埼玉苗字辞典
第5巻 関東甲信越
マエヤマ〜

宮の代々神官家家紋九曜星、裏紋松皮菱は桐生氏家臣前原美濃守の子孫にて、寛文頃舘林宰相徳川綱吉に召出された宮内村前原大内蔵は先祖なり。関東庭軍記に「天正元年桐生勢前原与四郎・同左門」。高野山清浄心院上野国供養帳に「慶長四年月日・逆修妙栄禅定尼、西上野キリウ大モ村継之助家中(妻)の為に之を立てる、施主前原主水」「慶長四年六月二十一日・逆修道高禅定門・逆修妙高禅定尼、西上野フタワタリ郷前原与七郎は父母の為に之を立てる」。

四 佐野氏家臣 佐野市十九戸、うち船津川無し、安蘇郡田沼町五十四戸、うち飛駒二十六戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に「船津川村椿田城主福地出羽守寧久家臣前原八兵衛」。唐沢軍談に「天正九年極月十日、長尾顕長は佐野氏家臣彦間郷小野兵部家来前原織部・竹林房を偽り寄せ、小野を討取らす」。吉水村清水城由来の覚に「天正十年十二月二十七日に前原佐渡守と、名草の芳賀右衛門とり組あり、同二十九日に前原打負る」。慶長五年佐野信吉家中に前原右之助。

五 足利城主長尾氏家臣 足利市六十二戸存す。天正十三年長尾顕長分限帳に「前原五郎左衛門」。

六 小俣城主渋川氏家臣 足利市小俣町六戸存す。新田老談記に「渋川相模守義勝家来前原七郎左衛門」。

七 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町十七戸、河内郡上三川町石田九戸存す。壬生義雄家臣席順に「目附役百貫前原内記、平奉行十貫前原内記、御蔵兵士役五貫前原仲左衛門」嘉永六年旧臣控に「石田村前原儀兵衛」。

八 幕臣 江戸幕臣人名事典に「前原鉱之進四十俵、本国生国共武蔵、祖父前原勝次郎死、父前原栄五郎、御台所人跡嘉永二年見習」「前原弥兵衛、慶応三年七十五歳、十五俵一人扶持、本国下総生国武蔵、父源右衛門御膳所御台所人小間遣」。

前山 マエヤマ 寺尾参照。

真尾 マオ マシオ参照。

馬下 マオロシ 越後国蒲原郡馬下村(五泉市)より起こる、在名にて現存無し。

一 上杉氏家臣 北魚沼郡湯之谷村栃尾又温泉あり。古代士籍に「謙信家臣、御鷹匠頭馬下助左衛門」。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、下越後居(一本に曽根)、後会津境栃尾、馬下助左衛門」。文禄三年目録に「御鷹師方衆百十二石馬下助左衛門」。慶長三年会津分限帳に「御鷹師衆百三十石馬下助左衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市四戸存す。諸士略系譜に@「馬下彦八郎助左衛門(景勝代御鷹匠頭、寛永三年卒)ー助左衛門(弟彦左衛門猶忠)ー弥市右衛門(二男。貞享三年博奕仕斬罪苗字断絶)ー庄九郎(父斬罪に付御城下払、元禄八年御免、添川村重光院に罷在)、弟留之助(御免後、願の上出家)」。A「彦左衛門猶忠(寛文十一年卒)ー長右衛門猶宗(実助左衛門長男、享保七年卒)ー仙助猶重ー三七長仲ー喜左衛門長吉ー六蔵富忠ー五郎右衛門富久ー三七富昌ー三郎吉秀ー甚四郎吉親(万延元年相続)」。寛永八年に「五十騎衆五十石馬下助左衛門」。寛政五年に「五十騎二人扶持馬下喜左衛門」

三 岩附衆 高下(たかした)参照。

馬掛 マガキ 小田氏幕下江戸崎城主土岐原氏家臣 常陸国信太郡馬掛村(稲敷郡美浦村)より起こる、在名にて現存無し。東国戦記実録に「小田天庵の麾下、馬掛の城主馬掛治部」。寛永元年土岐氏旧臣帳に「馬掛村馬掛庄兵衛」。

馬門 マカド 下野国安蘇郡馬門村(佐野市)より起こる、在名にて現存無し。犬伏下町大庵寺念仏日記に「万治二年、馬門次左衛門」。

曲淵 マガフチ 甲斐はマガリブチ参照。

一 多賀谷氏家臣 下妻市無し。下総国香取郡曲淵村(茨城県稲敷郡東村)より起こる、在名にて現存無し。東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事、曲淵源蔵・同平三郎・同右京」。

真壁 マカベ 奥州に多く存す。

一 陸奥国の真壁氏 駿河国富士山頂の富士山剣峯下の鉄造大日如来像銘に「延徳二年仲夏十二日、旦那真壁久朝、白川弾正少弼政朝在判、班目安芸入道宗祥・同兵部少輔政基、安達大宮正蓮妙心、佐古日善□□、祐泉道音妙参」全員福島県住人

二 白井城主長尾氏家臣 上野国勢多郡真壁村(北橘村)より起こる、在名にて現存無し。本名は神屋氏なり、カミヤ参照。

三 館林城主赤井氏家臣 館林市一戸存す。館林記に「元亀元年赤井氏老臣諸野因幡守配下の将真壁宇之助」。奥州出身か。

四 宇都宮氏家臣 芳賀郡は古代の下野国東真壁郡なり。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、真壁四郎兵衛」。

五 北条氏家臣 中郡大磯町大磯八戸、伊勢原市石田無し、小田原市七十八戸、平塚市九十五戸、茅ケ崎市五十戸存す。高野山高室院月牌帳に「弘治四年四月一日・道徳妙金、相州大磯真壁太郎左衛門」「天正十九年六月日・妙観禅尼、相州小中郡石田郷真壁平左衛門は立てる」。

六 武田氏家臣 韮崎市二十二戸、うち円野町下円井十五戸存す。当村宇波刀神社天文十六年棟札に「氏子馬壁新六殿」、天正八年寄進札に「間壁宮内左衛門・同源丞」。

七 常陸国久慈郡薩都宮神主赤須氏族 赤須氏は常陸太田市三十九戸、うち里野宮町四戸(神主)、真壁氏無し。薩都宮神主赤須遠江守文書に「永正十四年奉加帳、赤須信濃守常通・同名彦太郎・同彦五郎・真壁」。赤須五項参照。

八 平姓常陸大掾氏流真壁氏 常陸国真壁郡より起こる、在名にて現存無し。真壁氏の本拠地真壁城は真壁町古城にあり、当所参翁寺跡に真壁氏墓あり。真壁町山尾修験真言宗編照院にも真壁氏累代の墓あり、山尾臨済宗光明寺は修験寺にて廃寺となる。真壁町桜井曹洞宗照明寺は十一項参照。修験真壁氏は斎号を称し、修験大掾氏と兄弟契約を結び、その子孫と称す、大掾・小栗参照。嫡流の秋田藩真壁甚太夫安幹所蔵系図に「常陸大掾平国香ー繁盛ー維幹ー為幹ー繁幹ー多気致幹ー直幹ー真壁長幹ー友幹ー時幹ー盛時ー行幹ー幹重ー高幹ー政幹ー広幹ー顕幹ー秀幹、弟景幹ー朝幹ー尚幹(永享八年生、永正四年卒七十二歳。弟大宿法師武者)ー小次郎右衛門佐安芸守治幹(文正元年生、天文八年卒七十四歳。弟西館刑部蔵人国幹は天正十五年卒八十八歳、弟修理亮則幹は新白井祖、弟光明寺在閑は元和五年卒九十二歳)ー小次郎右衛門佐安芸守宗幹(明応五年生、永禄八年卒七十歳法名傑山道俊。弟北左衛門尉兼幹、弟南三郎掃部允信幹、弟東平七郎大蔵大輔公幹)ー小次郎右衛門佐安芸守久幹(大永二年生、天正十七年三月晦日卒六十八歳法名性山道無、真壁照明寺葬送)ー小次郎右衛門佐安芸守氏幹(天文十九年生、元和八年三月七日卒七十三歳法名翁山道永)、弟善九郎式部大輔義幹(天文二十一年生、寛永七年卒七十九歳)ー善九郎右衛門佐房幹(永禄十二年生、佐竹義宣秋田へ御供、慶長十七年卒四十四歳。弟又十郎掃部助重幹(筑波山西大島住、慶長七年秋田御供)ー右衛門安芸幸幹(院内に住)ー充幹(正保元年生、元禄年間に真壁氏系図を作成)ー甚太夫安幹」。永享八年生尚幹長男治幹は父三十歳の子、二男国幹は父六十三歳の子、末子在閑は父九十一歳の子である。これは赤の他人同志による兄弟契約の間柄である。真壁系図及び真壁文書はお茶の水図書館所蔵となる。

九 真壁氏の資料 弘治三年遊行上人体光句集に「常陸国筑波山の麓、真壁樗搆ャ、真壁右衛門佐、興行す」。天文五年頃真壁旧伝記に「一族の人々、南掃部頭、真壁式部、西右馬助、東大蔵、真壁蔵人、光明寺在閑、正雲庵禅可」。永禄三年関東幕注文に「常陸之国、真壁安芸守・ハリひし(割菱)」。永慶軍記に「永禄十二年十一月、佐竹の麾下真壁安芸守久幹入道々無、嫡子小次郎氏幹十九才、次男善九郎義幹十七才。山尾光明寺後左門翁、軍師光明寺在閑翁道無叔父」。関八州古戦録巻四に「永禄二年九月、小田天庵は結城表へ御寄たり。真壁右衛門尉氏幹は関東にて鬼真壁と呼れし強力の荒武者なれば、鉄の筋金を渡して鋲を繁く打たるを振廻し、小田方見るが内に崩れる」、巻九に「元亀三年十二月、真壁掃部助・道無が姪。天正元年四月真壁暗夜軒道無、嫡子右衛門太郎広幹・後美濃守と号す十六歳、次男右衛門次郎久幹・後式部少輔と号す十五歳、甥の掃部助」。強力(ごうりき)とは剛力の当字で修験山伏の別称。新編常陸国誌に「真壁小二郎右衛門佐宗幹法名参翁道具・参翁寺に葬る。子久幹・薙髪して道与と更め樗搆ャと号す。子右衛門佐氏幹・薙髪して道無と称し、暗夜軒闇礫斎と号す。子房幹・柿岡城へ移る」。天正十八年関東八州諸城覚書に「柿の賀・間壁道無斎」正しくは真壁房幹が八郷町柿岡城へ入城す。佐竹氏旧記に「天正十九年水戸城御移之時御座辺衆、真壁右衛門」。秋田藩真壁善九郎文書に「文禄四年筑波郡之内二千十七石・大島・白井、真壁式部大輔宛(義幹)」。文禄五年御蔵へ納帳に「真壁城真壁房幹、大島城真壁重幹」。慶長七年御国替御供に真壁右衛門。氏幹は秋田転封に従わず下館に残留隠居す。どれが真実の資料か。

十 高野山清浄心院常陸国供養帳に「永禄八年三月三日・神儀傑山道俊居士・常州真壁閑居樗搆ャ」「元亀三年六月七日・久翁順昌禅定尼、常州真壁六郎平国幹は母の為に之を立てる」「天正十一年五月十九日・常州古尾谷千代若丸母の為に真壁右馬助は之を立てる」「天正十六年正月十日・霊位一法居士、常州真壁丹波守の為に妻は之を立てる」「天正十九年四月三日・逆修明峯秋

光、常州真壁東館御簾中は之を立てる」「文禄二年・逆修妙長禅定尼、常州真壁長門守上様(妻)は自身の為に立てる」「文禄二年三月二十一日・桂月妙星禅定尼、常州真壁大蔵丞は母の為に之を立てる」「文禄三年十月十一日・霊位源東妙本禅定尼、常州真壁上様(氏幹妻)は老母の為に之を立てる」「慶長三年正月六日・霊位妙意禅定尼、常州真壁正吉殿は妻の為に之を立てる」「慶長七年七月二十一日・霊位月清如秋禅定尼、常州真壁長岡にて真壁大蔵丞は妻の為に之を立てる」。長岡参照。十一 禅宗信徒の真壁氏 真壁平四郎法身国師は真壁郡猫島村の高松氏出身なり。高松氏は明野町十七戸、うち猫島七戸存す。禅宗信徒の苗字高松平四郎は、真言宗信徒の在名真壁氏と兄弟契約を結び真壁氏を名乗る。宮城県松島町臨済宗妙心寺派瑞巌寺は前身を天台宗延福寺という。宝治二年北条時頼が松島を訪れた時、延福寺大衆の乱暴に遭い、鎌倉に帰って追討の兵を派遣、三千人の大衆を追放、法身窟に修行中の法身(法心)を住持とし、天台宗延福寺を臨済宗青竜山瑞巌円福禅寺に改宗改号した。観蹟聞老志に「法身は其の氏真壁、其の名平四郎と云へり、北条時頼・之を修造す」。真壁平四郎は宋に渡り、帰国して松島瑞巌寺を開き、文永五年真壁時幹の招きで真壁に帰り桜井村曹洞宗照明寺(現伝正寺)を開く。文永十年寂す。

真上 マガミ 八王子千人同心 八王子市美山町(山入村)四戸存す。嘉永七年に山入村真上熊次郎。

真柄 マガラ 越後に存す。

一 旗本千本氏家臣 芳賀郡茂木町千本無し明治三年給人帳に「東京用人役十両四人扶持真柄正三・三十四歳」。

曲尾 マガリオ 真田氏家臣 信濃国小県郡曲尾村(真田町)より起こる、在名にて現存無し。上田市二十七戸、富士山(松本村)無し。高白斎記に「天文二十二年九月八日、武田晴信は曲尾越前守に小県郡松本郷二百貫文を宛行う」。小県分限帳に「十七貫百六十五文・曲尾知行」。松代藩河原綱徳文書に「先祖河原右京亮綱家自筆、案ずるに天正十三年上田神川合戦の頃ならんか。番帳、一番帳曲尾久右衛門尉代」。

曲淵 マガリブチ 甲斐国中巨摩郡押越村枝郷曲淵村(昭和町)より起こる、在名にて現存無し。当村日蓮宗本妙寺は曲淵庄左衛門吉景ゆかりの寺なり。但し宗派は違う。

一 信濃出身説 伊那郡記に「天竜川の沿岸横川の落合に曲淵と云ふ。天文中、庄左衛門・武田氏に仕ふ。その館跡は朝日村平出西南にあり。天正十年主家と共に没落す」上伊那郡辰野町赤羽村・沢底村・平出村・樋口村が明治八年合併して、その頭字の合成により朝日村となる。曲淵庄左衛門は関係ない。また尊卑分脈の「源満仲ー頼親ー頼房ー頼俊ー愛子頼景ー惟風ー頼高ー頼清ー朝日二郎頼時」に仮冒す。

二 武田氏家臣武川衆 甲府市時宗一蓮寺過去帳に「明応四年七月一日・逆修妙飲禅尼・曲淵内儀」。甲斐国歴代譜に「武田信虎家臣武川十二騎曲淵筑後守」。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。山県三郎兵衛三百騎の内采配御免の衆曲淵庄左衛門」。上州和田記に「天文十八年笛吹峠合戦、甲州方には曲淵庄左衛門」。記録御用所本・曲淵勝左衛門正名書上に「天正十年十二月七日国衙并平井分(石和町)五十二貫文・同名取分三貫文、内三十八貫文者重恩事、曲淵彦助殿(正吉)、徳川家判物」。同書・折井文書に「天正十八年正月二十七日武川衆重恩之地、二百俵曲淵玄長(吉景)、八十俵曲淵庄左衛門(正吉)、八十俵曲淵助之丞(吉重)、徳川家奉行」。

三 幕臣 江戸幕臣人名事典に「曲淵、本国甲斐、家紋一本傘」。足柄上郡中井町雑色浄土宗玄張寺。寛政呈譜に@「武田支流。庶流曲淵叙五郎英敦が捧るところの旧記を按ずるに、源頼親の流にして朝日左衛門尉頼時が後胤、縫殿助頼定より曲淵を家号とし、其子を若狭吉高とす。吉景は其男なりといふ。家紋丸に横木瓜、披傘。曲淵勝左衛門吉景号玄長(武田信虎・信玄・勝頼につかへ甲斐国武川谷に住す。天正十年東照宮の麾下に列し、同十八年五百石、文禄二年死す、年七十六、法名玄長、相模国足柄郡増色村玄長寺に葬る)ー嫡男助之丞縫殿左衛門筑後吉景・別家となる。二男勝三郎吉時・永禄六年上野国箕輪討死十九歳。三男勝左衛門正吉、四男七左衛門吉資、五男助左衛門吉次、六男養子助左衛門正行、七男甚右衛門信次」、三男彦助勝左衛門正吉(天正十年東照宮の麾下に属す。二百三十石)ー彦助勝左衛門正次(兄六兵衛は尾張義直につかふ)ー正長、子孫彦助正名(寛政七年継二百三十石)」。A「曲淵助之丞縫殿左衛門筑後吉清(父とともに甲斐国武川谷にあり、東照宮につかへ二百二十石、元和五年死す、甲斐国片颪村曹洞宗清泰寺に葬る)ー助之丞吉重(弟仁左衛門は尾張義直につかふ)ー吉明、子孫叙叔五郎英敦(安永五年継二千五十石)」。子孫は北巨摩郡白州町花水字片颪に土着す、一戸存す

四 尾張藩家臣 士林泝に@「姓清和源氏義光流、家紋丸に花菱。曲淵庄左衛門吉景(甲州に在り、始め板垣信形に仕へ、後信玄に仕ふ、天正十年神君に帰順す)ー庄右衛門(弟仁左衛門は敬公に奉仕、弟庄左衛門幕臣にあり、弟甚右衛門吉次)ー六兵衛(敬公に召出二百五十石)ー六兵衛ー孫助ー六之進」。A「仁左衛門(敬公に奉仕二百五十石)ー藤兵衛仁左衛門ー藤兵衛忠恒ー仁左衛門明清ー長七明喬」。B「甚右衛門吉次(天正十九年神君召出、寛永四年卒)ー彦助重房(敬公召出、朱章に慶長十五年五月十五日甲斐国八代郡石橋村百二十五石・同小山村二十四石、合百五十石曲淵彦助どのへ、御朱印。後七百石。弟源五左衛門信貞幕臣にあり、弟藤九郎信正幕臣にあり)ー八右衛門重故ー八右衛門重規ー八右衛門重玄ー八右衛門栄重ー彦助吉重」。寛永年中分限帳に「寄合衆五百石曲淵八右衛門、普請組三百石曲淵藤兵衛、二百五十石曲淵六兵衛」。享保年中に「御馬廻組小頭二百五十石曲淵仁左衛門、御蔵奉行百五十石曲淵孫助」。明治二年に「旗奉行二百五十石曲淵八右衛門、中奥御小姓格二百五十石曲淵平三郎」。

五 彦根藩家臣 井伊年譜に「甲州山県衆曲淵宗立斎」。斎号は修験なり。

六 古河藩土井氏家臣 正保四年分限帳に「百五十石曲淵彦兵衛」。天和三年に「百二十石曲淵彦兵衛」。明治二年に「二十一石曲淵俊太郎、十三石曲淵蔵太郎」。

牧 マキ 越後、信濃、上野に存す。

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「村松(長岡市)大崎九郎左衛門支配新手明十石牧与市」。長岡市に牧氏七戸、槙氏十戸、真木氏四戸存す。

二 信州牧之島衆 上水内郡信州新町牧野島無し、長野市四十八戸存す。東京都牧歓太郎文書に「七月二十七日、其城用心(牧之島城)馬場美濃守に相談せよ、牧伊勢守殿信玄花押」。

三 松本藩小笠原氏家臣 松本市七戸存す。笠系大成に「元和元年大坂陣功名、牧弥次左衛門信重」。

四 白井城主長尾氏家臣 北群馬郡牧村(子持村北牧)はモクと称し、杢とも書く。子持村三十戸、うち中郷十九戸、上白井八戸家紋笹竜胆。赤城村樽・津久田猫城無し。加沢記に「永禄六年八月下旬、白井城主長尾憲景家老牧弥三郎は岩櫃に着陣す。永禄十二年正月、長尾憲景は厩橋北条弥五郎(きたじょう)に加勢し牧弾正少輔は白井を打立ける。天正八年八月中旬、真田昌幸は長井坂の城を攻め、牧弥六郎等籠けるが御味方申んとて白井へ退出して用害を渡しける、不動山(赤城村見立)の城には杢和泉守楯籠ける、城主こらへかねて白井をさして引退く」。吾妻記に「天正十年六月下旬、北条方の白井領津久田郷ねこ屋敷申所に要害をかまへ、白井より長尾氏家臣牧和泉守、樽の城には子息牧弥六罷在、父子計略を合せ真田方の沼田を責んとす」。北条氏邦家臣猪俣文書に「三月十四日(天正八年か)、多留城主牧和泉守次男討取賞す、富永能登守殿、氏政花押」富永氏は猪俣氏に改姓す。上州故城塁記に「天正十三年、家臣牧弾正は大室の館に在て長尾政景(憲景子)に随わず、弾正父子を討取る。和泉守は弾正が子なるべし」。真田方へ寝返った。これら牧一族は中郷村子持神社別当の本山派修験大乗院の苗字牧氏なり。

五 総社城主長尾氏家臣 前橋市二十一戸存す。総社記に「上杉家良臣長尾家へ一味・牧」。

六 前橋藩松平大和守家臣 寛延二年松平朝矩が入部し明治維新に至る。その間に川越城へ移り慶応三年に前橋へ帰城す。熊本藩主加藤氏に仕えた伊藤某の末裔牧治郎右衛門、其子市郎右衛門が松平氏に仕える、家紋丸に橘。慶応二年御家中住口記に「享保十年白川取立・二十石四人扶持牧市郎右衛門・知清公御抱」「文政年中川越取立・五十石牧遠里馬」。七一一一頁参照。

七 小田氏家臣 つくば市に牧氏三戸、真木氏四戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎千石牧新平」。

八 小弓公方足利氏家臣 鎌倉鶴岡八幡宮社家奉行人牧定基。足利義明の奏者牧法眼定基・牧法眼定延。法眼は修験なり。修験法眼のことは糟尾参照。

九 会津藩保科氏家臣 山形藩主鳥居左京亮忠恒没後没収され、保科正之が引取る。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「二百石牧与一兵衛。二百石・鳥居左京殿衆牧八郎左衛門」。両家とも子孫断絶す。

槙 マキ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市五戸存す。寛政五年に「三石一人扶持槙庄兵衛」

真木 マキ 前二項参照。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市三戸存す。寛政五年に「四石一人扶持真木茂右衛門」。

二 箕輪城主長野氏家臣 高崎市六戸存す。永禄元年長野業政家臣録に近習真木主膳。

馬木 マキ 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆四百石馬木平左衛門」。

間木 マキ 八王子千人同心 八王子市無し桑都日記に「安永九年山本弥右衛門組十五俵一人扶持間木伝七」。

薪居 マキイ 信州高遠町無し。新編会津風土記に「永禄四年八月九日、武田信玄は、高遠之新衆薪居与一に知行を宛行う」。

槙尾 マキオ 佐竹氏家臣 秋田藩諸士系図に「槙尾伊賀(弟与八郎)ー与一郎(慶長七年常州より来る)ー小左衛門治吉(父と同く来る、壁塗頭)」。

牧口 マキグチ 上杉氏家臣 東頸城郡牧口村(牧村)より起こる、在名にて現存無し上杉家文書に「長尾下総守顕景分知行検地帳、文明十七年、塩村(栃尾市無し)被官牧口源左衛門尉給分」。

巻島 マキシマ 栃木市五十戸、うち大皆川町十九戸、小野口町一戸、下都賀郡大平町横堀一戸、冨田一戸存す。

一 皆川氏家臣 譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死巻島新九郎。元和元年大坂陣討死巻島主水」。寛永十二年家臣帳に「横堀村牧島和泉。小野口村牧島久兵衛。大皆川村牧島名左衛門・牧島美濃・牧島豊前・牧島将監」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「横堀村牧島八郎兵衛。冨田村牧島与惣左衛門。大皆川村牧島伝右衛門・牧島甚平・牧島伊右衛門。小野口村牧島佐次兵衛」。

二 葛飾郡権現堂村(幸手市)巻島氏七戸存す。検地案内者(名主)を勤め天正以前からの居住なり。八甫村の槙島主水は別家にて当村とは無関係なり。私の誤りで申し訳ありません。七一一五頁参照。葛飾郡に巻島氏・槙島氏多く存し古代以来居住の苗字にて、源姓足利氏流桃井氏後裔説は仮冒なり。権現堂村慶長二十年検地帳に「田畠十八町八反の内、主水九反七畝十九歩。屋敷六反五畝の内、案内者兵部二畝歩」。寛永四年検地帳に「七帖の内三帖二十八町八反の内、主水六畝十二歩、兵部六反三畝七歩。屋敷四反六畝の内、兵部四畝二十歩」次項及び槙島参照。

三 小田原藩大久保氏家臣 山城国槙島村より起こる藤原姓槙島氏、及び源姓桃井氏後裔説は仮冒なり。小田原藩文久二年先祖書に「大久保忠朝代、貞享三年小田原御供、本国武蔵、槙島主令・其子小次郎。足利上総義兼三男桃井兵部少輔義胤・後遠江守と相改、其子桃井三郎頼氏より五代子孫・孫六郎直光城州久世郡槙島之村に罷在候。其子槙島次郎佐衛門尉光基・桃井を改始而槙島を氏と仕候。光基より六代之孫槙島孫三郎男子四人御座候。嫡子は玄蕃頭昭光・大坂落城之節細川越中守様へ奉仕候。二男は主水佐久光・子孫不相知候。三男は大膳昭久・三代目孫八郎昭武は本多主膳正様へ奉仕候。四男兵部久次・武州権現堂河岸に住居仕候。兵部男子二人御座候、嫡子を巻島兵庫と申候、右兵庫より代々先祖之儀先年書上候通御座候。次男は五郎兵衛と申候、唯今以て子孫武州権現堂河岸に住居仕候。槙島を巻島と認候儀は兵部戦功御座候而秀吉公より感状給り候節槙島を巻島と認御座候付、其侭右之巻之字を相用申候。武州権現堂に罷在候在家にては唯今以て巻島之字相用居候」。前項巻島兵部は慶長二十年大坂落城以前から居住している。享保九年順席帳に「御用人御先弓御先筒頭百石・外十五両・中間二人・牧島惣兵衛信就五十四歳中之番牧島郡八信美二十歳」。文政八年に「御持弓御持筒頭百五十石牧島隼太」。

槙島 マキシマ 結城氏家臣 巻島二項と同人なり。関八州古戦録に「天正二年十一月結城晴朝の所従槙島主水佐ら奮戦す」。

牧島 マキシマ 信濃、下野、相模に存す。

一 知久氏家臣 飯田市三十四戸・下久堅下虎岩平沢清人文書に天正十五年霜月吉日虎岩本帳。セハ石の牧島善九郎知行一貫文。

二 関宿城主簗田氏家臣 猿島郡総和町水海二戸存す。七一一三頁参照。水海村槙島太兵衛文書(下総旧事)に「慶長十四年十月二十一日、旗本簗田助利は槙島出雲守に官途を与える」。

三 佐野衆 佐野市二戸、上都賀郡粟野町入粟野六戸、下都賀郡岩舟町小野寺七戸存す佐野市犬伏下町大庵寺念仏日記に「元亀三年、槙島迦兵衛」。

巻田 マキタ 以下条参照。

一 上杉氏家臣 南魚沼郡六日町一戸存す。古代士籍に「謙信家臣、御膳部方巻田平右衛門」。文禄三年目録に「坂戸衆手明衆二石巻田九郎右衛門」。

二 沼田藩真田氏家臣 沼田市三戸存す。真田信利分限帳(天和元年改易)に「富沢友之助組百石牧田文右衛門」。

三 北条氏家臣小山田衆 町田市上小山田町一戸存す。下小山田村薄井嘉夫系図に「天文七年北条氏康と上杉憲政武州川越合戦有之、村々郷士小山田庄図師村に集軍、小山田村牧田宇衛門真高」。

槙田 マキタ 下野、武蔵に存す。

一 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町二戸永禄元年長野業政家臣録に給人巻田半七。

二 佐野氏家臣 佐野市八戸、安蘇郡田沼町二十三戸、うち戸奈良十二戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に牧田彦四郎。

牧田 マキタ 越後、信濃、相模に存す。

一 藤原姓河村氏流 足柄上郡山北町十七戸うち岸十三戸存す。川村岸村に河村秀清屋敷跡あり。川村岸村の苗字牧田氏は在名河村氏と兄弟契約を結び河村氏流を称す。河村系図(続群書類従)に「藤原秀郷流。波多野公俊ー経秀ー秀遠ー佐藤遠義ー河村秀高ー義秀(弟四郎秀清)ー時秀ー荒川小太郎景秀ー河村太郎秀氏、弟牧田二郎秀綱ー又太郎秀経、弟彦次郎秀宗、弟小太郎秀久弟胤秀」。佐藤氏は山北町百二十六戸、河村氏の本名なり。荒川氏は秦野市四十戸。

二 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に「本姓藤原、本国三河、定紋上り藤石畳、替紋角切角五ツ巴。父不詳、牧田五郎太夫盛明(召出寛文二年、二百石)ー五郎太夫盛勝ー弥一兵衛盛全ー五郎太夫盛次ー猪兵衛盛喜ー勘兵衛盛熊ー長之助盛庸(文政二年家督三百石)ー右近。明治元年以前に牧田右京三百石」。

蒔田 マキタ 信濃、下野、上総、下総に存す。マイタ参照。

一 安中衆 安中市七戸存す。安中記に「二百石牧田三郎右衛門」。天正五年頃。

二 八王子千人同心 八王子市六戸、小比企町無し。嘉永七年に小比企村蒔田善二郎。

三 宇都宮氏幕下小宅氏家臣 常陸国真壁郡蒔田村(下館市マクダ)より起る、在名にて現存無し。猪国・内山村は不詳。岩瀬町本郷の坂戸城主小宅氏一族なり。水谷蟠龍記に「天正十一年笠間代官満川勘左衛門尉は富谷村(岩瀬町)を責る。小宅采女一族猪国蒔田与九八は楯籠る」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「内山村蒔田源八」。

牧野 マキノ 越後、信濃、上総に多く存す

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「河田玄蕃組二百石牧野金大夫」。米沢市五戸存す。米沢藩諸士略系譜に「御台所組御銚子役、牧野嘉内妻蓮寿(宗憲御乳母勤仕)ー牧野嘉七郎親良(享保九年父嘉内家督、母の勲功を賞し与板組に入る、宝暦十年卒す)ー清蔵親盈ー久吾親良ー茂八郎親徳ー清吉親民(安政六年家督)」。寛政五年に「二十三石牧野清蔵、三石一人扶持牧野弥惣太、二石一人扶持牧野林右衛門、同高牧野吉左衛門、同高牧野吉太郎」。

一 木曽氏家臣 木曽郡山口村二十五戸、南木曽町二十六戸、うち妻籠九戸存す。深秘木曽家古記録写に「慶長五年八月、千村平右衛門同心牧野三郎左衛門・木曽仙三郎殿新参之侍也」。山口村諏訪神社慶長十六年十一月棟札に「大旦那牧野弥兵衛・牧野孫右衛門」。妻籠村寛永十九年人数書上帳に「妻籠村牧野孫右衛門(村役人)」。

三 小笠原氏家臣 飯田市八十三戸、松本市二十七戸存す。岩岡家記に「小笠原貞慶の将牧野次郎右衛門の鑓は、只今の牧野弥次左衛門秘蔵す」。常陸牧野文書に「元和元年八月二十一日、小笠原忠政は牧野弥次左衛門に安曇郡堀金村百石を給す」。松本藩元和二年に「百七十石牧野弥次左衛門・初甚太夫」。

四 松代藩真田氏家臣 上田市十八戸。寛文元年に「七十石牧野六左衛門」。文政二年に「七十石七人扶持牧野右平太、七両五人扶持牧野惣左衛門」。文久年中に「七両牧野大右衛門、五両三人扶持牧野保三郎」。

五 沼田藩真田氏家臣 沼田市岡谷町三十戸存す。真田信利分限帳(天和元年改易)に「朝夕頭百石牧野小右衛門」。

六 箕輪城主長野氏家臣 高崎市二十二戸、多野郡吉井町三戸、うち吉井川(川内村)無し。箕輪軍記に「永禄六年三月、武田信玄は河内等の小城共討申、河内の城主牧野丹蔵英一」。

七 金山城士 太田市六戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣・牧野権七郎・牛久住」。牛久藩由良氏家臣に牧野権七郎・牧野平右衛門。元和七年改易により浪人す。

八 皆川氏家臣 栃木市九戸存す。皆川正中録に「天正十年皆川広照の家臣牧野新九郎」。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十四年六月一日・霊位宝国浄悦禅定門・霊位永宝禅定尼、下野皆川真木野清介は之を立てる」。

九 修験牧野氏 那須郡小川町三輪の延喜式内社三和神社付近から南那須町の鴻野山村付近までを三和荘と称す。下野国芳賀郡牧野村(茂木町)より起こる、在名にて現存無し。当村より鴻野山村へ移住す。那須資晴の弟八郎顕高は三和荘鴻野山村の牧野宮内の名跡を継承して牧野氏を称す。黒羽町雲岩寺村の雲巌寺は大治年間開山の修験寺で、後世に修験山伏勝願が高峰顕日(仏国国師)に当地を与へ、弘安六年高峰を開山とし臨済宗寺院となる。牧野顕高号松徳斎は当寺で修行した修験である。武州児玉党牧野五郎行能後裔説は仮冒なり。

十 那須氏族牧野氏 那須系図に「那須政資(天文十五年卒)ー資胤(天正十一年卒)ー資晴(弟顕高は出家して下野国雲岩寺の住職たり、後還俗して牧野を称す)ー資景(天正十四年生。慶長七年那須八郎に旧知をあわせて八百八十石を賜ふ)」。那須記に「天正十二年九月、那須資晴の弟牧野顕高(藤原伊周二男牧野顕長六代平武者行広三男五郎行能四代牧野太郎左衛門尉行元に二十一代也)、此顕高と申は三和荘牧野宮内左衛門が伯母宮仕いたして資胤の御手かかり出生す、母方苗字を名乗り牧野顕高と申ける」。高野山清浄心院下野国供養帳に「元亀三年七月十一日・霊位輝渓妙光大姉、下野那須カウスヤマ満紀野殿は之を立てる」鴻野山の牧野殿なり。元亀三年七月那須政資法要香銭注文写に「那須下庄面付之覚、かうの山不作によりて此分に候、三百文まきのとの」。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、那須之分、那須右衛門大輔殿・八郎殿と今申候・那須殿御一家の衆」。慶長七年那須衆知行高覚に「一万四千二百石那須与市(資景)、此内公儀より家中之者へ被下候左之通・八百八十石牧野顕高」。系図の那須八郎と同人なり。

十一 喜連川藩家臣 喜連川町一戸存す。弘化五年に「二十六石牧野蔵次」。

十二 小田氏家臣 つくば市十四戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎百石牧野弥兵衛」。

十三 小金城主高城氏家臣 市川市大野一帯に多く存す。平賀本土寺過去帳に「寛正六年四月十四日・牧野小四郎智法内者鶴岡妙鶴、同四郎左衛門妙宗・中野原にて打死并に大野妙大」「十四日・妙也善門・牧野四郎左衛門」「二十八日・妙能入道・マキノ小四郎ヲヂ」「寛正六年十月二十日・虎千代丸、霊位牧野秀鏡」。

十四 万喜城主土岐氏家臣 伊北の勝浦市十一戸、夷隅町松丸九戸存す。平賀本土寺過去帳に「文明四年五月二十八日・妙与・伊北牧野与四郎古河陣死す」。

十五 武州小山田衆 町田市山ア十戸存す。本町田村大沢系図に「大沢兵部正祝ー兵部正長(永享元年死五十六歳。母牧野十左衛門女・住于武州山ア村為郷士)」。

十六 幕臣 江戸幕臣人名事典に「牧野弁太郎、慶応元年三十四歳、無足人、地謡、本国生国共武蔵、父牧野平八郎」。

十七 武田氏家臣遠江衆 磐田郡奥領家(牧野氏三戸)奥山文書に「天正二年十一月十五日、一見郷(浜松市古人見)百貫文を宛行う、牧野金七郎殿、武田家朱印」。

十八 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に「本姓紀、本国三河、定紋丸ノ内に三柏、替紋梯子。牧野伝蔵忠朝の二男安之丞忠央(召出正徳四年、四両二人扶持)ー安兵衛忠俊ー欽之丞忠常。明治元年以前に牧野安之丞十石二人扶持」。

槙野 マキノ 宇都宮氏家臣 真壁郡協和町三戸、うち蓬田・小栗無し。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「四方木田村槙野兵左衛門、小栗村槙野源太左衛門」。

牧野内 マキノウチ 知久氏家臣 牧之内氏は飯田市九戸。牧野内氏は飯田市二十五戸うち下久堅十三戸。牧内氏(まきうち)は飯田市百七十六戸、うち下久堅七戸存す。諏訪市矢島文書に「天正十年二月十一日、奏者牧内清左衛門に御預置候、権祝太夫殿(矢島)、知久兵部丞頼純花押」。下久堅知久平の坂井秋晃文書に「天正十五年十二月吉日、知久平本帳。牧内権助知行一貫二百文」。下久堅下虎岩の平沢清人文書に「天正十五年霜月吉日、虎岩本帳。牧之内市丞知行一貫二百文、牧之内権助知行二貫文」。牧内権助はマキノウチ氏なり。

牧原 マキノハラ 甲州北巨摩郡牧原村(まきのはら、武川村)より起こる、今はマキハラと称す。在名にて現存無し。

一 武田氏族 武田系図(続群書類従)に「一条源八時信(法名仏阿弥陀仏、武川祖)ー八郎貞家(牧原元祖)」。甲府市時宗一蓮寺過去帳に「元亨元年正月二十七日卒・仏阿弥陀仏・大願主武田甲斐守時信・武川祖」「文和三年七月二十二日・眼阿弥陀仏・牧原」「永享五年四月二十九日合戦聲阿弥陀仏・牧原」。

二 在名牧野原氏 武川村牧原の隣村宮脇に米倉氏四戸存す。尾張藩馬場氏系図に「馬場美濃守信房(天正三年長篠戦死)ー女子(米倉丹後守妻)」。幕臣米倉氏系図に「米倉丹後守宗継(武川に住す、天正三年長篠戦死、妻は牧野原氏の女)ー丹後守信継(天正十年甲斐国白須・宮脇の地を安堵される。妻は牧野原氏の女)」。牧野原氏の女とは、白州町台ケ原住人馬場美濃守娘のことか。但し馬場美濃守が牧野原氏を称した史料は見当たらない。

牧葉 マキバ 真田氏家臣 沼田市無し。元和元年大坂御陣に沼田衆牧葉治太夫。

牧原 マキバラ 会津藩保科氏家臣 マキバラと註す。諸士系譜に@「本姓源、本国三河、定紋瓜内揚羽蝶、五本骨扇中満月、替紋笹輪筒。牧原勘右衛門の三男市郎兵衛直良(召出寛永十九年)ー市郎兵衛直体ー図書直常ー勘左衛門直円ー与一郎直滋(文化六年跡式三百石)ー市郎直方。明治元年以前に牧原源次郎三百石」。A「牧原市郎兵衛直良の二男只右衛門直源(召出寛文十一年)ー左四郎直利ー只七直永ー主馬直草(享和元年跡式百五十石)ー勝彦直義」。

槇原 マキハラ 千葉椎崎氏幕下森郷石橋氏家臣 山武郡山武町森無し。石橋義道(天正十九年没)の家臣槇原弾正。

巻淵 マキブチ 上杉氏家臣 西頸城郡能生町十戸、更埴市無し。文禄三年目録に「信州稲荷山給人手明衆五石牧淵与七郎」。

牧山 マキヤマ 宇都宮氏家臣 宇都宮市無し。慶長二年宇都宮国綱家臣録に牧山其斎

槙山 マキヤマ 上杉氏家臣 古志郡槙山村(長岡市)より起こる、在名にて現存無し上杉家文書に「文明十九年古志郡大島庄、山浦殿御被官牧山給分」。文禄三年目録に「村松(長岡市)新手明七石牧山久左衛門」。米沢市二戸存す。米沢藩寛政五年に「四石一人扶持槙山市郎兵衛」。

幕内 マクウチ 石岡市六十戸、新治郡千代田町十六戸存す。

一 芳賀氏家臣 下総国結城里長赤荻長右衛門文書に「天正十六年正月二十六日、芳賀高継は幕内雅樂丞に官途を与える」「天正十六年五月十二日、芳賀高継は幕内淡路守に官途を与える」。

幕土 マクツチ 用土参照。

幕ノ内 マクノウチ 磐城郡幕ノ内村(いわき市平幕之内)より起こる、在名にて現存無し。いわき市に幕内氏(まくうち)六戸

一 岩城氏家臣 秋田市にマクウチ氏・マクノウチ氏無し。秋田城下幕内七右衛門隆綱文書に「天正五年中将(岩城氏か)より、まくのうち助太郎宛」「慶長五年岩城貞隆(佐竹義重三男)より、二百石多賀郡桜井、幕内軍曹宛」「某長怡より、幕内九郎次郎宛」。

二 幕臣 @寛政呈譜にマクノウチと註す。「家伝に岩城の庶族にして、陸奥国幕内村に住せしにより家号とすといふ。家紋篗杭(わくくい)、丸に二引。幕内伊左衛門正隆(寛永二十年御徒)ー伊左衛門貞永ー弥次兵衛貞次ー弥次兵衛昌胤ー弥七郎安高(寛政九年継十八歳百俵五人扶持富士見御宝蔵番)ー源太左衛門」。A江戸幕臣人名事典に「幕内松次郎、文久元年四十一歳、二百五十俵、本国陸奥生国武蔵」。

孫 マゴ 小笠原氏家臣 東筑摩郡明科町中川手字塔ノ原に無し。小倉藩小笠原史料の伊那譜録に「天正十一年七月二十日、小笠原貞慶は孫左近に筑摩郡塔原村蔵入定納方を知行せしむ」。

根 マゴネ 佐竹氏族 東茨城郡孫根村(桂村)より起こる、在名にて現存無し。新編常陸国誌に「佐竹義篤の五子大山五郎義孝、子義通、子義兼・嘉吉中、藤井中原の地を加増せらる、後に孫根に退却し、因て孫根氏と称す」。江戸軍記に「文明十八年、佐竹義治家臣孫根駿河守」。

馬籠 マゴメ 下野国芳賀郡茂木町に馬籠氏二十七戸、うち千本四戸。馬込氏は茂木町六戸、うち千本字中根一戸存す。

一 茂木氏家臣 高野山清浄心院下野国供養帳に「天正十四年五月二十五日・霊位長仏房、下野国茂木住馬籠は立る」「慶長五年卯月二十三日・霊位善久、下野茂木馬込主水は之を立る」「慶長二十年二月十日霊位道空禅定門・霊位妙高禅定尼、下野茂木馬籠又左衛門尉は悲父母の為に之を立る」。

二 茂木藩細川氏家臣 慶長十五年入部細川玄蕃頭興元家臣に「御物成取立馬籠武右衛門」。弘化五年に「御近所馬籠唯七郎」。

三 旗本千本氏家臣 明治三年給人帳に「足軽小頭六両二人扶持馬込茂平四十八歳・中根村住」。

四 福井藩家臣 慶長六年入部結城秀康給帳に「本国下野・二百石馬込孫右衛門」。秀康嫡男松平忠直の子光長は越後高田藩へ寛永元年入部し、天和元年改易となる。明暦三年松平光長給帳に「二百石馬込権兵衛」

政 マサ 朝霞市膝折一戸存す。高野山西南院関東過去帳に「慶長十八年三月十日・朋眼禅門・妙栄禅尼、武州新座広沢膝折村政縫殿は父母の為に立てる」。土豪なり。

正川 マサカワ 多賀谷氏家臣 下妻市無し東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事正川新八・同玄蕃・同源八・同与右衛門」

正木 マサキ 信濃、武蔵、安房に存す。

一 上杉氏家臣 天正十八年会津藩蒲生氏郷分限帳に見えず、其後の仕官なり。上杉将士書上に「慶長三年蒲生家の牢人召出し候正木大膳」。慶長三年会津分限帳に「二千五百石正木大膳亮」。米沢減封により浪人す。また福島県岩瀬郡鏡石町三十七戸存し結城氏流白川小峰城主関七郎義親家臣にて米沢藩諸士略系譜に「正木市左衛門秀長(生国奥州白川者、天正十八年白川守護関七郎入道義親没落の刻家頼方に牢浪、其節秀長幼少にて牢浪慶長三年景勝が平林蔵人正恒に白川小峰の城御預の刻蔵人に属し随勤す、十石三人扶持、延宝二年致仕)ー市左衛門秀興ー伝内秀斉ー市左衛門秀道ー葛太郎秀明ー弥次郎秀由ー春太郎秀俊(天保四年家督)」。寛政五年に「五十石正木葛太郎」。米沢市三戸存す。

二 松井田城士 碓氷郡松井田町無し。高崎市四戸、安中市一戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「天正十八年、小田原評定衆征木勝兵衛尉成政、小板橋主膳組三百石正木孫左衛門」。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡榛名町下室田一戸、箕郷町無し。永禄元年長野業政家臣録に「中小姓正木宇右衛門」。

四 館林城主長尾顕長家臣 長尾顕長(長照)は赤井氏滅亡後館林城主となり、のち足利城主となる。館林市無し。館林記に元亀元年長尾但馬守長照の家臣正木五郎。

五 桐生仁田山城主里見氏家臣 桐生市無し関八州古戦録に「弘治の比、里見上総入道の嫡子平四郎、次男兵部少輔は家人正木大蔵左衛門を召連、密に桐生赤萩を立退き越後へ奔りて輝虎に仕へる」。

六 足高城主岡見氏家臣 筑波郡伊奈町一戸うち足高無し。東国戦記実録に「天正元年常陸足高勢揃の事、正木修理・同主膳」。

七 伊豆衆 賀茂郡河津町六十戸、うち川津筏場五戸、峰四十三戸。川津筏場村三島明神天正十二年棟札に「鍛冶正木人屋助」。峰村正木源七郎文書(正木太助所蔵)に「天正八年閏三月二十日、菊松事云々(正木直連)・河津人々御中、正木左近将監時長花押(改名頼忠)」。二十一項参照。

八 房総の正木氏 館山市二十八戸、うち正木一戸、川名七戸、鴨川市九戸、うち貝渚四戸、安房郡和田町十四戸、うち下三原四戸、柴七戸、鋸南町下佐久間四戸、冨浦町六戸、丸山町三戸、うち久保無し、夷隅郡大多喜町十四戸、うち筒森十一戸存す。これらは古代以来居住の苗字なり。鴨川市東条、太田学に金山城あり。里見九代記に「文安二年六月八日東条合戦の事、始め里見義実・安房国白浜へ渡り給ひし時、東条へ押寄せ給ふ。東条は上総大滝の正木弾正と一味して金山の城に立籠り九日落城、東条は討死し、正木は敗北す。同三年正月二十五日正木弾正降参せり。里見実堯の御前は正木殿の息女なり、家老は正木と安西なり。里見義豊は父実堯の敵にておはす故に天文三年卯月六日稲村にて合戦あり、義堯打勝ち給ふ、この時、大滝には正木大膳、勝浦には同左近太夫居住あり、義堯の家老は正木・山田・安西・山本・多賀なり。里見義頼は岡本に在城す、天正五年大滝の大膳謀叛を起す、同六年七月五日大膳と合戦し、大膳は滅亡したりけり。二男弥九郎御為に、大膳娘は御袋にておはしませば、即ち弥九郎に正木氏を名乗らせ申し、南条村(館山市)なる烏山の古城を取り立て、これに移し参らす」。里見系図に「里見義実(文安年中、安西を先鋒として東条へ押寄せ攻め戦ふ、東条打負ける。白浜に居城して、長享二年卒七十二歳)ー成義(永正元年卒四十六歳。妹は正木大膳通次入道正範室)ー義通(永正十五年卒三十八歳)ー義豊(義堯に攻められ天文三年四月六日討死す)、義通の弟実堯(一族にて長臣たる大多喜城主正木大膳時綱入道了愍斎を伴ひ、稲村城に到り義豊に会す。大勢累り来りて、実堯・正木入道戦死す、天文二年七月二十七日五十歳)ー義堯(天文三年春、大多喜には城主正木大膳を差置き、正木左近太夫等を先鋒として義豊を討ち捕る。天文七年十月北条氏綱氏康父子と下総鴻ノ台合戦、里見の軍将正木弾正左衛門は無双の勇士にて戦ふ。義堯天正二年卒六十三歳)ー義弘(永禄七年正月北条氏康は鴻ノ台に出張す、義弘は宗徒の士卒、正木大膳大夫時茂・同弾正左衛門尉・同左近太夫・同次男平六・三男平七信茂、勝山豊前守・同右衛門大夫を初めとして引率す。正木弾正左衛門・正木左近太夫・同平六・同平七戦死す勝山豊前守・正木大学助も討死す。正木大膳は敵多く討取り引き退く。永禄十年十月六日武州岩槻城主太田源九郎兄弟は攻め寄せたり、正木大膳・同源七郎・同不染斎・正木久太郎・同金太郎・同善九郎・同美濃守・同日観斎・正木淡路守を初めとして発向す、三船山に陣し正木兵部・同源斎に下知し勝利す)ー義頼ー正木大膳時堯」。房総里見軍記に「鴻ノ台合戦里見家の先陣勝山豊前守種豊」。斎号は修験なり。安房勝山城主正木氏は勝山氏を称す。以下参照

九 上総国小田喜城主正木大膳 小田喜城(大多喜町泉水)は近世には大田喜と書き安永年間頃より大多喜と記す。一本正木家譜に「正木弥次郎大膳亮時綱ー弾正左衛門義時ー大膳憲時ー時堯(養子、初名時茂」寛政呈譜に「三浦陸奥守義同号道寸ー正木弥次郎大膳亮時綱(永正十五年父兄戦死後安房国正木郷河名村にのがれ安西による。時に里見義通も安西氏によりて白浜に居す時綱・義通の賓客となり、其妹を娶りて妻とし、其業を輔く。これより三浦をあらため正木を称す。義通卒して其子義豊に属し忠戦をいたし、安房国悉く義豊に帰附す。時綱・同国長狭郡及び三原正木の二郷を領す。この時時綱が婿里見義堯房総の境金屋の城にあり、義豊は義堯が父里見実堯及び時綱をせめ、実堯死す。時綱天文二年七月二十七日死す、法名正範、妻は里見義通が妹)ー弥次郎(天文二年里見義豊に殺害せらる)、弟弥九郎大膳亮時茂(鴻台合戦後上総国大多喜の城に住す、某年死す、法名生順、或は正純)、弟十郎左近太夫時忠(天文八年真里谷の武田朝信を滅ぼし、その所領上総国勝浦の城に住す、天正四年八月朔日死す、五十六歳、法名正文、のち安房国朝夷郡中三原村日蓮宗正文寺に葬る。正文寺は孫邦時が建立する所なり)ー十郎左近将監時通(里見義弘に属して勝浦城に住す。天正三年八月九日三原城において死す、法名日運、朝夷郡加茂村の日運寺に葬る。時通が開基せるところなり)、弟平六郎時成(永禄七年正月八日鴻台討死す、二十五歳)、弟掃部助時勝、弟左衛門兵庫時秀、弟権五郎左近太夫頼忠(兄時通が養子初邦時、号観斎)、弟玄蕃時富」この系図は信用できず、次項参照。小田喜村に古代以来居住の苗字にて、正木村発祥説は仮冒なり。房総里見誌に「長狭郡主東条左衛門尉重永は里見勢が此処へも襲ひ来る事必定なりと、兼ねて其の用意しきりにして、上総国大多喜の城主正木大膳清直の一味を請ひ、金山と云ふ処に要害の出城を構へて楯籠る。斯くて義実公は、安西父子を案内として、文安二年六月八日、惣勢一時に攻め寄せ戦ふ。城主東条重永討死す、正木大膳は防戦叶はざることを察して、囲を切抜け手勢を引連れ大多喜へ引退く。文安三年正月二十七日、大多喜城へ押寄せ、正木大膳が鋒先を折らんと城を囲みて攻立つる。二月三日に正木大膳清直・降人にぞ出でける。『成邦私に云ふ、正木氏の事、先祖分明ならず。上総国に今氏流の者ありと云へども、系譜の書記絶えてなければ、其の家の来由を暁さず。唯口実を以て考れば、先祖正木大膳清直と云ふ人、大多木村の出生也しが、宮方に仕へて忠勤し、此処を領して、其の家久しきこと知る人なし。名乗同名を以て、いつ迄も清直と唱えけるとかや』。抑も正木氏の事は、昔し八幡太郎奥州征伐の御時、此の正木・東国の案内申せし時より、此処に住して、外に随ひ附きたりし事之れ無しと云ひ伝へし武功の旧家なり。義実公・斯かる名誉の士を御幕下になされしかば、御喜悦限りなく、去ればこそ末々御家の執職、棟梁の臣とぞなりたまふ、是より義実公・白浜に帰城坐し、上総をば正木に守らせ悉く静謐なりければ、無異の年五ヶ年、白浜にて過させたまふ」。房総志料に「永正十三年、上総長狭郡山城主正木大膳道種死す、息正九郎也」。鴨川市嶺岡に山之城、鴨川市宮山に真言宗道種院あり。

十 三浦氏流正木氏 前項寛政呈譜に「正木左近将監時通(朝夷郡加茂村日蓮宗日運寺を開基す)ー左近太夫頼忠(兄時通が養子となる。里見家没落後、男為春にそふて紀伊国におもむき、元和八年八月十九日死す七十二歳、法名日正)ー三浦勝兵衛長門守為春(慶長三年東照宮につかへ三千石、仰により正木をあらためて三浦に復す。紀伊頼宣に附属し八千石。承応元年死す八十歳法名日健)、妹(蔭山長門守氏広が養女となり、東照宮につかへ万と称し、養珠院と号す。紀伊頼宣・水戸頼房の母堂たり)、弟正木左近康長(秀忠につかへ七百石)、弟三浦長門守為時(父に継て頼宣につかへ、子孫代々三浦を称す)」。子孫は三浦男爵となる。十四項参照。元禄十三年水戸の丸山可澄が紀州三浦家の蔵本に拠って参訂新撰した正木家譜に「三浦義同ー三浦義意(永正十三年父と自殺、年二十一)ー正木弥次郎時綱(始めて正木氏と称す。三浦敗走の時、年尚ほ幼、家臣・之を扶けて、安房正木郷河名に逃れ、安西氏に依りて居る、爾後、荒井離散の兵士・来りて房州に候す。蓑岡の戦に創を被り天文二年、山の城に卒す、法名正範。荒井城の陥落は永正十三年なり、時綱の卒せしは天文二年なり、其の間十七年なり。而して天文二年、時綱既に十三歳の三男時忠あり、下文に見ゆ、怪むべし。由りて按ずるに、里見安房軍記には時綱を道寸の末男とす。果たして然らば、十四五歳にて安房に来りたるべし。而して天文二年には三十二三歳なるべし。妹は正木能登守妻)ー弥九郎大膳亮時茂法名松徹主順(兄大膳大夫、弟左近太夫時忠)ー弥次郎号酒楽斎、弟弥九郎は小田喜に卒、弟平七は鴻台戦死二十五歳、弟大膳亮憲時は小田喜にて家臣に殺される法名知叟道種・その養子別当大膳亮時堯は里見義頼子・里見忠義の配所伯耆に従ふ、憲時の妹は正木淡路守妻、弟石見守)」。

十一 正木氏の史料 館山市那古鶴谷八幡神社永正五年九月二十五日棟札に「大旦那副師源義通、国衙奉行人正木通綱」時綱の父か、或は時綱の初名か、三浦滅亡以前に居住している。八幡神社別当那古寺天文十四年棟札に「国衙奉行人大膳亮時茂」。八幡神社慶長七年棟札に「国衙奉行正木弥九郎時茂(憲時の養子時堯の初名)」。房総里見軍記に「天文三年鴻ノ台合戦、里見家先陣は正木大膳・同左近太夫・正木藤九郎・正木市左衛門・同丹後。天文八年、正木兵部。永禄七年里見義弘は岡本城を築城す、小田喜城主正木大膳は丸に三ツ引の紋にて御供す」。上総国誌に「正木十郎、弟環斎、并に孫を正木権平と曰ふ、朝夷郡広瀬村に居れり。天文十三年四月、正木大膳時成・一作時茂、同将監時政、同十郎時忠」。総州久留里軍記に「天文二十三年里見義堯の家臣小田喜の城主正木久太郎」、関八州古戦録には「根小屋(小田喜城)の正木久太郎時綱・後大膳亮と改む」。大多喜町田丁曹洞宗東長寺天文二十三年法衣銘に「正木大膳亮平時茂花押」「天正五年、正木大膳亮憲時花押」。当寺は正木時茂の菩提所にて、小田喜城主正木氏は禅宗の曹洞宗信徒である。時茂の弟時忠は里見氏重臣正木左近将監実次法名道文(十三項参照)の養子となり、道文の本拠地三原村を相続す。三原村日蓮宗正文寺は勝浦城主正木頼忠が父時忠菩提の為に禅宗を日蓮宗に改宗し、この子孫は日蓮宗信徒となる。丸山町久保東泉寺(廃寺か)弘治三年鰐口銘に「房州早三南庄久保郷万年山東泉寺正木左京亮平茂清息未丸宿願成就処也」、十三項参照。永禄三年関東幕注文に「安房国、正木大膳亮・三ひきりやうすそこ、正木十郎・おなしもん、正木大炊助・おなしもん正木左京亮・同紋、正木兵部少輔・同紋」君津市人見の守八郎文書に「里見義頼より正木大学助時盛宛(永禄七年国府台合戦討死)」「水谷伊勢守勝俊(天正十八年常陸下館藩主となる)より真木兵庫助宛」。武州埼玉郡南大桑村名主門井文左衛門文書(安房岡本文書を多く所蔵)に「天正八年八月二十三日、里見義頼は岡本兵部少輔に泉之郷(鴨川市和泉)正木大炊助母跡屋敷の事、左近太夫(正木頼忠)に相断り宛行う」「天正十年十月十八日、小滝の地去月二十九日落居、正大(正木大膳亮憲時)生涯、即刻義頼御打入之由」。正木大炊助大膳亮憲時は天正十年九月二十九日死去。憲時は時綱の四男弾正左衛門弘季の子とも云う。大多喜町平沢日蓮宗妙厳寺天正十一年棟札に「大旦那里見義頼代官正木宮内大輔」。君津市鹿野山の神野寺天正十五年棟札に「源義康、正木長門守・正木源五次郎同駿河守・正木左京亮」。天正十八年頃の関東八州諸城覚書に「里見左馬頭義安領分房州かなや(富津市)真崎淡路守抱、安房かち山(鋸南町)正木右衛門大夫・安芸守居城、上総つくろふミ(富津市竹岡)真崎淡路守居城、かつらの城(勝浦市)正木左近太夫居城(頼忠)、よしうの城(鴨川市吉浦)正木左近太夫抱、小田喜真崎大膳城主也(時堯)・真崎石見守当時代也」。鴨川市貝渚浄土宗心厳寺は北風原より天正五年正木石見守道俊が現在地に再興す。夷隅町大野日蓮宗光福寺文書に「天正十七年、光福寺宛、正木石見守頼房花押」。石井家文書に「天正十八年十月七日、増田長盛は、正木石見守に貝渚三百三十石を安堵す」。貝渚村心厳寺宝篋印塔に「慶長十六年三月十六日・隆崇院殿心誉長安居士・前石州正木大膳亮(時茂)二男石見守道俊」天津小湊町日蓮宗誕生寺天正二十年法華経に「寄進正木左近太夫法名日嘯」。

十二 上総国小田喜城主正木氏一族 @高野山西門院上総国諸候大夫過去帳大田喜城主正木家累代に「永禄三年七月五日・寿位理慶禅定尼・正木左近大輔(時忠)簾中」「永禄三年七月二十一日・霊位源泉禅定門正木弥九郎殿(時茂三男時泰)」「元亀二年十二月十五日・霊位妙慶禅定尼・久留里住正木弥三郎殿」「元亀三年四月五日・霊位慧山妙智・小田喜住正木弥九郎殿(憲時)局」「天正十年七月十二日霊位月礀妙輪・大田喜城主正木大膳亮時茂妻女」「天正十年九月二十九日・霊位智叟道種・大田喜城主正木大膳亮殿(憲時)」「天正十六年八月十五日・霊位妙珍・久留里城内正木五郎左衛門殿内方。霊位祐慶・佐貫(睦沢町)住正木平六郎殿。霊位浄三・佐貫住正木平六郎殿内方」。西門院文書に「正木左一衛門頼定花押(掃部助時勝の子)」。A高野山妙音院里見家過去帳に「天文二十二年四月十六日・秀鑑信士・房州正木備中入道恵門殿」「天文二十三年四月二十九日・玉隣妙珠信女・房州勝山正木弾正殿老母」「永禄四年四月六日・松徹居士(十項時茂は別人か)・房州正木大膳亮高時」「永禄五年八月建・常灯源泉・房州正木弥九郎時泰(永禄三年七月卒)」「永禄七年正月八日建・了叟栄達信男・正木平七信茂(時茂四男)。賀翁長慶信男・正木弾正左衛門」「永禄七年正月十一日・太樹正胤信士・房州正木大学助殿」「永禄七年八月二十七日古澗正泉信士・房州正木甲斐守」「元亀二年九月二十九日・恕□宗忠居士・勝山正木入道殿」「天正八年十二月九日・桂窓妙長尼・勝山右衛門(正木安芸守輝綱)娘・薦野殿廉中」「天正十二年三月一日立・直心見性居士・金谷鮎川(富津市)正木兵部大輔(時治)十四項参照」「天正十四年正月四日・存慶信士・北条(館山市)正木民部少輔」「天正二十年建・逆修文叟元通・百首ノ城主正木不染斎(淡路守時盛)」「文禄三年三月二十一日・妙順信女・勝山安芸守(輝綱)御老母」「文禄頃・嶮清信士・山本殿、正木七兵衛取次」「慶長九年九月十九日・監翁宗察居士・勝山城代正木安芸守(輝綱)」。

十三 上総国百首城主正木氏 百首村(富津市竹岡は文化年間に百首村を改称)に造海城あり。正木氏無し。竹岡村三柱神社天文十年文書に「大旦那正木左近将監平憲次」十一項参照。安房郡丸山町久保薬師堂弘治三年鰐口銘に「正木淡路守平吉晴」。椙山文書の日我書状に「天正八年里見義頼は百首城を攻め落とし、百首に正木源七郎を在城させる」。里見家永正元亀中書札留抜書に「天正十三年里見義康元服儀式、正木淡路守頼時(上総百首城主)、正木安芸守輝綱(安房勝山城主)」。天正十八年関東八州諸城覚書に「上総つくらふミ・真崎淡路守居城」。武州秩父郡下吉田村小櫃又兵衛所蔵に「天正九年里見義頼より正木淡路守宛(時盛)」「天正十七年里見義康より正木淡路守宛(頼時)」。前項過去帳に「天正二十年建・逆修文叟元通・百首ノ城主正木不染斎(淡路守時盛)」自身の生前供養をする。斎号は修験なり。館山市船形(三戸)に正木淡路守末裔の安永年間名主廻船業正木久右衛門、その子孫船形正木高明文書に「天正九年里見義頼より正木淡路守・同源七郎宛(頼時)」「慶長十五年里見家臣長谷川左近将監正豊より正木佐助宛」。

十四 上総国金谷城主正木氏 十二項参照。富津市金谷に金谷城あり。小田原北条氏に属す。静嘉堂本集古文書に「弘治二年四月八日、北条氏康は正木弥五郎(時治)・源七郎に常陸小田氏治との合戦を賞す」。安房勝山城主と一族にて、明治二十二年加知山・下佐久間・岩井袋・竜島の四ケ村が合併して勝山村となる。子孫の安房郡鋸南町下佐久間(四戸)正木和秀文書に「永禄二年三月十二日、房総方面のことは安心して任せる、正木兵部大輔殿(時治)、氏康花押」。永禄二年小田原役帳に「(玉縄城主北条綱成)御家中衆正木兵部大輔、百貫文三浦郡長坂・百十九貫文金田・百八十七貫文矢部・四十六貫文佐野村・百二十五貫文浦賀・百十八貫文公郷寺方峰上衆に被下、以上六百九十八貫文。此外笠原佐渡買得百四十九貫文栗浜・正木に被下」。富津市峰上に小田原領があった。富津市相川曹洞宗見性寺に正木弥五郎兵部大輔時治の天正十二年六月供養塔あり。安房志に「直心見性居士・正木兵部平時治・相州是性寺開基・天正十二年三月十五日逝去」。総州見性寺の書き誤りか。

十四 上総国勝浦城主正木氏 勝浦市八幡岬に勝浦城(かつらの城)あり。九・十項参照。正木大膳亮通綱(時綱)の三男十郎左近太夫時忠(天文二年上総金谷城主となり天文十一年勝浦城主となる。永禄七年頃から里見氏を離反して小田原北条氏に属す。天正四年死五十六歳)ー十郎左近将監時通(天正三年死、室は粕谷能登守娘)ー権五郎左近将監左近太夫頼忠(兄時通の養子。初名邦時、時長。元和八年死)ー菊松十郎左近将監直連(母は北条氏堯娘)、弟三浦為春(母は氏堯娘)、妹万(母は氏堯娘、徳川家康側室)。小田原外郎文書に「永禄九年五月二十二日御陣御留守中、正木権五郎(時長)番事、北条氏康朱印」。伊豆賀茂郡河津町に正木氏六十戸、うち峰四十三戸、沢田十戸存す。河津郷は北条氏堯領にて、天正三年勝浦落城により菊松・為春・お万の兄弟は母(氏堯娘)に預けられ、沢田村臨済宗で養育された。峰村正木源七郎文書に「天正八年閏三月二十日、菊松事、河津人々御中、正木左近将監時長花押」。兄弟の生家は正木源七郎宅と伝える。勝浦城主正木氏とは別流にて仮冒なり。菊松直連の子孫は尾張藩に仕官す。

十五 上総国一宮城主正木氏 正木左近太夫時忠妻は粕谷能登守娘で、能登守の子粕谷大炊助時義が正木氏を名乗り一宮城主となる。其子正木大炊助時定、其子正木藤太郎大炊助種成。時忠の嫡子時通は一宮城を攻落し城主となり、種成はその配下となる。一本正木家譜に「勝浦城主左近太夫時忠ー正康(正春)ー大炊助(一宮城)。館山法蓮寺文書に「永禄七年、正木左近太夫時忠は一宮を攻め、城主同名大炊助時定自害す」。夷隅郡大原町薬師堂元亀三年三月鰐口銘に「上総国一宮之荘東村大旦那平朝臣正木種成」。相州文書に「天正三年八月二十八日、北条氏政は土気東金より米を一宮城を守る北条方正木藤太郎に送る」。旧東村の大原町高谷に正木氏四戸存す。

十六 館山藩家臣 新田族譜に「里見義頼(弟正木八郎左近太夫頼忠入道環斎・子孫仕紀州家、弟正木金太郎義俊)ー里見義康(母正木大膳亮時義女。弟正木弥九郎大膳亮時堯・童名御別当・子孫仕備前、弟正木久太郎忠勝・後出家号随天)ー里見忠義(弟正木弥九郎采女佐忠堯・慶長十九年死十八歳」。坂東八館譜に「正木大膳亮時堯・小名御別当、弥九郎と称す。国廃し因幡に配す、鳥取藩池田光政・厚く之を視る、其の間寂す」。房総里見軍記に「元和元年里見忠義は伯耆国へぞ遠流せられける。此の時、正木大膳大夫時堯は房州藤井(館山市上真倉字藤井に正木氏一戸存す)に在城しけるが、正木大膳も領地召し上げられ、松平新太郎(池田光政)預りて、備前国へぞ遷されける」。岡山市池田家文書に「慶長五年徳川秀忠より正木弥九郎宛」池田藩に子孫見えず。里見義康分限の巻(里見九代記)に「御一門、五千石・義康弟正木弥九郎(時堯)・後に八千石・大膳これなり館山にて一万石。千石・義康弟正木源七郎(康盛)・後に三千石・駿河にて病死。二千石正木八郎(頼忠)・後に環斎と申す。七百石寺社奉行正木藤九郎。五百石組頭衆正木丹波。四百石歩行頭正木孫作三百五十石奏者番頭正木弥市、同高同役正木佐市右衛門(頼定)・馬乗二十五人づつの頭。三百石使番正木孫市。二百石組頭衆正木兵部・足軽三十人づつの頭。百石百人衆正木信濃」頼定は次項参照。里見忠義家中帳に「忠義御一門衆、八千石正木大膳、三千三百石正木源七、二千二百石正木久太郎(義康弟忠勝)、千九百石正木善九郎、千九百石正木美濃守、千五百十九石正木金太郎(義頼弟義俊)、千石正木環斎。中家老七百石正木淡路守、組頭衆二百五十石正木佐一右衛門、同役同高正木丹波、歩頭二百石正木孫作、大目付百九十石弥市事正木蔵人使番十人衆百五十石正木五郎左衛門、百石足軽十人衆正木兵部、百人衆五十石正木信濃」。

十七 水戸藩家臣 正木家譜に@「正木左近太夫時忠(天正四年没)ー掃部助時勝(弟左衛門尉時秀)ー左一衛門、弟甚衛門(水戸藩に仕へる、寛永十二年没)ー甚衛門信政(元禄二年没五十八歳)ー左一衛門時則(元禄十四年没三十一歳)ー左市衛門時行(小十人頭二百石、享保十九年没四十六歳子無断絶)」。A「正木左衛門尉時秀号梅舜ー主膳(水戸藩に仕へ大番組三百石、寛永二十年没。弟藤十郎)ー主膳時久(三百石、天和三年没七十歳)ー与衛門時貞(百五十石、享保十八年没七十二歳)ー幾之衛門時治(明和五年没七十三歳)ー武膳時芳(書院番組七十五石)ー八十郎時一、弟留三郎時包」。武田万千代信吉公(家康子)御附譜臣に「三千石正木勝兵衛(後の紀州藩三浦為春)、五百石正木又十郎」慶長九年水戸藩より江戸へ召し寄す。水戸藩寛文九年分限帳に「大御番頭三百石正木甚衛門、同役三百石正木主膳、御祐筆三百石正木正心」。万延元年に見えず。正木武膳文書に「十二月二十五日(永禄九年か)、北条氏照は正木彦五郎に堪忍分しとて武蔵国多摩郡草花・三内・入野・小倉(以上あきる野市)・橘樹郡小机(横浜市)の五ケ所を宛行うと約束す」。正木武膳文書は紀州藩家老三浦氏が寛政十一年書写され、第二次大戦後に三浦氏が和歌山を去る際に和歌山の収集家の所有となる。

十八 小田喜城主正木大膳亮末裔 正木大膳亮時茂ー弥九郎大膳亮憲時ー弥九郎大膳亮時堯(里見義康弟、憲時の養子となる)は十六項で最高の石高となる。子孫は紀州藩家老三浦長門守に仕へた嘉永四年正木源兵衛文書に「永禄三年足利城主長尾新五郎政長より正木大膳亮宛(時茂)」「永禄十二年常陸国太田三楽斎道誉より正木弥九郎憲時宛」。多くの古文書を所蔵す。陪臣により分限帳に見えず。

十九 紀州藩家臣 九・十項の寛政呈譜に「正木左近太夫頼忠ー三浦勝兵衛長門守為春(慶長三年東照宮につかへ三千石を賜り正木をあらため三浦に復す。元和五年紀伊国を頼宣たまふのときしたがひて和歌山にゆく)、弟正木五郎右衛門為永(頼宣につかふ)、弟正木勝兵衛為休、弟正木庄太夫為貞、弟正木源右衛門為清」。他の兄弟は三浦参照。紀州藩延宝五年分限帳に「二千石正木五郎右衛門、二千石正木郷右衛門」文化七年に「千石・父五郎右衛門・正木五郎右衛門」。慶応三年に「千石・五郎右衛門跡・正木薫」。郷右衛門は他家の人か。

二十 幕臣 寛政呈譜に@「家紋丸に三引中白、松皮菱。正木左近太夫頼忠ー左馬允左近康長(里見家没落のゝち、兄三浦為春をもって召出され五百俵、のち七百石、寛文六年没七十七歳)ー甚五兵衛康可ー甚五兵衛康重ー平左衛門康慶ー甚十郎康村ー大膳康恒(千石)ー大膳康満(天明七年継三十五歳千石)ー大之丞康忠」。A「家紋丸に三引、二巴。先祖は三浦長門守為春が父祖の支族なり。正木平七郎十郎右衛門時久(甲府綱重につかふ)ー七十郎時直(二百俵)ー市之丞時連ー七十郎英時ー新蔵幸時ー彦兵衛時明ー十右衛門時峯(寛政二年継十八歳二百俵)」。B「家紋五環の内三星、丸に四石。正木清兵衛正知・寛文六年御鷹匠の同心、四代連綿して十蔵利定ー直吉義知ー勝太郎義明(寛政五年将軍家斉に拝謁十九歳)」。C江戸幕臣人名事典に「正木大膳、文久二年六十一歳、千石、本国上総生国武蔵、祖父正木大之丞死、父正木左近死西丸御小姓組」「正木鐘太郎、文久三年三十五歳、三百俵、本国安房生国武蔵、祖父正木十右衛門死、父正木祐三郎小普請」「正木助次郎、慶応二年五十八歳、三十俵二人扶持、本国安房生国武蔵、養祖父正木勝太郎死、養父正木清太郎死小普請」「正木留次郎、文久元年四十二歳、二百五十俵、本国安房生国武蔵、養祖父正木蔓三死、養父正木与左衛門小普請」「正木直右衛門、慶応二年八十一歳、七十俵五人扶持、本国安房生国武蔵、養祖父正木助次郎死、養父正木武左衛門死御勘定。直右衛門子正木左太郎・慶長三年五十四歳」。

二十一 尾張藩家臣 寛政呈譜に「正木左近太夫頼忠(元和八年死す)ー十郎将監直連(父に先だちて死す)」。愛知県西春日井郡清洲町秋田誠彦文書に「慶長八年極月二十日松平忠吉知行目録。春日井郡之内千石正木左近殿(直連)」。慶長十二年清洲藩松平忠吉分限帳に「千石正木左近・安房之者」。享保六年に「御書院番二百石正木喜兵衛、御鉄砲打十八石三人扶持正木関右衛門」。明治二年に「御広敷御用人三百四十俵正木宗兵衛、物頭席寄合父六左衛門・二百石正木伊織、軍事奉行助役百俵正木文蔵小普請組父三郎兵衛・五十俵正木孫太郎」

二十二 小田原藩大久保氏家臣 文久二年先祖書に「大久保忠朝代、正徳元年小田原取立、本国安房、正木新兵衛、嫡子鍵之丞」

二十三 常陸国多賀郡大塚城主大塚氏家臣 北茨城市六戸、うち中郷町日棚無し、磯原町大塚二戸・大塚氏の居城菅俣城あり。天正二年白川郡高貫合戦に「大塚城主大塚掃部助親成客分正木下総、是は佐竹殿之預かり」。寛永八年水戸藩の与聞小識に「日棚村正木又左衛門四十七歳、親は大塚掃部助旗下足軽大将正木下総」。

二十四 武田氏家臣甲府衆 甲府市羽黒一戸青沼無し。文政十年山梨郡青沼村山八幡神主正木雅樂之助。

二十五 同郡内衆 大月市(二十戸)七保町浅川大山寺天文七年棟札に「大工正木新左衛門・同孫左衛門」。

二十六 川口市三十八戸、荒川区尾久三戸存す。高野山千蔵院供養帳足立郡川口村に「貞享二年・妙慶・霜清岸誉命日十一月七日、正木市郎兵衛は立てる」。豊島郡下尾久村に「慶長九年・父正木外記、正木彦三郎は立てる」「慶安五年・逆修道西、正木金三郎は自身の為に立てる」「承応二年・春郎浄閑命日二月二十八日、正木市郎左衛門は立てる」「万治元年、正木次郎右衛門は立てる」。

二十七 @正木文書について 岩松文書、或は新田文書ともいう。岩松系図に@「岩松時兼ー経兼ー政経ー経家ー直国ー満国ー満純(足利持氏に反す)ー家純(持氏を攻る)ー明純ー尚純ー昌純ー氏純ー守純(東照宮に拝謁二十石をたまふ)ー豊純ー秀純(百二十石)ー富純(享保十六年五月家系をよび附録等を将軍吉宗の台覧に備ふ)ー慶純。この家を礼部家と称す。A「満国の弟岩松修理亮満親ー能登守満春ー三郎右京太夫持国。この家を京兆家と称す」。京兆家相伝の「新田義重譲状、岩松時兼譲状、岩松直国宛」「長禄二年三月二十七日、岩松右京太夫殿(持国)・岩松次郎殿(宮内少輔成兼)、花押(足利義政)」「同年月日、岩松次郎殿・岩松三郎殿・岩松右京太夫殿、今川教忠花押」「六月二十八日(寛正四年)、岩松三郎殿、成氏花押」。これ等の二百七十八通の文書は、すべて京兆家所蔵であり、礼部家には一通も無い。寛正五年を最後に、持国父子が新田庄退去の際持ち去り、後世正木氏所蔵となる。

二十八 A同文 上野国勢多郡新里村新川善昌寺の応仁二年三月戒名過去帳に「新田義貞郎従百十八人の名に「柳山道暹・正木右近」。楠木入道著の永禄二年新田家臣祖裔記に「正木右近と云人、其子新左衛門、此正木氏は足利山下村に且く浪人し十年来新田桐生に浪人す。此人常々物語に誰れ彼れは義貞公嫡々たるは有まじと被申也、咄の序に正木家には義貞・義宗と次第も慥かに、義貞公より源家之重宝書物等伝来る、是正当と可申と常々申さるゝ事、何れの国の浪人とも知れず、尋れば新田浪人の末と答申也」。金山城客人の楠木入道は当時正木文書の存在を知っていたのに、金山城主由良氏及び礼部家の嫡流岩松氏(金山城家臣)は古文書に関心が無かったので浪人正木氏から譲り受けることをしなかった。

二十九 B同文 旗本由良氏が寛文五年高家衆に列せられたことを知って憤ったのは、寛文三年新田郡下田島村百二十石を与えられ御家人に列せられたばかりの岩松秀純であった。秀純は延宝四年卒去し、子富純は新田岩松氏系図附録に「貞享・元禄の間。江戸城西の糀町善国寺谷(千代田区麹町テレビ通り)といふ所に正木新五左衛門といふ人あり、新田家の旧記所持せし。その所伝の故を問うと、正木は次のように語っている。『某が父は正木庄右衛門と申、其父をも庄右衛門と申して、初は新田と名乗候、宇都宮城主本多上野介殿(本多正純は元和八年改易)に小知を得て罷在候、此文書等は定て由緒あればとて持伝へ候らめ、其他の事は承り及ばず候』」。正木新五左衛門は、文書収集のために来訪した岩松氏に、富純所蔵の新田岩松氏系図の筆写を条件に、文書の筆写を許容すると述べている。しかし富純は、この正木新五左衛門の素性に若干の疑いを感じたためこの交換条件に応ぜず、文書の筆写は実現しなかった。同書に「享保十六年四月上旬、御小姓田沼主殿頭を以て、将軍吉宗公、上覧に入れ奉りし事有り。本書今に是有んやと御尋の処、幸に御医師吉田梅庵養母・正木新五左衛門娘なり、所持して、台覧に入れ奉る。彼姥譲べり実子なく、御用にも立べき物に於ては、直に差上度願に依て、則御留め置れ、同年七月、若年寄本多伊予守殿宅にて、白銀三十枚を老姥に賜ふ。将軍家にも珍敷物に、思召れ、此書は如何致し持伝へしやと、御尋の処に、左中将義貞・越前足羽に於て戦死の砌、茶壷に入れ腰に付置候ひしを、家来某携来り子孫に渡し、今に是を持伝へしのよし言上に及びしと言事。宝暦三年秋、源慶純印」。将軍吉宗へ献上される以前に、尾張藩主徳川光友が写本を作成し、その写本を旗本岩松富純が転写して、その子慶純が整理して正木文書として岩松家所蔵となる。献上された正木文書は幕府に保管された。房総出身の修験正木右近は上野国に来住し新田義貞に仕へ、其の子孫が岩松氏の名跡を継承して京兆家岩松氏を名乗り、持国の子息が本名に復姓して正木氏を名乗り古文書を相伝したか。

真崎 マサキ

一 真壁氏家臣 真壁郡大和村本木三戸存す天文五年頃真壁旧伝記に「間崎内膳」。慶長十三年真壁記に「佐竹氏秋田移封のとき暇拝領連判人、真壁家中・紋三ツ巴・二百石真崎内蔵」。

二 佐竹氏流真崎氏 常陸国那珂郡村松村真崎浦(東海村)より起こる、真崎城跡あり新編常陸国誌に「真崎氏。那珂郡村松村真崎の地に出づ。岡田義盛の二子真崎次郎義連、子蔵人義久、子刑部太夫義忠、子左京亮義景」。@戸村本真崎氏系図に「家紋三ツ頭丁子巴。那珂郡村松村真崎より起る。岡田義澄ー盛義ー真崎次郎義連ー蔵人義久ー刑部大輔義忠(弟盛景)ー左京亮義景(建武二年佐竹義篤に従い武蔵鶴見にて討死)ー右馬助資義ー右馬助義基ー駿河守義勝ー義永ー義英(弟兵庫介)ー下総守義兼ー駿河守義直(天文六年陸奥寺山合戦に功弟永義、弟慶四郎、弟兼直)ー彦三郎義保(天正元年陸奥赤坂にて討死)ー彦次郎雲井助重宗(兄義保のあとを嗣ぐ)彦四郎兵庫介駿河守宣広ー宣昌」。A御分流系図(宝永年間、秋田藩文書)に「佐竹常陸介義重(建長四年卒)庶子岡田四郎義澄長子真崎次郎義連。義連より義惟に至て七八世詳ならず、今連綿する系図ありと雖も後人の附会する所なり。真崎駿河守義惟ー彦四郎兵庫助駿河守義直(永正十六年奥州寺山野続に於て戦功)ー彦三郎下総守義保(天正五年七月関岡に戦死)ー彦六雲井助兵庫助重宗(後宣宗。兄義保元亀四年戦死して嗣となる)ー彦六兵庫助駿河宣広(慶安元年四月二十七日卒六十八歳。弟与五)。義直の弟彦四郎(天文八年七月七日常州部垂戦死)ー豊後、弟新左衛門。彦四郎の弟河内ー右馬亮(寛永二年九月二十八日死す」B元禄十年秋田藩真崎処純作成に「義惟ー彦三郎駿河守義直ー彦三郎下総守義保ー彦三郎(元亀四年南摩戦死)ー彦六雲井助重宗改宣宗ー彦六郎兵庫駿河守宣広ー彦六兵庫助宣昌ー□□ー隆紀ー処純。義直の弟彦四郎季直(弟河内守季国・子右馬允)ー豊後季俊、弟新左衛門、弟玄蕃」。C文禄二年大和田重清日記に「下総守義保の子真崎兵庫助宣宗、宣宗の長子真崎彦六宣広、宣宗の二子真崎与五郎、真崎彦六宣昌、彦四郎季通の子真崎豊後季俊、駿河守義惟の二子真崎河内守季国、真崎弥次郎、真崎弥十郎、真崎十兵衛」。D秋田藩諸士系図に「真崎兵庫処純先祖分流。真崎三郎右馬助義康ー弥三郎治部大輔義竒(永禄五年北義斯より書あり)ー治部助正竒(後年常州より来る)」。次項参照。

三 佐竹氏家臣 佐竹義篤(天文十四年卒)ー義昭(永禄八年卒)ー義重(慶長十七年卒)ー義宣(寛永十年卒)。@真崎処純文書に「永禄二年佐竹義篤より真崎入道宛」「永禄二年佐竹義重より名字状真崎彦三郎宛(義保)」「元亀三年佐竹義重より真崎下総守宛(義保)」「元亀三年佐竹義重より真崎駿河守宛(義直)」「元亀四年正月二十六日、佐竹義重は真崎雲井亮(重宗)に下野国南摩城攻略の軍忠を賞す」「天正五年佐竹義重より真崎兵庫助宛(重宗)」「天正十九年佐竹義宣より一字状真崎兵庫助宣宗宛」「文禄四年八百石那珂郡田谷之内(水戸市)真崎彦六宛(宣広)」。天正十九年頃の佐竹義宣重臣に「真崎兵庫助義伊花押」「真崎兵庫助宣伊花押」「真崎兵庫助宣治花押」、系図に見えず。三人は同人か。A秋田城下真崎孫太郎竒連文書に「永禄五年北義斯より名字状真崎弥三郎宛(義竒)」。B秋田城下真崎新八文書に「文禄四年五十石茨城郡小岩戸之内(美野里町)真崎新左衛門宛」。C秋田藩小川又兵衛文書に「十月十七日、小川大蔵丞殿・真崎玄蕃助殿、従太田・義重花押」。D慶長国替記に「六百石真崎兵庫、百石真崎長右衛門、百石真崎豊後季俊、八十石真崎右馬允、扶持方真崎彦六」。

四 山入氏家臣 那珂郡大宮町二十戸、うち大宮(部垂村)一戸、鷹巣十六戸存す。古代以来居住の苗字なり。秋田藩高垣文書に「文亀二年久慈郡利員城主山入氏義滅亡、真崎孫六入道等上下八百十三人討死」。

真砂 マサゴ マナコ参照。

増尾 マシオ マスオ参照。

真尾 マシオ 足利城主長尾氏家臣 足利市七十戸存す。古代以来居住の苗字なり。

増子 マシコ 常陸に多く存す。マスコ参照

一 佐竹氏家臣 常陸太田市に増子氏二十八戸、益子氏(ましこ)三十戸存す。薩都宮永正十四年奉加帳に「薩都宮神主赤須遠江守文書。赤須信濃守常通・同名彦太郎、同修理進勝広増子名彦次郎」。赤須五項参照

益子 マシコ 下野、常陸に多く存す。

一 紀姓紀氏 紀(きの)は木野とも書く、木野参照。紀氏系図(続群書類従)に「紀望行ー貫之(延喜七年任)ー時文ー輔時、望行の弟清主(下野大掾、住下野国)ー紀検校朝氏(弟芳賀小太郎長有)ー紀三郎朝忠」。堀田芳賀系図に「紀清主(下野守、宇都宮俗別当)ー紀検校朝氏(宇都宮俗別当、司社職)、弟芳賀朝有」。宇都宮系図(下野国誌)に「宇都宮宗円ー宗綱(母益子権守紀正隆女。宇都宮ノ社務并日光山ノ別当職)ー朝綱(文治五年奥州泰衡追罰に朝綱郎従芳賀次郎太夫清原高親・益子権守紀正重は、世に是を紀清の両党と云なり」検校・別当・斎号は修験山伏なり。下野国誌に「南北朝時代臨済宗鎌倉円覚寺住僧無窓法師の雑談集にも、宇都宮紀ノ党にてヲトツラの新右衛門尉と申す聞えたる精兵あり云々と記したり、今(嘉永頃)芳賀郡乙貫郷氷室村の里正に乙貫新左衛門と云ものあり、其後孫なるべし、されど其はじめ詳ならず」。その親族の山伏が大番役を勤仕するため宇都宮氏に従って京に上がっている。京都錦小路に宇都宮氏屋敷があった。宇都宮参照

二 紀姓益子氏 下野国東真壁郡益子村(芳賀郡益子町)より起こる。@益子系図(下野国誌)に「紀古佐美十五世、常陸国信太の郡司紀貞頼嫡孫。益子権守紀八郎正隆ー紀権守正頼(妹は藤原兼仲の室、宇都宮宗綱の母)ー紀権守正重(文治五年奥州征伐に武功)ー紀権守宗重ー紀権守朝貞ー越後守貞重ー出雲守貞正(永和三年卒)ー出雲守勝直(応永三年卒)ー紀一郎勝貞(正長元年卒)ー紀二郎勝秀(実勝直二男、長禄三年卒)ー紀八郎勝光(寛正六年卒)ー紀権守筑前守入道睡虎正光(兄兵部少輔勝家を応仁二年害し家督と為す。享録二年卒九十歳。弟紀三郎勝久・その子紀六郎行正は那須家に属す)ー信濃守勝宗入道顕虎(天文七年九月二十二日卒六十九歳)ー紀四郎宮内少輔安宗(天正六年二月十日卒六十八歳。弟紀五郎勝忠は七井郷を領す、その子七井五郎勝定)ー宮内大輔家宗(実は君島備中守平高胤二男、天正十七年三月二十日宇都宮家に叛し而討死六十一歳)」、信用できず。A君島系図に「君島備中守高胤(塩谷郡船生城主、慶長二年死去五十八歳)ー益子宮内少輔家守(益子安宗の長女婿、文禄四年三月益子を落ちて紀州和歌山に赴き浅野長政に寄る、慶長五年六月十六日卒三十六歳)ー益子民部宗秋(益子没落の後常陸国久慈郡大子邑に移り住む、慶安元年九月一日卒)」、信用できず。大子村の苗字益子氏は無関係なり。B益子系図(宇都宮市河原町益子吉蔵文書、家紋隅切り角に三)に@の勝宗嫡男信勝(弟安宗)の系統なり。「紀望行ー貫之ー時文(常陸国鹿島被配流)ー粂麿(母は常陸国筑波郡田井長者女、信太郡を賜る)ー具頼ー興男ー勝峯ー永之ー三郎判官仲之(常陸国河内郡八田・今真壁郡小栗と云住、大治五年卒)ー益子座主四郎之宗(初柏戸三郎、天仁三年下野国芳賀郡独鈷山那流峯築城、平治元年京都に於て害される、葬江州三井寺。姉は石山寺宗円座主室)ー小治郎権守朝宗(権守正隆女を娶る、頼朝奥州征伐従う、建久二年逝去。正隆は平忠盛の弟忠正の子に生まれ初名国正という、常陸国に流され宇都宮宗綱に招かれ、母方の姓紀氏を称し益子権守正隆と改る)ー左衛門尉頼宗(建仁二年卒)ー佐渡権守正俱(此時当家紋左巴を右巴と為す)ー左兵衛頭宗朝(弘安二年卒)ー宮内太夫政綱(乾元元年卒)ー出雲守英政(宇都宮公綱に従い尊氏に属す、貞和四年卒)ー出雲守貞正(貞治三年六月十七日武州苦林野に於て討死。弟出羽守祐政は兄一同戦死)ー四郎左衛門尉安正(尊氏に属す、応安七年卒。弟益子越後前司正宗は常州富谷百貫文所領、永和二年卒富谷村天台宗小山寺葬、益子村時宗正宗寺開基)ー喜太郎勝直(実越州益子越前守勝政嫡男、応永二年益子城移居、同三年卒、益子村真言宗如意山観音寺開基)ー信濃守宗正(実安正男也、応永十八年死)ー喜市郎勝貞(実勝直長男也、正長元年卒)ー出羽守兵部太夫勝秀(実勝直二男也、長禄三年卒六十八歳。此時幕紋円輪中併附半月)ー信濃守唯正(文明九年宇都宮正綱上野国川曲討死の時戦死)ー出雲守延正(川曲に於て父同時討死)ー出雲守完正(永正十二年十二月十日卒。弟四郎太夫越後守正寿は会津盛氏に仕へ五百貫文領知す。弟又右衛門甲斐守正恒は那須資房に属し永正十七年八月那須郡縄釣る討死)ー宮内太夫勝清(天文十五年宇都宮と矛楯に及び、同十七年益子退去、常陸国下館居住、同二十三年八月十九日彼地に於て逝去五十一歳、平亨寺殿通安宗円。弟次勝は下館平亨寺建る)ー勝宗号睡虎入道(密に武田信玄旗下に属し、長男四郎元服之時は信玄より祝書を送られる。天正年中西明寺山の城に移り居す、文禄二年十一月二十七日卒六十五歳、法名徹参了無)ー四郎紀伊守但馬守信勝(信玄より信一字賜る。天正年中益子立退き、那須郡野上邑釣木戸に要害を築き住す、大関清増に加勢す、伊王野資宗と野上邑に戦い戦死。弟紀四郎安宗は寛永十二年益子村曹洞宗鶏足寺に於て病死、弟七井喜五郎勝忠は天正十二年尾羽寺に於て毒害被る)ー四郎右衛門忠家(始右衛門治宗。信勝に随ず天正十五年宇都宮弥三郎に伴い豊前国城井城に楯籠、豊臣太閤命により吉川広家押寄せ宇都宮敗る、忠家は本国益子蟄居、益子没落後より大関晴増に属し文禄三年野上邑二貫七百文賜る、慶長五年五月十三日病死、黒羽余瀬村真言宗新善光寺葬。此時より折敷之内三文字の紋を用る)ー信家(父食禄野上邑、八塩・谷津・古内・磯上四ケ村百五十石賜る、万治二年十二月十二日卒七十七歳、黒羽新善光寺葬る)」。始祖益子座主四郎之宗は近江国大津の修験寺三井寺の修験座主なり、のち益子村真言宗独鈷山西明寺を居館とす。当寺は修験観音寺の門徒となる。詳細は修験宇都宮宗円参照。京都当山派修験真言宗醍醐寺三宝院慶長十七年文書に「下野東真壁郡増子観音寺在判、下野田野ノ内山本光明寺在判」。益子氏は真言宗修験寺を開基す。

三 益子氏の史料 益子村字高館西明寺弘長二年十一面観音像銘に「大旦那益子郷名主紀頼宗」「天文七年二月吉日三重塔外面、本願益子宮内大輔紀家宗生年五十一」。益子村鹿島神社棟札に「大永七年丁亥十一月十四日、下野宇都宮守護藤原朝臣盛綱鹿島大明神、大旦那自紀伊守行宗十四代益子宮内大輔家宗」「永禄三年庚申三月二十八日、下野守護藤原朝臣広綱鹿島大明神、重建新造立大旦那自紀伊守行宗十六代」家宗の孫なり。永禄三年関東幕注文に「下野国小山衆、益子右衛門尉・右ともへ」。那須記に「天正四年宇都宮国綱は多気山城を築く。白糸城番(宇都宮城)には益子喜八郎を残し置く。御供武士には益子紀伊・紀薩摩守維望末葉なり下野国益子山内西明寺にて生る・以て益子と号。半田城主益子数馬子・紀ノ検校朝氏の末孫なり」。宇都宮家祖に「益子権頭紀正重(子孫)、天正八年益子城主益子重綱・四万三千石を領す」。小田部庄右衛門文書に「天正十四年、睡虎斎宗竹花押」斎号は修験なり。西茨城郡岩瀬町富谷山の麓中里村に住す、現存無し。関八州古戦録に「宇都宮重大の輔翼紀清両党と呼び伝へたるは、常陸国中里の益子・下野国真岡の芳賀是なり。益子は紀八郎貞頼・始て常州信太郡を賜り信太庄司と称して子孫連綿し、今の益子紀四郎重綱に至る。中里の益子筑後守重綱入道睡虎が領分田野・山本」。宇都宮興廃記に「天正十七年三月宇都宮国綱は芳賀伊賀守・玉生美濃守等と密に謀て、益子宮内少輔家宗を攻め亡ぶす」。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、益子信濃守、益子右京介、益子城代益子右衛門尉」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に「在所益子・家老四万石益子右衛門尉(重綱)、田原村四千石益子紀伊守、千石益子喜八郎半田村益子数馬・益子紀四郎安宗、益子信濃守、益子右京亮」。上都賀郡粟野町北半田にマシコ氏一戸、マスコ氏十二戸、河内郡河内町田原無し。

四 宇都宮氏家臣 マシコ氏は塩谷郡高根沢町花岡字前高谷無し、那須郡馬頭町久那瀬四戸、大田原市八十五戸、日立市油縄子五十七戸、東多賀町河原子十六戸、久慈郡大子町大子三十七戸存す。これらは古代以来居住の苗字なり。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「前高谷村益子甚衛門。大田原益子右京亮子孫益子甚左衛門。久那瀬村益子信濃守子孫益子孫三右衛門。大子村益子刑部左衛門。常陸国水戸領河原子村益子庄七。水戸領由縄子村益子信濃守子孫益子藤八郎、同村益子六郎兵衛・益子要助・益子利三郎・益子庄治郎・益子新三郎・益子助三郎・益子新八・益子定七・益子太市郎・益子吉郎兵衛・益子四郎兵衛・益子忠市右衛門・益子金二郎・益子彦右衛門・益子太兵衛・益子新蔵・益子豊五郎・益子忠蔵・益子弥五郎・益子直右衛門・益子喜三郎・益子源三郎・益子惣次郎・益子繁八・益子小左衛門」。出稼集団なり。

五 結城氏家臣 結城市無し、下館市八戸、真壁郡協和町小栗一戸。小栗村に修験小栗氏あり。一・二項及び小栗参照。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、益子弥五三郎綱清」。水谷蟠龍記に「永禄元年結城晴朝を初として、益子三郎これ等皆結城在居の諸士、武州大串を攻める」。

六 大関氏家臣 那須郡黒羽町百七十戸、うち野上十一戸、河原字小滝五戸存す。米田村・与六田村は不詳。これは古代以来居住の苗字なり。黒羽藩の飛領芳賀郡益子・生田目・上大羽・七井・深沢・清水は下之庄六ケ村と呼ばれた。二項益子吉蔵系図に「益子出雲守勝宗入道睡虎(文禄二年卒。弟大内蔵安信、弟出羽守勝重は慶長二年宇都宮没落以後、黒羽藩勤仕二百貫知行)ー四郎但馬守信勝(天正中、益子を立退き、那須郡野上邑居住、大関清増に加勢し戦死)ー四郎右衛門忠家(初治宗。黒羽に来り大関晴増に仕へ、慶長三年野上村六貫六百文、慶長五年病死)ー信家(百五十石、万治二年卒七十七歳、黒羽新善光寺葬)」「益子大内蔵安信ー修理亮信政(黒羽臣、桑島左近右衛門信綱及益子茂左衛門公宗の祖)、弟和泉守安高(兄と同じく黒羽に仕ふ、益子孫兵衛の祖)」。益子文書に「霜月二十日、四郎元服之事(信勝)、益子出雲守殿(勝宗)、信玄花押」。伊勢内宮佐八文書に「天正七年正月十四日、右兵衛尉治宗花押」「天正十一年正月十一日、右衛門尉治宗花押」「天正十九年霜月十九日、益子和泉守増宗花押」「文禄四年霜月二十五日、益子和泉守増宗花押」「大関左衛門督丹治資増家来益子和泉守増定、和泉守子息蓮実蔵人秀宗」「大関殿奏者益子和泉守、蓮実・前はましこ大蔵と申候。片岡駿河守・ましこ殿之事也、子息片岡弥八郎」「大関殿奏者之宿也蓮実蔵人、蓮実蔵人親父・益子和泉。益子殿蓮・片岡駿河守」「大田原之分、蓮実大学助・此人は大関殿奏者の蓮実蔵人兄弟之由候、蓮実殿は大田原より出候人之由候」。中田原村の苗字蓮実氏と片岡氏は在名益子氏と兄弟契約を結び益子氏を名乗る。蓮実氏は黒羽町二十五戸、大田原市十七戸、うち中田原三戸、片岡氏は大田原市十三戸、うち中田原二戸存す。黒羽藩の創垂可継に「黒羽向上町(石井沢村)林右衛門此の者先祖は下ノ庄益子村に住居し、増子但馬と云い千石を領せし所、御当家へ召抱え下され無役にて百石賜り石井沢村裏番匠と云いる所に住居し、三代迄を但馬と云う。四代目勘解由に至って命令違背せしに依って逃げ出ししを片耳を切り落されしか共、終に逃げ延び候。浪々しが又立ち帰り番匠に住居す」。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十七年七月三日・霊位妙洞禅定尼・逆修宗林禅定門、下野上那須庄小滝村増子勘太郎は之を立る。同日・霊位妙秋禅定尼、同国与六田村増子長三郎は之を立。同日・逆修道沼禅定門、同国米田村増子長三郎は之を立る」。

七 黒羽藩大関氏家臣 元和九年検地帳に「益子四郎右衛門、益子作右衛門、益子孫兵衛」。寛永十九年分限帳に「百五十石益子四郎左衛門、百三十石益子孫兵衛・三郎左衛門親、中小姓衆益子久右衛門、御小姓衆益子喜太郎、御普請奉行衆益子清右衛門同役益子太左衛門、歩小姓衆益子作兵衛、同役益子忠三郎、御歩衆益子太左衛門」。正保二年御暇に「百五十石益子孫兵衛」。万治元年に「百五十石益子又右衛門、五十石益子茂左衛門、四両三人扶持益子久右衛門、三両二人扶持益子太左衛門、同高益子茂右衛門、医者同高益子寿同、三両一人扶持益子十右衛門、二両三人扶持益子孫兵衛二両一人扶持益子惣右衛門、同高益子儀右衛門、同高益子六左衛門、同高益子二郎兵衛、同高益子佐左衛門、同高益子角之丞」文政二年に「百七十石益子四郎左衛門紀信方、四両二人扶持益子四郎紀姓、同高益子弥太夫紀正郷、同高益子左平太紀知義、同高益子利右衛門紀姓、同高益子瀬左衛門、同高益子金左衛門紀盛庸、同高益子元太、三両二人扶持益子記八郎、同高益子鼎、同高益子八十太」。重臣益子氏は明治維新に家令となり、初代黒羽町長を勤め、その子孫は益子吉蔵なり。

八 那須氏家臣 黒磯市百二十戸、那須町五十戸、西那須町三十六戸、烏山町十一戸存す。東茨城郡小川町は下河辺政義知行地にて、政義は益戸、或は益田とも称す。尊卑分脈に「下河辺政義ー小河政平ー七郎能忠ー義広(朝広為子)」為子(子と為す)を益子と読んで仮冒す。那須記に「永禄十年四月、烏山城主那須資胤は佐竹方の梅平城主大金重宣を攻めるため、益子源太行正『下河辺行義二男益田政義二男政平男小川七郎能忠に十代益子次郎行吉に五代也』ら七百余騎を指向ける」。

九 佐竹氏家臣 那須郡馬頭町百三十戸、うち大山田六十七戸、小砂五戸、久那瀬四戸久慈郡大子町四百三十戸、うち初原九戸、大子三十七戸存す。大子村愛宕神社天正十三年棟札に「大旦那義宣(佐竹)、益子志摩守・同孫右衛門」。大子町吉成正俊文書に「常陸居住士、五十石益子善次郎・初原村土着」。元和七年佐竹義重遺臣連名録に「三百五十貫益子伊織・大山田住、二百八十貫益子清紀・大山田住、二百八十貫益子主税・大山田住、三百十貫増子主計・小砂住、二百六十貫益子掃部・久那瀬住」。

十 秋田藩佐竹氏家臣 東白川郡棚倉町赤館城付近に増子氏十四戸、塙町にマシコ氏二十戸、マスコ氏十九戸、増子氏(ましこ)十五戸、矢祭町にマスコ氏二十四戸、増子氏(ましこ)三十二戸存す。古代以来居住の苗字にて、在名紀姓益子氏は無冠兼なり諸士系図に@「益子丹波守(天文年中に卒す)ー越後守次広(奥州赤館に住す、天正十八年東義久よりの書あり。慶長七年常州より来る、寛永元年卒。子孫世々雄勝郡湯沢に住す)ー太郎兵衛次長(父と同く常州より来る、寛永年中卒)、弟助左衛門次元(常州より来る、正保元年卒。子孫世々秋田城下に住す)」。湯沢の佐竹(南)淡路義敞組下益子平大夫文書に「天正十八年正月十八日、東義久は益子越後守に北村(石川郡平田村小松原字北向)を宛行う」。A「益子藤次右衛門勝正(慶長七年常州より来る)」。B「益子筑後次種(慶長七年常州より来る。子孫世々湯沢に住す)」。C「益子丹後ー隼人丹後(慶長七年常州より来る。子孫世々湯沢に住す)、弟仁左衛門(常州より来る。子孫世々湯沢に住す)」D「益子次郎右衛門(慶長七年常州より来る三十石。子孫世々湯沢に住す)ー善右衛門」。E「益子三助(慶長七年足軽にて常州より来る。子孫世々山本郡桧山に住す」F「益子彦九郎(慶長七年足軽にて常州より来る、承応二年卒八十四歳。子孫世々平鹿郡横手に住す)」。慶長国替記に「八十石益子藤次右衛門」。天保十二年分限帳に「院内、四十六石益子正兵衛、二十七石益子駒之助、三石三人扶持益子又八、二人扶持益子小四郎。桧山能代、十八石一人扶持益子順治。横手、十石一人扶持益子彦九郎二人扶持益子金右衛門」。

