埼玉苗字辞典
マ〜メ

真井 マイ 浦和に存す。

真家 マイエ 各市町村に存す。○茨城県東茨城郡茨城町十七戸、小川町三十八戸、行方郡北浦町十三戸、鹿島郡鉾田町十三戸、新治郡霞ヶ浦町二十二戸、八郷町五十戸あり。

眞家 マイエ 富士見に存す。

毎川 マイカワ 浦和、川口、越谷、川越等に存す。

前川原 マイガワラ 新座に存す。

舞木 マイギ 所沢に存す。モウギ参照。

舞草 マイグサ 鴻巣、岩槻等に存す。岩手県一関市九戸あり。

毎熊 マイクマ 志木、川越等に存す。

舞坂 マイサカ 上尾に存す。

毎沢 マイサワ 伊奈、上福岡等に存す。栃木県芳賀郡茂木町十一戸あり。

米沢 マイサワ 桶川、入間、所沢等に存す。岩手県二戸市五十五戸あり。

真石 マイシ 新座、日高、大井等に存す。岩手県宮古市五戸あり。

真板 マイタ 前田(まえた)の転訛なり。真名板の俎は洪水で洗い流された田畑を云う。全く違う意味である。新座、鳩ヶ谷、春日部、越谷、本庄等に存す。千葉県君津市三十五戸、市原市七戸あり。

一 大中臣姓真板氏 苗字にて上総国住人なり。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「真板、大中臣姓」。吾妻鑑巻三十五に「真板五郎次郎経朝」。巻四十二に「建長四年十一月二十一日、真板五郎次郎大中臣経朝」。上総国山辺郡小西村(大網白里町)の日蓮宗信徒なり。本土寺過去帳(松戸市)に「妙言善尼・小西真板神五郎母・永正七年二月三日。妙円尼・小西真板二郎右衛門息女・九月四日」あり。小西村に日蓮宗正法寺あり、真板氏は現存無し。市原市潤井戸に七戸存し、日蓮宗泰行寺・光福寺あれば此地の出身にて、小西城主原氏に仕える。君津市内の真板氏居住地には日蓮宗寺院は無し。尚、武蔵国埼玉郡真名板村(行田市)の廃寺新義真言宗花蔵院は吾妻鑑の真板氏館跡と伝え、薬師堂門前に真板氏館跡の碑あり。全くの無関係で附会なり。

前田 マイタ 川越に存す。

毎田 マイタ 桶川、所沢、吉田に存す。

米田 マイタ 各市町村に存す。○秋田県鹿角市五十八戸。○岩手県岩手郡松尾村十四戸、玉山村三十戸、二戸郡一戸町四十戸、九戸郡野田村四十七戸、二戸市三十七戸。○青森県三戸郡三戸町三十戸、八戸市四十七戸、十和田市二百戸あり。ヨネダ参照。

枚田 マイタ 浦和に存す。

舞田 マイタ 浦和、大宮、上尾、春日部、久喜、越谷、鷲宮等に存す。

蒔田 マイタ 前田(まえた)の転訛なり。秩父郡蒔田村(秩父市)あり。マキタ参照。

一 鉢形城士の蒔田氏 秩父風土記・三山村条に「永禄十三年、北条氏邦方の蒔田彦五郎は甲州勢と戦う」。秩父志に「蒔田村。此村の内・一渡と云う所に内田氏あり。此氏は其家譜を見るに本姓蒔田氏にて、鉢形城中騎士の一・蒔田彦五郎なる者の血裔と云う。此家に古書状を持ち伝えたり」。本名内田氏にて、在名蒔田氏、或は一渡氏を名乗る。内田条二百六十二項参照。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・蒔田三右衛門」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「金預り・十一石二人扶持・蒔田喜兵衛、吟味役・二両余二人扶持・蒔田文次郎、子供・二人扶持・蒔田権之丞」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・蒔田安造、四石二人扶持・蒔田孝右衛門、同高・蒔田市助、三両二人扶持・蒔田文治郎、二両余二人扶持・蒔田健次郎」あり。

間井田 マイタ 大宮に存す。

米谷 マイタニ 久喜に存す。

真泉 マイヅミ 浦和に存す。

舞鶴 マイヅル 高麗郡高倉村(鶴ヶ島市)上組日枝社明治二十八年文書に世話人舞鶴佐十あり。一戸現存す。

毎床 マイトコ 大宮に存す。

毎原 マイハラ 草加に存す。

舞原 マイハラ 前原(まえはら)の転訛なり。秩父郡大宮郷舞原あり。

一 幡羅郡葛和田村(妻沼町) 大龍寺天保三年千体堂に舞原弥五右衛門・舞原太吉。妻沼村聖天宮天保八年筆子碑に舞原幸三郎為重。神明宮天保十三年御神燈に舞原紋蔵、明治十一年御嶽碑に舞原昇三郎・舞原綾三郎・舞原藤吉・舞原新六.。明治九年戸長舞原弥一郎・天保五年生。明治十一年副戸長舞原誠一郎。昭和三年興信録に「秦村・舞原ェ一・所得税十二円」あり。七戸現存す。

二 同郡日向村(妻沼町) 下奈良村明治二十七年東条筆子碑に日向村舞原茂三郎あり。現存無し。

米谷 マイヤ 浦和、大宮、川口、桶川、北本、志木等に存す。宮城県遠田郡涌谷町十戸、石巻市十一戸あり。

舞山 マイヤマ 幸手、入間等に存す。

真岩 マイワ 川口、上尾、伊奈、草加、三郷、越谷、朝霞、富士見等に存す。

馬内 マウチ 岩手県久慈市三十八戸あり。モウチ参照。

真浦 マウラ 大宮、上尾、北本、宮代、和光、飯能等に存す。

前 マエ 高句麗は平壌遷都以後、広開土王の子・長寿王の頃に官僚組織が整備され五部制を実施し、畿内には桂婁部を内部(黄部)、涓奴部を西部(右部)、絶奴部を北部(後部)、順奴部を東部(左部)、灌奴部を南部(前部)とした。延暦十八年十二月紀に「信濃国人前部黒麻呂、前部佐根人、前部秋足、小県郡人前部貞麻呂等言ふ、己等の先は高麗人也」と見ゆ。百済の五部制は高句麗の制に習う。南部条参照。前部(まえべ、ぜんぶ)の渡来人は前(まい、まえ)と称し、居住地を前川、前沢、前島、前田、前野、前原と唱えた。舞原は前原の転訛なり。各市町村に存す。鳥取県東伯郡泊村六戸あり。

前新 マエアラ 上福岡に存す。

真栄 マエイ 久喜に存す。マエか。

前井 マエイ 浦和、入間、所沢に存す。

前池 マエイケ 川越に存す。

前市岡 マエイチオカ 浦和に存す。

前内原 マエウチハラ 川越に存す。

前浦 マエウラ 八潮に存す。

前岡 マエオカ 幡羅郡玉井村字前岡。浦和、上尾、桶川、菖蒲等に存す。

前垣内 マエガイト 所沢に存す。

前潟 マエカタ 朝霞、飯能等に存す。

前門 マエカド 庄和、所沢等に存す。

前ヶ貫 マエガヌキ 高麗郡前ヶ貫村(飯能市)あり。

前神 マエカミ 大宮に存す。

前川 マエカワ 川(なり)は鉱山鍛冶等の非農民集落にて、高麗・百済族の前部の集落を前川と称す。前条参照。葛飾郡前川村(三郷市)、足立郡前川村(川口市)あり。小名前川は、葛飾郡前谷村、埼玉郡戸川村、中新井村、足立郡芝村、入間郡大袋村、比企郡大附村等にあり。マイカワとも称す。○茨城県東茨城郡美野里町十五戸、行方郡麻生町三十三戸。○新潟県柏崎市四十五戸。○岩手県上閉伊郡大槌町四十二戸、下閉伊郡田老町十九戸、山田町十八戸、川井村二十戸、普代村十六戸、釜石市百二十戸、宮古市百三十六戸。○鳥取県八頭郡智頭町十一戸、鳥取市五十戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十五俵・前川弥左衛門」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「四石・前川所右衛門」。

三 足立郡鴻巣町 天保四年商人講中に前川文太郎。鴻神社明治十五年御神燈に前川新太郎。明治三十五年菓子商前川文六・同前川兵太郎あり。三戸現存す。

四 入間郡入間川町(狭山市) 八幡社明治四十二年碑に入間川町前川国太郎あり。一戸現存す。

五 高麗郡飯能町 諏訪八幡社明治四十三年御神燈に宮本町前川作次郎あり。現存無し。

六 比企郡平村(東松山市) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

七 児玉郡児玉町 実相寺延宝五年地蔵尊に前川忠兵衛。八幡社享保十一年鳥居碑に前川与兵衛。一戸現存す。

八 同郡飯倉村(児玉町) 児玉記考に「旧家前川重蔵、先代を紋平と通称し、名主組頭役を務めたり」。明治九年副戸長前川紋平・文政九年生。用土村明治十三年仙元碑に飯倉村前川政次郎・前川荘蔵。八戸現存す。

九 那賀郡秋山村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に秋山・前川喜代松・前川徳太郎・前川亀吉・前川子之吉あり。七戸現存す。

一〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・前川純三・五十六円、大宮町・前川平重・十五円、川越市・前川勘吾・十八円・四十四円、児玉町・前川喜作・九十円・八十九円」あり。

前河 マエカワ 大宮、上尾等に存す。

前側 マエガワ 春日部に存す。

前川原 マエカワラ 浦和、草加等に存す。青森県十和田市二十二戸あり。

前河原 マエカワラ 川口に存す。

前木 マエキ 浦和、与野等に存す。

前北 マエキタ 草加に存す。

前口 マエクチ 埼玉郡蓮田村字前口あり。大宮、草加、朝霞等に存す。

前久保 マエクボ 入間郡前久保村(毛呂山町)あり。大宮、新座、飯能、富士見、秩父等に存す。

前隈 マエクマ 春日部に存す。

前甲 マエコウ 白岡に存す。

前幸地 マエコウチ 浦和、八潮に存す。

前河内 マエゴウチ 横見郡前河内村(吉見町)あり。

前越 マエコシ 三郷、杉戸等に存す。

前坂 マエサカ 大宮、新座、越谷、草加、栗橋、嵐山等に存す。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「六両・前坂甚兵衛」。

前崎 マエザキ 各市町村に存す。

前迫 マエサコ 浦和、吉川、杉戸、川越等に存す。島根県浜田市八戸あり。

前里 マエサト 川口、大宮、蓮田、春日部、庄和、新座、所沢等に存す。

前沢 マエザワ 前条参照。埼玉郡佐波村字前沢、比企郡大附村字前ノ沢、瀬戸村字前沢、秩父郡太田村字前沢川あり。各市町村に存す。○群馬県邑楽郡板倉町十七戸。○茨城県猿島郡猿島町十四戸。○千葉県富津市三十六戸。○長野県埴科郡坂城町二十四戸、下伊那郡下條村十四戸、飯山市二十八戸、飯田市百戸。○新潟県柏崎市七十五戸あり。

一 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「小役人・三石余二人扶持・前沢彦作」あり。

二 川口町 昭和三年興信録に「川口町・前沢ちか・所得税五十九円・営業税七十五円」あり。

三 埼玉郡堤根村(行田市) 伊奈利神社明治十五年碑に前沢七五郎あり。現存無し。

四 秩父郡矢那瀬村(長瀞町) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

前澤 マエザワ 各市町村に存す。

前重 マエシゲ 川口に存す。

前芝 マエシバ 大宮に存す。

前柴 マエシバ 浦和に存す。

前渋 マエシブ 飯能に存す。

前澁 マエシブ 浦和に存す。

前島 マエジマ 島は村の意味。高麗・百済族の前部の集落を前島と称す。前条参照。葛飾郡堤根村字前島、足立郡美女木村字前の島、入間郡岸村字前の島、上吉田村字前島、高麗郡平塚村字前の島、幡羅郡久保島村字前島あり。○茨城県西茨城郡友部町十五戸、行方郡牛堀町四十五戸、新治郡八郷町二十六戸、石岡市七十五戸。○山梨県西八代郡市川大門町二十九戸、東八代郡一宮町三十六戸、八代町十八戸、甲府市七十戸。○長野県諏訪郡富士見町四十戸、下伊那郡上村二十九戸、上田市四十二戸、茅野市三十八戸、飯田市三十六戸。○島根県簸川郡大社町二十六戸、八束郡東出雲町十一戸、出雲市四十三戸。○鳥取市四十二戸あり。

一 岩附城士の前島氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、前島平次左衛門殿」あり。常陸出身か。

二 忍藩阿部氏家臣 正徳三年秩父松本日記に秩父御代官前島権内。享保八年忍藩軍役帳に「二十五俵二人扶持・前島権右衛門」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三十俵・前島清左衛門、五両二人扶持・前島八郎兵衛、十二石・前島太左衛門」あり。

四 葛飾郡水角村(庄和町) 水角神社天保三年庚申塔に前島八右衛門、明治三十五年碑に前島乃恵・前島幸吉・前島善蔵。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流水角村前島竹次郎あり。八戸現存す。

五 同郡永沼村(庄和町) 八幡社元治元年石塔再建碑に前島善左衛門・前島幸内、明治二十八年碑に永沼・前島庄蔵・前島啓助・前島徳三郎、明治三十六年水鉢に上谷・前島浪蔵・前島新吉。明治三十年人名録に藍製造業前島庄蔵・安政元年生。昭和三年興信録に「南桜井村・前島喜一郎・所得税七十二円・営業税五十四円」あり。七戸現存す。

六 同郡米島村(庄和町) 当村に此氏多く存す。今はコメジマと称すが、古代前部の居住地前島(まいじま)にて、米島(まいじま)の佳字を用いる。香取社万延元年浅間碑に米島村前島弥惣治・前島安治郎・前島春蔵・前島愛蔵・前島粂蔵・前島源八・前島喜兵衛。米崎村愛宕社万延二年庚申塔に米島村前島八郎兵衛あり。

七 同郡下柳村(庄和町) 香取社天保十一年庚申塔に前島徳右衛門・前島源蔵・前島仁右衛門、安政三年庚申塔に前島伝左衛門あり。六戸現存す。

八 同郡小平村(庄和町) 八幡社嘉永六年天神碑に前島要吉。現存無し。

九 同郡幸手町 明治三十五年人力車業前島庄太郎あり。

一〇 同郡神明内村(幸手市) 香取社享保十七年庚申塔に前島善左衛門、嘉永三年大六天碑に前島伊七.。明治二十年被選挙権者前島伊七・文政十二年生あり。三戸現存す。

一一 埼玉郡垳村(八潮市) 明治十九年垳村会議員前島喜八郎・嘉永二年生。浮塚村氷川社明治三十七年絵馬に垳村前島新次郎・前島仁四郎あり。二戸現存す。

一二 同郡上間久里村(越谷市) 香取社天保十二年御神燈に当村前島八郎兵衛あり。現存無し。

一三 同郡岩槻町 久伊豆社文化二年庚申塔に渋江町講中・前島左兵衛。明治三十五年に前島清五郎・前島八五郎あり。一戸現存す。

一四 同郡小久喜村(白岡町) 当村に此氏の旧家あり。三戸現存す。

一五 足立郡芝村(川口市) 長徳寺寛文二年六地蔵に前島彦左衛門あり。四戸現存す。

一六 同郡側海斗村(大宮市) 天神社安永四年御神燈に側海斗村前島利右衛門、明治三十九年碑に前島藤吉あり。四戸現存す。

一七 同郡上村(上尾市) 当村に此氏多く存す。龍山院享保十一年庚申塔に前島勘□□□、明和六年庚申塔に海道町谷・前島正八、寛政十二年庚申塔に上村前島甚右衛門・前島太郎左衛門・前島庄右衛門。字長浪明和五年庚申塔に上村前島文左衛門・前島平助・前島三左衛門・前島惣右衛門・前島次郎右衛門・前島弥七・前島与□・前島源□・前島仙□・前島源□。明治十三年須田文書に上村前島作右衛門。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡上村前島安五郎。氷川社明治四十二年碑に前島寅吉・前島鶴吉・前島国次郎・前島銀蔵・前島幸三郎・前島安五郎・前島田三郎・前島次郎吉・前島長命あり。

一八 同郡桶川町 明治三十五年籠商前島直蔵。昭和三年興信録に「前島文次郎・所得税百九円」あり。

一九 入間郡上富村(三芳町) 多福寺宝暦十年地蔵尊に上富村前島八兵衛、嘉永四年碑に上富村前島文五郎・前島文吉・前島長造・前島彦次郎・前島小八郎・前島作兵衛。明治十五年永久物産設立願に前島万吉。中富村神明社明治三十九年碑に上富前島金太郎・前島弥十郎あり。十一戸現存す。

二〇 同郡南入曽村(狭山市) 小沢文書に「天正十四年巳正月三日、奥州様(北条陸奥守氏照)御扶持人覚、武州入曽村十二衆、前島伊門太」と見ゆ。天文十四巳年か。現存無し。

二一 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に前島儀助。明治三十五年下駄商神田屋前島儀助・理髪店前島幸二郎あり。

二二 同郡久下戸村(川越市) 当村に此氏の旧家あり。十二戸現存す。

二三 高麗郡上戸村(川越市) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

二四 比企郡出丸下郷(川島町) 権現坂明治十五年馬頭尊に前島金五郎あり。一戸現存す。

前嶋 マエジマ 各市町村に存す。

前上 マエジョウ 与野に存す。

真栄城 マエジョウ 浦和、川口、岩槻、越谷、新座、所沢、日高等に存す。

前杉 マエスギ 新座に存す。

前砂 マエスナ 足立郡前砂村(吹上町)は木曽路名所図会に「真砂・まいすな」と。東路記に「箕田村の中に八幡有り。まいつな村入口右の方、忍へ行道有り」と見ゆ。大井に存す。

前角 マエスミ 入間に存す。

前関 マエゼキ 坂戸、滑川等に存す。岩手県下閉伊郡川井村九戸あり。

前背戸 マエセト 大宮に存す。

前楚 マエソ 大宮に存す。

前園 マエゾノ 川口、大宮、上尾、草加、川越、狭山、東松山等に存す。

前薗 マエゾノ 川口、鴻巣、志木、越谷、上福岡、川越、坂戸等に存す。

前多 マエタ 所沢に存す。

前田 マエダ 田は郡県・村の意味。高麗・百済族の前部の集落を前田と称す。前条参照。田のことは太田条参照。足立郡前田村(鳩ヶ谷市)は阿弥陀堂応仁三年鰐口銘に奉冶武州下足立十二月田郷前田阿弥陀宝前と見ゆ。埼玉郡大越村字前田(加須市)は浅間社寛延二年碑に前田村と見ゆ。高麗郡中山村字前田(飯能市)は智観寺宝永三年大般若経に前田村と見ゆ。入間郡下奥富村字前田(狭山市)は梅宮神社慶応二年再建帳に下奥富村前田と見ゆ。児玉郡田中村字前田(本庄市)は元禄年中改定図に児玉郡前田村と見ゆ。秩父郡品沢村字前田(秩父市)は平村慈光寺元禄八年棟札に秩父郡前田村と見ゆ。○茨城県行方郡北浦町二十九戸。○千葉県印旛郡富里町二十八戸、市原市百四十戸、君津市百二十戸。○山梨県南都留郡西桂町四十戸、東山梨郡勝沼町二十九戸、都留市百戸。○新潟県新発田市八十五戸。○福島県双葉郡浪江町二十七戸、大沼郡会津高田町三十四戸。○山形県飽海郡平田町三十二戸、酒田市百戸、山形市百五十戸。○青森県三戸郡五戸町四十戸、北津軽郡金木町三十七戸、東津軽郡平舘村二十九戸、中津軽郡岩木町六十三戸、南津軽郡大鰐町三十七戸、浪岡町五十八戸、五所川原市八十七戸、八戸市二百十戸、弘前市二百戸、青森市三百二十戸。○鳥取県東伯郡東郷町百二十七戸、北条町四十六戸、東伯町三十五戸、赤碕町九十四戸、西伯郡西伯町三十八戸、名和町三十三戸、中山町六十戸、岩美郡国府町四十五戸、八頭郡船岡町三十戸、河原町九十五戸、用瀬町四十六戸、気高郡青谷町四十七戸、倉吉市百二十戸、米子市百六十戸、鳥取市四百七十戸あり。

一 忍城士の前田氏 紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位花岳妙栄・武州忍前田佐土守内方・天正十六年十月八日(供養日)」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二十五人扶持・川越取立・前田覚兵衛」。

三 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「坊主・二十俵二人扶持・前田常伝、二両一人扶持・前田藤吉」。

四 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・前田又一、又者(家老等の家臣)・二両余二人扶持・前田真吉」。

五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十両五人扶持・前田権太夫」あり。

六 葛飾郡大川戸村(松伏町) 八幡社天保二年阿夫利碑に前田嘉兵衛あり。現存無し。

七 同郡西宝珠花村(庄和町) 宝珠花神社元治二年狛犬に前田仁兵衛あり。現存無し。

八 同郡八丁目村(春日部市) 東福寺寛政八年庚申塔に前田密五郎。不動院野村大杉神社明治二十四年碑に八丁目前田庄八あり。一戸現存す。

九 同郡天神島村(幸手市) 天王社文政三年水鉢に前田音右衛門・前田小兵衛、天保五年庚申塔に天神轡瀬株前田藤助・前田忠蔵、嘉永四年馬頭尊に轡瀬村前田文左衛門・前田文右衛門、嘉永七年碑に轡瀬株六代目前田文左右衛門。天満宮嘉永六年敷石碑に新田・前田武左衛門。幸手宿雷電社安政五年二十三夜塔にクズハセ前田文左衛門。天王社明治十九年碑にクツハセ前田忠次郎、明治四十年碑に当株前田和十郎・前田藤太郎・前田常吉・前田十七八あり。四戸現存す。

一〇 同郡惣新田村(幸手市) 戸隠神社明治十年八海山碑にスキ山前田国蔵あり。一戸現存す。

一一 埼玉郡増森村(越谷市) 増森公民館文化四年地蔵尊に前田吉右衛門あり。三戸現存す。

一二 同郡岩槻町 明治三十五年目薬商前田定之□あり。

一三 同郡粕壁町 八坂社文政十一年庚申塔に前田七五郎あり。

一四 同郡百間領須賀村(宮代町) 身代神社明和四年稲荷碑に本村下・前田馬□、文政十年庚申塔に前田弥吉あり。現存無し。

一四 同郡篠津村(白岡町) 馬立地蔵堂享保十三年地蔵尊に前田門左衛門・前田惣右衛門・前田大右衛門、弘化五年二十三夜塔に前田忠右衛門・前田惣右衛門・前田倉治郎・前田甚五右衛門・前田巳之助・前田武助。阿弥陀堂嘉永五年筆子碑に前田武輔・前田喜八あり。八戸現存す。

一六 同郡小久喜村(白岡町) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

一七 同郡太田袋村(久喜市) 当村寛政元年庚申塔に前田彦右衛門。琴平社文政三年水鉢に当所前田茂七・前田虎治郎あり。三戸現存す。

一八 同郡加須町 明治三十五年太物商前田時五郎あり。

一九 足立郡本郷村(川口市) 氷川社明治三十三年碑に前田時次郎あり。三戸現存す。

二〇 同郡吉笹原村(草加市) 長福寺跡文化十二年宝篋印塔に前田よし・前田文治郎あり。四戸現存す。

二一 同郡立野村(草加市) 浄龍寺天保六年供養塔に前田源左衛門。花栗村南光院弘化四年供養塔に立野村前田源左衛門あり。六戸現存す。

二二 同郡花栗村(草加市) 稲荷社文政七年供養塔に前田源也。一戸存す。

二三 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に上常光村前田忠兵衛あり。一戸現存す。

二四 新座郡志木町 明治三十五年材木商前田富八あり。

二五 入間郡上南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「上南畑村の前田氏の祖は押田喜左衛門方より迎えるを以って前田と改姓せるものなりという。五代清吉・船運回漕問屋を営み、次代清三郎の代に田畑五十八町余を有す。次代富八、その息清一郎は医学博士となり、東京虎ノ門に病院を経営す」。南畑村会議員前田清三郎・文政十年生あり。一戸存す。

二六 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に前田国次郎あり。

二七 同郡古谷上村(川越市) 古谷神社嘉永四年御神燈に当所前田銀蔵。実相院文久三年敷石碑に前田仁右衛門。古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷村前田九兵衛。七戸存す。

二八 比企郡宮前村(川島町) 当村寛文十二年庚申塔に宮前村前田□右門あり。一戸現存す。

二九 同郡玉川郷 春日社明治四十年碑に根際・前田金次郎・前田周五郎・前田大吉あり。八戸現存す。

三〇 同郡番匠村(都幾川村) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

三一 同郡吉田村(嵐山町) 杉山村八宮社明治十六年筆子碑に吉田村前田治右衛門。手白神社明治二十五年幟碑に前田清五郎、明治四十五年碑に前田重治・前田次右衛門・前田鶴吉・前田角蔵・前田清平。三戸存す。

三二 同郡小川町 八宮社文化頃石御宮寄進碑に前田徳兵衛。上小川神社明治初年御神燈に前田知治・前田貞三.。明治十八年小川銀行発起人前田徳平・六十株三千円、前田又七・二十株千円所有。明治三十五年乾物商前田徳兵衛・紙商前田貞次郎・学校用具商三木屋前田知治あり。

三三 同郡青山村(小川町) 当村万延元年百庚申に前田九兵衛。現存無し。

三四 大里郡熊谷町 明治三十五年小間物商前田金太郎あり。

三五 秩父郡大野村(都幾川村) 秩父志に「大野村の内秩父に郡境所祀の妙見神社の前・往還の東側に前田氏あり。此家にて赤玉と唱る薬丸を商ふ。伝云ふ、此薬は南村の子権現御伝授なりとて、右三月十日縁日には赤玉を彼社前に商えり」と。平村慈光坂宝永四年供養塔に大野村前田伝兵衛。桃木村八幡社文政七年筆子碑に大野村前田三代吉。字宮沢嘉永四年馬頭尊に当邨前田賢治郎、文久三年御嶽碑に前田健治郎。平村萩日吉社明治二十五年筆子碑に大野村前田藤吉。平村正法寺明治三十年廻国塔に大野前田栄三郎。大野神社明治三十四年太子講碑に前田栄三郎・前田伝兵衛あり。一戸現存す。

三六 同郡小鹿野町 明治十二年足袋商前田半平。国神神社明治三十四年碑に小鹿野町前田仁三郎。現存無し。

三七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・前田豊作・九円・三十九円、前田長太・二十一円、前田松四郎・十三円、越ヶ谷町・前田豊吉・六十三円、小川町・前田徳兵衛・二百十円・十三円、前田知治・六十二円」あり。

間枝 マエダ 行田に存す。

真栄田 マエダ 浦和、大宮、川口、久喜、狭山等に存す。

前江田 マエダ 草加に存す。

前田河 マエタガワ 大宮に存す。

前竹 マエタケ 鶴ヶ島に存す。

前岳 マエタケ 所沢に存す。

前谷 マエタニ 大宮、上尾、鴻巣、越谷、吉川、杉戸、所沢等に存す。鳥取県西伯郡西伯町十五戸あり。

前地 マエチ 大宮、草加、志木に存す。

前津 マエツ 川口に存す。

前塚 マエヅカ 越谷に存す。

前鶴 マエヅル 大宮、北本、鴻巣、越谷等に存す。

前出 マエデ 鴻巣、富士見等に存す。

前寺 マエデラ 日高に存す。

前戸 マエド 埼玉郡飯塚村(岩槻市)法華寺貞享四年庚申塔に前戸太郎兵衛。香林寺元禄三年庚申塔に前戸又兵衛・前戸孫四郎、享保十一年供養塔に前戸太郎右衛門・前戸新五右衛門。慶応四年清水文書に前戸本家福次郎・前戸重助あり。一戸現存す。

前堂 マエドウ 春日部に存す。

前徳 マエトク 大宮に存す。

前所 マエドコロ 北川辺に存す。

前泊 マエドマリ 川口、大宮に存す。

前中 マエナカ 川口、大宮、戸田、新座、入間、所沢等に存す。

前波 マエナミ 草加、所沢等に存す。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・前波九郎兵衛、三十俵三人扶持・前波作左衛門」。

前西 マエニシ 与野、上福岡等に存す。

前西原 マエニシハラ 草加に存す。

前根 マエネ 川口に存す。

前祢 マエネ 春日部に存す。

前納 マエノ 大宮、草加、狭山に存す。

前野 マエノ 野は助詞にて、高麗・百済族の前部の集落を前ノと称す。前条参照。足立郡前野宿村(川口市)あり。小名前野は、葛飾郡松伏村、埼玉郡高虫村、新方須賀村、大道村、大場村、除堀村、新座郡内間木村、入間郡新宿村、幡羅郡葛和田村、大里郡小八ツ林村等にあり。○茨城県行方郡潮来町三十四戸、新治郡新治村十六戸、石岡市四十二戸あり。

一 豊島氏族前野氏 板橋区前野町より起る。紀州熊野那智山米良文書に「文安五年十一月、熊野領豊島年貢目録、二百文・周防殿・前野殿」。小田原役帳に「十貫文・江戸筋前野分」と見ゆ。

二 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に前野与右衛門倅升次郎・九歳、前野孫兵衛四女みき・八歳。明治三十年人名録に前野逸五郎・安政元年生・地租五十円あり。六戸現存す。

三 同郡飯沼村(庄和町) 香取社嘉永元年御神燈に前野五右衛門。明治五年副戸長前野五郎あり。一戸現存す。

四 埼玉郡粕壁宿 春日部八幡社天保十三年御神燈に前野庄助。東八幡社天保十五年庚申塔に松ノ木前野清八あり。

五 同郡内牧村(春日部市) 鷲香取社天保三年庚申塔に戸崎前埜文吉、明治三年浅間碑に舞埜文吉、前埜半蔵・前埜平蔵・前埜磯右衛門・前埜久右衛門、明治十二年敷石碑に前野多七、明治三十二年狛犬に前野和三郎。楽応寺明治三十年水鉢に前野早兵衛・前野文吉。明治三十年人名録に前野和三郎・嘉永三年生・地租四十四円、前野平作・慶応元年生あり。十一戸現存す。

六 足立郡戸塚村(川口市) 当村に此氏多く存す。西光院万治三年碑に戸塚村前野平兵衛、安永六年宝篋印塔に当寺惣檀那前野長左衛門・前野佐助・前野惣左衛門、文政十三年庚申塔に上戸塚村前野粂次郎・前野佐右衛門・前野栄次郎・前野常右衛門。東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村前野仁左衛門。明治九年副戸長前野与左衛門・文政八年生あり。

七 入間郡川越町 三芳野神社明治四十年碑に本町前野慎太郎あり。

八 同郡大仙波村(川越市) 日蓮宗行伝寺過去帳に「道本・大仙波ノ前野子・与左衛門・寅年五月。道久・大仙波ノ前野子・申年九月。妙浄・大仙波ノ前野内・未年正月。妙円・大仙波ノ者・マイノ内・酉年十月。浄清・仙波ノマイノ・戌年正月」。江戸初期なり。一戸現存す。

九 同郡中宗岡村(志木市) 氷川社明和二年御神燈に中宗岡村前野平三郎・前野忠左衛門・前野沖右衛門、文政十三年水鉢に当村前野才兵衛・前野吉五郎。実蔵院文政十二年万霊塔に前野才三郎・前野周蔵。志木町敷島社明治五年浅間碑に宗岡・前野平八・前野常吉・前野利三郎・前野留五郎・前野福治郎・前野寅松・前野又五郎。選挙人名簿・村税に前野定吉・十六円、前野寅吉・七円、前野由五郎・四円、前野牛五郎・三円あり。十三戸現存す。

一〇 高麗郡下広谷村(川越市) 当村に此氏の旧家あり。十二戸現存す。

一一 児玉町 児玉高校敷地内万延元年庚申塔に当所前野茂三郎あり。現存無し。

一二 秩父郡大淵村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に大淵前野作三郎あり。二戸現存す。

一三 同郡小鹿野町 明治十二年古器商前野金次郎・雑穀商前野安平。明治三十五年煙火師前野倉次郎あり。

一四 同郡長留村(小鹿野町) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

一五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「戸塚村(川口市)・前野甚三郎・十九円、川越市・前野正夫・十八円、秩父町・前野宗治・六十七円・八十一円」あり。

前之園 マエノゾノ 伊奈、草加、志木、川越等に存す。

前信 マエノブ 上福岡に存す。

前場 マエバ 足立郡吉野領本郷村(大宮市)高林寺享保五年地蔵尊に前場三左衛門、寛政元年六地蔵に前場仲右衛門、文政六年馬頭尊に前場善平。本郷神社元治元年幟碑に前場八郎右衛門・前場瀧右衛門、明治三十九年碑に前場勘五郎・前場倉次郎・前場源之丞あり。十四戸現存す。

前橋 マエバシ 各市町村に存す。○栃木市四十戸。○千葉県香取郡多古町十八戸、長生郡長柄町十四戸。○山梨県南巨摩郡増穂町十三戸。○鳥取県八頭郡智頭町十八戸あり。

前畑 マエハタ 浦和、川口、桶川、久喜、狭山、所沢等に存す。

前畠 マエハタ 蕨、庄和、川越、本庄等に存す。

前花 マエハナ 川口、大宮等に存す。

前浜 マエハマ 春日部、越谷、東松山等に存す。

前林 マエバヤシ 福島県郡山市三十戸あり。

一 埼玉郡小曽根村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

前原 マエハラ 古代朝鮮語で原(ばる)は村の意味。高麗・百済族の前部の集落を前原・舞原と称す。前条参照。埼玉郡百間中村字前原(宮代町)は文久元年碑にマイハラと見ゆ。羽生領前原村(羽生市)あり。○群馬県勢多郡宮城村九十戸、東村二十戸、新里村二十八戸、山田郡大間々町六十戸、新田郡笠懸町二十戸、藪塚本町三十七戸、桐生市二百五十戸。○栃木県下都賀郡壬生町十七戸、石橋町三十五戸、国分寺町三十三戸、安蘇郡田沼町五十四戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「二両余一人扶持・前原十兵衛」あり。

二 葛飾郡西大輪村(鷲宮町) 雷電社文化十二年御神燈に前原与右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に西大輪村前原与右衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に西大輪村前原与右衛門あり。三戸現存す。

三 埼玉郡北篠崎村(加須市) 当村文化二年庚申塔に前原与兵衛あり。現存無し。

四 同郡下中条村(行田市) 治子神社嘉永五年大黒天碑に前原波之助。須加村会議員前原巳三郎・明治二十五年生あり。六戸現存す。

五 比企郡上野本村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に社掌前原広雄あり。二戸現存す。

六 幡羅郡八木田村(妻沼町) 観音堂文化四年供養塔に前原源右衛門。妻沼村聖天宮文化十五年御神燈に八木田村講中・前原長蔵。中奈良村長慶寺安政四年碑に八木田村前原栄蔵あり。三戸現存す。

七 同郡飯塚村(妻沼町) 来迎寺安永六年庚申塔に飯塚村前原権兵衛・前原忠兵衛あり。七戸現存す。

八 榛沢郡上野台村(深谷市) 八幡社明治四十四年碑に前原里次郎あり。一戸現存す。

九 同郡瀧瀬村(本庄市) 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

一〇 児玉郡沼和田村(本庄市) 飯玉神社明治二十一年碑に前原周蔵あり。三戸現存す。

舞原 マエハラ 幡羅郡葛和田村(妻沼町)に一戸現存す。マイハラ参照。

前平 マエヒラ 浦和、草加、三郷、吉川、越谷、入間等に存す。

前坊 マエボウ 春日部に存す。

前防 マエボウ 浦和に存す。

前間 マエマ 葛飾郡前間村(三郷市)はゼンマと称す。加須、三郷、狭山、飯能等に存す。

前牟田 マエムタ 川口、所沢に存す。

前村 マエムラ 各市町村に存す。群馬県碓氷郡松井田町九戸あり。

一 大里郡小八ツ林村(大里町) 春日社文政十三年御神燈に前邑喜右衛門。集会所裏天保六年馬頭尊に前邑武八・前邑伊之助あり。現存無し。

前元 マエモト 浦和、蓮田、越谷、草加等に存す。

前本 マエモト 越谷、草加、松伏、川越等に存す。島根県浜田市十戸あり。

前盛 マエモリ 大宮、越谷に存す。

前森 マエモリ 蕨、川越、横瀬等に存す。青森県八戸市二十戸あり。

前谷 マエヤ 埼玉郡前谷村(北川辺町)、葛飾郡前谷村(三郷市)あり。持田村字前谷(行田市)は風土記稿に「持田村小名前谷は、土人こゝを私には前谷村と唱へり」と見ゆ。

前屋 マエヤ 浦和に存す。

前屋敷 マエヤシキ 大宮、鷲宮に存す。

前柳 マエヤナギ 大宮に存す。

前山 マエヤマ 長野県東筑摩郡本城村十六戸。新潟県西蒲原郡西川町十五戸、吉田町七十六戸あり。

一 高麗郡岩淵村(飯能市) 勝楽寺村開闢記に「当村糟屋権兵衛秀清は寛文三年別家に移り分地し、岩淵村前山与次兵衛娘を嫁す」と。三戸存す。

前領家 マエリョウケ 足立郡川田谷村字前領家(桶川市)は、大日堂宝暦十年地蔵尊に前領家村と見ゆ。

真尾 マオ 川口、川越、所沢等に存す。福島県白河市九戸あり。サナオ、マシオ参照。

真岡 マオカ 大宮、新座、入間、川越、所沢、春日部、越谷、草加等に存す。モオカ参照。

馬男木 マオキ 所沢に存す。

間苧谷 マオタニ 狭山に存す。

馬把 マオバ 飯能に存す。正訓不詳。

真賀 マガ 坂戸に存す。青森県下北郡東通村五戸あり。

馬飼野 マカイノ 志木、新座等に存す。

籬 マガキ 富士見に存す。

曲木 マガキ 深谷に存す。

間垣 マガキ 大宮に存す。

真方 マガタ 川口、大宮、上尾、蓮田、幸手、三郷等に存す。

眞方 マガタ 入間、飯能等に存す。

間形 マガタ 入間に存す。青森県黒石市七戸あり。

曲田 マガタ 榛沢郡曲田村(深谷市)はマガッタと称す。和光、川越、日高等に存す。マガリタ参照。

曲竹 マガタケ 高麗郡曲竹村(飯能市)はクセタケと称す。与野、三郷、入間等に存す。

真角 マカド 岩手県久慈市十四戸。

真門 マカド 所沢に存す。

間門 マカド 川口に存す。

蒔苗 マカナエ 川口、大宮、蕨、戸田、岩槻、加須、川越、深谷等に存す。青森県北津軽郡鶴田町十四戸、弘前市百六十戸、青森市五十戸あり。

曲沼 マガヌマ 上福岡に存す。

真金 マガネ 浦和に存す。

曲淵 マガブチ 浦和、美里に存す。

真壁 マカベ 清寧天皇の御名代部を白髪部(しらがべ)と云い、後に光仁天皇の諱の白壁(しらかべ)を避けて真髪部(まかべ)と称す。延暦四年紀に「白髪部を改めて、真髪部と為す」と見ゆ。○神奈川県中郡二宮町十五戸、大磯町二十七戸、平塚市九十五戸、茅ヶ崎市五十戸、小田原市七十八戸。○福島県耶麻郡塩川町二十三戸、須賀川市三十四戸、郡山市五十四戸。○宮城県柴田郡川崎町六十戸、村田町三十六戸。○秋田県南秋田郡天王町二十三戸、横手市二十戸、男鹿市二十四戸あり。

一 常陸国の真壁氏 真壁郡真壁郷より起る。比企氏系図に「比企則員(天正年中、常陸国筑波下にて、真壁道無と合戦の時高名あり)」。風土記稿足立郡大久保領家村(浦和市)条に「光明院の薬師は常陸国真壁の城主真壁掃部尉道無入道の守護仏なり」と。子孫は秋田藩佐竹氏に仕る。

二 足立郡草加宿 当宿に此氏多く存す。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿真壁儀兵衛。草加神社弘化三年玉垣碑に真壁又右衛門・真壁重右衛門。明治三十五年漆器商椀屋真壁又右衛門。昭和三年興信録に「真壁又右衛門・所得税七十六円・営業税四十二円」あり。

三 秩父郡河原沢村(小鹿野町) 竜頭神社由緒に「常陸国筑波山より当地に鎮座す。祀職初代真壁権大夫藤原家次、二代高野伊勢守吉忠」と見ゆ。タカノ条九十九項参照。

眞壁 マカベ 浦和、狭山等に存す。

間壁 マカベ 大宮、志木、川越、鶴ヶ島等に存す。

馬壁 マカベ 三郷、東松山等に存す。鳥取県倉吉市十三戸あり。

間ヶ部 マカベ 蓮田に存す。

間鎌 マガマ 葛飾郡間鎌村(栗橋町)あり、間釜とも書く。

真上 マカミ 真髪の佳字なり。吉川、川越、所沢等に存す。

一 深谷城士の真上氏 深谷記に「天正十年神流川合戦、深谷衆真立摂津」と見え、武蔵志は真上摂津と見ゆ。

二 所沢町 神明社安政六年御神燈に真上卯之助。明治七年議定書に所沢町真上卯之助。明治二十二年織物仲買商上仲町真上重太郎。現存無し。

馬上 マカミ 秩父郡藤倉村字馬上あり。川口、草加、春日部、三郷、八潮、川越、狭山、所沢等に存す。

真神 マカミ 毛呂山に存す。

眞神 マカミ 所沢に存す。

曲本 マガモト 足立郡曲本村(浦和市)あり。

真茅 マカヤ 浦和に存す。

真柄 マガラ 各市町村に存す。○新潟県中蒲原郡小須戸町十七戸、新津市四十九戸。○山形県最上郡最上町十二戸あり。

眞柄 マガラ 春日部、寄居等に存す。

麻柄 マガラ 秩父、長瀞、横瀬に存す。

眞苅 マカリ 東松山に存す。

真許 マガリ 川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に「医師・十人扶持・真許富留喜」あり。マガリと註す。

曲尾 マガリオ 大宮、和光、所沢に存す。長野県上田市二十七戸あり。

曲迫 マガリサコ 八潮に存す。

曲沢 マガリサワ 行田に存す。群馬県新田郡笠懸町十二戸あり。

曲田 マガリタ 与野、川越等に存す。秋田県鹿角市十一戸あり。

勾田 マガリタ 九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に勾田里あり。大里条参照。

曲渕 マガリブチ 浦和、新座に存す。

一 忍城士の曲渕氏 成田分限帳に「忍籠城の者、御旗奉行曲渕庄右衛門」。

曲山 マガリヤマ 各市町村に存す。福島県石川郡石川町三十三戸、玉川村二十三戸、いわき市十八戸あり。

間川 マガワ 高麗郡下畑村(飯能市)明治二十二年埼玉勧業会員間川三之助あり。一戸現存す。

真城 マキ 新羅族にて、宝亀六年七月紀に「山背国紀伊郡人従八位下金城史山守等十四人に、姓を真城史と賜ふ」。姓氏録・山城諸蕃に「真城史・新羅国人金氏尊より出づる也」と見ゆ。紀伊郡(京都府伏見区)は慶尚南道金海から渡来した秦族の本拠地にて、真城氏は秦族か。佳字に牧、槙、巻、真木を用いるか。

牧 マキ 入間郡古谷本郷古尾谷八幡社鰐口銘に「永享十一年六月一日、奉懸武州入東郡深河牧郷若宮八幡稲荷三所御宝前」あり。府川村八幡社附近を牧郷と称す。○群馬県北郡間郡子持村三十戸。○長野県上高井郡高山村九十六戸、須坂市百三十戸。○山形県東田川郡羽黒町八戸。○新潟県柏崎市三十戸あり。

一 大里郡肥塚郷の領主牧氏 本郷文書(内閣文庫)に「正平七年二月六日、武蔵国大里郡枇塚郷・牧七郎兵衛尉跡」と見ゆ。

二 鉢形城士の牧氏 鉢形分限帳に「本国河内石川・上田野住・牧日向」あり。秩父郡上田野村に現存無し。

三 松山城士の牧氏 秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「親光・牧・九月。親崇・牧。妙行・牧」あり。当地方に現存無し。

四 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百六十石・牧三右衛門」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「御勘定奉行・二百石・白川取立・牧郡平、町在御奉行・百石・川越取立・牧良右衛門、御馬廻・十五人扶持・牧只三郎、惣領牧益太郎」。明治四年前橋藩職員録に「権少参事・規則軍事用度掛人・牧斎太郎」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 文政六年秩父郡若林文書に秩父御代官牧奥右衛門。嘉永六年忍藩分限帳に「御徒・六石二人扶持・牧敬助、割役・四石二人扶持・牧久八」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・牧章吉、六石四人扶持・牧寛吾、五石二人扶持・牧作蔵、同高・牧光重」。

七 葛飾郡深輪村(杉戸町) 桜神社天保二年御神燈に深和邨牧道記あり。現存無し。

八 比企郡下野本村(東松山市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

九 川越町 明治二十二年埼玉勧業会員川越町牧成好あり。次項と同人か。

一〇 熊谷町 明治二十二年大日本農会々員名簿に熊谷駅牧成好あり。

巻 マキ 各市町村に存す。

槙 マキ 各市町村に存す。新潟県三島郡越路町十六戸。山形県西村山郡河北町百戸、寒河江市二十七戸あり。

一 高麗郡女影村(日高市) 霞野神社文久元年甲源一刀流奉納額に槙仁作重純あり。当地方に現存無し。

槇 マキ 浦和、吉川等に存す。

真木 マキ 各市町村に存す。山形県西村山郡河北町七十戸、寒河江市九十八戸、東根市二十二戸あり。

一 深谷城士の真木氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、真木」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 藩祖奥平氏出身地の愛知県南設楽郡作手村に現存す。嘉永六年忍藩分限帳に「小細工役・四石余二人扶持・真木米治」。明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・真木米一郎、四石二人扶持・真木隣平」あり。

三 大宮町 昭和三年興信録に「真木静代・所得税十五円」あり。

眞木 マキ 戸田、新座等に存す。

真期 マキ 熊谷に存す。

槙木 マキ 深谷に存す。

間木 マキ 新座に存す。

牧井 マキイ 浦和、大宮等に存す。

牧石 マキイシ 大宮、上尾等に存す。神奈川県秦野市三十戸あり。

槙石 マキイシ 浦和、与野等に存す。

牧内 マキウチ 各市町村に存す。長野県小県郡真田町二十戸、下伊那郡喬木村四十七戸、飯田市百七十戸あり。

牧江 マキエ 川口、浦和、伊奈、岩槻、所沢、三芳等に存す。

牧尾 マキオ 上福岡、坂戸等に存す。

槙尾 マキオ 浦和、鳩ヶ谷、春日部、坂戸、所沢、富士見等に存す。

牧岡 マキオカ 各市町村に存す。新潟県柏崎市十六戸あり。

牧垣 マキガキ 本庄に存す。長野県松本市十七戸あり。

牧上 マキガミ 飯能に存す。

牧川 マキカワ 九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に牧川里あり。大里条参照。入間、行田等に存す。

巻川 マキカワ 幡羅郡葛和田村(妻沼町)神明宮天保十三年御神燈に巻川源右衛門、明治十年御神燈に巻川兵七・巻川源次郎。大野村弘化三年御嶽碑に本村巻川源右衛門。五戸存す。

巻木 マキギ 久喜、越谷等に存す。

薪木 マキギ 春日部に存す。

牧口 マキグチ 各市町村に存す。群馬県北群馬郡榛東村二十六戸。新潟県柏崎市五十一戸あり。

巻口 マキグチ 浦和、上尾、戸田、岩槻、行田等に存す。新潟県刈羽郡刈羽村十戸、柏崎市二十六戸あり。

槙口 マキグチ 浦和、志木等に存す。

槇口 マキグチ 浦和に存す。

牧子 マキコ 大宮、岩槻、久喜、越谷、松伏、川越、毛呂山等に存す。栃木県安蘇郡葛生町十八戸あり。

牧坂 マキサカ 浦和、大宮等に存す。

槙坂 マキサカ 三郷に存す。

牧迫 マキサコ 新座、児玉等に存す。

牧志 マキシ 狭山に存す。

真喜志 マキシ 川口、富士見に存す。

薪塩 マキシオ 川口に存す。

牧下 マキシタ 草加、飯能等に存す。

巻下 マキシタ 桶川、白岡等に存す。

槙下 マキシタ 川口に存す。

牧島 マキシマ 栃木県下都賀郡岩舟町十戸。神奈川県小田原市七十七戸。長野県飯田市三十四戸あり。

一 埼玉郡上野田村(白岡町) 正伝寺天保十三年筆子碑に牧島初右衛門。鷲宮社嘉永元年御神燈に牧島源三郎。当村明治四年馬頭尊に上野田・牧島源蔵・牧島忠助・牧島岩吉・牧島栄次郎あり。二戸現存す。

