一三七 同郡島田村(坂戸市) 当村は勝呂郷を唱える。松山城士にて、秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「妙幸・勝呂ノ中島母・午年正月。妙清・ナカシマ息女・慶長十五年二月」。一項参照。岩殿村正法寺明和六年水鉢に島田村中島浅右衛門。明治三十年堰場組合に中島代四郎・中島弥五郎あり。十二戸現存す。

一三八 同郡横沼村(坂戸市) 忠栄寺宝暦五年三界万霊塔に横沼村中島又兵衛。明治三十年堰場組合中島健次郎あり。十三戸現存す。

一三九 同郡岩井村(毛呂山町) 明治十年岩井村地租等級調査に中島啓助・中島久平。沢田金毘羅社明治三十四年筆子碑に中島清吉・中島倉次郎あり。六戸現存す。

一四〇 同郡今市村(越生町) 法恩寺天保十一年頼母子講に中島作兵衛。明治三十五年飲食店中島慶三郎あり。一戸現存す。

一四一 同郡上野村(越生町) 文久三年聖天社棟札に当所大工棟梁中島久蔵藤原長義あり。七戸現存す。

一四二 高麗郡鯨井村(川越市) 明治九年副戸長中島初五郎・天保二年生あり。九戸現存す。

一四三 同郡笠幡村(川越市) 岩殿村正法寺文化十五年什物帳に笠幡村中島与一.。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、笠幡村中島喜太郎」。小ヶ谷村白山社明治四十二年御神燈に笠幡中島富三郎あり。十九戸現存す。

一四四 同郡吉田村(川越市) 万久院文政二年碑に吉田村中島浪蔵あり。二戸現存す。

一四五 同郡町屋村(鶴ヶ島市) 名主中島半兵衛は明和一揆勢の打毀しに会う。明治九年戸長中島金蔵・文政七年生、副戸長中島縫吉・天保六年生あり。十八戸現存す。

一四六 同郡高倉村(鶴ヶ島市) 明治十年地租等級調査に中島完三.。上組日枝神社文書に明治十一年世話人中島庄蔵、明治二十三年世話人中島酉造あり。六戸現存す。

一四七 同郡上鹿山村(日高市) 明治二十二年惣代人中島源次郎。明治四十一年氏子惣代中島松十郎あり。九戸現存す。

一四八 同郡高萩村(日高市) 笠幡村天保十四年馬頭尊に高萩村中島弥三郎あり。八戸現存す。

一四九 同郡中沢村(日高市) 明治二十二年埼玉勧業会員中島万蔵。女影村霞野神社明治四十五年御神燈に中沢中島善蔵あり。一戸現存す。

一五〇 同郡梅原村(日高市) 明治二十二年荒物商中島巳之吉あり。現存無し。

一五一 同郡飯能町 明治三十五年材木商中島喜重郎あり。

一五二 同郡赤沢村(飯能市) 土豪にて、星宮神社棟札に「元亀二年二月三日。妙見大菩薩宮棟札、施主中島外記、(十八名省略)」と銘あり。円光寺跡天保五年供養塔に中島義次郎。中山村智観寺万延元年本堂再建覚書に土方頭赤沢村中島直次郎・同中島長吉あり。十戸現存す。

一五三 同郡長沢村(飯能市) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に長沢中島房吉あり。二戸現存す。

一五四 同郡下直竹村(飯能市) 明治九年副戸長中島清左衛門・天保九年生あり。四戸現存す。

一五五 比企郡上伊草村(川島町) 金乗院嘉永六年馬頭尊に中島仙次郎。当村万延元年庚申塔に上伊草村久保講中・中島保左衛門あり。六戸現存す。

一五六 同郡玉川郷 今宮社明治四十五年碑に中島由太郎あり。五戸存す。

一五七 同郡平村(都幾川村) 字細入天明四年巡拝塔に中島義兵衛。字竹ノ平慶応三年馬頭尊に中島房平・中島助三郎・中島貞助・中島寅吉。字東沢明治二年庚申塔に中島富吉。明治九年戸長中島太平・嘉永元年生。萩日吉社明治二十五年筆子碑に西平村中島太四郎・中島吉次郎・中島紋次郎・中島喜三郎、明治四十一年碑に中島太平・中島林七・中島貞三・中島半次郎・中島茂三郎・中島嘉平。大野神社明治三十四年太子講碑に西平・中島平次郎・中島重吉あり。八戸現存す。

一五八 同郡雲河原村(都幾川村) 平村慈光寺貞享元年棟札に寄進雲川原村中島十右門・中島伊左右門・中島伝左右門。桃木村八幡社文政七年筆子碑に雲瓦村中島辰五郎・中島代五郎・中島磯五郎、明治十四年筆子碑に雲河原村中島貞次郎・中島富吉・中島義十郎・中島佐七・中島嘉平・中島文平・中島彦太郎・中島亀吉。平村萩日吉社明治二十五年筆子碑に雲河原村中島富五郎・中島亀吉・中島代三郎・中島利三郎・中島佐七.。平村正法寺明治三十年廻国塔に雲瓦中島貞三・中島彦七.。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に雲瓦中島源太郎・中島武八あり。六戸現存す。

一五九 同郡松山町 当町に此氏多く存す。妙賢寺文政八年馬頭尊に中島勇。松山神社文政十二年御神燈に上町中島喜三郎、仲町中島伊兵衛・中島林蔵。箭弓稲荷社天保六年棟札に上町中島長右衛門。明治三十五年営業便覧に足袋商中島彦次郎・糸繭商中島熊吉・同中島梅吉・馬具商中島辰五郎・理髪師中島峰吉・湯屋中島菊次郎・青物商中島延造・中島倉吉あり。

一六〇 同郡高坂村(東松山市) 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に高坂中島文吉あり。一戸現存す。

一六一 同郡岡郷(東松山市) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に下岡中島忠蔵。光福寺寛政四年六地蔵に中島伝蔵。文政十年松山町田島文書に松山町白座出入・岡郷中島忠蔵。野原村文殊寺明治二年碑に下岡村中島弥一右衛門。明治九年戸長中島忠直・安政元年生、副戸長中島周輔・天保三年生。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に岡中島芳次郎。明治四十四年東上鉄道株主中島基治・百二十株所有あり。八戸現存す。

一六二 同郡大谷村(東松山市) 当村元禄十四年庚申塔に大谷村中島伝右衛門。大電神社寛政六年碑に大谷村下野田・中島伝兵衛。当村嘉永三年馬頭尊に大谷邨中島伝三郎あり。九戸現存す。

一六三 同郡下青鳥村(東松山市) 明治十二年惣代中島文五郎あり。七戸現存す。

一六四 同郡福田村(滑川町) 明治四年五人組帳に伍長中島三七吉・中島友次郎・中島勝五郎。明治九年議定書に惣代中島皆吉・中島角造・中島友次郎・中島勝五郎・鍛冶職中島藤太郎あり。八戸現存す。

一六五 同郡菅谷村(嵐山町) 当村に此氏多く存す。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑にスカヤ・中島善吉・中島福次郎・中島清吉。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に菅谷村中島重蔵。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に菅谷村中島忠右衛門あり。

一六六 同郡吉田村(嵐山町) 秩父郡宝登山神社天保七年棟札に比企郡吉田村大工棟梁中島帯刀藤原重正。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に吉田村中島藤太郎。手白神社明治四十五年碑に中島丑五郎・中島丈太郎・中島藤吉・中島卯八・中島熊吉・中島巳代吉あり。四戸現存す。

一六七 同郡鎌形村(嵐山町) 八幡社安政五年寄進帳に中島弥三郎・中島宇七・中島辰之助、明治十六年筆子碑に鎌形村中島丑之助・中島弥三郎・中島宇七・中島勘三郎・中島作吉・中島半三郎・中島市五郎あり。十戸現存す。

一六八 同郡大蔵村(嵐山町) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に大倉村中島武兵衛あり。一戸現存す。

一六九 同郡小川町 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に小川町中島貞次郎。明治三十五年綿屋中島石五郎・ブリキ職中島由太郎・中島茂作あり。

一七〇 同郡増尾村(小川町) 寄居村極楽寺元治二年増尾村講中・中島宗吉あり。二戸現存す。

一七一 同郡腰越村(小川町) 増尾村白山社明治十六年筆子碑に腰越中島鉄五郎あり。一戸現存す。

一七二 同郡青山村(小川町) 明治十六年常盤連人銘録に俳人中島愛太郎・号一晴あり。五戸現存す。

一七三 同郡原川村(小川町) 明治十四年教育篤志講に中島福五郎あり。二戸現存す。

一七四 同郡高見村(小川町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡高見村中島弥兵衛あり。四戸現存す。

一七五 同郡上横田村(小川町) 当村に此氏多く存す。字藤塚享保四年庚申塔に上横田村中島五郎左衛門。下横田村嘉永二年百庚申に上横田村中島亀蔵。明治七年蚕種業中島斉助。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講に上横田中島紋三郎。八和田神社明治三十三年碑にカミヨコタ中島軍平・中島清次郎・中島紋三郎あり。

一七六 大里郡津田村(大里町) 八幡社嘉永五年大黒天碑に中島倉之助あり。五戸現存す。

一七七 同郡相上村(大里町) 吉見神社寛政三年午頭天王碑に中島作次郎、明治二十一年鈴水神楽碑に中島宗平・中島喜代松あり。現存無し。

一七八 同郡熊谷宿 石上寺元禄九年庚申塔に中島弥七蔵。嘉永元年文書に中島彦右衛門。賢勝院明治十四年妙法講碑に当駅中島武二郎。明治三十五年荒物商中島新三郎・足袋織物商中島長次郎・飲食店中島きん・中島熊次郎、石原村荒物商中島芳太郎あり。

一七九 同郡肥塚村(熊谷市) 榛沢郡岡村寅稲荷社明治三十二年碑に肥塚村中島捨五郎あり。五戸現存す。

一八〇 同郡大麻生村(熊谷市) 大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村中島善助あり。十六戸現存す。

一八一 同郡川原明戸村(熊谷市) 瀬山村八幡社天保十三年奉額に河原明戸村中島茂右衛門・中島新八・中島秀次郎。広瀬村文久元年秋山翁碑に川原明戸村中島直次郎。三ヶ尻村幸安寺慶応二年権田門人碑に川原明戸村中島儀右衛門・中島米吉。明治五年名主中島義郎。明治八年戸長中島義郎。明治九年副戸長中島直右衛門・天保七年生あり。九戸現存す。

一八二 同郡武体村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。明治九年戸長中島房五郎・文政六年生。大麻生村大栄神社明治十五年筆子碑に武体村中島房五郎・中島彦三郎・中島関次郎・中島幸助・中島千代吉・中島源五郎・中島馬之助・中島政吉・中島利助あり。

一八三 同郡平塚新田(熊谷市) 野原村文殊寺明治二年碑に平塚新田・中島忠兵衛・中島信次郎・中島伴七・中島元市・中島善右衛門・中島元右衛門・中島谷五郎・中島佐四郎。八幡社明治十五年御神燈に中島忠明、明治二十一年碑に中島倉吉・中島善五郎・中島安十郎・中島元市。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に平塚新田中島清太郎あり。十三戸存す。

一八四 同郡万吉村(熊谷市) 東部廓正徳四年地蔵尊に万吉村中島善兵衛。観音堂明和八年供養塔に中島伊右衛門、文化九年湯殿山碑に中島松五郎。氷川社天保七年御神燈に当所中島勇次郎・中島半六.。福田村元治二年小林三徳算額奉納に万吉村中島半六郎義遊。野原村文殊寺明治二年碑に万吉村中島又造。明治九年副戸長中島半造・天保十年生。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に万吉村中島半造。私塾師匠医師中島孝民・文礼・大正九年没九十一歳あり。十九戸現存す。

一八五 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 龍泉寺寛政四年供養塔に当村中島藤十郎。幸安寺慶応二年権田門人碑に当村中島千之丞あり。一戸現存す。

一八六 同郡下奈良村(熊谷市) 明治二十七年東条筆子碑に下奈良村中島平次郎あり。七戸現存す。

一八七 同郡妻沼村 小名中島あり。聖天旧記に「文禄三年、女沼郷古百姓中島伝之丞与惣右衛門」と見ゆ。明治三十五年鋳掛商中島倉吉あり。十五戸現存す。

一八八 同郡弥藤吾村(妻沼町) 妻沼村聖天旧記に「弥藤吾村草分農民にして、延宝年間・春日山九兵衛あり。今は中島を称す」と見ゆ。春日山氏は何処の在名にて、本名中島氏に復姓したか。九戸現存す。

一八九 同郡田島村(妻沼町) 当村明治八年富士嶽碑に当所中島勇吉あり。三戸現存す。

一九〇 同郡明戸村(深谷市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡明戸村中島助之丞あり。二戸現存す。

一九一 同郡東方村(深谷市) 熊野社元治元年小御嶽碑に中島染之助・中島繁次郎忠教、明治三十年碑に中島甚太郎・中島福吉・中島弥吉・中島龍吉・中島定吉・中島玉次郎・中島八三郎・中島徳三郎・中島林蔵。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幡羅村東方中島甚太郎。幡羅村会議員に中島甚太郎・文久二年生、中島縫一郎・明治二十八年生あり。十五戸現存す。

一九二 同郡原郷(深谷市) 幡羅村会議員中島康治・大正十年生あり。八戸現存す。

一九三 榛沢郡深谷町 明治三十五年営業便覧に鋳掛屋中島六作・唐物商中島清吉・荒物商中島半平・種菓子商中島勘二郎・米穀商中島竹次郎・肥料商中島次平。中瀬村向島不動堂明治四十四年従軍馬匹碑に深谷町中島半平。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町中島治平・中島半平、深谷観音講中島豊吉。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年中島半平・文久二年生・国税千百六十六円・県下百五十五位。深谷町会議員に荒物商中島半平・文久二年生、中島半平・明治二十四年生あり。

一九四 同郡田谷村(深谷市) 上野台村八幡社明治五年筆子碑に田谷村中島勇次郎あり。二戸現存す。

一九五 同郡町田村(深谷市) 明治九年副戸長中島治平・文政九年生。八基村会議員中島吉次郎・明治八年生あり。四戸現存す。

一九六 同郡下手計村(深谷市) 鹿島社文政五年御神燈に中島丑松・中島長右衛門・中島勘平・中島辰五郎あり。二戸現存す。

一九七 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に中島武十郎・中島岩吉あり。二戸現存す。

一九八 同郡大谷村(深谷市) 用土村明治十三年仙元碑に大谷村中島万次郎あり。八戸現存す。

一九九 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺天保十一年供養塔に当所中宿中島勘兵衛・中島勇助。明治九年副戸長中島吉治郎・文政元年生。人見村明治二十八年清水定義筆子碑に上野台村中島福太郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村上野台中島信吉・中島時次郎。原郷楡山神社明治四十二年碑に上野台村中島時次郎。八幡社明治四十四年碑に中島信吉・中島時次郎・中島作次郎・中島惣十郎・中島利政・中島庄吉。藤沢村会議員に中島吉蔵・文政六年生、中島時次郎・嘉永元年生、中島良知・明治三十二年生、中島貞泰・明治三十四年生あり。十九戸現存す。

二〇〇 同郡牧西村(本庄市) 明治九年議定連印簿に中島半平あり。三戸現存す。

二〇一 同郡小前田村(花園町) 諏訪社嘉永二年金毘羅碑に中島徳三郎、明治十三年碑に中島久蔵。用土村明治十三年仙元碑に小前田村中島久造あり。十戸現存す。

二〇二 同郡北根村(花園町) 当村万延元年庚申塔に北根村中島伊三郎あり。五戸現存す。

二〇三 同郡黒田村(花園町) 薬王寺文政十二年聖徳太子碑に中島豊吉。安政三年組頭中島仙八.。慶応四年名主中島八百次郎。長在家村稲荷社明治六年筆子碑に黒田村中島久十郎。明治八年副戸長中島理三郎。明治九年副戸長中島理平・文政十二年生あり。六戸現存す。

二〇四 同郡荒川村(花園町) 鉢形城家臣荒川衆にて、持田文書に「天正十六年八月十五日、荒川之郷御検地之辻事、御扶持永楽銭三百三十文・中島図書助」と見ゆ。持田条参照。天神社元治二年庚申塔に荒川邨中島米吉。用土村明治十三年仙元碑に荒川村中島佐善太あり。二戸現存す。

二〇五 同郡瀬山村(川本町) 明治九年副戸長中島鷲太郎・文政三年生あり。六戸現存す。

二〇六 同郡原村(川本町) 白髭社安政六年御神燈に中島米五郎あり。一戸現存す。

二〇七 同郡寄居村 鉢形落城後定住鏡に「天正年中鉢形落城後、慶安四年定住・榛沢郡寄居住・中島左門」。左門は寄居に屋敷を構えていた寄居十六騎の内なり。西念寺元文四年巳待供養塔に寄居村中島金三右衛門・中島忠兵衛。三ヶ尻村龍泉寺天保九年筆子碑に寄居町中島甚吉。極楽寺天保七年歓喜天碑に本町中島喜兵衛、万延元年水鉢に寄居中町中島半兵衛。明治三十五年麺屋中島石之助・醤油荒物商島屋中島米造・呉服商中島半兵衛・飲食店中島八百吉・同中島里五郎あり。十戸現存す。

二〇八 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村中島啓行秀山・中島幸行甫山・中島申行・中島標行・中島咸行あり。是は法号なり。六戸現存す。

二〇九 同郡末野村(寄居町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州榛沢郡末野村中島浅治郎。善導寺万延元年碑に中島儀八・中島重兵衛。元治二年末野村諸事恵に中島元吉・中島磯吉・中島兼吉・中島亀次郎・中島元次郎・中島儀八・中島喜代蔵・中島やそ・中島惣八・中島重平・中島初五郎あり。十二戸現存す。

二一〇 同郡用土村(寄居町) 当村文政十一年馬頭尊に当所中島栄蔵、明治十三年仙元碑に当村中島政吉・中島要太郎・中島兼三郎・中島三郎平・中島由五郎あり。十九戸現存す。

二一一 男衾郡小園村(寄居町) 明治十年石田文書に中島安五郎・中島徳次郎あり。一戸現存す。

二一二 同郡西ノ入村(寄居町) 波羅比門神社嘉永七年御神燈に中島佐兵衛・中島鹿次郎。折原村明治四十三年碑に中島常吉・中島栄吉あり。五戸現存す。

二一三 同郡本田村(川本町) 当村に此氏多く存す。中島氏は文禄四年上本田之郷検地帳を所蔵す。坂上神社明和八年水鉢に上本田郷中島与右衛門。用土村明治十三年仙元碑に本田村中島政三郎・中島要吉。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流上本田村中島玉次郎。野原村文殊寺明治二十四年算額に本田中島助次郎あり。

二一四 同郡塩村(江南町) 八幡社天明元年御神燈に中島武助。野原村文殊寺明治二年碑に塩村中島佐太夫・中島武助・中島茂重郎あり。五戸現存す。

二一五 賀美郡小浜村(神川町) 小松神社明治二十九年碑に中島弥吉・中島倉蔵・中島清蔵あり。四戸現存す。

二一六 同郡四軒在家村(神川町) 明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流柔術四軒在家村中島松五郎あり。八戸現存す。

二一七 同郡植竹村(神川町) 日枝社明治三十一年碑に中島仙蔵あり。現存無し。

二一八 那賀郡猪俣村(美里町) 当村に此氏多く存す。近村に多く存し古代以来の居住者なり。摂津国住吉郡中島郷より起り、其の後裔・武田氏家臣の中島周防守永直は天正十年武田家滅亡により当地に土着す、時に五十三歳と伝へる。西成郡中島郷(大阪市)あり、住吉郡中島郷の地名は無く附会なり。豊島郡中ノ島村(大阪府池田市中之島町)に菅原峯嗣の館あるが無関係なり。児玉記考に「旧家中島国作、其祖従五位下菅原遠江介十一代の孫左馬権佐知頼より出づ。知頼・摂津国住吉郡中島郷に住し、姓を中島と改む、後二十九代の末葉中島周防守永直に至り当地に来り帰農す。現に系統書を蔵有す」と見ゆ。名主中島利兵衛菅原貞叔(天明元年没)は有名なる平賀源内と交遊あり。秋山村十二天宮寛政七年建立覚書に野中村名主中島利左衛門・組頭中島与兵衛。明治十年文書に中島六郎次・中島与平・代議員中島恭平。用土村明治十三年仙元碑に猪俣村中島軌行保山・中島源吉・中島鍋太郎・中島貞次郎。中里村雷電社明治三十七年浅間碑にノナカ中島鶴吉あり。

二一九 同郡白石郷(美里町) 当村に此氏多く存す。明治五年白石村・湯本村・大仏村が合併して白石郷と称す。明治九年白石郷副戸長中島幸太郎・文政十年生。明治十年中里村根岸文書に白石郷中島嘉蔵。明治二十一年皇国武術英名録に「甲源一刀流白石村祖父中島宗蔵義武・文政十二年卒、父中島宗蔵義保・天保十二年卒、子中島宗蔵義繁・今の宗蔵是也。同流白石村中島柳三郎・中島正太郎」。大仏村羽黒社明治二十一年富士嶽碑に当所中島万五郎・中島筆五郎・中島庄太郎、明治三十一年碑に当所中島代三郎・中島柳三郎・中島川太・中島弥三郎・中島半三.。広木村常福寺明治中期筆子碑に大仏中島音五郎あり。

二二〇 同郡広木村(美里町) 駒衣村稲荷社明治三十年碑に広木中島嘉三.。ミカ神社明治四十一年碑に当所中島言弥あり。一戸現存す。

二二一 児玉郡沼上村(美里町) 北向神社明治三十九年御神燈に中島勇太郎・中島丑松あり。一戸現存す。

二二二 同郡関村(美里町) 明治二十一年皇国武術英名録に真之真石川流関村中島定次郎あり。四戸現存す。

二二三 同郡小茂田村(美里町) 白川家門人帳に「天保十三年榛沢郡岡村大友主計・翌春改名中島数馬。安政五年榛沢郡小茂田村中島豊後。万延元年榛沢郡中島数馬の倅岡本斎宮・白川殿御家来成」と見ゆ。慶応二年北向大明神々主中島計馬あり。一戸現存す。岡本条参照。

二二四 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に中島平兵衛、明治二十三年御嶽講碑に中島鍋吉。明治三十五年乾物商中島仲次郎あり。

二二五 同郡下真下村(児玉町) 万治三年伝書之事(坂本文書)に「天文六年、真下源左衛門、清水三郎源光行(坂本氏先祖)、永井金重郎等は甲州武田家へ行き家臣と成る。永井氏は上州惣社より出る、後に中島源右衛門と成る。慶長十六年御検地あり、中島源右衛門等案内仕候也。万治三年龍泉寺世話人中島七右衛門等十名なり」と。児玉記考に「旧家田島・長谷川・中島、右三姓も亦旧家にして村治上大ひに功労あり」と。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州児玉郡下真下村中島浅八あり。二戸現存す。

二二六 同郡本庄町 旧本庄村(本宿十八軒)の中島氏は草分けなり。石川剣道場門下生に天明四年本庄宿中島文治郎。明治四年諸井文書に台町中島文吉。明治三十五年糸繭商中島由蔵・菓子商中島金二郎・足袋商中島幸太郎あり。

二二七 同郡下阿久原村(神泉村) 招魂社明治三十九年碑に中島久作あり。一戸現存す。

二二八 秩父郡大宮町 秩父神社文政元年御神燈に中島藤七・中島弥三八.。明治三年に中島留吉・田畑一町歩所有。明治五年大宮郷戸籍心覚に近江国蒲生郡岡本村中島卯兵衛。国神神社明治三十四年碑に大宮町中島林平。明治三十五年菓子製造中島豊次郎あり。

二二九 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に中島周太郎・中島寅吉あり。七戸現存す。

二三〇 同郡野上下郷(長瀞町) 明治十四年林文書に中島庄三郎・中島富士太郎あり。二戸現存す。

二三一 同郡上吉田村 明治十三年竜門社に中島鷲十郎あり。十戸現存す。

二三二 同郡下吉田村 金剛院明治三十年筆子碑に中島才吉あり。六戸現存す。

二三三 同郡大滝村 一里観音元治元年碑に中島為之助あり。現存無し。

二三四 同郡下名栗村 明治十四年山稼議定書に中島太郎吉あり。三戸現存す。

二三五 同郡御堂村(東秩父村) 字川下嘉永二年馬頭尊に中島治右衛門。浄蓮寺過去帳に安政二年寄進中島治右衛門、明治二十三年碑に中島佐太郎。上州榛名神社大正四年御神燈に秩父郡御堂村中組中島佐太郎あり。二戸現存す。

二三六 同郡大内沢村(東秩父村) 正善寺過去帳(縹渺のあと所収)に「慈窓明眼・中島小兵衛母・正徳五年三月。菩安全堤・中島小兵衛父・享保十年六月。来岩常本・中島忠左衛門父・延享元年九月。安窓明心・中島小兵衛妻・宝暦三年七月。光雲観明・中島忠左衛門母・宝暦三年七月。霊応堂鑑・中島佐右衛門父・宝暦八年七月。見外自性・中島太兵衛父・宝暦九年八月。一相了夢・中島太兵衛母・明和四年二月。的山凉秀・中島弥右衛門父・明和四年九月。大通歓道・中島小右衛門父・天明五年七月。智法光慧・中島弥助母・天明六年六月。一室妙通・中島小右衛門母・寛政十二年七月。一山全心・中島弥助父・寛政十二年七月。大活諦道・中島与一郎父・寛政十二年七月。清渓法樹・所沢中島源助事・文化十五年四月。浄顔光清・中島小太郎父・天保九年正月。積真・八形村出生・所沢中島紋五郎父・嘉永四年正月。一夢覚心・中島久八子・幸二郎事・弘化二年五月。勘外良忍・中島堪蔵事・明治七年九月。鷲峯道僊・中島鷲太郎事・明治七年九月」あり。寄居村正龍寺住職に「霊応堂鑑頭陀・大内沢村中島佐右衛門父・宝暦八年寂」と見ゆ。明治十六年中耕地議定書に中島村吉・中島酉蔵・中島梅五郎・中島春吉あり。二戸現存す。

二三七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・中島藤四郎・百七十三円・八十四円、大門村(浦和市)・中島太郎右衛門・五十三円、中島元之助・二十七円・三十六円、戸田村・中島敬三・二十九円、大宮町・中島島蔵・三十一円・五十六円、片柳村(大宮市)・中島録太郎・五十三円、川越市・中島半五郎・九十五円・九十八円、中島良助・五十円・七十円、中島喜代太郎・十二円、中島廉平・十一円、中島寛一郎・十円、三芳村・中島三代吉・十円、所沢町・中島英二・十九円・三十三円、金子村(入間市)・中島助右衛門・八百七十五円、坂戸町・中島琴之助・十二円、三芳野村(坂戸市)・中島源次郎・十四円、飯能町・中島俊平次・十五円、加治村(飯能市)・中島享三・十三円、名栗村・中島孝作・二十七円、松山町・中島賛吉・六十一円・七十円、中島七郎・二十六円・五十円、大岡村(東松山市)・中島基治・四十四円、高坂村(東松山市)・中島喜四郎・二十円、小川町・中島茂吉・三十四円、平村(都幾川村)・中島林七・二百四十六円、中島為一郎・十一円、南吉見村・中島弘五・十一円、高野村(杉戸町)・中島寅之助・十五円、田宮村(杉戸町)・中島伊一・二十四円、中島多左衛門・十円、宝珠花村(庄和町)・中島民之助・十六円・二十八円、中島新三郎・十円・三十円、越ヶ谷町・中島住吉・二十二円、川通村(岩槻市)・中島茂文・十二円、桜田村(鷲宮町)・中島勝雄・六十七円、忍町・中島平八・百七円・九十八円、中島房次郎・四十三円、中島万次郎・十二円・三十九円、羽生町・中島憲次・四百九十五円、中島善四郎・十二円・十六円、中島安太郎・十円・十九円、岩瀬村(羽生市)・中島善一・六十七円、中島藤吉・三十九円・二十六円、手子林村(羽生市)・中島長蔵・八十七円・六十三円、星河村(行田市)・中島永吉・二十円、太田村(行田市)・中島卯市・十三円、笠原村(鴻巣市)・中島昇太夫・二十一円、騎西町・中島友吉・六十九円・三十九円、熊谷町・中島定次郎・百五十四円、中島八十・三十円・五十六円、中島はま・五十二円・二十二円、中島清二・十七円・三十二円、中島泰三・十三円、吉岡村(熊谷市)・中島善七・百四十二円・十二円、大麻生村(熊谷市)・中島文助・二十三円、中島新三郎・十八円、深谷町・中島半平・四百九十五円・六十三円、幡羅村(深谷市)・中島盛一・三十五円、妻沼村・中島仙太郎・十一円、秩父町・中島道太郎・二百四十五円・百十二円、高篠村(秩父市)・中島周太郎・百三円」あり。