十 水戸藩家臣 徳川頼房・光圀に取立られた郷士で佐竹氏旧臣に「大子村五十石益子民部左衛門」。寛文九年分限帳に「御矢倉御細工奉行増子伊兵衛。郷士百石大子村益子和泉」。万延元年に「御金奉行増子丑三郎、大御番組頭増子三郎太夫、大御番増子伝四郎、留附列郡増子惣太郎、列押頭取増子小衛門、御用部屋留附列小金益子安左衛門。北扱之分郷士三十俵大子村益子軍蔵」

真下 マシタ マシモ参照。

益戸 マシド 藤原秀郷流下河辺益戸左衛門尉政義後裔はマスド参照。

真島 マシマ 越後に多く存す。

一 信州真島衆 更級郡真島村(長野市真島町真島)より起こる、在名にて現存無し。長野市三十四戸、うち松代町岩野十八戸、北安曇郡池田町二十戸、馬島氏は上水内郡三水村十四戸存す。北信濃の歴史に「真島村栄昌寺は大永三年真島右衛門尉が眼病平癒祈願のため、敷地内に薬師堂(栄昌寺)創建す」。天正七年上諏訪造営帳に「馬島郷二貫文・代官馬島太夫加賀守」。

二 上杉氏家臣 信州真島村より起こる。大室系譜に「清和の後胤諏訪七家と云ふは諏訪・水上・大室・小室・寺尾・真島・善光寺等なり、越後幕下に属す」。古代士籍に「謙信様衆、信州・上倉殿より出る・真島民部」。上杉年譜に「天正十年七月十六日上杉景勝は新しく臣従した信州真島与七郎に額田跡を宛行う」。文禄三年目録に「信州小布施并須坂・尾崎三郎左衛門同心二百十七石真島民部。信州上倉衆同心三十五石真島源左衛門。村松(長岡市)新手明七石真島兵助」。慶長三年会津分限帳に「会津若松組二百石真島九左衛門、御馬廻衆百八十石真島民部」。

三 米沢藩家臣 米沢市八戸存す。諸士略系譜に@「真島民部親光(源姓諏訪七家の列。実大室左衛門尉光清三男、始与七郎頼春、信州真島に住居、故に真島氏称号。正保二年卒八十三歳)ー専右衛門光清(慶長年中家督、明暦二年卒)ー専右衛門光定(弟藤兵衛重宗)ー丈左衛門光峰ー与七郎光秀(寛政十二年家督)」。A「藤兵衛重宗(初民部、元禄十六年致仕)ー弥総右衛門清房ー八郎次清貞ー龍次清英ー弥右衛門易房ー岩太郎清忠(天保九年家督)」。寛永八年に「御馬廻衆二百石真島仙右衛門」寛政五年に「八十石真島丈左衛門、六石一人扶持真島宗七、五石一人扶持真島伝蔵、一石二人扶持真島龍次、四石一人扶持真島孝太郎、三石一人扶持真島弥五郎、二石一人扶持真島信右衛門、同高真島円蔵」。

四 真田氏家臣 上田市に真島氏十四戸、間島氏二十戸存す。元和元年大坂御陣に「上田衆討死間島六蔵(一本に真島右衛門)・真島市右衛門・真島仁右衛門」。

五 宇都宮氏家臣 益子町大羽無し。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「芳賀郡大羽村真島内蔵」。

六 小田氏家臣 つくば市無し。天文十八年小田家風記に「大番千騎千石真島久四郎」

島 マシマ 秋田藩佐竹氏領 小山市無し天明頃の萱橋(小山市)分限帳に「御目医者五人扶持馬島瑞伯」。

真下 マシモ 武蔵、上野に多く存す。

一 沼田衆 のち真田氏に従う。沼田市十四戸、利根郡昭和村四十六戸、うち森下三十九戸存す。加沢記に「永禄十二年正月、沼田弥七郎の臣真下但馬。天正八年六月、真田昌幸は倉内城へ入り、此旨を甲府へ注進有んとて真下但馬守に仰せ付け被り早速注進有ける。天正八年十二月二十九日、武田勝頼は真下但馬に飛脚を勤めるを称し、信濃川中島河北反町分(地名不詳)五十貫文を宛行う。天正九年二月二十日、真田昌幸は勝頼の命により、真下但馬に所領信州奥郡曽利町分の郷次諸役を免除す。天正十四年九月下旬、勢多郡五乱田(東村荻原)の要害には真下惣助籠城す、北条勢攻める。天正十五年二月二十一日、北条勢由良信濃守は沼田を攻める、真田勢先陣真下但馬守等は倉内城を打出る」。真下但馬守は次項と似た文章あるが別人であろう。

二 藤田能登守信吉家臣 武州大里郡川本町本田にマシモ氏十五戸、マシタ氏三十五戸寄居町にマシモ氏十戸存す。菅窺武鑑に「上杉憲政は菅野大膳、上原兵庫を取り立て受領させ、諸事両人の支配なり。天文二十年憲政は越後へ牢浪なり、上原兵庫は藤田右衛門佐重利の所へ逃げ来りたるを扶助して置きけるに、右衛門佐児小姓増毛左馬に慮外をして喧嘩を致す、彼の増毛・十七歳なれども堪忍せずして殺し候、秩父鉢形にての事なり。此の増毛、後に但馬守と申して藤田能登守信吉に附きて越後まで来り能登守に弓箭の指南仕りたる武功の士にて越後家の衆、知らざる者なし。藤田能登守家老伊古田十右衛門は増毛甚右衛門と内談して増毛を飛脚に仕立て真田安房方へ申入るゝ事、天正七年二月初なり。増毛左馬助其頃は甚右衛門と申し候、但馬守と改め五十貫は越後境信州の内阿部小玉(上水内郡牟礼村)にて下される」。阿部は河北か。

三 箕輪城主長野氏家臣 渋川市五十戸、うち中村十戸・家紋丸に花沢瀉、群馬郡箕郷町六戸存す。永禄元年長野業政家臣録に真下太兵衛。

四 安中藩板倉氏家臣 安中市百六戸、うち簗瀬二十戸・家紋中房付唐団扇。当村真下利七は板倉勝明の代に召出。天保十一年家臣席順表に「中間小頭格真下順蔵」。

五 和田城主和田氏家臣 高崎市百五十戸、うち矢中十八戸存す。高崎志に「和田記に和田信景が家臣真下下野等、天正三年遠江国長篠合戦に比類なき手柄を武田勝頼感賞す、此七人へ和田氏より矢中郷を与へしかば矢中七騎とも称すとなり」。大沢参照。

六 館林城主赤井氏家臣 邑楽郡板倉町板倉二戸、大泉町二十戸・家紋丸に違い鷹の羽あり真下越前守子孫と伝える。館林記に「永禄九年板倉の城主間下越前守範宗。元亀元年赤井氏老臣諸野因幡守家臣間霜儀八郎」。北条氏家臣伊豆衆清水氏系図に「清水上野介正久(豆州下田城に住す、天文七年小田原に帰り死す。妻は上州大胡城主山上郷左衛門尉女)ー清水太郎(間下越前守に養はる)」。

七 勢多郡山上城士 粕川村五十戸、うち女淵字真下四十三戸・家紋丸に抱茗荷、新里村三戸存す。正応四年山上城家臣に「大惣士真下吉右衛門」。

八 伊勢崎藩酒井下野守家臣 伊勢崎市連取町十一戸存す。寛政六年分限帳に「御仮屋一人扶持真下甚内」。

九 金山城士 太田市十六戸存す。関八州古戦録に「元亀四年新田勢真下土佐守」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣真下亦兵衛尉、討死真下与七郎」。

十 佐野氏家臣 佐野市赤見六戸、真下家墓碑に永享八年銘あり。天正八年佐野宗綱時代武者記に増茂玄蕃。

十一 北条氏家臣 小田原市・足柄上郡中井町遠藤無し。遠藤村五所宮八幡神社文明十三年九月十日棟札に「銀細工真下次郎左衛門尉頼俊」。高野山高室院月牌帳に「天正六年・道清・相州小田原真下三郎左衛門」

間下 マシモ 江戸幕臣人名事典に「間下昌三郎、十俵一人扶持、本国生国共武蔵、祖父真下惣兵衛死、父間下助次郎死御賄組頭」。幕末頃。

馬下 マシモ マオロシ参照。

増山 マシヤマ 下野に多く存す。

一 皆川氏家臣 栃木市にマシヤマ氏百十八戸、マスヤマ氏三十六戸、うち皆川城内町無し、園部町十一戸、千塚町三戸野中町三十戸、宮町一戸、片柳町十一戸、吹上町三戸、下都賀郡都賀町原宿無し。譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死増山織部允・増山九右衛門。天正十四年粟野討死増山三郎左衛門」。寛永十二年家臣帳に「皆川城内村増山長右衛門。園部村増山雅樂助・増山半兵衛・増山利左衛門。千塚村増山長左衛門。野中村増山仁兵衛・増山孫兵衛。宮村増山長左衛門。原宿村吹上村片柳村増山太右衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化帳に「千手村増山喜兵衛・増山長左衛門。吹上村増山喜兵衛。園部村増山長太夫・増山利右衛門・増山浅右衛門。野中村名主増山孫兵衛・増山仁兵衛・増山藤助・増山与右衛門。原宿村増山吉蔵・増山次郎兵衛」。

二 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町にマシヤマ氏十四戸、マスヤマ氏六戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓役十五貫増山兵右衛門」

三 宇都宮氏家臣 宇都宮市にマシヤマ氏十四戸、マスヤマ氏九十戸、うちマスヤマ氏は幕田町十五戸、鹿沼市野沢町三戸、下都賀軍石橋町上大領三戸。マシヤマ氏は幕田町四戸、野沢町二戸、上大領三戸存す。慶長二年宇都宮国綱家臣録に増山九郎右衛門。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「幕田村増山藤左衛門・増山忠左衛門・増山嘉右衛門・増山弥左衛門・増山権兵衛・増山宗七郎・増山丹波守子孫増山郡司・増山忠左衛門子孫増山源七郎。野沢村増山三郎兵衛。上大領村増山藤左衛門」。

四 西方氏家臣 鹿沼市佐目町無し。寛文二年西方太郎左衛門綱清没香典帳に「佐目村増山四郎右衛門」。

五 小山氏家臣 小山市にマシヤマ氏二十二戸、マスヤマ氏三十五戸、うち島田にマシヤマ氏一戸、マスヤマ氏四戸。青木氏は下都賀郡大平町上高島四戸存す。高島村青木氏系図に「小山氏家臣青木三太郎利長の妻増山某娘。増山氏は小山氏に仕へ天正十八年小山氏滅亡後、浪人して島田村に居住す」。青木利長は小山氏滅亡後、榎本城主本多大隅守忠純に仕えていたが浪人して高島村に住み鳥類をとって生活していたが、鶴をとって死刑となる。利長妻増山氏は男一人・女二人の子供を連れて、浪人七沢作左衛門清宗と再婚し、江戸浅草観音境内の裏長屋に住み草履・かさ張を生業としていた。春日局が浅草観音にお参りしたとき、利長二女蘭を気に入って、寛永十年江戸大奥に入り名を楽(らく)と改め、将軍家光の側室となり、寛永十八年家綱を生む。高島御前楽の方の兄弟は増山氏を名乗る。青木三太郎利長法名性参の墓は下高島村宝蔵寺にあり。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永四年六月八日寂・霊位安養院殿性参大禅定門、下野都賀郡下高島増山弾正は父の為に之を建てる」。弾正正利が増山氏に改名した寛永二十年以降の供養である。七沢氏は越後西頸城郡青海町二十八戸存し、下野国島内村(不詳)は島田の書誤りか。越後より来住す。藩翰譜に「お楽の局は都賀郡高島村の人、父は青木三太郎利長、母は島田村増山織部の女紫也」「増山弾正少弼藤原正利初名弁之助は、七沢作左衛門清宗が嫡子にて、宝樹院殿(お楽)の御弟なり」「七沢清宗は下都賀郡島内村の人、宝樹院殿・名は楽、父を青木三太郎利長と云ひ、死後其の母再び作左衛門に嫁す。父母と共に浅草の里に住す」。

六 三河国西尾藩主増山氏 小山系図に高朝の名見えず。増山家記(ましやま)に「小山左衛門高朝ー増山三郎宗久ー源四郎宗高ー三郎左衛門宗長ー左近宗政ー左近正朝ー源七郎朝久ー源八郎久宗ー源太郎宗利ー源十郎利秀ー源三郎吉久ー源十郎正久ー女子(贈二位尼)、弟弾正少弼正利」。寛政呈譜に「家紋丸に二鴈金、丸に山文字、藤原氏支流。はじめ丹治氏にして青木を称し、正利がとき外家の号を冒して増山を称し藤原氏にあらたむ。青木三太郎利長(妻は増山織部が女)ー嫡女(母は織部が女、品川式部大輔高如が妻)、二女(母は上におなじ。お楽の方と称す。家綱の御母堂たり。承応元年逝去三十二歳、正二位を贈らる)嫡男弁之助弾正少弼正利(初利澄。母は上におなじ。元和九年下野国都賀郡高島村に生る。寛永二十年家光に拝謁し仰せによりて増山にあらたむ。万治二年三河国西尾城に居し二万石を領す)、次男友之助資弥(母は上におなじ。那須左京太夫資景が養子となりてその家を継ぐ)、三女(実は七沢作左衛門清宗が女。正利が異父同母の妹なり。毛利刑部少輔元知が室となる)、三男六之助権佐長政(実は七沢作左衛門清宗が男。正利が異父同母の弟なり。平野権平長勝が養子となる)」正利の子正弥は伊勢国長島藩二万石となる。

七 増山氏の甲斐国出身説 甲斐国志に「古府中の増山町(ますやま)と云あり、増山某の居所と云。文禄慶長の間増山某と云者女二人を産し、一人は武川筋(韮崎市清哲町青木)より出る青木惣兵衛の妻となる、惣兵衛は下総古河の辺に蟄し貧困にして禁を犯して刑を被る。其妻並に二女一男は領主永井信濃守尚政へ下され召し仕はる、妻をは紫と名づけ長女は於楽と呼べり、其頃七沢作左衛門清宗も仕へて永井家に在り、共に甲州の人(甲府市七沢町)にて旧識なり、遂に夫婦となり浪人す。於楽は将軍家光に仕へ、家綱を生む。於楽の妹は品川式部大輔高如(旗本千石)室、弟は青木弁之助後増山弾正少輔利澄と称し、参州西尾二万石を賜る」。仮冒なり。

八 結城氏家臣 結城市にマシヤマ氏十六戸マスヤマ氏四十戸存す。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、増山重兵衛介則」。

九 多賀谷氏家臣 下妻市にマスヤマ氏十二戸存す。享和二年多賀谷家臣に「遠田根古屋子孫・本宿増山伊兵衛」。明治二十二年多賀谷城碑に「下妻町増山只三郎・同喜一郎・同加祢」。

十 幕臣 @寛政呈譜に「家紋二鴈金、二引両、藤原氏支流。増山養甫正富(外科医、宝永五年奥医となり二十人扶持)ー元甫養甫政美ー元甫順美ー養甫正恬(天明元年継二十三歳二十人扶持番医)ー金之允立達正達」。A江戸幕臣人名事典に「増山元甫、二十人扶持、本国常陸生国武蔵、養祖父増山養甫死、養父増山養甫死御番外科、天保十二年跡式」。

十一 武田氏家臣寺社奉行 甲府市にマスヤマ氏三戸存す。富士宮市北山本門寺文書に「天正九年三月、武田家奉行増山権衛門」

増井 マスイ 多賀谷氏家臣 下妻市無し。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。多賀谷家臣、下妻西町増井茂右衛門」。

尾 マスオ 上野、常陸、相模に存す。

一 前橋藩酒井雅樂頭家臣 前橋市に真塩氏(ましお)四十五戸、うち古市町二十三戸存す。姫陽秘鑑に「元和六年大胡衆百五十石増尾掃部」。明暦二年在郷所分限帳に「前橋城下の堂之下増尾孫助」。寛延二年姫路転封につき前橋城渡方書留に「五料御関所幕・増尾久太夫」。

二 木部城士 高崎市木部五戸存す。天正十年木部十騎増尾新兵衛。木部参照。

三 江戸崎城主土岐原氏家臣 竜ヶ崎市馴馬六戸、羽原無し、稲敷郡美浦村二十三戸、うち大谷十二戸存す。馴馬村来迎院多宝塔弘治二年建立銘に「土岐大膳大夫治英、治英家老増尾与六平朝臣英茂」子孫増尾作右衛門は総代を勤める。天正頃龍ヶ崎城主土岐左兵衛尉胤倫の家臣羽原村増塩源太左衛門。寛永元年土岐氏旧臣帳に「大谷村増尾次郎兵衛」。

四 北条氏幕下布施氏家臣 平塚市二十四戸うち下吉沢十七戸、千須谷無し。下吉沢村増尾文書に「天正十九年、増尾玄蕃は布施三河守浪人成る時、二宮修理婿に望仕候」新編相模大住郡千須谷村条に「曹洞宗龍雲寺開基増尾出雲、北条家の臣布施三河守康貞が家臣なり、慶長二年八月二十一日死、法名心如光玉」。

増岡 マスオカ 武蔵埼玉郡に増岡氏・益岡氏多く存し騎西城主藤原姓小田氏家臣なり

一 上杉氏家臣 魚沼郡無し。上杉年譜に「天正六年十月十六日、魚沼郡坂戸将士の戦功あるを以て、鹿島分を宛行う、増岡甚四郎殿、景勝」。文禄三年目録に「越後侍、五十七石・本姓藤原ノ小田氏・益岡弥十郎」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百五十石増岡弥十郎」。

二 米沢藩家臣 米沢市無し。諸士略系譜に「増岡孫左衛門(長尾信濃守為景に勤仕、永禄三年三月二日御廻文御使を命ぜられ、敵船に乗合多勢にかこまれ腹を切り海中に飛び入る)ー孫次郎(謙信に属し永禄十年越中陣に討死)ー甚五郎(天正六年九月二日春日山籠城し景勝より御感状鹿島分加秩賜之)ー弥十郎与総兵衛安重(会津米沢まで供奉、寛永七年卒)ー孫次郎権右衛門信重ー太郎兵衛政重ー太郎兵衛唯重ー与惣右衛門隆重ー清左衛門長時ー清左衛門弘時ー孫次郎直時ー孫次郎随時ー兵八郎(明治三年相続)」。寛永八年に「御馬廻衆五十石益岡孫次郎」。寛政五年に「御馬廻増岡清左衛門」。

増川 マスカワ 出羽、越後に存す。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「荒砥在番衆(置賜郡白鷹町)百石増川次右衛門(一本に次左衛門)」。

二 宇都宮氏家臣 西茨城郡岩瀬町大泉無し天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「大泉村増川庄兵衛」。

三 佐竹氏家臣 つくば市二戸。文禄三年筑波町附近検地帳に「佐竹(小場)義成は増川源六に宛行う」。

真杉 マスギ 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し。寛永十九年分限帳に「歩小姓衆真杉忠兵衛・真杉与五右衛門」。万治元年に「九十二石真杉平次右衛門」。

増子 マスコ マシコ参照。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市六戸存す。寛永八年に「本地荒開共に・二百石増子五郎左衛門」。寛政五年に「二十五石増子伝右衛門、四石一人扶持増子市左衛門、二石一人扶持増子助左衛門」。

益子 マスコ マシコ参照。

一 壬生氏家臣 壬生町羽生田無し、鹿沼市磯町にマスコ氏七戸、亀和田町にマスコ氏一戸、マシコ氏一戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓役二十貫増子四郎兵衛・二十貫増子格・二十貫増子美作・二十貫増子庄右衛門・二十貫増子小伝治・二十貫増子伊兵衛・二十貫増子寛・二十貫増子平治右衛門小姓役五貫増子民部・五貫増子助右衛門」益子(ますこ)なり。寛永五年壬生譜代侍に「羽生田宿・モト鷹師宿町益子理兵衛」寛永十七年に「益子四郎兵衛・益子八郎左衛門・益子源兵衛・益子助衛門・益子忠左衛門・益子善六・益子主馬・益子四郎左衛門・かめわた肝煎益子奈左衛門」。亀和田益子清文書に「寛永九年正月十日、壬生官務家は壬生氏旧臣益子主馬助に官途を与える」「明暦二年益子治郎衛門に官途を与える」。正徳五年旧臣帳に「亀和田村益子四郎左衛門・益子与左衛門」。嘉永六年旧臣控に「亀和田村益子名左衛門・益子仲左衛門・益子四郎左衛門・益子与左衛門・益子善左衛門・益子猪三郎・益子安之丞。磯村益子善左衛門・益子善治・益子善之丞」。

舛坂 マスサカ 上杉氏家臣 五泉市菅出無し。越後野志に「蒲原郡菅名城、菅名庄菅出村に在り、天正中・舛坂刑部丞城主となる」。

増沢 マスザワ 諏訪市五十四戸、岡谷市百五十戸、下諏訪町七十五戸存す。

一 諏訪衆 山梨県立図書館若尾資料に「元亀二年五月二十三日、武辺の奉公を賞し、以前辰野清四郎抱来候神田(諏訪下社領)を宛行う、増沢源兵衛殿、信豊花押(武田)」。諏訪市大祝諏訪文書に「天正六年下諏訪造営帳、取手小祝増沢豊後守・小祝辰野甚衛門尉」「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、若槻庄真弓田郷山田郷(長野市)代官増沢越前、取手辰野伝兵衛」。

二 真田氏家臣 上田市四十四戸、うち手塚無し、丸子町尾野山無し。手塚村八幡社天正八年三月二十日棟札に「本願鱒沢左京進宗安・息男源七郎、弟清四郎、弟清七郎」松代藩増沢藤右衛門成富文書に「天正十三年八月十六日、真田昌幸は大工左京亮に三貫文を宛行う」「天正十五年十二月二十八日、昌幸は小県郡尾山の細工人増沢清七郎に一貫文を宛行う」。松代藩文政二年に「三十二石二人扶持増沢藤左衛門、一人扶持増沢藤治」。文久年中に「御徒士十五俵二人扶持増沢彦作」。

三 佐野氏家臣 足利市三十戸、佐野市九戸うち富士町二戸。永禄四年佐野昌綱家中改帳に永十二貫文増沢彦次郎・本屋敷富士。

増島 マスジマ 武蔵に存す。

一 北条氏家臣八王子衆 八王子市十八戸存す。八王子市泉町相即寺過去帳に「天正十八年八王子落城討死・増島浄専同内」。

二 同足立衆 浦和市大谷口無し。高野山西南院関東過去帳に「慶長十七年七月三日・妙泉禅定尼、武州足立郡大谷口村増島一右衛門は立てる」。

三 同豊島衆 練馬区十八戸、うち谷原十五戸存す。古代以来居住の苗字にて、伊豆国韮山城主北条氏規家臣増島勘解由重明は落城後、谷原村へ帰郷し隠居す。弟左内重国は家康の子松平忠吉に附属す。風土記稿豊島郡谷原村条に「旧家者伝左衛門、氏を増島と称す。家系一巻を蔵せり。其の略に先祖重国・俗称左内、小田原北条の族士たりしが、天正十八年没落の後、東照宮に謁し奉り、当村及び田中の両邑を賜ひ、後又加恩ありて六百石を領し、慶長年中、近江国御代官たりし時、贓に坐して改易せらる。寛永十七年九月二十三日(異本系図には慶長十六年三月二十一日に作る)、江州に於いて死す、歳六十九。時に其の子重俊・未だ幼年なりしかば、其の弟勘解由重明(長命寺増島氏の碑名には重国の兄とす)・当村に住して、重俊を扶養し、成人の後、家を譲りて遂に僧となり、長命寺を開基す。重俊・八郎右衛門と称し、再び長命寺を修繕し、後出でて江戸に住し、寛文二年正月十八日死す、法名心月道伝。重俊の子を平大夫重光(増島氏の碑には重辰に作る)と称す。寛文十年、館林御館へ御召出され、延宝八年御勘定となり、天和二年五月九日死す。其の子六右衛門・小十人組に召出され、子孫今御儒者金之丞・是なり。六右衛門の弟を伝左衛門と称す、村内に住し、専ら耕作を事とし、五代を経て、今の伝左衛門に至る。長命寺増島氏の碑名に拠るに、増島重胤は北条氏の支族にて重興を生めり、重興は重明・重国等を生むとあり」。

四 尾張藩家臣 前項の増島左内重国なり。松平薩摩守忠吉は慶長五年尾張清須藩入部し同十二年没し、子無く、徳川義直が入部し尾張藩となる。清須藩松平薩摩守分限帳に「三百石増島左内・是は清須ニ而罷出伊豆之者」。尾張藩寛永年中に「三百石増島六右衛門」。これ以後見えず、帰郷す。

五 館林藩家臣 綱吉は承応二年館林入部し延宝八年将軍職。延宝八年徳川綱吉分限帳に「御勘定方組頭百五十俵増島平太夫」。

六 幕臣 寛政呈譜に「家紋丸に横二引、丸に橘。平維将流、家伝に先祖勘解由重胤は北条早雲が落胤にして、其子次郎右衛門重興が時増島にあらたむといふ。増島平大夫重辰(綱吉に仕へて勘定役をつとむ。延宝八年綱吉子徳松殿御供の列にありて御家人に加へられ百五十俵、天和二年五月九日死す五十六歳、豊島郡谷原村長命寺に葬る)ー六右衛門重信ー佐七郎信包ー八弥信都ー藤之助信道(寛延元年継百五十俵)ー金之丞信行」。四項の子孫か。

増瀬 マスセ 宇都宮氏家臣 下館市国府田無し。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「幸田村増瀬新六郎」。

升田 マスダ 下館市に増田氏二十六戸、升田氏無し。寛永十六年下館藩主水谷勝隆は備中国松山藩へ転封す。松山藩元禄六年改易御家内之記に「三百石升田杢之丞」。

増田 マスダ 武蔵に多く存す。

一 伊那衆 飯田市四十九戸存す。諏訪市大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、伊那群上河路之郷(飯田市)代官増田太夫」

二 松代藩真田氏家臣 上田市八十五戸。文政二年に「二十七俵五人扶持増田助之丞」文久年中に「二十七俵増田助之丞」。

三 沼田氏流後閑氏族増田氏 利根郡月夜野町七十七戸、うち後閑四十戸存す。七一五五頁参照。平姓沼田系図に「沼田景継(文永頃)ー景繁ー景久ー小川景秋ー後閑次郎祐房(後閑館を設け代々居住す)ー舎人景房、弟治部時泰、弟三郎景友」。後閑村に古代以来居住の苗字増田氏は在名後閑氏を称す。後閑村増田堂に「明応二年六月十四日・青葉軒丘斎春水墓・俗名沼田大炊政義」。修験軒丘斎(本名増田氏)の子孫は後閑村本山派修験法善寺にて在名後閑氏を名乗る、二戸存す。後閑村小高諏訪神社天正十九年正月棟札に「後閑村篠別野小高社神主増田大炊佐政観」。加沢記に「永禄六年八月下旬、沼田弥七郎朝泰を大将にて増田隼人等は沼田を立て岩櫃に着陣す。天正十五年二月二十一日、北条勢由良信濃守は沼田を攻る、真田勢馬廻増田大炊・後閑彦五郎等は倉内城を打出る」。兵庫県篠山町赤見昌徳文書(先祖は月夜野町出身)に「三月晦日(天正十一年頃)、北条方赤見山城守家臣、沼田浪人升田隼人」。

四 沼田藩真田氏家臣 沼田市四十五戸存す真田信利分限帳(天和元年改易)に「代官三両二人扶持増田次郎兵衛、蔵手代三両二人扶持増田孫太郎」。代官手代か。

五 彦根藩家臣 群馬郡箕郷町二十二戸、うち上芝八戸(永禄十一年文書に下箕輪村とみゆ)、当村本山派修験本明院(苗字増田氏)文書に「井伊掃部頭殿、同兵部少輔殿松平右京亮殿、酒井安芸守殿、右五ケ所御札献上、御朱印地、水草山三輪寺本明院権少僧都法眼・権大僧都法印」。法体とあれば本明院出身か。侍中由緒帳に@「増田十左衛門(子縫殿介と二人共に越後国守護代長尾為景公・上杉輝虎公に奉公仕罷在候)ー縫殿介浄喜(天正六年輝虎公御他界以後上州箕輪へ引込罷在、法体仕増田浄喜と申候、直政様可被召出旨御意に御座候処に法体之身罷成候由申上候に付不被召出候、其以後高崎御城下町へ罷越居候にと被仰付、従箕輪引越、高崎御城下町に屋敷被下置、町役等御赦免に而被召置候)ー次右衛門吉以(十八歳之時分、直孝様被召出、慶長十九年二百石、寛永五年千石御用人、万治二年六月病死。兄増田次郎左衛門)ー平蔵嘉景(兄清兵衛、弟与八郎千石・貞享五年病死)ー作介平蔵幸和(親嘉景千石、伯父与八郎千石共に二千石被下置候)ー作介治右衛門平蔵良豊ー治右衛門良久ー治右衛門縫殿介平蔵良于ー縫殿介良為ー啓次郎良寛ー捨作平蔵良信(御用人二千石)」。元禄八年増田幸和家は若党真野太郎兵衛・真下喜右衛門・小島七三郎等、その家族を含めて百二十五人の家人集団を形成していた。A「次右衛門吉以の兄次郎左衛門ー次左衛門(高崎城下に屋敷拝領)」子孫不明。慶長十八年伏見在番のため上野国より召し連れるに「二百石増田治右衛門」。元和九年に「五百石増田次右衛門尉」。慶安四年に「千石増田次右衛門、八百石増田伊織、三百石増田七十郎、三百石増田兵三郎」。文政十一年に「二千石増田縫殿介良為三十七歳、三百石増田梶之介四十三歳」。

六 勢多郡山上城士 新里村十四戸存す。正応四年山上城家臣に「諸士頭取増田宗左衛門光崇」。

七 小泉城主富岡氏家臣 館林市百戸、邑楽郡大泉町十六戸、板倉町岩田八十三戸・家紋丸に三階菱、千代田町赤岩二十八戸・家紋丸に蔦。古代以来居住の苗字なり。館林記に「元亀二年九月小田原勢小泉城攻る、城兵に増田伊織防戦す」。

八 幕臣 江戸幕臣人名事典に「増田作右衛門、慶応二年六十七歳、百俵、本国上野生国武蔵、祖父増田弘左衛門死、父増田作右衛門死支配勘定」「増田伝次郎、元治元年三十九歳、出し金沢瀉葉三方面、三百標、本国上野生国武蔵、祖父増田作右衛門死、父増田作右衛門五百俵御勘定吟味役」。

九 佐野氏家臣 佐野市三十八戸、安蘇郡田沼町戸奈良十戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十六年三月七日・霊位妙菊、下野佐野トナラ村増田六右衛門は之を立てる」。

十 足利城主長尾氏家臣 足利市百九十戸、うち大前町字阿戸十二戸、板倉町阿戸十六戸、字阿戸一帯は阿戸村と称す。天正十三年長尾顕長分限帳に「阿戸村六十貫文・父内記・増田平四郎」。大前町日蓮宗妙隆寺過去帳に「元禄三年七月二日・実相院妙因祖母・日等母、阿戸増田平左衛門」。

十一 小俣城主渋川氏家臣 足利市小俣町無し、隣の葉鹿町六戸存す。新田老談記に「渋川相模守義勝家来増田主計」。

十二 皆川氏家臣 栃木市に舛田氏八戸、増田氏二十九戸、うち泉川町増田氏三戸、小野口町・細堀町無し、下都賀郡大平町北武井二戸、横堀無し。寛永十二年家臣帳に「栃木村増田長左衛門。泉川村増田小左衛門・増田市左衛門。細堀村増田兵左衛門。小野口村升田五郎兵衛・升田孫右衛門。武井村益田名左衛門・増田与次右衛門。横堀村桝田但馬」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「泉川村増田儀右衛門。小野口村増田五郎平・増田孫右衛門・増田八兵衛」。

十三 壬生氏家臣 壬生町に増田氏十二戸、益田氏三戸存す。壬生義雄家臣席順に「頭役二十貫増田運兵衛」。

十四 小山氏家臣 小山市六十戸、うち上初田無し。寛政頃の小山家旧臣帳に「上初田村・先祖不詳・増田政之助」。

十五 宇都宮氏家臣 宇都宮市百五十戸、うち池上町無し。真壁郡真壁町山尾無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十年九月十三日霊位浄薫禅門、下野宇都宮池上町益田兵左衛門は之を立る」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に山尾村増田小左衛門。

十六 福井藩家臣 慶長六年入部結城秀康給帳に「本国下野・百石増田九郎兵衛」。

十七 豊田治親家臣 天文二十年下総国豊田家臣名に「石下城代増田大学、一之陣代増田伊豆」。豊田氏滅亡後は多賀谷氏に属す

十八 多賀谷氏家臣 下妻市四十八戸、うち古沢十二戸、大串無し、結城郡石下町六十七戸、うち向石下字畑ケ中三十戸。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。大串村増田次郎兵衛。向石下村城主豊田中務尉、畑ケ中村増田大学嫡男治兵衛」。元禄七年多賀谷諸士子孫に「下妻町増田治郎兵衛。古沢村増田大学子孫増田左門・同七左衛門」。

十九 岡見氏家臣 つくば市六十五戸、うち谷田部二戸存す。東国闘戦見聞私記に「元亀元年、小田氏治の臣岡見主殿頼治谷田部城にあり、多賀谷政経来り攻む、主殿が家長岡見因幡・増田宮内等之に死し城陥る」

二十 常陸江戸氏家臣 水戸市五十二戸存す常陸誌料に「天正十八年十二月水戸落城討死益田四郎左衛門」。

二十一 千葉氏家臣森山衆 八日市場市百戸香取郡小見川町八十八戸(森山城あり)。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に「森山衆天正十八年小田原役湯本堅〆侍大将増田新兵衛」。

二十二 万木城主土岐氏家臣 夷隅郡夷隅町苅谷に増田氏二戸存す。房総軍記に「天正十七年土岐頼春の家人益田志摩守」。

二十三 北条氏家臣三浦衆 富津市三十戸存す。上総国天羽郡峰上・峰下は北条氏領となり増田氏は三浦衆に属す。峰下郷岩坂村八雲神社天正二年棟札に「益田九郎左衛門・益田外記助・益田九郎右衛門・益田宗六郎」。野中・杉山参照。

二十四 同八王子衆 多摩市関戸二戸存す。風土記稿多摩郡関戸村条に「天正十四年三月十二日、小田原北条氏は増田市右衛門ら六人の有力農民に自治をまかせる」。

二十五 同小山田衆 町田市本町田に増田氏五戸、益田氏二戸存す。高野山西南院関東過去帳に「慶長十一年六月二十九日・道清禅定門・妙清禅定尼、武州小山田庄町田増田宗左衛門は立てる」。

二十六 同羽田衆 大田区山王(新井宿村)十一戸、羽田空港(猟師町)。豊臣秀吉家臣増田長盛後裔説は仮冒なり。風土記稿荏原郡新井宿村条に「法華宗善慶寺は当所の人増田三郎右衛門と云者建立す、時に正応四年三月二十八日(一二九一年)なり」。荏原郡羽田猟師町条に「旧家百姓増田四郎兵衛、秀吉の老臣増田右衛門尉長盛が末葉なりと云、彼が子孫ゆかりにつき此村に来り、世々土民となる。羽田村名主増田市左衛門は四郎兵衛が分家なり」。

二十七 同品川衆 下総国平賀本土寺過去帳に「六日・品川増田宗円逆修」。

二十八 同小机衆 川崎市高津区四十戸、うち下作延五戸、千年(清沢村)七戸存す。永禄二年小田原役帳に「御家中衆(小机)増田、七十貫文小机作延、十六貫文東郡阿久和(横浜市瀬谷区)、十貫文小机菊名開(横浜市港北区)、四十五貫文伊豆奈古谷(韮山町)、以上百四十一貫文」。小田原編年録に「武州橘樹郡下作延村曹洞宗円福寺は大永二年地頭増田駿河守満栄建立す、満栄は永禄元年六月十六日卒円福寺殿量海宗無居士と号行年八十。此役帳永禄二年の改なれば満栄が死後程なき事ゆへ増田とのみ記せしなるべし、満栄墓は清沢村養光寺に有り」。風土記稿橘樹郡下作延村条に「増田駿河守が屋敷跡あり。清沢村天台宗能満寺に葬せり」。清沢村条に「旧家者百姓増田忠左衛門、小田原北条家の家人増田駿河守満栄が子孫なり。満栄が孫内膳が時より当所に住せり、されどその間の事歴を伝へず。能満寺に十王の像あり、益田内膳が寄附せし由にて台坐の裏に内膳の二字を書付てあり」。横浜市緑区東方鈴木文書に「天正十三年四月十九日、一貫五百六十文春秋両度に当夫主増田将監に可渡之、夫銭に定所は其方手前より出分計之儀に候、鈴木又右衛門殿、柳下奉、朱印(小机城主北条氏光)」、現夫を鈴木知行分から出させて、夫銭に代えて夫主の作延郷増田将監に納めさせた。緑区鉄町村田武文書に「二月十五日(天正八年か)、深沢(御殿場市)における忠節を賞す、増田三左衛門尉殿、氏政花押」。

二十九 同伊豆衆 沼津市二百三十戸存す。三津浜大川文書に「永禄元年九月十五日、気多大明神由緒書写、益田源治重吉花押」

三十 足立衆 足立区伊興三戸、川口市二百六十戸、うち赤山無し、鳩ケ谷市三十五戸うち三ツ和(小淵村)一戸、前田三戸存す高野山千蔵院供養帳足立郡伊興村に「明暦三年・常安、増田半右衛門は立てる」。足立郡川口村に「貞享二年・道清命日六月六日、増田儀右衛門は立てる」。足立郡赤山領赤山村に「明暦元年・母妙讃命日四月二十九日、増田八郎兵衛は立てる」。足立郡小淵村に「元禄十一年・逆修母、増田助右衛門は立てる」「宝永元年・逆修父、増田喜右衛門は立てる」。足立郡前田村に「元禄十年・父命日三月二十三日、増田善兵衛は立てる。父清雲命日四月二十二日、増田山三郎は立てる」。

三十一 八王子千人同心 嘉永七年に散田村新地(八王子市並木町二戸)増田佐市。

益田 マスダ 増田参照。

一 藤原姓下河辺氏流益田氏 上野国勢多郡益田村(前橋市増田町)より起る、在名にて現存無し。下河辺系図(続群書類従)に「下河辺能登守行義ー益戸左衛門尉政義」尊卑分脈に「藤原秀郷後裔。下河辺庄司行義ー益田左衛門尉政義(或は政茂)ー三郎兵衛尉行幹ー和泉守行景ー四郎左衛門尉宗行ー和泉守行助ー下野守顕助」。結城系図に「益戸四郎左衛門尉下野守顕助(建武三年正月十四日先帝御方討死)」。佐野松田系図に「下河辺四郎左衛門政義(常陸国下河辺・益戸・高原・小川等之祖也。紋釘貫」。益戸行幹は常陸国新治郡千代田村中志筑に志筑城を築き、同郡玉里村大枝、東茨城郡美野里町竹原(高原とも書く)、同郡小川町立花を領す。常陸国総社宮文書に「文保二年三月二十四日、竹原郷地頭藤原弥七重政」。鹿島神宮文書に「貞治四年閏九月十四日大胡掃部助秀能請文、益戸弥七重政」。益戸を名乗っているが、下総国下河辺庄・上野国・常陸国に地名は無し。

二 大胡城主益田氏 大胡城とは大胡庄上泉城(前橋市上泉町)のことなり。次項に天正十一年金山城代・大胡庄上泉城増田伊勢守行政。大胡・上泉参照。大胡郷は建武二年大胡郷野中村、応安六年大胡郷神塚村・堰口村、康暦三年大胡郷三俣神塚村・上泉村、戦国期に大胡庄之内宇坪井村・小屋原村・長安村・今居村・大島村・片貝村・小島田村と見え、すべて上泉城の近村前橋市なり。勢多郡大胡庄笂井村(前橋市)丸橋氏十一戸・家紋釘貫は、在名大胡氏を称し隣の益田村を所領として在名益田を称す。下河辺行平と兄弟契約を結び益田政義(家紋釘貫)と称す丸橋参照。のち新田郡西長岡村(太田市)へ移る。西長岡村曹洞宗長岡寺文書に「寺創造朱印縁起由来。藤原秀郷十五代之孫益田四郎左衛門尉行綱、上野国勢多郡大胡村に始而城を築居住し、二之丸に一寺建立して大胡寺と称。享徳以来益田新兵衛尉茂政大胡之城自焼而新田に引取文明十三年横瀬信濃守国繁より新田郡西長岡村益田一族之居所に充行る、依之西長岡村に小城を構へ、旧領之大胡寺も西長岡村へ引移し、長岡寺と寺号改める」。西長岡村金井光太郎文書に「藤原姓益田氏系図略記。幕紋向雁并丸内酢醤草、但替紋巴。本国上州居城益田并大胡、但常州之内亦領之。益田左衛門尉政義・初諱政茂、藤原秀郷九代之裔冑而益田氏祖也。行綱(益田政義六代之孫也、始築城於大胡)、行茂(与三、又新左衛門尉、俗称大胡殿、嘉吉元年結城戦死)、脩茂(与四郎、又新左衛門尉、享徳年中長尾・那波両族を以て大胡城へ取詰る、金山城主横瀬信濃守国繁殿旗下となる、一門には益田・大胡・丸橋也)、茂政(新兵衛尉大胡城を自焼に〆新田へ引取、信濃守より新田郡入長岡・下長岡・西ノ林・菅塩村等を益田一族の居所に充行る依之下長岡に小城を構へる、大胡寺も此時下長岡へ引移す)、繁俊(与四郎、与三左衛門尉、伊勢守、天文二十年大敵那波を撃取此時大胡も領内となる、弘治二年戦死」続きは四項参照。埼玉県大里郡神社誌に「深谷上杉と永禄三年幡羅郡石塚合戦に由良成繁に従う主将大胡城主増田伊勢守繁政先陣として戦う」。関八州古戦録に「元亀四年新田勢増田伊賀守」。関東庭軍記には増田伊勢守と見ゆ。伝説雑記に「上泉は、大胡伊賀守・後に上泉武蔵守信綱と云ふ」上泉系図に「上泉伊勢守信綱」と称す。管窺武鑑に「天正十八年七月十四日、増田一揆鎮圧を賞し、益田新左衛門尉附置(繁政)、夏目舎人助殿、景勝花押(上杉)」

三 金山城主横瀬姓由良氏家臣 永禄二年新田家臣祖裔記に「益田刑部左衛門景行は義貞公討死の時、足羽にて討死と云。其末葉当金山に於て益田伊勢守繁俊と申す、是大胡城に貞和年中の頃より当代まで居住し、当時西長岡在城の城主となる、是藤原秀郷末裔にして、嫡子益田伊勢守繁政・次男次郎左衛門繁次と申て金山の縁類と申御方也。当時、田島・桑島・金井・須藤・阿久津・峰岸・小林、右七家益田家之臣也」。寛政呈譜・由良氏家譜に「由良国繁(慶長十六年牛久にて卒六十二歳)ー女子(実は横瀬掃部介成高が女、国繁に養はれて益田伊勢守繁俊に嫁す)」。太田市金山町金龍寺文書に「天正十一年正月二日、金山城主由良国繁の許へ、伊勢崎の城代増田伊勢守は新年の祝賀を行う」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。城代・勢多郡大胡庄上泉城増田伊勢守行政。譜代之臣増田与三郎増田弥七郎、増田与四郎、増田次郎右衛門尉牛久住、増田七兵衛尉牛久住」次項参照

四 牛久藩由良氏家臣 金井光太郎文書に「益田繁俊(弘治二年戦死)、繁政(与四郎、与三左衛門尉、伊勢守、天正十八年小田原落城後、由良貞繁常陸国牛久領給る、依之益田伊勢守も常州牛久に移る)。益田伊勢守、益田与右衛門、益田与三左衛門、父益田与右衛門後与市、兄益田与三左衛門、益田新助脩由若名善右衛門、益田善吉郎脩正、益田与右衛門脩悦。享保四年十月二十九日、益田新助脩亮花押」子孫は次項参照。牛久藩家臣に「益田伊勢守・八太夫事・無分斎(修験)、益田次郎右衛門、益田喜右衛門、梶塚四郎兵衛・尾高小次郎事・益田無分斎伯父」。元和七年改易により浪人し、幕臣となる。

五 幕臣益田氏 寛政呈譜に「藤原秀郷流。家紋丸に鳩酸草、二巴、むかい雁。家伝にいはく、その先左衛門尉政義・上野国益田郷に住して家号とす。其男三郎兵衛行幹より数代の孫和泉守行俊二子あり、長男新左衛門行茂は益田の統を継、二男四郎左衛門行安は丸橋を称す。与右衛門重俊元和元年御先手の与力にめし加へらる。これより七代連綿して脩由にいたる。益田与三郎善右衛門新助脩由(明和二年御勘定二百石、安永六年死す、年五十八、芝二本榎の国昌寺に葬る)ー善吉郎脩正(安永七年御勘定二百石継二十二歳)ー松之助脩興、弟大胡熊五郎脩悦」。江戸幕臣人名事典に「益田新之丞、文久三年五十一歳、二百石、本国下野生国武蔵、祖父益田善吉郎死御勘定、父益田与右衛門死御天守番之頭」本国上野也

六 上杉氏家臣 上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、春日山居・宇野紅松軒一類・紋巴・益田九助」宇野参照。文禄三年目録に「上州沼田同心百二十三石益田能登。五十騎衆百二十石益田九助、五十二石益田源蔵。春日山引足八石二人扶持益田総左衛門」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆三百石益田外記」。武芸流派大事典に「軍法未徳流、米沢藩に伝承。謙信三徳流の末。越後時代の益田外記より伝わる。益田外記吉成ー甚右衛門吉政ー政重ー盛昌ー政辰ー邦政ー庄三郎成政ー甚右衛門政恒」

七 米沢藩家臣 米沢市に益田氏四戸、増田氏三戸存す。諸士略系譜に@「益田九助外記吉成(春日山住居五十騎四百石、御軍法の役勤之)ー弁丸甚右衛門吉政(御軍者勤之、寛永十七年卒。兄民部秀成)ー甚右衛門政重ー十左衛門盛昌ー甚三郎政辰ー甚右衛門邦政ー十左衛門成政ー甚右衛門政恒ー甚三郎政敏ー甚右衛門政恕ー修理為政(慶応二年家督)」。A「民部秀成(実江州種村氏二男、養父吉成女に取合名跡とす、時に実子吉政出生に付秀成に寛永十年新知二百石賜之、御軍法の御師範命ず、寛永十四年卒)ー与右衛門秀明ー与右衛門秀安ー与右衛門富秀ー右膳秀高ー源左衛門秀俊ー甚吾秀質ー篤次郎秀孝(文久二年相続)」。B「益田利右衛門(直江家来、直江家納戸役勤之)ー三郎右衛門(与板組、慶安四年卒)ー庄左衛門ー庄左衛門ー金兵衛秀光ー市右衛門秀信ー清右衛門興承ー三郎左衛門秀方ー総助秀行ー秀助秀正(安政三年家督」。寛永八年に「自分衆百石益田三郎左衛門、五十騎衆六十石益田甚右衛門」。寛政五年に「軍者百石益田十左衛門、奥御取次五十石益田右膳、与板二十石益田三郎左衛門、十石二人扶持益田兵馬、二石一人扶持益田源五郎、同高増田間兵衛」。 

益戸 マスド 益田参照。

一 結城氏家臣 在名下河辺氏流益戸氏(益田氏)にて結城市無し。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、益戸重郎満元」。

二 小田氏家臣 下河辺氏流志筑(雫)城主なり。志筑村、牛久市無し。紀州藩岡見久映文書に「常州牛久近辺に有之候侍共、小田氏幕下岡見治部大輔治広の弟牛久新地城主岡見五郎右衛門婿、雫城主益戸駿河守」永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。小田天庵(氏治)の先手益戸三郎・益戸駿河広義討死」。

三 真壁氏家臣 関八州古戦録巻九に「元亀三年十二月、真壁道無が所従益戸勘解由ら小田城主小田彦太郎守治を攻める」。

四 佐竹氏家臣 小田氏滅亡後、新治郡八郷町柿岡城は佐竹氏幕下太田三楽斎・梶原政景父子が居城し、政景か小田城へ移り、佐竹氏幕下真壁房幹入道道無が入城す。のち真壁氏に従い秋田へ移る。秋田藩諸士系図に「藤原姓、幕紋梶葉。太田美濃守資政入道三楽斎より益戸助四郎に授る書、及び永禄六年四月六日小田讃岐守氏治より益戸大膳亮に授る書を家蔵とす。益戸勘解由(慶長七年常州より来る)ー三右衛門勘解由資秀、弟十兵衛政秀」子孫秋田城下益戸主税秀乗なり。家伝文書の高麗文書に「永禄年中、柿岡城主梶原政景家臣着座次第、益戸勘解由殿・同甚左衛門殿」。

五 世田谷城主吉良氏家臣 目黒区八雲(衾村)に益戸氏(ますど)六戸、世田谷区上北沢無し。荏原郡衾村永禄二年東光寺文書に「吉良頼康は衾村之内、ましと屋敷際に二間を東岡寺に寄進す」。風土記稿荏原郡上北沢村条に「天正の前は吉良家の領地なり、其時は此地に農民川村左近太郎・広沢右近次郎・大友弥藤次・益戸庄五郎など云ものどもすめりとぞ。然るに天文三年疾癘大におこなはれ、農民の家その病に死亡せり、其中ただ益戸氏のみ此禍を免れたり。後鈴木新平といへるもの此に来りて、かの益戸氏が養ひとなりて家をつぎしなどいへり、此説当村の百姓左内が家に伝ふる所とことなり其正しきことをしらず」鈴木参照

増長 マスナガ 上杉氏家臣 慶長五年直江支配長井郡分限帳に「与板衆百石竹津孫九郎、但東右衛門組之内増長又右衛門跡」。

淵 マスブチ 下野に存す。増淵参照。

一 宇都宮氏家臣 宇都宮市六十戸、うち上桑島町二十九戸、東刑部町一戸、簗瀬町二戸、上都賀郡西方町無し。上桑島町増渕安文書に「天正十六年正月七日受領之事、鱒渕対馬守殿、花押(芳賀高継」子孫は代々名主。宇都宮広巳文書に「館持、塩谷郡増淵村(不詳)増淵石見守」。東刑部町(河内郡)刑部薫先祖は二代宇都宮宗綱の家臣鱒淵石見守貞智という。在名刑部氏の本名は苗字鱒淵氏なり。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「桑島村鱒淵宗右衛門子孫鱒淵善兵衛。上桑島村鱒淵和助・鱒淵善助・鱒淵権右衛門・鱒淵孫左衛門・鱒淵丹治・鱒淵新兵衛。西方大沢田村鱒淵兵右衛門。簗瀬村鱒淵五郎左衛門。大羽村(簗瀬村か)鱒淵権右衛門・鱒淵五郎左衛門」。

増淵 マスブチ 下野、常陸に多く存す。

一 宇都宮氏家臣 宇都宮市六百六十戸、うち上桑島町四戸、下桑島町二十七戸、西刑部町二十七戸、東刑部町八戸、簗瀬町十四戸、石井町六戸存す。在名岡本氏の本名は増淵氏なり、岡本十六項参照。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、増淵丹波」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に増淵丹波守。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十三年霜月六日・霊位一誉米心禅定門・霊位心誉道安禅定門、下野宇都宮今小路町増淵市左衛門尉は之を立てる」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「西刑部村増淵丹波守子孫増淵兵右衛門・鱒淵太右衛門」。

二 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町五戸、河内郡上河内町金田四戸、鹿沼市四十戸存す。鱒淵参照。壬生義雄家臣席順に「着座方、藤原氏・二百貫増淵因幡守。大番改役五十貫増淵主水」。日光政所壬生家旧臣控に「金田村増淵久右衛門」。嘉永六年旧臣控に「中石井村増淵和助・増淵新五左衛門・増淵忠三郎・増淵平左衛門。金田村増淵久右衛門。上桑島村鱒淵和助・鱒淵新右衛門鱒淵善右衛門・鱒淵平左衛門。下桑島村増淵定右衛門・増淵忠七」。

三 喜連川衆 喜連川町一戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十二年七月四日・逆修妙意禅定尼、下野那須塩谷庄喜連川村増淵又十郎は之を立てる」。

四 真壁氏家臣 真壁郡大和村六十三戸、真壁町四十四戸存す。天文五年頃真壁旧伝記に「増淵隼人、増淵兵庫」。

五 秋田藩佐竹氏家臣 諸士系図に「藤原姓。増淵与右衛門重知(慶長八年常州より来る、子孫世々仙北郡刈和野に住す)」。天保十二年分限帳に「刈和野、四十石増淵久之進」。

真隅 マスミ 伊勢崎藩真隅氏は石原九項。

一 金山城士 太田市無し。金山太田誌に天正十一年金山籠城・譜代之臣真隅十五郎。

眞隅田 マスミダ 上州勢多郡宮城村三夜沢赤城神社神主一戸存し、赤城神社年代記を所蔵す。古代氏族系譜に「上毛野君形名(征夷将軍)ー上毛野朝臣上毛野家麻呂の後裔、佐知彦ー多気麻呂(赤城神社東宮神主奈良原氏祖)、弟倍彦(赤城神社西宮神主眞隅田氏祖)」。

万隅田 マスミダ 宇都宮市無し。慶長二年宇都宮国綱家臣録に万隅田右近。

増村 マスムラ 越後に存す。

一 上杉氏幕下岩井氏家臣 岩井文書(飯山市田町清水健雄所蔵)に「天正十年十二月一日、元服之事、名乗の儀、能久を許す、益村源七郎殿、信能花押(岩井)」。

増山 マスヤマ 下野、下総に多く存す。マシヤマ参照。

瀬 マセ 間瀬参照。

一 丸林衆 下都賀郡野木町五十戸、うち丸林四十八戸存す。高野山桜池院供養帳に「寛文四年九月二十一日・霊位妙香禅定尼下野丸林村真瀬清次郎は伯母の為に立る」

二 結城氏家臣 小山市一戸(間瀬氏五戸)うち鏡・大川島無し、大平町西水代・野田、壬生町無し細田(不詳)。丸林村出身か。福井県立図書館所蔵の松平文庫に「文禄五年正月二十七日、下野国結城領分知行之事。榎本領西水代村・野田村・鏡村・細田村・大河島村・壬生本郷、合五千六百九十八石、真瀬将監殿、黒印(結城秀康)」福井藩慶長六年入部結城秀康給帳に「三百石真瀬利左衛門」。これ以後みえず。

三 小田氏家臣 常陸国筑波郡真瀬村(谷田部町)より起こる、在名にて現存無し。天文十八年小田家風記に「大番千騎千石真瀬宮内、三百俵真瀬新兵衛」。

間瀬 マセ 下総、相模に存す。

一 川越藩秋元氏家臣 廟所之記に「諸家菩提所。浄土宗大蓮寺、間瀬九右衛門長好潜定斎、九右衛門長救」。多濃武の雁に「川越中曲輪延享元年再屋敷建之、間瀬九右衛門長救」。家監全録に「寛延三年御年寄役二百石間瀬九右衛門好救。天明元年御中老二百石間瀬九右衛門好晧」。

二 赤穂藩浅野氏家臣 浅野長政三男長重は下野国真岡藩主、常陸国真壁藩主、笠間藩主、其子長直は正保二年赤穂藩主、其子元禄十四年浅野内匠頭長矩分限帳に「大目付二百石間瀬久太夫(正明)、父久太夫・間瀬孫九郎(正辰)」。下野国出身か。

三 武田氏家臣 甲斐国志に「山梨郡倉科村(六戸、牧丘町)間瀬讃岐、世々大村氏の一族也。讃岐鎮信の男孫四郎天正十年の時戦死して、幼子長七郎本村に蟄居す、後里正となり相続して八左衛門と云」大村参照

四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「間瀬徳太郎慶応二年二十七歳、三十俵二人扶持、本国生国共武蔵、祖父間瀬貞右衛門死、父間瀬勘左衛門死小普請」。

五 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「六百石間瀬弥右衛門」諸士系譜に「本姓本国不詳、定紋丸ノ内梅鉢、替紋五三桐。間瀬弥右衛門(召出寛永十三年、五百石)ー新兵衛ー弥右衛門利章ー繁右衛門寛利ー繁右衛門利為ー新兵衛利光ー新兵衛利貞(文政三年跡式三百石)。明治元年以前に間瀬新兵衛四百石」。

磨田 マダ ウスダ参照。

俣川 マタカワ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市二戸存す。寛政五年に「二石一人扶持俣川宗次郎」。

又川 マタカワ 常陸江戸氏家臣 水戸市金谷町無し。結城市小田林鈴木正孝文書に「江戸氏支城金谷城主小松崎若狭守家臣又川玄蕃」。

又倉 マタクラ 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し。永禄元年長野業政家臣録に「徒士又倉新之助」。

俣野 マタノ 相模国高座郡俣野村より起こる平姓鎌倉氏流大庭氏族俣野氏の本名は川戸氏なり。カワト参照。

斑目 マダラメ 須賀川市十八戸、東白川郡矢祭町五戸、西白河郡西郷村鶴生(曹洞宗斑宗寺あり)四戸存す、大信村増見・豊地字飯土用無し。秋田藩加藤田熊之介文書に「天正三年、斑目兵庫助・つりうの地半分、近年之屋敷」。岩城郡泉田村庄屋の斑目の由緒に「斑目越後守が末葉、増見村の城主斑目信濃守、後に鶴生の館に卒す、法名斑目宗時殿心翁浄住と云ひ、今の斑宗寺は此の人の位牌納所なり」。

一 白川結城氏家臣 文亀二年白川宿老斑目左衛門大夫朝基。天文十七年白川宿老斑目下野守常基。結城義親家臣に「飯土用村斑目八右衛門、子息伝兵衛」家紋丸に橘。宿老の分家で、子孫は飯土用村の庄屋・問屋を勤め、維新後は没落し他へ転居す。

二 秋田藩佐竹氏家臣 諸士系図に「斑目信濃守(慶長七年常州より来る二十石、寛永三年卒。子孫平鹿郡横手に住す)ー民部広忠(父と同く常州より来る八十石、後年走亡)、弟藤右衛門十左衛門広政(父兄と同く常州より来る三十石、横手に住す、慶安二年卒)」。天保十二年分限帳に「横手、三十七石斑目重左衛門、二十七石斑目庄兵衛、十五石斑目善蔵」。

三 那須氏家臣 那須郡沢村字斑ノ目(矢板市)より起こる、在名にて現存無し。相模国真田村(さなだ)の治承四年石橋山合戦討死真田与一義忠後裔説は仮冒なり。那須記に「永禄十年四月、烏山城主那須資胤は佐竹方の梅平城主大金重宣を攻るため、真田楽目孫四郎忠安『平公雅一男平大夫保昌に三代岡崎四郎義実の一子真田与一義忠に十九代也』ら七百余騎を指向ける」。

四 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「元和二年七月三日・霊位依天宗幻禅定門、那須黒羽斑目孫左衛門の為に同内蔵助は之を建る」元和九年検地帳に「斑目右京」。寛永十九年に「二百石斑目弥左衛門」孫か。万治元年に「百七十二石斑目孫左衛門、惣領斑目弥次兵衛」寛文八年御暇となる。

町井 マチイ 下野に存す。

一 沼田藩真田氏家臣 沼田市無し。真田信利分限帳(天和元年改易)に「御奏者番二百五十石町井源右衛門」。

二 茂木氏家臣 芳賀郡茂木町六十一戸存す文明十四年茂木家臣給分注文に「殿原給分五貫文町井□□□□、五貫文町井五□□□四貫六百文町井四郎左衛門」。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十三年三月二十一日・逆修道金、下野茂木村施主町伊泉は之を立てる」。町井にて修験名か。

三 茂木藩細川氏家臣 弘化五年細川長門守分限帳に「茂木御足軽小頭町井新三郎、茂木御足軽町井新蔵」。

四 那須氏家臣 那須郡烏山町五戸存す。茂木町の森田氏・千本氏・町井氏等にて、近江国大町氏流は仮冒なり。那須記に「永禄十年四月、烏山城主那須資胤は佐竹方の梅平城主大金重宣を攻るため、森田・千本を大将と為し、町井右馬掾高宗『源経基三男満秀十五代大町孫三郎泰氏末子町井孫六氏貞に十五代也』ら七百余騎を指向ける。天正十八年小田原落城す、那須資晴御内の侍には町井右馬丞」。日光山常行三味堂過去帳に「寛文十三年正月十六日・凉寿院月桂妙誉尼、那須資重家老町井源右衛門妻、池沢重直娘」。

五 佐久山城主旗本福原氏家臣 大田原市一戸。高野山清浄心院下野国供養帳に「元和七年三月七日霊位薫相妙意禅定尼、元和七年七月二十日霊位輝山妙光禅定尼、元和七年九月二十四日霊位一山道菊禅定門、下野那須佐久山町井才三郎は之を立てる」。

六 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し。文政二年に「四両二人扶持町井弥右衛門源清郷、三両一人扶持町井平馬」。

七 小宅氏家臣 芳賀郡益子町十一戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永八年十二月二十一日・霊位道高禅定門、下野国小宅刑部の為に町井監物は之を立てる」。

町島 マチジマ 佐竹氏家臣 久慈郡大子町左貫(慶長頃に鍬柄村を左貫村に改称)九戸存す。大子町吉成正俊文書に「常陸居住士、五十石町島加賀・鍬柄村土着」。

町田 マチダ 信濃、武蔵、上野に多く存す

一 諏訪衆 長野市三百五十戸、須坂市九十四戸存す。諏訪市大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、水内郡大塚郷(長野市)代官町田五郎兵衛・同新介」「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、村山三ケ村(須坂市)代官町田菅右衛門尉」。

二 上杉氏家臣 須坂市井上衆にて、武田滅亡後は真田氏・上杉氏に属す。北佐久郡軽井沢町追分諏訪神社大般若経に「天正九年十二月二十五日、願主甲州之住下曽祢岳雲軒再興、生国信州之住町田外記綱定花押」鶴城叢書(米沢図書館所蔵)に「天正十年五月二日、信州十七騎の持城安堵す、町田作左衛門殿・町田外記殿・町田権助殿、直江判」「天正十年九月十一日、真田昌幸は町田外記に、本領埴科郡東条五十貫文・本領更級郡間島二十貫文・埴科郡海津十貫文高井郡福島百貫文を宛行う」。但し長野市海津城周辺は上杉景勝支配地で実効性は無かった。古代士籍に「謙信様衆、信州井上在番町田作左衛門、北条(柏崎市)同心・後御膳部町田文蔵」。文禄三年目録に「越後侍六十二石町田文蔵。信州井上衆井上左衛門太夫同心百二十七石町田総左衛門、七十五石町田権助・町田外記。信州猿ケ馬場衆(更埴市)平田尾張守同心四十二石町田修理。信州大滝甚兵衛同心十二石町田五右衛門」。慶長三年会津分限帳に「信州井上衆三百石町田作左衛門、百五十石町田外記百石町田権助。会津若松組百五十石町田善之丞。御馬廻衆百五十石町田軍吉」。

三 米沢藩家臣 米沢市十戸存す。諸士略系譜に@「町田権助秀次(武田家臣信州井上天正年中景勝代御当家に属し信州井上に罷在、寛永元年卒。弟総助泰次)小源太主殿八郎左衛門忠重(承応二年卒)ー八郎左衛門忠秀(弟三之丞)ー半左衛門秀延ー弥之助秀方ー儀兵衛猶義ー八郎左衛門延秀(明和八年家督)」。A「三之丞(明暦二年与板に入る)ー市郎右衛門ー半六(宝永元年打首)」。B「権助秀次の弟町田総助泰次(武田家臣、信州十七騎の内、初志摩丞、作左衛門、景勝代御当家に属し直江山城守に随勤す)ー清七郎作左衛門元秀(慶安二年致仕)ー作左衛門秀信ー作左衛門秀則ー半右衛門秀胤(弟弥五四郎秀衛)ー半右衛門秀詮ー半右衛門秀徳ー清七郎委顕ー総助秀妙ー鉄蔵秀業(弘化二年相続)」。C「弥五四郎秀衛(宝暦四年致仕)ー弥五四郎秀俊ー弥五四郎秀応ー饗助秀典ー勇吉秀清ー弥七郎秀苗(慶応元年相続)」。D「町田太郎左衛門国重(越後にて御馬廻に勤仕、天正十五年新発田御陣討死)ー文蔵太郎左衛門重宗(米沢へ供奉御膳部入る、承応年中卒。弟三助重連)ー文蔵太郎左衛門重実ー半兵衛重村ー太郎左衛門重信ー半左衛門義知ー周蔵貞朋ー周蔵義敏ー孝吉直之(文久元年相続)」。E「三助重連(定勝代御膳部へ勤仕、寛文八年卒)ー三助重広ー源五兵衛重央ー三助英官ー林蔵道安ー繁馬道政ー直次邦房ー周助邦正ー繁之助邦吉(慶応三年相続)」。寛永八年に「自分衆三百石町田作左衛門、御膳部衆五十石町田文蔵」。寛政五年に「与板八十石町田半右衛門、四十石町田弥五四郎、牛森之将五十石町田半左衛門、七石二人扶持町田八之丞、七石一人扶持町田覚左衛門、五石二人扶持町田三助、四石一人扶持町田七左衛門三石一人扶持町田九兵衛、二石一人扶持町田八郎左衛門、同高町田久助、同高町田鍋蔵、一石一人扶持町田元次、一人扶持町田林蔵」。

四 松代藩真田氏家臣 上田市三十戸。小県分限帳に「三百文町田清左衛門」。文政二年に「四十俵町田源左衛門、十二人扶持町田善左衛門、二十俵二人扶持町田磯左衛門二人扶持町田権之助」。文久年中に「二十俵四人扶持町田磯之助、十五俵二人扶持町田善五右衛門、五人扶持町田勇之進」。

五 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に二百石町田七郎右衛門。諸士系譜に@「本姓源、本国信濃、定紋丸ノ内王ノ字、替紋懐沢瀉。町田五郎兵衛長義の長男七郎右衛門高信(召出寛永十九年二百石)ー七郎右衛門高義ー茂助高通ー七郎右衛門高勝ー茂助高苞ー七郎右衛門高行(文化七年跡式百石)。文久二年町田茂助百石」。A「本姓源、本国信濃、定紋丸内沢瀉、抱沢瀉、替紋丸ノ内割菱王ノ字。町田丹波光直の嫡男彦太輔盛利(召出寛永十三年、三十俵四人扶持甲賀之者)彦太輔重寿ー彦太輔盛重ー彦太輔斟盛ー孫太郎盛栄ー彦太輔盛能(天明四年召出五石二人扶持)ー倹助」。B「本姓源、本国信濃、定紋抱沢瀉、替紋丸字形。信州松代之郷士町田次郎右衛門高正の嫡男直太夫高任(召出万治三年、十五石三人扶持)ー直太夫光時ー直太夫光忠ー伝八光春(寛政十年家督二百五十石)ー綱。文久二年町田伝八、二百五十石」。C「本姓源、本苗佐々木、本国近江、定紋丸ノ内三鱗形。父不詳、町田伝兵衛宗勝(召出万治三年、五十石)ー八郎左衛門勝重ー八郎左衛門勝意ー伝右衛門勝熈ー八郎左衛門勝俊ー伝兵衛勝清(文政元年家督百五十石)。明治元年以前に町田伝右衛門百五十石」。D「町田八郎左衛門勝意の二男森江安勝(召出延享元年、八両四人扶持)ー兵太輔忍(寛政五年召出七両四人扶持)ー俊蔵勝雄ー源太郎。文久二年町田兵太輔二十二石二人扶持」。

六 白井城主長尾氏家臣 沼田市十四戸、うち町田無し、北群馬郡子持村十七戸、利根郡昭和村森下一戸存す。昭和村川額曹洞宗雲昌寺釈迦如来坐像銘に「天正十九年七月十二日、諸旦那上州勢田郡森下・町田之おんこ両人」。

七 尻高城士 吾妻郡吾妻町七十戸、中之条町七十戸、うち山田二十三戸・家紋丸に立ち沢瀉、高山村二十一戸、うち尻高十八戸山田村町田家先祖は武田勝頼の臣町田内蔵允の子孫と伝へる。吾妻記に「吾妻郡尻高城主尻高三河守、城将町田九郎兵衛。天正十八年秋、上尻高村(高山村)百姓町田九兵衛(九郎兵衛か)等と、下尻高村(中之条町大塚)百姓林弾左衛門は双方より罷出境界を定める」。尻高村天正二十年泉竜寺取建惣旦那連判に町田九郎兵衛。九郎兵衛の子孫は高山村尻高町田和男。

八 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町十三戸、佐波郡玉村町七十戸、うち斎田十四戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「武具方町田兵庫、徒士町田九左衛門」。箕輪軍記に「永禄六年箕輪落城し、町田兵庫吉信は甲州へ召抱えられ内藤修理之助に預けられる」。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。箕輪城主内藤修理正二百五十騎の内覚への衆町田兵庫」。関八州古戦録巻八に「永禄十二年十月六日相州三増合戦の事。内藤修理亮昌豊の合属町田兵庫助、長野業政が旧臣」。斎田村町田家譜に「町田兵庫・勘解由父子は箕輪にて生れる也」。

九 前橋藩酒井雅樂頭家臣 前橋市三百五十戸、うち公田町二十五戸・家紋丸に立ち沢瀉、総社地区は三ツ目。慶長六年入部酒井雅樂助忠世旗標に「朱志て志る井二本・町田藤左衛門」。酒井忠世分限帳゛江戸詰二百五十石町田半右衛門。地方五十石町田藤左衛門、地方五十石町田瀬左衛門」。明暦二年在郷所附に「榎町百石町田太左衛門、板屋町八十石町田五郎兵衛、善養寺村町田長伝」。宝暦七年姫路藩に「江戸組分、町田新六、町田弥源寺、町田郡治。姫路分、百五十石町田小助、八十石町田富衛門、十人扶持町田奥左衛門、同高町田小衛門」。

十 大胡藩牧野氏家臣 伊勢崎市百戸、うち韮塚六戸存す。大胡西領之内近村暦之印置帳・江木村記に「文禄元年より慶長二年に定る、大胡町より出る快光坊・定紋芦に月替紋おもだか、同人妻柏倉村大崎隼人娘也同人一子仙光院の妻那波郡二良塚村町田右仲娘也、此本家公田村に有、尤牧野駿河守様御取立。快光房尊栄上人、右之者周防国より来、大胡城主牧野様へ相勤居候処、江木之一村開発被仰付御墨印拝領仕、江木村へ出、尊栄無妻、柏倉村之御侍大崎隼人の娘呼取也」。

十一 勢多郡山上城士 新里村八戸存す。正応四年山上城家臣に大惣士町田要右衛門。

十二 足利城主長尾氏家臣 足利市七十戸、うち助戸新山町四戸、佐波郡東村東小保方字小泉四戸存す、享徳四年岩松文書に小泉郷とみゆ。天正十三年長尾顕長分限帳に「助戸村四十五貫文町田兵部。小泉村・父兵庫之介・町田与三郎」。

十三 佐野氏家臣 佐野市二十一戸存す。慶長五年佐野信吉家中に町田刑部。

十四 皆川氏家臣 栃木市二十四戸、うち細堀町無し、下都賀郡藤岡町中根四戸、岩舟町曲ケ島二戸存す。寛永十二年家臣帳に「細堀村町田小左衛門、中根村曲ケ島村町田彦兵衛・町田喜兵衛」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「中根村町田伊右衛門・町田七郎兵衛」。

十五 壬生氏家臣 鹿沼市七戸、河内郡上三川町坂上十五戸。壬生義雄家臣席順に「大目付大番頭百貫町田兵庫、御旗先頭目付役三十貫待田大膳」。慶長十三年鹿沼今宮神社再建棟札写に鍛冶奉行町田源七郎。嘉永六年旧臣控に「坂上村町田伊郎右衛門」。

十六 小山氏家臣 小山市百六十五戸、うち大行寺十三戸存す。寛政頃の小山家旧臣帳に「大行寺村町田藤九郎末流町田庄蔵・同林右衛門・同新右衛門・同富右衛門・同孫平・同久蔵・同宇左衛門・同常八・同庄右衛門・同甚蔵」。

十七 宇都宮氏家臣 宇都宮市六十六戸、芳賀郡高根沢町無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、町田大膳、町田図書助」。文禄四年河内郡下小倉村検地帳に「宇都宮氏家臣奉行町田図書助」。宇都宮広巳文書に「館持、芳賀郡高根沢・町田大膳」。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長二年正月七日・霊位町田大膳、下野宇都宮横田九郎衛門は之を立てる」。

十八 幕臣 @文化十酉年御勘定所詰御普請役分限帳(利根川用水書類)に「三十俵三人扶持、本国下野生国武蔵、父新右衛門、町田喜藤太・酉五十五歳、拝領屋敷巣鴨西丸町、当時四ツ谷左衛門町。勤金五両、町田相之助・酉二十七歳、父喜藤太住一所」A寛政呈譜に「源氏、家紋追沢瀉、丸に梅鉢。町田長三郎重則(天明四年召しくはへらる)ー茂七郎重道」。B江戸幕臣人名事典に「町田孫四郎、慶応三年五十三歳、二百五十俵・内元高三十俵二人扶持、本国上野生国武蔵、養祖父町田長三郎死、養父町田茂七郎死御殿詰御勘定組頭」「町田正右衛門、元治元年五十六歳、十七俵一人扶持本国生国共武蔵、養父庄右衛門小普請」。

十九 多賀谷氏家臣 下妻市一戸。秋田へ多賀谷宣家随行に町田内蔵助。

二十 結城氏家臣 結城市二十三戸、うち下小塙一戸存す。小塙村町田尚武文書に「天正十二年結城晴朝は町田勘解由に官途を与える」「年不詳。晴朝は町田将監に官途を与える」「慶長六年晴朝は町田豊後守に官途を与える」。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。結城家臣、小塙村町田庄八」。

二十一 佐竹氏族 常陸国久慈郡町田村(水府村)より起こる、在名にて現存無し。新編常陸国誌に「佐竹秀義の三子南酒出義茂(承久乱云々)の裔町田治郎左衛門義貞と称す、町田城に置く。爾来子孫相継ぎ、町田兵部太夫義資に至り、羽州に徒る」。秋田藩家伝文書に「南酒出義茂子孫の由。町田新二郎治部左衛門義村ー兵部大輔義辰(弟備前安辰・慶長七年常州より来る、刈和野に居住八十四歳にて卒。弟右馬介摂津守)ー兵部義長(慶長七年常州より来る。弟小左衛門長辰・大坂御陣討死、弟信濃政茂・岩城奉仕」。秋田城下町田平治文書に「天正十六年宇都宮国綱より、佐竹義重家臣町田兵部大輔(義辰)云々」。秋田藩国安又兵衛文書(水府村国安出身)に「天正十五年佐竹(東)義久より町田右馬助宛、町田摂津守宛、町田備前守宛」十二通所蔵す。天保十二年分限帳に「刈和野、三十九石町田喜右衛門」。

二十二 土気城主酒井氏家臣 土気古城再興伝来記に天正二年奉行五百石町田三重郎。

二十三 田原城主大藤氏家臣 秦野市四十三戸、うち田原五戸存す。大藤氏着到帳に「歩侍町田新助」。

二十四 豊島衆 高野山千蔵院供養帳豊島郡上中里村(北区)に「寛永十四年・逆修浄西、宮垣内村町田長三郎は立てる」。

二十五 足立衆 高野山西南院関東過去帳に「慶長十八年十月十五日・逆修蓮慶禅定門武州足立郡木崎(浦和市)町田四郎右衛門尉」。鴻巣宿本町法要寺寛文十二年供養塔に「武州加うのす宮地村町田長衛門」。

二十六 松山衆 幕臣若林家譜に「若林和泉直則(武州松山城主上田朝広に属し、天正十九年東照宮に属し千百石、寛永三年死す七十四歳)ー五兵衛直勝(実は武田家臣町田佐渡が二男、直則が養子となり、その女を妻とす)」。西上州衆は武田家臣が多い

二十七 八王子千人同心 八王子市高尾町(川原村)五戸、下川口町四十戸、上川町(上川口村)無し。桑都日記に「本国武蔵享保十八年山本弥右衛門組召出十五俵一人扶持、安永九年町田兵右衛門三十二歳」。嘉永七年に川原村町田万平、上川口村町田忠蔵、下川口村町田宇右衛門・町田三五左衛門・町田三蔵」。

二十八 武田氏家臣 塩山市藤木字河窪・字山吹二十戸存す。小屋敷村恵林寺永禄六年御検地日記に「勤軍役御家人衆河窪町田新四郎・町田左衛門尉、やまふきの町田式部丞。郷分の屋敷、三枝同心町田民部丞、加藤弥五郎同心町田新左衛門尉・同源六・同源七」。天正十壬午年武田諸士起請文に「城織部衆町田縫殿介」。

馬乳 マチチ 三浦氏流 鎌倉市杉本付近に地名あるか。横須賀系図(続群書類従)に「三浦氏流杉本宗明後裔、久連ー連秀(弟連清・号馬乳)ー女子(里見成義妻)」。

一 里見氏家臣 館山市・君津市無し。房総里見軍記に「天文八年、馬乳久七。慶長十九年、馬乳久蔵」。君津市中島神野寺鹿野山修善院天正十五年棟札に「源義重、馬乳式部大輔」。館山藩里見義康分限帳に「組頭衆馬乗二十人の頭四百石馬乳久七」。里見忠義分限帳に「組頭馬乗八人宛二百石馬乳久右衛門」。

野 マチノ 長野市葛山・長沼付近に地名苗字無し。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「かつらやま分、吉田のまち藤左衛門殿・同しそく新四郎殿。なかぬまの分、まちの善助殿・同藤右衛門殿」。

一 松井田城士 碓氷郡松井田町無し。大道寺駿河守政繁家中記に「松井田寄騎三百石町野庄太夫、三百石町野三郎兵衛」。

二 会津藩蒲生氏家臣 近江出身にて蒲生氏郷の重臣なり。天正十八年会津藩蒲生氏郷分限帳に「三万八千石町野左近、六千石町野主水助、千三百石町野民部、八百石町野牛之助、八百石町野織部、七百石町野又之丞、六百石町野久太夫、五百石町野三郎兵衛、四百石町野弥五郎、三百石町野万右衛門、三百石町野右京」。

三 宇都宮藩蒲生氏家臣 氏郷の子蒲生飛騨守秀行が慶長三年宇都宮入部す。伊勢内宮佐八文書に「町野左近重福花押。かもうひた殿下野うつの宮御とり被成候、御入部の時、神領栗ケ島之事(高根沢町)、そしやう申候之文也、此左近殿はひた殿衆也」。

四 古河公方家臣 七二〇六頁参照。足利成氏の臣町野勘解由次官成康。足利高基の奏者町野蔵人佑能悦。高基より町野能登守。大永三年足利基頼(義明の弟)の奏者町野淡路守、町野源三郎。高野山桜池院供養帳に「天文十八年五月三日・霊位寂翁取元居士・霊位昌珎禅定尼、古河町野殿父母」。鎌倉建長寺天正十三年文書に「足利氏奉行人町野備中守義俊花押」。

五 会津藩保科氏家臣 二項の子孫か。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「三百五十石町野伊左衛門」。諸士系譜に@「本姓三善、本国近江、定紋左三ツ巴、替紋繋釘貫。町野主水重秀の嫡男伊左衛門重成(召出寛永十三年山形、三百石)ー伊左衛門重次ー伊左衛門重忠ー伊左衛門貫重ー伊左衛門重建ー伊左衛門重帯ー忠右衛門重徳(文化十四年家督三百石)ー惣太郎。明治元年以前に町野伊左衛門三百石」。A「町野伊左衛門貫重の二男忠助重勝(召出明和五年二十五石四人扶持)ー庄三郎重祥(文化八年家督百石)ー忠次郎重虎。明治元年以前に町野忠次郎百石」。

町本 マチモト 旗本伊王野氏家臣 那須町無し。伊王野氏家記継志集に「慶長五年関山合戦(白河市関辺字関山)に町本内匠」

待井 マツイ 信州更級郡大岡村二十八戸。

松井 マツイ 越後、上野、武蔵に多く存す

一 上杉氏家臣 野沢温泉町市川無し。文禄三年目録に「信州高井郡市川衆市川長寿丸同心三百八十五石神明料松井太夫、内百八十五石不動領・内百石常慶院。信州尾崎衆尾崎明神料松井太夫」。米沢市十戸存す。米沢藩寛政五年に「二人扶持松井伝次郎」

二 木曽氏家臣 木曽郡山口村(二戸)諏訪神社慶長十六年十一月棟札に「大旦那松井善右衛門殿」。岐蘇古今沿革志に「木曽義昌組頭千次郎義利、右同心千石松井忠左衛門」。山村参照。

三 高島藩家臣 藩譜に「本国安芸生国信濃。松井小左衛門(室岩波惣右衛門養女。芸州広島浅野光晟家臣浪人也。慶安二年諏訪忠恒奉仕百石、加増合百八十石)ー孫八郎賀勝(元禄九年卒)」。光晟の父広島藩浅野長晟元和五年侍帳に松井小左衛門無し

四 真田氏家臣 上田市八十戸、うち吉田十三戸存す。諏訪市大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、小県郡上吉田之郷代官松井与左衛門尉」。小県分限帳に「四貫三百五十文松井善九郎知行、三貫六百八十五文松井忠助知行、三貫百九十文松井源六知行」。松代藩文久年中に「御徒士十二俵二人扶持松井大治郎」。

五 幕臣 @寛政呈譜に「家紋左三巴、丸に雪根笹。先祖松井勘兵衛行広御徒、その子八郎兵衛行定御留守居与力、五代連綿して三郎右衛門行篤、その婿養子豊八行善ー新次郎行篤ー政之丞行義(寛政十年継二百二十俵)」。A江戸幕臣人名事典に「松井礼之助、慶応二年三十三歳、二百二十八石、本国信濃生国武蔵、祖父松井三郎兵衛死、父松井□助小普請」「松井清左衛門、慶応元年五十七歳、無足、本国生国共武蔵、父清左衛門」。

六 安中衆 安中市二十六戸、富岡市七十戸うち七日市十二戸・家紋丸に姫蔦。安中記に「百五十石松井源五郎」。天正五年頃。

七 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町白川五戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「徒士松井太郎八」。

八 沼田衆 沼田市百九十戸、うち下発知二十三戸・家紋丸に違い鷹羽・枝付三階松、利根郡川場村二十二戸、昭和村二十二戸、新治村十六戸、白沢村二十三戸・家紋竹に雀・三階松。永禄三年関東幕注文に「上野国沼田衆、家風松井大学助・岩に松の紋(三階松なり)」。永井権兵衛書状に「沼田万喜斎家老松井大学」。高野山清浄心院上野国供養帳に「慶長八年三月四日・道泉禅定門・逆修妙心禅定尼、沼田松井半丞は之を立てる」。松本十五項参照。

九 沼田藩真田氏家臣 真田信利分限帳(天和元年改易)に「御先手鉄砲頭百五十石松井三左衛門、朝夕組五両二人扶持松井七之丞、四両二人扶持松井茂太夫、台所番三両三人扶持松井津右衛門」。

十 小幡藩松平宮内少輔忠恕家臣 甘楽郡甘楽町百二十戸、うち小幡二十三戸存す。明治維新頃に「郷中軽卒・三両一人扶持小幡村松井嘉十郎」。

十一 前橋藩松平大和守御用達 前橋市二百二十戸、城南地区は三階松・丸に根笹・丸に四ツ目。松井権四郎(家紋片喰)は享保年間に三河国宝飯郡古宿村(豊川市)より前橋へ移住し、宿屋を渡世として本陣となる。天保四年給帳に「前橋・十人扶持松井権四郎・前橋大年寄」。

十二 勢多郡山上城士 新里村十七戸。正応四年山上城家臣に「大惣士松井吉之助」。

十三 同郡深沢城士 黒保根村宿廻深沢三戸同村松井嘉三郎文書(松井宗助)に「天正十二年九月三日、北条氏直は松井新左衛門尉に深沢城に於て、由良氏と合戦し高名を賞す」。小田原編年録に「天正十二年九月三日、勢多郡深沢城にて松井豊後守の高名を賞す」。宿廻村六地蔵銘に「天正十六年二月庚申供養所、本願松井備後守夫婦」。

十四 同郡大胡城士 大胡町十戸、うち樋越一戸存す。大胡西領之内近村暦之印置帳に「文禄元年より慶長二年に定る。勢多郡樋越村松井右源太」。

十五 桐生城士 山田郡大間々町二十七戸、桐生市百十戸存す。関東庭軍記に「天文十三年野州菱村(桐生市)領主細川内膳は、桐生祐綱に滅ぼされる、其の家臣松井金五郎は桐生に随心也」。

十六 金山城士 太田市二十七戸、うち大島一戸、邑楽郡大泉町仙石岡山城あり無し、新田郡笠懸町西鹿田六十六戸・家紋丸に切竹に飛雀。永禄二年新田家臣祖裔記に「松井氏は元足利殿の臣、浪人して其後大島の家臣となる松井五郎と云末葉金山に奉仕して松井半之丞と云」。関東庭軍記に「元亀四年新田勢松井半之丞・同半四郎」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。城代・邑楽郡佐貫庄千石岡山城松井豊前守義康。軍使武者目附・泉・松井外記維良。譜代之臣松井新七郎・松井半之丞・松井庄左衛門尉牛久住」泉とは横瀬一門の泉伊予守旗下のことか。高野山清浄心院上野国供養帳に「慶長十八年九月十二日・霊位幻宗童子、上野新田松井正左衛門殿取次」「元和二年九月十七日・霊位全岩崇機禅定門、上野新田松井正左衛門殿取次」。天和頃西鹿田村 修験本山派三学院本名松井道般禅門。

十七 牛久藩由良氏家臣 前項家臣にて牛久藩五百石寺社奉行兼老中松井豊前守。高野山清浄心院常陸国供養帳に「文禄三年八月十二日・逆修夫婦、常州牛久松井豊前守は立てる」「慶長八年七月十二日・霊位貞瑞禅定尼、常州牛久松井豊前守は妻の為に之を立てる」。元和七年改易により浪人す。

十八 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町六戸存す。元和九年検地帳に松井織部。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十一年七月十五日・霊位渕宗妙湛禅尼、那須大関土佐守内松井八郎右衛門は之を立てる」。寛永十九年分限帳に「三百石松井伊左衛門・宗八養子也、御小姓衆松井作重郎」。

十九 秋田藩下野領 小山市三十戸、うち萱橋一戸。天明頃の秋田藩萱橋分限帳に「十三石松井七郎右衛門」。

二十 下総国守谷城主相馬氏家臣 北相馬郡守谷町十戸存す。相馬左近・民部系図に「天正頃、相馬家の頭為る者松井主税助」

二十一 東金城主酒井氏家臣 東金市二十六戸存す。東金城主酒井玄治大名分諸侍家老松井隼人。

二十二 北条氏家臣小田原衆 海老名市大谷に松井氏一戸、松居氏一戸存す。永禄二年役帳に「御家中衆松井法眼、二百貫文東郡大屋郷」。修験法眼のことは糟尾参照。小田原宿仁左衛門文書に「元亀二年八月二十日、畳職人弥左衛門に扶持給は小田原城御蔵奉行松井織部より請取れ、北条家朱印」

二十三 同伊豆衆 松江参照。

二十四 同八王子衆 元八王子町宗関寺元禄二年北条氏照石碑建立に「水戸松岡藩百五十石松井吉兵衛」。水戸藩寛文九年分限帳に「与力衆中山備前守組二百五十石松井吉兵衛」。松岡藩万延元年中山備前守分限帳に「御番器械奉行百石松井多門二十四歳」

二十五 八王子千人同心 八王子市美山町(山入村)四戸、町田市上相原三戸。嘉永七年に山入村松井粂七、上相原村松井卯内

二十六 武田氏家臣 中巨摩郡竜王町富竹新田五戸、西八幡一戸存す。甲斐国志に「松井亦兵衛、慶長中甲府御城番の列なり、其子茂右衛門富竹村に在り、寛永中新田開発の労あり。茂右衛門の子源太郎、其子吉右衛門より四代三右衛門・宝暦中西八幡村へ移居す、其子今の三右衛門代々苗字帯刀の浪人なり。天正五年十二月十六日安部加賀守宛を蔵む。由緒書に源太郎実は安部掃部の子なり、掃部は加賀守の遺子令三歳天正十年の後茂右衛門にたより所なり、其子源太郎を婿にせしと云。按ずるに掃部は軍鑑に小姓衆とあり、小児には非ず、源太郎は幕府に奉仕す、天正十年壬午起請文にも見えて成人なり」。安部参照。

二十七 同駿河衆 富士市厚原二戸存す。水戸藩楓軒文書纂に「元亀二年十二月二十七日、厚原郷松井喜兵衛分の開作地を宛行う佐野新八郎殿、穴山信君花押」。

二十八 同遠江衆 浜松市三百二十戸、浜北市百十戸、天竜市(二俣城あり)五十戸、うち山東(光明寺城あり)二十二戸、磐田市(鎌田御厨あり)八十五戸、掛川市百六十戸、小笠郡小笠町平川十三戸存す。古代以来居住の苗字にて、山城国綴喜郡松井村発祥説は仮冒なり。掛川藩主山内氏に仕へ土佐国転封に従う。土佐国蠧簡集残編(高知県立図書館所蔵)に「正月二十四日、松井山城守殿(宗能)、宗瑞花押(北条早雲)」「永正十年八月二十八、今川氏親は松井山城守(宗能)に遠江国下平川・鎌田御厨領家分を宛行う」「天文十四年十一月九日、松井山城守殿(貞宗)、晴信花押」「元亀三年十二月十六日、信玄は松井山城守(宗恒、広経とも)に上平河・下平河等を宛行う」「元亀四年八月十三日、遠江国豊田郡光明の番をし、本領を安堵す、松井山城守殿(宗恒)、勝頼花押」「天正二年九月十日、遠州下堀天王・市野小池・白州・橋爪(浜松市)八百七十貫文の替地を宛行う、松井山城守殿、勝頼花押」「天正二年九月十一日、松井山城守の訴へに任せ本領の替地遠州合瀬五十貫を松井清八郎に、同所百貫文を松井善十郎に宛行う、武田家朱印」。次項参照

二十九 上州藤岡衆 依田系図に「芦田下野守信守(武田家に属し武州児玉郡御嶽城にありて東兵に備ふ。天正三年遠江国二俣城にて死す)ー常陸介信蕃(天正十一年卒三十六歳)ー右衛門大夫康真(天正十八年上野国藤岡三万石を賜ふ)」。義行は前項宗能と同人か。寛政呈譜に「橘姓、家紋岩に根笹。今の呈譜に、清和源氏為義流にして松井冠者維義十七代山城守義行、今川氏親につかへ、遠江国二俣城に住す。宗保は其三代の孫なりといふ。松井惣左衛門宗保(今川義元・氏真につかふ)ー主計与兵衛宗直(氏真没落後東照宮につかふ、上野国緑野郡六百五十石をたまひ、そのうち二百石を二男助太夫宗次にわかちあたふ。元和二年九月十九日死す七十九歳、法名源性、緑野郡藤岡光徳寺に葬る。妻は芦田下野守信守が女)ー与兵衛宗利(寛永十二年四月二十日死す四十六歳、法名宗隆、小石川の喜蓮寺に葬る。後葬地とす)ー小兵衛幸宗(寛永二十年死す二十五歳、嗣なくして家たゆ)。宗直が二男助太夫宗次(二百石、慶長十三年死す三十一歳)、子孫保明(天明七年継五百石)」。信州芦田五十騎覚に松井助太夫。藤岡町史に「松井与兵衛宗直は助太夫と称し、今川氏真没落後は徳川家康に仕へ、天正十八年芦田康真に附せられ藤岡に移り、慶長五年藤岡廃城後(康真領地没収)緑野郡六百五十石を賜う。藤岡曹洞宗光徳寺に葬り、墓碑・霊位がある。宗直の知行地下大塚村曹洞宗源性寺は松井助太夫宗直の開基である」。すでに信州時代から芦田氏家臣なり。

松居 松井氏は遠江国引佐郡井伊谷付近、高崎市百二十戸存す。この地方出身か。

一 彦根藩家臣 信濃出身松居久右衛門は井伊家臣五十嵐軍平の足軽組手代として大坂両陣に出陣し寛永三年百石、十代小四郎吉続百石。慶長七年分限帳に「三百石松居善兵衛、二百石松居藤太夫、百八十石松居惣十郎、百五十石松居市左衛門・松居源十郎(父子か)、百石松居忠次郎、百石松居茂介、百石松居小善次」。慶長十二年に「七百二十石松居武太夫、三百石松居善兵衛・九郎兵衛先祖、三百石松居弥次右衛門・庄之介先祖、三百石武太夫四男松居十三郎・後権兵衛、二百五十石松居藤太夫、百八十石松居与五右衛門・武左衛門父、百六十石松居市左衛門、百五十石松居源十郎・後小左衛門、百石武太夫三男松居惣十郎・後小左衛門、百石七左衛門事・松居茂介」。文政十一年に「二百五十石松居助内、百三十石松居剛八郎、百二十石松居善三郎、百二十石松居七郎治、百十石松居小四郎、百十石松居右平次、百十石松居介市、百石松居善八郎、百石松居真介、八十石松居八郎介八十石松居久米之介、二十六俵四人扶持松居与所吉、二十四俵三人扶持松居権之丞、同高松居兵介」。

松井田 マツイダ 利根郡月夜野町六戸存す

一 尻高城家臣 吾妻郡高山町尻高に松井氏二十三戸・家紋三ツ引。天正四年松井田八郎は尻高城主に仕へ、その後松井田右近が松井姓を名乗って帰農す。尻高村天正二十年曹洞宗泉竜寺取建惣旦那連判に「松井田右近」。

二 上州松井田衆 高野山清浄心院上野国供養帳に西上州新堀(松井田町)と上野安中町の間に記載されており、松井田村の在名なり。「天正十一年十一月十一日・逆修清喜禅定門、松井田丹波守は之を立てる」「天正十一年十一月十五日・高善禅定門、松井田丹波守は之を立てる」「元和二年九月二十六日・逆修妙山禅定尼、上野松井田孫右衛門は女房の為に之を立てる、取次梅本坊」「元和二年九月二十七日・逆修道山禅定門、上野松井田孫右衛門は之を立てる、取次梅本坊」。修験梅本坊の一族か。

松出 マツイデ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市無し。寛政五年に「一人扶持松出仙助」。

松浦 マツウラ 上野、常陸、甲斐に存す

一 上杉氏家臣 古代士籍に「謙信様衆、古志松浦主計」。文禄三年目録に「御大工奉行衆百石松浦孫左衛門」。米沢市十六戸存す。米沢藩寛政五年に「御大工頭二十五石松浦初太郎。江戸家老同心六石二人扶持松浦与兵衛。御扶持方同高松浦兵部。御小細工頭四石一人扶持松浦権右衛門。同高松浦半左衛門、三石一人扶持松浦孫左衛門。御細工人二石一人扶持松浦久五郎。鉄御台師一人扶持松浦藤右衛門」。

二 松井田衆 松井田町無し。大道寺駿河守政繁家中記に「御留守居組頭四百石松浦喜左衛門」。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し永禄元年長野業政家臣録に「諸士頭松浦宮内(一本に杉浦)」。杉浦氏無し。

四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「松浦敬之助慶応二年三十四歳、七十俵五人扶持、本国上野生国武蔵、安政四年開成所書物御用出候」「松浦六郎左衛門、慶応元年五十三歳二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、養祖父松浦長左衛門死、養父松浦六郎左衛門死御賄新組」。

五 江戸崎城主土岐原氏家臣 稲敷郡阿見町四十戸、新利根町二十三戸、うち芝崎十八戸存す。寛永元年土岐氏旧臣帳に「芝崎村松浦助右衛門」。

六 里見氏家臣 房総里見軍記に「天文八年、松浦半兵衛」。

七 北条氏家臣岩附衆 七二一五頁参照。永禄二年役帳に「伊豆衆倉地、四十貫文豆州松浦跡」水軍奉行にて、のち岩附城に仕える。浦和市中尾玉林院文書に「亥九月二十九日(天正十五年)、玉林院参、松浦佐渡守花押(岩附城奉行)」。越前福井藩山本文書に「五月二十一日(天正十八年)、山本信濃守殿(北条水軍)、松佐渡守康成花押(松浦)」。

八 河内国狭山藩主北条氏家臣 宝暦四年に「用人松浦安左衛門」。

松江 マツエ 井は江とも呼ばれ、私のワヘイを親はワへエと呼ぶ。

一 伊豆衆 西伊豆町田子に松江氏十五戸、松井氏無し。田子村多胡神社永禄三年五月二日棟札に「地頭山本信州守、代官松井与三左衛門」松江氏なり。

二 宇都宮氏家臣 宇都宮市一戸、うち板戸町無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十四年三月二十二日・霊位松江源兵衛、下野板戸村松江久太夫は之を立てる」

松尾 マツオ 越後、信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 古志郡松尾村(栃尾市)より起こる、在名にて現存無し。上杉家文書に「文明十九年再検地、松尾雅樂助居屋敷付」。米沢市四戸存す。米沢藩寛政五年に「五石一人扶持松尾藤七、二石一人扶持松尾万蔵」。

二 真田氏家臣 上田市四十三戸、小県郡真田町長真田十三戸存す。小県分限帳に「十八貫文松尾豊前守知行」。松代藩真武内伝附録に「寛永七年四十八人不足にて浪人松尾弥兵衛」。

三 幕臣 江戸幕臣人名事典に「松尾孫兵衛百俵二人扶持、本国上野生国武蔵、養祖父松尾孫右衛門死、養父松尾清兵衛死富士見御宝蔵番」。

四 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町一戸存す。寛文八年無足の中より御抱の給人となる「百五十石・江戸より松尾十郎左衛門」

五 常陸大掾氏家臣 石岡市三戸。南城高家録に「天正元年二月十九日、府中の家臣松尾吉左衛門は、三村落城により切腹す」。

六 甲斐国松尾神社長官 塩山市二戸、うち小屋敷字松尾無し。小屋敷村延喜式内社山梨郡松尾神社記に「景行天皇四十一年六月松尾県直巻之が創祀す」。甲斐国志に「松尾氏の祖は、山城国松尾社社家松尾綱賀の息重金で、武田信重が綱賀を招聘して山梨郡松尾神社の長官とし、その重金の代に松尾郷に定住す」。松尾社家系図(続群書類従)に「中務大輔重綱(月読宮長官、松尾社公文職、明徳三年卒)ー民部少輔重右(甲斐武田信満の懇望に依り、彼国に至り日本紀を講ず)ー綱賀(武田信重の招きに依り、彼国に至り、同国山梨郡松尾社長官と為る)ー重金(甲州山梨に住して、彼の国松尾司と為る)ー松尾伊予守全政ー松尾丹後守兵庫助政行ー松尾若狭守行弘(武田信玄の郎従となり、天正九年遠州高天神城に於いて討死五十一歳)」。小屋敷村恵林寺雑本に「天正九年三月二十二日遠州高天神落城討死松尾若狭」。

七 武田氏族松尾氏 山梨郡松尾郷より起こる。武田源氏一流系図に「武田信満ー信重(宝徳二年卒)ー信守(享徳四年卒)ー信昌(永正二年卒)ー信縄(信昌弟也。弟松尾次郎信賢)ー信虎ー晴信、弟逍遥軒信綱(女子は松尾次郎妻)、弟松尾信是(松尾次郎信賢養子、逍遥軒婿、元亀二年三月十日卒月山宗盛)ー松尾次郎ー右衛門佐局(松尾次郎女也、逍遥軒之孫也、東福門院女房)」。御坂町美和神社永禄八年六月造立帳に「太刀一腰・松尾源十郎信是花押」岡山県佐伯町本久寺文書に「天正三年三月二十一日、民部少輔殿(松尾信是)老母堪忍分塚原(甲府市)十貫文を安堵す、民部少輔殿後室、勝頼花押」。市兵衛町百足屋所蔵に「天正九年十月二十四日、武田逍遥軒信綱五十歳而、松尾阿久利女子にかた見に残し置候」。

八 武田氏家臣職人衆 塩山市熊野字横井(現存無し)熊野神社天文十八年六月二十九日棟札に「桧皮大工松尾新右衛門行定」

松岡 マツオカ 信濃、上野、武蔵に存す。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)二百石松岡喜右衛門」。米沢市四戸存す。米沢藩寛政五年に「三石一人扶持松岡藤兵衛、一石一人扶持松岡与右衛門」。

二 伊那郡松岡衆 下伊那郡高森町下市田五戸存す。下市田村臨済宗松岡山安養寺所蔵に「至徳三年十月二十一日、日本国信州路松岡郷居住崇奉菩提戒弟子平多貞政」、下市田村市田城は城主松岡氏により松岡城と称し、松岡郷とも称す。大塔物語に「応永七年大塔合戦に松岡次郎」。飯田市松尾龍門寺文書に「永正十二年八月、瑞郁文叔和尚は本郡市田城主松岡嘉右衛門大夫正哲居士実弟也」。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。信州先方衆松岡・五十騎」。伊那武鑑に「市田。安部貞任末流松岡平六安部貞則(一本に貞利)千貫文押領す、同出雲守貞則、同刑部少輔貞国、同新左衛門貞玄・弘治二年武田信玄に属す二千貫文給ふ、都合三千貫文領す五十騎将之。松岡治右衛門貞国・慶長二年逆心に於て座光寺と口論仕出し両人切死」。下市田村安養寺記に「元亀天正の大旦越松岡右衛門太夫貞利、家康により駿府に俘へらる、天正十六年也」。上市田村関川文雄文書に「天正十年七月十二日、松岡兵部大輔頼貞は、関川総左衛門に市田郷菅衛門分を宛行う」。下市田村福沢駒太郎文書に「天正十年十一月三日、竹松又助に市田郷三貫四百文、市田郷内山吹・吉田両作(高森町)に八百文を宛行う、松岡兵部大輔頼貞花押」。飯田市座光寺今牧新八郎文書に「天正十年霜月吉日今牧八郎左衛門尉に座光寺村を宛行う、松岡右衛門佐貞利花押」。上伊那郡飯島町宮下寿代文書に「天正十三年八月二十日、徳川家康は真田昌幸を討たんとし、伊那の松岡右衛門佐貞利等に小県郡出陣を促す」。

三 小笠原氏家臣 飯田市十五戸、南安曇郡三郷村四十二戸存す。溝口家記に「天正十一年、松岡・瓜之紋」。

四 松井田城士 松井田町無し、高崎市九十戸存す。大道寺駿河守家中記に「御供頭三百石松岡久太夫」。

五 群馬郡箕輪衆 北群馬郡榛東村四十三戸吉岡町漆原三十五戸、家紋三階松・扇・抱茗荷。三守の場所不詳。香川県大川郡志度町多和神社宮司松岡家の多和文庫・甲州古文書に「永禄五年九月十二日、上州三守に於て鑓下之頸松岡八郎討捕を賞す、小島勘左衛門殿、信玄判」。

六 秋元藩家臣 前橋市三十五戸存す。寛永十年草姿ゃり谷村所替面附帳に「十五両四人扶持松岡五右衛門」。

七 烏山藩成田氏家臣 七二二○頁参照。成田氏は天正十九年入部、元和二年改易。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長十二年九月二十四日・源天芳清禅定尼、那須烏山松岡勘兵衛内方」。

