埼玉苗字辞典

矢 ヤ 日本書紀・神武天皇即位前紀に「饒速日命の天羽羽矢一隻(ひとつ)と歩靫(かちゆき)とを取りて、以ちて天皇に示せ奉る」と見ゆ。天羽羽矢(あまつははや)の天(あま)は海(あま)で海人(あま)族、即ち渡来人の意味。羽羽(はは)は古語拾遺に「古語、大蛇(おろち)を羽羽と謂ふ」とあり。物部氏を祀る石上神宮旧記に「素戔鳴尊の蛇(おろち)を斬りたまひし十握剣、名を天羽々斬と曰す」と見ゆ。羽羽矢は大蛇をもよく射殺す威力ある矢の意味で物部氏のシンボルである。物部氏は、矢の先の鏃に鉄製を用いた鍛冶集団で「矢(や)」と別称す。祖神の饒速日命は韴霊(ふつのみたま)で布都(ふつ)は鍛冶神なり。三代実録に近江国物部布津神と見ゆ。聖徳太子伝暦に、物部守屋は最後に「物部の布都の大神…矢ッ…」と唱えて絶命したと云う。布都大神は饒速日命のことで「矢」と別称す。矢田、矢作、矢部等参照。また、佳字に谷を用いて、ヤツと称し、二字の制により谷津、谷之、矢野とも称す。ヤツ、ヤノ条参照。

矢井 ヤイ 平城宮木簡銘に「上野国緑野郡小野郷戸主物部鳥麻呂」とあり、物部氏居住地の矢は二字の制により矢井と称す。浦和、白岡等に存す。

一 秩父氏流矢井氏 上野国緑野郡小野郷矢井村(藤岡市)より起る。那智大社・秩父氏流小林系図に「しらしお、やい、大つか、中村、いつみ、しのつか、わミ、しろと、貞和二年十月五日入了・小林彦七郎平行重」と見ゆ。高山御厨大塚村・中村・篠塚村・高山村枝郷白塩村・立石村枝郷泉村なり。明治二十二年栗須村・中村・立石村・森村・中島村等八ヶ村は合併して小野村となる、和名抄の緑野郡小野郷により称す。矢井村は鏑川河川敷にあったか。今は消滅してしまい、藤岡市固定資産税台帳の小名にも見えず。

二 加藤姓矢井氏 前項矢井村より起る。幡羅郡藤ノ木村(深谷市)の本名加藤氏は緑野郡小野郷矢井村を所領として、小野氏或は矢井氏を称す。北条家印判状(加藤文書)に「戊子十二月二十四日(天正十六年)、七貫百六十五文・奈倉森今井前より可請取也、合三十一貫文、小野殿」と見ゆ。秩父郡奈倉村の奈倉氏・森氏・今井氏等より年貢を受取る。小野殿は深谷上杉氏重臣の矢井伊勢守重家なり。同家文書に「五月七日(天正十八年カ)、岡谷加州方江申越候通、来十九令出張、安房守方義、前知之処、無他義牒状云々、矢井伊勢守殿、北条氏直花押」と見ゆ。加藤氏系譜に「矢井播磨守重次(是称、矢井八幡と云。上杉氏に仕へ、榛沢郡戸森村にて死す)―矢井伊勢守重家(深谷四宿老ノ一人、天正二十年藤野木村にて死す、墓碑に俗名加藤伊勢守と記す。弟矢井若狭守重任・東方城を預る。妹・岡谷加賀守清英室)―加藤金兵衛重利」と見ゆ。加藤金兵衛宛の秋元越中守書状を所蔵す。人見村昌福寺井草氏先塋碑に「井草左衛門尉、岡谷加賀守清英、秋元越中守景朝、矢井伊賀守は上杉憲盛の四宿老と称す」とあり。現在の説では、榛沢郡谷ノ村と隣村の伊勢方村を領したので矢井(やのい)と名乗ったと云われるが附会なり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十三石三人扶持・矢井瀬太夫」あり。

八板 ヤイタ 浦和、川口、川越に存す。

矢板 ヤイタ 各市町村に存す。○栃木県那須郡西那須野町十二戸、南那須町十一戸、矢板市十八戸、大田原市三十戸。○茨城県那珂郡美和村十一戸あり。

矢板橋 ヤイタバシ 春日部、庄和、飯能、熊谷、深谷等に存す。栃木県芳賀郡市貝町十一戸あり。

矢入 ヤイリ 狭山に存す。

八色 ヤイロ 蕨、三郷等に存す。

矢生 ヤウ 八潮に存す。

矢内 ヤウチ ヤナイ参照。

一 埼玉郡忍町 昭和三年興信録に「忍町・矢内妙五郎・所得税十一円」あり。長野村に三戸現存す。

二 同郡真名板村(行田市) 下真名板村宝暦四年弁財天碑に矢内久左衛門。明治九年副戸長矢内長作・弘化三年生(組頭)。久伊豆社明治二十八年水鉢に矢内長作あり。五戸存す。

谷内 ヤウチ 蓮田、戸田、草加等に存す。ヤナイ参照。

屋内 ヤウチ 越谷、三郷等に存す。

箭内 ヤウチ 羽生に存す。ヤナイ参照。

谷内田 ヤウチダ 蓮田、鴻巣に存す。

矢内原 ヤウチハラ 岩槻に存す。

矢浦 ヤウラ 岩手県釜石市二十三戸。

八重 ヤエ 春日部に存す。

八重尾 ヤエオ 浦和、吹上、岩槻、三芳、行田等に存す。

八重垣 ヤエガキ 青森県上北郡下田町二十戸あり。

一 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙了・ヤエカキ・午年五月」あり。江戸初期なり。現存無し。

八重柏 ヤエガシ 上福岡に存す。岩手県江刺市十四戸あり。

八重樫 ヤエガシ 各市町村に存す。○岩手県下閉伊郡岩泉町四十六戸、稗貫郡石鳥谷町四十六戸、和賀郡東和町三十戸、岩手郡西根町二十六戸、江刺市三十戸、花巻市二百五十戸、北上市六百五十戸あり。

八重川 ヤエガワ 秩父郡般若村字八重川あり。

八重木 ヤエギ 川口、伊奈等に存す。

八重口 ヤエグチ 狭山に存す。

八重倉 ヤエクラ 大宮、三郷、朝霞、三芳等に存す。

八重沢 ヤエザワ 高麗郡白子村字八重沢あり。浦和、大宮、草加、庄和、入間、上福岡、日高等に存す。新潟県中魚沼郡津南町十三戸、新井市十九戸あり。

八重澤 ヤエザワ 羽生に存す。

八重島 ヤエジマ 浦和に存す。岩手県紫波郡紫波町八戸あり。

八重田 ヤエタ 川口、越谷、幸手、朝霞、毛呂山、上里等に存す。長野県飯山市二十戸あり。

八重嶽 ヤエタケ 越谷に存す。

八重津 ヤエツ 伊奈、所沢等に存す。

八重野 ヤエノ 浦和に存す。

八重畑 ヤエハタ 大宮に存す。岩手県岩手郡玉山村二十二戸、紫波郡紫波町十一戸あり。

八重幡 ヤエハタ 北本、鴻巣、白岡、坂戸、狭山等に存す。

八尾 ヤオ 各市町村に存す。岩手県岩手郡岩手町五戸。鳥取県米子市十六戸あり。

一 本庄町 明治四年諸井文書に本町八尾定吉あり。現存無し。

八百 ヤオ 川口、新座等に存す。青森県八戸市七戸あり。

一 杉戸町 明治三十五年呉服商八百竹次郎あり。現存無し。

矢尾 ヤオ 秩父町に五戸現存す。近江日野商人館に「埼玉県秩父町、日野町出身初代矢尾喜兵衛・寛延二年創業」。明治三年秩父郡大宮郷文書に「近江国蒲生郡中在家村出身、酒太物商渡世矢尾利兵衛・二十五歳、寛延三午年より代々寄留。醤油穀商矢尾五兵衛・六十六歳、天保三年近江国より出稼」。明治四年秩父町矢尾利兵衛・売上高一万二千余両、飯能町支店酒造業太物小間物商矢尾喜兵衛・使用人男十三人。明治八年醸造税矢尾利兵衛・六十八円、矢尾五兵衛・五十銭。明治二十一年矢尾利兵衛・納税額百九十四円。明治三十五年呉服商酒造業舛屋矢尾喜兵衛あり。

矢追 ヤオイ 秩父郡山田村字矢追(秩父市)は古の村名なり。所沢に存す。

八百井 ヤオイ 大宮、越谷等に存す。宇都宮市十三戸あり。

八尾板 ヤオイタ 蓮田、入間、狭山に存す。新潟県西蒲原郡巻町十戸あり。

八百板 ヤオイタ 各市町村に存す。新潟県西蒲原郡西川町二十三戸あり。

矢尾板 ヤオイタ 各市町村に存す。新潟県長岡市八十五戸あり。

八百枝 ヤオエダ 越谷に存す。

矢岡 ヤオカ 大宮に存す。

八百川 ヤオカワ 川越に存す。

八百谷 ヤオタニ 草加に存す。

八乙女 ヤオトメ 川越に存す。

八百幸 ヤオユキ 坂戸に存す。

矢颪 ヤオロシ 高麗郡矢颪村(飯能市)あり。

屋嘉 ヤカ 浦和、川口等に存す。

矢貝 ヤガイ 志木、川越等に存す。

一 川越藩秋元氏家臣 天保二年山形旧家取調帳に「高三百石・二代矢貝清太夫(寛永十年惣社より谷村へ御所替の節御帳に有り)、高七百石・三代矢貝伝左衛門、六代矢貝蔵人・子矢貝清太夫」。川越蓮声寺日鑑に「正徳四年、御家老矢貝伝左衛門生順」。幕臣毛呂氏系図に「毛呂源五右衛門長清(二百俵。寛政六年死す、七十七歳)―伝左衛門高保(秋元但馬守家臣矢貝清太夫高深が養子)」。明治四年館林藩士族帳に「御取次・四百石・矢貝太郎」あり。

矢飼 ヤガイ 狭山に存す。島根県飯石郡赤来町六戸あり。

谷貝 ヤガイ 各市町村に存す。茨城県真壁郡関城町三十戸、つくば市二十四戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「小組頭・百石・白川取立・谷貝千嶌、御馬廻・百石・川越取立・谷貝純一郎、御馬廻・純一郎倅谷貝三造」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・谷貝子嶌、子嶌惣領谷貝真七、御馬廻・百石・谷貝金治郎、前若様御小姓・谷貝仲」あり。

谷ヶ浦 ヤガウラ 埼玉郡弥勒村字谷ヶ浦(羽生市)は古の村名にて、下村君村成就院寛政五年棟札に「肝煎谷ヶ浦・藤野平兵衛」と見ゆ。

矢笠 ヤカサ 大宮、所沢等に存す。

矢ヶ崎 ヤガサキ 各市町村に存す。○山梨県北巨摩郡須玉町十三戸、長坂町九戸。○長野県上伊那郡辰野町三十六戸、松本市五十五戸あり。

矢我崎 ヤガサキ 鳩ケ谷に存す。

谷ヶ崎 ヤガサキ 

一 葛飾郡大川戸村(松伏町) 明治六年大川戸学校人員録に谷ヶ崎庄兵衛三男寿三郎・十三歳、谷ヶ崎庄八四男勘次郎・十二歳、谷ヶ崎新七孫米蔵・十歳あり。十一戸現存す。

二 埼玉郡岩槻町 明治三十五年に谷ヶ崎重次郎あり。現存無し。

三 高麗郡上鹿山村(日高市) 明治十六年永続講員谷ヶ崎勇助。八戸存す。

四 賀美郡七本木村(上里町) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

矢頭 ヤガシラ 川越藩松平大和守家臣にて、天保十二年川越藩分限帳に「小組頭・二百石・越前勝山取立・矢頭庄左衛門」。万延二年川越藩分限帳に「御小姓・矢頭鞆之進」あり。

谷頭 ヤガシラ 小名谷頭は、葛飾郡西金野井村、埼玉郡真福寺村、足立郡原村、入間郡石井村、高麗郡上新田村、中藤村上郷等にあり。ヤツガシラとも称す。

家頭 ヤガシラ 浦和宿字家頭あり。

八ヶ代 ヤガシロ 吉川に存す。

八柏 ヤガシワ 狭山に存す。

矢数 ヤカズ 浦和に存す。ヤス参照。

館 ヤカタ 入間、飯能等に存す。

矢形 ヤカタ 鴻巣、所沢、三芳に存す。

屋形 ヤカタ 大宮、岩槻等に存す。

輻形 ヤカタ 狭山に存す。

八下田 ヤカタ 浦和、熊谷等に存す。

谷ヶ貫 ヤガヌキ 入間郡谷ヶ貫村(入間市)あり。

屋嘉比 ヤカビ 川口に存す。

矢壁 ヤカベ 春日部に存す。島根県仁多郡横田町六戸、大原郡大東町十戸あり。

矢ヶ部 ヤカベ 各市町村に存す。

矢加部 ヤカベ 上尾、入間等に存す。

矢賀部 ヤカベ 杉戸に存す。

八鎌 ヤガマ 草加に存す。

谷ヶ俣 ヤガマタ 入間郡市場村字谷ヶ俣及び川角村字山ヶ胯(やがまた)は一村にて、市場村(毛呂山町)は延宝九年に川角村より分村す。同所は応永四年報恩寺年譜に入西郡越生郷谷賀俟村と見ゆ。茨城県猿島郡山田村は和名抄に下総国猨島郡八俟郷と載す。八俟は八俣(やまた)の書誤りなり。

矢上 ヤガミ 蓮田、白岡、草加、鷲宮、和光、上福岡、鶴ヶ島等に存す。福島県白河市十六戸あり。

矢神 ヤガミ 狭山、深谷等に存す。

八上 ヤガミ 大宮に存す。

八神 ヤガミ 志木に存す。

谷上 ヤガミ 川口、上尾、越谷等に存す。茨城県岩井市十四戸あり。

谷神 ヤガミ 上福岡に存す。

家神 ヤガミ 大宮、川越等に存す。

矢亀 ヤガメ 上尾、所沢等に存す。

八亀 ヤガメ 川口、岩槻に存す。神奈川県足柄下郡湯河原町十五戸あり。

谷亀 ヤガメ 川口、新座等に存す。神奈川県伊勢原市二十戸あり。

家亀 ヤガメ 浦和に存す。

矢柄 ヤガラ 草加、狭山等に存す。

矢川 ヤガワ 各市町村に存す。○山梨県南巨摩郡南部町十三戸。○新潟県西蒲原郡分水町十七戸、三島郡出雲崎町十五戸、寺泊町十六戸あり。

一 足立郡宮内村(北本市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に上宮内村矢川吉平あり。現存無し。

八川 ヤガワ 明治三十五年本庄町糸繭商八川綱吉あり。六戸現存す。

谷川 ヤガワ 越谷に存す。

箭川 ヤガワ 浦和に存す。

谷川原 ヤガワラ 川口、春日部、三郷、朝霞、富士見等に存す。

楊 ヤギ 高麗郡加治郷野田村字八木(入間市)あり、二九九号添の西武入間病院附近なり。加治は柏(かし)とも書き、金沢文庫承元三年文書に「高萬郡分柏村、楊柏村図書允」と見ゆ。八木加治村の図書允は、加治氏系図に「加治二郎家季(元久二年戦死)―加治図書入道家信」とあり。

矢木 ヤギ 矢は物部氏の別称。木は新羅(しらぎ)・邑楽(おはらぎ)の羅と同じで国・村の意味。物部族の集落を矢木・八木・谷木と称す。矢条参照。浦和、川口、越谷、川越、所沢、本庄等に存す。鳥取県倉吉市十三戸あり。

矢来 ヤギ 坂戸に存す。

矢儀 ヤギ 杉戸、川越等に存す。

谷木 ヤギ 矢木の佳字なり。上里に存す。岩手県胆沢郡胆沢町八戸あり。

屋木 ヤギ 戸田、川越、深谷に存す。

屋宜 ヤギ 浦和、川口、草加、三郷、川越等に存す。

八木 ヤギ 矢木の佳字なり。下総国葛飾郡八木郷あり矢木とも書く。千葉県流山市及び埼玉県三郷市・吉川市一帯が唱え、三郷・吉川地区の八木郷四十三ヶ村は寛永十八年江戸川開削により武蔵国に編入された。足立郡柳崎村(川口市)氷川社慶安二年棟札に「八木崎村、同郷之内八木村」とあり、柳崎村より分村した八木崎村は八木と称した。同郡新兵衛新田字八木(草加市)に八木下氏多く存す。是等の八木は物部族の居住地なり。○群馬県佐波郡玉村町六十五戸、藤岡市五十三戸、伊勢崎市七十戸、高崎市百四十戸、前橋市百戸。○千葉県香取郡山田町二十七戸。○新潟県北魚沼郡堀之内村三十四戸、南魚沼郡六日町四十三戸、中頸城郡吉川町三十戸、西頸城郡青海町五十七戸、見附市五十二戸。○宮城県桃生郡鳴瀬町四十戸。○青森県北津軽郡板柳町三十五戸あり。

一 斎藤別当実盛家臣の八木氏 幡羅郡八木田村(妻沼町)より起るか。実盛の臣八木蔵人は、十八人衆といわれる開拓者の子孫なりという。

二 三戸氏族八木氏 上野国群馬郡八木郷に居住し八木氏を称す。今の高崎市大八木町・小八木町なり。三戸八木義宣書状(上杉家文書)に「大永五年三月二十三日、三戸駿河守義宣花押(追筆に、此三戸駿河守は長尾伊玄入道一族・関東衆、応仁元年ノ比)」。「十一月十七日(大永六年カ)、八木駿河入道所へ被載誓詞承候、長野左衛門太夫方斎花押(群馬郡箕輪城主)」と見ゆ。三戸条参照。

三 鉢形城士の八木氏 北条氏邦の奉行にて、榛沢郡小前田村町田文書に「永禄十一年戊辰六月三十日、白岩惣次郎分御検地、町田雅楽助殿百姓中、八木甚七郎判」。児玉郡金屋村渕龍寺文書に「天正八年閏三月二十八日、八木奉之」と見ゆ。神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形衆八木信濃」。鉢形分限帳に「本国但州八木・寺尾住・八木信濃、本国濃州小沢・八木七郎次」。秩父案内記に「八木七郎次・下吉田村土着」と見ゆ。兵庫県養父郡八木庄(八鹿町)に附会す。岐阜県池田郡田中村(池田町)の式内養基神社あり、小沢村の地名は無し。分限帳の本国は信用出来ず。八木氏は秩父郡出身にて古代以来居住の苗字なり。次項参照。

四 小前田衆八木氏 榛沢郡小前田村長谷部文書に「元亀元年十二月十一日、北条氏邦臣、小前田衆八木源四郎・歩衆」。町田文書に「小前田村諏訪廓・諏訪の社有り。西方築地八木源蔵屋敷跡」と見ゆ。現存無し。

五 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「百石・八木理右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「知行無役・百石・八木久右衛門」あり。

六 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「一人扶持・八木久八」あり。

七 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「五両二人扶持・八木仁左衛門」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・百五十石・姫路取立・八木左金五」。万延二年川越藩分限帳に「御勘定奉行・百七石・八木俵司」。明治四年前橋藩職員録に「権大属・監察糾弾方・八木始、庁掌・駅逓方・八木取惣」。

九 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「勘定奉行支配・五石余二人扶持・八木政之助・二十三歳」あり。

一〇 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御中小姓・摂州・六石二人扶持・八木代八、小役人・摂州・二石一人扶持・八木児三郎」。

一一 葛飾郡深井新田(吉川市) 六社神社文化十年庚申塔に下総国風早庄八木郷深井新田八木孫八、明治四十年碑に八木孫七あり。現存無し。

一二 同郡松伏村 松伏神社寛延二年庚申塔に八木伊兵衛、安政三年狛犬に八木惣右衛門・八木四郎右衛門・八木新五兵衛・八木金三郎。明治九年副戸長八木新五兵衛・文政元年生。明治四十年惣代八木盛之助あり。十二戸現存す。

一三 同郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に八木吉蔵あり。現存無し。

一四 埼玉郡爪田ヶ谷村(白岡町) 当村宝暦十年弁財天碑に八木清兵衛・八木孫右衛門あり。現存無し。

一五 同郡久喜町 明治三十五年染物屋八木治郎吉あり。

一六 同郡野村(行田市) 正覚寺寛政三年供養塔に八木平吉。現存無し。

一七 足立郡鳩ケ谷町 明治三十五年菓子商八木イネあり。

一八 同郡大和田村(大宮市) 鷲神社明治三十九年碑に八木磯吉あり。三戸現存す。

一九 同郡原市町(上尾市) 明治六年酒造業八木要助。明治二十五年酒造業八木要蔵・同八木吾作。明治三十五年酒造業田中屋八木亀之助あり。六戸現存す。

二〇 入間郡川越町 三芳野神社明治四十年碑に多賀町八木常吉(時計舗)あり。

二一 同郡新久村(入間市) 八木謙斎(寛政六年生、明治十四年没)は紡織業に功多し。明治十四年村会議長八木歌市。東金子村会議員八木謙次郎・嘉永五年生あり。五戸現存す。

二二 比企郡小川町 八宮社文化五年御神燈に八木新兵衛。上小川神社明治初年御神燈に八木彦太郎(料理店二葉樓)あり。現存無し。

二三 榛沢郡上野台村(深谷市) 藤沢村会議員八木親・明治四十年生あり。二戸現存す。

二四 同郡桜沢村(寄居町) 用土村明治十三年仙元碑に桜沢村八木源一郎あり。三戸現存す。

二五 児玉郡本庄町 明治三十五年理髪店八木菊七・煙草商八木源三郎・石屋八木庄五郎・湯屋八木由五郎。

二六 同郡久々宇村(本庄市) 当村は寛永年間以前は上野国那波郡に属し、八木氏は那波氏家臣と伝へる。明治九年副戸長八木小三郎・天保九年生。稲荷社明治十七年碑に八木国五郎あり。九戸現存す。

二七 賀美郡黛村(上里町) 金久保村陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年)に「八木兵衛大夫胤詮の後裔、黛・八木平四郎・八木丑松・八木有平・八木八郎・八木伊之吉」。黛神社明治四十三年水鉢に八木富次郎・八木国太郎あり。五戸現存す。

二八 秩父郡藤谷淵村(長瀞町) 字馬内の農業八木重右衛門・号梅誠(大正六年没)は明治中期頃に長瀞と命名し、昭和十五年に藤谷淵村は大字長瀞に改称す。一戸現存す。

二九 同郡寺尾村(秩父市) 当村に此氏多く存す。三項参照。明和安永年間秩父郡記に寺尾村名主八木五右衛門。音楽寺明和五年鐘銘に八木五右衛門。弘化五年名主八木八右衛門。文久二年名主八木喜市。明治九年副戸長八木源五郎・文政八年生あり。

三〇 同郡飯田村(小鹿野町) 当村秩父神社天保七年御神燈に当邑八木惣右衛門あり。現存無し。

三一 同郡下吉田村 当村に此氏の旧家あり。三項参照。二戸現存す。

三二 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・八木龍一・十五円、大宮町・八木宰司・二十二円、大砂土村(大宮市)・八木三郎・七十四円・八十四円、原市町(上尾市)・八木賢一・三百五十九円・百七円、八木清作・百六十七円・百十二円、桶川町・八木英太郎・二百九十八円・百九十六円、松伏領村・八木賢一郎・二十九円・四十二円、忍町・八木長次郎・二十一円・四十二円、豊岡町(入間市)・八木信太郎・十円・二十五円、本庄町・八木九十郎・二十四円・五十円、賀美村(上里町)・八木国太郎・十二円、尾田蒔村(秩父市)・八木助太郎・二十七円・四十二円、八木安吉・十円、下吉田村・八木歳治・十八円・四十二円」あり。

楊井 ヤギイ 九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に「楊井里、楊師里、楊田里、物部里」の地名あり、大里条参照。承平頃の和名抄に大里郡楊井郷を載せ、也木井と註す。和田村(熊谷市)薬師寺安永八年庚申塔に大里郡楊井村と見え、白髪社安政七年庚申塔に大里郡和田村と見ゆ。和田村薬師寺附近を楊井郷と称す。正保年間田園簿に和田村とあり、明治六年原新田と合併して楊井村と改称す。三芳に存す。

一 私市党楊井氏 私市系図に「久下直光の兄楊井小次郎憲春」と見ゆ。此の系図は信用出来ず。私市条参照。大里郡石原村真宗寺南の兵部屋敷跡は楊井氏の居館跡と伝へる。

二 土屋氏族楊井氏 相模国大住郡土屋村(平塚市)より起る土屋氏の親族或は家臣なり。吾妻鑑巻二十一に「建暦三年五月六日、和田の乱に与して討たれし土屋の人々に土屋大学助義清・同三郎・薗田七郎成朝・屋き井七郎・同次郎」。巻四十に「建長二年三月一日、閑院内裏造営の雑掌分担目録、楊井左近将監が跡」と。薗田氏は上野国山田郡薗田郷(桐生市)より起り、佐野松田系図に「佐貫四郎大夫行房(上野住)―薗田七郎成実―太郎成澄―七郎成朝(和田合戦張本也)」。桐生市川内町の園田系図に「園田七郎成実―若児玉五郎重澄(為武蔵国住人児玉重行入道蓮意外孫、依って彼家の養子と為し姓を改る)」と、埼玉郡若小玉村(行田市)より起る。楊井氏は大里郡楊井郷より起り、園田氏と姻戚関係となり、一緒に土屋氏に属すか。

八木井 ヤギイ 川口に存す。

柳生 ヤギウ 川口、朝霞、所沢等に存す。ヤギュウ参照。

柳内 ヤギウチ 浦和、大宮等に存す。福島県郡山市五十七戸あり。ヤナイ参照。

柳浦 ヤギウラ 島根県松江市六十戸。

八木岡 ヤギオカ 和名抄下野国芳賀郡物部郷あり、真岡市南東部の八木岡村より二宮町北東部の物井村一帯に比定す。延元四年結城文書に「下野国事、矢木岡城被落候」。矢木岡は物部族の居住地より名付づく。矢条、矢木条参照。浦和、川口、越谷等に存す。水戸市三十戸あり。

一 岩附城士の八木岡氏 本朝武家諸姓分脈系図(冑山文庫)に「本国武州、紋丸内三引、九曜。八木岡内蔵助充鎮(仕太田十郎氏房)―源八郎充仍―八郎左衛門満勝(仕幕府)」と見ゆ。

八木ヶ谷 ヤギガヤ 所沢に存す。

八木崎 ヤギサキ 足立郡八木崎村(川口市)は柳崎村(やなぎざき)の新田と伝へ民家は無し。柳崎村字八木崎あり、柳崎村氷川社慶安二年棟札に「八木崎村、同郷之内八木村」と見ゆ。柳崎村は八木崎と唱え、当村は八木と称していた。また、埼玉郡粕壁宿字八木崎は古の村名なり。

柳沢 ヤギサワ 大宮に存す。ヤナギサワ参照。

矢木沢 ヤギサワ 新座に存す。

八木沢 ヤギサワ 各市町村に存す。○栃木県那須郡塩原町六十二戸、西那須野町五十七戸、塩谷郡塩谷町三十戸、藤原町八十戸、栗山村十七戸、今市市百戸、黒磯市六十五戸、大田原市五十戸、矢板市六十戸。○青森県南津軽郡田舎館村二十三戸、青森市八十戸あり。

一 埼玉郡上野田村(白岡町) 鷲宮社明治三十四年鳥居碑に八木沢清次郎あり。二戸現存す。

八木澤 ヤギサワ 各市町村に存す。

矢岸 ヤギシ 比企郡腰越村字矢岸(小川町)は古の村名にて、平村慈光寺文書に腰越矢岸と見ゆ。

楊師 ヤギシ 九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に「楊師里」の地名見ゆ。大里条、楊井条参照。

柳下 ヤギシタ ○茨城県久慈郡大子町十五戸。○神奈川県平塚市四十三戸、小田原市九十戸あり。ヤナギシタ参照。

一 土豪柳下氏 入間郡町谷村岩岡文書(所沢市)に「大塔宮護良親王の皇子高治(号山口平内左衛門、山口郷勝楽寺に塁塞を築く、近郷の豪族・部将柳下重内等勤王来属千余人)と見ゆ。

二 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「百五十石・柳下右馬助・是は忍にて罷出・武蔵之者」あり。

三 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「医師外科・七人扶持・柳下省庵」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「十五人扶持・柳下元良」。子孫タケは東松山市本町に現存す。

四 新座郡上新倉村(和光市) 漆台不動滝前嘉永六年庚申塔に上新倉村柳下安吾あり。四戸現存す。

五 同郡下新倉村(和光市) 当村に此氏多く存す。ヤナギシタ氏も八戸存す。浅久保浅間社慶長十九年碑に新倉郷柳下外記、元禄八年碑に柳下源太郎・柳下宗無・柳下次太夫、吹上・柳下富太郎・柳下幸太郎・柳下源太郎・柳下利八、浅久保・柳下伝内・柳下藤次郎・柳下陽眠、長島・柳下織右衛門、下里・柳下源五郎。当村元録三年庚申塔に柳下三左衛門・柳下源太郎・柳下作右衛門、元禄十一年富士講碑に柳下五郎八・柳下次太夫・柳下源太郎・柳下宗無・柳下善兵衛。比企郡大豆土村真光寺宝永四年寄進帳に武州下新倉村柳下次太夫(代々名主)。金泉寺正徳二年地蔵尊に下新倉村柳下岡右衛門、享保十七年没住職碩峯碑に柳下外記、宝暦九年供養塔に柳下四郎右衛門。広沢原浄水場寛政四年馬頭尊に下新倉村吹上柳下治太夫。文政元年野火止宿石山文書に下新倉村名主格柳下助左衛門。当村嘉永元年富士講碑に柳下善兵衛・柳下次太夫・柳下秀五郎・柳下亀五郎・柳下忠五郎・柳下幸次郎・柳下市左衛門・柳下伝蔵・柳下仁五吉・柳下沢五郎。金泉寺嘉永三年仏像銘に施主・柳下治太夫・柳下助右衛門・柳下半平・柳下秀五郎・柳下源太郎・柳下代治郎・柳下忠五郎。慶応二年川越遠藤文書に下新倉村割元代官柳下治太夫は打毀しにあう。白川家門人帳に慶応三年・下新倉村大工忠五郎事柳下近江。当村明治四年碑に「富嶽は慶長十九年当村柳下外記二十一度大願為す。築立連、柳下幸次郎・柳下源五郎・柳下源太郎・柳下織右衛門・柳下次左衛門・柳下康義。富士嶽社明治八年鳥居碑に柳下利八・柳下源五郎・柳下幸治郎・柳下織右衛門・柳下幸太郎・柳下富太郎・柳下源太郎・柳下次左衛門・祠掌柳下矢柄。明治九年戸長柳下伊平次・安政四年生、副戸長柳下伝内・天保十一年生、副戸長柳下藤治郎・文政十年生。明治十六年浅久保若者組に柳下武二郎・柳下藤二郎・柳下金蔵・柳下源八・柳下金五郎・柳下伝内・柳下又八・柳下米吉・柳下嘉七・柳下久蔵。明治十九年卵商柳下兼五郎・菓子商柳下藤四郎・青物商柳下平左衛門・生糸商柳下又八・織物商柳下吉左衛門・水車業柳下利八.。明治二十一年皇国武術英名録に天自流下新倉村柳下康義。明治二十五年下新倉村青年会に柳下七左衛門・柳下元八・柳下泰造・柳下長太郎・柳下弁太郎・柳下幾蔵・柳下絹三・柳下藤左衛門・柳下九十郎・柳下柳之助・柳下代次郎・柳下織右衛門。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に白子村柳下織右衛門(県会議員、嘉永二年生)。昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「白子村・柳下さだ・百十七円・五十円、柳下幾蔵・百円、柳下平八・九十六円、柳下一造・六十七円」あり。

六 入間郡福岡村 駒林村安楽寺安政四年筆子碑に福岡村柳下勝吉あり。

七 同郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の柳下氏は曽根に住し岡田・松沢・橋本氏等と共に本村芝開きの卒先者なり、その祖先は庄右衛門と名乗り、享保年間より名主役をつとめ、息利兵衛も代々勤む、現主秋五郎は庄右衛門の末裔なり。柳下源右衛門は寛文年間に柳下庄右衛門より分家す、平助より源蔵の代となるや持高百六十石・下南畑随一と評され、文政年間より八幡組山形山場の名主役を勤む、源蔵の孫銘蔵は現主なり」。明治五年名主柳下源蔵、屋根職柳下清右衛門・同柳下重太郎。明治九年戸長柳下源蔵・天保六年生、副戸長柳下長右衛門・文化六年生あり。十一戸現存す。

八 同郡南畑新田(富士見市) 南畑村之沿革史に「南畑新田の柳下氏は登戸組南部に住し、寛文年間に武兵衛及び次兵衛なる人ありて、本家は絶家せしが、重右衛門家が本家格となり、天保以前より組頭を勤め、年番名主を勤む、現主健一は其の後裔なり」。白川家門人帳に天保四年・難畑新田村百姓佐五右衛門事・柳下権頭。明治五年名主柳下重右衛門。明治九年副戸長柳下重右衛門・文化十年生あり。ヤギシタ氏四戸、ヤナギシタ氏三戸現存す。

九 同郡水子村(富士見市) 八幡社慶応元年水鉢に下組柳下米右衛門。大応寺明治二十五年碑に柳下勇治郎あり。一戸現存す。

一〇 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「宗印・柳下父。宗蓮・柳下・申年十二月。法高・柳下彦八郎・辰年七月」。江戸初期なり。

蜑コ ヤギシタ 与野、朝霞等に存す。

八木下 ヤギシタ 千葉県富津市十四戸あり。矢木条、矢作条参照。

一 足立郡石神村(川口市) 立野村二宮神社文政十三年鳥居碑に石神村八木下清右衛門あり。現存無し。

二 同郡吉蔵新田(川口市) 中山筆学帳に嘉永四年吉蔵新田八木下歳蔵。安政元年撃剣中山慎斎碑に当村八木下兵左衛門・八木下歳蔵。万延元年武術英名録に柳剛流足立郡吉蔵新田八木下歳蔵・八木下永次郎。明治三十八年柳武館撃士名簿に吉蔵新田八木下泰助あり。四戸現存す。

三 同郡鳩ケ谷町 明治三十五年乾物商八木下吉五郎あり。

四 同郡北谷村(草加市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡北谷村八木下忠蔵。剣術神文鑑に明治三十八年入門・安行村北谷八木下恒吉。昭和三年興信録に「新田村・八木下常吉・所得税二十七円」あり。九戸現存す。

五 同郡新兵衛新田(草加市) 小名八木に八木下氏十六戸現存す。当村宝暦九年庚申塔に八木下兵助・八木下助左衛門・八木下常右衛門・八木下権三郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡新兵衛新田八木下常右衛門・八木下嘉平治。中山筆学帳に「弘化三年、新兵衛新田・勘五郎倅八木下栄次郎。安政四年、西八木・八木下勘次郎。安政六年、中八木・八木下長左衛門。元治二年、八木下新蔵。明治二年、こなや三男八木下安兵衛。明治四年、八木下惣次郎、嘉平治孫八木下清九郎」。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流足立郡新兵衛新田八木下吉五郎あり。

六 同郡長右衛門新田(草加市) 中山筆学帳に「安政二年、長右衛門新田・八木下甚兵衛。安政七年、同村八木下清蔵。文久二年、同村甚兵衛弟八木下徳次郎」。明治九年副戸長八木下藤兵衛・文政九年生あり。三戸現存す。

柳島 ヤギシマ 狭山に存す。

矢北 ヤキタ 狭山、八潮等に存す。

焼田 ヤキタ 浦和、川口等に存す。

楊田 ヤギタ 九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に「楊田里」の地名見ゆ。大里条参照。

矢木田 ヤギタ 東松山に存す。

八木田 ヤギタ 幡羅郡八木田村(妻沼町)あり、当村出身の侠客大槻捨五郎(天保十年没)は八木田一家を興し名高し。各市町村に存す。福島県郡山市二十八戸。青森県三戸郡福地村二十七戸あり。

八木谷 ヤギタニ 春日部、富士見等に存す。

八木成 ヤギナリ 秩父郡大野村字八木成(都幾川村)延宝四年地蔵尊に八木成村と見ゆ。

柳沼 ヤギヌマ 各市町村に存す。○福島県岩瀬郡鏡石町五十戸、長沼町二十六戸、岩瀬村十九戸、田村郡三春町六十七戸、船引町百七十戸、伊達郡霊山町二十二戸、須賀川市百三十六戸、郡山市九百戸あり。

一 忍城士の柳沼氏 紀州高野山清浄心院供養帳に「逆修性誉妙円・忍柳沼娘・元和三年二月十四日・施主岩野金兵衛」あり。柳沼氏は長野村一戸存す。忍城士岩野氏は現存無し。

二 飯能町 明治十四年文書に柳沼杢之丞あり。市内に二戸存す。

八木沼 ヤギヌマ 埼玉郡上池守村字八木沼あり。各市町村に存す。○福島県石川郡浅川町十九戸、岩瀬郡長沼町十三戸あり。

柳橋 ヤギハシ 春日部、越谷、宮代、入間等に存す。ヤナギバシ参照。

矢木橋 ヤギハシ 与野、庄和に存す。

八木橋 ヤギハシ 矢条、矢木条、矢作条参照。武蔵国及び陸奥国(津軽)に多く存す。○青森県北津軽郡鶴田町六十戸、南津軽郡平賀町八十戸、田舎館村二十三戸、弘前市百戸、青森市百五十戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「二十二俵・八木橋源兵衛」あり。

二 葛飾郡榎村(庄和町) 当村明和元年庚申塔に八木橋庄助・八木橋三七郎あり。現存無し。

三 同郡倉常村(庄和町) 愛宕社明治四年天満宮碑に八木橋豊吉あり。三戸現存す。

四 同郡屏風村(杉戸町) 八幡社文化七年鳥居碑に八木橋久八.。一戸存す。

五 埼玉郡弥十郎村(越谷市) 稲荷社文久三年御神燈に八木橋与惣兵衛・八木橋平右衛門・八木橋嘉吉・八木橋兼吉。明治三十年人名録に八木橋関蔵・安政元年生・地租十七円。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡弥十郎・八木橋慶蔵。六戸存す。

六 同郡岩槻町 明治三十五年煙草商八木橋寅蔵あり。

七 同郡柴山村(白岡町) 字稲荷崎万延元年庚申塔に下分・八木橋孫七・八木橋実蔵・八木橋豊吉。明治九年副戸長八木橋朝次郎・嘉永二年生。明治二十年柴山伏越改造碑に柴山村八木橋多八・八木橋浅治郎・八木橋辰五郎。明治三十年人名録に八木橋辰五郎・安政三年生・地租十五円。諏訪八幡社明治三十九年碑に八木橋又兵衛・八木橋豊吉・八木橋音吉・八木橋八十五郎あり。七戸存す。

八 同郡爪田ヶ谷村(白岡町) 観音堂宝永八年地蔵尊に爪田ヶ谷村矢木橋千右衛門、寛政十年庚申塔に八木橋重右衛門・八木橋兵助、天保十三年馬頭尊に八木橋小十郎。薬師堂文政十年地蔵尊に八木橋源蔵。諏訪社天保六年供養塔に八木橋留松・八木橋源蔵、天保十四年御神燈に八木橋兵造・八木橋源蔵・八木橋小十郎、天保十五年狛犬に八木橋清助あり。三戸現存す。

九 同郡持田村(行田市) 剣神社明治二十五年御神燈に八木橋伝次郎。明治二十九年地租二百五十円以上大地主名簿に八木橋惣五郎。六戸存す。

一〇 足立郡上戸田村 氷川社文化十三年供養塔に上戸田村八木橋五郎右衛門。蕨町三学院明治十一年碑に上戸田村八木橋安太郎・八木橋与五右衛門・八木橋五郎右衛門・八木橋勘六あり。九戸現存す。

一一 同郡並木村(大宮市) 氷川社明治三十八年碑に八木橋芳太郎・八木橋喜兵衛あり。三戸現存す。

一二 同郡深作村(大宮市) 当村に此氏多く存す。下総国葛飾郡柳橋村(やぎはし、茨城県総和町)は天文二十三年足利義氏充行状に「八木橋」と見え、此地発祥説は地名附会なり。当村八木橋氏は古代以来居住の苗字なり。風土記稿深作村条に「宝積寺の境内に八木橋大膳と云ものの墓あり。碑面に『大住院法庵全昌居士・天正十八年五月二十三日』と彫れり。この墓、もとは本山の境内にありしを後此地へ改葬せしと云ふ。この大膳は名主惣吉の先祖にて、下総国八木橋村の人なれば在名を以て己が氏とし、太田十郎氏房に仕へ当所を領し、天正十八年北条氏没落の時、岩槻に籠城せしに彼城落城の後、比企郡松山の城に籠りて同年五月二十三日討死せり。其子七兵衛政重、実は忍の城主成田下総守の弟梅庵の子なるよし、子孫惣吉が家に伝ふれど、政重の子七兵衛吉次の弟其故ありて家系感状等を周防国へ持行たれば詳なることは伝へずと云しかのみならず、かの大膳のことは世に伝はらず。且成田系図に下総守の弟梅庵と云人も見えざれば家伝も信用すべからず。今の惣吉まで九代に及ぶといふ」と見ゆ。天正庚寅松山合戦図に八木橋氏の名は見えず。大門宿会田落穂集に「寛永三年、八木橋七兵衛鳥見役となる。享保二年、八木橋七兵衛御鷹野之節紀州家本陣となる。享保十四年、八木橋七兵衛鳥見役御暇、八木橋伝蔵・七兵衛と改め勤む」。恩間村渡辺家譜に「渡辺左介貞吉(正徳四年没)―女子(深作村長八木橋七兵衛妻)」。西廓文化十二年庚申塔に深作村八木橋忠次郎。嘉永元年岩槻御旧地探索秘記に「深作村明神之林之前を通りて八木橋七兵衛之屋敷は左りに有、七兵衛屋敷見廻し候所、長屋は瓦葺の屋根に而小間十三間半有、大門に向ひ右之方に通用門有。元は当村之百姓に而数代之住居也といふ。当時之七兵衛より五六代已前に金子上げ候而紀州家之鳥見に成候と申。已前は田も千石程持地有しが、当時は二百石斗も作り候由。先年は紀州殿御成も有之、奥庭などは江戸より是までに三番とは下り不申庭也申、七兵衛は年頃四十位と申」と見ゆ。氷川社嘉永五年水鉢に八木橋敬次郎・八木橋斧吉・八木橋勇吉・谷ギヤ八木橋仙之助。信州善光寺山門東安政三年常夜燈に足立郡深作村八木橋七兵衛(名主、酒造業)。明治七年戸長八木橋喜四郎。笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に深作村八木橋安八.。明治十六年県会議員調に八木橋克・弘化元年生・地所三十町五反歩所有(明治二十九年没)。明治二十九年北足立郡会議員八木橋喜四郎。氷川社明治三十年幟碑に八木橋伊之助・八木橋金之丞・八木橋又三郎、明治三十九年碑に八木橋繁蔵、明治四十一年碑に八木橋敬次郎。昭和三年興信録に「春岡村・八木橋香秋・所得税二十一円」あり。

一三 同郡鴻巣町 明治三十年本一町小間物商八木橋亀次郎。一戸存す。

一四 横見郡山ノ下村(吉見町) 当村山崎文書に「松山城主上田能登守朝直入道・永禄九年四月北越へ城を渡す、菩提寺三道村浄蓮寺に於て御年六十四歳に而御生害之節、八木橋刑部父直恒四十一歳にして一同伴切腹之節御遺言、依之十一月迄浪人す、十二月二日より当所に住す。開発人郷士八木橋刑部・高十四石余・此地面二町七反余・慶長七年九月死す。八木橋刑部直季四代甚左衛門・天和元年(死すか)」と見ゆ。御所村安楽寺弘化五年供養塔に山野下村八木橋幸蔵あり。六戸現存す。

一五 熊谷町 明治三十五年呉服商八木橋本治郎・洋傘帽子商八木橋喜作。大正十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に八木橋本治郎・文久元年生・国税四千二十六円・県下二十位。昭和三年興信録に「八木橋本治郎・所得税六百六十二円、八木橋喜作・所得税十五円・営業税三十円」。

柳原 ヤギハラ 入間、秩父等に存す。ヤナギハラ参照。

八木原 ヤギハラ 原(ばる)は古代朝鮮語で村の意味。物部族の集落を八木原と称す。矢条、矢木条参照。埼玉郡下川上村字八木原、上池守村字八木原あり。前橋市八十戸あり。

一 忍城士の八木原氏 成田分限帳に「天正六年八月、加勢侍・百貫文・本国武蔵・八木原備後・大力鉄砲達人」。関八州古戦録に「天正十八年忍落城の時、遊軍として八木原織部正は諸備の持口を見廻る」と。八木を米と書き、一本に米原とあるが八木原が正訓なり。次項参照。

二 埼玉郡上川上村(熊谷市) 上之村龍淵寺寛政八年鐘銘に「成田下総守殿家来末裔、八木原備後末裔・上川上・八木原三郎右衛門、同所・八木原仙右衛門」。行田史譚に「上川上村。寛永年中名主八木原三郎右衛門、享保六年名主八木原三郎右衛門、天保元年名主八木原太郎右衛門」。伊弉諾神社寛延三年水鉢に八木原実真。佐谷田村長源寺文政六年供養塔に上川上村八木原喜藤治。弘化三年大庄屋御鷹場野廻役八木原三郎右衛門・名主八木原市三郎。観音堂弘化四年庚申塔に八木原三郎右衛門。御用達にて、嘉永六年忍藩分限帳に「二人扶持・上川上八木原三郎右衛門」。明治九年戸長八木原愛助・安政四年生、副戸長八木原常右衛門・天保元年生、副戸長八木原藤左衛門・天保十三年生。明治十八年最上農名簿に八木原市三郎・耕宅地二十一町歩・山林一反歩所有。下奈良村明治二十七年東条筆子碑に上川上村八木原愛助。県会議員農業八木原三郎右衛門・天保十四年生あり。七戸現存す。

三 同郡屈巣村(川里町) 久伊豆社正徳五年御神燈に八木原松十郎あり。現存無し。

四 大里郡熊谷町 野原村文殊寺明治二年碑に熊谷宿八木原源四郎。昭和三年興信録に「熊谷町・八木原為太郎・所得税十円」あり。

五 同郡石原村(熊谷市) 東漸寺檀徒八木原主水・慶長七年十月十八日没は地頭城和泉守の家臣にて、転封後は帰農す。五戸現存す。

六 同郡肥塚村(熊谷市) 明治九年惣代八木原千代三郎。榛沢郡岡村南寅稲荷社明治三十二年碑に肥塚村八木原庄三郎あり。十一戸現存す。

七 比企郡玉川郷 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

八 同郡田黒村(玉川村) 明治九年戸長八木原静十郎・天保十三年生。平村滝ノ鼻公園明治四十四年馬頭尊に田黒八木原倉蔵あり。四戸現存す。

九 入間郡今市村(越生町) 滝野入村高福寺元文五年地蔵尊に今市邑八木原権左衛門あり。一戸現存す。

一〇 同郡大満村(越生町) 文政六年伊勢講に大満村八木原佐兵衛。津久根村八幡社明治二十五年碑に大満八木原栄次郎あり。四戸現存す。

一一 同郡毛呂本郷 出雲伊波比神社明治二十年御神燈に毛呂本郷八木原平三郎あり。四戸現存す。

一二 同郡滝野入村(毛呂山町) 善能寺村金毘羅社文政二年水鉢に滝ノ入邑八木原丹治郎。当村天保十四年道祖神に滝ノ入村八木原惣兵衛。私塾師匠八木原民五郎・安政二年没。江戸末期に名主八木原重兵衛。明治九年副戸長八木原佐十郎・天保七年生。明治十三年議員八木原忠五郎。明治二十二年山根村会議員八木原弥八郎。明治二十八年山根村会議員八木原弥兵衛。明治三十二年越生商業銀行発起人八木原久太郎・五十株二千五百円所有あり。十八戸現存す。

一三 秩父郡横瀬村 明治十四年神輿寄附連名帳に八番耕地宇根・八木原梅吉・八木原与市・八木原伴蔵・八木原和三郎・八木原久三郎あり。十戸現存す。

楊林 ヤギバヤシ 行田に存す。

八木平 ヤギヒラ 戸田に存す。

柳元 ヤギモト 入間に存す。

柳谷 ヤギヤ 入間に存す。

八木屋 ヤギヤ 足立郡瀬ヶ崎村字八木屋(浦和市)あり。

焼山 ヤキヤマ 浦和、八潮等に存す。

八宮 ヤギュウ 天照大神が素戔鳴尊と誓約の時に出現したと云う五男三女神を祀る神社を八宮と云う。五男三女神は素戔鳴尊の子ともいわれ、田心姫(たこりひめ)、湍津姫(たぎつひめ)、市杵島姫(いちきしまひめ)の三女、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあまのおしほみみのみこと)、天穂日命(あまのほひのみこと)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いくつひこねのみこと)、熊野豫樟日命(くまのくすひのみこと)の五男なり。八宮神社は比企郡小川村、下里村、下横田村、能増村、中爪村(以上小川町)、志賀村、広野村、越畑村、杉山村(以上嵐山町)にあり。

矢弓 ヤギュウ 八宮に同じ。男衾郡西古里村(寄居町)に矢弓明神社あり。

箭弓 ヤギュウ 八宮に同じ。比企郡松山町に箭弓稲荷大明神あり、元文元年松山古地図に野久稲荷と見え、矢久とも書く。

野牛 ヤギュウ 埼玉郡野牛村(白岡町)あり、鎮守は久伊豆社である。元は八宮を祀っていたか。

柳生 ヤギュウ 埼玉郡柳生村(北川辺町)あり、今はヤギウと称す。鎮守は天正十五年勧請と伝える鷲明神なり。秩父郡横瀬村字柳生、藤倉村字柳生は矢久とも書き、八宮なり。各市町村に存す。茨城県稲敷郡阿見町六十戸、北茨城市十六戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御番頭・三百石・柳生内蔵助、御刀番・七両五人扶持・柳生佐十郎」あり。

柳生田 ヤギュウダ 朝霞、坂戸に存す。

柳楽 ヤギラ 浦和に存す。

夜久 ヤク 浦和、越谷等に存す。

薬沢 ヤクサワ 秩父郡藤倉村(小鹿野町)に三戸現存す。

薬澤 ヤクサワ 川越、所沢等に存す。

薬師 ヤクシ 川口、日高、吹上に存す。

一 足立郡慈林村(川口市) 宝厳院薬師堂文明十五年厨子銘に「薬師子」とあり。薬師堂の子か。

二 秩父郡薄村(両神村) 薬師堂天正十三年棟札に「願主薬師子」とあり。薬師堂の子か。

薬師浦 ヤクシウラ 桶川に存す。

薬師寺 ヤクシジ 足利鶏足寺世代血脈に「応安二年、武州深谷杉別所薬師寺」と見ゆ、幡羅郡東方村字杉町(深谷市)なり。深谷条参照。各市町村に存す。茨城県新治郡霞ヶ浦町二十八戸あり。

一 河原党薬師寺氏 武蔵志に「河原氏古文書に云。治承四年三月、惣侍列位・薬師寺四平太、是は河原太郎家の武家法令也」と見ゆ。

二 藤原姓小山氏流薬師寺氏 下野国河内郡薬師寺村(南河内町)より起る。尊卑分脈に「藤原秀郷後裔、小山朝政―長朝―長村(小山、又薬師寺)―薬師寺左衛門尉政村(改朝村)」。薬師寺系図に「小山朝政嫡孫・薬師寺左衛門尉朝村―新左衛門尉政氏―左衛門尉政村―左衛門尉政盛―次郎左衛門尉貞光―次郎左衛門尉公義入道元可(歌人)、弟に勘解由左衛門尉義春(観応二年辛卯十二月、駿州薩埵山討死)、修理大進義夏、掃部助助義」と見ゆ。太平記巻二十九に「観応二年二月、小清水合戦の事(西宮市越水町)。十七日夜、将軍尊氏・執事高師直の勢二万余騎、薬師寺次郎左衛門公義が二百五十騎、御影(神戸市東灘区御影)の浜の松原まで戦ひけるに、あるいは討たれあるいは敵(足利直義方)に懸け散らされ、一所にひかへたる勢とては、弾正左衛門義冬・勘解由左衛門義治、以上六騎に成りにけり」。巻三十に「薩埵山合戦の事。直義誅罰すべきの由。宇都宮は、薬師寺次郎左衛門入道元可が勧めによって、将軍尊氏に志を存じける。観応二年十二月十五日宇都宮を立って薩埵山へぞ急ぎける。相伴ふ勢には、薬師寺次郎左衛門入道元可・舎弟修理進義夏・同じき勘解由左衛門義春・同じき掃部助助義」と見ゆ。また、薬師寺次郎左衛門尉橘範隆(新千歳集)の子次郎左衛門尉橘公将(加賀守、法名元可、新千歳集)の元可法師集あり。この橘姓元可が正確で、薬師寺系図は著名な小山氏流に仮冒したか。永享七年長倉追罰記に「楠薬師寺が菊水。小山の薬師寺がともえの紋」と区別している。

三 武蔵国守護代薬師寺氏 園大暦に「新田武蔵守義宗、武州前守護代薬師寺一類を打敗る」。高師直宛行状(安保文書)に「観応元年八月九日、武蔵国足立郡大窪郷事(浦和市)、所宛行安保肥前権守也。薬師寺二郎左衛門尉殿、師直花押」と、武蔵国守護高師直は守護代薬師寺氏に、安保忠実に宛行うことを命ず。高麗郡新堀村町田文書に「正平七年正月日(観応三年)、高麗彦四郎経澄軍忠事。去年観応二年八月、薬師寺加賀守入道宇都宮下向の間、対面を遂げ、上椙民部大輔を誅伐す。十二月十九日夜於阿須垣原(府中市か)取陣之処、薬師寺中務丞令見知畢」。「正平七年三月、谷口(戸田市笹目一丁目)より御陣、薬師寺加賀権守入道に属す、人見原(東京都府中市)に於て散々合戦致す」。「観応三年五月、金井原(小金井市)御合戦の時、薬師寺加賀権守入道と同道し、散々太刀討了」と見ゆ。入道元可なり。

薬真寺 ヤクシジ 新座に存す。

薬師神 ヤクシジン 白岡、越谷、草加、三郷、杉戸、上里等に存す。

薬師堂 ヤクシドウ ○榛沢郡西島村(深谷市稲荷町)薬師堂あり、薬師堂村とも別称す。旅宿問答に「先年長享年中云々。波羅郡別府郷の神主彦右衛門は越後米山寺参詣に出で立つ。二月五日、庁ノ鼻和・深谷薬師堂を透りて、岡ノ谷ノ原を過れば、上野白井に着にけり」と。紀州高野山清浄心院供養帳に「寛永十一年三月二日、武州半沢郡薬師堂村」。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に榛沢郡薬師堂村島田九兵衛と見ゆ。○足立郡川田谷村薬師堂(桶川市)は、同村東光寺元禄十四年木造銘に薬師堂村と見ゆ。○秩父郡薄村薬師堂附近を薬師堂村と別称す。与野に存す。