二 新座郡新倉村(和光市) 明治初年富士講碑に原新田牧島庄右衛門。明治十六年浅久保若者組牧島長助・牧島熊蔵。明治二十五年青年会牧島徳次郎あり。現存無し。

牧嶋 マキシマ 浦和、川口等に存す。

巻島 マキシマ 各市町村に存す。栃木市五十戸。千葉県香取郡神崎町十二戸あり。槙島条参照。

巻嶋 マキシマ 浦和、川口、菖蒲、幸手、所沢等に存す。

槙島 マキシマ 牧島・巻島・棬島・蒔島・真木島と記すがここに収録す。

一 関宿衆の槙島氏 永正十五年道者日記に「下総国在所関宿、まきしま藤衛門殿」あり。千葉県関宿附近に現存無し。幸手・鷲宮地方の出身か。

二 山城国の藤原姓槙島氏 久世郡槙島村(京都府宇治市槙島町)より起る室町幕府奉公衆にて、常徳院江州動座着到(九代将軍足利義尚)に「四番衆・真木島六郎藤原光通」と見ゆ。天正元年十五代将軍足利義昭は槙島昭光のいる槙島城に楯籠ったが、織田信長に攻略され室町幕府は終焉を遂げた(織田軍記)。越佐史料に「天正五年卯月二十八日、河田豊前守殿(謙信の重臣)、一色駿河守昭秀花押、槙島玄蕃頭昭光花押」と見え、子孫は上杉景勝に仕える。

三 源姓桃井氏流槙島氏 足利義兼―桃井義胤―桃井三郎頼氏の後裔と称し山城国槙島村より起ると云い、前項槙島氏と同族説あるが附会なり。既に一項の永正頃に此氏の名見え、古代以来幸手領居住にて系図は信用できず。葛飾郡権現堂村槙島氏系図(槙島岩夫所蔵)に「○もとは桃井氏を称し、山城国久世郡槙島村に住み、光基のとき槙島と名乗る。六代槙島孫三郎(半之丞)―孫六郎昭光(難波城陥るの時、細川越中守忠興に招れて千石を授り、肥後熊本に於て卒す、寿百二十六歳、子孫着座列たり)。其の弟主水佑久光。○久光の弟大膳昭久(久右衛門吉久、住武州幸手郡西大輪邑)―惣兵衛勝久(三郎九郎)―昭武(始て奉仕江州膳所城主)。○昭久の弟兵部久次―兵庫(一色宮内侯に奉仕す、天神島御没落の節、武州高野に御供仕、同所にて病死)―豊後(一色宮内侯に奉仕す、武州高野に没す)―図書(一色宮内侯浪人して、武州幸手領に住居す、寛永三年九月朔日病卒)―牧島惣右衛門(松平右衛門大夫へ奉仕、のち大久保右京之亮奉公、幕府に召出被り、寛文元年金十一両四人扶持)。○豊後の弟五郎兵衛(住武州幸手権現堂河岸)―巻島半之丞(五郎兵衛)―五郎兵衛(巻字・秀吉公感状に随て右の字を用る由)」と見ゆ。以下各項参照。

四 騎西・羽生藩大久保氏家臣 大久保忠隣(羽生二万石、のち小田原六万五千石)―忠常(騎西。弟右京亮教隆)―忠職―忠朝(小田原十一万三千石。実は教隆二男)。小田原藩文書に「忠朝代出仕。本国武蔵生国相模・二百石・槙島惣兵衛、其子主令・文化十二年生」あり。

五 葛飾郡上川崎村(鷲宮町) 香取社明治三年庚申塔に巻島杢右衛門。明治九年副戸長巻島熊之助・天保十一年生あり。巻島氏一戸現存す。

六 同郡東大輪村(鷲宮町) 青面金剛社文政十一年御神燈に東大輪村巻島久兵衛あり。巻島氏二戸、槙島氏一戸現存す。

七 同郡西大輪村(鷲宮町) 天正以前から居住す。伽葉院享保十九年文書に木挽之棟梁当村槙島左五兵衛。雷電社文化十二年御神燈に棬島栄吉・棬島平左衛門・棬島久八、文久三年狛犬に巻島平七.。明治三十年人名録に槙島太市・嘉永三年生・地租四十五円あり。槙島氏八戸現存す。

八 同郡八甫村(鷲宮町) 天正以前から居住し、巻島主水助(代々襲名)は当村出身の出稼衆にて一色氏に仕え、近村の間鎌村十貫文(田一町歩余)を知行す。子孫茂兵衛没落の時、権現堂村巻島氏が古文書を買取ったのであろう。鷲宮村霊樹寺文書に「八甫村。寛永四年検地一町二反十一歩・主水、元禄八年検地槙島茂兵衛。寛永四年検地二町一反四畝七歩・先祖主水分・現金右衛門、元禄八年検地槙島金右衛門。寛永四年検地二町三反二十四歩・先祖伊豆・現次左衛門・八左衛門、槙島八左衛門地は峰文左衛門取添。寛永四年検地一町一反一畝歩・先祖八左衛門・現兵左衛門、元禄八年検地槙島茂右衛門。寛永四年検地二町四反五畝二十一歩・先祖伊豆・現助兵衛、元禄八年検地槙島喜兵衛。光厳寺過去帳、道泉信士・槙島伊豆也・寛永十五年三月十六日、浄春禅定門・槙島主水也・慶安二年六月朔日、風山常金信士・槙島茂右衛門也・寛文二年九月二十六日」と見ゆ。光厳寺寛政三年棟札に本村掛ケ講中・巻島茂右衛門。千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に八甫本郷・真木島由五郎・真木島鉄五郎・真木島重蔵・真木島喜八.。鷲神社明治三十年碑に巻島勝蔵・巻島鉄五郎・巻島喜兵衛。明治三十年人名録に槙島角次郎・慶応二年生・地租四十円。昭和三年興信録に「桜田村・槙島民五郎・所得税五十円」あり。巻島氏六戸、槙島氏九戸現存す。

九 同郡幸手町 明治三十五年下駄商槙島忠次郎。下吉羽村香取社明治三十九年碑に幸手・巻島利三郎あり。

一〇 同郡権現堂村(幸手市) 風土記稿権現堂村条に「旧家者吉十郎、氏を巻島と云ふ。世々里正を勤む。先祖巻島主水助・北条氏直に仕へ、氏直没落の後当村に来りて村民となれりと云ふ。氏直より賜はりし感状に、間釜之内十貫文の地を賜ひしことしらる」。同家文書に「天正十七年己丑五月晦日、右、先年御眼前にて、関宿ニ簗田敵之刻合戦、其時眼前にて、高名見届候條、此先々知行之印判ならへて、無相違被下候事、以上、間釜之内にて、十貫文之所出置候、巻島主水助、奉之岩崎修理亮・船沢紀伊守」あり。両人は天神島城主一色氏の奉行人なり。八項参照。巻島氏系譜書に「桃井三郎頼氏後裔槙島次左衛門尉七世孫主水助久光は北条氏直に仕え、のち権現堂村に土着す。弟久次は主水之助の遺跡を継ぐ。先祖主水之助―兵部(主水助弟、慶長二十年検地案内)―五郎兵衛―半之丞―五郎兵衛―吉十郎―五郎右衛門―吉十郎―吉十郎(牛松)―吉十郎(吉太郎)―吉十郎(吉茂)―吉十郎(重松)―清十郎。家紋は桐の丸、幕紋は二ツ頭右鞆絵」と見ゆ。熊野社宝暦五年俳諧奉納に槙島牛松・槙島清左衛門・巻島利右衛門。百間村青林寺寛政十年文書に権現堂村巻島吉十郎。明治三年名主巻島吉十郎・組頭巻島三郎兵衛。明治九年戸長巻島牛蔵・安政五年生、副戸長巻島三郎平・文政四年生。当村堤明治十年天皇行幸碑に権現堂村巻島吉十郎・巻島三郎平。明治十二年文書に旧戸長巻島牛蔵・戸長巻島吉十郎・巻島勘二郎・巻島啓次郎・巻島国蔵。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に権現堂巻島国蔵。明治三十年人名録に巻島清十郎・文久三年生・地租百六十七円。白山社明治三十三年鳥居碑に巻島清十郎・巻島久蔵・巻島武八・巻島元太郎。熊野社明治三十四年碑に巻島武八・巻島与吉・巻島幸次郎・巻島元太郎・巻島勝次郎・巻島清十郎。昭和三年興信録に「権現堂村・巻島保次・所得税五百十円・営業税八十九円、巻島武八・所得税二百七十七円」あり。巻島氏七戸存す。

一一 同郡下吉羽村(幸手市) 香取社安政六年御神燈に巻島喜太郎、元治二年鳥居碑に下吉羽村内子中七軒・槙島島太郎・槙島文左衛門。明治四年組頭巻島喜太郎。香取社明治二十年碑に下吉羽村槙島喜左衛門。明治三十年人名録に槙島喜三郎・天保四年生・地租十七円あり。巻島氏一戸、槙島氏四戸存す。

一二 同郡高須賀村(幸手市) 大杉神社安永四年御神燈に槙島六助、天明三年弁財天碑に巻島新八郎あり。巻島氏三戸現存す。

一三 同郡惣新田村(幸手市) 明治九年副戸長槙島武兵衛・文政九年生あり。槙島氏四戸現存す。

一四 同郡花島村(幸手市) 槙野地村蓮花院文政四年筆子碑に花島村槙島長蔵・槙島三平あり。現存無し。

一五 同郡大島新田(幸手市) 共同墓地安永七年宝篋印塔に牧島新左衛門。香取社天明二年筆子碑に大島新田蒔島平左衛門あり。現存無し。

一六 同郡屏風村(杉戸町) 八幡社文化七年鳥居碑に槙島忠左衛門あり。槙島氏一戸現存す。

一七 埼玉郡久喜町 明治三十五年下駄商槙島留吉あり。

一八 同郡川口村(加須市) 当村文政九年月待塔に川口村川岸岡下講中・槙島次郎兵衛。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に川口村真木島助右衛門。槙島家前嘉永六年庚申塔に巻島宇右衛門あり。槙島氏三戸現存す。

一九 同郡水深村(加須市) 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に水深村巻島定吉あり。現存無し。

二〇 足立郡太田窪村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に槙島定治郎あり。槙島氏二戸現存す。

二一 男衾郡今市村(寄居町) 当村天明二年供養塔に槙島喜左衛門あり。槙島氏一戸現存す。

槇島 マキシマ 久喜、鷲宮等に存す。

槇嶋 マキシマ 川越に存す。

牧角 マキスミ 草加に存す。

牧住 マキスミ 所沢に存す。

牧瀬 マキセ 各市町村に存す。

牧添 マキソエ 嵐山に存す。

牧園 マキゾノ 和光、日高等に存す。

牧薗 マキゾノ 日高に存す。

真北 マキタ 吉川に存す。

牧田 マキタ ○神奈川県足柄上郡山北町十七戸。○長野県上伊那郡宮田村九戸、伊那市四十九戸。○新潟県東頸城郡松代町二十四戸。○鳥取県東伯郡三朝町十七戸、北条町二十戸、赤碕町八戸、倉吉市百三十戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「十人扶持・牧田助八、三十俵二人扶持・牧田喜左衛門、二十俵二人扶持・牧田七郎右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・三十人扶持・牧田弥五郎」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十七俵二人扶持・牧田蔵人、同高・牧田助一郎、十二俵二人扶持・牧田勉、同高・牧田嘉七」。

三 足立郡小貝戸村(伊奈町) 観音堂寛保元年水鉢に槙田太兵衛。清光寺文政十二年筆子碑に当村牧田彦右衛門・牧田斧吉。小針神社天保二年浅間碑に小貝戸村牧田徳左衛門。氷川社安政三年御神燈に小貝戸村牧田甚之助・牧田孫右衛門・牧田彦右衛門。昭和三年興信録に「小室村・牧田熊太郎・所得税百二円」あり。七戸現存す。

四 埼玉郡太井村(熊谷市) 門井村鷺栖神社明治八年御神燈に太井村牧田定五郎。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡太井村牧田定五郎あり。現存無し。

五 大里郡小島村(熊谷市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

六 榛沢郡新戒村(深谷市) 大林寺明治三十五年筆子碑に牧田梅吉あり。現存無し。

七 児玉郡本庄町 明治三十五年菓子商牧田吉五郎あり。一戸現存す。

巻田 マキタ 高麗郡笹井村(狭山市)に四戸現存す。上広瀬村日蓮宗信立寺祀縁に「了解道照信士・笹井村巻田孫市・寛保二年七月十一日。宗林良清信士・笹井村巻田権平・宝暦八年十月十九日。深信道長信士・笹井村巻田勘兵衛・明和六年八月七日。信受了玄信士・笹井村巻田伊右衛門・天明八年九月十五日」。慶応二年古谷文書に笹井村名主巻田金次郎。笹井村白鬚社明治二十九年御神燈に巻田伝之助・巻田佐七郎あり。

槙田 マキタ 栃木県安蘇郡田沼町二十三戸あり。

一 高麗郡飯能町 明治十四年櫛商槙田友次郎あり。一戸現存す。

二 秩父郡薄村 昭和三年興信録に「両神村・槙田作五郎・所得税十円・営業税三十四円」あり。四戸現存す。

三 同郡上名栗村 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

槇田 マキタ 桶川、両神、日高に存す。

蒔田 マキタ ○栃木県下都賀郡都賀町十戸。○茨城県猿島郡三和町二十一戸。○千葉県長生郡長柄町二十四戸、茂原市四十五戸。○長野県北佐久郡浅科村十九戸。○福島県双葉郡浪江町十三戸。○青森県五所川原市二十七戸あり。マイタ参照。

一 葛飾郡上内川村(吉川市) 明治九年副戸長蒔田義三郎・弘化二年生あり。一戸現存す。

牧大 マキダイ 志木、和光等に存す。

牧谷 マキタニ 浦和、上尾等に存す。

槙谷 マキタニ 鳩ヶ谷に存す。

一 高麗郡久下分村(飯能市) 明治十四年魚商槙谷嘉市あり。現存無し。

牧津 マキツ 九条家延喜式裏文書の大里郡条里坪付に牧津里あり。大里条参照。

巻柄 マキツカ 朝霞、和光等に存す。

槙塚 マキツカ 浦和に存す。

牧妻 マキヅマ 忍城士にて、成田分限帳に「十貫文・牧妻平吉郎」あり。別本に我妻と見ゆ。

牧寺 マキデラ 志木に存す。

牧戸 マキド 大宮、入間等に存す。

蒔苗 マキナエ 大宮、狭山、所沢等に存す。マカナエ参照。

牧中 マキナカ 昭和三年興信録に「浦和町・牧中鑑次郎・所得税三十四円」あり。一戸現存す。

槙永 マキナガ 浦和に存す。

牧西 マキニシ モクサイ参照。

馬被 マギヌ 越谷に存す。

牧野 マキノ 秩父志に「古里名に牧野ノ里・野巻(皆野町)にあり」と。葛飾郡松石村字巻ノ上、埼玉郡間口村字巻ノ上、榛沢郡桜沢村字牧ノ内、秩父郡皆谷村字牧野内あり。○群馬県沼田市三十六戸。○千葉県山武郡大網白里町四十四戸、長生郡白子町三十五戸、市原市百十戸、富津市七十七戸、茂原市六十戸。○山梨県北都留郡上野原町二十戸。○長野県木曽郡南木曽町二十六戸、山口村二十五戸、飯田市八十三戸。○新潟県刈羽郡高柳町十九戸、柏崎市五十戸。○山形県西村山郡河北町二十二戸。○秋田県山本郡琴丘町三十戸、八竜町九十戸。○青森県東津軽郡三厩村五十戸。○島根県隠岐郡西郷町二十戸。○鳥取県倉吉市四十六戸あり。

一 児玉党牧野氏 入間郡北浅羽村万福寺由緒に「児玉庄四郎経行は後に秩父権頭と称し秩父郡に在住し、小幡・高山・牧野・片山・森等の祖たり」。宿谷氏系図に「有別当大夫経行(武蔵国住入間、宿谷太郎)―宿谷太郎行重(平権頭)―秩父平武者行広―牧野五郎行能」と見ゆ。上野国甘楽郡小幡村、多胡郡片山村、緑野郡高山村、同郡森村の附近に牧野村は無し。児玉党は下野国都賀郡出身の出稼衆が多いから都賀郡牧野庄(岩舟町)出身か。富野条参照。

二 岩附城士の牧野氏 紀州高野山清浄心院供養帳に「逆修□江受松禅定尼・武州岩付牧野□□立之(供養者)・天正九年六月十五日(供養日)」あり。末田村住人か。

三 忍城士の牧野氏 成田分限帳に「三十貫文・牧野孫九郎、十八貫文・牧野権左衛門」。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、牧野式部は北谷口を守る」と見ゆ。

四 秩父郡仲山城士の牧野氏 正和五年に信州六里の原(群馬県吾妻郡嬬恋村)・那須野の原(長野県小県郡)・見晴野の原(北佐久郡軽井沢町)の三ヶ所より野武士五十七人来る、頭格は牧野多郎兵衛なり。阿仁和条参照。

五 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「七百石・牧野右京・是は忍にて罷出・三河之者、五百石・牧野小次郎・三河之者、三百石・牧野孫右衛門・三河之者、四十石七人扶持・牧野四郎左衛門・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御使番・百三十石・牧野島之丞、吟味役・四石余二人扶持・牧野丈七、物書・三石余二人扶持・牧野弥蔵、江戸屋敷足軽・二両余二人扶持・牧野留五郎、表坊主・一両余二人扶持・牧野久清、蔵役・二人扶持・牧野豊平」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・牧野正賀、五石二人扶持・牧野正二、同高・牧野準三郎、四石余二人扶持・牧野市太郎、同高・牧野鉄弥太、二両余二人扶持・牧野志津之助、二人扶持・牧野恂」。明治三十五年行田町足袋製造業牧野鉄弥太あり。

七 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国三河生国同・牧野戸右衛門・三十八歳」あり。

八 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高百五十石・初代牧野小右衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高二十人扶持・六代牧野源一郎、七代牧野繁太郎」。明治四年館林藩士族帳に「宗旨改役・二十人扶持・牧野源一郎、五両余二人扶持・牧野晋吉郎」。

九 関東郡代伊奈氏家臣 風土記稿足立郡小室郷別所村(伊奈町)条に「明徳寺の開基は伊奈熊蔵の家来牧野茂左衛門と云ものなりといえど年月も詳ならず」と見ゆ。

一〇 葛飾郡長沼村(三郷市) 彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に長沼村牧野彦六郎・牧野勝右衛門。正円寺文久元年銅羅銘に牧野雄右衛門。明治九年副戸長牧野彦六・文政十二年生あり。二戸現存す。

一一 埼玉郡末田村(岩槻市) 当村文化十年地蔵尊に巻野亀次郎。明治九年副戸長牧野吉郎・天保十一年生あり。三戸現存す。二項参照。

一二 足立郡下笹目村(戸田市) 平等寺文化十三年供養塔に牧野七之助あり。十二戸現存す。

一三 同郡大野村(戸田市・浦和市) 明治初期に内谷村となる。下笹目村慈眼寺安永四年供養塔に大野村牧野儀右衛門・牧野彦右衛門あり。

一四 同郡小室村(伊奈町) 寛政元年庚申塔に小室丸山村牧野彦右衛門あり。現存無し。

一五 同郡鴻巣町 明治三十五年本一町湯屋牧野亀吉あり。

一六 同郡箕田村(鴻巣市) 真相寺寛政四年供養塔に牧野善蔵。観音堂文化元年聖徳太子碑に箕田村牧野源之丞。明治十一年地租改正担当牧野弥五左衛門あり。六戸現存す。

一七 新座郡大和田町(新座市) 明治三十五年呉服商足立屋牧野角太郎。

一八 入間郡竹間沢村(三芳町) 本郷村東福寺明治十年供養塔に竹間沢村牧野義道あり。現存無し。

一九 同郡所沢町 当町に此氏多く存す。明治七年議定書に所沢村・牧野源兵衛・牧野六右衛門・牧野甚左衛門・牧野弥五郎、所沢新田・牧野久左衛門・牧野小八.。本郷村東福寺明治九年水鉢に所沢宿七番組牧野甚左衛門・牧野弥五郎。明治十五年北広堂碑名簿に牧野亀五郎。明治二十一年幼稚園名簿に牧野富士松・明治十六年生、牧野長八・同年生、牧野作蔵・同年生、牧野藤吉・明治十八年生。明治三十五年荒物商牧野重次郎あり。

二〇 同郡上新井村(所沢市) 六所神社大正二年碑に牧野浅次郎・牧野元次郎あり。二戸現存す。

二一 同郡三ヶ島村(所沢市) 薬王寺明治四十二年碑に二番組牧野和助あり。二戸現存す。

二二 同郡入間川町(狭山市) 明治三十五年下駄織物製造牧野兵次郎。

二三 比企郡下野本村(東松山市) 延宝七年屋代文書に曲輪村組頭牧野八左衛門あり。現存無し。

二四 熊谷宿 熊谷宿百石組に「慶安元年、牧野藤兵衛。宝暦十年、本町北屋敷持主牧野平八、本町南屋敷持主牧野伝八.。嘉永元年、牧野半兵衛・牧野伝兵衛」。明治三十五年小間物商牧野タメあり。

二五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「横曽根村(川口市)・牧野常次郎・十六円、礼羽村(加須市)・牧野留吉・十一円、忍町・牧野鉄弥太・三百七十八円・二百十五円、牧野熊治・百十円・九十八円、牧野驩一・十四円、入間川町・牧野兵次郎・十円・五十六円、熊谷町・牧野周治・十四円」あり。

巻野 マキノ 浦和、草加、吹上に存す。

槙野 マキノ 各市町村に存す。島根県平田市五十戸、出雲市三十戸あり。

槇野 マキノ 熊谷に存す。

槙納 マキノ 草加、蓮田、所沢に存す。

真木野 マキノ 和光に存す。

間木野 マキノ 白岡に存す。

牧ノ内 マキノウチ 大井に存す。

牧之内 マキノウチ 浦和、大井に存す。

牧野内 マキノウチ 蕨、越谷、所沢に存す。長野県飯田市二十五戸あり。

巻之内 マキノウチ 所沢に存す。

牧野島 マキノシマ 入間に存す。

牧之瀬 マキノセ 川口、大宮、上尾、志木等に存す。

牧之田 マキノタ 鳩ヶ谷に存す。

牧野田 マキノタ 加須、飯能に存す。

牧之段 マキノダン 松伏、川越に存す。

槙野地 マキノチ 葛飾郡槙野地村(幸手市)あり、大永五年木立村宝聖寺(現平須賀村)末寺帳に「蓮華院・摩木地」と見ゆ。

牧野原 マキノハラ 吹上に存す。

牧野村 マキノムラ 高麗郡的場村法城寺順礼塔(川越市)に「享保十七年、奉納西国坂東秩父順礼、高麗郡的場村、二百三十回・牧野村佐五兵衛、百二十回・牧野村五兵衛、百三十回・牧野村弥左衛門」。現存無し。

牧羽 マキバ 越谷、草加等に存す。

巻幡 マキハタ 浦和、大宮、川口、草加、吉川、狭山等に存す。

牧林 マキバヤシ 大宮に存す。

牧原 マキハラ 各市町村に存す。岩手県下閉伊郡田野畑村十三戸あり。

槙原 マキハラ 各市町村に存す。島根県八束郡島根町二十戸、松江市二十九戸、出雲市六十戸。鳥取県日野郡日南町二十四戸あり。

槇原 マキハラ 行田に存す。

真木原 マキハラ 入間郡津久根村字真木原あり。

牧平 マキヒラ 富士見、熊谷に存す。

蒔平 マキヒラ 宮代に存す。

巻渕 マキブチ 鉢形古城跡内郭案内記に「北の方は和田村なり鉢形へ通る小路あり、和田坂の東巻渕の南に風呂屋と申所有り」と。今の寄居運動公園附近なり。大宮、与野、越谷等に存す。新潟県西頸城郡能生町十戸あり。

巻淵 マキブチ 川口、八潮に存す。

牧部 マキベ 草加に存す。

牧水 マキミヅ 北本に存す。

牧村 マキムラ 各市町村に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御馬廻・百五十石・牧村又左衛門、子供・五人扶持・牧村久太郎、御武具方・五十俵二人扶持・牧村兵右衛門、忍秩父諸色請払役・三両余二人扶持・牧村清兵衛」。宝永七年秩父松本日記に「殿様入秩す、御案内牧村新助」、秩父御代官なり。享保八年忍藩軍役帳に「百五十石・牧村丹治、百五十石・牧村辰右衛門、五両二人扶持・牧村長右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・六十石・牧村絹平」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「大御目付・百三十石・山形取立・牧村源左衛門」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・百三十石・牧村銅太郎」あり。

槙村 マキムラ 久喜、熊谷、羽生、妻沼等に存す。

槇村 マキムラ 羽生に存す。

牧元 マキモト 浦和、川口、蕨、戸田、三郷、幸手、白岡、熊谷等に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御中小姓・五十俵二人扶持・牧元源六」あり。

牧本 マキモト 浦和、大宮、与野、坂戸、日高、毛呂山等に存す。

巻本 マキモト 本庄に存す。

槙元 マキモト 三郷に存す。

槙本 マキモト 川口、蕨、坂戸、狭山等に存す。

槇本 マキモト 朝霞に存す。

牧谷 マキヤ 越谷、川越等に存す。

真木也 マキヤ 足立郡川面村字真木也あり。

真喜屋 マキヤ 戸田に存す。

牧山 マキヤマ 各市町村に存す。

一 松山城士の牧山氏 秩父郡御堂村字牧山(東秩父村)住人にて、日蓮宗浄蓮寺過去帳に「宗慶・マキ山又右衛門・七月。日通・滝都巻山・申年五月。妙善・巻山茂左衛門内・丙申年十一月。妙法・マキ山利兵衛内方母・十月。妙令・巻山かめ妹・寅年九月。妙祝・マキ山・慶長三戌年九月。浄誓・マキ山・慶長四亥年三月。頓悟・巻山喜左衛門・承応四未年二月。妙清・巻山市右衛門母・万治三子年霜月。妙法・巻山市右衛門内之者・己酉年二月。妙教・マキ山市右衛門内義・辛卯年七月」あり。在名にて苗字にあらず。

二 忍藩阿部氏家臣 文化四年忍藩分限帳に「茶道坊主・二十二俵二人扶持・牧山栄条」あり。

巻山 マキヤマ 白岡、朝霞等に存す。

槙山 マキヤマ 大宮、熊谷等に存す。

牧寄 マキヨリ 浦和、所沢等に存す。

真久 マク 大宮、鷲宮、川越に存す。

幕内 マクウチ 大宮、春日部、越谷、庄和、入間、川越、大井等に存す。茨城県新治郡千代田町十六戸、石岡市六十戸あり。

幕田 マクタ 各市町村に存す。福島県伊達郡桑折町四十戸、保原町十九戸、梁川町八十五戸あり。

間口 マグチ 埼玉郡間口村(大利根町)あり。大宮、鳩ヶ谷等に存す。

幕土 マクツチ 榛沢郡藤田郷猿喰土村(ざるがいと、花園町)は獏喰土と書かれ、系図作成者は幕土(ばくと)と記したか。冑山文庫本の武蔵七党系図に「猪俣党、幕土(猿喰土カ)」と見ゆ。小野氏系図に「猪俣小野三郎政家―藤田五郎政行―三郎大夫行安(一谷合戦討死)―右衛門尉能国―幕土五郎左衛門尉重国―六郎左衛門尉助国(弟に三郎左衛門尉重行、五郎兵衛尉助盛)―重泰(兄に孫三郎泰氏、弟に左衛門四郎宗遍、四郎助時、十郎入道道尊)―行重(弟に六郎重宗、弾正左衛門尉行宗)」と見ゆ。

真熊 マグマ 春日部に存す。

間蔵 マクラ 狭山に存す。

間久里 マクリ 埼玉郡間久里村(越谷市)は大沢町古馬筥に蒔里村と見ゆ。

負池 マケイケ 忍城士にて、成田分限帳に「二十三貫文・負池孫四郎」。

曲師 マゲシ 比企郡曲師村(川島町)、入間郡大仙波村字曲師、児玉郡池田村字曲士あり。マゲシと註す。

曲竹 マゲタケ 高麗郡曲竹村はクセタケと称す。

万吉 マゲチ 熊谷氏流万吉氏は大里郡万吉村(熊谷市)より起る。武蔵志に「丹治系図。熊谷次郎直実に四子あり、長は熊谷兵衛尉直家、次は春原三郎直守、三は根岸四郎直頼、四は万吉五郎直純、右四人住所を以為苗字」と見ゆ。権田条参照。

孫 マゴ 川越町氷川社明治三十三年玉垣碑に孫鶴吉あり。現存無し。

真子 マコ 岩槻、富士見等に存す。

真光 マコウ 本庄に存す。秋田県湯沢市十二戸あり。

眞光 マコウ 所沢に存す。

馬氷 マゴオリ 大宮に存す。

馬郡 マゴオリ 所沢、嵐山に存す。

孫工 マゴク 大宮、川越に存す。

孫崎 マゴサキ 草加に存す。

馬越 マゴシ 浦和、草加、越谷、入間、狭山等に存す。ウマコシ参照。

孫十郎 マゴジュウロウ 埼玉郡孫十郎村(岩槻市)は田口孫十郎開発す。

孫城 マゴシロ 川島に存す。

孫田 マゴタ 川口、浦和、大宮に存す。

馬込 マゴメ 福島県飯野八幡宮文書に「永仁二年、伊賀頼泰領知武蔵国ひきの郡之内うるうどの村・付あらいにしひがし・みくら・まごめ」と見ゆ、伊賀条参照。埼玉郡馬込村(岩槻市)あり、永禄十年平林寺文書に馬籠と見ゆ。各市町村に存す。

馬篭 マゴメ 桶川、草加、庄和、新座、入間、川越、所沢、日高等に存す。

馬籠 マゴメ 浦和、大宮、川口、狭山等に存す。栃木県芳賀郡茂木町二十七戸あり。

真篭 マゴメ 浦和、川口等に存す。岩手県西磐井郡平泉町十三戸あり。

真籠 マゴメ 新座、岩槻、春日部に存す。宮城県桃生郡矢本町十五戸あり。

孫本 マゴモト 浦和、戸田等に存す。

孫山 マゴヤマ 越谷に存す。

勝 マサ 村主(すぐり)にて、ムラヌシの意味なり。スグリ参照。

正 マサ 上尾に存す。

政 マサ 浦和、与野、鴻巣、朝霞、所沢等に存す。

正井 マサイ 浦和、川口、志木、新座、和光、狭山、所沢、越谷等に存す。

正鋳 マサイ 大宮に存す。

政井 マサイ 川口、戸田、岩槻、上福岡、川越、坂戸等に存す。福島県いわき市四十五戸あり。

正池 マサイケ 越谷に存す。

政池 マサイケ 越谷、東松山に存す。

政岩 マサイワ 川口に存す。

政氏 マサウジ 東松山、横瀬に存す。

政栄 マサエ 越谷に存す。

政尾 マサオ 秩父に存す。

正岡 マサオカ 各市町村に存す。

一 志木宿 氷川社嘉永六年碑に引又・正岡一あり。現存無し。

正置 マサオキ 吉川に存す。

真坂 マサカ 各市町村に存す。秋田県由利郡大内町三十八戸、鳥海町百四十戸、矢島町三十戸、本荘市七十八戸あり。

眞坂 マサカ 志木、越谷等に存す。

間坂 マサカ 川越宿北町に旧家間坂八兵衛あり。文政十年諸国道中商人鑑に「川越喜多町薬種商間坂伊兵衛、川越高沢町紙問屋間坂忠兵衛、川越札の辻呉服太物卸間坂吉兵衛」。関八州富貴長者鑑に川越町間坂吉兵衛。氷川社明治三十三年玉垣碑に間坂伊兵衛。昭和三年興信録に「間坂伊兵衛・所得税二百八円」あり。三戸現存す。水村、横田条参照。

正籬 マサカキ 春日部、越谷に存す。

正垣 マサガキ 八潮に存す。

正影 マサカゲ 川口に存す。

正門 マサカド 庄和に存す。

正金 マサガネ 浦和、鶴ヶ島等に存す。新潟県刈羽郡高柳町八戸あり。

鉞切 マサカリギリ 忍城士にて、成田分限帳に「十三貫文・鉞切文左衛門」あり、マサカリギリと註す。

正川 マサカワ 大井に存す。

政川 マサカワ 草加に存す。

柾 マサキ 大宮、与野、上尾に存す。

正木 マサキ 男衾郡塩村字正木あり。○茨城県鹿島郡神栖町十二戸。○千葉県夷隅郡夷隅町十四戸、安房郡和田町十四戸、館山市二十八戸。○山梨県大月市二十戸。○長野県伊那市十八戸、飯田市二十三戸。○福島県岩瀬郡鏡石町三十七戸、いわき市八十七戸。○秋田県由利郡大内町二十六戸、由利町二十戸、本荘市十七戸、横手市十七戸。○青森県東津軽郡三厩村十六戸、青森市十九戸あり。

一 忍城士の正木氏 成田記に「文明十五年七月、成田顕泰は田久兵部入道不退と正木源五入道是阿弥の二人をつれて奥州へ行脚す。大永二年、成田親泰は長子長泰に家督を譲る、四虎の隊長に正木弾正・成田越中守・天路刑部左衛門・朝倉猪介あり」。知新集に「天正二年六月二十九日、成田氏長は、正木丹波守に栢間之内給恩方之外并郷地・笠原を宛行ふ」。埼玉郡栢間村(菖蒲町)、同郡郷地村・笠原村(鴻巣市)の地頭なり。知新集に「三月朔日、氏長は、正木図書助の深谷合戦の戦功を称す」。天正十年成田分限帳に「百貫文・真崎丹波直国、三十六貫文・正木太郎」。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、備頭正木丹波守は佐間口を守る、正木太郎は下忍口を守る」と見ゆ。此氏は安房国北郡正木郷(館山市)より起る在名にて、正木氏の名跡継承者は本名に復姓して土着帰農す。○埼玉郡佐間村(行田市)鎮守天神社は忍城下にあり正木丹波守邸宅の跡なり。隣接地の高源寺は正木勝英開基と伝へる。同寺碑に「当山開基正木丹波守利英公之碑、法名高源寺殿傑宗道英居士・天正十九年二月二日没」。同寺山崎家墓碑に「其先、成田長泰老臣正木丹波守利英に出ず。利英・天正庚寅忍城解落により帰農致し、子孫本村里正と為す」。二代目より山崎氏を名乗り名主となる。天神社嘉永五年碑に正木屋栄吉あり。正木氏は現存無し。○上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末葉、正木丹波守末葉・下川上・持田十兵衛、同所持田宗吉、同所持田浅右衛門、同所持田長八」あり。下川上村(熊谷市)に正木氏は現存無し。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「二百石・本国下野生国同・正木仁左衛門・三十八歳、百五十石・本国武蔵生国同・正木五郎・十一歳」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十二俵二人扶持・正木桂四郎」あり。

四 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「二百五十石・正木五郎兵衛、五両五人扶持・正木助之丞」あり。

五 旗本正木氏 寛政呈譜に「正木左近康長(秀忠に仕へ、寛永十年武蔵国埼玉郡のうちにをいて七百石を知行す)」。幕末迄埼玉郡多門寺村(加須市)を知行す。同村観音寺文久元年地蔵尊に「正木弾正内、多門寺村吉野幸蔵・網野長十郎」あり。

六 葛飾郡幸手町 明治二十一年新道工事寄附者正木寅吉。明治三十五年畳職正木吉五郎あり。四戸現存す。

七 埼玉郡船渡村(越谷市) 香取社慶応元年庚申塔に正木浅右衛門あり。現存無し。

八 足立郡戸塚村(川口市) 東福寺寛政十二年湯殿山碑に戸塚村正木忠右衛門・正木重左衛門・正木佐助・正木宇左衛門、天保十三年供養塔に戸塚村正木亀右衛門・正木善吉。鈎上村神明社元治元年碑に戸塚正木亀右衛門。七郷神社明治中期碑に正木藤吉郎・正木森五郎・正木繁太郎あり。十三戸現存す。

九 同郡長蔵新田(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に長蔵新田正木弥五兵衛あり。二戸現存す。

一〇 同郡赤山領領家村(川口市) 稲荷社慶応二年筆子碑に政木伊三郎あり。二戸現存す。

一一 同郡石神村(川口市) 鈎上村神明社元治元年碑に石神正木常吉あり。現存無し。

一二 同郡中居村(鳩ヶ谷市) 八幡社明治三十九年碑に中居正木金五郎あり。現存無し。

一三 同郡登戸村(鴻巣市) 当村享和三年馬頭尊に登戸村正木安五郎。勝願寺天保四年筆子碑に当村正木久八あり。一戸現存す。

一四 入間郡藤久保村(三芳町) 広源寺安政七年普門品に正木喜左衛門、明治四年常夜燈に正木勝五郎。明治九年副戸長正木定右衛門・文政五年生あり。十二戸現存す。

一五 同郡横沼村(坂戸市) 忠栄寺宝暦十年宝篋印塔に横沼村正木右衛門。明治九年戸長正木三代治・文政六年生。明治二十二年埼玉勧業会員正木兵七・弘化元年生。十戸現存す。

一六 同郡鹿下村(越生町) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

一七 高麗郡戸宮村(坂戸市) 当村天明二年馬頭尊に戸宮村正木勘兵衛、寛政七年念仏塔に戸宮村正木源右衛門。塚越村万延元年水鉢に戸宮村正木勘次郎。御嶽社明治三十年碑に戸宮正木種吉。脚折村明治三十五年御神燈に戸宮正木源蔵。二戸現存す。

一八 比企郡番匠村(都幾川村) 当村に此氏多く存す。平村慈光寺は宝亀元年鑑真の弟子道忠が堂宇を建立し開山となる。その後、源頼朝は一山七十五坊の営繕と田畑千二百町歩を寄進すと伝へる。伊豆国賀茂郡河津町に正木氏六十戸存す。此地より工匠集団正木氏一族が来住するか。風土記稿番匠村条に「村名の起は、古へ平村慈光山の大堂を創建の時、伊豆国の工匠をして造営せしめ、功終りし後、其工匠等を当所に置し」と見ゆ。正木益一家文書に「天正六年十二月日、松山城主上田長則は、番匠大工の正木に印判状を発給し、正木次郎左衛門と名乗ることを許可す」。平村慈光寺観音堂元禄元年棟札に番匠村大工正木六左衛門・同正木吉左衛門、元禄八年棟札に番匠村大工正木吉三郎。当村享保四年巡拝塔に番匠村行者正木勘左衛門。松山城岩室観音堂寛政十二年頃地蔵尊に番匠村正木藤八.。桃木村八幡社文政七年筆子碑に番匠村・正木常八・正木久八・正木亀次郎・正木半次郎・正木留重郎・正木喜七・正木源之丞・正木要蔵・正木政吉・正木仲太郎・正木幸之助・正木三内。万延二年水車連印帳に番匠村正木源七・正木仲右衛門。明治九年副戸長正木六次郎・文政二年生。明治二十七年瓢底倶楽部正木栄作。明治三十六年水車業正木文三.。平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に番匠正木美平、明治四十四年馬頭尊に番匠正木政平・正木孫三あり。

一九 同郡馬場村(都幾川村) 桃木村八幡社文政七年筆子碑に馬場村正木柳蔵あり。四戸現存す。

二〇 同郡本郷村(都幾川村) 小川家墓地宝永四年廻国塔に妙覚本江村正木伊兵衛あり。現存無し。

二一 同郡別所村(都幾川村) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に別所正木茂吉・正木友三。現存無し。

二二 同郡玉川郷 明治三十六年水車業正木厚治。春日社明治四十年碑に正木宗蔵・根際正木京作。四戸存す。

二三 同郡下唐子村(東松山市) 唐子神社忠魂碑に正木金治郎。三戸存す。

二四 同郡伊勢根村(小川町) 当村延享二年供養塔に伊勢根村政木角右門。明治九年副戸長正木芳松。同年文書に正木庄蔵。八和田神社明治三十三年碑にイセネ正木喜十郎(桶屋)あり。二戸現存す。

二五 熊谷町 石上寺明治十一年水鉢に正木貞次郎あり。

二六 深谷町 滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子正木保之助(洋服商)。深谷町会議員足袋雑貨商正木律三・明治十三年生あり。

二七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・正木彦三郎・五十円、戸塚村(川口市)・正木好文・十八円、綾瀬村(蓮田市)・正木正五郎・十八円・三十九円、明覚村(都幾川村)・正木栄作・十二円、深谷町・正木律三・百六円・八十九円」あり。

正来 マサキ 大宮に存す。

正城 マサキ 草加、三芳、児玉に存す。

正伯 マサキ 八潮に存す。

政木 マサキ 各市町村に存す。

柾木 マサキ 各市町村に存す。新潟県東蒲原郡三川村十一戸あり。

一 入間郡入間川町(狭山市) 明治三十五年下駄製造柾木幸右衛門あり。現存無し。

真崎 マサキ 各市町村に存す。茨城県那珂郡大宮町二十戸。秋田県仙北郡田沢湖町七十三戸あり。

眞崎 マサキ 朝霞、川越に存す。

馬崎 マサキ 浦和、春日部、越谷、富士見等に存す。ウマザキ参照。

間崎 マサキ 北本、坂戸、三芳等に存す。島根県能義郡広瀬町五戸あり。

柵木 マサキ 富士見に存す。

正国 マサクニ 川島に存す。

正倉 マサクラ 久喜に存す。

正子 マサコ 浦和に存す。

真砂 マサゴ 埼玉郡常木村字真砂あり。各市町村に存す。川越の狂歌師真砂園浜村(本名安斎信敏)あり。

眞砂 マサゴ 宮代に存す。

真砂野 マサゴノ 川越藩松平大和守家臣にて、万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・十五人扶持・真砂野多鳴衛、永詰雇・五人扶持・真砂野備、惣領真砂野鉄造」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「十五人扶持・真砂野備」あり。

正田 マサダ 川口、大宮、上尾、新座、越谷、八潮に存す。ショウダ参照。

政田 マサダ 浦和、大宮、上尾、鴻巣、戸田、狭山、所沢、行田等に存す。鳥取県倉吉市十四戸あり。

正高 マサタカ 所沢に存す。

正立 マサタテ 川越に存す。

正谷 マサタニ 川口、所沢等に存す。

柾谷 マサタニ 戸田に存す。

正近 マサチカ 羽生に存す。

政近 マサチカ 大宮、入間等に存す。

正月 マサツキ 入間、所沢等に存す。

将月 マサツキ 入間に存す。

政次 マサツグ 狭山に存す。

政輝 マサテル 桶川、川里等に存す。

正藤 マサトウ 蓮田、与野、春日部、北川辺、入間等に存す。

政所 マサドコロ 浦和に存す。

正富 マサトミ 富士見に存す。

政二 マサニ 川越、越谷等に存す。

正野 マサノ 浦和、大宮、上尾、和光、川越等に存す。ショウノ参照。

一 浦和宿 玉蔵院宝暦十三年短才見聞録に浦和大工正野五右衛門あり。一戸現存す。

政野 マサノ 浦和、新座、三郷に存す。

正信 マサノブ 川口、所沢等に存す。

正延 マサノブ 新座に存す。

正橋 マサハシ 浦和に存す。

正畠 マサハタ 新座に存す。

正林 マサバヤシ 坂戸、鶴ヶ島に存す。

昌林 マサバヤシ 八潮に存す。

正平 マサヒラ 鷲宮に存す。

政平 マサヒラ 大宮、寄居等に存す。

正部 マサベ 越谷に存す。

正見 マサミ 春日部、越谷等に存す。

正道 マサミチ 久喜に存す。

正光 マサミツ 本庄に存す。

正宗 マサムネ 大宮、入間等に存す。

正村 マサムラ 各市町村に存す。

一 埼玉郡正能村(騎西町) 諏訪社嘉永五年富士講碑に当村正村伊勢次郎あり。一戸現存す。

真覚 マサメ 所沢に存す。

正覚 マサメ 浦和に存す。

真境名 マサメ 岩槻に存す。正訓不詳。

正本 マサモト 浦和、川越等に存す。

政元 マサモト 坂戸、行田等に存す。

政本 マサモト 浦和、越谷、草加、三郷等に存す。

一 入間郡脇田村(川越市) 脇田本町川越駅西口明和八年庚申塔に政本惣吉あり。現存無し。

柾本 マサモト 草加、三郷等に存す。岩手県九戸郡九戸村七戸あり。

正盛 マサモリ 八潮、入間等に存す。

政森 マサモリ 大宮、岩槻等に存す。

柾谷 マサヤ 浦和、所沢、富士見等に存す。岩手県九戸郡種市町二十戸、青森県八戸市三十三戸あり。

柾屋 マサメ 蕨に存す。岩手県下閉伊郡普代村五戸あり。

政山 マサヤマ 川口、上尾等に存す。

昌山 マサヤマ 新座、三郷等に存す。

正好 マサヨシ 所沢に存す。

真沢 マサワ 越生、川本、滑川に存す。

真澤 マサワ 越生に存す。

眞澤 マサワ 熊谷に存す。

間沢 マサワ 与野、越谷等に存す。岩手県九戸郡大野村十三戸あり。

間澤 マサワ 志木に存す。

正脇 マサワキ 草加に存す。

馬路 マジ 入間、飯能等に存す。

真塩 マシオ 群馬県群馬郡群馬町十四戸、前橋市四十五戸あり。

一 児玉郡本庄宿 文政九年真塩治右衛門広長が先祖覚書(後世、本庄村開発旧記と称す)を記した真塩環三郎所蔵古事録に「宮本町に真塩治左衛門と云ひ通称を穀治と云ひ醤油屋、とし一時家産富み宿中屈指の家なりき、然るに明治に至り其孫環三郎に至り、大に産を傾ける。今日は見る影だになき者となりたり、其産を整理販売するに当り紙屑中より一の巻物系図を発見したり、次の如し。真塩勘解由吉広、新田公正慶癸酉年九月十二日鎌倉打年御供二十七才也、正慶二癸酉年より明徳四年迄六十四年相勤申候、八十九才迄。其子同苗勘解由吉長、応永元年より長禄三年迄六十六ヶ年。其子同苗勘解由広正、寛正元年より大永六年迄六十七年。其子同苗勘解由広行、大永六年より元亀二年迄四十三年。其子同苗勘解由吉直、元亀三年より慶長十七年迄四十四年。其子同苗勘十郎吉勝、慶長十七年亥年八月武州児玉郡本庄村開発相勤め引移り候。其子同苗六左衛門吉房。其子同苗勘七郎助道。其子同苗六左衛門広勝。其子同苗次左衛門吉久。其子同苗次左衛門正行。其子同苗次右衛門広正。其子同苗治右衛門正吉。其子同苗治右衛門広長、文政九丙戌年七十三才之時、認め置。其子同苗治右衛門義広」と見ゆ。戸谷文書には「真塩勘解由吉広は永禄三年迄、上野国世田郡徳川郷に住居致候。同正月中、山王堂村へ引移り住宅を建て、田畑少々開発致し、諸方相廻り兵法并算書の指南を致し、其間に利根川にて魚を取り、渡世致候処、本庄村より度々申来候には本庄へ引移る」と。戸谷条参照。明治三十五年糸繭商真塩常蔵・同真塩彦太郎。現存無し。

二 同郡宮内村(児玉町) 字仮宿安政四年碑に真塩忠兵衛。四戸現存す。

三 賀美郡石神村(上里町) 石川流木村源蔵(天保十年没)門人に石神村真塩勇吉。石神社文久元年御神燈に真塩庄吉あり。二戸現存す。

四 同郡八町河原村(上里町) 観音寺寛文十年碑に八丁河原村真塩瀬兵衛あり。一戸現存す。

真尾 マシオ 上尾、行田、鳩山、秩父等に存す。足利市七十戸あり。

増尾 マシオ 比企郡増尾村(小川町、今はマスオ)あり、猿尾、麻師宇とも書き、増尾村・大塚村・角山村は増尾郷を唱え、男衾郡竹沢勝呂村(小川町)は猿尾庄を唱える。万葉集註釈奥書(宮内庁書陵部所蔵)に「文永六年三月二日、於武蔵国比企北方麻師宇郷書写畢、仙覚在判」と見ゆ。増尾村字中条の境の大塚村字中条に仙覚律師顕彰碑がある。

猿尾 マシオ 猿(ましら)の字を用いて増尾を猿尾と記す。風土記稿増尾村条に「古城蹟は村の東小名中条にあり、四方二町の地にて、から堀の蹟所々に残り、又櫓の跡なりとて小高き所あり。その辺今は杉の林となりたれど、城蹟のさま疑ふべくもあらず。土人の伝へに猿尾太郎種直が居城なりといへど、何人の枝属にて何の時代の人と云ふことは伝へざれば詳ならず」。武蔵志に「比企郡青山村(小川町)、当村下村に古城・山上にあり。猿尾太郎と云人居しと云。古城下路傍に青石塔あり、康永二年十二月日の逆修と見えたり。橋供養塔青石銘に正慶二年四月二日・猿尾太郎種直有罪縛死の筵に居刻云々とあり」と見ゆ。永禄十年大梅寺縁起に「大塚郷大梅寺は、仁治三壬寅年猿尾氏が霊山院初祖栄朝禅師を請して創建す」。大塚村栃本如意輪観世音縁起に「六条天皇の御宇、土豪増尾十郎兼信・斎藤六郎輝実、力を協せて殿堂の衰頽せるを再興し、荘園を寄進し、又百体観世音像を造りて、百僧を供養し給ふ。増尾氏は元弘の頃まで栄えたりしが、守邦親王に再挙を勧め事成らずして共に亡び、斎藤氏は一族と共に南朝に尽くし、一族中には名を顕はしたるあり。正徳二年正月看主」と見ゆ。斎藤条参照。