八 多賀谷氏家臣 下総国松岡庄松岡村(下妻市二本紀字松岡)より起こる、在名にて現存無し。東国戦記実録に「天正七年、多賀谷勢揃の事、松岡式部」。

九 小田氏家臣 つくば市十三戸存す。小田氏系図に「小田氏治ー左近友治(永禄七年重臣松岡又三郎儀勝)」。

十 鹿島神宮大祝松岡氏 鹿嶋市二十戸、うち宮中九戸、田野辺字松岡屋敷一戸存す。新編常陸国誌に「松岡・占部氏なり。世々鹿島郡田野辺村に住して、鹿島大祝の職たり。松岡と称する義詳ならず」。鹿島神宮誌に「大祝家は前に大中臣姓を唱へ、後には占部を称しているので系図にも分りかねる所があるが、暫く松岡家に有るがまゝを載せる。中臣鹿島連大足ー田取ー虎人ー元鑑(天暦頃大祝)ー時影ー宗広ー時常ー則行(正治年中大祝)ー大中臣幹常(文暦頃大祝、松丘住)ー松岡定景(徳治年中為神主)ー胤景ー大中臣貞景(延文三年大祝)ー胤幹(応安年中大祝)ー占部政常ー親常(応永年中大祝)ー大中臣景久ー占部景常ー則名(文亀中大祝)ー則方(天正年中大祝)ー時備ー時以(慶長年中大祝)ー則次ー敦頼ー則重ー則正ー則胤ー則宣ー則篤ー則明ー則慶ー則定ー瓊綸(文政三年大祝)ー時懋(維新前大祝)」。

十一 北条氏家臣三浦衆 逗子市久木字久野谷三十八戸、富永氏無し。古代以来居住の苗字にて鎌倉郡山内村松ケ岡発祥説は仮冒なり。富永三郎左衛門(富永十一項参照)と兄弟契約を結び富永氏流を称す。新編相模三浦郡久野谷村条に「旧家里正松岡六郎兵衛、先祖富永三郎左衛門永享中鎌倉持氏に仕へ、松ケ岡に居住す、後故有て当所に蟄居し松岡を家号とし、富永を実名とす。其子大炊助早世し、次子松岡雅樂助・跡を襲ぎ里正となり日蓮宗妙光寺を文明三年二親の冥福を修し建円す。父富永三郎左衛門尉法名法久・応仁二年六月二十七日死、母妙光は文明元年八月二十八死。世々里正の職に居り、今の六郎兵衛に至ると云ふ」。

松風 マツカゼ 北条氏家臣 平塚市片岡一戸存す。新編相模大住郡片岡村条に「神事舞大夫松風伝右衛門と称す」。

松川 マツカワ 越後、信濃、武蔵に存す。

一 上杉氏家臣 北魚沼郡松川村(守門村)より起こる、在名にて現存無し。上杉家文書に「永正三年霜月十五日、上杉房能に太刀を贈り越後平定を祝す、越後侍衆松川伊豆守殿」「永禄二年十月二十八日、長尾景虎に太刀を贈り関東管領となれるを祝す、松川弥三郎殿」。上杉謙信諸士系図人に「松川大和守、此衆は越後家来士なり」。上杉年譜に「永禄四年八月二十九日川中島合戦、遊軍には松川大隅守脩衡。永禄六年五月上旬、上杉輝虎は武州私市城を攻む、松川弥三郎以下二万五千騎を引率す」。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、上田三ノ丸下居・松川惣蔵」。文禄三年目録に「春日山御手明衆九石松川総七」。

二 米沢藩家臣 米沢市四戸存す。諸士略系譜に「松川弥左衛門(上田御手明、米沢まで供奉、正保三年致仕)ー善左衛門(寛文五年卒)ー弥左衛門ー覚兵衛定良ー四郎右衛門定久ー弥左衛門元泰ー弥左衛門元克ー庄次郎定寛ー庄次郎元武ー与五郎定興(文久二年目録)」。寛永八年に「五十騎衆五十石松川弥左衛門」。寛政五年に「二十五石松川弥左衛門、一人扶持松川孫次郎」。

三 信州仁科衆 北安曇郡大和田郷松川村より起こる、在名にて現存無し。松川村大和田神社神官大和田尚雄文書に「天正八年六月、大宮明神(大和田神社)に祈願す、松川道文花押」。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「仁科分松川の道文、同正右衛門尉」。穂高町等々力文書に「天正八年八月十一日、軍兵衛(松川)当府へ参着候、等々力次右衛門尉殿、仁科盛信花押」。

四 壬生氏家臣 鹿沼市二戸存す。壬生義雄家臣席順に「御蔵兵士役松川清左衛門」。

五 宇都宮氏家臣 宇都宮市十九戸存す。伊勢内宮佐八文書に「宇都宮筋相応之御用云々、松川兵右門政□花押、倅虎之介」。

六 佐竹氏家臣 慶長国替記に「扶持方松川仁左衛門」。

七 里見氏家臣 館山市一戸存す。安房郡三芳村池之内高橋徳治文書(上野筑後守の子孫)に「霜月十二日(天正十年)、北条氏直に加勢して甲斐国御坂城で松川美作守死去す、上野筑後守殿、松田尾張入道憲秀花押(北条氏重臣)」。

松木 マツキ 越後、信濃、武蔵、相模、甲斐に存す。松本参照。

一 上杉氏家臣 長岡市三十戸、信濃国上水内郡信濃町五十戸、牟礼村二十四戸、更埴市稲荷山町一戸・天正十年上杉景勝が稲荷山城の築城と共に稲荷山宿が成立し、本陣は幕末まで松木家が世襲す。古代士籍に「謙信様衆旗本、不識庵御番衆、柏崎殿より出る、本姓泉・信州出也・松木内匠」。竹俣系図に「永禄十一年、本庄繁長叛く、旗本松木内匠助貞吉・之を攻む」。石坂系図に「琵琶島弥七郎広𠮷・能州七尾に在番す、時に織田信長勢に攻められ、広𠮷之家老松木内匠秀朝・石坂将監忠章城中に残り忠戦する由謙信公感ぜられ直参に命ず」。柏崎弥七郎広員は柏崎市琵琶島城主となり琵琶島弥七郎広員と称す。文禄三年目録に「与板在番四百九十五石・元来信州水内郡出也・本姓泉氏也・紋カタハミ引龍・松木内匠助。西浜郷并琵琶島保同心衆百三十二石内匠秀朝弟也松木将監・子の代瀬下氏に成る、三十二石将監弟松木大学。村松(長岡市)大崎九郎左衛門支配新手明九石松木喜右衛門」。慶長三年会津分限帳に「二千百石松木内匠助」。

二 米沢藩家臣 米沢市十一戸存す。諸士略系譜に@「松木石見貞吉(始久蔵、内匠秀朝、宗秀。越後の豪族琵琶島家に属し武功の士なり、永禄十二年十二月琵琶島弥七郎広員卒す、時に嗣子無之断絶す、依て琵琶島が属士は能州甲ノ城与力に附く。米沢へ供奉千石、寛永元年卒。弟大学秀保、弟将監)ー石見秀貞(始久蔵、内匠貞宗。米沢へ供奉、承応三年卒八十一歳。弟勘解由秀興)ー内匠秀親(始総蔵、主馬、慶安三年卒。弟彦左衛門秀信)ー忠右衛門秀富ー内匠豊秀ー久三秀尹ー将監秀尋ー総三郎秀正ー興助秀孝ー石見秀惇ー磐太郎秀栄(文久二年相続)」。A「彦左衛門秀信(始久三郎、左兵衛、元禄十一年卒六十四歳)ー帯刀秀国ー彦左衛門秀易ー久三郎秀応ー伊賀秀処ー彦左衛門秀実ー彦太郎秀直ー幾之進秀逸(万延元年家督)」。B「大学秀保(越後に於て景勝御側勤仕)ー掃部好忠(寛永十一年卒)ー利兵衛吉忠ー源五兵衛好紀ー利兵衛好寛ー利兵衛好光ー兵三郎秀寛ー源太郎秀廉ー又次郎秀諄ー源太郎秀信(嘉永六年相続)」。C「将監(越後古志郡に罷在、後琵琶島に居る由)ー瀬下喜兵衛(始松木与次郎、母方苗字瀬下に相改、寛永七年卒)」。D「松木右近言信(実大石播磨守綱元子小太郎兼丸嫡子にて松木石見貞吉孫也、故に石見養育し、松木氏称号す、慶安四年卒)ー半左衛門ー久兵衛義房ー逸学積秀ー伝左衛門秀俊ー要右衛門吉逵ー孝四郎吉触ー猪吉吉利(嘉永五年家督」寛永八年に「御年寄衆千石松木内匠、大小姓衆二百石松木主馬、二百石松木右近、御中之間衆二百石松木掃部」。寛政五年に「侍組八百石松木次郎作、御小姓頭五百石松木将監、御馬廻百五十石松木利兵衛、八十石松木要右衛門」。

三 松代藩真田氏家臣 上田市十五戸存す。寛永二年真田信之の奏者松紀弥兵衛。文政二年に「百五十石松木源八、五両三人扶持松木衛」。文久年中に「百五十石松木束」

四 宇都宮氏家臣 宇都宮市七戸存す。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、松木十左衛門(一本に十郎衛門)」。

五 多賀谷氏家臣 下妻市無し。下館市嘉家佐和無し。元禄七年多賀谷諸士子孫に「影沢村松木平次右衛門」。

六 鎌倉公方家臣 在名にて八王子市松木町に現存無し。風土記稿多摩郡松木村条に「松木七郎師澄墓は地蔵堂の南にあり。この当主の伝ふる所をきくに、七郎師澄は藤原氏にて、鎌倉公方持氏幕下の士なり。永和二年六月二十四日卒すと伝へり。案ずるに持氏は永享十一年に討たれたり、さるをそれより上ること五十年にあまれる永和に死せし師澄を、其の臣と云ふは年代合はざるに似たり」。持氏以前からの家臣か。

七 佐倉藩堀田氏家臣 下総国佐倉藩十一万石のうち相模国高座・大住・愛甲郡十八ケ村五千百石余を領す。佐倉藩領平塚市真土十戸存す。慶応元年分限帳に「合力五人扶持相州新土村松木長右衛門」。

八 武田氏家臣 甲府市五十三戸、うち小瀬町三戸、愛宕町(八日市場)無し、中巨摩郡若草町鏡中条無し。甲府市大和町坂田邦夫文書に「弘治二年十月十日、八日市場夜廻之番帳、松木等文」。山梨郡杣口村茂左榮門文書に「十月十日(永禄元年頃)、諸役免許書上。武田晴信は松木善明・同善三郎に富士参詣を同意す」。小瀬町松木紀久文書に「永禄十二年十月二十六日、善明後家より譲る田地四貫三百文を安堵す、松木次郎三郎殿、武田家朱印」「天正五年二月三十日、西郡中条の家一間半諸役免許、松木次郎三郎殿、武田家朱印」。甲斐国志に「鏡中条村、松木次郎三郎宅址と云伝ふる処今存したり。府中町年寄山本金左衛門蔵む永禄十二年十月二十六日、天正五年二月三十日印判に西郡中条云々とあり」。山本四十五項参照。

九 同穴山衆 南巨摩郡身延町四十戸、うち下山二十六戸、花輪三戸存す。穴山氏家臣芦沢伊賀守元辰の四男仁兵衛忠晴は母の実家に寄留し松木但馬政重と改め、其子松木九左衛門重好より本陣なり、芦沢に復す。その後裔下山宿本陣の現当主芦沢九左衛門。下山芦沢忠文書に「卯月八日、花輪郷十貫文を宛行う、吉三殿(松木)、信君花押(穴山)」。甲斐国志に「松木吉三は穴山の地方代官を勤めし人と云へり。寛永初年松木九左衛門は吉三の家禄を続く」。芦沢参照。身延町南松院文書に「天正九年二月九日、下山村天輪寺領書立。百文松木善仲、二百文同名但馬守、梅雪斎朱印(穴山不白)」。

十 同駿河衆 静岡市二十七戸存す。静岡市呉服町一丁目矢入陸一郎文書に「永禄四年十一月二十八日、京都上下の功を賞し蔵役酒役諸商売役を免許す、松木与三左衛門尉殿、花押(今川氏真)」「元亀元年十二月三日、商売の諸役を免許す、松木与左衛門尉殿、武田家朱印」。駿府町友部与左衛門文書に「天正三年十月十一日、駿府商人衆連署状、松木与左衛門尉宗清」「九月晦日半手商売の事、松木与左衛門尉殿、信君花押(穴山)」。

十一 同金座役 甲府市宮原・中央一丁目(柳町)無し。野田参照。甲陽軍鑑品十四に「信玄は、京の松木珪琳などと申す地下人・町人を召寄せ給ふ」。甲斐国志に「宮原村、甲州の金座なり。松木源十郎の先を松木了存、其次を五郎兵衛浄哲と云、天正十年の後甲府の検断となる。浄哲の弟七左衛門、市左衛門。浄哲の一男七郎兵衛浄安、二男三郎左衛門浄可等皆御代官を勤む後野田氏に改むる者多し。三男を松木五郎兵衛と云御代官を勤む、此人浄哲の家跡を受け甲金極印の役を兼ね柳町にて御吹所屋敷を賜る、其子半兵衛・本村に居をうつし子孫源十郎を家名とす、今五世を歴たり」「慶長中、坂田善空、松木了存、辻円喜、三人府中の検断を役すと云。按に武田の蔵前衆に松木珪琳あり京師の人なる由軍鑑に見えたり。了存も其党なるべし、府中長延寺に慶長十五年十月十五日領主顕了、釈了存とあり、今も松木氏は浄土真宗なり。松木源十郎、野田玄叔等の家系を検するに、了存に三男七女あり、長男紹哲は始松木五郎兵衛と云。二男七左衛門は身延過去帳に寛永十三年四月九日卒・法名了恩松木七左衛門とあり。三男市左衛門は寛永十八年六月十八日卒、男子新五兵衛・市左衛門・九郎左衛門・市郎兵衛、後氏を野田に改め甲府殿に仕へ、子孫幕府に在り。紹哲男七郎兵衛忠成法名紹安、氏を野田に改め、其男七郎兵衛法名紹休、二男三郎左衛門法名紹可、氏を野田に改め明暦元年卒、其男三郎左衛門、松木三太夫忠継、野田次郎右衛門、野田弥惣左衛門等なり。三男を松木五郎兵衛と云、甲金座松木源十郎祖なり。松木・野田の一族繁栄して多くは御代官を役す、其先蔵前衆より出づる故なるべし。松木次郎三郎の事は未詳(八項参照)。甲府殿の頃、問屋に松木甚左衛門、天和二年河西与兵衛の記には御金包み松木清左衛門あり同人なりや否」。

十二 甲府藩家臣 元禄五年徳川綱豊分限帳に「町年寄問屋五人扶持松木甚左衛門」。

真継 マツギ 諸国の鋳物師支配者なり。

一 紀姓真継氏 @紀氏系図(続群書類従)に「紀長谷雄(延喜十二年薨)ー淑信ー在昌ー伊輔ー為任ー頼任ー基弘ー則弘ー友弘ー御蔵左衛門安弘ー日向守景弘(弟景保は後鳥羽北面)ー御蔵右衛門在弘ー御蔵弾正頼弘ー御蔵右近将遠弘ー御蔵左衛門兼弘ー御蔵加賀重弘ー御蔵加賀介豊弘ー御蔵出雲介種弘ー御蔵弾正国弘ー御蔵河内介守弘ー御蔵出雲守常弘ー御蔵富弘」。A御蔵小舎人真継家略系譜(地下家伝)に「武内宿祢後胤、紀朝臣則弘ー友弘ー景弘ー在弘ー元弘(始めて鋳物師共、公用の鋳物奏上)ー高弘ー頼弘ー遠弘ー兼弘ー重弘ー豊弘ー安弘ー種弘ー国弘ー忠弘ー有弘ー真継久直(天文年中、新見を改め真継となる)ー宗弘ー康綱(斎部姓を兼る)ー康利ー親賢ー久忠ー玄以ー珍弘ー矩弘ー親弘ー景弘ー康寧ー則能ー能弘(天保元年云々)」。

二 新見姓真継氏 公家日野姓の准大臣柳原淳光の家人新見久直が真継氏を称す。有弘の嫡男忠弘は天文五年父から蔵人所小舎人の職をゆずられたが、有弘は久直の父新見新九郎から多額の借財があり、新九郎は忠弘に親の借財を盾に跡職を譲るよう責めたて、忠弘を餓死させて、息子久直は真継氏を名乗った。忠弘の甥富弘との訴訟に打ち勝った久直は天文十二年三月十六日付の後奈良天皇綸旨を改竄し、鋳物師支配となった。江戸時代に京都の真継能登守斎部宿祢は、武州足立郡川口宿や児玉郡金屋村の鋳物師等を支配する発給文書あり。

松倉 マツクラ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 上杉年譜に「天正六年九月朔日、上杉景勝は狩野新助の春日山籠城を賞し、三郎景虎方の松倉将監分を宛行う」

二 幕臣 江戸幕臣人名事典に「松倉富五郎元治元年五十□歳、十五俵一人扶持、本国生国共武蔵、父松倉小市郎西丸奥御膳所」

松坂 マツザカ 武蔵に存す。

一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市六戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「兵器係松坂団右衛門」。

二 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に「本姓源本国不詳、定紋右三巴、替紋木瓜。父不詳松坂久太輔重次(召出万治三年十二石二人扶持)ー久太輔重殷ー平左衛門重貴ー久太輔重旧ー久太輔重喜(文化八年家督百石)ー源次郎重英ー鉄之助。明治元年以前に松坂平左衛門百五十石」。

松崎 マツザキ 信濃、武蔵、下野、常陸、下総、上総に存す。

一 上杉氏家臣 中頸城郡柿崎町三十八戸、上越市(六戸)の春日山城下に毘沙門堂あり。古代士籍に「謙信家臣、毘沙門堂御番衆松崎藤兵衛」。文禄三年目録に「春日山毘沙門堂御番衆十五石松崎藤兵衛」。米沢市五戸存す。米沢藩寛政五年に「二石一人扶持松崎徳右衛門、一石二人扶持松崎覚右衛門」。

二 仁科衆 信濃国安曇郡松崎村(大町市社字松崎)より起こる、在名にて現存無し。市内に二戸存す。社村仁科神明宮文禄五年棟札に「本願細萱長知、助成之衆松崎九左衛門尉・同勝三郎」。

三 真田氏家臣 上田市六十七戸、うち手塚無し。手塚村八幡社天正八年三月二十日棟札に「本願松崎源兵衛、大工松崎飛騨守埴久」。上田藩元和元年大坂御陣に春原勘助の被官松崎茂助。松代藩寛永十年に「二百石松崎太左衛門」。文久年中に「御徒士七両四人扶持松崎栄三郎」。

四 五覧田城主松崎氏 桐生市二十五戸、勢多郡荻原に五覧田城あり、草木村は草木ダムに沈む、花輪一戸存す。諸説に五覧田城主は松島氏(家紋丸に洲浜)で、松崎は書誤りとある。永禄三年関東幕注文に「桐生衆松崎大和守・根篠」、これも松島の書誤りと注す。無関係であるが本庄市小島に松崎氏三十戸(家紋ネシノ)存す、同紋であり松崎氏が正確である。永禄六年草木成仏奥書(叡山文庫)に「旦那きりうくすミ・松崎左衛門尉」。松島氏は曹洞宗なり。上陽大平老談記(文化九年著)に「五覧田城松崎左右衛門尉没落之事。勢田郡五覧田には松崎左右衛門尉宗則在城也、要害之麓に居宅を構けり、東北に当りて天台宗善雄寺とて其所之菩提寺あり。阿久沢能登守殿、松崎左右衛門をにくむのよし、亡すべしと、松崎が運の究め也。松崎左右衛門殿男子在りけるが御幼少成りしを西上州兵庫守と申縁者之方へ連立養育頼置、奥方御息女は下野国縁者ありければ送り届け頼みけり。其以後家人不残阿久沢能登守殿幕下にぞ成りにけり」。関東庭軍記に「桐生靱負之丞重綱(永正十三年卒)老後の妾女岩崎大六姉の腹に生れた女子は、一度旗下の松崎左衛門が妻に嫁したが永正七年七月管領上杉憲房の下知にまかせ、桐生名代として武州権現山(横浜市)に向て討死す、子息友若と母と五覧田城に在しを一族の徒党夜討して父子共に追払、女子(友若の母)は膳城主膳因幡守に天文十三年、三十ゆうよにして二度膳の家に嫁し、一人の男子をもうけ天文十七年死す。友若が調成て左衛門と名乗、ふたゝび本家を相続す」。

五 足利城主長尾氏家臣 足利市百戸、うち樺崎町三十戸・家紋丸に三階松。在名樺崎氏の本名は松崎氏なり。天正十三年長尾顕長分限帳に「樺崎村四十五貫文・父藤左衛門・松崎熊次郎。樺崎村五十貫文・父松崎隠岐守・樺崎小太郎」。

六 佐野氏家臣 佐野市三十四戸、うち犬伏町五戸、安蘇郡田沼町十二戸、うち栃本四戸、吉水無し、葛生町三十五戸、上都賀郡粟野町下永野一戸存す。栃本村下館野侍屋敷に松崎屋敷あり。吉水村由来の覚に「清水城東に松崎屋敷」。犬伏下町大庵寺念仏日記に「元亀三年、松崎因幡守長光花押。万治二年、松崎左衛門」。皆川正中録に「天正十六年粟野の城代佐野勢松崎雅樂討死」。慶長六年佐野信吉家中に松崎平内。

七 皆川氏家臣 栃木市八戸、うち細堀町無し、下都賀郡都賀町大柿一戸存す。寛永十二年家臣帳に「大柿村松崎加左衛門」。元禄十七年皆川勧化牒に「細堀村松崎金左衛門、大柿村松崎加左衛門」。

八 宇都宮氏家臣 宇都宮市二十七戸、うち東新里無し。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「東新里村松崎玄微斎子孫松崎五郎兵衛」。斎号は修験なり。

九 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町二戸。壬生義雄家臣席順に御使番頭十貫松崎五郎八。

十 幕臣 江戸幕臣人名事典に「松崎次郎作文久三年四十六歳、百俵二人扶持、本国上野生国武蔵、養祖父松崎源蔵死、養父松崎源之進死喜代姫様御侍」「松崎□□、七十俵五人扶持、本国下野生国武蔵、祖父松崎惣兵衛、父松崎□□小普請、慶応二年跡式家督」。

十一 八王子千人同心 八王子市戸吹十戸、上恩方四戸。桑都日記に「本国近江、寛保元年山本弥右衛門組召出十俵一人扶持、安永九年松崎善太夫六十歳」。嘉永七年に戸吹村松崎和多五郎・松崎正作・松崎左内、上恩方村松崎茂三郎。

十二 豊田治親家臣 結城郡石下町七十五戸存す。天文二十年下総国豊田家臣名に「豊田領騎馬旗頭松崎主水」。慶長二十年石下八幡宮棟札に松崎伊□。

十三 江戸崎城主土岐原氏家臣 稲敷郡江戸崎四戸存す。高野山清浄心院常陸国供養帳に「慶長十年卯月十日・霊位松玄禅定門・常州江戸崎本町松崎甚五郎。霊位妙玄禅定尼、常州江戸崎本町松崎雅樂助は妻の為に之を立てる」。

十四 沢辺城主信田外記の本名松崎氏 常陸国新治郡沢辺村(新治村)より起る在名沢辺氏の本名は松崎氏(一戸存す)なり。土浦城記に「信田伊勢守範宗の弟沢辺城主信田外記」。異本小田系図に「小田氏治の女子(母は松崎入道栄甲斎女)」。斎号は修験にて沢辺村八幡宮別当僧なり。沢辺村上野太郎左衛門古記に「文禄頃、長百姓七人続之覚・松崎外記。菅根八幡宮祭礼式・祭主松崎外記、祭礼式前に別当祭主置、外記宅に幣帛持参仕り、祭主例年通り願候事」松崎外記(在名信田)ー外記(文禄)ー外記(元和)ー外記(寛永)ー伝左衛門(元禄)、子孫惣左衛門を称し代々八幡宮祭主を勤める。

十五 佐竹氏家臣 東茨城郡常北町五十戸、那珂郡那珂町四戸存す。ひたちなか市高場松本家由緒覚書に「三反田村の打越彦三郎は、額田陣のとき向山の窪(那珂町)で佐竹氏家臣川井主水・松崎大学らに取り囲まれ討死す」。

十六 水戸天狗党 松崎熊之介三十四歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

十七 千葉氏幕下大須賀氏家臣 下総国香取郡松崎村(多古町東松崎)より起こる。平野二十五項参照。明治三十二年松崎四郎著の神職略伝(松崎神社神主一戸存す)に「第一代松崎主計重房(松崎筑後守重隆十六代行実の子重矩の嫡子、天文十四年神主たり)ー二代松崎重教(天正二年補職す、天正十九年朱印地三十石下賜)ー三代松崎式部重信(文禄四年補職)、十二代松崎式部重辛(慶応二年神主)」。東国戦記実録に「大須賀尾張守は、矢作城(佐原市本矢作)を正木大膳攻るを聞き、松崎式部らを大須賀を立て矢作の城へ急ぎける」。永禄頃に里見勢正木大膳の攻撃を受ける。

十八 千葉氏幕下森山衆 香取郡東庄町四戸存す。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に「森山衆天正十八年小田原役湯本堅〆侍大将松崎与左衛門」。

十九 小金城主高城氏家臣 平賀本土寺過去帳に「永正十六年四月十六日・霊位妙勢・松崎二郎左衛門」。

松沢 マツザワ 越後、信濃、武蔵、上野、常陸に多く存す。

一 上杉氏家臣 上杉年譜に「天正六年九月朔日、上杉景勝は上野源五郎の春日山籠城を賞し、松沢宗助分を宛行う」。文禄三年目録に「春日山御手明御弓衆大峡織部組(信州衆が多い)九石松沢三之丞」。米沢市六戸存す。米沢藩寛政五年に「二石一人扶持松沢龍左衛門」。

二 信州海津衆 長野市二百三十戸存す。西条村大国明神社永禄十二年棟札に「大旦那西条美作守祐意、大工松沢大蔵尉」。

三 諏訪衆 諏訪市七十七戸存す。諏訪市矢島文書に「永禄九年四月二十日、諏訪前宮一之御柱造営、松沢四郎左衛門尉殿、権祝太夫忠綱(矢島)」。

四 伊那衆 飯田市二百戸存す。上川路村開善寺文書に「元亀三年十一月二十六日、信玄は下知し、信州伊那郡の間諜(忍者)松沢源五郎を刺客として濃州岩村大円寺希庵和尚を殺害す」。甲陽軍鑑品三十九に「希庵和尚を美濃国より甲府へ呼び元亀三年十一月二十六日殺し候、其の透波(すっぱ)には伊那の松沢源五郎・小田切与助・林甚助三人也、此者共落馬にて死る」。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、伊那郡殿岡之郷(飯田市)代官松沢又太郎」。

五 真田氏家臣 上田市九十五戸存す。上田市依田文書に「天正六年二月七日、社領安堵す、下之郷神主殿・松沢左京亮殿、白鬚之神主殿、跡部勝資花押(武田家臣)」。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、小県郡東松本之郷(上田市)代官松沢五郎左衛門尉」。松代町矢沢頼忠文書に「天正十三年六月二十一日、真田信之の将矢沢頼幸足軽衆東松本村松沢彦二郎」。吾妻記に「天正十八年三月小田原征伐に信州より御供松沢五左衛門」。桜井市重文書に「元和二年上田城主真田信之は松沢五左衛門を小県郡別所・野倉・中野の代官とし、収納のことに当たらしむ」。松代藩文久年中に「御徒士二両十五俵松沢直衛」。

六 沼田藩真田氏家臣 真田信利分限帳(天和元年改易)に「無役衆二百石松沢五郎左衛門」。前項の子孫か。

七 福井藩家臣 享保六年諸士先祖之記録に「松沢郷左衛門道貞(本国生国共不知、先祖之儀相知不申候。真田安房守方に罷有候浪人之後、忠昌公御代元和二年於信濃国松城被召出)ー郷左衛門道孝ー勘太夫格」。松平忠昌給帳に「百石松沢郷左衛門」。天保初年に二十石五人扶持松沢平太左衛門。

八 会津藩保科氏家臣 上伊那郡辰野町二十五戸、箕輪町十六戸、南箕輪村五十五戸存す。保科御事歴に「慶長六年保科正光の臣松沢喜右衛門、本武田の類葉にして、一条右衛門太夫の旗下なりしが、晴信卒去の後信州の在に忍び居しを保科家へ召れ五十人扶持を賜る、正光御代に至り三百石を賜ふ。嫡子主膳なり、元和元年大坂御陣に正光御供松沢主膳討死二百石御小姓」。寛永十三年高遠より山形入部御供に松沢主膳。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「三百五十石松沢水右衛門」。諸士系譜に「本姓源、本国甲斐、定紋剣花菱、改紋十六葉裏菊星抜。父不詳、松沢喜右衛門信一(召出高遠保科正光へ、御家老三百石)ー水右衛門光味ー瀬兵衛光至ー水右衛門常喜ー喜右衛門喜章ー水右衛門喜知ー水右衛門喜俊ー忠太夫氏守(文政三年家督二百石)ー忠之進信元。明治元年以前に松沢水右衛門二百石」。本国信濃か。

九 上州箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町四十五戸、うち富岡三十五戸存す。永禄元年長野業政家臣録に松沢喜左衛門。

十 秋元藩家臣 前橋市二十五戸。箕輪城主井伊直政家臣か。秋元藩潰家留写に「松沢源左衛門。慶長五年関ヶ原合戦の節、井伊直孝より物頭源左衛門差添、御合戦後松沢は相残、其子五右衛門御代官、其子武兵衛御徒士被召出病死断絶」。

十一 彦根藩家臣 井伊氏年譜に「井伊直政御代被召出候者、本国相州・松沢進四郎」慶長七年分限帳に「百五十石松沢新四郎」慶安四年に「百五十石松沢弥左衛門」。文政十一年に「百石松沢辰蔵四十五歳」。

十二 佐野氏家臣 佐野市四戸存す。犬伏下町大庵寺念仏日記に「天正五年松沢主計」

十三 玉造氏家臣 行方郡玉造町玉造五戸存す。天正十九年玉造重幹生害の家臣松沢越中平利次、子孫文久三年松沢久左衛門。

十四 高野山千蔵院供養帳 豊島郡根葉村(板橋区)に「宝永二年・逆修一空妙玄、松沢利兵衛は立てる」。足立郡浮間村(北区)に「寛永二年・逆修父道永・母妙永、松沢久三郎は立てる」「寛永二十一年・逆修父道雲・母妙光、松沢正三郎は立てる」「明暦元年・道雲命日十一月二日・逆修妙光、松沢権九郎は立てる」。埼玉郡八条領西袋村(八潮市)に「寛文九年・父清光命日正月二十五日・母逆修妙光、松沢七郎兵衛は立てる」。

松下 マツシタ 信濃に多く存す。

一 木曽衆 南木曽町妻籠十二戸。寛永十九年人数書上帳に「妻籠村松下庄右衛門」。

二 安中衆 安中市安中一戸。高野山清浄心院上野国供養帳に「元和四年九月十五日・神儀月山浄心居士・西上州安中松下為右衛門は之を立てる、施主新五左衛門」。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町五戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「祐筆松下治部右衛門」。

四 沼田藩真田氏家臣 上田市十五戸、沼田市二戸存す。真田信利分限帳(天和元年改易)に「大小姓組頭二百石松下杢之助、石井惣兵衛組七両三人扶持松下清太夫」。

五 桐生城士 桐生市十戸存す。新田老談記に「桐生又次郎家来松下外記」。

六 小田氏家臣 つくば市十戸。天文十八年小田家風記に大番千騎二百石松下小右衛門

七 北条氏幕下田原城主大藤氏家臣 秦野市三十九戸存す。大藤氏着到帳に「二人・松下二郎右衛門尉、二人・松下藤四郎、二人松下甚内」。

八 同伊豆衆 沼津市内浦三津三戸存す。小田原旧記(天文二十一年作成)に「伊豆衆二十家、松下家、右は早雲寺殿様伊豆御打入以後、一国御平定之砌、最初御味方に属する家なり」。北条五代記に「明応二年秋伊豆国西海岸に侵攻した伊勢宗瑞に三津の松下三郎左衛門尉がいち早く随伴す」。内浦長浜大川文書に「天文二十三年七月十六日、西浦御領所船方中、松下三郎左衛門・大川若狭」。永禄二年役帳に「御馬廻衆松下三郎左衛門、三十三貫文豆州西浦」。

九 福井藩家臣 前項の子孫なり。小田原編年録に「結城秀康は関東弓矢の時節、武のほまれある者を尋ね出し扶持し給ふ、松下三郎左衛門入道など也」。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国遠江三百石松下甚六。本国相模御舟奉行二百五十石松下三郎左衛門」。秀康の子松平忠昌給帳に「七百十石松下三弥、三百石松下左太夫、二百五十石松下利右衛門、二百石松下半兵衛」。忠昌の子松平光通給帳に松下氏全員が見えず。

松島 マツシマ 信濃、上野、下野に多し。

一 信州箕輪衆藤沢頼親家臣 上伊那郡松島村(箕輪町)より起こる、在名にて現存無し。伊那武鑑に「松島、海野分流。矢島肥後守信清五代孫松島肥後守信清天文二年より居住。松島豊後守信久・五百貫文領、弘治二年信玄に背き御成敗される。松島居住信久弟松島源五郎右名跡給、天正十年浪人と成る」。二木家記に「天文十四年、小笠原長時方伊那衆の内、福与の城(箕輪城)に籠り候武士、箕輪頼親侍衆松島、此衆箕輪殿家中にて大身の武士也。武田に降参す」。茅野市守矢文書に「天文十六年三月九日、松島郷御頭役の減免を申し入る、神長殿(守矢)、松島満清花押」。山梨郡杣口村茂左衛門文書に「十一月十三日(天文二十三年頃)、武田晴信は信州松島備後守に諸役を免除す」。甲陽軍鑑に「弘治二年松島信文(信久か)等は狐島(伊那市)で斬首される」。高野山成慶院信州月牌帳に「永禄十二年七月十三日・霊位貞巌宗節、信州伊那郡箕輪庄松島兵部少輔は父の為に立てる」。諏訪市土橋満麿文書に「元亀四年三月、諏訪大社御頭役請取帳、松島御頭・使松島豊前」。

二 小笠原氏家臣 飯田市百八戸存す。笠系大成に「天正十年十一月三日、小笠原貞慶の将松島善兵衛」。甲斐国志に「松島刑部基忠の男喜兵衛基直・天正中貞慶に従ひ勇功あり」。岩国家記に「天正十年八月小笠原貞慶の将松島太左衛門・筑摩郡青柳城攻の時討死」。飯田藩慶長年間に「五十八俵松島五兵衛」。松本藩元和二年に「百石松島五兵衛」。

三 知久氏家臣 飯田市千栄字下村(一戸存す)に室町時代松島丹後居城跡あり。飯田市千代松島薫文書に「天正十一年二月九日知久頼氏は松島清次郎に伊那郡下村六貫文を宛行う」。

四 安曇衆 南安曇郡穂高町三十三戸、梓川村無し。大祝諏訪文書に「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、大妻南方(梓川村)代官松島孫右衛門尉」。

五 沼田藩真田氏家臣 上田市七戸、沼田市二戸存す。真田信利分限帳(天和元年改易)に「御小姓十両松島新右衛門」。

六 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町下芝三戸存す。高崎市清水系図に「清水新三郎晴重(長野信濃守に属し上州和田山に住す大永五年卒)ー内膳正功(箕輪下芝に住し後に和田赤坂に移る、元亀三年卒)ー女子(松島兵部介の妻)」。

七 秋元藩家臣 前橋市七十戸存す。寛永十年惣社より谷村所替面附帳に「百五十石松島権右衛門、百五十石松島伝兵衛」。潰家留写に「松島権右衛門。此家大河内主水様、秋元泰朝公御仮養子御成の節、御附に而来る、二百石城代格、富朝公御出生以後主水様長沢家(大河内)御帰り、権右衛門向方へ参る、主水様家臣に松島子孫相残る近来断絶の由」「松島伝兵衛。泰朝二男秋元隼人正忠朝様(旗本四千石)へ被成御附、向方御家に残る」。

八 桐生城士 桐生市百四十戸、山田郡大間々町百十戸・家紋丸に洲浜、勢多郡東村七十戸・家紋洲浜、うち沢入二十八戸、花輪十二戸、小中二戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「松島民部太夫は愛久沢能登守の旗本也、義貞公幕下の衆之内と軍帳之写に見ると也」。上野国志に「沢入城主松島式部少輔、小中城主松島淡路守」。沢入村松島式部少輔平綱弘なり。沢入村寛政十一年銅問屋松島十郎治文書に「八月十日(永禄八年か)、外山縫殿助才覚の者の如く、佐野城への往復、馳走の段神妙に候、松島駿河守殿、輝虎御判」「六月十八日(天正六年)、三郎景虎御前に走廻せらるべき由申し越され候間、松島駿河守殿、氏照御判(北条)」。関東庭軍記に「元亀四年三月由良成繁は桐生城を攻る。桐生勢松島図書は去る永禄七年春桐生に叛逆し謙信公の家臣伊勢崎城代荻田に頼れ、黒川責の時五覧田城(東村荻原)にて一族共に亡て、倅ども有かいもなき幼稚也」。関八州古戦録に「里見平四郎兄弟は、天正五年九月上杉謙信に暇を賜ひける故、東上野黒川谷へ越山して、神梅(大間々町)の郷士松島式部入道古伯・愛久沢能登入道道伴に寄て、桐生境の高津戸(大間々町)は松島が采邑にて爰に要害を構へ兄弟を移したり。勢多郡神梅の郷は、松島・愛久沢両人を隊長として地侍等数代の食邑を抱き、桐生大炊助直綱の旗下たりしが、天正元年桐生家頽敗の後は、北条氏政に属して安堵して居たりける処に、天正七年由良信濃守国繁一族家長を集め、桐生の先方・金山の歩弓共を以て梨坂(下神梅村)で戦う。両人は和解せんと古伯入道が長男松島弥四郎を人質に進めるが、楢坂の麓にて松島弥四郎討れる。其後松島・愛久沢が方より北条氏政へ事の次第を相達し、金山の旗下とこそ成にける」。

九 金山城士 前項に同じ。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。旗下衆、沢入城松島式部太夫古伯」。新田老談記に「天正十二年、桐生広沢の寄居に松島古伯・悪沢道伴を置く」。由良成繁家来付奥書に「松島は花輪に行ぬ」。阿久沢・松崎参照。

十 勢多郡山上城士 新里村五十五戸、うち山上十一戸、新川四十戸存す。正応四年山上城家臣に「留守居松島常右衛門輝行」。

十一 佐野氏家臣 佐野市七十五戸、安蘇郡田沼町五十戸、うち田沼八戸、葛生町三十八戸存す。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「永十貫文松島伊太夫・屋敷田沼」。佐野市犬伏下町大庵寺念仏日記に「万治二年、松島佐右衛門法名相誉浄頓」。

十二 壬生氏家臣 鹿沼市四十五戸、下都賀郡壬生町十二戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓役二十貫松島清兵衛、同高松島四郎右衛門、同高松島新左衛門、十五貫松島新三郎、五貫松島勝左衛門、同高松島啓助、同高松島惣右衛門」。鹿沼今宮神社に「天正十四年上葺、惣政所壬生上総介義雄、酒奉行松島惣右衛門朝久」「慶長十三年再建棟札写、奉行松島惣右衛門、松島助左衛門松島新右衛門」。高野山清浄心院下野国供養帳に「天正二年二月七日・逆修善根、下野日光山鹿沼松島九郎左衛門は之を立る」「慶長八年七月十三日・霊位快宗坊、下野鹿沼松島助右衛門尉は之を立る」「寛永五年十二月十三日・霊位蓮寿禅定門・逆修妙閨禅定尼、下野鹿沼町松島忠三郎は之を立る」「寛永十一年五月六日・霊位春翁宗芳禅定門・逆修傑翁常英居士、下野鹿沼町松島惣右衛門は之を立る」。嘉永六年旧臣控に「鹿沼宿松島仲左衛門」。

十三 芳賀氏家臣 秋田藩茂木若狭組十二所給人野内与市右衛門文書に「天正十五年十二月九日、芳賀高継は松島五郎左衛門尉に官途を与える」。

十四 小田氏幕下牛久城主岡見氏家臣 牛久市十一戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎千石松島美濃」。紀州藩岡見久映文書に「常州牛久にて岡見治部大輔治広家来松島美濃」。多賀谷重経家臣野口豊前戦功覚書に「天正十六年谷田部坊地と申所へ敵には松島美濃」。

十五 北条氏家臣 高野山高室院月牌帳に「天正十四年卯月日・逆修宗円・相州住・松島平三郎」。

松田 マツダ 越後、上野、常陸に存す。

一 信州八幡宮神主松田氏 更埴市八幡(一戸存す)に八幡宮別当寺である八幡神宮寺末寺東徳寺あり、隣の稲荷山村に稲荷城あり。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。信州先方衆八幡神主二十騎・海津城将高坂弾正組衆」。八幡宮神主松田千里文書に「元亀元年十二月四日、更科郡八幡東徳寺之事、松田式部丞無異儀進之候上者、寺務勤行催促す、武田家朱印」。謙信文庫に「天正二年六月二十七日、八幡宮社領を管せしめ、稲荷城を守らしむ、松田織部佑殿(盛直)謙信花押」。松田千里文書に「天正十二年五月十七日、松田民部助は稲荷城の在城を上杉景勝から命ぜられ、八幡神領を預け置かれる」。上杉家文書に「天正十二年六月二十七日、松田分并八幡領一円預け置かれ八幡宮の修造・祭礼の勤仕を命ぜられ、稲荷在城を命ぜられる、松田織部佐殿、景勝印」。歴代古案に「天正十二年六月二十七日、松田織部佐をして稲荷山城を守らしめ、其子孫三郎に命じて仁科総領職を襲がしむ、仁科孫三郎殿、景勝朱印」、仁科参照。松田千里文書に「慶長三年二月十二日上杉景勝に従ひ会津へ罷下候、八幡宮神主職を預け置く、松田縫殿助殿、松田織部佑盛直花押」。江戸時代は八幡宮神主松田大膳を襲名し、明治四年神主松田穂並は邸内に郷学校の八幡書院を開く。次項参照。

二 上杉氏家臣 古代士籍に「謙信様衆、信州更科八幡神主也・後仁科・松田織部助」上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け上田居・元信州泉殿より出る・泉明神社人松田五郎左衛門・同社人松田林助」。長尾系図に「上杉景勝様御家中侍衆松田越中守」。松田氏は南魚沼郡・北蒲原郡に多く存す。文禄三年目録に「信州侍七百六十三石更級八幡宮別当松田織部佐。小国(出羽国)直江抱同心六十五石仁科伯耆・右伯耆父の姉は松田織部妻也。信州福島(須坂)須田相模守抱同心三十三石松田藤兵衛。春日山御側御手明衆十二石松田五郎左衛門。越後鮎川同心八石松田才門。村松(長岡市)新手明七石松田林助」。慶長三年会津分限帳に「千五百石松田織部。河田玄蕃組二百石松田六右衛門。上泉源五郎組(関東衆が多い)百五十石松田久兵衛」。慶長五年に「百五十石松田久兵衛討死、後家人弥兵衛」。上杉家米沢へ減封により松田織部佐は信州へ帰郷す。

三 米沢藩家臣 米沢市七十戸存す。寛永八年に「御手明衆二十五石松田五郎左衛門」寛政五年に「十二石松田七左衛門、六石一人扶持松田仙次郎、五石一人扶持松田吉弥四石一人扶持松田兵左衛門、三石一人扶持松田富次、同高松田九郎次、同高松田左之助・同高松田友蔵・同高松田幾蔵、二石一人扶持松田長左衛門、同高松田杢右衛門、同高松田鍋次、同高松田名助、同高松田市左衛門、同高松田助右衛門、同高松田市之丞、一石一人扶持松田徳左衛門、同高松田孝右衛門、一人扶持松田五右衛門」。

四 松代藩真田氏家臣 上田市三十九戸。寛文元年に「百五十石松田九左衛門」。

五 箕輪城主長野氏家臣 高崎市百七十戸、うち浜川一戸、群馬郡箕郷町五戸、群馬町四十二戸存す。長野郷浜川村は長野氏発祥の地なり。永正六年東路の津登に「浜河と云ふ所に松田加賀守法体して宗繁あり」。箕郷町富岡長純寺弘治三年卯月二十六日奉加帳に「柱一本・松田右馬助」。永禄元年長野業政家臣録に「徒士松田作左衛門」。

六 箕輪城主内藤氏家臣 永禄九年箕輪落城後は武田氏家臣内藤修理助昌豊が箕輪城主となり天正三年長篠討死し、嫡子大和守昌月が継ぎ武田滅亡後は北条氏に属し天正十六年病死。内藤昌豊は元亀年間に元総社の内・石倉城を支配し内藤分村と呼ばれ、大正六年石倉町となる。石倉町斎木に松田屋敷と言う地名あり二戸存す。高崎近郷村々百姓由緒書に「私先祖は松田外記、松田大隅と申候。松田外記は天正十年滝川左近と北条氏政神流川合戦のとき、北条安房守氏邦旗下にて勅使河原村にて討死、男子両人有り、一人は惣社城主諏訪出雲守に仕へ諏訪に今末々勤仕す、一人は百姓に成り末々在に有り。松田大隅は上野之内町谷・大島(高崎市)二郷領知し、箕輪城主内藤大和守旗下にて武田信玄・勝頼に仕へ、勝頼没落の後惣社村に居住す。大隅男子又兵衛・久左衛門両人は、惣社城主秋元越中守に仕へ、甲州郡内所替に従い勤仕す。松田久左衛門男子十右衛門・九郎左衛門・庄左衛門と申三人有り、所替の節両人は郡内へ従い一人は私祖父十右衛門、爰元にとどまり百姓となり、十右衛門男子両人有り、一人は私親治部左衛門、一人は半兵衛と申し秋元但馬守に勤仕す。由緒書提出松田十右衛門、弟六兵衛子杢左衛門」。子孫の元総社町元総社松田充雄文書(家紋丸に洲浜、墓地は元総社町天台宗徳蔵寺)に「天正十二年十二月二十四日、箕輪衆星名小隼人佐殿氏照花押(北条)」、異筆に「星名小隼人・松田大隅相備之砌、為後鑑此条目大隅へ被相渡候」。前橋市百四十戸、うち総社町・元総社町四十戸・家紋洲浜。古代以来居住の苗字にて相模国松田郷より起こる藤原秀郷流松田氏(家紋直違、左三巴、鶴の丸)後裔説は仮冒なり。三十一項参照。

七 惣社城主秋元氏家臣 総社記に「上杉家良臣長尾家へ一味・松田。慶長九年総社城主秋元泰朝は、松田といふ者に鍛冶町の鍬立被申付」。鍛冶町は明治六年相生町、昭和四十一年に本町・表町となる。寛永十年惣社より谷村所替面附帳に「五十俵二人扶持松田久左衛門、同高松田又兵衛」。秋元家藩臣秘録に「慶長五年長朝公深谷より惣社へ罷越、松田大隅守等惣社古き大臣の者ども秋元家へ引れる。惣社御譜代松田大隅守延庸嫡子大隅守は長朝公惣社御開奏之節、第一之随身に而骨折なり。今松田家に長朝公之御書委く相越。寛永十年惣社より甲州郡内へ御所替之節、大隅守嫡子久左衛門、次男又兵衛兄弟ともに罷在、惣社取帰り、松田家相続二男又兵衛御家へ残る。又兵衛は富朝公御代大納戸元〆相勤候処乱心自滅仕、此家断絶」。

八 信州高島藩諏訪氏家臣 天正十八年諏訪頼忠惣社入部し、子頼水が高島へ転封す。箕輪城の惣社衆瀬下系図(佐久市三塚住)に「瀬下右京進良寿ー豊後守良隆(天正十三年卒七十七歳)、妹(松田大隅守則秀妻子孫代々信州諏訪安芸守頼忠家臣)」。北条氏家臣松田氏後裔説は仮冒なり。高島藩主の子孫東京都諏訪忠弘文書に「元和元年大坂御陣御供の面々松田藤左衛門」。藩譜に「藤原姓、本国相模、北条氏元老松田尾張守憲秀の弟松田肥後守秀範(小田原没落後上州惣社居住、後大隅、其後三郎左衛門に改む、文禄二年惣社に於て諏訪頼忠に仕へ百石、諏訪へ御供)ー藤左衛門昌永(室上州惣社浪人瀬下豊後女、信州佐久郡三塚郷住。頼水に仕へ百石、元和元年大坂陣御供四十石加増、百四十石領す寛永十九年卒号昌岩久降)ー三五左衛門昌久(百四十石)ー藤左衛門昌興ー三五左衛門昌信ー三五左衛門昌生(宝暦七年隠居)」。

九 倉賀野城士 高崎市倉賀野町九戸存す。須賀文書に「倉賀野城主金井三河守の臣松田宇兵衛」。

十 館林城主赤井氏家臣 館林市十戸、足利市十七戸存す。館林記に「元亀元年赤井文六照景叔父で赤井七騎足利城主白石豊前守家臣松田新四郎」。

十一 金山城士 太田市二十五戸、うち鳥山二戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「松田五郎、鶴生田四家の松田とも云ふ、又松田五郎は足利義純の家臣とも云、金山にも松田学路と云あり。鳥山刑部左衛門尉・後主膳正と云、金山之与力一方の大将として家臣には松田主水」。松田五郎は松田(しょうだ)なり、正田参照。金山太田誌に天正十一年金山籠城・譜代之臣松田学寿。

十二 皆川氏家臣 河内町薬師寺無し。譜代討死帳に「薬師寺討死松田源三」。

十三 壬生氏家臣 壬生町八戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓組二貫松田大学」。

十四 宇都宮氏家臣 宇都宮市九十戸、塩谷郡高根沢町太田無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、松田藤次郎」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「太田村松田佐次馬」。

十五 結城氏幕下多賀谷氏家臣 下妻市十四戸、うち下妻西町六戸、結城郡八千代町二十六戸、うち太田七戸、野爪無し、千代川村三十二戸、うち皆葉二十五戸存す。多賀谷諸家中に松田彦右衛門。東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事、松田宮内」。天正十年大田和合戦図に「長柄二十五・松田内蔵之丞、同松田源造」。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。多賀谷家臣、下妻西町松田権右衛門。結城家臣、皆葉村松田吉兵衛・同伝兵衛・同平兵衛」。元禄七年多賀谷諸士子孫に「野爪村松田市兵衛」。明治二十二年多賀谷城碑に「太田村松田勝四郎」。

十六 小田氏家臣 つくば市四十五戸。天文十八年小田家風記に大番千騎千石松田東馬

十七 岡見氏家臣 牛久市二十六戸、筑波郡伊奈町八戸、うち足高無し。東国戦記実録に「天正元年常陸足高勢揃の事、松田美濃」。紀州藩岡見久映文書に「常州牛久にて岡見治部大輔治広家臣松田信濃」。

十八 龍ヶ崎城主土岐原氏家臣 竜ヶ崎市八十戸。土岐岡見家臣等覚書に「龍ヶ崎城主土岐左兵衛尉家中松田尾張・龍ヶ崎に住」

十九 土気城主酒井氏家臣 土気古城再興伝来記に「天正二年、外様千石松田新助、目付五百石松田藤三郎」。

二十 佐倉藩堀田氏家臣 佐倉市臼井四戸存す。慶応元年分限帳に「五人扶持・臼井村馬医松田五郎治」。

二十一 里見氏家臣 安房国丸郡松田村(和田町)、丸郡平磯村(千倉町)より起こる在名にて両氏は現存無し。里見系図に「真里谷城主里見実堯は、稲村城主里見義豊を攻め、家臣松田左衛門佐豊成・其の弟平磯某と共に実堯も討死す、天文二年なり」。

二十二 幸手城主一色氏家臣 高野山桜池院供養帳に「慶安二年七月三日・菩提志宗貞禅定門命日七月十三日、武州幸手佐左衛門新田松田庄左衛門は父の為に立てる」。法名宗貞は慶安元年七月十三日没し、一周忌の供養をする。杉戸町佐左衛門村松田寺伝に「松田佐左衛門信光は当山を開基し、慶安三年七月十三日没・法号光徳院殿権輪宗貞大居士。二代松田六郎左衛門重光・延宝六年没」。慶安三年没は誤り。

二十三 足立区伊興五戸、鳩ケ谷市里三戸、八潮市浮塚十六戸存す。高野山千蔵院供養帳足立郡伊興村に「寛文元年・逆修久兵衛、松田源左衛門は立てる」。足立郡里村に「承応三年・逆修母、松田勘三郎は立てる」。埼玉郡浮塚村に「文化十三年建、真如道説信士命日天明三年六月九日、春善妙覚信女命日天明四年二月十五日、円月妙照信女命日天明四年七月二十四日、松田権左衛門は立てる」。

二十四 武田氏家臣 南巨摩郡中富町十一戸うち切石一戸存す。甲斐国志に「巨摩郡河内領切石村。天正十八年小田原御陣菅沼定政出馬、先方衆松田大膳・松田彦四郎、河内の地士なるべし」。

二十五 同駿河衆 駿東郡西井出村久左衛門文書(沼津市)に「元亀四年十月二日、植田新次郎駿州の屋敷被官を支配させる、松田左衛門尉殿、武田家朱印」。愛知県南知多町加古貞吉文書に「天正九年十二月八日寄親候松田上総介、対勝頼忠節之始、韮山城主北条美濃守氏規と一戦のとき戦功を賞す、小野沢五郎兵衛殿、勝頼花押」。上総介は元北条氏家臣にて、武田滅亡後は元の北条氏に帰参す。

二十六 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「二百五十石松田十兵衛」子孫断絶す。出羽国に多く、山形市三百七十戸存す。諸士系譜に@「本姓藤原本国出羽、定紋丸に算木。父不詳、松田甚右衛門(召出寛永十四年山形、御台所役七石二人扶持)ー初右衛門久秀ー甚兵衛久矩ー甚右衛門久真ー又八久尚ー権六郎久敬(文化十四年召出二十石四人扶持)」。A「本姓本国不詳、定紋丸ノ内算木、替紋丸ノ内井桁。松田甚右衛門の長子仁兵衛久吉(召出慶安三年、御台所へ金一両)ー四郎左衛門久照ー善左衛門久能ー四郎左衛門承諸ー四郎左衛門久重ー内蔵久昌(文化五年跡式百石)ー又五郎久成」。B「松田四郎左衛門久照の二男九八久喬(召出元文元年十石二人扶持)ー仁兵衛叔恭ー善蔵久元ー庄九郎重義ー九八勇忠(文化四年召出十石三人扶持)ー子之吉保忠」。C「本姓本国不詳、定紋丸之内蔦、替紋五三桐。父不詳松田喜兵衛重信(召出料理人)ー鉄蔵重成ー喜兵衛信女(寛政四年召出)ー吉五郎重礼。文久二年松田類蔵一両二人扶持」。

二十七 藤原秀郷流波多野氏族松田氏 相模国大住郡波多野庄大槻村(秦野市)より、本拠地を足柄上郡松田郷に移す、松田町松田惣領に曹洞宗延命寺・真言宗宝光院、松田庶子に真言宗宝寿院・単立大蔵院、寄に曹洞宗竜王寺・福昌院、松田町に日蓮宗は無し。佐野松田系図に「波多野二郎義通ー波多野右馬丞義経(寿永元年為頼朝被誅)ー小二郎有経(頼朝被召出、賜松田庄、号松田)ー松田三郎左衛門尉政基ー忠義ー又次郎忠綱、弟三郎秀政(弟四郎秀綱、弟五郎秀朝、弟九郎忠冬)ー小三郎忠信ー三郎太郎忠秀。忠義の弟四郎政綱ー二郎綱泰法名行祝(弟二郎政定)ー小二郎政経(弟三郎家泰)ー貞政。政綱の弟五郎政泰(弟余一政村)ー孫三郎行経ー九郎泰行、行経の弟五郎三郎政郷ー弥三郎経郷、政郷の弟弥五郎政俊、弟八郎政朝、弟五郎延政、弟阿闍梨泰暁、弟新五郎重政」「松田小二郎有経の弟大槻小次郎高義ー左衛門尉成高ー盛家ー松田左京進成家ー左京進宗栄ー太郎備後守成栄ー備後次郎頼高ー備後守直高(備前居住)ー左衛門尉直頼(弟二郎左衛門尉成継(備前住)ー左京進頼成改頼重(初住関東)、弟二郎太夫元成(文明三年改左近将監)ー左馬助元藤(大永比、住備前)ー出羽守房成。大槻盛家の弟松田高秀ー高親(弟秀盛)ー小次郎盛親」。備前国の苗字松田元成を混入している。三十六項参照。

二十八 松田左衛門尉頼秀 備前の苗字松田頼秀は足利将軍の命により上杉氏に仕へ、自己の苗字と同じ地名の相模国松田郷を所望し、波多野氏流松田氏後裔を称す。前項系図に「松田直高(備前居住)ー直頼ー頼成改頼重(初住関東)ー松田左衛門尉頼秀(公方の命に依り、本国関東に下向、逆徒を対治し、忠功を励ましむ。松田・河村を賜ひて関東に居住し、其の後修理大夫定政と快よからず、相州にて合戦数度に及ぶ。其の時頼秀状に曰ふ、『明応三年九月十六日、松田左衛門尉頼秀、進上龍泉庵侍者御中』)ー左馬助顕秀ー松田尾張守憲秀(小田原氏綱・氏康・氏政三代家老、法号鳳栖院竹庵宗悟居士)ー笠原新六政堯、弟松田左馬助直憲」「憲秀の弟松田肥後守康光(法号雲草院喜公居士)ー松田六郎左衛門尉康江ー松田六郎左衛門尉定勝」。小田原旧記(天文二十一年頃作成)に「御由緒家、松田家。相模□□なれども、大身にて□□□由緒も有之に付、此列に被□□□。右は早雲寺殿様御草創七手御家老衆之家に而、御家門に被准」。関八州古戦録巻十一に「松田尾張守村秀が嫡子笠原新六郎政堯、次男松田左馬之介、三男松田源三郎とて三人の子共あり、松田尾張守祖先は、相州西郡の領主三浦備中守時方が家人にて孫三郎頼重と云、後に左衛門尉と号す、本主時方を欺き其領分を押領して扇谷上杉朝良に従ひ、其後北条早雲庵に属し五代を経たり」。松田頼秀は寛正三年(一四六二)以前から小田原市東大友を知行(浄土宗浄蓮寺あり)し、子孫に伝領されている。鶴岡八幡宮文書に「寛正三年十二月二十一、堀越公方足利政知は、相模国東大友半分松田左衛門尉跡(頼秀)を寄進す」。明応三年(一四九四)に伊豆国に侵攻した伊勢宗瑞に属す。鎌倉市岩瀬浄土宗大長寺天文十八年九月十八日北条為昌室朝倉氏像銘に「朝倉息女北条九郎(為昌)之御前、御子には北条左衛門太夫綱成・同刑部少輔綱房・同息女松田尾州(盛秀)之御内也」。福島綱成(永正十二年生)・同綱房・松田盛秀室の三兄妹は北条為昌の養子となる。盛秀は系図の顕秀で、高齢である頼秀の養子となる。多摩郡関戸宿有山文書に「天文二十四年正月十一日、有山源右衛門尉殿、盛秀花押」。相州陰陽師天十郎宛に「天文二十四年二月二十三日、北条家奉行松田尾張守(盛秀)」。下総国臼井城主原胤栄宛に「天正二年二月二十一日、松左憲秀花押(松田左馬助)」。原文書(松田仙三所蔵)に「原大炊介殿、松尾憲秀花押(松田尾張守)」。信州千野左兵衛尉宛に「天正十年七月十三日、松田尾張守憲秀花押」。古今消息集(内閣文庫)に「天正十八年六月八日、北条家老松田尾張守政賢・反逆にて秀吉へ内通の答、態たがひの名字なかりしと云々」。家忠日記に「天正十八年六月十六日、松田(政堯)調儀候へ共、弟(直秀)返忠候てちがい候、松田成敗にあい候」。古状集に「天正十八年七月五日、豊臣秀吉は北条氏政・大道寺政繁・松田憲秀を切腹させる」。憲秀の嫡男新六郎政堯は、静岡県榛原郡榛原町勝間田(松田氏五戸)松田敬一郎文書に「天正三年三月二日松田新六郎殿、氏政花押」笠原政晴と名乗る。笠原参照。憲秀の次男左馬助直秀は安得虎子に「天正十六年六月二十二日、松左花押(松田左馬助直秀)、同尾花押(尾張守憲秀)」と父子である。南足柄市塚原曹洞宗長泉寺文書に「天正十八年正月二十六日、直秀花押」。高野山高室院北条家過去帳に「天正十八年三月二十一日・天桂道安(不詳)、小田原松田左馬助は之を立る」松田直弘文書に「天正十八年六月十七日、松田左馬助殿、氏直花押」。小田原落城後直秀・直憲兄弟は北条氏直と共に高野山に追放される。直秀は四郎左衛門憲貞と改名して前田利長に仕へ四千石、慶長十九年七月死去、金沢市寺町日蓮宗法光寺に葬る。

二十九 加賀藩家臣 加能郷土辞彙に「松田左馬助四郎左衛門(松田尾張守政賢の三男北条氏直死後前田利長に仕へて四千石)、其子左馬助四郎左衛門憲里(父の禄二千石を領し、慶長十九年大坂役の銃将、没後子無く断絶)。憲里の弟平大夫四郎兵衛(五百石、大坂再役に従軍、子孫世々藩に仕へる)。松田左兵衛太郎兵衛(慶長十年前田利常に仕へ五百石、大坂再役に従軍)、太郎兵衛の子孫松田権太夫以敬の子四郎左衛門の養子源次郎権太夫典克(八百石、大小将、寛政四年四月十六日組の儀につき自殺)、其子彦右衛門克互(享和二年祖父の遺跡三百五十石を賜る)。松田常安(天明七年御医師に召出れ寛政三年没す)、子孫玄宇・常安永敬が相継ぐ)」。慶長十年に「四千石松田四郎左衛門」。慶長十七年に「千石松田平大夫、五百石松田左京」。元和元年に「千石松田三右衛門、五百石松田次郎兵衛、五百石松田左京」。寛文元年に「五百石松田太郎兵衛、四百石松田四郎左衛門、三百五十石松田四郎兵衛」。文化頃に「丸内二膳箸・四百石松田政吉。同紋・三百五十石松田清左衛門。同紋・二百石松田九郎右衛門。タバネナワ・二百九十石松田友次郎。井桁・五人扶持松田常安。百石松田源八郎」。文久頃に「丸ノ内二膳箸・四百石嘉永五年家督松田外次郎憲一・長町日蓮宗法光寺。同紋・養父治左衛門・二百石天保十年家督松田九郎右衛門憲信・法光寺。同紋・父清左衛門・百五十石万延元年家督松田昇五郎元郷・長町日蓮宗本因寺。丸ノ内手操ナワ・養父左馬衛・二百九十石天保十三年家督松田友蔵克和・馬場町浄住寺。三階松・百五十石松田平大夫秀一・白銀町日蓮宗承證寺。片喰・・養父源八郎・百石安政六年家督松田久之助信成・杉浦町日蓮宗妙福寺。撫子・父医者常安・五人扶持安政二年家督松田三順永従・大来寺」。

三十 河村郷の松田氏 相模国足柄上郡山北町十戸、松田町六戸存す。山北町山北に河村城あり、岸、向原、湯触等に日蓮宗は無し。松田新次郎康隆は日蓮宗信徒松田尾張守盛秀に同行し備前より相模へ下向し、松田左衛門尉頼秀の知行地を分与され、備前時代以来の苗字松田を名乗り土着す。盛秀とは別流にて兄弟契約を結ぶ。湯触村御嶽社天文二十二年正月棟札に「大旦那松田新次郎藤原康隆」。永禄二年役帳に「小田原衆松田新次郎、二百十九貫文西郡川村、十四貫文西郡松田西分、五十六貫文西郡東大友」。高野山高室院月牌帳に「永禄十一年逆修利春、相州松田新次郎は母の為に立てる」。新編相模足柄上郡松田庶子条に「松田西分とあるは当村の内なるべし。村北に松田新次郎城蹟あり」。川村向原村条に「松田新次郎康隆知行せり。松田尾張守憲秀も領せり、川村岸に屋敷を構へし」。

三十一 松田氏の家紋 備前より下向した松田頼秀以前にて、長倉追罰記に「永享七年六月(一四三五)、常州佐竹郡の長倉遠江守御追罰として、大将足利持氏、山内上杉扇谷上杉をはじめとして打続く、めひきかこは松田が紋」。目引籠は、目籠の斜方形に編んだ竹の編み目を象ったもので、丸に二前箸打違は箸の打違いで、箸を✖の形にする、別名を丸に直違(すぢかい)と云。加賀藩士は「丸ノ内二膳箸」と云う。

三十二 北条氏家臣小田原衆 永禄二年役帳に「小田原衆松田左馬助(憲秀)、千二百七十七貫文西郡苅野庄(南足柄市)、百五十貫文入間川(狭山市)、六十一貫文飯田岡(小田原市)孫太郎分、二十三貫文飯田富永知行内、二十五貫文東郡恩馬(海老名市)、五十貫文武州関戸之内(多摩市)、百八十貫文笠間(横浜市戸塚区)此内百貫文筑前・五十貫文因幡、此外千貫文高麗郡の内」「小田原衆松田筑前守(康定)、六十二貫文高麗郡下小坂、買得四十貫文入間郡勝之内高野村」「小田原衆松田因幡、百三貫文西郡今井郷半分(小田原市)」「小田原衆松田兵部丞、八十六貫文西郡今井郷半分」「御馬廻衆松田助六郎(康長)、買得百七十七貫文中郡荻野郷(厚木市)、買得百貫文豆州牧郷半分(修善寺町)、買得六十貫文東郡台之村(鎌倉市)、合五百三貫文」。東京国立博物館所蔵に「永禄九年卯月十二日、松田肥後守殿(康江)、氏政花押」。三島神社文書(三島市小出文書)に「北条家奉行松田右兵衛太夫花押(康長)」「天正十八年三月十九日、山中城より松兵太、康長花押」。康長は同年三月二十九日山中城討死す。三島市山中新田浄土宗宗閑寺墓碑に「松田右兵衛太夫重長」。高野山高室院月牌帳に「永禄十二年六月十二日・鳳巣昌雄・相州小田原松田助六郎内方(康長妻)」「永禄十三年二月日・昌月永厳・相州小田原松田助六郎御局」「天正十一年七月八日・逆修妙義禅定尼、相州松田小少将は立てる。逆修盛和、松田□内□亮は立てる(大内蔵亮か)」「天正十八年六月十一日・昌雄禅定尼、相州小田原松田助六郎(直長)は母の為に之を立てる」。直長は徳川家康に仕える。

三十三 松田筑前守康定流 肥前国出身の曹洞宗信徒益戸康定は修験赤松氏配下にて、備前国日蓮宗信徒松田尾張守盛秀と兄弟契約を結び松田氏を称し、左衛門尉頼秀の知行地を分与される。子孫紀州藩参照。@小田原編年録に「松田某(備前に住し赤松につかふ)ー尾張守(備前浦上の一乱により弟康定とおなじく相州の左衛門尉を尋て下り早雲・氏綱二代につかふ)、弟筑前守康定(生国肥前、左衛門尉が遺跡をつぎ氏康につかへ康の字を賜はる。小田原記云、明応の頃松田左衛門頼重(頼秀)と云人あり、是は公方家の忠臣たりしゆえ上杉の下知に随って相州西郡にて度々合戦したりけるが早雲小田原へ入たまふと聞大に喜び最前に馳て一つに成る云々)ー孫太郎肥後守康江(小田原にて生る。分限帳に筑前と見へしは此人の事なるべし。氏康・氏政に仕ふ。天正十八年の後越前秀康の招きに応ず七十歳にて死す)ー六郎左衛門定勝(太田新六郎名代となり太田六郎左衛門と称す、後又松田に復す。御入国の時召出されて勤仕し奉る)、弟大石惣四郎信濃守。康江の弟右兵衛太夫ー助六郎」二十八項参照。異本小田原記に松田筑前守の孫六郎左衛門。寛政呈譜に@「藤原秀郷流、家紋直違(すぢかい)、右三巴、鶴の丸。松田筑前康定(はじめ備前国に住し、後相模国に赴き、北条氏康に仕へ、康の一字をゆるさる、小田原にをいて死す)ー兵衛太夫康長(天正十八年伊豆国山中城を守り、落城のとき討死す、年五十四。弟肥後康江)ー助六郎市兵衛直長(北条氏直に仕へ、直の一字をうく。文禄四年東照宮に仕へ四百三十石、明暦三年死す、年九十六、四谷の曹洞宗全長寺に葬る、のち代々葬地とす)、子孫左京以長(天明七年継四百三十石)」。記録御用所本・松田左京以長書上に「天正十八年卯月十七日、父右兵衛太夫(康長)山中城討死により家督相続を許可す、松田助六郎殿(直長)、氏直判」。新宿区愛住町曹洞宗全長寺旦那なり。A「松田肥後康江(今の呈譜に康郷。松田筑前康定が二男。北条氏康につかふ、小田原没落後越前秀康につかふ、慶長十四年死す、年七十)ー孫太郎六郎左衛門定勝(天正十八年東照宮につかへ、寛永二年千石、正保二年死す、牛込の天徳院に葬る、のち葬地とす)、子孫貞喬(元禄十四年勤務をろそかなるにより采地を公収せられ断絶)」。

三十四 福井藩家臣 慶長六年入部結城秀康給帳に「本国相模・役無衆六百石松田肥後(康江)、本国信濃・二百五十石松田平左衛門、本国相模・二百石松田権之助」。松平綱昌給帳に「二百石松田半兵衛、二十四石四人扶持松田長右衛門、二十石三人扶持松田弥右衛門」。

三十五 紀州藩家臣 三十三項の松田兵衛太夫康長の嫡男は、東金市鵜沢源四郎文書に「三月二十一日(天正十八年か)、東金城主酒井氏家臣鵜沢一右衛門の忠節を賞す、松田兵衛太夫清秀花押」。父と同時討死したか。清秀は初名益戸豊前か。松田康長の本名は益戸氏なり。徳川頼宣元和五年入部の国初知行高に「大番衆三百石松田彦右衛門」。文化七年頃に「北条氏直臣松田左衛門尉康長孫、益戸豊前惣領松田彦右衛門は初益戸彦四郎と云三百石、子孫七代四十石松田大膳政紹・父彦四郎」。慶応三年に「公儀より御附二十五石松田三十郎」。

三十六 備前国の日蓮宗信徒松田氏 岡山市二百九十戸、備前市二十三戸、赤磐郡熊山町五十戸、御津郡御津町九戸、加茂川町九戸存す。古代以来居住の苗字なり。地名松田村は無し。備前国守護松田氏一族の名は太平記巻十四に「建武二年、官軍(新田)ついに戦ひ負けて、備前国に引き退き、三石(備前市)の城に立て籠るところに、当国の守護松田十郎盛朝、当国に下着して、すでに御方(足利)加はる。松田十郎敵に属するあひだ、官軍数十人討たれて、熊山の城に引つ籠る」。巻二十五に「貞和四年細川顕氏を大将にて松田次郎左衛門、楠正行退治云々」。巻二十六に「貞和四年、高師直大将にて、松田備前三郎。小旗一揆の衆松田左近将監重明・舎弟七郎五郎・子息太郎三郎、松田小次郎、楠が二陣と戦ふ」備前国御野郡鹿田庄(岡山市鹿田町)松田氏の名は、観応三年鹿田庄松田左近将監、永徳三年鹿田庄町永村定林寺旦那松田豊前守藤原明秀、応永二十六年鹿田庄藤原持秀康正三年鹿田庄代官松田豊前守、文明十一年鹿田庄代官松田豊前守賢信、文明十三年鹿田庄松田惣領又次郎、文明十六年鹿田庄代官松田氏は公方近習者。室町幕府奉公衆であった。備陽記等に「備前国御野郡大安寺村枝郷矢板村(岡山市矢板本町)富山城主松田元喬が康永元年(一三四二)岡山城内の榎馬場に日蓮宗蓮昌寺を開基(岡山市田町)。松田権守元隆は備前西方の四郡を治め、その子元成は文明十二年頃、富山城から金川城(御津町)に本拠を移し、城内に日蓮宗妙国寺を建立す。三石城に拠った守護代浦上氏は大永元年赤松義則を滅ぼす松田元成の子元勝、その子左近将監元隆は京都日蓮宗妙覚寺別当職となり、永禄十一年浦上氏被官宇喜多直家の奇襲により金川城主松田氏は滅亡す」二十七項参照。松田一族は熱烈な日蓮宗信徒であり、家臣らは鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺に供養を依頼す。妙本寺回向帳に「永禄八年九月備前大村弥太郎蓮芳」「天正十一年四月備前中島孫之丞弟行演」、年不詳に「備前松田善助母智妙。備前金川妙国寺日賢。備州蓮昌寺日教。備州横井和泉守祖父法善。備州金光新介慶照。備州難波源七郎祖母妙高。金川福本新右衛門。備州中野対馬守相信。備前富山九郎左衛門宗栄。宇喜多甚左衛門也芳清」。その他備前住人の名が多く見ゆ。

松平 マツダイラ

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「信州桂山衆(長野市)島津抱四十八石・本国越前・松平に改・宮本五郎助」。慶長三年会津分限帳に「信州葛山衆百石松平五郎助、鹿沼右衛門組(関東衆が多い)百六十石松平彦右衛門」。

二 信州伊那衆 下伊那郡高森町吉田、上伊那郡中川村大草無し。諏訪大社上社文書に「天正六年上諏訪造営帳、伊那郡吉田郷代官松平弥左衛門尉」。甲州恵林寺文書に「天正十年七月六日信玄幕下信濃諸士起請文、伊那郡大草休斎家中衆松平仁左衛門」

三 松代藩真田氏家臣 上田市一戸存す。松代藩海野直枝文書に「寛永三年、海野宮内尉久慶、松平善左衛門直政」。

四 牛久藩由良氏家臣 由良系図に「由良貞繁(大坂再乱五月七日、家人松平庄左衛門・首一級を得る」。

五 小宅氏家臣 西茨城郡岩瀬町富谷無し。水谷蟠龍記に「天正十一年笠間代官満川勘左衛門尉は富谷城を責める、小宅采女一族松平豊後守岩丸・楯籠る」。

六 佐竹氏族 常陸国久慈郡松平村(水府村)より起る、在名にて現存無し。高柿氏は久慈郡高柿村(金砂郷村)より起る。秋田藩家伝文書に「幕紋軍配団中に月ノ丸。先祖佐竹義の子太田四郎師義、其の子松平を名乗り、末子は高柿を名乗る。師義より大膳までの間中絶す。大膳嫡子源左衛門まで松平を名乗り、源左衛門より高柿を名乗る。父子は佐竹義舜に従い、気賀野と金砂を拝領す。松平大膳義資(金砂に居住)ー高柿源左衛門吉敦(気賀野へ移る。弟大膳院は金砂に居住、衆従頭勤む)ー源左衛門吉持(慶長七年常州より御供四十五石)」大膳院は修験にて水府村天下野(けがの)東金砂山権現別当僧か。秋田藩高柿彦右衛門重利文書に「永禄九年十月二十三日、佐竹義重は松平弾正少輔に下野国塩谷川崎の戦功を賞し官途を与える」。天正十九年佐竹義宣の重臣松平上総介信久は松平村に居し、高垣氏を称す。高柿参照。

七 三河国長沢松平氏 三河国長沢村に本名近藤氏四十九戸存す。近藤十九項参照。

松高 マツタカ 江戸幕臣人名事典に「松高岩之丞、元治元年四十八歳、家紋左□二ツ巴花沢瀉、藤原姓、三百俵、本国常陸生国武蔵、養祖父松高藤右衛門死、養父松高斧次郎死峯樹院様御用人」。

松館 マツダテ 多賀谷氏家臣 下妻市無し秋田へ多賀谷宣家随行に「御馬乗り上り松館五郎兵衛」。

松谷 マツタニ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市一戸存す。寛政五年に「三会所番石三人扶持松谷常左衛門」。

松塚 マツヅカ 佐竹氏家臣 石岡市十一戸秋田藩諸士系図に「藤原姓、幕紋桔梗。松塚長右衛門忠治(慶長七年常州より来る」慶長国替記に「三十石松塚長右衛門」。

松月 マツヅキ 金山城士 太田市五戸・家紋丸に五ツ松皮菱。由良成繁家来付奥書に「松月は太田に住す」。

松戸 マツド 東金市七十四戸、うち堀上三十二戸、上宿二戸、松之郷字後谷三戸、台方(羽黒)一戸、北之幸谷一戸存す。

一 東金城主酒井氏家臣 東金村最福寺天文十八年鰐口銘に「東金池袋峯根寺松戸平四郎寄進」。東金城明細記に「天正十八年、給人二百五十石堀上住松戸治部・今の七郎兵衛松戸一統の元祖也。給人百石上宿住松戸四郎右衛門。給人百石後谷住松戸孫左衛門・今の兵左衛門。坊主衆五十石羽黒住松戸円家。北之幸谷衆松戸孫右衛門・松戸与次郎」。

二 豊島郡赤塚衆 板橋区赤塚五戸存す。昭和十一年赤塚村松戸初五郎宅地続きより建武二年八月九日銘の板碑が出土す。高野山西南院関東過去帳に「弘治二年五月十四日立雲宗建禅門父・掌安妙喜禅尼母・茂山宗繁、武州豊島郡赤塚郷松戸兵庫助は立る」風土記稿豊島郡下赤塚村条に「千葉氏城跡。小田原記天正元年千葉次郎幼少なればとて、木内宮内少輔支配あり、彼与力衆は赤塚城主松戸越前守と載す」。

松永 マツナガ 越後、武蔵、下野に存す。

一 佐野氏家臣 佐野市九戸存す。慶長五年佐野信吉家中に松永佐渡。

二 皆川氏家臣 下都賀郡岩舟町十八戸、大平町十六戸存す。譜代討死帳に「天正十年川原田討死松永太郎治」。

三 北条氏家臣小田原衆 足柄上郡山北町二十五戸、中郡大磯町国府新宿無し。新編相模淘綾郡国府新宿条に「神事舞大夫松永喜兵衛・同左京、六所明神の社役を勤む」。

四 同八王子衆 昭島市十戸。昭島市郷地紅林義夫文書に「元亀二年二月十五日、北条氏政は御厨陣(御殿場市)で紅林八兵衛と松長左太夫とで敵一人討取ることを賞す」

五 八王子千人同心 嘉永七年に大楽寺村(二戸)松永常七、上一分方村(三戸)松永利助。

六 幕臣 甲府市三十戸、韮崎市十一戸存す松永久秀後裔説は仮冒なり。@寛政呈譜に「家紋丸に揚羽帳、丸に花菱。三好修理大夫長慶の臣松永弾正少弼久秀の後胤にして藤原氏なり、後源氏となる。松永小八郎一興(延宝七年御徒二百俵)ー三次郎一称ー久太郎一貞ー市左衛門一蓁(寛政元年継二百俵)」。A江戸幕臣人名事典に「松永金太郎、慶応元年四十六歳、二百俵、本国甲斐生国武蔵、祖父松永市左衛門死、父松永三次郎死西丸小十人組」。

七 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に七十五石松永五左衛門。諸士系譜に「本姓不詳、本国三河、定紋丸ノ内違鷹羽、改紋外蕨手矢羽。松永五左衛門重成の嫡男五左衛門重光(召出寛永十三年山形、七十五石)ー庄右衛門重治ー庄右衛門重直ー浅右衛門包卓ー浅右衛門包卓ー三郎治包修(享和二年跡式百石)ー又治郎包重ー吉之助。明治元年以前に松永繁八・百石」。

松沼 マツヌマ 下野、下総に存す。

一 金山城士 太田市二戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。五十人衆十三頭・矢・松沼長門守宗春」。矢とは矢場城主横瀬能登守繁勝旗下のことか。

二 壬生氏家臣 宇都宮市下砥上町五戸存す嘉永六年旧臣控に「下戸上村松沼勘解由」

三 皆川氏家臣 栃木市二十三戸存す。岩槻藩へ提出した寛文十三年皆川山城守家臣栃木町毛塚喜右衛門四十六歳先祖書に「従弟松沼半兵衛・酒井雅樂頭内・知行百五十石拝領、以後病気故引込只今は館林にて罷有候」。元和頃前橋藩酒井雅樂頭忠世給人帳に「江戸詰百石松沼半兵衛」。

四 関宿城主簗田氏家臣 猿島郡三和町二十戸、総和町水海十八戸存す。松沼氏は元和元年簗田氏断絶により主君の鎮守水海村神明宮の傍らに帰農し拾人衆と呼ばれる。

松野 マツノ 越後、信濃、甲斐に存す。

一 宇都宮氏流 那須郡松野村(馬頭町)より起こる、在名にて現存無し。竹林村(宇都宮市)あり。宇都宮系図別本(続群書類従)に「宇都宮朝綱ー頼綱(正元元年卒八十八歳)、弟横田四郎頼業ー松野竹林出羽守時業ー長門守泰業ー安芸権守貞朝ー安芸守泰朝ー師朝ー元朝(高尾神坊)、弟良深(池上院主)、弟綱業」。宇都宮頼綱ー泰綱ー景綱ー池上法印定朝(池上法印者池上坊也、寺領七十五貫文)。高尾神坊は修験なり。廃寺となった日光山修験池上坊があったか。日光山修験桜本院に「佐竹ノ一家小瀬・松野、或は那須一家森田・高瀬等の子息を以て附弟とす」横田系図に「横田頼業ー七郎讃岐守義業(那須郡松野郷を領す)ー松野右京亮篤業」。常陸家譜戸村義国本に「宇都宮朝綱ー業綱ー頼綱ー泰綱ー横田頼業ー松野越中守業義(小河・志鳥・藤田・河井・大通・白久・松野七郷を領す松野に住)ー綱義ー家綱ー頼直ー頼名ー尚有ー有蔵ー綱員ー綱業ー五郎式部大輔綱道(弟政通、弟弥十郎二郎左衛門上総介資通)ー民部大輔丹波守政通(綱業二男)ー弥五郎民部大輔篤通ー大膳亮丹波守綱高(八歳の時父討死故に資通陣代)」。

二 宇都宮氏家臣 宇都宮興廃記に「康暦二年宇都宮基綱は小山義政と合戦に及ぶ、後陣松野右京亮」。秋田藩松野右市助綱利文書に「康正元年十月二十八日、宇都宮等綱は、松野越中守に那須郡小河郷を宛行う」「佐竹義篤は松野民部少輔(政通)の宇都宮俊綱出陣に従ったことを悦ぶ」「松野丹波守殿(政通)、佐竹義昭花押」「天文十六年五月二十七日、那須高資は松野弥十郎に資通の名字を与える」「永禄十二年、上総守遠行(死去)の由云々、松野次郎左衛門尉殿(資通)、闐信花押(佐竹義重)」「天正八年十月二十一日、佐竹義重は松野次郎左衛門尉の常陸国久慈郡大里村の戦功を賞し五貫文を与える」「天正十五年三月二十六日、義重は松野上総介(資通)の忠信を賞す」「天正十九年四月五日、松野資通は松野大膳(綱高)に渡物日記を渡す」高野山清浄心院下野国供養帳に「天正十年五月二十一日・逆修、下野国松野左近は之を立る」「文禄三年四月五日・逆修永林昌盛禅尼、下野松野上総守家中(妻)は自身の為に之を立る」「慶長八年十二月八日・窓公還家禅定門・松野入道」。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「大膳亮殿親父松野右京介殿」「那須之分松野大膳亮殿、同御隠居松野上総守殿と申候」「松野大膳亮綱喬」「松野大膳亮綱益」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「芳賀郡大羽村松野右京子孫黒子孫兵衛」大羽村の苗字黒子氏は松野氏と兄弟契約を結び松野右京と名乗る。松野右京介・大膳亮綱益父子は本名黒子氏か。

三 秋田藩佐竹氏家臣 秋田市松野フミ所蔵系図(戸村義国本と同じ)に@「松野式部大輔綱通、弟民部少輔政通ー民部大亮篤通ー上総介資通(政通の弟)ー大膳亮丹波守綱高(横手城代、その後桧山・八森の境の守護に当る)ー嫡子源五郎二郎左衛門丹波綱広(寛永年中・五百石、明暦三年卒六十歳)ー源五郎二郎左衛門綱重ー綱忠ー綱利(元禄年中)ー綱武(寛保二年大番組、家老)ー綱通ー綱光ー茂右衛門綱知(天保六年寺社奉行四百二石)ー弥五郎綱徳(家老)ー綱條ー貞ーフミー正和(秋田市久保田城下に現存す)」。A「綱高の二男忠通(二十石桧山住)ー通政ー通安ー広重ー広貞ー広基ー広知。子孫は消息不明」。B「綱高の三男国通(寛永年中に上総介資通の閑居跡五十石を給せらる、桧山住)ー通貞ー綱明ー綱好ー綱統ー綱門ー綱□、十代繁太郎(文政年中六十石)。子孫は消息不明」。白河古事考に「天正十七年佐竹義宣は赤館城(棚倉町)を松野上総介資通を大将として攻略す」。天正十八年小田原平定後、秀吉より赤館城代を公認され、本領松野郷を甥綱高に譲り、赤館千石を知行す。天正十九年三月佐竹義宣水戸城へ移るときの列座衆に「松野上総介」。松野文書に「文禄四年七月十六日、佐竹義宣は松野大膳亮に松野村七百六石を給す」。慶長七年秋田転封に「松野上総介資通、松野大膳亮綱高」。天保十二年分限帳に「桧山能代松野茂右衛門組下足軽五十六人・種ケ島打二十人。六十石松野五郎兵衛、十八石三人扶持松野与七郎」。

四 備中国松山藩水谷氏家臣 結城市一戸、下館市一戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「二百五十石松野三郎介」。常陸より従うか。

五 甲州谷村藩秋元氏家臣 藩臣秘録に「谷村御譜代松野市郎右衛門、百石取立・山役百五十石被下置、養子市左衛門、其子幸右衛門勘定奉行」。年不詳に「御番頭支配百五十石松野善太夫」。

六 武田氏家臣 東八代郡中道町十七戸、中巨摩郡甲西町十九戸、玉穂町中楯二戸。甲斐国志に「巨摩郡中楯村、松野外記は武田家に仕へ、後本村に蟄す、其子助兵衛、彦右衛門、勘兵衛(諸星左兵衛の婿なり)、甚助相続して宝永二年浪人改帳に見えたり、今里長勘之丞の祖なりと云」。

七 同駿河衆 甲陽軍鑑に「元今川家臣岡部次郎右衛門下にてかせぐ者松野縫殿助」。

松野尾 マツノオ 小俣城主渋川氏家臣 足利市無し。新田老談記に「渋川相模守義勝家来松野尾彦三郎」。

松信 マツノブ 常州新治郡千代田町十七戸八郷町七戸、行方郡潮来町九戸、北浦町七戸存す。松延氏と同族なり。

一 水海道城主田村氏家臣 水海道市一戸存す。天正元年小田氏味方着到状に「水海道勢松信三河」。天正五年に松信五郎。

二 多賀谷氏家臣 前項は小田氏没落後に多賀谷氏に属す。下妻市無し。東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事、松信三河・同弥左衛門・同五左衛門・同新右衛門」。

松延 マツノベ 常陸に存す、新治郡霞ケ浦町二十三戸、うち宍倉十八戸、八郷町十五戸、うち辻十二戸、石岡市五戸、鹿嶋市三戸存す。古代以来居住の苗字なり。

一 小田氏流田土部氏の本名松延氏 新治郡新治村田土部に松延氏無し。@常陸国小田系図(小田勝太郎所蔵、小田遺聞集一所収)に「小田政治(天文十七年二月二十二日卒五十六歳)ー九太夫讃岐守氏治号天庵(母常陸国新治郡上曽鯨岡城主上曽駿河守治重女、慶長六年卒七十一歳)、弟九十郎政秀(母同上、天文十七年正月六日卒早世法名春窓院殿観喜智光幻夢大童子)」。A小田本宗系図(幕末水戸藩士長島尉信著)に「小田政治(天文十七年二月二十二日卒五十七歳)ー政秀(政治庶長子、母家女房松延民部少輔ノ女、永正十六年生、松延氏を冒す、田土部邑を食し信濃守と称す、薙髪入道現将、廓内に一宇を建て源知寺と号す、後改現将寺。天正中宍倉村に徙る、慶長元年八月十七日卒七十九歳、薫山松翁居士。子弾正・弥蔵二人は永禄十二年手這坂討死、末子左近尉吉秀家を嗣ぐ。子孫有り宍倉村住)、弟讃岐守氏治号天庵(母家女房結城支族佐山大炊介長朝ノ女、享禄四年生、慶長六年卒七十一歳)注に母上曽駿河守治重女は誤り、或は継母か」。どちらの系図が正しいか。田土部村真言宗現将寺あり。八郷町手這坂合戦永禄十二年十一月二十四日討死田土部弾正・同弥蔵。上曽氏は八郷町上曽住人。

二 宍倉城主菅谷氏家臣 新編常陸国誌に「松延。府中松延より出でたり」石岡市府中に松延の地名無し。本籍宍倉・石岡町土橋松延甚太郎号桜州所蔵の松延氏家系譜に「小田政治の子田土部信濃守政秀入道現将(母は府中松延民部少輔女。兄小田氏治を輔け、田土部城主となり田土部氏を称す。天正十八年佐竹義宣に遂れて宍倉に逃れ、小田の臣下菅谷左衛門範行に寄り土着す、田土部を廃し母姓松延を冒す、慶長元年八月十七日没七十九歳、浄客院殿前信濃守薫山松翁大居士、室は藤沢城主菅谷晴範の女)ー嫡子弾正(手這坂に於て討死)、二男弥蔵(右に同)、三男左近将監吉秀(水戸侯に召され御東台に居住す、二百石に進出奔而帰家す、夫れ故に親より勘当請鹿島中村と申所へ引込、其間舎弟縫殿之介秀直家支配仕由之事。寛永十八年一月三日没八十一歳)ー四郎左衛門(茨城郡小川郷戸沢右京亮殿に小姓頭相勤)田土部御紋は丸ノ内桔梗。元禄十年十月宍倉村四郎兵衛」。高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正十二年八月五日・霊位盛喜禅定門、常州宍倉松延大炊助は与五郎の為に之を立てる」「天正十六年六月二十八日・霊位道清禅定門、常州宍倉松延信濃守の為に立てる」。この過去帳は真実であり、系図の慶長元年没は信用できず。水戸藩初代徳川頼房は慶長十四年入部す、吉秀は親より勘当を請けるとあるが、親信濃守政秀の没後であり、文中はつじつまが合わない。

三 水戸藩家臣 水戸市にマツノブ氏一戸、マツノベ氏一戸存す。寛文九年に「大御番頭二百石松延忠右衛門、外科百五十石松延道庵、医師惣領・道庵子松延蘇庵」。万延元年に「幼少小普請組松延吉彦。惣郷士・宍倉村代々並松延四郎左衛門」。

四 豊臣氏家臣 東茨城郡常北町春園字宗田無し。水戸藩領落着武士に「豊臣秀吉家臣松延左源太通邦・宗田村土着」。天正十八年小田原陣のとき豊臣方に味方したか。

松葉 マツバ 信濃、下野、常陸に存す。

一 常陸大掾氏家臣 石岡市三戸存す。南城高家録に「天正二年八月、府中の搦手は松葉平太守る」。

二 宍倉城主菅谷氏家臣 新治郡霞ケ浦町十四戸、うち加茂九戸存す。高野山清浄心院常陸国供養帳に「文禄三年三月二十一日・霊位性憲禅定尼母・逆修祐金禅定門、常州南之庄賀茂郷松葉藤三郎は之を立てる」。

松林 マツバヤシ 更埴市百二十戸存す。

一 上杉氏家臣 長野市篠ノ井塩崎字辺久部十二戸存す。大祝諏訪文書に「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、更級郡遍久辺代官松林市兵衛」。文禄三年目録に「信州塩崎同心二十二石松林一郎左衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市二戸存す。寛政五年に「二人扶持松林半左衛門」。

三 小笠原氏家臣 松本市二十二戸、東筑摩郡坂北町青柳無し、上水内郡小川村無し。信府感状記に「天正十年七月二十三日、小笠原貞慶は松林和泉に筑摩郡深志七百貫文の所領を宛行う」「天正十年七月二十八日貞慶は松林助六郎に水内郡小河三十貫文を宛行う」。松本市今井文書に「天正十七年三月十日、小笠原貞政は松林右橘に筑摩郡青柳十五貫文を宛行う」。天正十五年青柳城主青柳頼長は貞慶に殺され、家臣松林右橘を在番にす。

四 松代藩真田氏家臣 上田市十六戸存す。文政二年に「二両三人扶持松林清甫、二人扶持松林太泉」。文久年中に「御徒士二両一人扶持松林左金吾」。

松原 マツバラ 信濃、武蔵、上野に存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市二戸存す。寛政五年に「二石一人扶持松原清次」。

二 木曽氏家臣 木曽郡日義村二十七戸、南木曽町五十四戸存す。信州松原文書に「天正十三年七月二十七日、木曽義昌は松原彦右衛門に一貫五十文を宛行う」。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町七戸永禄元年長野業政家臣録に小姓松原権兵衛

四 勢多郡山上城士 佐波郡東村八十戸、うち国定六十八戸・家紋抱き沢瀉。上州の苗字と家紋に「永正二年勢多郡山上城主本田五郎八吉成御知行所国定村御水帳と表題あるものを元にした元文五年先祖書永代覚帳に松原相海大膳・光斎・重郎左衛門他十軒、松原伊達・外記他七軒、松原惣左衛門他十一軒の当主があった。養寿寺天正十八年二月日懸仏銘に上州西庄国定村本願相海坊。松原滋家に天正十七年十二月八日・雲岳宗海居士の位牌が現存」。相海坊・宗海は修験か。

五 金山城士 太田市十一戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「当金山に於て松原勘解由と申す士あり。義貞公軍帳之写には松原新三郎とあり」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣松原勘解由」。新田老談記に「天正十二年、焼山・金井の間には松原勘解由を置く」。

六 壬生氏家臣 宇都宮市上平出無し。嘉永六年旧臣控に「上平出村松原左京」。

七 黒羽藩大関氏家臣 黒羽町無し。万治元年に「御広間番二十人扶持松原弥右衛門」

八 常陸大掾氏家臣 石岡市三村無し。南城高家録に「永禄天正頃三村城主高野常春家臣間津原小次郎。天正二年八月、府中の西口には松原喜平太盛直・守る」。

九 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市五戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「二百石松原伊左衛門」。

十 水戸天狗党 松原彦兵衛三十四歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

十一 矢作城主国分氏家臣 下総国香取郡栗源町岩部城主岩部氏の本名は松原氏なり、無し。平賀本土寺過去帳に「十五日・岩部治部卿は松原弾正妙光祖父」。

十二 北条氏家臣玉縄衆 三浦郡上宮田四十戸存す。松原氏屋敷名より地名となる。新編相模三浦郡上宮田村条に「旧家松原新左衛門、住居の地を松原里と称す。先祖新左衛門は北条氏に仕へ、永禄十年玉縄城主北条左衛門大夫綱成、里見氏と本郡菊名浦にて争戦の時、軍功ありて氏康より感状を賜る、『卯年九月二十五日、上宮田新左衛門、北条家朱印』『壬申年六月十八日、其方我々被官なり、新左衛門殿、左衛門大夫花押』『元亀四年三月十三日、受領事、松原和泉守殿(新左衛門)、道感花押(北条綱成)』。北条氏没落の後民間に下り、其子新左衛門元和中・浄土宗十劫寺を建立す寛永十九年死す。是より十代にして、今の新左衛門に至ると云」。新左衛門の分家松原浪江は当村石尊社の神主を務め、新左衛門・和泉守宛など文書四通を所持す。

十三 世田谷城主吉良氏家臣 世田谷区経堂十九戸、川崎市高津区溝の口無し。風土記稿荏原郡経堂在家村条に「旧家百姓里正松原太郎左衛門、先祖を松原佐渡守といふ、その弟二人、一は兵庫と云、子孫今橘樹郡宮内村(川崎市中原区)に居れり一は藤六と云、この子孫も今本郡居木橋村(品川区東大崎)に居れり、三人とも吉良左兵衛佐頼康に仕へしに、太郎左衛門が家は嫡流なるべし」。橘樹郡溝の口村条に「旧家百姓鈴木七右衛門、先祖は鍛冶なりと云。もとの名主松原某は世田谷吉良氏の浪人にて、こゝに住せしものゝ子孫なり天明中に家族大抵死亡して、今わずかに子孫の断ざるばかりなり、由緒の書物武具等はゆかりにつきて、豊島郡下渋谷村の百姓吉兵衛に譲りしと云」。世田谷村八幡社天文十五年棟札に「大旦那源朝臣頼貞花押、鍛冶奉行松原藤六貞□」。世田谷区烏山泉沢寺阿弥陀仏像天文十七年札銘に「本願施主吉良左兵衛佐頼康、松原大炊助孫次郎綱高、松原佐渡守・同嫡子藤六貞吉・次男弥九郎頼平」。世田谷区等々力天文二十年大平文書に「吉良頼康の奏者松原常陸守、松原佐渡守」。

十四 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に「本姓本国不詳、定紋右三ツ巴、替紋丸に花菱。父不詳、松原素庵(召出万治三年、百人扶持)ー孫左衛門矩豊ー竹右衛門矩隆ー孫左衛門矩仲ー孫左衛門矩重ー孫左衛門矩安(寛政三年跡式百石)ー熊太郎。明治元年以前に松原孫左衛門百石」。

松藤 マツフヂ 小田氏家臣 つくば市二戸存す。高野山清浄心院常陸国供養帳に「永禄十二年七月八日・玉山清金、常州小田松藤四郎・高久但馬守」兄弟は父の供養す。

松村 マツムラ 信濃、武蔵、上野に多し。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)二百石松村又次郎、百五十石松村大学」七二六六頁参照米沢市十一戸存す。米沢藩寛政五年に「三石一人扶持松村仁兵衛、二石一人扶持松村左吉、一石一人扶持松村又五郎」。

二 小笠原氏家臣 飯田市百三十戸、大町市二戸。大町市仁科神明宮元和二年棟札に大旦那小笠原忠政、助成之衆松村半兵衛尉。

三 筑摩郡麻績衆 麻績村無し。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「おミ北条分まつ村宮内左衛門殿」。

四 高島藩諏訪氏家臣 藩譜に「随竹軒(初信陽松本仁科郷大町住居、天正年中諏訪頼忠召出医師二百五十俵)ー湯坐仁右衛門忠澄(召出二十俵二人扶持、室松村小太夫娘)ー松村玄哲ー宗鑑(享保十二年、十人扶持」。「本国信濃、松村笹兵衛(諏訪頼忠召出)ー小太夫ー佐五右衛門ー弥一(慶安二年諏訪忠恒召出三十俵)ー佐五右衛門次房ー佐十郎長宛」。

五 松代藩真田氏家臣 上田市二十二戸存す文政二年に百石松村彦之丞。文久年中に百石松村五太夫、二両一人扶持松村半治郎。

六 沼田藩真田氏家臣 沼田市五戸存す。眞田信利分限帳(天和元年改易)に「四両二人扶持松村津右衛門」。

七 松井田城士 高崎市七十戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「山口玄蕃組寄騎二百石松村次郎右衛門」。

八 藤岡衆 藤岡市十六戸、うち上栗須七戸、藤岡四戸・家紋菱井桁に根笹。藤岡町宿屋松村四郎右衛門は慶安四年八月四日没す。中栗須村天正十四年正月神明宮建立に「願主上ノ郷(上栗須村)松村市重」。

九 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町五戸永禄元年長野業政家臣録に給人松村泉七。

十 厩橋城主北条氏家臣(きたじょう) 前橋市百三十戸、総社地区三階松、城南地区丸に三柏・丸に抱き茗荷。勢多郡大胡町四十戸、うち樋越九戸・家紋丸に違い鷹羽、宮城村六十戸、うち柏倉四十戸、大前田三戸。三夜沢村赤城神社奈良原文書に「永禄九年十一月十五日、厩橋城主北条高広は柏倉郷松村左衛門四郎抱近戸免二貫五百文・同諏訪方免一貫文を赤城神社に寄進す」。大前田村世良田薬師堂永禄十三年四月二日石橋に「奉造立稲荷宮本願松村円蔵」。

十一 勢多郡山上城士 新里村十戸、粕川村九十五戸、うち月田十三戸・家紋丸に三ツ柏。正応四年山上城家臣に「留守居松村弥右衛門宗須」。月田村先祖は山上落城後、松村佐渡守の子息が土着すと伝える。

十二 桐生城士 桐生市四十戸存す。高野山清浄心院上野国供養帳に「慶長十八年七月一日・逆修道喜・逆修妙円、北上野桐生松村久右衛門は立てる」。

十三 佐野氏家臣 佐野市二十戸、安蘇郡田沼町二十戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に「松村頼母」。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十二年十月十四日・霊位延誉宝寿禅定門、下野佐野天明小屋町松村彦兵衛は之を立てる」。

十四 浦和衆 高野山西南院関東過去帳に「慶長六年八月十九日・妙鏡禅定尼、武州足立郡浦和宿松村新次郎は立てる」。

十五 八王子千人同心 八王子市並木町(散田村新地)二戸存す。嘉永七年に散田村新地松村円七・松村政八郎。

十六 幕臣 江戸幕臣人名事典に「松村与惣右衛門、文久三年六十七歳、三百俵、本国生国共武蔵、養祖父松村与惣右衛門死、養父松村政吉死小普請。松村熊之助、元治元年三十一歳、父松村与惣右衛門晴光院様御用人」「松村精之助、文久二年三十九歳、三十俵三人扶持、本国下野生国武蔵、祖父松村了□衛門死、父松村軍蔵死、兄松村勝次郎死御鑓同心跡式」「松村清之進、元治元年二十八歳、七石五人扶持、本国生国共武蔵、地謡、養祖父彦次郎、養父五郎左衛門」「松村浅次郎、慶応元年三十五歳、地謡、本国生国共武蔵、父松村五郎七」。

松本 マツモト 諸国に多く存す。

一 上杉氏家臣 三島郡出雲崎町相田の小木城主松本大学忠繁居城し謙信に仕へ、文禄三年に松本大炊助が城主となる。西蒲原郡分水町横田城主松本某は小木城主松本左馬之介の弟なりと云う。謙信記に「天文二十三年川中島合戦二度目、後備松本大隅守、脇備松本大学」。北越軍記に「永禄七年二月十七日、下野佐野城を攻む、松本大学(忠繁)等の八頭を遣す」。上杉家文書に「永禄十三年三月二十七日沼田三人衆、山吉殿参御陣所、河田伯耆守重親花押・上野中務大輔家成花押・松本石見守景繁花押」古代士籍に「謙信様衆、信州安曇郡千味・松本大炊之助。上州沼田・左馬房繁の子松本石見景繁」。歴代古案に「越後荻(小木城)元信州衆松本大炊助」。覚上公御代御書集に「天正十年三月十五日、上杉景勝の将松本左馬助房繁」。上杉家文書に「天正三年二月十六日上杉家軍役帳、松本鶴松(景繁の子、沼田城将)同心力丸・湯山・向井・白川・氏江・山屋・松江・大堀」。柿崎文書に「沼田城将松本相談せよ、松本加賀守殿・市野郷番衆中、景虎朱印」加賀守は御館乱のとき三郎景虎に組して没落す文禄三年目録に「越後荻千五百八十石松本大炊助。越後侍千二百二十五石・後出奔・松本左馬助。信州屋代衆須田相模守抱二十六石松本新五郎。信州福島須田相模守抱二十二石松本木工。村松(長岡市)新手明七石松本新五右衛門」。慶長三年会津分限帳に「羽州小国城代・後庄内大浦城代(鶴岡市)三千二百石松本伊賀守、大宝寺衆(鶴岡市)百五十石松本杢之助、鹿沼右衛門組(関東衆が多い)二百石松本九兵衛、上泉源五郎組(関東衆が多い)百石松本九右衛門、上州惣社衆百石松本勘左衛門、古志郡与板衆百石松本甚右衛門」。米沢減封により関東衆は浪人す。