中嶋 ナカジマ 各市町村に存す。山梨県北巨摩郡高根町六十戸あり。

中嶌 ナカジマ 各市町村に存す。

中 ナカジマ 大宮、越谷等に存す。

仲島 ナカジマ 各市町村に存す。千葉県安房郡富浦町二十二戸、山形県天童市三十八戸あり。

一 入間郡大谷村(越生町) 摩多利神社明治四十一年碑に大谷仲島庄三郎あり。二戸現存す。

二 比企郡熊井村(鳩山町) 毛呂神社明治四十二年幟碑に仲島与吉あり。一戸現存す。

仲嶋 ナカジマ 各市町村に存す。山形県村山市二十戸あり。

長島 ナガシマ 中島の転訛にて同じなり。伊勢国桑名郡長島郷(三重県長島町)は石山本願寺日記天文五年二月条に中島と見ゆ。九十二項は此の長島郷発祥説とするが地名附会なり。紀伊国北牟婁郡長島郷(三重県紀伊長島町)は南北朝時代の神鳳鈔に志摩国中島御厨と見ゆ。当所は南北朝時代に伊勢国司北畠顕能の将加藤甚五左衛門が居城した長島城あり。加藤甚五郎は織田信長に属し、永禄十二年大河内城(松阪市大河内町)の北畠具教を破る。具教は天正四年三重御所に於て信長に殺される。九十八項は此の長島郷発祥説とするが地名附会なり。両町に長島氏は現存無し。中、中島条参照。埼玉郡長島村(越谷市)あり。小名長島は、葛飾郡下柳村、埼玉郡上平野村、上野村、四条村、大場村、中野村、油井ヶ島村、足立郡坂田村、入間郡水子村、宿粒村、赤尾村、新座郡下新倉村、横見郡久保田村等に存す。此氏は武蔵国に多く存す。○群馬県邑楽郡邑楽町二十戸、太田市九十六戸。○栃木県塩谷郡氏家町八十戸、河内郡上河内町三十七戸、安蘇郡葛生町二十八戸、下都賀郡野木町二十二戸、足利市百七十戸。○茨城県東茨城郡小川町百十戸、猿島郡総和町二十二戸。○千葉県長生郡白子町百四十戸、袖ヶ浦市六十戸。○新潟県古志郡山古志村二十九戸。○島根県簸川郡佐田町三十四戸、八束郡八雲村十八戸あり。永島条参照。

一 久下氏の本名長島氏 永禄二年新田家臣祖裔記に「久下民部少輔は武蔵国の住人、義貞公亡て越前に潜む、老年に及て上野に来り、江田殿を尋行住む、江田の臣長島と従弟也。嫡子は義興に組みしが、義興矢口にて水死の後、相州小田原に潜む、二男は将軍家に仕へ、末男は甲州に赴く。この末葉金山城に久下進後守あり、後長尾殿へ与力也」と。永禄三年関東幕注文に「足利衆、長尾但馬守同心、久下新八郎・三引りゃう」と見ゆ。名跡武州久下氏の紋は一番と云う文字なり。三引両は本名長島氏の家紋なり。

二 忍城士の長島氏 成田分限帳に「十五貫文・長島縫殿助」あり。妻沼町史に江袋村の人なりと云う。

三 岩附城士の長島氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄年中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、長島長右衛門・長島四郎右衛門・長島源五左衛門」。太田家譜に「太田譜代之臣、長島長右衛門」と見ゆ。

四 松山城士の長島氏 天正庚寅松山合戦図に「惣曲輪・長島孫左衛門・長島九左衛門。古郡・柏崎・今泉方面城方・長島外記」あり。九十八、百十一項参照。

五 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二十五石七人扶持・長島小右衛門・是は忍にて罷出・相模之者」あり。

六 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「郡奉行・百三十石・長島喜兵衛、御取次・五十石五人扶持・長島七郎右衛門、御納戸物書・六両三人扶持・長島喜右衛門」あり。

七 葛飾郡川藤村(吉川市) 中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に川藤村長島熊蔵あり。現存無し。

八 同郡杉戸町 明治三十五年医師長島鼎三あり。

九 同郡鷲巣村(杉戸町) 鷲神社安政四年二十三夜塔に長島喜三郎あり。一戸現存す。

一〇 同郡幸手町 信州善光寺本堂前西安政五年宝篋印塔に武州幸手長島屋安兵衛。明治二十一年新道工事寄付者長島立益。幸宮神社明治三十三年幟碑に長島惣七.。明治三十五年石灰白木綿商藤屋長島惣七・長島忠七あり。

一一 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に長島宗次郎あり。現存無し。

一二 同郡惣新田村(幸手市) 字中新田香取社宝暦八年庚申塔に中新田組長島彦三郎。字中瀬真乗院天明三年供養塔に長島利兵衛。字南杉山正福院天保九年真言塔に中新田長島弥右衛門。香取社文久元年水鉢に中新田組長島勘治郎倅勘蔵、新橋長島岩治郎、東川長島善兵衛。明治二十年被選挙権者長島勘治郎・天保七年生、長島弥右衛門・天保十二年生。明治三十年人名録に長島弥右衛門・地租三十円。下吉羽村香取社明治三十九年碑に惣新田長島文吉あり。五戸現存す。

一三 同郡下吉羽村(幸手市) 香取社元治二年鳥居碑に下吉羽村内子中七軒長島伊兵衛。明治九年副戸長長島熊太郎・天保六年生。明治二十年大地主調に長島兵九郎・地租百十八円。同年被選挙権者長島又兵衛・文政八年生。明治三十年人名録に長島熊太郎・天保六年生・地租二百五円、長島庄平・嘉永元年生・地租二十二円あり。一戸現存す。

一四 同郡木立村(幸手市) 明治三十年権現堂村収入役長島武平・嘉永三年生。妙法寺明治三十年馬頭尊に長島武平あり。一戸現存す。

一五 同郡下宇和田村(幸手市) 神明社明治二十九年碑に長島小市あり。現存無し。

一六 埼玉郡古新田(八潮市) 大瀬村祭礼年番帳に明治二年神主古新田長島左内、明治三年神主古新田長島富英・長島富秀あり。現存無し。

一七 同郡岩槻町 享和年間に紅花商長島作兵衛。久伊豆社文久三年塞神碑に長島作兵衛あり。

一八 同郡村国村(岩槻市) 久伊豆社寛文十一年庚申塔に長島清兵衛あり。現存無し。

一九 同郡大森村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に大森村長島利兵衛あり。現存無し。

二〇 同郡野島方村(岩槻市) 野孫神社嘉永七年庚申塔に長島善次郎あり。現存無し。

二一 同郡川島村(蓮田市) 久伊豆社明治四十年碑に長島三之助あり。一戸現存す。

二二 同郡井沼村(蓮田市) 宝泉寺明治二十年馬頭尊に長島定五郎・長島留五郎。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国南埼玉郡井沼村長島定五郎あり。八戸現存す。

二三 同郡篠津村(白岡町) 当村に此氏多く存す。字下宿元文二年庚申塔に長島仁兵衛・長島伊兵衛、寛政五年庚申塔に長島伊平治・長島兵右衛門。久伊豆社文政二年水鉢に長島七左衛門。馬立地蔵堂弘化五年二十三夜塔に長島善兵衛。当村嘉永二年庚申塔に篠津里宿組長島久蔵。阿弥陀堂嘉永五年筆子碑に長島留吉・長島要輔。明治九年副戸長長島伊平次、副戸長長島卯八.。青雲寺明治二十年供養塔に長島与兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に田宮流篠津村長島芳之丞。明治三十五年肥料商長島六右衛門あり。

二四 同郡下大崎村(白岡町) 当村安政五年馬頭尊に下大崎村長島菊太郎。明治三十年人名録に長島五郎右衛門・嘉永元年生・地租八十円あり。一戸現存す。

二五 同郡久喜町 明治四年久喜新町五人組帳に長島丈助。明治三十五年飲食店長島辰五郎・書籍商長島喜藤あり。

二六 同郡樋ノ口村(久喜市) 三王宮寛文八年庚申塔に永島茂左衛門あり。長島氏一戸現存す。

二七 同郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に長島与助。明治三十五年荒物商長島仁兵衛あり。

二八 同郡上栢間村(菖蒲町) 当村福田文書に「福田幸十郎(天正十七年没)―福田大膳の本妻(後夫は長島久太郎・後新右衛門改名、子息長島茂右衛門、上村の才兵衛先祖にあたる)」と見ゆ。当村享保十年地蔵尊に長島優□あり。現存無し。

二九 同郡笠原村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。鴻巣宿勝願寺天明元年供養塔に笠原村長島源左衛門。明治九年副戸長長島政吉・文政十一年生。上州榛名神社明治三十三年算額に北埼玉郡笠原長島扇之助良治。久伊豆社明治三十九年碑に長島松五郎あり。

三〇 同郡安養寺村(鴻巣市) 箕田村明治十八年馬頭尊に安養寺村長島熊次郎。八幡社明治三十九年碑に長島新五郎・長島角次郎・長島善吉・長島初太郎・長島藤洋・長島清蔵・長島信五郎あり。七戸現存す。

三一 同郡関新田村(川里町) 稲荷社天明三年水鉢に長島浅右衛門あり。現存無し。

三二 同郡騎西町 明治三十五年農具葬具商長島半平あり。

三三 同郡戸崎村(騎西町) 竜宝寺宝暦三年供養塔に名倉村長島新五左右門。日吉社明和八年天満宮碑に長島市五郎。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に名倉村長島喜右衛門あり。五戸現存す。

三四 同郡上種足村(騎西町) 当村寛保元年庚申塔に上種足村長島文右衛門。妙音寺跡寛延二年弁財天碑に上種足村長島文右衛門。如来寺寛政九年巡拝塔に長島喜平治・長島弥五兵衛。当村文政元年庚申塔に上種足村上分長島友右衛門あり。五戸存す。

三五 同郡中種足村(騎西町) 当村文政十年仙元碑に上分北島・長島初五郎あり。二戸現存す。

三六 同郡加須町 千方神社文政二年水鉢に長島重兵衛あり。

三七 同郡中新井村(大利根町) 星福寺文久二年絵馬に長島直次郎・長島□次郎・長島善次郎。外野村棘抜地蔵堂明治六年算額に中新井村長島金之助開奥。明治九年旗井村副戸長長島市郎右衛門・文化十五年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に旗井村長島市郎右衛門。明治十八年最上農名簿に長島金之助・耕宅地十二町歩所有。旗井神社日露戦役碑に長島平吉・長島治平・長島ニ一・長島釣次郎・長島由次郎あり。十五戸現存す。

三八 同郡荻島村(羽生市) 天満宮安政二年仙元碑に長島仁助・長島要七.。須影村八幡社慶応元年算額に荻島邨長島仁左衛門栄信(明治二十七年没)。慶応四年打毀し番付に荻島村長島静八.。明治六年富士講着到帳に荻島村長島初太郎。明治九年副戸長長島弥三郎・天保十年生。天満宮明治二十年碑に長島英次郎・長島太之助・長島六之助・長島仁三郎・長島菊太郎・長島和助・長島七之助。下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に荻島長島英次郎。県会議員青縞製造業長島英次郎・文久二年生あり。九戸現存す。

三九 同郡須加村(行田市) 当村に此氏多く存す。熊野社嘉永五年御神燈に長島甚右衛門・長島孫宗、明治十五年水鉢に長島善三.。明治九年副戸長長島甚三・天保十年生。須加村会議員に長島庄吉・明治十五年生、長島楽・明治四十一年生、長島信次・明治四十二年生、長島政市・明治四十四年生あり。

四〇 同郡持田村(行田市) 当村に此氏多く存す。八幡社文化十五年御神燈に長島重郎兵衛。観音寺嘉永七年敷石供養塔に長島十郎兵衛・長島熊次郎、慶応元年筆子碑に当所長島善吉・長島源太郎・長島留吉・長島良蔵・長島新次郎・長島長太郎。明治九年副戸長長島十郎右衛門・天保二年生。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に長島重郎兵衛。

四一 同郡小見村(行田市) 明治二十二年荒木村大字小見となる。秩父郡国神神社明治三十四年碑に荒木村長島要右衛門あり。三戸現存す。或は秩父郡山田村字荒木か。

四二 同郡小敷田村(行田市) 春日社明治十六年御神燈に長島太助あり。四戸現存す。

四三 同郡上川上村(熊谷市) 伊弉諾神社寛政九年庚申塔に長島藤三郎・長島金右衛門・長島要七.。下川上村嘉永六年御嶽碑に上川上村十二所・長島林三郎。明治二年村役人長島万右衛門あり。六戸現存す。

四四 足立郡横曽根村(川口市) 川口宿善光寺元禄七年碑に横曽根村長島治右衛門あり。

四五 同郡大竹村(川口市) 庚申塚堂文政五年不動尊に長島久五郎・長島直次郎。明治九年副戸長長島石太郎・天保十四年生。明治三十五年植木商長島仲太郎あり。八戸現存す。

四六 同郡安行領根岸村(川口市) 里村法福寺明治三十一年碑に根岸・長島喜兵衛・長島藤左衛門あり。永島氏一戸現存す。

四七 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社慶応二年筆子碑に長島茂三郎あり。四戸現存す。

四八 同郡里村(鳩ヶ谷市) 真光寺矢作家墓碑に「弘安四年巳正月二十八日、里村は上野・牛込・高野・矢作・石田・長島・森・井上の八氏十三軒」と見ゆ。享保十三年以前里村絵図に長島姓二軒あり。明治十年文書に長島清五郎・長島清吉・長島喜兵衛。法福寺明治三十一年碑に長島久七・長島久左衛門・長島安子右衛門あり。十七戸現存す。

四九 同郡大久保領領家村(浦和市) 日枝社明治三十三年碑に領家長島嘉吉あり。一戸現存す。

五〇 同郡与野町 明治三十五年畳屋長島常三郎あり。

五一 同郡南部領宮ノ下村(大宮市) 上木崎村文久元年市川文書に宮ノ下村長島藤兵衛あり。一戸現存す。

五二 同郡南部領門前村(大宮市) 湯殿社文政二年水鉢に長島増太郎・長島重左衛門、元治元年御神燈に長島八左衛門行詮。中里村弘法尊院明治四年碑に門前村長島八左衛門。明治九年戸長長島八左衛門・天保元年生あり。現存無し。

五三 同郡南部領宮ヶ谷塔村(大宮市) 当村享保三年庚申塔に宮箇谷塔村長島次郎兵衛(名主)。新染谷村天保二年守富文書に宮ヶ谷戸村長島丹次。明治七年船積問屋長島次郎兵衛・但安永二年八月創立。明治九年副戸長長島次郎兵衛・文化二年生あり。七戸現存す。

五四 同郡南部領新堤村(大宮市) 明治九年副戸長長島辰之助・安政三年生あり。四戸現存す。

五五 同郡南部領大谷村(大宮市) 氷川社前文化三年庚申塔に長島平次郎、天保二年庚申塔に長島幸内。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に大谷長島仲次郎あり。四戸現存す。

五六 同郡南部領蓮沼村(大宮市) 神明社明治三十一年松沢碑に猿ヶ谷戸長島倉松あり。四戸現存す。

五七 同郡南部領深作村(大宮市) 氷川社嘉永五年水鉢に長島政治郎・長島藤治郎あり。二戸現存す。

五八 同郡吉野領本郷村(大宮市) 当村元禄十二年庚申塔に吉野本江村長島七左衛門、宝暦十二年碑に長島惣右門。宝暦十三年大島文書に名主長島新兵衛。高林寺文政六年馬頭尊に長島七郎右衛門。本郷神社元治元年幟碑に長島七兵衛。明治五年名主長島新兵衛。本郷神社明治三十一年御神燈に長島長吉・長島仲次郎・長島清五郎・長島綱吉・長島徳次郎・長島平五郎、明治三十九年碑に長島勝右衛門・長島育太郎・長島新兵衛あり。十六戸現存す。

五九 同郡吉野領今羽村(大宮市) 氷川社明治三十九年碑に長島才太郎・長島甚五郎あり。五戸現存す。

六〇 同郡上尾町 嘉永二年文書に長島十次郎。明治三十五年染物業長島歌吉。愛宕社明治四十四年碑に長島次助・長島歌吉・長島なみ・長島佐吉あり。

六一 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に長島岡蔵あり。

六二 同郡沖之上村(上尾市) 氷川社明治三十七年水鉢に長島佐吉あり。現存無し。

六三 同郡菅谷村(上尾市) 明治五年百姓代長島安右衛門。当村明治十七年庚申塔に菅谷村長島国蔵。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡菅谷村長島国蔵あり。三戸現存す。

六四 同郡原市村(上尾市) 当村正徳二年庚申塔に原市村長島善左衛門・長島太郎左衛門。明治四年下町名主長島作兵衛、中町長島与四郎。明治九年上組組頭長島利兵衛・小前惣代長島亥三郎。明治三十五年荒物商長島伊三郎・餅商長島与四郎・左官職長島喜之助・綿商長島金之助・綾糸製造酢屋長島亀吉・足袋商長島仙蔵あり。十戸現存す。

六五 同郡小室村(伊奈町) 当村に此氏多く存す。観音堂元禄十四年地蔵尊に長島次兵衛・長島又兵衛。当村安永九年地蔵尊に長島政右衛門、天明二年供養塔に宿新田長島源右衛門、嘉永七年馬頭尊に長島嘉右衛門。清光寺文政十二年筆子碑に柴村長島彦太郎・長島寅松。氷川社安政三年御神燈に本村永島庄兵衛、柴村長島政右衛門・長島嘉右衛門・長島彦右衛門・長島孫兵衛・長島茂右衛門、宿村長島源八、小貝戸村長島治左衛門。明治六年酒造人長島庄兵衛。明治九年副戸長長島孫兵衛・文政九年生。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡小室村長島伊太郎・長島利三郎・長島庄五郎あり。

六六 同郡桶川町 明治三十五年小間物商長島由次郎あり。

六七 同郡倉田村(桶川市) 明星院文政六年新西国塔に倉田村長島多七あり。現存無し。

六八 同郡上日出谷村(桶川市) 当村に此氏多く存す。下日出谷村知足院嘉永七年馬頭尊に上日出谷村長島由松・長島源八.。明治九年副戸長長島勇右衛門・文政六年生。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡上日出谷村長島亀吉。氷川社明治二十年水鉢に上日出谷村長島清助・長島鶴吉、明治三十九年碑に長島徳治・長島武治・長島八百吉・長島幸蔵・長島勝五郎・長島熊太郎・長島竹蔵・長島末春・長島瀧三郎・長島亀吉・長島仲三郎・長島伊助あり。

六九 同郡川田谷村(上尾市) 双龍堂天保六年地蔵尊に松原村長島弥惣治、樋詰村長島留五郎、文久二年普門品に松原村長島猶蔵、樋詰村長島宇兵衛。上日出谷村氷川社明治二十年水鉢に川田谷村長島長蔵。明治四十二年川田谷村会議員長島惣助あり。九戸現存す。

七〇 同郡宮内村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上宮内村長島利兵衛・長島利八・長島仙次郎・長島平吉・長島藤兵衛、下宮内村長島佐五右衛門・長島長次郎・長島庄八・長島弥助・長島清蔵。明治二十一年宮内村会議員長島善右衛門あり。八戸現存す。

七一 同郡東間村(北本市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に東間村長島藤蔵あり。三戸現存す。

七二 同郡鴻巣宿 大間村久保寺天明六年筆子碑に鴻巣宿長島忠蔵。上谷新田金剛院元治元年碑に鴻巣宿長島為一郎。鴻神社明治十五年御神燈に長島栄次郎・長島揆郎、明治二十一年水鉢に鴻巣宿長島為一郎。上谷新田八幡社明治三十三年碑に長島市太郎(翫物商)。明治三十五年足袋商長島助二郎・粉商長島新太郎・長島米八あり。

七三 同郡上谷村(鴻巣市) 明治四年上谷新田村・下上谷村を編入す。下上谷村恵光院安永四年地蔵尊に長島五左衛門。深井村寿明院寛政九年寄付帳に下神谷村長島百助・長島甚五左衛門・長島新三郎・長島藤右衛門・長島菊次郎・長島五郎兵衛。上谷新田金剛院元治元年碑に下上谷村長島巳三郎。明治九年上谷村副戸長長島繁蔵・文政十年生(組頭)。氷川社明治三十四年鳥居碑に長島兼吉・長島泰三郎・長島礒吉・長島与兵衛・長島栄吉あり。八戸現存す。

七四 同郡下谷村(鴻巣市) 明治四年南下谷・中下谷・北下谷の三ヶ村が合併して下谷村となる。深井村寿明院寛政九年寄付帳に南下谷村長島政右衛門・長島市助・長島八左衛門・長島弥八・長島文左衛門・長島新兵衛・長島平八.。明治三十五年常光村農友会に下谷村長島善左衛門あり。十二戸現存す。

七五 同郡中曽根村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に中曽根村長島弥助・長島又右衛門あり。二戸現存す。

七六 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に上常光村長島藤吉。常光神社寛政十年庚申塔に常光村長島藤吉・長島与右衛門。明治三十五年常光村農友会に常光村長島新吾あり。三戸現存す。

七七 同郡市ノ縄村(鴻巣市) 八幡社慶応三年水鉢に長島礒治郎あり。一戸現存す。

七八 同郡小松原村(鴻巣市) 深井村寿明院寛政九年寄付帳に小松原村長島久右衛門・長島平五郎あり。三戸現存す。

七九 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村長島与七、明治三十九年碑に長島与七・長島幸之助あり。三戸現存す。

八〇 同郡大間村(鴻巣市) 久保寺天保十一年鐘銘に総司村長長島鎌次郎。大野神社明治二十六年幟碑に長島新助・長島栄吉あり。八戸現存す。

八一 同郡登戸村(鴻巣市) 道祖土氏伝記に「文禄元年深井対馬守は登戸を開発し、長島玄蕃を呼び付け百姓居住と成る。玄蕃は才覚人にすぐれて弁舌よし」と見ゆ。当村享和三年馬頭尊に登戸村永島平七・永島弥右衛門。当村勝願寺天保四年供養塔に登戸村長島綿右衛門。明治四年組頭長島惣吉・四十三歳。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に登戸長島肇。鴻巣町勝願寺明治三十五年馬頭尊に登戸長島兵吉・長島富之助あり。二戸現存す。

八二 同郡糠田村(鴻巣市) 聖泉寺文化十二年馬頭尊に長島清松・長島留太郎、同年宝篋印塔に長島岩右衛門、安政五年馬頭尊に長島勇五郎・長島芳五郎・長島鉄五郎。氷川社文政十一年庚申塔に長島勇七.。箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑に糠田村長島紋平。明治九年副戸長長島清松・天保六年生(組頭)、副戸長長島岩右衛門・文化十三年生(組頭)。福島稲荷社明治十年水鉢に長島岩右衛門・長島与左衛門・長島源八.。氷川社明治十一年浅間碑に長島宏右衛門・長島利卯・永島平八・長島文二・長島弥四郎・長島松蔵・長島五郎助・長島仙右衛門・長島九吉・長島儀平、明治四十三年御神燈に宮下組長島米右衛門。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に糠田長島久四郎あり。十六戸現存す。

八三 同郡中井村(鴻巣市) 旧西光院安永七年筆子碑に中井村長島藤吉。明治四年組頭長島花吉・三十五歳、組頭長島庄助・四十歳。明治九年副戸長長島花吉・天保八年生あり。長嶋氏五戸現存す。

八四 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に長島督三郎あり。

八五 同郡小谷村(吹上町) 日枝社寛政十一年御神燈に長島亀太郎、嘉永六年碑に中側長島栄治郎。明治四年名主長島又七郎・五十二歳、組頭長島佐治右衛門・四十歳。明治九年戸長長島貞蔵・天保八年生、副戸長長島佐治右衛門・天保三年生。明治十四年埼玉銀行創立発起人長島又七郎・六十株三千円所有。大正四年県会議員調に農業長島律太郎・明治元年生・国税納税額百五十二円。律太郎及び弟隆二の兄弟は衆議院議員なり。七戸現存す。

八六 新座郡志木町 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に引又町長島平次郎。不動堂明治十四年不動尊に志木宿長島万蔵。明治三十五年魚商和泉屋長島岩吉・素麺製造長島万蔵あり。

八七 同郡上新倉村(和光市) 漆台不動滝前嘉永六年庚申塔に上新倉村長島又左衛門。明治四十四年県税届に長島喜曽次・長島豊吉あり。五戸現存す。

八八 同郡岡村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に岡・永島孫八あり。長島氏十一戸現存す。

八九 入間郡所沢町 明治三十五年飲食店長島重四郎あり。

九〇 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「法泉・長島五郎兵衛・辰年九月。究意院妙宣・長島七左衛門・壬寅年六月。常珍・長島ヲヤ・八月。承応二年三月過去帳表具之紙は長島忠兵衛等造立す」。川田谷村泉福寺天明元年碑に石工川越南町長島三郎右衛門。早俣村阿弥陀堂天明七年六地蔵に石工川越南町長島三郎右衛門。御嶽社明治三十年碑に長島民蔵。氷川社明治三十三年玉垣碑に長島茂蔵。明治三十五年雑穀商長島銀蔵・米穀商長島栄吉あり。

九一 同郡大中居村(川越市) 高松寺延享三年地蔵尊に当村長島甚兵衛。氷川社文久元年浅間碑に大中居村長島兼蔵・長島糸吉。明治九年戸長長島平作。古谷上村善仲寺明治二十七年敷石供養塔に長島テル・長島平七・長島甚兵衛・長島孫八・長島角次郎・長島竹次郎あり。八戸現存す。

九二 同郡増形村(川越市) 当村に此氏多く存す。古代以来居住の苗字にて、伊勢国桑名郡長島郷発祥説は地名附会なり。入間郡誌に「増形村。其祖長島民部左衛門信興に関する伝説によれば、享徳元年甲府に生れ壮なるに及て、武田家に事へ、天正年中武田家亡び流浪し、由緒ありて勢州長島に住み、長島伊勢守と改め、北条氏直に召されて事へて朱印感状を賜りたり。後氏直、川越城入の時、供奉し住宅を増形村に構へ、此処に住せり、天正十七年没す、年六十二.。長島氏の現主を酉太郎と云う、其母の秘蔵せる古文書は北条氏の御触書にして風土記にも引用せり」と。同家文書・北条家定書に「丁亥七月晦日(天正十五年)、腰さし類之ひらひら武者めく様に可致支度事、増形小代官・百姓中」と見ゆ。長島氏十八戸、永島氏十戸現存す。

九三 同郡坂戸町 私塾師匠長島平次郎・号五練亭・柴石・文久元年没、其子同医師長島良庵・明治五年没四十歳。明治三十五年旅人宿長島ヨウ・桶職長島富蔵あり。

九四 同郡塚越村(坂戸市) 光明寺文化九年馬頭尊に塚越村長島喜伝治・長島幸吉。当村安政六年道標に塚越村長島美十郎。住吉社文久三年御神燈に当所長島峯吉。明治九年副戸長長島美十郎あり。十七戸現存す。

九五 同郡島田村(坂戸市) 当村文政五年供養塔に島田村長島惣兵衛あり。三戸現存す。

九六 同郡赤尾村(坂戸市) 小名長島あり。文政十三年赤尾村屋敷姓名取調帳に「字板へき住人長島権蔵。長島郷左衛門―同名―同名―勘左衛門―権蔵―勘左衛門。右勘左衛門家、往昔元禄年中以前松平伊豆守様御領分川越領之組頭役致し候、夫より中絶家也」と見ゆ。現存無し。

九七 同郡今市村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に越生町長島忠蔵。法恩寺天保十一年頼母子講に長島太右衛門・長島吉左衛門・長島利右衛門・長島弥五左衛門・長島伊八.。黒岩村石井家筆学門人帳に元治元年・今市村長島倍五郎・十三歳、長島喜十郎・十一歳、長島伊十郎・十四歳、明治二年・今市村長島善四郎・八歳。明治三十五年荒物絹商新徳田屋長島喜重・陶器絹商徳田屋長島重造・呉服商絹屋長島文吉・照降商絹屋長島定吉・小間物商絹商長島増吉・塗物師長島豊吉・糸繭商長島元次郎あり。

九八 同郡和田村(越生町) 当村に此氏多く存す。古代以来居住の苗字にて、紀伊国牟婁郡長島郷(三重県紀伊長島町)発祥説は地名附会なり。当村及び玉川郷、鎌形村、中曽根村、久保田村等の長島氏は同族と称し、伊勢国一向宗門徒長島一揆の残党説を称す。桑名郡長島城(長島町)は天正三年九月織田信長に猛攻撃を懸け一揆勢は全滅す。両長島郷の地名を混同しているが無関係なり。地名より発祥した苗字は埼玉県内に例が無い。冒頭及び百十一項参照。長島宏家系図に「長島周防守重次(母加藤兵庫忠次女。仕北畠具教被召出、而父武陽松山城主上田安徳斉有由緒、暫在城、于時天正十八年時、松山城落、家来召連、堀江庄越生郷和田村居住)―長島左近重政(木光院殿禅演居士・慶長二年四月十八日)」と見ゆ。黒岩村石井家筆学門人帳に元治元年・和田村長島久太郎・八歳。明治九年副戸長長島与吉・天保五年生。明治二十九年越生銀行発起人長島園十郎・七十五株三千七百五十円所有あり。