一 源義経郎従の増尾氏 義経記巻四・土佐坊義経の討手に上る事に「判官の宿所には、『今宵は夜も更けぬ。何事かあるべき』と各々宿へ帰る。武蔵坊、片岡、六条なる宿へ行きて無し。佐藤四郎、伊勢三郎、室町なる女房のもとへ行きて無し。根尾、鷲尾、樋口、堀河の宿へ行きて無し」。根尾はネノオと註す。巻五・吉野法師が判官を追ひかけ奉る事に「川を越ゆる者は誰々ぞ。片岡八郎、伊勢三郎、熊井、備前、鷲尾、常陸坊、雑色駿河次郎、下部に喜三太、これらをはじめて、十六人が十四人は越えぬ。今二人は向かひにあり。一人は根尾十郎、一人は武蔵坊なり。皆人は三十にも足らぬ健者ども御供申したりけれども、根尾はその中に老体なり。五十六にぞなりにけり」。巻八・衣川合戦の事に「長崎太郎大夫介をはじめとして五百余騎の者共、押し寄せたり。十郎権頭、喜三太、家の上に登りて散々に射る。大手には武蔵坊、片岡八郎、鈴木三郎兄弟、鷲尾三郎、増尾十郎、伊勢三郎、備前平四郎、以上八人なり。常陸坊をはじめとして、十一人は、今朝近国の山寺拝みに出でたり。増尾十郎も討死する」と見ゆ。此の増尾十郎は比企郡増尾村を本拠地としたと伝へるが附会なり。増尾十郎は根尾十郎の書き誤りで、美濃国本巣郡根尾村より起る。

二 平姓畠山氏流猿尾氏 木呂子氏家譜に「畠山重忠の後裔猿尾太郎種直より出り候由。春栄(木呂子氏祖)の譜に種直の弟春栄とあり。大塚村に木呂子丹波守殿カキ上城有之」と。猿尾を間シ尾と註す。木呂子参照。

三 忍城士の猿尾氏 成田分限帳に「十貫五百文・猿尾九助」あり。

益城 マシキ 菖蒲、川越、鶴ヶ島、東松山等に存す。

真重 マシゲ 小川に存す。

益子 マシコ 各市町村に存す。○栃木県那須郡那須町五十戸、黒羽町百七十戸、西那須野町三十六戸、馬頭町百三十戸、黒磯市百二十戸、大田原市八十五戸。○茨城県久慈郡水府村三十七戸、大子町四百三十戸、那珂郡山方町二十八戸、美和村三十五戸、日立市二百十戸あり。マスコ参照。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国下野生国同・益子五兵衛・二十五歳」あり。

二 幡羅郡玉井村(熊谷市) 字椚元禄十五年庚申塔に益子有兵衛あり。現存無し。

増子 マシコ 各市町村に存す。○茨城県那珂郡那珂町二十七戸、大宮町三十戸、日立市八十四戸。○福島県東白川郡矢祭町三十戸、西白河郡表郷村三十戸、岩瀬郡岩瀬町二十戸、田村郡三春町六十八戸、安達郡本宮町五十六戸、耶麻郡猪苗代町三十六戸、郡山市四百八十戸あり。マスコ参照。

猿子 マシコ 浦和、新座、富士見等に存す。新潟県北蒲原郡加治川村九戸、新発田市十二戸あり。

真下 マシタ 榛沢郡本田村に此氏多く存す。マシモ参照。

眞下 マシタ 三郷に存す。

間下 マシタ マシモ参照。

倍田 マシタ 岩槻に存す。

交田 マジタ 岩槻に存す。

増戸 マシド 埼玉郡増戸村(春日部市)はマシトと称す。福島県郡山市三十五戸あり。マスド参照。

増富 マシトミ 埼玉郡増富村(春日部市)あり。

増長 マシナガ 埼玉郡増長村(岩槻市)あり。マスナガ参照。

増根 マシネ 大宮、草加等に存す。

真篠 マシノ 入間、鶴ヶ島、日高、寄居に存す。群馬県藤岡市十一戸、長野県下高井郡木島平村十七戸あり。

一 榛沢郡末野村(寄居町) 元治二年末野村諸事恵に真篠喜伝次・真篠磯五郎あり。現存無し。

間篠 マシノ

一 埼玉郡手子林村(羽生市) 文殊院安永九年供養塔に中手子林村間篠八左衛門。真名板村薬師堂明治十年水鉢に下手子林村間篠佐之助あり。六戸現存す。

二 同郡三俣村(加須市) 明治三十五年大経師間篠源太郎あり。現存無し。

三 大里郡和田村(熊谷市) 楊井白髭社安政七年庚申塔に間篠富士三郎。野原村文殊寺明治二年碑に和田村間篠富士三郎。昭和三年興信録に「吉岡村・間篠清春・所得税十一円」あり。四戸現存す。

増野 マシノ 浦和、桶川、菖蒲、岩槻、志木等に存す。マスノ参照。

真柴 マシバ 北本、与野、加須、坂戸、日高等に存す。

眞柴 マシバ 川越に存す。

増林 マシバヤシ 埼玉郡増林村(越谷市)あり。

真渋 マシブ

一 埼玉郡麦倉村(北川辺町) 八坂社文政十年御神燈に鍛冶町間渋万吉、文久二年幟碑に真渋勝之丞あり。一戸現存す。

二 同郡下村君村(羽生市) 鷲宮社嘉永六年御神燈に真渋藤治郎・真渋嘉金治あり。三戸現存す。

三 足立郡鴻巣町 明治三十五年に真渋常吉あり。現存無し。

眞渋 マシブ 羽生に存す。

真島 マシマ 各市町村に存す。○長野県北安曇郡池田町二十戸。○新潟県西蒲原郡西川町五十六戸、巻町二十戸、三島郡与板町十一戸、北魚沼郡川口町二十戸、堀之内町十九戸。○山形県飽海郡遊佐町二十六戸。鳥取県西伯郡名和町十二戸あり。

一 志木町 氷川社嘉永六年碑に引又真島宗醇。敷島社明治五年御神燈に引又町真島宗元(医師)。現存無し。

二 秩父郡上名栗村 高麗郡中新田村侠客高麗川源七文政十二年墓碑に名栗村真島道碩あり。二戸現存す。

真嶌 マシマ 蕨に存す。

真嶋 マシマ 各市町村に存す。

眞島 マシマ 各市町村に存す。

眞嶋 マシマ 越谷、草加等に存す。

間島 マシマ 各市町村に存す。○茨城県北相馬郡守谷町十二戸。○新潟県西蒲原郡月潟村十三戸、柏崎市二十三戸、新井市三十戸あり。

一 川越町 御嶽社明治三十年碑に間島一策(料理店)あり。現存無し。

間嶋 マシマ 浦和、上尾、草加、三郷、新座、入間、鳩山等に存す。

麻島 マシマ 杉戸に存す。

磨島 マシマ 羽生に存す。

馬島 マシマ 各市町村に存す。長野県上水内郡三水村十四戸あり。

一 葛飾郡下高野村(杉戸町) 木々子神社天保四年供養塔に馬島左吉あり。一戸現存す。

馬嶋 マシマ 大宮、狭山、所沢、飯能、日高等に存す。

増村 マシムラ 三郷に存す。

真下 マシモ 百済人沙族の集落を沙田(ますだ)・増田・益田と称し、マシタ(増田・益田)とも称し、真下(ました)の佳字を用いてマシモに転訛す。男衾郡本田村字百済木ありて、鍛冶集団真下(ました)氏多く現存す。児玉郡真下村(児玉町)あり。賀美郡勅使河原村字真下(上里町)は寛文三年文書に賀美郡真下村と見ゆ。此氏は武蔵国・上野国に多く存す。○群馬県利根郡昭和村四十六戸、勢多郡粕川村五十戸、邑楽郡大泉町二十戸、佐波郡境町二十五戸、渋川市五十戸、安中市百戸、高崎市百五十戸、前橋市百二十戸あり。

一 児玉党真下氏 児玉郡真下村より起る。武蔵七党系図に「有大夫別当弘行―真下五郎大夫基行―三郎有弘(兄太郎弘忠、弟四郎弘親・其子中務丞弘常・其子小太夫)―弘長―兵右衛門尉重盛―太郎成胤―弥太郎成氏(弟胤氏)―又太郎成実。成胤の弟三郎某―重親―孫太郎重延(直延トモ)」。平家物語に「篠原合戦。平家方に長井斎藤別当実盛・浮巣三郎重親・真下四郎重直、我等は東国では皆人に知られて名ある者でこそあれ」。吾妻鑑巻十に「建久元年十一月七日、頼朝上洛随兵に真下太郎」。巻三十二に「嘉禎四年二月十七日、真下右衛門三郎」。典籍古文書に「建治元年五月、武蔵国・真下右衛門尉跡四貫を京都六条八幡宮の造営役に負担す」。風土記稿秩父郡野上下郷条に「滝上十郎道信(正応年中の人)は、児玉党に真下の五郎太郎と闘論す」。児玉郡上阿久原村丹生神社棟札に「永正十七年八月吉日、奉造営阿須和大明神御宝殿一宇事、大檀那真下蔵人入道法印全能」。永正年間の見聞諸家紋に「真下・軍配團扇」。紀州那智山米良文書(室町時代末期)に「こたまのさいしょの御ミやうじの事、しおうてん、あさみ、ましも」と見ゆ。

二 室町幕府奉公衆の真下氏 天龍寺造営記録に「康永元年十二月五日、真下中務丞広仲・四十歳は、足利尊氏の天龍寺参詣に供奉す」。足利尊氏袖判下文写(蜷川親治所蔵文書)に「貞和五年八月二十八日、真下四郎太郎重氏へ上野国山名郷内山名小六郎入道跡在家一宇(高崎市)を勲功の賞として宛行ふ」。足利尊氏袖判下文写(岐阜県遠山文書)に「観応三年三月二日、遠山安芸守景房可令早領知、安房国古国府中村真下中務丞跡事(広仲)」。千葉県安房郡三芳村大字中なり。御的日記に「文和三年正月十四日、真下弾正忠は弓射をつとむ」。室町幕府奉行人打渡状(京都八坂神社文書)に「延文二年十一月二日、祇園社領越中国堀江庄地頭職事、沙弥心蓮(真下入道)」。応永三年十二月三日越中国守護代遊佐長護宛ての守護畠山基国施行状(八坂神社文書)に堀江庄高木村(富山県中新川郡立山町寺田字高木)の役夫工米免除のことが見える。師守記に「貞治三年七月五日、今朝善覚被遣越中国山室保(富山市)地頭真下入道(心蓮)云々」。同日に「而真下在国尾張山田庄候云々(名古屋市)」。御的日記に「応安四年正月二十八日、真下左衛門太郎は弓射をつとむ」。「応安七年卯月十五日、真下勘解由左衛門尉は弓射をつとむ」。花営三代記に「康暦元年七月二十五日、真下勘解由左衛門尉(源満広、のち加賀守)・粟生田次郎左衛門尉らは将軍義満に供奉す」。鎌倉円覚寺大般若経に「至徳二年十一月、真下左衛門入道真宗」。室町幕府奉行人書案に「応永五年十一月二十二日、佐々木治部少輔淨高申参河国渥美郡内所々在所注文相副之事(愛知県)、真下加賀入道殿」。室町幕府引付史料集成に「文明九年四月十九日、摂州橘御園久々智村内大番事(兵庫県尼崎市)、任真下(弥太郎広長)方契約自寛正三限二十ヶ年云々」。室町幕府奉行人奉書に「大永八年六月十日、真下知行分摂津国豊島郡利倉庄地頭職事(大阪府豊中市)」。此氏は後鑑に真下新左衛門尉源詮広と見え、源姓を称しており、藤原姓児玉党真下氏とは別流である。遊佐家伝に「小山下野守朝政が後裔なり」と。朝政の弟結城朝光は、結城系図に「頼朝―朝光―平方五郎朝俊(住武州平方)」と。源頼朝の子と称し、其子は男衾郡平方郷本田村に住む。本田村教念寺は遊佐氏の忠興開基にて、結城氏系図を所蔵す。遊佐氏は本田村の苗字真下氏が本名なり。真下氏は将軍頼朝後裔説に仮冒して源姓を称す。次項参照。

三 管領畠山氏の執事真下氏 男衾郡本田村の苗字真下氏にて、一族の遊佐氏と共に畠山氏に仕え重臣となる。両畠山系図(続群書類従)に「畠山尾張守家国法名西蓮―阿波守国清(関東執権、基氏より勘気を蒙る、康安二年於南都逝去、法名道誓)、妹女子(鎌倉基氏室)、其の妹女子(上州一宮領主真下室、法名箇一房)、弟尾張守義深―三郎右衛門佐基国(執事職、応永十五年卒、法名徳元)」。本田村教念寺所蔵畠山系図に「畠山阿波守西蓮―女子(東一房)」と見ゆ。戸はコ(箇)、ト(東)の当て字を用いて、箇一房と東一房は同人なり。本寺の相州藤沢遊行上人付き老僧衆から教念寺惣檀中宛(享保十一年頃)の本田村称名寺開創について「畑山に彼宗信遊佐氏之後室・東一房之開基にて元来尼寺」と見ゆ。畠山西蓮の娘東一房は管領畠山氏の家老遊佐入道性阿の奥方である。系図では真下氏室とあり、遊佐性阿は本名真下氏なり。夫亡後は教念寺に隠遁し、信仰していた時宗の尼僧となり畠山村の畠山館傍に遊佐堂を造り祖先の供養をしていた。永仁六年開山の称名寺は後に遊佐堂を合併して遊佐院称名寺と称した。太平記巻三十八に「正平十七年九月、畠山入道道誓・舎弟尾張守義深は伊豆の修禅寺にたて籠るが、鎌倉左馬頭基氏に降参し、藤沢の道場までぞ落ちたりける。遊佐入道性阿は、主(義深)の落ちらるる様子を知り、遊佐入道は京を志して、湯本まで落ちたりけるが、みづから腹切って死にけり」と。教念寺鐘銘に「応永十五年三月十一日、南無阿弥陀仏、遊行第十一世他阿上人、武蔵国男衾郡本田教念寺鐘一口、住持其阿、大檀那清阿・寿阿・法阿・弥阿・覚阿」とあり。遊佐入道性阿(清阿)はこの頃まで生存しており、太平記は誤りなり。本名真下氏に復姓して土着した為に遊佐氏は死亡説となったのであろう。風土記稿本田村条に「前に云へる真下氏の子孫にて足利将軍の時代、先祖真下藤四郎重照と称せし人・新田氏に仕へ、上野国に於いて若干の地を領とせしとなり。重照は暦応三年八月十六日卒、其の位牌は今も教念寺にあるときは、古き由緒の檀越なるべし。然れども家伝には、建武二年、先祖藤四郎が所領を賜はりし時の文書、及び文禄二年の検地帳を蔵するのみにて、別に伝へなきは闕事と云ふべし」と。旧家者真下喜太夫文書に「建武二年九月十六日、阿波式部大輔入道西蓮女源氏申、上野国一宮内那波□田畠在家等事、早在彼所沙汰付源氏可被執達請取状、□□□□恐者可有罪□由如件、下藤四郎殿、右京亮花押」。畠山家国入道西蓮の娘箇一房にて真下氏妻なり。南朝新田軍と上杉朝房の本田合戦の地にて、異本浪合記に「正平十三年二月九日、上杉朝房・畠山基国一万余騎本田に陣す。十日合戦」。桜雲記に「応安二年二月十五日、左馬頭満詮武蔵国本多の陣に下向。十月十三日上杉弾正少弼朝房・畠山右衛門佐基国入道得本武州本田の陣より信州に発向」と見ゆ。当村及び隣村畠山村一帯の畠山庄は管領畠山氏の本拠地なり。教念寺文書に「応永八年五月二日、管領畠山右衛門佐入道徳元の吹挙により、上野国一宮内田地四町・在家四間(富岡市)を本田教念寺に寄進す、左馬頭源朝臣(足利満兼)花押」。「七月九日、武州本田教念寺領上州一宮内田地四町・在家四間事、任照光院殿(満兼)御寄進状之旨、止申繁兼綺候也、教念寺、繁兼花押」。重(繁)を通字としており、繁兼は真下氏であろう。

四 清水姓真下氏 越後国魚沼郡清水村(塩沢町)出身の出稼衆某氏が児玉党真下氏の名跡を継承して真下氏を名乗るか。児玉党は出稼衆で組織された集団(党)である。児玉条九項参照。上州女淵村・鬼石村の苗字真下氏も同族としており、清水頼母正義行以前は信用できず。○真下氏家系図(児玉郡下真下村坂本英二所蔵)に「真下太郎藤原基行―右衛門三郎有弘―四郎弘長―五郎重盛―六郎成胤―弥太郎成氏―又太郎成実―左兵衛春行(弟弾正基行)―左馬尉義清―清水六郎左衛門源義信(脇屋義治末子、佐丸事、母は畑六郎左衛門尉時能娘佐与姫と云ひ義治公愛婦となる、越後の国魚沼郡清水村清水玄蕃宅に隠れ居る内、男子出産、名を佐丸と言ひ真下左馬尉是に付添ひ当村へ連来り、後に婿と致す。真下直延の家を継ぐ、清水家となるに依って氏を改め清水義信と名乗る。応永十一年没)―忠左衛門義親(永享二年没)―又左衛門義直(享徳二年没)―三左衛門義光(文明八年没)―五郎左衛門義清(文亀二年没)―重左衛門義盛(大永六年没)―頼母正義行(天文六年甲州武田家に仕る。天文九年没、六十八歳)―三郎光行(永禄九年没、七十歳)―右近義忠(天正十年没、六十歳)―六郎光義(永禄四年信州川中島合戦に討死す、二十六歳)―真下左京亮源義政(北条氏に仕へ苗氏真下と改める。天正十八年没、三十九歳)、弟真下新六郎貞行(慶長十年没、四十九歳)、弟真下佐仲源重行(天正十年武田家亡びて後、秩父郡黒谷村坂本太郎左衛門宅に隠れし内、同人の娘を妻とし、親類縁を結為、苗氏を坂本と改め文禄四年当村へ帰宅し、坂本佐治右衛門源重行と改める。慶長十九年没、五十五歳)―坂本佐治右衛門義幸」と見ゆ。児玉郡西今井村鈴木文書に「正月二十八日(天正十年)、井之水真下より今井へ無相違可返者也、真下左京之助、今井山城、下真下新六郎」あり。今井山城は今井村の本名鈴木氏なり。○万治三年伝書之事(坂本英二文書)に「真下根元を尋るに、過し天慶の頃平親王将門官臣真下左近正と言者有り、嫡子信行と申者此処に家作し後民と成、是民家の始め成、故真下村と言成、是より五代に至り真下五郎時行・八幡太郎源義家公に仕い、奥州征伐の御供し高名有り。其後、有太夫弘行、長男武蔵守家行、弟基行と申者此処に来住す、依て村名を以て真下太郎基行と名乗る。治承四年頼朝公に御味方す、真下太郎基行・平知章を討取たり、文治元年鎌倉殿の命にて真下基行、渋谷土佐入道昌俊に附添、京都に着仕、源義経夜討に土佐坊討死す、其死骸を塩谷五郎と申合、児玉郡塩谷村へ送り葬、塩谷村金王塚是成。嘉禎四年頼経将軍上洛には真下右衛門三郎有弘御供す、有弘より六代に至り真下佐兵衛・同弾正、新田義貞公に仕う。延元元年新田義興公に附添、上杉朝房と浅見山に戦ひ、東大手口には真下佐兵衛春行、三階松女夫鶴の紋旗を立控へ居り、後門口には真下弾正元幸、同旗を立控へ居り、此時栗崎山に控し上杉重能勢来て前後攻め戦、真下佐兵衛討死す、依て平塚(下真下村字平塚)へ葬る、鎌倉勢阿保原に引、義興公下知にて真下弾正・同左馬丞先陣にて、同年十二月十六日阿保原にて戦。正平六年十一月二十三日駿州薩陀山に足利勢と戦、真下重親・同小太夫を始め児玉党十七騎、今川氏の為に討死す。正平八年、豊島郡石浜にて戦ひ、此時真下弾正・同直信等討死す。脇屋義治公越後国へ隠る、此時畑六郎左衛門時能の娘佐与姫と申者を義治公愛婦と成り御傍に附添居る内佐与姫懐胎有し、義治公御下知に依て真下左馬丞是に附添、越後国魚沼郡清水村に新田家臣清水玄蕃と申者宅に隠居る内、正平十二年三月十八日佐与姫男子出産有て佐丸と名附。碓氷峠にて戦、義治公敗して引。此頃真下佐馬丞嫡子真下民部輔基治、佐馬丞と申合せ、鎌倉基氏属して在城して当村に住す。且脇屋義治公は世を忍び越後国へ行、佐丸を真下左馬尉へ御頼み有、依て児玉党と密談有て、当所真下民部宅へ連来り養育す、佐丸事真下左馬尉婿と成、真下直延の家を継ぐ、清水村清水家の産成に依て氏を改め清水義信と名乗る、此時新田家臣田島兵庫・佐野助太郎と申者尋来り、互に世に出なは取立人と約定仕て供に住す、依て真下・清水・田島・佐野四姓氏先祖は此人々也、且又清水義信の兄脇屋刑部少輔義隆は元中三年箱根山中にて討死す、此時義信は眼病にて不出合して此所に住す。是より七世清水頼母の代に至り真下源左衛門諸共に、天文六年北条氏の為に亡ぶ、此時大軍来を見て田島・佐野両氏は北条へ降参せんと真下源左衛門藤原光俊事は、清水頼母正と一門の人々に向へ、今北条氏康の為に空しく亡ぶる事我残念成りと申ければ、吉田清房・進み出て然れば北条へ降参して後足利一族を亡ぼす事を計るべしと申けれ共、北条家は先祖の敵の末成れば其謀成就致間敷と言て、真下源左衛門藤原光俊・清水頼母嫡子三郎光行・不聞入、我源氏なり平家北条氏には不随に真先に進み討出し、先手に進み来たる蛭河円性と浅見治郎と申者を切殺し大勢を追払ひ、其後より北条の大軍押来るを見て不叶と思ひ城内へ引込り外堀の橋をはづし東大手門を閉じ、是を防ぎ、其夜裏門より忍び出て鬼石村へ行、翌日大軍来て真下家の者を詮議有り此時真下老母隠居屋敷へ病気にて居るを見咎め義行弟清水長太夫答へ、是は当村の庵室なりと申に依り其侭に差置れしなり、後是を龍泉庵(下真下村龍泉寺)と言は是なり。且又真下源左衛門・清水三郎源光行は夫より甲州武田家へ行き家臣と成る、其跡は北条氏の領地と成る。清水頼母正義行此書子孫に伝置者也、此時年六十四歳なり、天文六年十二月十五日。清水頼母の弟清水長太夫事は天文六年八月より民と成て当村に住す、清水頼母義行嫡子清水三郎光行・甲州巨摩郡水上村(韮崎市)に住す。光行嫡子清水太郎義忠は水上村に住す。甲州浪人、水上主水・鈴木源内・田島重左衛門・黒沢彦右衛門・佐野助太夫・吉田清房・斎藤伊勢・三友三太夫・永井金重郎、且又清水太郎義忠は武田信玄公へ仕へ諸所の合戦に御供す、嫡子清水六郎光義は永禄四年九月九日信州川中島合戦に討死す・年二十三歳なり。其後、義忠二男清水左京亮は武田勝頼公に仕へ、天正十年武田家亡ぶ。此時清水左京亮は武州金久保城主斎藤摂津守を頼み居る、左京亮は摂津守付添、此時北条安房守氏邦下知にて斎藤摂津守・奥采女正先陣として、滝川勢攻め来るを防がんと利根川にて戦、天正十年六月二日金久保摂津守討死にて落城す、滝川勢・勝に乗りて戦ふ、此時北条安房守下知にて清水左京亮・同新六郎・佐野助右衛門召し出しに相成合戦御供に立つ高名有、同月十九日奥采女正討死す、是より引取葬し所を采女塚と言。此時清水を改め真下左京之亮・同新六郎との褒賞に被下る、依て真下と名乗る、佐野助右衛門は関根泉と改め被下、依て北条氏に仕い、天正十八年北条氏亡ぶ後徳川氏領地と成る。此時真下左京亮義政嫡子真下左仲、同国秩父郡黒谷村へ行、坂本太郎右衛門宅に隠れ居る内、同人娘を貰ひ妻とし真下村へ帰宅致す事を申に付、太郎右衛門申すに我金銀を与へ見継ぎ遣すべし、下真下村を行、先祖の跡を見立よと言ふ、此時永く親類の縁を為結、苗字を坂本と改よと申すに付清水氏を坂本と改める、文禄四年四月十五日当村に帰宅す」と見ゆ。○同書に「天正十八年六月徳川氏御旗下諏訪安芸守様領地と成る、当村真下城内へ御入来有て、此年雨天続きにて八月より大水にて悪水涌き出し、兵糧蔵へ水入有甚だ難儀に付、殿様は蛭川村鈴木源左衛門屋敷は高地にて竹木有て城地に由き見込の地成に仍て、真下の我城地と取換よと申すに付、御城主様の事故無拠承知致し御受申上しと言ふ、是に依て天正十九年三月諏訪安芸守様蛭川村へ御越し被遊、源左衛門は当村に来るに依て当村真下屋敷蛭川村の鈴木源左衛門屋敷と成る。慶長十六年御検地となる、此時、村年寄坂本佐治右衛門・中島源右衛門・関根将監召し出と成り、右三名にて案内人と成る、坂本佐治右衛門此書子孫に伝置者也、慶長十九年十一月。清水氏、上州新田の出、後に坂本と成る、左京亮の孫佐治右衛門。佐野氏、野州佐野の出、後に関根と成る、助太郎孫将監。福島氏、上州新田出、後に田島と成る、兵庫の孫新右衛門。斎藤氏、真下家臣、後に長谷川と成る、内匠。永井氏、上州惣社より出、後に中島と成る、源右衛門。鈴木氏、今井村鈴木山城の後胤なり、彦右衛門。岡田氏、上州前橋より出る、後に水野と成る、市左衛門。黒沢彦三、上州日野より出る。米沢氏、上州戸塚より出る、喜右衛門。米沢氏、同所より出る、太右衛門。田村氏、上州箱石より出る、善左衛門。新井与左衛門、上州戸塚より出る。横山氏、同所より出る、忠兵衛。明暦二年三月地頭検地有り、村年寄案内者として鈴木源兵衛・坂本利左衛門被仰付。龍泉寺世話人、水野治太夫・田島新右衛門・関根庄右衛門・田島太郎右衛門・鈴木彦右衛門・黒沢清兵衛・坂本又左衛門・中島七右衛門・鈴木惣内・田村惣兵衛、右十名なり、此事寺棟札に有り、万治三年十一月十九日、名主鈴木源兵衛、組頭坂本里左衛門、百姓代田島新右衛門」と見ゆ。下真下村住人(文化文政期四十軒)の殆どが他国からの移住者では、児玉党真下氏発祥頃の平安時代には地頭真下氏だけとなってしまう。坂本家墓地に嘉慶二年宝篋印塔を始め、多数の笠塔があり、是以前から多くの住民が居住していたと思われる。尚、上真下村片貝家墓地宝篋印塔に「応永七年庚辰十一月十五日結衆敬白、成□・妙覚・心□・頼運・頼乗・尭慶・心慶・泉秀・舜円・豪運・快賢・亮運・増秀・心秀・観聖・戒阿・慶阿・心清」と十八名あり。是以外にも多くの住民がいたのであろう。同村の文化文政期は百軒なり。

五 上野国勢多郡女淵村の真下氏 女淵村字真下あり、古代以来居住の屋敷名にて三十六戸現存し、是は苗字なり。家紋は丸に抱茗荷で、当村に児玉党後裔説は無く無関係なり。真下氏系図(坂本英二所蔵)に「真下太郎基行―四郎弘親(武州賀美郡勅使河原村に住す)―中務丞弘常―小太夫―弾正元幸。此子孫上州勢多郡女淵へ落る」と。賀美郡真下村(勅使河原村)は地名附会なり。

六 上野国多野郡鬼石村の真下氏 当村に七戸現存し苗字なり。譲原村(鬼石町)満福寺は延文三年真下伊豆守勘解由左衛門尉吉行の開基と伝へる。譲原村に真下氏は現存無し。上州の苗字と家紋に「児玉党の真下宮内大輔吉弘は源頼朝に従い功あり。十四代真下伊豆守吉行に至り緑野郡譲原郷城ノ平に下山城を築いて移り住む。その後、平井城主上杉憲政に属したが、天文二十年八月、真下吉清が小田原北条氏康に攻め落され、鬼石村に土着す。鬼石町の代官を務め、幕末に名主真下源左衛門あり。鬼石町初代町長真下光治も同門という。家紋は五七桐に一文字」と見ゆ。児玉党後裔説は附会なり。真下氏系図(坂本英二所蔵)に「真下太郎基行―有弘―弘長―重盛―成胤―成氏―成実―春行―義晴―民部輔基治―次郎左衛門親行―三左衛門正行―三郎光行(上州鬼石村へ行、其後甲州武田家へ落て家臣と成る)。此末孫は武田家亡し後、武州幡羅郡三ヶ尻村へ落る」と見ゆ。在名と苗字を混同している。

七 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「三十俵・真下与右衛門」あり。

八 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「寄合並席・真下武左衛門」あり。

九 足立郡下青木村(川口市) 西方寺寛保二年筆子碑に真下四郎右衛門。氷川社寛政六年弁財天碑に真下四郎右衛門、万延元年寄進帳に真下四郎右衛門あり。現存無し。

一〇 同郡鳩ヶ谷町 昭和三年興信録に「真下守衛・所得税九円」あり。

一一 比企郡大谷村(東松山市) 当村年不詳馬頭尊に大谷村真下源左衛門・真下小右衛門・真下栄吉あり。六戸現存す。

一二 榛沢郡深谷町 呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷観音講真下喜作。

一三 同郡宿根村(深谷市) 明治十八年最上農名簿に真下万平・耕宅地一町七反歩・山林二町五反歩所有あり。七戸現存す。

一四 同郡戸森村(深谷市) 雷電寺嘉永二年馬頭尊に真下新五郎。明治九年戸長真下浜次郎・天保二年生。明治十八年最上農名簿に真下浜次郎・耕宅地四町二反歩・山林一町九反歩所有。雷電宮明治二十八年碑に真下浦太郎・真下鷲五郎・真下嘉吉。大寄村会議員に真下浦太郎・嘉永五年生、真下清二・明治二十八年生、真下正之助・明治三十六年生あり。六戸現存す。

一五 同郡高畑村(深谷市) 円能寺明治三十二年筆子碑に真下庄三郎・真下忠吉・真下庄吉・真下覚次郎・真下市太郎・真下力次郎・真下綱五郎・真下音松・真下筆吉・真下啓次郎。大正七年金井元治碑に当所・真下美作・真下覚次郎・真下市太郎・真下正吉・真下又六・真下伊門・真下孫三郎・真下力次郎。十二戸存す。

一六 同郡内ヶ島村(深谷市) 永光寺明治四十年碑に真下忠吉・真下亥八・真下吾三郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国大寄村内ヶ島・真下忠吉あり。三戸現存す。

一七 同郡下手計村(深谷市) 八基村会議員真下梅吉・明治三十八年生あり。一戸現存す。

一八 同郡榛沢新田村(岡部町) 農協前安永八年供養塔に真下善兵衛・真下与右衛門あり。十戸現存す。

一九 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村真下徳次郎・真下福三郎・真下多作あり。三戸現存す。

二〇 幡羅郡本田ヶ谷戸村(深谷市) 東別府神社嘉永七年御嶽碑に本田ヶ谷・真下定次郎。東方村熊野社明治三十年碑に本田ヶ谷戸・真下勇之助・真下雅五郎あり。二戸現存す。

二一 同郡久保島村(熊谷市) 広瀬村文久元年秋山翁碑に久保島村真下熊次郎・真下清次郎。一戸現存す。

二二 同郡四方寺村(熊谷市) 湯殿神社文化十年碑に真下万蔵。二戸存す。

二三 同郡三ヶ尻村(熊谷市) 幸安寺嘉永六年碑に当所真下専右衛門、慶応二年権田門人碑に真下文吉郎、親類真下仙左衛門。八幡社安政六年水鉢に真下仙右衛門、慶応二年碑に真下仙左衛門。明治九年副戸長真下文吉郎。昭和三年興信録に「三尻村・真下専一・所得税百二十六円」あり。三戸現存す。

二四 男衾郡本田村(川本町) 当村に此氏多く存し、マシタ氏三十数戸、マシモ氏十数戸存す。古代以来の居住者にて百済人沙族鍛冶集団なり。当村に小名百済木あり、渡来人鍛冶集団の鹿島古墳群がある。沙(ます)、畠山、本田条及び二項、三項参照。時宗教念寺は、はじめ法相宗で天平二十年玄等和尚の草創と伝へる。風土記稿本田村条に「相伝ふ、昔教念寺の住持職として、親王家の枝属下向ありし時、真下・亀井・近藤・築地などいへる者共、従ひて当所に移れり。旧家者喜太夫、氏を真下と云ふ。建武二年、先祖藤四郎が所領を賜はりし時の文書、及び文禄二年の検地帳を蔵するのみにて、別に伝へなきは闕事と云ふべし」と。文禄四年下本田郷検地帳(真下喜一所蔵)に「真下喜右衛門・二十四町四反四畝歩。真下因嶽・二十町四反一畝歩」。教念寺万治三年鐘銘に真下次郎左衛門。延享二年文書に名主真下清次郎。春日社延享三年鹿島碑に真下藤蔵・真下宇右衛門。宝暦十年熊谷宿屋敷持主に本田村真下藤蔵抱屋敷と見ゆ。私塾師匠幕臣真下利兵衛・安政二年没。江戸末期に名主真下新五右衛門・名主真下平左衛門。明治七年柴田文書に本田村真下喜三郎・真下喜次郎・真下勇吉・岡屋敷真下繁次郎。明治三十三年船水車所有に真下利三郎・真下亀吉・真下只助。昭和三年興信録に「本畠村・真下正義・所得税十六円」あり。

二五 児玉郡本庄宿 石川剣道場門下生に天明四年・本庄宿真下喜伝治、寛政四年・本庄宿真下小伝治あり。

二六 同郡新井村(本庄市) 安永五年利根川筋絵図面(倉賀野町須賀文書)に三友河岸船問屋真下六右衛門あり。一戸現存す。

二七 同郡飯倉村(児玉町) 明治九年副戸長真下甚平・天保九年生。用土村明治十三年仙元碑に飯倉村真下甚平あり。三戸現存す。

二八 那賀郡猪俣村(美里町) 二柱神社明治十三年水鉢に真下久五郎あり。四戸現存す。

二九 秩父郡下田野村(皆野町) 明治九年副戸長真下与一郎・嘉永四年生あり。現存無し。

三〇 同郡三山村(小鹿野町) 明治九年副戸長真下仲吉あり。一戸現存す。

三一 同郡大内沢村(東秩父村) 正善寺過去帳(縹渺のあと所収)に「○全翁了円・真下与吉父・又八事・天保十四年九月、永室貞寿・真下与吉母・又八妻・天保十四年九月、夏岳凉雲・真下与吉事・金七父也・万延元年五月、無量院真相妙寿・真下与吉母・明治六年四月、智岳院穐月妙光・真下蔦五郎妻・与吉娘・明治十年八月。○円室妙安・真下寅吉母・弘化三年八月、天心良性・真下寅吉父・九十三才・三右衛門事・安政五年七月。○清室玅流・真下幸八母・弘化四年七月、蓮室妙光・真下松太郎妻・嘉永五年二月、天岳浄心・真下松太郎父・幸八事・嘉永六年七月、孝岩妙貞・真下松太郎母・明治七年七月。○清屋貞久・大入・真下勇次郎母・八十九才・嘉永二年八月、梅室妙香・大入・真下森蔵母・勇次郎妻・文久元年十二月、崔萃勇耕・大入・真下勇次郎事・明治二年五月。○清室妙鏡・真下七五郎妻・三之助母・嘉永三年十月、花蓮院観室妙空・ハヂ・真下菊次郎母・三之助妻・文久二年八月、永明院鶴翁栄寿・ハヂ・真下三之助事・明治五年二月、紅岳院潭月妙照・真下忠太郎妻・菊次郎娘・明治十年一月。○法室全洞・真下勘次郎事・嘉永五年十二月。○円山妙道・真下仙蔵妻・喜三郎母・安政三年十二月、観室浄音・真下仙蔵事・喜三郎父・万延元年十二月。○松岳了関・上ノ貝戸・真下源蔵事・文久二年六月。○全室妙安・カサ・真下政之丞母・文久二年十二月。○本岳宗源・周地・真下周三郎父・鍋助事・文久二年十二月。○香山妙喜・真下斧太郎母・明治九年四月」と見ゆ。字井草寛政三年供養塔に大内沢村真下四郎兵衛。御堂村浄蓮寺過去帳に「天保七年、大内沢村里正真下三之助寄進」。大内神社前明治二十三年碑に真下篤五郎。字上ノ貝戸明治二十六年御嶽碑に大内沢・真下国吉・真下又市・真下染五郎・真下惣五郎・真下七五郎・真下卯之吉・真下斧太郎・真下周三郎。昭和三年興信録に「槻川村・真下惣五郎・所得税十八円」。十四戸存す。

眞下 マシモ 上尾、岩槻に存す。

真霜 マシモ 川口に存す。新潟県十日町市二十七戸あり。

間下 マシモ

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百十石・間下八右衛門」あり。

二 埼玉郡三俣村(加須市) 諏訪社正徳三年御神燈に間下宇兵衛・間下治兵衛、享和二年御神燈に三俣村間下万之丞。諏訪二丁目嘉永元年馬頭尊に三ツ俣村東木戸・間下源蔵。諏訪社明治二十一年碑に間下万蔵、明治二十三年碑に間下源蔵あり。マシモ氏一戸現存す。

三 同郡日野手新田(羽生市) 三田ヶ谷村史に「日野手新田、元禄十四年間下喜兵衛の一族此地を相し帰農し日の出新田と称す」。明治九年副戸長間下喜兵衛・天保三年生(名主)。昭和三年興信録・所得税に「三田ヶ谷村・間下源次郎・十七円、間下孫惣・十六円」。マシモ氏二戸存す。

四 同郡弥勒村(羽生市) 下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に弥勒・間下八左衛門あり。マシモ氏五戸現存す。

五 入間郡砂新田(川越市) 喜多院明治三十四年水鉢に砂新田下駄職間下岩太郎あり。マシタ氏二戸現存す。

六 同郡越生町 明治三十五年米穀商間下九十郎あり。マシタ氏三戸、マシモ氏一戸現存す。

七 比企郡一本木村(川島町) 明治九年戸長間下俵三郎・天保十二年生あり。マシタ氏三戸現存す。

八 横見郡江綱村(吉見町) 当村に此氏の旧家あり。マシモ氏九戸現存す。

増茂 マシモ 久喜、東松山に存す。栃木市十七戸あり。マスモ参照。

真謝 マシャ 草加に存す。

増山 マシヤマ 大宮、桶川、白岡、朝霞、越谷、三郷、八潮等に存す。栃木県下都賀郡大平町十五戸、石橋町二十六戸、国分寺町十五戸、栃木市百十戸あり。マスヤマ参照。

真秀 マシュウ 春日部に存す。栃木県足利市二十戸あり。

間正 マショウ 那賀郡小平村(児玉町)石神社文政七年供養塔に間正市太郎・間正庄五郎・間正要助・間正源五郎。明治九年副戸長間正卯吉・天保五年生。秋平小学校明治三十二年碑に小平・間正宇平・間正友吉・間正常吉・間正藤吉・間正弥十郎・間正仙次郎・間正市松。九戸存す。

間丈 マジョウ 春日部に存す。

真白 マシロ 所沢に存す。

一 児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に真城淳斎、明治三十五年碑に真白平三郎あり。一戸現存す。

二 秩父郡藤谷淵村(長瀞町) 明治六年光安寺住職真白純誉。現存無し。

眞白 マシロ 所沢に存す。

沙 マス 五世紀頃に百済国の支配層八氏の一にて、随書・百済伝に「国中大姓有八族。沙氏、燕氏、ь=A真氏、解氏、国氏、木氏、苗氏」と見ゆ。和名抄・安芸国沙田郡は「万須多(ますだ)、今沙・豊に作り、止与太(とよた)と註す」とあり。広島県豊田郡の古名にて、大和朝廷は百済僧を豊国僧と呼んでいた。豊は百済の古名なり。田は百済語の郡県・村の意味。百済人沙族の集落を沙田(ますだ)と称し、升田、益田、増田の佳字を用いる。姓氏録・左京諸蕃に「沙田史、百済国人意保尼王の後より出づる也」と見ゆ。沙田史(ますだのふびと)は朝廷の記録を掌る史部(ふひとべ)にて文人(ふみびと)なり。史職は百済族船史など多くは百済人を用いた。和名抄・陸奥国磐井郡沙沢郷(ますざわ)は今の岩手県藤沢町増沢なり。

升 マス 浦和、川越、熊谷に存す。

枡 マス 和光、狭山に存す。宮城県柴田郡大河原町八戸あり。沙条参照。

桝 マス 浦和、新座、狭山等に存す。

益 マス 蕨、大宮、杉戸等に存す。

猿 マス 川越に存す。

増 マス 三郷、飯能、小川、深谷、秩父、荒川等に存す。

一 比企郡小川町 明治三十五年穀肥料商中村屋増新三郎。一戸現存す。

二 秩父郡横瀬村 秩父志に「横瀬村奥社鐘銘に貞享三年九月・施主増氏。丹生神社は字棚窪に在り、社司増山城守」と。享保十二年守屋文書に諏訪大明神増吉之助・丹生明神増石見。秩父神社日鑑に享和二年横瀬村丹生明神々主増山城。文化六年加藤文書に熊野権現祠官増右門・祠官増山城義則。明治十四年神輿寄付連名帳に三番耕地根古屋増倉吉、六番耕地中郷増佐藤あり。現存無し。

増井 マスイ 増は二字の制度により増井と称す。百済人沙族の集落を沙井と称し、増井の佳字を用いる。沙条参照。各市町村に存す。新潟県新津市三十戸。福島県河沼郡柳津町十二戸、会津若松市五十四戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「四百石・本国信濃生国同・増井武左衛門・四十五歳、甲斐守輝綱臣・十人扶持・増井十郎右衛門、同人臣・三両二人扶持・本国信濃生国武蔵・増井弥次右衛門・二十五歳」あり。

二 高麗郡久下分村(飯能町) 北野新田吉祥院明和六年供養塔に飯能村久下分村増井六兵衛あり。現存無し。

増居 マスイ 与野、行田等に存す。

升井 マスイ 浦和、北本、岩槻、松伏、所沢等に存す。

枡井 マスイ 大宮に存す。

舛井 マスイ 浦和、川口、桶川、戸田、鶴ヶ島等に存す。茨城県那珂郡東海村四十六戸あり。

桝井 マスイ 浦和、大宮、川口、草加、朝霞、新座、和光、川越等に存す。

益井 マスイ 和光、所沢、岩槻に存す。島根県鹿足郡津和野町六戸あり。

益居 マスイ 草加に存す。

益池 マスイケ 所沢に存す。

枡一 マスイチ 上尾に存す。

升内 マスウチ 熊谷に存す。

増尾 マスオ 群馬県邑楽郡大泉町十五戸。茨城県稲敷郡美浦村二十三戸。東京都武蔵村山市三ツ木十一戸。神奈川県平塚市二十四戸。岩手県九戸郡軽米町十一戸あり。マシオ参照。

一 入間郡石井村(坂戸市) 当村に此氏の旧家あり。十戸現存す。

二 本庄町 明治四年諸井文書に台町増尾瀧蔵あり。現存無し。

増岡 マスオカ 岡は大ノ国(後の百済、伽耶地方)の渡来人集落を称す。百済人沙族の集落を増岡、升岡、益岡と称す。岡、沙(ます)条参照。

一 忍藩阿部氏 文化四年忍藩分限帳に「御中間頭・三両余二人扶持・増岡幾八」あり。

二 埼玉郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「下組百姓増岡清右衛門は文化中より百姓に成、先祖は元和以後上宿に落着申候」。香取社文化三年鳥居碑に大沢町上組増岡清右衛門あり。

三 同郡高曽根村(岩槻市) 薬師堂文化五年供養塔に増岡重右衛門。稲荷社文化十年御神燈に当所増岡七蔵・増岡沢右衛門・増岡幸七・増岡浅右衛門・増岡乙右衛門、文化十四年天神碑に増岡文次郎・増岡久米蔵。野島村浄山寺文化十年供養塔に高曽根村増岡勘右衛門。笹久保村地蔵院嘉永四年供養塔に高曽根村増岡伝右衛門。薬師堂安政二年庚申塔に当所増岡孫七・増岡喜三右衛門・増岡伝右衛門・増岡兵右衛門・増岡長之助。明治九年副戸長増岡善次郎(私塾師匠、大正五年没七十七歳)。明治三十年人名録に増岡藤太郎・安政四年生・地租三十六円。六戸存す。

四 同郡末田村(岩槻市) 浄音寺弘化四年天神碑に末田村増岡福□□あり。五戸現存す。

五 同郡鹿室村(岩槻市) 宝国寺正徳二年供養塔に鹿室村増岡七郎兵衛・増岡吉兵衛。和泉三社神社宝暦九年稲荷碑に増岡甚右衛門。当所文政十二年浅間碑に増岡藤助・増岡音次郎・増岡門蔵。不動堂万延元年庚申塔に増岡清十郎・増岡三蔵あり。四戸現存す。

六 同郡羽生町 明治五年大工職増岡徳之助あり。

七 足立郡八王子村(与野市) 与野町一山神社明治三十五年碑に八王子増岡藤右衛門あり。二戸現存す。

八 同郡小深作村(大宮市) 神明社明治十九年御神燈に増岡徳蔵あり。三戸現存す。

九 同郡鴻巣町 明治三十五年白木綿商増岡嘉蔵あり。

一〇 同郡八幡田村(鴻巣市) 八幡寺延享五年庚申塔に八幡田村増岡左吉あり。五戸現存す。

一一 入間郡上谷ヶ貫村(入間市) 当村に此氏多く存す。明治九年戸長増岡七平・天保十三年生。明治十一年比留間文書に増岡重平・増岡善吉・増岡茂三郎・増岡筆吉・増岡忠五郎・増岡松五郎・増岡次平・増岡与助・増岡卯平・増岡友次郎・増岡藤平・増岡栄蔵・増岡久蔵・増岡たま。私塾師匠増岡広海・明治二十六年没七十歳あり。

一二 同郡寺竹村(入間市) 金刀比羅神社文化五年狛犬に増岡亀左衛門あり。八戸現存す。

一三 同郡三ツ木村(入間市) 当村明和六年地蔵尊に三ツ木村増岡伊右衛門あり。六戸現存す。

一四 高麗郡上畑村(飯能市) 明治二十二年埼玉勧業会員増岡浜次郎・増岡重次郎。昭和三年興信録に「南高麗村・増岡重兵衛・所得税三十九円」あり。五戸現存す。

一五 同郡下畑村(飯能市) 明治十六年山稼議定書に増岡金五郎あり。現存無し。

升岡 マスオカ 川越、行田に存す。

枡岡 マスオカ 越谷、毛呂山に存す。

舛岡 マスオカ 岩槻、入間に存す。島根県八束郡美保関町五戸あり。

桝岡 マスオカ 越谷、草加に存す。

益岡 マスオカ 沙岡の佳字にて、百済人沙族の集落を称す。増岡条参照。

一 埼玉郡岩槻町 明治三十五年薬種商益岡賢三郎あり。

一 同郡黒谷村(岩槻市) 当村に此氏多く存す。光善院宝暦十二年庚申塔に新田組増岡平十郎母、天保三年天神碑に益岡定吉・益岡栄蔵・益岡幸次郎・益岡留九郎。当村文化十一年庚申塔に益岡政右衛門。久伊豆社天保二年水鉢に益岡新蔵・益岡庄次郎・益岡岩次郎・益岡勇次郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に岩槻領黒谷村益岡喜左衛門・益岡友右衛門。明治九年副戸長益岡庄次郎・天保九年生。明治三十年人名録に和土村収入役益岡庄次郎、益岡平八・万延元年生あり。

桝家 マスカ 川口、大宮等に存す。

増賀 マスカ 川越に存す。

升掛 マスカケ 浦和に存す。

舛掛 マスカケ 上尾、騎西等に存す。

升方 マスカタ 富士見に存す。

升潟 マスガタ 草加に存す。

増形 マスガタ 入間郡増形村(川越市)あり。浦和に存す。栃木県塩谷郡氏家町十六戸あり。

益金 マスカネ 所沢に存す。

桝上 マスカミ 川越に存す。

増川 マスカワ 川(なり)は古代朝鮮語で鉱山鍛冶等の非農民集落の意味。百済人沙族の鍛冶集落を増川と称す。各市町村に存す。新潟県小千谷市二十四戸。山形県西村山郡河北町四十四戸、村山市三十二戸、東根市二十七戸。青森市三十九戸あり。