矢口 ヤグチ 矢は物部の別称、口は人の数なり。物部族の集落を矢口・谷口・八口と称す。ヤツグチは転訛なり。矢条参照。物部は鉱山鍛冶集団にて矢口氏・谷口氏は鉱山地に多く存す。○群馬県邑楽郡板倉町二十五戸。○栃木県芳賀郡芳賀町三十戸、益子町二十二戸、市貝町十八戸、茂木町十八戸。○茨城県東茨城郡小川町二十六戸、美野里町三十五戸、西茨城郡岩間町四十六戸、新治郡霞ヶ浦町二十四戸、新治村三十五戸、千代田町六十戸、八郷町二十二戸、玉里村三十戸、石岡市七十六戸、土浦市二百十戸、つくば市百四十戸、結城市七十戸。○長野県北安曇郡池田町百三十五戸、白馬村三十五戸、松川村三十五戸、南安曇郡穂高町七十八戸、大町市七十五戸、松本市九十戸。○山形県西村山郡河北町三十戸、最上郡金山町二十八戸、大蔵村二十戸、鮭川村九十八戸、戸沢村二十九戸、新庄市百五十戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御広式番・七両三人扶持・矢口治部右衛門」あり。

二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「四石・矢口長三郎」。

三 葛飾郡彦江村(三郷市) 明治三十年人名録に矢口熊蔵・安政三年生・地租三十円、矢口元次郎・文政十年生・地租二十七円、矢口宗四郎・安政二年生あり。十八戸現存す。

四 埼玉郡中樋遣川村(加須市) 明治十三年矢口文書に矢口小左衛門あり。四戸現存す。

五 同郡忍町 佐間村清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町矢口太郎兵衛あり。現存無し。

六 足立郡古市場村(北本市) 当村に此氏の旧家あり。十一戸現存す。

七 秩父郡金崎村(皆野町) 国神神社明治三十四年碑に当所矢口内治あり。一戸現存す。

谷口 ヤグチ 矢口の佳字にて物部族の集落なり。矢条、矢口条参照。葛飾郡谷口村(三郷市)は元禄年間に花和田村から分村した境木村の内で、元禄郷帳に谷口境木村と見え、元禄八年検地帳には谷木村と見ゆ。横見郡谷口村(吉見町)は矢口・矢ノ口とも書く。足立郡下笹目村字谷口(戸田市笹目一丁目谷口公園附近)は古の村名にて、高麗郡町田文書に「正平七年三月、高麗経澄は、谷口より御陣、人見原(府中市)に於て合戦す」と、また谷口を大田区矢口町、或は稲城市矢野口に比定する。○栃木県芳賀郡二宮町二十五戸、益子町十七戸。○茨城県北相馬郡藤代町二十五戸、筑波郡伊奈町三十八戸、真壁郡真壁町二十九戸、下館市七十八戸あり。タニグチ参照。

一 葛飾郡谷口村(三郷市) 古は花和田村の小名にて谷口氏の屋敷名より名付く。彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に谷口村矢口源七.。明治十年鈴木文書に谷口弥之助。明治二十九年堀切文書に谷口由太郎・谷口伝次郎・矢口馬太郎・矢口徳太郎・矢口初五郎。昭和三年興信録に「彦成村・矢口徳太郎・所得税十円」あり。矢口氏は現存無し。谷口氏二戸存す。

二 同郡茂田井村(三郷市) 阿弥陀堂文化三年庚申塔に矢口平四郎・矢口岩右衛門・矢口治郎衛門、明治四十三年軍馬碑に谷口茂助・谷口庄蔵。明治三十年人名録に谷口七之助・明治十八年生あり。四戸現存す。

三 埼玉郡弥兵衛村(大利根町) 砂原村鷲神社文化四年天満宮碑に矢口谷蔵・矢口三次郎。明治九年副戸長谷口弁十郎・天保十年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に弥兵衛村谷口弁十郎。明治十八年最上農名簿に谷口千代松・耕宅地十町三反歩・山林三反歩所有あり。六戸現存す。

四 同郡外記新田(大利根町) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

五 足立郡山中村(北本市) 明治九年副戸長谷口平右衛門・天保元年生あり。三戸現存す。

六 同郡高尾村(北本市) 明治九年田島文書に伍長谷口栄吉・伍長谷口留五郎。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に高尾谷口栄吉あり。三戸現存す。

七 同郡荒井村(北本市) 氷川社明治四十二年碑に谷口勇八.。一戸現存す。

八口 ヤグチ 八ツ口条参照。

屋口 ヤグチ 所沢に存す。

役所 ヤクドコロ 埼玉郡樋遣川村字南役所、字北役所あり。

矢久保 ヤクボ 川口、戸田、鳩ケ谷、杉戸等に存す。新潟県北魚沼郡広神村八戸。山形県長井市十七戸あり。

八久保 ヤクボ 富士見に存す。福島県南会津郡只見町六戸あり。

弥久保 ヤクボ 新潟県南蒲原郡下田村十三戸あり。

薬丸 ヤクマル 昭和三年興信録に「浦和町・薬丸信一・所得税十二円」あり。現存無し。

八雲 ヤクモ 入間に存す。

八雲井 ヤクモイ 松伏に存す。

役山 ヤクヤマ 川越、坂戸等に存す。

矢倉 ヤクラ 倉は古代朝鮮語で銅(あかがね)の意味、物部族鋳物師集落を矢倉・八倉・家倉と称す。入間郡葛貫村字矢倉(毛呂山町)はヤクラと註し、古の村名なり。住吉四所神社寛文十二年文書に葛貫庄弥蔵村と見え、文久四年文書に葛貫庄弥倉村と見ゆ。各市町村に存す。鳥取県米子市百五十戸あり。

八倉 ヤクラ 川口、越谷、所沢に存す。

家倉 ヤクラ 久喜に存す。

八倉巻 ヤクラマキ 大宮、上尾、北本、草加等に存す。

八鍬 ヤクワ 各市町村に存す。○山形県北村山郡大石田町十六戸、最上郡舟形町四十八戸、最上町十七戸、大蔵村八十二戸、鮭川村四十戸、戸沢村四十戸、新庄市七十三戸あり。

役田 ヤケタ 行田に存す。

焼田 ヤケタ 坂戸に存す。

谷下田 ヤゲタ 幸手、三郷、川越等に存す。千葉県銚子市十九戸あり。

八下田 ヤゲタ 各市町村に存す。栃木県安蘇郡葛生町五十戸、田沼町二十二戸あり。

屋ヶ田 ヤゲタ 久喜に存す。

屋慶名 ヤケナ 上尾に存す。

宅部 ヤケベ 紀州那智山潮崎稜威主文書に「文亀四年六月十日、我之持分武蔵国地下一族一円、はんさわの覚円坊・ミたの達賢坊・屋けへの円達坊・よこ山安内之三位」と見ゆ。榛沢郡榛沢村、多摩郡三田(青梅市)、宅部村(東大和市)、横山案下(八王子市上恩方字案下)なり。宅部村は現在村山貯水池多摩湖となる。

八子 ヤコ 各市町村に存す。新潟県西蒲原郡分水町三十二戸、三島郡寺泊町十二戸、与板町二十六戸、和島村三十九戸あり。ハチコ参照。

谷古 ヤコ 加須に存す。

箭子 ヤコ 北本、熊谷等に存す。神奈川県南足柄市十一戸あり。

矢後 ヤゴ 浦和、川口、蕨、桶川、越谷、三郷、新座、坂戸、所沢等に存す。南足柄市八十七戸あり。

家後 ヤゴ 川口、上尾等に存す。新潟県三島郡寺泊町九戸あり。

野吾 ヤゴ 桶川、久喜、熊谷に存す。

矢向 ヤコウ 所沢、上里等に存す。

矢光 ヤコウ 埼玉郡西久米原村(宮代町)鷲宮社明治二十二年碑に矢光伊右衛門あり。四戸現存す。

八高 ヤコウ 大宮、鴻巣、鳩ケ谷、蓮田、吉川、所沢、本庄等に存す。群馬県北群馬郡子持村三十五戸あり。

八荒 ヤコウ 大里郡大麻生村(熊谷市)の中郷鎮守八荒神社あり。

夜光 ヤコウ 葛飾郡上彦名村(三郷市)に二戸現存す。彦成村共同墓地明治四年筆子碑に上彦名村谷古宇市郎左衛門。明治九年副戸長夜光市郎右衛門・弘化四年生。明治三十年人名録に上彦名村谷古庄右衛門・弘化二年生・地租十八円あり。

矢古宇 ヤコウ 足立郡谷古宇村(草加市)条に「古は此辺の村々すべて一郷にして矢古宇と唱へ鶴岡の社領たりしならん。其後いかなる故にや谷古田と改め今は領名となり。地勢隣村と犬牙して広狭は定かに云がたし、反別凡三十六町余と云ふ」と見ゆ、当村は鶴岡八幡宮領矢古宇郷とは無関係なり。鶴岡八幡宮寿永二年二月二十七日文書に「源頼朝は、武蔵国師岡保内大山郷を鶴岡八幡新宮若宮に寄進す」と、大山郷は久良岐郡師岡保鶴見郷(江戸時代は橘樹郡、横浜市鶴見区)の別名なり。吾妻鑑巻二十五に「承久三年八月七日、鶴岳八幡宮御分、武蔵国矢古宇郷司職五十余町」と見ゆ、久良岐郡師岡保矢向村(江戸時代は橘樹郡、鶴見区)にて、元禄十五年に八十一町歩ある。鎌倉市小町三丁目宝戒寺貞和五年十一月十一日文書に「武州矢古宇」と。当郡使箕匂左近蔵人入道道栄請文(皆川文書)に「応永十五年九月十日、被仰下候武田若狭八郎事、武蔵国□□保内矢古宇郷居住勿論候云々、進上御奉行所(鎌倉府)、沙彌道栄花押」と、箕匂氏は橘樹郡箕輪村(神奈川区、昭和十四年港北区となる)居住なり。永享年間の鶴岡八幡宮寺社務職次第に「料所武州師岡保内入江郷」と。鶴岡供僧・香蔵院珎祐記録に「長禄五年八月(寛正二年)、入江・子安并矢古宇事」。「寛正三年四月、矢古宇郷名主等は、長尾々張守被官の神保内匠助の同郷代官職補任を拒む。五月、長尾々張守父子は長尾郷(横浜市戸塚区)に居住あり、然間彼方へ供僧同心可有礼儀之由」と、久良岐郡師岡保入江郷・子安郷(江戸時代は橘樹郡、神奈川区)及び師岡保矢古宇郷なり。○川口、大宮等に存す。栃木県宇都宮市六十八戸あり。

一 横山党田屋氏流矢古宇氏 久良岐郡師岡保矢古宇郷(横浜市鶴見区矢向)、田屋氏は鶴岡八幡宮領相模国鎌倉郡長尾郷田屋村(横浜市戸塚区田谷町)より起る。小野氏系図に「横山別当資隆―野五郎忠兼(奥州追討)―田屋二郎師兼―八国符五郎師義―太郎能成―次郎兵衛尉光能―太郎泰能―太郎次郎有能。能成の弟七郎盛季―七郎太郎盛行―又太郎―彦太郎」。吾妻鑑巻四十六に「建長八年六月二日、奥州路に盗賊横行し、路地の地頭矢古宇右衛門次郎等、二十四人に沙汰あり」と見ゆ。

二 足立郡佐々目郷代官矢古宇氏 前項の後裔にて、戸田市笹目・美女木、浦和市沼影・辻字水深一帯の笹目郷代官なり。香蔵院珎祐記録に「寛正元年閏九月、社務は反銭徴収のため矢古宇彦五郎を佐々目郷に下す」と見ゆ。

谷古宇 ヤコウ 足立郡谷古宇村(草加市)あり。前条参照。

一 葛飾郡彦成村(三郷市) 当村に此氏多く存す。彦成新田稲荷社享保三年庚申塔に彦成村谷古宇山三郎、元文五年庚申塔に谷古宇山左衛門、明和八年庚申塔に彦成村谷古宇利兵衛。彦倉村延命院宝暦九年勧進帳に彦成村谷古宇七左衛門。共同墓地明治四年筆子碑に当邑谷古宇孫左衛門・谷古宇庄兵衛。香取社明治二十八年狛犬に谷古宇作左衛門・谷古宇長次郎・谷古宇七郎右衛門。明治三十年人名録に谷古宇与太郎・明治七年生・地租二十円あり。

二 同郡谷中村(三郷市) 稲荷社年不詳碑に矢向弥五郎あり。現存無し。

三 同郡上彦名村(三郷市) 夜光参照。

四 足立郡吉蔵新田(川口市) 万延元年武術英名録に柳剛流足立郡吉蔵新田谷古宇藤吉あり。現存無し。

五 同郡草加町 明治三十五年雑穀商谷古宇源右衛門あり。

六 同郡瀬崎村(草加市) 明治四十二年形附業谷古宇岩次郎。県会議員谷古宇甚三郎・昭和二年生あり。十八戸現存す。

七 同郡清右衛門新田(草加市) 稲荷社宝暦二年庚申塔に谷古宇長七、宝暦十一年弁財天碑に谷古宇佐次衛門、天保十一年水鉢に谷古宇常蔵。立野村西福寺天保十三年碑に赤山領清右衛門新田谷古宇甚五郎。中山筆学帳に「弘化二年・清右衛門新田谷古宇寅之介、嘉永五年・同村谷古宇又右衛門、元治二年・同村鍛冶屋末男谷古宇慶之助、慶応四年・同村谷古宇伝吉」。安政元年撃剣中山慎斎碑に谷古宇又右衛門。二戸現存す。

八河内 ヤコウチ 埼玉郡国納村字八河内(宮代町)は古の村名にて、太田袋村琴平社文政三年水鉢に八河内村と見ゆ。ヤゴウチとも称す。

弥郡 ヤゴオリ 浦和、入間等に存す。

一 丹党弥郡氏 イヤゴオリ条参照。

矢越 ヤコシ 川越に存す。

谷古田 ヤコタ 足立郡谷古田郷本郷村(川口市)東陽寺(今の東養寺)は、茨城県東茨城郡常澄村六地蔵寺の天正十四年奥書に「武蔵国足立之郡谷古田東陽坊」と見ゆ。近隣三十一ヶ村が谷古田領を唱える。

矢込 ヤゴメ 川越に存す。

谷米 ヤゴメ 越谷に存す。福島県伊達郡伊達町六戸あり。

弥左 ヤザ 越谷に存す。

矢在家 ヤザイケ 榛沢郡大谷村字矢在家あり。

矢坂 ヤサカ 各市町村に存す。新潟県新井市十四戸あり。

八坂 ヤサカ 各市町村に存す。

矢佐加 ヤサカ 明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流足立郡根岸村(川口市)矢佐加亀二郎あり。現存無し。

矢崎 ヤザキ 崎は浦の意味で、物部族海洋民なり。矢条参照。小名矢崎は、入間郡城村、葛貫村、北田島村、市場村、津久根村、比企郡水房村、瀬戸村、山田村等にあり。各市町村に存す。○茨城県稲敷郡桜川村三十四戸。○山梨県東八代郡八代町四十五戸、中巨摩郡櫛形町二十六戸、甲西町三十八戸、白根町五十戸、竜王町三十戸、南巨摩郡増穂町三十戸、塩山市百戸、韮崎市九十戸、甲府市二百戸。○長野県諏訪市百五十戸、岡谷市六十七戸、茅野市二百十戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・矢崎八右衛門」あり。

二 川口町 川口神社明治三十九年碑に矢崎健蔵。大正十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に矢崎健治・明治十一年生・国税千八百四十一円・県下七十五位。昭和三年興信録に「矢崎健治・所得税二千四百九円・営業税三百六十九円」あり。

三 入間郡上安松村(所沢市) 大正元年文書に矢崎広吉あり。二戸現存す。

八崎 ヤザキ 越谷に存す。

一 葛飾郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に八崎利右衛門あり。現存無し。

矢作 ヤサク 浦和、鴻巣、朝霞等に存す。茨城県西茨城郡友部町八戸あり。ヤハギ参照。

八里 ヤサト 岩槻、狭山等に存す。

矢実 ヤザネ 越谷、幸手、坂戸に存す。

矢間 ヤザマ 春日部、越谷に存す。

矢沢 ヤザワ 沢は慶尚南道梁山にあった南加羅の匝羅(さわら)の羅を略した。物部族匝羅人海洋民の集落を矢沢・谷沢と称す。矢条参照。矢崎氏と同じく海部(あま)の渡来地である信濃国に多く存す。○長野県諏訪郡富士見町六十六戸、上伊那郡飯島町二十二戸、高遠町二十一戸、下伊那郡松川町六十六戸、諏訪市八十五戸、伊那市五十六戸、駒ヶ根市四十戸、飯田市二百九十戸。○新潟県西頸城郡能生町二十戸、見附市四十戸、栃尾市六十戸。○福島県南会津郡只見町三十二戸あり。

一 忍城士の矢沢氏 成田記に「天正十八年忍城攻めの時、下忍口の勇士矢沢玄蕃允」と見ゆ。

二 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「永詰御雇・五人扶持・矢沢荒七郎」あり。

三 葛飾郡下高野村(杉戸町) 木々子神社天保四年供養塔に矢沢利七あり。現存無し。

四 同郡幸手町 明治二十一年新道工事寄付者矢沢周蔵。雷電社明治三十五年碑に矢沢虎次郎(足袋石油商三河屋)あり。

五 埼玉郡慈恩寺村(岩槻市) 月読神社嘉永三年幟碑に矢沢与三郎・矢沢宗治郎・矢沢長五郎。慈恩寺弘化四年水鉢に当所入小路矢沢与五郎あり。現存無し。

六 同郡裏慈恩寺村(岩槻市) 慈恩寺村慈恩寺元禄九年阿弥陀如来に裏慈恩寺村矢沢七平。阿弥陀堂元禄十六年地蔵尊に谷沢良衛門妻・谷沢七兵衛母・谷沢庄次妻。当村天明八年庚申塔に矢沢弥次兵衛・矢沢惣五郎、天保三年庚申塔に矢沢松五郎。子之神社文化九年碑に矢沢勝五郎・矢沢亀五郎。小溝村長命寺慶応二年供養塔に裏慈恩寺村矢沢甚平。三戸存す。

七 同郡戸ヶ崎村(菖蒲町) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に戸ヶ崎村矢沢宗吉。明治三十五年生糸商矢沢千代松あり。一戸現存す。

八 同郡青柳村(久喜市) 久伊豆社明治三十年碑に矢沢甚松、明治三十五年碑に矢沢友吉あり。一戸現存す。

九 同郡北根村(川里町) 明治九年副戸長矢沢村吉・安政四年生。久伊豆社明治十七年富士講碑に矢沢三右衛門・矢沢福太郎・矢沢森三郎・矢沢喜太郎あり。九戸現存す。

一〇 同郡広田村(川里町) 鷺栖神社安永六年塞神に矢沢清右衛門あり。現存無し。

一一 同郡加須町 明治十九年下組矢沢勇太郎。明治三十五年白木綿青縞商矢沢弥三郎あり。

一二 同郡大越村(加須市) 寛永八年検地帳に「屋敷一反六畝二十四歩・矢沢」と見ゆ。苗字記載者は土豪なり。現存無し。

一三 同郡上樋遣川村(加須市) 聖徳寺碑に「医師算学者矢沢左秀安信・安永七年七十八才、孝孫矢沢秀碩郁雄」。文化元年矢口文書に御室社奉納矢沢久兵衛。細間村薬王寺文政六年廻国塔に樋遣川村矢沢弥兵衛。堤村延命寺文政六年札所碑に樋遣川矢沢藤兵衛。三田ヶ谷村蓮台寺文政八年庚申塔に上ヤリ川村矢沢弥兵衛。当村天保四年月待塔に樋遣川邨イナリ矢沢善兵衛。御室神社天保十年水鉢に当所矢沢弥兵衛藤原意通。不動岡村総願寺慶応二年算額に樋遣川村矢沢作次郎円義・矢沢撰松信義。慶応四年打毀し番付に樋遣川村矢沢弥兵衛・矢沢吉兵衛・矢沢忠兵衛。明治八年騎西町釜屋文書に樋遣川村酒造業矢沢長兵衛。明治九年戸長矢沢久兵衛・弘化三年生、副戸長矢沢利兵衛・文政六年生、副戸長矢沢利平・文政八年生、副戸長矢沢撰松・嘉永元年生。浅間社明治十二年鳥居碑に当所矢沢熊蔵、稲荷台矢沢清兵衛・矢沢佐助。明治十三年矢口文書に矢沢寛剛あり。十二戸現存す。

一四 同郡明願寺村(加須市) 名村渋井家譜に「渋井五右衛門吉綱の姉は明願寺村名主矢沢伝左衛門妻・元禄七年死去法名妙春、其子矢沢四郎兵衛・矢沢伊兵衛(江戸住)の二人有り」と見ゆ。八幡社享和三年天神碑に明願寺村矢沢藤吉。明治八年伍長矢沢伊勢五郎、伍長矢沢喜三郎あり。七戸現存す。

一五 同郡下中条村(行田市) 須加村会議員矢沢菊次郎・明治三十三年生あり。三戸現存す。

一六 足立郡川口町 東京都練馬区高野台長命寺慶安三年鐘銘に武州下足立小川口村矢沢次郎右衛門吉重。埼玉郡柏崎村円福寺正徳五年鐘銘に鋳物師川口八沢五左衛門。善光寺正徳四年地蔵尊に矢沢門十郎、宝暦九年湯殿山碑に川口邑矢沢弥市、文政十年普門品に矢沢又兵衛、天保五年弘法大師碑に矢沢文右衛門・矢沢武助。明治二年真継文書に鋳物師川口宿矢沢文右衛門。明治九年副戸長矢沢武助・文政九年生。明治三十五年鋳物師矢沢茂左衛門・鋳物師矢沢龍吉郎・揉療治所矢沢百次郎。川口神社明治三十九年碑に矢沢茂左衛門・矢沢龍吉郎あり。

一七 同郡浦和町 明治三十五年鍛冶職矢沢茂吉・大工職矢沢泰吉・酒醤油卸商矢沢作七あり。

一八 同郡鴻巣町 明治三十五年飲食店矢沢良吉あり。

一九 同郡滝馬室村(鴻巣市) 松山町菅原神社安政五年碑に御成河岸矢沢弥三郎。北下砂村氷川社文久元年碑に石工御成河岸矢沢弥三郎。今泉村氷川社慶応三年御神燈に御成河岸石工矢沢倫昌。当村氷川社明治三十九年碑に矢沢安五郎・矢沢寅蔵・矢沢弁次郎あり。四戸現存す。

二〇 入間郡川越町 鋳物師矢沢氏は天文年間に足立郡川口村より来住すと伝へる。又は多摩郡谷保村鋳物師矢沢豊後守の弟矢沢四郎右衛門が元和四年に東明寺村へ来住すと伝へるが、永禄四年に見えれば此の説は定かならず。或は知行地の近くへ来住したか。喜多町広小路に来住し鍋屋敷と称す。其後、野田新田へ移転し鍋新田(今の上野田町)と称し、岩附城主太田美濃守資正に仕へ、隣村の小室村を知行す。比企文書に「永禄四年辛酉五月二十二日、比企郡勝之内西光寺分、河越之庄之内小室矢沢百姓分、如前々可有御拘候、比企左馬助殿、資正花押」と見ゆ。其後、現在地の五ヶ村東明寺に居住す。風土記稿喜多町条に「鍋屋敷は、今広小路と云辺なり。古この所に鍋師矢沢某と云もの住せし故に、この名あり」。三芳野名勝図会に「川越鍋屋敷は代官町・今広小路之所也。五ヶ村矢沢氏之先祖、足立郡川口村より来て此所に住す。後此所御用地に付、野田下にて替地を被下、其所を今鍋新田と云ふ。其後五ヶ村に移る」。東明寺村鋳物師矢沢文書に「矢沢氏先祖儀は、武州多摩郡府中谷保村矢沢豊後守と申て、東三十三ヶ国之鋳物師頭也、亦西三十三ヶ国之鋳物師頭椎名伊与守也、奈良大仏御建立之砌、京都禁延より御頼と有て、大仏其外鐘等を鋳たる也。天和元年、矢沢七兵衛種貞、同弥平次種吉。宝永二年、矢沢四郎右衛門藤原種求、同権右衛門藤原種房。享保七年、矢沢隼人藤原種求、同七兵衛藤原種貞、関三左衛門藤原種吉。元文五年、矢沢七兵衛種貞、関小平太種利。寛保二年、矢沢七兵衛種貞、関小平太種利、矢沢弥平次種吉。寛延元年、矢沢七兵衛種奥、関三之丞。明和元年、矢沢隼人種求。文政十三年、東明寺村矢沢四郎右衛門。慶応元年、矢沢四郎右衛門藤原種美。明治二十五年、矢沢四郎右衛門、神奈川県北多摩郡谷保村関平造倅通称忠八」と見ゆ。谷保村鋳物師関氏と同族か。東京都国立市谷保に矢沢氏九戸、関氏三十五戸現存す。川越高沢山妙智院観音寺享保七年鐘銘に鋳工矢沢隼人藤原種求。戸宮村元文三年宝篋印塔に五ヶ村矢沢弥平治。正代村世明寿寺天保十年鰐口銘に川越住矢沢種往作。志多町初代区長矢沢権次郎・弘化二年生。氷川社明治十七年碑に矢沢権次郎、明治三十三年玉垣碑に矢沢伊三郎。明治三十五年営業便覧に鉄物商矢沢貞吉・酒店矢沢鎌造・呉服商矢沢権次郎・座操商矢沢宇三郎・照降商矢沢伊助・玩具商矢沢定市。三芳野神社明治四十年碑に神明町矢沢四郎右衛門あり。

二一 同郡北田島村(川越市) 閻魔堂文化六年筆子碑に箭沢権蔵、明治四十一年碑に矢沢五左衛門・矢沢権之丞あり。二戸現存す。

二二 同郡塚越村(坂戸市) 住吉社宝永五年水鉢に塚越村矢沢文右衛門・矢沢弥治兵衛。西光寺天明三年地蔵尊に塚越村矢沢友治郎。当村安政六年道標に塚越村矢沢源次郎。住吉社文久三年御神燈に当所矢沢為吉・矢沢多五郎・矢沢弥次郎。明治五年組頭矢沢弥次郎。明治九年副戸長矢沢家次・文政六年生。六戸存す。

二三 熊谷町 石上寺明治十一年水鉢に矢沢稲葉。明治三十五年菓子商矢沢定次郎あり。

二四 秩父郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に矢沢喜之助あり。現存無し。

二五 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・矢沢龍吉郎・六十七円・六十七円、矢沢茂左衛門・二十四円・六十円、鴻巣町・矢沢てい・九円・三十三円、菖蒲町・矢沢半蔵・十五円、志多見村(加須市)・矢沢伴助・三十三円、川越市・矢沢四郎右衛門・三百六十二円・七十四円、矢沢貞助・五十七円・五十円、芳野村(川越市)・矢沢重太郎・百五十一円、松山町・矢沢弥平治・十一円」あり。

矢澤 ヤザワ 各市町村に存す。

八沢 ヤザワ 入間郡上安松村字八沢。島根県仁多郡仁多町十一戸あり。

八澤 ヤザワ 春日部に存す。

谷沢 ヤザワ 矢沢の佳字なり。福島県大沼郡会津高田町十五戸、河沼郡会津坂下町十三戸あり。タニサワ参照。

一 忍城士の谷沢氏 成田分限帳に「百三十石・谷沢式部」あり。

二 埼玉郡和戸村(宮代町) 太田袋村琴平社文政二年御神燈に和戸村谷沢宗八.。宇宮神社天保六年奉額に和戸村谷沢与左衛門・谷沢徳太郎・谷沢長兵衛、嘉永二年奉額に谷沢与三郎・谷沢三五郎、明治十一年幟碑に谷沢平蔵、明治二十二年碑に谷沢喜三郎・谷沢宇兵衛・谷沢新右衛門・谷沢勘五郎・谷沢儀助・谷沢富造。昭和三年興信録に「須賀村・谷沢谷蔵・所得税三百二十九円・営業税百九十五円」あり。九戸現存す。

三 足立郡芝村(川口市) 和戸村宇宮神社弘化二年供養塔に足立郡浦和領芝村谷沢与左衛門あり。

四 同郡浦和町 明治三十五年鍛冶職谷沢庄八あり。

五 入間郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「○下南畑村の谷沢小左衛門は徳川初期に祖先が秩父より出ると伝えるも、飯能には同姓多くあり、多分に同地方から移住せるものの如し、万太郎は其の子孫なりと。○谷沢与左衛門は小左衛門の分家にして名主より戸長となる。○谷沢権右衛門は元禄の頃、与左衛門より分家し、奥次郎は其の直系なりと。○谷沢弥左衛門は与左衛門の隠居にして、与左衛門の弟なり、宅地の面積三反に余り豪農なり、現主幸右衛門なり。○谷沢宗八は弥左衛門の分家にして、天保年間に百姓代及組頭をつとむ」と見ゆ。古代以来の居住者であろう。飯能市内に七戸存し、集落は無し、また秩父郡内に無し。八幡社宝永五年水鉢に下南畑谷沢弥次兵衛。興福寺嘉永二年山門碑に谷沢熊次郎。八幡社嘉永四年御神燈に当所谷沢与左衛門・谷沢弥右衛門・谷沢宗八、慶応三年碑に谷沢杢左衛門。新倉村明治初年富士講碑に南畑谷沢金太郎。明治二十二年埼玉勧業会員谷沢元蔵。昭和三年興信録に「南畑村・谷沢正治・所得税百二十一円」あり。十四戸現存す。

五 同郡南畑新田(富士見市) 南畑村之沿革史に「南畑新田の谷沢氏は云伝に下南畑谷沢幸右衛門の分家なりし称せしが、幸右衛門の祖は元禄年間死せるに、登戸谷沢九兵衛は寛文年間に施主として名あり。之れを以って考えるに幸右衛門とは本分の関係に非ざりしか」と。七戸存す。

六 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に谷沢龍次・谷沢吉五郎あり。

七 比企郡伊草宿(川島町) 下伊草村天保三年馬頭尊に伊草宿谷沢金治郎あり。七戸現存す。

八 同郡下伊草村(川島町) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州比企郡井草村谷沢卆右衛門あり。六戸現存す。

九 同郡松山町 明治三十五年酒醸造業小林屋谷沢甚蔵あり。

谷澤 ヤザワ 南畑新田に存す。

安士 ヤシ 戸田に存す。

矢治 ヤジ ヤヂにて矢地に同じ、物部族の集落なり。矢条参照。白岡、栗橋、入間等に存す。東京都西多摩郡日の出町十二戸あり。

谷治 ヤジ 明治三十五年新座郡大和田町(新座市)古着商谷治国五郎あり。一戸現存す。

谷路 ヤジ 入間郡新久村(入間市)慶応四年大燈法光義岳宗仁筆子碑に新久村谷次友吉あり。谷路氏は新久村一戸、隣村根岸村五戸現存す。

八汐 ヤシオ 岩槻に存す。

八塩 ヤシオ 大宮、草加、鷲宮、朝霞、志木、大井、三芳等に存す。秋田県平鹿郡雄物川町八戸あり。

一 入間郡府川村(川越市) 八幡社明治三十九年碑に八塩海郎・八塩栄胤あり。現存無し。

谷鹿 ヤシカ 幡羅郡出来島村誌(妻沼町)に「天明元年、谷鹿定吉・一町一反二畝歩。明治九年百姓代谷鹿吉左衛門」あり。五戸現存す。

矢路川 ヤジカワ 草加、吉川等に存す。

矢敷 ヤシキ 大宮、三郷、日高に存す。

矢舗 ヤシキ 浦和、草加に存す。

矢鋪 ヤシキ 越谷に存す。

谷舗 ヤシキ 桶川に存す。

屋敷 ヤシキ 浦和、与野、松伏、所沢、本庄、上里等に存す。鳥取県境港市十戸あり。

屋舗 ヤシキ 大宮に存す。

屋鋪 ヤシキ 川口、新座、所沢に存す。

屋敷田 ヤシキダ 鴻巣に存す。

矢下 ヤシタ 大宮、白岡、鴻巣に存す。

谷下 ヤシタ 埼玉郡谷下村(岩槻市)あり。タニシタ参照。

八品 ヤシナ 松伏に存す。茨城県行方郡麻生町九戸あり。

矢柴 ヤシバ 草加に存す。

矢島 ヤジマ 矢は物部の別称。島は村の意味。物部族の集落を矢島、八島、谷島と称す。矢条参照。矢島氏は武蔵国・上野国・信濃国に多く存し、奥州には無し。谷島氏は常陸国に、八島氏(やしま)は奥州に存す。榛沢郡矢島村(深谷市)あり、岡部氏系図(越前松平氏家臣)に「岡部左衛門尉房忠(武州八島郷を代々領し、上杉憲政に仕ふ、房忠迄数代武州矢島郷岡部に住す)」と、明暦二年矢島村検地帳に「字ばんしょう屋敷」あり、鍛冶頭岡部六弥太配下の鍛冶集落なり。埼玉郡三箇村(菖蒲町)正徳四年供養塔に「上三ヶ村矢島新田・大久保新田」と見ゆ、鎮守は鍛冶神の金山明神社なり。小名矢島は、足立郡根岸村、上常光村、古市場村、入間郡下河原村、横見郡地頭方村、幡羅郡東方村等にあり。○群馬県多野郡吉井町六十戸、群馬郡群馬町五十二戸、伊勢崎市百二十戸、富岡市百戸、高崎市二百五十戸、前橋市百四十戸。○長野県上水内郡豊野町四十戸、埴科郡戸倉町三十四戸、小県郡東部町三十五戸、丸子町三十四戸、上伊那郡辰野町七十四戸、上田市百戸、諏訪市百四十戸、茅野市二百五十戸、松本市百十戸あり。

一 児玉党矢島氏 上野国群馬郡矢島村(高崎市)より起る。武蔵七党系図に「有三郎別当大夫経行―保義―吉島三郎大夫行遠―某―惟行―矢島太郎惟親―泰親」。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「矢島、藤姓、富野四郎行遠三代惟行の男六郎惟親・之を称す」と見ゆ。下野国都賀郡出身の出稼衆富野氏が上野国吉島村(境町木島)に来住し、児玉党に属して吉島(きじま)氏を称す。イヤシマ条参照。大阪府蜷川文書に「文保二年十一月十二日、矢島孫太郎泰行申す、上野国山名郷内在家一宇事(高崎市)」と見ゆ。

二 入間郡古尾谷城士の矢島氏 中氏先祖書に「古尾谷城主中筑後守資信・応永年中落城、禅仲寺者城跡也。資信家臣矢島隼人・古尾谷近郷に子孫数多有之」と見ゆ。

三 忍城士の矢島氏 行田史譚に「永正七年、神奈川権現山城主上田蔵人を、成田親泰の側近矢島将監等攻める」。天正十年成田分限帳に「十八貫文・矢島左京、十五貫文・矢島新蔵」。別本に「天正十八年、御旗奉行矢島玄蕃允は下忍口を守る」と見ゆ。

四 鉢形城士の矢島氏 風土記稿多摩郡番場宿(府中市宮西)条に「家系に拠るに、先祖佐々木盛綱の末裔・上野国矢島村に住せり、よって氏とす。矢島七郎といへるもの新田義貞に仕へ、後孫に至って小田原北条の家人となり、矢島左京亮師康と称し、安房守氏邦に従いて武州鉢形に籠り、天正十八年三月城陥って戦死、その子四人、市郎右衛門師忠、次郎左衛門師国、弥二郎兵衛師次、内蔵之助師時也。市郎右衛門の子孫・今なを鉢形にあり。師国、師次は倶に江戸に出でしかど、子孫の内、此の地に残りて村民となれり。師時は川越城主大道寺内蔵頭に仕ふと云ふ」と見ゆ。鉢形村に現存無し。

五 会津藩上杉氏家臣 小鹿野町吉田文書に「慶長四年十二月晦日、吉田新左衛門実重は会津上杉景勝に仕へ、元鉢形衆矢島三州は吉田新左衛門組に属す」。会津上杉配下禄高表(吉田文書)に「吉田新左衛門組、二百石・矢島三河」あり。

六 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・矢島権右衛門・是は忍にて罷出・甲賀之者」あり。

七 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「七両三人扶持・矢島峰右衛門」。秩父神社日鑑に寛政四年・秩父御代官矢島庄七.。文化四年忍藩分限帳に「郡奉行・四十俵二人扶持・役料八俵十五石・矢島庄七」あり。

八 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「奥医師・十五人扶持・矢島玄夫」。明治四年忍藩士族名簿に「十五人扶持・矢島三友、一人扶持・矢島藤次郎」あり。

九 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御馬廻・十石三人扶持・矢島権六郎」。

一〇 川越藩松平大和守家臣 明治四年前橋藩職員録に「権少属・金庫方・矢島淳平」あり。

一一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・矢島権右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「二百石・矢島権右衛門、四両・矢島角弥」あり。

一二 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百五十石・矢島半九郎」あり。

一三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「御代官・矢島郷蔵」。

一四 葛飾郡川藤村(吉川市) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

一五 同郡神間村(庄和町) 西神間村文化七年庚申塔に八島幸吉。明治三十年人名録に矢島佐市郎・弘化四年生・地租四十円あり。四戸現存す。

一六 同郡小淵村(春日部市) 堤根村稲荷社慶応二年御神燈に小淵矢島竹次郎あり。一戸現存す。

一七 同郡藤塚村(春日部市) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に藤塚村矢島新吉あり。三戸現存す。

一八 同郡八丁目村(春日部市) 大畑村香取社明治十六年浅間碑に八丁目村矢島新吉あり。現存無し。

一九 同郡不動院野村(春日部市) 下谷神社明治七年御神燈に矢島茂左衛門あり。二戸現存す。

二〇 同郡下高野村(杉戸町) 当村に此氏の旧家あり。七戸現存す。

二一 同郡幸手町 幸宮神社明治三十三年幟碑に矢島善蔵。天神島村天王社明治四十年碑に幸手矢島平九郎。

二二 同郡天神島村(幸手市) 天満宮寛政四年升堂雁行現額に矢島弥七.。天王社文政三年水鉢に矢島辰三郎、天保五年庚申塔に天神轡瀬株矢島平七、嘉永四年馬頭尊に轡瀬村矢島辰五郎。明治十三年埼玉県老農名簿に桑苗樹者矢島菊次郎。天王社明治二十三年碑に矢島栄次郎、明治四十年碑に当株矢島嘉左衛門あり。一戸現存す。

二三 同郡千塚村(幸手市) 宝性院文化十二年供養塔に矢島久左衛門。宝蔵寺慶応二年筆子碑に上千塚村矢島久左衛門・矢島吉左衛門あり。三戸現存す。

二四 同郡平野村(幸手市) 香取社明治九年浅間碑に矢島清蔵。一戸存す。

二五 同郡権現堂村(幸手市) 水神社明治四十一年碑に矢島秀吉・矢島金次郎あり。

二六 同郡栗橋宿 香取社天明三年御神燈に矢島嘉右衛門、年不詳水鉢に矢島勘左衛門あり。

二七 同郡伊坂村(栗橋町) 明治三十年人名録に矢島勘左衛門・天保元年生・地租十九円あり。二戸現存す。

二八 同郡高柳村(栗橋町) 香取社明治十四年幟碑に矢島福次郎あり。現存無し。

二九 埼玉郡長宮村(岩槻市) 香取社文化元年供養塔に矢島藤七、文政元年大黒天碑に矢島久助。現存無し。

三〇 同郡粕壁町 明治三十五年塩煎餅商矢島初太郎あり。

三一 同郡内牧村(春日部市) 鷲香取社天保三年庚申塔に戸崎矢島元三、明治十二年敷石碑に矢島清、明治期碑に矢島或郎・矢島雅楽。明治九年副戸長矢島清・弘化元年生あり。一戸現存す。

三二 同郡新宿村(蓮田市) 林昌寺寛政九年地蔵尊に矢島喜八、嘉永四年成田山碑に矢島喜代松・矢島留五郎。久伊豆社明治二十三年幟碑に矢島寅之輔・矢島由松。明治三十年人名録に谷島芳松・嘉永三年生・地租十七円あり。十戸現存す。

三三 同郡江ヶ崎村(蓮田市) 久伊豆社文久三年水鉢に矢島京次郎・矢島松五郎・矢島嘉平次・矢島九兵衛・矢島藤次郎・矢島神吉。明治九年副戸長矢島甚平・弘化二年生。明治三十年人名録に茶製造業矢島甚平・地租五十六円、矢島松五郎・文政十年生・地租十五円。久伊豆社明治三十九年碑に矢島甚一郎・矢島五平・矢島佐七・矢島慶久・矢島和三郎・矢島禎助・矢島六右衛門・矢島茂一郎・矢島甚蔵・矢島茂作あり。十六戸現存す。

三四 同郡篠津村(白岡町) 字上宿元禄十五年庚申塔に上篠津村矢島三郎兵衛・矢島六兵衛・矢島八右門。字馬立地蔵堂享保十三年地蔵尊に矢島広八郎・矢島佐右衛門、弘化五年二十三夜塔に矢島佐右衛門。久伊豆社文政二年水鉢に矢島仁兵衛。青雲寺天保九年常夜燈に矢島重郎・矢島弥次右衛門、明治二十年供養塔に矢島留七.。明治三十五年米穀商矢島勘五郎あり。九戸現存す。

三五 同郡百間村(宮代町) 字内野正福坊明和七年碑に矢島源蔵、天保八年庚申塔に矢島宗五郎・矢島直次郎、松木島・矢島栄次郎・矢島宗次郎、嘉永七年成田山碑に柚木村内野村講中・矢島住五郎・矢島忠七・矢島文左衛門・矢島源次郎。明治九年百間西原組副戸長矢島吉郎兵衛・天保七年生。明治三十年人名録に百間西原組矢島徳太郎・安政二年生、真影流剣士矢島常次郎・嘉永元年生あり。六戸現存す。

三六 同郡原村(久喜市) 東雲院嘉永四年馬頭尊に矢島熊吉。日枝社元治元年榛名講碑に矢島熊吉。三戸存す。

三七 同郡除堀村(久喜市) 不動寺慶長十三年棟札に檀那矢島図書・矢島佐□・矢島源太郎・矢島文左衛門あり。土豪衆なり。十七戸現存す。

三八 同郡鷲宮村 鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所矢島嘉左衛門。明治三年鷲宮神社神楽役矢島平太夫あり。三戸現存す。

三九 同郡中妻村(鷲宮町) 明治六年富士講着到帳に中妻村矢島勘蔵。明治九年副戸長矢島清五郎・天保四年生。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流中妻村矢島邦千代丸。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に中妻村矢島清五郎。下高柳村八坂社明治二十六年碑に中妻矢島寿碩あり。五戸現存す。

四〇 同郡加須町 明治七年製糸会社人名録に矢島安蔵。明治三十五年古物商矢島篤蔵・度量衡材木商矢島さだ・紙鳶屋矢島春吉あり。

四一 同郡上三ツ俣村(加須市) 菊地家筆子控に元治元年・当村道下徳右衛門倅矢島宗三郎。明治九年副戸長矢島久左衛門・嘉永三年生あり。三戸現存す。

四二 同郡北篠崎村(加須市) 加藤家譜に「加藤次郎右衛門忠治(若年の時は篠崎村矢島五郎右衛門と云う紺屋に勤め、寛文九年没す)」。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に北篠崎村矢島七郎兵衛・矢島定四郎。熊野社天保十五年狛犬に矢島勘太郎・矢島仁兵衛・矢島佐四郎・矢島喜十郎・矢島磯右衛門・矢島市太郎、文久四年御神燈に矢島忠蔵・矢島磯右衛門・矢島仁兵衛。明治九年戸長矢島元右衛門・嘉永二年生あり。十三戸現存す。

四三 同郡辻村(加須市) 明治十三年埼玉県老農名簿に北辻村桑苗樹者矢島平八あり。四戸現存す。

四四 同郡下高柳村(加須市) 八坂社明治二十六年碑に矢島友吉・矢島良助・矢島周□・矢島定□・矢島仙右衛門・矢島駒□あり。十戸現存す。

四五 同郡不動岡村(加須市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に不動岡村矢島常蔵。明治三十五年荒物商矢島菊三郎あり。八戸現存す。

四六 同郡下谷村(加須市) 当村に此氏多く存す。八幡社明和七年碑に矢島幸右衛門。当村天明四年馬頭尊に下谷村矢島太郎右衛門(名主)。生善院寛政十年巡拝塔に中新田矢島勘四郎・上手矢島宗兵衛。羽黒社文化七年碑に矢島多郎右衛門。戸賀崎入門帳に文政八年・下谷村矢島市右衛門、天保九年・下谷村矢島大次郎、天保十四年・下谷村矢島徳次郎。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に下谷村矢島孝行・矢島六次郎・矢島次兵衛・矢島幸太郎・矢島嘉代吉・矢島要蔵・矢島要吉・矢島倉之助。生善院文久二年巡拝塔に矢島太郎右衛門。下村君村永明寺文久二年仙元碑にシモヤ村矢島治兵衛・矢島嘉代吉・矢島幸右衛門。八幡社慶応三年幟碑に矢島幸右衛門・矢島幸太郎・矢島太次郎・矢島嘉兵衛・矢島徳次郎・矢島由右衛門・矢島捨五郎・矢島勇次郎・矢島孫次郎・矢島太平・矢島六右衛門・矢島次兵衛・矢島源助、道通・矢島八郎右衛門・矢島嘉兵衛・矢島金右衛門。明治七年正能村青木文書に富士講下谷村矢島宗兵衛・矢島庫之輔。明治九年戸長矢島太郎右衛門・天保十一年生、副戸長矢島源助・文化九年生、副戸長矢島嘉兵衛・天保元年生。明治十八年最上農名簿に矢島太郎右衛門・耕宅地十八町八反歩所有あり。

四七 同郡南大桑村(加須市) 明治五年百姓代矢島吉蔵あり。三戸現存す。

四八 同郡戸室村(騎西町) 中種足村東印寺文政十二年天満宮碑に戸室村谷島林蔵。当村明治八年馬頭尊に戸室村矢島元五郎。諏訪社明治十四年富士嶽碑に矢島樽右衛門あり。三戸現存す。

四九 同郡日出安村(騎西町) 当村明治九年小御嶽碑に矢島藤七あり。現存無し。

五〇 同郡羽生町 上羽生村建福寺文久三年筆子碑に矢島五十治・矢島貞之助・矢島昇太郎あり。

五一 同郡上岩瀬村(羽生市) 当村に此氏多く存す。医王寺元禄九年庚申塔に矢島太左衛門・矢島伊衛門・矢島治左衛門、正徳三年庚申塔に矢島与右衛門・矢島佐平次、寛政九年碑に矢島弥五兵衛、弘化三年奉納額に矢島源之丞慶福・矢島政右衛門積善・矢島仁平次能賢、明治初年碑に矢島藤之助。佐間村高源寺慶応三年筆子碑に岩瀬村矢島由五郎。明治九年副戸長矢島勇次郎・天保十四年生。明治十二年戸長矢島新六・天保十二年生。御霊社明治二十八年碑に矢島八十五郎・矢島佳次郎・矢島倉三郎あり。

五二 同郡今泉村(羽生市) 明治九年副戸長医師矢島周見・天保五年生あり。現存無し。

五三 同郡桑崎村(羽生市) 八幡社天保十三年水鉢に矢島富蔵あり。四戸現存す。

五四 同郡本川俣村(羽生市) 千手院文政四年筆子碑に矢島辰蔵・矢島伊之助・矢島孫七あり。七戸現存す。

五五 同郡下手子林村(羽生市) 正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に中下手子林村矢島仁三郎。下村君村永明寺文久二年仙元碑にテコハヤシ村矢島佐七・矢島善次郎。一戸現存す。

五六 同郡忍町(行田市) 明治二十二年成田町医師矢島三友あり。

五七 同郡荒木村(行田市) 須加村熊野社嘉永五年御神燈に荒木村矢島戸右衛門。天満宮元治元年御神燈に矢島延蔵あり。二戸現存す。

五八 同郡新宿村(吹上町) 棚田神社江戸末期台石碑に新宿村矢島森次郎。明治九年副戸長矢島貞蔵・天保十一年生、副戸長矢島福太郎。明治二十一年皇国武術英名録に北埼玉郡新宿矢島忠吉。山神社明治十一年浅間碑に矢島福太郎・矢島忠吉・矢島禎蔵、明治四十二年碑に北新宿・矢島東策・矢島伊八・矢島亀吉・矢島巳之助・矢島紋右衛門。六戸存す。

五九 同郡戸出村(熊谷市) 金錫寺嘉永六年鐘銘に当所矢島源八・矢島勘助」あり。三戸現存す。

六〇 足立郡飯塚村(川口市) 最勝院天保五年弘法大師碑に矢島半治郎・矢島茂三郎・矢島小三郎。蕨町三学院明治十一年碑に飯塚村矢島伊喜郎。氷川社明治四十四年碑に飯塚矢島撰一・矢島康三・矢島伊喜郎あり。八戸現存す。

六一 同郡鳩ケ谷町 明治三十五年小間物商矢島熊蔵あり。

六二 同郡中居村(鳩ケ谷市) 八幡社明治三十九年碑に中居矢島嘉吉。

六三 同郡谷古宇村(草加市) 市神祠官筆学門人控に文久三年・谷古宇村浅五郎倅矢島竹次郎。剣術神文鑑に慶応四年・谷古宇村矢島留吉、明治十八年・谷古宇村矢島儀三郎あり。

六四 同郡高畑村(浦和市) 笹久保新田文化二年水神碑(元は高畑村に有り)に八島所左衛門。稲荷社天保五年碑に八島八左衛門、嘉永五年水鉢に八島半蔵・八島所左衛門あり。矢島氏五戸現存す。

六五 同郡大宮町 明治三十五年桶職矢島甲次郎あり。

六六 同郡大成村(大宮市) 当村に此氏多く存す。稲荷社元禄十四年庚申塔に大成村矢島伊左衛門・矢島清兵衛・矢島勘右衛門・矢島又兵衛・矢島市右衛門、明和三年庚申塔に大成上村矢島伊左衛門、嘉永七年御神燈に矢島紋右衛門・矢島由右衛門・矢島丈助・矢島音五郎・矢島平右衛門・矢島藤蔵・矢島吉右衛門・矢島金右衛門・矢島佐兵衛・矢島幸吉・矢島宇右衛門・矢島勝右衛門・矢島佐吉・矢島伊左衛門。八幡社明治初期碑に上組矢島紋右衛門。明治九年戸長矢島紋右衛門・弘化元年生。稲荷社明治十七年鳥居碑に矢島政右衛門・矢島平蔵・矢島三八・矢島藤蔵・矢島伝平・矢島喜之助・矢島由右衛門・矢島千助あり。

六七 同郡上内野村(大宮市) 氷川社慶応三年御神燈に内野村矢島啓祐あり。宮前町に六戸現存す。

六八 同郡深作村(大宮市) 氷川社嘉永五年水鉢に矢島啓次郎・矢島吉五郎・矢島茂吉・矢島谷蔵・谷ギヤ矢島幸吉あり。三戸現存す。

六九 同郡貝塚村(上尾市) 峰岸村中島文書文久元年算学門人帳に貝塚村矢島徳三郎利恭。明治元年百姓代矢島徳次郎あり。一戸現存す。

七〇 同郡平方村(上尾市) 橘神社享和四年水鉢に矢島七郎右衛門、明治二十四年御神燈に平方村矢島半次郎・矢島初五郎あり。十五戸現存す。

七一 同郡小泉村(上尾市) 八合神社明治三十四年幟碑に矢島熊蔵・矢島円次郎あり。一戸現存す。

七二 同郡箕田村(鴻巣市) 追分地蔵堂正徳四年地蔵尊に箕田村矢島喜平。浅間社文政六年水鉢に箕田郷矢島源蔵・矢島金二郎。氷川八幡社天保十二年鳥居碑に箕田郷稲荷腰矢島音五郎・矢島仙五郎・矢島藤兵衛。嘉永六年増島俊輔筆子碑に矢島治助・矢島定吉。安政三年剣術義集館(持田村三田文書)に箕田村矢島儀助(名主)。明治九年副戸長矢島儀助・文政十二年生。農業矢島元五郎の子刀鍛冶矢島安五郎信明・号竜鱗斎・明治十九年没。氷川八幡社明治十三年幟碑に矢島儀助・矢島安五郎・矢島頼蔵、明治四十五年碑に追分矢島伊助・村長矢島唯之助。県会議員農業矢島唯之助・元治元年生あり。七戸現存す。九十四項参照。

七三 同郡糠田村(鴻巣市) 当村宝永五年庚申塔に矢島次兵衛。放光寺享保二年地蔵尊に糠田村矢島九衛門。聖泉寺寛政十三年地蔵尊に糠田村矢島平右衛門、文化十二年馬頭尊に矢島平吉・矢島平八・矢島治郎。氷川社文政元年庚申塔に糠田邑矢島沢次郎・矢島平八、明治十一年浅間碑に矢島治左衛門・矢島紋右衛門、明治四十三年御神燈に宮下組矢島勘吉。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑にヌカ田矢島金次郎。鴻巣町勝願寺明治三十五年馬頭尊に糠田矢島金蔵あり。四戸現存す。

七四 同郡上谷新田(鴻巣市) 金剛院元治元年碑に当所矢島常次郎あり。二戸現存す。

七五 同郡吹上村 吹上神社明治四十三年碑に矢島岩蔵・矢島敏・矢島信吉・矢島弥七あり。七戸現存す。

七六 同郡榎戸村(吹上町) 稲荷社明治二十三年碑に当所矢島弥之助、明治二十九年御神燈に矢島良助・矢島浅吉あり。六戸現存す。

七七 同郡大芦村(吹上町) 氷川社文化十四年御神燈に矢島幸吉、明治三十一年碑に矢島周蔵・矢島和三郎・矢島浦吉・矢島岩蔵、明治四十年碑に矢島定之丞あり。八戸現存す。

七八 同郡小谷村(吹上町) 金乗寺明治四十五年碑に矢島太右衛門あり。現存無し。

七九 新座郡片山村(新座市) 明治四十年片山村信用組合発起人・村長矢島佐左衛門・納税額五十円あり。

八〇 入間郡上富村(三芳町) 当村に此氏多く存す。多福寺寛政十二年地蔵尊に上富村矢島安兵衛、嘉永四年碑に上富村矢島辰五郎・矢島平造・矢島和太吉。中富村毘沙門堂文化三年宝篋印塔に上富村矢島伝兵衛。中富村多聞院安政三年絵馬に上富村矢島弥三郎。明治七年成田山月参護摩講に矢島忠次郎。明治八年議員矢島太右衛門。亀久保村三角浅間社明治二十二年碑に上富村矢島宇三郎・矢島安太郎・矢島弁次郎・矢島利三郎・矢島関造・矢島宇八.。中富村神明社明治三十九年碑に上富矢島艶清あり。

八一 同郡亀久保村(大井町) 三角浅間社明治二十一年碑に矢島仲次郎・矢島文造あり。六戸現存す。

八二 同郡所沢町 明治三十五年煙草商矢島泰次郎あり。

八三 同郡坂之下村(所沢市) 明治九年戸長矢島銀平・天保十四年生、副戸長矢島定右衛門・文化十四年生。金毘羅社明治十五年聖徳太子碑に当村矢島伝吉・矢島理三郎・矢島弥三郎・矢島富五郎・矢島佐助・矢島治郎吉・矢島八五郎。九戸現存す。