九九 同郡堂山村(越生町) 鎌形村安政五年八幡社文書に堂山村長島倉造・長島荒五郎・長島伊助等は合天井を寄進す。現存無し。

一〇〇 高麗郡的場村(川越市) 天満宮文化二年水鉢に長島金蔵。愛宕社明治二十四年筆子碑に長島喜十郎・長島清次郎、明治二十五年水鉢に長島清助・長島豊吉あり。十七戸現存す。

一〇一 同郡柏原村(狭山市) 明治二十九年蚕種製造長島太吉あり。一戸現存す。

一〇二 同郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納に長島新右衛門盛貞あり。他村住人か。現存無し。

一〇三 同郡中山村(飯能市) 智観寺明治十七年勧進帳に中山村長島竹次郎あり。現存無し。

一〇四 比企郡鳥羽井村(川島町) 当村寛政五年庚申塔に長島善五郎・長島礒五郎・長島仙治郎・長島金之丞・長島金右衛門・長島久五郎・長島清兵衛・長島七蔵、文化八年馬頭尊に鳥羽井村長島清兵衛、文久二年馬頭尊に鳥羽井両村長島文十郎・長島万太郎。明治九年副戸長長島文十郎・天保元年生、副戸長長島万太郎・文政八年生あり。十一戸現存す。

一〇五 同郡上八ツ林村(川島町) 当村文政七年馬頭尊に長島左衛門あり。一戸現存す。

一〇六 同郡下八ツ林村(川島町) 鳥羽井村嘉永三年庚申塔に八ツ林村石工長島亀五郎。釘無村明治十九年馬頭尊に下八ツ林村長島仲次郎あり。五戸現存す。

一〇七 同郡小見野村(川島町) 小仙波村喜多院明治三十四年水鉢に小見野下駄職長島元次郎。現存無し。

一〇八 同郡松山町 明治三十五年米穀商長島徳太郎あり。

一〇九 同郡本宿村(東松山市) 当村岡田文書に寛政頃伊勢参宮に高坂本宿長島藤右衛門あり。十八戸存す。

一一〇 同郡早俣村(東松山市) 小剣神社安政五年機織姫像に長島まさ・長島竹蔵の夫婦あり。一戸存す。

一一一 同郡玉川郷 字仲井の長島氏系図に「松山城家臣長島次郎将監重氏、其子重次も松山城主に仕へ、落城後は越生郷和田村に住み、其子重政が鎌形村に分家、其後鎌形から仲井に分かれる」とあり。和田村及び鎌形村の長島氏とは別家にて附会なり。春日社明治四十年碑に荒田長島平三郎。今宮社明治四十五年碑に長島作治・長島吾蔵・長島福八・長島善吉・長島喜平・長島米吉・長島長次郎・長島力蔵・長島半三郎・長島常次郎あり。十二戸現存す。

一一二 同郡鎌形村(嵐山町) 当村に此氏多く存す。古代以来居住にて、玉川郷及び中曽根村の長島氏とは別家なり。岩室観音堂寛政十一年碑に鎌形村長島忠三郎。桃木村八幡社文政七年筆子碑に鎌形村長島辰五郎。中爪村普光寺嘉永五年算額に鎌形村長島栄吉。当村八幡社文書に「天保六年、当所長島忠三郎は花表再建す。天保九年、植木山長島辰五郎は神前幕一張を寄進す。天保十一年、植木山長島源兵衛は飾馬乗装束を寄進す。天保十五年、長島帆平は随神再楽を寄進す。嘉永三年、世話人長島八蔵は金二両二朱を寄進す。嘉永七年、長島千代造は金鑭戸張を寄進す。安政五年、長島愛之助・長島半七・長島主馬三郎・長島宗五郎・長島小十郎・長島源造・長島民造・長島恒造等は合天井を寄進す。安政六年、当所長島保兵衛は大幡一対を寄進す。明治三年、長島新三郎保孝は金三両を寄進す」。明治九年副戸長長島千代造・天保五年生。八幡社明治十六年筆子碑に鎌形村・長島小十郎・長島源造・長島兵吉・長島倉造・長島源吉・長島主馬三郎・長島宗五郎・長島孫市・長島充五郎・長島儀平・長島新吉・長島平次郎・長島吉造・長島保太郎・長島伊八・長島恒次郎・長島半七・長島新三郎あり。

一一三 同郡吉田村(嵐山町) 薬師堂天和二年庚申塔に長島房次郎・子権十郎あり。現存無し。

一一四 同郡越畑村(嵐山町) 八宮社明治二十六年御神燈に長島文次郎あり。三戸現存す。

一一五 同郡本郷村(都幾川村) 小川家墓地宝永四年廻国塔に妙覚本江村長島兵右。日影村東光寺文政三年筆子碑に本郷村長島丑太郎。桃木村八幡社文政七年筆子碑に本郷村長島市蔵、明治十四年筆子碑に本郷村長島嘉蔵あり。四戸現存す。

一一六 同郡福田村(滑川町) 元治二年小林三徳算額奉納に当所長島靄治郎昌訓・長島藤左衛門光郷。明治九年議定書に長島伊之吉・長島藤七・長島鶴次郎・長島宗平・長島小平あり。十四戸現存す。

一一七 同郡小川村 八宮社文化頃の石御宮寄進碑に長島十兵衛あり。一戸現存す。

一一八 横見郡中曽根村(吉見町) 古代以来居住にて、伊勢国桑名郡長島郷は地名附会なり。長島町に長島氏は現存無し、服部氏九十戸存すが無関係なり。鎌形村より移住して鎌形八幡社を延宝七年に当村へ分祀すと伝へるが、当社は既に慶安二年朱印八石を拝領しており、是以前の鎮座なり。九十八、百十二及び次項参照。吉見旧事考に「中曽根村。長島一揆の残党長島何某の末へありと聞べし。天正年間・伊勢の長島の一向宗門徒による一揆は信長軍から殲滅的痛打を受けた。その際の残党として当地に落延び土着した兄弟があった。一方は中曽根の長島であり、一方は久保田の長島である。伊勢に居る時は服部と云うた。身を隠す為、姓を変へたのではあるまいか」と見ゆ。全くの附会なり。明治九年副戸長長島善吉・弘化三年生。八幡社明治三十四年碑に長島幸五郎・長島治三郎・長島藤十郎・長島道五郎あり。十六戸現存す。

一一九 同郡久保田村(吉見町) 伊勢国長島郷は地名附会なり。前項までを参照せよ。阿弥陀堂に建武三年鐘銘あり、当村は古代に開発されており、名主長島氏も其の頃からの居住者にて小名長島あり。吉見旧事考に「久保田村。邨長何某は勢州長島の住にて、天正のはじめ滝川左近将監一益と対陣し、力尽而落下り、長島と称し同所に住す」と見ゆ。全くの附会なり。岩室観音堂嘉永三年水鉢に久保田村長島七左衛門。久米田村慶応元年馬頭尊に久保田村長島棟十.。明治九年戸長長島覚十郎・文化九年生、副戸長長島宇右衛門・天保八年生。明治十二年菓子商長島菊次郎・同長島喜之助・染物屋長島彦助。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に久保田村長島伊与作あり。十四戸現存す。

一二〇 同郡大串村(吉見町) 御所村安楽寺弘化五年供養塔に大串村長島善右衛門。登戸村勝願寺明治十七年筆子碑に大串村長島菊蔵あり。三戸現存す。

一二一 大里郡熊谷宿 旧家祖先天正慶長頃の人に永島大膳あり。林条参照。熊谷宿百石組に「慶安元年、長島九兵衛。享保四年、帳付役人衆長島次左衛門。宝暦十年、本町北屋敷持主長島太兵衛、本町南屋敷持主長島次左衛門。嘉永元年、長島次左衛門」。石上寺元文三年碑に永島太兵衛。江戸浅草寺本堂正面柱寛政九年寄進名に熊谷宿長島藤右衛門。千形神社嘉永五年酒蔵講中に長島太十郎、嘉永六年水鉢に長島次郎兵衛。高城神社安政六年御神燈に長島庄助・長島弥五郎・長島喜兵衛。明治五年、熊谷駅准副戸長長島晴次郎。賢勝院明治十四年妙法講碑に当駅長島大三郎。明治十六年、熊谷駅議員長島庄助。明治三十五年鰹節魚商長島安太郎・菓子商長島政五郎・籠商長島酉蔵・飲食店長島政吉あり。

一二二 同郡石原村(熊谷市) 文政十年諸国道中商人鑑に熊谷石原・御茶漬長島安兵衛。明治三十五年米穀商長島力蔵あり。

一二三 同郡万吉村(熊谷市) 観音堂正徳四年地蔵尊に長島喜兵衛、明和八年供養塔に長島平七.。明治七年村岡村小林文書に万吉村長島里造あり。四戸現存す。

一二四 同郡津田新田(大里町) 岩室観音堂寛政十年碑に津田新田永島藤蔵あり。長島氏四戸現存す。

一二五 同郡手島村(大里町) 沼黒村正福寺元禄元年棟札に大檀那手島村長島平兵衛。当村弘化三年馬頭尊に手島村長島善兵衛・長島平右衛門あり。八戸現存す。

一二六 同郡小八ツ林村(大里町) 松山町松山神社文政十二年御神燈に小八ツ林村石工長島金助。春日社文政十三年御神燈に石工当所長島金助、弘化四年石敷碑に長島清五郎・長島茂左衛門・長島徳太郎・長島儀八、嘉永元年御神燈に長島香造・長島利右衛門。小川村千日堂弘化二年地蔵尊に石工小八ツ林村川岸長島金助。明治九年副戸長長島茂・天保八年生、副戸長長島又市・天保三年生。増尾村白山社明治十六年筆子碑に小八ツ林村石工長島金助。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に小八ツ林村長島又市。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業長島甚助・元治元年生・国税千百二十三円・県下五十三位、大正十四年長島甚助・国税千六百十五円・県下九十位。大正十二年大地主名簿長島甚助・田三十五町六反歩・畑三十一町五反歩所有あり。九戸現存す。

一二七 男衾郡本田村(川本町) 明治二十五年船水車所有長島幸助あり。十戸現存す。

一二八 同郡畠山村(川本町) 私塾師匠長島玄貞・明治十三年没。同人筆子碑に当所長島藤馬・長島新吉・長島太七あり。七戸現存す。

一二九 榛沢郡永田村(花園町) 当村に此氏多く存す。嘉永五年笠原文書に永田村名主長島幾右衛門。明治九年戸長長島金次郎・文政十年生、副戸長長島幾四郎・文化七年生。用土村明治十三年仙元碑に永田村長島代次郎・長島惣太郎・長島金次郎・長島百太郎。長楽寺明治二十八年馬頭尊に長島代次郎あり。

一三〇 同郡深谷町 明治三十五年米穀商長島弥八あり。

一三一 幡羅郡妻沼村 聖天宮天保七年碑に長島太次郎。明治三十五年太物商長島与四郎あり。

一三二 同郡上根村(妻沼町) 東別府神社嘉永六年御嶽碑に上根村長島長五郎。妻沼村聖天宮安政三年伊勢講碑に上根村長島太左衛門・長島重兵衛・長島利右衛門・長島六右衛門・長島五右衛門。当村安政五年百番供養塔に長島利右衛門・長島利一郎。薬師堂慶応四年碑に長島里兵衛。田島村明治八年富士嶽碑に上根村長島太平・長島長五郎・長島利市郎・長島長四郎。明治九年副戸長長島利一郎・天保九年生、副戸長長島長五郎・安政二年生。明治十八年最上農名簿に長島長五郎・耕宅地十町三反歩・山林四反歩所有。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に上根村長島長五郎・長島亮平・長島長十郎・長島福次郎・長島唯三郎・長島重作・長島源次郎あり。十五戸存す。

一三三 同郡八ツ口村(妻沼町) 明治四年備前堀史料に八ツ口村名主長島保太郎。明治九年戸長長島保太郎・天保九年生、副戸長長島健次郎・文政十二年生あり。十二戸存す。

一三四 同郡上江袋村(妻沼町) 忍城家臣長島縫殿助の子孫作左衛門は寛永十六年名主となる。八木田村観音寺弘化四年筆子碑に江袋村長島和三郎。妻沼村聖天宮弘化四年御神燈に上江袋村長島作左衛門。能泉寺嘉永元年二十二夜塔に長島作左衛門。中奈良村長慶寺安政四年碑に江袋村長島彦左衛門・永島光太郎。明治七年戸長長島作次郎。田島村明治八年富士嶽碑に江袋村長島作八郎・長島和三郎。明治九年副戸長長島久三郎・弘化元年生、副戸長長島彦平・文政六年生。明治十八年最上農名簿に長島作八郎・耕宅地十六町四反歩・山林三反歩所有。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に上江袋村長島作次郎。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に江袋村長島作八郎・長島久三郎・長島熊次郎・永島儀三郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に長島作八郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年長島作左衛門・明治二十七年生・国税千四百五十二円・県下百十二位あり。十四戸現存す。

一三五 同郡葛和田村(妻沼町) 大野村弘化三年御嶽碑に当所長島幸吉。信州木曽御嶽山清滝新道端昭和五年碑に大里郡秦村大野講長島品三郎あり。二戸現存す。

一三六 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に本町長島弥太四郎あり。

一三七 秩父郡小柱村(秩父市) 文政四年半藤文書に稲荷社氏子惣代長島三次郎あり。六戸現存す。

一三八 同郡黒谷村(秩父市) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

一三九 同郡三沢村(皆野町) 寛保三年香具仲間連名帳に三沢村長島杢次郎。明和安永年間秩父郡記に三沢村下郷名主長島長右衛門。天明六年上田野村三上文書に三沢村名主長島長左衛門。明治六年副戸長長島長作あり。十六戸現存す。

一四〇 同郡横瀬村 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長長島周作・弘化四年生。明治十四年神輿寄付連名帳に八番耕地宇根長島順平・長島弥重郎・長島善七・長島啓三郎、九番耕地宇根長島周作・長島半平・長島伊代吉・長島定吉、十一番耕地中郷長島宗九郎あり。

一四一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・長島恭助・七百十八円、小室村(伊奈町)・永島静夫・二十三円、田間宮村(鴻巣市)・長島秀蔵・四十一円、長島八郎衛門・二十八円、長島柴郎・二十円、笠原村(鴻巣市)・長島貞次郎・十四円、吉田村(幸手市)・長島一辰・百四円、久喜町・長島喜藤・十一円・十四円、中島村(羽生市)・長島英次郎・四十三円、持田村(行田市)・長島富三郎・十五円、東村(大利根町)・長島聖・三十一円、長島一・十一円、川越市・長島宗次郎・八十二円・八十九円、長島清次郎・十四円・三十六円、長島熊次郎・九円、古谷村(川越市)・長島又七・二十八円、名畑村(川越市)・長島長次郎・九十四円・三十六円、霞ヶ関村(川越市)・長島直吉・十五円・五十三円、勝呂村(坂戸市)・長島三郎平・二十五円・七十二円、越生町・長島園十郎・二十七円、吾野村(飯能市)・長島栄吉・五十五円、福田村(滑川町)・長島清作・十五円、菅谷村(嵐山町)・長島戸平・十二円、高坂村(東松山市)・長島八五郎・四十一円・二十七円、吉見村(大里町)・長島甚助・二百十四円、長島三郎・十一円、長井村(妻沼町)・長島亮平・四十八円、太田村(妻沼町)・長島作左衛門・二千四百二十一円、長島彦八郎・百二十円、長島熊次郎・十九円・十一円、寄居町・長島はる・十二円・三十九円」あり。

長嶋 ナガシマ 各市町村に存す。茨城県那珂郡東海村二十五戸、千葉県香取郡山田町六十七戸、新潟県佐渡郡畑野町三十一戸あり。

長嶌 ナガシマ 春日部、草加、花園、所沢、秩父等に存す。

良島 ナガシマ 志木、春日部等に存す。

永島 ナガシマ 長島条参照。入間郡下南畑村字永島あり。○栃木県芳賀郡市貝町四十戸、茂木町七十戸、下都賀郡岩舟町九十五戸、大平町十六戸、藤岡町五十戸、安蘇郡葛生町二十戸、田沼町四十戸、佐野市八十七戸。○茨城県真壁郡協和町二十九戸。○千葉県夷隅郡大多喜町五十戸、市原市百十戸、木更津市八十戸、君津市五十戸。○福島県北会津郡北会津町十七戸。○島根県八束郡東出雲町百八十戸、松江市三十三戸あり。

一 佐野氏流永島氏 下野国安蘇郡水木村(葛生町)に長島氏二十二戸、永島氏三戸存し、隣村に秋山村あり。初代長島小四郎行長(鎌倉末期)の三男長島二郎重行は秋山信濃養子と見ゆ。永島氏は水木村出身の苗字長島氏なり。田原族譜に「佐野安房守実綱(宝治元年討死)―小次郎景綱―左衛門佐秀綱―小四郎行政―長島小四郎伊与守行長―永島小四郎行重―永島小四郎行光(武州羽生領住居)―長島佐渡行経(弟永島四郎左衛門房重)―藤三郎行房(弟永島弥五郎右京行貞)―長島藤三郎行忠(弟長島刑部行清、永島右京行長)―長島弥五郎行親―長島新四郎行道(弟永島小四郎右京道忠)―長島藤三郎行貞(弟長島新四郎之綱、長島民部行綱、永島新十郎豊貞)―永島新四郎行国(弟長島新六郎行高、永島弥十郎勝房、永島千五郎)―長島伊助行時(弟長島清兵衛勝行、長島孫兵衛行義)」と見ゆ。

二 忍城士の永島氏 成田分限帳に「三百石・永島孫兵衛」あり。

三 深谷城士の永島氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、永島彦惣」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「三両余二人扶持・永島権兵衛」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・永島千治、同高・永島多喜三」あり。

六 幸手町 雷電社明治二十四年水鉢に永島文太郎あり。

七 埼玉郡裏慈恩寺村(岩槻市) 上野村鷲宮社文政十二年御神燈に裏慈恩寺村永島長右衛門あり。現存無し。

八 同郡粕壁宿 東八幡社文化十三年御神燈に永島喜兵衛。明治三十五年洋物商永島国蔵・糸商永島貞次郎・米穀商永島庄兵衛、洋物商長島国三郎。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に永島貞次郎あり。

九 同郡向古河村(北川辺町) 鷲神社嘉永四年板碑に永島利助あり。八戸現存す。

一〇 同郡樋遣川村(加須市) 文化元年御室社縁起に奉納長島善蔵。浅間社嘉永七年仙元碑に七釜戸永島丑五郎、明治十二年鳥居碑に永島愛之助・永島小次郎・永島弥蔵。明治十三年矢口文書に永島平左衛門あり。四戸現存す。

一一 同郡今鉾村(加須市) 割目村桂性寺宝暦七年刻経塔に今鉾村永島源左衛門。明治九年副戸長永島兵右衛門・天保七年生あり。永島氏一戸、長島氏二戸現存す。

一二 足立郡川口町 明治三十五年魚商永島久蔵・足袋商永島景吉あり。

一三 同郡蕨宿 風土記稿蕨宿条に「蕨城主渋川氏の家人に高橋・今井・町田・山田・永島等ありて、子孫存す」と見ゆ。長泉院宝永五年常夜燈に長島秀世。三蔵院文政十三年二十三夜塔に永島栄治郎・永島亀五郎、弘化三年水鉢に永島穐五郎・永島万太郎・永島作治郎、文久二年供養塔に永島岩次郎・永島新五郎。明治三十五年織物商永島専太郎・荒物商永島善之助あり。

一四 同郡宿村(浦和市) 大久保神社明治三十年碑に永島高三郎あり。五戸現存す。

一五 同郡与野町 氷川社安政三年御神燈に永島伝右衛門あり。

一六 同郡円阿弥村(与野市) 延宝五年奉遷宮山王権現御宝前に永島次左衛門あり。八戸現存す。

一七 同郡宝来村(大宮市) 平方村の分家と伝へる。元禄七年下宝来村検地帳に「永島八郎右衛門・三町八反五畝歩」。福寿庵跡寛政十年道標に永島重右衛門、天保八年庚申塔に永島八郎右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡下宝来村長島重右衛門・長島重左衛門あり。永島氏五戸現存す。

一八 同郡植田谷本村新田(大宮市) 字円城寺八雲社明治三十一年碑に永島富士太郎・永島庄作あり。

一九 同郡上尾村 稲荷社万延元年宝篋印塔に永島平次郎あり。

二〇 同郡向山村(上尾市) 明治八年小前惣代永島平右衛門あり。一戸現存す。

二一 同郡地頭方村(上尾市) 当村元禄十二年庚申塔に長島佐五右門。明治九年副戸長永島兵三郎・嘉永二年生あり。七戸現存す。

二二 同郡平方村(上尾市) 当村に此氏多く存す。馬蹄寺元文四年地蔵尊に永島政右衛門。蕨宿和楽備神社享和二年御神燈に平方邑永島清兵衛。橘神社享和四年水鉢に永島源助・永島紋次郎・永島清次郎・永島太四郎・永島善五郎・永島十蔵、天保六年庚申塔に永島文右衛門・永島岩松・永島多四郎。指扇村天保十二年御神燈に平方村永島勇吉。八枝神社弘化三年水鉢に当村永島岡次郎・永島太四郎・永島太郎次・永島伊兵衛・永島長三郎・永島清右衛門。橘神社安政四年御神燈に永島文右衛門・永島太重郎・永島喜清次・永島八右衛門・永島太吉・永島留五郎。明治元年名主永島太重郎。明治四年清酒業永島文右衛門・清酒醤油業永島太重朗。明治七年船積問屋永島清兵衛・但元文二年三月創立。明治九年戸長永島太重郎・天保三年生、副戸長永島清兵衛・嘉永二年生、副戸長永島八右衛門・天保六年生、副戸長永島新左衛門・文政六年生、副戸長永島文右衛門・文政十一年生。橘神社明治十一年御神燈に永島熊之助・永島八右衛門・永島丹次郎・永島馬五郎・永島与三郎、明治二十四年御神燈に平方村永島光太郎・永島徳一郎・永島文太郎・永島清兵衛・永島満蔵・永島源十郎・永島幾太郎・永島権兵衛。県会議員農業永島英智・明治十四年生あり。

二三 同郡川田谷村(桶川市) 字八幡原八幡社明治三十九年碑に永島卯之吉あり。五戸現存す。長島条参照。

二四 入間郡川越町 氷川社明治十七年碑に永島半六・永島太十郎。明治三十五年荒物商永島文蔵・織物商永島朝次郎・造花職永島万蔵・理髪師永島平吉・肉卵商永島熊次郎。明治四十三年川越織物市場仲買商永島代五郎あり。長島条参照。

二五 同郡寺井村(川越市) 明治二十九年鉄道敷設願書に永島要太郎。

二六 同郡仙波新田(川越市) 喜多院明治三十四年水鉢に仙波新田下駄職永島初造あり。

二七 同郡入間川町(狭山市) 明治三十五年医師永島松庵あり。

二八 横見郡地頭方村(吉見町) 天満宮寛政八年御神燈に永島栄蔵あり。一戸現存す。

二九 同郡一ツ木村(吉見町) 氷川社明治三十七年碑に永島兵三郎あり。現存無し。

三〇 比企郡広野村(嵐山町) 八宮社弘化三年御神燈に永島継太郎・永島半次郎。下福田村元治二年小林三徳算額奉納にヒロノ永島営造正賢。鬼鎮神社慶応二年筆子碑に永島正増・永島竹次郎・永島栄蔵。明治九年戸長永島升次郎・天保十年生、副戸長永島栄蔵・文政三年生、副戸長永島佐兵衛・天保十二年生。明治十二年戸長永島竹治郎。杉山村八宮社明治十六年筆子碑に広野村永島弥助・永島富五郎・永島巳代吉・永島竹次郎。八宮社明治四十年碑に永島辰五郎・永島弥助・永島トミ・永島栄次郎あり。八戸現存す。

三一 同郡上横田村(小川町) 明治九年戸長永島甚之助・弘化三年生あり。十一戸現存す。

三二 秩父郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に金崎永島太三あり。一戸現存す。

三三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・永島米八・五十七円・七十円、三室村(浦和市)・永島清蔵・七十円・八十四円、平方村(上尾市)・永島荘次・五百七十八円・二百二十四円、永島瀧蔵・三百三十三円、永島源十郎・二十円、永島英智・十四円、永島徳一郎・十二円、大谷村(上尾市)・永島昇・十二円、幸手町・永島徳太郎・二十七円・七十二円、粕壁町・永島庄兵衛・二十五円・五十六円、樋遣川村(加須市)・永島三郎次・十二円、忍町・永島善七郎・十八円」あり。長島条参照。

永嶋 ナガシマ 各市町村に存す。

中社 ナカシャ 川越に存す。

中舎 ナカシャ 川口に存す。

中者 ナカジャ 本庄に存す。

中十 ナカジュウ 浦和に存す。

中重 ナカジュウ 鴻巣、春日部、川越、児玉等に存す。群馬県富岡市十二戸あり。ナカシゲ参照。

中所 ナカショ 所沢、嵐山等に存す。チュウショ参照。

中正 ナカショウ 越谷、草加に存す。

中庄 ナカショウ 川口に存す。

中城 ナカジョウ 比企郡大塚村字中城・増尾村字中城(小川町)あり、中条とも書く。寄居村極楽寺元治二年増尾村講中に中城角三郎と見ゆ、小名中城の住人なり。大塚村・角山村・飯田村は那賀庄を唱える。各市町村に存す。長野県駒ヶ根市二十七戸、福島県相馬市十五戸、青森県三戸郡階上町十五戸あり。チュウジョウ参照。

中条 ナカジョウ 各市町村に存す。○群馬県富岡市三十五戸。○長野県上伊那郡辰野町二十六戸、松本市六十七戸。○新潟県西蒲原郡吉田町十三戸、中魚沼郡川西町二十六戸、南魚沼郡六日町十三戸、東頸城郡大島村二十六戸あり。チュウジョウ参照。

一 児玉党中条氏 近江国高島郡中庄村(マキノ町中庄、ナカショウ)は中之庄村とも書く。滋賀郡中ノ庄村(大津市膳所中ノ庄町)、蒲生郡中庄(近江八幡市中之庄町)、伊香郡中庄黒田郷・古橋郷・椙野郷(木之本町黒田、古橋、杉野の附近)あり。中条は何処の地か不詳なり。武蔵七党系図に「塩谷六郎家遠―民部大夫家経(又盛経、承久三年六月十四日関東方宇治川流死、七十一歳)―五郎経盛(承久賞、近江国中条拝領)―六郎経直―中条六郎太郎経村―又太郎宗実、弟六郎行経法名定妙、其の弟七郎経家法名妙導」と見ゆ。塩谷氏は児玉郡塩谷村の在名にて、近江国の中庄、中ノ庄に現存無し。

二 埼玉郡岡泉村(白岡町) 丸山墓地享保三年筆子碑に中条仁右衛門。鷲神社天保六年天神碑に中条惣兵衛。観音堂元治元年水鉢に中条助蔵。菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に中条久松、当村住人か。鷲神社明治三十五年鳥居碑に中条庄助あり。六戸現存す。

三 同郡上之村(熊谷市) 野原村文殊寺明治二年碑に上之村中条久兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に起倒流柔術上之村中条松五郎・中条清蔵・中条与曽松あり。七戸現存す。

四 同郡忍町 明治三十五年金物商相模屋中条儀兵衛あり。現存無し。

五 所沢町 明治三十五年飲食店中条ハマあり。二戸現存す。

中條 ナカジョウ 各市町村に存す。山形県南陽市十四戸、酒田市十八戸、宮城県栗原郡花山村九戸、古川市二十八戸あり。

中篠 ナカジョウ 妻沼に存す。

仲条 ナカジョウ 各市町村に存す。千葉県海上郡飯岡町二十二戸、山形県東田川郡余目町九戸あり。

仲條 ナカジョウ 川口、浦和、新座、和光、東松山、小川、寄居等に存す。長野県飯山市二十八戸、山形県酒田市三十七戸あり。

中小路 ナカショウジ 嵐山に存す。

仲正路 ナカショウジ 岩槻に存す。

中代 ナカシロ 浦和、所沢等に存す。ナカダイ参照。

仲代 ナカシロ 岩槻に存す。

中城 ナカシロ 所沢に存す。

長代 ナガシロ 川口、上尾、越谷等に存す。岩手県久慈市七戸あり。

中陣 ナカジン 大宮に存す。

中陳 ナカジン 川口、白岡等に存す。

中新田 ナカシンデン 入間郡中新田村(狭山市)、高麗郡中新田村(鶴ヶ島市)。葛飾郡惣新田村香取社延享元年庚申塔に惣新田組中新田村(幸手市)あり。川越、行田等に存す。青森県東津軽郡平内町十八戸、三戸郡南郷村六戸あり。