一 埼玉郡今鉾村(加須市) 久伊豆社弘化三年碑に増川幸左衛門あり。一戸現存す。

増河 マスカワ 忍城士にて、成田分限帳に「五貫文・増河与右衛門」あり。

升川 マスカワ 川口、上尾、新座、和光等に存す。山形県西村山郡河北町十三戸あり。

枡川 マスカワ 新座、所沢等に存す。

舛川 マスカワ 幸手に存す。

桝川 マスカワ 鴻巣、所沢等に存す。

益川 マスカワ 川口、越谷、三郷、羽生、入間、川越、坂戸、熊谷に存す。

増木 マスキ 沙木の佳字なり。長野県茅野市十六戸あり。

一 松山町 明治三十五年材木商増木春吉あり。一戸現存す。

増喜 マスキ 上尾に存す。

益城 マスキ 桶川、久喜、越谷に存す。

一寸木 マスキ 神奈川県平塚市六戸あり。チョットギ参照。

間杉 マスギ 沙木の佳字なり。秋田県南秋田郡飯田川町十六戸あり。

真杉 マスギ 川口、浦和、上尾、草加、本庄等に存す。

馬杉 マスギ 大宮、新座、狭山、春日部、越谷、栗橋等に存す。

升国 マスクニ 新座に存す。

桝口 マスクチ 岩槻に存す。

増倉 マスクラ 古代朝鮮語で倉は銅の意味で、百済人沙族の鋳物師集落を称す。川口、大宮、与野、熊谷等に存す。

升倉 マスクラ 志木に存す。

舛倉 マスクラ 富士見に存す。福島県双葉郡浪江町九戸あり。

増子 マスコ 子は胡(こ)の佳字にて、大和朝廷は百済人を胡(えびす)・蕃(えびす)と蔑称した。百済人沙族の集落を増子・益子と称し、マスコ、マシコと唱えた。各市町村に存す。○栃木県那須郡那須町二十三戸。○茨城県久慈郡里美村十五戸、水府村十戸、大子町三十戸。○新潟県岩船郡山北町五十九戸、朝日村二十戸、北蒲原郡黒川村二十五戸、新発田市四十戸。○福島県東白川郡矢祭町二十四戸。○山形県天童市二十三戸あり。マシコ参照。

一 足立郡安行慈林村(川口市) 宝厳院厨子銘に「文明十五年五月十一日、ます子」と見ゆ。大陽寺条参照。

増古 マスコ 浦和、朝霞、志木、大井、宮代、行田、秩父等に存す。

益子 マスコ 各市町村に存す。○栃木県上都賀郡粟野町十三戸、鹿沼市十六戸。○福島県東白川郡塙町十九戸あり。マシコ参照。

桝幸 マスコウ 新座に存す。

増坂 マスザカ 新座に存す。

増崎 マスザキ 志木、川越等に存す。

益崎 マスザキ 大宮、岩槻等に存す。

増沢 マスザワ 沢は慶尚南道梁山にあった大ノ国(後の百済、新羅)の匝羅(さわら)のことで、新羅人沙族の集落を増沢、益沢と称す。沢のことは大沢条参照。各市町村に存す。長野県諏訪郡下諏訪町七十五戸、上伊那郡辰野町二十七戸、南安曇郡豊科町二十戸、上田市四十四戸、諏訪市五十四戸、岡谷市百五十戸あり。

増澤 マスザワ 各市町村に存す。

升沢 マスザワ 浦和、和光に存す。

升澤 マスザワ 鶴ヶ島、吹上に存す。

舛沢 マスザワ 青森県十和田市三十戸あり。

枡沢 マスザワ 浦和、蕨、所沢に存す。宮城県遠田郡田尻町八戸あり。

枡澤 マスザワ 北本、三芳に存す。

鱒沢 マスザワ 岩手県紫波郡紫波町十六戸あり。

増塩 マスシオ 大宮、蕨に存す。

増島 マスジマ 島は村の意味。百済人沙族の集落を増島、益島と称す。

一 足立郡箕田村(鴻巣市) 私塾師匠武士増島俊輔・号篤斉・松花園・阿陋庵・嘉永五年没六十一歳、門弟千人余あり。氷川八幡社明治十三年幟碑に増島吉助(俊輔子)。三戸存す。

二 入間郡下奥富村(狭山市) 当村に此氏多く存す。亀井神社弘化四年水鉢に下奥富村増島清七.。奥富神社明治三十九年碑に奥富村増島行平・増島長平・増島佐市あり。

三 高麗郡飯能町 昭和三年興信録・所得税に「増島ゆき・五十七円、増島徳・二十六円」あり。五戸現存す。

増嶋 マスジマ 下奥富村に存す。

増オ マスジマ 鴻巣に存す。

升島 マスジマ 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣にて、元禄七年川越藩分限帳に「御勘定与力・十両五人扶持・升島直右衛門」あり。

益島 マスジマ 三郷に存す。

舛甚 マスジン 戸田、幸手等に存す。青森県北津軽郡金木町五戸あり。

増住 マスズミ 志木、富士見に存す。

桝瀬 マスセ 忍城士にて、成田分限帳に「三十六貫文・桝瀬長右衛門」。

増田 マスダ 田は郡県・村の意味。百済人沙族の集落を沙田(ますだ)と称し、増田、益田、升田の佳字を用いる。沙条参照。田のことは太田条参照。又、増田・益田はマシタとも読み、真下(ました、ましも)の佳字を用いる。マシモ条参考にせよ。幡羅郡上増田村(深谷市)あり、金沢文庫文書の文保頃に「成田左衛門尉跡・幡羅郡益田」と見え、紀州那智山米良文書に「応仁二年三月五日、旦那在所注文、みかしり一円、ます田一円、西ちゃうのはな一円、東ちゃうのはな一円、ふかい一円、大ぬま一円」と見ゆ。下増田村(熊谷市)は西別府村より元禄年間に分村し、古名を中里村と唱えた。別府条七項参照。埼玉郡増田新田(春日部市)は宝永年間に岩槻久保宿増田彦右衛門が開発す。此氏は武蔵国に多く存す。○群馬県利根郡月夜野町七十七戸、邑楽郡板倉町九十四戸、千代田町三十戸、新田郡尾島町三十五戸、太田市九十戸、館林市百戸。○茨城県結城郡石下町六十七戸、猿島郡三和町三十六戸。○千葉県香取郡小見川町八十八戸、八日市場市百戸。○長野県小県郡青木村四十三戸、南安曇郡三郷村三十七戸。○青森県弘前市百二十戸あり。

一 幡羅郡上増田村の増田氏 風土記稿上増田村条に「古城跡、堀形土居のみ残りて、百姓の屋敷となれり。東西九十四間、南北六十九間許の地なり。増田四郎重富と云ふもの住せり」。大里郡神社誌に「上増田村諏訪山神社獅子頭の神事の起りは、人皇百五代後柏原院・永正飢饉に疫病流行す時に、虚空より獅子頭一つ降りしだれり。神職常政長富・七頭を作り正月十五日より十七日迄八つの獅子頭を舞し、疫神を切払ふ。戦国時代、増田の城主増田四郎重富というものあり、後重富は作戦上居を比企郡に移し治績大に見るべきものあり。今高見村に重富神社として祀られ、文殊も野原村に在り。重富・在村当時には今の野原文殊も上増田村諏訪神社に合祀せられしものの如し。現今も氏子中に重富の子孫ありとて、重富神社並文殊様より屡々招待せらるることあり。古城跡は本村の西北に在り」と見ゆ。上増田村に増田氏は現存無し。古城跡は神主常政氏の屋敷跡であろう。増田重富の居住説は野原村文殊寺伝・及び上州後閑村増田家譜等によるもので地名附会なり。重富は当村とは無関係なり。

二 比企郡高見城主増田氏 高見村(小川町)四津山に高見城あり、四津山城とも称す。風土記稿高見村条に「増田重富居蹟あり、其事蹟詳ならず。されど男衾郡野原村文殊寺に重富の塚あり、法名傑山英公と号す、長享元年二月三日卒せしと云り」。野原村文殊寺伝に「文明十三年火災にかかり、同十五年増田四郎重富が中興開基す」。明治四十年四津山神社明細書に「愛宕神社は地名にもとづき四津山神社と改称し、高見・能増七十七戸の氏子の鎮守とす。同愛宕神社は四津山の城主増田四郎重富の祀られし氏神なり。氏子惣代増田甚三郎・増田薫佳・増田邦三郎」と見ゆ。城下の能増村に増田氏(家紋、丸に鷹の羽)七戸現存す。及び近村の塩村・大麻生村・佐谷田村等に多く存し古代以来の居住者なり。増田重富は能増村出身の苗字にて上増田村発祥説は地名附会なり。能増村増田稔家前に重富の後裔本山派修験経智院の屋敷跡あり。同所の教智院由来の碑に「高見四津山の城主増田四郎重富の裔、僧宗継大永元年城南能増村に修験宗経智院を創立す、即ち増田家の祖なり。其の後天正の頃宗良の代教智院と改め時の検校官より親しく之を免許せらる。以来十三代三百余年に亘り一貫して只管奉す。明治五年修験宗を廃止する。十七代増田弘一建立・昭和四十一年四月」とあり。昭和初期に東京向島へ移転す。

三 上野国利根郡後閑村の増田氏 月夜野村史に「康永年間に後閑次郎祐房が後閑館を構え、後応永年中後閑景道の代信州勢に追われて家臣は一時四散したが、後再び帰村して後閑館に入り、後閑村の定庄屋となった。家臣に家臣に田村三郎、青木草平、渋谷惣左衛門、桑原六郎、七五三木四郎左衛門、番場三郎左衛門があり、これを後閑六苗といい後閑村における最ま古い姓とされている」。「増田氏。祖は秩父党とも児玉党ともいわれているが明確でない。永享の乱に破れた武州四ツ山城主増田四郎重富が、自害に当って一子小四郎重政を旧友玉泉寺住職一州和尚のもとに潜居させたのが本村における増田の祖で、永享二年といわれ、最初下牧村玉泉寺八幡宮南面に居を構え、沼田氏に仕えた。二代隼人は中山城(吾妻郡高山村)に去って吾妻方面の増田の祖となり、三代正雲斎は後閑氏を継承してのち後閑定庄屋となった。三代正雲斎の長子外記信孝は慶長年中入村(後閑駅南方)を開発、真田氏失脚と共に土着した。三男新左衛門長宗は慶長頃に師村へ分家し、約七十年間に其の一族は十三戸となる。丸に抱き沢潟を家紋とする」と見ゆ。昭和三十年の戸数は康永・応永以来の土豪後閑六苗の田村氏六戸、青木氏二戸、渋谷氏五戸、桑原氏九戸、七五三木氏七戸、番場氏九戸である。慶長年間土着説の増田氏は後閑村に三十三戸、師村に十五戸である。戸数から考えて増田氏は後閑六苗より遥か古代に土着していた開発者なり。増田氏系図(増田清三所蔵)に「平重盛―資盛―関盛国―長崎盛綱―頼綱―時綱―高清―為基―四郎左衛門清重(幡羅郡上増田村に居住し、増田氏を名乗る)―増田八郎左近将監―刑部大輔重光―伊勢守重康―三郎左衛門重則―重兵衛尉助則―四郎重富(比企郡四津山に城を築き、古河公方足利成氏に仕う)―小四郎重政(長享元年、父討死の時、家臣菊地庄左衛門・新井民部丞に伴なわれ沼田在の玉泉寺住職を頼り、その地に居住し、領主大友氏に仕へ、十四貫文を領す)」とあり。系図は信用出来ず、此氏は武州上増田村及び四津山城は無関係なり。武蔵国では村名より発祥した苗字は例が無い。

四 秩父郡仲山城士の増田氏 延文二年城主阿仁和兵衛尉直家の家臣増田安太郎大将にて五十騎は大手一の坂より三の坂まで守備す。阿仁和条参照。

五 鉢形城士の増田氏 上野国多野郡黒沢文書に「天正八年六月十一日、小鹿野近辺増田分を領す」。寄居村正龍寺文書に「七月二十九日、明朔日御出馬必定候、其地人数、三日ニ必ず江戸城可打着候、猪俣左衛門尉殿・本郷越前守殿・用土新六郎殿、黒沢右馬助殿・逸見左馬亮殿・増田弾正忠殿、氏邦花押」。重臣なり。

六 深谷城士の増田氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、増田郷左衛門」あり。

七 忍城士の増田氏 成田分限帳に「十貫文・増田喜左衛門」あり。

八 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百五十石・増田次兵衛・是は忍にて罷出・遠州之者」あり。

九 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「歩行組頭・四十俵二人扶持・増田勘太夫」。享保八年軍役帳に「百五十石・増田勘太夫」。文化四年分限帳に「茶道坊主・三両二人扶持・増田友悦」あり。

一〇 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「三石余二人扶持・増田増次郎」あり。

一一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二百石・増田庄左衛門」あり。

一二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御代官・八両三人扶持・増田新助、御勘定方・五両三人扶持・増田平四郎」あり。

一三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十人扶持・増田直夫、二十四俵二人扶持・増田与一郎、二十一俵二人扶持・増田員、七両二人扶持・増田房蔵」あり。

一四 川越藩松平大和守家臣 明治四年前橋藩職員録に「権少属・土木営繕方・増田甚平」あり。

一五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊目付役・九石二人扶持・亡父秀兵衛・増田弁輔・二十九歳、同役・八石二人扶持・亡父織左衛門・増田織左衛門・五十歳、御徒銃隊格・六石二人扶持・亡養父勘左衛門・増田勘七・三十二歳」あり。

一六 葛飾郡徳島村(三郷市) 稲荷社寛政五年庚申塔に徳島村増田新助あり。三戸現存す。

一七 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に増田昭左衛門・増田伝左衛門・増田利右衛門、文化十三年庚申塔に樋口村増田兼治郎・増田留蔵・増田伝之助、文政六年庚申塔に樋口徳島講中・増田新右衛門・増田富蔵・増田松治郎・増田伝之助・増田己之助・増田伝六・増田留五郎・増田庄吉あり。十六戸現存す。

一八 同郡笹塚村(三郷市) 明治七年深井文書に増田義兵衛。三戸現存す。

一九 同郡彦倉村(三郷市) 虚空蔵堂延宝八年庚申塔に増田五郎兵衛あり。現存無し。

二〇 同郡川富村(吉川市) 円龍院跡天和元年庚申塔に増田宗衛門、享保四年六地蔵に増田宗右衛門、宝暦四年供養塔に河富邑増田伊五衛門、文政六年庚申塔に増田与三郎・増田沢右衛門。明治九年副戸長増田平兵衛・天保三年生。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に川富村増田伝吉・増田幸蔵。明治三十年人名録に書籍店増田鉞次郎・慶応三年生あり。二戸現存す。

二一 同郡吉屋村(吉川市) 香取社文政五年御神燈に増田八郎右衛門、天保三年庚申塔に増田八郎右衛門、明治三十九年碑に増田豊三郎・増田利平・増田寅蔵あり。四戸現存す。

二二 同郡川藤村(吉川市) 吉祥院寛政七年供養塔に増田佐治右衛門あり。三戸現存す。

二三 同郡川野村(吉川市) 明治三十年人名録に増田伝太郎・明治元年生・地租十五円あり。一戸現存す。

二四 同郡平方新田(吉川市) 神明社明治三十九年碑に増田兵五郎・増田幾蔵あり。一戸現存す。

二五 同郡大川戸村(松伏町) 当村に此氏多く存す。八幡社享保十三年庚申塔に大川戸之内宿村増田宗四郎、天保二年阿夫利碑に増田八弥、慶応三年御神燈に本田増田茂兵衛。明治六年大川戸学校人員録に増田吉三郎次女つね・十歳、増田半六孫長女かど・十一歳、増田善平長男平八・十六歳、同人次男浪吉・十四歳、増田藤八孫藤三郎・七歳、増田惣兵衛孫むら・十一歳、増田四郎右衛門養女とく・十歳。明治九年戸長増田吉三郎・天保七年生。明治三十年人名録に増田才次郎・天保四年生・地租三十円、松伏領村収入役増田増三郎・明治十二年生、雑穀商増田意十郎・嘉永四年生あり。

二六 同郡上赤岩村(松伏町) 明治二十四年本村上組増田広吉。現存無し。

二七 同郡金杉村(松伏町) 覚性寺江戸末期庚申塔に増田林平・増田勘右衛門。明治三十年人名録に増田酉吉・文久元年生・地租十六円あり。三戸現存す。

二八 同郡築比地村(松伏町) 下香取社文化五年庚申塔に増田平八.。妙応院文久元年成田山碑に増田七兵衛あり。一戸現存す。

二九 同郡倉常村(庄和町) 愛宕社文化十年庚申塔に増田善兵衛、明治四年天満宮碑に増田祐右門。二戸存す。

三〇 同郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に増田源治郎あり。現存無し。

三一 同郡新宿新田(庄和町) 中野村天神社安政四年水鉢に庄内領新宿新田増田伊和右衛門家七代孫照重。代々名主を世襲す。中野村香取社文久三年大杉碑に新宿新田増田浅之丞・増田栄吉、明治二十五年雷神碑に新宿増田善蔵・増田伊兵衛あり。四戸現存す。

三二 同郡中野村(庄和町) 香取社文政七年庚申塔に増田富吉。一戸存す。

三三 同郡西宝珠花村(庄和町) 明治初年名主増田権兵衛あり。四戸存す。

三四 同郡永沼村(庄和町) 八幡社元治元年石塔再建碑に増田三左衛門・増田吉五郎、明治二十八年碑に永沼増田久次郎・増田三作・増田茂七、明治三十六年水鉢に上谷増田七蔵、向道中増田豊吉・増田はつ・増田勘五郎・増田兼次郎。十一戸存す。

三五 同郡金崎村(庄和町) 道善寺文化七年普門品に増田兵右衛門。香取社安政二年小御嶽碑に増田定助あり。三戸現存す。

三六 同郡八丁目村(春日部市) 香取社宝暦十年稲荷碑に増田富七、文政十年御神燈に増田伴吉。現存無し。

三七 同郡不動院野村(春日部市) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に不動院野村増田吉蔵。大杉神社明治二十四年碑に増田茂吉あり。四戸現存す。

三八 同郡広戸沼村(杉戸町) 鹿島社文久二年碑に増田新兵衛。観音堂慶応二年碑に増田甚蔵増行(百姓代)。明治三十年人名録に増田甚蔵・天保八年生・地租二十三円。一戸現存す。

三九 同郡遠野村(杉戸町) 百間村青林寺寛政十年文書に遠野村増田庄兵衛。椿村文珠堂明治十五年筆子碑に遠野村増田佐吉あり。二戸現存す。

四〇 同郡堤根村(杉戸町) 天然寺享保九年地蔵尊に増田角右衛門あり。現存無し。

四一 同郡深輪村(杉戸町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に深輪村増田勘太郎あり。現存無し。

四二 同郡宮前村(杉戸町) 鷲巣村正明寺寛政六年宝篋印塔に宮前村増田祐七.。明治二十年規約に増田常七あり。三戸現存す。

四三 同郡目沼村(杉戸町) 宮前村豊郷神社天保十三年碑に目沼村増田庄次郎。明治二十年規約に増田六次郎あり。二戸現存す。

四四 同郡幸手宿 神明社安永三年庚申塔に増田友吟。幸宮神社天保二年狛犬に仲町東裏増田伝吉・増田卯右衛門、明治三十三年幟碑に増田亀次郎・増田藤吉、明治四十二年碑に増田清吉・増田喜平。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流幸手宿増田道明。明治三十五年米穀商増田瀧次郎・人力車業増田長之助・飲食店常盤屋増田藤吉・白木綿商増田千代吉・果物商左官屋増田岩吉あり。

四五 同郡権現堂村(幸手市) 字新田墓地文化九年庚申塔に権現堂新田増田角兵衛・増田権之丞・増田伝七.。大日神社元治二年水鉢に増田新八、明治三十八年碑に当所増田甚八・増田権十郎。白山社明治三十三年鳥居碑に増田甚八・増田伊勢松・増田権十郎・増田儀蔵あり。三戸現存す。

四六 同郡外国府間村(幸手市) 木立村妙法寺明治三十年馬頭尊に外国府間増田金平あり。

四七 同郡内国府間村(幸手市) 明治十二年議員増田吉蔵あり。

四八 同郡平野村(幸手市) 香取社安永三年御神燈に増田市之丞。円中院天明四年庚申塔に増田与惣次。百間村青林寺寛政十年文書に平野村増田市平。香取社文久元年水鉢に平野村増田幸左衛門為綱(組頭)、明治九年浅間碑に増田七蔵・増田八十八、明治三十五年碑に平野増田善蔵・増田清蔵。明治九年副戸長増田幸左衛門・文政十一年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に平野村増田幸左衛門あり。三戸現存す。

四九 同郡長間村(幸手市) 百間村青林寺寛政十年文書に長間村増田与右衛門、長間新田増田宇右衛門・増田磯右衛門・増田小右衛門あり。一戸現存す。

五〇 同郡惣新田村(幸手市) 六軒組の草分にて代々名主を世襲す。槙野地村蓮花院元文三年常夜燈に惣新田六軒村増田彦右衛門(名主)。明和六年名主増田重左衛門・名主増田慶助・名主増田勘右衛門。字高須賀観音院宝暦六年庚申塔に高須賀村増田孫左衛門、寛政四年庚申塔に高須賀邑増田伝蔵。香取社天明四年庚申塔に南杉山村増田幸助。正福院天保九年真言塔に六軒増田七五郎・増田彦右衛門(名主)、九郎右衛門新田増田富右衛門、当所増田与惣次。明治九年戸長増田栄十郎・天保五年生(名主)。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に惣新田村増田栄十郎。明治二十年大地主調に増田栄十郎・田畑山林十一町五反六畝・地租百六十七円(県会議員)。明治三十年人名録に増田協・慶応二年生・地租二百円あり。九戸現存す。

五一 同郡細野村(幸手市) 細野神社天保四年庚申塔に増田半兵衛。明治三十年人名録に増田伊平次・嘉永元年生・地租八十五円。一戸現存す。

五二 同郡神扇村(幸手市) 天神社宝永三年庚申塔に増田七兵衛、寛政元年碑に当社は村長増田市左衛門勧請、文化十二年御神燈に増田近右衛門・増田兵吉・増田元七・増田喜八・増田音次郎・増田四郎兵衛・増田惣七。惣新田村正福院天保九年真言塔に神扇増田吉次郎。天神社万延元年庚申塔に増田留吉、明治二十六年改修碑に増田和四郎、明治四十四年碑に増田新右衛門。明治三十年人名録に増田愛之助・安政六年生・地租二十七円、材木商増田沖松・嘉永五年生・地租十七円あり。四戸現存す。

五三 同郡花島村(幸手市) 槙野地村蓮花院文政四年筆子碑に花島増田善助・増田慶蔵。惣新田村正福院天保九年真言塔に花島増田九兵衛あり。現存無し。

五四 同郡槙野地村(幸手市) 蓮花院文政四年筆子碑に増田新蔵・増田与右衛門・増田栄次郎・増田忠三郎・増田庄三郎・増田儀兵衛・増田栄蔵・増田清三郎・増田宇八・増田安右衛門あり。三戸現存す。

五五 同郡上吉羽村(幸手市) 香取社天保十四年庚申塔に上吉羽轡瀬増田甚蔵、天保十五年御神燈に轡瀬株増田佐十郎あり。一戸現存す。

五六 同郡上高野村(幸手市) 大阿寺嘉永三年敷石碑に大蔵村増田佐次右衛門あり。二戸現存す。

五七 同郡上戸村(幸手市) 正明院安政四年庚申塔に上戸村増田勘太郎・増田万吉・増田久左衛門あり。四戸現存す。

五八 同郡平須賀村(幸手市) 明治九年副戸長増田佐平・天保十四年生。香取社明治三十九年狛犬に増田雅雄・増田市太郎・増田米太郎・増田初太郎あり。七戸現存す。

五九 同郡天神島村(幸手市) 天満宮天保八年庚申塔に増田彦七・増田源太郎・増田源六、天保十五年庚申塔に増田弥兵衛、万延元年庚申塔に増田清左衛門・増田忠吉、明治十七年庚申塔に増田保右衛門・増田清六・増田善右衛門・増田市左衛門、明治三十五年碑に増田安右衛門。惣新田村戸隠神社安政三年水鉢に天神島村増田弥兵衛。天王社明治十九年碑に天神島村増田孫右衛門・増田市左衛門、明治二十三年碑に増田伴右衛門、明治四十年碑に本村・増田弥右衛門・増田市左衛門・増田安右衛門・増田清六.あり。五戸現存す。

六〇 同郡神明内村(幸手市) 明治二十年被選挙権者増田藤太郎・万延元年生あり。一戸現存す。

六一 同郡中野村(幸手市) 明治三十年人名録に増田亀七・嘉永元年生・地租十五円あり。一戸現存す。

六二 同郡関宿向下河岸(幸手市) 浅間社天明二年庚申塔に増田孫兵衛あり。現存無し。

六三 同郡栗橋宿 香取社天明三年御神燈に増田新七.。八坂社文化十四年御神燈に増田新七.。明治三十五年に増田藤助あり。四戸現存す。

六四 埼玉郡大瀬村(八潮市) 宝光寺明治四十四年碑に増田金太郎あり。一戸現存す。

六五 同郡八条村(八潮市) 明治八年文書に増田熊治郎・増田伊右衛門・増田権右衛門長男今吉・箒職増田岩次郎。大経寺明治九年供養塔に増田八五郎・増田宇之助・増田彦松あり。八戸現存す。

六六 同郡越ヶ谷宿 元禄八年検地に増田与次右衛門屋敷。明治三十五年米穀商増田亀次郎あり。

六七 同郡七左衛門村(越谷市) 明治九年副戸長増田兵右衛門・天保二年生。明治三十年人名録に増田琴吉・嘉永五年生、増田宗太郎・安政二年生あり。

六八 同郡小林村(越谷市) 東福寺文化十二年普門品に増田平左衛門。香取社明治二十八年敷石碑に増田卓蔵・増田周次郎。明治三十年人名録に増田卓蔵・安政四年生・地租三十七円あり。

六九 同郡小曽川村(越谷市) 野島村浄山寺文化十年供養塔に小曽川村増田太左衛門。久伊豆社明治二十九年碑に増田紋蔵・増田米蔵・増田武助・増田佐太郎・増田岩次郎あり。九戸現存す。

七〇 同郡増森村(越谷市) 増森神社文化十三年庚申塔に三町野組増田惣左衛門あり。二戸現存す。

七一 同郡粕壁宿 東八幡社文化元年庚申塔に三枚橋増田勝右衛門、天保十五年庚申塔に松ノ木増田清七.

七二 同郡大枝村(春日部市) 香取社文政十三年御神燈に増田六郎左衛門・増田園右衛門あり。十三戸存す。

七三 同郡下大増新田(春日部市) 香取社慶応□年御神燈に増田文次郎あり。現存無し。

七四 同郡岩槻町 西光寺寛文八年碑に増田次郎左衛門。加倉村浄国寺元禄九年庚申塔に市宿町増田次郎左衛門・増田弥平次・増田茂兵衛。風土記稿増田新田条に「宝永三年、岩槻久保宿の人、増田彦右衛門といへる者開墾せしによりかく唱ふ。民家無し」。久伊豆社文化八年碑に久保宿町増田彦右衛門。野島村浄山寺文化十年供養塔に岩槻市宿増田綱五郎。慶応三年道標に増田源兵衛。明治三十五年煙草商増田彦太郎・同増田嘉兵衛・飲食店増田由五郎・増田彦太郎・増田フジ・増田多吉・増田金蔵・増田栄次郎あり。

七五 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年名頭覚帳に「増田孫八―平助―藤右衛門―孫三郎―平左衛門―助次郎―常八郎」。八幡社嘉永五年狛犬に増田助次郎あり。一戸現存す。

七六 同郡黒浜村(蓮田市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

七七 同郡閏戸村(蓮田市) 中閏戸村薬師寺万延元年供養塔に当村増田重右衛門母。明治三十年人名録に増田重蔵・文久元年生・地租二十五円あり。十六戸現存す。

七八 同郡笹山村(蓮田市) 風土記稿笹山村条に「諏訪社は、寛永四年村民増田善右衛門なるもの勧請なりといふ」。館野圭二宅前天保六年庚申塔に笹山村増田与市。圭二様に大変お世話になりました。稲荷社明治十三年浅間碑に当邨増田新五郎・増田仲治郎・増田米作。明治三十年人名録に増田慶次郎・弘化二年生・地租三十円あり。現存無し。

七九 同郡菖蒲町 明治三十五年棒屋増田栄蔵あり。

八〇 同郡久喜町 鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に市坪村増田孫兵衛。明治三十五年に増田三次郎あり。

八一 同郡江面村(久喜市) 久伊豆社明和八年天満宮碑に増田宗介。天保十一年百姓連名帳に増田清兵衛・増田宗兵衛あり。二戸現存す。

八二 同郡鷲宮村 鷲宮神社文書に「神主細萱家十六騎之内に、草創、増田大膳の父勝助・元和元年中七月死、下新井住す、鷲宮山に葬る」。草創とは古代開発者なり、莿萱(はりがや)条参照。六戸現存す。

八三 同郡久本寺村(鷲宮町) 広福院年不詳地蔵尊に増田初右衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に久本寺村増田武兵衛。稲荷社明治二年水鉢に増田武兵衛あり。五戸現存す。

八四 同郡中妻村(鷲宮町) 百間村青林寺寛政十年文書に中妻村増田喜兵衛あり。現存無し。

八五 同郡柏戸村(北川辺町) 八幡宮明治四年碑に増田舛蔵・増田春吉あり。十四戸現存す。

八六 同郡本郷村(北川辺町) 明治十九年文書に増田庄吉あり。一戸存す。

八七 同郡小野袋村(北川辺町) 当村に此氏多く存す。田口文書に「文化十四年名主増田喜兵衛。安政四年名主増田喜内。慶応四年年寄増田直七.。明治四年名主見習増田錦平、百姓代増田周吉」。明治九年副戸長増田要造・天保五年生、副戸長増田錦平・安政二年生あり。

八八 同郡加須町 明治十九年下組増田初五郎・増田多三郎。明治三十五年饅頭製造増田源之丞・古着商増田権次郎・理髪店増田久次郎・学校用具商増田リラあり。

八九 同郡大越村(加須市) 愛宕社文化十五年水鉢に大川村増田初太郎。八坂社文政六年巡拝塔に増田嘉兵衛。鷲尾神社嘉永七年敷石供養塔に長竹増田仙右衛門あり。三戸存す。

九〇 同郡志多見村(加須市) 松村文書に「明治四年、増田源八・増田惣兵衛・増田平助。明治七年、増田久左衛門」あり。十三戸現存す。

九一 同郡常泉村(加須市) 安政四年青木文書に常泉村増田喜平次あり。現存無し。

九二 同郡町屋新田(加須市) 当村慶応四年馬頭尊に当所増田又兵衛・増田伝吉あり。三戸現存す。

九三 同郡水深村(加須市) 風土記稿水深村条に「慶雲院の開基は、当村の名主作十郎が先祖増田大膳・北条氏に仕て天文十四年正月十九日討死せし追福の為として、其の妻が起立す、大膳を慶雲院大厳宗隆と諡せし」。天正十八年に名主増田作十郎大膳正久妻が、先祖増田大膳正友が天文十四年上州伊勢崎辺で討死したので、その菩提の為に慶雲院を創建すと伝へる。真蔵院(廃寺)不動尊霊験記に正徳年中・当所庄屋増田大膳正時。青毛堀寛政三年石橋供養塔に水深村増田大太郎。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に水深村増田春五郎、嘉永五年狛犬に水深村増田保之進(御鷹場見廻り役)・増田万蔵、弘化三年文書に水深村名主増田小膳。明治九年戸長増田覚三郎・弘化元年生あり。二戸現存す。

九四 同郡騎西町 明治三十五年飲食店増田せん・凍氷商増田多吉・荒物油塩商増田貞造あり。

九五 同郡上崎村(騎西町) 当村延宝三年地蔵尊に増田宗閑・増田庄左衛門・増田浅右衛門・増田十左衛門、安永五年馬頭尊に上崎村増田庄左衛門、寛政四年庚申塔に増田文左衛門・増田長八、文化十四年大黒天碑に上崎村増田惣治郎・増田伊左衛門・増田久左衛門・増田岩治郎・増田新蔵・増田小右衛門、天保三年再建碑に増田佐十郎・増田庄左衛門・増田栄蔵・増田宗格。雷電社安政四年御神燈に増田庄左衛門・増田喜平治。明治九年副戸長増田清太郎。真名板村薬師堂明治十年水鉢に上崎増田三五郎あり。十五戸現存す。

九六 同郡下崎村(騎西町) 光徳寺薬師堂は宝暦九年当村増田市右衛門再建す。西円寺寛政八年地蔵尊に下崎村上分増田佐左衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に下崎村増田忠兵衛。当村明治五年馬頭尊に下崎邑増田岩次郎あり。十二戸現存す。

九七 同郡日出安村(騎西町) 三俣村名主梅沢弥兵衛(延宝二年没)―女子(騎西領秀安村名主増田忠兵衛妻)。神明社文化十四年天満宮碑に日出安村増田要蔵。駒形社天保二年碑に増田忠五郎、天保九年碑に増田与四郎あり。二戸現存す。

九八 同郡上高柳村(騎西町) 諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中増田小左衛門。当村天保三年馬頭尊に上高柳村増田弥右衛門。四戸現存す。

九九 同郡道地村(騎西町) 風土記稿道地村条に「成就院の開基は、村民増田次左衛門が母にて延宝六年十月二十七日死す、法諡を金窓妙円大姉と云ふ」。成就院元禄二年供養塔に道地村増田武左衛門、文化三年供養塔に道地村増田治左衛門。稲荷社文化五年碑に増田吉蔵、慶応二年幟碑に増田喜左衛門・増田仲太郎。当村文政十二年地蔵尊に道地村増田仙太郎あり。三戸存す。

一〇〇 同郡芋茎村(騎西町) 当村文化十五年庚申塔に芋茎村増田民蔵・増田弥三郎あり。四戸現存す。

一〇一 同郡屈巣村(川里町) 明治八年騎西町釜屋文書に屈巣村酒造業増田定吉あり。一戸現存す。

一〇二 同郡羽生町 毘沙門堂宝暦七年常夜燈に杉下組増田彦太郎。明治三十五年青縞問屋増田清六・飲食店増田己之助。羽生城天神社明治三十八年碑に増田清助あり。

一〇三 同郡藤井村(羽生市) 当村に此氏多く存す。上組香取社文政六年御神燈に増田新兵衛・増田丹蔵・増田多兵衛・増田吉右衛門・増田孫左衛門・増田新左衛門、嘉永二年奉額に当所増田新兵衛・増田文左衛門、安政四年奉額に増田茂八・増田藤右衛門・増田藤次郎・増田要松・増田菊松・増田新右衛門・増田峰松・増田新五右衛門。上組源長寺慶応四年筆子碑に当所増田新五右衛門・増田弥五兵衛・増田喜三郎・増田峰松・増田鶴吉。明治九年藤井村下組副戸長増田新兵衛・文化七年生。明治十八年最上農名簿に藤井村上組増田弥五兵衛・耕宅地十一町五反歩所有。明治三十一年羽生銀行発起人藤井下組増田芝十郎・二百株四千円所有。

一〇四 同郡下手子林村(羽生市) 当村に此氏多く存す。観音堂享保二十年碑に増田四郎兵衛・増田太郎兵衛・増田又太郎。算額者名主増田重蔵・文政十年没、同名主増田忠八・慶応三年没(子孫増田直司)。不動岡村不動堂文政元年算額に下手子林村住増田十蔵数延・増田忠八重延。天満宮文政三年御神燈に増田伝六・増田柳右衛門。八幡社嘉永元年碑に八反畠増田丑五郎。明治十二年濁酒造増田喜三郎・同増田亀吉。明治十八年最上農名簿に中手子林村増田忠八郎・耕宅地七町五反歩・山林二反歩所有あり。

一〇五 同郡上川俣村(羽生市) 大日堂寛政六年地蔵尊に名主増田重右衛門・村役人増田伊右衛門。川越町氷川社文化元年御神燈に羽生領上川俣村名主増田彦七.。天満宮文久元年天神碑に増田惣左衛門、明治二十五年碑に増田仁三郎・増田重左衛門・増田彦七・増田源之丞・増田半蔵あり。十五戸現存す。

一〇六 同郡上村君村(羽生市) 避来矢神社嘉永四年御神燈に上堤根組中・増田新次郎・増田久蔵・増田千蔵、慶応二年馬頭尊に増田仙蔵。雷電社安政四年碑に増田久蔵あり。二戸現存す。

一〇七 同郡発戸村(羽生市) 鷲宮社嘉永五年供養塔に増田湯右衛門あり。一戸現存す。

一〇八 同郡三田ヶ谷村(羽生市) 蓮台寺正保二年鐘銘に旦那増田勘十郎あり。現存無し。

一〇九 同郡上岩瀬村(羽生市) 須影村八幡社安政五年棟札に棟梁上岩瀬村増田宇之助あり。現存無し。

一一〇 同郡忍町 明治三十五年菓子商増田作二郎あり。

一一一 同郡佐間村(行田市) 天神社嘉永六年庚申塔に当所増田七兵衛、明治十三年御神燈に当所増田徳蔵あり。七戸現存す。

一一二 同郡下須戸村(行田市) 医王寺宝暦十一年供養塔に増田善六、文化八年十三仏講中増田七兵衛母。八坂社明和六年弁財天碑に増田平九郎・増田平八・増田平五郎・増田平助・増田善六、明治十一年御神燈に増田平蔵あり。九戸現存す。

一一三 同郡真名板村(行田市) 薬師堂享和元年供養塔に増田武平、嘉永七年筆子碑に増田要助・増田吉五郎、明治十年水鉢に当所増田松五郎。久伊豆社明治二十八年水鉢に増田吉五郎あり。六戸現存す。

一一四 同郡棚田村(行田市) 棚田神社嘉永元年天神碑に増田幸三郎、江戸末期台石碑に当所・増田磯吉・増田彦四郎・増田孝三郎・増田藤右衛門・増田孫平。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡棚田村増田清太郎・増田伴七・増田平吉・増田喜三郎あり。十一戸現存す。

一一五 同郡堤根村(行田市) 行田史譚に「堤根村。寛永年中名主増田五左衛門、享保六年名主増田五左衛門、天保元年名主増田五郎兵衛」。伊奈利神社天保十一年御神燈に増田五左衛門。野村玉松堂明治四年入門に堤根村増田屋倅増田休五郎。行田町諏訪社明治五年水鉢に堤根村増田五左衛門豊昭。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に堤根村増田五左衛門。鎌塚村八幡社明治十年碑に堤根村増田五左衛門。明治九年戸長増田松五郎・嘉永六年生。伊奈利神社明治十五年碑に増田定吉・増田五左衛門・増田孝之助・増田弥兵衛・増田半兵衛・増田与三郎。明治十八年最上農名簿に増田五左衛門豊純・耕宅地十四町八反歩所有(旧名主、初代下忍村長、天保三年生、大正四年没)。県会議員農業増田一郎・明治六年生あり。三戸現存す。

一一六 同郡埼玉村(行田市) 明治八年騎西町釜屋文書に埼玉村酒造業増田新兵衛あり。現存無し。

一一七 同郡上中条村(熊谷市) 当村嘉永六年馬頭尊に増田源次郎。下川上村嘉永六年御嶽碑に上中条村中島・増田源次郎あり。四戸現存す。

一一八 足立郡川口宿 当宿に此氏多く存す。鋳物師にて、真継文書に「天明七年、永瀬源内別家永瀬金太郎、川口宿増田金太郎・元は永瀬に有之候。万延二年、川口鋳物師増田惣左衛門・増田金十郎。明治二年、増田安次郎藤原徳恒・大西市五郎改、増田孫三郎、増田大次郎」。善光寺文政二年妙見碑に増田安次郎、文政十年普門品に増田三五郎、天保五年碑に増田勝右衛門、弘化二年鰐口銘に当所増田金太郎。文京区本郷桜木神社文政十三年水鉢に川口鋳物師増田金太郎。江東区亀戸天神社天保七年碑に鋳工増田金太郎藤原栄相。足立区関原大聖寺天保十一年碑に増田安次郎。明治七年製糸会社人名録に増田安次郎。明治九年副戸長増田孫右衛門・弘化四年生、副戸長増田権太郎・天保三年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流川口町・増田綾次郎・増田文吉・増田忠蔵・増田善一郎・増田祐右衛門・増田伝五郎・増田杢右衛門・増田幾次郎・増田太平・増田磯右衛門・増田菅造・増田粂次郎・増田勘蔵。明治三十五年鋳物製造業増田利平・同増田勝五郎・同増田林蔵・茶陶器商増田権太郎・呉服商増田作蔵・小間物商増田由太郎・増田信吉。川口神社明治三十九年碑に増田重吉・増田周三・増田権太郎・増田作蔵・増田利平・増田又五郎・増田丑五郎・増田勝五郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年鋳物業増田啓次郎・慶応三年生・国税六百九十円・県下百十六位、大正十四年増田金蔵・明治十五年生・国税二千九百七十三円・県下三十七位あり。

一一九 同郡上青木村(川口市) 当村に此氏多く存す。氷川社天保十三年幟碑に増田弥市・増田惣七、嘉永八年御神燈に当所増田杢兵衛・増田助八・増田助右衛門・増田伊右衛門・増田伝次郎・増田利平次、万延二年水鉢に上青木村増田伊右衛門、明治二十八年碑に増田勘八・増田亀太郎・増田福松・増田政五郎・増田磯右衛門・増田繁次郎・増田八十五郎・増田庄三郎・増田善一郎・増田惣次郎・増田文助・増田市太郎・増田初右衛門・増田勘蔵・増田徳次郎。専称寺安政五年普門品に増田助八.。安楽寺明治三十三年大日堂碑に増田伝五郎・増田喜久寿・増田弥之助・増田杢右衛門・増田岡三郎・増田勇蔵・増田次郎吉・増田富士松・増田八十八・増田菅蔵・増田幾次郎・増田金七郎・増田善吉あり。

一二〇 同郡下青木村(川口市) 当村に此氏多く存す。西方寺寛保二年筆子碑に増田善太郎・増田三右衛門母あり。

一二一 同郡貝塚村(川口市) 当村延享二年庚申塔に増田惣兵衛。観音堂宝暦五年六地蔵に貝塚村増田惣兵衛・増田源七あり。六戸現存す。

一二二 同郡石神村(川口市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に石神増田義兵衛。真乗院弘化三年普門品に当所増田儀兵衛。鈎上村神明社元治元年碑に石神村増田儀兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流北足立郡石神村増田政吉・増田幸三郎あり。六戸現存す。

一二三 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年下駄商増田銀蔵あり。

一二四 同郡前田村(鳩ヶ谷市) 明治十年辻村一等兵卒帰村御祝儀控帳に前田村増田善右衛門あり。

一二五 同郡小淵村(鳩ヶ谷市) 元禄八年検地に草分十姓の内に増田氏あり。

一二六 同郡草加町 成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿増田養伯。

一二七 同郡善兵衛新田(草加市) 西光院文化十三年供養塔に増田縫之助。稲荷社明治十六年碑に増田清蔵・増田藤三郎あり。六戸現存す。

一二八 同郡浦和町 下戸田村天保三年武内文書に浦和宿増田武兵衛。明治三十五年口入業増田富蔵あり。

一二九 同郡間宮村(浦和市) 間宮自治会館文化十年庚申塔に南部領間宮村増田吉太郎・増田弥藤治・増田八十八・増田三右衛門。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に南分領間宮村増田弥藤治・増田佐左衛門。氷川社嘉永七年庚申塔に増田重治郎。大門宿会田家安政二年手習帳に間宮村増田金兵衛倅菊次郎・十歳。鈎上村神明社元治元年碑に間宮村増田勝五郎。明治九年副戸長増田清左衛門・文政五年生あり。十戸存す。

一三〇 同郡三室村(浦和市) 当村に此氏多く存す。松ノ木毘沙門堂宝暦十三年六地蔵に増田伸右衛門・増田伊三郎。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に松ノ木増田繁蔵。文殊寺安政四年筆子碑に松ノ木増田四郎左衛門・増田平八・増田長右衛門あり。

一三一 同郡附島村(浦和市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に附島増田音次あり。当村は明治九年大間木村に合併す。六戸現存す。

一三二 同郡南部領辻村(浦和市) 鷲神社明治四十二年碑に増田勘助あり。三戸現存す。

一三三 同郡植田谷領在家村(浦和市) 林鐘寺元治二年六地蔵に増田弥右衛門あり。現存無し。

一三四 同郡蕨宿 御嶽社元禄七年棟札に増田喜右衛門あり。

一三五 同郡与野町 安政六年中村文書に与野町増田市右衛門。明治九年副戸長米穀商増田市右衛門・文政十二年生あり。

一三六 同郡八王子村(与野市) 庚申堂元禄十年庚申塔に増田五郎兵衛。当村享保十三年庚申塔に増田孫兵衛あり。一戸現存す。

一三七 同郡大宮町 明治三十五年菓子屋増田森之助あり。

一三八 同郡上加村(大宮市) 加茂宮村加茂神社寛政十一年敷石碑に石工上加村増田佐右衛門あり。

一三九 同郡指扇村(大宮市) 八雲社明治四十四年碑に増田庫介あり。

一四〇 同郡瓦葺村(上尾市) 当村元禄十三年庚申塔に瓦吹村増田太郎兵衛あり。六戸現存す。

一四一 同郡川田谷村(桶川市) 下日出谷村知足院嘉永七年馬頭尊に前領家村増田要吉あり。三戸現存す。

一四二 同郡加納村(桶川市) 字新田延宝三年庚申塔に益田正右衛門・益田久左衛門・益田仁左衛門・益田里左衛門・益田五郎□。天神社嘉永五年水鉢に当所増田金五郎、明治十一年御神燈に加納村増田平吉。明治九年戸長増田平吉・天保十年生、副戸長増田軍蔵・天保五年生あり。十五戸現存す。

一四三 同郡舎人新田(桶川市) 当村は加納村の民が開発す。明治九年副戸長増田藤太郎あり。二戸現存す。

一四四 同郡小室村(伊奈町) 建正寺貞享三年地蔵尊に増田六右衛門・増田六兵衛・増田武兵衛。当村文政三年庚申塔に小室本村増田六兵衛・増田兵七.。氷川社安政三年御神燈に本村増田六兵衛・増田六右衛門あり。九戸現存す。

一四五 同郡箕田村(鴻巣市) 中井村西光院安永七年筆子碑に箕田村増田甚助。氷川八幡社明治十三年幟碑に増田重五郎、明治二十七年御神燈に増田重三郎、明治四十五年碑に追分講中増田友七あり。十三戸現存す。

一四六 同郡八幡田村(鴻巣市) 八幡寺寛保二年廻国塔に増田久右衛門あり。現存無し。

一四七 新座郡野火留宿(新座市) 当宿に此氏多く存す。本郷村東福寺明治十年供養塔に野火止西組増田市五郎あり。尚、当所平林寺に「増田右衛門尉長盛之墓・元和元年五月二十七日」あり、豊臣秀吉の五奉行なり。長盛の後裔と称する家は諸国にありて、武蔵国荏原郡羽田村の旧家、紀伊国那賀郡曽屋村旧家、但馬国出石藩士等は後裔と称す。

一四八 同郡膝折村(朝霞市) 当村に此氏多く存す。新倉村明治初年富士講碑に膝折・増田光造・増田清三郎・増田酉造・増田祐吉・増田満五郎。氷川社明治四十一年碑に増田久米吉・増田平三郎・増田八重蔵あり。

一四九 同郡志木町 明治三十五年魚商増田安吉あり。

一五〇 同郡上新倉村(和光市) 花ノ木墓地享保六年地蔵尊に上新倉村増田兵四郎。安政二年上新倉村勧進帳に増田兵四郎・増田六兵衛。明治九年副戸長増田六兵衛・天保四年生。明治十八年上之郷組に増田粂蔵・増田徳四郎・増田七五郎・増田亀次郎あり。七戸現存す。

一五一 入間郡水子村(富士見市) 当村に此氏多く存す。増田八郎家墓地元禄二年常夜燈に水子村増田杢左衛門(代々陣屋守を世襲す)。石工増田伝吉(寛政二年没)―伊佐七(嘉永元年没)―代三郎(明治十六年没)―亭太郎(明治三十二年没)、現当主増田辰夫。天保六年水宮文書に水子村上組増田代三郎・増田亥四郎・増田佐五兵衛・増田平太郎。大応寺天保十三年碑に当邑石工増田代三郎元春。所沢村神明社安政六年御神燈に水子村石工増田代三郎。勝瀬村榛名社慶応二年鳥居碑に水子村石工増田代三郎。志木町敷島社明治五年水鉢に上水子邨増田綱太郎・増田代三郎。明治九年副戸長増田綱太郎・天保十年生。氷川社明治九年八雲碑に増田清太郎・増田半治郎・増田杢左衛門・増田又治郎・増田伊佐七・増田左五兵衛・増田勘左衛門、明治十三年幟碑に増田隆三郎・増田角蔵・増田宇平・増田綱太郎。引又河岸跡明治十三年水神講碑に水子村増田政五郎。大応寺明治二十五年碑に増田富士吉・増田啓太郎。氷川社明治二十九年碑に増田鍋三郎・増田啓次郎・増田亭太郎・増田斎太郎・石工増田貞治郎。水谷村会議員に増田隆三郎・天保十年生、増田斎太郎・慶応二年生あり。

一五二 同郡鶴馬村(富士見市) 来迎寺天明三年六地蔵に鶴馬村増田仲右衛門・増田小右衛門。三戸現存す。

一五三 同郡所沢村 当村に此氏多く存す。薬王寺享保元年地蔵尊に増田甚兵衛・増田善右衛門・増田忠右衛門。堀兼村堀兼神社嘉永元年敷石碑に所沢川原宿増田善右衛門。上新井村新光寺嘉永二年本堂再建に川原宿増田善右衛門貢献す。明治十五年北広堂碑名簿に所沢町増田好之輔・増田佐之輔・増田好助。北野村天神社明治二十六年碑に所沢町増田浅五郎(棒屋)。明治四十三年上仲町増田閑太郎・川原宿増田好助あり。明治二十二年所沢村及び上新井村・久米村の一部が合併して所沢町となる。次項参照。