八四 同郡山口村(所沢市) 明治九年地主誓約書に矢島佐吉・矢島徳次郎・矢島弥平治。明治十五年北広堂碑名簿に三番組矢島勘吉。六戸存す。

八五 同郡宮寺村(入間市) 明治二十六年霜災救助表に矢島乙造あり。五戸現存す。

八六 同郡入間川町(狭山市) 八幡社明治二十三年碑に入間川町矢島佐兵衛・矢島荘兵衛。明治二十五年地租額調に矢島才次郎・矢島庄兵衛・矢島新太郎・矢島伊左衛門・矢島弥十郎。与野町一山神社明治三十五年碑に入間川矢島林八.。明治三十五年陶器商矢島庄兵衛あり。

八七 同郡青柳村(狭山市) 氷川社元文五年庚申塔に青柳村下・矢島四郎左衛門・矢島作左衛門。堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に下青柳村矢島重蔵・矢島仲右衛門・矢島平兵衛。氷川社明治十年浅間碑に矢島秀太郎、明治二十九年碑に青柳矢島半蔵あり。六戸現存す。

八八 同郡川越町 明治二十九年鉄道請願書に矢島甚之助。御嶽社明治三十年碑に矢島彦兵衛・矢島利三郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に矢島彦次郎(篩製造荒物商)・矢島幸次郎(麹商)。相州大山阿夫利神社佐藤大住家大正三年奉納額に川越境町講社矢島利三郎・矢島半三郎あり。

八九 同郡石田本郷(川越市) 川越喜多院五百羅漢像銘文に寛政頃・石田本郷矢島栄吉あり。十戸現存す。

九〇 同郡木野目村(川越市) 明治九年副戸長質屋矢島惣七。九戸存す。

九一 同郡新宿村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に矢島兼三郎あり。現存無し。

九二 同郡今成村(川越市) 明治九年副戸長矢島重三郎・弘化三年生あり。六戸現存す。

九三 同郡上寺山村(川越市) 明治九年戸長矢島伊兵衛・天保十一年生。八咫神社明治四十年碑に上中下寺山・矢島隆助・矢島貞太郎・矢島惣太郎あり。四戸現存す。

九四 同郡谷中村(川越市) 俗称下の家・矢島源次郎雅貫墓碑に「矢島以一其先蓋為武弁之族永禄之後以農為業、天保十一庚子年五十六、嗣子保之助義高建」。芳野村郷土誌稿に「谷中村名主矢島源次郎雅貫家の本家矢島四郎右衛門家は、源次郎家を分家した後、故あって江戸に転居し、現今は足立郡箕田村に居住し、土地の重鎮となる」。石田村藤宮神社享和三年鳥居碑に谷中村矢島儀左衛門・矢島武左衛門、文政十一年鳥居碑に矢島源次郎、天保九年水鉢に矢島七兵衛。文化四年川越藩松平大和守役付に「二人扶持・谷中村頭取名主矢島源次郎」。釘無村明治十九年馬頭尊に谷中村矢島甚八あり。十六戸現存す。

九五 同郡小田谷村(毛呂山町) 明治九年副戸長矢島啓次郎・嘉永三年生あり。六戸現存す。

九六 高麗郡女影村(日高市) 在名女影氏の本名は苗字矢島氏・駒井氏なり。埼玉史談五巻に「女影氏の後胤は現在矢島氏(字若宮)と云ひ、又は駒井氏(字南竹ノ内)なりと云へども何等物的證據はない」と見ゆ。現存無し。

九七 同郡赤沢村(飯能市) 中山村智観寺万延元年本堂再建覚書に大工棟梁西黒指矢島乙吉・矢島牛松。白川家門人帳に文久三年高麗郡赤沢村矢島寅吉あり。四戸現存す。

九八 比企郡戸守村(川島町) 白川家門人帳に「寛政六年、比企郡戸守村天神社矢島雅楽。天保四年、神主主殿事・矢島豊前源清直。嘉永七年、豊前子矢島雅楽源胤直」。現存無し。

九九 同郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎由来書(小林文書)に「永正十一年より天文二十年迄矢島縫之助、天正二十年より矢島吉左衛門、元和七年より寛永四年迄名主矢島縫殿之助・年寄矢島内蔵之助、正保五年迄若年寄矢島仁左衛門、元文七年迄年寄矢島仁左衛門。寛文四年古来居屋敷覚、兄矢島縫之助子仁左衛門・子吉左衛門、弟矢島内蔵之助子六兵衛」。羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「元和七年より寛永四年迄名主矢島縫殿介、元和八年より正保五年迄年寄矢島仁左衛門、正保五年以後名主矢島仁左衛門、寛文七年組頭矢島吉左衛門」と見ゆ。延宝九年諏訪社文書に羽尾村矢島吉左衛門。享保十三年上野文書に「日光伝馬役馬一疋、悪戸矢島七左衛門」。埼玉郡上清久村戸賀崎門人帳に弘化四年・比企郡羽尾村矢島太吉。明治六年副戸長矢島仁平。消防組員に矢島藤治・嘉永三年生、矢島八十・嘉永五年生、矢島亀吉・嘉永六年生、矢島楳吉・安政六年生、矢島佐吉・万延元年生あり。十二戸現存す。

一〇〇 同郡松山町 松山神社文政十二年御神燈に新宿矢島忠右衛門。慶応三年吉田文書に松山町組頭格矢島安兵衛。明治三十五年糸繭商増富屋矢島啓次郎あり。

一〇一 横見郡久保田村(吉見町) 明治九年戸長矢島嘉七・天保四年生。明治十二年荒物商矢島留蔵・質屋矢島要吉あり。五戸現存す。

一〇二 同郡下銀谷村(吉見町) 御所村安楽寺文政五年算額に当郡銀谷邑矢島久五郎豊高。明治九年戸長矢島代□・天保二年生、副戸長矢島和吉・嘉永四年生。稲荷社明治十八年水鉢に矢島勝五郎・矢島和吉・矢島留三郎あり。十戸現存す。

一〇三 大里郡熊谷町 明治三十五年薪炭商矢島万蔵・籠屋矢島金次郎・矢島仁平あり。

一〇四 同郡津田村(大里町) 八幡社嘉永五年大黒天碑に矢島吉之丞あり。三戸現存す。

一〇五 同郡相上村(大里町) 沼黒村正福寺元禄元年棟札に大檀那相上村矢島庄左衛門。亀井戸跡宝暦三年庚申塔に相上村矢島太郎右衛門・矢島浅右衛門。吉見神社寛政三年牛頭天王碑に矢島常吉、嘉永二年御神燈に矢島角次郎、明治二十一年鈴水神楽碑に矢島芳三あり。三戸現存す。

一〇六 同郡向谷村(大里町) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に向谷村矢島藤八.。八幡社天明元年御神燈に矢島丈右衛門。明治九年戸長矢島啓三・弘化二年生。明治十二年戸長矢島藤作あり。九戸現存す。

一〇七 同郡下恩田村(大里町) 当村に此氏多く存す。中曽根村大日堂明和六年供養塔に下恩田村矢島伝右衛門・矢島伊右衛門・矢島藤七.。万吉村観音堂明和八年供養塔に下恩田矢島伊右衛門。桂雲寺文政十一年二十二夜塔に下恩田村矢島浅右衛門。野原村文殊寺嘉永元年大銀講碑に下恩田村矢島熊蔵。春野原村弘化四年坂田文書に下恩田邨矢島伝右衛門。慶応二年名主矢島久郎右衛門。明治九年戸長矢島武詮・文政八年生、副戸長矢島市郎・天保十三年生。明治十八年最上農名簿に矢島武詮・耕宅地十二町五反歩・山林十町九反歩所有。諏訪社明治二十三年碑に矢島孫四郎・矢島仲治郎・矢島久喜・矢島武詮・矢島徳八.。三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に恩田村矢島武詮あり。

一〇八 男衾郡本田村(川本町) 古里村兵執神社明治十五年碑に本田村矢島志乃・矢島熊次郎・矢島吉五郎・矢島延治郎・矢島真容あり。七戸現存す。

一〇九 幡羅郡玉井村(熊谷市) 字椚元禄十五年庚申塔に矢島清兵衛あり。一戸現存す。

一一〇 榛沢郡桜沢村(寄居町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政五年・榛沢郡桜沢村矢島勇次郎。三戸現存す。

一一一 同郡小和瀬村(本庄市) 神道無念流宮戸村金井宇一郎起請文に慶応二年小和瀬村矢島留士郎。稲荷社明治四十四年碑に矢島重次郎・矢島誠治あり。七戸現存す。

一一二 児玉郡蛭川村(児玉町) 児玉記考に「旧家矢島重吉、駒井家の名主組頭役を勤めたり」と。一戸存す。

一一三 同郡新里村(神川町) 明治五年小前議定書に矢島与平次・矢島市郎次・矢島富吉あり。八戸現存す。

一一四 同郡渡瀬村(神川町) 児玉郡誌に「木宮神社は永享年間に須藤伊与守、原大学、山口上総介、田中膳道、矢島左馬之助、大谷内蔵人等の協力によって興隆した」。文禄三年渡瀬之郷坪入帳に「矢島」と見ゆ、苗字記載者は土豪なり。明治二年五人組帳に組頭矢島彦右衛門・組頭矢島幸吉・矢島永次郎・矢島半蔵あり。一戸現存す。

一一五 賀美郡小浜村(神川町) 小松神社明治二十九年碑に矢島庄三郎・矢島るい・矢島七太郎、明治四十年碑に矢島由蔵・矢島勘十郎あり。二戸現存す。

一一六 同郡金久保村(上里町) 陽雲寺安政五年太郎坂碑に矢島平兵衛あり。現存無し。

一一七 同郡五明村(上里町) 御嶽社明治四十一年碑に矢島朝次郎あり。現存無し。

一一八 那賀郡古郡村(美里町) 安光寺嘉永元年地蔵尊に当村矢島権左衛門・矢島三左衛門。明治五年内田文書に百姓代矢島三蔵。五戸現存す。

一一九 秩父郡小鹿野町 明治二十年上二丁目矢島広顕あり。現存無し。

一二〇 同郡下名栗村 文化四年馬頭尊に下名栗小沢村矢島五郎右衛門あり。十戸現存す。

一二一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「川口町・矢島邦千代麿・七十八円、野田村(浦和市)・矢島喜太郎・二十四円、大宮町・矢島徳太郎・二十一円・二十八円、日進村(大宮市)・矢島権次郎・十一円、箕田村(鴻巣市)・矢島瀧之助・二十三円、内牧村(春日部市)・矢島助太郎・十二円、綾瀬村(蓮田市)・矢島力之助・十五円・四十二円、羽生町・矢島啓三・二十七円・五十円、加須町・矢島さだ・二百四十六円・九十八円、不動岡町(加須市)・矢島太右衛門・六十円、矢島政吉・三十一円、三ツ俣村(加須市)・矢島磯次郎・二十四円、川越市・矢島利三郎・六十五円・二十三円、矢島三之助・四十七円・五十六円、矢島幸次郎・二十三円・五十六円、山田村(川越市)・矢島恭平・二十八円、南吉見村・矢島嘉子雄・三十八円、熊谷町・矢島政之助・百十二円、矢島武男・七十四円、矢島勝太郎・九円・四十七円、市田村(大里町)・矢島顕久・二百二十五円、矢島きく・十八円、秩父町・矢島源之助・七十八円」あり。

矢嶋 ヤジマ 各市町村に存す。

矢嶌 ヤジマ 浦和、吹上、入間、熊谷、深谷、寄居、秩父等に存す。

八島 ヤシマ 矢島の佳字にて物部族の集落なり。矢条、矢島条参照。和名抄に下総国葛飾郡八島郷を載せ、下高野村永福寺伝に「大島郷は此島形・大八州形に似る大島也、是以来より此島名は大島、又八島と云ふ」と見ゆ。島形は附会なり。大島とは韓半島南部の大ノ国の渡来人集落を称す。大島郷は穴穂天皇(安康天皇)の御名代部となった孔王部の居住地なり。物部族穴穂氏の渡来した河内国若江郡穴太村(八尾市)附近は物部族栗栖連・積組連・田井連・弓削連・矢作連、三野連、美努連(以上八尾市)等の居住地なり。渋川郡阿都(八尾市跡部)に物部守屋の邸宅あり。下総国大島郷高野村(杉戸町、幸手市)は別名八島郷と唱へ寛永年間に武蔵国に属す。アナホベ条参照。埼玉郡須影村字八島、入間郡古谷上村字八島、石井村字八島あり。○福島県伊達郡国見町三十三戸、伊達町三十戸、保原町十六戸、梁川町四十二戸、霊山町三十五戸。○宮城県柴田郡大河原町二十五戸、伊具郡丸森町七十戸、角田市五十戸、白石市百戸あり。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「勘定奉行支配・四石余二人扶持・八島勇五郎・四十二歳」あり。

二 葛飾郡魚沼村(松伏町) 東稲荷社安永三年庚申塔に八島弥兵衛あり。現存無し。

三 埼玉郡長宮村(岩槻市) 香取社宝暦四年庚申塔に八島佐右衛門あり。現存無し。

四 同郡上蛭田村(春日部市) 稲荷社天保三年天神碑に八島健治郎、嘉永四年水鉢に矢島七郎右衛門・八島常蔵、安政二年敷石碑に八島七郎右衛門。慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に上蛭田村八島熊蔵。蓮谷村稲荷社明治五年富士講碑に上蛭田村八島七郎右衛門。明治九年副戸長八島七郎右衛門・文政六年生。下蛭田村明治四十一年古峯院碑に上蛭田八島官一郎あり。四戸現存す。

五 足立郡浦和町 昭和三年興信録に「八島すて・所得税三十四円・営業税五十八円」あり。

六 同郡下野田村(浦和市) 字稲荷原寛文七年庚申塔に下野田村八島政五郎あり。二戸現存す。

七 入間郡入間川町(狭山市) 明治二十五年地租額調に八島忍。明治三十五年小間物商八島セイあり。

八嶋 ヤシマ 各市町村に存す。秋田県仙北郡南外村二十八戸あり。

谷島 ヤジマ 矢島の佳字にて物部族集落なり。矢条、矢島条参照。足立郡柄山村字谷島、新座郡浜崎村字谷島あり。○茨城県真壁郡協和町百戸、真壁町三十二戸、猿島郡総和町二十五戸、下館市八十戸、結城市四十戸あり。タニシマ参照。

一 埼玉郡東久米原村(宮代町) 須賀村身代神社嘉永五年御神燈に久米原村谷島重五郎。明治九年副戸長谷島惣兵衛・文政十一年生。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に東粂原村谷島総兵衛。明治三十年人名録に茶製造業谷島嘉七・嘉永元年生・地租六十七円あり。二戸現存す。

二 足立郡蕨宿 本法院享保十年棟札に谷島庄左衛門あり。

三 比企郡鹿飼村(川越市) 上野国新田郡矢島村(太田市)より起る新田氏流谷島三郎信氏は在名にて苗字にあらず。川島領鹿飼村・出丸中郷・山ヶ谷戸村の谷島氏は古代以来居住の苗字なり。芳野村郷土誌稿に「鹿飼村の谷島氏は草分けと称し、新田一族谷島三郎信氏の後裔にして、その後子孫の一部が故ありて川島領に来り住み、更に同家の祖が当地に移住したるもので、現代甚吉氏はその十三代目にあたる由である。宝幢寺の墓所に『天正十年十一月二十日・智惟妙日大姉、天正十年二月二十二日・徳岩道本居士、慶長十一年三月三日・繁山道昌居士』とあり」。神明社文化七年狛犬に谷島甚兵衛・谷島次郎右衛門・谷島平兵衛・谷島惣吉・谷島五兵衛、江戸末期伊勢講碑に谷島新左衛門・谷島又七・谷島安兵衛・谷島清右衛門・谷島次郎吉・谷島喜平・谷島銀蔵・谷島惣兵衛。明治五年戸籍編製に旧名主谷島市郎兵衛、旧百姓代谷島次郎吉。神明社明治五年御神燈に谷島市郎兵衛・谷島門八・谷島八兵衛・谷島助右衛門・谷島米吉・谷島吉左衛門、明治二十六年碑に谷島弥吉・谷島粂太郎・谷島清六・谷島文蔵・谷島甚吉・谷島庄作・谷島菊五郎・谷島長吉あり。十一戸現存す。

四 同郡出丸中郷(川島町) 十輪寺寛政八年地蔵尊に谷島与三治。万延元年組頭谷島半平。明治五年戸籍編製に出丸中郷上分旧名主谷島半平、旧百姓代谷島仙吉。明治九年出丸中郷上分戸長谷島半平・天保十三年生。明治十三年座繰製糸工場開業谷島良朔。松山町箭弓神社明治三十一年碑に出丸村谷島仙次郎・谷島半平・谷島善次郎・谷島茂三郎。氷川社明治三十三年玉垣碑に谷島良朔あり。六戸現存す。

五 同郡山ヶ谷戸村(川島町) 当村文化七年庚申塔に谷島平太郎・谷島藤吉。牛ヶ谷戸村諏訪社年不詳の鏡銘に山ヶ谷戸村矢島梅太郎あり。十戸現存す。

谷嶋 ヤジマ 各市町村に存す。

野島 ヤジマ 浦和に存す。

夜叉王 ヤシャオウ 葛飾郡下高野村永福寺伝に「寛仁四年、幸魂郡黒浜野の夜叉王大太郎」と見ゆ。埼玉郡黒浜村(蓮田市)住人。現存無し。

社 ヤシロ 矢城の佳字なり。陸奥国白河郡屋代郷(福島県表郷村)は社村と称す。川越に存す。

矢城 ヤシロ 矢は物部の別称。城(さし)は鉱山鍛冶等の非農民集落の意味。物部族鍛冶師の集落を矢城・矢代・八代・八城・屋代と称す。矢条参照。大宮、戸田、春日部、草加、松伏、朝霞、所沢、飯能等に存す。千葉県市原市二十戸あり。

一 飯能町 昭和三年興信録に「飯能町・矢城周平・所得税十九円」あり。

矢代 ヤシロ 矢城の佳字なり。比企郡下小見野村字矢代、加胡村字矢代、松永村字矢代あり、ヤダイと註す。各市町村に存す。○茨城県北茨城市二十二戸、高萩市三十戸。○新潟県刈羽郡高柳町四十二戸、柏崎市八十五戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「御代官・五十俵・本国美濃生国同・矢代久左衛門・二十七歳」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「廊下番・三十二俵二人扶持・矢代太郎左衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「五十俵二人扶持・矢代小兵衛、三十五俵二人扶持・矢代与左衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御馬廻・五十俵二人扶持・矢代市右衛門」あり。

三 新座郡野火止宿(新座市) 鎌倉大草紙の末尾に「文化十年十一月、武州野火止住人、矢代源正泰・蔵之」と見ゆ。一戸現存す。

四 那賀郡大仏村(美里町) 駒衣村稲荷社明治三十年碑に白石矢代坂次郎。羽黒社明治三十一年碑に矢代浅次郎・矢代菊次郎。昭和三年興信録に「大沢村・矢代治登三郎・所得税二十四円」あり。二戸現存す。

八代 ヤシロ 矢城の佳字なり。和名抄に甲斐国八代郡八代郷(東八代郡八代町)を也都乃之呂(やつのしろ)、高山本は也都之呂(やつしろ)と註す。肥後国八代郡を夜豆志呂(やつしろ)と註す。下総国印旛郡八代郷(成田市)を載せ、現在ヤツシロと称す。常陸国行方郡八代郷(牛堀町)を載せ、天正十七年近藤文書に屋代と見え、現在ヤシロと称す。葛飾郡安戸村字八代(幸手市)は古の村名にて、此の附近一帯を八代耕地と称す。各市町村に存す。○千葉県香取郡栗源町三十戸、安房郡和田町十一戸。○福島県西白河郡東村十五戸、郡山市七十四戸、いわき市四十戸。○秋田県大館市二十戸あり。

一 葛飾郡八甫村(鷲宮町) 鷲宮村霊樹寺文書に「八甫村。寛永四年検地二町二反三畝二十四歩・先祖徳右衛門分家太左衛門、元禄八年検地・八代平左衛門。光厳寺過去帳、西訓随方沙弥・下ノ八代平左衛門也・享保五年十一月十一日」。高柳村香取社明治十四年幟碑に八甫・八代甚吉。鷲神社明治三十年碑に八代吉五郎あり。二戸現存す。

二 同郡千塚村(幸手市) 明治三十年人名録に酒醤油酢商田口屋八代由蔵・安政五年生・地租十七円あり。現存無し。

八城 ヤシロ 矢城の佳字なり。各市町村に存す。○茨城県猿島郡三和町二十三戸。○福島県伊達郡伊達町二十六戸あり。

一 忍城士の八城氏 成田分限帳に「十五貫文・八城雲四郎」あり。

谷代 ヤシロ 矢城の佳字なり。川口、春日部、越谷、上福岡等に存す。福島県郡山市十六戸あり。

谷城 ヤシロ 埼玉郡柏戸村字谷城。

屋代 ヤシロ 矢城の佳字なり。和名抄に信濃国埴科郡屋代郷(更埴市屋代)を載せ、也之呂(やしろ)と註す。高麗郡大河原村字屋代あり。○栃木県那須郡黒羽町七十戸、馬頭町四十戸。○茨城県久慈郡大子町二十二戸、新治郡新治村十戸。○千葉県勝浦市六十戸あり。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「五十五石・屋代善太夫」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「外科医・百五十石・屋代朔元」。万延二年川越藩分限帳に「外科医・十五人扶持・屋代尚碩、御馬廻・二十石四人扶持・屋代順之助、御馬廻・屋代学太郎」。

三 羽生町 陸奥国菊多郡泉藩士にて、同藩領の羽生に来住す。明治二十二年医師屋代義雄(明治二十六年没)あり。現存無し。

四 騎西町 明治二十二年医師屋代義治あり。現存無し。

五 寄居町 西念寺嘉永五年地蔵尊に八代茂兵衛。用土村明治十三年仙元碑に寄居村屋代孫三郎。現存無し。

六 比企郡下野本村(東松山市) 旗本安藤氏知行所地方役人なり。屋代和敬家文書に「延宝七年、下野本村御横目屋代六之助」。「延享二年、其方儀、召抱、諸御知行所地方役被仰付、格式之儀は御中小姓格に而在所に住宅可仕、御宛行之儀は金一枚二人扶持被下置候、屋代十右衛門殿」と見ゆ。上野本村八幡社天保十四年御神燈に屋代金二郎・屋代弥助。福田村元治二年小林三徳奉納算額に野本村屋代重右衛門敬定。明治九年戸長屋代愿典・天保十四年生、副戸長屋代幸之助・嘉永三年生。明治十一年議員屋代弥三郎・菓子商屋代文吉。松山町箭弓神社明治三十一年碑に野本村屋代愿典。昭和三年興信録・所得税に「野本村・屋代儀作・二十一円、屋代敏・十一円」あり。十六戸現存す。

野城 ヤシロ 千葉県市原市二十八戸。

家城 ヤシロ 新座、狭山、本庄に存す。

安 ヤス 但馬国出石郡安良村(兵庫県出石町)はヤスラと称し、新羅国の王子・天日槍(ひぼこ)が安良人(あらびと)を率いて渡来す。古事記に安国(やすのくに)あり、後の近江国野洲郡(守山市附近)にて、益須郡、夜珠郡とも見ゆ。野洲川は安河とも書き、日槍族の開拓地なり。また、栗太郡安良郷(やすら)あり、安羅郷とも書き、長和元年大嘗会歌(栄花物語)に「もろ人の願ふ心の近江なる安良の里の安らけくして」と。唐人(もろびと)は唐人(からびと)にて韓人(からびと)なり。安良(やすら)は安良(あら)・安羅(あら)の転訛にて、慶尚南道咸安の古名安羅(あら)で安那(あな)とも云う。栗太郡安那村(草津市穴村町)は古代安良郷の地にて、鎮守の安羅(やすら)神社は天日槍を祭神とす。咸安の安羅伽耶(あらかや)、安那伽耶(あなかや)の渡来人集落は羅・那を略して安(あ)と書き、ヤスと読み、安(やす)・安井・安川・安田・安野と称す。アラ条参照。安氏は、各市町村に存す。茨城県久慈郡金砂郷町四十四戸、那珂郡那珂町十五戸、東海村二十一戸、ひたちなか市三百戸あり。

一 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙久・安牛太夫母・十一月。法久・安牛太夫父・十一月」あり。現存無し。

矢数 ヤス 安の佳字なり。茨城県那珂郡大宮町十戸あり。

矢須 ヤス 安の佳字なり。大宮、越谷、入間、荒川等に存す。茨城県東茨城郡茨城町九戸あり。

矢頭 ヤズ 狭山、所沢等に存す。

八須 ヤス 川口、大宮、児玉等に存す。ハチス参照。

野州 ヤス 大井に存す。

野洲 ヤス 蕨に存す。

安井 ヤスイ 安は二字の制により安井と称す。安羅人の集落なり。各市町村に存す。○新潟県長岡市三十八戸。○秋田県山本郡二ツ井町百戸。○島根県簸川郡佐田町十四戸、多伎町七十戸、飯石郡掛合町二十五戸、八束郡東出雲町十七戸、松江市三十六戸、出雲市四十七戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御中小姓・四十俵二人扶持・安井新右衛門」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御小姓頭・四百九十八石余・安井軍次兵衛」。明治四年忍藩士族名簿に「四百九十八石余・安井講三」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「七石二人扶持・安井五郎作」あり。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「諸奉行・二百石・越前取立・安井与左衛門、御物頭・二百石・越前取立・安井五助、家老沼田式膳家臣・安井嘉右衛門」。郡奉行安井与左衛門政章は川島堤など治水功労者にて嘉永六年没す。万延二年川越藩分限帳に「御寄合・二百五十石・安井聞吉、御馬廻・二百石・安井情」。明治四年前橋藩職員録に「少参事・監察掛・安井卍」あり。

五 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御側医・七十石・亡父玄長・安井玄長・五十二歳、父玄長・安井玄叔・十七歳」あり。

六 葛飾郡平沼村(吉川市) 昭和三年興信録に「吉川町・安井栄吉・所得税十三円」。県会議員安井武夫・明治三十七年生・群馬県出身あり。現存無し。

七 同郡栗橋宿 権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に栗橋宿安井与三郎あり。現存無し。

八 比企郡小川町 明治三十五年醤油紙油商日野屋安井千代。一戸存す。

九 幡羅郡妻沼町 明治三十五年指物店安井紅・飲食店安井六蔵あり。一戸現存す。

安居 ヤスイ 浦和、大宮、川口、越谷、三郷、幸手、川越、所沢等に存す。

保井 ヤスイ 大宮、庄和、川越、所沢等に存す。ホイ条参照。

安家 ヤスイエ 明治四十三年坂戸町時計商安家久次郎あり。現存無し。

保家 ヤスイエ 川口、富士見に存す。

安池 ヤスイケ 越谷、三郷等に存す。神奈川県平塚市四十戸あり。

保浦 ヤスウラ 大宮、桶川等に存す。

安江 ヤスエ 各市町村に存す。○茨城県結城郡八千代町十一戸。○長野県木曽郡上松町九戸あり。

安恵 ヤスエ 忍藩阿部氏家臣にて、文化四年忍藩分限帳に「大目付・八十石・安恵治左衛門」あり。

安栄 ヤスエ 東松山に存す。

泰江 ヤスエ 春日部、鷲宮、所沢等に存す。

安枝 ヤスエダ 別府文書に「弘安十年十一月二十七日、別府行宗は、幡羅郡古別府郷内やすえだの本名を嫡子に譲り渡す」。「正長二年、別府郷安枝名内・号友成方」と見ゆ。東別府村字友成・西別府村字友成附近なり。別府条七項参照。

安尾 ヤスオ 浦和、大宮、鴻巣に存す。

保尾 ヤスオ 児玉党にて、中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「保尾、藤姓、新発意教快・之を称す」と見ゆ。ホビ条参照。

安岡 ヤスオカ 安羅人の集落を安岡・保岡と称す。安条、岡条参照。各市町村に存す。秋田県能代市十四戸。鳥取県米子市十八戸あり。

一 羽生町 昭和三年興信録に「安岡三郎・所得税十二円」あり。二戸存す。

二 忍町 明治三十五年青物商安岡友次郎・飲食店安岡留吉。昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「安岡武次郎・二百三十六円・百三十二円、安岡友吉・七十七円・六十四円」あり。一戸現存す。

三 本庄町 明治三十五年料理店安岡サクあり。現存無し。

保岡 ヤスオカ 安岡の佳字なり。浦和、岩槻、坂戸等に存す。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御番抜儒者・二十人扶持・白川取立・保岡元吉・号嶺南(弘化元年没)、儒者隠居・元吉父・保岡常星」。万延二年川越藩分限帳に「御番抜・二十人扶持・保岡元吉(嶺南嫡子、通称正太郎、正令)、御馬廻・十五人扶持・保岡鎌三郎、惣領保岡条受」。明治四年前橋藩職員録に「少参事・学校掛・保岡元吉」あり。

八宗岡 ヤスオカ 所沢に存す。

安形 ヤスカタ 浦和、大宮、川口、伊奈等に存す。アガタ参照。

安ヶ平 ヤスガヒラ 浦和、春日部、三郷、吉川、鶴ヶ島、大井等に存す。岩手県二戸郡浄法寺町八十九戸。青森県八戸市二十八戸あり。

安川 ヤスカワ 川(なり)は非農民集落を称す。安羅人鍛冶集落を安川・保川と称す。安条参照。千葉県山武郡大網白里町五十三戸あり。

一 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御台所役・二両余一人扶持・安川佐次兵衛」あり。

二 関東郡代伊奈氏家臣 天明六年文書に安川吉蔵。寛政三年文書に「取ヶ方頭取・六人扶持格・安川三郎次・上屋敷住」あり。

三 足立郡蕨町 本法院明治十四年碑に安川巳之助・安川長松あり。

四 同郡上村(上尾市) 氷川社明治四十二年碑に安川愛吉・安川新三郎あり。一戸現存す。

五 同郡久保村(上尾市) 明治二十一年議員安川要右衛門。五戸現存す。

六 同郡門前村(上尾市) 明治十二年文書に安川藤吉あり。六戸現存す。

七 同郡川田谷村(桶川市) 泉福寺天保五年供養塔に天沼村安川又八.。諏訪社明治三十九年幟碑に安川藤吉。八幡社明治三十九年碑に安川平亮あり。十一戸現存す。

八 入間郡川越町 明治三十五年染物業川島屋安川伊十郎あり。

九 同郡新ヶ谷村(坂戸市) 明治十七年紺屋安川勇吉あり。現存無し。

一〇 同郡前久保村(毛呂山町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

安河 ヤスカワ 足立郡三ツ木村三ツ木神社明治二十五年碑に埼玉郡上下高柳村安川辰五郎あり。上高柳村(騎西町)に安河氏一戸現存す。

保川 ヤスカワ 安川の佳字なり。浦和、川口、草加、所沢、富士見等に存す。

安木 ヤスキ 足立郡平柳領辻村字安木あり。川口、大宮、上尾、草加、三芳、坂戸等に存す。鳥取県岩美郡国府町九戸、鳥取市六十戸あり。

安樹 ヤスキ 大宮に存す。

保木 ヤスキ 八潮に存す。

八杉 ヤスギ 浦和、川口、岩槻、加須、吹上等に存す。

安桐 ヤスキリ 忍城士にて、成田分限帳に「五百石・安桐助左衛門」あり。

安口 ヤスクチ 山椒魚は古名を鮟鱇(あんこう)と云い、又はハダカスと云う。丹波国多紀郡安口村(兵庫県篠山町)は安口(あんこう)と書いてハダカスと称す。

一 葛飾郡堤根村(杉戸町) 本郷村天神社明治十四年浅間碑に三ツ又・安口和三郎あり。現存無し。

安国 ヤスクニ 新座、吹上、行田等に存す。

泰国 ヤスクニ 所沢に存す。

保倉 ヤスクラ 川口に存す。

矢菅 ヤスゲ 川口、大宮、上尾、草加、熊谷等に存す。足利市五十七戸あり。

安河内 ヤスコウチ 各市町村に存す。

安坂 ヤスザカ 忍城士にて、成田分限帳に「二十五貫文・安坂孫市郎」あり。別本に安藤と見ゆ。アサカ参照。

安崎 ヤスザキ 蓮田、久喜等に存す。

安里 ヤスザト 浦和、上福岡、所沢、花園、秩父等に存す。

安実 ヤスザネ 新座、宮代、坂戸等に存す。アジツ参照。

安實 ヤスザネ 新座、草加等に存す。

安沢 ヤスザワ 各市町村に存す。

安澤 ヤスザワ 川口、大宮等に存す。

安士 ヤスシ 狭山に存す。

安下 ヤスシタ 春日部に存す。

安島 ヤスジマ 浦和、大宮、幸手、新座、川越、行田等に存す。

安嶋 ヤスジマ 上尾、朝霞等に存す。

安住 ヤスズミ 浦和、上尾、和光、川越、三芳、鳩山、羽生等に存す。

安栖 ヤスセイ 熊谷に存す。

安田 ヤスダ 田は郡県・村の意味。安羅人の集落を安田・保田と称す。安条参照。○茨城県結城郡石下町三十戸、八千代町四十五戸、真壁郡大和村五十戸、猿島郡総和町二十八戸。○千葉県安房郡白浜町三十八戸、千倉町五十九戸、市原市八十戸、木更津市九十戸、館山市百七戸。○福島県西白河郡矢吹町三十二戸、安達郡安達町五十六戸、本宮町二十八戸、伊達郡川俣町四十八戸、保原町四十戸、須賀川市百戸、二本松市百十戸、郡山市二百戸、福島市二百二十戸。○宮城県亘理郡亘理町五十三戸。○秋田県南秋田郡天王町百五十戸、八郎潟町三十四戸、男鹿市百二十戸。○青森県北津軽郡板柳町百四十戸、鶴田町八十六戸、西津軽郡鯵ヶ沢町二十九戸、木造町二十九戸、弘前市百十戸、青森市百八十戸。○島根県簸川郡大社町二十六戸、松江市六十八戸、出雲市七十九戸。○鳥取県境港市五十六戸、米子市二百八十戸、鳥取市九十八戸あり。

一 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「三百石・安田庄右衛門・是は忍にて罷出・伊勢之者」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 明治四年忍藩士族名簿に「五石二人扶持・安田勘蔵、又者(家老等の臣)・五石二人扶持・安田瀬兵衛」あり。

三 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五百石・本国相模生国駿河・安田六左衛門・四十九歳、二百五十石・安田次郎兵衛、百石・本国相模生国武蔵・安田与五兵衛・十六歳、百石・本国相模生国同・安田左平次・二十五歳」。川越日蓮宗行伝寺過去帳に「清心院妙浄・安田佐平次殿姑・乙未年六月」あり。

四 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十八俵二人扶持・安田銓太郎」あり。

五 川越藩松平大和守家臣 万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・十二石四人扶持・安田策馬、同隠居・安田自楽」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・安田勇平」あり。

六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・十二石三人扶持・亡養父道右衛門・安田宇兵衛・五十二歳」。川越町吏員名簿に「士族安田広吉・明治三十年生」あり。

七 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十石・安田久太夫」。

八 岡部藩安部氏家臣 明治三年岡部藩分限帳に「御徒・摂州・四石二人扶持・安田覚三郎」。明治四年半原県分限帳に「使部・桜井谷・安田長治・平民」あり。

九 葛飾郡本郷村(杉戸町) 藤塚村香取社江戸末期御神燈に本郷村安田藤次郎。天神社明治十四年浅間碑に当村安田藤次郎あり。現存無し。

一〇 同郡才羽村(杉戸町) 字在来文化二年普門品に安田源重郎あり。現存無し。

一一 同郡神明内村(幸手市) 明治二十年被選挙権者安田郡治・天保二年生あり。一戸現存す。

一二 同郡内国府間村(幸手市) 明治十二年文書に安田武兵衛あり。

一三 埼玉郡久喜町 野久喜村太田神社文政六年水鉢に安田七左衛門。鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に市坪村安田七左衛門。明治四年文書に古久喜村福次郎弟安田森之助・二十五歳あり。十戸現存す。

一四 同郡下早見村(久喜市) 太田袋村琴平社文政三年水鉢に下早見村安田藤右衛門あり。現存無し。

一五 同郡忍町 明治三十五年菓子商安田浅次郎あり。

一六 足立郡榛松村(川口市) 明治六年榛松村学校積立金簿に安田清蔵あり。一戸現存す。

一七 同郡染谷村(大宮市) 明治九年副戸長安田重左衛門重美・天保九年生(名主、私塾師匠、明治二十八年没)。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に染谷安田真松あり。四戸存す。

一八 同郡御蔵村(大宮市) 神明社嘉永五年水鉢に御倉白岡両村安田仙右衛門。明治九年副戸長安田亀右衛門・弘化三年生あり。十戸現存す。

一九 同郡上加村(大宮市) 天保十一年安田文書に名主安田浅右衛門。私塾師匠菅原神社神職安田蔵人・明治三年没五十一歳。明治九年戸長安田藤七郎・文政十一年生。九戸現存す。

二〇 同郡下谷村(鴻巣市) 紀州高野山清浄心院供養帳に「逆修妙貞禅定尼・武蔵鴻巣下谷村安田長□郎立之(供養者)・寛永十年六月二十九日(供養依頼日)」。深井村寿命院寛政九年寄附帳に北下谷村安田勘十郎・安田弥平二・安田三右衛門あり。五戸現存す。

二一 入間郡所沢町 久米村水天宮明治四十一年碑に所沢町上町安田卯八あり。

二二 同郡北秋津村(所沢市) 本郷村東福寺明治九年御神燈に秋津村安田与五右衛門あり。二戸現存す。

二三 同上安松村(所沢市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長安田安之丞・文政六年生。明治十五年北広堂碑名簿に安田定吉。久米村水天宮明治四十一年碑に上安松村安田定吉・石工安田助蔵。大正元年文書に安田芳蔵・安田清蔵・安田富治・安田清治郎・安田定吉あり。

二四 同郡下安松村(所沢市) 安松神社天保十四年御神燈に下安松・安田政右衛門・安田喜兵衛・安田彦左衛門・安田吉左衛門あり。二戸現存す。

二五 同郡下藤沢村(入間市) 金刀比羅神社天保十一年水鉢に当所安田応寿あり。一戸現存す。

二六 同郡川越町 明治三十五年古物商安田静之助・畳職安田作蔵あり。

二七 同郡砂村(川越市) 氷川社明治十八年御神燈に安田省三。四戸存す。

二八 同郡南田島村(川越市) 氷川社明治三十九年碑に安田長之助あり。四戸現存す。

二九 同郡藤間村(川越市) 当村に此氏多く存す。旧家なり。

三〇 同郡下松原村(川越市) 明治九年副戸長安田藤左衛門・文政十年生あり。二戸現存す。

三一 同郡赤尾村(坂戸市) 森田文書に「赤尾村の古き家に安田氏あり。此外天正慶長の頃、大塚・兼子等、其外もあり」と見ゆ。文政十三年屋敷姓名取調帳(林文書)に「○安田伝兵衛―同名―同名―同名―同名―伝五兵衛」あり。二戸現存す。

三二 新座郡下新倉村(和光市) 金泉寺寛保三年地蔵尊に安田伝兵衛・安田文五郎。浅久保文化十五年馬頭尊に下新倉村浅久保安田万五郎。吹上観音嘉永元年庚申塔に仏之木安田友吉。富士嶽社明治八年鳥居碑に安田友右衛門。明治十九年葬具商安田文五郎。明治二十五年青年会に安田万蔵・安田周蔵・安田長太郎・安田八十松・安田権次郎あり。七戸存す。

三三 同郡野火止宿(新座市) 明治十六年西堀村物産表に安田定次郎。

三四 比企郡南園部村(川島町) 明治九年副戸長安田彦市・天保六年生、副戸長安田惣七・文政七年生。松山町箭弓神社明治三十一年碑に中山村安田彦市あり。六戸現存す。

三五 同郡松山町 明治三十五年洗張業藤田屋安田留五郎あり。九戸存す。

三六 榛沢郡深谷町 明治三十五年煙草店安田弥市あり。現存無し。

三七 児玉郡本庄町 文政八年文人人名録に「本庄宿眼科医安田良伯随鴎・号辰斎・詩歌」あり。三戸存す。

三八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・安田耕一・十一円、不動岡町(加須市)・安田美代・二十五円、忍町・安田清太郎・八十円・七十円、安田利兵衛・二十七円・四十二円、高階村(川越市)・安田省三・九円、中山村(川島町)・安田藤作・二十七円、熊谷町・安田福三郎・十一円」あり。

保田 ヤスダ 安田の佳字なり。○茨城県東茨城郡美野里町二十七戸。○千葉県安房郡白浜町十四戸、千倉町三十四戸、富山町十三戸。○神奈川県大和市百八十戸。○鳥取県東伯郡関金町十三戸あり。ホダ参照。

一 忍城士の保田氏 成田分限帳に「三十貫文・保田伯耆、三十貫文・保田兵部左衛門」あり。

二 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御目付・七十石・保田佐助、御中小姓・五十俵二人扶持・保田佐助」。享保八年忍藩軍役帳に「御金奉行・七十石・保田六之丞」あり。

三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御中小姓・九石二人扶持・知見院名跡・保田司・三十八歳」あり。

四 葛飾郡八丁目村(春日部市) 東福寺寛政八年庚申塔に保田徳治郎・保田市右衛門。上州榛名神社文化十一年御神燈に武州幸手八丁目保田与三郎。香取社文政十年御神燈に保田要右衛門・保田太右衛門・保田市右衛門あり。四戸現存す。

五 川越町 明治三十五年小間物商保田八左衛門あり。二戸現存す。

六 本庄町 明治四年諸井文書に台町保田亀吉あり。現存無し。

泰田 ヤスダ 川口、朝霞等に存す。

按田 ヤスダ 妻沼に存す。

安高 ヤスタカ 草加、杉戸等に存す。

保高 ヤスタカ 上尾、鶴ヶ島に存す。

安竹 ヤスタケ 入間に存す。

安武 ヤスタケ 各市町村に存す。山梨県南巨摩郡南部町七戸あり。

安谷 ヤスタニ 浦和、所沢に存す。

保谷 ヤスタニ 富士見に存す。

康谷 ヤスタニ 八潮に存す。

安谷屋 ヤスタニヤ 川越に存す。

安塚 ヤスヅカ 比企郡安塚村(川島町)あり。浦和、春日部、越谷、川越等に存す。栃木県下都賀郡岩舟町十三戸あり。

安次 ヤスツグ 朝霞に存す。

安恒 ヤスツネ 越谷、狭山に存す。

安出 ヤスデ 行田に存す。

安刀 ヤスト 和名抄に入間郡安刀郷を載す。アト条参照。

安戸 ヤスド 処(ど)は場所。安羅人の集落を安戸と称す。安条参照。葛飾郡安戸村(幸手市)あり、大永五年平須賀村宝聖寺末寺帳に「観音寺・安戸、成就院・同所」と見ゆ。秩父郡安戸村(東秩父村)、上田野村字安戸あり。浦和、大宮、上尾、川越、東秩父等に存す。

一 山田氏族安戸氏 秩父郡安戸城主山田氏は在名安戸氏を称す。関口文書に「安戸城主山田伊賀守うぢしけ、同安戸ひこの守うぢもと、同安戸うこんの大夫うぢつく」。山田氏家系法号記録(御堂村浄蓮寺所蔵)に「山田伊賀守氏重・関東武蔵国秩父郡城主知行三万八千町、菩提登幾山慈光寺宝樹坊、嫡子安戸肥後守、二男安戸右近大夫。嫡子安戸式部介、同安戸肥後守、同安戸要之助、同安戸新三郎、同安戸藤三郎、同山田兵部大夫、同山田宮内正・武州忍に住す」と見ゆ。山田条参照。

二 日蓮宗信徒の安戸村住人 本名山田氏・野沢氏等なり。御堂村浄蓮寺過去帳に「法信・安戸ノザワ・卯年十一月。法忍・安戸ノ太左衛門・乙酉年四月。浄心・安戸三郎右衛門・慶長十年六月。成頓・助十下男安戸忠三・慶安三年十一月。窓胤・安戸ノ内膳・子年十一月。妙浄・安戸ノ治左衛門内・乙卯年三月。妙清・安戸与三兵内・申年四月。浄清・安戸ノ野沢与三兵衛・壬午年正月。浄永・安戸ノ与左衛門尉・甲申年六月。本智院日正・安戸山田氏・正月。妙林・与三兵衛女・安戸・酉年六月。妙讃・安戸大膳内主・元和三年五月。妙幸・ヤスト。法善・安戸ノ左京助・庚辰年十月。浄池院妙清・安戸七郎右衛門内方母・亥年七月。法善・内膳・安戸・慶長六年十二月。妙大・安戸・慶長酉年十一月」あり。

三 秩父郡坂本村(東秩父村) 当村明治三十六年筆子碑に安戸嘉市あり。一戸現存す。

安冨 ヤストミ 越谷、入間等に存す。

安富 ヤストミ 各市町村に存す。山梨県都留市五十戸あり。また、兵庫県加西市畑にアトミ氏二十七戸あり。

一 鉢形城士の安富氏 秩父郡矢那瀬村中西文書に「丑十二月十二日、中西右馬助殿、安富金八郎花押(氏邦奉行)」。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位閣翁妙高禅定尼・武州鉢形安富民部殿家中・天正十年二月二十日(供養依頼日)」。「霊位真翁正證庵主・武州鉢形安富民部殿家中立之・天正十一年十月八日」。会津藩上杉景勝配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、二百石・安富民部」と見ゆ。

二 葛飾郡下野村(杉戸町) 福正院嘉永元年庚申塔に安富久右衛門あり。一戸現存す。

安留 ヤストメ 川口、白岡、岩槻、久喜、鶴ヶ島等に存す。山梨県南都留郡秋山村十六戸、北都留郡上野原町七戸あり。

安友 ヤストモ 川口、大宮等に存す。

安中 ヤスナカ 浦和、鴻巣、羽生、朝霞、入間等に存す。アンナカ参照。

安永 ヤスナガ 各市町村に存す。島根県鹿足郡六日市町十二戸、益田市十五戸あり。

安長 ヤスナガ 大宮、入間等に存す。鳥取県倉吉市七戸あり。

保永 ヤスナガ 草加、鷲宮、羽生、狭山、本庄等に存す。ホナガ参照。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「六石二人扶持・保永岩多」あり。

易永 ヤスナガ 熊谷に存す。

安並 ヤスナミ 大宮、新座等に存す。

安波 ヤスナミ 蕨、坂戸、熊谷に存す。

安成 ヤスナリ 越谷、幸手、鷲宮、新座、所沢等に存す。

一 忍城士の安成氏 成田分限帳に「三十貫文・安成兵部」あり。

安西 ヤスニシ 三郷、吹上、志木、所沢、富士見、毛呂山等に存す。

安庭 ヤスニワ 川口、毛呂山に存す。

安野 ヤスノ 野は助詞にて安氏に同じ。安羅人集落を安野・保野と称す。安条参照。○山形県東田川郡櫛引町五十四戸、鶴岡市二十六戸。○島根県益田市十八戸あり。アノ参照。

一 葛飾郡関新田村(吉川市) 浄慶寺跡元文五年庚申塔に安野与右衛門、明和四年庚申塔に安野光右衛門、天明五年庚申塔に安野栄助、寛政十二年庚申塔に安野谷右衛門・安野栄助・安野軍蔵、文政八年庚申塔に安野辰之助・安野幸助、嘉永三年庚申塔に安野清吉・安野新助。三輪之江神社明治二十八年碑に安野栄助あり。二戸現存す。

二 埼玉郡柴山村(白岡町) 諏訪八幡社正徳三年御神燈に安野源左衛門。字宮野文化九年庚申塔に安野藤七・安野惣七.。観音堂文政六年筆子碑に安野藤七.。字稲荷崎万延元年庚申塔に下分・安野儀助・安野又治郎・安野仙蔵。明治二十年柴山伏越改造碑に柴山村安野藤吉。諏訪八幡社明治三十九年碑に安野寅吉・安野治平、明治四十二年碑に当所安野和吉・安野三右衛門あり。七戸現存す。

三 同郡野牛村(白岡町) 観福寺貞享三年御神燈に安野市兵衛、嘉永六年地蔵尊に安野房吉・安野市太郎・安野朴雲母。久伊豆社天保十一年狛犬に安野宇兵衛・安野辰五郎、慶応二年御神燈に安野市太郎・安野林松・安野浅五郎。稲荷社明治十三年鳥居碑に安野宇右衛門あり。十戸現存す。

四 同郡外記新田(大利根町) 樋遣川村浅間社明治十二年鳥居碑に外記新田安野助五郎あり。現存無し。

五 同郡羽生領小浜村(加須市) 地蔵院元禄七年百番観音に施主小浜村安野惣右衛門・安野吉左衛門。明治九年副戸長安野佐右衛門・嘉永元年生あり。六戸現存す。

六 同郡羽生町 町場村東谷明和六年庚申塔に安野安兵衛。毘沙門堂天保十一年石華表碑に入組安野庄右衛門。古江宮田神社嘉永元年浅間碑に安野庄右衛門。昭和三年興信録に「羽生町・安野卯一郎・所得税十円・営業税三十九円」あり。

七 同郡藤井村上組(羽生市) 下川上村愛染堂明治二十七年藍製講碑に藤井安野利三郎あり。一戸現存す。

八 同郡今泉村(羽生市) 藤井村香取社文政十年稲荷碑に今泉村石工安野吉兵衛敬峯。外野村大乗院天保三年碑に今泉村安野吉兵衛敬峯。須影村八幡社年不詳幟碑に安野吉兵衛敬峯。下新田村羽黒社年不詳に羽生領今泉村石工安野吉兵衛敬峯あり。現存無し。

九 同郡堤根村(行田市) 永徳寺明治四年筆子碑に安野勇助・安野兼太郎。行田町諏訪社明治五年水鉢に堤根村安野伝蔵・安野中八.。伊奈利神社明治十五年碑に安野吉之丞・安野仲次郎・安野杢次郎あり。二戸現存す。

一〇 足立郡大宮町 明治三十五年飲食店安野三吉あり。

一一 同郡鴻巣町 明治三十五年飲食店安野常二郎あり。

一二 同郡滝馬室村(鴻巣市) 氷川社明治三十九年碑に安野要之助・安野直次郎・安野国蔵あり。一戸現存す。

一三 入間郡苗間村(大井町) 渋井村蓮光寺安政三年供養塔に苗間村安野弥七.。明治十八年所有高取調帳に安野弥七・田畑宅地三町七反三畝・林四反歩、安野源兵衛・田畑宅地三町四反・林九反八畝歩、安野源太郎・田畑宅地二町四反八畝・林八反二畝歩、安野助五郎あり。八戸存す。

一四 同郡川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙久・安野殿子。妙讃・安野内方。妙安・安野内方・亥年三月。正安・安野惣左衛門・寅年七月」、江戸初期なり。御用達にて、文化四年川越藩松平大和守役付に「三人扶持・高沢町安野市郎右衛門」。嘉永三年鍛冶町北野文書に高沢町安野八郎右衛門あり。

一五 同郡坂戸町 明治九年戸長安野道三郎・天保元年生。明治三十五年糸繭商安野儀平・左官職安野勝蔵。

一六 同郡北浅羽村(坂戸市) 石坂村休山寺明治二十八年碑に北浅羽安野五十五あり。三戸現存す。

一七 同郡赤尾村(坂戸市) 森田文書に「天文七年、安野等の侍六人が石井の台地に住む。元亀三年、六人は石井の支配を逃れ、越辺の川端へ移り住み赤尾村と名をつける」と。古代以来居住にて出身地へ帰郷す。森田条参照。文政十三年屋敷姓名取調帳に「○本家安野重左衛門―十二郎―同名―新兵衛―同名―同名。○安野利兵衛(平兵衛事。平左衛門兄)―半平―同名―同名―利兵衛―同名。○安野平左衛門(平兵衛弟)―同名―同名―定右衛門後家―同名(此定右衛門は池田権左衛門子也、保野氏に婿に来る。長男は保野氏相続、二男は池田氏相続)―半左衛門(組頭、文政十三年改定右衛門)。○安野久八(利兵衛弟方江)―同名。○安野治兵衛―有右衛門―同名―同名―三右衛門―十三郎。○安野市左衛門(安野孫右衛門より分家)―同名―同名―同名(利右衛門)―新八―儀之介。○安野惣兵衛(安野重左衛門より分家)―新右衛門―同名―惣兵衛―喜太郎―金太夫―佐太郎。○安野磯右衛門(安野惣兵衛より出る)―同名―同名―同名―同名―同名。○安野八右衛門(安野惣兵衛譜代)―助右衛門―同名―久四郎後家―助左衛門―文蔵。○安野茂左衛門(安野惣兵衛譜代)―八右衛門―同名―同名―同名―長九郎。○安野源七―同名―同名―同名―同名―同名」と見ゆ。年代は林条参照。成就院延宝七年庚申塔に安野七兵衛・安野与兵衛・安野十左衛門、正徳四年庚申塔に赤尾村安野与兵衛・安野源右衛門・安野惣兵衛。当村文化十四年馬頭尊に上赤尾村安野八重郎。元治元年安野貞雄家文書に名主安野源右衛門。明治十二年戸長安野丈助・安政三年生。昭和三年興信録・所得税に「勝呂村・安野定右衛門・二十一円、安野太平・十円」あり。十七戸現存す。

一八 高麗郡脚折村(鶴ヶ島市) 明治四年戸籍に安野兵七・安野小兵衛。戸宮村御嶽社明治十三年水鉢に脚折村安野儀八.。明治二十年規約に安野卯之助。当村明治二十七年馬頭尊に安野八三郎あり。八戸現存す。

一九 比企郡平村(都幾川村) 正法寺明治三十年廻国塔に平村安野巳之吉。萩日吉社明治四十一年碑に安野巳之吉あり。一戸現存す。

二〇 同郡小川町 明治十四年本街一丁目消防委員安野清五郎。現存無し。

二一 横見郡久保田村(吉見町) 当村文化七年馬頭尊に久保田村安野新左門。久米田村慶応元年馬頭尊に久保田村安野房蔵。明治十二年翫物商安野清蔵あり。四戸現存す。

二二 大里郡熊谷宿 百石組に「慶安元年、安野太郎右衛門。宝暦十年、安野太郎右衛門」あり。

二三 幡羅郡国済寺村(深谷市) 原郷楡山神社明治四十二年碑に国済寺安野半平。幡羅村会議員安野伊三郎・明治二十七年生。十八戸現存す。

保野 ヤスノ 安野の佳字なり。

一 入間郡小中居村(川越市) 古谷上村善仲寺明治二十七年敷石供養塔に保野金太郎あり。一戸現存す。

安延 ヤスノブ 浦和、鶴ヶ島に存す。

安信 ヤスノブ 富士見に存す。

安場 ヤスバ 浦和、川越に存す。鳥取市十二戸あり。

安原 ヤスハラ 原(ばる)は古代朝鮮語で村の意味。安羅人の集落を安原と称す。安条参照。葛飾郡川藤村字安原あり。○群馬県吾妻郡中之条町三十五戸。○長野県木曽郡木祖村十八戸、佐久市二十二戸。○新潟県中頸城郡板倉町十三戸、新井市三十二戸。○島根県大田市十三戸あり。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「外科産科・五石余二人扶持・安原友徳・三十三歳」あり。