中須 ナカス 埼玉郡百間中島村字中洲(宮代町)は古の村名にて、地蔵院延享元年碑に百間領中須村と見ゆ。川口、浦和、庄和、川越に存す。

長須 ナガス 川口、浦和、与野、蓮田、和光、所沢、草加、幸手等に存す。茨城県那珂郡大宮町八戸、下館市十三戸あり。

一 葛飾郡上宇和田村(幸手市) 金剛寺文政三年庚申塔に長須才太郎。明治二十年被選挙権者長須丈右衛門・文政八年生。下吉羽村香取社明治三十九年碑に上宇和田長須寅蔵あり。一戸現存す。

長州 ナガス 松伏に存す。

長洲 ナガス 川口、浦和、春日部、草加、吉川、入間、所沢、富士見、行田等に存す。茨城県東茨城郡茨城町七十七戸、水戸市四十戸あり。

永須 ナガス 大宮に存す。エイス参照。

長末 ナガスエ 大宮、行田、妻沼等に存す。

永末 ナガスエ 大宮、伊奈、久喜、春日部、上福岡、所沢、富士見に存す。

中須加 ナカスガ 新座、小川、川越等に存す。

中須賀 ナカスガ 各市町村に存す。宮城県宮城郡七ヶ浜町十一戸あり。

長菅 ナガスガ 八潮に存す。

長須賀 ナガスガ 川口、北本、和光、草加等に存す。

中杉 ナカスギ 大宮、幸手、川越、富士見等に存す。

永杉 ナガスギ 大宮に存す。

中筋 ナカスジ 各市町村に存す。島根県簸川郡大社町二十戸あり。

仲筋 ナカスジ 岩槻に存す。

中砂 ナカスナ 所沢に存す。

長砂 ナガスナ 岩槻、松伏等に存す。

中妻 ナカズマ 吉川、松伏等に存す。

中角 ナカスミ 行田に存す。

中住 ナカスミ 浦和に存す。

中済 ナカスミ 狭山、所沢等に存す。

中澄 ナカスミ 草加に存す。

長住 ナガスミ 川口、上尾等に存す。鳥取県日野郡日野町七戸あり。

中世 ナカセ 狭山に存す。

中勢 ナカセ 騎西に存す。

中瀬 ナカゼ 榛沢郡中瀬村(深谷市)あり、新田老談記に武州中瀬郷原と見ゆ、今の中瀬神社の社地を小名原と云う。葛飾郡惣新田村字中瀬(幸手市)は古の村名にて、真乗院宝暦十三年庚申塔に惣新田中瀬村と見ゆ。浦和、大宮、上尾、桶川、与野、春日部、越谷等に存す。岩手県二戸郡一戸町十戸、鳥取県岩美郡岩美町十二戸、気高郡気高町七戸あり。

一 横瀬党中瀬氏 榛沢郡中瀬村より起る。横瀬村福応寺由緒書に「元弘三癸酉五月東征伐之論旨給はり御一同不残御加勢に付桃井直常公、横瀬党中瀬、高島、新戒、石塚、古市、大塚、此党者桃井公之旗下也」と。伊与国世田山城下(愛媛県東予市大字楠)の世田薬師堂暦応三年九月三日大館氏明以下殉死者十七士の墓碑(天保八年建立)に「中瀬二郎政道、中瀬三郎政光、中瀬六郎政信」と名あり。永禄二年新田家臣祖裔記に「長は鎌倉北条九代の御家人、武州中瀬に流浪し後、義貞公謀叛に組し御家臣となる、長源内兵衛と云ふ」と見ゆ。中瀬氏は下野国都賀郡出身の出稼衆長(ちょう)氏が本名か。金山太田誌に「天正十一年、金山籠城の士、中瀬小助」あり。

二 忍城士の中瀬氏 成田分限帳に「十貫文・中瀬九右衛門」あり。

三 松山城士の中瀬氏 秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「妙行・ナカセ母・申年五月。蓮長・ナカセ・十月」あり。長瀬氏か。

四 秩父郡矢那瀬村(長瀞町) 用土村明治十三年仙元碑に矢那瀬村中瀬清四郎あり。中畝(なかうね)氏九戸現存す。

長瀬 ナガセ 和名抄に伊勢国鈴鹿郡長世郷を奈加世と訓ず、是以前の天平十七年正倉院文書に鈴鹿郡長背郷と見ゆ、式内社長瀬神社(三重県亀山市菅内町)附近とする。河内国渋川郡長瀬村(東大阪市長瀬町)は天平宝字六年六月紀に河内国長瀬堤と見ゆ。大和国宇陀郡長瀬庄(奈良県室生村三本松)あり。是等は高麗族長瀬氏の渡来地なり。天平宝字二年六月紀に「狛広足、狛浄成等四人に長背連を賜ふ」。天平神護元年紀に長瀬連広足と見ゆ。姓氏録・右京諸蕃に「長背連。高麗国王鄒牟王(一名朱蒙)より出づる也。欽明天皇の御世、衆を率ゐて投化す。児・美にして、体・大、其の背間長し、仍りて名を長背王と賜ふ」と。背丈は附会なり。朱蒙のことは百済条参照。入間郡長瀬村(毛呂山町)あり。群馬県佐波郡境町十六戸。茨城県結城市三十二戸。長野県松本市五十戸。新潟県東頸城郡牧村十三戸。福島県いわき市百五十戸。山形県北村山郡大石田町二十三戸、天童市五十戸、東根市五十三戸。秋田県平鹿郡十文字町三十五戸。岩手県九戸郡軽米町十七戸。島根県簸川郡斐川町二十四戸あり。永瀬条参照。

一 幡羅郡長瀬氏 斎藤別当実盛の郎等に長瀬新八あり。斎藤条参照。また、旅宿問答に「長享年中、別府譜代の一老長瀬内匠助家次は、別府一郷を安泰に収む」と見ゆ。

二 忍城士の長瀬氏 前項の後裔か。成田分限帳に「四十貫文・長瀬与四郎」。風土記稿に「天正十八年忍城攻めの時、長瀬与三郎は皿尾口を、長瀬新八は持田口を守る」と見ゆ。

三 深谷城士の長瀬氏 和歌山県伊都郡高野町高野山清淨心院過去帳に「善長禅定門・天正六年六月十日、供養者武州深谷・長瀬□右衛門」あり。大里郡樋春村出身か。

四 会津藩上杉氏家臣 慶長六年八月米沢移封以前の会津配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、二百石・長瀬伊賀」あり。前項の一族か。

五 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百二十石・長瀬内蔵助」あり。

六 葛飾郡杉戸宿 寛延四年増補行程記(清水秋全著)に杉戸宿本陣長瀬清兵衛。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に杉戸宿長瀬清一郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に長瀬清一郎(万延元年生、農業、衆議院議員)。河原町稲荷社明治十五年御神燈に長瀬金治郎、中・長瀬清一郎、明治三十九年幟碑に長瀬太四郎。昭和三年興信録に「杉戸町・長瀬光・所得税百三十三円」あり。三戸現存す。

七 埼玉郡黒谷村(岩槻市) 当村宝暦六年山王碑に長瀬藤四郎あり。二戸現存す。

八 同郡野島方村(岩槻市) 野孫神社文政十三年浅間碑に野島村長瀬伊左衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に岩槻領高曽根野島村長瀬伊左衛門あり。現存無し。

九 同郡江面村(久喜市) 久伊豆社明和八年天満宮碑に長瀬源之允、年不詳に長瀬源之丞・長瀬甚吉・長瀬吉之丞・長瀬久次郎。天保十一年百姓連名帳に長瀬所左衛門・長瀬次兵衛・長瀬弥五兵衛あり。二戸現存す。

一〇 同郡神戸村(羽生市) 千眼寺江戸末期地蔵尊に長瀬忠右衛門・長瀬平七・長瀬六左衛門あり。一戸存す。

一一 同郡藤井村下組(羽生市) 香取社文政六年碑に長瀬金蔵、安政四年奉額に長瀬与兵衛。源長寺慶応四年筆子碑に当所長瀬清五郎・長瀬倉蔵・長瀬寅蔵あり。三戸現存す。

一二 足立郡川口町 明治三十五年小間物商長瀬波留・菓子商長瀬伝次郎・長瀬長次郎あり。

一三 同郡新井宿村(川口市) 子日神社文化二年伊勢講碑に東新井宿村長瀬三之助・長瀬伊左衛門、明治三年奉納額に永瀬久太郎、年不詳奉納額に長瀬忠右衛門。明治六年生徒月並受取帳に永瀬弥吉・永瀬新太郎・永瀬半七.。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に新井宿長瀬弁之助。同村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に新井宿村長瀬万吉・長瀬文助・長瀬久太郎・長瀬兼吉・長瀬浄心・長瀬文次郎。多宝院明治三十九年絵馬に新井宿長瀬久太郎あり。八戸現存す。

一四 同郡西新井宿村(川口市) 新井宿村多宝院江戸末期碑に西新井宿長瀬三之助・長瀬伊三郎・長瀬市次郎・長瀬権次郎・長瀬次兵衛あり。四戸現存す。

一五 同郡赤山村(川口市) 明治六年生徒月並受取帳に赤山上知・永瀬藤兵衛あり。長瀬氏五戸現存す。

一六 同郡三室村(浦和市) 文殊寺安政四年筆子碑に宿組長瀬五郎治。氷川女体社明治四十二年碑に三室村宿区永瀬仲右衛門あり。現存無し。

一七 同郡大宮町 明治三十五年八百屋長瀬源太郎あり。

一八 同郡並木村(大宮市) 明治二十六年与野町長伝寺文書に並木長瀬悌次あり。

一九 新座郡白子村(和光市) 明治三年富士講碑に向新田長瀬浅右衛門あり。現存無し。

二〇 同郡館村(志木市) 館村旧記に「天正四年三上氏来て新屋敷に居住す。次に程あって後、大塚通りに長瀬等追々に来って住する百姓也」。長勝院元禄五年鐘銘に大塚村長瀬武左衛門。嘉永四年氷川宮寄進帳に館村長瀬市五郎あり。六戸現存す。

二一 入間郡宗岡村(志木市) 鶴馬村瑠璃光寺寛政二年六地蔵に宗岡村長瀬又兵衛・長瀬万右衛門あり。現存無し。

二二 同郡川越町 明治三十五年古道具商長瀬重太郎・餝職長瀬仲次郎。

二三 比企郡松山町 上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に松山町長瀬六左衛門あり。

二四 大里郡樋春村(江南町) 柴村八幡社宝暦三年棟札に大工春野原村長瀬喜兵衛。明治二十年連名簿に長瀬竹次郎・長瀬仲十郎あり。三戸現存す。三項参照。

長勢 ナガセ 所沢に存す。

永瀬 ナガセ 長瀬に同じ用いる。○栃木県佐野市四十戸。○茨城県久慈郡大子町二十二戸、西茨城郡岩瀬町十九戸、新治郡八郷町三十戸、結城郡千代川村十八戸、真壁郡関城町二十九戸。○長野県木曽郡木祖村十五戸。○福島県石川郡平田村十二戸。○秋田県平鹿郡大雄村二十戸。○島根県(出雲国)簸川郡斐川町二十戸、大原郡大東町六十七戸、加茂町三十九戸、飯石郡掛合町十六戸、八束郡宍道町十七戸、松江市七十五戸、出雲市七十八戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石三人扶持・永瀬六左衛門」あり。子孫恒久は東京都世田谷区に現存す。

二 葛飾郡三輪野江村(吉川市) 定勝寺寛文九年鐘銘に宮野井村永瀬仁兵衛。彦成村香取社明治初年御嶽碑に兵庫村永瀬又兵衛。稲荷社明治三十一年碑に永瀬寅蔵。三輪之江神社明治三十九年碑に永瀬桝五郎・永瀬三次郎・永瀬寅造・永瀬隼三郎・永瀬長吉・永瀬福蔵・永瀬市太郎あり。十五戸現存す。

三 埼玉郡内牧村(春日部市) 鷲香取社明治三年浅間碑に戸崎・永瀬宇之介・永瀬長八.。楽応寺明治三十年水鉢に永瀬新六・永瀬由蔵・永瀬彦四郎・永瀬伊八吉、明治三十九年馬頭尊に永瀬春之助あり。六戸現存す。

四 足立郡浦和町 明治三十五年旅人宿永瀬タキあり。

五 同郡白幡村(浦和市) 睦神社明治三十六年碑に白幡永瀬金次郎あり。一戸現存す。

六 同郡道祖土村(浦和市) 芝村慈星院明治十年碑にサヤト長瀬惣吉。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑にサヤド長瀬杢次郎あり。永瀬氏六戸現存す。

七 同郡与野町 氷川社享保四年水鉢に永瀬勘兵衛、元文四年御神燈に永瀬勘兵衛。文久三年中村文書に与野町永瀬源蔵あり。

八 同郡西谷村(大宮市) 寛文元年西谷村検地帳に「五郎左衛門(永瀬)・二町二反一畝歩」。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡西谷村永瀬善左衛門。明治九年副戸長永瀬善之丞・文政十一年生あり。名主永瀬氏の子孫は日進町永瀬栄一家なり。六戸現存す。

九 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年菓子商棒屋永瀬文蔵あり。

一〇 鋳物師永瀬氏 仁安二年正月蔵人所牒写(鋳物師元締の真継文書)に「河内国丹南郡狭山郷内日置荘鋳物師等」と見え、堺市日置荘町に居住する鋳物師は蔵人所供御人となって雑役を免除され、短冊を賜って諸国七道、ことに京中市町、和泉、河内両国の市津を往復し鉄の売買を行っていた。日置荘(ひきのしょう)は剣など武器鍛造の際の炭焼に従事した日置部の居住地である。愛知県岡崎市大樹寺文和二年鐘銘に「大工河内国丹南郷住藤原国文(松原市丹南町)」とあり。当地方は鋳物師発祥の地で鋳工千軒と称された。天慶二年七月藤原秀郷が河内国丹南郡から下野国佐野庄天命(てんみょう)へ移住させた鋳物師集団は、銅物師椎名伊与守、同小沼播磨守、鉄物師太田和泉守、同正田又右衛門尉、同大川伊賀守の五名と云われる。慶長七年佐野城下の金屋町に鋳物師は十九姓の七十名がいた。足立郡川口鋳物師について、古書に「武蔵国豊島郡川口村鍋屋某に鋳物師系図縁起書を伝ふと云ふは当所のことにて、河内鍋匠は天命国家の後胤なりと云ひ、人皇九十七代光明院御宇の暦応年間、河州丹南郡より当所に移り住する由、されば其の起源は室町初期の頃ならんか。鋳物師の家々には河内国丹南郡の鋳工天命藤原国家の子孫たる由緒を伝へ、孰も京都真継家に属して厳格なる鋳物職座法の掟に依り進退したりと云ふ」と見ゆ。川口鋳物は既に鎌倉時代から鍛冶頭梁河越氏配下として栄ており、此の説は附会なり。河越条八項参照。大阪府堺市日置荘町及び松原市丹南町附近に永瀬氏・長瀬氏は現存無し。此氏は足立郡新井宿村附近出身の長瀬氏で、京都真継家支配下に属していたのであろう。

一一 川口宿の鋳物師永瀬氏 千代田区永田町二丁目日枝神社天正十四年鰐口銘に「大工長瀬、椎名」とあり。武蔵村山市中藤真福寺寛永十五年鐘銘に長瀬理右衛門久次。川口宿錫杖寺寛永十八年銘に長瀬治兵衛守久。新座郡下新倉村東明寺寛文十二年銘に鋳物師河口住長瀬源左衛門・同八郎兵衛。西多摩郡日の出町東光院元禄十七年銘に河口町住永瀬権右衛門尉勝之。文京区向丘西教寺天明四年銘に川口宿永瀬次郎右門。川越鋳物師寛政六年小川文書に川口鋳物師永瀬利右衛門・永瀬文左衛門・永瀬次郎右衛門・永瀬源内・永瀬金太夫。文京区本郷讃岐金刀比羅宮文化十三年銘に川口鋳物師永瀬嘉右衛門。港区西麻布桜田神社文政九年銘に永瀬源内藤原富広。文京区千石簸川神社文政九年銘に川口鋳物師永瀬文左衛門藤原富次。港区高輪東町稲荷神社天保十一年銘に川口住鋳物師永瀬源七.。川口宿善光寺文政七年墓碑に俗名永瀬重兵衛上総国長柄郡二ヶ宮町高師村・施主鋳物師永瀬七左衛門、弘化二年銘に当所永瀬九兵衛。南品川心海寺安政二年銘に川口宿永瀬宇之七.。新宿区西早稲田亮朝院安政三年銘に永瀬長右衛門。麻布台一乗寺文久元年銘に永瀬喜市郎あり。京都真継文書に「天明五年、川口町鋳物師永瀬次郎右衛門・永瀬文左衛門・永瀬利右衛門。天明七年、永瀬金太郎。天保四年、永瀬長右衛門・永瀬卯之七藤原政吉・永瀬嘉右衛門・永瀬半蔵・永瀬源内・永瀬喜一郎・永瀬源七藤原寅定・永瀬七郎左衛門。明治二年、永瀬鉄五郎・永瀬藤四郎」あり。海老原、増田条参照。

一二 川口宿 当宿に此氏多く存す。善光寺墓碑に「為浄円禅定門・武州下足立川口村永瀬氏・慶長六年十月二十三日」。善光寺寛文九年庚申塔に川口村長瀬四郎兵衛、寛文十年常夜燈に川口村永瀬権左衛門・永瀬四郎左衛門、元禄七年碑に川口村長瀬久左衛門・長瀬四郎兵衛妻・長瀬四郎左衛門・長瀬甚五兵衛・長瀬五左衛門、宝暦九年湯殿山碑に川口邑長瀬五左衛門・長瀬文治郎・長瀬喜左衛門・長瀬藤右衛門、明和元年供養塔に長瀬権右衛門勝之・長瀬理左衛門衆英、文政十年普門品に永瀬文治郎・永瀬杢三郎・永瀬勇助、天保五年弘法大師碑に永瀬久左衛門・永瀬半蔵、嘉永六年庚申塔に当所永瀬留五郎・永瀬三右衛門・永瀬友治郎、安政三年碑に永瀬文左衛門・永瀬庄一郎。元禄十三年川口宿本陣永瀬文左衛門あり、代々相続す。明治九年戸長永瀬文左衛門・天保十二年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流川口町永瀬島造・永瀬虎造・永瀬豊吉・永瀬善八・永瀬三蔵・永瀬惣太郎。明治三十五年営業便覧に鋳物製造業永瀬宇之七・同業永瀬吉五郎・同業永瀬松五郎・同業永瀬留十郎・同業永瀬幸三郎・同業永瀬新三郎・同業永瀬庄吉・同業永瀬時次郎、理髪店永瀬みよ・青物商永瀬安次郎・荒物商永瀬はつ・呉服商永瀬嘉右衛門・材木商永瀬宇之吉・小間物商永瀬はる。川口神社明治三十九年碑に永瀬圭之助・永瀬亀次郎・永瀬菊次郎・永瀬幸三郎・永瀬和吉・永瀬平五郎・永瀬又五郎・永瀬藤四郎・永瀬時次郎・永瀬島蔵・永瀬新三郎・永瀬吉五郎・永瀬福太郎・永瀬留十郎・永瀬松五郎・永瀬忠左衛門・永瀬龍蔵・永瀬亀蔵・永瀬権三郎・永瀬佐十郎・永瀬庄吉・永瀬長次郎・永瀬嘉右衛門・永瀬次郎右衛門。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年鋳物業永瀬庄吉・安政四年生・国税二千百二十三円・県下二十一位。大正十四年永瀬庄吉・国税四千六百十二円・県下十八位、永瀬寅吉・明治二十三年生・国税千六百四十六円・県下八十七位、永瀬長次郎・明治四年生・国税千六百五円・県下九十三位、永瀬磯次郎・明治九年生・国税八百二十二円・県下二百四十五位。県会議員永瀬洋治・昭和六年生あり。

一三 雑最 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・永瀬庄吉・九千三百五十一円・千百七十五円、永瀬長次郎・二千八百二十円・二十二円、永瀬嘉右衛門・千三百四十三円、永瀬磯次郎・八百十八円・九十二円、永瀬満子・四百二十五円、永瀬新三郎・二百五十一円・百六円、永瀬吉五郎・百四十円・百十二円、永瀬亀十郎・百十五円・百十二円、永瀬善助・百四十八円・百十七円、永瀬平五郎・百四十六円・百三円、永瀬和吉・百四十九円、永瀬政之助・四十八円・八十円、永瀬新七・五十八円・七十五円、永瀬留十郎・二十五円・六十円、永瀬喜三郎・四十八円・十六円、永瀬米吉・二十一円・四十二円、永瀬文造・二十二円・三十六円、永瀬正吉・二十三円・二十八円、永瀬豊吉・二十八円、永瀬福太郎・二十五円、永瀬長四郎・二十五円、永瀬菊次郎・二十三円、永瀬圭之助・十四円、横曽根村(川口市)・永瀬音次郎・十三円、松山町・永瀬清・二十一円」あり。

永関 ナガセキ 桶川、越谷等に存す。山梨県北巨摩郡高根町十二戸あり。

中世古 ナカセコ 大宮、戸田、草加、鳩山、川越、富士見等に存す。

中瀬古 ナカセコ 大宮に存す。

中仙道 ナカセンドウ 川口に存す。

中祖 ナカソ 坂戸に存す。島根県邇摩郡温泉津町十五戸あり。

中楚 ナカソ 川越に存す。

中曽 ナカソ 鳩ヶ谷、杉戸、上里等に存す。鳥取県西伯郡岸本町十九戸、米子市十五戸あり。

中曾 ナカソ 幸手、鷲宮、狭山に存す。

永草 ナガソウ 鳩ヶ谷に存す。

中双里 ナカソウリ 秩父郡中津川村字中双里はナカソウリと註す。武蔵志には「新大滝中双里村・ナカツソウリ」と見ゆ。

中添 ナカゾエ 川越に存す。

長副 ナガソエ 鴻巣、所沢等に存す。

中曽根 ナカソネ 大里郡中曽根村(大里町)は、文明三年紀州那智山潮崎文書に「武蔵国大里郡先達ハ中曽根玉林坊」と。横見郡中曽根村(吉見町)は永禄三年小田原役帳に「吉見郡中曽禰」と。葛飾郡中曽根村(吉川市)、埼玉郡岩槻領中曽根村(春日部市)、騎西領中曽根村(久喜市)、足立郡谷古田領中曽根村(草加市)、鴻巣領中曽根村(鴻巣市)あり。葛飾郡木立村新義真言宗宝聖寺(現、平須賀村)大永五年末寺帳に「昌福寺・幸手中曽根」と見ゆ、内国府間村(幸手市)新義真言宗正福寺は永正八年中興にて二十三ヶ寺の本山なり。足立郡白幡村字中曽根(浦和市)は医王寺元禄十三年文書に中曽根村と見ゆ。小名中曽根は、足立郡浦和領根岸村、広ヶ谷戸村、深井村、埼玉郡横根村、笹久保新田、喜右衛門新田、比企郡上押垂村等にあり。各市町村に存す。群馬県群馬郡榛名町七十二戸、高崎市七十六戸、長野県埴科郡坂城町五十六戸、更級郡上山田町四十戸、上田市七十戸あり。

中曾根 ナカソネ 各市町村に存す。

中曾禰 ナカソネ 鶴ヶ島に存す。

仲曽根 ナカソネ 所沢に存す。

仲曾根 ナカソネ 新座に存す。

仲宗根 ナカソネ 各市町村に存す。

長曾根 ナガソネ 朝霞に存す。

中其 ナカソノ 大宮に存す。

中園 ナカゾノ 各市町村に存す。

中薗 ナカゾノ 春日部、越谷、志木、所沢、日高、熊谷等に存す。

永園 ナガゾノ 浦和に存す。

永薗 ナガゾノ 和光、川越、坂戸等に存す。

中多 ナカタ 川口、戸田等に存す。

中田 ナカダ 古代朝鮮語で那は国、曷は村、田は郡県・村・集落の意味。韓国(辛国)渡来人集落を中田と称す。中参照。男衾三郎絵詞に「吉見二郎は郎等の荒権守家綱・こうとう大夫正広に中田下郷を与ふ」と見ゆ。横見郡内であるが場所不明。小名中田は、埼玉郡相野原村、蓮田村、増戸村、岩槻領須賀村、下中条村、足立郡榎戸村、下宝来村、中小村田村、芝村、蓮沼村、膝子村、新座郡膝折宿、入間郡堀口村、森戸村、市場村、小田谷村、高麗郡中鹿山村、台村、秩父郡皆谷村等にあり。○栃木県上都賀郡西方町三十八戸、下都賀郡岩舟町六十二戸、安蘇郡田沼町三十五戸、佐野市五十戸、小山市百二十戸、栃木市九十五戸。○茨城県猿島郡総和町三十四戸。○山梨県北巨摩郡須玉町七十戸、甲府市六十戸。○長野県南安曇郡三郷村七十二戸、飯田市六十三戸、松本市百六十七戸。○秋田県南秋田郡若美町六十七戸、北秋田郡比内町三十戸。○岩手県紫波郡紫波町三十三戸、久慈市七十三戸。○青森県三戸郡階上町五十六戸、南津軽郡平賀町六十戸、藤崎町四十四戸、八戸市九十六戸、弘前市百五十戸、青森市九十五戸。○島根県浜田市六十四戸、大田市九十五戸。○鳥取県米子市九十三戸、鳥取市七十戸あり。ナカタとも称す。

一 清和源氏中田氏 日本洞上聯燈録に「良筠、節庵と号す。岡部の族、清和源氏之裔。其先累世京師に於て居す、師の祖に到り、始めて本州足立郡に移り住す。母藤原氏、宝徳三年四月十五日夜師を誕生す。姓田中(中田の書誤)、太田三楽氏岩槻に於て仕う者也。田中氏深く其徳に感じ、舎を改め寺を作る、師即ち金剛林と号す」と。越生龍穏寺境地因縁記抄に「龍穏七代長栄曰く、吾初開片柳万年寺境。後岡部氏中田謂者在、書写金剛経為供養、於安行村開境庵、請吾為開山、則号金剛寺」と。風土記稿片柳村(大宮市)条に「万年寺は龍穏寺末、永正六年の草創、開山龍穏寺七世節庵良筠・天文十三年示寂す」と。また、安行慈林村宝厳院厨子銘に「当寺炎上応仁元年正月十七日、修造文明十五年五月十一日地頭長尾中務尉景広、同代官岡部弾正富清」あり。代官岡部氏は良筠の一族にて、吉岡組金剛寺開基中田安斎入道も同族なり。代官岡部氏は安行村出身の本名中田氏にて、足立郡の鍛冶頭梁猪俣党岡部氏の名跡を継承して小野姓岡部氏を名乗り、土着後は本名に復姓して清和源氏太田氏流中田氏を称す。岡部条三項参照。

二 岩附城士の中田氏 清和源氏太田氏流は仮冒なり。風土記稿安行村(川口市)条に「当村は昔中田安斎入道安行と云ものが領せし地なるを以て、実名を取て村名とすと云ふ」と。安行村吉岡組条に「金剛院は龍穏寺末寺、明応五年中田安斎入道安行開基す、此人法諡を富双隣雄居士と称せり、卒年を伝へず。中田安斎入道が子吉岡将監と云もの住せし地なれば組の名とせり。小名殿山は南の方にあり、高き所にて方二町許の地なり。これ吉岡将監の陣屋跡なりと云。其父安斎は太田美濃守の末なりと伝ふれど、太田氏の家系にも見へざれば、思ふに家人なるべし」と見ゆ。安行村の隣村長蔵新田藤波文書に「天正十七年十月二十三日、某知行入間郡鶴間根岸に中田を案内者として、深井藤右衛門尉・立河山城守・同伊賀守、参り候」と見ゆ。深井・立河の三人は岩附城家臣にて、案内者中田は安斎入道の子孫か。三十七項参照。

三 深谷城士の中田氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、中田八左衛門」あり。別本に中田太左衛門と見ゆ。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御広間帳付・四十俵二人扶持・中田与五兵衛、御馬乗厩役・二十俵二人扶持・中田六左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「七十石・中田造酒右衛門、七両二人扶持・中田丹右衛門」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「五両二人扶持・中田一」あり。