一五四 同郡上新井村(所沢市) 明治九年戸長増田良輔・天保十一年生。上新井村会議員増田好助・安政三年生あり。

一五五 同郡久米村(所沢市) 長久寺嘉永二年棟札に増田平兵衛。明治十五年北広堂碑名簿に久米村増田為吉。明治二十四年選挙録に久米村増田牛松・増田五右衛門・増田喜十郎。八幡社明治三十九年碑に増田文之助・増田林平あり。

一五六 同郡本郷村(所沢市) 当村に此氏多く存す。明治七年成田山月参護摩講に増田清次郎・増田清八・増田熊次郎・増田惣右衛門・増田政五郎・増田角次郎。明治九年副戸長増田清兵衛・弘化三年生。東福寺明治九年碑に当村増田仙太郎・増田清兵衛、明治十年供養塔に当所増田菊次郎あり。

一五七 同郡北秋津村(所沢市) 当村に此氏多く存す。久米村水天宮明治四十一年碑に北秋津増田源格あり。

一五八 同郡北野村(所沢市) 堀兼村堀兼神社嘉永元年敷石碑に北野村増田嘉平治。天神社明治二十三年碑に当所増田菊治郎あり。四戸現存す。

一五九 同郡北中村(所沢市) 明治五年北野新田紺屋業増田菊次郎。北野村天神社明治四十年碑に富岡村北中・増田栗次郎あり。二戸現存す。

一六〇 同郡入間川町(狭山市) 明治四年六斎市議定書に増田国五郎。八幡社明治二十三年碑に入間川町増田国五郎・増田栄次郎。明治二十五年地租額調に増田伝次郎・増田彦兵衛・増田宗次郎・増田庄五郎・増田惣五郎(製茶商)あり。

一六一 同郡下奥富村(狭山市) 奥富神社明治三十九年碑に奥富村増田其次。明治四十四年織物製造増田健次郎あり。五戸現存す。

一六二 同郡堀兼村(狭山市) 堀兼神社万延元年浅間碑に増田佐平次あり。六戸現存す。

一六三 同郡小谷田村(入間市) 風土記稿小谷田村条に「東光寺の開山印融・永正六年示寂す。開基は滝沢・増田・吉田・桑田の四人にて、今も四家共に村内に連綿せり」。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、小谷田村半沢・増田政太郎」。明治五年副戸長増田勘蔵、准副戸長増田小八郎。明治九年副戸長増田平助・天保十年生。明治十三年村会副議長増田勘右衛門。明治十六年雛幟商増田半三郎・酒商増田三平・染物業増田平助・茶商増田勘兵衛・同増田亀太郎。明治三十五年瓦製造業増田文次郎あり。七戸現存す。

一六四 同郡牛沢村(入間市) 増田家墓地宝暦十三年地蔵尊に牛沢村増田勘兵衛。明治三十五年米穀商増田栄吉あり。五戸現存す。

一六五 同郡扇町屋村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、扇町屋村増田七左衛門」。明治三十五年旅館増田俊三。

一六六 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙蓮・マス田」、江戸初期なり。氷川社明治十七年碑に増田栄次郎。明治二十二年埼玉勧業会員増田増五郎あり。

一六七 同郡渋井村(川越市) 稲荷社嘉永四年仙元碑に増田松五郎・増田増五郎・増田代治郎。明治九年副戸長増田佐次郎。明治三十一年蓮光寺世話人増田弥三郎・増田菊五郎あり。五戸現存す。

一六八 同郡池辺村(川越市) 熊野社明治三十九年碑に増田源次郎あり。現存無し。

一六九 同郡鴨田村(川越市) 八幡社寛政元年棟札に増田与五右衛門。明治九年副戸長増田助十郎・天保九年生あり。二戸現存す。

一七〇 高麗郡下小坂村(川越市) 当村に此氏多く存す。天保七年赤尾村林文書に下小坂村名主増田甚之丞。女影村霞野神社文久元年甲源一刀流奉納額に増田甚之丞康貞・増田伊兵衛英信。白髭社明治十六年水鉢に増田嘉市あり。

一七一 同郡新堀村(日高市) 霊厳寺元文五年宝篋印塔に新堀村増田次郎兵衛。高麗門人帳に「天保、新堀村野口増田新之丞。嘉永二年、同所庄之助倅増田民次郎・十二歳。安政五年、同所増田会蔵・九歳」。北平沢村瀧岸寺明治九年筆子碑に新堀村増田徳次郎。高麗神社明治三十八年碑に増田平右衛門あり。五戸存す。

一七二 同郡野田村(入間市) 円照寺明治二十七年鰐口銘に野田増田由平あり。三戸現存す。

一七三 同郡柏原村(狭山市) 当村に此氏多く存す。風土記稿柏原村条に「旧家者庄兵衛、増田を氏とす。先祖増田正金また大水貴先と号して鍛冶を業とす、応永三十二年二月没す。鍛する所の槍一本その家に伝ふ。身の長さ一尺三寸、忠銘に柏原住人大水と鐫す。それよりして箕裘を継ぐもの四世、今その名を失へり」。増田家墓碑に「増田家元祖大水正金伝云、武内宿祢後胤大沢大膳太夫正高三男山田左近将監正国十一代大和郡山住人而俗名伊新之丞世業鎗鍛冶鎗銘曰武州柏原住人大水正金応永三十二年二月二十三日逝去」とあり。奈良県大和郡山市矢田岡本の甲冑工として有名なる明珍家は、武内宿祢八代の孫大口臣の二男増田宇佐麿宗次(大和岡本住、甲冑匠)の子孫増田久寿宗介(京都九条に住す。近衛帝の勅命によりて、鐙、轡を作りて稀なる珍器なりとて明珍の二字を賜る)あり、此の甲冑匠増田氏に附会するか。常楽寺は天文九年増田正重開基す。多摩郡高尾山薬王院明和四年文書に高麗郡柏原村増田左内。諸郡銘録(本庄宿戸谷文庫)に寛政期・柏原村増田左助・俳号素流。永代寺寛政三年地蔵尊に当邑増田権七郎・増田五兵衛・増田忠左衛門。天保九年文書に名主増田三郎兵衛・酒造人増田左内。笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、柏原村増田酒蔵・増田吉次郎・増田熊太郎・増田林右衛門、柏原本宿増田彦七・増田伝造・増田喜七、柏原新田増田要右衛門・増田佐平次・増田平七・増田友次郎・増田伝造」。長源寺慶応元年普門品に増田弥兵衛・増田三郎兵衛。明治九年柏原村戸長増田彦四郎・安政六年生、柏原新田戸長増田友治郎・文政四年生、同村副戸長増田伝蔵・文政六年生。明治十六年県会議員調に農業増田忠順・嘉永二年生・田畑百町一反七畝歩所有。明治二十二年埼玉勧業会員柏原村増田幾太郎、柏原新田増田友次郎・増田助十郎。明治二十九年織物製造に増田勝五郎・増田由造・増田弥市・増田源太郎・増田仙太郎。貴族院多額納税者議員互選人名簿に増田忠順は明治三十年国税五百三十四円、明治四十四年国税千九十六円・県下五十六位、大正十四年国税千百七十二円・県下百五十一位あり。

一七四 横見郡一ツ木村(吉見町) 御所村安楽寺弘化五年供養塔に一ツ木村増田十五郎。氷川社慶応元年幟碑に増田安治郎・増田又右衛門・増田七兵衛、明治三十七年碑に増田浪吉・増田五左衛門・増田酉蔵あり。七戸現存す。

一七五 比企郡宮前村(川島町) 当村寛文十二年庚申塔に宮前村増田木左門あり。現存無し。

一七六 同郡出丸中郷(川島町) 字関田享保四年庚申塔に増田仁兵衛・増田右衛門。明治五年戸籍編製に出丸中郷下分旧百姓代増田直蔵。釘無村明治十九年馬頭尊に中郷村増田熊次郎あり。三戸現存す。

一七七 同郡大塚村(川島町) 当村万延元年供養塔に大塚村益田又七・父三次郎あり。二戸現存す。

一七八 同郡鳥羽井新田(川島町) 当村文久二年馬頭尊に鳥羽井両村増田又七・増田惣あり。現存無し。

一七九 同郡能増村(小川町) 二項の四津山城主増田四郎重富は当村出身にて、古代以来居住の苗字なり。幡羅郡上増田村発祥説は地名附会なり。字都谷文久元年地蔵尊に上能増村増田兵部。明治九年副戸長増田十郎・文政九年生。四津山神社御神燈に「明治二十一年、増田庄十郎。明治三十二年、増田甚三郎。明治四十五年、増田薫佳・増田邦三郎・増田喜市」あり。七戸現存す。

一八〇 男衾郡塩村(江南町) 野原村文殊寺明治二年碑に塩村増田平左衛門・増田五左衛門。古里村兵執神社明治二十三年碑に塩増田平左衛門あり。八戸現存す。

一八一 大里郡熊谷宿 旧家祖先に天正慶長頃の人に増田但馬あり。林条参照。文政十年諸国道中商人鑑に熊谷宿下町旅籠屋増田助左衛門。忍藩御用達にて、嘉永六年忍藩分限帳に「三人扶持・熊谷町増田伝六」。明治七年総代人増田伝六・立会人増田庄吉。県会議員・熊谷市長・衆議院議員増田敏男・昭和四年生あり。

一八二 同郡大麻生村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。字三沢宝永元年地蔵尊に増田七兵衛、天保七年庚申塔に増田七兵衛。広瀬村文久元年秋山翁碑に大麻生村増田鎗三郎。上野台村八幡社明治五年筆子碑に大麻生村増田祐之助・増田幸太郎・増田永太郎。大栄神社明治十五年筆子碑に大麻生村増田繁次郎・増田広五郎・増田庄八・増田栄三郎・増田豊次郎あり。

一八三 同郡村岡村(熊谷市) 明治七年小林文書に増田輝五郎。一戸存す。

一八四 同郡佐谷田村(熊谷市) 佐谷田神社明治二年塞神碑に増田権三郎あり。九戸現存す。

一八五 幡羅郡日向村(妻沼町) 当村に此氏多く存す。増田順一家の宝篋印塔に「康安二年十一月日。結衆(六十二名の名あり)」。是以前の古代より居住す。長井神社寛政十二年御神燈に増田六右衛門・増田作左衛門、明治三年塞神碑に増田孫左衛門・増田銀助。明治九年副戸長増田磯五郎・文政六年生、副戸長増田勘七・嘉永元年生。上須戸村明治十四年馬頭尊に日向村馬喰増田祐之助。明治二十一年皇国武術英名録に起倒流日向村増田源次郎、念流増田助左衛門・増田勘七あり。

一八六 同郡市ノ坪村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に市ノ坪村増田角右衛門・増田弥太郎・増田周吉。田島村明治八年富士嶽碑に市ノ坪村増田周吉。戸森村明治十四年福田家門人碑に一ノ坪増田粂治郎あり。七戸現存す。

一八七 同郡石塚村(深谷市) 明戸村会議員増田堅重郎・安政三年生あり。二戸現存す。

一八八 榛沢郡深谷町 明治三十五年青物商増田辰五郎あり。

一八九 同郡横瀬村(深谷市) 横瀬神社文政十三年御神燈に増田長次郎あり。現存無し。

一九〇 児玉郡本庄町 明治三十五年洋服裁縫増田藤七・周旋業増田孫市・甘藷商増田浅次郎あり。

一九一 同郡久々宇村(本庄市) 明治九年副戸長蚕種製造増田粂次郎・文政九年生あり。十戸現存す。

一九二 秩父郡大宮町 明治三年入歯職増田孝蔵・六十一歳・中仙道新町宿より来住。気楽流柔術横瀬村加藤門弟に明治三十二年大宮町増田孝蔵・十五歳。明治三十五年入歯師升田増太郎あり。

一九三 同郡黒谷村(秩父市) 聖神社神職に増田播磨正藤原重副、増田播磨正藤原重宇・天明二年裁許、増田伊賀正藤原重吉・文化五年裁許、増田播磨正藤原重広・天保九年裁許、増田糺藤原重信・明治初年死亡あり。三戸現存す。

一九四 同郡田村郷(秩父市) 明治十年地主惣代増田与三郎。八戸存す。

一九五 同郡本野上村(長瀞町) 文政十一年出浦文書に本野上村増田六左衛門あり。現存無し。

一九六 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に増田玄次郎。現存無し。

一九七 同郡小鹿野町 明治三十五年理髪店増田留吉あり。

一九八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・増田金蔵・四千九百四十三円・八百四十円、増田権太郎・八百八十六円・八十四円、増田芳城・二百十二円、増田啓次郎・百八十五円・八十四円、増田綾次郎・百二十六円・七十円、増田平治・五十四円・七十五円、増田清六・二百五円、増田幸三・二十五円・五十六円、増田三蔵・九円・四十二円、増田秀二郎・九円・四十二円、増田真吉・十七円、増田朝生・十三円、青木村(川口市)・増田光蔵・十八円、神根村(川口市)・増田久右衛門・十一円・三十五円、与野町・増田市右衛門・三十四円、三輪野江村(吉川市)・増田清吉・二十三円、幸手町・増田瀧次郎・百七円・五十三円、増田芳蔵・十一円・三十三円、吉田村(幸手市)・増田勝次郎・二百十四円・五十円、八代村(幸手市)・増田弥右衛門・十四円、増田熊蔵・十二円、増田源次郎・十一円、武里村(春日部市)・増田豊次郎・十二円・三十二円、三箇村(菖蒲町)・増田仁三郎・十三円、鴻茎村(騎西町)・増田悦太郎・六十三円、大越村(加須市)・増田道太郎・三十円、手子林村(羽生市)・増田周三郎・二十六円、井泉村(羽生市)・増田稔・四百三円、増田元・二十五円、増田弥作・二十円、下忍村(行田市)・増田一郎・八十九円、長野村(行田市)・増田長太郎・二十九円・七十円、大和田町(新座市)・増田政五郎・二十五円・四十二円、増田貢・三十七円、川越市・増田かつ・十七円、増田弥・十三円、名畑村(川越市)・増田武助・十一円・二十六円、所沢町・増田閑太郎・十七円・四十二円、増田岩三郎・二十八円、増田教蔵・十二円、吾妻村(所沢市)・増田源格・二十一円、入間川町(狭山市)・増田くに・十二円・二十八円、増田宗次郎・十円、奥富村(狭山市)・増田菊三・三十一円、柏原村(狭山市)・増田忠順・千五十六円、北吉見村・増田浪吉・十六円、秩父町・増田孝蔵・千百三十六円・四百十一円、高篠村(秩父市)・増田米造・十一円・三十六円」あり。

益田 マスダ 各市町村に存す。山形県西置賜郡小国町十七戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御使番・百三十石・益田平兵衛」。明治四年忍藩士族名簿に「十人扶持・益田策馬」。

二 本庄町 明治三十五年青物商益田亀吉あり。三戸現存す。

三 浦和町 昭和三年興信録に「益田信明・所得税十三円」あり。

升田 マスダ 入間郡赤尾村字升田町あり。上尾、桶川、吹上、蓮田、春日部、三郷等に存す。青森県北津軽郡小泊村十二戸あり。

枡田 マスダ 浦和、所沢、熊谷等に存す。鳥取県倉吉市十三戸あり。

舛田 マスダ 各市町村に存す。青森県三戸郡田子町八戸あり。

一 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に舛田文左衛門娘みつ・十二歳。明治三十年人名録に舛田喜之助・嘉永四年生あり。二戸現存す。

桝田 マスダ 各市町村に存す。

鱒田 マスダ 杉戸に存す。

桝竹 マスタケ 狭山に存す。

舛館 マスダテ 青森県十和田市二十六戸あり。

増谷 マスタニ 上尾、蓮田、志木、和光、草加、所沢、熊谷等に存す。

一 上尾町 愛宕社明治四十四年碑に増谷寅吉あり。一戸現存す。

益谷 マスタニ 新座、越谷に存す。

升谷 マスタニ 大宮、鷲宮に存す。島根県隠岐郡西ノ島町六戸あり。

舛谷 マスタニ 春日部、久喜、越谷、草加、富士見等に存す。

桝谷 マスタニ 浦和、伊奈、蕨、岩槻、松伏、川越、富士見等に存す。

桝田屋 マスダヤ 所沢に存す。

益地 マスチ 上福岡に存す。

増地 マスチ 行田に存す。

増塚 マスヅカ 松山城士にて、秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「道正・マスツカ五郎右衛門・三月」。

増坪 マスツボ 戸田、所沢に存す。

増戸 マスド マシド参照。

一 足立郡浦和町 玉蔵院明治三十一年供養塔に浦和町増戸倉之助。明治三十五年馬車業増戸喜三郎あり。

二 同郡太田窪村(浦和市) 風土記稿太田窪村条に「村内弥五郎といえるもの千葉にゆかりありとて千葉を氏とせり、それが所蔵の文書左にのす。『丁丑十月二十日(天正五年)、二十束・しの・増戸内蔵助、十五束・同・西泉坊、大田窪千葉分』」と見ゆ。土豪にて岩附太田氏家臣なり。氷川社明治二十八年碑に増戸新之助・増戸友次郎・増戸増吉あり。八戸現存す。

三 同郡蕨町 本法院享保十二年碑に増戸又兵衛あり。現存無し。

四 岩槻町 浄安寺明暦二年地蔵尊に増戸次郎右衛門あり。二戸現存す。

益戸 マスド 川口、草加、杉戸、神川等に存す。

一 岩附城士の益戸氏 太田家譜に「太田譜代之士、益戸勘解由左衛門」。北越軍談に「永禄六年、国府台合戦に岩築勢の益戸は勇を振いて攻撃す」。高麗文書(家伝史料)に「永禄中、常陸国柿岡城主梶原政景家臣着座次第、益戸勘解由殿、同甚左衛門殿」と見ゆ。下河辺氏流益戸氏か。野本条三項参照。

増富 マストミ 川口、蕨に存す。

益富 マストミ 蓮田に存す。

増留 マストメ 川口、熊谷に存す。

益留 マストメ 桶川、富士見に存す。

舛中 マスナカ 川口、浦和に存す。

増長 マスナガ 埼玉郡小野袋村(北川辺町)鷲神社寛政五年庚申塔に当村増長民屋豊鏡あり。現存無し。

増永 マスナガ 那加は国・村の意味。百済人沙族の集落を増永と称す。足立郡指扇村字増永組は武蔵志に指扇領増永村と見ゆ。

一 足立郡指扇村(大宮市) 小名増永は屋敷名なり。氷川社天保三年御神燈に増永源助。昭和三年興信録に「指扇村・増永長次郎・所得税十四円」あり。五戸現存す。

二 同郡指扇領清河寺村(大宮市) 清河寺文化八年廻国塔に当村増永兵左衛門・増永三右衛門。上内野村氷川社文化八年水鉢に清河寺村増永三右衛門、慶応三年御神燈に清河寺村増永三右衛門。中釘村秋葉社弘化三年水鉢に増永三右衛門。明治九年副戸長増永三右衛門・文政十年生あり。五戸現存す。

三 同郡草加町 明治三十五年建具職増永喜太郎あり。

四 埼玉郡蓮田村(蓮田市) 明治三十年人名録に増永三郎・明治三年生・地租二十五円、増永命吉・明治十四年生・地租二十四円。十九戸存す。

五 葛飾郡三輪野江村(吉川市) 明治三十年人名録に増永清太郎・天保十一年生・地租三十八円。三輪之江神社明治三十九年碑に増永幸次郎・増永春吉あり。一戸現存す。

益永 マスナガ 新座、入間、所沢、飯能、草加等に存す。

升永 マスナガ 三郷に存す。

舛永 マスナガ 草加、行田に存す。

増成 マスナリ 草加、八潮、川越、富士見、深谷、児玉等に存す。

増根 マスネ 草加に存す。

増野 マスノ 野は助詞にて、百済人沙族の集落を増野と称す。沙(ます)条参照。群馬県藤岡市十二戸あり。

一 埼玉郡羽生町 毘沙門堂宝暦七年常夜燈に杉下組増野十尚・入組増野牛之助、天保十一年石華表に宿並組増野倉次郎・入組増野安蔵。下須戸村医王寺明和五年碑に上羽生村石工増野重内。根古屋村明和八年六地蔵に羽生町石工増野十内恒弘。小針村日枝社天明二年庚申塔に石工上羽生村増野権十郎。正覚院文政四年供養塔に増野伝蔵。明治五年上羽生村鳶職増野源吉・同増野新蔵あり。現存無し。

二 幡羅郡明戸村(深谷市) 備前堀史料に明治十一年明戸村惣代人増野久七あり。五戸現存す。

三 榛沢郡高畑村(深谷市) 円能寺明治三十二年筆子碑に増野浅太郎・増野儀三郎。大正七年金井元治碑に当所増野長治・増野浅太郎。二戸存す。

四 児玉郡今井村(本庄市) 明治九年戸長増野治平・天保九年生あり。十二戸現存す。

升野 マスノ 浦和、北本等に存す。

枡野 マスノ 上尾、鴻巣等に存す。

舛野 マスノ 上尾に存す。

桝野 マスノ 鶴ヶ島、東松山に存す。

増畠 マスハタ 草加に存す。

増原 マスハラ 蓮田、久喜、越谷、入間、狭山、所沢、飯能等に存す。島根県出雲市四十五戸あり。

益原 マスハラ 朝霞、毛呂山に存す。

増治 マスハル 浦和に存す。

升久 マスヒサ 所沢に存す。

桝平 マスヒラ 美里に存す。

増淵 マスブチ 各市町村に存す。○栃木県那須郡西那須町二十四戸、塩谷郡塩谷町五十三戸、氏家町二十戸、河内郡河内町二十九戸、上三川町四十二戸、芳賀郡二宮町二十八戸、真岡市三十七戸、鹿沼市四十戸、黒磯市三十八戸、大田原市七十戸、宇都宮市七百五十戸。○茨城県西茨城郡岩瀬町二十二戸、真壁郡真壁町四十四戸、大和村六十三戸、下館市四十八戸あり。

一 入間郡二本木村(入間市) 寿昌寺享保十五年供養塔に二本木村中宿増淵助左衛門あり。一戸現存す。

増渕 マスブチ 各市町村に存す。

桝淵 マスブチ 大宮に存す。

鱒淵 マスブチ 浦和、戸田、吹上、春日部、杉戸、入間等に存す。

鱒渕 マスブチ 大宮、戸田、熊谷、深谷等に存す。

増保 マスホ 北川辺に存す。群馬県邑楽郡板倉町八戸あり。

増馬 マスマ 上尾に存す。

増間 マスマ 川口、大宮、鴻巣、志木等に存す。新潟県長岡市十五戸あり。

一 足立郡大谷村(大宮市) 氷川社前天保二年庚申塔に増間午五郎あり。現存無し。

増丸 マスマル 白岡に存す。

益丸 マスマル 上福岡に存す。

増見 マスミ 浦和、大宮、菖蒲に存す。

真住 マスミ 大宮、吉見に存す。

真角 マスミ 坂戸に存す。

増満 マスミツ 戸田に存す。

益満 マスミツ 新座、入間、所沢、富士見、越生、本庄、小川等に存す。

桝満 マスミツ 三郷に存す。

升水 マスミヅ 浦和、大宮、戸田、新座、草加、越谷等に存す。神奈川県平塚市四十三戸あり。

桝水 マスミヅ 蓮田に存す。

増宮 マスミヤ 川口、入間等に存す。

桝宗 マスムネ 上尾に存す。

増村 マスムラ 百済人沙族の集落なり。沙(ます)条参照。各市町村に存す。○新潟県中頸城郡板倉町三十二戸、新井市三十五戸。○秋田県由利郡仁賀保町三十戸あり。

一 葛飾郡丹後村(三郷市) 明治九年副戸長増村与右衛門。当村明治三十九年碑に増村紋蔵・増村辰之助あり。四戸現存す。

二 入間郡森戸村(坂戸市) 明治二十二年埼玉勧業会員増村市造あり。二戸現存す。

三 雑載 昭和三年興信録に「川越市・増村卯三郎・所得税二十四円・営業税五十円」あり。

益村 マスムラ 川口、富士見等に存す。

桝村 マスムラ 鶴ヶ島、東松山、寄居等に存す。

増茂 マスモ 真下(ましも)・増茂(ましも)の転訛なり。マシモ参照。群馬県佐波郡東村十七戸あり。

一 埼玉郡大場村(春日部市) 香取社享和三年普門品に増茂忠蔵あり。現存無し。

二 高麗郡柏原村(狭山市) 長源寺慶応元年普門品に増茂平六・増茂庄右衛門。明治二十九年製糸卸商増茂兼吉・糸撚請負業増茂文次郎・材木商増茂平六あり。十三戸現存す。

三 比企郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「文和二年より小田原出勤、御地頭所様上田能登守銅貝、増茂因幡守。波根尾七騎百姓と云、年寄増茂因幡守。寛文四年古来居屋敷覚、増茂因幡跡断に附て、むこ赤沼藤左衛門子勘解由・子長兵衛」と見ゆ。現存無し。赤沼参照。

増元 マスモト 大宮、戸田、久喜、越谷、八潮、所沢、富士見等に存す。

増本 マスモト 各市町村に存す。島根県安来市十九戸あり。

益本 マスモト 各市町村に存す。

升本 マスモト 川越、所沢に存す。

舛元 マスモト 新座に存す。

桝本 マスモト 各市町村に存す。

増森 マスモリ 埼玉郡増森村(越谷市)あり。浦和、草加、坂戸に存す。

増盛 マスモリ 上尾に存す。

舛森 マスモリ 岩手県久慈市十四戸。

増谷 マスヤ 埼玉郡荻島村(越谷市)に一戸現存す。明治十九年上間久里村連合増谷文次郎あり。

増矢 マスヤ 坂戸に存す。

増家 マスヤ 草加に存す。

升谷 マスヤ 蕨、大宮、草加に存す。

升屋 マスヤ 桶川に存す。岩手県宮古市六戸あり。

舛谷 マスヤ 浦和、志木、川越、所沢に存す。青森県八戸市三十二戸あり。

舛屋 マスヤ 春日部、越谷、庄和に存す。秋田県能代市二十二戸あり。

桝谷 マスヤ 川口、白岡、越谷、狭山、所沢、鳩山、行田等に存す。

桝屋 マスヤ 草加に存す。

増山 マスヤマ 古代朝鮮語で山は村の意味。百済人沙族の集落を増山と称す。○栃木県下都賀郡石橋町二十四戸、小山市三十五戸、栃木市三十六戸。○茨城県結城郡千代川村十五戸、八千代町十一戸、結城市四十戸。○青森県上北郡七戸町十一戸あり。

一 忍城士の増山氏 成田分限帳に「十三貫文・増山内蔵助」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「八石・増山喜市郎」。

三 葛飾郡西金野井村(庄和町) 香取社明治三十年寄附碑に増山利七あり。一戸現存す。

四 同郡芦橋村(庄和町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に芦橋村増山万吉あり。一戸現存す。

五 同郡椿村(杉戸町) 文珠堂明治十五年筆子碑に当村増山浪蔵あり。二戸現存す。

六 同郡蓮沼村(杉戸町) 香取社安政二年聖徳太子碑に蓮沼本村増山仲右衛門あり。現存無し。

七 同郡内国府間村(幸手市) 八幡社文久元年水鉢に内国府間村内記新田増山善右衛門・増山寅蔵。明治九年副戸長増山甚五郎・弘化四年生。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幸手町内国府間増山甚五郎・増山忠次郎あり。二戸現存す。

八 同郡権現堂村(幸手市) 白山社明治三十三年鳥居碑に中新田増山甚八.。熊野社明治三十四年碑に中新田増山龍八・幸手増山甚八(染物業)あり。二戸現存す。

九 雑載 昭和三年興信録に「神根村(川口市)・増山清太郎・所得税二十一円・営業税四十七円」あり。

益山 マスヤマ 各市町村に存す。福島県原町市十四戸あり。

舛山 マスヤマ 川口、上尾等に存す。

桝山 マスヤマ 大宮、川島等に存す。

増和 マスワ 与野に存す。

益若 マスワカ 越谷に存す。

真瀬 マセ 各市町村に存す。栃木県下都賀郡野木町五十戸あり。

一 忍城士の真瀬氏 成田分限帳に「百石・真瀬覚左衛門」あり。

馬瀬 マセ 草加に存す。

間瀬 マセ 児玉郡河内村と那賀郡小平村の境に間瀬(まぜ)峠あり、天正十年武州文書に馬瀬谷屋敷と見ゆ。各市町村に存す。神奈川県足柄下郡真鶴町九戸。茨城県猿島郡総和町六戸。岩手県九戸郡山形村六戸、宮古市八戸。島根県隠岐郡西ノ島町九戸あり。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「又者(家老等の臣)・六石二人扶持・間瀬沢右衛門」あり。

二 浦和町 明治三十五年足袋商間瀬磯吉あり。

真瀬垣 マセガキ 熊谷に存す。長野県北佐久郡立科町十戸あり。

欄 マセギ 川越に存す。

柵木 マセギ 上尾、越谷等に存す。

棚木 マセギ 日高に存す。

間瀬木 マセギ 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣にて、万治元年川越藩分限帳に「百石・本国三河生国同・間瀬木五太夫・四十七歳、二人扶持・本国三河生国武蔵・間瀬木作左衛門・十一歳」あり。

間瀬口 マセグチ 春日部、行田等に存す。新潟県小千谷市七戸あり。

間世田 マセダ 大宮、草加等に存す。

間瀬田 マセダ 三郷に存す。

間瀬戸 マセド 三郷、坂戸等に存す。

間瀬場 マセバ 飯能に存す。

真草嶺 マソウミネ 草加に存す。

又 マタ 久喜に存す。

馬田 マタ 久喜、草加、熊谷、本庄等に存す。鳥取県西伯郡大山町三十戸あり。ウマタ参照。

間多 マタ 与野に存す。

間田 マタ 川越藩秋元氏家臣にて、明治四年館林藩士族帳に「十三俵二人扶持・間田寅次郎」あり。

又井 マタイ 戸田、鳩ヶ谷、春日部、越谷、加須、新座、富士見等に存す。秋田県仙北郡仙南村六戸あり。

俣江 マタエ 浦和に存す。

又賀 マタガ 大宮、朝霞等に存す。

亦賀 マタガ 三芳に存す。

又川 マタガワ 吉川に存す。

又木 マタギ 大宮、桶川、越谷に存す。

又城 マタギ 川口に存す。

亦木 マタギ 久喜に存す。

俣木 マタギ 北本、所沢等に存す。

真武 マタケ 蓮田、川越等に存す。

間竹 マタケ 大里郡大麻生村(熊谷市)明治六年古沢文書に間竹兼吉あり。一戸現存す。

又重 マタシゲ 川越、毛呂山に存す。

俣島 マタシマ 浦和に存す。

又地 マタチ 春日部に存す。

俣妻 マタヅマ 三郷に存す。

真立 マダテ 深谷記に「天正十年六月、神流川合戦、深谷衆真立摂津」あり。武蔵志に真上摂津と見ゆ。

馬立 マダテ 秩父郡日野村字馬立(荒川村)はウマタテと註すが、真建(まだて)とも書く。秩父志に「日野村馬立城、日野二郎三郎持」と見ゆ。和光に存す。

間館 マダテ 栃木県河内郡南河内町十一戸あり。

間舘 マダテ 岩槻に存す。

間谷 マタニ 松伏に存す。

又根 マタネ 埼玉郡多門寺村字又根、北篠崎村字又根、樋遣川村字又根、前谷村字又根あり。

又野 マタノ 浦和、白岡、日高に存す。

亦野 マタノ 大宮、春日部、越谷、越生等に存す。

俣野 マタノ 各市町村に存す。

股野 マタノ 三郷に存す。

俟野 マタノ 川越に存す。

又原 マタハラ 草加に存す。

又平 マタヒラ 鶴ヶ島に存す。

亦平 マタヒラ 新座、狭山に存す。

俣平 マタヒラ 所沢に存す。

又辺 マタベ 草加に存す。

真玉 マタマ 大宮に存す。

保摩 マタマ 上尾に存す。

真玉橋 マタマバシ 川越に存す。

又見 マタミ 江南に存す。

又村 マタムラ 大宮、三郷、入間等に存す。青森県むつ市十四戸あり。

股村 マタムラ 浦和に存す。

俣本 マタモト 浦和に存す。

又吉 マタヨシ 浦和、大宮、川口、草加、越谷、所沢、熊谷等に存す。

又耒 マタライ 川口に存す。

又来 マタライ 川口、八潮等に存す。茨城県北相馬郡守谷町七戸あり。

班目 マダラメ 与野、蕨、新座等に存す。福島県岩瀬郡天栄村七戸あり。

斑目 マダラメ 川口、桶川、蕨、戸田、久喜、越谷、富士見、東松山等に存す。福島県東白川郡矢祭町五戸、須賀川市十八戸あり。

町 マチ 日本書紀神代上・素戔鳴尊の八岐大蛇退治に「吾は是国神、脚摩乳(あしなつち)と号す。我が妻は手摩乳(てなつち)と号す」。古事記には「足名椎神、手名椎神」と見ゆ。脚は足無(あしな)、手は手無(てな)のことで、足と手が無い蛇を表し鍛冶神の意味。摩乳(つち)は椎(つち)・鎚(つち)のことで、即ちトンカチを表し鍛冶道具の意味。国神(くにつかみ)夫婦は鍛冶神である。また、鍛冶集団を率いて渡来した物部氏の祖神饒速日尊の子は、古事記に宇麻志麻遅命(うましまちのみこと)、日本書紀に可美真手命(うましまでのみこと)、或は味島乳命(うましまちのみこと)、天孫本紀に宇摩志麻治命(うましまちのみこと)、姓氏録に味真治命(うましまちのみこと)と見ゆ。ウマシは「立派な」の意味。麻遅(まち)、真手(まで)、麻治(まち、まぢ)、真治(まち、まぢ)等は、摩乳(まち)のことで鍛冶道具の鎚(つち)の意味である。鍛冶集団の首領をウマシマチと称す。マチは鉱山鍛冶師のことで町(まち)・待(まち、まつ)の佳字を用いる。須(まつ)は、まちうけるの意味で待(まち、まつ)に同じで松の佳字を用いる。須(まつ)の須(す)は素(す、そ)で金(す、そ)の意味、即ち鉄(くろがね)のことである。スナラ条参照。町田の田は百済語の郡県・村の意味で、鉱山鍛冶師の集落を町田と称す。町氏は各市町村に存す。青森県三戸郡南郷村七戸あり。

間地 マチ 秩父郡上名栗村正覚寺安永九年地蔵尊に間地正覚寺と見ゆ、当村に町田氏多く存す。岩槻、毛呂山等に存す。

町井 マチイ 各市町村に存す。栃木県芳賀郡茂木町六十一戸あり。

町居 マチイ 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣にて、寛文二年岩槻藩分限帳に「百石・町居七兵衛」あり。

待井 マチイ 各市町村に存す。長野県更級郡大岡村二十八戸あり。

町浦 マチウラ 川口、大井等に存す。

町頭 マチガシラ 上福岡、狭山、毛呂山等に存す。

町川 マチカワ 所沢、東松山等に存す。

町側 マチガワ 和光に存す。

町北 マチキタ 久喜に存す。

町口 マチグチ 朝霞に存す。

町沢 マチサワ 浦和に存す。新潟県糸魚川市九戸あり。

町澤 マチサワ 嵐山に存す。

町島 マチシマ 浦和、川口、上尾、草加、春日部、鷲宮、狭山等に存す。茨城県久慈郡大子町十四戸あり。

待島 マチシマ 狭山に存す。

町筋 マチスジ 川口、岩槻等に存す。

町田 マチダ 町は鉱山鍛冶師、田は郡県・村の意味で鉱山鍛冶集落を町田と称す。榛沢郡町田村(深谷市)あり。小名町田は、葛飾郡神間村、埼玉郡弥勒村、常木村、斎条村、上之村、上川上村、足立郡樋爪村、白鍬村、新座郡膝折宿、入間郡岩崎村、針ヶ谷村、鶴馬村、古谷本郷、金田村、小沼村、毛呂本郷、平山村、戸口村、高麗郡上広瀬村、平松村、横見郡田甲村、比企郡大谷村、大里郡玉作村、中恩田村等にあり。此氏は武蔵国に多く存し、紀州那智山米良文書に「永正六年閏八月二十日、旦那職、武蔵国町田之一門一円」と。鉱山地の山間部、砂鉄の採取できる川岸に多く、鍛冶集落別所村は鍛冶頭領岡部六弥太の支配地にて其の近村に多く存す。○群馬県勢多郡北橘村六十三戸、宮城村二十六戸、吾妻郡吾妻町七十戸、中之条町七十戸、新田郡藪塚本町五十四戸、佐波郡境町五十三戸、玉村町七十戸、太田市百七戸、伊勢崎市百戸、高崎市百六十戸、前橋市三百五十戸。○栃木県下都賀郡大平町三十戸、小山市百六十戸。○茨城県西茨城郡岩間町六十戸。○長野県上水内郡牟礼村二十六戸、北佐久郡浅科村四十八戸、中野市百四十戸、須坂市九十三戸あり。

一 岡部氏流町田氏 群馬県佐波郡境町大字島村の町田姓系統録に「岡部六弥太橘忠澄の伯父弥太夫の後裔なり。橘忠澄は武蔵国榛沢郡岡部に居住し、弥太夫は同郡町田の地へ移住し、町田と姓を改めた。その後島村に土着す。家紋は丸に三星」。島村に三十数軒現存し、古代以来の居住者にて、榛沢郡町田村発祥説は地名附会なり。鍛冶頭領岡部氏の配下にて、其の系を冒す。岡部条参照。上岡部村普済寺縁起に「岡部六弥太の墳墓は岡部村に有り。郎従三井・町田等の古墳有り」と見ゆ。幕末の侠客島村伊三郎は本名町田氏にて国定忠治に闇討ちされる。

二 平姓高麗氏流町田氏 風土記稿高麗郡新堀村(日高市)条に「旧家者甚助、今町田を氏とすれど、本姓は高麗氏なりと云ふ。先祖高麗彦四郎経澄、同四郎左衛門季澄、同掃部助清義等、世々軍功ありて、足利将軍より感状を賜ひしとて、今も文書十四通所持せり」。在名高麗氏の本名は町田氏なり。風土記稿橘樹郡小沢領金程村(川崎市麻生区)条に「小田原記等を閲するに、享禄三年の夏上杉修理太夫朝興・河越の城にありて、いかにもして北条氏綱を退治せんと難波田弾正・町田蔵人等を始めとして宗徒の兵五百騎にて武州府中へ出陣す。押寄けり所は武蔵府中玉川の端小沢原と云所なり」と見ゆ。新堀村町田氏なり。八十六項参照。

三 加治衆町田氏 高麗郡加治郷(飯能市)の土豪なり。御祭礼之覚写(大徳院旧蔵文書)に「卯正月七日(天正七年か)、かぢ衆町田入道」あり。

四 下河辺氏流町田氏 当地方出身の苗字にて、男衾郡白岩村(寄居町鉢形)の町田耕地(浄福寺、小名土佐ヶ関門付近)は此氏の屋敷名なり。白岩村条に「町田は昔当所に住せし由彼家にて伝ふるのみならず、今も村内町田耕作地と云処あり」。明治二十五年隣村関山村の荒神社奉納和歌に「行く方の宿り定めぬ空なれば町田をさして雁や落つらむ」と見ゆ。榛沢郡小前田村の町田家系譜に「藤原秀郷後胤、下河辺荘司行義―行秀―秀次―行次―宗行―行明―秀明―政行―左衛門助長政―町田左司郎行長(左近亮、武州鉢形町田郷住、姓を町田と改、扇谷上杉定政より文明十年町田郷を賜ふ)―雅楽助長熈(永正二年上杉の旗下)―九郎左衛門熈秀(天文七年北条氏康に随心)―右衛門尉長秀―右衛門尉秀忠(後に康忠、入道長善)―雅楽助秀房(後土佐守、童名小善太、町田に住、館の町田郭より小前田に引籠る)―九郎左衛門長延」。同家の町田日記に「天文七年北条氏康に責られ上杉敗走す、此旗下武州滝山城主大石源左衛門定久、同国藤田の城主藤田左衛門佐小野邦房、町田の住町田九郎左衛門熈秀、小前田の住大森越前守、長谷部備前守、氏康に陣参す。天正十八年、町田土佐守秀房は小前田武主と諸共に鉢形城西丸に在りて奥方若殿を守護せしが暫時節と成行、若君光福丸を抱き手勢並に付随旗本家人一同に一方を切抜け城より町田廓に楯籠る。運命是迄と覚悟を極め秀房は光福丸を抱き寄手総大将利家殿の陣中に降入りる。氏邦公・小田原を発向し秩父天神山の城に来り、老臣町田左衛門等御馬を守護し正龍寺に入る。北条入道宗青公・加州へ御発駕なり、御供には町田長善・同祐慶等主従九人加州金沢に至る、後に慶長二年被館にて逝去し賜ふ。町田左衛門康忠は宗青公の御骨葬納めて後日々普門品を唱ひ慶長二丁酉年九月七日殉死す、高根山正龍寺に葬る、法号長善院殿成真功大禅定門とす。息町田土佐守秀房は落城の後榛沢郡の内・小前田原野に隠住す。町田土佐守秀房息九郎左衛門長延・同心一寺建立す、是を北条光福丸早生菩提、秀房・父康忠入道長善菩提として庵を取立一寺とす、則ち光福山医王院長善寺と為す、村中一同檀中となり慶長五年迄に寺となる。町田家は鉢形白岩村浄福寺なれ共一寺開基に付長善寺になり浄福寺へ石塔を残し置くこと七本也。浄福寺は開山曜興・本尊弥陀の座像、竹沢右京亮・町田左近行長建立。天正十九年町田土佐守大門明け、是を土佐門と言ふ」。長善寺墓碑に「見樹院季九道品居士・町田土佐守秀房・元和三丁巳三月五日」あり、天正年間の先祖の法名で秀房では無い。元和八年長延著書町田日記の父秀房、祖父康忠の法名没年は信用出来ず。ましては康忠以前は定かでは無い。著者長延の時代に高野山へ供養しており、是等の俗名や法名を知らなかったとはおかしい。日記は江戸末期以降の作成であろう。寄居村正龍寺藤田氏墓地内の五輪塔に「道引良止庵主・天正五歳丁丑三月二十五日・(後刻)町田左衛門忠□」。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位季九道品・為町田土佐守・武州鉢形町田入道立之・天正九年三月五日」。「霊位□誉妙朕禅定尼・鉢形町田土佐守為母立之・元和二年五月二十六日」。「霊位廓屋然窓善女・同町田土佐守為内方・元和□年五月十六日」。「霊位栄雲道忍禅定門・同町田五郎兵衛土佐守立之・元和二年七月三日」。立之は供養者、年月日は供養日で霊位の没年は是以前なり。「逆修□林道□禅定門・鉢形町田土佐守立之・元和二年十一月十五日」。「逆修月渓宗心禅定尼・同町田土佐守為内方・元和二年十一月十五日」。「逆修妙慶禅定尼・同町田筑後守内方・元和二年十一月二十五日」。本人自身の生前供養なり。供養帳記載名は当時実在の人物で一級史料である。小前田村(花園町)条に「旧家者小膳太、代々名主を勤む、町田氏なり。先祖土佐守秀房は、男衾郡鉢形城主北条氏邦に仕へ、同所の内白石分と云ふ所に居住し、男衾郡小園村等を領せしかど、居宅は当村にあり、入道祐慶と改める」。白岩村は白石(しらいわ)とも書く。町田文書に「永禄十一年戊辰六月三十日、白岩惣次郎御検地一枚書。一丁三反百五歩・田数、一丁九十歩・畠数、已上八貫七百文、町田雅楽助殿、三山代(氏邦奉行)」。「元亀癸酉三月朔日、知行方、十九貫八百六十文・小園白岩弥三郎分、百四十文・同所同又三郎分、已上二十貫文、右地、被下候、町田雅楽助殿」。「甲戌正月三日(天正二年)、官途之事、被成雅楽助状仍如件、町田雅楽助殿」。「甲戌正月三日、受領之事、被成土佐守状如件、町田土佐守殿」。「庚寅二月十日(天正十八年)、籠城之族違事有之ハ、忽可討取、町田土佐守殿、根岸兵部殿、千野備後殿、小林六郎殿、石川美作殿、小林兵衛殿、鉢形五郎殿、山崎内膳殿、奥田六郎殿、江口兵庫殿、吉田采女殿、同主水殿、柳太郎殿、服部将監殿、佐久間民部殿、内田三郎助殿、出浦四郎殿、原田三平殿、田口帯刀殿、松岡摂津殿、秩父孫次郎殿、田村藤内殿、星野式部殿、毛利縫殿殿、水野新右衛門殿、藤井隼人殿、菅谷九次郎殿、草下部権助殿、右一族諸侍中まいる、安房守花押」。(この文書検討を要す)とあり。「四月二日(天正十八年)、籠城相働之事、可為存分、殊以光福丸之儀、町田土佐守殿、氏邦花押」。「庚寅十月十七日(天正十八年)、光福一門の助命の注進を聴き、こんご契約のごとくたるべきことを伝う、町田土佐守様、千野備後守、根岸兵部、小林兵後、鉢形小十郎、石川美作、柳太郎助、江口兵庫、吉田主水、右一族諸侍中、安房守花押」。(この文書検討を要す)とあり。子孫は百二十一項参照。

五 鉢形城士の町田氏 神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形衆・戦奉行町田土佐守友成」。鉢形分限帳に「本国武州大里・町田土佐、本国武州橘樹・町田佐五右衛門、本国武州加美・上田野住・町田下野、本国長門阿武・横瀬住・町田角助、本国備後三上・町田門弥、本国備後甲坂・町田佐十郎、本国豊後日田・町田佐次兵衛、本国尾州久河・町田主水」。分限帳の本国は信用出来ず、多くは武蔵国出身なり。鉢形落城後定住鏡に「天正年中鉢形落城後、慶安四年定住・河原沢住・町田土佐守」と。

六 川越藩秋元氏家臣 秋元家藩臣秘録に「町田弥一右衛門の先祖に町田佐五右衛門と云有り、慶長八年惣社に於て長朝公に仕へ、其子佐五右衛門・二百石。此家に武州鉢形の城に旧地有り」。天保二年山形旧家取調帳に「高二百石・二代町田佐五右衛門(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高百五十石・八代町田繁太郎」。明治四年館林藩士族帳に「町郡奉行・百七十石・町田源八郎」あり。前項参照。

七 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十俵・町田徳兵衛」あり。

八 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二百石・町田郷左衛門、銀十枚二人扶持・町田大之丞」。

九 久喜藩米津氏家臣 嘉永元年分限帳に「御近習席・十石三人扶持・町田鋳次郎」あり。

一〇 葛飾郡上吉妻村(庄和町) 当村宝暦五年庚申塔に上吉妻村町田惣左衛門・町田清右衛門・町田要蔵・町田要助・町田伊右衛門。現存無し。

一一 同郡外国府間村(幸手市) 雷電宮文化六年御神燈に町田庄右衛門。文政七年戸賀崎門人帳に外国府間村町田喜兵衛。鷲宮村鷲宮神社嘉永五年狛犬に外国府間村町田喜兵衛。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に外国府間村町田松太郎。幸手町雷電社明治十七年御嶽碑に外国府間町田松太郎。当村雷電宮明治三十二年碑に町田三造・町田仙太郎、明治四十二年碑に町田喜久。三戸現存す。

一二 同郡惣新田村(幸手市) 香取社宝暦八年庚申塔に中新田組町田弥兵衛あり。現存無し。

一三 同郡下川崎村(幸手市) 香取社嘉永二年幟碑に町田安蔵。現存無し。

一四 埼玉郡大間野村(越谷市) 三社大神社安永四年水鉢に町田太兵衛・町田弥平治、天明三年水鉢に町田恒右衛門・町田四方八。八戸存す。

一五 同郡中野村(春日部市) 宝性院寛政元年庚申塔に町田金蔵・町田小源司、寛政十二年庚申塔に町田藤治郎・町田宇平・町田源次郎・町田太右衛門。藤塚村香取社江戸末期御神燈に中野村町田文太郎。十四戸存す。

一六 同郡岩槻町 県会議員町田憲・明治二十三年生あり。

一七 同郡飯塚村(岩槻市) 法華寺寛文十年庚申塔に町田七郎右衛門、元禄三年庚申塔に町田七郎兵衛・町田安兵衛、享保十六年庚申塔に町田角四郎。飯塚神社安政三年天神碑に町田善次郎。慶応四年清水文書に町田本家与吉・町田伊三郎・町田市次郎あり。五戸現存す。

一八 同郡平野村(岩槻市) 当村元治元年御神燈に町田平蔵・町田園右衛門あり。現存無し。

一九 同郡慈恩寺村(岩槻市) 月読神社天保六年碑に町田新太郎・町田庄助、嘉永三年幟碑に町田藤助あり。現存無し。

二〇 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に裏慈恩寺村町田新右衛門・町田惣五郎。阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に町田新兵衛母・町田安衛門母・町田惣五郎姉。当村宝永元年庚申塔に町田勘兵衛。阿弥陀堂正徳二年地蔵尊に町田喜衛門妻。当村宝暦三年庚申塔に町田幸右衛門。子之神社明和二年水鉢に町田幸右衛門宣安。阿弥陀堂明和四年庚申塔に町田新右衛門。当村天明八年庚申塔に町田万之助・町田定五郎・町田友之助。子之神社文化九年碑に町田新右衛門。当村天保三年庚申塔に町田新太郎あり。三戸現存す。