二 新座郡館村(志木市) 行屋稲荷社元治二年水鉢に館村安原弥太郎あり。三戸現存す。

三 高麗郡中鹿山村(日高市) 明治十六年永続講員安原乙吉。四戸現存す。

四 賀美郡勅使河原村(上里町) 三家は古代以来居住の苗字にて、丹党勅使河原氏の本名なり。勝場村安原氏族の碑に「而るに安原・春日・塚越の三家は遠祖を古く鎌倉時代勅使河原十郎に発し、爾後戦国の頃先祖喜兵衛永禄三年小田原北条氏政に従い鉢形城の家臣であったが、三男二女があり、男子は安原・春日・塚越として分家を為し、女子は他に嫁したのであった。三家の祖喜兵衛は慶長十年十二月十三日卒、此の地に埋葬され法名誠徳院安叟義秦居士」と見ゆ。安永九年勅使河原村家名附に「勝場村、安原久右衛門・安原喜兵衛・安原市兵衛・安原市郎左衛門・安原市左衛門・安原吉之丞・安原藤八・安原長右衛門・安原喜右衛門・安原七兵衛・安原佐兵衛」。本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・勝場村安原伊瀬松・安原千右衛門。上州神成村新堀神社(富岡市)嘉永二年算額に安原喜八郎千方、門人勅使河原村安原重太郎幸長・安原治郎兵衛安幸・安原久米蔵広誠。金久保村陽雲寺安政五年算額に勅使河原村安原勝五郎国久。万延元年勝場村庚申塔に安原兵右衛門・安原市左衛門・安原喜右衛門・安原喜兵衛・安原治郎兵衛・安原武左衛門・安原市兵衛。明治九年立会人安原武治。算学者安原喜八郎千方・号勅勝堂・文化三年生・明治十六年没は門弟多く有り名高し。明治二十一年皇国武術英名録に真ノ神道流柔術安原藤吉あり。十一戸現存す。

五 秩父郡小鹿野町 昭和三年興信録に「安原仲太郎・所得税十一円・営業税三十六円」あり。現存無し。

保原 ヤスハラ 安原の佳字なり。入間に存す。ホハラ参照。

一 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百五十石・保原三郎左衛門」あり。

泰原 ヤスハラ 浦和、妻沼等に存す。

安彦 ヤスヒコ 浦和、川口、越谷等に存す。アビコ参照。

安久 ヤスヒサ 春日部、所沢に存す。

保久 ヤスヒサ 浦和に存す。

安仁 ヤスヒト アニ条参照。

安平 ヤスヒラ 大宮、蓮田等に存す。

泰平 ヤスヒラ 所沢に存す。

安広 ヤスヒロ 浦和、花園等に存す。

安福 ヤスフク 上尾、八潮、川越、所沢、熊谷に存す。アンプク参照。

安保 ヤスホ 桶川に存す。アボ参照。

安間 ヤスマ 各市町村に存す。

一 足立郡岸町(浦和市) 円蔵寺明治十四年顕妙塔に安間又兵衛あり。現存無し。

二 秩父郡上名栗村 明治十六年山稼議定書に安間勇吉。気楽流柔術横瀬村加藤門弟に明治十六年安間栄三郎・二十二歳、安間伊八・二十一歳あり。五戸現存す。

安増 ヤスマス 川越に存す。

安松 ヤスマツ 入間郡安松村・所沢村・城村・本郷村は安松郷を唱える。下安松村山王社鰐口銘(新潟県西蒲原郡分水町国上寺所蔵)に「敬白奉懸河崎山王鰐口、当郡当代官関之隼人尉胤吉、武州入東郡安松之住人長禄二年戊寅十二月吉日」、関氏は所沢村住人なり。青梅御嶽神社太刀銘に「武州入東郡安松之村野老沢住人斎藤主計助信広、弘治四年戊午二月八日」、野老沢(所沢)は安松村の内なり。各市町村に存す。島根県安来市二十四戸あり。アンショウ参照。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「二百石・本国河内生国播磨・安松金右衛門・四十八歳、七十石・本国河内生国播磨・安松金太夫・四十四歳」。金右衛門吉実は信綱の命により野火止用水を完成し、貞享三年没す。

二 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「三十俵・安松治部左衛門」あり。

安丸 ヤスマル 川口、所沢等に存す。

矢角 ヤスミ 北本に存す。

安見 ヤスミ 大宮、川越、大井に存す。

八角 ヤスミ 熊野那智大社旦那帳に「武蔵国きさい之郡ノ内、しやうふ・やすミ・江戸・太田・川越・角田、上方ニてハやすミ、関東ニてハはすミとなのる」と、蓮見条参照。比企郡吹塚村字八角あり、ヤスミと註す。浦和、草加、三郷、松伏、朝霞、新座、狭山、所沢等に存す。岩手県岩手郡西松町十六戸あり。ハッカク参照。

八住 ヤスミ 久喜に存す。

八隅 ヤスミ 川口に存す。

安光 ヤスミツ 浦和、吉川等に存す。

安村 ヤスムラ 各市町村に存す。島根県鹿足郡六日市町八戸あり。

保村 ヤスムラ 新座に存す。青森県西津軽郡鯵ヶ沢町九戸あり。

康村 ヤスムラ 朝霞、新座等に存す。

安室 ヤスムロ 川口、上尾、草加、越谷、入間、狭山、上福岡等に存す。千葉県富津市二十一戸あり。

保持 ヤスモチ 入間に存す。

安元 ヤスモト 浦和、大宮、蕨、春日部、朝霞、入間、川越等に存す。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御祐筆・十両五人扶持・安元万右衛門」。

安本 ヤスモト 各市町村に存す。○岩手県岩手郡雫石町二十一戸。○鳥取県東伯郡三朝町十戸、岩美郡国府町十四戸、鳥取市二十八戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・安本小三治」あり。

保本 ヤスモト 加須に存す。鳥取県八頭郡用瀬町九戸あり。

安守 ヤスモリ 大宮に存す。

安森 ヤスモリ 鳩ケ谷、加須、草加、松伏等に存す。

安山 ヤスヤマ 伊奈に存す。

保山 ヤスヤマ 上福岡に存す。

泰山 ヤスヤマ 浦和、三郷等に存す。

安行 ヤスユキ 上尾、上福岡等に存す。

安吉 ヤスヨシ 川口、富士見等に存す。

安好 ヤスヨシ 朝霞に存す。

安良 ヤスヨシ 新座に存す。

安良岡 ヤスラオカ 各市町村に存す。栃木県安蘇郡田沼町十二戸、小山市二十二戸あり。アラオカ参照。

安楽岡 ヤスラオカ 浦和、大宮、川口、越谷、狭山等に存す。群馬県館林市十七戸あり。

安羅岡 ヤスラオカ 埼玉郡上新郷(羽生市)に此氏の旧家あり。四戸存す。

安良賀 ヤスラガ 宮代に存す。

安路賀 ヤスロガ 杉戸に存す。

休場 ヤスンバ 丹波国多紀郡休場村はヤスンバと称す。蓮田に存す。

八瀬 ヤセ 入間郡金子領三ツ木村字八瀬(入間市)の附近を八瀬里と称す。唐糸さうし(室町期の御伽草子)に「入間の郡八瀬の里」と。文明十八年廻国雑記に、堀兼の井の次に「やせの里はやがて此つづきにて侍り」と詠る。浦和、川口に存す。

八十 ヤソ 延文六年市場祭文写の「崎西郡八十市祭」は八条(はちじょう)と読む。蓮田に存す。

八十岡 ヤソオカ 鳩ケ谷に存す。茨城県下妻市十九戸あり。

八十川 ヤソカワ 川口、上尾、桶川、坂戸等に存す。

八十科 ヤソシナ 新座に存す。

八十島 ヤソシマ 大宮、上尾、越谷、三郷、志木、熊谷等に存す。

八十嶋 ヤソシマ 越谷、八潮に存す。

八十住 ヤソスミ 越谷に存す。

八十田 ヤソダ 浦和、蕨、春日部、上福岡、毛呂山、行田等に存す。

矢宗取 ヤソトリ 忍城士にて、成田分限帳に「二十五貫文・矢宗取勘兵衛」あり。別本は矢宗殿と見ゆ。

八染 ヤソメ 榛沢郡上野台村八幡社明治五年筆子碑に深谷宿八染福太郎あり。現存無し。

矢田 ヤタ 矢は物部の別称、田は郡県・村の意味。物部族の集落を矢田・八田・谷田と称す。矢条参照。物部氏の祖伊香色雄命の子大水口宿祢の後裔矢田氏は、国造本紀に「末羅国造(肥前国松浦郡)。大水口足尼の孫矢田稲吉を国造に定む」と見ゆ。大和国添下郡矢田村(大和郡山市矢田町)に櫛玉彦神社あり、祭神は物部氏の祖神・櫛玉饒速日尊で、延喜式には「矢田坐久志玉比古神社」と見え、矢田部氏の奉斎神なり。矢田部条参照。葛飾郡新井村字矢田、榛沢郡人見村字矢田あり。各市町村に存す。○新潟県岩船郡神林村十七戸、佐渡郡佐和田町十四戸。○島根県簸川郡斐川町十二戸、大社町十一戸、松江市四十戸、安来市五十戸、出雲市百八十戸。○鳥取県八頭郡智頭町十戸、倉吉市四十戸あり。

一 鉢形城士の矢田氏 鉢形分限帳に「本国下総矢田・矢田丹左右門」あり。印旛郡谷田村(千葉県白井町)に附会す。分限帳は信用できず。

二 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「二百五十石・矢田源兵衛、五両二人扶持・矢田彦四郎」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御大小姓・百石五人扶持・矢田満平」。明治四年忍藩士族名簿に「百石五人扶持・矢田九六、六石四人扶持・矢田春太郎、一人扶持・矢田木曽治」あり。

四 葛飾郡幸手町 明治三十五年理髪店矢田多次衛門あり。

五 足立郡浦和町 昭和三年興信録に「矢田芳雄・所得税四十二円」あり。

六 同郡大宮町 明治三十五年印刻師忍富堂矢田仙吉あり。

七 榛沢郡榛沢村(岡部町) 大寄八幡社文久元年水鉢に矢田佐右衛門。経蔵院文久二年筆子碑に矢田熊次郎あり。三戸現存す。

八 同郡黒田村(花園町) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

八 賀美郡金久保村(上里町) 法西寺明治四十年筆子碑に矢田庄三郎あり。現存無し。

八田 ヤタ 矢田の佳字にて、物部族の集落なり。和名抄に上野国多胡郡八田郷(吉井町矢田)を載す、和銅四年三月紀に「甘良郡矢田、別置多胡郡」と見え、多胡郡建置により当郡へ編入す。邑楽郡八田郷を載せ、也太と註す、上野国神名帳に邑楽郡八田明神と見ゆ、谷田川流域(館林市青柳字谷田附近か)なり。駿河国益頭郡八田郷を載せ夜多と註す。加賀国江沼郡八田郷を載せ也多と註す。能登国能登郡八田郷を載せ也太と註す。備中国下道郡八田郷を載せ也多と註す。三河国幡豆郡八田郷を載せ也多と註し、藤原宮出土木簡に参河国波豆郡矢田里(愛知県西尾市矢田町)と見ゆ。丹波国何鹿郡八田郷(京都府綾部市八田)を載せ、平城宮出土木簡に何鹿郡八田里と見え、仁平二年大般若経には何鹿郡矢田郷と見ゆ。八田(やつだ)、八ツ田に転訛す。ヤツダ参照。

谷田 ヤタ 矢田の佳字にて、物部族の集落を称す。○栃木県那須郡馬頭町十八戸あり。谷田(やつだ)、谷ツ田に転訛す。ヤツダ参照。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永七年忍藩分限帳に「一代御徒・五石二人扶持・谷田佐次郎」あり。

二 足立郡戸塚村(川口市) 西光院安永六年宝篋印塔に当寺惣檀那谷田次郎左衛門、文政十三年庚申塔に上戸塚村谷田次郎吉。本行寺天保五年水鉢に谷田治郎左衛門・谷田八蔵。昭和三年興信録に「戸塚村・谷田清・所得税十四円」あり。十一戸現存す。

三 入間郡福岡村(上福岡市) 当村に此氏多く存す。釈迦堂天明三年宝篋印塔に谷田勘七.。駒林村安楽寺安政四年筆子碑に福岡村谷田多吉。明治十五年被選挙権者谷田兵吉・文政四年生・地租十七円、選挙権者桶屋谷田留吉・天保十四年生。同年屋根屋谷田林蔵・木挽職谷田瀧蔵。長宮氷川社明治二十七年正殿碑に福岡・谷田留吉・谷田瀧蔵・谷田国五郎・谷田三蔵、中福岡・谷田庄吉・谷田庄太郎。西養寺明治四十一年六地蔵に福岡・谷田瀧蔵・谷田留吉あり。

四 児玉郡宮内村(児玉町) 児玉郡誌に「光福寺は、天正十年に谷田某の発願により開創す」。児玉記考に「旧家谷田常五郎・谷田粂三郎、先代を伊衛門・弥三郎と云ひ、名主組頭役を互ひに相勤めたり」と見ゆ。光福寺嘉永五年供養塔に谷田粂右衛門あり。三戸現存す。

五 同郡下児玉村(美里町) 金鑽社天保十一年北辰碑に谷田多兵衛、年不詳に谷田令蔵、明治三十一年碑に谷田茂十郎あり。二戸現存す。

六 那賀郡広木村(美里町) 安政四年加藤文書に谷田勇八あり。現存無し。

屋田 ヤタ 矢田の佳字なり。川口、吹上等に存す。

箭田 ヤタ 矢田の佳字なり。九条家延喜式裏文書・大里郡条里坪付に「箭田里、物部里」あり。大里条参照。所沢に存す。

弥田 ヤタ 矢田の佳字なり。入間郡毛呂本郷字弥田(いよた)あり。毛呂条参照。川越に存す。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御勘定頭・百八十石・弥田金右衛門」。明治四年忍藩士族名簿に「二百石・弥田修」。

二 岩槻町 表慈恩寺村年不詳道標に岩付町弥田六兵衛あり。現存無し。

野田 ヤタ 足立郡上大久保村字野田はヤタと註す。上福岡に存す。

矢平 ヤダイラ 秩父郡寺尾村字矢平。

矢高 ヤタカ 入間、川越等に存す。

谷高 ヤタカ 桶川、越谷、所沢に存す。

八谷 ヤタガイ 大宮、入間、川越、所沢、大井等に存す。

矢田貝 ヤタガイ 鷲宮に存す。鳥取県日野郡日南町十八戸、日野町八戸、溝口町八戸あり。

谷田貝 ヤタガイ 各市町村に存す。栃木県下都賀郡都賀町十戸、河内郡河内町十一戸、小山市七十戸あり。

一 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「執事掛・二十五俵二人扶持・谷田貝東作」あり。

二 埼玉郡柏戸村(北川辺町) 明治九年副戸長谷田貝七左衛門・嘉永二年生あり。二戸現存す。

矢田ヶ谷 ヤタガヤ 埼玉郡鷲宮村鷲宮神社文政十二年金燈籠に当所矢田谷伝八、弘化三年文書に上町組頭矢田谷又右衛門、嘉永五年狛犬に当町下新井矢田谷伝八.あり。矢田ヶ谷氏四戸現存す。

谷田川 ヤタガワ 各市町村に存す。茨城県行方郡麻生町十三戸、潮来町十二戸、鹿嶋市百戸あり。

箭田川 ヤタガワ 大宮に存す。

矢竹 ヤタケ 川口、上尾、三郷、所沢、嵐山等に存す。

矢武 ヤタケ 鶴ヶ島、大井に存す。

八竹 ヤタケ 所沢に存す。

弥武 ヤタケ 鴻巣に存す。

彌武 ヤタケ 所沢に存す。

矢立 ヤダチ 越谷、幸手等に存す。

矢達 ヤダチ 草加、狭山等に存す。

谷田戸 ヤタド 鴻巣町勝願寺延宝八年庚申塔に谷田戸吉左衛門あり。現存無し。

矢谷 ヤタニ 浦和、三郷、所沢、富士見等に存す。鳥取市二十四戸あり。

八谷 ヤタニ 浦和、鶴ヶ島等に存す。

矢田部 ヤタベ 仁徳天皇の皇后八田若郎女の御名代部を矢田部・八田部と称し、物部族矢田氏を以って組織す。また、辛矢田部と称し、韓人を以って組織するものもあり。矢田部・八田部は二字の制により田を略して八部(やたべ)と書く。是等の居住地は、和名抄に摂津国八部郡八部郷(神戸市兵庫区)を載せ也多部と註す。備中国賀夜郡八部郷(岡山県総社市)を載せ也多倍と註す。常陸国河内郡八部郷(筑波郡谷田部町)、久慈郡八部郷(大宮町八田)を載す。また、備前国磐梨郡矢田部村(岡山県佐伯町)、河内国丹北郡矢田部村(大阪市東住吉区)、播磨国神西郡矢田部村(兵庫県香寺町)、播磨国揖東郡矢田部村(兵庫県太子町)あり。御名代部の矢田部は物部族矢田部連の後裔矢田部造・矢田部首が支配管掌す。古代氏族系譜集成に「饒速日尊―宇麻志麻治命―彦湯支命―大禰命―出石心大臣命―大綜杵命―伊香色雄命―物部連大新河―多遅麻―大別(矢田部連祖)」と。大別の姉山無媛は応神天皇の皇妃となり、矢田皇女を誕生し、その矢田皇女は仁徳天皇の皇后となる。この皇女の名・矢田(八田)は物部氏出身を表す。姓氏録・大和神別に「矢田部。饒速日命七世の孫大新河命の後也」。摂津神別に「矢田部造。伊香我色雄命の後也」。河内神別に「矢田部首。饒速日命六世の孫伊香我色雄命の後也」。左京神別に「矢田部連。伊香我色乎命の後也」と見ゆ。各市町村に存す。○栃木県塩谷郡高根沢町二十四戸、宇都宮市四十八戸。○茨城県久慈郡大子町二十三戸。○千葉県山武郡成東町十七戸。○福島県西白河郡東村十一戸あり。

一 武蔵国造族矢田部直 武蔵国居住の御名代部の矢田部を支配管掌す。古代氏族系譜集成に「兄多毛比命(武蔵国造)―荒田比乃宿祢―宇志足尼―矢田部乙名子(矢田部直、応神朝頃の人)」と見ゆ。狛江市附近の谷田部氏を支配するか。

二 入間郡の矢田部氏 続日本紀に「宝亀三年十二月六日、武蔵国入間郡人矢田部黒麻呂・父母に事へて至りて孝なり、生けるときには色養(両親に孝養をつくす)を尽くし、死には哀毀(悲しみやせる)を極め、斎食十六年、終始闕さず。其の戸傜を免じ、以って孝行を旌はす(あらわす)」と見ゆ。

八田部 ヤタベ 春日部に存す。

谷田部 ヤタベ 矢田部に同じ。各市町村に存す。○栃木県真岡市三十戸、宇都宮市百十戸。○茨城県久慈郡大子町七十五戸、新治郡八郷町二十三戸、結城郡石下町二十二戸、真壁郡真壁町四十五戸、笠間市三十八戸、ひたちなか市四十二戸、つくば市四十五戸。○東京都狛江市五十戸あり。

一 旗本水野石見守(旧鉢形城士) 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「三十五俵四人扶持・谷田部平蔵」あり。

二 埼玉郡新川通村(大利根町) 神武社明治十四年絵馬に新川通村谷田部源吉あり。現存無し。

矢田堀 ヤタボリ 幡羅郡玉井村(熊谷市)字椚元禄十五年庚申塔に八田堀五兵衛あり。矢田堀氏一戸現存す。

八田堀 ヤタボリ 幡羅郡上奈良村(熊谷市)に八田堀氏二戸、矢田堀氏二戸現存す。

矢田目 ヤタメ 富士見に存す。山形市三十戸あり。

谷足 ヤタリ 谷垂とも書き、ヤタレとも称す。小名谷足は、埼玉郡篠津村、平方村、新堀村、栗原村、足立郡上尾村、沖之上村、中妻村、針ヶ谷村、古市場村、生出塚村、高尾村、荒井村、高麗郡上川崎村、高倉村にあり。

矢地 ヤチ 富士見、東松山に存す。

八児 ヤチ 所沢、上福岡、日高に存す。

谷内 ヤチ 各市町村に存す。

谷地 ヤチ 各市町村に存す。○栃木県那須郡黒羽町十一戸。○秋田県鹿角市二十四戸。○岩手県岩手郡雫石町五十八戸、紫波郡紫波町二十戸、九戸郡種市町十七戸、山形村二十二戸、久慈市二十八戸。○青森県上北郡百石町十二戸、八戸市六十三戸あり。

谷池 ヤチ 越谷に存す。

屋地 ヤチ 上尾に存す。

谷地頭 ヤチガシラ 岩手県九戸郡種市町四戸あり。

谷地畝 ヤチセ 越谷に存す。岩手県北上市十四戸あり。

八千田 ヤチダ 浦和、宮代等に存す。

谷内田 ヤチダ 各市町村に存す。新潟県長岡市五十三戸あり。

谷地田 ヤチダ 浦和、大宮、川口、越谷、新座、上福岡等に存す。新潟県佐渡郡金井町八戸。秋田県大館市五十四戸あり。

谷地舘 ヤチダテ 越谷に存す。岩手県紫波郡紫波町十一戸あり。

谷地中 ヤチナカ 蕨、春日部等に存す。青森県八戸市九戸あり。

谷地沼 ヤチヌマ 浦和に存す。宮城県岩沼市十戸あり。

谷地村 ヤチムラ 青森県三戸郡新郷村十二戸あり。

谷地森 ヤチモリ 所沢に存す。

谷中田 ヤチュウタ 浦和、上尾、新座、鶴ヶ島等に存す。栃木市十八戸あり。

八千代 ヤチヨ 浦和、朝霞等に存す。茨城県猿島郡総和町九戸あり。

谷 ヤツ 矢の佳字に谷(や)を用いて、ヤツに転訛し矢津・谷津とも称す。物部族の集落なり。矢条、ヤノ条参照。所沢に存す。

矢津 ヤツ 所沢に存す。

谷津 ヤツ 物部族集落を称す。男衾郡富田村枝郷谷津村(寄居町)あり、大日堂天正三年銘に富田郷谷金剛寺本尊也と見ゆ、谷は谷津なり。足立郡谷津村(上尾市)は正保頃に柏座村より分村す。同郡川田谷村字谷津(桶川市)は古の村名にて、泉福寺文化十四年庚申塔に谷津村と見ゆ。秩父郡藤谷淵村字谷津(長瀞町)は古の村名にて、宝登山神社明治七年奉納に当所谷ツと見ゆ。同郡皆野村字谷津は古の村名なり。同郡荒川の支流に谷津川(荒川村)あり。小名谷津は、埼玉郡屈巣村、足立郡北原村、原馬室村、与野町、浦寺村、今羽村、新座郡浜崎村、高麗郡大谷沢村、高萩村、入間郡堀口村、荒幡村、比企郡高谷村等にあり。谷津の由来説は、多く低湿地を意味するとあるが、是等の地名は高台にあり。尚、北武蔵の利根川及び其の支流附近の低湿地帯には谷津の地名は無し。各市町村に存す。○群馬県館林市六十三戸。○茨城県東茨城郡内原町百二十戸、水戸市七十戸。○長野県佐久市二十四戸。○福島県河沼郡会津坂下町二十戸、ヤヅと称す。○宮城県伊具郡丸森町五十六戸、白石市五十戸、角田市二十戸あり。

一 秩父郡南村(飯能市) 我野神社棟札に「明応四年十一月二十六日、本山谷津孫三郎」あり。地名か。現存無し。モトヤマ条参照。

二 埼玉郡下忍村(行田市) 上野国世良田村長楽寺永禄日記に「永禄八年九月二十六日、聖天(下忍村字清水)の南堰宮に竹内と云仁叔父甥、福島と云仁、ヤツと云人、以上四人あり」と見ゆ。現存無し。

三 熊谷町 明治三十五年に谷津孝之助あり。二戸現存す。

八ツ井 ヤツイ 戸田、鳩ケ谷、草加、岩槻、坂戸、大井、小川等に存す。

八尾 ヤツオ 大里郡小泉村鎮守八尾明神社あり、八ツ尾の大蛇を祀る。鍛冶神なり。

八津尾 ヤツオ 大宮に存す。福島県原町市十戸あり。

八束 ヤツカ 浦和、松伏、狭山等に存す。ヤツカハギ条参照。

八塚 ヤツカ ヤツヅカ参照。

一 葛飾郡戸ヶ崎村(三郷市) 吹上天神社明治十年御神燈に八塚七右衛門、明治三十一年絵馬に八塚保之助。香取社明治三十一年絵馬に八塚万吉あり。十一戸現存す。

二 同郡高柳村(栗橋町) 宝聚寺文化十三年馬頭尊に八塚熊右衛門あり。現存無し。

谷塚 ヤツカ 足立郡谷塚村(草加市)あり。タニヅカ参照。

一 葛飾郡吉川村 香取社明治三十九年岩石奉納に谷塚竹蔵。現存無し。

二 埼玉郡大相模郷(越谷市) 見田方・東方・西方の三村に分村す。当郷に此氏多く存す。東方村久伊豆社嘉永五年御神燈に谷塚卯之助。見田方村明治九年戸長谷塚五郎左衛門・文政十二年生あり。

八掛 ヤツカケ 川越、上里等に存す。

矢頭 ヤツガシラ 飯能に存す。

八束脛 ヤツカハギ 脛(すね)の長さが八掬・八握ある長身の人を云う。八掬脛・八握脛とも書く。アラハバキ条十七項参照。

一 上野国の八束脛 東夷列伝に「韓半島の古代夫余族の高句麗人・百済人が背が高く、堅固な体格をそなえていた」とあり。多胡郡百済庄あり、吉井村附近は弥生時代以来の百済人渡来地なり。吉井村字八束、大沢村字八束、神保村字八束(多野郡吉井町)は八束脛の居住地なり。また、利根郡後閑村(月夜野町)八束脛社あり、石尊山の山腹に八束脛洞窟遺跡がある。

二 蝦夷族八掬脛 東北辺境(沿海州)の異民族を粛慎(みしはせ)と称し、白人種にて長身ゆえに八掬脛と称した。越後・出羽・津軽方面へ土着し蝦夷族と混血して狄(えびし)と云われた。大和朝廷は日本海側の蝦夷を狄と云った。日本書紀・持統天皇十年三月条に「粛慎の志良守叡草(しらすのえそう)に錦袍袴・緋紺絁・斧等を賜ふ」。続日本紀・宝亀十一年八月条に「狄志良須の俘囚宇奈古等欸して曰く、己等官威に拠馮りて久しく城下に居り。今此秋田の城は遂に永く棄てられんか。番を為し旧に依りて還て保んかといへり」と見ゆ。秋田城附近の志良須村に居住していた粛慎系の狄にて八掬脛なり。是等の末裔は秋田美人と云われる。また、越後風土記に「美麻紀天皇(崇神天皇)の御世、越国に人あり、八掬脛と名づく。其の脛の長さ八掬、多力大強」と見ゆ。

三 高句麗系の八束脛 高麗族八束脛は防人として九州及び韓国へ派遣された。孝徳天皇白雉四年条に「遣唐大使山下高田首根麻呂(更名は掬脛)」と。姓氏録・右京諸蕃に「高田首、高麗国人多高子使主より出づる也」。左京神別に「竹田連、神魂命十三世の孫・八束脛命の後也」と見ゆ。

矢次 ヤツギ 浦和、川口、戸田、春日部、川越、日高等に存す。

八木 ヤツギ 川口、大宮、与野、桶川、春日部等に存す。ヤギ参照。

谷次 ヤツギ 上尾に存す。

八ツ口 ヤツクチ 幡羅郡八ツ口村(妻沼町)あり、八口とも書く。入間郡寺山村字八ツ口鎮守八口神社棟札に「応永□□、奉修造八口大明神社祈念所、武州入東郡□□」と見ゆ。

一 斎藤別当実盛家臣の谷口氏 幡羅郡八ツ口村より起る。実盛の臣谷口十四郎は十八人衆といわれる開拓者の子孫なり。斎藤条参照。

八ツ繁 ヤツシゲ 越谷に存す。

八ツ島 ヤツシマ 入間郡八ツ島村(川越市)あり、八島とも書く。

八代 ヤツシロ 日高に存す。

矢津田 ヤツダ 矢田の転訛にて物部族の集落を称す。戸田、熊谷に存す。

谷田 ヤツダ 矢田(やた)・谷田(やた)の転訛にて物部族集落を称す。矢条、ヤタ条参照。茨城県行方郡麻生町十八戸あり。

谷ツ田 ヤツダ 谷田(やた)の転訛にて物部族集落を称す。矢条参照。

一 深谷城士の谷ツ田氏 深谷記に「天正十年神流川合戦、深谷衆谷田大炊介」と見ゆ。

二 榛沢郡大谷村(深谷市) 上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村大谷・谷ツ田兵五郎・谷ツ田弥平。藤沢村会議員谷ツ田広重・明治二十六年生あり。九戸現存す。

三 同郡原村(川本町) 明治元年に上原村と改称す。用土村明治十三年仙元碑に上原村谷田清蔵あり。谷ツ田氏八戸現存す。

谷津田 ヤツダ 秩父郡下田野村字谷津田あり。新座、川越、坂戸等に存す。福島県相馬市二十二戸あり。

八田 ヤツダ 八田(やた)の転訛にて物部族集落を称す。矢条参照。大宮、所沢等に存す。ハッタ参照。

八ツ田 ヤツダ 八田(やた)の転訛にて物部族集落を称す。矢条参照。

一 榛沢郡樫合村(深谷市) 当村に此氏多く存す。上野台村八幡社明治五年筆子碑に柏合村八ツ田宇吉・八ツ田紋吉。明治二十一年皇国武術英名録に甲源一刀流南樫合村八ツ田彦平。当村明治二十四年八海山講碑に八ツ田鷲五郎・八ツ田松五郎・八ツ田浅次郎・八ツ田貞次郎・八ツ田紋吉・八ツ田忠蔵・八ツ田彦平・八ツ田甚五郎・八ツ田寅吉・八ツ田宇吉・八ツ田清三郎・八ツ田栄太郎、明治二十九年駒形碑に八ツ田栄之助。藤沢村会議員に八ツ田辰五郎・明治十三年生、八ツ田和七・明治二十一年生、八ツ田文吾・明治二十三年生。昭和三年興信録に「藤沢村・八ツ田辰五郎・所得税十四円」あり。

二 同郡高島村(深谷市) 新戒村大林寺明治三十五年筆子碑に高島・八ツ田松五郎あり。四戸現存す。

三 同郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に八ツ田吉松。中瀬村会議員八ツ田暮三郎・大正四年生あり。現存無し。

八谷 ヤツタニ 八潮に存す。

矢筒 ヤツツ 新座に存す。

八束 ヤツヅカ 浦和、三郷等に存す。

八塚 ヤツヅカ 入間郡所沢村字八塚、上安松村字八ツ塚あり。浦和、川口、上尾、桶川、越谷、入間等に存す。

八並 ヤツナミ 草加、所沢等に存す。

八浪 ヤツナミ 東松山に存す。

八波 ヤツナミ 鳩ケ谷に存す。

八橋 ヤツハシ 志木、新座、和光、入間に存す。新潟県新井市十戸あり。

八ツ橋 ヤツハシ 足立郡中平塚村字八ツ橋あり。川口、草加、三郷、加須、所沢等に存す。

捌幡 ヤツハタ 東松山に存す。

八ツ藤 ヤツフヂ 杉戸に存す。

八林 ヤツバヤシ 比企郡八林村(川島町)あり、十八ヶ村が八ツ林郷を唱える。応安六年四月上杉家文書に「武蔵国八林郷等」と見ゆ。

八ツ星 ヤツボシ 所沢に存す。

八村 ヤツムラ 川越に存す。

矢集 ヤツメ 物部族にて、伊香色雄命の子物部連大新河、其の子武諸隅は矢集連祖なり。姓氏録・左京神別に「矢集連。伊香我色乎命の後也」と見ゆ。矢集は矢ツ部の転訛にて、矢作部の支配管掌者か。

一 武蔵国の矢集氏 武蔵国分寺瓦銘に「矢集国」と見ゆ。

八本 ヤツモト 深谷に存す。

八森 ヤツモリ 越谷に存す。

八文字 ヤツモンジ 越谷、和光、川越、狭山、鶴ヶ島、所沢、大井等に存す。茨城県東茨城郡小川町二十戸、茨城町八戸、ひたちなか市二十二戸あり。ハチモンジ参照。

八ツ役 ヤツヤク 所沢に存す。青森県八戸市五戸あり。

八柳 ヤツヤナギ 秋田県仙北郡角館町十八戸、西木村八戸、南秋田郡井川町十四戸、五城目町五十戸あり。

矢寺 ヤデラ 入間郡矢寺村(入間市)あり。同郡北野村字谷寺あり。

八寺沢 ヤテラサワ 秩父郡矢那瀬村字八寺沢(長瀞町)は古の村名にて、嘉永五年地蔵尊に谷寺沢と見ゆ。

矢渡 ヤト 狭山に存す。

谷戸 ヤト 谷は矢にて物部を指し、処(と)は場所。物部族の集落を称す。秩父志に「谷戸砦・スゝキ村」と見ゆ。入間郡坂下村字谷戸、上安松村字谷戸、同村字谷戸崎、岩崎村字谷戸、阿諏訪村字谷戸あり。各市町村に存す。山梨県北巨摩郡大泉村四十三戸あり。

宿岩 ヤドイワ 上尾、越谷、所沢等に存す。長野県佐久市八戸あり。

矢頭 ヤトウ 矢戸に同じにて物部族集落を称す。大宮、上尾、蓮田、吉川、所沢等に存す。ヤガシラ参照。

矢藤 ヤトウ 矢戸に同じにて物部族集落を称す。小田原市十三戸あり。

一 川越町 三芳野神社明治四十年碑に矢藤勝次郎あり。一戸現存す。

谷頭 ヤトウ 矢戸に同じ。秩父に存す。

谷藤 ヤトウ 矢戸に同じ。毛呂山に存す。茨城県鹿島郡神栖町十九戸あり。タニフヂ参照。

弥藤 ヤトウ 矢戸に同じ。大宮に存す。岩手県久慈市六戸あり。

一 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百石・弥藤弥三右衛門」あり。

谷堂 ヤドウ 所沢に存す。

八峠 ヤトウゲ 戸田、越谷に存す。

八藤後 ヤトウゴ 浦和、大宮、鳩ケ谷、吉川、所沢、羽生等に存す。新潟県岩船郡神林村三十八戸、村上市二十戸あり。

弥藤吾 ヤトウゴ 幡羅郡弥藤吾村(妻沼町)あり。此地より起る。

一 斎藤氏族弥藤吾氏 ○妻沼村聖天宮縁起に「藤原義孝の次男武蔵守忠基五代の孫式部大輔助高、当国幡羅郡福川の辺に館を構へて居住し、幡羅の大殿と称す。助高の孫長井太郎義兼の養子長井弥藤吾真幹は、実盛の嫡孫斎藤真途の次男なり」と見ゆ。長井太郎義兼は相模国三浦郡長井村より起る三浦氏族にて無関係なり。縁起は信用出来ず。○また、長井氏系図(妻沼村聖天宮所蔵)に「斎藤別当実盛―実忠―実利―信利―利義―実茂―長井斎藤実仲(建武四年八月、弟豊後次郎実季と共に北畠顕家に属し利根川討死す。此時一族家臣長井弥藤吾別当代実永も利根川に死す)―実経―則経―実則―実義(家臣弥藤太則兼、其子弥権太は長井弥藤吾別当代実永之後胤也、実義の一族にて今家臣と為す)―実家(亡父及び家臣則兼の墓を長井庄弥藤吾郷に建る。文明三年野州古河討死)」と見ゆ。長井斎藤別当実永を弥藤吾別当代実永とするは誤りなり。此の系図は信用出来ず。太平記巻十九に「奥州の国司北畠顕家は回文を以て輩を催さるるに、奥州の住人結城上野入道道忠を始めとして、伊達・信夫・南部・下山六千余騎にて馳せ加はる。白河の関を立って、下野国へ打ち越えたまふ。鎌倉の管領足利義詮・この事を聞きたまひて利根川にて支へらる。国司の兵に、長井斎藤別当実永といふ者あり。いつも軍の先を争ひける部井十郎・高木三郎少しも前後を見つくろはず、ただ二騎馬をさっと打ち入れて渡しける。長井斎藤別当・舎弟豊後次郎兄弟二人、これを見て、ともに腹を立てて、これより三町ばかり上なる瀬をただ二騎渡しけるが、岩波高くして逆巻く波に巻き入れられて、水の底に沈んで失せにけり。『さてこそ鬚髪を染めて討死せし実盛が末とは覚えたれ』と、先祖の名をぞ揚げたりける」と見ゆ。長井斎藤別当は弥藤吾氏では無い。

二 忍城士の弥藤吾氏 成田分限帳に「二十五貫文・家藤五数馬」あり。

八頭司 ヤトウジ 浦和、上尾、与野、戸田、所沢、東松山等に存す。

八徳 ヤトク 高麗郡長沢村字八徳組(飯能市)は古の村名にて、寛延二年供養塔に八徳郷と見ゆ。我野参照。

宿口 ヤドクチ 戸田に存す。

八所 ヤドコロ 越谷に存す。

屋所 ヤドコロ 川越に存す。

宿久 ヤドヒサ 入間に存す。

八殿谷 ヤドノヤ 児玉郡太駄村字八殿谷(児玉町)は古の村名にて、元文五年庚申塔に八殿谷村と見ゆ。

宿前 ヤドマエ 大宮に存す。

矢冨 ヤトミ 浦和、蕨、草加等に存す。

矢富 ヤトミ 草加、久喜、川越等に存す。島根県益田市五十戸あり。

弥冨 ヤトミ 草加に存す。

弥富 ヤトミ 浦和、新座、川越に存す。

宿屋 ヤドヤ 新座、川越に存す。シクヤ、シュクヤ参照。

屋戸家 ヤドヤ 忍城士にて、成田分限帳に「二十貫文・屋戸家織右衛門、十三貫文・屋戸家忠三郎」あり。

宿里 ヤドリ 入間郡寺井村字宿理あり。八潮、川越、富士見等に存す。

宿利 ヤドリ 鳩ケ谷に存す。

寄木 ヤドリギ ヨリキ条参照。

梁 ヤナ 岩槻、草加、大井等に存す。

一 鉢形城士の梁氏 小鹿野町吉田系図に「軍役書上、御扶持方衆、百五十目五人ふち・梁三河」あり。

二 会津藩上杉氏家臣 旧松山城士なり。慶長六年八月米沢移封以前の会津上杉配下禄高表(小鹿野町吉田文書)に「吉田新左衛門組、百五十石・松山衆やな右京」あり。

三 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「針治・梁献吉」あり。

四 岩槻町 明治三十年所得税下調査簿に岩槻町士族医師梁惟親・天保五年生・反別十九町五反歩・地租百六十九円。昭和三年興信録・所得税に「岩槻町・梁武雄・七十八円、梁慶与・五十円」あり。二戸現存す。

簗 ヤナ 浦和、草加、八潮に存す。

矢那 ヤナ 矢は物部の別称。矢条参照。那は古代朝鮮語で国の意味。那のことは中(なか)条参照。物部族の国(集落)を矢那・梁・柳と称す。柳(やな)はヤナギに転訛す。二字の制により柳井・矢内・柳木、柳沢・柳瀬・梁瀬・梁田等を称す。

谷那 ヤナ 埼玉郡南篠崎村字谷那、南大桑村字谷那あり。

柳 ヤナイ 蕨に存す。ヤナギ参照。

矢内 ヤナイ 物部族集落を称す。○群馬県新田郡笠懸町十四戸、伊勢崎市百五十戸。○福島県石川郡石川町百十五戸、古殿町六十六戸、田村郡小野町十四戸、双葉郡富岡町二十戸、楢葉町四十二戸、いわき市百五十戸あり。ヤウチ参照。

一 上野国金山城士の矢内氏 新田義貞の末男横瀬六郎貞氏(応永二十三年上杉禅秀乱の時、足利持氏に属す)の従士に野内氏あり、四天王の一也。永禄二年新田家臣祖裔記に「矢内は義貞公軍帳の写にも見え蟄居不知、末流其所を領し、其裔として金山に矢内四郎左衛門尉・後修理亮、孫の四郎左衛門尉は昵近の士にて、矢内殿は家高し」と。上野国志に「反町城(新田町)は、天文の頃には横瀬の家老野内修理亮時英が居す」と。永禄三年関東幕注文に「横瀬雅楽助(由良成繁)・五のかゝりの丸之内の十方。家風・矢内弥十郎・三段かゝりの丸之内之十方」と見え、金山城主横瀬氏と同紋にて一族並となっている。伊勢崎市波志江に矢内氏多く存し、家紋は「丸に三ツ引」なり。永禄三年幡羅郡石塚合戦記に「由良方・野内修理亮成道」あり。長楽寺永禄日記に「永禄八年正月九日、矢内修理亮より十三日実城(成繁)におりやるとて、好茶・香の物所望す」と。新田金山伝記に「矢内四郎左衛門は上江田村(新田町)の領主」と。新田郡粕川村(尾島町)粕川氏系図に「姓藤原氏、其先大職冠鎌足公三十六世孫矢内四郎左衛門重政仕金山為老臣、陥後来住粕川村以農為焉。文政十一年富岡而称粕川以居地為氏」とあり。矢内四郎左衛門修理亮・法名浄林居士は天正元年没し、嫡男四郎左衛門尉は金山落城後、粕川村に帰農して富岡氏を名乗り、文政十一年に九代目名主富岡宗左衛門は旧家により粕川村の地名を以って苗字に名乗ることを許され、これより粕川氏を称す。本名富岡氏は名門矢内氏の名跡を継承して矢内氏を称し、帰農後は本名に複姓して土着す。次項参照。

二 秩父郡野上下郷(長瀞町) 当村に矢内氏七戸、柳井氏一戸、神職柳氏(現存無し)あり。近村に柳井氏・柳(やなぎ)氏存し、苗字矢内(柳井)氏は当村出身の出稼衆にて金山城主横瀬氏に仕へ、落城後は郷里へ帰農し神職となるか。或は、上州世良田村長楽寺宛及び北条氏邦宛の古文書を所蔵しているのは後世に神職矢内氏先祖が購入したもので、上州矢内修理亮とは無関係か。当村矢内氏は村役人を勤めており、徳川氏関東御入国の天正十八年以前からの草分け土着者でなければ名主組頭役は勤続できないのが諸村の通例である。金山太田誌に「家老・新田郡反町城主野内修理亮成道、天正十八年庚寅秋・出奔武州秩父郡野上蟄居。退職修理亮父、野内豊前成巌入道道的斎・天正十四年丙戌十一月二十七日卒・法名傑山全英」。武蔵志に「秩父郡野上下郷の柳内祖は、上州金山城主横瀬氏に仕たる人なり。天正十八年横瀬の母の供して秀吉卿へ出、夫より後、此邑に来、神主に成也」。風土記稿野上下郷条に「神職矢内長門といふもの古文書二通所持す。『九月七日、尊札披見畏入奉存候、仍昨日従城中敵罷出候処、鉢形衆懸合、諸軍も懸助、数刻仕合候キ、当手ニハ四郎右衛門・執塚石弓中候、矢内修亮・大沢大助鉄砲ニ中候、何も機嫌能候間、可被心安候、漸当口可明御隙候間、可為御帰寺之由、令構候、早々恐々敬白、追而機嫌能存候、忝則御賞翫候、以上、長楽寺御報、信濃守国繁花押』。『四月十四日、追而一種賞翫申候、又伊勢前助成をハ先無用、自新田すべき由候間、得其意由、返答候、模様如何、以上、安房守殿、氏政花押』あり」と見ゆ。明治九年副戸長矢内夘内・文政八年生(組頭)。明治十四年林文書に矢内熊三郎・矢内幸吉・矢内平太郎。昭和三年興信録に「樋口村・矢内英直・所得税十七円」あり。柳井、柳(やなぎ)参照。

三 同郡下吉田村 八幡社明治三十八年碑に矢内栄三郎あり。現存無し。

四 榛沢郡岡村(岡部町) 当村に此氏多く存す。古代以来の居住者にて上州新田庄出身説は附会なり。田島条参照。田島文書に「榛沢郡砂田村開発人並に芝切の者、永徳三年上野国新田庄より来り、当所芝切・矢内内遠」と見ゆ。岡林寺文政十年馬頭尊に矢内團次郎。北寅稲荷社元治元年百庚申に矢内幾右衛門・矢内市五郎。明治十五年戸長矢内幾太郎。南寅稲荷社明治三十二年碑に当所矢内團次郎・矢内源太郎・矢内清吉あり。

五 幡羅郡東方村(深谷市) 岡村南寅稲荷社明治三十二年碑に東方・矢内三十郎あり。現存無し。

六 比企郡羽尾村(滑川町) 羽尾七騎来歴書(小沢文書)に「元和七年より寛永五年迄、年寄矢内蔵之助」あり。一戸現存す。

七 同郡白井沼村(川島町) 当村文政六年庚申塔に白井沼村矢内惣左衛門あり。三戸現存す。

谷内 ヤナイ 矢内の佳字にて物部族集落を称す。各市町村に存す。○栃木県下都賀郡藤岡町二十五戸。○茨城県北茨城市十六戸。○山梨県都留市六十五戸あり。タニウチ参照。

家内 ヤナイ 戸田に存す。

野内 ヤナイ 浦和、岩槻、越谷、草加、八潮、庄和、杉戸、所沢等に存す。○茨城県久慈郡大子町三十二戸、常陸太田市四十戸。○福島県石川郡石川町二十五戸あり。ノウチ参照。

箭内 ヤナイ ○福島県西白河郡泉崎村二十戸、田村郡三春町十四戸、常葉町二十八戸、船引町百八十戸、須賀川市八十戸、郡山市八十七戸あり。

一 忍城士の箭内氏 成田分限帳に「十三貫文・箭内織右衛門、十二貫五百文・箭内久兵衛」あり。

二 埼玉郡広田村(川里町) 鷺栖神社弘化三年碑に箭内直吉、嘉永六年幟碑に箭内勘蔵。上州榛名神社大正四年御神燈に埼玉郡上広田・箭内留之助あり。四戸現存す。

籔内 ヤナイ 浦和に存す。

柳内 ヤナイ 各市町村に存す。福島県いわき市百十戸あり。

蜩焉@ヤナイ 新座に存す。

梁井 ヤナイ 上尾、庄和等に存す。

柳井 ヤナイ 物部族集落を称す。矢条、矢那条参照。○群馬県勢多郡富士見村四十五戸。○福島県いわき市四十七戸。○島根県鹿足郡日原町十五戸、益田市六十七戸あり。

一 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・七石二人扶持・亡父与蔵・柳井陽蔵・二十九歳、御勘定並・五石二人扶持・柳井利七・五十一歳」。

二 旗本五味備前守家臣 入間郡小谷田村東光寺延宝二年鐘銘に「小谷田郷領主旗本五味備前守豊直家臣、柳井七兵衛・柳井茂右衛門」あり。

三 葛飾郡安戸村(杉戸町) 百間村青林寺寛政十年文書に安戸村柳井彦兵衛。大黒院文化七年庚申塔に安戸村之内二本木・柳井庄右衛門・柳井彦兵衛、天保五年庚申塔に二本木・柳井伊之助・柳井亀太郎、嘉永六年庚申塔に二本木柳井勇五郎あり。三戸現存す。

四 同郡深輪村(杉戸町) 椿村文珠堂明治十五年筆子碑に深輪村柳井常五郎・柳井角一郎あり。現存無し。

五 足立郡鴻巣領別所村(北本市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に別所村・名主柳井弥右衛門・柳井定七・柳井倉之助・柳井平蔵・柳井甚八・柳井多吉・柳井二郎吉・柳井彦兵衛。私塾師匠名主柳井大徳・文政元年没、其子藤馬。上州榛名神社明治三十三年算額に北足立郡別所柳井勝蔵治吉あり。八戸現存す。

六 同郡花野木村(北本市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に花野木村柳井長左衛門・柳井久二郎。当村天保二年庚申塔に花木村柳井仙蔵あり。九戸現存す。

七 那賀郡小平村(児玉町) 秋平小学校明治三十二年碑に小平・柳井新三郎・柳井清太郎あり。二戸現存す。

八 賀美郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に柳井和市・柳井喜三郎・柳井亀吉、明治二十年御嶽碑に柳井喜太郎あり。四戸現存す。

九 秩父郡中野上村(長瀞町) 明治三十三年農会々員名簿に中野上・柳井弥市・柳井熊七あり。四戸現存す。

一〇 同郡野上下郷(長瀞町) 明治十四年林文書に柳井新之助。一戸存す。

一一 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「大宮町・柳井正光・六十四円・三十三円、中丸村(北本市)・柳井豊吉・五十三円、柳井勝蔵・十五円、川越市・柳井定・十三円、柳井与一・十円」あり。

柳井田 ヤナイダ 新座に存す。

柳井谷 ヤナイダニ 草加に存す。

柳津 ヤナイヅ 浦和、日高等に存す。

柳泉 ヤナイヅミ 白岡、久喜等に存す。神奈川県平塚市十二戸あり。

矢内原 ヤナイハラ 大宮に存す。

柳内 ヤナウチ 大宮に存す。

柳浦 ヤナウラ 久喜に存す。

柳尾 ヤナオ 熊谷に存す。

柳岡 ヤナオカ 各市町村に存す。○群馬県北群馬郡吉岡町十八戸、榛東村八戸。○栃木県芳賀郡茂木町三十四戸あり。ヤナギオカ参照。

矢中 ヤナカ 浦和、新座、所沢、神川等に存す。茨城県結城郡八千代町十三戸あり。

矢仲 ヤナカ 蓮田、杉戸等に存す。

野中 ヤナカ 京都醍醐寺文書に「応永五年六月二十五日、伊豆国走湯山密厳院領(熱海市伊豆山)関東知行地注文、武州吉田三ヶ村、野中村」と見ゆ。都筑郡吉田郷(横浜市港北区)及び伊豆国熱海村字野中なり。ノナカ条で那賀郡野中村と比定したが私の誤りです。比企郡平村字野中(都幾川村)は、同村慈眼坊文明十七年文書に「野中之氏神」と見ゆ。葛飾郡千塚村字野中はヤナカと註す。埼玉郡柴山村字野中はヤナカと註す。足立郡三町免村字野中は谷中とも書く。那賀郡猪俣村字野中はヤナカと称す。ノナカ参照。

家中 ヤナカ 埼玉郡下新田字家中(羽生市)あり。東松山に存す。

屋中 ヤナカ 春日部、三郷、吉川、朝霞、所沢等に存す。

谷中 ヤナカ 葛飾郡谷中村(三郷市)、埼玉郡谷中村(越谷市)、入間郡谷中村(川越市)、比企郡谷中村(川島町)あり。小名谷中は、葛飾郡円藤内村、下川崎村、蓮沼村、藤塚村、埼玉郡高岩村、上高柳村、正能村、柴山村、串作村、高曽根村、鶴ヶ曽根村、伊勢野村、千駄野村、長宮村、伊草村、大場村、中野村、足立郡川口町、小淵村、弁財村、三ツ木村、神田村、新座郡宮戸村、入間郡大仙波村、福岡新田、横見郡上銀谷村、比企郡大谷村、大里郡下恩田村等にあり。各市町村に存す。○栃木県芳賀郡茂木町二十三戸、栃木市三十戸、鹿沼市二十七戸、小山市三十五戸。○茨城県西茨城郡岩瀬町三十七戸、結城郡石下町十六戸、真壁郡明野町十二戸、大和村三十戸、下館市九十四戸、笠間市二十八戸、水戸市七十五戸あり。タニナカ参照。

一 埼玉郡騎西町 宝永三年玉敷神社文書に騎西町場講中・谷中平左衛門あり。現存無し。

二 同郡下樋遣川村(加須市) 明治十三年矢口文書に谷中多右衛門あり。二戸現存す。

三 足立郡大宮町 昭和三年興信録に「谷中まつ・所得税九円」あり。

四 同郡登戸村(鴻巣市) 当村元禄十三年庚申塔に谷中喜左衛門あり。現存無し。

五 入間郡谷中衆 谷中村住人にて苗字にあらず。川越日蓮宗行伝寺過去帳に「道円・屋中衆・戌年二月。蓮正・屋中ノ将監・亥年二月。蓮想・屋中ノ惣十郎・戌年二月。行蓮・ヤナカノ二郎右衛門・寅年十月」あり。江戸初期なり。

谷仲 ヤナカ 川口、桶川、春日部、所沢等に存す。茨城県新治郡八郷町十戸あり。

八長 ヤナガ 上尾、飯能等に存す。

弥永 ヤナガ 浦和、大宮、所沢に存す。

柳垣 ヤナガキ 与野に存す。

柳ヶ瀬 ヤナガセ 上尾、草加に存す。

谷中田 ヤナカダ 浦和に存す。

柳ヶ水 ヤナガミヅ 上福岡に存す。

柳川 ヤナガワ 川(なり)は非農民集落を云う。鉱山鍛冶物部族集落を称す。○千葉県長生郡睦沢町十二戸。○神奈川県足柄上郡大井町三十戸、中郡二宮町二十戸、南足柄市三十七戸、平塚市百四十五戸、小田原市百三十戸。○新潟県西蒲原郡弥彦村十五戸。○宮城県加美郡中新田町三十戸あり。

一 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「年寄四百五十石門屋助右衛門家臣・柳川幸八」。慶応元年前橋藩松山陣屋付に「八石二人扶持・柳川茂雄」あり。

二 葛飾郡上吉羽村(幸手市) 明治十二年文書に柳川茂十郎。一戸現存す。

三 埼玉郡伊勢野村(八潮市) 天神社文政頃御神燈に柳川久左衛門・柳川茂兵衛・柳川瀧右衛門。五戸現存す。

四 同郡北篠崎村(加須市) 熊野社文久四年御神燈に柳川六之助あり。一戸現存す。

五 同郡谷郷(行田市) 薬師堂享保十年塞神碑に柳川次左衛門。七戸存す。

六 足立郡大成村(大宮市) 八幡社安永九年庚申塔に下大成村柳川浅右衛門・柳川金右衛門、文化六年水鉢に下大成村柳川弥七。十三戸現存す。

七 同郡藤波村(上尾市) 当村元禄十二年庚申塔に柳川久兵衛。明治九年副戸長柳川新蔵・文政六年生あり。十六戸現存す。

八 同郡川田谷村(桶川市) 諏訪社明治三十九年幟碑に柳川文作あり。四戸現存す。

九 同郡鴻巣町 紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位道久・霊位妙林、武州鴻巣町柳川次右衛門・寛永十四年二月十八日」、夫婦は生前供養を依頼す。生出塚神社寛延三年水鉢に鴻巣町柳川与市郎・柳川金五郎。明治十四年埼玉銀行株主柳川太兵衛・二株百円所有。原馬室村観音堂明治三十四年馬頭観音碑に鴻巣柳川團次郎。明治三十五年甘藷問屋柳川弥三郎。昭和三年興信録に「鴻巣町・柳川豊吉・所得税九円・営業税三十九円」あり。二戸現存す。

一〇 同郡宮前村(鴻巣市) 永林寺元禄三年六地蔵に宮前・柳川角兵衛あり。現存無し。

一一 入間郡下南畑村(富士見市) 南畑村之沿革史に「下南畑村の柳川氏は城側に在り、代々六右衛門と称し、尾州侯鳥見役を任命され、明治維新迄は相当の権力を有せりと云う」と見ゆ。明治五年大工職柳川重太郎。明治二十二年埼玉勧業会員柳川菊次郎あり。六戸現存す。