六 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・中田彬容」あり。

七 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「七石・中田島右衛門、六石・中田太野右衛門」あり。

八 葛飾郡市助村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に市助村中田伝右衛門。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領市助村中田源右衛門あり。八戸現存す。

九 同郡飯沼村(庄和町) 香取社文化十四年雷電碑に飯沼村中田忠左衛門、嘉永元年御神燈に中田佐右衛門・中田半兵衛・中田与左衛門。妙善寺元治二年成田山碑に中田六兵衛・中田平兵衛・中田藤七.。明治五年副戸長中田六平。明治九年副戸長中田広徳・弘化元年生(名主、荒物商)あり。六戸現存す。

一〇 同郡上金崎村(庄和町) 香取社天保六年御神燈に上金崎村中田吉左衛門・中田忠兵衛・中田新蔵。永沼村新堀明治四年浅間碑に上金崎村中田吉左衛門あり。一戸現存す。

一一 同郡金崎村(庄和町) 道善寺寛延三年庚申塔に中田武右衛門、明和元年庚申塔に中田武兵衛・中田義右衛門・中田新七、文化七年普門品に中田伝左衛門・中田伊之八・中田庄蔵・中田三郎兵衛。香取社天明五年大黒天碑に中田庄治郎・中田茂助、寛政十二年庚申塔に中田彦右衛門、安政二年小御嶽碑に中田新蔵。藤塚村香取社江戸末期御神燈に金崎村中田吉三郎。万延元年武術英名録に岡安柳剛流北総金崎中田源司。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流下金崎村中田源祥あり。四戸現存す。

一二 同郡永沼村(庄和町) 八幡社元治元年石塔再建碑に中田喜太郎・中田虎五郎、明治二十八年碑に永沼・中田柳吉・中田房五郎、明治三十六年水鉢に道中・中田与茂蔵・中田和三郎・中田金蔵・中田豊太郎・中田伊喜次郎・中田常吉・中田作太郎あり。十一戸現存す。

一三 同郡水角村(庄和町) 水角神社天保三年庚申塔に中田兵左衛門。米島村香取社万延元年浅間碑に水角村中田喜太郎・中田金蔵あり。現存無し。

一四 同郡西金野井村(庄和町) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に西金野井村中田市五郎・中田清左衛門。当村香取社文久三年水鉢に中田藤助・中田市五郎・中田巳之助、明治二十一年御神燈に中田勇吉、明治三十年寄付碑に中田富五郎・中田栄次郎・中田清左衛門・中田惣吉・中田伊太郎、明治三十五年敷石碑に中田稲吉あり。七戸現存す。

一五 同郡下吉妻村(庄和町) 地蔵堂文政五年碑に中田富五郎あり。現存無し。

一六 同郡椚村(庄和町) 富多小学校入口天保五年庚申塔に中田伝次郎あり。一戸現存す。

一七 同郡上柳村(庄和町) 三宮神社元治元年寄進碑に中田新八・中田庄蔵あり。二戸現存す。

一八 同郡木崎村(庄和町) 当村寛政十二年庚申塔に中田吉三あり。現存無し。

一九 同郡木津内村(杉戸町) 明治二十年規約に中田安次郎・中田伝次郎あり。二戸現存す。

二〇 同郡幸手町 権現堂村白山社明治三十三年鳥居碑に幸手中田清次郎・中田熊次郎あり。

二一 同郡権現堂村(幸手市) 新田墓地文化九年庚申塔に権現堂新田・中田重右衛門・中田善右衛門・中田長右衛門。大日神社元治二年水鉢に中田常蔵、明治三十八年碑に当所中田大吾・中田市之助・中田源蔵。白山社明治十年碑に中田源蔵・中田伊十郎・中田市蔵。熊野社明治三十四年碑に新田・中田源蔵あり。四戸存す。

二二 同郡神扇村(幸手市) 天神社文化十二年御神燈に仲田兼四郎・仲田長五郎・仲田新蔵・仲田熊蔵、万延元年庚申塔に中田丑蔵・中田辰五郎、明治四十四年碑に中田浜之助あり。三戸現存す。

二三 同郡長間村(幸手市) 文政七年戸賀崎門人帳に長間村中田忠次郎あり。現存無し。

二四 埼玉郡大沢町(越谷市) 明治三十五年荒物商中田幸太郎あり。

二五 同郡大間野村(越谷市) 三社大神社天明三年水鉢に中田儀右衛門あり。現存無し。

二六 同郡岩槻町 久伊豆社文化八年井戸枠に久保宿町中田助右衛門。明治十六年鉄道敷設願に中田三九郎あり。

二七 同郡馬込村(岩槻市) 当村正徳三年庚申塔に中田佐五兵衛・中田四郎左衛門。満蔵寺天明元年鰐口銘に中田清右衛門、文化十年常夜燈に中田庄兵衛。弁財天神社文化二年碑に中田庄兵衛あり。岩槻市馬込に現存無し。蓮田市馬込に五戸現存す。

二八 同郡粕壁町 八坂社文政十一年庚申塔に中田吉五郎。明治三十五年理髪店中田彦八あり。

二九 同郡加須町 明治三十五年青縞商石川屋中田延蔵あり。

三〇 同郡三俣村(加須市) 諏訪社明治三年狛犬に本所中田文蔵あり。一戸現存す。

三一 同郡串作村(加須市) 下新郷大光院弘化五年弘法大師碑に串作村仲田常蔵母あり。現存無し。

三二 同郡羽生町 毘沙門堂天保十一年石華表に杉之下組中田幸五郎。建福寺天保十二年筆子碑に中田八十吉。正覚院元治元年庚申塔に中田幸五郎。元治二年羽生町油商中田八十右衛門、上羽生村油商中田重郎右衛門。八雲神社慶応二年碑に中田八十右衛門・中田弥治右衛門。明治五年羽生町菓子商中田藤四郎・綿商中田吉兵衛・蝋燭商中田胸吉・豆腐商中田彦兵衛、上羽生村絞り油商中田重兵衛。明治九年町場村副戸長中田吉兵衛・文政十一年生。加羽ヶ崎村鷺宮社明治三十年石華表碑に上羽生中田亀太郎。明治三十五年営業便覧に飲食店中田長太郎・印度藍染糸商中田徳蔵・青縞商中田常蔵・糸繭商中田松五郎・米穀商中田仲次郎・石油雑貨商中田八十右衛門。羽生城天神社明治三十八年伊勢講碑に中田八十右衛門あり。

三三 同郡小松村(羽生市) 小松神社宝永五年水鉢に小松村中田治兵衛あり。現存無し。

三四 同郡行田町 佐間村天神社天保六年御神燈に行田新町中田庄之助あり。

三五 足立郡川口町 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流川口町中田常吉。明治三十五年穀薪炭商中田静一あり。

三六 同郡芝村(川口市) 鶴丸八幡宮寛永五年棟札に中田喜太夫あり。七戸現存す。

三七 同郡安行村(川口市) 当村に九戸及び近隣に多く存す。隣村の安行慈林村は天正十七年文書に「安行之内慈林之村」と見ゆ。縄文時代の集落跡の慈林稲荷木遺跡があり、古代から開かれた地である。医王山慈林寺宝厳院厨子銘に「当寺炎上応仁元年丁亥正月十七日夜。文明十五年宮殿造立、地頭長尾中務尉景広・同代官岡部弾正富清、当奉行一乗坊・普賢坊・妙音坊・常楽坊」とあり。寺中に福寿院・山本寺・源正寺・光明院・内山寺・阿弥陀坊があり、かなりの大寺であった。宝厳院薬師堂の薬師は眼病によく効くと云われ近隣の信仰を集めている。元は鍛冶鋳物師が目を患う為に信仰した。鍛冶頭梁は代官岡部氏が務め、土着後は本名中田氏に復姓した。中田安斎入道安行が領したことにより地名を安行と名付けたと云われるが、中田氏先祖が応仁以前、もしくは鎌倉時代には開発しており、当時から安行村は唱えていたのであろう。中山筆学帳に嘉永七年・安行村中田藤吉。明治三十五年植木商中田億右衛門・同中田源七あり。

三八 同郡草加町 北草加村氷川社宝永三年棟札に北草加村名主中田善兵衛・中田門兵衛。南草加村東福寺文政十三年筆子奉納額に中田徳太郎・十二歳、中田晋次郎・十三歳。市神祠官筆学門人控に文久四年南ノ名主清四郎次男清次郎。明治三十五年呉服商中田倉吉・水菓子商中田仙之助あり。

三九 同郡浦和町 玉蔵院明和三年短才見聞録に「寛保二年浦和宿中田伝十郎、今は中田善五郎殿事也」。同寺享和三年供養塔に中田善五郎・中田善兵衛、嘉永三年棟札に中田金蔵あり。

四〇 同郡指扇村(大宮市) 氷川社天保三年御神燈に仲田長清・仲田仙右衛門、明治三十年御神燈に中田卯兵衛。八雲社明治四十四年碑に中田芳太郎・中田惣太郎・中田寅吉あり。八戸現存す。

四一 同郡佐知川村(大宮市) 金山社明治十五年水鉢に仲田角二郎あり。現存無し。

四二 同郡並木村(大宮市) 武蔵志に「足立郡大宮領並木村神主中田氏」。氷川社明治三十八年碑に中田定吉・中田藤治郎あり。八戸現存す。

四三 同郡宮ヶ谷塔村(大宮市) 慈恩寺村慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に宮ヶ谷戸村中田弥七郎あり。十二戸現存す。

四四 同郡原市町(上尾市) 明治四年坂巻文書に上町百姓代中田兼吉。明治三十五年甘藷問屋中田米吉あり。

四五 同郡鴻巣町 鴻神社明治十五年御神燈に中田増太郎あり。

四六 新座郡志木町 明治三十五年市場組中田勝五郎あり。

四七 入間郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「栄監・ナカタ」あり。江戸初期なり。

四八 同郡古市場村(川越市) 明治九年副戸長中田勘三郎。明治十三年入東学校生徒中田喜重郎。氷川社明治四十三年碑に中田安太郎・中田市郎あり。五戸現存す。

四九 同郡中里村(坂戸市) 大宮神社嘉永五年水鉢に当所中田文七・中田仙蔵あり。一戸現存す。

五〇 同郡上安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に上安松中田長左衛門。明治九年戸長中田長左衛門・天保三年生。大正元年文書に中田亀吉あり。八戸現存す。

五一 同郡上赤坂村(狭山市) 亀久保村地蔵院寛政十一年宝篋印塔に上赤坂村中田定右衛門・中田吉左衛門・中田元右衛門・中田又右衛門。堀兼村堀兼神社明治三年水鉢に上赤坂邨中田久次郎。明治三十六年堀兼村信用組合発起人中田多之助あり。九戸現存す。

五二 比企郡下老袋村(川越市) 八ツ島村御嶽社明治十九年碑に老袋村仲田良助あり。中田氏一戸現存す。

五三 同郡鳥羽井村(川島町) 秩父郡御堂村浄蓮寺過去帳に「妙慶・羽中田武衛門内・慶長十一年六月」。羽は鳥羽井の略か。当村寛政五年庚申塔に中田林蔵あり。現存無し。

五四 同郡吹塚村(川島町) 岩室観音堂寛政十一年碑に川島吹塚村中田藤五郎あり。現存無し。

五五 同郡上伊草村(川島町) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

五六 同郡増尾村(小川町) 白山社明治十六年筆子碑に増尾中田久三郎あり。現存無し。

五七 幡羅郡中奈良村(熊谷市) 小前田村長善寺寛保三年棟札に大工棟梁忍領奈良村中田平七郎あり。八戸現存す。

五八 深谷町 東源寺中田家墓碑に中田桐渓藤原慶路・天保十二年没あり。

五九 本庄町 明治三十五年糸繭商中田只三郎あり。

六〇 児玉町 八幡山町に此氏の旧家あり。七戸現存す。

六一 秩父郡品沢村(秩父市) 寛保三年香具仲間連名帳に品沢村中田丑吉あり。四戸現存す。

六二 同郡太田村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に太田・中田太蔵あり。現存無し。

六三 同郡上小鹿野町 明治十二年上二丁目中田広七・同所豆腐商中田嘉平。明治三十五年米穀商中田和市。田端稲荷社明治四十三年水鉢に中田忠一郎あり。四戸現存す。

六四 同郡皆野村 寛保三年香具仲間連名帳に皆野村中田福之丞・中田広吉あり。十三戸現存す。

六五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・中田喜三郎・六十円・七十円、安行村(川口市)・中田源七・百六円・二十二円、中田甚三郎・二十三円、大沢町(越谷市)・中田哲・十円・十一円、八木郷村(三郷市)・中田源太郎・二十七円・十一円、羽生町・中田八十右衛門・二百四十四円・百四十円、中田徳蔵・二百七円・八十九円、加須町・中田延蔵・二百二十四円・百五十四円、忍町・中田茂助・百四十九円・百二十四円、奈良村(熊谷市)・中田仲次郎・二十二円、深谷町・中田さだ・百九十五円・百四十円、本庄町・中田義雄・二百七十七円・六十一円、児玉町・中田武作・三十七円、小鹿野町・中田忠一郎・二十九円・三十五円」あり。

仲田 ナカダ 中田条参照。小名仲田は、葛飾郡米崎村、保村、下吉羽村、埼玉郡大竹村、神明下村、大里村、下間久里村、足立郡美女木村、下加村、新座郡溝沼村、入間郡大満村、幡羅郡八口村等にあり。○栃木県芳賀郡益子町十八戸、鹿沼市四十三戸。○茨城県久慈郡金砂郷町二十四戸、那珂郡大宮町二十七戸、那珂町六十四戸、東海村四十五戸、東茨城郡常北町二十四戸、桂村三十戸、西茨城郡岩間町三十二戸、岩瀬町六十八戸、七会村四十二戸、行方郡玉造町二十四戸、ひたちなか市五十三戸、日立市五十戸、笠間市七十三戸、水戸市七十戸。○山梨県韮崎市四十五戸。○長野県下伊那郡喬木村四十三戸、飯田市三十三戸。○島根県八束郡宍道町二十五戸。○鳥取県西伯郡会見町二十戸、岸本町二十戸、米子市五十七戸あり。ナカタとも称す。

一 足立郡大牧村(浦和市) 大間木村氷川社弘化二年御神燈に大牧邑仲田清次郎。清泰寺嘉永五年供養塔に大北仲田清次郎あり。五戸現存す。

二 同郡大間木村(浦和市) 私塾師匠三光院修験仲田凌雲・安政四年没七十歳。明治七年製糸会社人名録に仲田寛。昭和三年興信録に「尾間木村・仲田甲子次郎・所得税五十七円」あり。五戸現存す。

三 同郡太田窪村(浦和市)・氷川社明治二十八年碑に仲田亀次郎・仲田真吉あり。四戸現存す。

四 同郡白幡村(浦和市) 睦神社明治三十六年碑に白幡仲田伊三郎あり。一戸現存す。

五 同郡片柳村(大宮市) 熊野社明治三十二年碑に仲田平之丞あり。四戸現存す。

六 入間郡石田本郷(川越市) 石田村藤宮神社文政十一年鳥居碑に石田本郷仲田長右衛門。大仙波村浅間社天保十年御神燈に石田本郷仲田嘉兵衛。稲荷社天保十三年御神燈に仲田嘉兵衛。明治九年戸長仲田長次郎・安政三年生あり。十一戸現存す。

七 比企郡玉川郷 春日社明治四十年碑に根際仲田辰五郎あり。二戸存す。

八 同郡須江村(鳩山町) 明治九年仲田篤義・天保九年生あり。七戸存す。

九 榛沢郡折之口村(深谷市) 柏合村明治十三年八海山講碑に折ノ口中田治平。藤沢村会議員仲田武重・明治二十三年生あり。九戸現存す。

一〇 同郡田中村(川本町) 本田文書に「慶応三年、幕府神妙隊本田組仲田七兵衛らは下野国出流に出兵す」と見ゆ。当村住人か。一戸現存す。

長多 ナガタ 花園に存す。

長田 ナガタ 中田の転訛なり。和名抄には長田郷を奈加多、奈加太と訓ず。秩父郡寺尾村字永田(秩父市)は、安保文書に「正平七年、安保信濃守泰規は、秩父郡内寺尾次郎跡を勲功の賞として賜る」。「応永二十九年、安保信濃守宗繁は、秩父郡長田郷半分事につき淨妙寺雑掌の押妨を訴える」と見ゆ。高麗郡永田村(飯能市)は永禄七年名主細田文書に長田之村と見ゆ。榛沢郡永田村(花園町)は慶長九年名主野辺文書に長田村と見ゆ。小名長田は、埼玉郡上野村、笠原村、大室村、下須戸村、柿木村、入間郡宗岡村、二本木村等にあり。各市町村に存す。○群馬県佐波郡境町十六戸。○長野県茅野市百九十戸。○秋田県北秋田郡比内町二十六戸。○鳥取県日野郡溝口町十七戸、気高郡青谷町二十二戸、米子市三十一戸あり。オサダ参照。

一 丹党長田氏 秩父郡長田郷(寺尾村字永田)より起る。武蔵七党系図に「丹党、長田」とあり、系図には「中村冠者時重(上中村)―中村四郎時光―中村四郎時成―岡田太郎時継―新左員時(弟三郎成経、信時)―二郎時景(弟五郎時長)」と見え、別本に中村四郎時光の子長田四郎二郎時成と見ゆ。寺尾村札所二十番岩ノ上堂後背地の畑中青石塔婆に「延慶庚戌中秋二十日(三年八月)、右志趣者奉為、中村四郎□□并妻女、長田次郎入道慈□同妻女尼、長田丹内右衛門入道并妻女・子息丹内左衛門□□」と銘あり。所有者の岩ノ上堂別当内田正造家は丹党長田氏の子孫と云う。永田城もしくは上寺尾館と称した城跡あり。秩父志に「寺尾村。此村の内永田と云ふ所あり、南を表して長三百間余もありて、横は五十間計なる地なり。往古永田林四郎と云者の居跡など云ふ」。秩父風土記に「寺尾村の寺尾城、永田長七郎居跡」と見ゆ。

二 入間郡仙波庄宗岡郷(志木市)の長田氏 小名長田は御料所入部した長田氏屋敷名なり。京都鹿王院文書に「寛正四年四月十五日、長田弥九郎清仲申、武州宗岡郷内仙波対馬守分の事、為御料所入部之処、違乱之族在之云々、言語道断次第也、所詮可被合力清仲代之由、被仰出候也」と。堀越公方足利政知は、豊島郡赤塚庄の鹿王院雑掌をして清仲代に合力せしむ。長田氏は室町幕臣か。

三 深谷城士の長田氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、長田八右衛門」と見ゆ。

四 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二十石四人扶持・長田門之助・是は忍にて罷出・三河之者」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十九俵二人扶持・長田平、十三俵二人扶持・長田七郎平、六両余二人扶持・長田林太、五両二人扶持・長田春五郎」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・五石二人扶持・長田半兵衛・六十九歳、坊主・養父半兵衛・長田好弥・十九歳」あり。

七 足立郡糠田村(鴻巣市) 箕田村観音堂文化元年聖徳太子碑に糠田村長田友七あり。現存無し。

八 秩父町 昭和三年興信録に「秩父町・長田一・所得税二十四円」あり。現存無し。永田条参照。

永多 ナガタ 越谷に存す。

永田 ナガタ 中田の転訛なり。高麗郡永田村、榛沢郡永田村、秩父郡大宮郷字永田、寺尾村字永田、葛飾郡川富村字永田、入間郡字永田あり。長田条参照。○群馬県北群馬郡吉岡町十六戸、新田郡藪塚本町二十戸、新田町十七戸。○栃木県下都賀郡大平町二十八戸、野木町二十二戸、鹿沼市四十戸。○茨城県久慈郡金砂郷町十六戸、真壁郡関城町二十七戸、つくば市四十五戸。○山梨県南都留郡西桂町二十六戸、甲府市四十七戸。○長野県東筑摩郡山形村十四戸、須坂市五十四戸、茅野市五十八戸、松本市百戸。○青森県北津軽郡鶴田町十八戸。○島根県那賀郡三隅町二十六戸、八束郡美保関町六十三戸、松江市六十四戸、安来市九十六戸、出雲市六十四戸。○鳥取県東伯郡大栄町二十一戸、赤碕町三十七戸、倉吉市三十戸、米子市三十六戸あり。

一 上杉氏家臣の永田氏 風土記稿秩父郡横瀬村条に「小御嶽、此城址の説、土人の伝へには、上杉家の臣永田外記と云るもの居住せしよし、字中野と云ゆるにて討死す」。秩父郡誌に「横瀬村古御嶽城址は、天文年間上杉憲政の臣永田外記の築きし所なりと云ふ」と見ゆ。当村に現存無し。大宮郷或は太田村出身か。

二 忍城士の永田氏 成田分限帳に「十五貫文・永田九郎兵衛、十三貫五百文、永田倉市八」あり。永田倉氏か。

三 岩附城士の永田氏 岩槻巷談に「城主太田氏房の臣宮城美濃守家人永田角左衛門」と見ゆ。

四 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高百五十石・初代永田五郎右衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高十二両二人扶持・六代永田五郎太夫」。明治四年館林藩士族帳に「十一両三人扶持・永田実」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御物頭・三百石・越前勝山取立・永田十宮」。万延二年川越藩分限帳に「御使番・十人扶持・永田与惣」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「医師・十五人扶持・亡父耕沢・永田文迚・二十八歳」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御寄合・百六十六石余・永田勇記、御馬廻・十人扶持・永田伝兵衛、御寄合・三人扶持・永田一雄、御馬乗・六石二人扶持・永田千蔵」。明治四年忍藩士族名簿に「百六十六石余・永田虚、八十六石余・永田米雄、六石四人扶持・永田耕治」あり。

八 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「銀十枚十人扶持・永田弦庵」あり。

九 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御中小姓・永田金次郎」あり。

一〇 関東郡代伊奈氏家臣 風土記稿足立郡土屋村(大宮市)条に「旧家者庄左衛門、世々名主を勤む。氏を永田と称し、先祖を市太夫可清と云ふ。三州押鶴村の産にて、天正三年長篠の役に伊奈が手に属して、戦功を顕はし、其の後、御入国の砌、備前守忠次に従ひて当国に移れり。忠次・命を蒙り、関八州を指揮し、所々の長堤を築いて水利を導き、あまたの新田を開きしも、可清が功莫大なり。因って忠次願ひ上って、東照宮に拝謁せしむ。夫よりいよいよ勤労して、専ら水利農耕のことに心を竭せしが、遂に老髦に及びければ、当所に引籠り、慶長十九年二月二十六日病で卒す。謚して薫宅道香と云ふ、即ち遺言によりて、村内に一寺を創建す、道香院是なり。可清が子八兵衛可次、亦よく父の業を続て水土のことに委しく、寛永十一年伊奈半十郎忠治・命を蒙り富士川の水害を治めし時、可次あづかりて、其功少からず。又常によく村民を教諭し、傍ら禅学を嗜み明暦四年二月十四日卒す。可次が子を弥兵衛寛長と云ふ、此寛長の時、父祖累代の勤労を賞せられて陣屋の迹を宅地に賜わりしより、子孫連綿として、今の庄左衛門に至ると云ふ」と見ゆ。名主庄左衛門の子孫は二十二項参照。伊奈忠治家臣に永田半太夫・永田九兵衛。寛永二十一年代官永田八兵衛・永田甚五左衛門。元禄頃に永田八郎兵衛・永田甚五右衛門。享保頃に永田九郎兵衛。足立郡戸塚村三仏寺宝暦八年常夜燈に永田市太夫氏章。秩父郡下吉田村宝暦八年文書に伊奈半左衛門様御役人永田角之丞。伊奈忠尊の重臣永田九郎兵衛氏房。天明八年御年寄衆永田半太夫。天明年間赤山陣屋屋敷図に「永田九郎兵衛・一町八反二畝歩、永田角之丞・八反四畝歩」。足立郡戸塚村西光院明和三年青銅に永田内記。寛政二年文書に「勘定場定役・五人扶持・永田大八」あり。

一一 葛飾郡惣新田村(幸手市) 戸隠神社明治十年八海山講碑に下沢・永田幸八あり。一戸現存す。

一二 同郡長間村(幸手市) 香取社文政二年鳥居碑に永田豊吉あり。現存無し。

一三 埼玉郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年尾ヶ崎村名頭覚帳に「永田安右衛門―新五郎―喜助―伊左衛門―安之丞―介次郎」あり。一戸現存す。

一四 同郡相野原村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に相野原村長田伝兵衛。当村文化九年庚申塔に永田彦右衛門・永田太郎右衛門・永田新五郎。小溝村長命寺慶応二年供養塔に相野原村永田富士太郎あり。一戸現存す。

一五 同郡小林村(越谷市) 明治二十一年皇国武術英名録に真心影流東小林村永田松蔵あり。三戸現存す。

一六 同郡大瀬村(八潮市) 宝光寺明治四十四年碑に永田勘次郎あり。現存無し。

一七 同郡粕壁町 豪農にて、明治二十三年貴族院議員永田勘六・弘化三年生・国税千三十円、明治三十年反別百三十八町五反歩・地租千百五十六円。明治三十五年呉服商永田宗助。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業永田勘六・明治二年生・国税四千九十五円・県下二位、大正十四年国税五千二百九円・県下十四位。大正十二年大地主名簿に永田勘六・田九十五町二反歩・畑五十四町一反歩所有あり。

一八 同郡久本寺村(鷲宮町) 広福院年不詳地蔵尊に永田藤右衛門あり。三戸現存す。

一九 同郡向古河村(北川辺町) 鷲神社延享二年鳥居碑に永田作右衛門あり。一戸現存す。

二〇 同郡下樋遣川村(加須市) 大日堂慶応三年馬頭尊に永田文右衛門あり。一戸現存す。

二一 同郡町屋新田(加須市) 当村享和元年読誦塔に町屋新田長田庄右衛門、慶応四年馬頭尊に当所永田庄左衛門。三俣村菊地家筆子控に安政五年町屋新田伊三郎倅永田銀蔵、同人倅永田幸蔵あり。三戸現存す。

二二 足立郡土屋村(大宮市) 十項の後裔なり。指扇村八雲社嘉永六年御神燈に土屋村永田庄左衛門。万延元年武術英名録に民谷流大宮在土屋村永田庄作。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に土屋村永田庄作。明治十六年県会議員調に酒造業永田庄作・天保十四年生・反別四十七町九反歩所有。与野町一山神社明治三十五年碑に土屋永田恒次郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業永田庄作・天保十四年生・国税五百五十八円・県下百五十一位あり。一戸現存す。

二三 同郡寺谷村(鴻巣市) 稲荷社慶応二年幟碑に永田直吉。現存無し。

二四 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「永源・永田市右衛門・卯年八月」。江戸初期なり。御用達にて、天保四年川越藩分限帳に「五人扶持・川越永田紋次郎」あり。

二五 熊谷町 明治三十五年執達吏永田静夫あり。

二六 比企郡下里村(小川町) 小川村八宮社文化頃石御宮寄進碑に下里村永田与市・永田喜兵衛。上岡妙安寺観音堂天保四年石橋供養塔に比企郡下里村永田政五郎・永田太郎左衛門。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡下里村永田与市。明治七年投票に永田喜平・永田茂吉あり。五戸現存す。

二七 賀美郡金窪村(上里町) 陽雲寺武田遺臣碑(明治三十年)に「永田河内丞吉行後裔、金久保・永田熊平」。法西寺明治四十年筆子碑に永田亀吉・永田利平あり。一戸現存す。

二八 秩父郡大宮郷 小名永田あり。秩父神社日鑑に享和二年永田弥左衛門。明治三年大工職永田伊助・四十二歳、永田梅吉後家たな・田畑一町歩所有あり。十戸現存す。

二九 同郡太田村(秩父市) 国神神社明治三十四年碑に太田村永田米蔵・永田兼吉・永田茂平・永田武善・永田浜蔵・永田和吉・永田和三郎あり。十四戸現存す。

三〇 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所永田武市。明治三十五年国神村薬荒物商栄屋永田武平あり。現存無し。

三一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・永田六郎・五十八円、馬宮村(大宮市)・永田二郎・百十円、小室村(伊奈町)・永田定吉・三十九円・十一円、永田良・三十一円、川越市・永田保之助・九百二十三円、粕壁町・永田豊次郎・千八百六十三円・六十六円、永田宗助・四十三円・五十六円、永田辰五郎・十一円・十一円」あり。

霖田 ナガタ 明治五年入間郡寺竹村(入間市)副戸長霖田惣吉あり。現存無し。

中太 ナカダイ 

一 埼玉郡小久喜村(白岡町) 久伊豆社文政九年庚申塔に小久喜村新田中太亀蔵・中太卯之助。寿楽院嘉永六年筆子碑に当村中太捨八・中太辰五郎・中太金蔵あり。三戸現存す。