二一 同郡表慈恩寺村(岩槻市) 諏訪社天保五年水鉢に町田総右衛門あり。現存無し。

二二 同郡篠津村(白岡町) 観音堂宝永八年供養塔に町田利兵衛。馬立地蔵堂享保十三年地蔵尊に町田利兵衛・町田甚右衛門・町田長右衛門・町田与兵衛・町田八郎兵衛、弘化五年二十三夜塔に町田清蔵・町田与兵衛・町田竹五郎・町田巳之松・町田伊之助。当村嘉永二年庚申塔に篠津里宿組町田小左衛門。十四戸現存す。

二三 同郡西久米原村(宮代町) 鷲宮社文化三年庚申塔に町田幸□衛門・町田長□衛門。太田袋村琴平社文政三年水鉢に西久米原村町田儀右衛門あり。二戸現存す。

二四 同郡太田吉羽村(久喜市) 当村天明二年道標に町田議右衛門。天神社天明三年碑に町田豊五郎。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に太田吉羽村町田清六・町田弥七・町田幸右衛門。明治元年神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に太田吉羽邑町田四郎右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流太田吉羽村町田長吉あり。十八戸現存す。

二五 同郡鷲宮村 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所町田儀兵衛あり。八戸現存す。

二六 同郡北大桑村(大利根町) 当村安永六年庚申塔に町田長助。香取社文久二年幟碑に町田粂吉。現存無し。

二七 同郡松永新田(大利根町) 八坂社明治二十六年碑に町田久吉あり。現存無し。

二八 同郡加須町 明治三十五年傘製造町田市右衛門あり。

二九 同郡多門寺村(加須市) 愛宕社天保三年狛犬に町田清太郎・町田与八、嘉永三年伊勢講碑に町田勝左衛門、明治十三年算額に多門寺村町田勘太郎考亮。観音寺嘉永三年供養塔に町田勝左衛門・町田清太郎あり。五戸現存す。

三〇 同郡三俣村(加須市) 諏訪社享和二年御神燈に三俣村町田藤右衛門、文化四年水鉢に下新田町田金左衛門、天保三年狛犬に下新田町田平蔵・町田平七あり。二戸現存す。

三一 同郡串作村(加須市) 当村に此氏多く存す。当村宝暦三年道祖神に町田喜右衛門・町田金兵衛・町田勘右衛門。諏訪社宝暦九年稲荷碑に町田彦八・町田伝兵衛、文化六年水鉢に町田金右衛門、文化九年御神燈に町田金次郎・町田利助・町田要助・町田勘右衛門。文政七年戸賀崎門人帳に串作村町田宗四郎。真名板村薬師堂嘉永七年筆子碑に串作・町田藤蔵・町田庄蔵・町田藤七.。諏訪社明治八年御神燈に町田庄左衛門・町田庄吉・町田万太郎・町田藤七郎・町田要助・町田嘉蔵。明治九年副戸長町田庄兵衛・文化十一年生あり。

三二 同郡志多見村(加須市) 当村文政元年地蔵尊に志多見村町田仙右衛門。日枝社弘化五年水鉢に町田茂左衛門、安政三年幟碑に町田弟左衛門あり。七戸現存す。

三三 同郡上高柳村(騎西町) 諏訪社文化七年御神燈に新田船橋講中・町田要蔵・町田伊八・町田喜八・町田五郎八あり。八戸現存す。

三四 同郡広田村(川里町) 行田史譚に「広田村。寛永年中名主町田十兵衛、享保六年名主町田十兵衛」。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡上広田村町田岩五郎。三戸現存す。

三五 同郡羽生町 毘沙門堂天保十一年石華表に宿並組町田吉五郎。明治五年荒物商町田惣蔵・医師町田匠健。明治三十五年学校用品材木屋町田重太郎・小間物商町田常吉・下駄商町田定五郎・唐物商町田梶之助・町田金蔵あり。

三六 同郡上手子林村(羽生市) 富徳寺寛政十二年敷石供養塔に町田弥左右衛門。明治十三年埼玉精糸会社発起人町田善兵衛・町田文吉あり。九戸現存す。

三七 同郡下手子林村(羽生市) 八幡社寛政元年碑に町田佐伝治。豊武神社寛政六年水鉢に当村町田権兵衛。岡戸文右衛門意信(嘉永元年没。妻中手子林村町田市郎兵衛永貞娘)。私塾師匠名主町田市郎兵衛・文化七年没五十二歳、其子市郎兵衛万蔵、其子釜太郎。明治五年山崎文書に中手子林村名主町田佐伝治。明治九年下手子林村副戸長町田熊太郎・嘉永元年生。明治十三年埼玉精糸会社発起人中手子林村町田釜太郎あり。三戸現存す。

三八 同郡神戸村(羽生市) 千眼寺天明元年供養塔に当所町田権兵衛。明治九年戸長町田権之丞・文政八年生(名主)あり。十一戸現存す。

三九 同郡上新郷(羽生市) 下新田村羽黒社天保七年石華表碑に横塚町田和七あり。四戸現存す。

四〇 同郡忍町 明治三十五年飲食店町田藤吉・古着商町田定吉あり。

四一 同郡長野村(行田市) 長久寺嘉永四年筆子碑に町田新兵衛・町田京蔵あり。二戸現存す。

四二 同郡埼玉村(行田市) 野村玉松堂慶応三年入門に埼玉村百塚・源内倅町田鷹助。持田村剣神社明治二年碑に埼玉村町田万太郎。前玉神社明治十年玉垣碑に町田金吾。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に埼玉村町田金吾。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村百塚・町田金吾・町田晴之助・町田浜五郎あり。十五戸現存す。

四三 同郡渡柳村(行田市) 常世岐姫神社文久二年碑に町田常吉、明治九年御神燈に町田時蔵。明治十八年最上農名簿に渡柳村町田時蔵・耕宅地三町一反歩・山林二反歩所有あり。三戸現存す。

四四 足立郡川口町 善光寺文政十年普門品に町田治助あり。

四五 同郡横曽根村(川口市) 飯塚村氷川社明治四十四年碑に横曽根町田貞太郎あり。

四六 同郡石神村(川口市) 真乗院弘化三年普門品に当所町田吉五郎。明治六年生徒月並受取帳に町田長治郎あり。現存無し。

四七 同郡美女木村(戸田市) 八幡社嘉永七年御神燈に町田喜三郎、明治三十二年碑に町田嘉吉。三戸現存す。

四八 同郡蕨宿 風土記稿蕨宿条に「蕨城主渋川氏の家人に高橋、今井、町田、山田、永島等ありて、子孫存す」。世鏡伝記題臨書に「町田氏等は慶長十七年新宿取立に付き上下戸田村より来住する人也」。三蔵院享保九年地蔵尊に蕨里町田紋右衛門。宝蔵寺寛延元年文書に町田惣兵衛。前川村観福寺寛政七年常夜燈に蕨宿町田岩次郎。三学院宝篋印塔に「明和三年町田彦左衛門、明治十七年蕨街十一代目町田彦左衛門長男藤助」、寛政九年水鉢に町田岩次郎長守。宝樹院文化十三年渋川公供養塔に町田彦左衛門。三蔵院文政十三年二十三夜塔に町田長右衛門、弘化三年水鉢に町田辰五郎・町田粂五郎。和楽備神社天保三年御神燈に町田弥兵衛(百姓代)・町田彦左衛門、万延二年御神燈に町田亀五郎。明治三十五年肥料荒物木炭商町田彦左衛門・荒物商町田弥兵衛。県会議員町田芳太郎・明治三十三年生あり。十二戸現存す。

四九 同郡浦和町 明治三十五年乾物魚商町田亀吉・人力車業町田仙吉・同業町田新八あり。

五〇 同郡岸村(浦和市) 調神社天保四年御神燈に当村町田幸助・町田庄左衛門・町田市右衛門・町田豊治郎・町田惣七あり。七戸現存す。

五一 同郡上木崎村(浦和市) 足立神社嘉永二年幟碑に上木崎村町田清次郎、明治四十四年碑に上木崎・町田彦太郎・町田忠八・町田伴次郎あり。十五戸現存す。

五二 同郡針ヶ谷村(浦和市) 当村に此氏多く存す。上木崎村足立神社嘉永二年幟碑に針ヶ谷村町田幸助。明治九年戸長町田保右衛門・嘉永元年生。与野町一山神社明治三十五年碑に針ヶ谷町田峰吉あり。

五三 同郡大間木村(浦和市) 大牧村清泰寺万延元年庚申塔に團ヶ谷戸町田忠吉あり。八戸現存す。

五四 同郡浦和領別所村(浦和市) 当村に此氏多く存す。真福寺明治三十四年碑に別所町田久太郎・町田留吉・町田美喜蔵。稲荷社明治三十五年御嶽碑に町田兼吉・町田武八・町田幸之進あり。

五五 同郡浦和領辻村(浦和市) 吉祥院文化六年六地蔵に町田藤吉あり。九戸現存す。

五六 同郡中里村(与野市) 明治五年伍長町田角右衛門あり。五戸現存す。

五七 同郡大戸村(与野市) 不動堂寛文十三年庚申塔に町田彦左衛門、享保十九年宝篋印塔に町田武兵衛・町田市右衛門・町田利右衛門・町田平右衛門・町田金右衛門・町田五兵衛・町田利兵衛・町田□治兵衛・町田加右衛門・町田徳右衛門・町田又兵衛・町田伊左衛門、文久三年供養塔に町田弥五右衛門あり。十戸存す。

五八 同郡北袋村(大宮市) 上木崎村足立神社嘉永二年幟碑に北袋村町田岩蔵・町田太郎兵衛・町田藤五郎、明治四十四年碑に北袋・町田要蔵・町田音次郎・町田久次郎・町田安五郎。明治九年副戸長町田重次郎・文政十年生あり。十七戸現存す。

五九 同郡大谷領別所村(大宮市) 稲荷墓地寛政元年地蔵尊に町田彦八.。稲荷社明治十四年幟碑に町田亀治郎・町田権治郎・町田兼吉・町田常五郎・町田鎌太郎、明治四十四年御神燈に町田角次郎あり。十二戸存す。

六〇 同郡平方村(上尾市) 橘神社享和四年水鉢に町田幸助、天保六年庚申塔に町田伴吉、安政四年御神燈に町田善八、明治十一年御神燈に町田米造・町田倉吉・町田美代吉・町田幸助、明治二十四年御神燈に平方村町田倉造・町田卯之助。明治九年副戸長町田米造・天保三年生。馬蹄寺明治十年馬頭尊に町田森太郎あり。十七戸現存す。

六一 同郡坂田村(桶川市) 当村に此氏多く存す。倉田村明星院文政六年新西国塔に坂田村町田喜惣次・町田源之介・町田直右衛門。医王院文政八年西国塔に町田久左衛門あり。

六二 同郡川田谷村(桶川市) 当村に此氏多く存す。東光寺元禄十四年地蔵菩薩銘に薬師堂村町田吉三郎・町田彦三郎・町田三郎兵衛・町田吉兵衛・町田多之助・指物屋町田安兵衛。字楽中宝永八年庚申塔に町田庄右衛門。泉福寺天保五年供養塔に薬師堂村町田吉兵衛。双龍堂天保六年地蔵尊に松原村町田庄右衛門、薬師堂村町田吉兵衛・町田仙蔵・町田文右衛門、文久二年普門品に薬師堂村町田常治郎・町田米蔵。上日出谷村氷川社明治二十年水鉢に川田谷村町田徳之助あり。

六三 同郡加納村(桶川市) 明治三十三年鴻巣町勝願寺農事講習生町田省三あり。一戸現存す。

六四 同郡小松原村(鴻巣市) 大日堂天明元年供養塔に小松原村町田清兵衛。深井村寿命院寛政九年寄附帳に小松原村町田吉左衛門・町田甚五郎・町田十蔵・町田作右衛門あり。三戸現存す。

六五 同郡寺谷村(鴻巣市) 稲荷社慶応二年幟碑に町田平□、明治十六年御神燈に町田午五郎。現存無し。

六六 新座郡志木宿 立善講寺明治十九年題目塔に当宿町田八十吉あり。

六七 入間郡上南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「上南畑村の町田氏は諸氏と同様に旧き土着で、延宝二年には二戸あり、房永の町田とは系統を異にす」と見ゆ。二戸現存す。

六八 同郡南畑新田(富士見市) 南畑村之沿革史に「南畑新田の町田氏は房永組西部に住し、南畑新田草分けの一戸なり、代々豪農にして後姓を鯰江と称す、今は絶家となり」と見ゆ。現存無し。

六九 同郡所沢町 久米村長久寺万延元年宝篋印塔に所沢町田庄右衛門。

七〇 同郡中富村(所沢市) 明治七年成田山月参護摩講に町田紋蔵・町田豊吉。明治二十年茶業に町田紋蔵・町田惣吉あり。七戸現存す。

七一 同郡大鐘村(所沢市) 天保十年伊勢講に名主町田伝右衛門・町田三五郎。明治九年上山口村副戸長町田伝治郎・文政三年生。明治十五年北広堂碑名簿に旧大鐘・町田平・町田安五郎・町田鶴吉・町田浜造。明治二十年二番組消防夫に町田留吉・町田重平・町田勘治郎・町田弥吉・町田浜蔵・町田清左衛門。五戸現存す。

七二 同郡大森村(入間市) 当村貞享四年庚申塔に町田市右衛門あり。二戸現存す。

七三 同郡木蓮寺村(入間市) 瑞泉院天保七年供養塔に町田源三郎あり。現存無し。

七四 同郡南入曽村(狭山市) 当村に此氏多く存す。出羽三山道中記に寛政七年町田治兵衛。金剛院天保三年敷石碑に町田兵左衛門。明治九年地租改正確定書に町田与右衛門・町田作吉・町田清左衛門・町田由五郎・町田国五郎・町田浜蔵・町田忠右衛門。入間野神社明治四十年碑に入間村町田彦八・町田富次郎・町田彦四郎あり。

七五 同郡水野村(狭山市) 明治九年副戸長町田忠右衛門・文政九年生あり。十七戸現存す。

七六 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「正順・町田九兵衛・亥年二月。善性・町田九兵衛舎弟・丑年十月。幸悦・町田長右衛門息・丑年三月。道善・町田作左衛門・未年三月、妙哲・町田作左衛門内・未年四月」。江戸初期なり。久保町初代区長町田甚兵衛・嘉永六年生。明治三十五年飲食店町田甚兵衛・煙草商町田虎一・荒物商町田忠蔵。三芳野神社明治四十年碑に町田甚兵衛あり。

七七 同郡新宿村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に町田福太郎・町田喜兵衛あり。八戸現存す。

七八 同郡北田島村(川越市) 閻魔堂享保十年筆子碑に町田辰之助、安政三年筆子碑に町田万吉、明治四十一年碑に町田常吉あり。一戸現存す。

七九 同郡坂戸町 明治十七年紺屋町田代吉あり。

八〇 同郡萱方村(坂戸市) 当村明治三年馬頭尊に町田吉右衛門。明治九年戸長町田岩造・天保八年生。明治十年地租等級調査に町田又五郎。明治二十五年開墾台帳に町田吉郎・町田弁次郎あり。六戸現存す。

八一 同郡森戸村(坂戸市) 多摩郡高尾山薬王院文政三年文書に入間郡森戸村町田忠三郎。明治九年副戸長町田久内・弘化元年生。明治二十五年開墾台帳に町田柳三郎。七戸存す。

八二 同郡新堀村(坂戸市) 明治九年副戸長町田忠兵衛・天保元年生あり。五戸現存す。

八三 同郡石井村(坂戸市) 字新町嘉永元年地蔵尊に新町町田小太郎。慶応元年名主町田文蔵。明治九年副戸長町田岩吉・天保六年生。明治三十年堰場組合町田孫三郎。脚折村明治三十五年御神燈に石井町田和七.。県会議員農業町田義興・安政四年生あり。十八戸現存す。

八四 同郡平山村(毛呂山町) 出雲伊波比神社御神燈に「安永八年毛呂郷平山村前組講町田勘助・町田庄右衛門。(後刻)明治三十三年子孫平山前組町田豊次郎」あり。六戸現存す。

八五 同郡上谷村(越生町) 平村浄土院念仏堂跡安政二年聖徳太子講碑に上谷村町田吉太郎。明治三年上谷村上分苗氏書上帳に町田庄吉・町田清吉・町田弁二郎・町田嘉十郎・町田与七・町田吉五郎・町田磯五郎・組頭町田武吉。明治九年副戸長町田領平・文政十年生。明治十二年上谷堂山村組合人名表に町田和十郎・町田今五郎・町田余七・町田仙六・町田嘉十郎・町田弁次郎・町田清次郎・町田庄吉・町田熊五郎・町田岩次郎・町田安十郎・町田新太郎あり。十一戸現存す。堂山村二戸存す。

八六 高麗郡新堀村(日高市) 二項の後裔なり。明治四年高麗家門人帳に新堀村野口・友蔵弟町田孫三郎。明治十六年永続講員町田代助・町田藤蔵。高麗神社明治三十八年碑に町田幸太郎・町田甚助・町田和蔵。聖天院明治四十年馬頭尊に新堀町田松五郎あり。十二戸現存す。

八七 同郡横手村(日高市) 明治二十一年伊勢講社町田金八。二戸存す。

八八 同郡脚折村(鶴ヶ島市) 当村元禄六年庚申塔に臑折村町田宅右門・町田兵右門、文化五年地蔵尊に脚折村町田織右衛門・町田五左衛門・町田兵右衛門。女影村霞野神社文久元年甲源一刀流奉納名に町田浅次郎吉則。明治四年戸籍に町田織右衛門・町田彦左衛門・町田兵右衛門。明治十年地主惣代町田浅次郎。明治二十年規約に町田豊次郎・町田彦次郎・町田友次郎。十一戸現存す。

八九 同郡上新田村(鶴ヶ島市) 明治十七年紺屋町田鶴次郎。三戸現存す。

九〇 同郡飯能町 明治十四年文書に町田円次郎。明治三十五年乾物商町田銀次郎。県会議員町田右之亮・明治三十七年生あり。

九一 同郡青木村(飯能市) 中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に青木村町田瀧蔵あり。五戸現存す。

九二 同郡清流村(飯能市) 平村慈光寺千手観音堂元禄八年棟札に清流村町田七左衛門あり。現存無し。

九三 同郡阿須村(飯能市) 赤城社明治四十二年碑に町田福太郎あり。現存無し。

九四 同郡川寺村(飯能市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長町田勘吉・天保三年生あり。

九五 同郡小瀬戸村(飯能市) 風土記稿小瀬戸村条に「岡部小右衛門は大猷院御代に東都に辟され、屋敷跡は其家臣町田市右衛門と云るものを置けり」。岩下観音堂寛延三年地蔵尊に町田市右衛門あり。一戸現存す。

九六 同郡井上村(飯能市) 明治二十一年伊勢講社町田清五郎。二戸存す。

九七 比企郡三保谷宿村(川島町) 当村鈴木系図に「享保初年、村長町田伝六」と見ゆ。二戸現存す。

九八 同郡曲師村(川島町) 釘無村明治十九年馬頭尊に曲師村町田伊勢吉。松山町箭弓神社明治三十一年碑に出丸村町田伊勢吉。二戸現存す。

九九 同郡吉原村(川島町) 表村広徳寺明和六年六地蔵に吉原村町田清右衛門あり。一戸現存す。

一〇〇 同郡宮前村(川島町) 当村寛文十二年庚申塔に町田七作右門あり。現存無し。

一〇一 同郡上小見野村(川島町) 光善寺安政六年庚申塔に町田兼次郎・町田八兵衛。当村明治二十一年馬頭尊に上小見野村町田幾造あり。三戸現存す。

一〇二 同郡玉川郷 高山文書に「天正十八年迄松山領御城付御知行、毎々より代々名主町田蔵之助、名主高山兵庫、此両人玉川草分百姓」。龍福寺寄進状(町田太郎家文書)に「享保二年、町田孫助。寛延二年、町田理左衛門。宝暦二年、町田喜兵衛。安永四年、町田藤助」。桃木村八幡社文政七年筆子碑に玉川郷町田亀太郎。広野村川島鬼鎮神社慶応二年筆子碑に玉川町田民次郎。明治四年名主町田五郎兵衛。明治九年戸長町田五郎平・文政五年生、立会人町田孫三郎。明治二十二年初代村長町田藤助・嘉永三年生(県会議員)。明治三十四年村長町田純平。松山町箭弓神社明治三十一年碑に玉川村町田藤助・町田純平。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に一市・町田金作。春日社明治四十年碑に町田藤助・町田純平・町田真蔵・町田周平・町田適三、荒田・町田丈助、宮ヶ谷戸・町田浜吉・町田藤作。今宮社明治四十五年碑に町田宇太郎・町田東崗・町田半三郎・町田兼蔵。十六戸存す。

一〇三 同郡大附村(都幾川村) 桃木村八幡社明治十四年筆子碑に大附村町田倉吉・町田周五郎・町田文次郎あり。四戸現存す。

一〇四 同郡番匠村(都幾川村) 岩室観音堂寛政十二年頃に番匠村町田五郎兵衛あり。一戸現存す。

一〇五 同郡松山町 松山神社文政十二年御神燈に山王町・町田幸右衛門。明治三十五年陶器商町田勝次郎。

一〇六 同郡平村(東松山市) 熊野社天保十二年御神燈に町田忠右衛門あり。四戸現存す。

一〇七 同郡毛塚村(東松山市) 西本宿岡田文書に寛政頃伊勢参宮・毛塚村町田清左衛門。明治五年准副戸長町田助太郎。明治十六年取調帳に町田瀧次郎・町田又八郎・町田馬五郎・建具職町田清左・箱職町田亀吉あり。七戸現存す。

一〇八 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「文和二年より小田原出勤、町田新九郎。永正十一年より天文二十年迄、町田新右衛門。波根尾七騎百姓と云、町田帯刀衛門。寛文四年古来居屋敷覚、町田与五郎子新左衛門、子庄左衛門跡断、次に古来西田助右衛門むこ町田長右衛門」。羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「地頭上田能登守朝直入道安独斎宗調様・町田帯刀。元和七年より寛永五年まで、年寄町田新左衛門」と見ゆ。二戸現存す。

一〇九 同郡小川町 明治十七年比企銀行発起人町田亀治郎・十株五百円所有。明治十八年小川銀行発起人町田半次郎・八十一株四千五十円所有。

一一〇 同郡腰越村(小川町) 当村文化八年六地蔵に町田林兵衛あり。四戸現存す。

一一一 大里郡熊谷町 明治三十五年下駄職町田与四郎・町田鎗一あり。

一一二 同郡肥塚村(熊谷市) 成就院宝暦十二年地蔵尊に町田伝蔵あり。二戸現存す。

一一三 同郡玉作村(大里町) 玉泉寺宝永七年地蔵尊に町田源左衛門あり。四戸現存す。

一一四 男衾郡畠山村(川本町) 用土村明治十三年仙元碑に畠山村町田与一郎あり。十一戸現存す。

一一五 同郡折原村(寄居町) 佐太彦神社嘉永二年御神燈に町田治兵衛・町田作兵衛・町田八右衛門。明治九年副戸長町田八右衛門・文政六年生あり。六戸現存す。

一一六 幡羅郡太田村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に太田村町田伊三郎あり。現存無し。

一一七 同郡市ノ坪村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に市ノ坪村町田安右衛門。明治九年副戸長町田安蔵・文政四年生。現存無し。

一一八 同郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に町田太吉・町田一二あり。一戸現存す。

一一九 榛沢郡深谷町 東源寺宝暦二年庚申塔に町田久右衛門。明治三十五年薬商町田恒作。原郷楡山神社明治四十二年碑に深谷町町田宇平治。

一二〇 同郡荒川村(花園町) 上宿年不詳庚申塔に荒川村町田八百吉。用土村明治十三年仙元碑に荒川村町田谷八・町田督行寿山。六戸現存す。

一二一 同郡小前田村(花園町) 四項の子孫にて、町田日記に「元和八年戌六月十四日落城三十三回忌に相当り候に付、町田九郎左衛門長延・近郷の浪人に談示、正龍寺大久和尚、長善寺祐慶法印、鉢形城跡に至り経文諷誦経、九郎左衛門感涙に沈み、謹而城跡を見るに形致の変更に驚き後世なほ、大変更有らんことを憂ひ帰宅後熟考の上、鉢形の由来を始め落城現時の模様並に小前田の原野一村落となりし理由、また城地城下の名所・神社仏閣其他概略の外、自家年譜等を後世に伝へんと欲し詳記する左の如し」と見ゆ。長善寺元禄十三年庚申塔に当村町田金兵衛。高麗郡中山村山崎家譜に「黒田領小前田邑郷役人町田佐治右衛門、元文二年六月二十九日於榛沢郡岡邑、御陣屋造営に依て一同御役御免、為平人」。長善寺寛保三年棟札に当邑助成之檀越町田佐次右衛門・同苗和助、他村奉伽人檀中町田貞右衛門・町田郷八・同苗与三兵衛、寛政五年供養塔に町田茂太夫・町田佐次右衛門忠雄・町田五右衛門・町田六郎右衛門。私塾師匠名主町田小善太為忠・文政六年没四十二歳、同名主町田佐治右衛門素忠・嘉永五年没四十九歳。長善寺万延元年庚申塔に小前田村町田多治郎。明治八年戸長町田初太郎。明治九年戸長町田佐一郎・弘化元年生(名主、私塾師匠)あり。十二戸現存す。

一二二 児玉郡本庄宿 金鑚社宝暦十一年墨書銘に台町町田藤八.。石川剣道場門下生に天明四年・本庄宿町田左七.。東台五丁目文化十一年万霊塔に町田善兵衛。明治四年諸井文書に仲町町田梅太郎、台町町田逸平・町田磯五郎。明治三十五年提灯商町田近之助・糸繭商町田梅三・氷屋町田万太郎あり。

一二三 同郡児玉町 八幡社明治三十五年碑に町田明吉あり。

一二四 同郡新里村(神川町) 当村に此氏多く存す。町田正家宝篋印塔に「玉貞禅門・応永六年己卯正月十二日」。紀州高野山清浄心院供養帳に「逆修女房・武州小玉郡新里村町田四郎兵衛内方・寛永五年正月十三日立之」。「霊位道永禅定門・武州小玉郡新里村町田□□□□立之(供養者)・寛永五年正月二十三日(供養日)」。児玉記考に「○旧家町田長次郎、当大字新里最旧の家柄にして町田姓一族の総本家なり、旧幕の頃は地頭戸田家の名主役を勤続し苗字帯刀を許されたる名門なり。○旧家町田兼吉、旧家にして世々地頭所領の役儀を勤めたり」。白岩神社年不詳御神燈に町田茂七・町田角一郎。明治五年小前儀定書(町田文書)に「町田弥四郎・町田吉四郎・町田治内・町田甚五・町田九良吉・町田定八・町田鷲蔵・町田平八郎・町田角一郎・町田源次郎・町田伊八・町田茂七・町田美喜蔵・町田忠三郎・町田友吉・町田彦吉・町田房吉・町田新三郎・町田藤吉・町田又吉」。明治九年副戸長町田金作・文化十三年生、副戸長町田弥市・弘化三年生。信州木曽御嶽神社里宮明治四年碑に武州児玉郡新里村町田和四蔵、王滝口登山道明治十三年碑にムサシ新里村町田元助あり。

一二五 同郡下児玉村(美里町) 金鑚社天保十一年碑に町田重五郎、年不詳に町田蔦五郎。明治五年組頭町田半蔵あり。六戸現存す。

一二六 那賀郡甘粕村(美里町) 甘粕神社明治二十五年富士碑に当所町田栄吉あり。現存無し。

一二七 同郡猪俣村(美里町) 中里村雷電社明治三十七年浅間碑にノナカ町田北十郎あり。二戸現存す。

一二八 賀美郡肥土村(神川町) 大御堂村吉祥院天保五年供養塔にヒト町田久右衛門。広野神社明治三十九年碑に町田源太郎・町田藤太郎・町田庄作あり。三戸現存す。

一二九 同郡五明村(上里町) 信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ五明村町田兵蔵。当村御嶽社明治四十一年碑に町田公平あり。一戸現存す。

一三〇 同郡金久保村(上里町) 甲陽軍鑑に「武田家臣、同先衆(西上野衆)・町田兵庫」と見ゆ。当村の人か。陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「町田主計頭源勝房の後裔、金久保村町田喜十郎・町田喜太郎・町田貞次郎」。明治九年副戸長町田喜十郎・天保十二年生。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流柔術金久保村町田喜太郎。一戸現存す。

一三一 同郡勅使河原村(上里町) 町田家記録(群馬県吉井町)に「武州加美郡勝場邨之住人町田甚九郎・文禄五年丙申三月二十日」と。安永九年勅使河原村家名附に勝場村町田松左衛門あり。三戸現存す。

一三二 秩父郡金尾村(寄居町) 明治九年新井文書に町田平三郎・町田源蔵・町田寅五郎。秋平小学校明治三十二年碑に金尾大工職町田弁吉あり。五戸現存す。

一三三 同郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所町田久作・町田九平・町田国次。三戸存す。

一三四 同郡大宮町 当町に此氏多く存す。明治三年桶屋町田佐五郎・二十三歳、桶屋町田与八・四十九歳、秩父神社々領種物商町田亀五郎・七十一歳。明治三十五年飲食店町田佐五郎・織物商町田芳治・請負業町田儀助・材木商町田勝三郎。大正十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に町田芳治・明治二年生・国税千八百六十四円・県下七十四位、町田満治・明治二十二年生・国税八百十一円・県下二百四十八位あり。

一三五 同郡山田村(秩父市) 当村に此氏多く存す。恒持神社明治四十三年碑に大棚組町田鉞太郎・乙中山田町田勇太郎あり。

一三六 同郡黒谷村(秩父市) 明治十年地主惣代町田広作。原谷村長町田嘉之助・慶応三年生。十一戸現存す。

一三七 同郡白久村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。十三戸現存す。

一三八 同郡小野原村(荒川村) 明治四年番札帳に町田亦五郎・町田鳳吉・町田音七あり。二戸現存す。

一三九 同郡日野村(荒川村) 明治十年地主惣代町田作五郎。十五戸存す。

一四〇 同郡上田野村(荒川村) 当村に此氏多く存す。五項参照。風土記稿上田野村条に「村民六兵衛・元禄年中の人。代々当所に住せしが剃髪して即道と云ふ。村内薬師堂を建立して、これにおると云へど住居定まらず。駿足にして江戸へ即日に往来し、又は武甲山へ登り鐘を撞て聞せんなど云て食頃に鐘を鳴らして帰り云々。『上田野村薬師堂之住尾張守町田定照末孫同名六兵衛定之三十五歳』の文字あり、定之剃髪して即道と云ふ」と見ゆ。秩父志に「贄川村、常明寺并即道坊塔は古へ高岩山石水寺と号す。三世住持を即道とす、此僧上田野村産にて奇人なり。伝曰、町田六兵衛・奇人にて大力人及ことなし、一夜に二三十里を歩行す。此僧薬王仏を崇み拝し、薬師堂に在て薬王呪を唱念し、人至れば堂に在ずして岩窟に住むを以て対語する者なし。晩年富士山の人穴に入定すと、その卒する所を知ずと云ふ」と見ゆ。三上条三十項参照。

一四一 同郡上吉田村 明治十三年竜門社町田五郎右衛門。九戸現存す。

一四二 同郡久長村(吉田町) 明治二十年森林組合員町田秀次郎・町田芳五郎あり。二戸現存す。

一四三 同郡藤倉村(小鹿野町) 飯田村八幡社慶応元年御神燈に長久保・町田清兵平。県会議員農林業町田林・大正六年生あり。六戸現存す。

一四四 同郡薄村(両神村) 薬師堂万延元年庚申塔に当所町田伊八・町田喜助あり。四戸現存す。

一四五 同郡小森村(両神村) 諏訪社文政十三年御神燈に町田瀬平・町田元八あり。三戸現存す。

一四六 同郡大滝村 明治四年新大滝村強石町田豊吉あり。一戸現存す。

一四七 同郡三峰村(大滝村) 明治五年三峰山取調に社務雇町田筆助・四十五歳・日野村・十郎右衛門長男あり。現存無し。

一四八 同郡横瀬村 当村に此氏多く存す。五項参照。奥社貞享三年鐘銘に施主町田氏。明和四年守屋文書に名主町田兵左衛門。天明六年三上文書に名主町田玄左衛門。安政七年加藤文書に名主町田源太郎。明治十四年神輿寄附連名帳に「一番耕地根古屋町田喜代次郎・町田勝蔵、二番耕地根古屋町田彦太郎・町田寅太郎・町田作次郎・町田歌吉・町田熊吉、三番耕地根古屋町田善蔵(十二代吉太郎)・町田八蔵・町田忠蔵・町田茂三郎・町田栄三郎・町田多仲・町田駒吉・町田定吉、四番耕地根古屋町田彦左衛門・町田喜太郎・町田藤三郎・町田林蔵・町田辰次郎、五番耕地苅米町田為之助、六番耕地中郷町田岩吉・町田佐太郎・町田角太郎、十一番耕地中郷町田代造・町田喜作・町田勇太郎・町田仁助、十五番耕地川西町田小太郎」。猿田彦神社明治四十三年碑に町田鶴作・町田栄助・町田儀平・町田周作・町田角太郎・根古屋町田仲次郎・刈米町田彦重郎・同所町田七十吉あり。

一四九 同郡芦ヶ久保村(横瀬町) 当村に此氏多く存す。大野村文久三年御嶽碑に芦ヶ久保村町田源吉。明治十年地主惣代に町田善次郎・町田長次郎あり。

一五〇 同郡上名栗村 当村に此氏多く存す。風土記稿上名栗村条に「旧家者栄次郎、氏は町田、累世里正たり」。湯ノ沢明和三年八幡碑に町田左平。松木観音堂安政六年木造に湯ノ本・町田留次郎。明治九年副戸長町田俊三郎・天保五年生(名主、私塾師匠、明治十九年没五十三歳)。明治四十四年武蔵野軽便鉄道発起人町田菊次郎・七十株所有あり。

一五一 同郡下名栗村 当村に此氏多く存す。稜厳寺開基は「空処院銀法通鉄居士・町田炊之助重照・永禄五年二月五日没」、子孫町田耕三なり。延享四年供養塔に下名栗村小沢町田平兵衛。字程久保宝暦九年名号塔に小沢町田忠兵衛。字芋浦美文化三年馬頭尊に町田熊治郎(子孫飯能住)。字小沢庚申塔に「寛政十二年より、よはい八十に及ぶまで富士権現二十四度詣ずる、町田藤兵衛武政・弘化二年建之」。多摩郡青梅御嶽神社万延元年文書に下名栗小沢・町田亀五郎。私塾師匠名主町田半蔵・号如山・明治六年没六十六歳、同名主町田栄蔵・明治六年没六十三歳。明治九年戸長町田文五郎・天保六年生。明治十四年山稼議定書に町田茂吉・町田平次郎・町田作次郎・町田亀五郎あり。

一五二 同郡坂本村(飯能市) 多摩郡青梅御嶽神社万延元年文書に正丸村宿野本・町田辰五郎。六戸現存す。

一五三 同郡南川村(飯能市) 上久通寛政六年地蔵尊に町田伊三衛門、安政三年供養塔に町田久七郎。明治九年副戸長町田広吉・天保十一年生あり。八戸現存す。

一五四 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・町田仁三郎・三十円・五十六円、町田隆之・九円・三十三円、町田藤五郎・二十六円、町田亀吉・十円、大宮町・町田元之助・百十三円、町田武太郎・三十三円、町田喜四郎・三十円、町田俊一・十円、川田谷村(桶川市)・町田角太郎・二十七円、行幸村(幸手市)・町田三造・十五円、新郷村(羽生市)・町田豊治・十五円、埼玉村(行田市)・町田正之助・四十三円、町田市十郎・十三円、川越市・町田甚兵衛・五十三円・十一円、入間村(狭山市)・町田恒蔵・二百四十五円、勝呂村(坂戸市)・町田亀蔵・百二円、町田佐吉・十一円、大家村(坂戸市)・町田辰紀・九円、入西村(坂戸市)・町田俊治・十三円、梅園村(越生町)・町田金作・百七十八円、飯能町・町田銀次郎・百八十円・八十四円、吾野村(飯能市)・町田新吉・二十三円、町田重作・十五円、小川町・町田英次郎・五十一円・十四円、玉川村・町田治郎・百六十八円、町田直庸・十三円、町田東崗・十円、町田金作・十円、熊谷町・町田禾盛・十五円、深谷町・町田恒作・百四十九円・六十四円、町田長重・二十七円、青柳村(神川町)・町田勘次郎・十一円、秩父町・町田芳治・二千七百五十九円・五百三十三円、町田満治・六百五十円・二百九十四円、町田平助・五十九円・三十円、町田鶴作・十六円・三十円、中川村(荒川村)・町田文恵・九円、横瀬村・町田七十吉・九十円・七十八円、町田寅之助・十三円・二十六円、芦ヶ久保村(横瀬町)・町田文造・十二円、町田憲治・九円、名栗村・町田^一郎・四百六十七円、町田角太郎・三十円、町田信太郎・十一円」あり。

待田 マチダ 町条参照。

一 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十石三人扶持・待田甚五兵衛」あり。

二 熊谷町 私塾師匠元徳島藩士待田宗隠・号瓢庵・明治九年没六十九歳あり。現存無し。

真知田 マチダ 越谷に存す。

町塚 マチヅカ 越谷に存す。

町出 マチデ 三郷に存す。

待寺 マチデラ 所沢に存す。

待鳥 マチドリ 大宮、和光、北川辺等に存す。

町中 マチナカ 浦和、与野、志木、和光等に存す。

町永 マチナガ 白岡、三郷、八潮、狭山に存す。新潟県長岡市三十戸あり。

待永 マチナガ 川本に存す。

町野 マチノ 各市町村に存す。

一 古河公方家臣の町野氏 快元僧都記に「天文七年十月七日、足利義明方の町野十郎は房州へ落行く」。足利義氏の七人衆にて埼玉郡飯積村(北川辺町)の地頭なり。喜連川家料所記に「天正二年十二月二日、知行人目録、向古河近辺・此郷去年迄羽生領致押領候、いゝつみ・町野備中守(義俊)」。鎌倉円覚寺塔頭帰源院天正十三年文書に「古河公方奉行町野太郎義俊」と見ゆ。

二 幕臣町野氏 葛飾郡上吉羽村金子系図(幸手市)に「鳥海伊兵衛尉重基(延宝四年没)―町野宗右衛門尉(御代官、六万石支配す)」。前項の名跡を継承するか。寛政呈譜に「町野惣右衛門(某年御勘定となり、元禄七年関東の国々を巡視し、同十六年御代官に転じ、正徳四年死す)―新太郎(元禄十二年御勘定となり、百五十俵を賜ふ)―惣右衛門寛満(御代官)―惣十郎(明和二年逐電せしにより家たゆ)」と見ゆ。

三 埼玉郡慈恩寺村(岩槻市) 裏慈恩寺村子之神社天保十一年碑に慈恩寺町野久左衛門。慈恩寺弘化四年水鉢に当所入小路町野久左衛門。小溝村長命寺慶応二年供養塔に慈恩寺郷町野久左衛門あり。一戸現存す。

町場 マチバ 埼玉郡羽生町は正保田園簿に羽生町場と見え、元禄郷帳に町場村と見ゆ。

町端 マチハタ 川口、日高等に存す。

町原 マチハラ 川口、岩槻等に存す。

町村 マチムラ 川口、小川等に存す。

町本 マチモト 川口、上福岡等に存す。

町谷 マチヤ 谷(がい)は集落、鍛冶集落を町谷・町屋と称す。町条参照。足立郡与野領町谷村(浦和市)及び隣村道場村に鍛冶師の守本尊薬師堂あり、鍛冶頭領畠山重忠の配下鍛冶師居住地なり。畠山条参照。大谷領町谷村(桶川市)、埼玉郡町谷村(羽生市)、町谷新田(加須市)、入間郡町谷村(所沢市)あり。入間郡水子村字町谷(富士見市)は古の村名にて八幡社慶応元年水鉢に町谷と見ゆ。小名町谷は埼玉郡馬込村、荒木村、足立郡上村、入間郡成瀬村、堂山村、高麗郡篠井村、那賀郡小平村等にあり、町屋とも書く。浦和、大宮等に存す。

町屋 マチヤ 町谷に同じ。高麗郡町屋村(鶴ヶ島市)あり。男衾郡今市村(寄居町)児泉明神社の門前は古代東山道の裏街道の宿駅で町屋と称す。上州世良田村長楽寺元徳三年文書に「男衾郡小泉郷内、町屋」と見ゆ、小泉条参照。大宮、上尾、朝霞、狭山、春日部、草加、熊谷等に存す。新潟県新津市二十一戸。青森県上北郡上北町五十三戸、七戸町十九戸、天間林村三十戸あり。

一 児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に町屋勘左衛門あり。現存無し。

町家 マチヤ 宮代、狭山等に存す。

一 所沢町 下新井村熊野社明治三十六年碑に所沢町町家宗吉(下町絣製造業)あり。現存無し。

町山 マチヤマ 各市町村に存す。茨城県猿島郡総和町七戸あり。

一 埼玉郡弥十郎村(越谷市) 越ヶ谷宿天嶽寺承応三年庚申塔に町山惣兵衛・町山太左衛門あり。二戸存す。

待山 マチヤマ 大宮、三郷に存す。

一 葛飾郡徳島村(三郷市) 稲荷社寛政五年庚申塔に徳島村待山権蔵あり。一戸現存す。

二 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に待山勘二郎あり。現存無し。

三 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年桐箱職待山熊蔵あり。現存無し。

松 マツ 須(まつ、まち)、待(まつ、まち)は鉱山鍛冶の意味で、佳字に松、町を用いる。詳細は町条参照。慶尚南道金海の古名は金官伽耶と云う、金(そ)は鉄(くろがね)の産出する国の意味。素那羅(そなら、すなら)と称し、須那羅(すなら)とも書く。梁山の古名である匝羅(さわら)、多大の古名である蹈鞴(たたら)の一帯を南加羅と称す。中興武家諸系図に「松野・呉太伯の舎弟仲雍十七代呉王夫差の後胤」。姓氏録・右京諸蕃に「松野連。呉王夫差より出づる也」と。漢人坂上氏は応神天皇四十一年紀に「阿知使主等・呉より筑紫に至る。是の女人等の後は、今の呉の衣縫、蚊屋の衣縫、是れ也」と見ゆ。蚊屋(かや)は大伽耶(今の金海)より阿羅伽耶(今の咸安)一帯を称し、阿羅(あら)は阿耶(あや)・漢(あや)とも称し、此の附近に呉あり。呉出身の毛野氏に率いられて鉱山鍛冶集団の松一族(松野、松本等)は上野国・下野国に渡来す。呉(くれ)条、坂上(さかのうえ)条参照。此の地方からの渡来集落を松、松野、松村と称し、二字の制度により松井、松江と称す。倉は銅の意味で鍛冶鋳物師を松倉と称す。坂(ばん)は蕃(ばん)のことで渡来人の蔑称で松坂と称す。沢は匝羅人の意味で松沢と称す。崎、下(もと)は浦の意味で南加羅の海岸地帯の海洋民を松浦、松崎、松下、松本と称す。岡、島、田、永、原、山は全て村・集落の意味で、松岡、松島、松田、松永、松原、松山と称す。是等の集団は須那羅の須田氏・須永氏と同じ渡来地の上野国・下野国に多く、海添の房総より常陸国・磐城国方面、或は出羽方面に渡来し、また鉱山地の信濃国に土着す。○入間郡松郷(川越市)に小名大工町・鉄砲町・土器町・番匠免などあり、古代より中世に至る鍛冶集落なり。比企郡雲河原村字松郷あり。浦和、大宮、上尾、与野、草加、幸手、新座等に存す。

松明 マツアケ 岩槻、東松山に存す。

松井 マツイ 松は二字の制度により松井と称す。松、町条参照。○群馬県吾妻郡吾妻町五十五戸、高山村三十四戸、甘楽郡甘楽町百二十戸、山田郡大間々町二十七戸、新田郡笠懸町八十戸、桐生市百十戸、富岡市七十戸、沼田市百九十戸、高崎市百二十戸、前橋市二百二十戸。○栃木県下都賀郡岩舟町三十三戸。○千葉県山武郡九十九里町六十戸。○長野県上田市八十戸。○新潟県西蒲原郡分水町八十戸、三島郡寺泊町二十九戸、南魚沼郡六日町四十九戸、佐渡郡真野町三十二戸、柏崎市六十戸。○秋田県雄勝郡羽後町三十六戸、横手市百五十戸。○青森県三戸郡名川町三十戸。○島根県簸川郡大社町八十三戸。○鳥取県倉吉市七十六戸あり。

一 忍城士の松井氏 成田分限帳に「三十貫文・松井左平太、二十貫文・松井左近」あり。

二 松山城士の松井氏 秩父郡御堂村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「道意・松井・永禄戌年六月。蓮聖・松井・戌年七月。妙本・マツイ・五月」あり。

三 小田原城士の松井氏 秩父郡上吉田村高岸文書に「天正十年二月二十七日、今度御分国中人改有之而何時も一廉之弓矢之刻者、相当之御用可被仰付間、罷出可走廻候、二見右馬助・松井織部助・玉井孫三郎」。三名は北条家奉行人なり。天正十八年川越落城のとき、北条氏家臣松井八郎左衛門は討死す。山角条参照。

四 水戸藩家臣 小田原落城後に中山十七騎となり水戸藩へ仕える。寛文九年水戸藩分限帳に「十七騎与力衆・中山備前守組・二百五十石・松井吉兵衛」あり。

五 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「七百石・松井勘兵衛・是は忍にて罷出・遠江之者、三百石・松井五兵衛・是は忍にて罷出・遠州之者、二百石・松井甚九郎・是は忍にて罷出・遠江之者」あり。

 

六 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御番頭・五百五十石・松井勘左衛門、御馬廻・百五十石・松井勘助、客会釈・二十五人扶持・松井宗泉」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・三百石・松井銀八郎」あり。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御用人・二百五十石・松井主計」。明治四年忍藩士族名簿に「二百石・松井庵、六石四人扶持・松井宗之助、又者(家老等の臣)・五石二人扶持・松井逸馬」。

八 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百五十石・松井重右衛門」あり。

九 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「四百五十石・本国遠江生国上野・松井五郎右衛門・三十歳、四百石・本国遠江生国上野・松井治部左衛門・四十六歳」。野火止宿平林寺大河内廟所燈籠に「寛文四年・松井五郎右衛門興治。文化十五年・松井五郎右衛門源興志」あり。

一〇 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十三俵二人扶持・松井吉次郎」あり。

一一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「医師・二百石・越前取立・松井玄周」。万延二年川越藩分限帳に「医師・百五十石・松井策庵」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「十二石三人扶持・松井保」あり。

一二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御家老・六百石・亡養父初三郎・松井亘・三十八歳」あり。

一三 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「百三十石・松井市郎左衛門」あり。

一四 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百石・松井小兵衛」。

一五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「二百五十石・松井八郎兵衛、十両五人扶持・松井十郎兵衛、十石五人扶持・松井庄右衛門、八石三人扶持・松井善兵衛」あり。

一六 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御中小姓格・七石二人扶持・松井孫兵衛」。明治三年岡部藩分限帳に「御中小姓格・七石二人扶持・松井調平」あり。

一七 関東郡代伊奈氏家臣 天明年間赤山陣屋屋敷図に「松井直右衛門・一町七反四畝歩」あり。

一八 葛飾郡徳島村(三郷市) 稲荷社天保二年庚申塔に松井利八、天保十五年庚申塔に松井左治郎・松井七三郎あり。二戸現存す。

一九 同郡樋野口村(三郷市) 松戸市樋野口大乗院享和二年庚申塔に松井惣介、文化十三年庚申塔に樋口村松井惣七・松井富松、文政六年庚申塔に樋口徳島講中松井定七あり。現存無し。

二〇 同郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に「松井惣七孫京助・七歳、松井市平孫啓次郎・八歳」。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流大川戸村松井熊蔵あり。七戸現存す。

二一 埼玉郡千疋村(越谷市) 明治三十年人名録に松井七五郎・天保十一年生・地租五十五円。伊南理神社明治四十一年浅間碑に松井久光、明治四十二年御神燈に松井広次郎あり。一戸現存す。

二二 同郡大間野村(越谷市) 三社大神社安永四年水鉢に松井三十郎あり。一戸現存す。

二三 同郡増森村(越谷市) 明治五年村役人惣代松井太郎あり。二戸存す。

二四 同郡大瀬村(八潮市) 下大瀬村宝光寺明治四十四年碑に松井源助・松井九四郎あり。三戸現存す。

二五 同郡岩槻町 明治三十五年印判屋松井牧太・豆腐屋松井熊次郎あり。

二六 同郡上崎村(騎西町) 当村寛政元年馬頭尊に上崎村松井新之丞、文化十四年大黒天碑に松井惣五郎。雷電社安政四年御神燈に松井三吉・松井善八・松井吉之丞。明治六年青木文書に松井善八長男紋七・二十二歳。真名板村薬師堂明治十年水鉢に上崎松井宇平。昭和三年興信録に「田ヶ谷村・松井熊十郎・所得税七十一円・営業税十二円、松井亀次郎・所得税二十二円・営業税三十三円」。県会議員松井敬次郎・明治二十九年生あり。八戸現存す。