一二 同郡福岡村(上福岡市) 当村に此氏多く存す。長宮観音山墓地安永二年廻国塔に柳川又七.。天保九年鶴馬村横田文書に福岡新田名主柳川権蔵。駒林村安楽寺安政四年筆子碑に福岡新田柳川金次郎。長宮氷川社安政四年御神燈に柳川治右衛門。明治九年福岡新田戸長柳川岩松、副戸長柳川久八.。明治十五年に福岡村柳川利吉・柳川惣太郎・石油商柳川文次郎。谷田稲荷社明治二十五年石段碑に福岡新田柳川岩松・柳川又八・柳川小右衛門。長宮氷川社明治二十七年正殿碑に中福岡柳川春吉、福岡新田柳川岩松・柳川鶴之助・柳川汎吉・柳川ため・柳川伊左衛門・柳川次左衛門・柳川小右衛門・柳川久八・柳川平次郎。昭和三年興信録・所得税に「福岡村・柳川巌・十八円、柳川巳之助・十円」あり。

一三 同郡鶴ヶ岡村(大井町) 亀久保村寛政十一年宝篋印塔に鶴ヶ岡村柳川権六あり。現存無し。

一四 同郡上新井村(所沢市) 明治二十一年幼稚園名簿に川原宿入寄留柳川与三郎・明治十六年生あり。

一五 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に柳川弥吉(酒商)あり。

一六 同郡山城村(川越市) 大仙波村浅間社天保十年御神燈に山城村柳川七郎兵衛。藤倉村天神社明治七年筆子碑に山城村柳川広吉・柳川仲造。明治九年副戸長柳川倉次郎・文政四年生。明治二十二年埼玉勧業会員柳川広吉・柳川仲三郎あり。四戸存す。

一七 同郡小沼村(坂戸市) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

一八 高麗郡脚折村(鶴ヶ島市) 当村元禄六年庚申塔に臑折村柳川喜右衛門。明治四年戸籍に柳川忠治郎・柳川文蔵・柳川清左衛門。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑にスネ折柳川忠次郎。当村明治三十二年馬頭尊に柳川清次郎あり。七戸現存す。

一九 同郡原宿村(日高市) 上鹿山村高麗川神社明治十二年御神燈に原宿村柳川卯助。明治二十二年埼玉勧業会員柳川禎蔵あり。八戸現存す。

二〇 同郡飯能町 明治十四年青物豆腐商柳川鉄蔵。明治三十五年小間物商柳川銀八あり。

二一 比企郡下伊草村(川島町) 昭和三年興信録に「伊草村・柳川久平・所得税九円」あり。六戸現存す。

二二 児玉町 八幡社明治三十五年碑に柳川熊次郎・柳川伊三郎(下駄商)あり。現存無し。金屋村一戸存す。

柳河 ヤナガワ 川口、草加に存す。

梁川 ヤナガワ 各市町村に存す。宮城県遠田郡小牛田町十八戸あり。

一 川口町 明治三十五年飲食店梁川多作。川口神社明治三十九年碑に梁川為次郎あり。現存無し。

梁河 ヤナガワ 岩槻に存す。

楊川 ヤナガワ 所沢に存す。

柳川瀬 ヤナガワセ 新座に存す。

柳 ヤナギ 柳(やな)の転訛にて物部族集落を称す。矢条、矢那条参照。○群馬県太田市七十戸。○栃木県芳賀郡益子町二十戸、真岡市百二十戸。○新潟県三島郡三島町二十戸、東頸城郡松代町百四十戸、中魚沼郡中里村十六戸、柏崎市百十戸、十日町市百九十戸あり。

一 深谷城士の柳氏 深谷記に「元亀二年、城主上杉憲盛は、岡部の大林にて矢野左馬尉討つ可し者には榊備後等に仰せ付け被り候。天正十年神流川合戦、深谷衆柳備後」あり。榊備後は柳備後の書誤りなり。

二 忍城士の柳氏 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚(比企郡山田村贄田文書)に「二十貫文・熊谷住・柳大学」。深谷記に「天正十年神流川合戦、忍衆柳大学」と見え、一本に榊とあり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御馬廻・十石二人扶持・柳弥一郎」。明治四年忍藩士族名簿に「八十六石余・柳弥一郎」。

四 埼玉郡四町野村(越谷市) 迎摂院寛永九年石塔に柳監物丞藤原直盛あり。二戸現存す。

五 同郡尾ヶ崎村(岩槻市) 嘉永元年名頭覚帳に「柳源右衛門―数馬―佐門―佐源太―主計―百治―岡太郎」あり。現存無し。鈴木条参照。

六 同郡粕壁町 八坂社文政十一年庚申塔に柳内匠、弘化四年水鉢に彌名貴内匠。東陽寺明治二十四年蕉斎翁門人碑に柳徳祐あり。

七 同郡須賀村(宮代町) 身代神社嘉永五年御神燈に柳祐助、元治元年幟碑に柳祐輔あり。一戸現存す。

八 同郡久喜町 明治三十五年旅人宿柳七郎あり。

九 同郡青柳村(久喜市) 雨宝寺嘉永七年筆子碑に青柳新田柳重五郎、安政五年筆子碑に柳福太郎。久伊豆社明治三十五年碑に柳新之丞・柳弥太郎あり。十戸現存す。

一〇 同郡江面村(久喜市) 天保十一年百姓連名帳に柳善右衛門・柳武左衛門あり。一戸現存す。

一一 同郡不動岡町(加須市) 明治三十五年湯屋柳勘五郎あり。

一二 同郡町場村(羽生市) 風土記稿町場村条に「天神社は天禄三年の勧請にして、古は隣村簑沢村にありしを、慶長年中、神職柳喜内が先祖隼人助・当所へ遷座せしむと云ふ」。一説に天神社(八雲神社)は天禄三年六月七日柳隼人助藤原清雅が簑沢村へ勧請し、のち慶長年間現在地に遷座したと伝へる。現存無し。

一三 同郡長野村(行田市) 長久寺享保二年庚申塔に柳斧右衛門あり。現存無し。

一四 足立郡大芦村(吹上町) 氷川社宝永二年碑に柳安兵衛。日枝社文化五年普門品に大芦村柳長右衛門。氷川社文化十四年御神燈に柳木平五郎、明治二十年碑に柳忠三郎、明治三十一年碑に柳新兵衛・柳徳松・柳代五郎・柳勝五郎・柳関次郎・柳海次郎・柳弥十郎・柳松五郎、明治四十年碑に柳福太郎・柳広吉。吹上神社明治四十三年碑に柳福太郎・柳仙吉あり。十五戸現存す。

一五 入間郡島田村(坂戸市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州入間郡島田村柳栄吉・柳三木蔵あり。現存無し。

一六 比企郡土塩村(滑川町) 野原村文殊寺嘉永元年大銀講碑に土塩村柳長二郎、明治二年碑に土塩村柳丈助あり。三戸現存す。

一七 同郡福田村(滑川町) 明治九年議定書に副戸長柳安五郎(天保三年生)・柳由五郎・柳六郎平・柳関三郎。明治十七年糸繭商柳房重あり。五戸現存す。

一八 同郡松山町 昭和三年興信録に「柳光雄・所得税十五円」あり。

一九 同郡岡郷(東松山市) 明治十六年煙草商柳徳次郎・一類工業柳定吉あり。十戸現存す。

二〇 男衾郡木部村(小川町) 安照寺安永六年供養塔に当村柳吉右衛門。靭負村熊野社文久三年伊勢講碑にキベ柳清次郎。明治九年地主惣代柳静次郎あり。十五戸現存す。

二一 同郡須賀広村(江南町) 八幡社文化十四年御神燈に柳木伴吉、文政七年御神燈に柳木長次郎。現存無し。

二二 大里郡熊谷町 二項参照。明治三十五年に柳留吉・柳甚次郎あり。

二三 同郡三ツ本村(江南町) 明治七年柴田文書に山下・柳和吉あり。一戸現存す。

二四 幡羅郡石塚村(深谷市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州幡羅郡石塚村柳利助。田島村明治八年富士嶽碑に石塚村柳梅吉あり。六戸現存す。

二五 榛沢郡横瀬村(深谷市) 横瀬神社文政十三年御神燈に柳佐右衛門・柳清右衛門あり。一戸現存す。

二六 同郡高畑村(深谷市) 円能寺明治二十八年馬頭尊に柳代五郎、明治三十二年筆子碑に柳仙蔵・柳鷲五郎。矢島村明治三十六年備前渠碑に大寄村柳代五郎・柳鷲五郎。大正七年金井元治碑に当所柳代五郎・柳仙蔵。大寄村会議員に柳為吉・天保六年生、柳市太郎・明治十二年生、柳熊十郎・明治十五年生、柳実・明治三十九年生あり。九戸現存す。

二七 同郡大谷村(深谷市) 用土村明治十三年仙元碑に大谷村柳久五郎・柳今助。稲荷社明治三十年筆子碑に柳今助・柳房吉・柳万蔵・柳久五郎・柳藤右衛門。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国藤沢村大谷・柳源太郎。藤沢村会議員柳武重・明治二十三年生。十二戸現存す。

二八 同郡境村(深谷市) 藤沢村会議員柳祐八・明治二十八年生あり。一戸現存す。

二九 同郡小前田村(花園町) 町田文書に「天正十八年十月十七日、町田土佐守一族同心衆、柳太郎」。町田日記に「慶長元年、柳太郎等は小前田新田を切開く」と見ゆ。諏訪社明治十三年碑に柳九十郎。四戸現存す。

三〇 同郡寄居町 明治三十五年下駄商柳多十郎あり。

三一 同郡原村(川本町) 嘉永五年笠原文書に原村名主柳藤蔵・名主柳源蔵。白髭社安政六年御神燈に柳馬之助・柳三左衛門・柳小左衛門。勝福寺文久二年馬頭尊に原村柳仁兵衛。柏合村明治十三年八海山講碑に上原・柳梅五郎。昭和三年興信録に「武川村・柳藤八郎・所得税百六十円」あり。十戸現存す。

三二 同郡荒川村(川本町) 明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流荒川村柳茂八あり。現存無し。

三三 同郡榛沢村(岡部町) 大寄八幡社文久元年水鉢に柳伊右衛門あり。一戸現存す。

三四 児玉郡本庄町 明治三十五年飲食店柳辰五郎あり。

三五 同郡児玉町 八幡社享保十一年鳥居碑に柳六兵衛あり。

三六 秩父郡藤谷淵村(長瀞町) 明治六年文書に柳新七・柳藤七・柳仲次郎・柳長蔵・柳丈太郎・柳勘五郎・柳芳平・柳市弥。宝登山神社明治七年棟札に玉泉寺古惣代柳四郎兵衛・拝殿奉納当村地蔵堂柳亀吉・格天井絵奉納当所柳由平・同奉納地蔵堂柳市弥。明治三十三年農会々員名簿に藤谷淵・柳重蔵・柳亀蔵・柳新十郎・柳角三郎・柳新七・柳佐与助あり。七戸現存す。

三七 同郡野上下郷(長瀞町) 風土記稿野上下郷条に「滝神社・熊野社・貴船社・石上社等は、みな神職は柳若狭なり」と。現存無し。矢内参照。

三八 同郡皆野村 円福寺弘化四年寄進碑に柳鷲五郎あり。三戸現存す。

三九 同郡横瀬村 当村に此氏多く存す。明治十四年神輿寄附連名帳に「十二番耕地川東・柳亀太郎・柳弥平治・柳鶴吉・柳勝四郎・柳金治郎・柳治作、十三番耕地川東・柳卯太郎・柳金九郎、十七番耕地川西・柳儀作・柳多作。昭和三年興信録に「柳善三郎・所得税十二円」あり。

蛛@ヤナギ 江南に存す。

楊 ヤナギ 大宮、入間等に存す。

梁木 ヤナギ 栃木県真岡市七戸あり。

簗木 ヤナギ 蕨、大宮、川越に存す。

柳井 ヤナギイ 川口、和光、川越、上里等に存す。

柳井戸 ヤナギイド 桶川、秩父、横瀬、両神等に存す。

柳内 ヤナギウチ 上尾、伊奈、志木、所沢等に存す。ヤナイ参照。

柳浦 ヤナギウラ 大宮、草加、川越、花園等に存す。

柳枝 ヤナギエダ 久喜に存す。

柳尾 ヤナギオ 川口に存す。

柳岡 ヤナギオカ 大宮、戸田、春日部、越谷、草加、日高、坂戸、大井等に存す。群馬県北群馬郡榛東村二十四戸あり。ヤナオカ参照。

柳川 ヤナギガワ 上尾、桶川、越谷、入間、川越等に存す。ヤナガワ参照。

柳河 ヤナギガワ 川口に存す。

柳口 ヤナギグチ 大宮に存す。

柳久保 ヤナギクボ 青森県三戸郡名川町十戸あり。

蜍v保 ヤナギクボ 大井に存す。

柳坂 ヤナギサカ 上福岡に存す。

柳崎 ヤナギザキ 足立郡柳崎村(川口市)あり、永禄七年内山文書に「柴之郷之内沼尻・并柳崎之内原分」と見え、氷川社慶安二年棟札に八木崎村と見ゆ。当村並木家墓地に元徳三年銘板碑あり、是以前からの開発地なり。浦和、大宮、草加、春日部、川越等に存す。

一 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「三両・柳崎長作」あり。

二 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七人扶持・柳崎立郷」あり。子孫三之助は東京都東村山市栄町に現存す。

三 松山町 箭弓神社明治三十一年碑に松山町柳崎良貞あり。現存無し。

柳迫 ヤナギサコ 越谷、川越に存す。

柳沢 ヤナギサワ 沢は慶尚南道梁山の古名匝羅(さわら)なり。物部族匝羅人の集落を称す。矢条、矢那条参照。榛沢郡人見村字柳沢・大谷村字柳沢(深谷市)は同所にて古の村名なり。小名柳沢は、入間郡荻原村、津久根村、上谷村、大満村、高麗郡中居村、下加治村、猿田村、比企郡飯田村等にあり。此氏は信濃国に多く存す。○群馬県甘楽郡下仁田町三十戸、碓氷郡松井田町三十二戸、佐波郡境町三十五戸、伊勢崎市百戸、高崎市百十戸。○長野県上水内郡牟礼村三十戸、埴科郡戸倉町百戸、坂城町百四十戸、小県郡真田町七十四戸、東部町二百二十戸、長門町六十戸、丸子町六十七戸、北佐久郡軽井沢町百三十戸、立科町三十六戸、御代田町百五十五戸、望月町五十六戸、浅科村五十五戸、南佐久郡臼田町七十四戸、諏訪郡下諏訪町三十三戸、東筑摩郡朝日村四十八戸、坂北村三十七戸、南安曇郡三郷村三十戸、上田市四百戸、小諸市三百六十戸、佐久市四百四十戸、茅野市二百戸、松本市四百二十戸。○新潟県中頸城郡大潟町百四十戸、上越市百二十戸。○秋田県鹿角市二百六十戸あり。

一 深谷城士の柳沢氏 深谷記に「上椙御譜代之臣、柳沢隼人助」あり。四十一項参照。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「添御城代・四百石・柳沢隼人、御寄合・三百石・柳沢大蔵、御寄合・三百石・柳沢主膳」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「七両余二人扶持・柳沢斧次郎、六両余二人扶持・柳沢次郎作」あり。

四 葛飾郡吉屋村(吉川市) 柳沢家墓地安永五年廻国塔に柳沢利兵衛。香取社文化十二年庚申塔に柳沢彦左衛門・柳沢要助、文政五年御神燈に柳沢喜右衛門、天保三年庚申塔に吉谷村柳沢奥右衛門・平方新田柳沢喜右衛門。二ツ沼村稲荷社文久元年水鉢に吉屋村柳沢勝右衛門。三輪之江神社明治二十八年碑に柳沢峰吉・柳沢長吉。香取社明治三十九年碑に柳沢幸吉・柳沢波次郎・柳沢長吉あり。昭和四十三年平方新田の一部を編入す。三戸現存す。

五 同郡幸手町 明治三十五魚商柳沢三之助あり。

六 埼玉郡恩間村(越谷市) 明治八年騎西町釜屋文書に恩間村酒造業柳沢芳兵衛あり。一戸現存す。

七 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村柳沢市左衛門あり。二戸現存す。

八 同郡表慈恩寺村(岩槻市) 諏訪社天保五年水鉢に柳沢善六・柳沢弥次右衛門。小溝村長命寺慶応二年供養塔に表慈恩寺村柳沢粂五郎。明治三十年人名録に柳沢金次郎・万延元年生・地租十六円あり。八戸現存す。

九 同郡内牧村(春日部市) 明治八年騎西町釜屋文書に内巻村酒造業柳沢市太郎あり。現存無し。

一〇 同郡黒浜村(蓮田市) 笹山村稲荷社明治十三年浅間碑に伊豆島・柳沢惣助・柳沢政吉・柳沢吉蔵あり。八戸現存す。

一一 同郡戸崎村(騎西町) 日吉社弘化四年碑に柳沢斧右衛門。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に名倉村柳沢次郎吉。下村君村永明寺文久二年仙元碑にナクラ村柳沢藤次郎あり。四戸現存す。

一二 同郡上之村(熊谷市) 当村に此氏の旧家あり。十四戸現存す。

一三 足立郡与野町 県会議員柳沢武文・大正元年生・長野県出身あり。

一四 同郡大宮町 明治三十五年料理店柳沢留五郎あり。

一五 同郡指扇村(大宮市) 氷川社天保十二年御神燈に増永組柳沢乙五郎。与野町一山神社明治三十五年碑に指扇柳沢恭蔵あり。六戸現存す。

一六 同郡大和田村(大宮市) 当村に此氏多く存す。岩附城家臣と伝へる。寛文八年年貢帳に「本村ノ善右衛門(柳沢)」。元禄三年検地帳に「本村ノ善右衛門・四町三反歩」。鷲神社寛政七年御神燈に柳沢森右衛門・柳沢孫左衛門・柳沢常右衛門・柳沢治右衛門・柳沢作右衛門・柳沢三左衛門・柳沢甚右衛門・柳沢太兵衛。真福寺跡文化十年廻国塔に柳沢安左衛門、天保三年庚申塔に柳沢彦四郎・柳沢初五郎・柳沢辰五郎・柳沢孫左衛門・柳沢甚右衛文、天保十四年庚申塔に柳沢利右衛門・柳沢利左衛門・柳沢三左衛門。鷲神社嘉永二年狛犬に柳沢半左衛門・柳沢利右衛門・柳沢利左衛門・柳沢丹次郎・柳沢善吉・柳沢甚右衛門。真福寺跡慶応元年廻国塔に柳沢嘉右衛門。中里村弘法尊院慶応四年碑に大和田村柳沢安左衛門。明治九年副戸長柳沢卯之助・天保二年生。鷲神社明治二十六年碑に柳沢酉蔵・柳沢利三郎・柳沢半五郎・柳沢権次郎・柳沢万吉・柳沢弥吉・柳沢織蔵・柳沢亥之七・柳沢伊之助・柳沢孫次郎・柳沢保之助・柳沢キヨ・柳沢久左衛門・柳沢要吉・柳沢辰蔵・柳沢卯之助、明治三十九年碑に柳沢八太郎・柳沢又次郎・柳沢勇吉・柳沢セイ・柳沢音次・柳沢弥三郎・柳沢鉄三郎・柳沢甚太郎・柳沢巳之助・柳沢七太郎・柳沢辰蔵・柳沢卯三郎・柳沢徳太郎・柳沢保之助。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に大和田・柳沢権次郎・柳沢万吉・柳沢弥吉・柳沢酉蔵あり。

一七 同郡原市町(上尾市) 明治三十五年菓子舗柳沢卯八あり。

一八 同郡小室村(伊奈町) 当村文政三年庚申塔に小室宿村柳沢勝五郎。氷川社安政三年御神燈に宿村柳沢伊兵衛あり。二戸現存す。

一九 同郡五町台村(桶川市) 稲荷社明治八年稲荷碑に新田柳沢紋次郎あり。一戸現存す。

二〇 新座郡志木町 宝幢寺嘉永二年地蔵尊に門前柳沢万次郎。明治三十一年中野組柳沢勇次郎。明治三十五年料理店柳沢清五郎あり。

二一 同郡宮戸村(朝霞市) 浜崎村観音堂明治三十四年筆子碑に宮戸柳沢平次郎あり。四戸現存す。

二二 入間郡中富村(所沢市) 神明社明治三十九年碑に中富柳沢弘雅あり。一戸現存す。

二三 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に柳沢源吉あり。

二四 同郡藤間村(川越市) 風土記稿藤馬村条に「東光寺は柳沢権太夫が開基す」と見ゆ。二戸現存す。

二五 同郡古谷本郷(川越市) 川越日蓮宗行伝寺過去帳に「妙法・古屋ノ柳沢内・未年七月」、江戸初期なり。八幡社明治三十八年碑に古谷村柳沢重太郎・柳沢直次郎。四戸現存す。

二六 同郡野田村(川越市) 明治二十二年埼玉勧業会員柳沢磯右衛門あり。六戸現存す。

二七 同郡片柳村(坂戸市) 明治三十年堰場組合柳沢久蔵あり。五戸存す。

二八 同郡越生町 明治三十五年農業柳沢金太あり。一戸現存す。

二九 高麗郡藤金村(鶴ヶ島市) 明治九年地租改正確書に柳沢久治郎・柳沢太郎兵衛・柳沢友治郎。八戸存す。

三〇 比企郡石坂村(鳩山町) 当村に此氏多く存す。当村寛政五年馬頭尊に柳沢清左衛門・柳沢惣左衛門・柳沢浅右衛門・柳沢伊右衛門。西本宿岡田文書に寛政頃・伊勢参宮石坂村柳沢清左衛門。休山寺明治二十八年碑に石坂・柳沢周道・柳沢房吉・柳沢文斎・柳沢徳五郎・柳沢吉五郎・柳沢邦治・柳沢友吉・柳沢孝次郎・柳沢喜市・柳沢半七・柳沢富三郎・柳沢栄治郎あり。

三一 同郡松山町 松山神社文政十二年御神燈に仲町柳沢栄助。箭弓神社明治三十一年碑に松山町柳沢惣吉。明治三十五年酒醸造丸屋柳沢治三郎・酒商柳沢米吉・仕立屋柳沢初五郎あり。

三二 同郡平村(東松山市) 当村に此氏多く存す。大谷村寛政十二年馬頭尊に平村柳沢安右門。覚性寺享和二年廻国塔に松山領平村柳沢平兵衛。当村文政十一年廻国塔に平村柳沢安右衛門、天保二年馬頭尊に柳沢七兵衛。羽尾村明治二十七年毛受重微筆子碑に東平柳沢源治郎。覚性寺明治三十七年碑に柳沢正治あり。

三三 大里郡熊谷宿 宝暦十年新宿(筑波町)北屋敷持主柳沢権蔵。明治九年副戸長蚕卵種製造柳沢定平・天保十三年生。明治三十五年荒物商柳沢定平・人力車業柳沢弥三郎あり。

三四 同郡和田村(熊谷市) 楊井白髭社安政七年庚申塔に柳沢直次郎・柳沢和吉あり。一戸現存す。

三五 幡羅郡三ヶ尻村(熊谷市) 龍泉寺天保九年筆子碑に当所柳沢長八.。幸安寺慶応二年権田門人碑に柳沢仁左衛門。八幡社慶応二年碑に柳沢仁左衛門。龍泉寺明治十一年算額に当所柳沢長八褒高あり。四戸現存す。

三六 同郡東別府村(熊谷市) 東別府神社文久二年御神燈に柳沢善次郎あり。現存無し。

三七 同郡妻沼村 明治三十五年理髪店柳沢寅吉あり。一戸現存す。

三八 同郡市ノ坪村(妻沼町) 妻沼村聖天宮慶応三年石道之碑に市ノ坪村柳沢惣五郎あり。二戸現存す。

三九 男衾郡野原村(江南町) 文殊寺明治二年碑に当所門前柳沢友吉。明治三十六年織物業柳沢重次郎あり。二戸現存す。

四〇 同郡須賀広村(江南町) 八幡社文政七年御神燈に柳沢鶴次郎あり。現存無し。

四一 榛沢郡人見村(深谷市) 小名柳沢に旧家存す。一項参照。上野台村八幡社明治五年筆子碑に人見村柳沢松五郎。明治九年副戸長柳沢兼吉・天保十一年生。用土村明治十三年仙元碑に人見村柳沢兼吉あり。四戸現存す。

四二 児玉郡本庄町 当宿石川剣道場門下生に寛政四年・本庄宿柳沢勝五郎・柳沢富五郎。七本木村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に本庄宿柳沢吉太郎・柳沢吉蔵。明治四年諸井文書に仲町柳沢吉平・本町柳沢甚平・台町柳沢留吉。明治五年准副戸長柳沢甚平。明治三十五年糸繭商柳沢竹次郎・同柳沢勘次郎あり。

四三 同郡上真下村(児玉町) 本庄宿石川剣道場門下生に寛政四年・上真下村柳沢彦太郎あり。現存無し。

四四 同郡関村(美里町) 用土村明治十三年仙元碑に児玉郡下川輪村柳沢寅治あり。一戸現存す。

四五 賀美郡七本木村(上里町) 明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流剣・柳沢大五郎あり。十三戸存す。

四六 同郡石神村(上里町) 石神社文久元年御神燈に柳沢武左衛門・柳沢喜右衛門・柳沢忠兵衛。明治四年山下文書に組頭柳沢平松・高二町五反二畝二十三歩、柳沢忠兵衛、柳沢逸作あり。現存無し。

四七 同郡原新田村(神川町) 金久保村陽雲寺武田家遺臣碑(明治三十年碑)に「柳沢内蔵之助義保の後裔、原新田村柳沢所平」あり。現存無し。

四八 同郡元阿保村(神川町) 大御堂村吉祥院天保五年供養塔にアホ・柳沢与市・柳沢常次郎・柳沢儀左衛門。当村明治三十年碑に当所・柳沢源蔵・柳沢惣三郎・柳沢三ツ五郎あり。一戸現存す。

四九 秩父郡野上下郷(長瀞町) 洞昌院五輪塔に「権大僧都玄清法印・柳沢六兵衛・天和二年十一月十二日」。辻糠掃峠入口天保二年二十二夜塔に石施主柳沢太兵衛。天神社の宮大工なり。明治十四年林文書に柳沢熊太郎・柳沢鍋太郎・柳沢良八・柳沢藤五郎あり。二戸現存す。

五〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「平野村(蓮田市)・柳沢栄次郎・二百七十円・百三十四円、小室村(伊奈町)・柳沢由五郎・十二円、川越市・柳沢甲三郎・十三円・二十七円、田面沢村(川越市)・柳沢篤義・二百四十六円・三十三円、柳沢甚之助・五十一円、松山町・柳沢治三郎・四十八円・五十八円、柳沢源次郎・十円、熊谷町・柳沢伝吉・五十一円、本庄町・柳沢勘次郎・十五円・四十二円、秩父町・柳沢亀之助・六十六円・六十一円」あり。

柳澤 ヤナギサワ 各市町村に存す。

蜻 ヤナギサワ 吹上に存す。

裄V ヤナギサワ 狭山、行田、吹上、皆野、都幾川等に存す。

柳下 ヤナギシタ 新座郡下新倉村に存す。ヤギシタ参照。

柳島 ヤナギシマ 足立郡柳島村(草加市)、葛飾郡上柳村字柳島、埼玉郡上手子林村字柳島、久喜町字柳島、秩父郡大宮郷字柳島あり。

一 埼玉郡下新田村(羽生市) 羽黒社天保七年石華表碑に柳島八木右衛門、明治十一年水鉢に柳島市之助・柳島寅次郎。酒巻村八幡社慶応三年八海山碑に下新田柳島市之助あり。四戸現存す。

二 入間郡福岡新田(上福岡市) 長宮氷川社明治二十七年正殿碑に福岡新田柳島米五郎あり。現存無し。

柳世 ヤナギセ 上里に存す。

柳瀬 ヤナギセ 児玉に存す。

柳園 ヤナギゾノ 川越に存す。

柳北 ヤナキタ 川越に存す。

柳太 ヤナギタ 志木に存す。

柳田 ヤナギダ 田は郡県・村の意味。物部族集落を称す。矢条、矢那条参照。小名柳田は、埼玉郡越ヶ谷宿、砂原村、瓦曽根村、足立郡浦和宿、堤崎村、入間郡沢木村、藤馬村、横沼村、高麗郡小久保村、横見郡万光寺村、榛沢郡武蔵野村等にあり。○群馬県吾妻郡中之条町十五戸。○栃木県芳賀郡二宮町五十戸、河内郡上三川町五十八戸、真岡市八十八戸、足利市百戸。○茨城県稲敷郡茎崎町二十九戸、新治郡新治村十五戸、真壁郡協和町四十三戸、真壁町二十戸、猿島郡総和町二十四戸。○千葉県印旛郡富里町十九戸。○神奈川県中郡大磯町七十戸。○新潟県小千谷市六十戸。○福島県安達郡大玉村十七戸、郡山市二百戸。○秋田県仙北郡仙北町二十二戸。○青森県三戸郡田子町十六戸、弘前市四十七戸あり。ヤナギタとも称す。

一 鉢形城士の柳田氏 鉢形分限帳に「本国信州追分・柳田源蔵、本国越前池田・柳田八右衛門」あり。長野県北佐久郡追分村(軽井沢町)及び福井県今立郡池田村(池田町)に現存無し。分限帳の本国は信用できず。

二 忍城士の柳田氏 成田分限帳に「十五貫文・柳田杢兵衛、十三貫文・柳田藤重郎」あり。

三 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「十五俵二人扶持・柳田庄意」あり。

四 葛飾郡千塚村(幸手市) 真乗院正徳五年鐘銘に柳田平吉。一戸現存す。

五 同郡円藤内村(幸手市) 千塚村宝蔵寺慶応二年筆子碑に円藤内村・柳田伊三郎・柳田要蔵・柳田弁蔵・柳田忠八・柳田菊五郎・柳田市太郎・柳田武八・柳田栄蔵。香取社明治二十六年碑に柳田栄蔵あり。六戸存す。

六 埼玉郡伊勢野村(八潮市) 天神社文政頃御神燈に柳田仙右衛門・柳田三蔵・柳田三郎右衛門。明治九年副戸長柳田仙右衛門・文政元年生。明治三十年人名録に潮止村長柳田慶三郎・安政六年生・地租五十九円。昭和三年興信録に「潮止村・柳田貞三・所得税九円」あり。三戸現存す。

七 同郡岩槻町 加倉村浄国寺元禄九年庚申塔に市宿町柳田助右衛門、元禄十一年棟札に岩付惣檀那柳田伝兵衛あり。

八 同郡久喜町 明治四年久喜新町五人組帳に柳田要蔵あり。

九 足立郡川口町 昭和三年興信録に「川口町・柳田昌雄・所得税二百二十一円」あり。

一〇 同郡芝村(川口市) 文政三年成就庵筆子帳にツルガ丸柳田宇吉。鶴ヶ丸八幡社弘化二年幟碑に鶴ヶ丸柳田弥四郎、文久三年石華表に伊刈村柳田弥四郎。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に芝村柳田弥四郎。太田窪村行弘寺万延元年碑に八幡宮柳田弥四郎。慈星院明治十年碑に柳田弥四郎・柳田仙太郎。鶴ヶ丸八幡社明治四十年碑に芝村柳田林蔵あり。六戸現存す。

一一 同郡大成村(大宮市) 円阿弥村日枝社慶応二年算額に大成柳田徳太郎あり。九戸現存す。

一二 同郡並木村(大宮市) 与野町一山神社明治三十五年碑に並木・柳田幸太郎・柳田弥太郎。氷川社明治三十八年碑に柳田幸太郎・柳田弥太郎あり。八戸現存す。

一三 同郡上野村(上尾市) 当村元禄六年庚申塔に上野村・柳田忠兵衛・柳田善兵衛・柳田六左衛門・柳田伝左衛門・柳田又兵衛。明治五年組頭柳田権右衛門。平方村橘神社明治三十年御神燈に大字上野柳田留蔵・柳田平蔵あり。十四戸現存す。

一四 入間郡大井村 明治二十三年稲荷講に大井中組柳田卯之助あり。現存無し。

一五 同郡鶴馬村(富士見市) 明治五年大工職柳田音松あり。

一六 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に柳田惣次郎(提灯商)。三芳野神社明治四十年碑に南町柳田宗次郎。昭和三年興信録に「川越市・柳田惣次郎・所得税十三円・営業税十四円」あり。

一七 比企郡唐子村(東松山市) 正直村氷川社天保十五年水鉢に唐子村柳田留次郎あり。現存無し。

一八 横見郡松崎村(吉見町) 御所村安楽寺弘化五年供養塔に松崎村柳田竹治郎・柳田茂兵衛。岩室観音堂嘉永三年水鉢に松崎村柳田鉄五郎。明治九年副戸長柳田辰蔵・天保三年生。上岡妙安寺観音堂明治三十一年碑に松崎柳田晴吉あり。七戸現存す。

一九 同郡北下砂村(吉見町) 氷川社文政八年碑に柳田久右衛門あり。現存無し。

二〇 大里郡熊谷町 宝暦十年本町南屋敷持主柳田吉郎兵衛。嘉永元年文書に柳田吉郎兵衛。明治三十五年鉄物商かなや柳田吉郎兵衛あり。

二一 幡羅郡葛和田村(妻沼町) 熊谷町高城神社寛文十年文書に「葛和田村柳田七左衛門は病気祈願す」。神明宮明治十一年御嶽碑に柳田辰五郎あり。現存無し。

二二 榛沢郡岡村(岡部町) 当村に此氏多く存す。南寅稲荷社嘉永二年碑に柳田利吉。北寅稲荷社元治元年百庚申に柳田文吾・柳田六左衛門・柳田利吉・柳田森蔵・柳田熊次郎。明治九年副戸長柳田長八.。明治二十一年皇国武術英名録に「書画、詩、武術、榛沢郡岡村、姓源氏、柳田酉五郎東洲」。南寅稲荷社明治三十二年碑に当所・柳田由太郎・柳田源太郎・柳田竹五郎・柳田金弥・柳田悠作・柳田寅吉。昭和三年興信録に「榛沢村(岡部村の書誤り)柳田酉五郎・所得税十五円」あり。

二三 賀美郡長浜村(上里町) 下郷長幡部神社明治四十三年水鉢に柳田利七あり。五戸現存す。

二四 同郡五明村(上里町) 御嶽社明治四十一年碑に柳田忠平。現存無し。

二五 秩父郡大宮郷 文政十年松本日記に宮地質や柳田平吉。明治三年質屋柳田平吉・三十四歳・田畑六町三反歩所有。昭和三年興信録に「秩父町・柳田繁・所得税十円」あり。宮地に一戸現存す。

蜩c ヤナギダ 熊谷、岡部等に存す。

柳平 ヤナギダイラ 川口、白岡、入間、所沢、東松山、深谷等に存す。○長野県茅野市百二十戸あり。

蝠ス ヤナギダイラ 春日部に存す。

柳武 ヤナギタケ 朝霞に存す。

柳館 ヤナギダテ 各市町村に存す。○秋田県北秋田郡比内町六戸、鹿角郡小坂町七戸、鹿角市八十二戸あり。

柳舘 ヤナギダテ 三郷に存す。

柳谷 ヤナギタニ 浦和、大宮、川口、与野、久喜、所沢等に存す。

蜥J ヤナギタニ 越谷に存す。

柳坪 ヤナギツボ 所沢に存す。

柳鶴 ヤナギツル 庄和に存す。

柳寺 ヤナギデラ 浦和に存す。

柳戸 ヤナギド 高麗郡三ツ木村字柳戸(鶴ヶ島市)あり。

一 高麗郡飯能町 昭和三年興信録に「飯能町・柳戸源一郎・所得税十六円」あり。

二 同郡青木村(飯能市) 中山村智観寺明治十八年馬鳴菩薩信徒録に青木村柳戸多七・柳戸兼吉・柳戸源太郎・柳戸鍋吉あり。十五戸現存す。

柳沼 ヤナギヌマ 各市町村に存す。ヤギヌマ参照。

柳野 ヤナギノ 入間郡下富村字柳野あり。川口、鶴ヶ島、小川等に存す。

柳之内 ヤナギノウチ 朝霞に存す。

柳之宮 ヤナギノミヤ 埼玉郡柳之宮村(八潮市)、同郡戸室村字柳之宮、同郡鴻茎村字柳宮あり。

柳葉 ヤナギバ 蕨、春日部、越谷等に存す。福島県いわき市二十一戸あり。

柳場 ヤナギバ 越谷、坂戸等に存す。

柳橋 ヤナギバシ 小名柳橋は、葛飾郡千塚村、埼玉郡飯塚村、下新井村、上羽生村、入間郡長瀬村、伊佐沼村、寺井村等にあり。各市町村に存す。○茨城県那珂郡那珂町四十二戸、東茨城郡常北町三十戸、ひたちなか市四十三戸。○千葉県山武郡横芝町十四戸。○長野県小県郡東部町十七戸。○山形県尾花沢市四十戸。○秋田県由利郡西目町六十八戸あり。

一 男衾郡富田村(寄居町) 明治十六年常盤連人銘録に俳人柳橋軍次・号碧潭あり。九戸現存す。

柳浜 ヤナギハマ 三郷に存す。

柳林  ヤナギバヤシ 各市町村に存す。○茨城県東茨城郡内原町十四戸、真壁郡真壁町八戸、水戸市三十四戸あり。

柳原 ヤナギハラ 葛飾郡樋籠村字柳原(春日部市)天満宮明和五年碑に葛飾郡幸手領柳原村と見ゆ。小名柳原は、葛飾郡権現堂村、埼玉郡笹久保村、小林村、芋茎村、下谷村、中里村、城村、大谷村、横根村、越ヶ谷宿、佐間村、下川上村、郷地村、足立郡大針村、小針新宿村、小針内宿村、新曽村、入間郡大中居村、府川村、森戸村、下新河岸村、大塚村、比企郡田木村、越畑村、榛沢郡折之口村、幡羅郡妻沼村、男沼村、道ヶ谷戸村、江袋村、善ヶ島村、上須戸村等にあり。○秋田県仙北郡協和町三十三戸。○岩手県稗貫郡石鳥谷町五十五戸。○島根県隠岐郡五箇村二十四戸、飯石郡三刀屋町十三戸、松江市二十三戸あり。

一 丹党柳原氏 神川町史に「丹党、柳原」と見ゆ。上吉田村住人か。

二 葛飾郡下高野村(杉戸町) 明治四年組頭柳原善六あり。現存無し。

三 埼玉郡菖蒲町 明治三十五年荒物商柳原関太郎あり。現存無し。

四 入間郡鶴馬村(富士見市) 明治五年屋根職柳原多四郎あり。現存無し。

五 秩父郡小柱村(大宮市) 当村に此氏の旧家あり。四戸現存す。

六 同郡三山村(小鹿野町) 三田川の歩みに「三山の柳原氏は由緒ある旧姓なり」と見ゆ。三戸現存す。

七 同郡上吉田村(吉田町) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長柳原茂三郎・天保二年生。明治二十九年郡会議員柳原石助あり。

蛹エ ヤナギハラ 新座、所沢に存す。

桺原 ヤナギハラ 皆野に存す。

柳秀 ヤナギヒデ 幸手に存す。

柳平 ヤナギヒラ 所沢に存す。

柳渕 ヤナギブチ 宮城県登米郡米山町十二戸あり。

柳淵 ヤナギブチ 三芳に存す。

柳堀 ヤナギボリ 各市町村に存す。○茨城県鹿島郡神栖町二十四戸。○千葉県香取郡東庄町六十二戸あり。

柳町 ヤナギマチ 各市町村に存す。○茨城県行方郡麻生町二十六戸、稲敷郡新利根町四十戸。○長野県埴科郡戸倉町十六戸、更埴市三十戸。○青森県八戸市九十戸あり。

柳村 ヤナギムラ 川口、草加、岩槻等に存す。岩手県岩手郡滝沢村三十三戸あり。

柳元 ヤナギモト 各市町村に存す。

一 川口町 昭和三年興信録に「川口町・柳元春平・所得税七十円・営業税八十四円」あり。

柳本 ヤナギモト 各市町村に存す。○山梨県北巨摩郡双葉町七十戸。○岩手県岩手郡岩手町十七戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「七百石・本国丹波生国肥前唐津・柳本九右衛門・三十七歳」あり。

蝟{ ヤナギモト 戸田、新座に存す。

柳谷 ヤナギヤ 各市町村に存す。○秋田県北秋田郡鷹巣町十四戸、阿仁町十一戸、能代市三十四戸。○青森県下北郡大間町十四戸、東津軽郡三厩村三十六戸、むつ市百三十戸、八戸市六十八戸、青森市二百戸あり。

柳屋 ヤナギヤ 昭和三年興信録に「浦和町・柳屋勉治・所得税十七円」。

柳山 ヤナギヤマ 大宮、川越等に存す。秋田県北秋田郡森吉町十四戸あり。

柳渡 ヤナギワタリ 深谷に存す。

柳杭田 ヤナクイダ 新座に存す。岩手県九戸郡大野村十二戸あり。

柳郷 ヤナゴウ 杉戸に存す。

柳崎 ヤナザキ 新座、草加に存す。

柳沢 ヤナサワ 川越に存す。

柳路 ヤナジ 草加に存す。

梁次 ヤナジ 草加に存す。

梁治 ヤナジ

一 埼玉郡立野堀村(草加市) 慈尊院天保十三年供養塔に梁治吉□衛門あり。一戸現存す。

二 同郡小作田村(八潮市) 明治九年副戸長梁治権次郎・天保九年生。明治三十年人名録に梁治富五郎・文久二年生・地租八十円あり。現存無し。

柳下 ヤナシタ 浦和、上尾、蕨、川越、所沢等に存す。ヤギシタ参照。

梁島 ヤナシマ 各市町村に存す。栃木県下都賀郡壬生町六十五戸あり。

梁嶋 ヤナシマ 与野に存す。

簗島 ヤナシマ 岩槻、所沢等に存す。

簗嶋 ヤナシマ 岩槻に存す。

柳清 ヤナセ 蕨に存す。

一 埼玉郡忍町 昭和三年興信録に「柳清秋太郎・所得税二十一円・営業税五十六円、柳清卓蔵・所得税九円・営業税三十三円」あり。現存無し。

柳瀬 ヤナセ 矢那瀬の佳字にて瀬は砂鉄の採取できる川添の所。物部族鍛冶集落を称す。矢条、矢那条参照。入間郡柳瀬川添の十四ヶ村は柳瀬庄(所沢市)を唱える。足立郡前砂村字柳瀬あり。

一 忍城士の柳瀬氏 成田分限帳に「五十貫文・柳瀬吉右衛門、三十六貫文・柳瀬吉左衛門」あり。

二 旗本五味備前守家臣 入間郡小谷田村東光寺延宝二年鐘銘に「小谷田郷領主旗本五味備前守豊直家臣、柳瀬加兵衛」あり。

三 埼玉郡越ヶ谷宿 剣術家木原周輔門人帳に慶応四年・越ヶ谷宿柳瀬長次郎。明治三十五年割烹店柳瀬芳造・染物業柳瀬勝造・理髪店柳瀬浅吉。昭和三年興信録に「柳瀬梅之助・所得税百四十円・営業税百二十二円」あり。

四 同郡大越村(加須市) 小浜村地蔵院元禄八年百番観音に施主大越村柳瀬市平あり。現存無し。

五 同郡羽生町 明治三十五年に柳瀬秀建あり。

六 同郡忍町 明治三十五年寿司や柳瀬京蔵あり。

七 同郡犬塚村(南河原村) 光照院弘化二年馬頭尊に柳瀬嘉右衛門あり。四戸現存す。

八 足立郡下石戸下村(北本市) 信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に武州足立郡下石戸村柳瀬伝次郎。明治三十九年三峰山講に下石戸上下組柳瀬幸吉あり。五戸現存す。

九 横見郡上砂村(吉見町) 氷川社明治二十九年御神燈に柳瀬伝三郎あり。一戸現存す。

一〇 比企郡青山村(小川町) 桃木村八幡社明治十四年筆子碑に青山村柳瀬芳五郎あり。六戸現存す。

一一 同郡中爪村(小川町) 普光寺嘉永五年算額に当所柳瀬芳蔵あり。一戸現存す。

一二 榛沢郡深谷町 明治三十五年ブリキ屋柳瀬源三郎。昭和三年興信録に「深谷町・柳瀬市郎・所得税三十一円・営業税五十六円、柳瀬繁蔵・所得税十一円・営業税三十三円」あり。梁瀬条参照。

一三 幡羅郡原郷(深谷市) 字木ノ本寛政十年供養塔に柳瀬角兵衛。上野台村光厳寺文政九年水鉢に原ノ郷村柳瀬彦右衛門、天保十一年供養塔に原ノ郷村柳瀬彦右衛門。信州木曽御嶽山清滝不動尊弘化四年碑に中仙道深谷並木町柳瀬彦右衛門。中仙道東入口稲荷町明治初年常夜燈に柳瀬彦作。上野台村八幡社明治五年筆子碑に木ノ本柳瀬保太郎。田島村明治八年富士嶽碑に原郷村柳瀬彦策・柳瀬美喜造。明治九年戸長柳瀬彦作・弘化二年生。明治十八年最上農名簿に柳瀬禎治・耕宅地五町三反歩・山林三町六反歩所有。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幡羅村原郷柳瀬彦左衛門。幡羅村会議員に柳瀬半次郎・万延元年生、柳瀬禎治・明治十一年生、柳瀬藤作・明治十一年生、柳瀬武一・明治二十七年生あり。十八戸現存す。

一四 那賀郡猪俣村(美里町) 庚申塚万延元年碑に柳瀬千代松・柳瀬佐十郎。二柱神社明治十三年水鉢に柳瀬甚内・柳瀬徳三郎。児玉記考に「柔術家柳瀬半左衛門、真神道流の元祖山本尚玄より十代の柔術家にして、傍ら接骨術を施し、又諸礼式に通じ指南門弟四百余名を薫陶す」と見ゆ。三戸現存す。

梁瀬 ヤナセ 矢那瀬の佳字にて、物部族鍛冶集落を称す。秩父郡藤谷淵村字梁瀬(長瀞町)は、宝登山神社明治七年彫刻奉納に当村梁瀬と見ゆ。群馬県高崎市四十二戸。山形県最上郡真室川町四十七戸あり。

一 埼玉郡門井村(行田市) 鷺栖神社明治八年御神燈に当所梁瀬清左衛門・梁瀬長左衛門。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北埼玉郡門井村梁瀬定右衛門。三戸現存す。

二 大里郡佐谷田村(熊谷市) 永福寺文化十年馬頭尊に当所柳瀬文五郎・柳瀬清蔵。長福寺弘化三年馬頭尊に梁瀬伝左衛門。佐谷田神社安政二年水鉢に梁瀬伝左衛門、明治二年塞神碑に柳瀬喜兵衛。明治九年副戸長梁瀬六右衛門・文政九年生あり。十一戸現存す。

三 榛沢郡深谷町 上野台村光厳寺天保十一年供養塔に深谷宿梁瀬吉右衛門。滝宮神社明治三十三年碑に深谷宿本町仲町氏子梁瀬弥三郎(太物商)・梁瀬由五郎(ランプ商)。呑龍院明治四十五年馬頭尊に深谷町梁瀬由五郎。昭和三年興信録に「梁瀬弥三郎・所得税四百六十七円・営業税二百二十四円」。深谷町会議員梁瀬行弥・明治四十三年生あり。

四 同郡東大沼村(深谷市) 深谷町会議員陶器製造業梁瀬真一郎・明治二十六年生あり。現存無し。

五 同郡西大沼村(深谷市) 深谷町会議員梁瀬安太郎・明治二十七年生。昭和三年興信録に「深谷町・梁瀬安太郎・所得税四十二円・営業税六十四円」あり。三戸現存す。

簗瀬 ヤナセ 比企郡松山町字簗瀬(東松山市加美町)は古の村名にて、宝暦九年地蔵尊に柳瀬村と見ゆ。各市町村に存す。栃木県矢板市四十五戸。秋田県雄勝郡雄勝町四十四戸あり。

一 忍城士の簗瀬氏 成田分限帳に「十五貫文・簗瀬信濃」あり。別本に築瀬と見ゆ。

箙瀬 ヤナセ 昭和三年興信録に「熊谷町・箙瀬ふき・所得税九円・営業税三十三円」あり。二戸現存す。

矢那瀬 ヤナセ 物部族鍛冶集落を称す。矢条、矢那条参照。秩父郡矢那瀬村(長瀞町)あり、元亨四年秩父神社文書に野那せ郷と見ゆ。

一 鉢形城士の矢那瀬氏 鉢形分限帳に「本国肥前神崎・矢那瀬大学」。佐賀県神埼郡に現存無し。分限帳の本国は信用出来ず。鉢形古城記に「天正十八年、鉢形城には家人旗下の城将を込置守せ、助かる家臣には白久平三郎・堀切彦之丞・簗瀬大学・金尾弥兵衛・小園藤次郎」と見ゆ。五人は出身地の村名を名乗り、是は苗字にあらず。矢那瀬村虎ヶ岡城主矢那瀬大学は鉢形落城後に虎ヶ岡城下の根古屋に帰農して本名野原氏に複姓す。矢那瀬村に野原氏二十二戸存す。また、秩父案内記に「矢那瀬大学、野上村土着、後に野原と改む」とあり。野上下郷に野原氏七戸存すが、此の説は誤りなり。

二 榛沢郡用土村(寄居町) 此氏は古代以来当村居住の苗字にて、在名矢那瀬大学の後裔説は附会なり。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位妙金禅定尼・武州榛沢郡用土村柳瀬□□□立之・寛永八年九月十四日(供養依頼日)」。母或は妻の生前供養を依頼す。下宿阿弥陀堂文政五年地蔵尊に矢那瀬兵右衛門。名主矢那瀬小次郎(天保十四年没)―小三郎(明治三年没)―兵次郎(明治二十九年没)―亀三郎(大正十三年没)。明治十三年仙元碑に当村矢那瀬亀三郎・矢那瀬兼吉あり。五戸現存す。

柳迫 ヤナセコ 越谷に存す。

梁田 ヤナダ 物部族集落を称す。矢条、矢那条参照。浦和、大宮、川口、与野、戸田、越谷、朝霞等に存す。

簗田 ヤナダ 各市町村に存す。○秋田県仙北郡六郷町十二戸、西木村九戸。○岩手県紫波郡紫波町十六戸。○青森県三戸郡田子町十八戸、上北郡天間林村二十七戸あり。

一 平姓簗田氏 児玉郡梅沢郷(本庄宿字梅沢)の地頭なり。下野国足利庄簗田郷(足利市簗田町)より起る。与五将軍系図(茨城県猿島郡五霞町東昌寺所蔵)に「与五将軍維茂(鎮守府将軍)―与五将軍良衡(住江州領久田郡与五里)―与五将軍貞衡―久田河内前司助衡―久田河内前司家助―久田河内守義助(住下野国簗田郡)―簗田勘解由左衛門尉氏助(正治年中、畠山六郎と由井浜に於て一戦、畠山兵庫忠光を討捕り、忠光所領の武州児玉郡之内梅沢郷を軍功之賞給ふ)―中務大輔俊助―右京亮経助(貞治年中、河越次郎と比企郡岩戸山に於て一戦、為軍功賞、下武蔵国小沢郷給ふ)―勘解由左衛門尉良助(従足利持氏)―河内守満助(下総国関宿城主、永享十年討死)―河内守持助(文明十四年卒)―中務大輔成助―河内守高助(天文十九年卒)―中務大輔晴助(文禄三年卒。弟に芳春斎順甫、一宮民部大輔、平四郎左近将監助綱、平九郎蔵人助清)―八郎持助―平七郎貞助(家康に仕へ、元和元年大坂御陣討死)―女子(平七郎領知千石賜)―平七郎助政。成助の弟下野守孝助―下野守基助―下野守助孝。下野守孝助の弟右京亮政助―近江守基良―右京亮助良」と見ゆ。下総国郡山郷水海村三島神社(茨城県猿島郡総和町)文亀三年鰐口銘に「大旦那平右京亮正助」あり、持助の三男右京亮政助なり。永禄三年関東幕注文に「古河衆、簗田(晴助)・水あをい三本たち、同下野守・水あをい二本たち、同右京亮・同紋、同平四郎・同紋、同平九郎・同紋、一宮河内守・二ひきりゃう」と見ゆ。

二 女影郷の地頭簗田氏 永禄四年北条家高麗郡女影郷納所分書立に「参貫文・簗田分」と見ゆ。

柳武 ヤナタケ 宮代に存す。

柳館 ヤナダテ 浦和、狭山等に存す。

柳詰 ヤナヅメ 大宮、新座等に存す。

梁取 ヤナトリ 各市町村に存す。新潟県中蒲原郡村松町三十七戸。福島県南会津郡只見町四十七戸あり。

一 忍城士の梁取氏 成田分限帳に「三十五貫文・梁取刑部、三十貫文・梁取肥後次郎、十五貫文・梁取彦次郎」。

簗取 ヤナトリ 新座、川越等に存す。

柳通 ヤナトリ 浦和に存す。新潟県白根市七戸あり。

柳沼 ヤナヌマ 川口、狭山等に存す。

簗場 ヤナバ 埼玉郡上之村字簗場、秩父郡太田部村字簗場あり。川口、鴻巣、鳩ケ谷、越谷、志木、鶴ヶ島等に存す。○岩手県岩手郡雫石町三十戸。○青森県上北郡七戸町十戸、十和田市三十八戸あり。

柳橋 ヤナハシ 志木、大利根に存す。

柳原 ヤナハラ 浦和、飯能に存す。新潟県燕市二十六戸あり。

柳平 ヤナヒラ 狭山、鶴ヶ島に存す。

柳父 ヤナブ 浦和、与野に存す。

谷辺 ヤナベ 葛飾郡才羽村(杉戸町)に一戸現存す。字内谷明治三十年鳥居碑に才羽字内谷・谷辺清四郎・谷辺喜三郎・谷辺源四郎あり。

柳部 ヤナベ 大宮に存す。

柳堀 ヤナボリ 三郷に存す。

矢浪 ヤナミ 北本、越生、坂戸等に存す。福島県田村郡船引町七戸あり。

柳美澤 ヤナミサワ 朝霞に存す。

柳本 ヤナモト 浦和、大宮、岩槻、越谷、三郷、吉川等に存す。

梁本 ヤナモト 草加に存す。

簗本 ヤナモト 八潮、川越等に存す。

矢成 ヤナリ 浦和、八潮等に存す。

矢鳴 ヤナリ 入間に存す。

家成 ヤナリ 大宮に存す。

矢庭 ヤニワ 春日部に存す。

矢貫 ヤヌキ 蕨、新座、飯能に存す。

矢沼 ヤヌマ 沼(ぬ)は野(ぬ、の)の転訛にて、矢野に同じ。

一 児玉郡本庄町 明治三十五年建具屋矢沼七太郎あり。二戸現存す。

二 賀美郡七本木村(上里町) 字古新田安永二年碑に矢沼惣右衛門。当村石川流木村源蔵(天保十年没)門人に七本木小新田村矢沼鷲五郎・矢沼藤四郎。西富田村宥宝寺明治十二年碑に七本木村矢沼頼三・矢沼春吉。明治二十一年皇国武術英名録に奥山念流剣術七本木村矢沼織衛あり。十一戸現存す。

三 同郡勅使河原村(上里町) 矢沼九郎左衛門は元禄十六年に奥山念流を相伝す、其子権兵衛なり(子孫矢沼菊次)。安永九年勅使河原村家名附に「中原・矢沼九郎左衛門・矢沼彦兵衛・矢沼忠八・矢沼新右衛門・矢沼権八・矢沼善六」。万延元年勝場村庚申塔に矢沼勘七.。明治九年立会人矢沼権八あり。四戸現存す。