二 米沢藩家臣 米沢市四十三戸存す。信州松本より起こる、篠井(しののい)参照。諸士略系譜に「松本伊賀助義(本国信州松本、始大炊之助、荻の城番勤之、其後信州へ被遣、諸仕置之将命之。慶長三年米沢小国の城代、其後庄内大浦の城代、時に一揆起り大浦城にて慶長五年十月十一日戦死、嫡男猪兵衛も同時討死)ー助兵衛高次(実篠井弥七郎泰信弟、始源七郎、後舎人。伊賀子孫無之所慶長七年伊賀助義の遺跡賜之三百石、寛永十一年卒)ー助兵衛高信ー助兵衛高通ー舎人高富ー舎人高総ー源七郎高明ー又七郎高政ー又七郎高義ー誠蔵(明治元年仙台落野上駅に於て賊難に逢ひ死す」寛永八年に「自分衆三百石松本助兵衛」。寛政五年に「二十五石松本源七郎、五石一人扶持松本総吉、三石一人扶持松本伝次郎二石一人扶持松本新右衛門、一石二人扶持松本久左衛門、一石一人扶持松本庄左衛門同高松本平蔵」。

三 木曽氏家臣 上水内郡鬼無里村(五十戸存す)松本光佐文書に「天正十年六月十七日、木曽義昌は大日方某の所領鬼無里郷の地を松本源丞・保科清助両人に預く」。

四 松代藩真田氏家臣 上田市八十四戸、小県郡東部町十一戸存す。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、小県郡祢津道上之郷(東部町)代官松本丹後守」。松代藩文政二年に「十五俵二人扶持松本金十郎」文久年中に「御徒士十五俵二人扶持松本堅吉、同高松本伝、同高松本朝吉」。

五 沼田藩真田氏家臣 沼田市二十六戸存す真田信利分限帳(天和元年改易)に「台所人三両二人扶持松本半助、賄人三両二人扶持松本徳右衛門」。

六 総社城主長尾氏家臣 前橋市三百戸、総社地区は三階松、城南地区は丸に剣片喰、鳥取町は橘。総社記に「上杉家良臣長尾家へ一味・松本」。

七 秋元藩家臣 寛永十年惣社より谷村所替面附帳に「百五十石松本太郎右衛門」。

八 松井田城士 碓氷郡松井田町四十八戸。大道寺駿河守政繁家中記に「家老七千石松本大学但勝、代官所二百石松本郡左衛門」

九 安中城主安中氏家臣 安中市八十戸、うち安中(下野尻村)十五戸存す。信陽雑志に「天文十五年十月、上杉勢臼井峠に出陣す、上杉憲政方に松本兵部丞」。甲陽軍鑑品十七に「西上野衆安中左近百五十騎、松本兵部十五騎・逍遥軒組衆」。塩山市慈雲寺文書に「八月八日、松本加賀守条々承旨安中左近太夫殿、信玄花押」。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「上州安中衆松本総右衛門尉重友花押・同膳右衛門尉行定花押」。千曲之真砂に「元亀二年伊那郡高遠城代武田信連号逍遥軒、寄将上州松本兵部十五騎」。東大史料編纂所所蔵に「天正十二年六月十一日、北条氏直は安中衆松本兵部丞敏勝に下野国佐野根小屋での功を賞す」小田原市史には、文言に検討の余地あり。安中衆松本兵部を和田氏族説は誤り十二項参照。安中志に「下野尻村観音堂(廃寺となった別当昌竜寺)本尊千手観音并松本若狭守感得像。応永年中管領上杉家の臣当地の住人松本右近将監経重の孫(子孫)若狭守某・武田信玄に随ひて信濃国河中島合戦に出て敗れて落人となり、千手観音の像を拾ひ、屋敷の内に安置す。卑臣松本藤吉と農民乙右衛門と云ものは彼若狭守の遠孫なり」。当寺に若狭守十三代松本直紀墓碑(丸に剣片喰)あり。安中市板鼻時宗聞名寺天正九年七月十五日厨子に「施主西上野臼井郡野尻住松本宗春・妙栄禅定夫婦」法名宗春は若狭守子孫か。

十 松井田城主安中氏家臣 松井田町高梨子無し。安中松井田之城主之記に「小屋(松井田城)の城主安中左近忠成、武田勝頼に付き天正三年五月二十一日参州長篠討死、此時松本等の一族討死す。小屋の城は今高梨子村に在り」。高野山清浄心院上野国供養帳に「元亀四年五月二十八日・道澄禅定門、臼井郡松井田松本豊前守は之を立る」「元和八年六月二十二日・逆修妙高禅尼、西上野松井田松本金右衛門は之を立る」「元和八年頃。霊位妙伝、上野臼井郡松枝松本勘兵衛は立る」。

十一 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町四十戸、うち和田山二十戸・家紋丸に三階松永禄元年長野業政家臣録に「中小姓松本三右衛門、給人松本四助、徒士松本大八・松本八郎兵衛」。高崎市我峰町清水一岳系図に「清水多仲晴重(大永五年卒四十五才、上州白岩長谷寺葬す。内室松本兵部太夫娘)ー長兵衛正功(箕輪下柴に住、後和田赤坂に移り住す、元亀三年卒)」和田赤坂は今の高崎城下赤坂町。佐波郡玉村町川井摩利支天堂灯籠に「箕輪和田元祖清水晴重四代孫清水内記藤原邦正、白岩山長谷寺観音堂再建にして、天正十年建立。箕輪没城以後、和田山の地・家従松本金左衛門吉勝に譲る。慶長十二年春、那波郡河合へ移住也、松本兵右衛門宗炭」。

十二 和田城主和田氏家臣 高崎市六百戸存す。和田城主は代々和田八郎を称す。下ノ城主松本氏は和田氏と兄弟契約を結び和田兵部少輔をなのる。甲陽軍鑑品十七に「西上野衆、和田三十騎(業繁)、上の城主和田左衛門尉(昌繁)、下の城主和田兵部(本名松本)」。下ノ城町曹洞宗徳昌寺宝篋印塔に「天正三年五月二十一日・誠運院殿高山全忠大居士・和田兵部少輔(本名松本)」。和田十一項以下参照。和田記に「永禄五年、和田兵衛太夫信業(業繁が正しい)甲州へ内応して不意に箕輪城を乗捕る謀を企る。其比、兵衛太夫が弟和田喜兵衛・初の名を小膳と号」。関八州古戦録巻八に「永禄九年三月高崎城には武田家の横田十郎兵衛盛重加勢として籠居けるが、城将和田兵衛太夫、舎弟松本兵部丞相共に上杉勢に防戦す」。上野志に「松本兵部丞、上杉家滅亡後、武田家被官となさる、武田逍遥軒組九ケ騎の内なり。松本兵部敏勝は和田兵衛太夫弟和田喜兵衛親なり、兵部童名八郎といふ」。安中衆松本兵部敏勝と和田兵衛太夫弟松本兵部丞は別人にて混同している。九項参照。和田記に「永禄九年七月上杉謙信和田城を攻む、和田御内松本半右衛門、矢中七騎松本九郎兵衛等は籠城す和田信景が家臣松本九郎兵衛等天正三年遠江国長篠合戦に武田勝頼感賞す、此七人へ和田氏より矢中郷を与へしかば矢中七騎とも称すとなり」大沢参照。高崎市寺尾清水寺天正十一年極月十七日本堂旨札に「大旦那兵衛太夫信業、松本半右衛門」。滋賀県速水村南部晋文書に「天正三年十一月十日望に任せ岩崎長助下地五貫文を宛行う、松本一右衛門殿、昌業花押(和田)」。高崎志に「昔和田氏の僕従に松本市右衛門と云者あり、和田氏没落の後、年老て髪を剃、名を道観と更めて今の四屋町の辺に住しが元和七年二月彼が処より失火して城下の家悉く焼亡せり、土人は道観火と称す」。

十三 高崎藩安藤氏家臣 倉賀野町須賀文書雑に「高崎近郷の松本伝兵衛・松本忠左衛門・松本九兵衛等二十六人は高崎藩主安藤対馬守重信に仕へ、元和六年扶持を受け乍ら台新田を開発し耕作していた。明暦元年重信の子右京進重長のとき、五十石の士分となって高崎城へ移る」。

十四 彦根藩家臣 高崎市中大類三十二戸存す。貞享異譜に「松本瀬兵衛(上野国中大類の者、寛永年召出)ー加左衛門(百石)ー茂太郎」。侍中由緒帳に「松本瀬兵衛儀本国上州中大類と申所之者に而御座候、直孝様御代に七十人衆に相添御奉公申上候、四十俵四人扶持拝領、寛文五年病死。子孫松本小八郎・百十石知行」。文政十一年分限帳に「百十石松本小八・六十一歳」。

十五 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「三百石松本五郎兵衛」子孫断絶す。諸士系譜に@二十項参照「本姓藤原、本国下野、定紋三階松、替紋九曜。松本丹波守一政の孫、松本番左衛門利勝の嫡男新兵衛重寅(召出信州高遠保科正之へ、百五十石)ー新兵衛重続ー新蔵重文ー和平為美ー一之丞重堅ー新左衛門重朋ー市五郎重音(文政六年跡式二百石)。明治元年以前に松本一之丞二百石」。A松井八項参照。「本姓源、本国上野、定紋丸之内石畳替紋五三ノ桐。松井大学宣義の嫡男松本三太夫義種(召出寛文二年)ー市郎太夫義房ー三太夫義繁ー勝五郎義哲ー伝蔵義則(文化十一年召出十三石五人扶持)ー伝治義方」。B本国上野か。「本姓本国不詳、定紋橘。大熊半右衛門の男松本嘉右衛門古興(召出享保十五年、三両)ー幸九郎貞祥(天明四年召出二両二人扶持)ー幾馬直温」。C「本姓源、本国信濃、定紋釘貫、替紋鳳凰。松本美濃守時祐の二男与次右衛門宗祐(召出寛永十四年山形、百五十石)ー与次右衛門直佐ー五太夫茂佐ー次郎右衛門佐武ー伝十郎佐明ー佐仲佐護ー伝十郎佐証(享和元年跡式百石)ー義允。文久二年に松本次郎左衛門百石」。D「松本次郎右衛門佐武の三男善十郎佐民(召出宝暦元年五両三人扶持)ー大七佐長ー八之進。文久二年に松本緑百石」。E「松本与次右衛門佐直(直佐か)三男与才治佐喜(召出元禄五年、八石二人扶持)ー十郎兵衛佐高ー十郎兵衛佐放ー与太夫佐賢(文化元年跡式百三十石)ー主馬佐治ー岩之助」。

十六 上州国峰城主小幡氏家臣 多野郡吉井町六十戸、うち馬庭十六戸、甘楽郡甘楽町十七戸存す。古代以来居住の苗字にて、信州松本発祥説は仮冒なり。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「上州小幡上総守親類中の熊井戸対馬守宛、松本丹後守吉久花押・同縫殿助定吉花押」。馬庭村松本孝義文書(冨田文書に同文あり)に「元亀三年五月二日、馬庭榎原一跡二十八貫文を宛行う、松本与惣兵衛尉、小幡弁丸花押」。松本家系図に「源姓、信州の士。馬庭村住松本丹後守吉久の子に縫之助定吉、右衛門尉重友、兵部尉、三兄弟は天正三年長篠の役に戦死。重友の子与惣兵衛尉重実」。

十七 藤岡衆 藤岡市百四十戸、うち上栗須無し。中栗須村天正十四年正月神明宮建立に「願主上ノ郷松本左近」。

十八 上州植木城主長尾氏家臣 伊勢崎市二百五十戸。暁庵景治年譜に長尾景治(永禄二年生)随身郎等同処住居松本理右衛門。

十九 金山城士 太田市百三十戸存す。足利市小俣字松本より起こる在名にて、永禄二年新田家臣祖裔記に「松本源内は、上野下野の境松本に住す、愛久沢の下知之士也、義貞公御勢にに加る、此裔松本重蔵と申て新田の与力なり」。関東庭軍記に「元亀四年新田勢松本十蔵・同平之進・同弥五郎」

二十 佐野氏家臣 佐野市百十戸、うち越名町一戸、堀米町八戸、安蘇郡田沼町六十戸うち栃本字根古屋十戸、邑楽郡板倉町四十三戸、うち除川二十戸存す。古代以来居住の苗字にて他村からの移住説は仮冒なり。関八州古戦録に「永禄二年北条氏康押寄す栃本城主佐野周防守昌綱の家臣松本等は防戦す」。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「永十五貫文松本平次郎・屋敷古屋。永二十三貫文松本・屋敷越名」。犬伏下町大庵寺念仏日記に「元亀三年、松本五郎左衛門」。船津川町福地収介文書に「天正八年十月十二日、佐野宗綱は合戦の相談があるから城に集まれと命ずる、山上道牛殿・福地出羽守殿・松本丹波守殿」。天正八年佐野宗綱時代武者記に「御客臣之内松本丹波守利国初一政、嫡子番左衛門利勝、野州越名村に居住す」子孫十五項参照。天正十八年下野国安蘇郡除川村水帳に「松本・田沼の者、佐野妙顕寺(堀米町)の旦那也。十三名の者、南光院(板倉町西岡)旦那也」越名村松本丹波の子縫殿助が除川村に移住すと云う、仮冒なり。子孫は名主を勤める。慶長五年佐野信吉家中に松本隠岐・松本佐渡・松本五左衛門。

二十一 足利城主長尾氏家臣 足利市百戸存す。天正十三年長尾顕長分限帳に松本治助

二十二 小俣城主渋川氏家臣 足利市小俣三戸存す。新田老談記に「永禄七年渋川相模守義勝の家臣松本小太郎」。

二十三 皆川氏家臣 栃木市二百四十戸、うち大皆川町一戸、皆川城内町二戸、平井町五戸、川原田町八戸、下都賀郡岩舟町静和(古橋)三戸、静(茂呂宿)四戸、大平町冨田三十四戸、西山田(立花・白岩)十三戸、下皆川二戸、川連二戸、都賀町大柿七戸、深沢二戸存す。譜代討死帳に「天正十三年佐野諏訪山討死松本兵内。同年冨田出張討死外様客分松本伊賀守。同年皆川草倉討死松本弥十郎・松本内蔵助。元和元年大坂陣討死松本伊賀守・松本四郎兵衛・松本平右衛門」。岩槻藩へ提出した寛文十三年先祖書に「皆川山城守内、祖父松本新五左衛門知行百石、父中小姓松本新之丞病気故に牢人す・五ケ年以前死す。栃木町松本久米之助年十三」註に「栃木万町三丁目松本千代は其の末孫なるべし、屋敷は旧栃木銀行の前にあり」。寛永十二年家臣帳に「皆川城内村松本角左衛門。大皆川村松本五郎右衛門。栃木村松本与五左衛門。川原田村松本六左衛門。平井村松本九兵衛。冨田村茂呂宿村松本近江・松本丹後・松本対馬・松本四郎左衛門・松本五兵衛・松本与五左衛門・松本和泉。立花村白岩村松本久左衛門・松本四郎左衛門。山田村下皆川村松本甚右衛門・松本渋左衛門。川連村松本茂右衛門・松本対馬。大柿村深沢村松本源兵衛」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「深沢村松本市之丞。冨田村松本新五兵衛・松本三之丞・松本平左衛門・松本新内・松本小右衛門・松本助之丞・松本与五右衛門。立花村松本仁兵衛・松本四郎左衛門・松本喜左衛門・松本市兵衛。山田村松本四兵衛・松本次郎左衛門。川連村松本平助・松本加右衛門。川原田村松本忠左衛門。栃木町松本三右衛門・松本九兵衛・松本新助・松本長四郎・松本喜四郎」。

二十四 壬生氏家臣 鹿沼市六十五戸、うち樅山一戸、下都賀郡壬生町八十戸、国分寺町二十戸、うち国分二戸存す。根本氏は鹿沼市百十戸、うち樅山二戸。松本氏は根本氏と兄弟契約を結び根本左京と名乗る。壬生義雄家臣席順に「小姓組五貫松本半治、五貫松本主殿、五貫根本左京」。嘉永六年旧臣控に「樅山村松本源八、上国分村松本伊藤太」。嘉永三年壬生町本丸一丁目曹洞宗常楽寺文書に「樅山村曹洞宗光明寺山内の松本源八、根本氏光明寺に而松本と改む根本左京の末葉也」。

二十五 小山氏家臣 小山市五百三十戸、うち網戸七戸、下都賀郡大平町榎本三戸、藤岡町蛭沼九戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永五年二月二十一日・霊位道善禅定門・霊位妙善禅定尼、下野江ノ本町松本彦左衛門は之を立てる」「寛永十四年五月二十六日・霊位秀勧禅定尼、下野榎本蛭沼村松本善右衛門は之を立てる」。寛政頃の小山家旧臣帳に「小山町(一本に大谷郷)松本主殿末流松本武兵衛、古城跡に居住仕候。網戸村先祖不詳・松本忠助・同治兵衛」。

二十六 宇都宮氏家臣 宇都宮市六百二十戸存す。松本五郎太夫は川上五郎太夫のことか。塩谷郡塩谷町原荻野目川上吉弥文書に「越智姓河上五郎太夫通高(主君宇都宮正綱文明九年上州河曲御陣病死、其砌供奉す永正六年卒六十九歳)」。芳賀郡芳賀町高橋村高橋系図に「高橋左膳義長(母川上五郎。応永三十一年卒)ー越中義伯ー越前義弥ー図書義康(文明九年上野国河曲陣討死)ー右近義景(母松本五郎太夫越智通和女。天文二年卒七十二歳)」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に「松本織部、松本治郎左衛門・松本掃部・松本十左衛門」。

二十七 真名子城主宇都宮氏家臣 上都賀郡西方町十二戸、うち真名子一戸存す。塩谷郡高根沢町十四戸、那須郡に多く存し、伊予国越智姓河野氏流は仮冒なり。真名子城主宇都宮元綱は宇都宮忠綱(大永七年卒三十一歳)の弟という。宇都宮市河原町益子吉蔵文書に「永禄四年九月十日、信玄は松本兵部(通益)に、上杉輝虎と川中島合戦にて頸七ツを討捕ることを賞す」。益子吉蔵先祖は黒羽藩家老にて、松本関係の文書が同家にあるのは、宇都宮元綱の時に、松本氏から益子氏に養子が入ったためといわれる。但し元綱大永頃にて永禄四年文書を持参したとは考えられず、或は元綱永禄頃の人にて忠綱弟説は誤りか。益子吉蔵所蔵の松本由緒之覚に「松本は伊予河野氏の庶流で、南北朝頃に越後へ、さらに信濃松本郷に住んで松本氏を姓とした。応安年間に下野国塩谷郡高根沢郷を領知し、のち武田信玄に招かれて信州松本に帰り、信玄没後は下野国那須に居住した」。

二十八 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町び十三戸、那須町四十五、うち伊王野一戸存す。伊予国越智姓は仮冒なり。那須記に「天正十八年三月、大関碩庵の家老松本源五左衛門」。往古以来家中分限記に「天正十八年検地帳に松本大隅」。那須衆知行高覚に「慶長五年上杉景勝一乱の時、家来松本惣左衛門・松本大隅は人質を出す。慶長七年右家来松本惣左衛門に五百石、松本大隅は隠居につき二百石被下置。慶長七年、一万九千二百石大関左衛門佐、此内公儀より家中の者へ被下候、五百石松本治部左衛門、二百石松本惣左衛門」。元和九年検地帳に「松本治部左衛門・松本勘解由・松本内蔵・松本喜兵衛・松本雅樂助」。寛永十九年分限帳に「三百五十石松本一党八右衛門に成る、二百石松本新五郎、百八十石松本七郎左衛門、百五十五石松本又左衛門・伊兵衛へ入、中小姓衆松本弥伝治、歩小姓衆松本甚之丞、同松本弥兵衛、御歩衆松本瀬兵衛、御小姓衆松本新五郎」。万治元年に「三百六石松本八郎右衛門、二百石松本源五左衛門、百石松本伊左衛門、医者三両二人扶持松本益房、二両五人扶持松本勘左衛門、一両一人扶持松本雅樂之助、二両二人扶持松本角左衛門、二両一人扶持松本瀬兵衛、同高松本二郎兵衛」。家中払い覚書に「正保二年御暇、三百石松本伊左衛門、百五十石松本勘左衛門、百五十石松本伊兵衛。寛文五年御隙、公知衆二百石松本源吾左衛門。寛文七年御暇、三百石松本八郎左衛門、百石松本伊左衛門」。文政二年分限帳に「百五十石松本広人越智佐茂、十五人扶持松本源太夫越智通安・同全治(父子とおもわれる)、四両二人扶持松本勇記越智姓、同高松本百之助藤原宗豊」。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長三年十月九日霊位道輝禅定門・霊位妙高禅定尼、下野那須黒羽松本大隅は父母の為に之を立てる」「慶長八年十一月二十二日・雪渓宗珠禅定門、那須松本大隅守の為に松本惣左衛門尉は之を立てる」「慶長十四年五月十三日・閑阿弥、那須伊王野根村松本彦十郎」「慶長二十年三月十五日・逆修花岳妙珠禅定尼那須松本惣左衛門尉は老母の為に之を立てる」「寛永四年七月十一日・霊位法阿弥陀仏、下野那須黒羽・治部左衛門の為に之を立てる」「寛永四年七月十二日・霊位法阿弥陀仏(父治部左衛門)、下野那須黒羽松本右近は之を立てる」「寛永十四年七月二日・霊位妙会禅定尼、下野那須庵野(伊王野)松本右近は之を立てる」「寛永十七年三月七日・霊位長奥宗安居士・霊位花隠妙雨・母逆修心月寿正信女、那須黒羽根松本八左衛門尉は之を立てる」。

二十九 旗本伊王野氏家臣 伊王野氏家記継志集に「慶長五年関山合戦(白河市関辺字関山)に松本志摩」。

三十 旗本芦野氏家臣 那須町芦野四戸存す慶応三年に「御次御番組永二貫文松本初太郎」。明治三年に「目付永二貫文松本春之進、同高松本九八郎(初太郎父)、側役同高松本初太郎(松本謙次父)」。

三十一 那須氏家臣 那須町寄居一戸存す。黒羽町片田に山田城あり。尊卑分脈に「越前国河合斎藤助宗ー景実ー実澄ー松本五郎宗保ー六郎範国」に仮冒す。那須記に「永正十一年八月、福原城主那須資親の末子山田次郎資久六歳の家臣松本弥市国友・藤原利仁十代松本七郎範国に十四代後胤なり」黒羽藩の創垂可継に「那須郡寄居村松本丈助先祖は那須家の臣と云う、奥州押七人の内なり。慶長五年関山合戦の時供奉せし由云伝う。寛政六年帯刀免許せらる」。

三十二 大田原藩家臣 大田原市百五十戸存す。安政三年大田原飛騨守富清軍事調練に「長柄奉行松本豊之助、貝鼓役松本祥太郎戦士松本新兵衛・松本八百喜」。

三十三 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市七十五戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「百石松本吉之丞」。

三十四 結城氏家臣 結城市七十五戸、うち田間七戸、武井二戸、下妻市桐ケ瀬九戸、猿島郡猿島町沓掛五戸存す。日光市山内滝尾別所古銅経筒に「下総国沓掛庄松本民部少輔宗善、大永云々」。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、松本新五右衛門是定」。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。結城氏朝家臣、結城郡田間村松本治郎太夫。結城家臣、桐ケ瀬村松本治左衛門・松本惣兵衛、武井村松本弥五郎・松本吉兵衛・松本与五衛・松本安右衛門・松本平兵衛」。

三十五 多賀谷氏家臣 下妻市二十六戸存す多賀谷諸家中に松本内膳。福井藩慶長十七年多賀谷左近陪臣の柿原給帳に「百五十石松本内膳」。

三十六 小田氏家臣 つくば市百六十戸存す天文十八年小田家風記に「大番千騎百石松本信濃」。

三十七 小田氏幕下江戸崎城主土岐原氏家臣 稲敷郡阿見町四十五戸、うち竹来十二戸存す。寛永元年土岐氏旧臣帳に「竹来村松本八兵衛」。

三十八 鹿島氏家臣 鹿嶋市六十戸存す。鹿島郡東下村枝郷松本村(波崎町)の小神野氏は在名松本修理助常信と称す、小神野(おかの)参照。江戸軍記に「文明十八年鹿島八郎被官松本八郎太郎・松本豊前・松本弾正」。鹿島治乱記に「鹿島義幹の宿老小鹿野・吉川・額賀・松本右馬の四人あり義幹に背く。大永六年義幹討死す」。高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正十二年霜月五日・霊位松台妙霜禅定尼、常州鹿島松本筑前守は娘の為に之を立てる」。

三十九 剣豪松本備前守政信 鹿島町宮中の根本寺永正十年寄進状に「松本備前守政信は主君鹿島景幹の菩提の為に寺領を寄進す」。政信は松本右馬のモデルとなる。武芸流派大事典に「剣神流開祖松本備前守尚勝は、初め守勝、政信、鹿島氏の四家老の一で鹿島神宮の祝部、応仁二年出生、長享二年に足利義尚に謁し一字を与えられ尚勝と名乗る。鹿島宮祝部吉川加賀入道卜部呼常に中古流を学び、神道流を飯篠長威斎家直長享二年没に学ぶ、大永四年五月鹿島高間が原の戦に津賀大膳と相討ちで戦死五十七歳」。関八州古戦録巻十四に「天流といふ剣術は香取の天真正流より出たり。其元祖飯篠山城守家直入道長意は下総国香取郡の郷士也。長意・是を常州鹿島の住人松本備前守尚勝に伝ふ。松本は五十七才にして高天原合戦に討死し、子息右馬允より谷田辺の尾上(岡見)越前守に伝へり。爰に備前守が門弟、香取の塚原土佐守入道卜伝、結城政勝、佐野天徳寺・祐願寺兄弟、上泉伊勢守が如きなり」。

四十 常陸江戸氏家臣 のち額田城主小野崎下野守に仕へる。勝田市高場(四十三戸)松本家由緒覚書(元禄三年松本藤次右衛門著)に「先祖は源頼朝に仕へた松本蔵人泰久で、今も嫡流松本久左衛門泰武の家に系図・書付なども伝る。代々常陸大掾殿の旗本となり、のち江戸但馬守に仕へる。江戸但馬守忠通の妹が、額田城主小野崎下野守篤通に縁付いたので松本筑後泰直も額田に属す。永禄五年四月二十六日高場村八幡宮造営に大旦那江戸但馬守忠道、松本図書泰正。泰直の子図書泰正、泰正長男久右衛門、次男利左衛門。松本図書泰正内室は三反田村菊池隼人の息女也。隼人は三反田村七百石を知行致し江戸但馬守の幕下に御座候。右七百石の知行目録は松本図書方へも預置、今以て嫡流松本久右衛門方に所持仕候。松本図書と打越彦三郎は相婿也、此彦三郎は額田陣之節、向山の窪にて討死す」

四十一 水戸天狗党 松本富蔵は慶応元年正月敦賀庫中死亡す。

四十二 佐竹氏家臣 久慈郡金砂郷町竹合十戸、大子町頃藤十戸存す。秋田藩佐藤四郎右衛門文書に「慶長六年、佐藤四郎右衛門指南、五石衆御鑓・頃藤西金松本右馬允」高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十二年四月二十二日・霊位妙善禅定尼、常州佐竹久慈郡竹合村松本長左衛門は之を立る」

四十三 秋田藩佐竹氏家臣 文禄五年御蔵へ納帳に「松本左京助」。諸士系図に「藤原姓。松本与五右衛門靱忠(慶長八年常州より来る、歩行勤仕大番組)」。天保十二年分限帳に「角館、三十九石松本文平、二石二人扶持松本鉄蔵」。

四十四 岩城氏幕下大塚氏家臣 北茨城市百四十戸。天正二年白川郡高貫合戦に「大塚城主大塚掃部助親成家臣松本平四郎」。

四十五 千葉氏家臣 銚子市柴崎(八戸)海上八幡宮神主松本氏あり。香取郡多古町水戸字石成(二戸)松本氏は千葉氏旧臣にて文政七年調査を受ける。

四十六 土気城主酒井氏家臣 茂原市(百二十六戸)藻原寺永禄五年仁王像銘に「当所地頭土気酒井小三郎、松本三郎左衛門・同彦二郎」。土気古城再興伝来記に「天正二年、者頭三百石松本平治郎」。

四十七 小金城主高城氏家臣 平賀本土寺過去帳に「永正二年正月・松本正光、松本十左衛門」。

四十八 里見氏家臣 館山市館山荒井町商人岩崎文書に「慶長六年里見義康法度、商人松本豊右衛門」。

四十九 里見氏家臣田尾衆 市原市二百四十戸、うち田尾(たび)無し。田尾村林祥寺天正三年寄進状に「三貫目伊賀土地・松本内匠給之内」。

五十 北条氏家臣小田原衆 新編相模高座郡座間郷新戸村条(二戸、相模原市)に「曹洞宗長松寺、小田原北条氏の頃当所の守護人松本式部少輔法名葉林道荷、堂宇を中興す」。秦野市田原城主大藤氏着到帳に「歩侍松本弥三」。高野山高室院月牌帳に「天正十九年三月十七日・寿椿・松慶禅定尼、相州伊勢松本六衛門は立てる」。

五十一 同伊豆衆 賀茂郡松崎町建久寺十九戸、江奈一戸存す。江奈村船寄神社天正七年十月棟札に「五文・松本」。

五十二 同玉縄衆 横浜市中区本牧町本牧神社神主にて、風土記稿久良岐郡本牧村条に「永禄二年正月八日に漁師の松本次郎左衛門の漁網に十二天の像がかかり、若宮八幡宮の境内に小祠を建てて祀る」子孫神主。

五十三 同八王子衆 八王子市泉町相即寺過去帳に「天正十八年八王子落城討死松本豊後一類」。

五十四 豊島衆 高野山千蔵院供養帳豊島郡滝野川村(北区)に「寛永十二年・父松本三郎左衛門、松本善七は立てる」。豊島郡稲付村(北区)に「寛永十八年七月一日・逆修為源左衛門、松本新太郎は立てる」「寛文二年・逆修父母、松本七郎兵衛は立てる」。豊島郡町屋村(荒川区)に「万治二年・円栄浄覚命日五月二日、松本権右衛門は立てる。妙性命日十二月六日、松本弥兵衛は立てる」「延宝二年・逆修母、松本伝十郎は立てる。逆修父、松本亀蔵は立てる」。豊島郡染井村(豊島区)に「元禄十二年・二親、松本勘兵衛は立てる」。

五十五 足立衆 加村は大宮市日進町となる高野山西南院関東過去帳に「弘治二年五月八日・道秀・妙芳、武州足立郡加村郷松本殿」「元亀二年五月十五日・道銀禅門・妙銀禅尼、武州足立郡加村松本又次郎(以下立てる)。妙玉禅尼、加村松本右馬助」「天正六年十月三日・道善禅門、武蔵足立加村郷松本馬助。妙肝禅定尼・逆修道高禅定門、加村郷松本平左衛門」「天正十一年八月二十六日・妙忍禅尼、武州足立郡賀村郷松本兵庫は妻の為に立てる」「天正十七年七月十五日・菩提妙善、足立賀村松本丹後は妻の為に立てる」「慶長三年十月十五日・逆修常慶禅定門・逆修妙慶禅定尼、武州足立郡与野郷上峯住人(十五戸)松本雅樂助は夫婦の生前供養を立てる」。高野山千蔵院供養帳足立郡十二月田村(川口市)に「天正七年七月三日建立・逆修道泉禅定門・逆修寿永禅定尼妻・逆修顕入道白禅定門、松本和泉守は立てる」。足立郡元郷村(川口市)に「寛永二十一年・為母妙光、松本久八郎は立てる」。

五十六 北条氏家臣鉢形衆 利根郡権現山城物之事(白沢村高平)に「天正十六年十月十三日、吉田新左衛門尉嗜(鉢形城主北条氏邦重臣)、鉢形御使江坂又兵衛花押・松本二平花押」。

五十七 八王子千人同心 嘉永七年に川原村(八王子市高尾町)松本武七、上椚田村落合案内(高尾町)松本五郎七、下椚田村松本正左衛門、中野村(八王子市)松本勇右衛門・松本兼八。

五十八 武田氏家臣栗原衆 山梨市十九戸、うち下栗原六戸存す。古代以来居住の苗字にて、西上野安中衆松本兵部丞後裔説は仮冒なり。甲斐国志に「下栗原村、村長兵部左衛門所蔵に『永禄十三年田尻之舟二艘、如前々被還附云々、松本兵部丞殿』とあり。家記に栗原十郎武続の後胤兵部尉政信、其子兵部尉行長・西上野に住し氏を松本に改むと云々」。永禄十三年三月二十八日文書には宛名を欠く、武田家朱印。駿州田尻郷海賊衆土屋木工左衛門尉宛であり、後筆に「松本兵部丞、所持仕候」とある。収集文書である。

五十九 幕臣 @武州出身にて、信州松本発祥説は仮冒なり。本朝武家諸姓分脈系図(冑山文庫、国立国会図書館所蔵)に「本国武州。松本伊賀守正勝(住武州)ー加賀守正則(仕北条氏照)ー伊賀守正信(生武州、仕成田下総守)ー喜兵衛正吉(仕成田左衛門佐)ー次郎右衛門正重(生武州、仕成田左馬助)」。A寛政呈譜に「伊那太郎為扶四代植田太郎公光が二男彦太郎行光・信濃国松本に住せしより家号とす。正信は其後裔なりという。松本伊賀正信(成田下総守につかふ。文禄三年死す)ー喜兵衛正吉(成田左衛門佐泰親につかふ)ー次郎右衛門正重(成田左馬助に属す、慶長九年御家人に加えられ御徒をつとむ)ー五左衛門重政ー利兵衛忠重ー兵庫頭秀持(五百石)ー弥門式穀(寛政九年継十五歳百五十石)B江戸幕臣人名事典に「松本駿河守、文久二年七十一歳、百五十石、本国信濃生国武蔵、父松本兵庫頭死、兄松本弥門小普請」「松本勝次郎、慶応二年五十歳、紋葉敷牡丹、三百石、祖父松本弥門死、父松本駿河守死御作事奉行」「松本正之助、慶応二年五十五歳、七十俵五人扶持、本国下野生国武蔵、父直右衛門御与頭」「松本市三郎、文久二年二十四歳、百俵五人扶持、本国信濃生国武蔵、祖父松本三郎兵衛死、父松本宗三郎死御天守番」「松本栄次郎、文久三年二十歳、四十俵一人扶持、本国生国共武蔵、祖父松本郷右衛門死、父松本鞁次郎死西丸表御台所人」「松本謹□□、三十俵二人扶持、本国信濃生国武蔵、養祖父松本栄蔵死、養父松本辰吉死小普請」「松本□輔三十俵二人扶持、養父松本権平死大御番同心、天保六年跡式」「松本権四郎、慶応三年六十四歳、二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、養父権右衛門御鷹野役所書物御用」「松本八太郎、元治元年七十歳、十五俵一人扶持、本国生国共武蔵、父金七郎小普請」「松本弥八郎、元治元年五十八歳、七石五人扶持、本国生国共武蔵、地謡、祖父弥八郎、父弥八郎・金太郎事」。C文化十酉年御勘定所詰御普請役分限帳(利根川用水書類)に「三十俵三人扶持、本国生国共武蔵、父周右衛門、松本左七・酉五十四歳拝領屋敷小日向築地住宅」「三十俵三人扶持、本国甲斐生国武蔵、父松本忠左衛門、松本又右衛門・酉四十三歳、当時鮫ケ橋表町御鑓同心宮本直次郎地面之内借地住宅」

松山 マツヤマ 信濃、常陸、安房に存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市八戸存す。寛政五年に「二人扶持松山嘉右衛門」。

二 小笠原氏家臣 松本市三十四戸、うち庄内無し。笠系大成に「天正十一年七月吉日小笠原貞慶は松山織部佐に筑摩郡庄内二十貫文を宛行う」。

三 東筑摩郡麻績村(無し)神明宮永禄十三年懸仏に「松山松右衛門尉」。

四 真田氏家臣 上田市二十六戸、小県郡長門町九戸、うち大門六戸存す。大祝諏訪文書に「天正七年、諏訪下宮春宮造営帳、小県郡大門之郷代官松山庄左衛門尉」。松代藩文政二年に「二十人扶持松山瑞白、五両三人扶持松山養元」。文久年中に「十人扶持松山文声」。

五 箕輪城主長野氏家臣 高崎市十一戸存す永禄元年長野業政家臣録に松山勘太兵衛。

六 佐野氏家臣 田沼町一戸、佐野市一戸。天正八年佐野宗綱時代武者記に松山左衛門

七 皆川氏家臣 栃木市十三戸、下都賀郡都賀町深沢一戸。譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死用人松山藤五郎。元和元年大坂陣討死松山□後守・松山左次兵衛・松山長左衛門」。寛永十二年家臣帳に「深沢村松山肥後守・松山重左衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「深沢村松山徳左衛門」

八 宇都宮氏家臣 塩谷郡松山村(氏家町)より起こる、松山丹波居城の松山城あり、在名にて現存無し。宇都宮広巳文書に「館持、塩谷郡松山村松山掃部」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「宇都宮在深沢村松山僖源太」。前項参照。

九 多賀谷氏家臣 下妻市江二十四戸、真壁郡関城町上野二十二戸存す。東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事、松山豊後。天正十年大田和合戦図に「鉄砲二十五丁・松山兵蔵」。元禄七年多賀谷諸士子孫に「江村松山惣兵衛・同伴七・同儀兵衛・同政右衛門」。明治二十二年多賀谷城碑に「上野村松山庄左衛門、江村松山栄吉」。

十 江戸崎城主土岐原氏家臣 常陸国信太郡松山村(稲敷郡江戸崎町)より起る、在名にて現存無し。土岐岡見家臣等覚書に土岐家来之諸士松山右衛門之助・松山村住す。

十一 武田氏家臣 甲府市二十二戸、東八代郡一宮町(無し)一宮浅間神社文書に「天正九年六月十二日、武田勝頼は社人の普請役を免除す、松山摂津守奉之」。

十二 同駿河衆 清水市十五戸、うち興津無し。清水市加瀬沢文書に「永禄十二年五月十六日、興津宮脇八百文松山丹後分」。

松吉 マツヨシ 牛久市一戸存す。

一 金山城士 太田市無し。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣、松吉七内・牛久住」。元和七年改易により浪人す

二 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「池田楽右衛門組三百石松吉八蔵」。

間中 マナカ 下野、下総に多く存す。

一 佐野氏家臣 佐野市二戸存す。犬伏下町大庵寺念仏日記に「永禄十三年、間中与三郎・真中右衛門四郎」下総住人か。

二 皆川氏家臣 下都賀郡岩舟町静和(赤塚村・沖島村)四戸存す。寛永十二年家臣帳に「赤塚村沖島村間中次郎兵衛・間中弥左衛門・間中次郎右衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「沖島村間中三右衛門・間中金兵衛・間中小平次」。

三 小山氏家臣 小山市六十戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永八年三月二十七日・逆修妙永、下野小山間中庄左衛門は立てる」。

真中 マナカ 武蔵、下総に多く存す。

一 結城氏家臣下総国岩井衆 岩井市に真中氏百三十八戸、うち岩井六十三戸、間中氏は百十五戸うち岩井四十五戸存す。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。平親王将門家臣、岩井村真中利右衛門・同嘉右衛門、岩井村間中作右衛門」。

二 古河公方家臣 加須市川口に真中氏五戸存す。七三一四頁参照。高野山桜池院供養帳(古河公方家臣が多い)に「寛永十九年五月十九日・霊位妙真禅定尼、武州太田庄川口郷間中仁兵衛は内儀の為に立てる」。滝沢馬琴(祖父滝沢興吉は川口村真中理左衛門恒直の弟)著の玄同放言に「武蔵国埼玉郡川口村。余が通家、真中氏は彼郷の四家にして、猪ノ隼太が後なりといふ。治承四年源三位頼政入道平等院にて自刃し、かくて頼政卿の首を下総猿島なる古河の里に埋め葬つつ、亡君の菩提をとぶらひぬ。隼太が妻子も其処に集ひて、子孫真中村におり、これを真中氏の祖なり、世々村正たり皆実子にして嗣ぐといふ。この事祖父興吉(宝暦十年卒六十一歳)の物語なり」。地名真中村は無し、真中氏屋敷周辺のこと。

真砂 マナゴ 上杉氏家臣 越後国頸城郡真砂村(上越市)より起こる、在名にて現存無し。古代士籍に「謙信様衆、旗本真砂宮内少」。文禄三年目録に「越後侍百三十五石真砂宮内少輔」。

真鍋 マナベ

一 松井田城士 碓氷郡松井田町二戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「松井田寄騎三百石真部助之進」。真鍋なり。

二 壬生氏家臣 鹿沼市二戸。壬生義雄家臣席順に「小姓組二貫間部野三郎」真鍋なり

間部 マナベ 幕臣 江戸幕臣人名事典に「間部辰之助、慶応元年四十一歳、二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、養父五郎兵衛男子無により甥の続を以て西丸表六尺家督

問仁田 マニタ 前橋市清野町二十戸・家紋丸に鬼蔦。旧家にて代々名主を勤める。

間庭 マニワ 群馬郡群馬町四十戸存す。

一 松代藩真田氏家臣 上田市無し。文政二年に「四両六人扶持間庭岩吉、四両五人扶持間庭一郎左衛門、二人扶持間庭平左衛門」。文久年中に「四両二人扶持間庭助治郎、四両間庭儀右衛門」。

真庭 マニワ 沼田市十六戸、群馬郡群馬町十戸、利根郡水上町二十戸、月夜野町五十五戸、うち真庭三十二戸存す。これらは古代以来居住の苗字なり。

一 平姓沼田氏族 利根郡真庭村より起る。沼田系図に「沼田景泰(宝治元年十三歳)ー景長ー景盛ー景繁ー景久(弟真庭治郎太夫景頼)ー景光ー景朝(応永十一年町田村に小沢城を築く)」。

馬庭 マニワ 上野国多胡郡馬庭村(多野郡吉井町)より起こる、在名にて現存無し。本名は高麗氏(こうま)なり、十三戸存す

一 総社城主長尾氏家臣 のち武田氏に属す永禄三年関東幕注文に「惣社衆馬庭・二ひきりやうすそこ」。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「高山衆馬庭村馬庭中務少輔家重花押」。高麗氏伝に「馬庭中務信勝の娘四人は、国峰城主小幡縫殿助、夏目十三郎伊織勝安、高麗兵庫助宗智、依田勝三郎正則の妻となる」。七三一九頁参照。

間根山 マネヤマ 足高城主岡見氏家臣 筑波郡伊奈町山王新田四戸、北相馬郡藤代町十八戸存す。天正六年岡見伝喜の臣間根山和泉。のち守谷城主相馬氏に従う。

真野 マノ 武州高麗郡に多く存す。

一 上杉氏家臣 真野氏は三条市十七戸、間野氏は長岡市二十戸、小千谷市二十七戸。古代士籍に「謙信様衆、信州須田与力真野主水」。文禄三年目録に「信州貝津(長野市)須田相模守同心百五十石真野主水」。

二 米沢藩家臣 米沢市一戸存す。諸士略系譜に「真野次郎助厚忠(武田家士真野主水実子、慶長年中御当家に属し須田大炊介与力、寛永十二年致仕)ー武兵衛守忠(慶安二年卒。弟伝右衛門・その子吉蔵寛文二年相続・後未詳)ー次郎左衛門篤忠ー伝次右衛門宗忠ー権平正忠ー伝次右衛門親栄ー作弥昌忠ー寛助忠成ー熊吉忠良(天保六年家督)」。寛永八年に「自分衆二百石庭坂衆(福島市)真野次郎助」。寛政五年に「与板二十五石真野作弥」。

三 足利城主長尾氏家臣 足利市無し。天正十三年長尾顕長分限帳に「真野織部之丞」高野山清浄心院下野国供養帳に「天正二十年四月十二日・霊位月浦妙珠禅定尼、下野足利住人真野織部正は姉の為に之を立る」

四 小田氏家臣 つくば市に真野氏一戸、間野氏三戸存す。天文十八年小田家風記に「廻座宗四百石真野藤蔵」。

五 八王子千人同心 東大和市狭山(後ケ谷村)に真野氏九戸存す。嘉永七年に後ケ谷村間野源右衛門。

六 幕臣 江戸幕臣人名事典に「真野松三郎慶応元年四十六歳、地謡、本国生国共武蔵父真野次郎兵衛」。

七 足立郡古千谷村真野氏は花井参照。

間野 マノ 入間市新久十三戸存す。

一 八王子千人同心 嘉永七年に新久村間野惣次右衛門。江戸幕臣人名事典に「間野惣次郎、慶応元年六十三歳、三十俵一人扶持本国生国共武蔵、御譜代、父間野惣次右衛門同心組頭」。

馬淵 マブチ

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「与板在番四十七石馬淵与惣左衛門」。

二 武田氏家臣駿河衆 静岡市(十九戸)宮ケ崎町惣社浅間社神主文書に「元亀三年卯月十八日、馬淵太夫跡職の神職を安堵す、馬淵虎安殿、武田家朱印」「天正七年十月吉日、馬淵太夫」。御坂町石原文書に「天正十年十二月三日、甲州大津真淵分八貫文を宛行う、石原主水佐殿、徳川家朱印」。

侭田 ママダ 武蔵、上野に存す。

一 上州碓氷衆 松井田町二十戸・家紋丸に片喰、安中市十三戸存す。高野山清浄心院上野国供養帳に「元和二年十月五日・逆修妙恍禅尼、上野安中マゝダ源左衛門内方御秋逆修」「元和八年正月二十一日・上州松枝村マゝダ謹左衛門は之を立てる」。

間々田 ママダ 武蔵、上野に存す。

一 小泉城主富岡氏家臣 邑楽郡大泉町寄木戸二戸存す。寄木戸記(峯崎家所蔵)に「天正頃、上州新田郡から間々田茂左衛門が寄木戸村に移住す」。

二 金山城士 太田市五十戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣間々田源五右衛門」。

三 小俣城主渋川氏家臣 足利市一戸存す。新田老談記に「渋川相模守義勝家臣間々田左衛門」。

四 小山氏家臣 のち宇都宮氏に属す。下野国都賀郡間々田村(小山市)より起こる、在名にて現存無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、小山衆イヤクノ衆侭田将監」。宇都宮広巳文書に「館持、都賀郡間々田村間々田将監」。

五 結城氏家臣 結城市無し。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、間々田武左衛門影則」。水谷蟠龍記に「永禄元年結城晴朝を初として、間々田次郎左衛門、是等皆結城在居の諸士。武州大串を攻る」

六 多賀谷氏家臣 下妻市無し。東国戦記実録に「天正七年多賀谷勢揃の事、間々田九郎右衛門・同左馬之介」。多賀谷譜代之覚に城廻引橋之内本峯町間々田九郎右衛門。

真々部 ママベ 信濃国安曇郡真々部村(豊科町)より起こる、真々部氏館跡あり、在名にて現存無し。

一 小笠原氏家臣 在名にて、二木家記に「天正十年二月、小笠原貞慶は信長への御目見えに上の諏訪へ御越可被成候間、其節参候衆まゝべは馬を進上申候」。

二 仁科衆 松本市中山三戸、大町市一戸、南安曇郡穂高町穂高一戸存す。東京大学史料編纂所所蔵に「元亀四年十一月二十八日遠江国内で所領を与える約束をする、真々部尾張守殿、仁科盛信花押」。穂高村等々力文書に「天正八年八月十一日、真々部(尾張守)同心・被官召連れ帰城を命ず、等々力次右衛門尉殿、仁科盛信花押」。

馬見田 マミダ 桐生城士 桐生市無し。新田老談記に桐生又次郎家来馬見田新八郎。関東庭軍記に天正元年桐生勢馬見田助次郎

間路 マミチ 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)百五十石間路孫右衛門」。地名苗字無し。

馬見塚 マミヅカ 上野国那波郡馬見塚村(伊勢崎市)より起こる、九戸存す。

一 那波氏家臣 新田金山伝記に「天正年間北条方金山城主由良成繁は、武田方那波籠城の馬見塚藤治郎を攻める」。武田滅亡後は那波氏と共に北条氏に属す。色部文書に「十二月十五日(天正十一年)、北条氏照は那波駿河守顕宗に書状を送り、馬見塚を以て大和守と仰せ蒙る」「十月十日(天正十五年)、那波家中証人替之事、那波顕宗は馬見塚藤八郎自身・馬見塚対馬守男子を北条氏の人質として厩橋城に送る」。

真宮 マミヤ 間宮参照。

一 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「百五十石真宮孫左衛門」。子孫断絶す。

二 佐竹氏家臣 間宮豊前守信盛法名宗三に仮冒す。新編常陸国誌に「馬見谷。戸村本に馬見谷宗三は本苗佐々木氏なり、上杉氏に仕へて書をよくす、佐竹義仁・当国へ養子の翌年、来り仕ふと云ふ。義仁も書をよくし、鳴鶉の名あるは宗三に学ばれし」。秋田藩諸士系図に「源姓、幕紋四目結酢醤。上杉憲定の子義人・応永十年佐竹氏の嗣となり玉ふ時、上杉より馬見谷宗三従て来る」。慶長国替記に「五十石真宮三右衛門」。間宮氏は常州那珂郡大宮町十二戸、那珂町十三戸存す。馬見谷・真宮氏は常陸出身の苗字間宮氏であろう。

間宮 マミヤ 常陸、安房、相模に存す。

一 近江国の苗字間宮氏 地名間宮村は無し大津市三十六戸、うち大萱十四戸、近江八幡市八戸、蒲生郡安土町九戸、うち常楽寺三戸存す、古代以来居住の苗字なり。苗字間宮氏は滋賀郡真野郷(大津市)の在名真野氏と兄弟契約を結び真野氏流を称す。蒲生郡常楽寺村に式内社沙々貴神社、同郡船木荘(近江八幡市)あり。船木荘は京都の当山派修験本山の真言宗醍醐寺三宝院文書に「文安六年、三宝院領近江国船木荘」。熱海市走湯山権現別当修験真言宗密厳院の院主は三宝院が兼帯す。応永五年三宝院文書に「伊豆国走湯山権現領関東知行地注文。豆州馬宮庄領家職」。田方郡間宮村は佐々木氏流間宮氏とは無関係なり。

二 佐々木氏流間宮氏 佐々木系図(続群書類従)に「佐々木経方ー行定(佐々木宮神主)ー定道(佐々木神主)、弟行範(真野舟木間宮)ー真野源二定時、弟舟木太郎時信ー舟木太郎信光ー信景(間宮祖)ー間宮景泰、弟間宮信有」。行範の兄愛知家行ー山ア憲家ー定家(承久三年死去)、舟木時信と山ア定家が同世代。万石氏の名は見えず。鎌倉時代に間宮氏の名がある。寛政呈譜に「佐々木庶流、先祖は万石・真野・船木等を称し、信冬田方郡間宮村に住せしより称号とす。万石五郎太夫行定が男散位定道(佐々木宮の神職)ー真野源二定時ー船木五郎時家、弟船木六郎時信ー船木太郎信光ー右衛門尉信景ー新左衛門信行ー信重ー新左衛門信冬法名実能(寛永系図に信冬より豊前守某にいたるまで、其間中絶せりといふ)」これは近江国の間宮氏にて、伊豆国間宮村は無関係なり。北条氏家臣も無関係なり。

三 武蔵国本牧領の間宮氏 久良岐郡本牧領上笹下郷田中村・峰村・矢部野村・栗木村杉田村・中里村(横浜市磯子区)、中里村日蓮宗不動山間宮寺境内不動堂は佐々木八ケ村の鎮守なり。下笹下郷雑色村・松本村・関村は港南区笹下となり、天文頃間宮豊前守信元が山城を築く。苗字間宮氏は神奈川区三ツ沢十七戸存す、鎌倉九代後記に神奈川の住人間宮某と。笹下郷に移り、佐々気(ささけ)を佐々木(ささき)と書き、近江佐々木氏流に仮冒す。五項参照。

四 北条氏家臣 二項の寛政呈譜に@「家紋角四目結、五三の桐。間宮豊前守信盛(北条早雲・氏綱につかふ、某年死す、法名宗三)ー豊前守信元(氏綱・氏康につかへ、某年死す、法名光林。弟左衛門信次、弟兵庫頭)ー豊前守康俊(氏康・氏政・氏直につかへ、天正十八年三月二十九日伊豆国田方郡山中城戦死す、年七十三、法名宗閑、三島山中浄土宗宗閑寺に葬る。弟源十郎若狭守綱信、弟兵部少輔、弟監物)ー藤次郎新左衛門康信(氏康・氏政・氏直につかへ天正十年八月十二日甲斐国御坂合戦討死、年四十二、法名宗安。弟善十郎・北条氏照につかへ永禄年中相模国三瀬戦死・年二十三、弟虎之助造酒丞信高、弟宗七郎伝右衛門元重、妹足利義氏の臣豊前山城守氏盛が妻)ー新左衛門直元(東照宮にめされて下総国印旛千葉両郡のうち千石をたまふ、且武蔵国本牧領をあづけらる、慶長十九年大坂の役死す、年四十四、法名宗夢)ー彦次郎忠次(本牧領をあづけらる、寛永十九年死す、牛込の臨済宗松源寺に葬る、代々葬地とす)ー権三郎正信ー新左衛門正次ー三郎左衛門次信ー権三郎信喜ー求馬信昌ー鉄之助三郎右衛門信寧(宝暦八年継十七歳千石)ー彦兵衛信邦(天明八年十九歳拝謁)ー鉄之助」。A「宗七郎伝右衛門元重(氏直につかふ、天正十八年東照宮に奉仕三百石)、子孫林蔵頼名(寛政七年継百俵十人扶持)」。B「源十郎若狭守綱信(北条氏照につかへ、天正十八年東照宮に拝謁し武蔵国久良岐郡氷取沢村五百石をたまひ氷取沢村に住す、慶長十四年死す、年七十四、彼地浄土真宗宝勝寺に葬る)ー十左衛門頼次(北条氏照につかへ、父と同じく東照宮につかへ二百石。兄民部正重)ー新四郎盛定(元和元年大坂御陣死す)ー七郎兵衛信綱(吉俊に作る、元和元年遺跡継八歳、延宝八年死す、年七十三、牛込の保善寺に葬る)ー孫兵衛盛重ー金五郎(二百俵、狂気せしにより公収せらる)」。千葉県四街道市山梨(無し)栗原氏系図に「天正十八年小田原落城の時、山梨村に間宮新四郎と云ふ者住居す。後に東照宮に随身仕へしむ。曹洞宗大隆寺に石塔有り天正二年死去す。是の間宮は山梨主税之介と云ふ」。大隆寺に元和元年没間宮七郎兵衛吉俊の五輪塔あり。C「若狭守綱信が長男民部正重(氏直没落後、東照宮につかへ三百石)ー庄五郎正秀(元和元年大坂陣戦死、采地千葉郡高津村曹洞宗観音寺に葬る)ー庄五郎正勝(五百石、谷中の長明寺に葬る、のち代々葬地とす)ー庄五郎信政(八百石)」。D「豊前守が三男兵部少輔信好(北条家に仕ふ、某年死す、法名宗見)ー彦六喜左衛門元次(天正十一年東照宮につかへ七十石、慶長六年二百石御鷹の役)、子孫彦六信尹(明和七年継三百石)」。E「豊前守が二男左衛門信次(信常に作る、氏綱・氏康につかふ、天正十五年八月二十七日相模国三浦走水討死、年三十四、法名法西)ー左衛門信忠(氏康・氏政につかふ)ー左衛門信繁(初信盛、氏政、氏直につかふ、文禄元年武蔵国久良岐郡五百石、のち千七百石、元和三年死す、年五十九、法名日縁、采地久良岐郡杉田村日蓮宗妙法寺に葬る、のち代々葬地ちす)ー左衛門信之ー藤太郎信勝ー左衛門信久ー左衛門敦信(享保七年死す)ー左衛門信勝(嗣なきにより断絶)」F「豊前守が四男監物信俊(氏政・氏直につんへ天正十八年伊豆国山中落城討死、法名宗賞、田方郡山中新田宗閑寺に葬る)ー三郎右衛門光信(天正十八年東照宮につかへ三百石、本所の日蓮宗妙源寺に葬る、後代々葬地とす)ー三郎九郎正信(五百石)ー甚十郎政重ー三郎九郎政茂ー吉十郎監物光政ー友三郎光徳(明和元年継二十五歳五百石)ー吉十郎光儔(寛政三年二十八歳」G江戸幕臣人名事典に「間宮新左衛門、慶応頃千石、本国近江生国武蔵、祖父間宮彦兵衛死、父間宮新左衛門豊山」「間宮吉十郎、慶応三年三十四歳、五百石、本国生国共武蔵」。本国武蔵国久良岐郡なり。

五 間宮氏の史料 藤沢市江之島中之坊(岩本坊)文書に「享徳四年三月十二日、鎌倉警固を賞す、間宮肥前守殿、花押(足利成氏)」武蔵国久良岐郡住人か。隣に相模国鎌倉郡戸塚宿(横浜市戸塚区)あり、港南区・磯子区一帯も相模と記すことあり。鎌倉大日記に「明応四年北条早雲は小田原城を攻め落とす」。小田原旧記(天文二十一年頃作成)に「相模衆十四家、間宮家・右は早雲寺殿小田原御平定之節、最初に御手に属する家なり」。鎌倉九代後記に「永正七年七月、伊勢宗瑞味方の上田政盛籠城神奈川権現山城(横浜市神奈川区幸ケ谷)を上杉朝良が攻めたときに、城中から四ツ目結びの笠印をつけた神奈川の住人間宮の某と名乗って突進してきた」神奈川区三ツ沢住人にて本牧領笹下郷杉田村へ移る。米良文書に「天文八年四月五日熊野先達泉勝旦那注文、武蔵国杉田郷間宮与七郎」北条氏綱家臣。幕臣間宮家伝に「武州久良岐郡佐々木城主たりしと、今笹下と称する」。風土記稿久良岐郡杉田村条に「旧陣屋蹟。間宮左衛門尉信次(或は常信に作る)以来世々の陣屋なりと云伝ふ。信次は豊前守信盛が二男にて天文十五年(系図の天正は誤り)八月二十七日相州三浦走水に於て戦死す、法名法西、当村日蓮宗妙法寺に墓あり其子左衛門尉信忠初め藤太郎と称す、役帳に東漸寺分(杉田村)七十貫文領す、則是なり。其子信盛も亦藤太郎と称し、後左衛門尉に改む、文禄元年東照宮に召出され、旧領の杉田村中里村五百石を賜る」。久良岐郡松本村条に「御霊権現社は小名下笹下にあり。同社別当泉蔵院へ寛永二年間宮敦信より与へし文書に『武州久良岐郡杉田庄佐々気村御霊宮天文年中開基・願主同国橘郡川崎堀之内城主佐々木間宮豊前守源信元当所領内江建立、本願主豊前守信元七代之後裔願主武州久良岐郡杉田村地頭佐々木間宮左衛門尉源敦信花押」。常陸国行方郡医師芹沢外記文書に「五月十八日(天正四年)、下総国関宿城主北条氏照家臣間宮綱信は、芹沢掉雪斎定幹に氏照への名薬到来を感謝す、間宮若狭守綱信花押」。関八州古戦録巻十六に「天正十八年。山中城(三島市)には上方勢押向ふ。間宮豊前守好高(系図の康俊)は嫡子式部少輔(系図の直元)が子彦次郎(忠次)十五才なりしを父祖の名氏を断絶なからん様に相続すべしと申ければ、彦次郎を小田原へ送り遣しける」。巻十七に「箱根山中城(三島市)には間宮豊前守好高・同式部少輔・同姓監物一本将監・同源四郎一本源十郎等楯籠りて防戦す」。

六 永禄二年役帳に「玉縄衆間宮豊前守(康俊)、三百貫文久良岐郡杉田、七十五貫文杉田天文十一年増、七十一貫文東郡小雀(戸塚区)、七十七貫文東郡国分(海老名市)、六十六貫文江戸川崎(川崎市)、三十五貫文小机末吉(横浜市鶴見区)、二十一貫文入西郡富屋(坂戸市)、買得三十貫文三浦不入斗(横須賀市)、都合六百九十八貫文」「御馬廻衆間宮藤太郎(信忠)、五十五貫文東漸寺分(杉田村)、十五貫文同所天文十一年増、以上七十貫文」。天文十一年以前から知行す。

七 同足柄衆 足柄上郡大井町金子十九戸存す。古代以来居住の苗字にて、間宮若狭守後裔説は仮冒なり。新編相模金子村条に「旧家若三郎、世々里正たり。祖先は間宮豊前の男にして若狭守と云ひ、北条氏家臣たり。天正十八年小田原の役に父豊前守山中の城にて討死せし後、遁れて此に土着し、子孫連綿して今に至ると云ふ。小田原陣の時、豊臣太閤の当村に出しゝ制札二通を蔵せり」。間宮健治文書に「天正四月日豊臣秀吉掟書。かねこの村、百姓に当地へ還住を命ず」」「秀吉禁制。相模国西郡金子郷」。落城以前からの土豪なり。

八 福井藩家臣 慶長六年結城秀康給帳に「本国相模・百五十石御庭花奉行間宮民部」。間宮若狭守綱信の嫡子民部正重か。

九 紀州藩家臣 寛政呈譜は幕臣だけを記載している。紀州藩土屋参照。南紀徳川史・名臣伝に「間宮豊前守康俊ー左衛門尉信重(小田原没落後、権現様へ召出)ー助左衛門盛忠(実父北条家臣土屋織部盛央二男、初惣蔵、生国相模権現様へ召出、徳川頼宣附属、紀州御供、万治二年病死五十五歳)ー助左衛門幸重(百五十石)、五代一八幸陳(五百石)、七代一八陳徳(町奉行三百五十石、文久三年病死)ー粂三郎陳善」。元和五年国初知行高に「百五十石間宮助四郎」。延宝五年に「百五十石真宮助左衛門子真宮藤太夫」。慶応三年に「公儀より御附の家筋、御目付三百五十石間宮一八」。

十 武田氏家臣海賊衆 三河国畠村(渥美町福江無し)浄土宗栖了院は永禄二年間宮水軍頭領の間宮権太夫直綱が建立す、その子広綱也。甲陽軍鑑品十七に「海賊衆間宮武兵衛・船十艘、間宮造酒丞・船五艘兄弟」寛政呈譜に「佐々木四郎高綱が後胤、八郎五郎繁信はじめて間宮を称し、其男主水佑繁辰武田信縄・信虎につかふ。其男左太郎繁氏信玄につかふ。その子繁義とし、信高を繁義が弟の系につらね、実は間宮豊前守康俊が四男なりといふ。しかれども寛永譜間宮第二の系図は真里谷信濃信次、其子兵衛尉直信が子助左衛門信正が伝に、外祖父間宮主水佑は北条及び武田家につかへ、其子造酒丞東照宮に奉仕すといふ。この家の系図主水佑繁辰が女、真里谷信濃直信が妻といひ、繁辰信高の呼名及び其伝も略おなじきときはかの二人と同人たるに似たり。略其世統を記して後勘に備ふ。間宮豊前守康俊が四男造酒丞信高(北条氏政につかへ、のち武田勝頼に属し、船手の戦ひに軍功あり。天正十年岡崎にめされて千二百石御船手の衆に列す。十二年小牧陣のとき戸田三郎右衛門忠次が下知にしたがふ。六月十九日蟹江合戦敵の船に乗りうつり戦死す三十二歳)ー造酒丞高則(東照宮につかへ御船手をつとむ。天正十八年千二百石。慶長十四年死す三十二歳)、子孫造酒丞伊清(明和七年継千二百石)」。三河出身にて間宮康俊四男説は仮冒なり。十二項参照。

十一 尾張藩家臣 士林泝に「姓宇多源氏家紋丸に隅立て四ツ目。宇多天皇六代の後胤左近将監章経、始佐々木氏を称す、章経十代の孫信重、其子新左衛門信友・是間宮の始祖也。間宮新左衛門信冬法名実能ー権太夫信盛(今川家に属す)ー権太夫直綱(今川家幕下、後神君奉仕千石、台命に依り戸田忠次女を娶り、三州渥美郡御厨庄畠村に居す、天正六年三月十一日卒。弟武兵衛直信は今川家に仕へ、後武田家に属す、其の子左衛門清信・神君奉仕。直信の弟造酒丞信高は今川家及び武田家に仕へ、後神君奉仕、天正十二年六月尾州蟹江合戦の時御舟奉行をつとめ討死、嗣子無し)ー牛之助広綱(神君奉仕、慶長五年三月七日卒)ー権左衛門之等(神君奉仕、寛文七年八月四日卒八十二歳)ー造酒丞正等(敬公奉仕千石。弟内記信等は濃州大垣に住し戸田氏信に仕へ千石。弟市之右衛門師吉は義行主に附属三百石、その子孫兵衛吉虎・その子勝三郎)ー造酒允之政ー兵庫之峯」「権左衛門之等の弟大隅守正照(敬公に召出御家老四千三百石)ー大隅正像(改易)」。寛永年中に「諸奉行衆二千石間宮権太夫」。享保六年に「御城代千五百石間宮造酒允・同心三十四騎足軽五十人・組知高三千六百十五石」。明治二年に「執政補助会計知事三千石間宮六郎、寄合組百石父孫兵衛・間宮藤太郎、御目見席寄合百二十五石間宮伴左衛門」。

十二 真里谷城主武田氏流間宮氏 断家譜に「源姓、本国上総、紋四ツ目結。真里谷信濃信政三世善兵衛直信の男間宮助左衛門信正(母間宮主水女、母方間宮氏を号す)」寛政呈譜に「家紋四ツ目結、割菱。寛永系図に、もとは武田を称す、信次・上総国真里谷に住す、ゆへに武田を改めて真里谷と称す、信正がとき外家の号間宮に改むといふ。真里谷信濃信次(将軍義昭につかふ)ー兵衛尉直信(義昭につかふ)ー間宮善九郎助左衛門信正(母は間宮主水佐繁辰が女。天正十五年秀忠につかふ、二百石百俵、寛永十八年死す六十七歳)ー諸左衛門正次(四百五十石)ー諸左衛門信敏ー権之助信輝(寛文八年死す十五歳。嗣なくして家たゆ)」。十項参照。

十三 小田氏家臣 つくば市北条三戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎三百石間宮主馬」。

十四 豊田氏家臣 結城郡石下町東野原二戸存す。天文二十年下総国豊田治親家臣名に「豊田領騎馬旗頭間宮玄蕃」。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。向石毛村城主豊田中務尉、東野原村間宮五兵衛」。

十五 測量探検家間宮林蔵倫宗は安永九年常陸国筑波郡上平柳村(三戸存す、伊奈町)に生まれる。江戸幕臣人名事典に「間宮鉄次郎、紋所四ツ目、百五十俵、本国常陸生国武蔵、養父間宮林蔵死御普請役」。

十六 葛飾郡杉戸町下高野(四戸)間宮家譜に「小田原北条氏家臣間宮豊前守好高は天正十八年二月戦死し、長男光綱は平須賀村(幸手市)に土着し、二男長左衛門好綱は慶長二年に下高野下新田に分家して耕地を開墾し、子孫累代名主を勤める」仮冒なり

十七 武田氏家臣 南都留郡勝山村の勝山記(妙法寺記ともいう)に「永正十三年十二月二十六日、西海右近進兄弟打たるゝ也、さる間宮内丞殿二十九日に出陣あり」。

真生田 マミュウダ 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町福和田三戸存す。嘉永六年旧臣控に「福和田村豆生田小兵衛・豆生田長兵衛」

黛 マユズミ 上野に多く存す、古代以来居住の苗字にて武州黛村発祥説は仮冒なり。

一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市六十五戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「中小姓黛半七・真黛代助」。

二 松井田城士 碓氷郡松井田町七十五戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「侍大将七百石黛平次左衛門」。

三 小幡藩松平宮内少輔忠恕家臣 甘楽郡甘楽町十六戸、うち小幡三戸、秋畑七戸・家紋木瓜、下仁田町五十四戸、富岡市百五十戸、うち原二十六戸・家紋三ツ巴。明治維新頃に「御林守一人半扶持原村黛小太郎」

四 七日市藩前田氏家臣 富岡市七日市十戸正徳六年に「四両二人扶持黛甚左衛門」。

五 安中藩板倉氏家臣 安中市六十五戸存す天保十一年に「足軽黛音八」。

六 幕臣 江戸幕臣人名事典に「黛松之助、慶応二年四十二歳、五十俵三人扶持、本国上野生国武蔵、祖父黛鎌次郎死、父黛忠兵衛死小普請」。

丸子 マリコ マルコ参照。

真里谷 マリヤツ 上総国望陀郡真里谷村(木更津市)より起る、在名にて現存無し

一 真里谷城主武田氏族 北条氏綱書状に「まりやつ」。富津市八幡の鶴嶺八幡宮文書に「永正四年十一月二十八日棟札、武田式部太夫源朝臣信嗣・在名号真里谷」。武田二十四項参照。

二 館山藩里見氏家臣 館山市に真利谷氏一戸存す。里見義康分限帳に「百人衆五十石真里谷源太、同高真里谷佐右衛門」。

丸 マル 上総に多く存す。

一 土気城主酒井氏家臣 千葉市四十四戸、茂原市九十戸、うち鷲巣二十戸(立野氏一戸)、大網白里町大網一戸存す。大網村本国寺天文十五年日蓮像銘に「丸大膳守・同子新三郎、丸右衛門、丸□□守法名蓮教」茂原市藻原寺永禄五年仁王像銘に「茂原郷妙光寺持尊仁王、当所地頭土気酒井小三郎本願経乗坊日清花押、兄弟衆丸七郎左衛門吉久、丸藤衛門光吉・子息弥二郎、丸三郎衛門、丸主殿助、同弥三、丸藤左衛門、丸藤衛門光吉一類立野太郎次郎・同内匠助」

二 里見氏家臣 安房郡丸御厨(丸山町)よりおこる。岩糸・石堂原・御子神(みこがみ)参照。丸山町八戸、うち岩糸四戸、安馬谷一戸、西原三戸、石堂・宮下・前田・丸本郷・珠師ケ谷無し、在名なり。丸本郷村天台宗安楽寺は丸氏の菩提寺にて、享徳元年丸五郎平常重墓碑あり。石堂村天台宗石堂寺天文十四年多宝塔に「国主里見義堯・其子義舜、大旦那丸珠師ケ谷殿平常綱其子豊綱・弟常種、丸殿平成常・其子蔵人佑高常、丸宮下殿平常家・其子常近、丸石堂殿平常茂、丸岩糸殿平豊常・其子時綱、丸前田平常家」「天正十六年金剛盤寄進鎗旦那丸但馬守時綱妻女敬白」。西原村天台宗慈眼寺天文二十一年鰐口銘に「丸修理亮平常種」。珠師谷村八幡神社慶長十三年棟札に「大旦那丸八兵衛」。

三 館山藩家臣 館山市七戸存す。里見義康分限帳に「百人衆五十石丸作右衛門」。高野山妙音院里見家過去帳に「寛永二年建・鑑窓正円信女・丸与右衛門内方、勝応全莫信士・施主与右衛門自身」夫婦の生前供養

丸岡 マルオカ 群馬郡箕郷町四十七戸存す

一 上杉氏家臣 新潟市蔵岡無し。山吉家伝記に「山吉玄蕃景長同心丸岡右馬之助」。天正五年三条衆給分帳に「丸岡右馬助分、三条之内・蔵の岡か村十三貫四百二十文」

二 小田氏家臣 つくば市一戸。天文十八年小田家風記に大番千騎千二百石丸岡新助。

三 千葉氏家臣 印旛郡栄町安食台一戸、布鎌無し。常総軍記に「布鎌には布鎌但馬、丸岡喜一」。

丸子 マルコ 信濃国小県郡依田庄丸子郷(丸子町)より起こる、腰越村に丸子城あり、在名にて現存無し鞠子(まりこ)・円子(まるこ)とも書きマリコと呼ばれていたが、昭和三十年代にマルコに統一された本名は依田氏にて、依田氏は丸子町下丸子三十九戸、北佐久郡北御牧村八重原五十戸

一 武田氏家臣丸子衆 甲斐国志に「丸子民部少輔、依田氏也、在小県郡、旧作鞠子、源平盛衰記円子小中太あり、丸子・腰越・八重原を領すと云。下郷神社(生島足島神社)丸子良存寄進状あり、文中に民部少輔と見ゆ、軍鑑・大全等に丸子三右衛門とす、馬場美濃守の婿なり、駿州清水城代となる」。千曲之真砂に「小県郡丸子城、天文年中・丸子三右衛門居之、武田幕下也。丸子三右衛門は馬場美濃信房婿となり信房より舟軍の奥秘習得たり、これにより永禄十二年駿州清水に築城す」。高白斎記に「天文二十二年二月十三日、武田晴信は依田大和守春賢に中丸子・下丸子を安堵す」高野山蓮華定院文書に「八月十七日(天文十七年)、依田大和守春賢花押(丸子)」「弥生二十六日(天文二十三年頃三月)、子供(民部少輔)の息災を祈念す、依田沙弥良存花押」。佐久市大沢市川五郎文書に「永禄七年、根際村(佐久市根岸)に而百二十貫文見出しの分、丸子豊後殿之御知行に成申候。横沢分(真田町本原住人)共に、以後丸子豊後殿の御ひざもとに而御座候に付而丸子殿へ之御知行」。甲陽軍鑑に「永禄八年六月縁者組之事、信州まりこと云侍、馬場美濃むこになる。信州先方衆まりこ三右衛門・三十騎」。下之郷生島足島神社文書に「七月三日、今度民部少輔の祈念をし、五百文を寄進す、丸子良存花押」諸州古文書信州に「永禄十一年七月十七日武田信玄は越後兵が水内郡長沼に攻入るがため、小諸へ出馬を命ず、丸子善次殿」。高野山蓮華定院文書に「天正八年三月朔日丸子郷配領の内は蓮華定院を宿所と定める依田善次信貞花押」。依田(よだ)参照。

二 武田氏幕下真田氏家臣 在名にて上田市無し。加沢記に「天文十年十二月下旬、真田幸隆を本陣に、前備は鞠子藤八郎と御定有て都合二千余騎は村上義清と戦う」。吾妻記に「天正十八年三月小田原征伐に信州より御供満利子藤八郎あり」。真武内伝に「丸子三右衛門は小県郡丸子の城主にて、騎馬三十騎程持申候由。甲州の馬場美濃守の婿にて、真田隠岐守殿(信尹)と相婿也。このため房州様(真田昌幸)御旗本となり子孫重臣也、海野を下され海野喜兵衛と言ふ。次男を宮内と言ふ。喜兵衛室は本多故中書殿孫にて真田信之室の姪なり、その娘小幡内膳室なり。喜兵衛男子無し、故に宮内並に甥の内膳にも喜兵衛知行の分下さる」。丸子三右衛門の嫡子藤八郎・後喜兵衛は海野氏を称す。松代藩海野直枝文書に「寛永元年松代城主真田信之は、丸子喜兵衛に九百石を給す」。海野参照。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し永禄元年長野業政家臣録に丸子市兵衛。

丸沢 マルサワ 上州甘楽町善慶寺二十三戸家紋丸に根笹。当村修験医師丸沢氏存す。

一 足立衆 大宮市水判土無し。高野山西南院関東過去帳に「天正二十年六月晦日・道高禅定門・妙光禅定尼、武州足立水波戸丸沢源七郎は立てる」。

二 豊島衆 北区赤羽台一戸。高野山千蔵院供養帳豊島郡赤羽根村に「天和三年・父命日十二月二十九日、丸沢与兵衛は立てる」

丸島 マルシマ 上総に多く存す。

一 幕臣 江戸幕臣人名事典に「丸島祐七郎元治元年三十三歳、三十俵三人扶持、本国生国共武蔵、養父鎮八郎甥の続を以て跡式御持小筒組」。

丸田 マルタ 越後、信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣菅名衆@ 蒲原郡菅名庄丸田村(五泉市)より起こる、在名にて現存無し。中蒲原郡誌に「丸田村は永禄年間に上杉氏の家臣丸田左京が領す」。北越耆談に「我等先祖丸田左京進家輔も、上杉家にては随分軍功を抽んで謙信・景勝両代に働有之。景勝御代に浪人致し会津へ供致さず。慶長五年八月に景勝より御下知にて、越後に残る浪人共旗を挙げ、堀丹後守直寄(徳川家臣)と合戦し、丸田左京討死致し、其子は米沢へ帰参し、形計りの身上なれども、古を懐ふ情絶えず、聞伝へたる物語を筆記す。寛文元年三月十三日、上杉家中丸田左門友輔」。菅名衆A中蒲原郡村松町水戸野に雷城あり、現存無し。越後野志に「蒲原郡雷城は水戸野村に在り、城主丸田周防守高俊等が居住す。遠祖は筑後の産にて竹地源太泰基と云ふ。源頼義に仕へ、其後裔後藤兵衛尉吉道・平治の乱に源義朝に仕へ軍破れ、義朝東国に奔る日、従臣三十四人の其一人也。吉道が後裔・文明中、本州安田に来て居住すること数世。一族長尾筑前守高景の妹婿となる者あり」。婿となり平姓梶原氏流長尾氏後裔と称す。古代士籍に「謙信様衆、旗本大茂(栄町大面)丸田伊豆守。旗本蔵王堂(長岡市)丸田周防守」。上杉家記に「天正八年正月、去歳、三郎景虎敗亡するや、其党丸田周防守蔵王堂城に、丸田掃部助見付城に、丸田伊豆守大茂城に拠る」。三郎景虎方に属していたが、のち景勝に仕える。上杉家文書に「五月六日(天正九年か)、越中国射水郡願海寺表の情況を報告す、樋口与六殿(直江兼続)、丸田掃部助俊次花押、他二名」「天正十二年卯月二十六日、埴科郡虚空蔵山(坂城町)へ其地之人数召連相移、在陣尤候、猶丸田掃部助俊次可申候、岩井備中守殿、景勝判」。上杉三代日記に「天正十三年、景勝は、糸井川の城主丸田伊豆守処に八千六百の手勢にて御座ありける」。B鉄砲衆 古代士籍に「謙信様衆、旗本・元信州にて父は市右衛門・又勘解由とも云、丸田与次郎」。上杉家文書に「鉄砲一巻之事。直江兼続は越後より会津若松へ国替の時、鉄砲師匠を召抱う。丸田九左衛門罷下、春日衛門とりたて申、山城(直江)に此由申、鉄砲を稽古せしむ」。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、妻有居・元来上杉譜代・有故御呵・後御守に入・丸田九左衛門」。武芸流派大事典に「大坂の片桐左近少輔から種子島流鉄砲術を相伝した丸田九左衛門盛次は上杉景勝に仕へ三百五十石二十人扶持、慶長九年鉄砲総支配人となり、寛永三年鉄砲足軽五十人の組頭になる」。丸田氏は上田市三十四戸、うち岡九戸存す、当所出身にて、大江系図に「大江広元流、孫二郎光佐(信州上田住)」五項参照。嘉暦四年守矢文書に「地頭等、小県郡小泉庄岡村・泉小二郎知行分」。上杉年譜に「永禄四年、飯山城主泉弥七郎・尾崎三郎左衛門重信父子」。岡村丸田勘解由は飯山城将尾崎氏に従い、その配下上堺衆となり、跡目を九左衛門が継ぐ。C上杉家奉行衆 刈羽郡琵琶島村鵜川神社文書に「天正十八年霜月二十八日、八社神領分二町八反、八社大夫どの、笠原大膳助久家花押・丸田源丞盛房花押」D文禄三年目録に「菅名七百十一石丸田周防守・菅名但馬依病死・丸田被差置候。信州上堺衆上堺平九郎同心百五十三石・本苗上田氏にて信州大江姓・丸田勘解由。越後侍七十八石丸田源蔵」。慶長三年会津分限帳に「三千百石丸田周防守。御馬廻衆百五十石丸田九左衛門与板衆百石丸田勘十郎同高丸田与七郎」。

二 米沢藩家臣 米沢市十二戸存す。諸士略系譜に@「丸田伊豆守(桓武の後胤梶原家の末葉)ー掃部助伊豆守(景勝代天正八年五月三日御朱印賜之、栃尾城・大茂城・見付城と三ケ所賜之、居城は見付城に在城の由。越後菅名中之原に於て一揆の刻堀丹後守御取合の砌出張、魚沼郡上田の内広瀬酒戸と云所にて丸田の首塚あり、会津米沢へ供奉の上、越後へ牢浪す。弟周防守定俊)ー仙右衛門俊成(父牢浪にて丸田氏暫く中絶の処、定勝代寛永十一年五石三人扶持賜之、延宝六年致仕)ー万六ー万右衛門俊光ー宗内景歳ー善左衛門歳弘ー弥三郎歳忠ー多喜衛政徳ー右兵衛俊政(天保二年家督」A「周防守定俊(越後蔵王城に罷在、雷城に相随、則ち雷城拝領す、会津まで供奉、後に卒)ー図書実俊(実伊豆守二男、始勘十郎重俊、寛永十八年卒)ー掃部吉俊(寛文三年卒)ー右門政俊ー平次兵衛祇長ー波門俊貞ー勘十郎秀俊ー右橘俊頼ー織衛敏政ー常松忠俊(嘉永元年家督)」。B生家の駒沢氏は長野市駒沢より起こる。上田市岡出身の苗字にて南安曇郡梓川村梓字丸田発祥説は仮冒なり。「丸田九左衛門盛次(信州丸田在名を以て氏とす、丸田勘解由名跡、実御馬廻駒沢氏、慶長九年御鉄砲総支配、寛永五年卒)ー与次郎盛平(後雪斎、寛永十八年致仕。弟九左衛門盛時)ー庄助盛方(兄金十郎盛吉は寛文十年乱心切腹、苗字断絶)ー庄助盛良ー庄助盛元ー庄助盛辰ー三五郎盛茂ー繁太郎盛興(天保十五年家督」。C「九左衛門盛時(寛永十八年甥金十郎盛吉幼少付而陣代命之、鉄砲総支配、元禄元年致仕)ー九左衛門盛政ー九左衛門盛良ー九左衛門盛昭ー九左衛門盛庸ー金左衛門盛倫ー九左衛門九十郎盛美ー九十郎盛貞ー虎之助盛興(明治元年相続)」。寛永八年に「御年寄衆五百石丸田図書、自分衆百石丸田与次郎」。寛政五年に「二百石丸田九左衛門、四十石丸田勘十郎、五石二人扶持丸田庄助、三石一人扶持丸田弥三郎、同高丸田清三郎」。

三 小笠原氏家臣 信濃国南安曇郡丸田村(梓川村梓字丸田)より起こる、在名にて現存無し。本名は丸山氏なり。梓に丸山氏六十八戸存す。飯田藩慶長年間に「三百五十俵丸山左馬助」。元和二年松本藩知行高帳に「五百石丸田左馬助・権右衛門入道渓翁の父」。

四 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し。元和九年検地帳に丸田与右衛門。寛永十九年に「二百七十石丸田与右衛門・悦斎之事同心三十人。中小姓衆丸田伝右衛門」。万治元年に「二百二十石丸田与右衛門、七人扶持丸田源太左衛門、一人扶持丸田勘四郎」。文政二年に「百石丸田治兵衛藤原秀包・同孫八郎、四両二人扶持丸田三四郎藤原秀熈」。諸士系略に「藤原秀郷流山上五郎高綱後裔山上佐渡守秀近(慶長九年死)の子孫、丸田与右衛門の後裔治兵衛秀包」

五 那須氏家臣 烏山町無し。大江氏系図(続群書類従)に「大江広元ー親広ー佐房ー上田弥二郎長広ー弥三郎佐長ー孫三郎光佐(信州上田)。佐房の弟広時ー政広ー元顕ー元政ー時茂ー元時ー氏政ー満広ー時高ー頼康ー丸沢式部政勝」これに仮冒す。一項も上田光佐に仮冒す。那須記に「永禄十年四月、烏山城主那須資胤は佐竹方の梅平城主大金重宣を攻めるため、丸田友右衛門正任『平城天皇王子阿保親王三代大江音人七男千吉に十七代大江頼広一男丸沢正勝に二代丸田次郎正泰に五代孫也』ら七百余騎を指向ける。向日西大塚(馬頭町)の辺に陣を取り、丸田は討死す」。

六 旗本伊王野氏家臣 那須町伊王野一戸存す。伊王野氏家記継志衆に「慶長五年関山合戦(白河市関辺字関山)に丸田氏あり」

七 武田氏家臣 塩山市二十二戸存す。天正十壬午年起請文に「原隼人衆丸田甚四郎」

丸橋 マルハシ 上野に多く存す。

一 藤原秀郷流下河辺氏の本名丸橋氏 前橋市二十九戸、うち笂井十一戸存す。勢多郡大胡庄笂井村の丸橋氏は在名大胡氏を称し同郡益田村(前橋市上下増田町)を所領として在名益田氏を称し、藤原秀郷流下河辺行平と兄弟契約を結び下河辺政義(紋釘貫)を名乗り、また益田政義とも称す。政義の子行幹より数代の後裔行俊の子行安が本名丸橋氏に復姓す。益戸は益田の書誤りなり。大胡・益田参照。

二 幕臣 寛政呈譜に「藤原秀郷流、丸に釘貫、丸に鳩酸草、結雁金。家伝にいはく益田和泉守行俊が二男四郎左衛門行安はじめて丸橋を称す。茂行はその末孫なり。丸橋五右衛門茂行(元和元年御先手の与力)ー庄左衛門茂連(兄茂安の子孫御家人たり)ー庄兵衛茂奞奞雚ー茂八郎茂矩ー直蔵茂雅ー元吉郎茂之(寛政元年継十三歳・百五十俵)」。江戸幕臣人名事典に「丸橋_之丞文久三年二十六歳、百五十俵、本国上野生国武蔵、祖父丸橋茂八郎死、父丸橋庄左衛門死表右筆」。

三 金山城士 勢多郡江木村近郷草分け書上帳に「大胡常陸之助の家臣浪人静岩見、天正六年冨田郷に来る、妻は笂井村の住人新田由良信濃守浪人丸橋吉久の娘也」。伊勢崎風土記に「佐位群百々村に稲荷祠あり。元亀天正の頃に丸橋右馬助という者之を祀れり」。境町百々無し。長楽寺永禄日記に「永禄八年九月二十九日、百々村の地侍丸橋右馬助と隣村南小二郎とが知行地のことで係争し、丸橋は長楽寺に訴える」。関東庭軍記に「元亀四年新田勢物頭丸橋越前」金山太田誌に「三十番頭、四勘・丸橋右馬助明鑑・成繁公御供大永元年十月二十日那波討死」「天正十一年金山籠城。歩弓物頭丸橋右衛門尉道参、譜代之臣丸橋助右衛門牛久住、丸橋与助牛久住、丸橋金大夫牛久住」。四勘とは、横瀬氏一門の小金井四郎右衛門尉と横瀬勘九郎旗下のことか。牛久藩由良氏家臣に丸橋助右衛門・丸橋助左衛門・丸橋金太夫あり、元和七年改易により浪人す。

四 前橋藩酒井雅樂頭家臣 前橋藩寛延元年に「観民(場所不詳)八人扶持丸橋又七」姫路藩明治二年に「七人扶持丸橋六蔵」。

五 秋元藩家臣 年不詳に「勘定所詰十五俵丸橋五左衛門」。

丸毛 マルモ 金山城士 太田市無し。関八州古戦録に「天正六年由良勢二陣は金谷因幡守・丸毛越前守」。

丸茂 マルモ 甲斐に多く存す。

一 松代藩真田氏家臣 上田市無し、茅野市九十八戸存す。文政二年に「四両三人扶持丸茂宗弥」。文久年中に「四両丸茂宗弥」

二 小笠原氏流丸茂氏 御神本系図(続群書類従)に「石見国美濃郡丸茂村(島根県)丸茂右兵部丞兼忠の養子六郎兼頼」。小笠原諸流系図(同書)に「小笠原長清ー長経ー長忠ー長政ー長氏ー丸毛六郎兼頼」。

三 武田氏家臣 古代以来居住の苗字にて前項後裔説は仮冒なり。北巨摩郡高根町十四戸、大泉村二十四戸、須玉町四十三戸、うち小倉三十九戸存す。甲斐国志に「巨摩郡逸見筋小倉村丸茂氏は、小笠原長清の後より出づ、彼の譜中に見えたり。身延過去帳に妙道・逸見小蔵丸茂右衛門尉とある、今子孫あり」。

四 武田氏家臣丸山氏流丸茂氏 山梨市大工に丸山氏三十三戸、丸茂氏無し。大工村出身の丸山氏は丸茂氏と兄弟契約を結び丸茂弥兵衛勝重と名乗る。甲斐国志に「大工村丸山角左衛門家記に云、丸山筑前勝道の子弥三郎・天文中信州より来り武田家に仕へ丸茂弥兵衛勝重と称す、其子を丸山勘三と云」。大工村丸山文書に「永禄九年七月二日、奉公申付る、丸茂弥兵衛殿、武田家朱印」。丸山十八項参照。

五 幕臣 江戸幕臣人名事典に「丸茂呈輔、元治元年五十三歳、百俵五人扶持、本国相模生国武蔵、祖父丸茂善三、養父丸茂釣次郎小普請。丸茂謙吉、文久三年三十一歳、五人扶持、父丸茂呈輔御留守居番支配出役」「丸茂録之助、文久三年二十四歳、三十俵二人扶持、本国相模生国武蔵、祖父丸茂才次郎死、養父丸茂万之助小普請」。

丸本 マルモト 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し。寛永十九年に「御歩衆丸本清兵衛」。

丸山 マルヤマ 越後、信濃に存す。

一 上杉氏家臣 信州高井郡木島平村往郷計見十九戸、魚沼郡上田庄に多く存す。山形県高梨せつ文書に「高梨氏諸士注文案。計見の内中島当知行丸山総四郎殿」。登坂文策文書に「永禄七年二月十七日、下野佐野城を攻む、丸山弥五郎討死、丸山市介・丸山与五郎戦功あり」。古代士籍に「謙信家臣御作事奉行丸山門之丞。上田長尾政景家臣丸山平左衛門・丸山勘之丞」。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、上田居丸山善助、上田条居丸山勘之丞、上田三ノ丸下居丸山縫殿之助、上田条居・後与板へ被遣丸山助兵衛」。上杉年譜に「天正八年閏三月十三日、上田・上川・大崎村之内(大和町)、大津分を宛行う、丸山無兵衛尉殿、景勝花押」「天正八年七月七日、出置地之事、尾崎分・榎井分・新屋分・谷分以上、丸山助兵衛尉殿、景勝花押」。三条衆大津氏・尾崎氏らは御館乱で三郎景虎方となり没落し、そのあとへ丸山氏を上田より三条城同心衆として送り、丸山氏跡は直路(塩沢町)城将登坂清忠に与える。越佐史料巻五に「天正八年極月十一日、就直路之地在城、丸山助兵衛尉分宛行候、登坂与五郎殿、景勝花押」。歴代古案に「天正六年九月朔日、春日山籠城を賞し、向井分を宛行う、丸山玖兵衛殿、景勝花押」「天正九年十一月吉日、刈羽郡北條之内佐藤分を宛行う、丸山又四郎殿、景勝花押」。景勝一代略記に「天正十年五月晦日、魚津籠城衆丸山武兵衛討死す」。文禄三年目録に「丸山氏、皆元来信州衆也。五十騎衆七十四石丸山勘之丞。旅御作事奉行衆四十五石丸山門之丞。三条衆三十一石丸山平左衛門、養父助兵衛に天正六年十月尾崎十右衛門分三条の尾崎村被下置候。春日山御手明衆十二石丸山仙助、九石丸山縫殿之助。坂戸衆御手明衆三石丸山縫殿助、三石丸山藤右衛門。春日山御弓衆・信州高梨家中十一石丸山鹿之助、十石丸山九右衛門。信州尾崎衆飯沢にて法元院丸山宇太夫。信州小布施并須坂・尾崎三郎左衛門同心十二石丸山半左衛門。春日山引足八石二人扶持丸山杢之助、同高丸山勘右衛門。信州岩井衆岩井備中守同心二十八石丸山小八郎。信州猿ケ馬場衆(更埴市)清野助次郎同心四十七石丸山新七郎。春日山御厨衆五十四石丸山太郎右衛門。村松新手明七石丸山助之介」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百八十石丸山平左衛門、百八十石丸山勘之丞、百五十石丸山喜蔵、百石丸山源之丞。御作事衆百五十石丸山門之丞」。

二 米沢藩家臣 米沢市五十八戸存す。諸士略系譜に@「丸山平六(関東管領上杉顕定に属し永正七年六月九日魚沼郡上田庄長森原にて長尾為景と戦ひ討死)ー丸山助兵衛昌明(長尾越前守政景に勤仕、景勝に奉公し三条に被差置。水原の内猪伏と申処に被差置、天正八年七月加秩賜之、後猪伏にて卒)ー又四郎平左衛門房明(実甥、天正九年十一月北条の内佐藤分賜之、上田へ被差置、米沢まで供奉、慶長十九年卒)ー助兵衛英明(実婿養子、房明実子信明幼少にて姉婿の続を以て房明跡式賜之、寛永十一年致仕)ー七右衛門信明(房明実子、若輩故に父の家督は姉婿助兵衛に賜之、寛永十一年養父英明家督、寛文八年卒。弟弥兵衛秀信)ー助兵衛政明ー助兵衛元明ー此右衛門堯明ー平左衛門広明ー平六蔚明ー又四郎貞明ー又四郎俊明ー熊蔵徳明ー鍋次郎道明(嘉永元年家督)」。A「弥兵衛秀信(実山田甚左衛門男、助兵衛英明養子)ー源兵衛光忠(兄弥兵衛相続、延宝七年致仕)ー次兵衛光家ー宗七光当ー只四郎光和ー運蔵明和ー忠次郎法明ー忠次郎法堯ー泰次郎法清(嘉永三年相続)」。B此丸山助兵衛と同家の様に相見るといえども本来不相分、後に考べし。「丸山無兵衛匡明(越後三条天正八年閏三月十三日軍功により上田の内にて食邑を玉ふ。其後越中境為横田被遣、新発田御陣討死)ー勘之丞教明(越後春日山に在詰相働申付而頸城郡の内にて食禄を玉ふ、越後にて卒)ー勘之丞正明(明暦二年卒)治部右衛門元明ー無兵衛矩明ー無兵衛俊明ー多門倚明ー多門教明ー無兵衛廸明ー多門哲明ー孝一郎道明(文久元年相続」C「丸山助右衛門忠良(上田衆、丸山太郎右衛門男、定勝代御小納戸に被召入、承応元年卒)ー助右衛門忠章(貞享三年卒。弟庄兵衛秀章)ー甚五兵衛忠富ー助右衛門忠善ー甚五兵衛忠隣ー伊右衛門忠富ー茂兵衛忠雄ー助右衛門忠恕ー駒太郎忠友(慶応二年家督)」。D「庄兵衛秀章(宝永五年卒)ー与一左衛門秀宣ー庄兵衛秀親ー常右衛門元昌ー監右衛門元胤ー林次吉昌ー四万吉秀昌ー歓蔵秀脩ー清蔵秀俊(慶応三年家督)」。E丸山助右衛門・丸山利左衛門・丸山門之丞の三家とも同家のように相見といえども不相分、紋所も丸に剣花菱同紋用之。「丸山門之丞(景勝代旅御作事にて会津米沢まで供奉、慶長年中卒)ー甚八郎門之丞秀正(幼少にて家督、承応二年卒)ー総右衛門秀親ー門之丞秀福ー総兵衛秀寿ー藤五郎秀長(病身故に父の家督は武平次相続)ー武平次富寿(宝暦元年家督)ー総右衛門仙盈(明和元年家督)」。F「丸山久三郎利左衛門(旅御作事、寛文十二年卒)ー九郎右衛門政頼ー久五郎政元ー九郎右衛門政信ー徳右衛門政吉ー弥税矩之(天保六年家督)」。

三 米沢藩分限帳 寛永八年に「五十騎衆二百石丸山助兵衛、二百石丸山勘之丞、五十石丸山門之丞。御納戸衆百石丸山助右衛門。御手明衆二十五石丸山九右衛門、同高丸山六兵衛、同高丸山与兵衛。御堂御番衆二十五石丸山嘉兵衛。御守衆二十五石丸山善右衛門」。寛政五年「二百七十五石丸山平六、五十石丸山多門、二十五石丸山伊右衛門、同高丸山与五左衛門、十二石丸山新左衛門、同高丸山瀬兵衛、同高丸山善左衛門、同高丸山金弥、六石一人扶持丸山久甫、五石一人扶持丸山六郎右衛門、四石一人扶持丸山堅右衛門、同高丸山幾蔵、同高丸山八右衛門、三石一人扶持丸山運蔵、同高丸山徳右衛門、同高丸山善蔵、同高丸山伊左衛門、同高丸山七蔵、同高丸山駒蔵、同高丸山利右衛門、同高丸山代右衛門、同高丸山久吉、二石一人扶持丸山五郎次、同高丸山覚右衛門、同高丸山久七、同高丸山五七、同高丸山作十郎、同高丸山利惣兵衛。一石一人扶持丸山与次右衛門、同高丸山兵蔵」。

四 木曽氏家臣 木曽郡木曽福島町十三戸、上松町十三戸、日義村七戸、南木曽町吾妻一戸存す。岐蘇古今沿革志に「木曽義昌従士丸山久右衛門。義昌家来組頭五千石丸山道二、同心給二千五百石、残二千五百石丸山道二分」。吾妻村字妻籠光徳寺文書に「慶長四年三月妻籠宿肝煎丸山久右衛門」木曽代官山村氏家臣は山村参照。

五 信州仁科衆 大町市二百戸、北安曇郡池田町百四戸、うち中鵜(中之郷)二十二戸白馬村百戸、松川村七十戸、南安曇郡穂高町二百八十戸、梓川村百二十戸、堀金村百二十六戸、三郷村百三十戸、豊科町四百五十戸、うち豊科字吉野五十戸、豊科字鳥羽五十二戸、南穂高字寺所十三戸、高家字熊倉三十九戸、東筑摩郡四賀村四十戸、うち会田三戸、生坂村三十五、うち上生坂六戸北陸郷字日岐無し・日岐城あり。古代以来居住の苗字にて、平清盛の孫資盛後裔説は仮冒なり。日岐郷上生坂村日置神社は室町時代に仁科一族日岐氏の創建、曹洞宗正福寺は明応三年日岐氏の開基なり。在名日岐氏の本名は丸山氏なり、日岐・仁科参照。千曲之真砂に「安曇郡仁科森城(大町市杜)、此の仁科は平資盛末裔也と云」「安曇郡仁科日置城・或作日岐、小笠原長時幕下丸山肥後居之。天文十八年四月二十二日武田と小笠原長時合戦の時、日置城主丸山肥後伯父丸山筑前勇士也、日置落城し主将肥後は更科八幡郷(更埴市)へ落行き数年後寺門(寺所)に於て病死すと云。平資盛遠孫丸山肥後と云者築城、其子丸山兵庫、其子丸山丹波、舎弟肥後に至り落城、子孫永く断絶、筑前は兵庫弟なり」。甲陽軍鑑に「天文十八年信州筑摩郡鳥居峠、小笠原衆とせりあひには、仁科の内ひきの城主丸山肥後が伯父丸山筑前は小笠原長時方にて、小幡山城子息孫二郎は討取る」。韮崎市文殊院文書に「天文二十一年三月二十日地蔵峠(長野市)の戦功を賞す、丸山兵庫殿、朱印(武田晴信)」。大祝諏訪文書に「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、安曇郡鳥羽分代官丸山菅三、熊倉分代官丸山下野・同出雲」。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「あいた分丸山いつミ殿、にしな分中之郷丸山孫左衛門」。大町市仁科神明宮文禄五年棟札に「本願細萱長知、助成之衆丸山小兵衛」。次項参照。

六 小笠原氏家臣 飯田市八十五戸、松本市千戸、上伊那郡箕輪町百九戸、北安曇郡美麻村千見無し。二木家記に「天正十年二月小笠原貞慶は信長への御目見えに上の諏訪へ御越可被成候間、其節御礼に参候丸山将監・同喜蔵」。岩岡家記に「天正十二年二月、安曇郡千見城番衆丸山将監」。豊科町丸山哲司文書に「天正十八年正月二十五日小笠原貞政は丸山丹後守に安曇郡吉野・寺門(寺所)両郷五十貫文を宛行う」。慶長十七年伊那郡箕輪庄木下陣屋住居丸山清右衛門」。飯田藩慶長年間に「三百五十俵丸山左馬助、二百六十俵丸山将監」。慶長十八年松本へ転封す。松本藩元和二年に「八百石丸山将監直政法名自安・亀右衛門入道宗有の父」。丸田参照。

七 芦田氏家臣 佐久市百戸、小諸市百五十戸、南佐久郡臼田町四十六戸、うち田口宮代十七戸存す。臼田町丸山毎二文書に「天正十年九月晦日、郡中大工を沙汰し五十貫文を宛行う、丸山左衛門太郎、信蕃印(芦田)」「天正十七年七月十日、佐久郡中の番匠を取締らしむ、丸山内匠助殿、芦田康国朱印」。田口宮代村山宮文書(現佐久市中込山宮雄二所蔵)に「天正十七年霜月二日、田口之内下山宮分三十五貫文・田口之内居屋敷等四貫文・根井六貫文を宛行う、丸山内匠助殿、芦田康国朱印」「天正十七年十二月十三日、参陣の功を賞し、上山宮豊後跡百六十一貫文を宛行う、丸山内匠助殿、康国花押」「天正二十年六月十四日、三十貫文を宛行う、丸山内匠助殿、康真花押(芦田)」「慶長二十年正月二十六日、田口村に還住を望むにより許す、丸山内匠助、小諸藩主仙石秀久奉行人二名花押」。

八 真田氏家臣 上田市二百六十戸、小県郡東部町九十戸、丸子町五十六戸、沼田市四十五戸、利根郡月夜野町後閑六戸、吾妻郡中之条町八戸、吾妻町五十戸存す。小県分限帳に「十八貫百四十三文丸山小七郎知行四貫四百五文丸山新左衛門知行、六百五十文丸山三右衛門知行」。沼田根元記に「天正九年三月、沼田城主真田昌幸の家老丸山土佐守」。沼田昔物語に「丸山土佐守沼田の御家老也と記せり。丸山いつの頃断絶せしや詳ならず」。天正十六年四月二十六日横尾村八幡山城(中之条町)番帳に「二番鑓丸山新左衛門」。後閑村小高諏訪神社天正十九年正月棟札に「奉行真田伊賀守内丸山勘左衛門清長」。吾妻記に「天正十七年十月下旬、利根郡の北条・真田境目見分に真田より丸山土佐守出向く。天正十八年三月小田原征伐に信州より御供丸山土佐守・息子藤五郎」。吾妻郡略記に「慶長十一年沼田城再興、総奉行丸山土佐守幸時。元和二年以後吾妻郡代丸山主水・原町屋形居住」。元和三年上田城主真田信之の検地奉行丸山右近。松代藩寛永十年に「二百石丸山主水」。文政二年に「四両二人扶持丸山泰助、五人扶持丸山常馬」。文久年中に「御徒士四十俵一人扶持丸山保吉、四両丸山源五左衛門」。また沼田藩真田信利分限帳(天和元年改易)に「無役衆二百石丸山七右衛門」。

九 福井藩家臣 慶長六年入部結城秀康給帳に「本国信濃・三百石丸山権之丞」。

十 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町十九戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「徒士丸山又左衛門・丸山藤左衛門」。

十一 館林・足利城主長尾氏家臣 足利市二百戸、うち本城町字五ケあり、太田市百戸新田郡新田町五十戸、うち上田中二戸、村田一戸存す。古代以来居住の苗字丸山氏は在名田中氏・在名村田氏と兄弟契約を結び、その後裔と称す。永禄二年新田家臣祖裔記に「丸山安芸守は田中遠江守持国の後胤と云、其末葉当時舘林に丸山清介と云士あり。村田の一族とも云なり」。館林城主長尾顕長は足利城主となる。天正十三年長尾顕長分限帳に「五ケ村八十貫文父伊織・丸山清助」。南六項参照。

十二 佐野氏家臣 佐野市六十戸存す。犬伏下町大庵寺念仏日記に「永禄十三年、丸山兵部少輔」。慶長五年佐野信吉家中に丸山主水。

十三 皆川氏家臣 栃木市二十八戸存す。譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死丸山源七郎・丸山与四郎」。

十四 宇都宮氏家臣 宇都宮市二百十戸、今市市二十四戸、うち手岡無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、丸山掃部」。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十七年七月一日・霊位養的禅定門、下野カツシノ郡宇都宮材木町丸山七右衛門は之を立てる」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「手岡村丸山富造」。

十五 小田氏家臣 つくば市二十六戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎千八百石丸山越前」。