二 同郡千駄野村(白岡町) 小久喜村久伊豆社文政九年庚申塔に千駄野村中太儀右衛門。同村寿楽院嘉永六年筆子碑に千駄野村中太喜左衛門。当村稲荷社江戸末期碑に中太文左衛門。明治三十年人名録に千駄野村中太作兵衛・安政元年生・地租五十二円あり。九戸現存す。

中代 ナカダイ 川口、加須、越谷、草加、狭山等に存す。

中台 ナカダイ 入間郡今福村(川越市)の内に川越宿志義町の入会地中台あり、堀兼神社文政四年御神燈に中台村と見ゆ、現在は今福村となる。各市町村に存す。千葉県印旛郡酒々井町十二戸、市原市十六戸あり。

一 豊島氏族中台氏 豊島郡中台村(板橋区志村中台町)より起る。紀州那智山米良文書に「文安五年十一月、豊島年貢目録、三貫文・中岱殿」と見ゆ。

仲台 ナカダイ 新座に存す。

中平 ナカダイラ 高麗郡大河原村字中平、秩父郡藤倉村字中平、皆谷村字中平あり。川口、上尾、大宮、越谷、騎西、三郷、入間、川越、日高等に存す。長野県下伊那郡高森町五十三戸、松川町二十七戸、飯田市五十六戸。青森県三戸郡三戸町十三戸あり。ナカヒラ参照。

仲平 ナカダイラ 上尾に存す。長野県下伊那郡高森町七戸あり。

長滝 ナガタキ 児玉郡沼上村(美里町)長福寺文政八年宝篋印塔に長滝利左衛門・長滝才兵衛、年不詳庚申塔に長滝金次郎・長滝嘉兵衛。石川流七本木村木村源蔵(天保十年没)門人に沼上村長滝小三郎・長滝寅松。古郡村安光寺嘉永元年地蔵尊に沼上村長滝才兵衛。明治四年阿那志村千田文書に「沼上村組頭長滝与平次・五十一歳・持高二町一反一畝歩。百姓代長滝金次郎。長滝才平・三十二歳、父貞蔵・六十一歳。長滝林蔵・四十六歳、倅鶴松・二十歳」。明治初期逸見文書に副戸長長滝藤作、副戸長長滝才平、地主惣代長滝金次郎あり。十二戸現存す。

長瀧 ナガタキ 松伏、秩父等に存す。

永滝 ナガタキ 浦和、大宮、蕨、上尾、所沢、飯能、熊谷等に存す。

永田倉 ナガタクラ 永田条二項参照。

中竹 ナカタケ 川口、浦和、戸田、朝霞、川越、幸手等に存す。

中武 ナカタケ 各市町村に存す。

中獄 ナカタケ 川口に存す。

中嶽 ナカタケ 岩槻に存す。

仲嵩 ナカタケ 春日部に存す。

長竹 ナガタケ 小名長竹は、埼玉郡大越村、高麗郡上広谷村、五味ヶ谷村、藤金村、比企郡下古寺村、吉田村等にあり。栃木県佐野市五十戸、足利市百二十戸あり。

一 松山城士の長竹氏 比企郡下古寺村字長竹(小川町)の住人なり。御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「妙香・長竹」と見ゆ。

二 埼玉郡外田ヶ谷村(騎西町) 久伊豆社嘉永六年碑に長竹市十郎あり。四戸現存す。

長岳 ナガタケ 川口に存す。

永竹 ナガタケ 所沢に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「秩父御陣屋御賄役・五両二人扶持・永竹伴七、秩父御山廻見習・二両一人扶持・永竹郡次郎」。

永武 ナガタケ 浦和に存す。

永全 ナガタク 行田、吹上の住職に此氏存す。正訓不詳。

中立 ナカダテ 上尾、越谷等に存す。

中楯 ナカダテ 川口、蕨、大宮、越谷、狭山等に存す。山梨県東八代郡豊富村二十七戸、甲府市二十六戸あり。

中館 ナカダテ 川口、浦和、鴻巣、蕨、春日部、草加等に存す。○宮城県本吉郡本吉町十二戸、加美郡色麻町七戸。○岩手県釜石市十三戸、花巻市十戸。○青森県三戸郡名川町十八戸あり。

中舘 ナカダテ 上尾、伊奈、新座、越谷、本庄、川越等に存す。岩手県二戸市二十戸あり。

仲館 ナカダテ 所沢に存す。

仲舘 ナカダテ 与野に存す。

中棚 ナカタナ 春日部、草加等に存す。

中谷 ナカタニ 各市町村に存す。鳥取県八頭郡佐治村四十七戸、鳥取市六十戸あり。ナカヤ参照。

一 鉢形城士の中谷氏 神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形衆中谷源五郎」あり。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「医師・二十人扶持・中谷順庵」あり。

仲谷 ナカタニ 大宮、北本、越谷、草加等に存す。

長谷 ナガタニ 入間郡上谷ヶ貫村字長谷、大満村字長谷、大谷村字長谷、及び横見郡長谷村(ながやつ)等あり。鳥取県八頭郡河原町十六戸、島根県江津市十六戸あり。ナガヤ、ハセ参照。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「町奉行支配・熊谷町・七人扶持・長谷幽斎、御蔵役・二十俵二人扶持・長谷源兵衛」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・長谷次五右衛門」あり。

三 入間郡今市村(越生町) 法恩寺文書に天保十一年頼母子講・長谷彦右衛門・長谷与右衛門。明治十三年芝居興行勧進元に長谷佐重。明治三十五年穀仲買商小松屋長谷栄助・糸繭商長谷嘉介あり。四戸現存す。

四 同郡上野村(越生町) 当村に此氏の旧家あり。十一戸現存す。

五 同郡黒岩村(越生町) 和田村石井家手習帳に嘉永五年・黒岩村長谷弁之介・長谷嘉吉。成瀬村見正寺明治初年筆子碑に黒岩村長谷嘉吉あり。一戸現存す。

六 同郡如意村(越生町) 字六反田寛政十二年庚申塔に長谷権右衛門あり。一戸現存す。

七 同郡鹿下村(越生町) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に鹿下村長谷文之丞・長谷長吉・長谷常吉・長谷千之助・長谷市太郎・長谷熊五郎。和田村石井家手習帳に天保十五年・鹿下村長谷庫之介、弘化五年・鹿下村長谷佐重郎。成瀬村見正寺明治初年筆子碑に鹿下村長谷庫之助・長谷国三郎・長谷佐重郎。明治九年戸長長谷倉次郎・天保八年生。明治二十九年越生町農会発起人長谷千代吉あり。六戸現存す。

八 同郡津久根村(越生町) 明治二十三年木屋卸商長谷三五郎あり。現存無し。

九 比企郡宮前村(川島町) 吉原村宮原神社明治十五年鳥居碑に長谷猪平あり。三戸現存す。

永谷 ナガタニ 各市町村に存す。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・永谷左五兵衛」あり。

二 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御寄合並席・永谷伊右衛門、御近習・永谷和助、御近習・永谷政吉」あり。

三 岩槻町 昭和三年興信録に「岩槻町・永谷三郎・所得税十五円」あり。一戸現存す。

永田平 ナガタヒラ 上福岡に存す。

中玉利 ナカタマリ 上福岡に存す。

中田谷 ナカタヤ 富士見に存す。

中地 ナカチ 各市町村に存す。

一 吉良氏家臣の中地氏 入間郡大井村塩野文書に、小田原北条氏より出せる文書に世田谷吉良氏奉行人中地山城守あり。

仲地 ナカチ 浦和、大宮、蕨、加須、入間、川越、小川等に存す。

永地 ナガチ 所沢に存す。

長丁 ナガチョウ 戸田に存す。

中津 ナカツ 各市町村に存す。栃木県鹿沼市二十四戸、秋田県由利郡金浦町十六戸あり。

中都 ナカツ 春日部に存す。

長津 ナガツ 各市町村に存す。○茨城県東茨城郡茨城町二十二戸。○新潟県北蒲原郡中条町十三戸、十日町市二十三戸。○青森県下北郡大畑町四十戸あり。

永津 ナガツ 浦和、桶川、草加、三郷、川越、所沢、深谷、小川に存す。神奈川県三浦郡葉山町三十二戸あり。

中対 ナカツイ 川越、所沢等に存す。

中司 ナカツカ 川口、浦和、与野、草加、富士見、三芳等に存す。

中務 ナカツカ 戸田、加須、富士見等に存す。

中束 ナカツカ 大宮に存す。新潟県岩船郡関川村二十三戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・中束伝造」あり。

中塚 ナカツカ 各市町村に存す。○栃木県安蘇郡田沼町十四戸。○長野県上伊那郡中川町十六戸、下伊那郡高森町九十三戸。○福島県安達郡大玉村十一戸。○岩手県紫波郡矢巾町十七戸、久慈市七十七戸。○鳥取県八頭郡河原町十一戸あり。

一 本庄宿 石川剣道場門下生に天明七年・本庄宿台町中塚長太郎。明治四年諸井文書に台町惣代中塚伊平・中塚野太郎。明治十三年立会人中塚丑太郎。明治三十五年桶職中塚角太郎、質屋中塚宗平(町会議員)。明治四十年本庄町会議員中塚嘉蔵あり。二戸現存す。

二 賀美郡肥土村(神川町) 下奈良村明治二十七年東条筆子碑に賀美郡肥土村中塚嘉三あり。現存無し。

仲塚 ナカツカ 上尾、越谷等に存す。

長束 ナガツカ 朝霞、新座、川越、鳩ヶ谷、越谷、羽生、上里等に存す。新潟県三島郡越路町二十五戸あり。

長塚 ナガツカ 各市町村に存す。茨城県北相馬郡藤代町四十五戸、守谷町三十一戸、筑波郡伊奈町二十戸、谷和原村十七戸、結城郡石下村六十戸、水海道市五十四戸、取手市百三十戸。神奈川県伊勢原市五十二戸あり。

一 埼玉郡飯積村(北川辺町) 明治三十五年に長塚定吉あり。三戸現存す。

永束 ナガツカ 大宮に存す。

永塚 ナガツカ 各市町村に存す。栃木県下都賀郡野木町十戸、茨城県猿島郡総和町八十二戸、古河市二十七戸、千葉県香取郡小見川町十七戸あり。

一 葛飾郡久兵衛村(三郷市) 稲荷社明治二十年絵馬に当村永塚吉蔵。明治三十年人名録に永塚吉蔵・慶応元年生。昭和三年興信録に「八木郷村・永塚吉蔵・所得税二十三円」あり。五戸現存す。

二 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に永塚金八、文化十三年庚申塔に樋口村永塚新四郎、文政六年庚申塔に樋口徳島講中・永塚吉松・永塚新四郎あり。三戸現存す。

三 同郡杉戸町 県会議員永塚勇助・明治三十二年生あり。三戸現存す。

中司 ナカツカサ 秩父郡横瀬村字中司は古の村名なり。川口、浦和、戸田、草加、菖蒲、白岡、富士見等に存す。

中務 ナカツカサ 浦和、白岡、岩槻、志木、川越、狭山、所沢、熊谷等に存す。

中津川 ナカツガワ 秩父郡中津川村(大滝村)あり。各市町村に存す。神奈川県足柄上郡松田町二十九戸、山形県西置賜郡小国町十二戸、宮城県登米郡南方町二十三戸あり。

一 忍城士の中津川氏 成田分限帳に「三十五貫文・中津川隼人、十五貫文・中津川勘之丞」あり。

二 大里郡小島村(熊谷市) 前項の後裔か。字上河原に「観心道慈信士・中津川又右衛門・元禄五年六月没」あり。棒術家にて、当所の棒術は市無形文化財なり。現存無し。

中津隈 ナカツクマ 浦和に存す。

中辻 ナカツジ 各市町村に存す。

長辻 ナガツジ 所沢に存す。

中蔦 ナカツタ 和光に存す。

中土 ナカツチ 大宮、戸田に存す。

中堤 ナカツツミ 青森県三戸郡三戸町十三戸あり。

永綱 ナガツナ 越谷に存す。

中津原 ナカツハラ 大宮、蓮田、岩槻、春日部、草加、吉川、所沢に存す。

中坪 ナカツボ 各市町村に存す。長野県上伊那郡箕輪町二十五戸、青森県三戸郡名川町八戸あり。

一 岩槻町 明治三十五年に中坪式自動織機発売元中坪升五郎あり。三戸現存す。

二 足立郡膝子村(大宮市) 稲荷社前元禄十年庚申塔に中坪七郎右衛門。八幡社文政十一年力石碑に中坪武右衛門、弘化四年庚申塔に中坪八五郎・中坪和吉あり。一戸現存す。

中妻 ナカヅマ 和名抄に讃岐国香川郡中間郷(香川県高松市中間町)を奈加都万と訓ず。今もナカツマと称す。中(なかつ)は韓国(辛国)、間・馬(ま、ば)は場所の意味。韓国渡来人集落を中妻と称す。埼玉郡中妻村(鷲宮町)、足立郡中妻村(上尾市)あり。小名中妻は、埼玉郡琴寄村、上岩瀬村、篠津村、増林村、幡羅郡下奈良村等にあり。大宮、岩槻、久喜、越谷、幸手、吉川、川越等に存す。

一 埼玉郡本宿村(岩槻市) 北野天満宮天保六年御神燈に当所中妻金□□あり。二戸現存す。

長妻 ナガツマ 各市町村に存す。茨城県岩井市三十八戸、水海道市五十七戸。島根県大原郡大東町十八戸あり。

永妻 ナガツマ 大宮、杉戸、川越等に存す。

永積 ナガツミ 川口に存す。

中爪 ナカツメ 比企郡中爪村(小川町)あり、平村慈光寺元禄八年棟札に長爪村と見ゆ。

一 松山城士の中爪氏 比企郡中爪村より起る。在名にて当地方に現存無し。天正庚寅松山合戦図に「本郷・町屋・原・野久・野本方面城方・中爪源左衛門」。御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「妙意・ナカツメ・寅年十月(天正十八年か)」あり。

中津山 ナカツヤマ 川口、大宮、与野、岩槻、熊谷、深谷等に存す。岩手県東磐井郡大東町十戸あり。

中鶴 ナカツル 与野、越谷、吉見、毛呂山等に存す。

中津留 ナカツル 浦和、北本、鳩ヶ谷、三郷等に存す。

仲津留 ナカツル 志木に存す。

仲手 ナカテ 明治二十二年埼玉勧業会員に入間郡豊田新田(川越市)仲手留吉あり。現存無し。

中出 ナカデ 各市町村に存す。

一 鴻巣町 明治十四年埼玉銀行株主中出留五郎・一株五十円所有。明治三十五年小間物商中出紋兵衛あり。一戸現存す。

長手 ナガテ 川口、大宮、鴻巣、行田、吹上等に存す。オサテ参照。

仲手川 ナカテガワ 神奈川県中郡大磯町二十三戸あり。

仲出川 ナカデガワ 小川に存す。神奈川県中郡大磯町七戸あり。

中出口 ナカデグチ 越生に存す。

中寺 ナカデラ 所沢に存す。

中戸 ナカト 埼玉郡南河原村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

中都 ナカト 草加に存す。

仲渡 ナカト 上尾に存す。

長戸 ナガト 各市町村に存す。島根県益田市十二戸、鳥取県八頭郡用瀬町十戸、智頭町九戸、気高郡青谷町八戸あり。

一 忍城士の長戸氏 成田分限帳に「十五貫文・長戸道永」あり。

長門 ナガト 各市町村に存す。長野県更埴市四十四戸、秋田県山本郡峰浜村十七戸、能代市十四戸あり。

一 葛飾郡永沼村(庄和町) 八幡社明治三十六年水鉢に長門弥七・上谷長門勝五郎あり。二戸現存す。

長渡 ナガト 上尾、志木、三郷、狭山、富士見等に存す。

長登 ナガト 嵐山に存す。

永戸 ナガト 川口、大宮、戸田、和光、越谷、川越、狭山、深谷等に存す。福島県郡山市十二戸、島根県益田市十八戸あり。

永都 ナガト 鶴ヶ島に存す。

永登 ナガト 鷲宮に存す。

中土居 ナカドイ 入間に存す。鳥取市六戸あり。

中藤 ナカトウ 高麗郡中藤村(飯能市)あり。大宮、与野、春日部、東松山、飯能、秩父等に存す。

一 川越城士の中藤氏 高麗郡中藤村より起る。在名にて当地方に現存無し。日蓮宗行伝寺過去帳に「善光・中藤入道・寅年七月(天正十八年か)」あり。

二 高麗郡中山村(飯能市) 当村安永二年馬頭尊に中藤忠右馬あり。住職一戸現存す。

三 小川町 昭和三年興信録に「小川町・中藤関太郎・所得税四十八円・営業税五十六円」あり。現存無し。

仲藤 ナカトウ 朝霞に存す。長野県下伊那郡阿南町十二戸あり。

長藤 ナガトウ 草加、庄和等に存す。

永藤 ナガトウ 千葉県山武郡横芝町十戸あり。

中堂園 ナカドウゾノ 熊谷に存す。

長通 ナガドオリ 大宮、上尾、所沢等に存す。

中戸川 ナカトガワ 上尾、蓮田、新座、鳩ヶ谷、岩槻、飯能等に存す。神奈川県足柄上郡山北町二十五戸、開成町十戸、南足柄市十九戸、小田原市五十五戸、平塚市五十戸あり。

仲戸川 ナカトガワ 神奈川県大和市二十戸あり。

永利 ナガトシ 越谷、行田、日高、三芳等に存す。

仲泊 ナカトマリ 浦和、新座、春日部、越谷、鷲宮等に存す。

中冨 ナカトミ 志木、越谷、日高等に存す。

中富 ナカトミ 上尾、戸田、草加、朝霞、川越、熊谷等に存す。

仲富 ナカトミ 入間郡石井村(坂戸市)白山社の神主天宿氏は元禄二年に苗字を岡野と改め、更に同四年二月に復姓願いを出し、先祖藤原姓中臣氏に因み仲富氏に改める。神主仲富良作氏一戸現存す。

中臣 ナカトミ 入間郡鴨田村(川越市)に中臣明神社あり、鎌足を祭る。浦和、春日部、狭山等に存す。

長富 ナガトミ 浦和、伊奈等に存す。

永冨 ナガトミ 浦和、蓮田、草加、三郷、川越等に存す。

永富 ナガトミ 各市町村に存す。

一 葛飾郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に永富吉左衛門あり。現存無し。

中臣部 ナカトミベ 天平勝宝二年十二月二十八日治部省牒(東大寺奴婢帳)に「婢稲主女二十歳・右頬黒子、下総国香取郡神戸大槻郷戸主中臣部真敷之婢」と、戸主の婢稲主女が東大寺官婢として貢上されたが、同三年五月二十一に稲主女らが逃亡したが捕えられて再び貢上されている。千葉県佐原市の香取神宮の神領地大槻郷(佐原市)の戸主中臣部は香取神宮大禰宜大中臣氏の私有民の後裔にて豪族となる。下総国葛飾郡大島郷(杉戸町)養老五年戸籍に「孔王部牟須比の姑・中臣部移乎売」と見ゆ。大槻郷より大島郷へ嫁すか。アナホベ参照。

中留 ナカトメ 八潮、上福岡等に存す。

永留 ナガトメ 大宮、与野、越谷、八潮等に存す。

長友 ナガトモ 各市町村に存す。

長侶 ナガトモ 飯能に存す。

永友 ナガトモ 各市町村に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「六両二人扶持・永友半蔵」あり。

中豊留 ナカトヨトメ 吉川に存す。正訓不詳。

永鳥 ナガトリ 川口に存す。

長瀞 ナガトロ 入間郡増形村字長瀞あり。大宮に存す。

長土呂 ナガトロ 入間に存す。

長止呂 ナガトロ 集古文書に「元久元年十二月十八日、幡羅郡別府郷百姓等所、当郷内車石赤木奥宮以通于長止呂小道自河西為次郎行助分致知行」と見ゆ。西別府次郎行助の知行にて、西別府村字長止呂なり。

長戸呂 ナガトロ 葛飾郡長戸呂村(三郷市)あり。内国府間村字長戸呂(幸手市)は古の村名なり。

一 八丈島の長戸路氏 八丈島記録畧全に「末吉村の長戸路家祖先は、葛飾郡長戸呂村の地頭であった」と伝へる。地名附会なり。

長戸路 ナガトロ 狭山に存す。

中名生 ナカナウ 鳩ヶ谷に存す。正訓不詳。

長納 ナガナウ 所沢に存す。正訓不詳。

中並 ナカナミ 所沢に存す。

中波 ナカナミ 春日部、入間等に存す。

仲波 ナカナミ 浦和、与野等に存す。

長南 ナガナミ 川口に存す。

長縄 ナガナワ 埼玉郡谷原新田字長縄あり。川口、浦和、八潮等に存す。

長繩 ナガナワ 大宮、鴻巣、菖蒲、越谷、所沢、飯能等に存す。

永繩 ナガナワ 大宮に存す。

中荷 ナカニ 上福岡、富士見等に存す。

中新 ナカニイ 越谷に存す。

中仁沢 ナカニザワ 戸田、越谷に存す。

中西 ナカニシ 中は韓国(辛国)の意味、東は倭国を指し、西は韓国を指す。韓国渡来人集落を中西と称す。中及び西条参照。小名中西は、葛飾郡田島村、埼玉郡上川上村、上之村、谷中村、四町野村、榛沢郡菅沼村、男衾郡鷹巣村、秩父郡矢那瀬村等にあり。○千葉県市原市六十八戸。○新潟県刈羽郡高柳町二十八戸。○秋田県鹿角市二十七戸。○青森県黒石市二十三戸、むつ市二十四戸。○島根県隠岐郡西郷町二十九戸、大原郡大東町十八戸、能義郡広瀬町十二戸、松江市四十戸、安来市二十戸。○鳥取県西伯郡淀江町十二戸、東伯郡赤碕町十六戸、米子市三十七戸、鳥取市五十七戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・十二石四人扶持・中西五郎右衛門、惣領中西小六、次男中西寛吉」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定頭支配・四石二人扶持・中西才三郎・三十九歳」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・中西隼之助」あり。

四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「四十五俵・中西武助、二十俵・中西午右衛門」あり。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三十俵・中西吉右衛門」あり。

六 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「三十俵五人扶持・中西玄斎」あり。

七 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「寄合並席・中西重三郎」あり。

八 葛飾郡水角村(庄和町) 水角神社寛政三年庚申塔に仲西善兵衛、天保三年庚申塔に中西源二郎、明治三十五年碑に中西幾代・中西佐助あり。一戸現存す。

九 埼玉郡越ヶ谷宿 越ヶ谷瓜の蔓(福井文書)に「彦市義、元禄度より代々所持之、中西之本家也」と見ゆ。剣術家木原周輔門人帳に万延元年・越ヶ谷宿中西林蔵、慶応二年・大沢町中西源蔵。明治三十五年酒商中西サクあり。

一〇 同郡藤井村(羽生市) 香取社安政四年奉額に中西庄兵衛あり。現存無し。

一一 同郡忍町 明治三十五年左官職中西伊勢吉あり。

一二 同郡埼玉村(行田市) 野村玉松堂明治二年入門に百塚・与吉倅中西吉三郎あり。四戸現存す。

一三 川口町 明治二十五年東明院西善院檀中薬種商日進堂中西定次郎。川口神社明治三十九年碑に中西権三郎。昭和三年興信録に「川口町・中西輝夫・所得税七十三円・営業税四十七円、中西健蔵・所得税五十三円」あり。

一四 浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・中西文彦・所得税八十六円」。

一五 志木町 氷川社嘉永六年碑に引又・中西藤次郎・中西文蔵。敷島社明治五年御神燈に引又町中西岩吉あり。

一六 川越町 万延元年武術英名録に新撰組隊士武州川越中西昇あり。

一七 入間郡小山村(坂戸市) 明治二十一年越生村蚕業改良大同殖産協会発起人小山村中西順造あり。現存無し。

一八 比企郡安塚村(川島町) 下伊草村天保三年馬頭尊に安塚村中西安右衛門。明治九年副戸長中西治郎吉・文政十年生あり。二戸現存す。

一九 熊谷町 明治三十五年に中西徳之助あり。

二〇 大里郡甲山村(大里町) 当村元禄八年庚申塔に甲山村中西惣右衛門あり。五戸現存す。

二一 同郡津田新田(大里町) 慶応四年名主中西仁右衛門あり。一戸存す。

二二 男衾郡本田村(川本町) 浅間社は中西善吉の発起にて祀る。明治七年柴田文書に本田村中西浜次郎。明治九年戸長中西祐長・文化四年生(名主)。用土村明治十三年仙元碑に本田村中西祐長・中西音五郎・中西松五郎・中西善七・中西勘五郎あり。六戸現存す。

二三 榛沢郡牧西村(本庄市) 明治九年議定連印簿に中西エイあり。現存無し。

二四 同郡滝瀬村(本庄市) 滝瀬神社明治十三年御神燈に中西元吉あり。五戸現存す。

二五 本庄町 明治四年諸井文書に仲町中西吉平あり。

二六 児玉町 玉蔵寺寛政十一年大黒天碑に中西山之七あり。

二七 秩父郡下吉田村 明治十四年小前惣代中西三郎平あり。現存無し。

二八 同郡矢那瀬村(長瀞町) 小名中西あり。風土記稿矢那瀬村条に「旧家者村役佐島之助、氏は中西といい、先祖より古文書一通所持せり。『丑十二月十二日、御預ヶ山三ヶ所之内、一ヶ所・さひの山(末野村錆野山)、一ヶ所・坂本山(当村坂本山)、一ヶ所・やなせ山(当村)、以上三ヶ所、右三ヶ所之内、ところあらい沢之内に而は、はら木の木の葉以下はとり可申、用木は一円きり申間敷候、御印判申請可出候、中西右馬助殿、安富金八郎花押』」と見ゆ。二戸現存す。

仲西 ナカニシ 浦和、大宮、草加、川越、所沢、岡部等に存す。福島県西白河郡矢吹町十六戸、島根県安来市二十八戸あり。

一 浦和町 昭和三年興信録に「浦和町・仲西初五郎・所得税十円」あり。

中庭 ナカニワ 群馬県太田市二十八戸、茨城県那珂郡那珂町四十七戸、西茨城郡友部町四十二戸、水戸市五十四戸あり。

一 秩父郡下日野沢村(皆野町) 私塾師匠中庭丈右衛門樗景・明治十三年没九十歳、同名主中庭兵左衛門蘭渓・明治十六年没。国神神社明治三十四年碑に日野沢・中庭貞治。明治四十一年日野沢太々神楽連名簿に中庭忠造あり。四戸現存す。

中貫 ナカヌキ 春日部に存す。

中主 ナカヌシ 本庄に存す。

中沼 ナカヌマ 浦和、大宮、上尾、戸田、越谷、草加等に存す。栃木県鹿沼市十六戸あり。

仲沼 ナカヌマ 北川辺に存す。福島県岩瀬郡鏡石町十三戸あり。

長沼 ナガヌマ 下野国芳賀郡長沼庄(栃木県二宮町長沼)より起る長沼淡路守宗政は、尊卑分脈に「中沼淡路守宗政―淡路守時宗―中沼又四郎宗泰」と見え、北は中村庄(真岡市中)と称す。和名抄に備前国邑久郡長沼郷(岡山市長沼)を奈加奴(なかぬ、ながぬ)と訓ず。沼(ぬ)は野(の、ぬ)の転訛なり。長沼・中沼は長ノ・中ノにて、韓国渡来人集落を那加(なか、なが)と称す。百済人に多く、天平宝字五年紀に「百済人延爾豊成等四人に姓を長沼造と賜ふ」と見ゆ。葛飾郡長沼村(三郷市)は延宝元年に戸ヶ崎村より分村す。小名長沼は、葛飾郡戸ヶ崎村、前谷村、埼玉郡久下村、中新井村、中渡村、渡沼村、足立郡谷古宇村、南草加村、入間郡菅間村等にあり。○群馬県佐波郡境町九十戸、伊勢崎市四十戸。○茨城県稲敷郡阿見町三十戸。○山梨県東八代郡御坂町二十九戸、中巨摩郡櫛形町五十戸。○長野県飯田市百七戸。○新潟県西蒲原郡中之口村二十九戸、潟東村二十三戸。○山形県西置賜郡飯豊町四十六戸、新庄市四十四戸。○岩手県紫波郡矢巾町二十四戸あり。

一 藤原姓小山氏流長沼氏 下野国芳賀郡長沼庄より起る。長沼系図に「小山政光―長沼淡路守宗政(延応二年卒、八十歳)―四郎左衛門尉時宗―皆川左衛門尉宗員、弟長沼亦四郎宗泰」と見ゆ。高麗郡柏原郷(狭山市)の地頭なり。皆川文書に「寛喜二年八月十三日、譲渡嫡子四郎左衛門尉時宗、下野国長沼庄・同国小薬郷・同国御厩別当職、陸奥国南山、美濃国石太郷・五里郷・津布良、美作国西大野保内円宗寺、備後国内平野保、武蔵国柏原郷、淡路国守護職・同国地頭職并鎌倉屋地等事、淡路守藤原宗政花押」とあり。