二七 同郡広田村(川里町) 鷺栖神社嘉永六年幟碑に松井斧治郎。野村玉松堂元治二年入門に広田村松井鉄五郎、明治二年入門に広田村熊吉倅松井伝七.。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡上広田・松井伝七あり。二戸現存す。

二八 同郡埼玉村(行田市) 前玉神社嘉永二年玉垣碑に松井利右衛門あり。一戸現存す。

二九 同郡関根村(行田市) 外田ヶ谷村文化九年供養塔に関根村松井重五郎。明治七年製糸会社人名録に松井安蔵。明治九年副戸長松井松太郎・天保十二年生。関根神社明治十八年御神燈に松井伴吉・松井松太郎・松井又吉・松井新兵衛。明治十八年最上農名簿に松井伴吉・耕宅地六町九反歩・山林一町一反歩所有あり。十二戸現存す。

三〇 同郡堤根村(行田市) 永徳寺明治四年筆子碑に松井喜助・松井多右衛門。伊奈利神社明治十五年碑に松井多右衛門あり。現存無し。

三一 足立郡安行村吉岡組(川口市) 金剛寺文政七年庚申塔に安行村吉岡・松井定右衛門・松井定七・松井源助。氷川社明治二十三年絵馬に当所松井長右衛門、明治三十九年絵馬に当所松井亀次郎、明治四十五年絵馬に当村松井仲太郎あり。十戸存す。

三二 同郡草加宿 市神祠官筆学入門控に安政二年・大川屋たたみや松井豊吉、慶応元年・山中弥三郎倅松井金之介。明治九年谷古宇村副戸長松井弥三郎・天保八年生。明治三十五年形附職紺屋松井豊吉あり。

三三 同郡槐戸村(草加市) 八幡社安政三年碑に松井勘右衛門。二戸存す。

三四 同郡浦和町 白幡村睦神社明治三十六年碑に浦和松井半次郎(農業)。県会議員松井大作・大正十一年生あり。

三五 同郡岸村(浦和市) 明治七年岸村副戸長松井佐吉あり。五戸現存す。

三六 同郡白幡村(浦和市) 睦神社明治三十六年碑に白幡松井勇吉・松井金次郎あり。四戸現存す。

三七 同郡上尾村 上尾上村(上尾村新田)検地帳に「元和九年、屋敷三百九十一坪・松井居。文政十二年御改の節、上尾加宿小沢屋半右衛門・内田屋伊介の所有となる」と見ゆ。

三八 新座郡白子村(和光市) 明治二十年菓子商松井源助あり。三戸存す。

三九 入間郡入間川町(狭山市) 明治三十五年飲食店松井仁十郎あり。

四〇 同郡下奥富村(狭山市) 梅宮神社前天保十二年敷石碑に下奥富村松井五平・松井藤右衛門・松井和助・松井竹松。私塾師匠名主花生堂松井五平貫忠・号松翁・芳邱・明治十五年没八十四歳。明治四年広福寺明細帳に組頭松井種五郎。明治九年戸長松井晴治郎・弘化四年生、副戸長松井浦治郎・弘化二年生。奥富神社明治三十九年碑に奥富村松井宗吉あり。七戸現存す。

四一 同郡宮寺村(入間市) 慶応元年中野村加藤義快翁石碑造立連名帳に中しく松井与吾郎あり。一戸存す。

四二 同郡川越町 明治十三年川越銀行株主高沢町松井治兵衛・十株五百円。氷川社明治三十三年玉垣碑に松井彦八あり。

四三 高麗郡女影村(日高市) 字姥田貞享三年庚申塔に松井弥左衛門あり。現存無し。

四四 比企郡出丸中郷(川島町) 円福寺文化二年馬頭尊に馬場中・松井□右衛門。明治五年戸籍に出丸中江下分旧百姓代松井藤蔵あり。四戸存す。

四五 同郡正代村(東松山市) 明治二十八年蚕業松井源吉あり。一戸存す。

四六 同郡元宿村(東松山市) 当村天保十年廻国塔に高坂本宿松井清右衛門、安政二年廻国塔に元宿村松井万吉あり。十三戸現存す。

四七 同郡小川町 観正寺寛保三年庚申塔に松井茂作あり。

四八 横見郡須戸野谷新田(吉見町) 明治五年文書に松井猶吉。現存無し。

四九 大里郡熊谷宿 上中条村享保二年地蔵尊に熊谷石屋清兵衛作。樋春村真光寺享保六年供養塔に熊谷石工松井清兵衛権昌。小島村享保七年地蔵尊に松井清兵衛清昌作之。上野台村光厳寺寛延元年供養塔に熊谷宿石屋松井清兵衛清昌。那賀郡秋山村宝暦六年地蔵尊にくまがやいしや松井清兵衛清昌。宝暦十年熊谷宿本町北屋敷持主松井清兵衛。此家は日蓮宗信徒にて、相州鎌倉妙本寺天保四年寄附帳に熊谷町松井清兵衛母あり。大麻生村出身か。

五〇 同郡大麻生村(熊谷市) 字三沢宝永元年地蔵尊に大麻生村施主松井清太郎・石工松井清兵衛清昌あり。子孫松井栄四郎等が祀る。現存無し。

五一 榛沢郡寄居町 明治三十五年菓子商松井吉蔵あり。

五二 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に本町松井七郎次あり。

五三 同郡児玉町 児玉記考に「○本山修験大膳院、県社八幡社の別当寺にして八幡山と号す、中興の祖有便・寛永十八年化す。○八幡宮社司中島祐之助、其祖先児玉党児玉左馬助大膳坊と号す、世々児玉に住し鎮守八幡神社に奉仕す。明暦四年松井長門守の男庄蔵・甲館没落の後、大膳院四代有便法印へ女婿となり松井姓を襲ふ、宝暦九年九代幽信法印、十二代松井信志二男祐之助・明治十五年中島を相続し姓を改む」。八幡社享保十一年鳥居碑に松井佐衛門、安永五年御神燈に松井小右衛門・松井文右衛門。明治四年児玉町世話人惣代松井岩雄。明治十一年副戸長松井竜作。国神神社明治三十四年碑に児玉町松井徳太郎。明治三十五年荒物商松井清次郎・瓦葺職松井利八あり。二戸現存す。修験大膳院松井氏は児玉氏の本名か。

五四 同郡塩谷村(児玉町) 諏訪社江戸末期水鉢に松井房五郎。一戸存す。

五五 賀美郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に松井喜八あり。三戸現存す。

五六 秩父郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に松井勘五郎あり。三戸現存す。

五七 同郡小鹿野町 明治三十五年呉服商松井七兵衛あり。一戸現存す。

五八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・松井半次郎・五十円、吉川町・松井福太郎・十六円・五十円、増林村(越谷市)・松井正太郎・十円、太田村(行田市)・松井一夫・十六円、奥富村(狭山市)・松井彦太郎・五十五円、熊谷町・松井兵蔵・十九円、児玉町・松井泉三郎・四十六円、小鹿野町・松井市蔵・三十九円・六十六円」。

松居 マツイ 各市町村に存す。

一 浦和町 昭和三年興信録に「松居栄二・所得税二十二円」あり。

松位 マツイ 新座に存す。

松家 マツイエ 三郷に存す。

松池 マツイケ 大里郡箕輪村(大里町)保安寺宝暦十二年六地蔵に松池重助あり。現存無し。

松石 マツイシ 葛飾郡松石村(幸手市)あり。各市町村に存す。青森県三戸郡南郷村六戸あり。

松井田 マツイダ 高麗郡飯能村字松井戸は松井田とも称し古の村名なり。久須美(葛見)村宮寺文書に「永禄五年五月十九日、宮寺与七郎に、原・四貫文、松井田・二貫五百文、葛見・二貫文の地を安堵す」と。寛文八年飯能村検地帳に松井田と見え、字滝ノ上明和五年地蔵尊に松井戸とあり。秩父郡長留村字松井田(小鹿野町)は松井田村泉龍院と見え、平村慈光寺元禄八年棟札に「長留村・松井田村・金崎村」と見ゆ。大宮、春日部等に存す。群馬県利根郡月夜野町六戸あり。

松井端 マツイハタ 春日部に存す。岩手県久慈市四戸あり。

松岩 マツイワ 三郷、越谷等に存す。

松宇 マツウ 川口に存す。

松鵜 マツウ 入間、所沢等に存す。

松浮 マツウキ 三郷に存す。

松内 マツウチ 川口、戸田、庄和、志木、川越等に存す。

松梅 マツウメ 越谷に存す。

松浦 マツウラ 鍛冶集団海洋民の集落を松浦と称す。松、町条参照。○群馬県甘楽郡甘楽町二十一戸、多野郡新町二十七戸。○茨城県久慈郡大子町四十七戸、東茨城郡茨城町二十戸、稲敷郡新利根町二十三戸、阿見町四十戸、土浦市六十戸。○山梨県南都留郡河口湖町四十三戸。○福島県伊達郡国見町八十戸、伊達町四十五戸、保原町七十六戸、梁川町三十二戸、福島市百戸。○山形県東田川郡余目町三十三戸、藤島町二十五戸、東根市七十八戸、鶴岡市百三十戸。○秋田県北秋田郡森吉町三十二戸。○宮城県名取市百戸。○岩手県岩手郡西根町六十五戸、九戸郡軽米町二十六戸。○島根県隠岐郡西ノ島町二十二戸、邇摩郡仁摩町百五戸、八束郡玉湯町四十戸、平田市百戸、松江市三百三十戸、出雲市八十七戸。○鳥取県米子市九十戸あり。

一 岩附城士の松浦氏 足立郡町谷村井原文書に「亥五月二十四日(天正十五年)、与野郷の堤を築くことを命ず、与野郷百姓中・其外給衆中・小代官大窪・此外申上者井原、奉之松浦(氏房奉行)」と見ゆ。

二 忍城士の松浦氏 成田分限帳に「二十貫文・松浦千助」あり。

三 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「十五石三人扶持・松浦庄太夫・是は忍より之跡目清洲にて」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「忍屋敷守・二両二人扶持・松浦五郎左衛門」あり。

五 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「寄合並席・松浦伊左衛門、平席之分・松浦七郎、郡奉行・松浦儀兵衛」あり。

六 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「十石三人扶持・松浦平左衛門」あり。

七 葛飾郡八丁堀村(三郷市) 元禄年間に幸房村より分村す。稲荷社明治十二年御神燈に当村松浦寅蔵・松浦末太郎あり。四戸現存す。

八 同郡幸房村(三郷市) 風土記稿幸房村条に「幸房村は松浦久左衛門幸房と云もの開発す。故に村名とし、字音にて唱へ来れり。幸房は世々下総国小金大谷口の城主高城下野守に仕ふ、城没落の後、慶長九年爰に来りて開発し、寛永三年七月二十八日死す、法名秋山道林。父松浦蔵人も幸房に養われて寛永元年正月十七日死す、雪叟秀安と諡す。幸房が子孫・今も小野三郎(九代幸寿)とて村民なり」。天保九年幸房村開発人書上(松浦茂所蔵)に「慶長九年四月六日開発、幸房新田六軒百姓、八条村大経寺松浦久左衛門、下総小金大谷口村大勝院小金井一作、当村興禅寺中村藤馬、茂田井村光明院雨宮伝之助、八条村持昌院三枝善太郎、戸ヶ崎村西福寺浅香玄蕃。松浦久左衛門幸房と申者有之、名乗を村名にいたし候申伝候。元江戸本郷山倉寺元和七年より茂田井村光明院小貫縫殿助、当村興禅寺昼間又兵衛、以上八人に成。当村開発より延宝元年迄六十九年に成、此節御縄請都合十八人に成、此外十人、戸ヶ崎村西福寺大熊平九郎、八条村西勝院矢野平三郎、柿ノ木村東善寺小出八之助、彦成村円明院吉野宗平、高久村密厳院深井藤助、花和田村西善院秋葉豊吉、彦成村不動院大野文四郎、当村興禅寺大田七十郎、鰭ヶ崎村東福寺伊原東馬、松戸宿松龍寺大沢彦吉」と見ゆ。文化文政期家数三十八軒。岩野木村富足神社明和四年庚申塔に幸房村松浦平左衛門。信州善光寺本堂北嘉永六年常夜燈に葛飾郡二郷半領幸房村松浦久左衛門。明治九年副戸長松浦久左衛門・文政七年生。明治三十年人名録に松浦厚太郎・弘化元年生・地租六十三円あり。三戸現存す。

九 同郡幸手宿 安政六年神道無念流入門帳(戸島村小川文書)に幸手宿松浦近太郎。万延元年武術英名録に神道無念流幸手宿松浦近太郎あり。

一〇 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年餅菓子商松浦平四郎あり。

一一 足立郡赤芝新田(川口市) 明治十二年戸長松浦伊八あり。現存無し。

一二 新座郡野火留宿(新座市) 本郷村東福寺明治十年供養塔に野火止西組松浦仙治郎あり。

一三 入間郡所沢町 明治二十一年幼稚園名簿に川原宿入寄留松浦清次郎・明治十七年生あり。

一四 高麗郡中山村(飯能市) 当村安永二年馬頭尊に松浦忠七。一戸存す。

一五 同郡女影村(日高市) 明治十六年永続講員松浦尭春あり。三戸存す。

一六 比企郡野本村(東松山市) 天保十二年柴生田文書に野本村名主松浦清助あり。三戸現存す。

一七 同郡石橋村(東松山市) 当村に此氏多く存す。宿青鳥村延宝九年疱瘡神像に大鳥村松浦九右衛門。羽尾村興長寺天保二年西国塔に松浦左右衛門。明治十二年副戸長松浦啓蔵、副戸長松浦常治郎。唐子神社忠魂碑に松浦喜太・松浦貞三郎・松浦幾太郎・松浦芳平・松浦幸吉・松浦嘉吉・松浦時次郎・松浦金治郎・松浦梅吉・松浦晋吉・松浦一郎あり。

一八 同郡大塚村(小川町) 増尾村白山社明治十六年筆子碑に西大塚松浦市太郎あり。現存無し。

一九 秩父郡薄村(両神村) 明治六年出浦文書に薄村中郷松浦寅次郎あり。現存無し。

柗浦 マツウラ 所沢に存す。

松江 マツエ 松は二字の制度により松井・松江と称す。松、町条参照。入間郡松郷は、古は松江と書き、マツゴウと読まれ松郷と誤記されたという。松郷字松江町・脇田村字松江町、上松郷は川越城下の上松江町となる。今はマツエと称す。各市町村に存す。○秋田県北秋田郡比内町二十九戸。○青森県北津軽郡鶴田町三十戸あり。

一 松江衆 松郷(松江)久保町住人等なり。日蓮宗行伝寺過去帳に「妙浄・松江之衆・丑年七月。法周・松江ノ治右衛門父・申年十一月。妙讃・松江ノ治右衛門ノヨメ・戌年五月。常惺・松江ノ新右衛門・辰年十二月。妙行・松江新右衛門内ノ姪・甲辰年四月。法彦・松江ノ彦左衛門・卯年六月。宗栄・松江仁左衛門舎弟・未年正月。教印・松江ノクボ町ノ市右衛門・寅年九月」あり。

二 川越町 三芳野神社明治四十年碑に本町松江作太郎(鉄物商)あり。二戸現存す。

三 騎西町 善応寺文政二年巡拝塔に松江惣兵衛あり。現存無し。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・二十石四人扶持・川越取立・松江伝一郎」。

五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊・五石余二人扶持・松江善右衛門・三十五歳」あり。

松枝 マツエ 狭山に存す。

松栄 マツエ 川越、狭山、所沢、日高等に存す。

末柄 マツエ 浦和に存す。

末永 マツエ 大宮、鴻巣、所沢に存す。

松枝 マツエダ 各市町村に存す。栃木県河内郡南河内町十五戸。長野県飯田市三十三戸、新潟県新井市十六戸。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・松枝六郎、同高・松枝孝五郎」。

松生 マツオ 久喜に存す。

松尾 マツオ ○長野県上伊那郡辰野町三十二戸、下伊那郡松川町四十六戸、豊丘村二十六戸、南安曇郡三郷村二十九戸、飯田市八十二戸。○新潟県中蒲原郡村松町百十戸、西頸城郡能生町三十八戸、五泉市五十五戸。○秋田県北秋田郡鷹巣町五十九戸。○岩手県岩手郡松尾村四十戸。○青森県三戸郡三戸町五十戸、八戸市七十戸、青森市八十戸。○島根県大田市五十戸、出雲市五十戸、松江市百六十八戸。○鳥取県米子市五十戸、鳥取市五十三戸あり。

一 鉢形城士の松尾氏 神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形衆松尾源四郎」。鉢形分限帳に「本国周防熊毛・松尾采女正」あり。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百五十石・本国播磨生国芸州・松尾市郎左衛門・四十一歳、百五十石・本国播磨生国近江・松尾武右衛門・四十一歳、二人扶持・本国播磨生国武蔵・松尾十左衛門・十三歳」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「郡奉行・十六人扶持・松尾忠平」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「坊主・六石二人扶持・父助四郎・松尾豊雪・二十五歳」あり。

五 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御徒・六石二人扶持・松尾五助」。明治四年忍藩士族名簿に「六石四人扶持・松尾常三、四両二人扶持・松尾専造」あり。

六 岡部藩安部氏家臣 明治四年半原県分限帳に「卒・松尾真次郎・桜井谷・平民」あり。

七 葛飾郡榎村(庄和町) 明治二十一年皇国武術英名録に小野派一刀流榎村松尾重遠あり。一戸現存す。

八 足立郡本太村(浦和市) 氷川社明治二十八年碑に松尾永起。四戸存す。

九 雑載 昭和三年興信録・所得税に「浦和町・松尾久太郎・二十六円、越ヶ谷町・松尾房雄・十一円」あり。

松王 マツオウ 入間郡上野村聖天社(越生町)棟札に「応永十年癸未六月五日、奉修理加聖天御宝前、神主松王、檀那遠江守長隆、同因幡太郎持光、同因幡次郎基行」。小杉村梅園神社棟札に「応永十二年癸酉三月十日、越生郷岩峯山安楽寺天神宮御修理事、大檀那藤原基行・持光花押」。「文明四年壬辰八月十六日、安楽寺天神宮修造事、大檀那越生下野守季信」あり。神主松王は聖天社神主橘姓森村氏の幼名か、檀那藤原氏は児玉党越生氏か。森村条参照。

松丘 マツオカ 川越に存す。島根県邇摩郡仁摩町六戸あり。

松岳 マツオカ 岩槻に存す。

一 鉢形城士の松岳氏 武州下浅見誌(中英夫著)に「鉢形北条氏の臣松岳伊織という者、下浅見村に居住し、後に武井氏に改む」と。現存無し。

松岡 マツオカ 松は鉱山鍛冶師、岡は国・村の意味。鍛冶集落を松岡と称す。詳細は町条、松条参照。及び岡条参照。○群馬県北群馬郡吉岡町五十戸、榛東村四十三戸、高崎市九十戸。○長野県南安曇郡三郷村四十二戸。○秋田県北秋田郡合川町八十五戸、森吉町三十二戸、山本郡二ツ井町五十八戸、鹿角市五十一戸。○岩手県紫波郡紫波町三十二戸、一関市四十戸、北上市四十戸。○青森県南津軽郡大鰐町二十三戸、弘前市四十三戸。○鳥取県岩美郡岩美町二十戸、米子市五十七戸、鳥取市七十戸あり。

一 野与党松岡氏 吾妻鑑巻三十二に「嘉禎四年二月十七日、頼経入京随兵に、二十一番・栢間左近将監・多賀谷太郎兵衛尉・松岡四郎」。巻五十一に「弘長三年正月十二日、弓始射手に松岡左衛門四郎時家」。巻五十二に「文永二年正月十二日、弓始射手に松岡左衛門次郎時家」と見ゆ。野与党の中に並び記されており、埼玉郡出身の野与党か。

二 鎌倉公方家臣の松岡氏 美里町猪俣字小栗の代官なり。伊豆国三島神社文書に「永和四年十一月四日、三島宮神主長門前司盛直の訴えにより、武蔵守護代長尾景守は、松岡弥次郎をして、那賀郡小栗村の下地を三島宮社家代官に沙汰し付けしむ」と見ゆ。前項の後裔か。

三 鉢形城士の松岡氏 榛沢郡小前田村町田文書に「庚寅二月十日(天正十八年)、町田土佐守殿、松岡摂津殿、右一族諸侍中まいる、安房守花押」と見ゆ。町田条参照。

四 忍城士の松岡氏 妻沼村聖天宮寄進状に「応永十二年八月十五日、家時花押(成田五郎)、家臣大老豊島七郎高徳花押、同松岡三郎忠経花押、同社五奉行多久藤原貞経花押」。妻沼村名主田久文書に「天文二十一年十一月三日成田長康寄進状、家臣大老松岡豊前守忠重花押」。北越軍談に「忍の成田長泰が臣に松岡石見守あり」。天正十年成田分限帳に「千貫文・松岡豊前守長達、百五十貫文・松岡遠江、百貫文・松岡因幡守長宗、百貫文・松岡丹波、二十五貫文・松岡重兵衛、十八貫文・松岡重兵衛」。別本に「三百五十貫文・松岡丹波守清昌」。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、松岡豊前は皿尾口を守る。松岡丹波・松岡因幡は大手口を守る。松岡十兵衛は大宮口を守る。松岡石見は氏長と共に小田原へ出陣す」と見ゆ。

五 下野国烏山藩成田氏家臣 成田文書に「元和二年七月十七日、烏山城主成田左衛門尉泰親は、子息左馬助の附人松岡勘兵衛を戒める」と見ゆ。

六 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「七両二人扶持・松岡権兵衛」。文化四年忍藩分限帳に「二之丸御番・五両二人扶持・松岡友右衛門」。

七 忍藩松平下総守(奥平)家臣 伊勢国桑名に多く存す。嘉永六年忍藩分限帳に「御馬廻・百石・松岡重右衛門、御大小姓・六十六石余・松岡平之進、御文好・十九人扶持・松岡財治、御文好・三人扶持・松岡嘉市、御隠居・三人扶持・松岡平之進、御馬廻・三人扶持・松岡連、同役同高・松岡米次郎、吟味役・五石二人扶持・松岡宗八、御徒格・三両余二人扶持・松岡卯右衛門、鷹方餌飼・三両二人扶持・松岡源蔵、鳥見・二両余二人扶持・松岡内蔵治、小普請・同高・松岡貞助」。明治四年忍藩士族名簿に「百石・桑名取立・松岡勇蔵、八十六石余・松岡男也、六十六石余・松岡一善、十七人扶持・松岡辰蔵、五石二人扶持・松岡峰二、四石二人扶持・松岡茂利吉、二両余二人扶持・松岡正直、又者(家老等の臣)・六石二人扶持・松岡辰晴」。

八 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「百三十石・松岡駒五郎」。

九 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「寄合七百石白井為次郎家臣松岡三郎右衛門」あり。

一〇 葛飾郡藤塚村(春日部市) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村松岡八左衛門あり。二戸現存す。

一一 埼玉郡慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺宝永八年阿弥陀如来に山口小路松岡五左衛門。毘沙門堂嘉永四年庚申塔に堂之前小路松岡金次郎あり。四戸現存す。

一二 同郡大口村(岩槻市) 香取社元禄三年庚申塔に松岡彦二郎、元文五年庚申塔に松岡清左衛門・松岡重右衛門。正福寺明和元年供養塔に松岡清左衛門。増長村観秀院安政二年供養塔に大口村松岡市五郎・松岡辰五郎・松岡熊太郎・松岡惣兵衛。香取社文久三年水鉢に松岡亀吉・松岡市五郎あり。八戸現存す。

一三 同郡中曽根村(久喜市) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

一四 同郡新堀村(菖蒲町) 上の久伊豆社安政四年狛犬に松岡市平・松岡八郎右衛門・松岡六郎左衛門。下の久伊豆社明治二十七年御神燈に松岡八郎右衛門あり。七戸現存す。

一五 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 諏訪社天保十四年御神燈に松岡和助あり。現存無し。

一六 同郡広田村(川里町) 当村開発者に「文禄二年、松岡内楽・引越し来る」と、新井条参照。鷺栖神社嘉永六年幟碑に松岡喜八。一戸現存す。

一七 同郡上新郷(羽生市) 島村文書に「起請文之事、貞享四年、八幡大菩薩、松岡門左衛門正長」あり。八幡社神主なり。現存無し。

一八 同郡行田町 八幡社文書に「貞享二年忍領行田町八幡宮之祠官松岡若狭守直久。享保八年祠官松岡若狭守藤原直次。安永六年祠官松岡若狭進藤原用次」。嘉永六年忍藩分限帳に「金二百疋・行田町八幡神主松岡若狭」あり。

一九 同郡埼玉村(行田市) 上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村下埼玉・松岡忠太郎・松岡瀧之助・松岡弥三郎あり。十三戸現存す。

二〇 同郡若小玉村(行田市) 勝呂神社安政三年御神燈に松岡金右衛門あり。三戸現存す。

二一 同郡斎条村(行田市) 明治九年戸長松岡彦四郎・嘉永二年生、副戸長松岡栄之丞・天保五年生。北埼玉郡長醤油業松岡半六、其子銀行頭取松岡三五郎(慶応三年生)、其子衆議院議員松岡秀夫(明治三十一年生)は代議士在職中に応召し昭和十九年ビルマで戦死す。明治十八年最上農名簿に松岡三五郎・耕宅地三十二町三反歩所有。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業松岡三五郎・国税千八百四十七円・県下二十五位、大正十四年松岡三五郎・国税三千百十五円・県下三十位。大正十二年大地主名簿に松岡三五郎・田六十六町六反歩・畑三十七町一反歩所有あり。十三戸現存す。

二二 同郡大塚村(熊谷市) 風土記稿大塚村条に「旧家者五郎左衛門、村内の里正を勤む。先祖松岡豊前守勝政は成田譜代の侍にして、千貫文を所務せり。天正十八年忍落城の後、当村に来り住せしより、子孫連綿として今に至れり。勝政の名・成田分限帳には長達と載す、改名せしにや。家数二十六軒」。行田史譚に「大塚村。寛永年中名主福島長左衛門、享保六年名主福島長左衛門」と、当村は寛永十年から忍領にて名主は一名なり。上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末葉、松岡豊前守末葉・大塚・福島五郎兵衛」。下川上村嘉永六年御嶽碑に大塚村松岡五郎兵衛。上中条村三幸神社明治初年御神燈に大塚松岡浜次郎あり。十四戸現存す。福島氏(現存無し)との関係は不明。

二三 足立郡南草加村 明治二年頃草加宿五丁目(南草加村)若松屋松岡甚兵衛あり。

二四 同郡千駄村(浦和市) 東神社明治三十一年幟碑に松岡定五郎あり。一戸現存す。

二五 同郡与野町 氷川社寛延三年御神燈に松岡利兵衛あり。

二六 同郡五丁台村(桶川市) 明治九年副戸長松岡利八・弘化二年生あり。七戸現存す。

二七 同郡加納村(桶川市) 天神社嘉永五年水鉢に当所松岡民吉あり。一戸現存す。

二八 同郡小針領家村(桶川市) 字本村元文元年庚申塔に領家村松岡長治郎あり。一戸現存す。

二九 同郡本宿村(北本市) 明治三十四年榛名神社募金に松岡吉五郎あり。四戸現存す。

三〇 同郡下石戸村(北本市) 明治九年副戸長松岡富蔵・文政四年生。明治三十九年三峰山講に下石戸上下組松岡恒次・松岡倉吉・松岡八重五郎あり。一戸現存す。

三一 入間郡川越宿 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙英・松岡与五左衛門・卯年二月」、江戸初期なり。喜多院五百羅漢像銘文寛政頃に「五ヶ村松山海道・町内中・松岡三右門」。明治二十二年大日本農会々員名簿に川越南町松岡善次郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に松岡才次郎・松岡正吉。明治三十五年種子問屋松岡才次郎・仏師屋松岡庄吉・理髪店松岡清造・葬具商松岡茂兵衛あり。

三二 同郡北田島村(川越市) 名主松岡六右衛門は明和一揆勢の打毀しにあう。閻魔堂文化六年筆子碑に松岡浅治郎、弘化四年筆子碑に松岡三代吉。明治九年戸長松岡磯次郎・文化十三年生。川越町氷川社明治三十三年玉垣碑に松岡亀次郎・松岡蔦次郎・松岡政吉。閻魔堂明治四十一年碑に松岡亀太郎・松岡蔦次郎・松岡信吉・松岡政吉。貴族院多額納税者議員互選人名簿に明治四十四年農業松岡亀太郎・嘉永元年生・国税千三百二十三円・県下四十二位、大正十四年松岡亀太郎・国税千五百九十五円・県下九十五位。大正十二年大地主名簿に松岡亀太郎・田三十七町二反歩・畑二十六町八反歩所有。県会議員農業松岡弘基・明治四十五年生あり。五戸現存す。

三三 高麗郡柏原村(狭山市) 明治二十九年醤油商松岡元三郎。三戸存す。

三四 同郡上畑村(飯能市) 当村天保十一年馬頭尊に上畑村松岡七左衛門あり。現存無し。

三五 比企郡上伊草村(川島町) 金乗院延宝元年庚申塔に松岡曽左衛門。長福寺文化四年馬頭尊に上伊草村松岡半兵衛あり。九戸現存す。

三六 同郡平村(都幾川村) 私塾師匠神官松岡上総寛道・慶応三年没八十三歳。萩日吉社明治二十五年松岡寛道筆子碑に世話人松岡喜久麿、明治四十一年碑に松岡照道。二戸現存す。

三七 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・松岡考太郎・二十三円・五十六円、草加町・松岡義一・十一円、羽生町・松岡昇一郎・六十九円・八十四円、忍町・松岡鋭作・百九十三円、星河村(行田市)・松岡三五郎・三千二百三十三円、松岡敬太郎・百三十三円、松岡政吉・十二円・二十一円、川越市・松岡則章・四十六円、松岡末吉・十五円、芳野村(川越市)・松岡亀太郎・千二百九十二円・二十五円、松岡蒼吉・三十一円、柏原村(狭山市)・松岡勇造・百四十八円・百三十三円、大河村(小川町)・松岡九平治・二百九円・百四十二円、玉井村(熊谷市)・松岡仲助・十九円、松岡長三郎・十二円、大滝村・松岡甚之助・二十一円」あり。

松尾田 マツオダ 小川に存す。

松落 マツオチ 入間に存す。

松尾山 マツオヤマ 秩父郡国神神社明治三十四年碑に秩父郡大宮町松尾山ゆき。現存無し。

真下 マッカ 加須、越谷等に存す。岩手県九戸郡九戸村十五戸、種市町十戸あり。マシモ参照。

真塚 マツカ 浦和に存す。

松家 マツカ 大宮、上尾等に存す。

松賀 マツカ 蓮田、所沢等に存す。

松貝 マツガイ 朝霞に存す。

松ヶ枝 マツガエ 浦和、大宮に存す。

松垣 マツガキ 浦和、和光に存す。

松掛 マツカケ 大宮に存す。

松影 マツカゲ 大宮に存す。

松蔭 マツカゲ 島根県八束郡島根町十三戸あり。

松笠 マツカサ 日高に存す。

松ヶ崎 マツガサキ 草加に存す。青森県八戸市二十四戸あり。

松ヶ迫 マツガサコ 上尾、北本、和光等に存す。

松ヶ澤 マツガサワ 蓮田に存す。

松ヶ下 マツガシタ 草加に存す。

松風 マツカゼ 蓮田、日高等に存す。

松方 マツカタ 北本、狭山等に存す。

松形 マツカタ 浦和、三芳等に存す。

松梶 マツカヂ 上福岡に存す。

松角 マツカド 川口に存す。

松金 マツガネ 浦和、川口、蕨、桶川、草加、本庄等に存す。茨城県行方郡玉造町二十四戸、潮来町十一戸あり。

松兼 マツガネ 川口、加須等に存す。茨城県行方郡麻生町九戸、潮来町十二戸あり。

松ヶ根 マツガネ 新座に存す。

松ヶ平 マツガヒラ 和光に存す。

松上 マツガミ 川口、久喜、川越、川島、深谷等に存す。千葉県市原市十三戸あり。

松ヶ谷 マツガヤ 上尾、草加、志木、鶴ヶ島、飯能等に存す。

松川 マツカワ 松は鉱山鍛冶、川(なり)は鍛冶等の非農民集落の意味。町条、松条参照。○長野県木曽郡南木曽町十七戸。○新潟県新発田市四十五戸。○福島県須賀川市三十六戸。○秋田県平鹿郡増田町十六戸、横手市四十二戸。○宮城県桃生郡河北町五十五戸、牡鹿郡牡鹿町三十一戸、石巻市百四十六戸。○岩手県東磐井郡東山町十六戸、気仙郡三陸町十六戸。○青森県三戸郡階上町二十六戸、北津軽郡金木町四十八戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「坊主・三両二人扶持・松川円佐」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・百六十石・亡養父絵馬太郎・松川右内・四十一歳」あり。

三 埼玉郡大瀬村(八潮市) 下大瀬村宝光寺明治四十四年碑に松川勝一あり。一戸現存す。

四 同郡加須町 光明寺慶応二年筆子碑に加須町松川久兵衛。明治三十五年に松川福三郎あり。現存無し。

五 足立郡大宮町 明治三十五年荒物商松川喜四郎あり。

六 同郡中分村(上尾市) 明治二十二年矢部文書に松川新三郎・松川庄左衛門あり。一戸現存す。

七 同郡小針領家村(桶川市) 倉田村明星院文政六年新西国塔に領家村松川多右衛門。明治二十年柴山伏越改造碑に小針領家村松川又左衛門(旧名主)。明治三十七年松川文書に松川又吉・松川弥五郎あり。十一戸現存す。

松河 マツカワ 岩槻に存す。

松木 マツキ 各市町村に存す。○神奈川県中郡二宮町三十七戸。○山梨県南巨摩郡身延町四十戸、甲府市五十三戸。○長野県上水内郡信濃町五十戸、牟礼村二十四戸、諏訪市六十四戸。○新潟県糸魚川市六十八戸、長岡市三十戸。○山形県長井市百十五戸。○青森県西津軽郡木造町三十五戸あり。松ノ木参照。

一 忍城士の松木氏 風土記稿に「天正十八年忍城攻めの時、松木織部は持田口を守る」と見ゆ。

二 足立郡蕨宿 三学院安永五年宝篋印塔に上宿組松木平兵衛。現存無し。

三 同郡大門宿(浦和市) 信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡大門宿松木屋平蔵あり。三戸現存す。

四 同郡東間村(北本市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に東間新田・松木伊左衛門・松木磯右衛門・松木甚五兵衛。浅間社安政二年庚申塔に当邨松木善右衛門、明治四十年碑に松木善太郎・松木金五郎・松木富蔵あり。七戸現存す。

松樹 マツキ 所沢に存す。

松城 マツキ 越谷に存す。

松儀 マツギ 所沢、三芳等に存す。

真継 マツギ 我国鋳物師の元締にて江戸時代に京都の真継能登守斎部宿祢は、足立郡川口町や児玉郡金屋村の鋳物師等を支配す。秩父条参照。上尾、蓮田、越谷、上福岡に存す。

松岸 マツギシ 入間に存す。

松木囿 マツギゾノ 上尾に存す。

松木田 マツキダ 大宮、上尾、鴻巣、草加、越谷等に存す。

松木谷 マツキヤ 上尾に存す。

松清 マツキヨ 朝霞、川越等に存す。

松草 マツクサ 川口、草加等に存す。岩手県下閉伊郡川井村八戸あり。

松口 マツクチ 川口、大宮、北本、伊奈、草加、八潮、岩槻、春日部、庄和、鷲宮、入間、川島等に存す。新潟県東頸城郡浦川原村八戸あり。

一 入間郡菅間村(川越市) 川越中院過去帳に「妙珍尼・菅間・松口藤六女子・寛永元年十一月二十七日」あり。現存無し。

松国 マツクニ 高麗郡原市場村(飯能市)星宮神社文化十五年絵馬に松国浅五郎あり。現存無し。

松窪 マツクボ 羽生に存す。

松久保 マツクボ 大宮、上尾、桶川、吹上、入間等に存す。

松熊 マツクマ 上尾、鴻巣、越谷、鷲宮、羽生、鶴ヶ島等に存す。

松隈 マツクマ 各市町村に存す。

松倉 マツクラ 倉は古代朝鮮語の銅の意味。鍛冶鋳物師の集落を松倉と称す。入間郡大満村字松倉、比企郡瀬戸村字松倉あり。町条、松条参照。各市町村に存す。○長野県諏訪郡下諏訪町二十戸、北安曇郡白馬村十八戸、大町市二十二戸。○福島県相馬郡小高町十戸。○青森県三戸郡階上町十一戸、八戸市百五十戸あり。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百五十石・松倉又五郎、五十石・松倉背丈」あり。

二 埼玉郡八条村(八潮市) 大経寺明治二十七年絵馬に松倉仲五郎あり。現存無し。

三 同郡大沢町(越谷市) 明治六年旅籠屋惣代松倉四郎兵衛。現存無し。

四 雑載 昭和三年興信録・所得税に「川越市・松倉倉三郎・十五円、松井村(所沢市)・松倉昌一・十二円」。

松下田 マツゲタ 川口、新座、岩槻等に存す。

松坂 マツザカ 大和朝廷は渡来人を蕃(ばん)と称し、姓氏録には諸蕃と記す。佳字に坂(ばん)を用いる。鉱山鍛冶の渡来人集落を松坂と称す。町条、松条参照。秩父郡下飯田村字松坂あり。○秋田県北秋田郡田代町十六戸。○岩手県岩手郡玉山村二十八戸、紫波郡紫波町十九戸、釜石市三十三戸。○青森県三戸郡五戸町三十九戸、八戸市五十戸あり。

一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「八両余二人扶持・松坂墨三郎」あり。

二 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御勘定奉行・八十石・亡父音兵衛・松坂登・五十四歳」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「一人扶持・松坂孝五郎」あり。

四 足立郡大間村(鴻巣市) 大野神社明治三十九年碑に松坂音五郎・松坂才次郎・松坂九十郎。昭和三年興信録に「田間宮村・松坂才次郎・所得税二十一円」あり。八戸現存す。

五 比企郡正代村(東松山市) 明治二十八年蚕業松坂政吉。五戸現存す。

松阪 マツザカ 朝霞、和光等に存す。

真先 マツサキ 草加に存す。

先崎 マツサキ 岩槻に存す。茨城県那珂郡瓜連町二十五戸あり。

末崎 マツザキ 北本、所沢、東松山等に存す。新潟県柏崎市二十戸あり。

枩崎 マツザキ 三郷に存す。

松嵜 マツザキ 春日部、本庄、滑川等に存す。

松崎 マツザキ 崎は浦の意味で、鉱山鍛冶海洋民の集落を松崎と称す。町条、松条参照。川添・海添に渡来し、武蔵国及び房総より常陸国に多く存す。横見郡松崎村(吉見町)あり。足立郡大谷村字松崎は松ヶ崎とも書く、埼玉郡川島村字松ヶ崎あり。○群馬県新田郡新田町四十戸。○栃木県安蘇郡葛生町三十五戸、足利市百戸。○茨城県東茨城郡常北町五十戸、行方郡潮来町三十戸、結城郡石下町七十三戸、真壁郡明野町三十一戸、北茨城市四十八戸、水海道市七十五戸、下妻市九十戸、岩井市六十七戸。○千葉県長生郡長南町四十一戸、睦沢町三十戸、夷隅郡大原町三十二戸、岬町五十七戸、茂原市五十五戸、市原市七十七戸。○長野県伊那市四十戸、駒ヶ根市百十七戸。○新潟県中頸城郡柿崎町三十七戸。○福島県田村郡船引町六十五戸、大越町二十三戸、いわき市三百五十戸、郡山市百六十八戸。○宮城県刈田郡蔵王町二十七戸。○島根県仁多郡横田町六十戸、松江市八十戸あり。

一 忍城士の松崎氏 成田分限帳に「三十貫文・松崎彦三、十五貫文・松崎七郎、九貫文・松崎弥蔵」あり。

二 岩附城士の松崎氏 太田家譜に「太田譜代之士・松崎」と見ゆ。

三 松山城士の松崎氏 天正庚寅松山合戦図に「北曲輪・松崎左京」あり。五十六項参照。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊・四石余二人扶持・亡父輪作・松崎輪作・二十六歳」あり。

五 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に松崎市郎曽孫幸蔵・七歳、松崎平八長男於彦・七歳。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流大川戸村松崎幸蔵。明治三十年人名録に松崎千代蔵・嘉永二年生・地租八十五円。七戸存す。

六 埼玉郡大曽根村(八潮市) 八幡社安政五年碑に松崎善右衛門、明治二十九年絵馬に松崎常太郎。大曽根村会議員松崎伝之丞・天保九年生あり。三戸現存す。

七 同郡大沢町(越谷市) 香取社寛政元年御神燈に松崎政右衛門あり。

八 同郡船渡村(越谷市) 無量院享保三年六地蔵に松崎久兵衛。香取社慶応二年成田山碑に松崎久兵衛あり。三戸現存す。

九 同郡下間久里村(越谷市) 当村に此氏多く存す。松崎家板碑に「永禄己未二月、下間久里村松崎信左衛門」。享保五年松崎平左衛門は葛飾郡香取神社(庄和町)の獅子舞を伝授す。明治五年村役人惣代松崎長十郎。明治十九年上間久里村連合に松崎岩蔵・松崎倉吉・松崎健蔵・松崎佐吉・松崎弁次郎・松崎桝次郎・松崎久八・松崎吉蔵・松崎広貞あり。

一〇 同郡平野村(岩槻市) 明治三十年所得税下調査簿に川通村松崎喜助・反別十四町八反歩・地租百六十三円あり。一戸現存す。

一一 同郡一ノ割村(春日部市) 香取社明治二十八年碑に松崎峯吉あり。四戸現存す。

一二 同郡篠津村(白岡町) 久伊豆社文久二年狛犬に松崎留五郎あり。三戸現存す。

一三 同郡荒井新田村(白岡町) 稲荷社明治三十九年碑に松崎伝四郎・松崎豊吉あり。一戸現存す。

一四 同郡上内村(鷲宮町) 小浜村地蔵院元禄八年百番観音に施主騎西領植内村松崎平左衛門。現存無し。

一五 同郡上大崎村(菖蒲町) 当村嘉永元年庚申塔に中組松崎吉左衛門・松崎八五郎あり。七戸現存す。

一六 同郡広田村(川里町) 当村開発者に「文禄二年、松崎将監・引越し来る」とあり。現存無し。新井参照。

一七 同郡本川俣村(羽生市) 明治十二年酒造業松田屋松崎七五郎あり。現存無し。

一八 同郡埼玉村(行田市) 野村玉松堂慶応四年入門に百塚・弥一郎倅松崎八重蔵。明治九年副戸長松崎与三郎・嘉永二年生。前玉神社明治十年玉垣碑に松崎与三郎。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡埼玉村百塚松崎覚次あり。六戸現存す。

一九 同郡野村(行田市) 玉松堂入門に万延二年・当所松崎太市、文久二年・当所松崎新太郎、慶応二年・当所松崎太七、明治二年・当所松崎賢二郎・松崎源左衛門。明治九年副戸長松崎貞太郎・天保十二年生あり。十二戸現存す。

二〇 足立郡赤井村(川口市) 福寿院文政三年庚申塔に松崎四郎右衛門・松崎浅右衛門。氷川社明治三十九年碑に松崎紋蔵・松崎福次郎・松崎寅松あり。一戸現存す。

二一 同郡鳩ヶ谷町 明治三十五年青物商松崎常次郎あり。

二二 同郡上野村(上尾市) 当村元禄六年庚申塔に上野村松崎十兵衛。平方村橘神社明治十一年御神燈に上野村松崎角太郎、明治三十年御神燈に大字上野松崎栄吉・松崎勝三郎あり。二戸現存す。

二三 同郡川田谷村(桶川市) 諏訪社明治三十九年幟碑に松崎源九郎あり。一戸現存す。

二四 同郡東間村(北本市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に東間村松崎多右衛門・松崎孫左衛門。浅間社安政二年庚申塔に当邨松崎万之助・松崎久兵衛。明治四年組頭松崎友右衛門・四十歳。明治九年副戸長松崎友右衛門。浅間社明治四十年碑に松崎久吉・松崎三平・松崎七之助・松崎清吉・松崎市之丞あり。七戸現存す。

二五 同郡鴻巣宿 加納村天神社嘉永二年御神燈に鴻巣宿松崎治右衛門。上谷新田金剛院元治元年碑に鴻巣宿松崎治右衛門。勝願寺明治三十五年馬頭尊に当所松崎藤吉。同年飲食店松崎辰五郎あり。

二六 新座郡浜崎村(朝霞市) 私塾師匠武士三光寺松崎信明・明治三十一年没あり。現存無し。

二七 入間郡黒須村(入間市) 明治二十一年水車業松崎初太郎あり。

二八 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙正・松崎内方・丑年六月。妙春・松崎治右衛門内方・申年二月。享保三年松崎長兵衛は座敷建立す」。明治三十五年荒物商松崎林造・鰹節商松崎徳次郎・綾糸商松崎定吉・菓子商松崎勝之助・粉名商松崎松五郎。三芳野神社明治四十年碑に志義町松崎徳次郎あり。

二九 同郡大仙波村(川越市) 上寺山村八咫神社元文四年碑に大仙波村松崎太郎右衛門娘。氷川社明治四十一年碑に松崎慶造あり。

三〇 同郡大中居村(川越市) 明治五年文書に松崎佐吉あり。一戸現存す。

三一 同郡中福村(川越市) 今福の沿革史に「松崎新右衛門は中福村芝伐なり」と。貞享四年中福村生国並宗門改帳に「清右衛門(現子孫松崎昇)、生国武州網代村、寛文二年中福村百姓に罷成候、旦那寺福田村星行院」。堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に中福村松崎金右衛門。八戸現存す。

三二 高麗郡鯨井村(川越市) 八坂社明治三十年碑に鯨井松崎清吉・松崎定吉あり。一戸現存す。

三三 比企郡上小見野村(川島町) 多摩郡高尾山薬王院宝暦八年文書に川越領上小美野村松崎熊重郎。明治九年副戸長松崎祐太郎・弘化二年生。大正四年県会議員調に農業松崎和重郎・国税二百六十三円。二戸存す。

三四 同郡下小見野村(川島町) 弘化二年名主松崎亀吉。万延元年名主松崎又十郎。明治九年大惣代戸長松崎又重郎・天保十四年生。三戸現存す。

三五 同郡虫塚村(川島町) 郡村誌に「武蔵七党の松崎勘解由が居住す」と。当村は上小見野村氷川社を鎮守とす。児玉党小見野氏の本名か。岩殿村正法寺文化十五年什物帳に川島虫塚村松崎茂助。明治九年副戸長松崎源十郎・弘化四年生。五戸存す。

三六 同郡梅ノ木村(川島町) 多摩郡高尾山薬王院宝暦十年文書に吉見領梅木村松崎平兵衛。慶応二年鳥見役松崎平格は打毀しにあう。現存無し。上小見野村氷川社を鎮守とす。

三七 同郡松山町 明治三十五年提灯商松崎栄次郎あり。

三八 同郡毛塚村(東松山市) 明治十六年取調帳に松崎実吉・松崎喜三あり。一戸現存す。

三九 同郡高坂村(東松山市) 当村に此氏多く存す。岩殿村正法寺文化五年什物帳に高坂宿松崎七左衛門。明治九年副戸長松崎弁治・天保十年生。明治十九年惣代松崎虎治、蚕種製造松崎菊太郎・同松崎宗平。松山町箭弓神社明治三十一年碑に高坂村松崎喜三郎・松崎弁治あり。

四〇 同郡下青鳥村(東松山市) 松崎中正家文書に元禄十五年下青鳥村名主松崎嘉右衛門。明治三十年堰場組合松崎徳二郎あり。二戸現存す。

四一 同郡下野本村(東松山市) 松山町箭弓神社明治三十一年碑に野本村松崎徳之助あり。一戸現存す。

四二 横見郡柚沢村(吉見町) 岩室観音堂嘉永三年水鉢に八反田・松崎久右衛門・松崎伊五郎。神明社明治二十九年碑に八反田・松崎新吉・松崎古太郎・松崎安之丞・松崎徳次郎。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に八反田松崎新吉あり。六戸現存す。

四三 同郡和名村(吉見町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

四四 大里郡熊谷町 明治三十五年糸繭商松崎夕二・松崎作五郎・松崎鉄五郎あり。

四五 同郡石原村(熊谷市) 当村に此氏多く存す。赤浜村大久保家譜に「大久保杢之助親家(北条氏邦に仕へ、正保四年没八十三歳)―女子(石原村松崎与五左衛門妻)、其子松崎与五左衛門、其子松崎源兵衛」。名主松崎重右衛門(慶長十六年十月二十三日没)は地頭城氏に仕える。当村は旗本城氏の知行、元和三年幕府領、寛永十年からは忍藩領となる。元文三年忍藩書上に「石原村名主十右衛門、高木九助様御時より百二十四年勤来候、忍御知行百年勤来候」。東漸寺寛保元年寄附帳に松崎儀左衛門。安永九年名主松崎重右衛門。天保元年名主松崎重右衛門・名主松崎源右衛門。前谷村光明寺天保七年常夜燈に石原村松崎佐四郎。熊谷町千形神社嘉永六年水鉢に石工松崎吉太郎。東漸寺万延元年馬頭尊に石原村松崎勘右衛門。広瀬村文久元年秋山翁碑に石原村松崎藤四郎。柏合村八王子神社慶応三年碑に下石原石工松崎吉太郎。明治元年組頭松崎国八郎。明治九年副戸長松崎重右衛門・天保七年生、副戸長松崎源兵衛・天保八年生、副戸長松崎信三郎・天保十一年生、副戸長松崎平助・天保十年生、副戸長松崎玄八・天保元年生、地租改正惣代人松崎石太郎・同松崎由之助・同松崎栄三郎。明治十二年戸長松崎重右衛門、議員松崎平吉・同松崎彦三郎・同松崎源三・同松崎利兵衛・同松崎源兵衛・同松崎定吉。明治二十一年重立に松崎勝助・松崎新三郎・松崎田之助・松崎己之吉・松崎助次郎。明治二十一年皇国武術英名録に念流石原村松崎信三郎あり。