十六 常陸江戸氏家臣 東茨城郡内原町鯉淵無し、水戸市五十六戸、うち河和田町十一戸。結城市小田林鈴木正孝文書に「江戸氏支城鯉淵城主鯉淵三河守家臣丸山若狭」。

十七 佐竹氏幕下坂上三十六騎 日立市五十戸存す。佐竹大秘録に「永禄五年八月、萩野内匠頭支配家老丸山多左衛門」。

十八 武州多摩衆 八王子市百八十戸、うち大横町三戸、日野市六十五戸、青梅市三十戸、あきる野市三十二戸、うち小川二戸、雨間十一戸存す。雨間村臨済宗地蔵院は享徳以前の創建にて、名主丸山氏はこれ以前から居住の苗字にて、静岡県榛原町勝俣字丸山より起こる藤原姓勝間田氏流後裔説は仮冒なり。家系は信用できず。風土記稿多摩郡雨間村条に「旧家丸山弥一右衛門。家系を閲るに、藤原魚名の嫡子藤原重郎光氏に出づ。是を勝間重郎光氏と云、遠江国榛原郡に居城せり、長男は左京亮光伴、二男は九郎光成・井伊の祖、三男は三郎光重・横地の祖なり。長男光伴より三十一代勝間田弾正忠光時・遠州東郡に居城せしが、永享十一年箱根において摂戦す。光時より三世左近亮宗秋に至り姓を丸山と改む、二子あり、長を備後守光兼と云、武田家に属し信州曳(日岐)の城主たり、この子孫今松平伯耆守が家に給仕す。宗秋の二男筑前守光言・遠州掛川横須賀に居城し、小笠原長時に属し天文十八年四月二十二日信州鳥居峠にて戦死すと載す。光言二男あり、長は弥兵衛尉光則、次は兵部太夫定吉と云、光則ゆへありて氏を丸茂と改め、武田家に属せしおりから賜はりし文書あり、子孫今甲州山梨郡八幡大工村に住せる丸山勘三所蔵す、その文には永禄九年七月二日と書せり。光則に二男一女あり、長は勘三光直、次は伝三郎光定兄弟共に東照宮へ召出され、一女は新館尼に従ひ当国に来り、後剃髪して当村斎洞庵にて没す。天正十年七月北条氏川浦口(山梨郡三富村)より切入し時、光直・光定兄弟の働にて藤の木(塩山市)まで切返せし戦功によりて同年十二月兄弟共に本領の御朱印をたまふ、一通は勘三が子孫のもの甲州にて所持せり、伝三郎へたまふ所の御朱印に、天正十年十二月二十五日甲州窪八幡之内七貫五百文・粟島(青島)市川両郷之内三十七貫文・并扶持六貫文之事・右為本領之由云々・丸山伝三郎殿・徳川家康奉行。この伝三郎御小姓に召出されしが、ゆへありて御咎を蒙りしを、御赦免ありしが、其後いかなるゆへにや父弥兵衛尉と同く当国府中高安寺に至り寓居せしが、弥兵衛尉は病て死せり。伝三郎は名を彦右衛門と改め、後入道して宗玖と号す、天正十八年小田原御陣の節、召によりて井伊直政の陣中まで、まいりしに直政がはからひにて御目見の上、御朱印を賜ひしとて、今蔵するところは、天正十八年八月二十一日先年於甲州藤ノ木・依戦功茂有之・武州山根筋之内七百貫文之給地可宛行云々・丸山彦右衛門入道宗玖殿・大納言源朝臣家康。その後小宮領小川村に移り、慶長四年又今の雨間村へ移住すと云へり。宗玖三子あり、長は左京進宗久東都に出でしが事蹟詳ならず、次男彦右衛門宗春は其家を相続せり、三男惣三郎吉重これも東都に出づ、其詳なることをしらず。宗春に二子あり、長男を小右衛門宗重と云、次を三太夫光家と云ふ、寛永十六年故あって田禄をさきて小右衛門にあたへて分てり、後次男三太夫父の跡をつぎて里正をつとめ、両家ともに代々帯刀いたす。源兵衛小右衛門事帯刀し、村内は勿論近村まで検地御用相勤めし。筑前守より今に至りて十二世を歴ることなり、里正も此家にて勤めしが、いつの頃か小右衛門が家に譲れりと云」。

十九 八王子千人同心 嘉永七年に雨間村丸山惣兵衛、大横町丸山宗司。

二十 下総国目吹城主丸山氏 野田市目吹三戸存す。小田原北条氏幕下目吹城主丸山将監は永禄五年関宿城主簗田氏に攻めらる。

二十一 武田氏家臣 甲府市二百五十戸、東八代郡石和町四十戸、中巨摩郡竜王町四十三戸、昭和町十六戸、うち紙漉阿原四戸存す。古代以来居住の苗字にて加賀美氏後裔説は仮冒なり。甲斐国志に「巨摩郡紙漉阿原村安養寺記に、丸山は加賀美氏の胤なり開山道念は丸山氏より出づ。丸山但馬守法名万慶、今に宅跡あり。鎌田八幡宮慶長中の棟札に本村の人丸山縫之丞・同又八郎見えたり」。天正十壬午年武田諸士起請文に「栗原衆丸山縫殿介。一条衆丸山市兵衛。武田典厩衆丸山治部右衛門。甘利左衛門尉衆丸山二郎兵衛。井伊兵部少輔・前土屋衆丸山半右衛門。蔵奉行衆丸山簡十郎」。

二十二 同窪八幡衆 山梨市百五十戸、うち大工三十三戸、隣の市川二十七戸存す。古代以来居住の苗字にて、信州出身説は仮冒なり。甲斐国志に「大工村角左衛門家記に云、丸山筑前勝道の子弥三郎・天文中信州より来り武田家に仕へ丸茂弥兵衛勝重と称す、其子を勘三と云天正十年十二月五日の御朱印を賜ふ。父庄右衛門まで九代に及ぶと云。家紋木窠に香箸なり。案ずるに、一蓮寺過去帳に永正九年十月十八日連阿弥陀丸山若狭とあり。室伏村武居氏の御朱印に窪八幡丸山治左衛門分三貫五百文とあるも族中の人なるべし。大工村里長孫右衛門所蔵に、元亀二年窪八幡郷大工村の丸山新七郎とあり。天正十一年九月二日四奉行の証文に、雅樂助に三貫四百文の知行を賜はる趣なり。孫右衛門の記には、雅樂助の子新七郎、其子孫右衛門より今十世に及ぶと云ふ」。丸茂氏と兄弟契約を結び丸茂弥兵衛と名乗る。大工村丸山庄右衛門文書に「永禄九年七月二日、丸茂弥兵衛殿、武田家朱印」「天正十年十二月五日、甲州栗原・石森両郷七貫文・窪八幡五貫文を安堵す、丸山勘三殿、徳川家朱印」。恵林寺雑本に「天正九年三月二十二日、遠州高天神落城討死丸山勘三郎義明」。譜牒余録後編(處士之上、丸山源兵衛所蔵)に「天正十年九月五日、甲州窪八幡七貫文・信州田子郷(長野市)三十貫文并扶持六貫文を宛行う丸山東市佑殿、徳川家朱印」。次項参照。

二十三 榊原氏家臣 貞享元年越後国村上藩榊原家臣由緒書上(譜牒余録)に「天正十年八月二十八日、甲州八幡五貫文・栗原七貫文・本領安堵す、丸山次郎兵衛殿、朱印(徳川家)。権現様御朱印私先祖頂戴仕候貞享元年五月三日、榊原虎之助内・丸山次郎右衛門」。甲州古文書には八幡大工村丸山勘三文書とある。

二十四 彦根藩家臣 甲府市石田・国玉、戸島は中島の誤字だとすれば昭和町河東中島で、紙漉阿原村の丸山但馬守一族か。彦根藩文書に「天正十年十一月二十七日、駿州富士郡上方蔵出、富士郡賀島、甲州国玉、上石田、下石田、戸島の本給を安堵す、丸山半右衛門尉殿、井伊兵部少輔奉之」。貞享異譜に「丸山治部右衛門次衡は、生国甲州、武田家の馬場美濃守組付の弟頭丸山右近太夫重信の二男で甲州没落後、天正十一年上州箕輪において本知百にて井伊家に召し出され、長久手、関ヶ原の陣に御供をし、五十石加増、目付役をつとめ、慶長十九年二月卒去」。侍中由緒帳に「丸山右近太夫但馬守重信(信州杉谷之城主、武田晴信之幕下。子細御座候に付、天文十六年七月、一類甲州を立退、参浜松へ、大権現様へ御礼申上候処、依上意但馬守と改名、病気仕候節、惣領右近太夫家督被仰付、二男治部右衛門、三男彦右衛門、并但馬守弟半右衛門・市兵衛・次右衛門・甚之丞六人、直政御奉公。其後市兵衛・次右衛門・甚之丞は病死仕跡絶申候。半右衛門倅子新五郎跡式、大坂帰陣後病死仕跡絶申候)ー治部右衛門次衡(百石、元和元年病死。兄右近太夫、弟彦右衛門次東)ー市太夫重次ー一太夫光重(四百石)ー市太夫勝重ー一太夫次雄ー一太夫次盈ー一太夫次賢ー一太夫治部右衛門次為ー一太夫次鑑ー一造治部右衛門光保(明治三年二百二十石相続)」。慶長七年分限帳に「百石丸山才蔵、百石丸山助一郎、八十石丸山彦右衛門、八十石丸山市兵衛」。慶長十二年に「勘定奉行百五十石丸山彦右衛門・八郎左衛門父。百石丸山治部右衛門(一本に才蔵)・市太夫父。百石丸山治右衛門(一本に介一郎)。百石丸山市兵衛(一本に清九郎)」。元和九年に「三百石丸山市太夫、はた奉行三百五十石丸山八郎左衛門尉、三百石丸山三十郎」。慶安四年に「四百石丸山市太夫、三百五十石丸山介市、二百石丸山軍兵衛」。文政十一年に「二百二十石丸山一太夫三十三歳」また、元和元年井伊直勝江州より上州安中入部御供衆に「本国甲州・百五十石丸山彦右衛門」。

二十五 幕臣 @寛政呈譜に「家紋丸に扇。嵯峨源氏、もと寺内を称し、宗悦外科の医を業とす。其の男丸山昌貞玄棟(宝永元年番医)ー昌貞宜喬ー昌貞英真ー昌貞英積ー昌貞美英(安永六年継二百俵)ー吉次郎」A江戸幕臣人名事典に「丸山昌貞、二百俵本国下野、養祖父丸山昌貞、養父丸山昌貞御番外科」「丸山鐘吉、文久三年三十三歳四十俵二人扶持、本国甲斐生国武蔵、養祖父丸山□衛門死、養父丸山□七郎死西丸表御台所人」。

二十六 会津藩保科氏家臣 千葉系図に千葉介兼胤(永享二年卒)の子に丸山氏の名は見えず、佐原市香取神宮付近に丸山の地名苗字無し。信州上伊那郡高遠町二十六戸、辰野町四十九戸、蓑輪町百九戸、南箕輪村四十八戸存す、当地方の出身か。寛永十三年高遠より山形入部御供に丸山志摩。寛永二十年山形より会津入部に「四百石丸山治郎右衛門、三百五十石丸山八兵衛、二百五十石丸山庄左衛門(勝左衛門)」。諸士系譜に@「本姓平、本国下総、定紋丸九曜、改紋丸ノ内七つ星、月星、丸ノ内山ノ字。千葉介兼胤二男総州香取郡府中城主丸山左衛門太夫守次八代孫・丸山市右衛門次政嫡男勝左衛門胤頼(召出信州高遠、保科正光へ御弓頭五十石)ー弥次右衛門重則ー弥次右衛門重治ー新平重矩ー市野右衛門重体ー伝治重釐(安永七年跡式二百五十石)ー市之進重世。明治元年以前に丸山友吉二百五十石」。A「丸山市右衛門次政の二男治郎右衛門政能(召出信州高遠、保科正光へ奉公百石)ー治左衛門重能ー次郎右衛門次生ー次郎右衛門次房ー治郎右衛門胤忍ー次郎右衛門次続(寛政五年家督五百石)ー忠之丞胤永ー悦太郎」。B「丸山弥次右衛門重則の二男七太夫胤成(召出延宝八年、二十石三人扶持)ー七右衛門胤昌ー七太夫胤春ー元右衛門胤智ー七太夫胤孝(文化元年家督五十石)ー波江胤信。明治元年以前に丸山喜内三十石」。C「丸山勝左衛門胤頼の嫡男勝左衛門胤俊(召出信州高遠、保科正光御小姓)ー勝左衛門胤永ー勝左衛門胤生ー勝左衛門胤次ー勝右衛門胤包ー勝蔵胤智(文化八年跡式百五十石)ー権介胤典。明治元年以前に丸山勝之助百五十石」。D「丸山勝左衛門胤頼の四男四郎右衛門頼賢(召出寛永十九年十一歳)ー伴助胤安ー与五右衛門時胤ー与五右衛門胤長ー四郎右衛門胤道(文化九年跡式百五十石)ー逸八。明治元年以前に丸山五八郎百五十石」。E「丸山勝左衛門胤頼の六男五太夫胤勝(召出正保四年、四両二人扶持)ー村右衛門胤成ー五太夫胤里ー勝助胤常ー主水胤成(文化十二年跡式三百五十石)。明治元年以前に丸山五太夫五百石」。F「丸山伴助胤安の二男左平治胤忠(召出享保十一年、八両四人扶持)ー四郎兵衛胤明ー左平治胤征ー村之助胤重(文化十四年跡式百石)ー峰松。明治元年以前に丸山村之助百石」。

満願寺 マンガンジ 越後国西古志郡は山東郡(三島郡)となる。西古志郡釜沢村(長岡市)に満願寺あり、現在は釜沢観音堂と称す。釜沢村は満願寺郷と称す。釜沢観音堂応永二十四年鰐口銘に「蒲沢山鰐口、満願寺一結衆」。文明十八年検知帳に「蒲沢満願寺衆徒中」。当郷より起こり近村の古志郡田井村(見附市)田井城主となる。北越城主抜書に「古志郡田井村城主万願寺石見守、此仁、生国播州左夜郡万願寺之郷侍也。昔順徳院佐渡国へ御流罪に而御渡被遊し時、御供して佐州へ渡り、其後は寺泊りへ来り、其後田井村へ来る」。播磨国加西郡在田上庄満願寺村(河西市)発祥説は仮冒なり。佐用郡も誤り。山東郡白鳥村(長岡市)は信州にシロトリ氏多く存し、白鳥氏の開発地なり。或は下水内郡栄村白鳥住民の開発地という。蒲原郡満願寺村(新津市)発祥説は仮冒なり。

一 上杉氏家臣 千坂家譜に「千坂安芸守高信(越後三島郡満願寺郷、在名を以て氏とす、故に始は満願寺仙右衛門と号す)」。上杉将士書上に「満願寺隼人、謙信代の軍功多し」「千坂対馬守源清胤、嫡子は病者二男は愚にして、遂に家門断絶する所にて候を、古き家なる故、直江山城守才覚にて千坂が家人満願寺千右衛門といふ者を取立て、家督を継がせ千坂伊豆守といふ。寛永の初、名を改め千坂対馬になる。則ち今の千坂兵部が父なり」。文禄三年目録に「古志郡与板在番二百三十九石満願寺仙右衛門、元来信州にて白鳥源蔵と云、越後へ来り万願寺村被下、改在名」。慶長三年会津分限帳に「古志郡与板衆三百石満願寺仙右衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市無し。諸士略系譜に「石塚喜右衛門利次(千坂家一族石塚久右衛門信利名跡。実今井忠右衛門男。養父久右衛門信利後に満願寺氏相続・越後護摩堂に居住之由、満願寺相続之儀信利兄に満願寺仙右衛門高信と云、君命に依り千坂氏相続するに付け兄之跡満願寺賜之。利次は本名之石塚氏称号、千坂家之与力勤之)」。

万喜 マンギ 上総国夷隅郡万喜村より起こる、土岐参照。

一 美濃国大垣藩家臣 当藩に房総出身者が多い。寛永十四年戸田左門氏鉄分限帳に「三百石万喜次左衛門」。

万歳 マンザイ バンザイ参照。

一 武田氏家臣 中巨摩郡万歳村(竜王町万才)より起こる、在名にて現存無し。甲府市時宗一蓮寺過去帳に「延徳四年十一月十五日見阿弥陀仏・万歳能州内逆修」「明応五年四月九日妙阿弥陀仏・万歳保坂六郎右衛門」「永正七年十一月二十一日善阿弥陀仏・下万歳」。万才村に保坂氏十戸存す。在名万歳氏の本名は保坂氏なり。

万沢 マンザワ 南巨摩郡万沢村(富沢町)より起こる、在名にて現存無し。

一 武田氏家臣 甲斐国志に「巨摩郡万沢村臨済宗広福寺記云、万沢遠江守君泰・元亀元年正月十六日卒す・法名広福寺殿前遠州大守永林常喜大居士、妻法名繍谷宗機大禅定尼。男主税助君基、穴山家没して武田万千代殿に仕へ三千石を給はる、後故あり榊原家にたよる、慶長九年上州館林に於て卒す、法名正眼院殿前遠州大守雄林宗英大居士。男清右衛門君次、再び水戸殿の招ありて三百石を給ひ子孫相続して今は万沢要人と云、古文書数通伝へて彼にありと云」。法名宗英は君泰にて、法名常喜・法名宗機は君泰の父母であり、広福寺記は誤り。諸家文書纂万沢文書(内閣文庫)に「永禄十二年四月朔日、松野郷(庵原郡富士川町)百貫文を宛行う、万沢遠江守殿、信君花押(穴山)」「永禄十二年四月十八日、六十貫文庵原郡由比今宿・四十貫文佐竹分若宮を宛行う、万沢遠江守殿、信玄花押」「永禄十三年二月七日、遠江守遺跡を安堵す、万沢主膳亮殿(君泰)、信君花押」「元亀元年九月十一日、南松野郷百貫文を安堵す万沢主膳殿(君泰)、信君朱印」「元亀元年十二月晦日、内房郷(富士郡芝川町)遠江守に代官申付候処、討死候、其方若輩故佐野泰光に申付候、万沢主税助殿(君泰)信君判」。高野山成慶院武田家過去帳に「元亀二年十一月二十日・霊位常喜禅定門、甲州河内万沢の為にムスメ子御立候」元亀元年死去した万沢遠江守の供養を依頼す。西八代郡六郷町葛籠沢の網倉文書に「天正四年十月二十日、河西伝右衛門尉、万沢主税助奉之(君泰)、信君朱印」。南巨摩郡南部町円蔵院文書に「天正八年二月十五日、万沢遠江守(君泰)・法諱曰宗英」君泰死去す。諸家文書纂万沢文書に「天正十年卯月十九日、父遠江守(君泰)抱来旧領を安堵す、万沢助六郎殿(君元)不白花押(穴山信君)」。河内領古文書に「天正十年十二月十二日、一字書出、元(君元の臣)、君元花押」。静岡市大岩臨済寺所蔵・仏眼禅師語録に「元亀元年正月十六日戦死した万沢遠江守(常喜)の十三回忌を天正十年万沢郷居住子息万沢君泰が営み、十七回忌には万沢郷居住万沢君基が営む」。君泰は天正八年没しており、十三回忌も君基が営む。尾張藩帯金文書に「文禄三年二月十日、家中法度を申付ける、万座助六郎殿(万沢君基)、帯金刑部助殿、朱印(徳川家康)」。

二 水戸藩家臣 家康の子武田万千代信吉公御附譜臣に「二千石・加恩千石・万沢主税助。六百石万沢六左衛門」。主税助君基は慶長九年正月改易となり、六左衛門は江戸へ召し寄す、子孫は彦根藩に仕官す。水戸藩寛文九年に「御目付衆三百石万沢七左衛門、御馬廻番頭万沢弥次衛門、光圀の弟松平権之介房時家来万沢太郎右衛門」。万延元年に「大御番組万沢三郎太夫」。

三 彦根藩家臣 伊井家家士由緒書に「万沢又左衛門(生国甲州万沢、甲州没落後牢人、直孝様に奉公三百石、夏陣五月六日討死)ー六左衛門(大坂陣の時七歳、百石知行、慶安三年加増合百五十石、寛文八年病死)ー又左衛門(天和元年百五十石検地奉行)」。慶長二十年五月大坂夏の陣討死衆に万沢又左衛門(前項の六左衛門か)。元和九年に「百石万沢又左衛門尉」。慶安四年に「百五十石満沢六左衛門」。文政十一年に「百石万沢六郎五十九歳、四十俵四人扶持万沢郡八郎三十一歳」。

万代 マンダイ バンダイ参照。

万林 マンバヤシ 佐久市無し。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、佐久郡山田之郷代官万林安右衛門尉」。

万力 マンリキ 武田氏家臣 山梨郡万力郷(山梨市)より起こる、在名にて現存無し甲府市時宗一蓮寺過去帳に「永享十年二月五日是一房・万力」「明応六年九月一日見阿弥陀仏・万力」「永正二年六月十三日正含禅尼・万力大和(妻)、同日実庵道貞・万力大和子」。

御厩 ミウマヤ ミマヤ参照。

三浦 ミウラ 甲斐に多く存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市五十戸存す。寛政五年に「二石一人扶持三浦総右衛門」

二 会津藩保科氏家臣 山形市二百七十戸存す。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「二百五十石三浦弥五右衛門」子孫は断絶す。諸士系譜に「本姓平、本国相模、定紋丸之内三引龍、替紋丸之内三蔦。良法印浄賢二男三浦寿庵昌風(召出宝暦四年医師十八人扶持)ー元仲古三ー長庵雄貞ー寿庵昌珍(文化三年召出五人扶持)」仮冒なり。

三 伊那衆 上伊那郡辰野町三十三戸・三浦金吾文書に「永禄十二年四月十九日、三浦名跡を安堵す、三浦与一殿、信玄花押、奏者穴山信君」。穴山氏は駿河衆を支配す。駿河へ出稼に行くか。或は収集文書か。

四 松井田城士 碓氷郡松井田町五戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「勘定頭四百石三浦庄左衛門」。

五 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町七戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「給人三浦庄兵衛、徒士三浦又平」。

六 勢多郡山上城士 新里村二戸存す。正応四年家臣録に「御殿詰番三浦三郎為真」。

七 金山城士 太田市三十八戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣三浦久五郎」。新田老談記に「由良成繁の家臣三浦久四郎」。次項参照。

八 小俣城主渋川氏家臣 足利市十九戸存す新田老談記に「渋川相模守義勝家来三浦久四郎」。小俣楽城後は由良氏に属す。

九 佐野氏家臣 佐野市十四戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に「松本丹波守利国家臣三浦平八・三浦平蔵」。

十 皆川氏家臣 栃木市十一戸。譜代討死帳に「天正元年芳賀郡田井討死三浦蔵人」。

十一 宇都宮氏家臣 宇都宮市百十戸存す。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳三浦六郎左衛門」。

十二 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町十六戸。壬生義雄家臣席順に小姓組十貫三浦与市。

十三 小山氏家臣 小山市三十戸、うち生井無し。小山系図(那珂郡瓜連町岩上大和城所蔵に「網戸衛門佐光信(天文十四年葬)妹は三浦久左衛門妻・生井主計改、鎌倉落て野州生井住す」。次項参照。

十四 結城氏家臣 福井藩享保六年諸士先祖之記録に「岩上隠岐守朝堅(三浦隠岐守義堅は晴朝公御代本名三浦を改め小山の庶流岩上を名乗り、岩上隠岐守朝堅と申す)ー岩上越中朝吉(本国下野、姓源、初名左京、秀康公御代結城より越前へ御供)」。天正十二年結城晴朝の奏者岩上隠岐守。岩上八項参照。

十五 多賀谷氏家臣 下妻市四戸存す。秋田藩へ多賀谷宣家随行に三浦源太夫。

十六 常陸大掾氏家臣 石岡市十五戸存す。高城高家録に「天正二年八月、府中の城中には三浦承之助ら籠城す」。

十七 佐竹氏家臣 那珂郡山方町野上に野上氏十五戸、三浦氏無し。新編常陸国誌に「三浦、相模。佐竹昌義に従って下向諸氏の内なり、源氏とあり、常陸源氏系図には平氏とあり。後久慈郡野上に居て野上を称するものは三浦なりと云へり」。佐竹譜代記録に「昌義公常陸下向のとき供奉の五人衆、三浦」。御当家系図(続群書類従)に「昌義・佐竹へ御下向御供、次男宗義・古屋依上、八木但馬・丹波国人也、三浦・古屋・福島・人見、御円役也」。また那須郡馬頭町小砂一戸。元和七年佐竹義重遺臣連名録に「二百二十貫三浦大炊介・小砂住」

十八 同山入氏家臣 日立市百十戸存す。隣の久慈郡水府村国安・金砂郷町利員を本拠地とする山入氏義は文亀二年滅亡す。秋田藩高垣文書に「文亀二年山入氏義滅亡、三浦播磨守等上下八百十三人討死す」。

十九 里見氏家臣 富津市三十四戸、うち佐貫無し、長生郡長南町芝原無し。安房郡三芳村上堀は里見家分限帳に堀込村と見ゆ現存無し。房総里見軍記に「天文三年鴻ノ台合戦に三浦下野・三浦五郎兵衛・三浦平五郎」。里見系図に「永禄十年三船山合戦に三浦半右衛門出陣す」。管窺武鑑に「天正三年、蟻木城主椎津中務少輔は里見家へ対し逆意の事顕はれ、佐貫城主三浦下野守成良・大将として攻め寄せ落城す」又一書に「佐貫の城をば下野守為成に預け下され、里見衆・房州一国につぼみ、三浦良俊もホリコメと云ふ所を居館とす」。喜連川文書に「天正八年正月二十八日、義氏へ年頭申上衆三浦能登守」。紀州藩三浦英太郎文書(明治二十二年)に「十二月十八日、足利義氏は芝原郷三浦能登守に祝儀進上の返礼をする」。高野山西門院上総国諸侯大夫過去帳三浦家に「天正七年三月二十一日・南渓ァ虎禅定門・佐貫住三浦駿河守良定」「天正十年十一月十八日・良長院笑山ァ公庵主・三浦駿河守良定父」「天正十年三月二十一日・長南芝原三浦能登守、堯光法印御同人為父」。能登守の子息は法印(修験)なり。

二十 館山藩家臣 館山市三十二戸、うち腰越七戸、北条六戸存す。古代以来居住の苗字にて、前項も当地方出身か。里見義康分限帳に「祐筆頭二百五十石三浦半四郎、組頭衆二百石三浦下野・足軽三十人づつの頭、百人衆百石三浦平五郎」。里見忠義家中帳に「右筆頭百四十石三浦半右衛門、足軽十人衆百石三浦下野、百人衆五十石三浦平五郎」。慶長十九年改易により浪人す。

二十一 平姓三浦氏流正木氏 南紀徳川史・名臣伝に「三浦義同ー正木大膳亮時綱(房州正木郷に居住し正木と改む)ー正木左近太夫時忠ー正木左近太夫邦時(元和八年紀州にて死す七十歳、法名了法院日正)ー三浦長門守為春ー将監為時」。三浦義同の子正木大膳時綱入道了愍斎(修験)説は怪しい、詳細は正木九・十項参照。子孫の男爵三浦英太郎文書に「長南芝原修験三浦能登守宛」を所蔵しており、正木時綱は能登守先祖と兄弟契約を結び三浦氏流を称す。寛政呈譜に「平良文流三浦支流。家紋丸に三引、松皮菱。三浦義同号道寸)ー正木大膳亮時綱(三浦をあらためて正木を称す、天文二年死す)ー左近太夫時忠(天正四年死す)ー左近太夫頼忠(初邦時、紀州にて元和八年死す)ー三浦長門守為春(慶長三年東照宮につかへ三千石、仰により正木をあらためて三浦に復す、十五年頼宣附属、和歌山に行く、承応元年死す。弟三浦勘助定利は紀州家につかふ)ー三浦長門守為時(紀州家につかふ、延宝四年死す。兄三浦兵部為次は水戸藩につかふ早世。弟三浦小伝次為利・弟三浦勘右衛門春澄・弟三浦喜兵衛為廉は紀州家につかふ)ー三浦長門守為隆、弟三浦平衛門為矩」「為春の弟三浦勘介定利(寛永十二年死す)ー勘介為重(寛文六年死す)ー勘三郎為端(寛文八年死す)」。紀州藩元和五年国初知行高に「御年寄衆八千五百石三浦長門守、二千石三浦将監、夜居間御番衆千石三浦勘助、同九百石三浦甚兵衛」。慶応三年に「執政一万六千三百四十五石三浦長門守、中奥詰三百五十石三浦勘左衛門」。三浦権五郎長門守は男爵を賜う、その子英五郎(和歌山市小松原通)は紀州藩正木家譜を所蔵す。

二十二 紀州藩家臣・旧武田家臣穴山衆 南紀徳川史名臣伝に「三浦左馬助元連(相州新居城主三浦介時高末孫にて代々駿州今川家に附属。元連は桶狭間討死)ー左馬助(武田信玄に仕へ穴山梅雪附属、権現様召出、慶長九年駿州病死)ー権七郎義雄(徳川頼宣附属、紀州御供五百石、寛永十一年病死四十二歳)ー権七郎う義俊」。紀州藩元和五年国初知行高に「大小姓衆四百石三浦権七、初め水戸藩武田信吉へ御附、其後頼宣へ御附」。慶応三年に「大広間席五百石三浦権七郎」。

二十三 愛甲衆修験 厚木市妻田九戸存す。新編相模愛甲郡妻田村条に「柳明神社別当教福院、当山修験三浦氏と云、開山南蔵・永禄十一年十月十七日死」。

二十四 小机宗 綿貫参照。

二十五 多摩衆 あきる野市伊奈五戸。横沢村大悲願寺過去帳に「延宝三年霜月十五日湖渓妙珊信女・伊奈上村三浦市郎兵衛妻」

二十六 相模三浦衆 出口氏は三浦市百四十戸存す、在名平姓三浦氏と兄弟契約を結び三浦氏を称す。出口参照。北条氏家臣三浦五郎左衛門茂正入道浄心は北条五代記を著し、その北条五代記に「作者三浦浄心の祖父出口五郎左衛門茂忠」。

二十七 武田氏家臣郡内衆 富士吉田市百三十四戸、うち下吉田四十戸、南都留郡河口湖町九十二戸、うち河口十三戸、船津六十戸、大石二戸、足和田村二百三戸、うち長浜百戸、大嵐十一戸存す。甲斐国古城跡志に「砦一ケ所、丸火の原(下吉田村丸尾)にあり、是は信玄の御時小田原勢防禦の為なり、之に依り舟津に小林、新倉に奥脇、大石には渡辺金太夫・三浦右衛門允・同兵部丞・同右近等に地侍相添らるゝ也」。下吉田村萱沼徳政文書に「元亀二年二月八日小山田被官庶士地下。長浜村住人三浦久兵衛・同与五郎・同太郎右衛門、大嵐村住人三浦五郎右衛門・同庄五郎」。川口村御師三浦外記文書に「天正二年四月十二日、諸役を免許す、猿屋石見守殿(三浦)、信茂花押(小山田)」。

二十八 武田氏家臣駿河衆 静岡市二百四十戸、清水市百六十七戸、うち北脇七戸、富士市八十四戸、うち須津郷中里今泉十八戸富士宮市四十五戸、島田市五十二戸、藤枝市四十三戸、御殿場市三十二戸存す。古代以来居住の苗字なり。甲陽軍鑑品十七に「駿河先方衆、三浦右馬助四十騎、三浦兵部二十騎、三浦右近十騎」。

二十九 同三浦左京亮 三浦文書謄写本(茨城県新治郡土浦の色川三郎兵衛所蔵)に「明応八年五月三日、駿河国志太郡大津郷(島田市)・智満寺(島田市千葉)・島田郷・河合関を安堵す、三浦平五殿、五郎花押(今川氏親)」「天文五年十一月五日、遠江国和泉郷(榛原郡飯淵郷)の取締りを命ず、三浦弥次郎殿、印(今川義元)」「天文二十年十二月十七日、父縫右衛門尉借銭救済のため、蔵入より五十貫文を与へる、三浦平三殿(元政か)、治部大輔花押(義元)」「天文二十四年七月六日、村松正久らに三浦左京亮(元政)知行榛原郡仁田村の買得地を安堵す、治部大輔花押」「永禄五年八月十八日、志太郡島田郷検地奉行とす、三浦安芸入道殿・同鶴千代殿、判(今川氏真)」「二月七日(永禄十二年か)、今川家臣三浦左京亮(元政)の忠節を賞す、氏康花押(北条)」「五月十一日(永禄十二年か)、今川氏真を迎える使者を送ることを伝える、三浦左京亮殿、北条左衛門大夫綱成花押」「永禄十三年二月二十五日、駿東郡阿野(沼津市青野)十五貫文・富士郡須津を宛行う、三浦平五殿、朱印(今川氏真)」「元亀三年正月十九日、遠江国佐野郡懸川籠城を賞し暇を出す、三浦左京亮殿、氏真花押」これより武田氏に仕える。「元亀三年十一月七日、駿州錯乱今度当国進発、三浦左京亮殿、信君花押(穴山)」。水戸藩彰考館の能勢文書に「元亀二年三月二十五日、島田・三浦左京亮分百五十貫文を宛行う、岡部次郎兵衛殿信玄花押」。静岡市大岩臨済寺文書に「天正五年九月寺領書立、河東泉郷(清水町)三浦左京亮知行分(元政)四十貫文、吉田信生花押(武田家臣)」。武田滅亡後は北条氏照に仕える。三浦文書謄写本に「天正十八年八月二十七日、北条氏照年来随身之走廻致之候、三浦左京亮殿(元政)、佐野天徳寺宝衍花押(下野国佐野城主)」。

三十 同駿河衆三浦右馬助 佐賀県の多久竜三郎文書に「元亀三年五月二十日、武具以下申付候、三浦右馬助殿、信玄花押」。甲府市桜井文書に「天正三年五月二十日、長篠城用心、三浦右馬助殿、勝頼花押」。富士宮市北山本門寺文書に「天正四年六月九日、寺領寄進重須九百文、員久花押(三浦右馬助)」。諸家古案に「三月十九日(天正九年か)、清水城へ、三浦右馬助殿、勝頼朱印」。遠江国磐田郡豊田町諏訪部文書に「天正九年八月十六日、諏訪部善三殿、員久朱印」。

三十一 同駿河衆三浦兵部助 水戸彰考館所蔵に「天正三年六月二日、穴山信君江尻城(清水市)、被走廻儀、三浦兵部助殿、勝頼花押」。裾野市渡辺文書写に「天正七年十一月五日、息兵部助(義鏡)駿河国有度郡用宗城(静岡市)討死、惣九郎を以て兵部助妹に嫁せしめ名跡相続す、三浦兵部助老母殿、勝頼花押」。

三十二 同駿河衆三浦右近助 静岡市浅間神社文書に「天正二年八月二十四日、浅間三月会之事、如前々被相勤、三浦与次殿・同右近助殿、武田家朱印」。甲州恵林寺雑本に「天正九年三月二十二日遠州高天神落城討死、三浦右近」。水戸藩楓軒文書纂に「天正九年六月六日、篠間(榛原郡川根町)御仕置之事。三浦右近陣代先年信州高遠に祇候。三浦平兵衛尉にて興国寺(沼津市)在陣候、穴山梅雪斎花押」。

三十三 同駿河衆大畑姓三浦氏 大畑氏は静岡市百三十戸、藤枝市百六十戸、焼津市八十六戸存す。苗字大畑氏は三浦氏と兄弟契約を結び三浦氏庶流と称す。駿東郡大畑村(裾野市)に三浦氏無し、在名大畑氏は無関係なり。里見家永正元亀中書札留抜書に「駿河の三浦は大畠と号す、末々庶子也、それも今川殿の家風に被成候」。

三十四 同駿河衆味知姓三浦氏 味知氏(みち)は静岡市四戸、うち広野二戸存し、袋井市川井、富士市須津、藤枝市藤枝若王子中ノ合葉梨、相州三浦郡、茅ケ崎市菱沼無し。三浦氏は広野無し、横須賀市大矢部五戸存す。三浦郡の在名平姓三浦氏後裔説は仮冒なり。味知氏先祖書に「味知雅樂之輔男三浦半左衛門、同新助、味知喜平次次子三浦八兵衛」本名は味知氏なり。甲州恵林寺雑本に「天正九年三月二十二日遠州高天神落城討死三浦雅樂助」。寛政呈譜に@「家紋丸に横三引、丸に梅花。平良文流三浦支流、三浦駿河守義村(頼朝に仕ふ)後裔。三浦上野介範時が長男二郎左衛門雅樂助正勝(今川義元討死後、東照宮に仕へ駿河国有渡郡広野村にをいて田宅の地をたまふ。慶長十三年九月二十八日死す、六十四歳、広野村曹洞宗大徳寺に葬る)ー半三郎半左衛門正次(天正十四年東照宮につかへ五百石、寛永五年死す、五十四歳。弟喜平次直信・実は朝比奈彦太郎が男、正勝が養子となり其女を妻とし、広野村の宅地を譲りあたへられ、子孫彼地に住す)ー八兵衛正之ー八兵衛重良(実は喜平次直信が二男)ー甚五兵衛政重ー八兵衛正良ー甚五兵衛正範ー伊勢守正子(寛延三年継八百石」A「三浦上野介範時が三男次郎左衛門氏俊(今川氏真没落後、武田信玄、北条氏直に仕ふ。小田原落城後東照宮に属し、寛永七年死す、八十三歳)ー助左衛門儀持(慶長十一年死す。弟助蔵儀俊)ー助八郎久儀、子孫五郎三郎兼綏(宝暦十二年継百石二百五十俵)」。B「助蔵儀俊(元和四年死す五十八歳)ー五郎左衛門義武(兄右馬之助義孝・東照宮の仰によりて水戸頼房につかふ)、子孫久五郎義威(寛政五年継五百石)」。C「家紋丸に三引。三浦駿河守幸村が末孫小次郎元辰(今川義元につかふ)ー小次郎八郎左衛門義次(今川氏真につかへ、天正二年二月七日死す、五十三歳、相模国三浦郡矢部村臨済宗青雲寺に葬る、のち義勝まで葬地とす)ー小次郎八郎左衛門元秋(氏真につかふ、天正元年東照宮につかふ、元和四年死す)ー八郎左衛門義勝(寛永十七年死す)ー小左衛門義景ー三十郎(延宝元年継二百五十俵)」。味知氏の文言が無い。記録御用所本・三浦文書に「永禄十二年閏五月二日、父味知元辰年来令所務知行分之事、広野三浦長門守・平九郎に譲置田地、駿州清金分父味知元辰に譲置田地、遠州河合郷長門守・平九郎に譲置米銭、藤枝若王子代官職、河東於須津に百俵、三浦小次郎殿(義次)、氏真判」「永禄十二年五月九日、代官職之事、味知雅樂助知行抱之屋敷共、三浦小次郎殿、氏真判」「永禄十二年十一月七日、水守郷三十貫文を宛行う、三浦小二郎殿、氏真判」「永禄十三年二月二十五日、合十五貫文河野・須津、三浦小次郎殿、氏真朱印」「元亀二年三月五日、駿河国若王子代官分十分一之事、三浦八郎左衛門尉殿(義次)、氏真花押」「元亀二年卯月二十一日、葉梨、府中居屋敷、須津を宛行う、父元辰忠節感悦也、三浦八郎左衛門尉殿、氏真花押」「元亀四年二月七日、三十貫文を宛行う、三浦八郎左衛門尉殿、朱印(北条宗哲)」「天正元年四月七日、相模国菱沼郷の夫銭滞納を納入させる、三浦八郎左衛門尉殿、朱印(宗哲)」。宗哲の知行地菱沼郷代官を勤める。D相模国田原城主大藤氏文書に「永禄十二年七月九日、知行方、百五十貫文三浦土佐守知行広野郷・百五十貫文同人知行河東小山郷(駿東郡小山町)等を宛行う、大藤式部丞殿、氏政花押」。これ等はみな同族にて広野村を本拠地とす。

三十五 水戸藩家臣 二十一・三十四項参照駿河穴山衆は水戸藩へ多く仕官す。寛文九年に「御使番三百五十石三浦五郎太夫、大御番頭御小姓三百石三浦市左衛門、御先手同心頭三百石三浦平左衛門、御納戸衆二十両五人扶持三浦甚太郎、新御番十石三人扶持三浦介蔵、奥御番衆三浦小兵衛」。

三十六 尾張藩家臣 慶長十二年松平薩摩守忠吉分限帳に「三百石三浦縫右衛門・駿河の者。五百石三浦五郎右衛門・井伊兵部殿へ駿河に而出同国の者」。寛永年中に「三百石三浦縫殿助、二百五十石三浦十太夫、二百石三浦次郎右衛門、百石三浦伝太夫」享保八年に「二百五十石三浦斎、三十石三浦縫右衛門」。

三十七 彦根藩家臣 清水市北脇七戸存す。前項参照。譜牒余録・家康文書上に「天正十年十一月二十六日、本領駿州有度郡吉河(清水市)七十貫文・北脇三貫六百五十文を安堵す、三浦弥一郎殿、井伊兵部少輔奉之」。慶長七年分限帳に「六百二十石三浦弥一郎、六百二十石三浦与右衛門(元成)五百石三浦十左衛門、三百石三浦源六郎、三百石三浦与三郎、二百石三浦吉蔵」。慶長十二年に「六百二十石三浦弥一郎、六百二十石三浦与右衛門(元成)、五百石三浦権太夫、五百石三浦十左衛門、五百石三浦内膳(元清)、三百石三浦源六郎、二百石三浦権介死去、百石三浦熊之介・父と別に拝知」。慶安四年に「千五百石三浦与右衛門(元清)、千石三浦内膳(元親)、七百石三浦熊之介、七百石三浦十左衛門、五百石三浦九右衛門、五百石三浦五郎右衛門、二百石三浦内之介、二百石三浦清之丞、二百石三浦三郎四郎、二百石三浦善之丞、百五十石三浦茂右衛門」。文政十一年に「二千五百石三浦内膳元泰四十四歳、八百石三浦五郎右衛門二十八歳、五百石三浦九右衛門三十一歳、三百石三浦道之介四十五歳、三百石三浦吉之介与三右衛門十八歳、百八十石三浦喜一郎二十六歳、百二十石三浦茂右衛門五十九歳、百二十石三浦銀右衛門四十四歳、百二十石三浦主水三十六歳、百石三浦軍介二十五歳、七十石三浦大輔二十九歳、五十石三浦弥惣右衛門五十二歳、隠居吉之介養祖父三浦箇外八十歳、百俵八人扶持三浦道太郎三十五歳、四十俵四人扶持三浦千太郎二十八歳」。

三十八 越前福井藩家臣 慶長六年入部結城秀康給帳に「本国駿河・四百石三浦九郎兵衛(大小姓三浦与三左衛門ト有是カ)」次項参照。秀康の子松平忠昌給帳に「五百石三浦十左衛門」。

三十九 前橋藩松平大和守家臣 慶長十五年二月越前家御家姓名録に「出頭衆・本国駿河・四百石三浦与三左衛門」。前橋藩三浦系図に@「駿河出身、結城秀康臣、紋丸に三引両。三浦与三左衛門(寛永五年越前家を退散し秀康の子松平大和守直基に被召出五百石、越前大野城代)ー兵左衛門(弟次郎太夫)ー与左衛門(寛文十二年没)ー小兵衛ー兵左衛門ー兵左衛門ー一郎ー兵左衛門(百五十石、天保四年隠居)ー漣平ー武之進与茂七(天保十五年家督百五十石)」A「与三左衛門の二男次郎太夫(寛永年中召出百五十石物頭)ー忠右衛門ー三郎左衛門(二百石、享保六年没)ー仲(奏者番)ー次郎太夫図書正丘ー次郎太夫義賢(二百五十石、嘉永五年没)ー釜右衛門次郎太夫義元(三百石)ー広吉(慶応四年触流被仰付)」。七三五五頁参照。

四十 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三浦成太郎、文久三年二十七歳、四十俵一人扶持、本国生国共武蔵、養祖父三浦元兵衛死、養父三浦熊次郎死表御台所小間遣」「三浦武次郎、二十俵二人扶持、本国生国共信濃、黒鍬之者」「三浦□□、元治元年六十六歳十五俵一人扶持、本国生国共武蔵、養父三浦金六西丸御供」。

三枝 ミエダ サイグサ・サエグサ参照。

三尾 ミオ 木曽氏流三尾氏 信濃国筑摩郡三尾村(木曽郡三岳村)より起こる、在名にて現存無し。木曽讃岐守家村の四男家光が三尾村字桑原に住して三尾氏を称すという。但し木曽系図に見えず。

一 木曽氏家臣 木曽郡上松町(一戸)三尾林左衛門文書に「天正十年十月八日、木曽義昌は三尾太郎兵衛の戦功を賞す」。岐蘇古今沿革志に「木曽義昌従士三尾将監・三尾十兵衛」。木曽郡大桑村定勝寺文書に「天正四年八月二十七日、寺役勤仕請文、定勝寺参、三尾将監直継花押」。木曽家古記録写に「豊臣秀吉の臣尾張犬山城主石川備前光吉(西軍に属し除封)手代木曽の打ち代官也、三尾村千村次郎右衛門・三尾将監、木曽に有之」。次項参照。

二 尾張藩家臣 木曽考続貂に「慶長六年二月三日、徳川家康は木曽衆三尾将監長次に美濃国に於いて五百石を与う」。尾張家中木曽衆覚書に「慶長十九年大坂冬御陣妻籠御番所、木曽衆三尾左京重宗」。寛永年中分限帳に「木曽衆五百石三尾左京」。享保四年に「御普請寄合二百五十石三尾惣右衛門」。宝永七年に「御弓役百五十石三尾分左衛門」。明治二年に「御目見席寄合二百石・父忠兵衛・三尾銀次郎」。

みかこ ミカコ 君津市平山(無し)大原神社永禄十年棟札に「旦那みかこ四郎左衛門・同政次三郎・同新兵衛」。

瓶尻 ミカジリ 武蔵国幡羅郡瓶尻村(熊谷市三ヶ尻)より起こる。

一 小野姓猪俣党 滋賀県甲賀市信楽町勅旨浄土宗玉桂寺建暦二年阿弥陀如来像造立銘に「浄土宗信徒、井ノマタ弥三郎、アマカスノ三郎、ミカシリ三郎、エハラノ七郎」

三ヶ尻 ミカジリ 会津藩上杉氏家臣 上野国勢多郡深津村字三ヶ尻(粕川村)は古の村名なり、在名にて現存無し。慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)百石瓶尻甚内」。慶長五年に「百石討死・名跡子三ヶ尻甚内」。

三日尻 ミカジリ 上尾市井戸木七戸。高野山西南院過去帳に「慶長七年七月八日道心禅定門、武州足立郡ミカジリ外記は立る」

三ケ月 ミカヅキ ミコゼ参照。

三門 ミカド 小山氏家臣 小山市網戸三戸存す。寛政頃の小山家旧臣帳に「網戸村御門但馬守末流御門与右衛門」。

三神 ミカミ 上総、甲斐に存す。

一 上杉氏幕下藤田能登守信吉家臣 管窺武鑑に「天正十二年四月、藤田能登守・佐渡へ渡海之事。藤田百騎、此内、小頭小島清兵衛・三神三右衛門二十五騎づつ」。

二 武田氏家臣 甲府市九十戸、うち大里町二日市場二十二戸、西下条町七戸存す。甲斐国志に「西下条村、勘左衛門蔵む、元亀二年三月二十六日棟別免許の一通に、下条郷新七郎・次郎右衛門とあり、三神氏なりと云」。譜牒余録に「天正十年十一月二十八日、甲州鎌田之内二日市場三神治部右衛門分三十貫文を石黒将監に宛行う、朱印(徳川家康)」。次項参照。

三 幕臣 天正十壬午年武田諸士起請文に「近習衆三神宗左衛門」。寛政呈譜に「藤原支流、家紋三星。三神総左衛門信久(武田信玄につかへ某年死す)ー総左衛門義久(信玄・勝頼につかへ、天正十年東照宮につかふ、某年死す)ー市左衛門安信(四十石百俵、苗木仕立の役をつとむ、寛文五年死す)ー権左衛門(宝永三年死す)ー伝右衛門次郎右衛門(養子。百五十俵、貞享三年死す)ー権八郎(宝永二年死す)ー清三郎(養子。宝永二年継)」。

四 雨間村の三神氏 秋川市下代継一戸、瀬戸岡一戸、雨間無し。正保元年武蔵国田園簿に「多摩郡雨間村三百九十九石、此分ケ四十石三神市左衛門知行」。文政十一年新編武蔵風土記稿多摩郡雨間村条に「青木・青柳・大久保の三給。三神氏、先祖は三神総左衛門と云ひて、武田家に仕へて勘定奉行たりしが、天正十年東照宮へ召され御勘定役となりて、食邑百四十石を賜り、子孫に伝へて相続せしに、享保の頃故あって食邑を返し奉り、当村は己がかつて賜ひし処なれば、退隠して終に百姓となり、今の権左衛門某・寛文五年父の遺跡を賜ひ、天和元年百五十俵となり、貞享三年没せり。其の子権八郎某寛永二年没し、其の子清三郎某・父の遺跡百五十俵を賜ひしが、後終に断絶すとあり。是れ則ち権左衛門が家なるべし。又寛文五年当村を検地したる三神市左衛門と云ふは、家にしるせる権左衛門が父にや、また権左衛門・後に改名せしや詳にせず」。

五 八王子千人同心 八王子市美山町(山入村)四戸存す。嘉永七年に山入村三神久左衛門。

三上 ミカミ 武蔵に多く存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市三戸存す。寛政五年に「五石三人扶持三上弘次、四石一人扶持三上弥左衛門、一石一人扶持三上三五郎」。三神参照。

二 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町二十三戸、うち上稲葉七戸存す。古代以来居住の苗字にて、近江国三上神社神主後裔説は仮冒なり。壬生義雄家臣席順に「一門二十九将・生国近江三上明神主三上の二男・四百貫三上大膳亮。小姓役二十貫三上吉六、十五貫三上藤司、五貫三上主計正」。高野山清浄心院下野国供養帳に「天正九年卯月二十三日・霊位梅林芳春、下野壬生三上大炊助殿は之を立てる」。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、壬生之分壬生上総殿・三上越前守」「元和三年頃、壬生官務孝亮消息・三上いなば」。寛永五年壬生譜代侍に「三上大膳花押」。正徳五年旧臣帳に「上稲葉村三上忠兵衛・三上治部左衛門」嘉永六年旧臣控に「上稲葉村三上仲兵衛・三上三郎兵衛・三上半兵衛・三上六兵衛」

三 宇都宮氏幕下益子氏家臣 矢板市木幡一戸、宇都宮市四十戸存す。水谷蟠龍記に「天正十一年益子より紀の旗下木幡住人三神筑前・子息上野介は笠間方山本城主高塩を追討す」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に「見上三郎右衛門・見上弥七」。

四 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市二戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「二百五十石三上佐次兵衛」。

五 弥富城主原氏家臣 佐倉市十六戸、うち岩富無し。平賀本土寺過去帳に「文亀二年三月十日・霊位宗真・弥富三上縫殿助。二十八日・ヤトミ霊位道慶・三上民部殿」。

六 東金城主酒井氏家臣 千葉市百四十戸、うち浜野町一戸、東金市二十五戸、うち道庭三戸存す。浜野町本行寺永禄六年文書に「三上源五郎代に候、殊に当住持親類に候」。東金城明細記に「天正十八年御側衆七百五十石道庭住三上雅樂之助、道庭衆三上修理大夫」。

七 真名城主佐々木三上但馬守。茂原市十九戸、うち真名(まんな)無し。佐々木参照

八 里見氏家臣 鴨川市五戸、うち寺門三戸代無し。代村曹洞宗宝昌院は永禄元年三上河内守正成が開基す。

九 北条氏家臣八王子衆 多摩郡日の出町平井二戸、清瀬市清戸三戸、所沢市百八十戸平井村春日社天文十五年霜月十日棟札に「惣意見上中務丞宗直・御同名十余人」。高野山西南院関東過去帳に「弘治二年七月十一日・春宗常香、武州入東郡安松村野老沢三上兵庫助は父の為に立る」「元亀二年三月・逆修、武州日東郡所沢三上図書助は自身の為に立る」「天正六年五月十二日・逆修、武蔵多東郡高山郷清戸村山口平七太郎は自身の為に立る、取次三上豊後」。佐野家蔵文書に「天正六年四月十五日、北条氏照は小田野源太左衛門尉に、下野国小山城北曲輪の守将三上と相談して守れ」「二月晦日(天正七年)、其地(小山城)の地衆之證人悉被召上候、小田野源太左衛門尉殿・三上帯刀左衛門尉殿、氏照花押」三上帯刀は入間郡亀久保村住人、七三七一参照

十 同江戸衆 高野山高室院北条家過去帳に「天正十一年六月二日・武州江戸北条治部少輔平氏秀、三上備後守奉之」。

十一 紀州藩家臣 南紀徳川史・名臣伝に「三上太郎右衛門玄蕃(本国武蔵、慶長十年権現様召出千石、徳川頼宣附属、元和五年病死)ー甚太夫清方(徳川頼宣紀州御供千石)、八代甚左衛門清秀(五百石、天保十五年病死)ー久三郎清恭」。元和五年国初知行高に「御膳番衆千石三上兵三郎、大番衆三百五十石三上又左衛門」。慶応三年に「公儀より御附の家筋・五百石三上甚太夫、百三十五石三上栄蔵、二十七石三上柳左衛門、支藩より召出三上惣平」。

三瓶 ミカメ サンペイ参照。

三川 ミカワ 上野、相模に存す。

一 前橋藩松平大和守御用達 前橋市三戸。天保四年に「前橋・十五人扶持三川伊八」

二 秋田藩下野領 天明頃の京都江戸萱橋(小山市無し)分限帳に「三人扶持三川小兵衛、同高三川利右衛門」。

美川 ミカワ 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「河田玄蕃組百石美川伝兵衛」。

箕川 ミガワ 佐竹氏家臣 那珂郡那珂町十一戸存す。茨城郡箕川村(水戸市見川町)より起こる平姓大掾氏流馬場資頼の四男箕川四郎長幹後裔説あり、佐竹譜代記録に「那珂の下の奉公衆、箕川・大掾」。那珂郡住人にて大掾氏流は仮冒なり。

三木 ミキ 上野に多く存す。ミツギ参照。

一 金山城士 太田市十二戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「三木の末流、当時金山館林に与力する也、浪人三木惣四郎」。

二 多胡郡黒熊衆 多野郡吉井町八十五戸、うち黒熊二十六戸・丸に根笹、小串二十六戸・丸に九枚笹、長根七戸・丸に揚羽蝶。古代以来居住の苗字にて、飛騨三木系譜の三木大和守直頼(天文二十二年卒、家紋丸に釼花菱)後裔説は仮冒なり。黒熊村三木豊前(天正三年没)の子弥重郎(慶長七年没)に嫡子和泉、二男帯刀、三男雅樂。三木長太郎文書に「天正十一年五月四日、馬庭之内黒駒(黒熊村)并境塚(黒熊村)両地充行之候、三木弥十郎殿、丹生朱印」。忍城主成田氏長の重臣丹生氏のとりなしにより北条氏に従う。

三 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町無し、大田原市三戸、うち南金丸無し。元和九年検地帳に三木五郎右衛門。寛永十九年に「百五十石知行所南金丸・三木善左衛門・今五郎右衛門先祖・養子に成る。御小姓衆三木惣吉」。万治元年に「三両四人扶持三木五郎右衛門」。正保二年に「御暇・百五十石三木吉左衛門」。

四 小田氏家臣 つくば市六戸。天文十八年小田家風記に「大番千騎三木藤助」。

五 水戸藩家臣 福岡藩黒田長政家臣にて、水戸藩寛文九年に「大御番組九百石三木左次衛門」。万延元年に「御書院番頭三木左太夫」。

六 秋元藩家臣 前橋市二十四戸。寛永十年惣社より谷村所替面附帳に「三十俵二人扶持三木次郎右衛門」。年不詳に「御勘定奉行五十俵二人扶持三木次郎右衛門、御代官二十五俵二人扶持三木五郎右衛門、勘定所詰十五俵三木直右衛門」。武藤参照。

七 小田原藩大久保氏家臣 足柄下郡真鶴町二十三戸存す。享保九年に「七石三人扶持三木半蔵義位三十九歳」。文久二年先祖書に「小田原取立、本国相模、三木代右衛門嫡子半之丞」。

八 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三木鉱之助慶応三年五十四歳、七十俵五人扶持、本国上総生国武蔵、養父藤四郎小普請組支配」

九 武田氏家臣 甲府市十三戸、塩山市小屋敷無し、中巨摩郡若草町二十三戸存す。甲府市時宗一蓮寺過去帳に「享禄二年五月十八日・珠阿弥陀仏・三木」。小屋敷村恵林寺文書に「永禄六年恵林寺領御検地日記。さるこ三木清左衛門尉」。天正十壬午年武田諸士起請文に「小山田備中衆三木四郎右衛門」。山梨市正徳寺村祢津三郎右衛門文書に「天正十一年四月二十六日、如前々黄金令増長者云々、田辺右京助・三木弥右衛門尉、徳川家朱印」黒川金山衆田辺参照。

十 同駿河衆 富士宮市上条(一戸)三木郁也文書に「天正四年六月十七日、馬往還諸役を免除す、三木善右衛門尉殿、朱印(武田家)」。

十一 八王子千人同心 八王子市戸吹無し。桑都日記に「天正十一年小人頭志村又左衛門貞盈の同心組頭三木彦右衛門」「初代三木彦右衛門は天正十年武田氏滅亡後に志村又左衛門組に召出され、同十八年元八王子村に移住し、三木氏娘が戸吹村の斉藤氏妻となり、孫斉藤十郎左衛門栄重が三木家七代を相続し、十一代三木愛之助は戸吹村で明治に至り医師を業とす、弟翁助も千人同心となる」。嘉永七年千人同心に戸吹村三木愛之助・三木翁助。

見木 ミキ 下都賀郡壬生町無し、鹿沼市に参木氏(みつぎ)二戸存す。

一 壬生氏家臣 天正十四年鹿沼今宮神社上葺に「惣政所壬生上総介義雄、鍛冶奉行見木外記好勝」。

二 茂木藩家臣 無し。弘化五年細川長門守分限帳に「小役人見木正記」。

三窪 ミクボ 北条氏家臣八王子衆 無し。八王子市泉町相即寺過去帳に「天正十八年八王子落城討死三窪助兵衛秀悦浄安・同子秋感・同内妙性大姉」。

三雲 ミグモ 沼田藩真田氏家臣 無し。真田信利分限帳(天和元年改易)に「十二両三人扶持三雲源六」。

御厨 ミクリヤ 北条氏家臣使者 横須賀市六戸、うち公郷一戸存す。父が今川氏家臣で、嫡男が北条氏に仕へ、父子は使者をつとめる。大藤文書に「永禄十二年卯月二十八日、今川氏真の奏者御厨伯耆入道」。三浦文書に「五月十一日(永禄十二年か)、三崎城主北条綱成の奏者御厨伯耆」。公郷村永島文書に「天正元年二月二十三日、三崎城主北条氏規は永島出雲守に葛網の管理を命じ、御厨一助に網場の管理を任せる」後世に書画御厨伯耆梅閑あり。

三栗谷 ミクリヤ 佐竹氏家臣 奥州東白川郡塙町南郷羽黒城に無し。秋田藩諸士系図に「平姓。三栗谷伯耆久宗ー太郎右衛門久継(常州南郷羽黒に住す。後年常州より来る三十石、平鹿郡横手に住す、寛永九年卒す)ー加左衛門久村(父と同く常州より来る)」。天保十二年分限帳に「横手、六十四石三栗谷八右衛門、十四石二人扶持三栗谷礼蔵」。

御子神 ミコガミ 館山市六戸、安房郡三芳村六戸、丸山町三十三戸、うち岩糸十戸、岩堂十四戸、宮下三戸、宮下元御子神無しこれらは古代以来居住の苗字なり。

一 里見氏家臣 房総里見軍記に「天文三年鴻ノ台合戦に御子神内蔵」。里見系図に「永禄十年三船山合戦に御子神美作出陣」鴨川市北風原永井俊作文書に「天正十八年里見義康の奉行御子神下野守弘幸判」。鋸南町元名村岩崎善右衛門文書に「慶長十五年、里見義康の奉行御子神大蔵丞」。館山藩慶長十五年分限帳に「家老番頭衆十人衆之頭三百石御子神大蔵、百人衆五十石御子神彦作(一本に庄作)」。美作及び下野守は苗字にて、内蔵(大蔵)は在名なり。

二 幕臣 寛政呈譜に「寛永系図に云、藤原姓、本は御子神。今の呈譜に神子上と称す橘氏にして大和国の住人十市兵部大輔遠忠が後なりといふ。家紋剣花菱。神子上土佐重(里見安房守につかふ)ー小野典膳次郎右衛門忠明(母は小野氏の女。里見安房守に属し、のち諸国を遊歴して剣術を修行し、一刀斎を師としてこれを学ぶ。文禄二年東照宮につかへ、御子神を改めて外家の称小野を称す、六百石、寛永五年死す。弟伊藤典膳忠也は兄と共に一刀斎にしたがひ剣術を学び、この流を忠也派と号す)ー次郎右衛門忠常(八百石)ー次郎右衛門忠於ー次郎右衛門忠一ー助九郎忠久ー次郎右衛門忠方ー次郎右衛門忠喜ー助九郎忠孝(寛政十年継八百石。代々剣術秘事たり)」。安房国御子神村に御子神典膳(小野次郎右衛門忠明)の碑あり、後世の造立なり、当村は出生地と言う。但し御子神土佐・典膳父子の名は里見家臣に見えず。小野次郎右衛門も無し。大和国の国民郷士記に「十市兵部大輔遠忠、天正十三年没五十五歳」の後裔なれば、年代あわず。遠忠先祖の分家内蔵(大蔵)は安房国御子神村へ来住し在名御子神内蔵を名乗り、嫡流は里見氏に仕へ、庶流は上総国万喜城主土岐氏に仕へ、其の子孫が典膳である。

三 剣豪神子上典膳 @武芸小伝に「神子上典膳、其の先伊勢の人也。上総万喜城主土岐頼定に仕へ、弱冠にして刀鎗術を好む。会々伊豆の人伊藤一刀斎景久・上総に到る。典膳・遂に従遊す。景久の弟子に善鬼なる者あり、亦精妙を得る。総州相馬郡小金原に到り、景久・二人に謂って曰はく、我れ少より此の術を好み遍く諸州に遊びしが我に勝つ者なし、吾が願足れり矣云々。典膳・後に幕府に仕へ、後に外祖の氏を冒して小野二郎右衛門忠明と称す」。A武芸流派大事典に「剣・小野派一刀流。小野次郎右衛門忠明(前名、神子上典膳)の子、小野次郎右衛門忠常以降を小野派一刀流という。御子神(寛永系図)と書くのは誤りで、神子上(寛政呈譜)が正しい。勢州出身(武芸小伝)、信州出身(増補英雄美談)という説も正しくない。大和の十市氏の後裔で、上総国夷隅郡丸山町神子上の地に来て郷士になり、やがて里見家に仕えた典膳の曽祖父、神子上大蔵は里見十人衆頭六百石、祖父庄蔵は里見家の盟族万喜少弼に配属され、百人衆忍足兵蔵の手に属して百石、天文三年の犬掛合戦で神子上庄蔵は敵軍の豪傑木曽新吾(源流剣術で有名な木曽庄九郎の大伯父)と相討ちで戦死した(房総里見軍記の里見九代記分限の巻)。父は神子上重(通称土佐)、その妻(典膳の母)が小野姓であった。万喜家と里見家のあいだに勢力争いが高じ、天正十七年十一月中旬、里見軍が万喜城へ大攻撃をかけたとき、神子上典膳は万喜側二十名の徒士をひっさげて岩将山に潜行し、寄せ手の大将正木大膳時茂(一に時堯)に一騎打ちをしかけたが、乱軍におしへだてられて決しなかった(里見代々記)。典膳が伊藤一刀斎にしたがって武者修行に出たのは、右の合戦前か後かわからないが、五年後の文禄二年には一刀斎の推挙で徳川家康に仕へ、秀忠の師範になっている二百石、姓名を小野次郎右衛門忠明とあらためた、時には先祖の姓を用いて十市次郎右衛門とも称した(千葉県古事記)に慶長八年に里見家を浪人したとある説は採用できない。寛永五年死す、知行地の下総埴生郡寺台村曹洞宗永興寺に葬る」。成田市寺台永興寺に小野忠明・忠常父子の墓あり。

御子柴 ミコシバ 岡谷市八十戸、松本市五十戸、塩尻市六十戸存す。諏訪史料に「天文二十三年六月、信州小岩岳(穂高町)責めで仁科盛信家臣杉九郎討捕を賞す、御子柴民部殿、花押(武田晴信)」岡谷出身か

一 高遠城主保科氏家臣 伊那市百十戸、うち御園三十戸、隣の荒井三十七戸存す。古代以来居住の苗字なり。上伊那郡南箕輪村御子柴の隣御園村に御子柴六左衛門の居城である御園古城跡あり。保科御事歴に「天正十三年八月上田城合戦に保科正直御供御子柴六左衛門あり、此六左衛門と云るは始め武田晴信に属し、川中島合戦に上杉方井筒女之助と鎗を合せ高名す、其後勝頼の代となり、身を退きて高遠へ来り正直に仕ふ、御子柴・三十野(みその)二ケ村を賜わりて領す。案ずるに、村名に仍て此の時氏を替るか、其先より御子柴とは云へからず、今御子柴長兵衛と云者彼が子孫なり」御子柴村発祥説は仮冒なり。次項参照。

二 会津藩保科氏家臣 上州滋野姓は仮冒。寛永十三年高遠より山形入部御供に御子柴次郎兵衛。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「四百石御子柴七郎左衛門、三百石御子柴源左衛門」。諸士系譜に「本姓滋野本国上野、定紋丸ノ内一ノ字、替紋丸ノ内三蔦。御子柴六左衛門(保科正直へ御合力高遠領内にて二ケ村知行)ー源左衛門政清ー源左衛門清貞ー源左衛門清従ー忠左衛門典清ー長兵衛清遥(安永五年召出七人扶持)ー甚吾清明ー源之助清輝。明治元年以前に御子柴源之助二十二石四人扶持」。

三ケ月 ミコゼ 小金城主高城氏家臣 下総国葛飾郡三ケ月村(松戸市)より起こる、在名にて現存無し。平賀本土寺過去帳に「永享二年六月十九日・妙円尼ミコツイ」「文安四年十月四日・妙泉尼ミコツキ」。高城家由来書に「永禄七年国府台合戦に小金勢三ケ月十郎右衛門討死」。

三坂 ミサカ 磐城郡三坂村より起こる、在名にて現存無し。いわき市三和町三坂、三和町永井(中井)、小川町、平上神谷(かみかべや)あり。

一 平姓岩城氏族 磐城系図(続群書類従)に「磐城常朝(応永十一年郡主)ー次郎清胤ー下総守隆忠、弟隆冬(三坂ノ中井腹・小川殿)」。上平文書に「文安三年九月十日岩城隆忠証状案、三坂・小島田・なか井四郎殿知行分を三坂七郎に宛行う」。三坂文書に「三月十四日(天正頃)、三坂越前守宛、岩城常隆書状」小河越前守とも見ゆ子孫会津藩三坂文書二十四通所蔵す。

二 松岡藩戸沢政盛家臣 慶長七年入部し、元和八年出羽新庄へ転封。岩城氏家臣三坂越前守隆良(本姓上神谷氏)の子三坂五郎右衛門が百石で戸沢政盛に仕える。

三 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に五百石三坂五郎左衛門。諸士系譜に@「本姓平、本苗小川、本国陸奥、定紋五器箸、替紋丸に竪二ツ引。三坂越前守隆景の長男五郎左衛門隆忠(召出寛永十三年山形、四百石)ー五郎左衛門隆昏ー五郎左衛門隆次ー五郎左衛門隆光ー五郎左衛門隆春ー五郎左衛門春編ー五郎左衛門隆善ー五郎左衛門隆興(寛政十年跡式四百石)ー倫之助隆礼。明治元年以前に三坂五郎左衛門四百石」。A「三坂五郎左衛門隆昏の二男市郎右衛門隆長(召出寛文八年百石)ー市郎右衛門隆貞ー深右衛門隆勝ー九右衛門隆晃ー市郎右衛門隆敬(文政元年家督百石)ー雄馬隆中」。

三崎 ミサキ 三反崎(みたがさき)参照。

一 小田氏家臣 つくば市無し。新治郡霞ケ浦町に見崎氏六戸存す。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。小田方討死三崎五郎左衛門」。

二 北条氏家臣 三崎十人衆は出口参照。

三 福井藩家臣 三崎玉雲文書に「慶長二年越前北之庄城主堀秀治は医師三崎玉雲軒に諸役免除す」。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国越前・三百石三崎新右衛門」三反崎参照。秀康の孫松平光通給帳に「三百石三崎喜兵衛、御擬作不知分三崎玉雲・三崎弥右衛門」。貞享三年松平綱昌半知に附減員覚帳に「五人扶持医師三崎玉雲、二十二石四人扶持拝借方三崎弥右衛門」。享保九年に「医師百俵三崎宗広」。天保初年に「奥医師百五十石三崎宗庵」。

三沢 ミサワ 信濃に多く存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市八戸存す。寛永八年に肝煎本地荒開共に百石三沢大蔵。

二 諏訪衆 三沢村より起こる在名説が多い岡谷市百二十八戸、うち川岸上字三沢一戸伊那市二百三十五戸、うち手良中坪十二戸飯山市(犬飼)無し、上高井郡小布施町無し、小県郡真田町(芳比郷)無し。大祝諏訪文書に「長享二年春秋之宮造営之次第、小県郡芳比郷三沢小三郎、高井郡犬飼三沢助」「永禄年間、両社御造営帳、三貫文三沢備前守、二貫文三沢孫作」「天正六年下諏訪春宮造営帳、小祝三沢宮内衛門尉、小祝三沢六左衛門尉。高梨之内原之郷小布施半分・当主三沢平太、伊那郡手良中坪之郷代官三沢清左衛門尉」。諏訪大社文書に「永禄八年十一月朔日、諏訪下社祭祀再興次第武田信玄判物、三済山の山奉行三沢対馬守・三沢山の役」。

三 高島藩諏訪氏家臣 高島藩主の子孫東京都諏訪忠弘文書に「永禄十年八月七日武田家旗下諏訪五十騎起請文、三沢対馬守」「元和元年大坂御陣御供の面々、三沢孫左衛門・三沢三郎左衛門・三沢主膳」。藩譜に「本国生国信濃、三沢主膳亮次記(諏訪頼忠奉仕百四十石)ー弥五右衛門(百五十石)ー九左衛門継久」。「源姓。三沢五兵衛義行(諏訪頼忠奉仕)ー孫左衛門義政(又長清、元和元年大坂陣供奉百九十石)ー孫左衛門ー五兵衛之昌」。

四 飯田藩小笠原氏家臣 飯田市十八戸、松本市百九十戸存す。飯田藩慶長年間に「九十俵三沢次郎助」。

五 真田氏家臣 上田市九戸存す。三沢玄蕃頼鎮墓碑に「小笠原源氏、本姓諏訪氏九世武田没落後諏訪郡三沢郷に住み三沢氏と改めた、始仕松代藩三百石」仮冒なり。三沢氏家譜に「武田家臣三沢四郎兵衛女あり、夫名詳ならず。夫死後真田信之公に奉願候て五十石賜る)ー玄蕃頼鎮(三百石)ー幸左衛門頼屋ー源蔵郡京ー万右衛門頼央ー玄蕃頼高(十六才にて没)、弟万右衛門頼公(二百石にて家再興)ー源蔵頼易ー刑部丞頼方、弟清美(家督二百石)、弟木之助」松代藩寛文元年に「三百石三沢玄蕃」。文政二年に「二百石三沢源蔵」。文久年中に「二百石三沢刑部丞」。

六 福井藩家臣 享保六年諸士先祖之記録に「三沢甚右衛門(本国不知、生国信濃、秀康公御代慶長六年於越前被召出)ー甚右衛門(忠昌公御代、寛永二年跡知被下)ー甚右衛門正世(寛永十六年跡知被下)ー甚右衛門富久(光通公御代、寛文十一年跡知被下)ー助次郎延梢(吉邦公御代、享保五年跡知被下)」。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国信濃・三百石三沢甚右衛門」。秀康の子松平忠昌給帳に「二百石三沢勘右衛門」。忠昌の子松平光通給帳に「四百石三沢甚右衛門」。享保九年松平宗矩給帳に「十五人三沢亀三郎、馬医十五石三人扶持三沢弥五兵衛」。天保初年に「十五人扶持三沢助次郎、馬医二十石三人扶持三沢一郎太夫、諸口留番八石二人扶持三沢文太夫、小寄合格二石二人扶持三沢久次郎」。

七 和田城士 高崎市十七戸、うち山名に味沢氏四戸存す。高野山清浄心院上野国供養帳に「天正十四年三月三日・道高禅定門、和田住人三沢殿は之を立てる」。

八 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町善地七戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「給人三沢喜左衛門」。

九 金山城士 太田市十五戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣三沢助之進牛久住、三沢助兵衛尉牛久住」。牛久藩由良氏家臣に三沢勘兵衛・三沢助之進あり。元和七年改易により浪人す。

十 佐野氏家臣 佐野市、安蘇郡田沼町多田字大久保、下都賀郡岩舟町小野寺字石橋無し。応永年間頃小山文書に「所領注文案、小野寺保内・石橋」。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「郷見役永十貫文三沢丹波・屋敷大久保」。天正八年佐野宗綱時代武者記に三沢大内蔵。船津川町福地収介文書に「天正十一年六月三日佐野宗綱の石橋寄居一番衆書立、八人・三沢備前」。慶長五年佐野信吉家中に「二千石・与力十人・三沢助之進」重臣なり。

十一 日光衆 日光市二戸、今市市五戸存す文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、日光之衆三沢殿」。

十二 宇都宮氏幕下西方氏家臣 延徳四年宇都宮成綱寄進状に「都賀郡西方三沢郷(西方町元字三沢)。元字古宿(四戸)三沢毅文書に「寛文二年西方太郎左衛門綱清没香典帳、古宿村三沢宗如・三沢半左衛門」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「古宿村三沢紋七・三沢謙一郎・三沢貞之進」。

十三 北条氏家臣伊豆衆 三島市玉川無し、賀茂郡河津町川津筏場(明治八年矢野村と筏場村が合併)三戸存す。東京都大田区宇野伝文書に「天正九年十二月十日、宇野氏の豆州玉川において三沢帯刀・岡本弾正・長田主水と共に敵一人を討取ることを賞す、北条家朱印」。矢野村三口明神社棟札に「慶長十三年再興三沢元重代、亦寛永十四年本願三沢与兵衛尉元久代也」。

十四 同八王子衆 町田市八十戸、うち木曽町三十六戸存す、昭島市拝島無し。古代以来居住の苗字にて、駿河国有度郡三沢郷(清水市)発祥説は仮冒なり。風土記稿多摩郡拝島村条に「大日堂開基北条氏直の臣石川土佐守なり、一門には三沢兵庫介などいへる者を始とし、大旦那十六人にて後世修補す」氏照の臣木曽衆の居住地。木曽町三沢忠高文書に「武蔵国多摩郡木曽村住人三沢氏遺所を尋るに、源頼朝の幕下にして駿河国に住す、北条早雲に随ひ、後武州滝山城を守る、八王子没落、八王子城に於て三沢・石川の一族打死す、老人童子拝島村大日堂に立退き、当木曽村を草創して民家百姓となる」。天正十八年木曽村来住説は仮冒なり。本町田大沢系図に「大沢兵部正勝ー兵部正祝(母三沢五郎左衛門女・住于武州木曽村為郷士)ー兵部正長(永享元年死す)」。木曽町石川家録に「石川但馬直稠(妻三沢出羽娘也大永四年死す)ー内蔵助直恭(妻北条家臣石川刑部左衛門娘、大永五年呼迎る・なこうどは当所三沢出羽也)ー直経ー直家(養子、北条氏直の家臣石川土佐守三男也、天正年中養子と為す、実父土佐守は八王子城打死)ー九郎図直信(妻三沢大炊之助妹也元和元年死す)」。

十五 八王子千人同心 嘉永七年に戸吹村(無し、八王子市)三沢初五郎。

十六 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三沢清太郎、元治元年四十歳、金二枚五人扶持、本国生国共武蔵、地謡、祖父三沢長右衛門、父三沢平七郎」「三沢要次郎、慶応元年三十四歳、地謡、父三沢平七郎」。

十七 武田氏家臣 山梨市四十三戸、うち神内川(狩野川)二十六戸、東山梨郡勝沼町三十五戸、うち上岩崎十戸存す。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。二十人衆頭三沢四郎兵衛」。天正十壬午年武田諸士起請文に「二十人衆三沢四郎兵衛・三沢左門。井伊兵部少輔衆・前土屋衆三沢美濃守」。甲斐国志に「上神内川村。三沢美濃守は里長藤兵衛・嘉七等の祖先なりと云」。八代町岩間村与市旧蔵に「三月十八日、祈祷奉公衆雨宮庄左衛門尉・三沢四郎兵衛尉・鎮目市兵衛尉、武田家朱印」雨宮氏は神内川村二十二戸存す。山梨市三ケ所古屋二郎文書に「天正十年十月十三日、甲州狩野川郷三沢清三分十貫文、同知行付之小者一人を宛行う、降屋兵部左衛門尉殿、徳川家朱印」。石和町八田の八田正恕文書に「天正九年二月七日、我等跡取譲状証人三沢美濃守殿、末木淡路守家重花押(子孫は八田氏を称す)」「天正十五年三月二日、淡路入道殿死去に付き、三沢美濃守殿妻子方へ落着候、三沢四郎兵衛・八田村東市佐殿(末木政清)、願念印」。末木家重の娘は三沢美濃守妻となり、其子四郎兵衛なり、子孫は二十項参照。上岩崎村氷川神社天正六年三月十日棟札に「百文三沢菅四郎」。

十八 同初鹿野衆 東山梨郡大和村初鹿野無し。高野山引導院日牌帳に「天文二十年三月十五日・逆修春英一花禅定門・甲州東郡ハシカノ三沢石見守志」自身が立てる。

十九 同八代郡三沢衆 西八代郡三沢村(下部町)より起こる、在名にて現存無し。湯之奥名主門西文書に「天文十三年三月二十九日、山地配分、二百文三沢和泉殿」。

二十 尾張藩家臣 士林泝に「姓紀、家紋十六菊。三沢四郎兵衛(甲州衆武田信玄に仕へ二十人頭と為す)ー藤三左門昌利(父と同じく甲州信玄に仕ふ。神君に召出被り平岩主計頭親吉に属し三百石を領す。『天正十年六月九日、甲州之内田村分六十貫文・夫二人、但大野之郷小沢分、金子市兵衛分名田之事、右本領と為し、之由言上候間、宛行う所、三沢藤三殿、御朱印』。後成瀬隼人正正成に属し同心と為す)ー六左衛門(成瀬隼人正に属す)ー久左衛門(敬公御代召出被る)」。犬山旧事記に「元和元年大坂陣従軍、二百五十石三沢左門、二百石三沢六左衛門」。寛永年中に「成瀬隼人正組諸奉行衆二百五十石三沢左門、二百石三沢六左衛門。普請組二百五十石三沢藤兵衛」。明治二年に「岐阜奉行格二百五十俵三沢謙蔵、大御番組二百石父四郎兵衛・三沢藤兵衛。小十人組百俵三沢又六、六十七俵父又六・三沢長助、御目見席寄合六十七俵三沢鎌七」。

二十一 彦根藩家臣 十七項の井伊兵部少輔衆三沢美濃守一族か。慶長七年分限帳に「七十石三沢勘次」。慶長十二年に「百石三沢藤次(一本に勘次・四五右衛門)」。慶長十九年井伊直勝安中御供に三沢与五右衛門尉。翌年に彦根へ戻る。元和九年に「百石三沢与五右衛門尉・同勘五郎」。慶安四年に見えず、断絶す。

二十二 武田氏家臣遠江衆 城飼郡三沢村(小笠郡菊川町)より起こる、在名にて現存無し。東八代郡八代町武居三沢義兵衛文書に「天正元年十二月十五日、武藤大膳亮同心として忠節をつくし、遠州三沢郷九十貫文を宛行う、三沢助次郎殿、武田家朱印」。武藤氏は隣村の菊川町和田八戸存す

二十三 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に@「本姓本国不詳、定紋丸之内花菱、替紋花菱。三沢助右衛門定興(召出)ー半右衛門定静ー幸太夫定直ー助左衛門定賢(天明元年召出二両二人扶持)ー万吾定長。明治元年以前に三沢助左衛門七人扶持」。A「本姓本国不詳、定紋丸に抱梶、替紋蕨手に三木。三沢牧右衛門亮成(召出)ー牧右衛門俊亮ー牧右衛門亮元ー浜右衛門亮記ー牧右衛門亮昵(寛政元年召出八石三人扶持)ー豊記。明治元年以前十四石四人扶持」。

三階 ミシナ ミハシ参照。

三品 ミシナ 壬生氏家臣 鹿沼市七十二戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓組十五貫三品藤治、同十貫三品内記」。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「壬生刑部左衛門組二百石三科伝右衛門」。慶長五年に「壬生刑部左衛門組二百石討死、但名跡刑部左衛門子三科伝右衛門」。鹿沼出身の三品氏なり。

三科 ミシナ 越後、甲斐に存す。

一 上杉氏家臣 須坂市仁礼無し。文禄三年目録に「春日山御手鑓衆八石・信州仁礼衆三科外記」。越後出身か。

二 武田氏家臣 山梨市七戸、うち上神内川二戸、塩山市二十四戸、うち塩後一戸、東山梨郡勝沼町三十一戸、うち山十三戸、春日居町桑戸十戸存す。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。山県三郎兵衛三百騎の内覚への衆三科肥前」。天正十壬午年武田諸士起請文に「山県三郎兵衛尉昌景衆三科肥前守(一本に三科伝蔵)、小山田備中守衆三科宗四郎、今福新右衛門尉衆三科清五郎」上神内川村文政七年医師三科氏は寺子屋を開く、同家に三科肥前守形幸所用の桶側二枚胴朱具足を相伝す。甲斐国志に「三科伝右衛門、肥前入道形幸とも記せり、山県に属す、天正十年の時五十八歳、井伊家に附けらる。天正十年起請文に三科肥前伝三郎とあれば、此時肥前既に死し子伝三郎が父の名を以て拝謁する類と見えたり」「上神内川村、浪人三科宗四郎所蔵天正十年十二月十日御朱印に塩後六貫文云々三科次太夫殿とあり。小山田備中守衆三科宗四郎は家記に次太夫の男なり」。春日居町徳条飯田文書に「永禄五年卯月十三日、三科清九郎上表候鎮目の内飯田安左衛門分四貫文を宛行う、徳条の源右衛門、武田家朱印」。山村の孫兵衛文書に「天正三年六月九日、竹川弥九郎明所を宛行う、三科権右兵衛殿、甘利信頼花押」。

三柴 ミシバ 皆川氏家臣 下都賀郡藤岡町冨吉六戸、大平町西水代二十五戸、岩舟町静戸(鯉ケ島村・水掛村)二十七戸存す。寛永十二年家臣帳に「富吉村水掛村三柴四郎兵衛・三柴孫兵衛・三柴茂兵衛・三柴庄右衛門・三柴久右衛門・三柴孫右衛門・三柴四郎右衛門・三柴長右衛門。小池島村三柴彦左衛門・三柴久左衛門・三柴孫左衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「富吉村三柴庄左衛門・三柴久左衛門・三柴作兵衛・三柴弥五右衛門。水掛村鯉島共に三柴孫右衛門・三柴彦左衛門・三柴久右衛門」

三島 ミシマ 信濃に存す。

一 沼田藩真田氏家臣 沼田市一戸。真田信利分限帳(天和元年改易)に「中小姓七両二人扶持三島平六」。

二 土気城主酒井氏家臣 千葉市四十三戸、うち土気町無し。土気古城再興伝来記に「天正二年、奉行三島求馬」。

三 八王子千人同心 嘉永七年に小門町(無し、八王子市)三島久七郎。

四 岩付城主太田氏家臣 新編相模小田原宿条に「天正十八年小田原陣に太田十郎氏房の被官三島文右衛門獲せられ、当所にて磔罪に行はれし事あり、古戦録に見ゆ」。

御宿 ミシュク 駿河国駿東郡御宿村(裾野市)より起こる、在名にて現存無し。苗字御宿氏は裾野市葛山五戸、富士宮市北山十二戸存す。葛山氏は裾野市葛山、鮎沢氏は駿東郡小山町竹之下字藍沢より起こる。藤曲氏は小山町藤曲より起こる、苗字藤曲氏は小山町藤曲十八戸、竹之下二十二戸存す

一 藤原姓葛山氏流御宿氏 大森葛山系図(続群書類従)に「藤原伊周ー忠親ー惟康ー親康ー親家(頼朝奉公)ー大森頼忠ー大森忠季ー季村(此末竹下住、藤曲祖)、親康の弟藍沢惟兼ー葛山惟忠ー六郎惟重(御宿殿、建久四年頼朝富士藍沢御狩の時御宿申、即ち御宿と号す。初て竹下孫八郎と号す)ー御宿五郎入道重朝ー御宿六郎惟盛」葛山家譜に「藤原伊周後裔。葛山備中守元氏ー友綱(信玄に攻められ葛山落城、武田幕下となる)ー葛山十郎信貞(信玄六男也、葛山本領譲られ名跡を為す、天正十年死す十七歳)」カツラヤマ参照。小山町藤曲宅に藤原姓葛山御宿氏系図あり。甲州河口湖町妙法寺記に「大永六年七月晦日、籠坂のフモト梨ノ木平(小山町須走)にて合戦あり、葛山御宿殿打死、武田殿勝玉ふ也。天文六年御宿殿他国御越候、出陣の案内者になり被食候」。古今消息集(内閣文庫)に「天文十五年四月七日、起請文、藤原氏元花押(葛山)」。静岡市橋本文書に「永禄十二年二月十四日、沼津内浦代官の儀は除く、橋本源左衛門尉殿、氏元花押」系図の元氏は氏元が正しい。甲州古文書に「永禄十二年二月二十四日、葛山備中守殿(氏元)の同心として戦功を賞す、荒河治部少輔殿、信玄花押」。

二 武田氏流葛山氏族御宿氏 武田系図(続群書類従)に「武田刑部少輔信昌(永正二年卒)ー油川彦八郎信恵ー葛山播磨守信貞(駿州竹下住之葛山備中守維貞養子、今川義元に属す。弟御宿藤七郎左衛門は今川に属す)ー御宿左衛門佐信名(母信虎女、義元に属す)、弟左衛門次郎監物信友(信貞軍代)ー御宿勘兵衛越前守政友(北条氏政に属す、家康公の命に依り秀康に仕へ一万石領す、後豊臣に属し大坂之役に元和元年五月七日戦死四十九歳、首は野元右近に与へる」「武田信虎(妹油川彦八郎信恵妻、播磨守信貞母)ー晴信(妹駿州葛山播磨守信貞妻、母は信友一腹)ー六男葛山十郎信貞(駿州葛山備中守元氏養子、元氏一女は之に嫁す。幼少之間、御宿監物軍代を勤む、天正十年甲府に於て謁し被る)ー御宿源左衛門貞友(御宿越前政友大坂之役に在り随ふ。後黒田忠之に遊ぶ、剃髪し葛山信哲斎と号す、延宝元年病死八十余歳)」。

三 御宿監物友綱一族 @葛山備中守氏元の弟御宿左衛門次郎監物友綱(系図の信友)は武田滅亡後は北条氏政に仕へ、天正十八年小田原開城後は上州藤岡に蟄居し慶長十一年三月二十一日死去。古今消息集(内閣文庫)に「永禄十二年二月十四日、奉公を賞し、駿河国志太郡内谷村(岡部町)三輪彦右衛門知行を宛行う、御宿左衛門尉殿(友綱)、信玄花押」。古案之写(静嘉堂文庫)に「元亀三年卯月二十日、駿河国千福・御宿・上田・菅谷・棚頭・平山・内谷・焼津・丸子・足洗・油野、都合五百九十三貫文を宛行う、御宿監物殿(友綱)、信玄花押」。千葉県鎌ケ谷市の市原正俊文書に「元亀四年十一月二日、内谷村岩井給・沢田郷(沼津市)、都合百二十八貫文を宛行う、御宿監物殿、武田家朱印」。御殿場市萩原芹沢文書に「天正四年三月十六日、葛山殿(氏元)一札の如く伝馬を勤めること、芹沢玄蕃殿、御宿監物友綱花押」富士宮市宮崎文書に「天正五年閏七月十四日、知行地油野郷百姓に富士浅間社流鏑馬役を課するように命ず、御宿監物丞殿、朱印(武田家)」。富士宮市富士大宮司文書に「神馬奉納、武田逍遥軒信綱花押(天正十年討死)・御宿監物友綱花押、浅間社神主鷹野因幡守奉之」。A御宿監物友綱の嫡男越前守綱秀(系図の政友)は小田原開城後は結城秀康に仕へ、後に豊臣秀頼に招かれ元和元年大坂夏の陣討死す。風土記稿多摩郡関戸村条(多摩市)に「天正十四年三月十二日、北条氏直家臣松田憲秀の同心御宿越前守」。慶長六年結城秀康給帳に「本国相模・五百石御宿勘兵衛、於大坂・三宿越前と名乗る、野本右近討之」。浅野但馬守長晟家譜に「御宿越前正倫・元和元年豊臣方とあり」。伊豆志稿に「御宿正倫は駿人御宿友綱の養子、今川義元に仕ふ、後信玄・氏政・秀康・秀頼に仕ふ」。子孫に館林宰相綱吉分限帳に「御納戸頭三百俵御宿勘兵衛」。B御宿監物友綱の次男若丸源吉政綱は小田原開城後は松平忠輝に仕へ元和九年死去。友綱の実子で家督相続す。東京都文京区村松定孝文書に「天正八年十二月十九日、御宿・千福・菅沼・棚頭・平山・焼津・丸子・油野・沢田・山梨郡久足、以上五百八十一貫文を、父御宿監物友綱譲りに任せ宛行う、御宿若丸殿、勝頼花押」。政綱嫡男政秀は松江藩京極忠高に仕へ家老を勤め、寛永十四年断絶により浪人す。

四 北条氏家臣 葛山家譜に「葛山播磨守綱春(弟備中守元氏、弟御宿藤七郎左右衛門佐綱清)ー御宿修理亮綱遠(北条之麾下に随ふ)、弟御宿若丸友綱(医術に委し)ー葛山十郎信貞(信玄六男)、弟御宿若丸勘兵衛綱貞(北条氏直麾下、越前秀康・豊臣秀頼につかへ元和元年討死。弟御宿源太政綱は医術に委し、忠三郎・忠左衛門と称し上州藤岡病死・松平忠輝につかふ)ー御宿源太義綱(医術相伝、慶安四年江戸に於いて病死。弟御宿善大夫政秀は館林宰相綱吉幕下・医術相伝)板坂信宏」子孫は医師板坂参照。家譜は系の引き方が錯綜している永禄二年役帳に「小田原衆御宿隼人佑、二十六貫文入西郡勝之内広野」。広野村は松田筑前守康定知行地で同心なり。関八州古戦録巻九に「元亀三年閏正月、野州多功城責の事、北条勢松田左馬介組御宿参河守」高野山西南院関東過去帳に「天正六年八月二十五日・慶林禅定尼母・道宗禅門、武州多東郡登戸村(無し、川崎市)御宿三郎兵衛」。古今消息集に「天正十八年七月十九日、小田原籠城中の忠節を感謝し暇乞いを許可す、御宿左衛門殿、氏直判」。

五 御宿文書 三川古文書に「天文十六年九月十五日、三州田原丹蔵合戦を賞す、御宿藤七郎殿、義元花押(今川)」。甲州中巨摩郡白根町の白根桃源美術館所蔵御宿文書に「二月三日、官途状、御宿大監物殿(友綱)、義氏花押」検討を要す。「天文十八年十二月二十三日、三河国碧海郡安城合戦を賞す、御宿藤七郎殿、義元花押」三川古文書は御宿左衛門尉とある。「天文十八年十二月二十三日(古今消息集には天文十六年)、三河国碧海郡上野城合戦を賞す、御宿藤七郎殿、義元花押」二通の義元花押は通常のものと異なる。古今消息集に「永禄四年九月二十八日、三河国設楽郡富永口合戦を賞す、御宿左衛門尉殿、氏真花押」検討の余地がある。御宿文書に「永禄十年三月七日、兄氏元不儀之体、退治の処に其方忠義により、葛山本領宛行い葛山家を継いだ子信貞の後見を命ずる、御宿左衛門次郎殿(友綱)、信玄花押」検討の余地がある「元亀元年十二月四日、葛山本領駿河国富士郡由野七十貫文を宛行う、御宿監物殿(友綱)、朱印(武田家」「天正四年二月二十三日、駿河国安倍郡上田・足洗・駿東郡沢田・富士郡油野、合百十三貫文の替りに甲斐国久足を与える、御宿監物殿、勝頼花押」「卯月三日(天正十一年か)、近日中の信濃出陣の報により、その労をねぎらう、御監参、氏政花押」花押は氏政のものとは全く異なる。「天正十一年十一月朔日、御宿軒(友綱)助勢のため米千石を下す、江雪斎(板部岡)、北条家朱印」「天正十七年霜月七日、二十二貫三百文を請取らせよ、御宿源吉殿(政綱)、朱印(氏政)」。なぜ偽文書が多いか。

六 尾張藩家臣 鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺回向帳に「慶長十二年六月十七日・顕信院宗□・御宿新八郎」。其の子新八が忠吉に仕える。慶長十二年松平薩摩守忠吉分限帳に「三百石御宿新八・相模之者。二百五十石御宿惣太夫・駿河之者」。寛永年中に「諸奉行衆三百石御宿新八、二百五十石御宿惣太夫」。以後新八家は断絶し系図の記載が無い。明治二年に「御使番格二百石御宿武右衛門」。士林泝に「姓源、家紋丸に揚羽帳。葛山備中守総武(本氏御宿、今川義元に仕へ駿州葛山城主)ー御宿左衛門尉正幸(今川氏真に仕へ、其後武田信玄・勝頼に仕ふ。弟勘兵衛越前守正倫は越前浪人大坂籠城戦死)ー宗太夫正英(武田勝頼に仕へ、忠吉君武州忍にて召出二百五十石。敬公に奉仕し大坂役従軍す、寛永五年七月卒す)ー武右衛門正俊ー弾右衛門正武(二百石)ー宗太夫武郷ー勘兵衛正房(弟弥右衛門正昭)ー金十郎、弟勘次郎」。

七 紀州藩家臣 元和五年国初知行高に「夜居間御番衆御宿五兵衛、御台所番十五石御宿太郎右衛門」。文化頃に「二百石御宿五兵衛」。

八 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)百五十石御宿助右衛門」。

御代 ミシロ ミヨ参照。

水 ミズ ミヅ参照。

三須 ミス 武蔵に存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市無し。寛政五年に「小国御屋敷附五十石三須富二右衛門一石三人扶持三須徳右衛門、一人扶持三須勘右衛門」。西置賜郡小国町九戸存す。

二 北条氏家臣伊豆衆 田方郡修善寺町五十七戸、うち牧之郷六戸存す。牧之郷三須哲郎文書に「天文十九年四月朔日、伊豆狩野牧之郷百姓中、北条家朱印」「天正七年七月二十三日、屋と山小川を安堵す、三須孫二郎殿、朱印(北条氏忠)」。牧之郷大川恭徳文書に「天正十一年十二月二十日、豆州狩野牧百姓三須孫次郎の年貢未進分皆済を認め、岩本又太郎被官内田又兵衛の催促を不法とする、狩野牧百姓三須孫次郎殿、北条家朱印」。

三 同八王子衆 八王子市に三須氏十一戸、見須氏二戸、深須氏十六戸、簾氏六戸存す天正十八年八王子宿越覚に「横山宿分、神護寺(八王子城)浪人三須玄蕃」。

三簾 ミス 平塚市二十七戸存す。小田原記に「永正九年三浦道寸以下大住郡岡崎城(平塚市)にて北条早雲と合戦す、落城し道寸以下家臣三須三河守は三浦郡新井籠城し永正十三年七月十一日討死す」。高野山高室院月牌帳に「永禄十年八月三日・道高・相州中郡(平塚市)御簾源左衛門」。

見須 ミス 伊豆国賀茂郡長津呂村(南伊豆町石廊崎に見須氏二戸)白水城主菅原姓御簾日向守ー若狭守ー三河守ー帯刀あり。

三角 ミスミ 武蔵に存す。

一 古河公方家臣 武州北葛飾郡栗橋町一戸平賀本土寺過去帳に「文明七年十一月二十一日・妙契尼・三角殿内方クリハシ」。

二 宇都宮氏家臣 宇都宮市二戸。慶長二年宇都宮国綱家臣録に美住八郎左衛門 。

溝井 ミゾイ 常陸大掾氏家臣 東茨城郡常北町那珂西無し。水戸領落着武士に「大掾貞盛家臣溝井八郎安近・下那珂西村土着」

溝口 ミゾクチ 信濃、常陸、上総、相模、甲斐に存す。

一 上杉氏家臣 謙信記に「謙信代、三州・溝口左馬助」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆五百石溝口左馬助」。

二 小笠原氏流溝口氏 上伊那郡溝口村(長谷村)り起こる、在名にて現存無し。溝口城(下ノ城)は応永年間松尾城主小笠原政長の三男溝口氏長が築城す。高遠記集成上巻に「溝口家伝に、小笠原信濃守貞宗には孫、弾正少弼政長が三男を左馬介氏長始て伊那郡溝口村に住す。氏長が五代の孫を越前守貞信と云、天文の始、家を氏友に譲り其身は下伊那に趣き、松尾の小笠原に寄食す、其後天文十三年正月十三日松尾合戦に討死す。嫡男右馬介氏友は木曽に随ひ、後に松尾に趣く、天文二十三年松尾落城の後、遠州高天神へ走り、亦京に登り三好家の客となり、河内国高安郡にて討死す。子孫紀州に在と云」。元和五年和歌山藩国初御家中知行高に「御馬役衆六十石溝口惣兵衛」。延宝五年分限帳に見えず。断絶す。

三 小笠原氏家臣 松本市十一戸、上伊那郡辰野町十二戸、うち樋口八戸存す。二木寿斎記に「天文十四年、小笠原長時の弟民部少信貞家老溝口刑部は下伊那鈴木の城へ御在城内。家老木下惣蔵をは多科の城へ被指置」飯田市駄科鈴岡城。二木家記に「天正十年二月、小笠原貞慶・飛騨越を被成、安曇郡西牧金松寺と申寺へ御着候、御供には溝口美作守其外十四五人にて被成御座」。天正十年小笠原貞慶の奏者溝口新介。笠系大成に「天正十一年三月二十四日、貞慶は溝口美作守貞秀に筑摩郡塩尻千石千貫・北熊野井二百貫を宛行う。天正十三年十二月十三日、貞慶は溝口美作貞秀に筑摩郡針尾村百貫文(朝日村)を宛行う。天正十四年三月吉日、貞慶は溝口美作守貞秀に筑摩郡稲倉村千貫文(松本市)・岡田村七百貫文(松本市)を宛行う」。飯田藩慶長年間に「百俵溝口美作守」。松本藩元和二年に「五百石溝口美作貞康・式部入道宗住の養父」。慶長十三年溝口美作守貞康は溝口家記を著し「溝口、家紋松皮井桁」。

四 保科氏流溝口氏 保科氏は上伊那郡長谷村十四戸、うち溝口十戸存す。在名溝口氏の本名は苗字保科氏なり。溝口村上ノ城は天文年間保科正直の次男溝口正慶が築城すと云う。但し保科氏系図に保科弾正忠正俊(永正四年生、文禄二年卒八十七歳)ー弾正忠正直(天文十一年生、慶長六年卒六十歳)の譜に溝口氏の名は見えず。伊那武鑑に「溝口居住、保科弾正忠二男溝口民部少輔正慶・二百貫文領す・三騎之大将、弘治二年信玄に背き御成敗される」。土豪保科氏出身にて、弾正忠子孫説は仮冒なり。

五 福井藩家臣 前項の後裔なり。享保六年諸士先祖之記録に「溝口市左衛門勝重(本国信濃、生国不知、姓源、初名保科小左衛門。先祖之儀不相知候、忠昌公御代元和六年於越後被召出)ー溝口市左衛門隆重(正保四年家督)ー権四郎重柱」。松平忠昌給帳に「百石保科小左衛門」。松平吉品給帳に「百石溝口小一郎」。享保年中に「百石溝口文四郎」。天保初年に「百五十石溝口兵三郎」。

六 諏訪衆 諏訪市三十五戸、岡谷市二十三戸、茅野市二十戸、下伊那郡松川町元大島字名子二戸存す。茅野市溝口利久文書に「弘治三年七月十一日、安曇郡小谷城の戦功を賞す、溝口殿、晴信朱印」包紙に溝口又左衛門とあり、次項参照。諏訪大社上社文書に「天正六年上諏訪造営帳、伊那郡名子郷代官溝口源左衛門尉」。

七 高島藩諏訪氏家臣 藩譜に「溝口又左衛門(武田氏に仕へ、四貫文賜る、諏訪頼忠奉仕五十石)ー貞右衛門ー又左衛門ー貞右衛門ー又左衛門利栄ー貞右衛門利政(享保十七年卒)」。

八 常陸国玉造氏家臣 行方郡北浦町二十四戸、玉造町手賀一戸存す。天正十九年玉造重幹生害の家臣溝口半三郎。

九 水戸天狗党 溝口谷三郎四十三歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

御園 ミソノ 信濃国御園村(伊那市)より起こる、在名にて現存無し。甲州恵林寺文書に「天正十年七月六日、信玄幕下信濃諸士起請文、伊那郡いなべ衆御園久七郎満定」。下伊那郡高森町(無し)大沢刀根吉文書に「慶長九年三月十三日、下市田村諏訪大明神頭役を免ず、上沼孫右衛門殿、ミその二郎右衛門黒印」。

御園生 ミソノオ 東金城主酒井氏家臣 長生郡白子町(通称南白亀という)一戸、一宮町三十七戸存す。御園氏は白子町九十二戸、長生村五十五戸存す。東金城明細記に「天正十八年、南白亀衆御園生治部少輔」

溝呂木 ミゾロギ 武蔵、相模、甲斐に存す

一 上州白井城主長尾景春家臣 鎌倉大草紙に「文明九年正月十九日、景春一味の族には、武州豊島郡の住人豊島勘解由左衛門・同弟平右衛門尉、相州には景春が被官人溝呂木の城にたてこもる、越後の五郎四郎は小磯(相模)と云山城に楯籠る、金子掃部助は小沢(愛甲郡愛川町角田字小沢)と云城に楯籠る間、太田左衛門入道(資長)同三月十八日、溝呂木の城を攻落す、同日小磯の要害を責らる」。太田道灌書状に「文明十一年九月、白井城主長尾景春は長井城へ罷り移り、それより秩父へ引籠り候。道灌は長井城を攻める」。相模国厚木郷に溝呂木の地名無し。景春被官溝呂木衆(狩野氏等)は相州へ派遣される。白井領上野国勢多郡溝呂木村の長尾景春被官狩野氏系図に「狩野彦三郎祐房(伊勢新九郎長氏・氏綱に仕へ天文八年卒)ー兵庫之助房清(氏綱に仕へ天文十九年卒)ー河内守安久(氏康に仕へ勢多郡津久田に居住し長井坂城主天正九年卒)ー隠岐守祐範(氏政、氏直に仕へ長井坂城代、天正十八年落城し溝呂木に住居し元和三年卒)」。祐房の父が相州に派遣されたか。狩野氏は勢多郡赤城村三百七十戸、うち津久田二百五十戸、長井小川田字長井坂二十三戸、溝呂木十一戸存す