二 鷲宮村鷲宮神社代官長沼氏 喜連川家文書案に「天正十年正月、古河公方足利義氏へ年頭申上衆、鷲宮神主大和守の代官長沼修理が参る」と見ゆ。鷲宮町に現存無し。

三 忍城士の長沼氏 成田分限帳に「三十貫文・長沼助六郎」あり。忍落城後は埼玉郡志多見村(加須市)に土着す。現存無し。

四 鉢形城士の長沼氏 神流川合戦記に「天正十年六月、岩田天神山城・長沼大善秋冬」と見ゆ。岩田村(長瀞町)近隣に現存無し。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御中小姓・四十俵二人扶持・長沼六右衛門、御廊下番・三十俵二人扶持・長沼権右衛門」あり。

六 埼玉郡砂原村(大利根町) 鷲神社万延元年絵馬に八間組長沼庄吉、明治五年絵馬に長沼嘉兵衛。明治九年副戸長長沼嘉兵衛・天保十二年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に砂原村長沼嘉兵衛あり。一戸現存す。

七 同郡加須町 明治三十五年帳面製造茶糸商長沼丈助あり。

八 葛飾郡栗橋町 明治三十五年荒物商長沼林蔵あり。

九 児玉郡本庄町 明治三十五年糸繭商長沼甚五郎あり。

一〇 同郡沼和田村(本庄市) 私塾師匠名主長沼正助知考・嘉永五年没。飯玉神社嘉永七年庚申塔に長沼又兵衛・長沼左平治、万延元年庚申塔に長沼正助。明治三年明細帳に名主長沼庄衛。明治四年牧西村森文書に沼和田村名主長沼伊三郎。明治九年副戸長長沼伊三郎・文化十一年生。明治十一年副戸長長沼吉次郎、副戸長長沼庄衛。飯玉神社明治二十一年碑に長沼友治郎・長沼タイ・長沼豊丸・長沼万次郎・長沼忠太郎・長沼長太郎・長沼太三郎・長沼栄五郎・長沼加藤次・長沼幾四郎・長沼富三郎・長沼春吉・長沼孝太郎・長沼清太郎あり。十三戸現存す。

一一 同郡児玉町 明治三十五年菓子商長沼織平あり。

一二 賀美郡黛村(上里町) 土豪にて、文禄四年黛村水帳に「長沼分」と見ゆ。現存無し。

一三 同郡小浜村(神川町) 小松神社明治二十九年碑に長沼宗十郎あり。現存無し。

永沼 ナガヌマ 葛飾郡永沼村(庄和町)あり、鎮守八幡社の御霊代に徳治元年十月銘があり、鎌倉時代以前からの開発地なり。埼玉郡増林村字永沼、入間郡宗岡村字永沼あり。○福島県石川郡石川町五十七戸。○宮城県桃生郡雄勝町五十八戸、河北町二十五戸、石巻市七十四戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百三十石・長沼代右衛門」あり。

二 埼玉郡忍町 明治三十五年材木商永沼妙五郎。昭和三年興信録に「忍町・永沼豊次郎・所得税百六円・営業税七十円」。県会議員永沼正夫・大正十四年生・上羽生に移転す。

三 同郡下中条村(行田市) 当村に此氏多く存す。治子神社嘉永五年大黒天碑に永沼宗兵衛・永沼新吉・永沼喜兵衛・永沼勘次郎、明治三年水鉢に永沼宝五郎。下忍村琴平社文久三年水鉢に下中条邨永沼宝五郎。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下中条村永沼嘉十郎・永沼孫太郎。明治七年船積問屋永沼宝五郎・但安永三年十月創立。明治九年副戸長永沼彦七・文政三年生、副戸長永沼宝五郎・弘化元年生。明治十八年最上農名簿に永沼学次郎・耕宅地十町三反歩所有。須加村会議員に永沼新太郎・文久三年生、永沼嘉右衛門・明治四年生、永沼喜三次・明治四年生、永沼半之助・明治二十五年生、永沼臼吉・明治三十四年生、永沼運造・大正十年生あり。

四 同郡南河原村 河原神社文化三年御神燈に永沼重次郎あり。六戸存す。

五 那賀郡猪俣村(美里町) 二柱神社明治十三年水鉢に永沼倉蔵あり。一戸現存す。

中根 ナカネ 根は子(ね)の佳字にて、田子、多子、多胡の子(こ)・胡(こ)の転訛なり。中国では北方民族を胡(えびす)・蕃(えびす)と呼んだ。姓氏録には諸蕃(しょばん)と記す。古代朝鮮語で那は国、曷(か、が)は村の意味。韓国(辛国)の胡族渡来地を中根、長根と称す。上野国多胡郡百済庄長根村(吉井町)は、多ノ国(後の百済)の胡族渡来地なり。埼玉郡市野割村字中根、足立郡高鼻村字中根、比企郡出丸中郷字中根あり。○茨城県鹿島郡鉾田町百戸、大洋村三十戸、新治郡千代田町六十戸、土浦市九十戸、つくば市八十戸。○福島県いわき市六十戸あり。

一 畠山氏流中根氏 三河国額田郡に多く、岡崎市に八百戸存す。多摩郡是政村井田氏系図に「畠山次郎重忠の四男井田四郎左衛門尉重政(父兄討死の時、家臣久米川政元・之を携へ、三河国額田郡井田村(岡崎市)に住す、故に井田を以って氏と為す)」とあり。中根氏は額田郡出身の出稼衆にて、比企郡正代村・高坂村へ来住して、井田氏と同じく畠山氏流を仮冒するか。畠山系図に「畠山重忠―重保―中根小次郎重晴(元久元年、重忠父子・誅せらると雖も、重忠の内室は北条殿息女、本領安堵、子孫は繁昌也)、弟中根小太郎重勝(勝岱、高坂、豊島)」と見ゆ。

二 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百九十石・中根権兵衛、百十石・中根権之助」あり。

三 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百石・本国三河生国同・中根八之丞・三十五歳」あり。

四 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御目付・百石・中根庄左衛門(後板垣)、表御中小姓・七両四人扶持・中根段右衛門」あり。

五 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「御馬廻・十五人扶持・中根元治」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定並・四石余二人扶持・中根虎之丞・五十一歳」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御番頭・五百石・中根市左衛門、御小姓共・九両二人扶持・中根伝兵衛、同役・十三両余・中根伯之助」。文化四年分限帳に「御馬廻・二百石・中根市左衛門」あり。

八 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・中根加兵衛」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・中根五右衛門」あり。

九 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百五十石・中根理左衛門、二両二人扶持・中根尚達」あり。

一〇 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「三百石・中根与右衛門、二十人扶持・中根郷右衛門、五両五人扶持・中根次郎右衛門」あり。

一一 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「医師・中根玄亮」。

一二 埼玉郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 当村元禄十一年庚申塔に中根太兵衛・中根五右衛門。菖蒲神社安政二年水鉢に中根勘蔵、明治十年神道無念流奉納額に中根孫三郎・中根彦次郎。明治三十五年菓子商中根文吉あり。七戸現存す。

一三 同郡小林村(菖蒲町) 当村文化九年庚申塔に中根与惣右衛門。東福院天保三年庚申塔に中根良左衛門・中根龍助・中根宇兵衛あり。十三戸現存す。

一四 同郡屈巣村(川里町) 天明元年山崎文書に字ヤハタ中根弥太郎、名主中根武右衛門。天保十五年戸賀崎門人帳に屈巣村中根千寿丸。箕田村嘉永六年増島俊輔筆子碑にクス・中根熊太郎・中根喜蔵あり。一戸存す。

一五 同郡郷地村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。北野貝戸村福田家譜に「豊臣秀頼の家臣福田又左衛門の娘婿善右衛門は下郷地村中根弾正の二男なり」と。安楽寺延宝二年庚申塔に中根忠右衛門・中根平左衛門・中根兵左衛門。久伊豆社元禄十三年御神燈に中根武右衛門・中根権右衛門・中根七郎兵衛・中根伝兵衛・中根佐左衛門・中根佐次右衛門。安楽寺元文三年宝篋印塔に中根万太郎・中根平左右衛門・中根三郎右衛門・中根勘太郎、嘉永四年庚申塔に郷地邑中根勇右衛門・中根勘左衛門・中根武助・中根三郎兵衛・中根重三郎・中根岡右衛門・中根市左衛門。明治四年上郷地村組頭中根七郎治・六十歳、組頭中根喜太郎・四十六歳、組頭中根武右衛門・五十七歳。明治八年騎西町釜屋文書に郷地村酒造業中根喜右衛門。明治九年副戸長中根七郎治・文化九年生、副戸長中根喜太郎・文政五年生。明治十四年埼玉銀行発起人中根得多郎・四十株二千円、株主中根孫三郎・二株百円所有。明治十八年最上農名簿に中根得多郎・耕宅地二十三町三反歩・山林八反歩所有。久伊豆社明治三十九年碑に中根作次郎・中根栄作・中根又次郎・中根市蔵・中根喜之助・中根佐和吉・中根富蔵あり。

一六 同郡安養寺村(鴻巣市) 安養寺文化十年巡拝塔に中根喜三郎。八幡社明治三十九年碑に中根栄吉・中根清太郎あり。二戸現存す。

一七 足立郡鴻巣町 上谷新田浅間社明治十六年碑に上谷村新田中根久太郎。明治三十五年下駄商中根久太郎・料理店中根平五郎あり。

一八 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社文政十二年聖徳太子碑に滝馬室村中根吉兵衛・中根善六、明治三十九年碑に中根喜伊次あり。一戸現存す。

一九 同郡上尾町 明治三十五年理髪店中根辰五郎あり。

二〇 同郡春日谷津村(上尾市) 春日社正徳二年庚申塔に春日谷津村中根武□□□あり。現存無し。

二一 同郡北野貝戸村(大宮市) 北貝戸とも称す。当村に寺院は無く木之下村法光寺を菩提寺とする。法願寺村地蔵堂寛文四年鰐口に願主中根善右衛門。指扇保育園西元禄十三年庚申塔に貝戸村中根三右衛門。木之下村法光寺明和六年地蔵尊に北貝戸・中根喜左衛門・中根亦右衛門・中根沖右衛門・中根助右衛門あり。明治八年木之下・阿弥陀寺・法願寺の三ヶ村と合併して高木村となる。高木に二戸現存す。

二二 同郡木之下村(大宮市) 氷川社元禄六年庚申塔に木下村中根孫兵衛、明治三十年御神燈に中根清兵衛あり。現存無し。

二三 同郡指扇村(大宮市) 荒沢不動堂享保十一年庚申塔に中根八郎右衛門。氷川社慶応二年幟碑に五味ヶ谷戸組中根直蔵あり。六戸現存す。

二四 同郡下加村(大宮市) 金剛院宝永五年供養塔に当所下加村組頭中根佐左衛門あり。三戸現存す。

二五 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「承応二年三月過去帳表具之紙は中根忠左衛門等が造立す」と見ゆ。

二六 高麗郡鯨井村(川越市) 明治九年副戸長中根権六・天保九年生あり。五戸現存す。

二七 松山町 明治三十五年素麺製造八幡屋中根寅吉あり。

二八 熊谷町 明治三十五年に中根茂吉あり。

二九 児玉町 八幡社明治三十五年碑に中根伊三郎あり。

三〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・中根武・八十一円、鴻巣町・中根信平・九円・三十三円、笠原村(鴻巣市)・中根喜助・六十四円、中根憲治・二十六円、中根高司・十一円」あり。

仲根 ナカネ 草加、鶴ヶ島等に存す。茨城県東茨城郡常北町九戸あり。

長根 ナガネ 中根条参照。○宮城県本吉郡唐桑町九戸。○岩手県九戸郡種市町三十二戸、大野村十五戸、久慈市二十戸。○青森県三戸郡名川町十七戸、階上町三十戸、新郷村十五戸、八戸市百戸あり。

一 児玉党長根氏 上野国多胡郡長根村(多野郡吉井町)より起る。本名小河原氏にて、長根城上野場(うえのば)に居城して長根氏を称す。小河原氏文書(長根に五戸存す)に「小河原氏は本姓小幡氏云々」と見ゆ。児玉郡御嶽城主長井氏家譜に「長井豊前介実通(天文二十三年討死。母長根次郎入道休清女、実は小幡之女)」と。上野国志に「長根上場城は長根右馬介居る。永禄中、信玄の為に廃亡す。長根縫殿助・本姓小幡氏なりしが居る所、天正十八年に滅ぶ」。永禄十年信州生島足島神社起請文に「長根衆、小河原右馬助重清・神保小次郎昌光・茂原飛騨政綱」。長根村恩行寺に「元亀二年、長根縫殿介(本名小河原)が改修す」と。関東古戦録に「長根雅楽之介、長根山城守」と見ゆ。コガワラ条参照。

二 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「四石二人扶持・長根徳平」あり。子孫又一は東松山市箭弓町に現存す。

三 岩槻町 明治三十五年洋物商長根六太郎あり。

四 入間郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の長根氏総本家は山形氷川神社の裏に在りしも、本家は絶えたれ共、分家に勢力家が在り。長根金之丞は文久の頃組頭となる。長根佐次郎は代々尾州殿鳥見役にて、長子艶之丞あり」と見ゆ。明治五年左官職長根三平、立会人長根銀之丞、組頭長根金之丞。明治九年副戸長長根金之丞・天保二年生。志木町引又河岸跡明治十三年水神講碑に南畑村長根幸之助。明治二十二年埼玉勧業会員長根佐次郎あり。七戸現存す。

五 同郡鶴馬村(富士見市) 来迎寺安政五年馬頭尊に谷津下郷長根伊助。明治五年木挽職長根滝次郎・同長根喜三郎・黒鍬職長根長四郎・醴屋長根伊助あり。二戸現存す。

六 同郡上奥富村(狭山市) 梅宮神社前天保十二年敷石碑に上奥富村長根三郎兵衛。梅宮神社再建帳に安政四年平塚組長根小兵衛・川原新田組長根弥助、慶応二年組頭長根三郎兵衛。明治三十二年白魚子織長根音五郎あり。二戸現存す。

永根 ナガネ 明治三十五年与野町農業永根安五郎あり。現存無し。

長根尾 ナガネオ 吉川に存す。

長根山 ナガネヤマ 坂戸に存す。岩手県九戸郡種市町九戸あり。

中野 ナカノ 古代朝鮮語で那は国、曷は村の意味。野は助詞なり。中参照。韓国渡来人集落を中野と称す。山城国葛野郡中野村(右京区太秦)あり、那曷族の集落なり。太秦峰岡町に、聖徳太子の発願により、新羅国から献じられた仏像を賜って、秦造河勝が太秦郷の親族を率いて広隆寺(通称太秦の太子堂)を創建す。天平宝字五年紀に「百済人答他伊奈麻呂等の五人に、姓を中野造と賜ふ」。姓氏録・右京諸蕃に「中野造、百済人杆率答他斯智の後也」と見ゆ。伊奈麻呂は斯智(しち、村長)である。摂津国住吉郡中野村(大阪市東住吉区)あり、往昔は百済郡に属し、当地一帯は百済人が多く居住していた。明治二十二年に中野・鷹合・砂子・湯谷島の四ヶ村が合併して南百済村となる。葛飾郡幸手領中野村(幸手市)、庄内領中野村(庄和町)、二郷半領保村枝郷中野村(吉川市)あり。葛飾郡木立村新義真言宗宝聖寺(現平須賀村)大永五年末寺帳に「金剛院・中野」と見ゆ、隣村の上宇和田村新義真言宗金剛寺のことか。埼玉郡新方領中野村(春日部市)、足立郡南部領中野村(大宮市)、植田谷領中野林村(大宮市)、忍領中野村(鴻巣市)、入間郡宮寺郷中野村(入間市)あり。また、新座郡館村字中野(志木市)は天正十九年検地に中野村と見ゆ。大和田村字中野(新座市)も古の村名なり。入間郡南浅羽村字中野(坂戸市)は、当村森田氏系図に「森田大学貞長(当郷中野村を開き屋敷を構ふ、当地草創の主、寛永十七年死す)」と見ゆ。また、小名中野は、葛飾郡飯沼村、埼玉郡黒須村、皿尾村、北河原村、足立郡飯塚村、植田谷領遊馬村、入間郡坂下村、高倉村、権現堂村、高麗郡鯨井村、比企郡玉川郷、出丸本村、五明村、秩父郡大淵村、白久村、横瀬村等にあり。○群馬県甘楽郡甘楽町九十戸、富岡市六十五戸、藤岡市百戸、桐生市九十戸、太田市六十戸、伊勢崎市百戸、高崎市百戸、前橋市百三十戸。○栃木市六十八戸。○茨城県久慈郡里美村七十戸、西茨城郡岩瀬町五十二戸、真壁郡協和町七十戸、土浦市九十戸、日立市百七戸、つくば市百十戸。○山梨県都留市百戸。○長野県東筑摩郡波田町六十七戸、南安曇郡豊科町五十七戸、塩尻市二百十戸、松本市二百二十戸。○新潟県北蒲原郡加治川村五十八戸、西蒲原郡巻町三十六戸、南蒲原郡田上町三十九戸、新発田市七十二戸、新津市百三十五戸、加茂市八十三戸、長岡市百二十戸。○福島県いわき市二百四十八戸。○岩手県九戸郡軽米町六十二戸、野田村七十戸、久慈市百十五戸。○青森県上北郡天間林村三十七戸、三戸郡南部町四十八戸、北津軽郡鶴田町六十七戸、西津軽郡木造町五十七戸、十和田市九十三戸、八戸市百二十戸、青森市百戸。○鳥取県倉吉市六十四戸あり。

一 信濃国の中野氏 藤原秀郷流尾藤氏系図(群書類従)に「民部大夫知広―知宣―尾藤大夫知平―太郎信平、知宣の弟尾藤次知景(住信州)―中野二郎景信―尾藤太郎景氏法名淨心」とあり。吾妻鑑元暦元年二月二十一日条に「尾藤太知宣が頼朝に中野御牧などの安堵を願い出る」。高井郡中野郷(中野市中野)より起る。市河文書に「嘉応二年二月七日、中野郷公文定使所、定遣西条下司職事、侍助弘」と。藤原助弘系中野氏は尾藤氏系と同族か。中野助弘は信濃守護比企能員の娘婿となり、其子能成(義成)は比企能員の乱に連座して所領を没収されたが、罪を軽減され、建仁三年九月二十三日市河文書に、高井郡志久見郷(栄村)地頭職を安堵される。建長元年同文書に、能成は二郎忠能を嫡子に立て所領を譲渡す。但し舎兄太郎入道西願及び女子分を除く。忠能は文永元年女子藤原氏袈裟御前を惣領として譲渡し、袈裟御前は市河重房の後妻となり、重房の子盛房を養子として譲渡す。これがきっかけとなり市河氏と中野氏の相論となる。文書は市河氏が相伝す。忠能に養子仲能と為泰がおり、為泰は武蔵国埼玉郡広田村の広田為村の嫡子で広田氏と中野氏の両家を相続す。吾妻鑑卷十六に「建久十年四月二十日、将軍頼家は、小笠原弥太郎・比企三郎・同弥四郎・中野五郎能成等が徒類の者に特待命を下す」。卷十八に「建仁三年九月四日、小笠原弥太郎・中野五郎・細野兵衛尉等を拘禁せらる。この輩ら外祖の威をたのみ、日頃能員と骨肉のむつみを成し、去二日の合戦の間、能員の子息等に相伴うが故なり。九月十九日、故比企判官能員が残党中野五郎義成已下の事、所領等を収公せらる。中野五郎は遠流とす」。卷二十四に「建保七年正月二十七日、信濃国の住人中野太郎助能は、政子の命により少輔阿闍梨勝円の群党を生虜どる」。卷二十七に「寛喜二年、中野太郎助能・承久の勲功の賞として筑前国勝木庄(福岡県北九州市八幡西区香月)を拝領せしむといえども、替りに筑後国高津・包行(福岡県三潴郡城島町)の両名を賜る」と見ゆ。市河文書に「信濃国中野弥五郎藤原仲能、亡父中野右馬次郎忠能法師法名法蓮・弘長四年死去」。「文永二年閏四月十八日、中野次郎太郎為泰と中野馬次郎忠能法師法名宝蓮後家尼并女子藤原氏養子中野弥五郎長能が相論、宝蓮遺領信濃国中野郷并志久見郷等地頭職の事。為泰・始は広田弥二郎為村嫡子、彼遺領を相伝す。今亦号宝蓮の嫡子となる。以って一身両父を兼る。為泰・武州広田之時、馬人召具之上当知行也」と見ゆ。

二 新田氏流中野氏 上野国邑楽郡中野村(邑楽町)より起る。太平記卷二十に「中野藤内左衛門は、馬より飛んで下り、義貞の死骸の前に跪いて腹かき切って重り臥す」と。中世の邑楽町に「中野城は、新田義重の孫里見義成の嫡流大島修理時嗣、子大島次郎大夫景嗣が文永二年塁を築き中野次郎景嗣と名乗る。その子中野次郎藤内左衛門景春は新田義貞の側近として活躍し、延元三年七月二日戦死す。天正十八年、富岡氏と相共に亡びしが、一族逃れて武州入間川にかくれ、子孫なを存す」と見ゆ。中野村浄土宗神光寺は正和三年に中野景春の開基と伝へる。二十七項参照。

三 平姓江戸氏族中野氏 豊島郡中野村(東京都中野区)より起る。紀州那智山米良文書に「応永二十七年、名字武蔵国江戸書立、中野殿」あり。

四 忍城士の中野氏 成田分限帳に「三十貫文・中野権大夫、二十一貫文・中野安右衛門」あり。

五 鉢形城士の中野氏 八十五項参照。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「四百石・中野理右衛門・是は忍にて罷出・駿河之者、百五十石・中野勘兵衛・是は忍にて罷出・駿河之者」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御目付・百石・中野栄、御勘定組頭・六十六石余・中野久右衛門、御広敷御用達・十八両三人扶持・中野藤三郎、御馬廻在江戸・同高・中野伝之進、同役同高・中野甚左衛門、同役同高・中野源治、同役同高・中野八蔵、御右筆・十石三人扶持・中野寛助、子供・二人扶持・中野元助」。明治四年忍藩士族名簿に「七十石・中野長左衛門、六十六石余・中野良六、同高・中野鉞之助、同高・中野作兵衛、十三人扶持・中野寛造、六石四人扶持・中野領太郎、五石二人扶持・中野喜久弥、同高・中野銀三郎」あり。

八 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百五十石・本国信濃生国下野・中野善左衛門・三十七歳、百石・本国信濃生国下野・中野善五左衛門・二十九歳、六十石・本国三河生国下野・中野左次右衛門・四十五歳」あり。

九 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御料理人・六両三人扶持・中野久兵衛」あり。

一〇 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十九俵二人扶持・中野兼太郎」あり。

一一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・中野政孝、同高・中野寛、同高・中野末吉」あり。

一二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・中野藤右衛門」あり。

一三 岡部藩安部氏家臣 明治四年半原県分限帳に「使部・中野謙治・桜井谷・士族」あり。

一四 葛飾郡三輪野江村(吉川市) 三輪之江神社明治二十八年碑に中野吉五郎・中野栄吉、明治三十九年碑に中野新八.。明治三十年人名録に中野吉五郎・弘化元年生・地租五十円あり。七戸現存す。

一五 同郡幸手宿 宝持寺安永八年六地蔵に波寄村中野新兵衛妻。明治六年荒宿保長中野綱吉。明治九年副戸長中野徳治・文政元年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿中野徳治。明治三十年人名録に薬種商伊勢屋中野徳治・天保九年生。幸宮神社明治三十三年幟碑に中野新之丞(薬種酒商伊勢屋)あり。

一六 同郡戸島村(幸手市) 平須賀村観音堂明治十五年寄付に戸島村中野甚一郎あり。現存無し。

一七 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に中野文右衛門。

一八 同郡蒲生村(越谷市) 当村に此氏多く存す。鎮守久伊豆社は応永年間の勧請と伝へ、草分の名主中野氏等は是以前からの土着者なり。正保年間田園簿に千七百石余、天保郷帳に千八百石余で、天正十八年御入国の時には既に全村が開発されていた。慶長二年土着説は附会なり。名主中野氏系譜に「天正十八年豊臣秀吉の家臣中野左近が奥州征伐の途中、瓦曽根村に止まって病気療養後、慶長二年蒲生村に土着す」と見ゆ。地蔵院元文二年宝篋印塔に中野貞右衛門智致。彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に蒲生村中野甚左衛門。清蔵院宝暦十年廻国塔に中野杢左衛門・中野弥三郎・中野宗七・中野惣八・中野彦右衛門・中野甚左右門・中野藤七・中野忠兵衛・中野七郎兵衛・中野朝右門・中野喜左右門。天神社寛政十二年庚申塔に中野弥助・中野五右衛門・中野常右衛門・中野源次郎。西袋村観音堂安政三年筆子碑にカモウ中野弥三郎。私塾師匠名主中野弥三郎・明治五年没四十二歳。明治九年副戸長中野杢左衛門・天保四年生、副戸長中野七郎左衛門・天保四年生。明治三十年所得税下調査簿に「中野弥三郎・嘉永三年生・反別十四町八反歩・地租百九十七円。中野柳助・安政元年生・反別十町三反歩・地租百四十四円。米穀肥料商中野七郎左衛門・天保四年生・反別八町二反歩・地租百十円。医師中野宗庵・反別一町一反歩・地租十八円」。同年人名録に「中野藤吉・嘉永四年生・地租四十円。中野吉左衛門・天保十年生・地租二十円。中野峰次郎・安政四年生・地租十七円。中野忠五郎・文政四年生」あり。

一九 同郡岩槻町 明治三十年所得税下調査簿に酒商中屋中野亀蔵・慶応三年生・反別九町歩・地租九十三円。明治三十五年湯屋中野吉蔵・中野いそ・中野幸之助あり。

二〇 同郡横根村(岩槻市) 共同墓地に中野重郎左右門・安永六年没あり。現存無し。

二一 同郡馬込村(岩槻市) 第六天社慶応二年水鉢に中野清兵衛あり。二戸現存す。

二二 同郡中野村(春日部市) 宝性院寛政元年庚申塔に中野彦兵衛・中野重五郎あり。三戸現存す。

二三 同郡内牧村(春日部市) 鷲香取社明治十二年敷石碑に中野太右衛門・中野弥右衛門。明治三十年人名録に中野多衛門・明治九年生・地租三十二円あり。七戸現存す。

二四 同郡百間東村(宮代町) 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に百間東村中野弥五右衛門あり。五戸現存す。

二五 同郡上野田村(白岡町) 大徳寺元禄六年庚申塔に中野伝十郎あり。現存無し。

二六 同郡上蓮田村 須賀神社明治四十年敷石碑に中野岩次郎。長松寺明治四十二年馬頭尊に中野八五郎。

二七 同郡黒浜村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。縄文時代の貝塚が十三ヶ所あり、総称して黒浜貝塚と云う。延文六年成立の市場祭文の応永二十二年七月二十日の追記に「武州騎西郡黒浜市祭成之」と見ゆ。曹洞宗真浄寺は永正八年開基で、天正十六年太田氏房印判状を所蔵す。苗字中野氏は古代以来の土着者にて、上州中野村より起る在名中野藤内左衛門後裔説は附会なり。小名中野は古代から此氏の屋敷名にて、天正十八年岩槻落城後に帰農して五十数戸に繁衍した例は無い。岩槻巷談に「中野藤内兵衛尉の先祖は、中野藤内左衛門とて新田義貞に仕えて軍功あり、義貞越前にて戦死の後は、上州山田郡中野村へ帰り蟄居す。数代の子孫に至て北条家へ仕て、氏房に従て岩槻へ来りて、天正十八年太田氏房と同敷く小田原へ籠城して久埜口の夜軍に武功を顕して、小田原落去の後、黒浜村へ来りて竹内・野口と同敷く民間に居り、其子孫農夫と成、今に相続す。黒浜郷の内に中野という地名は其屋敷跡と言伝う」と見ゆ。中野屋敷出身の出稼衆なり。藤内兵衛尉の子孫は中野金作家なり。久伊豆社天保十二年水鉢に当所中野金左衛門。明治九年副戸長中野源蔵・文政六年生。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に黒浜村中野寅三・中野倉二郎。久伊豆社明治十四年御神燈に中野宇吉・中野源蔵・中野亦七・中野寅吉・中野倉吉・中野徳次郎・中野浜吉・中野七蔵・中野熊次郎・中野重右衛門・中野富蔵・中野辰蔵・中野喜代松。真浄寺明治四十年碑に中野忠祐あり。