屋祢佐 ヤネサ 大宮に存す。

家根谷 ヤネヤ 大宮、志木等に存す。

矢之 ヤノ 之・野は助詞なり。矢は物部の別称にて、物部族の集落を矢・谷(や)と称し、矢之・谷之・矢野・谷野(やの)とも称す。秩父郡寺尾村字矢之に矢之堂あり。同郡蒔田村字矢ノ村あり。

谷之 ヤノ 男衾郡本田村教念寺康暦元年十月一日寄進状に「本田御道場へ寄進申田之事、右所は、やのかうのうち彦四郎名の田二丁二反の事、江田彦二郎貞康花押」と見ゆ、教念寺附近を谷ノ郷と唱えたか。当村に小名百済木あり、百済族の渡来地なり。榛沢郡谷之村(深谷市)あり、谷村(やのむら)とも書く、正保年間田園簿に谷之村と見ゆ。埼玉郡谷郷(行田市)あり、田園簿に谷村(やのむら)、元禄郷帳に谷之郷と見え、今は谷郷(やごう)と称す。

弥野 ヤノ 上尾に存す。

箭野 ヤノ 川口、大宮、上尾、戸田、草加、栗橋等に存す。

谷野 ヤノ 各市町村に存す。栃木県今市市十八戸あり。タニノ参照。

矢埜 ヤノ 浦和、大宮等に存す。

矢野 ヤノ 野は助詞、矢は物部の別称にて、物部族の集落を矢野・谷野と称す。矢条参照。○群馬県吾妻郡長野原町二十二戸、碓氷郡松井田町二十五戸、高崎市四十戸、富岡市五十戸。○栃木県塩谷郡喜連川町十六戸、高根沢町二十四戸、芳賀郡茂木町七十四戸、鹿沼市六十三戸。○千葉県夷隅郡大原町二十七戸。○山梨県東八代郡御坂町四十六戸。○長野県伊那市五十五戸。○新潟県東頸城郡安塚町十七戸。○山形県天童市四十二戸。○秋田県平鹿郡雄物川町十四戸、雄勝郡羽後町二十二戸、大曲市三十六戸。○島根県簸川郡斐川町五十戸、松江市七十六戸、出雲市八十戸あり。

一 三善氏族矢野氏 源頼朝の家臣にて鎌倉幕府問注所執事三善康信―加賀守康俊、弟大田民部大夫康連、其の弟行倫―矢野対馬守倫重―倫長あり。鎌倉円覚寺文書に「徳治二年五月、北条時宗大斎結番・矢野民部大夫」。「建武元年、寺社方管領矢野伊賀入道善久」。金沢文庫に「元徳二年三月二十四日、矢野伊賀入道善久(俗名倫綱)二男加賀権守、信濃入道(太田時連)孫子勘解由判官、寺社京下奉行に被成候」。矢部定藤軍忠状に「暦応三年五月、去年四月二十三日下総駒館・野口之合戦之時、致軍忠之条、矢野弥次郎・大田民部見知了。二十七日夜御敵打出堀口之間、矢野彦九郎見知了。今年五月二十六日致合戦之条、矢野壱岐蔵人見知了。高師冬花押」。円覚寺文書に「貞治三年十二月二十三日、鎌倉府奉行人矢野左近将監政親奉書」あり。

二 武蔵国の地頭矢野氏 前項と同族なり。橘行貞打渡状写(正木文書)に「建武二年十一月九日、武蔵国内矢野伊賀入道善久跡所領事、小泉郷・男衾郡内、須江郷・比企郡内、片楊郷・足立郡内、久米宿在家六間・多東郡内、右を岩松経家跡代官に打ち渡す」と。但し、本文書は検討を要す。男衾郡小泉郷は今市村(寄居町)の児泉神社附近、比企郡須江郷(鳩山町)、足立郡片柳郷(大宮市)、多摩郡久米宿(東村山市)なり。男衾郡本田村教念寺文書に「康安二年六月六日、奉寄進教念寺。武蔵国男衾郡小泉郷地頭職事、同国崎西郡鎌塚郷(吹上町)矢野加賀五郎・同又五郎知行跡半分之事、所寄附之状如件、左兵衛督源朝臣花押(足利基氏)」。花押は新田義貞のものに酷似し、本文書は検討を要す。

三 惣社長尾氏重臣の矢野氏 大石系図に「大石顕重(母上杉持朝女)―定重(母矢野安芸守範泰女)」。鎌倉大草紙に「文明三年三月日、古河公方足利成氏は伊豆三島に足利政知を攻む。上杉の被官矢野安芸入道は政知に加勢す。文明五年十一月、扇谷上杉の家務は太田道灌、山内上杉の家務は長尾尾張守忠景に申付らる」。比企郡鎌形村八幡社鐘銘(嵐山町)に「文明十一年己亥八月九日、武州比企郡釜形郷八幡宮鐘、大旦那矢野安芸守、(二十七名)」あり。安芸守は三十五項の八幡社別当本山派修験石橋坊(本名矢野氏)の出身か。縁故の無い村に大旦那として奉納したとは考えられず、即ち当村出身にて、八項・九項の伊勢国矢野村発祥説は地名附会であろう。内閣文庫に「明応三年七月二十一日、上杉同名再乱のはじめ、八月十五日多摩郡関戸要害没落、九月十九日相州玉縄要害没落、矢野右馬助討死」。明応七年頃鎌倉雲頂庵文書に「矢野前安芸守憲信永盛」。足利鑁阿寺文書に「六月九日、比企郡戸守郷事、謹上浄土院御報、前安芸守憲信花押」、ウハ書に矢野前安芸守憲信とあり。矢野憲信入道永盛は関東管領山内上杉氏の家宰惣社長尾忠景の代官として武蔵国神奈川郷(横浜市神奈川区)に在住し、長尾家領内の文書を発給す、文亀頃に没し、其子安芸入道憲俊が継ぐ。鑁阿寺文書に「上野国惣社の長尾孫太郎代官矢野安芸入道(憲俊)」。上杉朝良の被官上田蔵人入道政盛が北条早雲に味方して神奈川郷権現山城に籠った為に、朝良は是を攻め落とす。鎌倉九代記に「永正七年七月十一日、上田蔵人が籠る神奈川権現山へ、上杉憲房より加勢として長尾孫太郎が名代矢野安芸入道等発向す」と見ゆ。

  北条氏家臣の矢野氏  神奈川郷は享禄・天文頃に北条氏の支配となり、矢野氏は北条氏に従う。紀伊国古文書所収・藩中古文書(戦国遺文)に「十月二十五日、彼下地者神奈川代官云々、矢野右馬助殿、為昌花押」、北条為昌は天文十一年五月死す。同文書に「天文二十四年乙卯正月二十一日、矢野右馬助息与次郎相論之事、父譲状も無之処・号一跡約諾、父子相論致儀、言語道断非分候、為始神奈川郷相拘候所々、何も父右馬助任心次第、彦六に可譲与候、矢野右馬助殿、評定衆石巻下野守花押」。「天文二十四年乙卯二月五日、矢野右馬助一跡之事、卯正月公事事、任父右馬助譲為始神奈川郷、彦六可致相続候、矢野彦六殿、氏康花押」。永禄二年小田原役帳に「百貫文・武州神奈川・矢野彦六」。彦六は二代目右馬助となり、のち安芸守を称す。藩中古文書に「卯月十四日、物主矢野右馬助被仰付候、遠山衆之儀者彼家中衆可為下知次第候、矢野右馬助殿、北条氏規花押」。山本文書(越前史料所収)に「五月八日、矢安(矢野安芸守)三浦郡走水台(横須賀市)へ乗上、目之下に見被申敵三十艘に貴殿舟十六艘にて勝利之義、矢安被申上候、山本太郎左衛門尉殿、井出時吉・幸田昌重花押(北条家奉行)」と見ゆ。九項参照。

五 白井長尾氏重臣の矢野氏 上野国白井城主長尾景春の臣にて、鎌倉大草紙に「文明九年正月、山内上杉顕定・憲房・扇谷上杉定政三人小勢にて、景春を退治すべしとて、太田道真を殿にて利根川を渡る。同年四月、長尾景春一味の吉里宮内左衛門尉以下、矢野兵庫助を大将として河越の城押の為、苦林(毛呂山町)と云所に陣を取る。是を見て河越に籠る太田道灌、上田等、四月十日に打出ければ、矢野兵庫助其外小机城主、勝原(坂戸市勝呂)と云所に馳出合戦しける。敵は矢野を初として皆悉く打負、深手負て引退く」。小金本土寺過去帳(松戸市)に「矢野兵庫助・河辺彦倉」とあり。十六項の葛飾郡彦倉村(三郷市)出身の日蓮宗信徒なり。また、別家の人にて、上野国志に「群馬郡中白井の臨済宗空恵寺に長尾氏代々の石碑あり。宣観上座・長尾家老矢野藤右衛門・文明十六年二月十三日」とあり。此人は碓氷郡松井田町出身か。

六 赤見氏族矢野氏 北条家朱印状写(相州文書所収・高座郡権左衛門所蔵)に「天正十二年甲申三月二十三日、松井田之内矢野伊賀給田十七貫余之所被下旨、被仰出者也、間宮宗甫奉之」と、権左衛門先祖が賜る。松井田に矢野氏多く存す、伊賀は藤右衛門の後裔か。碓氷郡(安中市)に赤見氏多く存し、赤見山城守は矢野伊賀の名跡を継承して矢野山城守を名乗るか。白井城主長尾景春―景英―景誠―左衛門尉憲景・号一井斎―輝景にて、憲景は元亀三年武田信玄に攻められ、天正元年謙信が城を取還して、憲景再び還住し、後に小田原北条氏に仕える。師岡家略系に「十二月五日(弘治二年カ)、今度自高山(藤岡市)罷除候付而、貴殿御使者として同道候処、被為抽我等に被付添御神妙之段、氏康へも申断候、赤見山城守殿、沼田・康元花押(康元は氏康の舎弟玄庵と申人也、此山城は泰據也)」。名胡桃城下の赤見昌徳文書(利根郡月夜野町下津)に「十二月二十八日(弘治二年カ)、本意之上、於上州、望之知行可出置候、赤見山城守殿、氏康花押(相州屋形氏康御判、此山城は七郎右衛門親也)」。赤見文書に「天正十年壬午七月十五日、任望知行可被宛行旨、被仰出者也、赤見殿、安房守奉之(相州屋形氏直之御朱印、是は上州中山之城に罷在候内)」。師岡家略系に「七月二十八日(天正十年カ)、被抱来本領少も不可有相違、如前々被致知行、赤見山城守殿、氏邦花押」。同文書に「八月八日(天正十年カ)、於上州一所可被遣之御証文拝見、赤見山城守殿、氏邦花押」。群馬郡中山城は武田方の真田氏家臣赤見山城守が北条氏直に寝返ったために北条氏領となり、氏直は中山地衆を赤見山城守に預け置く。赤山文書に「上毛伝説雑記に天正十一年未三月晦日、中山地衆・十八人、沼田浪人・六人、上川田衆・十一人、下川田衆・十二人、須川衆・四人、合五十七人、右之者共預置候、赤見山城守殿、氏直花押」。赤見文書に「卯月二十四日(天正十一年カ)、此度入道殿(赤見)利根川を取越、敵数多被討捕候、矢野新三殿、氏邦花押」。岸文書に「卯月二十八日(天正十一年カ)、此度於度々走廻由、自入道殿(赤見)蒙仰候、岸大学助殿、氏邦花押」。赤見文書に「五月十七日(天正十一年)、度々申上候赤見入道事、去年信州御乱入之時分も、最前に罷出候、致案内者走廻候、従類召連、当国(上野)へ罷移候、依之、松井田御領所之内二貫文、屋敷共、於信州御陣被下置候、垪和伯耆守殿、氏邦花押」。上杉文書に「未十月九日(天正十一年)、長尾鳥房丸(越後長尾政景)に矢野証人替相違有間敷者也、安房守殿、垪和伯耆守奉之」。赤見文書に「九月四日(年不詳)、先日白井へ吉里子・矢野弟詫言以吉田(新左衛門尉)申候処、召出間敷候之内、従白井殿承候云々、白井之矢野・吉里事者云々、矢部大膳亮殿、氏邦花押」。両人は白井長尾輝景の家臣なり。赤見文書に「天正十二年甲申十二月六日、尚々御酒座敷共に先山城守ごとく相違有間敷候、其方と意趣之事、於家中にだれもとかく有間敷候、矢野山城守殿、輝景花押」。赤見山城守は白井長尾氏重臣矢野氏の名跡を継承して矢野山城守に改名したか。赤見文書の矢野氏宛は本名赤見氏であろう。赤見文書に「正月十八日(天正十三年)、厩橋於于大渡之原、高名不浅儀候、誠無比類候、矢野兵部右衛門殿、氏邦花押」。同文書に「九月二十八日(天正十三年)、今度沼田宿城於于上戸張、両人高名、、誠無比類候、則猪俣を以申上候、矢野兵部右衛門殿、氏邦花押」。北条方の群馬郡中山城主赤見山城守(矢野山城守)は天正十四年九月真田氏に討取られ、家臣は深谷城主上杉氏に仕える。上杉憲盛娘は安中氏に嫁しており、其の縁故により深谷へ来住す。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位仙翁月擔禅定門・武州深谷赤見山城守家中立之・天正十五年七月二十八日」とあり、供養を依頼す。赤見文書に「天正十六年戊子二月三日、官途、矢野孫右衛門殿、氏邦花押」。同文書に「二月二十五日(天正十七年カ)、其方事此度無相違以子細、出仕候由、肝要に候、矢野孫右衛門殿、氏邦花押」と見ゆ。

七 岡谷氏族矢野氏 榛沢郡岡村の岡正男家出身の岡谷(おかのや)氏は、同郡谷村(やのむら)に居住して岡ノ谷氏を名乗り、又は在名の矢野氏を称し、深谷城主上杉氏に仕える。。深谷記(杉田因幡著)に「上椙御譜代之臣、四天王岡谷加賀守、岡谷越後守、岡谷丹波守、岡谷備中守、岡谷隼人助、矢野左馬允」。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位宗根禅定門・武州深谷矢野左馬丞為祖父・天正七年六月二十七日(供養依頼日)」。「霊位祐山妙清・武州深谷矢野左馬丞為母・天正七年六月二十七日」と、矢野左馬丞は亡祖父と亡母の供養を依頼す。深谷記に「未年(元亀二年、或は天正十一年)、矢野左馬尉うち申候覚、上杉様被仰候は、正月二日に年之始にふみちらし返り候を、屋形様御無念に被思召、深谷には左馬尉可討者には、柳備後・松村飛騨・中村拾左衛門・新井若狭・同日向・青木治部・向井新左衛門に被仰付候、皆々岡部の大林に草をふせ被申処に、本道を通り不申、脇道を雑兵四十人余りにて通り候処を、中村拾左衛門言葉を合、馬より突落候を、家来市左衛門、則押首を取申候、具足甲斐金之馬鎧大小取申候、上杉様に差上申候、其時之御褒美に杉田因幡に被成、上野村永十五貫文之所被下、其上紋所被下候」と見え、武蔵志は矢野左馬允と記す。左馬尉は深谷城より谷ノ村を過ぎて、岡部の大林を通り、生家の内出館(岡正男家)へ帰る途中で討たれる。大里郡郷土誌に「皿沼城主岡谷加賀守香丹は後退老して矢野城に住し天文六年八月十五日卒す。香丹の子を加賀守清英という。その子左京亮泰春、その子左馬助泰繁・天正十八年小田原役後、即ち居所を去て矢野と称し、徳川家康に仕へて菅生村等千三百石を賜り関ヶ原役に参加し、後また前田利常に仕へて千石の地を領し、元和二年三月朔日没す」。岡谷家譜は、明治初年に館林藩秋元氏家臣の岡谷繁実が榛沢郡岡村の岡正男家に来りて同家所蔵の岡谷系図を書き記したもので、矢野氏のことは削除しており信用出来ず。岡正男家文書は、江戸初期に水戸藩士上杉憲景が借用して返却せず、また岡谷繁実も返却しておらず、現存する古文書はわずかで、今は逸散しないように箱に釘付けしている。風土記稿橘樹郡上菅生村(神奈川県川崎市宮前区)条に「里正丈右衛門が蔵する文書に、上菅生郷矢野左馬助が知行分を岡本、小栗の両人にあづけをきしかば、彼が指揮をうくべきよし、本多佐渡守正信が此の村の名主百姓等に命ぜし事あり。されば矢野左馬助といひしものも、むかし、この地を領せしと見ゆ。此の人は北条家の家人なりしや。かの所領帳に矢野彦六といひしもの、神奈川を領せしこと見ゆれば、かく程近の地にて同姓の人領せしよしなれば、かたがた一族にてもありしか」と、四項の矢野氏は無関係なり。矢野左馬助が所領菅生村のことは、館林市立図書館所蔵の岡谷家譜に詳細に記載あり。オカノヤ及びオカヤ条参照。

八 長野氏族矢野氏 長野氏は伊勢国安濃郡長野郷(三重県安芸郡美里村)より起り、矢野氏は同国一志郡矢野村(香良洲町)より起る。中興武家諸系図(宮内庁書陵部所蔵)に「長野、藤姓、モン桐三引両。狩野四郎大夫家次四代」と。源平盛衰記に「平家方、矢野右馬允家村、同七郎兵衛高村」。太平記巻三十一に「伊勢の矢野下野守」と見ゆ。両村に長野氏及び矢野氏は現存無く、後裔説は附会なり。長野矢野氏系図(熊谷宿長野家所蔵)に「藤原鎌足後裔、狩野四郎大夫家次―与次郎助信(源頼朝に仕へ、伊勢国長野を領し、故に長野を号す)―与次郎盛房―修理大夫氏忠(矢野地に移り、因て矢野を号す)―矢野隼人佐宗範―豊前守国政―隼人佐実春―隼人佐実政―与次郎安芸守憲信(法名英空。属伊勢新九郎関東下向、有軍功拠玉縄城)―与次郎右馬助忠信(法名存英。明応三年九月十九日上杉朝良再乱之時、相州玉縄城没落、城主矢野右馬助討死)―安芸守常世(太田道灌と合戦)―右馬助正信(法名禅盗)―右馬助安芸守昌祐(法名浄真)―右馬助祐繁(法名義順)、弟矢野藤宗左衛門昌勝、其の弟矢野七郎右衛門尉政重、其の弟長野九郎兵衛清定(北条家に仕へ、のち家康に仕ふ)」と見ゆ。熊谷長野氏は無関係なり。

九 尾張藩家臣 前項及び四項参照。士林泝(名古屋叢書)に「○長野氏、姓藤原。伊勢長野に住し故に長野を号す。其末孫矢野安芸守憲信初て関東に下る、其子右馬助忠信也。忠信孫矢野九左衛門清定(初北条家に仕へ、後神君に仕へ奉る)―五郎右衛門数馬政成(初矢野を称し、後長野に改む。敬公御部屋駿河に於て召出被る、二千石を賜ふ、寛文十一年死す)、弟矢野伊右衛門吉堅(敬公召出被り、四百石を賜ふ)、其の弟矢野七郎兵衛貞成(紀州に仕ふ)。○矢野次郎右馬介政信(松山の城を守り上杉憲政に仕ふ、憲政没落後上杉謙信に仕ふ、後北条家に仕へ武州神奈川等の処を三百貫を采地す、天文二十三年四月卒六十二歳)―右馬介安芸守昌祐(初上杉憲政に仕ふ、天文十五年七月二十日河越一戦の時、砂窪口を拒ぐ、同二十年北条家に従ふ)」と見ゆ。

一〇 幕府代官大河内金兵衛家臣 埼玉郡堤村(羽生市)延命寺寛永十三年鐘銘に「大旦那矢野忠兵衛」。今泉村(羽生市)長光寺過去帳に「月桂宗心居士・前原村矢野忠兵衛・寛永十六年八月十三日」あり。今泉村字前原に現存無し。次項と同族か。

一一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国下野生国同・矢野加右衛門・三十三歳」あり。

一二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御祐筆・矢野庄兵衛、表御中小姓・七両四人扶持・矢野六兵衛」。

一三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・九十石・亡父十郎右衛門・矢野八十太郎・三十歳」あり。

一四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御番頭・六百石・矢野貞右衛門」。享保八年忍藩軍役帳に「六百石・矢野貞右衛門」あり。

一五 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十五俵・矢野仁右衛門」あり。

一六 葛飾郡彦倉村(三郷市) 五項参照。共同墓地宝篋印塔に「寛永二十一年、やの久左衛門」。彦倉村開発人覚書に「寛永二十一年六月二十五日・矢野金右衛門死・法名浄金禅定門、これは矢野久蔵の祖なり。万治三年十一月八日・矢野久右衛門の母・即ち金右衛門の妻なるべし、法名霜鑑信女と云ふ。寛文四年十一月二十日・矢野久右衛門死・浄誉禅定門と諡す、これは金右衛門の子か」。新義真言宗延命院宝暦九年勧進帳に当村矢野久左衛門・矢野平八、天明三年控帳に矢野久左衛門・矢野久七、明治二十四年控帳に矢野久蔵あり。二戸現存す。

一七 同郡幸房村(三郷市) 幸房村開発人書上に「慶長十年より延宝元年迄六十九年に成、此節御縄請・八条村西勝寺(旦那寺)矢野平三郎」。興禅寺天明五年庚申塔に幸房村矢野源治郎・矢野文左衛門。明治三十年人名録に矢野政次郎・安政六年生・地租六十五円、矢野浅右衛門・文久元年生・地租二十三円あり。五戸現存す。次項は当村住人か。

一八 同郡茂田井村(三郷市) 阿弥陀堂明治四十三年軍馬碑に矢野浅右衛門・矢野五右衛門。昭和三年興信録に「早稲田村・矢野五右衛門・所得税百十一円」あり。現存無し。

一九 同郡駒形村(三郷市) 明治七年深井文書に駒形村矢野政治郎・矢野甚蔵あり。四戸現存す。

二〇 同郡笹塚村(三郷市) 日枝社年不詳御神燈に矢野平右衛門。明治七年深井文書に笹塚村矢野熊治郎・矢野惣治郎あり。一戸現存す。

二一 同郡三輪野江村(吉川市) 七面神社天保五年供養塔に矢野房五郎あり。現存無し。

二二 同郡幸手町 明治七年陸運会社矢野清次郎・但明治五年七月創立。

二三 足立郡草加宿 北草加村氷川社宝永三年棟札に北草加村谷野惣右衛門。南草加村東福寺享保十年宝篋印塔に矢野又右衛門あり。

二四 同郡吉笹原村(草加市) 長福寺跡文化十二年宝篋印塔に谷野政右衛門・谷野元右衛門・谷野勘助・谷野加右衛門あり。現存無し。

二五 同郡赤井村(川口市) 円通寺寛延三年六地蔵に舎人領赤井村矢野三右衛門母・矢野清左衛門母、天保五年普門品に矢野弥五郎・矢野文次郎・矢野平五郎・矢野三五郎・矢野茂八・矢野甚五郎。氷川社明治三十九年碑に矢野喜右衛門・矢野浅蔵・矢野長三郎・矢野四方吉・矢野留次郎・矢野善之助・矢野熊次郎・矢野富蔵・矢野岩次郎・矢野喜左衛門・矢野茂右衛門・矢野助次郎・矢野次助あり。十戸現存す。

二六 同郡与野町 一山神社慶応二年碑に与野町矢野太郎次あり。

二七 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に上常光村矢野幸七・矢野友七.。常光神社明治二十八年碑に常光村矢野関太郎・矢野弥四郎・矢野由太郎あり。三戸存す。

二八 同郡下谷村(鴻巣市) 風土記稿下谷村条に「氷川社は南下谷村にあり。熊野社同所にあり大同年中の勧請と云ふ。別当谷野坊・本山修験、相伝ふ、坂上田村麻呂が後胤にて大同以来世々当社を守ると云ふ、されど星霜久き事なれば慥に證すべきことなし。境内に至徳及び宝徳年中の碑あり、此碑歴代の墳墓なりと云へども名も伝へず」と、谷野坊は矢野氏なり。当村矢野高義家所蔵(現住鴻巣市人形一丁目)の勢至菩薩立像銘に「延慶四年辛亥二月日、願主沙弥覚念、妙円」あり、すでに鎌倉時代には現存していた。深井村寿命院寛政九年寄附帳に「南下谷村、矢野清五郎、谷野惣右衛門谷野坊」。上谷新田金剛院元治元年碑に下谷村矢野新左衛門。明治三十五年常光村農友会に下谷村矢野関太郎あり。三戸現存す。

二九 埼玉郡中妻村(鷲宮町) 明治六年富士講着到帳に中妻村矢野寅五郎・矢野富吉。明治九年副戸長矢野寅五郎・天保十三年生。鷲宮村会議員矢野源次郎あり。五戸現存す。

三〇 同郡忍町 明治三十五年喞筒製造業矢野六兵衛あり。

三一 同郡酒巻村(行田市) 慶岩寺嘉永五年供養塔に矢野富五郎あり。一戸現存す。

三二 新座郡片山村(新座市) 馬場村蓮光寺文久元年碑に矢野頼孝あり。

三三 入間郡所沢町 明治三十五年生糸商矢野助次郎あり。

三四 同郡寺井宿(川越市) 宮元町妙義神社寛文十一年庚申塔に山田荘河越里五加村矢野角左衛門あり。

三五 比企郡鎌形村(嵐山町) 八幡社別当本山派修験石橋坊は本名矢野氏なり。矢野安芸守と同族であろう。三項参照。八幡社安政五年文書に合天井寄進矢野由松、明治十六年筆子碑に鎌形村矢野好松・矢野権三郎・矢野三木次郎あり。二戸現存す。

三六 大里郡熊谷宿 宝暦十年新宿北屋敷持主矢野次右衛門。石上寺嘉永二年庚申塔に矢野善兵衛。年不詳文書に門前見世割矢野玄蔵。明治十三年熊谷宿筆生矢野元民。明治三十五年指物建具商矢野達三・矢野仲三郎。

三七 榛沢郡上敷免村(深谷市) 大寄村会議員日本煉瓦製造会社々長矢野寛治・明治二十三年生。昭和三年興信録に「大寄村・矢野寛治・所得税二十九円」あり。現存無し。

三八 秩父郡本野上村(長瀞町) 明治七年文書に矢野五平あり。現存無し。

矢井 ヤノイ 深谷上杉氏家臣矢井伊勢守あり。ヤイ条参照。

矢納 ヤノウ 矢之の佳字にて物部族集落なり。ヤノ条参照。秩父郡矢納村(神泉村)あり。

一 葛飾郡西大輪村(鷲宮町) 雷電社文久三年狛犬に矢納梅吉・矢納佐市。明治四年白石文書に百姓代矢納梅次郎あり。三戸現存す。

矢能 ヤノウ 浦和、飯能等に存す。新潟県新津市九戸あり。

矢農 ヤノウ 浦和、所沢等に存す。

矢野尾 ヤノオ 川口、上尾等に存す。

矢ノ川 ヤノカワ 鴻巣に存す。

矢野川 ヤノカワ 浦和、岩槻に存す。

矢之貴 ヤノキ 庄和に存す。

矢ノ口 ヤノクチ 口は人の数。物部族集落を称す。杉戸に存す。長野県南安曇郡穂高町二十三戸あり。

矢野口 ヤノクチ 川越に存す。長野県南安曇郡穂高町三十三戸あり。

矢ノ倉 ヤノクラ 水戸市三十戸あり。

矢野倉 ヤノクラ 狭山、所沢、羽生等に存す。水戸市十七戸あり。

矢野沢 ヤノサワ 吹上に存す。

矢野澤 ヤノサワ 新座に存す。

矢ノ師 ヤノシ 浦和に存す。

矢ノ中 ヤノナカ 松伏に存す。茨城県新治郡霞ヶ浦町十六戸あり。

矢野根 ヤノネ 志木、上福岡に存す。

矢延 ヤノベ 川口、川越に存す。

弥延 ヤノベ 毛呂山に存す。

矢野間 ヤノマ 浦和、蕨、川越、熊谷等に存す。群馬県富岡市三十戸あり。

矢野馬 ヤノマ 大宮に存す。

矢目 ヤノメ 志木に存す。

矢ノ目 ヤノメ 高麗郡川寺村字矢ノ目、比企郡下伊草村字矢ノ目あり。山形県村山市十戸あり。

矢之目 ヤノメ 福島県いわき市十三戸あり。

矢野目 ヤノメ 浦和、川口、上尾、蓮田、東松山等に存す。栃木県那須郡黒羽町十四戸、黒磯市十戸あり。

矢野森 ヤノモリ 浦和に存す。

矢場 ヤバ 矢は物部の別称、場は場所の意味。物部族の集落を矢場・谷場・矢庭と称す。埼玉郡広田村字矢場あり。北本、鴻巣、吉見に存す。

一 葛飾郡不動院野村(春日部市) 本郷村雷電社文化十一年庚申塔に不動院野村矢場伝右衛門。現存無し。

谷場 ヤバ 足立郡大谷場村(浦和市)・小谷場村(川口市)は一村にて谷場村と称す。会田落穂集に寛永年間以前・公儀鳥見役の下屋敷が浦和近所谷場村にありと見ゆ。新曽村妙顕寺寛政二年碑に矢場村清宮長兵衛とあり、大谷場村に清宮氏多く存す。タニバ参照。川口に存す。

矢庭 ヤバ 児玉郡新里村(神川町)光明寺銅造阿弥陀如来立像銘に「武州児玉郡新里矢庭光明寺定、永仁三年八月十五日」とあり。

矢作 ヤハギ 竹にはねをつけて矢を矧(は)ぐ職業を矢矧(やはぎ)と云い、即ち矢を作ることから矢作(やはぎ)と書き、矢をつくる集団を矢部(やはぎべ)と云う。日本書紀・綏靖天皇即位前期に「神武天皇の子神渟名川耳尊(綏靖天皇)は、矢部(やはぎべ)をして箭を作(は)かしめたまふ」と見ゆ。これより前の神代上に「伊奘諾尊、火神軻遇突智(ひのかみかぐつち)を斬りたまひし時に、其の血激越りて、天八十河中に在る五百箇磐石を染む。而して因りて神に化成り、号けて磐裂神(いわさくのかみ)と曰す、次に根裂神(ねさくのかみ)。その児磐筒男神(いわつつのおのかみ)、次に磐筒女神(いわつつのめのかみ)。その児経津主神(ふつぬしのかみ)」と見ゆ。火神、即ち鍛冶神の後裔経津主神は矢作部・矢部の奉斎神なり。河内国若江郡別宮村に矢作神社(大阪府八尾市南本町六丁目)あり、延喜式内社に若江郡矢作神社を載す。姓氏録・河内の部に「矢作連。布都努志乃命(ふつぬしのみこと)の後と云へり、見えず」と、矢作連は当地方の矢作部を支配管掌す。また、下総国香取神宮(千葉県佐原市香取)は祭神経津主神で、日本書紀・天孫降臨条に「此神今在于東国檝取之地也」と見ゆ。香取は航海の神・檝取(かじとり)のことで、船は鉄で造ることから海人は鍛冶神の経津主神を祀る。物部氏は矢のさきの鏃(やじり)に鉄製を用いた鍛冶集団で「矢(や)」と別称された。河内国若江郡は物部族の居住地で八尾の地名も「矢負」より起る。八尾市跡部に物部守屋の「阿都部の家」がある。矢作・矢作部、即ち矢部は物部族なり。詳細は矢条参照。矢作氏は武蔵国足立郡及び出羽国に多く存す。足立郡に物部族集落の地名八木が多くあり、八木下氏・八木橋氏も多く存す。平柳も火羅矢木にて、鍛冶集団物部族の渡来地なり。火条、平条参照。出羽の物部族は登美(とみ)条三項参照。○山形県西村山郡河北町四十五戸、北村山郡大石田町十三戸、最上郡戸沢村十八戸、村山市六十戸、尾花沢市六十四戸、新庄市四十四戸、山形市五十戸あり。

一 足立郡谷古田領本郷村(川口市) 氷川社明治三十三年碑に矢作七蔵・矢作善蔵あり。六戸現存す。

二 同郡安行領根岸村(川口市) 当村に此氏多く存す。矢作家墓碑に「遠祖建久四年矢作民部太夫源政吉・富士野巻狩参加。中興岩槻太田十郎重臣矢作刑部小輔安信・天正十六年七月二十八日没。天正十八年落城同次男勘解由・百姓と成」。妙蔵寺正徳四年庚申塔に矢作九兵衛、延享元年棟札に上組名主矢作喜左衛門、文化八年碑に矢作孫六.。伊刈村力神社文政十年水鉢に根岸村矢作小三郎・矢作喜六、嘉永五年鳥居碑に根岸村矢作清治郎。入間郡久米村天保十四年平塚文書に足立郡根岸村矢作久蔵。明治九年副戸長矢作章作・嘉永五年生、副戸長矢作豊吉・天保十三年生。明治二十年柴山伏越改造碑に根岸村矢作又五郎。里村法福寺明治三十一年碑に根岸・矢作喜平・矢作茂七・矢作熊吉あり。

三 同郡安行領道合村(川口市) 当村に此氏多く存す。大徳寺安永五年庚申塔に矢作金左衛門、年不詳宝篋印塔に矢作甚四郎・矢作嘉平治・矢作源七郎・矢作金助。入間郡久米村天保十四年平塚文書に足立郡道合村矢作周輔。大牧村清泰寺万延元年庚申塔に道合矢作武八.。明治七年戸長矢作鉄五郎、副戸長矢作八重蔵。明治九年戸長矢作保太郎・天保九年生、副戸長矢作八郎兵衛・天保二年生。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に道合矢作治助・矢作与市郎。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流道合村矢作保太郎・矢作助五郎あり。

四 同郡安行領神戸村(川口市) 当村に此氏多く存す。矢作家墓地に天正十年二月銘の板碑あり。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に神戸村矢作新蔵・矢作喜四郎・矢作武左衛門・矢作儀助。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に神戸・矢作弥右衛門・矢作秀二郎・矢作弥五郎・矢作平兵衛・矢作喜四郎・矢作坂五郎・矢作岩治郎。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流北足立郡神戸村矢作藤太郎・矢作伝右衛門。木曽呂村朝日神社明治二十七年御神燈に神戸村矢作仙助、明治三十五年鳥居碑に神戸・矢作新蔵・矢作藤太郎・矢作伝右衛門。内野村水稲荷社明治三十年碑に神戸・矢作佐右衛門・矢作源之助あり。

五 同郡赤山領石神村(川口市) 多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡石神村矢作八右衛門。真乗院弘化三年普門品に当所矢作綱五郎・矢作万蔵・矢作初五郎あり。七戸現存す。

六 同郡赤山領新井宿村(川口市) 子日宮神社寛政三年庚申塔に矢作弥右衛門、文化二年伊勢講碑に東新井宿村矢作浅治郎。多摩郡青梅御嶽神社天保八年御神燈に足立郡東新井宿村矢作弥右衛門。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に東新井宿矢作弥右衛門。明治六年生徒月並受取帳(石井文書)に矢作高三郎・矢作亀治郎。明治七年戸長矢作宇太郎。明治九年戸長矢作弥右衛門・文化九年生。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に新井宿矢作文太郎。同村宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に新井宿矢作宇太郎。子日宮神社明治二十三年御神燈に矢作弥右衛門あり。四戸存す。

七 同郡浦和領芝村(川口市) 当村に此氏多く存す。羽尽神社万延元年奉納額に矢作菊三郎義知。八幡社文久三年石華表碑に当村矢作七郎兵衛。慈星院明治十年碑に矢作源右衛門・矢作与惣右衛門・矢作啓左衛門・矢作七郎兵衛・矢作七兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流芝村矢作三郎兵衛。八幡社明治四十五年碑に芝村矢作英達・矢作吉蔵・矢作伊吉・矢作市蔵あり。

八 同郡浦和領伊刈村(川口市) 力神社天保七年奉納額に矢作忠次郎、嘉永五年鳥居碑に当所・矢作茂吉・矢作八蔵・矢作元治郎・矢作藤七、上・矢作勝治郎、安政五年奉納額に矢作八蔵。三室村氷川女体社明治二十五年御神燈に伊刈矢作喜右衛門。農政学者矢作栄蔵・昭和八年没あり。十戸現存す。

九 同郡木崎領柳崎村(川口市) 大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に柳崎・矢作勝五郎あり。九戸現存す。

一〇 同郡戸田領下青木村(川口市) 西方寺寛保二年筆子碑に矢作半弥母・矢作七左衛門あり。五戸現存す。

一一 同郡戸田領西新井宿村(川口市) 氷川社明治三年水鉢に矢作市蔵、明治十年小御嶽碑に西新井宿矢作常吉・矢作与八・矢作初五郎・矢作仙松・矢作安太郎。宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に西新井宿矢作留次郎・矢作浅治郎。新井宿村多宝院明治十九年絵馬に西新井宿村矢作喜三郎。氷川社明治三十九年碑に西新井宿矢作庄五郎・矢作繁蔵あり。十三戸現存す。

一二 同郡平柳領領家村(川口市) 当村に此氏多く存す。実相寺安永十年碑に当村矢作藤右衛門・矢作歳兵衛・矢作八左衛門。顕正寺文政九年碑に矢作権左衛門・矢作権三郎・矢作清左衛門。明治九年戸長矢作善治郎。実相寺明治十四年碑に矢作常右衛門・矢作忠左衛門・矢作周蔵・矢作忠次郎・矢作作次郎・矢作喜三郎。三十番神社明治三十八年奉納額に矢作宇卒郎。飯塚村氷川社明治四十四年碑に領家矢作重五郎あり。

一三 同郡鳩ケ谷町 明治三十五年米穀商小金屋矢作嘉平次・料理店小金屋矢作次郎吉・和泉屋矢作栄次郎。

一四 同郡平柳領中居村(鳩ケ谷市) 当村に此氏多く存す。矢作伝三(二十六代目)家過去帳に「矢作新兵衛・天正十五年八月二十四日」あり、代々名主を世襲す。実正寺寛延二年稲荷碑に矢作七左衛門・矢作伊右衛門。明治八年矢作文書に中居村本村組副戸長矢作七左衛門・矢作善太郎・矢作文蔵、八幡木組矢作幸左衛門・矢作七五郎、上ノ矢作常右衛門・矢作善之助。明治九年中居村副戸長矢作七左衛門・寛政九年生。八幡社明治三十三年碑に矢作常右衛門九十三歳・矢作伊三郎・矢作和平治・矢作善之助・矢作平蔵、明治三十九年碑に中居・矢作峰次郎・矢作清次郎・矢作和平治・矢作平蔵・矢作七五郎・矢作増太郎・矢作三次郎・矢作市太郎、上新田・矢作和喜三郎・矢作惣太郎・矢作柳太郎・矢作善之助。稲荷社明治三十九年碑に矢作常次郎・矢作惣太郎・矢作柳太郎・矢作和喜三郎・矢作和平治・矢作新兵衛・矢作平蔵・矢作徳太郎・矢作八五郎・矢作善之助・矢作市太郎あり。

一五 同郡平柳領小淵村(鳩ケ谷市) 源永寺文政十一年普門品に小淵村矢作金蔵。氷川社明治二十七年御嶽碑に当所矢作大次郎・矢作長蔵・矢作孝吉・矢作清次郎あり。三戸存す。

一六 同郡戸田領里村(鳩ケ谷市) 当村に此氏多く存す。真光寺矢作家墓碑に「弘安四年巳正月二十八日矢作文八・四十二歳の時、田中正一位稲荷を建立奉る。里村は上野・牛込・高野・矢作・石田・長島・森・井上の八氏十三軒」。村内に古墳が散在し、中世の板碑が多数出土したといわれ、古代から開発されていた。文化文政頃は家数五十三軒なり。法福寺文化十四年地蔵尊に里村矢作幸右衛門。明治十年文書に矢作芳蔵・矢作友蔵・染物業矢作喜平・同業矢作茂七・同業矢作熊吉。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛無刀流里村矢作幸右衛門。明治三十一年染物業矢作弥右衛門。法福寺明治三十一年碑に矢作弥一・矢作五七・矢作半七・矢作茂重・矢作長十郎・矢作忠助あり。

一七 同郡戸田領上戸田村 氷川社文化十三年供養塔に上戸田村矢作助右衛門あり。三戸現存す。

一八 同郡浦和町 明治三十五年蒲割商矢作八五郎あり。

一九 同郡木崎領太田窪村(浦和市) 行弘寺嘉永二年常夜燈に上手・矢作小三郎あり。五戸現存す。

二〇 同郡三沼領大間木村(浦和市) 八丁稲荷社安永六年庚申塔に矢作甚兵衛、天保二年幟碑に矢作嘉兵衛。大牧村清泰寺嘉永五年供養塔に八丁矢作太吉。芝村慈星院明治十年碑に大マキ・矢作八蔵・矢作藤七・矢作善兵衛・矢作兼吉。八丁稲荷社明治三十八年碑に矢作房次郎あり。六戸現存す。

二一 同郡植田谷領白鍬村(浦和市) 当村に此氏多く存す。慶福寺元禄六年庚申塔に矢作平兵衛、安永三年六地蔵に矢作新右衛門、天明四年六地蔵に矢作文右衛門、天明六年廻国塔に矢作弥市、天保九年地蔵尊に矢作平左衛門・矢作甚左衛門・矢作三郎右衛門・矢作豊吉・矢作文右衛門・矢作権次郎。明治九年副戸長矢作太郎兵衛・天保十一年生、副戸長矢作吉五郎・文政二年生。慶福寺明治十五年敷石碑に矢作七五郎・矢作惣左衛門・矢作太郎兵衛・矢作新右衛門・矢作藤兵衛。与野町一山神社明治三十五年碑に白鍬矢作常吉・矢作延蔵あり。次項参照。

二二 同郡植田谷領宿村(浦和市) 大久保神社嘉永三年御神燈に当所矢作太郎兵衛・矢作光五郎。現存無し。

二三 同郡蕨宿 錦町延宝五年庚申塔に野萩庄九郎・野萩八左右衛門・野萩吉兵衛。野萩(やはぎ)なり。錦町山崎家元禄八年庚申塔に矢作左兵衛・矢作佐右門。三学院安永二年台石碑に矢作太右衛門。和楽備神社享和三年鳥居碑に矢作平右衛門・矢作勘左衛門。三学院文久三年供養塔に蕨宿矢作藤右衛門、明治十五年水鉢に矢作和吉。明治三年御用会所役員矢作恒五郎。明治四年商用判鑑帳に矢作藤右衛門。明治三十五年飲食店矢作岩次郎・菓子商矢作又吉・同商矢作作太郎・同商矢作伊太郎・織物製造業矢作藤右衛門・瓦斯双子織製造業高木屋矢作謙吉・同業矢作庄兵衛あり。

二四 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・矢作辰五郎・十一円、神根村(川口市)・矢作兼吉・十一円・三十六円、矢作喜平・三十三円、矢作喜三郎・十八円、矢作竹次郎・十六円、鳩ケ谷町・矢作富之助・十九円・三十三円」。

矢矧 ヤハギ 矢作に同じ。浦和、川口、蓮田、与野、鳩ケ谷、新座に存す。

矢萩 ヤハギ 矢作に同じ。各市町村に存す。○茨城県西茨城郡友部町十戸。○山形県村山市八十六戸、東根市三十五戸、天童市百五十戸、山形市百十戸あり。

一 埼玉郡大曽根村(八潮市) 八幡社明治二十八年絵馬に八萩八十五郎あり。矢萩氏二戸現存す。

二 足立郡舎人領蓮沼村(川口市) 普門寺明治十五年普門品に矢萩善蔵あり。現存無し。

八羽毛 ヤハゲ 矢矧げ(やはげ)は矢矧の転訛なり。三郷に存す。

矢橋 ヤハシ 浦和、川口、草加、吉川、杉戸、上福岡、所沢等に存す。

八橋 ヤハシ 川口、鳩ケ谷等に存す。

矢走 ヤバシリ 志木に存す。

矢筈野 ヤハズノ 所沢に存す。

矢幡 ヤハタ 矢は物部、幡は慶尚南道金海の秦人を指し、物部族秦人の集落を称す。先代旧事本紀の天神本紀に「天照大神の御子・天押穂耳尊、天降したまふ。時に、高皇産霊尊の児思兼神の妹栲幡千々姫命を妃と為して、饒速日尊を誕生す。三十二人を令て並て防衛と為し、天降供奉らしむ。八意思兼神の児天下春命・武蔵秩父国造等の祖」と見ゆ。天(あま)は海(あま)で、天降は船による海上からの渡来を意味す。思兼神(おもいかねのかみ)は重い鉄(くろがね)の神で鍛冶神なり。物部氏の祖・饒速日尊と同族で、児の天下春命(あまのしたはるのみこと)は秩父郡へ渡来し、此の地を矢幡庄と云う。新羅国の王子天日槍(あまのひぼこ)は秦氏族を率いて渡来した首領であり、秦氏は八幡神社を奉斎し、新羅の白旗を神紋とす。正倉院文書大宝二年豊前国上三毛郡戸籍(福岡県)に新羅系秦部二百四十余人の名あり、同国宇佐郡(大分県)の宇佐八幡宮は氏神である。全国八幡宮の総本宮で、貞観二年に石清水八幡宮を分霊し、源頼義は石清水八幡宮を鎌倉へ勧請し鶴岡八幡宮と云う。頼義の子義家は「七歳の春、祖神の社壇にて首服を加へ八幡太郎と号す」とあり、源氏は白旗を用いる。天下春命の後裔秩父氏は東国の鉱山鍛冶支配頭であり、新羅の白旗を用いる。物部族秦人の秩父氏は秩父郡下吉田村字矢畑に本拠地を構へ八幡神社を祀る。矢畑庄は此地より発祥して、十八ヶ村が唱える。秩父志に「八幡庄、秩父平氏之治所」。また、矢羽田庄、矢波田庄、矢場田庄とも見ゆ。浦和、坂戸、三芳、毛呂山等に存す。茨城県行方郡麻生町二十六戸、牛堀町七戸あり。

矢畑 ヤハタ 前条に同じ。秩父郡矢畑庄あり、下吉田村字矢畑より此の庄名起こる。浦和、大宮、上尾、戸田、春日部、和光、所沢等に存す。群馬県高崎市二十戸あり。

矢端 ヤハタ 矢幡に同じ。川越、鶴ヶ島、東松山、小川、秩父等に存す。群馬県前橋市八十戸あり。

矢旗 ヤハタ 草加に存す。

八幡 ヤハタ 矢幡の佳字なり。各市町村に存す。○神奈川県茅ヶ崎市四十戸。○新潟県北蒲原郡中条町十戸。○福島県東白川郡塙町十七戸、いわき市二十八戸。○山形県鶴岡市二十戸。○岩手県上閉伊郡大槌町二十八戸、岩手郡滝沢村十二戸、二戸郡安代町五十七戸、釜石市八十戸。○青森県東津軽郡蓬田村二十二戸。○鳥取県米子市四十戸あり。

一 足立郡南平柳村(川口市) 昭和三年興信録に「南平柳村・八幡豊・所得税十四円」あり。現存無し。

二 同郡上村(上尾市) 倉田村明星院文政六年新西国塔に上村八幡伝左衛門あり。一戸現存す。

谷幡 ヤハタ 桶川、川越に存す。

谷畑 ヤハタ 矢幡の佳字なり。足立郡小室郷別所村(伊奈町)明和七年碑に小室谷端村満正寺と見え、武蔵志に「足立郡小室領別所村、矢畑村万正寺」と見ゆ。同郡羽貫村字谷畑(伊奈町)は古の村名にて、小針神社天保二年浅間碑に村方谷端と見ゆ、今の伊奈学園前付近を称す。埼玉郡広田村字谷畑、屈巣村字谷端、新井村字谷端、足立郡堤崎村字谷畑、入間郡青柳村字谷畑あり。大宮、与野、草加等に存す。栃木県芳賀郡二宮町十三戸。茨城県稲敷郡美浦村十四戸あり。タニハタ参照。

矢羽田 ヤハタ  矢幡に同じ。上尾、岩槻、春日部、鷲宮、所沢等に存す。

矢花 ヤバナ 大宮、与野、戸田、川越、所沢、狭山、富士見、妻沼等に存す。長野県北佐久郡望月町十六戸、東筑摩郡明科町七十戸、北安曇郡池田町十八戸あり。

矢羽々 ヤハバ 矢は物部の別称、羽々は古語で蛇を云い、鍛冶の意味。物部族鍛冶の集落を称す。物部、矢条参照。川口、草加、白岡等に存す。

矢幅 ヤハバ 川越に存す。岩手県岩手郡雫石町六戸あり。

矢原 ヤハラ 原(ばる)は村の意味。物部族の集落を矢原・八原・谷原と称す。伊香色雄命―物部十市根―膽咋―五十琴―伊莒弗大連―目大連―荒山大連の弟に麻作(借馬連祖)あり、常陸国鹿島郡に住す。先代旧事本紀・天孫本紀に「物部荒山連公・目大連の子なり、此の連公は宣化天皇の御世に大連と為りて神宮を斎き奉る。弟の物部麻作連公は借馬連・笑原連(やはらのむらじ)等の祖なり」と見ゆ。淡路国三原郡笶原村(やはら)に笶原連を祀る延喜式の笶原神社あり、当地方に秦氏が現存す。子孫は、正倉院文書・天平三年越前国大税帳に「丹生郡司主政笑原連与佐彌」と見え、福井県地名辞典には主政矢原与佐弥と見ゆ。比企郡田木村字矢原、秩父郡太田村字矢原あり。浦和、川口、川越、所沢、和光、富士見等に存す。

八原 ヤハラ 大宮に存す。鳥取県米子市十二戸あり。

谷原 ヤハラ 埼玉郡谷原新田(春日部市)あり。小名谷原は、埼玉郡平方村、中野村、備後村、市野割村等にあり。八潮、宮代、新座等に存す。栃木県下都賀郡都賀町十二戸あり。

箭原 ヤハラ 川口、朝霞、坂戸に存す。

八張 ヤハリ 所沢に存す。

八彦 ヤヒコ 埼玉郡新方袋村(春日部市)は八彦郷を唱える。

屋彦 ヤヒコ 忍城士にて、成田分限帳に「百五十石・屋彦市郎左衛門」。

屋久 ヤヒサ 北本、草加等に存す。

八尋 ヤヒロ 各市町村に存す。

薮 ヤブ 矢部(やぶ)の佳字にて、物部族の集落を薮・養父と称す。ヤベ条参照。浦和、久喜等に存す。

藪 ヤブ 各市町村に存す。鳥取県東伯郡東郷町九戸あり。

養父 ヤブ 川越、所沢等に存す。

藪井 ヤブイ 春日部、鶴ヶ島、日高、羽生等に存す。

薮内 ヤブウチ 大宮、白岡、坂戸、日高等に存す。福島市三十戸。鳥取県境港市二十三戸あり。

藪内 ヤブウチ 各市町村に存す。鳥取県東伯郡羽合町十戸あり。

一 新座郡大和田町(新座市) 明治三十五年料理店富士屋藪内富蔵あり。一戸現存す。

藪江 ヤブエ 川口に存す。

藪上 ヤブカミ 越谷、川越等に存す。

薮木 ヤブキ 矢部木の佳字にて、木は羅と同じで国・村の意味。物部族の集落を薮木・矢吹・矢葺と称す。ヤベ条参照。大宮に存す。

藪木 ヤブキ 坂戸、日高等に存す。

箭吹 ヤブキ 大宮、杉戸等に存す。

矢葺 ヤブキ 浦和、越谷、狭山に存す。

矢吹 ヤブキ 矢部木(やぶき)の佳字にて、物部族の集落なり。各市町村に存す。○茨城県日立市七十五戸。○福島県石川郡石川町九十戸、浅川町二十四戸、古殿町三十二戸、玉川村五十六戸、平田村三十七戸、東白川郡鮫川村四十二戸、西白河郡矢吹町二十六戸、東村十九戸、田村郡小野町三十戸、船引町三十四戸、安達郡本宮町五十九戸、須賀川市八十三戸、いわき市百五十戸、郡山市二百十戸、福島市百十戸あり。

一 忍城士の矢吹氏 成田分限帳に「二十一貫文・矢吹弥右衛門」あり。

二 川越町 日蓮宗行伝寺過去帳に「妙荘・ヤフキ半左衛門内・鴫町加兵衛母・巳年正月。妙祐・ヤフキ又右衛門母・酉年正月」あり。江戸初期なり。二戸現存す。

藪口 ヤブクチ 川越に存す。

藪腰 ヤブコシ 日高に存す。

矢房 ヤブサ 八潮、上福岡等に存す。

薮崎 ヤブサキ 大宮、杉戸等に存す。

藪崎 ヤブサキ 浦和、大宮、与野、北本、草加、三郷、所沢等に存す。

八武崎 ヤブサキ 春日部、入間に存す。

薮下 ヤブシタ 妻沼に存す。

藪下 ヤブシタ 各市町村に存す。

藪島 ヤブシマ 所沢に存す。

屋冨祖 ヤブソ 浦和に存す。

薮田 ヤブタ 矢部田(やぶた)の佳字にて、矢部は物部、田は郡県・村の意味。物部族集落を称す。ヤベ条参照。草加、新座、入間、熊谷等に存す。○青森県北津軽郡小泊村十二戸。○鳥取県八頭郡八東町十五戸、若桜町十一戸、鳥取市十八戸あり。

一 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御家老・六百石・薮田五郎右衛門、御城代・五百石・薮田忠左衛門」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御寄合・二百十六石余・薮田与一右衛門、御馬廻・六十六石余・薮田喜一、御馬廻・薮田定」。明治四年忍藩士族名簿に「二百十六石余・薮田要太郎、六十六石余・薮田紀左衛門」あり。

三 入間郡入間川町(狭山市) 明治二十二年埼玉勧業会員薮田重久あり。現存無し。

藪田 ヤブタ 各市町村に存す。

籔田 ヤブタ 神奈川県足柄上郡山北町二十七戸あり。

薮谷 ヤブタニ 三芳に存す。

藪谷 ヤブタニ 大宮に存す。

矢渕 ヤブチ 春日部に存す。

矢淵 ヤブチ 川口、志木等に存す。

薮塚 ヤブヅカ 和光に存す。

藪塚 ヤブヅカ 大宮、朝霞等に存す。群馬県甘楽郡妙義町八戸あり。

藪中 ヤブナカ 川口、大宮、越谷、志木、入間、所沢等に存す。

藪並 ヤブナミ 所沢に存す。

藪波 ヤブナミ 草加に存す。

藪西 ヤブニシ 熊谷に存す。

矢舩 ヤブネ 越谷に存す。

薮根 ヤブネ 大宮に存す。

藪根 ヤブネ 上尾、戸田、熊谷に存す。

藪野 ヤブノ 川口、大宮、戸田、鳩ケ谷、草加、越谷、川越、大井に存す。

藪ノ内 ヤブノウチ 川口に存す。

藪之内 ヤブノウチ 所沢に存す。

籔端 ヤブハタ 与野に存す。

薮花 ヤブハナ 草加に存す。

藪林 ヤブバヤシ 東松山に存す。

薮原 ヤブハラ 川越に存す。長野県伊那市十二戸あり。

藪原 ヤブハラ 川口、鷲宮等に存す。

薮本 ヤブモト 大宮、三郷等に存す。

藪本 ヤブモト 川口、浦和、大宮、蓮田、岩槻、三郷、鶴ヶ島等に存す。

籔本 ヤブモト 狭山に存す。

藪山田 ヤブヤマダ 草加に存す。

藪脇 ヤブワキ 蕨に存す。

矢部 ヤベ 聖徳太子伝暦に物部守屋は最後に「物部の布都の大神…矢ッ…」と唱えて絶命したと云う。矢のさきの鏃(やじり)に鉄製を用いたのが鍛冶集団物部氏で、物部の別称を「矢」と称した。矢を製作する集団を矢部(やはぎべ)と称し、日本書紀・綏靖天皇条に「矢部(やはぎべ)をして箭を作らしむ」と見ゆ。天孫本紀に「物部大母隅連公は、矢集連等の祖」とあり、矢集(やつめ)は矢ツ部の転訛にて、矢部(やはぎべ)、即ち矢作部を支配管掌したのが矢集連(やつめのむらじ)である。武蔵国足立郡・比企郡一帯は古代に物部族矢部(矢作部)の製作した鉄製鏃の大生産地であった。矢部(やはぎべ)は後にヤベと称された。矢部(やぶ)とも読まれ藪の字を用いた。物部条、矢条、矢作条参照。此氏は武蔵国に多く存す。○茨城県久慈郡金砂郷町三十五戸。○千葉県長生郡長生村三十六戸、茂原市九十四戸。○福島県石川郡玉川村三十七戸、岩瀬郡岩瀬村五十七戸、耶麻郡西会津町五十九戸、郡山市六十戸。○鳥取県八頭郡八東町三十八戸あり。