二 相州厚木衆 厚木市四十六戸、うち戸室七戸存す。古代以来居住の苗字にて、古河公方足利成氏(文明三年上杉と合戦、同十年和睦、明応六年卒)ー政氏ー高基(永正四年父と不和合戦、天文四年卒)の次男氏重説は仮冒なり。文明九年は年代あわず。厚木市旭町曹洞宗最勝寺永禄六年造立願文に「愛甲郡厚木郷最勝禅寺、旦那当郷住人溝呂木出雲守久吉」。高野山高室院月牌帳に「弘治四年・道蓮・相州中郡戸室溝呂木新右衛門」「永禄六年五月二日・乗賢、相州中郡厚木溝呂木出雲は立る」「天正十七年二月十一日・宗踊・宗鎮・宗恵、相州厚木溝呂木九郎右衛門は立る。同日・妙西禅定尼・宗貞西願、溝呂木神左衛門は立る」新編相模愛甲郡厚木村条に「旧家孫右衛門、家系に拠るに、其祖溝呂木式部大輔氏重は足利高基の次子にて、当国溝呂木に居住し在名を氏とす、この地今詳ならず。按ずるに、鎌倉大草紙に文明九年相州には長尾景春が被官人、溝呂木の城に楯籠る。其子出雲守正重、最勝寺記録に旦那代々当郷住溝呂木出雲守久吉・永禄六年四月念仏供養すと載す、久吉は正重の初名なるにや。正重の子九郎右衛門良勝、同寺慶長七年の古記に、当所代々之旦那溝呂木九郎右衛門・同内匠助・同源七郎と記す。に至り東照宮立寄らせ給ひ御茶など奉れり、元和八年東照宮を勧請し奉る、棟札に元和八年四月十七日溝呂木孫右衛門宗次とあり」。

見田 ミタ 宇都宮氏家臣 塩谷郡塩谷町飯岡に見田氏無し、見ヶ田と読むか。見形氏二十二戸存す。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「飯岡村見田惣右衛門」。

箕田 ミタ 那須氏家臣 那須郡恩田村(おんだ、小川町)は天正年間に烏山城主那須資房が御田村(みた)をオンダと呼び恩田に改めたという、古くはミタ村(箕田)にて当村より起こる、在名にて現存無し。武州足立郡箕田郷の箕田源氏渡辺氏後裔説は仮冒なり。那須記に「永禄十年四月、烏山城主那須資胤は、佐竹方の梅平城主大金重宣を攻めるため、箕田弥惣吉『嵯峨源氏箕田源次が一男渡部源次別当綱九代渡部源次満三男箕田源三語十七代也』ら七百余騎を指向ける」。

三田 ミタ 武蔵、上野、下野に多く存す。小田原衆はサンダ参照。

一 上杉氏家臣 越後国守護上杉房定家臣山室氏被官なり。上杉家文書に「文明末年、古志郡大島庄(長岡市)山室修理進被官三田五郎左衛門代官」。

二 小笠原氏家臣 上伊那郡箕輪町中箕輪字木下無し。慶長十七年伊那郡箕輪庄木下陣屋住居三田佐次右衛門」。

三 足利城主長尾氏家臣 足利市二百四十戸永禄三年関東幕注文に「下野国足利衆、同心三田七郎・左ともへにかしハ」。天正十三年長尾顕長分限帳に「三田図書之介」。

四 宇都宮氏家臣 下野国河内郡三田村(宇都宮市上御田町)より起こる、在名にて現存無し。宇都宮系図(下野国誌)に「天文十八年、宇都宮尚綱は那須退治として、先陣三田市蔵綱知等馳向ふ。天正十三年北条氏直攻来る、宇都宮方は田気の城をは三田市蔵綱知等に守らせる」。那須記に「天正四年宇都宮国綱は、芳賀伊賀守を大将軍と為し、三田左京助其勢六百余騎を率いて壬生城を攻める」。宇都宮広巳文書に「館持河内郡三田村・三田市蔵」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「内山村(不詳)三田太寸左衛門」。

五 黒羽藩大関氏家臣 那須郡黒羽町黒羽向町四戸存す。万治二年に「御歩行侍三両一人扶持三田喜惣兵衛」。文政二年に「四両二人扶持三田庄兵衛政武、同高三田弥市兵衛正吉、同高三田安三郎、三両一人扶持三田勇之助、同高三田弥角」。

六 烏山藩成田氏家臣 高野山清浄心院下野国供養帳に「元和八年霜月七日・神儀法山宗無大禅定門(成田泰之)、下野ナス烏山三田伊織は之を立てる」。武州忍出身なり

七 茂木藩細川氏家臣 茂木町無し。弘化五年細川長門守分限帳に「御給人三田克輔」

八 奥州棚倉藩阿部氏家臣 七四○七頁参照明治四年阿部正静家臣録に「御宮奉行剣道師範五人扶持三田三五郎」。

九 小田氏家臣 つくば市三戸。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。小田方討死三田若狭、三田喜四郎十六才」

十 水戸天狗党 三田徳兵衛は元治二年二月十六日敦賀にて処刑される。

十一 武田氏家臣 天正十壬午年武田諸士起請文に「近習衆三田大蔵少輔」十八項参照

十二 伊豆衆 賀茂郡賀茂村一戸、西伊豆町一戸、松崎町一戸、南伊豆町下小野(無し)三島神社天正十七年棟札に「百文三田藤太郎」。

十三 足立衆 鳩ケ谷市にミタ氏六戸、サンダ氏八戸、足立区西綾瀬(伊藤谷村)にミタ氏六戸存す。高野山千蔵院供養帳足立郡鳩ケ谷村に「明暦三年六月九日登山、父母の為に三田甚左衛門は立てる」「元禄十年六月晦日立、三田治郎右衛門・三田長左衛門・三田長太郎は母の生前供養の為に立てる」「宝永二年六月二十八日立・逆修母、三田次郎兵衛は立てる」。足立郡伊藤谷村に「寛文五年・清華、三田金三郎は妻の為に立てる」。

十四 武州平姓相馬氏流三田氏 青梅市塩船寺観音堂大般若経に「応安六年八月二十日武州三田領杣保内塩船村」。青梅市御岳の御岳神社大般若経に「永和四年十月二十五日、武州杣保御嶽」。塩船寺観音堂に「応永六年八月二十日、武州三田領杣保内塩船村」。天文五年羽村鎮守棟札に「武州杣保長淵郷羽村」青梅市・奥多摩町・羽村町一帯は古くより三田領杣保と呼ばれていた。杣(そま)を相馬(そま、そうま)に連想して相馬小次郎将門の後裔説あるが仮冒なり。青梅市勝沼三丁目時宗乗願寺は正安二年三田下総守長綱が創建す。多摩郡杣保長淵郷今寺村天台宗報恩寺(青梅市)は元亨二年三田清綱が再建す。鎌倉時代より在名三田氏が居住していた。松蘿館本千葉系図に「相馬胤忠(下総相馬祖)ー胤長(弟忠重は建武三年属官軍)ー胤宗ー資胤ー胤儀ー胤高ー胤実ー三田三郎弾正常陸介胤興(家紋巴)ー三田弾正胤勝(武州三田庄将門宮建立。弟師岡次郎興秀)ー三田弾正胤定ー政定」信用できず。青梅市長淵宝林寺応永二十五年文書に「三田左衛門五郎朝貞同安芸太郎入道」。青梅市友田町御岳神社寛正四年鰐口銘に三田憲清。永正六年連歌師宗長の「東路のつと」に「勝沼城主三田弾正忠氏宗、おなじく息政定」。青梅市御岳の御岳神社永正八年十一月仏像修理銘に「弾正忠平氏宗法名常元院殿、息政定・同顕昌・同季長」。塩船寺観音堂永正九年閏四月修理銘に「三田氏宗、息五郎太郎平政定、息八郎三郎平顕昌、息平三季長」。青梅市根ケ布曹洞宗天寧寺大永元年正月十日鐘銘に「大旦那平氏朝臣将門之後胤三田弾正忠平政定」。政定嫡男綱定は塩船寺天文二年卯月棟札に「大旦那三田嫡男平朝臣弾正忠政定并綱定」。永禄二年役帳に「他国衆三田弾正少弼(綱定)、三百八貫文西郡酒匂郷・八十貫文入東郡上奥富、(以下略す)、合五百八貫文」。青梅市二俣尾曹洞宗梅禅寺過去帳に「永禄六年十月十三日・高山浄源庵主・三田弾正少弼綱秀公七十三歳」綱定が正しい。入間市二本木栗原富治文書に「天正九年四月二十三日、十五貫文の知行地を宛行う、栗原右馬助殿、綱秀花押(近藤、北条氏照家臣)」。別本には弾正忠綱秀花押とあり、三田綱秀に仮冒す。

十五 幕臣 @西多摩郡人物誌稿(故斎藤真指編纂)に「三田弾正少弼綱秀の弟に綱勝と云へるものあり、北条氏照に属し、下野小山城を守る、天正六年上杉三郎景虎・景勝と戦ひし時、小田原より綱勝を派し景虎を援けしむ、綱勝戦て死す、年五十二。綱勝の子に左兵衛守綱あり、小山城を守りしが、北条氏没落後徳川家康に仕へ、牧野内匠頭に属し、関ヶ原及大坂陣に従ふとあり」。A元和元年大坂陣に功あり寛永十年武州石戸藩主となり、正保元年下総国関宿藩一万七千石牧野内匠頭信成の牧野家文書に「三田小兵衛正重・近江国甲賀郡出身、足立郡石戸において五十石、其後下総国関宿の御関所番を勤める」。多摩郡の曹洞宗信徒三田綱秀(綱定が正しい)と綱勝の兄弟説は年代あわず、其子守綱と正重は同人か、或は兄弟か。近江国出身の日蓮宗信徒で、綱秀後裔説は仮冒なり。荏原郡三田村は無関係なり。B寛政呈譜に「家紋二本杭繋馬、三頭左巴。今の呈譜に、将門八代の孫次郎胤光がとき、武蔵国荏原郡三田邑に住し、其男小太郎常光より三田をもって家号とす。美濃守はその末孫なりといふ。三田美濃守ー三河守ー駿河守綱勝(北条氏照に属し下野国小山の城を守る、天正五年北条家の援兵として越後国にいたり三郎景虎をたすけ春日山にをいて討死す五十二歳)ー喜三左兵衛守綱(父綱勝討死のゝち小山の城を守る、天正十八年東照宮に勤仕し、元和元年大坂の役に牧野内匠頭信成が組に属して三百石、寛永十八年死す七十二歳、法名日香、市谷日蓮宗自證院に葬る)ー左兵衛守長(四百石)」。

十六 谷保衆 三田氏は国立市谷保に昭和四年十三戸、現在二十六戸存す。古代以来居住の苗字にて、在名谷保氏の本名は三田氏なり。七四〇○頁参照。古代氏族系譜集成に「三田民部丞長久(永正三十年死)ー筑後守長年(天文十八年死)ー治部少輔直重(天正十九年三月五日死)」。直重の墓は谷保大日坊にあり、館跡は子孫の神明社神主三田六左衛門邸で城山三田貞継居住す。青梅市和田一男文書に「永禄七年五月二十三日、清戸三番衆着到状、三田治部少輔殿、北条氏照朱印」。杣保三田谷の平姓三田氏設は仮冒なり。斉藤宗志郎著の昭和四年武蔵野に「北多摩郡谷保村に三田氏と称する旧家あり、彼の家、また三田領主或は谷保県主等と称し、壬生朝臣、其祖を平貞盛と謂ひ氏姓を同うする者十三戸あり、本郡の三田氏と同族たるや否やは後考に備ふべきなり」。

十七 拝島衆 昭島市五十三戸、うち拝島無し、福島三十六戸。羽村市に羽村氏百戸存す。羽村氏は福島村三田氏と兄弟契約を結び三田氏一族と称す。風土記稿多摩郡拝島村条に「天正年中、大日堂開基北条氏直(氏照)の臣石川土佐守なり、一門には三田弾正少弼などいへる者を始とし、大旦那十六人にて、後世修補す」。大田蜀山人著の玉川披砂に「拝島村大日堂再建、北条氏照の臣三田弾正少弼義宗、其弟羽村兵衛太夫義尚」。十九項参照。

十八 苗字三田氏 青梅市二十戸、うち長淵八戸、日向和田一戸、畑中一戸、奥多摩町棚沢三戸、氷川無し、東大和市芋窪十六戸日野市日野本町九戸存す。@日向和田村曹洞宗明白院は三田氏家臣野口刑部丞秀房の菩提寺、その子孫は江戸後期に旗本三田氏の勧めで野口から三田に改める、野口文書は畑中村三田仲太郎文書(三田隆広所蔵)となる。A棚沢村多名沢神社(将門宮)は将門伝説を伝へ、三田次秀が尊崇す、子孫は神主三田喜代馬。氷川村羽黒三田神社永正三年八月願書に「三田弾正忠平次秀」。B三田信教は多名沢神社の神主一族なり。奥多摩町川野(奥多摩湖底に水没す)杉田軍平文書に「卯月十日(天正十九年)、川野村河野・大木を宛行う、杉田越後守殿、大蔵少輔信教花押」風土記の享禄四年はあやまり。青梅市根ケ布の虎柏神社文書に「御記念之儀頼入に候、諏訪神主宮崎殿、三田信教花押」。天正十壬午武田諸士起請文に「近習衆三田大蔵少輔」。高橋源一郎著の武蔵野歴史地理に「領主大蔵少輔信教は甲州に赴き武田氏に服属して居った。左は甲斐の僧鉄山が信教所持の渡唐天神の図に賛したる詞書である。此図、是関東武州三田荘主平信教公累歳所蔵之像也。公・本貫の地を離れ武田信玄の幕下となる」。

十九 在名三田氏の本名 青梅市長淵に下氏無し、三田氏に復姓す、三田氏八戸。西氏は青梅市九戸、うち長淵二戸、南氏は青梅市十七戸、うち長淵九戸、宇津木氏は青梅市七十四戸、うち長淵九戸存す。青梅市の勝沼城は永禄六年三田氏滅亡後、北条氏照家臣師岡将景が城主となり師岡城と改称、城付近は師岡村となる。正安二年三田長綱が勝沼山乗願寺を創建(勝沼三丁目)乗願寺村と称し、明治初期に勝沼村に改称す。下氏・南氏・宇津木氏は、勝沼城主三田氏と兄弟契約を結び三田氏を称す。@ 長淵村臨済宗永福寺宝徳年間虚空蔵菩薩銘に武州杣保長淵郷大沢村永福庵と見え、宇津木氏先祖三田備前大守性幸が当寺開基す。A羽村臨済宗一峰院は開基三田将定にて本名は下氏なり。羽村阿蘇宮応永二年棟札に三田雅樂介将定、天文五年棟札に三田掃部介定重も本名下氏なり。B斉藤真指著の明治十二年地誌草稿長淵村条に「三田氏。桓武平氏相馬の族本郡の豪族三田氏の支流にして、先祖を下太郎左衛門尉宗定と号し、三田弾正忠氏宗が次男三田掃部助平定重が弟なりといえり。羽村の阿蘇明神の社の天文五年三月二十七日の造営札に、三田掃部介定重・下太郎左衛門尉宗定・南助八定清三名の姓名を記載せり、宗定の裔孫寛文天和の頃なほ下を以て氏となし、太郎左衛門を称せり。三田に復せるは元文年間なりといへり、支流六・七家あり。然して助八定清の裔孫は今猶南を以て氏となし、分れて四家になり村内に居住す」。詳細は次項参照

二十 同後裔 斉藤宗志郎著の昭和四年武蔵野に「長淵村の三田氏は其宗家を三田益海と謂ふ。何れも家紋に九曜星と繋馬を用ひ来れり。三田益海が家は祖先を下太郎左衛門尉平宗定と云ひ、豪族三田氏の裔ととて現今其本家合せて五戸共に本村に居住せり然かも太郎左衛門尉宗定は三田弾正忠平氏宗の二男に当り、天文五年羽村阿蘇宮を七度まで造立せしと謂へる三田掃部介平定重は、その舎弟なりと伝へたり。益海が住る邸後を今元屋敷と謂へ其附近一円が往昔下氏居館の址なりと謂ふ。蓋し宗定が下氏を名乗りたる所以詳ならずとするも、父氏宗を主とする宗家の三田氏は已に勝沼殿(応永年間に勝沼城主三田氏の事なるべし)と号して名望あり。宗定は二男なるを以て出でゝ下氏を長淵に創立すると共に、宗家の三田に対する君臣の関係上下(かみしも)と号せしには非るか。里老の説に古より本村に下殿、西殿、南殿等の郷士ありたりと謂ふ。下氏は謂ふまでもなく太郎左衛門尉にして、西殿は宇津木氏と称し其先を詳にせざるも、宝徳年間三田備前大守性幸が創立したりと謂へる上長淵旧永福庵傍の旧家なり。而して此南殿は天文年間羽村阿蘇宮造立三田定重の脇旦那にして是は南助八定清なるべく、子孫に南氏あり、本村の旧家となす、案するに南も三田と同族なるべし。益海元屋敷と称する処、今尚残留して下宗定の邸址なることを証すべく、実に応永以降豪族占居の面影を偲ばしめつゝあり。斯の如く下太郎左衛門尉宗定一族は其勢力を此長淵と謂へるもの已に勝沼の乗願寺を創立し、其後二十年を経たる元亨年間今寺報恩寺の三田清綱あり。更に応永二十五年三月本村上長淵旧宝林寺古文書三田五郎左衛門尉平朝貞・同安芸太郎入道・同左衛門五郎等の名見えたれば当時根拠を、此長淵は勿論、多摩川流域の一帯に有したることを立証し得るなり。後ち下氏は宗家の三田が亡滅すると共に、子孫一時小田原の北条氏勢力の下に帰服し功を樹たる事ありと説あり。其下氏の古文書なるもの下長淵村村誌・故斎藤真指編纂に載せたり。左に抄出す、『巳七月五日(永禄十二年)、御嶽御番被仰付候処、不嫌昼夜走廻之由、下善六郎殿、南神六郎殿、北条家虎の印』。下氏、後世本姓三田に復したるもの、即ち今の三田益海氏なり」。

三反崎 ミタガサキ 七四一二頁参照。

一 武蔵国葛飾郡上赤岩村大沼新八郎古文書十通所持す。「卯月十一日、三反崎八郎左衛門尉殿、義景花押(朝倉)」「天正十八年九月晦日、結城領知之事、二百石、三崎新右衛門尉殿、朱印(結城秀康)」「文禄五年正月二十日、二百石者、土浦領永国村内(土浦市)、三崎新右衛門殿、黒印(秀康)」「文禄五年三月十三日、二十八石、永国村之内、三崎道門、黒印(秀康)」秀康は慶長六年越前北庄へ転封す「慶長六年九月九日、三百石志比領真木村之内、三崎新右衛門尉殿、朱印」「慶長六年九月九日三十石北庄八塚村之内、道門、朱印」「慶長十五年卯月十六日、三百石、三崎新右衛門尉殿、黒印」「元和九年正月十六日、三百石、朝倉六郎左衛門尉殿、黒印」。

二 越前福井藩家臣 結城秀康給帳に「本国越前・三百石三崎新右衛門」。秀康の孫松平光通給帳に「三百石三崎喜兵衛」。以後浪人し、武州上赤岩村へ帰郷す。

三 上杉氏家臣 文禄三年目録に「信州桂山衆島津抱百二十四石・姓日下部・三段崎加右衛門」。別本に「桂山衆島津抱二百三十三石三段崎加右衛門、右は本国越前・姓卜部」。慶長三年会津分限帳に「信州葛山衆三百石三段崎加右衛門」。米沢藩寛永八年に「百石三段崎彦七郎」。米沢市無し。

四 加賀藩家臣 慶長十七年に「三百石三反ア猪助」。元和元年に「三百石三反崎小兵衛」。寛永十九年に「三百石三反崎孫市」

三嶽 ミタケ 北条氏家臣秦野衆 秦野市に三嶽氏五十四戸、うち曽屋四戸、三武氏四十五戸、うち曽屋六戸存す。高野山高室院月牌帳に「弘治四年三月十七日・妙繁、相州波田野曽屋ミタケ次郎右衛門」。秦野市田原城主大藤氏着到帳に「二人・三嶽五郎左衛門尉」。

御嶽 ミタケ 北条氏家臣 足柄下郡湯河原町二十五戸存す。寛政呈譜に「藤原秀郷流御嶽蔵人秀信(相模国小田原に住す)ー御嶽五郎左衛門吉定(北条氏堯家臣、慶長十五年死す)ー山上長兵衛忠勝(山上三右衛門忠次庶弟たるによりて、慶長十四年山上を称す、正保四年死す)」。

三竹山 ミタケヤマ 北条氏家臣 足柄上郡三竹山村(南足柄市)より起こる、在名にて現存無し。高野山高室院月牌帳に「永禄十年十月十九日・妙花・相州□□□・ミタケ山若狭守は立てる」。

見立 ミタチ 白井城主長尾憲景家臣 上野国勢多郡見立村(赤城村)より起こる、在名にて現存無し。天正十八年小田原幕下見立城主見立権九郎。一本に権太郎。

味蓼 ミタテ 佐野氏家臣 下都賀郡岩舟町小野寺郷下岡二戸存す。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「永十二貫文味蓼佐渡・屋敷小野寺」。慶長六年佐野信吉家中に「古参・味蓼佐渡」。

御田寺 ミタデラ 常陸国沢辺城主信田外記家臣 新治郡新治村沢辺五戸存す。沢辺村上野太郎左衛門古記に「文禄頃、長百姓七人統之覚、美田寺雅樂助。菅根八幡宮祭礼式・御神酒・美田寺弥一郎」。

三谷 ミタニ ミヤ参照。

一 幕臣 甲府市にミタニ氏八戸。江戸幕臣人名事典に「三谷惣三郎、慶応元年三十四歳、百俵、本国甲斐生国武蔵、祖父三谷惣兵衛死、父三谷三郎兵衛死御書院番」「三谷辰之助、慶応元年二十四歳、十五俵二人扶持、本国生国共武蔵、父勝太郎小普請」

三田村 ミタムラ 宇都宮氏家臣 宇都宮市無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、三田村市蔵」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に三田村八郎兵衛。

御手洗 ミタライ 甲府市二戸、塩山市一戸存す。東八代郡八代町高下に小山城あり、現存無し。東八代郡に御手洗川あり。

一 武田氏家臣 天正十壬午年武田諸士起請文に「近習衆御手洗簡十郎、跡部大炊佐衆御手洗甚八郎(一本に新右衛門)」。簡十郎は越前正吉と称す。

二 幕臣 寛政呈譜に「藤原氏支流、家紋丸に折入、五三の桐。寛永系図鳩酸草。御手洗新七郎正重(武田信虎につかへ甲斐国小石和筋小山の城主、信玄に仕へ天文十五年信濃国戸石合戦討死)ー越前正吉(戸石合戦に十四歳にして首級を得たり、天正十年東照宮に属し、元和二年死す八十四歳)ー五郎兵衛直重(天正十年父とおなじく東照宮に属す、慶長四年死す四十二歳。弟彦右衛門正久二百五十俵)ー勘十郎五郎兵衛家重(元和九年死す二十九歳)ー権八郎五郎兵衛忠重ー五郎兵衛正近(五百石)」。

三 八王子千人同心 あきる野市雨間五戸存す。嘉永七年に雨間村御手洗熊蔵。

味知 ミチ 三浦三十四項参照。

道 ミチ 小宅氏家臣 西茨城郡岩瀬町富谷無し。水谷蟠龍記に「天正十一年笠間代官満川勘左衛門尉は富谷城を責る、小宅采女一族道大允太夫房長は楯籠る」。

道川 ミチカワ 小田氏幕下宍戸氏家臣 西茨城郡岩間町十二戸、友部町上市原二戸。在名市原氏の本名は苗字道川氏なり。市原参照。天文年間小田一門家風記に「宍戸城主宍戸政家の幕下市原館主道川四郎兵衛」

路川 ミチカワ 常陸に存す。

一 小田氏家臣 つくば市水守三十戸、新治郡八郷町十九戸、うち宇治会無し。天文十八年小田家風記に「廻座衆氏江館主八千石路川摂津守」。高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正十一年極月十八日・霊位妙紅禅定尼、常州宍戸宇治江路河助三郎は立る」

二 笠間氏家臣 笠間市四戸、うち石寺三戸存す。天正五年路川大和守は笠間町字坂尾の昌泉院を建立す。秋田藩野尻氏系図に「天正十八年笠間孫三郎綱家滅亡の時、路川大和守は寺崎中務大輔と同退散、佐竹義宣に仕ふ」。

三 佐竹氏家臣 常陸太田市天神林町無し、秋田城下天神林吉勝文書に「佐竹氏は天神林刑部大輔に九人衆路川民部少輔らをさいそくする」。

道寺 ミチデラ 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し。永禄元年長野業政家臣録に「鉄砲奉行道寺久助」。箕輪軍記に「永禄六年落城し、道寺左近信定、道寺次郎則安は自害す。道寺久助範兼は甲州へ召抱えられ内藤修理之助に預けられる」。甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。箕輪城主内藤修理正二百五十騎の内、覚への衆道寺久助」。

道宗 ミチムネ 木曽氏家臣 岐蘇古今沿革志に「木曽義昌家来組頭千次郎(木曽)右同心、三千石道宗弥三郎」。

道村 ミチムラ 武田氏家臣 北巨摩郡白州町十四戸、韮山市八戸。韮山市若宮八幡宮天正十三年棟札に「普請道村佐久左衛門」

三津 ミツ

一 佐野氏家臣 佐野市無し。佐野市船津川町福地収介文書に「天正十五年十一月朔日佐野氏忠の臣蔵奉行三津肥前守」。氏政の弟小机城主北条氏堯の子足柄城主北条氏忠は天正十四年佐野宗綱討死後、其の娘婿となり佐野氏忠と名乗る、小田原落城後は旧領の伊豆国河津沢田村に隠居す。三津氏は伊豆国田方郡三津村(みと)の在名か。

二 壬生氏家臣 今市市小林無し。嘉永六年旧臣控に「小林村三津蔵介」。

三井 ミツイ 信濃、甲斐に多く存す。

一 伊那衆 上伊那郡箕輪町三十戸、辰野町横川(一戸)熊野神社天正四年六月棟札に「大工三井与三左衛門家次」。

二 真田氏家臣 上田市八十戸、小県郡真田町七十四戸存す。河原綱徳文書に「先祖河原右京亮綱家自筆。按ずるに、天正十三年上田神川合戦の頃ならんか。番帳・一番衆三井民部右衛門尉・同備前守・同八兵衛」滋野世記に「慶長五年十二月関ヶ原合戦負け、真田昌幸紀州高野山御入御供之衆三井仁左衛門、今の三井常右衛門祖」。松代藩寛永十年に「七十石三井瀬左衛門」。寛文元年に「百石三井安左衛門」。文政二年に「九十五石三井寿一郎、二十五俵三人扶持三井逸八、五両三人扶持三井源吉」。文久年中に「九十五石三井栄助、二十五俵三井清治」。

三 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「三百五十石三井郷右衛門」。諸士系譜に「本姓源、本国近江、定紋丸内井字、替紋丸九曜。父不詳、三井郷右衛門勝明(召出寛永十三年山形三百石)ー十太夫克玄ー伴野右衛門勝寿ー伴野右衛門勝敷ー十太夫勝速ー勝吉勝穀(文政二年跡式百五十石)。明治元年以前に三井計之助百五十石」。

四 皆川氏家臣 下都賀郡大平町北武井・牛久無し。佐野市四十三戸存す。寛永十二年家臣帳に「武井村牛久村三井三左衛門」。

五 小田氏家臣 つくば市九戸。天文十八年小田家風記に大番千騎三百石三井弥四郎。

六 武田氏家臣 甲府市二百四十戸、うち宮原町二戸、荒川三戸、中巨摩郡竜王町七十二戸、うち西八幡三十戸、名取字長塚無し甲府市時宗一蓮寺過去帳に「応永二十九年二月十九日衆一房(妻・三井方」「永享五年頃十二月十一日宣阿弥陀仏・三井」「宝徳三年四月二十九日本阿弥陀仏・三井」「宝徳三年八月七日与阿弥陀仏・三井」「寛正五年六月二十一日利仏・三井」「文明七年四月十三日見一房・三井」。高野山成慶院甲斐国供養帳に「天文二十三年七月九日・逆修活功徳主浄泰禅門・甲州島アラ川三井膳右衛門。同日・霊位浄林禅門・島アラ川三井孫右衛門の舅の為に」「弘治四年六月二十一日・妙心禅尼忌日十日、甲州三井対馬守殿は之を立てる」「永禄十年六月二十八日立之・霊位月叟道円禅門命日三月二十五日、甲州西ヤワタ三井宗三は父の為に立てる」。竜王村某文書に「永禄八年卯月晦日、竜王村へ罷出候衆、八幡郷三井右近之丞等に棟別銭免許す、武田家朱印」甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。山県三郎兵衛三百騎の内覚への衆三井」。天正十壬午年武田諸士起請文に「山県三郎兵衛昌景衆三井勘三郎。原隼人佐衆三井平次郎。曽根下野守衆三井二郎三郎。今福筑前守衆三井織部。今福新右衛門尉衆三井与三兵衛。甘利左衛門尉衆三井清右衛門」。高野山成慶院武田家過去帳に「天正五年八月二十三日・活功徳主康雲宗三上坐、甲州篠原八幡三井宗三殿為に立てる」。甲州古文書に「天正十年六月十七日、徳川家康は窪田正勝に五十五貫文篠原八幡の内三井豊前分を宛行う」「天正十一年六月二日、徳川家康は諸星政次に甲州長塚郷三井分七貫文を安堵す」。甲斐国志に「巨摩郡宮原村鎌田八幡宮慶長十年棟札に本村の人三井庄七」。

七 同山之神衆 中巨摩郡田富町二十七戸、うち山之神三戸存す。甲斐国志に「巨摩郡山ノ神村三ツ井右近丞は、里長幸左衛門の祖なり。六月三日、甥次郎三郎成人候之間如申定新左衛門尉名跡相続とあり、家記に次郎三郎後に新左衛門と改む、浪人の子孫里正となり今に及ぶと云」。山之神村三井文書に「弘治三年三月十日、信州水内郡葛山の戦功、七月十一日に安曇郡小谷の戦功を賞す、三井助七郎殿、晴信朱印」「弘治三年九月、実名書出、三井助七郎憲吉」「天正八年三月九日、山之神村普請役免許す、三井右近尉殿、信君花押(穴山)」。

八 同逸見衆 北巨摩郡須玉町五十五戸、うち大蔵三戸、比志無し、明野村四十二戸、うち上手三十戸存す。比志神社大永戊子年棟札に「三井重郎□□門(一本に宮内右衛門)」。高野山成慶院甲斐国供養帳に「天文十六年九月二十一日・逆修浄円禅門・甲州逸見庄大蔵村三井衛門尉」。甲斐国志に「守屋旧記に穴山殿御娘は守屋荘之助の内儀となる。その三女は上手村三井市兵衛の内儀となり、今も里正市兵衛なり」。

九 水戸藩家臣 穴山衆は多く仕官す。寛文九年に「史館物書三井秀伯」。

十 彦根藩家臣 三居と記す。貞享異譜に「三居水右衛門満政は甲州武田家配下の山県衆で、上野国高崎で井伊直政に仕へる」慶長七年分限帳に「二百石三居十右衛門、百石三居勘蔵」。六項の三井勘三(一本に勘三郎)と同人。慶長十二年に「二百石三居十右衛門(次項参照)、百五十石三居水右衛門」。元和九年に「三百石三居孫大夫禄付無し三居伝内」。慶安四年に「百五十石三居孫大夫」。文政十一年に「百五十石三居孫大夫四十五歳」。侍中由緒帳に「三居水右衛門満政(生国甲州、直政奉公百石のち加増都合三百石、其節孫大夫と名を替申候、寛永元年病死)ー孫大夫満義(百五十石、万治二年病死)ー孫大夫満実ー孫大夫満礼ー孫大夫満村ー助左衛門満郷ー孫大夫満貞ー孫大夫満以ー助四郎満高(慶応三年百五十石相続)」。

十一 幕臣 @前項参照。寛政呈譜に「平氏支流、家紋角四目結、三蝶。三井十右衛門(今の呈譜、弥市郎吉盛に作る。武田家の臣山県三郎兵衛昌景につかふ、天正十年東照宮に属し、命によりて井伊兵部少輔直政に属し、十二年長久手の役討死二十六歳)ー十右衛門弥市郎吉正(天正十五年母とゝもに大奥にめし置る四歳。成長後千五百石寛永二年死す四十二歳)ー市蔵吉次、子孫恒吉良直(寛政二年継千二百石)」。A江戸幕臣人名事典に「三井紋助、慶応三年四十六歳、二十俵二人扶持、本国甲斐生国武蔵、父三井藤三郎御留守居同心」。

水井 ミヅイ 松代藩真田氏家臣 埴科郡戸倉町二十戸存す。文政二年に「四十俵水井忠蔵、三十俵七人扶持水井富馬」。文久年中に「五十俵九人扶持水井忠蔵、三十俵七人扶持水井市治」。

三石 ミツイシ 信濃に多く存す。

一 佐久衆 南佐久郡臼田町百十戸、うち入沢九十四戸存す。諏訪大社上社文書に「天正六年上諏訪造営帳、佐久郡入沢郷代官水石和泉守」。水石氏は無し。

二 知久氏家臣 飯田市百五戸、うち下久堅知久平七戸、下久堅下虎岩三戸存す。知久平村坂井秋晃文書に「天正十五年十二月吉日、知久平本帳。三石新左衛門尉知行三貫三百文、三石弥三郎知行九百文、四百文是は亀太郎に給也」。下虎岩村平沢清人文書に「天正十一年二月七日、知久頼氏は、三石左近助新左衛門を成敗し、左近助の子亀太郎に本領六貫文を宛行い、十五歳迄は平沢道性に後見いたさす」「天正十五年霜月吉日、虎岩本帳。三石亀太郎知行六貫二百文」「天正十八年正月吉日、知久平之郷四十俵安堵す、三石亀太郎殿、朝日千助重政花押・石野新蔵弘光花押(両人は菅沼小大膳亮定利の奉行)」。

水出 ミヅイデ 信州小県、上州吾妻に存す

一 武田氏幕下真田氏家臣 上田市二十六戸うち富士山(東松本郷)三戸、古安曽(西松本郷)無し。高白斎記に「天文二十二年十月六日、武田晴信は曲尾越前守被官水出治郎右衛門に小県郡松本郷三十貫文を宛行う」。曲尾氏は小県郡真田町曲尾の在名。

二 米沢藩上杉氏家臣 米沢市一戸。寛政五年に「御掃除坊主六石一人扶持水出宗清」

水内 ミヅウチ 鴻巣市宮地(無し)法要寺延宝三年庚申塔に水内太兵衛政武。

三岡 ミツオカ 府中市十一戸、うち是政六戸存す。風土記稿多摩郡是政村条に「天満宮は里正安右衛門の持、かれが先祖は三岡図書とて、武田家の士なりといへり」。

一 茂木藩家臣 下野国茂木町無し。弘化五年細川長門守分限帳に「御中小姓三岡金三郎、御給人三岡孫兵衛」。

水落 ミヅオチ 上杉氏家臣 十日町市二百三十戸、南魚沼郡大和町町四十三戸、塩沢町樺野沢無し。上田士籍に「長尾政景譜代景勝へ御附け、上田六日町樺沢居水落九右衛門」。文禄三年目録に「春日山御側御手明衆三十四石水落九右衛門」。

一 米沢藩家臣 米沢市無し。諸士略系譜に「水落九右衛門言高(御手明水落九右衛門男、寛永七年家督、元禄五年卒)ー九右衛門言澄ー茂左衛門乗澄ー九郎次義福ー善五郎義寿ー武次義局ー元次義孝(慶応三年家督)」。寛永八年に「御手明衆五十石水落十左衛門」。寛政五年に「二十五石水落九郎次、一人扶持水落善五郎」。

水上 ミヅカミ 信濃、甲斐に多く存す。

一 信州牧之島衆 上水内郡豊野町十五戸、中条村無し。大日方文書(長野市松代町高野文書)に「永禄元年九月八日、武田晴信は大日方主税助に水内郡山中中条を宛行い水上備前より請け取るべし」。

二 蒲生姓水上氏 信州東筑摩郡波田町に蒲生氏十九戸存す。水上氏(深志城代水上宗富か)と兄弟契約を結び水上氏を称す。近江国蒲生氏は無関係なり。寛政呈譜に「家紋左三巴。もと蒲生氏、のち水上にあらたむ。水上清太夫義長(駿河忠長附属、甲駿の郡奉行)ー三郎兵衛義勝(甲府綱重に仕ふ)、子孫平蔵義寿(宝暦元年継百十俵」駿河忠長附属諸士に「高不知・郡司・水上清太夫義長(寛永九年追逐せられる)」。寛文元年甲府藩徳川綱豊臣下録に「小十人組百俵三人扶持水上権兵衛」。

三 諏訪姓水上氏 信濃国埴科郡皆神村(長野市松代町東条字皆神山・豊栄字皆神・ミナカミ)より起こる、水上氏一戸存す。上杉氏家臣諏訪姓大室系譜に「清和の後胤諏訪七家と云は、諏訪・水上・大室・小室・寺尾・真島・善光寺等なり、越後幕下に属す」。本名は小河原氏(おがわら)なり。東条字皆神山(水上山)に小河原氏三戸存す。海津城主須田満親家臣にて、続旧記衆に「天正十五年、諸山参詣の先達職とす、小河原式部少輔殿、須田満親花押」「天正十七年、海津城鎮守諏訪大明神に二貫文を寄進す、水上山の小河原紀伊守殿、須田満親印」。皆神山の水上家譜に「慶長二年、埴科郡八幡社社領を安堵す、小河原式部丞殿、須田満親印」と見ゆ。寛政呈譜に「家紋丸に割菱。丸に梶葉。もと清和源氏にして諏訪を称し、昌信がとき藤原氏となりて水上にあらたむといふ。諏訪善三郎(武田家につかふ)ー水上八左衛門昌信(紀伊頼宣に仕ふ。兄諏訪善三郎は頼宣に仕ふ)ー藤右衛門八左衛門昌次(紀伊家につかへ、吉宗につかへ享保元年御供の列にあり鷹師百俵五人扶持、享保十五年死す七十二歳。弟三太夫昌勝は吉宗につかへ鷹匠百俵、その子楠右衛門昌善)ー藤右衛門八左衛門昌忠(紀伊家につかへ享保二年めされて父が務をみならひ、吉宗に供奉す)ー八左衛門昌利ー八郎昌好(寛政四年百俵三人扶持」紀州藩享保二年吉宗公江戸城へ被召連候姓名に「鷹匠百俵三人扶持水上八左衛門、水上楠右衛門(子孫百俵)」。

四 紀州藩家臣 南紀徳川史・名臣伝に「諏訪善三郎(武田家に属し武田左馬介信繁の末女を妻に給ひ水上に改る、甲州没落後浪人病死)ー水上善三郎(権現様召出蔵米十五石五人扶持御鷹匠、徳川頼宣附属、明暦三年病死)ー善三郎ー儀左衛門昌信(三百石)、七代儀左衛門定昌(二百二十五石、慶応元年病死)ー栄吉昌言」。元和五年国初知行高に「御鷹匠衆二十石五人扶持水上善三郎」。延宝五年に「御鷹匠十五石、水上善三郎、水上八左衛門、水上七太夫、水上源五郎」。慶応三年に「先手物頭三百石水上源之助、御目付二百五十石水上儀左衛門、役並之廉切米十五石水上兵弥」。

五 信州深志城代水上宗富 甲陽軍鑑品十七に「武田信玄代。一条右衛門大夫殿若手の者水上勘兵衛。信州ふかしは宗普御留守居也」勘兵衛は宗普の初名か。水上入道宗普は永禄より天正初年まで深志城代を勤る。生島足島神社永禄十年起請文に「水上菅兵衛殿宛に信州衆が提出している」。松本藩小笠原氏家臣の二木家記に「信州松本は古へ深志の城と申候、さうふ(宗富)と申仁、武田よりの城代たり」。水戸藩の楓軒文書纂に「天正五年九月四日、信州埴原郷(松本市)運送奉公候、水上宗富方へ被遣一札候様に可才覚候、佐野越前守殿、信君花押(穴山)」。甲府市古上条町窪田郁雄文書に「天正十年八月九日、中村郷(甲府市)十八貫文水上宗富分を安堵す、窪田右近助殿、徳川家朱印」。水上勘兵衛(宗富と同人か)は山梨郡上帯那村枝郷水上村(甲府市)より起る、在名にて現存無し。甲斐国志に「山梨郡上帯那村。天正十年の時、法泉寺(甲府市和田町)の僧快岩は乱を避けて水上勘兵衛にたより帯那に隠ると云々」。勘兵衛の甥六郎右衛門は、甲斐国志に「山梨郡柚口村(牧丘町杣口)法林寺に水上六郎右衛門寄附と云画縁あり」。

六 松本藩小笠原氏家臣 笠系大成に「元和元年大坂陣功名・水上六郎右衛門、後に井伊掃部頭直孝に仕」。

七 彦根藩家臣 天正十年井伊直政甲州四手の衆(一条、山県、土屋、原)に「一条右衛門太夫同心衆水上勘兵衛(一本簡兵衛」慶長十二年分限帳に「三百石水上勘兵衛、上州にて出奔、井伊直孝御代帰参」二代目か。慶長十九年大坂冬の陣に「使番水上勘兵衛忠慶」。元和九年に「旗本三百石水上勘兵衛」。甥六郎右衛門が継ぐ。慶安四年に「二百石水上六郎右衛門」。文政十一年に「百二十石水上六郎右衛門三十六歳、隠居水上少夢五十歳・六郎右衛門養父」。侍中由緒帳に「水上六郎右衛門(生国甲州、其後信州小笠原信濃守に仕へ、子細在り暇を乞い立退き牢人す、水上勘兵衛甥に而て、直孝御代寛永二年召出二百石、慶安四年病死)ー六郎右衛門(寛永十一年召出)ー六郎右衛門正辰(大津蔵奉行百五十石)ー六郎右衛門正峯(二百五十石)ー清蔵ー六郎右衛門ー六郎右衛門正利(百五十石)ー六郎平正義(嘉永七年相続百二十石)」

八 武田氏家臣 甲府市百石、うち美咲(府中御崎町)無し、大里町(二日市場村)二十戸、中巨摩郡甲西町古市場一戸、敷島町島上条二戸、西八代郡三珠町大塚十七戸、東山梨郡牧丘町杣口(中牧之郷)十五存す誠忠旧家禄に「水上織部宗富後胤、天正自後、處士として邑事を掌る。大塚村水上弥右衛門義長」宗富後裔説は仮冒なり。甲斐国志に「巨摩郡島上条村大永四年産神八幡宮棟札に代官水上民部丞」。感状写(水戸彰考館所蔵)に「天文十三年十一月二日、信州伊那箕輪松島の戦功を賞す、水上菅七殿、晴信朱印」「天文十六年八月六日、佐久郡小田井原合戦の戦功を賞す、水上菅七殿、晴信朱印」「天文二十年十月二十四日平瀬城(松本市)の戦功を賞す、水上菅左衛門殿、晴信花押」「天文二十四年七月十九日、信州川中島の戦功を賞す、水上菅右衛門殿、晴信朱印」。杣口村水上柱文書(水上一昭所蔵)に「元亀二年三月二十六日、棟別役免許し参陣を命ず、中牧之郷水上源七郎、武田家朱印」。天正十壬午年武田諸士起請文に「一条右衛門大夫信龍衆水上市郎兵衛・水上久介。武田典厩衆水上菅六郎。近習衆水上六郎兵衛」。文政十年に古市場村若宮明神神主水上雅樂之助、二日市場村熊野神社神主水上内蔵之助、府中御崎町御崎明神神主水上安芸。

九 同家臣大工職 甲西町惣右衛門収集文書に「天正元年十二月二十三日麹座役、河東・中道、御大工水上左近佐殿、武田家朱印」「天正六年十二月二十三日、石和八幡大工免二貫文を宛行う、功刀越後守殿・水上豊後守殿、武田家朱印」。武州秩父神社天正二十年棟札に「桧皮葺甲州山梨郡住水上五郎左衛門尉・同横屋勢右衛門尉。甲府市宇波刀神社棟札に「慶長十一年、大工水上豊後守吉国」「寛文十年、大工府中水上長左衛門」。

十 同武川衆 北巨摩郡水上村より起こる。水上宗普居宅跡と伝えるものがあったと言うが仮冒なり。韮崎市三十七戸、うち清哲青木十六戸、清哲水上三戸、中田中條四戸存す。古代以来居住の苗字なり。水上村水上文書に「天文十一年九月二十五日、信濃国諏訪郡宮河端安国寺(茅野市)の戦功を賞す、水上美濃守殿、晴信花押」「天文十四年四月七日、水上美濃守遺跡を安堵す、水上六郎兵衛尉殿、花押(武田晴信)」検討の余地あり。高白斎記に「天文十九年二月十三日、高白駿府に帰る、水上六郎兵衛奏者、高白仕候」。記録御用所本・水上帯刀正相書上(水上桂所蔵)に「天正十年九月五日、甲州中條二百貫文、信州小松(松本市里山辺)二百貫文の本領を安堵す、水上六郎兵衛殿、徳川家康安堵状」。翌十一年閏正月十四日にも再度中條郷が安堵されている。中條村出身か。寛政呈譜に「小笠原支流、家紋丸に三階菱、五七桐。寛永系図丸に松皮菱。美濃時利甲斐国水上に住せしより家号とす。水上美濃時利(武田信虎及び信玄につかへ、天文十一年九月二十五日信濃国諏訪郡宮川端安国寺の戦に高名あり)ー六郎兵衛利光(信虎・信玄・勝頼につかへ、天正十年東照宮に属し、十一年閏正月十四日本領甲斐国中條二百貫文の御朱印を下され、のち上総国・武蔵国四百石を知行す)ー五兵衛政光(六百石、寛永二十死す七十七歳、市谷上寺町宗泰院に葬る、のち代々葬地とす)、子孫帯刀正相(寛政二年継三千石)」。

十一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市九戸。永禄元年長野業政家臣録に水上吉兵衛。

十二 小田氏家臣 つくば市五戸。天文十八年小田家風記に大番千騎千石水上与兵衛。

満亀 ミツカメ 知久氏家臣 飯田市下久堅下虎岩(無し)平沢清人文書に「天正十五年霜月吉日虎岩本帳。満亀殿さが城の弥三郎知行五貫文」。

満川 ミツカワ 宇都宮氏幕下笠間氏家臣 笠間市無し、宇都宮市五戸存す。西茨城郡岩瀬町友部・富谷・木植字板敷山・西小塙字羽黒山に無し。那須記に「天文十八年宇都宮尚綱は那須高資と塩谷郡早乙女村で戦い討死す。時に笠間長門守幹綱が家臣満川民部丞・尚綱討れさせ給ひ、只一騎にて那須が勢に駈入り討死せり」。友部村谷中英俊文書に「天正九年片野城主太田三楽入道を攻め板敷山に出陣せよ、羽黒満川勘左衛門殿、水野谷蟠龍花押」。水谷蟠龍記に「天正十一年笠間代官満川勘左衛門尉忠脩は益子が郎等加藤大隅が楯籠る富谷の城を責める」。

水川 ミヅカワ 武田氏幕下甘利衆 韮崎市竜岡町若尾新田五戸。韮崎市旭町上条北割日蓮宗甘利山大輪寺由来に「大輪寺は甘利家菩提寺也。天明元年大工若尾新田水川六左衛門、寄進施主若尾新田村水川佐兵衛」

三木 ミツギ ミキ参照。

一 佐野氏家臣 佐野市六戸。皆川正中録に「天正十六年佐野氏忠の家臣三木小四郎」高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永七年五月二十二日・霊位妙長禅定尼・霊位浄芳禅定門、下野国佐野天明町金屋町三木四郎左衛門尉は之を立てる。同日・逆修道仁禅定門、同所三木喜左衛門尉は之を立てる」

二 皆川氏家臣 栃木市皆川城内町にミキ氏一戸、ミツギ氏一戸。譜代討死帳に天正十八年小田原籠城討死三木小三郎。寛永十二年家臣帳に「皆川城内村三木多左衛門・三木和泉」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「皆川城内村三木藤四郎・三木八左衛門」

水口 ミヅクチ 武蔵、信濃に存す。

一 上州藤岡衆 藤岡市下栗須無し、中栗須四戸存す。中栗須村天正十四年正月神明宮建立に「願主下ノ郷水口隼人」。

二 北条氏家臣伊豆衆 三島市中島一戸、大場三戸、田方郡修善寺町大沢九戸、土肥町十九戸存す。大沢村子神社天文元年十月十日棟札に「大沢邑水口氏、惣氏子中」。中島水口芳子文書(大場水口優所蔵)に「永禄元年三月二十一日、豆州韮山御城普請の人足云々、水口殿、小田原大久保より朱印(北条氏康娘で堀越六郎妻、山木大方という)」。土肥町土肥日蓮宗清雲寺富永家旧家に「天正頃。伊豆国目代富永山城守政家の十三将水口上総次郎」。

三 武田氏家臣 天正十壬午年武田諸士起請文に「井伊兵部少輔同心・前土屋衆水口平太」。彦根藩に見えず。

水越 ミヅコシ 常陸、下総、甲斐に存す。

一 上杉氏家臣 越中に水越・安原の地名無し。古代士籍に「謙信様衆、越中・足軽頭水越左馬之助」。荻権右衛門文書に「天正九年八月六日、景勝は越中水越左馬助に本領水越一跡、水越将監に本領安原一跡を安堵す」。管窺武鑑に「天正十二年四月藤田能登守信吉・佐渡へ渡海の事。藤田百騎の内、二十五騎水越将監」。文禄三年目録に「越後侍九十三石水越与五郎」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百八十石水越与五郎」。米沢市無し。米沢藩寛永八年に「御馬廻衆二百石水越左馬介」。断絶す。

二 小田氏家臣 常陸国新治郡大穂町大曽根四戸存す。天文十八年小田家風記に「廻座衆五百七十石水越丹波」。

三 里見氏家臣 君津市四戸、うち塚原無し塚原村不動寺元亀二年棟札に「大本願水越二郎左衛門」。

四 武田氏家臣 北都留郡上野原町百三十戸うち四方津字杖突十二戸存す。高野山引導院日牌帳に「慶長十二年七月二十三日・逆修妙善禅尼、甲州ツエツキ三越甚蔵は之を立てる」。水越なり。

水沢 ミヅサワ 越後、信濃に存す。

一 上杉氏家臣 南魚沼郡六日町二十戸、うち麓(六万騎城跡あり)十二戸存す。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、上田六万寺居水沢彦右衛門」。文禄三年目録に「水沢・元来泉衆なり、信州尾崎衆十二石水沢小右衛門」飯山市水沢村より起る。

二 米沢藩家臣 米沢市二戸存す。諸士略系譜に「水沢彦右衛門(上田御手明、越後に於て上田の内録満寺と云所に住居、寛永十一年卒)ー彦右衛門ー権左衛門ー彦右衛門政秀ー兵蔵政珍ー彦右衛門政雨ー兵三郎政良ー滝瀬歳儀(文政五年相続)」。寛永八年に「御手明衆五十石水沢彦右衛門」。寛政五年に「二十五石水沢彦右衛門、三石一人扶持水沢清五」。

三 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し永禄元年長野業政家臣録に「徒士水沢主馬蔵・水沢四兵衛」。北群馬郡水沢村(伊香保町)出身か。

四 佐野氏家臣 佐野市一戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に「水沢下総」。

水主 ミヅシ 北条氏家臣 袖ヶ浦市高谷延命寺制札(木更津市八釼八幡神社所蔵)に「永禄三年五月十三日北条家印判状、水主木工助奉之」。北条宗哲の娘鶴松院が吉良氏朝に嫁ぐ見習書に「北条宗哲は、水主むくのすけ、すへすへまでもまいりかよふべく候が、御めかけ候て、御ようをもおほせつけ候べく候。ミツしむくのすけつかゑとして、よべば云々」。吉良氏家臣となる。

水品 ミヅシナ 越後に多く存す。

一 佐野氏家臣 安蘇郡田沼町多田字大久保無し。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「郷見役・永十貫文・水品平内・屋敷大久保」。

二 善光寺商人衆 長野市に水品氏十三戸、水科氏三戸存す。山梨郡杣口村茂左衛門文書に「弘治二年八月二日武田家朱印。水科修理亮に善光寺還往の諸役を免除す」。

水科 ミヅシナ 越後に存す。

一 真田氏家臣 上田市十三戸存す。上田軍記に「天正十三年神川合戦に水科新助」。

二 越前福井藩家臣 前項と同人。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国信濃・二百石水科新助」。秀康の孫高田藩明暦三年松平光長給帳に「三百石水科新助・二十人弓・二疋荷馬、但し此人足八人」。

水島 ミヅシマ 越後に多く存す。

一 松井田城士 碓氷郡松井田町一戸存す。大道寺駿河守政繁家中記に「山口玄蕃組二百石水島文右衛門」。

二 北条氏家臣 小田原市十五戸、平塚市土屋十九戸存す。高野山高室院月牌帳に「天正八年卯月五日・逆修常金禅定門・逆修妙瑠妻、相州小田原水島は立てる」「天正十七年七月八日・菩提道音・菩提永徳・逆修妙清・逆修母、相州中郡土屋水島右衛門は立てる」。鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺回向帳に「慶長二年三月二十二日・香清、水島太郎兵衛息四歳」。

三 八王子千人同心 嘉永七年に上川口村(十二戸)水島五郎兵衛。

四 武田氏家臣 甲州恵林寺雑本に天正九年三月二十二日遠州高天神落城討死水島備中

五 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に「本姓不詳、本国加賀、定紋三本筍、替紋藤之丸。長谷川五郎左衛門常義の三男水島吉右衛門義方(召出延宝二年、八両四人扶持)ー市郎右衛門義忠ー隼人忠由ー左門義次(文化十一年家督百三十石)ー門太郎忠道。明治元年以前に水島庫百三十石」。

水代 ミヅシロ 宇都宮氏家臣 下都賀郡水代村(大平町)より起る、在名にて現存無し。宇都宮興廃記に「康暦二年宇都宮基綱は小山義政と合戦に及ぶ、後陣水代修理」

三瀬 ミツセ 千葉氏家臣 山武郡芝山町新井田(無し)称名寺永禄九年銘に「勧進三瀬蔵人佐」。

水谷 ミヅタニ ミヅノヤ参照。

水玉 ミヅタマ 真壁氏家臣 真壁町一戸存す。天文五年頃真壁旧伝記に水玉日向。

三寺 ミツデラ 在原姓長野氏族にて、上野国群馬郡三ツ寺村(群馬町)より起こる、在名にて現存無し。結城秀康に仕へ越前福井藩家臣となる。

一 福井藩家臣 享保六年諸士先祖之記録に「三寺、長野。三寺久左衛門正信(秀康公御代慶長五年被召出、本国上野、姓在原。武田信玄に仕へ領五十三貫之地、永禄十年の朱印于今有之、上野国三寺の郷に住する故に子孫称号とす。正信祖父長野信濃守業正は業平朝臣の後胤也、其子長野久助正宣は正信父也)ー久左衛門政之ー久左衛門雅孝(弟長野八太夫政成)ー久左衛門隆幸(元禄十五年跡目被下)。政之の弟三寺与右衛門信清ー与右衛門信成ー牛徳信就(正徳二年跡目被下)」。慶長六年結城秀康給帳に「本国上野、御番与衆三百石三寺久左衛門、久左衛門父」。秀康の子高田藩松平忠昌諸士名簿に「三寺与右衛門信清、忠昌公御代被召出」。福井藩松平忠昌給帳に「四百石三寺久左衛門」。忠昌の子松平光通給帳に「四百石三寺与右衛門、三百石三寺久左衛門」。光通の甥松平綱昌給帳に「五百石三寺久助、三百石三寺久左衛門、御扶持方三寺助九郎」。天保初年に「百五十石三寺与右衛門」。

水浪 ミヅナミ 飯田市時又長石寺天正十六年正月前立本尊像に「水浪土佐守作也」。

水沼 ミヅヌマ 下野に存す。

一 上州藤岡藩芦田氏家臣 信州佐久郡に地名苗字無し。藤岡市十九戸、うち藤岡八戸根岸六戸、小林一戸、中栗須二戸、本郷二戸存す。古代以来居住の苗字にて、出稼衆となり武田氏幕下佐久郡芦田氏に仕える。天明四年勘定所吟味役桜井徳右衛門より写被下候芦田五十騎覚に水沼勘弥七右衛門。芦田康真藤岡入部に附随して本国へ帰郷する。福岡県三潴郡三潴町(みづま)より起こる古代水沼君(みづま、みぬま)後裔説は仮冒なり。藤岡町史に「水沼氏は九州筑後国水沼より起る、宗像神社神主を世襲し、水沼宿祢筑後守大道の娘が源為朝にかしずいて千若丸を生み、成人の後水沼宿祢太郎為道と称す、子孫水沼七太夫為興にいたり大永中・武田信虎・信玄に仕え、のち芦田氏に属す、その男勘弥副茂は芦田康真に附随して藤岡に移り、慶長五年所領没収後は藤岡にとどまり町方諸役に任じ、小林村寿楽寺を開基す、子孫は藤岡笛木町に住し、高祖為朝を大明神に祀る。七太夫為興(天正十五年八月四日没、時岳院浄誉清潜居士)ー七之進為茂(元和二年没)ー勘弥副茂(正保三年没)ー七之丞副信(延宝九年没)ー七郎兵衛副商(享保十七年没)ー七右衛門副嘉(明和四年没)ー次兵衛副祥(天明六年没)ー七右衛門茂精(文化十四年没)ー七右衛門嘉忠文久二年没)ー七五郎茂嘉(明治十九年没)ー平吉茂興(昭和四年没)ー平吉茂孝。七太夫為興二男多左衛門は藤岡曹洞宗良信寺を菩提寺とす、享保年中継家となる」。永禄九年芦田信守が信州から来て藤岡を領し、天正十九年康真が祖父信守法名月桂良信大居士菩提の為に良信寺建立。小林村真言宗小林山無量院寿楽寺は寛永十三年開基・芦田康真家臣水沼勘弥副茂号寿楽斎(修験)、正保元年八月四日没法名時丘院殿寿楽浄秀道保大居士。開山は武州大御堂村真言宗吉祥院(江戸初期は当山派修験真光寺)広重和尚。

二 膳城主膳氏流 勢多郡水沼村(黒保根村)より起こる、在名にて現存無し。粕川村膳無し。膳桂之助が記した粕川村誌に「三善清行後裔、善民部少輔康持(応永七年卒)ー治部少輔持康ー民部少輔倫氏、弟水沼小四郎兼親」。在名水沼氏は膳氏と兄弟契約を結び膳氏流を称す。膳参照。

三 桐生城士 勢多郡水沼村の在名なり。桐生市無し。関八州古戦録に「弘治の比、桐生勢水沼主税助」。新田老談記に「桐生勢水沼主水。桐生又次郎家来水沼磯右衛門」

四 館林城主赤井氏家臣 足利市七戸。館林記に「元亀元年赤井文六照景叔父で赤井七騎足利城主白石豊前守家臣水沼大八郎」。

五 皆川氏家臣 栃木市七戸、うち片柳町一戸、箱森町風野二戸。高野山清浄心院下野国供養帳に「天正七年十二月十七日・久山文奕禅定門、下野皆川水沼紀伊守は四郎次郎の為に之を立てる」。譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死水沼源兵衛」。寛永十二年家臣帳に「風野村水沼縫殿助、片柳村水沼半右衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「風野村水沼源八・水沼伊左衛門」

六 壬生氏家臣 宇都宮市瓦谷町一戸存す。嘉永六年旧臣控に「瓦谷村水沼主水・水沼勇之丞」。

七 宇都宮氏家臣 下館市国府田無し。宇都宮市百三十戸、うち平出町十二戸、芳賀郡芳賀町百二十六戸、うち西水沼十一戸、下延生十七戸、東高橋字大畑六十八戸、与能無し、内山は不詳。各村は古代以来居住の苗字なり。高橋系図に「芳賀郡高橋村高橋左膳義長(宇都宮持綱より下延生村を宛行れ、水沼主水勝侶を寄力として渡される。応永三十一年卒)」。勝侶は西水沼村字舟戸の舟戸城主と言う。益子町益子西明寺寛文十一年納札に「芳賀郡東高橋村水沼次左右衛門尉延秀が承元三年(一二〇九)宇都宮景房が本堂を修理した墨書を再修理している」。西水沼村水沼章文書に「宝暦十三年水戸藩家老宇都宮氏は水沼与四郎に官途を与える」。水沼左近・水沼弾正と兄弟契約を結び、その子孫と称す。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「西水沼村水沼左近子孫水沼藤兵衛。大畑村水沼権兵衛、水沼左近子孫水沼次左衛門。東高橋村名主水沼安右衛門・水沼太兵衛・水沼覚左衛門、水沼弾正子孫水沼八右衛門。与能村水沼弾正子孫水沼瀬平。平出村水沼金兵衛。幸田村水沼上野。内山村水沼弥左衛門・水沼仙蔵・水沼要助・水沼兵次郎・水沼重之丞・水沼藤左衛門・水沼兵右衛門・水沼伝兵衛・水沼豊吉・水沼茂蔵・水沼真太・水沼忠右衛門・水沼次郎八」。

八 小田氏家臣 つくば市無し。天文二十三年水沼左京亮は小田氏治に殺される。

水野 ミヅノ 信濃、常陸、上総に存す、

一 上杉氏家臣 上杉将士書上に「慶長三年上方牢人召出し候、水野藤兵衛」次項参照慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)四百石水野七右衛門」。米沢市十五戸存す。米沢藩寛政五年に「御医師八十石水野道益、元御膳部九石一人扶持水野林左衛門」。

二 福井藩家臣 信州水野平の地名不詳。信濃に多く存する苗字か。享保六年諸士先祖之記録に「水野藤兵衛重俊(本国不知、生国信濃、姓菅原。重俊父水野新左衛門と申者、信濃国水野平と申所を領知仕代々罷有候由。上杉景勝に罷而候、のち松平上総介忠輝に仕へ、後浪人となり、忠昌公御代於越後国高田被召出。嫡子瀬兵衛・其子瀬兵衛断絶。二男太兵衛は貞享三年御暇)ー源七宗友(忠昌代召出)ー藤兵衛宗昶ー藤兵衛宗普」。忠昌の子松平光通給帳に「二百石水野瀬兵衛」。天保初年に「百石水野藤兵衛」。

三 小田原藩大久保氏家臣 文久二年先祖書に「小田原取立、本国越後、水野佐太郎」

四 小笠原氏家臣 松本市五十三戸、梓川と奈良井川の合流地点に平瀬城跡あり。二木寿斎記に「天文十八年小笠原長時御供衆平瀬衆水野四郎左衛門衆」。

五 祢津氏家臣 小県郡東部町祢津無し、長門町四戸、丸子町八戸存す。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「祢津松鷂軒被官衆水野又五郎直貞花押」。

六 松代藩真田氏家臣 上田市八十八戸存す文政二年に「四十俵水野弥左衛門、五両三人扶持水野房五郎、同高水野七郎兵衛、二人扶持水野大右衛門」。文久年中に「御徒士四十俵一人扶持水野清右衛門、六両三人扶持水野芳之助、五両水野瀬平」。

七 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町二戸永禄元年長野業政家臣録に徒士水野十三郎

八 佐野氏家臣 佐野市九戸存す。慶長六年佐野信吉家中に水野駿河・水野藤兵衛。

九 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町六戸存す。壬生義雄家臣席順に「御宝蔵奉行惣頭二百貫水野摂津守、小姓役二十貫水野市兵衛」

十 宇都宮氏家臣 宇都宮市四十七戸存す。田原藤太秀郷末孫と称す。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長十年七月二日・霊位真了禅定門、下野宇都宮田原藤太秀里末孫水野吉衛門尉は之を立てる」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「内山村(不詳)水野六郎」。

十一 土気城主酒井氏家臣 土気古城再興伝来記に天正二年近習衆八十石水野弥太夫。

十二 北条氏家臣八王子衆 八王子市泉町相即寺過去帳に「天正十八年八王子落城討死水野藤左衛門浄品・同源七郎浄讃」。あきる野市横沢大悲願寺過去帳に「天正十八年七月十一日於小田原城討死・徳改居士俗名水野豊後」。

十三 武田氏家臣穴山衆 南巨摩郡早川町薬袋(四戸)水野定夫文書に「天正六年三月十九日、河内中之蔵(下部町無し)新屋一間、棟別役免許す、水野平大夫殿、花押(穴山信君)」「天正十一年九月十七日、梅雪斎(信君)の判形に任せ早川入用所を申付ける、水野平大夫殿、朱印(穴山勝千代)」。

十四 会津藩保科氏家臣 山形藩主鳥居左京亮忠恒没後に領地没収され、保科正之が引き取る。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「三百五十石水野清太夫、二百五十石水野源左衛門、二百五十石水野清兵衛、二百石鳥居左京殿衆水野大学」。諸士系譜に@「本姓源、本国参河、定紋輪内花沢瀉、替紋五三桐。松平源左衛門光長の婿養子水野清兵衛光長(召出寛永十三年山形、二百石)ー清兵衛長重ー清兵衛長孝ー清兵衛長治ー権左衛門長寛ー清兵衛長澄(文化四年家督二百五十石)ー軍吾長発。明治元年以前に水野祐之進三百石」。A「本姓源、本国陸奥、定紋花沢瀉、替紋永楽通宝。水野大学の男水野大学忠長(召出保科正之へ)ー大学忠光ー大学忠義ー伝九郎忠房ー伝九郎忠雄ー伝九郎忠慶(寛政十一年跡式二百石)ー清太郎忠麿。明治元年以前に水野大学二百石」。B「本姓本国不詳、定紋丸之内抱沢瀉、替紋根笹。水野弥惣治福広(召出宝永五年)ー弥市福高ー与市応親ー弥太夫清雄(文化十三年召出六石二人扶持)ー弥太郎清高」。

水野木 ミヅノキ 佐野氏家臣 安蘇郡水之木村(葛生町水木)より起こる、在名にて現存無し。犬伏下町大庵寺念仏日記に「永禄十三年、水野木助九郎・水野木助四郎」

水谷 ミヅノヤ 常陸国下館城主水谷家譜(東京都本郷区中野駿太郎所蔵)に「岩城郡水谷郷(いわき市常磐水野谷町)より起こる、在名にて現存無し」。常磐下船尾町に中野氏十九戸存す、本名は中野氏か。苗字水野谷氏はいわき市三十八戸、うち大久町二十一戸、西白河郡中島村四十戸、東村十九戸、矢吹町十五戸存す。本拠地の下館市・結城市に無し。

一 平姓水谷氏 水谷家譜(中野駿太郎所蔵)に「家紋丸内竪引両、後三頭右巴。平良望ー繁盛ー安忠(陸奥国岩城郡に移る)ー岩城則道ー忠清ー清隆ー師隆ー隆行ー隆平ー隆守ー義衡ー照衡ー小三郎隆安(岩城郡水谷郷に住す)ー水谷孫三郎隆重(水谷館に居住、始て水谷と号す)ー孫三郎隆義(常陸真壁郡下館城に居住)ー小三郎兵部丞隆昌(文永十年卒)ー小太郎伊勢守隆治(結城朝広・広綱に属す)ー小五郎兵庫助隆清ー小三郎伊勢守清勝(建武三年結城朝祐に従ひ九州多々良浜討死)ー弥三郎兵部丞朝隆(明徳四年卒九十三歳)ー小三郎伊勢守隆正ー孫三郎兵部丞隆俊(応永十四年卒)ー小太郎左衛門尉隆則(結城基光の末子光義、婿養子となり後隆則と改め下館城主)ー孫四郎左京兵部丞隆勝(正長元年卒)ー孫三郎伊勢守勝氏(寛正二年卒。弟水谷大炊助勝直は結城籠城討死)ー弥九郎兵部丞勝国(文正元年卒法名道通)ー伊勢守勝之(永正十六年卒法名玉叟)ー兵部少輔勝吉(永禄十一年卒法名全仲)ー伊勢守正吉(結城政勝・高朝に仕ふ、天正六年五月十日卒法名全芳)ー兵部少輔正村号蟠龍斎(結城高朝に仕ふ、結城を称す、慶長三年六月二十日卒六十歳、一本に七十六歳、法名全珍。弟弥五郎勝俊は兄正村の嗣子となる。弟水谷伯耆守勝通)ー弥五郎伊勢守右京亮勝俊(結城秀康に仕へ、所領下館城に在り、慶長十一年六月三日卒六十五歳法名全虎)ー弥五郎伊勢守勝隆(下館城五万石、寛永十六年備中国松山城へ転封、寛文四年閏五月三日武州江戸に於て卒)」。「水谷伯耆守勝通ー兵部勝村(摂津大坂討死)、弟太郎左衛門尉勝能(伯父勝俊家臣千石)ー太郎左衛門尉勝重(勝隆家臣千石)ー太郎左衛門尉幸忠(左京勝宗家臣千石)、弟半十郎は本多中務大輔政長に仕へる、弟三右衛門は浪人、弟権右衛門守光は左京亮勝宗に仕へ百五十石)」。「勝能の弟織部勝安(松平越前守光通に仕ふ)ー次左衛門勝照ー織部勝乗。勝安の弟市兵衛俊慶ー善右衛門則慶ー市兵衛高慶(水谷出羽守勝美に仕へ、元禄三年跡式五百石)。則慶の弟助之丞以慶(家中領三百石)ー金右衛門安慶」。高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正十二年六月二十九日・霊位妙寿禅定尼、常州下館水谷太郎左衛門は御乳の為に立てる」「慶長四年十月十三日・霊位惣全童子、常州下館水谷積太郎の為に立てる」「慶長七年六月二十日・霊位全珎禅定門、常州久下田蟠龍斎の為に右京太夫殿は立てる」。供養依頼日で没年では無い。下館市樋口の久下田城は水谷正村が築城す、斎号は修験の称号なり。次項参照。

二 幕臣藤原姓 寛政呈譜に「藤原秀郷流、家紋三頭左巴、丸に八文字、沢瀉。寛永系図に、陸奥国猿田の御所、故ありて同国岩城の水谷にうつり住す。是時下総国結城の城主嗣なきにより、猿田が子孫を養ふ。此故に結城にいたり五六年を経、其後結城実子を設るにより館を結城の内に建、猿田をして居住せしめ、長沼十二郷、伊佐三十三郷を与ふ。これによりて旧号を改めずして水谷と称し三代居住す。後結城と水谷と一代相替りて称号とす。其案にいはく結城朝光は秀郷の後胤なり、家伝に所謂猿田、其姓氏を詳にせず、しかりといへども結城氏が養子となるといふにより、これを秀郷流に載す。案ずるに今の呈譜に、清和源氏尊氏の二男基氏より五代成氏の二男水谷左近将監氏盛・故ありて磐城郡水谷に住し、結城家の養子となり、下総国結城にうつり、氏を藤原にあらため結城を称す。それより三代相続て彼地に住し、其後結城水谷の家号をかはるがはる称すといふ。成氏の子氏盛は諸記録に考る所なし。水谷伊勢守勝氏号了円(はじめて常陸国真壁郡下館に城を築きてこれに住す)ー兵部大輔号道通ー伊勢守号玉叟ー兵部大輔号全仲ー伊勢守治持(結城政勝に属す)ー弥九郎兵部大輔正村号出羽入道蟠龍斎(大永元年下館に生る、下野国芳賀郡久下田に新城を築き移り住す慶長元年六月二十日久下田にをいて卒七十六歳、下館岡芹村曹洞宗定林寺に葬る)ー弥五郎伊勢守右京太夫勝俊(実は治持二男慶長十一年六月三日卒六十五歳、定林寺に葬る)ー弥太郎伊勢守勝隆(下館城三万二千石、寛永十九年備中国松山城五万石転封す、寛文四年卒)ー弥太郎左京亮勝宗ー出羽守勝美、弟主水勝時(元禄六年兄勝美卒し所領収めらる。勝時に三千石をたまひ寄合に列す)ー左門出羽守勝英ー伊勢守勝久ー伊勢守勝政(天明七年継ぐ三千五百石)ー左門勝周」。

三 備中国松山藩家臣 元禄六年改易御家内之記に「千石水谷太郎左衛門、五百石水谷市兵衛、百五十石水谷金右衛門、百五十石水谷権右衛門」。系図は一項参照。

四 福井藩家臣 一項参照。享保六年諸士先祖之記録に「水谷織部正慶(本国生国共常陸、姓源、秀康公御代慶長六年被召出。正慶祖父蟠龍斎正村は下館城主也、其子水谷伯耆守勝慶は正村二男也、壮年而病死故に正村嫡子水谷勝俊は正慶伯父たるの故に相従て秀康公越前御入部之節供奉、大坂御陣之節も忠直公御供相勤候)ー治左衛門氏慶(光通公御代慶安三年家督)ー織部勝乗(吉品公御代延宝三年家督)ー織部勝平(吉品公御代宝永四年家督)」。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国下野・千五百石水谷刑部。本国下野・千石水谷兵部」。秀康の子松平忠昌給帳に「千五百石水谷織部三百五十石水谷市兵衛」。忠昌の子松平光通給帳に「千五百石水谷次左衛門、三百石水谷長兵衛」。光通の孫松平綱昌給帳に「千二百石水谷六郎左衛門、三十石七人扶持水谷梶之助」。享保九年に「六百石水谷織部」。天保初年に「三ツ巴・五百石水谷織部」。海保参照。

五 久下田城主水谷氏 久下田城は下館市樋口にあり、隣の下野国芳賀郡二宮町久下田に出丸の一部が存す。これらにより水谷氏の本国を下野、或は常陸と記載す。小山氏系図に「小山下野守泰朝(結城基光二男)ー下野守満泰ー下野守持政ー氏郷ー成長ー政長ー下野守高朝(結城政朝二男)ー小山小四郎秀綱、弟結城晴朝(結城政勝養子)ー結城秀康(徳川家康子)」。結城氏譜代水谷氏は小山衆ともいう。小山系図に「網戸四郎朝忠(康永元年卒)ー女子(水谷左衛門妻)」水谷氏は康永元年(一三四二)以前から居住していた。下野守護結城基光(小山義政を誅し功あり、永享二年卒)の臣守護代水谷出羽入道。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、水ノ谷兵部少輔」。鎌倉大草紙に「嘉吉元年四月十六日、結城籠城の水谷大炊介首は上杉兵庫頭清方被官中条判官分捕る」。小山持政は宝徳二年に古河公方足利成氏の味方となる。東京市小石川区島谷孝信文書に「水谷右馬助事、万一対其方致緩怠候者、片時も不可有御許容之儀候、小山下野守殿(持政)、成氏花押」。水谷右馬助は小山一族なみの待遇を受け、小山右馬助とも称す。寛正元年将軍足利義政は小山持政に足利成氏退治を命ず。足利義政御内書に「寛正五年八月十七日、水谷壱岐守どのへ・小山被官也」「文明三年五月三十日、今度小山下野守参御方、可致忠節云々、水谷壱岐入道どのへ水谷右馬助どのへ、結城水谷掃部助どのへ結城水谷伊勢入道どのへ」「文明三年九月十七日、小山右馬助どのへ(水谷)」。伊勢内宮佐八文書に「享禄二年十二月二十七日、水野谷西月庵全智。美濃守哲理とあり全智と同判。奏者鶴巻伊豆守所可申述候」法名全智の全は一項系図に多く見え、一族である。永禄三年関東幕注文に「下野国小山衆、家風水野谷左衛門大夫・二かしらのともへ。常陸之国、水谷弥十郎・ともへに二ひきりやう」。

六 修験水谷蟠龍斎 別本水谷蟠龍記に「結城上野介政勝の旗下水谷出羽入道蟠龍は天文十三年正月十七日誕生せられ幼名を玉若丸と申侍りける。しかるに親の水谷左兵衛尉政俊、玉若丸七歳の時に逝去せられける間、祖父入道全久に養育せられ給へり。永禄元年大串攻めに大将水谷左兵衛入道全久は三ツ巴の旗印押寄る。清和天皇の末葉逸見冠者清光の八男八代与惣次信澄に凡十六台、水谷判官信俊の養子、結城基光(永享二年卒)次男右馬頭貞光・水谷を継てより、此方七代の末孫左衛門尉政俊一子玉若丸・行年十六歳、無位無官の若もの、手なみのほどを見よやとのゝしって掛りける。玉若丸・左京太夫勝俊に任ぜられける。結城政勝の息女十六歳に成らせけるを永禄八年二月四日に勝俊へ送られける。翌年小藤姫七月十七日に御平産成けれども、空しく死す。出羽守勝俊・落涙限りなし、法名を蟠龍居士と申ける、今年二十歳。永禄九年十月七日蟠龍久下田に発向す。久下田に出城を構へ居住せられける。閑居して大館の城をは、甥伊勢守勝高に続せる。天正十一年羽石攻めに、水谷全久次男五郎勝基・年十八歳に成けるが、打て掛る、伊勢守勝高是を見て勝基を討すなと下知す」。また水谷蟠龍記に「常陸国久下田の城主水谷蟠龍は、大永四年甲申正月十七日御誕生なり。十七の歳天文八年武州大串陣に殿りは蟠龍、同く蟠龍叔父の水谷全久両人なり。二十二の歳天文十三年正月二十八日結城政勝娘は輿入給ふ、政勝の婿となる。七十一の時、我形を鏡に移し、自筆に御影被遊候。右此物語は、議論なる所は蟠龍へ伺之候之議有之者也。慶長十二年丁未年二月四日書留之。芳全四世徳岩叟判」徳岩叟は系図に見えず。系図及び蟠龍記のどれが真実か。譜牒余録に「天正十年十月二十八日、晴朝へ御諫言第一候、委細蟠龍斎可為口上候、水谷伊勢守殿(勝俊)、判(徳川家康)」関八州古戦録巻十三に「結城晴朝は久下田蟠龍斎を招き、天正十三三月二十七日久下田を発馬し田野に着陣、城主羽石内蔵介盛り長を討つ、蟠龍斎は六十三歳なり」。

七 小田氏家臣 つくば市に水谷氏(みずたに)十三戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎千石水谷帯刀、二百石水谷喜右衛門」。

八 真壁氏家臣 真壁郡無し。天文五年頃真壁旧伝記に「水谷豊後」。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事、水野谷豊後討死」。

九 宇都宮氏家臣 真壁町山尾無し。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に山尾村水谷内膳

十 皆川氏家臣 栃木市箱森に水谷氏(みずたに)一戸存す。皆川正中録に「天正十六年皆川広照の家臣水谷玄蕃」。

十一 壬生氏家臣 壬生町無し。壬生義雄家臣席順に「小姓組五貫水谷佐渡、五貫水谷田宮」。

十二 佐竹氏家臣 慶長国替記に「四十石水谷善左衛門」。

十三 北条氏家臣 富津市(みづたに氏二戸存す)岩坂八雲神社天正二年棟札に「水谷忠右衛門」。杉山・野中参照。

十四 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「河田玄蕃組百八十石水谷少三郎」。米沢市にミヅノヤ氏三戸存す。米沢藩寛政五年に「二石一人扶持水谷丹右衛門、同高水谷又右衛門」。

十五 幕臣 江戸幕臣人名事典に「水谷源次郎、文久三年六十□歳、三百俵、本国上野生国武蔵、祖父水谷又左衛門死、父水谷勝三郎。水谷久右衛門、安政六年御書院番、父水谷源次郎御小姓組」「水谷三千次郎、文久三年三十六歳、百五十俵、本国下野生国武蔵、祖父水谷又輔死、父水谷又輔死小普請」「水谷重太郎、慶応二年十九歳、五十俵三人扶持、本国上野生国武蔵、祖父水谷兵衛死、父水谷福三郎死御徒」。

三橋 ミツハシ 上総多く存す。

一 真田氏家臣 上田市六戸、勢多郡東村荻原字五乱田無し。加沢記に「天正八年八月中旬、真田昌幸は前橋城を攻め、旗本三橋甚太郎。天正十四年九月下旬、勢多郡五乱田要害に三橋甚太郎籠城し、北条勢攻る」

二 北条氏家臣岩附衆 高槻氏の本姓なり、四六六一頁高槻参照。埼玉郡南大桑村門井文左衛門文書に「六月二十一日(天正九年)、常陸国小田城主梶原政景の奏者三橋美作入道宗玄」。

三 同八王子衆 八王子市上柚木一戸存す。高野山西南院関東過去帳に「弘治二年五月十二日・貞香禅門・長分禅門・道想禅門、武州多東郡油木村三橋藤次郎は立てる」。

四 同小山田衆 町田市原町田(七戸)三橋敏明文書に「勝楽寺永代記録。開基旦那鎌倉尊氏公家臣三橋新右衛門・法号勝楽寺殿清誉浄正居士・天正三年十月十五日、子孫八左衛門と申」。

五 同小田原衆 茅ヶ崎市香川二十戸存す。鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺回向帳に「顕性院静意日休、施入香川村三橋伊右衛門」。

六 同仏師 新編相模鎌倉郡扇ケ谷村条に「旧家永助、三橋を家号とし、仏師を業とす。北条氏より与えし伝馬の朱印あり。丑二月十九日・伝馬二疋鎌倉の仏師に被下・あたミより小田原迄」。

七 同仏師伊豆衆 賀茂郡南伊豆町下賀茂五戸、手石無し。手石村正善寺天文六年十月大日如来坐像銘に「仏師彩色旦那三橋左衛門五郎藤原□□」。

八 同鷹匠 寛政呈譜に「家紋丸に向兎、角万字。藤原房前後胤三橋太郎信季・頼朝将軍につかふ。代々三河国に居住。三橋佐助信盛ー藤十郎信久(北条氏政につかへ相州小田原にて死す)ー但馬信次(北条氏直につかへ、天正十八年東照宮につかふ御鷹師元和三年死す五十九歳)ー但馬守信勝(御鷹師)。信久の二男藤七郎盛勝(北条氏康につかふ)ー藤兵衛盛忠(北条氏政につかふ、天正十八年東照宮につかふ鷹匠」。

九 同江戸衆 川崎市幸区小倉五戸存す。永禄二年役帳に「江戸衆太田新六郎知行、十五貫文稲毛小倉三橋分」。永禄五年太田新六郎康資が安房へ退去後は江戸城主北条氏秀に属す。のち当地は吉良氏領となる。

十 世田谷城主吉良氏家臣 川崎市中原区上丸子八幡町大楽院仏像胎内銘に「大旦那吉良氏朝并家中衆三橋惣四郎」。

十一 皆川氏家臣 栃木市にミハシ氏八戸、うち皆川城内町二戸存す。譜代討死帳に「天正十三年皆川草倉討死三橋源四郎」。寛永十二年家臣帳に「皆川城内村三橋四郎兵衛・三橋新兵衛・三橋半右衛門・三橋四郎右衛門・三橋加賀・三橋重左衛門」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「皆川城内村三橋半五郎・三橋千助・三橋半右衛門・三橋平左衛門・三橋佐五兵衛・三橋三重郎・三橋七兵衛・三橋喜兵衛・三橋半助・三橋仁兵衛」。

十二 宍倉城主菅谷氏家臣 新治郡出島村宍倉無し。高野山清浄心院常陸国供養帳に「元亀三年卯月六日・秀阿弥、常州宍倉三橋丹後守の為に立てる」。

十三 宍戸氏家臣 西茨城郡宍戸庄友部町にミツハシ氏一戸、ミハシ氏一戸。慶長二年宍戸四郎内家人覚に三橋兵部。

十四 水戸天狗党 三橋半六・二十二歳、三橋善六・三十八歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

十五 千葉氏家臣 佐倉市上座二十八戸。鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺回向帳に「宗信・下総佐倉之産三橋理左衛門母。元和八年二月二十八日・遊性・下総三橋理左衛門内方」

十六 佐倉藩堀田氏家臣 印旛郡富里町日吉倉十七戸存す。慶応元年に「二人扶持・日吉倉村馬医三橋牧太」。

十七 東金城主酒井氏家臣 東金市二十四戸うち東上宿一戸、台方羽黒一戸。東金城明細記に天正十八年、検地方三百石上宿住三橋隼人、御膳番五十石羽黒住三橋三郎四郎

十八 船橋衆 船橋市にミハシ氏八戸。平賀本土寺過去帳に「大永五年正月二十二日・蓮幸善尼・フナハシ三橋兵部少輔ノ父」。

十九 市原衆 市原市にミツハシ氏九十六戸上総国市東郡。平賀本土寺過去帳に「九月十八日・三橋入道伝久・市東三位阿父」。

二十 館山藩家臣 館山市にミツハシ氏一戸ミハシ氏一戸、三ツ橋氏一戸。里見義康分限帳に「御勘定並五十石三橋新右衛門」。

二十一 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三橋鎗太郎、安政六年三十七歳、八十俵二人扶持本国生国共武蔵、祖父三橋七右衛門死、父三橋宗助死奥火之番」。

水橋 ミヅハシ 上杉氏家臣 越中国新川郡水橋村(富山市)より起こる。古代士籍に「謙信様衆、越中・水橋山城守」。文禄三年目録に「蒲原郡加茂在番本庄豊後抱五十二石水橋宮内」。

水原 ミヅハラ スイハラ、ミハラ参照。

三堀 ミツボリ 相州三浦郡に多く存す。

一 前橋藩酒井雅樂頭家臣 上野国山田郡三堀村(太田市)より起こる、在名にて現存無し。勢多郡大胡町・前橋市無し。姫陽秘鑑に「慶長十九年大坂御陣之節、御領国より被召出候郷士十八騎、地方五十石被下候由、上州大胡浪人三堀源左衛門・三堀権之丞」。寛永頃地方分限帳に「五十石三堀権之丞、五十石三堀吉左衛門」。明暦二年在郷所分限帳に「大胡御陣屋所百石三堀権之丞」。姫路藩宝暦七年に「姫路組分、十人扶持三堀音衛門」。明治二年に「十人扶持三堀巳之八」。

二 佐野氏家臣 佐野市無し。犬伏下町大庵寺念仏日記に「元亀三年、三堀丹波守」。

三 北条氏家臣 高瀬慎吾文書に「卯月二十二日(天正十八年か)、禁制(小田原城下か)を下し、不法を行う者を注進させる、三堀喜右衛門、北条家朱印」。

四 同三浦衆 横須賀市七十七戸、うち上平作二十九戸、秋谷九戸。新編相模三浦郡上平作村条に「旧家三堀十郎左衛門・同安兵衛。家系に拠に、当所の住人三堀伊予守菅原利信と云ふもの三男子あり、長子右京之助信清天正中分家す、是安兵衛の祖なり、信清後与十郎と改め村の里正となり寛永元年二月十日死す法名祐賢、爾来世々里正を勤む。次子平左衛門信光・秋谷村に分家す今其子孫かの村にあり。三男伊予守利清・父の家を続く、是十郎左衛門の祖なり」。

五 紀州藩家臣 元和五年国初知行高に「大番衆二百石三堀久右衛門」。延宝五年に「左京様附・三堀豊五兵衛」。文化頃に「徳川頼宣の駿河越筋目之家、北条臣三堀久右衛門雅知、五代二百石三堀八郎忠洪」

三間 ミツマ 三河国・上野国・常陸国に三間村及び三間氏無し。伴氏(ばん)は東三河地方に多く存し、豊橋市百七十戸、豊川市十戸、蒲郡市五十戸、渥美郡田原町十三戸存す。坂氏(さか)は常陸に多く存し、土浦市二十戸、新治郡玉里村十二戸、霞ケ浦町十六戸、東茨城郡美野里町八戸、茨城県の下総国北相馬郡守谷町四十二戸、岩井市二十五戸存す。坂をバンと読んで伴氏を本国常陸と唱えたか。伴氏が三間氏に改姓した訳を知りたい。

一 牧野氏家臣 牧野氏家譜に「三河国宝飯郡牛窪城主(豊川市)牧野右馬允康成(天正十八年上野国大胡城主二万石)ー駿河守忠成(元和四年越後国長岡城主七万四千石)ー光成ー忠成ー駿河守忠辰(元禄六年正月七日家臣三間主水矩寛めされて御家人に列し、七年閏五月十四日また家臣三間伊太夫好将・同善太夫政久を御家人にめし加へらる)」。元和四年大胡より長岡へ引越の人々に「伴喜内、三間才三郎(一本に才十郎)」。長岡藩寛永十五年に「三百石伴喜内、百石伴孫蔵、二百五十石槙新左衛門、百三十五石三間喜兵衛」。寛文年中に「五百石三間安右衛門、百五十石三間武左衛門、百三十石三間利兵衛、百二十石三間長左衛門、九両二人扶持三間庄太夫、二人扶持三間新五右衛門」。宝永四年に「七百石三間監物」。安政六年に「百石伴喜内、三百五十石三間安右衛門、百三十石三間利兵衛、六十石三間左内、三十五石三間矢治馬、三十石三間千之」。

二 甲府藩松平美濃守家臣(柳沢吉保) 宝永元年頃の家中覚に「御直参衆三間大隅守、同主水、同伊太夫・同善太夫」。

三 幕臣 小笠原氏後裔説は仮冒なり。寛政呈譜に@「清和源氏小笠原支流、家紋丸に鳩酸草、轡十文字。三間武左衛門正信(牧野右馬允康成につかふ)ー伊太夫好将(母は牧野駿河守家臣槙新左衛門高信が女。元禄七年めされて二百俵、のち柳沢出羽守保明に属し甲斐国に移り住す。宝永六年江戸にめされて小普請となる、享保十一年死す五十五歳)ー伊太夫全恒ー長之助全与ー吉三郎全純(天明六年継二十七歳二百俵)」A「三間武左衛門正信が二男三間善太夫政久(百俵)ー善太夫政兼ー吉十郎寿尋ー七郎兵衛寿順(天明元年継十九歳百俵)」。B「三間武左衛門正信が三男三間大隅守政房(はじめ伴を称し、のち三間にあらたむ五千石、松平吉保に属し采地は収められ、四百俵をたまふ)ー四郎左衛門政晴(享保十五年継九歳四百俵)ー富吉規政、弟清次郎政古」。C「三間武左衛門正信が四男三間主水矩寛(三百俵)ー主水矩芳ー市蔵矩国(宝暦十一年継二十二歳三百俵)」。D江戸幕臣人名事典に「三間権太郎、慶応二年四十九歳、二百俵、本国常陸生国甲斐、祖父三間吉三郎死、父三間柳三郎死甲府勤番」「三間鋼之丞、慶応元年三十二歳、百俵、本国常陸生国武蔵、祖父三間権右衛門死、父三間藤三郎死小普請」「三間小膳、慶応二年四十二歳、丸之内酸漿三方面、四百俵、本国常陸生国武蔵、祖父三間四郎左衛門死、父三間遊圃死御書院番」。なぜ本国常陸なのか、調べてほしい。

水間 ミヅマ 佐久市六十戸存す。

一 上杉氏家臣 蒲原郡豊田庄下中ノ目村(豊浦町)に水間出羽守則長の館跡がある上杉景勝に敗れた出羽守と家老細野源右衛門兼則を葬った墓地能化山がある。下中ノ目村に細野氏二十二戸、水間氏無し。山形県安田文書に「天正六年九月二十日、景勝は安田治部少輔に春日山籠城を賞し、三郎景虎方の水間出羽分を宛行う」。文禄三年目録に「与板在番八十八石水間加右衛門」

三潴 ミヅマ 水間とも書く。

一 上杉氏家臣 岩船郡関川村上関城主は鎌倉時代より三潴氏居城す。下関の関吏に江戸時代三潴氏が任命され、隣村の勝蔵に一戸存す。黒川氏領にて、越佐史料に「享徳三年十月九日、黒川氏実の本領越後根岸の地(関川村か)、三潴弾正の知行する所とんる、是日三潴道珍、弾正をして之を氏実に返還せしむ」。室町殿御内書案に「長禄四年四月二十一日、去年十月十五日於上州羽継原合戦之時(館林市)、父討死、三潴帯刀左衛門尉殿、御判」。和田中条家文書写に「文明十三年五月二十四日、上杉房定は弥彦神社を修造せしむ、役人三潴次郎右衛門尉」。文明末年越後守護代長尾能景方分古志郡大島庄(長岡市)検地帳に「被官三潴松夜刃丸給分」。上杉古文書に「四月五日(永正頃)、三潴孫右衛門殿、能景黒印」。上杉家文書に「十二月十三日、自駿河合力一千三百、諏訪部次郎右衛門・三潴掃部助両人に而討取之。義輝公方様へ長尾景虎より注進状」。古代士籍に「謙信様衆、信州・小国殿与力水間掃部」。謙信記に「天文二十二年川中島合戦、左横鎗備水間掃部」。歴代古案に「永禄十二年正月十三日、藤掛(岩船郡山北町)へ進陳一途可有之様候者、三郎次郎(大川)談合有之、早々打寄尤候、三潴出羽守殿(政長)、輝虎花押。出羽は掃部頭子」。色部文書に「二月二十九日(永禄十二年頃)、本庄繁長降伏後の処置を命ず、三潴左近太夫殿、輝虎花押」。三潴文書に「天正十一年七月十六日、景勝は本庄繁長の請によりて、出羽子・三潴左近太夫の罪を赦し、荒川条(岩船郡荒川町)を知行せしめ、繁長は左近太夫をして羽黒城(中条町)を守らしむ」。文禄三年目録に「越後侍百八十三石後松本大炊(小国城代)同心に成る三潴左近助。庄内大宝寺本庄越前守同心十四石三潴佐左衛門」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆四百五十石三潴小次郎、小国在番衆二百石三潴左近」。上杉家文書に「鉄砲一巻之事。直江兼続は越後より若松へ国替の時、鉄砲の師匠三潴式部を召抱える。式部は播磨稲富伊賀守祐直の門人なり」。

二 米沢藩家臣 米沢市一戸存す。諸士略系譜に@「三潴兵内政伴(始利右衛門、清兵衛、延宝五年家督御馬廻、享保元年致仕)ー清兵衛政豊ー清兵衛利政ー清兵衛春政ー兵内政常ー六弥政富ー清蔵政清(嘉永二年家督)」。A「三潴七郎左衛門正秀(実沢甚九郎貞行二男、始七兵衛、宝暦元年家督御馬廻、寛政三年卒)ー忠左衛門範房ー又左衛門周美ー左久馬留行(文政九年相続」B「三潴十郎兵衛(始右仲、宝暦九年家督御馬廻、明和六年欠落に付名字断絶)」。寛永八年に「御馬廻衆二百石三潴清兵衛」寛政五年に「御馬廻五十石三潴清兵衛、医師三十九石三潴三折、御鎗足軽二石一人扶持三潴三太郎」。

水巻 ミヅマキ 塩尻市片丘(無し)大宮八幡社大永三年正月銅造棟札に「鉢伏権現御宝殿、大旦那水巻四郎・同小太郎」。

三俣 ミツマタ 上野、下野に存す。

一 上杉氏家臣 信濃国水内郡三俣村(飯山市飯山大輪院付近)より起こる。長野市入山・小県郡丸子町辰口・埴科郡坂城町村上より泉衆の本拠地三俣村へ移る。古代士籍に「謙信家臣、不識庵御番衆三俣民部。旗本・本庄家より出る・後本庄同心・本国信州三俣九兵衛」。文禄三年目録に「越後侍三百三十九石・元信州泉衆本姓入山・三俣九兵衛。春日山不識庵御番衆二十四石三俣式部・元泉衆・九兵衛伯父也・九兵衛父も式部と云・村上の入山家也、此式部子辰口庄次郎と云。信州西大滝(飯山市)大滝甚兵衛同心九十四石・九兵衛又伯父・元泉家三俣助左衛門」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆二千石宰配頭三俣九兵衛、百五十石三俣源三郎、三俣孫次郎」。慶長五年に「二千石三俣、仙台牢人・三ノハサマ(栗原郡三迫)牢人」。北越耆談に「三俣九兵衛子孫は、只今三俣清右衛門なり、只今五百石」。

二 米沢藩家臣 米沢市一戸存す。諸士略系譜に@「三俣九兵衛古尚(信州泉衆三俣式部男、慶長三年会津へ供奉八百五十石御馬廻宰配頭、米沢にて三百五十石となる、寛永元年致仕)孫次郎九兵衛吉次(寛永九年卒)ー将監元吉(四百石宰配頭、承応三年卒。弟隼人吉親)ー九兵衛吉信(万治二年卒。兄五郎外記中務之相は伯父吉親跡式)ー九兵衛吉広(実元吉三男、元禄四年卒。吉信嫡子清右衛門吉賢は中務之相跡式)ー治部右衛門盛之(弟源次郎興之)ー武兵衛吉寛ー武兵衛吉恩ー九左衛門吉隆ー九左衛門威吉ー孫太郎吉威(明治元年家督)」。A「源次郎興之(享保四年致仕)ー孝蔵広之ー源次郎之昌ー吉蔵之寛ー総太之康(安政二年家督)」。B「隼人吉親(始喜内、千石御小姓支配、正保二年定勝に殉死)ー清右衛門吉賢(実九兵衛吉信嫡子、元禄七年卒)ー清右衛門親政ー九兵衛親精ー九兵衛吉年ー九兵衛吉豊ー平馬吉文ー喜内喜孝ー巳太郎吉寧ー仁王太郎吉応ー又四郎吉廸(嘉永三年相続)」。寛永八年に「御馬廻衆三百石三俣九兵衛、御小姓衆三百石三俣喜内、御祐筆衆二百石三俣将監」。寛政五年に「侍組五百石三俣九兵衛、御仲之間八十石三俣武兵衛、御馬廻七石三人扶持三俣源次郎」。

三 前橋藩酒井雅樂頭家臣 前橋市十四戸、うち二之宮七戸存す。寛永頃に「百石三俣舛右衛門」。明暦二年に「天川三俣増右衛門・同所三俣惣太夫、銀町三俣三左衛門」寛延元年に「百石宮子三俣惣太夫、八十石片貝町三俣左吉」。姫路藩明治二年に「三百十石三俣惣太夫、二十五石二人扶持三俣秀太郎」。

水宮 ミヅミヤ 壬生氏家臣 壬生町無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、水宮近江」。

三村 ミツムラ ミムラ参照。

水村 ミヅムラ 武蔵に多く存す。

一 常陸国片野城主梶原政景家臣 旧武州岩附城家臣なり。七四四七頁参照。八郷町片野無し。高野山清浄心院常陸国供養帳に「文禄二年八月二十日・月叟善心禅定門、常陸片野水村豊後守妻は之を立てる」。

三元 ミツモト 小田原藩大久保氏家臣 文政八年に御広間七石三人扶持三元澄右衛門天保十三年先祖書に「大久保忠朝代延宝八年総州佐倉取立・本国下総・三元保蔵」。

三本 ミツモト 見附市八十九戸存す。

一 上杉氏家臣 古代士籍に「上田長尾政景家来三本与惣左衛門」。歴代古案に「天正九年十一月吉日、景勝は三本又二郎に魚沼郡上田之内高見塚分・千木良分を宛行う」「天正十一年十月三日、景勝は三本与三左衛門に千木良分の替地として、西方主計分三貫三百文・畳さし一貫文・大友五百文の地を宛行う」。文禄三年目録に五十騎衆七十六石三本与総左衛門。慶長三年会津分限帳に御馬廻衆百五十石三本与三左衛門。

二 米沢藩家臣 米沢市三戸存す。諸士略系譜に@「三本与総左衛門秀陳(上田士、始又次郎、上田の内樺沢と云所に住居、五十騎勤仕、米沢まで供奉し卒す)ー又五郎与総左衛門秀胤(寛永二十年卒)ー右馬之助秀春ー甚左衛門秀正ー与総左衛門秀章ー伝次郎次信ー甚左衛門秀詮ー与左衛門秀将ー又次郎秀俊ー吉蔵秀貞ー大八秀徳(天保十二年相続)」。A「三本与次右衛門(先祖不相分。始は三居と書よし。始仙助、御小納戸組勤仕、元禄三年致仕)ー孫九郎元重ー与次右衛門方副ー与次右衛門方俶ー嘉左衛門方敏ー熊蔵方義ー左近方直ー小太郎(明治二年家督)」。寛永八年に「五十騎衆五十石三本与三左衛門」。寛政五年に「百五十石三本与左衛門、二十五石三本与次右衛門」。

三 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町無し。壬生義雄家臣席順に「小姓組十五貫三本内膳」

水本 ミヅモト 豊島区巣鴨無し。高野山千蔵院供養帳豊島郡巣鴨町に「承応三年・正誉浄秋命日八月二十六日、水本市十郎は立てる」。

三矢 ミツヤ 秋元藩家臣 前橋市無し。寛永十年惣社より谷村所替面附帳に「四両二人扶持三矢左兵衛」。潰家留写に「三矢作兵衛。惣社御譜代釈迦尊寺に罷在浪人也。甲州郡内へ御供仕、寛永十三年病死、養子梅沢金蔵次男福太郎・作兵衛と改、子無之断絶」。

三谷 ミツヤ ミヤ参照。

三津山 ミツヤマ 佐竹氏家臣 つくば市大形に三津山氏一戸存す。文禄三年筑波町附近検地帳に「佐竹(小場)義成は、某分を三山隼人に、三山市衛門分を中島源衛門に与える」。

水吉 ミヅヨシ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市一戸存す。寛政五年に「糠野目御屋敷附手明二石一人扶持水吉嘉右衛門」。

三和 ミツワ 上杉氏家臣 越後登坂文策文書に「永禄七年二月十七日、下野佐野城を攻む、三和又四郎・三和彦次郎戦功あり」

三戸 ミト

一 高階姓三戸氏 七四五五頁参照。

二 平姓三浦氏流三戸氏 相模国三浦郡三戸村(三浦市初声町三戸)より起こる、在名にて現存無し。扇谷上杉持朝ー定政(家老太田道灌)ー朝良ー朝興ー朝定(天文十五年川越一戦討死)の家臣なり。上杉持朝の造営奉行にて、横浜市港南区日野町春日神社別当徳恩寺造営棟札に「永享五年八月十八日、三浦朝臣三戸駿河入道寿阿弥・本地堂造営、藤原朝臣持朝花押」。岩附城主太田家譜に「扇谷上杉朝定殿御家にては太田・三戸・上田・萩谷、是を四天といふ」

三 白井城主長尾景春家臣 前項の一族なり七四五六頁以下参照。太田道灌雄飛録五に「道灌は文明九年五月三日利根川を打渡り長尾景春と戦はんと武州五十子に帰陣せしほどに其勢若干の大軍也、長尾は是を見て武州用土原へ退いて陣取し、長尾四郎左衛門景春は家臣三戸駿河守・上田兵庫助等に申たる。景春は三戸駿河守・吉里宮内左衛門已下を引卒し、大石駿河守がこもりたる多摩郡二の宮の城へ着陣す」。

四 豊島郡岩淵領稲付城主太田新六郎康資家臣 三戸文書に「三戸駿河守(室おこや)ー四郎駿河守景道(若名伊勢寿丸。謙信、太田家書翰所持。常州土浦藩主松平大河内因幡守に仕へ、高崎移封に従い、元和三年三月七日上州高崎にて卒八十才・慶得院殿前駿河大守秀誉道文大居士。妻は太田美濃守三楽の妹としょう・法名正宝寿泰大姉)ー五兵衛景豊」。高野山千蔵院供養帳豊島郡岩淵領稲付村(北区)に「天文二十二丑年五月二十八日・母光室□海大禅定尼・逆修自身栄誉元同・逆修内室笑室守胎尼稲付村太田美濃守殿妹也、稲付村三戸四郎平奥義は之を立てる」。

五 前項の末裔 太田康資ー重正ー備中守資宗娘が一柳末礼妻となり、資宗の取次で一柳氏に仕える・播州小野城主一柳末礼(正徳二年没)ー末昆ー末栄ー末英(宝暦八年生)ー対馬守末周。武鑑に「一柳末周の家老三戸権五郎」。三戸文書二十二通を相伝し、子孫小野市西本町三戸景温所蔵となり兄弟で分割して所蔵す。

水戸 ミト 藤原姓江戸氏族にて、常陸国吉田郡水戸(水戸市)より起こる。

一 藤原姓江戸氏流 江戸系図に「江戸彦五郎但馬守重通(居水戸城、天正十八年佐竹義重襲水戸、重通城奔結城倚頼秀康君、慶長三年卒)ー水戸三七宣通(或改実通、仕秀康君、改氏称水戸、秀康君移封于越前の時、宣通従行、子孫今尚存す)」。結城晴朝は妹を江戸重通の妻とし、重通娘を養女とす。結城殿町大輪寺文書の天正十年八月二十三日結城晴朝願文に「於水戸息女并嫡子愛千代丸息災延命繁昌」。重通と晴朝妹の間に愛千代(江戸通升)が生まれ、天正十六年十二月神生氏攻撃で戦死す。