四六 幡羅郡中奈良村(熊谷市) 下奈良村明治二十七年東条筆子碑に中奈良村松崎郁三郎あり。現存無し。

四七 男衾郡立原村(寄居町) 当村は鉢形城下なり。紀州高野山清浄心院・武蔵国供養帳に「逆修天誉善宗禅定門・鉢形松崎善左衛門為自身・元和二年十一月十五日」。「逆修雪窓妙林禅定尼・同松崎善左衛門内方・元和二年十一月十五日」。夫婦は生前供養を依頼す。折原村明治四十三年碑に松崎守三・松崎作太郎あり。五戸現存す。

四八 榛沢郡桜沢村(寄居町) 字金嶽天保四年馬頭尊に松崎熊五郎・松崎徳右衛門・松崎万吉・松崎熊太郎。用土村明治十三年仙元碑に桜沢村松崎孝作・松崎喜三郎・松崎房五郎・松崎周吉あり。十戸現存す。

四九 同郡山崎村(岡部町) 用土村明治十三年仙元碑に山崎村松崎兵太郎あり。一戸現存す。

五〇 児玉郡本庄町 明治七年立会人松崎重蔵。明治三十五年人形師松崎福松あり。

五一 同郡沼和田村(本庄市) 当村延享二年庚申塔に沼和田村松崎伍右衛門・松崎代茂平次。飯玉神社明治二十一年碑に松崎庄八。一戸存す。

五二 同郡小島村(本庄市) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・尾島村松崎八十八.。唐鈴神社天保六年五角塔に松崎八郎兵衛・松崎清右衛門、明治三十八年御神燈に松崎茂三郎・松崎幸作。奥山念流松崎福松源幸成・昭和二十八年没、其子松崎武は岡部町櫛引住す。八戸現存す。

五三 賀美郡金久保村(上里町) 明治二十一年皇国武術英名録に真神道流柔術西金久保村松崎竹次郎あり。三戸現存す。

五四 同郡毘沙吐村(上里町) 金久保村陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「松崎右衛門大夫源高俊の後裔、新町・松崎甚平」。当村住民は弘化三年洪水により上州新町へ全員移住す。明治四年新町茂木文書に毘沙吐村松崎甚平・松崎久次郎・松崎次作あり。

五五 秩父郡大宮町 明治三十五年菓子商松崎徳太郎あり。

五六 同郡御堂村(東秩父村) 松山城士にて、日蓮宗浄蓮寺過去帳に「道立・松崎・天文十四年二月。道秀・カケ山・松崎与三郎・慶長五年四月。宗惺・松崎・元和七年十二月。妙厳・御堂・松崎五右衛門内・寛文二年七月。道春・松崎六左衛門・子年十月。妙清・松崎母・卯年七月。浄心・房庭半左衛門・辰年五月」。「安政二年寄進、当村房庭松崎友八」。三項参照。同寺明治二十三年碑に松崎倉吉・松崎長五郎。大霊神社明治四十一年碑に大河原村松崎長左衛門・松崎嘉十郎あり。一戸現存す。

五七 同郡奥沢村(東秩父村) 安戸村能気神社明治二十九年碑に奥沢・松崎長八あり。二戸現存す。前項参照。

五八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「桜井村(越谷市)・松崎儀助・二十四円・二十二円、川通村(岩槻市)・松崎多次郎・四十三円、鴻巣町・松崎龍寿・九円・三十三円、松崎いね・十五円、川越市・松崎幸太郎・百六十七円・三十六円、松崎杵八・七十円・七十円、松崎徳次郎・六十一円・五十六円、松崎広重・十四円、高坂村(東松山市)・松崎栄・百十八円・三十三円、松崎宗二・十八円・二十二円、松崎又五郎・二十二円、松崎伊之助・十円、野本村(東松山市)・松崎唯七・二百九十五円、松崎縫次郎・六十七円、小見野村(川島町)・松崎透・十円、熊谷町・松崎貞吉・三十五円・六十七円、松崎利兵衛・三十二円、松崎貞太郎・二十二円、松崎源次郎・十一円、松崎助次郎・十一円、神保原村(上里町)・松崎忠三郎・十八円」あり。

松迫 マツサコ 坂戸、熊谷等に存す。

松里 マツサト 戸田に存す。

枩沢 マツザワ 新座に存す。

枩澤 マツザワ 北本に存す。

松沢 マツザワ 沢は慶尚南道梁山の古名である匝羅(さわら)にて、鉱山鍛冶匝羅人の集落を松沢と称し、鉱山地の信濃国に多く渡来す。松条、町条、沢のことは大沢条参照。足立郡川田谷村字松沢あり。○群馬県群馬郡箕郷町三十五戸、邑楽郡千代田町四十五戸。○茨城県鹿島郡神栖町三十六戸、新治郡霞ヶ関町四十八戸。○長野県諏訪郡下諏訪町二十八戸、上伊那郡南箕輪村五十五戸、下伊那郡阿南町三十九戸、喬木村六十四戸、北安曇郡池田町三十三戸、小谷村六十戸、白馬村百二十戸、南安曇郡豊科町三十五戸、穂高町三十戸、三郷村五十戸、須坂市百戸、諏訪市七十七戸、伊那市百八戸、飯田市二百戸、大町市六十八戸、上田市九十五戸、松本市百六十戸。○新潟県中蒲原郡村松町七十七戸、亀田町二十七戸、西頸城郡青海町六十三戸、糸魚川市百二十戸。○山形県最上郡真室川町四十三戸。○秋田県北秋田郡比内町四十六戸あり。

一 成田氏族松沢氏 上野国邑楽郡萱野村(千代田町)出身の出稼衆にて、成田氏の名跡を継承して成田氏を名乗り、帰農して本名松沢氏に復姓す。邑楽郡町村誌材料に「松沢織部は武蔵国忍の城主成田義長の後裔にして、寛永の初年、創めて此地を拓き、一村落をなし野辺村と名づけ、世々爰に居る」と見ゆ。織部は天正十八年忍落城後、萱野村の原野を開拓し、以後移住する者が増し、ついに一村となり野辺村(館林市)と称したという。但し、天正十二年小泉城主富岡氏所領に「館林領の内、萱野、野辺」と見え、天正十九年萱野村検地で田畑六十四町歩とあり、殆ど開発されている。野辺村に弘安七年・乾元元年・嘉元元年・元徳元年銘の板碑が出土しており、是以前から開発されている。萱野村松沢氏は二十八代目と伝へ、家紋は丸に二つ引を用いる。成田条十一項参照。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三十五石五人扶持・松沢長兵衛・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

三 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御馬廻・百五十石・松沢彦太夫、小頭・二十俵二人扶持・松沢藤之丞」。文化四年忍藩分限帳に「吟味役・七十石・松沢市左衛門」あり。

四 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十二俵二人扶持・松沢儀平」あり。

五 葛飾郡中野村(吉川市) 中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に中野村松沢彦右衛門あり。十五戸現存す。

六 同郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に松沢貞治郎・十四歳あり。一戸現存す。

七 同郡下赤岩村(松伏町) 蓮福寺寛政十年碑に松沢寿斬あり。現存無し。

八 同郡幸手町 明治三十五年酒商松沢安兵衛あり。

九 埼玉郡越ヶ谷町 明治三十五年水菓子商松沢いと・時計店正能屋松沢太兵衛あり。

一〇 同郡大沢町(越谷市) 大沢猫の爪(福井文書)に「上組百姓松沢善太郎は元禄中・花田松沢権右衛門分地に而松沢嘉右衛門と申伝是也。松沢清吉祖父嘉兵衛は、中古嘉右衛門分地也。上組百姓松沢浅右衛門は、宝暦・寛延之頃五郎右衛門半軒之分地也。松沢五郎右衛門は、貞享中・松沢権右衛門方より分地、今半軒所持罷在、半軒は野中の浅右衛門へ分地。松沢権右衛門は代々此処に居住仕候而大沢松沢之本家也、先祖大本家は花田村に有之候、初代市郎兵衛正徳三年死去也、弟分地中宿五郎右衛門、上組長太郎等也、元来御入国時分より花田村に罷在候へ共、越石多候に付分地多分有之候。元禄八年検地、松沢権右衛門屋敷、松沢五郎右衛門屋敷。宝暦七年大沢町百姓、松沢権右衛門、松沢五郎右衛門、松沢分地浅右衛門。明和五年帳面表、松沢権右衛門、松沢五郎右衛門、松沢浅右衛門、松沢嘉右衛門、松沢嘉兵衛、松沢磯右衛門」と見ゆ。香取社寛政元年御神燈に松沢嘉兵衛、文化八年御神燈に上組松沢要蔵、文化九年御神燈に松沢清兵衛。明治三十年人名録に越ヶ谷町長松沢久次郎・嘉永六年生・地租十六円。明治三十五年料理店松沢ふじ・米穀商松沢庄七あり。

一一 同郡花田村(越谷市) 前項の本家なり。明治三十年人名録に松沢庄右衛門・明治十三年生・地租三十円、松沢太吉・天保十一年生・地租十九円、松沢和吉・慶応元年生・地租十七円、松沢菊次郎・安政三年生・地租十六円あり。十七戸現存す。

一二 同郡七左衛門村(越谷市) 当村に此氏多く存す。観照院明治四年普門品に松沢保太郎。明治九年副戸長松沢簾之助・嘉永二年生。明治三十年所得税下調査簿に出羽村松沢簾之助・反別十八町一反歩・地租二百四十二円あり。

一三 同郡七左衛門村枝郷越巻村(越谷市) 越巻村丸之内講中・明和三年当番松沢平四郎。産社祭礼帳に「当番、明治六年・松沢国蔵、明治十五年・松沢六次郎、明治二十七年・松沢六造」あり。

一四 同郡神明下村(越谷市) 鈎上村神明社元治元年碑に神明・松沢孫右衛門あり。六戸現存す。

一五 同郡砂原村(越谷市) 当村に此氏多く存す。不動堂文化二年庚申塔に松沢福蔵・松沢茂左衛門・松沢勘右衛門・松沢源蔵・松沢治左衛門・松沢仲右衛門・松沢源七.。久伊豆社天保十二年御神燈に松沢庄蔵・松沢佐五郎・松沢助治郎・松沢茂吉・松沢治郎右衛門・松沢林蔵。不動堂嘉永元年庚申塔に松沢源右衛門・松沢万次郎・松沢三五郎・松沢音次郎・松沢勘六・松沢久左衛門・松沢元右衛門・松沢栄蔵・松沢久右衛門。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流砂原村松沢兵之助・松沢長吉・松沢信吉。明治三十年人名録に松沢八蔵・嘉永五年生・地租三十円あり。

一六 同郡荻島村(越谷市) 五所神社天明四年水鉢に松沢藤左衛門、明治九年浅間碑に中組松沢権次郎(嘉永六年生)あり。十戸現存す。

一七 同郡千疋村(越谷市) 伊南理神社明治四十一年浅間碑に松沢浅五郎、明治四十二年御神燈に松沢文吉・松沢庄太郎あり。二戸現存す。

一八 同郡四町野村(越谷市) 迎摂院文化二年宝篋印塔に松沢仲右衛門・松沢富右衛門。明治九年副戸長松沢権右衛門・天保十二年生。明治三十年人名録に松沢権右衛門・地租七十円、松沢権蔵・弘化二年生・地租二十四円、松沢沖右衛門・天保八年生あり。十二戸現存す。

一九 同郡岩槻町 久伊豆社文化八年碑に久保宿町松沢弥七.。秩父郡横瀬村文久元年年番帳に武州岩附城下松沢泰安。明治三十五年古物商松沢万五郎・松沢喜之助あり。

二〇 同郡下大増新田(春日部市) 香取社文化三年天神碑に松沢清太、文化十年天神碑に松沢安五郎・松沢長左衛門、慶応□年御神燈に松沢喜蔵。岩槻町秋葉社天保三年狛犬に下大増新田松沢清太郎。増長村観秀院安政二年供養塔に下大増村松沢清太郎あり。二戸現存す。

二一 同郡多門寺村(加須市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に多門寺村松沢勇八.あり。四戸現存す。

二二 同郡北篠崎村(加須市) 熊野社文久四年御神燈に松沢重次郎あり。一戸現存す。

二三 同郡忍町 明治三十五年桶屋松沢岩次郎あり。

二四 足立郡浮間村(川口市) 明治二十二年横曽根村となり、大正十五年に今の東京都北区浮間となる。川口町善光寺文政十三年祠堂講世話人松沢藤助、安政五年碑に浮間村松沢藤助。明治九年戸長松沢藤助・天保元年生。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流浮間村松沢国三郎あり。衆議院議員選挙人名簿に横曽根村松沢藤助・文久三年生・納税九十円、松沢米蔵・安政四年生・納税五十五円、松沢孫吉・文政十年生・納税三十五円、松沢善蔵・安政二年生・納税二十六円あり。

二五 同郡浦和町 玉蔵院短才見聞録に「享保十八年、当中宿松沢弥惣次。寛保二年、中町松沢弥三郎富久・八十歳。宝暦十年、松沢治右衛門」。同寺安永九年棟札に松沢藤七郎作之。享和三年供養塔に松沢治右衛門・松沢正五郎、明治三十一年供養塔に浦和町松沢兵蔵。明治三十五年雑貨時計商角屋松沢兵蔵・小間物商松沢ふみ・大工職松沢銀蔵・鍛冶職松沢福太郎あり。

二六 同郡岸町(浦和市) 明治三十五年薬種商松沢藤作あり。

二七 同郡寺山村(浦和市) 大門宿大興寺文化十四年念仏供養塔に寺山村松沢伴右衛門。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡寺山村松沢伴右衛門。私塾師匠松沢伴右衛門・明治三十四年没七十三歳。代山村成田不動尊明治四十年碑に寺山松沢茂吉あり。二戸現存す。

二八 同郡大谷口村(浦和市) 向原氷川社明治十五年碑に大谷口村松沢長兵衛。信成院明治二十七年成田山碑に大谷口・松沢重次郎・松沢源兵衛・松沢半次郎あり。四戸現存す。

二九 同郡佐知川村(大宮市) 金山社明治十五年水鉢に松沢松太郎・松沢甚右衛門(染物業)。十三戸存す。

三〇 同郡南部領中丸村(大宮市) 加納村天神社嘉永五年水鉢に南部中丸松沢弥平次あり。六戸現存す。

三一 同郡南部領宮下村(大宮市) 氷川社嘉永六年碑に松沢万次郎・松沢瀧蔵。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に東宮下松沢亀吉。九戸現存す。

三二 同郡南部領中川村(大宮市) 当村に此氏多く存す。中山神社天保十四年御神燈に松沢茂七・松沢丑松、安政三年成田山碑に松沢庄左衛門。中丸村神明社慶応三年御嶽碑に中川村松沢平吉。明治九年副戸長松沢平吉・天保三年生。与野町一山神社明治三十五年碑に中川松沢伊之助(染物業)。当村天神社明治三十九年碑に松沢志馬・松沢仙蔵・松沢清次郎・松沢健造・松沢久太郎・松沢祐吉・松沢周吉・松沢金之助・松沢利根吉あり。

三三 同郡南部領蓮沼村(大宮市) 当村に此氏多く存す。八雲社明和四年庚申塔に蓮沼之内猿ヶ谷戸村松沢平左衛門。正福寺安永八年廻国塔に蓮沼村・松沢平左衛門・松沢七郎左衛門・松沢沢右衛門・松沢与右衛門・松沢財兵衛・松沢喜八.。菅原社文政六年御神燈に蓮沼村松沢幸之助・松沢熊右衛門・松沢保利蔵・松沢万次郎。八雲社文政十年庚申塔に松沢半右衛門・松沢惣右衛門・松沢太左衛門・松沢仙右衛門。中里村弘法尊院慶応三年碑に猿箇谷塔村松沢徳右衛門・松沢清蔵。明治九年猿ヶ谷戸村副戸長松沢徳右衛門・文政五年生、副戸長松沢善治・嘉永二年生。私塾師匠松沢恒次郎・明治三十年没六十七歳。神明社明治三十一年松沢恒次郎碑に猿ヶ谷戸・松沢丑松・松沢徳太郎・松沢五郎八・松沢松五郎・松沢平吉・松沢友次郎・松沢孫次郎・松沢金作・松沢広太郎・松沢市太郎・松沢伊与吉・松沢寅松・松沢由太郎・松沢仙吉・松沢要蔵・松沢次郎吉・松沢太三郎・松沢伊之助・松沢安兵衛・松沢熊之助・松沢助次郎。浦和町玉蔵院明治三十一年供養塔に蓮沼村松沢兼吉。菅原社明治三十三年御神燈に猿ヶ谷戸村・松沢平吉・松沢丑松・松沢友次郎・松沢徳太郎・松沢惣五郎・松沢寅松・松沢梅八・松沢熊右衛門・松沢助次郎・松沢伊予吉・松沢要蔵。

三四 同郡門前村(上尾市) 当村宝永三年庚申塔に松沢長左衛門あり。一戸現存す。

三五 同郡壱丁目村(上尾市) 当村貞享三年庚申塔に松沢金左衛門・松沢市右衛門あり。十四戸現存す。

三六 同郡地頭方村(上尾市) 当村元禄十二年庚申塔に松沢利右衛門あり。一戸現存す。

三七 同郡川田谷村(桶川市) 字王子延宝四年庚申塔に下川田谷妙金村松沢忠左衛門・松沢又右衛門・松沢喜兵衛。東大塚村天保二年供養塔に前領家村松沢良助。諏訪社明治三十九年幟碑に松沢勘左衛門。七戸存す。

三八 新座郡志木宿 立善講寺明治十九年題目塔に当宿松沢宇多。明治三十五年鍛冶屋松沢佐吉・旅舎万年屋松沢高次郎あり。

三九 入間郡上南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「上南畑村の松沢市兵衛は祖先を宇右衛門と云う、寛永の頃既に此の地に住したり。本家は下南畑の松沢春吉方なりと云う」。志木宿敷島社明治五年道標に上南畑村松沢弥太郎。明治二十二年埼玉勧業会員松沢市兵衛あり。四戸存す。

四〇 同郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の松沢春吉家は同族の大本家なれ共、分家に田中のみを出せり」と見ゆ。一戸存す。

四一 同郡川越町 明治三十五年鼻緒製造松沢藤吉・団子屋松沢吉国あり。

四二 高麗郡藤金村(鶴ヶ島市) 明治四年戸籍に藤金新田松沢惣太郎あり。二戸現存す。

四三 比企郡玉川郷 春日社明治四十年碑に松沢仲太郎・松沢吉蔵・松沢平吉・松沢熊吉・松沢忠蔵・松沢幸平・松沢久吉・松沢新平・松沢鎌次郎。今宮社明治四十五年碑に松沢熊吉あり。七戸現存す。

四四 同郡松山町 明治三十五年酒材木建具商松沢幸八あり。

四五 同郡小川町 御堂村浄蓮寺安政二年寄進帳に小川・松沢善五郎・松沢重兵衛。明治三十五年人力車業松沢乾三郎あり。

四六 男衾郡本田村(川本町) 称名寺裏貞享元年供養塔に松沢次兵衛。慶応三年幕府方神妙隊本田組松沢大衛輔らは下野国出流に出兵す。富田村住人か。現存無し。

四七 同郡富田村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に富田村松沢善治郎あり。七戸現存す。

四八 榛沢郡寄居町 明治三十五年飲食店松沢佐次郎あり。

四九 同郡上野台村(深谷市) 光厳寺文政九年水鉢に当所松沢和吉・松沢清次郎・松沢政吉、天保十一年供養塔に当所中宿松沢政吉。八幡社明治五年筆子碑に上野台村松沢喜作・松沢庄作、明治四十四年碑に松沢喜代七・松沢勇平・松沢和平・松沢謙吉・松沢丑五郎。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村上野台松沢喜代七.。原郷楡山神社明治四十二年碑に上野台松沢喜代七・松沢勇平。藤沢村会議員に松沢喜代七・嘉永三年生、松沢栄作・明治六年生、松沢郷策・明治二十一年生。十二戸存す。

五〇 秩父郡大宮郷 明治三年松沢勘左衛門・田畑一町一反歩所有。明治二十二年大日本農会々員名簿に大宮郷松沢義教あり。御堂村浄蓮寺明治二十三年碑に松沢義教あり。

五一 同郡栃谷村(秩父市) 風土記稿栃谷村条に「日蓮宗妙円寺の開基は、松沢雅楽助善忠・慶長十二年十一月晦日没す。其子孫宇兵衛とて村民なり」。大河原条四項参照。五戸存す。

五二 同郡御堂村(東秩父村) 鎌倉日蓮宗妙本寺過去帳に「法林・松沢父。妙受・大河原甚右衛門母。妙竜・大河原・松沢甚左衛門内方母。妙好・松沢内方。浄印・大河原・松沢甚左衛門」。当村日蓮宗浄蓮寺過去帳に「妙受・大河原五右衛門内・壬子年八月。寛文三年、当山鎮座円宗三十番神宮は牛之沼の松沢・立沢之両家にて守護す」。大河原郷御堂村の松沢五右衛門妻妙受は松沢甚右衛門母なり。牛之沼条参照。明治九年戸長松沢吉五郎・天保八年生。浄蓮寺明治二十三年碑に松沢吉五郎(水車業)あり。二戸現存す。

五三 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・松沢康一郎・五百三十五円・七十円、松沢藤助・五十五円・五十円、川口町・松沢鉄五郎・十八円・五十円、大宮町・松沢良四郎・六十四円・四十二円、松沢とみ・六十四円、越ヶ谷町・松沢太兵衛・十四円・四十二円、大沢町(越谷市)・松沢藤次郎・二十円、出羽村(越谷市)・松沢簾之助・百五十九円、松山町・松沢豊吉・九円・三十三円、小川町・松沢鯛蔵・三十円・五十三円、熊谷町・松沢柳太郎・六十六円、男衾村(寄居町)・松沢親信・三十二円、高篠村(秩父市)・松沢卯助・十三円・十九円」。

松澤 マツザワ 各市町村に存す。

松重 マツシゲ 大宮、岩槻、春日部、加須、所沢、坂戸等に存す。

松繁 マツシゲ 蕨、志木等に存す。

柗下 マツシタ 入間に存す。

松下 マツシタ 下(もと)は浦の意味で海洋民を称す。南加羅の鉱山鍛冶海洋民の集落を松下と称す。松条、町条参照。新座郡大和田町字松下、高麗郡阿須村字松下あり。鉱山地の信濃国に多く存す。○群馬県群馬郡群馬町三十三戸、佐波郡玉村町三十六戸、前橋市八十戸。○長野県上水内郡小川村十七戸、上伊那郡中川村二十戸、下伊那郡阿南町五十八戸、高森町二十八戸、松川町九十八戸、天龍村二十戸、豊丘村二十七戸、木曽郡南木曽町十九戸、大町市六十戸、飯田市二百五十戸。○鳥取県米子市八十戸、境港市五十五戸、鳥取市五十戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「郡奉行・百五十石・松下弥一右衛門、御馬廻・百石・松下瀬兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「百石・松下弥一右衛門、百石・松下弥三右衛門、二十五俵二人扶持・松下加右衛門」あり。

二 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十俵二人扶持・松下龍蔵」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻代番・籾平倅松下喜太夫」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・五人扶持・松下賀吉、永詰御雇・五人扶持・松下四郎作」あり。

四 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十石三人扶持・亡養父九郎右衛門・松下九郎右衛門・二十六歳」。

五 葛飾郡上柳村(庄和町) 三宮神社元治元年寄進碑に松下万蔵あり。現存無し。

六 同郡平須賀村(幸手市) 香取社明治三十九年狛犬に松下宗明あり。現存無し。

七 埼玉郡越ヶ谷町 浅間社延宝三年水鉢に松下文兵衛あり。

八 同郡岩槻町 浅間社寛文十一年庚申塔に松下所左衛門あり。

九 同郡加須町 天保十四年戸賀崎入門帳に加須町松下常七あり。

一〇 足立郡浦和町 昭和三年興信録に「松下喜三郎・所得税七十円・営業税八十四円」あり。

一一 新座郡膝折村(朝霞市) 新倉村明治初年富士講碑に膝折村松下金次郎あり。四戸現存す。

一二 入間郡宮寺村(入間市) 明治十六年織物商松下三五郎。三戸現存す。

一三 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙朝・松下・丑年十一月」、江戸初期なり。御嶽社明治三十年碑に松下来吉。三芳野神社明治四十年碑に大工町松下定雄あり。

一四 同郡古谷上村(川越市) 明治九年副戸長松下岩七・天保三年生。古谷神社明治二十七年碑に松下岩七・松下彦八.。古谷本郷八幡社明治三十八年碑に古谷村松下宗八あり。三戸現存す。

一五 高麗郡飯能町 明治十四年文書に真能寺村松下留平。明治三十五年糸商松下留五郎あり。

一六 同郡岩淵村(飯能市) 当村に此氏の旧家あり。十三戸現存す。

一七 榛沢郡東大沼村(深谷市) 深谷町会議員運輸業松下沢一・明治二十九年生あり。現存無し。

一八 同郡岡部村 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

一九 賀美郡八町河原村(上里町) 当村に此氏の旧家あり。九戸現存す。

二〇 秩父郡皆野村 国神神社明治三十四年碑に皆野村松下清三郎あり。現存無し。

二一 同郡小鹿野町 明治三十五年建具商松下徳弥あり。現存無し。

二二 同郡上名栗村 明治十六年山稼議定書に松下栄三郎。昭和三年興信録に「名栗村・松下民吉・所得税十円」あり。七戸現存す。

松柴 マツシバ 鴻巣、入間等に存す。

松島 マツシマ 島は村の意味。鉱山鍛冶の集落を松島と称す。松条、町条参照。足尾銅山麓の上野国・下野国に多く存す。○群馬県勢多郡東村七十戸、黒保根村三十戸、新里村五十五戸、山田郡大間々町百十戸、新田郡笠懸町二十六戸、尾島町三十五戸、新田町七十戸、佐波郡東村四十戸、桐生市百四十戸、太田市七十戸、伊勢崎市百二十戸。○栃木県下都賀郡都賀町二十戸、安蘇郡葛生町三十八戸、田沼町五十戸、佐野市七十五戸、小山市百九十戸、足利市九十戸。○長野県下伊那郡高森町二十戸、喬木村三十三戸、南安曇郡穂高町三十三戸、飯田市百八戸。○秋田県山本郡二ツ井町二十九戸あり。

一 安倍族松島氏 上野国志に「勢田郡深沢故塁(黒保根村大字宿廻)。黒川山中の芥沢・松島両氏は奥州安倍の裔也と云、天喜五年源頼義・宗任が一族を連れて上洛の時従類七百人余、跡をしたひ上りしが大勢は都に憚ありとし、此山中に置かれしと云ふ」。以前は青木・黒田・星野・金子・東田などを名乗っていた家があり、それらの家々が小夜戸村字松島(東村)の居住地に因んで松島に改姓したと伝へる。勢多郡東村史に「大字小中村字大平に鳥海神社・祭神安倍宗任なり。字松島は字大平の南、渡良瀬川左岸にあり、安倍宗任の弟鳥海弥三郎家任は、黒川峡の字松島に残り松島と改めて此地に住した」と見ゆ。鳥海神社の氏子はみな片目が小さいと伝承があり、これは渡良瀬渓谷の産鉄に従事し、目を痛めた安倍族鉱山鍛冶師の氏神である。宗任の故郷奥州鳥海山の神主は有名なる鉱山師で連綿と現在に至る。鳥海(とみ)条参照。元弘三年新田義貞の兵百五十騎が市ノ井村生品神社に集結した中に、黒川郷から松島小太郎秀興、長男弥四郎秀行、次男又四郎秀時の親子が参陣し、鎌倉攻めに軍功を挙げる。松島本家と云われる小中村の松島公家墓地に文和五年銘の板碑あり。子孫は永禄元年上杉謙信の桐生城攻めに黒川郷の松島式部大夫綱広、其子・孫九郎綱信等が合戦す。天正十八年小田原落城後、綱信の子・弥太郎綱伯(式部大夫古伯)は黒川郷花輪(東村)に土着す。家紋は洲浜を用いる。

二 忍城士の松島氏 成田分限帳に「十五貫文・松島伊豆、十三貫文・松島重左衛門」あり。

三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御金小払方・八両四人扶持・松島雲八」。

四 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「幼少・三十俵二人扶持・松島省三」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「外科・六両二人扶持・松島玄快」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御勘定頭・百十石・松島金兵衛、御馬廻・三人扶持・松島八十助」。明治四年忍藩士族名簿に「百三十石・松島金太夫」あり。

七 葛飾郡杉戸町 河原町稲荷社明治三十九年幟碑に松島清太郎あり。

八 埼玉郡江ヶ崎村(蓮田市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に江ヶ崎村佐左衛門新田松島安左衛門。鹿室村文政十二年浅間碑に江ヶ崎村松島政右衛門。明治三十年人名録に茶製造業松島孫兵衛・天保十二年生・地租五十円。久伊豆社明治三十九年碑に松島勇吉・松島辰五郎・松島又兵衛あり。四戸現存す。

九 同郡樋遣川村(加須市) 当村享和元年読誦塔に樋遣川村七釜戸松島□助。御室神社文政九年敷石碑に七釜戸松島伝兵衛。明治十五年矢口文書に松島伊平次あり。一戸現存す。

一〇 同郡新川通村(大利根町) 慶応三年栗橋宿御伝馬惣代新川村松島要次郎。明治九年戸長松島要一郎・安政五年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に新川通村松島要次郎・松島要一郎。明治十八年最上農名簿に松島要一郎・耕宅地十一町六反歩・山林四反歩所有あり。一戸現存す。

一一 同郡中渡村(大利根町) 稲荷社寛政七年水鉢に松島庄兵衛。中新井村星福寺文久二年絵馬に中渡村松島伊助。新川通村神武神社明治十四年絵馬に中渡村松島琴次郎あり。四戸現存す。

一二 同郡弥兵衛村(大利根町) 明治二十二年医師松島祐斎。北大桑村香取社明治三十一年絵馬に原道村松島祐之助あり。二戸現存す。

一三 同郡飯積村(北川辺町) 明治三十五年文書に松島亀吉・松島菊太郎あり。一戸現存す。

一四 同郡羽生町 明治七年製糸会社人名録に松島佐兵衛あり。現存無し。

一五 同郡佐間村(行田市) 天神社天保六年御神燈に当所松島宗右衛門あり。五戸現存す。

一六 足立郡前野宿村(川口市) 土豪にて、松島家墓地に至徳三年七月二十二日銘の板碑あり。四戸現存す。

一七 同郡大和田村(大宮市) 南部領中丸村安永七年庚申塔に大和田松島万吉あり。六戸現存す。

一八 同郡石戸宿村(北本市) 古址遺跡碑文(内閣文庫)に「足立郡石戸宿村古城跡、本村の北に在り。元禄十六年、石戸城山屋敷・平番人松島庄左衛門、松島伝右衛門屋敷」。天神社宝永三年庚申塔に松島庄左衛門あり。六戸現存す。

一九 入間郡久米村(所沢市) 長久寺万延元年宝篋印塔に和田松ノ木・松島八十八あり。現存無し。

二〇 比企郡本宿村(川越市) 明治五年戸籍編製に旧組頭松島惣五郎。下老袋村氷川社明治三十九年碑に東本宿松島健蔵あり。一戸現存す。

二一 同郡角泉村(川島町) 慈眼院鐘銘に松島越後守藤原種広。現存無し。

二二 同郡大塚村(小川町) 明治十年議員松島長兵衛・三十二歳。明治二十七年瓢底倶楽部に薬局梅屋松島源太郎あり。二戸現存す。

二三 大里郡御正新田村(江南町) 雷電社安政二年御神燈に松島豊右衛門あり。一戸現存す。

二四 男衾郡本田村(川本町) 当村に此氏の旧家あり。十一戸現存す。

二五 幡羅郡玉井村(熊谷市) 玉井寺天明八年地蔵尊に松島七右衛門・松島八五郎あり。一戸現存す。

二六 同郡日向村(妻沼町) 長井神社寛政十二年御神燈に松島久蔵あり。四戸現存す。

二七 榛沢郡岡部村 当村に此氏多く存す。松島金兵衛家(子孫松島勝一氏)は藍玉で財を成し、九代金兵衛の頃より里正を勤め、天保より明治にかけて三代に亘り四十五年間私塾を開業し、教授は武士出身の四名を雇っていた。

二八 同郡小和瀬村(本庄市) 当村寛政元年庚申塔に松島与三郎あり。現存無し。

二九 児玉郡沼和田村(本庄市) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政二年・沼和田村松島虎松あり。現存無し。

三〇 同郡下仁手村(本庄市) 明治五年川船書上に十石積艀船所有松島六平あり。三戸現存す。

三一 秩父郡御堂村(東秩父村) 浄蓮寺過去帳に「妙典・御堂・松島又兵衛妻・寛文五年二月」。現存無し。

三二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「樋遣川村(加須市)・松島与三郎・二十一円、東村(大利根町)・松島義勝・二百五十六円、原道村(大利根町)・松島祐之助・六十九円、松島良雄・三十七円、小川町・松島ひさ・百五円・五十四円」あり。

松嶋 マツシマ 岡部に存す。

松七五三 マツシメ 鶴ヶ島に存す。

松生 マツショウ 鳩ヶ谷に存す。

松代 マツシロ 浦和、大宮、上尾、羽生、岩槻、所沢等に存す。

松城 マツシロ 朝霞、狭山等に存す。

松末 マツスエ 浦和、川口、上尾、朝霞、所沢等に存す。

松杉 マツスギ 上里に存す。

松角 マツスミ 幸手、所沢等に存す。

松背 マツセ 浦和、桶川等に存す。

松瀬 マツセ 各市町村に存す。長野県木曽郡南木曽町十二戸あり。

松添 マツゾエ 上尾、新座等に存す。

松園 マツゾノ 粕壁宿私塾師匠仏乗院八世修験松園周恵・文政十年没、九世修験松園敬甫・明治十八年没七十七歳。下蛭田村明治十二年碑に粕壁宿松園恭光。春日部稲荷社明治四十三年鳥居碑に松園恭光。一戸存す。

松薗 マツゾノ 越谷、入間等に存す。

松田 マツダ 田は郡県・村の意味。鉱山鍛冶の集落を松田と称す。松条、町条参照。田のことは太田条参照。出羽国に多く存す。○群馬県群馬郡群馬町四十二戸、高崎市百七十戸、前橋市百四十戸。○茨城県稲敷郡桜川村四十五戸、結城郡千代川村三十二戸、龍ヶ崎市八十戸。○長野県上伊那郡辰野町百戸、箕輪町三十戸、東筑摩郡波田町三十戸、北安曇郡池田町三十六戸、大町市七十六戸、松本市九十四戸。○新潟県岩船郡荒川町四十二戸、北蒲原郡聖籠町三十戸、南魚沼郡六日町三十五戸、新発田市九十五戸、長岡市九十戸。○山形県東村山郡中山町四十九戸、西村山郡大江町百四十戸、河北町百三十戸、西川町八十七戸、南陽市九十六戸、天童市三百五十戸、寒河江市百九十戸、村山市百六十八戸、東根市七十戸、新庄市百三十戸、山形市三百七十戸。○秋田県河辺郡河辺町三十二戸、南秋田郡八郎潟町三十八戸、北秋田郡田代町三十二戸、湯沢市百三十八戸。○宮城県栗原郡一迫町四十八戸。○岩手県気仙郡住田町七十七戸、陸前高田市七十戸、遠野市百五十戸、花巻市百十戸。○青森県南津軽郡尾上町七十三戸、十和田市百戸、八戸市百四十戸、青森市八十戸。○鳥取県西伯郡名和町五十四戸、米子市百四十戸、鳥取市百四十戸あり。

一 小田原城士の松田氏 相模国足柄上郡松田庄より起る。佐野松田系図に「松田尾張守憲秀(小田原氏綱、氏康、氏政三代家老)―左馬助直憲、憲秀の弟肥後守康光―六郎左衛門尉康江―六郎左衛門尉定勝」。寛政呈譜に「松田筑前康定(氏康に仕ふ)―兵衛大夫康長(天正十八年討死)―助六郎直長(市兵衛。氏直に仕へ、相模国愛甲郡荻野郷、伊豆国牧郷等三百三十七貫六百文を領す。小田原没落後、東照宮に仕ふ)、康長の弟肥後康江(今の呈譜康郷につくる。氏康に仕へ、小田原没落後、越前秀康に仕ふ)―孫太郎定勝(六郎左衛門。天正十八年東照宮に仕ふ)」。また「尾張守憲秀の子左馬助英春(東京府本朱註に秀治)」あり。秀康卿給帳に「六百石・松田肥後」あり。永禄二年小田原所領役帳に「松田左馬助。千二百七十七貫七百二十文・西郡苅野庄(足柄上庄)、百五十貫文・入間川(狭山市)、六十一貫三百四十文・足柄下郡飯田岡、四百貫文・日懸谷(飯能市)、三十五貫文・横手(日高市)、二十貫文・鞨鼓船(飯能市平戸)、二十貫文・大屋沢(日高市)、二十五貫文・芦苅庭(飯能市)、五百貫文・三田谷(青梅市)、五百貫文・松山筋(東松山市)」。「松田筑前守。六十二貫六百六十一文・下小坂(川越市)、買得四十貫三百五十文・勝之内高野村(坂戸市紺屋)」。高麗郡横手村山口文書に「天正七年三月三日、松田尾張守憲秀花押」と見ゆ。

二 松山城士の松田氏 天正庚寅松山合戦図に「黒岩・長谷・田甲方面城方・松田左門」あり。

三 児玉郡八幡山城主松田氏 神君関東御入国御知行割封帳に「武蔵八幡山城主松田左馬之介秀治知行」あり。

四 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「五百石・松田権之丞・是は忍にて罷出・下総之者、十五石三人扶持・松田半左衛門・是は忍より之跡目清洲にて」あり。

五 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御馬廻・二百五十石・松田金兵衛、御馬廻・百五十石・松田七右衛門、御馬廻・百五十石・松田新兵衛、忍屋敷番・五両余五人扶持・松田治部左衛門」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「小普請・八十六石余・松田多膳、大小姓・六十六石余・松田覚蔵、隠居・三人扶持・松田右善」。安政四年秩父郡太幡文書に「秩父代官所御賄・松田十五郎」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・松田多膳、六十六石余・松田山橘、六石四人扶持・松田省吾、二両余二人扶持・松田十五郎」あり。

七 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「三百五十石・松田一郎左衛門、百五十石・松田孫左衛門」あり。

八 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「百五十石・本国美濃生国相模・松田金左衛門・六十五歳、銀二百目二人扶持・本国武蔵生国同・松田五郎太夫・十六歳」あり。

九 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御代官・五十石・松田七郎左衛門」。

一〇 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・松田政明」。明治四年前橋藩職員録に「権少属・松田孝」あり。

一一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十八俵・松田市右衛門」あり。

一二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・松田平七郎」。

一三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「平席之分・松田藤左衛門」あり。

一四 久喜藩米津氏家臣 嘉永元年分限帳に「御中小姓・六両三人扶持・松田求馬」あり。

一五 葛飾郡杉戸町 明治三十五年飲食店松田松蔵。河原町稲荷社明治三十九年幟碑に松田鋼三あり。

一六 同郡堤根村(杉戸町) 明治三十年人名録に松田妻蔵・天保十一年生・地租十五円あり。五戸現存す。

一七 同郡下高野村(杉戸町) 御所宮天和三年庚申塔に幸手領佐内新田村松田重右衛門あり。二戸現存す。

一八 同郡佐左衛門村(杉戸町) 北条氏家臣松田氏は在名にて苗字にあらず、此の後裔説は附会なり。松田家系図に「祖父松田筑前守康定・知行百貫文。父左京亮康吉・氏康に仕へ知行百三貫文・永禄七年国府台合戦に戦功あり。その子佐左衛門信光は初め上州三ノ倉に住んでいたが、兄喜左衛門の家系の者と慶長頃、この地に土着す。喜六は兄喜左衛門の子孫なり。佐左衛門は慶安三年没し、その長男六郎右衛門重光は延宝六年没す、孫の佐兵衛重方は幕府の科を受て江戸へ追放となり宝暦九年江戸で没し、家は断絶す」。また、松田寺伝に「北条家の家臣松田左京亮康吉の二男松田佐左衛門信光は慶長年間刀をすて、兄松田喜左衛門及び家来数人と共に此の地に来り、菩提寺として当山を開基し荒地を開墾す。慶安三年七月十三日没・法号光徳院殿権輪宗貞大居士。二代松田六郎左衛門重光・延宝六年没。三代松田七郎左衛門光治は時の幸手領主により江戸に追放される」と。八幡社は寛永十二年に松田佐左衛門信光が勧請す。松田寺天保五年地蔵尊に松田喜兵衛・松田良右衛門。剣豪松田源吾義教・嘉永五年没。八幡社安政五年浅間碑に松田喜兵衛・松田強太郎・松田吉五郎・松田増蔵・松田作太郎。松田寺元治元年碑に松田健蔵・松田喜代松。明治九年戸長松田喜平・文化十四年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に佐左衛門村松田喜平。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流佐左衛門村松田健二・松田作太郎。明治三十年人名録に松田均一郎・明治十年生・地租九十五円あり。七戸現存す。

一九 同郡幸手町 明治三十五年菓子形彫刻師松田喜平あり。

二〇 同郡天神島村(幸手市) 天王社明治十九年碑に天神島村松田健三・松田孫太郎あり。現存無し。

二一 同郡大島新田(幸手市) 共同墓地安永七年宝篋印塔に松田安兵衛あり。現存無し。

二二 同郡平須賀村(幸手市) 宝聖寺文政十年庚申塔に松田吉郎治、嘉永四年庚申塔に吉岡林・松田清太郎。明治四年田口文書に平須賀村組頭松田清兵衛。香取社明治三十九年狛犬に松田仙蔵・松田伝八(弘化四年生)あり。三戸現存す。

二三 埼玉郡浮塚村(八潮市) 明治三十年人名録に松田丑蔵・嘉永六年生・地租四十円。氷川社明治三十九年絵馬に当村松田米蔵。十六戸存す。

二四 同郡砂原村(越谷市) 久伊豆社天保十二年御神燈に松田勘□あり。一戸現存す。

二五 同郡岩槻町 久伊豆社文化八年碑久保宿町松田四郎兵衛、文久三年塞神碑に松田市兵衛。明治三十五年足袋商松田幸次郎あり。

二六 同郡粕壁町 元新宿天保四年水鉢に松田安太郎あり。

二七 同郡東久米原村(宮代町) 鷲宮社文化八年庚申塔に松田文□妻。明治二十一年皇国武術英名録に天自流久米原村松田綱三郎。二戸現存す。

二八 同郡岡泉村(白岡町) 実ヶ谷村天保九年楠田家筆子碑に岡泉新田松田富之助。鷲神社嘉永三年御神燈に岡泉新田松田市太郎。現存無し。

二九 同郡菖蒲町 明治三十五年青物商松田友五郎あり。五戸現存す。

三〇 同郡騎西町 明治三十五年乾物醤油商松田亀松あり。現存無し。

三一 同郡鴻茎村(騎西町) 久伊豆社慶応元年水鉢に松田新左衛門あり。一戸現存す。

三二 同郡向古河村(北川辺町) 鷲神社元禄八年水鉢に松田八左衛門源定あり。一戸現存す。

三三 足立郡草加町 明治三十五年休憩所松田元助・仕立職松田林蔵あり。

三四 同郡蕨宿 世鏡伝記題臨書に「本国上野国松田兵庫、小名鍛冶作・新兵衛半開発人、以上草切開発の七人と申伝しは此等の人なり」と見ゆ。榎本条参照。

三五 同郡与野町 明治三十五年荒物商松田太郎吉あり。

三六 同郡石戸宿村(北本市) 字横田寛政十年道標に横田市場・松田三左衛門、松田五兵衛・行年八十一歳、明治元年馬頭尊に松田米吉あり。一戸現存す。

三七 同郡鴻巣町 明治三十年・本一町松田勇之助あり。

三八 入間郡上安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に上安松村松田喜平治。大正元年に松田音松あり。十三戸現存す。

三九 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「享保三年、松田七郎左衛門は金二朱を寄進す」と見ゆ。

四〇 同郡毛呂本郷 出雲伊波比神社明治二十年御神燈に毛呂本郷松田松五郎あり。現存無し。

四一 高麗郡栗坪村(日高市) 高麗本郷に陣屋が置かれ高麗町と称したが、慶長二年陣屋を栗坪村に移転し高麗町と称す。中山村智観寺宝永三年大般若経奉納に高麗村松田善兵衛。中山村山崎家譜に「山崎武左衛門周行(妻高麗町松田吉衛門豊政娘・正徳二年生)」。新堀村霊厳寺寛延三年水鉢に高麗町松田利兵衛あり。現存無し。

四二 同郡梅原村(日高市) 明治九年誓約書に松田半次郎あり。現存無し。

四三 同郡新堀村(日高市) 高麗家門人帳に「嘉永三年、新堀村大宮・文蔵倅松田新蔵・十二歳。万延元年、新堀村宮前・新蔵弟松田梅蔵・九歳。慶応二年、同所新蔵弟松田友蔵・十歳」。北平沢村瀧岸寺明治九年筆子碑に新堀村松田周太郎。明治十六年永続講員松田藤三郎。聖天院明治四十年馬頭尊に新堀松田周次郎あり。七戸現存す。

四四 同郡真能寺村(飯能市) 明治十四年飲食店松田久吉あり。

四五 同郡川寺村(飯能市) 多摩郡高尾山薬王院延享三年文書に高麗郡加治領川寺村松田五左衛門。大光寺文政八年地蔵尊に松田五左衛門顕長あり。二戸現存す。

四六 比企郡平村(都幾川村) 正法寺明治三十年廻国塔に平村松田常次郎あり。現存無し。

四七 同郡神戸村(東松山市) 明治十二年菓子商松田惣次郎・酒商松田吉造あり。三戸現存す。

四八 同郡鎌形村(嵐山町) 八幡社安政五年文書に合天井寄進松田三千造・松田良平あり。現存無し。

四九 同郡小川町 御堂村日蓮宗浄蓮寺天和四年供養塔に小川町松田八兵衛。八宮社文化三年御神燈に松田彦兵衛、文化五年御神燈に松田勘兵衛。明治十四年本街一丁目消防委員松田長平あり。二戸現存す。

五〇 大里郡熊谷町 明治三十五年に松田庫次郎あり。

五一 榛沢郡深谷町 呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町松田伝一郎。

五二 同郡寄居町 明治三十五年糸繭商松田与吉あり。

五三 児玉郡阿那志村(美里町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

五四 同郡下阿久原村(神泉村) 招魂社明治三十九年碑に松田兼吉あり。現存無し。

五五 賀美郡勅使河原村(上里町) 安永九年家名附に勝場村松田茂兵衛・松田惣右衛門・松田平右衛門あり。一戸現存す。

五六 同郡植竹村(神川町) 信州木曽御嶽山王滝口登山道明治十三年碑にムサシ植竹村松田梅吉。現存無し。

五七 秩父郡大宮郷 明治三年佃作松田庄助あり。

五八 同郡山田村(秩父市) 恒持神社明治四十三年碑に新木東組松田升麦あり。二戸現存す。

五九 同郡下飯田村(小鹿野町) 松田氏は元株組の旧家なり。一戸現存す。

六〇 同郡上田野村(荒川村) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

六一 雑載 昭和三年興信録・所得税に「浦和町・松田忠彦・二十四円、八代村(幸手市)・松田光蔵・十円、田宮村(杉戸町)・松田均一郎・二十七円、八幡村(八潮市)・松田米蔵・十六円、高麗村(日高市)・松田周太郎・二十一円、熊谷町・松田利吉・百六十一円」あり。

松平 マツダイラ 各市町村に存す。○福島県相馬郡小高町八戸。○岩手県胆沢郡胆沢町二十六戸あり。

一 幡羅郡西野村(妻沼町)の松平氏 風土記稿西野村条に「井殿権現社は承和八年二月十五日、高橋戸須四郎基貞・松平八郎正直の二人が建立すと云ふ」。常陸国久慈郡松平村出身の神主か。現存無し。戸須条参照。

二 忍城士の松平氏 成田分限帳に「三十貫文・松平左近介、二十一貫文・松平作左衛門、十九貫文・松平玄蕃」。

三 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百四十石・松平又吉」あり。

四 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「二百三十石・本国三河生国相模・松平八右衛門・二十五歳」あり。

五 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「千石・松平近江守、七百五十石・松平石松、五十人扶持・松平金弥、三十人扶持・松平隠山」あり。