二八 同郡騎西町 寛永十一年騎西町場屋敷検地帳に「屋敷六畝歩・かね打中野居」と見ゆ。現存無し。

二九 同郡割目村(加須市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に割目村中野長左衛門・中野茂七・中野勘之丞。明治七年正能村青木文書に富士講割目村中野長左衛門。明治九年副戸長中野茂右衛門・嘉永元年生。菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に中野長次郎・中野茂右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流割目村中野茂右衛門あり。六戸現存す。

三〇 同郡樋遣川村(加須市) 浅間社明治十二年鳥居碑に当村中野重吉・中野与助あり。現存無し。

三一 同郡琴寄村(大利根町) 明治四年百万遍証書に内蔵新田組惣代中野浅次郎。横沼神社明治二十年狛犬に中野徳太郎。明治三十五年善定寺檀徒惣代に内蔵新田中野重吉あり。六戸現存す。

三二 同郡栄村(北川辺町) 当村に此氏の旧家あり。十五戸現存す。

三三 同郡中江袋村(南河原村) 剣神社寛延二年宇賀神碑に中野今右門、寛政八年塞神碑に中野九郎治。池上村古宮神社明治四年算額に中江袋村中野捨五郎□盛。明治九年副戸長中野品蔵・弘化三年生あり。八戸現存す。

三四 同郡犬塚村(南河原村) 私塾師匠中野麦母・文政三年没六十二歳あり。一戸現存す。

三五 足立郡草加町 市神祠官筆学門人帳に嘉永八年・大工寅吉舎弟中野庄蔵、慶応三年・寅大工倅中野勘蔵、明治四年・六丁目寅大工息子中野政五郎あり。

三六 同郡吉笹原村(草加市) 長福寺跡文化十二年宝篋印塔に中野市左衛門あり。三戸現存す。

三七 同郡九左衛門新田(草加市) 明治十九年家屋台帳に中野久蔵・中野伝吉・中野藤吉あり。一戸現存す。

三八 同郡金右衛門新田(草加市) 旭神社天保四年碑に中野専吉あり。六戸現存す。

三九 同郡新里村(草加市) 泉蔵院墓碑に中野三右衛門・寛永四年没あり。二戸現存す。

四〇 同郡浦和町 明治三十五年機製造中野繁次郎・理髪店中野桃吉あり。

四一 同郡中野田村(浦和市) 不動堂嘉永七年水鉢に中野勇蔵。代山村成田不動尊安政三年普門品に中野田村中野新助あり。一戸現存す。

四二 同郡南部領辻村(浦和市) 総持院天保七年庚申塔に中野清八.。鷲神社元治元年水鉢に中野清八、明治四十二年碑に中野茂八.。代山村成田不動尊明治四十年碑に辻・中野茂八あり。五戸現存す。

四三 同郡谷古田領本郷村(川口市) 氷川社明治三十三年碑に中野宗太郎あり。三戸現存す。

四四 同郡大宮町 明治三十五年荒物商中野善太郎・飲食店中野畝蔵あり。

四五 同郡深作村(大宮市) 当村万延元年庚申塔に深作村中野勇左衛門あり。三戸現存す。

四六 同郡桶川町 明治三十五年酒商中野栄次郎あり。

四七 同郡原馬室村(鴻巣市) 明治七年正能村青木文書に富士講原馬室村中野与宗右衛門。観音堂明治三十四年馬頭観音碑に宮本・中野栄助・中野初五郎・中野藤吉・中野喜三郎・中野甚四郎あり。六戸現存す。

四八 志木町 不動堂明治十四年不動尊に志木宿中野熊吉。明治三十五年櫛屋中野林蔵・金物店中野熊吉。明治四十四年東上鉄道株主中野金次郎・百株所有あり。

四九 入間郡藤久保村(三芳町) 広源寺安政七年普門品に中野重五郎あり。七戸現存す。

五〇 同郡久米村(所沢市) 八幡社明治三十九年碑に中野利八あり。

五一 同郡下新井村(所沢市) 明治二十七年鉄道敷設請願書に中野金次郎・弘化二年生。熊野社明治三十六年碑に当所中野金蔵あり。

五二 同郡南入曽村(狭山市) 明治九年地租改正確定書に中野定五郎・中野藤助あり。十二戸現存す。

五三 同郡高倉村(入間市) 小名中野あり。高倉寺文久二年筆子碑に高倉中野勘兵衛あり。十二戸現存す。

五四 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙綱・中野殿父。妙政・中野殿母。妙純・中野内。幸治・中野山城入道・亥年十二月。宗順・中野帯刀・申年四月。真清・中野殿内・寅年六月(天正十八年)」。北条家臣の川越城士にて近村住人か。明治三十五年綿夜具商中野良三郎・割屋中野儀三郎あり。

五五 同郡寺山村(川越市) 西光院宝暦四年庚申塔に下寺山村中野忠兵衛。川越喜多院五百羅漢像銘文に寛政頃・下寺山村中野要左衛門。文政十年諸国道中商人鑑に川越下寺山諸薬中野藤八.。上寺山村八咫神社明治四十年碑に社掌中野大作、上中下寺山中野平あり。三戸現存す。

五六 同郡鴨田村(川越市) 明治九年副戸長中野谷右衛門・文化四年生。八幡社明治三十九年碑に中野政次郎・中野茂吉あり。十戸現存す。

五七 同郡越生町 明治三十五年菓子製造吉田屋中野捨次郎あり。

五八 高麗郡鯨井村(川越市) 八坂社明治三十年碑に鯨井中野林平あり。十二戸現存す。

五九 同郡久下分村(飯能市) 明治十四年附木商中野新蔵あり。

六〇 同郡原市場村(飯能市) 横瀬村気楽流柔術加藤門弟に明治十七年原市場郷中野力蔵・三十四歳、中野倉太郎・十六歳あり。二戸現存す。

六一 比企郡下老袋村(川越市) 鹿飼村神明社明治五年御神燈に下老袋村石工中野倉吉あり。五戸現存す。

六二 同郡伊勢根村(小川町) 明治十四年菓子商中野友八・綿打商中野庄治郎。八和田神社明治三十三年碑にイセネ中野庄次郎あり。一戸現存す。

六三 大里郡熊谷町 日蓮宗賢勝院明治十四年妙法講碑に当駅中野与三郎あり。

六四 同郡佐谷田村(熊谷市) 永福寺文化元年碑に中野重左衛門・中野又兵衛あり。一戸現存す。

六五 同郡肥塚村(熊谷市) 明治九年総代人中野庄三.。榛沢郡岡村南寅稲荷社明治三十二年碑に肥塚村中野寿作あり。六戸現存す。

六六 同郡小島村(熊谷市) 広瀬村富士浅間社慶応三年小御嶽碑に小島村中野太郎吉・中野重五郎あり。七戸現存す。

六七 幡羅郡太田村(妻沼町) 下奈良村明治二十七年東条筆子碑に永井太田村中野市三郎あり。一戸現存す。

六八 榛沢郡深谷町 明治三十五年菓子商中野忠太郎・茶商中野辰三郎。

六九 同郡上野台村(深谷市) 字台坂文政五年馬頭尊に鼠新田邑中野源兵衛・中野音右衛門。白川家門人帳に天保十三年榛沢郡鼠村番匠惣次郎事中野長門。八幡社明治五年筆子碑に当所中野武助・中野藤太郎・中野角次郎、明治四十四年碑に中野徳三郎・中野武八・中野鹿蔵・中野倉吉あり。十戸現存す。

七〇 同郡大谷村(深谷市) 新戒村大林寺明治三十五年筆子碑にヲゝヤ中野建吉あり。現存無し。

七一 同郡新戒村(深谷市) 大林寺文化四年蚕影山碑に中野丑太郎。新会村会議員に中野嘉市・明治七年生、中野安雄・明治二十八年生あり。十四戸現存す。

七二 同郡普済寺村(岡部町) 上野台村光厳寺文政九年水鉢に普済寺村中野屋藤蔵、天保十一年供養塔に岡部村中野屋藤蔵あり。一戸現存す。

七三 同郡寄居町 明治三十五年旅館米屋中野寅十郎あり。

七四 児玉郡本庄町 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州本庄宿中野伝治郎。明治四年諸井文書に本町中野道三郎。普寛霊場明治三十年御嶽碑に本庄町中野重太郎(飲食店)あり。次項参照。

七五 同郡沼和田村(本庄市) 飯玉神社明治二十一年碑に中野道三郎・中野菊蔵あり。一戸現存す。

七六 同郡久々宇村(本庄市) 稲荷社明治十七年碑に中野和助あり。五戸現存す。

七七 同郡児玉町 八幡社延享二年御神燈に中野平蔵。本庄宿石川剣道場門下生に天明五年・八幡山町中野甚八あり。

七八 同郡宮内村(児玉町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

七九 賀美郡堤村(上里町) 明治初年堤村議定書に中野源次郎あり。現存無し。

八〇 秩父郡小柱村(秩父市) 明和安永年間秩父郡記に小柱村名主中野新六.。天明六年三上文書に小柱村名主中野新六.。文政四年半藤文書に八幡宮氏子惣代中野覚之助。明治九年副戸長中野茂三郎・天保元年生。国神神社明治三十四年碑に小柱・中野登之吉・中野清三郎・中野与三郎・中野三吉あり。十一戸現存す。

八一 同郡野上下郷(長瀞町) 明治十四年林文書に中野三次郎あり。一戸現存す。

八二 同郡皆野村 円福寺弘化四年寄進帳に中野治郎左衛門あり。六戸現存す。

八三 同郡日野沢村(皆野町) 明治四十一年日野沢太々神楽連名帳に中野熊吉あり。現存無し。

八四 同郡小鹿野町 明治二十年上一丁目中野喜平次。小鹿神社明治四十三年堤盛久碑に中野益蔵(酒造業)あり。現存無し。

八五 同郡上吉田村 阿熊村彦久保文書に「天正十年二月二十五日、秩父衆、一張弓・一本小旗・一騎馬上・以上三人・中野源五郎」。「天正十四年三月十三日、鉢形城秩父曲輪掃除庭定、中野新左衛門」と見ゆ。当村住人か。九戸現存す。

八六 同郡阿熊村(吉田町) 明治九年地租改正担当人中野丑太郎あり。二戸現存す。

八七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「鳩ヶ谷町・中野末吉・十四円・四十七円、岩槻町・中野源一郎・三百五十九円・百四十円、中野省三・二十円・二十三円、蒲生村(越谷市)・中野弥一郎・三十六円、綾瀬村(蓮田市)・中野岩次郎・二十五円・五十円、黒浜村(蓮田市)・中野忠祐・二十一円、鴻茎村(騎西町)・中野鷹之助・四十三円、埼玉村(行田市)・中野栄吉・十一円・二十八円、川越市・中野鍋太郎・百七円、南古谷村(川越市)・中野熊次郎・八十五円、名畑村(川越市)・中野新吉・十四円、小鹿野町・中野益蔵・十三円・三十三円」あり。

中埜 ナカノ 川口、加須、久喜、越谷、川越、狭山、深谷等に存す。

中納 ナカノ 新座、越谷、行田に存す。

仲野 ナカノ 茨城県久慈郡大子町五十二戸、西茨城郡友部町十四戸、千葉県安房郡鋸南町十二戸、新潟県三島郡出雲崎町十四戸、福島県伊達郡国見町十四戸、いわき市三十戸、山形県西村山郡河北町二十三戸あり。

一 入間郡大井町 氷川社明治九年御神燈に仲野伴七・仲野藤左衛門。明治九年副戸長仲野藤左衛門・文政二年生あり。十六戸現存す。

二 高麗郡高麗本郷(日高市) 中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に高麗本郷中野太左衛文・中野安左衛門。新堀村霊厳寺寛延三年水鉢に高麗町中野五郎兵衛。高麗大記門人帳に文久二年高麗本郷万次郎弟中野虎之助。明治五年副戸長仲野太郎左。明治九年副戸長仲野源右衛門・天保十二年生(名主)。昭和三年興信録に「高麗村・仲野与一郎・所得税十三円」あり。二戸現存す。

三 同郡梅原村(日高市) 明治九年誓約書に仲野辰三郎・仲野宇太郎(菓子商)あり。五戸現存す。

仲埜 ナカノ 大宮、所沢等に存す。

長野 ナガノ 和名抄に長野郷を奈加乃と訓ず。韓国(からくに)渡来人集落を那曷(なか、なが)と称す。野は助詞なり。中、中野条参照。延喜式内社に河内国志紀郡長野郷に長野神社、辛国(からくに)神社を載す。辛国神社(大阪府藤井寺市藤井寺一丁目)の近くに、長野郷を本貫地とした百済の辰孫王後裔の葛井(ふじい)連一族の氏寺・葛井寺(藤井寺一丁目)がある。姓氏録・河内諸蕃に「長野連、山田宿祢同祖」とあり、支那の周王後裔と称すが高句麗系である。長野連の氏神・長野神社は辛国神社に合祀された。辛国神社は百済族葛井氏、高句麗族長野氏等が祖神を祀った氏神である。諸国の長野郷は韓国渡来人集落である。埼玉郡長野村(行田市)あり、群馬県榛名町白岩長谷寺大般若経に「至徳二年霜月一日、於武州埼玉郡忍保住長野満願寺住侶祐巌」と見ゆ。○新潟県南蒲原郡栄町二十三戸、三条市四十五戸。○岩手県陸前高田市三十三戸。○島根県松江市八十六戸あり。チョウノ参照。

一 埼玉郡長野村の長野氏 紀州米良文書に「寛正三年八月十四日、申請利銭之事、合二貫文者、但御質には武蔵国長野道讃を入おき申候」と見ゆ。長野村住人にて苗字にあらず。風土記稿長野村条に「按ずるに、東鑑に畠山重忠が弟長野重清と云ふ人を載す。是れ恐くは当所の住人にして、在名を氏に唱へしならん。管領上杉の老臣に長野信濃守などあり。又忍の成田が家人に長野一孤斎と云ふものあり。是れ等重清が子孫などにや」と見ゆ。和田記に「元久二年長野三郎重清の次男業清が群馬郡青木庄明屋に居住す」と。在原姓長野信濃守は群馬郡長野郷(高崎市)より起り、西明屋村(箕郷町)の箕輪城主となる。和田城主(高崎市)の和田記は誤りなり。

二 平姓秩父氏流長野氏 信濃国水内郡長野村(長野市)、或は筑摩郡長野村(大桑村)より起る。秩父重弘―畠山庄司重能―二郎重忠、弟長野三郎重清あり。平家物語卷九に「義経に従う畠山庄司次郎重忠、同じき長野三郎重清」。源平盛衰記に「長野三郎重清、長野五郎清重」あり。吾妻鑑卷八に「文治四年三月十五日、鶴岡供養随兵に秩父三郎重清」。卷九に「文治五年七月十九日、奥州進発の先陣畠山重忠の従軍に長野三郎重清」。卷十八に「元久二年六月二十二日、重忠は去十九日小衾郡菅屋を出で、舎弟長野三郎重清は信濃国にあり、同弟六郎重宗は奥州にあり。相従うの輩は、二男小次郎重秀、郎従本田次郎近常、榛沢六郎成清已下百三十四騎、鶴峰の麓に陣す」と見ゆ。

三 秩父郡吉田郷の長野氏 畠山氏後裔説は仮冒なり。阿熊村彦久保氏系図に「畠山次郎重忠―畠山六郎重保―長野太郎重利(何某養育して本国武蔵退き、秩父に蟄居す)―長野太郎重郷(武州秩父に住む)―畠山兵衛重定―長野三郎利行―長野次郎忠基―畠山藤内重顕―畠山兵衛顕吉―長野九郎重連―秩父六郎忠家(足利高氏に仕ふ)―秩父大炊介忠実―畠山右京進重行―長野左衛門時照」と見ゆ。秩父条参照。

四 八王子城士の長野氏 飯能村天正三年大河原文書に北条氏照奉行長野讃岐と見ゆ。八王子横川村相即寺過去帳に「長野讃岐・天正十八年六月八王子城戦死」とあり。

五 忍城士の長野氏 深谷記に「天正十年神流川合戦、忍衆長野越後」。成田分限帳に「三十人扶持・長野一孤斎」あり。

六 松山城士の長野氏 天正庚寅松山合戦図に「久米田・大串・和名・古名方面城方・長野弾正左衛門」。日蓮宗信徒にて、秩父郡御堂村浄蓮寺過去帳に「妙本・長野。妙行・長野・八月」と見ゆ。

七 尾張藩家臣 士林泝(名古屋叢書)に「長野氏、姓藤原。伊勢長野に住し故に長野を号す。其末孫矢野安芸守憲信始て関東に下る、其子右馬助忠信也。忠信孫・矢野九左衛門清定(初北条家に仕へ、後神君に仕へ奉る)―五郎右衛門数馬政成(初矢野を称し、後長野に改む。敬公御部屋駿河に於て召出被る、二千石を賜ふ)、弟矢野伊右衛門吉堅(敬公召出被り、四百石)、其の弟矢野七郎兵衛貞成(紀州に仕ふ)」と見ゆ。二十一項参照。

八 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三百石・長野左衛門・是は忍にて罷出・三州之者」あり。

九 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「町奉行支配・熊谷町・三人扶持・長野長五郎」あり。

一〇 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御勘定奉行・百四十石・長野助左衛門、御馬廻・三人扶持・長野助市」。明治四年忍藩士族名簿に「百二十石・長野長十郎」あり。

一一 埼玉郡大里村(越谷市) 岩槻町秋葉社天保三年狛犬に大里村長野勝右衛門。明治九年副戸長長野新五兵衛・弘化二年生。明治三十年人名録に長野新五兵衛・地租五十円あり。四戸現存す。

一二 同郡恩間村(越谷市) 香取社天保十年庚申塔に長野万吉・長野岩助、元治元年敷石碑に長野万蔵・長野市蔵あり。長野氏四戸、永野氏三戸現存す。

一三 同郡大松村(越谷市) 明治三十年所得税下調査簿に新方村長野保寿老・反別二十三町三反歩・地租二百六十四円。同年人名録に長野四郎兵衛・天保三年生・地租二百五十円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大松・長野保寿老・長野長七郎あり。六戸現存す。永野条参照。

一四 同郡向畑村(越谷市) 香取社明治四十年碑に長野幸次郎あり。二戸現存す。永野条参照。

一五 同郡大杉村(越谷市) 明治八年騎西町釜屋文書に大杉村酒造業長野平八あり。三戸現存す。永野参照。

一六 同郡岩槻町 明治三十年所得税下調査簿に長野庄三郎・反別五町歩・地租八十一円。明治三十五年荒物商長野庄三郎・肥料商長野定吉。昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「岩槻町・長野定吉・五十四円・六十一円、長野正三・二十五円、長野庄三郎・十八円、長野鄭助・十円」あり。永野条参照。

一七 同郡粕壁町 春日部八幡社文化十三年狛犬に長野弥市あり。

一八 同郡大畑村(春日部市) 名主長野家に辰九月二日新方筋大畠村年貢割付状、慶長十八年十一月十一日年貢割付状あり。香取社享保六年六所宮碑に長野源八、享和元年庚申塔に長野幸左衛門・長野織右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に大畑村長野幸左衛門・長野権蔵。西光寺天保六年庚申塔に長野源助・長野太仲・長野鳥蔵・長野八十八・長野丑平。香取社文政十二年庚申塔に長野栄治郎・長野要吉・長野新治郎・長野新左衛門、嘉永二年庚申塔に長野兵助・長野寅蔵・長野喜惣次・長野喜重郎、安政元年天満宮碑に長野留蔵・長野長次郎・長野季加・長野新蔵・長野重蔵、文久三年供養塔に長野千代助・長野茂七・長野幸吉・長野久次郎、慶応三年水鉢に長野幸左衛門・長野権兵衛、明治十六年浅間碑に長野権兵衛・長野新兵衛・長野兼三郎・長野卓爾・長野幸治郎・長野兼吉・長野藤吉・長野浪蔵・長野仁兵衛・長野栄太郎。明治九年副戸長長野幸左衛門。明治三十年所得税下調査簿に武里村長野権兵衛・天保六年生・反別十三町四反歩・地租百四十九円。同年人名録に医師長野卓爾・嘉永二年生・地租二十五円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大畑村長野良輔あり。四戸現存す。

一九 足立郡加納村(桶川市) 字川辺享保十三年庚申塔に下加納村長野五右衛門・長野喜八郎・長野新五右衛門あり。六戸現存す。

二〇 比企郡毛塚村(東松山市) 明治十六年毛塚村取調帳に長野松五郎あり。現存無し。

二一 熊谷宿の矢野氏族長野氏 伊勢国安濃郡長野郷(三重県安芸郡美里村)に長野城跡あり。勢州四家記に「工藤左衛門藤原祐経の後胤也。先祖工藤治郎左衛門尉親光・足利尊氏に仕へ、勢州安濃郡長野に居住し、名字を長野と号せり。永禄初年北畠具教の次男具藤が長野氏の養子となり長野次郎を名乗る。具藤は永禄十一年織田信長に追い出され、信長の弟信包が長野氏の名跡となり、長野氏は別府上野城に入った信包の与力となる」。また、一志郡矢野村(香良洲町)は北畠家臣の矢野下野守が城を構えたと云う。太平記卷三十一に「伊勢の矢野下野守」と見ゆ。尚、度会郡矢野村(玉城町)あり。長野氏及び矢野氏は在名にて苗字にあらず。美里村・香良洲町・玉城町等に長野氏・矢野氏は現存無し。長野矢野氏系図(熊谷宿長野家所蔵)に「藤原鎌足後裔、狩野四郎太夫家次―与次郎助信(頼朝に仕へ、伊勢国長野を領し、故に長野を号す)―与次郎盛房―修理大夫氏忠(矢野地に移り、因て矢野を号す)―矢野隼人佐宗範―豊前守国政―隼人佐実春―隼人佐実政―安芸守憲信(属伊勢新九郎関東下向)―右馬助忠信(相州玉縄城主、明応三年討死)―安芸守常世(太田道灌と合戦)―右馬助正信―安芸守昌祐―長野九郎兵衛清定(北条家に仕へ、のち家康に仕ふ)」と見ゆ。七項の尾張藩士長野氏系図を利用したか。風土記稿熊谷宿条に「旧家者栄蔵、伊勢国の住人長野越後守某・忍の成田が客分として寓居せしに、彼城落去の後、当所へ移りて子孫世々土着して、熊谷宿の名主本陣を兼役すと云ふ。其家譜記録の伝なければ其詳なることは知るべからず。されど先祖越後守の孫喜三の時、成田氏長より出せし文書持伝ふるは旧き家なること論なし」と。本町長野武一家文書に「天正六年四月三日、成田氏長は、長野喜三の伊勢参宮と早々の帰国を祝す」。「天正八年十二月十二日、成田氏長は、長野喜三に熊谷町にて木綿売買商人の宿を開設すべきことを命ず」。「同月十五日、氏長は、長野喜三に小間物みせ等を許可す」と見ゆ。天正十年神流川合戦に長野越後守がおり、同年より七十三年後の明暦元年に孫の喜三が没している。祖父越後守は相当高齢で出陣している。商人として活躍していた喜三が天正六年に二十歳前後なれば百歳で死んだことになるが真実か。同年代に武将の孫が商人とは信じられず。長野六左衛門所蔵系図に「長野越後守(伊勢長野城主、天正年中忍城主成田下総守に被召出候)―長野三郎兵衛(浪人、熊谷に住居)―長野喜蔵(此代より町年寄被仰候、明暦元年七月十六日卒)―長野牛右衛門―長野喜蔵。牛右衛門の弟に長野治左衛門(忍へ中小姓に被出仕候)、其の弟長野重郎兵衛(深谷へ)、其の弟長野喜左衛門(大宮山崎へ)、其の弟長野藤左衛門(川越へ被召出候)、其の弟長野与左衛門」と見ゆ。風土記稿編纂の時は家譜記録は無く、系図は是以降の作成である。此氏は苗字長野氏であり、在名の伊勢長野氏は附会なり。

二二 熊谷宿 前項の後裔なり。熊谷宿百石組に「慶安元年、長野吉蔵、長野喜蔵、長野忠左衛門、長野喜右衛門。寛文五年、問屋兼町年寄長野喜右衛門。天和四年、町年寄長野喜右衛門、月行司長野与左衛門。貞享三年、町年寄長野喜右衛門。正徳五年、町年寄衆長野喜蔵。宝暦十年、本町北屋敷持主長野喜右衛門、本町南屋敷持主長野喜兵衛、同所持主長野源右衛門。明和七年、町年寄長野及右衛門。寛政十二年、月行司年寄兼長野喜兵衛。明治八年、表立長野六左衛門、表立長野喜右衛門」。高城神社寛文十一年文書に町年寄長野喜右衛門尉。妻沼村聖天宮弘化四年碑に熊谷宿長野作兵衛。千形神社嘉永六年碑に長野喜右衛門。信州善光寺本堂前西安政五年宝篋印塔に武州熊谷長野六左衛門。明治十三年染物職長野栄吉。明治三十五年小間物商長野万一郎・荒物商長野六左衛門・下駄店長野与四郎。昭和三年興信録に「熊谷町・長野六左衛門・所得税百四十八円・営業税八十四円、長野万一郎・所得税二百三十一円」あり。五戸現存す。

長埜 ナガノ 大宮、春日部、熊谷等に存す。

長能 ナガノ 杉戸に存す。

永野 ナガノ 長野条参照。茨城県北相馬郡藤代町二十五戸、千葉県夷隅郡大原町三十八戸、市原市二百三十戸、島根県八束郡島根町十四戸、松江市二十二戸あり。エイノ参照。

一 野与党鬼窪族永野氏 埼玉郡新方領(越谷市、春日部市)の苗字永野氏或は長野氏か。野与党は折原氏など本名を名乗っているのが見える。吾妻鑑卷四十八に「正嘉二年三月一日、将軍宗尊親王二所に御進発す、随兵に鬼窪左衛門入道が跡・鬼窪又太郎、永野刑部丞が跡・永野次郎太郎、自身・忍小太郎」と見ゆ。

二 深谷城士の永野氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、永野源蔵」あり。

三 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五十石・本国駿河生国甲斐・永野勘左衛門・四十二歳」あり。

四 川越藩秋元氏家臣 榛沢郡上野台村元誉寺正徳二年文書に「天文十年辛丑春三月、秋元越中守藤原景朝公・上州より武州榛沢郡上野之原に移る。天文十四年乙巳十一月、右高御改役永野三郎右衛元重」と、上野台村出身なり。明治四年館林藩士族帳に「十二俵二人扶持・永野林三郎、七両余二人扶持・永野久吾」あり。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百五十石・永野加右衛門」あり。

六 埼玉郡越ヶ谷町 久伊豆社文化元年御神燈に永野忠治郎、明治三十二年榛名碑に永野庄蔵。明治三十五年煙草商木村屋永野庄蔵・荒物商永野喜太郎あり。

七 同郡大沢町(越谷市) 明治三十五年理髪店永野庄蔵あり。

八 同郡川崎村(越谷市) 川崎神社文政十年水鉢に永野政七・永野利右衛門・永野吉左衛門・永野弁治郎、天保十二年供養塔に永野政右衛門、弘化二年供養塔に永野紋蔵・永野幸蔵・永野惣左衛門・永野甚兵衛。明治九年戸長永野半右衛門・天保二年生。明治三十年人名録に永野半四郎・嘉永五年生・地租八十円、永野常蔵・慶応元年生・地租二十五円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡北川崎永野常蔵あり。十二戸現存す。

九 同郡向畑村(越谷市) 香取社明治四十年碑に永野仙右衛門あり。二戸現存す。長野条参照。

一〇 同郡大杉村(越谷市) 明治三十年人名録に醤油醸造業永野四三郎・明治十七年生・地租九円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大杉永野四三郎あり。四戸現存す。長野条参照。

一一 同郡大松村(越谷市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡大松永野孫重郎あり。八戸現存す。長野条参照。

一二 同郡岩槻町 浅間社天和二年庚申塔に永野孫兵衛あり。長野条参照。

一三 同郡三俣村(加須市) 諏訪社享和二年御神燈に三俣村長野安兵衛、明治二十一年伊勢講碑に永野孫次郎・永野安五郎。加須町光明寺慶応二年筆子碑に三俣村永野市郎右衛門。明治三十五年材木商永野孫兵衛あり。三戸現存す。

一四 同郡下清久村(久喜市) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

一五 同郡北大桑村(大利根町) 大願寺文化六年供養塔に永野増五郎。明治十三年埼玉県老農名簿に蚕種者永野桑治。香取社明治十六年水鉢に永野□治・永野栄蔵・永野吉松。昭和三年興信録に「元和村・永野岩蔵・所得税十三円」あり。五戸存す。

一六 同郡和田村(行田市) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

一七 比企郡志賀村(嵐山町) 下横田村嘉永二年百庚申に志賀村永野佐与治あり。現存無し。

一八 大里郡石原村(熊谷市) 貴族院多額納税者議員互選人名簿に大正十四年永野辰五郎・明治十七年生・国税七百四十二円・県下二百六十位あり。現存無し。