二 常陸江戸氏家臣 水戸市加倉井日蓮宗妙徳寺天正十二年棟札に「大旦那(江戸重通)、水戸讃岐女」。

三 福井藩家臣水戸氏 本国武蔵平姓は仮冒なり。享保六年諸士先祖之記録に「江戸但馬守重通(本国武蔵生国常陸、姓平、先祖は桓武天皇四代高望王三十代後胤也)ー水戸三七実通(初名江戸但馬守、数代常陸国水戸城主之処、至実通代有故而属結城晴朝公居結城、晴朝公は実通母方の祖父也、此節改水戸三七、越前罷越之後、依病気元和九年御合力米被差上之)ー水戸内匠朝祇(忠昌公御代寛永十六年御合力被下之、天和三年卒)ー水戸平兵衛朝栄(養子、実は山城国竹屋中納言光長四男、綱昌公御代天和三年跡目被下)ー水戸市之進朝兼(吉品公御代元禄六年家督被下)」。慶長六年入部結城秀康給帳に「役無衆千石水戸三七殿」。松平光通給帳に「二百石水戸内匠」松平綱昌給帳に「御合力扶持方水戸内匠、水戸平兵衛」。松平吉品給帳に「三十人扶持水戸市之丞」。天保初年に「高家・三ツ巴・百俵水戸但馬」。高野山清浄心院結城家過去帳に「慶長十九年六月二十六日・霊位了円禅門、越前北庄住実通は立てる。同年十一月二十八日・道益禅定門、実通は立てる」「元和七年七月二十九日・霊位連栄院妙徹、越前北庄江戸三七は立てる」「寛永二十年十月九日・霊位長安寺殿秋山登月大禅定門、越前福井同家中水戸内匠助は立てる」「慶安二年二月十六日・霊位雲寿院殿華遊春慶大姉二十五年忌、越前福居松平宰相殿家中水戸内匠は之を立てる」。

四 越後高田藩家臣 結城秀康嫡子忠直の子松平光長延宝年間給帳に「二百石水戸市右衛門」。前項の一族か。

神徳 ミトク 宇佐美参照。

水戸野 ミトノ 米沢藩上杉氏家臣 米沢市無し。寛政五年に「六石一人扶持水戸野四郎左衛門」。

水戸部 ミトベ 越後、下野に存す。

一 佐野氏家臣 佐野市八戸、うち犬伏町一戸、久保町無し、下都賀郡岩舟町十三戸存す。唐沢軍談に「天正五年佐野宗綱家臣犬伏の三戸部玄蕃等は藤岡城を攻める」。慶長六年佐野信吉家中に三戸部玄蕃。田沼町吉水新町侍屋敷に三戸部玄蕃屋敷・慶長五年久保町へ移る。

二 小山氏家臣 小山市二戸、うち大谷郷無し。下都賀郡藤岡町十七戸、うち大前(大崎村)十一戸存す。寛政頃の小山家旧臣帳に「大谷郷水戸部玄蕃末流水戸部新左衛門同三右衛門。大崎村水戸部玄蕃末流水戸部伴右衛門」。

三 宇都宮氏家臣 下野国芳賀郡水戸部村(二宮町)より起こる、在名にて現存無し天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「水戸部村水戸部靱負」。

四 結城氏家臣 結城市一戸存す。君島系図に「永禄年中宇都宮氏家臣赤埴大膳綱安は結城晴朝の将三戸部左衛門尉を討取る」。

五 真壁氏家臣 真壁町無し。天文五年頃真壁旧伝記に水戸部出雲。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。討死水戸部出雲」。

六 古河藩土井氏家臣 正保四年に「大番百三十石水戸部四郎右衛門」。

三戸部 ミトベ 西茨城郡岩瀬町付近を西那珂郡と称す。現存無し。

一 小田氏家臣 天文十八年小田家風記に「大番千騎千石三戸部猪助」。小田事蹟に「一族大名西那珂郡に三戸部大学」。小田氏滅亡後は多賀谷氏に属す。

二 多賀谷氏家臣 下妻市無し。多賀谷諸家中に三戸部大学。結城秀康の家老多賀谷左近に従い越前へ移る。慶長十七年越前柿原藩多賀谷陪臣に「二百石三戸部喜左衛門」

三富 ミトミ 越後、相模に多く存す。

一 北条氏家臣津久井衆 永禄二年役帳に「津久井衆三富、一貫文若柳之村(無し、相模湖町)」。

二 同三浦海賊衆 横須賀市百四十戸、三浦氏二十二戸存す。関八州古戦録巻四に「弘治二年十月、里見義堯は養息義弘を惣大将として、舟船八十余艘にして相州三浦へ着船して城ヶ島に陣をとれり、此所には北条の番兵梶原備前守景宗・三富源左衛門以下守り居ける」。

三 山内上杉憲寛家臣 越後志賀慎太郎文書に「十月二十五日(享禄三年か)、用土新三郎跡赤浜事(寄居町)、知行不可有相違候、三富平六殿、憲寛花押」越後衆なり。

三留 ミトメ 北条氏家臣三浦海賊衆 横須賀市四十七戸、三浦市十二戸存す。北条五代記に「出口・亀崎・鈴木・下里・三留の名字の頭が早雲に属し、三浦十人衆と呼ばれ、以前のように三崎城に在城す」出口参照。永禄二年役帳に「三浦衆、三崎十人衆二十三貫文三崎内、新給に被下海賊被仰付に而諸役御免」。

三友 ミトモ 武蔵、上野に存す。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)百五十石三友江左衛門・三友仁兵衛」。

二 箕輪城主長野氏家臣 高崎市二十一戸、うち元島名九戸存す。群馬郡箕郷町富岡(無し)長純寺弘治三年卯月二十六日長野業政母十七周忌奉加帳に「柱一本・三友与四郎・同左近助佐鳥」。

御友 ミトモ 館林市木戸に一戸・家紋二ツ巴の御友家は広大な堀ノ内と呼ばれる屋敷にて、西側の弘安三年開基真言宗常楽寺(もとは修験寺)に御友家だけの墓地あり宝暦年間に「御友又兵衛・館林城内」紋蔓片喰を刻す。館林領に地名無し。

一 尾張藩家臣 士林泝に「姓未考、家紋剣花菱。御友三右衛門重之(上州館林御友邑に住し、敬公御代に召出被り三百石、寛文二年八月卒)ー三右衛門重勝ー三右衛門重共ー三右衛門知重ー忠太郎。重勝の弟園右衛門従重(百五十石)ー勘八重員ー儀左衛門孟雅ー万之助」。明治二年分限帳に「寄合組百五十石御友三右衛門、御小納戸二百石父園右衛門・御友角次郎、軍事奉行調方見習三人扶持父角次郎・御友九郎」。

三刀屋 ミトヤ 土気城主酒井氏家臣 千葉市無し。土気古城再興伝来記に「天正二年者頭百五十石三刀屋金吉」。

緑川 ミドリカワ 信濃、常陸、上総に存す

一 松代藩真田氏家臣 上田市九戸、埴科郡戸倉町四十七戸。真武内伝附録に「寛永七年不足にて浪人緑川六右衛門」。寛永十年に「七十石緑川小兵衛」。寛文元年に「七十五石緑川与右衛門」。文政二年に「百石緑川多文」。文久年中に「百石緑川茂馬」

二 小田氏家臣 つくば市五戸。天文十八年小田家風記に大番千騎二百五十石緑川内匠

三 土気城主酒井氏家臣 千葉市野呂町二戸鎌倉大町日蓮宗本興寺永禄二年堂宇建立棟札銘に「酒井胤治、野路井上緑川源次郎」

翠川 ミドリカワ 上田市二十二戸、うち手塚三戸、小県郡長門町六十戸、丸子町二十八戸存す。手塚村八幡社天正八年三月二十日棟札に「本願緑川治郎右衛門」。

薬袋 ミナイ 甲斐に多く存す。

一 武田氏家臣 甲府市五十戸、うち大里町(円満字村)七戸、中巨摩郡田富町東花輪二戸存す。甲府市旧阿原村四郎左衛門文書に「元亀二年五月二十六日、鼻輪之内薬袋又四郎分御改之上、横打与三兵衛尉に宛行う、武田家朱印」。甲陽軍鑑品十七に「武田聖道様衆薬袋靱負」。甲国聞書に「天正十年勝頼自害御供の衆御歩行皆井小助・法名本光道如義剣居士」。天正十壬午年武田諸士起請文に「信玄直参衆薬袋靱負。遠山衆薬袋勘左衛門・薬袋与助。一条衆薬袋源七郎。山県衆薬袋主税介。曽根下野守衆薬袋帯刀。井伊兵部少輔衆・前土屋衆薬袋主計」。甲斐国志に「円満寺村。鎌田八幡宮慶長の棟札に本村の人薬袋清右衛門と云者見えたり」。

二 同浅利党 東八代郡豊富村四十一戸、うち浅利二十六戸、大鳥居字川東十五戸存す甲斐国志に「八代郡浅利村。古伝に飯室・下条・中沢・薬袋は浅利氏の四家と称したりと云、浅利の氏族なりや否」。群馬県藤岡市黒沢芳弘文書に「永禄十年七月十四日為薬袋弥四郎隠田分之替地、於浅利の内二十七貫文を宛行う、小菅監物殿、朱印(武田家)」。甲斐国志に「大鳥居村薬袋主殿助。薬袋十郎兵衛・宝永二年浪人改帳に苗字帯刀の書上あり。主殿助より七右衛門、七郎兵衛、七右衛門と相続す、今子孫甚だ衰へたり、壬午十二月七日の御朱印写一章あり、中郡河東三十貫文・浅利手作分二貫文とあれば浅利の住士と見えたり」。

三 幕臣 寛政呈譜に「薬袋靱負(武田信虎につかふ)ー因幡守吉次(信玄につかふ、天正十年東照宮に属す)ー靱負吉重(信玄勝頼につかへ、天正十年父と共に東照宮に属す)ー小宮山清左衛門昌重(外家の称号小宮山にあらたむ、正保三年死す)」。

四 甲府藩家臣 元禄八年徳川綱豊(六代将軍家宣となる)分限帳に「御賄組頭三十俵二人扶持薬袋小左衛門」。

五 彦根藩家臣 侍中由緒帳に「薬袋佐助重玄(生国甲州、土屋惣蔵衆。於上州箕輪、井伊直政へ召出、慶長六年七十石、鍛冶奉行、都合百五十石、寛永二十年病死)ー佐介□□(百五十石)ー佐介□□(弟藤市)ー小左衛門(百石。弟八太夫)ー小左衛門幸助ー貞右衛門政太郎重庸(百二十石)ー貞右衛門主計重暉(百五十石)ー加寿衛主計重遠(嘉永五年目付役百五十石相続)」「三代目佐介の弟薬袋藤市(七十俵六人扶持右筆役)ー平助ー藤市(百石厩頭取加役)ー伝七好実ー藤太重一(百八十石)ー藤太好光(安政六年百八十石相続、明治元年軍務局七等執事厩馬方)」。慶長七年分限帳に「七十石薬袋左介」。慶長十二年に「鍛冶奉行百石薬袋左介」。慶安四年に「百五十石薬袋佐介」。文政十一年に「百五十石薬袋伝七・六十五歳、百二十石薬袋主計五十一歳」。

皆川 ミナガワ 越後、常陸に多く存す。

一 上杉氏家臣 北魚沼郡小出町(藪上庄)四十戸、うち虫野十二戸。上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、藪上居・畑野百姓皆川民部」。上杉年譜に「天正八年八月十五日、三郎景虎方の穴沢七右衛門分を宛行う、皆川式部丞殿、朱印(景勝)」。文禄三年目録に「頸城郡朴ノ木・信州今清水抱同心衆十二石皆川忠右衛門。村松(長岡市)新手明七石皆川久右衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市八十八戸存す。寛永八年に「肝煎本地新開共に三十石皆川三右衛門。御手明衆二十五石皆川六右衛門」。寛政五年に「十二石皆川喜代次、五石二人扶持皆川源左衛門、五石一人扶持皆川十左衛門、三石一人扶持皆川文次郎、同高皆川長蔵、同高皆川孫兵衛、一石二人扶持皆川総左衛門」。

三 沼田藩真田氏家臣 沼田市一戸、上田市二戸。真田信利分限帳(天和元年改易)に「持筒頭百五十石皆川小左衛門」。

四 金山城士 太田市九戸。金山太田誌に天正十一年金山籠城譜代之臣皆川源三郎。

五 佐野氏家臣 佐野市九戸、安蘇郡田沼町多田無し。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「永十二貫文皆川九郎・屋敷多田」。

六 那須氏家臣 那須郡烏山町二十戸、南那須町志鳥無し。那須記に「天正十五年八月、烏山志鳥郷皆川吉内」。

七 結城氏家臣 結城市四戸存す。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、皆川伊豆重貞」。

八 真壁氏家臣 真壁郡大和村二十四戸、明野町二十二戸、真壁町二十五戸、うち山尾無し。真壁安幹文書に「永享十一年四月、真壁朝幹代皆河綱宗申状」重臣なり。天文五年頃真壁旧伝記に「皆川伊勢守、皆川新右衛門、皆川次郎五郎、皆川重兵衛、皆川三次郎」。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事、皆川伊勢一騎討取」高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正十六年八月十二日・霊位妙膳禅定尼、常州真壁皆川和泉守は娘の為に之を立てる」。小田原編年録に「池田丹後守正行ー池田筑後守正範(寛永十年死八十三歳、真壁斎勝寺に葬る)、姉は山尾村皆川新左衛門妻」。真壁町東山田天台宗最勝王寺は単に最勝寺とも呼ばれる。慶長十三年真壁記に「佐竹氏秋田移封のとき暇拝領連判人、真壁家中・紋ムメバチ(梅鉢)・三百石皆川大膳」。

九 小田氏家臣 つくば市五十戸、うち臼井十九戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎三百石皆川兵庫」。

十 笠間衆 笠間市十二戸存す。石井村古事取調記に「慶長七年佐竹旧臣車丹波一揆鎮圧で笠間藩主松平周防守康重に従ひ水戸へ行く、町役人皆川伝吉」。

十一 常陸江戸氏家臣 水戸市百九十戸、うち酒門町十戸、栗崎町無し。栗崎町天台宗仏性寺柱銘に「天正十三年三月十六日、皆川与へもん形見」。結城市小田林鈴木正孝文書に「江戸氏支城酒戸城主谷田部中務家臣皆川主膳」。慶長三年江戸重通に皆川周防守殉死し小田林村衣輪寺に埋葬す。

十二 佐竹氏家臣 常陸太田市二十五戸、那珂郡大宮町三戸存す。古代以来居住の苗字にて、下野国の在名藤原姓皆川氏後裔説は仮冒なり。大宮町甲明神弘治三年奉加帳に「皆川右京亮」。新編常陸国誌に「皆川、佐竹の臣にて太田に残れり、皆川左馬助とあり。下野に皆川氏あり、秀郷流なり。太田時宗浄光寺過去帳に、重阿・慶長十五年□月朔日皆川□□とあり」。秋田藩諸士系図に「皆川若狭(慶長七年古内義貞に従て秋田に来る)」。秋田城下皆河藤次左衛門宗貞文書に「天正十八年佐竹(北)義憲より皆川左馬佐宛に稲木(常陸太田市)・足満(金砂郷町)・東れん地(水府村)十五貫文宛行状」。文禄五年御蔵へ納帳に皆川越後の名あり。

十三 同古内衆 東茨城郡常北町十四戸、うち上古内五戸存す。水戸藩領落着武士に「加治備前守家臣皆川右馬之允善春・上古内村土着」。太平記に備前国児島庄加治備前守時秀あり、この子孫に仕えた出稼衆か

十四 同多賀衆 高萩市四十戸、うち赤浜十一戸、日立市百七十戸、うち川尻六戸存す赤浜村日蓮宗妙法寺過去帳に「天文十二年二月六日・妙養・ミナ川二郎衛門子」「永禄七年六月十七日・霊位法金・ミナ川藤衛門」「永禄八年四月二十一日・霊位妙任・川尻皆川善太夫の内」「天正十年六月二十八日・霊位妙光・宿皆川善兵衛母儀」。

十五 水戸藩家臣 寛文九年分限帳に「御式台役・禄付無し皆川源太夫」。万延元年に「小従人組頭皆川小伝次、御馬廻組皆川藤太郎」。常陸国住人なり。

十六 水戸天狗党 皆川亀吉(一本に亀松)十九歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑。

十七 幕臣 @文化十酉年在方御普請役分限帳(利根川用水書類)に「勤金五両、本国常陸生国武蔵、皆川沖三郎、酉三十二歳、本所御竹蔵後御小姓組高井鉄五郎地面借地住宅仕候」。A江戸幕臣人名事典に「皆川善之助、慶応二年六十七歳、二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、祖父皆川寅八郎死、父又兵衛甲府勤番同心」「皆川甚一、慶応三年三十五歳、十三俵一人扶持、本国生国共武蔵、父甚之助御代官手附」。

十八 藤原秀郷流長沼氏族 下野国都賀郡皆川荘本皆川村(栃木市皆川城内町)より起こる。長沼参照。東京都西多摩郡羽村町神明台皆川又太郎(のち皆川城内町居住、皆川庸一所蔵長沼文書四十通あり)所蔵皆川系図に「小山政光ー長沼宗政ー時宗ー皆川四郎宗員(六代孫宗常は北条高時に滅ぼされる)、弟中沼宗泰ー秀行号南山(建武之比)ー長沼宗秀(観応之比)ー長沼宗于(元中之比)ー秀直(実秀行の息、永和之比)ー義秀(応永之比)ー満秀(応永之比)ー憲秀ー秀光ー秀宗ー氏秀(鎌倉を落ち、始白岩に住す、其後皆川に居住す、河原田に於て討死)ー皆川宮内少輔宗成(河原田討死。弟刑部少輔成正)ー山城守成勝(十二月二十六日滅六十一歳法名建幢)ー山城守俊宗号心鉄斎(天正元年九月十一日滅四十九歳法名従峯文勝。弟又五郎は下総国臼井にて討死法名高峰道誉)ー又四郎弾正少弼広勝(二十九歳卒法名籌山良勝。弟山城守広照、弟又十郎広秀、弟又一郎広長弟善七郎広忠)ー又三郎山城守広照号老圃斎(俊宗二男、寛永四年十二月二十二日滅八十歳法名三清院善翁慶勝)ー又四郎志摩守山城守隆庸(正保二年二月五日於大坂御番所六十五歳卒法名春岩紹知)」斎号は修験の称号なり。東国擾乱記に「長沼五郎宗政四代の孫・越前権守秀行は下総の国府の田井に住す。其の嫡男淡路守宗秀・奥州白河郡岩瀬に移りて五代・其処に住す。同憲秀の時に会津田島へ所替して四代そこに住す。同秀光至徳三年に上京して紀伊守に叙せられしが、嘉慶二年三月足利義満将軍の命に背きて、会津田島を没収せられ、下野国都賀岩船山の麓白岩郷に来りて潜居す。時に小山泰朝・領地を分ちて皆川庄を附与す。是に於て、秀光・栃木郷に城を築いて住す、時に応永元年戌なり。其の後皆川の城を再興して本城とす。同秀宗は永享十年八月朔日鎌倉に生害す。其の男氏秀が時に五十余郷を領す、皆川家中興の元祖なり」

十九 皆川氏の史料 永正十五年道者日記に「下野国皆川分、みなかハ殿・みな川七郎殿」。長沼淡路守氏秀一族は大永三年宇都宮氏と川原田村(栃木市)で激戦となり、一族の多くが討死す。秋田藩田代隼人文書に「八月一日(天文八年頃、天文十七年説あり)、壬生一類之者共、宇都宮領へ手切之働之を成し候上は、壬生中務大輔在所に向ひ、皆川弾正少弼方・同左衛門大夫打出で壬生成敗す」。西方町史は弾正少弼成勝(山城守)、左衛門大夫忠宗と注す、長沼氏秀ー冨田左衛門尉成忠ー左衛門尉駿河守忠宗。諸家古書簡類聚に「正月二十六日、愚老逆修の為に日牌之儀頼入候、清浄心院御同宿中、駿河入道忠宗花押」冨田村居住す。大平町榎本曹洞宗大中寺文書に「六月二十五日、長沼弾正少弼は大中寺の紛争を仲裁す」。皆川庸一文書に「五月二十一日祝儀の贈物の返礼として剣を贈る、長沼弾正少弼殿、花押(足利義氏)」。豊前氏古文書に「永禄元年六月二十三日、皆川弾正納得す」。皆川城内村曹洞宗傑岑寺は天文二十三年皆川俊宗が開基す。永禄三年関東幕注文に「宇都宮へ寄衆皆川山城守・地黒之左ともへ、同駿河守親類同紋、同又五郎同紋、同刑部大輔同紋」。西茨城郡岩瀬町橋本安達文書に「永禄八年四月七日、宇都宮公綱譜代旗下三十騎一千九百余人は、小田氏家老信田鴨之助籠る坂戸城(岩瀬町)を攻る、御当家老臣皆川山城守光勝花押」系図に見えず。関八州古戦録巻八に「永禄九年九月北条氏政皆川表へ押寄す、城主長沼信鉄斎・子息皆川又三郎広照は防戦す」寺内文書に「元亀三年三月十二日、受領の事申上げ候、寺内若狭守殿、広勝花押」。埼玉県西光寺文書(場所不詳)に「天正五年三月二十七日、下野国大中寺は籌山良勝公庵主(故皆川広勝)の百ケ日の法要を行う」。皆川文書に「天正九年十月二十九日馬を贈呈され返礼す、長沼山城守殿(皆川広照)、信長朱印(織田)」。小田部庄右衛門文書に「六月二日(天正十年)、宇都宮御館人々御中、皆川山城守広照判」「天正十三年正月二十一日、皆川又十郎広秀は程島大学助に官途を与える」。栗橋城主野田弘朝の臣石塚下総守照吉由緒書(小山市立図書館)に「天正十八年九月。長沼ノ駿河守殿ヨリ・皆川殿八郎在名也、長沼ノ山城守殿ヨリ・長沼志摩守殿ヨリ、御判」。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳。皆川城代・本名長沼・皆川山城守。皆川刑部大夫、皆川藤七郎」。利根町布川海運業荒井文書に「文禄頃。皆川山城守広照の家臣皆川三郎右衛門・皆川将監」。慶長八年二月六日徳川家康の子松平上総介忠輝を下総佐倉より信州松代城に移し、皆川広照を飯山城に置き、忠輝十二歳の傅に当たらせる。飯山市小菅神社絵馬に「慶長十一年六月、奉寄進皆川主膳正広泰・皆川山城守藤原朝臣広照」。広泰は系図に見えず。皆川正中録に「皆川家成行之事。皆川山城守広照・寛永四年病死し嫡子隆庸家督相続す。二男は妻の知るべなる越後国黒川といふ所に世を凌ぎ住みけるが子供数多ありて中年にて病死せり」。苗字皆川氏は北蒲原郡黒川村三十六戸、近隣市町村に多く存し皆川広照とは無関係なり。

二十 高野山清浄心院下野国供養帳 「天文十六年十二月二十六日・霊位建幢成勝禅定門、下野皆川心徹斎(俊宗)は成勝の為に之を立てる」「元亀二年七月十七日・霊位娟孝禅定尼、下野皆川又七郎は家中(妻)の為に之を立てる」「天正元年四月二十六日・霊位昌心禅定尼、下野皆川又四郎(広勝)は家中の為に之を立てる」「天正元年八月十一日之を立てる・霊位傑岑文勝居士下野皆川心徹斎の法名」「天正二年卯月二十一日・逆修梅窓慶薫禅定尼、下野皆川心徹斎簾中(妻)は自身の生前供養を立る」「天正四年十二月二十日・霊位籌山良勝庵主、下野皆川弾正少弼(広勝)尊霊の為に之を立てる」「天正五年正月二十三日・霊位久室慶隆禅定尼・逆修松室明嶙禅定門、下野西御庄冨田郷皆川駿河守は内女(妻)の供養と、自身の生前供養を立てる」冨田村に皆川氏一戸存す。「天正十一年十月十七日・霊位昌慶禅定門、下野皆川一見斎は之を立てる」「寛永十三年九月五日・霊位秋誉慈栄禅定尼、下野皆川山城守殿内皆川隼人正庸竜は之を立てる。霊位緑誉秀近禅定門・霊位察誉妙諦禅定尼、生国山城・今下野皆川山城守内皆川小隼人、同日庸竜は之を立てる」「寛永十六年正月二十五日・霊位秋岳宗清・霊位孝山妙養、淀皆川・永井信濃守内皆川刑部省は之を立てる」。

二十一 京都の皆川氏 下野国志の皆川系図に「皆川山城守広照の弟平右衛門尉伊豆守俊勝(栃木城代、小山御陣の節五百石を賜ひ、子孫京都に在り)」。平左衛門尉が正しい。慶長五年上杉景勝征伐の節兄広照と小山陣御供す。元和三年壬生官務孝亮が記した壬生義雄由緒に「みな川の平左衛門尉と申、かつさ殿女房殿おとゝ候也」壬生上総介義雄妻は皆川広照の妹で、その弟が平左衛門尉俊勝である。俊勝の子孫は、京都の儒学者で易学の研究者皆川淇園(享保十九年生、文化四年没)あり。永井氏家臣か永井右近太夫直勝は元和三年常陸国笠間藩主、元和八年下総国古河藩主となり寛永二年没、その子永井信濃守尚政は寛永十年山城国淀藩主十万石、寛文八年没す。

二十二 福井藩家臣 享保六年諸士先祖之記に「皆川平右衛門勝照(本国生国共下野、姓藤原、秀康公御代於結城被召出。父皆川山城守広照は慶長五年上杉景勝御征伐の節小山陣御供相勤、其子勝照儀所存有之、父広照家禄を其弟山城守隆庸に譲り秀康公へ奉仕す、大坂両度の御陣忠直公御供相勤申候)ー多左衛門勝重(忠昌公御代被召出)ー平右衛門多左衛門勝郷(綱昌公御代延宝五年家督)ー多左衛門勝房(吉品公御代宝永七年跡知)、弟三左衛門勝圃(宝永七年配知)。勝郷の弟与一右衛門勝秀号卜斎(綱昌公御代延宝五年兄勝郷別知被下之)ー与一右衛門勝清(吉邦公御代正徳四年家督)ー平九郎与惣右衛門広定(享保元年跡知)」「三左衛門勝圃の弟茂呂多右衛門秀温(元禄四年被召出。茂呂称号之儀曽祖父皆川平右衛門勝照妻は北条氏政家臣茂呂又十郎女也、故外曽祖母の称号を相続候)」慶長六年入部結城秀康給帳に「本国下野・千石皆川平右衛門」。秀康の子松平忠昌給帳に「二百石皆川七左衛門」。松平綱昌給帳に「千石皆川太左衛門」。松平吉品給帳に「千石皆川多左衛門、百石皆川与一右衛門」。享保九年頃に「九百石皆川多左衛門同人弟百石郡奉行皆川三左衛門、同人弟百石茂呂多右衛門、類家百石皆川与三右衛門」。天保初年に「九百石皆川宮内、百五十石皆川六三郎、百石皆川辰五郎」。

二十三 伊予国松山藩松平(久松)氏家臣 松平隠岐守定勝は天正十九年下総国香取郡小南村を領し、元和三年伊勢桑名藩主となり、子定行は寛永十二年松山藩十五万石となり明治に至る。皆川広照の兄弾正少弼広勝の子孫は松平定勝に仕える。松山市の子規堂の隣に皆川氏代々の墓あり。子孫の皆川治広は戦前に東京控訴院長・司法事務次官を歴任し、祖先の地栃木町金剛寺の祖廟を詣でている。

二十四 彦根藩家臣 慶長七年分限帳に「百二十石皆川半兵衛」。慶長十八年井伊直孝伏見城在番のため上野国より供を召し連れるに「皆川新左衛門。慶長二十年五月大坂夏の陣新左衛門討死後召抱候皆川新蔵」。これ以後見えず、断絶す。本国下野か。

二十五 皆川広照末裔 寛政呈譜に「藤原秀郷流、家紋二頭左巴。皆川山城守広照ー又四郎志摩守山城守隆庸(天正九年下野国皆川に生る、慶長十四年父か゜ことに坐して改易。十九年大坂の役に井伊直孝に属し、元和元年の役にも戦功あり。同九年父とおなじく御ゆるしをかうぶり家光につかへ五千石、寛永二年父の領知をくはへられる、一万八千石、正保二年二月五日大坂城の守衛にありて卒六十五歳。弟市正宗富・千二百七十石)ー又三郎成郷(二十二歳卒、嗣なくして家たゆ)。弟又七郎秀隆(父隆庸が遺領五千石を分知。明暦三年死三十二歳皆川の金剛寺に葬る、のち代々葬地とす。弟半助成之・三百俵)ー左京広隆ー志摩守広逵ー山城守庸春ー左京斎秀ー左京庸清(安永八年継十九歳五千石)」。長沼文書(皆川文書)を相伝し、昭和初年に六十一通が東京松田福一郎に売却され、皆川家が昭和十四年に東京へ移転するさい、皆川又太郎所蔵九十三通が栃木市皆川城内町曹洞宗金剛寺に寄託され、皆川系図も同寺所蔵となる。

皆木 ミナキ 小田原市四十三戸存す。

一 上杉氏家臣 前橋市無し。慶長三年会津分限帳に「上州惣社衆百石皆木隼人正」。

水無瀬 ミナセ 越後に現存無し、南参照。

一 上杉氏家臣 斎号や冠者は修験にて、関白藤原道隆四男隆家の末裔水無瀬坊門中納言・紋菊の後裔説は仮冒なり。古代士籍に「天文年中、前管領憲政越後へ御入の時御供、紋かたばみ南道閑斎、紋かたばみ水無瀬冠者」「謙信家臣、御作事奉行水無瀬彦七、関東・元公家・紋菊・カタバミ水無瀬六郎」。上杉年譜に「天正六年九月朔日、春日山籠城を賞し、三郎景虎方の塚本二郎右衛門分を宛行う、水無瀬甚助殿、景勝」文禄三年目録に「旅御作事奉行衆十七石水無瀬喜七」。慶長三年会津分限帳に「御作事衆百五十石水無瀬彦七」。

二 米沢藩家臣 米沢市一戸存す。諸士略系譜に@「水無瀬彦七久左衛門綱重(水無瀬甚助男、旅御作事勤仕、米沢へ供奉、寛永六年卒)ー伝之丞源右衛門綱政(延宝四年卒。弟長兵衛重治)ー甚助長重ー吉兵衛政央ー甚助政信ー源右衛門行能ー奥次行篤ー源蔵綱行ー甚助義行(元治元年家督)」。A「長兵衛重治(定勝に勤仕)ー新助重尚(元禄六年致仕)ー善兵衛重国(弟新兵衛政之)ー波門命政ー又右衛門長利ー吉弥陣政ー次平忠政ー礼助政盈(嘉永六年相続」B「新兵衛政之(享保六年致仕)ー新七政恒ー新兵衛政朝ー吉右衛門吉久ー茂松陳政ー栄次陳直(文久三年家督)」。寛永八年に「御作事衆五十石水無瀬伝之丞」。寛政五年に「二十五石水無瀬源右衛門、七石三人扶持水無瀬吉右衛門、五石一人扶持水無瀬又右衛門」。

南瀬口 ミナセグチ 上野国勢多郡新里村板橋・山上附近に南瀬口の地名苗字無し。苗字板橋氏は新里村二十戸、うち板橋十一戸太田市六十二戸、うち只上九戸。井野氏は新里村新川八戸存す。正応四年山上城家臣(大川吉蔵文書)に「年寄衆板橋又右衛門正静」板橋村住人にて、これ以前より居住している。只上村移住説は仮冒なり。只上村板橋信次郎文書(板橋三吾所蔵)に「延文元年五月二十七日、南瀬口六郎宛井弾正弼光任書状。為東国発向、義興朝見此度潜相越候、則在所へ被越候而、勢田板橋郷支度可被越候」。板橋郷居住の南瀬口六郎に軍勢催促を命ず。南瀬口六郎より四代目が板橋村居住により板橋氏を称し、その子孫が板橋信次郎であるという。

一 新田氏家臣 太平記巻三十三に「延文四年十月十日、新田兵衛佐義興は鎌倉へとぞ急がれける。執事井弾正忠・南瀬口六郎、わづかに十三人をうち連れて矢口の渡りに押し出だす。みな討死す」。延文三年なり

二 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡無し。永禄元年長野業政家臣録に給人南瀬口六兵衛。

湊 ミナト 奥州に多く存す。

一 宇都宮氏家臣 宇都宮市五戸存す。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、湊忠左衛門」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に湊忠左衛門。

二 幕臣 小田原市三戸、平塚市五戸存す。江戸幕臣人名事典に「湊信八郎、慶応二年三十八歳、二百五十俵、本国相模生国武蔵養祖父湊五右衛門死、養父湊五右衛門御勘定」「湊嘉吉、慶応二年四十四歳、三十俵二人扶持、本国相模生国武蔵、祖父湊嘉右衛門死、父湊嘉右衛門死御細工所同心」。

皆葉 ミナバ 豊田治親家臣 下総国岡田郡皆葉村(結城郡千代川村)より起こる、在名にて現存無し。天文二十年下総国豊田家臣名に「豊田領内皆葉陣代皆葉多聞」。

一 石下衆 結城郡石下町本石下十戸存す。本石下村慶長二十年石下八幡宮棟札に「皆葉豊後」。

三辺 ミナベ 倉賀野城士 高崎市一戸存す倉賀野町須賀文書に「倉賀野城主金井三河守の臣三辺九兵衛」。

南 ミナミ 武蔵、上野、総州に存す。

一 上杉氏家臣 古代士籍に「天文年中・前管領憲政越後へ御入の時御供、紋かたばみ南道閑斎、紋かたばみ水無瀬冠者」「謙信様衆、関東・南七兵衛、関東・元公家・紋菊・カタバミ水無瀬六郎」。斎号・冠者は修験なり、上野衆か。上杉年譜に「天正元年八月、越中新川郡金山城を攻む、金山城を河田豊前守長親に守らしむ、古志の諸士を付給ふ、南右馬丞・同葛之助・同左門・同五郎右衛門、南宗助・同男七兵衛・同彦左衛門」。文禄三年目録に「栖吉衆(長岡市)七十三石・道閑斎と成る南左門、四十一石南右馬之丞・一記に小西とも有、三十四石・定家之助事・南七兵衛。庄内大宝寺本庄越前守同心二十一石南外記」右馬之丞は小西参照慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆南七兵衛、百石南左衛門」。米沢市二戸存す。米沢藩寛永八年に「御馬廻衆六十石南勘左衛門」。寛政五年に「二十五石南吉弥、二石一人扶持南幸吉」。

二 箕輪城主長野氏家臣 北群馬郡榛東村二十六戸、群馬郡箕郷町二戸、高崎市二十戸長野氏と兄弟契約を結び長野氏一門となり同紋を用いる。永禄三年関東幕注文に「上野国箕輪衆、長野ひ扇、南与太郎同紋」。

三 金山城士 太田市五戸、佐波郡(元は新田郡)境町九戸、うち上矢島五戸・家紋丸に剣花菱。矢島村南系図に「永禄年間、京都北面の武士藤原姓南修理大夫義頼は牢人して上野国に下り、その子南小次郎頼広は新田郡上矢島村を知行し、佐渡守に任じ矢島城主となる」。南小次郎佐渡守頼広の名は世良田村長楽寺永禄八年日記に金山城主横瀬氏(由良)家臣として随所に見える。古代以来居住の苗字なり、五項参照。関八州古戦録に「元亀四年新田勢南土佐守(一本に佐渡守)」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。歩弓物頭・児玉・野・南佐渡守行勝。譜代之臣南甚兵衛、南小次郎、南市右衛門尉牛久住」。児玉党出身にて、野とは横瀬氏の家老野内修理亮の旗下のことか。牛久藩由良氏家臣南市右衛門は元和七年改易により浪人す。

四 高階姓南氏 足利市名草中町字宿に南氏居館跡あり、現存無し。高階氏系図(続群書類従)に「高左衛門重氏ー南左衛門頼基(号岡松)ー弾正左衛門惟清ー定継ー掃部助定直、弟宮内少宗久、弟左京亮惟直、弟四郎宗義、弟左近太夫重直。惟清の弟弾正忠惟宗ー南遠江守宗継ー師信ー備前守師行ー南駿河守重茂」。紀伊国名草郡名草邑・南郷(和歌山市)附近に岡松の地名無く、当地方に高階姓南氏の伝承が無い。南左衛門頼基が足利庄丸木郷(名草町字丸木)に文永二年紀伊国名草郡から入り、丸木郷を名草に改名したというが、これ以前から名草村の地名があったと思われる。太平記巻十六に「建武三年二月足利尊氏は筑前宗像が館へ入らせたまふ。少弐入道妙慧が方へ南遠江守宗継・豊田弥三郎光顕(長門国住人)の両人を使者に立て、少弐を頼りにす」。巻二十六に「貞和五年四条縄手合戦の事。高刑部大輔(師兼)・高播磨守(師冬)・南遠江守(宗継)・同じき次郎左衛門尉(高師成)」。名草中町臨済宗清源寺文書に「正平七年正月二日、足利尊氏は南遠江守宗継に、陸奥国伊具庄・下総国印西庄・上総国飯富庄・相模国和田・深見両郷を宛行う」。同寺南宗継五輪塔に「応安四年辛亥三月二十九日逝去・清源寺殿法名性円」名草中町真言宗豊山派金蔵院(南氏館跡)に南宗継の子宗直(子息説は誤り)の墓あり、その子宗氏の墓碑に「永和元年十二月二十三日・永興寺殿法名性雨」。。足利鑁阿寺文書に「正平七年閏二月二十六日足利尊氏は南掃部助宗直に恩賞を与える」「足利七社神事、代官の事云々、南兵部大輔殿、持氏判」「正長元年十月七日、足利持氏は鑁阿寺に名草郷参分壱・名草兵部大輔入道跡(南氏)を寄進す」。名草参照。

五 館林足利両城主長尾氏家臣 永禄二年新田家臣祖裔記に「南と申家名は平氏のように承る。館林の御家に南掃部と申士あり、義貞公へ忠戦の士、氏姓共に源氏類葉の士と申也」。新田老談記に「天正十二年、足利の御家人南江左衛門、足利の城には南掃部」。天正十三年長尾顕長分限帳に「名草村三百貫文・父佐渡守新田家臣・南掃部之助。名草村南郷左衛門(江左衛門とも書く)」。三項参照。

六 南氏末裔の修験丸山氏 丸山氏は足利市二百二十戸、うち朝倉町四十九戸、福居町(八木宿)十六戸。古代以来居住の苗字丸山氏は、名草村南氏と兄弟契約を結び南氏流と称す。正しくは南定継四男四郎宗義なり。福居町丸山裕志著作の系図に「南遠江守宗継の子丸山四郎宗義が応永二十年名草村より朝倉郷権田山に移り丸山を姓とす。宗義十代の孫丸山清助国宗は長尾顕長に仕へ五箇村に住す、国宗娘と一族南掃部助宗勝の間に生まれた男子が丸山太郎宗国である。宗国は朝倉郷の修験南蔵院(実蔵院ともいう)を興す、子孫は朝倉町丸山菊夫。宗国の子小太郎宗裕は八木宿に移り、その十四代の孫が丸山裕志」。丸山十二項参照

七 公方足利氏家臣 鎌倉大草紙に「上杉氏は千葉新助実胤を取立、本領を安堵させんと、下総国市川の城に楯籠て大勢あるよし聞へければ、成氏より南図書助・梁田出羽守、其外大勢指遣はし、数度合戦して、康正二年正月十九日、終に城を責落し、実胤は武州石浜へ落行く」。文明三年四月十五日古河公方足利成氏方の赤見城が両上杉氏に攻撃され南式部大輔以下が討たれる。同年五月三十日足利義政御内書案に「今度於足利庄赤見城南式部大輔以下数輩討捕之旨佐野大炊助殿へ」佐野市赤見町に南氏無し四項文書に南遠江守宗継に上総国望陀郡飯富庄を宛行う、袖ケ浦市に南氏無し。望陀郡小曽根村(おぞね)は袖ヶ浦市大曽根(おぞね)となる。当村より起こる在名小曽根氏(無し)は飯富庄地頭南氏の名跡を継承す。市原市小幡飯香岡八幡宮文書に「小弓公方足利義明の臣俗名南・在名小曽根与三郎信直は大般若経を寄進す」。オゾネ十項参照。関宿伝記に「天正二年足利義氏は南図書頭に関宿開陣を賞す」。古河公方足利成氏(明応六年卒)ー政氏ー高基ー晴氏ー義氏(弘治二年関宿に移る、天正十年古河城で卒)。高基の弟小弓公方義明(天文七年戦死)ー喜連川頼純(頼淳、慶長六年卒)ー国朝、弟頼氏(寛永七年卒)

八 喜連川藩家臣 前項小曽根氏は小弓公方足利頼純・国朝父子の重臣となる。下野国喜連川町に南氏・小曽根氏無し。太田潮田文書に「天正六年霜月二十七日、佐野大炊頭為綱花押・小曽根右馬允胤盛花押」「天正九年足利頼淳の奉行小曽根右京亮胤盛」高野山西門院文書に「天正十九年三月十九日、佐野大炊頭花押・南美作守花押」。喜連川家文書案に「文禄二年足利頼淳の奏者南美作守」。慶長五年喜連川頼氏の奏者南弥治右衛門尉・小曽根孫右衛門尉。喜連川塩谷氏系図に「天正十三年三月薄葉合戦、那須資晴幕下塩谷安房守の家臣南藤兵衛・同大蔵」のち喜連川藩に仕える。小曽根与三郎信直の子孫は南氏に復姓し、喜連川藩家老となる。また岩井市矢作に苗字南氏二十戸存す。高野山桜池院供養帳に「慶長十六年十月二十一日・霊位月翁昌秋禅定門、下野国喜連川御所之内南大蔵の為に老母は之を立る」「元和九年八月二十九日・霊位輝庵妙光禅定尼、下野国喜連川南与三郎は悲母の為に立る」「寛文四年六月二十四日霊位貞観禅定尼命日八月十八日、下総幸島矢作村南清左衛門は母の為に立る」。

九 佐竹氏族南氏 常陸太田市五戸、うち太田町二戸存す。新編常陸国誌に「南氏。佐竹義舜三子義里・太田城南に居り、南三郎左衛門尉と称す、子なし。義昭の子義尚を養って嗣とす。其の子義章」。諸家系図纂に「佐竹義舜(永正十四年卒)ー南次郎左衛門義隣(改義里)ー五郎義尚(佐竹義昭二男)ー弾正左衛門義泰」。那須記に「永禄十年、佐竹義重一家の人々には、南次郎左衛門尉義郷・佐竹義舜四男也」。佐竹氏旧記に「天正十二年佐竹義宣御近習衆佐竹左衛門・南三郎。天正十九年水戸城御移之時御座辺衆佐竹三郎。慶長七年御国替御供南左衛門」。

十 八王子衆 青梅市長淵九戸存す。三田氏家臣にて、永禄六年三田氏滅亡後は北条氏照に従う。多摩郡長淵郷羽村阿蘇宮天文五年三月二十日棟札に「大旦那平朝臣三田掃部助定重、南図書助定清」。斎藤真指文書に「永禄十二年七月五日、御嶽御番被仰付候処、不嫌昼夜走廻候由、治部少輔(三田)・藤橋被申上候、下善六郎殿・南神六郎殿、朱印(氏照)」。三田参照。

南方 ミナミカタ 塩尻市北小野に北方の小野神社・南方の矢彦神社あり。北小野村小野光洪文書に「永禄九年、上伊那小野郷南方八彦明神造営」「天正七年三月四日、小野二之宮造営の儀、南方備前守久吉花押・小祝同名弥右衛門尉花押・同名別当花押」現存無し、本名は小野氏か。

南指原 ミナミサシハラ 常陸国茨城郡本戸村字南指原(笠間市)より起こる、在名にて現存無し。

一 宍戸氏家臣 天文年間小田一門家風記に宍戸城主宍戸政家の幕下南指原館主南指原玄。天文十八年小田家風記に「廻座衆二千石南指原兵庫、大番千騎百石南指原幸内」

二 常陸江戸氏家臣 水戸市谷津町無し、本戸村出身なり。結城市小田林鈴木正孝文書に「江戸氏支城谷津城主谷津周防守家臣南指原若狭」。

南沢 ミナミサワ 信濃に多く存す。

一 松代藩真田氏家臣 上田市十一戸存す。文政二年に「二十五俵二人扶持南沢甚之丞五両三人扶持南沢甚之介(父子か)」。文久年中に「三十五俵二人扶持南沢甚之助、三人扶持南沢策意」。

南島 ミナミジマ 下伊那郡阿南町三十一戸松川町上片桐八戸存す。甲州恵林寺文書に「天正十年七月六日信玄幕下信濃諸士起請文、伊那郡大草休斎家中衆南島与左衛門」

南城 ミナミジョウ 那須系図に「那須備前守資藤(文和四年足利尊氏に従ひ討死。子男女六人、一人は金丸を号す、一人は南城・小山に於て討死)」。大田原市北金丸字長倉に那須氏の館あり、南城は南金丸字根古屋付近か。

南条 ミナミジョウ 越後国刈羽郡佐橋庄南条村(柏崎市)より起こる、在名にて現存なし。毛利氏流にて北条(きたじょう)・安田氏と同族なり。柏崎市北条村専称寺文書に「康正三年十一月二十七日、下地之事は前々より寄進所にて候へども、安田宮内少輔房朝と北条との不和、更に寄進地を安堵せしむ、南条駿河守広信花押」。また信濃国水内郡尾崎郷南条村(飯山市)より起こる。在名にて現存無し。

一 上杉氏家臣 古代士籍に「謙信様衆、北条同心南条次郎助」。文禄三年目録に「古志郡与板在番五十石南条治部。信州西大滝(飯山市)大滝甚兵衛同心四十八石・尾崎衆・図書弟南条采女助。信州尾崎三郎左衛門同心衆三十八石信州出・南条図書助」。慶長三年会津分限帳に「与板衆百石南条五兵衛」。

二 米沢藩家臣 米沢市にナンジョウ氏二戸諸士略系譜にミナミジョウと註す。@「南条修理勝衡(謙信代越後刈羽郡南条村に在住す、時に御館乱の刻御館景虎方に罷成首尾悪く暫く御目見不仕、越中にて直江大和守へ内意を伺ひ魚津籠城の処天正十年六月三日同姓弥次郎と父子にて討死)ー八右衛門(父討死の節三歳なり、慶長十三年米沢へ帰参直江兼続へ罷出、明暦元年卒す)ー八右衛門忠由(兄九之助伊左衛門広忠・寛文二年卒。弟庄左衛門正信)ー又左衛門元政ー八右衛門元包ー八右衛門元行ー運次亢康ー磯弥元信ー哲太郎ー良助元利(明治元年相続)」。A「庄左衛門正信(元禄六年致仕)ー庄左衛門兼広ー権左衛門政英ー茂左衛門政盛ー喜左衛門政長ー半左衛門政徳ー恭助政善(文化四年家督)」寛永八年に「江戸衆百石南条八右衛門」。寛政五年に「四十石南条八右衛門、二十五石南条茂左衛門、十石五人扶持南条兵左衛門」。

南瀬口 ミナミセグチ ミナセグチ参照。

山 ミナミヤマ 塩尻市四十戸存す。

一 勢多郡山上城士 新里村山上無し、前橋市一戸存す。正応四年山上城家臣に「大惣士南山権右衛門」。

皆吉 ミナヨシ 上総国真野郡皆吉村(市原市)より起こる、在名にて現存無し。

一 陰陽師 吾妻鑑仁治二年七月二十六日条に「鎌倉幕府陰陽師文元朝臣が上総国皆吉郷知行す」。その子息皆吉大炊助文幸を始祖とし、子孫が伝領す。上杉文書に「応永二十四年十月十七日足利持氏書状。つくらうみの郷皆吉伯耆守跡」。富津市造海(今の竹岡)に現存無し。

二 古河公方家臣 喜連川文書に「十月九日(永禄三年)、足利義氏朱印状。真野郡皆吉郷四ケ村三百貫文、皆吉修理亮に被下」義氏は弘治二年下総国関宿に移る。水府志料に「常陸国久慈郡大子村(皆吉氏一戸存す)。『六月三日(永禄十一年)、関宿御籠城以来、致供奉走廻候、上幸島郷并本領被宛行候、皆吉修理亮殿、花押(義氏)』『十二月十五日、下幸島の内上飯津島郷被宛行候、相馬孫五郎殿、花押(義氏)』。右文書は医皆吉立碩なる者所持す。此者祖は相馬氏にして代々足利家の臣たり。然るに古河没落後も喜連川に供して、今に相馬玄蕃なる者あり、是立碩の本家なり、四代已前の祖相馬氏の次男に幽軒なる者あり、母方皆吉氏なりけるに、嗣絶なせしを嘆き殊に医業には皆吉の唱よろしきとて、母方の氏をおかとける故に両家の文書あり。立碩までは喜連川家より当所まで、月俸を送り遣したるよし、故あって今は其事なし」

三入 ミニュウ 八王子千人同心 嘉永七年に丹木村(一戸、八王子市)三入太忠治。

三沼 ミヌマ 壬生氏家臣 河内郡上河内町冬室一戸存す。壬生義雄家臣席順に「小姓組五貫三沼芳五郎」。日光政所壬生家旧臣控に「冬室村三沼式部」。

峯 ミネ 下野、下総、常陸に存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市二戸存す。寛政五年に「二石一人扶持峯滝右衛門、同高峯谷右衛門、同高峯孝右衛門」。

二 結城氏家臣 猿島郡三和町二十六戸、うち恩名十八戸存す。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。結城家臣、結城郡恩名村峯又十郎・同九左衛門」。

三 古河公方家臣 足利市渋垂町無し、古河市二十五戸。東茨城郡常北町古内清音寺文書に「足利義氏は渋垂治部少輔に峯勘解由屋敷・面二十間裏四十間を宛行う」。

四 鴻巣衆 鴻巣宿本町法要寺寛文十二年供養塔に「武州加うのす宮地村峯七兵衛」。

三根 ミネ 埼玉郡上之村(熊谷市)十六戸存す。信州佐久郡前山村(佐久市)貞祥寺歴代略伝に「十四代満国春能禅師伝。師諱春能、号満国、三根氏、武州上野邑、宝永六年退武州休、享保二年十一月七日示寂、寿七十六」。

峯岩 ミネイワ 北条氏家臣八王子衆 無し八王子市泉町相即寺過去帳に「天正十八年八王子落城討死嶺岩浄永安右源六道心・同市右道善」。安右衛門、市右衛門の略。

峯尾 ミネオ 八王子市に峯尾氏・峰尾氏三百戸、うち本郷・寺町無し、下椚田七戸、高尾(上椚田村初瀬)十四戸、裏高尾(駒木野宿)七十四戸、散田十二戸、並木(散田村新地)二戸、長房(船田村)十三戸、あきる野市引田一戸、相模湖町与瀬一戸。

一 八王子千人同心 桑都日記に「天正十九年小人頭窪田助之丞正勝の同心峯尾助左衛門」。嘉永七年に本郷村峯尾熊太郎、寺町峯尾彦六、下椚田村峯尾啓助、上椚田村初瀬峯尾久太郎・峯尾万次郎・峯尾金十郎、散田村峯尾甚八郎・峯尾芳蔵、散田村新地峯尾庄太夫、与瀬村峯尾国次郎、駒木野宿峯尾勝蔵・峯尾庄蔵、引田村峯尾市之丞、船田村峯尾助右衛門。

二 幕臣 江戸幕臣人名事典に「峯尾□□、二十俵二人扶持、本国武蔵生国陸奥、祖父峯尾勘左衛門死、父峯尾勘十郎死箱館奉行同心跡式安政元年家督」。

峯岸 ミネギシ 武蔵、上野に多く存す。

一 上杉氏家臣 岩船郡に無し。文禄三年目録に「色部同心・岩船郡平林在香(神林村)四十二石峯岸佐左衛門」。

二 箕輪城主長野氏家臣 高崎市五十九戸、うち中豊岡七戸・家紋丸に三つ引、今は峰岸と書く。永禄元年長野業政家臣録に「徒士峯岸八百八」。永禄九年箕輪楽城後、峯岸悪四郎尉重政は中豊岡村土着す。

三 勢多郡山上城士 新里村三十三戸、うち山上十二戸。今は峰岸と書く。正応四年山上城家臣に諸士頭取峯岸吉左衛門友持。

四 金山城士 太田市三十七戸、うち西長岡十七戸、桐生市七十二戸、うち梅田三十三戸。永禄二年新田家臣祖裔記補に「新田郡西長岡城主益田伊勢守之家臣峯岸主税介は小田原合戦の時、新田より加勢し討死す」補は天正十八年までの追記。新田老談記に「天正十八年、峯岸主税は小田原にて討死す」。関東庭軍記に「元亀四年新田勢峯岸彦五郎・同甚九郎む。関八州古戦録に「天正六年、由良勢の桐生先方輩には峯岸志摩守」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城元来桐生重綱之臣降参之者峯岸志摩守」。

五 足利城主長尾氏家臣 足利市三十戸、うち本城町(明治七年五ケ郷小谷村等四ケ村合併)四戸存す。今は峰岸と書く。古代以来居住の苗字にて鎌倉執権北条氏後裔説は仮冒なり。北条系図に「北条泰時(仁治三年卒)、弟遠江守朝時(寛元三年卒)、弟陸奥守重時(弘長元年卒)」兄弟に尾張守義兼の名は無し。足利市大前町日蓮宗妙隆寺代々に「北条武蔵守泰時御子遠江守朝時出家して観阿日恕上人・観応元年六月五日峯岸新蔵・後に尾張守義兼二十九歳にして出家雲海日導上人・明徳四年十月晦日、大仏陸奥守重時と日導と兄弟也。今峯岸源右衛門とて足利小谷村有り妙隆寺旦方也此方に系図有り」全く年代あわず、同寺過去帳にも峯岸氏の名は見えず。天正十三年長尾顕長分限帳に「五ケ村五十貫文峯岸久米之進。五ケ村・父無二□・峯岸帯刀」。

六 佐野氏家臣 佐野市八戸、うち富士町無し、栃木市四十戸、うち鍋山二十戸、安蘇郡葛生町中一戸存す。今は峰岸と書く。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「永七貫文峯岸与四郎・本屋敷富士」。岩槻藩へ提出した寛文十三年先祖書に「@鍋山村峯岸太郎右衛門二十八歳、元祖峯岸主税は佐野家臣小曽戸丹後守より五十貫文拝領鍋山城代を勤め、曽祖父大隅は主税のあと城代となり、佐竹義宣家臣斉藤大学を討取る。A峯岸五右衛門二十八歳、元祖主税、曽祖父摂津は小曽戸丹後守に奉公、父二郎右衛門は水谷伊勢守より二百石拝領、引籠り去年病死。B峯岸八郎兵衛三十一歳、元祖主税、曽祖父主税三男大膳は佐野宗綱より佐野領中村内を拝領、病死。C峯岸八兵衛四十一歳、元祖主税、祖父摂津は小曽戸丹後守に奉公D峯岸作兵衛、元祖主税、祖父摂津。E峯岸惣左衛門三十二歳。F峯岸八郎太夫」。

七 水戸藩家臣郷士 ひたちなか市二十戸存す。万延元年分限帳に「惣郷士、南扱之分湊・代々列峯岸善三郎」。

八 幕臣 堀越氏は上野国に多く存し、遠江国堀越村の足利氏流今川貞延ー堀越六郎貞基ー六郎氏延の後裔説は仮冒なり。堀越四項参照。@寛政呈譜に「清和源氏足利支流家伝にいはく、堀越六郎氏延が後胤にして瑞澄がとき家号を峯岸に改む。家紋丸に三引、五三桐。峯岸春庵瑞澄(元禄四年寄合医となり二百俵)ー春庵瑞沢ー昌庵瑞栄ー春庵瑞房ー春庵瑞興(明和七年継二十三歳番医二百俵)ー昌庵瑞長(寛政十年父にさきだちて死す二十三歳)、弟慶之助春悦瑞清」。A江戸幕臣人名事典に「峯岸哲太郎慶応元年四十□歳、二百俵、本国上野生国武蔵、祖父峯岸春庵死、父峯岸昌庵死寄合医師」。

九 笹目衆 浦和市内谷に峰岸氏二戸存す。高野山西南院関東過去帳に「文禄五年七月十二日・妙泉禅尼、武州足立郡笹目郷内屋村峰岸主計は立てる」。

峯佐 ミネサ 宇都宮氏家臣 無し。慶長二年宇都宮国綱家臣録に峯佐対馬守。

峰崎 ミネザキ 上野、下野に存す。

一 小泉城主富岡氏家臣 邑楽郡大泉町寄木戸八戸存す。古代以来居住の苗字峰崎氏は富岡氏と兄弟契約を結び富岡氏流を称し、在名小泉氏・寄木戸氏を名乗る。寄木戸村峯崎館の峰崎家所蔵の寄木戸記に「峯崎七郎小泉朝忠の八代孫・峯崎峯之丞小泉勝則(延徳元年小泉城主富岡主税介直光の時、四十八町を領す)ー寄木戸掃部大輔藤原直勝(富岡直光の三男、養子となる)ー峯崎佐衛門佐勝頼(弟服部又次郎勝平)ー峯崎主水勝利ー峯崎三郎左衛門勝武、弟峯崎内蔵助勝広。勝武の代に寄木戸村は三百六十二石と改めらる」。富岡参照。

二 金山城士 太田市沖野に峯崎氏三戸・家紋上り藤、応永十三年金山城主横瀬貞氏に属す。金山太田誌に「天正十一年籠城。譜代之臣峯崎太郎右衛門尉討死、峯崎九左衛門尉牛久住」。元和七年改易により浪人す

三 佐野氏家臣 安蘇郡田沼町二十三戸、うち田沼十九戸、栃本無し。天正八年佐野宗綱時代武者記に「戸叶大隅唯元家臣峰崎三四郎」。栃本村下館野侍屋敷に「佐野時代峰崎屋敷、惣内・弥三郎住」。

峰田 ミネダ 羽前に多く存す。

一 北条氏家臣江戸衆 高野山西南院関東過去帳に「天文十九年五月八日・逆修茂山・逆修花渓・逆修康山、武州豊島郡江戸郷平川村(千代田区)峰田神五郎は立てる」。

二 幕臣 江戸幕臣人名事典に「峰田鉋太郎文久三年三十一歳、百俵五人扶持、本国下総生国武蔵、祖父峰田弥一右衛門死、父峰田弥十郎死小普請」。

峯村 ミネムラ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 須坂市十戸存す。文禄三年目録に「信州井上衆(須坂市)井上左衛門大夫同心三十七石峯村新兵衛」。慶長五年に「井上衆百五十石峯村新兵衛」。米沢市無し。米沢藩寛永八年に「五十騎衆四十石峯村新兵衛」。寛政五年に「御徒三石一人扶持峯村清兵衛」。

二 信州牧之島衆 上水内郡信州新町(牧之島城)十六戸存す。鬼無里村中牧保令文書に「永禄九年八月二十七日、武田信玄は、更級郡牧之島衆峯村菅七郎・峯村土佐守等をして、お供平(牧之島)の御替として同郡牧山中(牧田中)を知行せしむ」。

峰屋 ミネヤ 東金城主酒井氏家臣 東金市無し。東金城主酒井玄治旗本峰屋半兵衛。

三野 ミノ 里見氏幕下正木大膳亮家臣 上総国三直村(みのう、君津市)より起こる在名にて現存無し。永禄三年関東幕注文に「安房国、三野弥次郎・水色すそこ」。

美濃 ミノ 上杉氏家臣 新潟市十五戸存す山吉家伝記に「天正十四年七月二十三日、今度注進申者共、新潟衆三の与右衛門」。

蓑口 ミノクチ 上杉氏家臣 蒲原郡能登村枝郷蓑口村(白根市)より起こる、在名にて現存無し。上杉古文書に「天正六年八月朔日、上杉景勝は小倉将監の戦功を賞して三郎景虎方の蓑口又四郎分を宛行う」。

簑島 ミノシマ 北条氏家臣 中郡大磯町国府新宿六十九戸。新編相模淘綾郡国府新宿条に「六所大明神大祢宜三野島神七・小祢宜三野島佐次右衛門、以上村内に住す」。

箕房 ミノフサ 千葉氏家臣 下総国印旛郡高崎村字箕房(佐倉市)より起こる、在名にて現存無し。永禄十年頃千葉胤富条書に「桜井太郎左衛門には替地として、みの房に長塚(銚子市)を宛行う」。同年頃の千葉胤富黒印状に「森山初番衆みの房代」。

美濃部 ミノベ 下妻市・下館市無し。

一 多賀谷氏家臣 他国出身の出稼衆なり。多賀谷伝記に「天正五年下妻在士の着到、美濃部内記・同十蔵」。多賀谷諸家中に「美濃部日向・同外記・同越前・同五郎左衛門」。野口豊前戦功覚書に「天正十四年多賀谷太夫使者美濃部日向」。

二 福井藩家臣 慶長十七年多賀谷左近陪臣の柿原給帳に「四百石美濃部外記」。

三 備中国松山藩水谷氏家臣 下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「百五十石美濃部長十郎(一本に七郎)」。

美ノ谷 ミノヤ 三村城主高野常春家臣 石岡市三村無し、東茨城郡美野里町堅倉に美ノ谷氏一戸存す。南城高家録に「永禄天正頃、三野谷次郎八」。

箕輪 ミノワ 越後、信濃、常陸に多く存す

一 小笠原氏家臣 伊那郡箕輪郷(箕輪町)より起る、在名にて現存無し。本名藤沢氏なり。藤沢参照。小笠原御代々覚書に「箕輪先祖藤沢左衛門尉頼親事、信州箕輪城主也。小笠原長時公後詰を御頼、御妹婿に被成、御旗下になり忠功有之候」。元和元年松本藩小笠原秀脩葬礼に「箕輪庄七郎・後久左衛門と云、箕輪善太夫祖父なり」。

二 木曽氏流 箕輪記に「高遠氏は木曽家仲の長男高遠太郎家親を始祖とす。其の子孫箕輪左衛門重時が時に至て、木曽義康に遂れて高遠を没落し、木下(箕輪町)にうつりける由。然れ共重時は代々木下に住して、箕輪を以て家号とせしにや」。

三 真壁氏家臣 常陸国真壁町無し、行方郡麻生町百八十戸、潮来町六十四戸。鹿島郡に多し。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。真壁方討死箕輪伊勢」

四 水戸天狗党 箕輪又次郎は元治二年二月十九日敦賀にて処刑され、箕輪円次は慶応元年正月敦賀庫中死亡す、

三野輪 ミノワ 東茨城郡三野輪村(内原町)より起こる、在名にて現存無し。内原町田島和光院過去帳に「慶長三年四月十四日・道胤・ミノワ伊賀守」「元和四年・ミノワ勘解由」。常陸江戸氏家臣なり。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市一戸存す。寛政五年に「二石一人扶持三野輪藤蔵」。

簑和田 ミノワダ 安蘇郡葛生町十五戸存す

一 佐野氏家臣 在名葛生氏の本名は簑和田氏なり。永正十五年道者日記に「下野国皆川分・みのわたぬいの助殿」。永禄四年佐野昌綱家中改帳に「村々郷見役・永三貫文葛生簑和田三平」。天正八年佐野宗綱時代武者記に「葛生縫殿之介、簑和田平左衛門」葛生村に葛生縫殿之介館跡あり。慶長六年佐野信吉家中に簑和田甚左衛門。

三階 ミハシ 万木城主土岐氏家臣 房総軍記に「天正十八年土岐頼春の家臣三階図書助」ミハシと注す。三階氏(みはし)は夷隅郡岬町東中滝三戸存す。中滝村は明治八年に押日・嘉谷・部田(中滝)・福原の四ケ村に分村す。押日・東中滝・四堰の三地域を現在押日区という。中村氏は岬町九十二戸、うち押日二十戸存す。押日村名主中村氏は三階図書助友忠と兄弟契約を結び、その子孫と称す。

三橋 ミハシ ミツハシ参照。

水原 ミハラ 武田氏家臣 寛政呈譜に「家紋丸に三橘、橘。もと三原を称す。水原長門守茂忠(佐々木六角義賢につかへ家老となり、近江国水原郷を知行し家号とす。佐々木氏没落後、甲斐国にいたり武田勝頼に属し天正三年五月二十一日長篠役戦死四十三歳)ー又七郎茂親(勝頼没落後、東照宮に属し慶長五年死す五十歳)ー八右衛門親好(駿河忠長附属、百石五十俵)」。

三原 ミハラ 信濃、上野、武蔵に存す。

一 板橋衆 板橋区向原十六戸存す。昭和七年上板橋村字向原が向原町となる。高野山千蔵院供養帳豊島郡上板橋村に「寛永九年逆修父弥右衛門、三原善七郎は立る」。豊島郡下板橋宿に「寛文二年・父、三原喜兵衛は立る。逆修母、三原伝三郎は立る。父母、三原新兵衛は立る。逆修父母三原兵蔵は立る。逆修母、三原三四郎は立る」。

二 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町二十戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「給人三原伝六」。

三 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市無し、下妻市四戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「百石三原七郎兵衛」。

三原田 ミハラダ 上野国勢多郡三原田村(赤城村)より起こる、在名にて現存無し三原田村修験寺天台宗興禅寺は在名三原田氏の菩提寺にて墓地に応永三年より長享元年まで九基の宝篋印塔がある。

一 白井城主長尾氏家臣 寛文十二年三原田村永井権兵衛書状に「三原田城、三原田六郎義高より三原田伊予守迄代々居城。我等先祖永井宗信・同実綱と申に被下、今に我等共罷在候」永井参照。永禄三年関東幕注文に「上州白井衆、三原田孫七郎・三のしろ」。義高は孫七郎と同人か。

二 金山城士 三原田村の在名にて太田市無し。永禄三年関東幕注文に「上州新田衆、新田殿御一家西谷五郎殿・二ひきりゃう、同三原田弥三郎殿・おなじもん」西谷氏と兄弟契約を結び新田氏流を称し殿付で記されている。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。歩弓物頭三原田若狭守梵正」。

三 上杉氏家臣 勢多郡三原田村より起る。管窺武鑑に「天正十八年六月二十二日上杉景勝・武州八王子城を攻める。上野三原田の御所三原田常陸介殿の持槍なり。先年謙信公、上野殿子息宮王殿を召し出され、越後へ召し連れらる、成人あって吉江四郎に御預け、其後藤田能登守信吉預り置く藤田弥五郎これなり。此の謂れを以て新田(金山城)より常陸介忍びて奈摩の山(児玉郡生野山)へ御越し候時我等(藤田信吉)に給ふ時、此槍にて我代々にも数度を致し候」。藤田弥五郎は後の三原田六郎か。慶長三年会津分限帳に「上泉源五郎組(関東衆が多い)三百石三原田六郎」。

四 福井藩家臣 慶長五年上杉氏減封により浪人し結城秀康に仕える。慶長六年入部結城秀康給帳に「本国上野・三百石御番与衆三原田八右衛門」。秀康の孫越後国高田藩明暦三年松平光長給帳に「三百石三原田六郎右衛門」。

五 足利城主長尾氏家臣 足利市無し。天正十三年長尾顕長分限帳に三原田重郎。金山城主由良氏の子顕長が長尾氏養子になったとき召し連れたか。

六 佐野氏家臣 佐野市無し。犬伏下町大庵寺念仏日記に「元亀三年、三原田孫太郎義重花押・同弥四郎良実花押」。上野住人か

七 片野城主梶原政景家臣 つくば市無し、上野出身か。高野山清浄心院常陸国供養帳に「天正九年三月晦日・霊位花庭妙栄禅定尼、常州片野三原田左衛門妻の為に伊勢は立てる」「天正二十年三月・霊位道染禅定門、常州片野三原田左衛門太夫の為に伊勢は立てる」。

三平 ミヒラ サンペイ参照。

壬生 ミブ 信濃に多く存す。

一 藤原姓宇都宮氏流壬生氏 下野国都賀郡壬生(壬生町)より起こる、在名にて現存無し。横田系図に「宇都宮頼綱ー横田越中守頼業(建長元年上三川城を築いて移住)ー時業(弘安七年卒)ー親業(嘉暦三年卒)ー泰業(建武二年卒)、弟壬生三郎朝業(早世)」。

二 壬生官務家小槻氏流壬生氏 小槻政重(承安二年官務)ー師常ー隆職ー国宗ー淳方ー有家ー顕衡ー統良ー千宣ー匡遠ー兼治ー周枝ー晨照(代々官務)の子が壬生筑後守胤業という。永享元年生、寛正三年三十三歳下向、永正二年卒七十六歳で、文正二年卒七十歳は誤り。但し胤業以前から下野国壬生に居住し、壬生官務氏流説は江戸初期の元和三年頃小槻孝亮の作成であろう。皆川正中録に「天武天皇の皇子一品舎人親王今雄公の嫡孫にて彦五郎といひし人也、寛正三壬午年下野国に下り都賀郡上の原に城を築きて壬生筑後守胤業と号し、郷名を改めて壬生といひしが、壬生城の元祖なり。永正二年卒して法名を常楽寺殿亀雲道鑑居士といへ常楽寺に葬る。其子彦五郎・後に筑後守綱重は天文元年鹿沼に城を築き同三年卒して、法名大徹院殿拈蓋東闇居士といふ」。元和三年朝廷の壬生官務孝亮は鹿沼市下南摩に居住し、壬生義雄後室(皆川山城守広照息女おこうの方)と交流して、子孫は幕末まで日光山東照宮参列のとき、壬生氏旧臣達と面会す。壬生官務小槻孝亮の子孫小槻輔世に至り明治に子爵。これにより下野藤原姓壬生氏は官務家の庶流と称され、壬生系図に記された。ずべて仮冒なり。壬生系図に「垂仁天皇の後胤、小槻宿祢今雄の苗裔、壬生官務庶流。筑後守彦五郎胤業(文正二年乙丑卒七十、法名亀雲道鑑、号常楽寺)ー筑後守綱重」壬生氏系譜略(押原推移録)に「壬生彦五郎筑後守胤業は、京都壬生氏の庶子、武家の望みありて下野国に下り、壬生新町堀の内に城を築く、実に寛正三壬午の年なり。文明元年己丑、雄琴大明神の祠を建て、城の鎮守とし、文正二年乙丑卒す、其の墓・常楽寺に存す」。河内郡河内町岡本茂文書の壬生氏家臣岡本大学敬重寛永十九年壬生家過去帳に「明応三年十一月朔日・常楽寺殿亀雲道鑑大居士・筑後守殿」「永正十三五月十七日・大徹院殿拈蓋東闇大居士・上総介殿」「日光惣政所壬生上総之介槻義雄公」小槻姓という。壬生官務家小槻孝亮と交流があった壬生家臣黒川・大塚・福田・市川・高木・和久井・小菅・三上・黒子参照

三 壬生五代系図(荒川秀俊氏考證補訂本)に「壬生彦五郎筑後守胤業(永正二年乙丑十一月朔日卒、年七十六、法名亀雲道鑑、号常楽寺)ー壬生左衛門佐筑後守綱重(始意安、天文三年甲午九月十七日卒、年六十五、法名拈蓋東闇、号大徹院)ー壬生中務少輔下総守綱房(弘治元年乙卯三月十七日卒、年七十七、法名雲山良瑞、号龍桂院。弟周長は天正四年丙子敗死・号徳節斎・又徳雪斎。弟弥次郎左衛門尉資長は領大門宿、その子大門弥七郎図書助資忠)ー壬生中務大輔下総守綱雄(天正四年丙子二月二十五日生害、法名恵光芳哲、号龍昌院。弟日光山座禅院住持昌膳法印は享禄二年権別当、日光山第四十八世、天文十二年癸卯退職生害)ー壬生中務大輔上総介義雄(幼名彦五郎氏勝、天正十八年庚寅七月八日於酒匂川陣没、年三十九歳、法名雄山文英、号寒光院。妹鶴子は皆川山城守藤原広照室)ー伊勢亀(一色左衛門源満義室)」。壬生町壬生曹洞宗常楽寺過去帳に「壬生筑後守綱重(永正十三年九月十七日没・大徹院殿拈蓋東闇)ー下総守綱房(弘治元年三月十七日没・龍桂院殿雲山良瑞)ー綱雄号可雪(永禄五年五月十四日没・弟周長に殺害される・龍昌院殿恵光芳哲。弟周長は天正七年二月甥義雄に討たれる)ー中務大輔上総介義雄ー女子伊勢亀」胤業の名は見えず、後世に作られた架空の名前である。

四 藤原姓壬生氏 常楽寺位牌に家紋は壬生杏葉。宇都宮系図別本に「観応二年足利尊氏に従う宇都宮公綱の家臣壬生権太夫藤原統信忠死」。宇都宮興廃記に「康暦二年宇都宮基綱は河内郡裳原に於て小山義政と合戦に及ぶ、後陣壬生上総介・鹿沼次右衛門」。永正六年八月東路の津登に「是よりみぶという所に行く、横手刑部少輔繁世(鹿沼住人)あひともなはれ連歌あり、亭主中務少輔綱房、かぬまという所に綱房父筑後守綱重の館あり、一宿して、念比のいたはり、筆にも尽しがたし」。日光輪王寺法華経奥書に「享禄三年正月吉日、日光山滝尾宝殿に法華経八巻を奉納す、旦那壬生下総守綱房敬白」。宇都宮二荒山神社天文七年造営之日記に「壬生中務(綱房)・壬生彦次郎」。陸奥の白川文書に「天文七年七月二十七日、壬生中務大輔、累年慮外之儀、増進の上、彼の在所に向ひ、両三ケ年働きを成し候砌、(中略)、壬生口の事は去る三月十八日淡志河の地へ取り懸け、終日相責め、極晩に及んで落居し、城主を始めとして五百余人討捕り候へき、近日猶以て働油断無く候、白川殿、小山高朝花押」秋田藩家蔵文書に「八月一日、壬生一類之者共、宇都宮領へ手切之働之を成し候上は、後詰として壬生中務大輔在所に向ひ、壬生成敗、悉く打ち散らし候、左月庵殿、宇都宮尚綱花押」。伊勢内宮佐八文書に「天文二十年十一月吉日、徳雪斎周長と有之、是は岡本徳雪斎殿、下野国岡本郷之内石関村寄附之状也」壬生周長は河内町岡本郷に居住す。日光山往古年行事帳の天文二十三年法華文句に「宇都宮に壬生中務大輔在城」。弘治三年遊行上人体光句集に「下野国宇都宮城壬生中務太夫興行す」。鹿沼市今宮町今宮神社鰐口銘に「永禄二年一月八日、鹿沼今宮権現奉修造、壬生下総守綱長」綱長は藤原姓横田氏流上三川一族という。小田部庄右衛門文書に「六月四日、今度壬生中務大輔(綱雄)被為生害候付而、神山伊勢守別而励忠信走廻候、赤埴修理亮殿、広綱判(宇都宮)」。綱雄は壬生周長の家臣神山伊勢守に永禄五年暗殺され、鹿沼城へ周長が入る。綱雄の子氏勝(後の義雄)は、このとき十八歳で壬生に居城す。野口文書に「六月十二日、小山孝山(秀綱)は徳雪斎に城普請(鹿沼城)を急ぐべきことをすすめる」。鹿沼市磯町磯山神社鰐口に「永禄十年十二月十五日、本願壬生彦治郎藤原氏勝花押」。宇都宮記に「天正四年鹿沼右衛門尉・徳雪斎三月八日鹿沼を打立ける、宇都宮国綱此事を聞て押寄せけり。徳雪斎不叶して西鹿沼へ落行き壬生の方へぞ落行ける」。氏勝は古河公方足利義氏に仕へ、義雄に改名す。鹿沼市坂田山の黒川岳人文書に「天正十八年十月、日光惣政所壬生上総介義雄花押・壬生右衛門頭綱之花押」。壬生氏は鎌倉時代以来代々藤原姓にて、元和頃来住した小槻孝亮によって壬生官務庶流と称された。次項参照。

五 修験壬生氏 南足柄市大雄町曹洞宗大雄山最乗寺は応永元年了庵開山。了庵(本名相模国糟屋氏)は兵庫県三田市永沢寺で通幻寂霊に参学嗣法し、開山に際して寺地選定には大山明王の指示があった、弟子の道了は修験天狗となり寺の守護守となった。大雄山はそれ以前から大山と並び修験の行場であった、現在の行事にもホラ貝をふいている。その末寺群馬郡子持村曹洞宗双林寺は宝徳二年開山月江正文で法嗣に一州正伊がいる。その末寺鹿沼市玉田町曹洞宗通幻派一州正伊の弟子益之永謙が日光山修験座禅院四十四世権別当昌源の外護によって開山し、日光山坊中山伏の焼香引導の仏事を受け持つ。その末寺壬生町壬生曹洞宗常楽寺開山益之永謙が一州を開山に勧請し、自らは二世となった。当寺も修験寺の要素が強い。日光山は山岳仏教として発展し、日光修験の本拠地となる。日光修験開祖の沙門勝道は神護景雲元年男体山初登頂に失敗し、天応二年頂上に立った。その高弟昌禅を開祖とするのが修験座禅院である。日光山祖列伝に「応永元年、日光山権別当座禅院昌瑜(姓壬生氏、下野野州也)」。日光山の御留守居権別当となる。座禅院は「住持代々当国小山・宇都宮・或は壬生の城主を以て附弟とす」。宇都宮・小山参照那須記に「大永元年十一月十四日、岩城重隆は宇都宮の人々を催し、烏山城主那須資房の出城河井城を攻める。寄手の中より鹿沼伏楯葉七郎左衛門は足軽二百余人相随いて奮戦し討死す」。壬生氏配下に多くの山伏忍者あり、頭領楯葉氏は他国出身の出稼衆なり。壬生綱房の子昌膳法印が享禄二年十三歳で座禅院主に就くと綱房は日光山での勢力はますます強くなる。鹿沼市今宮神社棟札に「天文三年、奉新造御神領惣政所壬生下総守綱房、綱房弟二男年数十七・当御留守座禅院昌膳阿闍梨」。中禅寺棟札に「天正十年九月、当御留守座禅院昌淳、旦越壬生上総藤原義雄」。昌淳は義雄の弟とめされるほど近い人物である。日光市匠町天台宗浄光寺墓地に「慶長十二年五月五日権大僧都大和尚位・昌淳法印」。周長号徳節斎(徳雪斎)の斎号は修験の称号なり。

六 壬生氏の末裔 綱雄の名が無い。鹿沼市北赤塚一色茂吉所蔵壬生系図に「壬生左衛門佐威虎(弘治元年三月十七日卒・号龍桂院殿雲山良瑞大居士。室小山朝光末孫藤井出羽守政秀娘・永禄五年七月八日卒・法雲院大蓮妙鏡大大姉)ー壬生下総守綱房(永禄五年五月十四日卒・号龍昌院殿恵光芳哲大居士。室長沼山城守娘・天正十二年七月十七日卒・陽光院春窓妙芳大姉)ー上総亮義雄(天正十八年七月八日小田原陣帰国道中にて逝去・号寛光院殿雄山文英大居士。室皆川山城守娘・寛永十七年四月十一日卒自姓院源空宗本大姉。綱房息女伊勢亀は皆川山城守室・二代目隆康の実母也)ー息女(寛文五年八月十二日卒・正清院験明珠公大姉。御附老臣一色左衛門尉外戚、赤塚村住居)」。高野山清浄心院下野国供養帳に「天正十二年六月朔日・逆修妙窓禅定尼・下野鹿沼徳雪斎上様(妻)は自身の生前供養を立てる」「天正十三年卯月四月・雲山良瑞居士・下野国壬生下総守」「天正十三年四月三日・台蓮妙鏡大姉・下野国壬生下総守妻女」「天正十九年七月八日・霊位雄山文英大禅定門・下野鹿沼壬生上総介」。供養依頼日で没年では無い。壬生義雄の妹鶴子は皆川山城守広照妻となり、広照息女が義雄後室となり、義雄の先妻の娘伊勢亀なり。壬生家盛衰記に「天正十八年七月八日壬生義雄卒する也、嗣なくして壬生家亡ぶ。義雄一女あり、孤となる、母と相共に下南摩郷古城山の麓に住す。旗本日根野織部壬生城主となり、義雄の妻女を憐て田畝五石余を以て扶持し、赤塚村に住す、義雄娘は妻木平十郎に嫁す。義雄後室は寛永八年九月卒、昌桂院殿源室宗本大姉と云」。寛政呈譜妻木家譜に「妻木彦右衛門重𠮷(千二百石、寛永十五年死)ー二男平十郎重門(五百石、正保三年死)」。鹿沼市赤塚と壬生町七ツ石の間に後室庵という小名あり、後室の菩提を弔うために草庵を結んだ所。壬生官務孝亮宿祢日次記五の元和三年四月二十一日壬生義雄由緒に「かつさ殿御息子(伊勢亀)、下野国一色右兵衛尉殿(一色右衛門満義)にあるへし。みな川の平左衛門尉(皆川俊勝)と申、かつさ殿女房殿おとゝ候也。壬生かつさ殿こうしつの御さ候ところ者しもなんま」。広照娘の義雄後室は皆川俊勝と兄弟にて下南摩村に居住す。娘伊勢亀は赤塚村一色満義のところにいた。壬生義雄家臣席順(国分寺町永井峯三文書)に「両将家、四万二千丁・鹿沼本姓黒川丹波守房朝。壬生御所二代綱房二男・三万丁・壬生左衛門頭綱広。一門方・壬生綱永婿三人、三万丁皆川山城守、二万丁蒲生飛騨守、一万丁桐生大炊介」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「藤葉村壬生左内」壬生町壬生字藤葉無し。壬生文書(京都大学所蔵)に「嘉永二年官途渡留、上州山田郡下久方村桐生、筑後守三男壬生助右衛門末葉壬生市正房明、母鹿沼今宮神主娘」桐生市無し。一説に壬生市正は鹿沼宿百姓。五月女文書に「嘉永七年、岡本村五月女久左衛門様、宇陽鹿沼海道壬生市正印」。鹿沼に居住している。無し。

七 上杉氏家臣 古代士籍に「謙信様衆、関東出也・下野壬生・壬生刑部。天文年中、前管領憲政越後へ御入の時御供、後下野壬生へ帰城、直江に奉公・壬生刑部之丞」。文禄三年目録に「古志郡与板在番四百九十五石壬生刑部左衛門」。慶長三年会津分限帳に「与板衆千五百石壬生刑部左衛門。上泉源五郎組之内壬生刑部左衛門組(関東衆が多い)百五十石壬生彦市、二百石三科伝右衛門、二百石森左馬助、二百石福田将監百五十石桐沢次右衛門、百五十石若林織部百五十石福田左平、百五十石簗右京、百石上沢九郎右衛門、〆九人、〆千四百五十石」。慶長五年に「千石壬生刑部左衛門、二百石討死・但名跡刑部左衛門子三科伝右衛門、〆馬上四十九騎合五万六百六十石」同年上杉減封により全員浪人す。

八 古内館小山氏家臣 東茨城郡常北町無し常北町那珂西小山家譜に「天正八年小山朝矩の従士壬生権之丞は古内郷で戦死す」。

九 北条氏家臣伊豆衆 下田市河内(一戸)諏訪神社永正十五年十一月棟札に「大工壬生太郎左衛門尉吉宗」。南伊豆町手石(無し)月問神社永正十六年九月二十七日棟札に「大工壬生栄吉春山朝臣」。東伊豆町大川(無し)三島神社大永四年二月二十四日棟札に「大工河津庄湯峨野村(無し)水生野村太郎左衛門吉宗」。松崎町岩科南側(六戸)国柱命神社天文十一年十二月棟札に「大祢宜壬生久吉」。河津町川津筏場(無し)天神社永禄十三年棟札に「大工壬生太郎左衛門尉政宗」。

三保 ミホ 壬生氏家臣 無し。壬生義雄家臣席順に「小姓組三貫三保助八郎」。

三堀 ミボリ ミツボリ参照。

御厩 ミマヤ 佐竹氏家臣 磐前郡御厩村は三馬屋村とも書く(いわき市内郷御厩町)より起こる、在名にて現存無し。秋田藩諸士系図に「幕紋二引両。御厩八郎(初岩城氏に仕ふ、後佐竹義重に仕へ常州にて卒。弟安斎は義重に仕へ右筆・常州にて卒)ー隼人隆辰(慶長七年常州より来る五十石」慶長国替記に御厩新蔵人。秋田城下御厩権右衛門孝道文書に「佐竹義重より御厩八郎の大里(金砂郷町)に於ての忠信を賞す」

三溝 ミミゾ サミゾ参照。

耳塚 ミミヅカ 信濃国南安曇郡耳塚村(穂高町)より起こる、在名にて現存無し。明治七年新屋村・冨田村・耳塚村・立足村・嵩下村・古厩村・橋爪村が合併して有明村とな。苗字耳塚氏は穂高町二十六戸、うち新屋十一戸存す。

一 小笠原氏家臣 笠系大成に「天正十年三月十五日、小笠原貞慶は耳塚作左衛門(元直)に武田討滅戦の戦功を賞し百貫文を宛行う」。羽前志賀槙太郎文書(長野図書館所蔵)に「天正十年九月四日、上杉景勝は小笠原貞慶の臣耳塚作左衛門尉に安曇郡小宮村・岩岡村・野口村を宛行う」。岩岡家記に「天正十三年十二月十四日、小笠原貞景は徳川方の高遠城主保科正直を攻め、手柄仕候衆に耳塚直右衛門あり」。笠系大成に「天正十七年三月五日、貞慶は耳塚直右衛門に安曇郡立足村三十貫文を宛行う」。

三村 ミムラ 信濃、下野、常陸に多く存す

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「村松(長岡市)大崎九郎左衛門支配新手明六石三村吉兵衛」。米沢市六戸存す。米沢藩寛政五年に「一石二人扶持三村吉内」。

二 武田氏家臣信州洗馬衆 東筑摩郡朝日村六十四戸、うち西洗馬三十一戸、小野沢二十二戸。西洗馬村に鎌倉時代の三村氏居館跡あり。岐阜県白鳥町経聞坊文書に「元亀三年九月二十六日、武田信玄の奏者三村兵衛尉は飛州・濃州方面の使者を務める」。石川県本誓寺文書に「天正七年十一月十八日、奏者山県同心三村監物、仁科五郎殿(高遠城主)、勝頼花押」。大祝諏訪文書に「天正七年諏訪下宮春宮造営帳、西洗馬代官三村七郎左衛門尉・同源右衛門尉」。

三 木曽氏家臣 岐蘇古今沿革志に「木曽義昌従士三村治部左衛門佐」。朝日村三村邦雄文書に「天正十一年五月八日、木曽義昌は三村織部佐勝親の伊那箕輪に於ける忠節を賞す」「天正十四年三月三日、高遠城主保科正直は三村織部佐勝親に小笠原家臣後庁出羽守久親の本領を宛行うことを約す」

四 小笠原氏家臣 松本市百九十戸、塩尻市百十八戸存す。これらの地を洗馬三千貫の地という。古代以来居住の安倍氏族の苗字にて筑紫説は仮冒なり。増補二木家記に「三村は筑紫の侍。古への仁科は安倍貞任が孫、宗任の流は筑紫の松浦也」。二木家記に「天正十年二月、小笠原貞慶・飛騨越を被成、安曇郡西牧金松寺と申寺へ御着候御供には三村勘兵衛」。この子孫諏訪市北沢(一戸)三村忠頼文書に「天正十年六月十二日、小笠原貞慶は三村勘兵衛に後庁の名字を相続させ、後庁勘兵衛尉と名乗らせ筑摩郡洗馬城廻三千貫を宛行う」「天正十年六月十四日、貞慶は後庁勘兵衛尉の忠功を賞し、当家の奉行人に列す」「天正十年七月十九日、貞慶は三村勘兵衛に洗馬三千貫を宛行う」「三村本領之分、筑摩郡平井弖・床尾・吉田・堅石・郷原・岩樽・古曽分・本山・高出・参野・芦田・二子・上神林・溝代・今井・今村・西洗馬・竹居・小野沢・張尾・古見」。三村勘兵衛は西洗馬村出身なり。

五 高島藩諏訪氏家臣 藩譜に「三村某(小笠原に仕へ浪人、諏訪頼忠召出)ー新右衛門(万治二年二十九俵)」「三村又右衛門義和(元禄十年召出十五人扶持)ー又右衛門」。

六 松代藩真田氏家臣 上田市一戸。文政二年に二十俵二人扶持三村養益、四両五人扶持三村古仙、五両三人扶持三村小源太、四両三人扶持三村晴山、同高三村宗碩。文久年中に十五人扶持三村□太郎、五両三人扶持三村大之助、四両一人扶持三村友二。

七 壬生氏家臣 壬生町二戸。壬生義雄家臣席順に「小姓組十貫三村治兵衛」。

八 宇都宮氏流上三川氏族 河内郡三村(上三川町)より起こる、在名にて現存無し。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳上三川左衛門弟・三村右京」。

九 宇都宮氏幕下益子氏家臣 芳賀郡益子町四十二戸、うち大沢七戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永四年七月十一日霊位道訓禅定門・霊位道宝禅定門・霊位妙香禅定尼、下野真壁郡大沢村三村藤右衛門は之を立てる」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「大沢村三村右京子孫三村三郎右営門」。在名三村右京と兄弟契約を結ぶ。

十 小田氏家臣 常陸国筑波郡三村郷(つくば市小田付近)より起こる、在名にて現存無し。永慶軍記に「永禄十二年真壁安芸守小田城攻落の事。小田天庵郎等三村与市見方となる。小田方討死三村左門」。東国闘戦見聞私記に「元亀元年八月結城晴朝平塚合戦の事。口ノ堀(大穂町)に出て三村三郎太夫を夜討にす」。小田氏滅亡後は佐竹氏に属す。文禄三年筑波町附近検地帳に「佐竹(小場)義成は長瀬加賀分を三村伊賀に与える」。

十一 佐竹氏幕下小瀬氏家臣 那珂郡緒川村三十七戸、うち小瀬沢十二戸、小玉五戸存す。上小瀬村四恩印文書に「上小瀬城主常陸介義春(足利尊氏家臣)の旧臣小瀬沢村三村伊賀」。前項と同人か。

十二 赤穂藩浅野氏家臣 笠間市五十戸、うち稲田二戸存す。浅野長政の三男長重は笠間藩主となり、正保二年長直が播州赤穂藩主となる。那珂郡小玉村庄屋三村次郎左衛門は、元禄十四年赤穂藩浅野内匠頭長矩分限帳に「台所役人三村次郎左衛門」。一説に次郎左衛門包常の父彦左衛門は稲田村の人と言う。

十三 笠間藩牧野越中守家臣 弘化三年名順帳に「徒士並・仏殿料理方四両二人扶持三村谷次、地方手代三両二人扶持・谷次倅三村〆三郎、会所預四両二人扶持三村祐蔵」明治初年分限帳に「六両二人扶持三村又左衛門、同高三村亮夫、五両二人扶持三村谷右衛門、四両二人扶持三村安見、同高三村与七、二両一人扶持又左衛門倅三村矢太郎同高与七倅三村清五郎、三両二人扶持三村源助、同高三村旗次郎、同高清七郎二男三村豊吉、二両一人扶持正八倅三村熊太」。

十四 里見氏家臣 館山市一戸、安房郡白浜町一戸存す。房総里見軍記に「天文二年、三村作右衛門」。

十五 武田氏家臣 北巨摩郡須玉町(無し)小尾蔵王権現神主三村筑後。

十六 尾張藩家臣 信州筑摩郡出身なり。寛永年中に「諸奉行衆百五十石三村清右衛門」。正徳三年に「四十石三村幸八、四十石三村團蔵」。明治二年に「外科二百俵三村玄澄、物頭席寄合二百石三村久次郎、御目見席寄合百石三村幸八、明倫堂訓導三人扶持三村増吉」。尾張藩木曽代官山村氏家臣は山村参照。

十七 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三村段七元治元年五十歳、三十俵三人扶持、本国生国武蔵、養祖父三村仁三郎、養父三村長三郎表御小間遣」「三村平太郎、慶応元年二十五歳、、十俵一人扶持、本国生国共武蔵祖父三村長三郎、父三村段七箱館奉行支配同心組頭」。

三室 ミムロ 下都賀郡都賀町十四戸、うち大柿十一戸存す。

一 皆川氏家臣 寛永十二年家臣帳に「大柿村三室外記・三室小兵衛」。元禄十七年皆川旧臣勧化牒に「大柿村三室杢兵衛・三室長右衛門」。

二 壬生氏家臣 嘉永六年旧臣控に「大柿村三室伊豆末葉あり」。

水守 ミモリ 小田氏家臣 常陸国新治郡水守村(つくば市)より起こる、在名にて現存無し。天文十八年小田家風記に「外家大名水守城主一万二千石水守民部、廻座衆三百石水守小源治」。東国闘戦見聞私記に「元亀元年八月結城晴朝平塚合戦の事、大曽根の砦(大穂町)には水守六郎楯籠る」

三森 ミモリ 下野国那須郡に多く存す。古代以来居住の苗字にて奥州白川郡三森村発祥説は仮冒なり。

一 結城白川氏家臣 のち佐竹氏に属す。西白河郡三森村(表郷村)より起こる、在名にて現存無し。三森村に芳賀氏六戸、和知氏六戸存す。佐竹義重次男義広は結城白川義親不説斎の養子となり、天正十五年芦名氏を継ぎ、慶長七年秋田移封に従い角館一万八千石となり、芦名氏断絶後家臣は佐竹氏に仕える。秋田藩芳賀六郎兵衛文書に「天文二十四年結城晴綱は芳賀越後入道に唯今抱の地を三森民部少輔へ渡し、越後には石川郡浅川を宛行う」。天正十四年白河義親・義広連署書状に「和知大隅守むすめを三森藤四郎の妻とす」。角館佐竹式部義都家人三森平右衛門文書に「東義久より三森安芸守宛」。天保十二年分限帳に「角館玄米二十石三森市左衛門」。

二 黒羽藩家臣 万治元年大関家中姓名録に三森氏の名は見えず、藩士では無い。那須郡黒羽町二十二戸、うち須佐木一戸、那須町七十七戸、うち大和須字棚橋十二戸、蓑沢二戸、梓(吉野目村、代々名主)一戸存す。古代以来居住の苗字にて白川郡の在名三森安芸守後裔説は仮冒なり。黒羽藩の創垂可継に@「那須郡蓑沢村本陣源左衛門先祖は三森安芸守と云い奥州白川郡三森村の館に住す。文明年中白川城主小峯弾正小弼政朝の旗下に属し、慶長年中・又佐竹に属し、其の後佐竹羽州秋田へ配流の時安芸嫡子三森三郎秋田へ下り今にその子孫連綿すと云う。安芸二男を治郎と云い後尾張と云う。蓑沢へ移り三之丞と改め土民となり三代目を源左衛門と云う。同村三森杢之助先祖三森安芸四代目源左衛門の三男長右衛門と言いるを別家に取り立てし其の子孫なり。当杢之助祖父金子千両献じしに依って帯刀苗字免許くださる」。A「那須郡大和須村、先祖は益子源蔵と言う。其の後勘右衛門といえる者の奥州三森の主三森某と戦うて吉野目村に来り住し、勘右衛門従来男子無かりしかば、三森へ和睦し二男を養い子とし家を嗣がしめ、是より益子を改め三森をもって氏とす」。B「那須郡須佐木村上組源蔵先祖は三森氏にして白川郡三森と云える所を知行す。其の後佐竹に属し羽州へ国替えの時暇を給わり当時大和須村に住し三森和泉と云う。其の後数代を経て四郎兵衛と云える者嗣子式右衛門、二男利兵衛は分家す、当時源蔵は利兵衛の子孫なり」高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永五年七月朔日・霊位玄昌禅定門、那須黒羽棚橋村三森仁兵衛は之を立てる」。

三 旗本福原氏家臣 大田原市佐久山無し。清浄心院下野国供養帳に「寛永八年三月二十一日・霊位安窓妙泰大姉、下野佐久山三森造酒佐は老母の為に之を立てる」。

四 烏山藩成田氏家臣 那須郡小川町吉田無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長十三年十二月二十日・妙桂禅定尼、那須吉田村三森右京亮は之を立てる」。

五 皆川氏家臣 栃木市平井町無し。寛永十二年家臣帳に「平井村三森作左衛門・三森新右衛門」。

三谷 ミヤ 下総国匝瑳郡千田庄中村郷三谷村(香取郡多古町北中字三谷)より起こる在名にて現存無し。中山法華経寺文書に「元徳三年下総国千田庄中村郷三谷堂」「貞治五年千田庄中村郷宮堂」「応永四年千田庄中村郷三谷村」。ミヤと訓ず。

一 千葉氏流三谷氏 中村郷三谷村より起こる。印旛郡富里町立沢、中沢に三谷氏居城の中沢城あり、現存無し。@千葉大系図に「千葉介胤政(建仁三年卒)ー三谷四郎胤広ー三谷四郎胤村(兄三谷次郎通胤)ー三谷四郎泰俊(弟中沢胤直、弟立沢胤幹)ー三谷弥四郎義胤(兄三谷四郎太郎胤継)ー三谷又四郎頼胤、弟三谷小四郎」。A神代本の千葉系図に「千葉四郎胤広ー立沢四郎太郎胤義ー三谷四郎泰俊ー三谷四郎太郎胤継(弟三谷弥四郎義胤)ー三谷彦四郎氏胤、弟三谷八郎幹胤」。千葉系図別本(続群書類従)に「千葉介胤綱(安貞二年卒。近侍三谷小四郎)、千葉介満胤(貞治五年六人衆三谷帯刀)ー兼胤ー胤直ー胤将(享徳三年卒。譜代三谷隼人)ー胤宣ー康胤ー胤持(長禄三年三谷越中戦功)ー輔胤ー孝胤ー勝胤(永正十年三谷将監戦功)」。応永十三年香取社造営料足納帳に「三谷兵庫殿分・中沢(富里町)六町三反、三谷又四郎殿分・若宮戸(不詳)一町八反、三谷孫六郎殿分・亀崎(八日市場市)一町七反、三谷弾正知行分・大原郷飯篠(多古町)一町、三谷平七殿分・蒲萱(鎌ヶ谷市)一丁四反」。

二 坂田城主三谷氏 多古町三谷村から辺田村(八日市場市)、中沢村を経由して坂田村(山武郡横芝町)に至る、現存無し。坂田村真言宗霊通寺過去帳に「千葉泰胤三谷四郎、三谷始とす。中沢の次坂田に住すること数代、大膳之佐とす、一男外記小堤に住す」「三谷又四郎頼胤(永享頃坂田領主)…大膳亮ー大膳亮胤興法名蓮祐(天文頃坂田領主)ー大膳亮信慈入道(宝馬野討死)。胤興の弟外記胤煕法名蓮誓、弟藤四郎胤良法名蓮敬ー長倉殿法名蓮空(長倉城主)。初代大膳亮の弟□□ー蔵人佐ー蔵人佐胤重」。山武郡芝山町宝馬・山田、横芝町長倉・牛熊・小堤字下宮台要害城、八日市場市貝塚・吉田・久方。貝塚村真言宗宝光寺開基応永六年大旦那三谷蔵人佐。牛熊村八幡神社縁起書に「永享年間坂田郷領主で小堤村下宮台要害城主三谷又四郎大膳亮頼胤が再興修繕す」。平賀本土寺過去帳に「文明十七年八月二十二日羽鳥(佐倉市)打死三谷小二郎」。千学集に三谷をミヤと注す。「千葉勝胤の四天王は原・円城寺・木内・三谷である」「永正二年、坂田郷三谷大膳亮・三谷蔵人佐・三谷孫四郎は、千葉妙見宮神前で千葉勝胤の嫡子昌胤元服に御馬・太刀を進納す」「天文十九年妙見宮遷宮、大旦那千葉新介親胤、御馬は三谷下野守・三谷右馬助」。小堤村神保誠文書に「吉田郷の内、久方村は天文十五年千葉利胤より三谷蔵人給置證文歴然也」。山室譜伝記に「弘治元年閏十月十八日、坂田城主三谷大膳亮信慈は金光寺への参詣の際、井田因幡守友胤に攻められ討死す」。山田村真言宗金光寺に三谷信慈の墓あり。これにより三谷氏一族は井田因幡守家臣となる。

三 坂田城主井田氏家臣 匝瑳郡新村(八日市場市)に三谷氏居城の新城あり、現存無し。吉田郷領主三谷蔵人佐胤重は三谷衆六騎四十人を率いて坂田城主井田因幡守に属す。井田氏家老の子孫神保誠文書に「天正十五年北条氏軍役割付、井田因幡守備。着到三十人・八十八貫文三谷蔵人佐胤重、着到三人・十二貫文三谷右馬助、着到三人・十一貫文三谷源次左衛門尉、着到五人・十七貫文三谷民部少輔、着到一人・五貫文三谷主税助」。郷土史家に在名三谷氏の本名を調べてほしい。

四 千葉氏家臣森山衆 香取郡小見川町森山城あり、宮氏一戸存す。永禄十年頃千葉胤富書状に「森山衆三谷主殿助、森山初番衆八十内藤六郎旗下みや弥次郎」。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に森山衆天正十八年小田原役湯本堅〆侍大将宮宮内少輔、侍大将三谷弥三郎、同三谷陸郎兵衛。

五 佐野氏流三谷氏 下野国都賀郡佐野庄三谷村(ミヤ、岩舟町)より起こる、在名にて現存無し。小野寺文書に「宝徳二年五月三日小野寺朝通言上状。下野国佐野庄之内小中郷・堀籠郷・古江郷・青柳郷・并渕郷・三谷郷」小野寺氏領にて、小野寺氏に属す。田原族譜に「佐野宮内広綱ー伊豆守宗広ー伊賀守宗利ー三谷八郎利照」。岩舟町の歴史に「三谷利照の末裔三谷伊勢守義明は永正二年没す。その子義輝、その子義師、五代目伊勢守貞延は宇都宮弥三郎国綱に仕える」。宇都宮国綱は慶長二年没収となり滅亡す。

六 皆川氏家臣 都賀郡三谷村(栃木市宮町)より起こる、在名にて現存なし。天正十八年北条氏人数覚書に「皆川山城守、下野皆川城・とミた・とちき城・なんま四ケ所千騎」皆川氏領である。大平町冨田無し高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永元年六月九日・霊位光嶺雲清、下州冨田町三谷六右衛門は之を立てる、今は江戸」。

宮 ミヤ 越後、常陸に多く存す。

一 上杉氏家臣 北魚沼郡川口町十九戸、堀之内町堀之内二十六戸、小千谷市三十戸存す、この一帯を藪上郷東山村と別称す。古代士籍に「永禄年中、喜平治家来宮盛右衛門」。上田士籍に「藪上堀内居・後逆心宮善助。藪上居宮清蔵」。歴代古案に「永禄十二年卯月十九日、岩船郡大川城の大川長秀の被官宮秋長は主の為に賞を請う、河田豊前参、宮孫三郎秋長花押」「天正九年十一月吉日、上杉景勝は三矢清蔵に刈羽郡北条之内(柏崎市)小里分・日向分・保科分大屋分・五十嵐分を宛行う」。宮文書に「慶長元年丸田俊次黒印状。浦佐から小千谷までの川役・船役・市役などの小成物の徴収を堀之内の宮源左衛門に命ずる」子孫は明治維新まで堀之内宿本陣を勤める。文禄三年目録に「五十騎衆百八石宮善助、五十五石宮清蔵・右後盛右衛門と成る、但総右衛門・盛右衛門・新五左衛門先祖」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百五十石宮盛右衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市に宮氏二戸、三矢氏無し。諸士略系譜に@「宮盛右衛門(宮備後長男、始清蔵、越後東山三間屋敷と申処賜之、又北条の内五箇所知行賜之、米沢へ供奉後卒)ー盛右衛門信道(慶長十七年定勝御部屋御徒、寛永十九年卒。弟新五左衛門正信、弟総右衛門秀正)ー森右衛門信儀ー総左衛門信次ー盛右衛門信実ー藤左衛門信親ー森右衛門忠次ぐー盛右衛門忠道ー和一郎信汎ー廉之助信近(慶応二年相続)」A「新五左衛門正信(景勝御近習、寛文七年致仕)ー新五左衛門盛信ー新五左衛門宗信ー舎人興信ー三矢と書改)ー舎人信秀ー清蔵信尊ー熊吉信友ー清蔵信好(嘉永五年相続)」。B「総右衛門秀正(実福王子大膳景重二男、始清蔵、慶長年中盛右衛門の家督、正保三年致仕)ー与総右衛門秀信ー与総右衛門信貞ー市郎左衛門秀信ー総右衛門秀賢ー与総右衛門秀宣ー源太郎信好ー吉弥信正ー与太郎信謹(明治元年家督)」。C「宮善兵衛(宮善助男、米沢まで供奉、正保二年致仕)ー八郎兵衛信元ー仙右衛門利信ー善太夫ー八郎兵衛高房ー十郎左衛門房泰ー仙右衛門房仲ー専右衛門義房ー善兵衛忠房ー斎宮高房ー駒之助房平(文久三年相続)」。寛永八年に「五十騎衆二百石宮惣左衛門、五十石宮善兵衛。御中之間衆百石宮新五左衛門。御納戸衆百石宮森右衛門」。寛政五年に「八十石三矢舎人、四十石宮与総右衛門、二十五石宮盛右衛門、二十五石宮儀総次、一石一人扶持宮助太郎、同高宮郡右衛門」。