一 犬懸上杉禅秀家臣の矢部氏 相模国鎌倉郡矢部村(横浜市戸塚区矢部町)より起り、谷部とも称す。鎌倉大草紙に「犬懸の郎等屋部・岡谷の両人、手者を引率して云々」。「犬懸入道の手には矢部伊与守・同三郎」。旅宿問答に「犬懸の手には岡谷ノ豊前守・嫡子孫六・次男弥五郎、矢部伊勢守・嫡子三郎」と見ゆ。岡谷氏は榛沢郡岡ノ谷村(深谷市)住人なり。小金日蓮宗本土寺過去帳(松戸市)に「谷部正光入道・武蔵飯田原合戦・応永二十四年正月五日」とあり。相模国鎌倉郡飯田郷(横浜市戸塚区飯田町)あり、境川と和泉川の間を飯田原と唱えた。別府文書に「着到、武州北白旗一揆別府尾張入道代内村四郎左衛門尉勝久申、去二日馳参庁鼻和御陣(幡羅郡)、同四日村岡御陣(大里郡)、同五日高坂御陣(比企郡)、同九日関戸御陣(多摩郡)、同十日飯田御陣、同十一日鎌倉へ令供奉、応永二十四年正月日、上杉憲基花押(公方足利持氏の臣)」と。上杉禅秀が足利持氏に対して反乱を起し、正月五日に禅秀が持氏を瀬谷原合戦で破ったが、幕府軍が飯田原に接近したため禅秀軍の多くが持氏方に寝返り、この乱は終息した(鎌倉大草紙)。相模国鎌倉郡瀬谷郷は、幕府軍に従った石川幹国軍忠状に「武州瀬谷原」と見え、武蔵国境の地で武州と見なされた。

二 鉢形城士の矢部氏 榛沢郡小前田村(花園町)町田文書に「天正十八年、町田土佐守一味同心、矢部縫殿、氏邦花押」。小前田村に現存無し。

三 岩附城士の矢部氏 豊島宮城文書に「天正十三年七月十日、太田氏房の祝言行列次第、十番上らふの輿・矢部弾正左衛門尉」あり。四十一項、五十四項参照。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「子供・三両余・矢部三之丞」。

五 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十五俵・矢部加兵衛」あり。

六 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十一俵二人扶持・矢部連蔵、十三俵二人扶持・矢部銀太郎、八両二人扶持・矢部孫平、六両二人扶持・矢部良三、同高・矢部素、同高・矢部松太郎」あり。

七 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・矢部四郎兵衛・六十四歳、父四郎兵衛・矢部四郎五郎・三十歳」。

八 葛飾郡幸手宿 裏町天神社神像再興記に「享保六年七月、施主幸手裏町谷部八兵衛、帰依谷部忠左衛門。裏町谷部八兵衛四世之孫・内国府間村谷部やえ・文化五年正月再興」。神明社安永三年庚申塔に矢部久七.。雷電社明治五年庚申塔に矢部清次郎。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に幸手宿矢部清次郎。明治十二年文書に内国府間村矢部宗太郎。雷電社明治二十四年水鉢に矢部清太郎・矢部問蔵。権現堂村熊野社明治三十四年碑に矢部小三郎。明治三十五年金平糖掛物製造大塚屋矢部吉蔵。上州榛名神社明治四十年御神燈に武蔵国幸手町内国府間矢部吉蔵。権現堂村水神社明治四十一年碑に矢部柳治あり。幸手町一戸、内国府間村一戸、権現堂村一戸現存す。

九 埼玉郡荻島村(越谷市) 玉泉院延享四年地蔵尊に矢部定七・矢部浅右衛門。五所神社明治九年浅間碑に堤根組矢部仙太郎あり。十戸現存す。

一〇 同郡岩槻町 西光寺寛文八年碑に矢部半左衛門。加倉村浄国寺元禄九年庚申塔に市宿町・矢部半左衛門・矢部安兵衛・矢部三十郎。野島村浄山寺文化十年供養塔に岩槻市宿矢部甚兵衛母。久伊豆社天保十年御神燈に市宿町矢部浅之助、文久三年塞神碑に矢部清右衛門。弥勒寺嘉永七年水鉢に新町矢部清右衛門。岩槻誌に「慶応末年、市宿町持高十石余・組頭矢部甚左衛門、新町持高二十五石・組頭矢部清兵衛」。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に岩槻矢部林吉。明治三十五年料理店矢部春吉・小間物商矢部徳次郎・旅人宿足袋甚矢部千太郎・矢部甚八・矢部鉄五郎・矢部万五郎・矢部亀右衛門あり。十九戸現存す。

一一 同郡加倉村(岩槻市) 久伊豆社元禄十五年庚申塔に加倉村矢部又右衛門。明治九年副戸長矢部又兵衛・文政十年生あり。一戸現存す。

一二 同郡粕壁町 明治三十五年小間物商矢部金蔵あり。

一三 同郡高虫村(蓮田市) 歓喜寺跡安永四年六地蔵に当村矢部伝右衛門。当村寛政十二年愛宕山碑に矢部清右衛門・矢部源左衛門。妙楽寺天保七年馬頭尊に矢部和市・矢部喜代松。明治二十年柴山伏越改造碑に高虫村矢部国五郎あり。十戸現存す。

一四 同郡野牛村(白岡町) 観福寺嘉永六年地蔵尊に矢部喜右衛門。久伊豆社慶応二年御神燈に矢部吉右衛門。明治七年製糸会社人名録に矢部喜右衛門。明治九年副戸長矢部吉右衛門・天保七年生。明治二十一年皇国武術英名録に田宮流野牛村矢部吉右衛門。明治三十年所得税下調査簿に篠津村矢部吉右衛門・反別八町二反歩・地租九十四円。五戸現存す。

一五 同郡上野田村(白岡町) 西上原貞享三年庚申塔に矢部佐五右衛門・矢部又兵衛。正伝寺文政元年筆子碑に上下野田矢部文助。鷲宮社文政九年水鉢に矢部文忠、嘉永元年御神燈に矢部喜一。当村嘉永四年不動尊に上野田村下原矢部文忠。鷲宮社明治九年鳥居碑に上野田村矢部文平。明治三十年人名録に矢部石太郎・嘉永二年生・地租七十円あり。一戸現存す。

一六 同郡国納村(宮代町) 太田袋村琴平社文政三年水鉢に八河内村谷部平蔵あり。矢部氏二戸現存す。

一七 同郡和戸村(宮代町) 宇宮神社明治二十二年御嶽碑に矢部百之助あり。四戸現存す。

一八 同郡西久米原村(宮代町) 鷲宮社安永二年愛宕碑に矢部角右衛門、安永八年荒神碑に矢部藤七.。慈恩寺村慈恩寺弘化四年水鉢に西久米原村矢部太郎左衛門。明治三十年人名録に私塾師匠矢部造酒之丞・号鼎湖・嘉永五年生・地租六十円(大正十二年没)、矢部富蔵・元治元年生・地租二十七年生あり。十一戸存す。

一九 同郡菖蒲町 菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に矢部安之助。他村の人か。明治三十五年に矢部福次郎・矢部半蔵あり。二戸現存す。

二〇 同郡上村君村(羽生市) 雷電社江戸末期玉垣碑に矢部政吉あり。現存無し。

二一 足立郡浦和町 明治三十五年仕立職矢部千代吉あり。

二二 同郡蕨町 和楽備神社享和三年鳥居碑に矢部喜兵衛あり。

二三 同郡大宮町 明治九年戸長矢部忠右衛門・嘉永三年生(農業、陸運会社、大宮町長、県会議員)。明治十六年鉄道敷設願に矢部三四郎。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流大宮宿矢部安太郎。明治三十五年炭商矢部伊勢松・矢部新太郎。

二四 同郡土呂村(大宮市) 八雲社年不詳に矢部初五郎あり。十二戸存す。

二五 同郡中丸村(大宮市) 当村に此氏多く存す。安永七年庚申塔に南部領中丸村矢部平兵衛・矢部喜兵衛。八幡宮文化七年阿夫利碑に中丸村矢部伝兵衛。神明社慶応三年御嶽碑に中丸村矢部利右衛門・矢部喜兵衛・矢部源兵衛・矢部角右衛門・矢部新太郎。明治九年戸長矢部武右衛門・嘉永三年生。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に南中丸・矢部市右衛門・矢部龍太郎・矢部伊助・矢部栄次郎。大正十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に矢部俊治・明治十七年生・国税千五百二十二円・県下百四位あり。

二六 同郡上山口新田(大宮市) 中丸村の分家にて、享保十六年検地帳に「矢部勘左衛門・五反五畝歩」。蓮沼村神明社明治三十一年松沢碑に上山口矢部吉之丞あり。現存無し。

二七 同郡小針内宿村(伊奈町) 小針神社天保九年水鉢に小針内宿村矢部久八あり。二戸現存す。

二八 同郡小針新宿村(伊奈町) 西光寺寛保元年筆子碑に小針新宿矢部治郎・矢部文治。倉田村明星院文政六年新西国塔に小針村矢部権兵衛。小針神社天保九年水鉢に小針新宿村組頭矢部権兵衛・矢部喜三郎・矢部長左衛門・矢部定五郎・矢部源六・矢部三代吉・矢部源蔵・矢部幾蔵、天保二年浅間碑に小針新宿村矢部定吉。明治九年副戸長矢部権兵衛・文政十三年生あり。九戸現存す。

二九 同郡原市町(上尾市) 大門宿会田文書に「寛政四年御鷹場記録、原市町矢部源三郎・鳥見役を勤む」。当村安政三年庚申塔に当所矢部七郎兵衛(名主、清酒醤油醸造業)。明治九年戸長醸造業矢部七郎・嘉永元年生。明治三十五年古物商矢部政吉・矢部基一あり。五戸現存す。

三〇 同郡小泉村(上尾市) 当村に此氏の旧家あり。八戸現存す。

三一 同郡中分村(上尾市) 当村に此氏多く存す。風土記稿中分村条に「東栄寺の開基は村民定右衛門が先祖矢部甚右衛門といへるものなり、慶安三年八月十九日没す、徳円浄本居士」。当村享保三年庚申塔に石戸領中分村・矢部弥右衛門・矢部甚右衛門・矢部吉右衛門・矢部次郎右衛門・矢部武兵衛・矢部久左衛門。木下村法光寺明和六年地蔵尊に中分矢部次右衛門。桶川宿稲荷社安政四年御神燈に中分村紅花商名主矢部半右衛門。文久二年川田谷村岩田文書に中分村名主矢部善兵衛・名主矢部半右衛門。明治五年戸長矢部定右衛門・保長矢部三右衛門・保長矢部直右衛門。明治九年副戸長矢部吉五郎・天保元年生、副戸長矢部三右衛門・天保元年生。平方村馬蹄寺明治十年馬頭尊に中分村矢部太吉。上日出谷村氷川社明治二十年水鉢に中分村矢部源三郎。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡中分村矢部鍋次郎・矢部定次郎・矢部善兵衛。明治二十二年矢部淳一家文書に矢部浅五郎・矢部善兵衛・矢部善太郎・矢部鍋次郎・矢部勇助・矢部文太郎・矢部仙四郎・矢部仙蔵・矢部角右衛門・矢部瀧次郎・矢部吉次郎・矢部丑五郎・矢部音五郎あり。

三二 同郡桶川町 明治三十五年煙草商矢部筆吉あり。

三三 同郡川田谷村(桶川市) 弥勒院享和二年普門品に前領家村矢部弥右衛門。泉福寺天保五年供養塔に前領家村矢部吉次郎あり。五戸現存す。

三四 同郡深井村(北本市) 寿命院寛政九年寄附帳に深井村矢部安右衛門あり。現存無し。

三五 同郡石戸宿村(北本市) 字横田明治二十年馬頭尊に矢部兵吉あり。六戸現存す。

三六 同郡古市場村(北本市) 菖蒲町菖蒲神社明治十年神道無念流奉納額に古市場村矢部亀次郎。二戸存す。

三七 同郡東間村(北本市) 浅間社明治四十年碑に矢部良七.。三戸存す。

三八 同郡荒井村(北本市) 花見堂宝永三年廻国塔に荒井村矢部九兵衛・矢部□左右衛門。摩滅が激しく判読不能。矢部雅楽助は当村草切にて子孫は、矢部洋蔵家享保十四年文書に名主矢部平兵衛。松山城岩室観音堂寛政十二年碑に足立郡新井村矢部八右衛門。東大塚村天保二年供養塔に荒井村矢部甚右衛門・矢部平兵衛・矢部幸五郎。川田谷村泉福寺天保五年供養塔に荒井村役人矢部平兵衛・矢部甚右衛門。明治四年名主酒造業矢部平兵衛・三十四歳。明治九年戸長矢部長作・安政五年生、副戸長矢部祐蔵・天保六年生、惣代人矢部甚右衛門あり。十三戸現存す。

三九 同郡常光村(鴻巣市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に上常光村矢部長右衛門・矢部孫七・矢部久兵衛・矢部伝蔵・矢部久二郎・矢部喜惣二.。常光神社寛政十年庚申塔に常光村矢部友七・矢部幸七・矢部文治郎・矢部弥吉・矢部元右衛門・矢部万治郎・矢部半兵衛・矢部武右衛門、明治二十八年碑に常光村矢部万五郎・矢部弥左衛門・矢部長次郎・矢部源次郎・矢部亥之八。四戸現存す。

四〇 同郡上谷村(鴻巣市) 深井村寿命院寛政九年寄附帳に下神谷村矢部文左衛門・矢部彦次郎・矢部市五郎・矢部小左衛門。氷川社明治三十四年鳥居碑に矢部新五郎。二戸存す。

四一 同郡下谷村(鴻巣市) 当村に此氏多く存す。矢野高義家所蔵(現住鴻巣市人形一丁目)勢至菩薩立像銘に延慶四年辛亥二月日と、南下谷村修験大行院永正十一年文書に年行事職可申付之由、天正十年頃文書に上足立三十三郷大行院支配と、鴻巣宿熊野社天正十一年鰐口に武州上足立下谷宮とあり。当村の開発は相当古く、矢部氏は此等以前からの居住者にて岩槻太田氏に仕える。隣村鴻巣郷宮内村大島文書に「六月一日(天正十八年)、汝等五人之事、如前々在所へ令還住、耕作以下可申付候、武州足立郡内鴻巣郷、大島大炊助、大島大膳助、矢辺新右衛門、矢部兵部、小川図書、以上五人遣之、浅野弾正長吉花押」。大島氏系譜に「小田原城陥り、麾下の士散帰す、矢部兵部・矢部新左衛門は下谷村に各子孫現に存在せり」と見ゆ。当村は元禄四年南下谷・中下谷・北下谷の三ヶ村に分村す。風土記稿下谷村条に「○旧家半兵衛、世々中下谷村の里正にて矢部を氏とす。祖先は岩槻の城主太田氏の家人にて、鴻巣七騎と唱へし其一人なりと云ふ。○旧家小左衛門、世々北下谷村の里正なり、是も矢部を氏とす。慶長寛永の水帳を蔵せり、其内寛永の水帳に足立郡下谷村小左衛門分とあり、これ小左衛門が先祖の新開せしなるべし。此矢部氏も昔岩槻太田氏の家人なりよし伝ふれば、前村半兵衛が一族なりしならん」と。紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位永性禅定尼・武州足立郡鴻巣下谷村矢部忠三郎立之(供養者)・寛永八年八月四日(供養依頼日)」。太子堂宝永七年宝篋印塔に矢部彦兵衛・矢部半右衛門、天明二年地蔵尊に中下谷村矢部利助。深井村寿命院寛政九年寄附帳に「南下谷村・矢部登八・矢部幸四郎・矢部十左衛門・矢部平次郎、中下谷村・名主矢部利兵衛・矢部宇右衛門・矢部半左衛門・矢部彦四郎・矢部佐伝八・矢部彦右衛門・矢部幸右衛門・矢部半右衛門・矢部利左衛門・矢部利助・矢部久四郎・矢部林右衛門・矢部仙太郎・矢部五右衛門・矢部長左衛門・矢部甚右衛門」。文化文政の風土記稿頃に下谷村七十軒の内、南が三十軒、中が十三軒、北が二十七軒で、中下谷村は矢部氏が殆どである。岩槻落城後の開発では無く、鎌倉時代以前に矢部氏の草創なり。明治四年名主矢部恒三郎・三十七歳、名主矢部角次郎・二十七歳。明治九年副戸長矢部恒三郎・天保八年生。明治三十五年常光村農友会に「下谷村、矢部亮平・矢部多右衛門・矢部祥三郎・矢部伊太郎・矢部義輝・矢部茂兵衛・矢部嘉右衛門・矢部与吉・矢部定右衛門・矢部藤吉・矢部和吉・矢部半三郎・矢部与右衛門」あり。

四二 新座郡館村(志木市) 館村旧記に「永禄四年、館村柏城落城す。城主大石信濃守郎従に矢部等あり。のち当所へ立ち戻り、南側に住する輩は矢部等也」。宝幢寺享保十一年鐘銘に館村矢部甚五兵衛。当村宝暦九年石橋供養塔に館村矢部権兵衛。氷川社嘉永四年寄進碑に館村矢部金左衛門・矢部宮蔵・矢部幸次郎。宝幢寺安政七年筆子碑に矢部鉄五郎・矢部権次郎。明治三年宮原文書に館村百姓代矢部勘治郎・中野雑穀商矢部鉄吉。明治九年志木町副戸長矢部勘蔵・嘉永二年生。不動堂明治十四年不動尊に志木宿矢部久次郎・矢部鉄吉・矢部勘蔵・矢部文治郎あり。十三戸現存す。

四三 入間郡勝瀬村(富士見市) 明治五年質屋矢部磯右衛門。明治十三年埼玉県老農名簿に桑苗樹者矢部万蔵あり。九戸現存す。

四四 同郡入間川町(狭山市) 明治二十五年地租額調に矢部鍋吉あり。

四五 同郡青柳村(狭山市) 堀兼村堀兼神社文政四年御神燈に下青柳村矢部三左衛門・矢部佐右衛門。大仙波村浅間社天保十年御神燈に下青柳村矢部安五郎。氷川社明治二十九年碑に青柳・矢部佐兵衛・矢部作造・矢部正吉・矢部佐太郎・矢部新太郎・矢部佐十郎・矢部満吉郎あり。十戸現存す。

四六 同郡川越町 御嶽社明治三十年碑に矢部又十郎・矢部金兵衛(畳屋)。

四七 同郡豊田本村(川越市) 白髪社明治三十二年碑に矢部竹次郎・矢部勘七・矢部与四郎あり。十一戸存す。

四八 同郡今福村(川越市) 志村文書に「今福村開発人、明暦二年家作引移る・矢部伊右衛門(現主矢部英一)、寛文十年家作引移る・矢部八右衛門(現主矢部保次)」。明見院慶応二年普門品に矢部宇吉・矢部茂吉。菅原神社明治十六年碑に村会議員矢部茂吉。親切な住職様に案内して頂き有り難う御座いました。小仙波村喜多院明治三十四年水鉢に今福下駄職矢部吉蔵あり。十七戸現存す。

四九 高麗郡脚折村(鶴ヶ島市) 当村文化五年地蔵尊に脚折村谷部重左衛門あり。矢部氏二戸現存す。

五〇 比企郡平沼村(川島町) 当村に此氏多く存す。比企郡神社誌に「大字平沼氷川神社由緒。後鳥羽天皇の頃、足立郡より当地に来住開拓せるもの数家あり、氷川大神を勧請す。永正十二年に至り宮祠の腐朽したるを恐れて矢部伊賀一族主宰となり再興す。慶長三年、名主矢部七郎兵衛・同与七郎、主任となり本社を改築す。寛永十九年、名主矢部七郎右衛門・同三郎右衛門・外氏子一同にて改造す。明治十六年、村長矢部杢太郎主導者となり拝殿及び玉垣を建造す」。字細郷天保六年馬頭尊に矢部良盈・矢部杢右衛門・矢部善内・矢部喜助・矢部元次・矢部伝右衛門。明治九年戸長矢部杢太郎・弘化二年生、副戸長矢部良作・文政十年生。氷川社明治十九年鈴銘に矢部杢太郎・矢部良作・矢部粂造・矢部鳳三郎あり。

五一 同郡大塚村(川島町) 当村安政二年馬頭尊に河岸矢部伊助あり。現存無し。

五二 同郡出丸本村(川島町) 明治五年戸籍編製に旧組頭矢部仙右衛門。明治九年副戸長矢部仙太郎・天保三年生あり。二戸現存す。

五三 同郡出丸下郷(川島町) 字金塚年不詳地蔵尊に矢部忠右衛門・矢部弥兵衛あり。二戸現存す。

五四 同郡三保谷郷山ヶ谷戸村(川島町) 当村に此氏多く存す。八ツ林村道祖土文書に「天正六戊寅年卯月七日、三保谷郷検地書出、二十三貫八百三十二文・養竹院分(表村)、十九貫五百六十五文・福島給田、三貫七百七十文・矢部大炊助給田、三保谷代官道祖土土佐守百姓中、江雪奉之(板部岡融成)」。また、道祖土系図に「道祖土図書康満は後福島与右衛門満吉と号す。比企郡老袋村(川越市)にて五十貫の地を給ふ。天正十八年岩付落城に付武州登戸村(鴻巣市)に来り住居す。功臣矢部刑部は兄土佐守康玄に仕ふ」と。矢部大炊助及び矢部刑部は当村住人か。報恩寺寛文七年地蔵尊に三保谷山ヶ谷戸村矢部吉左右衛門。表村広徳寺明和六年六地蔵に山ヶ谷戸村矢部茂八.。当村文化七年庚申塔に矢部仙吉・矢部安太郎・矢部幸蔵・矢部清吉・矢部源太郎・矢部周蔵・矢部市太郎・矢部助五郎・矢部新蔵・矢部専蔵・矢部栄蔵。文政十二年中新田村侠客高麗川源七墓碑に川島矢辺源太郎と見ゆ、当村侠客山貝戸源太郎なり。明治九年戸長矢部恒三郎・嘉永三年生。釘無村明治十九年馬頭尊に山ヶ谷戸村矢部角太郎。県会議員農業矢部顕一・明治四十一年生あり。

五五 同郡高坂村(東松山市) 明治十六年蚕種製造矢部昌平。現存無し。

五六 同郡岩殿村(東松山市) 岩殿観音天保十一年地蔵尊に当邑矢部志免あり。現存無し。

五七 同郡下野本村(東松山市) 明治九年副戸長矢部恒之助。明治十一年山稼矢部伴右衛門・村議員矢部多蔵あり。九戸現存す。

五八 熊谷町 明治三十五年料理店矢部栄助あり。

五九 榛沢郡中瀬村(深谷市) 中瀬神社明治四十一年碑に矢部徳太郎あり。二戸現存す。

六〇 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・矢部謙次郎・三百四十二円、矢部きく・四十一円・七十円、六辻村(浦和市)・矢部廉・五十円、大宮町・矢部栄吉・百七円・七十八円、矢部てい・三十円・三十九円、矢部忠司・十六円、片柳村(大宮市)・矢部俊治・五百七十八円、矢部龍太郎・二十円、原市町(上尾市)・矢部基一・七十円、大石村(上尾市)・矢部家治・四十五円、桶川町・矢部脩平・四十七円・四十三円、石戸村(北本市)・矢部次郎・十八円、箕田村(鴻巣市)・矢部正作・八十九円、岩槻町・矢部千太郎・九円、粕壁町・矢部三蔵・十一円・四十二円、矢部仲右衛門・十二円・三十五円、矢部金蔵・十八円・二十二円、日勝村(白岡町)・矢部良斎・百十円、福原村(川越市)・矢部鍋太郎・二十一円、入間川町(狭山市)・矢部桂蔵・十円・三十三円、三保谷村(川島町)・矢部重治・十五円、矢部重蔵・十円、久下村(熊谷市)・矢部正・十四円」あり。

矢辺 ヤベ 埼玉郡本川俣村(羽生市)千手院文政四年筆子碑に矢那辺政七・矢那辺七太郎あり。矢辺(やべ)氏三戸現存す。

矢邊 ヤベ 北本に存す。

谷部 ヤベ 矢部の佳字なり。

一 葛飾郡杉戸町 明治三十五年白木綿商谷部清助あり。二戸現存す。

二 埼玉郡中種足村(騎西町) 当村元禄十二年庚申塔に中種足村谷部□兵衛・谷部弥左衛門・谷部亦郎□門・谷部藤兵衛・谷部重右衛門。泉蔵院享保五年地蔵尊に谷部粂蔵・谷部千之助・谷部亦市。東印寺文政十二年天満宮碑に谷部吉五郎、文政十三年供養塔に谷部六郎左衛門。泉蔵院天保十四年供養塔に谷部代五郎・谷部伝右衛門・谷部金十郎・谷部忠蔵。正能村諏訪社嘉永五年富士講碑に中種足村谷部庄八・谷部清造。大日堂嘉永五年庚申塔に中種足村下分下砂・谷部伝五右衛門・谷部辰五郎・谷部金重郎、文久二年供養塔に中種足村谷部弥三郎・谷部周助。西ノ谷村久伊豆社慶応二年御嶽碑に中種足村谷部八百吉。明治九年副戸長谷部伝五右衛門・文政二年生。上州榛名神社明治三十三年算額に北埼玉郡中種足・谷部源六治正あり。十四戸現存す。

三 足立郡榎戸村(吹上町) 大日堂明治二十九年二十三夜塔に谷部太右衛門あり。四戸現存す。

四 榛沢郡牧西村(本庄市) 天正年間牧西村持高帳に「矢部分・一町一反余歩」。苗字記載者は土豪なり。嘉永元年牧西村絵図に矢部清三郎・矢部豊松。明治九年議定連印簿に谷部武十・谷部金七あり。一戸現存す。

屋辺 ヤベ 深谷に存す。

屋部 ヤベ 川口、松伏、鷲宮に存す。

一 入間郡小谷田村(入間市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、小谷田村屋部喜太郎」あり。現存無し。

家辺 ヤベ 大宮に存す。

山家 ヤベ 狭山に存す。

谷保 ヤホ 安部族壬生吉士(みぶのきし)の後裔にて、多摩郡栗原郷谷保村(東京都国立市谷保)より起る。古代氏族系譜集成に「大彦命後裔、壬生吉士福正(男衾郡大領、榎津郷戸主)―継成(三田領主)―貞継(三田領主)―貞盛(三田領主、延喜十五年多摩郡栗原郷に住、谷保県主)―谷保大夫貞重(多摩主政所)―貞政(政所判官代)―重行(散位、三田領主)―二郎重綱―二郎太郎綱明(弟に深大寺蓮明)―綱光」と見ゆ。後裔は三田条参照。

矢堀 ヤボリ 草加に存す。

山 ヤマ 辰韓は十二国からなり、その一つに新羅(今の慶尚北道慶州)があった。新羅は「閼川の楊山村、突山の高墟村、觜山の珍支村、茂山の大樹村、金山の加利村、明活山の高耶村」の六村のかれが推戴したのが新羅第一代王の朴赫居世(パク・ヒョクコセ)である。前漢の孝宣帝五鳳元年甲子(紀元前五十七年)に即位した。新羅本紀に朴赫居世は高墟村の村長蘇伐都利に育てられ十三歳で即位したとあり。山は村(現在の郡程度)の意味で勢力圏・支配領域を云う。慶州に明活山城碑がある。また、日本書紀・神功皇后四十九年条に「千熊長彦(武蔵国の人)、百済国に至りて、辟支山(へきのむれ)に登りて、また古沙山(こさのむれ)に登る」。顕宗天皇条に「帯山(しとろもろ)の城(さし)」と見ゆ。全羅北道金堤の古名を辟支山、辟支城と云う。全羅北道古阜の古名を古沙山、古沙城と云う。全羅北道泰仁の古名を帯山城と云う。古代朝鮮語の城(さし)は人や物の集まる都の意味で、山を群・牟礼、諸・毛呂とも云い、山は城と同じく鉱山鍛冶師等の非農民集落の意味。また、蹈鞴集団の首領大田田根子(おおたたねこ)の妹は蹈鞴五十鈴姫命で神武天皇の皇后である。大物主命の児大田田根子が撰録者とされる秀真伝(ほつまつたえ)に「ウタタネコ」とある。ウはオオ(ホ)或はオの原語であり、ウタタネコと表記した頃は、まだ日本語化していない渡来語である。オオ(ホ)・オ(阿)はア(阿)と読まれ、海積(うづみ)・内海(うつみ)のウヅ(渦)は海の意味で海洋民を称す。大積(おおづみ)・穂積(ほづみ)、安積(あづみ)・阿曇(あづみ)・安曇(あづみ)も転訛なり。古事記に「阿曇連等は、綿津見神の子宇都志金折命の子孫也」と見え、姓氏録に「安曇連、綿積神命の児穂高見命の後也」と見ゆ。綿(わた、はた)は海(わた、はた)で、宇都(うつ、うづ)は内(うつ)・渦(うづ)で共に海洋民の意味。ウは古代朝鮮語の「頂上」の意味で、山のことを指す。古事記に「海神・大綿津見神、山神・大山津見神」を兄弟としている。大山津見神の子は鉱山鍛冶師の足名椎神で、其の子櫛名田媛は素戔鳴命の后となる。後世は綿積族を以って海部・磯部とし、山積族を以って山部・山守部と定めた。姓氏録・大和皇別に「山公。内臣と同祖。味内宿祢の後也」と見ゆ。武内宿祢を孝元天皇後裔とするは仮冒にて、内臣(うちのあそ)とは海洋民のことで宇智能阿曽(武内宿祢のこと)は百済族海洋民である。説明が長くなったが、山積族(山部)は韓半島南部から渡来した海洋民の鉱山鍛冶集団である。越後国は宇都志金折命の後裔五十嵐氏の本拠地で、信濃国は穂高見命の後裔安曇氏の本拠地にて、両国に山浦・山岸・山口・山崎・山田・山本等が多く存す。また、山は村に同じで村山氏は越後・出羽等に多く存す。古代の奥州阿部族は阿(あ、お)をウと云い、山と唱え集落を山地・山内(やまち)と称す。阿部族山姓は奥州の鉱山地に多く存す。阿部族山君の祖・大彦命を孝元天皇の子とするは仮冒なり。大彦は大ノ国(韓半島南部)の渡来集団の首領なり。大(おお)、アベ、アラハバギ条参照。足立郡山村(大宮市)あり。

矢間 ヤマ 秩父郡下吉田村永法寺文化十二年寄附帳に当所矢間利八あり。現存無し。

山合 ヤマアイ 川越町豪商にて川越藩御用達となる。文化四年松平大和守役付に「五人扶持・山合善兵衛」。氷川社明治八年水鉢に南町山合善兵衛。御嶽社明治三十年碑に山合コウ子。明治三十五年川越町新聞薬商山合幸あり。一戸現存す。

山秋 ヤマアキ 忍城士にて、成田分限帳に「十五貫五百文・山秋太兵衛」あり。別本は山穐太兵衛と見ゆ。

山麻 ヤマアサ 岡部藩安部氏家臣にて、明治三年岡部藩分限帳に「御用人格・七十石三人扶持・山麻市之進」。明治四年半原県分限帳に「非役・家令・山麻平格・士族」あり。

山足 ヤマアシ 川越、所沢等に存す。

山井 ヤマイ 各市町村に存す。○栃木県下都賀郡都賀町二十三戸、壬生町十三戸、栃木市三十八戸。○新潟県南蒲原郡下田村三十八戸、三条市三十六戸、栃尾市四十戸。○岩手県二戸郡一戸町十五戸あり。

山居 ヤマイ 草加、富士見等に存す。

山家 ヤマイエ 栃木県下都賀郡国分寺町十二戸。新潟県中魚沼郡川西町十戸あり。

山石 ヤマイシ 各市町村に存す。秋田県横手市三十八戸あり。

山一 ヤマイチ 飯能、日高等に存す。

山市 ヤマイチ 川口、大宮、伊奈、志木、越谷、入間等に存す。栃木県下都賀郡岩舟町十八戸、藤岡町九戸。青森県三戸郡田子町十五戸あり。

山泉 ヤマイヅミ 浦和、春日部、川越等に存す。山形県西村山郡河北町十一戸あり。

山出 ヤマイデ 新座に存す。

山上 ヤマウエ 大宮、蓮田等に存す。

山内 ヤマウチ 此氏は奥州に多く存す。山条参照。○茨城県新治郡千代田町三十戸。○新潟県北魚沼郡小出町三十四戸。○福島県双葉郡楢葉町四十戸、大沼郡会津高田町三十六戸、新鶴村六十五戸、河沼郡会津坂下町七十六戸、耶麻郡猪苗代町三十戸、南会津郡只見町五十八戸、北会津郡北会津村六十戸、会津若松市百十戸。○宮城県桃生郡河北町七十五戸、本吉郡歌津町五十戸、志津川町二百二十五戸、登米郡中田町四十六戸、石巻市百戸。○岩手県宮古市百十戸。○秋田県雄勝郡羽後町三十戸、河辺郡雄和町三十戸、大館市百四十戸。○青森県上北郡六戸町五十五戸、北津軽郡板柳町三十戸、中津軽郡相馬村六十五戸、南津軽郡大鰐町九十三戸、浪岡町百二十戸、八戸市百六十戸、弘前市百七十戸、青森市三百戸あり。ヤマノウチ参照。

一 忍城士の山内氏 成田分限帳に「三十人扶持・山内四郎左衛門、二十一貫文・山内彦三郎、十貫文・山内彦次郎」あり。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「三百石・本国伊勢生国近江・山内半左衛門・四十五歳」あり。

三 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「奥坊主・四石二人扶持・山内弥悦、御厩方・二両余二人扶持・山内浅右衛門、御書役・二人扶持・山内織治」。明治四年忍藩士族名簿に「四石余三人扶持・山内求蔵、四石二人扶持・山内連勝、同高・山内連芳、二両余二人扶持・山内年曹」あり。

四 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 寛文二年岩槻藩分限帳に「十人扶持・山内仙斎」あり。

五 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「十石三人扶持・山内守右衛門」あり。

六 埼玉郡大枝村(春日部市) 明治九年副戸長山内庄蔵・天保八年生あり。五戸現存す。

七 足立郡上尾村 元禄五年庚申塔に山内蔵之助あり。二戸現存す。

八 新座郡下新倉村(和光市) 当村嘉永元年富士講碑に山内勘之丞あり。二戸現存す。

九 入間郡所沢町 昭和三年興信録に「所沢町上町医師山内積蔵・所得税十三円」あり。

一〇 同郡川越町 氷川社明治三十三年玉垣碑に山内庫之助(安政四年生、山形県出身、弁護士、県会議員)。

一一 同郡塚崎村(坂戸市) 山内伊太郎は、初め上杉関左、のち老慕毛虫と云い、憲氏と改める、熊本神風連に殺される。現存無し。

一二 児玉郡本庄町 紀州高野山清浄心院供養帳に「霊位道全禅定門・武州児玉郡本上村山内八兵衛立之(供養者)・寛永七年四月朔日(供養依頼日)」。明治三十五年古着商山内伊之吉あり。

山打 ヤマウチ 川口に存す。

山浦 ヤマウラ 浦は下(もと)の意味で海岸部を云う。海洋民山積族の鉱山鍛冶集落を山浦と称し、信濃国に多く存す。山条参照。各市町村に存す。○長野県上水内郡三水村三十六戸、小県郡東部町三十六戸、丸子町二十戸、北佐久郡北御牧村二十六戸、立科町七十五戸、望月町三十戸、浅科村百十戸、南佐久郡八千穂村二十三戸、佐久市八十六戸、小諸市二百四十戸、上田市百戸。○福島県大沼郡会津高田町四十戸あり。

一 忍城士の山浦氏 成田分限帳に「二十五貫文・山浦喜左衛門、十貫文・山浦将監」あり。

二 関東郡代伊奈氏家臣 伊奈忠順の臣山浦喜左衛門。享保頃に山浦喜左衛門。天明年間赤山陣屋屋敷図に「山浦勘介・一町二反四畝歩」あり。

山江 ヤマエ 川越、行田等に存す。

山尾 ヤマオ 各市町村に存す。○福島県相馬郡小高町十二戸。○島根県能義郡伯太町十九戸、大田市二十四戸。○鳥取県気高郡気高町十四戸、鳥取市二十七戸あり。

一 丹党青木氏族山尾氏 高麗郡青木村(飯能市)青木氏系図に「青木武蔵守実冬(天徳二年死す)、弟平賀四郎実教(後に山尾氏を名乗る)」。「青木真忠(正治元年武蔵野原に於て鎌倉勢と戦ひしが、譜代老中山尾平八兵衛快道六十九歳討死す)」と見ゆ。飯能市内に現存無し。

山雄 ヤマオ 大宮に存す。

山王 ヤマオウ 川口、川越等に存す。

山丘 ヤマオカ 所沢に存す。

山岡 ヤマオカ 岡は大ノ国(後の百済)の渡来人集落を称し、山積族百済人集落を山岡と云う。山条、岡条参照。足立郡戸塚村字山岡あり。○茨城県牛久市四十戸。○長野県岡谷市百六十戸。○秋田県北秋田郡合川町十七戸。○島根県那賀郡金城町十戸、能義郡伯太町二十戸、平田市七十戸。○鳥取市四十戸あり。

一 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五両二人扶持・本国近江生国同・山岡次右衛門・三十五歳」。野火止宿平林寺大河内廟所燈籠に「文久三年、山岡官太伴景剛」あり。近江山岡系図に近江国甲賀郡山岡村より起り、伴大納言善男の後裔説は附会なり。

二 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御徒目付・五両余二人扶持・山岡藤治郎」あり。

三 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御徒銃隊格・八石二人扶持・亡父茂右衛門・山岡新之助・四十二歳」あり。

四 忍藩阿部氏家臣 慶安年中忍藩分限帳に「御歩行頭・百二十石・山岡万右衛門、御中小姓・十人扶持・山岡与一兵衛」。享保八年忍藩軍役帳に「二百石・山岡万右衛門、五十俵二人扶持・山岡治太夫」。文化四年分限帳に「御馬廻・百石・山岡直七」。

五 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百石・山岡次左衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「二百石・山岡次左衛門、百石・山岡七平」あり。

六 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百石・山岡藤右衛門」。

七 葛飾郡栗橋宿 八坂社寛政十二年庚申塔に栗橋駅上組山岡助右衛門あり。現存無し。

八 埼玉郡一ノ割村(春日部市) 円福寺安永七年庚申塔に山岡清兵衛あり。一戸現存す。

九 同郡中渡村(大利根町) 稲荷社享保十六年供養塔に山岡源七・山岡源次郎、寛政四年水神宮碑に山岡清蔵・山岡清兵衛、寛政七年水鉢に山岡清七あり。四戸現存す。

一〇 足立郡木曽呂村(川口市) 阿弥陀堂寛政九年湯殿山碑に山岡源右衛門あり。現存無し。

一一 同郡神戸村(川口市) 大牧村清泰寺万延元年庚申燈に神戸村山岡義右衛門。西新井宿村氷川社明治十年小御嶽碑に神戸・山岡久兵衛・山岡貞二郎・山岡清二郎・山岡弥助。明治二十一年皇国武術英名録に柳剛流北足立郡神戸村山岡安吾郎。木曽呂村朝日神社明治三十五年鳥居碑に神戸・山岡貞治郎・山岡幸三郎・山岡久兵衛あり。十三戸現存す。

一二 同郡西新井宿村(川口市) 氷川社明治三年水鉢に山岡安兵衛、明治十年小御嶽碑に西新井宿山岡伊助・山岡佐市・山岡常吉。明治六年生徒月並受取帳に山岡兼吉・山岡喜右衛門。宝蔵寺明治十七年弘法大師碑に西新井宿山岡定治郎。氷川社明治三十九年碑に西新井宿山岡新右衛門あり。九戸現存す。

一三 同郡鳩ケ谷町 明治三十五年歯科治療所山岡弥五郎。昭和三年興信録に「鳩ケ谷町・山岡長隆・所得税十五円」あり。

一四 同郡蕨宿 世鏡伝記題臨書(天明六年榎本正雄著)に「本国江州・山岡伊織、穂々作・荒井前開発人、以上草切開発の七人と申伝しは此等の人なり」。近江国甲賀郡山岡村出身説は地名附会にて、当郡出身の苗字なり。一説に山岡氏先祖は蕨城主渋川氏家臣と伝へる。御嶽社元禄七年棟札に山岡武左衛門。宝樹院文化十三年渋川公供養塔に山岡武左衛門。三蔵院文政十三年二十三夜塔に山岡善太郎・山岡定六・山岡寅之助・山岡万蔵・山岡惣七、弘化三年水鉢に山岡宗七・山岡源五郎・山岡寅之助・山岡定七、嘉永二年六地蔵に山岡三右衛門、文久二年供養塔に山岡倉之助。和楽備神社万延二年御神燈に山岡文治郎・山岡武左衛門。明治四年商用判鑑帳に山岡三右衛門・山岡伝十郎・山岡吉右衛門・山岡平次郎・山岡文次郎。志木町敷島社明治五年御神燈に下蕨宿山岡喜右衛門・山岡平治郎。三学院明治十五年水鉢に山岡介太郎。明治三十五年織物商山岡又五郎・織物製造業山岡柳之進。昭和三年興信録に「蕨町・山岡又五郎・所得税百九円・営業税六十一円」あり。十五戸現存す。

一五 秩父郡名栗村 秩父郡誌に「名栗村の宮平と云所に妙見の社あり。祠主山岡氏これを奉ずと云ふ」と見ゆ。現存無し。

山奥 ヤマオク 八潮に存す。

山表 ヤマオモテ 春日部に存す。

山佳 ヤマカ 戸田に存す。

山賀 ヤマガ 曷(か、が)は古代朝鮮語で村の意味。山積族の集落を山賀、山鹿、山我と称す。各市町村に存す。○新潟県岩船郡朝日村十四戸、北蒲原郡水原町十三戸、中蒲原郡村松町十三戸、西蒲原郡巻町六十戸、中頸城郡柿崎町十九戸、東頸城郡松代町十八戸、小千谷市四十四戸あり。

山鹿 ヤマガ 山曷の佳字にて山積族の集落を称す。各市町村に存す。○群馬県新田郡尾島町二十一戸。○新潟県刈羽郡西山町八戸あり。

山荷 ヤマガ 鳩山に存す。

山河 ヤマガ 榛沢郡山河村(岡部町)あり、山川とも書き、柏合村明治十三年八海山講碑に山カハと見ゆ。今はヤマガと称す。ヤマカワ参照。

山我 ヤマガ 各市町村に存す。新潟県刈羽郡小国町十七戸あり。

山家 ヤマガ 各市町村に存す。新潟県三条市十戸あり。ヤンベ参照。

山貝 ヤマガイ 桶川、飯能等に存す。新潟県村上市十七戸あり。

山ヶ谷戸 ヤマガイト 比企郡山ヶ谷戸村(川島町)あり、当村出身の侠客矢部源太郎(文政頃の人)は山貝戸源太郎と称す。

山柿 ヤマガキ 川口、鳩ケ谷、春日部、飯能等に存す。

山垣 ヤマガキ 大宮に存す。

山角 ヤマカク 志木に存す。小田原城士山角氏はヤマカド条参照。

山影 ヤマカゲ 各市町村に存す。岩手県稗貫郡大迫町十六戸、紫波郡紫波町二十一戸、花巻市四十戸あり。

一 忍城士の山影氏 成田分限帳に「十貫文・山影彦内」あり。行田史譚に「天正十八年忍城攻めの時、山陰彦内は持田口を守る」と見ゆ。

二 高麗郡広瀬村(狭山市) 上広瀬村信立寺安政二年文書に下広瀬村組頭山影左之松・百姓代山影徳兵衛、明治十四年筆子碑に下郷山影藤太郎。上広瀬村広瀬神社安政五年碑に当所山影徳兵衛・山影勘七、明治二十四年碑に当所山影専造。明治三十二年文書に上広瀬村白魚子織山影専造あり。現存無し。

山蔭 ヤマカゲ 川口、桶川、草加、三郷、狭山、所沢、熊谷等に存す。岩手県上閉伊郡宮守村十七戸、花巻市十四戸あり。

山方 ヤマガタ 各市町村に存す。鳥取県八頭郡智頭町六戸あり。

山片 ヤマガタ 上尾、秩父等に存す。

一 忍藩阿部氏家臣 秩父松本文書に「宝永七年、殿様入秩、山片八兵衛案内」と見ゆ、秩父御代官なり。享保八年忍藩軍役帳に「五十石・山片八兵衛」あり。

山肩 ヤマガタ 与野、白岡等に存す。

山形 ヤマガタ 入間郡下南畑村字山形あり。各市町村に存す。○群馬県勢多郡新里村四十戸。○茨城県日立市百戸、北茨城市百四戸。○福島県東白川郡鮫川村十六戸、いわき市五十七戸。○宮城県本吉郡津山町十一戸。○秋田県雄勝郡雄勝町十四戸、仙北郡角館町三十七戸。○岩手県岩手郡葛巻町十三戸。○青森県五所川原市五十二戸、弘前市百三十八戸、青森市五十戸。○鳥取県日野郡日南町二十二戸、日野町十二戸あり。

一 忍城士の山形氏 成田分限帳に「十五貫文・山形右京」あり。

二 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五十俵五人扶持・本国長門生国同・山形与右衛門・五十五歳」あり。

三 埼玉郡裏慈恩寺村(岩槻市) 阿弥陀堂宝暦三年鐘銘に山形庄兵衛あり。現存無し。

四 同郡佐間村(行田市) 忍城下にて忍藩士卒屋敷があり、行田町とも云う。清善寺延宝八年庚申塔に忍行田町山形□久兵衛あり。一戸現存す。

山県 ヤマガタ 各市町村に存す。茨城県日立市七十戸、北茨城市百戸あり。

山縣 ヤマガタ 各市町村に存す。鳥取県八頭郡河原町九戸あり。

一 足立郡箕田村(鴻巣市) 氷川八幡社明治四十五年碑に道永講中・山縣東小白川あり。現存無し。

山懸 ヤマガタ 各市町村に存す。

山形谷 ヤマガタヤ 新座に存す。

山梶 ヤマカヂ 狭山、所沢等に存す。

山角 ヤマカド 播磨国印南郡山角村(兵庫県加古川市)はヤマカドと称す。相模国足柄下郡山角村(小田原駅十字山角町)はヤマカクと称し、小田原城家臣の山角氏屋敷跡地と云う。岩槻、狭山等に存す。

一 小田原城士の山角氏 山角対馬守定澄が時山城国宇治郡山角村に住するにより、地名をもって称号とすと云うが山角村は無し。隣郡の愛宕郡岩倉村(京都府左京区岩倉西河原町)に山住神社あり、山角(やまずみ)が元の称号か。寛政呈譜にヤマカドと註す。「山角対馬定澄(伊勢新九郎長氏関東に赴くのとき其列たり)―四郎左衛門定吉(北条氏綱及び氏康につかへ、軍奉行となる)―四郎左衛門定利(上野介、氏康及び氏政につかへ、三百騎の軍将たり)、弟主殿定次(四郎左衛門、天正十八年相模国真田にをいて死す、年六十五)―牛太郎定吉(氏照につかふ。東照宮にめされ千五十石を賜ふ)。定次の弟紀伊定勝(政長、氏政及び氏直につかふ。東照宮にめされ千二百石を賜ふ。慶長八年死す、年七十五)―刑部左衛門政定(父と共にめされる)」。武蔵名勝図会に「多摩郡三田領柚木村の旧家野村勘右衛門、先祖豊後守高貞は山角伊予守につき北条氏康の扶持を乞いし処、永禄元年五月高麗郡上我野にて五十貫の地を宛て行われて使番を勤める」。伊予は紀伊の書誤りか。永禄二年小田原所領役帳に「山角四郎左衛門・二百貫五百文、山角刑部左衛門・八十一貫四百二十四文、山角弥重郎・七十三貫二百文、山角四郎右衛門・三十貫文」。高麗郡平沢村小窪文書に「永禄十一年戊辰二月十日、山角同心小窪六右衛門尉の訴えにより、その所領の入西郡萱方十貫文の地を安堵し、山角刑部左衛門尉(定勝)の同心として走廻るべきことを裁許す」。北越軍談に「永禄十二年、小田原勢山角紀伊守政長」と見ゆ。

二 川越城士の山角氏 川越城主出入日記(中富村田中文書)に「天文三年北条阿波守殿持城となり、川越の城には山角上野介(康定)が居城也、小田原合戦はじまり上野介は本城加勢に出陣し、川越城代には舎弟山角四郎左衛門・谷村官蔵・田村玄蕃をはじめとして軍士二千余人残し城をまもらす。田村玄蕃討死、山角右近は腹切たり、松井八郎左衛門、谷村官蔵も討れ、山角四郎左衛門は生捕にせらる」。入間郡誌に「大仙波村富士浅間社は、永禄九年小田原麾下中・山角四郎左衛門再興す」と見ゆ。

三 岩附城士の山角氏 岩槻巷談に「太田氏房の臣山角彦三郎は岩槻籠城し討死す」。入間郡山口郷出身のヤマズミ氏か。山住条参照。 

山門 ヤマカド 大宮、草加等に存す。

山ヶ野 ヤマガノ 熊谷に存す。

山壁 ヤマカベ 埼玉郡小林村(菖蒲町)加村家安政四年題目塔に山壁和仲太あり。二戸現存す。

山下部 ヤマカベ 児玉郡太駄村(児玉町)岩上神社慶応二年御神燈に山下部彦左衛門昌邦。明治三十年中里鳥三郎碑に山下部友五郎・山下部東作・山下部今吉・山下部亀吉・山下部泰作。明治三十四年赤十字社員に山下部正作・山下部恒平・山下部高吉・山下部里次あり。六戸現存す。

山上 ヤマガミ 各市町村に存す。○群馬県勢多郡新里村六十戸。○栃木県安蘇郡田沼町十三戸。○長野県須坂市三十七戸。○新潟県西蒲原郡吉田町二十戸、岩室村四十戸。○秋田県河辺郡河辺町四十五戸。○青森県弘前市五十戸、青森市百七十戸あり。

一 忍城士の山上氏 成田分限帳に「二十五貫文・山上半五兵衛」あり。

二 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「奥坊主・六石二人扶持・山上貞左」。明治四年忍藩士族名簿に「三石余二人扶持・山上太郎」あり。

三 岡部藩安部氏家臣 慶応四年岡部藩分限帳に「御徒格坊主・三石余二人扶持・山上藤介」あり。

四 葛飾郡倉常村(庄和町) 大塚村宝暦七年地蔵尊に山上□右衛門。愛宕社文化三年庚申塔に山上仲右衛門、文化十年庚申塔に山上忠八・山上近蔵、明治四年天満宮碑に山上常吉あり。二戸現存す。

五 同郡神間村(庄和町) 明治三十年人名録に山上清次郎・文久二年生・地租四十円あり。二戸現存す。

六 足立郡上戸田村 氷川社文化十三年供養塔に上戸田村山上権蔵あり。三戸現存す。

七 川越町 明治三十五年ポンプ職山上龍造あり。

山神 ヤマガミ 鴻巣、草加、入間、狭山、富士見、熊谷、深谷等に存す。

山亀 ヤマガメ 入間に存す。

山川 ヤマカワ 川(なり)は非農民集落の意味。山積族鉱山鍛冶集落を山川と称す。山条参照。○群馬県新田郡新田町十七戸。○栃木県下都賀郡壬生町六十二戸。○新潟県西蒲原郡巻町二十七戸、南蒲原郡田上町二十三戸、中頸城郡妙高高原町四十二戸。○山形県東置賜郡高畠町二十三戸、西置賜郡白鷹町二十戸、上山市百二十戸、山形市四百戸。○宮城県亘理郡亘理町三十戸あり。

一 深谷城士の山川氏 上杉系図に「天正十五丁亥年五月十八日、深谷衆山川備中守、上原出羽守捧訴状間、対由良信濃守遂糺明分、仍新開之内桐生衆新開平左衛門分之事、静賢御代以来、毎年之験見帳披見之、則於知行者、従深谷被拘誥候儀明白候、山川備中守殿・上原出羽守殿、評定衆山角上野介康定判」と見ゆ。榛沢郡新開村は深谷上杉憲賢入道静賢以来の領地であり、新開平左衛門は桐生・金山両城主由良信濃守に仕えていたが、北条氏は深谷領と定めた。

二 鉢形城士の山川氏 北条氏邦印判状(秩父郡上吉田村山口文書)に「辰三月二十二日(天正八年)、番衆十人ツゝ申付候、此内童部なと参候はば、諏訪部所江申越、いかにも人改をもいたすへく候、又、紙小旗をもいたし、二十本も可立置候、能ゝ念を遣、可走廻者也、山口下総守殿・各衆中・山川殿・三五郎殿」と見ゆ。吉田町に現存無し。

三 加治衆山川氏 御祭礼之覚写(大徳院旧蔵文書)に「卯正月七日(天正七年カ)、日さい衆、かぢ衆山川右京、於かべ衆」と見ゆ。高麗郡の入間市・狭山市・飯能市附近を加治郷或は加治領と称す。

四 河越城士の山川氏 小田原攻めの時、河越城も落城す。河越日蓮宗行伝寺過去帳に「松樹院妙高・山川殿内方・亥年十二月。妙覚・山川源兵衛内・寅年六月」。鎌倉日蓮宗妙本寺過去帳に「寿慶院妙覚・木呂子丹波守娘・河越山川弥兵衛尉内・天正十八寅年六月十五日」あり。

五 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「七百石・山川藤右衛門」あり。

六 忍・川越藩松平伊豆守信綱(大河内)家臣 万治元年川越藩分限帳に「五百石・本国越後生国美濃・山川左次兵衛・六十五歳、五両三人扶持・本国美濃生国越後・山川久兵衛・三十九歳、長男甲斐守輝綱臣・五両三人扶持・本国美濃生国越後・山川加兵衛・三十五歳、銀二百目二人扶持・本国美濃生国越後・山川七之助・二十三歳」あり。

七 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「六両余二人扶持・山川藤三」あり。

八 川越藩松平大和守家臣 慶応元年前橋藩松山陣屋付に「七石二人扶持・山川領平、六石二人扶持・山川岩雄」。明治十二年松山製糸会社発起人前橋藩士族・松山町山川岩雄。明治二十二年埼玉勧業会員に高麗郡脚折村山川岩雄あり。