三 木曽氏家臣 岐蘇古今沿革志に木曽義昌家来組頭川崎又右衛門同心・千石宮久三郎

四 日光衆 日光市無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十三年八月二十三日・霊位妙春禅尼・逆修妙盛禅尼、下野日光山鉢石宮与右衛門尉は之を立てる」。

五 足立衆 足立区六戸、うち本木無し。高野山千蔵院足立郡本木村に「寛永六年・父母逆修、宮次兵衛は立てる。妙清、宮才三郎は立てる」。

宮入 ミヤイリ 信濃に多く存す。松代藩真田氏家臣 上田市四十七戸。文政二年に「十二俵二人扶持宮入久三郎、二両三人扶持宮入島蔵、二人扶持宮入多平」。文久年中に「十五俵二人扶持宮入新七郎、四両宮入多吉」。

宮氏 ミヤウヂ 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮氏豊之助、文久三年十八歳、四十俵二人扶持、本国上総生国武蔵、祖父宮氏平次郎死、父宮氏為右衛門御台所人」。

宮内 ミヤウチ 信濃、上野、武蔵、常陸、下総に多く存す。壬生家臣はクナイ参照。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市三戸。寛政五年に「四石一人扶持宮内嘉蔵、三石一人扶持宮内長右衛門、二石一人扶持宮内三次郎同高宮内新左衛門、同高宮内庄左衛門」。

二 沼田衆 沼田市二十三戸、利根郡川場村二十八戸、昭和村五戸存す。昭和村生越字沓掛の谷の持ち主なり。深谷城・鉢形城重臣の子孫千葉県市川市岡谷繁弘文書に「天正四年三月二十九日、くつかけ谷主宮内左衛門・同清七郎、岡谷隼人佐殿、北条氏邦朱印」。

三 足利城主長尾氏家臣 小菅十二項参照。

四 佐竹氏家臣 那珂郡大宮町無し、那珂町三十四戸、東海村二十六戸存す。大宮町甲明神弘治三年奉加帳に宮内勘解由左衛門。

五 牛久城主岡見氏家臣 牛久市十六戸存す高野山清浄心院常陸国供養帳に「文禄三年七月二日・霊位□□禅定門、常州牛久宮内新七郎は父大和守の為に立てる」。

六 玉造氏家臣 行方郡玉造町十七戸、北浦町六十八戸、麻生町百二十七戸、潮来町三十七戸存す。天正十九年玉造重幹生害の家臣宮内伯耆。

七 鹿島氏家臣 鹿島郡神栖町三十五戸、波崎町百七十八戸。下総国香取郡東庄町三十六戸存す。東庄町上代郷地頭東氏の一族が常陸国鹿島大祢宜職を継ぎ家臣を引き連れる。鹿島大祢宜系図に「東右衛門大夫勝繁(永正十三年九月七日入着、小見川縁者、此度同心共の衆、本来上代出所・宮内孫二郎繁元)」。次項参照。

八 千葉氏幕下森山衆 香取郡小見川町十五戸(森山城あり)、多古町二十二戸存す。永禄十年頃森山初番衆に「押田権四郎代旗下宮内右京亮」。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に「天正十七年六月森山城評定所行事宮内城右衛門」「森山衆天正十八年小田原役湯本堅〆侍大将宮内右京亮」

九 千葉氏幕下銚子衆 銚子市九百八十戸、うち高田町八十三戸存す。高田村廻船商人宮内清右衛門文書(常陸誌料)に「明応九年下総海上堀内妙見造営、木屋奉行宮内修理亮真直」「大永五年海上宗秀より宮内新四郎宛」「天文十年妙見社棟札写に宮内左京亮秀行」「永禄十三年千葉胤富は宮内清右衛門尉に塩かまの事を任せる」「元亀元年千葉胤富より宮内孫三郎宛」。銚子市飯沼町円福寺天文十一年文書に宮内惣衛門尉

十 北条氏家臣小田原衆 小田原城下の久野城主北条宗哲の子新三郎氏信が小机城主となり、永禄十二年戦死、その子彦太郎氏隆は久野城主となる。その家臣駿河出身の法名妙桂は小机領宮内村(川崎市)に居住して宮内殿と称される。高野山高室院月牌帳に「天正九年四月二十二日・宗珠禅定門、相州小田原・宮内の為に後室は立てる」「天正十五年霜月二十一日・逆修正仏・相州久野御前方宮内殿」「天正十六年八月八日・逆修妙桂、本国駿州・宮内住人也」。

十一 同江戸衆 永禄二年役帳に「江戸衆太田新六郎知行、七貫文江戸石原内(調布市無し)宮内分」。

十二 同伊豆衆 修善寺町大平十四戸、松崎町江奈二戸存す。江奈村船寄神社天正七年十月棟札に「鍛冶宮内善左衛門」。大平村宮内英太郎文書に「天正七年正月十四日、大平かみすきは宮内隼人佐に指令をもとめる」「天正九年十月二十五日、大平百姓宮内隼人、評定衆垪和伯耆守康忠花押」。

宮岡 ミヤオカ 武蔵に多く存す。

一 松代藩真田氏家臣 上田市一戸存す。文政二年に「二両三人扶持宮岡宗清」。文久年中に「御徒士二両一人扶持宮岡宗宅」。

二 武蔵国在名金子氏の本名宮岡氏 入間市仏子八十四戸存す。仏子村曹洞宗高正寺は建保年間に金子伊豆守親範・同六郎家範が開基し、金子一族の位牌を安置す。親範館は宮岡敬三屋敷附近にあったと伝へ、宮岡氏は金子氏を名乗り、江戸初期に宮岡に復姓し土着す。在名金子氏の本名は古代以来居住の苗字宮岡氏なり。七五一二頁参照。

三 八王子衆 多摩郡日の出町大久野十九戸存す。風土記稿多摩郡大久野村条に「神明社祠官は宮岡右京と云ふ。棟札に永禄二年神主宮岡民部太夫守久、永禄六年祢宜宮岡民部太夫盛久三十八才」。同村浅間社元亀二年棟札に「神主宮岡民部大輔守之」。

四 八王子千人同心 青梅市和田無し。嘉永七年に大久野村宮岡三八・宮岡徳次郎・宮岡市兵衛、日蔭和田村宮岡善九郎。

宮ケ原 ミヤガハラ ミヤハラ参照。

一 浦和衆 浦和市無し。高野山西南院関東過去帳に「天正十七年七月十七日・浄香禅定門・妙珍禅定尼、武州下足立浦和宿宮ケ原監物は父母の為に立てる」。

宮川 ミヤガワ 信濃、甲斐に多く存す。

一 上杉氏家臣 新潟市百十戸、うち沼垂三戸、ミヤカワと称す。山吉家伝記に「天正十四年七月二十三日、今度注進申者共、沼垂衆宮川後藤兵衛」。

二 木曽代官山村氏家臣 山村参照。

三 麻績衆 信州東筑摩郡麻績村二十六戸存す。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「おミ北条分・おミの神主殿・同宮川殿」

四 松代藩真田氏家臣 上田市五十五戸存す寛永十年に「百五十石宮川数馬」。寛文元年に「百五十石宮川七郎右衛門」。文久年中に「御徒士十五俵二人扶持宮川藤吉・同高宮川国蔵」。

五 箕輪城主内藤氏家臣 群馬町三戸、うち保渡田無し、箕郷町五戸、高崎市三十四戸高野山清浄心院上野国供養帳に「天正十六年二月二十一日・天叟自性禅定門・利心芳益禅定尼・玉叟全吉禅定尼・膽叟玄察禅定門、ホトタ宮川又左衛門は之を立てる」。

六 多賀谷氏家臣 下妻市四戸、真壁郡関城町関本無し。多賀谷伝記に天正五年下妻在士の着到宮川与三郎。天正十年大田和合戦図に「弓・宮川与惣右衛門」。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。多賀谷修理大夫重経家臣、真壁郡関本・宮川与惣右衛門」

七 古河公方家臣 猿島郡三和町諸川二戸存す。諸川村中村文書に「天正比、古河公方旗下中村豊後守入道洗心家臣宮川内膳」。

八 東金城主酒井氏家臣 東金市十一戸、うち北之幸谷一戸存す。東金城明細記に「天正十八年北之幸谷衆宮川藤右衛門」。

九 北条氏家臣平塚衆 平塚市金目十三戸、片岡三十九戸存す。高野山高室院月牌帳に「永禄八年七月十四日・道長・相州中郡金目・宮川九郎右衛門」。新編相模大住郡片岡村条に「雷電社神主宮川丹後、先祖丹後家嗣・明暦二年正月八日死百六歳。代々神職を勤む、東照宮よりの賜物あり」。

十 同田原城主大藤氏家臣 秦野市三十二戸大藤文書に「永禄四年十一月二十二日、北条家奉行宮川弥三郎」。大藤氏着到帳に「二人・宮川善七郎、二人・宮川左太夫」

十一 同小机衆 小田原市中島無し、伊豆長岡町天野無し、三浦郡葉山町八戸、横浜市都筑区茅ケ崎町二戸存す。鶴岡御造営日記に「天文十三年六月十二日、山角弥太郎・宮川・田中・布施」。永禄二年役帳に「御馬廻衆宮川左近将監、百六十二貫文三浦葉山郷・三十貫文西郡中島。御馬廻衆宮川弥九郎、四十貫文豆州狩野天野」。都筑郡茅ケ崎村岸文書に「永禄四年四月二十四日、竹木伐採を禁止し、不法者は小机城主に訴えよ、宮川左近花押」。

十二 紀州藩家臣 北条氏政の弟小机城主北条左衛門佐氏堯、その子足柄城主北条左衛門佐氏忠父子の家臣にて、伊勢国鈴鹿郡宮川村発祥説は仮冒なり。南紀徳川史・名臣伝に「赤松次郎義則末流、赤松五郎入道旲深(伊勢国に於て宮川と改)ー宮川山城政次(越前と称す。小田原北条家に随身、北条左衛門佐附属、家老相勤)ー宮川金八政久(権現様召出三百石、徳川頼宣附属、慶長十四年遠州浜松病死)ー伍助政信(生国駿河、頼宣家老水野対馬守出雲守に附属紀州新宮居住、宝永九年病死)ー伍助政長(代々新宮与力)、七代伍助則武(寛政十年同役)」。元和五年紀州藩国初知行高に「新宮藩水野淡路守与力三百石宮川伍助」

十三 松山衆 武蔵国横見郡一ツ木村(吉見町無し)氷川社別当当山派修験氷川山文珠院竜海寺は明治二年復飾して氷川神社神主宮川環と称す。

十四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮川勇次郎、元治元年二十九歳、四十俵一人扶持、本国生国共武蔵、祖父跡式御台所人」「宮川富次郎、慶応二年三十四歳、十五俵一人扶持、本国生国共武蔵、祖父宮川半之丞死父宮川藤三郎死甲府勝手小普請」。

十五 武田氏家臣 甲府市百九十戸、東八代郡境川村五十八戸、うち石橋二十二戸、中道町白井河原七戸存す。石橋村八幡神社大永三年六月二十一日神像銘に宮川大炊助。高白斎記に「天文二十二年正月十七日、小田原よりの使者に御対面の時、小山田信有・宮川将監ばかり烏帽子着被申候」。静岡市丸子田中織部文書に「元亀三年、武田家奉行宮川宮内助」。文政十年八代郡白井河原村表門神社神主宮川伊勢。

宮城 ミヤギ 信濃、武蔵に存す。

一 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町無し永禄元年長野業政家臣録に徒士宮城甚之丞

二 里見氏家臣 安房国山下郡宮城村(館山市)より起こる。宮城村に宮木氏四戸存す高野山妙音院里見家過去帳に「天正九年三月二十一日・逆修慶室妙善、宮城山城守御廉中は自身の為に立てる」。

三 平姓宮城氏 七五一六頁以下参照。足立郡宮城村(足立区)より起こる、在名にて現存無し、隣の沼田村二戸、北区赤羽(稲付村)無し、豊島区雑司が谷二戸存す。寛政呈譜に「宮城中務政業(岩槻城主太田十郎氏房につかふ、天正十七年六月二十三日死法名斎徳)ー美作守為業(氏房につかふ、天正六年五月七日死法名楤林)ー四郎兵衛泰業(氏房につかふ、天正十九年七月十三日死法名道慈)ー平右衛門正重(寛永十一年死)ー正次(四百石、寛永二年死)ー政興ー政国(雑司が谷日蓮宗法明寺に葬る。のち代々葬地とす)」。稲付城主太田新六郎康資に仕へ、永禄五年康資が安房国に退去後は江戸城主北条氏秀に仕へる。高野山千蔵院供養帳足立郡稲付村に「松高・宮城殿・命日天文二十二年八月十五日、椿高尼・宮城殿・命日天文二十二年四月十五日、中務大輔(政業か)は之を立る」。足立郡沼田村(同文が宮城村にもあり)に「天文十九年七月十二日登山、観城院(使者の修験か)は宮城殿兄弟の為に立る」「天正十九年・善芳禅門・逆修高忩禅定尼宮城は立る、取次高翁院純定(修験か」。雑司が谷村享保七年鬼子母宮座配に宮城忠左衛門・宮城治兵衛・宮城勘兵衛。

四 河内国狭山藩北条氏家臣 前項一族が仕える。宝暦五年分限帳に「用人百石宮城神五郎」。

五 藤原姓宮城氏 足立区伊興一戸存す。北条氏幕下千葉氏に仕える。風土記稿足立郡伊興村条に「永禄二年小田原役帳に江戸衆千葉殿三十貫文・下足立伊興村と載せたり。日蓮宗長勝寺開基は名主林蔵が先祖宮城清左衛門吉重なり、元和八年当寺を起立し、自ら逆修して法名蓮華院長勝日法といふ、則ち寺号とす、吉重は寛永十四年正月十三日病没せり。私録の過去帳に宮城加賀守藤原吉次法名日妙とあり。千葉勝胤墓碑面に宮城三右衛門・市原四郎兵衛・宮城忠左衛門・常田次左衛門等四人の姓名を彫れり、此四人の内、三右衛門と次左衛門とが子孫は、今の村民林蔵・次左衛門にて、其余二人の子孫は廃家となりしと云」。

宮口 ミヤクチ 上杉氏家臣 越後に存す。慶長三年会津分限帳に「会津若松組二百石宮口左近六」。

宮久保 ミヤクボ 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮久保増太郎、慶応三年二十三歳、二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、父宮久保弥左衛門小普請組支配」。

宮毛 ミヤケ 飯田市十戸存す。

一 小田氏家臣 つくば市無し。天文十八年小田家風記に「廻座衆千石宮毛当麿」。

三宅 ミヤケ 越後、下野、常陸に存す。

一 上杉氏家臣 長岡市宮内町(石坂村)無し、柏崎市二十六戸、北蒲原郡中条町二十九戸存す。上杉家文書に「文明十九年再検地、古志郡石坂村三宅出雲守と林孫次郎立会」「九月五日(永正十八年頃)、三宅大炊助政家花押」「天正五年十二月二十三日上杉家家中名字尽、三宅備後守長盛・三宅小三郎宗隆」。歴代古案に「天正三年極月十五日、能登守護畠山氏の将三宅備後守長盛等は、越前加賀の状況を謙信に報ず」。慶長三年会津分限帳に「与板衆五十石三宅左吉」。米沢市三戸存す。米沢藩寛政五年に「一石一人扶持三宅庄助」。

二 小笠原氏家臣 飯田市五戸、松本市八戸存す。飯田藩慶長年間に「三十俵三宅又左衛門」。松本藩元和二年に「百石三宅助左衛門・或又左衛門」。

三 尾張藩千村氏陪臣 千村四項参照。

四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「三宅元八郎慶応元年三十五歳、八十俵五人扶持、本国信濃生国武蔵、養祖父三宅藤五郎死、養父三宅鎌太郎死小十人組」。

五 松井田城主 碓氷郡松井田町無し。大道寺駿河守政繁家中記に「郷原寄騎(名山城詰、安中市)二百石三宅市郎右衛門。御代官二百石三宅仙右衛門(一本に作右衛門)

六 茂木藩細川氏家臣 芳賀郡益子町十四戸茂木町一戸存す。慶長十五年入部細川玄蕃頭興元家臣に「三百石三宅内膳」。弘化五年に「御給人三宅左膳」。

七 土気城主酒井氏家臣 千葉市土気町無し土気古城再興伝来記に「天正二年、中老衆八百石三宅甚左衛門」。

八 北条氏家臣小田原衆 高野山高室院北条家並家臣過去帳に「元亀二年十月十六日・逆修天作正祐禅定門・逆修円性永珠禅定尼相州小田原三宅彦左衛門信治は夫婦の生前供養の為に立てる」。

九 同伊豆衆 伊豆長岡町江間無し。永禄二年役帳に「伊豆衆三宅、五貫文江間之内給田・五貫文御蔵出」。

十 会津藩保科氏家臣 鳥居氏は岡崎市河内渡を本拠地とす、三宅隼人正は豊田市梅ケ坪城主なり。三宅氏は岡崎市六十戸、豊田市二百二十戸存す。山形藩主鳥居左京亮忠恒没後没収となり、家臣は保科正之が引取る。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「千二百五十石・左京丞殿衆三宅孫兵衛、四百石三宅新右衛門、三百五十石三宅九右衛門」。諸士系譜に@「本姓藤原、本国三河、定紋輪宝、替紋丸ノ内弐ノ字。三宅孫兵衛重則の二男新右衛門直利(召出寛永十三年山形、三百五十石)ー五左衛門直重ー五左衛門直好ー五左衛門直親ー親右衛門直期ー伝左衛門直元ー五右衛門直宣ー新右衛門直光(文政六年家督四百石)」。A「三宅孫兵衛重次の二男治兵衛重武(召出延宝五年)ー治兵衛重利ー外蔵勝封ー治兵衛重威ー多門重雄(文化十年家督三百石)ー代吉重政。明治元年以前に三宅治兵衛三百五十石」。B「三宅治兵衛重行の四男権八郎行吉(召出正徳四年、十五石三人扶持)ー作太夫武明ー辰蔵武雅ー貞蔵武久(文政元年跡式百五十石)ー貞之進。明治元年以前に三宅権八郎百五十石」。C「本姓藤原、本国三河、定紋輪鉾、替紋五三桐。三宅孫兵衛重直の二男小兵衛直住(召出正保元年二十五石四人扶持)ー小兵衛直智ー小兵衛直種ー小左衛門直斯ー初之進直誉(文化元年家督二百五十石)ー正介直秀ー小八郎。明治元年以前に三宅小左衛門三百石」。D「本姓源、本国三河、定紋輪宝。三宅保左衛門是親の三男九右衛門安親(召出寛永十三年山形、三百石)ー源右衛門親武ー藤左衛門親雄ー藤左衛門親当(天明六年跡式三百五十石)ー武八郎親又」。E「本姓藤原本国三河、定紋輪宝。三宅源右衛門親宗の五男弥七親伯(召出享保十一年、八両四人扶持)ー弥七親忠ー貢親芳(文化四年跡式三百五十石)ー武出吉親民。明治元年以前に三宅貢三百五十石」。

宮子 ミヤコ 那波氏家臣 上野国那波郡宮子村(伊勢崎市)より起こる、在名にて現存無し。本名は長浜氏なり、長浜参照。色部文書に「天正十五年十月十日、那波顕宗は家臣宮子清次自身を北条氏の人質として厩橋城に送る」。

宮古 ミヤコ 金山城士 太田市無し。金山太田誌に「天正十一年金山籠城、譜代之臣宮古彦太郎」。

宮越 ミヤコシ 越後に多く存す。

一 木曽氏家臣 信濃国筑摩郡宮越村(ミヤノコシ、木曽郡日義村)より起こる、在名にて現存無し。岐蘇古今沿革志に「木曽義昌従士宮越丹波」。木曽福島町興禅寺文書に「霜月二十四日、興禅寺様、宮越丹波守昌弘花押」。

二 上杉氏家臣 前項ミヤノコシ村より起こる。古代士籍に「謙信様衆、与板・元信州宮越出也・宮越彦十郎」。覚上公御代御書案に「天正六年九月二十日、信州高井郡井上源六郎達満(須坂市)家風宮越新五郎に越後国遠田村料所百三十貫文を宛行う」。鶴城叢書(米沢図書館)に「天正十年五月二日、信州十七騎の持城安堵す、宮越喜三郎殿、直江判」。文禄三年目録に「信州井上衆井上左衛門大夫同心三十七石・元来木曽衆宮越喜三郎」。慶長三年会津分限帳に「信州井上衆百石宮越喜三郎。米沢市にミヤノコシ氏一戸存す。米沢藩寛政五年に「七石四人扶持宮越又兵衛」。

三 上州藤岡衆 多野郡鬼石町浄法寺三戸存す(ミヤコシ)、藤岡市中無し。中栗須村天正十四年正月神明宮建立に「願主中村郷宮越兵部」。

宮坂 ミヤサカ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 長野市百十六戸、上水内郡信濃町熊坂無し。在名熊坂氏の本名は宮坂氏なり。古代士籍に「謙信様衆旗本信州・宮坂と号・熊坂宮内」。文禄三年目録に「信州塩崎(長野市)清水三川守同心二十二石・本姓熊坂・此左近子を学内と云・宮坂左近」。慶長三年会津分限帳に「中山在番衆(上山市)五十石宮坂覚内」。米沢市五戸存す。米沢藩寛政五年に「七石三人扶持宮坂伊門、七石二人扶持宮坂孫兵衛、三石一人扶持宮坂茂右衛門、二石一人扶持宮坂市次、同高宮坂軍蔵、同高宮坂次左衛門同高宮坂藤五郎」。

二 真田氏家臣 上田市六十六戸、小県郡東部町三十八戸、丸子町四十戸、真田町六戸小県分限帳に「六貫四十文宮坂又右衛門知行、八百文宮坂与右衛門知行」。慶長四年真田昌幸の奏者宮坂八右衛門。松代藩文政二年に「十五俵十五人扶持宮坂金作」。

三 沼田藩真田氏家臣 沼田市無し。真田信利分限帳(天和元年改易)に「十二両三人扶持宮坂平大夫」。

四 佐久郡大井氏家臣 佐久市(七戸)岩村田大井章文書に「大永二年十月二十三日、宮坂因幡分四貫を宛行う、三郎右衛門、花押(大井貞隆)」。

五 筑摩郡会田衆 東筑摩郡坂井村三十戸、四賀村会田二戸存す。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「あい田分、宮本之ミやさか殿」。神主か。

六 諏訪衆 諏訪市四百五十戸、茅野市(金沢駅あり)二百三十戸、岡谷市(小井川村あり)三百八十戸、諏訪郡原村八十戸、うち菖蒲沢二十七戸存す。各村に古代以来居住の苗字にて、他村からの移住説は仮冒なり。苗字宮坂氏は在名小笠原氏と兄弟契約を結び小笠原氏流を称す。諏訪志料に「宮坂氏。当氏は諏訪大神の裔にして、下社春宮神社の祝部より出づと云ふ。春宮社辺に宮坂と云ふ小地名存す、蓋し祖先在住の故を以て氏号に称せしならん。或は武人となりし人もあると云ふ。守護小笠原家の一族に宮坂氏あり、旧き国士と見ゆ。また天文中、大和十人衆の内、小井川住宮坂一閑斎と云ふ人あり。同流の趣きを云ひ伝ふ。又金沢駅に居住、宿役人を勤めしものあり。後菖蒲沢に蟄居、後に開拓の業に従ひ、木下・小林・藤原等の諸氏と共に尽力す」。斎号は修験なり。菖蒲沢村に縄文中期の集落跡、平安時代後期の集落跡あり。諏訪市千野文書に「酉十月七日、番手宮坂庄左衛門尉・同平次」。

宮崎 ミヤザキ 諸国に多く存す。

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「春日山御手明御弓衆九石・信州上倉家中宮崎勘左衛門・宮崎忠左衛門・宮崎甚助」。米沢市十五戸存す。米沢藩諸士略系譜に「宮崎文蔵徳秀(明治元年長岡表に於て討死)ー新太郎則良(明治元年相続)」。寛政五年に「五人扶持医師宮崎周伯、五石一人扶持宮崎市左衛門、四石一人扶持宮崎文蔵、同高宮崎忠助、三石一人扶持宮崎運蔵、同高宮崎四郎次、二石一人扶持宮崎八郎左衛門、同高宮崎助之丞、同高宮崎三次郎」。

二 真田氏家臣 上田市百七十戸、小県郡真田町二十戸存す。小県分限帳に「五貫七百五十文宮崎志摩知行、二貫六百五十五文宮崎弥十郎知行」。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、小県郡真田之郷代官宮崎源右衛門尉」。また沼田市十戸、吾妻郡中之条町上沢渡字大岩十六戸、草津町草津三十八戸・家紋丸に矢羽井桁。吾妻記に「我妻七騎大岩村宮崎勘解由」。草津町名主宮崎文右衛門の先祖宮崎和泉は大坂陣で真田幸村敗亡となり草津へ土着す。沼田藩真田信利分限帳(天和元年改易)に「草津支配八石宮崎文右衛門、入湯人改役六石宮崎十郎右衛門」。

三 伊那郡大草衆 上伊那郡中川村五十三戸うち片桐三十三戸、大草十四戸存す。大草村佐々木光文書に「慶長六年三月十六日、新田開発により番水を定む、証人衆宮崎惣右衛門殿・宮崎二郎七殿」。

四 伊那郡座光寺衆 飯田市三十八戸、うち座光寺六戸、座光寺宮崎二戸、上郷黒田一戸、下伊那郡高森町七戸、うち吉田四戸、山吹無し、松川町十一戸、浪合村六戸存す古代以来居住の苗字にて、日向国宮崎発祥説は仮冒なり。南信史料に「宮崎氏の館跡は座光寺原宮崎にあり。文治年間、藤原氏の分流宮崎太郎長康、其の先は日向国宮崎氏を興し、後備中に移り、木曽義仲に属して武勇を顕す。義仲亡ぶるに及んで、逃れて信州に入り、伊那郡黒田村を押領して、此に居館を構へ、家号を以って在名を立てて地字を宮崎と称す。其の子周助、同刑部は承久中・故あって黒田氏を冒す。其の男弥兵衛、同三太夫に至り、正慶二年四月、北条高時の催促に依り、嫡子太郎次郎を伴ひて六波羅に参陣、同月十日江州番場にて父子共に生害、二男太郎三郎相伝、同小太郎、同孫次郎に至り、応永中嫡子と共に坂西氏に属す。同孫蔵、同孫五郎、同弥兵衛、同孫次郎、同孫蔵、同右馬允・天文中松岡氏に属し、本領二百貫文、又山吹田沢越を恩賜せられて、後ち山吹の館に移る。三男子ありて、皆武田氏に仕ふ。二子忠房本領百五十貫を食み、相伝へて天正三年武田勝頼に従ひ三州長篠に参陣し、手疵を負い還陣し絶命。其の男泰満を経て十太夫忠政に至り、武田氏亡びて徳川氏に仕へ筑後守に叙せらる」。伊那武鑑に「宮崎居住、永和四年午藤原分流、藤原周防時秀生国日向国宮崎の宮崎弥五郎秀直、同弥兵衛秀国同源四郎、同孫蔵秀国、同弥八郎吉国、同六郎吉久、同十太夫秀成、同日向守政明十騎之、天正十年信長の為に浪人、子熊蔵慶長二年家康へ被召出御奉公」。

五 前項末裔 向関村(阿智村)を賜る。寛政呈譜に「藤原氏支流、家紋鳥居の上に鳩一羽、丸に井桁、三頭左巴。寛永系図にいはく、先祖日向国宮崎郡に住するによりて家号とす。今の呈譜に紀氏にして大納言麻呂が後裔、日向守某、日向守国宮崎に住すこれより代々称号とす。其孫小三郎泰光・武田信重をよび信虎に歴仕し、甲斐国より信濃国伊那郡座光寺村の東島にうつり住し田園の地七百余石をひらく。泰満はその男なりといふ。宮崎小三郎筑後泰満(泰脩に作る。武田信虎・信玄に仕ふ、永禄十一年四月八日死す、法名道西、八十六歳、伊那郡向関村天台宗座光寺の塔頭に葬る)ー小三郎筑後泰景(勝頼没落後座光寺村に潜居す。天正十六年東照宮御麾下に列し座光寺村の旧領をたまふ。慶長十一年死す八十四歳、法名玄要、高野山に葬る)ー小三郎半兵衛泰重(東照宮に拝謁し天正十八年武蔵国多摩郡二百八十石を賜ふ、慶長四年死す六十一歳、法名道鑑、采地多摩郡車返村浄土宗本願寺に葬る。弟善助太郎左衛門安重は御代官二百石。弟藤助藤右衛門景次伊那郡馬場駒場二村御代官三百石、馬場村に住す。駒場村浄土宗浄久寺に葬る。妹は東照宮につかふ。弟仁左衛門泰春は紀伊頼宣につかふ)ー庄次郎半兵衛重次(伊那郡三百二十石、法名宗円、向関村浄土宗宗円寺に葬る。兄彦四郎七郎右衛門伊予重俊・多摩郡府中本町天台宗安養寺に葬る)ー重景(六百石、葬地泰重に同じ)ー安仲(牛込袋町浄土宗光照寺に葬る、のち代々葬地とす)ー仲平ー仲武ー与十郎安澄(安永二年継六百俵)」。浄土宗信徒なり。

六 宮崎泰景父子 慶長六年宮崎筑後守泰景(忠政)が下伊那郡阿智村駒場の所領を三子に分与し、村内のうち大野と上町分を次男太郎左衛門、下町分を三男藤右衛門が知行す。甲斐国志に「駒場丹波は天文弘治の頃近境を押領して甲州に属す、後東照宮に拝謁、下条氏没収の時に被誅と云。宮崎筑後守藤原忠政は伊那郡座光寺郷宮崎の地士十太夫と云者の子なり。女二人あり、一は於松と云、市岡善左衛門の妻となり、武田家へ人質に出で母子共に被誅。一は於仙と云、東照宮へ被召出、筑後守忠政には駒場丹波が没収の地千石を賜はり慶長六年より伊那郡御料所御預也、後男子四人へ分ち、之謂ふ伊那四代官」。風土記稿多摩郡車返村(府中市白糸台)条に「浄土宗本願寺、天正二年宮崎久兵衛尉泰重なるもの造営を加へて、始て寺院となし広得院本願寺とぞ号しける、泰重は信州下伊那の人にて、この地に来り住せり、後召出されて旗下に仕ふ、今の宮崎多膳等が鼻祖なり。当山に泰重の墳墓あり、法名広得院殿長誉月山道鑑居士・慶長四年八月九日卒す」。

七 紀州藩家臣 南紀徳川史・名臣伝に「宮崎筑後守泰脩(武田信虎に仕へ、浪人信州に引籠)ー筑後守泰景(父子浪人、天正十六年権現様召出)ー仁左衛門泰春(五男、生国信濃、権現様召出二百五十石、徳川頼宣附属)」。文化頃に「慶長十九年に被為附家筋宮崎仁左衛門、子孫御帳附之衆、父善左衛門・二百五十石宮崎仁左衛門」。慶応三年に「公議より御附の家筋大御番二百五十石宮崎善左衛門」。

八 武田氏家臣駿河衆 富士宮市宮町(無し)富士浅間社所司太夫宮崎善旦文書(宮崎敏所蔵)に「元亀三年五月十六日、大宮之社人宮崎辰千代殿、武田家朱印」。富士宮市旧一和尚宮崎文書(富士宮市本市場宮崎敏所蔵)に「元亀三年五月十六日、大宮社人宮崎丹千代殿、武田家朱印」。東京都宮崎文書に「元亀三年五月十六日、宮崎虎千代に神職安堵す、武田家朱印」。

九 甘楽郡宮崎城主宮崎氏 富岡市宮崎より起こる、在名にて現存無し。関八州古戦録巻五に「永禄四年三月上杉謙信小田原乱入す、催促に応ずる人々上州には宮崎和泉守」。

十 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡箕郷町十二戸存す。永禄元年長野業政家臣録に「徒士宮崎喜蔵」。

十一 上州藤岡衆 藤岡市中二戸存す。中栗須村天正十四年正月神明宮建立に「願主中村郷宮崎伊勢」。

十二 金山城士 太田市六十戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「宮崎は元弘より義貞公の昵臣なり。金山の与力宮崎兵部太夫」

十三 金山城主由良氏幕下伊与久氏家臣 佐波郡境町五十三戸、うち伊与久三十戸存す伊与久村宮崎家系図(家紋上り藤)に「宮崎源太兵衛の子甚八は伊与久氏に仕へ天正十八年由良氏滅亡により土着す」。伊勢崎風土記に「伊与久村、天正前後に五十久弾正吉重という者、来りてここに住めり。従者宮崎等ありき、今皆里農と為れり」。

十四 足利城主長尾氏家臣 足利市五十戸、上州邑楽郡邑楽町篠塚三戸。新田老談記に「元亀三年、足利勢の大将宮崎五太夫」。天正十三年足利顕長分限帳に「篠塚村三十貫文宮崎五太夫」。

十五 佐野氏家臣 佐野市三十二戸存す。天正八年佐野宗綱時代武者記に宮崎覚之助。

十六 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市十二戸存す。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年改易御家内之記に「三百五十石宮崎九郎右衛門」。

十七 水戸天狗党 宮崎安五郎二十五歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

十八 佐竹氏家臣 稲敷郡江戸崎町八戸阿見町五十戸存す。江戸崎へ天正十八年佐竹義宣弟芦名盛重が入部し、慶長七年秋田転封に従う。秋田藩諸士系図に「宮崎十助種春(其先下総国に住す。常州江戸崎に来て佐竹義宣の弟芦名盛重に仕ふ、慶長七年盛重に従て常州より来る、仙北郡角館に住す」「藤原姓。宮崎太郎左衛門ー小兵衛直定(後年常州より来る足軽勤仕、子孫世々秋田郡大館に住す)」。天保二年分限帳に「角館、七十七石宮崎時之助、三十石宮崎九兵衛。大館、九石一人扶持宮崎定吉」。

十九 北条氏家臣小田原衆 高野山高室院月牌帳に「に「天文十九年九月二十日・道鎮禅定門・相州小田原宮崎七郎右衛門」「天正十九年・道正禅定門・妙禅禅定尼・妙心禅定尼、相州宮崎キク衛門は立てる」。

二十 同厚木衆 愛甲郡厚木村(旭町四戸)最勝寺永禄六年記録に厚木郷旦那宮崎浄因

二十一 同八王子衆 北条氏照家臣野村高貞覚書に「天正十二年頃、下野国小山にて、宮崎助兵衛と敵を追崩す」。

二十二 同小針衆 北足立郡伊奈町三戸、うち小針無し。高野山西南院関東過去帳に「天正六年五月十二日・香善・逆修妙心禅尼、武蔵足立小針宿宮崎新六は立てる」「慶長七年七月九日・道西禅定門、武州足立郡小針村宮崎新蔵は立てる」。

二十三 八王子千人同心 桑都日記に「天正十一年小人頭石坂勘兵衛森通の同心組頭宮崎小右衛門」「本国相模、明和八年山本弥右衛門組召出十俵一人扶持、安永九年宮崎市郎兵衛二十九歳」。八王子市宮下三戸、元八王子七戸、あきる野市小和田十九戸存す。嘉永七年に宮下村宮崎忠作、元八王子村宮崎久兵衛、小和田村宮崎伴次郎。

二十四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮崎達次郎、文久三年三十四歳、二百俵、本国生国共武蔵、養祖父宮崎勘兵衛死、養父宮崎勝次郎死御広敷添番」「宮崎為之丞、慶応二年二十九歳、二十俵二人扶持、本国生国共武蔵、祖父宮崎彦右衛門死、父宮崎吉太郎死、兄宮崎庫之助、慶応二年箱館奉行同心」。

二十五 尾張藩家臣 慶長十二年松平忠吉分限帳に「二百五十石宮崎市郎右衛門・信濃之者。二百石宮崎猪之助・三河之者。百五十石宮崎吉左衛門・武蔵之者」。士林泝に@「姓藤原、家紋丸に二つ引き。宮崎忠左衛門(忠吉召出、寄合百五十石、敬公に奉仕)ー吉左衛門正安(敬公に奉仕、承応四年五月四日卒)ー元右衛門正利ー九左衛門正勝(表御馬廻二百石)ー九左衛門正真ー外右衛門勝秀(百石)ー和吉」。A「正勝の弟安左衛門正賀ー文五右衛門正方(弟曽右衛門宣善)ー七郎正元」。B「正利の弟弥五左衛門正吉(御馬廻二百五十石)ー弥五左衛門正武(二百石)ー久之丞正盛」寛永年中に「諸奉行衆百五十石宮崎吉左衛門」。明治二年に「寄合組二百石宮崎鐐次郎、百五十石宮崎七郎、百石・父忠次郎・宮崎正次郎、五十俵宮崎久三。御目見席寄合百五十石宮崎吉六郎。明倫堂助教見習五人扶持宮崎靡。貞慎院様御用達十三石三人扶持宮崎^之助」。

宮沢 ミヤザワ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 上越市百戸、十日町市百六十戸、北蒲原郡聖籠町四十八戸。文禄三年目録に「五十騎衆六十八石宮沢左近助。信州稲荷山給人(更埴市)手明衆九石宮沢半左衛門」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百石宮沢左近助」。米沢市二戸。米沢藩寛政五年に「二石一人扶持宮沢丈左衛門」

二 伊那郡高遠衆 上伊那郡高遠町七戸、うち山室無し。高野山成慶院信濃国供養帳に「元亀二年十一月二十六日・信州高遠諏訪四郎勝頼殿御前様同年九月十六日御死去の御為に登山之時御立候、使者宮沢平三」。伊那細見記に「三義村山室に宮沢若狭及び原新左衛門等、高遠城の後備目附役として配置せられしが、天正中没落。民間に降り其の跡年貢地となる」。

三 伊那郡大草衆 駒ケ根市百八十戸、伊那市五十一戸、うち東春近字殿島無し、伊那部字上牧三戸、上伊那郡中川村二十戸、うち大草三戸存す。伊那武鑑に「天正十年、殿島属郷士、上牧十八貫文領宮沢左近進。大草城主井上附郷士、大草十五貫文領宮沢金吾」大草村佐々木光文書に「慶長六年三月十六日、新田開発により番水を定む、証人衆宮沢太兵衛殿」。

四 諏訪衆 諏訪市百十戸、岡谷市三百七十戸、長野市真島町川合二戸、南佐久郡臼田町平林無し、小県郡東部町和字前原一戸。諏訪市千野文書に「酉十月七日、千野同心衆宮沢縫殿助」。諏訪大社上社文書に「天正六年上諏訪造営帳、更級郡川井郷代官宮沢常慶」。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、佐久郡平林之郷代官宮沢、小県郡前原之郷代官宮沢筑前守」。

五 松平忠輝家臣綿内衆 長野市七百戸、うち若穂町綿内六十二戸存す。綿内村堀内豊城文書に「慶長十六年九月十七日、信州綿内知行割、綿内村肝煎堀内彦兵衛・宮沢玄蕃・宮沢彦右衛門は記す」。

六 海野氏家臣岩下衆 上田市二百八十戸、うち岩下無し、近隣住人なり。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「海野下野守親子奉対、岩下衆宮沢七右衛門泰忠花押」

七 真田氏家臣 上田市五賀十二戸、殿城下郷・東松本、長野市篠ノ井東福寺・中越あり。松代古文書写に「永禄八年十一月十二日、下郷の替地として東松本四貫文を宛行う、宮沢七郎兵衛、武田家朱印」。宮沢丹下格茂文書に「四月七日、真田昌幸は宮沢七郎兵衛に小県郡五賀村五貫文を宛行う」「慶長六年八月五日、真田信之は宮沢七郎兵衛に本知行二十五貫文を安堵す」「寛永元年真田信之は宮沢与兵衛に水内郡中越村五十四石・更級郡東福寺村二十石、合七十五石を宛行う」。真武内伝附録に「寛永七年四十八人不足にて浪人宮沢甚兵衛・宮沢与兵衛、宮沢丹下格茂八代の祖也、与兵衛孫台右衛門は信弘公御代享保十四年十月被召出」。松代藩文政二年に「九十石宮沢木三太、五十俵四人扶持宮沢彦左衛門、三十二俵三人扶持宮沢虎之進、二十俵二人扶持宮沢左五右衛門、三人扶持宮沢左一郎」。文久年中に「五十俵一人扶持宮沢善治、三十俵宮沢新八郎、二十八俵宮沢左五右衛門十五俵五人扶持宮沢徳太郎」。

八 沼田藩真田氏家臣 沼田市三十五戸存す真田信利分限帳(天和元年改易)に「日置五右衛門組・十両三人扶持宮沢勘太夫」。

九 箕輪城主長野氏家臣 群馬郡群馬町三十一戸、うち井出二十五戸・家紋横木瓜・九曜。古代以来居住の苗字にて先祖宮沢源七は長野氏滅亡後帰農す。永禄元年長野業政家臣録に中小姓宮沢源七・宮沢兵右衛門。

十 和田城士 高崎市六十戸存す。和田記に「永禄九年七月上杉謙信和田城を攻む、和田御内宮沢弥右衛門籠城す」。

十一 利根郡倉内衆 利根郡月夜野町五戸、昭和村森下一戸、橡久保一戸存す。橡久保村林厚一文書に「天正十年極月二十四日、北条氏邦は倉内衆宮沢甚左衛門尉等に糸井・森下・久屋・沼須の内を扶助す」。

十二 幕臣 常陸国鹿島郡神栖町四十戸。江戸幕臣人名事典に「宮沢幸次郎、元治元年三十九歳、四十俵一人扶持、本国常陸生国武蔵、養父表御台所人」。

十三 水戸天狗党 宮沢木左介二十歳は元治二年二月四日敦賀にて処刑される。

十四 多摩郡伊奈衆 あきる野市伊奈字宮沢より起こる、神主宮沢氏二戸存す。宮野氏は当村十三戸、大福氏(おおふく)は九戸存す。在名神主宮沢氏の本名は苗字宮野氏なり。大福氏も宮沢氏を称す。横沢村大悲願寺過去帳に「文禄三年三月二十八日道竿禅門俗名佐渡守、宮沢ノ祢宜左京ノ父」「元和三年七月二十一日妙香禅尼、伊奈ノ三郎左衛門内方、宮沢左京ノ老母」「寛永元年十月二十六日道西禅門俗名三郎左衛門、伊奈村宮野左京実父」「寛永十三年七月十三日常喜信士俗名左京、宮沢神主宮野主馬丞実父・今云佐渡守」「寛文八年十月十八日道富信士宮沢清兵衛、伊奈村宮沢ノ大福清兵衛なり」「延宝八年閏八月二十四日華屋繁盛信士俗名佐渡守、伊奈村祢宜宮沢甚之丞父也」。風土記稿多摩郡伊奈村条に「岩走神社神主宮沢豊前」。

十五 八王子千人同心 桑都日記に「本国武蔵、山本弥右衛門組召出、十俵一人扶持、安永九年宮沢元八・四十八歳」。嘉永七年に片倉村宮沢繁太郎。

十六 北条氏家臣玉縄衆 高野山高室院月牌帳に「元亀二年八月十五日、逆修宗聲、相州玉縄宮沢式部丞は母の為に立る」「天正六年・得林、相州玉縄宮沢筑後は立る」。

十七 武田氏家臣 甲府市百三十戸、北巨摩郡小淵沢町七十六戸存す。甲斐国志に「中巨摩郡宮沢村(甲西町)、宮沢和泉吉次」在名にて現存無し、武田氏流駒井氏の分流という。神宮文庫に「九月吉日(武田信虎頃)、伊勢大神宮御師幸福大夫御報、みやさわいつみ吉次花押」。天正十壬午年武田諸士起請文に「二十人衆宮沢善兵衛」。

宮師 ミヤシ 相模国玉縄地方無し。高野山高室院北条家並家臣過去帳に「天正五年十一月十一日・永松禅定尼、相州東郡玉縄宮師筑後守は之を立てる」。

宮司 ミヤジ 皆川氏家臣 栃木市無し。寛永十二年家臣帳に「原宿村吹上村片柳村宮司又右衛門・宮司九右衛門」。

宮路 ミヤジ ミヤヂ参照。

宮下 ミヤシタ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 米沢市八戸存す。文禄三年目録に「春日山御弓衆九石・元信州今清水家中宮下五右衛門」。米沢藩寛政五年に「四石一人扶持宮下左男次、同高宮下市右衛門、同高宮下又右衛門、三石一人扶持宮下文次、二石一人扶持宮下運蔵、同高宮下善左衛門」。

二 下伊那郡河野衆 豊丘村四十戸、うち河野八戸存す。河野村河野文書に「永禄九年十一月四日、川野郷田地裁許、宮下新左衛門(金貸業)、武田家奉行」「天正十一年卯月朔日、知久頼龍は宮下筑後守に川野郷二貫文を宛行う」。

三 上伊那郡飯島衆 宮田村十八戸存す。伊那武鑑に「天正十年、飯島属郷士・宮田十二貫文領宮下但馬」。

四 上伊那郡大草衆 中川村二十六戸、うち大草九戸存す。甲州恵林寺文書に「天正十年七月六日、信玄幕下信濃諸士起請文、伊那郡大草休斎家中衆宮下四郎左衛門光延」

五 伊那部衆 伊那市二百九十戸、うち伊那部二十戸。大祝諏訪文書に「天正七年上諏訪造営帳、伊那郡伊那辺之郷代官宮下蔵丞

六 東筑摩郡麻績衆 麻績村百二十戸、坂井村五十九戸、うち安坂十二戸存す。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「あさかの分、宮の下新右衛門殿・同織部殿・同新六殿・同彦七郎殿・同孫左衛門殿」。

七 真田氏家臣 上田市三百戸、小県郡真田町三十四戸、丸子町六十六戸、武石村四十二戸、東部町五十二戸、うち本海野十一戸存す。古代以来居住の苗字なり。本海野の人々を移住させて上田市海野町を形成す。小県分限帳に「十四貫六百十五文宮下新吉知行、四貫六百三十文宮下作平知行、四貫二百九十文宮下小左衛門知行也、一貫七百文藤次郎知行、二百五十文宮下源六知行」小県郡上田海野町宮下五郎右衛門文書(上田市諏訪形関口清造所蔵)に「天正十一年閏正月二十九日、真田昌幸は宮下善七郎の丸子に於ける戦功を賞す」「天正十三年七月十二日、昌幸は宮下太兵衛に小県郡松本村(上田市)十三貫文を宛行う」。

八 真田氏家臣宮下藤右衛門 宮下孫兵衛の子藤右衛門父子は東部町本海野出身なり。加沢記に「天正八年八月中旬、真田安房守昌幸は前橋城を攻め、旗奉行宮下喜内・沼田御留守居宮下藤右衛門」。宮下但美虎重文書(長野市松代町河原栄所蔵)に「天正十年八月八日、真田昌幸は宮下孫兵衛に横簗場を取締らしむ」「天正十一年正月、真田昌幸は宮下孫兵衛に小県郡祢津領(東部町)四十貫文を給す」「天正十一年閏正月二十九日、真田昌幸は宮下孫兵衛の小県郡丸子に於ける戦功を賞す」。白川家古書に「元和元年宮下藤右衛門は大坂城中の真田幸村陣所に玉薬を送るに付き死罪を命ぜらる」。松代藩河原綱徳書に「元和二年忍びの者馬場主水御家を立退き、公儀へ伊豆守信之は去年大坂陣の時、弟の左衛門佐幸村方へ加勢を派遣したと訴えた」。公儀では参考人を江戸へ呼び寄せ詮議したが、松代藩では宮下藤右衛門が幸村方へ内通したとして祢津三十郎に討たせた。真武内伝附録に「家老千石取宮下藤右衛門は、大坂の幸村へ玉薬通入したる由に付、大坂陣後に江戸屋敷へ召呼ばれ、祢津三十郎に命じて討取らす」。但し藤右衛門は全ての責任を負って、討たれたことにして身を匿し、武州児玉郡新井村に隠棲す。子孫は新井村三友河岸船問屋(本庄市)となる、子孫四戸存す。新井村三友河岸宮下六右衛門文書に「三月七日(慶長十六年頃)、蟄居先の紀州高野山より金子調達を命ず、宮下藤右衛門尉殿、安房昌幸花押」。所蔵不知(此御書写宮下但美虎重所蔵)に「十一月十日、急而申送候、ひへ外物二色ともに、其方旧臣之縁を以、此地へ送候事、宮藤丈参、幸村判」新井村宮下六右衛門文書の写か。

九 松代藩真田氏家臣 松代藩では藤右衛門兄の子に宮下氏名跡を立てさせ、藤右衛門の子半六も召抱える。また元和五年に藤右衛門の父孫兵衛を召抱へ、その跡を藤右衛門の子八郎左衛門が相続したという。宮下但美虎重文書に「寛永七年真田信之は宮下八郎左衛門に百石を給す」「寛永八年宮下孫兵衛に七十五石を給す」。寛文元年分限帳に「百石宮下八郎左衛門、五十石宮下平左衛門」。文政二年に「百石宮下小平太、五十石宮下善左衛門、五十石宮下嘉平太、二十八俵二人扶持宮下清左衛門、十六人扶持宮下森門、七両五人扶持宮下源助、三人扶持宮下武右衛門、二人扶持宮下三郎治」文久年中に「百石宮下鎌太夫、八十石宮下慶治、五十石宮下主鈴、五十石宮下嘉太郎二十八俵二人扶持宮下三郎治、十五俵二人扶持宮下左七郎、七両宮下仁之助、三人扶持宮下力之助」。

十 沼田藩真田氏家臣 沼田市四十五戸存す真田信利分限帳(天和元年改易)に「金奉行八両三人扶持宮下七太夫」。

十一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市九十戸、群馬郡箕郷町三戸存す。永禄元年長野業政家臣録に宮下徳蔵。

十二 総社城主長尾氏家臣 前橋市百七十戸総社地区は丸に鷹羽・花菱、城南地区は丸に抱茗荷。総社記に「上杉家良臣長尾家へ一味・宮下」。

十三 前橋藩松平大和守御用達 天保四年給帳に「前橋・十人扶持宮下孫兵衛」。

十四 金山城士 太田市二十二戸、新田郡尾島町二十五戸、うち武藏島十二戸・家紋茶の実。永禄二年新田家臣祖裔記に「金山に宮下筑後守申士あり、郷一騎なり」。武藏島村郷一騎宮下筑後は長楽寺永禄日記に見ゆ。当村宮下文書に「天正十年九月十一日金山城奉行は、宮下繁貞に武藏島四貫九百文所を沼尻右膳亮前より請取べし」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城、譜代之臣宮下神四郎」。

十五 勢多郡女淵衆 宮城村苗ケ島一戸、粕川村深津字友成二戸存す。宮城村鼻毛石北爪守雄文書に「天正十八年二月二十一日、北条家は女淵地衆宮下与次郎に苗ケ島一貫文・友成二貫文を宛行う」。

十六 足利城主長尾氏家臣 足利市二十戸。天正十三年長尾顕長分限帳に「父□□守・宮下弥七右衛門」。

十七 茂木氏家臣 芳賀郡茂木町三十四戸、うち馬門字堀ノ内二十五戸存す。文明十四年茂木家臣給分注文に「殿原給分、十貫文堀内・宮下源右衛門」。

十八 茂木藩細川氏家臣 弘化五年細川長門守分限帳に「茂木御足軽宮下祐右衛門、茂木郷足軽宮下吉三郎」。

十九 北条氏家臣小田原衆 高野山高室院月牌帳に「永禄八年七月十四日・道帰・相州中郡宮下弥助」平塚市付近。

二十 同玉縄衆 三浦郡葉山町七戸、うち木古庭無し。永禄二年役帳に「本光院殿(玉縄城主北条為昌)衆知行方、山中寄子宮下弥四郎、六十一貫文三浦木古庭」。新編相模三浦郡木古庭村条に「旧家鈴木増右衛門文書に『天正九年二月二日、木古庭之郷領主宮下、闕落に付而云々、木古庭百姓中、朱印(三崎城主北条氏規)』とあり」。

二十一 同小机衆 川崎市麻生区王禅寺一戸存す。風土記稿都筑郡王禅寺村条に「王禅寺文書に、天正十三年十一月十日、上野国新田領金井郷三十貫文を宛行う、宮下太郎左衛門殿、山上強右衛門(久忠)奉之、北条家朱印」。久忠は出納役懸銭奉行。

二十二 武田氏家臣郡内衆 富士吉田市九百三十戸、うち大明見三百二十戸、小明見百六十戸、都留郡河口湖町八十六戸、うち河口二十四戸存す。下吉田村萱沼徳政文書に「元亀二年二月八日小山田被官庶士地下。川口村住人宮下讃岐。元社家の家、大明見村住人宮下藤馬」。高野山引導院過去帳に「天正十四年二月二十八日・霊位光観道忠禅門・甲州鶴郡アスミノコウ宮下神子左衛門」「天正十四年七月十五日・霊位道悦禅門、甲州鶴郡アスミ宮下与宗右衛門は父の為に立てる」「天正十四年七月十五日・逆修妙性禅定尼、甲州アスミ郷宮下渡辺二兵衛は之を立てる。同日・逆修道久禅定門・宮下八郎右衛門の為に渡辺二兵衛は之を立てる」「慶長十三年六月十三日・逆修信方妙音禅定尼、甲州八代郡河口宮下作左衛門は老母の為に之を立てる」。

二十三 在名宮下氏の本名渡辺氏 渡辺氏は富士吉田市新倉字宮下三百四十戸、下吉田字宮ノ下九百三十戸存す。下吉田村月江寺過去帳に「慶長四年雪月・心叟道伝上坐・明見土佐様宮下組」「慶長十年霜月・月桂妙心禅定門・明見甚左衛門女中(妻)」「慶長十五年・籌岩紹蓮上坐・明見助蔵主親父」。明見氏(あすみ)は在名にて現存無し。明見郷宮下組の渡辺氏は在名宮下氏及び明見氏の本名か。

二十四 会津藩保科氏家臣 山内氏は陸奥に多く存す。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「二百石宮下金右衛門」。諸士系譜に@に「本姓藤原、本氏山内、本国陸奥、定紋丸ノ内一文字、替紋丸ノ内文箱蓋。宮下藤内道英の嫡男近右衛門好道(召出寛永十三年山形、百五十石)ー治右衛門道宗ー治右衛門道次ー治右衛門成羽ー安左衛門道賢ー宮左衛門道賀ー源三郎俊秀(文政三年家督二百石)」。A「本姓源、本国信濃、定紋丸之内に花菱。宮下孫三郎義忠の二男孫大夫忠義(召出貞享三年、十石二人扶持)ー孫八忠安ー孫右衛門忠実ー孫左衛門忠勝(寛政十一年召出十石二人扶持)ー覚太郎忠潔」。

宮島 ミヤジマ 越後、信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 @上田衆 南魚沼郡六日町坂戸無し、五泉市菅沢(護摩堂城あり)無し。この氏は信州飯山市十戸、中野市三十四戸、下高井郡木島平村九戸存す、当地方出身か。古代士籍に「謙信家臣、春日山御留守居番宮島与八郎。長尾政景御用人、上田・宮島惣蔵。永禄年中喜平次家来宮島与次右衛門。謙信様衆、上田・後信州御横目付宮島若狭守、信州飯山同心・父は岩井より相続宮島平作」。上杉年譜に「永禄四年三月十二日、小田原城を攻む、宮島総三。永禄四年七月五日、上田城主長尾越前守政景野尻カ池に溺死す、其節景勝公はいまだ幼稚にをはしまして、春日山の城辺中ノ城に招きおかれ、家の老臣宮島三河守を以て保衛せしむ」。越後名寄(越佐史料巻三)に「古城跡、蒲原郡護摩堂、坂戸の領主長尾政景の長臣宮島三河守居住となる」。歴代古案に「天正十一年十二月十三日、上杉景勝は宮島将監をして栃尾城を守らしめ、知行を宛行う」。北越略風土記に「蒲原郡新潟城、天正十三年十一月二十日、宮島将監此城を攻め新発田刑部左衛門を誅す」。A三条衆 三条市百三十戸存す。上杉年譜に「天正八年七月七日、出置地之事、宮島清左衛門分、福崎源之丞殿、景勝」御館乱で三郎景虎方となり没落す。歴代古案に「天正八年七月七日、出置地之事、宮島半助分(三郎景虎方)、鈴木勘助どのへ、景勝」。越後治乱記に「天正八年七月上旬、三条城落去の事、山吉の者共、神摩利親綱を討取、宮島等也(景勝方)、五十騎組に入らる、三条衆とは申也」。B文禄三年目録に「新発田衆九百五十石宮島三河守、始宮島三河栃尾に被差置候処、新発田より清水内蔵被遣、城替々に被遊候て新発田へ宮島被遣候。春日山御留守居衆三百五十八石宮島与八郎。信州岩井衆(中野市)岩井備中守同心二百十七石宮島杢斎。信州上倉衆(飯山市)同心三十五石・元奈良沢衆(飯山市)宮島与総。蔵王堂衆(長岡市)同心十八石宮島半助。村松(長岡市)新手明九石宮島源左衛門」。慶長三年会津分限帳に「二千五百石宮島右京亮。御馬廻衆二百六十七石宮島助八郎」。

二 米沢藩家臣 米沢市二十四戸存す。諸士略系譜に@「宮島若狭吉房(上田御譜代、永禄七年関東佐野御陣に謙信御感状賜之、景勝代春日山御留守居命之、越後にて卒)ー与八郎武房(会津に供奉四百石五十騎の列たり。弟右京親家)ー助八郎民部真吉(実塚田内膳子、万治二年致仕)ー甚右衛門貞親(弟庄左衛門貞先)ー甚右衛門貞則ー助八郎貞丈ー甚右衛門忠恒(上野十右衛門貞範死跡相続す、長男貞精は当家に残し父貞丈の嫡子とす)ー甚五右衛門貞精(祖父貞丈の家督、文政十一年致仕)ー己太郎貞信ー恭蔵貞廉(文久二年家督)」。A「庄左衛門貞先(延宝四年致仕)ー覚左衛門貞成ー庄左衛門満寛ー庄左衛門満茂ー三助備晴ー忠左衛門吉光ー虎太郎秀康(慶応三年家督)」。B「右京親家(景勝室菊姫御傅役命之二千石賜之、慶長九年菊姫御逝去に付、其後浪人、元和二年福島へ帰参三百石、寛永四年卒)ー右京長範ー与次右衛門長房ー又左衛門家房ー又左衛門家長(弟藤次郎房従)ー将監家命ー伊織家通ー弥九郎家満ー主鈴家明ー頼母家肥ー頼母家久(慶応二年家督)」。C「藤次郎房従(宝永二年卒)ー逸学家弘ー丹下家当ー平四郎家幸ー与右衛門家寛ー恭四郎家伴ー敬太郎家平ー与右衛門家昌(安政七年家督)」。D「宮島平作(武田信玄に奉公、勝頼代信州の内飯山に被差置、武田家没落の刻御当家へ罷出)ー杢斎勘右衛門(岩井備中に同心命之、正保二年卒)ー半右衛門ー勘兵衛ー大拾忠義ー近兵衛晴忠ー庄蔵長清ー平作長知ー平作長忠(安政三年相続)」E「宮島市郎左衛門(新御手明組、享保十七年致仕)ー源次郎高綱ー仙右衛門秀寿ー吉弥秀俊ー大八吉行ー熊蔵(慶応三年家督)」。寛永八年に「侍衆三百石宮島右京、御祐筆衆二百石宮島民部」。寛政五年に「侍組二百石宮島弥七郎、五十騎八十石宮島甚五右衛門、五石一人扶持宮島吉弥、四石一人扶持宮島庄左衛門。大小姓六人扶持宮島与右衛門。四石一人扶持宮島文次郎、三石一人扶持宮島平作」。

三 東筑摩郡青柳衆 坂北村青柳二戸、明科町十七戸、坂井村二十五戸存す。天正九年伊勢内宮道者御祓くばり帳に「筑摩郡青柳分、宮島ひせん殿・同さけの丞殿」。

四 諏訪衆 諏訪大社下社祠官宮島祝は下諏訪町に存す、五戸存す。飯田市百五十戸、うち鼎切石(山洞郷東方)四戸、上田市福田八戸存す。大祝諏訪文書に「天正七年両社御造営領一貫三百文宮島祝知行」「天正七年、上諏訪造営帳、福田之郷代官宮島道正、山洞之郷東方代官宮島兵部右衛門尉」

五 松代藩真田氏家臣 上田市二百二十戸、小県郡真田町三十一戸。小県分限帳に「三貫五百三十文御北様分宮島武右衛門」。文政二年に「三百五十石宮島友之進、五人扶持宮島宗徳」。文久年中に「三百六十石足軽十人御預宮島嘉織、五人扶持宮島通泯」

六 備中国松山藩水谷氏家臣 下館市二戸。下館藩主水谷勝隆は寛永十六年松山藩へ転封す。元禄六年に「百五十石宮島宗十郎」

宮杉 ミヤスギ 小泉城主富岡氏家臣 館林市二戸・家紋丸に三つ柏。館林記に「元亀元年小泉の領主富岡六郎四郎の家臣宮杉源左衛門」。子孫は館林町の町年寄を勤める

宮瀬 ミヤセ 信州大島衆 下伊那郡松川町元大島無し。伊那武鑑に「天正十年大島属郷士、上大島二十二貫文領宮瀬朱左衛門」

宮曽根 ミヤソネ 上杉氏家臣 飯山市中曽根郷は上曽根・中曽根・下曽根・小曽根に分れる、宮曽根もあったか。文禄三年目録に「信州中曽根・中曽根子左衛門同心三十九石宮曽根舎人」。米沢市無し。米沢藩寛政五年に「三人扶持宮曽根平左衛門」。

宮田 ミヤタ 諸国に存す。

一 上杉氏家臣 文禄三年目録に「村松(長岡市)新手明七石宮田清蔵、六石宮田弥次六石宮田善左衛門、六石宮田南左衛門」。米沢市三戸存す。米沢藩寛政五年に「五石一人扶持宮田市左衛門、四石一人扶持宮田武右衛門、三石一人扶持宮田久蔵、二石一人扶持宮田吉左衛門、同高宮田幾助」。

二 会津藩保科氏家臣 山形藩主鳥居左京亮忠恒没後改易となり寛永十三年入部した保科正之が引取る。寛永二十年山形より会津入部御供侍に「二百五十石・左京殿衆宮田喜八郎」。子孫断絶す。

三 信州宮田衆 上伊那郡宮田村より起こる在名にて現存無し。応永七年信州大塔軍記に「信濃守護小笠原長秀軍に宮田大和守」伊那武鑑に「宮田。天文元年松島豊後守弟宮田左近進親房・宮田住居百五貫文領す、同左馬之助吉房・弘治二年信玄の為に狐島にて御成敗される」。甲陽軍鑑に「弘治二年宮田大和守は信玄の為に伊那部村狐島(伊那市)で磔刑にされる」。

四 小笠原氏家臣 松本市百十戸、上伊那郡箕輪町三戸存す。慶長十七年箕輪庄木下陣屋住居宮田又左衛門・宮田掃部」。

五 沼田衆 沼田市五十七戸、うち秋塚十二戸存す。片品村星野利文書に「慶長五年郷侍、秋塚村宮田伝内」。

六 勢多郡山上城士 新里村新川八戸存す。正応四年山上城家臣に「書院番宮田忠左衛門正乗」。

七 金山城士 太田市二十四戸、新田郡新田町二十五戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「宮下・宮田・宮地三家の紋丸に三つ柏と云、金山に宮田采女あり」。尾島町徳川五戸存す、当村住人か。宮路参照。

八 宇都宮氏家臣 宇都宮市七十八戸、真岡市五十七戸、うち島十九戸存す。高野山清浄心院下野国供養帳に「寛永十三年八月十七日・霊位浄慶禅定門・逆修妙清禅尼、下野宇都宮町宮田惣兵衛は之を立てる」。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「真岡在島村宮田作右衛門・宮田権郎」。

九 小山氏家臣 小山市百戸、うち間中六戸寛政頃の小山家旧臣帳に「間中村宮田河内末流、宮田太兵衛・同円助・同与兵衛」。

十 壬生氏家臣 結城市久保田十六戸存す。嘉永六年旧臣控に「久保田村宮田但馬」。

十一 結城氏家臣 結城市二百十戸、うち結城字川木谷八十五戸、中村三戸、山川新宿四戸、谷畑無し、下館市伊佐山(砂山)六戸、小山市中河原無し。結城合戦諸士連名覚に「嘉吉元年結城氏朝自害、宮田弥介吉虎」。松平文庫(福井県立図書館)に「弘治二年十月六日、かハキや森田給分七貫文を宛行う、宮田主計助殿、政勝花押(結城)」「天正五年八月十七日、受領之事、宮田加賀守殿、晴朝花押」。結城町宮田文書に「天正三年結城晴朝は宮田掃部助に宮田右京亮の宅地を宛行う」「天正七年晴朝は宮田主計助に感状を与える」子孫宮田清右衛門は結城城下に土着し結城十人衆と呼ばれる。地方城主家臣記に「慶長六年落民す。結城氏朝家臣、結城郡中村宮田久右衛門、谷畑村宮田武左衛門、真壁郡砂山村宮田長四郎、結城郡中河原村宮田三左衛門。結城晴朝家臣、結城本郷戸ノ町宮田六郎兵衛・宮田惣三郎・同多兵衛、結城郡久保田村宮田権兵衛・同五右衛門・同治右衛門・同半十郎・同久蔵、山川新宿村宮田次郎右衛門・同金五郎。結城十人衆、結城町宮田治右衛門」。高野山清浄心院下野国供養帳に「慶長二年七月一日・逆修、下野結城大宿宮田越後守は自分自身の為に之を立る」

十二 多賀谷氏家臣 下妻市二十一戸、うち下木戸無し。元禄七年多賀谷諸士子孫に下木戸村宮田五右衛門。明治二十二年多賀谷城碑に下木戸村宮田喜三郎。

十三 小田氏家臣 つくば市三十七戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎三百石宮田源治郎」。

十四 常陸江戸氏家臣 那珂郡那珂町六十二戸、うち菅谷四十三戸存す。水府志料に「菅谷村字高ノ内あり、宮田掃部助といふもの居りといふ」。古代以来居住の苗字にて、藤原南家巨勢麻呂の子孫宮田三河介通好が宮田村に居住し、三代孫通熙のとき介川村に移り五代宮田通豊の弟掃部通宗が菅谷村に移り住むという。仮冒なり。

十五 多賀郡宮田衆 日立市百二十戸、うち宮田一戸、介川一戸存す。宮田川は古くは助川という。古代以来居住の苗字にて、在名鹿島郡宮田氏後裔説は仮冒なり。大洗磯前神社が鎮座する鹿島郡宮田郷は江戸時代に茨城郡礒浜村(東茨城郡大洗町)と改称される。久慈郡助川村は江戸時代に多賀郡(日立市)となる。尊卑分脈に「藤原鎌足ー武智麻呂ー巨勢麻呂ー弓主ー宮田(母常陸鹿島人)、弟助川(母久慈人)ー神祇伯広基」。地理志料に「鹿島郡宮田郷、当に美也多と読むべし。蓋し大洗磯前の神封と為り、因って名づく。尊卑分脈、参議藤原巨勢麻呂の男弓主に二子あり、長を従五位下内蔵助宮田と云ふ、母は常陸鹿島郡の人次は無官助川、母は常陸久慈郡の人、因って謂ふ、久慈郡に助川郷あり、則ち知る二人・母氏の桑梓の名を取る也」。

十六 多賀郡坂上三十六騎(日立市) 佐竹大秘録に「永禄五年八月、萩野内匠頭支配二十五貫文宮田権左衛門」。

十七 那珂郡大井衆 水戸市飯富町に延喜式大井神社あり、当所大井郷より起こる大井氏家臣にて、苗字宮田氏は東茨城郡常北町十九戸、うち上入野二戸、石塚六戸、小坂五戸存す。水戸藩領落着武士に「大井政治家臣宮田助之蔵正繁・上入野村土着」。

十八 佐竹氏家臣 久慈郡大子町十三戸、うち頃藤八戸。秋田藩佐藤四郎右衛門文書に「慶長六年、佐藤四郎右衛門指南、五石衆御鑓、頃藤西金・宮田対馬・宮田美濃」。

十九 松岡藩戸沢政盛家臣 高萩市十四戸、うち秋山四戸存す。秋山村宮田三河は大工頭を勤める。

二十 水戸天狗党 宮田貫太郎は元治二年二月十六日敦賀にて処刑される。

二十一 土気城主酒井氏家臣 長生郡長南町二戸存す。茂原市藻原寺永禄五年仁王像銘に「当所地頭土気酒井小三郎、旦那衆長南本宿住宮田次郎右衛門尉信光」土気古城再興伝来記に「天正二年、御使番千石宮田小平治、者頭四百石宮田金右衛門」。

二十二 北条氏家臣平塚衆 平塚市山下無し高野山高室院月牌帳に「天正十四年七月十八日・逆修道勝、相州中郡山下郷宮田孫七郎は立てる」。

二十三 同八王子衆 多摩郡日の出町大久野三十九戸存す。当村宮田文書に「永禄四年三月六日、大久野郷に制札を出す、宮田三之丞殿、北条氏照奉行連署」。

二十四 武田氏家臣 甲府市二十七戸存す。天正十壬午年武田諸士起請文に「遠山衆宮田三郎右衛門」。

二十五 幕臣 @文化十酉年御勘定所詰御普請役分限帳(利根川用水文書)に「三十俵三人扶持、本国越後生国武蔵、宮田菅太郎酉年二十一歳、父曽左衛門、拝領屋敷本所緑町二丁目横町」。A江戸幕臣人名事典に「宮田啓之助、安政六年三十六歳、百俵、本国甲斐生国武蔵、養祖父宮田十左衛門死養父宮田十左衛門死御天守番」。

宮代 ミヤダイ ミヤダイ氏は相州中郡大磯町四十五戸、ミヤシロ氏は十四戸存す。鎌倉比企谷日蓮宗妙本寺回向帳に「蓮光、大磯ノ宮代宗右衛門息」「法行、小磯ノ宮代靱負妹」。天正慶長頃なり。

宮地 ミヤヂ 木曽山村氏家臣 山村参照。

宮路 ミヤヂ 越後西蒲原郡吉田町六十五戸

一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市無し。永禄元年長野業政家臣録に宮路兵左衛門。

二 金山城士 太田市無し、桐生市に宮路氏一戸存す。永禄二年新田家臣祖裔記に「宮下・宮田・宮地三家の紋丸に三つ柏と云。金山に宮地市十郎、宮地新六は桐生に勤仕也」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城、譜代之臣宮路市十郎」。

宮津 ミヤヅ 信州下高井郡山ノ内町十一戸

一 壬生氏家臣 下都賀郡壬生町無し。壬生義雄家臣席順に御先手方兵組五貫宮津左京

宮塚 ミヤヅカ 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮塚二□□、三十俵三人扶持、本国生国共武蔵、実父橘尚賢死医師、安政四年箱館奉行支配調役」。

宮寺 ミヤデラ 青梅市五十五戸存す。

一 村山党修験宮寺氏は七五五七頁以下参照

二 北条氏家臣松山衆 永禄二年役帳に「上田安独斎、二百六十貫文東粟船郷」松山城主上田氏代官にて、鎌倉市大船常楽寺永禄十年五月十八日文殊菩薩像銘に「粟船代官宮寺権左衛門尉定吉」。

三 桐生城士 桐生市無し。関東庭軍記に「天文十三年上州膳との戦。桐生大炊介祐綱の家臣宮寺左近」。関八州古戦録に「天正六年桐生先方輩には宮寺左近尉」。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。元来桐生重綱之臣降参之者、宮寺左近将監」。桐生氏家臣宮寺日向は村松村曹洞宗光明寺(桐生市宮本町三丁目)を開基す。

四 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮寺貞一郎慶応二年二十六歳、三十俵二人扶持、本国生国共武蔵、父宮寺五平次死、兄宮寺松之丞小普請」。

宮戸 ミヤド 北条氏家臣二宮衆 中郡二宮町山西三十戸。新編相模淘綾郡山西村条に「旧家里正宮戸与左衛門、等覚院薬師堂本尊の背に享録五年六月十三日旦那宮戸臣朝と記せるは即彼が祖先なりと云、天正十八年豊太閤より当村に出せし制札を家蔵す、是臣朝の孫、与左衛門道泉が時なりと云」

宮永 ミヤナガ 武蔵、常陸に存す。

一 金山城士 太田市に宮永氏六戸存す。金山太田誌に「天正十一年金山籠城。譜代之臣、宮長三郎右衛門尉討死」。

宮鍋 ミヤナベ 八王子千人同心 東大和市高木十三戸。嘉永七年に高木村宮鍋寅蔵。

宮野 ミヤノ 越後、武蔵、下総に存す。

一 上杉氏家臣 慶長三年会津分限帳に「組外之衆百石宮野助三」。米沢市一戸。米沢藩寛政五年に二石一人扶持宮野久左衛門。

二 千葉氏家臣 佐原市吉原無し、佐倉市十八戸、香取郡大栄町六十四戸存す。佐原市香取新福寺文書に「天正十年宮野左衛門尉は吉原聖観音に田畠を寄進す」。千葉邦胤時代に佐倉馬牧士宮野兵庫。

三 土気東金両城主酒井氏家臣 千葉市六十八戸、東金市田間無し。土気古城再興伝来記に「天正二年、目附千石宮野藤九郎、外様千石宮野新平」。東金城明細記に「天正十八年、御側衆八百石田間住宮野丹後守、田間衆宮野治部少輔」。

四 北条氏家臣津久井衆 藤野町名倉八戸存す。新編相模津久井郡名倉村条に「石楯尾神社神主監物太夫信近・寿永元年正月下旬以来、当庄如斯、宮野六郎左衛門大夫等七人、此神供下着。文亀三年棟札に小旦那宮野六郎次郎信重。小田原北条氏割拠の頃は津久井城主内藤大和守景豊所領」。

五 多摩郡伊奈衆 宮沢参照。

六 八王子千人同心 八王子市宇津木無し、日の出町平井十三戸存す。嘉永七年に宇津木村宮野三郎太郎、平井村宮野房太郎。

七 世田谷城主吉良氏家臣 目黒区碑文谷無し。風土記稿荏原郡碑文谷村条に「旧家百姓宮野友右衛門、先祖は畠山重忠の家人なりしが、重忠討死の後当所へ八幡を勧請して社事を司りしとぞ。今は社務を別当寺へ譲て平民となれり」。吉良氏家臣という。

宮原 ミヤハラ 信濃に多く存す。

一 上杉氏家臣 古志郡宮原村(長岡市)より起こる、在名にて現存無し。古志郡下条高波保文明十九年検地に「長尾能景被官宮原給分、古志郡志度野岐庄宮原小四郎分」三条城主山吉氏同心にて、上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、三条居・山吉同心宮原監物」。山吉家伝記に「山吉玄蕃景長同心宮原監物」。天正五年三条衆給分帳に「宮原けんもつ分、潟口村(三条市片口)八貫四百九十二文」。文禄三年目録に「越後侍六十九石宮原監物。村松新手明六石宮原盛右衛門」。慶長三年会津分限帳に「御馬廻衆百五十石宮原監物」。

二 米沢藩家臣 米沢市三戸存す。諸士略系譜に「宮原弥三郎主水(三条衆宮原監物長男、父慶長五年最上陣討死、同年家督す、五十騎勤仕す、寛永十年卒)ー長左衛門市右衛門(寛文四年卒)ー庄之助吉忠ー三左衛門秀忠ー権八奇忠ー庄八郎高忠ー奥右衛門義忠ー衛士忠顕ー彦五郎忠等ー庄之助公忠ー長太郎義忠ー運吉忠直ー運吉忠精(元治元年相続)」。寛永八年「五十騎衆二百石宮原主水」。寛政五年に「二十五石宮原庄之助、二石一人扶持宮原代次郎、同高宮原藤太、同高宮原勘蔵、同高宮原市之丞」

三 諏訪衆 諏訪市五戸、うち上諏訪町(新町)無し。諏訪郡富士見町木之間区有文書に「寛永五年二月二十三日、大平・神戸(富士見町)の山争論を和解させる、扱人新町ノ宮原三左衛門花押」。

四 更級郡上山田衆 上山田町九十二戸、うち上山田六十戸存す。上山田村八坂知識寺慶長十四年三月棟札に「本願宮原喜右衛門三十四才」。

五 松代藩真田氏家臣 上田市百五十戸存す元和元年大坂御陣に討死宮原権九郎。元和八年上田より松代藩へ転封す。文政二年に「十五俵二人扶持宮原荘蔵」。文久年中に「御徒士十五俵二人扶持宮原荘左衛門、同高宮原安三郎。五人扶持宮原良硯」。

六 千葉氏家臣森山衆 香取郡小見川町(森山城あり)一戸存す。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に「天正十七年六月森山城評定所執筆宮原兵一郎」。

七 武田氏家臣穴山衆 巨摩郡宮原村(甲府市)より起こる、在名にて現存無し。宮原町興蔵寺文書に「天正九年七月七日、興蔵寺知行所、九貫文宮原市丞分、不白朱印(穴山信君)」。

八 同黒川金山衆 塩山市三十五戸、うち下於曽二戸存す。古代以来居住の苗字なり。下於曽村風間敬夫文書に「天文十六年正月吉日、御蔵銭六貫文借用、借用人宮原内匠助、蔵主風間佐渡守」。

九 上総国市原衆 市原市百六十四戸、うち惣社八十一戸。古代以来居住の苗字なり。

十 古河公方足利氏流宮原氏 上総国市原郡宮原村(市原市)より起こる、在名にて現存無し。古河公方系図に「足利成氏ー政氏ー左馬頭高基(天文四年卒)ー左馬頭晴直(継関東管領職、号上杉憲広、退居上総国宮原、人称宮原御所)ー弾正少弼義勝ー宮原勘五郎義照(依家康公命為宮原氏)、弟宮原勘五郎義久(継兄家)ー宮原右京進晴克」。寛政呈譜に「家紋菊、五七の桐、丸に二引葉菊。足利高基ー左馬頭晴直(大永五年上杉憲房卒して、男憲政幼稚たるにより、憲房に継て関東管領職に補せられ、上杉憲広を称し鎌倉山内に住す。享禄四年管領職を憲政に譲りて古河に住し、其後真里谷信濃入道信政が勧によりて、上総国宮原にうつり住す、天文二十年卒)ー弾正義勝(上総国宮原に住し、後男義照が采地下野国足利郡駒場村にうつり住す、文禄三年駒場村にをいて死す、駒場村曹洞宗東陽院に葬る)ー宮原勘五郎義照(母は真里谷信濃入道信政が女。天正十八年東照宮に召れて、下野国足利領千百四十石をたまはり、十九年足利に移り駒場村に住し、宮原を家号とす。慶長七年正月十日駒場村にをいて死す、年二十七、法名照公)、弟勘五郎義久(兄義照が遺跡を賜ふ、寛永七年死す、年五十四、江戸豊島郡上野郷坂本村曹洞宗正覚寺に葬る、後代々葬地とす)ー晴克ー義辰ー義真ー氏義ー義汨ー義潔(明和元年継千百四十石)」。

十一 旗本宮原氏家臣 真里谷殿位牌継図(木更津市真里谷曹洞宗真如寺文書)に「真里谷信応(永禄七年卒)ー信乃入道信政ー信乃信以(妹は宮原弾正義勝妻)ー新右衛門信行ー将監勝房(下野国駒場村に於て死す)ー壱岐勝信(駒場に於て死す)ー将監勝三」。高野山西門院上総国諸侯大夫過去帳真里谷家に「元和五年八月二十一日・春光院殿義山照公・宮原卿、真里谷将監殿子息は之を立てる・今者下野国足利之庄駒場住居、逆修蘭窓貞春大姉、御同人御内儀」。

十二 会津藩保科氏家臣 諸士系譜に@「本姓本国不詳、定紋五三桐五七に兼用、替紋杏葉牡丹。宮原市太夫長友(召出)ー覚兵衛長義ー覚左衛門長寅ー覚兵衛長興ー一学長秀ー市太夫長可(文政四年跡式百石)ー千代松長教。文久二年宮原一学百石」。A「宮原覚兵衛長義の養子佐野右衛門長孝(召出宝永元年七石二人扶持)ー和佐久長庸ー九郎大輔長綱ー次郎太夫長智(文化十三年跡式百石)ー英之進。文久二年宮原英之進百石」。

宮平 ミヤヒラ 足利城主長尾氏家臣 足利市名草町無し。天正十三年長尾顕長分限帳に「名草村宮平回杖佐」。

宮辺 ミヤベ 壬生氏家臣 壬生町無し。高野山清浄心院下野国供養帳に「元和三年九月九日・霊位常教禅定門・霊位妙喜禅定尼逆修妙秀禅定尼・逆修妙永禅定尼、下野壬生宮辺九介は之を立てる」。

宮部 ミヤベ 常陸、下総に存す。

一 結城氏家臣 岩井市四十戸、うち岩井二十七戸存す。平安時代以来居住の苗字なり地方城主家臣記に「慶長六年落民す。平親王将門家臣、岩井村宮部某」。

二 小田氏家臣 つくば市一戸、土浦市四戸存す。天文十八年小田家風記に「廻座衆千五百石宮部宮内」。

三 常陸江戸氏家臣 水戸市八十戸、うち大場七戸、大串四十二戸。大場村善福寺阿弥陀堂天正十三年二月十五日棟札に「大旦那江戸重通、宮部豊後守・宮部治部少輔」。

三山 ミヤマ サンヤマ参照。

一 千葉郡三山衆 船橋市三山町十三戸、薬円台町(二宮町の内)十七戸存す。三山村二宮神社は三山明神と称す。祠官三山氏。

深山 ミヤマ 上総、下総に多く存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市一戸、寛政五年に「二石一人扶持深山利四郎」。

二 宇都宮氏家臣 宇都宮市一戸。文禄頃伊勢内宮佐八文書に「下野国旦那帳、深山一郎左衛門」。慶長二年宇都宮国綱家臣録に「深山市郎左衛門・深山茂兵衛」。

三 臼井城主原氏家臣 佐倉市四十七戸、八千代市下高野八戸存す。下高野館に原氏家臣深山氏居住す。千葉氏流海上氏族本庄氏の本名は深山氏なり。銚子市本城町(本庄郷)に深山氏無し。鎌倉大草紙に「千葉胤直・宣胤父子の家臣深山弥十郎は康正元年多古落城し、宣胤と共に自尽す」。千学集抄に「海上常幹の弟本庄三郎常高は海上郡本庄郷に住する故、本庄殿と申也。佐倉にて深山新六所の宿云々。妙見宮御番の事、千葉胤直の時、深山図書之助・本庄五世孫也」。本庄十項参照。

四 武田氏家臣 駿河住人か。焼津市良知無し。小県郡長門町竹重宗六文書に「天正二年十一月十一日、武田勝頼は深山宗三をして、佐久郡依田信蕃と共に遠江二俣城に在城せしめ、駿州良知郷三十貫文を宛行う」

宮前 ミヤマエ 上野、武蔵に存す。

一 小県衆 信濃国小県郡に無し。小県分限帳に「二貫九百文宮前六助知行」。

宮巻 ミヤマキ 幕臣 江戸幕臣人名事典に「宮巻豊次郎、慶応二年六十四歳、三十俵三人扶持、本国甲斐生国武蔵、養父源之助小普請組」。

宮増 ミヤマス 北条氏家臣 江ノ島岩本院文書に「壬(天文十三年か)霜月二十三日江之島御遷宮寄進、宮増又三郎殿」。

宮村 ミヤムラ 越後に存す。

一 米沢藩上杉氏家臣 米沢市六戸存す。寛政五年に「三石一人扶持宮村初衛」。

二 土気城主酒井氏家臣 千葉市四戸存す。土気古城再興伝来記に「天正二年、御使番六百石宮村右内」。

三 武田氏家臣 甲府市四戸存す。天正十八年八王子宿越覚に「八日市分(八王子市十三戸存す)、甲州浪人宮村八郎兵衛」。

宮本 ミヤモト 信濃、常陸に多く存す。

一 上杉氏家臣 越前国一乗谷(福井市)の苗字宮本氏は同国三段崎氏らと信州葛山衆島津氏に仕える。古代士籍に「謙信様衆、信州・元越前朝倉・宮本四郎左衛門」。文禄三年目録に「信州尾崎衆(飯山市)尾崎抱・五十八石尾崎郷和光山大勢至明神料宮本若狭守。信州桂山衆(長野市)島津抱・四十八石・本国越前・松平に改・宮本五郎助。信州屋代衆(更埴市)須田相模抱・二十六石宮本佐右衛門」。慶長三年会津分限帳に「屋代衆百石宮本作右衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市十二戸存す。諸士略系譜に@「正保元年帳に宮本新五左衛門は吉兵衛先祖の由、吉兵衛は同苗無之由申伝也。佐田吉之丞の子吉兵衛は宮本氏の名跡を家督す。宮本吉兵衛英信(実佐田源兵衛信久三男吉之丞秀成男、御徒組にて家督、享保二年卒)ー吉兵衛英玄ー七郎秀門ー吉兵衛秀興ー吉弥発秀ー吉次郎秀林ー虎太郎秀馨(嘉永五年相続)」。A「宮本藤右衛門盛家(御徒組宮本忠兵衛男、明暦元年家督、宝永七年致仕)ー六左衛門盛政ー藤右衛門盛通ー藤右衛門盛長ー六左衛門盛容ー源吾昌盛ー鍋蔵盛政ー健蔵盛時(嘉永二年家督)」。寛政五年に「七石三人扶持宮本藤右衛門、七石二人扶持宮本吉兵衛、六石一人扶持宮本六郎右衛門、一石二人扶持宮本富蔵、三石一人扶持宮本仲蔵、同高宮本政右衛門」。

三 飯田衆 飯田市二戸、うち川路無し。大祝諏訪文書に「天正七年、上諏訪造営帳、河路之郷中切河路島代官宮本丹後守」。

四 小笠原氏家臣 松本市五十四戸存す。飯田藩慶長年間に「百三十俵宮本拾右衛門」松本藩元和二年に「二百石宮本十右衛門」

五 松代藩真田氏家臣 上田市五十三戸存す小県分限帳に「一貫二百九十文宮本与三兵衛知行」。文政二年に「二十七石宮本弥三郎、四十俵宮本友之丞、十五俵二人扶持宮本新左衛門、四両二人扶持宮本三喜作、二両五人扶持宮本民衛、二人扶持宮本清之助一人扶持宮本常吉」。文久年中に「二十七石宮本清之助、四両十俵宮本彦之進、十五俵一人扶持宮本金三郎、十五俵宮本慎助、四両宮本藤兵衛」。

六 足利城主長尾氏家臣 足利市二十七戸存す。天正十三年長尾顕長分限帳に「宮本三郎左衛門」。

七 宇都宮氏家臣 真壁郡協和町十四戸、うち小栗六戸存す。天保三年宇都宮国綱旧臣姓名書に「小栗村宮本越前」。

八 多賀谷氏家臣 下妻市二十戸、真壁郡関城町一戸存す。多賀谷譜代之覚に「関侍宮本」。天正十年大田和合戦図に「長柄二十五本・宮本尾張」。

九 真壁氏家臣 つくば市二百五十戸、うち北条二十五戸。高野山清浄心院常陸国供養帳に「文禄三年正月二十一日・霊位宗悟禅定尼、常州小田北条宮本又左衛門は母の為に之を立る」。寛永十二年長島尉信筆写に「北条内町の宮本は真壁の遺民か、真壁・多賀谷領の遺民あつまり一村落となる」。

十 小田氏家臣 新治郡新治村四十七戸、うち高岡七戸、田土部十八戸存す。天文十八年小田家風記に「大番千騎千百石宮本清左衛門」。小田事跡下に「廻座衆宮本遠江」延宝五年松江藩士小田志摩守時則より小田旧臣宛官途状に「高岡村宮本仁左衛門。田土部村カ・宮本清左衛門」。田土部城主松延氏蔵古記録に「田土部政秀(本名松延)家臣、家老宮本内記、用人宮本久左衛門、諸士宮本平兵衛、大工頭宮本玄蕃」。

十一 足高城主岡見氏家臣 筑波郡伊奈町三十五戸、うち足高一戸、谷井田十八戸存す東国戦記実録に「天正元年常陸足高勢揃の事、宮本右近」。天正六年岡見伝喜の家臣宮本隼人。次項参照。

十二 龍ケ崎・江戸崎城主土岐原氏家臣 竜ケ崎市百七十戸、うち別所無し、稲敷郡江戸崎町百五十戸、うち佐倉二十七戸、阿見町百五十戸、うち阿見四十戸、島津二戸存す。土岐岡見家臣等覚書に「龍ケ崎城主土岐左兵衛尉家中宮本左馬助・龍ケ崎住す。江戸崎城主土岐氏幕下八代右京太夫家来宮本隼人・別所村住す」。寛永元年土岐氏旧臣帳に「龍ケ崎村宮本庄左衛門、佐倉村宮本左馬之助、阿見村宮本治兵衛」。島津村島津城主宮本内膳正の家紋は二ツ瓶子。

十三 玉造氏家臣 行方郡玉造町玉造十二戸存す。天正十九年玉造重幹生害の家臣宮本佐渡。子孫明治三十七年宮本五衛門。

十四 潮来衆 行方郡潮来町四十五戸、うち潮来十三戸、牛堀町島須字島崎無し、近隣に多く存し、古代以来居住の苗字なり。ふるさと潮来に「潮来村年寄宮本平右衛門家の近世後期の考証学者宮本茶村は、藤原実通後裔で相模国鎌倉郡山内庄首藤姓山内俊秀が下総国に移住し、俊頼の代に千葉氏家臣となり、俊旨が香取郡宮本村(東庄町)を開発し宮本姓に改め、戦国末期・俊方が行方郡に移住し島崎氏に仕える。島崎氏滅亡後、宮本吉兵衛は板来村に土着し潮来宮本氏の始祖となる」すべて仮冒なり。万延元年水戸藩分限帳に「惣郷士、南扱之分・潮来村二十五石宮本千蔵」。

十五 佐竹氏家臣 那珂郡那珂町四十五戸、うち鴻巣二十九戸存す。天正十八年佐竹旧臣録連名記に「那珂郡鴻巣村百七十五貫文宮本肥後守」。

十六 秋田藩家臣 諸士系図に「宮本与兵衛朝定(慶長七年常州より来る、平鹿郡横手に住す。元和四年田崎正七と闘争あり自殺す)」。

十七 水戸天狗党 宮本孫四郎四十一歳、宮本安五郎二十六歳は元治二年二月四日、宮本清蔵は同年二月十六日敦賀にて処刑」。

十八 幕臣 @文化十酉年四川用水方御普請役分限帳(利根川用水書類)に「三十俵三人扶持、本国常陸生国武蔵、実父宮本忠次郎、宮本次郎左衛門・酉四十三歳、拝領屋敷元飯田町二郷半坂角」。A寛政呈譜に「家紋丸に矢打違、丸に鳩酸草。宮本印佐俊当(正徳元年土圭間番)ー忠五郎俊門ー三次郎俊郷(明和四年百五十俵)」。B江戸幕臣人名事典に「宮本録之助、慶応元年二十四歳、百五十俵、本国生国共武蔵、父宮本三次郎死、兄宮本鋳五郎死甲府勝手小普請」「宮本守之丞、慶応二年五十六歳、百俵五人扶持、本国下総生国武蔵、養父宮本寿一郎死小普請」「宮本久平、慶応二年五十三歳、現米八十石、本国常陸生国武蔵父平六郎学問所」「宮本三四郎、五十俵二人扶持、本国生国共武蔵、養祖父宮本文郎兵衛死、養父宮本如輔死御広敷添番」。

十九 里見氏家臣 安房郡宮本村(富浦町)より起こる、在名にて現存無し、本名は本間氏なり。房総里見軍記に「天文二年、宮本宮内」。安房国志に「宮本村の北、宮本城址は里見成義の築く所にして、享禄・天文の間、里見義豊・此に居り、後稲村に移り、其の臣宮本宮内、鎌田孫六をして城代たらしむ。天文三年四月義豊戦死し、二人も之に殉じて城廃す」。里見九代記に「竹若殿(里見義豊)は中里・本間を御守として、宮本の城へ御移りなさる。義豊公の家老は木曽・堀内・勝山・宮本なり。宮本といふは本氏本間なり。天文三年卯月六日、上総久留里に御在居ありしが、里見義堯公と合戦に打負け討死なさる、卯年(月)二十一歳」。義豊の重臣本間刑部は義豊滅亡後、宮本に改める。本間十二項参照。

二十 館山藩家臣 館山市三十五戸存す。里見義康分限帳に「組頭衆足軽十人衆百石宮本出羽、百人衆五十石宮本上野」。

二十一 北条氏家臣小田原衆 小田原市板橋三戸、沼代無し。新編相模足柄下郡中村郷沼代村条に「若一王子社天正十九年棟札に旦那宮本木工之助」。平塚市池田文書(板橋村知行)に「池田孫左衛門の寄子衆十貫文宮本又四郎」。

二十二 同三浦衆 三浦市十一戸存す。水軍大将梶原氏家臣にて、紀伊続風土記附録に「天正元年十一月二十日、扶持配符七貫文宮本二郎三郎増給、梶原吉右衛門尉殿、北条家朱印」。梶原氏と同じく紀州出身か。

二十三 日奉姓西党平山氏配下 あきる野市三十二戸、うち戸倉十二戸存す、中浦氏無し。風土記稿多摩郡平山村条(日野市)に「按ずるに郡中戸倉村三島明神の祠官宮本備前が蔵する武蔵国南一揆へ下せし応永二十年の文書に平山三河入道い云ふもの見えたり」。子孫は北条氏照に属す。多摩郡戸倉村条に「三島明神社祠官宮本備後、本姓は中浦氏にて、坂東八平氏の遠裔なりと云ふ、応永二十六年中浦上総助平顕宗花押は是が祖先なるべし。天正年中より宮本と改めしとなり、家に古文書十四通を蔵す。応永二十年足利持氏より武州南一揆中宛を多く蔵す。永禄二年十一月十日北条氏照は祢宜職宮本六郎太郎に前々の如く祢宜職を安堵す。元亀三年七月二十五日北条氏照は、御走衆中村・岩田・石川・宮本の四人を滝山城へ呼び出す」。

二十四 会津藩保科氏家臣 寛永二十年山形より会津入部御供侍に「五百五十石宮本織部、三百石宮本七左衛門」子孫は断絶す。諸士系譜に「本姓源、本国不詳、定紋丸ノ内鷹羽打違上真中へ壱羽、替紋影五三ノ桐宮本勘左衛門智義の嫡男丈右衛門智芸(召出寛延三年)ー庄左衛門知真ー量之助知量ー鉞之助」。

宮森 ミヤモリ 会津若松市三十四戸存す、出稼衆にて信州飯山市泉、下水内郡栄村白鳥、須坂市福島へ移る。当地方に無し。

一 上杉氏家臣  上田士籍に「長尾政景譜代、景勝へ御附け、根知所に(糸魚川市)元信州泉重蔵殿衆・本苗福島・宮森七右衛門」。文禄三年目録に「春日山御手明衆十五石・本国信州白鳥衆・中頃太田与力・宮森七右衛門」。

二 米沢藩家臣 米沢市八戸存す。諸士略系譜に「宮森七右衛門家久(本国信州白鳥衆越後に於て御手明勤之、寛永十二年卒)ー長兵衛家重ー勘右衛門備義ー七郎兵衛備実ー七郎兵衛備種ー新左衛門備英ー勘右衛門泰久ー藤次郎恭忠ー敬太郎恭義ー儀助恭承(慶応四年家督)」。寛永八年に「御守衆二十五石宮森六左衛門」。寛政五年に「五十石宮森勘右衛門、十二石宮森孫蔵、五石三人扶持宮森久伝、三石一人扶持宮森三郎左衛門」。

三 武州赤羽衆 北区赤羽(袋村)二戸存す高野山千蔵院供養帳豊島郡袋村に「寛文五年・逆修父母、宮守六左衛門は立てる」「寛文十一年・逆修二親、宮守吉左衛門は立てる、逆修母、宮守権七は立てる」。

宮山 ミヤヤマ 越後、常陸に存す。

一 箕輪城主長野氏家臣 高崎市に宮山氏五戸、群馬郡箕郷町に見山氏二戸存す、宮山はミヤマと読むか。永禄元年長野業政家臣録に宮山小善次。

二 皆川氏家臣 栃木市無し。皆川正中録に「天正十年皆川広照の家臣宮山主計之助」

三 真壁氏家臣 真壁郡真壁町四十戸存す。天文五年頃真壁旧伝記に「宮山勘兵衛・宮山喜兵衛」。

四 千葉氏家臣森山衆 香取郡東庄町一戸存す。森山城将東直胤の子孫東庄町東保胤文書に「森山衆天正十八年小田原役湯本堅〆軍奉行宮山佐渡守胤俊」。

脇 ミヤワキ 信州伊那郡に存す。

一 上杉氏家臣 信濃国更級郡宮脇村(大岡村)より起こる、在名にて現存無し。文禄三年目録に「春日山御手明衆大峡織部組九石・信州上倉家中・宮脇六郎兵衛」。

二 武田氏家臣恵林寺衆 塩山市(無し)恵林寺文書に「永禄六年恵林寺領御検地日記勤軍役家人衆工藤源左衛門尉昌秀同心宮脇藤三郎」。

三 同武川衆 北巨摩郡宮脇村(武川村)より起こる、在名にて現存無し。米倉氏は宮脇村四戸、小沢氏は宮脇村六十三戸、斎木氏は武川村牧原三十二戸存す。苗字小沢氏及び斎木氏は米倉氏と兄弟契約を結び米倉氏流宮脇氏を名乗り、米倉氏の家紋花菱を用いる。生島足島神社永禄十年八月七日起請文に「甲州巨摩郡六河衆宮脇清三種友花押」。甲斐国志に「宮脇村百姓旧記に、米倉太郎兼信より十一代米倉左太夫誠俊・宮脇清三種友、家紋八重菱内に花菱。蔵書三通、信玄朱印感状に六川郷折居・入戸野・円井五十貫文の内二十五貫文宛米倉左太夫・宮脇清三兄弟の者へ相譲者也・父の名年月を記さず。一通は先祖同流に付き兄弟心を合せ軍役を勤めること、永禄十二年正月八日宮脇縫右衛門殿・同作之丞殿へ、宮脇清三種友花押とあり。天正八年三月二日勝頼印書に牧原六貫文宛行云々尾沢縫右衛門・斎木作之丞とあり、兄弟共に氏を改め紋は、尾沢は丸ノ内に上ゲ羽蝶、斎木は丸ノ内に鷹羽違。宮脇村普光寺開基小沢善次郎基翁道振居士とあり。天正六年上州膳城攻めに宮脇伝次郎あり」。米倉参照。

御代 ミヨ 御代氏は久慈郡大子町五戸、常陸太田市小野崎付近四戸。三代氏は常陸太田市五戸、日立市百三十八戸。見代氏は大子町二十五戸。美代氏は常陸太田市四戸存す。苗字御代氏は小野崎氏と兄弟契約を結び小野崎氏流を称す。小野崎系図に「小野崎常通(佐竹義篤に属す)ー行通ー通胤ー通春ー御代通知、安芸守祖」。

一 佐竹氏家臣 常陸家譜戸村義国本に「小野崎より出る。御代但馬守ー民部大輔頼景ー安芸守(小野崎より)ー安芸守ー修理進(弟伊勢守)ー四郎兵衛ー九右衛門ー勘四郎。伊勢守ー伊勢守ー四郎兵衛、弟長兵衛、弟蔵人ー徳右衛門ー長之丞」。秋田藩御代文書に「天正十四年佐竹義重より御代安芸守宛」。横手戸村十太夫組下大森文書に「天正十五年御代隆秀より大森又三郎宛」。文禄二年大和田重清日記に「御代安芸守重秀、御代源五郎」。佐竹氏旧記に「慶長七年御国替御供、御代安芸守」。慶長国替記に「五十石御代長五郎」。

名江 ミョウエ ナゴウ参照。

明王 ミョウオウ 相模大住郡粕屋庄秋山郷坂本村(伊勢原市大山)大山寺境内に鎮座明王権現により明王氏を称す、本名は小川氏(大山に七戸)なり。手中(たなか)は田中にて平塚市岡崎字丸島の駒形権現社に「天文十六年棟札、大工秋山郷明王太郎」「元和九年棟札、大工田中明王太郎影吉」新編相模大住郡坂本村条に「土人は大山町と称す。旧家手中明王太郎、工匠にて、師職(御師)にては小川監物と称せり。元禄中の記録に先祖明王太郎・金丸左衛門尉信常の子太郎文観と云者濃州岐阜に住し、十六歳の時、勅に依て南都東大寺造立の棟梁を勤め、其功に依て飛騨守に任ぜられ、後明王太郎と称すと云。大山寺建立の時棟梁たり、其時明王権現の告ありて明王太郎と称せしより、世々通称とす、文観濃州岐阜に一寺を建立し文観寺と号す、宝亀五年八月二十八日死す。古は大山寺仁王門の辺に住せしが、慶長十年正月妻帯の者、下山すべき命ありしより此地に住し、今に大山寺の工匠たり」。

明珍 ミョウチン 甲冑工にて、紀姓武内宿祢八代の孫大口臣の二男増田宇佐麿宗次(大和国岡本に住、甲冑匠)ー宗通ー宗高ー宗里ー久国ー国重ー宗春ー春国ー国勝ー宗麿ー宗有ー宗国ー宗実ー宗一ー氏国ー宗次ー宗弘ー春次ー宗友ー友国ー宗景ー紀ノ太郎増田久寿宗介(近衛帝の勅命によりて明珍の二字を賜る)。平群郡岡本村(斑鳩町)あり、斑鳩町に増田氏十二戸、枡田氏八戸、岡本無し。添下郡矢田岡本村(大和郡山市矢田町)あり、同市に増田氏六十七戸、矢田町無し。高市郡明日香村岡に岡本宮あり、明日香村に増田氏六戸、岡無し。甲冑匠増田氏の居住地岡本は不詳なり。

一 甲冑匠明珍家 増田明珍家歴代系譜に「元祖明珍出雲守宗介(近衛帝勅旨して明珍と命ず、因て累代の家号となす、中興の元祖と称す。始め雲州に住す、後九条に移り、又鎌倉に住す。康治・建久・正治頃)ー刑部大輔宗清(鎌倉に住す、建久・正治元久の頃)ー兵部大輔宗行(一条に住す、元貞・貞応・寛喜の頃)ー兵衛尉宗益(紀州和歌山に住す、承久・天福の頃)ー左京大輔宗重(相州小田原に住す、宝治・文永の頃)ー新大夫宗忠(濃州佐野に住す、宝治・文永の頃)ー左近大輔宗縄(九条に住す、徳治の頃)ー兵部大輔宗光(後醍醐帝勅命して御紋を賜ふ)ー左近大輔宗政(一条堀河に住す、建武の頃、摂州河辺郡服部郷七十貫を賜ふ)ー兵衛佐宗安(一条堀河に住す、嘉慶の頃)ー兵衛大輔義弘(一条堀河に住す、明徳の頃)ー左兵衛尉義紀(一条に住す、応永の頃)ー五郎太夫義則(一条に住す、正長の頃)ー六郎太夫義長(一条に住す、宝徳の頃)ー十五代新次郎義有(相州鎌倉に住す、文明の頃。弟義久)ー十六代三郎太夫義保(相州鎌倉に住す、文明の頃。弟左近義通、弟勝義)ー十七代左近将監信家(上州白井に住す、又甲州府中に住す、永正・天文の頃。武田信玄の甲を作らしむ、此時信字を賜ふ、始め安家と云ふ、信家に改め又大隅と云ふ、後覚意入道と号す。弟信房、弟勝家)ー十八代