九 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「七百石・山川角之丞」あり。

一〇 埼玉郡中種足村(騎西町) 泉蔵院天保十四年供養塔に山川婿次郎・山川石太郎あり。現存無し。

一一 同郡鎌塚村(吹上町) 八幡社享保七年塞神碑に山川太右衛門あり。現存無し。

一二 足立郡草加宿 中馬場村妙光寺元禄四年棟札に草加町五丁目山川伊兵衛。氷川社宝永三年棟札に北草加村山川仁左衛門。成田山新勝寺享和二年奉納額に草加宿山川清蔵。大沢町香取社文化八年敷石碑に草加宿五丁目山川仁兵衛。嘉永三年草加宿豪商農十六人衆に五丁目(南草加村)農業肥料味噌屋山川仁兵衛。西袋村観音堂安政三年筆子碑にソウカ山川伊三郎。市神祠官筆学門人控に明治二年・六丁目みそや初五郎倅山川清吉。明治六年文書に山川巳之助。明治四十四年貴族院多額納税者議員互選人名簿に南草加農業山川仁兵衛・嘉永三年生・国税六百五円・県下百三十八位。昭和三年興信録に「山川仁兵衛・所得税百四十七円・営業税二十九円」あり。南草加村(今の氷川町)に一戸現存す。

一三 入間郡入間川町(狭山市) 明治三十五年医師順理堂山川碧あり。

一四 同郡南入曽村(狭山市) 入間野神社明治四十年碑に入間村山川弥十郎・山川佐吉あり。二戸現存す。

一五 同郡水野村(狭山市) 当村に此氏の旧家あり。十戸現存す。

一六 同郡小谷田村(入間市) 明治十六年大工職山川今造あり。四戸存す。

一七 高麗郡笹井村(狭山市) 白鬚社明治二十九年御神燈に水富村山川佐太郎、明治四十二年御神燈に水富村山川新次郎あり。十戸現存す。

一八 同郡根岸村(狭山市) 水富神社明治四十三年碑に水富村山川鳥蔵あり。一戸現存す。

一九 同郡飯能町 明治十四年飯能村理髪師山川金五郎・久下分村山川真三.。諏訪八幡社明治四十三年御神燈に宮本町山川弥与吉あり。

二〇 同郡下赤工村(飯能市) 字長石須文政十三年碑に山川宗次。明治九年副戸長山川源六・文政十年生。明治十三年農区委員山川達蔵。昭和三年興信録に「原市場村・山川伊太郎・所得税二十一円」。十四戸存す。

二一 同郡小岩井村(飯能市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長山川富士太郎・嘉永元年生あり。

二二 同郡久須美村(飯能市) 東光寺元文二年鐘銘に総檀那山川市郎右衛門。明治十三年山稼議定書に久須美村山川徳五郎あり。十一戸現存す。

二三 幡羅郡下奈良村(熊谷市) 当村に此氏の旧家あり。十二戸現存す。

二四 榛沢郡岡村(岡部町) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

二五 児玉郡本庄町 石川剣道場門下生に天明四年・本庄宿山川元八.。明治三十五年酒造業和泉屋山川獅蔵・荒物商山川団治・酒商山川ミヨあり。

二六 那賀郡古郡村(美里町) 安光寺嘉永元年地蔵尊に当村山川嘉十郎あり。一戸現存す。

二七 秩父郡大宮町 明治三年秩父神社々領醤油製造業山川市右衛門・四十歳あり。

山河 ヤマカワ 春日部、越谷、吉川、朝霞、入間等に存す。ヤマガ参照。

山木 ヤマキ 木は新羅(しらぎ)の羅と同じで国・村の意味。山積族の集落を山木・矢巻・八巻・八牧と称す。山条参照。伊豆国田方郡山木郷(静岡県韮山町)は源平盛衰記に八牧と見ゆ。○群馬県群馬郡箕郷町十三戸。○茨城県結城郡石下町十二戸。○千葉県安房郡富浦町十三戸。○長野県北佐久郡立科町二十六戸。○山形県東置賜郡高畠町五十戸、酒田市五十二戸あり。

一 葛飾郡幸手町 明治三十五年菓子商山木政次郎あり。三戸現存す。

二 比企郡馬場村(都幾川村) 当村に此氏の旧家あり。五戸現存す。

山喜 ヤマキ 蕨、庄和等に存す。

矢巻 ヤマキ 三郷、小川等に存す。

八巻 ヤマキ 山木の佳字なり。各市町村に存す。○山梨県北巨摩郡須玉町五十四戸、高根町二十戸、甲府市五十五戸。○福島県伊達郡川俣町十八戸、国見町五十戸、桑折町四十戸、保原町四十二戸、梁川町二百七十戸、相馬郡新地町二十八戸、福島市二百六十戸。○山形県東置賜郡高畠町二十二戸、米沢市五十八戸。○宮城県柴田郡柴田町二十二戸、伊具郡丸森町百五十戸あり。

八牧 ヤマキ 大宮に存す。

山岸 ヤマギシ 岸は浦と同じで、山積族海洋民の集落を称す。山条参照。大里郡和田村字山岸あり。信濃国・越後国に多く存す。○群馬県邑楽郡板倉町十六戸、明和町十五戸、高崎市五十二戸。○栃木県下都賀郡藤岡町十七戸、佐野市三十四戸。○千葉県夷隅郡大多喜町二十五戸。○長野県上高井郡小布施町二十三戸、下高井郡山ノ内町四十九戸、上水内郡豊野町五十八戸、小県郡東部町二十八戸、丸子町九十四戸、下伊那郡高森町十六戸、東筑摩郡四賀村十九戸、北安曇郡白馬村三十二戸、中野市九十戸、須坂市四百二十戸、上田市百二十戸、伊那市九十五戸、松本市九十戸。○新潟県中蒲原郡亀田町二十三戸、西蒲原郡巻町二十三戸、岩室村二十戸、弥彦村二十六戸、刈羽郡小国町八十四戸、中頸城郡大潟町二十六戸、柿崎町二十六戸、吉川町二十六戸、東頸城郡松代町八十戸、松之山町三十戸、安塚町三十七戸、西頸城郡青海町六十戸、柏崎市百戸、糸魚川市百十戸、長岡市百四十戸。○福島市百五十戸。○岩手県岩手郡葛巻町二十戸あり。

一 忍城士の山岸氏 永禄元年成田佐衛門佐家中之覚(比企郡山田村贄田文書)に「二十貫文・玉作住・山岩若狭守」と見ゆ、山岸の書誤りか。大里郡玉作村に山岩氏現存無し。隣村の屈戸村・津田新田村等に山岸氏存し、玉作とは此の地を指すか。

二 松山城士の山岸氏 天正庚寅松山合戦図に「古郡・柏崎・今泉方面城方・山岸兵左衛門」あり。

三 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「百五十石・山岸藤兵衛」。

四 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・山形取立・山岸弥角」。万延二年川越藩分限帳に「御馬廻・百石・山岸台助」。明治四年前橋藩職員録に「史生・伝達方・山岸嵩」あり。

五 葛飾郡魚沼村(松伏町) 常金寺文化十五年普門品に山岸重右衛門あり。二戸現存す。

六 同郡飯沼村(庄和町) 香取社嘉永元年御神燈に山岸権右衛門あり。現存無し。

七 埼玉郡大沢町(越谷市) 香取社天保十三年御神燈に山岸清左衛門。

八 同郡下大崎村(白岡町) 当村に此氏多く存す。全竜寺正徳五年庚申塔に山岸七衛門・山岸久兵衛・山岸源衛門・山岸武兵衛・山岸伴衛門・山岸吉衛門、宝暦四年馬頭尊に山岸平兵衛・山岸加右衛門、明和二年供養塔に山岸長治郎、安永九年地蔵尊に下大崎村山岸幸助。明治六年富士講着到帳に下大崎村山岸藤次郎・山岸勘蔵。明治九年副戸長山岸吉右衛門・天保二年生、副戸長山岸久次郎・文政七年生。明治二十年柴山伏越改造碑に下大崎村山岸久次郎。当村明治三十年地蔵尊に山岸田松・山岸満・山岸惣四郎・山岸音治郎・山岸与兵衛・山岸五右衛門。明治三十年人名録に山岸吉右衛門・地租七十五円あり。

九 同郡除堀村(久喜市) 慶応二年埼玉郡農兵名前帳に「御蔵番下役・除堀村山岸勘右衛門」あり。三戸存す。

一〇 同郡赤城村(川里町) 正能村明治七年青木文書に富士講・赤城村山岸清右衛門。赤城社明治十六年敷石碑に山岸栄蔵あり。一戸現存す。

一一 同郡麦倉村(北川辺町) 当村に此氏多く存す。八坂社文政十年御神燈に大島山岸銀蔵・山岸小右衛門・山岸平兵衛、文久二年幟碑に山岸市郎治・山岸平兵衛・山岸理七あり。

一二 同郡羽生町 明治五年綿商山岸助次郎。明治三十五年豆腐製造山岸作之丞あり。

一三 同郡加羽ヶ崎村(羽生市) 八幡社寛政十二年天満宮碑に山岸平六・山岸長太郎あり。九戸現存す。

一四 同郡荒木村(行田市) 天洲寺寛政二年供養塔に山岸大膳。天満宮文政三年塞神碑に山岸淀平・山岸源兵衛・山岸伝七、元治元年御神燈に山岸嘉十郎。明治九年副戸長山岸寛三郎・天保十四年生あり。四戸現存す。

一五 足立郡川口町 川口神社明治三十九年碑に山岸源太郎あり。

一六 同郡上内野村(大宮市) 字宮ノ前元禄三年庚申塔に山岸長次郎・山岸喜兵衛、文久二年敷石碑に内野村字宮野前山岸四郎右衛門。氷川社文化八年水鉢に当村山岸孫三郎・山岸粂右衛門・山岸常右衛門・当所山岸幾右衛門、慶応三年御神燈に内野村山岸勇次郎・山岸四郎兵衛・山岸金太郎・山岸藤五郎あり。三戸現存す。

一七 同郡小室村(伊奈町) 当村寛政元年庚申塔に小室丸山村山岸新左衛門あり。十六戸現存す。

一八 同郡中分村(上尾市) 平方村馬蹄寺明治十年馬頭尊に中分村山岸総助。明治二十二年矢部文書に惣代山岸惣助・同山岸藤吉。上州榛名神社明治二十二年御神燈に武蔵国北足立郡中分村山岸弥助。二戸現存す。

一九 同郡菅谷村(上尾市) 明治十二年文書に山岸政行あり。現存無し。

二〇 同郡桶川町 明治三十五年下駄商山岸重蔵あり。

二一 同郡荒井村(北本市) 明治二十五年酒造業山岸重蔵あり。三戸存す。

二二 同郡鴻巣町 大間村久保寺明治十四年筆子碑に鴻巣山岸吉五郎(旅宿業)。明治三十五年下駄商山岸吉五郎あり。

二三 入間郡入間川町(狭山市) 八幡社明治二十三年碑に入間川町山岸祐蔵。明治三十五年焼酎製造十一屋山岸子之吉あり。

二四 同郡黒須村(入間市) 明治三十五年生糸商山岸茂左衛門・酒商山岸茂助あり。

二五 高麗郡上広瀬村(狭山市) 黒須村蓮華院延宝九年供養塔に広瀬村山岸兵右衛門。浅間社寛政十一年庚申塔に上広瀬村山岸蔵之助、元治元年筆子碑に当所山岸半次郎。明治五年田畑名寄帳に山岸久太郎・山岸武三郎、上宿組山岸半次・山岸文造、根山組山岸三三.。信立寺明治十四年筆子碑に上郷山岸半次郎・山岸豊次郎。広瀬神社明治二十四年碑に当所山岸林造・山岸幾三郎・山岸豊治郎・山岸伊佐吉・山岸龍之助。明治二十七年地租調査に山岸茂三郎・五十円、山岸豊次郎・三十七円、山岸竜之助・十一円、山岸妻吉・山岸林造・山岸久太郎・山岸伊吉・山岸平次・山岸喜三郎。浅間社明治四十五年碑に山岸勇・山岸喜三郎・山岸末吉・山岸利三郎あり。十六戸現存す。

二六 同郡柏原村(狭山市) 笹井村宗源寺文書に「弘化四年、観音堂へ大般若経寄進、柏原村本宿山岸久左衛門」。明治二十九年荒物商山岸仲次郎・木商山岸初五郎あり。七戸存す。

二七 同郡原宿村(日高市) 上鹿山村高麗川神社明治十二年御神燈に原宿村山岸竹吉あり。三戸現存す。

二八 同郡飯能町 明治十四年飯能村山岸清七・久下分村製茶荒物商山岸信太郎あり。

二九 同郡阿須村(飯能市) 当村に此氏多く存す。明治九年副戸長山岸七郎右衛門・文化六年生。赤城社明治四十二年碑に山岸倉之助・山岸助二郎・山岸粂三郎・山岸歌次郎・山岸吉太郎・山岸春吉・山岸松五郎・山岸由次郎・山岸豊次郎・山岸竹次郎・山岸徳右衛門・山岸時次郎・山岸巳之助・山岸秀吉あり。

三〇 同郡前ヶ貫村(飯能市) 大蓮寺嘉永二年地蔵尊に山岸半兵衛あり。七戸現存す。

三一 比企郡山ヶ谷戸村(川島町) 当村文化七年庚申塔に山岸嘉吉。報恩寺文化八年六地蔵に山ヶ谷戸村山岸忠次郎母あり。一戸現存す。

三二 同郡松山町 明治三十五年材木炭商山岸粂三郎あり。

三三 同郡高坂村(東松山市) 当村に此氏の旧家あり。十戸現存す。

三四 同郡小川町 八宮社文化三年御神燈に山岸喜七、文化五年御神燈に山岸儀兵衛あり。一戸現存す。

三五 同郡奈良梨村(小川町) 当村寛政五年馬頭尊に山岸勝右門あり。三戸現存す。

三六 同郡高谷村(小川町) 野原村文殊寺嘉永元年大銀講碑に高谷村山岸由右衛門。八幡社嘉永六年馬頭尊に山岸由右衛門。明治十四年米穀商山岸勘太郎・炭商山岸茂重郎・炭商山岸庄三郎あり。十戸現存す。

三七 同郡菅谷村(嵐山町) 当村に此氏の旧家あり。六戸現存す。

三八 同郡平村(都幾川村) 滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に清水組山岸倉造・山岸三吉。萩日吉社明治四十一年碑に山岸文平。三戸現存す。

三九 同郡瀬戸村(都幾川村) 平村浄土院念仏堂跡安政二年聖徳太子講碑に瀬戸山岸丈七.。明治九年戸長山岸惣七・天保三年生。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に瀬戸村・山岸喜十郎・山岸筆次郎・山岸忠蔵・山岸富三郎・山岸伊三郎・山岸貞次郎・山岸幾太郎あり。三戸現存す。

四〇 同郡大附村(都幾川村) 山岸一族共有地寛政五年弁財天碑に大月村山義司栄精。明治九年副戸長山岸武之吉・天保元年生。桃木村八幡社明治十四年筆子碑に大附村・山岸武之吉・山岸武三郎・山岸善平・山岸幸次郎・山岸東次郎・山岸健次郎・山岸信平・山岸邦太郎・山岸和三郎。平村萩日吉社明治二十五年筆子碑に大附村山岸武之八あり。六戸存す。

四一 秩父郡椚平村(都幾川村) 平村滝ノ鼻公園明治三十一年太子講碑に椚平山岸長次郎あり。現存無し。

四二 大里郡熊谷町 石上寺明治十一年水鉢に山岸清吉。明治三十五年籠商山岸政五郎あり。

四三 同郡新川村(熊谷市) 明治九年戸長山岸清兵衛・天保九年生あり。四戸現存す。

四四 同郡屈戸村(大里町) 中曽根村大日堂明和六年供養塔に天水山岸権七・江川山岸五右衛門。久下村東竹院安永二年供養塔に新川天水山岸権七.。榛沢郡小前田村長善寺寛政五年供養塔に石工大里郡天水河岸・山岸権七英正。明治九年副戸長山岸友・弘化元年生。十一戸現存す。

四五 同郡津田新田(大里町) 当村に此氏の旧家あり。十三戸現存す。一項の玉作住とは当村のことか。

四六 幡羅郡東方村(深谷市) 熊野社明治三十年碑に山岸三之助あり。現存無し。

四七 児玉郡本庄町 明治四年諸井文書に台町山岸清作あり。一戸現存す。

四八 雑載 昭和三年興信録・所得税及び営業税(下段)に「浦和町・山岸嘉助・百二十円・百十七円、大宮町・山岸勝太郎・七十二円・四十四円、日進村(大宮市)・山岸真武・十四円、大山村(菖蒲町)・山岸雋・十円、豊岡町(入間市)・山岸宇吉・七百四十二円・二百十一円、水富村(狭山市)・山岸文雄・八十六円、山岸万三郎・十五円、高麗川村(日高市)・山岸善蔵・十二円、松山町・山岸秀治・十九円・六十一円、山岸粂三郎・十円・三十三円、山岸洋一・十四円、高坂村(東松山市)・山岸杢次郎・二十円、菅谷村(嵐山町)・山岸徳太郎・十七円、久下村(熊谷市)・山岸孫助・八十四円」あり。

山北 ヤマキタ 各市町村に存す。

一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「御徒頭・百石・山北嘉兵衛、御目付・十石三人扶持・山北金七郎、御徒・八石二人扶持・山北十右衛門、御徒・六石二人扶持・山北六郎、子供・四両二人扶持・山北豊太郎、御勘定見習・山北熊助」。明治四年忍藩士族名簿に「十人扶持・山北金七郎、六石四人扶持・山北健造、十石三人扶持・山北幾衛、四両二人扶持・山北六郎」あり。忍町に三戸現存す。

二 足立郡戸塚村(川口市) 西光院安永六年宝篋印塔に当寺惣檀那山北恒右衛門あり。一戸現存す。

山木田 ヤマキダ 越谷に存す。

山木戸 ヤマキド 草加に存す。

山桐 ヤマギリ 入間、寄居等に存す。

山極 ヤマギワ 各市町村に存す。長野県埴科郡坂城町二十六戸、上田市四十戸あり。

山際 ヤマギワ 各市町村に存す。長野県須坂市十六戸。新潟県西蒲原郡黒埼町百五十戸、白根市三十七戸あり。

一 越ヶ谷町 久伊豆社明治三十二年榛名碑に山際勇次郎あり。

二 川口町 明治三十五年蕎麦屋山際キヨあり。

三 大宮町 明治三十五年小間物商山際常治あり。

山来 ヤマク 大宮、春日部、上福岡に存す。茨城県稲敷郡東町十二戸、桜川村八戸。千葉県佐原市十六戸あり。

山久瀬 ヤマクセ 上福岡に存す。

山久地 ヤマクチ 所沢に存す。

山口 ヤマグチ 口は人の数にて、山積族の集落を山口と称す。山条参照。入間郡山口郷(所沢市)あり。高麗郡平沢村字山口(日高市)は古の村名にて安政五年伊勢講に平沢村ノ内山口村と見ゆ。小名山口は、埼玉郡慈恩寺村、新方袋村、足立郡辻村、入間郡上野村、比企郡桃木村、幡羅郡男沼村、那賀郡小平村、秩父郡皆谷村、白久村、金尾村、横瀬村、下田野村、下影森村等にあり。此氏は東国の大姓なり。○群馬県吾妻郡草津町八十戸、中之条町四十五戸、長野原町五十戸、群馬郡箕郷町六十戸、勢田郡大胡町七十戸、新里村五十五戸、邑楽郡大泉町四十戸、佐波郡玉村町五十戸、藤岡市百四十戸、桐生市百二十戸、太田市百九十戸、伊勢崎市百四十戸、高崎市三百三十戸、前橋市二百九十戸。○栃木県那須郡西那須野町四十八戸、塩谷郡藤原町五十戸、栗山村五十五戸、芳賀郡茂木町五十戸、下都賀郡壬生町四十五戸、石橋町六十三戸、安蘇郡田沼町百戸、佐野市百六十戸、小山市百五十戸、足利市二百八十戸。○茨城県東茨城郡茨城町五十七戸、美野里町四十五戸、西茨城郡友部町八十二戸、行方郡玉造町四十五戸、鹿島郡波崎町九十八戸、鉾田町百九戸、稲敷郡阿見町五十戸、江戸崎町四十戸、新治郡霞ヶ浦町七十三戸、千代田町五十戸、玉里村六十戸、筑波郡伊奈町六十四戸、結城郡石下町四十四戸、真壁郡明野町八十二戸、関城町七十五戸、日立市百六十戸、ひたちなか市百十戸、石岡市百三十戸、取手市百二十戸、水戸市二百戸。○千葉県印旛郡白井町六十戸、夷隅郡大多喜町四十三戸、大原町二百三十戸、安房郡白浜町五十八戸、千倉町二百三十戸、銚子市四百十戸、市原市二百六十戸、鴨川市百六十戸、木更津市三百戸、君津市百五十戸、袖ヶ浦市百十戸、館山市二百二十戸、富津市百十戸。○山梨県北都留郡上野原町百十戸、南都留郡道志村八十三戸、大月市百五十戸、甲府市百五十戸。○長野県下高井郡山ノ内町四十戸、上水内郡鬼無里村六十五戸、戸隠村百十戸、小県郡東部町四十四戸、南佐久郡北相木村六十戸、上伊那郡箕輪町四十四戸、南安曇郡堀金村四十二戸、上田市百戸、松本市二百二十戸。○新潟県岩船郡関川村五十七戸、北蒲原郡水原町六十九戸、安田町四十戸、南魚沼郡塩沢町四十戸、六日町九十五戸、大和町五十二戸、新発田市百十戸、長岡市百六十戸。○福島県河沼郡会津坂下町四十八戸、河東町七十六戸、耶麻郡熱塩加納村四十七戸、会津若松市二百七十戸、郡山市二百四十戸、いわき市二百戸、福島市百八十戸。○山形県東置賜郡高畠町五十戸、西置賜郡飯豊町七十八戸、小国町六十戸、東田川郡羽黒町四十戸、藤島町五十戸、米沢市百九十戸、南陽市二百十戸、長井市百戸、上山市二百十戸、天童市三百三十戸、鶴岡市百三十戸、山形市六百戸。○秋田県北秋田郡比内町四十八戸、鹿角市百戸。○岩手県下閉伊郡新里村四十八戸、岩手郡岩手町四十三戸、宮古市百戸。○青森県北津軽郡板柳町五十五戸、西津軽郡木造町五十二戸、南津軽郡大鰐町九十七戸、尾上町百十八戸、黒石市百三十戸、五所川原市百三十戸、弘前市百四十戸、青森市五百六十戸。○島根県松江市百戸。○鳥取県八頭郡河原町四十五戸、鳥取市百五十戸あり。

一 横山党山口氏 冑山本に「横山党山口氏、入間郡」と見ゆ。但し、田屋氏は相模国鎌倉郡田屋村(横浜市戸塚区田谷町)より起り、山口氏は同国三浦郡山口郷(葉山町山口)より起る。武蔵七党系図に「横山別当資孝―田屋野五郎忠兼(奥州追討)―山口五郎光兼―野太季兼―山口三郎(弟山口四郎孝久)―山口二郎太郎―太郎」と見ゆ。

二 三浦氏流山口氏 相模国三浦郡山口郷より起る。三浦系図に「三浦介義澄―山口二郎有継―太郎義有(弟に又次郎有澄、二郎有村)―荒二郎盛澄(弟に荒七光澄)―七郎入道員氏(弟に十郎入道兼村、八郎澄忠)―平六朝員(弟に景村、七郎宗兼)」と見ゆ。吾妻鑑巻十五に「建久六年三月九日、頼朝上洛随兵、山口兵衛次郎有綱」。巻十七に「山口二郎有綱」と見ゆ。是を村山党山口氏に比定するは誤りなり。

三 日下部流山口氏 但馬国朝来郡山口郷(兵庫県朝来町)より起る。吾妻鑑巻七に「文治三年十一月二十五日、但馬国住人山口太郎家任・父家修」。巻八に「文治四年三月十五日、山口太郎」と見ゆ。太郎を村山党山口氏に比定するは誤りなり。

四 村山党山口氏 入間郡山口郷(所沢市)より起る。打越村字児泉に山口城跡あり、児泉城とも称し、其の城下町屋は町谷村にあり。武蔵七党系図に「○村山貫主頼家―村山小七郎家継(後に山口七郎と号す)―大井二郎季継(又、山口二郎。兄太郎某)―山口太郎季信―山口二郎兵衛尉信景―左衛門尉伊信―三郎兵衛元信―三郎左衛門尉信泰―二郎有信。○伊信の弟二郎行信―十郎入道国信―孫四郎頼信(弟に孫五郎信俊、余一重信)。○行信の弟兵衛七郎景家―七郎三郎景俊―彦三郎景信。○季信の弟山口四郎義継―山口四郎大夫高義―平太郎高信―弥太郎信季―七郎某。○高義の弟山口土佐房七郎左衛門実慶―二郎為行(弟に山口弥十郎実信、三郎泰茂、九郎実茂)―二郎太郎信茂(弟に平二郎行直、五郎三郎行茂)」。○大井二郎季継の弟「山口六郎家俊―右兵衛尉家恒―太郎恒高(弟に六郎馬允直家、左衛門尉家時・承久乱有戦功)。家恒の弟小七郎家高―三郎太郎長高―実高」と見ゆ。保元物語に「義朝に相随う手勢の者共は、武蔵国には、村山には山口六郎」。源平盛衰記巻二十二に「金子、村山、山口党」。吾妻鑑巻十に「建久元年十一月七日、頼朝上洛随兵、二番山口小七郎、十番山口次郎兵衛尉、四十六番山口小次郎」。巻三十六に「山口三郎兵衛尉」。承久記に「山口兵衛太郎・須黒兵衛太郎」。経光卿記に「天福元年五月九日、山口三郎・武蔵国住人は、新日吉社小五月会の流鏑馬に的立役をつとむ」と見ゆ。

五 入間郡山口郷の山口氏 村山党山口氏は在名にて苗字にあらず。山口氏の本名は岩岡氏、木下氏、森田氏等なり。打越村(明治八年山口村となる)条に「打越塁は打越村の南の方にあり、六七反許の処にて、土居の遺形等所々にあり、東の方に児池と呼ぶ纔(わずか)なる池あり、今は町屋村の地に属せり。土人の云ふ、この塁は往古山口但馬守(或は勘解由)が居住せし所なりと。按ずるに山口但馬守は慶長年中、此の辺に住せし由、其の家譜に載せたれば、彼が塁跡と云ふこと疑ふべし。後述する岩崎村瑞岩寺の条にいへる平内左衛門等が住せし塁跡なるにや」。町谷村(明治八年山口村となる)条に「町谷塁は打越村の界に跨(またが)る。昔山口某・当城にありしが、故に町屋と称す。此の塁跡の続き農家民右衛門(岩岡氏)が構の内に小なる池あり、是を児か池と呼ぶ。何れの年の合戦にや、一人の童子馬を馳せ来り、過って池中に乗入れて死せしなどいへど覚束なし」。岩崎村(明治八年山口村となる)条に「瑞岩寺は山口氏の菩提寺なりと云ふ。山口但馬守某が位牌あり、是も山口が一属などにてあるべしと云ひ伝ふれど、すべて疑ふべし。按ずるに山口家系に、但馬守重政・慶長年中、故ありて当国川越に隠棲せり。其の先祖・始めて氏を山口と改めし盛幸なるもの、永享年中の人なれば、位牌に云ふ所と年代ことに合はず。されば此の人などの位牌にあらざることは論なし。下に出す寺宝の条に山口平左衛門と云ふ人みゆ。小田原北条に仕へしといへり。又彼家の役帳に山口平六と云ふものあり、平内左衛門が一族ならんか。因て思ふに、当時は是等が菩提寺にて、その祖先の位牌を置きしもしるべからず。又此辺をすべて山口領と唱ふるは、武州七党の山口より起りし地名にて、但馬守重政がしばし此辺に隠遁せしをもて、かれがことに附会するは尤も僻事なり」と見ゆ。また、氷川村(明治八年山口村となる)中氷川神社明細帳に「中古当郷山口城主山口平内左衛門尉高治、文和年間本社再栄有り、然るに高治義兵を挙げ足利氏と戦ひ貞治六年九月十八日山口城没落す」。紀州那智山米良文書(天文十七年)に「としま名字之かき立、むら山、山口殿」と、山口殿は本名岩岡氏なり。入間郡誌に「中氷川神社は神職山口氏、即ち元の普賢院也。享保の初頃より普賢院別当たるに至れりと云う」と見ゆ。

六 町谷村の本名岩岡姓山口氏 山口平内左衛門は宮方平一揆に属し、護良親王の後裔と称すが仮冒なり。平条、岩岡条参照。入間郡誌に「岩崎村瑞岩寺に二基の古霊牌ありき、一は『本願信阿大禅定門・貞治六年九月十八日』とあり。是れ即ち山口平内左衛門高清にして、之を里伝・寺伝に考へ、且史書に合すに、南方紀伝若くは桜雲記(南朝遺臣の末路を記す)に出でれる、正平二十二年(即ち貞治六年)二月五日関東の宮方平一揆、河越の城に籠れりとの事実に符合し、閏六月河越落ち平内左衛門同九月に至て、河越附近若くは山口城に死せるものならん。又一基は『故参州大守満叟実公大禅定門・永徳三年六月十三日』とあり。是れ即ち平内左衛門の父山口三河守高実にして、之を当時の史に徴するに、永徳三年四月は小山義政が足利氏満に滅されて、小山の叛一段落を告げたる時なれば、南朝方なりし山口氏の小山に党せるはずなく、党して逆境に陥らざる筈なく、六月に至って或は自刃し、或は殺害せられたるものならん。又寺に護良親王の像ありと云う」。瑞岩寺の寺宝に「鞍一掛あり、桔梗の紋をつけり、是は山口平内左衛門が納めし由をいう」。山口村誌に「瑞岩寺は字岩崎にあり。『山口平内左衛門尉・法名本願信阿大禅門神儀・貞治六年九月十八日』、『山口大膳・故参州大守満叟実公大禅門・永徳三年六月十三日』とあり。岩岡氏祖先也」と見ゆ。勝楽寺村の北東(狭山湖の北で三ヶ島一丁目の近く)に山口氏の根古屋城跡あり。町谷村岩岡家系に「一世岩岡民部之輔実公は三河国額田城主であったが、元弘元年、族足助次郎重範等と護良親王の令旨を受けて吉野に戦った。しかし、親王は鎌倉に幽閉され、実公は山口郷に逃れ、郷士石井氏の妹を娶り一男三女を儲ける。建武二年誕生した皇子高治は実公に伴われて山口郷に移り、実公の女と結婚して、高治の長子高広が岩岡家二世となる。大塔宮護良親王―皇子高治(母戸野氏、幼名高瀬麿、後号山口平内左衛門尉、建武二年生鎌倉、実公と山口郷に逃る。実公の女を娶り山口城に城塁を築く。近郷の豪族、謀将岩岡民部之輔実公、山住彦三郎、部将木下大膳、森田勘解由、星見小太郎、糟谷宇内、志村八郎、向埜金吾、高野十郎、高橋治部、市野六右衛門、柳下重内、黒田左馬、片井木佐兵衛、四方の勤王来属は僅千余人、勝楽寺に塁塞を築く。終入岩崎瑞岩寺、正平二十二年九月十八日也焉。一世実公は弘和三年六月十三日卒)―二世高広(高治嫡子也、母岩岡民部之輔実公之女、幼名伊佐麿、後号三河守。祖父の業を助け、鍬鋤を取り田圃を耕す。文安元年十一月二日卒)―三世一乗(母石井氏、幼名民部、後号左衛門尉入道道岩、文明十七年七月九日卒、民部少輔也、為宗祖菩提立寺・海蔵寺)―四世道照(幼名多美丸、後号大膳、天文二年九月二十二日卒)―五世道実(幼名民五郎、後改新兵衛、号山口平四郎資信、天正十六年二月十六日卒)―六世道慶(幼名八五郎、後改民部之助、天正十八年八月郷代官庄屋役世襲す、慶長十七年卒)―九郎右衛門顕宗―太郎左衛門信安―九郎左衛門良政―太郎兵衛盛清―太郎左衛門貞善―喜平治良昌―太郎左衛門貞照―弥惣治貞広―民右衛門安広(嘉永二年卒)―太三右衛門茂枝(明治八年卒)」と。山口村誌に「山口墟、山口郷の住人山口大膳・永禄三年死す」と。北野村天神社軸木七軸あり。一軸「絵作者周防山口所生・今岩付浄安寺居住冨雪斎、元亀三年十月二十五日、山口平四郎願人、島田右近勧進之本人也」。二軸「細工作者周防山口之住人冨雪斎唯称」、三軸・四軸も同じ。五軸「絵作者周防山口真如寺之住侶冨雪斎唯称」。七軸「表補絵願主山口平四郎資信、細工之本願者防州山口之住冨雪斎唯称」あり。北野村天神社縁起に「山口城主山口平四郎資信が発願主となり、その家臣島田右近が勧進となり、岩槻浄安寺の冨雪斎が細工を修理す」と。周防山口出身の冨雪斎は本名阿川氏なり。在名山口氏は本名岩岡氏に復姓して帰農す。岩岡氏は所沢市内に七戸現存し、古代以来の土着者にて、三河国出身説は附会なり。

七 入間郡宗岡村の本名木下姓山口氏 宗岡村(志木市)に木下氏多く存し、古代以来の土着者なり。当村出身の出稼衆木下大膳は山口郷に居住し岩岡氏及び森田氏と兄弟分となり在名山口氏を名乗る。子孫の山口大膳は山口落城後に郷里の宗岡村へ帰農して本名木下氏に復姓す。山口家からの婿入説、或は家人説は附会なり。狭山の栞に「山口者、往昔山口平内左衛門尉の城所也、貞治六年岩崎瑞岩寺に於て戦死。内族民部介其弟二人倶山口之姓を変て、兄岩岡を称し、弟木下を称し、次森田を称す。兄岩岡民部之介は実我始祖也、永徳三年卒。木下大膳は同郡宗岡村に入る」。中宗岡村荒井仁三郎家伝承に「鉢形城の落武者荒井仁右衛門は郷士となり荒川べりの字小割を支配し、山口家から木下家に婿に入った大膳は字大野を支配していたが、境界紛争が起り斬り合いとなった」と云う。多摩郡豊田村山口氏家伝が木下大膳の旧姓山口大膳に附会して先祖説を唱えた為に、豊田村山口大膳の所領地説となってしまった。中宗岡村赤稲荷社の土手下に豊田村山口氏の先祖山口大膳の墓碑あり、「山口大膳平高伯墓、慶長十二年三月十二日卒・行年四十二.。大正六年三月十二日、十世孫山口平太夫平高穎再建」あり。館村古今精決集録に「山口大膳の事。大膳宿、此の所陣場の先東南に在り。此の所を大膳宿と云ひし宿井なれど家在るにあらず。昔多摩郡山口村に山口伊豆守殿とて、小田原北条家の幕下なり。此の城、越後の国管領入道上杉謙信輝虎公小田原北条家をせめられたり時、当村柏ノ城と同時に山口の城も落城して後、伊豆守殿の子息山口大膳と云ひし人浪人となりて居られしに、彼ら大膳当村に来たり、陣場の東の方に新田を令により開発、然れども当村の者共彼を置かず、故に大膳は此の所を退きたり。然りながら、その所に小屋をかけ大膳暫らく旅宿したる所なる故大膳宿といふ。されば大膳は当所にて新田開発を望みなさりければ、宗岡村を越えて中新田を取立て、其所に居住す。ある時下宗岡村新井仁左衛門と云う者と大膳、田場の用水の水曳きの事に論をなして、大膳は十文字の鎗の名人、仁左衛門は鎌手の名人にて互いに仕合けるが、終りに大膳打負けて仁左衛門に害されしなり。今の中宗岡村木下氏の屋敷内に大膳塚在り、是大膳の墓所なり。扨、山口大膳は子孫無之に依って大膳の家人その名跡を相続す。今木下を名乗る者是也」と見ゆ。次項では下総守の子山口大膳とあり、是等は後世の偽作なり。真実は郷士の農民荒井氏と木下氏の水争にて領主では無い。次項参照。

八 多摩郡豊田村の山口氏 宗岡村の山口大膳(本名木下大膳)は無関係なり。新堀村(明治八年上山口村となる)の山口観音(西武球場の西方)の山上を龍谷城と云う。風土記稿豊田村(東京都日野市)条に「旧家百姓平左衛門、山口氏なり。先祖は当国七党の一、村山党の内金子十郎家忠が叔父小七郎平家継なり、始て入間郡山口の郷に住し、四十九ヶ村を領したり、故に山口を以て苗字とす、真知屋と云所に城を築く。家継の子山口六郎家俊、其子十郎高家なり。高家より八代の孫山口三河守高実が時に至って、入間郡川越のへんより足立郡まで領せしに、其比・兵革のことをこり、時の管領左馬頭氏満と戦ひて、ついに討死す、是永徳三年六月十三日なり、その屍は山口領岩崎村随岩寺に葬れり。高実の子山口平内左衛門高清は、さきに貞治六年九月十八日氏満とたゝかひ、川越におひて討死せしかば、是も又随岩寺に葬れり。故に高実討死の後高清の子山口修理大夫高治、祖父の家をつぎ上杉某に従ふ。高治の子山口小太郎高忠、明徳応永の比・入間郡新堀村の山上に城を築く、是を龍谷ノ城と号す、即ち今新堀村観音堂の後なる山上は其古城蹟なりと云。高忠より五代目山口主膳正高種がとき、北条氏康に攻られ、防戦にたへずして終に氏康に降参す、この時城郭尽く兵火に焼亡して、家伝の記録等も鳥有となりしと云。高種の子下総守高俊、高俊の子山口大膳高伯も又北条氏に属す、然るに天正十八年北条滅亡の後、東照宮へ召出され、後大猷院殿へ仕へ奉り、江戸向柳原に屋敷を賜はりて住居す。食地は足立郡館村にて賜りしが、いかなることにや其頃新座郡比企股村の地頭荒井但馬守と、采邑のことにて争ひをこり、是が為に比企股川の辺にてたがひに剱戟に及び、但馬守ついに大膳がために討れけり、此においてかれが婿某怒て敵大膳を討ぬ、大膳が婿も是を聞て但馬守が婿を討んと、互にいどみたゝかひ終に二人共に討死す、是の時つきそひし下部まで十人ほど手負死人ありしとぞ、是慶長十二年三月十二日のことなり、即ち館村に大膳塚と云へる塚、今に存するはその葬地なりと云、石碑は久米村永源寺にあり。大膳が妻は小田原北条の家人西島越後守の女なり、一男一女を産む、然るに夫婦不和となりしかば、妻は於阿茶局に仕ふ、年老て豊田村に至りて死す。大膳の子高家は初め山口金丸と云、後加茂宮平兵衛、又布施平治兵衛などゝ改名せり、高家は父大膳私の争論を以て、みだりに矛戟に及びたるにより、知行没収せられ、浪人となり、其後高家が母・於阿茶局によりて、廃家の加茂宮治兵衛直茂の跡をたて賜はらんことを、東照宮へ願ひ奉りしかば、大猷院殿へ召出され、加茂宮平兵衛となのり、五百石を賜り、江戸本郷御弓町に屋敷の地を賜りて住居し、御書院番を勤む、然るに元和元年平兵衛高家が僕と油川信貞が僕と喧嘩に及び、また禄をめしはなさる。是より又流浪の身となれり、然るに妻の父たる者は布施勝五郎重賢とて豊田村に住居す、勝五郎・是を養子とせり、是より布施平治兵衛と改む、然るに平治兵衛男子ありて、加茂宮山口の家名をかすかに民間にのこし、子孫連綿として今の山口平左衛門に至ると云ふ」と見ゆ。

九 常陸国牛久藩主山口氏 尾張国愛知郡星崎庄笠寺村(名古屋市南区笠寺町)に笠寺観音で有名な笠覆寺あり。笠寺町大門(通称寺部様)に寺部城あり、大永・享禄年間に山口盛重が創築し、重俊・重勝が城主となる。重俊は天文十九年笠寺城攻めで戦死。天正十二年、羽柴秀吉への内通を疑われた織田信雄の家老岡田重孝が誅されると、重勝は重孝の居城星崎に移り、当城は廃城(尾張志)。五項及び十六項は此氏に附会す。寛政呈譜に「多々羅姓。周防国吉敷郡山口は先祖の居所なるにより、盛幸がとき、山口をもって家号とす。大内義弘(応永六年和泉国堺にをいて討死す)―持盛(永享五年死す)―教幸―任世(尾州愛智郡星崎庄に到りて、笠覆寺に居す)―山口修理進盛幸―将監盛重(星崎寺辺等の城主)―内蔵重俊(寺辺城主、天文十七年尾張国松本城にをいて討死)―半左衛門重勝(寺辺星崎両城に住し、文禄四年死す)―但馬守重政(永禄七年星崎に生る。天正十九年御旗下に列し上総国五千石を賜ふ。慶長六年武蔵国五千石をくはへ賜ふ。十六年下野国五千石を賜り、すべて一万五千石を領す。十八年正月六日故ありて御勘氣かうぶり、武蔵国入間郡越生の庄龍穏寺に蟄居し、剃髪して宗愚と号す。宝永六年もとのごとく御伽に候し、常陸国河内郡一万五千石を賜ふ。十二年九月十九日卒す、年七十二、大安全勇瑞巌院と号す、渋谷の別荘に葬る)―伊豆守重信(天正十八年尾張国清洲に生る。慶長十九年大坂陣のとき父にしたがひ、ひそかにかの地におもむかんとせしが果たさずしてかへり、ふたゝびすがたを変じていたるといへども、和議すでにとゝのひしにより、むなしく武蔵国にかへる。元和元年の役には父とゝもに井伊直孝に属して若江表にいたり、五月六日討死す。年二十六、傑山宗英大雄院と号す、若江に葬る。室は大久保相模守忠隣が養女)、弟但馬守弘隆(寛文九年常陸国河内郡牛久に居所を営む)―重定―弘豊―弘長―弘道―弘務―弘致(天明七年一万石を領し、牛久に住す、時に七歳)。家紋、唐菱・世に大内菱といふ、竹の丸に飛雀二羽」と見ゆ。大久保家譜に「忠隣の養女(実は石川長門守康通が女、山口伊豆守重信が室)」。越生郷龍ヶ谷村吉沢八郎家系図に「太田道灌の嫡孫・源六郎資高の子太田大炊助(母は入間郡越生領龍ヶ谷村之庄司吉沢権右衛門娘。天正十七年北条氏照に仕へ、吉沢覚左衛門と名乗る。八王子落城後、龍ヶ谷村へ還り、元和七年老衰す)―女子(山口伊豆守重信妻)」と見ゆ。同村龍穏寺墓碑に「傑山宗英・山口伊豆守」とあり。重政は忠隣の養女を子息重信に嫁がせたが幕府の許可を得ていなかったために改易となり、重政父子は重信妻の生家龍ヶ谷村吉沢覚左衛門家へ蟄居した。

一〇 小田原城士の山口氏 永禄二年小田原所領役帳に「山口平六、四十貫文・山口内・大鐘・藤沢分・水野分」と見ゆ。大鐘村(明治八年上山口村となる、所沢市)、山口領藤沢村(入間市)。北野村天神社応永四年文書に武蔵国山口郷北野宮と見え、水野分は北野分(所沢市)の書誤りか。六項の一族か。

一一 松山城士の山口氏 秩父郡横瀬村若林家系譜に「武州松山城預り、難波田播磨守・山口伊豆守・若林若狭守・舎弟若林主計四人にて城預り候所天正年中落城相成候」と見ゆ。

一二 岩附城士の山口氏 高麗文書(家伝史料)に「永禄中、きゃくいの次第・山口殿」。賀美郡金久保村陽雲寺略記に「武田信俊は天正十八年岩附の城を攻る。城主の甥無双の強将山口平内兵衛を討取る。戦功ありしに依って同十九年武州金久保に於て采地を賜る」。岩槻巷談に「天正十八年、太田氏房の臣山口平内は岩槻籠城し討死す」と見ゆ。

一三 忍城士の山口氏 成田分限帳に「二百石・山口助之進、十五貫文・山口長兵衛」あり。

一四 鉢形城士の山口氏 神流川合戦記に「天正十年六月、鉢形衆山口上総助」。鉢形分限帳に「本国備州下道・上吉田住・山口上総、本国埼玉・渡瀬住・山口三太夫、本国加賀川北・大滝住・山口図書、本国尾州川岸・我野住・山口嘉蔵、本国参州八名・山口嘉蔵、本国摂州白馬・薄住・山口勘九郎」。天正年中鉢形家臣落人在所書抜に「本国加賀小池・在所大田原・山口図書、本国信州木曽・在所薄・山口勘九郎」あり。大田原き大滝村字大達原なり。岡山県下道郡。石川県河北郡(かほく)、小池村は無し。愛知県川岸村は無し、名古屋市瑞穂区河岸町は昭和二十年から称す。愛知県八名郡。兵庫県有馬郡、大阪府箕面市白島はあるが白馬村は無し。又、長野県白馬岳を連想して木曽と記すか。分限帳の本国は信用出来ず。是等の士は秩父郡出身なり。百七十三項、二百六項参照。

一五 河合城士の山口氏 神流川合戦記に「天正十年六月、上野国那波郡河合村(玉村町)露之城主斎藤石見守基盛家臣山口久之進」あり。基盛は金久保城主斎藤摂津守の弟なり。

一六 雉岡城士の山口氏 児玉郡誌に「大字吉田林の日枝神社は、永禄年間・八幡山の雉岡城の稗将山口修理亮盛幸が社領を寄附す」と見ゆ。九項の盛幸に附会す。百八十七項参照。

一七 御嶽城士の山口氏 児玉記考に「児玉郡新宿村旧家木村氏、源姓にして佐々木家の臣山口将監の正系なり、延元年間御嶽城主長井豊前守に仕へ、慶長十九年長井家亡び当城破却となるに及び姓を木村に改む」と見ゆ。木村条参照。

一八 水戸藩家臣 百四十九項の高麗郡横手村出身なり。中山備前守信吉は家康の命により水戸藩家老となり、慶長十三年正月に旧北条家臣の山口六郎衛門・山口九郎左衛門・山口惣兵衛・山口九兵衛等十七騎を連れていく。寛文九年水戸藩分限帳に「与力衆、中山備前守組十七騎之内、二百五十石・山口九郎左衛門、二百五十石・山口喜兵衛、二百石・山口六郎衛門、中山備前守附・百五十石・山口新左衛門」。万延元年松岡藩中山備前守分限帳に「十七騎御番頭・百石・山口弥太郎・年十四」。水府系纂に「○山口九郎衛門幸重の嫡子若狭重明、二男和泉重勝、三男美作某―九郎左衛門某―九郎左衛門某(妹婿養子彦兵衛は武州横手居住・今子孫有り)―九郎左衛門正規―九郎左衛門某。○山口六郎衛門忠重は曽祖を九郎衛門幸重と云、天文二十年大内介多々良義隆亡滅の時、幸重・防州を出奔し武州に来り八王子の内横手に住して上杉兵部少輔憲政に仕ふ、憲政敗亡の後北条氏康に仕て終る。三男あり、長を若狭重明(忠重が祖父)、次を和泉重勝(宗兵衛某が父)、次を美作某(九郎左衛門某が父)と云、共に北条氏照に仕ふ。○忠重の父を郷左衛門重久と云、天正十八年北条家没落の後横手に幽居す、後駿府に於て神君に奉仕す、病身たるを以て後暇を請ひ横手に還る、寛永十一年死す。和泉重勝が女を娶て三男を生む、長は忠重也、次を九郎兵衛重正と云若狭が横手の屋敷に住して不仕して終る・子孫あり、次を郷左衛門某と云。○忠重は慶長年中幕下の歩行士となり中山備前守信吉が組たり、十三年二百石を賜ひ駿府に於て信吉が与力となり寛永二年故ありて横手に退く、正保三年死す、六十三歳。○忠重に六男あり、長は弥太郎重貞、次は善左衛門尹貞、数衛門某、六郎衛門忠貞、長兵衛良安、衛之介某と云ふ」と見ゆ。

一九 忍藩松平下野守忠吉家臣 慶長十二年清洲藩分限帳に「二百石・山口七右衛門・是は忍にて罷出・武州之者」あり。

二〇 忍藩阿部氏家臣 享保八年忍藩軍役帳に「五両二人扶持・山口鑓右衛門」。文化四年忍藩分限帳に「御用部屋物書頭取・三十五俵二人扶持・役料五俵・山口喜八」あり。

二一 忍藩松平下総守(奥平)家臣 嘉永六年忍藩分限帳に「武器預り下役・十三石二人扶持・忍取立・山口作之助」。慶応元年忍藩分限帳に「十人扶持・山口作之助」あり。

二二 深谷・川越藩酒井讃岐守忠勝家臣 寛永十四年小浜藩分限帳に「百十石・山口弥右衛門、五十石・山口小左衛門」あり。

二三 川越藩柳沢出羽守保明(松平吉保)家臣 元禄七年川越藩分限帳に「御坊主組頭・五両三人扶持・山口是三」あり。

二四 川越藩秋元氏家臣 明治四年館林藩士族帳に「二十二俵二人扶持・山口清九郎、同高・山口金平、二十一俵二人扶持・山口常蔵、十八俵二人扶持・山口作内、同高・山口久衛、十六俵二人扶持・山口太郎七、十三俵二人扶持・山口敬太郎、七両余二人扶持・山口文次郎、六両二人扶持・山口市造」あり。

二五 川越藩松平大和守家臣 天保十二年川越藩分限帳に「御寄合・五百石・越前取立・山口槙之丞、御馬廻・百石・姫路取立・山口修、御目付・百俵・川越取立・山口織江」。万延二年川越藩分限帳に「御番頭・五百石・山口図書、嫡子山口新兵衛、御馬廻・百石・山口修、御老体・百石・山口織江、御目付・十人扶持・山口武曹、永詰御雇・五人扶持・山口力造」。慶応元年地方役人帳に「御奉行・山口武曹」あり。

二六 騎西・川越藩松平周防守(松井)家臣 明治元年川越藩分限帳に「御馬廻・七十石・亡養父滝左衛門・山口滝衛・三十三歳、御坊主・五両余二人扶持・山口熊悦・十九歳、勘定奉行支配・四石余二人扶持・山口真之助・四十三歳」あり。

二七 鳩谷・岩槻藩阿部氏家臣 慶安元年岩槻藩軍役積に「百五十石・山口江右衛門」。寛文二年岩槻藩分限帳に「百五十石・山口郷右衛門、三十俵・山口平蔵、三十俵・山口今平」。

二八 岩槻藩板倉氏家臣 天和二年岩槻藩分限帳に「二十人扶持・山口養節、三十俵・山口吉太夫、三十俵・山口岡之丞」あり。

二九 岩槻藩松平伊賀守(藤井)家臣 元禄七年岩槻藩分限帳に「十二石三人扶持・山口権兵衛、五両二人扶持・山口仙助、三両二人扶持・山口六郎右衛門」あり。

三〇 岩槻藩大岡氏家臣 天明四年岩槻藩分限帳に「平席之分・山口惣八」。

三一 岡部藩安部氏家臣 岡部藩始末(斎藤伊勢松著)に「初代山口喜十郎(安政六年足軽被召抱、明治四年民籍へ下る)、大字町田・戸主山口扇太郎」。大正三年源勝院安部家旧臣碑に「大字町田・山口仙太郎」。

三二 旗本水野石見守(旧鉢形城士)家臣 水野忠貞・忠顕家中分限帳に「七両二人扶持・山口浅之進」あり。

三三 旗本戸田氏家臣 児玉町八幡社享保十一年鳥居碑に「戸田藤五郎内、山口金次」あり。

三四 葛飾郡川藤村(吉川市) 字かち橋宝暦九年供養塔に山口源兵衛。武輝神社明治四年御神燈に山口吉右衛門。明治九年副戸長山口吉右衛門・文政七年生。中島村稲荷社明治十三年御嶽碑に川藤村山口七兵衛。明治三十年人名録に水油製造業山口要次郎・慶応三年生・地租百二十七円、山口勝五郎・弘化四年生・地租二十八円あり。十四戸現存す。

三五 同郡土場村(吉川市) 三輪之江神社明治二十八年碑に山口仙次郎。半割村春日社明治三十一年碑に土場山口仙次郎あり。一戸現存す。

三六 同郡広島村(吉川市) 当村慶応三年馬頭尊に山口貞右衛門あり。一戸現存す。

三七 同郡松伏村 松伏神社安政五年狛犬に山口五助あり。十戸現存す。

三八 同郡下赤岩村(松伏町) 当村に此氏の旧家あり。十戸現存す。

三九 同郡金杉村(松伏町) 築比地村下香取社享和元年庚申塔に金杉村山口徳右衛門あり。一戸現存す。

四〇 同郡大川戸村(松伏町) 八幡社天保二年阿夫利碑に山口七郎右衛門、慶応三年御神燈に新川・山口寅蔵あり。六戸現存す。

四一 同郡魚沼村(松伏町) 大川戸村妙楽寺安永三年地蔵尊に魚沼村山口与五兵衛。妙音寺天保十四年成田山碑に魚沼村西組山口伊兵衛。明治二十一年皇国武術英名録に神道無念流魚沼村山口寛二郎。二戸現存す。

四二 同郡不動院野村(春日部市) 本郷村雷電社安政五年仙元碑に不動院野村山口弥五郎・山口虎吉。明治三十年人名録に山口音五郎・明治十六年生・地租七十五円。二戸現存す。

四三 同郡西金野井村(庄和町) 当村に此氏多く存す。花蔵院天保六年碑に金井・山口新兵衛・山口権之丞・山口彦右衛門。藤塚村香取社江戸末期御神燈に西金野井村山口吉左衛門・山口権之丞・山口仁右衛門。当村香取社文久三年水鉢に山口五郎右衛門・山口吉左衛門・山口仁右衛門、明治二十一年御神燈に山口権次郎・山口新次郎、明治三十年寄附碑に山口要右衛門・山口善蔵・山口秋蔵・山口栄蔵、明治三十五年敷石碑に山口初太郎・山口弥五右衛門・山口兵右衛門あり。

四四 同郡中野村(庄和町) 薬師堂文化元年普門品に山口新左衛門・山口鹿蔵・山口小左衛門。香取社文化三年庚申塔に山口平蔵・山口兵助、明治二十五年雷神碑に山口金五郎・山口清五郎あり。八戸現存す。

四五 同郡金崎村(庄和町) 道善寺明和元年庚申塔に山口勘平。天神社寛政四年庚申塔に下金崎邑山口又市あり。現存無し。

四六 同郡小平村(庄和町) 八幡社文化三年庚申塔に山口半蔵。現存無し。

四七 同郡杉戸町 河原町稲荷社明治十五年御神燈に山口平治郎・山口長吉、明治三十九年幟碑に山口寅蔵。

四八 同郡本郷村(杉戸町) 香取社享保六年碑に倉附村山口五郎右衛門、文化八年天満宮碑に倉附村山口伝之助、文政九年御神燈に当所山口新三郎嘉忠、文政十年敷石碑に当所山口新左衛門。雷電社文政九年御神燈に当所山口新三郎、安政五年仙元碑に当所山口新左衛門・山口吾三郎、明治二年玉垣碑に当所山口信左衛門。権現堂村堤明治十年天皇行幸碑に本郷村山口辰之丞。明治十六年県会議員調に山口辰之丞・嘉永元年生・反別二十五町二反三畝歩所有あり。十三戸現存す。